« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

北朝鮮に「結果を聞きに来い!」と言われて「制裁一部解除状態継続の為の時間稼ぎの言い訳を告げられ、拉致問題の解決こそが一番!!」と「言いにいったダケ」の日朝協議・・・。

『「常識的に考えれば誰にでも分かる」だろう。「拉致とは営利目的誘拐犯罪」で「営利目的誘拐犯が、営利を得る為の交渉を行っている」のが「現状」なのだ。

「事件解決の為」には「誘拐犯の逮捕が一番」だ』。

『「中国共産党支配下の中国やロシアはもちろん、欧州の多くの国々と国交がある現状の北朝鮮」は、

「それらの国々との公での繋がりを一つの根拠」に「営利目的誘拐犯罪をも、誤魔化し続けるつもり・・・」だろう。

「北朝鮮と国交のある全ての国々」が「営利目的誘拐犯罪について、罪を認め、被害を補償せよ!」となれば、

「北朝鮮も折れざるを得なくなる」だろう。

しかし、「その様な事態が無い段階」では「営利目的誘拐犯の目的は、お金や扱い等」だから、

「悪戯に交渉しに行けば、言われる事」は、

「金をよこせ!」

「良い立場をよこせ!!」

「そうすれば、誘拐した者の一部を帰してやる!」

・・・「等々にしかならない」のは、

「誰にでも分かる」』。

『「他の国々との拉致犯罪処罰認識等の共有を進める」と共に、

「日本が独自に行うべき事」は、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動の全てを摘発する事」だ。

「拉致工作協力者等が、その後、北朝鮮人脈と全く切れている訳など無い」。

「北朝鮮は、拉致工作協力者を弱みを握って北朝鮮の意思で動かせる日本国内の工作員として、扱い、

世代を超えて、

北朝鮮人脈による日本乗っ取り支配工作等を続けている」のが、

「実態だから」だ』。

『「その悪影響は、もちろん、政界にも及んでいる」。

「故金丸副総理の金庫から、北朝鮮製の金の延べ棒が出て来た話し」は、

「余りにも有名」だが、

「日本の政党や議員や首長等、或いは、日本国内の大テレビ大・マスコミ等であるにも関わらず、

実質的大犯罪国家の国籍を持つ在日外国人及び、その様な人々と繋がりの濃い人々等を

優遇させる政策や与論形成等に熱心・・・」という、

「普通では無い方々も少なく無い」のだ。

「こんな異常事態を実質的に支えている」のが、

「工作活動の摘発を行わない事」なのだから、

「日本の政府・与党等が、本気で、北朝鮮問題を解決する気がある」のなら、

「先ず、日本国内の北朝鮮系の工作活動の徹底摘発」である』。

『「世界的犯罪~処罰認識の共有」も「不十分な時点で、独自制裁を一部解除」し、

「日本国内の工作活動の摘発もほとんど行わない・・・」では、

「まるで、北朝鮮の言い分を聞きに行き、それをテレビ・マスコミ等で大衆周知させる事」で、

「北朝鮮にお金や立場を与える地均しをしている様なモノ」だ。

「実質的には、北朝鮮の手先みたいな事になってしまっている」のだ』。

『「元々、朝鮮系の小泉元総理が、北朝鮮に出向き、拉致を認めさせた」のも、

「日本国内の北朝鮮人脈による政界圧力が元」で、

「北朝鮮との国交回復により、

北朝鮮にお金や立場を与える為の仕事を行わされた可能性だって少なからずある」のだ。

「小泉元総理と同じ派閥」の「安倍総理が拉致問題に本気で取り組んでいる・・・」のも、

「単なる偶然とは思えない」』。

『「上記の様な疑念を世界中の多くの人々持たれない為」には、

「先ず、日本国内の北朝鮮系の工作活動を徹底的に摘発する事」だ。

「日本国内の工作活動の摘発は、日本の国内問題」なのだし、

「工作活動を徹底的に摘発し、

それを公表すれば、

北朝鮮が工作員養成の為に拉致し、

北朝鮮による日本国内での工作活動の実態を知る日本人を帰せない状態も

自動的に解消される」のだから、

「行わない方が不思議」である』。

『「政界にも、テレビ・マスコミ界にも、少なからず居る北朝鮮の手先」を「庇う事」と、

「一般日本国民を、北朝鮮人脈等による工作活動から解放する事」の

「どちらの方を優先するのか?」で、

「その政治家等の実体も判ってしまう」のだ』。

|

「普天間温存&沖縄独立~中国共産党支配下へ派」と「普天間移設&日本国内維持派」の争い、沖縄県知事選・・・。

『「果たして、どれ程の数の人々が、現実的判断を下せるのか?」が「大きな注目点」だ。

「現実的に、普天間の危険を温存し、

日米安保や日本政府等から遠ざかる事で、

より中国共産党による支配権を強めたい人々」が

「どれだけ居るのか?」』

『「今、実行可能な、基地負担を減少させる現実的な方法は何か?」くらいは、

「多くの有権者が十二分に考えた上で、投票行動を起こすべき」だろう』。

『「何処の選挙でも同じ」だが、

「多くの有権者が、テレビ・マスコミ等に操られると、ロクな事は無い」。

「その実証例が、民主党政権の誕生」であり、

「今の沖縄の混乱も、その延長線に在る」のだ』。

|

ようやく見直しが決定的になった「菅と孫が無理やり通した再生可能エネルギー買い取り法」だが・・・。

『「地熱や小規模水力等の安定発電の買取りを優先する事」や「余りにも高過ぎる太陽光発電の買取り価格の大幅引き下げ」等が「見直しの骨子」だ。

「当たり前の事」が「ようやく、行われようとして来ている」。

「この重要な問題が在る」のに、

「韓流テレビ等では、ほとんど無視状態」だ。

「芸能人ネタ等があるなら、特別取り上げもしないが、視聴者の興味は惹きつけ易い、失踪や火事のニュース話題」に、

「時間の多くを割き」、

「政治ネタ」では「小渕議員秘書の特捜による家宅捜索」が「トップ扱い」だ。

「オマケに、民主党枝野や維新の党江田の政治資金報告書の問題」では、

「当人たちの弁解の弁の中で、

如何にも、視聴者受けの良い部分だろうと強く推定される部分」を

「拾い、ホンの少しダケ流したダケ」なのだ。

「この偏向ぶりは、明らかに、異常」である』。

『「再生可能エネルギー買い取り法」の「見直し問題」は、

「広く、大衆に伝えるべきである、重要な事」だ。

「何故なら、菅と孫が元となった{実質的太陽光発電ネズミ講}」を

「解消する事に繋がっているから」である。

「国に保障させた異常に高い値買い取り価格」で

「日本の個人・企業に電気料金上で経済的負担を強いた」上に、

「安定化や配電は電力会社負担」という、

「安易な事業形態の上に胡坐をかいた」、

「大規模太陽光発電事業で濡れ手に粟の利益を得ようとしている悪徳企業等」や、

「自分の住む家の住宅ローンを他人や企業の電気料金で支払わせよう、という悪徳者」たちの、

「悪の計画が、上手く行かなくなる様にされる」のだ。

「太陽光発電ネズミ講」に「安易に集まった個人や企業の数は決して少なく無い」。

「つまり、影響を受ける人々はかなり居る」のだ。

「見直しが決定的になった事を周知させ、

悪徳の自主的解消を促す事は、

ネズミ講被害者たちの実害を減らす事にも直結している」。

「極めて重要な話し」だ。

「ところが、黙殺状態」なのだ』。

・・・・・・・。

『「今の日本に必要」なのは、

「テレビ・マスコミ交代!」だ』。

|

外国人経営者企業パチンコ店からの40万円の政治献金なんて、そのスジの仕込みとしか思えないでしょ・・・。

『「大臣になった」なら「政治と金の問題として追及出来る仕込み」は「至るところにある」様で・・・。

「仕込みや、仕込み暴露~大宣伝工作等で、政治の足を引っ張る連中」が「称賛される訳も無い」のだが・・・』。

|

「大臣になったから露呈した政治と金の問題」&「問題の出た大臣は止めるべき」と言う「全国会議員の政治と金の問題を調べるべきテレビ・マスコミ等の職務怠慢にこそダメ出し」でしょ・・・。

『「普通に考えれば、タイトルの様な話し」なのだが、「テレ朝夕番では、コメンテーター大谷が自分たちの事は棚に上げたまま、恥じらいも無く」、

「問題の出た大臣は潔く辞めるべき」の旨

「日本の公共の電波上で一方的かつ大々的に語っていた」のだから、

「本当に醜悪」だ。

「テレビ・マスコミ等の政治や時事問題ネタで、少なく無い報酬を得ている者たち」は、

「与野党問わず、

全国会議員の政治と金の問題を、

少なくとも、今、与党大臣だけを事細かに調べ、政争の具としているレベル以上の細かさで、

詳細にチェックし、

問題点を見つけたなら、大々的に報道等するべき」だ。

「民主党等野党の為の政争の具を提供する、実質的工作活動が仕事」では無く、

「ジャーナリスト本来の仕事をする」なら、

「当たり前過ぎる程当たり前の話し」である』。

『「ところが、タカが深夜に大臣から、記者会見で呼び出されたくらい」で、

「深夜に会見なら、辞職会見かと思った」等々と言う、

「実質的工作活動には熱心でも、ジャーナリスト本来の仕事には不熱心な連中」は、

「厚顔無恥な姿を一方的に見せ続けているダケの様相」だ。

「そもそも、優等生とは、日教組等の教師の言い分をロクに疑いも、検証もせずに、忠実に丸覚えしたダケの、調教された犬的状態である場合が多く」、

「テレビ・マスコミ等の入社試験」では、

「そんな調教済みである忠実な犬たち」から、

「選りすぐりを選ぶダケ」なのだ。

「そんなモノたちの大先輩の言い分」が「大谷の様な話しになる」のだ。

「日本のテレビ・マスコミ等は、元から是正しなければ健常化は無理」だろう』。

『「理系と文系の一番の違い」は「理系ならば、科学的現実に忠実で無ければ、満足な仕事も出来ない」だが、

「日本の文系」では、

「事実・現実などは、全く別にして、例えば、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利する為の情報を、一方的に大量配信する事」でも、

「仕事化出来、決して、少なく無い報酬まで得られてしまう事」だ。

「この問題を是正させる為」に「ある程度有効」なのが、

「一般日本国民の多くが、事実・現実に基づいた歴史認識等文系情報を把握・認識している事」だ。

「普通の独立国の国民なら、当たり前の話し」である』。

『「日本国民の多くが、普通の独立国の国民並みの認識を持つ状態」となれば、

「韓流テレビ等は、

日本の公共の電波の多くをまるで竹島の如く不当占拠している極悪組織に他ならない」等の「認識」も

「当たり前となる」。

「竹島の不当占拠を容認する日本国民」は「圧倒的少数派」であるのと「同様」に、

「韓流テレビ等を容認する日本国民」も「圧倒的少数派」であるのが、

「本来の当然の状態」だ』。

『「ところが、現状では、韓流テレビ等常連出演者たちは、過分な立場・報酬等を得ている」。

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を利する事が仕事」で、

「その事により立場や報酬を得ている」なら、

「当然の状態」だが、

「日本国内の大手テレビ局等がそんな状態で良い訳は無い」。

「日本国民から見れば、

韓(北朝も含む)や中共の手先情報工作員としての立場・報酬等を受けている様相」なのだ。

「例えて言うなら、竹島不当占拠の立場・報酬みたいなモノ」である』。

『「普通の独立国」なら「売国奴たちは犯罪者」となる。

「普通の独立国の国民的な感覚で見る」なら、

「日本の中で韓(北朝も含む)や中共等の特に反日国の手先的様相の連中」は、

「正に、売国奴」だろう。

「実質的売国奴たち」を「野放しにする・・・どころか、そんなモノたちに、過剰な立場・報酬等を与え続けている自虐」は、

「いい加減に止めるべき」だ』。

『「朝日新聞」は「解体」。

「韓流テレビ」からは、「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権はく奪」。

・・・「等々の事態」が、

「起きない自虐状態」から、

「いい加減に脱するべき」と思うが・・・』。

『「とりあえず、テレビ・マスコミ等は、民主党等野党の為の政争の具提供工作機関では無い」というのなら、

「全国会議員の政治と金の問題を事細かに調べ、検証し、どんな些細な問題でも、大々的に公表するべき」である。

「特定野党の政争協力」では無く、

「有権者が次の選挙時に参考と出来る材料の提供」こそが、

「テレビ・マスコミ等の本来の仕事」だ』。

『「もはや、多くの日本国民」は「韓流テレビ・マスコミ等には操られない」。

「正道に向かわない」のなら、

「政権交代ならぬ、テレビ・マスコミ交代」である』。

|

ダメ出しを喰らっているのは安倍政権では無く、野党&韓流テレビ・マスコミという現実も分からず恥の上塗りを行い続けている方々・・・。

『「テレビ・マスコミ等による、第一次安倍政権時の大臣自民ドミノ~自民ダメ大衆誘導」は「それなりに実効があった」。

「何故なら、多くの日本国民が、その時点では、日本のテレビ・マスコミは日本のテレビ・マスコミと勘違いしていたから」だ。

しかし、

「自民ダメ!~政権交代!!~民主党!!!大衆誘導で出来た民主党政権」が

「日本を細らせる裏で韓国や中国を太らせる政策を行った」ので、

「その後の日本国民の多く」は、

「韓流テレビ・マスコミは韓流テレビ・マスコミとして、実体通りに把握・認識している」のだ。

「もはや、韓流ご都合大衆誘導で動いてしまう日本国民の数は少数派」である』。

『「ところが、未だに、韓流野党も、韓流テレビ・マスコミ等も、

・・・第一次安倍政権時の大臣自民ドミノ~自民ダメ大衆誘導成功の

二の舞を夢見ている様相」なのだ。

「呆れ果てる事態」だ。

「まるで、捕まっても尚、罪を認めない悪者と同様の様相」で、

「本当に醜悪」である』。

『「ちょっと考えれば、誰でも分かる」。

「大きな問題ならイザ知らず、

大臣の些細な問題をあら捜しし、それを大問題化する事で、

政策等を遅らせる事を求めている一般日本国民が、

どれ程いるのだろうか?」

「大問題があるのなら、追及は当然」だが、

「記入ミスや、実体としては、いちゃもん付けでしか無い合法バーでの政治資金使用等々の問題」を、

「あら捜しし、大問題化している状態」は、

「実質的に、邪魔でしか無い」。

「多くの日本国民は、そんな韓流野党や韓流マスゴミ等に呆れ、既に、ダメ出しをしている」のだ』。

『「安倍政権の支持率を調査」しても、

「余り落ちていないのは当然」だ。

「韓流マスゴミが、今調査するなら、調査すべきは、政権支持率では無く、

裸の王様状態でしか無い、韓流マスゴミ自体の支持率」だろう』。

『「日本国内で、テレビ・マスコミ等の事業を行っている人脈やその論調等は、主として日本の人脈や日本の為であるべき」だ。

「韓流人脈が、上辺ダケ根っからの日本人面等して、

韓国(北朝鮮も含む)等を有利にする大衆誘導等を大々的に行えている事態」は、

「明らかな異常事態」である』。

『「異常事態」は、

「是正される必然」が「有る」』。

『「一般大衆側からの是正圧力はもちろん必要」だ。

しかし、「日本の公共の電波を使ったり、公共的大マスコミの立場から流す情報の問題でもあるのだから、

異常情報の是正は、

国政の仕事の一つでもある」のだ』。

『例えば、

「在特会のヘイト・スピーチは大問題として扱っても、

在特法自体の問題は黙殺する」等の

「実質的、偏向状態」は、

「是正させられるのが当然」だろう。

「言い方や表現方法等が悪い」のと「言っている/表現している内容が悪い」のは、

「全く別の問題」だから、

「ちゃんと切り離して伝えられなければいけない」のである』。

『「裸の王様状態」の「韓流野党や韓流マスゴミ等」が、

「そのままの道の上を歩み続ければ・・・」、

「・・・永遠の恥辱に染まる道を歩み続ける者たち」は、

「哀れ」だ・・・』。

|

一特定団体に過ぎない在特会の問題を考えるより、在日韓国・朝鮮人の特権の問題を考えるべきでしょ!・・・。

『「もちろん、ヘイト・スピーチは褒められる事では無い」。「しかし、在特会のヘイト・スピーチを批判する人々のいったいどれだけが、在日韓国・朝鮮人に与えられている特権について理解・把握しているのだろうか?」

「其処にこそ、現状日本のテレビ・マスコミ情報の大きな問題が在る」』。

『「歴史的に、はっきり言えば、

終戦直後、日本の敗戦~混乱に付け込んで、日韓併合時代に自主的に日本国内に来ていた数多くの朝鮮人たちの一部が、犯罪行為を行った事」は、

「まぎれも無い現実」だ。

「そして、終戦直後時期の戦後の日本国内では、朝鮮人の犯罪率が異常な程高かった」のも

「まぎれも無い現実」だ。

「そんな事態を受けて、終戦後時期の吉田内閣時には、日韓併合時に日本に自主的に渡来した朝鮮人の強制送還計画が在った事」も、

「まぎれも無い現実」だ。

「それは、終戦直後、朝鮮半島内の日本人のほとんど全てが、強制帰還させられた」のだから、

「当然の処置」でもある。

「ましてや、日韓併合は、日本による侵略~植民地支配だ!等と主張する」なら、

「逆に日本を侵略~支配してやるゾ!等とでも思い込んでいない限り、

自主的に、侵略~植民地支配の悪質国から脱出し、母国・祖国に帰るのが当然」だろう。

「ところが、李承晩が朝鮮戦争を始め、竹島を不当占拠した勢いに乗って、日本に突き付けた」のは、

「日韓併合時に、日本に渡来している朝鮮人及びその子孫には、無条件で、永住権を与えろ!だった」のだ。

「オマケに、公の場での、通称(日本名)の使用を認めろ!」

「就ける職の幅を広げろ!」等々である。

「更に、朝鮮戦争難民を訴えて、更に多くの朝鮮人が日本に自主渡来した」のだ。

「戦争難民なら、戦乱状態が収まれば、戻るのが当然・・・な筈」だが、

「多くが、日本に居残っている」。

「敗戦後の体制不備状態だった当時の日本」は、

「竹島への武力侵攻へも含めて、十分な対応が出来ず、

日本国内の韓流政党等の後押しもあり、

渋々の間に無理やり通されてしまった」のが、

「在日韓国・朝鮮人に対する、他の外国人とは全く別の、特別扱い法」なのだ。

「こんな異常な特権は、とっくの昔に廃止されていて当然なのだが」・・・』。

『「大量に{自主渡来}して、日本に居続けている朝鮮人たち」が、

「日韓併合により日本に救われた。

韓国文化より日本文化が好きだから、日本に居たい。

・・・等々と真摯に身体の底から思っている」なら、

「多くの一般日本国民との共生も可能」だから、

「日本に居るのも良い」。

「しかし、日本を乗っ取り支配する為に、日本に渡来し、居続けている者たち」は、

「即刻、排除されるべき」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等による情報」や「日教組等による教育」や「韓よりの政策を行おうとする政党・政治家等」の「実在」から、

「多くの方々」は、

「どちらのタイプの渡来朝鮮人の数や力を感じるだろうか?」

「日韓併合を日本の乗っ取り支配と位置付けた悪者たちの悪夢の実現」は、

「絶対に、阻止されるべき」だ』。

『「在特法の異常メリットが生んでしまった異常事態」も「考えるべき」である。

「何しろ、日本国内のほとんどの企業に、通称を公称して、入り込める事態になった」のだから、

「北朝鮮への技術情報等流失」も、

「拉致・工作活動への企業・組合等々利用等々」も、

「当然の如く、行われてしまった」。

「そして、それら、実質的工作員の極近くに居た者たちでさえ、

それらの悪行は、日本人によるモノと誤解させられている場合も少なく無い」のだ。

「何しろ、公称で通称利用が可能」なのだ』。

『「公称での通称利用」の「副次被害」が、

「犯罪者報道」である。

「犯罪者報道で、犯人の名前が、日本名」なら、

「多くの人々は、日本人による犯罪と思い込む」。

「しかし、その中には、韓国・朝鮮人の通称による犯罪も含まれている」のだ。

「昨今では、一部で、朝鮮名等が併記される様になった」が、

「それは、芸能界で、自らの出自を明かしている者の割合みたいなモノ」で

「あくまでも、一部」だ』。

『「また、1990年までは、年金の掛け金を納めていない」のに、

「在日韓国・朝鮮人には、年金も出るし、生活保護も出る」。

「戦後しばらく米国領だった沖縄県民も同様の事態」だが、

「ここで、多くの日本国民が考えるべき」は、

「国籍が他国、しかも、反日政策まで行っている韓国(北朝鮮も含む)である者たち」に、

「日本の血税を注ぐ事の意味」だ。

「国籍が違う」とは、

「万一、戦争になった時には、敵として戦わざるを得ない者という事」に他ならない。

「万一の戦時には、日本国内に多数の敵方の兵、もしくは、工作員をいきなり抱え込んでしまう」のが、

「実態」だ。

「万一の事態の時には、敵方の兵や工作員にならざるを得ない者たち」に、

「日本の血税を注ぐ事」は、

「明らかに異常」である。

「実際」に「戦後の日本と北朝鮮とでは、平和条約も結ばれていない」から、

「少なくとも、北朝鮮側から見れば、戦後~今まで、ずっと、抗日解放戦争状態」なのだ。

「そんな状態だから、拉致を始めとする飲食物・電磁波・情報・政界等々数々の工作活動が、連綿と行われ続けて来ている」のだが、

「その工作実行員にまで、日本の血税が与えられている状態」なのである。

「こんな異常事態は、解消されるのが当たり前」だ』。

『「在日韓国・朝鮮人への社会福祉等」は「先ず、韓国(北朝鮮も含む)が行うのが当然」である』。

『「多くの一般日本国民」は、

「韓流テレビ・マスコミ等に操られて、

在特会のヘイト・スピーチ等を批判する前」に、

「在特法の問題を考え、

在日韓国・朝鮮人の特別扱いを廃止させるべき」だ』。

|

韓国の為に日本のカジノ不成立を目指している方々・・・。

『「東京五輪までに日本にカジノが出来なければどうなるのか?」

「言うまでも無く、五輪も楽しみたい!ついでにカジノも楽しみたい!という海外のお金持ちたち」が、

「韓国のカジノを利用する確率が高くなる」。

「しかし、もちろん、東京五輪までに、日本にカジノが出来ていれば、

その様な海外の方々の多く(もちろん、カジノ収入の主を占める大金持ちの方々も含む)が、

日本でカジノを楽しまれる」だろう』。

『「何を、今更、カジノと繋げて、ギャンブル依存症問題を言うのか???」

「日本で、ギャンブル依存の問題を言う」なら、

「パチンコや競馬・競輪等の公営ギャンブルについて、ずっと前から、今以上に、大問題化されていなければおかしい」。

「今から言うなら、パチンコや公営ギャンブルや宝くじ等の問題を先ず検証」し、

「その上で、カジノが出来た時の影響を言うべき」だ。

「パチンコ店の約8割は韓国(北朝鮮も含む)系の経営だ」と言う。

「公営ギャンブルを批判する」と「公を敵に回す事になる」かも知れない。

「韓国(北朝鮮も含む)系人脈」や「公系人脈」には、

「大人しく」、

「日本の景気向上に役立つ反面、韓国の既存利権を削ぐ事」には、

「大々的に抵抗する」とは、

「一体、どんな人脈の者たちの仕事???か?!」

「韓流テレビの韓国及び韓国(北朝鮮も含む)系人脈への利権誘導情報」は「明らかに異常」だ』。

『「大きな問題」は、

「今回のカジノとギャンブル依存症問題の様」に、

「日本では無く、韓国(北朝鮮も含む)や韓国人脈を利する、少なくとも日本にとっては、異常な情報」が、

「日本の公共の電波の特定周波数を独占使用出来る状態」で、

「大々的(原発問題同様、ほとんど全てのテレビ番組で、主たる論調の示唆しているところが、利韓!という異常さである)に、

一方的に、

大量配信されている事」だ。

「日本の公共の電波」は、

「主として、日本の国益・国民益の為に使われるべきである事」は、

「当然の事」だが、

「その当然の事態」が、

「異常に壊されている」のが「現状のテレビ界」だ』。

『「こんな異常事態を放置している国」など「世界中で日本ダケ」だろう。

「日本の公共の電波を主として使う」のは、

「日本の為のテレビ局であるべき」だ。

「韓流テレビ」は「その人脈も含めて、是正されるべき」である』。

|

報ステ・サンデーの「カジノ法案先送りの正当化」&「円安悪いぞ!」誘導の酷さ・・・。

『「韓国唯一の{庶民カジノ}まで取材」して「ギャンブル依存症や街環境の問題等まで訴えていた」が、「もちろん、日本と韓国では文化が違う」から「同様の事態は起こり得ない」。

「そもそも、ギャンブル依存を言う」なら、

「競馬・競輪・競艇・オート・パチンコ・裏カジノ・闇賭博等々が既に在る現状日本のギャンブル依存問題を先ず徹底検証」し、

「其処にカジノが+された場合の悪影響を言うべき」だ。

「更に、依存問題として考える」なら、「上記の日本に存在しているギャンブル等と携帯ゲーム等は同類」だ。

「経済問題が若干違う」が、「其処にこそ、日本と韓国の大きな違いがある」。

「日本では、所謂サラ金の金利規制等」により「安易に借りられない&金利はほどほど・・・状態となっている」ので、

「上記のギャンブル等による経済破綻は少なくなっている」。

「韓国の場合は、日本のサラ金金利が年利28%上限だった時から、年利40%まで認められていた、

誰でも、

どんな状態の人でも、

借りやすく、

破綻し易い状態」なので、

「経済破綻も、自殺も、・・・起き易い状態」なのだ。

「しかも、韓国では、パチンコを全廃させた」ので、

「庶民のその手のギャンブルとしては、庶民カジノか、日本や台湾等に行って、パチンコをするか・・・みたいな状態になってしまっている」のだ。

「韓国唯一の庶民カジノは独占企業状態で、ボロ儲け・・・」だろう。

「韓国の庶民カジノの例」を

「ロクに文化や社会環境等のベースも言わずに、

取り上げて、大宣伝して、

日本でも、同様の事態が起こり得る・・・とやった裏」には、

「ある種の意図を感じるのが普通」だろう。

「韓国にも、外国人お金持ち用のカジノは在る」。

「ところが、それは、取材もせず、情報も流さなかった」のだ。

「日本にカジノが出来れば、シンガポールや韓国の外国人お金持ち用カジノ等と同様になる可能性が大きい」のだから、

「シンガポールの総合リゾート型カジノは紹介しても、韓国の外国人お金持ち用カジノを紹介しない」のは、

「明らかに、おかしい」。

「その上で、パチンコ等が在る日本では、先ず出来ない、韓国の庶民向けカジノ」を「カジノ問題の具として、大々的に扱った」のは、

「実質的、偏向」だ。

「何故、そんな事をしたのか?」

「民主党等の野党」が、

「散々、あら捜し政争で、審議を遅らせ、

今国会でのカジノ法案等の進行を妨害した事」を

「正当化する為」であり、

「韓国の外国人向けカジノ産業等の利益を温存する為」等と

「考えれば、整合性が取れてしまう事」だ』。

『「異常な円高状態の時」は「オイシイ商売だったであろうケーキ業界等」に「スポットライトを当てて」、

「現在の、若干の円高是正を、円安では困る業界が在る・・・等と批判した」のも、

「実質的、偏向」だ。

「言うまでも無く、日本の異常な円高の裏で太った」のは、

「韓国や中国や日本の中の韓・中等からの輸入業者等」である。

「円高是正で、太り辛くなっている」のも「韓国や中国や日本の中の韓・中等からの輸入業者等」だ。

「それこそが、韓流テレビが利そうとしている人々の実体」だろう。

「また、円高で火力発電燃料費等が高くなっている事を問題視しても、

原発再稼働を積極的に行うべき等の当たり前の事を意図的に(と容易に推定出来る)言わない」のも、

「実質的、偏向」だ。

「日頃」から、

「中・韓がアブナイ原発を使い続けている中、極東地域日本のみ」を「黙殺した上」で、

「脱原発のみを声高に言っている・・・」のが、

「日本のほとんどのテレビ番組」の「異常な実態」だ』。

『「韓流テレビ情報」は

「実質的、偏向で、大衆誘導する事」により、

「韓国や中国等やそれらの国々と繋がりの濃い日本国内に居る人々等を利させる状態」を

「例え、多くのその他の一般日本国民が不利益を被っても、

日本国内でつくり出そうとしている場合が多い」。

「全ての視聴者は用心し、悪戯に操られない様にするべき」だ』。

|

「カジノ法案」や「労働者派遣法の改定」等を葬る為のあら捜し政局問題・・・。

『「日本にカジノが出来て困る」のは「日本国内のパチンコ業界では無い」。

「若干の影響は受けるだろうが、レートが違えば、影響はほとんど無い」。

「一番困る」のは「韓国」だ。

「日本が観光立国する為」には「カジノは大いに有効」である。

「労働者派遣法の改定」で「困る」のは「多くの労働者では無い」。

「現行法の穴につけ込んでアクドイ派遣を行って稼いでいる悪業者等」だ。

「略奪文化そのままに、派遣労働者を奴隷の如く使い、労働賃金の上前を削ぎ取ったりしているブラック企業の経営者の多く」は、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等の臭いがする」・・・。

「何れにしても、どちらの法案もその他の法案も、ちゃんと審議し、成立させる」のが、

「日本の為を考えている政党や議員」だろう』。

『「あら捜し&政局で、法案審議を遅らせている野党」は、

「何処の国の為の政党なのか?」

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「日本のカジノ設立を遅らせる事で実利を得る」のは、「韓国」だ。

「労働者派遣法の改正を遅らせる事で実利を得る」のは、

「日本の中に居る、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等の文化に近い業者等」だ』。

『「電気料金で、日本に経済的ダメージを与える」、

「原発不使用」や、

「太陽光発電の大量使用」でも、

「実利を得るのは、日本では無く、韓国や中国等」になる。

「韓流テレビ・マスコミ等による偏向情報」である、

「脱原発」や、

「太陽光万歳!」は、

「韓国や中国等の為」なのだ』。

『「日本の中には、日本の政策実行を遅らせたり、偏向情報を一方的に大量配信したり・・・する事」で、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を利そうとする者たち」が、

「少なからず居る」のだ。

「多くの日本国民は、この現実への対策を真剣に考え、実効のある対策を実行するべき」だ』。

『とりあえずのところ、

「韓流テレビ・マスコミ情報は、韓流情報として見聞きする」。

「決して、無条件で信じたり、操られたりしない」。

「選挙時には、テレビ・マスコミ等の情報に自分を操らせず、

日本の為になる政策を行うのか?否か?等を十分に考えて、

自分の為になる投票先を決定する」。

「お金を使って、利益を与える企業等にも、留意する」。

「出来るだけ早く、テレビ・マスコミ等の情報や教育を正常化させる」。

「・・・等々が、考えられる」が・・・』。

|

売却された故小渕総理私邸に現在も暮らしている小渕優子氏の母たち問題・・・。

『「家賃が支払われていないのなら、売却先からの利益供与になるのでは?」等と「韓流テレビ・マスコミ等や民主党等野党人脈等」による、

「小渕優子氏を議員辞職に追い込む為のあら捜し&追及大宣伝情報工作等」は「絶えない」。

「韓流テレビご用達政治コメンテーターの伊藤」も「実質的には、視聴者を誘導する為の論」を

「日本の公共の電波を使って、生き生きと述べ続けている」』。

『「もちろん、私邸売却後の居住」は「その事自体が直ちに大問題化出来る事では無い」。

「売却契約による」のだ。

「例えば、学生寮工事着工までは、住み続けていても良い売却契約」なら、

「売却価格がその分の家賃込み状態になる」から、

「何の問題も無い事」だ。

「先ず、問題とすべきは、立ち退き指定日」だろう。

「立ち退き指定日を過ぎても、賃貸契約も無く、家賃の支払いも無いまま住み続けている」なら、

「正に、違法状態」だ。

「そんな実態がある」のなら、

「実態を明らかにした上で、大問題にすれば良い」』。

『「普通に考えれば、立ち退き指定日以降も、前所有者の家族等が住み続けていれば、新所有者は、先ず、立ち退きを求める」。

「或いは、賃貸契約等を結ぶ」筈だ。

「それらのアクションが無い事」は「新所有者側も家族等の住み続けを容認している事に他ならない」。

「それを直ちに、利益供与する事には、無理がある」。

「利益供与とする為」には「見返りが何か?」を「提示する必要がある」。

「新所有者側が、何のアクションも起こしていない」のに、

「利益供与の見返りも提示せず」に、

「マスゴミが騒ぐのは異常」である』。

『「小渕事務所側からの発表があり、家賃については、早急に決め支払う旨、報道された」。

「新所有者側からの働きかけが無い」のに、

「小渕氏側が、誤解を招きかねないから、誤解を招かない様に、働きかけた様相」なのだ』。

『「マスゴミ」には「まるで、韓国等の様な、追い落としや略奪の文化」を「感じ」、

「小渕氏側」には「日本文化」を「感じた」のは、

「筆者たちだけでは無い」筈だ。

「マスゴミ誘導に賛同し、

日本を韓国の様な文化の国にしたい人々」は、

「いったいどれ程居るのだろうか?」』

|

「宮沢経産大臣の政治資金SMバー使用秘書に対する道義的責任」と「韓流テレビの特定極一部の者たちに有名人利権を与え続けている悪態の道義的責任」・・・。

『「宮沢新経産大臣の政治資金報告書のあら捜しをした」ら「SMバーでの使用が明らかになった」。「しかし、もちろん、それは違法では無い」。

「違法行為では無い」が、

「SMバーと聞け」ば、

「ほとんどの一般市民」は、

「いかがわしい・・・等のイメージを抱く」。

「そこで、野党民主党等のお仲間、韓流テレビ・マスコミ等」では、

「日本の公共の電波上で大きな時間枠を割いた、異常な大宣伝を行う事」で、

「何が何でも、現政権にダメージを与えようとしている様相」なのだ。

「本当に醜悪な事態」だ』。

『「SMバー」と「聞けば」、「多くの人々が、あらぬ疑念を持つ」が、

「SM抜きのバーなら、良いのか?」や、

「違法摘発されていないSMバーの実態は?」等々を、

「少し考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「今回のSMバー騒ぎ」も、

「秘書が政治活動上での他者との会合等に、

他の人々の主たる興味がSMショー等に向くから、話し合い内容等が盗まれ難い等の理由から、

敢えて使った可能性だって少なからずある」のだ。

「売春等の違法行為を行っているSMバーに行った」なら「大問題」だが、

「合法バーの種類がSMバーだったダケ」なら、

「政治資金をバーで使う事自体を問題にしない限り、問題にする方がおかしい」のである』。

『「しかも、SMバーは、たったの一回、金額も一万数千円」なのだ。

「この程度の話しを大問題の如く大宣伝する」なら、

「全国会議員の全ての政治資金使用状態を綿密にチェックし、

バー等での使用がどれ程あり、

SMバー等、一般市民があらぬ疑い等を持つ可能性のあるものが、

その中にどれだけあるのか?等も、明らかにした上で、大衆周知する」のが、

「テレビやマスコミの本来の役割」だ。

「本来の仕事のやり方をせずに、政争で民主党等を利する為の情報工作機関としての役割を行っている様相」なのが、

「現状の実態」である』。

『「敢えて考える」なら、

「SMショーを見れるダケのバーより、

女性接待付きのバー等の方が、

スケベ男性等は喜ぶのでは無いだろうか?」

「SMショーでは、ショーに出ている者たちが、秘書等による話しの内容を聞とろうとしているとは考え辛い」が、

「接待付きなら、接待している者たちには、話しの内容がバレバレ」である。

「打ち合わせの場所としての適性」なら

「下手なバー等より、ずっと適性がある」のが

「SM等の他の客の主たる興味を惹く者・物・事が有るショーバー等」なのだ』。

『「こんな問題」で「大臣の監督責任や道義的責任」等を「声を大にして、大宣伝する」のは、

「明らかに異常」だ』。

『「そんな異常な事を行っている韓流テレビ等」は、

「特定極一部の者たち」が、

「常連出演者として出続ける事」&「それを、公共の電波を使って、一方的に大量配信し、多くの視聴者に見せ付け続ける事」で、

「特定極一部の者たちの有名人利権を増大させているところでもある」。

「こんな事態こそが、

例え、違法では無くても、

大きな道義的責任を伴っている事に他ならない」。

「政治・政策論の実質的偏向状態も大きな問題」だ。

「現状」では、

「まるで、

特定極一部の者たちに有名人利権を与える為、

及び、

多くの視聴者を偏向政治・政策論で操る為」の

「情報工作機関」である』。

『「日本の公共の電波を使った情報工作機関」は、

「明らかに異常」だ。

「しかも、実質的に、利している」のが、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国やそのシンパである場合が多い」のだ』。

『「テレビ・マスコミ改革」が「必要」だ』。

|

韓流テレビがどんなに政治と金で与党を批判しても「日本の国政の妨害を企む情報工作にしかなっていない」のだ・・・。

『「現政権の大臣等」の「政治と金の問題等」を「どんなに正義ぶって責めても、もはや、ほとんどの有権者」は、

「かつての、自民ダメ!~政権交代!!~民主党!!!大衆誘導の道の上を二度とは歩まない」だろう。

「多くの一般国民は、政策の遅滞も望まない」から、

「もはや、政策に大きな影響を与える事も出来ない」だろう。

「多くの日本国民」は、

「民主党政権時の韓国・中国>日本政策を忘れていない」から、

「現政権の大臣等に若干の政治と金等の問題があっても、

代わりの大臣を、民主党等の野党勢力から望まない筈」だ。

「政権交代を望む者」は「居ても」、

「政権交代先として、再び、民主党等を選択する者」は、

「民主党政権時に民主党から利益供与された様な人々でも無ければ、

普通の日本国民の中には、ほとんど居ない」だろう』。

『「韓流テレビ等」が、

「政権へのダメージは大きい!」と叫んでも、

「実体は無い様なモノ」なのだ。

「それなのに、政権へのダメージは大きい!等と叫び続けている」のだから、

「韓流テレビ等の偏向ぶりは、もはや、誰の目にも明らか」だろう』。

『「偏向情報の一方的大量配信」で

「実質的には、多くの視聴者に誤解を与え、国政を妨害しようとしている様相」の

「テレビ局等(先日ラジオも聞く機会があったが、ラジオ界もかなり酷かった)」に、

「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権等を与え続ける事」は、

「明らかに、国益・国民益に反する」。

「テレビ等の常連出演者や論調の偏向」は「早急に、是正させるべき」だ』。

『「政治と金の問題の追及」は「与野党問わず、全ての議員・政党等に対して行われるべき」だ。

「原発問題」でも「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ」等を「黙殺」し、

「脱原発をまるで正義の如く扱っている」のは「異常」である。

「太陽光発電超バカ高買取法案」を、

「実質的に、無理やり成立させた菅(当時は総理大臣)と孫の事」の

「黙殺」も「異常」だ。

「九州で異常な程、{太陽光発電ねずみ講}が流行った裏に在るのは、何か?」

「孫のソフトバンク球団の本拠地は福岡」だ。

「九州の地方紙や地方テレビ局等」では、

「他の地域以上に、{太陽光発電ねずみ講}の問題は、意図的に黙殺」し、

「太陽光発電万歳!的情報を一方的に大量配信していたのではないだろうか?」

「少し考えれば、誰でも、早期破綻等が直ぐに解る{太陽光発電ねずみ講}に群がった欲ボケたち」の

「救済を公共の電波で訴えている」のも「異常」だ。

「お互い様を考えるまともな人間」なら、

「年利十数パーセントもの利益を、

自らの下に、

他の人や企業から強制的に取ってかき集める事を、

無理やり合法化した、

国のお墨付きがある悪徳」になど、

「乗らないもの」だ。

「悪徳に乗る事」で「日本の電力事情を高値不安定方向に引っ張る事」を、

「推奨したテレビ・マスコミ等」が「利したい」のは、

「韓国や中国共産党支配下の中国」と「容易に推定出来る」。

「だから、日本を不利にしても韓国や中国共産党等を利したい略奪文化に生きる人々」なら、

「率先して菅・孫創設の悪徳に乗る事」で、

「祖国・母国・親類縁者等々を利そうとする」だろう。

「九州には、その様な人々が多いのだろうか?」』

『「実質的に、反日国の手先の様相であるテレビ・マスコミ等など」を

「日本国内でメジャーの座を与え続けている事」は、

「明らかに異常」だ』。

|

小渕優子ワイン問題・・・。

『「もし、実際に、選挙区内の少なく無い数の有権者にワインを贈呈していた」なら「明らかな公職選挙法違反」で「議員辞職&公民権停止等」が「当然」だ。

「ところが、現状で出てきているのは、何故か?たった一件」である。

「普通に考えれば、

国会議員秘書が実質的買収行為となる、

不特定多数の選挙区内有権者にワインを配る訳は無い」。

「韓流テレビ等が大騒ぎしているたった一件の選挙区内有権者ワイン贈呈問題」は、

「テレビ・マスコミ等が大騒ぎする前に、実態解明こそが必需」である』。

『「実態を調査・取材した上」で「不特定多数へのワイン贈呈があった」のなら、

「大騒ぎも妥当」だが、

「たった一件ダケなのに、異常な大騒ぎ状態」では、

「実質的には、悪質な情報工作の域を出ない」。

「何故なら、極親しい方々等との日頃の付き合いの範囲」なら、

「ワインの贈呈も公職選挙法違反にならないから」である』。

『「たった一本の選挙区内有権者へのワイン贈呈」と、

「民主党政権時に、菅(当時は総理大臣)と孫で決めた、実質的孫等への利益供与」とでは、

「実害」や「悪質度」等々が「かなり違う」。

「まるで、韓国の大統領による親族への利権分配と同様の事態」が、

「菅(当時は総理大臣)と孫等大規模太陽光発電事業早期着手者の間で起こされた」のだ。

「日本の国民や企業から、合法的に、過剰な電気料金を徴収し、悪徳利益を孫等が受ける事」を、

「民主党政権は行った」のである。

「ところが、この大きな悪に対する追及や、大騒ぎは、何故か?無い」。

「濡れ手に粟の利益を目論んで、孫等に追従した欲ボケたちが、買い取り停止せざるを得なくなった電力会社からの通知により、大騒ぎしている昨今なのに!」』

『「小渕優子元秘書による選挙区内有権者へのワイン贈呈(現状で出ているのは、たった一本)」については、

「その実態も良く確かめずに大騒ぎ」し、

「太陽光発電の異常な高値買い取り問題については、小声で囁いている状態」なのが、

「民主党のお仲間、テレビ・マスコミ等の実態」だ。

「この偏向ぶり」は「明らかに悪質」である』。

『「小渕前経産大臣」の、

「後援者観劇ツアーの会計処理問題」についても、

「選挙区内有権者へのワイン贈呈問題」についても、

「マスコミ本来の仕事」は、

「先ず、その実態解明」である。

「実態解明を疎かにしたまま、政局問題として大騒ぎする」のは、

「健常なマスコミとしては、明らかな異常行動」だ』。

『「小渕優子ワイン問題で、上記の様な現状が示唆している実態」は、

「少なくとも内心では、民主党や韓流テレビ・マスコミよりの選挙区内有権者」が

「意図的にねだって、取得した{仕込みワイン}・・・という様なところ」だろう。

「仕込みワイン爆弾」を「効果的なタイミングで爆発(露呈)」させ、

「それを、民主党のお仲間、韓流テレビ・マスコミ等が意図的に大騒ぎしている様相」なのだ』。

『「事実として、在日韓国人の中には、日本の有権者は、民主党に投票しなければいけない!」と「言った者も居る」。

「民主党は、在日韓国人の更なる地位向上や選挙権付与に積極的だから」であると共に、

「孫(朝鮮系)への不当とも言える実質的利益供与」からも「容易に推定出来る」様に、

「民主党政権となれば、そのスジの人々が利益を得易くなるから」だろう。

「ここで、多くの日本国民は、よく考えるべき」だ。

「韓国とは、竹島を不当占拠していると共に、反日政策を行っている国」である。

「そんな状態の国の国籍を持つ者に選挙権を与えたり、近しい人脈の者たちを国として利す事等」が、

「日本国や日本国民にとって、どの様な影響を及ぼすか?」等を』。

『「日韓併合を日本の乗っ取り支配の開始」と「位置づけた人脈」は、

「100年以上もの長期計画で、日本の乗っ取り支配を実行し続けて来ている・・・」』。

『「実際に、日本国内で、電磁波工作等を行っている者たち」の「そのスジの者割合」は、

「少なくとも、筆者の知る限り、かなり高い」』。

『「多くの日本国民」は、「平和ボケでは済まされない状態の中に置かれている」のだ』。

『「小渕前経産大臣の問題」は「大騒ぎする前に、実態解明」である。

「菅と孫が決めた、早期大規模太陽光発電事業開始者への過剰利権分配問題」は、

「少なくとも、徹底是正されるまでは、忘れるべきでは無い」。

「誰でも、電気使用料明細を見れば、気づく筈」だ。

「原発を止めているが故に、過分に発生している輸入燃料費の調整額」と、

「再生可能エネルギー発電(太陽光が他の再エネ発電の約二倍と特に高い)を買い取っているが故に、発生している賦課金」を見れば、

「原発を安全に使い、異常な高値である限り、大規模太陽光発電の買取りは制限する事」こそが、

「日本の国民・企業等の為になる電力政策である事が!」

「逆に言えば」、

「原発再稼働反対!」や、

「太陽光発電万歳!」は、

「日本の国民・企業等に経済的ダメージを与える電力政策に他ならない」のだ』。

『「日本の国民・企業等に経済的ダメージを与える電力政策に熱心」なのは、

「日本国内に居る反日国人脈の者たち、もしくは、そんな者たちに操られているおバカたち」等と

「容易に推定出来てしまう」』。

|

橋下市長との対談で桜井代表が示した在特会及び橋下氏の実体・・・。

『「あんな対談ぶりを見聞きすれば、誰もが呆れる」だろう。「そして、思う筈」だ。

「在日外国人への特権を廃止せよ!」と「言っている連中」は「ロクでも無い」等々と・・・。

「そして、在日特権は、温存しておいても、良いのでは・・・」等々と・・・。

「つまり、旧来からの、

出来の悪い右翼VS如何にも、良心的で優等生的な左翼(親韓含北朝・親中共等)テレビ・マスゴミ等」による「大衆誘導」と

「同様の事態」だ。

「それが、橋下市長との対談で示してしまった在特会の実体」になってしまっているのだ。

「現状の在特会による実効」は「在特の温存」になってしまっている・・・』。

『「在特会」が、「違う!」と言うのなら、

「如何にも、良心的で優等生的な上辺で、大衆誘導を行っている連中」より

「もっと、良心的で優等生的な訴え方等で、大衆の心や思いをつかむ事」等を、

「実践するべき」だ。

「既に、個人、或いは、少数集団レベルでは無く、ある程度の人数が居る会レベルなのだろうから、

多くの人々の支持を得て、

会の裾野を広げる事を考え・実践するべき」である。

「訴えている内容が正しく、実際に、実行させたい」のなら、

「その方が実効が高いから」だ』。

『「因みに、公開論議の場を提供した橋下市長」も、

「言論・表現の自由は何処へやら、{在日韓国人に対する(・・・と在日韓国人を特別扱いして)}言葉の暴力は絶対に許さない旨公言した事」からも明らかな様に、

「そのスジの人脈とは、近い様・・・」で・・・』。

『「双方の態度の悪さ」や、

「予定時間より大幅に短い(が故に、在日特権問題への言及が疎かとなった)打ち切り」も含めて、

「お手盛り劇に見えた・・・」のは・・・』。

|

「大臣あら捜し&韓流テレビ大衆誘導」という工作で政策に影響を与えようとしている政策論議出来ない野党・・・。

『「民主党等」による「大臣あら捜しの目的」は「何か?」を「少し考えれば、多くの方々も直ぐに気づく」筈だ。

「小渕前経産大臣自身も、良く把握していなかった政治資金の会計処理問題」を、

「早々に、告発出来た裏に在る」と「容易に推定出来る」のは、

「同じ人脈の者によるお手盛り劇」だろう。

「一般日本国民にまで、工作活動を仕掛けて、邪魔をしている連中」が、

「自民党女性総理候補ナンバー1」に「その邪魔をする工作が仕掛け無い訳も無い」。

「小渕前経産大臣の政治と金の問題」共々、

「民主党蓮舫氏の配った丸い厚い紙」と「松島前法相が配った枝付き丸厚紙」の

「実質的には、些細な違い」を「大問題として報じている」のは、

「民主党のお仲間、韓流テレビ等」なのだ。

「実際は、どちらも、団扇としても使用可能な政治紙」だが、

「蓮舫型の方なら、現行法でつつかれる事は先ず無い」。

「現行法で違法と出来ない事を熱心に研究・実験等している人々なら、特に敏感な部分」だ。

「もちろん、仕込みかも知れない事態の暴露」も「些細な利益供与に問えるかも知れない問題」も、

「それだけ」では「大衆の動きは鈍い」。

「其処で、登場する」のが、「民主党のお仲間、韓流テレビ・マスコミ等」である』。

『「日頃から、特定大利権を保持しているクセに、その問題は、一切報じず、

他の利権等を正義ぶって批判する事等」により、

「視聴者・読者等に、正義のイメージを焼き付けて来た韓流テレビ・マスコミ等」が、

「仕込みかも知れない事」や「大問題とするには無理がある、団扇型の政治紙配布問題」を、

「大臣の資質」や「総理の任命責任」等として「大問題化」した。

「自らが行った、韓流テレビ・マスコミ等による大衆誘導の効果を確かめる為」の如く、

「内閣支持率を調査した結果」を見れば、

「数パーセント程の人々が誘導されている様相が分かる」。

「その程度では、政策決定に大きな影響を与えられない」からか、

「本日のテレビ番組」では、

「政策決定に影響・・・」と「政策決定に影響が出る事の公然化情報工作を試みている様相」だった』。

『「そもそも、政策決定に影響を与えるべき」は「国会での論議」だ。

「例え、少数派の意見でも、大衆を動かすに十分な説得力を持つ意見」なら、

「大衆は動く」のだから、

「野党がそれぞれの持論に自信がある」なら、

「国会での論議情報」を「お仲間も含む、テレビ・マスコミ等で積極的に配信してもらえば良いダケ」だ。

「ところが、今の民主党等は、その正攻法さえ出来ない様相」なのだ。

「工作的手段で政策決定に影響を与える者たちの実質は、犯罪者みたいなモノ」である』。

『「今問題となっている大きな政策」は「消費税増税」と「原発再稼働」だろう。

「しかし、消費税増税問題についての議論」は「要素が多いので、複雑になる」。

「結果として、議論で、多くの人々を一定方向に誘導し、操る事は困難」なのだ。

「原発再稼働問題」は、

「議論が深まれば深まる程」、

「中・韓等がアブナイ原発を使い続ける中、

極東地域日本のみ」という

「脱原発派が無理やり黙殺させようとしている部分」に「陽が当たってしまう」。

「民主党等の野党が目指している」のは、

「日本の原発のみを早々にゼロとする事」で、

「相対的に、中・韓の電力事情を有利にする事」等と、

「容易に推定出来る」から、

「黙殺部分の公然化」は「避けなければならない」。

「結果、論議や論議の大報道等を嫌っている様相」なのだ』。

『「要でも無い、或いは、正攻法の論議が満足に出来ない、野党や国会議員に与えられている税金」こそ

「政治と金の大問題」だ。

「日本の大手民放の人脈や論調等が偏向している」のも、

「日本の大問題」だ。

「是正すべき」は「是正するべき」である』。

|

政治と金の問題で、早々に経産大臣辞任の小渕優子だが・・・。

『「私の問題で、貴重な、重要な政策論議の時間を割いてしまい、申し訳無い」の旨「記者会見時に、述べた大臣辞任の小渕氏」・・・。

「野党があら捜しした小渕氏の政治資金報告内容」で「本当に問題」なのは、

「余りに金額が合わない観劇会の経理処理」だ。

「野党が時間をよりかけさせる為に無理やり問題視させている選挙区外の人々への社交儀礼物品の購入」は、

「他にも行っている国会議員が少なからず居る」。

「それなのに、韓流テレビ等では、議員報酬から出すべきでは・・・等々」で、

「小渕氏のみの悪イメージの構築を謀っていた」のだから、

「かなり悪質」である』。

『「現行法&現行の摘発体制では摘発困難な事」を「行うのが得意な方々」は、

「上辺のクリーンイメージの裏」で、

「例えば、電磁波工作等を使って盗聴・盗撮・傷害~早死に化工作等々の手段により、ライバル等都合の悪い者たちを落とす事」で、

「利権を得続けて来ている」。

「組織的に、神輿の上の象徴的クリーン者を裏で工作部隊が不当援助するシステム」なのだ。

「そんな事をしている者たち」が「どんなに正義ぶっていても」・・・』。

『「政治と金の問題」で言うなら、

「政策論議の為に、自分の問題については、早々に大臣辞任で、政策論議の時間を戻そうとしている小渕氏」に対して、

「政策論議という本分をロクに行わずに、あら捜しと追及で、大臣等を貶める事」で「正義ぶっている野党議員」では、

「成果主義の今日なら、議員報酬等が違っても良い筈」だ。

「日本国の政策という大切な仕事をロクにこなせず、時々、会計監査程度の仕事をして正義ぶっている議員や政党」なら、

「現状の国会議員報酬やましてや、政党助成金などは明らかに過分」だ』。

『「政策論議をもっと熱心に行うべき」だ。

「例えば、太陽光発電超高値買い取り法案の見直し等」は、

「日本国民や国内企業の為にも、熱心に行われるべき」である。

「現状では、まるで、買い取り中断で、ネズミ講被害者が押し寄せている様相」なのだ。

「何しろ、早々に大規模太陽光発電事業を始めた者や企業等には、

20年にも渡って、売値の倍である40円/キロワットという{あり得ない買い取り}が、

約束されてしまっている」のだ。

「国保証の早い者勝ちの濡れ手に粟利権」は、

「民主党政権菅総理時に、ソフトバンクの孫氏と決めた{あり得ない悪法}」に他ならない。

「ネズミ講と同様」なのは「長続き不可能事業である事」だ。

「当初始めた極一部の者たちは、濡れてに粟の大儲け」&「後追いで、甘い汁を求めた者たちは、超高値買い取り事業継続不可能等で、大損・・・」である。

「買い取り中断で、大騒ぎしている欲ボケたち」が「ネズミ講被害者と同様に見えてしまう」・・・。

「この問題は、悪法自体を是正するのが、正当な是正法」なのだから、

「国会で、熱心に行うべき」だ』。

『「韓流テレビでは、辞任ドミノ」なんて「騒いでいる」が、

「辞任ドミノ現象を起こしたい思いでいっぱいな連中が願っている様相」が「良く分かる」。

「例えば、松島法相の団扇形政治報告書等の問題」は、

「法的には、実質の問題」になる。

「ちゃんと文面が入っている」なら「持ち手付きの政治報告書等としての実質がある」から、

「全面的に悪質とは認定出来ない」。

「以前に、線香を送って、有権者への利益供与として認められた実例がある」が、

「それは、線香は、一般的に、線香としてしか使い様が無いから」に他ならない。

「しかし、団扇なら、持ち手無しの丸い紙でも、団扇の代わりには成り得る」ので、

「問題は、持ち手という利益供与に、どれ程の違法性があるか?」だ。

「例えば、持ち手が有った方が、文書も隠れずに読み易いから、善意で、団扇用を台紙として使った」のなら、

「果たして、どれ程の罪に問えるのか?」

「また、有権者側から考えれば」、

「線香を貰えば、線香が必要な時なら、有り難い実用品を貰ったと認識する人が多い」だろうが、

「丸く固い紙の政治報告書を受け取った時、

持ち手の有る・無しで、

どれ程の人が、その違いの{持ち手利益}で心や思いを動かすだろうか???」』

『「法務大臣告発!」という

「野党側の正義ポーズ工作」&「韓流テレビ等による大衆誘導」に、

「果たして、どれ程の人々が踊らされてしまうのか?」』

『「小渕氏の甘い会計処理」は「問題」だ。

「松島法相の誤解を招く団扇(?)政治報告書等配布」は「問題に出来る問題」だ。

「しかし、何れも、日本国・日本国民等に大きな影響を与える大問題では無い」。

「国会議員なら、日本国・日本国民に大きな影響を与えている、国の政策等々について、もっと、もっと、熱心に論議するべき」だ。

「今は、大勢に影響の無い、是正すれば良い事」で、

「政策論議等の時間を出来るだけ減らさない事」が「一番大切な事」だ』。

『「辞任ドミノ」で「もう一人野党等が狙っているかも知れない」のが、

「山谷国家公安委員長」だ。

「しかし、在特会との繋がりを問題視する前」に、

「在特法の問題等を熱心に論議するべき」が「国会議員の本分」だ。

「野党等の国会議員の本分を忘れた、あら捜し&いちゃもん付け&恰好だけ正義等々」には、

「本当に、呆れる」。

「そんな野党(特に民主党)国会議員の質問場面等」を

「あたかも正義の使者の如く扱い、

野党のあら捜し功績(?)を大宣伝している韓流テレビ」も、

「本当に、醜悪」だ』。

『「日本のテレビ番組」なら、

「先ずは、日本国・日本国民・日本企業等に大きな影響のある政策問題」を「訴えるべき」だ。

「国会議員の活躍ぶり」も「政策基準・政策論議基準で情報配信するべき」である。

その上で、

「政治と金の問題」なら「全国会議員を調べ、より悪質な物事から訴えるべき」だ』。

『「小渕氏の政治資金問題は、実態解明が大切」なので、

「市民オンブスマン等による起訴も当然」だろう。

「実態解明の上、問題があれば、相応の処分等をすれば良い」。

「野党は、ここぞとばかりに、悪法等温存の為の時間潰しに走るだろう」が、

「実態解明までは、国会の貴重な時間を悪戯に割くべきでは無い」』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ局」は

「ちゃんと日本の為になる情報配信を行うべき」だ』。

|

高校野球の名門PL高校が野球部員の新規募集停止とは・・・。

『「報道等で出て来た情報から」は「PL教団内部権力者の意向」等と言われている。

「しかし、野球部現場で一番問題なのは、監督実力の高い監督の不在」らしい。

「今は、校長が監督を兼任との事」だが「野球経験が濃い監督では無い」。

「そこで、野球経験が濃い実力のある監督を・・・」となった場合に、

「問題になる事」が、

「まるで、イスラム教入信が国民になる条件というイスラム国の様」に

「監督の就任するなら、先ず、PL教に入信」という「条件がある事」だ。

「実質的には、思想信条や信仰する宗教等を強制している」のだから、

「今時、あり得ない異常事態」である』。

『「元々、PL教とは、大正時代に始められた新興宗教の一つ」だ。

「形式上では、神道系と言われている」が、

「新興宗教の上辺の形式」には「ほとんど意味が無い」。

「ほとんど全ての新興宗教で、最重要視されている」のは「教祖の思想や教え」だ。

「ほとんど全ての新興宗教」は「その宗教の教祖教」である。

「上辺は、神道でも、仏教でも、キリスト教でも、・・・、それらが混合されたモノであって」も、

「ある種の仮面に過ぎ無い」のだ。

「ある意味では、旧来の宗教の形式等を利用して、教祖の教え・意向等を広める(強いる)」のが、

「新興宗教の正体」である』。

『「そして、教祖の教え・意向等」とは「初代教祖の教え・意向等に限る」とは「限らない」。

「PL教の場合も、今の教祖の教え・意向等が一番」で、

「今の教祖が、病気等となれば、今の教祖に一番近い者の教え・意向等になる」のだ。

「現在の内紛劇」も「そんな構造の上に在る」』。

『「もう、今の時代」なら、

「旧来からの宗教は、伝統文化遺産」にし、

「新興宗教は、普通の営利企業/団体等と同じ扱いにするべき」だ』。

『「ある営利企業/団体への入社/団条件」なら、

「日本の法律で違法となる事は無効」である。

「信仰の自由や思想信条の自由を犯す事ももちろん無効」だ』。

『「PLは高校野球名門校」としての「実績は豊富」なのだから、

「普通の営利企業/団体」なら「其処を閉じる必要は全く無い」。

「野球名門校を目指す中学生の受け皿という社会貢献の面」からも、

「継続すべき事業の一つ」だろう』。

『「私立高だから、判断は、実権者次第」になる。

「しかし、実権者が、あまりにも、一般日本国民の多くの感と違う判断をすれば、

相応のデメリットが生じる事になってしまう可能性大」だろう』。

|

せっかく、再生可能エネルギー発電買い取り中止で不満爆発!の者たちを取材しに行ったなら・・・。

『「安定化は電力会社負担である上に、高値長年買い取り契約締結による安易で有利な発電事業のツケが、多くの個人・企業等に回っている事を、

どう感じている/思っているのか?」等を

「ちゃんと聞いて来るべきでしょ!」』

『「お互い様・・・」等を「大切にする多くの日本人」なら、

「国家保証で、個人や企業等から強制的に多め集金出来る甘い汁事業」など、

「恥ずかしくて手を出せないモノ」だ。

「例えば、太陽光発電が{環境の為}なら、安定化コストは負担したくなり、過分な利益は率先して返上したくなる」筈だ』。

『「一度その年に契約」すれば、

「20年もの長きに渡って、

当初は、40円/キロワット、

今年度中なら、36円/キロワット、・・・という、

売り値の約2倍もの異常な高値の買取り価格を保証する悪制度」は、

「民主党政権時に、菅(当時は総理)と孫(朝鮮系の方)により決められた」。

「お互い様を尊重する日本の文化上で決められた制度では無く、

事業を始める予定だった孫等が、確実に儲かる様に設定された、

言わば、民主党政権が、

孫等大規模太陽光発電事業実行者・企業等の利益を保証する為に決めた制度みたいなモノ」だ。

「是正されるのが当たり前の制度」である』。

『「民主党等野党の反対が強くて、いきなりの制度是正が困難」なら、

「太陽光発電事業税等でも設ければ良い」。

「元々が、国が特別に与えた利権枠による事業」なのだから、

「大規模太陽光発電事業は、普通の事業では無い」。

「別枠会計とさせ、その利益には、重税をかけるべき」だ。

「何れにしても、悪制度上で過剰に儲けさせる事」は

「国が悪徳を保障している・・・みたいな事になる」ので

「絶対に避けるべき」である』。

『「少し考えれば誰でも悪である事が分かる制度に乗っかって、

確実な利益をモノにしようとした欲ボケたち」の

「心や思いは如何に?」』

『「大規模太陽光発電事業」には「安定化義務を科すべき」だ。

「その上で、一般家庭への売電価格を上回らない買い取り価格を設定するべき」である。

「その程度の条件で、商売にならない」のなら、「太陽光発電は、実用技術として、未だ、早いという事」なのだ。

「現状での、温暖化ガス抑止の為の現実的な対応策」は「原発を、積極的に、安全に使う事」である』。

『「一般家庭・企業レベルでの、自宅・自企業等の為の電力用」なら「太陽光発電も、悪く無い」。

「環境を考え、経済的にもゆとりがあるなら、是非どうぞ!」

「しかし、積極売電は安定化を電力会社に負担させている上に、異常な高値買い取り状態では、実質的に悪」になる』。

『「世界的に見る」なら、

「信が???で原発使用もアブナイと強く推定される環境悪国中国の悪徳金持ちたち」や、

「同じく、信が???で原発使用もアブナイと強く推定される韓国の悪徳金持ちたち」等々には、

「太陽光発電電力のみの使用を強いたい」くらいだが・・・』。

|

「政策を追及出来ない利韓・利中共政策を行いたい野党」による大臣あら探し&告訴劇・・・。

『「民主党」は「松島法相を告訴する」のだそうだ。「小渕経産大臣の政治と金の問題追及」も「熱心」だ。「それらと裏腹に、急にトーンダウンしている様相」なのが「山谷国家公安委員長に対する追及」だ。

「在特会と懇ろ・・・」とまで言って「問題扱いしていた頃の勢い」は、

「既に無い」』。

『「そもそも、何故、野党の多くが、政策論議を避けるのか?」

「民主党政権時の実行政策からも明らか」な様に、

「民主党等の野党が行いたい政策」は、

「日本を細らせ、中国や韓国を太らせる政策である」と「強く推定出来る」。

「多くの日本国民を欺く裏で、中国や韓国を太らせる政策には長けていても」、

「現在の安倍政権の政策の様」に、

「政策の出来・不出来は別にしても、日本の為を考えた上での政策に対して」は、

「日本国・日本国民の為の反論や、満足な対案等」が、

「出せる基盤が無い様なモノ」なのだ』。

『「ところで、民主党が告訴・・・」という、

「松島法相の団扇の形の政治報告書物」による「利益」とは「何」だろう。

「タダの丸くて硬い紙」に「比べて、持ち手部分が付いているから、より扇ぎ易い事」だろうが、

「そんな利益供与」で「有権者の意思や心が動く」と「考えている」なら、

「多くの有権者を本当にバカにしている話し」だ。

「丸い硬い紙を手持ちで読もうとすると、文字の一部が隠れ易く読み辛いから、持ったまま、政治報告部分を読み易くする為の持ち手」という「利益供与」だったなら、

「果たして、どれ程、法に問えるのか?」

「裁判の内容、結果等は、見物」だろう。

「民主党が行いたい事の実体」は、

「法務大臣告訴!」という「それだけ聞けばショッキングな事態を意図的に起こす事」で、

「安倍政権を貶める工作」だろう。

「告訴後のテレビ・マスコミ・ネット情報等も見物」だろう』。

『「旧態依然とした後援会運営&会計処理の問題を露呈させた様相」なのが、

「小渕経産大臣の政治資金収支報告書問題」だ。

「普通に考えれば、

小渕大臣同様の状態にある

古くからの後援会等を持つ国会議員」が、

「与野党問わず、小渕大臣以外にも、数多く居る」と

「強く推定出来る」。

「それなのに、野党が、安倍政権で女性登用の件でも象徴的な小渕大臣を追及した」のは、

「実質的には、安倍政権を貶し、脅し、利権分配を得る為の工作」だろう。

「この問題の今後も見物」だろう』。

『「上記の様な考察」は「多くの有権者が簡単に出来る事」であり、

「実際に、行われている」。

「多くの有権者」は「今の野党に本当に嫌気がさしている」。

「今の野党の多く」は、

「お仲間のテレビ・マスコミ等がどんなに頑張って大衆誘導等を試みても、

もはや、終わっている域に在る」のだ。

「終わっている域にある野党・議員等に、何時までも、日本国民の血税を与え続ける必要は無い」』。

『「多くの日本国民が望んでいる」のは、

「巧みに、大衆を欺く裏で、

日本を細らせ、中・韓等を太らせようとする政党や議員や地方首長等では無く、

日本国・日本国民の為になる政党や議員や地方首長等」である。

「それは、テレビ・マスコミ・学校・企業・組合等々でも、同じ」だ』。

|

テレ朝朝番では、保守や右翼を持ち出して結局のところ「中・韓に都合の良い風潮を作り出したい」様相だったが・・・。

『「現在は、与党も野党も保守だ」は「嘘」である。「イデオロギー対立時の保守を親米、革新を親旧社会・共産圏」とするなら、

「未だに、旧共産圏国+韓国(実質的に、民主主義社会か?大いに疑問な国だが・・・)側に立っている」のが、

「民主党等の野党の実態」だ。

「それは、当たり前と言えば当たり前の現象」で、

「何しろ、民主党等では、旧社会党からの表面変え組みが、議員年数が長いから・・・等故に、実権を握っている」。

「イデオロギー対立時のより重要視する国による分け方」なら、

「未だに、野党の多くは、旧革新側に属している」。

「維新の党」だって「党の要職にある小沢鋭仁の政治信条等を確かめれば、その実態は、誰にでも分かる筈」だ。

「神輿の上の橋下代表」だって、

「特別永住権保持者には、外国人参政権を・・・!」である。

「周りをどんな人脈の人々が囲っているのか?」は「想像に難く無い」。

「議員年数の長い旧社会党系人脈の者たちが実権を握っている民主」、

「上記の様な維新の党」、

「社民党」や「共産党」は「言うに及ばず」、

「・・・つまり、野党の多くは、未だに、革新」なのだ。

「こんな事は、テレ朝のコメンテーター等も重々承知」で、

「それなのに、みんな保守と言った」のだから、

「酷いモノ」である』。

『「脱原発で日本を汚さない」とは「聞こえは良い」が、

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ、脱原発」の「実体」は、

「利中・利韓政策」に他ならない。

「中・韓のアブナイ原発で事故が起きれば、日本列島が核に汚染される事」は、

「偏西風や黄砂の現実から、誰にでも分かる事」だ。

「核汚染問題は、日本ダケ脱原発ではあまり意味が無い」のである。

「悪戯な脱原発より、日本では、安全度を高めた原発を積極使用し、安全技術を更に向上させる事」で、

「世界的な原発安全水準の向上に力を加え」、

「中・韓のアブナイ原発の安全性も高めさせる事」こそが、

「核汚染防止の為の現実的な次善の策」に他ならない。

「それなのに、悪戯な日本の脱原発を対立軸に・・・」とは、

「まるで、中・韓の手先の情報工作の様相」だ』。

『「今の日本に真の保守政党は無い」とは「有名人利権を持つ、小林よしのり氏の言葉」だが、

「その小林氏による、公共性の訴え」が「有名人利権の公然化に聞こえた」のは、

「筆者だけでは無い」だろう。

「問題とするべきは、上辺の公共性では無く、良質な公共を生み出す文化」である』。

『「日本は古から、外国の人や文化を受け入れて来た」とは、

「テレビで右翼となれば、ほぼ独占的に出て来ている(つまり、しばしばテレビ出演利権保持者の)鈴木氏の言葉」だが、

「日本は、古から、良い、外国の人や文化を受け入れて来た」が「正解」だ。

「良いが抜ける」と「視聴者の中で、外国なら、受け入れるべき等の感が育ってしまう危険性が大」で、

「悪戯な外国の受け入れ」は「実質的に利中・利韓政策」になる。

「テレ朝朝番の都合で編集して使っている」のかも知れないが、

「良い抜き」は「よろしくない」』。

『「テレビ常連出演者の多く」は、

「テレビの人脈にとって都合の良い人々」だ。

「実態としては、圧倒的に、親中・親韓(北朝も含む)派が多い」。

「そんな親中・親韓(北朝も含む)テレビ番組」は、

「親中・親韓(北朝も含む)情報として、見聞きすれば、悪影響を抑えられる」。

「教育・情報が正常化されるまでは、視聴者側の認識が重要」なのだ』。

|

イスラム法で合法だから奴隷制度復活とは・・・。

『「日本の現行法上では、摘発困難だから・・・」と「散々、反日大衆誘導を行って来たテレビ局」が、「正義ぶって、イスラム国の奴隷制度問題を報じている」。

「その醜悪な姿は、日本の公共の電波を使用させ続けるに値しない・・・」とも「感じた」が・・・』。

『「ここで、もし、イスラム法」でも何でも、

「法律上合法なら、良い」という「判断の問題点に言及している」なら、

「未だ、救いはある」のだ。

「日本の現行法の問題(良く分からない方々は、他の記事をご参照ください)」や、

「根本的善・悪の問題(良く分からない方々は、他の記事をご参照下さい)」等々を、

「多くの視聴者が考えるきっかけになるから」だ』。

『「現状テレビ情報の有益性」や

「現状テレビ界担当者人脈の正当性」等々は、

「厳しく検証され、是正されるべき者・物・事は是正するべき」である』。

|

山手線、上野駅構内原因不明信号トラブル3回問題・・・。

『「以前の記事でも記した通り、電磁波工作の技術は進歩して来ている」。「筆者が受けた迷惑行為の中」には、

「上方向からの電磁波により、

スマホゲームにリセット信号が何度も入れられた

という事もある」。

「家庭電力レベル(と推定される)でも、

上階等から、鉄筋コンクリート等の床・壁等を通り越して、

電子機器に特定信号を入れてしまう事が出来ている」のだから、

「ある程度強い電力を用いれば、

かなり、離れた所から、

信号制御盤の制御を狂わせる事くらい、

簡単・・・」だろう』。

『「つまり、実質的には、電磁波テロの可能性が浮上している」のだ』。

『「その後の報道」で「山手線は、電車と信号機との間で信号のやり取りをしている事」を「知った」。

「JRは、三度の異変時に該当電車が違うから、信号機側の問題」と「考えている」と言うが、

「やり取り付きのシステム」なら「やり取り途中に割り込んでいる可能性だって小さく無い」。

「一般的に、停止とか、リセット等の信号は、単純である上に、安全設計上、異常事態時には、停止側・・・というのが、当たり前」だから、

「やり取り信号に割り込んで異常を起こさせれば、停止信号を発生させる事が出来てしまう」と「推定」される。

「そうなると、電磁波等による工作もより簡単」で、

「さほど高度な信号を精確に送り込めなくても、停止信号を発生させる事は可能になる」のだ』。

『「更に、その後の報道」では「JRは、信号制御盤に不具合があった」と「発表した」と言う。

「ここで、少し考えるなら、誰でも疑問に思う筈」だ。

「いったい、どんな不具合があったら、この様な、最初の点検では分からない、突然の、三度もの、同じ、トラブルが出るのか?」

「不具合」とは「電磁波対策の不備だったりして?」

「・・・と言うのも、現在の電波法は、周波数偏重で、電波による人体や他の機器等への機影響については、異常な程、甘い」。

「周波数偏重状態の法」では「縦波&特定周波数とはならないランダム的周波数状態」の「工作電磁波等」は、

「実質的に野放し」となる。

「しかも、人体や他の機器への影響について甘い」のだから、

「かなり強い電力を使った悪事」も「実質的に野放し状態」だ。

「そんな現行法を顧みる」なら「例えば、電子機器側で防御する方が波風が立たない」。

「JRとは、昔の国鉄で、組合が旺盛だった影響から、組合と仲の良い政党等との繋がりも濃く、イデオロギー対立時代の組合と仲の良い政党は、朝鮮や中国共産党とも仲が良いから、JR内のそのスジの人脈の濃度も濃い」からか、

「例えば、筆者がJR系のホテルに泊まった時には、もれなく、筆者の部屋の上の部屋に、電磁波工作員が在中・・・」と、

「ホテル側のアレンジが無ければ、出現しないであろう事態まで起こっている会社組織」だ。

「意図的な火消し情報である可能性も高い」のでは・・・』。

『「当ブログでは、以前から、何度も訴えている」通り、

「早急に、日本政府や警察等は、日本国内の工作活動等に対して、実効のある摘発が出来る様」に、

「法&摘発体制の整備を行うべき」である』。

『「悪連中は、

特に、

日本の現状の体制で圧倒的に防御が手薄な、電磁波工作について、

熱心に技術を進歩させて来ている」。

「元々は、覗きや、イライラ・不快感等精神的迷惑等が目的だった電磁波工作」も、

「現状では、覗きは、かなり離れた所から、壁等を隔てても、結構微細な部分まで可能となっている様相」だし、

「電磁波による電子機器への侵入~制御さえ出来始めている」のだ。

「また、傷害・殺人さえも可能なレベルに達している」と「推定出来る」のは、

「防御無き場合、筋肉痛や関節痛は当たり前」で、

「長期間継続照射状態なら、電磁波による火傷的状態や、リンパの流れ不全や、筋肉過剰疲労等々の、身体の負担から、ガン化や早死に化等が可能と推定される」と共に、

「絞りの甘い電磁波でもある程度以上大容量となれば、筋肉等が痙攣等するから、心臓を狙えば、心不全化等も可能」で、

「極細く絞ったレーザー電磁波を多方向から、

例えば、脳や心臓の一点に集中させたりすれば、

脳梗塞や心不全等をほぼ確実に起こさせる事が可能と強く推定される」からだ』。

『「日本政府・警察等は、実効のある電磁波工作対策を直ちに行う」と共に、

「JR東日本は、原因不明」なんて「言っていないで、電磁波工作まで含めた検証をちゃんと行うべき」である』。

『「参考までに、音波の如く縦波で、直進性の高い電磁波を、ドット信号的に発生させれば、

壁や鉄も実質的に(電子やホールの玉突き状態となるので)通り抜ける」し、

「電子機器にも、侵入~不正操作が可能になる」。

「その上、通常の横波電磁波測定器では、測定困難」だ』。

『「縦波電磁波なんか簡単につくれない」等の「工作情報もあるかも知れない」が、

「回路内の電流を最初から震わせて、電磁波発生状態をつくり、それをコンピューター等を使って、断続的に遮断すれば、簡単に発生させる事が出来る」のだ。

「後は、目的に合わせて、アンテナ、もしくは、アンテナとなる電線やソケット等を選び、当てたい方向や強さや波、もしくは、ドットの内容等を調整すれば良いダケ」だ。

「コンピューター制御可能」だから、「波、もしくは、ドットの種類も自由自在状態に近い」』。

『「そんな電磁波に対するシールドとしては、電子側・ホール側双方を押さえ、貼り合わせて鏡面化したシールドが、効果が高い様」で、

「アルミ等含有金属板とビニール等を貼り合わせる(それぞれ厚さは、電磁波の強さに対応出来る厚さにしなければならないが・・・)」と「それなりに、反射している様」だ。

「片方ダケ」だと、「例えば、金属側ダケなら、電子が出てくるので、まるでマイナスイオン発生機状態となる」が、

「金属の種類や厚さ等によっては、異常に強いマイナスイオン発生機状態で、電子のシャワーを浴びる様な状態となる」。

「マイナスイオン発生も、適度なら、快適なのだが、シャワー状態では、長く浴び続けていたくは無くなるもの・・・」だ』。

『「また、筆者に迷惑な電磁波を照射し続けている連中」は「人脈的な偏りがある様相」だ。

「筆者の知り得た範囲」では「反日系や宗教系の人脈が濃厚」である。

「電磁波工作」は「そのスジの人脈の得意技の様相」なのだ』。

『「上野駅周辺」にも「反日系の人脈が、濃厚な場所がある」』。

『「人種差別や、思想信条差別や、宗教差別等はいけない」が、

「電磁波工作等を行っている悪はちゃんと取り締まるべき」だ』。

|

排外と言えば、全ての外国に聞こえるが・・・。

『「排外を言う者たち」が「主として訴えたい排外被害」とは「韓国人(北朝鮮も、在日も、含む)と中国人(在日も含む、中国共産党系のみ)についてダケ」だったりするので「笑える」のだ』。

『「排外と言われている者・物・事の実体・実態の多く」が「排悪・嫌悪である事」は「決して偶然の現象では無い」』。

『「排外と聞くと、悪いことをしているのは排している方に聞こえる」が、「実体・実態通りの、排悪・嫌悪なら・・・」。

「マスコミ等は、悪戯に{排外}を使わず、実体・実態通りの排悪・嫌悪等を使うべき」だ。

「排外等の言葉工作(情報工作の一部)」にも、「電磁波工作や飲食物工作等々同様、ご用心!」』

|

NHKの再生可能エネルギー解説の酷さ・・・。

『「安定化が重要」であり「電気代が上がる事」は「言っても」、「何故、電気代が上がるのか?」を「言わない」のが、

「酷い解説」だ。

「民主党政権時に、菅(総理)と孫(あのソフトバンクの・・・)で決めた、太陽光発電長年超バカ高買い取り法案」が、

「孫の様な、大規模太陽光発電事業者に対して、長年に渡る利益を保証した」から、

「大規模太陽光発電事業で、国保障の濡れ手に粟事業を行う、孫の後追い欲ボケたちが大量に発生した」。

「その結果として、一般日本国民・企業等の電気代が高くなる」のだ。

「つまり、菅と孫は、一般日本国民・企業等からの実質的ボッタくり法律を通してしまった」のである。

「太陽光発電事業からの電気買い取り料金」は「少なくとも、他の風力等と同レベルにまで抑えられるべき」だ。

「本来、経済原則を無視した再生可能エネルギー発電」なら、

「買い取り割合いは、経済に影響が無いレベルに抑えらえるのが当たり前」だ。

「菅と孫が無理やり通した悪法の改正こそが、今、必要」なのである』。

『「再生可能エネルギーが妥当な(つまり、一部事業者等を過分に儲けさせない)値段」なら、

「火力を減らして再生可能エネルギーが正論」になる。

「地球温暖化は、出来る限り抑制しなくてはならない」。

「大規模太陽光発電事業者」も「地球温暖化防止の為」とか「クリーンエネルギー」とか「正義ぶる」なら、

「過剰な儲けは辞退するべき」だ。

「一に、安定大電力の供給が現送電網でも可能な安全に使える原発を積極的に使い、

二に、温暖化ガス排出量が少ない新しい火力発電を使い、

三に、買い取り価格が妥当な再生可能エネルギー発電を加えて使う」のが、

「電力政策としての正論」だ』。

『「元々の電力政策の正論」を、

「テレビ・マスコミ情報と政権交代と東日本大震災が無理やり壊した状態にある」のが、

「現状の日本」だ』。

『「NHKが行うべき」は「再生可能エネルギーの悪戯な賛美では断じて無い」。

「日本の電力事情を温暖化ガス排出量・安定・経済等々全体面から、捉えて、実態情報を提供した上」で、

「現状の問題を考えさせる情報配信を行う事」だ。

「本日の番組の様」に、

「太陽光発電が何故、今の様に、異常な高値で、買い取りが保証されるなら事業者側が濡れ手に粟の利益を長年に渡り得る事が出来てしまうのか?」等を、

「全くと言って良い程考えさせない情報の提供ぶり」では、

「その裏」に、

「民主党や孫等の人脈による圧力があるのでは?」、

「或いは、NHKの番組制作者・責任者等が、民主党や孫の手先なのでは?」とさえ、

「思えてしまう」』。

『「そんな異常な情報配信状態」は「直ちに是正されるべき」だ』。

|

策略国家北朝鮮の金正恩重病装い・・・。

『「如何にも、金正恩が重病で、北朝鮮指導部は流動的・・・的イメージを外に向かって発信している」が、

「果たして???」

「何しろ、策略国家北朝鮮のやっている事」なのだ』。

『「弱体化、もしくは、流動化、ポーズ」で、

「日本側の訪朝を引き出せば・・・」。

「後は、平壌という手の内で、日本側を転がすダケ」である』。

『「北朝鮮の事態が、確定的になるまで」は、

「下手な擦り寄りは墓穴を掘る」』。

『「場合によっては、来なければ、核を撃つゾ!くらいの脅しもあるのかも知れない」が、

「実際に、たった一発でも核を撃てば、即戦争で、即北朝鮮の負け」である。

「だからと言って、まとめて大量の核を撃てば、北朝鮮&朝鮮人は、未来永劫、人類全体を敵にまわす事になる」。

「つまり、核の脅しは、絵にかいた餅にしかならない」のだ』。

『「日本側は、被害者なのだから、堂々と、犯人側に、真摯な反省と是正~改善~補償等を求めれば良い」。

「北朝鮮側が反省しない」のなら、

「先ず、日本国内の北朝鮮系の工作組織・個人等を徹底摘発するのが当たり前の手段」だ。

「当たり前の事を行っていなかったから、拉致まで起きた」のだから、

「日本政府等が拉致問題を真摯に反省している」なら、

「今こそ、日本国内の北朝鮮系工作組織・個人等を徹底摘発するべき」である』。

|

どうせ持たない中国共産党「軍事利権で今の内に稼ぐだけ稼ぐJー10大量生産計画」・・・。

『「既に、中国共産党の幹部たちの少なくとも一部は、現実を良く分かっている様相」だ。

「国家・国民の上に中国共産党などという、非現実的なシステムの将来がそれ程長く無い事を・・・」』。

『「その反動形成」が「稼げる内に稼げ!」で、

「今話題になっているJー10、1200機大量生産計画」も

「言うまでも無く、一部共産党幹部たちの集金策略」に他ならない。

「そもそも、Jー10を1200機作ったところで、例えば、Fー22との戦闘となれば、100対0でJー10の負け」だから、

「逆算すれば、多めに見たところで、Fー22、12機分」だ。

「正に、無駄」である。

「実質、無駄な事にお金を使う場合の裏に在る事態」は、

「その事によるお金の流れを自らの下に導いている権力者たちの欲望に他ならない」のは、

「古今東西、変わりの無い現実」だ。

「中国共産党が持たない」のなら

「中国共産党崩壊後に中国共産党権力者たちが身を守る術は金」と

「考える者たちが少なからず居る」のは、

「金権主義世界では、ある意味、当然の現状」だ。

「既に、実践済みの様相の者たちまで実際に居る」のだから、

「中国国民は、中国共産党の{大本営発表}に操られない方が良い」だろう。

「無駄な戦闘機に金をかけるくらいなら、環境対策や格差是正や福祉対策等々を行うべきである事」は、

「外から見ても、中から見ても、同じ感」だろう』。

『「軍事でも、一般民間用でも、科学技術レベルこそが、肝」なのだ。

「科学技術レベルを向上させる為に一番必要なのは、信」である。

「事実・現実に忠実であると共に、人間同士の間に信が成り立つ研究機関等の中で無ければ、高度な科学技術等は育ち得ない」。

「それは、共産党支配下で優秀な者を集め、お国の為に、最先端科学技術を研究~蓄積~実用化させていた旧ソ連」が、

「人間同士の信頼関係の下で、

多様性のある産業を容認し、

多様性のある科学技術を蓄積すると共に、

イデオロギー対立防衛上、旧ソ連達以上の軍事力を保持しようと頑張った

所謂西側諸国連合」に

「負けた事」で、

「既に、実証されている現実」である』。

『「無駄な戦闘機の大群」は「将来的に、燃費の悪いアトラクションにでもするつもり・・・なのだろうか?」

「権力者の下に大金を集める為の、環境破壊もいい加減にして頂きたいもの」である』。

|

自分で自分を認められない悪者たち・・・。

『「人間の基本欲動」に「自己確認欲動」が「在る」。

「ある人が居る状態」は、

「時間と共に、その人を取り巻く状況も常に変化している」から、

「時間や状況と自分とのバランスを取り続け、基本的には、健康に存続する為」に、

「自己確認欲動」は「生きている限り、絶える事が無い」。

「自己確認欲動のほとんど」は、

「無意識レベルの欲動であり、無意識レベルの欲動処理となっている」』。

『「自己確認欲動」の「次に来る」、

「より高次(意識上に近い)の欲動」は、

「自己認識欲動」だ。

「人は、基本的に、自己確認欲動により、自己確認が行われた結果を自分で認識する事を欲している」のだ』。

『「自己確認欲動は、無意識レベルでは、誰もが常に発動している」。

「ところが、自己認識欲動は、より意識上に近い分だけ無意識任せにはなっていない」。

「その結果として、誰もが、ちゃんと欲動を発動し、欲動の健康的な充足をもたらす合理的な行動等を行っているとは、限らない」のだ』。

『「合理的な充足が行われていない」と「欲求不充足状態」となる。

「欲求不充足状態」は「充足行動を誘うやる気等に化けたり、不安やイライラ等の刺激に化ける」。

「自分の中から、充足行動を誘うやる気等が生じた時に、合理的な充足行動を行えれば良い」のだが、

「{身勝手な}合理化や加工等が行われ、代償欲求の追及に奔走する場合も少なく無い」のだ。

「自分で自分をちゃんと認める自己認識欲動」の「代償」は、

「他人に自分を認めさせる事」や、

「自分が認めている他人に自分を投影・転嫁する事で、自分で自分を認めている幻想に浸る事」等になる』。

『「さて、ここで、自己認識欲求というベーシックな欲求」と、

「人としての善悪も重ねてみよう」。

「善人が自分で自分を認め易い事」は、「言うまでも無い」だろう。

「善人としての自分を認める事」は「自己否定にならないから」だ。

「悪い事を行った・行っている人々はどうだろう?」

「悪い事を行った・行っている人としての自分をそのまま認めれば、自己否定にもなってしまう」。

「悪人が、自己認識の代償欲求の追及行為に奔走し易い仕組み」だ』。

『「悪人」は「自分でありのままの自分を認めると自己否定になってしまう」から、

「代償として、他人に自分を認めさせようとする」。

「もちろん、多くの普通の人々、もしくは、善人は、悪人をありのままで認めてしまえば、自分も悪人の側に立つ悪人となり、自己否定状態に追い込まれる」から、

「簡単には、悪人をありのままでは認めない」。

「そこで、悪人が改心する場合は稀」で、

「多くの悪人は、改心する代わりに、他人を脅してでも悪人である自分を認めさせようとする」のだ。

「ここで、悪人の概念を、個人レベルだけにせず、集団レベルにまで拡張すれば、誰にでも分かる」だろう。

「脅し・暴力等の手段で無理やり認めさせようとしている集団は、国レベルでも悪の集団」なのだ』。

『「自己認識欲動」を「健常に充足させる簡単な方法」は「常に善人である事」だ。

「わざわざ自己否定をせざるを得ない悪行を行わない事」である。

「それは、個人でも、集団でも同じ」だ』。

『「当ブログを以前からお読みの方々は、既に、ご存知の事」と思うが、

「ここで言う善・悪」とは

「道徳的善悪でも、法的善悪でも無い」。

「人間の実体である地球生命体細胞群の細胞の働き等に基づいた善・悪」だ。

「人間の実体である地球生命体細胞群の根本目的である存続~永続」と、

「整合性が取れる事」が「善」だ。

「整合性が取れない事」が「悪」である』。

『「具体的に記す」なら「健康な通常細胞の働きや刺激等」と「相似形の人間の行動等」が「善」であり、

「誰の中でも生まれて来ていて、通常は、影響の無い程度に抑え込まれているガン細胞の働きや刺激等」や

「死んだ細胞による信号の遮断等の働き等」と「相似形の人間の行動等」が「悪」である。

「例えば、ガン細胞は、通常細胞の何倍もの栄養分を欲し、略奪する」が、

「その様なガン細胞の働きと相似形の人間の行動等が悪」だ。

「一人の人の健康を保つ為」には「通常の細胞(免疫細胞等も含む)の善の働きにより、その人の中の悪が抑え込まれている必要がある」。

「逆に、人の中に、全く、悪の働きが無ければ、免疫能力も育たない」。

「善悪とは、健康問題」であり、

「常に、善が勝つ状態を維持する事によって、健康を維持する事が肝要」なのだ。

「それは、地球生命体細胞群の存続~永続が根本目的である人間の集まり、人間社会」でも「同じ」である』。

『「つまり、人間社会が健康状態である限り、常に悪者には負け続ける必然性が生まれている」のだ。

「逆に、悪者を蔓延らせ、人間社会の不健康を容認し続ければ、健康を失った人が、病気になったり、死んでしまったりする様に、人間社会にも、病気や死が訪れる」。

「人類の現状までの人間社会は、病気レベル」だろう。

「科学技術等の急速な進化に追いついていない人間の精神的進化の状態」、

「もう少し具体的に言う」なら

「自己把握も、セルフコントロールも疎かに、その結果として、本来欲求の解消は何処へやら、

代償欲求の追及に欲望の赴くまま奔走している人々の強欲な迷子ぶり」等を

「顧みる」なら、

「誰でも分かる筈」だ。

「早急に、病気を治さないと、

科学技術と精神のアンバランスが招く、人類滅亡という人間社会の死がやって来る状態の、重篤な病気状態」というのが、

「現状人間社会の実態」なのだ。

「人類滅亡が地球生命体細胞群の存続~永続との整合性をもたらす」なら「人類滅亡は善とも考えらえる」が、

「地球上で完結する生命体には、長い存続~永続は無い」から「地球生命体細胞群の存続~永続の為には、宇宙への進出が必要不可欠」だ。

「地球生命体細胞群の宇宙への進出を実現出来る生命種は、現実的には、人類しか無い」。

「よって、人類滅亡は、善では無く、悪である事」は「明らか」だ。

(中には、想像力たくましく、突然変異生命体やウィルス等による宇宙進出???を思い描く人も居るかも知れないが、それらが現実的では無い事は、言うまでも無いだろう。

ここでは、深く述べないが、地球生命体細胞群の存続の為には、宇宙の物理エネルギーによる崩壊より大きな存在が要るのだ。

人類滅亡等により、地球生命体細胞群の存在そのものが小さくなり過ぎれば、崩壊~完全消滅の可能性が高くなる。

完全消滅時近くで、宇宙空間にも耐えられるウィルス等が放出され、それが、他の生命繁栄可能な星等に、偶々、辿りつけて、繁殖等出来たところで、それは、もはや、地球生命体細胞群と言える存在では無くなっている可能性の方が遥かに大きい。)』

『「そんな現状人間社会に必要」なのは「自分の実体から導かれる善悪」で、

「善人状態を保っている人々」が、

「主流になる事」だ。

「代償欲求追及成功者たち」という「虚像」に「過分な権力等を与え続けて、自虐的に翻弄される事無し」に、

「健康状態な人間社会を実現させる事」が「重要」なのである』。

|

村上春樹の「ノーベル賞受賞ならず」を脱原発政治問題と結びつける悪たち・・・。

『「村上春樹氏の本職」は「言うまでも無く、作家であり、政治活動家では無い」筈だ。

「有名人利権を利用して、本職外の物事に対し、大衆誘導を行うのは悪」である。

「また、本職外の主張をしている有名人を悪用して、大衆誘導を行うのも悪」である。

「例えば、有名人の脱原発論等は、往々にして、素人論以下の話しになり易い」。

「何故なら、多くの有名人の世界観や人生観」は、

「ある意味では、オタク世界感・人生観であり、偏向世界感・人生観である場合が多い」からだ』。

『「一般的な仕事を行えている多くの人々から見れば、

作家や芸術家や芸能人や商業スポーツ選手等々は異質であると同時に、実質的、無害、になる」。

「人は、

異質で無害な者・物・事は、

同質で無害な者・物・事より有益と判断し、興味を覚え易い」のだ。

「それは、地球生命体細胞群の生物的強度を上げる為の本能」だ。

「例えば、本能的に好きになる異性が異質で無害な者ある事により、

人類の生物的多様性が促され、生物的強度が上がる」から、

「人が本能的に好きになる異性は、遺伝的に遠く、自分にとって、無害に思える人になり易い」のだ』。

『「上記の理由」から「一般的に有名人の言う政策論等」は、

「多くの人々の奥底で、知らず知らずの内に、有益な事と判断され易い」のだ。

「自分の実体把握も???セルフコントロールも???」となれば「尚更」である。

「だから、もちろん、自分の実態把握もロクにしない、セルフコントロールもロクにしない者たちは、

大衆誘導有名人や有名人悪用大衆誘導者たち同様、

責められて然るべき」だが、

「現状の情報・教育はあまりにも酷い」から、

「先ず、責められるべき」は

「受けてでは無く、仕掛け手である事」が「妥当」だろう』。

『「例えば、村上春樹氏の脱原発論の未熟さ」や、

「村上春樹氏をを脱原発大衆誘導に悪用したがっている悪者たち」の

「インチキ」は、

「中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている事を一番の問題にしていない所」だ。

「脱原発を行うなら、アブナイ原発から止めさせなければ、意味が無い」。

「過去の全ての原発事故の本質は、人災」だ。

「チェルノブイリは言うに及ばず、東日本大震災被災事故を起こした福島第一原発だって、津波対策の誤りという人災故の事故」である。

「人災の面から考えれば、事実・現実に基づいた信頼性が重要である事は疑いの余地が無い」。

「中・韓等の事実・現実<特定の者の思い文化を顧みれば、そのアブナさは、何処の誰にでも分かる筈」だ。

「それなのに、そのアブナイ原発の事は実質的に黙殺、もしくは、大声で言わず、

極東地域日本のみ脱原発を大声で言う」。

「其処に在るのは、実質的に、中・韓を利する政治論」であり、

「まともな脱原発論では無い」。

「今時、そんな論を声高に言う」のは

「素人以下の知識しか無い者たち」か、

「確信犯の中・韓等の手先」等になる』。

『「しかし、そんな論でも、有名人が言う」と

「誘導されてしまう人々が少なからず出てしまう」のは、

「上記の理由から・・・」だ。

「人の本能を悪用した大衆誘導は悪」である』。

『「村上春樹氏は、将来的にも、賞を取ろうが取る事が出来なかろうが、有名人文学作家としては、政治・政策問題とは無縁」であってこそ、

「まともな状態」だ。

「有名人の言う事でも、素人以下論は素人以下論である事」は、

「その事について、ある程度以上考察する人々なら、直ぐに分かる」から、

「下手な政治介入を行う事は、有名人にとって、少なくとも、将来的には、公でかく恥にしかならない」のだ。

「マスコミ等も、有名人の本分を離れた訴え等に関しては、もっと冷淡であるべき」である』。

|

栩内被告の保釈をトップニュース扱いにしている醜悪な番組・・・。

『「普通の感性がある人」なら「誰でも、大きな違和感を感じている」だろう。「タカが、ヤクドーピング歌手の不倫相手の保釈」を

「日本の公共の電波の特定周波数の独占使用権を与えられている大手民放等」が、

「大々的にトップニュース扱い」だ。

「その様相」は「まるで、●暴の組長等の保釈や出所等を大々的にお迎えしている組員」である。

「栩内被告」は「大手民放の一部番組プロデューサー等にとって、●暴の組長の様な存在なのか???」

「或いは、栩内被告に無理やり有名人利権を与え、将来的には、テレビ・芸能界等で利用したいのか???」

「何れにしても、本当に醜悪な事態」である』。

『「こんな情報配信ぶりを容認し続けていたり、

情報内容を鵜呑みにしている人々が多ければ、

ロクな人間社会にならない事」は、

「少し考えれば、誰にでも分かる筈」だ』。

『「日本のテレビの是正」は「急務」である。

「人脈ごと入れ替えなければ、根本的に直らないであろう事」は、

「想像に難く無い」』。

|

韓国の産経ソウル支局長起訴という自爆文化問題・・・。

『「朝鮮日報記事を事実として扱い、それを元に産経が記事を発信したら、大統領侮辱で罪に問う」。

「その文化の肝」は「日本差別」だ。

「植民地支配詐欺」にしても、

「従軍慰安婦詐欺」にしても、

「日本国内に居る朝鮮系の人脈を利用して、戦後の日本国内で行われ続けた日本自虐漬け化」にしても、

「みんな同様」で、

「日本差別こそが韓国(北朝鮮も含む)政権の正義」なのだ。

「日本差別と共に、韓国国内に在る」のが「人脈差別」で、

「韓国権力者が韓国国民を差別する」のだから「もはや、韓国権力者唯我独尊を望んでいる様相」で、

「本当に醜悪」だ。

「その醜悪文化の元」が「清の属国時代に受け続けた韓国権力者たちの差別」で、

「代々話にコンプレックスの反動形成が加わった重篤な精神障害状態にある」のが「実状」だろう。

「そんな韓国(北朝鮮も含む)権力者たちと、真の友好関係を結ぶ事は根本的に不可能」である。

「先ずは、重篤な精神障害を治療する事」だが、

「一般個人のちょっと重篤な精神障害でも、短期間での治療は困難」というのが、

「現状の治療技術レベル」だから、

「現状では、短期間での治療も不可能に近い」。

「韓国(北朝鮮も含む)の自浄作用が働き、

権力者人脈がまともな者たちと変わるまで、

薄くしか付き合わない事」に合わせ、

「事実・現実を広く世界に公表し続ける」のが

「日本の過去の被害を回復し、新たな被害を出来る限り避ける為の、一番現実的な対応」だろう。

「その辺りの事情」は「中国共産党支配下の中国と同様」なのだ』。

『「因みに、中国共産党&中国共産党を支持している漢民族の人々の裏に宿っている」のも、

「韓国同様、清コンプレックス」である。

「清の実態」とは、

「少数の漢民族では無い者たちによる多数の漢民族の者たち支配体制」だ。

「中国=古の時代から、ずっと中華民族国家では無い事」は「事実・現実の歴史を知っている者たちなら、誰でも知っている事」だが、

「戦後日本の韓(北朝も含む)・中共ご都合、教育・情報に毒されている」と、

「中国=今も昔もずっと同じ中華民族国家」等と「勘違いした感を保持させられている」から

「清」も「中華民国」も「中国共産党支配下の中国」も「同じ中国」等と

「思いこまされ、

実質的には、現状中国の支配機構である中国共産党を昔~今までの中国全体の正当な覇者」等と

「勘違いさせられてしまう」のだ。

「清時代の漢民族の被支配コンプレックスの反動が、漢民族による覇権主義の正体」である。

「元が人々の奥深くに巣食っているコンプレックス」なので、

「心の奥底に対するセルフコントロールが未熟な者たち」は、

「自らの心の奥底からの反動形成欲求を優先してしまい、

現実正論を認められない状態に陥ったままになっている」のだ。

「自力武力では無く、旧ソ連の多大な支援による反乱軍的制覇でも、

その延長線に在る覇権主義でも、

その元は、権力者たち及びそんな権力者たちを支持している者たちの実質的精神疾患」なのである。

「現状の精神疾患治療技術を現実的に考える」なら、

「中国共産党&中国共産党を支持している者たち等」とは、

「現状韓国(北朝鮮も含む)権力者たち同様の付き合い」が「妥当になる」』。

『「歴史上、世界中の人類の文化の中から、

否定されるべき文化は否定される事により、

人間社会は進歩を重ねて来た」。

「例えば、古の時代には、生贄文化まで在った」が、

「今時、相応の文明品を持てている所の人々の中で、生贄文化を公然と存在させられている所は皆無」だろう。

「極々一部の精神異常状態の者たちの中には、生贄文化を保持し、実行したり、実行しようとしていたりする者たちも居る」が、

「そんな者たちの存在が、分かれば、捕え、更生、或いは、治療させるのが、今時の普通の人間社会」だ。

「実権のある世界警察等がある」なら

「実質的には、精神異常状態の者たちが国家権力を握っている国々から、病気状態の国家権力者たちを逮捕する事で、酷い権力者の下の国民を解放する」と共に、

「逮捕した酷い権力者たちを監禁し、更生、もしくは、治療する筈」だ。

「ところが、現状では、悪平等的に、どんな国でも、どんな権力者でも、主権を認める状態」なので、

「酷いところは、衰退~自浄を待つしか無い」のだ』。

『「今回の産経ソウル支局長起訴問題」は「言論の自由等の問題と絡められ、それこそ、全世界から、非難・・・」だろうが、

「戦後韓国(北朝鮮も含む)権力者たちの自爆文化」は、

「戦後国を始めた時」に、

「日本による救済~二国間同化国家契約だった日韓併合」を

「日本による侵略~植民地支配と嘯いた時から始まっている」のだ。

「つまり、国の始まりから自爆」なのである』。

『「日本が大いに反省するべき」は、

「韓国(北朝鮮も含む)権力者たち自爆文化爆発状態だった」のに、

「日本側が沈黙してしまった」ので、

「韓国が自爆する代わり」に、

「日本が不当な被害を受け続ける事になってしまった事」だ。

「沈黙は金では無く、沈黙が金や李等を不当に利してしまった」のだ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)権力者たち」は、

「自爆」が、

「日本の沈黙により、日本への攻撃と化けてしまった事」に

「味を占めてしまった」。

「韓国(北朝鮮も含む)権力者たち」は、

「度々、更なる自爆を仕掛け続けて来ている」。

「例えば、拉致・工作活動」だ。

「例えば、従軍慰安婦詐欺」だ。

「今の日本」には、

「それらの自爆に対しての沈黙を返上」し、

「世界中に事実・現実を訴える必要がある」のだ』。

『「日本の沈黙」により、

「自爆すれば、日本への攻撃となり、世界からも同情され、日本からお金等をむしり取れる事」に、

「味を占めてしまった韓国(北朝鮮も含む)権力者たち」は、

「そんな権力者たちの思いの中で、唯我独尊状態」となり、

「今度は、言論・報道の自由さえ無視する駆逐されるべき悪文化を自爆披露」した。

「今回の悪文化披露に対してには、米国もNO!を早々と突き付けている」』。

『「沈黙せず、

事実・現実の盾で、

跳ね返せば、

自爆文化で自爆するのが、

現状の韓国(北朝鮮も含む)権力者たちや中国共産党等の実態」なのだ。

「現在の病的な権力者たちによる自爆文化」は、

「古の時代の生贄文化同様、全世界から駆逐されるべき悪の文化」である』。

|

赤いストール・団扇(?)・懇ろで松島法相&山谷国家公安委員長を責めるパーフォーマンスに明け暮れている在特問題や政策を問題に出来ない野党・・・。

『「在日特権を認めない会」との「懇ろ問題(山谷公安委員長)」や「上辺のストール(松島法相)」や「実利品かも?の団扇」(松島法相)は「問題に出来ても」、「在日特権に関する法についての問題は、ロクに議論しようともしない」のが「野党の正体」だ。

「つまり、野党の行っている事」は「山谷公安委員長や松島法相の上辺で弱みと出来る事のあら捜しをし、それを国会で大々的に訴える事」で、

「出来れば、山谷氏や松島氏を大臣の座から降ろし」、

「大臣の座から降ろせないのなら、

更にあら捜しするゾ!・困る事も知っているゾ!等のニュアンスによる脅し効果等で、

山谷公安委員長や松島法相による政策実現を妨害しようとしている様にしか見えない」。

「つまり、在日外国人に対する特例(特権)法案等を維持させる為」に、

「本来行われるべき政策論議をしない、或いは、させない為の行動を起こしているダケの様相」なのだ。

「多くの有権者は、もちろん、そんな野党国会議員など要らない」筈だ』。

『「朝鮮戦争時の日本の体制不備混乱時に、無理やり制定された、

在日外国人に対する特例法案」は、

「徹底した正当性等の再検証を行い、是正する、もしくは、廃止するべきである事」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「北朝鮮による拉致・工作を始めとする反日国の実態を顧みる」なら、

「むしろ、反日国籍の者に対する日本国・日本国民防衛の為の規制法が制定されても良い状態」だ。

「特例(特権)なんてとんでも無い状態」である』。

『「例えば、拉致が盛んに行われていた時に、既に、特例(特権)が廃止され、北朝鮮籍の者は、その旨が、他の一般日本国民に直ぐに分かる様になっていた」なら、

「拉致被害者の数は、激減した」だろう。

「現状でも、特例(特権)無しなら、一般日本国民に工作協力等を誘う事等が困難になる」』。

『「韓流テレビ・マスコミ等の悪質なところ」は、

「上記の当たり前の事を日本の公共の電波やマスコミの立場を使って大衆周知させようとはせず、

野党同様、悪戯に、ストール・団扇・懇ろで騒いでいる事」だ。

「この、本来の論点を誤魔化す為に、大衆の興味を惹き易い餌情報を撒く手法」は、

「悪質な犯罪者が、大きな犯罪を誤魔化す為に微罪を大声で叫ぶ手法と同様」で、

「何処かの国々では、よく使われている悪い文化」に他ならない。

「多くの日本国民」は「もはや、そんなモノに乗せられる程、平和ボケ等の状態では無い」と思う』。

『「それなのに、未だに、野党国会議員は、そんな手法を国会で使い、国会議員としての報酬(もちろん、日本の血税だ)まで受け取っている」のだ。

「全ての有権者」は、

「政策論議の代わりに、大衆寄せの上辺攻撃等を行った議員や政党を忘れずに、次の選挙時には、排除するべき」だろう。

「政策や法律(国会はもちろん、立法府だ)の問題をロクに報じず、

出来の悪い野党や野党議員と協調し、

大衆寄せの上辺問題を大々的に宣伝しているテレビ・マスコミ等への非難」も

「忘れてはいけない」のだ』。

『「例えば、

在特法や

日本国内で行われているスパイ(覗き)工作活動等への対処

等の問題」は、

「多くの日本国民が真剣に考えるべき」である』。

|

イスラム国戦闘員に応募した北大生等&早々に摘発した公安・・・。

『「韓流テレビ・マスコミや日教組教育等に毒されている方々」は「公安による摘発」という「ニュースを見聞きした時、即座に、戦前~戦中の特高警察による摘発等と同様の事態を想起させられていた」だろう。

「個人監視~摘発」という

「まるで、北朝鮮や中国共産党支配下の中国の様な状態」を

「知らず知らずの内に、想起させられ、不安に感じた」かも知れない。

「しかし、もちろん、言うまでも無く、現代日本の公安による摘発」は、

「個人監視からのものでは無い」。

「応募元に応募した個人を摘発という、応募元情報から応募元を調査した上での個人摘発」だ。

「日本の公安や警察等には、日本国民の多くの個人を監視する程、人もお金も無い」のだ。

「現行法&現行の摘発体制で摘発可能な、告訴や要請・指令等で表立っている、刑事事件等のみの処理で手一杯・・・」という「状態」である。

「ここで、気づく方も多い」だろう。

「今回の摘発は、何処の誰が表立たせたのか?が問題である事に」・・・』。

『「もちろん、表立たせたのは、国」である。

「公安は、日本国内で行われているイスラム国戦闘員募集状態をある程度以上掴んでいる」が、

「表立たされない限り、なかなか摘発に動かない」のが「通例」だから、

「今回の早い摘発は、異例」になる。

「国からの要請の裏に在るのは、所謂西側国際社会協調」だろう。

「何しろ、例えば、英国民の戦闘員に英国人を殺させているイスラム国」なので、

「日本国民のイスラム国戦闘員を出す事は、日本国民の安全を大きく阻害する事にも直結している」から、

「その判断は容易だった筈」だ。

「問題は、摘発を行う為の法」で、

「アレコレ探して出て来た」のが「ほとんどの人々が初耳の法律」という訳だ』。

『「摘発側は、常識的・良心的に摘発している様相が、上記からも判る」と思う。

「問題は、応募側」で、

「何で、そんな未熟者、或いは、勘違い者、或いは、おバカ等々が、日本国内で出来てしまているのか?」である』。

『「一つの要因は、間違い無く、まともでは無い情報・教育等に在る」。

「例えば、

イスラム国の実態は、言われている程酷いものでは無い。

ちゃんとした政治体制や福祉等まである国だ。

イギリスやフランスが勝手に敷いた国境は、元々のイスラム圏とは無関係で、それを否定するイスラム国がその地域で支持を得ているのは、当然だ。

・・・等々と、日本の公共の電波を使って大宣伝していた番組まで在った」のだから、

「情報・教育に毒され易い、

自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他人に自分をコントロールさせようとするタイプの方々」は、

「簡単に、イスラム国側にも正当性があるかも・・・」等々と「思い込まされていた」かも知れない。

「自分で自分を健康にコントロールする本来欲求を十分に充足していないタイプの方々の中」には、

「元々、その分の現状脱出欲動が育ってしまっている」。

「そんな人々の現状脱出欲動」が、

「日本で暮らしているなら、悪戯な反日本社会や反日本国民等々に化ける為」には、

「それ程困難なプロセスは必要無い」のだ。

「元々が、自己を見放している状態」なので、

「代わりに依存したいと身勝手に思い込んだ者・物・事に裏切られれば、

それが、反○○の、十分なきっかけになってしまう」』。

『「情報・教育や行動等の自由は、保障されるべき」だが、

「その前の大前提」に、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける人間なら」という

「肝要な部分」を

「決して、付け忘れてはいけない」のだ。

「現状の未熟な人間社会に、決定的に足りない」のは、

「其処」である』。

『「その後の報道」で、「北大生に同行取材しようとしていたジャーナリストの存在まで明らかになった」。

「何と!既に、該当北大生にインタビューまで行っていた」。

「そのインタビュー内容」からは、

「北大生が自殺目的でイスラム国戦闘員になろうとしていたスジが容易に読み取れる」のだと言う。

「つまり、今回の北大生のイスラム国戦闘員応募」は、

「日本国内の無差別殺傷等の犯人の一部と同様」で、

「自殺を考えているが自殺は出来ない者が、実質的死刑目的で、行った事」との「ニュアンス」だ。

「表に出されている情報は上記の通りの様相」だが、

「果たして、内実は?」』

『「多くの方々も疑問に思った」だろう。

「何故、そんなに、早々と、ジャーナリストが、該当北大生に接触出来ていたのか?」

「その裏にこそ、現状日本社会に巣食っている反日工作組織人脈の問題が在る・・・」』。

『「反日国の手先となる日本国民を得たい反日工作の指令部」は、

「日本国内でその適性を持つ者を常に調査~把握し、機会を見ては、実際に接触し、反日に都合の良い行動等を起こさせる様に誘導する人脈(組織)を築いている」。

「以前の拉致頻発時に、拉致に都合の良い者を調査~把握~接触したのと同様に・・・」だ。

「其処に、外枠として、情報・教育による大衆誘導が加わっている」。

「今回の北大生が絶望感を感じ、実質的自殺目的の行動を起こしそうになった裏に在る」のも、

「本人の適正を活かし、生き生きと生きる事を促す情報・教育等では無く」、

「有名大学や有名企業等の立場や、お金や、外見等々の、上辺に拘らせ、

その上辺を得ている都合の良い者は過剰絶賛!

同時に、上辺から外れれば、満足な人生さえ得られ辛い等々、

都合の良い者にとっては、多くの人々が自動的に賞賛してしまう様な状態が出来てしまうので好都合だが、

外面から外れた、外れている等の特定状況にある者にとっては、

絶望感を抱き易い情報・教育」だと「強く推定出来る」』。

『「現状日本社会の情報・教育を見直してみる」と「誰でも、気づく筈」だ。

「上記の様な、

特定極一部の者たちを不当に過剰に利すと共に、

多くの人に絶望感等を抱かせる方向に導いている情報」の方が、

「例えば、

個人個人が、自分で自分を健康にコントロールし続ける事等を意識させ、

自分の適性を活かして生き生きと生きる方向に導いている情報」より、

「圧倒的に多い事に!」

「少し前までは、其処に、日本自虐情報&中・韓等反日国よいしょ情報まで上乗せさせられていた」のだ。

「少し前までの情報・教育担当者たちと、今の情報・教育担当者たち」が「変わっているだろうか???」

「もちろん、人脈的には、変わっていない」。

「何しろ、応募して来た者の中から選ぶのは、少し前までの情報・教育担当者たち」なのだ。

「ここで、多くの人々は気づく」だろう。

「現在巷に溢れている情報・教育は、日本自虐&反日よいしょ!情報の延長線に在る事に!」

「上辺では、正義を気取り、多くの日本国民の味方を気取っていても、

内実では、日本自虐&反日よいしょ!

だから、絶望感を抱かせられてしまう者たちまで、少なからず出ている」のだ』。

『「情報・教育による大枠の誘導」で「反日に都合の良い分子を出来るだけ多く炙り出す」。

「その炙り出された分子を、日本全国津々浦々にまで蔓延らせている

(そんなバカな!と思われる方々も少なく無いかも知れないが、

例えば、学校や会社や組合や町内会等々の中に、

それぞれ、たった一人だけでも、

そういう目で周りの者たちを観察する手下を置けば良いダケ・・・なのだ。

それは、秘密警察国家等では常套手段である。)

手先の者たちが、拾い出し把握していると共に、

適性が高い者には、実際に接触し、行動を誘う」』。

『「例えば、今回接触出来ていたジャーナリスト」でも、

「大学生に取材&シリアに同行・・・なんてしないで、大学生を諭す事だって出来ていた筈」だ。

「普通の良心的な大人」なら「人間として、間違い無く、そうした」筈だ。

「しかし、諭していた様相では無い」のだ。

「むしろ、取材を理由にシリアにまで行き、シリアに居る何処かの人脈とのネットワーク構築まで考えていたのかも知れない」とさえ「思えてしまう」のだ。

「その辺にも、巷に蔓延っている情報・教育同様、変な臭いを感じた」のは「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「工作員たちは、証拠を残さない」。

「日本国内で工作する」なら「日本の現行法&現行の摘発体制で摘発可能な事は避ける」。

「日本の警察等が本当に有益な情報を得たい」のなら、

「家宅捜索や通信履歴捜査等による人脈の洗い出し」と共に、

「疑いのある者を常に監視するくらいの強い対応が必要」だ。

「もちろん、現行法の問題もあるし、お金や人材の問題もある」。

「しかし、工作員同様に、電磁波による覗き等の手段でも使えば良い」のだ。

「電報・郵便・電話・ネットはもちろん、古典的な連絡手段~超現代的な連絡手段まで考慮した、遠巻きの、観察をし続ける事によって、人脈の洗い出しは可能になる」。

「工作員たちが使う電磁波」は「覗き目的だけでは無く、傷害~殺人目的のモノまで在る」時代なのだから、

「取り締まり側も、工作員たちを電磁波で覗き観察するくらいの対応をしなければ、とてもでは無いが、勝負にならない」。

「この{日本に巣食ったガン細胞の様な悪意のある者たち}の駆逐」を

「疎かにし続ける」と、

「沖縄は独立~中国共産党支配下」に、

「日本本土内は、韓(北朝も含む)系の日韓併合を日本乗っ取り支配の最初とした人脈の支配下」に、

「皇室は、いつの間にか金家」に、

・・・等々の「あり得ない事態」が、

「現実の事として、近づいて来てしまう」・・・』。

『「日本政府・警察・自衛隊等々」は、

「もっと、ちゃんと、日本国内に蔓延っている反日・反日本国民工作を取り締まるべき」である。

「先ずは、国会が率先して法整備する事」でも「実効はある」。

「しかし、情報・教育・政界に蔓延っている反日人脈が徹底抗戦する」だろう。

「だから、先ずは、情報・教育改革」が「必需」なのだ。

「とりあえずは、工作員同様、現行法で摘発が困難な電磁波による覗き等々でも使って、出来る対策を積極的に行い続けるべき」だ』。

|

中国共産党流のインチキ選挙システム&韓流テレビ流のインチキ出演者問題・・・。

『「香港のデモ」で「世界中に露呈した中国共産党によるインチキ選挙システム」。

「何しろ、選挙権自体は香港市民に普通のレベルで提供するが、候補者は中国共産党の指名委員会が認めた者のみ」なのだ。

「中国共産党が認めた者の中から好きに選びなさい!」なのだから、

「民主主義上の選挙では無く、独裁政権下の信任投票でしか無い」。

「何世紀も前ならいざ知らず、今時としては、本当に悪質」だ』。

『「同様の事態が公然と存在させられている」のが「日本のテレビ」だ。

「常連出演者とは、テレビ局が認めた者たち」で、

「何処の局でも同様の顔&同様の論調の者が蔓延っている」のだから、

「日本のテレビ界」は「まるで、中国共産党支配下の中国の様」である。

「産まれた時から、そんな事態だと、多くの人々が疑問にも思わない・・・」のは、

「宗教団体の家庭で産まれた子どもの多くが、親が信じている宗教を鵜呑みにして育ってしまい易いのと同様」で、

「そんな事態から解脱(敢えて、宗教用語で表する)出来ない未熟さをよそに、

信じていない者たちを下に思いたがる姿」は、

「傍から見れば、実に滑稽」だ。

「同様の事態がテレビ信者にもある」』。

『「アクエリアス時代の今日、現状人間社会に在る対立の本質」は、

「決して、民族とか、国とか、宗教とか、では無い」。

「善と悪の対立」である。

「善とは、事実・現実を認め、事実・現実の上で者・物・事を処理する事」だ。

「悪とは、事実・現実より特定個人や特定集団の思い等を優先して者・物・事を処理する事」である。

「現代の科学の世界」では「善で無ければ、お話しにならない」。

「悪側がどんなに頑張っても、科学の事実・現実は変えられない」から、

「現代の科学の世界」には「ベースとして、それこそ、まるで神のお墨付きの様な、勧善懲悪状態が在る」。

「古の時代の科学の世界を思い出して欲しい」。

「大昔は、宗教の方が上の立場」だった。

「天動説VS地動説等で、宗教裁判がなされ、事実・現実派が罰せられてしまった時代も在った」。

「しかし、現代では、事実・現実を否定すれば、科学者では無い等の烙印を押され、発言力や立場等も削がれる」。

「そんな事態が、所謂文科系の世界にまで広がり始めているのが現代」に他ならない』。

『「そんな現代において」は「もはや、独裁政権下の信任投票は実質、選挙では無い」。

「実質、選挙では無いシステムなのに、選挙権を与える等と一般市民を騙せば、立派に悪」である。

「事実・現実の上に立つ処理」なら、

「中国共産党のシステム」は「実質、信任投票」なのだから、

「一般市民に対しても、信任投票権を与えると、事実・現実通りに、言わなければならない」。

「信任投票権が与えられれば良い」という「一般市民が多い社会」なら、

「信任投票権で良い」が「市民権を得る」だろう。

「しかし、信任投票権では無く、選挙権が欲しい」という「一般市民が多い社会」なら、

「選挙権を得られるまで、多くの市民が納得しない」だろう。

「納得しない市民を武力等の力で押さえ込む」のは「現代では暴挙」だ。

「現代で問われている」のは「信任投票権と選挙権のどちらが、現代、その地で生きている多くの市民にとって、現実として適切か?」だ。

「つまり、その地の民の実態・実体と政治投票システムの整合性が問われている」のである。

「力による無理やりの結果」は「この問題の解答には成り得ない」。

「事実・現実を把握・検証して、実際に、整合性が高い事を立証した結果」が、

「信任投票権」なら「信任投票権」となり、

「選挙権」なら「選挙権」となるのだ。

「香港の場合」は「其処で暮らしている多くの市民の能力・資質を事実・現実通り把握し、整合性を検証する」なら、

「指導部が候補者を与える必要のある未熟者の集団では無い事は、明らか」だ。

「香港で暮らしている市民のほとんどは、民主主義選挙を行う能力・資質を持つ、現代人」である。

「信任投票を強いる中国共産党」は「この時点で既に、事実・現実に叛く悪者である事が、立証されている」』。

『「日本の公共の電波を使っていながら、韓国等に都合の良い情報等を一方的に大量配信している韓流テレビ」も、

「日本の視聴者との整合性を検証すれば、中国共産党が香港に強いようとしている信任投票と同様で悪である事」が、

「判る」。

「例えば、韓流テレビ常連出演者等の政策主張で特徴的な事の一つ」に、

「(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ)脱原発」がある。

「この政策主張のインチキの肝」は「上記()内を敢えて言わない事」だ。

「脱原発ダケ」を「言う」のである。

「その上で、原発不安を煽る」。

「千年に一度のレベルとも言われている東日本大震災による福島第一原発被災事故問題」を「利用」したり、

「日本は、地震国・火山列島だ!」等々と「不安を煽ったり」して、

「視聴者に原発問題を冷静に考えさせず」に、

「悪戯な脱原発{感情}を形成させようとし続けている」。

「その上で、脱原発派の政治家等を正義的に印象付ければ、選挙時等には、脱原発派の政治家等が当選し易くなる」という「策略」だ。

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ、脱原発」の「実効」を考えれば、

「誰でも分かる」筈だ。

「日本の電力事情が高値不安定になる反面、原発を平然と使い続けている中・韓の電力事情は相対的に有利になる」のだ。

「日本を不利にする事で、中・韓を利する政策」が「其処に在る」。

「同様の事態」は「民主党政権への政権交代時にもあった」。

「民主党政権への政権交代前」には「自民ダメ!&政権交代必需等々の{印象}の大量配信」だった。

「そして、デフレや円高は、悪くないゾ!むしろ、いいゾ!の{印象宣伝}」だった。

しかし、「実際に、政権交代が起き、日本の異常な円高が進んだ時起こった事態」は、

「中・韓が太り、日本が細った事」だった。

「更に、民主党政権では、再生可能エネルギー(特に太陽光)発電バカ高長年買い取り法案まで成立させた」と共に、

「日韓基本条約で既に解決済みの問題までむしかえし、渡す必要の無い書物まで韓国に渡した」等々の、

「利韓ぶり」だった。

「日本の多くの一般市民との整合性を考える」なら「韓流テレビの偏向出演者や偏向論の無理強い」は、

「明らかに悪」である』。

『「韓国の中の反乱軍政府的な北朝鮮に至って」は「拉致を始めとする数々の悪の工作活動の実績まで在る」。

「悪者とは、普通の交渉など成り立ち得ない」のは「巷の犯罪者の問題からも明らか」だ。

「拉致誘拐犯と交渉」すれば「身代金等を要求される」のが「普通」だろう。

「交渉に応じる」のは「逮捕が大前提にあるから」だ。

「相手が国家であっても、犯罪国家なら、犯罪者と同様の対応をしなければ、

例えば、拉致誘拐犯に対して、身代金等を渡したダケの状態になってしまう」。

「改心無き悪者とは交渉は成り立たない」』。

『「悪者は、駆逐されるか、大勢に影響の無いレベルに押さえ込まれ無ければならない事」は

「現代人間社会の常識(世界標準)」である。

「中国共産党のインチキ選挙システム」も「日本の中の韓流テレビ流のインチキ常連出演者無理強い状態」も

「拉致工作活動犯罪国家状態の北朝鮮」も、

「全世界の善の力を結集して、早々に、悪として葬るべき」だ』。

|

かなり不似合いに見えた松島法相の赤いストールの裏に漂う臭い・・・。

『「日本国の法相」が「わざわざ、問題にされても仕方無い赤いストールを着用して国会入り」。

「しかも、決して、お似合いとは言えない・・・と思う」となれば、

「その裏には何がある?」』

『「筆者が感じた」のは「赤い色が好きな左翼(つまり、親朝鮮・親中国共産党等)の人間等による回答要求等の臭い」だ。

「立場をはっきりせよ!」とは、

「拉致問題での対応に忙しい(?)北朝鮮側の代表の弁」だが、

「そんなスジからの圧力等に対する回答」なら、

「問題にされても仕方の無い、不似合いな、赤いストールの着用」も「ある意味、合理的になる」・・・。

「万一、その様な事態なら、容易に推定出来てしまう事」は、

「北朝鮮等の人脈に、法相が弱み等を握られている事」だ。

「もちろん、北朝鮮側等騙し為」の、

「上辺での演技の可能性も排除出来ない」が、

「法相が、今後、どの様な立場で、実権を使い、表に出ない仕事をするのか?」等々は、

「要注目!」かも知れない』。

『「もちろん、現時点では、法相の実体は、不明」だが、

「故金丸副総理の件からも明らかな様に、日本の政界が、北朝鮮系の人脈に蝕まれている事は、紛れも無い現実」だ。

「小泉元総理の訪朝による日朝国交正常化進展問題」も、

「その内実は、北朝鮮に日本のお金等を表立って大々的に渡す為の前準備だった可能性だって捨てきれない」のだ。

「象徴的拉致被害者の日本帰国等々」で、

「うかつに、溜飲を下げて、

北朝鮮による日本乗っ取り支配工作や日本国民・企業等弱体化工作等々を暗に認めてしまっては

絶対にいけない」のである』。

『「北朝鮮と平和条約等を締結する」なら

「拉致被害者の全員帰国はもちろん、北朝鮮等による日本国内の工作活動の全てが完全に排除される事」が

「絶対条件」だ。

「多くの日本国民」は、

「事実・現実に基づいた日韓併合時等の歴史認識を持つ」と共に、

「日本国内で行われている工作活動の撤廃」を「絶対に忘れてはいけない」』。

『「法相の立場」なら、

「率先して、電磁波工作や飲食物工作等々の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な工作活動に対する実効のある対策を行うべき」だ。

「それを封印し続ける」なら「北朝鮮等の手先と思われても仕方が無い」のである』。

|

報ステでは「円安は困る」「再生可能エネルギー発電は正義」等とでも言いたげで、内実では「韓国を利したい様相」だったが・・・。

『「現在の1ドル110円レベルは、決して、円安では無い」。「異常な円高が少し是正された程度」だ。

「本来の妥当な為替水準」とは「元々、その国の中に在った製造産業等が、その国の中で維持出来るレベル」で、

「円・ドルレートで言うなら、1ドル120~130円レベルになる」。

「日本国内の日本企業製造工場等が為替レート故に海外移転せざるを得ない状態」が「円高」であり、

「海外企業等が日本国内に製造工場等を積極的につくりたがる状態」が「円安」だ。

「為替による高過ぎる人件費状態」が「円高」であり、

「為替による安過ぎる人件費状態」が「円安」と「考えても良い」だろう。

「現状の為替レートは、断じて、円安では無い」』。

『「円高状態では円高前提の輸入商売等がし易くなる」。

「異常な円高状態時」には、

「例えば、中・韓等に親戚や知り合い等が居る者たち」が「商売し易くなった(儲け易くなった)」のだ。

「円高の是正」で「困っている」のは「その様な人たちでもある」』。

『「為替レートが適正」なら、

「日本の製造業の工場等は、日本国内に在ると共に、

為替水準で安過ぎない人件費や高過ぎない輸入コスト等により、

日本国内の製造業労働者等の給与・生活水準等も、

世界水準では働き相応に高い水準となっている」から、

「相応の内需も出る」し、

「税収も上がる」。

「現状で、輸入原材料費や輸入燃料費が高い」と「嘯く」のは、

「日本国内での製造工場が成り立たないくらいの異常な円高で、ある意味では、不当に、稼ごうとしている欲ボケたち」だ。

「或いは、異常な円高状態に合わせざるを得ない弱者たち」である。

「更に、酷いのは、高い立場に乗じて、下請け等を買い叩く、更に酷い欲ボケたち」で、

「そんなモノたちは、本当に醜悪」だ』。

『「同様の欲ボケたち」が「跋扈した状態にある」のが、

「大規模太陽光発電を始めとする再生可能エネルギー発電事業で儲けようとしている者たち」だ。

「太陽光や風力による発電は、不安定発電」なのに、

「安定化に必要な設備・コスト等は、電力会社に負担させる」と共に、

「消費者に課金して吸い上げる(ぼったくる・・・特に、太陽光発電は異常に高く、正に、ぼったくりレベルだ・・・)異常に高い買い取り価格」の

「上に胡坐をかいて、儲けよう・・・」というのだから、

「そんな、電力事情の全体像も、お互い様も、無視して、自らの下に利益が来れば良い・・・的発想」の「持主たち」が、

「電力会社からの待った!」で「困る」のは、

「自業自得」に他ならない。

「それなのに、報ステでは、欲ボケたちを擁護・・・」なのだ』。

『「日本の円高是正」で「日本の円高による不当利得を失い困る」のは、

「中国や韓国の製造業等」だ。

「日本の再生可能エネルギー発電の普及による日本国内の電力事情の高値化・不安定化」で、

「不当なメリットが生まれる」のも、

「中国や韓国の製造業等」である』。

『「日本の公共の電波を使っていながら、反日国を利する大衆誘導を行っている様相のテレビ番組」は、

「本当に醜悪」なのだ』。

『「日本政府等」は「反日国の手先では無い」のなら、

「日本国内の反日(反日本国・反日本国民)情報・教育・政界・飲食物・電磁波等々の工作活動」に対して、

「実効のある対策を実行するべき」である。

「日本国内」で「一般日本人脈等に自虐や弱体化を強いたり、反日人脈を不当に利する工作活動等」が、

「大々的にまかり通っている事」は、

「明らかに異常」だ。

「早急に、実効のある対策を行うべき」である』。

『「為替は、妥当レベルで維持されるべき」だ。

「輸入燃料で火力発電というスタイルが間違っている」のだ。

「原発を積極使用する事で、火力発電を抑え、輸入燃料量を抑えれば良い」。

「他の税とのバランスを取り、ガソリン税等は、もっと安くするべき」だ。

「海外流失製造工場等の国内回帰&内需復活&税収アップ」で「その代わりの税収は得られる様になる」。

「再生可能エネルギー発電」は、

「不安定是正コストも含めた上で、電気料金の値上げをさせない・・・つまり、日本の電力事情を不利にしない・・・レベルを保てる様」に、

「無理の無い増やし方をするべき」である』。

『「民主党政権時に、管総理と孫等で決めた、

再生可能エネルギー発電に対する長年に渡る異常に高い買い取り制度」の「実体」は、

「日本の電力事情を高値不安定にする事」で、

「中・韓等を利する」

「実質的、反日工作政策」なのだから、

「即刻、是正するべき」だ』。

|

拉致問題報告、平壌への呼び出しに応じた日本政府・・・。

『「調査約束ダケ」で「独自制裁の一部解除」&「今度は、調査報告を聞きに平壌に出向く日本政府」・・・。

「拉致犯罪者との交渉」は、

「拉致犯罪者が犯罪行為を本気で悔い改める状態に無い限り、

本当に困難」だ。

「拉致犯罪者には、先ず、本気で悔い改めさせる事が必需」なのである』。

『「どうしたら、本気で悔い改めさせる事が可能なのか?」

「先ずは、より度合いを高めた徹底制裁の継続」だろう。

「そして、出来るだけ衰退させた状態」で「更なる、国際的な圧力をかける」。

「北朝鮮側が、本気で悔い改め、拉致を始めとする全ての悪の工作活動を全廃し、ちゃんと詫びる」なら、

「北朝鮮から、拉致被害者を連れて、日本に詫びに来る」のが、

「当たり前」だ。

「国交正常化がなされる」なら「その様な事態の後」で無ければ、

「北朝鮮による工作活動を認めたままの国交正常化になってしまう」。

「北朝鮮による工作活動を認めたまま、上辺だけ国交正常化し、資金等を提供する事の実効」は、

「北朝鮮の工作援助」なのだ。

「そんな事をする」のは、

「日本の政府では無く、北朝鮮の手先」である』。

『「もちろん、日本政府は、北朝鮮の手先では無い」だろうから、

「平壌まで出向いた結果、北朝鮮の悔い改めが確認されなかった」なら、

「一部解除した制裁の分以上の更なる制裁措置を行う」筈だ。

「悪戯に、制裁一部解除状態を続ける」なら、

「北朝鮮の手先」等と「疑われても仕方無い」』。

|

正義の香港デモ&それを無理やり封じ込めようとしている中国共産党のおバカ度・・・。

『「おバカたち」は「米国を覇権国家と位置付けたがる」。「何故なら、覇権国家なら、米国より権力を持つ国家が出来れば、其処が覇権を持てる事になる」ので「例えば、中国共産党等、世界制覇等を企んでいる者たち」は「その現実離れした覇権像に縋り付きたがる」のだ。

「しかし、もちろん、現状世界に在るのは、覇権国家では無く、覇権体制」だ』。

『「現状世界の覇権体制」とは、

例えば、「金権民主主義」とでも「表現出来るシステム」に他ならない。

「お金という物」に「代理」させて「権力を持たせる」と共に、

「一人一人の民意に基づき、政治体制等を決める方法」だ。

「旧社会・共産圏のシステム」は、

「共産党員のお偉いさん等、

特定極一部の人々が多大な権力を持つ、

人が権力を直接持つシステム」だ。

「金が代理する権力」の「裏に在る思慮」は、

「どんな人でも、全ての物事で、他の人々より、全て優秀には成り得ない」という

「人間の当たり前」を「ちゃんと認めている事」だ。

「人が直接多大な権力を持つシステム」は「この思慮が圧倒的に欠けている」』。

『「東西冷戦対立時」の

「金権民主主義圏」と「旧社会・共産圏」の「比べっこ」の「結果」、

「科学技術力」でも、

「経済」でも、

「金権民主主義圏の優位」が「明らかになった」。

「金権民主主義」も「旧社会・共産主義」も「現実との整合性を検証するなら、どちらも、未だ未だの未熟なシステム」だが、

「つまり、現状に実在しているシステムで、人間の実体との整合性がより高い分だけ、未だマシ」なのは、「金権民主主義の方」だ。

「人間の実体との整合性がより高い分だけ、実際に、科学技術力等が発展し易かった」のだ』。

『「既に、旧社会・共産圏と金権民主主義圏との比べっこという、人類自らが大々的に行った検証実験の結果が出ている事」なのに、

「未だに、中国共産党」は「特定極一部の人々が多大な権力を保持する事」を「諦めていない」のだ。

「何故か?」

「実は、その裏に在る」のは「金権の大きな欠陥」なのだ』。

『「そもそも、金に権力を代理させる事が正当性を得る為」には、

「金の元が正当である事が必需」だ。

「ところが、現状の金権システム」では「何と!元が問われない」。

「もちろん、明らかな犯罪行為による場合は、犯罪行為自体が問題にされる」が、

「犯罪行為で集められた金」が「犯罪行為を問われていない者の下で使われる」と、

「もはや、金に色は付いていない」のだ。

「中国共産党要人ともなれば、より高い地位に登り詰める過程で、相当な賄賂等を得ている場合も少なく無い」。

「しかも、中国国内では、云わば、立法&司法の権を持つ立場の者なので、賄賂等も露呈し辛い」のだ。

「実質的犯罪行為が露呈する事も無く、それこそ何千億円以上もの資産等を得ている者たちも実在する」。

「そんな者たち」は、

「中国の外の金権社会内では、既に、大金という大権を保持している事と同じ状態」なのだ。

「この不当大金権を生じさせているシステム」は、

「周りが、いくら、諦めろ!」と言っても、

「止められるモノでは無い」のである』。

『「金権民主主義社会の多く」は「香港でデモをしている者たち」を「称賛」している。

「しかし、いくら称賛しても、その事自体で、中国の体制が変化する訳も無い」。

「金権民主主義社会側の人間が行うべき事」は、

「金権の大欠陥を直す事」だ。

「金権民主主義社会で暮らす誰も」が

「徹底的にお金の色を問う文化を持つ事」で、

「お金の色を徹底的に問うシステムを構築させる事」が「必需」なのである。

「そして、その様な文化の普及」こそが、

「中国の民主化」や、

「テロ撲滅」や、

「現状人間社会の現実との整合性の悪さを是正される事」等々にも、

「直結している」のである』。

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »