« 韓国に何しに行った?舛添都知事・・・。 | トップページ | 当ブログでは以前から「やるべき!」としているパチンコ税だが・・・。 »

工作電磁波強化に熱心な永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる者たち・・・。

『「当ブログ」は「当然の如く、工作員人脈にも{監視}されている」。

「ブログ内容に不都合なところがある」と「漏れなく・・・と言って良い程、電磁波工作等の嫌がらせが強化される」。

「昨今も同様」なので、

「連中にとっては、余程都合が悪い」のだろう』。

『「もちろん、当方は、電磁波工作等が在る事を前提として、相応の対策をしている」から、

「電磁波が強化されれば、対策も強化する」。

「つまり、実効は出ない」。

「もちろん、対策の強化には、相応に本来なら不必要なお金や手間がかかる」ので、

「甚だ迷惑である」が、

「元々の動機が不健康な連中の行う事」なので、

「一般日本国民への迷惑行為も、

「行うのが正当と思い込めている悪の仕事」なのだろう』。

『「問題なのは、筆者の様に、気づき、対策等々を行わない人々」だ。

「何か変・・・」には、

「相応な原因があるのが常」だが、

「何か変・・・」の「原因を自分の精神心理状態や体調等に帰してしまい易い」のが、

「その手の人々」で、

「実は、数十年前の筆者も同様」だった。

「筆者の場合」は「実在している不調の原因を当時の医者等が確認出来ず、筆者の精神心理のセイにしようとした段階」で、

「ある意味では、医者以上に自分に関係すると思われる精神心理の本をあさり読み、その結果、当時の医者のインチキ処理等も分かる様になった」ので、

「自分の問題に帰する第一の障害からは解放された」が、

「実態をつかむまでには、その後多少の時間を要した」。

「実態がつかめた」のは、

「先ず、可能性のある飲食物を変えた事」と、

「変な症状が出た時に飲食した物を遡って追える様にした事」だ。

「同様の異変に見舞われた時、

その異変の原因が、

筆者の精神心理の問題では無く、

飲食物(外食や特定コンビニの弁当)であり、

その時の症状は、以前の医者が推定した胃の不調では無く、

すい臓障害だった事」が「判明」したのだ。

「それ以来、飲食物工作があるのでは?」という「推定の下」で、

「巷の飲食物を確かめると・・・」。

「出るわ、出るわ・・・!」

「もちろん、例えば、ペットボトルの水なら、メーカーにクレームした」が、

「メーカーの消費者センターはとぼける」。

「つまり、確信犯で、飲食物工作が在る事を分かっていて誤魔化そうとした」のだ。

「そんなメーカーでも、昨今では、例えば、ペットボトルの形状等を工夫する事によって、工作品の混入を防いでいる様相」だ。

「その後、電磁波工作の悪の実効が高まるにつれ、飲食物工作は下火になりつつあり、電磁波工作が旺盛になっている」』。

『「飲食物で、何か変・・・が在った」ので、「空気やその他の要素まで疑っていた筆者」にとって、

「電磁波工作の実在を知る事は、容易い事」だった。

「巷に売っている電磁波検出器等では、反応しない縦波電磁波等」でも、

「電界メーターなら、キャッチし易い」。

「電界が変化するなら、アルミ等のマイナスイオン発生金属でも、検知出来る筈」だ。

「実際に、試して見ると、電磁波工作の実在は、アリアリと判明した」。

「・・・で、もちろん、こちらも、警察等に相談した」が、

「飲食物工作の時の様に、とぼける」。

「即ち、飲食物工作時のメーカーの如く、警察は、既に、電磁波工作をつかんでいる」のだ』。

『「対策が遅い元凶は、法整備&外交問題を嫌っているから等々」だろう。

「しかし、どんな国の政権でも、自国民の安全を疎かに、もしくは、反日他国人脈より劣遇して、成立し続ける訳は無い」。

「電磁波工作等を蔓延らせ続ける事は、時の政権の命取りに直結している」のだ』。

|

« 韓国に何しに行った?舛添都知事・・・。 | トップページ | 当ブログでは以前から「やるべき!」としているパチンコ税だが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事