« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

生存拉致被害者を帰す予定の北朝鮮(?)・・・。

『「もはや、工作活動の時代では無い事を悟った」のなら「北朝鮮現主導部もまとも・・・」だが、

「工作活動に障りの無い生存拉致被害者を帰す事で、日本から資金を得て、更なる工作活動に励む・・・」なら、

「北朝鮮主導部は、お気の毒な程、時代遅れ」だ』。

『「もし、北朝鮮主導部がまともだった場合、北朝鮮は一気に中国共産党や韓国より前に出る事になる」。

「未だに、工作活動を行い続けている中国共産党や韓国より、

工作活動を放棄して新たなステップへ移行した北朝鮮の方が、マシになるから」だ』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上を歩み続けている韓国」は、

「またまた{従軍売春婦像}を米国ワシントン州内に建てた」のだそうだ。

「先の大戦時の朝鮮人従軍売春婦の実態」とは、

「朝鮮人の親や親戚等が、金銭目的で、朝鮮人のブローカーに売り渡した哀れな女性たち」なのだ。

「朝鮮人ブローカーは、旧日本軍に従軍売春婦を渡す事で、軍事利権の一部譲渡等の厚遇を狙っていた」のである。

「旧日本軍は、当時合法だった売春婦という仕事を利用する事」で、

「戦地における悪戯な強姦や強姦~殺戮を防ぐべく、従軍売春婦の公募を行っていたダケ」だった。

「当時合法だった売春婦を公募した旧日本軍」と「営利目的だった、自らの娘や親戚等の娘を朝鮮人ブローカーに売り渡した者たちや、朝鮮人売春婦ブローカーたち」の

「どちらに、より深刻な問題があるのか?」は、

「賢明な米国人なら誰でも分かる筈」だ。

「結果として、韓国人脈が無理やり建てている米国等の国々内の従軍売春婦像」は、

「永遠の恥辱に染まる道を歩んでいる者たちの象徴になる」のだ』。

『「北朝鮮の場合は、韓国より、ロジックが合理的でもある」。

「ただし、過去においては、バレ無い事=通用する事と勘違いしていた様相」だ。

「未来永劫バレ無い事など、先ず無い」のが「人類の進化」なのだ。

「北朝鮮が工作活動を放棄する」なら、

「北朝鮮は、現状国際社会で、まともな話し合いが出来る国家の一つにも成り得る可能性も出て来る」。

「未だに、従軍売春婦工作を続けている韓国よりマシになる可能性もある」のだ』。

『「国際社会内で、北と韓国の立場が逆転する」なら、

「朝鮮半島内が、北中心で統一される可能性も出て来る」。

「つまり、工作活動放棄は、北朝鮮にとっての一発逆転の最後のチャンス」なのだ』。

|

もはや終わっている利韓・利中共政党だが・・・。

『「野党再編して、二大政党的状態を作り、韓流テレビ・マスコミ等が自民ダメ!の大合唱を行えば、再び、民主党政権時の様な状態を作り出せる・・・」等と「思い込みたい利韓・利中共等の勢力」だろうが、

「もはや、そんな手口では有権者の動向は左右出来得ない」。

「極東地域日本のみ脱原発」や、

「在日外国人(特に、特別永住権保持者)には、外国人参政権を!」等々の、

「実質的、利韓・利中共政策」にしても、

「どんなに、それこそが、正しい政策だ!と韓流テレビ・マスコミ等で訴えても」、

「もはや、多くの有権者は騙されない」。

「利韓・利中共政策は、利韓・利中共政策である事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる」』。

『「原発問題を倫理的に解決???したドイツ」では、

「再生可能エネルギーの不安定さを補う為に、ロシアから大量の天然ガス輸入が必需となり、

結果として、国のエネルギーの一部をロシアに抑えられたドイツ」では、

「例えば、ウクライナ問題にしても、満足な対応が出来なくなっている」。

「同様の事態を極東地域で起こしたがっている」のが、

「極東地域日本のみ脱原発に力を加えている連中」だ。

「韓国の手先的連中の企み」は、

「日本の原発を止めさせれば、

不安定高価再生可能エネルギーだけでは、運営出来ない日本の電力の一部を、

韓国の原発発電電力で補わせる事が容易になる」。

「その様な事態が実現すれば、エネルギーの一部を韓国に抑えられた日本」は、

「益々、韓国の言いなりに成らざるを得なくなる」から、

「外国人参政権でも、竹島の韓国領土化でも、日本国内の乗っ取り支配でも・・・より容易に出来る様になる」という

「策略」なのだ。

「上記の韓国を中国共産党に置き換えれば、それは、そのまま、中国共産党の手先の連中の企みになる」』。

『「そんな事態を多くの日本国民が歓迎する訳も無い」。

「韓流テレビ・マスコミ等の情報を良心的・・・等と信じさせられ、

悪戯な脱原発感情を起こさせられいても、

選挙時の有権者としての判断では、

対韓国・対中国共産党抜きになならない」のが「当たり前だから・・・」だ』。

『「結果として、野党再編で、いくら利韓・利中共連中が集まっても・・・その様な政党がメジャーになる事はあり得ない」のだ』。

『「石原氏」には、

「上記の様な当然の認識が感じられる」が、

「日教組等教育&韓流テレビ・マスコミ情報世代」&「周り中そのスジの人々」の

「橋下氏」の場合は、

「小沢鋭仁の様な、極親韓的人まで、お仲間・・・」なのだ。

「ソレでは、反りが合う訳も無い」』。

『「みんなの党は、渡辺氏の流れが本流」だ。

「DHCのお偉いさんが江田等を押す=DHCのお偉いさんが親韓みたいな話し」なのだ。

「その当たりは、今時の多くの有権者は、とっくにご存じ・・・」だろう』。

|

中国機異常接近と言えども「ロシア製」なんですけど・・・。

『「タイトルの事態が示している事」は「中国共産党がどんなに偉ぶっても、軍事技術等の肝はロシア頼り・・・」という事だ。

「中国共産党軍に、ロシアが軍備等の使い方を教えているのが実情」だろう』。

『「もちろん、ロシア側としては、その様な援助を通じて、所謂死の商売で儲けたい・・・」のだろうが、

「普通の国では無い、中国共産党支配下の中国」では、

「ロシア製の戦闘機等をパクッて、中国製と嘯く始末」だから、

「ロシアも本気で商売が出来ない」のだ』。

『「中国共産党の脅威の実体」とは、

「厚顔無恥の図々しさの脅威」で、

「それは、援助しているロシアにとっても・・・」なのである』。

『「ロシア側は、死の商売等の為に、中国共産党が提案した、対ナチス・対旧日本軍戦勝記念行事までも行う・・・」と言うが、

「そもそも、先の大戦時に中国が勝者となれたのは、米軍側が援助していた中国国民党軍について」であり、

「その大戦終戦時の勝者に対して、反乱軍として、旧ソ連の多大な支援を得て戦い、

大戦終戦時の勝者を台湾に追いやった」のが、

「中国共産党軍」だ。

「中国共産党が誇る」なら「中国内での反乱による勝利」なら「話しは分かる」。

「それなのに、先の大戦時の勝者として誇りたがっている状態は、滑稽過ぎる程滑稽」だ』。

『「中国共産党も、韓国同様、ファンタジーに生きる・・・」なのである』。

『「ド迷惑なファンタジー国家」とは、

「永遠の恥辱に至る道を歩んでいる集団」に「他ならない」。

「自覚無き者たちに、自主的是正は困難」だろうから、

「実際に、永遠の恥辱に染まる道を歩み続ける」のだろう』。

『「例え、中国共産党が自覚を持てなくても、漢民族全体の中には、自覚を持ち、是正行動を起こす人々がかなり出る」だろう。

「中国は、近未来に民主化されると共に、幾つかの国々として分かれて存立する事になる」』。

|

ウクライナ問題の本質は親旧ソ連人脈の問題・・・。

『「マスコミでは、親ロシア派の人々等と紹介されている反ウクライナ政権側の人々」だが、「その実体は、親ロシアでは無く親旧ソ連」だ。

「旧ソ連時の共産党独裁政権利権構造上でメリットを受けていた人たち」で、

「旧ソ連時には、共産党政権人脈に近い事=社会的優位事項」だった』。

『「かつてのお仲間の全面支援を期待して、内乱を仕掛けた」が、

「旧ソ連では無い現ロシア」は「全面支援など行う訳も無い」。

「結果として、ウクライナ内で孤立状態となり、何れは、制圧される事になる」』。

『「同様の問題」が「東アジア地域にもある」。

「もっとも、こちらは、今のところ、旧中国共産党では無く、現中国共産党」だが・・・。

「実状は、非常に似ていて、東アジアの色々な国々の中で、中国共産党人脈に近い人々が問題行動を起こしている」。

「今のところ、現中国共産党」なので、「中国共産党による全面支援もある場合が多い様」だ』。

『「しかし、近々、現中国共産党は、旧中国共産党となり、中国は、旧ソ連がロシアになった如く、民主化への道を歩み始めざるを得なくなる」。

「何故なら、今の中国で大きな問題となっている者・物・事の信頼性の問題や、中国共産党員がらみの汚職等の問題」は、

「共産党体制では解決出来得ないから」だ。

「信頼性の問題も、汚職等の問題も、いわば構造欠陥」なのだ。

「いくら、習近平が指導して、汚職役人等を厳しく罰しても、後から、後から、同様の新たな汚職役人等が涌いて来る事となる」。

「交代・競争原理の働く民主化無しに、中国に信頼性が育つ事も無く、汚職等が無くなる事も無い」』。

『「ウクライナの問題」は「近々、ウクライナ内の親旧ソ連反乱軍等が制圧された後、ロシアも含む話し合いで、何れは決着する」だろう。

「中国共産党政権の問題」も「崩壊のマーチが他国との大戦争開戦の扉を開く前に、中国共産党自体が否定される事になる」だろう。

「今時のほとんど全ての人類が目指している」のは、

「他者支配では無い」。

「豊かな生活等」だ。

「未だに、他者支配を目指している時代遅れの人々による支配」は、

「同じ国の多くの民からも支持が得られない」。

「どんなに、他者支配組みが頑張って延命しようとしても、最終的には、体制転換する事になる」のである』。

『「中国共産党より更に遅れている様相」の「朝鮮半島問題」は、

「中国共産党が衰退した後」に、

「ようやく、今のウクライナの様な状態になる事になる」のだろう。

「まるで、清が欧米列強に反植民地化され、日清戦争でも日本に負けた程、衰退するまで、

清に縋り付いて居た旧韓国の様に」・・・』。

|

日本の原発のみを止めれば安全だと思っているルーピーたち・・・。

『「大飯原発訴訟問題」で「一度原発事故があれば、多くの人々が、故郷等に何十年も住めなくなる・・・等々」と「原発事故被害の長期性に偏ってこだわっていたテレ朝朝番の脱原発派等々・・・」。

