« 自己顕示欲の権化の様な常連出演者たちが異物混入等ネットアップ19歳少年の自己顕示欲を非難するお粗末コント劇・・・。 | トップページ | 祝!異物混入等ネットアップ指名手配19歳の逮捕・・・。 »

おバカ教師たちの学校カーストをつくる悪平等教育問題・・・。

『「教師等として、先ず初めに、生徒等に教えるべき」は、「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」に他ならない。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける者たちの集団」なら、

「異常・過分な格差等も、必然的に抑えられる」から、

「自然と、公平・平等な人間関係が構築される」』。

『「ところが、悪、もしくは、おバカ教師たち等」は

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事を満足に教えず、

公平・平等状態こそが理想だ等と、

上辺の結果等を先に強いる様な酷い事を行う」』。

『「例えば、運動会の競争の時に、並んで手を繋いでゴールするのが、生徒の意思&集団的合意形成故なら、それも良い」が、

「先生からの指示ではダメ」である。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける人」は

「自分とより深く付き合う分だけ、他の人の事も深く分かり易くなる」。

「その分だけ、他人を認める認識も深まり易くなる」から、

「他人の個性も認め易くなる」。

「競争等の優劣などは、人の個性の一つに過ぎ無い」。

「そんな事を過剰偏重するのでは無く、競争に強い人と言う個性を認めるだけの状態に落ち着き易い」のだ。

「当然、自分で自分を健康にコントロールし続けている人」は、

「競争以外の個性も認め易い状態にある」から、

「競争に強い人という個性を認めている裏」では

「例え、競争には強くなくても、その人が持っている個性が、自分自身やその集団では認められ易くなっている」のだ。

「そんな集団では、競争自体の価値は、競争結果至上主義集団等より低くなる」が、

「人の価値自体は、より高くなる」。

「教師が指示して、手を繋いでゴール」では、

「競争の価値も、無理やり低くされている」ばかりか、

「人の価値までもが、無理やり低くされている」のだ』。

『「そんな悪教育等を積み重ねれば・・・、得られる結果の一つ」が

「生徒同士が、他の生徒の目や評価等を過剰意識した、人気者至上主義や学校カースト等になってしまう」のは、

「当然の結果」だろう。

「本来、他の者・物・事に認められるか?否か?等」は、

「代償欲求の世界に過ぎ無い」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事や本来欲求等を満足に教えず、

代償欲求の世界に拘らせる教育等」とは、

「ある意味では、自立を阻害する、洗脳・マインドコントロール教育」であり、

「酷い場合には、実態として、カルト宗教と同様ですらある・・・」のだ。

「教師というより、実質的には、罪人である様な者たち」には、

「過分な立場・報酬等は不似合い」だ』。

『「人気者至上主義や、人気の無い者が劣位に追いやられる学校カースト等」を

「つくってしまっている様な教師」からは、

「教師資格を剥奪するべき」だろう。

「何故なら、確信犯でその様な状態を誘っている者たちの先には、工作活動さえあるから」だ。

「少し考えれば、誰でも分かる事」だが、

「自分で自分を健康にコントロールし続けている人間なら、

工作活動を行ったり、

工作活動に協力したり出来ない」。

「何故なら、工作活動を行ったり、工作活動に協力したり・・・すれば、

その時点で、自分で自分を健康にコントロールし続けられていない状態に陥るから」だ。

「しかし、自分で自分を健康にコントロールし続ける事を教わらず、

他人から認められる事等を重視する様に教育される」と、

「工作活動を行っている仲間の目や評価等を重要視する歪んだ人間になってしまっている可能性も増える」。

「正に、操り人形化」である』。

『「悪教師等からは、過分な立場・報酬等を返上させるべき」だ。

そして、

「その被害者である、

自分で自分を健康にコントロールし続けず、

自分が接している他人の目や評価等を過剰に重要視してしまっている人々」は、

「出来る限り早く、そんな状態から自分を救い出すべき」だ』。

|

« 自己顕示欲の権化の様な常連出演者たちが異物混入等ネットアップ19歳少年の自己顕示欲を非難するお粗末コント劇・・・。 | トップページ | 祝!異物混入等ネットアップ指名手配19歳の逮捕・・・。 »

教育」カテゴリの記事