« 福島第一原発避難者自殺東電賠償命令判決問題・・・。 | トップページ | 国家契約日韓併合を日本による侵略~植民地支配と言いながら、日本に居る者たちの実態・・・。 »

日本国内には確実に少なからず「日本乗っ取り支配工作員が居る」・・・。

『「先日の記事をアップした後、電磁波工作や飲食物工作に励んでいる連中の筆者に対する工作活動の頑張り具合やストーカーの酷さが増している」。

「筆者の車にも強めの電磁波を当てて来る車のナンバー」では、

「1&1&8&8(順は色々)・・・全部足すと18や、全部足すと21や、全部足すと13の連中が多い」。

「その様な車との遭遇率や実際の電磁波照射率」で「筆者ターゲットの工作の頑張り具合が判る」のだ。

「出先のホテル」でも「資本関係や経営者関係」が「そのスジの者」だと、

「筆者が泊まる部屋の上」には、

「漏れなく、電磁波工作員が付いている」。

「電磁波悪用の覗きで、筆者の寝る位置等を確かめ、

就寝中や、椅子に座ってテレビ等を見ている時に、頭や胸に、電磁波を当て続けようとする」。

「対策抜きで、工作電磁波を当てられ続ける」と「ロクな事は無い」ので、

「相応に対策して実効が出ない様にしている」が、

「当然、対策には本来なら不要な余分な手間も時間もお金もかかる」。

「人類滅亡を避ける方向に力を加えようとしている筆者の仕事の邪魔をしている」のだから、

「正に、悪魔の所業」だ。

「そんな工作員どもも、もちろん、そんな工作指令等を出している者たちも、そんな工作等に協力している者たちも、

・・・永遠の恥辱に染まる道の上を歩まされる事になる」。

「子孫を残して、悪の文化を代々引き継がせようとしても無駄」だ。

それにしても、「警察等ももっとちゃんと電磁波・飲食物工作等々を取り締まるべき」だ』。

|

« 福島第一原発避難者自殺東電賠償命令判決問題・・・。 | トップページ | 国家契約日韓併合を日本による侵略~植民地支配と言いながら、日本に居る者たちの実態・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事