「多くの人々が何十年も故郷等に住めなくなる事」と「多くの人々の命が失われる事」の「どちらも、重大だ」と「考えるのが普通」だが、

「何故か?」或いは、「脱原発情報工作なら、当然」、

「何十年も住めなくなる事のみを偏重・・・」なのだ。

「偏重の結果論」が、

「新幹線等の事故等と原発事故は全く違い、

地裁判決の言う人格権が当てはまるのは、

原発事故の場合・・・」となる。

「それは、もちろん、偏重要素が導き出しているインチキ論」だ』。

『「そんなインチキ論を優勢に脚色している様相の内容」を、

「公共の電波を使って、一方的に大量配信している」のだから、

「本当に醜悪であり、呆れる事態」だ』。

『「普通に考えるなら、人格権が適用されるなら、原発も、新幹線等も、飛行機も、自動車も、色々な施設等も、・・・同じ」だ』。

『また、

「放射能潔癖症状態を前提」に、

「何十年も住めなくなる場所を、より広大に設定している事は異常」だ。

「広島・長崎の原爆被爆後の実態等」から、

「実質的に安全に暮らせる状態」は、

「ある程度判っている」。

「放射能潔癖症状態を強いている事」は「早々に解消」され、

「実質的に安全なところは危険区域から外すのが当たり前」だろう』。

『何れにしても、

「極東地域日本のみ原発ゼロにする事で、韓国や中国に利権誘導したい売国奴的悪」や、

「日本のみ脱原発すれば、安全だ等と思っているルーピーたち」等々に、

「公共の電波上という過分な発言チャンス等を与え続けている事」の、

「害」は、

「ちゃんと認識・把握される」と共に、

「実効のある対策」が「急務」だ』。

|

AKB48握手会無差別殺傷目的?犯の本当の目的は・・・。

『「握手会会場まで100キロ以上も自転車移動だった」と言う「握手会無差別殺傷事件の容疑者」・・・。

「体力は有り余っている様相」だが「仕事・金銭・知力・精神力等々の面等では、足りな過ぎた様相」だ』。

『「自殺目的で自殺が出来ない者が無差別殺傷を起こすのと同様」に、

「現状で安定、生活・精神等々に恵まれていない者が刑務所暮らしを目的に、事件を起こす事も稀では無い」。

「つまり、行き届いていると思い込める日本の刑務所より、酷い等と思い込める状態が其処には在る」のだ』。

『「今回の容疑者の手口からして、本気の殺人は考えていない可能性が大であると共に、

無差別と言いつつも、実は、ターゲットはちゃんと決めていた可能性も大」かも知れない・・・。

「ポジティブにせよ、ネガティブにせよ、興味の対象の選択には、本人の意思・無意識が大きく係わる」のだ』。

『「元々、酒を出さない水商売的なAKB商売」が、

「事件を誘発しないと思い込んでいる・・・」としたら、

「楽観的過ぎる」だろう。

「AKB商売を行っている方は、各アイドルは商売の駒だから、多少のリスクも織り込み済み」で、

「ぎりぎりを狙う事で大量集金を可能にしていた様相でもある」のだ。

「今回の事件で、大宣伝出来た・・・」等とさえ「思っているかも知れないなぁ・・・」等と「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「アイドル等明るい雰囲気」は「多くの人々が好き」である。

「問題は、大金と同じで、元を問わない所」だ。

「大金の場合も、いったい、どの様な手段で、その大金があるのか?」等々を

「ちゃんと認識・把握もせず」に、

「大金持ちを悪戯に賛美する風潮が現状人間社会にはある」。

「同様に、明るさの元も、多くの場合、ちゃんと検証される事も無く、認識・把握されている事も無い」のだ』。

『「他人に自分を認めさせる事による自己確認行為」は「多くの場合、代償欲求」である。

「代償欲求ハイによって、明るい・・・」&「その事に付き纏うお金によって、更に明るい・・・」のなら、

「その明るさには、多大な虚無感が付き纏っている事になる」。

「ところが、感性も知性も鈍い・・・かも知れない人々」は、

「与えられる明るさに狂喜乱舞し、大枚を貢いでいたり・・・する」。

「傍から見ていると哀れ」だが、

「自覚無き人々に、自覚を求めると、狂乱状態になったり、酷い場合には、八つ当たり行為まで行う・・・」ので、

「多くの他人は、面と向かって指摘する事も無い・・・」のだ。

「結果として、何時まで経っても、懲りない連中を相手にした、懲りない商売が成り立ち、

懲りない商売で大金持ちになった者は、

現状人間社会では、ヒーロー扱いまでされる場合が稀では無い」。

「そんなラプソティをよそに、

地球環境は確実に悪化しているばかりか、

現状人間社会のシステムも崩壊寸前になっている・・・」のに!』

『「現状のままの状態が続くなら、似たような新たな事件は、幾度と無く繰り返される」だろう。

「そんな現状を変えたい」のなら、

「大金でも、明るさ等でも、・・・何でも、その実体をちゃんと認識・把握した上で、実感を持って、容認するなり、否定するなり・・・する事」だ。

「ちゃんとより深くから、自分を認識・把握・コントロール出来ている人間たちによる民主主義こそが、

行き詰っている現状人間社会システムをブレークスルー出来る一つのスタイルになる」のだ。

「その元をつくる使命が、今を生きている全ての人類にある」のである』。

|

元々一緒になっていた事自体が不自然だった維新の分裂・・・。

『「橋下一派は、結いの党と合流・・・つまり、韓流テレビ新党同士の合体劇」だ。「当然、石原一派が納得出来る訳も無い」。

「元々、特別永住権を持つ在日外国人には選挙権を・・・等と言う、

戦後、朝鮮半島内の日本人はほぼ全てが強制帰還させられたのに、

日本国内の朝鮮人は多数居残り&朝鮮戦争時にも大量渡来した上に多数居残りという、

日本の実態に合わない事を掲げて来ている利朝鮮系人脈」と、

「利日本人脈」では、

「反りが合う訳も無い」のだ』。

『「日本の国会なのだから、利他国人脈は、当然、常にマイナーであるべき」だ。

「其処を間違うと内乱になる」可能性大だから、

「有権者もちゃんと考えて一票を投じるべき」だ』。

|

中国籍の中国共産党もしくは北朝鮮の工作員が日系ブラジル人を有益分子化して起こさせた事件の様相ですらある「准看護士殺害・パスポート不正使用」事件・・・。

『「タイトルの様な事件を起こした連中が実際に居る」のが「現状日本社会のお寒い現実」だ。

「旧共産圏の人民支配体制の肝」は「有益分子の製造と不適応分子の粛清」である。

「其処に、反日思想が加わる」と「日本国民の財産・健康・生命等を奪う事」は、

「有益分子として当然の行動」であり、

「粛清対象の日本国民の被害も正当」になる。

「そんな歪んだ、或いは、病的な、判断基準の元で動いている連中が実在している」のだ』。

『「戦後の日本国内」には、

「反日国系の工作員等により有益分子化されてしまった日本国民が少なからず居る」。

「韓流テレビ・マスコミ等や日教組等による情報・教育の実質的情報統制下時代」には、

「そんな有益分子化された日本国民が大量生産されていた」。

「ネット情報が普及した後」は「多くの方々が反日国等の有益分子化状態から解放された」が、

「未だに、電磁波工作や飲食物工作等々を行い続けている愚か者たちも居る」のだ』。

『「日本政府も警察等も、もっと、もっと、工作活動対策や工作員対策を真剣に行うべき」である。

「実効無き対策のみ・・・、或いは、対策無き状態・・・のまま・・・」では、

「今後、中国共産党や北朝鮮等が、窮すれば窮する程、日本国民の犠牲者が出易くなってしまう」』。

『「対策が整うまでは、自衛しか無い」。

「防犯カメラの設置」や、

「ちゃんとした鍵」や、

「例え、家族・親戚・友人・知人等々と言えども、反日国系の工作員等による有益分子化されている可能性を排除しない対応」等々が、

「実効がある」。

「しかし、多くの方々は、家族・親戚・友人・知人等々まで、無条件で信じられない状態」等は、

「嫌」だろう。

「その意味からも、公共の対策が重要」なのだ』。

・・・・・・・。

『「反日国等の論理」では「善悪等の判断が、お仲間か?否か?」だ。

「結果として、血統等の人脈的にお仲間なら何でも許し易く、

お仲間以外は、基本的に、搾取・粛清の対象となる」のだ。

「お仲間以外の有益分子化された者は、宗教信者や下っ端工作員等として、金銭財産等や労働力等を搾取され、問題になった時や捕まった時には、トカゲの尻尾の如く、捨て」られている。

「お仲間とお仲間以外で分ける人間社会では、信頼や信頼性工学は育たない」から、

「実際に、反日国等製の製品は、信頼に足らない場合が少なく無い」。

「偽造品や粗悪品等々の裏にあるのは、文化」なのである。

「丸ごと一人を、お仲間とお仲間以外に分ける文化」とは、

「丸ごと一人の死生観の如く、未熟なモノ」なのだ。

「未熟では無い人々なら、人の思いは丸ごと一人、人の現実は細胞ごとの誕生・死等」と「現実に迫る実態把握を元に動く」。

「もちろん、信頼も、信頼性工学等々も、未熟では無い文化故の産物」である』。

『「未熟な文化の民が日本国内にもゴマンと居る」のだ。

「実効のある対策」は、「本当に急ぐべき」だ』。

|

笑えたゾ!SPAの嫌韓ブーム分析論・・・。

『本当に、「お笑い!」だった。「何故なら、SPA誌上の論では、日本国民が本当の韓国や中国について良く知らない・・・」等と「嘯いていた」からだ。

「もちろん、昨今の嫌韓・嫌中共等の本質」は「多くの日本国民が本当の韓国や中国について良く知る事が出来る様になったから」だ』。

『「ネット普及前の日本の情報・教育」は「韓流テレビ・マスコミ等や日教組等による情報統制状態」だった。

「多くの日本国民は、韓国や中国について良く知らないまま、悪戯に、それらの国々が良い国等と思い込まされると共に、先の戦争の事を考えれば、韓国や中国に補償するのが当然等々の思い込みさえさせられていた」のだ。

「政治の世界でも、韓国や中国に対する所謂土下座外交が横行していた」。

「多くの日本国民が中国や韓国について本当の事を知らなかったが故に起きていた現象」だ』。

『「ところが、ネット情報が普及する」と「事態は動き出した」。

「韓流テレビ・マスコミ等や日教組等による情報統制状態が崩され、多くの日本国民が韓国や中国について本当の事を知る事が出来る様になった」。

「当初は、実質的情報統制時代に自らが思い込まされていた情報と、韓国や中国に対する新たな現実情報との間で揺れていた人々」も、

「次第に、真実が、新たな現実情報側にある事に心底気づく様になって来た」から、

「実体から必然的に起きているのが、現在の嫌韓・嫌中共」なのである。

「元が、現実情報だから、嫌韓・嫌中共は、韓国や中国の現実が、嫌われない様に変わらない限り終わる訳も無い」』。

『「それなのに、未だに、金や周に雑誌上で語らせる事で、情報工作による利韓・利中共工作等を行っている様相」なのが、

「SPA」なのだ。

「さすが、朝日(チョウニチ・・・つまり朝鮮が第一、或いは、朝鮮の日本等の意の象徴かも・・・と読むのが正解なのでは・・・)系の雑誌」である』。

|

大飯原発訴訟地裁判決で意気揚々の韓流テレビ等だが・・・。

『「人格権が今回の判決の様に優先される」なら「誰も、車も飛行機も使えなくなる」。

「つまり、今回の判決」は「ルーピー判決」に他ならない。

「それなのに、今回の判決」を「感動的だ!」等々と「絶賛している」のが、

「韓流テレビ等」なのだ。

「きっと、連中もルーピー・・・なのだろう」』。

『「もちろん、実態は、ルーピーでは無く、確信犯の情報工作組織の様相・・・」なのだから、

「地裁の判決を出した者の人脈も、疑われて然るべき」だ』。

『「日本の中の反日国人脈の問題は、ちゃんと解決するべき」だ。

「集団的自衛権も結構」だが、

「日本国内で、反日国人脈による各種の工作活動が蔓延っているまま・・・」では、

「集団的自衛権の実効も???」になる』。

『「そもそも、集団的自衛権にしても、原発再稼働にしても、反日国人脈が、反対!で時間稼ぎをしている裏」に「在る」のは、

「時間稼ぎをしている間に、各種の工作活動をフルに行う事で、日本の乗っ取り支配を行ってしまえば、集団的自衛権も原発再稼働も潰せる・・・」という

「思い込み」なのだ』。

『「もちろん、そんな{妄想}は実現不可能」なのだが、

「ルーピーはルーピー」なのである』。

『「一般日本国民の健康・安全の為」にも、

「日本政府等は、実効のある工作活動対策を急ぐべき」だ』。

|

ウクライナにしても、タイにしても、朝鮮半島にしても、中国にしても、終末現象が露呈しているが・・・。

『「自然界からの警鐘でもある終末現象として、日本に、与えられた様な、東日本大震災」・・・。

「人間自らが招いている終末現象の様相でもある、タイトルの事態」・・・。

「何れにしても、現状人間社会の行き詰まり」は、「明白」だろう』。

『「どうすれば良いのか?」等を

「十分に考え、対処せずに、現状に甘んじている」のが、

「没落組み」で、

「没落組みの中には、所謂勝ち組の面々もゾロゾロ・・・」。

「没落組みとは、未来無き者・物・事」である。

「現状依存で事が上手く行く程、現実は甘くは無い」のだ』。

『「自分の実体の本来の目的」や「進化の方向性」等々を「検証し、現実通りに考える」なら、

「誰にでも、相応に、没落しない人生は考えられるもの」だが、

「まるで覚せい剤中毒患者の様に、現状に中毒している者たち」には、

「それは、実感を得る事さえ難しい事」なのだろう』。

『「何れ、否応無しに、実感を目覚めさせざるを得ない事態が、襲う事になる」のだが・・・』。

|

ようやく「覚せい剤使用を認めたアスカ容疑者」だが・・・。

『「人類が進化する」なら「覚せい剤等に対する社会・大衆対応も進化する」のが「当然」だ。

「何時までも、覚せい剤ドーピングミュージシャン等を認めている事」は、「何時までも、帝国主義や植民地支配主義を認めているのと同様」なのだ。

「20世紀の覚せい剤等ヤク使用ミュージシャンとは、帝国主義や植民地支配主義が蔓延っていた時代の先進国と言われていた国々みたいなモノかも知れないが、今時なら、覚せい剤使用ミュージシャン等は音楽界から永久追放する」のが「妥当」だろう』。

『「進化無き者・物・事は、時の流れの力により、何れ、抹消される事になる」のだ』。

|

原発被災事故被災者は大宣伝しても、覚せい剤事件被害者は言わない韓流テレビ・マスコミ等の偏向ぶり問題・・・。

『「原発被災事故被害者についての取材&情報配信」については「異常な程、熱心な韓流テレビ・マスコミ」・・・。

しかし、「毎回、覚せい剤事件が起きる度、今回も宮崎容疑者の事件を受けて、同様に熱心な取材&情報配信が行われる」べき、

「覚せい剤事件被害者については、異常な程の沈黙を通している」。

ばかりか、「宮崎容疑者の早期復帰を望む宣伝まで行っている」。

「この異常な不公平・不平等の裏に在る」のは「何か?」』

『「原発事故被災者情報を見聞きした人々の中」では、

「反原発感情等が育ち易い」。

「同様に、覚せい剤事件被害者情報を見聞きした人々の中」では、

「反覚せい剤感情等が育ち易い」。

「覚せい剤を撲滅したい」のなら、「覚せい剤事件が起きる度に覚せい剤事件被害者情報を熱心に発信するべき」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等の情報提供ぶり・・・」では、

「反原発感情は喚起させたい」が、

「反覚せい剤感情は喚起させたくない」事になる。

「その実態は、正に、大衆誘導目的の情報工作になっている」のである』。

『「韓流テレビ・マスコミ等と言えども、日本の公共の電波を使っていたり、日本の中で大々的に公共的なマスコミの仕事を行っている媒体だったり・・・している」のだ。

「反原発感情は喚起させ、反覚せい剤感情は喚起させない事」で「メリットを受ける」のは、

「どんな人脈か?」を「考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「社会の正義や安全も無視して、特定の人脈の為に、利権誘導を行っている」のである』。

