« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

戦後乱暴狼藉敗戦火事場泥棒だけでは収まらず、未だに、電磁波・飲食物工作等々を行っている悪者たちは、帰化しているなら帰化を取り消し、強制送還するべきでしょ!・・・。

『「終戦直後、体制不備状態だった日本国内では、韓国(北朝鮮も含む)人等によるタイトルの如き実質的大犯罪が行われた」が、

「日本側は、将来的な平和共存等を前提に含み、異常な程の温情処理を行った」。

「それなのに、その後、多数の協力者が居なければ不可能な、多数の日本国民拉致を始めとする、飲食物工作や電磁派工作や、情報・教育工作や政界工作等々が行われ続けて来た」のが

「戦後日本の実態」だ』。

『「未だに、不健康な工作活動等を行っている者たちは、祖国・母国へ強制送還するべきである事」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

|

日本を訪れる韓国人が減少(?)・・・。

『「人種差別や歴史認識を表立って謳って、親日のまともな韓国人を非難する風潮が韓国で生まれている」らしい。

「もちろん、歴史認識は、事実・現実通りが基本」だし、

「筆者だって、犯罪者区別は行うべき論者だが、人種差別論者では無い」。

「ここまでで、既に韓国内の騒動の実体が判明している」と思うが、

「詐欺・泥棒組が、自己正当化の為に他のまともな韓国人たちに嫌日感情を煽っている状態」なのだ』。

『「本当に問題なのは、詐欺・泥棒組」である。

「日本国内でも、日本国内で一般日本国民と平和共存し続けようとしているまともな韓国(北朝鮮も含む)系の人々」と

「未だに、対日本人工作に邁進している実質的罪人たち」が「居る」。

「日本国内で、日本乗っ取り支配工作や、電磁波工作や飲食物工作等々に、邁進している実質的罪人たち」は

「相応に責められるのが当然」だ。

「来日の目的が、日本乗っ取り支配工作等援助」なら、

「その様な者たちが責められるのも当然」だ。

「逆に、それらの不健康な工作活動等無縁の一般来日」なら、

「筆者も含む、ほとんどの日本国民が来日外国人として普通に歓迎している筈」だ』。

『「筆者の周囲にも、未だに、電磁波工作等を頑張っている悪者たちが少なからず居る」し、

「それら悪者の同朋たちを知っていても、

その悪事の告発さえしない悪者たちのお仲間、

韓国(北朝鮮も含む)系・中共系(フィリピン等中国以外の国籍の者も含む)系の愚か者たちも居る」。

「筆者が非難している」のは「その様な悪者や愚か者たち」だ』。

『「悪者や愚か者等では無い普通の人々」なら、

「韓国内の詐欺・泥棒組のマインドコントロールに支配されず」に、

「歴史認識は、事実・現実に基づいて」、

「来日もご遠慮無く!」である』。

|

北朝鮮への制裁緩和で電磁波工作や飲食物工作が強まっているのでは・・・。

『「人の行き来緩和で、工作活動をもっと頑張り指令でも出されたんじゃないの?」と「思わざるを得ない実態が、日本国内で渦巻いている」。

「工作活動を放棄」なら「北朝鮮は、韓国よりマシにもなれたかも知れない」が、

「電磁波工作や飲食物工作等々が強まっている現状から察する」と・・・』。

|

パチンコ換金をとぼけた警察庁が誤魔化したいモノ・・・。

『「言うまでも無く、パチンコ税は良い事」だ。「更に、言うまでも無く、パチンコ税をかけるなら、偶々換金出来た客にかけるのでは無く、第一に、ギャンブルで稼いでいる店の利益に重税を課税するのが当然」だ。

「ところが、現行で検討されている案」は「まるで、そのスジからの圧力に屈したかの如く、換金時の客側に課税」なのだ。

「オマケに出て来た」のが「そのスケープゴード的な、警察庁のおとぼけ答弁」である』。

『「税金とは、本来、人間社会や人間生活の健康維持を目的とし、不健康を誘っている産業や実態等々にかけるモノ」だ。

「それでこそ、課税の正当性が担保される」。

「だから、例えば、温暖化ガスを排出する石油や天然ガス等への課税や、副流煙で近くに居る者にまで悪影響を与えているタバコへの課税や、大量に摂取すれば害となる場合が多い酒等への課税等々」が、

「正当」で、

「実際にそれらには、通常製品等以上の課税が在る」。

「しかし、税負担は使用者側に偏り過ぎている」。

「本来なら、不健康な側面もある製品等で儲けた生産者側の利益に重税を課すべき」だ。

「ギャンブルも温暖化ガス排出燃料やタバコや酒等と一緒」で、

「パチンコ店には、通常企業以上の課税こそが相応しい」のだ。

「偶々換金出来た客にのみ課税」では、

「小悪を戒め、ギャンブルの胴元である大悪を公然化する事で利するダケ」になる。

「ギャンブルする客のお金を吸い上げて稼いでいるパチンコ店チェーン等のオーナーがセレブ等」では、

「社会秩序が乱れないほうが不思議」だ』。

『「更に言えば、現状のパチンコ店等では、不正行為も蔓延っている」。

「つまり、詐欺・盗人行為等を摘発されない様にアクドク行っている所の利益率が高い」のだ。

「そんな企業等の経営者や株主等がセレブ等」では、

「治安が乱れないほうが不思議」だ』。

『「パチンコの不正防止検査等は、警察のお仲間である保通協等が行っている」。

「しかし、圧倒的に人員・技量不足」である。

「だから実態は、パチンコ店側のやりたい放題状態に近い」。

「警察側は、パチンコ店の不正行為を、実質的に、皆無とする気が無い」のだ。

「その実態は、裏を返せば、パチンコ店側の不正利得を黙認しているのと同じ」で、

「警察等がそんな事をする」のは、

「●暴の取り締まりと同様のやり方」なのだ。

「つまり、パチンコ店に対して、不正はほどほどに・・・ほどほどの域を超えたら摘発し取り潰すゾ!」という「やり方」である。

「その見返りとして、警察関係者の天下り的就職先等」に「パチンコ産業側が一役買っている」。

「警察庁がとぼけた景品交換所等もその一つ」だ。

「換金可能な特種景品を古物として扱っているのも、警察に届け出が必要な古物商の枠を利用しているからに他ならない」。

「つまり、度を超えた不正行為を行ったなら、立証出来れば、法律通りに店の取り潰し、立証出来なくても、特殊景品の扱いを行わないという脅し」である。

「その結果として、古物では無い特殊景品等を使っているパチンコ店も在る」のだ。

「それでも、●暴の壊滅を行わないのと同様で、パチンコ店自体を潰さない」のが、

「日本の警察のゆる~いやり方」である』。

『「そのゆる~いやり方」は「何故生まれたのか?」

「言うまでも無く、戦後日本の体制つくりの段階で、日本国内に居た朝鮮系の人々をちゃんと帰還させなかったから」だ。

「終戦直後で体制不備状態だった日本国内」に「大量の居残り朝鮮人等が居て、更に、警察等の体制も不備だった」から、

「その当時は、そのスジの連中が悪を働いても、

ゆる~くなだめる、

場合によっては、立場や利権等まで与えてやる事で、

悪を収めるやり方しか出来なかった」のだ。

「終戦直後は、仕方の無い方法だったのだろう」が「警察等の体制が出来て来た段階」で、

「本来なら、毅然とした対応を取らなければならなかった」。

「しかし、政界・官公庁・情報/教育界等、朝鮮系の人々が多く実権を保持しているところからの実質的圧力で、毅然とした対応が葬られ続け、

ゆる~い対応が続けられて来た」。

「警察は、その負の歴史を背負い続けている」ので「同類化してしまっていて」、

「未だに、そのスジ、その分野の事では、ゆる~い対応」なのだ。

「その悪影響が色濃く残っている」のが「●暴力とパチンコ店等」である。

「●暴やパチンコ店関係者に朝鮮系の人々が多い事」と「●暴やパチンコ店の取り締まりがゆる~い事」は、

「決して、偶然では無い」のである』。

『「本来なら、日本国内において、日本国民になる旨申告していながら、日本国民になっていない者たちに対する対応」は「相応にキツイのが当然」だろうが、

「日韓併合以降、朝鮮戦争時にも、あまりにも大量の朝鮮系の者たちが渡来し、大量に居残り続けていると共に、似非帰化した者たちも多い」ので、

「日本の国政政党でも、そちら系の人脈の割合が、●暴やパチンコ店等同様、異常に高い政党まで在り、

国政でもモノ言う利権団体的人脈の下」で、

「警察のゆる~い取締りが続いて来ている」のだ。

「そればかりでは無く、{差別}の無い、お役所や警察等には、そのスジの者たちが、率先して入り込んでいる」から、

「朝鮮系の者たちが多いパチンコ店の取り締まりを行う警察関連団体の内実も、朝鮮系の者たちが多い・・・」なんて、

「冗談にもならない事態まで横行している」・・・』。

『「本来の日本国民が、日本社会を良くする為に、今行うべき事は何か?」

「多くの日本国民は、本当に、真剣に考え、実行に移すべき」だ』。

『「宝くじには、所得税がかからない」。

「庶民のギャンブル」で「大当たりしても、当選金の所得税無し」が「宝くじ」だ。

「パチンコを庶民のギャンブルとして合法化する」なら、

「宝くじの当選と似たようなモノである大当たり換金への課税は無し、もしくは、小割合にするべき」だ。

「逆に、パチンコ店の利益に追加重税を課税しないパチンコ税など」は、「まかり通って良い訳は無い」のである』。

『「ついでだから、昨今のパチンコ店事情についても聞いて来た」。

「パチンコ店に行った事のある人」なら「少し観察すれば直ぐに気づく筈」だそうだが、

「みかけは、普通の日本国民を気取っていても、服の趣味や、何となく、醸し出している雰囲気や遺伝的特徴等々が、●暴や●鮮の者(昨今高齢の人も多いらしい)やそのスジの若者や女等なんじゃないの?」と「思しき人々」が、

「大いに出している店もある」そうだ。

「その様な店では、店側がお仲間に出る設定にしてある台を教えていたり、

酷い場合には、不正操作で、通常客の大当たりをストック&お仲間に払い出し、とか、

同種の台では、通常客の大当たりをお仲間の台に回し、

等々の不正さえも行っている場合がある」のだそうだ。

「昨今のパチンコ・パチスロのゲームロジック」は「何万分の一かの超大当たりを引くと、所謂天国モードとなり、ある程度の出玉・出コインが約束されるようなモノ」なのだと言う。

「逆に、超大当たりを引けなければ、出玉等は出ても、そこそこ止まり」なのだと言う。

「更に、所謂地獄モードがあり、地獄モードになると、低確率機でも滅多に出ない、出ても、出た以上に飲む」のだそうだ。

「店側がインチキする時には、超大当たりのみを吸い上げ、代わりに、空信号を回せば良い」のだそうだ。

「酷い店では、個人ターゲットで、空を吸い上げて、地獄モード当たりをプレゼント」なんて「悪質な店もある」のだそうだ。

「昨今の電磁波工作で使われている壁や金属等の透過性が高い縦派電磁波」の「実態」は、

「信号ドット電磁波」で、

「壁等を隔てた覗き」や「人体に対する傷害」目的だけでは無く、

「無線」で「パチンコ・パチスロ機等やコンピューターやスマホ等」を「不正操作する事」も「目的の一つ」として、

「開発されている可能性もある」。

悪質店等による、「警察等への説明」は「貧困させて、犯罪者を増やすより、お仕事が楽になるでしょ!」等々だと言い、

「警察側の取り締まり機関等も、終戦直後のゆる~い対応の負の歴史がある」から、

「なんとなく、なぁなぁ・・・で、認めてしまっている場合も少なく無い」と言うのだから、

「酷いモノ」である。

「そして、大手や地元密着店程、地元警察取り締まり機関等との密接ぶりも、不正ぶりも、酷い」らしい。

「逆に、正当な経営を行うと、パチンコ店は客数次第で、客が少なければ、直ぐに潰れる」との事だった』。

|

韓国では「独島教科書の大量配布」だそうだが・・・。

『「独島詐欺」で「韓国国民をマインドコントロール続ける為」に「今更、独島教科書の大量配布」を「行っても」、

「歴史上の現実は変えられない」。

「韓国の悪あがき」は「永遠の恥辱を自ら呼び込む方法の一つにしか成っていない」のだ』。

『「実用科学技術の世界」では「信頼性工学等が重要」だ。

「信頼性工学等が成り立つ土壌の有る・無しによって、その所で出来上がる製品の信頼性も大きく変わる」。

「信頼性工学等が成り立つ土壌に在る」のは、

「周囲の他の人々との信頼関係を重大に捉えている文化」に他ならない。

「周囲の他の人々との信頼関係のベースとなる」のが「事実・現実」である。

「事実・現実を重んじない所」には「信頼は無い」のだ』。

『「詐欺・泥棒国家等に在る」のは、

「お仲間とお仲間以外を分ける事で、詐欺・泥棒等を正当化し続ける文化」であり、

「事実・現実に根差した信頼では無い」。

「真っ当な人間」なら「そんな文化は嫌になる」し、

「排除する」。

「詐欺・泥棒等の文化を排除しきれない国等」の「実態」は、

「真っ当な人間の割合(数や力)が足りない事」だ。

「当然、そんな国家等は、衰退する」』。

『「韓国国民を独島詐欺で操り続けようとする事」に「大枚を投じている」くらいなら、

「韓国が戦場にもなった韓国権力者が日本に助けを求めて行われた日清戦争

~日本による保護を求めた時代

~日本に救ってもらった日韓併合時代と、その裏で行った米国での植民地支配詐欺等

~日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒による立国(米国での植民地支配詐欺成功による戦後韓国初代大統領米国帰りの李承晩)

~李承晩等が支配地域を朝鮮半島&日本全体に広げる為に行った朝鮮戦争とその過程で不当占拠した竹島(独島)等々」の

「歴史上の事実・現実」を

「事実・現実通りに教えれば良い」のだ。

「そして、詐欺・泥棒等の行為を真摯に反省し、二度と同じ過ちを繰り返さない証として、被害を与えた国等に謝罪・補償すれば良い」のだ。

「それらの罪を認め、罪を悔い、罪を償う等々の行為無き韓国」では、

「永遠に信頼が育ちえない」。

「つまり、韓国や韓国国民等は、今のままなら、永遠の恥辱に染まる道の上を歩む事になる」のだ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)が全世界を制覇出来る」等と言うのは、

「現実逃避概念以外の何物でも無い」。

「特定極一部民族等による全世界制覇」など、

「自然の摂理にも反する大愚行」の「妄想に過ぎず」、

「実現性はゼロ」だ。

「全世界制覇が不可能な場合、モノを言うのは、事実・現実」である。

「今後も、科学技術や分析技術等々の発展に伴い、益々、歴史上の現実は、現実通りの姿で、より数多くの人々が知る事となり続ける」。

「最終的に堂々と残れる」のは、

「事実・現実の上に在る国や者たち」だ』。

|

電磁波工作兵器は「スマホ等の不正操作も可能」だからご用心!・・・。

『「筆者が部屋でスマホを操作していたら、何故か?そのアプリのリセットが何度もかかった」。

「おや?」「何故?」と思い「原因を考えてみた」。

「スマホ自体に問題は無かった」ので「原因は別」になる。

「筆者の部屋の特有環境は、上に電磁波工作員が常駐している事」だ。

「電磁波による覗き行為や、傷害行為等々が目的と考えられる」。

「スマホ操作妨害もその一環」なのだろう。

「電磁波による影響」なら「電磁波が当てられない様にスマホの位置を変えれば症状は消失する筈」と「考え、実際に位置を変えたら、見事に症状は消失した」と「共に」、

「上階からは、工作員が地団駄踏む足音が・・・」』。

『「ここで、はっきりした事」は、

「電磁波工作を行っている連中が使っている電磁波」は、

「スマホ等の不正操作も可能である事」だ。

「今回の筆者の場合」は、

「そのアプリのリセット信号だった」が、

「それが、勝手にアプリを起動し、合意信号を遅らせる事等々」だったりしたら、

「ある人のスマホ等が、ある人の部屋の中で、ある人と共に在る時に、その契約等が行われた事になってしまう」。

「ここで、ある人」が、

「自分はそんな事をしていない!」と「主張」しても、

「電磁波工作の訴えや証明等が無き場合」、

「ある人が、責任逃れの為に嘘を言っている」等と、

「みなされてしまう」だろう。

「今後は、その様な冤罪被害、もしくは、有料サイト詐欺等々が多発する」と「強く推定される」。

「何しろ、電磁波工作を行っている」のは、

「●暴(韓人脈の割合が異常な程多い)関係や韓(北朝鮮も含む、在日も、似非帰化も含む)・中共関係」と

「強く推定される」のだ。

「連中の得意な詐欺・泥棒行為の電子技術悪用版」である』。

『「電磁波工作」は「確実に進化させられている」のだ。

「気づかれ、防御されてしまう」と「電磁波工作による、傷害・殺人等は困難になる」が、

「人体では無いが故に、比較的防御の甘い、スマホやタブレット等」なら、

「例えば、出先のホテル等で上階等からの電磁波工作に対する完全防御は困難」だろう。

「警察等も早急に対策を行うべき」である』。

|

国家契約日韓併合を日本による侵略~植民地支配と言いながら、日本に居る者たちの実態・・・。

『「日本を侵略し、乗っ取り支配する為」になら「日本に居て侵略~乗っ取り支配工作を受け継ぐ子沢山等々・・・こそが合理的」になる。

「元々が、日本の乗っ取り支配」なので「日本人より上に立ちたがり」、

「日本人より上に立つ為に、日本人に対して電磁波・飲食物工作等を行い」、

「若い工作員たちも少なく無い理由が其処に」・・・』。

『「日韓併合を日本による侵略~乗っ取り支配」というなら「朝鮮半島に帰るべき」だが』。

『「日本国内に居続けたい」のなら「工作活動などは行わず、手助けせず、隠し蓑役を引き受けず、告発、摘発するべき」だ。

「当たり前の話し」です』。

|

日本国内には確実に少なからず「日本乗っ取り支配工作員が居る」・・・。

『「先日の記事をアップした後、電磁波工作や飲食物工作に励んでいる連中の筆者に対する工作活動の頑張り具合やストーカーの酷さが増している」。

「筆者の車にも強めの電磁波を当てて来る車のナンバー」では、

「1&1&8&8(順は色々)・・・全部足すと18や、全部足すと21や、全部足すと13の連中が多い」。

「その様な車との遭遇率や実際の電磁波照射率」で「筆者ターゲットの工作の頑張り具合が判る」のだ。

「出先のホテル」でも「資本関係や経営者関係」が「そのスジの者」だと、

「筆者が泊まる部屋の上」には、

「漏れなく、電磁波工作員が付いている」。

「電磁波悪用の覗きで、筆者の寝る位置等を確かめ、

就寝中や、椅子に座ってテレビ等を見ている時に、頭や胸に、電磁波を当て続けようとする」。

「対策抜きで、工作電磁波を当てられ続ける」と「ロクな事は無い」ので、

「相応に対策して実効が出ない様にしている」が、

「当然、対策には本来なら不要な余分な手間も時間もお金もかかる」。

「人類滅亡を避ける方向に力を加えようとしている筆者の仕事の邪魔をしている」のだから、

「正に、悪魔の所業」だ。

「そんな工作員どもも、もちろん、そんな工作指令等を出している者たちも、そんな工作等に協力している者たちも、

・・・永遠の恥辱に染まる道の上を歩まされる事になる」。

「子孫を残して、悪の文化を代々引き継がせようとしても無駄」だ。

それにしても、「警察等ももっとちゃんと電磁波・飲食物工作等々を取り締まるべき」だ』。

|

福島第一原発避難者自殺東電賠償命令判決問題・・・。

『「一時帰宅が出来た避難者」に「絶大な絶望感を与えた一番の元凶」は「マスゴミ報道論調&マスゴミ報道論調に毒された方々の雰囲気」だろう。

「もし、自殺されてしまった方の周囲」に、

「被災事故は起こってしまったけれど、必ず帰宅・復興出来る等々の希望の雰囲気が在った」なら、

「一時帰宅が出来た方の自殺は食い止められていた可能性大」だろう。

「もちろん、福島第一原発被災事故の実体は、津波対策を誤った人災」なので、

「東電の責任もある」だろうが、

「一時帰宅出来た方を自殺に追い込んだ、当時の絶望感煽り&原発・放射能等々絶大危険/絶対悪的な、マスゴミや周囲の論調・雰囲気等の事」は、

「決して、忘れてはいけない」』。

『「被害者遺族」は「訴えるなら、東電だけでは無く、マスゴミも訴えるべき」だ』。

『「東電ダケに特化した訴え」では、

「マスゴミ同様、中共や韓(北朝も含む)を利する事」にも「なってしまう」。

「東電ダケに特化した訴えの裏」には、

「中共や韓(北朝も含む)の手先の人々」や、

「中共や韓(北朝も含む)の手先弁護士等がいるのでは・・・?」と「思えてしまう」のだ』。

『「中・韓・ロ等々が、平然とアブナイ原発を使い続けている中での日本の原発等の問題」は、

「悪戯な日本のみ脱原発」や、

「悪戯な東電叩き」等々という

「短絡的で、実際は、中・韓・ロ等を悪戯に利する解決???法」に、

「悪戯に賛同しない」くらいの、

「冷静な考察が必要な事」なのだ。

「日本の国益・国民益や、国際情勢まで十二分に考慮した上で、

日本の環境や地球温暖化問題の改善も含め、

日本の防衛体制にも、

日本企業にも、

一般日本国民にも、

大きなデメリットをもたらさない解決法」で無ければ、

「日本国民なのに、行っている事が反日国の手先」に「なってしまう」のである』。

『「今回の地裁判決、賠償命令」は、

「マスゴミ等の責任抜きなら、当然、控訴されるべき」だ』。

|

多文化共存と言っても「泥棒・殺人文化」と「一般市民文化」が共存出来る訳など無いのです・・・。

『「一般人間社会」では「泥棒や殺人等々の犯罪行為を行った者たち」を「刑務所等に隔離する事」で「平穏を保つ」。

「その様な、当たり前の処置方法」を「国家間でも適用すれば良い」のだ』。

『「日本にとって、韓国(北朝鮮も含む)は、詐欺・泥棒国家以外の何物でも無い」。

「朝鮮側に頼まれて、清との戦争まで行い、その後も、保護条約~日韓併合により、韓国権力者たちの保身と朝鮮半島内の近代化の為に尽力し、

実質的には、韓国(北朝鮮も含む)を救って来た日本」に対し、

「日本の敗戦につけ込んで、日本人の立場・財産を奪う事で国を始めた戦後の韓国(北朝鮮も含む)」は、

「正に、泥棒」だ。

「そればかりでは無く、日韓併合時に日本国内にも自主的に大量に渡って来ていた朝鮮人たちの一部」は、

「終戦直後の武力を持たない日本人に対し、日本国内でも、乱暴狼藉・火事場泥棒行為までをも、行った」。

「正に、殺人・傷害・強盗犯」だ。

「それは、歴史上、消え去る事の無い事実」だが、

「そんな事実を正当化する為に、韓国側が言っているのが、日本による侵略~植民地支配」だ。

「正に、全世界をも欺こうとしている詐欺行為」である』。

・・・・・・・。

『「中国共産党の基本文化」は、

「中国共産党にとっての有益分子の育成と不適応分子の粛清」だ。

「それは、そのまま、中国共産党にとっての不適応分子の殺人等にもなっている」。

「中国共産党にとっての有益分子とは、中国共産党にメリットをもたらす人々に他ならない」。

「国家・国民の上に中国共産党という仕組み」は、

「中国共産党のお墨付きが有れば、中国内では、何でもオーケーになる事と同じ」だ。

「多数の他人を病気にする様な粗悪な飲食物や、粗悪な製品や、手抜き工事の建物等々で、暴利を稼いでも、中国共産党のお墨付きが有れば、お咎めなし」だから、

「悪は、中国共産党のお墨付きをもらう為に、大量の賄賂や女性等々を{献上}する」のだ。

「それは、構造欠陥」である。

「構造欠陥、中国共産党が、どんなに正義ぶっても、悪や献上を無くす事など出来ない」。

「そこで、中国共産党は、別の道で正義ぶろうとする」。

「それが、覇権主義」だ。

「世界中の誰もを中国共産党の下に出来る」なら、

「もはや、中国共産党の構造欠陥も追及されず、中国共産党員はご安泰となる」から、

「{献上}に染まった中国共産党員たち」は「自己正当化の為」に、

「他国の侵略~支配にも、邁進している」のだ』。

・・・・・・・。

『「一般人間社会の常識を当てはめる」なら、

「韓国(北朝鮮も含む)」や「中国」は「とりあえず、隔離」が「相当」だろう。

「全世界から、隔離されれば、現状のまま・・・では、やって行けなくなる」から、

「韓国(北朝鮮も含む)」でも「中国」でも、

「変わらざるを得なくなる」。

「現状の韓国や中国とは、下手な友好関係など結ばず、全世界的に隔離する事で、体質が変わるのを待つのが正当な道」だ。

「実際に、今のままではまずい・・・等と真摯に思っている朝鮮人・中国人の数は、決して少なく無い」。

「今の韓国(北朝鮮も含む)や中国の権力者たち」と「手を結ぶ」のか、

「今のままではまずい・・・等と真摯に思っている朝鮮人・中国人たち」と「手を結ぶ」のか。

「誰にでも、どちらが正当な道か?」は「直ぐに判る筈」だ』。

|

広島、土砂崩れ大被災は防げなかったのか?・・・。

『「せっかく立派な気象衛星からのデータが在っても、それを十分に活かせていない・・・」のでは・・・。

「自治体警報の基準」として、

「気象衛星データや地形・地質・土地利用状態データ等々から導き出す、積算危険雨量予測」が「用いられていた」なら、

「今回の場合なら、遅くとも、一時間前には、避難指示が出せていた筈」だ。

「担当部署の人による判断」では、

「人次第になってしまう」。

「その人が何を重視するか?」で「警報の内容も、出す時期も、・・・変わってしまう」。

「今時なら、当然、この種の問題でも、人次第はダメ」だろう。

「コレだから、官公庁は民間の●十年遅れ・・・等々と言われる」のだ』。

『「竹島が不当占拠されても、拉致までされても、従軍慰安婦補償等の不当要求までされても、

・・・十分な韓国対策も行わず、

隣国との友好関係・・・等々と寝言を言っている」ような「状態」だから、

「こんな事態にもなっている」のだ。

「政治家や官公庁等々が現実対策をちゃんと行う体質だった」なら、

「竹島の韓国による不当占拠はとっくの昔に解除」され、

「拉致被害者の数は、最小限で、それ以降は、スパイ・工作活動防止法や実効のある摘発体制等により、日本国内での工作活動がかなり抑えられていた筈」だ。

「竹島の不当占拠をちゃんと解除させる日本に対して、韓国が、従軍慰安婦補償など要求する訳も無く」、

「日本国内の防災体制もずっと実効のあるモノとなっていた筈」だ。

「戦後の日本と韓国(北朝鮮も含む)関係の様な重大な一つの事をいい加減にしたまま・・・にしようとし続けて来た」から、

「それに合わせて、他の全ての事もいい加減にせざるを得なくなっている」のである』。

『「気象衛星データ等々から導き出す科学予想」なら、

「日本全国全ての場所で、同様の判断基準となる」。

「万一、予想が外れたり、著しく現実と合わない場合がある」なら、

「その補正法を科学的に積み上げて行けば良いダケ」だ』。

『「そもそも、人口・規模大国、中国等が環境をロクに考えない経済発展に邁進し続けて来た影響も非常に大きい、現状の地球温暖化状況」は、

「過去の気象データによる予測では無く、今の気象データによる極近未来予測を基準とせざるを得ない状態に在る」。

「更に、日本でも使える原発を止め続け、火力発電所をフル回転・・・」という「地球温暖化積極支援」だから、

「人類の自虐ぶりは、本当に酷い状態」だ』。

『「はっきり言えば、後追い国が急速な経済発展の追及をせず、環境に留意した経済発展政策を採り、日本も使える原発を積極使用し、火力発電を控えていた」なら、

「今回の犠牲者は出ていなかった可能性が大」なのだ。

「悪戯な経済発展追及者たち」や「悪戯な脱原発追及者たち」は、

「大いに反省するべき」である』。

|

マスコミ騒ぎになったから・・か、まんだらけの万引き犯は逮捕だが・・・。

『「今後も、万引きで困った店は、マスコミでも、マスゴミでも、・・・利用したがる」だろう。

「万引き犯の検挙率は上がった」が「他の、マスコミやマスゴミが大騒ぎしない、出来ない、犯罪の摘発は、遅れる、出来ない、しない、・・・、」のでは・・・。

「電磁波・飲食物・情報/教育工作等々に対する対応も不十分過ぎる」のだから、

「代理処罰を徹底する為」にも、

「国策として、警察体制の刷新が急務になっている」』。

|

カルト宗教信者か(?)多人数別母代理出産を求めて実行中の大金持ちで若い一人の男性・・・。

『「現行法では、犯罪となる可能性は低い」が「タイトルの様な異常事態でも引き起こせてしまう」のが「現状の未熟な人間社会」だ。

「大金持ちで個体年齢の若い父親」が「資産分散の為に大量の子ども・・・」という「発想」の「裏」には、

「未熟で不出来な現状経済システム上で、大金持ちと成っているが故」に、

「本来の自信が持てていない自分の実体」が

「無意識から、代償欲求の追及を強いている様相」が「見て取れる」。

「未熟で不出来な現状経済システムに媚びず」に、

「利権偏在状態を是正する社会健康化に力を加える事」こそが

「現状大金持ちが本来の自信を持てる様になる為」の「本当の解決への道」なのだ。

しかし、「その様な本道を歩まず」、

「本当の自信も持てず」、

「自らの無意識が要求している代償の追及に奔走する」と、

「他の者・物・事を利用した自己確認行為となってしまう」のだ。

「今回の場合」は「他の多数の女性の卵子を利用して、自分の世代交代を行う事」により、

「外面的な自己確認を行い」、

「自信を持ちたい」のだろう。

でも、「お気の毒な事」に、

「代償欲求は代償欲求に過ぎない」から、

「本当の自信が湧いてくる訳も無い」のだ』。

『「今回の事例」は、

「生物学的に見れば、父親の多様性を著しく阻害する、

人類の世代交代に対する重大な冒涜行為」になる。

「ところが、現行法では、十分な規制も出来ていない」のだ』。

『「何故か?」

「元々、未熟な人間社会の歴史の中で、人類は、例えば、一夫多妻制等も容認して来た」。

「一夫多妻制」とは、

「一人の男性の権力や経済に応じた女性器・卵子・子どもの数みたいな話し」で、

「その様な事態の現代版が今回の事例」なのだ。

「人間社会を取り締まる法律等」は「主として権力者がつくって来た」から、

「現状までの法律等は、権力やお金を持つ者たちに異常な程甘くなってしまっている」。

「国境線が低くされ続けている現代」では、

「大量のお金」と「その意思」さえ「有れば」、

「今回の事例と同様の事態が意外と簡単に引き起こせてしまう」。

「いい加減に、法律や経済システム等も、権力者等がつくるのでは無く、人類の実体やその本来の目的との整合性を取って、科学的につくり直すべき」だ。

「言うまでも無く、そうすれば、国境線など関係の無い法・経済等のシステムとなる」。

「人類誰もが、人類の世代交代は個の保存では無く種の保存である事」を「実感をもって知り」、

「未熟で不出来な現状の法律や経済システム等を是正し、経済や権力の実体離れした不健康な価値判断や偏在の是正」を、

「大急ぎで行うべき」だ』。

『「筆者の感覚」では「今回の男性の行動」は「まるで、カルト宗教信者の行動」である。

「大量の子どもは、・・・自分の哲学として・・・」等との「弁」からも、

「その臭いが漏れている」。

「哲学では無く、生物学や科学」なら、

「父親の多様性を否定する愚行」は、

「直ちに判る」。

「更に、精神心理学の素養が有れば、自分が愚行を行ってしまっている訳も探究出来る」だろう。

「現状経済システム上で、大金持ちになる前に、人間としてちゃんと学び、身に着けて置くべき知識や感性等が有る」のだ。

「逆に言う」と「ちゃんとした知識や感性等が有る」と、

「実に未熟で不出来な現状経済システム上での大金持ちへの道」など、

「馬鹿馬鹿しくて、歩む気にもなれない」ものだ。

「そんな愚行の一生に身を投じる」より

「自分の実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続との整合性が取れる事」で「自らが行える実務」に「普通に励む事」で、

「本来の自己確認欲求を満たし続け、自信も身に付けて行こうとするもの」だ。

「今時の人類なら、誰でもそれくらいの感覚は持っているべき」と思うが・・・』。

『「今回の事例は、象徴的警鐘」だ。

「今時の人類なら、誰もが、今時の人類として行うべき物事に、いい加減に気づくべき」である』。

|

東京産まれが東京に故郷を感じない理由・・・。

『「筆者は、産まれ育ち東京&現関東平野東京都外暮らし」だが「東京にある実家は故郷にある家」だ。

「しかし、故郷的環境は、それこそ、関東平野に限らず、都市部全般に在る」。

「故郷=田舎」という「感」で「学校教育やテレビ・マスコミ情報」は「染まっている」ので、

「故郷=田舎感」が「優位に立つ」と「都市部産まれ育ちは、故郷を失う」のだ』。

『「都市部産まれ育ち」から「故郷感を奪っている」のも「戦後の情報・教育」なのだ』。

|

昨日は日本では終戦記念日だったが、韓流テレビでは光復節や従軍慰安婦問題の宣伝に多大な時間を割いていた・・・。・・・。

『「実に異常な日本の公共の電波使用状態」だった。「まるで、日本国内に居る韓国(北朝鮮系も含む)系の人々用」の「使用状態」の様相だ。

「何故、こんな異常事態がまかり通っているのか?」

「もちろん、戦後の日本国内に大量の韓国(北朝鮮も含む)系の人々が居残っているから」だ。

「植民地支配だ!」と言うのなら「在り得ない事態」だ』。

『「日韓併合が日本による植民地支配では無く、

韓国による、当時の韓国権力者たちの保身&日本を利用した韓国内の急速な近代化&米国を利用した日本の壊滅&日本乗っ取り支配」なら、

「現状は、正に合理的」となる。

「そもそも、国家権力者が、二国間の国家契約である日韓併合に合意した」のだから、

「相応のメリットを考えていたのが当たり前」だ。

「侵略~植民地支配」なら「国家間契約合意の前に、徹底抗戦等がある」のが「当たり前」だが、

「当時の韓国は、余りにも国力が衰退」し、

「当時の韓国内では、当時までの韓国権力者たちによる一般韓国民衰退支配政策が余りにも酷かった」から、

「一般韓国国民を煽って、徹底抗戦する事など不可能だった」のである。

「当時の韓国権力者たちが、自らの保身の為に採れた道」は、

「表向きは、日本に吸収合併される」と共に、

「日本国内に入り込んで、日本の乗っ取り支配等を画策する事」と、

「米国にも渡り、米国を利用して、日本の乗っ取り支配を実現する事」だった』。

『「そんな実状」に「日韓併合前の日本による保護条約締結時に、朝鮮半島に渡っていた伊藤博文たち」は、

「気づいていた」。

「日本との一体化併合は日本にとってメリットが無いばかりでは無く、危険」と「認識していた」のだ。

「当時の韓国権力者たちにとって、伊藤博文ほど都合の悪い人物は居なかった」。

「一体化併合によって、日本の権力機構の中に深く食い込まない限り、日本の乗っ取り支配策略に、勝算は無いから」だ。

「伊藤博文は暗殺された」』。

『「渡米した、当時の韓国権力者たち」は、

「米国内で、日韓併合という韓国権力者側も望んで合意した二国間の合意契約」を、

「日本による侵略~植民地支配」と「嘯き」、

「植民地支配からの解放の為の資金」を「集めた」。

「そして、その資金を利用して、当時の米国権力者たちに取り入った」のだ。

「元々、日本と米国との間」は「より進歩した文化・文明を自らの力で生み出そうとし続ける文化的にも近く、仲も悪く無かった」。

「ところが、当時の渡米した韓国権力者たちによる騙し」が「実効を示す様になる」と、

「米国内での日本の評価は、一気に危険な国」となった』。

『「欧米列強並みの力を得ようと、当時混乱状態にあった大陸内にまで進出した日本」は、

「欧米列強から敵視され、太平洋戦争となり、日本は敗戦」した」』。

『「日本の敗戦」につけ込んだ「戦後韓国」は、

「朝鮮半島内の日本人の立場・財産を火事場泥棒的に奪う事で、国を始めた」と共に、

「日本国内の朝鮮人を帰還させず、日本国内でも、敗戦につけ込んだ火事場泥棒を行わせた」。

「多くの日本人成人男子がいない中、朝鮮人の男たちによる乱暴狼藉が日本全国で行われた」。

「余りに酷い暴れぶりに、ついには、占領米軍が、朝鮮人鎮圧に乗り出した」。

「その時の朝鮮人の言い分」が「自分たちは戦勝国の民である。日本から奪って何が悪い!」であり、

「それに対する米軍からの戒め」が、

「あなたたちは、戦勝国の民では無い。戦敗国の民でも無いと言うのなら、あなたたちは、第三国人だ!」である。

「この辺りの事情」を「戦後の多くの日本国民が知る事を嫌って」いたから、

「韓国(北朝鮮も含む)系の人々が実効支配し続けて来た、戦後の日本の情報・教育」では、

「終戦直後の歴史情報」や「三国人は差別!」等々が、

「まかり通って来ていた」のだ。

「ネットの普及で、情報・教育統制体制が崩された事」により、

「今では、多くの一般日本国民が真実を知る事が出来る様になっている」』。

『「韓国は、

日韓併合という二国間の合意契約を日本による植民地支配と嘯き、

光復節が{盗人万歳国家復活}では無い」と言うのなら、

「日本国内に居残っている韓国系の人々を帰還させるべき」だ。

「従軍高報酬売春婦(当時は、売春は合法で、仕事の一つとして認められていた)」を

「性奴隷」と「嘯く事は止め」、

「意に沿わぬ従軍高報酬売春婦が補償を欲しがっている」なら、

「意に沿わぬ朝鮮人従軍高報酬売春婦の元」である「売った朝鮮人の親・兄弟・親戚等」と、

「朝鮮人から買って旧日本軍に渡した朝鮮人の商売人たち」に、

「補償を行わせるべき」だ。

「韓国が普通の国として認められる為」には、

「植民地支配や、従軍慰安婦等々、歴史認識詐欺を止める事」が「必需」である。

「しかし、その前には、韓国国民自体を嘘・偽りの歴史認識で騙し続けて来た事で、支配して来た、戦後の韓国権力者たちが、

その悪行を是正し、

応分の罪と罰に処される必要がある」だろう』。

『「日本の公共の電波」は「普通の日本国民の人脈の下に戻されるべきである事」は、

「言うまでも無い」だろう』。

|

「戦争反対!」は言うに容易いが「戦争とは?」くらい検証するべきでしょ・・・。

『「人類の歴史は戦争の歴史とも言われている」。「それでは、何故、人類は、それほど戦争を繰り返した来たのか?」

「その答えを探る為には、人類を大元で動かして来た人類の深層心理を知る必要がある」』。

『「人類が、過去の戦争で目指して来た事は?」

「言うまでも無く、支配の拡大」だ。

「文明・文化・経済・人そのもの等々への支配拡大こそが、戦争の目的になって来ている」。

「多くの戦争が、比べっこ原理主義に基づいて、どちらの文明・文化が優れているのか?」で「ぶつかり合い、戦争となった」。

「そして、同様に多くの戦争が、文明・文化が遅れているところへの優位なところからの侵略として行われた」。

「そして、勝者となった」のは、

「何時の時代、何処の戦争でも、最終的には、文明(特に、戦争文明)が一番発達していたところ」だ』。

『「戦後はとうなったのか?」

「戦争による●●民族等壊滅」とは「現実離れした二極論」で、

「実際は、ほとんど全ての場合で、負けた方の人々も生き残り、世代交代し、現在に繋がる歴史を生きている」。

「負けた方の中にも、勝った方の文明・文化が入り込み利用されている」』。

『「戦争当事国同士が、より発達した文明・文化等の比べっこを行っていた場合」は、

「どちら側の人々も、基本的に欲しい物事は、より発達した文明・文化等」なのだ。

「だから、そんな当事国同士は、戦後になれば、最終的には、より発達した文明・文化等の上で、仲良くなれる」』。

『「より優位な文明・文化等による侵略の場合」は、

「侵略された方の受け止め方次第」だ。

「自分たちの元の文明・文化等の未発達を認め、侵略行為等は非難しても、発達した文明・文化等をもたらした部分等を受け入れれば、その後は、正常発達も可能な国となる」。

「しかし、劣っていた文明・文化等こそが正義だ!」等と「戦前に執着」すれば、

「その事自体が、文明・文化等の発達の邪魔になる」。

「正常発達を失った状態」では「どんな国の民でも、文明・文化等上で後追い状態を続ける事となる」。

「それでも尚、戦前への執着が有れば、侵略し、発達した文明・文化をもたらした国々に対して、補償等を求める様になる」。

「つまり、補償という病床利得上で生きる様になってしまう」のだ』。

『「上記の現実から、簡単に判る事」がある。

「戦争に負けない国となる為」には、

「何処の国よりも発達した文明・文化等を保持し続ける事」だ。

「それは、ある意味では、人類の進化の方向性との整合性も取れている事」だが、

「だからと言って、戦争に負けない国をつくり続ければ、人類として正解の人生を歩んだ事にはならない」のだ』。

『「人類の歴史は戦争の歴史とも言われて来た現実」は、

「何故、変えられなかったのだろうか?」

「支配争いの本質を見失って来たから」だ』。

『「元々、人類の本能として、存続本能が在る」。

「存続の為には、その時々の自分の状態を周囲を確かめながら確認する事が必要」だ。

「更に、確認出来た自分の状態と周囲から、自分の存続との整合性が取れる実効のある行動等を選択し実行する事が必要」だ。

「人類は、基本的に、誰でも、存続という本来の目的に沿う様に、自己制御しながら、存在している」。

「ところが、自分の実体との整合性が高い、存続目的の自己制御が、常に、出来続ける訳では無い」。

「そんな場合にどうなるのか?」

「人は代わりを求める」のだ。

「代償欲求の発生」である』。

『「自分の実体との整合性が高い自己制御が出来ない場合の代表的な代償欲求の一つ」が、

「他者支配」だ。

「自己制御が満足に出来ていない代わり」に「他人を支配する事で、自分の無意識を誤魔化し、バランスを取ろうとする」のだ。

「古の時代~現代でも世界のある部分では、

本能が求めている存続の為の自己制御の為に、

自力のみで、適時飲食物を得る事だって困難」だ。

「そんな場合に、他人を支配して、他人に飲食物を用立てさせたり、・・・し続ける事で、適時飲食物を得る事が可能」ならば、

「他者支配による自己満足という道を選択する者は、決して少数派では無い」。

「それが、集団となり、どちらが支配権を得るのか?の比べっことなれば・・・」。

「戦争だって起こる」のだ』。

『「基本的な戦争の元」は、

「自己制御の代償欲求である他者支配」である』。

『「もう、誰もが、お気づきだろう」。

「代償欲求の追及の自覚も無く、代償欲求の追及に奔走している者たちばかり・・・」なら、

「人類は、戦争も繰り返すダケ」だが、

「過剰な代償欲求の追及を止める自己制御を多くの人類が行う様に、人類の文化等が進化する」なら、

「戦争を二度と起こさない事も可能になる」のだ』。

『「もちろん、個人個人の問題の集大成で、戦争等の集団行動も生まれている」のだから、

「本当の平和主義者」なら、

「先ず、自ら、健康な自己制御を行い続け、過剰な代償欲求の追及は抑制する事」だ。

「もちろん、現状で大きな立場・権力を保持している者たちの責任は、応分に大きい」』。

『「健康な自己制御が出来ずに、自分に負けている者たち」が、

「例え、他人を殺して勝ち誇っても、

その実体は、自虐的な大敗」である。

「比べっこ原理主義者たち」は、

「代償欲求過剰追及の渦から、自分を解放するべき」なのだ』。

『「人類として産まれて、その目標が、他者支配や、大量消費自慰生活では・・・」、

「正に、病気・・・で、本当に情けない」。

「自分の実体、及び、自分の実体の本来の目的、との整合性を取る実務を行い、

自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する事こそ」が、

「人類本来の健康な生き方」に他ならない』。

『「世界平和は、健康な人類の集団の上に在る」のだ』。

|

「辺野古移設反対!」を訴えている、世界一アブナイ基地普天間残し&米軍事故による日米安保崩壊を願っている(?)方々・・・。

『「世界一アブナイ基地普天間」を「出来るだけ早く移設する現実的な解決法」が「普天間移設」だ。

「もし、万一、普天間基地周辺で米軍が事故を起こして、日本国民に重大な損害を与えてしまう・・・と、日米安保にも、重大な障害が生じる可能性がある」。

「普通に、冷静に考える」なら「普天間移設は仕方無いベターチョイス」だろう。

「ところが、普通では無い方々が、少なからず居る様相なのが、沖縄」なのだ。

「何故か?」

「米軍基地集中によるストレスはもちろん当然の原因」だが、

「沖縄の情報・教育等が酷過ぎる事も、その大きな一因」だ』。

『「11月中旬に沖縄県知事選がある」が、

「争点」を、

「辺野古基地新設!」と訴えるのと、

「世界一アブナイ普天間基地解消!」と訴えるのとでは、

「多くの沖縄県民を含む日本国民の受け取り方は違う筈」だ。

「沖縄でも、沖縄以外の日本国内」でも、

「マスゴミの論調」では、「辺野古基地新設反対!が主流」だが、

「それは、マスゴミが、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の手先の情報工作機関だから」だろう。

「そして、その親中共・親韓の度合い」が、

「沖縄や北海道等々の地方マスゴミでより濃厚」なのだ』。

『「地元マスゴミ論調依存タイプの人々の割合」も「大きな問題」で、

「所謂、大都市部に比べ、沖縄や北海道等々の地元マスゴミ論調依存度」は、

「異常な程高い」』。

『「その結果として、普天間基地を出来るだけ早く解消する現実的な選択肢の障害となる様な地方首長までもが選ばれてしまっている」のだ。

「米軍基地が沖縄に偏在し過ぎている状態」は、

「多くの日本国民が悪いと考えている」。

「国会議員だって同様」だろう。

「筆者は、先ず、米軍機能を自衛隊に転換し、自衛隊基地を日本全国バランス良く配置すべき論者」だが、

「その前の段階として、米軍基地のままでも、世界一アブナイ普天間基地の解消は急ぐべきと考えている」。

「多くの日本国民も、同様の思いを持っていると思う」』。

『「沖縄の方々に真意を問いたい」のだが、

「辺野古基地新設反対!」で「普天間温存状態が長引くのは良いのか?」

「普天間温存の間に、米軍事故が起きてしまい、日米安保に重大な障害が生じ、結果として、中国共産党等による侵略行為が容易になる事が良いのか?」』

『「日本全国何処に住んでいようと、マスゴミの論調に操られずに、自分の頭で考えるべき」だろう』。

|

まんだらけ「万引き犯へ、顔ビデオ公開するぞ!」騒動・・・。

『「言うまでも無く、元は、万引き犯」だ。「そして、次が、警察の捜査体制」だろう。「その上に今回の店側の自主防衛がある」。

「しかし、自主防衛上で難しいのが、現行法上違法とならない実効のある対策」だ。

「犯罪者の人権保護を、犯罪を犯していない者の人権保護と同じに求めている現行法上の問題」が「露呈している」。

「さすがに、罪確定後や指定暴力団員等ともなれば、別枠扱い」だが、

「指定暴力団員でも無い犯罪者の摘発前の人権は、犯罪を犯していない一般市民と同じ」なのだ。

「犯罪事実が確定的である今回の様なケース」なら、

「犯罪者に対する人権が犯罪を犯していない一般市民と同じ」という

「悪平等状態」を「解消する」方が、

「日本社会の安全の為には実効が高い筈」だ。

「ただし、自主防衛に伴う過剰な報復処罰のみを制限すれば良い」。

「例えば、今回の様な万引き犯に対して、店側がネットや公の報道上にまでも顔写真を公開」となれば、

「過剰な報復処罰に当たる」だろうが、

「店頭のみの公示で、犯人に盗品の返還等を訴え、返還等無き場合は出入り禁止等の処置を取る」なら、

「応分の報復処罰」だろう。

「もちろん、原則は警察の捜査~摘発」だが、

「全ての万引き犯レベルの犯罪行為に対して、十分な捜査~摘発を行える体制は、現状の警察には無い」。

「だから、そのレベルの犯罪行為に対しては、自主防衛が必需になっている」のだ。

「正当な運営等をしている店等の側を悪戯に縛る一方で、警察が十分な捜査~摘発体制を持っていない、では、実質的に、万引き犯等の為の体制」だ。

「そんな体制がそのまま放置されていて良い訳などあり得ない」。

「警察が十分な捜査~摘発体制を持てていない比較的軽微な犯罪行為に対しては、

自主防衛&応分範囲の報復措置を

合法化する法整備が必要」だ。

「もしくは、警察の捜査~摘発体制を全ての微罪レベルの犯罪行為に対しても対応出来る程に強化する事が必要」だ。

「どちらが、より現実的なのか?」は「明らか」だろう。

「立法府の人間である政治家たち」は「ちゃんと仕事をするべき」である』。

『「集団的自衛権等では、悪戯に世論を誘導したがっている様相のテレビ・マスコミ等」だが、

「今回の問題では、上記の様な当たり前の解決法さえ言おうともしていない」。

「実質的に、テレビ・マスコミ等は、万引き犯の為の体制を維持したがっている」のだ。

「そんな犯罪者側の立場に立っている様なモノたち」には、

「日本の公共的情報配信の座は不似合い」だ。

「過分な立場・報酬等を得ている醜悪な者たち」に

「相応しいのは、大衆誘導や職務怠慢等の罪や、相応の罰」だろう』。

|

本当の歴史を知らない日本人の若者と韓国人・中国人の若者が本音で対談すると・・・。

『「本当の歴史を知らない日本人(?)の若者」なら「日韓併合ごろから、戦後までの日中韓の歴史について、日本が加害者、中韓が被害者という現実離れした認識でも、容認出来て当然」かも知れない。

「実際は、日韓併合前の時代、清という漢民族では無い民族の支配下に置かれた多くの漢民族の民で構成されていた国」は、

「欧州列強の食い物とされ、衰退していた」。

「その衰退していた清の属国だった」のが「当時の韓国」だった。

「衰退していた清と日本の戦争で日本が勝利した」。

「清の属国だった当時の韓国の権力者たち」は、

「保身の為に、先ず、日本に保護を求めた」。

「当時、欧米列強に追いつくべく、急速な近代化を実行出来ていて、人の良い人々が多かった日本」は、

「良心的発想から、韓国と保護条約を締結した後、韓国内の近代化整備を行い始めた」。

「日本による韓国内の近代化整備が清とは比べ物にならない程良心的だったので、

当時の韓国権力者たちは、日本との対等合併を望んだ」。

「しかし、当然、国力が余りにも違っていた」ので「対等合併とはならず、日韓併合となった」。

「保護条約締結時に朝鮮半島に渡っていた伊藤博文」は、

「当時の韓国や韓国権力者たちの実態・実体を良く知っていた」。

「日本との一体化には、反対だった」。

「ところが、その伊藤博文が暗殺されてしまう」。

「伊藤博文の暗殺により、日韓併合は、韓国権力者の希望通りの一体化併合となった」。

「一体化併合だった」ので、

「行われた政策は、同化政策となったのは当然」である。

「将来的には、朝鮮人も日本人と何ら変わらない状態で、同じ国の民として仲良く暮らせるべく、近代化とセットの同化政策が朝鮮半島内でも行われた」。

「その結果の一つ」が「日韓併合時の大量の朝鮮人の自主的な日本への渡来」だ。

「日本人と同じ名前を公然と使う権利も、日本語教育も、受ける事が出来、受けていた朝鮮半島内の朝鮮人の一部」は、

「近代化に遅れをとっていたが故に、経済的にも不利だった朝鮮半島内に居続けて、朝鮮半島内の近代化を頑張る事より、

近代化が進んでいた日本本土へ、自主的に渡る事で、

より良い仕事や報酬や生活を手に入れる為に、

日本に自主的に渡来した」のだ。

「逆に、当時朝鮮半島内に渡っていた日本人たち」は、

「朝鮮半島内を一日でも早く、日本本土並みに近代化するべく、経済的苦境の中でも頑張っていた」。

「近代化が遅れ、インフラ整備が不十分だった日韓併合当初から戦前まで」は、

「物流が本土経由となっていた為、朝鮮半島内の経済が発展し辛かった」のだ。

「朝鮮半島直物流を可能とするインフラ整備は、戦争直前に整った」が、

「開戦となってしまった為、朝鮮半島直物流がもたらしたであろう、日韓併合時の朝鮮半島内の経済的繁栄は、実現しなかった」。

「戦争時は、朝鮮半島内も、当然の如く、軍部独裁状態」だった。

「日本人に対する赤紙召集は、もちろん、朝鮮半島内でも行われた」。

「朝鮮人に対する召集が異常な程遅かった」のは、

「朝鮮半島内に居た、決して少なく無い数の朝鮮人が、自主的に(勝手に)日本本土に渡ってしまっていて、規律正しい召集が出来なかったから」だ。

「昨今、韓国側によって大問題化されている従軍慰安婦」にしても、

「当時は、売春が合法で、仕事の一つとして捉えられていたベースを抜きに、語るべきでは無い」。

「売春自体仕事で、金稼ぎが目的だった上に、従軍となれば、高報酬だった」のだ。

「軍は、従軍慰安婦の募集は行った」が、

「強制的に動員する必要など無かった」。

「むしろ、貧しい家庭からは、自主的に、高報酬売春婦に・・・と、送り出された」。

「意に沿わぬ高報酬売春婦たちの実態」は「朝鮮半島内では、朝鮮人同士による売り買い、もしくは、騙し」で、

「従軍慰安婦とされた娘さんたち」だ。

「親兄弟や親戚等が、娘を軍への仲介を生業としていた朝鮮人に売った場合も少なく無い」ばかりか、

「軍への仲介を生業としていた朝鮮人たちが、売春とは言わず、良い仕事がある等と騙して、連れ去った場合も少なく無い」のだ。

「意に沿わぬ、元従軍慰安婦の方々が、補償を求める」なら、

「先ず、売り買いした朝鮮人に!」が「当然」だろう。

「軍は、自主的に応募して来たり、仲介人たちが連れて来た売春婦たちを使って、戦地での乱行を抑止させようとしてていたが、それは、極一部の限定的な所だった」。

「大戦末期ともなれば、何処でも、支給されていた武器・弾薬・兵器等以外は、何でも、現地自主調達!が、当たり前だった」のが、

「資源に恵まれていない国の戦争実態」だ。

・・・・・・・。

「そして、終戦を迎えた」』。

『「戦後何が起こったのか?」

「元々は、韓国権力者たちの保身の為でもあった日韓併合」は、

「いきなり、日本による侵略~植民地支配という嘘に塗り替えられ」、

「朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全てが、日本に引き揚げさせられた」。

「戦後韓国の権力者たち」は「日本による救済」を「日本による侵略支配と嘯く事」で、

「朝鮮半島内の日本人の立場・財産等を手に入れて、国を始めた」のだ』。

『「上記の歴史をちゃんと知っている」なら、

「日本と韓国のどちらが被害者」で「どちらが加害者」か?は、

「明らか」だろう。

「日本による保護や日韓併合で、救ってもらった」のに、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始め、

敗戦につけ込んだ火事場泥棒を正当化する為に、

植民地支配詐欺を続けている」のが、

「戦後韓国の実態」に他ならない。

「更に、自らが正当な努力を身の丈に合った国を運営するのでは無く、

補償を要求し続ける事で、

努力の足りなさを誤魔化し続け、強欲を満足させ続けようとし続けて来ている」のが、

「戦後韓国の実態」に他ならない。

「関係した朝鮮人たちに支払わせるべき、意に沿わぬ従軍慰安婦への補償」を、

「日本に払わせようとしている事」も、

「その流れの一つ」だ』。

『「日本人の若者」なら「事実通りの歴史を全世界に広める事」で、

「悪劣な韓国側のダダを抑えさせ、韓国に反省を求めるべき」だ』。

『「ところが、先の歴史の流れからも明らかな様に、日韓併合時に、朝鮮人が大量に日本に渡来している」。

「そればかりか、大戦後の朝鮮戦争時にも、戦争難民の形で、大量の朝鮮人が渡来している」。

「日本による植民地支配なら、戦後直ちに、植民地支配などを行った国から母国・祖国へ帰国するのが当然」だし、

「戦争難民なら、戦争が休戦となっている状態が続いているのだから、母国・祖国へ帰国するのが当然」だ。

「それなのに、日韓併合時に渡来した人々も、朝鮮戦争時の難民???も、未だに、大量に日本に居続けている」のだ。

「そればかりでは無く、帰化している者たちも多い」。

「それらの人々が、日本国内で、朝鮮側を意図的に有利にする様な歴史認識等を意図的に広め続けて来ている」ので、

「未だに、日本=加害者、韓国=被害者などと言う、現実とは正反対の認識さえ持ててしまうあり得ない人々が、少なからず居る」のだ。

「その様な人々は、実質的には、日本国内に入り込んでいる朝鮮の情報工作員」である。

「情報工作だけでは無く、

電磁波工作や飲食物工作や政界工作等々、

大量の集団が日本に居るから出来得ている、

日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な、

乗っ取り支配を目的としていると推定される工作」が

「実行出来てしまっている」のだ。

「それらの工作等からは無縁で、日本が好きで、日本に居る人々」なら、

「元が、何処の国の人であっても、日本人として大歓迎」だが、

「悪劣な工作活動等を行っていたり、行わされているのに告発もしない人々等」は、

「集団的テロリストの様なモノ」だから、

「一刻も早く、日本から駆逐されるべき」だ。

「日本人なら、もっと、もっと、この現実に危機意識を持ち、実効のある対策を行うべき」である』。

『「中国国内では、旧日本軍が戦争行為を大々的に行った」。

「だからと言って、日本=加害者と単純に言い切れない」のは、

「旧日本軍による日清戦争の勝利や、中国大陸内での欧州列強の駆逐が無ければ、

中国の今の状態も無いから」だ。

「オマケに、中国軍と日本軍の戦争行為もあったが、その多くは、中国国民党軍と旧日本軍の戦争」だった。

「大戦末期になると、中国国民党軍と旧日本軍との戦争行為に中国共産党軍が加わり、三つ巴状態となっていた」が、

「程なく、終戦となった」。

「大戦終戦後の、中国人同士の戦争によって、大陸内の支配権を得たのが、旧ソ連による大々的な支援を受けた中国共産党軍」だ。

「平時となった後も、中国共産党は、不適応分子の粛清という名目でも、大量の中国人を殺害している」。

「中国人殺害数の圧倒的ナンバー1」は、

「欧米列強でも無く、旧日本軍でも無く、中国共産党」なのだ。

「少なくとも、その現実は、全世界の人々が良く知っておくべき事」だ』。

『「日本と米国は、あれだけの殺し合いを行ったのに、今は仲良くなれている」。

「しかし、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)とは、仲良くなれない」。

「何故か?」』

『「元々は、戦争とは、文化・文明の命がけの比べっこ」である。

「戦争当時国のどちらもが、より優れた文化・文明を追及する文化を保持していた」なら、

「戦後、より優れた文化・文明を追及し続ける道の上で、仲良くなれる」のだ』。

『「ところが、元々の文化・文明が、余りにも、酷く、

その出来の悪い文化・文明上での病床利得を追及する文化を保持している国」には、

「当然、自力の戦争勝利も無い」。

「他力解放で国を持っても、元の文化・文明が貧しい」ので、

「自力発展が困難」だ。

「其処で、自力発展が出来る文化・文明を自ら養おうとすれば良い」のだが、

「他力解放による病床利得が忘れられない国家主導者たち」は、

「更なる病床利得に邁進してしまう場合が多い」。

「病床利得を要求された被害国」が、

「下手な同情心等から、補償や援助等を与えれば、益々、病床利得の追及に熱が入る事になる」。

「結果、泣きつかれた国もあきれ果て、国と国は仲良くなれない」。

「当たり前の話し」である』。

『「自力で発展出来る文化・文明をちゃんと養い、

核兵器保持後の戦争の出来ない世界でも、世界貢献出来る国となる方向に、

国家・国民を向ける為」には、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国」には、

「乗り越えるべきステップが在る」のだ。

「先ずは、捏造史に拘り、工作活動等に邁進し、

病床利得を追及する事など止め、

事実・現実通りの歴史を認め、

病気(捏造史や工作活動等)を止め、

自力で立ち上がれる文化・文明を育む事」だ』。

|

昨日の記事、もしくは、追加内容が、余程気に入らなかったのか(?)電磁波工作テロを一生懸命行い始めた悪たち・・・。

『「電磁波工作テロの実態」は「それぞれでは、多くの場合、大きな問題と出来ないレベルの電磁波を、ターゲットが居る所に集中させる事で、ターゲットにダメージを与えようとする、集団的工作テロ」だ。

「例えば、筆者がターゲットとなっている電磁波工作の場合」は、

「家に居る時、筆者が常駐し易い、昼の間は、リビングの椅子で筆者が腰かけているところ、

夜は、寝床に、上・下・斜め上・斜め下の多方向から電磁波を集中させる事によって行われている」のを「ベース」に、

「外出時には、車の中では他の車や建物から、徒歩や公共交通機関利用時には、意図的に周りに付いている様相の工作員や、車同様、電車・バス等に仕込んである電磁波発生装置や、建物から」、

「・・・という具合」に「出来る限り、筆者を収束させる事で強化された電磁波下(家の中)に置き、

外出時の身体の回復を阻害しようとする悪劣な手段」だ。

「家の中を覗き、筆者が居る位置を執拗に、電磁波工作器や工作員等に知らせ続けている悪まで居る」』。

『「組織的工作テロ」なので、

「警察も上記の様な実態に合わせた摘発を行うべき」だし、

「政治家が法整備面で頑張るべきところも大きい」。

「現行法では、覗きや、傷害・殺人未遂や、集団的ストーカー行為等々になる」のだろうが、

「そんな甘い法では、この手のソフト工作テロを封じ込める事は困難」だろう。

「厳罰が必需」である』。

『「もっとも、集団的ストーカー行為による裁きで、筆者の周囲(遠くまで届いている強い電磁波もあるので、最低でも、数百メートルは必要)に近づく事は禁止という処置が出来、

それを永続させる事が出来る」なら、

「実質的な解決も可能」になるが・・・。

「その様な処理の場合は、ターゲットは筆者だけでは無い」ので、

「日本からその人脈の者たちは出て行かざるを得なくなる」だろう』。

『「何れにしても、早急な対処が必需」だ』。

|

戦争を行っていない日本=平和と言う大嘘・・・。

『「先の大戦での敗戦以降、戦争は行っていない日本」だが「決して、平和では無い」。

「戦後の日本が平和という人々」の「頭の中」では、

「竹島の不当占拠」も、

「拉致等の工作活動」も、

「日本乗っ取り支配工作」も、

「平和の一部」なのかも知れないが、

「普通の日本国民」なら、

「それらは、平和とは程遠い、現実に在る戦争の元に成り得る事態等の感を得ている筈」だ。

「実際に、ハードな侵略テロ行為に見舞われてる国々」は、

「例えば、米国やイスラエルの様に、侵略テロ行為に対する抗戦である戦争を行わざるを得なくなっている」。

「竹島の不当占拠は、ハードな侵略テロ行為」だが、

「当時の日本は、敗戦直後で、有効な対策が直ぐに取れなかった」。

「その結果として、韓国で、ハードな侵略テロ行為を行った政権が支持されたまま・・・」となり、

「現在の日韓不仲の元が温存されたまま・・・」となってしまっている。

「北朝鮮による拉致等の侵略テロ工作行為も、酷い」が、

「それを長年に渡って、無かった事にしようとして来た、日本の政治・マスゴミは、もっと酷い」。

「拉致事件発生当初から、強固な対策を講じていれば、拉致被害者の数は、遥かに少なかった筈」だ。

「侵略テロ行為工作を無かった事にして来た事自体」が「政界工作や情報工作」で、

「侵略テロ行為をも補助するそれらの工作の存在自体」が「平和とは程遠い日本社会を露呈している」。

「政界工作やマスゴミによる情報工作が横行して来た」ので、

「未だに、飲食物工作や、電磁波工作等々の、

実際に現在の日本社会で行われ続けている侵略テロ工作行為」さえ、

「露呈させられず、有効な対策が取られていない」。

「現行法&現行の摘発体制で摘発困難な{ソフトテロ}の渦の中」で、

「多くの一般日本国民が日常生活を行わざるを得ない状態にある」のだ。

「つまり、戦争を行わないダケ」では「本当の平和は得られていない」のである』。

『「それなのに、戦争を行わないダケで、平和と言う人々が居る」。

「それらの似非平和提唱者たち」と「竹島不当占拠や、拉致・飲食物工作・電磁波工作等の工作活動を無い事にしたがっている人々」には、

「同じ臭いが充満している」のだ』。

『「竹島不当占拠」も、

「拉致・飲食物工作・電磁波工作等々の工作活動」も、

「教育・情報・政界工作」も、

「平和と言える立場の者は?」

・・・「現状の日本社会は、そんな者たちを蔓延らせ続けている程、

実質的には、そんな者たちに乗っ取り支配されている状態」なのだ』。

『「もちろん、こんな状態のままで良い訳が無い」。

「政治家もマスコミ人も、日本国民だと言うのなら、

日本国内で蔓延っている日本乗っ取り支配侵略の為の{ソフトテロ}を露呈させ、

実効のある対策を施し、実行犯たちを一人残らず摘発し、罰する事で、

一般日本国民の安全を守るべき」だ』。

『「全ての一般日本国民」は、

「戦争を行っていないから平和などという{平和ボケ}から抜け出すべき」だ』。

|

燃料電池車補助金300万だそうだが、問題はその燃料だ・・・。

『「水素ステーションなんて言っている」けど「そろそろ、いい加減にくっついている水を燃料と出来てもよさそう・・・」だが・・・。

「例えば、ナノレベルで、鉄等(等の内容まではここでは言わない)を使って、芯をつくり、其処に、水素と酸素をくっつき過ぎない様に巻けば、その時点では分子の巨大な水みたいなモノで、其処から、(電)磁石を使って鉄等芯の回収を行えば、水素と酸素が大量に出てくる様になる」と思うが・・・。

「何れ、その様な現状のガソリンスタンドインフラをそのまま使える様な燃料が普及する事になる」のだろう』。

|

「韓国人の言い分」を大宣伝したテレ朝朝番の醜態ぶり・・・。

『「現状の日韓関係が悪いのは何故か?」「言うまでも無く、事実・現実に基づいた歴史認識等が共有され、事実・現実に基づいた処理が行われていないから」だ。

「日韓併合の実体」は「当時の韓国権力者の保身の為の二国間の合意契約」だが、

「それを日本による侵略~植民地支配という大嘘で、韓国側が言い換え続ける限り、事実・現実の上に立った二国間の関係は築けない」から、

「永遠に真の友好関係など築けない」のだ。

「植民地支配{詐欺}」の「生みの親」は、

「戦後韓国が日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始めた事」だ。

「敗戦火事場泥棒を正当化する為に世界中を欺く為の詐欺」が、

「植民地支配詐欺」である』。

『「日韓併合の実態」は「二国間の合意契約に基づく同化政策の実行」だった。

「だから、朝鮮半島内も、日本本土同様、急速な近代化が行われた」。

「日韓併合時に朝鮮半島内で暮らしていた朝鮮人の多くと日本人の多く」は、

「同じ国の民として、自分たちの生活向上の為に、近代化等を頑張っていた同志」だった。

「元の文化や生活・教育水準等は違っていた」が、

「目的が、朝鮮半島で暮らす自分たちの生活向上の為だった」ので、

「相互理解も協力関係もある関係だった」のだ。

「その一つの証」が「戦後、朝鮮半島内に居た日本人のほとんどは{国の命令}で本土に帰還した」が、

「元々の関係は、悪くなかった」ので、

「資産等の多くを朝鮮半島内に残したまま、落ち着いたら、また再び朝鮮半島内で普通に仕事をするつもりで、引き揚げた人々が少なからず居た事」と、

「日韓併合時に日本に自主的に渡来していた多くの朝鮮人の多く」が、

「{朝鮮側からの引き揚げ命令が無い}ので、日本に居残った事」だ。

「その様な{友好関係}を壊した」のが、

「戦後韓国初代大統領となった、

日韓併合時に米国に渡り、

米国内で、米国を利用した日本乗っ取り策略の為、植民地支配詐欺を働き、

解放資金と嘯いて募金を集め、

集めたお金を米国権力者懐柔工作等に使っていた人脈の

李承晩」である。

「李承晩により、日本人が引き揚げた事を悪用した敗戦火事場泥棒をベースにした立国が決定的になった」と共に、

「朝鮮戦争が開戦された」。

「李承晩は、朝鮮戦争でも、米国を利用」した。

「朝鮮半島全体の支配を企んだ」と共に、

「敗戦直後で米国の占領下からようやく抜け出せそうな状態だった日本の竹島を不当占拠し、

一方的に李承晩ラインを敷いた」のだ。

「日韓併合からの流れ上に存在する平常な日韓関係」を「一方的に壊した」のが「李承晩一派」である』。

『「日韓関係が平常になる為」には、

「朝鮮半島内を日韓併合時の朝鮮人・日本人同居状態に戻す」か、

「戦後も日本に居続けている朝鮮人のほとんどが、戦後朝鮮半島内に居た日本人同様、強制帰還させられ、日韓併合前の状態の様になる事」等が

「必要になっている」のだ。

「この敗戦火事場泥棒により国を始め、

植民地支配詐欺や従軍慰安婦詐欺に邁進している、

朝鮮人側にとっては、

認めがたい事態」が、

「解消されない限り」、

「時を重ねれば、時を重ねる程、事実・現実の露呈が、より顕著となる」から、

「日韓関係は真に良くは成り得ない」。

「上辺の似非友好関係」は「現実の前では無力」なのだ』。

『「日本側は、韓国と疎遠でも、困らない」。

「むしろ、より発展し易くなる」。

「韓国側が、しがみつく国が減って困る」のは、

「元々が、敗戦火事場泥棒立国の植民地支配詐欺国家だから」だ。

「韓国側が行うべき」は「先ず、李承晩による敗戦火事場泥棒立国の否定」である。

「其処をちゃんと正す」なら「植民地支配詐欺の必要も無くなる」。

「日本に対しては、補償を要求するのでは無く、朝鮮半島内の近代化や韓国権力者存続の御礼を示せば良い」。

「事実・現実に基づいた日韓友好関係が築ける事になる」』。

『「従軍慰安婦軍による強制連行捏造記事を訂正した」のは、

「極僅かな自浄作用を示した朝日新聞」だが、

未だに、

「日本の公共の電波を使って、歴史上の真実を十分に伝えず、韓国捏造史に毒されたままの韓国人等を実質的に擁護している情報を一方的に大量配信した」のだから、

「テレ朝は、未だ未だ酷い」のだ』。

|

笹井副センター長の自殺、超優等生を殺したモノは・・・。

『「自分の外の世界の超優等生」でも「自分の内面に対する理解・把握・セルフコントロールは、超優等生とは限らない」。

「現状人間社会がつくりだしている外と内の異常な程の成育バランスの悪さ」が、

「経済戦争科学者超エリート戦士」である「笹井氏に、自殺をもたらした」のだ』。

『「笹井氏にも、女子高生殺人解剖女子高生にも、精神科医等がからんでいる」。

「現状精神医学界、カウンセリング界等々のレベルの低さ」が「露呈した形」だ』。

『「現状精神医学界」は「薬に頼り過ぎる傾向がある」が、

「向精神薬の多く」は「人の神経細胞を直接刺激したりする{もろ刃の剣}」なのだ。

「その刺激」により、「治療効果が出る場合も多い」が、

「その刺激」により、「自害・他傷等の悪効が出てしまう場合もある」。

「そもそも、元は、精神疾患の無い様な状態の人の場合」、

「脳細胞神経組織があらぬ方向に育ってしまっている事」が、

「精神疾患の実態」なのだから、

「育つ方向を是正するカウンセリングや環境調整こそが、正当な治療手段」なのだ』。

『「自殺や殺人の精神構造」を「簡略的に記す」なら「以下の通りになる」。

「人類を含む高等生物なら、それこそ誰でも、正常細胞と、死んだ細胞と、ガン細胞と、異物(飲食したモノや、空気、チリ、微生物等々)等の集合体」だ。

「それこそが、無意識の底」である。

「誰もが、生の本能や、死の本能や、ガン細胞をやっつける正義の本能や、ガン細胞による悪の本能や、有益物質や有害物質の刺激を無意識レベルで保持している」のだ。

「その刺激に基づいて、細胞の集まりである個体が、一個として取る行動をもたらす」のが、

「刺激の集合体部となる脳による働き」だ。

「本能的脳の部分が一番、元の刺激に近い」。

「そして、情動脳部分が続き、

人類で良く発達している大脳新皮質は一番遠い」。

「人類の多くの意識的行動の最終判断」は、

「大脳新皮質という一番元から遠い部分で行っている」のだ。

「しかし、その過程で、情動脳や本能脳内で加工された情報を得ている」』。

『「ここで、考えて欲しい」。

「もし、情動を否定される・・・つまり、情動を殺される・・・様な刺激を深刻に受けていた状態の人を」。

「情動脳部分で、死の本能に沿う様な刺激を深刻に受けた状態」だと、

「細胞レベルでの死の本能の刺激が、より通り易くなってしまう」のだ。

「人間は、+方向にせよ、-方向にせよ、激情状態に陥れば、情動脳部分がフリーズ状態になってしまう」。

「親や周囲の環境等の外因から、本来の生き生きとした情動を否定され続ける刺激・情報等を与え続けられた子ども等の情動脳」は、

「健常な成長が阻害され、情動脳の多くの脳細胞が本来持っている活性を失った状態・・・死んだ様な状態と同様の事態に追い込まれる」。

「情動脳の仮死化が誘う、人類誰もが持っている細胞レベルの死の本能の刺激」の「偏重誘導」。

「死の本能の刺激が、大量に大脳新皮質に上がる」と、

「大脳新皮質内」では、

「合理化等の処理が行われる」。

「自らの無意識と、自らの周囲を、自らの本能に基づいて合理化する事になる」ので、

「外に投影・転嫁されれば、殺人」、

「自らに投影・転嫁すれば、自殺」、

・・・という「非常に非合理的な自己懲罰的行動」さえも、

「起こせてしまう状態に陥ってしまう」のだ』。

『「本来、生死の問題は、細胞ごとに起こっている現実現象に即して問題解決されるべき問題」である。

「ところが、現状人間社会では、未だ、丸ごと一人の死生観が蔓延っているし、丸ごと一人の死生観を蔓延らせ続けるのに有効な情報・教育が蔓延っている」。

「結果として、常々誰もが、今、この瞬間にも、体験している実際の死は忘れ去られ、

●●を認めないあいつは殺すしかない!

●●が認められなければ、死ぬしか無い!等の、

丸ごと一人の死生観に基づいた自虐的な暴論」で、

「自らを誤作動させてしまう悪者たちが満ち溢れている」のだ』。

『「そればかりでは無く、金権主義とは、人では無く金が権力を持つシステムでもある」。

「つまり、金という物質より下に人を置く圧力が充満している」のだ。

「更に、自分の実体からの自己制御を行えていない人々が頼る代償欲求解消システム」が、

「比べっこ主義」だ。

「金権主義」で「人間本来の情動等を大いに抑圧され続け、心をフリーズさせられてしまっている人々」が、

「自分の実体からの自己制御も行えず、比べっこ主義に走り」、

「他人との比較等の中で、丸ごと一人の死生観で現状脱出の為の究極処理を行えば・・・」、

「自殺・殺人等が起きない訳が無い」』。

『「しかし、現状」では、

「丸ごと一人の死生観」や「金権主義」や「比べっこ主義」が「蔓延っている」のだ。

「むしろ、それらに忠実な者こそが、現状での優等生と成り得ている」』。

『「現状超優等生」が「現実超優等生」とは「限らない」のが、

「未熟な現状人間社会のお寒い現実」である。

「誰もが、自分の実体と整合性を取る実務に、もっと、もっと、真剣に取り組むべき」だ。

「事実・現実の上で無ければ、人類の未来も現実にならない」。

「現実離れした思いの虜となっている様な実質的悪者たち、もしくは、愚か者たち」に、

「過分な立場・報酬等は似合わない」。

「既に、現状人類の人間社会は、現実革命による針の孔が開けられている」のだ。

「この排他的アングラブログ上の記述」も「その一つの証明」である』。

|

従軍慰安婦軍による強制連行捏造記事を訂正した朝日新聞・・・。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の手先の情報工作機関」では「もはや、商売も成り立たなくなるから」か、

「朝日が訂正記事を掲載」した。

「朝日新聞ばかりでは無く、テレビ・マスコミ等の多くで、捏造記事に基づいた論等が蔓延っていた」のだから、

「そんなインチキ論で染まったまま人々が少なからずいる日本国内を正常化する為」にも、

「国会での大々的な論議が必要」だ』。

『「ここで問題とされるべき」は、「従軍慰安婦問題だけでは無い」。

「日韓併合の実体の問題であり、日韓併合時の実態の問題」だ。

「日韓併合の実体」は「以下の通り」だ。

「清の属国状態であった当時の韓国は、欧米列強による清の半植民地化により、韓国自体の存亡を脅かされる状態となっていた」。

「当時の韓国の権力者たちは、自らの保身の為に、新たな宗主国等を見つけ出さなければならない状態」だった。

「そんな状態の時に、日清戦争で日本が清に勝った」。

「当時の韓国権力者の中に、日本と対等合併すれば、自分たちも安泰になる等の思いが生じた」。

「日本との交渉を開始し、先ず、日本による保護(による当時の韓国権力者自身の保身)を求めた」。

「あわよくば、対等合併で、日韓両方の権力者となりたがっていた当時の韓国権力者たちだった」が、

「国と国との交渉で合意が成り立った」のは、

「国力相応の日韓併合」だった。

「それでも、当時の韓国権力者たちの保身には十分だった」ばかりでは無く、

「保護条約締結時に韓国の総統となり、当時の韓国の実態を良く知っていた伊藤博文を暗殺する事により、

当時の韓国人権力者たちは、

日韓併合後の日本の中で、

朝鮮王朝の王族は、日本の皇族に准じる立場、

朝鮮王朝の貴族は、日本の貴族と同等、

・・・等々の過分とも言える状態を手に入れた」。

「更に、それでも、対等合併で無かった事に納得が行かなかった連中」は、

「渡米し、米国を宗主国化し、米国の利用して日本を滅ぼすと共に、日本を乗っ取り支配する長期計画まで立てて実行した」。

・・・「この日韓併合の実体を知れば、誰にでも、その後の日本社会で起きて来た事が良く理解出来る筈」だ』。

『「日韓併合時の実態が良く知られて来なかったのは何故か?」

「言うまでも無く、戦後のテレビ・マスコミ・学校教育等が、その現実を伝えて来なかったから」だ。

「現実を伝える代わりに、捏造に基づいて韓国(北朝鮮も含む)・韓国側人脈に不当利権を与える情報を一方的に大量配信して来た」のである。

「考えて欲しい」。

「元従軍慰安婦(朝鮮人)の証言(捏造かも知れない)を伝えるのは異常な程熱心」な「日本のテレビ・マスコミ等」が、

「何故、日韓併合時に朝鮮半島内に居た日本人やその子孫等から証言を得ようとしないのか?」

「日韓併合時の朝鮮半島内に居た日本人等による証言等」によって、

「日韓併合の実体や実態が現実通りに知れ渡ってしまう」と、

「不当利権の維持が困難になるから」だ』。

『「日韓併合後から終戦までの朝鮮半島内の実態は以下の通り」だ。

「日本による保護前、

ある程度の文化・教養・悪知恵等を保持していた当時の韓国権力者人脈によって、

韓国内での権力交代を絶対に起こされない様に、

徹底的に衰退させられ、

支配されていた当時の朝鮮人被支配民たちの多く」は、

「色の無い、薄汚れ、ボロに近い着物を着、読み書きソロバンの出来ない、経済概念さえ???の状態」だった。

「権力者人脈の周囲以外は、スラム状態だった」のである。

「今や、韓国第二の都市釜山でさえ、当時は、ほとんど何も無い様な状態」で、

「当時、其処に居た朝鮮人の多くが、上記の色の無い着物、読み書きソロバンの出来ない、経済概念さえ???の人々だった」のだ。

「保護条約後、そんな朝鮮に渡った日本人」は「正に、驚愕した」。

「早急に、近代化し、普通に住める状態にする必要に迫られた」。

「しかし、読み書きソロバンも出来ない、経済概念も???の朝鮮人たちに頼める仕事は・・・、荷物運びくらい・・・だった」のだ。

「日韓併合後、そんな朝鮮半島内の近代化が、日本により、急速に行われた」。

「学校をつくり・・・当時の日本人と当時の朝鮮人とではベースが余りにも違っていたので、日本人用の小学校・朝鮮人用の小学校という形となった・・・」、

「日本本土から、資材・人材を入れ」、

「朝鮮半島内の近代化が急速に行われた」。

「学校が出来た事により、当時の元被支配者側の朝鮮人でも優秀さを示す者も出る様になった」。

「当時の日本人と同等と認められた朝鮮人の子どもは、日本人の為の学校にも入れた」。

「ある程度、文化的な話しが成り立つ者同士」では、

「日本人も朝鮮人も仲良くなれる状態が当時の朝鮮半島内にはあった」。

「その反面、朝鮮王朝被支配民時の文化から抜け出せていない、野蛮とも言えた者たちの集団の中」には、

「朝鮮半島内の日本人は、容易には、入って行けなかった」。

「勉学など要らない、つくるより、奪う・・・等々の文化を抱きしめたままの人々」は、

「当然、豊かにもなれない」。

「仕事では、荷物運び等に甘んじ、荷物運び等で仲間が稼いだお金を賭けゲームをつくって巻き上げる者も居た」。

「朝鮮半島内は、日本本土に比べて、インフラ整備が遅れていた」。

「結果として、物流が本土経由となり、戦前までの朝鮮半島内は、日本人も含めて、決して豊かでは無かった」。

「豊かさで日本本土より劣っていた朝鮮半島内から」は、

「大量の朝鮮人が、豊かさを求めて、日本本土に渡りたがり、実際に、渡った」。

「植民地支配ではあり得ない現象」で「日韓併合という国家間の契約に基づく同化政策の下であったからこそ起き得た現象」だ。

「インフラ整備がある程度整い、いよいよ、朝鮮半島直物流も可能となり、その様に体制を転換しようとしていた矢先、戦争に突入してしまった」。

「意に沿わぬ朝鮮人従軍慰安婦のほとんど」は、

「当時、朝鮮半島内で暮らしていた貧しい家庭の女性」だ。

「日本人が簡単には出入り出来ない貧しい朝鮮人が暮らしている地域の中」から、

「女性たちを買い、もしくは、奪い、集めて来た」のは、

「言うまでも無く、朝鮮人」である。

「そんな朝鮮人売春婦仲買人たちに、娘を売ったのも、朝鮮人」だ。

「貧しさの元も、支配側にせよ、被支配側にせよ、朝鮮人自らがつくり出していた」のだ。

「この現実を抜きにした、意に沿わぬ朝鮮人従軍慰安婦問題はあり得ない」。

「意に沿わぬ朝鮮人従軍慰安婦が補償を求める」のなら、

「先ず、売った親や、買った朝鮮人従軍慰安婦仲買い人や、貧しさをもたらしていた支配者や被支配民に!」だろう。

「その上で、戦争という反人道的行為に対する補償を言う」のなら、

「未だ、話しは解る」。

「ただし、戦争補償は、敗戦国のみが負うべき事でも無く、従軍慰安婦に限った事では無い事は、誰にでも理解出来る」筈だ。

「だから、実際の戦後処理は、相応に冷静に行われ、戦後処理後は、ほとんどの国が、過去の戦争を持ち出して、ゴネたりしない」のだ』。

『「日本側のみが大人の対応を取り続ける」のでは無く、

「国際社会全体が、未だ、わがままな子ども状態の国々等に対して、大人になる事を求めるべき時」が、

「既に来ている」のだ』。

|

「イノベーション」で政治が出来る事は「音頭取りでは無く、規制と規制緩和」でしょ・・・。

『「日本社会に活力をもたらす」なら「是非とも、特定極一部の者たちが独占的状態で使っている日本の公共の電波」を「解放させるべき」だ。

「現実に即した、多種多様な人々や論が電波上の情報でも流れてこそ、活力も出る」が、

「毎度、毎度、どこの局でも同様の顔ばかり・・・」、

「偏向論ばかり・・・」、

・・・では、

「圧迫感が蔓延るばかり・・・」だ』。

『「特定個人や特定企業等が日本の公共の電波を占有する時間」には「相応の規制が必要」だ。

「平たく言うなら、毎日、どこの局でも、同様の顔ばかり・・・はダメ」である。

「原発問題や安全保障問題等で顕著」だが、

「原発=悪、太陽光=正義論ばかり・・・」や、

「オスプレイ、基地移設、集団的自衛権、・・・等々、反対論ばかり・・・」が

「さも正当な論であるかの如き脚色ばかり・・・」では、

「大衆誘導の情報工作を公然と認めているのと同じ状態」だ。

「視聴者等の考え・思いを偏向させる番組等」は、

「規制されるのが当然」だ』。

『「埋葬の規制緩和も必需」だ。

「人の誕生・死が細胞ごとである事が、既に判明している昨今に、大都会の一等地を何時までも墓場にしておく必要性等」については、

「大いに考えるべき」だろう。

「例え、古くからの墓があるところでも、遺跡処理同様の処理後には、自由活用等の規制緩和があって良い」。

「死因の究明を徹底させる」と共に、

「遺体処理や埋葬に関しては、大胆な規制緩和が望ましい」。

「遺体再利用法等が通る様な社会的合意形成の為」にも、

「死生観についての現実情報のテレビ・マスコミ等による大量配信や学校教育の充実は必需」だ。

「科学技術が{神の域}に達しつつあり、宇宙時代に突入し始めている人類にとって、死生観の整備・・・現実化」は、

「一大命題の筈」だ。

「宇宙船の中に墓場をつくったり、遺体を宇宙に遺棄したり、・・・するルーピー状態を避ける為」にも、

「今の内から、真剣に取り組むべき」と思うが』。

『「また、死生観の現実化」は「犯罪抑止にも大いに役立つ(他の記事をご参照ください)」のだ。

「道徳という宗教を教えている暇がある」なら「死生観の現実化教育」である』。

|

事件直前に「人を殺してみたい」と相談されていた、「女子高生殺人解剖女子高生」のお義母さま・・・。

『「子ども」から、「人を殺してみたい」等の「相談を受けたら、大人はどうすれば良いのか?」

「子どもが、人の生死について興味を持ち真剣に考えている、良いチャンス」なのだから、

「子どもに、

細胞ごとの誕生・死の実態を教え、

殺してみたいと{思っている}{物事}は何か?の自覚を誘えば良い」のだ。

「未熟故に生じている丸ごと一人の殺人欲動」を

「細胞ごとの死生観&殺してみたいと思い込んでいる物事に対する現実対応」という

「現実に即した欲動解消法」へと、

「成長させる絶好の機会」が、

「子どもが人の死に対して興味を持っている時」なのだ』。

『「報道によれば、成績も良く、頭も良い女生徒だった」というから、

「義母親が人を殺してみたい相談を受けた時点」でも、

「細胞ごとの死の実体に気づかせる事は可能だった」だろう』。

『「ところが、巷に溢れている情報・教育では、未だに、時代遅れの丸ごと一人の死生観が主流」なのだから、

「該当義母にしても、子どもに対して満足な情報を与える事が出来なかった」のだろう。

「死生観についての巷の情報・教育が時代遅れで無かった」なら、

「今回の悲惨な事件も起きていない筈」だ』。

『「医者になりたがる者」の「こころ奥」には、

「自分を治療したい、或いは、自分が治療されたい欲動が在る場合が多い」。

「人も、無意識の興味で動くモノだから」だ。

「精神科の医師に興味を持ち、精神科の医師になる者」の場合は、

「本当は、自らの精神の問題を解決したがっている場合が少なからずある」。

「ところが、人間誰でも同様」だが「他人の問題は気軽に指摘出来ても、自分の問題はなかなか自覚したがらない」。

「そんな事態を横行させたまま、事を収めようとする」と、

「例えば、精神医学の分野」では、

「薬によって、他人(患者)の問題を抑え込む事で、治療?実績を上げ、

患者に自分を投影・転嫁し、代償欲求的に自らの問題を解決した幻想に浸り続ける事」で、

「医師?が、立場・報酬等を得続ける事さえ可能になってしまう」のだ。

「薬物治療ベースの精神科体制が出来る元」だが、

「残念ながら、現状の日本の精神科は、上記の様なベースの先に存在している」。

「それでも、医師の場合は、国家資格が必要で、その為には、相応の勉学も積む」。

「薬物療法で治療(?)実績を上げる事は相応に出来る様になっている」。

「しかし、時間(ちゃんとしたカウンセリングは、クライアントの脳細胞体系の変化と共に進むので、時間がかかる)や

費用(カウンセリング報酬は投薬治療に比べると、時間単価では、割に合わない程安い)等の問題もあり、

満足なカウンセリングが出来る医師は意外な程少ない」。

「所謂、カウンセラーの場合は、資格を出している者や所のレベルがかなり悪劣な場合もある」ので、

「精神科医師より更に酷い場合も多い」。

「それが、現状」なのだ。

「少し考えれば、誰でも分かる事」だが、

「自分の問題さえ満足に解決出来ていない・・・つまり、自分と十分に深く付き合えていない・・・精神科医やカウンセラー等では、満足なカウンセリングは出来得ない」。

「実効が無い・・・」どころか「酷い場合には、自殺や犯罪を誘導してしまっているカウンセリング等」の

「原因の一つが其処に在る」』。

『「今回の場合は、どうか分からない」が、

「ちゃんとしたカウンセリングの出来る精神科医では無い精神科医が、投薬治療を試みている時の診察」で、

「これは、やばい・・・」という「感を得た」なら、

「入院投薬治療を薦める」だろう。

「入院して、通院では出し辛い強い薬」で「患者として来ている者の欲動を無理やり押さえてしまう事」で、

「社会的平穏を保つ道」だ』。

『「そもそも、ほとんどの場合、人は、いきなり、専門的カウンセリングが必要になる訳では無い」。

「だから、日常での、現実に即した、人の心の安定に実効がある、情報・教育が重要」なのだ』。

『「子どもから、人を殺してみたい」と「聞かれたら」、

「人の誕生・死は、誰でも、細胞ごとに起こっているんだよ、とでも答えれば良い」。

「だれだれちゃんだって、私だって、みんな、細胞の集まりで、細胞ごとに生まれたり、死んだりしながら、存在しているんだよ、とでも続ければ良い」。

「昔の人は、細胞ごとの誕生・死という本当の事が分からなかったので、丸ごと一人で生まれ、死ぬと、{考えていた}のだよ、とでも補足説明すれば良い」。

「もし、ここで、丸ごと一人の死生観故の霊やあの世等への興味を感じた」なら、

「昔の人は、丸ごと一人の死という現実とは違う考えに、何処となく矛盾を感じていたから、

霊やあの世という概念を創り出して、納得しようとしてたのだよ、とでも、更に補足すればよい」。

「誰もが、今、この瞬間にも、細胞ごとで死んでいるのだから、人を殺す必要なんて無いんだよ、とでも、教えれば良い」。

「昔の人みたいに、丸ごと一人で殺したいと思うのは何故かな?とでも、尋ねれば良い」。

「丸ごと一人殺したい相手の何を殺したいのかな?とでも、尋ねれば良い」。

「例えば、殺したい・・・つまり、この世から抹消したい・・・物事が、性格や、言動なら、

その性格や言動を生み出している、その人の脳細胞の極一部分を殺せば良いだけじゃないのかな?と、諭せば良い」。

「脳細胞にしても、普通の細胞にしても、使い続ければ育ち、使い続けないなら、死に絶えるのだから、

殺したい性格や言動より魅力的な性格や言動を使ってもらう事によって、

殺したい性格や言動を死に絶えさせれば良いんじゃないの、等と、諭せば良い」。

「丸ごと一人の死生観に伴う矛盾を保持している限り在る方が安心出来た霊やあの世だって、細胞ごとの死生観なら、要らなくなるでしょ、

丸ごと一人の死生観と細胞ごとの誕生・死のどちらが本当かな?とでも、諭せば良い」。

「人は、本当の事を知ると、嘘の世界は手放せるんだよ、とでも諭せば良い」。

「何が本当か?を探求し続ける事が大切なのさ、

自分の中も、周りの他の人々も、ちゃんと掘り下げて見て、本当の部分と付き合い、上辺や嘘に惑わされてはいけないよ、とでも諭せば良い」。

「もちろん、この手の話しを実感を持って、子どもの状態に合わせて述べる為」には、

「大人側の人間自身」が、

「人の思いは丸ごと一人、人の実態は細胞ごとの誕生・死という現実」や、

「無意識の底である細胞の信号から、加工され、意識化される、喜・怒・哀・楽・善・悪・愛・憎等々の感情や概念等、そして、行動化される色々な欲動等、の仕組み」や、

「現実に基づいた死生観」等を

「十分に理解・把握している必要がある」。

「その為にも、時代遅れの情報・教育からの脱却&現実との整合性が高い情報・教育の普及が重要」なのだ』。

『「子どもをその人なりに成長させる親」もいる。

「子どもを邪魔者扱いする親」もいる。

「子どもを自分の都合に合わせさせる親」もいる。

・・・「親子の関係」は「血統が主では無い」のだ。

「人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存である」。

「ちゃんと子どもをその人なりに成長させてこそ、親」である』。

『「今時なのに、子どもから、丸ごと一人の死生観という現実離れさえ、

手放せさる事が出来ない親や教師が、少なからずいる様・・・では」・・・。

「悲惨な事件等が頻発する・・・のも、当然」だろう。

「テレビ・マスコミ等の時代遅れぶりも、大いに悲惨な犯罪等を助長している」のだ』。

『「例えば、テレビ・ドラマや映画等」でも、

「丸ごと一人の殺人劇&その解決等&血統家族主義等の横行化を誘う宣伝等々」と言う、

「人類を成長させない資源・エネルギーの無駄」は「止めて」、

「それこそ、主人公」が、

「丸ごと一人の殺人劇等を犯している悪に対して」、

「オレは、お前を、丸ごと一人殺したいとは思わない」。

「お前の中の悪劣な思想や行動を生み出した脳細胞神経ネットワークを死に追いやり、

お前を健康な人間として育てる事で、

お前に、お前が犯した罪の実感を与えてやりたい」。

「お前の様な未熟者が量産されない様に、この人間社会を少しでも良くする事に力を加えたい!」

・・・「とでもやれば良い」のだ。

「丸ごと一人の殺人劇に替わる細胞ごとへ・・・の進化のドラマや映画

(つまり、丸ごと一人の死生観という現実離れにしている=悪い概念から細胞ごと・・・という現実との整合性が高い概念への進化をテーマとする。

悪者である丸ごと一人の死生観に基づき殺人や他者支配に邁進している人々は、

表面上からして如何にも悪という姿・形で描かれる必要は無い。

また、正義側も、現状の如何にも正義という姿・形で描かれる必要も無い。

表面では無く、内実の問題である事を露呈させれば良いのだ。)」や、

「丸ごと一人の死生観や血統家族主義に替わる、

細胞ごとの命の繋がりや人類の世代交代は種の保存という現実を実感するドラマや映画」等々を、

「全世界でつくり配信すれば良い」のだ』。

『「現実革命はもう始まっている」。

「革命が遅れれば遅れた分だけ本来なら出ないで済む犠牲者が出てしまう」のだから、

「多くの人類は、もっと、真剣に、自分の実体&自分の実体の本来の目的との整合性を取る実務に励むべき」だ』。

|

「集団的自衛権に反対!」のつもりが「中国共産党の軍拡や侵略を止めさせるべき」という「本質」を露呈させたサンデー・モーニングの自爆ぶり・・・。

『「日本で、集団的自衛権やオスプレイや米軍基地移設等々に対する、反対!!!」を「言っている暇がある」なら、

「かつてのナチスドイツの様な状態に近い、中国共産党の軍拡や侵略行為等を止めさせる為に、

中国で、或いは、全世界で、中国共産党の軍拡や侵略行為等に対する反対運動を行った方」が

「遥かに、現実に即している事」を

「思わず、露呈させてしまった様相」だったのが、

「本日のサンデー・モーニング」だった』。

『「思わず、大爆笑!」だったのだ』。

『「日本が集団的自衛権を止めても、

中国共産党による軍拡や侵略行為等が止まる訳の無い事」は、

「集団的自衛権を持たない現在の日本に対する中国共産党の態度を見れば、

誰でも分かる」。

「日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法により、

日本国内で、中国共産党にとっての不適応分子を粛清したり、

日本社会を去勢・無害化したりする工作を行っている、

数多くの中国共産党の工作員たち」や、

「尖閣諸島等の地域での領海・領空侵犯」等々からも、

「その悪質性が、誰にでも分かる」』。

『「中国共産党の不当増長を押さえる為」には、

「集団的自衛権による日米安保の強化」が、

「実効がある」。

「それは、中国共産党が、米国本土はもちろん、グアム・サイパン・ハワイ等々の米国領に対して、どれ程の侵略工作等を仕掛けているのか?」を

「考えれば、誰でも分かる」。

「日本国内では、日本社会の至るところで蔓延っていて、一般市民に対する粛清工作や大衆誘導まで行っている中国共産党の工作員」だが、

「米国内では、稀」で、

「主として、権力者に対する工作のみ」だ。

「勝ち目の無い相手に対しては、怒らせない様にする」くらいの「知恵」は、

「中国共産党にもある」のだ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等の多く」は「親韓(北朝も含む)、親中共」だ。

「日本のテレビ・マスコミ等の直ぐ近くに、それらの人脈の者たちが巣食っていたり、酷い場合には、同居したりしている」。

「当然の如く、戦後日本社会では、一方的に大量配信されて来た情報の多くが、親韓(北朝も含む)、親中共」だった。

「竹島が不当占拠され、拉致までされ、尖閣諸島等への不当進出もあり、反日国なのに・・・」である。

「日本側の大人の対応(?)、もしくは、確信犯の韓(北朝も含む)・中共への利権誘導、に対し、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党が、軍縮や反日政策から親日政策への転換等で応えた」のなら、

「日本側は、今まで散々行った大人の対応(?)路線に戻れば良い」だろう。

「しかし、実際は、日本側の大人の対応(?)に対して、より反日政策を強め、不当要求を重ねて来ているのが、反日国の実態」だ。

「何故か?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

(分からない方々は、過去の記事をご参照下さい』。

『「日本の安全対策が比較的充実している原発を止め続けさせている暇がある」なら

「中国や韓国のアブナイ原発を止めさせる方」が、

「日本の核汚染に対する安全保障にとっての実効は高い」のと「同様」で、

「日本で集団的自衛権反対!運動を行っている暇がある」のなら、

「中国共産党の軍拡や侵略行為等を止めさせる運動を全世界的に行う方」が、

「実際の戦争は遠ざかる」のだ』。

|

「女子高生殺人解剖」という「大罪」を犯しても尚、優等生&良い子に拘る人間を生み出したのは・・・。

『「感情等が異常に抑圧されている冷徹鉄仮面状態の優等生女子高生」が「人を殺してみたかったから・・・」、

「ネコでは無く、人でも解剖をしてみたかったから・・・」、

・・・と「実際に起こしてしまった」のが、

「女子高生殺人解剖女子高生事件」だ。

「事件後も、女生徒は弁護士を通じ、親に対し良い子である優等生的コメントを社会に誇示」し、

「弁護士である父親」も「社会に対し、優等生的責任・反省弁を誇示」した。

「寒気を誘うくらいの冷徹鉄仮面親子ぶり・・・」等と「感じた方々」も、

「少なく無かった筈」だ』。

・・・・・・・。

『「現状優等生家庭」の「元」が「冷徹鉄仮面的に現状人間社会等に媚びる親である事」は、

「稀では無い」。

「自分を捨てて、自分を殺して、・・・、現状人間社会や現状人間社会権力者や現状人間社会経済(お金)等に媚びるくらい・・・」で無ければ、

「現状人間社会の中で、人並みより以上の評価や立場や報酬等を得る事」は、

「困難だから」だ。

「現状に媚び、現状人間社会等の中での成功???を目指した段階」で、

「実際は、自分の実体を無視した暴行等を自分自身に与えている」のだが、

「その自覚も???な方々」にとっては、

「現状での成功こそが全て・・・」等と「なってしまい易い」。

「自覚無きまま現状でのある程度の成功???等を手に入れる」と「その様な自分に対する自己正当化欲動が生じる」。

「もちろん、自分の実体から乖離した状態での自己正当化など現実欲求としてはあり得ない」から、

「代償欲求の追及が始まる」のだ』。

『「自己正当化の代償欲求」が「生み出し易い状態の一つ」が、

「子ども等に自分を投影・転嫁して、子ども等に自分と同様の或いは、自分以上の、人生等を歩ませようとする事」だ。

「所謂代々話」である。

「子ども等が、親の自己正当化欲求の代償欲求追及上で現状成功???等した」なら、

「親の自己正当化の代償欲求は、上辺の見かけ上では、解消出来た」等と

「思い込め易く」なる』。

『「成功の証(元々が、実際の成功感を得られていないから、こんなモノを欲しがる様になる)として、豪華なヤケクソ(遺骨)保管場所等を準備し、

虚構の自己正当化に縋りながら、

在り得ないあの世等での実質自慰生活等を思い浮かべ、

個人としての意識を失う(死ぬ)なら、

それこそが、成功の人生だ!」等と

「思い込みたい人々」は、

「未だ、少なからず居る」。

「しかし、それは、自分の実体との整合性が不十分な偽りの成功に過ぎ無い」のだ』。

『「偽りの成功追及の副産物の一つ」が「巷に溢れる悲惨な事件・事故等」である。

「今回の尋常では無い様相の事件」も「そんな副産物の一つ」に他ならない』。

『「上記の事からも明らか」な様に、

「悲惨な事件・事故等の元を抱きしめている人々」は、

「数多くいる」のだ。

「悲惨な事件・事故等が具体化するか?否か?」は、

「色々な要素の組み合わせが生み出す偶発的事象に過ぎず、

元自体を解決しなければ、

今後も同様な新たな悲惨な事件・事故等は続いて行く事になってしまう」のである』。

『「人類は、どうすれば良いのか?」

「以前から、何度も記している通り、自分の実体との整合性を取る実務を進めれば良い」のだ。

「この重大な人類としての役割を疎かにして、

現状に媚びる事により現状での成功???を得ようとするバカ者や悪者を蔓延らせ続けている限り、

人類の未来は、暗澹たるモノになってしまう」。

「法律でも経済でも人間社会システムでも、

情報でも、教育でも、

・・・全ての面で、自分(人間)の実体との整合性を取る実務・・・{現実革命}とでも言うべき・・・流れ」が、

「人間社会全般に行き渡り、実行され続ける様になれば、

程なく、世界平和も実現し、地球環境問題等も解決出来る事になる」』。

『「人類誰もが、選択の自由を持っている」。

「現状に媚び、知らず知らずの内に、自分の実体自体を滅亡に追い込もうとするのか?」

「自分の実体から整合性を取る実務に励み、地球生命体細胞群の存続~永続に貢献するのか?」

「現状で立場・権力等を保持している者たちの責任は相応に大きい」のだ』。

|

太陽光発電=超高価&不安定発電である事を無視するおハナ畑の方々・・・。

『「超高価&不安定発電が日本社会にもたらす実影響」は「日本の不況」なのだ。

「日本を不況に陥れると共に、アブナイ原発を平然と使い続けている中国や韓国に日本の不況がもたらす好況を誘う」のが「日本で太陽光発電を大流行させる事の実効」だ。

「この程度の仕組み」は「小・中学生でも分かる」』。

『「それなのに、日本で太陽光発電を大流行させようとしている者たちの実態」は、

「中国や韓国という反日国の手先」になる。

「反日国の手先を日本国内で蔓延らせ続ける必要は全く無い」のだ』。

|

長崎・佐世保「命の大切さ・道徳授業」の時代遅れぶり・・・。

『「道徳とは、ある種の宗教」だ。「今時、命の大切さの理解・把握を深める為に授業を行う」なら、「細胞ごと、現実に基づいて」で無ければ「実効がある訳も無い」』。

|

長崎・佐世保「女子高生殺人解剖女子高生」を危険と通報した精神科医・・・。

『「事件前の通報者とは、精神科医だった・・・のだと!」「精神科医なら、無意識誘導等が出来ても何の不思議も無いが」・・・』。

|

「女子高生殺人解剖女子高生」を未だに特別差別扱いしたがっている悪劣な方々・・・。

『「現状適応を過剰賛美している現状人間社会の中」、「現状適応の優等生だった父親」と「現状適応の優等生として女生徒を育てようとしていた実母(故人)」の「下」で、

「育成されていた」のは「女子高生殺人解剖女子高生」だった。

「ここで、多くの人々は気づくべき」である。

「現状適応への過剰賛美」や「現状適応の優等生を目指す」のは、

「特別な人間では無く、巷に数多く居る普通の人々である事に!」

「つまり、女子高生殺人解剖女子高生と同様の状態に陥ってしまう人間を育成してしまう可能性」は、

「多くの普通の人々の中にも在る」のだ』。

『「例えば、テレビ常連出演者等が、テレビ画面という檀上から、

多くの檀下の視聴者等に向かって、

自説等を一方的に語れている状態」も

「現状適応の優等生」の「状態の一つ」だ。

「他の職業等でも同様」で「現状で成功している者たち」は「現状適応の優等生」なのだ。

「現状適応の優等生という意味では、該当女生徒の父母と何ら変わりは無い」のである。

「それでは、何故、尋常では無い事件を引き起こしてしまった人間が育成されてしまったのか?」

「該当女生徒に対して特別差別扱い」をして、

「特殊な事例として処理している限り、この問題の解決は出来得ない」』。

『「子どもの心の問題等内面の問題に対するサインを見逃さずに適切な対応を行う為」には、

「大人自身が自分と深く付き合い、

自分の内面を良く理解・把握し成長させている事が必要」だ。

「自分の事さえ???な大人?」では「子どものサインの元も分かる訳が無い」。

「厚顔無恥状態のテレビコメンテーター等」なら、

「子どものサイン等は分からない・・・」等と

「平然と公共の電波上で語れる」が、

「そんな大人?の下で育つ子どもたちや、

そんな者の言葉を頼りに自らを免責している大人?の下で育つ子どもたちが心配になる」のは、

「普通の話し」だろう』。

『「では、該当女生徒は何を求めていたのか?」

「言うまでも無く、

現状適応では無く現実適応であり、

現状適応がもたらす偽りの自己実現では無く現実適応がもたらす本当の自己実現だった」のだ。

「そんなまともな感性が育っていた優秀な該当女生徒にとって、

現状適応の為の親や学校等による教育等」が、

「正に、実験台に乗せられ、解剖されている小動物の様」に

「少なくとも深層心理上では捉えられていた」のだ。

「女生徒の自覚が不十分」で「親に対する良い子であり続けたい欲動が上回っている状態」に、

「他の普通の生徒たち」から、

「今から、そんなに、勉強して、どうするの?」等の

「普通の言葉を投げかけられた事」により、

「女生徒の深層心理が問題解決欲動を発した」。

「女生徒の頭の中でその時見出された問題解決行動」が、

「給食への異物混入で、言葉を投げかけた側を罰する事だった」のだ。

「この時点で、女生徒は、

自らの深層心理からのSOS信号を

現状優等生である親に気に入られ続けたい欲動で無理やり、心の奥底に閉じ込めながら、

女生徒の深層心理を刺激した者たちを罰する{悪行}を行ってしまった」。

「その{悪行}に対して、優等生的な処理が行われればどうなるのか?」は「言うまでも無い」だろう。

「優等生的処理」は「女生徒に対し、悪行より優等生を優先せよ!」と「教えているのと同じ」である。

「優等生である限り、悪行など気にする事は無い感」が「育成される」と「共に」、

「自らの奥底からのSOS信号に対しても無感・不感であり続ける状態」も「育成されてしまった」のだ』。

『「現状適応の優等生たち」が「現状適応を強いる集団的圧力」で「モンスターをつくりだしてしまった」のである』。

『「ここで、多くの人々は気づくべき」だ。

「人間として産まれたなら、目指すべきは現状適応では無く、現実適応である事に!」

「女生徒の問題行動に対して、優等生的解決を行い、女生徒に現状適応の優等生を目指させるのでは無く、

女生徒の深層心理からのSOSサインを的確に読み取り、

女生徒の心理を現実適応による縛りから解放し、

現実適応による本当の自己実現を誘う教育・指導等が出来ていた」なら、

「今回の尋常では無い事件も起きていない」のである。

「その様な対処が出来る人間社会」なら、

「同様の新たな事件も抑制出来る」のである』。

『「それなのに、何故?当たり前の実効のある対策の話しさえも出て来ないのか?」

「言うまでも無く、多くの人々が現状適応の優等生という麻薬に溺れているから」だ。

「テレビ画面という檀上に居る者たちのほとんど全て」も、

「視聴者という檀下に居る者たちの多く」も、

「現状という麻薬に溺れさせられたまま、現実適応への道を歩もうとさえしていない」様相なのだ』。

『「現実適応の為」には「先ず、自分の現実を十分に理解・把握する事が必需」になる。

「宗教や丸ごと一人の死生観等の現状までの古臭い考え・思いの上での納得等に縋り付いている状態」では、

「自分の現実を十分に理解・把握出来る訳も無い」。

「現状社会評価や、現状経済システム等の現状利権の麻薬で溺れている様」では、

「現実適応を誘う社会・経済システム等への進化に力を加える気にもなれない」だろう。

「しかし、現状に溺れる人の数や力が大きければ大きい程、尋常では無い事件等も必然的に起きてしまう」のだ。

「その究極が人類滅亡という訳」である。

「人類滅亡方向に力を加えているのが、悪劣な人間たち」と言う訳だ』。

『「人類滅亡が回避出来る内」に「現状適応から現実適応への正常進化を行う」のが、

「人類にとっての得策」なのだが・・・』。

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »