« 北朝鮮の本音「日本は植民地支配したのだから、日本が北朝鮮に制裁などもっての他&北朝鮮側が日本に制裁するのが当たり前!」・・・。 | トップページ | スコットランド独立賛否住民投票問題・・・。 »

朝日系のSPAで推奨されている外食店の記事から連想された日本の中の大問題・・・。

『「過去に散々、飲食物工作の被害にあっている筆者」としては、「個別調理外食店は、チト、コワい」。

「その上、ご推奨の外食店の名を見ると・・・」。

「そんな外食店の{推奨}宣伝の目的は、そのスジへの集金目的」だろう』。

『「推奨外食店の多く」は、

「酷い人脈の者などいない健全なところ」かも知れないが、

「筆者は、過去の実体験と現状の日本のテロ・工作活動等に対する対応等」から、

「未だ、未だ、個別調理に対する、ある種の嫌悪感が消えていない」のだ』。

『「今の日本の状態」なら、

「筆者は外食しなければならない時」は、

「バイキングがあればバイキングを選ぶ」、

もしくは、「過去の飲食実績や人脈等から、飲食物工作など無い事が判っている個人の店」だ。

または、「チェーン店はバイト次第でアブナイ場合も少なく無い・・・ので、自分で選択出来る飲食物の買い食い」だ。

「誰が取るか分からない飲食物に強い工作物質等が混入される事は稀」だが、

「個別調理」とは「個別差別が可能」と「同じ」だ。

「人次第」で「工作アリ」と「工作抜き」が「個別に出来てしまう」。

「過去の実体験上(小学校時には、焼き肉店の後、二度入院。その後も、母子家庭状態で基本的に夕食は店屋物という日が多かったからか、頭もすっきりせず、体調何処と無く不良状態が続く。予備校時には、代ゼミの立ち食いソバ屋の後、電車の中で、低血糖ショックに近い状態に・・・その後、長期入院。社会人になってからは、外食や昔のコンビニ弁当等続き時後に入院。外食を基本的に避ける様にしてから、頭もすっきりし出し、体調も回復し、入院する様な症状も一切無し。もちろん、外食を基本的に避ける様にした頃からほぼ同時に始めている電磁波工作対策の効果も加わっているからと強く推定されるが・・・。)からも、

筆者は個別工作で狙われ続けている可能性大」なので、

「筆者を一方的に制裁しようとしている様な連中が、経営、もしくは、運営している、かも知れない、アブナイところには行く気になれない」のだ』。

『「筆者の体験上で、一回の外食で重い急変症状が出たのは、

二回の小学生時の焼き肉店の後と、

予備校の立ち食い蕎麦店の後の計三回だけ」だ。

「しかし、それ以外の外食後も、決して快適な場合だけでは無かった」。

「頭は、何故か?すっきりせず、身体は、何処と無く不調・・・」という「状態に陥らさせられた事が少なく無かった」のだ。

「それが、多くの場合の飲食物工作の悪の手口」で、

「頭や身体の不調を誘うものの、急変せず、万一検査された時にでも摘発・立証等が困難な程度に、要でも無い物等を仕込んでいる様相」なのだ。

「偶に、なら、大勢に影響は無く、

ある程度以上接種すれば、頭・体調不良等の実害が出て、

継続接種では、場合によっては、入院レベルにまで頭・体調の不良を引き起こす

・・・それが、悪の工作活動の実態」だ』。

『「戦争反対!」は「大声で叫んでも」、

「テロ・工作反対!」は「大声では叫ばない」のが、

「所謂日本の左翼の実態」だ。

「所謂日本の左翼のある種の実体」は、

「平和・民主的な革新・改革派では無く、自分たちの人脈が日本社会の支配権得る為」に、

「一般日本人粛清工作活動まで行う非人道的集団」である。

「そして、親韓(北朝も含む)・親中共の者が多い」のも「所謂日本の左翼の特徴」だ。

「海外メディア等の方々は、十二分にご注意頂きたい」が、

「日本の左翼と、欧米の左翼とは、全く違う」のである』。

『「戦争に勝つ為には、相応に高い科学技術力や資源開発使用力等が要る」。

「そして、戦争とは、基本的に、ちゃんと宣戦布告して、国同士が相手の姿もクリアーな中で、武力・殺傷力・破壊力等の比べっこを行う事」だ。

「ちゃんと双方ともクリアーな中で行う争い」なので

「戦前・戦中には敵同士だった国家・国民」でも、

「戦後は、勝者の導いた人間社会体制等の下で、仲良くなる事も可能になる」。

「テロ・工作活動」は

「テロ・工作のターゲットに対する、宣戦布告も無ければ、クリアーにも行われない」。

「科学技術力や武力等の比べっこを行うのでは無く、

多くの場合、テロ・工作活動を行っている者たちが基本技術等を自作した訳でも無い武力等を用い、

テロ・工作活動等を行っている者たちに直接被害を与えた者でも無い者たち」を、

「陰から不条理に攻撃する」のだ。

「陰から、

卑劣な手段で、

多くの場合、無防備な一般市民をターゲットにした、

卑劣なテロ・工作活動行為を行った者たち」とは

「テロ・工作活動終焉後でも、仲良くなれる訳も無い」。

「それを重々承知だから」だろう、

「テロ・工作活動等を行う者たちの目標」は、

「テロ・工作活動で襲う者たちの社会全ての支配」なのだ。

「仲良くなれる訳が無い」から「支配下に置きたがる」のである。

「精神心理的に見れば、自分を自分で健康にコントロールし続ける事が出来ない未熟者が行っている」のが「テロ・工作活動」に他ならない。

「自分を自分で健康にコントロールし続ける代わりに、他人を支配したがっている」のだ』。

『「未熟者たちに支配される人間社会」では「ロクな人間社会になる訳も無い」。

「だから、例えば、

実際に、工作活動等で特定極一部の者たちが支配権を得た旧共産圏」では、

「優秀???な共産党員の支配の下で、

劣悪な国家運営となり、

当然の不満を持つ当たり前の感性を持った人々が、

不適応分子として粛清の憂き目に合わされてしまった」。

「そんな事態を二度と起こさせない為」にも

「テロ・工作活動等に対する実効のある対策は、何処の国でも、もちろん日本でも、必需」だ』。

『「早急に、

日本国内の工作活動を、ちゃんと摘発し、厳罰に処す事が出来る様にし、

電磁波工作や飲食物工作の様な悪質な工作活動は、直ちに、摘発するべき」だ』。

『「電磁波工作について」も「付記しておこう」。

「電磁波工作を受ける・・・つまり、工作電磁波をある程度以上照射され続ける」と、

「頭に照射されれば、頭はスッキリしない」。

「頭に対する強めの照射が続く」と

「脳梗塞や脳出血等の危険性が高まり、

実際にその様な状態に電磁波工作故に陥らされたと推定出来る例も少なく無い」。

「肩や腰に照射され続ける」と、

「先ず、筋肉のコリや痛みが生じる」。

「首の後ろに照射され続ければ、筋肉のコリや緊張から、顎が上がった状態になり易くなる」。

「腰に照射され続ければ、腰が曲がった状態になり易くなる」。

「胸に照射され続ければ、胸が痛くなり易く、

電磁波による胸の痛みを、

心臓や胃等の病気等と勘違いさせられる場合も少なく無い」だろう。

「また、強い電磁波を胸や背中から心臓の辺りを狙って照射し続ける」と、

「心不全や心筋梗塞等の症状を起こす事も可能」で、

「実際に、その様な事例と推定出来る場合も少なく無い」。

「強い電磁波」を「継続的に神経細胞に当て続ける」と「神経細胞の破壊や、再生阻害等も可能」で、

「アルツハイマーや、神経不全による身体不調等々の事態も引き起こせてしまう」。

「実際に、電磁波故と推定される事例も、決して少なく無い」』。

『「電磁波工作に対する対策」は「防電磁波シールド」だ。

「具体的には、アルミやアルミ含有トタン板等を1ミリ~2ミリ程度(こちらは、マイナス側)+ビニール等プラス側の合成樹脂等を同程度の厚さで重ねた{反射版}等」が「効果が高い様」で、

「縦波と推定される結構強い電磁波でも実害が出ないレベルに抑えられる実効がある」。

「外出時は、よく動くことや、他の人々(特定の人だけの場合は、その人次第)の中で混在して居れば、強い電磁波からは逃れられる場合が多い」。

「車には、防電磁シールドを施せば良い」。

「フロントガラスが防電磁波ガラスでも無い限り、前の車からの電磁波の多くを防ぐ事は困難」だが「サンバイザーを下すだけ」でも「ある程度の実効はある」。

「サンバイザーに電磁シールドを重ねて付けておけば、尚更」だ。

「アブナイ所やシチュエーションが避けられない場合」は、

「頭身体の重要な所を電磁波シールド版で覆った上に、服や帽子等を着れば良い」。

「心臓の前後や、腰や、頭等を保護して置けば、ほとんどの場合で、電磁波工作による大きな実害は防げる様」だ。

「電磁シールドで防御済みでも、例えば、車を運転していて、背後の車からの強烈な電磁波で、気持ちが悪くなる事もあった」が、

「多くの場合は、{反射}が効くせいか(?)そんな車は程なく、去って行く」。

「トラックでも、セダン等の車でも、どんな車でも、運転手に向かって反射が行く様に電磁シールドを配して置けば、恐らく、ほぼ全ての場合で、工作車の方から去って行く」だろう。

「強烈な電磁波を当てたと強く推定される車のナンバーは、記録して置く事を推奨する」。

「前なら、簡単」だろうし、「後ろでも、ルームミラー等でナンバーを読み取る習慣を付けておけば、そんなに難しい事では無い」。

「家や町中では、建物からの強い電磁波なら、その出所を特定するはそんなに困難では無い」。

「人の場合は、それなりに困難だが、人から強烈な電磁波が当てられた事は、筆者の実体験上では皆無」だ。

「大きな電力が必要な強烈な電磁波の為には、相応の電源が居るから」だろう。

「ホテル・旅館等に外泊時」には「上・下の部屋や隣りの部屋からの覗き&照射に要注意」だ。

「筆者の体験上では、下や隣りより、上の部屋からの場合が多かった」。

「その場合は、覗き&照射用の電磁波工作兵器(上辺は普通のパソコンや電気機器かも知れないが)が使われている様」で、

「工作の為の電源をホテルや旅館のコンセントから獲れば、それなりの電力も確保出来てしまう」から、

「電磁波も相応に強くなる」のだ。

「そんな場合でも、電磁シールドによる反射は有効」だから、

「外泊時には、重要な部分を保護出来る面積分くらい持って行き、電磁波工作があった場合は使用する事を推奨しておく」』。

『「何れにしても、日本国内で、飲食物工作や電磁波工作等々の悪事を働いてる連中」は、

「野放しにせず、ちゃんと逮捕し、厳罰に処するべき」である』。

|

« 北朝鮮の本音「日本は植民地支配したのだから、日本が北朝鮮に制裁などもっての他&北朝鮮側が日本に制裁するのが当たり前!」・・・。 | トップページ | スコットランド独立賛否住民投票問題・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事