『「覚せい剤{ドーピング}芸能人等」は「芸能界等から永久追放されるべき」だ。

「覚せい剤{ドーピング}芸能人等に依存している」のは「未熟な音楽・芸能等のファン」である。

「音楽・芸能等のファンなら、覚せい剤{ドーピング}無き芸能人等による音楽・芸能等を楽しんだり・・・すれば良く、その方が、遥かに心も癒され、豊かになる」。

「覚せい剤{ドーピング}芸能人等の音楽・芸能等を見聞きして、

覚せい剤事件被害者の事を無視出来るなら、

感性が鈍過ぎ、

本当に音楽や芸能を楽しんだり・・・出来ているのかも???」だ。

「そんな状態の自分を救い出し、ちゃんとした感性の持てる自分にする事が出来るのは自分だけ」である』。

『「原発は、温暖化抑止等、人間社会的メリットも大きい発電手段」だ。

「悪戯な脱原発」では「人類の未来は暗澹たるモノとなる」。

「被災事故被害者は、出来るだけ早く救済・補償されるべき」で

「悪戯な脱原発感情では無く、出来るだけ早い救済・補償を後押しする為の情報配信」は、

「社会的にも善」となる。

「覚せい剤は原発とは全く違う、使う事によるメリットなど無い・・・どころか、デメリットが多大な違法薬物」だ。

「覚せい剤事件が起きる度」に「覚せい剤事件被害者情報をちゃんと大量配信される事」や、

「社会性の高い仕事で覚せい剤等を使った者たちのその仕事からの永久追放」等の手段により、

「社会的に撲滅させるべき物」だ。

「その様な方向の世論や大衆感情が喚起される情報配信」なら、

「日本社会を良くする為の後押しにもなる」。

ところが、

「韓流テレビ・マスコミ等の行っている事」は「まるで逆」なのだ。

「悪戯な反原発感情を煽る事には、異常な程積極的」なクセに、

「反覚せい剤感情の喚起には、異常な程消極的」である。

「まるで、日本社会を悪方向に誘導する目的があるかの様ですらある」のだ』。

『「そんな異常さの裏に在るのは?」

「特定人脈だろう・・・」と

「誰もが容易に推定出来る」筈だ』。

『「日本社会を悪い方向に誘導しようとしている特定人脈」は、

「特定人脈が良くしたい国々で暮らせば良い!」等々と「感じている方々」は、

「決して少なく無い筈」だ』。

「」』

|

集団的自衛権問題で創価学会の言いなりの様相の公明党だが・・・。

『「創価学会とは、もちろん、言うまでも無く、新興宗教団体」である。「公明党の政教分離が本当」なら、

「創価学会の意向など関係無しに政策決定等が出来なければならない」。

「それなのに、未だに、テレビ・マスコミ等」では、

「公明党の支持母体として創価学会を挙げ、

創価学会の意向を無視出来ない公明党を公然化しよう・・・」としている。

「本当に悪質」だ。

「政教分離や、公平・公正な情報提供の面から」も、

「テレビ・マスコミ論調として正しい」のは、

「創価学会とは、新興宗教団体である事を告げ、

一新興宗教団体の意向で、与党の一角の政党の政策等が変えられてしまう事」は、

「政教分離の原則に著しく反する」事を、

「視聴者・読者等に広く知らしめる事」に他ならない』。

『「テレビ・マスコミ等の立場に在りながら、一新興宗教団体による政界圧力を応援している様・・・」では、

「そんな者たちに、マスコミ人の資格は無い」のだ』。

・・・・・・・。

『「安倍政権」は、

「テレビ・マスコミ等も含む情報教育改革を急ぐ」と共に、

「宗教法人改革も急ぐべき」だ。

「宗教団体等は、

基本的に、伝統文化組みと新興組みに分け、

伝統文化組みは、伝統文化遺産等として保護し、

新興組みは、企業等と同じ扱いにするべき」だ。

「大儲けしている新興宗教団体から、企業並みの税金を取れば、社会保障等の費用としても大いに役立つ」。

「社会保障等は、善良な宗教なら積極的に参加したい事である筈」だ。

「社会保障等に役立つ納税アップに反対する新興宗教団体の実態」とは、

「信者を騙し、教祖等の下に集金し、教祖等が大量消費自慰生活等を行う事を目的としていたり、

実質的に、反日国の手先工作組織だったり、

・・・している様相」なのだ。

「そんなモノたちの意向を金科玉条の如く受け入れる必要性は全く無い」。

「保護が無ければ、存続不可能等という新興宗教団体」は、「元々、社会的に必要とされていない」のだ。

「企業だって、潰れるところはゴマンと在る」。

「企業の場合、潰れたく無ければ、先ず、保護を求めるのでは無く、努力する」。

「新興宗教団体だって同じ日本社会の中の組織」だ。

「努力が求められるのは、企業等だけ・・・で、新興宗教団体は特別扱い・・・というのは、明らかに異常」である』。

|

片山被告の筋書きは・・・。

『「保釈を勝ち取った後、わざわざスマホを使って{真犯人は片山被告とは別の私宣言}を流した」のは、

「現実社会での被告の過去の行動」が「負けで終わっていたから」だろう。

「遠隔操作事件での無罪を勝ち取ると共に、現実社会での行動面でも勝ちを収める為」には、

「無罪を確定的にする新たな証拠を被告自らが現実社会で残す事」が「合理的になる」。

「つまり、被告は、犯罪者としての完全勝利を目指した」のだ』。

『「被告の思いとは裏腹」に、「現実社会では、当然の如く警察側がまた勝利」した。

「無罪を確定的にする為の新たな証拠という仕込み」は、

「有罪を決定づける新たな証拠になった」。

「被告側から見ると、残された道は、情状酌量等による減刑」になる』。

『だから、

「罪を認め、検察側の心象を良くする為」に、

「真犯人は私発言」であり、

「真摯な反省の意の象徴として」、

「弁護士の元に行く前には、自殺未遂・・・なのだ」と「推定される」』。

『「元々が、知能犯だから、犯罪露呈後の被告の行動も、知能的・・・」なのだ』。

『「遠隔操作が、個人レベルの犯罪だった」のなら、

「犯人側の行動も、恐らく、コレで、幕引き・・・となる筈」だ』。

・・・・・・・。

『「コンピやスマホ・携帯等の科学技術」も「急速に進歩している」。

「科学技術が急速に進歩する事は、その科学技術を悪用した犯罪側も急速に進歩させてしまう事でもある」のだ。

「科学技術の急速な進歩に合わせて、人間一人一人の精神・心理・セルフコントロール等々の急速な進歩や人間社会の急速な進歩が必需になっている」。

「ところが、科学技術は急速に進歩させ続けて来ている人類」だが、

「人の精神・心理・セルフコントロール等や、人間社会の急速な進歩は十分に出来ていない」。

「何故か?」

「真剣に行おうともしていないから・・・」だ』。

『「人の思いは、往々にして身勝手なモノ」である。

「病気や事故等で他人が亡くなっても、自分は大丈夫と思い込んでいる」。

「もちろん、それは、自己安定制御の為に必要な安全機能でもある」のだが、

「その様な安全機能は万能では無い」という

「客観性を持ち、必要に応じて、客観性を優先出来る事が大切」なのだ。

「人に備わる心の安全機能を使っていれば、自分も人間社会も安全になる」のでは「無く」、

「自分や人間社会の安全は、意図的に作り出さなければ実現しないのが現実」なのだ。

「例えば、車の安全ボディや衝突防止機能等々の進化の如く、

人間の精神・心理やセルフコントロールも、意図的に進化させ続けなければ、

人類にまともな未来は無い」のである』。

|

覚せい剤等使用ミュージシャン等はドーピングスポーツ選手より遥かに悪質という事が分からないおバカたち・・・。

『「スポーツ界では、ドーピング選手の永久追放だって当然の如くある」。「しかし、ドーピング者が殺人事件等を起こす事は稀」だ。

「覚せい剤等使用者の場合は、殺人事件や覚せい剤等使用故の交通事故等の事故(死傷を伴う場合も多い)等々まで起こしてしまう事が稀では無い」のだ。

「ドーピング選手に対する、その競技やスポーツ界からの永久追放は妥当」だ。

「リカバリーしたなら、別の道で一からやり直してこそ、ドーピングという狡い手段を撲滅出来る事に繋がる」。

「覚せい剤等使用ミュージシャン等に対しても、当然永久追放が妥当」だ。

「リカバリーしたなら、別の道で一からやり直すべき」なのである』。

『「一般の仕事の場合は、いったん刑法犯となれば、ほぼ間違い無くクビ」である。

「罪を償った上で、一から出直すのが当たり前」だ。

「芸能界等が特別で良い訳など全く無い」。

「芸能界等クビ無き世界」とは、

「まるで、●暴の世界」で、

「●暴の世界では、犯罪行為は勲章ともなり、罪を償う事=お勤め」なのだ。

「芸能界等が真っ当である為には、刑法犯をクビにする当たり前の対応を取る事が必要」である』。

『「今回の宮崎容疑者の事件」では「レコード会社の対応は良い」。

「販売中止&商品引上げは、正当な処置」だ。

「音楽が好きなら、覚せい剤等使用という重大犯罪者・容疑者以外の音楽で、好きな音楽を探せば良い」のである』。

『「レコード会社の対応と対照的なのが、テレビ・マスコミ等の対応」だ。

「重大犯罪の容疑者の音楽を大宣伝し、カラオケ等で歌い印税を重大犯罪の容疑者に与える方向に、大衆誘導している様相ですらあるところまである」。

「本当に酷いモノ」だ。

「配信元は、カラオケ等での重大犯罪者等該当の曲の配信を止めるべき」だ。

「他にも、覚せい剤等ドーピングという悪質な手段によらない、もっと、まともな曲が山ほどあるのだから!」』

『「未熟な音楽ファン等もいい加減に進化するべき」だ。

「酷いテレビ・マスコミ等による情報や、未熟者の行動が、覚せい剤等を蔓延らせる源泉にもなっている」』。

『「筆者たちの感覚」では、

「今回の騒動で、アスカ容疑者の曲を聞いたり歌ったりする者」と「大参事を引き起こした韓国人たち」は、

「同類」だ。

「まさか、中身も同類・・・では無いだろうが」・・・』。

『「覚せい剤等使用等、重大犯罪を犯した者は、芸能界等という社会性が強い業界から永久追放されるべき」だ。

「重大犯罪を犯した個人の職業選択の自由」を、

「重大犯罪者では無い一般大衆の安全保障上等の利益」より、

「優先される必要など全く無い」』。

|

またまたまたまた「芸能界覚せい剤事件」・・・。

『「芸能界覚せい剤等事件は、後を絶たない」。「韓流テレビ等では、その度に実質的覚せい剤等宣伝まで行っている様相なのだから、本当に醜悪」だ。

「テレビ・マスコミ等々が、散々、ヒーロー・ヒロイン等扱いして来た芸能人等が覚せい剤等使用という事実」は、

「テレビ・マスコミ等々が、過去のヒーロー・ヒロイン等扱いを十分に否定しない限り」、

「おバカたちにとって」は、

「有名芸能人等でも使っていたのが覚せい剤等という話し」になり

「実質的に、覚せい剤等の宣伝になってしまう」のだ。

「実質的宣伝塔になる」から「覚せい剤等の売人たちのターゲットとして、芸能人等有名人が後を絶たない」。

「テレビ・マスコミ等」が、

「覚せい剤等の売人たち」に、

「芸能人等に売りつければ、露呈した後には、広告になります」と

「言っている様なモノ」なのである』。

『「テレビ・マスコミ等が先ず行うべき」は、

「覚せい剤等使用芸能人等を英雄等扱いした事を詫びる事」である。

「素晴らしい歌を聞かせてくれる方だと思って後押ししましたが、実際は間違っていました」。

「覚せい剤等を使う人を後押しした過ちを二度と繰り返さない様に善処します」。

・・・「等々の謝罪があるべき」だ。

「その事によって、実質的宣伝効果は激減し、覚せい剤等使用芸能人等を英雄等扱いしていた未熟な芸能人等ファンの成長も促される」』。

『「覚せい剤等は、暴力団等の資金源になっていると共に、その裏に在る反日国等の資金源にもなっている」。

「暴力団等が、日本国内で、覚せい剤等を直接製造した上で、販売している場合」は、

「レアケース」だ。

「多くの覚せい剤等の製造元は、海外に在る」』。

『「覚せい剤等の使用動機は、ストレスや行き詰まり感等、主として精神・心理である場合が多い」。

「もちろん、未知なる者・物・事への興味や、現状脱出欲動等の問題も、精神・心理の問題」だ。

「つまり、多くの日本国民の精神・心理の成長こそが、抑止力になる」のである』。

『「それなのに、テレビ・マスコミ等では、

覚せい剤等はダメ!等と言いながら、実質的には、覚せい剤等の宣伝を行い、

精神・心理の成長を促す情報提供には、異常な程消極的・・・」なのだから、

「確信犯・・・」と「疑われても仕方の無い状態」だ』。

『「せっかくだから、少しだけ、精神・心理についての情報も記す」なら、

「重要な事は、無意識の理解」だ。

例えば、

「人は、事実・現実と共にある状態になる事で、

落ち着く(意識・無意識とも安定状態になる)」のだ。

「例えば、親しい人や親の死等、認めがたい事が起きてしまった時等」では、

「その認めがたい事実・現実を、(意識上でも、無意識でも)認められない内」は、

「その人は乱れがち(通常の自己制御が困難な状態)になる」。

「認めがたい事実・現実でも、事実・現実は事実・現実として、事実・現実と共に自分を存在させるところに無意識上でもたどり着く」と、

「人は、もはや、その認めがたい問題では、乱されない(通常の自己制御が出来る状態)」のである』。

『「やる気等の問題でも、無意識が重要」だ。

「意識上ダケでどんなに頑張っても、無意識が動かなければ人のやる気は出ない」。

「自分のセルフコントロール能力を、より深く、それこそ無意識レベルに達する事が出来る様に、磨く事が重要」なのだ。

「セルフコントロールの前には、自己に対する理解・把握が必要」になる。

「その手の情報は、当ブログ程度でも、ある程度は記しているくらい・・・」だ』。

『「上記の様な情報は、既に、いくらでもある様な状態」だ。

「せっかく在る有用情報を実質的に隠ぺい」し、

「害のある様な情報を一方的に大量配信・・・」では、

「仕事をしている」とは言えず、

「むしろ、情報工作活動を行っている」とか、

「社会を悪くしようとしている」とか、

「言われるのが当然」だろう。

「そんな者たちに相応しいのは、過分な立場や報酬等では無い事」は、

「もはや、言うまでも無い」』。

|

笑えたゾ!テレ朝朝番の青木「詐欺師の論理」・・・。

『「美味しんぼ問題」で「全体を読め論を訴えていた青木」・・・。「詐欺でも、宗教でも、それこそ99%の真実&善意+たった1%の悪徳利権誘導の構造を持っている場合が多い現実」からも、

「青木の詐欺師の論理ぶり・・・」には「本当に、お笑い!」だった。

思わず、「・・・やはり・・・、その手の連中のお仲間なのねぇ・・・」等と「感じてしまった方々も少なからず居るのでは・・・」』。

『「美味しんぼの場合」は、

「風評被害は酷い等々の訴えを散々した後」で、

「風評被害の元情報を入れた」のだから、

「正に、善良な読者を裏切り、工作員等の悪の行動行っている人々を応援している様なモノ」なのだ。

「みなさん!風評被害は酷いですよ~!」の後に、

「さぁ、工作員のみなさん、風評被害の元情報ですよ~!」

・・・みたいな話しに「なってしまっている」のである。

「それが分からないのなら、原作者は、作家として重大な要素が欠落している事になる」し、

「分かっていて行った」なら、

「正に、情報工作員であり、しかも、情報工作の指令を出しているクラスの者・・・みたいな事になる」』。

『「そんな状態の美味しんぼや原作者を庇おうとして、詐欺師の論理を訴えた青木」は、

「正に、滑稽」だった』。

『「元々、???な論が多い青木の様な人々が、何処の局でも、常連コメンテーター等・・・という状態」は、

「明らかに異常」だ。

「日本の公共の電波を使っているテレビ放送」なら、

「詐欺師の論理を正当化して、詐欺行為等を容易に導く・・・様な論」は、

「排除されるべき」だ。

「今回の美味しんぼ問題」なら、

「原作者等による極一部の者の声偏重の裏にある者・物・事」を

「徹底取材でもして、大々的に露呈させれば良い」のだ。

「戦後日本社会の歪さの一大元凶を露呈させる事が出来るかも知れない・・・」のだから!』

|

サンデー・モーニングのインチキ集団的防衛論・・・。

『「中・韓(北も含む)に対する対話等が何故実効が無いのか?」を「無視したプラス論」等、「本日も、インチキ論、もしくは、大衆誘導の為の情報工作論が満載だったサンデー・モーニング」・・・。

