« 未だに「日本のみの原発不安」を煽る中・韓(北朝も含む)の手先たち・・・。 | トップページ | 政策では正義ぶれない民主党が政治と金や故後藤氏問題で正義ぶっている様相を大宣伝している民主党のお仲間テレビ・・・。 »

もはや国政政党と言うより「圧力団体」や「●暴」の様相ですらあるNHK会長を呼び出し集団尋問した民主党・・・。

『「こんな政党や候補者に一票を投じた有権者の責任」は「大」だろう。

「NHK籾井会長を民主党事務所に呼び出し、圧倒的多数で、呼び出し事由以外の事も含む質問攻め」だったのだ。

「その上、得意の、言葉の揚げ足取りを行い、

国会でも攻める旨公言し、

何度でも、来てもらう!等」と、

「実質的恫喝している様」は、

「正に、タイトルの事態」だ』。

『「従軍慰安婦等論調問題」でも、

「政府従属では無く、報道機関としての独立性」と「言えば、聞こえは良い」が、

「民主党の意図する、従軍慰安婦論調」の「問題」は、

「実質的、支持母体の一つである民団(在日韓国人の団体)の意向等に沿う事」だと、

「容易に推定出来る」。

「元々は、

戦後の米軍統治につけ込んだ、

日韓併合~終戦当時日本国内に大量に渡来して居た韓流人脈による日本支配体制構築工作」こそが、

「元凶」なのだ。

「その一手段である、テレビ・マスコミや教育等を親韓(北朝も含む)人脈で牛耳る事による大衆誘導工作」が、

「無ければ、

旧社会党が巨大野党となる事も無く、

土下座外交も

村山談話も

河野談話も

生まれていない」筈だ。

「そればかりか、竹島はとっくの昔に日本領、拉致問題は、発覚した時点で、打ち止め状態・・・だった」筈だ』。

『「先の大戦や日韓併合等に対する日本国民の認識や、

従軍慰安婦問題等でも、

論調が旧主流論追従では無く、

正常化される事」は、

「必然」に他ならない。

「それは、政府従属等の政治問題とは、全く別の話し」だ』。

『「戦後の韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を向いた偏向情報・教育による大衆誘導」は、

「ネットが普及する前までは、確実な実効が有った」。

「ネット普及以降、ネット情報等に触れる事が出来る人々の間」では、

「当然の如く、

旧偏向論に沿う認識等が是正」された。

「今や、大衆誘導支配下に残っているのは、

ネット難民が主で、

その多くは、

テレビ・ラジオ情報しか受け入れられていない人々」に他ならない。

「マスコミ情報」では、

「フジと現代(本音では、ヒュンダイと読ませたいのかも・・・)や

読売と朝日(ニッチョウでは無く、チョウニチであるところに重大な意味が・・・)等々」の

「対立状態を見ても明らかな様」に、

「是正傾向が出て来ている」。

「偏向情報大衆誘導利権上で生きている者たちの最後の頼みの綱」は、

「テレビ・ラジオ」なのだ。

「NHK論調の正常化で、テレビ界偏向情報一遍やり状態が崩されてしまう」と、

「必然的に、

テレビによる偏向情報大衆誘導工作も実効力を失い、

その上の利権等も保持出来なくなる」』。

『「偏向情報大衆誘導上の利権で生きている政党や人々等」にとっては、

「テレビ界全体の偏向情報大衆誘導一遍やり状態が崩される事」は、

「正に、利権の終わり」を「意味する」』。

『「テレビ・マスコミ偏向情報大衆誘導がつくり出した政権でもある民主党政権時」には、

「巨大与党であった民主党」も、

「現在では、もはや、野党第一党と言っても、与党とは程遠い」。

「テレビ・ラジオ偏向情報大衆誘導状態が無くなれば、圧倒的マイナリティー」で「当然」だ。

何故なら、

「民主党政権時の実績」は、

「日本を細らせ、中・韓を太らせた、円高容認政策」や、

「竹島の不当占拠も止めない、反日政策実行中の韓国に対し、日韓基本条約で渡す必要が全く無くなっている朝鮮王朝の書物の引き渡しという異常な媚韓政策」や、

「菅(当時は総理)と孫(あのソフトバンクの・・・)で決めた、

日本の電力を高値不安定に導く事で、

実質的には、中・韓等を利す、

再生可能エネルギー発電超バカ高買取り法案

(円高容認政策で、安い中・韓製の太陽光パネルを使って大量発電すれば、濡れてに粟の大利益・・・を国が政策として保証。

利益の元は、日本国民や企業等の強制的に加算徴収される電気料金。

当然の如く、性悪共は、国保証の濡れ手に粟事業に名乗りを挙げたが、

当然の如く、永続的に広げられる事業では無いから、実質的に、ネズミ講状態。

・・・。)」や、

「中・韓が危ない原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ原発ゼロ」等々という、

「実質的、反日本政策・媚韓/媚中共政策・売国政策等々のオンパレードだった・・・のだから!」

「日本国籍はもっていても、

行っている事の内実は、

韓(北朝も含む)・中共等による日本乗っ取り支配工作の実行部隊の様相・・・」で、

「日本の政党なのか?」

「日本の議員なのか?」等々と

「疑われても仕方の無い状態」である』。

『「今回のNHK籾井会長に対する、実質的、圧力行為」は、

「テレビ・ラジオ偏向情報一色大衆誘導が崩される事に対する恐怖の裏返し」なのだろう』。

『それは、

「日本人なのに、悪態を露呈したまま存続している民主党を、未だに、支持している人々」等と同様、

「実に哀れ・・・」である。

「民主党は、先の政権時の政策等を真摯に反省している」なら、

「解党するべき」だ』。

|

« 未だに「日本のみの原発不安」を煽る中・韓(北朝も含む)の手先たち・・・。 | トップページ | 政策では正義ぶれない民主党が政治と金や故後藤氏問題で正義ぶっている様相を大宣伝している民主党のお仲間テレビ・・・。 »

政治」カテゴリの記事