« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

「産めないのか!」ヤジは塩村&マスゴミの捏造の様で・・・。

『「檀上発言者へのヤジは、ヤジであり、例え、その内容が暴言であっても、議場で優位な立場にある者への劣位な立場からの暴言に過ぎない」。

「先ず、この重要な優劣関係は誰もが押さえておくべき」だ。

「だから、セクハラと言う事自体が間違っている」。

「優位な立場の者に対する劣位な立場の者からの暴言」とは、

「例えば、大人に向かって子どもが言う暴言の様なモノ」で、

「当然、圧力など無い」のだから「基本的にハラスメントとしての力も持ちえない」。

「基本的にはハラスメントにならない言葉で傷つく」とは、

「傷つく方が軟弱・・・という話し」で、

「普通の人なら、健康状態等によっては、話しはまた違ってくる場合もある」が、

「檀上発言者都議が軟弱では、話しにならない」。

「今回の問題で、より、悪質」なのは、

「塩村&マスゴミ」の方だ』。

『「ヤジを言った議員を選んだ有権者が悪い」と「マスゴミ」は「嘯いている」が、

「実際は、ヤジ程度で、ゴロツキの如く、今の様な大騒ぎをする塩村やマスゴミが悪質」なのだから、

「悪質な者・物・事を是正する」なら、

「有権者が選ぶべきは、

ヤジで傷つく軟弱都議でも、

ヤジで傷ついてもいないのに傷ついたと嘯く嘘つき都議でも無い事」は

「明らか」だ。

「マスゴミの悪質性は、もはや、多くの日本国民が知っているところ・・・」だ。

「出来る限り早く、

日本の公共の電波は、日本の為の情報を配信する者たちの下へ、

日本国内で公共的でもある大マスコミの仕事を行っている者たちは、日本の為の情報を配信する者たちへ、

・・・等の是正が必需である事」は、

「多くの日本国民の実感」だろう。

「また、今回の問題でマスゴミに同調している自民党石破幹事長も疑われて然るべき」だ。

「石破幹事長も、韓流テレビ常連出演組の政治家の一人」である。

「今回の様な行動実態が出てくる様では・・・」』。

『「本当に酷い」のは、

「ヤジ内容では一番悪質度が高いと誰もが思った」、「産めないのか?」は、

「ヤジの言葉そのものでは無く」、

「塩村の受けた感じ」もしくは「塩村が捏造した言葉だった事」と

「その塩村の言い分をそのまま一方的に大宣伝したマスゴミ」だ。

「この事実」からも「誰もが、塩村やマスゴミの実体が、少なくとも、それなりには、分かる」筈だ』。

|

「北朝鮮のミサイル発射」問題・・・。

『「日朝交渉が中止になってしまっては北朝鮮が行き詰ってしまう・・・からか、韓流テレビ等」では、「ミサイルは日本向けでは無く韓国向けだ!等々」と、「実質的に、北朝鮮を擁護している」が、

「どうかんがえても、度重なるミサイル発射は、明らかに国連安保の厳しい対処が必要な事」だ。

「もはや、中国共産党要人でさえ、北朝鮮に行く前に韓国に行ってしまっている状態」だ。

「北朝鮮にとっての命綱は、もはや、日本しか無い」のである』。

『「ところが、その日本国内で、北朝鮮系の人脈は何を行い続けているのか?」

「拉致等の工作活動を行ったり協力した人脈を工作員として押さえ続けるべく、

北側は、未だに、日本国内でそれらの人脈の者たち(孫・子等世代交代も進んでいる場合も少なく無い)工作活動を行い続けさせている様相」なのだ。

「多くの日本国民は、この現実を忘れるべきでは無い」。

「日朝交渉も結構だが、制裁解除の前には、日本国内の工作活動を全て止めさせる事が絶対条件」だ』。

『「北朝鮮人脈の工作活動」には「中国共産党の依頼を受けて・・・」という「工作活動」も「少なく無い」。

「元々が、親(旧ソ連)子(中国共産党)子(北朝鮮)みたいなモノだから、兄弟的関係の依頼は、相互に在り、

その結果として、親(旧ソ連)無き後」でも、

「中国共産党の助けで、北朝鮮は存続出来てしまっている」のだ。

「しかし、その中国共産党依頼の工作活動にしても、日本を害している」のだから、

「止めさせる事は絶対条件」だ』。

『「日朝交渉といえば、拉致問題というのは、間違っている」。

「拉致問題は、既に露呈している象徴的工作活動の一つ」だ。

「もちろん、拉致問題の解決は大切」だが、

「重要な事は、北朝鮮による工作活動全般を片付ける事が絶対条件である事」を

「多くの日本国民は、決して忘れてはいけない」』。

|

議会での優位・劣位も言わず、立法府の人間としての役割も言わず、ヤジ発言者の名乗り出を言う石破幹事長の韓流マスゴミ迎合ぶり・・・。

『「与党、自民党幹事長の立場に在る方がコレ」では・・・。「自民党の信頼・権威失墜も当然」かも・・・』。

|

日本国内で極東地域日本のみ脱原発運動に励んでいる中国共産党の手先や韓国(北朝鮮も含む)の手先、もしくは、それらの人々に操られてしまっている方々・・・。

『「日本の核汚染防止を考えるなら、先ず考えるべきは、風上に在る中国や韓国のアブナイ原発の問題」だ。

「それなのに、その重要事項を無視して、悪戯に日本国内で極東地域日本のみ脱原発運動に励んでいる」のは、

「中国共産党や韓国の手先」であり、

「それらに操られている人々になる」』。

『「中国や韓国の原発を強制的に止めさせる事が困難」ならば、

「日本が取るべき日本の核汚染防止法」は、

「日本の原発を安全に使う事で、原発を安全に使う技術を蓄積し、それを、中国や韓国にも利用させる事」に他ならない。

「次善の策」だが「現状人間社会で取れる現実対応の多く」は「その域を出ない」のが「お寒い現状人間社会の現実」だ』。

『「次善の策を無視して、万一、極東地域日本のみ脱原発が実現してしまう」と、

「中国や韓国のアブナイ原発は現状レベルで使い続けられる」と「共に」、

「極東地域では、地震の問題を考慮してもより危険度の低い日本の原発のみが止め続けられ」、

「アブナイ原発でも積極使用する事による電力面でのメリットが中国や韓国には生じる」と「共に」、

「日本のみが、電力面で高価・不安定状態に追い込まれる」から、

「その実効」として、

「日本の企業はもちろん、日本国内で暮らす多くの人々が、高い、不安定な電力で、大きなダメージを受ける」と「共に」、

「中・韓の企業が相対的に有利になる」のだ。

「そんな事に賛同する人々の実体」は、

「中国共産党や韓国の手先」になる』。

『「戦後の日本のマスゴミや教育は、悪質、もしくは、異常」で「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の手先の様相」なのだ。

「そんなモノに操られる必要」は「日本国民には無い」のである』。

|

「北朝鮮との間で拉致問題の解決を前に進める」のは結構だが・・・。

『「日本国内の問題もお忘れ無く!」「例えば、拉致被害者・特定失踪者の出身・居住地には、例え、同じ県内でも、偏りがある」が、「それは、当然、拉致した方の日本国内における工作組織や協力者の偏りでもある」。

「拉致事件頻発時には、現在の様に、携帯電話やネットや防犯カメラ等々の電子機器が溢れている時代では無かった」から、

「北朝鮮側が拉致するのに相応しい人々を選別する為には、工作員たちが自ら集めた情報によるしか無かった状態」だ。

「つまり、少なくとも拉致事件発生時には、頻発地域に北朝鮮の工作員や、その協力者たちが少なからず居た」のである。

「それらの者たちは、今、どうなっているのか?」

「協力者はもちろん、北朝鮮の工作員でも、暮らし易い日本から北朝鮮に帰る者など稀で、現在も、多くの人々やその子孫が日本国内に居る」のである。

「人間の心理として、自らが犯罪行為を行った地域で堂々と暮らし続ける組は稀だが、金銭事情が許さなければ、その様になる」。

「金銭事情に恵まれた者たち」は、

「より効果的な工作を行う為により中心部に住む」か、

「犯罪行為の後ろめたさから逃れ様という心理面から、

北や北西方面に住まいを移しがちになる」。

「その様な要素を加味して、電磁波工作等が濃厚な地域を重ねると・・・」、

「当然の結果かも知れないが、電磁波工作濃厚地域と重なる」のだ。

「つまり、日本にいる北朝鮮の工作員やその協力者たち」は、

「現在でも、現代流の工作活動を行い続けさせられている様相」なのだ。

「重要な事は、例え、北朝鮮の工作員でも、日本国籍を持っていれば、選挙時には有権者で、その子や孫も、有権者になる」。

「同様に、日本国籍を持つ協力者たちも、有権者で、その子や孫も有権者」なのだ。

「工作指令として、生活保護でも子沢山命令が出ている様相ですらあり、

そんな者たちの子沢山策略と、一般日本社会の少子高齢化が重なれば、

一定の時期には、合法的に、主従が逆転させられてしまう事になる」。

「電磁波工作や飲食物工作による日本人弱体化・早死に化粛清工作の裏」では、

「それらの工作から外されている協力者等北朝鮮等にとっての有益分子が、日本社会の要所を押さえるべく、勉学に励み、実際に、何十年も前からの策略の効果は相応に出てしまっている」。

「現状日本社会の異常は、上記の要素によるところも非常に大きい」のだ。

「日本社会の要所を押さえ、そのスジの有権者数を増やす」等々の「効果が重なれば」、

「何十年か先には、日本の乗っ取り支配も可能になってしまう」。

「多くの日本国民は、上記の現実にいい加減に気づくべき」だし、

「国や政府は、日本国内における北朝鮮等、他国による工作活動の現実をもっと、もっと、重く捉えるべき」である』。

『「国と北朝鮮の表の交渉も結構」だが、

「その結果として、得られるのが、北朝鮮にとって差障りの無い数少ない拉致等の被害者が帰されるダケ・・・では、明らかに、制裁解除で北朝鮮を利する為の交渉となってしまう」。

「制裁が緩められれば、その分だけ工作資金の集金行為も北朝鮮への送金・運搬も行い易くなる」。

「下手な制裁緩和は、工作活動の応援になってしまう」のが「現実」だ。

「交渉の結果として、拉致等の被害者全員が帰れると共に、ちゃんと日本国内の工作活動を止めさせる事が、絶対条件」だ。

「この事は、多くの日本国民がしっかりと認識しておくべき」だろう』。

|

辺野古移設反対!集会等に集った中国共産党のお友達たち・・・。

『「マスゴミに操られているのか?」「確信犯の中国共産党の手先なのか?」は不明だが、

「お気の毒な方々・・・、ご苦労様!」で~す』。

|

どうも電磁波工作兵器群の実態は、筆者たちの知っていた状態より遥かに高度に悪質な様で・・・。

『「新たな情報によれば、電磁波工作とは、粛清工作法の一つで、

個人を特定した上でターゲット化し、

ターゲットが利用している携帯電話や、ターゲットの顔や姿等から、

ターゲットの位置を特定し、その特定した場所に向かって、

周辺に設置してある数多くの電磁波工作兵器等から、一斉に電磁波を浴びせる事により、

ターゲットのみが、過剰に強い電磁波下に置かれる様にする事で、

ターゲットにストレスを与え、能力を削いだり、健康状態を悪く導いたりする手法の

構築過程」なのだと言う。

「現状の科学技術を悪用すれば、

周波数特定タイプの電磁波測定器では測定し辛いが、

電界測定器では比較的容易に検出出来る、

衣服はもちろん、建物や壁や鉄等までも通り抜けるが、

人間の身体にはダメージを与える、

直進性の高い、

変な電磁波を小電力で発生させる事も出来てしまう」し、

「その電磁波発生素子を色々な電気機器や車や電車等々に仕込む事も容易に出来てしまう」し、

「仕込んだ電磁波工作装置から発生させる電磁波を、携帯電話の位置情報や顔認証・歩行認証技術等を悪用して、特定のターゲットに向かって当てる事も出来てしまう」。

「現状では、まだまだ、工作員等による標的ポイントアップ等の人力手段が旺盛の様」だが・・・。

(数多くの工作員等が、

その場・その時に特定の人間をポイントアップしたり、

例え一人の工作員等でも、何度でも執拗にポイントアップし続けると、其処に向かって照射される電磁波は濃くなる・・・という訳だ・・・。)

「この悪の工作システムが完成する」と、

「日本国内の多くの場所で、ターゲットとされた人々のみが、過剰な電磁波の下に置かれ続ける事になる」。

「筆者の体験上でも、ある程度以上強い電磁波下の環境にいると、

疲れやすくなり、

フラフラさせられたり、

胸や頭や身体に痛みが出たり、・・・等々と、

電磁波工作の存在に気づかなければ、まるで、自らに異常がある様な錯覚さえ覚える状態に追い込まれる」。

「つまり、電磁波工作システムを悪用すれば」、

「有益分子・無害分子・不適応分子・・・人民選別の後の、

無害分子・不適応分子粛清工作法としては、

相応に実効が出てしまう可能性がある」。

「情報・教育を支配した上で、この様な粛清工作を行えば、その国の社会を、特定極一部の者の意思で操る事さえ可能になってしまう」かも知れない』。

『「しかし、もちろん、それは、あくまでも、誰も気づかない事が条件」だ。

「日本の中の電磁波工作活動については、情報提供者たちはもちろん、筆者でさえ気づいている」。

「悪の工作活動は、行い、気づかれてしまった段階で、その実質的犯罪行為が工作活動側を貶める」。

「永遠の恥辱に染まる道を歩んでいる者たちの工作活動」は、

「迷惑であると共に、ある意味、滑稽でもある」。

「元々が、

自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他人を支配コントロールしようとしたり(指令側)、

他人に自分コントロールさせよう(工作員等)としたり、

・・・している連中」である。

「そんな連中の、自覚無き(多くの場合)、節操無き、代償欲求追及の姿」は、

「滑稽で当然」なのだ』。

『「金余りの現状人間社会」では「そんな悪の工作活動の為に資金提供している悪者たちもいる」のだ。

「現状人間社会のシステム上でどんなにお金を集めても、自らの中から本当の自信など生じてくる訳も無く、その代わりに、他人からのお墨付きを得続けたくなっている」のが、

「多くの金満者たちの実態」だ。

「悪どもと共依存の関係を築き、

その関係下で現状人間社会を支配して、自信を得ようとしても、

得られるのは虚像・・・」という「現実」さえ「解らないおバカぶり」は、

「正に、滑稽」だ。

「もちろん、それらの連中も、永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる」のである』。

|

都議会セクハラ???ヤジ問題や集団的自衛権解釈改憲問題で欧米マスコミ等をダシにしている方々問題・・・。

『「欧米マスコミの一番の問題」は「日本のマスゴミの韓流・中共流人脈による汚染ぶりをちゃんと理解・把握していない事」だ。

「日本のマスゴミは、日本の立場で情報を配信しているのでは無く、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の手先として情報を一方的に大量配信している場合が多い」のだ。

「そして、そんなマスゴミに操られてしまっている一般日本国民の数も決して少なく無い」のである』。

『「上記の事実」や「日本の教育の韓・中共汚染ぶりを知る」なら、

「何故、解釈改憲なのか?」は「直ぐに解る筈」だ。

「正攻法で集団的自衛権を通す為」には、

「情報・教育の是正から行わなければならず、それには、相当な時間がかかってしまう」。

「つまり、現状では、正攻法で改憲しての集団的自衛権など、実質的には、絵に描いた餅」なのだ。

「現状では、改憲せよ!=集団的自衛権を持つな!」である。

「現実主義者なら、現状の改善を急ぐと共に、先に解釈改憲で集団的自衛権も通すのは、当たり前」だ。

「宗教家の如き、理想追及者状態では、何も先に進められないのが、お寒い日本社会の実状」である』。

『「都議会でのセクハラ???ヤジ問題」については、

「他の記事をご参照頂きたい」が、

「檀上発言者への議員席からのヤジは、セクハラには成り得ない」。

「何故なら、その実態は、劣位な立場からの暴言に他ならないから」だ。

「セクハラが成立する為には、相応の圧力が必要」で、

「圧力無き暴言」は、

「セクハラでは無く、単なる暴言である」。

「暴言の言葉を縛る事は、言論の自由を拘束する事になる」。

「ハラスメントと言論の自由の区別をちゃんと適正に取る為には、発言者や言われた者の立場の優劣が非常に重要」だ。

「その重要な要素さえ???」なら、

「例え、欧米マスコミでも、現代のマスコミとして力不足」になる』。

『「日本の情報・教育界も蝕んでいる韓流・中共流人脈による実質的工作活動」が、

「欧米で行われていない訳も無く」、

「実際に、例えば、米国でのネット情報や、マスコミへの一般市民立場からの訴え等や、政治家・マスコミ人へのロビー活動等の実態」では、

「韓流・中共流人脈の活躍ぶりが顕著」だ。

「もちろん、昨今は、さすがの日本もそんな状態を放置出来ないので、正当な情報配信等に努める事で、是正方向にある」が・・・』。

『「醜悪なのは、そんな未熟な部分も少なからずある欧米マスコミを金科玉条の如く扱う事で更なる大衆を行おうとしている連中」で、

「永遠の恥辱に染まる道を歩み続けているその姿は、本当に哀れ」だ』。

|

都議会セクハラ的ヤジ問題の幕引きが気に入らず、「誰かのせい」を追及して正義ぶりたい、韓流テレビ・・・。

『「例えば、隣りの子どもが、姉や妹に対して、早く結婚した方が・・・とか、産めないのか・・・とか言ったら、それをセクハラ問題として、これだけ騒ぐのか?」を考えれば、

「誰でも、今回の騒ぎの異常さが分かる」だろう。

「檀上発言者への一般議員席からのヤジ」とは、

「議会中に、議場で劣位な立場の者が発言権も得ないで叫んでいる暴言に過ぎない」のだ。

「議会でより優位な立場にある議長による発言なら、騒ぐのが当然」だが、

「先の例では、隣りの子どもに当たる立場の者の暴言に過ぎない」。

「子どもでは無く、となりのおじさんが・・・」なら、

「平等的立場から発せられたセクハラ的暴言」になり、

「例えば、町内会長等、より優位な立場の者が言えば、立場の差応分の圧力が加わるから、セクハラになる」。

「それは、会社での上下関係に置き換えても良い」だろう。

「部下の暴言で傷ついたと騒ぐのは、出来の悪い上司」で、

「部下が暴言を吐いたなら、その事にちゃんと対応し、同様の新たな間違い等を部下が起さない様に指導する」のが、

「出来が悪く無い上司」だ。

「何故なら、上司には、相応の権限があるのだから」』。

『「立場の差も考慮せずに、悪戯にセクハラ!等と騒ぐ」のは、

「ゴロツキのやり方」で、

「そんな事を許容する社会となれば、ゴロツキやクレーマーの天下になってしまう」。

「今回の問題で、立場の差も考えない人々は、もう少し、よ~く考えるべき」だ』。

『「発言内容が、一般社会ではセクハラに当たる」のなら「セクハラ防止法案等を提案し通すのが議員としての仕事」だ。

「法案として考えるなら、当然、上記の立場の差等の要素も考えざるを得なくなる」。

「塩村都議は、ゴロツキの如く騒ぐ前に、議員としての仕事を考えるべき」だ。

「被害者面して、外国人特派員協会の会見に出席し、日本の議会は低俗である様なイメージをばら撒いた」のでは、

「都議としての資質が疑われて当然」である。

「外国人特派員の前」で、

「私は議場でヤジを叫んだ者より優位な立場に居ましたから、傷つきもしませんでしたけど、

一般社会で、より力のある人からあの様な暴言を言われれば多くの女性が傷つく事が考えられますので、

早速、セクハラ防止の為の法案の作成に入ります」等々とでも「言えば」、

「都議会が不当に貶められる事も無く、塩村議員自身の評価も高評化だった・・・」と思うが・・・』。

『「セクハラ的暴言を叫んでいながら、名乗り出ていない都議の特定をするべき!」と

「未だに、韓流マスゴミ等は、大騒ぎ」し、

「この問題を政争の具として、正義ぶり、与党や現政権を非難したい様相」だが、

「本当に醜悪」だ。

「韓流テレビ等が、どんなに正義ぶって」も、

「多くの日本国民」は、

「韓流テレビ等ご推奨の下で誕生した民主党政権」による、

「韓国系や中国系の人々を太らせ、日本を細らせた売国・売国民的政治」を

「決して忘れない」だろう。

「今回のヤジ問題でも、何時までも騒ぐ事で正義ぶりたがっている」のは、

「韓流テレビ・マスコミを始め、主として、そのスジの人脈の人々やテレビ・マスコミ等」に他ならない。

「問題の本質を見極めようとせず、

露呈した上辺から些細な問題でも大問題化して大騒ぎし、

犯人捜し~犯人特定で、正義ぶり、大衆支持等を得ようとする」。

「その結果として、問題を生み出した本質は改善されず、

同様の手口で次々と犯人化される者たちが出され続け、

問題解決能力の欠如した正義ぶる者たちが、実権を握り続ける」。

「そのやり方は、正に朝鮮半島の文化」であり、

「朝鮮半島の文化が導き出した歴史上の現実」が

「韓国の衰退~日韓併合~」なのだ』。

『「日本国内を朝鮮半島の文化で染めたい様相の連中」は、

「お郷に帰るべき」等々と「感じている日本国民の数」は、

「決して少なく無い筈」だ』。

|

電力各社の株主総会で「脱原発案否決」の当たり前・・・。

『「極東地域で日本のみ脱原発したところで、日本の核汚染の危険度は大して減らない」。

「言うまでも無く、極東地域の核問題で危険度が高い」のは、

「中国や韓国の安全管理が???だったり、余りにも古かったり・・・している原発」と、

「北朝鮮や中国共産党支配下の核兵器」だ。

「中国の古い原発は基本的に旧ソ連の技術でつくられている上に、その扱いは、汚職だらけの、中国共産党の指導下」だから、

「チェルノブイリの危険が実際にある」。

「韓国の原発は、韓国内生産の原発使用部品の検査データに意図的な偽りがあった」。

「つまり、いい加減な検査結果を元に使って大丈夫と納品された部品を使ってつくられていた」のだ。

「偶々露呈した、その事例は、さすがの韓国人も恐れた様で・・・、最近是正された」が、

「露呈していない事例が未だある可能性も含めて考えざるを得ない」。

「多くの方々も、韓国の旅客船沈没事故&事故後の対応等々を考えれば、必然的にそうなる筈」だ。

「日本の原発ダケ止めていても、日本の核の安全上では、あまり意味が無い」のである』。

『「日本の原発ダケ止める事で確実に実効が出る事がある」。

「それは、アブナイ原発でも積極使用し続けている中国や韓国が、安定・安価電力面で有利になる事」だ。

「日本国内で日本のみ脱原発運動を行っている者たちに、

中国共産党系や韓国(北朝鮮も含む)系の人々が多いのは、

当然と言えば、当然」だろう』。

『「もう一つの実効」は、

「日本国内で、再生可能エネルギー発電事業を大々的に行っている者たちの利権が膨らむ事」だ。

「原発を止め続ける状態」で「温暖化ガスを抑制したい人々」が、

「選択しがちになる」のが

「高く不安定な再生可能エネルギー」だ。

「製造業等の企業なら、そんな高い不安定な電力では、製品の価格競争力が当然削がれてしまう」が、

「韓流マスゴミ等による、不安定・高価、再生可能エネルギー発電こそ正義インチキ論、もしくは、売国論(実際は、日本を不利にし、中・韓等を利する論)で操られてしまっている方々」は、

「電力自由化となれば、身銭を切ってでも再生可能エネルギー発電に流れる・・・かも知れない」。

「日本国内で、再生可能エネルギー発電事業に積極的に参加している企業等の中には、当然の如く、親韓等の企業等が在る」。

「元々は、民主党菅(総理時代)と孫(韓国籍からの帰化、ソフトバンクの・・・)で決めた、再生可能エネルギー特に太陽光発電、長年バカ高買い取り法」だ。

「経済原則を無視して、当時の電気の売値の何倍もの値段で長年買い取る事を法律として通してしまった」のだ。

「何故、経済原則を無視出来たのか?」

「日本国・日本国民の事を考えるなら、経済原則は、なかなか・・・無視出来ない」が、

「中・韓等、他国を利そうとする」なら、

「それは、簡単に思いつく発想」だ』。

『「被害者感情から、中国共産党や韓国系の人脈と意見を同じくする方々も出てしまっている」が、

「日本国内で、原発被災事故被害者感情を煽っている」のが、

「韓流マスゴミである事を忘れてはいけない」。

「感情論を別にして、実効を考える」なら、

「誰にだって、上記の事くらい分かる筈」だ。

「冷静に考えれば、誰にでも分かる様な事を意図的に隠ぺいして、感情を煽る」のが、

「韓流マスゴミの悪質な手口」である。

「人々を感情に誘い、冷静な判断力を削ぐと共に、感情で操ろう・・・」というのが、

「悪の大衆誘導法」なのだ』。

|

「都議会セクハラ???ヤジ問題での当方の論」が余程、困るのか(?)・・・。

『「マスゴミ論ではセクハラ野次、・・・もちろん実際は、議会檀上で発言権を得ている優位な立場の塩村議員に対する劣位な立場からの暴言という話しであり、塩村議員がヤジで傷つく=塩村議員に対するセクハラになる、なら、塩村議員が議員として軟弱過ぎるという話しだ・・・、また、暴言内容に問題があるというのなら、その問題に対処する為の法を通す事が立法府の人間の本来の仕事だから、傷ついてもいないのに、セクハラだと騒いでいるなら、その実態は、正にゴロツキになる・・・、に対して、署名まで集めている人がいる旨の記事を読もうとしたら、妨害が入った」。

「署名を集めた者」は、

「マスゴミに操られているのか?」

「確信犯のマスゴミ、もしくは、韓流、もしくは、中共流人脈等の手先なのか?」

「分からない」が、

「行っている事の実体は、その何れかになる」だろう。

「得られる結果」は、

「お仲間(つまり、反日人脈等)からは大絶賛!」でも、

「者・物・事の実体を捉え、客観的に考える人々からは、呆れられたり、哀れまれたり、非難されたり、・・・する事になる」だろう』。

『「反日国人脈の者たち」は、

「今回のヤジをセクハラ問題として扱っているのでは無く、

反自民、もしくは、反現政権の為の政争の具にしている」のだ』。

|

塩村都議に立法府の者としての仕事を求めず、ヤジを政争の具にしようとしている醜悪テレビ・・・。

『「檀上発言者という優位な立場に在りながら、塩村都議が劣位な議員席からのヤジで傷ついた」なら「診断書等、ちゃんと傷ついた証拠を出すべき」だ。

「傷ついてもいない」のに「傷ついたと嘯いた」なら「塩村こそ議員辞職させるべき議員」になる。

「壇上発言者が、議会でより優位な立場にある議長」から、

「・・・そんな発言をする前に、早く結婚した方が・・・、とか、・・・産めないのか・・・、とか、言われた」のなら、

「セクハラ、パワハラ」だが、

「劣位な立場からの発言で傷つく」なら、

「例えば、子どもの発言に対して傷ついたとゴネる親の様な者」で、

「そんな者に議員としての資格を与える事こそが、重大問題」となる』。

『「多くの都民有権者が考えるべき」は「都議会とは、立法府である事」だ。

「今回のヤジも、政争の具としたい様相の反自民、もしくは、反日のマスゴミ」は、

「その基本さえ伝えようとしない」が、

「ヤジ内容が一般社会でセクハラとして重大な障害をもたらす」のなら、

「立法府の人間として、その様な事態を防止する法案を提出する」のが、

「本来の仕事」だ。

「犯人捜しを行わせ、政争の具にしたところ」で、

「一般社会のセクハラ問題は解決出来ない」。

「つまり、マスゴミや、塩村が行おうとしている事」は、

「セクハラ問題を解決しようとする事では無く、

マスゴミは、正義のイメージを視聴者等に植え付けるべく正義ぶり、

塩村を有利にしようとしている事」なのだ。

「マスゴミ等の論調上で、得られる結果」は

「日本社会は改善されず、

マスゴミはイメージアップし、更に一方的に大量配信している情報による実質的大衆誘導が行い易くなり、

塩村の知名度等が上がる事」だ。

「多くの有権者は、マスゴミ等の詐欺的やり方に騙されてはいけない」』。

『「立法府の者が行うべき」は「主として、立法」だ。

「マスコミが行うべき」は「反日国人脈への利権誘導や、大衆誘導では無い」。

「立法府の者が行うべき仕事という情報や、

反日国人脈への利権誘導の実態や、

マスゴミ大衆誘導の実態等々も含む、

事実・現実を知らせる事」だ』。

『「日本の公共の電波を使っていながら、反日国人脈の手先の様相・・・」なら、

「特定周波数独占使用権が剥奪される」のが、

「正当」だ』。

|

塩村都議へのヤジ問題や石原環境相の金目発言問題をダシに「自民ダメ大衆誘導」を始めた様相の韓流テレビ・・・。

『「政界の一強多弱は、当然の結果」だ。「自民ダメ!~民主政権となった時、民主政権の余りに酷い利韓・利中共政策の実態を多くの有権者が実感したから」だ。

「自民ダメ!の後の受け皿として、表の顔を民主から他のモノにしても、もはや、多くの人々は騙されないと思う」が、

「それでも、事あるごとに、自民ダメ!キャンペーンを行っている」のが、

「韓流マスゴミの実態」だ。

「本当に醜悪」である』。

『「塩村都議へのヤジは、ヤジ」である。

「断じてセクハラでは無い」。

「何故なら、議場で優位な立場に在ったのは、檀上で発言権を得ている塩村議員の方だから」だ。

「劣位な立場の者の暴言で傷付いたとゴネる」のは、

「ゴロツキのやり方」で、

「議員なら、ヤジ内容を問題とするなら、セクハラ発言防止法案とかをつくれば良い」のだ。

「立法府の人間としての仕事としては、その道こそが正道」になる』。

『「石原環境大臣の金目発言問題」も「現実問題では、実際に、最後は金目になる」だろう。

「しかし、其処を表立って言われる」と「金目要求がやり辛くなる」。

「攻防で考える」なら、

「少しでも安く収めたい国側」と

「少しでも高い補償金が欲しい地方自治体等」との「金目の争い」なのだ。

「韓流マスゴミは、其処で、劣位な立場にある地方自治体等に寄り添う事で、正義ぶっている」のだ。

「もちろん、韓流マスゴミの目的」は、

「韓流マスゴミの論こそが正論である」等の「イメージ構築」だ。

「そんなイメージで操れる人々」なら、

「韓流政党へ貴重な一票を投票させる事も容易・・・」になる』。

『「ここは、日本なのだから、自民ダメはナンセンス」だ。

「売国・売国民政党ダメ!」こそが「正当」だ』。

『「正当な論を言わず、色々な問題を利用して正義ぶり、ナンセンス論や売国・売国民論等で、大衆を操としている醜悪な組織」は、

「実質的には、他国人脈の工作機関」になる。

「そんなモノを、日本国内で、何時までも蔓延らせ続ける必要は全く無い」のだ』。

|

塩村都議へのヤジをセクハラと言う女性蔑視者たち・・・。

『「議会での優位・劣位を考えれば、誰でも判る事」だが「今回、韓流マスゴミ等が異常な程騒いでいる都議会でのヤジ問題」は、「断じて、セクハラでは無い」。

「議場では、檀上に上がり、発言権を得ている塩村都議の方が、圧倒的に優位な立場に在った」。

「普通の議員なら、例え、ヤジが気になったとしても、例えば、酷い暴言で邪魔をする様では、議員としての資質が疑われますよ。お静かに・・・等々とでも、優位な立場にある人間として対応すれば良いダケ」だ。

「それを、ヤジで傷ついた・・・とやったのだから、塩村都議こそ、都議としての資質が疑われて当然」だ』。

『「劣位な立場からの、たかがヤジで、女性は傷つく・・・」というのは、

「女性蔑視者の発想に他ならない」。

「この様な発想の下で言われる男女同権とは、女性劣位を固定化する事になる」。

「そもそも、欧米マスコミ等が騒いでいる」のは、

「古からの欧米文化として、女性蔑視的な文化があるから」で、

「例えば、レディー・ファースト等は、女性をカヨワイ者として扱う事で、男性が自らの価値を上げる為の社交術の面もある」のだ。

「実際に、カヨワイ・・・つまり、その面では劣位な者への気遣い」なら、

「正当」だが、

「常にそう・・・とは、限らない」のが「現実」だ。

「今回の塩村都議は、ヤジ発言者より優位な立場に在った」。

「この現実を忘れるべきでは無い」』。

『「塩村都議が壇上で発言している時」に「ヤジで実質的な邪魔をした」のは、

「事実」だ。

「だから、ヤジ発言者は相応に非難されるべき」だが、

「例えば、議員辞職等の異常に厳しい対応はあり得ない」。

「ヤジ内容が、一般社会で、優位な立場からの発言となるとセクハラになる」なら、

「その問題は、その問題として、別に提議され、話し合われるべき」だ。

「それこそ、例えば、都の条例として、セクハラ発言防止法案とかを提議するべき事」である。

「立法府の者は立法府の者として仕事をするべき」で、

「ゴロツキの如く、マスゴミ等圧力団体を利用して、異常な処理を行おうとする」のは、

「如何なものか!」

「そんな都議が蔓延れば、都議会は、マスゴミ等圧力団体の支配下に置かれてしまう事になる」。

「多くの日本国民」は「いい加減に、この危機に気付くべき」だ』。

『「欧米マスコミの多く」は「日本国内のマスゴミ情報を元に報道を行う」。

「或いは、自らが議会等の取材を行ったとしても、全体像や本質を無視して、引っかかった言葉等を偏重して記事を書いている場合が多い」。

「政治家なら、自らの発言内容の極一部を切り取られ、その部分を偏重報道されても、大丈夫な様に発言するべき」とは、

「日本のマスゴミの異常論」だが、

「そんな完全無欠の聖人君子的言葉を発する事が出来る人間」など「極極稀」で、

「実際は、マスゴミが自分たちにとって都合が良いか?悪いか?で、刈る言葉を変える事によって、マスゴミが主導権を握ろうとしている」のだ。

「それは、まるで、旧共産圏の人民指導者たちの様に!」

「日本国内のマスゴミが、例えるなら、韓国人団体が従軍慰安婦像を世界各地で建てる様な情報を日本国内でばら撒く」と、

「多くの欧米マスコミが、それに影響される事になっている」。

「日本国内の上記の様な異常事態を是正する事こそ」が、

「脱戦後日本のワンステップとして、非常に重要」なのだ』。

|

対外的には当たり前の大人の対応をし始めた日本の政界だが、日本国内ではまるで土下座外交時代と同様・・・なのだ・・・。

『「日本国内の韓流人脈等による実質的工作行動に対して、どう対処するべきか?」を「計る材料」が「石原環境相の金目発言や、塩村都議へのセクハラ的野次に対する対処」だ。

「どちらも、まるで、土下座外交時代の外交の如く、虚勢化・粛清工作に対して、土下座している様相」である。

「それは、大人の対応と言うより、事なかれ主義の先送り対応」だろう』。

『「現状日本社会の問題をちゃんと処理する気がある」のなら、

「そんな誤魔化しの対応では無く、

ちゃんと、堂々と、実質的虚勢化・粛清工作の害を露わにし、

実質的虚勢化・粛清工作を行っている者たちがちゃんと非難される様にするべき」だ』。

『「与党自民党内にも、韓流等の人脈は食い入ろうとし続けている」。

「例えば、地方の自民党の議員・首長候補者等がそのスジの者で、国会議員にまで上り詰めてしまっている場合も少なく無い」。

「それでも、日本の一大政党状態となっている自民党等では、そのスジの者たちが、本当の実権を握れている場合は、元々が韓流ご用達的な野党等よりは、遥かに少ない」。

「しかし、一般日本国民の少子高齢化を誘っている裏では、生活保護でも子沢山・・・というのが、韓流人脈の節操の無い/エゲツナイやり方」で、

「そんな下々子沢山の結果の一票でも、一票は他の普通の人々の一票と同じになる」のが、「現行の選挙制度」だ。

「インチキパチンコ店等で不当利益として得たお金」でも「他のお金と同様に使えるのと同様」で、

「この手の話しを少しでも考えるなら、誰でも判る様に、ちゃんと毅然とした対応無き社会」では、

「普通の人より悪の方が太り易くなってしまう」のだ。

「それこそが、現状日本社会の一番の問題」なのだから、

「国政与党ともなれば、もっと、もっと、しっかりとした対応を示すべき」である』。

|

「ヤジで傷つく軟弱都議か?」「傷ついてもいないのに、ゴネまくるゴロツキ都議か?」・・・。

『「何れにしても、都議としての資質が疑われて当然」だが「韓流マスゴミは、まるで、ゴロツキの如く、芸能人上がり{お仲間}都議を庇い、偏重応援していると共に、大衆去勢化/粛清情報工作を行い続けている・・・」のだった。

「韓流情報に操られずに、今回の事態を客観的に見てつくる事が出来る一つの表現が、タイトルの文面」だ。

「日本のマスコミが何処かの指令の下で言論統制されていない」のなら、

「当然、タイトルと同様の論も出ている筈」だが、

「大手テレビ・マスゴミ等では、まるで印を押したかの如く{セクハラ野次、自民党籍から・・・等々}」なのだ。

「本当に異常な状態」だが「その異常さを感じる事も、直そうとする事も無い人々」が、

「これまた、異常な程多い」。

「その裏にあるのは、学校教育や幼少時からのテレビ・マスゴミ情報等々」だろう。

「去勢化・粛清工作等々が生み出す世界」は・・・、

「韓流マスゴミ等の理想の議会」とは「北朝鮮の党大会」だったりして・・・。

「象徴的美人都議や、韓流マスゴミの論等に従っている者たち」は、

「まるで、北朝●の国民の様」・・・』。

『「多くの日本国民は、いい加減に目を覚ますべき」だ』。

|

「原発をどうするのか?」なら中国や韓国の危ない原発が問題の言葉であるべきだが、韓流の言っている事の実体は「日本の原発をどうやったらゼロに出来るのか?」に他ならない・・・。

 『「日本の公共の電波を使っていながら、利韓・利中共情報を一方的に大量配信し続けている韓流テレビ」・・・。

「本当に醜悪」だ』。

『「真に日本の核汚染を心配している」なら

「先ず、中国や韓国の危ない原発をどうしたら良いのか?」を

「考えさせたりする情報を配信するべき」である』。

『「少し考えれば、誰でも分かる筈」だが、

「中国や韓国に原発を止めろ!と言っても、止める訳が無い」のだから、

「出来る国々が、安全技術を構築し、その技術等の委譲等によって、安全に使わせる」しか無いのだ。

「安全技術構築の国の一つとしての役割を日本が果たす事を放棄する事=その分だけ日本の安全が脅かされる事」になる』。

『「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等々の反日の国々から見れば、

例え、中国や韓国の原発で事故が起き、日本が核汚染されても、かまわない・・・等々」だろう。

「むしろ、核汚染で、日本が困窮すれば、その分だけ、有利になる・・・くらいの発想を感じざるを得ない部分も多々露呈している」』。

『「日本の公共の電波を使って一方的に情報を大量配信しているテレビ」は、

「ちゃんと日本の為になる情報を配信するべき」だ』。

|

武器商売に静かに参入した日本だが・・・。

『「ある国が武器商売で他国に売っている武器」とは「売っても差しさわりの無いレベルの武器」であり「そんな武器商売上の実態から、売らない武器のレベルまで推し量れ、売らない武器のレベルの高さこそが、抑止力になる」のが「現状の人間社会」だ。

「それを、戦争に加担と言う」のが「韓流マスゴミ」で、「連中は、日本の武器技術力の高さがより鮮明になる事で、日本の抑止力がより高まる事を嫌っている」のだ』。

|

芸能界上がりの女性都議、「原稿棒読み」&「野次に右往左往」・・・。

『「韓流マスゴミ流に言う」なら「女性都議へのセクハラ野次、自民党席から」等々だが、「その実態は、タイトルの様にも表現出来るレベルの事」に他ならない。

「ここでも、多くの日本国民は気づくべき」だ。

「国政レベルで揚げ足取り等を行い、韓流への利権誘導が行い辛くなっている韓流人脈」は、

「都政でも、何でも、韓流への利権誘導に使える者・物・事は、節操無く使い、

節操の無い大宣伝を

一方的に行っている」のだ。

「こんな事態が、まかり通ってしまっている日本の現状は異常」である』。

『「戦後日本で、韓流人脈が蔓延っている所」と言えば、

「政界(旧社会党~を忘れてはいけない)、

情報教育界(チョウニチや、日教組や、韓流芸NO人等々を忘れてはいけない)、

●暴(一般日本社会とは違い、韓流・・・北朝鮮も含む・・・系の人々の割合が多い)、

公務員(差別無き雇用なので、警察でも官公庁でも・・・、思惑を持った韓流の者でも容易く入り込めている)、

お役所等支援業者(上記の公務員の状態から、節操無く、一般日本系の企業・事業等の場合は邪魔、もしくは、支援無し、韓流の場合は積極的に応援&お仲間の内で利権分配・・・という場合も少なく無い)、

・・・等々」だ。

「サムソンやヒュンダイの商売のやり方を見ても良く判ると思うが、

韓流のやり方は、ある意味ではエゲツナイ事まで平然と行いながら、

韓流のみが利の大部分を占めようとする場合が多い」。

「日本国内でも、ソフトバンク等にも、その臭いが感じられる」のは、

「文化」だろう』。

『「芸能界上がりの女性都議が野党・・・つまり、現安倍政権に対する側」だから、

「現状の様な大騒ぎを」しているが、

「芸能界上がりの女性都議」が「現安倍政権側の勢力だった」なら、

「タイトルの様な宣伝を行う事で、現政権側にダメージを与えようとする」のが、

「韓流のやり方」なのだ。

「そんなモノを鵜呑みにして、そんなモノに力を与える事」は、

「日本国民として自虐的」だ』。

|

従軍慰安婦問題で韓国人が韓国で本当の事を少しでも書けば・・・。

『「戦時中の従軍慰安婦の問題」は「韓国人女性だけでは無く、日本人女性も同様」「慰安婦を売り買いし、軍に引き渡した韓国人や日本人の問題こそが問題」・・・等々と、「いくらかでも、本当の事を書けば、韓国では、告訴・・・だと!」「そんな状態の国や国民と普通の話しは無理」でしょ』。

『「普通の話しが通じない相手にどう対応するべきか?」

「平和ボケのみなさんも、よ~く、考えましょう」』。

|

女性都議への野次問題で、またまた言葉狩りを始めた韓流マスゴミ・・・。

『「議員とは、民の代表」だ。「民の代表が、野次程度で右往左往・・・では、議員としての資質もどうか?」と思う。

「例え、セクハラ的野次でも、堂々と、野次を利用して、自らの主張をより有利にする」くらいの「度量があってこそ、多くの民の代理」である。

「今回の問題」なら

「・・・今、野次を叫ばれた{元気の良い方々}は、当然、私の政策に賛同してくださっていると思いますが・・・」等々と、

「野次を利用して、笑いで場を和ませ、自らの主張の正当性を高めるくらいの事」が、

「出来る女性政治家は、決して少なく無い筈」だ』。

『「もっと酷い」のは「またまたまたまた言葉狩りを始めた様相」の「韓流マスゴミ」で、

「上辺の言葉や文章等は、優等生的だが、内実は売国的で酷い事が多々ある連中」は、

「セクハラ野次を飛ばしたのは、自民党議員だ!」等々と、

「少しでも、韓流政治家たちが有利になる様に、情報工作に励んでいる様相」なのだ』。

『「例えば、昨日の報ステ」でも、「核汚染物質中間貯蔵地問題で、故郷を失った人々の感情こそが大切・・・等々」と、

「如何にも、優等生的で、内実は、日本を不利にする情報」を「日本の公共の電波を使って堂々と一方的に大量配信していた」。

「丁寧な言葉で視聴者の感情に訴えかける優等生的情報配信」だが、

「その内実は、悪戯な市民感情を煽る事で、中間貯蔵施設決定を遅らせたり、視聴者に悪戯な嫌原発感情を誘う事」で、

「日本の原発の再起を遅らせ」、

「結果として、今も原発を積極使用している中・韓の企業等を利する」、

「正に、売国的内容」なのだ』。

『「議員が、言葉に対して、言葉で応戦出来ないのでは、力量不足」だし、

「上辺の言葉が、どんなに優等生的でも、内実が、売国奴的・・・」では、

「日本のマスコミとしては、異常」だ。

「日本の中で、その様な異常事態がまかり通っている裏に在る者・物・事について、

多くの日本国民は、真剣に問題解決を考え・実行するべき」である』。

|

集団的自衛権が何故要るのか分からないおバカたち・・・。

『「国際化の流れに基づいて、国を開いて行く」なら「順番として、先ず、防衛」である。

「ところが、現状では、経済面や人権・人の移動等社会面が先走っている」。

「結果として、防衛面で非常に特殊な状態の日本」は、

「以前にも増して、他国からの侵略が容易な状態に陥ってしまっている」のだ』。

『「集団的自衛権に戦争を直結させる」のは「異常」だ。

「今時、戦争行為自体が、ある種のタブー」で「だから、実際に、戦争というよりは、テロ・工作活動の方が主流」なのだ。

「軍備とは、経済の後ろ盾であると共に、

テロ・工作活動の実行を容認させる為の後ろ盾」である』。

『「その後ろ盾である軍備」が「世界標準から見れば、日本は異常」だ。

「専守防衛用軍備では、後ろ盾としては、余りにも不十分」だから、

「日米安保」だが、

「その日米安保に、他国から見て、どの程度の説得力があるのか?」を「測る重要な要素」が、

「集団的自衛権」になる。

「集団的自衛権を持たない日本」を「米国が本気で守る」と「信じられる」のは、

「平和ボケの日本国民くらい・・・」で、

「世界標準では、集団的自衛権も持たず、米軍が攻撃されても手を出せない日本」では、

「米国が本気で守る訳も無い」だ。

「だから、中国も朝鮮も、日本に遠慮無く、侵略行為を行い続けている裏」で、

「米国へ懐柔工作を仕掛けている」。

「集団的自衛権も持たず、他国攻撃能力も持たない日本なら、ある程度以上米国を懐柔してしまえば、日本の乗っ取り支配も可能」と「考える」のが、

「世界標準」なのだ』。

『「それこそ、日本中で仕掛けられている他国人脈による日本乗っ取り支配工作活動」の「後ろ盾になっている」のが、

「集団的自衛権を持たない状態」であり、

「憲法9条」であり、

「他国攻撃能力を持たない日本」なのだ』。

『「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)が、困窮すればする程、それらの国々の人脈による日本乗っ取り支配工作は盛んになる」。

「自国のみでは豊かになれず、自国のみでは、その状態から抜け出す事も出来ない出来の悪い国々の支配者たち」は、

「近隣の後ろ盾手薄な豊かな国を乗っ取り支配しようとするもの」なのだ』。

『「集団的自衛権に反対している愚か者たちの実態」は、

「おバカ、もしくは、売国奴」であり、

「実質的に、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の工作の手先」に他ならない。

「戦争が出来る国にする為(今時、戦争を考え・行おうとする国や者は、異常な程のおバカ国やおバカ者だ)では無く、

「日本乗っ取り支配等の工作等抑止の為に、集団的自衛権は必要」なのである』。

|

刑事ドラマ全盛の訳・・・。

『「韓流テレビ」は「もちろん、韓流人脈が牛耳っている」。「今の日本の政界」では「韓流人脈政党は青息吐息」だ。

「現状では、韓流人脈は、勢力拡大や日本乗っ取り支配等々の為」には、

「無理をせざるを得ない状態」だ。

「当然、無理をすれば、警察等による摘発の可能性も増える」。

「其処で連中が重要戦略として行っている」のが、

「警察への接近工作」だ。

「元々は、韓流人脈の者が率先して警察の仕事を選んだり、●暴人脈等、お仲間で、ある意味では、警察に近い者たちによる工作が主だった」が、

「当然、そちらからの工作だけ、では限界がある」。

「テレビドラマの為の取材等々で、警察と、ある意味、仲良しになると共に、警察の手口を良く知り、より多方向から、工作戦略を練り、実行する事」は、

「アブナイ橋を渡る事も含めて、より優位に勢力拡大したり、日本乗っ取り支配工作等々を有利に行う為」に

「非常に合理的になる」。

「具体的な手法」は「もちろん、公に取材要請などする事は稀」で、

「実際は、各部署の肝を知る要人への接触時」に、

「今度○○に関するドラマを作るので、視聴者が実感を得られる様に、ヒントをくれ・・・」等々と、

「如何にも、友好的に接して来る」のだ。

「そして、そのテーマ上での話しの積み重ねを、分析する」等々の

「工作手段」となっている』。

『「日本社会の二極化により、視聴者サイドにも、解決欲求が渦巻いている」。

「もちろん、テレビドラマや映画での解決など、投影・転嫁した者たちの代償欲求の世界」だが、

「無意識も、投影・転嫁も、代償欲求もロクに意識した事の無い人々」に「向かって」、

「求めている欲求(この場合は、問題解決欲求)の受け皿を、本来欲求サイドでは無く代償欲求サイドで提供する事」は、

「その手の商売の鉄則」だ。

「本来欲求サイドで有用情報等を提供」すれば、

「本来欲求が解消され、その後の商売もし辛くなる」が、

「代償欲求サイドの情報提供なら、本来欲求が解消されないので、何度でも、更なる深い商売でも、・・・行い易くなる」』。

『「自分の実体も、自分の欲求も、本来欲求も代書欲求も???状態」の「人々」なら、

「容易に操り人形化が可能」で、

「刑事ドラマ等で、問題解決欲求を代償欲求サイドで晴らしたつもりを幾度となく繰り返している人々」は、

「そんな刑事ドラマ等を提供してくれているテレビ局の政治番組等での論こそが、正義の論等と勘違いして視聴し、自らをテレビの論で操らせ易い」のだ』。

『「勢力拡大や、日本乗っ取り支配工作等々の思惑で動いている韓流人脈の人々」にとっては、

「自らの実体も、欲求も???の人々」は、

「操り人形の駒みたいなモノ」で、

「刑事ドラマ等による代償欲求追及補助サービス事業」は、

「警察にも入り込む理由まで出来る都合の良い事業」なのだ』。

『「多くの一般日本国民」は

「何時まで、日韓併合以降、日本国内でも行われ続けている異常な工作等々の事態を容認し続けるのだろうか?」』

|

ワールドカップ開幕だが・・・。

『「現状人間社会上の現実逃避の受け皿的商業スポーツ世界大会」が「開幕」した。

「ゆとりや余裕等のある者たちにとっては、単なる現実逃避の受け皿」、

「ゆとりや余裕等が乏しい者たちにとっては、縋る一つの宗教の様相」だが、

「ゆとりや余裕等が乏しく、ワールドカップ宗教信者になれない者たち」には、

「非常に評判が悪い」のは、

「ある意味、当然」だ』。

『「そもそも、仕事や生活の憂さを晴らす・・・」と言っても、

「元の仕事や生活が、憂さを晴らすくらいでは納得出来なければ、商業スポーツ等による現実逃避等でバランスを取る事など出来ない」のが、

「普通の人間」だ。

「つまり、ワールドカップ等が、現状人間社会の多くの人々から、真に歓迎される為には、相応の状態が必要」なのである』。

『「状態と言えば、経済・・・」というのは、「ショートした考え方」で、

「そもそも、現状人間社会の経済システムにしても、人の思いの上での合意事項に他ならない」。

「つまり、人の思いの状態こそが本質」なのだ』。

『「もちろん、いくら、人の思いと言っても、根本的な生活が???では、思いどころでは無いのが人間の通常」で、

「酷い環境下に置かれた人々」は、

「他人から盗んだり、他人を殺したりして、・・・でも、先ず、自らの生存等を考える」。

「つまり、最低限、衣食住が現代人として、納得出来るレベルに在る事」が、

「ワールドカップ等を現実逃避受け皿商業スポーツとして楽しめるベースになる」のだ』。

『「ブラジルでは、開催日当日の地下鉄ストが回避された」。

「其処に在るのも、上記の実態」で、

「最低限以上を得ている人々」は、

「政府等にモノ申したい事があっても、一大現実逃避の受け皿商業スポーツ大会を妨害出来ない」のだ。

「多数決の結果、最低限以上の人々が多かったから、地下鉄ストは回避された」のである』。

『「日本や米国では、元々、サッカーはメジャー商業スポーツでは無かった」。

「ところが、経済面でのグローバル化と共に、グローバル的商業スポーツであるサッカーが注目され、特に、日本では、政財界民間共々、サッカー新興に励んだ」。

「その結果、日本のサッカーのレベルも鰻上り」で、

「現状では、かなりのところまで辿り着いている様相」だ。

「もちろん、そんな事を可能にしたベース」は、

「商業スポーツ現実逃避受け皿を容認出来る器が大きかったから」で、

「格差が在ると言えども、現状では、多くの人々が、現実逃避商業等の容認を行えるレベルの格差」なのだ』。

『「もちろん、格差拡大は悪」である。

「問題は方向性」だ。

「小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪以降、日本社会の格差はどんどん増大方向に動いて来ている」。

「それは、民主党政権時でも変わらない・・・ばかりか、民主党政権時には、むしろ、親韓・親中共の利権集中悪徳連中までも優遇したがっていた様相」だ。

「結果として、現状日本社会」では、

「憂さを晴らす組」より、

「現実逃避組」の方が、

「数多くなっている様相」なのだ』。

『「憂さを晴らす程度」なら、

「過剰なお祭り騒ぎ等は不要」だが、

「現実逃避が必需」だと、

「まるで、覚せい剤を打った者の如く、過剰な騒ぎも出て来る」。

「自らが投影転嫁し、応援しているチームの勝敗に、一喜一憂する度合が、非常に強くなる」のだ。

「客観的に見れば、それは病的でもある」のだが、

「そうでは無いと楽しめない!」というのが、

「病人の常」で、

「その様相は、まるで、覚せい剤中毒患者」である』。

『「それでも、素直に、騒ぐ人々は未だマシ」で、

「本当に深刻」なのは、

「例えば、渋谷の交差点で騒ぐな!と言われれば、騒がず、しかし、自らの内のストレスは未ケア」という人々だ。

「そんな人々の現状脱出エネルギーが暴発する」と、

「また、新たな、無差別殺傷等の、何度と無く繰り返されているニュースが流れる事になってしまう」』。

『「ワールドカップも結構」だが、

「その前に、格差是正!」である。

「余りある格差は、もちろん、現状経済システムがつくっている」。

「現状経済システムの一大欠陥は、その評価が実体にそっていない事」だ。

「例えば、金転がしでも、摘発されていない盗み等の犯罪行為でも、大枚をつくれば、経済的な優位者になれてしまう」。

「そして、そんな不健康な行為で経済的優位者となった者たち」は、

「経済を生かした工作活動等で、自己正当化を謀る」。

「多くの一般市民が、大金持ちならほぼ無条件に憧れている状態」から、

「そのお金の実体を捉え、的確に評価する習慣を身に付ける」か、

「現状経済システムそのものを実体評価基準に沿った物に是正する」か、

「戦乱等で、現状経済システムそのものが破綻する」か、

「・・・等々の大胆な転換が無い限り、現状の異常事態は続く」のだ』。

『「上記の様な異常事態を重々承知の上」なら、

「果たして、どれ程の人々が、現実逃避受け皿商業スポーツ世界大会の一つであるワールドカップを心から楽しめるのだろうか???」』

『「元々、サッカー等特定のスポーツが他人より長けているダケの者に異常な大枚を与える事」で、

「自らの大枚を正当化している様相」の、

「悪ども」が「大嫌い」な「筆者」は、

「経済システムや大衆経済評価等々が正常化方向に動いていない状態での、ワールドカップ等のお祭り騒ぎ」も、

「素直には、楽しめない」のだった』。

|

民主党政権時の利韓・利中政策の賜物か(?)ソフトバンクは中国株で5兆円の大儲け・・・だと・・・。

『「現状人間社会の経済システム」では「圧倒的に優位なのが資本家層」だ。

「次に、経営者層、そして、労働者層、・・・となる」。

「何故なら、金転がしが制度面でも、税制面でも、多くの国々で公然と優遇されているから」だ。

「%の論理で増える金転がしは、その元が大きければ、あっと言う間に巨額に膨らむ」が、

「小さな庶民的な元では、あまりメリットは無い」。

「単純な話し、

元手が百万円の場合と、

庶民でも未だある程度は実感が可能な一億円の場合と、

実際に超大金持ちや企業等では当たり前の如く動かしている百億円(もはや、庶民の実感の外だろうが・・・)で、

例えば、多くの国の経済成長率にもある7%をかけてみれば良い」。

「七万円と、七百万円と、七億円の違いになる」のだ。

「ここで、大切なのは分母と実生活でかかるお金で、個人の七万円なら分母も一になるが、七万円で出来る事は知れている(東京ならひと月の家賃にも足りない場合も多いだろう)」。

「同様に、個人の七百万円なら、もはや、多くの一般庶民の年収以上だから、普通の生活なら、一年間働かなくても可能になる」。

「七億円ともなれば、分母は一とも限らない・・・とは言えず、実際に個人レベルで100億円規模の運用をしている者もいる」のだ。

「当然、七億円で出来る事は、多大で、企業等なら、多くの新たな事業が楽々と立ち上げられる」。

「個人なら、相当な贅沢生活をしても、余る・・・から、また、金転がしの元手となり、益々{雪ダルマ}が膨らむ」のだ。

「現状システム上で、ただでさえ優位な金転がし」だが、

「税制面でも、労働者層より優遇」なのだから、

「大金持ちや大資本企業は、笑いが止まらない(表向きは隠す場合が多い様だが・・・)」のだ』。

『「現状人間社会では、金余りだが、貧困問題が絶えない」。

「其処に在る元凶は、資本家層の過剰優遇問題」で、

「そんな事は、多くの人々が重々承知」だが、

「本気で治そうとしていない、ばかりか、多くの人々が、いつかは自分も資本家層に・・・と悪夢を夢見ている」のだ。

「正に、病気」である』。

『「そんな悪夢を正夢にした一例が、タイトル事例」で、

「悪夢の実現の為の手段までよ~く見定める」と、

「多くの人々が、悪夢から目覚めさせられるのではないだろうか・・・?」』

『「超大金持ち状態とは、お金過剰偏在状態であり、悪である」。

「だから、悪を是正させる為にも、相応に高い税金が相応しい」のだ。

「例えば、十億円以上の個人資産には、99%の課税でも良い」筈だ。

「世界中で、そのくらいの大胆な改革を行い、税金で吸い上げたお金を、環境・情報・教育・医療等々の整備に回すべき時が、とっくの昔に既に来ている」のである』。

『「悪夢を正夢にする努力」と「よりまともな人間社会をつくる為に力を加える努力」の

「どちらが、人類として正しいのか?」は、

「言うまでも無い」だろう。

「病人状態の者・物・事は、賛美や憧れ等の対象では無く、保護や是正の対象であるべき」だ』。

|

またまた、ロシア製戦闘機が自衛隊機と異常接近だと・・・。

『「中国製では信頼性が???だからか、今回も、まるで、ロシア製機の完成度の高さを誇張するかの如く、ご丁寧に30mまで異常接近!」とは・・・。

「中国共産党にとって生みの親の旧ソ連では無いロシアの宣伝機関にまで落ちた中国共産党の将来」は、

「ウクライナの親旧ソ連派と同様になる」のだ』。

『「中国は、何れ、民主化され、幾つかの国々に分かれる事になる」』。

|

橋下氏の問題行動生徒への対応問題・・・。

『「既に、停学状態にある問題行動生徒に対して、新たな受け皿をつくり支援教育を行う旨、述べた橋下知事」・・・。

「そもそもの問題」は「問題行動のレベル判定」だ。

「テレビ等で紹介された問題行動のレベル」には「暴言や、無免許運転や、暴力等は入っていたが、依存も、いじめも、盗聴・盗撮行為も、わいせつ行為も・・・入っていなかった」。

「そんなモノで、レベルを計っても、該当していない要素で悪質な事を行っている者は問題無し処理」だろう。 「いったい、何時の時代の評価基準なのか?」 「先ず、其処から是正するべき」だ。

「次に問題なのが、処理方法」である』。

『「重大な問題行動を起こした生徒に対して、停学・退学等の処分をするのは、妥当」だが、 「それは、重大な問題行動が顕在化して初めて可能になる処分」だ。

「顕在化前の被害は防げない」。

「つまり、生徒が実質的犯罪行為を犯してからの処分になる」のだ。

「本来、学校教育とは、犯罪行為等を犯さない人間を育てる教育であるべき」だが、 「残念ながら、現状では、そうなっていない」。

「人間の問題行動を抑制する教育」で「極めて重要」なのは、

「自己把握とセルフコントロール」だ。 「ところが、現状の学校教育では、この極めて重要な要素が異常な程希薄」なのである』。

『「処分対象の問題行動を起こす前の対策を十分にとった上で、処分せざるを得なかった生徒に対する事後ケアを行う」のが「正道」である。

「ところが、橋下知事の話しでは、事後ケアだけ・・・」なのだ。 「ここに大きな違和感がある」』。

『「また、人間の頭・心・体の健康にとって非常に重要な要素」は、

「飲食物の入り口である口」と「飲食物自体」だ。

「歯並び等が悪く、上顎から上を下顎でしっかり支えられていない場合、それだけで、疲れやすく、大きなストレスを抱えながらの生活を強いられる」から「欧米では、歯並びをちゃんとさせない事=虐待」なのだ。

「高GI飲食物や添加物多用飲食物等、飲食する事自体が身体にストレスを与える食品の多用」も、 「問題行動の源泉になる」』。

『「心の面」では「現実把握が重要」だ。

「人の心は、事実・現実と共にある状態になる事で、初めて落ち着ける」のだ。

「訳のわからない、しかし、意識的にせよ無意識レベルにせよ興味を手放せない、者・物・事の存在」は、 「問題行動の源泉になる」』。

『「頭の問題では、先ず言語」だ。

「人間の思考は、言語によって行われている場合がほとんど」だ。

「その元となる言語」は「幼少期に親や周囲の環境から得ている」のが「実態」だ。

つまり、「親を含む周り」が「アホ!ボケ!金!異性!等々の言語体系」ならば、 「そんな環境で育つ子どもが覚えるのも、同様の言語体系」で、

「大学教授等が書いた書物を理解する事」は「ストレスになる」が、 「反対に、幼少期から、大学教授の書いた書物の様な言語体系の中で育つ」と、

「大学教授の書いた書物も簡単な本になる」のだ。

「この面、テレビ・ラジオ・マスコミ等の影響も非常に大きい場合も少なく無い」のだから、 「どんな番組や雑誌・新聞等を見聞き読みして育つか?」である。

「その時に用心すべき」は「内容に毒されない事」で「内容を鵜呑みにする者」には「真実を見極める目も、創造力も・・・育たない」のだから、

「家庭教育でも、学校教育でも、真実追及心や本当の問題解決の追及心等を育てる教育を行うべき」である』。

『「問題行動を起こす子ども或いは生徒たち」は「現状人間社会がつくっている面も非常に大きい」のだ。

「ちゃんと源流対策を行う」なら、 「顕在化している問題行動だけでは無く、現状では顕在化していないが、将来的には、例えば、無差別殺人等で暴発してしまう可能性もある、問題行動等を抑制する事も出来る」のである』。

『「橋下知事も、現状後追い対策も結構だが、もっと、源流対策にも励むべき」だ』。

|

ブスは嘘をつくの大嘘・・・。

『「ブスは嘘をつくが、美人は嘘をつく必要が無い」は「大嘘」だ。

「そもそも、嘘をつく行為は、容姿に左右される事では無い」。

「嘘をつく本人が、嘘が必要と感じたり、思ったりした時に、人は嘘をつく」のだ。

「例え、容姿の現状社会的評価」に、

「恵まれていても、恵まれていなくても、

人は、嘘をつく必要があれば嘘をつく場合も少なく無いし、

嘘をつく必要が無ければ、多くの場合、ワザワザ嘘はつかない」。

「それが、現実」だ』。

『「それでは、美人は嘘をつかないが、ブスは嘘をつく」は、

「どの様な事態が生み出した言葉なのか?」

「美人なら、嘘をつかれても我慢出来るが、ブスに嘘をつかれたら、我慢が出来ない者が生み出したり、同意している言葉」と「考えると、合理的と思える」。

「つまり、そんな言葉を生み出したり、同意している者たちの問題にこそ、美人は嘘をつく必要が無いが、ブスは嘘をつく等の、言葉の本質がある」。

「それらの言葉を重要視している人々は、美人やブスという容姿に対する現状社会評価に、過分な力を与えている事は間違い無い」だろう。

「逆から見れば、それは、容姿に対する現状社会評価コンプレックスがある事」だ。

「大金持ちなら、何でもまかり通り、貧すれば何でも否定される社会を望む人々と同様」に、

「美人なら、何でもまかり通り、ブスなら何でも否定される社会を望む」程、

「そのコンプレックスは重大」なのである』。

『「そもそも、容姿に対する現状社会評価に、それ程の権力を持たせる必要など全く無い」のだ。

「現状社会評価とは、現状が変われば変わる事であり、社会が変われば変わる事」である。

「コンプレックスを保持し続けるよりは、より良い人間社会の構築に力を加えるのが、健常な道」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続けようとしている」のなら、

「選択すべきは、コンプレックス上の道では無く、健常な道である事は誰にでも明白」だろう』。

『「公共的媒体の誌上で、大恥を晒した様相の者までいる様」だが、

「そんな事態も防げない程、情けない者たちが、編集・出版の業務に携わっている」のが、

「お寒い現状日本社会の現実」なのだ。

「発行部数が多い雑誌等だから・・・と言って、その内容が、相応に良いとは限らない」。

「日教組等による押し売り学校教育等」や、

「韓流テレビ等による押し売り芸NO人でもまかりとってしまっている

戦後日本社会の現状を考える」なら、

「誰でも、押し売り大量発行雑誌等のからくりも分かる筈」だ。

「人脈的や、資金的に、現状日本社会で優位な立場から一方的大量情報配布等を成り立たせる事が出来ている者たちの仕事???或いは、日本社会破壊&乗っ取り支配応援情報工作行為等々が、其処に在る」。

「そんなモノに、操られたり、献金したり・・・するのは、どうか?と思うが」・・・』。

|

ハト派・タカ派や保守・革新の次の大衆騙しレッテルは「穏健保守」ですか~?・・・。

『「所謂ハト派や革新の実体」は「親韓・親中共派」だった。「それでも、多くの人々がその実体に気づくまでは、イメージだけが先行した」から、

「タカよりハトの方が・・・、保守より革新の方が・・・、まだマシなんじゃないの・・・」等々と「思い込まされ、イメージで操られていた人々も多かった」。

「イメージで操られた人々の票もモノを言って誕生したのが、親韓・親中共の色合いが濃い民主党政権」だった。

「さすがに、多くの有権者が、ハト/タカや革新/保守等々のレッテル貼りの策略が意図したところにも、気付かざるを得なかった」。

「もはや、韓流テレビ・マスコミ等によるレッテル貼りイメージ大衆誘導策略は、バレている」のだ』。

『「それなのに、今度は、韓流テレビご推奨の親韓・親中人脈による野党再編&新党化にあたって、

新たに{穏健保守}というレッテルを与えようとしている様相」なのだ。

「穏健保守と否穏健保守(実際のレッテルは違うモノになるだろうが・・・)というレッテルイメージ」により、

「内実は、親韓・親中勢力である穏健保守を優位にする策略」だ。

「そんなレッテルイメージに何度も騙される人々は少数派」だろうが、

「今まで、ハトや革新等々に騙されていた事を自覚出来ていない人々や、政界等への興味を新たにもったばかりの若者等新たな人々」なら、

「穏健保守レッテルでもまたまた操れる」という訳だ』。

『「頭・心・体・・・健康な人は、頭・心・体それぞれ、或いは、共々、自分で自分を健康にコントロールし続けているから健康」なのだ。

「自分で自分を健康にコントロールする本来欲求の解消が十分に出来ていない人々の中には、必然的に代償欲求がより大きく発している」。

「自分で自分を健康にコントロールする代わりに、他人を支配したり、他人に自分を支配させたり・・・というのが、代償欲求の実態」だ。

「その一つの現れの様相」なのが、

「マスゴミ等によるレッテル貼りイメージによる大衆誘導策略」である。

「未だに、そんな事を行う連中も哀れだし、そんな事で自分を操らせてしまっている連中も哀れ」だ』。

|

維新の会分党では、当然の如く、石原派の実質的勝利だが・・・。

『「そもそも、韓流テレビご用達新党&国会議員等が集合・・・」では、「行いたがる政策も韓流寄りになる」のは「必然である事」くらいは「少し考えれば、誰にでも分かる」。

「逆から見れば、考えさせない事こそが、韓流政策を蔓延らせる肝になる」。

「実際に、韓流テレビ・マスコミ等では、過去において、悪戯な、自民ダメ情報を一方的に大量配信する事」で、

「多くの視聴者・読者等をフリーズ状態に追い込み、実質的に、自ら考える事が出来なくなった多くの視聴者・読者等を操る事により、民主党政権を成立させた」。

「韓流テレビ・マスコミ等ご推奨の民主党政権が行った事」は「利韓・利中共政策」で、

「実際に、民主党政権時には、韓国経済も中国経済も大いに発展したが、日本経済は衰退した」。

「日韓基本条約を無視した、朝鮮王朝時の書物の引き渡しまで行った」のが、

「民主党政権の実態」だった。

「余りにもお粗末な上に、利韓・利中共&売国的政策実行状態」では、

「さすがに、多くの日本国民が、民主党ではダメ!を実感する事となった」。

「当然、民主党政権は政権交代!」となった』。

『「この過去を忘れていない人々」なら、

「維新の会の橋下一派の中で、かなりの実権を保持している元民主党小沢鋭仁議員等の事を無視出来る訳も無い」。

「つまり、橋下一派が、小沢鋭仁等を容認している事=民主党の再来みたいな話し」なのだ。

「実際に、橋下一派は、韓流テレビ新党的様相の強い結の党や、民主党との連携を模索している」。

「利韓・利中共勢力結集の様相」なのだ。

「そんな、民主党政権時の民主党や、旧社会党の様な、大政党を多くの一般日本国民が望む訳も無い」。

「必然的に、思惑を下回る集合しか無かったのが、橋下一派」で、

「反対に、多くの人々が思った以上の集合を実現したのが、石原一派」という訳だ』。

『「そもそも、極東地域日本のみ原発ゼロ等という国家衰退政策を掲げている所」に、

「大きな力を与える事は間違っている事くらい、多くの一般日本国民は理解出来ている筈」だ。

「実際に、EU原発保持国の内ドイツのみ早々に原発ゼロを実現してしまったドイツ」は、

「不安定エネルギーを補う為に、大量の天然ガスの輸入が必需となり、その輸入先はロシア」なのだ。

「つまり、ドイツの脱原発は、ロシアの工作活動の成果だった可能性大」なのである。

「因みに、ドイツで脱原発を決めた首相は、東側の人」で、

「今時なのに、脱原発判断基準を、事実・現実を基とする科学では無く、人の思いを基とする倫理に委ねた」のも、

「明らかに異常で、策略的だった」のだ。

「同様の事態を日本で実現しようとしている連中」とは、

「ドイツにおける東側の工作員みたいな者たち」で、

「そんな者たちに、過分な力を与えてしまえば、日本の近未来が暗澹たるものになる事は、誰にでも分かる」から、

「原発嫌いでも、極東地域日本のみ原発ゼロは、あり得ない」というのが、

「多くの一般日本国民の思い」なのだ。

「日本の安全の為に原発を止める」なら、

「核汚染物質は国境線を超え、それこそ世界中に広がるし、近いところ、風下が特に危ないから、日本の風上に在る危ない原発から止めなければ意味が無い」。

「韓国の旅客船事故や新築マンションでさえ手抜き工事で崩壊の中国を知って、韓国や中国の原発が安全だと思える人はルーピー」だろう。

「韓国や中国の原発は、言うまでも無く、日本の風上に在る」』。

『「韓国や中国の原発を止められない」のなら、

「核技術を磨き、より安全に使える方法を構築するのが次善の策」になる。

「核技術を磨き、より安全に使う為には、日本の原発を安全に使う事が合理的」だ。

「危ない韓国や中国の原発を止めさせ、日本の原発発電電力を韓国や中国に輸出する」くらいの「発想」が「出てくるのが当然」だろう。

「ところが、利韓・利中共連中の言っている事は、まるで逆」なのだ。

「極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロ」&「電力自由化で、韓国の原発発電電力を日本に輸入」等々と、

「客観的にみるなら、売国政策のオンパレード状態」だ。

「そんな政策を是とする者たちが、いくら集合したところで、多くの有権者がお墨付きを与える訳も無い」。

「必然的に、極東地域日本のみ脱原発派は衰退し、日本の原発はちゃんと安全に使う派が力を増す事になる」のだ。

「今回、集合先を間違えた維新の会やその他の政党の議員たち」も、

「原発問題で、中・韓等を利するのか?日本を利するのか?をちゃんと考えれば、集合先を間違う事も無い筈」だ。

「確信犯の利韓・利中共連中・・・つまり、韓国や中国共産党の手先たち・・・なら、

アレコレ屁理屈をつけて、日本の原発を止めさせる一方、

韓国や中国の原発は温存し、

日本に韓国や中国の原発発電電力を輸入させる事で、

日本のエネルギーの一部を韓国や中国に支配させたがる・・・」だろう。

「有権者から見れば、実に判り易い、売国奴もしくは、他国の手先判別基準」である』。

|

何故か?本日はNHKまでソフト・バンクのロボット商売の応援だが・・・。

『「ネットによって進化するロボット」を「売る予定」という「ソフト・バンク」・・・。

「当然、ネットを使って使用状況情報を収集して進化させる事が必需になるだろう」から、

「ある意味では、個人情報収集ロボットみたいなモノ」だろう。

「その是非を問う前に、既に、大宣伝している韓流テレビ&NHK等」は、

「異常」だ。

「まるで、ソフト・バンクの手先情報配信機関の様相ですらある」。

「こんな事態を平然と見過ごしている平和ボケ、もしくは、韓流情報・教育等の操り人形たちも異常」だ。

「一般日本国民なら、自らのアイデンティティーを韓流に構築させている様な事になってしまっている様相」だ。

「或いは、ある種のマインドコントロール下にある」のだろう』。

『「民放で、お金を払ってコマーシャルをしている」のなら「解る」。

「しかし、番組内紹介や、報道を装った実質的特定企業宣伝」は、

「明らかに不健康」だ。

「そんな事態を容認出来る人々」も「何処か病んでいる」』。

|

天安門と書くと中国共産党から目を付けられるみたいだが・・・。

『「とっくの昔から、中国共産党系や朝鮮系と思われる連中からの粛清工作を浴びせられている様相の筆者」は、「もはや、書いても大差無い」だろう』。

『「中国の民主化デモは倍増以上!」

「中国の民主化圧力はそれ以上!!」

・・・というのは、「デモまで行えるのは、本当に限られた数の人々だから・・・」だ。

「中国が、現状の異常事態から脱する道は、民主化以外にあり得ない」。

「ここで言う民主化とは、もちろん、旧共産思想上の労働者階級による独裁支配の後の最終的な民主化では無く、

現状で出来る当たり前の民主化」だ。

「はっきり言えば、旧共産思想上の民主化とは、まるで、核分裂技術しか実用化出来ていない人類が語る核融合発電みたいな話し」で、

「現状では全く絵に描いた餅レベルの話しであるばかりでは無く、

核分裂技術を極めてこそ、より高エネルギーの核融合技術の実用化も可能になる現実からも判る様に、

現状の当たり前の民主化を極めた先にこそある話し」なのである。

「賢明な漢民族の方々もこの辺の話しは重々ご承知」で、

「中国の敵は、構造欠陥的に汚職等を招く中国共産党一党独裁体制である事」も、

「百も承知」だから、

「中国国内で、どんな弾圧が合っても、民主化運動は止まない」のだ。

「構造欠陥汚職等体質が民主化運動に負ける時、中国の春はやって来る」』。

|

少子化・年金問題の解決法の一つは・・・。

『「女性が子どもを産む動機は色々だろう」。「しかし、その動機づけになっているのは、情報・教育」なのだ。

「だから、情報・教育で、現実を伝えれば、子どもを産む動機づけも現実に近づく筈」だ』。

『「生物学的現実」では、「人類の遺伝は、母方遺伝が主である」。

「卵子と精子の大きさの違いからも、多くの方々は、その現実を薄々とは感じている筈」だ。

「つまり、生物学的に見るなら、人類の世代交代の主導権は女性にある」のが「現実」なのだ』。

『「そんな現実を薄々とは感じていたに違いない、古の男性たち」は、

「そのコンプレックスから、男性血統主義を強いた」面もあるのだろう。

「今後の学術的な検証を待ちたい」が、

「恐らくは、そんな実態が露呈する筈」だ』。

『「母系遺伝子が主となると、男系遺伝子はどうなるのか?」

「生物学的には、男系の遺伝子とは、進化の方向性を与える要素でもあったりする」のだ。

「つまり、主体たる母系遺伝子の保持者である女性」が、

「進化の方向性を考え、男性を選択し、子を残す事」が、

「生物学的には、順当」なのである』。

『「そんな実体がある」のだから、

「所謂、血統家族主義、特に、男性血統偏重のソレは、正に、人類文化上のにおける生物的実体に叛く反乱行為みたいな事」なのだ。

「つまり、そんなモノに縛られる必要性は、本当に薄いという事」である』。

『「多くの女性が、自らの遺伝子に進化の方向性を加える男性を選択した上で、自らの遺伝子の保存を望む事が可能な人間社会状態」なら、

「少子化は、かなり抑えられる筈」だ。

「実際に、血統家族主義的色合いが薄くなっているフランス等の人間社会では、少子化状態から抜け出している」』。

『「自然の摂理が示している現実との整合性がお墨付きを与えている」のが、

「悪戯な、男性血統家族主義からの脱却」なのだ。

「日本の女性も、もっと、もっと、自由に、自らが選択する進化の方向性に基づいて、子をもうけ、子育てという可能性を楽しんで良い」のである』。

『「もちろん、経済面でのサポートも重要なのが、現状人間社会の現実」だ。

「しかし、男女同権が少しずつ市民権を得て、稼げる女性が増えている現状」では、

「稼げる女性、或いは、経済的に、既に、子育てが可能な状態にある女性の、子造りの自由を阻害している悪戯な文化の除外」こそが、

「意外と実状改善に有効と考えられる」』。

『「異常な少子高齢化状態がたった今改善される」なら、

「世代間相互補助年金の問題」も、

「それこそ20年後には問題無くなる」のだ』。

『「悪戯な男性血統文化から、生物学的現実に即した文化への進化」は、

「丸ごと一人の死生観から、細胞ごとの死生観&丸ごと一人で考えたがる人の思いの現実という文化への進化と同じく」、

「現状の日本社会の必需」である』。

|

ナイジェリアの少女集団拉致テロリストに対して「交渉に応じるべきか?」問題・・・。

『「同じ人類だから、少女たちの命が大切だから、・・・交渉に応じるべき論」は「現実無視の偽善論」に他ならない。

「何故なら、テロリストたちは、同じ人類だが、同じ文化・教養等々の水準を持っている者たちでは無いから」だ。

「文化・教養等の水準が違う者たち」を「悪戯に同じ人類扱いする事」は、

「実体を無視した偽善論等」で、

「その実効は、より低い文化・教養等の水準を持つ者たちを利する事になる」のだ』。

『「拉致被害者少女たちの命を第一に考える」のは「当然」だが、

「最初が、現実無視の偽善論前提」では、

「テロリストたちを利する結果になってしまう」』。

『「では、どうすれば、良いのか?」

「先ず、テロリストたちの文化・教養水準等をちゃんと把握する事」だ。

「それこそが、話しが出来る窓口を見つける事に直結しているから」である』。

『「一般的に言って、人類の文化・教養水準」には、「以下の水準が在る」。

「先ず、一番マシなレベルが、事実・現実を基にした話し合いによる納得構築が出来る水準」だ。

「次が、話し合いにプラスして、経済を加えれば、納得構築が出来る水準」だ。

「その次が、話し合いや経済では、納得構築が不可能で、主として、自力開発の武力等による比べっこの結果を欲する水準」だ。

「更にその次が、自力開発の武力等による比べっこを主とする事さえも出来ないから、他力の武力等を使って、テロやゲリラ的手段や工作活動等で、まるでダダをこねる様にして、無理やり自分たちに有利な納得構築を引き出そうとする水準」だ。

「賢明な読者諸氏は、既にお気づきの様」に、

「先の大戦終戦前の世界情勢は、自力開発による武力の比べっこによる納得構築」であり、

「大戦後、そして、冷戦終結後の現状人間社会の世界情勢は、事実・現実を元にした話し合いプラス経済による納得構築であり、経済より・・・」なのだ。

そして、

「テロリスト等の実態は、上記の区分けでの最下層水準に当たる」。

「つまり、極々文化・教養等の水準が低い者たち」が、「テロリスト」なのだ』。

『「文化・教養等の水準が低い者たち」とでも、

「自分たちと同様のまともな交渉が成り立つと思い込んでいる人々」は、

「平和ボケ、もしくは、世間知らず等々」だ。

「文化・教養等の水準が低い者たち」には、

「より水準の高い文化の者たちが発する者・物・事」で、

「理解出来る者・物・事と理解出来ない者・物・事がある」のだ』。

『「より水準の低い者たちが理解出来る者・物・事に合わせて、者・物・事を処理すれば、

より高い水準の文化・教養等が害される事になる場合も多くなる」のは、

「当然の話し」でもあり、

「結果として、テロリストとの交渉で、テロリストの言いなりになれば、益々、深刻な事態を引き起こし易くなる」。

例えば、

「人の命は地球より重い!」で、

「福田元総理がテロリストを釈放した後、北朝鮮による日本人拉致が旺盛になってしまった実例」まで「在る」のが、

「現実の人間社会」なのだ』。

『「テロリストとの交渉を通じて、テロリストの文化・教養等の水準を上げ、最終的には、話し合いによる納得構築が出来る事」こそが、

「最善の策」だが、

「それには、テロリスト側も体制側も、本当に、高度の能力が必要になる」。

「実際には、双方共に、高度の能力を持っている恵まれたケースは稀」だ』。

『「体制側の高度の能力は、それこそ国境を越えてでも、誘致すれば良い」のだが、

「テロリスト側の高度の能力は、一般的には、一朝一夕では育たない」。

「そこで、多くの場合、現実的な解決策となっている」のが、

「交渉により、出来る限り人質の数を減らし、交渉の余地が無くなった時点で、強行取り押さえする手段」だ』。

『「ナイジェリアの場合も、テロリスト&少女たちの居場所特定が出来た段階で、その道を歩む事になる」だろう』。

『「現状人間社会で、色々な者・物・事を行っている者たちの文化・教養等の水準を把握する」なら、

「中国共産党の問題等も、良く解る」だろう。

「元々が、中国内で旧ソ連の支援故に、反乱軍政府を構築出来た中国共産党」なのだ。

「少なくとも、その時点での文化・教養等の水準は、テロリストの大型版程度」なのである。

「その後の中国国民に対する大量粛清等々の非人道的行為」は、

「元の水準から考えると、ある意味当然」で、

「現在、中国共産党自らが行った、非人道的行為を誤魔化す為に、軍拡し、軍を元にした拡大覇権主義や、工作活動を盛んに行い、反日情報・教育等々に邁進している姿」は、

「客観的に見るなら、正に、大型テロリスト集団的様相」なのだ。

「そんな集団を容認し続けている様では、漢民族に未来は無い」。

「中国は、一刻も早く民主化されるべき」だ』。

『「テロリストに対して交渉に応じるべき・・・」等々と「思い込まされてしまっている人々」は、

「中国共産党に対しても、交渉に応じるべき・・・」等々と「思い込める人々に他ならず」、

「そんな人々を大量生産すべく、BSテレ朝では、ナイジェリアのテロリスト問題をダシに、視聴者アンケートまで取っていた・・・のかも・・・」』。

『「因みに、BSテレ朝のシメでは、アンケート結果では、テロリストと交渉すべき派が圧倒的多数だった様」だが、

「もちろん、無条件交渉派は少数だったと推定される」から、

「シメ方も策略的だった」のだ』。

|

サンデー・モーニングでは「米国の軍事覇権の衰退&中国の軍備増大で、パワーバランスが変わって来ている・・・」とでも言いたげだったが・・・。

『「未だに、軍事覇権で世界情勢を計る論で、軍備増強に励んでいる中国共産党を応援!・・・」では、

「多くの視聴者から、またまたまたまたバカにされている・・・」だろう。

「もちろん、軍事覇権とは、最新技術を持つ国が相応に量を揃えている所に在る」から、

「ロシア製のエンジンを積んでいる戦闘機を自国生産等とわめいている所には永遠にやって来ない」。

「中国の軍拡の実体は、軍事関連共産党員等の利権拡大」に他ならない。

「いくら数をそろえても、内容が、後追い・・・では、軍事覇権など得られる訳も無い事」は、

「おバカでは無い中国共産党員等なら、誰でも知っている」。

「おバカでは無い中国共産党員等の目的は、軍事覇権では無く、自らの下に来るお金」なのだ。

「ここにこそ、現状人間社会体制の真の覇権が在る」。

「人類は、現在、武力による比べっこを卒業し、経済による比べっこに、人間社会の覇権を預けている」のである』。

『「経済面でも、軍備と同様の事態が在る」。

「つまり、経済面で覇権を得るのは、最新科学技術等を持つ者・物・事になる」のだ。

「ここでも、米国と中国の差は、甚大」だ。

「中国が大国の一角というのは、人口面や国土面積等を偏重した場合の誤った見方に他ならない」。

「現状の中国共産党支配下の中国」は、

「国の体制も古い、後追い軍備の軍拡で共産党員等が自らの下にお金を集めている、最新科学技術が育つ地盤も未整備な、

経済比べっこ社会では、

まるで、経済的半植民地の様な所に他ならない」のだ。

「つまり、実態は、突っ張っている後進国状態」なのである』。

『「ウクライナ問題でも、ロシア海軍の重要基地のあるクリミア半島に対しては強固だったロシアが、

ウクライナ東部では、以外と冷静・・・なのは、

やはり、武力による比べっこを卒業し、経済優先になっているから」に他ならない。

「経済優先の後ろ盾としての武力として重要な海軍基地は維持したい」が、

「実際の戦争に繋がる行動は起こさない」のが、

「経済による比べっこが出来なかった旧ソ連と、

冷戦終結&体制転換&豊かな資源等故に、

経済による比べっこで相応に力を発揮出来ている現ロシアの最大の違い」なのだ。

「中国共産党による軍拡は、表面上から見れば、まるで、冷戦終結前の状態への逆戻りを誘っている様相ですらあり、

それは、中国が体制転換出来ていないが故の大きな負の現象」なのである。

「中国が体制転換するなら、ロシア並みの経済発展も可能になる、ばかりか、より良い体制に転換すれば、ロシア以上の発展も可能になる・・・」のだから、

「賢明な漢民族の方々等なら、当然、その方向に力を加えている筈」だ』。

『「それなのに、後ろ向きの方向に力を加える様な論を、日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していた、サンデー・モーニング・・・」。

「その足を引っ張る策略的様」は、

「まるっきり、何処かの悪者集団・・・」だが・・・。

「まさか、永遠の恥辱に染まりたい・・・等々の自虐的思惑をお持ちの方々・・・」では「無い」だろうから、

「いい加減に、是正したら?・・・」と思うのだが・・・』。

|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »