« 福井地裁、原発再稼働差し止め仮処分判決で嬉々としているおバカ、もしくは、悪たち・・・。 | トップページ | テレ朝昼番、恥知らずたちの「妬み殺人論」・・・。 »

極悪工作員たちを摘発する方法・・・。

『「電磁波工作や飲食物工作等々によって、実際は、傷害・殺人等に至っている場合も少なからずある」が、

「その摘発は、未だ、十分に行われていない」。

「しかし、プロ工作員の数は、ある程度限定的」だから、

「プロ工作員の周辺もしくは行動可能範囲内に疑わしい死亡例や傷害例がある事になる」』。

『「プロ工作員は、

指定ターゲットの近くの賃貸物件に居住し、

仕事が終わる・・・つまり、ターゲットを死に至らしめたり、十分な障害等を与え、ターゲットの力を十二分に削いだり、出来てしまった後に、

次の指定ターゲットの近くに移る場合が多い」。

「だから、現状で、

例えば、電磁波工作濃度が高い所に居る者等の周囲の工作員等と推定できる者たちの居住場所・上辺の仕事場所履歴等を洗い、

疑わしい死亡例や傷害例等の有無を洗えば、プロ工作員の特定も可能になる」。

「電磁波工作や侵入飲食物工作等の場合」は、

「それこそ、ターゲットに付きっきりで無ければ、薄い摘発され辛い工作の積み重ねで実効を得る事は困難」だ。

「結果として、プロ工作員を張り付ける必要がある」のである』。

『「警察も公安も検察等々も、

もっと、もっと、真剣に、

日本国内で行われている電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の

ソフト・テロ的悪質工作を摘発すると共に、

工作員たちや指令者たちを厳罰に処すべき」だ。

「警察等々」が、

「反日マスゴミ」や「反日政党」等々の「圧力に屈し」、

「宗教団体等に対する法的守りを一般日本国民の健康や安全より優先している間」は、

「日本国内に、本当の平和は無い」。

「全ての一般国民は、

実際に日本国内で行われている{ソフト・テロ}を黙殺する事無く、

対応法整備や取り締まり体制整備等々も含む、実効のある対策に力を添えるべき」だ』。

|

« 福井地裁、原発再稼働差し止め仮処分判決で嬉々としているおバカ、もしくは、悪たち・・・。 | トップページ | テレ朝昼番、恥知らずたちの「妬み殺人論」・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事