「コレでは、中・韓の手先と決めつけられても、当然」だろう』。

『「先ず、中・韓(北も含む)に対する対話等が実効が無い理由」は、

「明白」で、

「それは、どちらも、詐欺・泥棒国家だから・・・」だ。

「詐欺師や泥棒との対話等の交渉手段が実効が無い」のは、

「当然過ぎる程当然」で、

「詐欺師や泥棒等が普通の状態になる前の対話等」は、

「詐欺師や泥棒を利するダケになる」のだ。

「実際に、中・韓(北も含む)に対して日本は、戦後、約60年以上もの良心的対話・援助政策を行って来た」が、

「その実効は、反日政策の増強や、軍備の増大だった」のが

「現実」だ。

「この直近の歴史的現実を無視」して「2000年の歴史を持ち出す事」は、

「情報工作的手段に他ならない」』。

『「中・韓(北も含む)が詐欺師・泥棒国家である事が判らない人たち」は、

「歴史上の現実を再検証するべき」だ。

「現中国とは、言うまでも無く、中国共産党独裁政権」だが、

「中国共産党独裁政権」とは、

「旧ソ連の多大なる軍事支援により出来上がった体制に他ならない」。

「自前で、軍備を開発~増強した集団では無く、他国(旧ソ連)の都合で、他国(旧ソ連)の軍備を与えられ、その事によって、軍事的に優位に立てた事により、中国内の支配が可能となった政権」なのだ。

「つまり、自前の努力等<他国から与えられたモノ」で「成り立っている政権」である。

「更に、言うなら、他国から与えられたモノで、中国内の支配権を奪った政権」である。

「そんなモノに正当性を求める事自体が酷」になる。

「実際に、中国内でも反発は著しく、その結果として、中国共産党政権は、数多くの中国国民を粛清せざるを得なかった」。

「つまり、他国(旧ソ連)からの支援を受けて、国の支配権を略奪した」ばかりでは無く、

「中国国民の大量殺人まで犯したのが中国共産党政権」なのだ。

「そんな政権と話し合い???」

「まともな結果が出る訳が無い」。

「実際に、日本からの支援で中国がより積極的に行える様になり、行ったのは、軍拡であり、反日教育等々」なのだ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)に至っては、もっと、詐欺師・泥棒ぶりがはっきりしている」。

「元々、日本による韓国保護や日韓併合とは、当時の韓国権力者たちの保身の為でもあったと共に、近代化から遅れをとっていた韓国自体を立て直す為でもあった」。

「日本による韓国保護~日韓併合により、その当初の目的は、見事に成し遂げられた」のが、

「歴史上の現実」だ。

「ところが、当時の韓国権力者の一部」は「日本に韓国を立て直させると同時に、米国を利用して、日本を乗っ取る策略まで立てていた」。

「日本に韓国を立て直させている裏」では、

「米国権力者人脈に渡米した韓国人権力者の一部が、植民地支配からの解放を訴えていた」のだ。

「植民地支配からの解放資金を集め、その資金を米国権力者懐柔資金に回す事で、渡米した韓国人権力者の一部は、米国人権力者たちに取り入る事に成功した」。

「その結果が、太平洋戦争であり、戦後韓国の初代大統領である李承晩(もちろん渡米組)」なのだ。

「日本の敗戦に付け入り、火事場泥棒的に日本人の立場・財産を奪い、国を始めたのが、戦後の韓国の実態」である。

「その敗戦火事場泥棒を正当化する為の詐欺」が、

「植民地支配詐欺」という訳だ。

「もちろん、実際の日本による韓国保護~日韓併合の現実は、韓国(権力者も含む)救済」である。

「滅亡寸前の国の権力者たちが、日韓併合により、近代化成功国の貴族等権力者階級になれた」と共に、

「朝鮮半島で暮らしていた一般市民の教育・文化・衛生・経済水準も飛躍的に上がり、朝鮮人人口も飛躍的に増えた」のが、

「日韓併合の現実」である。

「それなのに、恩を仇で返すより酷い行動実態を示した」のが、

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)で、

その実態は、正に、泥棒(殺人行為も含む)&詐欺師」なのだ』。

『「泥棒や詐欺師とまともな話しをする前」には、

「最低限、泥棒や詐欺師に、罪を認めさせる事が必需」だ。

「つまり、罪を認めさせる前の話し合いには意味が無い」ばかりか、

「罪を認めていない泥棒や詐欺師との話し合いでは、正に、泥棒に追い銭状態にしかならない事」が、

「実際に立証された」のが、

「戦後の約60年」なのだ』。

『「中・韓(北も含む)の脅威」は「微妙」だが、

「中・韓(北も含む)の迷惑」は「明白」である。

「迷惑事態を収拾させる為に必要」なのは、

「断じて、話し合いでは無い」。

「現実を認めさせる事」だ。

「もちろん、集団的自衛権により、日本が米国とより近くなる事」は、

「中・韓(北も含む)に対して、現実を認めさせる圧力の一つに成る」』。

『「戦争はもちろんダメ」だ。

「そんな事は、今時の人々なら、国籍を問わず、ある程度は解っている」。

「集団的自衛権が戦争に直結する事は無い」。

「むしろ、中・韓(北も含む)にとっては、戦争抑止感情を喚起させる事になる」のだ。

「何故なら、何処の国の国民でも、負けると解っている戦争は避けたくなるから・・・」だ。

「日本ダケなら、戦争も厭わない」が、

「日本の集団的自衛権により、米国との距離が縮まった日本と米国のセットとは、戦争など行えない・・・」それが、

「中国人や韓国(北朝鮮も含む)人の本音に近い感情」である』。

『「上記の様な現実」から「日本国内で集団的自衛権に反対している者たちの多く」は、

「集団的自衛権の実効さえ???のおバカたち」か、

「中・韓(北も含む)の手先たち」になるのだ。

「おバカたちや、中・韓(北も含む)の手先たち」に「日本国内で大きな実権を与える必要は無い・・・、どころか、日本国内で、大きな実権を与える事は危険」だ。

「何時までも、おバカや悪の論を日本の公共の電波を使って大量配信させておいて良い訳が無い」』。

『「政治音痴、もしくは、確信犯の中・韓(北も含む)の、娯楽映画の監督」に「集団的自衛権等を語らせる事」は、

「情報工作、或いは、策略的」だ。

「戦争はダメ!・・・そんな事は、ほとんど全ての現代人が分かっている」。

「ほとんど全ての現代人が分かっている事を行ってしまう者があるとすれば、おバカや悪」だ。

「戦争を防ぐ為には、おバカや悪を封じる事が重要」なのだ。

「日・米のおバカ度、もしくは、悪度と、中・韓(北も含む)のおバカ度、もしくは悪度、を比べれば、誰でも分かる」筈だ。

「封じるべきおバカや悪は、中・韓(北も含む)により多く在る」』。

『「それなのに、日・米のより強い連携を封じ、中・韓(北も含む)を蔓延らせよう・・・としている様相の連中」は、

「明らかにオカシイ」。

「オカシサの裏に在るのは、血統か?人脈か?おバカか?悪か?」・・・』。

『「何れにしても、政治音痴、もしくは、確信犯の中・韓(北も含む)の手先、の娯楽映画の監督や常連出演者如きに、

政治論を語らせ、

日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信出来ている事自体が異常」だ。

「異常事態を直さなければ、何れ、大事になる・・・」のは、

「韓国の旅客船事故を見ても明らか・・・な筈」だが、

「韓国臭の強い番組を、何時まで、日本の公共の電波上で、蔓延らせ続けるのだろうか」・・・』。

|

戦争になったら国を捨てて逃げる(韓国の大学生)・・・。

『「自分たちでまともな国にしようという発想が希薄で、他から盗んだり、他のせいにしたり、・・・する事で事を収めようとする文化上にある」のは「永遠の恥辱に染まる道」なのに・・・。

「国を捨てて日本に逃げて来て、日本に永遠の恥辱に染まる道の文化を広める事は、おやめ頂きたい」が・・・』。

|

集団的自衛権解釈改憲問題・・・。

『「現状先進国の人間社会」では「世界秩序について、一つの暗黙の相互了解事項が在る」。

「それは、基本的に先の大戦終戦時の領土を元に、戦争行為等による変更を認めないと言う事」だ。

何故なら、

「国境線変更行為は、大戦を誘い易く」、

「原水爆まで保持してしまった人類が大戦に至る行動を起こしてしまう事=実質的人類滅亡行為である事」が

「理解出来ているから」だ。

「大戦抑止こそ、現代の人類にとっての大義」なのである』。

『「ところが、先進国レベルに未だ至っていない国々では、この先進国にとっては当たり前の暗黙の了解事項が、未だ真に理解出来ていない」。

「そんな現状先進国状態にも至っていない国々」では、

「未だに、第二次世界大戦前と似た様な価値観を抱きしめている場合もある」のだ。

「極東地域での象徴的例」が、

「韓国による竹島不当占拠」であり、

「中国の拡大主義」であり、

「それらの国々の人脈による日本乗っ取り支配工作」である。

「戦後の日本」は「米国の属国的立場に在る」ばかりでは無く、

「韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系の人脈による乗っ取り支配工作にまで襲われ続けて来ている」のが

「現実」なのだ』。

『「この現状に冷静に対処する」なら、

「大戦を避ける価値観を共有している先進国社会の一大一角である米国の属国的立場を生かしながら、

未だ現状先進国レベルにも至っていない国々への対処を行う」のが、

「合理的」になる。

「集団的自衛権の解釈改憲」とは、

「その流れの上の出来事に他ならない」』。

『「当然の如く、日本国内の韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系の人々は、日本乗っ取り支配工作等がより困難になるので、反対している」。

「しかし、一般日本国民の立場」なら、

「集団的自衛権の解釈改憲に反対する事=上記等の人脈による日本乗っ取り支配工作等まで容易にする事になる」から、

「反対する事が自らの安全等を脅かす事になってしまう」のだ』。

『「もちろん、本来なら、解釈改憲では無く、時代相応の改憲こそが正道」だ。

「しかし、日本の現行法では、改憲のハードルが異常な程、高い」。

「改憲を実現する為の法整備から行わなければ改憲は無理」で、

「それには、長い時間がかかる」。

「長い時間の間、日本乗っ取り支配工作等を好き放題行わせ続ける事のデメリットは、誰にでも分かる」だろう。

「体面では無く、実利を取る為にも、早めの解釈改憲が必要」だ』。

『「戦後の日本がそれなりに平和だった」のは、

「憲法9条が在ったからでは無い」。

「日米安保があり、自衛隊を持ち、相応の防衛力を維持し続けて来たから」だ。

「実際に、それらが不十分だった終戦直後には、竹島が不当占拠された」のだ。

「現状先進国にも至っていない国々の行う事」とは「体制不備状態の日本につけ入って竹島を不当占拠する様にある、意味では未熟で野蛮なのである」。

「未熟で野蛮な事を行う連中に実効がある」のは、

「話し合いでは無く、実効のある抑止力であるのが、お寒い人間社会の現実」だ。

「先進国なればこそ、未熟で野蛮な行為を卒業し、未熟で野蛮な行為を抑止出来る実効のある抑止力も保持出来る」のである』。

『「その時代時代において、先進国であり続ける事は、非常に困難」だ。

「それは、人類の歴史が示している」。

「しかし、常に、先進国であろうとする意志と努力が無ければ、アッと言う間に、未熟で野蛮な国に落ちぶれる可能性がある」のが「現状の人間社会の現実」なのだ。

「世界中が武力の比べっこや自国領土の拡大行為を行っていた時」は、

「それらの行為こそが、先進だった」のが「現実」だし、

「今では、武力の比べっこは未熟で野蛮な位置に追い落とされ、武力の比べっこを封じながら、経済の比べっこをする事が先進になっている」。

「そして、近未来では、経済の比べっこが未熟で野蛮な位置に追い落とされる状態となり、本質を追及する事で比べっこ原理主義から卒業する様にならなければ、人類に永い未来は無い」のだ。

「歴史から学ぶとは、過去にこだわる事ではあり得ない」。

「進歩・進化の本質を見出し、出来る限り少ない犠牲で、効率良く、人類にとっての理想的な未来を構築する事」なのだ。

「未熟で野蛮な後追い文化上で生き続けている、

永遠の恥辱を受ける道を歩み続けている者たち」には、

「理解出来ない事かも知れないが」・・・。

「もし、そんな事は、理解出来る」と言うのなら、

「本当に理解出来ている」のなら、

「工作活動などとっとと止め、健常な道の上を歩んでいる筈」だが・・・』。

『「全ての国々や人々が、未熟で野蛮な文化を卒業出来ている」なら、

「集団的自衛権など要らない」のだが・・・』。

|

ゾンビ「小泉」を宣伝するヒュンダイ、官僚批判&民主党元議員宣伝を行ったテレ朝、今時、その手を信じる者の数は・・・。

『「美味しんぼ」の様な「如何にも・・・、真面目風・・・の、漫画の論調」で「操られてしまう人人々」は、「今でも、少なく無い」だろう。

「しかし、もはや、ゾンビの雰囲気さえ醸し出している様相ですらある小泉元総理」による

「脱原発(内実は、極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロ策略)」や、

「優等生&正義ぶるテレ朝番組出演者等」による「官僚批判&民主党元議員宣伝」等々で、

「操られてしまう人々」は「極々少数」だろう。

「何故なら、どちらも見るからに違和感満載・・・」だからだ』。

『「違和感満載の裏には、何かが在る」。

「そして、それは、多くの場合、日本国民とは限らない特定人脈の利権」だろう。

例えば、

「極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロのメリットを受ける事が出来る」のは、

「日本に原発発電電力を売る事で、日本に対する支配権を強めたい韓国&日本の中の韓流人脈」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等々による自民党批判や官僚批判により、民主党政権を誕生させて実利を得たのも韓国&日本の中の韓流人脈」だった。

「日本の中で、違和感が満載の言動を起こしている者・物・事の裏に在る」のは、

「多くの場合、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党系の人脈」なのだ』。

『「そもそも、終戦時に、朝鮮半島内の日本人は、ほぼ全て強制帰還させられた」が、

「日本に居た韓国(北朝鮮も含む)人の多くは、居残り続けた事自体が異常」なのだ。

「その異常が違和感を生じている数多くの者・物・事の一つの源泉になっている事は疑いの余地も無い」。

「しかし、この重大な問題」は、

「未だに」、

「かつての竹島問題や拉致問題の如く、実質的に、無かった事に・・・、隠ぺい・・・状態」だ。

「其処に、現状日本のテレビ・マスコミ・政治・教育等の問題の一つが在る」。

「何故、この重大な問題が大々的に取り上げられ、検証され、その対策が議論され、実行されないのか???」。

「竹島問題や拉致問題の様に、隠し続けていたところで、何れは、大々的に露呈する事になるのに・・・」』。

『「事実、終戦後、吉田政権時には、韓国(北朝鮮も含む)人の帰還が真剣に検討され、行われようとしていた」。

「少なくとも、その当時の日本政府には、問題意識があり、問題処理を行おうとしていた」のだ。

ところが、

「李承晩等が起した朝鮮戦争により、無理やりかき消されてしまった、ばかりか、逆に、更に大量の韓国(北朝鮮も含む)人が、戦争難民の形で、日本に渡来した」。

「戦争難民なら、朝鮮戦争が停戦状態になった後直ぐにでも戻れば問題無い」のだが、

「日韓併合時に渡来した韓国(北朝鮮も含む)人共々、その多くが日本に居続けている」のだ。

「その目的は何か?」は「人それぞれ違うだろうが、良く検証されるべき」である』。

『「韓国(北朝鮮も含む)より日本が好き・・・つまり、日本の文化の方が好き・・・で、日本に居続けている方々」なら、

「自然と日本社会にも馴染み、日本人同様に暮らして来れている場合が多い」筈だ。

「素直な気持ちで、帰化している方々も少なく無い」だろう。

「その様な方々なら、日本より韓国を利す等の、違和感のある者・物・事を、起こさない筈」だ』。

『「問題は、日本乗っ取り支配工作等、悪の目的の下で、日本に居続けている者たち」である。

「その様な悪の目的がある者たち」なら、

「日本が嫌いでも、帰らない事自体が、ある意味合理的になる」。

「むしろ、更に志を同じにする者たちを、母国等から呼び集め、日本国内に居続けさせたい」だろう。

「お仲間増産の為に、例え、日本の生活保護をむしりとっても、子だくさん家庭を築き、日本乗っ取り支配文化を代々伝承させ続けようとする」だろう。

「例え、帰化しても、仮面帰化」で、

「行動原理等も、最終的には、日本<韓国(北朝鮮も含む)となる様になる」だろう。

「つまり、違和感を生む者・物・事を起こし易い」のだ』。

『「何れにしても、重大な問題が隠ぺい状態・・・や、乗っ取り支配工作等々まで行っている者たちが大量に居続けられる状態」を、

「放置したままで良い訳が無い」。

「人権はそれなりに守られるべき」だし「悪戯な差別はいけない」が、

「重大な問題には、ちゃんとスポットライトが当てられるべき」だ。

「日本乗っ取り支配工作等々、日本国民として善良な人々の人権を侵害したりする悪の活動に対する規制」や、

「悪の活動を行っている者たちに対する摘発~懲罰等正当な差別等は、必需」だ。

「スパイ・工作活動防止法や、

電磁波工作・飲食物工作・情報/教育工作・宗教工作等々、現行法&現行の摘発体制の穴を突いて行われている悪の工作活動に対する実効のある対策等々の整備」は、

「急務」である』。

|

下方向からの電磁波レーザーが強くなったが・・・。

『「昨今の記事の影響か?下方向からの電磁波レーザーが強化された」。

「方向や絞りから推定する」と「近く」という事になるが、

「果たして、実態は・・・」』。

『「何れにしても、永遠の恥辱に染まる道を歩み続けている電磁波工作等を行っている連中」は「哀れ」だ。

「人類として生まれていながら、行っている事がソレでは・・・」』。

|

「美味しんぼ」を庇うお仲間たち・・・。

『「そもそも、美味しんぼ問題が何故起こっているのか?」「もちろん、相応に多い発行部数を持つ雑誌上の長い連載漫画だから」だ。

「つまり、読者数の多く、社会的影響も起こしえる大媒体だから問題にされている」のだ。

「例えば、テレビ・マスコミが、福島の真実として、放射能の影響で鼻血が出る」と「報じているのと似た効果が出てしまう可能性がある」から、

「問題」なのである。

「其処を無視した擁護論は、お仲間擁護論の域を出ていない情報工作レベルの擁護論」になる』。

『「美味しんぼ自体が、例えば、ギャグマンガで、表現されている事の主体が冗談等」なら、

「誤解も起きづらい」から「問題は無い」が、

「美味しんぼの表現」は、「これこそが事実・真実です!的表現」なのだ。

「だから、何も考えずに読めば、福島の問題についても、それこそが事実・真実!」等と

「思い込んでしまう読者が少なからず出る事となる」。

「これは、読者のリテラシー等の問題で片づけられる問題では無い」。

「全ての読者が賢者等であるべき」というのは、

「あまりにも現実を無視した横暴論に他ならず、脳の専門家と言われている人が、その様な異常とも言える横暴論を持ち出す裏」には、

「知縁故の誤作動(つまり、知っている人は自分の一部と思い込み易く、知っている人を否定されると無意識レベルで自分が否定された気分になる)等が在る」のか、

「確信犯の人脈的工作意図が在る」のだろう』。

『「作者は神」は「お笑い」だ。

「大々的に公表されるか?否か?市民権を得るか?得ないか?」が「決まっていない段階では、作者の自由」だが、

「大量配信等社会性のある状態で一方的に配られる情報等の場合」は、

「もはや、作者の自由では済まない」のが「通常の人間社会」だ。

「独裁社会の独裁者でも無い限り、大量一方的配信情報等には、相応の紐が付いている」のである。

「そんな人間社会の当たり前も???の人間が映画監督を行っても、つまらない映画しか撮れないのが当たり前・・・」だろう。

「要でも無い大量一方的情報配信は、往々にして、資源エネルギーの無駄であり、今時では社会悪」である。

「自己正当化の為に擁護論に便乗している様相」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「今回の美味しんぼ問題」は「擁護されるべき問題では無く、本当の事が追及されるべき問題」だ。

「鼻血や倦怠感・疲労感等の存在が現実なら、その原因を追究し、明らかにする事が大切」なのだ(以前記事等をご参照ください)』。

『「原因を明らかに出来ていないのにも関わらず、

思い込みたい(?)方向の推定を元に、

放射能を原因と決めつける様な論調で、

これこそが真実です!的な、真面目な漫画上で描き、

大衆雑誌上等で、一方的に大量配信したから、

問題にされるのが当然」なのだ』。

『「原作者や出版社の稚拙さ(おバカぶり)や、稚拙では無い確信犯なら、悪ぶり」が「露呈している」のだが、

「稚拙さや悪ぶり等々を読み取れる読者ばかりでは無い」のが、

「日本社会の現状」なのだから、

「一方的大量配信には、相応の規制が付くのが当然」だ。

「通常は、自主規制で事無きが得られている」のに、

「自主規制も出来ない{おバカや悪、(原作者・出版社共々)}が、身勝手に走った」から、

「今回の問題が起きている」のである』。

『「おバカや悪が、悪戯な規制を招く」のだから、

「規制など要らない暮らしやすい人間社会を構築する為」には、

「おバカや悪を出来るだけ少なくする情報・教育が大切」なのである』。

|

電磁波工作兵器の電磁波特性・・・。

『「以前にも記した」が「周波数特定検出型の電磁波測定器では検出困難」で「電界測定器では、比較的に検出が容易」だ。

「つまり、特定の周波数ダケの電磁波では無い」のだ』。

『「透可性が高い」のも「特徴」だ。

「いくつか(たぶん、人脈的に考えても、例えば、3種とか、13種とか、18種とか、31種とか、・・・)の周波数の電磁波を混合する事」で、

「透可性を高めている」のだろう。

「ビンの水を早く排出させる」には、「渦を巻かせる」のが「合理的」だし、

「紐等を穴通す」には、「揺らす」のも「合理的」だ。

「同様の手段」を「電磁波的に行えば、透可性の高い電磁波の製造も可能」で、

「そんな電磁波を、直進性高く放射すると共に、反射波を観測する事で、ターゲットの位置や姿勢等まで壁等まで通して、盗み見る装置」が、

「電磁波工作兵器の実態」だろう』。

『「悪やおバカたち等々」には、

「そんな電磁波工作兵器等の開発や更新や使用等々に邁進している暇がある」なら、

「他にやるべき事がゴマンとある筈」だが・・・』。

『「永遠の恥辱に染まる道を歩み続けている悪やおバカ等々」は、

「迷惑だし、醜悪」なのだ。

「日本政府も警察等も、電磁波工作に対する実効のある対策を急ぐべき」である』。

|

「美味しんぼ」のおバカ度・・・。

『「鼻血や倦怠感・疲労感等の原因として、放射能物質や放射線が実効を表す」には、

「かなりの量が必要」だ。

「福島第一原発被災事故由来」で「避難させられた方々や、福島県民の方々」が「そんな量の放射能を浴びている、もしくは、体内に取り込んでしまっている」なら、

「とっくの昔にその実態が診断され、公開されている」。

「もちろん、そんな実態は無い」』。

『「また、鼻血や倦怠感・疲労感等の症状が出た人」として、

「原作者自身や福島の地方元首長まで挙げられている」との事なので、

「益々、放射能の影響とは考えられない」』。

『「それなら、鼻血や倦怠感・疲労感等の原因は何か?」

「考えられる」のは、

「ストレス」と、

「原作者や地方元首長等、象徴的人物が症状を示している事から、電磁波・飲食物等の手段による工作」だろう』。

『「先ず、ストレス」について。

「被災事故発生時の報道情報等を思い出して欲しい」。

「東日本大震災や福島第一原発被災事故で、当時、タダでさえ、大きなストレスに見舞われていた方々」にも向かって、

「放射能潔癖症を煽り」

「風評被害の元情報を大量配信」し、

「更なる大きなストレスを与えていた」のが、

「当時の多くのテレビ・マスコミ情報」だった。

「そんな状態下」で、「身体に不調等を来たすな!」という方が「無理」である。

「鼻血も倦怠感・疲労感等も・・・、その元は、テレビ・マスコミ情報」というのが「実態」だろう』。

『「それなのに、マスコミの一角の立場にもある小学館の漫画雑誌」で、

「またまた、風評被害の元とも成り得る大きなストレスを強制提供!」なのだ。

「本当に悪質」である』。

『「原作者」は、

「一部の方々の上辺の症状を悪用」して、

「悪戯な反原発感情等を読者等、多くの人々に抱かせようとしている様相」なのだ。

「その実態は、正に、情報工作による大衆誘導」である。

「もしくは、放射能の実影響やストレスの実影響も解らないおバカという話し」になる。

「何れにしても、酷いモノ」だ』。

『「そんな漫画」を「議論を深める・・・」等と言う、

「言い訳」を「元」に、

「売り続けている小学館も酷いモノ」だ。

「筆者はもちろん買わない」が、

「今回の件で、思わず、買ってしまった方々も少なく無かった」と推定される。

「その実態」は、

「正に、不当な話題づくりによる悪徳商売の様相」なのだ』。

『「ストレスの元を散々ばら撒いたクセに、今回の件では、正義ぶっている韓流テレビ・マスコミ等も酷いモノ」だ。

「お前らは、正義ぶる前に謝罪!だろ!!」等と、

「思わずテレビに向かって叫んでしまいそう・・・」だった方々も、

「少なく無い筈」だ』。

『「次に、工作活動の場合」について。

「日本国内で悪戯な反原発感情を蔓延らせる為」にも、

「日本弱体化工作や日本支配工作の為」にも、

「合理的になってしまう」のが、

「電磁波工作や飲食物工作等」だ。

「何しろ、日本の現行法や現在の摘発体制では摘発困難」で、

「悪の実効は、まるで、真綿で首を絞める如く、徐々に、確実に表れるから」だ』。

『「防御無き場合、電磁波レーザーで、ターゲットに鼻血を出させる事は容易い」。

「何しろ、脳内出血さえ起させる事が出来てしまう」のだ。

「また、電磁波レーザーの絞りを緩くすれば、ターゲットに倦怠感や疲労感等を抱かせる事も容易」だ。

「実際に、筆者が電磁波工作の存在を知り、自分の実感から気づいた元の一つは、倦怠感や疲労感等と、筋肉痛」だった。

「試しに、アルミで電磁波を減衰させようとしてみたら・・・マイナスイオンが飛び出して来た」ので、

「電磁波の存在が、はっきり判り、同様の電磁波の発生場所等の推定特定」から、

「工作活動の存在」が、「筆者にも、はっきりと判った」のだ。

「現在の筆者たちは、対策を施しているので、倦怠感や疲労感等から解放されている」。

「もちろん、鼻血も出ない」』。

『「飲食物工作によってでも、倦怠感や疲労感等を起こせてしまう」。

「例えば、水も含む飲食物に、余分な食品添加物等やフッ素等を、継続的に、接種せしめられたり、

外食時に、遅行性のある弱毒物や有害物等を仕込まれたり・・・すれば、

倦怠感や疲労感等、場合によっては、病気になったり・・・、しない方が不思議な状態に追い込まれる」。

「その様な飲食物工作が在ると仮定し、怪しい飲食物は二度と買わず、水にも気を配った後」、

「筆者たちの、倦怠感や疲労感等の症状は軽くなった」。

「その後の電磁波対策で、倦怠感や疲労感から解放された」という訳だ』。

『「知らず知らずの内に電磁波工作等のターゲットにされている上」に、

「悪の工作活動を行っている連中の意向に沿う様な情報発信まで行っている」なら、

「正に、操り人形状態」だ。

「もし、知っていて、身を犠牲にしてまで、行っている」のなら、

「工作員そのものと言われても仕方ない事になる」。

「何れにしても、放射能を疑う前に、電磁波や飲食物を疑い調査するべき」だ』。

『「筆者たち等、個人レベルでも分かった事」が、

「マスコミや政府や警察や地方自治体等々が分からない訳も無い」。

「分からない・・・のなら、それらが個人レベル以下という話し」であり、

「分かっていて、ダンマリ・・・なら、其処に何らかのモノが潜んでいる事になる」。

「そんな状態では・・・、良い訳が無い」』。

『「日本のテレビ・マスコミ・警察・自治体等々の酷さを、またまた露呈させた今回の問題」・・・。

「人脈まで含めた、正常化を急ぐべき」だ』。

|

3Dプリンターで拳銃製造事件だそうだが、それは序章に過ぎない・・・。

『「科学技術の進歩と同調して、全ての人類の心や精神も進歩させていれば、こんな問題は起きない」のだが、

「科学技術の進歩は、急速に・・・」

「人類の心や精神の進歩は、遅々として進まず・・・、もしくは、進めようともしない・・・」では、

「今回の様な事件が起きるのが当たり前」だ』。

『「このままの状態が続く」なら、

「現状では、3Dプリンターで拳銃製造程度・・・」だが、

「そう遠く無い将来、それが、地球消滅爆弾(時空に穴を開ける爆弾)になる日がやって来る事になる」。

「事が起きてからの規制・・・」では、

「後の祭り」なのだ』。

『「この問題の源流対策」は「全ての人類の心や精神構造の進化」で、

「その為に必要な情報のある程度は既に揃っていると言って良い状態(ある程度は、当ブログ程度の他の記事等をご参照頂くくらいでも、解る筈だが・・・)」なのだが、

「現状の情報・教育等が余りにも酷く」、

「時代遅れの心や精神構造故に成り立っている商売や既得権益に対する執着や保持圧力も余りにも強大」なので、

「人類の心や精神構造の進化は遅々として進んでいない・・・」のだ』。

『「ツケを溜めて置いて、一機に破綻する」も、

「出来るだけ早く、ツケを解消する事で、事無きを得る」も、

「人類の選択次第」だ』。

『「宗教は伝統文化遺産に」。

「犯罪者やルーピーを生み出す程の大金持ちや極貧はちゃんと悪として対処」。

「誰もが、先ず、自分の実体を理解・把握」。

「誰もの自分実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続との整合性を、ちゃんと、仕事でも、経済でも、社会評価でも、取り、

誰もの自分の実体との整合性が取れない過剰や不足の状態は、速やかに解消し・・・」等々の、

「現実との整合性がある実効のある対策を早急に行わなければ、

人類は、地球環境問題が原因にせよ、人の心や精神の問題が原因にせよ、

・・・近々、滅亡してしまう事になる」のだ』。

『「代償欲求を追及し、現実逃避に明け暮れ、大量消費&自慰生活を行えるようになる事などは、人生の成功では無い」。

「自分の実体から整合性を取り、自分の実体の存続~永続に貢献出来た人生こそが、成功」である。

「愚か者や悪者に憧れ、真の成功を把握・認識出来ない状態」こそが、

「元凶に他ならない」のだ』。

『「それなのに、テレビ・マスコミ等では、未だに、実質的には、愚か者や悪者である大金持ち等に憧れさせ、もはや伝統文化遺産である宗教等を推奨したり・・・している」。

「そんな人類の心や精神の進化を阻害する情報を大量配信する事」は「断じて本当の意味での仕事では無い」。

「悪事」なのだ。

「悪事の報酬で、何を行っているのか?」を見れば、

「往々にして、代償欲求追及、現実逃避、大量消費自慰・・・等々」だ。

「情報界がコレでは・・・、人類の心や精神の進化が遅々として進まないのは、余りにも当然」である』。

『「エピローグ」を、

「人類は、●●●●年●月●日に地球共々滅亡しました・・・」とせず、

「地球生命体細胞群の存在は、永続しそうです・・・」とする為には、

「プロローグが始まった時からの実効のある対処が重要」なのである』。

『「上辺の現状対策も大切」だが「源流対策をおろそかにしたまま・・・」では、

「人類に永い未来は無い」』。

|

韓国の病根は・・・。

『「実質的詐欺師や泥棒等々を横行させる文化の下」では「信頼性が育つ訳も無い」。

「しかし、実質的詐欺師や泥棒等々を罰しようとすると、ほとんど全ての韓国人が罰せられる事になる」。「其処にこそ韓国の病根が在る」。

「何故なら、日本の敗戦につけ込んだ実質火事場泥棒で国を始め、敗戦火事場泥棒を正当化する為に、植民地支配詐欺や従軍慰安婦詐欺を続けているのだから!」

「韓国人のほとんど全て」が、「日本による保護~日韓併合により国も国民も日本に救ってもらった」。

「日本国にも日本人にも、感謝しています・・・等々の実態に沿ったお礼がちゃんと言える状態になるまで」は、

「韓国に信頼は育ち得ない」』。

『「永遠の恥辱に染まる道」を「選ぶ」も、

「過去の愚行や非礼を詫び、真っ当な国家・国民として最初の一歩を歩み始める」も、

「韓国次第」だが、

「信頼が育ちえない国家・国民の持つ原発」が「危険過ぎる物である事」は「確実」だ』。

『「電力自由化で韓国の原発発電電力を日本に輸入・・・なんて言っている連中は、論外」だし、

「細川も、小泉も、脱原発なら、日本国内にも数多く居る韓国系の人々に向かって訴え、先ず、韓国の原発を止めさせるべき」だ』。

|

東南の東より方向からの電磁波が急に強化されたが・・・。

『「連休後の昨日、例の某市役所の駐車場を再度見に行ってみたら、以前より、更に強い電磁波が照射されていた」。

「例の如く、電磁波が強く当たる場所には、ほとんど車が無かった(電磁波が強化される前は、ほぼ満車状態の場合が多かった)」から、

「確実に、知っている・気づいている人々は少なからず居る筈」だ』。

『「当然、筆者も強い電磁波が当たっている場所は避けた」。

「そのバレバレの電磁波工作の悪の効果が出ないせいか?」

「本日の朝から、タイトルの方向からの電磁波が強化された」。

「その方向には、3階建ての建物がある」。

「強さから推定される事」は「その建物の先から電磁波が発せられているのでは無く、その建物から・・・」だが、

「果たして、実態は・・・」』。

『「何れにしても、電磁波工作を行っている迷惑な連中に待っている」のは、

「永遠の恥辱に染まる道」に「他ならない」のだ』。

|

フィリピンを持ち出して「日本でも米軍基地無き安保が可能・・・」とでも言いたげだったテレ朝朝番だったが・・・。

『「テレ朝朝番のインチキ論の肝」は「中国共産党から見た日本とフィリピンの差を言わない所」だ。

「もちろん、言うまでも無く、中国共産党にとって、日本は、スケープゴードの敵国扱い」だが、

「フィリピンは、かつて日本に侵略された同朋であり、工作活動による属国化途上の仮面友好国」だ。

「元々フィリピンに在った米軍基地を追い出させた」のも「中国共産党による工作活動の成果」に他ならない。

「米軍基地撤退後は、外国企業誘致の経済特区で雇用が何倍にもなっている」と「大宣伝していた」が、

「その経済特区における中国企業の割合等を言わないところがミソ」なのだ。

「もちろん、元が元だから、その実体は、中国共産党の為の経済特区」なのである』。

『「中国共産党のフィリピンに対する工作活動の悪の成果の一つ」が、

「フィリピン人中国共産党工作員の量産」だ。

「そんな人々が、もちろん、日本にも大量に渡来して(させられて)いる」。

「他の国籍を持つ工作員とも連携し(させられ)て、日本国内で工作活動を行っている」のだ』。

『「工作活動の実態」は、

「先ず、

情報収集活動(ハニートラップやお友達トラップや飲食店接待時等の人的な手法だけでは無く、電子機器や電磁波悪用による覗き・盗撮・盗聴行為等違法手段も含む)」と

「収集された情報からの司令部判断」により、

「日本国民を、中国共産党にとっての有益分子と無害分子と不適応分子に、勝手に、一方的に分けている」。

「有益分子に対しては、援助工作(ライバルの蹴落とし、情報提供、資金・立場贈与等々)が行われ、思想・宗教等で操れる場合等では、工作員化し、

無害分子に対しては、遠巻きに観察状態に置く(つまり、薄い、無差別工作の対象にはなる)と共に、思想・宗教等で操れる場合は工作員化し、

不適応分子に対しては、電磁波工作や飲食物工作等々による粛清工作(個人特定指名の濃い工作が行われる。例えば、携帯電話の電話番号が押さえられ、その携帯を電磁波工作のターゲットとする。多くの人は、外出時携帯を身体の極近くで保持しているし、家に戻れば、携帯も家に戻る。携帯に向かって多方向から電磁波が照射されると、必然的に、ターゲットが浴びる電磁波が濃くなる。実質的に電磁波の濃い状態下での生活を強いる事による、本領発揮障害・ガン化等による早死に化目的の粛清工作となる。飲食物工作でも同様で、ターゲット化されている人間に対しては、工作員のいる店で漏れなく工作物質入り・・・だったりする・・・から、必然的に濃い飲食物工作に見舞われる事になる。)が行われている」のだ。

「もちろん、上記の様な工作活動を行っているのは、中国共産党だけでは無い」。

「韓国(北朝鮮も含む)系の工作組織も蔓延っている」。

「それが、スパイ・工作活動天国状態である現状日本社会のお寒い現実」だ』。

『「中国共産党にとっての有益分子の様相を日本の公共の電波を使って露わにし続けている醜悪な連中」を、

「何時まで、出続けさせるのか??!」』

『「日本国民の為のテレビ番組」なら「上記の様な工作活動の実態を広く知らしめ、国や政府に対策を急がせるべきである事」は「明白」だ。

「フィリピンにおける中国共産党による工作の実態も、ちゃんと取材し、視聴者に伝えるべき」だ。

「テレ朝朝番の行っている事」では「中国共産党の為になっても、多くの一般日本国民の為にはならない」。

「そんなモノたちに、日本の公共の電波の独占使用権を与え続けていて良い訳が無い」』。

|

中国共産党体制批判記事を何度か記しているせいかも知れないが・・・。

『「個人レベルの筆者のパソコン」にさえ「立ち上げ直後には、外部から利用出来る様に、中国語変換ソフト(?)が仕込まれている」。

「それだけ、盗人国家等による情報収集戦略」には「熱が入っている」のだ。

「元々が精神文化的に、自主開発が困難だからか、盗人技術や蹴落とし技術の熱心な構築ぶりは、正に、見事!(・・・もちろん、皮肉)」だ。

「筆者レベルでも、入っているくらい」だから、

「それこそ、日本全国、もしくは、世界中、ターゲットだらけ・・・」なのだろう』。

『「盗人は、衰退させたり、罰を与えたり・・・するべき」等という「当然の思いを抱いている普通の人々は数多い筈」だ。

「盗人を続ける限り、盗人国家等による製品は、安値等の理由以外で売れる訳も無い」。

「盗人文化や蹴落とし文化等々は、そんな文化を持つ者自らを二流・三流以下に貶める行為に他ならない」のだ。

「盗人や蹴落とし等々、劣っている文化で邁進しようとしている方々」は、

「いい加減に、現代人レベルの普通の文化を持てる様に進化して頂きたいもの」だが・・・』。

『「例えば、出がらし芸能人」とは

「新たな、今の息吹を吹き込めずに、例えば、ピークの頃の芸等を繰り返すダケ・・・」で、

「そんな状態が、公共の電波上で、何度も繰り返されるなら、その出がらしぶりは、醜悪ですらある・・・」が、

「国家でも、個人でも、・・・、時間相応の進化無き者・物・事の衰退は必然」なのだ』。

|

差別的優遇で常連出演出来ている芸NO人たちの醜悪ぶり問題・・・。

『「小保方氏までダシにして、視聴率稼ぎか?売名行為(もちろん、ネガティブ戦略・・・つまり、問題視、嫌われたりしても、覚えられたらそれで良い・・・)か?」とは・・・、

「本当に、醜悪」だ。

「当然、芸のある方々なら、そんな必要も無く、プロデューサー等に強いられても断るくらいの芯だって有る」筈だ。

「芸NO人」を「常連出演させる事や多用したりする事等」は

「視聴者が暮らす一般社会に悪い影響を与える、悪い差別優遇」になる』。

『「差別優遇で出られている様な連中にも、二通りある」のだ。

「相応に芸が在り、人気もあるから、差別的に優遇・・・で、常連出演や多用等」なら、

「一般社会でも良くある、能力に応じた、競争による発展の為には良い差別」だが、

「芸NO人の差別的優遇や多様は、悪い差別優遇に他ならない」』。

『「差別優遇で出ている連中」が「良い・悪いの区別も言えない」のなら、

「そんな連中には、公共の電波上で差別問題を語らせるべきでは無い」。

「ましてや、元々が、悪い差別優遇で多用・常連出演等出来ている連中」なら、

「出演自体を即刻止めさせるべき」だ』。

『「醜悪な状態を公共の電波を大々的に使っているキー局等が公然化すれば、日本社会も醜悪に成り易くなる」。

「社会悪を何時までも放置したまま・・・で良い訳が無い」のだ』。

|

既に詰んでいる中国共産党だが・・・。

『「清末期の中国は、欧米列強等による半植民地状態」だった。「当時、モノを言ったのは、武力」だった。

「第二次世界大戦が終わり、冷戦も終わり、武力がモノを言う、武力比べっこの時代は、実質的に終焉している」。

「現代は、経済戦争の時代」に他ならない』。

『「より新しい、より高度な武力や、より多い有用資源等を持っていたところが勝った、武力比べっこの時代と同様」で、

「経済比べっこの時代である現代」では、

「より高度の科学・生産技術等やより多い有用資源等を持つところ」が「勝ちを得る」。

「より高度の科学・生産技術等を持ち、有用資源等も押さえている欧米列強等」が、

「中国を重要視している」のは「経済的植民地として・・・」に他ならない』。

『「中国・中国国民を支配している中国共産党」が「そんな現代に、行わなければならない事」は、

「言うまでも無く、経済メリットを得られる科学・生産技術等の育成」だ。

「例えば、環境を破壊せずに、衣食住を行い、他の国々に売れる生産物を生産出来る様に頑張る事」だ。

「中国が経済的植民地から脱する道は、それ以外に無い」。

「それなのに、時代錯誤の軍備増強・・・しかも、旧ソ連やロシアの技術・・・という負ける軍備の増強・・・」では、

「無駄過ぎて、傍から見れば、本当に哀れ」である』。

『「かつての清王朝の立場」に「今の中国共産党が在る」。

「日清戦争でも負ける程、衰退した清による中国内統治」が「崩れ、中国内は混沌とした」様に、

「衰退した中国共産党による中国内統治」も「そう遠くない将来崩れる事になる」。

「軍事的に混沌とした過去とは違い、経済的混沌で済む」だろうから、

「混沌の先に、ちゃんとした状態が出来れば良い」のだ。

「中国は、一刻も早く、既に詰んでいる中国共産党による独裁支配体制から脱し、

現代のほとんどの国の標準スタイルである民主化(共産思想上の理想的民主化では無い、現状で出来る一般的な民主化)するべき」だ』。

|

悪戯な差別論を横行させる事で日本国内の●流人脈を蔓延らせたい売国奴的方々・・・。

『「国益・国民益や国の安全・国民の安全を考え・望む」のは「ナショナリストでも何でも無い普通の人々」だ。

「ところが、マスゴミでは、売国奴以外はナショナリストというレッテル貼りをしたがっている」』。

『「ただ単に、国籍が他国だったり、他国から渡来して帰化したり・・・している、

日本の国益・国民益や国の安全・国民の安全等を阻害しない良心的な人々への差別」は、

「言うまでも無く、不当な差別で悪」だ。

しかし、「日本の国益・国民益や国の安全・国民の安全等を阻害する悪い人々への差別」は、

「犯罪者への差別が正当であるのと同様に、正当な行うべき良い差別」である。

「もし、良い差別を封印させられる」と「悪い人々が蔓延り易くなる事」は、

「誰にでも分かる」筈だ』。

『「悪い差別」と「良い差別」の「区別無き、悪戯な差別論」は、

「実質的には、悪者を利する情報工作になってしまう」のだ』。

『「普通の人々にナショナリストのレッテルを貼る事で売国奴を蔓延らせ、

悪戯な差別論で差別自体を封印せしめる事で悪者を利す、

実質的極悪人たち」に、

「過分な立場や報酬等は似合わない」』。

『「反日国人脈の実質的工作員たちを蔓延らせ続け、一般日本国民をソフトテロ漬けにし続けている政治や警察等々」では、

「呆れる程の機能不全」だ』。

『「何処かの国よりは、マシ・・・」でも「日本社会は、未だ未だ」である』。

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »