« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

法ステ、「再生可能エネルギー賛美&原発嫌い論」のからくり・・・。

『「日本とは全く事情の違うヨーロッパの国々を持ち出して、再生可能エネルギー賛美&原発に嫌悪感等をもたせる論」を「一方的に大量配信していた法ステ」・・・。

「日本の再生可能エネルギーの普及が上手く行かない本当の原因(もしくは、元凶)」は、

言うまでも無く、

「原発でも、電力会社既得権益でも無く、強制バカ高買取り法案」である。

「しかし、其処は、全く言わない」のだ』。

『「そもそも、再生可能エネルギー発電が、経済的に魅力的なモノなら、

売れない(流行らない)方が異常である事」は、

「少し考えれば、誰もが分かる」筈だ。

「しかし、菅と孫が無理やり決めた再生可能エネルギーバカ高買取り法案」は、

「買い手の為の法案では無く、

実用技術水準や経済原則も無視して売り手が濡れ手に粟の大儲けする為の法案だった」から、

「特に、利益率が高く見込める太陽光発電に、大量の売り手が出現し、

まるで、ネズミ講みたいな状態となってしまった」。

「当然、破綻状態に陥り、

電力会社は買い取りを断らざるを得ない事態になっている」。

「もし、再生可能エネルギー法案が、売り手の為の法案では無く、

買い手の為の法案だった」なら、

「今の日本社会には」、

「過度な使用者負担を強いない脱炭素発電としての、再生可能エネルギー発電の健常な発展」が

「再生可能発電設備等の価格の低下&性能アップと共」に、

「生まれていた筈」だ』。

『「日本の再生可能エネルギー問題」で「非難すべき」は「民主党政権時の失政」であり、

「原発や電力会社既得権益等々では無い」』。

『「日本の再生可能エネルギー発電の問題」は、

「民主党政権時の政策の問題」に他ならない。

「その失政を誤魔化す為のスケープゴード」として、

「民主党等の人脈の人々が使っているのが原発や電力会社等々」なのだ』。

『また、

「太陽光パネル等は、中国等でも生産可能」なので、

「実際に、ドイツの太陽光パネル制作会社は、安い中国製品等との価格競争に負け、潰れた」。

「それでも、使用者の為の再生エネルギー発電」なら、

「太陽光発電は正解」とでも「言いたかった」のだろうが、

「実際は、ドイツの発電事業者の為だった」から、

「ドイツの太陽光パネル国内企業は潰れ」、

「安い中国製等でより多く儲けようとした発電事業者が儲かり」、

「高い電気料金を強いられている一般使用者は、我慢・・・」なのだ。

「そんな状態で、成功しているのは誰か?」

「発電事業者と太陽光パネルを売った中国企業」だ。

「そんな事態を日本国内に持ち込みたい者たち」とは、

「太陽光発電事業で、一般日本国民・企業等から暴利を貪りたい者か、

その利幅を広げる事に貢献すると共に、

自社製品を売る事が出来る、

中国や韓国の安い太陽光パネルの製造企業」になる』。

『「つまり、法ステの論の内実」は、

「一般日本国民の為の論では無く、

一般日本国民や日本企業等から暴利をむさぼる者たちや、

中国や韓国の企業等の為の論になっている」のだ』。

『「そんなモノ」が、

「日本の公共の電波上で、大々的かつ一方的に大量配信されている状態」は、

「明らかに、異常」だ。

「是正は、必需」である』。

|

各党の公約が出揃って来たが・・・。

『「一番のポイント」は「日本国・日本国民>韓国(北朝鮮も含む)・中国共産党等になっているか?」だ。

「例えば、中間層の拡大等と言えば、聞こえは良いが、それなら、日本の原発再稼働反対や2030年原発ゼロ等はあり得ない」。

「何故なら、原発を使わず、再生可能エネルギー発電&輸入燃料依存の火力発電が主となれば、

日本国内の電力事情が高値・不安定状態となり、

高値・不安定電力下では、

中間層の多くが所属する中・小企業の経営も困窮するから」だ。

「政策の効力として」は、

「原発を無くす等、国全体のエネルギー事情を大きく変える政策の効力が圧倒的に大きい」から、

「脱原発を謳っている党や候補者等」が、

「もし、本気で、中間層を豊かにするつもりがある」のなら、

「明らかに脱原発分を補える効力が見込める{凄い政策}を謳っていなければオカシイ」。

「ところが、そんな{凄い政策}は何処にも見当たらない」のだ。

「つまり、脱原発を謳っている党や候補者等が本当に行える(行いたい)」のは、

「日本の中間層を豊かにする事では無い」。

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続ける中、極東地域日本のみ、脱原発政策」の「実効」は、

「中・韓の中間層(?)が豊かになり易くなる事」だ。

「・・・そう、日本国の中間層とは、言っていないし、書いていない場合がほとんど・・・」なのだ』。

『「政策の実効から、はっきりしている事がある」。

「他にどんなに魅力的に思える政策等を謳っていても、

(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続ける中、極東地域日本のみ・・・この部分は黙殺されている)脱原発や原発ゼロを謳っていれば、

そんな党や候補者等は、中・韓(北朝も含む)を利す」のだ。

「逆に見れば、脱原発や原発ゼロを謳っていない党や候補者は、日本を利す可能性が高い」』。

『「原発政策を注意するだけ」で、

「日本国民の有権者として、自虐的な投票行動を抑える事が出来る」だろう』。

『「2030年までに原発ゼロ」を「謳う党や候補者」の「本当の目的」は、

「2031年抗日電力戦争勝利!」なのでは・・・』。

『「原発問題に関しては、テレビ・ラジオ・マスコミ情報等も酷い」』。

『「原発不安煽り情報工作」が「横行している」。

「例えば、御嶽山や阿蘇山等の火山噴火が有れば、

実際は、その分、ストレスが抜けているから、

抜けたストレスの分だけ、

大地震時等のエネルギーも抑えられる」のだが、

「まるで、噴火が有る分だけ、余計危ないイメージで情報提供している」。

「曰く、地震火山大国日本に原発はどうでしょう?等々」・・・。

「はっきり言えば、地震でダメになる原発施設は再稼働出来ない」から「再稼働する原発は十分に安全が担保されている」。

「例え、避難準備が不十分でも、避難自体が必要になる可能性は極めて小さいのが現実」だ。

「原発の事故の実体は、津波対策を誤った福島第一原発被災事故を含めて、全て人災」に他ならない。

「人災の面から、原発の危険度を検証すれば、中・韓の原発の危なさは誰もが直ぐに納得出来る筈」だ。

「そして、中・韓の原発で事故が起これば、核汚染物質は、偏西風に乗り、日本に大量渡来する事になる・・・」。

「普通に考えるなら、止めるべき原発は、危ない原発であり、より危ない原発から止めなくては意味が無い」。

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中で、

日本の新安全基準に合致した原発を使わないという

自虐一人相撲政策」は、

「滑稽」であるばかりでは無く、

「自虐一人相撲の漁夫の利を中・韓(北朝も含む)に与えてしまう」のだ。

「高学歴等を誇る国会議員候補等が、上記の様な当たり前の理屈を解らない訳も無い」。

「解っていて、

日本に自虐&中・韓(北朝も含む)に漁夫の利を与える事を訴えている、

確信犯の中・韓(北朝も含む)の手先」等と

「考えた方が納得し易い状況が其処にある」。

「日本国籍を持ち、日本国内で政治活動等している、

確信犯の中・韓(北朝も含む)の手先等」と

「其処に有利な社会の風を吹かせたり、其処に票を集める為の、

中・韓(北朝も含む)の手先情報工作による大衆誘導」という「姿」が、

「露呈している」のだ』。

『「戦後の日本の政治やテレビ・ラジオ・マスコミ等や教育等」は、

「上記のネット普及前は、露呈さえし辛かった中・韓(北朝も含む)系人脈」により、

「かなり歪めらて来ている状態」だ。

「今こそ、総選挙等も利用して、そんな歪みを是正するべき時」だろう』。

『「脱原発・原発ゼロ政党・候補者、以外!」が「正解」になる』。

|

アベノミクス失敗論者たちのあり得ない経済論・・・。

『「日本が持っている海外債権の利を無視」したり、「日本の円取引き株価の上昇をドル・レートに変換して、決して、高くなっていない等と嘯くインチキ論」等々まで使って、

「このまま円安(実は、円高是正)が続くと、その内、日本売りとなり、日本は超インフレ状態に陥る」等々と、

「あり得ない不安を煽る経済の専門家???たちが居る」。

「余程、円高是正が困る」のだろう』。

『「あり得ない経済論で大衆の不安を煽り、日本国内で円高容認風潮を起こそうとする事」は、

「中国共産党や、韓国(北朝鮮も含む)等々から、工作報酬でも貰っていたり」、

「中国株・韓国株等を持っているか、北朝鮮への投資等々でも行っている」のなら、

「正に、合理的」だが・・・』。

『「少し考えれば、誰でも分かる事」だが、

「円高是正レベルの為替で、日本を売って、何処の何を買うのか???」

「古今東西、買いに値するモノ」とは

「高技術だったり、高品質だったり、高資産価値等だったり・・・するのが人の世の常」だ。

「つまり、日本が高い技術や、高い品質や等々を維持している限り、日本売りで日本が超インフレ・・・などという事態は起こり得ない」。

「具体的に考える」なら、

「例えば、日本企業の株を売って、

韓国企業や、

中国共産党支配下の中国企業の株を買うメリットを感じる人々がどれだけ居るのか?」

「北朝鮮の企業に投資したくなる人々がどれだけ居るのか?」

・・・等々となる。

「多くの優良日本企業株は、健全な投資先に適している」が、

「中国共産党支配下の中国企業や北朝鮮の企業ともなれば、投資というより投機に近い」。

「異常な円高時には、増長出来ていた韓国企業等も、円高是正となれば、投資価値が低くなっている」。

「円高是正により、欧米先進国の企業買いのメリットより、日本企業買いのメリットが増えている」から

「実際に、日本の株価は上がっている」のだ』。

『「今一番の問題」は、

「円高対応で、多くの企業がその製造拠点等を海外移転してしまった事に対する是正が、未だ未だ出来ていない事」だ。

「このまま円高是正の流れが続き、

120円~程度のレベルが長く続く様な状態となれば、

必然的に、円高是正に合わせた対応を取らざるを得なくなる」。

「そうなれば、必然的に、国内での製造拠点も増え、正規雇用等も増える事になる」。

「高い技術や品質を保っている限り、日本国内は、安定的に豊かな状態になる」から、

「税収も増え、少子高齢化等も是正される事になる」。

「その状態は、

中国が幾つかの国々に分かれ、民主化され、

民主化後の中国が信頼性の高い技術や製品等を自国内開発出来る様になり、

その技術や製品等が日本の技術や製品等と肩を並べる様になるまで、

続く」。

「つまり、当分続く」。

「そして、その頃には、

人類全体が、

代償欲求追及型の精神構造や比べっこ原理主義等々から卒業し、

経済システム自体も是正されている事になる」。

「つまり、円高是正の先」には、

「日本が、現状経済システム最後の謳歌を味わいながら、新時代を迎える状態が在る」のだ』。

『「逆に、未だに、工作活動等に明け暮れている愚か者たち」は、

「永遠の恥辱に染まる道を歩む事になる」』。

『「今のまま行く」と「賄賂で汚染容認」の「中国共産党支配下の中国の害」で、

「地球環境問題は、想像より早く限界となってしまう」だろう。

「その害を出来るだけ減らす事にも、円高是正は有効」だ』。

|

テレビ・マスコミ有名人候補に有利な議員定数削減・・・。

『「国会議員の定数を減らす」も「国会議員の報酬を減らしたり、政党助成金を無くしたりする」のも「お金の面での効果は同様」だ。

「はっきりしている事」は「議員定数を減らせば、総議員数の中でテレビ・マスコミ等で有名人利権を増大させた議員の割合が増える事」だろう。

「つまり、議員定数削減」は、

「テレビ・マスコミ有名人議員を利す」ばかりでは無く、

「テレビ・マスコミ等の影響力アップに直結している」のだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」で、

「議員報酬削減や政党助成金廃止等がほとんど言われず」に、

「執拗に、議員定数削減の方ダケが言われる」のは、

「当然と言えば、当然」なのだ』。

『「筆者たち」は「議員定数削減は不要」と「考えている」。

「人口当たりの国会議員の数を考えれば、世界的に見ても決して多く無い」のが、

「日本の国会議員数の実情」だ。

「国会議員側にも、身を切る経済負担を言う」なら、

「議員報酬の削減や、政党助成金の廃止」で「良い」。

「しかし、国会議員にとって、もっと、重要な事」は、

「日本国・日本国民を豊かにする政治を行う事」だ。

「議員定数削減も行わず、議員報酬の削減や政党助成金の廃止も行わない」が、

「程なく、日本国・日本国民全体が、そんな事を気にしなくても良いくらい豊かな状態になっていれば良い」のだ』。

『「この当たり前の事を言わず、自分たちの利権増大の為」に、

「議員定数削減を大声で叫んでいる政党」や、

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」に、

「騙されてはいけない」』。

|

もはや、哀れの域、「民主党の公約」と「既得権益批判の江田」・・・。

『「豊かな中間層復活や原発ゼロ」という「上辺の優等生的綺麗ごと」の「裏」では、「全ての項目で、韓流・中共流等の人々にとっては非常に有益な」を「意図的に黙殺している様相」の、

