« 7月に発表予定の安倍談話と中共や韓人脈の懐柔工作等を大いに受け入れている様相の米国民主党の歴史認識・・・。 | トップページ | 昨今では、技術向上により、歴史写真も、心霊写真も、UFOも、まるで本物・・・。 »

外出時の電磁波工作について・・・。

『「ブログ内容からも分かる通り、筆者は、そのスジの者たちによる執拗なマーク、もしくは、ストーカー的行為を受け続けている」。

「外出時には、例えば、電車の中でも、何とか、筆者に電磁波を当て続けようとする連中(老若男女を問わない)にも、ほとんど常に、遭遇」する。

「空いている車両の中なら、一体、どの程度の割合で、工作員的者たちが居るのか?」等の「割り出しも簡単」だ。

「路線によっても、結構違うが、高いところでは、30人程度乗っている車両に、数人レベルの工作員的者たちが居る事さえあった」。

「何故?こんなに沢山?」と「思い、連中の行動を見ている」と、

「メール等のやり取りで、今、その場所に行ける者を集めている様相」なのだ。

「暗号的に、

筆者等ターゲットが居る車両やドアの位置等とターゲットの特徴等を連絡し、

次の停車駅で合流可能な者を集め、

自分たちの行動に合わせながら、

常に、一定以上の電磁波を当て続ける工夫をしている様相」だ。

「もちろん、対策済みの筆者には、電磁波の存在は検知しても、実効は出ない」。

「それでも、執拗に、筆者に対する電磁波工作を続けている」のは、

「ダメ工作等と認定されると罰や粛清等が待っているから・・・」だろう』。

『「電車内等、外出時の電磁波工作の実態」は、

「ターゲットの携帯やスマホが生きているなら、位置情報等を悪用し、そのスマホや携帯に向かって縦波電磁波を照射すると共に、その携帯やスマホが工作電磁波を発する様に、通信を行う」。

「自分の携帯やスマホから、気を付ければ体感出来るレベルの縦波電磁波が発せられる様な状態になった」なら、

「ターゲットとして狙われている可能性大」だ。

「そんな時は、先ず、携帯やスマホをOFFにする」。

「それでも、執拗に狙われている場合」は、

「工作員たちが、GPS情報等を元に(自分の居る所から、何度東・何度南・身長や体勢に合わせて、頭や胸や腰等狙う所への標高補正等)、仮想電磁波要求点をつくり、其処に向かって、縦波電磁波を集中させて来る」。

「この場合は、それぞれの工作員たちの仮想電磁波要求点の設定能力によって、

徐々に、気を付ければ感じる事が出来るくらいの縦波電磁波が集まって来る事等が観察出来る」。

「次第に気を付ければ感じる事が出来る縦波電磁波が強くなって来る状況下にある場合等」では、

「ターゲットにされている可能性大」だ。

「もちろん、仮想電磁波要求点に向かっている電磁波は、仮想点を通り越しても先に行く」から、

「ターゲットにされた者が、電磁波に対して、前後に多少動くくらいでは、外れない場合が多い」。

「電磁波に対して、左右等に動くと、割に直ぐ外れる」ので、

「元も推定出来てしまう」のだ。

「そもそも、工作員たちが手持ち出来るレベルの機器から発せられる電磁波は、単体では弱い」。

「携帯・スマホ等がONなら、それこそ、遠方からでも、他の建物等の中からでも、その携帯やスマホに縦波電磁波を発せさせる工作が可能」だ。

「しかし、携帯・スマホ等がOFFの場合は、

ターゲットの携帯・スマホ等から縦波電磁波を発生される工作も出来ず、

ターゲットのGPS情報も悪用出来ず、

仮想電磁波要求点をターゲットに合わせる手間が居る上に、

ある程度の実効を出す為には、電車車両やバス車両等への縦波電磁波発生仕込みや、

工作員の人数まで居る」のだ。

「だから、携帯・スマホ等がOFFの場合は、

電車車両やバス車両自体等から個人が携帯出来る機器よりは遥かに強い縦波電磁波が発せられたり、

何人もの工作員たちが集まって来る」のだ』。

『「全日本国民が忘れるべきでは無い事」は、

「何百人もの日本人が日本各地から北朝鮮により拉致された事」だ。

「そして、そんな事態の裏には、相応の数の協力者や工作員が日本国内に居る事」だ。

「あまりにも、人数が多いから、警察でも手が出せない・・・」と、

「犯罪を行っても罪に問われない人が居る」とまで「公言」して、

「好き放題やっている人脈が在る事」だ』。

『「そして、そんな者たちを庇うマスゴミのかつての言い分」は、

「親兄弟親戚等が、北の捕虜状態だから、仕方無い・・・等々」だったのだ』。

『「日本政府や警察等」は、

「一般日本国民に集団的に被害を与え続けている悪ども」を、

「何時まで放置し続けるのか?」

「悪どもは、意図的に、悪どもは子だくさん&一般日本国民は少子高齢化工作(電磁波工作や飲食物工作等の一つの重大な目的らしい・・・)で、

日本国内の人口比率まで悪優位にしたがっている」のだから、

「時が経てば経つ程、事態は酷くなる」』。

『「多くの日本人は、いい加減に、心を鬼にするべき」だろう。

「何十万人を母国・祖国等に強制帰還させなければ、事態が是正されない」のなら、

「其処までも含んだ、実効のある対策を行わせるべき」だ』。

|

« 7月に発表予定の安倍談話と中共や韓人脈の懐柔工作等を大いに受け入れている様相の米国民主党の歴史認識・・・。 | トップページ | 昨今では、技術向上により、歴史写真も、心霊写真も、UFOも、まるで本物・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事