« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

日帰り温泉施設「減圧室死亡事故?」問題・・・。

『「あり得ない事態」が「埼玉県ふじみの市の日帰り温泉施設で起きてしまった」旨の報道があった。

「15分かけて3500メートル程度の高地気圧まで減圧~そのまま15分維持~15分かけて平地気圧に戻す&開扉」という「制御の筈」の「減圧室設備」が、

「何故か?!!」

「ずっと高地気圧制御&閉扉のまま」という

「あり得ない状態になっていた」というのだ。

「そして、そんな異常状態を知らずに減圧室を利用していた男女二人が亡くなってしまった」のだと言う』。

『「機械の故障???・・・通常の機械は、安全設計がなされているから、故障すれば、減圧しなくなったり、扉が開いたり・・・する物」だ。

「安全設計がなされていない機械」なら「実質的に、欠陥品」である。

「機械の故障とは考え辛い」。

「それでは、事故?の原因は何か?」』

『「筆者の頭をよぎった」のは「北朝鮮等反日人脈による日本人制裁{実験}」だ。

例えば、

「減圧室を悪用した日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な殺人」という「立案が在った」なら、

「既に、どの程度の気圧状態にすれば、ほぼ確実に人が死ぬのか等を実験で確認している」から、

「意図的な殺人も可能」なのだ。

「電磁波工作」や「飲食物工作」等々だけでは無く、

「昨今の技術の進歩で安価に登場して来た減圧室や、日焼け設備等々を使った日本制裁プラン」が、

「そのスジの人脈の中」では「立案されない訳も無い」。

「脳卒中や心不全等々を狙っている電磁波工作や飲食物工作」や

「精神的錯乱等ゆえの自殺等を狙っている情報工作誘導や突発死殺人」と「同様」で、

「日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な上、上辺では事故・自殺等で処理され易い」が、

「実質的には、テロ行為」である。

「そんな悪行を行っている実質工作員やその監視・指令員たち」が、

「日本国内には、少なからずいる」のだ』。

『例えば、「旧社会党の事を思い出して欲しい」。

「拉致」は、

「無い事に・・・」、或いは、「日本軍による強制連行よりずっとマシ・・・」等々。

「拉致被害者が被害相談に行った」ら「朝鮮総連にその旨報告・・・」。

・・・等々というのが、

「北朝鮮労働党等と友党関係にあった旧社会党の実態」だった。

「その旧社会党は、何と!当時の自民党と並ぶ二大政党の片翼だった」のだ。

「当然、それなりの支持者数があったという事」であり、

「北朝鮮による日本人拉致が、日本海側のみならず、太平洋側等からも行えた」のは、

「日本国内に居た拉致協力者たちの存在が在ってこそ・・・」だ。

「拉致工作に協力してしまった者たち」とは「北朝鮮権力者に弱みを握られた者たち」と「同義」で、

「その後も、北朝鮮から言われるまま・・・に、日本国内で、北朝鮮権力者の指令による工作活動を行い続けている」と「考えるのが普通」だろう。

「そんな実態が在る」から、

「電磁波工作も飲食物工作も、他の色々な、日本の現状の法&摘発体制では摘発困難な、実質的、テロ行為」が

「日本国内で横行している」のだ』。

『「北朝鮮に親類縁者等が居る者の協力は仕方無い・・・等々」の

「工作容認情報工作までもが、横行していた」のが、

「旧社会党旺盛時」だった。

「旧社会党と実質的には同様の人脈が牛耳っている様相」なのが、

「韓流テレビ・マスコミ等や日教組等の教職員組合や一部の農協・漁協等」である。

「日本に自虐を求め続けた反面で反日国を不当に利させて来た情報・教育はもちろん、

かつての、農薬漬け野菜や、薬漬け魚等々」は、

「指令の下であった可能性大」なのだ。

「自民党の要人であった故金丸氏の金庫から北朝鮮製と強く推定される金の延べ棒が出て来た話し」も

「有名」で、

「日本社会の反日人脈による汚染度」は

「かなりのモノである事」が「良く判る」』。

『「元々は、日韓併合を日本の乗っ取り支配の開始と位置付け、長期計画で、日本の乗っ取り支配を企んでいる人脈」による「工作」なので、

「世代交代も織り込み済み」なのだ。

「この問題は、時が経てば解決する」のでは「無く」、

「時と共により深刻になっている」のである。

「実際に、日本国内でのそのスジの人脈による出生率と、一般日本国民の出生率では、そのスジの人脈による出生率が伸び、一般日本国民の出生率が抑えられている様相」だ。

「日本社会の支配的・象徴的立場に登り詰める事が出来ている者たち」も、

「弱体化工作無縁のそのスジの者たちである場合が多い」。

「能力のある、ライバル関係にある、日本人等には、ほぼ確実に、弱体化・早死に化工作等が仕掛けられている」から、

「その結果として、異常事態が生じている」のだ』。

『「北朝鮮要人」は「拉致問題の日朝協議の最中」に、

「日本側の代表」に「立場をはっきりせよ!」と「迫った」のだそうだ。

「つまり、お前は、北朝鮮の指令に従うのか?日本側に立つのか?をはっきりせよ!」と「迫った」のである。

「北朝鮮の指令に従うなら、その証として、もっと、制裁解除を!」と「迫った」のだ。

「日本側に立つ」なら「日本国内に居る北朝鮮の手先が、日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法で、粛清してやるぞ!」である』。

『「本来なら、日本の現行法&現行の摘発体制をもっと、もっと、現実的にすれば良い」のだが、

「かつて」の「旧社会党による反対!」で「多くの改善法案等が反故になった」のと「同様」で、

「韓流テレビ・マスコミ等による大衆誘導と、正義ぶらせている野党の反対!」で、

「中々、事態が改善出来ない」ばかりか、

「与党内にも、送り込んでいるそのスジの者たちの手先」が、

「肝要な対策・法案等の情報を早々に掴み、早々に、邪魔工作を仕掛けている」から、

「ほとんど進展しない」のだ』。

『「こんな事態を改善する為に必要」なのは、

「多くの一般日本国民の意識改善」だろう。

「ご都合教育や韓流テレビ・マスコミ等に操られずに、一般日本国民として当たり前の認識を持った者たちがメジャー状態」となれば、

「巷に溢れている、手を染めている者たちも少なく無い、電磁波工作や飲食物工作等々などは、あっと言う間に摘発可能になる」』。

|

「御嶽山の噴火大事故」までも「日本のみ脱原発視聴者誘導」に利用していた醜悪番組・・・。

『「昨日の報ステ」は「本当に醜悪」だった。「多数の犠牲者が出ている御嶽山噴火大事故」について「報じた」のは「当然だろう」が、

「何と!御嶽山の噴火大事故をダシ」に、

「日本の原発不安を煽っていた」のだ』。

『曰く、

「火山が沢山ある地震国日本で、原発を使用し続けるのは・・・」等々・・・。

「もちろん、言うまでも無く、日本の原発は、活火山及び活火山になる可能性がある山の大きな影響が及ぶと推定される所には無い」。

「今回の御嶽山噴火でも、何処の原発にも、何ら、影響は出ていない」。

それなのに、まるで、「日本に火山が在り、地震も多いから、日本は原発を止めろ!」とでも「言いたげな論調だった」のだ。

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ脱原発」で、

「日本の電力事情を不利にする事」により、

「中・韓(どちらも反日国)を利す為」の「視聴者誘導情報」としてなら、

「正に、合理的な論調だった」のだ。

「日本の公共の電波の特定周波数を独占使用していながら、反日国を利する論を一方的に大量配信・・・」では、

「その実態は、反日国の手先の情報工作機関」だろう。

「本当に酷いモノ」だ』。

『「御嶽山噴火大事故を報じる」なら、

「先ずは、被害者救助情報&被害者情報」であり、

「続いて、御嶽山の実状情報」だ。

「そして、同様の大事故による新たな被害を防止する為」にも、

「同様の噴火の危険性がある山の有無や実態情報」である。

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ脱原発大衆誘導」の為の「ダシ」として、

「御嶽山噴火大事故を使える非人間的感性の裏に在る」のは、

「一体何なのか?」』

『「北朝鮮要人」に言わせれば、

「日本は北朝鮮に制裁する権利など無い。北朝鮮が日本に制裁するのは当然だ!」の旨だ。

「御嶽山噴火大事故」を「天からの日本への制裁」と「感じる感性」なら、

「日本の被害者や被災等に対する思いは、冷淡」となり、

「むしろ、天からの日本への制裁を利用して、更なる制裁誘導を!」等の

「思いを抱いている」と「強く推定される」。

「正に、その様な思いの上で、編集され、配信された番組の様相だった」のだ。

「本当に、醜悪」である』。

|

「日本の中の韓流マスゴミにマインドコントロールされている海外メディア」に攻撃されていた様相の山谷国家公安委員長だが・・・。

『「ヘイトスピーチ」は「もちろん問題」だ。「集団的表現方法」としては「訴えている内容の是非にかかわらず、多くの人々からの反感を招く、自虐劇でもあるから」だ。

「だから、実際に、在特会のヘイトスピーチの結果」として、

「より大きく出ている」のは、

「在日特権を認めるな!」では無く、

「ヘイトスピーチまで行う団体の言っている事だから、在日特権は悪くないんじゃないの・・・」等の「感がもたらしている」、

「実質的に、在日特権を温存する風潮」なのである。

「そんな実効が出ている面」や「人脈の面」から、

「在特会のヘイトスピーチ」は、

「在日特権維持~拡大を狙っている連中によるお手盛り劇」とまで言われている。

「集団で正当な主張を行う」なら「多くの人々の好感を得易いジェントルで優等生的な表現」が「王道」だろう』。

『「日本の中の韓流人脈が実権を握っているマスゴミ等の扱いぶりも異常」だ。

「ヘイトスピーチだけを問題にして、在日特権の問題を実質的に黙殺している」。

「そんな日本の中の韓流人脈が実権を握っているマスゴミの論」を「日本の中の正当な論だとして、鵜呑みにしている様相」なのが、

「日本の中の韓流人脈が実権を握っているマスゴミの論」に「マインドコントロールされている海外メディアの方々」という訳だ。

「マインドコントロールされている様相の海外メディアの方々」は、

「韓流人脈の都合に沿って、ヘイトスピーチや在特会のみを問題にし、責める」が、

「在日特権の是非については、ロクに検証もしない」。

「韓流人脈に操られている哀れな人々」は、

「知らず知らずの内に、永遠の恥辱に染まる道の上を歩まされている」のだ』。

『「在日特権」とは「日本が敗戦直後の体制不備状態だった朝鮮戦争時期」に、

「韓国が李承晩等の指揮の下」で「日本領竹島を不当占拠した延長線に日本側に無理強い要求した特権」だ。

「敗戦直後でロクな武力も保持していなかった当時の日本」は、

「一般市民の犠牲を抑える為に、韓国側の不当要求を渋々飲んだ」のである。

「そもそも、日韓併合が日本による侵略~植民地支配」なら、

「日韓併合時に、朝鮮人が自主的に日本に大量渡来する事などあり得ない」。

「日韓併合時に多くの朝鮮人が自主的に日本に渡来した裏に在った」のは、

「日韓併合が日本による植民地支配では無く、二国間の統合合意契約であり、

日韓併合時に実際に行われていた政策が、

植民地支配政策では無く、

日韓同化政策だった」という「現実」だ。

「日韓併合時の国力が対等では無く、日本の方が遥かに大きかったので、対等合併では無く日本による韓国併合となり、日本よりの同化政策が取られた」が、

「それは、当時の韓国側の国家権力者たちも、望み、合意した、契約の下で・・・」である。

「結果として、日韓併合時」には、

「近代化に遅れをとっていた朝鮮半島内から、

多くの朝鮮人が、自主的に、

近代化が進み、より良い仕事や報酬等が得られ易い、日本本土内に、

安心して、渡来出来ていた」のだ。

「日韓併合が植民地支配であり、実際にとられていた政策が植民地支配政策なら、決してあり得ない事態」である。

「日韓併合を日本による侵略~植民地支配」と「嘯き」、

「当時の欧米権力者たちを植民地支配詐欺で騙す事」で、

「戦後韓国(北朝鮮も含む)は、独立」した。

「日韓併合時には、多くの日本人が朝鮮半島に渡り、朝鮮半島の近代化に私財までつぎ込んで貢献した」が、

「韓国による植民地支配詐欺がまかり通ってしまった為、

戦後直ちに、朝鮮半島内の日本人は、

多くの財産・資産・立場等を実質的に放棄させられた状態で帰国させられた」。

「そんな本来は、平時に日本人が努力して培ってきた財産・資産・立場等を、日本の敗戦を悪用した実質的火事場泥棒で奪う事で国を始めた」のが、

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)の実態」だ。

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為」は、

「朝鮮半島内だけでは収まらなかった」。

「植民地支配では無かったが故に、日本にも大量渡来していた朝鮮人たちの一部」は、

「まるで、本国からの指令で動いた工作員の如く、日本国内でも、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為を行った」のだ。

「駅前の一等地や主要道路に面している有益な場所等を、

武力放棄させられた上に、多くの成人男性が戦地から未帰還状態だった日本人たちから、

何故か?旧日本軍の武器等を保持していた朝鮮人たちが、襲い、奪った」のだ。

「当然、そんな状態が表立って公表された」なら、

「体制が整った後は、多くの日本国民が容認する訳も無い」。

「そこで、必要になったのが在日特権」である。

「朝鮮人たちによる実質、火事場泥棒~侵略行為を、日本側に認めさせ続ける」と「共に」、

「更なる、日本侵略~支配を容易にする為」には、

「日本国内の朝鮮人の実態を実質的に隠蔽出来る事が重要」になる。

「在日特権では、在日朝鮮人のそんな都合に沿う、公の場での通称(つまり、日本人的名前)使用等が認められている」。

「日本の中の韓流人脈が実権を握っている情報・教育・政界等々」でも、

「隠蔽~黙殺工作が行われ続けて来た」。

「そんな極悪非道な者たち」に「マインドコントロールされている海外メディアの方々」が、

「韓流人脈の都合に沿って行動させられている」のだ』。

『「いい加減に、海外メディアの方々も、目を覚ますべき」である。

「何時までも、悪韓国(北朝鮮も含む)人脈等の策略や詐欺等に引っかかったまま・・・」では、

「メディア人としての資質が問われても当然」だろう』。

『「山谷国家公安委員長に質問する」なら、

「在日特権には、どんな問題があるとお考えですか?」等と「聞けば良い」。

「上辺のヘイトスピーチ等非難で正義ぶる裏」で「韓流詐欺等を不当に利する」のでは無く、

「在日特権の実体を明らかにする事等々」で

「本当の悪の正体を露にする事」こそが

「メディアの本分であるべき」だ』。

|

最悪の結果になってしまった神戸小1女児行方不明事件&逮捕された容疑者の???・・・。

『「まるで、逮捕してくれ!と言わんばかりの遺体と共の証拠遺留物」。「逮捕後には、事件については黙秘&弁護士の要求・・・と、まるで、プロ犯罪者の如き態度」。

「殺害&遺体切断遺棄」という「ショッキングで、人々の思いを強く引き付ける犯行」・・・。

「余程の抑圧等(あくまで、容疑者当人にとっての・・・)故の変態的自己中状態が引き起こしてしまった酷い事件か?」

「何らかの目的を持った組織等に踊らされ、酷い事件を実行してしまった容疑者か?」』

『「今後の速やかで確実な実態解明が待たれている」・・・』。

『「それにしても、テレビ等は、朝日新聞の大問題については黙殺状態」。

「今回の酷い事件について、大々的に時間を割き、人々の興味を惹きつける道具として使っている様相」なのだから、

「いったい、何処の国のテレビ局でしょうか?」等と

「変に感じている方々も少なく無い筈」だが・・・』。

『「民主党政権時の人事変更」で、

「民放同様状態・・・」となってしまっている「NHK」も

「未だ未だ、酷い状態のまま・・・」』。

|

北朝鮮の調査報告が遅れている訳&日本国内の北朝鮮系工作員等が摘発されない訳・・・。

『「元々国民の完全支配こそが、旧共産圏の政治ロジック」だ。「国家・国民の上に立ち、国家・国民を指導する」のが「共産党指導部だから」だ。

「北朝鮮の政治体系も旧共産圏と同様」で「象徴的金家の血統支配の裏」で「実権を握っている」のは「国家指導部のご老人たち」に「他ならない」。

「国家・国民の完全支配が大前提」だから「北朝鮮国民の一部とされた拉致被害者」についても、

「今更、再調査するまでも無く、その実態は国家指導部で既に把握している」。

「それなのに、調査しなければ、実態は分からない等と嘯いている」のは、

「言うまでも無く、日本との交渉をより有利に進める為」だ。

「この事態から直ぐに分かる事」は「北朝鮮側が日本に調査報告し日本側がそれを認める事=北朝鮮が有利な状態である事」である。

「北朝鮮には、拉致という国家をまたぐ重大犯罪の是正が求められている状態」なのに、

「北朝鮮側を有利にする調査報告しかしない」のが「現北朝鮮の実体」なのだ』。

『「そんな北朝鮮」が「国際的制裁で困っている」のは「お金の移動」だ。

「お金自体」は「金や北朝鮮国家指導部の下に集金されているお金」を「北朝鮮の手下名義の金転がしで増やし続けている」から、

「困っていない」。

「何しろ、実質的には、国家組織ぐるみでインサイダー的悪行も可能だし、実際に行っている様」なので、

「金転がしの手先たちも、結構、潤っていたりする」。

「そして、そんな資金を元に日本国内でも工作活動が行われ続けている」のだ』。

『「元々は、手下の者を縁の下に忍ばせたり、弱みを握った者から無理やり聞き出していた情報盗み工作」は、

「電子技術の発達と共に、電磁波工作に進化」した。

「電磁波工作は、元々は、覗きの為の技術」だったのだ。

「その覗きの為の技術を構築している途中」に、

「人体に障害を与える目標も出され、

{見えない銃}を使った{摘発されない戦闘行為}として電磁波工作は熟成されて来ている」。

「北朝鮮側の認識」では「日本と戦争している」のだ。

「その終極の目的」は「日本支配」である』。

『「もうお分かりだろう」。

「北朝鮮とは、話し合いで問題を解決出来る状態には無い」のだ。

「今、この瞬間にも、日本国内で、北朝鮮の手下たちやそれに賛同している韓国や中国共産党の手下たち」が

「傷害~殺害目的の電磁波という見えない銃弾」を「無防備な一般市民に向かっても、大量に撃ち続けている」。

「その様な状態で時を重ねれば、日本国内で元気なのは、銃弾を浴びない北朝鮮や韓国や中国共産党系の人々とその手下のみ・・・」となり、

「実際に、日本の乗っ取り支配も可能になる」との「戦略」なのだ。

「電磁波工作に加えて、飲食物工作や日本自虐情報・教育等々も在る」のが、

「無防備過ぎる日本国内の実態」である』。

『「それなのに、何故、日本政府や警察や自衛隊等」は、

「北朝鮮等の工作員やその手下たちを捕え、罰しないのか?」

「もちろん、法や摘発体制等の不備の問題が大きい」が、

「実は、その裏に在るのが、北朝鮮等による政界・教育・情報等の工作」なのである』。

『「覚えている方々も少なく無い」と思うが「故金丸副総理の金庫からは、北朝鮮製と強く推定される金の延べ棒が出て来た」。

「故金丸氏の地元山梨県」は「新潟新幹線や関越道など無い時代、関東域の拉致被害者たちを日本海側に送る為の需要な中継点でもあった」。

「この二つを重ね合わせれば、誰でも、想像出来るだろう」。

「かつての、日本の政界の、与党中枢までもが、北朝鮮の工作に犯されていた事等を」・・・。

「未だに、法や摘発体制の整備も、実際の摘発~厳しい処罰も行われていない裏に在る」のは、

「その時代の遺産なのではないだろうか・・・」等と、

「多くの方々も感じる筈」だ』。

『「かつての自民党が工作汚染でダメ・・・だから」と「政権交代した」ら「どうなったのか?」

「工作汚染どころでは無い、確信犯のそのスジの方々が実権を握っていた」と

「強く推定される民主党政権時の与党国会議員たち」が「実際に行った」のは、

「日本を細らせ、韓国や中国共産党支配下の中国を太らせる政策」だった。

「日韓基本条約により返す必要が無いと認定されていた書物までも渡し、

韓国(北朝鮮も含む)側を不当に元気づけた結果」は、

「韓国による更なる不当な補償要求」だった。

「日韓併合は日本による侵略~植民地支配と言いながら、

戦後韓国(北朝鮮も含む)が独立しても、

未だに、数多くの韓国(北朝鮮も含む)人たちが居残っている日本」では、

「悪戯な政権交代」より

「以前の自民党等から、反日国汚染を除く道こそが正解」を

「強く印象付ける結果」だった』。

『「戦後日本の情報・教育界の韓(北朝鮮も含む)流汚染度の高さ」は、

「異常」で、

「与党政界工作では、一部、しかし、要人も含む、工作汚染レベルだった」が、

「それこそ、日本中で多くの人々が、自虐&親韓(北朝鮮も含む)&親中国共産党だった」のだ。

「未だに、隣国だから・・・と、反日国である中・韓(北朝鮮も含む)との外交のみを偏重させようとする異常な動きまで在る」のだ』。

『「今、日本国民として多くの人々が行うべき」は「日本国内の日本国民弱体化・支配等目的の工作活動を、警察・検察等に、摘発~処罰させ、絶滅させる事」だ。

「法治国家日本が大々的に謳っている代理処罰の原則」から、

「工作活動被害者自身が、防衛的処罰行動に動き辛い現状があるから」である。

「拉致問題の解決への遠回りの様で近い道」も「其処に在る」』。

「」』

|

報ステ、「イスラム国の問題は空爆しても解決しない」ならどうすれば解決するのか「空爆を止める気になるくらい素晴らしい案」を是非とも言うべきでしょ・・・。

『「多くの物事で、代替え案無しに、正義ぶる事は簡単」だ。「かつての旧社会党などは、テレビ討論番組(だったと思う)で、原発を止めると日本の電気が暗くなるが・・・と振られた時、核融合を!などと、賢ぶって言って、多くの視聴者にもバカにされていた」が、

「イスラム国の問題」で「旧社会党の流れかも知れないテレ朝の者たち」が「言える代替え案」とは、

「核融合レベル」なのだろう。

「もはや、代替え案を大々的に言って、多くの視聴者にバカにされるくらい」なら、

「匂わせるダケで、ロクに言わず、正義ぶるダケ・・・」で「留めておく事に決め込んでいる」のかも知れない』。

『「日本の公共の電波を使って、大々的に情報を一方的に配信していながら、そんな状態・・・では・・・」。

「空爆を止めるべき・・・」と言うなら、

「上辺で正義ぶり、優等生ぶる・・・」のでは無く、

「直ぐにでも、空爆を止める気になるくらいの素晴らしい案」を「もっと、謙虚に、考えるべき」だ』。

『「この手の問題で、代替え案を出す為」には、

「現状人間社会システム等の本質に潜む問題を露わにする」と共に、

「その解決法を考え出さなければならない」。

「現状の問題点を露わにする事」は「現状利権の不当性も露わにする事」にも「通じている」。

「現状利権上で不当利権を貪る事で、工作資金や大量消費自慰生活等を得ている者たち」にとっては、

「本当の問題解決=自滅への特急券」でもあるのだ。

「結果として、上辺で正義ぶる裏で、実質的には、何も改善出来ない・・・どころか、むしろ、現状利権の維持に力を加え、時と共に、問題をより悪くする事」を、

「行ってしまう」のである』。

『「正義ぶって現状の問題を温存させ続ける醜悪な現状優等生たち」とは、

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる愚か者たち」でもあるのだ。

「改心する」なら「お早目に!」だが、

「現状利権という麻薬漬けの者たち」の多くは、

「ヤクでれろれろ状態」だ。

「現状利権というヤクを得続ける事>自分の実体との整合性を取り現実適応する事」状態となっていれば、

「もはや、自主的改心は、ほとんど不可能」だろう。

「そんな者たちが多数となれば、イスラム国問題どころでは無い大きな問題」を「人類自身が引き起こす事になる」』。

『「イスラム国問題について」は「過去の記事をご参照頂きたい」が、

「人類滅亡を防ぎたい」のなら、

「今を生きている誰もがその旨を主張出来る一票を持っている」のだから、

「それぞれが、自分自身で、自分の実体との整合性を高める実務」を「行い続ければ良い」のだ。

「その努力が実り、存続が滅亡を、力の上で上回れば、

現状に拘る愚か者たちを永遠の恥辱の上で罰し続ける反面で、

永続に続く道の上を歩み続ける人類~が存続する事になる」』。

|

円安歓迎!・・・。

『「企業経営者の皆様!反日国の下の民では無く、日本国民なら簡単ですが、反日国から工場等を引き揚げ、日本国内に仕事と景気と内需を引き戻しましょう!!」

「使える原発は率先して使い、燃料輸入不況&貿易赤字分を減らしましょう」』。

|

結局、制裁一部解除で北朝鮮を利したダケになってしまっている拉致問題・・・。

『「北朝鮮にしてみれば、今の制裁一部解除状態を出来るだけ長く続けたい」だろう。

「その為にする事は、簡単」だ。

「日本側が納得出来ない調査結果を提出し続けるダケ」だ。

「そして、制裁一部解除の裏」では、

「資金を集め膨らまし(この辺が、現状経済システムの大いなる欠陥なのだが、元が金●恩が無理やり集めた金でも、元は問われず、運用している者が似非日本人等なら、その実態が表に出る事も無いのだ・・・。そして、そんなお金が大金となれば大金となる程、パーセントで、酷い場合には、何百倍以上にも・・・、異常な程に、増えてしまっている・・・。)、

そんな資金を元にした日本国内で行われている日本人への制裁工作活動等」が

「より強化されている」』。

『「一般日本国民の力を阻害」し、

「制裁工作活動に見舞われていない親北朝鮮(韓国も一緒)人脈の力を増大させる手法が取られている」。

「それこそ、日韓併合当初から131年計画でもあるかの如き様相」の、

「日本乗っ取り支配工作」が

「日本国内で進められている」のだ』。

『「何れは、民主党政権時の様に、親北朝鮮(韓国も一緒)寄りの政権への政権交代等をも可能にする」べく、

「親北朝鮮(韓国も一緒)等の日本国籍を持つ者」の

「子沢山戦略&その子のリーダー化戦略等々」も、

「戦後の日本国内で、とられ続けて来ている」。

「重ねて言えば、日本人に対しては、制裁を行いながら」だ。

「制裁の実態」は、

「既に公になっている拉致はもちろん、

過去の自虐情報・教育工作、

そして、今も、一般日本国民に対する飲食物工作や電磁波工作等が行われている」。

「親北朝鮮(韓国も一緒)の者に日本国内の利権を集中させる事」で「日本の乗っ取り支配を行う為」に

「一般日本国民の力を阻害している」のだ』。

『「日本政府等が行うべき事」は「既に明らか」だ。

「日本国内の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な工作活動等をちゃんと取り締まり、

日本人に実害を与え続けて来たり、

その裏で不当利権を貪って来ている連中」を

「厳罰に処する事」だ。

「拉致工作支援者・協力者たちの少なく無い割合の者たち」が、

「世代交代しながら、その様な工作を本国の指令の下で行って来ている可能性大」なのだから、

「日本国内での工作活動の徹底摘発こそが、拉致問題解決の扉を開く鍵にもなっている」のだ』。

『「日本国内で工作活動に手を染めている者たち」の「実態」は、

「確信犯の北朝鮮(日本国籍の場合も、韓国国籍の場合もある・・・つまり、朝鮮人系・・・)等の人脈を筆頭」に、

「宗教や情報・教育等の手段で、その有益分子化された者たち」と、

「弱みを握られていたり、自らを工作活動のターゲットから外してもらう為等の理由」で、

「他の日本人に言われるままの工作活動を仕掛けている情けない連中」と、

「何も良く判らずに、仲間の言うままに・・・という情けない連中」等々になる』。

『「目に見えずにオン・オフ可能なので捉え難い」が、

「実効を得る為には、ターゲットに対する連続の工作が必要なので、

ちゃんとした体制を組めば捉え易い」のは

「電磁波工作」だろう。

「ちゃんとした知識や機器等を持った者たち」が、

「電磁波工作のターゲットになっている者、例えば、筆者の周りでも、調べれば、直ぐにでも、

その悪劣な実態は分かる筈」だ。

「明らかに、傷害もしくは早死に化(つまり、実質殺人)目的」で、

「集団的であり、執拗」なのだから、

「電磁波工作を仕掛ける集団的ストーカー行為の様相でもある」。

「そんな連中の一部」は「差別の無い公務員等にもなっている様相」で、

「そのお役所等からの仕事を受けた建築設備業者等の中に居る工作員」が、

「電燈や公共施設等の中の電気機器等々にまで、無線で操作可能な電磁波発生回路等を仕込んでいる」。

「警察の中にも居る」から「捜査情報等が漏れる場合がある」のは「当然」で、

「未解決・難解決・誤解決事件等の裏に在る」のは「そのスジの人脈・・・という場合」も「少なく無い」。

「電磁波工作の数や、威力等が、北朝鮮への制裁一部解除以降、より強くなっている」から、

「相応に、関連が推定出来る」のだ』。

『「契約も信頼も信用も・・・、満足に成り立たない」のが「悪朝鮮人の実態(もちろん、悪では無い朝鮮人は、普通の他の国々の人々と同様)」で、

「日韓併合時に朝鮮半島に居た日本人が、悪たちを用心したのは、当然」だった。

「悪朝鮮人等の行動ロジック」は「支配&被支配」で、

「悪でも、その単純な二つ」なら「理解可能」なのだ。

「しかし、悪たちの多くは、支配側にしか立ちたがらない」。

「拉致という大犯罪を犯しながらも、

その罪を認め刑に服さない、

北朝鮮及び、北朝鮮の交渉の相手」とは、

「下記()内の理由から劣悪なれども、

支配者側にしか立ちたがらない者か、

支配者の意向に忠実な者の様相」なのだから、

「普通の話しは通用しない」のだ。

(「自分で自分を健康にコントロールし続ける」のが「本来の人間の本能的欲求」だ。

「自分で自分を健康にコントロールしない」と「代わりに他人を支配したり、他人に自分を支配させたりさせたくなってしまう」のだ。

「それは、一時しのぎの為」の「代償欲求の追及」という「防衛本能の働きの一つ」だが、

「一時しのぎに安住しようとする」のは「病人や悪人」なのだ。

「自分を自分で健康にコントロールする」なら「罪は認め、謝罪し、補償し、応分の罰をも、欲する筈」だ。

「健康な者たち」は「絶対に、そんな事態に自分を陥らせたく無い」から、

「犯罪行為等を避ける」。)

「悪者たちを相手にしたところ」で、

「北朝鮮側が不当利権を得続ける裏で、日本国内での工作活動が活発になるダケ」だ。

「拉致問題が真に解決出来る訳も無い」』。

『「劣悪なモノのみにすれば、衰退は必然」だ。

「全世界が相手にせず、孤立させ、衰退させる」と共に、

「それこそ、全世界で連携して、戦後の日本国内で行われ続けて来ている日本人の人権を大いに阻害し続けて来ている悪の工作活動を完全摘発する事」こそが、

「拉致問題解決への近道」に他ならない』。

|

「従軍慰安婦国際誤解問題の誤解解消は必要無し」という韓国の為のインチキ論・・・。

『「ニューズ・ウィークジャパンの韓国の為のインチキ論」では「見事なまでに黙殺されている韓国従軍慰安婦詐欺問題」。

「その時点で、韓国の為のインチキ」は「既にバレバレ」なのだが・・・』。

『しかし、「ニューズ・ウィークの言っている事だから・・・」等と、

「かつての、朝日新聞の言っている事だから・・・の時と同様」に、

「親韓(北朝も含む)・親中共等現状優等生の操りに陥り、現実を見失っている方々」が、

「また、また、出てしまっているのでは?」』

『「昨今の日本社会の実状からすれば、その数はだいぶ減っていると推定出来る」けれども、

「少々の不安が」・・・』。

『「韓国が従軍慰安婦詐欺を世界中で行おうと邁進している現状」では、

「その対策として、事実・現実情報の世界中への普及」は「必需」だ。

「何故なら、事実・現実情報の世界中への普及を行わなければ、韓国の言い分だけが世界中で独り歩きしてしまうから」だ。

「実質的には、韓国の言い分を世界中で独り歩きさせる事を応援している」のが

「ニューズ・ウィークジャパンの論」だ』。

『「朝日」も「ニューズ・ウィーク」等々も

「記者・編集者等」を「韓国等の条約も信頼も信用も・・・十分に通用しない悪質国家に偏向している者たち」にして、

「日本国内で不当な大衆誘導を行わせる事」等は「いい加減に止めるべき」だ。

「この手の問題は、人ごと是正しない限り、健常化は困難」だろう』。

|

セクハラ???発言程度で都議を執拗に責めるマスゴミは朝日新聞バッシングが酷いと嘯いている・・・。

『「国益・国民益を大きく損ねた実質大罪」への「責め」は「その問題による被害が補償されるまで、長く、きつく続くのが当然!」だ。

「健全なマスコミ」なら「人寄せパンダ的な小さい話題で、視聴者・読者等の興味を誘導し、大問題を実質黙殺はしない」。

「マスコミでは無く、反日人脈の情報工作機関(ふつうの国なら罪に問われるのが当たり前だが・・・)」なら

「人寄せパンダ話題で欺き、大問題を黙殺・・・」等が「当然の対応になる」』。

『「マスゴミが黙殺している朝日新聞の問題」を「朝日新聞自身は扱っている」と

「朝日新聞は良心的・・・」等と「思わせられてしまう方々も少なく無い」だろう。

「其処も、狙いの一つ」なのだ』。

|

朝日新聞が仕切った読者の声代表8編の掲載というガス抜き・・・。

『「朝日新聞は、読者の声を公表する」なら「もはや、その全てを公表するべき」だろう。

「何しろ、池上氏コラムの掲載時にも、現社長の意見がモノを言った様相だった」のだから!

「その現社長が、体制を健全化した後、退任する旨等」を「公言したところ」で、

「現社長等にとって都合の悪い体制をつくらせない為の整備を行った後なら、退いても良い・・・の旨」にしか「聞こえない」のだ。

「そんな現社長の下での読者の意見選別後の掲載」だ。

「朝日新聞や朝日新聞の現状権力者やその裏にある人脈等々にとって核心的な急所を露呈させる意見等」は、

「確実にブロックされている」だろう』。

『「もはや、朝日新聞は、一度新聞社自体を廃し、

全く新たな新聞社として、人も名も、支援母体も、新たに、再出発でも、させるべき」だ』。

『「日本の国家・国民益を大きく損なわせる事によって、反日他国を利したい人脈等」を、

「日本国内で蔓延らせない為」にも、

「そんな人脈に知らず知らずの内に、操られ、悪戯に実質献金している哀れな一般日本国民」を「量産させない為」にも、

「朝日新聞虚報・誤報問題やその元の朝日新聞」への「実効のある対策」が「強く、望まれている」。

「もちろん、散々、朝日の虚報・誤報等に乗っかって視聴者・読者・生徒等の思いを不当な方向に誘導して来た、

韓流テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等に対して」も、

「朝日新聞と実質同罪」なのだから、

「同様の措置が必要」だ』。

『「言論統制はしてはならない」が、

「日本国内に日本国・日本国民を不当に貶める不当な言論を蔓延らせる様な自虐行為」は、

「相応に排斥されるべき」である。

「自虐論等は、免疫を保つのに必要な程度の、マイナーでこそ妥当」だ。

「自虐論等がメジャーとは、まるで、ガン細胞がメジャーになってしまった人体と同様で、

そんな状態では、その人間社会の健康が保てる訳も無い」

「日本社会の情報・教育等々も、健康状態つくり出し、保つべき」である』。

|

韓国の元慰安婦映像公開・・・。

『「戦後の韓国の政権の下、韓国内」で「証言を求められれば」、「主として、韓国政府にとって都合の良い発言をせざるを得ない」のは、

「北朝鮮と同様」・・・』。

『「何しろ、親日というダケで、殺人されたり、処罰されたり・・・して来た実績を持つ国の下での、・・・ですから!」』

『「完全全編が公開」なら「朝鮮人による騙しや連行の実態が判る事も述べている」筈と思うが・・・。

「何しろ、当時、朝鮮半島内で意に沿わぬ従軍高報酬売春婦を無理やり連行出来たのは朝鮮人」なのだから!』

|

朝日新聞の大問題については黙殺工作&自民党都議の言葉狩りは大々的にトップニュース、という偏向醜悪番組・・・。

『「テレ朝は、もちろん、フジも同様の酷さ」だ。「無理やりにほぼ近い、都議への言葉狩り」の「実態」は「言葉そのものの問題では無く、発言された場の問題」だった。

「男女は結婚するべき」とは「古臭い思想信条」だが、

「思想信条の自由」は「憲法でも保障されている」。

「平場・・・プライベート」での「発言」なら「基本的に、もちろん、何の問題も無い」。

「プライベートでも、嫌がる相手に無理やり・・・なら、もちろん、問題」だが、

「今回の{トップニュース}」は、

「その様な事態のニュースでは無く、

あくまでも、議連会長(男女共同参画)の立場にある時に、

平場なら・・・の思想信条を言ってしまったダケ」である。

「該当都議は、{場違い}について謝罪している」。

「それなのに、{トップニュース}は明らかに異常」だ』。

『「朝日新聞の問題」は、

「従軍慰安婦虚報問題」にしても、

「原発吉田調書誤報問題」にしても、

「不実・誤実記事の大掲載によって、日本国・日本国民を不当に貶めた大罪」だ。

「当然、その事により、日本経済も負の影響を受けている」。

「例えば、虚報・誤報を信じた他国企業や他国の人々が、

日本企業との取り引きや製品購入等を躊躇し、

従軍慰安婦虚報では、大被害者的に扱われた韓国の企業との取り引きや製品購入等をを優先したり・・・」等々の

「経済的実害」が「容易に推定出来る」。

「海外メディアが日本について報じる時に朝日新聞は大いに参照され、

多くの場合で、朝日新聞の論・論調がそのまま鵜呑みにされていた・・・」ので、

「朝日新聞の虚報・誤報による海外への影響」も「非常に大きかった」。

「韓国の様に、反日国策を増長させる一助にした国まである」。

「日本経済にも、日本の国政等にも、決して少なく無い負の影響をもたらした」のが、

「朝日新聞の虚報・誤報問題」なのだ。

「この大問題は、謝罪会見&謝罪記事程度で終焉させるべき問題では断じて無い」。

「今は、朝日新聞虚報・誤報による影響」を「例えば、多くのテレビ番組等も、それこそ大々的トップ扱いで検証するべき時」だ。

そして、

「どの様な事を朝日新聞が行えば、朝日新聞の不実・誤実記事による悪影響が解消されるのか?」

「どの様な状態になったなら、朝日新聞の信頼が回復するのか?」

「朝日新聞による事態是正や信頼回復が可能なのか?」

「朝日新聞による事態是正が出来なかった場合、朝日新聞はどうするべきなのか?」

・・・等々を、

「日本国民全体で考えるべき時」だ』。

『「朝日新聞の大問題に対しては、早々と、意図的と感じられる黙殺状態」のクセに、

「自民党や日本人を無理やり貶める事で、

特定政党や特定人脈を利する効果がある偏向情報」は、

「一方的に大々的に配信している」様な「テレビ局」に、

「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続ける必要は全く無い」。

「日本のテレビ界」の「健常化」は「急務」だ』。

|

スコットランド独立賛否住民投票問題・・・。

『「二国間の合意契約の日韓併合時には、ほとんどの日本人と朝鮮人は、今の英国内と同様で、普通に仲良く暮らしていた」。

「戦後韓国(北朝鮮も含む)の権力者たちが日本の敗戦につけこんで火事場泥棒的に他力独立した後」は「韓国(北朝鮮も含む)は政権の都合で、日本を悪者にして支持を得、人民支配を行っている」。

「衰退したり、都合が悪くなれば、・・・何でも、日本のせい・・・状態」で「日韓基本条約で既に解決済みである問題まで持ち出して、補償等をタカる始末」だ』。

『「目先の利権を漁る何処かの国の悪権力者たちとは違い、多くのスコットランドの方々は、現実的判断が出来る賢明な方々」と「思う」ので、

「独立は無い」だろうが、

「万一、独立すると・・・、将来的には、今の日韓(北朝も含む)の様な状態が、英国内で・・・」』。

|

朝日系のSPAで推奨されている外食店の記事から連想された日本の中の大問題・・・。

『「過去に散々、飲食物工作の被害にあっている筆者」としては、「個別調理外食店は、チト、コワい」。

「その上、ご推奨の外食店の名を見ると・・・」。

「そんな外食店の{推奨}宣伝の目的は、そのスジへの集金目的」だろう』。

『「推奨外食店の多く」は、

「酷い人脈の者などいない健全なところ」かも知れないが、

「筆者は、過去の実体験と現状の日本のテロ・工作活動等に対する対応等」から、

「未だ、未だ、個別調理に対する、ある種の嫌悪感が消えていない」のだ』。

『「今の日本の状態」なら、

「筆者は外食しなければならない時」は、

「バイキングがあればバイキングを選ぶ」、

もしくは、「過去の飲食実績や人脈等から、飲食物工作など無い事が判っている個人の店」だ。

または、「チェーン店はバイト次第でアブナイ場合も少なく無い・・・ので、自分で選択出来る飲食物の買い食い」だ。

「誰が取るか分からない飲食物に強い工作物質等が混入される事は稀」だが、

「個別調理」とは「個別差別が可能」と「同じ」だ。

「人次第」で「工作アリ」と「工作抜き」が「個別に出来てしまう」。

「過去の実体験上(小学校時には、焼き肉店の後、二度入院。その後も、母子家庭状態で基本的に夕食は店屋物という日が多かったからか、頭もすっきりせず、体調何処と無く不良状態が続く。予備校時には、代ゼミの立ち食いソバ屋の後、電車の中で、低血糖ショックに近い状態に・・・その後、長期入院。社会人になってからは、外食や昔のコンビニ弁当等続き時後に入院。外食を基本的に避ける様にしてから、頭もすっきりし出し、体調も回復し、入院する様な症状も一切無し。もちろん、外食を基本的に避ける様にした頃からほぼ同時に始めている電磁波工作対策の効果も加わっているからと強く推定されるが・・・。)からも、

筆者は個別工作で狙われ続けている可能性大」なので、

「筆者を一方的に制裁しようとしている様な連中が、経営、もしくは、運営している、かも知れない、アブナイところには行く気になれない」のだ』。

『「筆者の体験上で、一回の外食で重い急変症状が出たのは、

二回の小学生時の焼き肉店の後と、

予備校の立ち食い蕎麦店の後の計三回だけ」だ。

「しかし、それ以外の外食後も、決して快適な場合だけでは無かった」。

「頭は、何故か?すっきりせず、身体は、何処と無く不調・・・」という「状態に陥らさせられた事が少なく無かった」のだ。

「それが、多くの場合の飲食物工作の悪の手口」で、

「頭や身体の不調を誘うものの、急変せず、万一検査された時にでも摘発・立証等が困難な程度に、要でも無い物等を仕込んでいる様相」なのだ。

「偶に、なら、大勢に影響は無く、

ある程度以上接種すれば、頭・体調不良等の実害が出て、

継続接種では、場合によっては、入院レベルにまで頭・体調の不良を引き起こす

・・・それが、悪の工作活動の実態」だ』。

『「戦争反対!」は「大声で叫んでも」、

「テロ・工作反対!」は「大声では叫ばない」のが、

「所謂日本の左翼の実態」だ。

「所謂日本の左翼のある種の実体」は、

「平和・民主的な革新・改革派では無く、自分たちの人脈が日本社会の支配権得る為」に、

「一般日本人粛清工作活動まで行う非人道的集団」である。

「そして、親韓(北朝も含む)・親中共の者が多い」のも「所謂日本の左翼の特徴」だ。

「海外メディア等の方々は、十二分にご注意頂きたい」が、

「日本の左翼と、欧米の左翼とは、全く違う」のである』。

『「戦争に勝つ為には、相応に高い科学技術力や資源開発使用力等が要る」。

「そして、戦争とは、基本的に、ちゃんと宣戦布告して、国同士が相手の姿もクリアーな中で、武力・殺傷力・破壊力等の比べっこを行う事」だ。

「ちゃんと双方ともクリアーな中で行う争い」なので

「戦前・戦中には敵同士だった国家・国民」でも、

「戦後は、勝者の導いた人間社会体制等の下で、仲良くなる事も可能になる」。

「テロ・工作活動」は

「テロ・工作のターゲットに対する、宣戦布告も無ければ、クリアーにも行われない」。

「科学技術力や武力等の比べっこを行うのでは無く、

多くの場合、テロ・工作活動を行っている者たちが基本技術等を自作した訳でも無い武力等を用い、

テロ・工作活動等を行っている者たちに直接被害を与えた者でも無い者たち」を、

「陰から不条理に攻撃する」のだ。

「陰から、

卑劣な手段で、

多くの場合、無防備な一般市民をターゲットにした、

卑劣なテロ・工作活動行為を行った者たち」とは

「テロ・工作活動終焉後でも、仲良くなれる訳も無い」。

「それを重々承知だから」だろう、

「テロ・工作活動等を行う者たちの目標」は、

「テロ・工作活動で襲う者たちの社会全ての支配」なのだ。

「仲良くなれる訳が無い」から「支配下に置きたがる」のである。

「精神心理的に見れば、自分を自分で健康にコントロールし続ける事が出来ない未熟者が行っている」のが「テロ・工作活動」に他ならない。

「自分を自分で健康にコントロールし続ける代わりに、他人を支配したがっている」のだ』。

『「未熟者たちに支配される人間社会」では「ロクな人間社会になる訳も無い」。

「だから、例えば、

実際に、工作活動等で特定極一部の者たちが支配権を得た旧共産圏」では、

「優秀???な共産党員の支配の下で、

劣悪な国家運営となり、

当然の不満を持つ当たり前の感性を持った人々が、

不適応分子として粛清の憂き目に合わされてしまった」。

「そんな事態を二度と起こさせない為」にも

「テロ・工作活動等に対する実効のある対策は、何処の国でも、もちろん日本でも、必需」だ』。

『「早急に、

日本国内の工作活動を、ちゃんと摘発し、厳罰に処す事が出来る様にし、

電磁波工作や飲食物工作の様な悪質な工作活動は、直ちに、摘発するべき」だ』。

『「電磁波工作について」も「付記しておこう」。

「電磁波工作を受ける・・・つまり、工作電磁波をある程度以上照射され続ける」と、

「頭に照射されれば、頭はスッキリしない」。

「頭に対する強めの照射が続く」と

「脳梗塞や脳出血等の危険性が高まり、

実際にその様な状態に電磁波工作故に陥らされたと推定出来る例も少なく無い」。

「肩や腰に照射され続ける」と、

「先ず、筋肉のコリや痛みが生じる」。

「首の後ろに照射され続ければ、筋肉のコリや緊張から、顎が上がった状態になり易くなる」。

「腰に照射され続ければ、腰が曲がった状態になり易くなる」。

「胸に照射され続ければ、胸が痛くなり易く、

電磁波による胸の痛みを、

心臓や胃等の病気等と勘違いさせられる場合も少なく無い」だろう。

「また、強い電磁波を胸や背中から心臓の辺りを狙って照射し続ける」と、

「心不全や心筋梗塞等の症状を起こす事も可能」で、

「実際に、その様な事例と推定出来る場合も少なく無い」。

「強い電磁波」を「継続的に神経細胞に当て続ける」と「神経細胞の破壊や、再生阻害等も可能」で、

「アルツハイマーや、神経不全による身体不調等々の事態も引き起こせてしまう」。

「実際に、電磁波故と推定される事例も、決して少なく無い」』。

『「電磁波工作に対する対策」は「防電磁波シールド」だ。

「具体的には、アルミやアルミ含有トタン板等を1ミリ~2ミリ程度(こちらは、マイナス側)+ビニール等プラス側の合成樹脂等を同程度の厚さで重ねた{反射版}等」が「効果が高い様」で、

「縦波と推定される結構強い電磁波でも実害が出ないレベルに抑えられる実効がある」。

「外出時は、よく動くことや、他の人々(特定の人だけの場合は、その人次第)の中で混在して居れば、強い電磁波からは逃れられる場合が多い」。

「車には、防電磁シールドを施せば良い」。

「フロントガラスが防電磁波ガラスでも無い限り、前の車からの電磁波の多くを防ぐ事は困難」だが「サンバイザーを下すだけ」でも「ある程度の実効はある」。

「サンバイザーに電磁シールドを重ねて付けておけば、尚更」だ。

「アブナイ所やシチュエーションが避けられない場合」は、

「頭身体の重要な所を電磁波シールド版で覆った上に、服や帽子等を着れば良い」。

「心臓の前後や、腰や、頭等を保護して置けば、ほとんどの場合で、電磁波工作による大きな実害は防げる様」だ。

「電磁シールドで防御済みでも、例えば、車を運転していて、背後の車からの強烈な電磁波で、気持ちが悪くなる事もあった」が、

「多くの場合は、{反射}が効くせいか(?)そんな車は程なく、去って行く」。

「トラックでも、セダン等の車でも、どんな車でも、運転手に向かって反射が行く様に電磁シールドを配して置けば、恐らく、ほぼ全ての場合で、工作車の方から去って行く」だろう。

「強烈な電磁波を当てたと強く推定される車のナンバーは、記録して置く事を推奨する」。

「前なら、簡単」だろうし、「後ろでも、ルームミラー等でナンバーを読み取る習慣を付けておけば、そんなに難しい事では無い」。

「家や町中では、建物からの強い電磁波なら、その出所を特定するはそんなに困難では無い」。

「人の場合は、それなりに困難だが、人から強烈な電磁波が当てられた事は、筆者の実体験上では皆無」だ。

「大きな電力が必要な強烈な電磁波の為には、相応の電源が居るから」だろう。

「ホテル・旅館等に外泊時」には「上・下の部屋や隣りの部屋からの覗き&照射に要注意」だ。

「筆者の体験上では、下や隣りより、上の部屋からの場合が多かった」。

「その場合は、覗き&照射用の電磁波工作兵器(上辺は普通のパソコンや電気機器かも知れないが)が使われている様」で、

「工作の為の電源をホテルや旅館のコンセントから獲れば、それなりの電力も確保出来てしまう」から、

「電磁波も相応に強くなる」のだ。

「そんな場合でも、電磁シールドによる反射は有効」だから、

「外泊時には、重要な部分を保護出来る面積分くらい持って行き、電磁波工作があった場合は使用する事を推奨しておく」』。

『「何れにしても、日本国内で、飲食物工作や電磁波工作等々の悪事を働いてる連中」は、

「野放しにせず、ちゃんと逮捕し、厳罰に処するべき」である』。

|

北朝鮮の本音「日本は植民地支配したのだから、日本が北朝鮮に制裁などもっての他&北朝鮮側が日本に制裁するのが当たり前!」・・・。

『「テレ朝昼番で、タイトルの旨、ソン・イルホが述べた映像が流れた」。「この事からも、分かる」だろう「北朝鮮が今も日本国内で、日本人に制裁を加えている事」等が・・・。

「電磁波工作や飲食物工作や情報・教育工作や政界工作等々の工作活動が日本国内で長年に渡り実行され続けて来ている」のは、

「決して、偶然でも、世界標準等でも無い」。

「明らかに、日本人に制裁を与える目的で、長年に渡って行われ続けて来ている」のだ』。

『「拉致問題の解決はもちろん」だが、

「日本国内で行われ続けて来ている日本人に対する制裁(粛清)工作の全てを止めさせる事」も

「確実に行わせなければならない」。

「政府は、全ての工作活動を止めさせる」と共に、

「多くの日本国民は、北朝鮮等による日本国内での日本人に対する制裁(粛清)工作の現実をちゃんと認識するべき」だ』。

『「日本のマスコミ等には、当然、知っている者も少なからず居る(何しろ、北朝鮮等の手先まで居る)」のだから、

「日本のテレビ・マスコミとしての仕事をちゃんと行うべき」である。

「日本のテレビ・マスコミとしての仕事が出来ず、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利する情報工作等には熱心・・・」なら、

「そんなモノたちは、日本の大手テレビ・マスコミ等の座から退かされるべき」だし、

「悪の工作活動に手を染めていたなら、厳しい処罰等を受けるべき」だ』。

|

神戸小1女児行方不明問題・・・。

『「何処と無く、朝日新聞問題隠蔽の為の工作の臭いが・・・」』。

『「広告業界」では「困ったときには、人寄せパンダ」で、

「人寄せパンダの代表」は「子ども、動物、有名人」だ』。

『「しかも、反戦は言っても、反工作活動は言わないのが、所謂左翼」で、

「北朝鮮や中国共産党等々による工作活動からも明らかな様に、所謂左翼は、工作活動好き」なのである』。

『「どんな事態だったとしても、実態解明」&「女児の早期帰宅を心から願っています」』。

|

地震だったが・・・。

『「強めの縦揺れが来た」と「感じた直後」に「縦揺れから想像した程でも無い横揺れ」だった。

「この程度なら、大きな影響は無い」と思うが・・・』。

|

「新聞の時代は終わった」と全部の新聞を否定する事で朝日新聞を助けようとしているお仲間たち・・・。

『「謝罪は意味が無い・・・」「従軍慰安婦は性奴隷・・・」等と「朝日新聞従軍慰安婦虚報問題による実影響を考えさせない実効を与える、他の論」を持ち出しているばかりでは無く、

「新聞の時代は終わった・・・」と、

「朝日の虚報・誤報も仕方ない」(中韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中極東地域日本のみ{脱原発}同様、こちらは記さない)

「・・・とでも言いたげな論まで公然と出てきている」。

「ネットマスゴミ」は「相変わらず酷い」』。

『「もちろん、朝日新聞従軍慰安婦虚報・原発吉田調書誤報問題は、未だ終わっていない」。

「先ず、第一に、虚報・誤報による悪影響が十分に取り除かれていないから」だ。

「そして、責任追及や、処罰等を行い実効のある再発防止策講じる事が、未だ、ちゃんと出来ていないから」だ。

「今、多くの日本国民が考えるべき」は、

「どの様な状態になったのなら、

朝日新聞の従軍慰安婦虚報問題や原発吉田調書誤報問題は、

終焉した、とする事が出来るのか?」である』。

『「先ず、実害の徹底検証」だ。

「従軍慰安婦強制連行性奴隷虚報」が、

「どれだけ、韓国による従軍慰安婦詐欺に力を与えてしまったのか?」

「どれだけ、国連や国際社会に誤解を与える事に力を与えてしまったのか?」

・・・等々。

「原発吉田調書命令違反撤退誤報」が、

「どれだけ、韓国セウォル号事件時の悪体質と同様な事態が日本にもあった等という、嘘・偽りのイメージを世界中に発信する事で、

どれだけ韓国の悪イメージを薄め、日本に悪イメージをつける事に役に立ったのか?」

「多くの日本国内及び、世界中の読者に誤解を与えた事により、命令違反などしていない所員たちの名誉をどれ程深く傷つけたのか?」

・・・等々。

「客観的に考える」なら「今回の問題は、国会でも、朝日新聞社長や関係者等を参考人招致して議論する必要があるレベルの問題」だ』。

『「実態とすれば、旧社会党人脈と朝日新聞人脈は、かなりダブっている」。

「共通理念は、親朝鮮&反日」であり「日本国民支配」だ。

「旧社会党人脈の者の多く」が「民主党員等に化けた」ので、

「政治面では、民主党を利する情報が優遇される」。

「朝日新聞を、優良一般紙として読むのでは無く、旧社会党人脈の政党紙」として「読むなら、大きな誤解は生じない」』。

『「現体制批判等が新聞の仕事だと言う愚か者が居る」。

「マスコミの行うべき事は、体制批判という政治的な事では無い」。

「真実の探究であり、その公開」だ。

「真実の探究が困難だった時代」は、

「いい加減な者・物・事のバランスを取る意味からも、現体制批判等の意味があった」が、

「科学技術が発達し、情報も至るところで得られる現在」では、

「マスコミが現体制批判という政治を行う事自体が、真実の探求を阻害する悪行にしかならない」のだ』。

『「従軍慰安婦は断じて性奴隷では無い」。

「その実態」は、

「多くの男性が兵として命がけで戦場で敵兵を倒す殺人を仕事とさせられていた時代の超高報酬売春婦」だ。

「戦争時の敵殺人」も「売春」も「公然と認められていた時代の事」である。

「今の感覚からすれば、当時の従軍慰安婦は性奴隷」だろう。

しかし、「それは、当時の兵を殺人者と言っているのと同じ」なのだ。

「時代を抜きにして、感覚だけで、正義ぶったり、優等生ぶっても、・・・現実把握は出来ない」のだ』。

『「日本の国益・国民益に対する悪影響を考える」なら、

「朝日新聞」は「もはや、廃刊にし、分割整理するべき」だろう。

また、「未だに、朝日新聞に献金している者たちの実態」は、

「朝日新聞を牛耳っている者たち等と同じ人脈の人々」なのだろう』。

|

朝日新聞も酷いが朝日新聞を鵜呑みにした海外メディアってどうでしょ?・・・。

『「海外メディアの日本記事の元」は「日本国内の新聞・テレビ等である場合が多く、独自取材などほとんど出来ていない」。

「だから、日本国内の新聞・テレビ等が自爆テロ的記事を出したり、

日本国内で実質他国人脈が日本の新聞・テレビ等の論調を支配する」と、

「今回の朝日新聞、従軍慰安婦虚報記事問題や、原発吉田調書誤報問題等々の様に、世界中であらぬ問題が起きてしまう」のだ。

「日本国内の新聞・テレビ等の責任は、当然、重い」。

「しかし、朝日新聞だから・・・と、朝日新聞の実体も検証せずに、朝日新聞の記事を鵜呑みにした海外メディアもどうでしょ?」』

『「海外メディア」は「日本のテレビ・新聞等の内容を鵜呑みにする前」に、

「日本のテレビ・新聞等の中で蔓延っている人脈等について、ちゃんと検証し、記事発表でもするべき」だ』。

|

朝日新聞問題の早期収拾工作に励んでいる朝日新聞のお仲間たち・・・。

『「拉致問題は、最低でも、全ての拉致被害者が解放されるまで、本来なら、それに加えて、拉致指示者・拉致工作員・協力者たちが応分の処罰を受け、二度と同じ過ちを繰り返さない様になるまで、本当の意味では終わらない」。

「だから、現時点で、拉致問題の収拾を訴える本当の日本国民はいない」だろう。

「朝日新聞による

従軍慰安婦虚報問題、

池上氏コラム掲載拒否~延期問題、

原発吉田調書誤報問題」にも、

「当然、収拾に適した時期が在る」。

「それなのに、民法各局では、既に、収拾情報工作・・・の様相」なのだ』。

『「例えば、本日の報ステ・サンデー」では、

「朝日新聞問題について長々と沈黙(意図的にと推定される)~そして、最後」に、

「まるで付け足し」の如く、

「朝日新聞に35年も居るコメンテーターから{・・・真摯に反省しなければ・・・}&

他番組でも常連コメンテーターである後藤氏から{・・・朝日新聞が信頼を回復する為には、ホームラン狙いでは無く、ヒットの積み重ねを・・・}等々」と、

「既に、この大問題について応分の処理が出来た後にでも述べるべき言葉の数々」を

「日本の公共の電波を使って、平然と大々的に流していた」。

「本来なら、朝日新聞が今回謝罪した問題については、どの様な処理が出来た段階で、相応に解決と言えるのか?」を

「話すべき」なのに!』

『「もちろん、収拾するに適切な対応が済んだ後なら、収拾に力を加えるコメント等も良い」だろう。

「しかし、朝日新聞が行った事は、謝罪会見を開き、その後、謝罪記事を一面の半分くらいに載せた程度」だ。

「それらの{謝罪}」とは、

「朝日新聞自らが悪モノでは無い事を正義ぶる実効」は「大いに、あって」も、

「実際の問題の解決」には「ほとんど実効をもたらさない事」だ。

「朝日新聞の虚報や誤報による悪影響は取り除かれていない」ばかりか、

「朝日新聞内からも出た、言論の封殺に対する懸念を排除出来る体制が出来事が明らかな状態でも無い」。

「こんな状態で収拾に力を与えるコメント等」では、

「今までの朝日新聞等の実体温存の為」に

「情報工作による大衆誘導を意図している」等と

「感じるのが普通」だろう』。

『「それこそが、朝日新聞や韓流テレビ等の正体」なのだ。

「やり方は、国家国民を指導し、有益分子を育成する中国共産党的手法そのまま」に、

「優等生を用いて、大マスコミや民法キー局という上の立場から、日本国民を指導し、その人脈にとっての有益分子を育成」する。

そして、

「昨今の中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発や、日本の電力事情を高値不安定にする太陽光発電等の、推奨や、

今回の従軍慰安婦虚報問題や、

日本の原発事故対応を不当に貶めたと共に、韓国セウォル号事件と同様の事態が日本にも・・・の印象を付けた吉田調書誤報問題や、

過去の竹島韓国譲渡推奨記事や、

もっと前の拉致は無かった事に、旧日本軍による朝鮮人に対する強制連行のが酷かったでしょ論調、

・・・等々から」も、

「実際に利している」のは、

「韓国(北朝鮮も含む)や在日韓国(北朝鮮も含む)人等や韓国(北朝鮮も含む)系の人々」という

「実態が露呈している」』。

『「朝日新聞」も「韓流テレビ等」も

・・・「現状の様な状態のまま・・・なら、日本の表舞台から退かされるべき」だ』。

|

朝日(新聞)は旧社会党みたいなモノ・・・。

『「旧社会党と言えば、イデオロギー対立時代には、正に、進歩的優等生を気取っていた、内実は、親韓(北朝鮮も含む)親中共親旧ソ連政党」だった。

「その正体がバレた」のは「拉致被害者家族等が相談に行った時の対応が露呈した時」で、

「北朝鮮と友好関係がある旧社会党に頼めば、拉致被害者の解放も上手く行くのでは・・・」という

「拉致被害者家族等の悲痛な思いは何処へやら、

・・・何と!旧社会党行った対応は、その旨を朝鮮総連に報告に行った事」だった。

「もはや、日本の政党といより、北朝鮮等の出先機関といった実態」に、

「多くの一般日本国民は怒りを覚えた」。

「旧社会党のその後」は「皆さま良くご存知の通り」だ。

「社会党のままでは当選が困難と悟った多くの国会議員や候補者等は、民主党等へと党を変え、

旧社会党本体の流れを請け負った状態の社民党」は、

「自民党と同程度の規模だった二大勢力の片翼旧社会党の影は何処へやら、・・・一桁政党状態」だ。

「実体を知った上で有権者が判断する」なら「当然の結果」だが』。

『「朝日新聞の従軍慰安婦虚報記事掲載」は、

「旧社会党による拉致被害者家族等からの相談への対応」より「更に酷い」。

「何しろ、日本国内で優等生新聞的に扱われている朝日新聞による報だから・・・」と、

「海外のマスメディアが鵜呑みにして、全世界にその情報をばら撒いた効果も加わり」、

「韓国による従軍慰安婦性奴隷詐欺の一つの根拠ともされた」上に、

「国連での非難決議まで生む元ともなった」のだ。

「その訂正~謝罪が、今頃、しかも、本当に反省しているのか???」である。

「もはや、国賊の域」だ。

「こんな新聞を容認している・・・」のでは、

「旧社会党を容認している有権者と同様以上に酷い状態」で、

「非国民、もしくは、確信犯の韓国の手先」等と「思われても仕方無い」。

「朝日新聞内から、旧社会党がそうであった様に、酷い対応・記事等は、自分たちの本位では無い!と、外に出る社員が続出するのが当然の状態」だが、

「今の所、その兆候さえ伝えられていない」から、

「朝日新聞は、社員採用の段階で、確信犯的に、お仲間を選別している可能性が大きい」等と、

「推定出来てしまう」。

「もっと酷い連中に至っては、反省は疎かに、火消しは一生懸命」なのだから、

「本当に呆れる事態」だ。

「因みに、テレ朝等、朝日新聞の下等の多数の会社」にも

「朝日新聞からのお目付け役的天下り人間たちが少なからず居る」。

「日本のテレビ局は、横の繋がりが異常に濃い」ので、

「そんな連中が、横の繋がりを利用して、他局ぐるみで、朝日新聞の問題の火消しに走っている様相」なのだ。

「つまり、テレビ局の多くが、日本国民の側に立たず、朝日新聞や韓国等の側に立っている様相という事」だ。

「本当に、酷い事態」である。

「日本国民なら、こんな事態を容認したままで良い訳が無い」』。

『「朝日新聞も、朝日新聞側に立つ民放各局も、日本国民の立場に立たない人材ぐるみで、大きな立場から退かされるべき」だ。

「そして、日本国民の立場に立った者たちによる新聞や、テレビ局が、日本国内における当然の大きさを持つべき」だ。

「朝日新聞や日本国民の立場に立たないテレビ局等は、旧社会党と同様にマイナーとなる道を歩めば良い」。

「情報・教育が事実・現実通り」なら、

「今までの朝日新聞やテレビ局等のような韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を利する主張」は、

「日本国内では、マイナーなのが当然だから」である』。

|

朝日新聞三一謝罪会見問題・・・。

『「福島第一原発被災事故時の吉田調書に対する{原発所員が吉田所長の命令に反して福島第一原発から撤退}という{誤報(???)}と、「従軍慰安婦虚報記事」&「池上氏コラム掲載拒否問題」に対し、

「朝日新聞」による、

「三問題セット&一原発吉田調書偏重」の

「謝罪?会見」が行われた』。

『「その内実」は、

「正に、{優等生の仮面を被った言い訳}のオンパレード」で、

「真摯な反省」は「全くと言って良い程感じ取れなかった」。

先ず、

「三大問題セットで謝罪会見、しかも、一原発吉田調書誤報問題偏重」という

「問題で問題を誤魔化す手法」が「酷い」。

「まるで、何処かの元等に対するメッセージでもあるかの如く、三一の装いである事」も、

「特徴的」だ。

(「因みに、朝鮮半島では、三月一日は抗日戦争記念日であり、朝鮮半島の文化では古から問題で問題を誤魔化す{混ぜこぜ}手法が横行して来ている」。)

「本来なら、時と場所を別々にして、それぞれの大問題について、それぞれちゃんとした謝罪会見を開くべき」だ。

「真摯に反省している」なら「そうした」だろう』。

『「また、謝罪内容も酷い」。

「原発吉田調書問題」では「調書内容を読み誤った」と、

「日本語が巧みな朝日新聞にあるまじき{言い訳}」をしている。

「公開された吉田調書を読む」なら「シロウトでも朝日の様な間違いは出来ない筈」だ。

「調書では、はっきり」と、「命令拒否などしていない」のだから、

「朝日の記者等が読み誤った」は「またまた虚報」だろう。

(「因み」に、「嘘で誤魔化し通そうとする」も「朝鮮半島では普通の文化」だ。)』

『「更に酷い」のは、

「原発吉田調書問題&従軍慰安婦強制連行虚報問題(この記事の影響も含む)」の

「検証」を

「自ら設置する第三者機関に行わせる宣言をした事」だ。

「第三者機関メンバー問題」という「新たな問題を自ら作り出す事」で、

「時間稼ぎ&責任逃れの防波堤を作ろうとしている様相」なのだ。

(「この新たな問題を作る事で、元々の問題の印象や罪等を薄くしようとする文化」も「朝鮮半島で横行している文化」だ。)』

『「更に、更に、酷かった」のが「韓流テレビ等による、実質、朝日の罪薄めるぞ~!コメント等」で、

「この様な時の為に・・・と、日頃から重用されている様相」の「常連コメンテーター等」は、

「従軍慰安婦吉田証言は虚報でも、従軍慰安婦問題については、良く検証すべき」と「言いながら、既に判っている実態を伝えず」、

「今まで多くの視聴者等が抱かせられている従軍慰安婦問題のイメージを想起させる事」で、

「視聴者に、やはり、可哀そうな女性たちには、補償を・・・等」の

「感を抱かせようとしていた」り、

「吉田調書誤報問題で朝日を責めるふりをしながら、内実では、嫌原発感情を煽っていた」り、

「朝日新聞の全てがダメな訳では無いのだから、朝日バッシングは問題だ!」

(「因みに、この相手を悪者にする事により自らの罪を誤魔化そうとする」のも「朝鮮半島では普通の文化」だ。)

等々と、

・・・「実質的情報誘導」をしたのだから、

「本当に悪質」だ。

「因みに、日韓併合時代の朝鮮半島内では、日本人と朝鮮人が共存していた」が、

「その住処は、だいたい分かれていた」。

「何故なら、元々朝鮮人の家の無い所に、渡って行った日本人が家(住宅)を建てたから」で、

「その後、学校を整備した時にも、日本人学校と朝鮮人学校は別」だった。

「元々の水準が余りにも違っていたから」だ。

「読み書きソロバンの出来る人が多かった色付きの着物を着ていた日本人」と、

「読み書きソロバンを知らず、経済さえも良く分からない色の無い着物を着ていた朝鮮人」では、

「最初から同じところで共存は困難だったから」である。

「近代化が進むと共に、共存状態はより高まっていた」が、

「住処自体は、元々の場所が大きくモノを言う」ので、

「戦時中でも、日本人と朝鮮人の住処は別地域・・・という場合が多かった」。

「朝鮮人街の中に入り込んで、朝鮮人の女子を連行などと言う事は、{日本人には、実質的に、不可能}だった」。

「朝鮮半島内で、意に沿わぬ朝鮮人女性を強制的に連れ去る事が出来たのは、朝鮮人」で、

「実際に、金銭的に困窮していた朝鮮人の親やその親戚等が、自らの子や親戚等を仲介朝鮮人に売り渡す事等」が「あった」。

「そればかりでは無く、良い仕事があるから・・・」と「騙し」、

「仕事紹介料として金を受け取り、従軍慰安婦として軍に渡した、不届きな朝鮮人仲介人たち」も「居た」。

「当時は、売春は合法で、仕事の一つとして認められていた」上に、

「軍という大きな組織の下での従軍慰安婦は、従軍の分だけ以上に高報酬だった」。

「軍は、従軍慰安婦の募集を行った」が「少なくとも、朝鮮半島内や日本本土内で、強制連行など行う必要は全く無かった」。

「お金の為に、高報酬従軍慰安婦に応募して来た女性たちも少なく無く、

売った親等&買った(借金と引き換えだったり、借金減らしだったり、実質的にその場で相応の金が支払われたケースはあまり無い)仲介人たち等が少なからず居た」からだ。

「意に沿わぬ朝鮮人従軍慰安婦たち」が「どうしても、補償が欲しい」のなら、

「先ず、売り買い、或いは、騙した、朝鮮人に!」が「従軍慰安婦問題の正答」である。

「この軍が強制連行した性奴隷」とは「全く違う実態」こそが、

「日本のテレビ・マスコミ等が全世界に伝えるべき現実」なのに、

「肝要な情報を隠蔽して、以前からのイメージだけを想起させ続ける・・・」では、

「本当に悪質」だ。

(「因みに、この現実を隠して、イメージで操る事で、利権を得る」も「朝鮮半島では普通の文化」だ。)』

『「従軍慰安婦問題」等「日韓(北朝鮮も含む)の問題」について、

「日本側が本当の事をベースとした解決をもちかけても、韓国(北朝鮮も含む)側は、聞く耳を持たないから、譲歩すべき」という

「酷い論」もある。

「それでは、まるで、韓国(北朝鮮も含む)なら、嘘をついても良いですよ」と「認めているのと同じ」だ。

「いったい、何の為に?」である。

「韓国(北朝鮮も含む)側の嘘を認めて、日本側が譲歩する事」の「実効」は、

「韓国(北朝鮮も含む)を不当に利する事」だ。

「不当に利す事の実効は、不当に太らせる事」である。

「不当にせよ太った国の力は応分に膨らむ」から、

「日本を譲歩で細らせ、韓国(北朝鮮も含む)を嘘でも、何でも・・・太らせる」事で、

「日本より韓国(北朝鮮も含む)を有利にする為」なら、

「正に、合理的」になる』。

『「朝日新聞」や「テレビ」の「一番悪質な所」は、

「自らの正体を欺く仮面の下で読者や視聴者等を誘導しようとしている所」だ。

「例えば、日本共産党の新聞」は「赤旗」と

「ちゃんと正体との整合性が高い表の顔を持っている」。

「赤旗」が「日本共産党や日本共産党が応援したい国々にとって都合の良い情報を書き載せる」なら、

「多くの読者」は、

「それが、日本のスタンダード論だ!」等とは、

「誤解しない」だろう。

「ところが、朝日新聞やテレビは違う」のだ。

「表の顔」は、

「まるで、日本の優等生・・・」だが、

「論調の内実」は、

「皆さま良くご存じの通り、実質的に、利韓・利中共が強い」のだ。

「まるで、表向きは、日本名を通用して、普通の日本人の如く振る舞いながら、

韓国籍のまま日本での選挙権を欲しがっている在日韓国人等の如く、

上辺では、日本を装っていても、内実は違う状態」なのだ』。

『「朝日新聞」を

「日本の優等生的新聞では無く、

事件・事故や政治・社会問題等を優等生的表現で扱い、

利用する事で、

日本国内で、朝日併合を可能とする世論や体制を導く為の

朝鮮系人脈による情報工作機関」として、

「捉えて、読む」なら、

「戦後左翼化した後~今までの朝日新聞の論」が、

「正に、合理的」になる』。

『「朝日新聞」は、

この際、

「朝日(チョウニチ)併合世論喚起新聞」とでも、

「名を改め」、

「上辺と内実の整合性を高めるべき」だろう。

「もっとも、そうなると、今まで同様に、日本国内で多数読者からの献金を得られ続ける訳も無い」が・・・』。

『「今までを真摯に反省」し「朝日(チョウニチ)併合世論喚起新聞を止める」なら、

「その証として、人材ぐるみで入れ替え、名前も変えるべき」だ。

「いっその事、反日人脈が忌み嫌っている、{旭日}新聞(実際に既に存在しているなら、そこから大新聞社が大金を払って名前を譲渡してもらう交渉でもすれば良い)とでもしてみたら?」』

『「何れにしても、日本国内に居る日本乗っ取り支配工作人脈の者たち」は、

「ちゃんと取り締まられるべき」だ。

「情報・教育・政界等の工作だけでは無く、

現行法&現行の摘発体制では摘発し辛い、電磁波工作や飲食物工作等々、

かなり、悪質な暴力・テロ的工作活動手段まで用いているのだから!」

「工作活動のターゲットにされている一般日本人」が、

「工作活動故に動き辛く」、

「工作活動フリーの日本乗っ取り人脈の者たちが元気」

・・・という「異常な状態」は、

「早々に解消されるべき」である』。

|

「川内原発再稼働へ」は当然だが、中・韓の原発の安全基準は???・・・。

『「テレビ・マスコミの皆さん」は、「新安全基準まで設定した日本の原発を批判している暇があるなら、万一事故があれば、放射能物質が偏西風に乗って日本に渡来する可能性極めて大の中・韓の原発の安全性について、マスコミ人らしくちゃんと検証し日本全国に配信すべきでしょ!」』

|

川越、全盲女生徒傷害容疑事件問題で正義ぶっていたテレ朝朝番だが・・・。

『「全盲女生徒に対する暴行は本当に酷い事」だ。「恐らくは、自己正当化の為の八つ当たり」だろうが、「同様の事態を露呈し続けている」のが「テレ朝朝番・・・だったりしている」から、

「そのテレ朝朝番が、今回の様な問題で、正義ぶっていたりすると、本当に笑える」のだ』。

『「今回の問題は、目撃者も居る、防犯カメラもある場所での問題」だから、

「それ程時間もかからずに、実態が明らかになる」だろう。

「そして、愚かな八つ当たり犯は、大恥をかく事になる」だろう』。

『「テレ朝の場合も、何しろ、未だに、毎日同じ顔のアナウンサー等、曜日替わりとは言え、毎度毎度同じコメンテーター状態」だから、

「確信犯で、大恥をかき続けたい様相」なのだ。

「日本の公共の電波上」を「常連出演者という、ご都合利権集中者の顔のみで埋め続ける悪態」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「そして、その醜悪ぶりを更に酷くしている」のが、

「自己正当化の為に、他人の事件で正義ぶり、政府・政策批判等を繰り広げ続けている事」だ。

「特徴的な事は、日本批判は大得意!」なのに、

「韓国や中国への批判は大甘」で、

「韓国に対しては異常な賛美さえし続けて来ている事」である。

「例えば、

新安全基準まで設定~実行されて来ている日本の原発については、

微に入り細に入り過剰な批判を繰り返している」が、

「万一の事故時には、

放射能物質が偏西風に乗って日本にも大量にやって来てしまう事が確実な上に、

安全基準も安全管理も

・・・日本より遥かに悪い事が強く推定出来る韓国や中国の原発について」は、

「確信犯的にほとんど取り上げない」のだ。

「そのような情報の実効」は

「日本国内で悪戯な嫌原発感情を煽ると共に、

中・韓の原発使用は黙認させる事になる」のだから、

「コレでは、まるで、中・韓の為に日本の公共の電波を使って情報工作を行っている様なモノ」である』。

『「そんな醜態を露呈しているテレ朝番組」で、

「事件の度に、毎度毎度同様の顔のコメンテーター等が正義ぶっても・・・」、

「出来の悪い勧善懲悪時代劇より酷い、日本の公共の電波の不当使用状態」だろう。

「しかも、その常連出演者等の異常に高い年収を知れば・・・」、

「現状人間社会の病巣の一つ」が「良く判る」』。

『「病巣を信じて鵜呑みにする視聴者等では病気になるのは、ある意味、当然」だろう。

「病人量産情報工作」となれば、

「常連出演者等がいくら正義ぶっても、

同様の新たな事件・事故等は、

これからも、今まで同様に、或いは、時と共に、より酷くなりながら、

起こり続ける」のも、

「またまた、当然過ぎるくらい、当然の現象」なのである』。

『「殺伐とした事件の元凶である、

日本社会が殺伐としている元凶の二極化格差社会の是正さえも、

満足に言わない確信犯の利権集中悪得人間たちの顔」が、

「何処と無く、晒し首の様にも、見える・・・」のは、

「まともな感性の生きている人々」で、

「洗脳された信者ともなれば、利権集中悪得人間たちの顔」が、

「教祖さまに見えている・・・」のかも知れない。

「時代の流れが行き詰り変わらざるを得なくなった時」、

「果たして、どれだけの信者たちが、真人間に戻れるのか?」で、

「人類の未来も大きく変わる」のだ』。

『「総中流状態」とは、

「悪い事をするくらいなら、普通に働きなよ!働けば、普通に暮らせるから!」が「普通に言える状態に他ならず」、

「利権集中悪得状態」とは、

「利権を持ち、他人を働かせ、利益の多くは自分が得ろ!

得られたお金は金転がしで膨らませろ!

大金を持てば、何でも通る!

働かせられたり、貧乏したり、悪い事をするのは、バカか下々だ!

悪や下々は、力やお金で押さえ込め!

等々・・・と偉ぶり、正義ぶって、自己正当化し続けろ!」が、

「普通に成り立ってしまっている状態に他ならない」。

「そんな状態で、何処の誰が、現実の平和を望めるのだろうか?」』

『「利権集中悪得人間たち」は、

「時代の流れが行き詰る前に、誰もが納得出来る更生した状態を現すべき」だが』。

|

為替レートの安定を求める経営者たち・・・。

『「企業経営を行い利益を得続ける為」には「為替レートにリニアリティーがある事」が「望ましい」。

「利益増大計画がつくり易く、実行し易いから」だ。

「例えば、円高方向に進む事がほぼ確実だった高度経済成長期以降」は、

「多くの企業経営者たち」は「円高前提の企業運営計画を建てて実行して来た」。

「その結果の一つ」が「製造工場等の海外移転」だ。

「更に円高が進む」と「今度は高い円を使って海外企業や海外資産等を買う等の投資運用で利益を上げる企業も多くなった」。

「実態に沿った利益増大計画に基づいたそれらの手法」は「多くの企業に利益をもたらして来た」。

「しかし、ここで忘れてはいけない」のが「国内労働者環境の変化」だ。

「製造工場等の海外移転」は、

「国内労働者の需要を減らし、需要と供給の関係で金額が決まる現状資本主義の原則そのままに、国内労働者の賃金も下がった」。

「国内での仕事が減った分だけ、国内で雇う必要のある正社員も減るので、正社員リストラが流行った」。

「更に、投資利益が増大する時代になる」と「もはや、大企業正社員でも本当に必要なのは、極一部」となり、

「正社員リストラが更に加速」した。

「労働者環境を落ちぶれさせたが、企業利益は確実に増えた」から、

「株主・経営者は益々金持ちとなり、安くなった労働者賃金との対比で、確実に、二極化格差社会が実現してしまった」。

「勝ち組は、労働者を犠牲にして、利益を上げ続けて来た企業経営者や株主」であり、

「負け組は、犠牲にされた労働者たち」である。

「しかし、負け組の労働者たち」でも「仕事に恵まれている者たちは、未だマシ」で、

「どん底組ともなれば、仕事無し、収入無し、だから、

貯金や資産等が持てていれば、それを食いつぶしながら生活し、

貯金や資産等も無ければ、アルバイトでその日暮らし状態、

アルバイトにも恵まれなければ、ホームレス、或いは、生活保護等」となる。

「その反面、どんどん資産が膨らんで行く、超大金持ち組も誕生」した』。

『「正に、日本社会を、超大金持ちから、極貧困まで、何でもござれ・・・の、荒れ放題社会化させた元」が、

「企業経営者たちの企業利益優先計画だった」のだ』。

『「元々、現状資本主義システム」は「資本家の為のシステム」だ。

「だから、大資本を持つ者が一番有利になる様になっている」。

「大資本を持っていれば、それを運用させるダケで、大資本が膨らむ」のだ。

「しかも、大資本の源泉は問われない」。

「例えば、現在の中国共産党の幹部たちには、人によっては、何千億超えの大資産持まで居るが、その源泉は賄賂等・・・だったりしている」。

「言うまでも無く、普通の、例えば、党幹部の報酬ダケ・・・では、そんな資産は築けない」。

「賄賂等は、違法だが、合法的かつ強制的実質賄賂に近い・・・のが、利権集中悪得による経営者等の高報酬」だ。

「そして、それらの大資産等は、血統相続が容認されている」のだ』。

『「元々、実人間生活にかかる実経済自体は、お金持ち生活でも、知れたもの」だ。

「百億円の大資産持ちなら、運用益がたった1%しか得られなくても、年収1億円」となる。

「年収1億円を労働報酬として得る為には?」を「考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「その様な事態こそ、異常なのである」。

「資産運用で、1億円を稼いだ者が、実生活でそれを使い果たし、自らの他の資産まで食い潰し始める訳も無く、

余ったお金は、多くの場合、またまた資産運用用となる」のだから、

「大枚を持っての金転がしこそが、現状資本主義システム上で一番有利なシステム」なのだ。

「もちろん、100億円や1%等の数字は、単純な例の数字で、実際は、兆に至る資産持ちが居て、年利数%が普通にある」のだ。

「呆れ果てる異常な状態&異常なシステム」である』。

『「そんなシステム上での利益追求を個人レベルでは無く企業レベルで行えば、その国の人間社会が異常化しない訳も無く、

欧米列強は、とっくの昔から、今の日本状態」だった。

「性質が悪いのは、異常な程多い資産等が血統家族利権として代々受け継がれる事」で、

「その世代のその人で終わり」なら「代代わりの度に他の人々にもチャンスが来るから、いくらかは平等・公平」かも知れないが、

「血統家族利権温存となれば、産まれた瞬間既に大勝済み人間の誕生」とも「なってしまっている」。

「コレでは、他で、いくら、公平・平等等を装い、謳っても、現実逃避のファンタジーにしか成り得ない」のだ。

「こんな状態では、平穏な人間社会になる訳も無く、世界中で治安も良く無く、テロや戦争も、起きて当然状態」である』。

『「自らが、悪い治安やテロ・戦争等の源泉的要素までつくり出してしまっている」、

「利益追求企業経営者たち等にも、落とし穴があった」。

「内需崩壊」だ。

「勝ち組が利益を上げる元である、数多い負け組の人間たちが買う、者・物・事」。

「負け組の持ち金が少なければ、売りたくても売れない」のだ。

「そこで、対策として、勝ち組相手の商売が蔓延る事になる」。

「負け組相手での商売では満足にもうからない」から、

「利益率の良い勝ち組相手の商売を・・・」とは、

「誰でも思い付く発想」で、

「欧米社会では、ずっと昔からあった」。

「ブラントや高級車や高級接待異性等々はその代表例」だ。

「日本の企業経営者等も、その欧米の得意分野に食い込む事で、利益増大を・・・」と「考え、高級車ブランドや、高級食品等をつくる様な人々も出てきている」し、

「相応に成功を収めているところもある」が、

「お金は多くても、人数は少ない組」への「商売」だから、

「波が大きいのもまた現実」なのだ』。

『「今時の日本の企業経営者として考えるべき」は

「如何に総中流状態という健康状態を取り戻すか?であるべき」だ。

「その観点に立つ」なら「為替レートは安定を求める」では「無く」、

「為替レートは、国内に製造工場等が戻せるくらい円安に!」が「正解」になる。

「製造拠点を日本国内に戻すと共に、内需を復活させる給与アップがより容易になる」のが、

「適度の円安状態」だ。

「外圧は増えるだろう」が「外国は外国で、同様の政策を採れば良い」のだ。

「そして、例えば、製品上では、その地で、真に買い得な物が売れれば良い」。

「世界各国、一億人規模の人口集団ごとに基本は内需、の、実体経済主体経済システム化する事」こそが、

「自虐的な環境破壊や戦争等を抑制する事が出来る一つのシステム」なのだから・・・』。

『「人類自滅装置でもある現状経済システムに拘り、目先の利益を追い求め、人類滅亡を誘う」も、

「現状の現実離れを是正する事に力を加えて、地球生命体細胞群の存続~永続を誘う」も、

「それぞれの経営者の判断」だ』。

『「人類滅亡を誘う経営者判断」等は、

「自分の実体の感覚が生きているなら、多くの人々が、人類として、酷く、嫌に、感じる筈」と思うが・・・』。

|

やはり、「全国的」にデング熱だが・・・。

『「元々、今では、東南アジアの新興国ではもちろん、都市国家のシンガポールでも大流行&フランスでさえ発生というデング熱」だ。

「それらの地域からの来日した人々や、それらの地域へ行った人々が帰国している地域は、当然、日本全国各地」になる。

「過去の数多くの来日者・帰国者のほとんど全てがデング熱ウィルス保有蚊に刺されていない」などと言うのは「ファンタジー」に他ならない。

「温暖化&国際化の昨今、とっくの昔に、デング熱ウィルスは日本全国各地に拡散しているのではないだろうか?」

だから、「最初から、日本全国でデング熱ウィルス保有蚊の調査でも行えば良かった」のだ。

「今回の行政等の対応は緩く遅い」』。

『「重症化しない場合も多いデング熱なので、インフルエンザ程恐れる必要は無いだろう」し、

「蚊に刺されない」という「実効のある対策もある」から、

「日本全国で、デング熱ウィルス保有蚊の実態調査を行い、

ウィルス保有蚊の濃度が高い所では、相応の対策を行えば良い」のだ。

「それなのに、その全国調査が未だでは・・・」』。

『「温暖化&国際化の影響により危険度が増していると考えられる他の病気等」と「合わせて」、

「日本全国で、温暖化&国際化の悪影響を避ける為の実態調査と実効のある対策を行えば良い」のだ。

「一つの公共事業としてお金や人材を投入して行う価値がある」と思うが』。

|

イスラム国問題を解決する為には・・・。

『「既存の国家等の概念からは想定し辛い国(?)づくりに励んでいるイスラム国」は「実質的には、武力侵攻団体でもあり、カルト宗教団体でもある」。

「そのイスラム国は、欧米等世界各国の現状体制では不満の若者等の受け皿にもなっている」。

「米国人ジャーナリストを{処刑}したのは、英国人ミュージシャン・・・」という

「現状体制に相応に適応している人々には、正に、訳の分からない混沌とした状況・・・」さえ、

「露呈している」のだ』。

『「ここで、多くの人々は気づくべき」だ。

「武力侵攻はもってのほか」だが、

「カルト宗教に現状に不満を持つ者たちの一部が流れてしまうのは何故か?」

・・・・・・・。

「現状から離れた第三者的立場から少し良く考えれば、誰にでも解る」だろう、

「現状の多くの国々で採用されている人間社会体制自体の中に、カルト宗教的要素が少なからず在る」のだ。

「現状の多くの国々で採用されている人間社会体制の中のカルト宗教的要素で不利益を被っている者たち」にとっては、

「現状の多くの国々の人間社会体制の中で重用されていない、ばかりか、排斥されている、他のカルト宗教的要素」が、

「救いの受け皿」と「取れてしまっている」のである』。

『「カルト宗教的要素」を「現実離れ・実体離れした要素」と「置き換えれば」、

「当ブログの読者の方々なら、直ぐにお気づきになる」だろう。

「現状の多くの国々の人間社会体制」には、

少なからず「人間社会の根底の部分」で

「現実離れ・実体離れ」が「在り」、

「その現実離れ・実体離れ」が「利権化している」のだ』。

『例えば、

「血統家族主義や血統家族主義に基づいた利権の相続」だ。

「人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存」だから、

「血統家族主義自体、かなり現実離れしている要素が在る」。

「しかし、それが、過剰な利権を伴っていない限り、文化の一つレベル」だから、

「大きな問題とは成り得ない」。

「ところが、血統家族主義に基づいた利権の相続が公然と認められ、

尚且つ、膨大な利権の相続がほぼ無条件や異常に安い相続税等により、受け継がれている場合も少なく無い」。

「そんな状態」では「他で、いくら、公平・平等な競争&比べっこにより、分相応の立場や報酬を謳っても」、

「それは、実質的には、大衆騙しの安粗雑劇にしかなっていない」のだ。

「大衆騙しの安粗雑劇の一つ」に「商業スポーツが在る」。

「相応の力量と大衆を惹きつける資質を持つ選手等」が「タカが、一スポーツが他の人々より上手く、他の人々より大衆を惹きつける事が出来るから・・・」と、

「異常な程の大枚や立場等に恵まれてしまう」のも、

「その安粗雑劇で、多くの人々が、カルト宗教信者の如く狂乱し、ひと時の現実逃避に、のめり込む」のも、

「その裏に在る異常で膨大な血統家族利権相続等を公然化し続ける為でもある」のだ。

「安粗雑劇で操られている人々の思いの中」では、

「自分が認めている選手や有名人」に、

「無意識レベルでは自分で自分をちゃんと認めていないから生じている自認に対する代償欲求に過ぎない、

自分が認めている選手や有名人等の価値を上げる膨大な報酬」を「大いに喜ぶ」と

「同時」に、

「血統家族主義に基づく膨大な相続利権の金額や立場等も知らず知らずの内に認めている」のだ』。

『「そんな、現状の多くの国々で採用されている人間社会体制のカルト宗教利権的要素から、外れ、

しかも、実質的スケープゴードである公平・平等な競争&比べっこの結果による優位な立場・多い報酬等を得られる見込みの無い者たち」にとっては、

「選択肢は、多く無いかも知れない」。

「一つ」は「諦め感を誤魔化しながら、現状人間社会体制の中で相応に暮らす道

(この道の上では、通常の現実逃避受け皿産業域だけでは、誤魔化しきれず、ヤク等の異常な域に誤魔化しを求める場合も、当然の如く、出る・・・イスラム国問題と、ヤク等の問題の元は同じである・・・)」であり、

「一つ」は、「事の本質を徹底追及し、暴露し、現状人間社会で訴え、改善に力を加える道」であり、

「もう一つ」は、

「カルト宗教的要素の反動から、他の自分が利権を得られそうなカルト宗教等へ流れてしまう道」だ』。

・・・・・・・。

『「もちろん、武力侵攻団体に対しての防衛は必需」だ』。

『しかし、

「もはや、本当の解決法は、誰にでも分かる」だろう。

「自分の実体との整合性を取る実務」を「人類誰もが行えば良い」のである。

「その為にも、先ず、情報・教育の現実化」だ。

「現状で大きな立場を得ている者たちの責任は応分に大きい」のだから、

「ちっぽけな、現状利権に溺れ、現実逃避受け皿産業や、大量消費自慰生活等々」で、

「自分を誤魔化してばかりいない」で、

「ちゃんと立場相応の真に人類の為になる仕事を行うべき」である』。

『「何処の国の情報・映画・ドラマ・教育等々の者にせよ、

何時までも、現状カルト宗教的概念保護の為、もしくは、人類滅亡を誘う為、もしくは、資源・エネルギー・時間等々の無駄的情報配信ばかりしていない」で、

「いい加減に、真に人類の役に立つ、映画でも、ドラマでも、ゲームでも、・・・つくって配信すれば良い」のだ』。

『「人類の歴史に残る金字塔をつくりたい」のなら、

「協力は惜しまない」のだが・・・』。

|

テレ朝朝番によれば「デング熱に対する厚労省の対応は異例に早かった」そうだが・・・。

『「筆者の感では、デング熱に対する対応は遅過ぎた」だが「厚労省の対応は異例に早かった」のだそうだ。「そのギャップは何故か?」

「今回のデング熱問題は、重症化した一患者をちゃんとウィルス検査したから判明した」。

「つまり、他の全ての患者が最初からウィルス検査を受けていた訳では無い」のだ。

「現状では、恐らくは、多くの病院等で、デング熱等の症状なら、よほど重症化しない限り、ウィルス検査の前に、発熱等に対する対象療法で様子見という診療を行う」だろう。

「結果として、デング熱感染者の発見も遅れる」のだ』。

『「感染者が判明した後、48時間で厚労省発表があり、代々木公園の極一部のみが閉鎖・殺蚊処理された」。

「それが、異例に早いと言われた実態」だが、

「果たして、本当に早く、適切な対応だったのだろうか?」』

『「先ず、厚労省側の当初の思い」として、

「デング熱感染者は判明した者を含む極少数、

発生源は、極一部の狭い場所」で

「あって欲しい」という「強い願い」が「あったのではないだろうか?」

「その強い願いに即した対応になっている」のだ』。

『「ところが、実際は違っていた」。

「デング熱ウィルス保有蚊は、少なくとも代々木公園の複数の場所で生息している」し、

「デング熱感染者の数は、日を追うごとに多くなって来ている」。

「つまり、今回の問題がクローズアップされたから、デング熱ウィルス検査も行われる率が高くなった」のだ。

「遅まきながら、代々木公園全体が封鎖された」が、

「何故か?明治神宮は含まれていない」のだ』。

『「デング熱だったから未だこの遅い対応でも甚大な被害は出ないだろう」が、

「他の危険度が高いウィルスだったなら・・・」、

「こんな対応では、後の祭り」になる。

「今回の医療機関や都や厚労省の対応」には「少なからず、反省点がある」』。

『「常日頃」は「散々、時には、日本政府等の揚げ足取りまで行って、不備にもならない不備にクレームをつけて来た様相」の「テレビ番組」が、

「今回の問題に関して」は「何故か?厚労省賛美」なのだ。

「其処にこそ、大問題の臭いが在る」。

「まるで、日本のウィルス対策を向上させたくない思惑でもあるかの如き様相でもある」のだ』。

『「正攻法では、お話しにならない、反日国等が、テロや工作等の手段で、日本を攻める可能性」は、

「決してゼロでは無い」。

「実際に、韓国による竹島不当占拠があり、北朝鮮による拉致があり、日本国内で行われ続けて来ている数々の工作活動がある」。

「そんな悪の実績を持つ反日国側のウィルステロによる脅しの力を出来るだけ大きな状態で維持したい」のなら、

「日本のウィルス対策を低レベルに抑える事こそが実効を持つ」。

「そんな目的の臭いさえ充満している・・・」のだ』。

『「今回のデング出血熱では無いデング熱については、過剰な不安は不要」だ。

「しかし、ウィルス対策に対しては、考えさせられる所がゴマンとあった事もまた事実」だ。

「日本の公共の電波を使っているテレビ番組」なら、

「過剰な不安が不要な者・物・事」と

「考えるべきところが少なからずある対策等」の

「両方を十二分に考慮」し、

「真に日本の為になる情報配信を行うべき」だ。

「偏重・偏向情報等で、反日国等を利する状態を誘う」のは、

「そのスジの為の情報工作」であり、

「正当な日本のテレビ番組では無い」のだ』。

|

室井佑月のおバカ論を宣伝しているのは週刊「朝日」・・・。

『「・・・県や医者は、被災者に対して、被曝の影響もちゃんと調べますと言うべき・・・」という「おバカ論」が「週刊朝日で宣伝されている」。

「まるで、県や医者等には、被爆の影響をもっと良く調べる必要が未だあるかの如き言い分」だが、

「実際は、県や医者が、被曝の影響を詳細に調べる為に行っているのが、多くの福島県民等に対する綿密な甲状腺ガン等の調査」なのだ。

「その結果として出ている、{ガン発生率等が被曝の影響とは考え辛いレベルである事}こそ」が、

「被災者も含む日本国民に対する正当な回答」である。

「つまり、少なくとも綿密調査している甲状腺ガン等に関しては、被曝の影響は出ていないと同レベル」なのだから、

「過剰な不安は不要という事」だ』。

『「それなのに、

その回答内容が気に入らないからか?

まるで、県や医者がロクな調査を行っていないかの如きイメージを読者に抱かせようとしている様相の実質的情報誘導論」を「掲載」では・・・。

「過剰な不安を煽りたいのか?」

「不安を煽って、嫌原発感情を起こさせたいのか?」

・・・・・・・。

「何れにしても、何処の誰の為に?」

・・・・・・・。

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発」という

「利韓(核兵器を持つ北朝鮮も含む)利中共政策」の為の、

「大衆誘導目的の情報工作」を

「室井や週刊朝日は行っている様相」なのだ』。

『「もはや、利韓(北朝鮮も含む)利中共政策で操られる一般日本国民は少ない」と思うが、

「いったい、何処の誰の為に日本国内で大量に情報配信している週刊誌なのか???」

「こんな調子」なら、

「室井も朝日」も「表舞台の時代は終わって当然」だろう』。

|

何か、おかしい?代々木公園デング熱問題・・・。

『「遅まきながら、デング熱ウィルス保有蚊の調査をした東京都」。「その結果、少なからず保有蚊が見つかった」のだそうだ。

「もし、一人の感染者が、偶々、代々木公園で蚊に刺されたダケが原因」なら、

「デング熱ウィルス保有蚊は極めて少数の筈」で、

「例え、蚊の世代交代によるデング熱ウィルス伝達があったとしても、その数は知れたものの筈」だ。

「ところが、東京都の調査では、デング熱ウィルス保有蚊の数」が「結構多い」のだそうだ』。

『「短絡的に、考えられる事」は「元の感染者が一人では無く集団だった」り、

「意図的にデング熱ウィルス保有蚊が持ち込まれ放されたテロ行為等」になる』。

『「東京都や厚労省、韓流マスコミ等の対応も異常」だった。

「元々、代々木公園と明治神宮はどちらも隣接した自然の多い所」だ。

「元からデング熱ウィルス保有蚊が代々木公園内のみ・・・なんて事態」は「考え辛い」。

「むしろ、池等のある明治神宮の方が、蚊の世代交代には適している」。

「それなのに、偶々、最初に報告された感染者が訪れた場所が、明治神宮から遠い代々木公園の一部だったから・・・」、

「蚊の移動生活範囲は狭いから・・・」と、

「その代々木公園地域限定の対応や報道等しか行われていなかったのが、不思議」だ。

「風や上昇気流等の影響を考慮する」なら、

「蚊の移動生活範囲」は「当初から、代々木公園+明治神宮及びその周辺」くらいに

「設定され、調査され、注意喚起されていて然るべきだった」のに・・・』。

『「全てが、まるで、ワザと日本国内に、デング熱騒ぎを蔓延させたいかの如く、後追いの遅い対応」なのだ。

(「日本による、後追いの遅く緩い対応の代表は、拉致を始めとする工作等への対応」だが)・・・』。

『「そもそも、外国からのデング熱感染者が、羽田なり、成田なり、他の国際空港等になり、降り立ち、日本国内で初めて蚊に刺されたのが代々木公園なのか?」

「もし、降り立ったところが羽田で、感染者が最初に行った蚊のいるところが、代々木公園であった場合」や、

「成田からでも、直行バスや成田エクスプレス等で帰り(行き)、代々木公園で初めて蚊に刺された」なら、

「比較的可能性は高くなる」が、

「そうでも無い場合、都区内でも、蚊の居るところはゴマンと在る」』。

『「また、致死率が低い、重症化しない場合も多い、デング熱」だから、

「今までは、大騒ぎになっていなかったダケ」の「可能性も小さく無い」だろう。

「全国各地の蚊のデング熱ウィルス保有蚊調査も行ってみる価値がある」だろう』。

『「昨今の騒ぎ」は

「反日親韓(北朝も含む)親中共等の人脈が嫌っている現状日本社会の風潮や安倍政権等に対する、ウィルステロを匂わせる、一つの嫌がらせか・・・?」

「実態としては、温暖化の昨今、既に、結構多数のデング熱ウィルス保有蚊が日本にも居て、日本在住の少なく無い数の人々が、既に、重症化しないデング熱にかかって、治っていたり・・・」して・・・』。

『「真相は如何に?」・・・』。

|

昨日は中国共産党が「抗日戦争勝利記念日という恥の上塗り」を行っていたが・・・。

『「言うまでも無く、先の大戦で日本が無条件降伏に応じたのは米軍に勝ち目が無くなったからであり、決して、中国軍、ましてや、ロクに戦火も交えていない中国共産党軍に負けたからでは無い」。

「中国共産党がそんなに戦勝を誇りたい」のなら「旧ソ連の絶大なる支援の下で中国国民党軍を台湾に追いやった中国人同士の戦争についてでも誇れば良い」のだ』。

『「中国共産党による実態の無い戦勝祭は、その規模が大きくなればなる程、より大きな中国共産党の恥の上塗りにしかならない」のだ。

「中国人は、中国共産党提供の{裸の王様お笑い劇}に熱心になっている暇があるなら中国を一刻も早く民主化する事を頑張るべき」だが・・・』。

|

池上氏には相応に謝り再連載を求めている様相の朝日新聞だが・・・。

『「読者に対する謝罪」は「池上氏に対する程熱心では無い」様相だ。「何故か?」

「言うまでも無く、朝日読者の資質の問題」なのだ』。

『「問題となっている従軍慰安婦強制連行虚偽記事」についても、

「その記事自体は例え捏造でも、実際には、同様の強制連行があった」等と「思い込みたがっている場合が少なく無い」のが、

「少なく無い割合」の「朝日新聞読者の実態」と

「強く推定される」。

「つまり、朝日新聞幹部の池上「朝日新聞謝罪すべき」連載コラムに対する当初の対応」は、

「その様な読者向き」で、

「朝日新聞が読者選別を行っている事」の「現れ」なのだ』。

『「旧共産圏や現中国共産党等の人民支配ロジック」は、

「有益分子の育成」と「不適応分子の粛清」だ。

「朝日新聞」としては、「朝日新聞及びその裏に在る朝日新聞が利したい人脈にとっての有益分子を育成したい」のだろう。

「その為には、有益分子を育成する優等生的な表現に則った記事が重要」で、

「朝日新聞及びその裏に在る朝日新聞が利したい人脈にとっての有益分子」を「落胆させる事にも直結」している、

「朝日新聞自体の権威を落とす謝罪」を「訴えた」、

「朝日新聞及びその裏に在る朝日新聞が利したい人脈にとっての不適応分子」を

「粛清しない、どころか、元気づけてしまう池上コラム」の「掲載」を「拒否したのだ」という事が、

「強く推定出来る」』。

『「ところが、その朝日新聞幹部の判断」が「益々朝日新聞及びその裏に在る朝日新聞が利したい人脈にとっての不適応分子」に、

「活気を与えてしまった」ので、

「遅まきながら、大慌てで火消しに走っている様相」なのだ。

「それでも、有益分子の方を向いている」から、

「一般読者向きの本気の謝罪は無しの様相」だ。

「本来なら、第一面全面を謝罪で埋める必要がある」。

「何故なら、日本国・日本国民に大きな負の影響を与えてしまった反面、

反日韓国人脈には、大いなる活気を与えてしまった」のが、

「従軍慰安婦強制連行捏造記事」の「実態だから」だ。

「人々の思いから、事実・現実を遠ざけ、真の日韓友好関係を遠ざけたその悪行」に対し、

「本気の反省・謝罪無き朝日新聞」では、

「金を出して読む価値など無い」等と「考える人々が一気に増えても、何の不思議も無い」と思うが・・・』。

『「もっとも、確信犯の反日人脈にとっての有益分子育成&不適応分子粛清の為の情報工作機関」なら、

「誰が何を言っても無駄」だろう。

「日本政府等も、日本国内の反日工作に対して、本気で、法規制等行うべき」だ』。

|

墓じまいの流行は当然の現象だが、暴利を貪ろうとする寺や坊主には本当に呆れる・・・。

『「そもそも、人の誕生・死の実態が細胞ごとである事が、とっくの昔に、科学的に判明している現代の人間社会」で、「丸ごと一人の死生観に基づいた埋葬法だけが蔓延り続けて来ている事自体が異常」だ。

「そして、その埋葬法には、特定極一部の者たちを利する決して少なく無い利権までセット」なのだから、

「構造改革を行うなら、先ず、{現実離れしている丸ごと一人死生観}利権の廃絶」だろう』。

『「人類」が「長年に渡り」、

「遺体の焼け残り」で「生きていれば、何れは、代謝され、大便や尿として排出される骨」を、

「遺骨として偏重して来た」のも、

「丸ごと一人の死生観」や「人間の生体実態の理解・把握不足」ゆえの「現象」だ。

「遺体が腐っても、遺体を焼いても、・・・残る骨には、何か特別な強い力が・・・」等々と、

「古の人々が、考えた」のも、

「同じ」だ。

「その上に、こちらも現実離れしている血統家族主義等が重なる」と、

「祖先の遺骨と生きている子孫が呼応して・・・」等々の、

「宗教的概念まで生み出す事が出来る」。

「それら、古の時代、多くの人々が、たぶん、そう、だろう・・・等々と思い込めた事」は、

「みんな利権化する事が出来た」のだ』。

『「古の時代から現実主義者が多かった日本」では、

「良く判らない事での利権を寺や坊主等に与える事」で、

「武装を解除させた」り、

「血統家族主義に基づく遺骨利権を寺や坊主等に与える事で、戸籍管理まで行って来た」。

「江戸時代の葬式仏教」は「有名な話し」だ。

「その流れの利権が、21世紀の今、未だに少なからず残っている」のだ』。

『「宗教や神社仏閣等や神主・巫女等や坊主等は、伝統文化遺産として保護するべきモノのみ保護」し、

「新興宗教等や寺・神社等や坊主等や神主・巫女等の過剰利権は全部撤廃するべき」だ。

「人の誕生・死が細胞ごとであり、人類の世代交代が個の保存では無く種の保存である事」が、

「科学的に判明している現代」、

「もはや、伝統文化遺産の域以外のそれらのモノを過剰に保護する必要など全く無い」のである』。

『「創価学会も立正佼成会も国家神道等々も・・・言うまでも無く新興宗教」だ。

「その辺り全てから、ちゃんと税金を取る」なら、

「消費税アップ率もかなり抑制出来る筈」だし、

「中には、かつてのオウムの様に、悪質な工作活動を行っている新興宗教団体まである」のだから、

「工作資金削減にもなり、国家・国民の安全・安心にも繋がる」のだ』。

『「その逆」に「墓じまいの前」には「死因究明の徹底」が「必需」だ。

「墓じまいをする」と「散骨処理となるから、遺体情報の全てが失われる」。

「例えば、電磁波等による殺人」は、

「現状では、余程の痕跡が見いだせなければ、心不全等の病死扱い」だろう。

「最低でも、遺体完全スキャンデータや、毛根付き髪の毛の一部等、死因があやふやな場合に将来的調査・立証が可能になるモノは残すべき」である。

「保存スペースは、遺骨より遥かに小さくて済む」し、

「パッケージ次第では、普通に室内保存も可能」だろう。

「全ての人の遺体は、使える臓器等は再利用、残りは、焼却~散骨処理すれば良い」。

「その上で、都会の一等地にまである墓などは、全て、解消し、跡地を、有効利用するべき」だ。

「その様なスタイル」なら「将来的には、それこそ、大型宇宙船内でも、同様の処理で対応出来る筈」だ』。

『「伝統文化遺産でも無い寺や坊主等を優遇して来た分のお金」は「死因究明の徹底等に使えば良い」のだ。

「構造改革&現実との整合性が高い方向への方向転換は必需」である』。

『「それらの事を行おうとする」なら「当然、情報・教育の改革を行わなければならない」から、

「現在マスコミや教師等の立場にある者たちの責任は重大」なのだ。

「墓じまいや、檀家解消まで利権にし、暴利を貪ろうとする坊主等の実態を宣伝したテレビ番組」には、

「応分の賞賛を送りたい」』。

|

韓国に応援されている日本の中のお仲間(?・・・一応つけておく・・・)朝日&民主・・・。

『「従軍慰安婦虚報問題」で「謝罪さえ満足にしていない朝日新聞」は「今、韓国内で大いに応援されている」。

「その朝日新聞やテレ朝等が、ご推奨して来た日本の中の政治勢力の代表は旧社会党であり、民主党」だ。

「革新・リベラル等々」とは「聞こえは良い」が、

「その実態は、親韓(北朝鮮も含む)・親中共」だ』。

『「現状ではサンプル数が少ない」ので「確定的とは言えない」が、

「日本の中で、電磁波工作や飲食物工作等を行っている者が居ると強く推定される家」で、

「とられている新聞」は「関東域では朝日である場合が多い」。

「沖縄や北海道等の地方では、地方紙読者・・・なのかも知れない」が・・・。

「また、旧社会党支持者や現民主党支持者である場合が多い」。

「それらには、共通項がある」のだ』。

『「かつての朝日新聞等」では「拉致は無い事に・・・」「竹島は韓国にあげたら・・・」だった。

「在日利権の増大にも熱心」だ。

「旧社会党や現民主党の主張」も、

「親韓・親在日の主張色が強い」。

「かつての民主党への政権交代劇の時」には「日本国内の韓国系の民族団体である民団の者たちが、民主党の応援を行っていた」。

「当然、民団の者たちとは在日韓国人等の者たち」で「日本国籍を有していない場合は選挙権も無い」が、

「見かけ上は、通常、日本語を話しているからか、朝鮮半島暮らしの韓国人程、日本人との区別は容易では無く、ほとんど判らない場合が多い」。

「しかも、通称使用が公然と認められているので、上辺の氏名等からも判り辛い場合もある」。

「そんな立場の者たちが、公然と日本の国政選挙で特定の政党を応援していた」のだ。

「民主党政権時に行われてしまった利韓政策を振り返れば、誰でも分かる」だろう。

「日本の中にいながら、日本を利する事をしているのでは無く、韓国(北朝鮮も含む)を利する事をし続けて来ている」のが、

「それらのモノたち」なのだ。

「しかも、拉致問題や竹島問題や従軍慰安婦問題等々」では「大マスコミや教育等々が実質的嘘」で、

「旧社会党旺盛時や、民主党政権成立時等」には「大マスコミや教育等々がイメージ誘導」で、

「大衆誘導を行う、実質的には大がかりな詐欺行為まで行いながら・・・」である。

「現在」では、

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中での極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発」や

「日本の電気事情を高価不安定にする事で相対的に中国や韓国の電力事情を利し、中・韓の企業を利する、太陽光発電」という、

「日本を不利にし、中・韓を利する事に熱心」なのが、

「その人脈の特徴」である』。

『「似非日本国民たち」は「自分たちが利したい祖国・母国に強制送還されるべき」等との「感」を

「時と共に、より強くし続けさせられている一般日本国民」は、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「情報・教育・政界・電磁波・飲食物等々の現行法では摘発困難な悪の工作手段まで使い続けて来ている連中」などへは、

「日本社会・一般日本国民の平和・安全の為」に、

「強制隔離」や「帰化無効化&強制送還」等の

「実効のある強い対策が必要」である』。

|

覚せい剤ドーピングミュージシャン等には、表舞台現役復帰は不適切でしょ・・・。

『「先ずは、ちゃんと覚せい剤等から脱し」、「表舞台では無い、普通の仕事で一から出直せば良い」のです』。

|

「反日」で韓国が沈むのは勝手だが、日本国内の韓国(北朝鮮も含む)系の悪たちによる工作活動等への対策はもっとちゃんと行うべきでしょ!・・・。

『「昨今、電磁波工作・飲食物工作等の悪質性が高まっている」。「先日も、某日帰り温泉施設を久しぶりに訪れた」ら「以前より、電磁波工作が悪質になっていた」。

「関東平野某所にあるその日帰り温泉施設の傍」には、

「韓国(北朝鮮も含む)系と強く推定される表向きはキリスト教の看板を掲げている某新興宗教団体の施設が在る」。

「その関係だろう、その地域に住むそのスジの人々の人口密度も高い様」で、

「お仲間で固まっていた方が、工作活動等もやり易いからか?」、

「韓国(北朝鮮も含む)系の人々と強く推定される者たち」が、

「その日帰り温泉施設では働いている」。

「そして、通常業務と共に電磁波工作まで行っている」のだから、

「こんな連中は、帰化しているなら帰化を無効にし、祖国・母国に強制送還するべきだ」』。

『「韓国内では、おバカ{民族主義教育}が行われている」。

「優秀な朝鮮民族という嘘」で「国民をマインドコントロールしようとしている」のだが、

「もちろん、人の優劣は民族によって決まっている事などでは無い」。

「当然、現実を見れば、矛盾だらけになる」。

「しかし、嘘で韓国国民を操り続けようとしている悪権力者たち」は、

「朝鮮人が他の民族より優秀では無いと困る」ので、

「他の民族の中に象徴をつくり、その象徴を徹底的に貶める事で、嘘を正当化しようとしている」のだ。

「その象徴とされている」のが「日本民族(日本人)」である』。

『「韓国人悪権力者たちにとって、日本民族を朝鮮民族と比べ、下位民族の象徴とする事の悪のメリット」は「多い」。

「何しろ、日本に助けてもらった日韓併合を、優秀な朝鮮民族を武力で侵略し、植民地支配した劣悪な日本という嘘」に「置き換えられる」だけでは無く、

「日本による植民地支配だったなら、在り得ない日韓併合時や朝鮮戦争時に、{自主的}に日本に渡来したばかりでは無く、その後も日本に居残り続けている大量の朝鮮人」を「悪用」して、

「情報・教育・政界・電磁波・飲食物等々」の「悪の工作」に「よって」、

「日本人の邪魔をする事」で、

「日本人に本来の力を発揮させず、

日本に渡った朝鮮人を帰化させ、

本来の力を発揮し辛くされている日本人との競争」で、

「日本国内のあらゆる立場・財産等を貪り獲れば、

最終的には、日本の乗っ取り支配も可能になる」等という、

「悪魔の夢に現実逃避も出来るから」だ。

「悪魔の夢の完結編」は「似非帰化した朝鮮人たちが、日本の要所のほぼ全てを貪り取れた時」に、

「朝鮮人である事をオープンにし、朝鮮人が日本人より優秀である事を全世界に訴える事」だ。

「その為には、その前の段階では、本当は朝鮮人である事が露呈させられず、

日本国内で行われ続けている日本人に対する妨害・粛清工作が実効を表し続ける必要がある」のだ。

「そんな悪たちの思惑の下で、実際に、日本国内では、数々の工作活動が行われ続けて来ている」』。

『「日本国が国としてやるべき事」は「明らか」だ。

「拉致という極悪非道の工作活動までもが、既に露呈している」のだから、

「日本国内で行われ続けている全ての工作活動に対して、十分な実効のある対策を施す事」である。

「何百人もの日本国民の拉致が、しかも、日本海側からは遠い地域からの拉致までもが、実行出来てしまった裏」には、

「表沙汰にされていない数多くの拉致協力工作員が在る」。

「拉致協力工作員」が「行う工作」が「拉致協力ダケ」と「考える方が不思議」で、

「実際は、その後も、祖国・母国からの指令に基づいて、情報工作や政界工作や電磁波工作や飲食物工作等々数々の工作活動を行って来ている」のだ。

「工作指令には、代々受け継ぐ事という指令も含まれている」様で、

「世代交代しながら、工作活動はずっと続いている」ばかりか、

「より科学技術が進んだ分だけ、より悪質になってもいる」』。

『「日本国」は、「明治開国以降、朝鮮戦争時も含めて、渡来した、外国人の全ての名簿を明らかにする」と「共に」、

「在日特権である、在日朝鮮人等の通称使用を禁止するべき」だ。

「本名を公開している者にのみ、芸能人等の芸名使用や、飲食店等での源氏名等の使用は認めれば良い」のだ。

「もちろん、それだけでは、氏素性を明らかにさせる事は出来ない」。

「何故なら、日韓併合時等に日本に自主渡来した朝鮮人たちの一部」は、

「困窮していた当時の日本人から、戸籍を買ったりしているから」だ。

「日本国籍を買った者が、その後、大量の養子縁組をする事」で、

「表向きは、日本国籍を持つ、日本国内に居る、内実朝鮮人が大量に出来てしまった過去もある」。

「日韓併合時には、朝鮮の貴族が日本の貴族になった」。

「戦後の国籍を日本国籍のまま・・・」という「者たちも居る」。

「日本の中の朝鮮系人脈の問題は、本当に根が深い」。

「しかし、問題とするべき」は「悪の工作活動を行っている者たちや、悪の工作活動が生み出して来ている不当利権を貪っている者たち」だ。

「其処をはっきりさせる為」にも、

「先ず、工作活動の徹底摘発が必需」なのだ』。

『「工作活動の摘発」は「国内問題」だ。

「日本政府が本気で行う気がある」のなら、

「直ちに、実行に移せる事」である。

「行わない日本政府」では、

「本当に、日本の政府なのか?」等と、

「疑われても仕方ない」』。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »