« 国家契約日韓併合を日本による侵略~植民地支配と言いながら、日本に居る者たちの実態・・・。 | トップページ | 韓国では「独島教科書の大量配布」だそうだが・・・。 »

電磁波工作兵器は「スマホ等の不正操作も可能」だからご用心!・・・。

『「筆者が部屋でスマホを操作していたら、何故か?そのアプリのリセットが何度もかかった」。

「おや?」「何故?」と思い「原因を考えてみた」。

「スマホ自体に問題は無かった」ので「原因は別」になる。

「筆者の部屋の特有環境は、上に電磁波工作員が常駐している事」だ。

「電磁波による覗き行為や、傷害行為等々が目的と考えられる」。

「スマホ操作妨害もその一環」なのだろう。

「電磁波による影響」なら「電磁波が当てられない様にスマホの位置を変えれば症状は消失する筈」と「考え、実際に位置を変えたら、見事に症状は消失した」と「共に」、

「上階からは、工作員が地団駄踏む足音が・・・」』。

『「ここで、はっきりした事」は、

「電磁波工作を行っている連中が使っている電磁波」は、

「スマホ等の不正操作も可能である事」だ。

「今回の筆者の場合」は、

「そのアプリのリセット信号だった」が、

「それが、勝手にアプリを起動し、合意信号を遅らせる事等々」だったりしたら、

「ある人のスマホ等が、ある人の部屋の中で、ある人と共に在る時に、その契約等が行われた事になってしまう」。

「ここで、ある人」が、

「自分はそんな事をしていない!」と「主張」しても、

「電磁波工作の訴えや証明等が無き場合」、

「ある人が、責任逃れの為に嘘を言っている」等と、

「みなされてしまう」だろう。

「今後は、その様な冤罪被害、もしくは、有料サイト詐欺等々が多発する」と「強く推定される」。

「何しろ、電磁波工作を行っている」のは、

「●暴(韓人脈の割合が異常な程多い)関係や韓(北朝鮮も含む、在日も、似非帰化も含む)・中共関係」と

「強く推定される」のだ。

「連中の得意な詐欺・泥棒行為の電子技術悪用版」である』。

『「電磁波工作」は「確実に進化させられている」のだ。

「気づかれ、防御されてしまう」と「電磁波工作による、傷害・殺人等は困難になる」が、

「人体では無いが故に、比較的防御の甘い、スマホやタブレット等」なら、

「例えば、出先のホテル等で上階等からの電磁波工作に対する完全防御は困難」だろう。

「警察等も早急に対策を行うべき」である』。

|

« 国家契約日韓併合を日本による侵略~植民地支配と言いながら、日本に居る者たちの実態・・・。 | トップページ | 韓国では「独島教科書の大量配布」だそうだが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事