« 戦争を行っていない日本=平和と言う大嘘・・・。 | トップページ | 本当の歴史を知らない日本人の若者と韓国人・中国人の若者が本音で対談すると・・・。 »

昨日の記事、もしくは、追加内容が、余程気に入らなかったのか(?)電磁波工作テロを一生懸命行い始めた悪たち・・・。

『「電磁波工作テロの実態」は「それぞれでは、多くの場合、大きな問題と出来ないレベルの電磁波を、ターゲットが居る所に集中させる事で、ターゲットにダメージを与えようとする、集団的工作テロ」だ。

「例えば、筆者がターゲットとなっている電磁波工作の場合」は、

「家に居る時、筆者が常駐し易い、昼の間は、リビングの椅子で筆者が腰かけているところ、

夜は、寝床に、上・下・斜め上・斜め下の多方向から電磁波を集中させる事によって行われている」のを「ベース」に、

「外出時には、車の中では他の車や建物から、徒歩や公共交通機関利用時には、意図的に周りに付いている様相の工作員や、車同様、電車・バス等に仕込んである電磁波発生装置や、建物から」、

「・・・という具合」に「出来る限り、筆者を収束させる事で強化された電磁波下(家の中)に置き、

外出時の身体の回復を阻害しようとする悪劣な手段」だ。

「家の中を覗き、筆者が居る位置を執拗に、電磁波工作器や工作員等に知らせ続けている悪まで居る」』。

『「組織的工作テロ」なので、

「警察も上記の様な実態に合わせた摘発を行うべき」だし、

「政治家が法整備面で頑張るべきところも大きい」。

「現行法では、覗きや、傷害・殺人未遂や、集団的ストーカー行為等々になる」のだろうが、

「そんな甘い法では、この手のソフト工作テロを封じ込める事は困難」だろう。

「厳罰が必需」である』。

『「もっとも、集団的ストーカー行為による裁きで、筆者の周囲(遠くまで届いている強い電磁波もあるので、最低でも、数百メートルは必要)に近づく事は禁止という処置が出来、

それを永続させる事が出来る」なら、

「実質的な解決も可能」になるが・・・。

「その様な処理の場合は、ターゲットは筆者だけでは無い」ので、

「日本からその人脈の者たちは出て行かざるを得なくなる」だろう』。

『「何れにしても、早急な対処が必需」だ』。

|

« 戦争を行っていない日本=平和と言う大嘘・・・。 | トップページ | 本当の歴史を知らない日本人の若者と韓国人・中国人の若者が本音で対談すると・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事