« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

3人の実行犯+1人の犯行指示者か?川崎13歳少年惨殺事件・・・。

『「オウム事件が大事になった裏」には「宗教法人の過剰優遇等が在った」。

「川崎13歳少年惨殺事件の裏」には「一部在日外国人等に対する過剰優遇等が在るのでは・・・?」

「イスラム国を真似た、日本人粛清ごっこ事件等」の「異臭・・・さえ、漂い始めている」』。

『「犯人なのに、反省???」の「少年たち」が、

「今頃になって、お仲間の弁護士共々、出頭・・・なのか?」(もし、犯人だった場合、日本社会では反感が増し易い行為に他ならないのだが・・・)

「犯人なら、正直に話して来い!」が「普通の親等の対応」だろう。

「人としての心を持つ者」なら、

「例え、殺害行為を無理強いされて実行してしまった等としても、

その後、指示犯から離れた時に、速やかに、自首等するものだが」・・・。

「警察の温情が虚しく終わってしまったのか?」

それとも、

「真犯人は別に居るのか?」

・・・・・・・』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」では、

「事件時等には、ネット上では良くある現象である、

犯人と推定されている者たちがネット上等で名指しされている事等を

今回は特に大問題として訴えている」と共に、

「事件を何とか、防げなかったのか・・・」等と、

「嘆いている様相」も

「露呈」している』。

『「何れにしても、真相の徹底解明&公開」と、

「こんな悲惨な事件の元にある問題の解消」は、

「必需」だ』。

『「同族だから・・・」等々と「日本警察の介入を遠ざけた事」が、

「より悲惨な事件の元となってしまった事例」は、

「決して、少なく無い」』。

『「北朝鮮による拉致問題の時は、国際問題になるから・・・」等と「封印状態」だった。

「しかし、当初の拉致を封印したから、その後、多数の拉致被害者が出てしまった」のだ』。

『「現在の日本国内に在る、

在日外国人や新興宗教等に対する封印問題の封印は、

解かれると共に、

適切な対処がなされるべき」である。

「それも、現在行うべき国政等の重要な仕事の一つ」に違い無い』。

『「オウムの時は、問題の一つは、宗教法人に対する逆差別状態」だった。

「日本国内での(現状で悪戯に国境線等を低くする事は、反日国等に対する逆差別となってしまうから)、

不当な差別と、逆差別は、無くすべき」である』。

|

「感謝!感謝!村山元総理・翁長知事」by中国共産党&北朝鮮・・・。

『「上辺では、日本の為とか、沖縄県民の為とか、言っていても、実際に利を得るのは・・・」。

「中国共産党や北朝鮮等が民主化されているなら、沖縄米軍基地の縮小~撤廃も可能になるのに・・・」』。

『「支持者たちの頭の中は、マスゴミ等による洗脳状態・・・」』。

|

「民主党政権時には何をやっていたのか!」政権転落後から政治と金で正義ぶっている民主党・・・。

『「今更、重大では無いレベルの政治と金の問題を追及する権利が、果たして、民主党にあるのか?」

「昨今の事態を見る」と、

「民主党政権時に、政治資金規正法の穴を塞ぐ仕事を意図的に怠った」上に、

「意図的に助成金等を出す企業等を変える仕込み(策略)」を、

「行って、政権転落後に備えていたのでは?・・・」等の

「疑念が浮かび上がって来る」。

「民主党が本当に政治と金にクリアー」なら、

「民主党政権時に政治資金規正法の穴を塞げば良いダケだった筈」だ。

「行うべき仕事を行わず」に、

「日本の国政を停滞させたり・・・する事」で、

「他国等を実質的に利そうしているその文化」は、

「民主党政権時」も、

「現在も全く変わっていない様相」である』。

『「日本の国会議員や国政政党として、今、行うべき仕事」を、

「見誤り、或いは、確信犯で行わず、

策略仕込み(?)で正義ぶる、政争を

仕事と勘違いしている、或いは、確信犯で反日国等の為に日本の国政を悪くする事を仕事としている、様な連中」に、

「血税を与える必要」も、

「国会議員の座を与える必要」も、

「全く無い」。

「事の実体」を「追及せず」、

「民主党等が上辺で正義ぶっている様等を大宣伝して大衆誘導を試みている」様な

「ロクな仕事が出来ない連中、或いは、確信犯の民主党等のお仲間たち等」に、

「テレビ・マスコミ等の座や報酬等々は、相応しく無い」』。

『「有権者は、清き一票の投票先」を、

「視聴者・読者・スポンサー等は、お金を与える先」を、

「もっと、もっと、真剣に考えるべき」だろう』。

|

重大問題では無いレベルの政治と金を追及し正義ぶって国政を停滞させている極悪野党の応援団たち・・・。

『「まともなテレビ・マスコミ等」なら、「国政を意図的に停滞させる実質的策略」を「責める」のが「当然」だろう。

「ところが、民主党のお仲間、韓流テレビ・マスコミ等」では、

「重大問題レベルでは無い政治と金の問題を重大問題レベルとして大宣伝する」と共に、

「国政を停滞させる実質的大罪は黙殺・・・」なのだ。

「つまり、そんなテレビ・マスコミ等が行いたい事」も、

「劣悪野党同様、日本の国政の邪魔等」なのだろう。

「そんな連中」に、

「何時までも、日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続けたり、

公共的大マスコミの実権者等の立場を与え続けたり、

・・・する必要など、全く無い事」は、

「明白」だ』。

『「こんなテレビ・マスコミ等の現状」なのに、

「あの経産省から実質的に追い出された古賀氏等」によれば、

「今のテレビ・マスコミ等は、政権批判が十分に出来ていないから、まともに機能していない」の旨なのだ。

「つまり、酷い現状なのに、酷くないばかりか、未だ足りない」等と言う事で、

「現状を公然化したい」のだろう。

「さすがに、経産省からも、報ステからも、・・・排除されるお方のおっしゃる事は違う(もちろん、呆れています)」。

「そんな古賀氏等に賛同しているマスコミ人(?)たちが、2500人もいると言う」が、

「好戦的な朝鮮系の者たちが好む25」に「メッセージが込められていたり・・・」して・・・。

「行き着く先は、自滅なのだから、いい加減に、日本乗っ取り支配等の悪劣な策略等」を、

「止めれば良い」のだが・・・、

「身に染み着いている文化は、早々簡単には変わらない様・・・」で

「哀れ」ですらある』。

『「もちろん、極悪野党も、その応援団も、・・・、日本国内では、マイナリティー」だ。

「連中が、差別批判やマイナリティーの保護や権利等々を訴える」のは、

「差別と嘯く事で、正当な非難を封じ、

マイナリティーの意見等にスポットライトを当てさせる事で、

自論等の正当化を公然化したいから」だろう』。

『「また、連中は、情報・教育統制状態を崩したネットに対する恨み節等」も「よく口にする」。

「曰く、ネット社会は、匿名性も高く、無責任だ!

テレビ・マスコミ等は、責任ある情報機関だ!」等の旨・・・。

それは、

「テレビ・マスコミ等が一方的に大量配信している論等こそが、正当だ!」という

「イメージで、視聴者等を操り続ける為」の

「ネット貶め論等」に「他ならない」。

「朝鮮半島等の文化」では、

「泥棒が近くに居る別の人をあいつが泥棒だ!と大声で叫ぶ事で、その罪を逃れたなら、それは、有能な者」なのだ。

「日本の文化では、泥棒は泥棒で、他人に罪を擦り付けようとすれば、更に悪質な泥棒」なのだが・・・。

「韓流テレビ・マスコミ等で蔓延っている文化は、何処の文化か?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「日本社会に、何処かの劣悪文化を蔓延させない為」にも、

「情報・教育の健常化・正常化は急務」だ。

「身に染み着いている文化は、早々簡単に変わらない実状がある」のだから、

「人を入れ替えるべき」である。

「何処の局でも、

同じ顔のコメンテーター等、

同じ方向を向いた偏向論等ばかり・・・で、

視聴者を特定方向にイメージで大衆誘導・・・、

・・・という現状」は、

「明らかに異常」だ。

「正常な状態」なら、

「局ごと、番組ごとで、別々のコメンテーター等」&「各論併記状態」で、

「判断は、視聴者に委ねる」である。

「是正は急務」だ』。

|

川崎13歳少年惨殺事件問題・・・。

『「現状では、警察が、出頭待ちという温情処理状態」だが「本当に悪質な事件」だ。

「自主出頭しない犯人は、例え、少年(少女もいるのかも知れないが・・・)であっても、厳罰が当然」である』。

『「そもそも、殺害されてしまった少年に係わっている大人たち」も、

「殺害した少年(少女もいるかも知れないが・・・)に係わっている大人たち」も、

「余りにも、少年(少女もいるかも知れないが・・・)の行動等に対し、無関心過ぎる」。

「殺害されてしまった少年が、暴力行為を受け、顔にアザをつくっていた段階」で、

「傷害事件として立件されている」のが、

「日本社会の当然」だ。

「NHKによれば、周囲の大人たちは気づけなかった・・・等と嘘を言っていた」が、

「そんなあり得ない事態が在る訳も無い」。

「絶対に、周囲の多くの人々が、犯人(グループ)の存在を知り、

殺害されてしまった少年の暴行された痕に気づいていた筈」だ。

「傷害行為を黙認した大人たち」が

「殺人を誘導した様相ですらある」のだ』。

『「犯人(グループ)が短絡的な情報等に感化され易い状態・年代等である事」を「考慮すれば」、

「テレビ・マスコミ・ネット等によるイスラム国等による処刑情報等」が

「犯人たちに与えた影響も浮かび上がって来る」。

「テレ朝の人気ドラマ相棒」でも、

「人が人を殺してはいけない理由は、分からない・・・」と、

「まるで、殺人容認論の布教状態・・・」だった。

「優位な立場から、情報を大量配信出来ている者たちの資質も問われて然るべき」だろう』。

『「周囲の大人たちが、普通に頑張っていれば、今回の事件は、防げていた筈」だ。

「犯人である少年(少女もいるのかも知れないが・・・)に対する厳罰&再教育等は、当然」だが、

「関係のあった大人たちに対しても、

同様の状態にある他の大人たちに対しても、

相応の対処が必要」である』。

|

もはや「日本の国政を停滞させる事」が仕事の様相ですらある悪質野党・・・。

『「西川大臣の{合法}政治と金の問題」等に対する「執拗な追及」で「予算審議等を先送りさせる実質的、日本の国政を停滞させる工作活動」を「依頼しているのは、何処の誰か?」

「もちろん、まともな日本国民では無い」。

「大臣が辞任しても、辞任しなくても、

予算審議より、

{合法}政治と金の問題や、

安倍総理の任命責任の異常で執拗な追及」という

「野党や国会議員に一票を入れた有権者の資質」も

「問われて当然」だろう。

「予算の内容等に問題があるのなら、予算審議上で訴える」のが「普通の政党」だ。

「日本の国政を停滞させる事」で「メリットを得る」のは

「反日国等々」になる』。

『「反日国等々の手先情報機関的テレビ・マスコミ等の論調も酷い」。

「政治資金規正法がザル法」なら、

「政治資金規正法をザル法としない改正案を示した上」で、

「国会で成立させるべき」等の

「論が普通のまともな論」だ。

「現行法上で合法だが、本来なら違法とすべき問題」は、

「特定議員だけの問題ではあり得ないから」だ。

「まるで、問題がある」のは、

「西川前大臣ダケ・・・で、

そんな西川氏を大臣にした安倍総理も問題等々」と、

「政治資金規正法問題を悪用」して、

「反安倍政権イメージを視聴者等に植え付けようとしているその様」は、

「本当に醜悪」である。

「こんな実質的大衆誘導行為こそ、

法規制の対象であるべきであり、

影響の大きさを鑑みれば、

厳罰対象とされて当然」である』。

『「はっきり言えば、大勢に影響の無い、今回の西川前大臣の{合法}政治と金問題」と、

「大衆に悪影響を与え続けている、悪質テレビ・マスコミ等による大衆誘導」の、

「どちらの法規制等が、より重要なのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「悪質大衆誘導等が無ければ、国会での座も危うい、悪質野党国会議員等」に、

「日本の血税が与えられ続けている悪態」は、

「何時是正されるのだろうか?」』

『「悪質野党や悪質国会議員に一票を投じた有権者」が、

「二度と同じ過ちを犯さない事」が、

「現状で、直ぐに出来る是正法の一つ」に他ならない』。

|

テロの恐怖を植え付ける悪質テレビ・・・。

『「福島では、心臓病による死者が増えている」。「何故か?」「もちろん、強い影響を受ける状態からは、一般の人々は遠ざけられている放射能の影響が主では無い」。

「一番は、不安と風評被害等による経済問題等々」だ。

「言い換えれば、元凶は、テレビ・マスコミ情報等」である。

「福島の心臓病等の問題と同様の事態が、イスラム国問題やテロ問題等々でも起こっている」。

「長年、散々、日本人に対する実質的ヘイトスピーチ等々で、自虐を煽り、自殺等を増やして来た悪質テレビ・マスコミ等々」は、

「未だに、罰せられていない」』。

『「はっきり言えば、イラクがクェートに侵略戦争を仕掛けた事」が、

「アルカイダやイスラム国の元」だ。

「ところが、悪質テレビ・マスコミ等」では、

「その元凶を黙殺し、まるで、多国籍軍がイラクに反撃し、勝利し、独裁政権を葬った事が、アルカイダやイスラム国の元となったかの如き、

実質的嘘を、大宣伝している」』。

『「それは、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等による侵略行為(日本国民なら、竹島の不当占拠や、在特の無理強い等々の実質的侵略行為を黙殺してはいけない)等々」を

「正当化し、

容認させる為」の

「悪質なイメージ誘導でもある」のだ』。

『「中国共産党は、イスラム国の中にも、配下の者たちを送り込んでいる」。

「実質的反日同盟関係にある韓国(北朝鮮も含む)も、例外では無い筈」だ。

「つまり、イスラム国等寄りの論調の裏には、実際の仕込みが在る」のである。

「そして、その目標が、日本の乗っ取り支配方向に向いている」のは、

「疑いの余地が無い」』。

『「日本国民が、テロや侵略行為等々を恐れ、無抵抗降伏でもしようもの」なら、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)は、大喜び!という訳」だ。

「侵略行為やテロに対しては、戦争や反撃をも厭わない強い意志」を、

「多くの日本国民が持つ事」こそが、

「侵略行為やテロを抑止する有効な手段」になる』。

『「韓(北朝も含む)や中共の実質的手先たち」に、

「何時までも、日本のテレビやマスコミや教育等々を牛耳らせ続けていて良い訳など全く無い」。

「是正は、急務」だ』。

|

政策では正義ぶれない民主党が政治と金や故後藤氏問題で正義ぶっている様相を大宣伝している民主党のお仲間テレビ・・・。

『「政策論争となれば、元々、政策のスタンスが、日本<韓国(北朝鮮も含む)・中国共産党等という民主党に分は無い」。

「民主党のお仲間

(元々、民主党の母体の一つである旧社会党人脈の者たちが牛耳っていた流れ上に、

現状の日本のテレビ・マスコミ等の多くが在る)

韓流テレビ」の「立場」では、

「民主党を正義の政党」、

「与党として価値のある政党」、

「現与党より良い政党」、

「等々のイメージで大衆誘導を行わなければ、仲間の応援とはならない」。

「そこで、国政政党なら主たる仕事であるべきだが、民主党に分の無い政策論争」は、

「黙殺」。

「国政政党の主たる仕事であるべきとは、とても考えられない事」でも、

「民主党が正義ぶる姿を映像化出来る事」は「大宣伝」なのだ。

例えば、

「現行法上合法である政治と金の問題」だ。

「与党議員を責め、民主党国会議員が正義ぶる姿だけを視聴した、

韓流テレビ情報以外の情報が無い視聴者の中」では、

「与党より民主党の方が良いイメージ等が育つ」。

「政治と金の問題」なら、

「与党議員に対する無理やり的責めでは無く」、

「例えば、全国会議員に対する、政治とお金の法律についての是正論争」なら、

「まともな論争になる」のだが・・・。

「日本文化より、何処かの国の文化の臭いが濃厚な政党」は、

「他人や他党を責める事で

自分たちの悪を庇うスケープゴードとすると共に

正義ぶるのが大得意」なのだ。

「果たして、そんな政党や国会議員に日本の血税を与え続ける必要があるのか?!」

例えば、

「政府の渡航中止要請を無視して、

自主的にイスラム国入りして殺害された故後藤氏の問題で、

まるで、政府に重大な落ち度があったかの如く責め、正義ぶる」。

「その実態」は、

「民主党政権時の東日本大震災や福島第一原発被災事故時の対応の悪さ

(東電を責め、正義ぶった菅の姿を想起させられたのは、筆者たちだけでは無い筈だ)

を生み出した

元凶的精神構造そのまま、

進化出来ていない事を露呈している恥ずかしい姿そのもの・・・」なのに・・・。

等々・・・、等々・・・。

「それら民主党の姿」を、

「実態通り、

日本の国政政党として余りにも未熟な政党が悪態を露呈している」とは「報じず」、

「まるで、正義の使者のイメージで風潮している」のが、

「民主党のお仲間、韓流テレビ」なのだ』。

『「未だに、

韓流テレビ・マスコミ等」では、

「民主党・韓国(北朝鮮も含む)・中国共産党等偏重&

安倍政権や自民党等に対する実質的ヘイトスピーチが全開状態・・・」だ。

「その様子」は、

「日本のテレビ番組では無く」、

「まるで、韓国の政権や中国共産党のジェントル版の様」だ』。

『「日本の公共の電波の特定周波数を独占使用しているテレビ局」なのに、

「韓国の政権や中国共産党の都合に沿う論調を一方的に大量配信する事」で、

「視聴者等をイメージ誘導しているその様」は、

「本当に、醜悪」だ。

「日本社会に対する実害も、半端では無い」。

「例えば、戦後の土下座外交や自虐教育等々で、損なわれた利権等を検証してみれば良い」。

「黙殺され続けて来ている、卑怯な摘発され辛いテロ・工作活動の実態を、全日本国民が認知すれば良い」。

「その流れの中で失われた命の数等を数えてみれば良い」。

・・・・・・・。

「是正は、急務」である』。

『「政治家では無い、

一民間人であるNHK籾井会長を、

中期経営計画を報告させる為に、

民主党事務所に呼び出し、

従軍慰安婦論調問題等、中期経営計画とは基本的に関係の無い事で、質問攻めにするという、

ある意味では、確信犯的策略で、

怒らせ、

怒った姿を喜び勇んで撮影し、

嬉々として、全国放映する」。

「民主党に至っては、今後も、何度でも呼び出す!」旨「公言」し、

「籾井会長に圧力をかけている」。

「もはや、それは、悪劣な人権侵害行為の域ですらある様相」だ。

「民主党の手下的一般?人たち」も「NHKに圧力をかけている」。

「その実態は、正に、圧力団体であり、圧力団体の構成員」だ』。

『「こんな事を平然と行わせている」のが、

「民主党や、韓流テレビで実権を握っている連中」なのだ。

「国政政党実権者の立場も、

国会議員としての報酬も、

大手テレビ局の実権者の立場・報酬等も、

不適切で過分である事」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「テレビ界で、人を改めるべき」は、

「NHK籾井会長では無い」。

「日本の公共の電波を使っていながら、

日本では無く、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等にとって都合の良い状態に、

日本社会を誘い続けて来ている

民放等の実権者たち」だ。

「是正は急務」である』。

|

もはや国政政党と言うより「圧力団体」や「●暴」の様相ですらあるNHK会長を呼び出し集団尋問した民主党・・・。

『「こんな政党や候補者に一票を投じた有権者の責任」は「大」だろう。

「NHK籾井会長を民主党事務所に呼び出し、圧倒的多数で、呼び出し事由以外の事も含む質問攻め」だったのだ。

「その上、得意の、言葉の揚げ足取りを行い、

国会でも攻める旨公言し、

何度でも、来てもらう!等」と、

「実質的恫喝している様」は、

「正に、タイトルの事態」だ』。

『「従軍慰安婦等論調問題」でも、

「政府従属では無く、報道機関としての独立性」と「言えば、聞こえは良い」が、

「民主党の意図する、従軍慰安婦論調」の「問題」は、

「実質的、支持母体の一つである民団(在日韓国人の団体)の意向等に沿う事」だと、

「容易に推定出来る」。

「元々は、

戦後の米軍統治につけ込んだ、

日韓併合~終戦当時日本国内に大量に渡来して居た韓流人脈による日本支配体制構築工作」こそが、

「元凶」なのだ。

「その一手段である、テレビ・マスコミや教育等を親韓(北朝も含む)人脈で牛耳る事による大衆誘導工作」が、

「無ければ、

旧社会党が巨大野党となる事も無く、

土下座外交も

村山談話も

河野談話も

生まれていない」筈だ。

「そればかりか、竹島はとっくの昔に日本領、拉致問題は、発覚した時点で、打ち止め状態・・・だった」筈だ』。

『「先の大戦や日韓併合等に対する日本国民の認識や、

従軍慰安婦問題等でも、

論調が旧主流論追従では無く、

正常化される事」は、

「必然」に他ならない。

「それは、政府従属等の政治問題とは、全く別の話し」だ』。

『「戦後の韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を向いた偏向情報・教育による大衆誘導」は、

「ネットが普及する前までは、確実な実効が有った」。

「ネット普及以降、ネット情報等に触れる事が出来る人々の間」では、

「当然の如く、

旧偏向論に沿う認識等が是正」された。

「今や、大衆誘導支配下に残っているのは、

ネット難民が主で、

その多くは、

テレビ・ラジオ情報しか受け入れられていない人々」に他ならない。

「マスコミ情報」では、

「フジと現代(本音では、ヒュンダイと読ませたいのかも・・・)や

読売と朝日(ニッチョウでは無く、チョウニチであるところに重大な意味が・・・)等々」の

「対立状態を見ても明らかな様」に、

「是正傾向が出て来ている」。

「偏向情報大衆誘導利権上で生きている者たちの最後の頼みの綱」は、

「テレビ・ラジオ」なのだ。

「NHK論調の正常化で、テレビ界偏向情報一遍やり状態が崩されてしまう」と、

「必然的に、

テレビによる偏向情報大衆誘導工作も実効力を失い、

その上の利権等も保持出来なくなる」』。

『「偏向情報大衆誘導上の利権で生きている政党や人々等」にとっては、

「テレビ界全体の偏向情報大衆誘導一遍やり状態が崩される事」は、

「正に、利権の終わり」を「意味する」』。

『「テレビ・マスコミ偏向情報大衆誘導がつくり出した政権でもある民主党政権時」には、

「巨大与党であった民主党」も、

「現在では、もはや、野党第一党と言っても、与党とは程遠い」。

「テレビ・ラジオ偏向情報大衆誘導状態が無くなれば、圧倒的マイナリティー」で「当然」だ。

何故なら、

「民主党政権時の実績」は、

「日本を細らせ、中・韓を太らせた、円高容認政策」や、

「竹島の不当占拠も止めない、反日政策実行中の韓国に対し、日韓基本条約で渡す必要が全く無くなっている朝鮮王朝の書物の引き渡しという異常な媚韓政策」や、

「菅(当時は総理)と孫(あのソフトバンクの・・・)で決めた、

日本の電力を高値不安定に導く事で、

実質的には、中・韓等を利す、

再生可能エネルギー発電超バカ高買取り法案

(円高容認政策で、安い中・韓製の太陽光パネルを使って大量発電すれば、濡れてに粟の大利益・・・を国が政策として保証。

利益の元は、日本国民や企業等の強制的に加算徴収される電気料金。

当然の如く、性悪共は、国保証の濡れ手に粟事業に名乗りを挙げたが、

当然の如く、永続的に広げられる事業では無いから、実質的に、ネズミ講状態。

・・・。)」や、

「中・韓が危ない原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ原発ゼロ」等々という、

「実質的、反日本政策・媚韓/媚中共政策・売国政策等々のオンパレードだった・・・のだから!」

「日本国籍はもっていても、

行っている事の内実は、

韓(北朝も含む)・中共等による日本乗っ取り支配工作の実行部隊の様相・・・」で、

「日本の政党なのか?」

「日本の議員なのか?」等々と

「疑われても仕方の無い状態」である』。

『「今回のNHK籾井会長に対する、実質的、圧力行為」は、

「テレビ・ラジオ偏向情報一色大衆誘導が崩される事に対する恐怖の裏返し」なのだろう』。

『それは、

「日本人なのに、悪態を露呈したまま存続している民主党を、未だに、支持している人々」等と同様、

「実に哀れ・・・」である。

「民主党は、先の政権時の政策等を真摯に反省している」なら、

「解党するべき」だ』。

|

未だに「日本のみの原発不安」を煽る中・韓(北朝も含む)の手先たち・・・。

『「火山国地震国日本の原発は危ない!」等々と「日本のみの原発不安を煽り、中・韓(北朝も含む)を利そうとしている実質的売国奴たちの論」を、「正しい論のイメージで重用している大手テレビ・マスコミ等や政治家等」が「未だに、蔓延っている」。

「言うまでも無く、原発で一番危ないのは、人災」だ。

「それは、チェルノブイリに火山噴火や地震があったのか?」等を「考えれば、誰でも分かる」。

「逆に、日本の原発」は、

「あの未曾有の東日本大震災時でさえ」も、

「重大な影響を受けた」のは、

「津波対策を怠るという人災に被られていた福島第一原発のみ」だ。

「福島第一と同様、震源地に近い場所に在る」にも係わらず、

「女川も、福島第二も、重大な事故状態等には陥っていない」。

「原発の問題は、先ず、人災」である』。

『「人災の面では、日本の原発より遥かに危ない原発」が、

「中国共産党支配下の中国や韓国に少なからず在る」。

「天災を持ち出して、人災問題を表面化させない情報策略」は、

「身に染み着いている卑劣な文化故」だろう』。

『「核のゴミ問題」でも「同様」だ。

「核のゴミ」の「実体」は「未来の核の資源や、新物質の素等々でもある」。

それなのに、

「孫子の代への負の遺産」とか、

「人類の科学では、絶対に解決出来ない」とか、

「科学には、限界がある」とか、

「{最終}処分場」等と、

「まるで、未来永劫、放射能の自然減衰を待つ以外」に、

「人類が核のゴミの処分手段を持ち得ないイメージ内」に、

「視聴者・読者等を大衆誘導」している

「悪テレビ・マスコミ等や政治家等」が「蔓延っている」。

「現実」は、

「科学的・物理的に、人類が放射能をコントロールする事を可能にする時代」が、

「直ぐ其処まで来ている」のだ。

「放射性物質を短期間に安定化する事」は「理論的に可能」だ。

「具体的には、放射性物質とは、量子的に、不安定崩壊状態の物質に他ならないから、陽子銃等を使って、放射性物質の量子状態を短期安定化可能状態に変えれば良い」。

「或いは、放射性物質の崩壊~安定速度は、その物質が置かれている時空に依存する」から、

「時空の状態を短期安定化可能にすれば良い(時空制御技術は、放射能コントロール技術と共に、人類が本格的に宇宙進出する為には、必須の技術だ)」。

「また、核融合技術を実用化すれば、次第に、全ての放射性物質を燃料化・有用な新物質化する事も可能になる」。

「理論的に可能な事を実現出来る様にする」には、

「実現への道をどれだけ真剣に歩むか?」に「かかっている」。

「リチウムイオン電池」だって、

「青色発光ダイオード」だって、

「元々」は、

「絶対に実用化出来ない」

「実用化は不可能!」等と

「当時の少なく無い数の科学者たちからも、言われ続けていた」のだ。

「科学者等には、タイプが在る」。

「記憶蓄積を主とする者たち」と「開発を主とする者たち」だ。

「過去の実績等を沢山知れば知る程、過去の実績上では、実現不可能・・・等の思いが育ち易くなる」のは、

「当然」だろう。

「過去の実績等に依存しない、ブレークスルー開発等」には「立場もスポンサーも付き辛い」のも、

「当然と言えば当然」だろう。

しかし、

「放射能コントロール技術」を「開発~進化させる道」を「歩まない選択」は、

「近未来の先進国からの脱落」に「直結している」。

「人類が宇宙に本格進出する為」には、

「地球上と違い、放射線に溢れている宇宙空間や他の星等の現実」が

「避けられない」。

「今後の人類にとって、放射能コントロール技術や時空制御技術の蓄積~進化」は「必須事項」に「他ならない」のだ。

「それなのに、実質的、虚勢化情報工作」とは、

「本当の日本国民なら出来る事ではあり得ない」』。

『「核のゴミ」に「必要」なのは、

「放射能コントロール技術の開発~進化に真剣に取り組む」なら、

「恐らくは、数十年~程度の期間安全に保管出来る一時保管所」であり、

「断じて、最終処分場では無い」。

「孫子の代に残すべき」は、

「虚勢化され、先進国から脱落し、中・韓(北朝も含む)等に支配される日本」では

「断じて、無い」。

「放射能コントロール技術」や

「時空制御技術」や

「新物質製造技術」等々の

「先駆け」であり、

「人類(地球生命体細胞群)の本格的な宇宙進出への貢献」である』。

|

草刈正雄の長男は自殺では無いでしょ・・・。

『「摘発され辛い殺人工作まで実際に在る事」や「外れる筈の無い手摺りが外れた事」の「示唆しているところは」・・・。

「防犯カメラ等に映らない方法やその建物の居住者等映っても全く疑われない状態で侵入し、

予め得ている鍵(コピー等)で開錠し、

鑑識と同じ手段で足跡等の遺留物を残さず、

手摺りを外れる様に工作した上で、

銃等で脅し、窓に追いやれば」・・・。

「その様な、卑怯な殺人工作等だった」なら、

「立証も、困難で、事故扱い・・・」だろう・・・』。

『「摘発され辛い殺人テロ工作等が溢れている日本社会」では、

「誰の部屋の中にも、

持って行ったり、改竄したりすれば、判る、防犯カメラシステムや、

電磁波防御や浄水システム等」が「推奨」される』。

『「朝鮮系と言われている小泉」が「大宣伝」していた、

「努力した者が報われる社会」の「裏」には、

「日本人の努力を、卑怯な工作等で、邪魔し、困難にする事」や、

「工作を仕掛けている者たちと同じ血統・人脈・思想信条(優先順位順)の者たちを偏重応援する工作」等々が、

「在り」、

「工作を仕掛けている者たちと同じ血統・人脈・思想信条(同上)の者たち」の

「努力が報われ易い状態」が

「仕込まれている」』。

『「だからと言って」も、

「円高メリット安輸入品等による、

実質的には日本と韓国や中国(どちらも、反日政策実行中国・・・つまり、それらの国が勢いづく事は、反日政策・工作の勢いを増させる事に直結)の格差是正」が

「良い訳も無い」。

また、

「(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここは言わない)原発ゼロもセットで訴えている

日本国内丸裸、金権横行、規制緩和・改革」なども、

「当然、良い訳が無い」。

「日本国内の卑怯な工作活動を壊滅させる」なら、

「努力が報われる」が、

「ベターチョイス」だろう』。

『「日本政府も警察も・・・、

日本国内で行われている卑怯な工作活動の全てを

ちゃんと摘発し、

壊滅させるべき」だ』。

|

今頃になって「テロ対策」叫ぶ北朝鮮等によるテロ等は無い事にしたい方々・・・。

『「はっきり言えば、北朝鮮に拉致された日本国民の中で、たった一人でも、殺害されている」なら「それは、既に、日本をターゲットにしたテロが既に行われていた事に他ならない」。

「北朝鮮内で公開処刑されていても、情報は日本には伝わらない状態下の時代」も「含めた」「徹底検証が必要」だ。

「オウムの裏にも北朝鮮が在った」と言われている。

「北朝鮮の核やミサイル等」が「日本の情報・技術・資金等でつくられている事」は、

「有名な話し」だ。

「具体的に言う」なら、

「帰化させた北朝鮮系の子ども等」を「日本の大学や企業の研究所等で学ばせ、その技術を吸い上げる」。

「パチンコや非合法も含む金融業や風俗も含む飲食業等で稼いだお金を吸い上げて資金にする」。

「弱みを握った日本国民や企業等を強制的に協力させる」。

「・・・等々の手段が長年に渡って行われ続けている」。

「かつてのオウムは、そんな裏の実態を隠す為の騒ぎ球であったと共に、

サリン等の化学兵器だけでは無く、

核兵器開発まで考えていたオウムの裏」では、

「化学兵器や核兵器等々を作製する為に集められた情報等」が、

「北朝鮮系人脈にも流されていた実態が在ったから」こそ、

「その辺を良く知っている村井氏の殺害事件まで起こされた」のだ。

「村井氏が知能指数200(に=日本、無い、無い)の天才と公言された裏」には、

「村井氏が日本系の人間であるから、殺害しても、お仲間を殺すのとは意味が違う」等の、

「暗黙のメッセージが有った」と「強く推定される」』。

『「日本政府からの渡航中止要請まで在った」のに「自主的にイスラム国入り」して、

「湯川氏共々殺害されてしまった後藤氏の事件」や、

「その後のイスラム国の広報」等を「受けて」、

「今更、テロ対策を声だかに叫んでいる連中」は、

「北朝鮮等のターゲットにはならない」から

「北朝鮮等の実質的テロ行為等の場合は黙殺していた」が、

「イスラム国等ならお仲間と強く推定される後藤氏が殺害された実例」からも、

「ターゲットに成り得てしまうから恐れている方々」に「他ならない」と「容易に推定出来る」』。

『「その様な連中が主として牛耳っている」のが、

「日本のテレビ・マスコミ等」の「実状」なのだ』。

『「例えば、常日頃は、選挙時等では、マイナリティーとなった方にスポットライトを当てている」が、

「沖縄では、選挙時のメジャリティーに強いスポットライトを当てる事」で、

「まるで、沖縄の全民意が、其処にあるかの如きイメージを風潮している」。

「それは、実態として、悪質な情報工作」だ。

「脱原発問題でも、同様」だ。

「まるで脱原発や太陽光発電こそが、正義の如きイメージで、大衆誘導しているその様」は、

「日本国内で実際に行われている日本の国益を損ねさせる反面、中・韓等を利す悪質な情報工作活動に他ならない」』。

『「戦後の日本国内」では、

「主として、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党系の人脈による、実質的、テロ・工作活動が蔓延し、黙殺され続けて来ている」のが、

「現実」だ。

「連中は、例えば、イスラム国やアルカイダ等々のテロリストの様な、公言テロは滅多に行わない」。

「拉致等の実態からも明らかな様に実質的テロ行為を行っていながら、

黙殺させ摘発させない事を長く続ける事で、

日本国内での勢力拡大~乗っ取り支配等を図っている」のだ。

「勢力拡大手段は、摘発され辛い実質的テロ・工作活動行為だけでは無い」。

「意図的に帰化させ、子沢山とさせる事等」で、

「合法的に、勢力を拡大する事も含めて」

「{意図的}に行い続けている」のだ。

「戦後、或いは、日韓併合後の日本国内」では、

「一般日本国民を、

日本乗っ取り支配策略の意図の下で、

無害化・虚勢化・弱体化・早死に化等に誘う裏」で、

「血統主義者でもあるそのスジの者たちの人口割合を増やし、日本社会の支配度を高める等々」の、

「悪劣な策略が実際に行われ続けて来ている」。

だからこそ、

「戦後の日本では、長い間、竹島の不当占拠も、在特も、拉致も、・・・黙殺状態だった」のだ。

「テレビ・マスコミ・教育等が偏向論(内実では、韓・北朝・中共等を利す論)を

一方的に大量配信出来、

イメージ等による大衆誘導工作まで行えている」のだ』。

『「日本の情報・教育等の正常化」は「急務」だ』。

『「実際に、戦後の日本国内」では、

「電磁波工作・飲食物工作・情報/教育工作・拉致・摘発され辛い傷害/殺人工作等々、

実質的テロ・工作活動行為が行われ続けている」。

「そして、日本政府も警察等々も、未だに、十分な対策が取れていない」。

「時代と共に、科学技術は進化し、テロ・工作等の手段も、より摘発され辛く、効果的になってしまって来ているのに!」

「例えば、今時の電磁波工作では、防御無しなら、殺人まで可能になっている」。

「マイクロ弾を発射する小さな目立たない工作兵器も実用」され、

「マイクロ弾自体が、より摘発され辛い(例えば、放射性物質を使う、菌やウィルス等を使う、代謝性の高い毒物を使う、等々)、殺害・傷害能力を高められている」。

「日本政府や警察等は、先ず、本気で、日本国内に実在しているそれらの工作活動を摘発するべき」だ。

「●暴や、民族団体や、宗教団体や、政治団体等々の圧力団体が絡んでいる場合も多い」のだから、

「悪劣な圧力団体等を解消させると共に、過去の悪行を補償させる法整備等も必需」だ。

「それは、民族差別でも人種差別でも無い」。

「日本国内で蔓延っている悪者たちを摘発し罰する事で、

悪者では無い人々の安全を保障する極めて当然の事」だ』。

|

サンデー・モーニング「憎しみの連鎖をどう断ち切るか?」だと・・・。

『全く、「日本への憎しみの連鎖上に生きる事等を推奨して来た様相」なのに、「タイトルの事について、どの様な論を述べるのか?」と思っていたら、「案の定」、

「宗教賛美~哲学論~目には目を(つまり、植民地支配には植民地支配を!)論~等々」だった。

「意図している所」は、

「上辺」では、

「視聴者を導く優等生を気取る」と共に、

「内実」では、

「日本乗っ取り支配人脈の工作活動等にもお墨付きを与える事に直結する世論を日本国内に・・・」なのだろう』。

『「本当に、酷いモノ」だ』。

『「先ず、最初に、クリアーにしておくべき」は、

「日本による植民地支配等と印象付けられている事の実態」だ。

「元々、欧米列強とは全く違い、日本には、植民地支配の文化など無かった」。

「開国~明治維新以降、日本は欧米列強の様な富国強兵国を目指した」ので、

「欧米列強同様、植民地も手に入れようと考えた」。

「しかし、その実践は、なかなか出来なかった」のが「歴史上の現実」だ。

「特に、はっきりしている事」は「日韓併合が、日本による韓国の植民地化では無い事」である』。

『「日本による韓国保護~日韓併合初期時代に、朝鮮半島に渡った多くの日本人が重々知らしめられた事」は、

「当時の朝鮮半島内が、異常な程荒れていた事や、有益な資源や産物など皆無に近かった事」だ。

「当時の多くの韓国人」が、

「薄汚れた色の無い着物を着、

衛生状態も、健康状態も、経済まで含む文化状態も、

・・・とても、日本人の感覚では、仕事に参加させる事さえ拒みたくなるのが普通の状態だった事」は、

「日本による朝鮮半島開拓(=朝鮮半島内の近代化)を決意させるに十分だった」のである。

「ある意味では、当時の北海道より酷な開拓状態の中」で、

「当時、朝鮮半島に渡った日本人」は、

「朝鮮半島内の近代化を一生懸命行った」。

「その結果」、

「当初は、荷物運びさえ頼む事を考えさせられた状態の当時の多くの朝鮮人」が、

「日韓併合による朝鮮半島内の教育文化衛生水準の向上」により、

「大戦前には、企業の核心部である経理の仕事まで依頼出来る状態になっていた」のである。

「しかし、大戦前でも、朝鮮半島内は、当時朝鮮半島内に居た多くの日本人も含めて決して豊かな状態では無かった」。

「何故なら、それ以前のインフラ未整備状態のツケ」で「多くの物流が本土経由だったから」である。

「日本人も含めて、豊かな者が少ない朝鮮半島内」から

「豊かな者が朝鮮半島内よりは遥かに多かった日本本土内に、

別天地を求めて、

非常に多くの朝鮮人が自主的に、

時には、密航までして、

渡来」した。

「それ以外にも、確信犯で、日韓併合を韓国による日本の乗っ取り支配の開始と位置づけ、

日本を乗っ取り支配する工作・活動等の為に、

自主的に日本に渡来した者たちも居る」。

「また、朝鮮戦争時にも、大量の朝鮮人が、難民として、日本に渡来している」。

「強制連行や、難民なら、朝鮮半島内が戦乱状態では無くなった時点で戻るのが普通」だろう。

「ところが、何故か?或いは、当然の如く、日本国内には、未だ、大量の韓国(北朝鮮も含む)人が居る」。

「そればかりか、帰化した人々の数も、極めて多い」。

「それが、戦後長い間、

戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々により、

強制連行された朝鮮人とされて来た人々の実態」だ。

「それ以外にも、

戦後日本各地で実際に起きた朝鮮人による乱暴狼藉略奪問題や、

竹島の不当占拠や、

在特の問題や、

拉致問題までをも、

長い間、実質的に黙殺して来た」のが、

「戦後日本のテレビ・マスコミ・教育等々の実態」だ。

「更に酷い」のは、

「拉致問題が表面化した時」には、

「旧日本軍による朝鮮人に対する強制連行を持ち出し、

旧日本軍がもっと酷い事を行ったのだから、

拉致くらい当然だ・・・等の論まで風潮された事」である。

「従軍慰安婦虚報問題」も「記憶に新しい」。

「つまり、その様な、戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等」は、

「一貫して、親韓国(北朝鮮も含む)反日の論理やイメージ等」を、

「日本国内で、一方的に大量配信し続けて来ている」のだ。

「この戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等の人脈は、未だに、同様のまま・・・」である。

「そして、そんなテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等にマインドコントロールされたまま・・・の日本国民の数も、未だに、決して少なく無い」。

「更に深刻な問題」は、

「一般日本国民の多くが、少子高齢化の今日なのに、そんな人脈の者たちは、意図的に子沢山策」なのだ。

「つまり、帰化して、日本国籍を持っているそんな人脈の者たち」は、

「日本国内におけるそんな人脈の割合を増やす事」により、

「合法的に日本の乗っ取り支配を画策している様相ですらある」のだ。

「日本乗っ取り支配の完成絵図の一つ」が、

「天皇家を金家に挿げ替える」だったりする・・・』。

『「日韓併合~戦後日本~の実態」は、

「日本による韓国(北朝鮮も含む)人救済~韓国(北朝鮮も含む)人人口の飛躍的増大であった」と「共」に、

「日本国内に大量の韓国(北朝鮮も含む)を含有させた事」に他ならない。

「善良市民ばかり・・・なら、大きな問題は無い」。

「しかし、スキルスの如く、日本国内に染み入ると共に、日本の乗っ取り支配を画策している悪まで居るのも、また現実」なのだ。

「当然、そんな連中は、日本社会では、圧倒的な少数派」だが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々で、その少数派が多数を操れた時、

その悪事は実現可能となってしまう」。

「圧倒的な少数派」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々の実権を牛耳り続け、大衆をイメージ誘導した事」で、

「親韓(北朝も含む)親中共の要素が濃い先の民主党政権まで成立させた実績まである」のだ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々による大衆誘導を絶対に行わせない為の法や体制整備は必需」である。

「筆者が、常々、

何処の局でも、

毎日の様に同様の顔、

同様の偏向論ばかり・・・」という、

「日本のテレビ番組の実態を大きく非難している」のも、

「大衆誘導の手段だから」だ。

「その実態」は「ナチスのヒットラーと同様」に他ならない』。

『「さて、憎しみの連鎖を断ち切る為にはどうしたら良いのか?」

「答えは、簡単」だ。

「日本人移民」と「他の多くの国民の移民」の「差」を「考えれば、誰にでも分かる筈」だ。

「日本人移民のほとんど」は「移民先の国々が、旧来から蓄積して来た、文化や体制等に自分を合わせながら、移民先に溶け込んでいる」。

「米国内に、チャイナタウンが在っても、日本人タウンが無いのは、その象徴」だろう。

「逆に、母国・祖国の文化や体制等を、移民先でも保持したがる人々」は、

「自ら、移民先で、積極的に異物感等をつくり出すと共に、祖国・母国の文化や体制等で移民先をも染め上げようとする」。

「客観的に見れば、それは、もはや、単なる移民では無く、排除運動等が起きるのが当然の、侵略行為」である』。

『「それでは、何故、実質的侵略行為が必要になってしまうのか?」

「其処にこそ、この問題の本質が露呈している」。

「過去の欧米列強による植民地支配の主たる目的」は、

「自国民のより裕福な生活」や、

「自国内の不満の捌け口」だった。

「現代の先進国社会では、既に、自国民の裕福な生活は、基本的に担保されている様な事」だ。

「もはや、欧米列強等は、植民地を必要としない状態にある」。

「自国民の不満」は「主として根本的に不当な格差から生じる」。

「同じ国民なのに、産まれが違うダケで、一方は王族、一方は庶民・・・」では、

「不満を持たない方が不自然」だ。

「そこで、現状では、多くの国々内」で、

「●●ドリームや血統家族主義等々の映画やドラマ、

或いは、

自分を贔屓の選手等に投影・転嫁しながら楽しむ事で自分の中の憂さを晴らす感じも味わえる商業スポーツ等々による

実質的マインドコントロールが行われている」。

「それら、現実逃避受け皿産業の虜である限り、格差是正の為の内乱等」を、

「起こす気にもならない」のが、

「基本的な裕福さに恵まれている人々の実体」だ。

「ところが、現実逃避受け皿産業の虜にならない人々も少なからずいる」。

「つまり、火種は現実逃避受け皿産業等ダケでは、消せていない」のだ。

「不当な格差是正という源流対策を行わない限り、火種は無くならない」』。

『「そんな先進諸国の状態」と「共」に、

「開発途上国の問題がある」。

「元々、開発途上国が開発途上国である裏」には、

「先進諸国入りという状態を生み出せていない文化や体制等が在る」のだが、

「人の常として、自分たちが至らない所を認める事は、困難」だ。

「そこで、開発途上国等が依存しがちになる」のが、

「歴史」である。

「先進国に植民地化された歴史等が有れば、其処に、積極的に食いつきがちになる」のも、

「また、人の常」だろう。

「無ければ、その様な状態が在ったと、嘯きたがり、援助を求め易い国等に食いつきたがるのも、

「また、人の常」かも知れない。

「しかし、それら、人の常は、個人レベルなら、かわいいモノ・・・程度の話しで、大勢に影響は無い」が、

「国家レベルとなると・・・」。

「通常なら、国家レベルでは、人の常レベルの考え方では無く、より高度に構築された概念等を基に、本質的な問題解決を模索するモノだが・・・」。

「もっとも、その様な文化・体制にまで至れていないから、先進国になれない・・・のだが・・・」』。

『「先進国になれていない国々の者たち」が「先進国内で、祖国・母国の文化や体制等にこだわる事」は、

「実質的邪魔や侵略行為になる」。

「それで、排除されずに、積極的に保護され続ける・・・等と思っている」のなら、

「余りにも甘えている」。

「先ずは、人類誰もが、現代人としての資質を身に着ける事」だ』。

『「どんなに祈り続けていても、農作物等がいきなり大量に採れる状態は生まれない」が、

「科学的に大量に採れる状態を生み出す事は可能」だ。

「多くの人類が飢餓状態から抜け出し、先進国では飽食の時代とまで言われる様になった・・・」のは、

「宗教による祈り等がもたらした事態では無い」。

「科学技術等の構築による事」だ。

「現代人の資質として、求められている重要事項」は、

「宗教<科学」であり「思いや信じ<事実・現実」である』。

『「例えば、人の誕生・死は、細胞ごとである事が、科学的に判明している」。

「この現実が示している事」は、

「霊やあの世を考えるなら、細胞ごとで無ければ整合性が保てない事」だ。

「細胞ごとの霊やあの世」なら「要らない」と「考える人がほとんど」だろう。

「それでは、何故、人類は、歴史上で、丸ごと一人の死生観を持ち、丸ごと一人の霊やあの世や復活等々を考え出したのか?」

「言うまでも無く、古の時代には、細胞ごとの誕生・死という現実を、誰も、把握・認識出来なかったから」だ。

「古の時代」でも「死は認識されていた」が「現実通りの、細胞ごとという認識は無かった」。

「この間をつなぐモノ」が「考え・思いの上での、丸ごと一人の死生観」であり、

「丸ごと一人の霊やあの世や復活等」である。

「つまり、丸ごと一人の霊やあの世や復活等は、考え・思い上で、納得する為に必要な、考え・思いに他ならない」のだ。

「人の現実」は、

「細胞ごとの誕生・死」だが、

「人の考え・思いの上」では、

「丸ごと一人」が「都合が良い」である。

「約60兆もの細胞ごと・・・」では「考え・思いとしては、煩雑過ぎる」・・・』。

『「この死生観の問題」は「人類誰にも共通の人間の基本中の基本の問題」だから、

「非常に重要」なのだ。

「細胞ごとの誕生・死という現実に合わせて、細胞ごとの命の繋がりの図を描いてみれば誰にでも分かる筈」だ。

「人類誰もが、否、人類ばかりでは無く、この地球上の全ての生物が、細胞ごとの命の繋がりを持つ、自分の同類である事が!」

「つまり、科学的現実」は「元々、世界平和」なのである』。

『「ところが、丸ごと一人の考え・思いに拘ったり、血統家族主義に拘ったり・・・すると・・・」。

「一気に、現実が示唆している世界平和が崩され易くなる」。

「元々、血統家族主義等というモノは、血統を適当な所で身勝手に区切った狭い部分論に過ぎ無い」。

「極地的偏向論」を「用いて、自らやお仲間の利権増大を図る悪策」で、

「それは、世界平和を否定する悪行に他ならない」のだ。

「丸ごと一人の死生観に基づいた復活等の実現性も、全く無い」のが、

「科学が示唆している現実」だ。

「つまり、思いや信じ<事実・現実」なら、

「血統家族主義等や、丸ごと一人の死生観等」は、

「既に、力の無い状態であって当然」なのだ』。

『「誰もが現代人として生きるなら、憎むべきは、事実・現実に叛いている状態の自分も含む者」であり、

「事実・現実に叛いている状態を愛用している脳細胞の状態」を、

「事実・現実と整合性が取れている状態を愛用している脳細胞の状態」に、

「変化させる事」こそが、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求を充足させる道である事」に、

「気づく筈」だ』。

『「時代遅れの者たちのみ」が「閉鎖空間で暮らす」なら、

「その閉鎖空間の者たちは、何れ、衰退し、亡くなってしまう」だろう。

「時代遅れにならない者たちのみ」ならば「例え、閉鎖空間で暮らし続けても、存続が可能になる筈」だ。

「地球や国とは、ある意味では、閉鎖空間であり、時代遅れの者たちを衰退させ滅亡させる事を推奨している空間でもある」のだ。

「現代人」なら、

「人々の使用脳神経細胞ネットワークの正常化」により、

「時代遅れの者たちを衰退させ滅亡させる方法を主として選択する」のが

「当たり前」である。

「悪行既得権益に生きていると、現代人になれる人々でも、自分に謀叛する悪人になってしまうのだが」』。

『「丸ごと一人の死生観やあの世や復活等々の実在し得ない信条や思いに基づいて、殺人等の悪行を行う悪人たち」と、

「悪行既得権益に生き、自分に謀反している悪人と化している現代人になれる資質のある者たち」の

「組み合わせ」なら、

「戦乱が、当然」だろう』。

|

「新しい形の世界戦争」でイスラム国等の敵にならない事が日本の安全になるイメージ誘導を行いたい様相の醜悪番組・・・。

『「日本が人道支援として、お金を出しても、お金自体は何に使われるか分からない」から「イスラム国等が、日本は参戦したと解釈するのは、当然」とでも「言いたげだった」のが、

「本日のテレ朝朝番」だった。

「そして、世界は新しい世界戦争に突入している論」等を「付け」、

「そんな中で、日本が巻き込まれない為」には、

「イスラム国等の側の敵にならない事が有効である旨」を、

「視聴者に印象付けていた」。

それは、

「今回のイスラム国による日本人殺害事件の教訓が全く生きていない酷い話し」だ』。

『「思い出して欲しい」。

「少なくとも、後藤氏は、イスラム国の敵では無い状態で自主的にイスラム国入り」した。

「ところが、後藤氏は殺害されてしまった可能性が大」だ。

「この事態は何を示しているのか?」

「イスラム国等、極悪組織の常識」では、

「敵では無い=味方で無ければならない」である。

「何故なら、元々、周り中、ばかりか、極悪組織等の中までもが、極悪故に敵だらけ・・・というのが、極悪組織等の実態」だ。

「其処には、味方では無い=敵とみなさなければ、極悪組織等の中でも、生き残れない状態が在る」。

「極悪組織等の外で、敵では無い旨を示す事」は、

「極悪組織等にとって、先ず、味方であるべきと考えさせる事に直結している」。

「少しでも、味方では無い状態を露呈すれば、直ぐに、敵とみなされる」のだ。

「最初から敵と公言していても、

敵では無いと公言していても、

基本的に極悪組織等と同調しないのなら、

結局、敵とみなされる」のが「現実」だ。

「それなのに、テレ朝の論が示唆していた所」は、

「日本の安全を担保したいのなら、

イスラム国等の敵では無い状態が良い旨

=イスラム国等の味方になれ!」なのだ。

「実質的には、とんでも無い話し」が、

「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信されている」のだ』。

『「そもそも、戦後の日本が平和などと言うのは、ファンタジー」だ。

「実際に、

竹島は、韓国に不当占拠され、在日韓国人等に対する特別扱い法まで無理強いされ、

北朝鮮による日本人拉致は数百人にも達していると言われている」。

「戦後の日本が平和という嘘に拘りたい」のは、

「それらの現実を黙殺させたい人々に他ならない」』。

『「イスラム国等の敵にはならない事=イスラム国等の側から見れば、イスラム国等の味方で無ければならない事」は、

「韓国(北朝鮮も含む)等の敵にはならない事

=韓国(北朝鮮も含む)等の側から見れば、韓国(北朝鮮も含む)の味方で無ければならない事

=竹島問題や拉致問題や従軍慰安婦問題等々で、韓国(北朝鮮も含む)側の言い分に従う事」に

「直結している」のだ』。

『「それでは、日本が、どの様な立場を採る事が妥当になる?」

「新しい世界戦争を無くす方向に力を加える事」であり、

「その為には、新しい世界戦争を仕掛けて来ている思想や組織等を滅亡させる事」だ。

「現状対策としては、

イスラム国等の敵では無い立場を採る事より、

戦闘行為には直接参戦せず、

イスラム国等の外堀を埋める事等を積極的に行う事」だ。

「思想的にも経済的にもイスラム国等の組織等の外堀を埋める事」は、

「現状先進諸国の是正&健常化にも直結する」のだから、

「本当の平和主義者たち」なら、

「その道を言わないのが変」である』。

『「自衛隊の邦人救出の為の海外派遣を可能にする事」にも、

「大いなる抵抗感を示していた様相のテレ朝朝番だった」が、

「現状で想定されている代表的なケース」とは、

「紛争地域等になってしまった所等から、

邦人を安全に救出する為に、

自衛隊の航空機やヘリコプター等の使用を可能にする事」に他ならない。

「例えば、

民間機が入る事が危険な地域に邦人が残されていた場合、

その地域に自衛隊ヘリ等が入り邦人を救出したり、

危険な地域からの民間機を使った脱出の護衛に自衛隊機等が当たる等の事態が考えられる」。

「それは、空だけとは限らず、海でも同様」だ。

「基本的に該当地域の国等からの了承が必要とされる予定」なので、

「もちろん、軍による侵略行為等には、一切当たらない事が大前提」だ。

「何故、自衛隊の派遣を考える必要があるのか?」

「邦人の救出に際して、その地域の国等頼りでは、常に優先順位上位とされるとは限らない」。

「また、現状の多くの地域では、自衛隊の機や艦船等の性能が、その地域の国等が保持している機材より優れているので、より邦人の安全が確保し易くなる」。

「つまり、

ちゃんと日本国民の安全を保障するつもりがあるのなら、

邦人救出の為に自衛隊を派遣出来る様にする事等」は、

設定するのが、当然な事」なのだ。

「この様な、普通の国なら当然の事」にも、

「抵抗感を示すのは何故か?」』

『「例えば、多数の日本国民を拉致している、北朝鮮等を気遣う人々」なら、

「該当地域の国等の了承の項」が、

「もし、超法規的措置等で外されたり、

将来的に撤廃されたりしたら・・・」、

「新たに設定される法律を根拠」に、

「警察の特殊部隊以上の能力を持つ、自衛隊の特殊部隊等が整備されたら・・・」等々の

「事態」を

「心配する・・・」だろう。

・・・「そんな雰囲気が満載」なのが「テレ朝等」だったりしている・・・』。

『「日本のテレビ・マスコミ・教育の正常化」は「急務」だ』。

|

ヨルダン人パイロットを虐殺し、全世界に国では無い事を大々的に露呈したイスラム国・・・。

『「ヨルダン人パイロットを、1月3日には既に虐殺・・・」とは「余りにも酷過ぎる」。

「世界中の誰からも、残虐性ばかりでは無く、知能や精神等の程度が大いに疑われて当然の状態」だ。

「それは、イスラム国の内部でも同様」だ』。

『「捕虜交換を気取り、国をアピール出来る事」より、

「同じ宗派の人でも、反イスラム国なら虐殺する事」を、

「優先する事」の「実体」は、

「イスラム国自体が、恐怖政治や虐殺等による結集力で成り立っている事」の「実証」に他ならない』。

『「そんなところを支援する者たち」も「激減する事になる」。

「もはや、イスラム国に先は無い」』。

・・・・・・・。

『「驚くべき事」に「イスラム国の兵士等」は「未だに、丸ごと一人の復活等を信じている」のだと言う。

「だから、同じ死刑でも、身体を焼く事は復活する身体が失われるからより強い刑と考えている」という。

「21世紀の今日、普通の情報・教育を得ている」なら、

「人の誕生・死は、細胞ごと」が「当たり前」であり、

「丸ごと一人の死生観は、人の思いに基づいた実体が在り得ない事」だ。

「ましてや、丸ごと一人の復活など・・・」。

「例え、DNAから、元の故人と同じ姿形の人間を再びつくり出しても・・・、それは、元の故人と同様の姿・形を持つダケの、全く別の人間」である。

「現代人としての資質が余りにも欠如している人々」に、

「必要なのは、断じて武器では無い」。

「健常な成長を誘う情報・教育」だ』。

『「元々、イスラム国製の武器など皆無に近い筈」だ。

「だから、徹底して、武器弾薬等を与えない状態を続けるダケ」で、

「イスラム国は、恐怖政治もほとんど出来ない状態になる」。

「イスラム国壊滅の為」には、

「現状で実戦が行われている所を除き、先ず、外堀を埋める事」だ。

「当然、有志連合も分かっている」から「そうしている筈」だ。

「二人の日本人虐殺も、その前に既に行われていたヨルダン人パイロットの虐殺」も、

「イスラム国が自ら外堀を埋める自滅行為を行っている」のだ』。

『「自滅作戦を考えだしている愚か者に従っている」限り、

「イスラム国の壊滅も早い」』。

|

「世の中、何でも、自分の思い通りにはならないものだぜ・・・」等と「現状テレビの悪質性を公然化させようとしている愚か者」問題・・・。

『「世の中、何でも、自分の思い通りにはならない=当たり前の事」だ。「しかし、それは、現状テレビの悪質性を正当化出来る理由には、成り得ない」。

「テレビとは、日本の公共の電波の特定周波数を独占使用し、情報を主として一方的に大量配信出来る公共性が非常に高い機関」だ。

「運営実態としては、実質的に、特定極一部の偏った人脈の者たちが大きな実権を持って運営している」。

「何処の局でも、毎日の様に、同じ顔、同じ方向を示唆している偏向論ばかり・・・」という「実態の裏」には、

「実権を持つ人脈の偏り」が「在る」。

「非常に高い公共性があるテレビ」の「偏向論やイメージ等による大衆誘導等」を「公然化する事」

=「テレビファシズムの公然化」に他ならない。

「ナチスによるラジオを使ったファシズムと同様の事態」が「戦後の日本国内では行われて来ている」のだ。

「こんな事態が容認され続けていて良い訳など全く無い」。

「だから、必然的に、現状のテレビを批判人々が、至る所から出現している」。

「ネット普及前」は、

「話しや書物レベルだった」ので、

「公共の電波を使い情報を一方的に大量配信するテレビや公共的マスコミ側の力」の方が

「圧倒的に強く、

正当な批判等が実質的に封じ込められていた」が、

「ネット普及以降」は

「世界中至る所で、同様の思いや感覚を抱いていた人が、自分以外にも居る事」を、

「多くの人々が知る事となった」。

「民主主義社会」なら「テレビ・マスコミ・教育等の健常化が行われて当然の状況にある」。

「実際に、教育の是正は、少しずつだが、行われている」。

「テレビ・マスコミ等の是正が遅い」のは、

「NHKを除き、民営化されていると共に、

大きな実権が特定極一部の者たちに集中させられている既得権益が未だに温存させられているから」だ。

「もちろん、そんな既得権益は、直ちに撤廃するべき」だ。

「公共的要素の強い、社会に強い影響力を与える事が可能なテレビ・マスコミ等の機関」では、

「例え、民営企業と言えども、実権を持つ人脈に偏りがあってはいけない法」でも「成立させれば良い」。

「実権を持つ人脈の割合は、日本国民のそれぞれの人脈の割合と同様にしなければならない事」等を「法規制」すれば、

「少数派の意見も無視される事は無く」、

「少数派の意見で多数派が操られる事態も防ぎ易くなる」。

「各論併記状態で、判断は視聴者・読者に預ける」が、

「公共的なテレビ・マスコミの当たり前」である。

「NHKの是正が遅い、もしくは、退行している」のは、

「実質的に圧力団体化している者たちの意向の影響」と「強く推定出来る」。

「在特と同様の事態が今、対NHKで起こっている」のだ』。

『「世の中、自分の思い通りにならないのは、個人の思い=全世界では無いのだから、当たり前中の当たり前」だ。

「当たり前の事をもちだして、悟りを気取り、悪態の容認を公然化させようとする事」等の

「行為の実体」は、

「悪態を示している機関等を援護している悪い状態」に他ならない。

「悪態は、是正する/させるのが健常な人間社会」だ。

「公共の電波を使って、特定極一部の者たちの意向に沿う、実質的偏向論等を、一方的に大量配信している実態」が、

「悪態では無く、世の中自分の思い通りにはならない・・・レベルで容認されるべき健常範囲と本気で思っている」なら、

「そんな人は、自分の頭を疑った方が良い」。

「不健常な事態を容認し続けていれば、その人間社会はどんどん悪くなる」。

「現状では、

偏向情報を一方的に大量配信させている者側が、

大衆誘導にある程度成功させてしまって来た余力がある程度残っている」が、

「今後、現状の様な状態が続き、

必然的に、

多くの人々が、

その実体に心底気づく時、

ナチスがユダヤ人を虐殺したのと逆の様な事態が、

日本国内で起きる様になってしまっても、

何の不思議も無い」のだ。

「もちろん、現代だから、ナチスの様な殺戮行為が行われる事は無いだろう」が、

「当時の差別感情等に基づいた殺戮行為と同様の意味合い」の、

「現代的な差別状態が生まれる可能性がある」』。

『「そんな実質的、内乱状態を防げる道は二つしか無い」。

「一つは、未だ是正可能な内に、健常化する事」だ。

「もう一つは、偏向情報配信側の完全勝利だが、もはや、その可能性は、全く無い」。

「何故なら、既に、偏向情報の裏に巣食っている者・物・事が少なからず露呈し、

その中のある程度は、消し去る事が不可能なネット情報等でも全世界に発信されているのだから」。

「もはや、既に、偏向情報配信側の完全勝利は不可能になっている」。

「偏向情報配信側に自滅願望が無い」のなら、

「健常化は必需」だ』。

『「それなのに、今更、偏向情報配信側の公然化に力を加える論までもが、喧伝されている・・・とは!」

「本当に、呆れています」』。

|

イスラム国に殺害されたと推定されている後藤氏を日本政府と結びつけている訳の分からない方々・・・。

『「少し考えれば、誰でも解る筈」だ。「後藤氏がとった行動」が、「日本政府の利に結びつくのか?」それとも「反日や反政権に力を与えるのか?」

「後藤氏が殺害されてしまったと推定された後、政府との繋がりを思わせる実質的情報工作が盛んに行われている事」もまた、

「どちらの側の利になるのか?」』

『「日本政府が渡航中止要請したにも拘わらず、自主的にイスラム国入りした後藤氏の行動」の「裏」として、

「普通に推定出来る事」は、

「イスラム国入り前の後藤氏が嬉々として、必ず、生きて帰ってきます!と言っていた事からも明らかな様」に

「イスラム国内には、後藤氏が信頼のおける者が居る(もしくは、居た)という事」だ。

「もし、その後藤氏が信頼出来る者が、イスラム国内で、大きな実権を保持していた」なら、

「後藤氏のイスラム国入り&湯川氏救出要請」が

「イスラム国内で有効」となり、

「後藤氏は、湯川氏共々、生還した筈」だ。

「そして、湯川氏共々生還出来た後藤氏」は、

「イスラム国に拘束された後~の、

韓流テレビ・マスコミ等による後藤氏をヒーロー的に大宣伝して来た力」も加わり、

「日本国内で超有名人のスーパーヒーローとなった筈」である。

「日本国内で、そんな超有名人のスーパーヒーローが欲しいのは、どんな人脈の者だろうか?」』

『「政治で考えるなら、日本政府や、安定多数を保持している与党では無い」だろう。

「普通に考えるなら、政権交代をもくろむ政党等の方」だろう。

「韓流テレビ・マスコミ等の後藤氏をヒーロー的に扱った大宣伝ぶり等から推定される事」は、

「韓流テレビ・マスコミ等の人脈と近い所」だろう。

「多くの方々がご存知の通り、日本の韓流テレビ・マスコミ等が一押ししている様相の政党は、民主党」である。

「つまり、民主党等の人脈が、政権交代目的で、超有名人のスーパーヒーローを無理やりでもつくり出そうとした」のなら、

「今回の後藤氏の、日本政府からの渡航中止要請を無視した、自主的なイスラム国入り」も、

「非常に合理的になる」のだ。

「以下の様な事態が考えられる」。

「生還し、超有名人のスーパーヒーローとなった後藤氏」が、

「選挙時」に

「民主党等の側の集団的自衛権や原発ゼロ政策等を支持している旨述べ、

それをテレビ・マスコミ等が大宣伝」すれば、

「決して少なく無い数の人々」が、

「象徴的に扱われている後藤氏に同調」し、

「ロクに深く考える事も無い」まま、

「後藤氏が支持する旨述べている方向の政党や候補者に貴重な一票を投じてしまう・・・」。

「地方統一選や、参院選では、民主党側が大勝利・・・」。

「ねじれ国会となった政権は、弱体化し、総選挙・・・」。

「総選挙時に、超有名人スーパーヒーローとなった後藤氏が民主党等から立候補・・・」。

「・・・政権交代」。

・・・「そのくらいの事が可能になっていた筈」だ』。

『「先の民主党政権末期」には、

「韓国側が実質的に無理やりつくり上げている従軍慰安婦問題」について、

「日韓でほぼ合意しそうな状態だった」。

「つまり、実質的には、韓国政府の意向が大いに日本の国政で反映される事態」が、

「またまた、起こされる直前だった」のだ』。

『「多くの日本の有権者」が、

「韓流テレビ・マスコミ等のイメージで操られず、

ちゃんと政党や政策の実体・実態を認識・把握した上で、

日本国民である自分にとって、

利のある政党や候補者に一票を投じる」なら、

「日本を不利にする反面、韓国や中国共産党等を有利にする様な政党や候補者等」が、

「日本の国会でメジャーになる事は無い」。

「しかし、韓流テレビ・マスコミ等によるイメージ大衆誘導等が機能してしまう」と、

「先の政権交代時の様な事が起きる」』。

『「もはや、自民ダメ!政権交代!!民主党!!!・・・等」では、

「多くの有権者の思いは動かない」。

「イメージ大衆誘導による政権交代劇を、一発逆転的に可能とする為」には、

「超有名人スーパーヒーロー等の存在が必需になっている」のだ』。

『「今回の後藤氏の日本政府の要請を無視した、自主的イスラム国入り」に、

「策略的裏が在る」のなら、

「それは、断じて、日本政府側の策略では無い」。

「むしろ、上記の様な可能性の方が遥かに大きい筈」だ』。

『「元々、官僚等は、面倒な事を嫌う(タダでさえ、政治家や権力者相手の日常業務に忙しいから・・・)」のだ。

「絶対に、行かないで欲しい!」

それが、「後藤氏に渡航中止要請をした官僚等の本心」だろう』。

『「そんな切なる官僚等の思いを無視」して、

「自主的にイスラム国入りした後藤氏の裏には何があったのか?」

「人脈的策略など無く、単純に友である湯川氏救出の為だった」としても、

「相応の担保無しに、イスラム国入りする事は、余りにも無謀・・・になる」。

「相応の担保とは何か?」

「普通に考えれば、イスラム国内に後藤氏が信頼出来る者が居る事以外に考えられない」。

「残念ながら、その者のイスラム国内での実権があまり強くは無かったが故」に、

「湯川氏も、後藤氏も、・・・殺害されてしまったのだ」と、

「強く推定される」』。

『「後藤氏の奥様も、日本政府の・・・」等という「あり得ない情報までばら撒かれている」。

「キリスト教系新興宗教団体の信者であったという後藤氏」の「奥様」も、

「同様の団体の信者である可能性大」だ。

「それは、後藤氏の母親は、日本に対するお詫びを先ず述べている」のに、

「後藤氏の奥様」は、

「日本政府からの渡航中止要請があったにも拘わらず、自主的にイスラム国入りした夫」を、

「立派」と「称えている」一方、

「日本に対するお詫びは無い・・・様相」からも「推定出来る」。

「一般的に、信者は、信者以外の者を下に置きたがる」。

「信者であった夫は立派と称えるべき存在」だが、

「信者では無い、多くの日本人等に対しては、お詫びの必要を感じていない・・・」のだろう。

「日本政府からの依頼」なら

「政府の渡航中止要請を無視して、自主的にイスラム国入りした夫」について、

「当然の如く、日本に対して謝罪する筈」だ』。

『「ご遺体を帰還させるべき」等の「論が、韓流テレビ・マスコミ等で宣伝されている」。

「湯川氏・後藤氏が殺害されてしまった後」も、

「イスラム国側を利す事」で、

「日本政府等に更なる負担を強いさせたい様相」なのだ。

「イスラム国にご遺体の返還を要求する事=イスラム国に新たな利権を与える事」に他ならない。

「現代人なら、人の誕生・死は細胞ごと」である。

「誰だって、毎日、細胞ごとのご遺体・ご遺骨のなれの果て」を、

「便所等に捨てている」のが「現実」だ。

「遺骨や遺体を偏重する文化」は「いい加減に卒業するべき」だ』。

『「後藤氏たちの裏に濃厚に漂っている様相」なのは、

「決して、日本政府等の人脈では無い」。

「キリスト教系新興宗教団体」であり、

「韓流テレビ・マスコミ等」であり、

「イスラム国内に居る(居た)と推定される後藤氏が信頼を置けた者」だ。

「日本・・・より、日本に近い何処かの国の人脈・・・等を感じる人々も、決して少なく無い筈」だ』。

『「中国共産党」や「韓国(北朝鮮も含む)」等は、

「正攻法による技術立国等の国家では無い」。

「21世紀の今日でも、未だに、実質的、策略&工作活動国家」だ。

「その様な国々の意向に沿う人脈」と「近しい日本国内の人脈」も、

「策略や工作活動等が大好き・・・だ」。

「現状日本国内」には「電磁波工作・飲食物工作・情報/教育工作・政財界工作等々が溢れている」。

「日本の現行法&現行の摘発体制等」では、

「表沙汰にされ辛い、

ソフトテロ的手段でも、

実際は、

数多くの日本国民の命や健康や財産や立場等々が奪われている」。

「ハードテロ対策はもちろん、ソフトテロ対策も、急務」だ』。

|

NHK等ではキリスト教徒とされていたイスラム国に殺害されてしまった後藤氏だが・・・。

『「キリスト教」と「キリスト教系新興宗教団体」は「全く違う」。「それは、仏教と、仏教系新興宗教団体であったオウムの違い等の例からも明らか」だろう。

「元々の宗教」とは、

「科学等の手段が未発達であったが故に、人々の現実把握が不十分だった時代」に、

「現実把握不十分故の、不都合や不安等を避ける為」に、

「考え・思いの上で鋭意工夫された知恵の塊」だ。

「新興宗教」とは、

「ある程度以上、科学等も発達し、人々の現実把握も十分になって来た近現代」に、

「古からの宗教的概念を利用し、色々な利権等の製造~維持~拡大等を図る為に、立ち上げられたモノ」である。

「以下に、具体例」を「記す」』。

『例えば、

「国家神道」とは、

「旧軍部系の者」が

「天皇陛下を中心とした国家の民として、

全日本国民を一定方向に操り、

天皇陛下の為には、玉砕戦法をも厭わない気持ちまで持たせる事で、

富国強兵立国を実現する等」の

「利権」を、

「製造し、維持~拡大する為」に

「作り出した新興宗教」だ。

「形状的には、神道を利用している」が、

「当然、元々の神道とは、全く違う」。

「創価学会」や「立正佼成会」等々は、

「形状的には、仏教を利用している」が、

「多くの人々が周知の通り、どちらも、政党との繋がりも色濃い、実質的利権集団」だ。

「そして、所謂渡来系の人々と馴染みが深い」のも、

「新興宗教の特徴」である』。

『「元々、江戸時代には、寺が戸籍管理を任されていた面もあった」ので、

「元々からの日本人の多く」は、

「日本国内で相応」に、

「旧来からの宗教との繋がり」を「持っている」。

「ところが、日韓併合時等に、自主的に渡来した人々等」は、

「日本国内では、元々からの繋がりが無い」。

「冠婚葬祭等宗教的な事が必要になった時、多くの日本国民と同様にしたい・・・」となると、

「頼り易いのは、新興宗教」だ。

「結果として、日韓併合~戦後初期まで」に、

「新興宗教内の渡来系人々の割合」が、

「飛躍的に増えた」。

「其処に、戦後も祖国・母国に帰っていない者たち」も、

「集合して行く」。

「例えば、帰化する前なら、同朋との連絡・連携組織として、民団や総連等が使える」が、

「帰化した後」は、

「当然、それらの組織中では、肩身が狭くなる」。

「そんな人々」が、

「頼り易い」のが、

「渡来系の人々の割合が高い新興宗教団体」だ』。

『「日本では、仏教には、墓のイメージが付きまとう」。

「何しろ、江戸時代後期には、葬式仏教とまで揶揄された実状がある」。

「逆に、多くの日本人には馴染みが薄いキリスト教」では、

「天国や結婚式等のイメージが強い」。

「神道」は「日本固有の宗教」だ。

「結果として、渡来系の多くの人々が集合し易かった」のが、

「キリスト教系新興宗教団体」なのである』。

『「民団や総連等」には「母国・祖国から、積極的に、指令・要請等が来て、実行されている」。

「渡来系の人々の割合や実権が強い、新興宗教団体」でも、

「祖国・母国から、指令・要請等が来て、実行に移されている実状が在る」。

「過激なテロ行為まで行ったオウム」は、

「元々、日本内では、死や墓のイメージが強い、仏教系の新興宗教団体」だった。

「信者に、ポア=殺人まで容認させていた操り実態の裏」に、

「何処のどんな人脈や権力者の意図等が在ったのか?」

「オウムは、北朝鮮との馴染みが深い」とも、

「言われていた」。

「オウム事件摘発の後」は、

「表向きは、新興宗教団体等による、過激なテロ手段等は行われていない様相」なのが、

「現状日本の実態」だ。

「しかし、表立たないソフトテロ的活動が、そこら中で行われている」。

「当ブログで、再三指摘している、

電磁波工作や

飲食物工作や

情報・教育工作や

政財界工作や

摘発されない殺人工作等々」だ。

「それら悪劣な工作活動のほとんどが、集団的工作活動」なのである。

「そんな集団的工作活動が実行出来ている裏」に、

「濃厚に漂っている」のが、

「連絡・連携・工作指令・工作実行組織としての、新興宗教団体」だ。

「一般日本人からは、お金を巻き上げたり、宗教で操ったり、弱みを握ったりする事で、工作活動に協力させたり・・・、

特定人脈の者たちの間では、

インサイダー取引や政府・警察・企業等の内部情報を共有したり、利用したりする事にも悪用出来る情報交換等々や、

配下の工作員を使う作戦・指令の話し合い構築等々・・・」』。

『「宗教団体の優遇などとんでも無い話」だ。

「宗教は、

伝統文化遺産に値するものと、

新興宗教に分け、

伝統文化遺産は、伝統文化遺産として援助・保護」し、

「新興宗教等の優遇は直ちに廃止する」と共に、

「内実を白日の下にさらさせる事」が

「日本乗っ取り支配工作防止」や、

「テロ防止の面等」からも、

「非常に重要」である』。

『「日本国内の実効のあるスパイ・工作活動防止対策」は

「急務」だ』。

|

後藤氏殺害を受けて早速「日本政府のヨルダン頼り」を批判しているテレ朝朝番だが・・・。

『「後藤氏が殺害されてしまった直接の原因」は、

「ヨルダン人パイロットの生死不明状態」だろう。

「女性自爆テロリストを連れて来なければ、直ちに、ヨルダン人パイロットを殺害する」と

「公言していたイスラム国だった」が、

「何故か?ヨルダン人パイロット殺害情報は発信していない」。

「そればかりでは無く、ヨルダンが求めた、確認出来れば、女性自爆テロリストの解放にも直結する、生存確認にも応じていない」。

「この事態が示しているところ」は、

「普通に考える」なら、

「ヨルダン人パイロットは、既に、死亡している事」になる。

「つまり、イスラム国側は、後藤氏をヨルダン人パイロットの代わりに使おうとした」のだ。

「その策略自体、ヨルダンが呑める訳も無いから、最初から破綻している」。

「そうなると、イスラム国自体の当初からの目的」は、

「自主的にイスラム国入りした日本国民を拘束」し、

「以前から拘束していた日本国民と合わせた上」て、

「一人ずつ殺害する事」で、

「イスラム国の残忍非道性」を

「全世界にセンセーショナルに訴え、宣伝する事だった」と、

「強く推定される」』。

『「トルコに対策本部を置いていたら、どうなっていたのか?」

「ヨルダンより遥かにイスラム国との繋がりを持つ者の多いトルコ」に、

「日本政府が対策本部を置けば、日本政府の対策本部自体が重篤な危機に襲われる」。

「つまり、イスラム国にとって絶好のターゲットが出現する訳で、その場合」は、

「イスラム国側がかなり、交渉の主導権を保持出来てしまう」。

「日本政府側は、

イスラム国側の言いなりに近い条件を吞まない限り、

対策本部自体が重篤な危機下に陥り、

事態は、もっと、もっと、深刻な状態になっていた可能性大」である』。

『「つまり、テレ朝等によるトルコに対策本部を置くべきだった論」は、

「より日本政府を貶め易い実効を持った論に他ならない」のだ』。

『「二人の日本国民がイスラム国により殺害されてしまった事態」を「どう捉えるべきか?」

「政府批判の道具にする事」等では、

「益々、日本国・日本国民に不利益をもたらすダケ」だ。

「先ず、考えるべき」は「同様の新たな問題を起こさない為の対策」であり、

「イスラム国がターゲットにすると公言した日本国民の安全を担保する為の対策」だ』。

『「同様の新たな問題を起こさない為の対策」を「構築する為」には、

「今回、イスラム国に拘束された二人の日本国民が何故、拘束される事態に陥ってしまったのか?」等の「検証が非常に重要」だ。

「元々、軍事関連会社を立ち上げ、紛争地等で、その仕事を生かそうとしていた湯川氏」の「場合」は、

「正に、自己責任」だろう。

「この様な場合、国を挙げて大騒ぎする事自体が、イスラム国側を利する事に直結する」。

「湯川氏救出の為(?)に自主的にイスラム国入りした後藤氏」の「場合」は、

「いったい、どの様な手法で、湯川氏の救出を考えていたのか?」等の「検証が非常に重要」だ。

「普通に考えるなら、交渉による救出を考えていた」のだろうから、

「交渉先を探す等の手法として、直接イスラム国入りした判断等の正当性が問われて然るべき」だ。

「普通に考えれば、イスラム国の様な過激派テロ組織に対して、個人レベルで、後藤氏の様な手法を使うのは、明らかに重大な間違い」である。

「後藤氏の自主的イスラム国入り以前の功績」と「自主的イスラム国入りという重大な判断誤り」は、

「それぞれ、ちゃんと、実態通りに、情報提供され、多くの人々に、把握・認識されなければならない」。

「悪戯な悲劇のヒーロー化」等とは「先の大戦時に玉砕戦死者を靖国で神格化し、賛美した事」と「同じ事」に他ならない。

「後藤氏のジャーナリストとしての実績は、本当に、素晴らしかった」。

「しかし、自主的にイスラム国入りするという誤った判断を行ってしまった」。

「どんなに立派な実績を積み重ねていた人でも、重大な局面で重大な判断誤りをしてしまう事もある」のだ。

「後藤氏の功績を称えると共に、重大な判断誤りをしない為の反面教師として後藤氏を捉える事等も、絶対に、忘れてはいけない」。

「今回、後藤氏が殺害されてしまった事」により、

「後藤氏と同様の判断等を、うかつに行ってしまう人々は、確実に激減した筈」だ。

「更に、可能性として考えておくべき」は「イスラム国に賛同する自主的イスラム国入り~対策」である。

「反日工作自爆テロ等としての実効を持つ自主的イスラム国入り~」等への「対策」こそが、

「現状日本の一大弱点」だ』。

『「今回のイスラム国による二人の日本国民殺害と、日本国民ターゲット宣言を受けて、

普通の国なら、

先ず、スパイ・工作活動防止法や、実効のある取締り体制等を、整備・強化する筈」だ。

「普通の国のテレビ・マスコミ等」なら、

「先ず、其処を大々的に伝えている筈」だ。

「ところが、現状の日本国内」では、

「先ず、政府批判・・・」なのである。

「更に、深刻な事」は「多くの日本国民」が「現状の異常な日本のテレビ・マスコミ等を受容している事」だ。

「異常なテレビ・マスコミ等受容の裏」には、

「異常な教育が在る」』。

『「日本の情報・教育の是正」は「本当に重要な急務」だ』。

|

極悪非道イスラム国による後藤氏殺害&後藤氏の自主的なイスラム国入りと韓流テレビ・マスコミ等の大宣伝で大問題化させられているイスラム国による日本人人質問題・・・。

『「極悪非道なイスラム国」は、「敵では無い(中東の常識では=お仲間)の後藤氏に宿題を背負わせて生還させる事」より、

「後藤氏殺害という脅し」で、

「日本の中の韓流テレビ・マスコミ等に圧力をかける事」で、

「後藤氏に背負わせる予定だった宿題以上の成果を上させようとしている様相」だ。

「その脅しに屈し、期待に応えている様相」の「韓流テレビ・マスコミ等や野党等」では、

「既に、後藤氏の殺害を安倍政権批判の道具にしている」』。

『「ここで、全世界の人々が、決して忘れてはいけない事」は、

「元々、湯川氏だけが拘束されていた時」には、

「イスラム国による日本人人質問題は、マイナーな問題だった事」だ。

「後藤氏の自主的イスラム国入り~拘束&その事に対する日本の中の韓流テレビ・マスコミ等による大騒ぎ」で、

「イスラム国による日本人人質問題」は、

「一気に、特大メジャー問題となった」のである』。

『「つまり、内実はどうであれ」、

「普通に考えれば」、

「イスラム国に拘束される可能性が極大な、後藤氏の自主的なイスラム国入り」も、

「後藤氏の拘束を捉えて、大々的に大問題化した韓流テレビ・マスコミ等」も、

「立派に、イスラム国側の仕事をした事になる」のだ。

「そして、先ず第一に検証すべき」、

「後藤氏は何故、自主的にイスラム国入りしたのか?」という

「重大問題を隠蔽する為か(?)」

「韓流テレビ・マスコミ等&野党等が今、必死になって宣伝している・・・」のが、

「イスラム国による日本人人質事件に対する安倍政権の対応」だ。

「普通に考えれば」、

「後藤氏は何故イスラム国入りしたのか?の検証抜き」の

「安倍政権の対応の検証など意味が無い」。

「元を問わず、始末だけ問う」のは、

「どんな元でも容認させる悪質な策略」に他ならない』。

『「イスラム国入り前の後藤氏の映像からは、嬉々とした雰囲気さえ伝わって来る」。

「絶対に殺されない自信があった様相」だった。

「その裏には、何があったのか?」

「普通に考えれば、イスラム国内に頼れるお仲間が居る事」だ。

「ところが、後藤氏は、殺害されてしまった可能性が大」だ。

「後藤氏が頼れると思い込んでいたお仲間は、頼りになる、もしくは、信頼に足るお仲間では無かった」のだ。

「まるで、かつての赤軍過激派の内部粛清劇や、北朝鮮によるナンバー2粛清等を想起させる事態」である。

「イスラム国とは、そういう組織」なのだ』。

『「中東の情報組織等によれば、イスラム国内には、約40人の日本人が居る・・・」だそうだが、

「その実態は、イスラム国には、約40人の日本人とも思える東洋人が居る」だろう。

「内実は、そのほとんどが、中国人か朝鮮人だと推定される」。

「しかし、日本国民である後藤氏がお仲間と思える人が居た事は、確か」なのだろう。

「それが、日本人であっても、中国人であっても、朝鮮人であっても」・・・。

「そうで無ければ、後藤氏の自主的なイスラム国入りは、余りにも、無謀」だ。

「イスラム国入り前の嬉々とした映像も、整合性が取れない」』。

『「イスラム国内に確実に居ると推定されている日本人女性が居る」。

「その方は、イスラム国入りした外国人の方と結婚した女性だそうだ」。

「そして、その女性の親に当たる方々」は、

「娘はもう死んだものと諦めている」旨、

「公言されている」。

「この事態こそが、普通の日本人の感覚」だろう』。

『「後藤氏の親に当たる方」は、

「自主的イスラム国入りにも拘らず、後藤氏が殺害されてしまった可能性が大である事が報道された後」、

「言葉も無い・・・」旨述べられている。

「どこまでも、後藤氏には、重大な判断誤り等が無い等と思い込みたい様相」なのだ。

「この感覚」は「日本人である筆者には異質に感じる」。

「筆者の感覚」では、

「先ず、健二の重大な判断誤りにより、日本政府や日本国民に対して、多大なご迷惑をかえてしまって、すみません・・・」等と「述べる」のが、

「普通」だ。

「もし、実際は、述べられているのに、韓流テレビ・マスコミ等が、その部分を黙殺させている」なら、

「悪質」である』。

『「イスラム国に日本人人質というカードを与え、そのカードの大きさを大きくした」のは、

「客観的に見る」なら、

「明らか」に、

「自主的にイスラム国入りした後藤氏」と、

「それを大宣伝した、韓流テレビ・マスコミ等」だ。

「今後、この系統の事件が広がってしまう・・・」のなら、

「その責任は重大」である』。

『「日本国・日本国民に多大な被害を与え、更なる被害を呼び込もうとしている、

実質的、自爆テロリストの様な、

テレビ・マスコミ等などが、

日本国内で公然とまかり通ったまま・・・で、

良い訳など無い」のだ』。

『「テレビ・マスコミの是正」は「急務」だ』。

|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »