« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たち等のご都合情報で視聴者等を大衆誘導する事が仕事???の連中による中高年ニート論」というお寒いお笑い劇・・・。

『「そもそも、仕事とは何か?を抜きにした、ニート論等の仕事論は、本当に虚しい」。

「金を稼ぐ事=仕事」なら「詐欺でも泥棒でも仕事」だ。

「ある人間社会体制の中で、社会的や法的に認められている立場等に基づき、報酬を得る事が仕事」というなら「戦争も仕事」になる。

「本来欲求と代償欲求の区別無き、自己確認欲求に基づく精神的な交流等」が「仕事論」も

「虚論の域を出ない」。

「おバカや悪たちは、先ず、自分たちが行っている事の実体把握から始めるべき」だ』。

『「さて、それでは、人類にとって仕事とは何だろう?」

「人類に限らず、地球生命体細胞群の一個体である生物全ての基本的な仕事」は、

「地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続への貢献」に他ならない。

「この根本的な基本から、所謂仕事の実体を検証し直す」と、

「誰でも、仕事と自虐行為・破壊行為等の区別くらいは付けられる様になる」。

「根本的基本から見直せば、現実離れした偏向歴史観等で大衆のイメージを操り、特定極一部の人脈等に利権を誘う事等」は、

「自虐であり、破壊行為であり、仕事では無い」。

「そんな事をする事でお金等を得ている状態」とは、

「泥棒や詐欺でお金を得ている様な事」だ。

「つまり、人類の実体に叛く悪権力者等から、工作報酬等を得ている状態」とは、

「未だ、捕まっていない詐欺・泥棒犯みたいな悪事」なのである』。

『「それでは、ニート」とは、

「はっきり言えば、現状の様に温暖化問題が顕著になっている人間社会」では、

「エネルギーを大量消費する悪事を行うより、エネルギー消費の少ないニートのがマシである事」だ。

「地球生命体細胞群の存続~永続にとって」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々で、

多大なエネルギーを使って脱原発を訴える実質的悪者より、

ニートでありながらも、選挙権等を有効に使い、原発使用派に力を与える者の方が、

遥かにマシ」になるのが「現実」だ』。

『「仕事そのものの実体を見直す事で必然的に出て来る」のは、

「ベーシック・インカム問題」になる。

「実質的、自虐・破壊行動等の悪事を仕事と勘違いして、

自らの大量消費自慰生活等の為の利権の為に、

エネルギーを大量消費して悪事を実践している極悪人たちの数」を

「激減させる為」にも、

「ベーシック・インカムは重要」になる。

「そもそも、

現状は、

産まれながらに、

過分なベーシック・インカムを得ている極一部の者たちと、

ベーシック・インカムが無いばかりか、マイナスのベーシック・インカムまで背負わされている者たちと、

ベーシック・インカムもマイナスのベーシック・インカムも無い多くの者たち」という、

「ベーシック・インカム不平等状態にある」のだ。

「ベーシック・インカムの平等化」は、

「平和の必要事項」でもある』。

『「今後の人間社会では、ロボットが仕事をこなす割合が飛躍的に増える事になる」。

「そんな近未来に耐える人間社会システムの構築」もまた、

「現在の人間たちの重要な仕事」だ。

「現状では、

利権を集中させ、

仕事や悪事を偏在させる事で、

悪者権力者等が権力を保持し易い人間社会システムになっている」。

「利権の偏在」の「一つの象徴」が「例えば、テレビ常連出演者たち」である。

「つまり、常連出演者たちは、実質的偏在(悪徳)利権上で報酬を得ている実質的悪者でもある」のだ。

「自らの実体に宿っている悪事の問題は黙殺」・・・。

「ニート問題等数々の社会問題や事件・事故問題等々で、利口ぶり、正義ぶる」・・・。

「本当に醜悪で恥ずかしい事だと思うのだが、厚顔無恥連中は」・・・』。

『「散々悪事を行って来ているが故に、

根本的に自分を認める事が出来ず、

根本的に自分を認める事が出来ない本質的なストレスからそんな自分を現実逃避させる為に、

子や孫に自分を投影・転嫁して、

丸ごと一人のあの世等に現実逃避している極悪人たちの悪態」も、

「酷いモノ」だ。

「そんな極悪人たちをサポートすると共に、多くの善人たちを実質的には傷つけている」、

「似非サクセスや丸ごと一人の死生観や血統家族主義等に悪戯に拘らせる情報」で、

「視聴者等をマインドコントロールし大衆誘導等をしようとしている悪事等」は、

「直ちに止めさせられるべき」だ』。

『「おバカや悪たちに、過分な立場・報酬は、似合わない」。

「テレビ界の是正は急務」だ』。

|

安倍総理「米議会演説」問題・・・。

『「朝日新聞等」では「中国共産党(中国そのものや、反日マインドコントロール下に無い=操り人形状態では無い中国国民の多くの意向等では無い)や韓国悪権力者(韓国そのものや、反日マインドコントロール下に無い=操り人形状態では無い韓国国民の多くの意向等では無い)」の「意向に沿わない安倍総理の米議会演説」を「多くの読者等に問題視させる事」で「中国共産党(同上)や韓国悪権力者(同上)を利したい様相」だった。

しかし、

「実態」は、

「日本国の総理」として、

「ようやく、

良識的範囲に入った良く出来た演説が

米議会で行われた」。

「中国共産党や韓国悪権力者等とその操り人形たち」が「不満に思い、危機感等を感じる事」には、

「必然がある」のだ』。

『「米国内で騒いでいる中国共産党や韓国悪権力者人脈等、及び、その操り人形たち」は、

「歴史上の事実・現実を捏造した上に成り立つ不当利権を欲しがっている」

=「永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる」。

「それは、歴史上の事実・現実を振り返れば、誰もが分かる事」だ』。

『「歴史上の事実・現実は明らか」だ。

「欧米列強が植民地支配を全世界に広げていた時、

当時の中国清王朝も、欧州列強に蝕まれていた」。

「当時は、清の属国状態だった韓国は、ロシアからの侵攻を受け始めていた」。

「極東アジア地域では、日本のみが、米国等による開国圧力をきっかけに、欧米列強の侵略に対抗出来る急速な近代化&富国強兵化を行えていた」。

「欧州列強に蝕まれていた清は、日清戦争で日本に負けた」。

「日露戦争でも、日本はロシアに勝った」。

「そんな状態下で、当時の韓国の権力者たちは、どう考えるだろうか?」

「韓国単独では、国の存続さえ危うく、かなりの高確率でロシアの植民地となる」。

「その場合、当時の韓国権力者たちがどの様な処遇を受けるのか?」は、

「想像に難く無い」。

「元々の親分国清は、欧州列強に蝕まれ、日清戦争でも負けたくらいに、衰退している」。

「清頼りでは、清同様、欧州列強等に蝕まれた状態となり、清の権力者同様の麻薬漬け状態等々が待っている」。

「もはや、生き残る為の唯一の手段は、日本に保護を求める事だ」。

等々・・・。

「実際に、当時の韓国は、先ず、日本の保護を求めた」。

「日本の保護下に入った後、韓国内は、日本の多大な助力により急速に状態が良くなり始めた」。

「清の属国状態より遥かに良い事を体験した当時の多くの韓国民(権力者も含む)は、

日本と対等合併すれば、生き残れる等」と「考えた」。

「当時の韓国権力者たちの主流は、日本との対等合併を希望した」。

「しかし、当然、元々の国力が余りにも違う」から、

「対等合併は実現せず、それでも、同じ国となる事による生き残りを優先した韓国」と「日本」の

「二国間合意」が「出来た」のが、

「日韓併合」だ。

「日韓併合」は、

「元々、日本による侵略~植民地支配等では無く、

当時の韓国(権力者も含む)生き残りの為の国と国による合併合意」である。

「日韓併合以降、朝鮮半島内では、日本国内と同様の、急速な近代化整備が行われた」。

「日韓併合」なので「日本の要素がより濃い同化政策が行われた」。

「其処に、植民地支配~略奪等が在る訳も無い」。

「実際に、例えば、創氏改名等、元韓国人が、日本人と同様の名前を持つ事さえ容認された政策が行われていた」。

「植民地支配~略奪」なら「被支配民と支配民の区別が重要になる」から、

「朝鮮人は朝鮮名を使用し続けよ!」が「必然」だ。

「日本人同様の上辺を持ちえた日韓併合以降の朝鮮人」は、

「自主的に、より近代化整備が進んでいた日本列島に大量渡来し、

多くの人々が、より良い仕事やより良い生活を得る事も出来ていた」。

「植民地支配~略奪」では「あり得ない事態」だ。

「朝鮮半島内でも、日本人と同等の学力等を持つ事が出来ていた朝鮮人は、日本人と同じ学校に通う事が認められていた」。

「そして、旧日本軍のようなところでも、実力次第で、かなり出世出来ていた」。

「植民地支配~略奪では無く、同化政策に基づく、同じ国の民としての処遇だったからこそあり得た事態」だ』。

『「しかし、それでも、日韓併合が対等合併では無かった事や、清から離れた事が気に入らなかった当時の韓国権力者たちも居た」。

「そんな者たちの一部は、渡米し、

日韓併合を日本による侵略~植民地支配と嘯き、

植民地解放資金を募り、

得た資金を米国権力者等の懐柔資金として使った」。

「そして、日本国内に大量渡来している韓国人の一部と共に、米国を利用した日本の乗っ取り支配を画策した」。

「元々、欧州列強による侵略地や植民地だったアジアの多くの国々で、旧日本軍と欧州列強軍は支配権争いを行い始めた」。

「中国大陸内での戦争も、元々は、その流れの上で始まっている」。

「日本の急激な増大」に対し、

「欧米列強は、当然の如く、危機感を抱き、日本の増大を押さえ込む方向に動いた」。

「その流れの上に、米国内韓国悪権力者人脈による植民地支配詐欺が重なった」。

「そして、太平洋戦争となり、日本は敗戦」した』。

『「韓国悪権力者人脈の者たちは、

日本の敗戦につけ込んで、

火事場泥棒的に、

朝鮮半島内からほとんど全ての日本人を追い出す事により国を始めた」。

「日本国内に自主的に大量に渡来していた朝鮮人の一部」も、

「日本国内各地で敗戦火事場泥棒行為を行った」。

「戦後の月日が重なると共に、そんな蛮行の実体も露呈し易くなる」。

「そんな時期」に、「悪韓国権力者たちが、行ったのが、朝鮮戦争」だ。

「元々は、

米国を利用して日本の乗っ取り支配等の悪事を実現しようとしていた連中と、

旧ソ連に支配利用されていた連中が、

朝鮮半島内の支配権を争う戦争を始めた」。

「朝鮮戦争難民の形で、更に大量の韓国人が自主的に日本に渡来している」。

「日本が憎むべき植民地支配国」なら「無理してでも他の国を目指した筈」だが、

「実際は、日韓併合事に良く知る、親切で思いやりのある人々が多い日本を目指して来た」のだ。

「その様な、普通の良心的な多くの韓国人たちとは別に、日本の乗っ取り支配をより有利に行う為に渡来した者たちも少なからず居る」。

「更に、その時期に、竹島を不当占拠し、未だ、体制が不十分な日本国に対し、在日韓国人等に対する特別優遇扱いを強いた」。

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為等々を正当化する為の韓国悪権力者等の屁理屈」が、

「現実離れしている日本による侵略~植民地支配論」だ。

「韓国悪権力者たちによるその様な言い分の実体」は、

「植民地支配詐欺」とでも言うべきだろう。

「従軍慰安婦の実態」とは

「多くの男性の仕事が赤紙強制徴集&殺し合いだった戦時中の超高報酬売春婦(当時、売春は合法の仕事)」だ。

「そして、朝鮮半島内で、お金目当てに、売春婦を売り買いしたのは朝鮮人」である。

「旧日本軍は、高報酬従軍公娼の募集は行った」が、

「その超高報酬を目当てに、

親兄弟親戚等が女子を売り(朝鮮半島内では朝鮮人)、

仲介人たち(朝鮮半島内では朝鮮人)が、

売春婦の報酬を横取りする事による金儲けを謀り実行した」のだ。

「日本国にその責任を擦り付ける事で、更なる金儲け等を謀っている」のが、

「悪韓国人たちの実態」である。

「現代人の感覚」では、

「従軍慰安婦等は、とんでも無い人権無視の非道行為等になる」が、

「殺し合いが多くの男性の仕事だった当時の感覚」では、

「何時、命を失うか分からない男性の為に、

自らの身を捧げる奉仕業等と共に、

親等の金銭問題解決にも役立つ奉仕業等の感覚でもあった」のだ。

「軍」にしても、

「戦場で、その地の住民等を兵士が強姦する事(こんな事をすれば、例え、戦闘で勝利し、支配権を得ても、その後の統治が困難になる)」よりは、

「売春婦を派遣する事」の方が、

「未だ、マシ」等と「考えていた」。

「全世界の良心的な人々全て」は、

「植民地支配詐欺」や

「従軍慰安婦詐欺」で

「悪韓国人人脈等を利しても、何も良い事は無い」。

「悪韓国人人脈を利すメリットが有る」のは

「悪韓国人人脈等からお金や異性等を受け取っている・受け取る者たち」になる』。

『「元々、大戦時に、中国共産党軍と、旧日本軍は、ほとんど戦火を交えていない」。

「大戦末期の中国内」では、

「旧日本軍は、中国国民党軍と中国共産党軍の三つ巴状態の戦闘行為を行った」が、

「それは、極僅かな期間」だ。

「その上、当時の中国共産党軍は、大した武器も保持出来ていない状態」だった。

「実際に、旧日本軍の者が、武器を持って、中国共産党軍に投降すれば、直ぐに、中国共産党軍の将校になれたくらいの、武器保有状態だった」のだ。

「当時、中国内で、一番弱かった」のが「中国共産党軍」だ。

「そして、大戦終了時には、中国内で、決定的な勝敗はついていなかった」。

「日本の敗戦」で「勝者となった」のは「中国国民党軍」である。

「先の大戦で、日本は米国に負けた」が

「中国に負けたという実態離れした認識は、誰も持っていない」だろう。

「大戦後」に、

「中国内では、大戦終了時に勝者となっていた中国国民党軍を追い出す内乱が、旧ソ連の絶大なる支援の下で行われた」。

「旧ソ連の絶大なる支援の力は大きく、中国国民党軍は、台湾に追いやられた」。

「つまり、大戦後の中国内の内乱で、中国内の支配権を得たのが中国共産党」である。

「中国共産党は、中国国民党軍との戦闘行為でも、多数の中国人を殺害している」。

「その後の不適応分子の粛清等」でも、「多数の中国人を殺害している」。

「旧日本軍が殺害した中国人の数より、遥かに多くの中国人を殺害しているのが、

中国共産党の実態」だ。

「そんな中国共産党が保身と支配を両立させる為の苦肉の策」が、

「国家・国民の上に中国共産党という異常な政治体制」である。

「しかし、この異常な政治体制」は

「汚職の温床に他ならず、世代交代をしている現在」では、

「もはや、金権汚職が蔓延し過ぎて、国家崩壊間近状態」だ。

「それでも、中国内での保身と支配を維持しよう・・・とすれば、

外に悪者を作る事で、大衆の興味を中国共産党の悪から背ける必要がある」。

「悪者にするのに好都合なのが敗戦国日本」だ。

「歴史上の事実・現実を元」に、

「侵略や植民地支配を糾弾する」なら、

「先ず、欧州列強」を「責めなければならなくなる」。

「それと共に、明治維新以降の日本が、欧米列強の侵略~植民地支配等にも対抗出来た歴史上の現実も認めざるを得なくなる」。

「同時に、当時の中国(清)が、日本の様に対抗出来なかった事も認めざるを得なくなる」。

「つまり、被支配に甘んじざるを得なかった非も認めざるを得なくなる」。

「そんな現実から、多くの中国国民を現実逃避させる為の特効薬」が、

「極悪日本」という訳だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈や、中国共産党」が「正当化され続ける為」には、

「それらの者たちが、全世界を支配する事が必要になる」。

「其処で、実際に、中国共産党は、全世界支配を目指した戦略を実行している」が、

「その事自体」が「散々非難している侵略~植民地支配」なのだから、

「そんなバカロジック」には、

「ほとんどの人々が付き合う訳も無い」。

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈も、中国共産党も、その未来は、先細り~永遠の恥辱に染まる道」に他ならない。

「そんな人脈の操り人形的人々」は、

「一刻も早く、自分で自分を救い出すべき」だ』。

|

本日も韓国ネタで韓国人脈にお金流し&底の浅い家族論の宣伝等とは・・・、公共の電波の劣悪な使用はいい加減に止めましょうネ。テレ朝昼番・・・。

『「日本の公共の電波を使って、韓国ネタに大きな時間を割き、韓国人脈への金流しを行う事」についての「劣悪性については、もはや、言うまでも無い」だろう。

「売れているという家族本の著者を招いて、家族論を語っていた」が、

「実に、底の浅いおバカ論等」しか「放映されていなかった」。

「曰く、

・・・家族が殺し合いも含む争いを行ってしまうのは当然だ・・・。

・・・家族=安心な理想状態等と思わず、ちゃんとコミュニケーションを取った方が良い・・・。

・・・親は子どもに遺産なんか残さない方が良い・・・。

・・・それが、子どもの自立に繋がる・・・。

・・・子どもは、親を超える事が成長だ・・・。

・・・期待は自分にして、家族には期待などしない方が良い・・・。

・・・家族を知る事は自分を知る事に繋がる・・・。

・・・等々の旨」・・・。

「みんな、底の浅い上辺の話しに過ぎ無い」。

「ところが、問題は、人間のもっと深くのエネルギーの暴発等により起こっている」のだ。

「上辺でどんなに水を泡立てても、底の流れを整流出来なければ、乱れた激流はコントロール出来得ないのに・・・」』。

『「おバカたちの為」に、

「上記の要素を底に繋げる為に必要な事を記して置く」。

「家族に限らず、別人格の別人同士の間の争い等の問題」は、

「年がら年中報道されている数多くの事件等と同様」に、

「十分なコミュニケーション(コミュニケーションとは話し等言葉による事だけでは無い)や、

相互理解等があっても、

現状脱出欲動の暴発があれば、起こってしまう事」だ。

「本当に大切なのは、現状脱出欲動を暴発させない事」に他ならない。

「現状脱出欲動」とは「人の無意識の欲動」なので、

「人間間の争い等の問題を本当に解決したい」のなら、

「先ず、無意識等人間誰もの深層も含めた精神心理についての理解を広め、深める事」だ。

「巷の上辺おバカ論の本やテレビ・マスコミ等の情報で圧倒的に不足しているのは、この部分」である』。

『「人間の深層心理も含めた精神心理についての理解が広まり、深まった上で、

人間社会の問題を考えれば、

ちゃんと深い流れを整流する考えが必然的に生まれて来る」。

「例えば、家族論での相続要らない論等は、底の浅い上辺論」で、

「相続要らない論等を真に受けたおバカな視聴者や読者が居れば、

その事自体が家族間トラブルの原因になるのがオチ」だ。

「つまり、現時点では、テレ朝昼番の情報提供が、

家族間トラブルを増やす方向に力を加えた劣悪情報提供になっている」のだ。

「相続問題を考える」なら、

「相続問題と密接な関係がある産まれながらの環境格差の問題等と、

セットで、

公平・平等に解決する様に考えれば良い」。

「無意識レベルにも働きかける要素が強い公平・平等性を持った解決策により、

とりあえずは日本国民(一気に言語も文化も多様な全世界レベルに広げるのは無理があるから)の多くが

無意識レベルから相続トラブルを起こす気にならない様にすれば良い」。

「呆れる」のは「家族を知る事で自分を知る論」だ。

「自分を深く知れば知る程、他の人についても、その深部が分かり易くなる」のが「最初」で、

「外を見るのは後」に「しなければ」、

「現状脱出欲動の暴発を防ぐ術等々を身に着けられる訳も無い」。

「先ず、自分の実体を出来る限り深く認識・把握する事」だ。

「その部分を疎かにする」と「人は、例えば、家族に、自分を投影・転嫁して者・物・事を考える様になり易い」。

「自分を投影・転嫁した状態が生み出すトラブル」が、

「例えば、相手へ自分の思いを被せた期待が

裏切られた事で切れたりする事」だ。

「他人へ期待しない」を言うなら、

「その前に、自分を深く掘り下げて自分と付き合う事」を言い、

「自分の思いを他人に投影・転嫁する事による期待」と、

「他人を認めた上での期待」の

「区別をちゃんと言わなければ」、

「視聴者等の誤解と誤解に基づくトラブル行動等が誘発されるダケ・・・」だ』。

『「事実・現実から離れた、或いは、遠い、情報・教育等をどんなに{覚えても、覚えさせられても}」、

「人間個人の健常進化、及び、人間社会の健常進化等」が

「起きる訳も無い」。

「それは、現実離れしている宗教等に執着させられてしまっている人々等を見れば、

誰もが直ぐに納得出来る事」だろう。

「特定極一部の人脈の利権保持等の為」に、

「事実・現実に近い情報が黙殺され、事実・現実とは遠い上辺情報等が一方的に大量配信されている状態」は、

「明らかに不健全」だ』。

『「テレビ界の健常化」は「急務」だ』。

|

猿山と人間社会の精神構造モデル・・・。

『「ほとんどの猿山では、喧嘩が強い猿がボスとなり、ボス猿を中心とした集団が形成されている」。「そして、古の時代の人間社会も同様」だった。

「武力による覇権争い&覇権争いの勝者中心の人間社会の構築」が「長い間行われ続けて来た」。

「人類の場合、喧嘩に道具を使い、より有利な道具を作り保持する為には、相応の科学技術力が必要になる」から、

「人間社会における武力覇権の長」には「より進んでいる科学技術も付いている」』。

『「さて、ここで、これらの事態を簡単な精神構造モデルに置き換えてみよう」。

「個々の猿や人の精神」を「円錐柱」で「代理する」と、

「ボス山社会の猿や人の集団の精神構造」は、

「ボスの円錐柱に寄りかかる他の猿や人の精神構造円錐柱」として「表す事が出来る」。

「精神構造円錐柱が置かれている平面」を「事実・現実の平面」とし、

「精神構造円錐柱の太さ」を「事実・現実の把握・認識度にする」と、

「猿の場合は、細い、人の場合は、猿よりは太いが、未だ細い、精神構造円錐柱の集団」が

「ボスの精神構造円錐柱を中心とする事」で、

「仮想的に立つ状態を維持している状態」と「表現出来る」。

「精神構造円錐柱集団の中心であるボスの精神構造円錐柱も自らの分だけでは細く、立つ状態を維持する事が困難」なので、

「実際は、他の猿や人の精神構造円錐柱に支えられる事で、仮想的に立っている状態を維持出来ている状態」だ』。

『「精神構造円錐柱の太さ」は、

「事実・現実の把握・認識度が高い分だけ、太くなる」。

「事実・現実と共にある者」は、

例えば、

「どれだけ多くの人々や権力等の圧力があっても」、

「それでも地球は回っている」であり、

「それでも、人間の誕生・死は細胞ごとに起こっているから、細胞ごとに考え・思う必要が無いのと同じで、あの世や霊も要らない」だ。

「精神構造円錐柱が十分に太くなれば、より多くの事態(外乱)に対し、一個体だけでも立った状態を維持する事が容易になる」』。

『「精神構造円錐柱が立位している状態」とは、

「その生物個体本来の状態を支える精神状態が起き上がっている(生きている・有効になっている等と表現しても良いだろう)状態」だ。

「全体像的に表現する」なら「自分で自分を健康にコントロール出来る精神状態が得られている状態」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」は「本来欲求」であり、

「人間は、その本来欲求の充足が満足に出来ていない状態に陥ると、

他人を支配したり、

他人に自分を支配させたり、等の

代償欲求の追及に奔走し易くなる」。

「精神構造円錐柱で表現する」なら、

「精神構造円錐柱が倒れていたり、

他の精神構造円錐柱に寄りかかったり、している状態」だ』。

『「外乱・内乱が何も無い状態」では、

「猿山も人間社会も、その特定の猿や人間を中心とした依存関係を基に築かれている精神構造円錐柱仮想立位状態を維持し易い」が、

「自然や他の生物由来の環境の変化」や「自然や人為的な災害」等々の「外乱」と、

「時の流れによる自らの変化・・・健康状態・寿命・世代交代」等々の「内乱」への

「対応が必要になっている」のが、

「現実」だ。

「外乱・内乱に立位対応出来る精神構造円錐柱の保持が出来ていない場合、

その集団の精神構造円錐柱は立位状態(仮想も含む)を維持出来なくなり崩壊する」。

「精神構造円錐柱が立位状態(仮想も含む)を保てなくなった集団」は、

「生体物理的にも存続に不利な状態に陥る」。

「精神構造円錐柱の立位(例え、仮想でも・・・もちろん、今時以降では、もはや、非常に効率の悪い事だが・・・)を回復し、

生体物理を存続に適合させる状態に回復させ、

時の流れ相応に進化させない限り、

消滅する」』。

『「人類も、猿同様、自らと同じ類の極一部の生物を、仮想立位の拠り所としている限り」、

「軟弱な精神基盤しか保持出来ていない状態」だ。

「精神基盤の強化に直結している」のは、

「事実・現実の把握・認識」である』。

『「人間一人一人の事実・現実の把握・認識が深まれば深まる分」だけ、

「精神構造円錐柱一個体だけでの立位維持が容易になる」。

「必然的に精神構造円錐柱の立位を保つ為の他者精神構造円錐柱依存度が減る」からだ。

「喧嘩上手が仕切っていた猿山的人間社会」は、

「個の自立により、必然的に解消される」。

「この構造は、武力を経済力に置き換えても同じ事」になる』。

『「この人類にとって、必要な進化」は、

「比べっこ原理主義」から「事実・現実把握・認識主義」への「進化」とでも

「表現すれば良い」だろう』。

『「現状人間社会の実質的覇権構造である経済」について考えてみよう。

「武力覇権を得た猿山のボス的な極一部の人間たちにお墨付きを与え続けるべく構築された」のが、

「現状の人間社会の経済システムの元」であり、

「現在の経済システムもその流れの延長線に在る」。

「だから、当然の如く、利権集中状態を起こし、利権集中状態が維持出来易い経済システムになっている」。

「個の自立」と「覇権維持・・・つまり、猿山ボス構造維持・・・経済システム」は

「相反する」』。

『「現状人間社会」では

「例えば、貧困環境下に産まれた者が、大金持ちに成り上がる事等」を、

「サクセス」と言って「誰もに称賛させようとしている実質的自虐情報等も多い」。

「自虐情報映画・ドラマ等々の主人公等に自らを投影・転嫁して、涙している様な、実質的、自虐者も多い」。

「オマケに、自虐情報そのままを目指す様なおバカや悪まで少なからず居る」。

「人類誰もが、

現実逃避は、あくまでも、遊びや、避難場所として使う程度に収め無ければ、

現実の進化が、余分に阻害される事になる」のが「現実である事」を

「忘れるべきでは無い」。

「もちろん、

現行の自虐的な経済システムそのままに=多くの貧困をそのまま維持した上で、

特定極一部の個体のみが、大金持ちに成り上がった事等」は、

「本質的な成功では無い」。

「未熟な現状の悪戯な賛美に直結」する

「ある意味で覇権を握っている、特定極一部の人類個体の構成人員がホンの少しだけ変わったダケ」だ。

「経済面での本当の成功」とは、

「貧困自体の撲滅」であり、

「本質的お墨付きの無い大金持ち等の撲滅」であり、

「金権の撲滅による事実・現実実権の増大化」だ。

「自虐経済システムを

人類の実体やその実体の本来の目的である存続と整合性が高い

合理的で本当の意味で有益な経済システムに是正する事」だ。

「実際に、現状の人間社会では、その方向に力を加えている人々の数も、次第に多くなって来ている」』。

『「現在の人類」は

「自らが急速に進歩・発展させた物質文明に対応出来る精神文化」を

「全ての人類が保持出来る様にしなければならない時を、既に、迎えている」。

「急速発展した物質文明」という「人類内の内乱の風」で

「立位状態を崩壊させられない精神構造円錐柱」を

「全ての人類が保持出来る様な状態にならない限り」、

「人類の崩壊=滅亡が、必然になってしまうから」だ。

「旧来からの猿山的な精神構造円錐柱の立位状態維持」は、

「もう、とっくの昔に、限界を迎えている」。

「ボスの意向に沿って、ボスを維持させる事で、自らも維持出来る時代」は、

「とっくの昔に終わっている」のだ。

「現代」は、

「自らを事実・現実の平面上に立たせ、事実・現実を他の個体精神構造円錐柱立位維持の人々と事実・現実を共有する事」で、

「人類の実体やその実体の本来の目的である存続との整合性の高い人生を送る事」が、

「当然の時代」に、

「既に、なっている」』。

『「時代遅れのおバカ状態・悪状態の人々」は、

「そんな自虐的な状態」から、

「一刻も早く、

自分で自分を救い出すべき」だ』。

|

18歳少女を生き埋め殺人した少女A+三人の男性たち・・・。

『「いったい、こんな若者たちは、どんな情報・教育の下で育成されてしまったのか?」

「親も学校教師等も・・・、かなりの、おバカか、悪」なのだろう』。

『「友達等からお金を借り、返さず、意中の男性に貢いだ少女」。

「金を返さないから・・・等と、18歳少女を殺す事に直結した依頼を男友達にした少女A」。

「少女Aの依頼を受けて、拉致~暴行~生き埋め殺人を実行した少年も含む若い男性三人」。

「何れも、自分で自分を認める事が満足に出来得ていない人々」だ。

「本来欲求の自己承認欲求が満足に充足されていない」から

「代償欲求の追及に奔走しがちになる」。

「そんな者たちが、それまでの状態では居られなくなり、現状脱出欲動を暴発させる」と

「悲惨な事件が起きてしまう」・・・』。

『「人間について」も「本当の事を十分に教えていない情報・教育等の犠牲者たち」は、

「未だに、後を絶たない」。

「何故なら、情報・教育等が十分に改善されていないから」だ。

「人間(つまり、自分)の基本中の基本」である、

「人の誕生・死は細胞ごと」&「人の思いは丸ごと一人」や、

「善悪愛憎の元は、細胞ごと働き」や、

「自分を認め続ける為には、本質的な悪い事をしない事」や、

「本来欲求の充足」と「代償欲求の追及に奔走」の「違い」や、

「自己制御」と「他の者・物・事支配」の「違い」や、

「投影・転嫁の心理劇」や、

「自分で自分を救うヒーロー・ヒロイン」と「ヒーロー・ヒロインに救われた、ヒーロー・ヒロインに救われる事を欲する迷子たち」の「違い」、

・・・等々、

「それこそ、家庭でも、学校教育でも、テレビ・マスコミ等による情報でも、

おもしろオカシク簡単に情報・教育を提供する手段は、

山ほどある」。

「要」は、

「その様な健常な人間社会の構築に有益な情報・教育等を表に出すか?」

「黙殺し続けるか?」の

「問題」なのだ』。

『「悪韓国人権力者等の意向に沿った情報配信を主に行い続けているおバカ、もしくは、悪テレビ等」が、

「改心する事」は、

「非常に困難」かも知れない。

「テレビ・マスコミ界の是正、もしくは、健常化等は、その人脈も含めて、大々的に行わなければ、無理」なのだろう』。

|

「韓国人が官邸ドローン犯を英雄視」で益々はっきりする日本の中の反原発派の正体・・・。

『「反原発と言っても、中国や韓国の原発は問題にしない」のが「日本の中の反原発派の多くの実態」だ。

「何故か?」

「何しろ、極東地域日本のみ脱原発を実現させる事の実効」は、

「日本の電力事情が相対的に中・韓より悪くなる事に他ならないから」だ。

その上、

「韓国の原発発電電力を日本に輸入させる事により、

日本のエネルギーの一部を押さえ、

その圧力を利用して韓国側の意向に沿った日本の運営を企んでいる悪韓国人人脈の者も多数居る」。

「敗戦火事場泥棒を正当化」し、

「竹島の不当占拠を正当化」し、

「従軍慰安婦問題で日本からお金を取り」、

「未来永劫、何度でも、日本に謝罪させ、日本からお金を取り続ける事を正当化したい」、

「悪韓国人人脈の者たち」にとって、

「官邸ドローン犯は英雄」なのである』。

『「もちろん、官邸ドローン犯は英雄などでは無い」。

「はっきり言えば、おバカ」だ。

「そのおバカぶり」は「例えば、反原発や、・・・何も成し得ないで死ぬ事を恐れた・・・等の言動にも顕著に表れている」。

「反原発が何故おバカになるのか?」は「他の記事をご参照願いたい」。

「・・・何も成し得ないで死ぬ事を恐れた・・・」とは、

「人間誰しもが、今、この瞬間にも細胞ごとに死んでいる事の意味もロクに分かっていないおバカという事」だ。

「新陳代謝という言葉は知っていても、丸ごと一人の死生観に拘るおバカ」は、

「未だに、少なからずいるのが、現状人間社会のお寒い現実だが」・・・。

「人も含む生物の誕生・死は細胞ごと」であり、

「今現在も実体験している死を考えている暇があるのなら、

どう生きるのが正解なのか?でも考えるべき」である。

「どう生きるのが正解なのか?を考える」なら、

「自分の実体や、自分の実体の本来の目的等」との「整合性を検証する」のが

「必然の道」になる。

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している細胞の一個体」と、

「その一個体も含む地球生命体細胞群の本来の目的である存続

(この基本的目的が否定されるなら、

存続も無いから既に滅びているか、

将来滅びる事を目的としている事になる。

多くの人類も含む生物は、存続派だから現在も存在している。

また、滅びる事を目的とする個体があるとするなら、存続派を巻き込まずに滅びる事が正解になる。)

との整合性が取れる生き方をすれば良い」のだ』。

『「基本ロジックさえしっかりしていれば、後は、個々が置かれている状態に応じたそれぞれの正解を見出せば良い」。

「こんな事は、人間として、基本中の基本」だ。

「情報・教育等が健常なら、小中学生だって分かる事」だ』。

『「ところが、現状人間社会では、

大衆を愚民化する事や武力や金権等々で、

他の者・物・事を支配コントロールし続けたがる悪たち」が、

「情報・教育等を不健全にしている」。

「愚民化情報・教育等が誘う方向にそのまま向かわせられてしまっている

操り人形的な哀れな者たちの一部」が、

「おバカになる」。

「そして、おバカな自分をおバカなまま正当化しようとして、おバカな行動等を起こしてしまう者たち」も、

「極一部に生まれる」。

「官邸ドローン犯」も

「官邸ドローン犯を英雄視している韓国人」も、

「そんなおバカの一人」か、

「確信犯の悪」かの「何れか」になる』。

『「そもそも、自分で自分を救う代わりに、他の者・物・事を救う人等をヒーローと言う事」も「おバカらしい」。

「そんなヒーローに救われた人々」は、

「何か困ると、また、ヒーローを欲するのがオチ」だ。

「自分で自分救った体験等を元」に、

「他の人が自分で自分を救う事に助力する普通の人々に溢れた人間社会こそ」が

「健常状態」だ。

「ヒーロー依存者に溢れる人間社会」では、

「自称ヒーローの悪者支配も可能になってしまう」のが「現実」だ。

「独裁状態の国や組織等がその実例」で、

「民主主義状態の国や組織等は独裁状態の国や組織等よりは健常に近い」のだ』。

『「おバカ」は「悪事の記憶・記録を残す事」でも、

「何かを成し得た」等と「勘違いしたがる」。

「言うまでも無く、悪事の記憶・記録等は、成果の記憶・記録等では無く、迷惑の記録・記憶等」だ。

「成した事が悪事」なら、

「悪者=排除されるのが当然で、二度と現れさせるべきでは無い者」として、

「記憶・記録される」。

「悪者が、自分で自分を心底認める事は困難」だ。

「悪者が自分で自分を心底認めれば、

悪者である自分を排除し、

二度と現れない方向に導く事が、

地球生命体細胞群の本来の目的に沿った生き方になるから」である。

「自己承認欲求の本来欲求を充足させ続けたければ、悪い事はしない事」だ。

「人の為と書いて、偽り」とは「古の人々の偽らざる実感表現なのだろう」。

「自分の為に悪い事はしない」のが「人間の当たり前」だ』。

『「自分で自分を認める事が困難な状態の人々」は、

「自分で自分を認める代わりに、他の者・物・事に自分を認めさせようとする代償欲求」の「追及に奔走しがちになり易い」。

「本来欲求である自己承認欲求は、途絶える事を知らないから」だ。

「生体として、心身共(つまり、無意識精神情報も意識精神情報も物質生体情報も)に健常である事を自己承認出来る事」で、

「人間は、その時その場で、心底落ち着ける(つまり、本来欲動が充足される)」。

「本来欲求充足の積み重ね」が、

「人間の本質・実体等として、

豊で充実感のある人生をつくる」。

「このベースを失わなければ、

見えて来る世界が、ほとんどの場合で、事実・現実寄りになる」。

「つまり、おバカになり辛い、充実した人生を歩み易い人間となる」』。

『「おバカ」は「回復可能な場合が多い」。

「悪」は「回復困難な場合が多い」。

「悪」に「宿命付けられている」のは、

「健常な全人類からの駆逐・否定等という永遠の恥辱に染まる道を歩み続けさせられる事」だ。

「事実・現実を否定する事等で、目先の利権等を得続けようとする者たちの姿は、本当に哀れ」だ』。

『「原発再稼働問題に対する福井地裁のおバカ、もしくは、悪判決」は、

「想定外の事態が日本ダケに訪れる」という

「現実離れした異常な思想・心情等がベースになっている様相」だ。

「想定外を考えるなら、全世界レベルで・・・」が「普通」だ。

「全世界の原発を撤廃させる意図」に基づく、

「日本の原発の一つを止めさせる工作」等を「行った」のなら、

「裁判官としての資質・資格等が不適」だ。

「地球が温暖化する事」とは

「地球全体が保持しているエネルギーが増える事」であり、

「惑星史として見る」なら、

「人為的に惑星の歴史を逆行させている異常事態」に他ならない。

「地球保持エネルギーが増えれば、

台風巨大化や海流・海水温の変化はもちろん、

地震や噴火が起き易くなるのも当然」だ。

「実効のある温暖化対策の為」には、

「人類全体の精神文化の進化(つまり、情報・教育の健常化)」と「同時」に、

「とりあえずの原発使用は、避けられない」』。

『「人も含む全ての生物の誕生・死は、細胞ごと」だ。

「しかし、思いの上では、丸ごと一人で考え・思いたがる」。

「何故なら、約60兆もの細胞ごと・・・では、余りにもまとめ辛い(つまり、一個体としての統一性を保ち辛い)から」だ。

「思いダケを真実と勘違いする」と「現実離れ」する。

「現実離れする」と「落ち着き(つまり、本来持っている安定)を失う」。

「落ち着きを失った自分を、他の者・物・事を利用して安定させようとする」のは、

「代償欲求追及に奔走している状態」だ。

「事実・現実を自分自身に把握・認識させる事」で「自分で自分を落ち着ける」のが、

「健常な本来欲求充足の仕方」である』。

『「おバカ」も「悪」も、

「自分で自分を救う、自分自身のヒーロー・ヒロイン」に

「なって頂きたい」と

「切に願っている」』。

|

サンデー・モーニングおバカ、もしくは、悪たちの「現代文明とエネルギー論」・・・。

『「100年前の石川啄木を持ち出して、節エネルギー論を言う」とは「進化無き見本みたいな事」だ。

「現代人」なら、

「エネルギーについても、本来欲求分と代償欲求分をちゃんと認識・把握した上」で、

「代償欲求に使っているエネルギーを抑える事を言う」のが「当たり前」である。

「100年前の繰り返し」では「精神文明の進化は阻害される」が、

「その後判明した事実・現実情報を広く大衆周知した上で、現代人として持つべき精神文化等を考察した論等を言う」なら、

「急速発展し続けている物質文明相応の精神文化の進化に結び付く」。

「現在の人間社会におけるほとんどの問題の元凶」は、

「急速発達した物質文明相応の精神文化を多くの人類が保持出来ていない所に在る」のだから、

「良心が有るおバカでは無いテレビ等なら、この要素は無視出来ない筈」だ。

「公共の電波を使って情報を一方的に大量配信している」のだから、

「いい加減に、おバカや悪は、退場させるべき」だ』。

『「人類が実用使用可能として来たエネルギーの進化の歴史の方向性を見れば、誰もが直ぐに分かる事」だが、

「人類は、より高く高効率のエネルギーを実用可能にして来た」。

「この進化の流れは今後も止まらない」。

「何故なら、この進化は、人類の本来欲求だから」である。

「それなのに、その進化の方向性に沿うエネルギーの実用や開発等に対して、ネガティブなイメージを付ける情報配信をして来ている」のが、

「おバカ・悪テレビの実態」だ』。

『「エネルギー使用は、控えれば良いのでは無い」。

「代償欲求に基づく本来必要の無い無駄な使用が抑制されれば良い」と共に、

「現代人類が抱えている重大問題である地球温暖化問題を解決する方向の使い方をすれば良い」のだ。

「具体的に言う」なら、

「多くの人類が、代償欲求の追及等に必要となっているエネルギー使用を、遊び程度に控える」と共に、

「化石燃料使用を極力控える事」だ。

「水力・地熱・原発等の温暖化ガスをほとんんど発生しない安定電力を基本」に、

「コスト高な上に不安定な再生可能エネルギー電力を次点」に、

「火力使用を極力控える」のが、

「現状では、妥当」になる。

「温暖化ガスを大量排出する飛行機使用は極力控え」、

「リニアや新幹線を使う」のが「妥当」になる。

「車は、出来る限り燃費の良い車を使い、燃料電池車の普及を急ぐ事をベース」に、

「環境適性がある場合は電気自動車を使えば良い」。

「世界全体でその方向に向かう」なら、

「エネルギー・環境問題は、解決方向に向かう事になる」』。

『「また、忘れてはいけない事は、人口問題」だ。

「人の誕生・死は細胞ごとである事や、

自己の実体と整合性の悪い人生を送った人々が頼りがちになる

代償欲求の一つに過ぎない、

血統家族主義の現実離れぶりを大衆周知する事や、

健常なバースコントロールの普及等々が、

必需」なのが、

「実状」なのに、

「未だに、血統家族主義賛美ドラマ・情報等々を公共の電波を使って一方的に大量配信・・・」なのだから、

「おバカや悪は、本当に性質が悪い」。

「人類滅亡を誘ってどうする!?」の世界だ』。

『「歴史認識にしても、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者ご用達の歴史認識で大衆誘導を試み続けて来ている」のが、

「おバカや悪の実態」だ。

「そんな連中」に

「日本の公共の電波の特定周波数独占使用に基づく、

過分な立場・報酬等が不似合である事」は、

「言うまでも無い」だろう』。

『「テレビ界の是正は急務」だ』。

|

「やはり、反原発派の犯行」総理官邸放射性セシウム付きドローン問題・・・。

『「元々、普通の現実判断力と思考能力等を持っている日本国民なら、悪戯な反原発には動けない」。

「何故なら、原発問題とは、環境問題とも国防・国益・国民益問題とも直結している世界的な問題だから」だ。

「結果として、日本国民なのに反原発という人々」は、

「実態」として、

「おバカ(つまり、思考能力等は普通でも、原発問題の全体像を見失っている状態等々・・・)か、

悪(つまり、日本を不利にする事によって例えば、中・韓・北朝等の反日国を利そうとする実質的反日国人脈の工作員等々・・・)か、

おバカか悪を良い指導者等と勘違いしている/させられている他者依存者(つまり、自分で自分を健康にコントロールし続ける事が出来ていない事に対する代償欲求で他人に自分をコントロールさせている状態の人々)等々になっている」。

「逆に、日本の原発使用派(止む無し派が多いと思うが・・・)は、

現実主義者や自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求充足派が多い」』。

『「事件が起きた当初から、こんなおバカ、もしくは、悪を行う」のは、

「反原発派の反日人脈であろう事は、想像に難く無かった」』。

『「ある程度、事件が大問題化したところで、自主出頭」とは、

「ある意味では、犯行声明みたいな事」であると共に、

「自主出頭による減刑狙いもある」だろうから、

「基本的な脳力は悪く無い」。

「しかし、行っている事は、おバカか悪」なのだ』。

『「基本的な脳力が悪く無い人々」を「おバカか悪に導いている」のが、

「事実・現実に基づかない悪い情報・教育等」である。

「事実・現実とはかけ離れた韓国(北朝鮮も含む)悪権力者や中国共産党等ご用達の歴史認識等を日本の公共の電波を使って一方的に大量配信し続けて来ているテレビ」や、

「同様の論調のマスコミや教育等々」は、

「当然の如く、(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・この部分は黙殺しているが・・・)脱原発派であり、

主として日本国内のみで、

原発や放射能をアブナイ・怖い・いけない物のイメージで風潮し続けて来ている」。

「反核なら、全世界で、反核を訴えるべきであるのに、主として日本国内のみ」なのだ。

「そして、全世界で反核を訴えるなら、経済発展と地球環境問題を原発を使わず両立させる代案も提示しなければインチキ」だ。

「おバカたちは、経済発展しなくても現状の生活水準が維持出来る様な現実離れした思いさえ持っている」が、

「経済発展しなくなれば、急速に経済衰退するのが現実」で、

「生活水準も急速に先進国内状態から開発途上国状態に落ちる」のだ。

「地球環境問題を人類が対応可能な内に改善する為には、原発は使わざるを得ない」のが、

「現実」だ。

「とりあえず、原発を使う事で、エネルギーを作る為に発生する温暖化ガス発生を極力抑え、

原発以上の発電能力を持つ、

地球環境への負荷も小さな、

安定的な発電方法を実用化しなければ、

人類の未来は暗い」のだ。

「孫子の代を困窮させ、暗澹とさせたいのなら、脱原発」である』。

『「決して安くは無いドローンを買え、

放射性セシウムを入手出来、

ドローンを改造使用出来たり、

・・・した今回の事件の容疑者」は、

「日本社会の中の底辺で暮らしている者では無い」。

「基本的脳力があるのだから、反原発を訴えるなら、言論で訴えるべきだった」。

「しかし、言論の基となる事実・現実関係を綿密に調査し、現実を認識・把握する」なら、

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ脱原発等」は、

「おバカ論、もしくは、悪論である事も、分かる事になる」。

「散々、反原発を訴えて来た過去の自分に拘る」と、

「言論以外の訴え方に逃げたくなる」のだ。

「確信犯の悪」なら「もっと、はっきりしている」。

「言論では、敵う訳が無いので、工作活動で・・・という訳」だ。

「今回の事件の犯人」は、

やはり、

「おバカか、悪」だったのだ』。

『「おバカなら、再教育等で改善が認められれば、社会復帰も良し」だろう。

「しかし、悪なら、祖国・母国等、或いは、日本を不利にする事で利そうとしている国々等に強制送還・送致等でもした方が抑止効果も出るから良いのでは・・・」』。

|

公共の電波独占使用利権上の者たちが税金使用クーポン転売利権を責めたテレ朝朝番偽善劇問題・・・。

『「税金使用利権と言えば、転売問題が露呈したクーポン券等だけでは無い」。「公共事業等は、見方によっては、税金利権そのもの」だろう。

「そして、公共の電波の特定周波数独占使用権も、税金同様の利権」に他ならない。

「公共の電波上で、有名人利権を増大させ続けている」のが、

「常連出演者たちの実態」だ。

「そんな利権の最中に在る者たち」が「小額の税金利権転売儲け」を「正義ぶって責めている映像」は、

「まるで、ゾンビ映画のワンシーンの様・・・」だった。

「本当に醜悪」である』。

『「本来の使われ方を阻害する転売儲け者たち」も、

「自らの利権問題は黙殺したままの偽善論で多額の出演料を得、有名人利権を増大させようとしている常連出演者たち」も、

「どちらも、酷い者」だ』。

『「人類の実体やその実体の本来の目的(この辺りが良く分からない方々は、他の記事をご参照ください)」と「整合性の取れない事」は、

「本質的な悪事」に他ならない。

「整合性の取れない評価や立場や報酬等も悪事」である。

「悪事が公然化している人間社会」には、

「戦争や犯罪が付きもの」だ。

「戦争や犯罪の生みの親は、本質的悪事」に他ならない。

「具体例を挙げる」なら、

「自分で自分を健康にコントロールし続けず、

その代わりに、他人を支配・コントロールしようとしたり、

他人に自分を支配・コントロールさせようと

し続ける事」は、

「本質的悪事」だ。

「多くの人々の代償欲求の過分な追及を誘う有名人利権やお金や権力等の過剰偏在等々も本質的悪事」だ。

「人間として産まれ、その能力があるにも係わらず、

地球生命体細胞群の存続に大きく係わる、

宇宙への本格進出と大きく係わる、

科学の進化や

科学技術等安全・安心・平和使用の基礎となる精神文化の進化等を

阻害する事も本質的悪事」だ』。

『「自らの悪利権温存の為、実現し得ない似非平和等を訴える事」で、

「過分な立場・報酬等を得ている本質的悪者たち」や、

「本質的悪者たちにお墨付きを与える事で、オコボレ利権等を得続けようとしている本質的悪者たち」、

「犯罪の元となっている事を行いながら、特定極一部の犯罪行為を正義ぶって責めている事」で、

「有名人利権を増大させている悪者たち」等々が、

「公共の電波上等から消え去るのは何時か?」

「公共の電波を使って、一方的に情報を大量配信し公然化する者たち」は、

「それぞれが行っている事の実体をちゃんと把握・認識した上」で、

「本質的悪事を慎み、本質的良事を主とした情報配信を行うべき」だ。

「本質的良事とは、人類誰もの実体や、その実体の本来の目的である存続と、整合性が取れる事」である。

「本質的良事が公然化している人間社会」なら、

「実現可能な本当の世界平和も犯罪撲滅も当たり前になる」』。

『「おバカや悪に過分な立場や報酬等は不似合い」だ。

「テレビ界の人脈も含めた健常化は急務」だ』。

|

大戦後、旧ソ連の絶大なる支援の下で、中国内を侵略~支配した中国共産党が、日本の大戦時の侵略~支配を言う「お寒いお笑い劇」・・・。

『「中国共産党は、何故、一党独裁体制に拘るのか?」「言うまでも無く、元々が、侵略~支配者だから」だ。「中国の国家・国民の上に立つ圧倒的に優位な独裁的立場抜き」に「侵略~支配者たちの先は無い」。

「多くの中国国民が、この現実を十二分に周知し、この現実を基に行動を起こす」なら、

「侵略~支配者たちの先は、非常に短くなる」。

「そこで、中国共産党は、他に大衆の興味を引き付け続ける極悪国をデッチ上げた」。

「先の大戦時に、中国に侵略~支配行為を行った極悪日本」という「スケープゴード」だ。

「元々、大戦前の中国内は、多数の欧州列強国により侵略~支配が行われていた混沌とした状態」だった。

「清王朝そのものも、中国内で一番多い漢民族の王朝では無い」。

「元々が、清に侵略~支配されていた」上に、

「多数の欧州列強による侵略~支配が重なり」、

「大戦時に欧州列強との戦争も含めて、旧日本軍等が侵略~支配に重なった」。

「そして、大戦後に、旧ソ連の絶大なる支援の下で、中国共産党が侵略~支配し、現在に至っている」のが、

「現実の中国の歴史」だ』。

『「現在民主主義国家となれている国々の多く」は、

「自国内を自分たちだけで侵略・支配しようとする者たちを駆逐する事」で、

「民主化を得ている」。

「今の中国に必要なのは、中国外への支配領域の拡大では断じて無い」。

「中国内を民主化する事」だ』。

『「現在の先進国人間社会では、民主主義が当然になっている」。

「中国共産党支配下に国家・国民を置く、

三権分立も無い一党独裁体制では、

中国が先進国の仲間入りする事は不可能」だ。

「現在、中国共産党は、生き残りの為=つまり、一党独裁体制を維持する為に、お金と軍備に頼ろうとしている」。

「AIIBもその為の道具に他ならない」』。

『「科学技術が飛躍的に進歩し、

核兵器まで持つ国々も少なからず在り、

世界大戦という二度と味わう事が許されない苦い体験をした人類」が、

「今後歩むべき道は?」』

『「中国は、平時を保ったまま、早急に民主化するべき」だ。

「余りにも多い人口では、無理やり、まとめる必然性も生まれてしまう」から、

「幾つかの国々に分かれた現在のEUの様な状態で民主化する」のが「適切」だろう』。

『「中国共産党のお寒いお笑い劇」には「もう、うんざり・・・」だ』。

|

総理官邸放射能物質入りドローン問題・・・。

『「そのドローンは、中国製黒色で、放射性セシウム入りのペットボトル+発煙筒まで抱いていた上に、着陸用の足は取られていた(後の報道では、足付きのままだった事が判明との事。当初一部の報道が、逆さになったドローンを見て足無しと勘違いした様相。)」となると「反日人脈のソフト・テロの一端の様相」だ。

「ニュース等で大々的に伝えられる中」で、

「原発等に対する危険・悪イメージ誘導等を行いたい」のだろう』。

『「こんな事態等に対する防衛策」としても、

「情報・教育の正常化・健常化は有効」だが』。

|

お笑い、テレ朝昼番の犯罪者心理分析・・・。

『「顕在的自己承認欲求追及の塊みたいな厚顔無恥の常連出演者等」が「犯罪者の顕在的自己承認欲求と潜在的自己承認欲求を語った」り、「上辺の浅い心理分類を語った」り・・・、で「結局、犯罪撲滅に対し、ロクな助けにもならず・・・」。

「本当に、呆れています」』。

『「顕在的自己承認欲求」を「考える前」に、

「本来欲求」と「代償欲求」を「考えず」、

「本質的善悪」も「考えていない」から、

「こんな寒いお笑い状態・・・になっている事」に、

「いい加減気づくべき」でしょう』。

『「自己承認欲求」とは「自己確認欲求と同様の欲求」だ。

「元々、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続し続けようとしている生体」には、

「自らが居る環境の中で、自らの状態を確かめ続ける、生物的自己確認欲求がつきもの」である。

「自己確認欲求から得られる自己確認情報を基に、存続の為の行動等が起されている」のが、

「生物の基本実態」だ』。

『「この本来的基本実態」は「どの生物にも有る」。

「地球生命体細胞群(別に、他の表現でも良いけど・・・)」は、

「その存続の為の行動を続けて来た事により、

より高構築度の生体を生み出し、

地球生命体細胞群自らが置かれている環境を理解・把握出来ると共に、

地球外へも自らが存続可能と出来る環境整備等さえも行える人類を生み出した」。

「人類に至っては、存続の為の基本欲動・基本行動として、それらの理解・把握や環境整備等も、本来的に保持させられている」のだ。

「人類にとっての本来欲求」とは、

「個人や全ての人類も含む地球生命体細胞群としての生体としての存続を可能にし続けて行く」と共に、

「上記それらの理解・把握や環境整備等を行っていく事」である』。

『「それでは、代償欲求とはどんな事になるのか?」

「生体としての存続を可能にして行く事や、それらの理解・把握や環境整備等に直結していない事」だ。

「例えば、

生体的には不要な過剰な飲食」や、

「生体的自己確認欲求としては必要の無い自己確認行為等」だ。

「具体的に言うなら、

例えば、他の者・物・事を使った自己確認(自己承認と表現しても良い場合も多い)行為等」が「それに当たる」。

「賞罰等により他人に自分を認めてもらう事」も

「言うまでも無く、自己確認欲求の代償欲求」である』。

『「本来欲求の充足」は、

「自分で自分を認めた実感を得る事」だ。

「この本来欲求の充足が上手く行かない場合、人間は代償欲求の追及に奔走し易くなる」。

「飢餓時代の人類が、代償欲求の追及に奔走し易く、

代償欲求を追及する事が、新たで多様な文化・文明等を生み出して来た事」も

「現実」だ。

「しかし、それは、人類の旧世代の現実として、葬り去られるべき現実」に他ならない。

「人類が本来欲求充足型の新世代に進化出来ない場合」は、

「人類滅亡が超特急でやって来る」』。

『「当たり前の事だが、代償欲求の追及では本来欲求は充足され得ない」。

「本来欲求の充足を忘れて、代償欲求の追及に奔走する事」は「非常に危険な行為に他ならない」のだ。

「貧困や人類の実体や現実からかけ離れた情報・教育等(宗教も含む)が、犯罪や戦争等の元になる理由が、ここに在る」』。

『「本来欲求は、基本的には、自己完結」だ。

「だから、人間の基本」は、

「自分で自分を健康にコントロールし続け、自らの本来欲求の充足を、悪影響が出る程までには、怠らない事」だ。

「そして、人間社会の基本」は、

「その社会で暮らす誰もが、

自分で自分を健康にコントロールし続ける為の環境・情報・教育等が得られる事であり、

本来欲求の充足を必要十分に行える事」だ。

「誰もが、

自分で自分を健康にコントロールし続ける為の環境・情報・教育等が得られ、

本来欲求の充足が必要十分に行える社会の構築」は

「犯罪抑止・戦争抑止に直結」する』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わり」に、

「他人を支配・コントロールしようとしたり、他人に自分を支配・コントロールさせようとしたり、する」のは、

「言うまでも無く、代償欲求」である。

「そんな事をどんなに行い続けても、本当の満足は得られない」。

「多くの人々が代償欲求の追及に奔走している世界や人間社会に平和はあり得ない」』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には、

「自分の実体を理解・把握する事」が「必需」だ。

「現代人なら、誰もが、理解・把握すべき事」は、

「人間も含む全ての生物の誕生・死は、細胞ごとである事」と、

「細胞ごとの誕生・死を、いちいち、全て、理解・把握した上での行動では、余りにも、効率が悪過ぎるので、生物の行動指令中枢は、丸ごと一人で理解・把握したがる事」だ。

「人の生死の実態は、細胞ごとであり、人の思いは、丸ごと一人で思いたがる」のである。

「人類誰もの現実である、この基本中の基本をちゃんと理解・把握する」なら、

「現実離れし過ぎている丸ごと一人の殺人の愚かさやバカらしらも、分かる筈」だ。

「殺したい者・物・事は何なのか?」と問われ、

「例えば、人類の実体から余りにも現実離れし過ぎている現実の丸ごと一人の殺人!」等と

「誰もが応える人間社会が構築されている」なら、

「殺人事件も激減する事になる」。

「丸ごと一人の殺人を実動に移してしまう病的な脳細胞神経ネットワークこそが、殺されるべき実体」なのだ。

「どうすれば良いのか?」

「そんな脳神経細胞ネットワークを使わない・使わせない事」だ。

「それなのに、まるで丸ごと一人の殺人を教え続けている様な情報・教育等々が蔓延り、

人類誰もの実態である細胞ごとの誕生・死等についての理解・把握を助ける情報・教育等が、阻害されている」のが、

「お寒い現状人間社会の実態」なのだ。

「代償欲求の追及に奔走・・・」を

「推奨している情報・教育が蔓延り、

本来欲求の充足を満足に言わない」のが、

「お寒い現状人間社会の実態」なのだ』。

『「そもそも、殺人欲動の元である殺有害細胞欲動」は、

「誰もが保持」している。

「誰もが、この殺有害細胞欲動という本来欲動だけをこなし続けている」なら、

「人類誰にでも、殺人(自殺も含む)は、全く必要無い」。

ところが、

「本来欲動をロクに考えず」、

「丸ごと一人の考え・思いダケを偏重」して

「他の者・物・事」に

「自分を投影・転嫁する事による代償欲求」を「過剰に追及している」から、

「丸ごと一人の殺人や戦争が行えて来ている」のが、

「お寒い人類の歴史」だ』。

『「今、人類は、高度に発展した物質文明相応の精神文化を身に着ける必然性を持っている」。

「それなのに、公共の電波を使って、殺人ドラマ等や、お寒いお笑い心理学劇情報等の一方的大量配信・・・では」・・・。

「情報・教育界等の人々は、自分がいったい何を行っているのか?等」を、

「よ~く考えるべき」だ。

「厚顔無恥ぶりを晒し、

現実では無く、他の者・物・事のお墨付きによる過分な立場・報酬等を得た状態で、

大量消費自慰行為等の代償欲求の追及に奔走し、

保身等により、

人類滅亡に力を加え続けている・・・」では、

「真綿で自身も含む人類全体を絞める続けている崩壊中・・・の様な状態」なのが、

「現実」なのだ』。

『「テレビ界ももちろん含む、情報・教育界等の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

ニューヨーク・タイムスの歴史認識社説・・・。

『「元々、アジア等を植民地支配していたのは欧米列強だった現実を黙殺したい人脈」と「日本を極悪に仕立てる事で自らの罪を誤魔化したい中・韓の悪権力者人脈」の「共通利益が生み出した事実・現実とはかけ離れたプロパガンダ」・・・。

「ニューヨーク・タイムスも落ちたモノ」だなぁ・・・』。

|

AIIBという中国共産党の壺・・・。

『「出資比率アジア圏が7割以上=中国共産党支配」で「泥船確定!」

「今から、西欧先進諸国が何時脱退する事になるのか・・・予想した対策が要る」でしょう』。

『「中国の壺で騙された人々の数は、数知れず」・・・』。

|

韓国政権問題を大宣伝する事で韓国(北朝も含む)系のコメンテーター等にお金を流す事を仕事にしている様相のテレ朝・・・。

『「はっきり言えば、多くの日本国民にとって、韓国の政権問題は、大問題では無い」。「多くの場合」、「出来るだけ早く、隣国としてまともな国政を行って頂きたい等とは思っていても、何処の誰が大統領になろうが、首相の金銭問題が露呈しようが、

基本的に、他国の政権の話し」なのだ。

「ところが、韓流テレビ等の人脈等では、全く事情が違う様」で

「多くの時間を割き、朝鮮系のご用達コメンテーター等を常連出演等させている」。

「テレビ界の激高出演料等を考える」なら、

「多くの日本国民が、このオカシナ状態に違和感を持っている筈」だ。

「そして、原発問題でも、安全保障問題でも、歴史認識等の問題でも、・・・、・・・、

そんな者たちの偏向論が、

日本の公共の電波を使って、

一方的に大量配信され続けている」のだ』。

『「日本のテレビ界は、その人脈も含めて、早急に健常化されるべき」だ』。

|

「小説家」村上春樹氏が記した門外の歴史認識や社会問題認識を大宣伝した共同通信・・・。

『「元々、歴史認識や社会問題認識等では、中共・韓(北朝も含む)寄りの偏向認識を散々公言して来ている村上氏」が「今更、同様の事を記しても、ワザワザ大宣伝するには値しない」。

「それでも、共同通信等が大宣伝している」のは「昨今の韓国の国政事情等が大きく影響している」のだろう。

「もはや、朴政権はヨタヨタ状態」だ。

「そして、朴政権を追い落としたがっているのは、言うまでも無く、北朝鮮寄りの人脈」である。

「ここで、後一歩、朴政権にダメージを与える事が出来れば、北寄りの政権樹立が現実味をおびてくる」のが、

「今の韓国の内情」だ。

「村上氏等の中共・韓(北朝も含む)寄りの偏向意見」は、

「どんなに、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等々が大衆誘導を行っても、もはや、日本国内では主流には成り得ない」。

「韓流人脈の言い分」では、

「その状態は、中・韓が力を付け、相対的に日本が自信を失ったから・・・」等だそうだが、

「実態は逆だから」だ。

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の酷さが広く知れ渡った」から、

「日本国内では、酷い国々を利す論は主流と成り得なくなった」のだ。

「日教組等による自虐教育や韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導が効き、

中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の酷さが隠蔽・黙殺状態であった時代」には、

「中・韓(北朝も含む)等も日本と同じ様な人間が住む国々だろうから、日本が下手に出れれば、相手も分かってくれるに違いない」等々と

「勘違い出来ていた日本国民が多かった」。

「そんな時代の日本だったからこそ生まれた」のが「お詫び談話等々(つまり、日本側が意図的に一歩引いた外交等)」だ。

「しかし、その後、ネットが普及し、~日韓併合~戦前~戦中~戦後の事実・現実が広く知れ渡る様になった後」は、

「中・韓(北朝も含む)等の国々の悪国家指導者たちが、

多くの日本国民同様の、お互い様を知り、話せば分かり合える人々では無く、

一歩引いて社交辞令的に謝れば

(元々、国の存続さえ危うくなっていた当時の韓国&韓国権力者等が生き残る為に二国間で国家契約を結んだのが日韓併合。

その後、同化政策の下、朝鮮半島内の急速な近代化を行ったのが日本。

当然、韓国・北朝鮮に謝罪は不要。むしろ、謝意等が示されるのが当然。

ところが、戦後の韓国・北朝鮮は、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始めてしまったから、敗戦火事場泥棒を正当化する為に日本を極悪にしたがり続けて来ている。

欧州列強等に蝕まれていた=侵略されていた中国に欧州列強と争う形で入り込もうとしたのが当時の日本。

欧州列強を追い出す反面、日本の支配地域が大きくなっていた。

最初の欧州侵略を言わず、日本だけを極悪に扱いたがっているのは、中国共産党。

中国共産党と日本はほとんど戦火を交えていない。

大戦末期に中国国民党軍と三つ巴の戦争を行っていたが、当時は、ロクな武器を保持していなかった中国共産党軍は、旧日本軍が中国内に居た当時は、一番弱かった。

日本の敗戦により大戦終了時に中国での勝者となったのは中国国民党軍。

大戦後、旧ソ連の絶大な支援を得た中国共産党軍は急激に戦争行為が強くなり、中国国民党軍を台湾に追いやった。当然、その時期に多数の中国人を殺している。

戦争が終わった後も、{不適応分子の粛清}等で多数の中国人を殺害して来たのが中国共産党。

旧日本軍が戦争行為で殺した中国人の数より遥かに多い中国人を殺して来た中国共産党も、日本を極悪にする事でその罪を誤魔化そうとし続けて来ている。

日本の謝罪は、大戦時アジア太平洋域で行った戦争行為についての戦争相手国の問題を抜きにした外交社交辞令的事であり、言うまでも無く、韓国や中国に対しての全面謝罪等では無い。)、

謝った事に付け入って、更に、不当な要求を突き付けて来る悪質な者たちである事」等が、

「多くの日本国民に認識された」。

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等々の悪国家権力者たちが自らの保身と利権の為に日本に謝罪を求め続けている事」等々が、

「露呈」した。

「もはや、村上氏等のシロウト以下の歴史認識等は、日本では主流に成り得ない」』。

『「そんな日本で、村上氏等の論等を大宣伝すればどうなるのか?」

「いくら、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等が大衆誘導を頑張っても、

中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の悪国家権力者たちが行っている事が変わる訳も無く、

むしろ、日本国内で確実に、事実・現実に基づいた正当な歴史認識等が根付いてい行く事になる」。

「謝罪し続ける日本を前提とする中・韓(北朝も含む)等の悪国家権力者の利権は確実に先細りする事になる」。

「現政権の先細りは、何処の国でも、政権交代のビックチャンス」と言う訳だ』。

『「韓系の者たち」は、

「日本国内で大衆誘導をし続ければ、再び、日本が謝罪し続ける状態が出来る」と

「思いたがっている」。

「北系の者たち」は、

「そんな事はもはや不可能だから、

韓国の現政権を弱体化させる為に、

日本国内で歴史認識等の問題に大衆の興味を引き付け、

多くの日本国民を韓国離れさせるよう・・・と企んでいる」。

「中国共産党系の者たち」は、

「巨大中国を支配下に置き続けている間は、小国日本の歴史認識等がどうであれ、大丈夫と思いたがっている」。

「巨大中国を維持する為に、歴史認識でプレッシャーをかけ、経済実利を得ようと企んでいる」。

「何れにしても、日本が取るべき態度は、事実・現実に基づいた道を健常に歩むだけ」だ』。

『「小説家なら、大衆に提示すべきは小説」だ。

「門外の歴史/社会問題等の認識等を大衆に提示して、

話題化し、

大衆の興味を引き付ける事で、

より多くの本購買者等を得ようとしている」なら、

「悪賢い策」だが、

「シロウト以下の認識を露呈する事で、

逆に、多くの購買者を失っているのが実状」だろう。

「現に、筆者等も、村上氏の歴史/社会問題等に対する認識を知る前は、いくらかは、村上氏の小説自体には興味が有った」が、

「シロウト以下の認識を知った段階で、全く興味を失った」。

「ノーベル賞候補・・・」と「聞いても、ノーベル賞の価値が低く思えるダケ」だ』。

『「共同通信について」は「もはや、言うまでも無い」だろう。

「実態」は、

「所謂左翼=親韓(北朝も含む)・親中共」の、

「所謂マスゴミの司令部的機関」だ。

「共同{指令}元情報」に、

「所謂マスゴミが尾ひれ背ひれを付けて、

一般大衆に一方的に大量配信し続けて来ている」のが、

「日本のマスコミ界のお寒い実状」だ』。

|

テレ朝昼番、恥知らずたちの「妬み殺人論」・・・。

『「妬み」とは「妬む側」と「妬まれる側」を「必要」とする「人間心理では、上辺の部分の概念」だ。

「そして、しばしば、妬まれる側を正当化する為に用いられている概念」でもある。

「上辺の心理である妬み」が「所謂無差別殺人等の本当の原因」なら、

「無差別殺人等は、上辺の心理に対する働き掛けで抑え込む事も可能になる」が、

「実際は、そんなファンタジーは起きえない」。

何故なら、

「所謂八つ当たり的な無差別殺人は、妬み等の上辺の心理が行わせる事では無い」からだ。

「この手の事件の本当の原因」は、

「多くの場合で、

精神心理的には、妬み等より、もっと、もっと、深い、

無意識からの、現状脱出欲動(往々にして、自己破壊欲動を伴う)の暴発による事」である』。

『「妬みが原因」なら「恵まれている者は、無差別殺人等は起こさない筈」だが、

「先日のドイツ機の副機長の例等からも明らかな様」に、

「世間一般的に見るなら恵まれている様に思える状態(金持ちのボンボンである上に、自ら大好きと公言していた飛行機のパイロット)にあった者」でも、

「世間一般的に見るなら解決の方法もある多少の負の問題等」を

「上辺のきっかけ」として、

「現状脱出欲動を暴発」させ、

「八つ当たり的無差別殺人等を起こす者は居る」のだ。

「車を持ったり、借りたり出来る、{恵まれた}者たち」が、

「その恵まれた物を使って、無差別八つ当たりを起こす事」も、

「妬み」では「十分に説明出来ていない」。

「人間誰しも、恵まれている部分もあれば、恵まれていない部分もある」。

「問題は、上辺では無く、内面でその者を、負の要素に執着する様にせしめた者(当人も含む)・物・事」なのだ』。

『「ここまで来ると、多くの人々が気づく筈」だ。

「負の要素に執着せしめる方向に力を加えた者・物・事」や

「妬まれる要素に安住している者たちの罪にも!」

「それら、何処かの誰かの現状脱出欲動の暴発に力を加え続けている者(当人も含む)・物・事」こそが、

「所謂八つ当たり的無差別殺人の指令犯」であり、

「圧力に屈し、現状脱出欲動を暴発させてしまった当人が、実行犯」なのだ。

「この殺人者等をつくり出している構造」は

「妬み等の上辺の概念を道徳的に処理したダケ」では、

「解消され得ない」』。

『「厚顔無恥の常連出演者たち」や

「実力が足りないテレビ出演心理学者(?)等」は、

「いい加減に、自らの罪にも気づくべき」だ』。

『「妬み」等の「上辺の概念」を「持ち出し」て、

「公共の電波上で、自己正当化等を謀る恥さらし」は「止め」、

「人間の実体に踏み込んだ、真に問題の解決に繋がる情報等(他の記事をご参照ください)を提供すれば良い」のだが、

「現状のテレビ界の方々では、過去の負の実績が余りにも大きい」から、

「それこそ、人脈ごと総入れ替えしなければ、無理」だろう』。

|

極悪工作員たちを摘発する方法・・・。

『「電磁波工作や飲食物工作等々によって、実際は、傷害・殺人等に至っている場合も少なからずある」が、

「その摘発は、未だ、十分に行われていない」。

「しかし、プロ工作員の数は、ある程度限定的」だから、

「プロ工作員の周辺もしくは行動可能範囲内に疑わしい死亡例や傷害例がある事になる」』。

『「プロ工作員は、

指定ターゲットの近くの賃貸物件に居住し、

仕事が終わる・・・つまり、ターゲットを死に至らしめたり、十分な障害等を与え、ターゲットの力を十二分に削いだり、出来てしまった後に、

次の指定ターゲットの近くに移る場合が多い」。

「だから、現状で、

例えば、電磁波工作濃度が高い所に居る者等の周囲の工作員等と推定できる者たちの居住場所・上辺の仕事場所履歴等を洗い、

疑わしい死亡例や傷害例等の有無を洗えば、プロ工作員の特定も可能になる」。

「電磁波工作や侵入飲食物工作等の場合」は、

「それこそ、ターゲットに付きっきりで無ければ、薄い摘発され辛い工作の積み重ねで実効を得る事は困難」だ。

「結果として、プロ工作員を張り付ける必要がある」のである』。

『「警察も公安も検察等々も、

もっと、もっと、真剣に、

日本国内で行われている電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の

ソフト・テロ的悪質工作を摘発すると共に、

工作員たちや指令者たちを厳罰に処すべき」だ。

「警察等々」が、

「反日マスゴミ」や「反日政党」等々の「圧力に屈し」、

「宗教団体等に対する法的守りを一般日本国民の健康や安全より優先している間」は、

「日本国内に、本当の平和は無い」。

「全ての一般国民は、

実際に日本国内で行われている{ソフト・テロ}を黙殺する事無く、

対応法整備や取り締まり体制整備等々も含む、実効のある対策に力を添えるべき」だ』。

|

福井地裁、原発再稼働差し止め仮処分判決で嬉々としているおバカ、もしくは、悪たち・・・。

『「まるで、民主党政権成立時の鳩山元総理の満面の笑顔と同様の顔をしていた」のが、

「福井地裁による、おバカ、もしくは、悪的な、{異常}判決が出た後」の

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中での極東地域日本のみ脱原発派等々の方々」だった。

「おバカたちの為(確信犯の悪たちには、何を言っても無駄だろうから・・・)に原発の安全保障問題の基本的要素を以下に列記」する』。

『「先ずは、原発がアブナイ状態に陥る場合」だ。

「操縦ミス(チェルノブイリ等)」や

「建物・使用部品等の欠陥(表面化した国・事例ダケとは限らず、他にもっと悪質な事例もある可能性も決して小さく無いので、敢えて、何処の国の何処の原発とは言わないが、性能試験データ偽造部品を使っていた他国の原発も在った)」や、

「災害対策見積もり・施工等の誤り(福島第一原発の場合はコレに当たる)」等々の、

「人災」だ。

「そして次」は、

「原発への大隕石の落下」や、

「東日本大震災レベルより遥かに大きな超巨大地震や新たな九州が出来てしまう様な超巨大噴火等の超巨大自然災害」だ。

「更」に、

「テロ・戦争」である』。

『「原発事故の影響は国境を越える事」や、

「上記の危険要素を考える」なら、

「誰もが解る事」だが、

「原発の安全保障は世界全体で行われるべき事である事」は「疑いの余地が無い」』。

『そして、

「上記の安全保障を全て、原発を運営する電力会社に任せる」のは、

「明らかな間違い」だ。

「テロ・戦争等に関しては、国の安全保障問題として対策が行われるべき事に他ならない」。

「大隕石の落下や、超巨大自然災害等に対して」は、

「実効のある対策は困難」だ。

「落下して来る大隕石を前もって観測し、ミサイルで破壊する事くらいは、先進国なら可能」だろうが、

「破壊され、バラバラになった隕石の破片の全てから逃れる術は、現状では無い」だろう。

「超巨大地震・超巨大噴火等の超巨大自然災害による影響」は、

「原発事故による影響を大幅に上回る」。

「その上、大隕石の原発への落下にしても、超巨大自然災害にしても、それらが起きる確率は、極々小さなもの」だ。

「現実には、完全安全は無い」のだから、

「其処までの事にまで、安全保証を無理強いする」のは「現実的では無い」』。

『「世界全体での原発の安全保障を考える」なら、

「科学技術先進国日本が果たすべき役割」は、

「原発関連の安全技術の向上に努め、

より良い技術・製品等を全世界に提供・還元する事で、

人類全体がより安全に原発を使える様にする事」に他ならない。

「日本が原発から退けば、必然的に、中国や韓国やロシア等々による原発使用&安全管理の負担割合が増大する。

「その事による危険性増大度を考える」なら、

「核の怖さを十二分に知っている科学技術先進国日本」が

「むしろ、原発を積極使用すると共に、より高い安全技術等を構築し続け」、

「良い技術等を世界に還元する」で、

「日本を含む世界全体の原発に対する安全保障を向上させる道の方」が、

「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ脱原発より、

遥かに実効のある安全対策になる事」は、

「疑いの余地が無い」』。

『「次に、問題となる」のが、

「原発使用に必要性はあるのか?」だ』。

『「人類の科学の進化の歴史を考えれば明らかな事」だが、

「人類の科学の進化」は「より高いエネルギーをより安全に使用出来る様に進化し続けて来ている」。

「原子力もその流れの上で使用可能となった」。

「人類が科学を進歩させ続ける限り、この流れは止まらない」。

「また、宇宙は放射線だらけ」だから、

「人類の本格的宇宙進出を可能にする為にも、原子力&放射能制御技術等の向上は避けて通れない事」だ。

「逆に言えば、科学の進歩も、宇宙進出も諦めるのなら、原発使用(つまり、原子力の平和・安全制御利用等)等を諦める事にも正当性が出てくる」が、

「そんな事で、日本社会全体での大衆合意が得られる訳も無い」』。

『「経済発展と地球温暖化抑制の観点から」も、

「原発は、使わざるを得ない」のが「現実」だ。

「逆から言えば、経済発展を諦め、地球温暖化を無視する」なら「原発不使用も可能」だが、

「そんな事で、日本社会全体の合意が得られる訳も無い」』。

『「高価・不安定な再生可能エネルギー発電に依存」では、

「利用者負担が激増する」ばかりでは無く、

「経済競走上明らかに不利になり」、

更に、

「不安定分を補う為に発電量の調整が容易な化石燃料発電が大量に必要となる」から、

「温暖化ガス抑制も満足に出来なくなる」。

「それは、脱原発を決めたドイツの現状を見れば、誰もが解る事」だ』。

『「上記の様な当たり前の考察をしている」なら、

「現状では、世界的にみても厳しい方に入る日本の新安全基準を満たした原発」を「再稼働させない判決が出る訳も無い」。

「つまり、今回の福井地裁の判決は、明らかに異常」なのだ』。

『「戦後の日本社会の異常事態の元の多く」は「韓(北朝も含む)流・中共流人脈の影響下にある」。

「日本の原発再稼働が遅れる分の悪徳漁夫の利」は、

「韓国や中国共産党支配下の中国等に行く現実」からも、

「今回の判決の裏に巣食っている人脈等の問題の臭い」は「明らか」だろう』。

『「今後は、この{異常}判決を出来る限り早く、是正されるべき」であり、

「日本社会全体としては、その方向に向かう事になる」。

「それは、日本を細らせた反面で韓国や中国を太らせた民主党政権が、当然の如く、政権交代させられたのと同様の事」だ』。

『「民主党政権誕生時には、嬉々としていた鳩山元総理」だが、

「昨今の表情」は「多くの方々が良くご存知の通り、冴えない」。

「実現不可能だった、沖縄普天間基地移設、最低でも県外!」等々の

「失政の責任」を考えれば、

「当然過ぎる程当然」だ。

「福井地裁で判決を出した裁判官も、判決を受けて、現状では嬉々としているおバカや悪たち」も、

「その近未来の姿」は「多くの人々には、既に見えている」のだろう。

「現状ではおバカ状態」で「見えぬ!」は、

「裸の王様/王女様たち」だ。

「日本社会の中での恥や汚名等々は承知の上で、日本にダメージを与える事を仕事としている悪どもの幹部連中」は、

「今頃、中国共産党や北朝鮮や韓国悪権力者等々の何処かから、工作成功報酬でももらっている」のかも・・・。

「下っ端工作員たちは、一先ず、粛清から逃れられて、一安心・・・」等、

・・・といったところか・・・。

「何れにしても、哀れ・・・」である』。

『「それにしても、{異常}判決を嬉々として大宣伝していた韓流テレビ」とは・・・。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育」等々の「是正は急務」だ』。

|

アシアナ航空機、広島空港で着陸失敗事故問題・・・。

『「着陸時に低空浅角度から進入し、誘導レーダー塔に接触した韓国アシアナ航空機」・・・。

「幸いな事に、その後、滑走路内で止まり、火災~爆発等も起こさなかったので、死亡事故等には至らなかった」。

「しかし、負傷者の数も多く、滑走路が一本だけの広島空港は、空港機能を失った」。

「被害は決して小さく無い」』。

『「こんな事態は、何故起きたのか?」

「低空浅角度からの進入」と言えば「米国で韓国機の事故が起きた時と同様」だ。

「火災~爆発に至らなかったのは、燃料がほとんど残っていなかったから」だろう。

「第一に推定される」のは「パイロットの操縦ミス」であり、

「次は、燃料不足による出力低下」だろう。

「特異な気象条件でも無かった限り、どちらにしても、人災である可能性が極めて高い」』。

『「人災問題にこそ、現代人類文明が抱えている非常に大きな問題が在る」のだ。

「地球温暖化も人災」である。

「戦争も人災」だ。

「原発でも、航空機でも、自動車でも、船でも、建物でも、・・・、・・・、」・・・。

「人類が、全世界ぐるみで、早急に人災問題の解決策を実行するべき時」は「とっくの昔に来ている」』。

『「具体的な部分は他の記事をご参照願いたいが、物質文明相応の精神文化の育成」が「急務」なのである』。

|

埼玉県高校生韓国万引き問題の重大疑問・・・。

『「テレ朝朝番が報じた、学校側の説明」によれば「現地韓国側コーディネーターの強い勧めで、そのコーディネーターの親戚が経営するショッピングモールに高校生を行かせ、その中でのみ自由行動にした」との事だったが、

「そんな韓国側のいいなりになっている様な事態こそが、異常」だ。

「学校の教育・行事等に他国、しかも、反日国の者の意向を強く反映させている学校って!本当に日本の学校なのか???」』

『「スポーツでも学業でも、相応の実績を上げている高校」らしいが、

「その実績とは、単に試合等の勝者である事や、有名大学に入学する事で、

生徒の内実の成長や充実は???」なのだろう。

「試合や試験で勝てば良い!」では、

「健常な人間は育たない」。

「学校教育で教えるべき」は「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」に他ならない。

「試合や試験の結果は、そのずっと後」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける者なら、極一部の試合や試験の結果に過剰反応を示す事も無い」。

「結果が良ければ、それも良い」。

「例え、結果が悪くても、それで決まりや終わりでは無い」。

「それが、当たり前」だ』。

『「試合や試験に勝てば良い!ダケ」では「人生を誤る者たちも多数出る」。

「何故なら、ライバルが落ちる事でも、勝ちは容易になってしまうから」だ。

「ライバルの状態を劣化させり、

ライバルを不当な手法で蹴落としたりした、

低レベルの勝ちにどれ程の意味があるのか?」は、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国の内情を見れば明らか」だろう。

「そんなモノは、勝利では無い」。

「正邪も分からぬガキの比べっこ」だ』。

『「そもそも、23人もの生徒が集団万引きする状態をつくり出してしまった教育って何!?」

「普通なら、23人も居るなら、その集団の中の誰かが、悪い事は止めよう!と悪事にブレーキをかける筈」だ。

「23人も居ながら、誰も、悪事を止めない状態」とは、

「その集団全員が悪者か、その集団が極一部の悪者の強い支配下にあるか」だろう。

「どちらにしても、異常」であり、

「そんな状態を誘ったり、容認していたり・・・した様相の、学校教育等にも大きな問題がある」』。

『「韓国側が用意した器の中で、韓国側を正義ぶらせる日本国籍生徒の集団万引き」。

「この状態が、暗に示唆している事」は、

「お手盛り自虐劇等」だが、

「果たして」・・・』。

『「学校側の用意した器」にも、

「学校教育の臭い」にも、

「お手盛り自虐劇の役者を養成する要素がある事」は、

「確かな様・・・で」・・・』。

『「そんな状態の犠牲になっているかも知れない生徒たち」が、

「日本国内で、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利する為の工作活動等を行わせられる様に操られていない保証」は、

「何処にも無い」』。

『「電磁波工作を行っている若者」や、

「飲食物工作を行っている若者バイト等」の

「実在」からも、

「日本国内に巣食っている悪人脈の摘発問題」は「急務」だ』。

『「悪に操られて、自分を工作員化する」のは「老若男女問わず、本質的におバカ」である。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける」のが「正常な生き方」だ。

「悪工作や操り等を知ったなら、その実態を暴露してこそ、正常」である』。

『「また、可能性としてある」のが、

「事前の集団催眠的マインドコントロール等+韓国側が用意した器内での電磁波等悪用指令等による操り」だ。

「現状の電磁波技術」は、

「電子回路に信号情報を侵入させたり、

直接脳神経等に特定の刺激を与える事さえ可能になっている」。

「プレ催眠等+電磁波悪用指令で、集団万引き等を行わせる事も不可能では無い」。

「そのスジの悪たち」は、

「電磁波で直接、人間の頭心体にダメージを与える{実験}と共に、

上記と同様の手法で自殺や事故等を起こさせる{実験}も以前から、何度も行っている」。

「中には、成功してしまった場合も、少なからずある様」だ。

「そんな非人道的{実験}実践の為の駒」として

「不特定多数の者が、老若男女問わず操られている」。

「特定ターゲットに特定電磁波を継続的に当て続ける事が必要だから」だ。

「その辺りとの関連」も、

「徹底検証するべき」だ』。

|

埼玉県内日本国籍高校生韓国で万引き問題・・・。

『「先の大戦直後の略奪ぶりや、対馬の仏像盗難犯等の現実からも分かる通り、他国での略奪文化」は「悪韓国人系のお家芸」だ。「そして、根っ子が同様・・・の日本国籍を持つ似非日本人のお家芸でもある」。

「日本を貶める為の工作活動報酬でももらっているのでは?」とさえ「容易に思えてしまう愚行」の「実態」は、

「徹底解明されるべき」だ』。

『「恐らく、実態としては、悪いリーダーの下で、多数が操られた」のだろう。

「そして、悪いリーダーの裏に、もっと悪いマインドコントロール者等が居る可能性も小さく無い」。

「そんな事態(実質的操り工作活動)が日本国内で行われてしまう程、戦後の日本社会は病んでいる」のだ』。

『それは、

「日教組等による学校教育や韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等による自虐教育・情報等による多くの一般日本国民操り」等々の

「悪の実績」を考えれば「誰でも分かる筈」だ。

「戦後の日本国内は、そのスジの悪行で汚染され続けて来ている」のが「現実」なのだ』。

『「今回の韓国で万引きした高校生」も「表面ダケ」では「その本質が判ら無い」かも知れない。

「しかし、内実を、実行犯だけに限らず深く掘り下げれば、病根を暴き出す事は可能」だろう。

「忘れてはいけない事」は「その悪事が、実質的に利したのは、韓国側という現実」である』。

『「今回の事件」で、

かつての「所謂左翼より出来の悪い所謂右翼」や

「ヘイト・スピーチ問題」等々と

「同様の感を得てしまった」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「其処にこそ、現状日本国内の人脈問題が在る」』。

『「そもそも、日韓併合を日本による植民地支配だ!と言う」なら、

「そんな韓国(北朝鮮も含む)人たちは、祖国・母国に帰るのが当然」だろう。

「植民地支配をした悪の国で暮らすより、祖国・母国で暮らす方が遥かに精神衛生上も良い筈」だ。

「終戦直後、ほとんど全ての日本人は、朝鮮半島内から、日本に帰還させられた」が、

「当時日本国内に居た朝鮮人の多くは、未だに、日本国内に居続けている」。

「帰化した人々の数もかなり多い」。

「心底から、日本国や日本国民としての文化等が好きで帰化したり、日本国内に居続けているなら、多くの日本人も大歓迎だろう」が、

「日本の乗っ取り支配等の為に日本国内に居続けている」なら、

「嫌われるのが当然」だ。

「日本を貶める事に直結する今回の万引き事件」も、

「日本乗っ取り支配工作の極一部としてなら、整合性が有る」。

「日本を貶める事で韓国系等が正義ぶる事への力添えになるから」だ』。

『「埼玉と言えば、元々、そのスジの人々が多いところでもある」。

「オマケに、所謂新興宗教が旺盛な所まである」。

「所謂新興宗教の中では、韓国系の者が実権を握りしめている場合も少なく無い」。

「万引き犯の中に新興宗教関係者等の影響を受ける者等は居なかったのだろうか?」

「その辺りも検証されるべき」だろう』。

『「新興宗教系の団体の中には、マインドコントロールや電磁波工作や飲食物工作まで行っている悪質な所まである」。

例えば、

「昨今、日本国内に蔓延している日韓併合後の現実情報等を悪用」して、

「韓国を懲らしめてやれ!」等の

「(集団)マインドコントロール」で、

「韓国に万引き犯を送り込む事等は、それこそ、朝飯前の工作」だろう』。

|

株価2万円台回復とおバカ、もしくは、悪的な、浜氏のトリプル暴落論・・・。

『「先ず、全ての人類が把握すべき」は、「現状の経済システムは、実質的にまともなモノでは無い事」だ。「しかし、それでも、実際に変更可能な代替え策が出て、それが、人間社会全体の大衆合意を得ない限り、現状の経済システムを利用した人間社会の運営を行わざるを得ない事」もまた「現状の現実」だ。

「とりあえずは、現状の経済システムを使わざるを得ないのだから、先ず、誰もが、考慮すべき事の一つ」は、

「現状で経済的価値のベースとなっているのは何か?」だろう。

「ところが、おバカ、もしくは、悪経済学者等は、経済システムだけを偏重し、経済の価値ベース等を黙殺したがる」・・・。

「経済システムだけ」で「考える」と「日本の国家財政状態等は、危機的状態」だ。

「しかし、そんな危機的財政状態国家の中の実際の日本経済は、危機とは程遠い、株価2万円台を回復」した』。

『「現状の経済システムで経済的価値のベースとなっている」のは、

「先進科学技術力」だ。

「もっと、はっきり言えば、先進軍事力」である。

「何故なら、元々、人類が歴史上で築いて来た現状の経済システム」は、

「武力覇者の決め事」だからだ』。

『「今までの人類」が、

「支配権争いにせよ、

金銭的価値のある者・物・事の争奪戦にせよ、

最終的に勝敗を委ねたのは、軍事力」に他ならない。

「価値や魅力が高い者・物・事を保持し、それを高く売りたくても、

武力が伴っていなければ、武力に屈しざるを得なかった」のが、

「人類経済の歴史の実態」だ。

「過去の先進軍事力による経済的集荷等が、

その後、敗戦でもしない限り、

現在の経済のベースとなっている」のが「現実」だ。

「そして、為替等も、そのベース上に築かれて来た」』。

『「平時が続くと、武力による経済的集荷メリット等は、必然的に後退」する。

「逆に、ある程度以上の開発生産力等を保持出来ている(つまり、先進軍事力に繋がる・・・)国家等なら、為替逆メリットが浮上」する。

「戦後の日本経済が高度成長出来た理由の一つ」は、

「この開発生産力(元々、欧米列強と渡り合うくらいの先進軍事力開発能力を保持出来ていた日本だったから、戦後の開発生産力も相応に有った)」であり、

「もう一つ」は「平和維持による為替逆メリットの享受維持」だった。

「一ドル360円固定だった為替逆メリットの修正を求められる状態になった後の日本経済」は、

「高度経済成長状態維持が困難となり、バブル化し、・・・その後は、皆さま良くご存じの通り」だ』。

『「現状の経済システムは、元々が、現実・実体離れした経済システムなので、

古今東西、それこそ何処の国でも、

上記の様な架空ドラマ的な動きも稀では無い」のだ』。

『「現在の日本も、言うまでも無く、先進科学技術力を保持している」。

「そして、日米安保等で、先進科学技術力を保持している米国との距離が非常に近い」。

「だから、基本的に、現状の経済システム&現状の日本の国政状態下では、米国も、日本も、基本的に経済破綻し辛い状態にある」。

「先進軍事力がベースとは、お寒い話しだが、それが、現状の人間社会の現実」だ』。

『「逆に、日本経済を破綻させたい」のなら、

「現状の経済システムを変える事より、日本の国政状態や国内状態を変える事の方が容易」だから、

「例えば、米国との距離を遠ざけ、先進科学技術力を保持出来ない状態にすれば良い事になる」。

「浜氏が、おバカでは無い」のなら、

「浜氏は、この方向に日本を引っ張ろうとしている悪」だろう。

「日本経済トリプル暴落が実現する為」には、

「日米の距離が遠くなり」、

「日本の先進科学技術力が無くなる事」等々が、

「必需」なのだ』。

『「米国に次ぐ経済大国とまで言われている中国経済の実体」は、

「大規模・大人数経済」だ。

「先進科学技術等のコピーは出来ても、先進科学技術を自ら生み出す事は、未だ、未だ・・・の中国」の

「経済の後ろ盾」は、

「数の軍事力」だが、

「世代遅れなので、その実効は薄い」。

「その上、現状の中国は、中国共産党支配下」であり、

「政治体制も、旧態依然」だ。

「中国経済の場合」は、

「大規模・大人数のメリットがある内」に、

「先ず、変える事が比較的簡単な国内の政治体制を現代化、つまり、民主化」し、

「民主化社会で無ければ実現し得ない、先進科学技術開発力等々を少しずつ身に着けて行く事」等々を

「実行出来なければ、破綻があり得る状態」なのだ』。

『「この中国の状態は、日本経済が破綻しようが、しなかろうが、変わらない」。

「経済でも、何でも、他の者・物・事を蹴落とせば、自分が助かるというモノでは無い」のである。

「中国共産党支配下の中国の経済等が、他の者・物・事を蹴落とす事で助かる世界があるとすれば」、

「この地球上の全ての国家・国民が、中国共産党の下に置かれる状態上にしか存在し得ない」が、

「そんな状態を人類全体が許容する訳も無い」。

「つまり、日本国内で、日本を蹴落とす事で、反日国等を利そうとしている連中の行っている事」は、

「根本的に無駄」なのだ』。

『「経済価値のベースとなる物として、他に、エネルギーの元がある」。

「化石燃料も、レアメタルも、ウラン等も、・・・みんな、エネルギーを生み出す為に必要だから、元となれている」。

「しかし、先進科学技術力は、エネルギーの元の領域も広げて来ている」。

「化石燃料等の使用には、温暖化ガス問題も付いている」。

「特定のエネルギーの元による経済元力は、この先、急速に縮小して行く事になる」。

「ロシアも、中東の国々等々も、今から、その後の実効のある対策を実践して行く事が非常に重要」だ』。

『「人類全体として考える」なら、

「経済システムの現実化(現実との整合性を高める事)が一番」だが、

「その前には、政治・社会・情報・教育等々が現実化されていないと、大衆合意も困難」だ。

「民主主義は、現実化主義より一周遅れ」、

「特定極一部の者たちが、強大な権力等を保持する(結果として、集団独裁主義となる)所謂社会・共産主義は、民主主義より一周遅れ」、

「特定の人に頼る(強大な権力を持たせる)にせよ、神を人の代わりに置くにせよ、

独裁主義は、民主主義より更に二周遅れ(中国共産党支配下の中国は、実質的に、この段階)」である。

「権力は、人が持たず、事実・現実に預ける事で、事実・現実と共にある誰もが共有出来る様にする・・・科学の世界では、既に、当然の事」だ。

「また、

人類の精神・心理等の進化の方向性と、

本来欲求の充足と代償欲求の追及のバランスを考えれば、

人間社会の政治体制の歴史や進化等は、

誰にでも、分かる事」だ』。

『「人類の精神・心理の進化」も

「科学の進化と同様」に、

「事実・現実の把握領域が広がると共に、

落ち着き(ゆとり)領域が広がり、

より把握領域が広がり易くなって来ている」。

「そして、現実把握に基づき、現実から遠ざかるのでは無く、現実との整合性を高める方向に向かっている」。

「現実や実体を把握・認識したり、科学技術等を進化させる事」は「人間としての本来欲求」に他ならない。

「分からない事が多くて、他の者や神に頼らざるを得なかった時代の人類」は、

「必然的に、現実逃避や、代償欲求の追及が多かった」。

「現代人は、それこそ、自分の心身の実体との整合性を取る事さえ可能になって来ている」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける」のが「本来の支配欲の充足のさせ方」である。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、他の者・物・事を支配したり、他の者・物・事に自分を支配させたり・・・する」のは「代償欲求の追及」に他ならなない。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為には、自分の実体をちゃんと理解・把握する事が必要になる」。

「極々基本的な事を記せば、

人の実体は、細胞ごとの誕生・死であり、

人の思いは、丸ごと一人」だ。

「毎日、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続しているのが、生きている人の実態」だが、

「そんな実態を無視して、丸ごと一人の思いダケを偏重する」と、

「今、この瞬間にも実体験している死を恐れ、あの世を思い、霊を思う」。

「正に、おバカの死の壁」である。

「丸ごと一人の死を恐れたり、あの世や霊を考えている暇がある」のなら、

「今、この瞬間の自分を自分で健康にコントロールする事等を考えれば良い」のだが』。

『「現実離れしている経済システム上での株価2万円台回復」で「嬉々とする」のも、

「日本経済トリプル暴落を考えるおバカ、もしくは、悪」も、

「果たして、どれだけ、自分で自分を健康にコントロールしているのだろうか?」

「もし、人類誰もが、

他の者・物・事を支配したがったり、他の者・物・事に自分を支配させたりする代償欲求の追及を余りにも偏重せず、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事を主軸にしている」のなら、

「とっくの昔に、格差是正も、世界平和も、実現している」のだが』。

|

沖縄普天間移設問題をつくった民主党目線の韓流テレビ問題・・・。

『「元々、民主党政権時の{最低でも県外!}が無ければ、現在の沖縄基地移設問題は、起きていない」。「まるで、中国共産党の代弁者の様相ですらある翁長知事も誕生していない」だろう。

「沖縄米軍普天間基地を辺野古に移設する事を問題化させた」のは「民主党政権」に他ならない。

「現在の民主党」が「民主党政権時の悪政・失政等に対し、真摯に反省し、再発防止策等を講じている」なら、

「普天間移設問題がこじれさせた事に対する謝罪等が当然」だ。

「それなのに、本来あるべき謝罪は何処へやら・・・、

実質的には、民主党の失政の後始末をしている現政権の官房長官と翁長現沖縄県知事との会談時期について、アレコレ正義ぶって言っている」のだから、

「政権転落後の民主党もどうしようも無い」』。

『それなのに、

「日本の公共の電波を使って情報を一方的に大量配信している韓流テレビ・ラジオ等」では、

「未だに、民主党目線の情報配信を続けている」。

「民主党政権の生みの親」なら「民主党同様、先ず、謝罪が適切」だ。

そして、

「沖縄翁長県知事の生みの親」は、

「沖縄のテレビ・ラジオ・マスコミ等に他ならない」のだ』。

『「現在の沖縄」では、

「かつて、日本全体が民主党政権時だった時と同様」に、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導下で、

翁長県知事が誕生」し、

「まるで、遥か昔の安保反対運動と同様の事態が辺野古で起きている」のだ。

「日本国としての政権は既に民主党政権から政権交代している」のだから、

「ねじれは当然」だ。

「そして、日本全体としては、民主党政権が復活する可能性はほとんど無い」のだから、

「ねじれ解消の方向性も、もはや明らか」だろう』。

『「日本の公共の電波を使って情報を一方的に大量配信しているテレビ」なら、

「普天間移設問題について、先ず言うべき」は、

「元々、辺野古移設合意が出来ていた状態を、

{最低でも県外!}という実際には実現できなかった無責任な発言で壊した民主党政権の責任」だ。

「民主党政権の責任を言わない」から、

「未だに、沖縄では、実現が、不可能、もしくは、非常に困難な夢から目覚める事が出来ていない方々が多数居る」のである』。

『「民主党目線の韓流テレビ等」では、

「沖縄県民の夢逃避状態をサポートし、

沖縄県民以外の日本国民もその方向に誘う事」で、

実質的には、

「米軍基地再編を遅らせ」、

「その分だけ、中国共産党等の軍備増強等による圧力の効果を高めている」。

「更に、普天間に基地が在る内に、

米軍が事故でも起こし、

その事によって、日米安保に亀裂が入る事を望んでいる様相ですらある」のだ。

「中国共産党等とは、反日政策まで行っている中国の国家・国民の上に在る独裁組織」だ。

「そんな組織を利してどうする???」

実質的に、「国益・国民益を大きく損なう事態」が「其処に在る」』。

『「日本の公共の電波を使っていながら、

実質的には、

日本の国益や日本国民の安全等を害すと共に、

反日政策まで行っている中国共産党等を利す事」を「行っている様な連中」に、

「何時までも、日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続ける必要は全く無い」』。

『「普通のテレビ」なら、

「先ず、大々的に言うべきは、民主党政権の責任であり、

日本国としては、民主党政権から政権交代している事」だ。

「其処が沖縄の方々にもちゃんと伝わっている」なら、

「多くの沖縄県民の夢逃避も解消されている筈」だ』。

『「確信犯の中国共産党の手先」や

「確信犯の韓国(北朝鮮も含む)の手先」等は、

「沖縄県でも、その他の都道府県内でも、日本国内では少数派」だ。

「しかし、その少数派の意向に沿う情報提供が、

テレビ・ラジオ・マスコミ等、

情報を一方的に大量配信出来る機関から、

一方的に大量配信され続けている」と、

「多くの日本国民が、少数派の意向に沿って動かされてしまう」。

「こんな不健全な状態」は「早急に解消されるのが当然」だ』。

|

本日は、強化されてしまった当方の住処の電磁波対策で金も時間も使わざるを得なかった・・・。

『「本当に、迷惑な事」である。「東南方向からの工作電磁波が強化された」ので「仕方なく、金と時間をかけて、対策も強化」した。

「所用で行く必要のあるS市市役所駐車場等への工作電磁波も強化されている」ので、

「車の電磁波対策も強化した」。

「当然、まともな日本社会なら必要の無いお金も時間もかかっている」』。

『「日本政府も警察等も、いい加減に、工作電磁波を徹底的に取り締まり厳罰に処するべき」だ』。

|

韓国に竹島を不当占拠されても、北朝鮮に国民を拉致されても、満足な対応を示せない日本国だから、中国共産党は尖閣諸島の略奪が可能と思い込んでいる・・・。

『「タイトルの事態は、戦後の日本国が普通の国では無いが故の象徴的事」だが、

「日本国内に居る韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の手先たち」は「大歓迎」だったりしている事は、

「韓流テレビ・マスコミ等の論調を見れば誰にでも明らか」だろう』。

|

昨日も侵入工作があったが・・・。

『「防犯カメラシステム用コンピが電源オフにされていたので、直ぐに、侵入アリが判った」が、

「今回は、玄関の簡易封印まで外して、再び付けているので、遺留物がそれなりに残っている筈」だ』。

『「何の為に侵入したのか?」を「推定する事も簡単」で、

「当方の部屋内の電磁波対策を確かめる為だろう」と「強く推定出来る」のは、

「その後の電磁波の特性や強さが変わったから」だ。

「何としても、電磁波工作による実績を上げたいのだろう」が、

「無駄」なのは、

「当方も直ぐに気づき、実効が無い程度に対策するから」だ』。

『「気づかれた時点で、この手の工作活動は、基本的に負け」である。

「飲食物工作の実効が出ない」のも「同じ理由」だ。

「ちょっとでも異常があれば、同じ店や同じ物を飲食しない」から、

「余程、強い工作物質でも入っていない限り、実効は出ない」』。

『「電磁波も同様で、一定期間に一定以上の照射が無ければ、実効は出ない」。

「筆者の周りでは、相当強くしてある様」だが、

「対策も相応に強化している」ので「実効は出ない」のだ』。

『「笑えるのは、家の中は、結構対策がしてあるので、外でも執拗に電磁波を浴びせ続けようとしている」が、

「そんな事態は、正に、お仲間や工作被害者の暴露」にしかならない。

「例えば、埼玉県S市の市役所とか、その周囲の建物の一部」や、

「S駅の近くのマンションからも、工作電磁波が出ていた」。

「車に至っては、もっと、お笑いで、当ブログで以前記した、ナンバープレートの数字の特徴を微妙に変化させた車に乗っている者たちも交じって」、

「当方が、

携帯電話を生かしている時には、

執拗な程前後に位置取りたがり、

携帯電話を生かしていない時には、

その割合が減る」。

「車にも、相応の対策を施してあるので、工作電磁波の感知は簡単で、実効は出ないのに」・・・。

「以前、少し、反射率を高めた防御版を後ろに置いて置いた時には、多くの電磁波工作車が程なく逃げる」。

「本気で対策するなら、もっと反射率を高めれば良いダケ」だろう』。

『「とにかく、組織的である事」や、

「当ブログの内容に痛いところがあった後は、強くなる事」からも、

「人脈の正体はバレバレ」だ』。

『「日本国内には、実質的には工作組織である似非宗教団体等や、他国人脈の工作組織等は要らない」のだから、

「日本政府も警察等も、早急に、実効のある対策を施すべき」だ』。

『「工作活動の存在に気づき、それなりに対策している筆者等には、例え、工作ターゲットとしてのVIP扱いでも、実効は出ない」が、

「対策にお金や時間も取られているので迷惑」だ』。

『「工作活動の存在に気づいていないターゲットとされてしまっている人々」は、

「電磁波工作や飲食物工作等々、

日本国内で行われているソフト・テロとでも言うべき悪事に対して、

十二分に用心し、とりあえずは、自主防衛する事を強く推奨」します。

「身体・精神の不調の元凶」が、

「電磁波工作や飲食物工作等という場合も決して少なく無い筈」だ。

「察知法や対策法は、過去の記事等をご参照ください」』。

『「そう言えば、本日は、4月1日」だが、

「この記事はエープリルフールものでは無い」。

「実在している者・物・事について記している事」を

「念の為、ここに明らかにして置きます」』。

|

アジア・インフラ投資銀行・・・。

『「元々は、表向き、賄賂・汚職を葬る事で、中国内から得る事が出来ていたお金が減る以上に、外国からお金を得る為の、中国共産党による策略」でしょ・・・』。

『「しかし、イギリスやドイツ等の先進国も加入・・・では、中国共産党の思い通りに、上手く行きそうもありませんが」・・・』。

『「民主化を封じた中国では、衰退が決定している」ので、「中国共産党が保身を図れば図る程、中国のバブルがはじけるのも、早くなる」・・・』。

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »