« 「美味しんぼ」のおバカ度・・・。 | トップページ | 「美味しんぼ」を庇うお仲間たち・・・。 »

電磁波工作兵器の電磁波特性・・・。

『「以前にも記した」が「周波数特定検出型の電磁波測定器では検出困難」で「電界測定器では、比較的に検出が容易」だ。

「つまり、特定の周波数ダケの電磁波では無い」のだ』。

『「透可性が高い」のも「特徴」だ。

「いくつか(たぶん、人脈的に考えても、例えば、3種とか、13種とか、18種とか、31種とか、・・・)の周波数の電磁波を混合する事」で、

「透可性を高めている」のだろう。

「ビンの水を早く排出させる」には、「渦を巻かせる」のが「合理的」だし、

「紐等を穴通す」には、「揺らす」のも「合理的」だ。

「同様の手段」を「電磁波的に行えば、透可性の高い電磁波の製造も可能」で、

「そんな電磁波を、直進性高く放射すると共に、反射波を観測する事で、ターゲットの位置や姿勢等まで壁等まで通して、盗み見る装置」が、

「電磁波工作兵器の実態」だろう』。

『「悪やおバカたち等々」には、

「そんな電磁波工作兵器等の開発や更新や使用等々に邁進している暇がある」なら、

「他にやるべき事がゴマンとある筈」だが・・・』。

『「永遠の恥辱に染まる道を歩み続けている悪やおバカ等々」は、

「迷惑だし、醜悪」なのだ。

「日本政府も警察等も、電磁波工作に対する実効のある対策を急ぐべき」である』。

|

« 「美味しんぼ」のおバカ度・・・。 | トップページ | 「美味しんぼ」を庇うお仲間たち・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事