« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

岐阜の遠足バス手配不備誤魔化し工作事件の裏は・・・。

『「まるで、何処かの国の文化そのまま・・・の様相の事件」だが「その元凶」は「昨今溢れている何処かの国/文化情報」か?それとも、「今回事件を起こした者が、そのスジの人脈で、何処かの国の修学旅行中止に合わせた、確信犯の工作等・・・」か?

「何れにしても、全ての事件・事故時に、その当事者の人脈・属している団体(裏団体でも)等をちゃんと調べ、ある程度以上の偏在があるのなら、一般日本国民の安全の為にも、情報を開示するべき」だ』。

|

上辺の言葉に拘らせる事の実効は・・・。

『「生き残りに必死の様相の宗教界やマスコミ等」では「上辺の言葉に拘らせる情報配信が流行っている」。

「しかし、コミュニケーション上重要なのは、もちろん、内実」だ。

「上辺の言葉に拘らせる事の実効」は「上辺の言葉が巧みな者たちの権力増大であり、支配工作等を容易にする事でもある」のだ』。

『「愛してる!」という「上辺の言葉の裏」で「欲しいのはお金やセックスだけ・・・」では、

「良好な???関係が成立するのは、同様の思惑を持つ共依存者たちの思惑が一致している間くらい・・・」だ。

「お金やセックスは、特定の人だけのモノでは無い」から、

「代わりはいくらでもみつかり、

そんな上辺の言葉がお墨付きを与えていた愛など」は、

「比べっこ原理主義者が、代わりの方が良いと思った途端に破綻する」と

「相場は決まっている」のだ。

「酷い場合には、殺傷事件にまで行ってしまう、上辺の言葉に拘ったが故の偽りの愛故の憐れ」が「其処にある」。

反対に、「その人の存在そのものを愛している」なら、

「上辺の言葉」が「お前なんか大嫌い!等」でも

「良好な関係は持続する」。

「内実が無い場合」は「お前なんか大嫌い!等」は「不信や破綻の元」になる。

「常に、美辞麗句を言い合いながら、内実の無い関係を続けたい・・・」のなら、

「上辺の言葉に拘るのも大いに結構かも知れない」が、

「そんな虚しい人生」では・・・』。

『「上辺の言葉に現実逃避している内」は「真に良好な人間関係は無理」なのだ。

「そればかりでは無く、上辺の言葉で操られ易くなる」から、

「内実悪に上辺の言葉で支配・コントロールされる危険性も増す」のだ。

「元々が、上辺の言葉に現実逃避している様な人間」なら

「内実悪が、もっと、魅力的な現実逃避用の者・物・事をちらつかせれば、簡単に、釣られてしまう」事になる。

「内実悪の新興宗教等や詐欺等を客観的に見る」なら「その様な状態が、良く分かる筈」だが・・・』。

『「上辺の言葉に頼った内実を掘り下げない脆弱なコミュニケーション」では、

「得られる者・物・事も知れている」どころか、

「場合によっては、搾取される者・物・事さえ膨大・・・になってしまう」のだ』。

『「悲惨な人生を避けたい」のなら、

「上辺の言葉に拘る前」に

「先ず、自分の実体を把握した上で、その時に出た自分の思い(本音)を知り、自分の実体との整合性を保ちながら、自分の思い(本音)を生かし、他人とコミュニケーションする事」を

「練習するべき」である』。

・・・・・・・。

『「古の時代では、宗教用語が一般の人々にも使われる様になった」が、

「現代では、外来語やマスコミ等々による造語等々が一般の人々にも使われる様になっている」。

「もはや、宗教に相応しい地位」は「伝統文化遺産」なのだ』。

『「科学的検証技術等が貧しかった時代に人々が考え・思いによる納得を得る為に整備した宗教」は、

「先人たちの知恵の結晶でもある」から、

「歴史文化遺産として、検証したりする分には、相応に興味深い」。

「しかし、今時なのに、古の時代の考え・思いによる納得法を利用している宗教団体、特に、新興宗教団体等は、歴史文化遺産を、身勝手に改定したり偏重したり・・・して、信者を集い、集金したり・・・している」のだから、

「醜悪」だ。

「伝統文化遺産として保全すべき古からの宗教や宗教施設等」は「伝統文化遺産として保全」し、

「新興宗教等は、営利企業と同じ扱いにするべき」だ。

「更に、かつてのオウムの様な、問題のある宗教団体等」は、

「暴力団指定と同様の指定を行い、常に、警察等の監視下に置くべき」だ。

「実質的には日本乗っ取り支配・日本人弱体化等々の工作組織である、新興宗教団体等を蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

|

自分の実体に叛いている図々しい者たちを成功者と言う韓流テレビの情報工作・・・。

『「人生の成功者」とは「お金もち」でも「権力者」でも「無い」。

「自分の実体と整合性の高い人生を送れた者」こそが「真の成功者」になる』。

『「図々しく、利権集中構造等を利用して、自分の下に大金や大権を集めても、・・・それだけでは、行っている事の実体は、利権収集構造や格差を利用して、人間社会上のバランスを崩している単なる悪者」だ。

「大金や大権を集めた結果、行っている事が、大量消費自慰生活等・・・では、益々、悪質度が高い悪者」になる。

「大金や大権を生かして、何をしたか?が問われる」のだ』。

『「自分の実体把握さえ不十分な者たち」は「往々にして、大金や大権を保有した後、現実逃避に身を馳せる」。

「つまり、大きなモノを持っても、使い方も分からないから、そんな現実から自分を誤魔化し続ける事を頑張る」のだ。

「その結果が、例えば、大量消費自慰生活であり、独裁者の身勝手な粛清等々」なのだ。

「もちろん、そんな愚かな事をしても、自分の実体からのお墨付きは得られる訳も無い」から、

「それを誤魔化す為に、益々、現実逃避に身を馳せる事になっている場合が多い」のだ。

「他人も、自然環境も、巻き込んだ、大金や大権を持つ分だけ、大きな、実質的迷惑行為」を「成功とする」なら、

「人類の滅亡は、当然過ぎる程当然」になる』。

『「人類誰もが、先ず、自分の実体把握」である。

「簡単に記す」なら「人類誰もが、地球の生命であり、細胞の塊」なのだ。

「そして、誕生・死も、今、この瞬間生きている誰もの中で起きている細胞ごとの現実」である。

「細胞ごとの命の連続を遡る」なら、「ミトコンドリアイブも超え、最終的には、太古の時代の単純な生物にまで、命の連続性は繋がっている」し、

「その連続性を逆に辿れば、今、この瞬間、生きている全ての、地球の生物に辿り着く」。

「つまり、誰もが、地球生命体細胞群の一塊」なのである』。

『「自分の実体がある程度把握出来た」なら、

「次に考えるべき」は「自分の実体の目的は何か?」だ。

「外側から見ても、はっきりしている事」は、

「細胞群の基本的な目的は、存続(~永続)という事」である。

「もし、地球の生命が地球と共に滅びるべき存在だったのなら、地球生命体細胞群は宇宙を理解し、利用出来る可能性まで大いに持っている人類を生み出す必要も無かった筈」だ。

「つまり、人類の存在や、人類がその欲動の赴くままに進化させ続けて来ている科学技術の進化」は、

「地球生命体細胞群の存続にとって重大な使命を持っている」のである』。

『「自分の実体の基本的目的がある程度分かった」なら、

「成功者の人生についても、ある程度分かる」だろう。

「つまり、自分の実体に叛かず、自分の実体の目的である地球生命体細胞群の存続~永続に貢献出来た事こそが、人生の成功になる」のだ』。

『「現状のいい加減な経済システムや人間社会システムや多くの人々評価等々をそのまま」に、

「自分の実体に叛いている者たちを悪戯に賛美し、成功者等と祀り上げる事」は、

「人類滅亡、地球生命体細胞群滅亡への特急券」になってしまう。

「そんな愚行・悪行を横行させている」のが、

「現状の韓流テレビ等の実態」なのだ』。

『「健常な情報配信」なら、

「自分の実体把握や、人類本来の仕事や、本当の成功者像や、現状の未熟な経済・社会システム等を是正し進化させる事を手助けする情報等々」を

「配信するべき」だ』。

『「現代を生きるテレビ・マスコミ人として、健常な仕事が出来ずに、愚行や悪行に邁進している連中」に「相応しい」のは、

「罪や罰であり、過分な立場や報酬ではあり得えない」のだ』。

『「図々しさを公然化させる為に、図々しく出続けて、自らの下に大枚を集めている芸NO人等」も「本当に醜悪」だが、

「元のテレビ・マスコミ界の醜悪さ」は、

「呆れ果てる程・・・」だ』。

『「一流校出だとか、努力で這い上がったとか、・・・聞いて呆れる」。

「図々しさで生き残り、現実逃避の為に、大量消費自慰生活を送ったり、過分な大権を保持し続けたりしている事=人類滅亡の特急券、もしくは、永遠の恥辱に染まる道」である事くらい、

「いい加減に悟るべき」だ』。

|

本日の記事はなかなかご好評の様で・・・。

『「本日の記事をアップした後、しばらくの平穏が在り、その後、当方に向かって照射されている電磁波が強化された」。

「いったん、元に連絡を取り、指示を仰いだ上での行動」と推定されるから、

「記事内容からも、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)系の工作組織の質の悪い者たちの仕業」と「推定される」』。

『「日本の政府も警察等も、一般日本国民の安全の為に、もっとちゃんと電磁波等の工作への対策を真剣に行うべき」だ。

「電磁波の質は、間に電流が流れている電線等が在ると、電子を飛び出させる事が出来る特性を持っている」。

「だから、間に、例えば、電線や、電柱上の変圧器や、天井裏の配線等が在ると、そこから飛び出さされた電子が、電子銃の砲弾の如く降り注いで来る」。

「もちろん、筆者のところでは、ある程度の対策をしてある」ので、

「飛び出した電子砲弾の多くが、例えば、アルミ板等に当たり、マイナスイオンが発生して来る」。

「当然、元の電磁波が強い程、間にある電気が多い程、電子砲弾も強くなる」。

「例えば、筆者のところに来ている電子砲弾」は、「駅向うの建物屋上に見える、まるで闘争小屋の様な仮設的建造物方向から、電柱上の変圧器を通って来るものが強い」。

「電磁波は、距離の二乗で減衰する」ので「元は、かなりのものと推定される」。

「近いので、天井方向から、天井裏の配線に当たって飛び出して来ている電子砲弾も、相応な強さが有る」』。

『「どうやって、電子砲弾をターゲットに当てるのか?」

「ターゲットをポイントアップしている様相」なのだ。

「例えば、外では、携帯電話のオートGPS機能等を悪用して、ポイントアップ」し、

「部屋の中に居る場合」は「上下左右等々、周囲の部屋や建物から、電子技術を悪用したレーダーで覗き、ポイントアップし続けている様相」なのだ。

「その様なポイントアップが在る」と、「周辺から当てられている電磁波自体のレーザー絞りをかなり甘くしても、周辺に、例えば、六ヶ所電磁波発生装置を仕掛けてあれば、ターゲットの身体には、相当に濃い電磁波・電子砲弾の照射が可能」になる』。

『「もちろん、そんなポイントアップし続ける執拗である意味暇な悪事」など

「出来る者たちは、限られている」。

「●暴関係の工作請け負いしのぎの為に、外国人等が使われている」のか、

「特定国の工作員」か、

「実質カルト宗教団体による信者マインドコントロールによる仕業」なのか、

等々の「場合」なら、

「実際に、その様な暇で執拗なポイントアップも可能になる」と「推定される」から、

「実態もその様な事・・・」だろう』。

『「何れにしても、自然現象等では無く、現行法や現行の摘発体制の穴を突いて、人為的に行われている工作活動と強く推定される」。

「この様な愚行を横行させ続ける」なら「日本政府や日本の警察もお仲間という事になる」』。

『「埼玉県警では、テレ朝の相棒とのコラボで、警察官募集のポスターを作っている」のだそうだ。

「テレ朝とは、言うまでも無く、中国共産党と同居していると言われている朝日新聞系のテレビ局」だ。

「そちらの人脈への対応は篤く、一般日本国民への対応はいい加減・・・」では、

「日本の警察はいったい何処の国の警察だ!?」という話しになってしまう。

「電磁波工作等への対応が余りにもお粗末」なら、

「人類の未来が、とてつもなく暗いものとなる」と「断言出来てしまう・・・」かも・・・』。

|

韓国船沈没事件による政権転覆~北・中共より政権の成立工作か?・・・。

『「朴大統領の謝罪にまで発展させた酷い事故処理の裏に在る」のは「北・中共系人脈の工作か?」

それとも、「酷い対応しか、出来ない・やらない文化か?」』

『何しろ、「一つ罪を認めれば、その後は何をやっても罪にならない・・・」なんて、「普通の人なら、信じる訳も無い教えがある新興宗教団体の信者数が20万人???」

「現代としてあり得ない様な社会が、原発等現代の文明国には存在している物と共に、其処に在る」』。

『「日本で脱原発運動等をやっている連中は、先ず、韓国の原発を止めに行くべき」だ』。

|

倭寇まで持ち出して「反日をダシにした中国共産党支配」の続行を試みている習政権問題・・・。

『「倭寇とは、400年以上も前の話し」だ。「現在上手くやれていない事を、過去を持ち出して誤魔化そうとする文化」は、

「中国共産党でも、韓国(北朝鮮も含む)でも、・・・反日国共通の未熟で稚拙な文化」である』。

『「反日の目的」は、

「反日という一つのお題目の下で中国を統率する事」であり、

「現状では中国を支配・統率する立場にある中国共産党の保身を図る為」に他ならない。

「ちゃんとした力量のある政権」なら「過去を持ち出したり、仮想敵国頼りの統率という手法に縋る必要も無い」。

「中国の現状が、中国共産党により健常に育てられて来ている」なら

「過去を持ち出したり、仮想敵国頼りの統率に縋る事自体が、障害になる」。

「中国共産党による指導の下の中国は、健常に育って来ていない事の一つの証明」が

「過去の持ち出しや、中華思想や反日等仮想敵国頼りの統率」なのだ』。

『「この例に限らず、中国共産党による中国の指導は、既に、大失敗の様相を数多く露呈している」のだ。

「中国が健常に育つ為には、中国共産党の存在自体が障害」なのである』。

『「中国は、早々に、国家・国民の上に中国共産党などという現実との整合性が低い体制を放棄」し、

「平等な国民による多種多様な政党を持つ現状人間社会では普通の民主制に転換するべき」だ』。

『「また、現状が上手く行っていない国々に付き物なのが、他国・他国民に障害・傷害を与える工作活動」である。

「例えば、電子技術を発展させて実際に用いている道が電磁波工作や盗聴・盗撮工作というのが質の悪い国々」で、

「普通の質がある国々では、電子技術の発展は、人々の生活の質を向上させる為に使う」のだ。

「国々をそのまま人々に置き換えても同じ」で、

「電磁波工作等、質の悪い事を行うのは質の悪い人々」なのである』。

|

鹿児島衆院補選「野党共闘でも勝てない野党」・・・。

『「もはや、第二民主党とでも言うべき、韓流テレビ新党が立ち上がっても、多くの日本の有権者は、スルー」だろう。

「何故なら、売国奴的政策を行う様相の野党には、実権を持たせたくないのが、普通の日本国民の常識だから」だ』。

『「韓国や中国は、言うまでも無く反日国」である。

「反日国を利する事=反日政策等を増長させてしまう事」であり、

「それは、売国奴的政策に他ならない」のだ。

「例えば、日韓友好の為に、竹島を譲渡???(正に、売国行為)」

「例えば、人権の為に、反日国籍の在日人にも参政権を付与???(同上)」

「例えば、自由拡大の為に、夫婦別姓導入???(自由拡大の為に、夫婦新姓なら、未だ解るが、別姓文化とは、日本の文化では無く、反日国の文化に他ならない。つまり、別姓導入とは、反日国文化を導入する事になるから、反日国人脈を利す、売国的行為に繋がっている)」

「韓国や中国の原発を止めさせる前に、(極東地域日本のみ・・・この部分は意図的に省かれている)脱原発???(原発は、温暖化抑止の為に、安全に使うのが正解。安全ではない原発は止めるのが正解。原発事故の実体は、福島第一も含めて人災。

人災面や技術面や経年劣化面で、危うい原発は止め、安全に使える原発は積極使用しなければ、温暖化の抑止も困難。

偏西風と、上記の危険要素を考えれば、誰だって、韓国や中国の危ない原発をまず止めるべき事は理解出来る筈。

逆に、日本の原発は、世代交代も含めて、安全に使える物は積極使用するべき)」

等々等々・・・』。

『「笑えるのは、民主党の代表が違えば勝てた???」と「誰かのせいにしようとしている、朝鮮的文化丸出しの連中」。

「誰かの問題では無く、民主党の行った利韓・利中政策が問題」なのだから、

「民主党が先ず行うべきは、全国民に対する謝罪そして、解党」。

「韓流テレビ新党の連中」も「韓流テレビ有名人利権を手放し、真に日本・日本国民の為になる政策を提案出来なければ、税金ドロボーの域を出ない」。

「元々が、韓流・中流人脈の者たちを数多く日本の国会議員にする事自体が、非常に危険」。

「何故なら、どちらも反日国だから」だ』。

『「今後も、反日国人脈の者が実権を握っている政党等が勝つ事はずっと無い」だろう』。

|

大衆誘導情報の横行から実体情報の広報に少しずつ動がざるを得なくなるテレビ・マスコミ等々・・・。

『「大衆誘導情報を一方的に大量配信しているおバカや悪テレビ・マスコミ等」が「本当におバカや悪として、しか、受け止められなくなる時代」は「直ぐ其処まで来ている」。

「例えば、オバマ大統領の日本を含むアジア諸国歴訪時の言動の意図するところ」でも、

「ちゃんと、米国流の外交術上の言動である事を踏まえて、実体を捉え、それを一般大衆に広く伝える、まともなテレビ・マスコミ等」と、

「言葉狩りや、言葉の上辺だけを、特定国・特定人脈等にとって都合良く偏重し、大衆誘導を行おうとしている、おバカ、もしくは、悪テレビ・マスコミ等」との

「実体差」は「歴然としたものとなりつつある」。

「おバカや悪は、永遠の恥辱に染まる道を歩んでいる」のだ』。

『「一つの例を挙げる」なら「オバマ大統領が韓国を訪れた時、従軍慰安婦問題」で「人道的見地から・・・の旨述べた」。

「つまり、それは、人道的見地では無い、国と国との補償問題は存在しない」と「述べたのと同じ」で、

「国家間の補償問題は、既に解決済みでしょ!」と「言う代わりに、人道的見地と言う事で、相手を怒らせず、出来れば、心を開かせ、事実・現実を認めさせよう・・・とする」のが、

「米国流(ハーバード流)交渉術」なのだ』。

『「ここで、言葉上の人道的見地を考える」なら、

「そもそも、戦争自体が人道に反する大罪」になる。

「赤紙強制召集などは、本当に大きな人道上の罪」になる。

「赤紙強制召集の時代」の「従軍{高報酬}売春婦の問題」を「人道的に・・・」なのだ』。

『「そして、そもそも、朝鮮人の意に沿わぬ従軍高報酬売春婦は、どの様にして生み出されてしまったのか?」の「検証も必需」になる。

「人道上の本当の罪が何処にあるのか?」の「問題」だ。

「事実として、朝鮮半島内で朝鮮人女性を売春婦として売り買いしたのは、そのほとんど全てが、朝鮮人」だった。

「親や、親類縁者や、兄弟等が、売り(つまり、儲け)、朝鮮人の売春婦斡旋ブローカーが、日本軍に引き渡し(いい顔をすると共に、チャンスさえあれば、軍からのオコボレを貪ろうとし)た」のが「現実」だった。

「何故、家族や親類縁者の若い女性を売ったのか?」

「もちろん、貧しかったからであり、男尊女卑だったから」だ。

「何故貧しかったのか?」

「日韓併合前の韓国は、国の滅亡寸前」だった。

「何故、国が滅亡寸前にまで衰退していたのか?」

「日韓併合前の朝鮮の権力者たちは、被支配民たちを衰退させる事で権力交代を防いでいたから」だ。

「鎖国状態では、権力交代の無い、ある意味では安定した国だったが、開国の時代となった途端、世界水準では、滅亡寸前の衰退国家である事が露呈した」のだ。

「そんな滅亡寸前の国の主導者たち」が「自らの保身の為に選択した」のが、

「日韓対等合併だった」が、

「国力や国の状態が余りにも違い過ぎた」ので、

「日韓併合で、保身を図ると共に、米国を利用した日本乗っ取り支配策略を企んだ」のだ。

「実際に、日韓併合前の日本が韓国を保護する条約締結直後に朝鮮半島に渡った者の話し」では

「現在、韓国第二の都市となっている釜山でさえ、ほとんど何も無い様な状態だった」と言う。

「まるっきり開拓者の如く」、

「近代化する為のインフラや経済システムや教育や食糧需給や健康・衛生水準の向上の為に、私財までつぎ込んで頑張らざるを得なかった」そうだ。

「オマケに、朝鮮人に近代化の仕事を手伝ってもらおうとしても、読み書きソロバンが出来る人も少なく、経済そのものを理解出来ていない人々が多く、頼めたのは、荷物運びくらい・・・だった」のだそうだ。

「その後、日韓併合となり、数多くの日本人の頑張りもあり、朝鮮半島内の急速な近代化は実現した」のだ。

「教育・文化・衛生・食糧等々の水準が飛躍的に上がった結果、朝鮮人人口も爆発的に増えた」。

「そんな状態の中、朝鮮半島内の朝鮮人の中には、より良い仕事や報酬や暮らし等々を求めて、自ら進んで日本に渡来した人々がかなりの数居る」。

「日本への朝鮮人の自主渡来は、密航までした者たちが多数居た、強制連行とは程遠い現実」だ。

「戦時中の数少ない強制連行は、日本人に対する赤紙強制召集や従軍高報酬売春婦と同列で語られるべき、戦争故の非人道的行為」である。

「忘れてはいけない事は、当時は同じ国の民でありながら、日本人の赤紙強制召集に対し、朝鮮人の赤紙強制召集は、かなり遅かった事」だ。

「何しろ、時には、密航までして、日本に勝手に渡来・・・つまり、当時の軍から見ると、所在不明の者も多く、未熟な文化のままの者ゆえの問題行動等も多かったのが、日韓併合時の朝鮮人の実態だった」のだ。

「最初から、日本人と同列で赤紙召集では、軍隊としての統率が取れないという判断だった」のだろう。

「しかし、その遅い召集の結果、数多くの朝鮮人が生き残れた」のだ』。

『「日韓併合の実態」は「日本による植民地支配&搾取とは程遠い、日本による韓国救済」である。

「それなのに、日本の敗戦を良いことに、火事場泥棒的に朝鮮半島内の日本人の立場・財産等を奪う事で国を始めてしまった」のが、

「戦後韓国(北朝鮮も含む)の実態」なのである』。

『「敗戦火事場泥棒を正当化する為の植民地支配詐欺」なのだ。

「植民地支配詐欺を認めさせ続ける為の竹島不当占拠であり従軍慰安婦詐欺」なのである』。

『「そんな悪態にまみれた国家が、大きな事故等を起こしてしまうのは、ある意味、必然」になる。

「元から直さなければ、韓国(北朝鮮も含む)問題は、直り得ない」』。

『「日本も含む所謂先進国」では「現在の問題を解決しようとする」。

「悪態国家」では「現在の悪態を正当化する為に湾曲した歴史等を悪用する」。

「例えば、日本にとっての、竹島不当占拠問題も、拉致問題も、現在在る現実問題」だ。

「しかし、韓国が訴えている、従軍慰安婦補償問題は、植民地支配詐欺を正当化する為に、無理やり、歴史上の事実の極一部を偏重して訴えている」のだ。

「日韓併合が植民地支配だ!」と「主張する」のなら、

「その前に、日本に居る朝鮮人(帰化した者も含む)の全てを、植民地支配国から帰還させるべき」だ。

「日本に居る朝」鮮人が帰らない事自体」が「日韓併合は、日本による植民地支配では無く、日本の方が良かったから日本に居る」という事を「体現している事になる」のだ。

「もしくは、日本乗っ取り支配の為に意図的に日本に居る事になる」のだ。

「日本乗っ取り支配」とは「正に、テロ行為」であり「武力を用いるハードテロばかりがテロでは無い」。

「ソフトテロによって、他国を乗っ取り支配しようとする悪者たち」を「放置したままで良い訳が無い」のだ。

「全世界は、ソフトテロを行っている悪者たちを、何処の国からも、排除するべき」である』。

『「ソフトテロ等によって、他国の乗っ取り支配等を画策している悪者たち」は、

「電磁波工作や飲食物工作や情報工作等々、人道に反する罪を犯し続けているのだから!」』

|

XPから乗り換えたら不便になっている・・・。

『「XP時より、遥かに煩わしい妨害行為が横行している」。「どうも、同じ建物内からの不正アクセスによる妨害が元凶の様」だ。

「電磁波工作といい、コンピの妨害工作といい、・・・全く、クズのやる事はゴミ」である』。

『「また、新しいWindowsで問題なのは、多機能過ぎる事」だ。

「筆者の環境では、ワイアレスは安全面で使えない。・・・つまり、要らない」。

「ところが、コンピ本体もソフトもワイアレス込だから、先ず、其処のセキュリティ対策を行う必要に迫られた」。

「その他にも、多種の検索機能が乗っかっている分だけ、元で吸い上げ易くなっている」。

「元は良心的に吸い上げたい・・・と思っていても、元が吸い上げられる機能を悪用する」のが「悪」なのだ。

「悪が周辺にこびり付いている様相の筆者の環境」では、

「元が吸い上げ易い機能=悪への利権分配みたいなモノ」だから、

「全て、相応の対策を施さなければならない」。

「つまり、面倒で不便」である』。

『「XPのサポートを続ける」なら「元の苦労は膨らんだかも知れない」が、

「良心的ユーザーが悪に浸食される危険も少なかったのでは?」と「感じている」』。

|

某市役所駐車場への強電磁波問題と筆者の部屋の上からの電磁波は関連性が高い様で・・・。

『「電磁波の状態が変化する」ので「良く判る」』。

『「韓国の客船沈没事件の裏には新興宗教問題もある様」だが、

「日本国内で電磁波工作等を行っている連中の裏にある」のも、

「新興宗教(大きさは問わない)」や「団体(●暴や民族や人脈等も含む)」なのだ』。

『「消滅前の悪足掻き」か

「永遠の恥辱に染まる道の歩み始め・・・」か、

「何れにしても、哀れ」である』。

|

某市役所の駐車場は異常に空いていたが、その理由は・・・。

『「所用があり、某市役所の駐車場に行った」が「異常に空いていた」。

「普段なら多数駐車している特定ナンバーの車」が「こぞって不在」だった。

「何故?」

「市役所駐車場隣りにある建物から照射されている、普段なら、程々の電磁波照射が異常な強さで行われていた」。

「つまり、こぞって不在だった特定ナンバーの車は、お仲間である可能性大だ」という事だ』。

『「そんな、一致団結した団体行動をとる集団とは・・・」、

「宗教関係」や「●暴関係」なら、

「通常的に、あり得る話し」だろう・・・』。

『「何れにしても、リストアップ車の整理が簡単」になった』。

『「異常に強い電磁波照射」は「崩壊現象の一つ」に他ならない。

「おバカや悪の行き先は、おバカや悪を止め過去を償い正しく生きる様にし続けない限り、永遠の恥辱に染まる道の上と決まっている」のだ』。

|

テレ朝では「アメリカは日本より中国を気にしているのだから、日本ももっと中国に擦り寄れ!」とでも言いたげだったが・・・。

『「昨今の安倍総理の言動や、NHK委員等の発言内容から、日本は戦前に戻ろうとしているのか?」等と「勘違いしている/させられている米国人もいる」だろう。

「しかし、それは、勘違いさせようとしている情報誘導による悪の効果に過ぎ無い」。

「今時の普通の国や国民が戦前返りを望む訳などあり得ない」のが「現実」だ』。

『「普通では無い国々」は「終戦前を度々持ち出す」。

「何故か?」

「それは、普通では無い国々の現状が余りにも酷いから」だ。

「余りにも酷い現状しか作りえていない、普通では無い国々の主導者たち」が、

「その国の民の関心を、余りにも酷い現状から少しでも遠ざける為に、終戦前の歴史を悪用している」のである』。

『「戦後、普通に、或いは、普通以上に発展出来ている国の一つである日本」の場合は、

「終戦前を持ち出す必要は基本的に無い」のだ。

「日本の場合、むしろ、現実的問題となっている」のは「終戦後の問題」である』。

『「例えば、竹島不当占拠や拉致を始めとする数々の工作活動等」や「尖閣諸島問題等」は「現在の日本の現実問題」だ。

「日本が現在の現実問題を解決しようとしている時」に「その相手方の対応国」が「不当な自国正当化の為に、終戦前の歴史を持ち出している」のである。

「当然、その様な動機から持ち出されている終戦前情報」は、

「不当に湾曲され、偏向・偏重され、事実無根の水増しまである、インチキ、或いは、嘘・偽り情報」となり易く、

「実際にその様相を呈している」』。

『「米国政府等は、とっくの昔に上記の様な現実を重々承知」だ。

「だから、日本をダシに、終戦前歴史使用に釘を刺すと共に、尖閣諸島は日米安保適用宣言」なのである』。

『「それなのに、日本の公共の電波を使っている、高学歴の優秀な者た多数いるはずの、テレ朝」が

「上記程度の話しもせず、悪戯に中国に擦り寄る様な人々の量産を促す様な情報を一方的に大量配信」なのだから、

「テレ朝等は、実質的に中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の情報工作機関の様相」なのだ』。

『「一般日本国民は、テレビ・マスコミ等の情報に騙され、操られない様に、重々用心するべき」だし、

「他国の情報工作機関の様相を露呈しているテレビ局等」からは、

「是正行動等と、視聴者に対する謝罪・管理職者の入れ替え等が無い限り、

日本の公共の電波の特定周波数独占使用権等を剥奪するべき」である』。

|

近づく日米、遠ざかる中・韓・北朝、そのココロは「文化の違い」なのです・・・。

『「韓国船の酷い事故&事故処理を見ても、日韓の文化の違いは明らか」だろう。

「中国共産党支配下の中国も含めて、所謂反日国の文化」とは「特定の考え・思いによる納得が大きな実権を持ててしまう文化」であり、

「日本や欧米先進諸国の文化とは、特定の考え・思いより事実・現実を優先出来る文化」だ』。

『「その文化の差がそのまま、現実としての先進技術や管理技術や社会体制等々に反映されている」のだから、

「文化の差が是正されない限り、日・米は近づき発展し、中・韓・北朝は遠ざかり衰退する事」は、

「避けられない近未来の現実」となる』。

『「遺伝子的には、日本人と韓国人等は非常に近い」。

「しかし、文化の違いにより、生み出される結果は大きく違っている」。

「それは、そのまま、家族関係等にも当てはまる」。

「親子がちゃんとコミュニケーションしたりして、伝えるべき文化を伝えると共に、育むべき文化を育んでいない」のなら、

「遺伝子的には、同様でも、結果は、大きく違う事になる」のだ。

「稀には、親の育むべきでは無い文化に対する反動形成や、親子のコミュニケーション関係無しに、育むべき文化を育む子も生じる」が、

「レアケースはレアケース」なのだから、

「社会的に主流とし、その人間社会をよりまともにしたい」のなら、

「国家においても、親子関係においても、伝えるべき文化の伝承と育むべき文化の育成」は、

「一つの至上命題」に他ならない』。

『「永遠の恥辱に染まる道を歩む文化」を「蔓延らせている国々や家族等」は「時間経過と共に、確実に衰退~崩壊」する。

「育むべき文化を育んでいる国家や人々」は「時間経過と共に、その文化の繁栄という一つの究極の報酬を得る事になる」。

「それは、国が在るとか、家族が有るとか、子がいるとか、生きているとか、死んでるとか、・・・等々の上辺のレベルを遥かに超えた、誰もの実体である地球生命体細胞群が受ける報酬」だ。

「その報酬の積み重ねにより、誰もの実体である地球生命体細胞群の存続~永続が可能になる」のである』。

『「くだらない、自虐的な、工作活動等に邁進しているおバカや悪ども」に「与えられる」のは、

「死しても尚、永遠に与えられ続ける恥辱」である。

「与えるのは、もちろん、特定の権力等を持った人間では無い」。

「自分の実体に叛いた悪行に対する負の報酬を自然の摂理が否応無しにもたらす」のだ。

「崩壊エネルギーの行き先は更なる崩壊と決まっている」のである』。

『「悪やおバカ」は「何れ自滅し、崩壊に次ぐ崩壊を繰り返す、永遠の恥辱に染まるのだから、人為的に裁く必要も無い」のだ』。

『「悪・おバカ国家」に対し「普通の国として接するのは間違っている」。

「普通の国」なら「相手をする国が太陽政策で接すれば、健康に育とうとする」が、

「悪・おバカ国家」は「太陽政策で接すると、悪・おバカを育ててしまう」のだ。

「悪・おバカは、絶滅させない程度(絶滅させると、免疫の元も無くなるから・・・)に衰退させる事」こそが「地球生命体細胞群全体の健常化に繋がる」のである』。

『「今後も、事ある度に、文化の違いが明瞭になって行く事になる」。

「悪・おバカ国家や悪・おバカ家族等は、自主的な是正を急ぐべき」だ』。

|

最近の電磁波工作車は「1・8がらみや、8・7(ハナ・・・韓国語では一番、つまり、第一・・・)がらみが多い様で・・・。」

『「昨今、筆者の観測上、強電磁波を前・後の車に対して当てている車のナンバー」は「8・7がらみ」や「1・8がらみ」が「圧倒的に多い」』。

『「北系人脈」や「●●人脈と繋がりのある●暴人脈や宗教人脈等」の「仕業」と推定される』。

『「公安は、とっくの昔に把握済み」だろうが、

「日本国も、日本の警察も、・・・早々に電磁波工作対策を行うべき」だ。

「交通事故等の何割か(?)は電磁波工作が元凶である可能性だって大」なのだ。

「ある意味では、現行法・現行の摘発体制の盲点を突いている無差別殺人・傷害テロなのだ」し、

「永遠の恥辱に染まる道を一生懸命歩いている悪やおバカどもを黙認し続ける必要など全く無い」のだから!』

|

血統家族主義教に縛られていると可笑しな思いを抱くものです・・・。

『「血統家族主義に縛られていない場合」の「永遠の命像」は「地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)の永続になる」が、「血統家族主義教に縛られていると、親から子へ命がのバトンタッチが永続する事を永遠の命像にしてしまう」。

「他の宗教でも同じ」だが「信じる事は、現実を見失う特急券にも化ける」のだ』。

『「その昔」の「小保方氏」は「血統家族主義教に縛られていた永遠の命像を抱いていた」らしい。

「そのまま・・・」だったら「博士論文等にも、STAP細胞認識等にも、同様の事実誤認が生じていても、何の不思議も無い」。

「現代を生きる人々なら、学問等を学んだり、仕事等を行う前に、先ず、自らの精神を数々の宗教的概念から解放し、素直な事実・現実認識が出来る様にしておくべき」だ』。

|

中国共産党支配下の中国が商船三井の大型船を差し押さえた訳・・・。

『「中国での民間の訴訟の結果」と言っても「中国共産党支配下の中国の司法による判断」だ。

「商船三井の大型船差し押さえは、中国共産党の意向による事」になる』。

『「今回の問題だけでは無い中国共産党の蛮行は何故起こされるのか?」

「それを理解する為には、旧ソ連も陥っていたマルクス~レーニン等による共産思想を知る必要がある」。

「そもそも、旧共産権を作り出した共産思想」とは、

「階級闘争」でもあった。

そして、

「その肝」は、

「数多い被搾取側の労働者層の人々」は「数少ない搾取側のブルジョア層の人々より偉い!」である。

「更に、労働者階級による独裁という状態の先」に、

「国家の死滅」や「本当の民主主義」や「共産主義」等々の

「理想郷が在る」というものだ。

「旧共産思想」とは、

「正に、外側から理想状態を求めた、典型的な宗教的思想」で、

「実質的には、共産主義という考え・思いによる納得を元にした一大宗教国家として出来上がった」のが「旧ソ連」の「実体」である。

「旧ソ連はロシアとなり、一応は宗教国家的状態から脱しつつある」が、

「中国共産党支配下の中国は未だに、宗教国家・・・」なのだ』。

『「宗教国家」では「その宗教の考え・思いによる納得」が「事実・現実より優先する」。

「だから、不適応分子の粛清という極悪行動でさえ、平然と行われて来た」。

「また、重要なのは、その考え・思いの下での納得心」なので、

「例えば、実効の無い軍備の拡大にも熱心になれてしまう反面、現実問題である環境対策には、目を背け続ける事も可能になってしまう」。

「現状の拡大政策も、今回の商船三井の大型船差し押さえも、・・・、・・・、

みんな中国共産党宗教思想の下での納得心がもたらしている異常現象」に他ならない』。

『「重要な事は、中国が、現実離れしている考え・思いによる納得法から抜け出す事」だ。

「中国共産党の原点でもある旧共産思想の大きな間違い」は、

「当時の人々の精神構造の集大成が生み出していた所謂ブルジョア支配体制を外面から壊し、自分たちの小さな頭の中で描いた理想像を実現させようとした事」だ。

「人間社会体制が、その時代、時代、で暮らしている人々の精神構造の集大成によりつくられている現実」に「気づいていた」なら、

「一人一人の精神構造の進化に重点を置いた、より現実との整合性が高い、人間社会の改良法等を思いついた筈」である。

「まぁ、何しろ、丸ごと一人の死生観全盛・・・の時代だった」のだから、

「マルクスが、どんなに悩みながら、一生懸命考えて・・・も」、

「外面からの理想像追及を主とした宗教的思考体系」しか「構築出来なかった」のは、

「時代相応の必然」だろう。

「レーニンに至って」は「ブルジョア支配の現実像や不当性を数字等から把握・証明しようとした」と共に、

「労働者階級の独裁による支配実現の為に頑張ってしまった」のだから、

「その後の外から壊して理想像を作ろうとした悪影響を残してしまった元の一人」にもなる。

「もっと酷いのは、スターリン等」だが、「ここでは、これ以上言及しない」』。

『「何れにしても、中国共産党が宗教的思想に基づいて蛮行を行えば行う程、中国が全世界から孤立する事」は「明らか」だ。

「それは、共産党支配下の国々がどれだけあるのか?・共産党支配下の国々が増えているのか?/減っているのか?等」の「現実を見れば、何処の誰にでも分かる事」だ。

「共産思想の下での正当化を正当と思う国々は、もはや、圧倒的にマイナー」なのである』。

『「外面から革命を起こそうとしているおバカたち」は「未だに、世界各地に少なからず居る」が、

「そんな連中は、自らの内面を健康化する事を、先ず、考えるべき」だ。

「人間社会システムは、その時代に暮らす人々の精神構造の集大成によってつくられて来ている」のだ。

「人生の目標」が、

「自分を健康にコントロールし続けるより、他者支配や、他人に自分を支配させる事」だったり、

「大金持ちとなり・・・つまり、お金を自分の下に集中させ・・・目指すのが、大量消費自慰生活等」だったり、

「他人との比較上に安定を求めたり・・・」、

・・・「している人々が多い限り」、

「何処の誰が独裁出来ようが、理想社会など出来る訳が無い」事くらい、

「理解するべき」である。

「そして、その様な愚行・蛮行を是正出来る」のは「ご当人のみ」だ。

「誰かの指導で強制的に!」

「出来ない者は、出来損ないとして、粛清!」というのは、

「外面からの革命を無理強いする愚行・蛮行」に他ならない。

「情報・教育の正常化/健康化」こそが「人々の精神の健康な成長/進化の手助けになる」のだ。

「情報・教育の正常化/健康化も出来ない愚か者たちを蔓延らせ続ける必要は全く無い」のである。

「中国は、出来る限り早く、脱(共産党)独裁支配体制という民主化の初歩を行うべき」だ』。

|

最近の記事も益々ご好評の様で、電磁波工作も真っ盛り・・・。

『「クズ、バカ、工作員たちも、もっとクズ、もっとバカの工作指令を出している者たち」も「ご苦労さん!」で~す。

「実に判り易い反応ぶり」で「今日もまたまた電磁波工作車のリストアップも上々の出来!」』

『「本日、当方の車の後ろから、強電磁波を出していた車の一台」は、

「熊●、●●●で、アリストV300、運転手は、メガネの男、ナンバーは、足して、13でも、18でも、21でも、ニコニコでも無かった」が「8&3&7&8(順番は敢えて記さない)の組み合わせ・・・」等々という具合だ』。

『「電磁波工作を行っている連中を調べれば、共通点は丸見え!」

「もう、バレバレなのだから、もっと頑張る=永遠の恥辱に染まる道が決定的になる」と「いい加減に悟るべし!」』

|

韓国船沈没事故(?)・・・。

『「2年前のイタリアの座礁事故の場合」は「船を放棄して逃げたのは船長だけ・・・」と記憶しているが、

「船長も含む乗組員全員(その後の報道で、極一部の乗組員は、船に残り、残った人中には、誠心誠意乗客救出に尽くした方も居た旨、明らかにされた。当初の報道は、かなりいい加減になる・・・)が、乗客を残して、早々と脱出・・・」という「韓国船の今回の事故???」・・・。

「船長も含む乗組員全員(同上カッコ内)が、乗客を残して、早々と脱出・・・では、既に、大事件の様相」だが・・・』。

『「事故原因についても、色々と言われている」。

「現在までの報道内容から察する」と、

「上屋の改造ゆえの上屋重量増加」や「急舵」や「積荷のコンテナ等の暴れ」等が「原因」で、

「傾き、沈没した」様相だ。

「つまり、不適応改造や操船ミスの可能性が大きい」のだ。

「通常の航路を進まず、ショートカットした」らしい。

「そして、そのショートカットや操船ミスを誘った」のが「濃霧による出航遅れ」という様相なのだ。

「つまり、

不適応改造という人為的誤りを持った船が、

濃霧という天候不順に対する人為的対応の誤りに、

操船ミスという人為的対応の誤りが重なって起きてしまった事故」である「可能性が大」なのだ。

「その上に、事故後の船長や船員の対応にも人為的対応の誤り」がある。

「その後、急旋回の方が傾きより後であった事が報道」された。

「そうなると、荷積みが傾きの原因」と「推定される」。

「つまり、船底部に入っている燃料が少なくなると、船の上部に積んだ荷物等とのバランスが取れなくなり、必然的に傾く」。

「大きく傾けば、船は、積荷や乗客が偏っている方向に急旋回してしまう(止まっている場合)」。

「その後の報道で、船は、右に曲がる様に舵を切った後、荷崩れを起こし、急旋回した」と「判明」した。

「全速力に近い速度で潮の速い海域を航行中に、そのまま、右に舵を切ったので、遠心力で、積荷は左に、船は、右に急旋回・・・」という訳だ。

「何れにしても、その様子は、まるで、時限爆弾」だ』。

・・・・・・・。

『「もっと酷い」のは「一隻だけしか使われなかった救命ボート」だ。

「ほとんどの船員が早々に脱出・・・」では「せっかくの救命ボートも宝の持ち腐れ・・・」になる。

「世界標準を守る日本も含む所謂先進国社会では当たり前の安全&お客様等の命優先」という「文化」が、

「少なくとも、今回の事件を起こした当事者からは、全くと言って良いほど感じられない」。

「船長だけの問題では無いことからも、それは、韓国社会の文化の問題の様相」なのだ。

「また、時限爆弾的積荷や乗客が、北朝鮮人脈等による仕込み」という「可能性」もある。

「ある種の誘導」で

「高校生の修学旅行と重いコンテナ等を改造故に上部が重くなっている大型客船に乗せれば、

燃料減少による時限爆弾的効果」で

「表向きは大事故が起せてしまう」・・・。

「もし、工作活動だった場合、この手の工作活動を摘発し罰する事は、非常に困難になる」。

「日本国内でも、現行法や現行の摘発体制では摘発困難な工作活動を行っている連中が少なからず居る」のが

「現状人間社会のお寒い現実」だ。

「人間社会のお寒い現実の元」は「悪い、もしくは、未熟な、文化」である』。

『「命!の大切さを訴え、極東地域日本のみ脱原発」等を「訴えている人々」は、

「日本の原発より前に、先ず、人災面での危うさがより強い韓国の原発を止めさせるべき」だ。

「全ての原発事故は、福島第一も含め、基本的に人災」なのだし、

「韓国や中国の原発で事故が起きれば、偏西風に乗って、大量の核汚染物質が日本に渡来する」。

「原発は、温暖化防止の意味から、安全に使うのが正解」だが、

「古いとか、管理技術や管理文化等の面・・・等々、で、安全に使えない原発」は、

「止める/止めさせるのが正解」なのだ。

「技術力や文化面から考えれば」、

「韓国の原発で発電した電力を日本が輸入」は「大間違い」で、

「日本の原発で発電した電力を韓国に輸出」が「正解」になる』。

|

新たなコンピ使用を安定させる事が出来るまでは、今までの記事スタイルを継承します・・・。

『「Windowsを新しくしたのは良いが、新しい分多機能で、筆者の使用用として安定化させるのにも時間がかかる」。

「多くの方々が、XPから乗り換えなかった理由も其処」だろう』。

|

韓流テレビが、何かにつけ、「血統家族主義」や「大金持ち賛美」を公然化したがる理由・・・。

『「血統家族主義{賛美}ドラマ・バラエティー」や「大金持ち{賛美}ドラマ・バラエティー」が「蔓延っている」。

「何故か?」

「例えば、日本乗っ取り支配策略上で動いている者たち」は、

「支配人脈を血統等で分けている」し、

「乗っ取り支配工作には、利権集中や大金が必要になる」。

「その様な連中にとって」は、

「その様な情報の公然化こそが、メリットになる」。

「つまり、韓流テレビ」は、

実質的に、

「日本乗っ取り支配策略応援情報」を

「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信している」のだ』。

『「策略応援情報としない為」には、

「血統家族主義賛美情報の前に、血統とは何か情報が在るべき」だし、

「大金持ち賛美情報の前に、大金持ちとはどういう事か?等の情報が在るべき」だ。

「誰もが血統の内実を知る」なら、

「悪戯な血統家族主義賛美等の情報」が、

「悪戯に人々の心を動かす事も無く」、

「今時の人間社会で重大に扱われるべき」は「血統では無い事も良く分かる」筈だ。

「その様な健常な精神状態の者」が

「血統家族主義を悪戯に賛美しているドラマ・バラエティー等を見る」なら、

「現代レベルに達していない、劣っている、醜悪な番組」等の「感を抱く」筈だ。

「クレームの嵐で、番組終了・・・」等「という場合」も「少なく無い」だろう』。

『「そもそも、血統を適当にちょん切ったり、特定の血統だけを偏重したりして、考える事自体が異常(事実・現実をちゃんと見ていない)」だ。

「人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存」である。

「遺伝など、四世代もすれば、他人のが近い場合も少なく無い」のだ。

「そして、生物を遺伝子の乗り物として捉える」なら、

「人類の場合も、卵子が主体の乗り物」であり、

「卵子の進化の方向性を決めるのが精子の役割・・・みたいな事になっている」のだ。

「つまり、人類(も含む多くの哺乳類)は、生物学的には、母系」なのである。

「その母系をずっと遡れば、ミトコンドリア・イブである太古の時代のアフリカ北東部の人類に収束する」のだ。

「つまり、血統をちゃんと最後まで辿るなら、人類皆兄弟姉妹」だ。

「それなのに、血統の部分偏重をしたがる人々が少なく無いのは何故か?」』

『「血統部分偏重の裏にあるのは、血統の現実では無く、人の考え・思い等」なのだ。

「どの様な状態の人が、血統の部分偏重をしたがるのか?」

「自分の実体や自分の人生」に対して「実体のある自信が持てていない人」だ。

「例えば、現実としては、人類皆兄弟なのに、他人を貶めたり、他人を支配したり、他人から搾取したり、・・・する事で、自らを過分に優位にしたりすれば、必然的に、無意識レベルで強大な自信を失う事になる」。

「自分の実体に叛いているのだから、自信の喪失は当然」だ。

「少し具体的に言うなら、例えば、人の本来欲求の一つは、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だが

「その代わりに、本来欲求の実体として充足される訳の無い代償欲求の追及行為として、

他人を支配したり、他人に自分を支配させたり・・・している」のが、

「自分に叛く道」で「そんな事を行い続ければ続ける程、本質的な自信を喪失する事になっている」のだ。

「無意識レベルの現象」では、

「知らず知らずの内」に

「自覚出来る人と自覚出来ない人との差」は「膨大となる」。

「膨大な無意識レベルの自信喪失を自覚出来ない人」が、

「自分の実体に叛く愚行を止めずに、他の者・物・事を利用した代償欲求の追及行為として、何とか、自信を得よう・・・とする」と、

「比べっこ原理主義状態に陥ったり」、

「例えば、自分を子ども等に投影・転嫁する事で、納得心を得ようとしたりする」のだ。

「子の側から見れば、親が集めた不当利権でも、利権は利権」だ。

「お金に色は付いていないのと同じ」で

「利権に恵まれた子は、またその事で、本来の自信とは程遠い、代償欲求の追及としての、自信が持てた納得心を得る事が出来てしまう」のだ。

「傍から現実的見れば、それらは、醜悪な現実逃避劇」なのだが

「代償欲求追及の為の血統・家族偏重による共依存関係の罠にはまってしまう人々」は

「古今東西、枚挙に暇が無い」。

「そして、それこそが、個々の家族レベルでの、悪戯な血統家族主義」だ』。

『「当然、そんな醜悪な現実逃避劇を行っているのが自分たちダケ・・・」では「直ぐに破綻する」。

「そこで、お仲間づくりを励む事になる」のだ。

「丸ごと一人の死生観のお仲間と同様」の

「現実離れした考え・思いを抱きしめているお仲間」は、

「現実逃避の為の代償欲求を追及するお仲間として、利権共同体を作れてしまう」から、

「お仲間つくりの愚行・悪行も古今東西を問わず、氾濫している」のだ。

「それこそが、集団的、悪戯な血統家族主義」だ。

そして、

「その中の、一つの究極的悪行」が

「特定極一部の者たちによる日本の乗っ取り支配策略」なのである。(さすが、元が出来の悪い支配者の下の民の流れ・・・(笑))

「血統の部分偏重を元に、利権集中や利権偏在を容認させようとしている裏に在る」のは、

「未熟な精神や未熟な知能」なのである』。

・・・・・・・。

『「上辺偏重で誤解する未熟者もいるので一応記す」が、

「もちろん、筆者の目的」は「他人の貶めでは無い」。

「言葉・表現等険しく上から目線で、筆者等傍には明らかに見えている実体・実態を暴露する事」で、

「刺激をもたらし」、

「・・・最終的には、人類全体の健常化を願っている」のだ。

「それをタダ個人レベルで好き勝手に行っているダケ」である』。

・・・・・・・。

『「健常な家族関係に基づく、家族に対する思い」は「もちろん否定していない」。

「家族関係で大切なのは、愚かで悪戯な部分偏重血統では無く、実体のある関係」だ。

「集団でも同様」である。

「大切なのは、その集団の文化」なのだ』。

・・・・・・・。

『「大金持ち賛美については、もはや、言うまでも無い」だろう。

「丸ごと一人の死生観の如く、現実離れが激しい現行のいい加減な経済システムまで、悪戯な賛美で公然化し続けるとともに、悪用しようとしている・・・」のだから、

「本当に醜悪」だ』。

『「バカは死ななきゃ治らない・・・」どころか「迷惑なバカは、代々話しまで残す」から、

「死んでも治らない」のだ。

「バカ文化を治す責任は、現代に生きている全ての人々に有る」』。

|

お遍路「韓国人シール貼り」問題・・・。

『「テレ朝の論調」では「シールを貼った韓国人よりそれを非難するビラを貼った誰かをより強く非難だった」が「少し考えれば誰でも分かる様に、元の韓国語シール貼りが無ければ、非難シール貼りも起きていない」のだ。

「テレ朝の論調は、実質的に、媚韓国人論調」になる』。

『「日本国民が用心すべき」は「反日政策を行っている国々系の人々による日本乗っ取り支配策略等」だ。

「例えば、何でも韓国発祥を世界的に訴えている韓国の実状を顧みる」なら、

「将来的には、お遍路路に韓国語シールが存在していた事が悪用」され、

「お遍路の文化も、元々は韓国発祥」等々の

「事実無根の迷惑論が世界中に配信されてしまう可能性も考え、用心し、防止する事が大切」なのだ。

「平和ボケや確信犯で、韓国語シール貼りを容認したまま・・・」というのは、

「竹島の不当占拠も、拉致も、他の工作活動も無かった事に・・・」等の

「売国的行動と同様の悪事に他ならない」。

「日本のテレビ局なら責めるべきは、

日本に勝手にシールを貼った韓国人と、

韓国語シール貼り容認等の、売国奴的行動を行った日本国民」である』。

『「本日のテレ朝朝番の論調」では「実質的に、韓国の為に多くの日本の視聴者を大衆誘導する為の論になってしまっている」のだ。

「そんな状態なのに、日本の公共の電波の独占使用権を与え続けられている」のは、

「明らかに、不当」だろう』。

『「不当な差別はもちろんいけない」。

「しかし、反日国人脈等による日本の乗っ取り支配等を避ける為の用心は必需」だ。

「はっきり言えば、

終戦後、朝鮮半島内の日本人はほぼ全てが強制的に帰還させられた」が、

「日本国内の朝鮮人は未だに、居続ける事が出来ている事自体」が

「重大な差別」だ。

「重大な差別」は「無い事に・・・」、

「些細な差別的行動を象徴的に重大に扱う事で、差別自体を考えない様に・・・」等々と

「大衆誘導している様相・・・」は、

「本当に醜悪」である』。

『「こんな状態」は「公然化したままで良い訳が無い」。

「日本の民法キー局の正常化は急務」だ』。

|

とりあえずパソコンを引っ越したのでテストです・・・。

『「XPからの乗り換え作業が一段落」した。「未だ、未だ、セキュリティーは甘いと思う」から、「とりあえず、テスト」で~す』。

『「ついで、だから、昨今の韓流テレビ・マスコミ等情報の酷さ」も「記します」』。

『「相変わらず、出したい者・物・事の押し売り状態&偏向論で大衆誘導状態」で「本当に醜悪」なのだ』。

『「昨今、(極東地域日本のみ・・・この部分は、意図的に省かれている)脱原発等で操られている方々」とは「安保反対!で操られた方々と同様」で、

「日本国内にいる確信犯の悪が操るおバカたち」に他ならない。

「確信犯の悪やおバカたち」とは「実質的に、他国の為に日本を悪用しようとする売国奴的連中」だ。

「例えば、ヨーロッパ」では、

「ドイツを脱原発させる為に、

どんなにダメである事が風潮されても、人類の科学の進化の方向性から言えば、逃れる事などあり得ない核技術を利用した原発が如何にダメかを風潮したと共に、

ドイツ国内で東側人脈の首相を誕生させる工作活動を行った様な連中」だ。

「ドイツは脱原発の結果、不安定な自然エネルギー発電を補う為に、大量の火力発電を使用せざるを得なくなった」が、

「その火力発電の燃料の元は・・・ロシア」だ。

「ロシアに国のエネルギーの一部を押さえられたドイツ」が、

「ウクライナ問題等でも冴えない」のは、

「当然の現象」だろう。

「同様の現象を極東地域で行おうとしているのが、日本国内に居る確信犯の悪と、確信犯の悪に操られているおバカたち」なのだ』。

『「安保反対!」が「実現していたら、米国の核の傘無き、日本がどうなっていたのか?」は「言うまでもない」だろう。

「当時の日本に残されていた道」は「米国の傘の下で一つの国として繁栄する」か「核の傘無き日本を分断統治されるか」だったのだ』。

『「STAP現象が在る」と「STAP細胞が在る」は「全く違う」。

「笹井氏の発言を聞いても、STAP細胞問題に」は、

「STAP資金集め詐欺が裏にある様な臭い」が「充満している」様に感じる。

「それなのに、韓流フジ等では、如何にも、STAP細胞が実在するが、特許を他の人や機関等に取られない様にする関係でその正確な製造法は公表出来ない・・・とでも言いたげだった」のだから、

「時間稼ぎ感満載だった」のだ。

「本当にSTAP細胞が実在し、コツさえ利用すれば何度でも製造出来る・・・なら、とっとと先に特許を取れば良いダケ」だ。

「韓流人脈が必死に集金活動・・・」の「裏には、何がある?」』

『「(極東地域日本のみ)脱原発」と「STAP細胞の実在は???だが、たぶん実在しているであろうSTAP集金」には、

「同じ臭いが在る」。

「その究極の目的は、日本支配」だろう』。

『「工作員たちが引いているせいで、@niftyの加入者数も減少・・・のせい・・・か?」、

「富士通が、@niftyを売却と朝日新聞がスクープ(???)」という「ニュースが流れた」が、

「嘘記事さえ平然と流してまでも集金に邁進していたほど、衰退している様相の現在の朝日の報道」だ。

「事実か?策略情報か?」は「いずれ明らかになる」だろう。

「重要な事は、安いから・・・等の理由で、韓流人脈等に献金する事の危険性を多くの一般日本国民がよく知る事」だ。

「日本を衰退させたがっていたり、日本支配をたくらんでいる事等と、無縁の韓流人脈なら、極東地域日本のみ脱原発が日本を不利にする事実くらいおバカでもなければ分かるのだから、言う訳も無い」。

「そのあたりで、判別は可能だ」と思う。

また、「日本支配工作等には、お金もかかる」から「個人レベルでは明らかに不要な過剰な程の集金行動が必需」になる』。

『「韓流テレビ」では、

相変わらず、

「出がらし芸能人たちや、

人脈の都合で稼がせられている様相の芸NO人たちの、

押し売りが酷い」。

「日本の公共の電波なのだから、もっと健全に使うべき」だ。

「ちゃんと新陳代謝させて、人脈関係無しに、今旬の芸のある芸能人を多人数起用するべき」だし、

「特定極一部の者だけを偏重起用する事による有名人利権の悪戯な製造等」は、

「法的にも否定されるべき」だ』。

|

小保方氏一色の様相ですらあった日だったが・・・。

『「小保方氏の発言を見聞きして、筆者が先ず感じた事」は「コレは科学者の発言では無いなぁ・・・」だった。

「STAP細胞の製造に200回以上も成功している・・・」とは、

「小保方氏の発言の意」だが、

「科学者なら、200回以上などといういい加減な発言はしない場合が多い」。

「実験○○回の内、良い成果が得られたのが、○○回(もしくは、○割)。

想定と違った結果が出たのが○○回(もしくは、○割)。

想定と違った結果は・・・」等々の「話しになるのが通常」だ』。

『「もし、STAP細胞製造実験を200回行って、200回とも良い結果が得られた成功実験」で、

「その実験法が実態通り公開されている」なら、

「他の研究機関等で、その再現実験が出来ない訳も無い」。

「万一、実験法の公開が未熟で不十分なものだった」なら「再現実験の失敗もありえる」が、

「通常の重大論文では、そんな事は、先ず、無い」。

「つまり、小保方氏のSTAP細胞製造実験成功話し」には「説得力が無い」のだ』。

『「筆者たちの感を裏切る様に、STAP細胞が実在してくれれば、まだ救いはある」のだが、

「筆者たち」は「集団的STAP詐欺」もしくは「集団的STAP集金」の「臭い」を「益々強く感じ始めている」。

「時間稼ぎによる集金資金始末等々」は「詐欺師軍団の常套手段だから」だ』。

|

「昼休みに芸能人の宣伝を見たい、芸能人信者などもはや少数派なのだョ!」フジもテレ朝も悟れば良いのに・・・。

『「筆者たちの感覚」では、「もはや、出がらし・・・の黒●さん」が、「芸能界で、今旬にしたい者たち」と「話す事」で、

「日本の公共の電波を使って、芸能人利権の増大を図っている番組」の

「視聴率がさえない」のは、

「当然過ぎる程当然」だろう。

「フジの笑っていいともの後番も同様」だ』。

『「筆者は、昼休みに大手地デジテレビ番組を見なければならないのなら、先ず、NHKニュース派」だが、

「それは、芸能人利権の増大情報を自分に覚えさせるより、現在、この世の中で起こった事の一部を知る事の方が遥かにマシだから」だ。

「同様の感を抱いている方々」は「決して少なく無い」筈だ』。

『「テレビが圧倒的に有利な立場に立ち、

テレビ側が売りたい芸能人を視聴者に刷り込み、

場合によっては、

その芸能人に時事問題までも語らせる事で、

世論までをも操れた状態」は、

「確実に過去のモノとなって来ている」』。

『「いい加減に悟れョ・・・おバカ、もしくは、悪ども!」』

|

WindowsXPサポート終了まであと約1日だが・・・。

『「近日中に乗り換えると共に、そろそろ、ブログの内容やスタイル等も変えようかなぁ・・・」等々と「思っている今日この頃」・・・』。

『もし、「今までの記事等に興味をお持ちの方々がいらっしゃる」なら「コピー・保存等」を「お急ぎ下さい」・・・』。

|

未だに、電磁波(電子波)工作を行っている悪やおバカを蔓延らせている様だが・・・。

『「悪やおバカに先が無い」のは「当然」だ。「悪やおバカを蔓延らせ続けているクズどもにも先は無い」。

「それは、その様な未来を選択した者たちの自己責任」に他ならない。

「定めの時が、何時になってしまうのか?」

「それは、悪態応分」であり、

「善なる者たちの生体反応応分」になる』。

・・・・・・・・。

『「以前にも記した」が、

「生物とは、宇宙終焉を早める為の仕組み」と「考える者たち」も「居れば」、

「生物とは、この宇宙に寄生し、この宇宙の終焉後も存続する」と「考える者たち」も「居る」。

「悪やおバカが体現している」のは「崩壊助長役としての生物」であり、

「多くの善人が体現している」のは「存続するものとしての生物」だ』。

・・・・・・・。

『「古の時代、細胞ごとの概念さえ希薄な時代」に「仏教」では、

「解脱という概念をつくった」。

「解脱とは、輪廻転生をも超え、基本的に苦である生から完全分離し、苦である生を超えた状態に在る」という

「仏教上の考え・思いの上での概念」だ。

「その様な概念が生まれたベース」は「丸ごと一人の死生観」であり、

「細胞ごとの誕生・死や、細胞ごとの働きや、細胞からの信号が人の意識・認識等をもたらしている実態等々の理解不足」だ。

「生きる事が苦というのは、死んだ細胞等からの信号に支配された意識・認識に他ならない」。

「年齢を重ねた人の中では、死んだ細胞等の割合が増える」ので、

「歳を重ねた釈迦等の実感でも、考え・思いの上での理想を追求すればする程、生きる事は苦となっていたのは、ある意味、当然」である。

「しかし、どんなに歳を重ねても、考え・思いの上での理想では無く、現実の進歩・進化を追求し、生きる事は楽という意識・認識の元となる健康な細胞の働きや誕生信号の方を優先出来る」なら、

「解脱などという現実逃避概念は不要」になる。

「現代人の多くは、そう」だろう』。

『「現代に生きていながら、悪やおバカやクズ状態・・・」では、

「その様な状態こそが正に解脱すべき事」だ。

「こちらは、現実逃避概念でしか無い、特定の考え・思いの上での理想像」では「無く」、

「実体の在る事」である』。

・・・・・・・。

『「現行法で摘発困難な事だから・・・」。

「実害が特定出来ていないから・・・」。

・・・「等々」と「電磁波(電子波)工作」や「飲食物工作」等々を「放置し続ける」なら、

「その分だけ、人類全体の寿命が縮む」のだ』。

『「選択権は、それぞれに在る」。

「立場のある者たちの選択には応分の責任が付いている」』。

『「下々の工作員たち」なら「電磁波工作等の実態をネット等でバラした上で、電磁波工作兵器等を持って、自首すれば良い」。

「中間程度の工作員たち」なら「電磁波工作等の実態をネット等でバラした上で、工作機器はもちろん、立場応分の組織図等でもつくり持って自首すれば良い」。

「確信犯の元悪たち」には「応分の天罰が下れば良い」。

「その様な状態こそが、人類の寿命を延ばす」のだ。

「人類の寿命を縮めたい悪やおバカやクズども」なら、

「他人の寿命を縮めようとする前に、人類である自らの寿命を縮めれば良い」。

「例えば、電磁波工作兵器で自らや依頼主等を撃ち、自分たちが行っている物事の実体を自ら確かめ、味わえば良い」』。

・・・・・・・。

『「何れにしても、悪やおバカやクズどもに勝利は無い」。

「何故なら、もし、悪やおバカやクズどもが蔓延れたとしても、早々に人類も滅亡で、誰も勝ちを意識・認識出来なくなる」からだ。

「完全な負けを意識・認識する前に、自らの意識・認識を変えるなり、・・・した方が賢明と思うが」・・・。

「もっとも、それが出来ないから、悪やおバカやクズども・・・」なのだろうけど・・・』。

|

みんなの党渡辺代表辞任問題・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等を始めとする日本の中の韓流人脈」にとって「日本の政界の今の一大命題」は「一刻も早く、実質韓流新党をつくり、与党にする事」だ。

「その為には、先ず、元々、韓流人脈の割合が多い野党を集合させ、大きな野党とする事」だ。

その上で、

「民主党政権成立時の如く、有権者に、二大政党制の中の選択」で、

「自民がダメならコッチでしょ!」等と「テレビ・マスコミ・ネット等悪用誘導選択を行わせ」、

「知らず知らずの内に、韓流人脈にとって都合の良い政党を与党にする事」である』。

『「その為の第一歩」が「悪戯な野党集合に反対している渡辺外し」なのだ』。

『「DHCの吉田会長による多額の資金提供という実質仕込み」は、

「韓流野党連合結成の流れに沿っている限り、表沙汰にされない隠し球だった」のだろう。

「渡辺氏が野党連合結成を渋っていた」から「隠し球で騙しうちアウト!」という訳だ。

「・・・そう考える」と「DHCとは、大・ハン(韓)人脈・センター(中心)の略とも思えてしまうが」・・・』。

『「そもそも、脱官僚が正当性を得る為には、官僚以上の能力を持つ者が必要になる」が、

「厚顔無恥の図々しさだけは天下一品の芸NO人の如く、

厚顔無恥の図々しさ、もしくは、確信犯の日本衰退工作員としては、天下一品の様な連中がゾロゾロ・・・でも、

官僚以上の能力を発揮して、日本を発展させそうな人々は皆無に近い様相」なのが、

「現状の野党の実状」だ。

「それは、現野党にも多数居る、

脱官僚与党政治を行った民主党/元民主党の国会議員等が行った事を

思い出せば多くの人々の中で明らかになる」筈だ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等では、渡辺代表の辞任を歓迎すると共に、野党再編こそが正義の如く風潮している」。

「もちろん、その正義」とは「日本乗っ取り支配人脈にとっての正義」なのだ』。

『「渡辺代表が退いた後の国会議員等の行動を見れば、

野党国会議員のそれぞれが、

日本と韓流のどちらの方向を向いているのか?等が

より明らかになる」。

「韓流テレビ・マスコミ等ご推奨の方向に動く・動きたがる」のは「実質、韓流人脈の手先」に他ならない。

「今回のDHC隠し球による渡辺代表降ろし劇」の「要注目ポイント」は「其処」だろう』。

|

北朝鮮の「口先ダケ核実験」とブラックボックス回収で明らかになるマレーシア航空機問題の実態・・・。

『「実戦となれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」だ。「北朝鮮が取れる新たな核実験の手段」とは

「宇宙で・・・」か、

「口先ダケ・・・」になる。

「宇宙まで飛ばして核実験」とは「非常にお金がかかる上に、国際社会からの反発も大きい上に、万一失敗すれば、自爆・・・」だ。

「北朝鮮が、実質的に取る事が出来る新たな核実験の手段」とは、

「口先ダケ・・・」だ』。

・・・・・・・。

『「多くの人々が既に考えている事」は、

「マレーシア航空機行方不明問題の実態」が、

「機長等による反政府テロだった・・・という事」だ。

「現時点でも、ブラックボックスの在りかが判明しそう・・・」で、

「実際に回収されれば、機長等とマレーシア政府側の交渉実態も明らかになる」だろう』。

・・・・・・・。

『「今時の人間社会」では既に、

「こけ脅し」や「詐欺」や「隠蔽」等々が「困難になりつつある」のだ。

「そして、今後もその傾向はどんどん強くなる」。

「今時~今後の人間社会」で「実効が得られる」のは「事実・現実に基づいた者・物・事」なのだ』。

『「自分の実体から整合性を取り、

自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続を可能にして行く実務」は

「全世界の全ての人々に求められている人類本来の仕事」だ。

「自分の実体や人類としての本来の仕事さえ良く把握出来ていない未熟者」に「過分な立場や報酬等を与え続ける事」は、

「人類にとっての自虐」になる。

「自虐を排除すれば、人類の存続~永続も可能になり易く」、

「自虐を放置すれば、人類滅亡の日がどんどん近づいて来る事になる」のだ』。

『「一人一人の選択は重要」だ。

「立場・権力等を持っている者たちの選択には、応分の重い責任が付いている」。

「大きな立場・権力を持っていながら自虐の選択し続けている事」は、

「その者はもちろん、他の多くの人々にも自虐を強いている大罪を犯している事に他ならない」のだ。

「本質的自虐者・組織・国等の崩壊は必然」である』。

『「崩壊に至る本質的自虐者・組織・国等を太らせる事」は「その分だけ人類全体の被害を大きくする事」だ。

「崩壊方向に向かっている者・組織・国等は細らせる」のが「正解」だ』。

|

小保方氏は下手な反論より「再現実験の成功証明」でしょ・・・。

『「STAP細胞の存在自体を誰もが解る様に証明する事」=「一番の反論」なのだから、「是非!」』

『「再現証明が出来ない」なら「STAP細胞って何?」』

|

政治に食い入ろうとしている新宗教問題・・・。

『「戦えない新宗教ではダメ・・・」とは「立正佼成会等の意向」だそうだが、「その内実は、工作活動が出来ない新宗教ではダメ!」だろう』。

『「政界工作」

「情報工作(テレビ・マスコミ・教師等の優位な立場を悪用している場合も多い)」

「盗聴・盗視{人力の場合もあるが、電磁波悪用の場合もある}のスパイ工作」

「酷いところでは、電磁波工作や飲食物工作を悪用して{霊障だ!}等と傷害・詐欺的な事まで行っている」のが、

「悪新興宗教団体等」の「実態」だ。

「宗教団体等で問題行動がある」のは、

「スケープゴードとして祀り上げられている面もある、オウムだけでは無い」のである』。

『「何故そんな事態になっているのか?」

「元々、新興宗教とは、日本国内で旧来から既存の宗教の枠に入っていなかった渡来の人々の宗教的受け皿としての役割を担って来ている」。

「その渡来人たちが、反日国由来」なら

「必然的に、その渡来人たちが実権を握っている新興宗教団体の行動も、反日政策寄りになる」』。

『「反日国の為の行動である事」は、

「それらの新興宗教団体が訴えている事」を考えれば、

「誰にでも判る筈」だ。

「原発反対!」も

「集団的自衛権反対!」も

「靖国神社参拝反対!」も

「反日国を利する政策に他ならない」』。

『「新興宗教団体の中で訴えが異質」なのは「統一教会」だが、

「訴えている内容は現与党等と一緒」でも

「所謂霊感商法や合同結婚式等」に「問題感を抱かない人は稀」だろう。

「新興宗教団体のほとんど全て」が

「傷害・殺人事件まで起こす極悪も含む問題児みたいなモノ」なのだ』。

『「何故、そんな問題組織が生き残れているのか?」

「先ず、資金」である。

「宗教団体の経済は透明では無い」。

「政治家の経済同様、透明性を強いる事が必需」だ。

「何故なら、日本社会の中で不特定多数を相手にした公共の中での活動だから」だ』。

『「新興宗教団体の集金」は「信者からの寄付や宗教行事等提供の対価」だ。

「酷いところ」では「反日国人脈からの裏金もある」。

「裏金を表に出させる為」にも「経済の透明性が重要」だ。

「人の心につけ込んだ集金自体が大問題だ」と「筆者たちは思っている」のだが、

「日本の現行法では、それらの実質悪行を取り締まる事さえ出来ていない」。

「少なくとも、神や霊やあの世等実体の無い者・物・事で人の心を操り集金する事は、所謂霊感商法レベルの金額にならなくとも、禁止されるべき」だ。

「また、神や霊やあの世等実体の無い者・物・事で操られてしまう状態の人々を生み出さない情報・教育も非常に重要」だ。

「宗教団体等への寄付行為等も透明性が確保されるべき」だ。

「賽銭等、伝統文化的行為であっても、野放しにする事=闇資金の製造やマネーロンダリングにも使える事に他ならない」のだから、

「現状人間社会の実状を踏まえた対策は必需」になる』。

『「次に、工作組織だから」だ。

「反日工作請負組織として、反日国人脈から裏金や新たな信者が続々・・・という場合」も

「少なく無い」。

「その様な組織の場合」は

「確信犯の反日工作員が、何も知らない、或いは、弱みを握られている、一般日本国民を操って悪行を行わせている事が稀では無い」。

「そして、行っている事」が

「電磁波工作や

飲食物工作や

不法侵入行為(スパイ・電磁波/飲食物工作の為)や

汚し・邪魔行為(所謂厄付け、電磁波・飲食物以外に、自転車・自動車等のタイヤの空気を抜く、もしくは、自動車の場合、一輪だけ高くしたりして、空気圧バランスを崩す、視界不良を誘う為にワイバー等に汚し物質を仕込む、玄関やポスト等、所謂その家の入り口を汚す)等々」なのだ。

「一般日本国民の安全・健康の為」にも、

「スパイ・工作活動防止法等を早々に整備し、適用すべき状態」が「既に在る」』。

『そして、

「情報・教育の重要性」も「強調」したい。

「新陳代謝という言葉は覚えていても、あの世や霊を信じる人」とは、

「実の無い情報・教育の象徴」だ。

「死生観の進化」や

「神」や「宗教」の「実体」等々を、

「ちゃんと実のある情報・教育で伝える」なら、

「現代人のほぼ全ては、宗教要らず」の筈だ』。

『「伝統文化遺産としての価値がある宗教施設や宗教等」は「伝統文化遺産として残せば良い」。

「その様な時代が既に来ている」から、

「逆に、新興宗教等は生き残りに必死となっている面もある」のだ。

「もはや不要なばかりか、有害な場合も多い新興宗教の滅亡」は「現代の必然」だろう。

「宗教弾圧など全く不要」である。

「先ずは、情報・教育の正常化」であり、

「実質的工作組織の摘発」だ』。

『「政党や政治家」が「宗教票に媚びている状態」とは、

「その政党や政治家が信頼を失う状態」でもある。

「情報・教育の正常化」や

「摘発すべき実質工作組織の摘発」を

「行って」こそ、

「今の日本の為の与党」であり、

「今の日本の為の政治家」だ』。

|

小保方SТAP細胞問題の裏にあるのは?・・・。

『「小保方氏から感じられる」のは「努力は報われるべき症候群」と「成果主義症候群」だ。

「どちらも、自己確認の代償欲求に過ぎ無い、未熟な精神状態が生み出す事」だが・・・』。

『「努力は報われるべき」は「現実的でも合理的でも無い」。

「実体・実態に合う努力」は「報われるべきと言える段階の実績を残せる」。

・・・「それが現実」だ。

「実体に合う努力」とは「現実適応の世界」だ。

「以下、それを、実体努力 と記す事に」する。

「実態に合う努力」とは「現状適応の世界」だ。

「以下、それを、実態努力 と記す事に」する。

「人間本来は、主として、実体努力をするべき」なのだが、

「現状人間社会や現状権力者等に媚びる実態努力をして、相応の成果を得ている人々が多い」のが、

「現状の未熟な人間社会の実態」だ』。

『「本来は、現実成果を目指すべき人類」だが、

「現状人間社会で得られている成果の多く」は「現状成果に過ぎ無い」。

「現実離れした人間社会上でのみ成り立っている虚構上の城やご褒美(与えられるお金や立場等)」なのだから、

「そんなモノを目指す事自体が人類の自虐の元にさえなっている」のだ。

「現実成果を目指す」なら「例えば、現状の現実離れした人間社会上での評価等は無関係となる」。

「そんなモノが無くても、現実に成果が在るから」だ』。

『「現状の未熟な人間社会」でも「ある程度は現実との整合性が求められている」。

しかし、

「実体努力では無い実態努力」でも、

「現状人間社会内で、成果が得られ、その成果が個体寿命より長続きする事」は

「稀では無い」。

「だからと言っても、科学の世界等では、実体離れした者・物・事の寿命は短い」のだ。

「科学者が行うべきは実態努力では無く、実体努力」である』。

『「小保方氏から感じる」のは「実態努力の強さ」だ。

「如何にして、自分の論や自分自身を、現状科学界で要の立場にある者・物・事に認めさせるか?」の「実態努力」は、

「見事に実った」から、

「小保方STAP細胞」に「世界中からスポットライトが当てられた」。

「問題は、その先」である』。

『「小保方STAP細胞」が「実体努力の元で明らかになった現象」なら、

「再現実験の成功が当然」になる。

「ところが、今のところ再現実験成功のニュースが全く無い」のだ』。

・・・・・・・。

『「科学界等以外では、実態努力が認められたまま個体寿命を超える人々も稀では無い」。

「万一、小保方氏が実態努力選択人生を選択していた」のなら、

「目指すべきは別の道」になる』。

『「根底に見える問題」は「学校教育」だ。

「未熟な教師」は「実体努力」と「実態努力」や「現状成果」と「現実成果」の「区別さえ???」なばかりか、

「人間自体の実体理解・実体把握も???」なのだ。

「そんな状態の教師」から「努力は報われる!」「努力すれば成果は出せる!」等と

「刷り込まれれば」、

「実態努力症候群」&「成果主義症候群」等を

「発症させてしまう人が生まれてしまう・・・」のも、

「当然」だ』。

・・・・・・・。

『「おバカ(悪に操られる)や悪(現実離れした未熟者)が生み出す」のは「おバカや悪」なのである』。

『「おバカや悪に過分な立場・報酬等を与え続けている人間社会」なら、

「衰退が必然」となる。

「日本社会でも重要な事」は、

「おバカや悪を過分な立場・報酬上から排除する事」だ。

「例えば、悪が日本乗っ取り支配策略を行い、おバカがそれに操られている」が、

「そんな者たちは、早々に、日本社会から排除されて然るべき」である。

「おバカや悪に相応しい」のは「過分な立場・報酬では無い」。

「おバカや悪」は、

「過分な立場・報酬上で、実害を生じさせている場合が多い」のだから、

「その実害に応じた罰や罰金」こそが

「過分な立場・報酬上にいるおバカや悪に相応しい」』。

|

ガソリン値上がりだが・・・。

『「ガソリン価格がかなり上がった」。もちろん「温暖化対策税は必需」だ。個人的には「原子力カーが欲しいくらい」だが「原子力カーの問題」は「事故時に核汚染物質が拡散してしまう事等」だろう。

「逆から考えれば、その辺りさえクリアーすれば、原子力カーも実現可能になるのでは?」』

『「もちろん、原子力カーとは、極小原発で発電するシリーズハイブリッド電気自動車」だ。

「手持ち核爆弾を実在させている現代の技術」を「少し前に進める」なら、

「実現は意外と容易な筈」だ』。

『「当初は、拡散防止容器の安全マージン込みで、相応な大きさが居るだろうから、バスやトラックで使えば良い」。

「何れにしても、重要なのは、放射能遮蔽技術と拡散放射能除去技術等」だ』。

・・・・・・・。

『「核制御は人類にとって非常に重要な技術」に他ならない。

「核制御も出来ない様では、核エネルギーとは桁違いになる時空エネルギーの制御が出来る訳も無い」。

「時空エネルギーの制御無き人類の未来」とは、

「本格的宇宙時代無き人類の未来で、地球とその周辺の天体上で人類が終わる未来」に他ならない。

「地球生命体細胞群の存続可能時間」も「それなりのものになる」』。

『「時空制御技術を得て初めて、大宇宙を実利用出来る様になる」と共に、

「この宇宙以外の宇宙を製造する事も可能になる」のだ。

「その様な状態になれば、地球生命体細胞群の実質的永続も可能になる」』。

・・・・・・・・。

『「まぁ、あまりにおバカや悪が蔓延ったり、おバカや悪による邪魔やスパイ行為等が蔓延る」なら、

「とっくの昔に仕込まれている地球生命体消滅装置の定めの時の延長も無くなり、

メデタク地球生命体消滅となる」のだ。

「全ての人類も含む、地球生命体細胞群の存続が極々短くなる」のだが、

「おバカや悪が蔓延ったりし続けるなら、それも、必然」だろう。

「つまり、おバカや悪の子造り&おバカ・悪文化刷り込み増殖は無駄以外の何物でも無い」のだ』。

『「産まれるべき者が産まれず、産まれざるべき者たちがこの世を満たす時、人類滅亡も程なくやって来る」とは、

「古からの天訓」である。

「自然の摂理とは、そういうモノ」なのだ』。

・・・・・・・。

『「おバカや悪が改心し、過去の悪行に対する補償をしたり、自ら滅ぶ事等で、

健康な魂を生かし、地球生命体細胞群の未来を永くしたい・・・」のなら

「おバカや悪も人類の片割れ」だが、

「それが可能なのも、今の内」だろう』。

|

小保方氏には「STAP細胞なんて無いんです~!」と嘘をついて欲しかった日だが・・・。

『「論文偽造問題に対して、真剣に反論した」様なので、「益々、STAP細胞の存在が怪しくなった・・・」等と「感じた」のは、「筆者たちだけでは無い」だろう・・・』。

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »