« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等では、中国主導のアジア・インフラ投資銀行と言うけれど・・・。

『「その内実は、言うまでも無く、中国共産党主導」だ。「共産党独裁政権下の中国とは、共産党の下の国レベルの大きな組織に他ならない」。

「中国共産党は、その共産党の下の中国と同じ位置に、他の国々を置きたがっている」。

「その為の集金手段の一つが、中国主導と宣伝されているアジア・インフラ基金」だ』。

『「当然、参加表明した国々の思惑では、中国共産党とそれぞれの国が同列だと考える」。

「つまり、中国国民は、その下と言う事」だ。

「中国共産党と同列に入る事」で、

「中国国民という市場」に対して、

「より優位な立場を得たい」のだろう』。

『「中国共産党の思惑は、中国と同列に他国を置く事」だから、

「今後の基金に集まったお金に対する主導権争いは見もの」だ。

「中国で商売したいのなら、中国共産党の意向に沿え!」等と、

「中国共産党から迫られた時、果たして、どれ程の国々が、NO!を言い返せるのか?」

「NO!が言えなかった国は、その時点で、中国共産党と同列では無く、中国と同列になる」』。

『「日本政府の対応は、極めて、当然の対応」だ。

「一方では、慎重になる」と同時に、

「一方では、中国共産党の意向を確かめに行く」。

「そして、アジア・インフラ投資銀行が健全な物となったなら、参加する」。

「健全な物とならなかったなら、参加しなかった事が功を奏する」。

「つまり、どちらに転んでも大丈夫な位置に付けている」のだ』。

『「もし、民主党政権だったなら、早々に、参加表明していた」だろう。

「その場合は、

中国共産党の意向に沿わなければ、

中国内での日本の商売が上手く出来ないから、・・・等々の理由が、

韓流テレビ・マスコミ等によって大宣伝され、

日本からは、多大な資金提供が行われていた可能性大」だろう。

「その様な事態になれば、中国共産党は、欧州に対して良い顔をする反面、

先ず、日本からの資金を牛耳る事で、中国共産党の利権増大を図ろうとする」だろう。

「既に、悪者に仕立てている日本を牛耳り、

利権拡大後、また一国、そして、また一国・・・と、支配領域を広げる手法」は、

「古からの常套手段」だ』。

『「中国共産党とは、全世界をその支配下に置かない限り、自己正当化が出来ない組織」に他ならない』。

『「中国は、先ず、民主化するべき」だ。

「世界の国々との健常なお付き合い」は、

「其処から」だ。

「だから、逆に、アジア・インフラ投資銀行の中で、民主化している欧州の国々等が、ちゃんと中国共産党主導にNO!を突き付け、現在の先進諸国並みの健常運営を行わせる」のなら、

「その意味は、非常に大きい」』。

『「どちらに転ぶか?」

「日本の立場」では、

「ゆっくり見るのが正解」だ』。

『「それなのに、焦らせる方向の情報配信ばかり・・・行っている」のが、

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等々」だ。

「そんな、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの手先の様な連中」に、

「何時までも、日本の公共の電波を使わせ続ける必要は全く無い」。

「公共的マスコミの座で、大々的に語らせ続ける必要も全く無い」。

「日本の情報・教育の正常化」は「急務」だ』。

|

ホリエモンの電気自動車偏向論・・・。

『「原発&家庭充電環境を前提にした上で、電気自動車が良いと言うのは、比較的簡単」だ。「しかし、それでも、充電時間の問題や一充電当たりの走行可能距離の問題はクリアー出来ていない」。

「つまり、ホリエモンでの電気自動車論とは、

良い面だけを偏重した、

太陽光発電大讃美論みたいなモノ」なのである。

「ホリエモンももう少し、現実的に考えなければ」・・・』。

『「ホリエモンの論を大宣伝した」のが「週刊朝日」という辺りで、

「電気自動車偏向論の実体もバレバレ」だ。

「電気自動車偏向世論等を日本国内に蔓延させる事」で、

「日本の自動車産業等にダメージを与える」と共に、

「中国共産党支配下の中国や韓国等にメリットを与える実効を狙っている」のだろう。

「それは、ドイツの太陽光発電の実態

(ドイツで使われている太陽光発電パネルの9割は中国製

&ドイツの太陽光発電パネル企業は業績悪化で韓国資本が買収

~その企業のドイツ内の製造工場は閉鎖予定で従業員の多くがリストラ)」を見れば、

「誰にでも分かる筈」だ。

「その様な事態を日本の自動車産業で起こしたい連中」なら、

「大喜びで電気自動車偏向論を叫ぶ事」が「合理的」になる』。

『「現状の日本国内での多くの方々の車の使用実態では、電気自動車は合わない」。

「電気自動車が合う」のは

「その車では、短距離移動しか行わず、

駐車場に充電設備が有り、

充電時間が十分に取れる(急速充電ではクーラーで電池を冷やすのでエコでは無い)、

原子力&再生可能エネルギー発電積極使用派の

人々」だ。

「この条件に合わない場合」は

「使い勝手か、地球環境かの面」で、

「電気自動車である事の妥当性が低くなる」』。

『「その様な電気自動車の大きな欠点を避けられる」のが「燃料電池車」だ。

「燃料補給当たりの走行可能距離はガソリン車並み、

燃料補給時間もガソリン車並み」だから、

「現状の自動車と同様の使い勝手になる」。

「問題は、水素ステーションの数が未だ未だ少ない事」と、

「原発が止められているので、水素を生み出す為のエネルギーが現状ではエコでは無い事」だ。

「しかし、原発を動かし、原発発電エネルギーで水素を大量生産し、合理的に多数設置した水素ステーションに分配する」なら、

「正に、エコが使い勝手を損なわず可能になる」。

「これだけのポテンシャルが有る燃料電池車を否定したい」のは、

「実用燃料電池車を生み出せない国々なのに、

その国を燃料電池車を生み出せる国々より優位にしたい人々か、

その手先くらい・・・」だろう』。

『「電気自動車偏向論」や「太陽光偏向論」は、

「それぞれ、自動車の問題や、エネルギーの問題では無い」のだ。

「政治や策略や情報工作・大衆誘導の問題」なのである』。

『「自動車の問題」は「自動車の問題として考え」、

「エネルギーの問題」は「エネルギーの問題として考える」。

「それは、偏向論で操られない為の薬になる」。

「自動車の問題として考える」なら「エコはもちろん、使い勝手も十二分に考えられるのが当然」だ。

「エネルギーの問題として考える」なら「人類が使用可能にして来たエネルギーの進化についても、

今後人類(もしくは、地球生命体細胞群)が本格進出して行く、

宇宙に在るエネルギー

(例えば、地球の地上は、大気等で守られているから、放射線が低いが、宇宙空間等の大部分は高い放射線下に在る)についても、

考えるのが当然」だ。

「原発」や「燃料電池車」は、

「科学技術の進化の方向性に沿った、一時代的には、流行る必然性のある物」に他ならない。

「太陽光や風力等の不安定発電では、原発の替わりに成り得ず、

現状の電池技術上での電気自動車では、ガソリン車・ディーゼル車の替わりに成り得ない」。

「電気自動車が現状の自動車の替わりとして十分になる為」には、

「現状在る色々なタイプの車で車載使用可能で、

十分な容量を持ち、

冷却無しでコンデンサー並みの短時間充電が出来、

安全かつ安定的に保電出来、

安全かつ安定的に電気を取り出して使え、

大きさも重さも必要十分に小さい、

革命的電池が必要」なのだ。

「そして、日本のメーカーでは、当然の如く、革命的電池の研究も行っている」が、

「その実現に要する時間」は、

「ほとんどの核のゴミ(=核の資源)の再利用実用化を可能にするまで」と

「同じくらい」だろう。

「もちろん、現状の技術での電気自動車も全くダメという訳では無い」。

「上記の条件をクリアー出来る場合」や、

「古のトロリーバス的方法なら、大型電気自動車トラック・バス等でも電気自動車化が可能になる」。

「架線のある所は、充電しながら走り、架線の無い部分は車載電池で補えば良い」のだが、

「背の高いトラック・バスなら、とにかく、普通の自家用車でこの手は使い辛い」。

「そして、当然、架線インフラが居る」。

「多くの自動車のエコを考える」なら

「ハイブリッドも燃料電池車も大いにアリ」だ。

「電気自動車偏向は明らかに間違っている」』。

『「過ちや、当たり前の事も解らない状態」は「誰にでも訪れる」。

「国会・議会等はもちろん、テレビ・ラジオ・マスコミ・教壇等々で、公言する者たち」は、

「より慎重に公言する論の内容をチェックし、十二分に是正してから、公言するべき」だろう。

「出演料・原稿料等々の為や

知名度維持等の為に、

韓国(北朝鮮も含む)・中国共産党等ご都合論を公言している」なら、

「本当に哀れ」だ』。

|

古賀や翁長や民主党等、利韓(北朝も含む)・利中共派の方々等を偏重し続けて来た報ステだが・・・。

『「古舘&報ステ温存の為には、お仲間、古賀とも大ゲンカ」・・・。

「本当に、呆れ果てる状態」だ』。

『「また、テレ朝朝番では、新たなコメンテーターと言いながら、何処かで散々見た古い顔」・・・。

「もはや、テレ朝全体も、呆れ果てる状態」かも・・・』。

『「比較的に罪が薄い」のは「ドラマ・バラエティー等」だが、

「ドラマは、何度も見た同様の顔・・・による、相変わらずの古臭い殺人事件劇ばかり・・・」、

「バラエティーは、まるで、特定極一部芸能人等に大枚を与える為に公共の電波を使っている様相・・・」。

「テレ朝だけの問題では無い」が・・・』。

『「テレビ界の是正は急務」だ。

「偏向や不当な格差等を無くす為に有効な手段」は、

「既存のテレビ局ダケに日本の公共の電波の独占使用権を与え続けている特権を廃止」し、

「他業種からも参入可能なテレビ局コンペ形式にでもすれば良い」のだ。

「ちゃんと日本国・日本国民に利益をもたらしている大企業等が参入する」なら、

「自虐や偏向等は格段に抑えられる」と思うが』。

『「日本のスポンサーが引いても、韓国企業や親韓(北朝も含む)企業やパチンコ産業等々がスポンサー」で、

「テレビ局側も、親韓(北朝も含む)や親中共人脈が牛耳っている・・・」では、

「一方的な大量配信で、提供される情報が偏向しない訳も無い」・・・』。

|

従軍慰安婦問題で「人身売買」に言及した安倍総理に危機感を抱いている韓国や日本の中の韓流テレビ・マスコミ等・・・。

『「そもそも、所謂従軍慰安婦の実態とは、戦時中、日本人の多くの男性が強制的に召集されていた時の、従軍超高報酬(高等将校以上の報酬)売春婦」だった。

「旧日本軍が、多くの日本人男性に召集をかけていた時代に、

超高報酬従軍売春婦を募集し、

内実ではお金目当ての者たちが、

従軍という危険を覚悟の上、

超高報酬の仕事(当時、売春は合法の仕事)に行った」のだ。

「多くの場合は、売春婦当人も、

親兄弟の為とか、

お国(=親兄弟等も含む日本国民)の為に命がけの兵隊さんの為とか、

お金の為とか、

仕事の為等々の理由で、

自ら、ある意味では、無理やり納得して、

超高報酬仕事に行った/行かざるを得なかった」が、

「戦時中とはその様な時代だった」のである。

「その中に、本人の意に沿わない(つまり、本人は納得出来ていない)超高報酬売春婦の方々も居た」のだ』。

『「本人の意に沿わない超高報酬従軍売春婦の実態」とは、

「親兄弟親戚等が売り(或いは、借金のカタとして取られ)、

仲介人が買い(或いは、借金のカタとして取り)、

軍に引き渡されて、

従軍超高報酬売春婦の仕事を行わされた人々」だ。

「現在韓国が大騒ぎしている、意に沿わぬ朝鮮人の従軍慰安婦問題の場合」は、

「売った(或いは、借金のカタに取られた)」のは、

言うまでも無く、「朝鮮人の親兄弟親戚等」、

「買った(或いは、借金のカタとして取った)」のも、

「朝鮮人の仲介人」だった。

「当時の朝鮮半島内では、後から朝鮮半島に渡った日本人と元々居た朝鮮人とでは住んでいた場所が違い、

日韓併合以降の同化政策により、ある程度、朝鮮人と日本人の教育・文化・衛生水準等が近くなった後も、

日韓併合当初からの住み分けは、色濃く残っていたから」だ。

「人が新たに家を買い替え、住み替えたり、する事は、当時の朝鮮半島内の多くの、日本人にも、朝鮮人にも、困難」だった。

「何故なら、朝鮮半島内は、インフラ整備状況が悪く、物流がほとんど全て、本土経由だったから」だ。

「当時の朝鮮半島内では、日本人も、朝鮮人も、極一部の人々を除いて、豊かに成り辛かった」のだ。

「そんな日韓併合~戦時中の朝鮮半島内からは、多くの朝鮮人が時には密航までして、別天地を求め、自主的に、日本本土に渡った」。

「朝鮮半島内の近代化整備に私財まで使い力を注いでいた日本人も少なからず居た中で」・・・。

「それを侵略~植民地支配~略奪と言う」なら「その様な人々は、自分の頭を疑った方がよい」。

それは、さておき、「上記の様な状態下」で、

「朝鮮人が住んでいる地域に入り込める/積極的に行きたがる日本人は極稀」だった。

「当時の朝鮮半島内で、朝鮮人の中から、若い女性を買い集められたのは、朝鮮人」というのが、

「歴史の現実」だ。

「そして、従軍慰安婦がその身を酷使して稼いだ超高報酬のお金の行き先は・・・、

・・・もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「人身売買言及」は「この歴史上の現実を表に誘う」。

「上記の様な歴史上の実態を知る」なら、

「韓国が一方的に日本国を極悪に仕立てて大騒ぎしている従軍慰安婦問題」の「実体」も、

「バレてしまう」。

「韓国の悪国家権力者たち」は、

「日本国を極悪に仕立てる事」で、

「上辺では、日本国から補償を得たいと訴え、

その実は、日本国のお金や日本国への影響力増大等の利権を得ようとしている」のだ。

「意に沿わぬ所謂従軍慰安婦の実態」は、

「朝鮮人の親兄弟親戚等が借金返済の代わりに売り(或いは、借金のカタに取られ)、

朝鮮人の仲介人が買い(或いは、借金のカタとして取り)、

旧日本軍に引き渡され、

従軍超高報酬売春婦として稼がせられ、

その稼ぎを朝鮮人仲介者等が利息・元本分等として吸い上げた事なのに!」』

『「こんな事を国レベルで行う」のは、

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)が、

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的手段で独立してしまったから」だろう。

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)国家権力者たちの火事場泥棒等の悪癖」は、

「国としての独立だけでは無く、

終戦直後の日本国内における強奪等や、

竹島の不当占拠、在日韓国(北朝鮮も含む)人に対する特別扱いの無理強い、

円借款の要求、

拉致を含む日本国内で行い続けている数々の工作活動」等々・・・、

「もはや、身に染み着いている悪い文化の域」だ。

「そして、朝鮮人が売り、朝鮮人が買った、・・・意に沿わぬ従軍慰安婦問題で、

日本に謝罪と補償を強要している」・・・』。

『「永遠の恥辱に染まる道を歩み続けるつもりでは無い」のなら、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等の意向に沿って動いている人々」は、

「直ちに、自らの動きを是正するべき」だ。

「今後も、事実・現実はより明白になって行く」。

「何故なら、それが、人類の進化だから」だ』。

『「朝鮮人が売り、

朝鮮人が買い、

意に沿わぬ従軍超高報酬売春婦で稼がせたお金を朝鮮人が取った

従軍慰安婦問題」で、

「日本国」に

「謝罪や補償を求める事が正当と思えている」なら、

「頭の中を疑った方が良い」。

「所謂従軍慰安婦問題等で騒ぎ、

日韓基本条約を無効化すればする程」、

「戦後の火事場泥棒行為等」が「焙りだされ」、

「世界中から、徹底的に責められる様になる」のが、

「現状の悪い文化上で生きようとしている韓国の立場」に他ならない』。

『「まともな国家権力者等なら、早々に、是正する筈」だが・・・』。

|

サンデー・モーニングでは未だに「覇権」なんてやっているが・・・。

『「中国共産党をどうしても持ち上げたい様相のサンデー・モーニング」では「覇権をダシ」に「米国と中国の双方を同様の大国扱いする現実離れ論を加え」て、「如何にも、覇権が米国から中国に移行しそうなイメージ」を「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信」していた。

「本当に悪質」だ』。

『「そもそも、現代人間社会での覇権は国には無い」。

「何故なら、核兵器保有後の人類は、国と国との間で本格的な戦争が出来なくなっているから」だ。

「現代の軍事力とは、抑止力であり、経済の後ろ盾」に過ぎない。

「もはや、武力による覇権は無い」のだ』。

『「経済による覇権はどうか?」

「如何にも、米国が覇権を持ってい来たかの如く風潮していた」が、

「現代人間社会の主要経済自体、国ベースでは動いていない」。

「現代人間社会の主要経済は企業ベースであり、多くの巨大企業が多国籍みたいなモノ」だ。

「例外的に一国ベースで経済を動かしているのが、中国共産党支配下の中国や北朝鮮等」で、

「中国共産党支配下の中国とは、国が多業種をこなす大企業みたいな状態になっている」のだ。

「元々の技術力等では後追いの中国が、急速に経済発展出来た」のは、

「この国を大企業化した{経営手法}故」に他ならない。

「企業のスケールメリットと多人数の消費者でお金を集めている」のが

「中国共産党支配下の中国の経済の実態」だ。

「其処に在るのは、スケールメリットであり、先進技術力等では無い」』。

『「現在でも、例えば、太陽光発電に熱心なドイツの太陽光発電パネルは、その約9割が中国製」なのだ。

「そんな事態が可能になっている」のは、

「中国製太陽光発電パネルが国策により非常に安価にされているから」であり、

「ドイツが、中国共産党支配下の中国なのに、関税については他の先進国並みに、実質無し扱いをしている」からだ。

「何処の民主化国でも、中国や北朝鮮等の民主化を後押しする為」にも、

「高い税率の独裁国関税をかけるべき」である』。

『「脱原発に賛同する様なおバカ人々」が「ドイツ内には多数」居て、

「悪どもは、

脱原発同様のおバカで自虐的な判断の下、

安ければ、自国であるドイツ製では無く中国製の太陽光発電パネルを買い、

強制的かつ、高い買取りが決められている太陽光発電電力事業で

悪徳を図って来ている」から

「ドイツの太陽光発電パネル企業は衰退し、韓国資本が買収」なのだ』。

『「おバカな人々をつくり出している」のは「テレビ・ラジオ・マスコミ等による情報と学校教育という状態」は、

「ドイツでも、日本と同様」だ。

「そして、その裏には、ロシアや中国共産党等による工作も入っている」。

「東ドイツ系のメルケル首相が誕生し、

倫理で脱原発が決められたのは、

偶然では無い」。

「中国製太陽光発電パネルに、実質、関税無し」も「偶然では無い」。

「それらの事がもたらした結果の一つ」は、

「以前は、世界一を誇ったドイツの太陽光発電パネル製造企業は、

急速に衰退し、

今は、韓国資本が買収したので、実質韓国企業みたいなモノとなり、

ドイツ内では工場閉鎖も予定され、

雇用も税収も無くなって行く状態」という「現実」だ。

「そして、ドイツの電気料金は飛躍的に高くなり続けている」。

「太陽光発電利益を得る事が出来るのは、太陽光発電事業が出来るお金持ちで、

お金持ちたちを益々お金持ちにしているのが、

庶民も含む全てのドイツの家や企業等から強制的に徴収されている

再生可能エネルギー発電強制買取り分加算金」である。

「企業は潰れ、

雇用は無くなり、

電気料金は高くなり、

格差は広がり、

エネルギーの一部は、

ロシアやフランスに押さえられ、

電力会社が電気料金を抑えながら再生可能エネルギー発電の不安定部分を補う為に質の悪いドイツ国内で沢山取れる石炭を使っているから、

温暖化ガスの発生も抑制されていない」のが、

「ドイツの脱原発&再生可能エネルギー発電政策の実態」なのだ。

「正に、ドイツを制圧する権利」が「中国共産党やロシアに移行しかねない兆候が表れている」』。

『「ここで、問題にすべき」は、

「覇権を与えれば、実質的に、その覇権の下にいる全ての人々の上に立つ、

中国共産党やロシアの権力者たちの資質」だ。

「どちらも、不適応分子の粛清に熱心」で「時には、暗殺まで行っている事」は

「公然の秘密」だ。

「そして、賄賂・汚職漬けである事」は「もはや、隠し切れない」。

「実質的独裁政権なので、同類しか上に上がれないから、自浄は困難」だ。

「普通に考えれば、そんな者たちに、人類の覇権を与えてはいけない事くらい、誰もが、当たり前と思う筈」だ』。

『「だから、当然、そんな立場にありながら、覇権を握る事で保身を図ろうとしている連中」は、

「多くの一般市民等を騙し、欺き、

都合の悪い者・物・事等を自分たちが犯人だと判らない方法で排除したり、

・・・する工作活動に熱心になる」。

「その工作活動の手先と化している様相」なのが「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等であり、教育等」なのだ』。

『「中国共産党に覇権を握らせると、

出世したり、

益々お金や欲しい者・物・事等々が舞い込んで来たり、

・・・するのでは無い」と言うのなら、

「多くの人類にとって自虐的となる方向に大衆をイメージ誘導する愚行」は、

「直ちに止めるべき」だ。

「自浄が出来ないのなら、強制的に辞めさせるべき」だろう』。

『「テレビ界、特に、未だ、視聴者数が多い地上波、

何処の局でも、同様の顔、同様の論調ばかり・・・」という「異常事態」は、

「早急に是正されて然るべき」だ』。

『「日本がもし、

民主党政権のまま・・・だったなら、

先に記したのドイツ国内の様な状態となって行く事になってしまっている」だろう。

「未だに、民主党目線の論調が主流」という「テレビ」は、

「日本国内をメルケル政権下のドイツ国内の様にしたい」のだろう。

「そして、そんな状態で利を得るのは、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)」なのだ』。

・・・・・・・。

『「一生、自分を健康にコントロールし続ける、自分の制覇」が「出来ない者たち」は、

「代償欲求に過ぎない他の者・物・事の制覇に邁進し易い」。

「代償欲求の過剰追及等は是正し、主として、本来欲求に生きる事こそが、人間として大人の生き方である事」等々が

「既に明らかになっている現代」、

「他の者・物・事に対する覇権」とは「もはや、遊びや、伝統文化遺産等々として葬るべき事」である』。

『「人類の多くが、本来欲求の充足に生きる事を選択し始めている現在、

そして、代償欲求の追及に奔走する事の自虐やバカらしさに気づき始めている現在、

今後の人類の精神文化がより進化して行く事は明らか」だ。

「近未来では、ほとんど全ての人類」が、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事を主軸とし、

その代償欲求に過ぎない他の者・物・事を支配しようとしたり、

他の者・物・事に自分を支配させようとしたり、する事は、

遊び程度に抑える事が普通になる」。

「そんな近未来の人類社会」では、

「特定極一部の者が持つ人間社会の覇権は、

古の人々の伝統文化遺産として葬られている」のである』。

『「過去に拘り縋り付き続ける者・物・事」は「どんなに頑張っても、時の流れが駆逐する」。

「最終的に残り得る」のは、

「事実・現実との整合性が高い、時間と共に存続出来る者・物・事」に他ならない。

「つまり、事実・現実との整合性を高めながらの進化が必需」なのだ。

「それは、一人の人でも、人間社会でも、文化でも、文明でも、同じ」である。

「それが、自然の摂理」なのだ』。

『「後ろ向き大衆誘導を行っている様な番組」は「早々に、駆逐させるべき」だろう』。

|

民主党系人事が色濃く残っているNHKでは「スパイ・工作活動防止法さえ無い日本の難民認定を甘くする世論誘導したい」様相だったが・・・。

『「難民受け入れ」と「言えば、聞こえは良い」。「しかし、現状の人間社会では、難民の面を被ったスパイ・工作活動員等が、少なからず居るのも、また、現実」だ。

「国家・国民の安全・安心をちゃんと真摯に担保する」なら、

「難民認定より前に、実効のあるスパイ・工作活動等防止法&実効のある摘発体制の整備」が「当たり前」である』。

『「視聴者、もしくは、ロクに視聴していないテレビ保有者等から、強制的に料金を徴収している公共放送的意味合いが濃厚なNHK」なら、

「先ず、上記の様な、極めて当たり前の内容を放映した上で、現状の難民認定問題を論ずるべき」だ。

「当たり前の事を抜かす事の実効」は

「悪戯な難民認定容認感情等を視聴者に抱かせる大衆誘導を行う事」により、

「現政権等に難民認定のハードルを下げさせるプレッシャー等を与える事」や、

「日本の難民認定のハードルを下げる事」により、

「日本国内でのスパイ・工作活動等がより容易に行える様にする事」になる。

「そんな事態を望んでいる」のは「反日国人脈の者たち等」だろう』。

『「偏向情報・教育」とは「その事ダケ」で「明らかな偏向が判る事とは限らない」。

「むしろ、部分的偏重等により、

その事ダケでは、

正に、その偏向論調等が正論に思えてしまうが、

実際の全体像等を確かめると偏向が判る事」が「多い」。

「その様な状態は、情報工作等では、常套手段」だが、

「情報工作を知らない、一般市民等」は、

「大手テレビやマスコミだから・・・、

学校教育だから・・・、

等々の、

上辺の理由で、

偏向情報・教育等を正論だ!等と信じ込んでしまう場合が多い」のだ。

「そして、民主主義???選挙では、

その様な情報・教育マインドコントロール下の一票が大きくモノを言ってしまう事も、

稀では無い」のである』。

『「NHKの是正=健常化も、急務」だ』。

|

地方を乗っ取り支配したい方々・・・。

『「脱原発ゆえに、ロシアの天然ガス&フランスの原子力発電電力輸入に頼らざるを得なくなったドイツ」は、「ウクライナ問題でも、中国共産党支配のアジア基金問題でも、ロシアやロシアと近しい中国共産党の意向に沿う政策を行わざるを得なくなっている」。

「同様の事態」を「日本国内で実現させたい者たち」が「日本国内にも少なからず居る」。

「沖縄では、正に、中国共産党にとって都合の良い知事が誕生」した』。

『「地方自治と言えば聞こえは良い」。

しかし、「基本的に、地方自治より国の政策が優先されなければ、

地方が国の上位機関と化してしまう」。

「国を分割統治化する事の実体」とは、

「その地域を、その地域で主権を持った者たちが支配出来る事」に他ならない。

「実は、この日本国内の一部を実効支配する悪の策略」は、

「日本乗っ取り支配策略の重要なワンステップ」なのだ』。

『「日本の乗っ取り支配を画策している悪ども」として、

「既に、その姿を露呈している」のは、

「竹島を不当占拠し、

日本国内で電磁波工作や飲食物工作や拉致等々、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発~厳罰困難な工作活動等を行い続けている、

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者系の者たち等が居る」。

「集団的かつ大々的な悪工作等が可能になっている裏」には、

「戦後処理問題が在る」。

「先の大戦後、当時、朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全ては、強制的に帰国させられた」が、

「当時、日本国内に居た、しかも、徴集が遅かったので生き残っていた男性も多かった朝鮮人(戦後も日本国籍を維持した者も多い)の多くが、日本国内に居続けている事」と、

「その中の一部が、血統家族主義・民族主義等に則って、悪権力者たちの手先と化している事」だ。

「そんな悪連中は、

日本人までマインドコントロール下・支配下に置く事」で、

「集団的、大々的な悪工作活動を続けている」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者系の悪の工作活動を見て、同様の事を行い始めた」のが、

「中国共産党悪権力者系の者たち」だ。

「後発ながら、日本の乗っ取り支配権は、中国共産党悪権力者の下にあると言わんばかりの邁進ぶり」は、

「悪い意味で、エネルギッシュ過ぎる」』。

『「そんな悪連中たち」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々による情報工作等まで駆使して、

悪連中の実質的には支配下にある

地方首長や地方議員等を

出来る限り多く当選させる事で、

合法的に日本の地方の乗っ取り支配を行う事」を、

「画策し続けて来ている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導により誕生してしまった面も非常に濃い」のが、

「民主党政権」であり、

「沖縄翁長知事」等々なのだ。

「民主党政権時の鳩山総理による{最低でも県外!普天間~辺野古移設壊し}」で、

「大喜びしていた」のが「日本の乗っ取り支配を画策している、中国共産党悪権力者たち」だ。

「その延長線にある政策を引き継いだ翁長知事の誕生&行動等によって、更に、嬉々としている事」は、

「誰もが、想像に難く無い」だろう。

「次のステップ」は、

「地方自治や地方の独立等々」を「合言葉」に、

「沖縄が独立方向に向かい、中国共産党による支配力がより強くなる事」だ。

「其処まで行くと、表向きは、琉球国、その実体は、中国共産党の属国の実現」も、

「現実味を帯びて来てしまう」・・・。

「果たして、今、国の政策等に大反発している沖縄等の多くの方々」は、

「その様な未来を目指しているのだろうか???」

「極少数ながら、確信犯の中国共産党悪権力者やそれに同調している韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等の手先が居る事は確実」だが』。

『「極東地域日本のみ脱原発」で

「ロシアの天然ガス等の価値を上げ、

韓国や中国の原発発電電力を日本に輸入させる事」により、

「ロシアや、韓国(北朝鮮も含む)や、中国共産党の影響力を増させようとしている者たちの多く」は、

「本気で、その様な状態に日本を追い込みたいのだろうか?」

「確信犯のロシアや韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の手先」は、

「それ程数は多く無いが、確実に居る」が』。

『「一般日本国民にとって、一番問題な事」は、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の多く」が、

「韓国(北朝鮮も含む)等偏重である事」だ。

「韓国(北朝鮮も含む)等偏向状態」は、

「解消」させられ、

「事実・現実に基づいた中立的論調が主流」であってこそ、

「健常状態」だ。

「是正は急務」である』。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党よりの要素が濃い、民主党等目線の情報配信」は、

「明らかに異常」だ』。

『「テレ朝等による、戦後70年総理談話問題世論調査」でも、

「謝罪等が必要」は「既に、半分以下」である。

「ネット普及前」の

「日教組教育等&韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等情報偏向支配可能時」の「世論調査」なら、

「謝罪等が必要」は「軽く、7割を超えていた」だろう。

「今後、事実・現実に基づいた中立的歴史認識が主流になって行けば行く程、

悪戯な、日本のみの謝罪等は不要と考える人々の数」が、

「益々増える事になる」。

「歴史上の現実が示しているところ」は、

「韓国(北朝鮮も含む)は、日本が助けた相手なので、謝罪は全く必要無い」。

「むしろ、戦後、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為を行った韓国(北朝鮮も含む)が、日本に謝罪するのが当然」になる。

「日本とはほとんど戦火を交えていない中国共産党が日本に対して謝罪を求めるのも変」だ。

「中国共産党と中国国民党との間で、中国人同士の戦争が行われた」。

「旧ソ連の大々的な支援を受けた中国共産党軍は、中国国民党軍等を台湾に追いやった」。

「大陸内での支配権を得た中国共産党」は、

「大量の中国国民党系等の中国人を不適応分子として粛清した」。

「歴史上の現実」は「中国人を大量に殺害したトップは、中国共産党」なのである。

「中国大陸内で行われていた旧植民地支配、もしくは、解放等争い」は、

「旧日本軍だけでは無く、欧州列強等、多国の軍隊と、中国国民党軍との間で、多元的に行われた」。

「大局的に見れば、旧日本軍が、欧州列強軍を追い払い、中国国民党軍が、旧日本軍を追い払った様な事」だった。

「中国共産党軍は、その末期に、中国国民党軍と旧日本軍と三つ巴の戦いをホンの少し行ったダケ」であり、

「大戦後、旧ソ連の多大な支援の下で、中国国民党軍を台湾に追いやった」のだ。

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)以外の国の権力者たちが、どれ程、日本の謝罪を求めているのか???」』

『「戦後70年談話で必要」なのは「上記の様な歴史的現実からも、断じて、謝罪では無い」。

「戦後日本の平和貢献の歩み(かつての村山談話・河野談話・小泉談話等も平和貢献の一部として、その談話成立時の実態と共に、紹介されれば良い)」であり、

「事実・現実に基づいた中立的立場論の歴史観(特定国家等に対する悪戯な太陽歴史観も悪戯な北風歴史観も排す)に基づく、未来志向の談話」である』。

『「国政ももちろん大事」だが、

「絶対に、日本の地方を、反日国悪権力者人脈に乗っ取り支配させてはいけない」のだ』。

|

副操縦士の「現状脱出欲動の暴発」問題・・・。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足による解消」の「代わり」に「他の者・物・事を支配したり、他の者・物・事に自分を支配させたりする代償欲求の追及に奔走する事」が「実質的に、容認・推奨されている現状人間社会」では「現状脱出欲動の暴発等」は、「当然の現象」だ。

「しかし、今回の事例の場合は、精神心理面以外からも、防ぐ手立てが在った」』。

『「先ず、テロ等対策の誤りを直す事」だ。

「そもそも、9.11以降、航空機乗っ取りテロを防ぐ為に、操縦室扉を開けて中に入る事を非常に困難にした」が、

「それは、操縦士・副操縦士等、操縦室内に居る者たちに全幅の信頼を置いた宗教的対策」に他ならない。

「操縦士や副操縦士等がテロリストだった場合の対策が全く出来ていない」のだ。

「では、どうすれば良いのか?」』

『「絶対を排除する事」だ。

「操縦室扉を絶対に開けられない様にする事」は「比較的簡単」だから、

「実際に、その様な対策が採られた」。

「しかし、上記の様に、操縦士や副操縦士等がテロリストだった場合には、この対策は逆の効果を生んでしまう」。

「だから、当然、絶対に開けられないダケでは無く、特定条件下なら絶対に開く対策も施すべき」だ。

「客室側からの暗証番号による開錠は、操縦室内から無効に出来てしまう」。

「操縦室内からの物理的ロックでも、実質的施錠が可能」だ。

「特定条件下では、それらの事態を無効化出来る対策が必要」なのだ』。

『「例えば、機材が、異常飛行状態等を示し、尚且つ、管制室等との連絡に異常事態が生じていた場合」には、

「絶対に開く扉にする事」等が、

「有効」だろう。

「物理的にその様な扉を作る事」は「今の科学技術ならそれ程難しく無い」』。

『「今回のケースでは、機長がトイレに行く為、客室側に出た事が副機長による実質的自爆テロ行為を可能にしてしまった」。

「操縦室内に簡易トイレ等を置く事は、とても簡単」だろう。

「当然、使い辛いだろうが、当面、万全な対策を優先するならアリ」になる』。

『「人の精神心理の問題を考える」なら「冒頭の対策が一番」だ。

「人類の文化の主流」を

「代償欲求の追及に奔走・・・」から「本来欲求の解消」に「移す事」である。

「当ブログでは、その為の情報・教育等の進化の重要性等々を以前から訴え続けている」が、

「未だ、未だ、代償欲求の追及に奔走・・・上での文化や商売上で生きたがっている人々が多い様・・・」で、

「未だ、本気で、その方向の情報・教育等を人間社会内で大量配信しよう・・・等の流れは、生まれて来ていない」。

「しかし、この問題は、人類の存続に係わる重大な問題」だから、

「何れ、近未来には、必ず、その方向の情報・教育等が主流にならざるを得なくなる」のだ。

「今回の事故が、多くの人々がこの問題を考えるきっかけになる」のなら、

「殺されてしまった方々が、人類文化進化の礎となった貴重な犠牲・・・にも成り得る」と思うのだが・・・。

「他の現状脱出欲動暴発故の事件についても、同じ事が言える」・・・』。

『「はっきり言える事」は

「現実離れし過ぎている、丸ごと一人の死生観等」は

「早々に葬られるべき事である事」だ。

「丸ごと一人の死生観を葬り去る事で防げる殺人(自殺も含む)等の数は、計り知れない」。

「現代生きてる全ての人々」は、

「人は、毎日、今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら、生存している現実」との

「整合性を高く保ちながら、それぞれの人生を歩むべき」なのだ。

「人の思いは、約60兆もの細胞ごとには対応出来ない」から、

「丸ごと一人として{思いたがる}ダケ」で、

「現実の誕生・死は細胞ごと」である。

「思いは思い」として「現実は現実」として「捉えられてこそ、人類として一人前」だろう。

「一人前を大人と言っても良い」だろう。

「未成熟で大人に至っていない者たち」に「必要なのは、成長」であり、

「過分な立場・報酬等では無い」。

「現実との整合性が高い人間社会を構築する」なら「当然、考慮されて然るべき事」だ』。

・・・・・・・。

『「人類の春」は「直ぐ近くまで来ている」』。

|

サンデー・モーニング、精神の進化不足を問わない愚か者たちの情報工作・・・。

『河野洋平氏による、「軍事力では無く外交で問題解決論」とは「軍事力が外交の後ろ盾になっている現実を無視したお笑い論」なので「論外」。

「他の常連コメンテーター等による、実質的には、反日国人脈の為の大衆誘導情報工作論」も、

「持っていれば、使いたくなるのが、人間の性」だから「持たない事を考えるべき」とか、

「核を持っていても、核を使わない判断をする事が重要」等々とし、

「日本の判断が問われている」等と「締め括っていた」のだから、

「本当に呆れるレベル」だ。

「言うまでも無く、日本ダケ止める論=中・韓(北朝も含む)等の使用容認論」である。

「全ての視聴者は、日本ダケ{止めるべき}等、イメージ誘導論にくれぐれもご用心!」』

『「人類文明の進化の問題で考えられるべき」は、

「人類文明の進化に対応出来ていない人類の精神文化の進化不足の問題」である。

「ところが、人類の精神文化の進化が当たり前になると、例えば、大衆誘導等は困難になる」。

「宗教利権等々も維持困難になる」。

「人類の精神文化の進化不足を問わない者たち」は、

「それらの利権を温存させた上」で、

「核兵器や原発や遺伝子制御技術等々を否定する事で、正義ぶり、

日本の公共の電波上を悪用して、実質的、大衆誘導を行っている」のだ。

「本当に悪質で愚劣」である。

「こんな状態が何時まで容認され続ける必要は全く無い」。

「日本のテレビ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

『「そもそも、人類の精神文化の進化」は、

「人類がより多く・深くの事実・現実と共に在る状態を得る事によって、もたらされて来ている」。

「例えば、古の時代は、天候・気候でさえ、神の意思による事とされ、祈祷等により、良い天候・気候を得ようとしていた」。

「旧約聖書には、神に捧げるものは良質であるべき論まで、記されている」。

「人柱等の生贄まで容認されていた」。

「そんな文化から、ほとんど全ての人類が卒業出来た」のは、

「天候や気候は自然現象である現実」を「把握」し、

「天候・気候について、現実と共に在る状態の人々がほとんどになったから」に他ならない』。

『「今の人類にとって必要」なのは、

「かつての天候・気候等々の問題への対応の進化と同様」に、

「核や遺伝子制御技術等々の新たな産物に対して、

ほとんど全ての人類が、

事実・現実と共にある精神文化状態で対応出来る様にする事」である』。

『「天候・気候等は、外面的要素の強い現象」だ。

「だから、外面実体/実態把握能力を向上させる事で、対応出来た」。

「核や遺伝子制御技術や現在日々どんどん開発されている新たな科学文明等々」は、

「物質や生物の内実の現象」なのだ。

「それらに対応する精神文化の進化」は、

「必然的に、人類が自らの内面の事実・現実と共にある状態をより拡大する事」と「同調」する。

「丸ごと一人の死生観から、細胞ごとの誕生・死という事実・現実との整合性が高い死生観への進化」等が

「極めて重要な理由が此処に在る」。

「自分の実体の事実・現実との整合性が高い死生観」なら、

「丸ごと一人の殺人等は、簡単に否定される」。

「殺すべき悪い文化等を有している人でも、殺すべきは、悪い文化等であり、丸ごと一人の殺人には、合理性も整合性も無い」のだ。

「丸ごと一人の殺人とは、実に愚かでバカらしい発想等になる」。

「自らを愚かでバカにしたい」のなら「病気」だ。

「病気は治すべき」である。

「また、丸ごと一人の死生観上では、民族優位主義や血統家族主義等が力を持ち易い」が、

「実際の民族優位主義や血統家族主義とは、身勝手に血統の極一部のみを切り取ったかなり歪んだモノ」に他ならない。

「科学的分析が示唆している所は、全ての人類の血統は、アフリカ東北部に収束する」のだから、

「真の血統家族主義者なら、人類皆親戚・兄弟姉妹等々が当たり前」になる。

「細胞ごとの命の連続性を問う」なら「現実はもっと明らか」で、

「人類誰もが地球生命体細胞群の一塊(個体)」なのだ。

「自分の境界線を一個体で厳格に引くダケ」とは

「自我狭窄状態に他ならず、

実際は、地球生命体細胞群全てこそが、自分の実体」に他ならない。

「一個体の生命の永続等を考える」のも「丸ごと一人の死生観故の愚行」だ。

「人は誰でも、今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら、存続・・・つまり、生きている」のだ。

「誕生・死は、細胞ごと」だから「命の永続性を考える」なら、

「細胞ごとの命の連続性の永続性を考える」のが「事実・現実に沿った考え方」である。

「永遠の命」は「一個体に望むべくも無い」が

「広義の自分の実体である地球生命体細胞群になら、望める事」だ。

・・・「等々等々・・・こんな感覚をほとんど全ての人類が持つくらいにまで、

人類の精神文明の進化が行き届けば、

強大な力や変化等々も生み出せる新技術の使用等も、

安全の範囲に収まる事になる」』。

『「そもそも、人類の文明のほとんどは、危険と隣り合わせに在る」。

「ナイフや包丁等」も「然り」。

「灯りや火力や電力や電波や薬等々」も「然り」。

「自動車や船や航空機や宇宙船等」も「然り」。

「実際に、灯りや火力や電力や電波や薬等々の様に

人類の内面の精神文化が問われるべきモノまで、

内面の精神文化の進化をロクに問わず平然と使用している」が、

「人類の現状」なのだ。

「核や遺伝子制御技術等の使用問題をスケープゴード」にして、

「それらの不当・不正等使用問題の、

人類の精神文化進化による本当の解決を遠ざけている連中」は、

「本当に醜悪」である』。

『「情報・教育工作」や「電磁波工作」や「飲食物工作」等々の「ソフト・テロ手段」まで「使って」、

「日本の乗っ取り支配」を「実現させようとしている者たち」の「実体」は、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の解消を不十分にし、

その代わりに、他人を支配したり、他人に支配されたりする、代償欲求の追及に邁進する事で、

自分を誤魔化し続けようとしている、

病人、もしくは、愚か者たち」だ』。

『「病人や愚か者たちを晒したり、

そんな状態の者たちに、過分な立場・利権・報酬等々を与える」のが

「日本のテレビの役割では無い筈」だが』。

|

安保法制改定と言うと直ぐに戦争を持ち出す「戦争脅しで日本を停滞させたい反日国の手先たち」問題・・・。

『「はっきり言えば、今時の先進国で、自ら進んで戦争を行う国など皆無」だ。

「よく問題にされる米国等の軍事行動」にしても、

「元が無ければ、米国だって軍事行動に出る訳も無い」。

「逆に、非先進国等の側からは、時代遅れの戦争の波が仕掛けられている」。

「それは、過激派イスラム集団や、ロシアや、中国共産党等の実態を考えれば、誰もが解る事」だろう』。

『「遅れをとっている事に対するコンプレックス」が、

「進んでいる者・物・事を否定する事によって、自らを優位に立たせたい欲動を誘い」、

「進んでいる側からは、仕掛ける事が無い時代遅れの戦争行為等まで用いて」、

「その邪欲を満たそうとしている」のである』。

『「例えば、数十年前の軍事技術に過ぎない核兵器に拘った脅し」等は、

「その最たる例」だろう。

「先進国」なら、

「核兵器使用=報復核で人類滅亡に直結だから、核は使えない兵器」が「常識」で、

「保有通常兵器の優位性&開発能力にも自信が持てている」。

「ところが、自国で満足な開発能力を保持出来ない政治体制等の国々」では、

「数十年前の技術に過ぎない核兵器に縋り付き、その脅しによる利等を得ようと画策する」。

「まともな国家指導者等が居る」のなら、

「先ず、自国内を先進国以上に進んだ技術開発等が可能な状態にする事を頑張り、

先進国入りする」が、

「賄賂・汚職まみれ等々で、保身が優先等の国家指導者等」だと、

「自国内をその様に健常化する事=自らの罪が暴かれ罰せられる事」になるから、

「自らの国の外に悪者をつくりたがる」のだ』。

『「そんな流れの延長線に、日本国籍を持つ者や、日本国内に居る者たちが巻き込まれ、操られたり・・・する」と、

「先進国日本が仕掛ける訳も無い戦争を訴える事になる」。

「逆から見る」と「日本国内で、悪戯に、戦争に直結!戦争!!等々と言っている者たちの実体」は、

「既に、バレバレ」なのだ』。

『「確信犯の反日国等の手先」であり、

「日本国内で、日本の邪魔等としないと、粛清されてしまう様な人々では無い」のなら、

「脱!反日国権力者等の操り人形!!」である』。

|

オウム化学テロで遅れをとった日本の警察等は今、電磁波テロで遅れをとっている・・・。

『「昨今の電磁波工作の進歩の度合いは急激」だ。

「何しろ、現状では、殺人も可能」なのだ。

「そして、ソフト・テロ等では、書き換えによる更新で、より実害が高められている」』。

『「イスラエルの電磁波工作兵器による殺人等が公言された」のは、

「何年か前」だった。

「イスラエルと同様の技術を盗み、コピーする事が得意な、反日国人脈の者たち」が、

「日本国内で、電磁波テロを行い続けている」のは、

「公然の秘密」だ』。

『「電磁波テロ」は、

「直接的殺人等を目的としているハード・テロ」と、

「継続的照射等によって弱体化~病気化等々~早死に化を目的としているソフト・テロ」の

「二種類がある」。

「ハード・テロの場合」は「{綿密}に調べれば、電磁波の痕跡を見出す事もそれ程困難では無い」。

「多くの場合、建物の壁や窓等を通して、ターゲットに電磁波が当てられているから」だ。

「ソフト・テロの場合」は「痕跡を残さない様に&基本的には、ターゲットに気づかれないまま、継続的に・・・」だから、

「痕跡を見出す事は困難」だろうが、

「ターゲットや取り締まり側等が気づき、ソフト・テロを仕掛けている者たちを洗い出す」と、

「集団的テロである事や、その集団の人脈が露呈」する』。

『「オウムによるサリン事件以降、日本の警察等は、化学兵器等に対する対策を向上させた」から、

「それは、同時に、飲食物工作等の抑止にもある程度繋がっている」が、

「対処能力の盲点を突く」のが、

「テロリスト等の常套手段」なのだ。

「今の日本では、電磁波悪用によるハード・テロ&ソフト・テロ等は、実質的に野放し、やり放題状態」である』。

『「オウム事件から、警察等が学ぶべき」は、

「起こされてしまった化学テロに対する対策を充実させる事ダケでは無い」。

「実質的テロリストたちが行っている事の本質を洗い出す」と共に、

「実質的テロリストたちが使い得る全ての科学/化学/情報・教育技術等の穴に対する対策を行う事」だ。

「テロリストたちの後追い状態を無くす事」こそが、

「第二のオウム事件を防ぐ本当の道に他ならない」のである』。

|

韓流テレビでは「オウム事件の大特集」状態だったが・・・。

『「オウムじゃ無い!と正義ぶるアレフ&麻原離れしていないアレフはダメ!と正義ぶる裏で実は麻原を崇めている上祐一派&オウム等は悪いと正義ぶる韓流テレビ・・・、その実は、みんな同じ人脈で、共通目的は日本乗っ取り支配・・・」だったりして・・・』。

『「頭が悪く無かった故村井がサリンを散布で警視庁等の捜査攪乱なんて言う訳も無く、

サリンによる捜査攪乱では教団が無くなると言ったであろう故村井の

殺害指令を出したのが麻原と思えるのが、普通」だが、

「韓流テレビ」では、

「麻原の言う通り・・・」で、

「視聴者を大衆誘導したい様相だった・・・」のだ』。

|

相棒の一人が犯人という相棒13シリーズ最終回だったが・・・。

『「前ふり宣伝等から推察して、たぶん、そうだろう・・・」と「思っていた人も多かったと思う」が、

「本当に、そんなホンで、相棒の13シリーズ最終回を締め括る」とは、

「視聴者への刺激サービスか?」

それとも、

「さすがに、だいぶ行き詰っている証か?」

「何れにしても、つくり手の努力が、大いに感じられた」』。

『「元々、若者を引き込もうとして・・・だろう、若く人気も実力もあると言われている相棒を設定した時点」では、

「つくり手{主導}による、人による人寄せ型のつくり手欲のいやらしさ」が「臭い」、

「それ以降の相棒は、ちょっと、無理している感じ・・・」に思えていた。

「さすがに、カイくんも、3シリーズ目になると、だいぶこなれ、相棒の雰囲気に馴染んで来ていた」が、

「そのシリーズの最終回で、卒業、しかも、犯人、では、再登板を望むべくも無い」。

「次シリーズの新たな相棒」は、

「つくり手側が、変に欲を出さず、良いホンの内容に合わせて選んだら・・・」と

「思っている」』。

『「犯人役のカイくん」が「プチ金正恩髪型だったところ」に、

「相棒つくり手のエスプリ、もしくは、良心、もしくは、メッセージ等を感じた」のは、

「筆者だけでは無い」だろう。

「世間では、称賛する人々まで居るダークナイト」でも、

「暴力等の悪事はダメ」なのである。

「問題解決の手法を誤れば、その事自体が障害となり、問題は解決しない・・・それが、現実」だ。

「工作等を行っている者たちも、よ~く考える様に!」』

『「東大出なのに、人が人を殺してはいけない理由も論文に書けない愚か者状態」を「前提」に、

「合法的復讐殺人等を実現させようとしたホンまであった」のが「相棒13」だった。

「もちろん、現代人の常識」では、

「人が人を殺してはいけない事」は「当たり前」である。

「何故なら、生物の誕生・死とは、細胞ごとであり、

丸ごと一人の殺人を行うまでも無く、人も毎日、今、この瞬間も、今死んでいるから」だ。

「現代の人間なら、問題とすべきは、殺したいモノの本質」である。

「殺したいモノが、殺人・暴力・強奪等々の悪い文化なら、それを無くす事」であり、

「殺したいモノが、苦痛等なら、その部分を無くせば良い」。

「現代の人間とは、上記の様な事を知覚・認識・把握・実践出来る存在」だ。

「現代の人間なら、丸ごと一人の殺人に、正当性は全く無い」。

「それなのに、丸ごと一人の殺人等に邁進してしまう人は、どの様な状態下にあるのか?」

「現代人としてのまともなセルフコントロール下にあるのでは無く、

特定の偏った思いや信条等、

丸ごと一人の死生観しか保持出来得なかった時代の古の人々が持っていた現実との整合性が悪い文化下にある」のである。

「つまり、事実・現実より事実・現実との整合性が悪い思い・信じ込み等を、自分にも他人にも強いようとしている」のだ。

「現代人が、その様な状態を客観的にみる」なら「それは、病気状態」という事になる。

「病気状態なら、病人を治療する」のが「当然」だ。

「一般人間社会内に放置出来ない程の重篤な病人なら、隔離する」のが「当然」である。

「刑務所等の、悪い文化等を治療する能力等が不足している」のは「現状」だが、

「そんな現状もまた病的なので直すべき」なのだ。

・・・等々等々。

「人が人を殺してはいけない理由等」とは、

「現代人にとっては、実に、簡単な質問に過ぎ無い」から、

「上記の内容等を論文形式する事もそれ程困難では無い」。

「ましてや、東大出でそれが、出来ない・・・」とは、

「前提自体がコメディー」だ。

「つまり、その回も、多くの若者もそうであろう現代人にとっては、無理無理のホンだった」のである』。

『「相棒の次シリーズ」は「是非とも、ホンの内容自体が現代人も惹きつけるモノであって欲しい」』。

『「本日も朝番では、

民主党目線でNHK籾井会長を追及しました等と民主党の大宣伝を行っていた、

政治的中立性が???の

テレ朝」だが、

「相棒でも、政治色を臭わせる事がある」。

「とは、言っても、ニュース・バラエティー等程露骨な、民主党偏向状態では無い」が。

「それでも、ホンから、政治的偏向状態を無くす事も、重要な事」だ』。

|

不法侵入工作にご用心!・・・。

『「筆者の家(集合住宅の一戸)」では「外出時には、必ず、ドアの内側の内鍵とピッキング困難とされている外鍵の二重ロック」をする。

「室内には、防犯カメラシステムも配置している」。

「そんな状態」でも「不法侵入が在った」ので「お知らせ」します』。

『「何日か前」に「何故か?防犯カメラシステムの電源がオフになっていた」。

「録画に使用しているコンピの中身を簡単にチェックしたら、上辺では、当日~の録画が無い」。

「つまり、侵入犯が自分たちが映っている部分+αを削除した上で、電源を落とした可能性大(防犯カメラシステムをオンにすると、出て行く犯人の姿が録画されるから)」だった。

「当然、その後は、そんな事態も想定した上で、外出している」』。

『「本日、短い外出を二度程」した。

「二度共、防犯カメラ・システムの電源が落とされていた」。

「一度目の、朝、五分程度の外出時」には、

「電源が落とされ、本日分再電源を入れる前の録画が削除されていた」。

「つまり、五分程度で、その様な工作が出来る者たち」が「行っている事」なのだ。

「二度目の、午後、十五分程度近所のスーパーまで買い物等に行った時」には、

「コンピの電源が入らない状態になっていた」。

「コンピを結構壊している」なら「不法侵入+器物損壊事件に出来るが・・・」と思い、

「コンピを良く見てみたら、空冷ファン部分のパネルに隙間が出来ている」。

「パネルを外すには、ドライバーが要る」が、

「恐らくは、空冷ファン部分のパネルを外し、電源が入らなくする、何らかの工作を行ったに違い無い」と「推定」して、

「空冷ファン部分のパネルを外し、中を調べてみたが、特に異常は無かった」。

「空冷ファン部分のパネルをちゃんとはめて、電源を入れたら、電源が入った」ので、

「その当たりが原因だった様」である。

「つまり、器物損壊に出来辛いギリギリの線で、出来れば、防犯カメラシステムを無効にしたかった」のだろう。

「復帰後簡単に再生出来た画像」は「朝、防犯カメラシステムを再起動した時のモノ+昨日以前のモノだけ、だったが・・・」。

「ここで、問題なのは、筆者の出入りを確実に押さえている事」だ。

「近隣に住み、筆者の出入りを確実に把握し、直接会わない状態で、不法侵入等を行っている事」が「強く推定出来る」。

「そして、現状の鍵の合鍵を持っている事」も「強く推定出来る」。

「筆者の出入りを把握する者」と

「不法侵入し、工作する者」の

「複数犯である事」も、

「強く推定出来る」。

「中で工作する者」が

「防犯カメラシステムの無効化工作員だけでは無く、

飲食物を工作物質とすり替えたり、工作物質を混入させたりする者」の

「複数犯だった場合」は、

「何らかの健康被害等に合う可能性もある」と

「強く推定出来る」。

「しかし、外での飲食物工作の実態を見る限り、

急変は極稀にしか無く、

急変の場合は、犯人特定確率も高い」から、

「恐らくは、継続的接種での健康被害等を目論んでいる」のだろう』。

『「その為の近隣住まいや合鍵」であり

「防犯カメラシステムの無効化だ」と

「強く推定出来る」』。

『「筆者程度の者に対しても、その様な、ある意味では、プロ的で高度な、工作活動を仕掛けている」のだから、

「国レベル等の工作組織」が

「強く推定出来る」。

「こんなソフト・テロ等の工作活動を満足に摘発出来ていない現状の日本」は、

「断じて、平和では無い」。

「それは、拉致やオウム事件(どちらも、裏には、北朝鮮やその後ろの中国共産党等アリ・・・と言われているが・・・)等々を防げなかった事からも明らか」だろう』。

『「良い意味でのVIP扱い」なら「歓迎する人も多いだろう」が、

「工作ターゲットとしてのVIP扱い」では「誰もが、そんなモノ要らないと断る筈」だ。

「筆者も同様」で「工作ターゲットとしてのVIP扱い」など「直ちに止めて頂きたい」と「強く思っている」。

「止めなければ、今後も、どんどんその実態を暴露し続ける事になる」』。

『「工作員たち」は「プロ仕様で、録画情報を削除すれば、滅多な事では、復元などしないと考えているかも知れない」が、

「実際は、復元に手間がかかるダケ」だから、

「実際に、健康被害をもたらす様な大事件等になれば、復元も行われる」。

「現状で既にはっきりしている」のは「侵入工作時間等」だが、

「画像の復元も時間の問題」だ』。

『「ある程度、用心している筆者の所」でも「こんな実態」なのだ。

「そして、そんな悪事を行っている人脈がどの様な人々なのか?」は、

「当ブログの他の記事等からも、良く判る」だろう。

「日本国内には、

一般日本国民弱体化工作等のソフト・テロを行っている工作員等がうじゃうじゃいる」のである。

「それは、北朝鮮による何百人もの拉致に協力した者たちの数、

及び、その人脈等が子沢山戦略や

支配下に置く日本国民等を増やす戦略等で増やして来ている

工作同志の数等々を考えれば、

誰もが解る筈」だ。

「余りにも、数が多く、他国間との問題にもなりかねない問題だから、

表立って摘発出来る殺人等の凶悪事例でも起きない限り、

日本政府等は、無い事に・・・状態なのだろうが、

そんな甘い政策を続けている限り、

多くの一般日本国民が弱体化され少子化される裏で、

日本国籍を持つ工作同志の数は増え続け、

選挙等を使った表向きでは合法的な日本乗っ取り支配策略が、

実現出来てしまう可能性が高くなる」のだから、

「真剣に積極的な対策を行うべき」である。

「売国奴となり、工作から逃れている様な弱腰日本国民」は、

「既に、工作員等に弱みを握られ、工作活動等を行わされている場合も少なく無い」。

「体調や心の状態等が今一つ優れず、本領を発揮出来ていない様な方々」は、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を疑ってみる価値が十分にある」』。

『「電磁波工作には、どちらも1ミリ程度以上の厚さを持つ、アルミ板等+透明テーブルクロスビニールシート等が有効の様」だ。

「飲食物工作には、味を良く確かめ、変な味や不味いモノは、もったいなくても食べない・飲まない事と、

食後体調が優れなくなった商品や店は使わない事等が有効の様」だ。

「侵入工作には、先ず、鍵と防犯カメラ」だが、

「今回の筆者の体験からも、万全な対策にする必要があると言える」』。

『「多くの場合」は「現行法&現行の摘発体制等では摘発困難な手法が採られている」のが、

「ソフト・テロの実態」だが、

「極稀に、急変を伴う極めて悪質な場合もある」。

「例えば、防犯カメラシステム等が不十分な建物等を悪用した自殺を装う殺人」だったり、

「インシュリンや、ガソリンや、農薬等の急変を伴う有害物や毒物を混入させる飲食物工作」だったり、

・・・する。

「しかし、その様な場合」は、

「警察等の人脈が、そのスジに押さえられていない限り、慎重に調べれば必ず摘発出来る」。

「その意味からも、政権選択等は、極めて重要」だ』。

『「日本国民なら、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られている場合では無い」のである』。

|

「何でもアリ」でV字回復したUSJを持ち出し、何でもアリでV字回復したい様相の常連出演者等だったが・・・。

『「USJがV字回復に成功した」のは「お客様の要望に応えたから」に他ならない。

「つまり、主体は、USJでは無く、お客様」なのだ』。

『「テレビやそのお仲間的様相の民主党等も、V字回復したい」のなら、

「日本国民を主体にすれば良い」』。

『「ところが、

まるで国家・国民を指導する何処かの国の共産党幹部要員気取りの様相ですらある

テレビ局や一部常連出演者等々」は、

「自分たちの意向に沿わせる為の人民粛清等」を

「何でもアリ」で「行わせたい様相の雰囲気さえ醸し出していた」。

「その裏には、お仲間政党権力者等の意向もある」のかも知れない。

「一部に、何処と無く、日本の公共の電波を使った、工作指令的雰囲気」も「感じた」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「以前から、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等は、暗示的工作・集金指令等の発信が得意」だ。

「特定極一部の者等を偏重宣伝する事による、実質的、集金指令等」は、

「それこそ、頻繁に、行われて来ている」』。

『例えば、

「昨今でも、

未だ民主党人脈人事の影響濃いNHKまでもが、

ヨシモトのタレントの文学本を宣伝していて、

その本は、大量に売れている」らしいが、

「内容を散見する」と、

「少なくとも、筆者の印象」では、

「文字で写生するダケ」の「古臭い文学芸」である。

「ストーリーは、個々で好みが違う」だろうが、

「筆者の好みでは無い」。

「それでも、芸が無いレベルでは無い」から「相応に受けるのは解る」が、

「宣伝が無ければ、今言われている程売れそうも無い」のも、

「また事実」だろう。

「同程度の物を書ける人々は、少なからず居る筈」だが、

「同程度に宣伝される人」は、

「ほとんど居ない」だろう』。

『「視聴者の誰もが忘れてはいけない事」は、

「このような偏重宣伝状態」は、

「実質的には、特定極一部の者の下への集金の為の公共の電波使用」であり、

「集金されたお金が、

その後、裏で、政治資金や工作資金等に化けない保証等」は、

「何処にも無い事」だ。

「現状のテレビ情報は、民主党等偏向状態」だから、

「今回の集金も、民主党等の為・・・」だったりして・・・』。

『「ドイツを引き合い」に「戦後の日本では、日本人が日本の戦争犯罪者等を罰していない事等を訴え」、

「極東アジア地域の平和・安定等の為」には、

「一部の日本国民等を罰するべき論」等を「風潮した」のは、

「先日のTBSサンデー・モーニング」だったが、

「その時も、一部日本国民粛清指令か?」等とも「感じたモノ」だった』。

『「古くは、実際は、工作使用等で実害があるのに

安全と風潮されていたフッ素等に対する情報配信問題」もある。

「一般日本国民の安全・安心の為の情報配信」なら、

「フッ素等を使った飲食物工作を暴き、罪を問い、罰が与えられる状態」を

「日本社会で整備する事等に有効な情報配信をするべき」なのに、

「まるで、飲食物工作擁護状態だった」ので、

「飲食物工作を実感していたり、知っていたりする者たち等の間」でも、

「テレビ人脈の正体がバレる」のだ。

「昨今では、

電磁波工作を無い事にしたり、

電磁波工作を訴える者等をオカシナ事にしたい様相」だが・・・。

・・・「そして、未だに、そのテレビ人脈は変わっていない」』。

『「サンデー・モーニングと、今回のテレ朝朝番の一部の雰囲気と重ねる」と、

「何でもアリ」で「一部日本国民粛清指令」の「様相ですらある」のだ』。

『「その分だけ、実際は、窮地に追い込まれている」のだろう。

「先の民主党政権時の事

(円高容認政策や

太陽光超バカ高買取り強制法案等々による、

日本を細らせ、中・韓を太らせる政策等々、

その後は、

従軍慰安婦謝罪、

極東地域日本のみ原発ゼロ等々の

利韓・利中政策等が続けられる予定だったが、

政権交代で、日本は難を逃れた・・・)を

日本国民が忘れない限り、

国政では、民主党政権は二度と成立しない」だろう。

「しかし、一般日本国民なら、

テレビ・ラジオ・マスコミや学校教育等による工作情報等に操られる事無が無い様に、

日本国内で行われている一般日本国民をターゲットにした全ての工作活動が露呈させられ、

摘発され、

悪事を働いた/働いている者たちに厳罰が与えられ、

悪どもが、二度と悪事を働けない状態にさせられるまで、

何時何時も、用心を忘れてはいけない」。

「実際に、現状の日本国内には、

反日国一部権力者等の意向に沿い、

時には粛清工作まで行っている者たちが、

実質的野放し状態で居るから」だ』。

『「何処の局でも、NHKでも、特定極一部の者たちだけが、ず~と常連出演者等々」という

「事態」は、

「明らかに、異常」だ。

「特定極一部の少数集団」が

「長きに渡り、一方的に情報を大量配信出来るテレビ局等を牛耳り続けている」のも

「明らかに、異常」だ。

「こんな異常状態だから、

偏向情報配信や

一部の者たちによる実質的工作指令等配信も

可能になってしまっている」のだ。

「テレビ界の人脈」は「根本的に、入れ替えられるべき」である』。

|

またもや、民主党事務所にNHK籾井会長を呼び出し、実質的圧力をかけた、もはや、圧力団体と言った方が適切な様相の民主党・・・。

『「NHK籾井会長を国会内の民主党事務所に呼び出した」ばかりでは無く「NHK予算案も認めない」旨まで述べ、「実質的、圧力をかけた民主党」・・・。

「もはや、その姿は、国政政党と言うより圧力団体」だ。

「籾井会長等の下」で、

「政治的中立性を保つNHK放送」となれば、

「民主党人脈NHK人事等」による「偏向放送等」は、

「是正されるのが当然」になる。

「例えば、

原発問題でも、

原発や核廃棄物等々に対し、

悪戯かつ一方的に、

悪い・怖い等イメージを付け続けて来た偏向状態」は、

「解消されるのが当然」になる。

「何しろ、日本の原発より遥かに危ない状態にも係わらず、

平然と使われ続けている原発が、

中・韓・ロ等を含む世界中に在る」のが「現実」であり、

「それらの原発からも、当然、核廃棄物が出続けている」のが「現実」なのだ。

「原発問題」とは、

「ドイツや日本等が脱原発すれば解消される問題では無い」。

「世界中の原発をより安全に使い、

世界中から出される核廃棄物等を

出来る限り早く有効利用出来る様にすべき問題」に

「他ならない」のだ。

「日本国内で原発不安・原発嫌い等を煽る大衆誘導を行い、

日本の原発や核制御技術開発能力等の向上にブレーキをかける事」の「実効」は、

「中・韓等、実質的には、危ない原発でも、平然と原発を使い続ける国々を

核関連技術等で有利にする事」であり、

「核廃棄物問題等も、それらの国々の都合等に任せてしまう事」等に他ならない』。

『「日本の脱原発問題」は、

「円高容認政策」や、

「普天間移設反対行動問題」等々と「同様」の

「利反日国問題」でもある』。

『「テレビ放送で政治的中立性が保たれている」なら、

「上記の様な日本国民として当然の見識等」が、

「普通に、情報提供されている筈」だが、

「現状の日本のテレビ放送(NHK・民放問わず)」には、

「政治的中立性が、実質的に無い」。

「政治的には、

圧倒的に、

利韓(北朝も含む)・利中共政策等が大好きな、民主党等寄り」だ』。

『例えば、

「テレ朝等のニュース等」では

「民主党が正義ぶるところ等が強調」され、

中には、

「今後、民主党は、

その問題で、

益々○○(安倍政権だったり、NHK籾井会長等の特定の人だったり、・・・する)を

追及して行きます。」等の

「民主党主軸の言葉で、ニュース報道等を〆ている放送まである」。

「現状の日本のテレビ放送の偏向ぶり等を捉え、意識していない視聴者の中」では、

「民主党こそが、日本の正義の政党だろう・・・」等の

「イメージが造成されて行く{つくり}になっている」のだ。

それは、正に、「大衆誘導情報工作の常套手段」なのだが』。

『「こんな状態が何時までも放置されていて良い訳が無い」。

「テレビ放送は、ちゃんと、政治的中立性を持つべき」である』。

『「辞めさせるべき」は「NHK籾井会長」等では「無く」、

「日本の国政政党や国会議員の立場を得ていながら、

まるで、

圧力団体や、

利反日国団体等々の構成員と化している者たち」や、

「日本の公共の電波を使って、

情報を一方的に大量配信出来る立場等を得ていながら、

実質的には、利反日国等となる、偏向情報等を

一方的に大量配信し続けて来ている者たち」である』。

|

日頃から、民主党目線の情報の一方的大量配信を行っているテレ朝等は「何としても、NHK籾井会長を辞めさせたい」様相だが・・・。

『「会社の車を使えば、とりあえず会社に請求が来る」のは「よくある話し」だ。「私的使用で、会社に出入りしている業者の車を使い、使用料金会社請求状態のまま放置し、代金を払わなかった」なら「厳罰が当然」だが、「今回、民主党等が無理やり問題化している、籾井会長の例の場合」は「籾井氏がちゃんと私的使用分の代金を支払っている」。

「請求が籾井氏のところに届くまでの時間」を「無理やり問題化している様相」なのだ。

「先日、NHKの中期経営計画を聞きたいから・・・」と、

「民主党事務所に、籾井会長を呼び出しておきながら、

中期経営計画以外の質問攻めにした、

難癖付け、圧力かけ、もしくは、嫌がらせ等」と

「同様の事」を、

「今回は、日本の公共の電波上で、テレ朝等が行っている様相」なのだ。

「ここで、籾井氏等が、嫌になり、辞めれば、工作活動は成功・・・」なのだろう』。

『「ハイヤー使用問題」でも、

「会社出入り業者等を個人が使う事が悪いと言う」なら、

「未だ、話しに合理性がある」が、

「今回の例で、籾井氏が行った事」を

「業務上横領だ!」とまで言うのは、

「もはや、名誉棄損の域の問題」だ。

「日本の公共の電波を使って、情報を一方的に大量配信しているテレ朝」が、

「日頃から、民主党という特定政党に偏った目線の情報配信を行い続けられている事自体異常」だが、

「今回の、もはや、名誉棄損の域のイメージ誘導情報等」を、

「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信しているその様」は、

「本当に悪質」である』。

『「NHK籾井会長」と「同様」に、

「テレ朝が、何としても、辞めさせたい様相」なのが、

「警察、大阪阿倍野署長」だ。

「遺族謝罪問題」を「遺族側が録音した音声の一部を使用し、遺族側の言い分等だけに沿った様な論調」で

「阿倍野署署長に極悪のイメージを付けようとしている」様相なのだ』。

『「NHK籾井会長」と「警察、阿倍野署署長」の「共通点」は、

「民主党やテレ朝等の人脈に都合の悪い者」なのだろう。

「或いは、交代要員が、民主党やテレ朝等の人脈の者」だから、

「意図的な追い落とし工作をかけているのか」・・・。

「何れにしても、極めて、悪質」である』。

『「民主党の国会質問」では、

「実質的に、中・韓との良好関係を強いる質問」が

「どの国会でも、必ずと言って良い程、繰り返されている」。

「現状の中・韓の政権は、歴史認識も事実・現実に基づかず、反日政策や反日教育を行っている状態であるにもかかわらず」だ。

「民主党の政策や歴史認識等」も「反日中・韓と同様」なのだろう。

それは、

「民主党政権時に実際に行われた

日本を細らせ、中・韓を太らせた、円高容認政策や

中・韓でも製造可能な太陽光発電パネルの中・韓による大量輸出を可能にすると共に、

日本の電力事情を高値不安定にする、

太陽光発電超バカ高買取り強制政策等々から」も、

「民主党の支持母体である日教組等の歴史認識から」も、

「既に明らか」な様相だが』。

『「テレ朝等も、民主党と同様の認識」なのだろう。

「そして、NHK会長に、民主党やテレ朝等にとって都合の良い者が就けば、

かつての、日教組等による利中・利韓(北朝も含む)教育等と同様の情報配信」で、

「日本のテレビ界を埋め尽くし続けられる」とでも、

「考えているのかも知れない」。

「その様相」は「正に、中・韓(北朝も含む)等の出先情報工作機関」だが』。

『「日本のテレビ界を、何時までも、中・韓(北朝も含む)等の出先情報機関的状態にさせ続ける必要は全く無い」。

「テレビ界の人脈も含む是正」は「急務」だ』。

|

法治で正義ぶる中国共産党習政権を宣伝していた中国共産党の手先的テレビ・・・。

『「まともな日本のテレビ番組」なら「先ず、国際法順守もロクに出来ていない中国共産党の実態批判」を「十二分に行って」から、

「習政権は、中国国内で、中国共産党の法に従う法治の徹底を言っています」等と「続け」、

「その後」に、

「例えば、冤罪死刑被害者等の再検証も行っています」等々の「情報提供となる」筈だ。

「ところが、昨日の日テレ夕番等では、最初の部分を抜かす」から、

「良く考えない視聴者等の頭の中」では、

「習近平政権が、まるで、日本の法治主義と同様の法治主義を採るまともな政権であるかの如き、誤解が生まれてしまったり・・・する」のだ。

「多くの視聴者に誤解を与える可能性が大きい情報配信」は「ダメ」である』。

『「そもそも、汚職賄賂天国状態の中国共産党政権下」では、

「罪や罰も汚職漬け・・・」である。

「本来なら、死刑にされるべき者」が

「賄賂等により罪を免れ、本来なら何の罪にも問われない者が、代わりに死刑にされた事」等が、

「枚挙に暇の無いくらいある社会」なのだ。

「そして、それ以前には、現在でも陰では、不適応分子の粛清もある」。

「中国共産党は、表向き、正義ぶる為」に、

「死刑冤罪被害者の中で、表立たせても大丈夫な者の極一部」を

「象徴的に、露呈させているダケ」というのが、

「実態」だ。

「日本のテレビ・マスコミ等なら、実態情報の提供で無ければ!」』

『「事実・現実に実権を預けるのでは無く、

特定極一部の人々が大きな実権を持つ人間社会」の「実態」とは、

「どこでも、その様なモノになる」のである。

「何故なら、

人は自らの思いを偏重し易く、

自らの思いより事実・現実を上に置く状態を続ける者は、

人の上に立ち、人が権力を持つ事にも抵抗を覚えるから」だ』。

『「日本のテレビ界の是正」は「急務」だ』。

|

ドイツを悪用して中・韓(北朝も含む)の歴史認識に大衆誘導したい悪質テレビ・・・。

『「相変わらず、酷い、親中国共産党&韓国(北朝鮮も含む)ぶり」を「露呈していた」のが「本日のサンデー・モーニング」だった。

「言うまでも無く、ドイツと日本では、先の大戦時に行った事が大きく違う」。

それは、

「日韓併合を日本が断ったら、その後の韓国はどうなったか?」

「欧米列強支配下の中国も含む東南アジアの国々等に、もし、旧日本軍の進軍が無ければ、今、どうなっていたのか?」

「・・・等々を、冷静かつ客観的に考えれば、何処の誰にでも分かる事」だ。

「ナチスによるユダヤ人虐殺や、旧ドイツのゲルマン民族によるヨーロッパ~世界支配主義とは、全く違う働きをした」のが、

「戦前~戦中の日本」だ』。

『「欧米列強が植民地支配主義に走り、当時の先進国として旺盛を極め、日本に開国を迫った時」、

「当時の日本人たち」は、

「先ず、日本が植民地支配を免れる事」を「考えた」。

「出た解答」が「欧米列強と同等の国にする事」だった。

「明治政府の富国強兵政策は、其処から始まった」のだ。

「ところが、元々、植民地支配~略奪の文化を保持していない日本人」は、

「どうすれば良いのか?」も「良く分からない」。

「とりあえずは、軍備を増強し、自国の侵略支配を免れる道に奔走」した。

「共に、経済的植民地化を避ける為の富国政策が採られた」。

「その状態が少し進んだ時に出て来た」のが、

「韓国問題」だった。

「当時は、清の属国であり、ロシアの侵略を受けていた韓国」は、

「国の体制を維持する事さえ困難になっていた」。

「韓国の宗主国的立場だった清」も「英国等欧米列強による侵略支配に蝕まれ、弱体化していた」。

「そして、日清戦争で、日本が勝利」した。

「当時の韓国の権力者たちは、日本に救いと別天地を求めた」。

「先ず、日本による保護を求め、後に、日韓対等合併を求めた」が、

「必然的に、日韓対等合併は、国力相応の日韓併合となった」。

「日韓併合により、日清・日露戦争の勝者枠に収まった韓国」は、

「ロシアからの侵略支配を免れる事が出来た」と「同時」に、

「当時の韓国の権力者たちは、日本の中の権力者たちになった」。

「当時の韓国の貴族たちは、日韓併合後の日本の貴族となった」のだ。

「元々が、韓国側からの要望もあり、二国間の合意契約となった日韓併合」に、

「日本による軍事進攻や植民地支配や略奪等々が在る訳も無い」。

「実際に在った」のは

「保護条約以降、平時に、朝鮮半島入りした日本人等による、

朝鮮半島内の近代化整備であり、

日韓併合に基づいた、同化政策」だった。

「元々、欧米列強同様の文化を持っていなかった当時の日本人の感覚」では、

「日韓併合による韓国吸収合併を、欧米列強を気取り、植民地と言う事はあって」も、

「植民地=開拓地と同様という感覚だった」のだ。

「だから、日韓併合後しばらくして開催された拓殖博覧会」でも、

「植民地と開拓地の違いは、元の文化の違いくらい」で、

「行われていた政策」は、

「支配~略奪政策では無く、同化政策だった」のである。

「日本人も韓国人も忘れるべきでは無い事」は、

「日韓併合当時は、多くの韓国人が、日本による近代化整備等を歓迎した事」だ。

「朝鮮王朝時~日韓併合前に比べれば、日韓併合後の方が遥かに良い」と

「公言していた韓国人が、多数居た」のである。

「そんな多くの韓国人も賛同していた朝鮮半島内の近代化に武力まで用いて反抗した極僅かの者たち」を

「抗日の英雄」と「祀り上げる反面」、

「朝鮮半島内の近代化に私財までつぎ込んで邁進」し、

「終戦後は、多くの資産等を朝鮮半島内に残して、日本に帰った日本人等」を、

「侵略者・略奪者呼ばわり」する、

「現実とかけ離れた反日政策の裏に在る」のは、

「敗戦火事場泥棒への後ろめたさ」なのだろう。

「しかし、現実は変えられない」から、

「人間社会の進歩が事実・現実との整合性を高める事により成されている現実」からも

「明らかな様に、将来的に破綻する」のが、

「反日ファンタジーである事」は、

「明白」なのだ。

「韓国(北朝鮮も含む)は、反日教育・政策という事実・現実に叛く自虐を何時止める事が出来るのだろうか?」』

『「中国共産党にしても、同様」で、

「元々、清時代の中国を侵略支配していたのは、英国を始めとする欧州等列強だった」のだから、

「反他国を言うなら、先ず、反英等が、当たり前」だろう。

「しかし、反英等より、圧倒的に反日」なのは、

「言いたい事が、反他国では無い事を露呈している」のだ。

「中国共産党は、自己正当化の為のスケープゴードとして、日本を悪用しているダケ」なのである』。

『「歴史上の現実」も、

「現在の政策の裏に在る実体」も、

「変えようも無く、将来的には、事実・現実がより明らかとなり、

事実・現実を基に、整理整頓等されて行く事」が

「明白」なのに、

「日本の中の中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の悪権力者たちの手先」は、

「未だに、それら悪権力者の意向で、多くの日本の視聴者等を大衆誘導しよう・・・」と、

「悪あがきしている様相」なのだ。

「本当に、呆れる事態」だ。

「断じて言える事」は、

「歴史上の現実」として、

「韓国や中国は、単なる被害者では無い事」だ。

「清時代の中国も、

日韓併合前の韓国も、

日本が欧米列強による侵略支配を跳ね返せた時代だったにも係わらず、

欧米列強による侵略支配に犯される状態の国造りしか出来ていなかった事」は、

「厳然たる事実」である。

「そんな状態だったなら、日本人なら、他国を責める前に、自国の権力者を責める」。

「明治維新も、そんな日本人気質がもたらした」のだ』。

『「未だに、反日利権に生きようとしている国家権力者たちを頂いている中国や韓国(北朝鮮も含む)」の

「現状を見れば、誰もが納得出来る筈」だ。

「そんな国家権力者の意向で操られている限り、

中国にも

韓国(北朝鮮も含む)にも

明るい未来はあり得ない」』。

『「中国は、早急に民主化するべき」だ。

「韓国(北朝鮮も含む)は、

早急に、

反日利権に生きようとする国家権力者等では無く、

日韓併合時の日本の行を正当に認める事実・現実派の国家権力者等を頂き、

反日ファンタジー歴史教育等では無く、

事実・現実に基づいた歴史教育を行い、

政策面も健常化するべき」だ。

「先の大戦時、多くの成人男性の仕事(?)が戦場での殺し合いだった時代」、

「朝鮮半島内で、朝鮮人同士が、売り買いしていた、超高報酬従軍売春婦」を、

「旧日本軍による強制連行~性奴隷」と「嘯き」、

「日本に国としての補償等を求めれば、求める程」、

「恥が上塗りされてしまう現実」から、

「逃れる事は出来ない」のである』。

『「現在の国々で維新が必要」なのは、

「日本では無く、中国や韓国(北朝鮮も含む)」に他ならない。

「中国を民主化する維新」、

「朝鮮半島統一し、政府を健常化し、真の意味で民主化する維新」等が、

「極東アジア地域の平和安定~繁栄の為」に「必要」なのである』。

『「戦後のドイツがユダヤ人虐殺や戦争犯罪等に邁進した自国民を自ら罰した事」を

「引用」して、

「日本でも、同様に、日本国民が日本国民を罰するべき論」等まで「風潮していた」が、

「戦後の日本で罰せられるべき」は、

「日本国内で韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等による

実質的侵略行為等を容認し、

実質的侵略行為等に協力して来た者たち」である。

「竹島を不当占拠したまま、反日政策・教育等々の韓国をそのまま容認せしめ」たり、

「拉致を無い事にしたり、旧日本軍による強制連行のが酷い!等を嘯いたり、

日本国内で実際に行われている反日国人脈等による乗っ取り支配工作等を無い事にしたり、

北朝鮮の核やミサイルの為の技術や技術情報等々をスパイしたり、盗み出したりして不当に流出させたり、

日本企業の技術や情報等を盗み取り、中国共産党支配下の中国や韓国等に与えたり、

・・・等々、等々」、

「実質的、スパイ・工作員等に対し、どれ程の罪が問われ、罰が与えられたのか???」

「誰もが実感し易い具体例で言うなら、拉致協力者等がどれ程の罪に問われ、どれ程の罰が与えられたのか???」

「日本人に自虐を強いると共に、中・韓(北朝も含む)の不当利権を容認せしめる情報・教育等を、

公共の電波や学校教育等々で、強いて来た、実質的情報工作員たちが、

どれ程の罪に問われ、罰が与えられたのか???」

「・・・そんな戦後日本国内の普通の国ならあり得ない事態とは、逆」に、

「旧日本軍の戦争責任者たちの多く」は「極東裁判で裁かれ、死刑にされた者もいる」。

「もちろん、戦後産まれの日本人を罪に問い罰を与える事等は、明らかに現実離れしている異常事態」だ』。

『「日本国内で裁かれ、罰を与えられる状態下にある様な者たち」が、

「無理やり、日本国民を悪者にする事等で、

自らの罪と罰を誤魔化そうと悪あがきしている様」は、

「本当に醜悪」だ。

「日本の公共の電波上」の

「この様なが醜悪な事態」が

「容認され続ける必然性等は全く無い」』。

『「日本の公共の電波」を「中・韓(北朝も含む)の手先たち」に、

「使わせ続ける必要など全く無い」のだ。

「テレビ界の人脈を含む是正は急務」だ』。

|

鳩山元総理の資質問題にしてはいけないロシアビザ取得クリミア訪問問題・・・。

『「鳩山氏の表情の変化を見れば、多くの人々が気づく筈」だ。「政権交代&総理就任時には、嬉々として自信満々の笑み状態」だったが、「現在では、まるで重篤な病人の様に弱弱しく、おどおどしている様相」ですらある。

「この様な表情の変化から」も「鳩山元総理は、随分前から、実質的に、操り人形状態にある人間であった事」が「露呈」している。

「人は、本当に自分の意思や信条等と事実・現実との整合性を基に自信を持てて生きている」なら、

「他の人々に認められた時も、

四面楚歌状態の時も、

基本的に自信を持った顔や態度を露呈する場合が多い」。

「しかし、操り人形状態下(つまり、他者依存状態)にある様な人の場合」は、

「操る人間による完全催眠誘導状態下にでも無い限り、

操る人間以外の人間の反応も気にする場合が多い」から、

「その顔や態度が激変する場合が少なく無い」のだ。

「鳩山氏の場合」は「明らかに、後者の様相を露呈している」』。

『「問題にするべき」は、

「超大金持ちのボンボン鳩山氏を担ぎ、総理にし、

総理転落以降、政治家では無くなった後までも、

元総理として、数多くの実質的反政府行動等を行わせている、

操り側の人間たち」だ』。

『「操り側がどんな人脈の者たちか?」は「その実効から、推定出来る」。

「鳩山民主党政権時の実際の政策等」からも、

「その後の鳩山氏の行動等」からも、

「メリットを受けた/受ける国等」は、

「明らか」だ。

「最低でも県外!」で「大喜びした」と「強く推定出来る」のは、

「中国共産党であり、北朝鮮」だ。

「日本の日米による防衛体制の進化が遅れたり、日米同盟が希薄化したり等々する事」で、

「大喜びした」と「強く推定出来る国」として、

「韓国」も「忘れてはいけない」。

「実際に、民主党政権時には、円高・デフレ容認政策により、中・韓が太り、日本が細った」。

「その様な状態を実現させる為」に、

「鳩山氏を操り続けて来ている者たちが居る」と「強く推定出来る」のだ。

「実効から考えると、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の手先たち」である』。

『「国家要人等と成り得る人物を操る工作活動」は、

「世界的には、稀では無い」。

「戦後の日本」では、

「多くのテレビ・マスコミ情報や学校教育等」により、

「スパイ・工作活動等を無い事にしたがる情報誘導等が行われ」、

「マインドコントロールされ続けている人々が未だに少なからずいる」ので、

「表だって問題にされる事は、稀」だが、

「そんな状態こそが、現実を無視している異常状態」なのだ。

「スパイ・工作活動問題」は、

「実影響からも、多くの日本国民が真剣に考え、意識し、防止・防衛するべき重大問題」である。

「鳩山氏等、総理大臣に成り得る者たち等を操る者の存在を容認する日本社会」とは、

「武力による防衛以前の重大な脆弱性が在る社会に他ならない」』。

『「実際に、戦後の日本社会は、ずっと、そんな状態だった」から、

「スパイ・工作活動天国状態」で、

「数多くの日本国民の拉致まで行われてしまっている」。

「鳩山氏を操っている人脈への対策をちゃんと行う事」と、

「拉致問題や

日本国内で実際に未だに行われている

電磁波工作や

飲食物工作や

情報・教育工作や

鳩山氏以外の政界工作等々」を

「解消させて行く事」は「直結している」』。

『「宇宙人!鳩山元総理」等と

「鳩山元総理自身の資質問題に帰着させようとしている、工作活動隠蔽の為の情報誘導」等で

「操られていてはいけない」のだ。

「そんな情報誘導を仕掛けている者たち」も

「中共や韓(北朝も含む)のお仲間や手先である可能性が高いのだから!」』

『「工作活動は、

その実態を露呈させ、

実効のある対策をとる/とらせる」のが、

「国家・国民としての当たり前」である。

「その様なベースの安全保障が無い状態」では、

「どんなに武力装備等を充実させても、

他国人脈による乗っ取り支配等が可能になってしまうのだから!」』

『「鳩山元総理に対する厳しい目や世論等は当然」だ。

「そして、それと共に、鳩山元総理を操っている者たちに対する厳しい目や世論等が無ければならない」。

「それを黙殺させよう、矮小化させよう、誤魔化そう等とする」のは、

「鳩山元総理を操っている者たちのお仲間」なのだろう』。

|

震災遺構保存問題・・・。

『「忘れるべきでは無い事」は「東日本大震災とは、何十年に一度の地震では無く、何百年~に一度の地震である事」だ。

「震災遺構を残すにしても、何百年~を考えなければ判断を誤る」。

「人の思い」は「時によっても変わる」し「他の人たちやテレビ・マスコミ等の煽り等によっても変わる」。

「そして、人の思いの変化は、短時間で起こる事も稀では無い」。

「しかし、実際に、遺構を壊す事にしても、残す事にしても、

一度、そのどちらかの状態に至ってしまえば、

そう簡単には変えられない」』。

『「現実的に考える」なら、

「ある遺構を残す事=保存・維持の為の場所・時間・お金がかかる事」だ。

「何百年~にも渡って、遺構を訪れたり、研究したりする人々等が落とすお金等」と、

「保存・維持の為のお金」を「計算」してみれば、

「ある程度の現実が見えて来る筈」だ』。

『「人の思い」は「時代により、進化している」。

「その進化の方向性」は、

「より事実・現実との整合性が高くなる様に・・・」だ。

「人は、事実・現実と共にある状態になれている時、落ち着けるから」だ』。

『「自分の誕生・死や正体さえ良く分からなかった古の人々」は、

「思いを預ける為に宗教まで構築」した。

「生物の誕生・死が細胞ごとである事」や「人間誰しも細胞のひと塊である事」や

「人の思いは丸ごと一人&人の現実は細胞ごとの誕生・死である事」等々を

「それこそ、小学生でも解っている現代人たち」、

「そして、現代人から続く将来の人々」にとって、

「必要」なのは、

「宗教的な思いの継承では無い」。

「人々が、より、自分の実体や現実との整合性を高める事に有益な思い」だ』。

『「震災時の悲惨さ等に固定化する思い」は「宗教心増大等には有益かも知れない」が、

「現実の社会をより良くする為には、むしろ、重荷となる」だろう。

「何百年にも渡って残っていた石碑等」が、

「東日本大震災時に果たした役割」を

「考える」なら、

「残すべき主体は、遺構や石碑では無く、実際に起こり得た事に対する対策を怠らない文化・文明」になる。

「その意味では、既に、実質的震災遺構、もしくは、将来の人々へのメッセージを伝える新たな建造物等々」は、

「十二分に造られている事になる」』。

|

淡路島5人殺害事件、「電磁波を訴える事=わけのわからない事、もしくは、異常な事」というイメージ誘導したい様相の悪質テレビ・・・。

『「精神疾患と電磁波訴え問題は、もちろん、別の問題」だ。「だから、まともな論なら、容疑者の精神疾患問題と電磁波訴え問題は、切り離して、別々に論議する」。

「しかし、悪質テレビ等」では、

「電磁波問題を訴える事=わけのわからない事、もしくは、その事自体が精神疾患」等という

「実質的、イメージ誘導情報」を「一方的に大量配信」している。

「その裏にあるのは、何か?」』

『「筆者たちもその実在を確認し、対策まで行っている、日本国内に実際に在る電磁波工作で使われている電磁波」には、

「大きな特徴が有る」。

「通常の電磁波測定器では、測れない事」だ。

「しかし、電磁波にアルミ板等を当てると人体でも感知出来るレベルのマイナスイオンが発生し、

電界を測定すると、電磁波の存在が露呈」する。

「ある程度の自分が覚えている知識に拘らないや科学的センス等が無ければ、

正に、訳の分からない事として処理されかねない類の電磁波が使われている」のだ。

「自分が理解出来ない者・物・事」を

「無い事」にしたり、

「その者・物・事を訴える人等を異常な事」にしたり、

・・・「したがる」のは、

「人の常」だが、

「公共の電波上で自らの発言等を一方的に大量配信している立場の者」が

「そんな状態」では、

「正に、呆れ果てる状態」だ』。

『「正当な情報提供」なら、

「警察も、電磁波の存在を確かめるべき」等の「論」であり、

「精神疾患問題は、精神疾患問題として、その対策を考える」等の「論」である』。

『「また、電磁波工作自体を無い事にしたい者たち」なら、

「イメージ誘導等の情報工作を行う事」こそが、

「使命」として「与えられている」事等が、

「容易に推定出来る」。

「もちろん、そんな者たちに、テレビ常連出演者等の立場・報酬を与え続ける必要は全くない」』。

『「鳩山元総理のクリミア訪問を非難し、

鳩山元総理を自分たちと切り離しているイメージで、

いくら正義ぶっても、

精神疾患と電磁波訴えを一緒にする様な実質的イメージ誘導を行っている」のでは、

「悪質な文化自体」は、

「民主党政権の成立を偏向応援していた時と全く変わっていない」様相だ。

「それも、当然」なのは、

「テレビ界の実効支配人脈自体、変わっていないのだから!」』

『「政府・警察等は、実効のある電磁波工作/犯罪対策を行うべき」だ。

「日本国民の安全・安心の役に立つ情報提供」なら、

「電磁波工作/犯罪の実態を取材」し、

「その対策を訴える事」や、

「精神疾患問題の実態を取材」し、

「その対策を訴える事」等々が、

「当たり前」である。

「当たり前の事が出来ていない裏に在る者・物・事」を

「露呈させる事」もまた「マスコミの重大な使命」だ。

「現状の悪質テレビ」は、

「日本の公共の電波を使う資質も無ければ、

マスコミとしての資質も無い」。

「是正は急務」だ』。

|

中川政務官の選挙区で「何としても、民主党等候補を当選させたい」様相の韓流テレビ・・・。

『「そもそも、路上キス程度の問題なのに、何故、これ程の大騒ぎをするのか?」

「もちろん、その理由は政争」だろう。

「路上キスを問題にする」としても、

「悪質性が問われるべきは、妻子持ちの男性側」だが、

「独身の中川政務官を表に出し、徹底的に叩いている」のだ。

「その裏に在る」のは「タイトルの事態」と「強く、推定出来る」』。

『「中川政務官の夫であった故中川大臣」は、

「ワイン等に盛られたのか?」という「酩酊ぶり」を「露呈させられた後」、

「電磁波工作なら可能な、異常な疲れ状態の先で、命を落として(落とさせられて)」いる。

「その選挙区で、その後の選挙で当選した」のは、

「民主党議員」だった。

「つまり、その選挙区は、

情報工作・飲食物工作・電磁波工作等々の工作活動まで積極的に行っても、

取りたい選挙区である事が推定出来る」のだ。

「そのスジの要人が居る」とか、

「余程、気に入っている」とか、

「何れにしても、そのスジの幹部の意向や指令等が、

積極的かつ強く働く要素がある」と、

「容易に推定出来る」』。

『「中川政務官」も

「政治家なら、

上記の様な要素も十二分に考慮の上

(何しろ、故中川大臣は、余りにも早くお亡くなりになられ、その死因にも大いなる疑念が付きまとうのだから!)、

隙の無い態度を貫くべき」が、

「路上キスより遥かに酷い」のが、

「実質的に、

政争の為に、

公共の電波を使用し、

偏向情報を一方的に大量配信している・・・

テレビ等」である』。

『「テレビ界の是正」は「急務」だ。

「テレビ・マスコミ界の旧社会党系人脈の濃さ」は「未だ顕在」なのだ。

「旧社会党とは、北朝鮮や中国共産党等がお友達・・・という政党」だった。

「拉致問題対応等で大非難を浴び、実質的解党状態となった、旧社会党」の「表」は、

「社民党となった」が、

「実際は、民主党に数多くの旧社会党の人々が流れ込んだ」。

「また、故鳩山総理とは、日ソの仲を取り持った総理だった」から、

「その子孫の鳩山元総理が、親ロなのは、当然と言えば、当然の流れ」になる。

「民主党とは、その様な、親ロ・親中共・親韓(北朝鮮も含む)の人々が集まっている面が濃い党」だから、

「実際に、民主党政権時には、それらの国々を有利にする政策が採られた」のだ。

「ロシアや中国や韓国(北朝鮮も含む)等が、事実・現実に基づいた是々非々対応が出来る親日国なら、未だマシ」なのだが、

「実際は、それらの国々とは、

事実・現実に基づいた是々非々対応もロクに出来ない、

日本との間に大きな問題を抱えている国々」だ。

「ドロボーに追い銭政策の結果」は「惨憺たるモノ・・・」だった。

「当然の如く、民主党政権は崩壊」した。

「民主党政権時に、民主党議員たちが、官僚に頼らず、自ら積極的に仕事をした」のは、

「官僚は、基本的に日本を利する政策を行い続けて来ているから」で、

「日本より、ロ・中共・韓(北朝も含む)等を利そうとする」なら、

「必然的に、政策製作等を民主党等が自ら行わなければならない」。

それなのに、

「表向き」の「脱官僚!訴え」等を「まるで、正論の如く風潮した」のが、

「韓流テレビ・マスコミ等」だった。

「未だに、同じ人脈の人々が軸となって、運営」し、

「民主党政権の復活等を目論んでいる様相・・・」なのが、

「多くの日本国内のテレビ・マスコミ等のお寒い実態」なのだ』。

『「ロシアや中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の国家指導者等」は、

「国際社会の中で、実質的、問題行動を露呈している」が、

「その様な問題行動の元に近しい」のが、

「日本社会の中で重要な立場等を得ながら、

問題行動の元を支持せしめる状態を招こうとしている人々」だ。

「そうしないと、粛清等されてしまうのかも知れない」が、

「根性無しの売国奴」や、

「確信犯の日本乗っ取り支配工作員」等々に、

「過分な立場・報酬等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

村山元総理と言っても「旧社会党の方」ですから・・・。

『「元々、中国共産党や北朝鮮等々がお友達・・・というのが旧社会党」。

「日本をロシアや中国共産党支配下の中国の属国にしたい」のなら、

「傾聴に値する」かも・・・』。

|

ロシア・中国共産党よりの政策が誤りだった事に気づき、大慌てで、訪日している様相の旧東ドイツ地域のメルケル首相・・・。

『「或いは、日本の脱原発派に力を貸す様に、ロシアや中国共産党等に頼まれて訪日したのか?」

「何れにしても、ドイツは、

ロシアや中国共産党支配下の中国に、安易に市場を求め過ぎたツケや、

脱原発のツケ等で、

悩み続ける事になる」』。

『「そもそも、東日本大震災による福島第一原発被災事故を理由」に、

「ドイツの原発を廃する事」は、

「論理的にオカシイ」。

「ロシアからの天然ガス依存状態を高め、

ドイツのロシア依存度を高める事により、

ロシアに近しい人脈のドイツ内での利権を高める為」なら、

「ドイツの脱原発は、論理的に整合性が取れる」。

「原発は、ドイツが止めたところで、ロシアも、中国も、・・・止めない」のだ。

「原発の安全確保の為の技術向上に率先して力を加える道」こそが、

「ドイツが採るべき道」だ』。

『「放射性廃棄物の問題」は「科学的には資源問題」だ。

「何故なら、放射線とは、崩壊の仕方により、

電磁波だったり、

電子だったり、

ヘリウム原子核だったり、

・・・しているから」だ。

「太陽光発電」とは「電磁派の一部を利用している発電」である。

「放射線電磁波利用の発電ももちろん可能」で、

「元々放射線の多い宇宙空間で使う為に、既に、人工衛星等用では、実用化されている」。

「そればかりか、宇宙使用用の放射能電池まで実用化され使われている」。

「放射線電磁波を発する廃棄物を集め、発電させる事も、もちろん、可能」だ。

「電子崩壊となれば、もっと直接的に、電子が取れる」。

「ヘリウム原子核崩壊利用も可能になる」筈だ。

「放射線地球上利用で、問題となるのは、シールド技術」なのだ。

「しかし、もちろん、シールド技術の進化は可能で、実際に、進歩し続けている」。

「ある程度以上のシールド技術が完成した後」は、

「放射性廃棄物=雲に隠れない・沈まない太陽」みたいな事になる。

「太陽光発電とは違い、安定的な電力供給源にも出来る」のだ。

「もっとも、原発使用分程度では、放射性廃棄物の量自体が少ないので、高効率発電が可能となっても、地域電源や超長持ちする電池等、極一部での電力等利用に留まる」が

「宇宙に本格進出した後は、話しが全く別」なのだ。

「放射能コントロール技術の開発」は、

「宝の山を掘る事と同様」である』。

『「それなのに、自国だけが止めても他国は止めない脱原発」や、

「脱原発による放射能コントロール技術向上からの撤退」等の「後ろ向きの道」を、

「科学者にでは無く、倫理学者等に委ねて、選択せしめた」のが、

「旧東ドイツ地域のメルケル首相」だった。

「科学者にでは無く、今時なのに、倫理学者等に委ねた、その様相は、ある種の工作政治」で、

「工作大国でもあるロシアや中国共産党支配下の中国の臭い」を、

「否応無く感じさせられた事」だった』。

『「しかし、その近づいたロシアや中国共産党支配下の中国が、昨今行っている事」は、

「余りにも酷い」。

「もはや、路線転換せざるを得ない状態」だろう』。

『「ドイツ」も

「ロシアからの天然ガス輸入量や化石燃料使用を減らすべく、

原発新設や再稼働へ

舵を切り替えるべき」だ』。

『「科学の歴史を見れば、誰もが納得出来る筈」である。

「人類の科学の進化は、より高いエネルギーをより安全に使う方向に向かって来ている」。

「その流れは、今後も変わり様が無い」。

「そればかりか、

人類が放射線だらけの宇宙に本格進出する為には、

放射線制御技術の進化が必需」だ。

「原発制御から逃げて、近未来の先進国から脱落する道を選ぶ」のは、

「ドイツにも、日本にも、相応しく無い」』。

『「工作的手段で、先進国であり続けるべき文化を持つ国々を脱原発等により、

先進国から脱落させる事で、

自分たちが前を歩こうとする工作大国等の意向に沿う事」は、

「工作大国の属国への道である」と「共に」、

「国民を工作大国の民の下に置く道でもある」のだ。

「ドイツが本気でそんな道を選択する程、自虐的国家であるとは、とても思えない」。

「少なくとも、ウクライナ問題やシーレーン問題では、

日米等と同様の認識を持っている筈の

メルケル首相は、

ドイツの脱原発を止め、

ロシアからの天然ガス輸入&使用量を抑えるべき」だ』。

|

淡路島5人殺害引き籠り容疑者が訴えていた事を良い事に電磁波工作を無い事にしたい方々・・・。

『「報道映像等を見る限り、当該容疑者の周囲で電磁波工作が在るとしたら、当該容疑者が住んでいた離れか、容疑者の父が住んでいる母屋からのモノ」だろう。

「可能性が有る」のは、

「引き籠り者の監視目的」や、

「引き籠り者にストレスを与える事による事故・犯罪誘発目的」の

「電磁波工作」だ。

「その様な場合」なら、

「正に、電磁波工作が成功してしまった事になる」』。

『「警察もいい加減に、実効のあるレベルの電磁波工作対応を行うべき」だ。

「何故なら、電磁波工作は日々進歩させられている様相」で、

「現在では、筋肉痛や血管障害等々への身体的ストレスを与えるダケでは無く、

音波と同様の縦波電磁波を悪用する事により

人に無意識レベルで不安や狂暴化等の

実質的暗示をかける事さえ可能になりつつある様相」なのだ。

「今回の事件も、その実験だった可能性だってある(そして、実験は成功してしまった・・・)」』。

『「工作電磁波の存在に気づいた場合、筆者たち同様の対策をとれば悪の実効は現れない」。

「現れるのは、マイナスイオンの発生」や、

「実効が現れず、イライラする工作員等の様相」だ。

「しかし、工作員たちは、かなり執拗に、隙間を狙って電磁波をターゲットに当て続けようとする」から、

「対策も相応に徹底せざるを得ず、

実際に、電磁波工作が無ければかからないで済んでいる、迷惑な、お金や手間がかかっている」。

「電磁波工作に気づく前の筋肉痛等への対策の為の治療費・交通費・時間等も合わせると、

本当に頭にくるくらいの迷惑になっている」。

「しかし、警察に相談に行っても、電磁波???状態で、実質的には、お話しにならない」。

「また、日本の現行法(電波法等)も、隙間だらけ状態」だから、

「電磁波工作は、法に触れづらい、摘発困難な、工作になっている」のだ。

「そして、対策無ければ、実効が出てしまう」・・・』。

『「この現状日本社会に実際に在る電磁波工作」を、

「無い事にしたい様相」なのが、

「韓流テレビ等」だ。

「まるで、かつて、

竹島不当占拠を黙殺し、

拉致を無い事にしていたのと同様に!」』

『「特筆すべき」は、

「電磁波工作に係わっている者たちの人脈」だ。

「筆者の知る限り、明らかに、朝鮮系の者たちやその実質的支配下の者たちが多い事」だ。

「●暴人脈も係わっている様相」だし、

「組合や宗教団体も係わっている様相」だ。

「少なくとも、それらの組織等の幹部の一部は、重々承知」だろう。

「こんな状況から容易に推察出来る事」は、

「警察や政治家等の少なくとも一部は、電磁波工作の存在や実態等を承知している事」だ。

「電磁波対策が遅い裏」にも、

「憲法改正等が遅過ぎる事と同様の問題が在る」と「強く推定出来る」』。

『「実際に在る事」を「無い事にしたい方々」は、

「お仲間である可能性大」なのだ。

「もはや、敢えて、言うまでも無い程、韓流テレビの実体は露呈しているが」・・・』。

『「民主党政権の成立に多大な貢献をした連中」が「未だに、常連出演者等々」という状態は、

「まるで、終戦直後の教育改革で、所謂保守系の教師たちの全てが排除された状態と同様」で、

「異常状態」だ。

「排除されるべき者があるとするなら、極右(極端な国粋主義者等)・極左(極端な親韓・親北朝・親中共者等)」だろう。

「極左(同上)を排除せず、

親韓(北朝も含む)・親中共主義者以外を排除している様相である

日本の公共の電波を使っている

テレビの是正」は、

「急務」だ』。

『「韓流テレビ等に騙されてはいけない」。

「電磁波工作は実在している」』。

|

お笑い!中国共産党の「抗日戦争勝利70周年」訴え・・・。

『「歴史捏造主義も、ここまでくれば、もはや、出来の悪いお笑い」だ。

「言うまでも無く、旧日本軍は中国共産党とロクな戦火を交えていないのが、歴史上の現実」だ。

「ほとんど全ての歴史事実を知る者たちの認識」では、

「日本は米国との戦争に負けた」であり、

「日本が中国共産党との戦争に負けたと思っている者など皆無」だろう。

「終戦時中国の代表として戦勝国軍に名を連ねたのは、中国国民党軍」である』。

『「そんな歴史上の現実は、世界中で明らか」なのに、

「中国共産党が抗日戦争勝利70周年を訴えているのは何故か?」

「その先に、別の、歴史上の重大な現実が在るから」だ。

「先の大戦終戦後に、

中国国内では、

旧ソ連の多大な支援を受けた中国共産党軍(人民解放軍)が、

中国国民党軍との支配権争い戦争を行い、

大量の中国人を殺害した」。

「その上、

中国共産党軍が、

中国国民党軍一派を台湾に追いやった後、

中国大陸内で、不適応分子の粛清等により大量の中国人を殺害した」。

「歴史上の現実」では、

「旧日本軍が戦争行為等で殺した中国人の数」より、

「中国共産党が戦争行為等と不適応分子の粛清等で殺した中国人の数の方が

圧倒的に多い」のだ。

「中国共産党が、事実・現実に基づいた戦争勝利記念を言う」なら、

「中国国民党軍との戦争での勝利」で「無ければオカシイ」。

「しかし、中国人同士の戦争の祝勝!」では、

「国内で更なる対立を招いてしまう」。

「そこで、中国人同士の戦争やその後の不適応分子の粛清等による殺人等を何とか隠蔽する為」に、

「中国の外に悪者を仕立てる必要に迫られた中国共産党」が、

「これ幸いと悪用している」のが、

「先の大戦で敗戦国となった日本」という訳だ。

「日本を極悪に仕立てる事により、

中国共産党による大量の中国人の殺害等を黙殺させたい」のである』。

『「しかし、お気の毒だが、歴史上の現実は、もはや、世界中で明らかになっている」。

「中国共産党によるお手盛り自慰ファンタジーに乗る者や国等」は、

「もはや、圧倒的少数派」だ。

「多くの中国国民」も「もはや、呆れている」だろう。

「中国共産党の捏造史観上に在る」のは、

「事実・現実を遠ざけたが故の中国共産党&その支配下にある中国の衰退に他ならない」』。

『「歴史捏造主義」は「言うまでも無くダメ」だ。

「歴史修正」なら「間違いを正すのだから、むしろ良い」。

「間違いを正す」とは、

「事実・現実と共に無かった状態」から、

「事実・現実と共に在る状態に移行する」という事である』。

『「世界中の捏造史観に基づく誤った政策等が修正される」なら、

「非常に喜ばしく」、

「それこそ、祝賀に値する」』。

|

ロシア天然ガス依存状態をつくり出したドイツの太陽光発電を成功と嘯いた報ステ・・・。

『「旧東ドイツ系の首相」や「ロシアと近しい旧東ドイツ系の人々」にとっては「ドイツの太陽光発電等」は「成功」だろう。

「しかし、普通に考えるなら、不安定な太陽光を補う為に、ロシア天然ガス依存状態をつくった事」や、

「電気料金が飛躍的に高くなった事」等は、

「明らかに失敗」だ。

「成功と言う裏」や、

「失敗している面」を「ちゃんと情報提供する」のが、

「健常な情報提供番組」だろう』。

『「日頃から、報ステは酷い」。

「先日も、イスラム国による日本人二人殺害事件について、日本政府の対応を検証・批判する情報を一方的に大量配信していた」が、

「本来、この問題では、一にも、二にも、検証されるべき」は、

「何故、湯川氏がイスラム国に拘束されたのか?」

「日本政府による渡航中止要請があったにも係わらず、何故、後藤氏は、自主的にイスラム国入りしたのか?」

「後藤氏が何を担保として自主的なイスラム国入りが出来たのか?」等々だ。

「何故なら、同様の新たな事態の再発を防ぐ為には、それらの検証こそが、一番実効があるから」である。

「事件が起きた後の政府等の対応を検証し、批判し、正義ぶる事」と、

「同様の新たな事態の再発防止」の

「どちらが大切なのか?」

「日本の公共の電波を使った情報配信として、どちらがより適切なのか?」

・・・「言うまでも無い」だろう』。

『「ドイツの太陽光発電等でも、少し考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「例えば、

朝鮮半島が統一された後、

北朝鮮系の首相が選出され、

元々、ロシアや中国共産党等と近しい権力者たちが、

ロシアからの天然ガス等の輸入増大&ロシア系による支配力を増大工作等々を、

行っている様なモノ」なのである。

「エネルギーを押さえられる事」とは、

「実効支配力を与える事」に「他ならない」のだ』。

『「日本において、太陽光発電等を推進している者たちの後ろに在る者・物・事」は、

「要注目!」だ。

「何しろ、極東地域日本のみ原発ゼロを訴えている裏」では、

「韓国や中国の原発を容認」し、

「朝鮮半島と日本の電力を海底ケーブル等で繋ぐ事」により、

「韓国の原発発電電力を日本に輸入する事」まで、

「考えている者たちも居る」のだ。

「つまり、韓国に日本のエネルギーの一部を実効支配させたい連中」まで、

「居る」のである。

「太陽光発電等で、日本の電力が不安定になれば、なる程、ロシアの天然ガスが日本で重宝される割合も増える」。

「しかし、それは、その分だけ、ロシアに日本の実効支配権を渡す事になる」のだ』。

『「日本政府がシーレーンを死守したい理由」も「其処にある」。

「反日国や日本の実効支配を目論んでいる国々以外」から、

「エネルギーを調達出来る状態を維持する事」は、

「非常に重要な事」である。

「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等」では、

「この当たり前の重要な事」さえも、

「十分に、情報提供せず」、

「集団的自衛権等の問題で、

戦争等を持ち出し、

実質的には、ロシアや反日国等を利す情報で日本の国民を染めたい様相・・・」なのだから、

「本当に悪質」だ』。

『「悪質な者・物・事の裏にある者・物・事を取材・検証し、一般大衆に情報提供する事」こそが、

「テレビ・マスコミ等の需要な仕事の筈」だが、

「日本国民としての資質が希薄で、他国の手下の情報工作員的要素が濃い者たち」は、

「行っている事が違う」のだ』。

『「マスゴミ等の情報誘導」によれば、

「昨今のマスコミは、政権擦り寄りぶりが顕著で、

政権批判の仕事を行う機能を失っている」のだそうだが、

「実際は、悪戯な政権で反日国等に利を与える情報工作自体が、

既に、破綻状態となり、

以前と同様には行かない様になっているダケ」で、

「相変わらずの利反日国志向」は、

「配信されている情報の至る所に在る」。

「政権批判の仕事を行う事」を

「まるで正義の如きイメージで風潮している事」も、

「その一例」だ。

「実際」は、

「悪戯な批判等で大衆をイメージ誘導する事は、明らかに悪」で、

「是々非々対応こそが、正当で健常」なのだ。

「それは、

自民ダメ!

~政権交代!!

~(自民批判の)民主!!!の

実質的大衆誘導で出来てしまった、

先の民主党政権等の事を考えれば、

誰にでも分かる事」だろう』。

『「放射能潔癖症を煽り」、

「復興を遅らせる」と共に、

「日本の原発再稼働等を遅らせ」たり、

「普天間移設を遅らせ」たり、

・・・する事の「実効は?」

「悪い実効を、もたらす、もららした事の責任や罪」は、

「問われて当然」だ。

「もし、テレビ・マスコミ等が今までの責任や罪を問われている」なら、

「人が入れ替わっていて当然」である。

「それなのに、未だに、何処の局でも、同様の顔、同様の論調・・・なのだから、異常状態」だ。

「日本のテレビ界の健常化は急務」である』。

|

川崎13歳少年惨殺事件、17歳少年同士はほとんど面識無し・・・。

『「テレビ・マスコミ等では主犯格とされている18歳少年と凶器を差出した17歳少年は、同窓生」で「18歳少年ともう一人の17歳少年は数か月前~の付き合い」だが「17歳少年同士は、ほとんど面識無し」というのが「実態」だ。

「ところが、テレビニュース等」では、

「二人はほとんど面識無し」を「表だてて訴え」、

「内実を良く確かめない人々」が、

「18歳少年と他の二人が面識が無かったかの如くにも勘違い出来る情報配信ぶり」なのだ。

「表は、日本の為を気取っているジェントルな優等生」&「内実は、反日国偏向過激情報」という「事態」と、

「全く同様の事態」が、

「この事件の報道でも起こっている様相」なのだ。

「ここにも、明らかな意図が感じられる」』。

『「一方的に情報を大量配信している機関等」には、

「誤解を招く情報配信の禁止義務」くらい「あって然るべき」であり、

「ある筈」だが、

「多くの日本のテレビ・マスコミ等」は、

「偏向表現の自由」に

「邁進している様相」なのだ。

「本当に酷いモノ」である』。

『「テレビ・マスコミ等情報誘導」には「くれぐれも、ご用心!」』

|

川崎13歳少年殺害事件「主犯は?」・・・。

『「テレビ・マスコミ等では、主犯格の18歳にスポットライトを当てている」。

「しかし、だいぶ明らかになりつつある事件実態が示唆」している

「{殺人}の元凶」は、

「18歳少年と同学年という17歳少年が差し出した業務用のカッターナイフ」と、

「強く推定出来る」。

「この凶器差出しが無かった」のなら、

「13歳少年の命は失われていない可能性が極めて大きい」』。

『「それなのに、テレビ・マスコミ等」では、

「18歳少年のみを主犯格と位置づけ、

18歳少年のねたみや

13歳少年が年上として敬っていなかった事や

13歳少年の友人が18歳少年に対し暴力を止める様に注意した事等々」を、

「動機とした世論収拾」を

「目論んでいる様相」だ。

「中には、事件前の飲酒を宣伝」し、

「飲酒による心神耗弱状態・心神喪失状態等による弁護等に予備戦を張っている様相のモノまである」。

「日頃から、何処の局でも同じ顔&同じ論調等の、テレビや、大衆誘導マスコミ等」が、

「黙殺したい事は何か?」』

『「はっきりしている事がある」。

「17歳と18歳とでは、法律上、罪の問われ方や罰が違う」。

「死刑もありえる18歳」と「少年扱いが18歳より、より濃厚になる17歳」という「大差がある」。

「つまり、17歳少年が18歳少年を煽り、

殺人事件等を起こさせれば、

18歳少年に大罰を与える事が可能になる状態がある」のだ。

「そもそも、凶器を持って外出という事自体異常」だ。

「本当の友達同士なら、凶器差出しによる大事件化は、あり得ない」。

「18歳少年を担いで操る様な悪」だったり、

「18歳少年の存在を疎ましく思っている状態だった」なら、

「年の差を悪用した18歳少年への大罰与え」等も、

「あり得る」だろう。

「13歳少年が18歳少年を年上として敬っていない等の思いの裏」に、

「凶器を差出した17歳少年による{あいつ年下なのに生意気だよね~}等の{煽り}があったのか?無かったのか?」や、

「17歳少年が何故、凶器を持って外出したのか?」や、

「該当少年たちの後ろに存在している者等がいないか?」等は、

「徹底して真相解明が行われるべき」だ』。

『「裸にして泳がせる」とか、

「遺体を蹴って草むらに移動」等々、

「本当に悪質な事件」だ。

「主犯格とされている18歳だけにスポットライトを当てる事で、事件の全体像を歪めてはいけない」。

「凶器を差出した17歳少年も、明らかにに主犯格」だ。

「こんな悪質な事が行われた裏に在る者・物・事」の「徹底解明は必需」である』。

『「周囲の大人たちが行うべき事」として、

「強要・暴行・傷害等が刑法犯罪になる事」の「子どもへの徹底周知」と

「殺人まで犯してしまうと取り返しがつかない事」の「子どもへの徹底周知」がある。

「全ての子どもが強要・暴行・傷害等の被害にあった段階」で、

「自然に大人や警察等に助けを求められる状態」が「必要」だ。

「まともな教育が行われていれば、既にその様な状態になっている筈」だが・・・。

「日本人に自虐や弱体化等を強いる事等を教育と思っている悪教師や悪親等の下」では、

「当たり前の状態も無い」のだろう。

「法治に委ねる」なら「その様な状態をつくらせない為の法整備等も必要になる」』。

『「また、現行法では、集団暴力行為等に対する罪や罰が甘過ぎる」。

「集団暴力行為等は、個人レベル個別の暴力行為等より悪質である上に、重大な結果を生じ易いのだから、より厳しい罪や罰が当たり前なのに!」

「例えば、

個々のレベルでは、微小な電磁波工作や飲食物工作等々でも、

意図的に、同じ目的で集った者たちが、

いたる所で、

特定の者たちのみに行い続ければ、

結構な確率で、

ターゲットに重大なダメージを与える事も可能になる」。

「実際に、日本国内で行われているソフト・テロの実態」だ。

「その様な集団的犯罪行為も含めて、摘発し、罪に問える法整備&摘発体制の整備」が「必需」である。

「国会議員の仕事」として、

「早急な是正が必需」だ』。

|

散々、日本に対する実質的名誉棄損や実質的ヘイト・スピーチ等々を積み重ねて来た様な者たちがネットの名誉棄損を言うお笑い劇・・・。

『「もはや、出来の悪いコメディーの域」だ。「情報提供番組なら、常連コメンテーターや司会者等による、多くの場合偏向している様相の私見等抜き」で「十分」である。

「日本に対する実質的名誉棄損や実質的ヘイト・スピーチ等々を日本の公共の電波を使って一方的に大量配信する事」等に「対して妥当」なのは、

「応分の厳罰と再発防止の為の人員刷新等」だろう。

「日本を貶める事により、韓国や中国共産党等に利を与える実質的情報工作」は、

「本当に醜悪」である』。

『「有名人利権の中で食っている者たち」が「有名人利権を持たない者たちの匿名性を非難する悪態」も「醜悪」だ。

「もちろん、有名人の言い分=正論&匿名意見等=悪論、では無い」。

「論の善悪等は、論の言い手による事では断じて無く、論の内容による事」だ。

「有名人の言う事でも、

匿名者の言う事でも、

論の内容が正しければ、正しく、

論の内容が間違っていれば、間違い」なのである。

「それなのに、有名人等が、論の言い手を問題にするのは何故か?」

「そんな連中は、有名人の言い分の価値を上げる為の実質的情報工作を有名人に立場から行っている」のである。

「つまり、有名人という優位な立場から、

匿名者等を貶め、圧力をかける、

実質的パワハラみたいな事をやっている」のだ。

「本当に醜悪」である』。

・・・・・・・。

『「上辺では優等生ぶりながら、

内実では醜悪な情報等を、

公共の電波等を使って一方的に大量配信し続けている連中」に、

「相応しい」のは、

「過分な立場・報酬等では断じて無い」。

「テレビ界は何時浄化(健常化)されるのだろうか?」』

|

「やくざ者のいちゃもんツケ」レベルの国会質問を繰り返している、極悪野党等を国会に送り込んだ有権者たちの責任・・・。

『「政治と金の問題が無いクリーンな政治」と言えば「聞こえは良い」が「そんなモノは存在し得ない」。

「何故なら、現状人間社会は、実質的金権社会でもあり、国全体の経済を豊かにする事こそも、国政の重大な役割だから」だ。

「問題とされるべき政治と金の問題」は

「売国行為」や

「一部偏重による国全体としての利益喪失」である。

「個人献金」と「企業献金」には「上辺の形式上の差しか無い場合さえ在る」のが「現実」だ。

「個人献金も含む、全ての献金を禁止し、政党助成金や議員報酬等だけで政治活動を行え!」となれば、

「有利になるのは、党新聞販売等により党自らが集金出来る政党」になる。

「党新聞の販売行為」は「実質的には、企業」だ。

「党自らが企業化しているなら、実質的企業献金も良い・・・」では、

「全ての党を営利団体化する愚策にしかならない」』。

『「現行の政治資金規正法等」でも、

「外国企業等や利害関係のある企業・団体からの献金は禁止等」の、

「規制が設けられている」。

「売国行為」や、

「一部偏重による国全体利益の喪失」に

「繋がる政治と金の問題」を「つくらせない為」だ。

「売国行為」や、

「一部偏重による国全体利益の喪失等が在った」のなら「重大問題」だが、

「現在の野党が正義ぶって追及している」のは、

「まるで、日本の国政を遅らせる為か、

日本の国政を弱体化させる為等」の

「目的が第一の様相」の

「個々の些細な、或いは、現行法では合法の、政治と金の問題」なのだ。

「まるで、国会で公開の会計監査状態・・・」だ。

「本当に、呆れる事態」である』。

『「全ての有権者は良く考えるべき」である。

「徹底的に厳しい政治資金規正法等を制定し、厳守させる事」の「実効」は、

「日本の政治を丸裸にする事で、外国等による侵略行為等を容易にする事」だ。

「スパイ・工作活動防止法等や実効のある摘発体制さえ満足に制定されていない日本」で、

「国政政治家等の資金内容をガラス張り」にすれば、

「得られる結果」は、

「日本支配を画策している他国人脈への実質的利権供与」に

「他ならない」。

「正義ぶって重大では無い政治と金の問題を追及したり、

自らの党内にも在るので自爆したり、

・・・している野党」の「目的」も、

「日本乗っ取り支配等を目論んでいる

根っこは外国人人脈への

利権供与」なのだろう。

「本当に悪質」である』。

『「上辺では、綺麗ごとを気取っていた中国共産党の内実は、

汚職だらけ・・・」だった。

「言論封殺で、汚職は無い事にされて来た」が、

「ネット普及以降は、さすがに隠し切れないと諦め、

現在では、スケープゴードをつくって残りは正義ぶる作戦に切り替えた様」である。

「もちろん、処罰対象として挙げられていない者たち全てがクリーンな訳も無い」から、

「その作戦の効力もそれ程長くは続かない」。

「そんな中国共産党等に憧れている様相の連中」は、

「上辺で正義ぶる事が大好き」だ。

「内実は、実質的売国・売国民、或いは、侵略等を企む者たちへの実質的利権供与等々だったりする」のだが』。

『「そんな極悪野党や野党国会議員等を日本の血税を使っている国会に送り込んでいる有権者の責任も重大」である。

「先の民主党政権時」には、

「大いに問われた」

「民主党政権を成立させた有権者の責任」も、

「今では、野党が弱体化しているせいか・・・、余り問われていない」。

「しかし、

現実としては、

国政の停滞を招いていたり、

実質的には、侵略者等への利権供与になってしまう改悪の提案等々、

無駄や元凶となる様な事を行っている」のだ。

「国政の停滞を招いている、

元凶と化そうとしている、

野党や国会議員等を国会に送り込んだ有権者」には、

「相応の責任がある」のだ』。

『「もはや、

重大な問題に関する言葉の揚げ足取りのレベルにもなっていない、

実質的には、国政レベルでは些細な問題に対するいちゃもんツケのレベル」の

「国会質問」で、

「貴重な国会審議の時間等を実質的に無駄にさせている」様な「者たち」に、

「日本の血税を与え続ける必要は全く無い」のだ。

「全ての有権者」は、

「その様な質問を、党幹部自ら等が、積極的に行っている様な党や候補者」に、

「貴重な清き一票を投じる愚」を

「二度と犯すべきでは無い」のだ』。

『「責任取れよ!有権者!!」である』。

|

三月一日を「日本による植民地支配からの解放運動記念日」と報じたテレ朝昼ニュース問題・・・。

『「フジ等では、抗日運動記念日等の表現だった」が「テレ朝では韓国側の言い分そのままを日本の公共の電波を使って大宣伝状態だった」のだ。

「本当に酷いモノ」である。

「実際は、日韓併合時に、どの様な事態が起きていたのか?」』

『「歴史上の現実」では、

「当時、朝鮮半島内は、日本による近代化の真っ最中」だった。

「当時の多くの朝鮮人たち」は「日本による近代化を歓迎していた」。

「何故なら、日韓併合以降、当時、朝鮮半島内に居た多くの朝鮮人の状態」が、

「朝鮮王朝時等より遥かに良くなっていたから」だ。

「極一部の人々が、日本による近代化に反抗していた」のである』。

『「その極一部の朝鮮人たちに対して」は、

「当時の日本人だけでは無く、当時の多くの朝鮮人が反乱鎮圧行動を行っていた」。

「終戦時まで」は「朝鮮半島内の小さな反乱軍」というのが、

「三・一抗日運動を行っていた連中の実態」だ』。

『「ところが、日本が敗戦する」と、

「朝鮮人の一部権力者たち」は、

「日本の敗戦につけ込んだ実質的火事場泥棒で国を始めてしまった」。

「敗戦火事場泥棒を正当化する為」には、

「屁理屈が必要になる」。

「其処で持ち出されたのが、日本による救済~朝鮮半島内の近代化を、日本による植民地支配&略奪とする歴史認識等」と、

「その歴史認識正当化の為に必要な存在である抗日運動の肥大化」である。

「元々は、当時は、多くの国々内に在った、武器まで使う小さな反政府勢力に過ぎなかった三・一抗日勢力」は、

「戦後の朝鮮半島内等では、日帝植民地支配からの解放軍」として「英雄化され、誇大広告」されている。

「もちろん、実態」は、

「植民地支配などでは無く、

韓国存続の為の救済~朝鮮半島内の近代化」であり、

「支配無き救済~近代化状態下に在ったのは、解放軍では無く、小さな反政府勢力」であり、

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)独立化」は、

「解放軍による事ではあり得ない」』。

『「それなのに、実際の歴史上の現実とは、全く違う、韓国側の言い分を、日本の公共の電波を使って大宣伝・・・」だったのだから、

「テレ朝の資質(実権者等)の問題」は、

「厳しく問われるべき」だろう』。

|

川崎13歳少年殺害を認めた18歳少年がリーダー格という少年グループ問題・・・。

『「悪者は群れたがる」。「何故なら、人間は、本質的悪事を行ってしまうと自分で自分を認める事が困難になるから」だ。

「悪事を行ってしまった自分を認める事=自分が悪者と認める事」になる。

「悪者である事を認める事=健康な身体や人間社会等から、

最終的には、駆逐・排除されるべき存在である事を自ら認める事」に他ならない。

「つまり、それは、最終的な負けが決定している事を意味」している。

「人類が存続する限り、悪者に人生の勝利は無い(人類滅亡なら、悪者の勝利だが、その勝利を認める者も居なくなるのが現実だ)」のである』。

『「既に、自分の人生が負けと決まっていては、誰しも、生き辛い」。

「そこで、回復が可能な多くの場合」は、

「悪事を反省し、

詫び、

自分で自分を認める事が出来る人間に自分を変える努力等を行う」のだ。

「殺人等まで行ってしまうと、回復は困難になる」』。

『「悪者のままの自分を変えない場合」は「どうなるのか?」

「自分で自分を認める事をせずに、他人に自分を認めさせようとする」のだ』。

『「当然、多くの他人は、悪人を認めない」。

「そこで、他人に自分を無理やり認めさせる手段として、しばしば用いられている」のが、

「暴力や金銭や権力等による支配」だ。

「今回の少年グループの場合」は「暴力による支配だった」らしい』。

『「もちろん、最初から、暴力による支配を表に出していたなら、誰も近づかない」。

「ましてや、グループに仲間入りしよう・・・等」とは「思わない」。

「表の顔は、普通の人々・・・、或いは、普通より善良な人々・・・等」というのが

「悪者グループの常套手段」だ』。

『「仲間に入れてしまった上で、暴力等による支配を強める」のである。

「グループの仲間等に自分を認めさせる事」で、

「自分で自分を認める本来欲求に対する代償欲求を満たそうとしている悪者たち」は、

「往々にして、グループの仲間等が、自分と同じ状態・・・つまり悪者である事等」を

「無理強い」する。

「今回の事件での万引き強要等も、その一例」だ。

「グループ内がみんな悪者」となれば、

「自分で自分を認める事を困難にした悪者同士の利権共同体」の

「出来上がり」である。

「グループの悪利権を壊す者・物・事はみんな敵」になり、

「グループの悪利権を壊す仲間」は、

「裏切り者」となる。

「裏切り者を放置」していれば「恐怖支配も弱体化」する。

「裏切り者に対する厳罰」は「悪グループの常」だ』。

『「今回の事件で大問題な事」は、

「大人たちが、少年悪グループの存続を、実質的に、容認し続けて来た事」である。

「健康な人間は、基本的に、群れる必要が無い」のだから、

「少年・少女のグループ等が出来た時」には、

「そのグループが健康なグループか?否か?の検証ぐらい行うべき」だ。

「それと共に、人間の基本は、自分で自分を健康にコントロールし続ける事である事」や、

「本質的悪事を行ってしまうと、自分で自分を認める事が困難になる事」や、

「本質的悪事を行う事は、負けの人生を選択する事である事」等くらい、

「家庭でも、学校等の教育でも、テレビ・マスコミ情報等々でも、徹底して、教えるべき」である』。

『しかし、

「大人社会」でも

「悪者グループ利権共同体上に生きてる者たち」が

「少なからず居る」のもまた、

「お寒い現状人間社会の現実」だ。

「例えば、事実・現実に基づかない歴史認識等の上」で、

「悪徳利権等を正当化」し、

「悪徳利権等取得実現の為」に、

「悪事を重ねる事を無理強いしている国々等」や、

「そんな国々の意向に忠実な人々」である。

「日本国内に居ても、日本国籍を持っていても、・・・その様な状態下にある人々」は、

「例えば、自らの子ども等にも、本質的悪事等を行うな!等とは、教え辛い状態にある」。

「むしろ、悪徳利権等取得の為には、悪事も厭うな!相手は、極悪日本人だから!等々」の

「屁理屈の上」で

「子育てを行っていたり・・・する」』。

『「偶々、その様な親の下で産まれ育つ子どもたち」は

「本当に哀れ」だ。

「日本政府等も、その様な哀れな子どもたちを救済する為」にも、

「日本国内で行われている本質的悪事の徹底的摘発等を真剣に行うべき」である。

「重ねて言うが、悪人は群れ易く、実際に群れている場合が多い」。

「指定●暴等では無くても、実質的組織犯罪」なのだ』。

|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »