« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

「女子高生殺人解剖女子高生事件」で「カウンセリングは効かない」と該当カウンセラー等を庇った自己の特別性を訴え続けたい様相のコメンテーター問題・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、ちゃんとしたカウンセリングなら効果が無い訳など無い」。「それなのに、ちゃんとしたカウンセリングによる女生徒の自我等の育成補助が出来なかった理由等を追及せず」、

「自分は特別だと思いたがっていた女生徒には、

カウンセリングなど効果が無い」旨「嘯く事」で、

「実質的には、

力量不足のカウンセラーの問題か?

カウンセラーに十分な時間を与えなかった周囲や金銭的理由等の問題か?

・・・等々」の

「本当の問題を隠蔽しようとした」のだから、

「本当に悪質なコメント」を「テレ朝は、日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信した事になる」のだ』。

『「何故その様な事態が生じたのか?」

「可能性の一つ」は、

「該当カウンセラーがコメンテーターと同様の人脈の者」で、

「お仲間だから無条件に免責としたい」という「何処かの文化の悪影響」かも知れない。

「また、その免責理由として、コメンテーター自身が一番欲しがっている様相」の「特別な自分を周囲に認めさせる事」を、

「女生徒に投影・転嫁して述べている様相」からも、

「以下の事態」も、「見え隠れしている」。

それは、

「コメンテーター自身」が、

「今回の事件については、力量不足」で、

「自己の特別性を公共の電波上で訴え続けられない・・・自分の内面に対する探究心が薄い者には良くある傾向・・・」ので、

「コメンテーター自身の特別性維持保身の為の屁理屈」を、

「公共の電波上で大々的に吐露してしまった」という「恥ずべき事態」だ』。

『「実際は、恐らく、実効のあるカウンセリングが出来る者が担当しなかった」か、

「実効のあるカウンセリングが出来る者が担当していても、十分な時間や費用等が与えられていなかった」かが、

「元凶の一つ」と「推定される」。

「考えられる最悪レベルの事態の一つ」は「該当カウンセラーが反日工作員等」で、

「将来的に大事件を起こすかも知れない日本国籍の危険分子製造の為、該当女生徒の無意識操作等を意図的に行った事」だ。

「変に庇う者が居る」と「最悪レベルが想起されてしまう」・・・。

「もちろん、大きな意味での元凶」は、

「現実離れした情報・教育等や、

現実離れした者・物・事に基づく利権の異常な過剰性や、それらが生み出している不当な格差や、

人間の内面に対する探究の不足や、

人類の物質進化に対して余りにも劣っている精神進化等々」だ。

「人類全体に対する警鐘の意味から」も、

「人類の精神進化の為、ちゃんと問題解決の為の気運を養う」のが、

「現代のテレビ情報等の本来の役割」だが、

「本来の役割を疎かにしたまま、特定極一部の者・物・事に対する保護、利権維持~増大の為の情報を一方的に大量配信している」のが、

「悪質な番組の醜悪な実態」なのだ』。

『「悪質な番組を悪質なまま放っておいて良い訳など無い」のである』。

|

「女子高生殺人解剖女子高生事件」で、落ち込むまともな者たち&開き直っている悪者たち・・・。

『「現状人間社会が生み出したモンスター的人間に対して、生み出した原因と共存している自分をちゃんと反省出来る」なら、

「まともな人間」であり、

「生み出されたモンスター的人間を特別扱いして、自分と切り離し、自分は開き直り、正義ぶっている・・・」のは、

「少数のモンスター的人間たちを生み出している多数の悪人間たち」だ』。

『「落ち込んだ人間たちが、実体に即して実効のある対策を考え、実行する事」で「人間社会も進化する」のだが、

「開き直り人間たちがいくら正義ぶって、上辺のモグラ叩きに励んだところで、人間社会は進化しない」』。

『「人間社会の進化」は「物心双方共必要」である。

ところが、

「上辺に拘る事が得意な人間たちは数多い」が「自分の内実に迫る人間たちはそれ程多く無い」。

「その結果が、神のレベルにまで達しつつあるとさえ言われている科学技術の進歩」と、

「未だに、原始時代と大差無い様相ですらある人類の精神・心理の進歩?」だ。

「この人間の外と中とのアンバランス」こそが「人類滅亡の特急券」なのだから、

「今時の人間」なら「中の進歩に力を加えるべきである事」は「疑いの余地が無い」。

「それなのに、現状利権に溺れている・・・」では、

「その実体は、おバカ、もしくは、悪」になる』。

『「多くの人間の内面が進化し、人間社会の内面も進化しなければ、同様の新たな事件が時と共に姿形を変え(往々にして、より酷くなる)出現し続ける事になる」。

「目の前に在る問題」を「自分とは違う特別な異常者等のセイ」とし、

「特別な異常者等を、まるで不良品の如く、処分」しても、

「新たに生まれる同様の事件等(時と共に、より強烈になる可能性大)が消える訳も無い」。

「現状で自分がそれなりに恵まれた状態にあるから・・・」と「現状利権に溺れている人間たちの精神状態」は、

「現状人間社会が生み出しているモンスター的人間と裏腹のモンスター的状態」である。

「自覚無きモンスター的精神状態の人間たちが蔓延れば、人類の行き着く先は、人類滅亡という地獄になる」のだ』。

『「女子高生殺人解剖女子高生」が「小学生時に、人間の身体に興味を持ち、医者になりたかった・・・」とは、

「正に、外面に拘らせる情報・教育等が生み出させた状態」で、

「その内実である医者願望欲動の元」は、

「実験・解剖されている様にさえ感じていた酷い精神的圧迫だった」と「強く推定される」。

「この様な場合」に、

「外面の優等生的願望を褒め称えても、内実は落ち着かない」。

「落ち着かない内実」は「更なる自己確認欲動を生み出す」。

「その様な場合の自己確認欲動」は「より判り易く・・・例えば、先鋭化したり、強大化したり・・・なり易い」。

「女生徒の場合」は「人体実験的な給食への異物混入」や「ネコの解剖」となった。

「その時点で、女生徒の中には、自分で処理出来ていない自己確認欲動の暴走があり、周囲に対し、強烈なSOSサインを出していた」のだから、

「今時の大人・・・特に、学校教師や親等の立場の者なら尚更・・・なら、その時点で、ちゃんと女生徒の内面の問題に向き合い、女生徒の内面の問題の解決をサポートするべきだった」のだ。

「当然、その様な適切な対応が在ったなら、今回の事件は起こっていない」。

「また、その当時の女生徒と同様の内面の問題を、今、抱えている人々の数」も「決して少なく無い」筈だ』。

『「つまり、その時点では、{特別差別扱い}処理で現実逃避する似非大人等を生み出す必要も無い事」なのである。

「今回の事件について、{特別差別処理}を行わず、真摯に向き合う」なら、「元から是正する具体的方法も見い出せる事になる」が、

「{特別差別処理}で現実逃避する似非大人たちが蔓延れば、同様の新たな事件が生み出される事になる」のだ』。

『「日頃から、{人種差別反対!}等々を叫んでいる韓流テレビ・マスコミ連中」だが、

「今回の問題では{特別差別に邁進している}様相」だ。

「酷いダブルスタンダードだが、其処に在るのは、韓流人脈の利韓人脈都合」だろう。

「人間社会の健常進歩を阻害している悪ども」に「過分な立場・報酬等は似合わない」』。

|

長崎・佐世保、「女子高生殺人解剖女子高生」事件の深層・・・。

『「小学生時の問題行動」や「母親の死」等々の「理由付け」により、「事件を起こした女子高生の問題」を「その女子高生の特有環境問題に帰したい様相」なのが、

「大衆愚民化コメンテーター等々にオコボレを与えている醜悪番組」の「実態」だ。

「もちろん、当該女子高生の問題の本質」は、

「特有だけでは無い」』。

『「報道内容等からも判る」のは「当該女子高生が小学生時に、周囲にSOSサインである問題行動を起こしていた事」だ。

「まるで、実験の様な、給食への異物混入」や、

「ネコの解剖」の「訴えの本質」は、

「当該女子高生の心」が

「小学生時に、解剖され、実験されている様に感じている状態だった」という事に「他ならない」。

「まともなカウンセラー等が居た」なら、

「その様な状態を直ぐに感知」し、

「解剖され、実験されている様に感じている心を生み出してしまっている元」を「検出」し、

「元を是正させる」と共に、

「女生徒の心を、解剖や実験から解放する心の手当て」を「行っていた筈」だ。

「解剖され、実験されている等と、同様の感をもたされてしまっている子どもたち」は、

「少なからず居る」から、

「この時点では、当該女生徒特有の問題では無い」のだ』。

『「ところが、本来なら、生徒たちの心の成長にも大きな影響を与える人間(つまり、自分自身)の実体把握についての、情報・教育が不十分」で、

「その時点での、適切な対処も無かったから」だろう、

「当該女生徒の心の中では、心の問題が未解決」だった。

「本来なら、自分が解剖され、実験されている感を外に投影転嫁して起こしてしまった問題行動」

という「心のからくり」を

「十分に理解把握」し、

「自分自身を健康にコントロールし続ける事の快適さや重要性を十分に味わい知る絶好のチャンスとも成り得ていた小学生時の問題行動というSOSサイン」が、

「周囲の能力不足、或いは、確信犯の悪等の形式上大人たち」によって、

「恐らくは、上辺だけ相手にされた事」により、

「女生徒の中では、心が解剖され、実験された事の自覚無き問題行動の記憶が、強烈に残ってしまった」と推定される。

「心が、解剖され、実験された感」を

「外に投影・転嫁して、心本来の欲求である落ち着きを得ようとする」と

「例えば、実験や解剖等の問題行動として、表れてしまう」。

「しかし、それは、代償欲求に過ぎ無い」のだ。

「問題行動を起こした所で、本来欲求は充足されず、むしろ、問題行動故の周囲からの反応の分だけ更に渇望状態になる」。

「心のからくりの自覚も持てず、セルフコントロールも養えていない状態」では、

「女生徒の代償欲求追及要求は時と共に肥大し続ける事になる」のだ』。

『「そんな周囲が作り出してしまったベース」に、

「母親の死」や、

「父親の早期再婚」が「重なった」。

「心の奥底に、大きな落ち着き欲動を欲する本来欲求を抱えたままの自覚無き人間」にとって、

「それらの新たな、大きな、ストレス」は、

「現状脱出欲動を暴発させるに十分だった」のだ。

「女生徒の、自らの心を解剖され、実験されている状態から解放し、落ち着きたがっていた欲動」は、

「投影・転嫁の代償欲求が肥大し続けている中」、

「代償欲求追及の結果」は、

「小動物レベルで収まらず、人間の解剖になってしまった」』。

・・・・・・・。

『「猛烈な惨劇」を「生み出したモンスター」は、

「該当女生徒の中にだけ居るのでは無い」。

「周囲の自覚さえ???な現状利権に溺れている人々の中」にも、

「大きなモンスターが居る」のである』。

『「同様の新たな事件等を防ぐ為にどうすれば良いのか?」は、

「上記の心理分析等からもある程度分かる筈」だ。

「落ち着きたい心の本来欲求を適える」のは、

「事実・現実と共に在る状態に自分を置けた時」である。

「事実・現実とセルフコントロールの為の情報・教育」こそが、

「肝要」なのである』。

『「宗教・遺骨・血統等の利権等維持の為」に、

「丸ごと一人の死生観や、血統家族主義を誘う情報・教育で巷を満たし続けると共に、悲惨な事件等の継続も誘う」のが、

「良いのか?」

「現実により近い、細胞ごとの死生観や、人類の世代交代は種の保存であり個の保存では無い等の、情報・教育で巷を満たすと共に、人間社会も現実との整合性を高めて行く事」で、

「多くの人々の本来の落ち着き状態をもたらし、悲惨な事件等の再発を防ごうとする」のが、

「良いのか?」

「言い方を変えれば、

現状利権に溺れられている者たちに、

悲惨な事件等を起こさせる権利があるのか?」

「人類としての頭があるのなら、誰もがよ~く考えて、人類の為の結論を出し、それを人間社会に反映させるべき」である』。

|

いよいよ「総括」が始まっている中国共産党の崩壊劇・・・。

『「浅間山荘へ逃げ込んだ赤軍派の事件と同様の事態」が「中国共産党にも訪れる時が迫っている」。

「自分が一番正しいと思い込んでいる●赤権力者によって正しくないとされた同志たち」を

「同志たちを使って、次々と粛清する」。

「その先にあるのは・・・」』。

『「かつての赤軍派も、中国共産党も、それら自体こそが欠陥」なのだが、

「それらの組織の長に居る者は、自らを長としてくれている思想や組織等自体の欠陥を認めたがらない」。

「結果、一般人間社会から孤立し、孤立しても尚正義ぶれば・・・」。

「行き着く先は、一般人間社会との戦いとなり、多くの人間が目指している主なる道から外れたカルト的団体は、当然の如く敗れ去る」』。

『「習近平がどんなに正義ぶっても、中国共産党が支配し続けたが故の負の遺産は消え去らない」。

「国民党軍との戦いで中国人同士が殺し合った事」も、

「中国本土内制圧の後、粛清し続けて来た大量の{不適応分子}中国人」も、

「国家国民の上に在る一党独裁体制であるが故に、蔓延っている汚職」も、

「そんな状態の国であるが故に生じた、他人を騙しても、大量のお金を集める事も平然と行ってしまう少なく無い数の国民」も、

「汚職や不当報酬・利権等々、中国人を犠牲にして、お金を大量に集めて、国外に逃げて暮らす、国も国民も裏切っている者たち」も、

・・・「今後、より明らかにされる事はあっても、中国共産党の力で隠蔽し続ける事など出来得ない者・物・事」である』。

『「国家・国民の上に特定極一部の人々」という「共産党システム」が「どの様な事態を生み出しているのか?」は、

「多くの方々が知っての通り」だ。

「何しろ、超大権を保持しているのは、極々一部の人々」なのだ。

「その極々一部の人々に気に入られれば、自らの下にも超大権の一部がやって来る」。

「例えば、今回槍玉に挙げられている1.5兆円相当もの資産を築いてしまった周」が

「習近平に対して」、

「長である習同志のお立場では、お金も相当にかかりましょう・・・。どうか、この私メの下に来た資産を国家・国民の為にお役立てください・・・。」等々と、

「1.5兆の中から、1兆円でも献上していた」なら、

「やり玉に挙げられる事も無く、むしろ、習の後継ぎは周という事態になっていた・・・可能性が大」であり、

「その様な事態が在っても、習以上の超大権を持つ者がいないので、摘発も出来得ない」のが、

「特定極々一部の者が超大権を保持出来てしまっている共産党システムの実態」なのだ』。

『「中国は一刻も早く民主化されるべき」だ。

「それこそが、犠牲者の数を減らす唯一無二の道だから」である』。

|

長崎・佐世保女子高生殺害モンスター状態女子高生をつくり出しているモンスター情報・教育・・・。

『「この類の事件が起きる度」に「命の大切さ」とか「情緒・情感教育」とかの「寝言」を「さも正論の如く風潮出来ている」のが「実質的おバカや悪」たちだ。

「そんな実質的おバカや悪の元」も

「モンスター状態女子高生の場合と同じ」で、

「悪質な情報・教育」である』。

『「悪質な情報・教育」に「自分を支配させている状態」だと

「悪質な言動でも平然と行える」のが「人類の実態」なのだ』。

『「悪質な情報・教育」とは「現実離れしている実質的妄想等を刷り込む情報・教育」である』。

『「現実離れしている情報・教育に自分を支配させている人々が溢れている人間社会」では、

「多くの人々の行動も、人間社会システム等も現実離れしたまま・・・」だから、

「必然的に、悪質な事件等も起きる」。

「根本を正さなければ、同様の事件等が起き続ける」。

・・・「当たり前、当然の事」である』。

『「今回の事件を受けて、命の大切さ、とか、情緒・情感とか、

・・・正に、寝言レベルの悪質な事を平然と言えている人々も、

また、モンスター化した女子高生と同類」に他ならない。

「それでも、そんな人々のほとんどが、自覚無き状態の様相」なのだ』。

『「冷静に、少し考えれば、誰でも解る」筈だ。

「命の大切さ!」を「言われた者たち」が、

「自分の命を大切にされている実感を持っているのか?」

「情緒・情感を育てる旨等を言われた者たち」が、

「自分の今の情緒・情感をちゃんと理解・把握出来ているのか?」』

『「自分の命を大切にされている実感無き者たち」に「命の大切さ!」を「強いれば、どういう事態になるだろうか?」

「多くの人々は、他人との比較の中で、命の大切さ!を知ろうとする」だろう。

何故なら、「他人との比較に走り易い人々をつくり出している」のも「現状の悪質な情報・教育」だからだ。

「比較対象の他人」が「自分より遥かに命を大切にされている様に思い、もしくは、感じられ」たら、

「どう感じるのか?」

・・・「命を大切に!」を「言われた者の中に、モンスターが育ってしまう」のである』。

『「情緒・情感の育成を!」と「情緒・情感の実体把握不十分な者たちは、現実逃避したがる」。

「そんな者たちが行っている」のは、

「自分にはちゃんとした情緒・情感があるから、そんな酷い、もしくは、変な、事件等は、自分は起こさない」等と、

「自己正当化の納得を得る為の作業」なのだ。

「情緒・情感等を感覚的に捉えている者たちにとって」は、

「自分の感じている情緒・情感等と同じ類の情緒・情感等を周囲の人々が持っていると自分が感じられる事」こそが、

「自己確認の代償欲求を晴らす道」なのである』。

『「一番悪質(つまり、現実離れしている)なのは、

命の大切さも、

情緒・情感等も、

・・・みんな、丸ごと一人に基づかせてしまっている事」だ。

「結果として、

例えば、

他人との比較の中で、

丸ごと一人の自分の全てが、

丸ごと一人の他人との比較で、

命を大切にされていない・・・」等々と、

「ある意味では、全体的であり、全体的であるが故に絶望的にもなってしまう解釈を

自分に強いる事になってしまっている」のである』。

『「丸ごと一人」から「離れて」、

「生物の実態通り」に「細胞ごと」にすれば、

「命の大切さ!」の「捉え方も現実的になる」。

「どんな状態の人でも、生きている細胞も死んでしまった細胞も自らの中に持っている」。

「約60兆の細胞塊である自分の中の生きている細胞を大切に!」という様な

「現実との整合性が高い情報・教育」ならば、

「それは、誰にとっても、自己肯定感を発芽させる情報・教育と成り得る」のだ。

「モンスター発芽率は、激減する事になる」』。

『「情緒・情感にしても、その実体は、細胞の信号」である。

「どの様な信号を自分自身の細胞に発せさせるのか?」の「セルフコントロール」として、

「情緒・情感を養う」のなら、

「それは、相応に現実的な教育に成り得る」のだ』。

『「悪は、大衆を愚民化し続ける事で、大衆支配を企み、自慰に邁進する」。

「悪の手先となる事」で「悪が得ている大衆から搾取した利権のオコボレを頂戴し、悪よりは小さな自慰に邁進している」のが、

「みっともない悪ヨイショ!連中」だ。

「普通の健康な人間は、事実・現実との整合性を高め続ける事」で、

「人類誰もの実体である地球生命体細胞群の存続~永続に少しでも貢献しようとする中で、自分も生かそうとする」のだ』。

『「人類の多く」は「ちゃんと現実的になるべき」だ。

「悪やオコボレ頂戴連中」に「過分な立場・報酬等を与え続ける」なら、

「人類滅亡が必然となってしまう」のだから、

「いい加減に目を覚ますべき」だ』。

『「今まで悪やオコボレ頂戴連中として動いて来た連中に対して」は、

「過分な立場・報酬等」の

「不当財産・不当名誉等」などは、

「没収」され、

「散々、人間社会やその人間社会で暮らす多くの人々を不健康に誘った事に対する応分の罪と罰」が、

「問われる」のが、

「当然」だろう。

「人間界が問わなくても、自然の摂理が問う」から、

「悪やオコボレ頂戴連中を蔓延らせ続ける人間社会」なら、

「人類滅亡となる」のだから、

「自然の摂理に結論を出させる前」に「人類自らが自らを正す」のが、

「得策」と思うが・・・』。

|

当ブログでは以前から「やるべき!」としているパチンコ税だが・・・。

『「パチンコ税大賛成!」だ。「ついでに、携帯ゲーム税も導入すれば良い」と思う。

「考えて欲しい」。

「ゲーム等を行う行為は、所詮代償欲求の追及行為」だ。

「そんなモノで儲けていたり、そんなモノに熱中したりしている者・物・事に対して」は、

「不健康な者・物・事を抑制する意味からも課税が相応しい」。

「特に、儲けに対する課税強化が当然」だろう』。

『「パチンコ店や携帯ゲーム会社等に対する税」は、

「通常人間生活に必要となる仕事を行っている店や会社等に対する税より高くて当然」だ。

「通常人間生活に必要な飲食店等の例」でも「酒類にはちゃんと通常以上の税がかかっている」のと「同様」に、

「パチンコや携帯ゲーム等に対する通常より重い課税」は「必然性がある」』。

『「ちゃんと課税した上」で「ギャンブルとして合法化すれば良い」のだ。

「株投資が良くて、ギャンブルが悪いとはダブルスタンダードに過ぎ無い」。

「ギャンブルには通常より重い税をかけるが、合法とする事」で、

「ギャンブルによる納税という社会貢献を公然化すれば良い」のだ』。

『「そもそもが、現状人間社会は、産まれからしてギャンブル」である。

「偶々、大金持ちや有名人の子として産まれたダケ」で「既に、宝くじの大当たり状態」になっている。

「生物学的には、人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存」なのだから、

「その様な事態のみが公然と横行し、他のギャンブル的要素が公然化しない事に対しては、何一つ正当性が無い」のである』。

『「逆説的に言えば、産まれながらの環境格差を是正する」なら、

「悪戯なギャンブルに対する重課税にも正当性が生まれる」と言う事だ。

「現状では、産まれながらの格差是正は、ほとんど行われていない」から、

「ギャンブルに課税は正当でも、その課税率については、産まれながらの環境格差に対する課税率を大幅に超える正当性が持てない」のである』。

『「当然、株式投資に対する課税とのバランス取りも必需」だ。

「産まれながらにしても、宝くじの大当たりにしても、現状実社会体制が容認したシステム上での金満にしても、一端大量のお金を持ったら、それで、大部分の者・物・事は通る・・・」では、

「人類本来の目的は、金稼ぎと言う事になってしまう」。

「もちろん、そんな虚構では、人類の実体との整合性が取れる訳も無い」。

「人類の実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続に貢献する事」こそが、

「人類本来の目的に他ならない事」は、

「情報が既に十分にある現代人なら、少し考えれば、誰にでも解る筈」だ。

「実体としては、金転がしに過ぎない株投資等に対する相応の課税は必需」である』。

『「もはや、

人類の実体に基づいて、

全世界的に、

人間社会システム自体を、

本気で、人類の実体との整合性を高める必要がある時代に突入している」のだ。

「この現代人にとっての必要作業をちゃんと行わないのなら、

人類滅亡の日は、急激に、確実に訪れる事になる」』。

|

工作電磁波強化に熱心な永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる者たち・・・。

『「当ブログ」は「当然の如く、工作員人脈にも{監視}されている」。

「ブログ内容に不都合なところがある」と「漏れなく・・・と言って良い程、電磁波工作等の嫌がらせが強化される」。

「昨今も同様」なので、

「連中にとっては、余程都合が悪い」のだろう』。

『「もちろん、当方は、電磁波工作等が在る事を前提として、相応の対策をしている」から、

「電磁波が強化されれば、対策も強化する」。

「つまり、実効は出ない」。

「もちろん、対策の強化には、相応に本来なら不必要なお金や手間がかかる」ので、

「甚だ迷惑である」が、

「元々の動機が不健康な連中の行う事」なので、

「一般日本国民への迷惑行為も、

「行うのが正当と思い込めている悪の仕事」なのだろう』。

『「問題なのは、筆者の様に、気づき、対策等々を行わない人々」だ。

「何か変・・・」には、

「相応な原因があるのが常」だが、

「何か変・・・」の「原因を自分の精神心理状態や体調等に帰してしまい易い」のが、

「その手の人々」で、

「実は、数十年前の筆者も同様」だった。

「筆者の場合」は「実在している不調の原因を当時の医者等が確認出来ず、筆者の精神心理のセイにしようとした段階」で、

「ある意味では、医者以上に自分に関係すると思われる精神心理の本をあさり読み、その結果、当時の医者のインチキ処理等も分かる様になった」ので、

「自分の問題に帰する第一の障害からは解放された」が、

「実態をつかむまでには、その後多少の時間を要した」。

「実態がつかめた」のは、

「先ず、可能性のある飲食物を変えた事」と、

「変な症状が出た時に飲食した物を遡って追える様にした事」だ。

「同様の異変に見舞われた時、

その異変の原因が、

筆者の精神心理の問題では無く、

飲食物(外食や特定コンビニの弁当)であり、

その時の症状は、以前の医者が推定した胃の不調では無く、

すい臓障害だった事」が「判明」したのだ。

「それ以来、飲食物工作があるのでは?」という「推定の下」で、

「巷の飲食物を確かめると・・・」。

「出るわ、出るわ・・・!」

「もちろん、例えば、ペットボトルの水なら、メーカーにクレームした」が、

「メーカーの消費者センターはとぼける」。

「つまり、確信犯で、飲食物工作が在る事を分かっていて誤魔化そうとした」のだ。

「そんなメーカーでも、昨今では、例えば、ペットボトルの形状等を工夫する事によって、工作品の混入を防いでいる様相」だ。

「その後、電磁波工作の悪の実効が高まるにつれ、飲食物工作は下火になりつつあり、電磁波工作が旺盛になっている」』。

『「飲食物で、何か変・・・が在った」ので、「空気やその他の要素まで疑っていた筆者」にとって、

「電磁波工作の実在を知る事は、容易い事」だった。

「巷に売っている電磁波検出器等では、反応しない縦波電磁波等」でも、

「電界メーターなら、キャッチし易い」。

「電界が変化するなら、アルミ等のマイナスイオン発生金属でも、検知出来る筈」だ。

「実際に、試して見ると、電磁波工作の実在は、アリアリと判明した」。

「・・・で、もちろん、こちらも、警察等に相談した」が、

「飲食物工作の時の様に、とぼける」。

「即ち、飲食物工作時のメーカーの如く、警察は、既に、電磁波工作をつかんでいる」のだ』。

『「対策が遅い元凶は、法整備&外交問題を嫌っているから等々」だろう。

「しかし、どんな国の政権でも、自国民の安全を疎かに、もしくは、反日他国人脈より劣遇して、成立し続ける訳は無い」。

「電磁波工作等を蔓延らせ続ける事は、時の政権の命取りに直結している」のだ』。

|

韓国に何しに行った?舛添都知事・・・。

『「東京都知事が韓国大統領に水を向けたら、韓国大統領は歴史認識を全面に押し出して、応じた」。

「もちろん、韓国の言う歴史認識」とは、

「事実・現実に基づいた歴史認識では無く、

韓国側が身勝手に戦後韓国にとって都合が良くなる様に捏造した歴史認識」に

「他ならない」。

「それを認めろ!と迫る事は、戦後韓国権力者の言い分に基づいて日本国なり、東京都なりを運営せよ!と言っている事と同じ」で、

「歴史上の現実では、日韓併合により日本に救ってもらった韓国だった」のに、

「日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に日本人の財産・立場等を盗んで国を立ち上げてしまったのが戦後の韓国(北朝鮮も含む)」だ。

「敗戦火事場泥棒を正当化する為に全世界を欺く為の詐欺」が、「植民地支配詐欺」である。

「従軍慰安婦問題にしても、朝鮮半島内で朝鮮人の女性を売り買いしたのは、朝鮮人で、旧日本軍は慰安婦募集は行ったが、慰安婦手配は行っていない」。

「当時は売春も合法だったが、意に沿わぬ元慰安婦が補償を欲し求めるなら、その先」は、

「売り渡した親・兄弟・親戚等や、親・兄弟・親戚等から買った朝鮮人慰安婦手配人たちである事」は、

「当たり前の頭脳を持っている人間なら何処の国の誰でも分かる」。

「つまり、朝鮮人元慰安婦に対する補償は、第一に、朝鮮人自身が行うべき」なのである。

「ところが、戦後韓国自体が、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を立ち上げてしまった」ので、

「全ての事で、朝鮮人を免責とする判断を掲げ続けざるを得ない様な状態になってしまった」。

「人類史上あり得ない程の酷い状態」だ。

「しかし、戦後の韓国とは、そういう国」なのである』。

『「その韓国にわざわざ出向いた舛添都知事」だが、

「元々は、外国人参政権賛成派とも言われていた」。

「つまり、相応に、親韓(北朝鮮も含む)親在日(主として韓国人)思想の持主か、人脈的にそちら系」とも推定される。

「しかし、都知事選では、自民党と政策協定まで結んでいる」。

「つまり、外国人参政権等は、勝手に成立させられない状態だと強く推定される」が、

「韓国・在日韓国人等への配慮」は、「手放せない」のだろう』。

『「ここで、問題となる」のは、

「舛添都知事の中で、一般日本国民と韓国系の人々のどちらが優先されているのか?」だ。

「東京都内でも、電磁波工作や飲食物工作等による日本乗っ取り支配工作が行われつづけている事」は、

「筆者たちも確認済み」だ。

「東京都内のそれら一般都民もターゲットとなっている悪の工作活動への対策を熱心に行わず、

韓国人の行き来等の利便を図る様な事を行う事の実効」は、

「韓国(北朝鮮も含む)系人脈による日本乗っ取り支配工作の手助けになる」のだ』。

『「少なくとも、日本国民なら、韓国に対して、事実・現実に基づいた歴史認識を求めるべき」だ。

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党による捏造史等に基づいて、日本社会を動かそうとする」のは、

「実質的に、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の手先」である。

「そんな反日他国の工作員の様な者たち」には、

「日本社会上では、過分な立場や報酬や評価等を与える必要は全く無い」のだ。

「過分な立場や報酬や評価等を与える者たち」の「実質」は、

「日本乗っ取り支配工作を容認している者たち」である』。

『「反日他国工作員や売国奴等が蔓延る日本に健常な発展はあり得無い」。

「多くの日本国民は、この問題をもっと、もっと深刻に考えるべき」だ』。

|

日本国民の発ガン率が高い元凶「中国製等の劣悪な食品」&「日本国内で行われている電磁波工作・飲食物工作等々」・・・。

『「反日の民にとっては、日本国民に被害を与える事が、正当」になる。

「しかし、日本国民に被害を与えても、反日の民自身は、罰せられたくない」。

「そこで、日本国内では、日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法を用いた日本国民に被害を与える工作が旺盛」なのだ。

「それと共に、反日国等日本の法等が及ばない日本国外」では、

「日本向けの者・物・事を悪用した日本国民に被害を与える実質的工作活動等が盛ん」だ』。

『「今回表に出た、中国産食品の余りに酷い状態」や「中国共産党人脈の者も多いベトナム産食品の明らかに意図的な日本への嫌がらせ」等々は、

「氷山の一角に過ぎ無い」。

「問題なのは、そんな飲食物等を知らず知らずの内に飲食等している多くの一般日本国民の発ガン率等の高さ」だ。

「今の日本の現行法では、

発ガンと飲食等した物との因果関係が立証出来なければ、

酷い食品等を飲食したが故の発ガンであっても、

その飲食物の作り手や供給先等には、お咎め無し」になる。

「電磁波工作等の場合も同様」だ』。

『「オマケに、現状の日本には、スパイ工作活動等防止法や電磁波工作や飲食物工作に対して実効のある摘発体制も無い」。

「結果として、反日人脈の者たちは、日本国内で、それらの手段を大いに使って、悪劣な工作活動等を旺盛に行い続けられている」のだ』。

『「飲食物工作は、分析器の性能が上がった」ので「日本国内での直接工作等では、昨今はやや下火」だが、

「輸入食品では、現在でも、ニュースの通り」である。

「そんな食品を知らず知らずの内に食べていた人々の発ガン率等」は、

「当然の如く高い」だろう』。

『「電磁波工作で十二分に注意すべき」は「科学技術の進歩と共に、電磁波工作の実態もより悪劣になっている事」だ。

「以前は、発ガンや、偶発的な心不全等を狙えるレベルの悪の性能だった電磁波工作」だが、

「現状では、既に、神経細胞の破壊まで可能となっている」のだ。

「その結果として、急にアルツハイマー等の状態に追いやられたり、神経不全故の内臓不全等の状態に追いやられる事もある」。

「もはや、確実に傷害や殺人を狙っている状態にほとんど成っている」のが、

「昨今の電磁波工作」だ。

「電磁波工作と言うと、何か、特別な工作兵器等を使っている事を想像しがち」だが、

「電磁波工作兵器の見かけ上の実態」は、

「普通の家電製品」だったり、

「普通の車」等々なのだ。

「要は、偏向性や直進性のある音波の如く、縦波の電磁波を出せる電子機器」なら、

「その全てが電磁波工作兵器と出来る」ので、

「家電製品や車や防犯カメラ等に、縦波の電磁波を起こさせ、その出口をターゲットに向かい集中させれば良いダケ」になる。

「縦波の電磁波というところからも明らかな様に、スピーカーやマイクやヘッドフォン等音響機器との相性が良い様」で、

「電化製品では、スピーカーやマイクやヘッドフォン等から、車の場合は、警告フォンやバックソナー等から、直進性のある縦波の電磁波が発せられているケースが多い様」だ。

「それと共に、真っ直ぐに近い状態の電線等からも、縦波の電磁波は放射される」ので、

「ライトやLEDや電線の角等も悪用出来る」のだ。

「その電気機器等の回路内に、縦波電磁波発生素子等を仕込み、発生方向を工作員から外側に向けている場合が多い」。

「電磁波の強さは、電力相応」なので、

「一般的に、携帯モノ<自動車<家電<施設電・・・という具合である」。

「また、誘導電磁波として、ターゲットの携帯位置情報等を悪用すれば、誘導電磁波が導く所に、誘導電磁波に乗せて、集中的に縦波電磁波を集中させる事も可能」だ。

「電子技術の進歩を悪用している悪ども」を「野放しにし続けていて良い訳など無い」のだ』。

『「反日つまり、韓国(北朝鮮も含む)は、もちろん、ベトナムやフィリピン等、中国共産党の支配工作が旺盛な所の者・物・事は十二分に用心せざるを得ない」のが、

「戦後日本社会の偽らざる実状」である』。

『「もちろん、戦後日本は、平和時の発展に尽力し続けて来ているのだから、戦後の反日に正当性は無い」。

「反日側は、不当補償を日本から貪り取ろうとし続けているばかりでは無く、飲食物工作や電磁波工作や情報・教育工作や政界工作等々によって日本を乗っ取り支配する等々の、不当利権を貪ろうとしている」のだ。

「反日人脈は、永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる」のである』。

|

危険(3Kネーミング)ドラッグが気に入らない三国人の流れかも知れない方々・・・。

『「戦後日本の一大問題」は「大量の三国人否帰国者たちである事」は「疑いの余地が無い」。

「それは、もし、日韓併合以降日本に自主的に渡来していながら、朝鮮半島が日本に植民地支配されたという認識を持っている人々が、戦後や朝鮮戦争停戦時直ぐに、朝鮮に帰国していたなら、

竹島の不当占拠が未だに続いている事も無く、

朝鮮内での反日も朝鮮内ダケ、或いは、朝鮮と中国共産党支配下内ダケの、遠吠えに過ぎず、

日本社会に実影響を与えない等」と

「容易に推定されるから」だ。

「日本国内の反日人脈の活動抜きなら、反日工作が日本にもたらしているデメリットは、かなり削減される」のである』。

『「終戦後、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為を行ったばかりでは無く、戦勝国の民と嘯いた朝鮮人たち」は、

「米国占領軍司令官マッカーサーにまで呆れられ、

あなた方は、先勝国の民では無い。

もし、あなた方たちが、戦敗国の民でも無いというのなら、あなた方は三国人とでも言うべきだろう」と

「言われた」のが、

「三国人という言葉のベース」だ。

「ダダをこねる子どもは余計に飴を貰える文化」の「三国人たち」が、

「三国人をタダ受け入れる訳も無く」、

「戦後日本社会では、三国人を略した三K記号等を使って、三国人たちは、連携メリットを作り出して来ている」のだ。

「例えば、商売を行う時に、三K記号の店舗名や企業名等を使い、お仲間にも来てもらうと共に、お仲間が何も知らない一般日本国民と共に、店や企業を使う時等に、

一般日本系の店舗や企業等より三K店舗や企業等を使うように促す事」等の「手段」による、

「実質的、集団的工作行為によって、戦後の日本社会で、より有利な商売やより有利な企業経営等を行って来ている」のだ。

「それらの{指令}」は、

「三国人連絡組織である新興宗教団体や民族団体等で、三国人にダケ与えられて来た」。

「何も知らない」のは「平和ボケ&搾取・支配の対象とされている一般日本国民という訳」だ』。

『「そんな連中からすれば、三Kネームが否定的な要素で使われる事は、好ましく思えない」。

「其処で、

准麻薬(韓国では、所謂脱法ドラッグをその様に言う)や、

廃人ドラッグ(HIJN・・・アルファベット順では、8,9,10,14番目&連中が大好きなМ・・・13番目やK・・・11番目等は入っていない・・・で、如何にも、日本人を廃人化する為のドラッグとも取れる)が、

連中のご推奨と言う訳」だ』。

『「危険ドラッグ」は「それなりに良いネーミングだと思う」。

「何しろ、分かり易い」。

「合法であろうと、違法であろうと、危険は危険」だ』。

『「もっとも、戦後日本社会の危険の第一番」は、

「反日三国人等、反日人脈の者たちを、日本国内で蔓延らせ過ぎている事」だ』。

『「実際に、日本国内で、電磁波工作や飲食物工作等の実質的犯罪行為、しかし、日本の現行の法&摘発体制では、摘発困難な物事」を

「現場で行っている者たち」の「実像」からも、「それは明らか」だ。

「例えば、日帰り温泉施設でも、韓国(北朝鮮も含む)系の者が、

電磁波工作機(見かけ上は、普通の電化製品等)の電磁波の当て先を調整していたり、

車でも、電磁波工作車のナンバーやカラー等の多くは、如何にも、その筋の者たち・・・といった具合」なのだ。

「連中の思いの上」では、

「一般日本国民の多くは、電磁波工作等に気づけない」

&「電磁波工作等が出来る三K人脈の者たちは、一般日本国民より上の人類だ!・・・まるで、中国を支配下に置いている中国共産党の様なロジックだが・・・」等々なのだろうが、

「既に、少なく無い数の一般日本国民が電磁波工作に気づき、その内容や手口の実態把握も着実に進んでいる」。

「電磁波工作を行っている者たちが行き着く先は、永遠の恥辱に染まる道の上」に他ならない。

「昨今の改造により、照射電磁波の実効も、発ガン等気長なレベルでは無くなり、

神経細胞等を電子的に破壊する事による、短期間でのアルツハイマー等化や内臓障害等々の悪劣な状態となっている」。

「それは、それだけ連中が追い込まれている事の裏返しでもある」。

「しかし、更なる、一般日本国民の被害を防ぐ為にも、早急に実効のある対策が必需」だ』。

|

中国共産党支配下の中国を盲信したファミマ等の堕落ぶり・・・。

『「日本企業でも、中国共産党支配下の中国とお付き合いのある企業は数多い」。

「しかし、対人不信の原則、ましてや中国共産党支配下の中国企業等のお付き合いなら、相応の対策を採っている所がほとんど」だ。

「中国共産党のお友達等や酷い平和ボケ経営者が支配している企業以外」なら、

「旧共産圏の体質を引き摺ってい居る、反日国の企業に対して、相応の危機管理をするモノ」である』。

『「つまり、平和ボケか、確信犯の中国共産党の手先の企業(つまり、利益の一部が、例えば、経営者報酬等を通じて、中国共産党の要人に渡っていたり・・・する)なら、

野坊主な危機管理も当然だが・・・」』。

|

韓国社会を知っていユ容疑者が死んだと思う人は稀でしょ・・・。

『「ユ容疑者の遺体発見???」「あのユ容疑者が自殺???」「もちろんあり得ません」。

「可能性が一番高いのは、既に、警察関係者に自分の身代わりとして使える遺体が上がったら、それを悪用して自分を死んだ事にして処理しろ!」と

「ユ容疑者が金で仕込だ事」だ。

「韓国社会とは、そういう社会」なのである』。

『「既に、自分の指紋もDNAも韓国警察にコレを使え!と渡してあるユ容疑者」は、

「高見の見物で、今回のユ容疑者死亡報道等を見聞きしている」に違い無い』。

『「日本国民にとって、他人事では無い」のは、

「報道では言われていないユ容疑者が教祖となっている宗教団体の実態」で、

「当然の如く、日本国内でも巣食っている」からだ。

「ユ容疑者は、存命で、日本に居る可能性だってある」のだ』。

『「宗教団体と表したが、実態は、人脈と表した方が適切」だろう。

「韓国の高校生を大量に虐殺する人脈・・・」と言えば、

「誰でも、直ぐに、思い浮かぶ」だろう。

「新興宗教団体等は、その人脈の隠れ蓑に過ぎない」のだ』。

『「日本では、拉致問題の解決に期待が寄せられている」が、

「北朝鮮による拉致が実現する為には?」を「考えれば、誰でも分かる通り、日本国内にも、北朝鮮の新派の者たちが少なからず居る」のが、

「現状日本社会のお寒い現実」なのだ』。

『「韓国を貶めたい北朝鮮の者たち」が、

「若手韓国人の大量虐殺を行い、

その後、その首謀者たちが、

韓国権力者等を懐柔して、事件を事故としようとしている・・・臭い」が「満載」なのが、

「セオル号沈没事件」である。

「そして、同様の事態が多発してるが故に、セオル号の事件も徹底解明出来ない」のが、

「韓国社会の実態」なのだ』。

『「日韓併合により、日本に救ってもらった現実を否定した」が「故」に、

「目の前の現実より現実逃避の為の金銭等」というのが、

「戦後韓国社会の本質」なのである』。

『「金が有れば何でも通る韓国」。

「金が無ければ、奴隷以下の生活を強いられても、文句も通らない韓国」。

「・・・それが、日韓併合により日本に救われた事を否定した戦後韓国の実態」なのである』。

|

岡山女児無事保護の当たり前・・・。

『「今時、●暴関係者や他国工作員人脈までが保持している縦波電磁波による建物内覗き技術」が「警察に無い訳も無い」。

「女児に大きな被害がある前に、既に、警察方は、犯人&女児の状態を確認済みだった」のだろう。

「周囲を警察に囲まれた状態で、腹をくくった犯人が、女児に白いパジャマを着せ、犯人が正に、{儀式(殺人・強姦等)}に及ぶ直前、警察は摘発した」のだと「強く推定」される。

「女児は無事だった」のだ』。

『「ここで、問題となるのは、警察側も既に、分かっている電磁波使用の覗きや傷害等の実質的犯罪行為に対して、何故、警察が沈黙を保っているのか?」だ。

「一つの理由は、現行法」で、

「立証主義&法規定無き犯罪は微罪処理」という「法律の盲点」だ。

「実質的にかなりの悪行を行っていても、まるで、北朝鮮による拉致犯罪への対応の如く微罪処理・・・では、それが明らかになれば、今時の多くの一般日本国民は納得しない」。

「更に、電磁波等悪用実質的犯罪行為にかかわっているのが、宗教団体がらみ、外国系人脈がらみ・・・」だから、

「事を表沙汰にすれば、相応に、日本社会に大問題を突きつける事になる」。

「政権や地方首長等々でさえ、マスゴミに操られて選択して成立させてしまう・・・様な日本社会の実状を考えれば、

とてもでは無いけれど、その手の実質的犯罪行為に対してオープンに積極的に取り組める状態では無い」のだ。

「その裏返しとして、今回の事件解決法の本当の実態も表には出せない」』。

『「女児の無事」は「本当に良かった」。

「警察の能力も素直に賞賛したい」』。

『「しかし、その反面、電磁波等に対する実質的犯罪行為のオープンで十分な摘発が出来ていない現状」には、

「警察に留まらず、政権等にも、大いに苦言を呈したい」』。

『「警察等がオープンに出来ない理由」として、

「過去に、●暴関係者と関係の深い、警察関係者や自衛隊関係者等が、●暴力関係者にそのスジの技術情報を提供してしまった・・・」等の「事実がある」なら、

「大いに非難したい」』。

『「また、日本国内で、{実験}と称して、数々の非人道的{実験}を行い続けている表向きは宗教団体等の仕業」を、

「警察内にいる同じ宗教団体の者たちが隠蔽圧力をかけている」のなら、

「その様な事態も大いに非難したい」』。

|

せっかく「旧ソ連人脈のせいにでもすれば・・・」という解決法があるのに・・・。

『「民間機であるマレーシア航空機の撃墜」は「どんな言い訳をしても正当化出来ない」。

「ロシア製のミサイルによる撃墜である事」や、

「撃墜に使用されたミサイルが親旧ソ連派の支配地域から発射された事」は「疑いの余地が無い」。

「ロシア側が親旧ソ連派に撃墜可能なミサイルシステムの一部を提供した事」も「ほぼ確実」だ』。

『「もはや、ロシアが全面支援」となれば「ロシアは全世界を敵に回す事になる」。

「何しろ、民間機であるオランダ・マレーシア共同運航航空機に乗っていた」のは、

「オランダのエイズ関連の研究者たちも含む、非防備な民間市民だったから」である』。

『「ロシアが、全世界の非難を避ける道」は、

「・・・マレーシア航空機撃墜{事故}は、

旧ソ連系の人脈が、

ウクライナ内の親旧ソ連系の者たちに、悪戯に高性能ミサイルシステムの一部のみを提供してしまったが故の不幸な事故」とする事で、

「ロシア内の旧ソ連人脈に対する相応の罰」と、

「ウクライナ内の親旧ソ連人脈に対する援助の徹底打ち切り」を、

「実現する」なら、

「ウクライナ内は、親旧ソ連派の壊滅、もしくは、投降によって、平時に戻る」から、

「ロシアも正義ぶれる・・・」のだ』。

『「後は、プーチン大統領の決断次第」である』。

|

イスラエルVSパレスチナ問題でハマスのトンネル潰しを言って「イスラエル側の出口を潰さない」のは、何故?・・・。

『「マスゴミは言わない理由が良く判らない」が「マスゴミがおバカなら当然かも」・・・』。

|

ウクライナ上空、民間機ミサイル撃墜の非道・・・。

『「ロシアでは無く、旧ソ連ならやりそう・・・」だが・・・。「親ロシア派では無く、親旧ソ連派なら、やりそう・・・」だが・・・』。

|

DNAより法を優先した最高裁の当たり前・・・。

『「婚姻関係継続中の不倫で子どもが出来た場合」を「考える」なら、「多くの人が最高裁判決にも納得出来る筈」だ。

「生物学的親子だからと言って、{不貞メリットでもある妻の子}の親を無条件に不倫相手と認定した」のでは、

「現行法では基本的に否定している悪徳を認めてしまう事になるから」だ。

「この手の問題の最高裁判決」は「個別対応では無く全体対応となる」から、

「どんな場合でも、現行法が破綻しない様にする事」こそが、

「最高裁の役割になる」のだ』。

『「そもそも、生物学的親子」と言っても、「それは絶対的なモノでは無い」。

「元々、生物学的には、人類の世代交代は個の保存では無く種の保存」である。

「母体となる母親側の遺伝子に選択された父親側の遺伝子が適当に組み合わされ、適当に選別された結果が、子」で、

「言うまでも無く、全くの別人格の人が誕生している」のだ。

「親子は似ている」というが、「全くの他人でも似ている人は実際にいる」。

「逆に、同じ親から産まれた兄弟姉妹でも、あまり似ていない場合も少なく無い」。

「何れも、組み合わせ&選択の結果だから、当然の結果」なのだ。

「DNAを調べて分かる事」は「組み合わせの元に過ぎ無い」。

「実際の親子関係で重要なのは、血統では無く、実際の関わり」だ。

「血統だけに偏注」して、

「子どもが出来たから自己保存出来た・・・等」と「思い込みたがる」のは、

「自分や人間の実体が良く分かっていないが故に本当の自信も持てない人々」で、

「事実・現実と共に在る状態がもたらす本当の自信の代わりを求めて、

子どもに自分を投影・転嫁している状態」なのだ。

「それは、数々の代々話の元でもある」』。

『「親子の関わりが如何に重要か?」は、

「例えば、カルト宗教団体の信者の親を持つ子の場合」でも「考えてみれば良い」。

「親が信じているカルト宗教を同じ血統だから・・・と、子にも信じさせる場合」と、

「同じ血統でも、別人格である子を認め、カルト宗教信者の外に行く事も容認する場合」の、

「どちらが子の人生を幸福に誘うのか?」

「血統で人生が決められてしまう人間社会」と

「それぞれの人々の実体・実態に応じた人生が得られる人間社会」の

「どちらが健常な人間社会なのか?」

「DNA(血統)偏重人間社会」とは、

「まるで、儒教の如く、産まれという、過去に多くの人々を縛り付ける人間社会に他ならず」、

「DNAより現行法という人間社会」は、

「産まれという過去より、現行法という今を優先させる人間社会に他ならない」のだ』。

『そして、「現行法をより現実との整合性が高い法に改善して行く事」が「進化」である。

「生物学的には、人類の世代交代が種の保存であり個の保存では無い事が既に明らか」なのだから、

「基本的に、親の違いによる余りある環境格差等には、根本的な正当性が無い」のだ。

「根本的に正当性が無い事を温存しているとオカシナ事が生じる」のは、

「ルーピー鳩や劣環境が生み出す犯罪者等の例を見れば明らか」だろう。

「多くの人々が、人類の世代交代の実体も???のまま、DNA(血統)偏重主義に陥っていたりする」と、

「それらのオカシナ事態の是正を誘う法の進化も出来辛くなる」』。

『「今回の問題をきっかけ」に

「多くの人々が、全体的な事実・現実をよく把握した上で、

よ~く考える事」は

「人類文化の進化にとって有益」だが、

「悪戯なDNA(血統)主義に陥る人々の数を増やす」なら、

「人類文化の進化の邪魔になる」。

「テレビ・マスコミ等は、その辺りの重大な影響まで十二分に考えた上で、情報の一方的大量配信等を行うべき」だ』。

|

一人当たり¥2.000-にもならないベネッセの補償準備金をまとめて200億準備と大宣伝する宣伝マン、もしくは、ベネッセの犬たち・・・。

『「情報流失1千万件超え」なので「被害者実数も一千万人超え」だ。「例え、200億円の補償金を準備したところで、一人当たり、たったの二千円にも満たない」。

「それで、企業イメージの回復を図ろう・・・」とは、

「随分と図々しい話しの様相」だが、

「それでも、ベネッセの犬たちは、一人当たりの金額を敢えて隠蔽した情報を大量配信している」。

「健全なマスコミなら、一人当たりの金額を全面的に出すのが当たり前」だ』。

『「ここで、考えて欲しい」。

「信じた企業が自分の個人情報を流失させて、たった二千円にも満たない補償で納得出来るか?」

「よく考えて欲しい。個人情報の流失が元の二次・三次…被害だってあり得る」のだ。

「その中には、極々稀には、誘拐等の事件の場合もある可能性も排除出来ない」。

「そんな個人情報を企業利益の為(?・・・一応付けておく・・・)に、低賃金労働者を使って扱わせていた」のだから、

「米国等なら、懲罰的意味も含めて、膨大な補償金を用意せざるを得ない」だろう』。

『「一人当たりたった二千円にも満たない補償金額を準備という所」に「ベネッセの本質が見え隠れしている」のだ。

「因みに、その金額が前年度ベースの経常利益とほぼ同じ・・・」という辺りには、

「そのくらいまでなら、企業ダメージは納得レベル・・・」という「経営者判断が働いているから」だろう。

「一人当たりたった2千円にも満たない補償準備金を200億とマスゴミに宣伝させるのが、現経営者のやり口なのかも知れない」。

「今回の場合、実体は不明だが、その様な手口や利益優先経営等々を、やり手と称賛して、人間社会が健常になる等と思い込める」なら、

「本当にオメデタイ」』。

|

派遣に重要データアクセス権限では・・・。

『「経済原則による安全担保を全く無視した一例」だ。「名簿データを売って数百万を得る犯罪」は「数百万のゆとりがある者は行わない確率が非常に高い」のだし「逆に、そのレベルのお金が直ぐにでも欲しい者なら、バレ無い等と思えば、行ってしまう確率が相応に上がる」のだ。

「こんな事態を抑制する為にも、自社共々、社会的格差是正の必要性等を言ったのなら、ベネッセも未だマシ・・・」だが、

「利権維持&保身の様相が充満・・・」では・・・』。

|

余りに愚かな歴史認識&反日で日本に捨てられた韓国&日本国内で捨てられる事になる反日国の手先たち・・・。

『「当然の結果は、当然の如く訪れる」。「まるで、日韓併合前の様な超二極化状態を首都ソウル内でさえも築いてしまっている韓国」は、「韓国権力者自体の不出来を反日で誤魔化そうとし続けて来た」が、

「既に、破綻状態」だ。

「ソウル市内のサムソン金満地区と極貧国並みのスラム街」は、

「まるで、朝鮮王朝時代の支配者と被支配民の状態そのままの様」で、

「日韓併合で日本に救われ、近代化出来た歴史を否定した愚か者たちの選択が招いている事」とは、

「日韓併合前の如く、他国に救ってもらわなければ存続出来なくなる国の状態」に「他ならない」のだ。

「その上、戦後は、日本の立場・財産等を敗戦泥棒的に盗み取る事で国を始めてしまい、敗戦泥棒正当化の為に、反日教育&反日政策等々だった」のだから、

「来るべき破綻の日に日本に救いを求める事も、日本が救いの手を差し伸べる事も、自ら遠ざけてしまっている」のだ。

「頼れそう・・・」なのは、「反日のお仲間中国共産党」とは、

「泥船に縋る泥船難民状態」で、

「中国共産党の崩壊カウントダウンは既に始まっている様相」だから、

「中国共産党と韓国は仲良く沈みその姿形が地球上から消える事になる」のだろう。

「ここで、気づくべき事は、中国共産党無き後でも中国は、例えば、いくつかの国々に分かれて存続可能」だが、

「韓国は、もはや、存続さえ危うくなる事」だ。

「日韓併合前から大切に抱きしめ続けている様相の潜在的自滅願望がいよいよ実現する可能性大」なのである』。

『「日韓併合時や朝鮮戦争時等に大量に日本に渡来し、日本に住み着いている朝鮮系の者たちに救いを求めても無駄」だ。

「余りにも、愚かな韓国自体の反日行動により、もはや、日本国内から韓国支援になる物事を言い出したり、実現しようとする事は、日本にとって売国・売国民的行動になってしまう」。

「売国・売国民行動に本気で打ち込んでいる者たち」が「何時までも、日本社会で、受け入れ続けられる訳など無い」。

「今後も、韓国側の歴史認識が現実的なものとなり、反日政策・工作等を止めると共に、過去の非礼に対して、謝罪・補償するまで、

より多くの日本国民が、韓国や中国共産党支配下の中国等、反日の国々を否定する様になる流れは止まらない」だろう。

「日本国内で愚かな活動や工作活動等を行い続けるなら、日本国内の反日国の手先たちの行きつく先は、何れは、監獄や強制送還になる」』。

『「捏造史を元にした歴史認識を金科玉条の如く扱っている国」は、

「今時、反日国くらい・・・」だ。

「孤立しているのは、反日国の方である事」は「もはや、世界中の多くの国も人々も知っている」。

「それなのに、反日国の権力者たちは、反日政策も反日教育も反日工作も止められない・・・」のは、

「反日こそが、反日国権力者の権力にお墨付きを与える源泉だから」だ。

「敗戦泥棒を正当化する為に、敗戦国を悪者にして来た韓国(北朝鮮)」。

「中国人同士の殺し合いの歴史を誤魔化す為に、敗戦国である日本を悪者に仕立てて来た中国共産党」。

「何れも、情報が、開いている状態から閉じる状態に移行するのが進化だったなら、未来永劫の正当性を得られる賢い策だっただろう」が、

「現実の進化は、情報は閉じた状態から開く方向」だ。

「つまり、現実の進化の法則を無視した愚かな策を採った」のが、

「戦後韓国(北朝鮮も含む)の権力者たちや中国共産党」で、

「滅ぶ必然性のある道を選択した者たちの行く末は、もはや、言うまでも無い」だろう。

「そんな権力者たちを容認し続けるなら、その国の民の多くの滅び行くのが必然・・・となってしまう」。

「今の権力者たちでは出来ない是正を行える権力者に国の運営を委ねるのが得策である事」は、

「韓国(北朝鮮も含む)国民も、中国共産党支配下の中国国民も、・・・重々承知」だろう。

「韓国人や中国人の多くが、自主的に事実・現実ベース側に動く、動きこそが、本当の近代化~民主化になる」のだ』。

『「日韓併合により、日本により近代化した韓国は、戦後、敗戦火事場泥棒を正当化する為に、日本を否定する事により、他力的近代化による近代的な文化も否定してしまった」。

「文化の近代化無き経済戦争参加が生んでいるのが、超格差社会」だ。

「中国共産党は、改革開放政策を採り、一国二制度状態にする事で、経済と自己正当化の両方を得ようとした」が、

「中国人同士の殺し合いも、国家・国民の上に中国共産党という異常体制も、・・・正当化し続ける事は出来得ない」。

「中国人同士の殺し合い後直ぐに、民主的な選挙でも行い、政権の正当性を担保していた」のなら、

「未だ救いはある」のだが、

「旧ソ連と同様の{優秀な共産党員が、一般の民を指導する体制}にしてしまった」。

「共産党支配下で、有益分子の育成と不適応分子の粛清という、苦役を味わい続けさせられた多くの中国国民」が、

「民主的選挙を行えば、再び中国共産党に政権を預ける訳も無い」だろう。

「韓国同様、ある程度の経済力を得ると共に、超二極化社会となった中国」だから、

「政権交代が起きれば、韓国同様、前の政権の者たちは、次々とその汚職ぶり等が暴かれ、投獄等になる」だろう。

「中国共産党の保身の為の軍拡の矛先は、技術的に敵わない日本でも米国でも無く、中国国民」なのだ。

「もっとも、日本だけなら、武力による侵略も可能とも考えている様で、

日本国内では、工作活動により米国を遠ざける事で、専守防衛日本だけ・・・にしようとしている」が・・・。

「中国共産党は、かつて、国民党軍が台湾に逃げ延びた様」に、

「逃げ延びる先の島等が欲しい」のだろう。

「日本が無理となれば、その先は、朝鮮半島になる」。

「そして、近未来の朝鮮半島では、

韓国(北朝鮮も含む)は地球上の地図から消え、

中国共産党逃げ延びの後の国が出来る事になる」のかも・・・』。

『「韓国人は、よく考えるべき」だ。

「日韓併合で日本に救ってもらった現実を認め、敗戦火事場泥棒等々を詫び、日本と友好関係を築くのが良いのか?」

「中国共産党と共同歩調を取り、近未来には、中国共産党の逃げ延び先の国民になるのが良いのか?」』

|

DNA診断で肝心要の事を言わない韓流テレビのおバカぶり・・・。

『「携帯ゲームメーカー等多くの業種が参入しているDNA診断」だが「韓流テレビ等では、現状のDNAのレベルを把握する為の重要情報を言わない」。

「DNA診断のレベルを把握する為の素人でも解る重要事項」は、

「ヒトゲノム・・・つまり、一人の人の全DNAの数(約30億)」と、

「現状で、多くのDNA診断で診断基準として確かめているDNAの数(多いところでも、せいぜい1万レベル)」だ。

「30億分の1万」を「計算してみれば良い」。

「どれ程、少量のDNAを偏重して、診断を下しているのか?」が「良く判る筈」だ』。

『「計算すれば、誰でも分かるが、

1万という多めの数のDNAに傾注する診断でも、

全体の0.0003%しか見ていない」のだ。

「だから、当然、出てくる検査結果も、統計的に(つまり、今まで統計を取った中では・・・)●●%の確率で・・・等となる」のである。

「つまり、現状の巷で出始めている安価DNA診断」とは「ゲームや占いのレベル」なのだ。

(ゲーム会社等が自分の土俵だから・・・か?積極的に参入したのも、ある意味当然・・・だろう)』。

『「ゲームや占いを絶対視する事のバカらしさや異常性は、多くの方々が十分に分かっている筈」だ。

「ちゃんと30億分の1万等の実数の例を挙げる」なら、

「そのレベルの事でしか無い現状のDNA診断に対する接し方」も

「多くの人々が間違う訳も無い」のだ』。

『「それなのに、その様な実体把握に有用な肝要情報は実質的に隠蔽・・・」で、

「悪戯に不安を煽っている(DNA診断で言うなら、それを絶対視したら・・・、とか、DNA診断で就職や出世等に障害が与えられたら・・・、等々)」のが、

「悪質な情報提供番組の実態」である』。

『「中・韓がアブナイ原発を使い続ける中、極東地域日本のみ・・・前記の部分は意図的に省かれている・・・脱原発」という

「中・韓を利する売国的政策を実現させる為」に、

「日本国内で、悪戯な原発不安を煽っている」のと「同様」だ。

「日本の原発ゼロは無理でも、

出来るだけ長い間日本の原発を止めたままにする事で、

中・韓を有利にしたい様相でもある」。

「つまり、悪質情報提供の動機」が「売国・売国民である可能性が高い」のだ』。

『「そんなモノが発している情報を正しいと思い込まされ、信じてしまっている一般日本国民の数は、当然の如く、減少し続けている」。

「中韓がアブナイ原発を使用し続けている中、極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発等、売国・売国民政策に賛同している」のは、

「余程のおバカか、確信犯のそのスジの者たち・・・くらい」だろう。

「つまり、日本国内に巣食っている利他国人脈の実質的工作員等の姿も、ほとんど露呈している」のだ。

「実質的国賊に対して賛同・容認等・・・」では、

「国家・国民の乗っ取り支配を進んで受け入れていたり、容認している事と同じ」だ。

「つまり、国賊の手先みたいになってしまっている事になる」のだ。

「国賊や国賊の手先たちが、未来永劫罰せられない」と「思い込める」なら、

「本当に、オメデタイ・・・つまり、鳩の様な、クルクルパー」である。

「国賊や国賊の手先たちを放置している事は、日本国内を乱世に導く特急券」になる』。

『「例えば、現状では、国賊側が率先して行っている、現行法で摘発されない、或いは、摘発困難な電磁波工作や飲食物工作等々」は、

「国賊側だけが出来る事では無い」。

「戦後のネット普及前の実質的情報統制時代」には

「可能になってしまっていた国賊側を利する情報・教育の雨嵐状態」が

「ネット普及により崩れた」様に、

「今のままの酷い状態が続く」なら、

「日本国内が、工作戦争状態になる事だってあり得る」のだ。

「そんな事態にならない内」に、

「平和的に、他国を利したい者たちは、利したいその国に行けば(帰れば)良い」。

「脱原発で、日本の為を言うなら、是非とも、先ず、風上にある中国や韓国のアブナイ原発を止めて来て頂きたい」。

「日本の原発だけ止めさせて、経済的に中・韓を利したい国賊ども」は、

「利したい国々にでも追放される(帰される)べき」だ』。

|

女性器をわいせつと言う、わいせつなモノから産まれた方々・・・。

『「人類は、いい加減にわいせつ問題から解放されるべき」だ。「わいせつの実体」とは「自らの中で沸き起こる性欲動に対する羞恥心や隠蔽欲や嫌悪感等々」で、

「性欲動無縁」なら「誰もわいせつとは言わない」。

「問題なのは、性器そのものや裸の姿やセックス等をしている姿等々では無く、見聞きする方の心・精神」なのだ』。

『「あらぬ所やあらぬ時」に「悪戯に性欲動を喚起させられてしまった」ら「迷惑」だろう。

しかし、

「性欲動を喚起させているのは、その人自身」なので、

「この迷惑問題の迷惑度は、セルフコントロール力の裏返しでもある」のだ。

「つまり、わいせつ問題を解決する事と、セルフコントロール力の向上は、裏表の問題」なのだ』。

『「子どもの教育」として「わいせつ・・・つまり、あらぬ所やあらぬ時に性欲動を喚起させてしまう可能性のある・・・情報を隠蔽する」のと、

「セルフコントロール力を養わせる一つの手段として、わいせつ情報も与える」のとでは、

「得られる結果も大きく違う」。

「ある意味では、わいせつ情報無菌室状態で育てられた子ども」は

「性欲動のコントロールもままならず、

そんな状態のままで、成人となり、社会に出れば・・・、

性の罠や性犯罪等に関係してしまう可能性も大きくなる」。

「わいせつ情報を得ていても、セルフコントロールが出来る様に習っている子ども」なら、

「成人となり、社会に出た後でも、性の罠や性犯罪等に関係し辛くなる」。

「者・物・事の隠蔽が困難な時代に既に突入している現代人が選ぶべき」は、

「どちらの道か?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「女性器3D情報の配布で女性芸術家を捕まえている暇がある」のなら、

「女性器3D情報を使って、セルフコントロールを教えた方が人は育つ」のである』。

『「精神的進化が不十分な人々」が「十二分に進化し続けている科学技術に基づいた者・物・事を保持する」のは、

「非常に危うい事」に他ならない。

「人々の精神の進化の為に、どんな者・物・事が実効があるのか?」は、

「多くの人類が真剣に考えるべき重大事項」なのだ』。

|

燃料電池車時代の到来は「いい加減にくっついている水燃料」次第・・・。

『「いい加減にくっついていて、容易に酸素と水素に分かれる水とほぼ同じ様な液体燃料」が「出来れば、現在のガソリンスタンドのインフラも使用可能」だ。

「当然、色々なところで、その様な燃料の研究開発が行われている」。

「最初に実用化出来たところ」が「大儲けする」のだろう』。

|

歩く時は、適切な環境がある限り、右側を歩こう・・・。

『「あらぬ事態に巻き込まれる確率を少しでも減らす為(同様の新たな悲劇を防ぐ為)にも、交通ルールの再認識を」・・・』。

|

中国共産党の脅威「オスプレイ」反対を叫ぶ中国共産党の手先たち&反日国権力者にとどめを刺す歴史検証・・・。

『「ジェット戦闘機より遥かにうるさくない、難シチュエーション時の訓練でも無ければ滅多な事では落ちない初期故障も出切った後の様相のオスプレイ」が「神奈川県厚木基地まで来た」ところで、「迷惑や不安等々を、無理やり感じる必要は全く無い」のだが、

「韓流テレビ・マスコミ等では、何時もの如く、オスプレイ反対派を大宣伝・・・」だった。

「今回の沖縄~厚木へのたった3時間での移動でも明らかな様」に、

「オスプレイはヘリ等とは比べものにならない高速機」だ。

「そればかりか、大型ヘリ以上の積載能力を持っている」。

「つまり、万一の戦闘となれば、迅速に、大量の兵や機材を、ヘリと同様に戦地の滑走路無き所でも、送り届ける事が出来る」のが「オスプレイ」だ。

「それは、そのまま、極東地域で不当増長しようとしている中国共産党軍に対する絶大な抑止力になっている」。

「何しろ、米国には在るが、中国には無い、オスプレイ」だ。

「オスプレイが在ると不当増長政策の障害となり、困る、中国共産党側がオスプレイ対策で出来る事」は、

「オスプレイを日本国内の米軍基地から退ける工作活動くらい・・・」になる。

「マスゴミを使った不安煽り」や、

「確信犯の中国共産党の手先等が煽るオスプレイ反対!運動」等の「実体」は、

「其処にある」。

「既に、配備済みなので、後の祭り的だが、それでも、諦め悪く、悪あがきを続ける」のは、

「工作組織人脈維持の為」だ。

「オスプレイで不安を感じたり、オスプレイ反対!に賛同する様な人々」なら、

「例えば、

(中国や韓国がアブナイ原発を使い続ける中、極東地域日本のみ出来るだけ早く・・・ここまでは、意図的に隠蔽されている・・・)脱原発!等」の、

「内実では、日本を不利にし、中国共産党等を有利にする政策等でも操れる」。

「マスゴミを使って、

選挙時に、

それらの操られた人々に賛同する{側・・・つまり、意図的に、対比の問題にする事で、大衆誘導を行うのだ}の人々を増やす為の

情報工作を行えば、

民主党政権誕生時の様に、

親韓・親中国共産党政権を日本国内で成立させてしまう事も可能になる・・・等と、

未だに、思い込んでいる・・・から」だ』。

『「民主党政権が余りにも酷かった」ので「多くの日本国民は、もはや、マスゴミの操り人形とはなり辛い」。

更に、「そんな悪巧みに溺れている様相の反日国権力者たちにとどめを刺す」のが、

「歴史検証」である。

「其処で、多くの日本国民や世界中の人々が、歴史検証に励むと、先が無くなる反日国権力者の手先の者たち」は、

「日本のテレビ・マスコミ等を悪用して、歴史認識で中・韓を刺激する事は、日本にメリットをもたらさない・・・等々」と「偽りの情報をばら撒いている」。

「歴史検証が世界中で流行れば、反日国権力者たちのインチキロジックでは自国民さえも操れなくなる」から、

「反日国権力者以外の普通のその国の権力者への権力移動が必然的に起こる」。

「その事により、初めて、本当の友好関係の構築も可能になる」。

「つまり、歴史検証を世界的に流行らせる事こそが、真の友好関係構築の為の特効薬」なのだ。

「それなのに、反日国権力者を擁護し、真の友好関係の構築を阻害する、歴史認識棚上げ論を言う」のだから、

「反日国権力者の手先は、本当に醜悪」だ。

「悪魔に魂を売り渡した者の所業」等と「言われても仕方の無い事を行っている」のである』。

『「歴史検証は全世界的に流行らせるべき」だ。

「事実・現実に基づいた、本当の歴史を知った上で、現代人同士として、築く、友好関係こそが、真の友好関係」である』。

『「既に、中国共産党支配下の中国内でも、多くの中国人自身が、本当の歴史を知るべき!等の論が出ている」。

「その様な流れに力を与え、反日頼り権力者たちの力を削ぐ」のが、

「日本国内での歴史検証&事実・現実に基づいて多くの日本国民が持つ歴史認識」なのだ。

「マスゴミや日教組教育等の、ある意味では、情報・教育統制下時代に、無理やり抱かされていた事実・現実とは程遠い歴史認識の呪縛を解く事」は、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の反日国権力者等々にとっては、非常に都合の悪い事」だろうが、

「人類全体の進化の方向性から見れば、必然」である。

「必然的進化を無理やり抑え込む事で、過去利権を維持しようとする」のは、

「正に、悪」で、

「それこそ、正に、悪魔に魂を売り渡した者たちの所業」だ』。

|

習近平に向かう大量の暗殺テロ工作員&2700億円もの資産を築いて習近平から睨まれている温家宝、既に終わっている中国共産党・・・。

『「アラブ地域では、習近平暗殺の為の訓練を受けている中国系の人々の数が多い」のだそうだ。

「国家・国民の上に立つ利権を十二分に使用した様相」の「温家宝」は、

「何と!2700億円を超える資産を築き、

習近平政権は、それを槍玉に揚げる事で正義ぶろうとしている」らしい。

「この様な事態が示している事」は「正に、中国共産党の断末魔」だろう』。

『「中国は、一刻も早く、民主化されるべき」だ』。

|

「脱法ドラッグ」「飲酒運転」日本社会崩壊事故を大宣伝しているマスゴミだが・・・。

『「脱法ドラッグの生産元は?・・・多くの場合中国共産党支配下の中国だと言われている」。

「飲酒運転による事故を起こしたのは?・・・車のナンバー等から推定すると・・・」。

「何れにしても、現状日本社会をより悪い方向に引っ張ろうとしている連中」が、

「多くの場合、一般日本国民人脈の者では無い事」は、「確かな様相」だ』。

『「マスコミの本来の役割」は「その辺りの真実を告発する事」だが、

「日本国内のマスゴミ」は「脱法ドラッグを脱法ハーブと大宣伝して、ムショ内の者たちに再犯を誘っている・・・様に、問題援助」なのだ。

「本当に、マスゴミは醜悪」である』。

|

朝日系では微増なのに安倍内閣支持率最低を大宣伝するマスゴミの醜悪性・・・。

『「元々、安倍内閣の支持率が高めに出ていた読売系では、支持率最低・・・の調査結果も出ている様」だが、「元々、安倍内閣の支持率が低めだった朝日系では、支持率増」なのだ。

「それなのに、マスゴミでは、安倍内閣支持率が最低だと嘯く」。

「本当に醜悪」である』。

『「筆者は、安倍政権の支持者では無い」が「民主党政権よりはマシ」と「思っている」。

「何故なら、マスゴミ支持率で言うなら、民主党政権>安倍政権だから」だ。

「日本のマスゴミの実体」は「利中国共産党・利韓国(北朝鮮も含む)」なので、

「マスゴミが良いとしているところが、日本の為にならない事は明白だから」だ』。

『「実際」に「今回の滋賀県知事選」でも、

「マスゴミの多く」は「実質的には、卒原発派応援だった」らしい。

「卒原発とは、お笑い」なのだ。

「何故なら、中・韓がアブナイ原発を平然と使い続ける中での、極東地域日本のみ卒原発だから」である。

「そんな、アンバランスな事態を率先して実行して、中・韓に対して日本の優位性が保てると思い込める」のは、

「おバカ、もしくは、本当にオメデタイ連中に他ならない」。

「中・韓がアブナイ原発を使い続ける中、極東地域で日本のみが原発使用を止める事=日本の電力事情が中・韓に対して不利になる事」である事は、

「普通に考えれば、誰でも分かる」。

「だから、日本国内で、中・韓の手先として、日本のみ脱原発運動等を行っている連中」は、

「確信犯」で、

「中・韓がアブナイ原発を使い続ける中」と、

「極東地域日本のみ」等の

「部分を言わない」のだ』。

『「今回の安倍内閣支持率最低報道」も「全く同様」で、

「マスゴミでは、朝日系では増」という「現実を言わない」。

「インチキ情報を鵜呑みにして、マスゴミが操れる者たちのみがターゲット」と言う訳だ』。

『「多くの一般日本国民」は「いい加減に、実質的には、中・韓の手先である、マスゴミの大衆誘導等からの呪縛」から「自分を解放するべき」だ。

「戦後日本の民主主義の第一歩は其処に在る」』。

『「はっきりしている現実がある」。

「集団的自衛権の問題は国政問題」だ。

「滋賀県知事選で、中・韓と近い民主党系候補が訴えていた卒原発のインチキ」は、

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続ける中での、極東地域日本のみ・・・という部分」を、

「意図的に省いているところ」である。

「投票時に、上記程度の認識を持てない」のなら、

「日本の成人としての資質が疑われても仕方無い・・・」と「思う」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「成人資質が疑われても仕方ない人々を量産している元凶」は、

「情報・教育」である。

「学校教育」と「マスゴミ大衆誘導」による「利韓・利中共状態」から「解放されていてこそ、戦後日本の成人」だ』。

『「多くの日本国民」は「その辺りを十二分に認識するべき」である』。

|

集団的自衛権が嫌で(?)民主党系候補を選んだ滋賀有権者のあり得ない度・・・。

『「日独伊三国同盟を持ち出して、集団的自衛権&日米安保を批判した」のが「民主党海江田代表」だ。「その裏にある」のは「ナチス政権時のドイツと同様の中国共産党支配下の中国との連携模索・・・」だろう。

「旧ナチスと実体が近い中国共産党を誤魔化す為」に「米国とナチス政権時の独を結びつける為、日独伊三国同盟を持ち出した様相」なのだ。

「集団的自衛権が嫌で、親中国共産党政党系の者を選ぶ・・・」とは、

「中国共産党系の者で無ければ、信じがたい選択」だ』。

『「こんな信じがたい事態を作り出す事に大いに貢献している様相」なのが、

「マスゴミ」だ。

「極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発」で、

「原発を積極使用し続ける中・韓が、日本より電力面で有利にならない等」と

「思えるおバカは稀」だろう。

しかし、「極東地域日本のみ・・・」を「意図的に省けば」・・・、

「単なる脱原発しか考えず、脱原発は良い事・・・等」と

「勘違い出来る人々」も「少なく無い」だろう。

「勘違い人間を大量生産する事で、

日本の政治をあらぬ方向に動かす、

実質的工作活動を行っている」のが「マスゴミ」である』。

『「今回の滋賀県知事選挙」でも「同様だった」のだろう。

「筆者は、関東住まいなので、滋賀県知事選についての直情報はほとんど得られていなかった」。

「しかし、今回の選挙結果を見る限り」、

「関東域でのマスゴミの沈黙ぶりの裏」で、

「滋賀県域で、マスゴミが大衆誘導を旺盛に行っていた状態」が、

「推定される」。

「集団的自衛権の問題は、国政問題であり、知事選や県政とはあまり関係が深く無い」が

「集団的自衛権の問題で、自民党等に対する悪イメージを付けると共に、民主党系の候補に正義のイメージを付ける・・・」。

「かつて、国政で、自民ダメ!~政権交代!!の大合唱で、民主党政権を誕生させた様に・・・」。

「そして、有権者は知らず知らずの内に、親韓・親中共政党系の候補に投票してしまう・・・」。

「日本国内で、中国共産党や韓国の手先的情報工作機関の役割を行い続けている様相」の

「マスゴミの手口」だ』。

『「民主党政権崩壊以降、もはや、そんなマスゴミの操り人形たちは、激減している・・・」と、

「ある意味では、楽観的に思っていた」が、

「滋賀では事情が違う様」だ。

「もしかすると、確信犯の中共や韓の手先たちが、多数居る・・・」のかも知れない・・・』。

|

ワールドカップ「ドイツ優勝」から窺えるサッカーの将来・・・。

『「サッカーも、いよいよ、{野生の勘}より{勝利システム}の時代に入った」のだろう。

「選手の基本運動能力を高め、より優れた勝利システムを構築出来るところが勝つ時代になった」のだ。

「それは、まるで、カーレースが、職人エンジンの時代から技術者エンジンの時代に進化したのと同様」の「必然的な進化」だが、

「進化したから」と言って、

「サッカーがより面白くなる事とはとは別」なのも、

「カーレースと同様」である』。

『「面白味」は「多様な要素がある」のだ。

「勝利システム」とは「まるで、囲碁や将棋等の世界」で、

「それらの知的な詰めゲームを面白いと感じる人々にとっては、堪らなく面白い」が、

「知的な詰めゲームを楽しむ為には、相応のベースが要求される」から

「ベース無き者たちの多く」は、「つまらない!等と感じ易い」のだ。

「逆に、感性の世界」は「誰にでも感情はある」ので「要求されるベースは、誰もが持っている様なモノ」だ。

「野球が世界中では、あまり流行らず」、

「サッカーが、世界中で流行って来ている理由」も、

「その辺りにある」のだろう。

ところが、「今回のドイツ優勝は、その一つの象徴」だろうが、

「勝利追求サッカーは勝利の為の正常進化」をし、

「結果として、サッカーが世界中で流行った元を希釈しそうな雰囲気」なのだ。

「スポーツ多様化の流れもそれに加わる」だろう』。

『「そもそも、人類同士の比べっこで、勝ちを目指す価値観自体」が

「見直されるべき時」に「既に、人類は突入」している。

「人類同士の比べっこ」は「武力~経済へと正常進化している」が、

「比べっこである限り、比べっこの害からは逃れられない」。

「武力比べっこの時代」は「戦勝国と敗戦国を生み出し」、

「経済比べっこの時代」は「勝ち組と負け組を生み出している」。

「そして、何れの場合」でも、

「勝利の為にとられている手段は、健全な手段とは限らず、

不健全な手段による勝利でも、

摘発されなければまかり通ってしまっている」のだ。

「摘発手段は、武力社会でも金権社会でも、その社会にお墨付きを与える為の後付けになっている」ので、

「常に、十分な実効が得られる訳も無い」。

「人類の多く」が「率先して、自らを比べっこ主義者から解放し、次なるステップへ進化させる必要に迫られている」のだ』。

『「そもそも、人は、何故、比べっこを行いたがるのか?」

「精神・心理的には、比べっこの対象に自らを投影・転嫁して、自分を確かめ、自分を安定させようとする為」だ。

「生きている人の実態」は、

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続し続けている」ので、

「常に変化し続けている自分を安定させる(身体面・精神面双方で)為には、元の自分を確かめる必要があり、本能的に自己確認欲動を保持している」。

「本来の自己確認欲動」は「自分の身体・精神等の安定の為」だ。

「しかし、複雑な人間社会で煩雑な生き方をしている多くの人間たち」にとって、

「本来の自己確認欲動を、常に、本来の目的に沿って、解消し続ける事」など「ほとんど不可能」になっている。

「解消されない欲動は、代償欲求を誘う」。

「自分を投影・転嫁した者・物・事」によって、

「本来の欲求を解消させよう・・・と意識的にせよ、無意識にせよ、企む」のだが、

「当然、代償欲求では、本来の欲求自体は解消されない」。

「その結果、代償欲求は新たな代償欲求を生み出し、まるで雪坂を転がり落ちる雪玉が膨らむ如く、時と共にどんどん膨張する」のだ。

「そんな膨張した代償欲求が集団レベルで膨らむ」と「武力時代は、戦争となった」。

「経済時代は、経済戦争」である。

「科学の進化や情報・教育等の進化により、多くの人々は、集団の呪縛から解き放たれている現代」では、「個人レベルでの勝ち負けが横行」し、

「経済戦争による個人レベルでの勝ち負けの象徴」が、

「所謂、勝ち組・負け組」なのだ。

「その実体」は「自分が何を求め何を行っているのか?」も「???の様相」の「根本的おバカたちによる騒乱劇に過ぎ無い・・・」のだが、

「未だ、その様に実体を実体通り把握・認識している人々の数は少数派・・・」の様だ』。

『「サッカー勝負の進化も結構」だが、

「人類全体も、ちゃんと正常進化しなければ!・・・つまり、個人個人が自分をちゃんと正常進化させる事」である』。

『「比べっこによる代償欲求追及」から「自分を解放させて」、

「自分の安定を保つ為には、どうすれば良いのか?」

「元々、代償欲求追及に奔走している状態の自分は、本当の安定などしていない」ばかりか、

「多くの場合、現実逃避に励む事で、自分を誤魔化し続けている」のだ。

「ちゃんと自分を安定させようとする」なら、

「先ず、現実把握」であり、

「事実・現実と共にある状態に自分を置く事」である。

「つまり、本質追及」や「自分に、自分の思いより事実・現実を優先させる事が出来るセルフコントロール」が、

「肝要になる」のだ』。

『「多くの人々が、現実逃避の勝ち負けに依存しない状態」となれば、

「スポーツ競技等」も、

「感覚優先の楽しみ方が増える事になる」だろう。

「自分を投影・転嫁した者・物・事への象徴的価値」なら、

「バカらしくなる程、大きな金額の方が、より頼る事が正当に思えたり・・・して、適している等と思い込める」かも知れないが、

「感覚優先の楽しみ方を提供してくれる者・物・事に対する応分の対価」なら、

「現実的な金額で十分な筈」だ。

「現状の経済システム自体が余りにも歪んでいる」ので、

「経済システム全体の是正が必需」だが、

「特定のスポーツ競技等が他人より上手な者たちに対する報酬等も、

何れ、現実的なラインに収束させて行く事も、

人類が行うべき進化の仕事」なのである』。

|

情報流失を招いていながら正義ぶるベネッセとは・・・。

『「言うまでも無く、情報流失に対する徹底解明は必需」だ。「流失情報を、不当情報とは、多分、知らずに、名簿業者から、買ったジャストシステム」が「購買情報の破棄を公言した途端」に、

「捜査協力全面主義を言い出し、正義ぶっているベネッセも変」だ』。

『「要するに、実質的には、情報流失を招いていながら、自分は悪くないと言いたい」のだろう』。

『「このまるで、欧米社会の様な、責任の擦り付け合い劇」は、

「本当に変」である。

「まるで、欧米化がある程度進んでいる日本で、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党系の人々が実権を握っている状態の写しの様」だ』。

『「こんな異常事態を作り出してきた戦後日本の状態は、本当に異常」である』。

『「異常事態の元は何か?」

「当ブログの前からの読者なら、とっくの昔にご存じ」だろう。

「端的に言えば」、

それは「反日国人脈による日本国内での工作活動の成果」である。

「情報・教育・政界工作」&「飲食物工作や電磁波工作等々による、有益分子製造・不適応分子粛清工作」の

「悪の成果」なのだ。

「スパイ・工作活動天国状態が招いた戦後日本の負の遺産みたいな事」なのだ』。

『「日本は、何時まで、この異常事態を容認し続けるのか???」』

|

「自然エネルギー推進会議」=「売国会議」なのだ・・・。

『「自然エネルギー推進」と言えば「聞こえは良い」が「その実態」は「脱原発」である。

「極東地域日本のみ脱原発の実効」が「中共や韓(北朝も含む)を有利にする事」である事は、

「少し考えれば、誰でも分かる」』。

『「それなのに、マスゴミでは、小泉ジュニア&自然エネルギー推進会議等々の大宣伝」なのだ。

「売国マスゴミは本当に醜悪」だ』。

『「小泉ジュニアを福島県知事として立候補させよう・・・」という「利韓(北朝鮮も含む)・利中共人脈の策略」まで「露呈している」のが、

「平和ボケ日本のお寒い現状」である。

「小泉ジュニアが散々東日本大震災被災者たちに寄り添った」のは、

「利韓(北朝鮮も含む)・利中共の為の努力だった」のなら、

「被災者たちは、その策略に騙されるべきでは無い」』。

|

個人情報名簿ロンダリング問題・・・。

『「現状のいい加減な経済システムの下では、不当に得た個人情報でも金になる」。

「不当に得た個人情報」でも

「マネーロンダリングの如き手段で{洗われれば}、

買い手は全く区別が付けられない」のは、

「お金と同じ」だ』。

『「正当ぶってロンダリング名簿を買い、

商売に活かし、

集金活動に励む企業」は、

「現状経済システム上では、何処にでも在るの当たり前の企業」だろう』。

『「そもそも、人は何故、お金を欲しがるのか?」

「より良い生活の為?」

「自分が認められた証として?」

「行おうとしている物事にお金がかかるから?」

・・・。

「より良い生活を求める」のは「結構」だが、

「自分だけ、或いは、自分の家族・知り合い等だけ・・・」は「病的」だ。

「より良い生活は、人類全体に行き渡ってこそ、初めて、本来の正当性が出てくる」。

「自分が認められた証として・・・」とは「本当に情けない話し」だ。

「そんなに自分を金権に認めてもらわなければ成り立たない程酷い自分の状態」を

「改善する事を考えるべき」である。

「人類にとって、本当に必要な物事」は「必然的に出来てこそ、まともな人間社会」だ。

「金権のお墨付きが無ければ、満足に必要な物事も行えない、

金権のお墨付きが在れば、不要な物事或いは、破壊行為等々でも、出来てしまう、

現状人間社会の異常状態を改善するヒントが其処に在る」。

「多くの人類は、この重大問題をもっと、もっと深刻に考え、実効のある改善法を実行するべき」である』。

『「今回の場合でも、不当に得た個人情報を売って、不当に結構なお金を手に入れた者が居る事」は「確実」だ。

「名簿業者等の商品内容の充実ぶりを考えれば、他にも、同様の事例が、数多く存在している事は確実」だろう。

「そして、不当に売った者たちも、名簿等で商売している者たちも、お金という使う時には出自の判らない物を使い、その者たちが欲しい、或いは、必要な者・物・事を手に入れている」のだ。

「そして、その時使われたお金が、またまた、他の人々に同様の使われ方をしている」。

「金権システムは、武力権力による状態よりは遥かにマシ」だろう。

「しかし、まだ、まだ、進化の余地があるシステムである事」は「疑いの余地が無い」。

「それなのに、多くの人々は、現状金権システムを金科玉条の如く敬い、ひれ伏している様相」なのだ。

「そんな状態こそが、人類の危機を招いている」のである』。

『「個人情報名簿不当売買&ロンダリング&営利目的使用の裏に在る」のは、

「現状人間社会で暮らしている多くの人々の進化不足」に他ならない。

「現状経済システムの裏に在る一つのベース」は「丸ごと一人の死生観」だ。

「人は誰でもどうせ死ぬのだから、人類滅亡なんて関係無い」は、

「丸ごと一人の死生観故の発想に他ならない」。

「自分の実体や、細胞ごとの誕生・死という現実や、細胞ごとの命の連続性(過去から未来への時間軸にのみ拘ってはいけない)を考える」なら、

「自分の実体である地球生命体細胞群の健常な存続~永続こそが重大事である事」は、

「疑いの余地が無い」。

「自分の実体に沿った価値観を元に、人間社会システム等を考え・構築している」なら、

「人類誰もが共通でもある自分の実体そのものが、快適であって然るべき」だ。

「自分の実体に叛いている愚か者たち」は「何れにしても、迷惑」であり、

「その者自身も、不快であって然るべき」だ。

「自分の現状が不快だから・・・等」と、

「立場・権力・お金等を悪用して、八つ当たりしている者たちも少なく無い」のが

「お寒い現状人間社会の実状」だ。

「自分の実体に叛いている愚か者たち」が「力を持ち過ぎた場合」の「人類の行き先」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

|

地球温暖化による気候変動の実感益々大・・・。

『「旧共産圏旧ソ連から現ロシアへの改革」は「文化的には正常進化」だった。「中国共産党支配下の中国は、未だ未だ、正常進化途上」だ。

「ブラジルやインド等々の新興国の発展」は「文化的には歓迎すべき事態」だ。

「しかし、所謂先進諸国も含めて、文明的には、不十分なところが多々ある」。

「現状の異常事態を招いている元凶」こそが「文明と文化の間に在る、現状の経済システム」だ』。

『「このまま行く」と「現状経済システム」という「人類自滅装置」は「見事なまでに、その目的を果たしてしまう」だろう。

「まるで、麻薬の如く、多くの人類を金権現実逃避に誘うその裏」で

「現実逃避させられている人々には実感の薄い、

地球環境という人類が暮らしているその場所自体を、

壊滅的に急変させ続けている現状の経済システム」は、

「確実に人類を滅亡に誘う事になる」』。

『それは、

「人類滅亡など関係無い、どうせ、人は誰でも死ぬ!」という「古臭い価値観に毒され続けている人々」には、

「良く解らない事」だろう。

「現状経済システムを裏で支えてしまっている一つの重大要素」は「死生観」なのだ。

「だから、死生観の進化や人類の精神・心理の進化は必需」なのだが、

「おバカどもは、その重大な事さえ本気で行おうともしない」。

「クズは、地球共々消滅する宿命にある」のかも知れない・・・』。

|

坂本龍一放射線治療拒否記事は塩村「産めないのか!」発言記事と同様だった様で・・・。

『「マスゴミの捏造」ぶりは「本当に醜悪」だ。「もっと、悪質」なのは「脱原発派のおバカさんたち、もしくは、確信犯の利韓・利中共の工作員たち&それらに操られている人々」を「よいしょ!」した「後追い記事(人脈的には同類支配かも知れないが、一応、他社)」だったりして・・・』。

『「治療法を公開しない坂本」の「企み」は、「放射線治療無しで、治療完了だった場合に、またまた、極東地域日本のみ脱原発等の為に、主として日本国内向けに、放射線治療無用論や放射能等による脅し発言等に励み、実質的には、利韓・利中共する事」だったりして・・・』。

|

「徴兵」まで持ち出して集団的自衛権を潰させよう・・・としている様相の、中国共産党の手先的番組問題・・・。

『「日本の公共の電波を使っていながら、タイトルの様な醜態番組を平然と配信・・・」では・・・。「そのスポンサーも資質が疑われて当然」だろう。

「もちろん、集団的自衛権を保持したところで、日本で徴兵が行われる事など、ほぼ確実に無い」。

「何故か?」

「集団的自衛権とは、抑止力だから」である』。

『「自民党で野中や後藤田等が実権を握っていた当時の中国」とは、

「未だ、未だ、開発途上国状態」で、

「軍備も、経済も、・・・とても、日本に対して支配攻勢がかけられる状態では無かった」。

「つまり、当時の中国は、日本にとって大きな問題をもたらす可能性が極めて低い状態だった」のである。

「だから、当時の日本は中国に対しても支援&土下座外交等々」で、

「日本人同士の間なら当然の様に成り立っている、

相手に親切に接し続ければ、良好な関係も築ける」という

「平和外交手法を採っていた」。

「ところが、その結果として、得られた」のが、

「中国共産党の増長であり、

中国内での反日教育・情報の増大であり、

経済的にも増長した中国は、

今では、中国共産党正当化の為の覇権主義に邁進している」。

「当然の様に、日本に対しても支配攻勢をかけて来ている」。

「昔と今では、世界情勢が全く違う」のだ』。

『「現状の日本が集団的自衛権を保持する事で、米国との協力関係をより強固にしない場合、

中国共産党による支配攻勢は、より容易となり、実効も高くなる」。

「つまり、集団的自衛権を保持しない日本のまま・・・という状態」は、

「中国共産党の支配攻勢援助状態に他ならない」のだ。

「中国共産党による支配」は、「既に、その手下的状態にある者たちにとっては、正に、歓迎!」なのだろうが、

「多くの一般日本国民にとっては、

中国共産党支配下での、有益分子の育成&不適応分子の粛清という支配体制が、

正に、苦役となる」。

「多くの日本国民にとっての苦役を抑止出来る」のが「集団的自衛権」だ』。

『「日本が集団的自衛権を保持したところ」で「米国の言いなりとは成り得ない」。

「何故なら、元々、自衛隊の軍備は、専守防衛用」である。

「つまり、防衛能力では優れていても、先制攻撃や、前線での攻撃能力等では、圧倒的に欧米諸国に劣っている」のだ。

「その象徴が、ミサイル防衛システムは保持しているが、大陸間弾道核ミサイル等は作れ保持出来る能力は十二分にあるのに、ただの一機も持っていない事等」だ。

「軍備内容からも、自衛隊員が出来るのは、後方支援や防衛となる」。

「米国がいくら要求しても、軍備面からも、前線攻撃要員として日本の自衛隊員は使えない」のだ』。

『「徴兵脅し」には「本当に呆れた」。

「まるで、原発に対する巨大地震脅し」みたいで、

「本当に悪質」である。

「もちろん、地震国日本の原発が地震対策を前提につくられ、東日本大震災時の津波による被災事故を教訓に、更なる安全対策の向上に励んでいる」のと「同じく」、

「先の大戦の大きな反省を十二分に保持している日本」では、

「徴兵制を言い出せば、その政権は成り立たなくなる」。

そればかりか、

「現代の戦闘は、その多くが無人・ロボット化への道を歩んでいる」ので、

「今後は、万一の戦争時には、数々の防衛手段で守られている兵より無防備な民間人の方が危なくなる」のだ。

「徴兵制など無くても、自衛官を希望する人々の数は、今後も、一定以上のレベルを保つ事になる」。

「今と昔と未来は違う」のだ』。

『「それなのに、未だに、昔の価値観のまま、中国共産党が有利になる様な論を日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していた」のだから、

「本日も、テレ朝朝番」は、

「本当に醜悪」だった』。

『「極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発!」や、

「日米安保をより強固にする集団的自衛権に反対!」等々で、

「そんなに中国共産党を利したい」のなら、

「是非とも、中国に行ってやれば良い」と「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「中国共産党好き」は「中国に行き、中国の状態をよりまともにする事でも頑張れば良い」のだ。

「日頃から、国境線は低く!を主張している連中」なのだから、

「遠慮無く、そんな連中自身の身で、低い国境線を体現すれば良い」のだ』。

『「何れにしても、日本国内での迷惑な工作活動等」は「早々にお止め頂きたいもの」である』。

|

思想信条上の理由から放射線治療を拒否という坂本龍一・・・。

『以前に、「宗教上の理由から輸血拒否!」という方が居たが、「同様の臭いが」・・・』。

|

脱法ハーブの宣伝に忙しい(?)テレ朝朝番の悪質性・・・。

『「普通に表現する」なら「脱法ドラッグ」と「悪質性がより判り易い表現になる」だろうが、

「テレ朝朝番では、何故か?或いは、確信犯で当然の如くか?」・・・「脱法ハーブ」と

「よりソフトな表現だった」のだ。

「ハーブ悪用脱法ドラッグの実態」とは「ハーブを薬を染み込ませる台紙代わりにしているダケ」なので、

「ハーブ強調の表現は適切では無い」。

「形態や表向きの売り文句はハーブ」でも「内実は、脱法ドラッグ」だ。

「実態を表す表現では無く、売り手や買い手に都合の良い表現」なのが「脱法ハーブ」である。

「オマケに、コメンテーター」が、

「脱法ハーブは既に、日本中に蔓延している・・・」等と、

「実質的には、脱法ドラッグを公然化する様な宣伝を行っていた」のだから、

「テレ朝朝番」は

「一般日本国民の為の情報配信を行っている」のでは無く、

「脱法ドラッグの生産元(中国製が多いらしい)」や、

「脱法ドラッグの販売者たち(●暴関係者が多いらしい)」等の「為」に、

「日本の公共の電波を使って、

一方的に、

脱法ドラッグ公然化情報を大量配信している

実質的工作機関等」と

「疑われても仕方無い」のだ』。

『「脱法ドラッグ情報を日本の公共の電波で一方的に大量配信する」なら、

「脱法ドラッグで、どの国のどんな人脈の者たちが儲けているのか?」を「明らかにする」と共に、

「脱法ドラッグ製造現場の粗製乱造ぶり」や、

「ロクに安全試験や検査もしていない粗製乱造脱法ドラッグの人体に対する危険性(内臓障害・神経障害を起こす可能性が高い)」等々を、

「ちゃんと取材し、伝える事」で、

「日本国内で脱法ドラッグがより嫌われる状態を誘い、

脱法ドラッグ被害者(脱法ドラッグ服用者による事件被害者も含む)を減らそうとする」のが「普通」だろう』。

『「マスコミ人等としての反骨精神」と「反日精神」は「全く違う」。

「反骨精神を持ち、日本の健常化やより良い発展を望むマスコミ人等」なら

「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を持ったテレビ局の者や出演者等としても正当」だが、

「反日精神に溢れ、日本社会や日本国民の状態をより悪くする為」に、

「正義ぶって、情報を一方的に大量配信している、実質的反日国人脈の情報工作員」なら、

「そんな者たちは、一刻も早く、テレビ等公共性が高い仕事の座から降ろされるべき」だ』。

『「日本の情報・教育の正常化」と

「戦後、日本国内で行われ続けている、一般日本国民もターゲットになっている、反日工作対策」は、

「急務」だ』。

|

ある程度以上の現実把握能力と思考能力が有れば「極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発!」等の発想は出てこないものですが・・・。

『「オオサンショウウオを巨大化したオタマジャクシと思い込めるレベル」だと「日本は脱原発した方がよい」等と「思い込める」様で・・・』。

|

お笑い、中共・韓の仲良し劇・・・。

『「中国共産党が崩壊寸前である事」は「中国空軍が中国製の戦闘機を使わず、ロシア製の戦闘機を使って自衛隊機に接近した事実」からも「明らか」だ。

「その裏に在る共産党軍備利権」には「多くの中国人が愛想を尽かしている」。

「中国共産党支配下の中国」とは「構造欠陥大国」なのである』。

『「そもそも、共産党が国家・国民の上に在る」とは、

「国家レベルでの利権の全てを共産党員という人が握っている事に他ならない」。

「特定、極一部の人々が国家レベルの大権を握りしめられている状態」なのだから、

「構造欠陥的に賄賂や汚職等々が付き物になる」。

「実際に中国共産党支配下の中国は汚職・賄賂大国になっている」。

「この構造を是正する為には、共産党による一党独裁支配体制を止め、所謂民主化するのが合理的」だ。

「汚職・賄賂等々の重大な汚点が在れば、政権交代が在る」というのが「今時の普通の民主化国のスタイル」で、

「実際に、多くの国々では、相応に機能している」』。

『「ところが、中国の場合は、共産党一党独裁体制を止める事=国民党派との殺し合いの歴史を認める事となってしまう」から、

「共産党サイド」から「止める」とは「言い出せない」のだ』。

『「中国共産党苦肉の策」が「他に悪者を捏造する事」で「先の大戦時に敗戦国となった隣国日本」は、

「中国共産党にとって、正に、都合の良いスケープゴード」なのだ。

「中国人同士の殺し合いの歴史の実感を少しでも薄めるべく、事実を捻じ曲げ偏向した反日情報・教育はを蔓延らせて来た」のが、

「中国共産党支配下の中国の歴史の現実」である』。

『「例えば、先の大戦時には、中国と韓国は日本による侵略~支配からの解放の為に共に戦っていた等の大嘘」を

「習近平は、恥じらいも無く、韓国で公に語った」が、

「もちろん、そんな歴史的現実は無い」。

「実際に在った」のは、

「日韓併合により日本に救われた韓国権力者たち&朝鮮半島内」と、

「英国等、主として欧州の列強に侵略されていた中国」であり、

「中国内で行われていた戦争行為の実態」とは

「欧州列強と日本との支配権争い」に、

「中国国民党軍が中国独立軍的に立ち向かい」、

「中国共産党軍は、大戦末期になって、中国国民党軍をも敵として参戦していた」のだ。

「欧州列強と日本との支配権争いでは、地の利が在った日本側がかなり有利」だった。

「欧州列強の大部分を、実質的には、日本軍に駆逐してもらった後、

大戦全体で劣勢に陥りつつあった日本軍の状態を見極めながら、

米国の支援を受けつつ、積極的に参戦したのが中国国民党軍」だった。

「ソ連の支援を受ける前の中国共産党軍」とは、

「大戦末期に、そんな中国国民党軍と日本軍の間に、少しダケ顔を出していたダケ」なのだ。

「大戦末期に中国に派遣された日本兵の話し」では、

「中国国民党軍や中国共産党軍より日本軍の方が戦闘行為は上手だった」が、

「大戦末期には、武器も弾薬も食料も・・・、十分な補給が無かった」。

「中国共産党軍に至っては、

満足な武器も無い場合が少なく無く、

日本兵が武器を持って中国共産党軍に投降すれば、

直ぐに、中国共産党軍の幹部になれた」。

「補給が不十分になった日本軍」と「米国の支援を受ける様になった中国国民党軍」では、

「中国国民党軍の方が優勢になる場合が多くなった」。

・・・等々である。

「もちろん、大戦が終わったのは、終戦期の日米の圧倒的な軍事力の差による事」で、

「中国共産党軍等による日本軍駆逐による事では無い」。

「終戦時の中国内では、優勢になって来ていた中国国民党軍がやや有利だったが、中国内の日本軍そのものは、中国共産党軍より優位で、敗戦状態では無かった」のが「歴史上の現実」だ。

「だから、中国共産党が、抗日戦勝を言う事自体、コントみたいな事になる」のだ。

「大戦後の中国人同士の争い」で、

「ソ連の絶大なる支援を受ける様になってから、

中国共産党軍は急に優勢となり、

ついには、中国国民党一派を台湾に追いやる程になった」のだ。

「つまり、大戦後、中国国民党軍との中国人同士の戦争で大量の中国人を殺す事で中国の支配権をもぎ取ったのが中国共産党軍の実態」であり、

「大戦中の、中国共産党軍による日本からの解放戦闘等は、ほとんど実体の無い英雄像みたいなモノ」なのである。

「中国共産党が誇れるとすれば、中国国民党から武力により中国本土内の政権を奪取した事」になる。

「中国共産党が、どうしても戦勝を誇りたい」のなら、

「大戦終戦後、中国本土内での反乱軍として、中国国民党政府を台湾に追いやった事を誇るべき」だ』。

『「もちろん、この程度の歴史上の現実」は「情報社会である現代、世界中の多くの人々が知っている」。

「それなのに、事実とは程遠い、歴史観を韓国と共有する事」で、

「自己保身&自己正当化を謀る」とは、

「もはや、裸の王様の域」だ。

「こんな実態が続けば続く程、中国国民の多くも、中国共産党の未来が長く無い事を、直ぐに悟る」だろう。

「もはや、中国共産党の崩壊カウントダウンが始まっている様相」なのだ』。

『「そんな中国共産党の犬となる事を喜んでいる様相の韓国も崩壊が近い」。

「そもそも、中国市場で生き延びようとしても、中国市場自体がバブル崩壊で崩ると共に、生き延びが衰退~崩壊に直ぐに化ける」のだ。

「民主化後の中国と新たな付き合いをする」なら、

「相応の技術力・生産力等々の整備が必要」だが、

「その面でも、韓国は欧米や日本の周回遅れ以下」である。

「韓国が生き延びる唯一無二の道」は、

「歴史上の現実をそのまま認め、反日スケープゴードを放棄する」と「共に」、

「日本に対して、今までの無礼を詫び、相応の補償をする」と「共に」、

「事実・現実に基づいた文化の上で、国を造り直す事」だが、

「それは、相応にハードルが高い」。

「反日スケープゴード」等という、

「永遠の恥辱に染まる道」の「上」を「歩み続ける国々の将来」は、

「本当にお気の毒」である』。

『「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)で問題なのは、軍では無い」。

「工作活動」である。

「軍備や軍備の使用」では、

「先進国の周回遅れ以下」なのが「反日の国々の実態」だが、

「軍備を整えるより遥かにお金がかからない工作活動」では、

「悪の経験、実績、ノウハウ等々が、かなり蓄積されていて、その悪の実効は、先進国顔負けレベル・・・」だ。

「日本も含む、先進諸国は、工作活動対策をもっと、もっと本気で行うべき」である』。

|

イスラエルの都合で米国が動かされてしまっている元凶「二重国籍」問題・・・。

『「二重、或いは、多重国籍保持者とは、特権階級保持者」だ。「国籍保有国での選挙権や立候補権等々が認められていれば尚更」である。

「普通の一つの国籍の人々の国政選挙投票権は一つの国のみ」だが、

「二重国籍なら、二つの国々で、多重国籍なら多数の国々での投票権を保持出来てしまう」。

「立候補権も在れば、議員にまでなれる・・・のだから・・・」、

「正に、特権になっている」のだ』。

『「人の常」として「自らの肯定化欲動が在る」。

「二重国籍・多重国籍を持つ者の自己肯定化」とは、

「両方或いは、自分が属している全ての国々、共、自分の都合に添わせる事」となり易い。

「つまり、普通の一つの国籍しか持っていない多くの人々とは、スタンディングポジションが違い、望んでいる結果も違う場合が少なく無い」のだ』。

『「多重国籍者は、数が少ないから、問題無い」は「嘘」である。

「中東問題」は「イスラエルVSアラブ問題」でもあるが、

「米国がイスラエルの都合で動き続けて来た裏に在る」のが、

「この二重国籍の問題と、イスラエル(ユダヤ)系の人々の金満状態&情報産業支配状態」だ。

「つまり、例え、その国の中で、数の上ではマイナリティーでも、その国の社会内で、大きな実権を保持出来ない事と同じでは無い」のである』。

『「日本国内でも、二重国籍を欲しがっている者たちが居る」。

「ここでは、敢えて、どの国系の人々かは記さない」が、

「賢明な読者諸氏は、既に、重々、ご存じ」だろう』。

『「移民と共存は戯言」だ。

「二重国籍は問題無い」というのも「戯言」である』。

『「現状経済システムは、その不出来さ故に、ある種の特権階級を生み出してしまっている」。

「その悪効が、金余りなのに、世界では餓死するさえ少なく無い状態」だ。

「特権階級を作り出す事=バランスを壊す事」なのだ。

「国籍等でもそれは同じ」である』。

|

大泣き県議の宣伝に忙しい韓流テレビ・・・。

『「露骨な空出張や、檀上での大泣き」は「とても、日本の文化と思えない」。

「節操無き者・物・事に溢れた国々の流れの者」や「その様な者たちや文化等に相当毒された者」の「行動として・・・」なら、

「思わず、納得してしまう事」だが・・・』。

『「今回の県議が行った事の実際の内容は未だ解明されていない」が、

「コレだけ日本の公共の電波を使って大宣伝した事」の「後始末」として、

「ちゃんと司法が入り、実態解明するべき」だろう』。

『「節操の無い空出張等の実態があった場合」は、

「議員辞職は当然」だし、

「罪に問われ、罰を受ける」のが「当然」だ』。

『「そもそも、県議レベルで、この様な者を当選させてしまう実態こそが、日本の政治の脆弱性の一つの象徴みたいな事」だ。

「日本は法治国家」である。

「法治国家である事」とは「立法府の人間が大きな権力を保持している事と同じ」だ。

「自分たちが暮らしている社会で、立法という大きな実権を持つ者を選ぶ」のが「選挙」である。

「全ての日本国民」は「選挙時には、立法府の者を選んでいるという認識をしっかりと持つべき」だ。

「国会議員はもちろん、地方議員や首長等」も、

「テレビ・マスコミ等で知っているから、

地元で良く挨拶しているから、

友人・知人だったり、友人・知人がその人が良いと言っているから、

・・・等々」と、

「いい加減に選んではいけない」のである。

「ちゃんと、

実行しようとしている、

実行(つまり、法案提出や立法時の賛否)した政策(つまり、立法)等を

確かめ続けて判断する・・・くらいの態度が

本来は必要」なのだ。

「国政レベル」なら「マスコミ等利用でもある程度の判断は出来る筈」だ。

「地方レベルでも、国政レベルでも、

ネット情報を真偽や正当/工作情報の区別を付けながら調べれば、

個人レベルでも、ある程度の実態把握&判断は可能」である』。

|

セクハラ利権を欲しがる人たち・・・。

『「ハラスメント」を「単なる迷惑行為とする」と「何でも、ハラスメントが成り立ってしまう」。

「重要な事は、その迷惑行為に圧力等が在るのか?」だ。

「圧力等も無いのに、ハラスメントだ!と騒ぐ者たち」には「別の目的が在る場合が多い」。

「ハラスメント粛清」や「ハラスメント虚勢化」や「ハラスメント利権の増大」等々である。

「立場の優位・劣位も考慮せず、悪戯にハラスメントを騒ぎ立てている者たち」の「実態」は、

「言論の自由や表現の自由を大きく阻害する、言論粛清や大衆虚勢化等に邁進している、実質的工作員」や、

「ハラスメント利権の増大により、自らの利権の増大や保身等を有利にしようとしている、実質的利己主義者」になる』。

『「客観的に見れば、悪者になる様な者たち」に「過分な立場や報酬等を与え続けている人間社会」なら、

「当然、病み易くなる」のだ。

「悪者的者たちにほとんどの人々が操られない」のなら、

「悪者的者たちは、過分な立場や報酬等から必然的に遠ざけられる事になる」だろう。

「一人一人が、優位な立場の者の言う事等を鵜呑みにして、その者の言葉等で自分を操らせるのでは無く、それぞれが、ちゃんと理解・把握し、考え、判断する事等が重要」なのだ』。

|

Lineで繋がっていないと自分が保てない精神的軟弱者たちを生み出しているのは・・・。

『「そもそも、ちゃんと自分を安定させる事が出来ていて、自分に自信が持てている」なら「Lineが既読であろうが無かろうが、書き込み内容がどうであろうが、・・・大勢に影響は無い」。

「それなのに、既読にならない=無視された、自分が気に入らない無視した者等へは酷い仕打ち・・・」というのは、

「周囲に自分を支えさせよう・・・としていたり、

他人の反応で右往左往する、

未熟者の行う事」だ。

「そんな未熟者を普通に成長させる事」こそが「学校教育や教師や親やテレビ・マスコミ等の情報の役割でもある」が、

「多くの、しかも、大手でさえ、テレビ・マスコミ等に至っては、未熟者をそのままに、いじめ問題等として、問題Lineコミュニケーション等の問題を扱っている」。

「本当に悪質」だ』。

『「自分を安定させたり、自分に自信を持たせたり出来る源泉」は、

「言うまでも無く、現実把握とセルフコントロール」だ。

「事実・現実と共に在る状態に自分を置く事によって、初めて、人は落ち着け、自信も持てる状態になる」のである。

「ところが、現状の情報・教育等では、多くの場合で、人の思いを煽り、人の思いに寄り添う事こそが、優しさであり、正義だ・・・等々と嘯いている」。

「そんな情報・教育等の操り人形」となれば、

「自分の思いに寄り添わない他人は意地悪な悪者」となり、

「自分の思いはどんどん煽ってしまう・・・」のが、

「当然」だ。

「悪質なLineコミュニケーション等」も、

「上記の様な未熟者の精神活動による産物」なのである』。

『「どうすれば良いのか?」

「事実・現実をちゃんと把握」し、

「今ある自分の思いに拘り続けるのでは無く、

事実・現実と共にある状態に自分を持って行くセルフコントロールを行えば良い」のである。

「その様な事を繰り返して行う内に、自然と、事実・現実と共に在る時に自信も持てる様になって来る」。

「事実無根の非難等を言われても、大して気にならず、現実把握がより不十分な未熟者に対してどうするべきか・・・等を、考える様になる」。

「もちろん、最初から、完璧な現実把握など出来ない」から、

「ベースには、自分が行った現実把握の再検証等も常に付き纏う」。

「そうして、より現実に近い位置に自分や自分の思いを置く事が出来ている事」こそが、

「落ち着きとなり、自信となる」のだ』。

『「この程度の事も満足に教えられない」のなら、

「未熟者の教師」であり、

「未熟なテレビ・マスコミ等」なのだ。

「未熟者たちに、過分な立場や報酬等は不似合い」だ。

「相応しいのは、立場があるにも係わらず、必要な仕事をこなせなかったが故に生じた害悪相応の罪や罰・・・」だろう』。

『「科学の世界」では「ちゃんと、事実・現実として結果が出なければダメ」である。

「それに比べて、所謂、文科系の世界」は「余りにも、結果責任が希薄」だ。

「その結果として、要でも無い情報・教育等がまかり通ってしまっている」。

「文科系の事だから大丈夫・・・にはならない」のは、

「科学の進化に合わせて人類の精神も進化させなければ、待っているのは人類滅亡や地球消滅になってしまうから」だ。

「人類の多くが、この重大な現実問題を、もっと、もっと、深刻に捉えるべき」である』。

|

ASKA・覚せい剤の宣伝に忙しい韓流テレビ・・・。

『「ミュージック等のファン」なら「覚せい剤使用時点でファンでは無くなる事に何の抵抗も無い」だろう。

「者依存者」だと「自らが依存している者を手放す為には、依存から脱する事が必要になる」。

「元々、無意識も、投影・転嫁も、共依存も、セルフコントロールも、・・・???というタイプの方々が者・物・事依存状態に陥り易い」。

「そんな状態の人々なら、覚せい剤被告の保釈でも、大声援・・・」だろう。

「オマケに日頃から、実質的に、視聴者を依存体質に陥れようとしている情報配信ぶり・・・の、韓流テレビ」が、

「大声援をわざわざ公共の電波で宣伝している」。

「コレでは、自らを者依存から解放し、客観的に者・物・事を理解・把握出来る状態にしようとしている可能性のある人々までも」が、

「者依存状態のままでも、良いのでは・・・」等々と「勘違い出来てしまう」。

「本当に、悪質な情報配信ぶり」だ』。

『「更に、酷いのは、覚せい剤は暴力団の資金源・・・等々」と「上辺では非難し、正義ぶっている」が、

「アスカ被告が、早く、覚せい剤から抜け出せる様に、願っている・・・」等々と、

「覚せい剤使用者に対する篤い言葉がけをしているところ」だ。

「非難されて当然の者たちに、篤い言葉がけ・・・」では、

「覚せい剤へのハードルも下がり、暴力団等は大喜び・・・なのでは・・・」』。

『「有名人でも、一般人でも、

覚せい剤使用時点で、それまでの職や立場等は、アウト!~退場、

ちゃんと罪を償い、覚せい剤から抜け出してから、一から出直し・・・とするべき」なのだから、

「篤い言葉がけ」では無く、

「覚せい剤を使用すれば、職や立場等を失うのは当然です」等と「やれば良い」のだ。

「暴力団の資金源保護」と

「日本社会の健康化」の

「どちらを向いた情報配信なのか、良く分からない・・・」のが、

「悪質なテレビ情報」である』。

『「本当に呆れる」のは、「多くの番組でトップニュース扱いだった事」だ。

「覚せい剤使用時点で、ミュージシャン(?)アスカは終わっている」。

「終わっている者のニュースなど、本当に小さな扱いで十分」だ。

「終わっている者のゾンビ的復活を望む」のは、

「者依存者やお仲間なら罪人でも優遇・・・という人々」だろう。

「多くの健康的な一般市民」と

「者依存者やお仲間なら罪人でも優遇・・・タイプの人々」の

「どちらを向いているのか?!」

「日本のテレビの偏向情報配信」は「是正されるべき」だ。

「局や番組が自ら是正出来ない」のなら、

「其処にこそ、重大な問題が在る」。

「人脈ごと総入れ替えしなければダメかも・・・」等々と「感じている視聴者も多い筈」だ』。

|

韓流テレビは何故、韓流なのか?・・・。

『「韓(北朝鮮も含む)流テレビは何故、韓流なのか?」

「もちろん、韓(北朝鮮も含む)流人脈の者や韓(北朝鮮も含む)流人脈から見て有益分子的者が優先的に雇われているから・・・」という面もあるだろう・・・が、

・・・「それと共に、戦後日本のテレビ・マスコミ企業の直ぐそば」には、

「まるで、秘密警察による監視」の如く、

「韓(北朝鮮も含む)流人脈が巣食い、

覗き行為等はもちろん、

電磁波や飲食物工作等々の手段まで用いて、

不適応分子粛清工作等を行い続けて来ているから・・・」と推定される』。

『「政界・教育界等も同様・・・」で、

「その結果として、戦後の日本国内」では、

「利韓(北朝鮮も含む)人脈・利中共人脈、情報・政策等が蔓延って来た・・・」』。

『「政界・教育界・テレビ・マスコミ界等の不適応分子粛清工作と共に」、

「一般日本社会でも、不適応分子粛清工作は行われ続けている」。

「全く迷惑な事」だが、

「保身&私利私欲に走っている様相の政治家やマスゴミ人たち等々」は、

「本気で、問題解決しよう、とも、しないで来ている・・・」。

「そんな連中には、過分な立場や報酬は不似合い」だ』。

|

集団シンドローム・・・。

『「福岡の高校では霊山に行った後、女子生徒が集団で気分が悪くなり倒れた・・・」のだそうだ。

「巷では今、集団的自衛権反対!運動に興じている人々も少なく無い」。

「それら双方で、心理的に共通している」のは「共感・同調圧力」だ』。

『「霊山の例」では「今時、霊の影響を受ける等と考える(考えさせる)方が異常」で、

「ちゃんとした情報・教育を受けている者たち」なら「霊山の影響で気分が悪くなったり・・・」は「あり得ない」。

「つまり、その学校の教師等も、集団シンドロームに力を与える教育しか出来ていなかった」のだろう。

「霊山に行く前」に

「古の人々は、丸ごと一人の死生観を抱いていたから丸ごと一人の霊や丸ごと一人のまま行く霊界・あの世等も信じていた事」。

「現代人は、皆、誰もが既に習っている様に、人の誕生・死も細胞ごとである事を十分に知っている事」。

「細胞ごとの誕生・死では、日常生活等で人の実態を意識的に捉える事が非常に困難なので、人の思いは、丸ごと一人として捉えている事」。

「つまり、人の実態は、細胞ごとの誕生・死」だが「人の思いは、丸ごと一人である事」。

や、

「古の日本の人々は、万物にも霊が宿ると考え、理解・把握が不十分な者・物・事に対して、相応の距離感を取る事で、精神の安定等を図っていた事」。

「その後、科学的に色々な者・物・事が解明されているので、現代の人々は、現実や実体を知る事によって、精神の安定等が図れる事」。

・・・等々の「レクチャーがあった」なら、

「霊山に行っても、誰も霊を連れて来たとは信じず、後に気分が悪くなった時でも、それを霊のせい・・・とは、信じなかった」筈だ。

「霊障同調・共感圧力が集団内で生じる事も無かった」筈だ。

「つまり、今時としては、劣悪な情報・教育の下」で「霊山シンドロームが起されてしまった」のだ』。

『「集団的自衛権の問題」にも「同様の状態が在る」。

「確信犯の●●の手先は、もちろん別」だが、

「一般市民では、劣悪な情報・教育の下に置かれている人々」が

「反対!同調・共感圧力で自らを動かしてしまっている様相」なのだ。

「その姿は、まるで霊障同調・共感圧力で気分を悪くし、倒れた・・・女子生徒の様・・・」で

「哀れ」だ』。

『「数十年前の日米安保の実効」は「旧共産圏が軍事による日本の分割統治を諦めた事」だった。

「その結果として、日本は平和国家として歩み続けられて来た」と「同時」に、

「軍事による日本の乗っ取り支配を諦めざるを得なかった国々」は、

「日本国内での工作活動で、日本の乗っ取り支配を行おうとし続ける様になった」。

「スパイ・工作活動天国状態の日本」は「その後押しをしていた状態」で、

「近年では、旧共産圏の国々に近しい旧社会党人脈が化けた民主党政権まで出来てしまっていた」。

「しかし、民主党政権によるあまりにも酷い利韓・利中共ぶり等々・・・には、さすがに、多くの人々が目を覚まさざるを得なかった」。

「もはや、日本国内で利韓・利中共政党が政権を握る事は、ほとんど不可能になっている」。

「●●側からすれば、日本乗っ取り支配の最後の手立て」は、

「日本国内で、普通の日本国民の少子化工作を行うと共に、日本国籍を持つ●●人脈の人口を増やして、選挙という合法手段で、合法的に日本を乗っ取り支配する事」だが、

「それには、相当な時間がかかる」。

「●●国の●●政権がそれまで持つか?」は「思いっきり贔屓目に見ても、非常に微妙」だ。

「●●国の●●政権が持っている間に、日本を乗っ取り支配する為に、残されている道」は、

「専守防衛しか出来ない日本の内に、攻撃軍備を増強すると共に、米国を抑制した上で、日本を軍事的に乗っ取り支配する事くらい・・・」になる。

「其処に、止めを刺すのが、集団的自衛権」だ。

「集団的自衛権により、日米の距離が更に縮まる事=●●国が日本を攻撃した時の米国の抑制が非常に困難になる事」で、

「米国の抑制が困難となれば、米国以上の軍事力を保持出来るまで、攻撃による日本の乗っ取り支配も不可能になる」のだ。

「つまり、数十年前の日米安保同様、強大な抑止力として、集団的自衛権の保持は有効」なのである』。

『「この程度の事情」は「多くの日本国民が重々承知が当然」だろう。

「しかし、劣悪な情報・教育下に置かれている人々は別」なのだ。

「劣悪な情報・教育を●●国の●●政権の都合に沿った・・・」等と「置き換えても良いかもしれない」。

「それは、戦後、日本国内で脈々続けられて来てしまっている異常事態」で、

「日本が戦後から脱する為に処理するべき、大きな国内問題の一つでもある」のだ』。

|

集団的自衛権の閣議決定と集団的自衛権に反対している方々・・・。

『「終戦後の日米安保は何の為に必要だったのか?」「もちろん、旧共産圏による国の分割等の策略を防ぐ為に必要だった」。「ところが、何の為に?」も、

「ロクに考えていない人々」や、

「わからない人々」や、

「確信犯の旧共産圏の手先の人々」が、

「大反対の大抗議デモで、当時は死者まで出た」。

「今、集団的自衛権に反対している方々の実態も数十年も前の安保反対!と同様」だろう』。

『「確信犯の●●の手先」が「ロクに考えていない人々」や「わからない人々」を「煽り、操っている様相」なのだ』。

『「敢えて、●●とした」が「●●が何処のどんな組織か?」を「調べ、考える事」は、

「集団的自衛権の必要性を理解する事にも繋がっている」。

「政府安倍政権が、要りもしない物事を無理やり決めている」のなら、

「非難されても当然」だが、

「数十年前の日米安保の如く、国家国民が不要な混乱に陥れられる事を防ぐ為に今必要」なら、

「むしろ、称賛されるべき」だ。

「其処をちゃんと現状人間社会の実状を元に、考え、判断する事が重要」なのだ』。

『「集団的自衛権に反対している方々」は、

「例えば、中国共産党体制が何時まで持つのか?」を「ちゃんと説明出来るだろうか?」

「現状の体制が崩れそうになった時、どの様な手段にうって出るのか?」を「ちゃんと説明出来るだろうか?」

「中国共産党体制が崩れた時の混乱が嫌だから・・・等」と

「悪戯に中国共産党体制を経済・技術等で支援する事の害悪をちゃんと説明出来るだろうか?」

「大部分の方々は、単に、戦争が嫌だから・・・、平和が良いと思うから・・・、等々の浅い理由から、集団的自衛権が戦争を招く等と勘違いして、反対している、のではないだろうか?」

「或いは、確信犯の●●の手先たちに操られているダケなのか?」』

『「テレビ映像を見ると、数十年前に安保反対!運動に参加した後も、旧共産圏人脈に従ったまま・・・の様相のご年配の方々」や、

「その子孫なんじゃないの?」とも思える「若い方々も居る」。

「忘れてはいけない事は、今や、単なる旧共産圏だけでは無く、反日国となっている国もあるという事」だ。

「数十年前の大昔に、資本主義より共産主義のが良いんじゃないの?等と勘違い出来た人々」でも、

「自らの住む国に対して敵対している国の方が日本より良いんじゃないの?」とは、

「簡単には思えない筈」だ。

「それなのに、日本をより良くしようとしているのでは無く、反日国の手先の様相」では、

「確信犯の工作員等と疑われても仕方無い」だろう』。

『「日本をより良くしようという発想から出てくる行動」は、

「悪戯な反対行動では無い」。

「何故、集団的自衛権が今、必要なのか?」を「理解・把握した上で、集団的自衛権によらない、日本を不利にしない、対案等を示す事」だ。

「悪戯な反対!で、正義ぶっても、実際の日本社会は良くならない」のである。

「良くならない事なのに、デモ等の集団行動で頑張る事の実効は何か?」

「もはや、多くの方々は、言わなくても分かる」だろう』。

『「自分でロクに考えもせず、良く分からないから、もっと説明を!等々と足を引っ張る行動も、感心出来ない」。

「説明を求める前に、コレだけ情報が溢れている現状日本社会なのだから、自ら調べれば良い」のだ。

「日頃から、安全保障等について、ほとんど考えずに来れた」のは、

「その分だけ、日本の政府や与党や官僚たちや世界に進出している企業・個人等々がしっかりやって来たから」だ。

「その政府・与党が今必要だ!と判断して、進めている訳等々」を、

「今まで、平和ボケで来られた人々も、ちゃんと考えるべき」である』。

『「数十年前、散々、大反対運動があった日米安保は成立」させらた。

「その結果」もあって、

「現在に至る長年の平和ボケもある」のが「実状」なのだ。

「今回の集団的自衛権の問題」も「基本的には同じ」である。

「成立の結果、日本の平和が守られ続けるべく、今必要な事を行おうとしている」のだ。

「集団的自衛権が嫌な方々」は「是非とも対案を出すべき」だった。

「現状をちゃんと理解・把握出来ていない対案」なら、

「先ず、その部分で実効も疑われ、排除されるのが当然」だ。

「現状をちゃんと踏まえた対案が、以前から出されていた」なら

「多くの人々が考える事になった筈」だが、

「そんな対案は出て来もしなかった」。

「在ったのは、ただ反対!」である。

「その時点から、既に、結果は出ていた」のだ』。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »