« 副操縦士の「現状脱出欲動の暴発」問題・・・。 | トップページ | 民主党系人事が色濃く残っているNHKでは「スパイ・工作活動防止法さえ無い日本の難民認定を甘くする世論誘導したい」様相だったが・・・。 »

地方を乗っ取り支配したい方々・・・。

『「脱原発ゆえに、ロシアの天然ガス&フランスの原子力発電電力輸入に頼らざるを得なくなったドイツ」は、「ウクライナ問題でも、中国共産党支配のアジア基金問題でも、ロシアやロシアと近しい中国共産党の意向に沿う政策を行わざるを得なくなっている」。

「同様の事態」を「日本国内で実現させたい者たち」が「日本国内にも少なからず居る」。

「沖縄では、正に、中国共産党にとって都合の良い知事が誕生」した』。

『「地方自治と言えば聞こえは良い」。

しかし、「基本的に、地方自治より国の政策が優先されなければ、

地方が国の上位機関と化してしまう」。

「国を分割統治化する事の実体」とは、

「その地域を、その地域で主権を持った者たちが支配出来る事」に他ならない。

「実は、この日本国内の一部を実効支配する悪の策略」は、

「日本乗っ取り支配策略の重要なワンステップ」なのだ』。

『「日本の乗っ取り支配を画策している悪ども」として、

「既に、その姿を露呈している」のは、

「竹島を不当占拠し、

日本国内で電磁波工作や飲食物工作や拉致等々、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発~厳罰困難な工作活動等を行い続けている、

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者系の者たち等が居る」。

「集団的かつ大々的な悪工作等が可能になっている裏」には、

「戦後処理問題が在る」。

「先の大戦後、当時、朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全ては、強制的に帰国させられた」が、

「当時、日本国内に居た、しかも、徴集が遅かったので生き残っていた男性も多かった朝鮮人(戦後も日本国籍を維持した者も多い)の多くが、日本国内に居続けている事」と、

「その中の一部が、血統家族主義・民族主義等に則って、悪権力者たちの手先と化している事」だ。

「そんな悪連中は、

日本人までマインドコントロール下・支配下に置く事」で、

「集団的、大々的な悪工作活動を続けている」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者系の悪の工作活動を見て、同様の事を行い始めた」のが、

「中国共産党悪権力者系の者たち」だ。

「後発ながら、日本の乗っ取り支配権は、中国共産党悪権力者の下にあると言わんばかりの邁進ぶり」は、

「悪い意味で、エネルギッシュ過ぎる」』。

『「そんな悪連中たち」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々による情報工作等まで駆使して、

悪連中の実質的には支配下にある

地方首長や地方議員等を

出来る限り多く当選させる事で、

合法的に日本の地方の乗っ取り支配を行う事」を、

「画策し続けて来ている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導により誕生してしまった面も非常に濃い」のが、

「民主党政権」であり、

「沖縄翁長知事」等々なのだ。

「民主党政権時の鳩山総理による{最低でも県外!普天間~辺野古移設壊し}」で、

「大喜びしていた」のが「日本の乗っ取り支配を画策している、中国共産党悪権力者たち」だ。

「その延長線にある政策を引き継いだ翁長知事の誕生&行動等によって、更に、嬉々としている事」は、

「誰もが、想像に難く無い」だろう。

「次のステップ」は、

「地方自治や地方の独立等々」を「合言葉」に、

「沖縄が独立方向に向かい、中国共産党による支配力がより強くなる事」だ。

「其処まで行くと、表向きは、琉球国、その実体は、中国共産党の属国の実現」も、

「現実味を帯びて来てしまう」・・・。

「果たして、今、国の政策等に大反発している沖縄等の多くの方々」は、

「その様な未来を目指しているのだろうか???」

「極少数ながら、確信犯の中国共産党悪権力者やそれに同調している韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等の手先が居る事は確実」だが』。

『「極東地域日本のみ脱原発」で

「ロシアの天然ガス等の価値を上げ、

韓国や中国の原発発電電力を日本に輸入させる事」により、

「ロシアや、韓国(北朝鮮も含む)や、中国共産党の影響力を増させようとしている者たちの多く」は、

「本気で、その様な状態に日本を追い込みたいのだろうか?」

「確信犯のロシアや韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の手先」は、

「それ程数は多く無いが、確実に居る」が』。

『「一般日本国民にとって、一番問題な事」は、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の多く」が、

「韓国(北朝鮮も含む)等偏重である事」だ。

「韓国(北朝鮮も含む)等偏向状態」は、

「解消」させられ、

「事実・現実に基づいた中立的論調が主流」であってこそ、

「健常状態」だ。

「是正は急務」である』。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党よりの要素が濃い、民主党等目線の情報配信」は、

「明らかに異常」だ』。

『「テレ朝等による、戦後70年総理談話問題世論調査」でも、

「謝罪等が必要」は「既に、半分以下」である。

「ネット普及前」の

「日教組教育等&韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等情報偏向支配可能時」の「世論調査」なら、

「謝罪等が必要」は「軽く、7割を超えていた」だろう。

「今後、事実・現実に基づいた中立的歴史認識が主流になって行けば行く程、

悪戯な、日本のみの謝罪等は不要と考える人々の数」が、

「益々増える事になる」。

「歴史上の現実が示しているところ」は、

「韓国(北朝鮮も含む)は、日本が助けた相手なので、謝罪は全く必要無い」。

「むしろ、戦後、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為を行った韓国(北朝鮮も含む)が、日本に謝罪するのが当然」になる。

「日本とはほとんど戦火を交えていない中国共産党が日本に対して謝罪を求めるのも変」だ。

「中国共産党と中国国民党との間で、中国人同士の戦争が行われた」。

「旧ソ連の大々的な支援を受けた中国共産党軍は、中国国民党軍等を台湾に追いやった」。

「大陸内での支配権を得た中国共産党」は、

「大量の中国国民党系等の中国人を不適応分子として粛清した」。

「歴史上の現実」は「中国人を大量に殺害したトップは、中国共産党」なのである。

「中国大陸内で行われていた旧植民地支配、もしくは、解放等争い」は、

「旧日本軍だけでは無く、欧州列強等、多国の軍隊と、中国国民党軍との間で、多元的に行われた」。

「大局的に見れば、旧日本軍が、欧州列強軍を追い払い、中国国民党軍が、旧日本軍を追い払った様な事」だった。

「中国共産党軍は、その末期に、中国国民党軍と旧日本軍と三つ巴の戦いをホンの少し行ったダケ」であり、

「大戦後、旧ソ連の多大な支援の下で、中国国民党軍を台湾に追いやった」のだ。

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)以外の国の権力者たちが、どれ程、日本の謝罪を求めているのか???」』

『「戦後70年談話で必要」なのは「上記の様な歴史的現実からも、断じて、謝罪では無い」。

「戦後日本の平和貢献の歩み(かつての村山談話・河野談話・小泉談話等も平和貢献の一部として、その談話成立時の実態と共に、紹介されれば良い)」であり、

「事実・現実に基づいた中立的立場論の歴史観(特定国家等に対する悪戯な太陽歴史観も悪戯な北風歴史観も排す)に基づく、未来志向の談話」である』。

『「国政ももちろん大事」だが、

「絶対に、日本の地方を、反日国悪権力者人脈に乗っ取り支配させてはいけない」のだ』。

|

« 副操縦士の「現状脱出欲動の暴発」問題・・・。 | トップページ | 民主党系人事が色濃く残っているNHKでは「スパイ・工作活動防止法さえ無い日本の難民認定を甘くする世論誘導したい」様相だったが・・・。 »

政治」カテゴリの記事