「民主党の公約」・・・。

例えば、

「国民生活に留意した金融政策」等と言っても、

「円高容認政策」となれば、

「利を得るのは、中国共産党支配下の中国や韓国等の製造輸出業」だ。

「普通に考える」なら、

「円高是正で日本の製造輸出業を正常な状態に回復させる」と共に

「円高是正でダメージを受ける企業等への補助」が

「日本にとっての正しい道である事」は、

「疑いの余地が無い」。

「何故なら、日本の産業構造は、製造輸出業>輸入販売業だから」だ。

「経済的」に

「小で大を補えば程なく破綻する」が

「大が小を補い続ける事は十分に可能」である。

「原発ゼロと言えば、聞こえは良い」が

「中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中極東地域日本のみ原発ゼロ」では、

「核汚染の危険性は除去されていない中で、原発をゼロにする日本のみを電力面で不利にするダケ」だ。

「中・韓等に原発使用を止めさせる事が出来ない」のなら、

「日本の採るべき道」は、

「安全技術を高め続けながら日本の原発を使用・輸出する事」で、

「世界全体の原発の安全基準を引き上げ、世界全体で中・韓等にも世界基準を強いる事」だ。

「その道こそが、偏西風のある中で、

日本が中・韓等のアブナイ原発由来の核汚染を出来る限り避ける事を可能にする

現実的な道」である。

「そんな民主党」が、

「生活の不安を希望に変える人への投資」等とか、

「成長戦略」等とか言っても・・・、

「政策面等で応援し、成長させたい者・物・事等とは・・・」、

「日本乗っ取り支配等の邪夢・悪夢等の実現を頑張っている者・物・事等」を

「応援・成長・・・、なんじゃないの・・・」等と「感じてしまう・・・」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「脱原発問題」とは「歴史認識問題と同様の問題」なのだ。

「戦後、

中・韓(北朝も含む)等の現実離れした歴史認識(これが、現状のアブナイ原発に当たる)を放置したまま、

日本では、実質的に、明治維新頃以降の歴史認識を希薄にしていた(これが、日本のみ脱原発に当たる)結果」、

「現状の様な酷い状態になってしまっている」。

「もし、

戦後の日本の情報・教育で、

日本国民の多くが明治維新頃以降の歴史上の現実を十二分に知る(これが、原発の安全技術の向上と実使用に当たる)と共に、

世界にも十二分に知らせていた(これが、原発の安全技術の向上を世界にも広める事に当たる)」なら、

「中・韓(北朝も含む)等による歴史認識問題は起こっていない」だろう。

「多くの日本国民」は「歴史から学ぶべき」だ』。

『「小泉や小泉ジュニア同様、

韓流テレビ・マスコミ等頻出演&取り上げによる

有名人利権増大の恩恵に預かっている政治家の一人である、

江田」が、

「既得権益打破!」等を「訴えても」、

「日本の利権を破壊して、韓流人脈等への利権増大を図りたいダケでしょ・・・」等と

「感じてしまう」のも、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「野党の公約や訴えている事がコレ・・・では・・・」、

「既に、実行に移されてしまった、解散総選挙」には「疑問や不満等を感じている有権者」でも、

「民主党や維新の党等の野党に投票したくなる有権者が少ない」のも

「当然過ぎる程、当然」だ』。

『「民主党」はもちろん、

「共同代表が江田」の「維新の党」も、

「もはや、哀れの域・・・」だ』。

・・・・・・・。

『「昨今の流れ」は、

「ここ日本国は、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の国では無い」のだから、

「当然過ぎる程、当然」だ』。

|

社民・民主・生活の党は、元々同じ穴の貉・・・、其処に維新の党が加わるなら、維新の党も同じ穴の貉・・・。

『「少なくとも、その政党の主たる、もしくは、多くの実権を持つ者たちが、親韓(北朝も含む)・親中共の政党が、連携を模索している」様相だ・・・。

「それらの政党は、どの党でも、元々、実行したい政策」が、

「(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続ける中極東地域日本のみ・・・この部分は黙殺されている)脱原発」や、

「(経済原則を無視した・・・この部分は黙殺されている)太陽光発電等再生可能エネルギー発電(悪戯・・・もちろん、この部分も言わない)推進政策」や、

「(日米安保を希薄にする事で、中国共産党や北朝鮮等の武力脅し圧力を増させる事に大いに有効な・・・この部分ももちろん、黙殺)集団的自衛権反対!もしくは、骨抜き化、政策」や、

「(中・韓の輸出製造業等にとって大きな援助となる・・・この部分も、もちろん、黙殺)円高容認政策」等々、

「利韓(北朝も含む)国・利中国共産党&利韓(北朝も含む)系人脈・利中共系人脈だから、野合というより、政策連合みたいな事」だが、

「そんな、実質的、利反日国&利反日国人脈政党の政策連合」で、

「果たして、どれ程の日本の有権者の心が動くのか???」』

『「東西冷戦の終結や、北朝鮮による拉致問題等に対する対応で、もはや、風前の灯状態となった旧社会党の国会議員の多く」が、

「別の党の名の下で再当選を図った流れが、民主党」となり、

「旧社会党そのものを受け継いだ形になっているのが、社民党」だ。

「そして、民主党の中の争いで、外に出たのが、生活の党」だった。

「そして、旧社会党系の支持労組や支持新興宗教団体等で実権の多くを握りしめて来ているのが、所謂左翼(親韓・親北朝・親中共等)の人々」なのだ。

「それらの団体等の中に、一般日本国民を取り入れ、お仲間である韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等と共に、誘導等する事」で、

「支持票を得て来ている」のが「実態」なのだ。

「事実・現実関係を理解・把握した上で、少し考えれば、誰にでも、上記の政策等の()内の部分は、補足出来る筈」だ。

「例えば、上記政策の()内の事をちゃんと言う」なら、

「心から、上記の政策を支持出来る日本の有権者は、ほとんど居ない」だろう。

「()内等を意図的に黙殺する事で、支持先・投票先等を誘導等している」のだから、

「確信犯の詐欺みたいな事が行われている」のだ。

「そんな事態をまかり通らせ続けていて良い訳は無い」』。

『「その上記三党に維新の党も合流」という事になれば、

「維新の党の実権を持つ者たちの意向」も、

「上記の実質的、利反日国&利反日国人脈政策の実現という事」と

「捉えるのが普通」だろう。

「少し考えれば、誰でも分かる事」だが、

「共同代表の橋下も、江田も、韓流テレビ常連出演で有名人利権を増大させて来た政治家」である。

「つまり、韓流テレビに借りがある政治家・・・みたいな事」なのだ。

「韓流テレビの一推しは、未だに、野党の中では、一番多くの議席を確保している、かつては、政権を持ち、

実際に、円高容認政策等の利韓・利中共・利韓流・利中共流政策等を行った民主党」の様相だが、

「もはや、政権担当時の日本にとっての負の実績等から、民主党では、多くの有権者は動かない」。

「其処で、民主党に替わる受け皿を・・・と、作られた様相だったのが、維新の会」だった。

「この流れからも、維新の党も、民主党等と同じ穴の貉・・・的状態」は、

「当然」なのだろう』。

『「果たして、

内実では、

利韓(北朝も含む)国・利中国共産党・利韓(北朝も含む)系人脈・利中共系人脈等の政策を行おうとしている、

或いは、

悪戯なあら捜しや審議拒否等々で、国政を遅滞させる、

政党や、その政党の候補者」に、

「いったい、どれ程の、有権者が、心から支持して、投票出来るのだろうか???」』

『「自民党政治より、マシな政治を期待して、政権交代選挙時に、民主党等に入れた有権者たちの多く」は、

「内実を良く知らないまま、投票した、テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形状態だった・・・のだろう」。

「今回の総選挙時には、その様な操り人形的状態の有権者の数が、激減している事」を望みたい』。

|

せっかくの総選挙なので有効に使いましょう!・・・。

『「簡単な事」です。「選挙権は行使するべきですが、日本の血税を与えたく無い、政党や候補者には入れなければ良い」のです』。

|

選挙前、「中国共産党や北朝鮮も忘れるな!」と訴えている韓流テレビの哀れ・・・。

『「海兵隊が必要になるのは、制空権・制海権を得た後・・・等と、戦争が起こらなければ、海兵隊は要らないという嘘論(実際は、工作活動等の抑止力等として、海兵隊の沖縄常駐には大きな意味が有る)」を「沖縄辺野古移設問題」等では「風潮」し、

「工作活動団体でもある中国共産党を利そうとし」、

「国連の人権非難決議をダシ」に「北朝鮮の宣伝をしている様相」の、

「酷い番組」が「日本の公共の電波を使って、流されている」・・・』。

『「選挙前」なので、「中国共産党も、北朝鮮も、忘れるな!」とでも言いたいのだろう。

「つまり、裏切れば、そのスジの工作員からの粛清がある・・・とでも言いたいのかも知れない」。

「確かに、日本国内には、そのスジの工作員がウヨウヨ居る」ばかりか、

「警察・公安等も、ロクな摘発・取り締まり等は行えていない」。

「しかし、それは、戦後、長い事、

そのスジと大変仲の良かった(何しろ、拉致被害者が相談に行ったら、朝鮮総連にその旨報告・・・だったのだ)、それなりの大政党だった旧社会党(その流れは、今でも、民主党や社民党や、生活の党等に今も在る)や、

韓(北朝・中共も含む)流マスゴミや、

日教組等による教育等が、

スパイ・工作活動防止法等と戦前~戦中までの特高警察等を無理やり結び付け、

その成立を阻み続け、

日本国内をスパイ・工作活動天国状態にして来たツケ」だ。

「その上で、悪どもの粛清工作や日本人弱体化工作等々が、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法を用いて行われて来ているから」だ。

「北朝鮮の人権ほどでは無いだろう」が、

「電磁波工作や飲食物工作や自虐情報・教育工作やパワハラ等支配工作等々漬け」の

「戦後の一般日本国民の人権」も、

「かなり、酷い状態」なのである』。

『「そんな酷い状態を是正する為」には、

「選挙時にどの様な投票行動が有効なのか?」は、

「言うまでも無い」だろう。

「脅し情報等に屈する事無く、

現行法&現行の摘発体制では摘発し辛い粛清工作や弱体化工作を恐れず、適切な対策を施し(良く分からない方々は、他の記事をご参照ください)、

日本国内から、悪の工作活動等を駆逐する事等をちゃんと行う政党や政治家」に

「清き一票を投じる事」だ。

「韓(北朝・中共も含む)流テレビ・マスコミ等に操られて、自虐的な投票先を選ぶ事」は、

「絶対に避けるべき」である』。

『「もはや、実質的に、韓流(北朝・中共も含む)テレビ・マスコミ等や政党等は、終わっている」のだ。

「上辺の綺麗ごとで大衆を欺き、その裏で、中・韓(北朝も含む)を利す政策を行おうとする事」や、

「悪戯なあら捜しや反対!や審議拒否で、日本の国政を遅らせる事」等を、

「仕事とする国会議員」などに、

「日本の血税を与え続ける必要は全く無い」』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ局」や、

「公共的マスコミ等」は、

「日本の人脈の下で経営されるべき」だ。

「韓(北朝も含む)や中共流の者たちが、牛耳り、

一方的に大量配信出来る情報や論等を、

利韓(北朝も含む)や利中共に偏向させ続けて来ている状態」は、

「即刻、是正されるべき」である』。

|

みんなの党の解党と「審議拒否野党」民主党しか無いと言った哀れな方々・・・。

『「野党国会議員サバイバル野合が始まっている」。「少しでも大きく思える舟に乗れば、当選確率も上がる」とばかりに、「民主党へ入党を決めている、哀れな者たち、も、ポツポツ出ている」。

「もちろん、現状では、民主党が野党第一党」だし、

「労働組合の一部や、

立正佼成会等の宗教団体等や、

表立っては応援出来ないであろう在日韓国人の団体である民団等による、

組織的応援」が、

「総選挙時には、ついて来る」だろうから、

「短絡的に考えるなら、民主党から立候補させてもらった方が、生き残れる可能性は高い・・・等という事」になるのだろう。

「しかし、多くの日本国民は、

民主党政権時の酷い政治による、

利韓・利中共ぶりや、

今国会等での民主党のあら捜し重要法案先送り戦略や、

解散が決まったから・・・と重要法案を審議拒否する、

反対国政進行邪魔野党ぶり」を、

「しっかりと、覚えている」。

「そんな多くの国民の思いや記憶に寄り添う」なら、

「民主党への合流はあり得ない」だろう。

「与党に入って、実現させたい政策の実現を試みる」か、

「自民党や公明党に対抗出来るちゃんとした対立軸を提示した上で、新党をつくる」のが、

「まともな道」だろう』。

『「どうやら、みんなの党の中の、

民主党政権時の政治や今国会等での民主党の対応が良い等と考えている、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等にとって、

都合の良い方々等」が、

「民主党に合流した様相」なのだ。

「その様な方々等に、果たして、恐らくは、最大の目的であろう保身(再当選)はあるのだろうか?」』

『「多くの有権者」は「もはや、利反日国政党や、反対国政進行邪魔野党は要らないと考えている」。

「与党以上に、ちゃんと日本国・日本国民の為になる政策等を提示出来る野党を望んでいる」。

「もちろん、提示される政策等」は、

「{中・韓がアブナイ原発を平然と使い続ける中、極東地域・・・を黙殺した}脱原発や、

経済原則を無視した悪戯な太陽光発電の推進や、

戦争を連想させる事による集団的自衛権の有名無実化等、

上辺の綺麗ごとで大衆を欺く裏で、内実は、中・韓(北朝も含む)を利す政策等では無く、

内実がちゃんと日本国・日本国民の為になる政策等」だ。

「日本の国政に参加する、反対国政進行邪魔野党では無い健全な野党」なら、

「提示出来るのが当たり前の事」だ。

「はっきり言えば、与党より内実が良い政策を提案出来ない野党」なら、

「必要無い」のである。

「ましてや、反対国政進行邪魔野党」や、

「利他国(特に反日国)野党」なら、

「そんな党の国会議員たちに日本の血税を与え続ける事自体が異常」だ』。

『「せっかくの総選挙を有効に使う為」にも、

「有権者の良識ある一票」は「非常に重要」だ』。

|

何故、解散が必要だったのか?・・・。

『「与野党共々、消費税増税先送り賛成!では、解散の必要も無かったのでは?」等と「多くの方々が感じている」だろう。

「しかし、もし、解散しなかったなら、野党、特に、民主党等」は、

「三党合意を守らないのか!」

「安倍政権は嘘つきだ!」等々と、

「散々の反論をした」と「強く推定出来る」。

「その結果、国会は荒れ、増税を先送りする事の決定も大幅に遅れさせられた」だろう。

「そんな茶番劇国会よりは、解散~総選挙の方が、ずっとすっきりしている」と「思う」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「イザ、解散が決定的になった現状」では、

「もはや、三党合意を守らないのか!の大声も出て来ている様子も無い、ばかりか、

民主党も、消費税増税先送り賛成!」なのだ。

「有識者の多くが、増税すべき!等」と「言っているにも関わらず」、

「何処の党でも、増税しない事に賛成・・・」では、

「全く、野党としての機能も???」だろう。

「少し考えれば、誰でも解る事」だが、

「消費税が初めて設定された時」は、「その税率に関わらず、税のアップ率は無限大」だ。

「3%から5%への増税時」は、「税のアップ率は、1.666・・・倍」だ。

「5%から8%への増税時」は、「1.6倍」だ。

しかし、「8%から10%への増税」では、「1.25倍」になる。

「一般的に、人には、その差が、2割以上になると、差を認知し易くなり、

差が5割以上になると、大きな差を感じ易くなる

本能的特徴がある」。

「今までの増税割合」は

「大きな差を感じさせる増税割合だった」のだ。

「しかし、8%から10%への増税」では、

「差は認知し易いが、大きな差として感じる人の割合は、意外と少ないと推定出来る」。

「多くの有識者同様」に、

「例え、直近四半期のGDPがマイナスでも、増税するべき!」等と

「訴える政党等が在っても何の不思議も無い筈」なのだが、

「現状の主たる野党には、その様な見識さえ無い様相」なのだ』。

『「国会期間中なら、反対!政党」。

「解散となれば、節操無く、有権者に擦り寄る」。

「そんな政党の政治目的とは、いったい何なのか?」

「過去の実績から明らかな事」は、

「政策などは、どうでも良く、とにかく、日本潰し&利韓(北朝も含む)・利中共人脈等」というのが、

「本当の政治目的」という様相の政党も在る様だが・・・』。

『「アベノミクス批判も、実質的には、意味が無い」。

「何故なら、今の野党」は、

「アベノミクス実行中」に、

「アベノミクスより、こちらの手法の方が、もっと、日本社会は豊かになりますよ!」等と、

「多くの国民が納得出来る現実的な代案」を

「満足に提示出来ていないから」だ。

「それ以上に、

民主党政権時の異常な円高&株安、経済政策で、

日本が細る反面、中・韓が太っていた事等を、

多くの日本国民は、忘れていない」筈だ。

「民主党を始めとする今の野党」の「アベノミクス批判」には「全く説得力が無い」のだ』。

『「今期の国会を思い出せば、

民主党等の野党の行った主たる仕事???は、

会計監査的仕事で与党大臣等の、多くの場合些細な、政治と金の問題を露呈させて、正義ぶった事」だった。

「そして、それには、野党側の政治と金の問題まで露呈させるオチまで付いていた」。

「その裏で、重要法案の審議が、大いに遅れた」。

「こんな状態は、それこそ、時間と金の無駄」であるばかりか、

「日本の政治を停滞させる工作活動みたいなモノ」だ』。

『「今回の総選挙では、

日本を豊かにしない、

ばかりか、中・韓等の問題のある他国を利そうとする、

ばかりか、日本の政治を停滞させる工作活動みたいな事を行う、

・・・様な、国会議員を出来る限り、当選させない事」が

「重要」になる。

「日本に対して、実質的侵略行為を行い続けている国々を利そうとする様な人々」に、

「日本の血税が大量に与え続けられている事自体が普通の独立国ではあり得ない異常事態」なのだ。

「解散しなければ、

消費税増税先送りをダシとした

日本の血税を少なからず受け取っている国会議員たちによる

醜悪な茶番劇国会になっただろう」。

「独立国としての異常事態の是正に繋がる」なら「解散~総選挙は大いに意味がある」』。

|

「議員定数削減より豊かな日本社会になる政策を行ってよ!」でしょ・・・。

『「議員定数削減」とは「利権集中悪徳改悪であると同時に、デフレ同様の負のスパイラルの話し」だ。

「日本社会にとって重要な事」は「議員定数削減などでは無く、国会議員にちゃんと日本を豊かにする政治を行わせる事」に他ならない。

「それなのに、韓流テレビ・マスコミ等では、上記の当たり前の事を言わず、

議員定数削減という利権集中悪徳改悪を行わない事をまるで悪の如く風潮している」。

「その目的は、小泉政権時の利権集中悪徳改悪や、民主党政権時の、異常な円高&デフレによる負のスパイラル同様の、

日本社会に負のスパイラルエネルギーを充満させる事により、

中・韓(北朝も含む)に漁夫の利を与える事」だろう』。

『「重要な事は、日本社会を豊かにする事」だ。

「もちろん、他国への武力侵攻や侵略や工作等はダメ」だ。

「そんな事をすれば、逆に、細る」のは「今時の先進諸国の人々なら、誰でも分かる」。

「重要なのは、健康な発展」である。

「以上、言うまでも無いレベルの事」だが「勘違いや、揚げ足取り」も「居る」ので、

「敢えて記しておく」』。

『「日本を豊かにする仕事をちゃんとする」なら「国会議員の数を減らす必要は全く無い」。

「国会議員の働きにより、日本社会がより豊かになった」のなら、

「むしろ、応分に、議員定数や議員報酬は増やすべき」だ。

「より詳細な部分にまで、良い政治の影響を行き渡らせる為には、その方が合理的だから」だ』。

『「裏を返せば、有権者」が、

「日本社会を豊かにしない国会議員を総選挙時には選ばない事」が「重要」という事でもある。

「他国からの侵略や支配等を容易にする事」は「もちろん、日本を豊かにしない」ばかりでは無く、

「実質的には、売国・売国民行為に他ならない」』。

『「ある程度以上の現実把握能力等が有る人々にとって、上記の話しは当たり前の話し」だ。

「重要な事」は、

「まるで、貧民商売の様に、十分な現実把握能力を持っていない人々を操る悪事を行わせない事」だ。

「本来なら、とっくの昔に、取り締まられていても何の不思議も無い悪事」が、

「日本国内では、韓流マスゴミ等により、平然と行い続けられている」。

「言論の自由や、思想信条の自由は重要」だ。

「しかし、テレビ・ラジオ・大マスコミ等の座を使った大衆誘導等が許されて良い訳など全く無い」。

「公共的要素の強い媒体は、常に、公平な立場から、各論併記状態であるべき」だ。

「例えば、●主党偏向情報や、偏向政策情報等を、

日本の公共の電波や公共的状態にある大マスコミ等を使って、

一方的かつ大々的に発信し続ける事がまかり通っていて良い訳など無い」のである』。

『「沖縄の地方紙や地方局等の論調に従えば、

現実的な判断に基づいた投票行動等を失うのと同様の事態」が、

「日本国内津々浦々に、未だに、在る」。

「全ての日本国民」は、

「その様な罠から、自分を解放するべき」だ』。

|

絶対に忘れるべきでは無い「民主党政権時の異常な円高80円レベル&株価8.000円レベルで日本細り&中・韓太りという現実」・・・。

『「アベノミクス効果で、現状では、円レートは115円レベル&株価は17.000円レベル&大企業レベルでは給与も税収もアップ(報酬アップや補助等が、未だ、中小零細や非正規や年金受給者等にまで行き渡っていないのは、痛いが・・・)」。

「散々日本を細られた反面、中・韓等に漁夫の利を与えた、民主党等がアベノミクスに文句を言っても、ねぇ・・・」』。

|

円高前提論を語る中・韓の手先たち・・・。

『「低所得者は、円安(実際は、円高是正)で苦しんでいる」。「企業は、円高対策で既に製造拠点等を海外に移しているから、円安(実際は、円高是正)では、日本経済に良い効果は出ない」。

・・・等々という「円高前提論」が「韓流テレビ・マスコミ等の上では主流」だ。

「本来の日本のテレビ・マスコミ等」なら、

「企業は、円高是正の流れに対応する為、円高対応で海外に移した生産拠点を日本に戻すべき」等の

「当たり前の論を言うべき」である。

「その様な流れが顕在化」すれば、

「当然、日本の景気も一気に上向く、ばかりか、少子高齢化の是正にも繋がる」のだ。

「日本の為になる論を黙殺して、円高前提という中・韓等を利する論を、日本の公共の電波を使って一方的に大量配信している者たち」の「実態」は、

「中・韓の手先の情報工作員」に他ならない。

「中・韓の手先の情報工作員では無い」等と言うなら、

「真に日本の為になる論を主に言うべき」だし、

「中・韓の手先」なら、

「日本の公共の電波上や、公共的マスコミ等の中で、大々的かつ一方的に、語らせるべきでは無い」』。

『「そんな者たちの正体」を「はっきりと、露呈させている」のが「原発再稼働に対する言動」だ。

「円安(実際は、円高是正)で低所得者が困る」等と「庶民の味方を気取る」なら、

「原発再稼働で、電気料金を下げるべき」という「当たり前の事も言うべき」だが、

「連中の言動」では、「まるで、原発再稼働は悪い事・・・」だ。

「そして、電気料金を上げる事に直結している太陽光発電等については、まるで正義の使者扱い・・・」なのだ。

「連中の言っている電力政策等」は、

「中・韓等を利す為なら、正に、整合性が取れる論」に他ならない』。

『「集団的自衛権でも同様」だ。

「集団的自衛権とは、安全保障上の政策に他ならない」のだが、

「まるで、戦争に直結しているかの如く、嘯いている」。

「集団的自衛権で、日米安保がより強固になれば、例えば、中国共産党等による日本の領土・領海への不当進出は、行い辛くなる」。

「中国共産党がいくら軍備を増強しても、日米安保が強化されれば、日本への脅しとしての価値は、確実に落ちる」。

「逆に、集団的自衛権を骨抜きにして、日米安保を希薄にすれば、中国共産党や北朝鮮等の核や軍備による圧力は確実に強くなる」。

「それなのに、集団的自衛権をまるで、戦争に直結する悪い政策の如く風潮している」のだ。

「中・韓(北朝も含む)の手先ぶり」は「もはや、何処の誰が考えても、明らか」だろう』。

・・・・・・・。

『「解散~総選挙が確定的になっている」。

「韓流テレビ・マスコミ等に操られた自虐票を如何に減らすか」等が「重要なポイント」だ。

「多くの日本国民」が、

「利韓(北朝も含む)・利中共政策は、

利韓(北朝も含む)・中共政策として、

実体通りに認識出来る事」等は、

「ワクチン」になる』。

|

「韓流マスゴミはGDP-でアベノミクスは失敗!と宣伝」し、「利韓・利中共野党は、野合候補者調整に走っている」が・・・。

『「もちろん、実際は、アベノミクスは相応に上手く行っている」。「今、問題なのは、中小零細企業等の正規・非正規両方の労働者に十分な報酬アップが未だ出来ていない事」で、

「決して、アベノミクスの失敗では無い」。

それは、「政府の問題というよりは、労働者報酬を上げない経営者等の問題」に他ならない』。

『「ある意味では、笑える、或いは、むしろ哀れですらある」のは、

「利韓(北朝も含む)・利中共政党が、野合候補者調整や統一政党づくりに励んでいる事」で、

「そりぁ、言うまでも無く、表に出さない本音の政策では、

利日本では無く、

利韓国(北朝鮮も含む)や利中国共産党等なのだから、

いっその事統一して候補者調整したい」のは、

「当然だろう」。

「何と言っても、大量の議員等を引き連れて、中国共産党を表敬訪問した、あの小沢氏や、

維新の党の中の所謂左翼中の左翼(つまり、親韓等勢力)の小沢鋭仁氏等が、

統一政党づくり等に、熱心になっている」のだから・・・。

「それなら、いっその事、ちゃんと」、

「日本を利す事より、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利す政策を行います!」等と、

「本音をはっきり言うべきだろ!」等と

「思わず、つっこみたくなった」のは、

「筆者たちだけでは無い」筈だ。

「正体が既にバレバレの韓流テレビ・マスコミ同様、哀れな実態」である』。

『「大方の予測を覆して、今回のGDP値がマイナスになった原因」は、

「最初に述べた、中小零細企業等労働者までの報酬アップが遅れている事」が「一番」で、

「次に、夏の天候不順」だ。

「アベノミクス自体は、異常な円高が是正され、株価や税収がアップしている事からも明らかな様」に、

「順当な道」に他ならない』。

『「利韓(北朝も含む)・利中共という反日国を力づける反面日本を不利にする悪ども」に言わせれば、

「円高故に、中小零細労働者等や年金生活者等の生活が苦しくなっている!」だが、

「それは、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の為に、円高誘導する為の屁理屈」に他ならない。

「実際は、悪経営者が下請けや労働者報酬をアップしていない」から、

「ダメ」なのであると共に、

「低所得年金生活者等に対する社会福祉制度の出来が悪い」から、

「ダメ」なのだ。

「万一、日本にとっての悪どもの言う様」に、

「円高を是」とすれば、

「民主党政権時の様」に、

「中・韓が太り日本が細る事態」が

「程なくやって来る」。

「そして、中・韓(北朝も含む)が日本の自虐で漁夫の利を得る中、益々、日本は困窮する事になる」のだ。

「そんな事態を望む有権者」は、「情報がまともなら、極少数」になる』。

『「利韓(北朝も含む)・利中共等連中」の「頼みの綱」は、

「民主党政権成立時同様、そのスジにとって都合の良い情報で、大衆誘導する事」なのだ。

「もはや、そんな罠に落ちるのは、確信犯か、おバカか、誘導されている被支配民くらい・・・」だろう』。

『「総選挙の結果」として、

「利韓(北朝も含む)・利中共議員の数が減る」なら、

「総選挙は日本にとって、有益になる」』。

『「総選挙時」に、

「有権者が慎むべき」は

「自虐的な投票」という事だ』。

|

沖縄県知事選、「翁長氏当選!」を大騒ぎしなかった韓流テレビの思惑・・・。

『「以前の韓流テレビ等なら、大喜びで、トップニュースとして多大な時間を割き、辺野古新基地建設反対!の翁長新知事を英雄の如く扱っていた」だろう。

「ところが、現状は、意外な程、オトナシイ」。

「何故か?」』

『「一番可能性が高い」のは

「近々行われる事がほぼ確実な総選挙時の争点」として、

「辺野古新基地建設反対!を利用する為」だ。

「今から、騒げば、総選挙時の争点としてのコントラストが失われるから、訴えるメリットも減ってしまう」。

「其処で今は、意図的に抑え気味に・・・」なのだろう。

「総選挙時」ともなれば、

「県外移設は可能なんです!」

「綺麗な辺野古の海に新たな基地など絶対につくらせません!」等々の、

「民主党政権誕生時と同様のリップサービス」を「大々的に行い」、

「一票でも多く、一議席でも多く・・・というのが、韓流野党の作戦」だろう』。

『「もちろん、実際」は、

「県外移設は、米軍の構成内容から事実上不可能」だ。

「綺麗な辺野古の海に新基地建設反対!」等と言っても、

「多くの人々が住んでいない自然豊かな所は、みんな綺麗」だ。

「中国共産党等に対抗する為には、

米軍・自衛隊をより現代化したり、

合理化すると共に、

普天間の替わりとしてどうしても必要な部分を担保出来る、

出来る限り小さ目の基地をつくらなければならない必要性がある」にも

「関わらず」、

「自然豊かで綺麗な辺野古に基地をつくるな!」とは、

「普天間の様に、多くの人々が住んでいる市街地に基地をつくれ!」と

「言っているのと同じ」になる。

「基地事態を無くす事は、中国共産党により力を与える道に他ならない」』。

『「上記は、極めて、当たり前の話し」だが、

「その当たり前の話しを理解させないマスゴミ情報等が、沖縄には溢れている」。

「その実体は、まるで、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の為の情報工作による大衆誘導」だ。

「大衆誘導で操られている人々の実態」は、

「中国共産党等の下の有益分子(被支配民)」である』。

『「韓流野党や韓流テレビ・マスコミ等」は、

「日本国内に、

韓(北朝も含む)にとっての有益分子(被支配民)を出来るだけ多くつくりだそうとすると共に、

日本社会も、韓(北朝も含む)にとって都合の良い様にしようとする」。

「円高誘導等は、その一つの典型」だ』。

『「アベノミクスで、

円高是正

&日本の製造大企業等の業績回復

&それらの企業からの税制アップとなっている現状」は、

「消費税アップを先延ばししても、財政再建プランが大幅に狂わない程の税収アップをもたらしている」。

「元々、製造輸出大企業等が大きな利益を上げる事で、経済大国になっていた戦後の日本社会の社会構造」を「考えれば、誰でも直ぐに解る筈」だ。

「日本では、円高状態より円高是正状態の方が、税収も増える」』。

『「それでは、今の問題は、何か?」

「言うまでも無く、給与アップが中小零細企業等や派遣・アルバイト等にまで十分に行き渡っていない事」だ。

「それは、大企業経営者等による下請けや派遣・アルバイト労働者等への待遇改善等がまだまだ足りない事の裏返し」でもある。

「多くの日本国民の側に立つ、

民衆の為の政党やテレビ・マスコミ等なら、

アベノミクス非難では無く、

企業経営者批判や給与アップ社会風潮情報等が主となっているのが当たり前の状態」だ。

「ところが、悪質企業等」では、

「従業員等は、如何に低賃金でより多くの仕事をさせるか・・・、

消費者には、如何に利幅の大きい者・物・事売るか・・・、

等々により、

経営者利益や株主利益等を増やすか?等が目的だったりする・・・」のだし、

「韓流テレビ・マスコミや韓流野党等」は、

「お仲間にその様な悪質企業が多いせいか・・・?」

「多くの一般日本国民の好景気は嫌なせいか・・・?」

「経営者批判はロクにせず、

給与アップ風潮情報等はロクに流さず、

アベノミクス非難を続けている」』。

『「低所得者や低所得年金生活者」には「応分の補助措置が必要」だ。

しかし、

「それも、もちろん、社会保障の一環なので、元となるお金の担保(つまり、税収アップ)が必需になる」。

「利権集中悪徳改悪が少子高齢化を加速させた事からも明らか」な様に、

「中小零細・派遣・アルバイト等の給与アップは、人口維持の為の実効がある対策にもなる」のだ。

「多くの人々の給与が上がる事」は、

「税収アップ」にも、

「内需拡大」にも、

「人口維持」にも、

「実効がある有益な策」である。

「日本の為のテレビ・マスコミや政党」なら、

「その一番の大切な事」こそ

「声を大にして、訴えるべき」だが』。

|

「住職と檀家の争い」や「開運商法」等が露呈させている現状宗教法人の限界・・・。

『「現状である宗教法人が、維持~発展を望む」なら「道は意外と限られている」。

「何しろ、既に、人の誕生・死は細胞ごとである事が科学的に判明して久しい」のだから、

「もはや、ほとんどの人々は、あの世商売の客とはならない」のだ。

「未だに、国は、遺骨利権を保障している」ので、

「お寺等なら、墓商売は成り立つ」が、

「少子高齢化である上に、死生観の多様化から、旧来通りの金のかかる墓を望む客も減っている」』。

『「では、現状で維持~発展出来ている宗教法人とは、どんな宗教法人なのだろうか?」

「例えば、神道テーマパークや仏教テーマパーク的手法で、十分な維持~発展が出来ている所も在る」が、

「それらのほとんど」は「大きな伝統文化遺産としても成り立つくらいの旧来からの宗教施設等を保持している所」だ。

「中には、免罪符商売の如く、厄除け商売等で結構な利益を上げている所も在る」が、

「多くの人々を惹き付ける事が出来る厄除け商売が出来ているところとは、宣伝上手だったり、やはり、相応に大きな伝統文化遺産的施設を持っているところ」だ。

「江戸時代までは、至る所に在った、地域密着型の神社仏閣等レベルの大きさ」で、

「同様の手段での維持~発展は、困難」だろう。

「古くからの地域密着型宗教施設等を持つ宗教法人」なら、

「密着地域に依存した集金方法等もある」。

「該当地域の人口も経済状態も十分に対応可能」で、

「その地域の多くの人々が維持させたいと真剣に考えている」なら、

「十分な集金も可能」だろうが、

「少子高齢化で人口減少となれば、危うくなる所が出るのも当然」だ』。

『「新たに就いた住職が、檀家の人々と対立して、事件まで起こしてしまった宗教法人がある」のだそうだ。

「新住職は、その宗教法人を維持~発展させようとして、或いは、自らの経済的利益をより多くしようとして、

お金に出来る物はどんどんお金に換え、

檀家からの集金額も勝手に変更し、

不動明王を祀ったお堂まで壊して、

墓地を広げ、墓や檀家の数を増やす事で儲けようとした」らしい。

「利益追求の企業経営」なら、

「経営者の経済的利益の増大部分も含め、極々一般的な手法」だが、

「思いを預けているつもりの檀家の方々にとっては、あり得ない手法・・・」という事になる。

「開運商法に、休眠宗教法人が悪用されている例もある」』。

『「古くからのある程度の歴史のある宗教法人でも大きさによっては、そんな状態」なのだから、

「所謂、新興宗教ともなれば、もはや言うまでも無い」だろう。

「大きな新興宗教団体としては、創価学会や立正佼成会や国家神道等がある」が、

「それらは、みんな、政治との繋がりまで濃い(創価学会・公明党等、立正佼成会・民主党等、国家新党・自民党等)、現生利権追及団体」でもある。

「それほど巨大では無い新興宗教法人ともなれば、

かつてのオウムが、宗教法人であった様に、

大々的摘発でも受けなければ、

工作機関やカルト宗教である実体さえ、表沙汰にさせず、宗教法人利権を持ったままで、

利権追及活動や工作活動等を行っている」のだ』。

『「ほとんど全ての宗教法人は、宗教法人というよりは、一般企業や工作組織等と言った方が適切な実態」なのだ。

「もはや、宗教法人として、税制等で優遇するべき時代は、とっくの昔に終わっている」。

「旧来からの重要な伝統文化遺産の要素が強い宗教法人等は、伝統文化遺産として保護すれば良い」。

「それ以外の新興宗教や、古からの宗教等は、宗教法人として保護するのでは無く、一般企業として扱い、その維持発展等も、その集団や地域等に委ねるべき」だ。

「国は、いい加減に、死因究明の徹底と共に、遺骨利権の温存を止めるべき」である。

「そして、一般日本国民に害を与える工作活動等を行っているところは、ちゃんと摘発するべき」だ。

「人の誕生・死は細胞ごとなので在り得ない丸ごと一人の霊や怨霊等を元にした」、

「霊商法」や

「不確定な未来という科学的現実を無視」した、

「開運商法」や、

「無理やり霊や霊障等をでっち上げる為の、電磁波工作や飲食物工作(実質的傷害犯罪)」

「電磁波悪用等の覗き・盗聴等(実質的プライバシーの侵害)」による「透視やお告げ」等々、

「実質的犯罪行為」は「ちゃんと摘発するべき」だ』。

『「宗教法人等は特別扱い・・・」で、

「こんな当たり前の改革や対策さえ出来ない政治や警察等」では、

「本当に情けない」』。

|

当然の様に翁長氏当選で幕を閉じた沖縄県知事選だが・・・。

『「翁長氏当選でも、普天間移設計画は変わらない」。「結果として、得られるのは、翁長新沖縄県知事等が、抵抗している間の分だけ、普天間移設が遅れる事」だ。

「沖縄県民の多く」は「かつて、民主党政権を選択した時と同じ過ちを犯してしまった」のだろう』。

『「この事態で、一番喜んでいる」のは「中国共産党」だ。

「普天間移設等、日米の安全保障体制が遅れる分だけ、つけ込む余地が増えるから」である。

「中国共産党の手先」に「操られた人々の数の多さ」には、

「呆れるばかり・・・」だ』。

『「基地移設問題が混沌とすれば、する程、沖縄県内は衰退する事になる」。

「移設に伴うお金」は、

「なかなか、ふるまわれず」、

「米軍基地故の経済も不発となり」、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の手先たちは、

ここぞとばかりに、沖縄への影響力を強めようと働く事が容易に推定出来る」ので、

「観光にも影響が少なからず出る」』。

『「翁長新沖縄県知事」が

「早々に、現実路線へ方向転換しない限り、

沖縄にやって来るのは、

更なる苦境となってしまう」だろう。

「そんな事態を本気で望んで清き一票を入れた沖縄の有権者は極少数・・・」だろうから、

「多くは、操られた有権者になる」のだ』。

『「マスゴミ等に操られ続ける有権者」とは、

「被支配民」に他ならず、

「他の人を支配する事でしか成り立たない独裁政権や独裁者は被支配民が大好き」だが、

「今時の、多くの、自由が好きな民主主義国家の民」は、

「被支配民の解放を望んでいる」のだ。

「解放の第一歩は、被支配民の自覚と自分の解放」に他ならない』。

『「沖縄の方々の今後の健闘」を「心から願っている」』。

|

朝日新聞木村社長の引責辞任劇・・・。

『「是正の道筋をつけた後、木村社長は責任を取って退任し、後任を渡辺取締役に・・・」という「朝日新聞の役員人事が行われるらしい」。

つまり、「上辺では、是正とか、責任とか、

言葉だけ見聞きすれば、朝日も反省して態度を改めるのでは?等と

性善説の多くの人々等なら思い易い、

優等生的言葉を並べている」が、

「朝日は基本的に変わらないという人事」だ。

「今後の筋書きを示した上で、ツウツウのお仲間役員にトップを任せるという人事」は、

「現状の朝日新聞の実権の多くの握っている役員全員が退任する」とか、

「会社自体を清算し、新たな役員の下で、新会社として出直す」等の、

「実のある改善では無い」』。

『「何故、労働組合等の多くが、所謂左翼(つまり、親韓/北朝/中共等)なのか?」を

「考えれば、朝日の問題も良く分かる」と思う。

「労働組合等の多くを牛耳っている者たちが、所謂左翼だから、所謂左翼になってしまっている」のだ。

「その組織で、実権を持ち指導出来る立場に居る者たちの多くが、

所謂左翼(親韓/北朝/中共等)の者たちになると、

その組織は一気に所謂左翼化される」。

「それは、労働組合等でも、新興宗教団体でも、政党でも、企業でも、・・・皆同じ」だ。

「何故、その様な事態が生じるのか?」

「所謂左翼(親韓/北朝/中共等)の者たちの基本的目的」が、

「他人や社会を、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等にとって都合の良い状態にする事だから」である』。

『「実際」に、

「朝日新聞を含む韓流テレビ・マスコミ等」は、

「日本の中のテレビ・マスコミの座まで使って、

多くの日本国民や日本社会を、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等にとって都合の良い状態にしようとして来ている」。

「そんな異常事態をつくった元」は、

もちろん、「その組織を牛耳って来ている権力者たち」だ。

「何しろ、企業の権力者たちなら、採用権や人事権まで持っている」のだから、

「それらの者たちの思惑に、より都合の良い者を雇う事や、出世させる事や、厚遇する事等」まで、

「簡単に出来てしまう」。

「逆に、都合の悪い者たちの排除や冷遇」だって

「簡単に出来てしまう」。

「その悪の成果」が、

「戦後~今までの偏向テレビ・マスコミ情報等」だ』。

『「長い事、

韓国による竹島不当占拠や、

在日韓国(北朝鮮も含む)人等の特別扱いや、

北朝鮮の拉致を始めとする数々の工作活動等が、

大問題にされて来なかったのは、

何故か?」

「強制連行」や「従軍慰安婦」や「創氏改名」等が、

「旧日本軍や日本国や日本人が行った、大々的な大悪事の如く、

言われ続けて来た」のは、

「何故か?」

「日韓併合時や朝鮮戦争時に、

自主的に渡来し、

母国・祖国に帰らず、

自らの利益等の為に自主的に日本名を率先してつかっている韓国(北朝鮮も含む)人たちの事が、

強制連行され、

差別され続け、

名前まで日本名を強制された可哀そうな人々等と思わされて来たのは、

何故か?」

「中・韓(北朝も含む)に対する土下座外交等が、まかり通っていたのは、何故か?」

・・・「その元は、

戦後の親韓/北朝/中共等人脈が牛耳っている組織の下で出され続けて来た情報・教育や政策等」だ』。

『「朝日新聞が、本気で改善する」なら、

「清算~人脈も新たに出直し」が「一番すっきりする」。

「何故なら、それは、散々、多くの日本国民や日本社会に負の影響をもたらして来た者たちへのいくらかの罰にもなるから」だ。

「清算が出来ないのなら、少なくとも、本社役員の全員退任は必需」だ。

「そして、社外、否所謂左翼人脈の者(所謂右翼である必要は全く無い)を、本社役員として、半数以上起用する」等の、

「実のある改善策を実行するべき」だ』。

『「実のある改善策が実行されない場合の朝日新聞」を、

「所謂左翼人脈の利権増大等を望んでいないのに、お金を出して読むのは、どうだろう?」

「実の無い改善策が、読者減らしの特急券になる」くらいの

「成熟した日本社会になっている」なら「良い」のだが』。

|

大義無き解散を責めるセコイあら捜し質問で重要法案審議妨害していた野党・・・。

『「大義が無い」と「言うのは簡単」だ。「同様に、総理は、解散権を持っている」と「言うのも簡単」だ。

「どちらも、人寄せパンダ狙いのキャッチコピーやその反論等に過ぎ無い」から

「言うのは簡単」なのだ。

しかし、もちろん、「政治や投票先選びの問題」は、

「そんなところには無い」』。

『「解散で、いくつかの重要法案は廃案となり、一から出直しになる見通し」だが、

「少し前のニュースを思い出せば、誰でも分かる」だろう。

「解散故に、重要法案が廃案に追い込まれるのでは無く、

あら捜し野党の時間潰しで、

重要法案審議等が今頃までずれ込んでいる」のだ。

「政治と金の問題」と言ったって、

「かつてのロッキードやリクルートの様な本当に深刻な大問題は出て来なかった」。

「そのほとんどが、

収支報告書の記入ミスや、

実質的には、大利益供与になどなり得ないが問題にすれば、問題に出来る団扇紙使用や、

秘書等が使った小金額だがイメージを悪く風潮出来る使い方等々」、

「重要法案を後回しにして、大々的に時間を割く程の問題では無い事」だった。

「優先順位をつけて、重要法案を成立させた後にでも、やれば良い事」だった。

「それなのに、あら捜し大騒ぎ野党」は、

「まるで、日本の国政を停滞させる事が目的であったかの如く、あら捜し大騒ぎを優先させていた」のだから、

「そんな国会議員や政党など要らない」等と「感じていた有権者も多かった」。

「その野党が、今度は、大義無き解散!等々とやっている」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「民主党などは、選挙向けのマニフェストを急いで作る旨言っている様」だが、

「当然、かつての民主党政権時に実行した事と同様」で、

「円安ダメ!円高歓迎!!」

「原発再稼働ダメ!太陽光発電大歓迎!!」

「普天間ダメ!古いヘリとオスプレイの入れ替え反対!集団的自衛権は中・韓(北朝も含む)を刺激しない様に骨抜きに!」等々の

「利韓(北朝も含む)・利中共政策が中心になる」だろう。

「そして、その裏には、外国人参政権等も忍ばせて、

以前の総選挙時と同様に、

上辺では一般日本国民と見分けがつき辛い民団等の在日外国人による

表沙汰にされ辛い応援や資金援助等も得るつもり・・・」かも知れない。

「政権交代は無理でも、出来るだけ多くの議席を獲って、

今国会で、あら捜し大騒ぎで国政停滞を招いた手法と同様の手法で、日本の国政を停滞させる事」で、

「韓(北朝も含む)や中共に漁夫の利を与えるつもり・・・」かも知れない。

「果たして、実際は、どんなマニフェストが出てくるのか?」

「以前とは、全く違うマニフェスト等なら、それは、それで、何で?が重要な要素になる」。

「人脈自体が変わらなければ、根本から変わる事は、不自然過ぎる」。

「そんな場合の表の変化の実体は、多くの場合、内実を誤魔化す為の仮面」なのだ。

そして、

「韓流テレビ・マスコミ問題からも明らかな様に、人脈自体が変わる事は、滅多な事では起きない」』。

『「大義無き解散!」でも、「重要な事は、各政党や候補者の内実」だ。

「内実を考えれば」、

「もはや、国政停滞、利韓(北朝も含む)・利中共の党や候補者に票を入れる様な有権者」は、

「ほとんど出ない筈」だ』。

『「重要な事は、日本の為になる国政を進展させる党や候補者の割合を増やす事」だ。

「多くの有権者は総理が解散権を使った」なら、

「選挙権を放棄する事無く、

出来る限り、自分たちの為になる政党や候補者に

票を投じるべき」である』。

|

反日国の手先を葬り去る絶好のチャンス「解散~総選挙」・・・。

『「早くも、韓流マスゴミや親韓(北朝も含む)・親中共政党は、解散~総選挙で少しでも多くの議席を確保するべく、情報工作等を始めている」。

「曰く、消費税増税先送りでも、選挙の必要など無い・・・。今、選挙を行うのは、エゴである・・・。等々」・・・。

「正当な政策論議では無く、その様な{選挙否定感を煽る情報}まで使って、足搔いている様」には、

「多くの方々も呆れている」だろう』。

『「野党の奥の手は、候補者調整」で、

「政治理念も目指している政策も全く違う政党同士が、少しでも当選者を増やす為に・・・」と

「野合し候補者調整する、その姿」は、

「本当に終わっている」。

「政党らしい根性を示すのは、共産党くらい・・・」だろう。

「野党の野合候補者調整が可能な理由を考えれば、誰もが納得する筈」だ。

「掲げている政策等を、

実現可能とは思っていない、

もしくは、どうでも良いと考えている、

または、ハナからやる気が無い、

・・・等々だから、野合候補者調整が出来る」のだ。

「そんな野党は要らない」と「強く感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「今回、もし、既に法律として決まっている消費税増税を先送りし、

その是非を問う為等の理由で、解散~総選挙が行われ」、

「万一、与党が負けた」なら、

「消費税即増税で無ければおかしい」。

「反与党野党が、先ず訴えるべき」は「消費税増税するべき!」になる。

「消費税増税は、民主党・自民党・公明党の三党合意で増税法案が通っている」のだ。

「もし、民主党までもが、消費税増税先送り賛成!なら、与党と民主党との違いは何処?」という話しになる』。

『「反与党野党が、消費税増税先送り問題以外で、

反与党を訴えるとしたら、

脱原発!や、

集団的自衛権反対!や、

アベノミクス失敗!(???)や、

円安悪いぞ!等になる」だろう。

「ここで、少し考えれば、誰でも、分かる筈」だ。

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、意図的に黙殺される場合がほとんど・・・脱原発!」や、

「日米安保をより強固にする・・・これも、意図的に黙殺されている場合がほとんど・・・集団的自衛権反対!」や、

「製造輸出業等が円高是正で生産拠点を国内に戻す事等から始まる本格的な好景気前のアベノミクス非難」や、

「円高是正を悪とする事」の

「実体」は「利韓(北朝も含む)・利中共政策である事」が。

「日本を脱原発させ、日米安保を希薄にすれば、中国共産党支配下の中国や北朝鮮が持つ核兵器の脅し圧力は、確実に増大する」。

「日本が原発を止める中、中・韓が平然と使い続ければ、安定大電力を比較的安価に手に入れられる分だけ、中・韓の中の企業等が有利になる」。

「アベノミクスで株価が上がり、多くの企業は銀行から資金を引き出し易くなり、設備投資等も行い易くなったが、それらを実践するのには、タイムラグがある。

従業員給与等も同様だが、大企業等では、既に、上がっているところも少なく無い。

客観的にみるなら、アベノミクスは相応に成果を生み出し続けている。

その流れを止める事は、日本企業を不利にする事だ。

日本企業が停滞すれば、漁夫の利を得るのは、場所も近く、同業種も少なく無い、中・韓等の企業になる」。

「円高是正を円安!と叫び、円安悪いぞ!と脅す事で、円高を誘おうとする事」は、

「実際に、民主党政権時の異常な円高時」には、

「多くの日本企業が細り、

中・韓の企業が太り易くなっていた事からも明らかな様に、

中・韓を利する事」に他ならない。

「中・韓を経済や圧力軍事的に利す事で、韓(北朝も含む)系人脈による日本支配体制を増大させたい者たちや、

日米を遠ざける事で、日本を中国共産党の支配下に置きたい者たち等にとっては、

正に、合理的な政策」なのが、

「脱原発!」や「集団的自衛権反対!」や「アベノミクスだめ!」や「円安ダメ!」等々だ。

「果たして、中や韓(北朝も含む)を利したい有権者」は、

「どれ程居るのか???」』

『・・・「もう、既に、明らか」だろう。

「もし、総選挙があるなら、有権者が考えるべき」は、

「日本を利す候補者・政党か?」

「中・韓(北朝も含む)を利す候補者・政党か?」だ。

「中・韓(北朝も含む)の手先マスゴミ等に騙されなければ、ほとんどの有権者が日本を利す候補者・政党を選ぶ」だろう。

「それこそが、本来の結果」である。

「何故なら、ここは日本国だから」だ』。

『「もし、解散~総選挙がある」なら、

「今度こそ、本来の結果が出て欲しい」』。

|

日本国と中国共産党の首相会談・・・。

『「全てのマスコミ等は、ちゃんと実体通り伝えるべき」だ。「所謂、日中首脳会談の実体」は「タイトルの通り」である。

「現状の中国」とは「国家・国民の上に在る中国共産党の支配下」だから、

「日中首相会談と評しても良いのでは・・・」というのは「中国共産党の都合に沿ったインチキ論」に他ならない。

「国家・国民の上に中国共産党という事の本質は、全ての国家・国民の上に中国共産党」なのである。

「だから、実際に、中国共産党は、その支配権を全世界に広げるべく、数々の工作活動を行うと同時に、覇権主義と評される侵略行為を続けている」のだ。

「その中国共産党の首相との会談では無く、中国共産党支配下の中国の首相との会談という意味になるのだから、

中国共産党トップの周との会談が、日本国と中国との間の首相会談というのは、

実態とは全く違う事になる」』。

『「そもそも、独裁政権」とは、

「自分を自分で健康にコントロールし続ける本来欲求を満足に充足できない未熟者たちや病人たちが、

他人を支配したり、

他人に支配されたりする事で、

成り立つ、

支配/被支配の構造を基本とする政権」である。

「もちろん、中国共産党も独裁政権」だ。

「中国共産党を始めとする独裁政権」にとっては、

「他の全ての人類を支配し切れない事」は、

「独裁政権の限界、つまり、終わり、を意味する」。

「限界が露呈する事=もはや、その国家・国民の上では無い事」から「国家・国民の上という嘘、もしくは、インチキが公然化する事になる」のだ。

「もう少し、詳しく記そう」。

「その国家の民の上に在る中国共産党等の独裁政権のトップ」と、

「他の民主主義国家等の首相が、同じ位の立場となる」なら、

「独裁政権下の民は、他の民主主義国家等の民の下になる事になる」。

「何故なら、民主主義国家等では、主権在民であり、例え、国家の首相と言えども、その位は、基本的に他の一般国民と同じだから」だ。

「実態としても、実際に、民主主義国家等の民より下に位置している」のが、

「独裁政権下の民」だ。

「それは、自由に職業を選び、自分の能力を発揮する事に勤しむ事が出来る民主主義社会の民」と、

「独裁政権に決められた、或いは、区分された、職業や工作活動等に勤しむしか無い独裁政権下の民」とを比べれば、

「その優劣は、誰の思いの中でも、明らか」である。

「こんな現実情報」が「独裁政権下の民に行き渡ってしまっては、独裁政権は成り立たない」から、

「独裁政権国家には、情報統制や移動の不自由や鎖国的対応等々が付き纏っている」のだ。

「独裁政権の崩壊を防ぐ為」には、

「全ての人類から、独裁政権による自由略奪&拘束・支配等に文句を言わない様にしなければならない」。

「つまり、独裁政権には、全ての人類を、その独裁政権の支配下に置く必然がある」のである。

「だから、実際に、何処の独裁政権でも、限界がその国の多くの民に露呈しない様にする為」に、

「その国の多くの民を実質的な鎖国状態や情報統制の下に置いたり、全世界を侵略し支配下に置くべく覇権主義に走る」のである。

「そんな独裁政権としての根本的性質を持つ中国共産党の首相」と「現状の先進国の一つ日本の首相」の「会談」は、

「断じて、単なる国家首相間の会談では無い」』。

『「日本人と中国人の友好関係は重要」だ。

「しかし、中国共産党と日本国の友好関係は在り得ない」。

「何故なら、中国共産党と友好関係があると中国共産党が認め得る国家」とは、

「中国共産党の支配下に在る国家のみだから」だ。

「例えば、まるで、清時代の如く、中国共産党の下で笑顔をつくっていた状態のかつての北朝鮮や今の韓国」なら、

「中国共産党も友好国として認められる」だろう。

「しかし、普通の国対国の対等関係を持とうとする全ての国家」は、

「中国共産党の友好国とは成り得ていない」。

「それらの国々に対する中国共産党による微笑み外交の実体」とは、

「それらの国々の中により容易に中国共産党の手先を送り込む為の布石」なのだ』。

『「幸いな事に、中国共産党との首相会談で、安倍総理に対して、周は微笑まなかった」。

「つまり、それだけ、日本側は、支配下では無く、対等な国としての対応をしたという事」である。

「ところが、日本の中の韓(北朝も含む)流や中共流のマスゴミ」は、

「周の笑顔が無かった事を問題にする」。

「正に、異常」である』。

『「事実・現実の上に立てる中国人とは仲良くするべき」だが、

「中国共産党の様に、存在自体が、人類の事実現実を前提としていないところに在る組織に忠実な中国人と心底仲良くなる事」は、

「その被支配民になりたいという自虐的な、或いは、病的な欲望でも無い限り、不可能」だ。

「代償欲求に過ぎない支配欲に生きたい者たちや、自虐的、或いは、病的な、被支配欲の虜たち、に必要」なのは、

「先ず、自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の上に生きる

健康な人として当たり前の習慣を取り戻させる、或いは、身に付けさせる、

カウンセリングや精神療法」に他ならない。

「もちろん、それは、首相間の会談等国際上の公の場等で行われるべき事では無く、

病人や未熟者たちが、自覚症状があるなら、自ら進んで、病院やカウンセラー等の下に行って行うべき事」だ。

「自覚症状も無いなら、世界的に、強制隔離して、強制的に治療の下に置くべき必要のある状態の者たちという事」である』。

『「中国は、出来る限り早く、中国共産党による独裁支配体制から脱却し、民主化するべき」だ。

「本当の日中首相会談や日中友好関係はその後」である』。

|

法ステに来春以降はあるか?・・・。

『「民主党支持への偏向」はもとより、「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中極東地域日本のみという重大要素を黙殺した、偏向脱原発論」や、「太陽光発電万歳論」等々、「日本を不利にする反面、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を有利にする」のに「有効な論」で「大衆誘導を行おうとし続けている番組の一つ」の様相の「法ステ」に「来春で打ち切り」という「噂が流れている」。

「日本の公共の電波を使っている」のだから「当然・・・、むしろ、遅過ぎる話し」だ。

「韓流テレビ」には「法ステと同様の番組が山ほどある」のだから、

「行うべき」は「番組打ち切り」では無く、

「人脈そのものの入れ替えであるべき」だが』。

『「法ステ」を「配信しているテレ朝」では、

「例えば、今回の羽生選手とエン・カン選手の事故当時の全体像映像も事故当初から持っていた」のだが、

「それが、流されたのは、おそらく、本日の朝番が最初・・・」だろう。

「その映像を見れば、誰もが分かる事」だが、

「基本的にほとんどの選手が反時計回りで公式練習している時」に、

「羽生選手の姿を確認した後のエン・カン選手が、時計回りに進行方向を変え、羽生選手の進路に向かっている」。

「更に、羽生選手がジャンプ前の後ろ向き姿勢の時」に「合わせるかの如く」、

「エン・カン選手は、先に一回転した後、前向きの姿勢で直進し、羽生選手に衝突している」のだ。

「ところが、テレ朝の論調(朝番に限らない)」では、

「スピードが出ているのでとっさの判断は不可能(だから、エン・カン選手は悪く無い)」である。

「いくらスピードが出ていると言っても、

よりスピードの出ていたエン・カン選手側でせいぜい時速30キロ程度」だし、

「回転して衝突時に後ろ向きだった羽生選手側は、当然、そんなに速く無い」。

「スポーツ選手」が、

「時速30キロ~仮に羽生選手側が時速20キロも出ていたとして双方合わせて50キロ程度の

人の大きさモノの判別も出来ない訳も無く、

前向きなら衝突を避ける対応も出来ない訳も無い」のだが、

「テレ朝では、日本人女性スケーターを使い、

わざわざより速度感が高くなる映像の取り方までして、

検証???」し、

「エン・カン悪くない論を公然化しようとしていた」のだ。

「テレ朝の色々な角度からの映像でよりはっきりした」のは「衝突時の態勢」で、

「前向きのエン・カン選手」は

「羽生選手が振り返る瞬間に合わせるかの如く、

右腕を下に構え、

顎に当てる準備している様相」にも見えた。

「羽生選手が、顎を引いたと共に、エン・カン選手の右腕をとっさに押さえた」ので、

「実際に起きた衝突事故の実態になった」が、

「羽生選手が衝突直前まで後ろ向きだったが故の延長線上の全く無防備状態で、

エン・カン選手が右手のひらに体重を乗せて羽生選手の顎を突いていた」なら、

「とんでも無い事態になっていた・・・」だろう。

「しかも、その後の羽生選手の決死の出場」に対して、

「出場したのは、どうも・・・」等と、

「まるで、出場出来た事をくやしがる、或いは、問題とするかの如き論調」を「公然化させようとしている」のも、

「オカシイ」。

「まるで、今後の怪我の経過次第では、

羽生選手の選手生命が危なくなってしまっても、仕方ない・・・」と

「大衆を納得させる為の布石の様」で、

「日本国内の病院等にも、少なく無い数の韓(北朝も含む)や中共の手先が居る、

ばかりか、日本国内にもそのスジの多数の工作員が居る実態を考える」と、

「治療の為の医者や病院や周辺警護等」は「大いに注意するべき」だ。

「工作活動国家等にとって、工作の失敗は絶対に許されず、

一度ターゲットとされた者には、

余程の事が無い限り、

執拗に工作が仕掛けられ続ける」からだ』。

『「そもそも、独裁政権」とは、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、関係する他のすべての他人を被支配民とする事」でしか、

「成り立たない政権」である。

「鎖国時代ならイザ知らず、国境線が低くなっている現状人間社会」では、

「独裁政権による被支配民ターゲットは、世界中の人々と言っても過言では無い」』。

『「独裁政権の支配ロジック」を「簡単に説明すれば以下の様になる」。

「基本的に、親独裁政権側の有益分子と、反独裁政権側の不適応分子に区分する」。

「有益分子の中の経済・能力的有能者たちをより優位に立たせるべく、不適応分子の中の経済・能力的有能者たちを工作活動で蹴落とす」。

「有益分子でも、不適応分子でも、経済・能力的有能者以外は、監視と工作活動でぶつけ合い衰退させる」。

「ライバルを工作活動で蹴落として有利に能力を発揮出来る状態になった経済・能力的有能者たちから、権力による圧力・脅し等で賄賂等(性奉仕等の場合もある)を取る」。

「衰退させた多数の小モノたちを含めて、権力・脅し等とお金で支配する」。

「表向きの軍備等は、実際に使えば、自由主義側に敵う訳も無いので、脅しの為の仮面に過ぎ無い」。

「つまり、巷に溢れている下々工作員たち等は、脅し・監視&つぶし合いで、自らも衰退させられているおバカ」で、

「おバカがおバカであり続けないと成り立たないのが独裁政権」である。

「おバカをおバカであり続けさせる為に行っているのが、使えない軍備と同様の、脅しや恐怖政治という訳」だ』。

『「旧ソ連」とは「欧米列強が近代化を行った時」に「その時のレベルの産業構造等を元に、共産主義理想を作り出し国家としての応用実験を行った国」だった。

「元々、近代化とは、色々な人々の自由な発想や行動・制作等の競争で成り立っていた」のだが、

「それを、国家レベルで統括した」のだから、

「その弊害は計り知れない」。

「自由を失った多くの人々」と「一般市民を指導する{優秀であるべき共産党員}」という「組み合わせ」は、

「そのままでは、当然の如く破綻する」。

「そこで、生まれたのが、例えて表現するなら、近代独裁政権」だ。

「その支配ロジックは、上記の通り」である。

「近代独裁政権の元、旧ソ連は、今は、もうロシアとなり、社会体制も徐々に、一般欧米化している」。

「近代独裁政権のままで動いているのは、中国共産党と北朝鮮くらい・・・」だ。

もっとも、今でも、

「より宗教色の濃い、旧来の独裁政権に近いアラブ圏の独裁国等」や、

「仮面民主主義社会であり、実際は、近代独裁政権状態に近い韓国の様な国」も「在る」が・・・』。

『「日本国内にも多数居る、韓(北朝も含む)や中共の手先たち」の「自主的(その流れはどんどん強くなって行く)打ち切り」同様、

「その様相のテレビ番組等の打ち切り」は、

「冷戦終結で壁が崩れるのと同様の必然」なのだ』。

|

中国共産党支配下の中国の選手エン・カンと羽生選手の激突問題・・・。

『「一番の問題」は「公式練習時にぶつからない為のルール等が設定されていない事」だろう。「その隙を突いた様相の激突劇(策略)の様相だった」のだ。

「尖閣諸島に対する不当進出ぶり」や「ウィグル等{自治区}に対する支配強化ぶり」や「香港の学生デモ鎮圧ぶり」等々からも「明らかな様」に

「中国共産党」とは「現在でも、今時としては、既に時代遅れで、恥にもなる策略等を使ってでも、中国共産党による支配権を強める事に邁進しているモノ」だ。

「その様な中国共産党の実体」から「容易に推定出来てしまう事」は、

「支配下の選手エン・カン」に対し、

例えば、

「日本の象徴的選手である羽生選手の選手生命を奪ったなら、●●●●の報酬」、

「今大会で、出場停止に追い込めば、●●の報酬」、

「メダルが取れない状態に追い込んだなら、●の報酬」、

「工作実行を断れば、●●●の罰」等の、

「命令が下っていても、何の不思議も無い事」だ。

「そして、公式練習時のルール上の隙を教えて置く」・・・』。

『「映像から見る」と、

「ぶつかる前からエン・カンの右腕は、

まるで、羽生選手の顎を狙って、

接触時に全体重をかけて相手にダメージを与える体術の一つの技を構えている様にも見える」。

「幸いにも、羽生選手がぶつかる直前に顎を引いたので、羽生選手の頭の方が先に当たり、本当に深刻な大事にはならなかった」が、

「もし、体術の技が炸裂していた」なら、

「選手生命はおろか、殺されていたかも知れない」・・・』。

『「中国共産党」は、

「日本の象徴的選手に大きなダメージを与える事」で

「日本国民にもダメージを与えようとしたのかも知れない」のだ。

「中国共産党のロジック」では、

「象徴的人物等にダメージを与える事で、その象徴的人物と同じ集団に大きなダメージを与える事が出来る」だろうが、

「それは、古の兵法で、現代では、もはや、恥の策略」なのだが・・・』。

『「更なる問題」は「日本国内の韓流テレビ・マスコミ等」で、

「羽生選手の強靭な魂や感動的な滑り」は「もちろん、別格」とすれば、

「一番問題とすべき」は、

「公式練習中に、何故、こんな酷い事故が起きてしまったのか?」だろう。

「ところが、公式練習中のルールの問題」や「事故の実体解明」等に「対する追及」は、

「ほとんど皆無に近かった」のだ。

「むしろ、羽生選手には無理して欲しくない!ぶつかるのは、良くある事・・・等々」と、

「まるで、事故の正当化をする」と共に、

「羽生選手や視聴者等の感動や応援の炎に水をかけ、

多くの日本国民の心の元気を抑えようとしているかの如き論調」が「主流だった」のだから、

「日本のテレビ・マスコミとしては、本当に異常」だ』。

・・・・・・・。

『「多くの日本国民は、性善説で動いている」。

「中国共産党等の独裁政権は、性善説も悪用し自らの支配権の維持~増大を図るロジックで動いている」。

「衝突事故後、エン・カン選手を気遣い、事故にあったにも関わらず、魂の炎を燃え上がらせている目で、凛然と演技に挑んだ羽生選手」を見て、

「自らが持つ本来の魂を呼び起こされた日本人も少なく無かった筈」だ』。

『「中国共産党等独裁政権問題」は「世界全体で解決を模索しなければならない」だろうが、

「日本国内の韓(北朝も含む)流・中国共産党流による工作活動やテレビ・マスコミ等の問題」は、

「日本国民が解決するべき問題」に他ならない』。

|

「冨田の犯行を防犯カメラ写す」と中国共産党支配下の中国メディアが報じたが・・・。

『「その内容」は、「韓国警察がそう言っている、ダケ」だった。

「中国共産党支配下の中国メディアがわざわざそんなチンケな情報誘導工作を行おうとしているところ」から「容易に推定出来てしまう」のは、

「もし、先の記事で記した、実験の様な事だった」なら、

「その裏には、中国共産党系の人脈が存在している事」だ。

「元々、中国共産党と北朝鮮は近い。それに、北朝鮮系、中国共産党系、もしくは、北朝鮮系や中国共産党系に操られている韓国人や日本人が加わり、

悪劣な実験が行われている」のだろう』。

『「因みに、その中国メディアによれば、小笠原から帰らない中国船は、中国共産党の支配下に無い旨で、情報誘導しようとしている様相」なのだ。

「国家・国民の上に中国共産党という体制」では「あり得ない話しでしか無く」、

「そんなチンケな誘導情報しか流せなくなっている事自体」が

「中国共産党支配体制の限界を露呈している様なモノ」だが』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上を歩み続けている愚か者たち」は、

「いい加減に歩む道を変えるべき」だが』。

|

競泳冨田選手、韓国カメラ窃盗事件問題・・・。

『「韓国で摘発された時には、罪を認めた」が「実際は行っていない」と「会見を開いた」ら、「韓流マスゴミによる長い証人尋問の様相」だった。

「しかし、ある程度事件の実態が表に出て来た」ので、

「実態が推測出来る」』。

『「先ず、考えるべきは動機」だろう。

「当初から、多くの方々も、違和感を感じていた」のが「動機」で、

「何で、例え、報道用の高いカメラにしても、日本製のカメラを、しかも、自らが頑張っている競泳の試合で韓国に行った時に、盗む必要があるのか???」

「普通に考えれば、そんな必要は全く無い」。

「余程のカメラおたくでも無ければ、欲しがりもしない」だろう。

「果たして、冨田選手は、カメラおたくなのか?」

・・・「ところが、この動機に繋がる重要な要素について、韓流マスゴミは取材~報道していない様相」なのだ。

「冨田選手&同席した弁護士の弁」によれば、

「カメラは、いきなり左隣りにやって来た見知らぬアジア系の国籍不明男性に、まるで、ゴミの如く、冨田選手のバックに入れられた」との事だ。

「そして、韓国警察が冨田選手に見せた防犯カメラ映像」とは「防犯カメラ映像をスマホで撮ったモノで、不鮮明だった」と言う。

「窃盗現場の防犯カメラ映像では無く、カメラをバックに入れられた所の防犯カメラ映像のスマホ撮りで、しかも、冨田選手が主張している左側は、切れている映像だった」と言うのだ。

「時間は、11時48分だった」様だ。

「韓国警察が冨田選手に伝えた窃盗時間である10時48分には、冨田選手はアリバイが有る」と言う。

「罪を認めてしまった」のは「素直に認めれば、直ぐに釈放し、皆と一緒に日本に帰れる旨言われたから」で、

「認めない状態で、韓国から出られない事を避ける為だった」と言う。

「余り、大事となるとは、思っていなかった」様相だった。

「ところが、罪を認めても、皆と一緒に日本に帰れず、競技者としても、除名・出場停止処分を受け、会社は解雇・・・」という「大事となり」、

「さすがに、これは、事実・現実関係を明らかにしなければ・・・」と「会見を開いた」様だ』。

『「韓流マスゴミが追及したところ」は、

「何故、罪を認めたのか?」

「ゴミと思ったなら、何故、直ぐに捨てなかったのか?」

「どうして、今になって、罪を否定する会見を開いたのか?」等々で、

「まるで、韓国警察等の援助の様だった」。

「普通」なら、

「カメラの趣味は?」「カメラを売る事で儲けようとする程、経済的にお困りですか?」等の

「動機要素解明質問」や、

「韓国の司法に不服申し立てをして、名誉回復するべきでは?」等の

「真実解明方向に導く質問が主となる筈」だが・・・』。

『「水連の者が韓国警察から見せられた防犯カメラ映像の内容」は、

「窃盗現場では無く、冨田選手がカメラをバックに入れた所だった」。

「つまり、冨田選手が、何者かに無理やり入れられたカメラを、取り出して、

レンズ無しなので、壊れているゴミと思い、

{もう一度、自らのバックに入れて}捨てる場所まで持って行く為の行為を撮ったところ」である

「可能性だって決して小さく無い」のだ。

「ワールドカップで試合会場のゴミを持ち帰った数多くの日本人同様、

冨田選手にも、

ゴミは放置せず然るべき場所に捨てる為に持って行く感覚が宿っている」のかも知れない』。

『「もし、実際に、冨田選手が言った様」に、

「見知らぬ誰かが無理やり冨田選手のバックの中に、レンズ無しのゴミとも思えるカメラを入れ、

韓国警察が、盗難現場の防犯カメラ映像では無く、

見知らぬ誰かが来た方向と冨田選手が主張している冨田選手の左側を切った防犯カメラ映像のスマホ撮影版を使い、

冨田選手が逮捕され罪に問われた」なら、

「日本人選手を意図的に罪人にする韓国警察ぐるみの工作」に、

「冨田選手が侵された様な事」になる。

「それは、産経新聞支社長を起訴した事と同様の、とんでも無い話し」だ』。

『「本日の日テレ午後番」では、

「冨田選手がカメラをバッグに入れたとされているプールサイドの現場を取材した映像が流れた」。

「日テレ午後番の言い分」では「冨田選手の左手を掴んでカメラをバッグに入れた第三者が本当に居るなら、防犯カメラに映っている筈・・・等」だったが、

「現場の映像を見て、筆者たちが先ず感じた」のは、

「韓国の関係者は、事件当日使用不可能にしていたと言う、ガラス扉が、現場の真後ろに在った事から、推定される、

防犯カメラの死角を選んで、プールサイドのターゲットに近づき、悪さを仕掛ける実験」だ。

「実は、日本国内でも、その手の実験が、工作員押さえの為に、工作員に強いられている」。

「国家ぐるみの組織的工作員押さえ&実力アップ養成の為の実験」なので、

「防犯カメラ死角情報や、鍵のかかった扉の開け方等々は、実験実行工作員に徹底的な訓練が施されている」。

「実験失敗となれば、相応の懲罰もある」ので、

「実験実行工作員は、必死で、例え、どんなにバカらしい実験命令でも実行している」のだ。

「誰にも分らない様に、韓国報道陣から盗んだカメラを、その一部でも良いから、プールサイドに居る日本人選手のバッグに、入れる実験」&

「日本人選手の性格分析データ等から、窃盗犯罪を押し付け易い者を選び、その隙を見出す実験」&

「韓国警察内に仕込んである仲間を使って、日本人選手を犯罪者に仕立てる実験」等の

「複数の工作員に対する実践用の実験計画が在り、それが実行された可能性」が、

「浮上している」。

「韓国警察の言い分では、冨田選手がカメラを盗んだ場面が映っている防犯カメラ映像があるとの事」らしいが、

「それが、実際に出てきて、確実に本物である事が立証されない限り」、

「上記の工作員押さえ&訓練実験の可能性は、捨てきれない」。

「日本国内でも、どんな鍵でもどんな扉でも開ける実験等が行われ、そのノウハウやデータは着々と蓄積されている」のだ。

「例えば、鍵を開け、実験ターゲットの部屋に入り、飲食物に普通の分析では露呈し辛い工作物質を混ぜ、ターゲットに不調を起こさせる実験」や、

「ターゲットの部屋に入った証拠として、室内写真等を撮ったり、カード・通帳データ等を盗んだり、電磁波工作が行われる様になる前頃からは、盗聴器や振動回路を仕掛けたり(仕掛けると外からの観測で、侵入・仕掛け成功が判る上に、覗き・盗撮・傷害目的電磁波強化等にも悪用出来る)、車に侵入し、盗聴器や振動回路等を仕掛けたり、

家電・設備等の中に、盗聴・盗撮器や振動回路等を仕込んだり、等々の実験」が、

「盛んに行われている」。

「実験ターゲットの選別実験も在り、防犯カメラ等の購入設置等、比較的簡単な実験には、適さない物事を行ったか?否か?の監視実験等も在る」。

「その上で、防犯カメラシステム等の弱点を暴き悪用する実験も行われている」。

「つまり、一般的に売られている、あらゆる鍵やあらゆる防犯カメラ等が、国家レベルで研究され、実験を行う事で、その弱点を突くノウハウやデータが蓄積されている」のだ。

「随分昔に、引田天功氏の家の防犯カメラシステムの隙を突いて、防犯カメラに映らない盗みを働いた北朝鮮系の者の話しが在った」が、

「実際に、その随分昔のもっと前から、日本国内では、上記の前半部分の様な事例が実際に数多く在り、電磁波工作が仕掛けられる様になる少し前の頃から後半部分の様な事例が増え、現在では後半部分の実験が主流となりつつあるも、前半部分の実験も未だ行われている」のだ。

「後半から載せられた電磁波工作実験」は、

「元々は、他人の部屋に入り込む実験を強いられた者の中」に、

「わざわざ入らなくても、電磁波で覗けば皆分かる」と「実質的犯罪行為を逃れる為の理屈を言った理系の若者が居た事から始まっている」らしい。

「当然、その後、その若者や組織内の理系の者たち」には、

「覗き電磁波の実用化命令が下された」。

「覗き用の縦波電磁波」は「工作電磁波の素体として崇め奉られ、開発者等には、結構な厚遇が施されている」。

「その素体は、更なる開発で、覗き目的だけでは無く、ターゲットに傷害を与える見えない銃弾としての改良(改悪)が続けられている」。

「結果として、現在では、わざわざ鍵を開けたりしなくても、ターゲットの部屋の中は、丸見え、見えない銃弾でターゲットに傷害を与える事も可能になってしまっている」。

「飲食物工作同様、電磁波工作も実用性が高くなったので、侵入やデータ等盗み工作と組み合わせて、政財界等でも使われている」。

「ついでだから、失敗工作員への罰についても記しておく」。

「例えば、

当初は、フッ素水、現在では、特別に開発したモノ、等を聖水と言って飲ませたり(因みに、フッ素水等を飲まさせると思考等に若干の障害が出るらしい)、

罰として、より強烈な実験を行わせたりする事等が行われている」。

「より強烈な実験で酷い」のは「日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な殺人」だ。

「例えば、ターゲットの身体に触れない様に、あらかじめ、担架を持ち、三人一組で、一人が見張り、二人が実行犯、ターゲットを薬や痕の残らないスタンガン等で動けず、声も出せない状態にして、建物の上階等から、落とす殺人実験」や、

「同様の手段で、動けなくしたターゲットを、防犯・監視カメラ等の目の届いていない踏切内に放置する殺人実験」等が、

「ある」らしい。

「そんな場合のターゲットは、自殺しても不思議の無い状態の者」で、

「その為のデータは、多重債務者情報や、縁の下の盗み聞き時代から~最近の電磁波悪用覗きや、携帯内容・パソコン内容・監視実験上がりのデータ等々により、既に多数ある」という。

「酷い場合」は「いじめやパワハラ等で意図的にターゲットを作り出す実験」まで「セットになっている」らしい。

「そんな実験に手を染めさせられてしまった者たち」は「もはや、元の言いなり・・・」である。

「それが、嫌で、工作員自身が自殺等してしまう場合もある」らしいが、

「何故か?告発する者は、表向きは、皆無に近い状態(実際は、告発隠蔽工作実験等により押さえ込まれている場合もあるが、極少数は、日本政府や警察等に情報として挙がっている筈だが・・・。もっとも、●●政権時代には、その情報消し工作等もあったかも・・・)」なのだ。

「そんな状態なのに、何十年も前から、何百人も拉致までされているのに、日本政府も、国会議員等も、ロクに法整備も体制整備も行っていない」のである』。

『「冨田選手の今回の問題」は、

「韓国警察が本物の冨田選手がカメラを盗んだ時の防犯カメラ映像を持っている」なら、

「冨田選手による窃盗」だろうが、

「もし、盗んだ時の防犯カメラ映像等は無く、冨田選手が盗まれたカメラの一部を持っていたから逮捕した・・・」なら、

「上記の様な悪劣な実験の存在の可能性もかなり大きい事になる」。

「もちろん、その場合は、韓国内の組織による事になっている」筈だ』。

『「テレ朝昼番では、冨田選手の会見時の心理分析まで行っていた」と言うが、

「冨田選手が、冤罪痴漢事件で冤罪被害者になってしまう様な人の性格」なら、

「強い主張等は、苦手で当然」だ。

「強い主張が出来ない裏に・・・等と、心理分析した裏にある」のは、

「視聴者をイメージ誘導する工作」だろう』。

『「先ずは、実態・実体解明」だが、

「もし、上記の様な、韓国(北朝鮮も含む)等の異常な実態」が「またまた明らかになった」なら、

「日本」は「全世界のまともな国々と協調」して、

「日本の中の韓流マスゴミ等に対する対処」と「共に」、

「韓国(北朝鮮も含む)等に対する対処」を「益々真剣に考えざるを得なくなる」』。

『「韓流テレビ等」では「冨田選手はいったん罪を認めたのだから、今更言うな!」の「雰囲気満載」で、

「韓国の司法に不服を訴えるとしても、現在職無しの冨田選手にそんなお金あるの~!」等と

「思いっきり韓(北朝も含む)より・・・」だったが、

「普通の日本のテレビ」なら、

「先ず、訴えるべきは、真実解明である事」は「言うまでも無い」だろう。

「その上で、真実解明の為に、韓国の司法に訴える事等が必要」で、

「冨田選手にその資金が不足している」なら、

「応援する方々は出ないのでしょうか?・・・等といった論調となる」のが、

「普通」だろう。

「逆に、既に真実を掴んでいて、確実に、冨田選手による窃盗」なら、

「視聴者に無駄な時間を使わせない為」にも、

「その旨を、証拠を示して、はっきりと、視聴者に伝える事」が「スクープになる」。

「現状の、なんとなく、冨田選手、実際は、あやしいんじゃないの・・・的印象情報」の

「一方的大量配信状態」では、

「韓国警察等の擁護にはなっても、日本の多くの視聴者の為にはなっていない」のだ』。

『「マスコミの仕事の本分」は「真相解明」だ。

「マスコミに値しない者や企業等、ましてや、反日国の在日情報工作機関の様なところ」には、

「過分な立場・報酬等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

京大で極左過激派組織中核派の学生に取り押さえられた公安警察官・・・。

『「最初から、タイトルの様な情報配信があった」のなら「多くの視聴者に事件の実体が直ぐに伝わった筈」なのに、

「韓流テレビ情報」では、

「大学内が強調され、極左過激派組織中核派は黙殺状態」だったから、

「多くの視聴者」には、

「まるで、警察が大学の自治権を悪戯に害した様な印象が残った」だろう。

「これが、韓流テレビ情報の実態」だ』。

『「日本の左翼は、本当の意味での左翼では無い」。

「ほとんどの日本の左翼の実体」は「親韓国(北朝鮮も含む)・親中国共産党等」であり、

「共産主義、マルクス・レーニン思想等、所謂左翼思想」は、

「表向きの看板に過ぎ無い」。

「何しろ、ほとんどの組織で、実権の多くを握り占めている」のが、

「親韓国(北朝鮮も含む)・親中国共産党等の者たち」だから、

「その様な実体になってしまっている」のだ。

「この辺りの事情」は、

「多くの新興宗教団体」でも、

「組合」でも、

「一部の企業等」でも、

「全く同じ」である』。

『「何故、日本国内なのに、そんな事態になってしまっているのか?」は、

「日韓併合以降、朝鮮戦争時にも、

{自主的}に、日本に渡来して居続けている、

大量の韓国(北朝鮮も含む)系の人々」の

「存在が無かったなら・・・」や、

「母国・祖国より日本の文化・体制等の方が好きでも無いのに日本に居続けている人々」の

「お金以外の、目的は何?」等を

「考えてみれば、

多くの一般日本国民なら、

解ると思うが」・・・』。

『「元々が、日本国内で、暴力・テロ事件まで起こしている組織」なのだから、

「公安警察がマークする」のは、

「当然」だろう。

「大学の自治権は尊重されるべき」だが、

「大学に毎度毎度許可・報告を取る状態」では、

「その事を過激派組織等が、盗聴でもしていれば、警察が居る時の表の顔だけ優等生化する事等が、容易になってしまう」から、

「公安側も、実効の無い事を避ける意味」から、

「今回の様な手段も使わざるを得ない」のだ。

「更に、深刻なのは、現状のスパイ・工作活動に対する法や体制整備の問題」だ。

「日本の現行法」では、

「余りにも性善説論理が強過ぎる」から、

「スパイ・工作活動に対する実態に合った適切な法が無いに等しい状態」だ。

「北朝鮮には、何百人も拉致された」のに、

「ちゃんとした法整備も体制整備も行えていない」から、

「未だに、拉致協力者等の少なく無い割合の者たちが、日本国内で北朝鮮の下の工作活動に勤しんでいる状態」だ。

「其処に、国境線が低くなった後、中国共産党系の工作者たちが大量に加わっている状態」なのに、

「例えば、電磁波工作摘発!現場工作員3名逮捕&指令者指名手配!!」等の

「ニュースさえ無い」。

「まるで、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の工作を援助する為」に

「法整備や体制整備を怠っている様相」ですらあり、

「明らかに異常」だ。

「そんな異常事態を容認せしめる世論形成に大きな影響を与え続けて来ている」のが、

「韓流テレビ・マスコミ等による情報や、日教組等による教育」なのだ』。

『実際に、

「韓流テレビ情報」では、

「韓流のお仲間極左過激派組織中核派」を「黙殺」し、

「公安」を「臭わせ」、

「平和ボケ!大学自治」を「推奨」していた・・・。

「そもそも、大学内に、暴力・テロ事件を起こした極左過激派組織が在る事自体、

ある種のカルト宗教団体を大学が公然と囲っている様なモノで、

結構な異常事態だが」』。

『「今回の問題」で「一番非難されるべき」は、

「極左過激派組織を国立大学内に公然と存在させ続けている事」だろう。

「まるで、国が、極左過激派組織を公然と認めている様な状態になってしまっている」のだ。

「少なくとも、暴力・テロ事件等を起こした組織については、公立大学内での組織存在は、認めない」くらいの、

「当たり前の状態にするべき」だ。

「大学の自治権の外に出されている状態」で、

「尚且つ、現行法&現行の体制の不備がある程度是正される」なら、

「公安の仕事も合法的な範囲で行える筈」である』。

『「それにしても、普通の大学生なら、公安警察官を取り押さえはしない」だろう。

「先ずは、言葉によるやりとり」であり、

「今時なら、誰でも、何処にでも持っていっている場合が多い、スマホ等で、写真を撮ったり、録画すれば良い事」だ。

「逃げたなら、むしろ、その様な手段で撮ったモノをネット等でアップすれば、大騒ぎになり、警察側から率先して対応せざるを得なくなった筈」だ。

「それを、取り押さえる・・・つまり、力づくで、ある意味では、暴力的手段まで使って・・・」とは、

「過激派組織等に傾注している方々」の「状態の深刻さ」が「良く判る」と思うが』。

|

円安(内実は異常な円高の是正)なら「日本の中小企業を買いあさるゾ!」と脅す円高是正が困る方々・・・。

『「もはや、ほとんどの日本国民は、反日国の酷さを重々承知している」。「騙しの手口も分かっている人々も数多い」。

「韓国や中国等の反日国人脈の外国人」が直接「買うゾ!」と「来るのでは無く」、

「仮面日本人の裏に、反日国の資金が在る手法等」で、

「日本の中小零細企業や、技術者等を買い漁ろう・・・」としても、

「大部分の人々が気づく」だろう。

「仲間が買われそう・・・」なら「知らせる」だろう。

「つまり、実質的に、反日国が円高是正につけ込んで日本の中小零細企業等を買い漁る・・・等と言う事態」は、

「その実現が非常に困難な状態なのが、今の日本の実状」だ』。

『「それならば、何故、その様な{脅し!宣伝}が行われているのか?」

「もちろん、日本国内の世論として、円安はまずいんじゃないの・・・等の雰囲気を増勢する為」だ。

「つまり、大衆誘導の為の情報工作の一つ」なのである』。

『しかし、

「もはや、大部分の日本国民が、この手の大衆誘導等にも騙されない」のだ。

それなのに、

「未だに、旧来の情報工作を続けている様相」なのだから、

「反日国人脈は、既に手詰まり・・・実質的には、詰んでいる」のだ』。

『「人間社会は、時を重ねると共に、

より他国や他国の人々の良い面を認め合う割合を増やし、

平和共存方向に向かって進化し続けて来ている」。

「ところが、反日政策とは、

その進化の方向性に逆らい、

無理やり、過去、しかも、捻じ曲げた過去の歴史観等を元に、

丸ごと反日!を示唆する事で、

それぞれの国の中での政権を維持しよう・・・という、

まるで、古の時代の兵法みたいな時代遅れの手法に他ならない」。

「反日国が、反日を続ける限り、明るい未来は在り得ない」。

「反日国人脈の者たちは、いい加減に、この当たり前の現実を認めるべき」である』。

|

円安?問題を訴えるテレビのいい加減論・・・。

『「円高是正は当然の流れ」だ。「1ドル・115円程度」は「断じて円高では無い」。

「円の適正な為替レート」とは、

「日本の製造業の下請け企業の多くが、日本国内で営業可能な状態」に他ならない。

「自らの国の製造業が下請けの多くを外注出来る事態」こそが、

「異常な円高状態」である』。

『「異常な円高」により

「日本の製造業の下請けの多くが海外流失した結果、

日本国内の雇用の多くも失われ、

内需も細った」のが、

「円高による、日本の実体経済負のスパイラル」だ。

「日本の負のスパイラルの逆メリットで太った」のが、

「韓国や中国」だった』。

『「大企業製造業が、その下請けの多くを韓国や中国や他の国々から日本に戻すまで」は、

「日本本来の実体経済景気回復」は「望めない」が、

「戻せたなら、それを追う様に、本格的な景気回復もやって来る」のだ。

「景気回復に伴って、人口減少も留まり、適度な範囲での日本人人口の増加状態も招かれる」』。

『「現状の円高是正で、デメリットを受けている中小企業」とは、

「異常な円高のメリットで稼いでいた中小企業に他ならない」。

「もちろん、異常な円高により、大企業製造業等の下請け雇用等を失い、仕方無く、異常な円高を利用して事業等を立ち上げた方々も少なく無いだろう」が、

「日本社会全体として考える」なら、

「正常な事態はどちらか?」は、「明らか」だろう。

「環境も、信頼も、ロクに考えない国々等」に、

「日本の大企業製造業の下請けが大量に行ったまま・・・」で、

「良い訳は無い」』。

『「雇用全体で考えれば、誰でも直ぐに分かる筈」だ。

「日本の大企業製造業の下請けの多くが日本に在る場合の雇用>異常な円高メリットで稼げる中小企業の雇用」である。

「大企業製造業の下請けの多くを日本に戻す事」こそが、

「今一番望まれている事」なのだ』。

『「ところが、日本の異常な円高による逆メリットで、散々環境等を壊しているかも知れない国々の人脈が実効支配している様相のテレビ・マスコミや政治家等」では、

「円高是正」を「円安!」と「嘯く」。

「その上で、まるで、ほとんどの中小企業が円高是正で困っている」等と「嘯く」。

「円高を望む人々を増やす大衆誘導を試みている様相」なのだが、

「もはや、多くの日本国民は、騙されない」だろう』。

『「日本の公共の電波」は「主として、日本の人脈が使うべき」だ。

「反日国等を利する情報工作を行っている様相のテレビ局」は、

「日本では、マイナーであるべき」である』。

|

中国共産党支配下の中国船によるサンゴ密漁大船団問題・・・。

『「中国では、国家・国民の上に中国共産党」だ。「当然、全ての中国船も中国共産党の支配下に在る」。

「だから、中国共産党が容認していないと言うのが本当なら、こんな事態は生じ得ない」。

「中国共産党は、表では、容認しないと言いながら、裏では小笠原サンゴ密漁大船団に対して、指令を出している」のが「実態」だ。

「独裁政権下の工作活動」では「当たり前の状態」である』。

『「小笠原サンゴ密漁大船団は、中国共産党の、工作活動」なのだ。

「日本が採るべき対応」は「工作活動対策」に他ならない』。

『「ところが、当ブログでは、以前から、何度も、指摘している様」に、

「日本のスパイ・工作活動に対する法や摘発体制等」は、

「余りにも、未熟」だ。

「結果として、工作活動を自ら呼び込む様な状態に陥ってしまっている」』。

『「少し考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「北朝鮮による拉致が頻繁に行われ始めた時」に、

「日本が、スパイ・工作活動等に対する独立国としては当たり前の法や体制を整えていた」なら、

「その後の拉致・工作活動は、ほとんど出来なかった筈」だ。

「そんな日本の状態が公然化していた」なら、

「中国共産党も工作活動で、尖閣諸島等の領有権を略奪しよう・・・」とは、

「考えなかった筈」である。

「言うまでも無く、今回の、小笠原サンゴ密漁大船団」も「尖閣問題の延長線にある」』。

『「日本がスパイ・工作活動や在日朝鮮人等に対する対応を緩いままにした結果」、

「日本国内が、スパイ・工作活動天国状態」となり、

「北朝鮮の核・ミサイル等は、日本からの技術・技術情報等の流失&多大な資金援助等により完成・・・」、

「日本国内では、北朝鮮はもちろん、中国共産党系や韓国系の工作活動も未だに盛ん・・・」、

「具体的には、政界工作は言うまでも無く、

情報・教育・飲食物・電磁波等々により、

一般日本国民の弱体化&日本に少なからず入り込んで居る韓(北朝も含む)流・中共流人脈の強化等々が、

蔓延ってしまっている」のだ』。

『「中国共産党支配下の中国大船団による工作が仕掛けられた」という「中国共産党支配下の中国という実態をちゃんと知らせるなら、誰にでも分かる事態」を、

「中国共産党の表の言い分を強調」し、

「日中友好関係が強化されれば、こんな事態は無くなる」等と、

「大衆を現実逃避させる情報が公然化されている事」が、

「どれ程、危険な状態なのか!」・・・「多くの日本国民は、真剣に考えるべき」だ。

「国家・国民の上に在る独裁政権、中国共産党支配下の中国との友好関係」とは

「中国共産党の支配下に入る事でしか成り立たない」のだ。

「そんな事態は望まない」のなら、

「普通の独立国として、スパイ・工作活動対策の強化を行う」のが、

「日本が採るべき当たり前の道」である。

「ところが、その当たり前の道」が「テレビ・マスコミ等で大々的に言われていない」のだ。

「この異常事態の裏に在る」のは、

「もちろん、今までの韓(北朝も含む)や中共等による工作活動の成果」である。

「この危機的状況を改善しない限り、

同様の新たな事態が次々と起き、

知らず知らずの内に、

日本乗っ取り支配工作等が成立させられてしまう・・・かも知れない」のだから、

「多くの日本国民は、真剣に考え、適切な対処をするべき」だ』。

『「実質的に、韓(北朝も含む)流や中共流の支配下に在るテレビ・マスコミや政治家等は、あてにならない」から、

「先ず」は、

「スパイ・工作活動対策を強化するべき世論」が

「主流となる状態を市民サイドから作るべき」だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」なら「中国共産党支配下の中国からの密漁大船団」くらいの「表現」は、

「するのが当たり前」である』。

|

新番組と言っても「毎度、毎度、同じ芸NO人や芸能事務所等に金を流す為にネタを変えているダケ」では・・・。

『「日本の公共の電波」は、断じて、「極一部の芸NO人や芸能事務所の為にあるのでは無い」。

「テレビ局は、芸能事務所や芸NO人たちからの懐柔工作等に屈し、公共の電波を特定極一部の者たちの利権増大の為の具にしているのでは無い」のなら、

「いい加減に、変えるべきは常連出演者等である事」くらい「理解するべき」だ。

「既に、理解していて、確信犯で、同様の顔や同様の論調等を述べる者たちを偏重起用し続けている」なら、

「テレビ局も、そんな特定極一部人脈のお仲間という話し」で、

「もはや、明らかに、日本の公共の電波を使う権利を与え続けるべき存在では無い」のだ』。

『「常連出演者たちの異常に高い出演料や、

常連出演=有名人利権の製造~増大である事等」を

「考えれば」、

「誰でも分かる筈」だ。

「こんな異常事態が続けられていて、良い訳など無い」のである』。

『「時事問題、政治問題等の論調」は「偏向させず、両論併記状態が当たり前」だ。

「バラエティー等では、特定極一部の者や芸能事務所等に過大な利権を偏向分配し続ける事は避けるのが、当たり前」である。

「替わる替わる{芸のある者たち}が出演する状態であるべき」だ。

「今の常連出演者たちがテレビ画面から消えても大勢に何の影響も出ない」のは、

「テレビ画面から消えざるを得なかった常連出演者である紳助等の例を考えれば誰でも分かる」。

「常連出演者や芸能事務所側は、多大な出演料等を失ってしまうと、懐柔等の工作資金等にも困るのかも知れない」が、

「工作等を行っていない」のなら、

「正当な業務努力を続ける事で、常連では無い、健常な程度の出演利権を得れば良いダケ」だ。

「テレビ局側が、懐柔工作等の大小等により、常連出演者等を決めている」なら、

「政治の影響より、テレビ情報の影響を受けている人々が多いくらい・・・なのだから、

政治汚職以上に、一般国民にとって、影響のある大問題」だ。

「そんな事態がもし在る」のなら「即刻、摘発し、厳罰に処すべき」だから、

「現行法&現行の摘発体制で不十分なら、立法府で働く政治家たちは、行うべき仕事をするべき」である。

「現行法&現行の摘発体制で可能」なら、

「例えば、特捜が●●議員の事務所を強制捜査・・・みたいな話し」が

「全くと言って良い程、出て来ていない」のは、

「余りにも不思議」だ。

「視聴者側で、影響を受けるのは、常連出演者に依存させられた者たちの記憶・心理くらい・・・だろう」が、

「そんな、病的な依存状態は、むしろ、解消された方が、当人たちの為でもある」』。

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »