« 都議会セクハラ???ヤジ問題や集団的自衛権解釈改憲問題で欧米マスコミ等をダシにしている方々問題・・・。 | トップページ | 辺野古移設反対!集会等に集った中国共産党のお友達たち・・・。 »

どうも電磁波工作兵器群の実態は、筆者たちの知っていた状態より遥かに高度に悪質な様で・・・。

『「新たな情報によれば、電磁波工作とは、粛清工作法の一つで、

個人を特定した上でターゲット化し、

ターゲットが利用している携帯電話や、ターゲットの顔や姿等から、

ターゲットの位置を特定し、その特定した場所に向かって、

周辺に設置してある数多くの電磁波工作兵器等から、一斉に電磁波を浴びせる事により、

ターゲットのみが、過剰に強い電磁波下に置かれる様にする事で、

ターゲットにストレスを与え、能力を削いだり、健康状態を悪く導いたりする手法の

構築過程」なのだと言う。

「現状の科学技術を悪用すれば、

周波数特定タイプの電磁波測定器では測定し辛いが、

電界測定器では比較的容易に検出出来る、

衣服はもちろん、建物や壁や鉄等までも通り抜けるが、

人間の身体にはダメージを与える、

直進性の高い、

変な電磁波を小電力で発生させる事も出来てしまう」し、

「その電磁波発生素子を色々な電気機器や車や電車等々に仕込む事も容易に出来てしまう」し、

「仕込んだ電磁波工作装置から発生させる電磁波を、携帯電話の位置情報や顔認証・歩行認証技術等を悪用して、特定のターゲットに向かって当てる事も出来てしまう」。

「現状では、まだまだ、工作員等による標的ポイントアップ等の人力手段が旺盛の様」だが・・・。

(数多くの工作員等が、

その場・その時に特定の人間をポイントアップしたり、

例え一人の工作員等でも、何度でも執拗にポイントアップし続けると、其処に向かって照射される電磁波は濃くなる・・・という訳だ・・・。)

「この悪の工作システムが完成する」と、

「日本国内の多くの場所で、ターゲットとされた人々のみが、過剰な電磁波の下に置かれ続ける事になる」。

「筆者の体験上でも、ある程度以上強い電磁波下の環境にいると、

疲れやすくなり、

フラフラさせられたり、

胸や頭や身体に痛みが出たり、・・・等々と、

電磁波工作の存在に気づかなければ、まるで、自らに異常がある様な錯覚さえ覚える状態に追い込まれる」。

「つまり、電磁波工作システムを悪用すれば」、

「有益分子・無害分子・不適応分子・・・人民選別の後の、

無害分子・不適応分子粛清工作法としては、

相応に実効が出てしまう可能性がある」。

「情報・教育を支配した上で、この様な粛清工作を行えば、その国の社会を、特定極一部の者の意思で操る事さえ可能になってしまう」かも知れない』。

『「しかし、もちろん、それは、あくまでも、誰も気づかない事が条件」だ。

「日本の中の電磁波工作活動については、情報提供者たちはもちろん、筆者でさえ気づいている」。

「悪の工作活動は、行い、気づかれてしまった段階で、その実質的犯罪行為が工作活動側を貶める」。

「永遠の恥辱に染まる道を歩んでいる者たちの工作活動」は、

「迷惑であると共に、ある意味、滑稽でもある」。

「元々が、

自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他人を支配コントロールしようとしたり(指令側)、

他人に自分コントロールさせよう(工作員等)としたり、

・・・している連中」である。

「そんな連中の、自覚無き(多くの場合)、節操無き、代償欲求追及の姿」は、

「滑稽で当然」なのだ』。

『「金余りの現状人間社会」では「そんな悪の工作活動の為に資金提供している悪者たちもいる」のだ。

「現状人間社会のシステム上でどんなにお金を集めても、自らの中から本当の自信など生じてくる訳も無く、その代わりに、他人からのお墨付きを得続けたくなっている」のが、

「多くの金満者たちの実態」だ。

「悪どもと共依存の関係を築き、

その関係下で現状人間社会を支配して、自信を得ようとしても、

得られるのは虚像・・・」という「現実」さえ「解らないおバカぶり」は、

「正に、滑稽」だ。

「もちろん、それらの連中も、永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる」のである』。

|

« 都議会セクハラ???ヤジ問題や集団的自衛権解釈改憲問題で欧米マスコミ等をダシにしている方々問題・・・。 | トップページ | 辺野古移設反対!集会等に集った中国共産党のお友達たち・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事