« テレ朝朝番、利権集中問題を言わないインチキ貧困論・・・。 | トップページ | サンデー・モーニング、自衛隊のリスクを強調するおバカ論・・・。 »

安保法制問題・・・。

『「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、「未だに、民主党等目線の実質的大衆誘導が盛ん」だ。

「しかし、普通に考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「自衛隊は言うまでも無く、普通の仕事でも、完全安全など在り得ない」。

「自衛隊員の安全を確保する事の実効」は「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈等による日本侵略支配をより容易くする事」に他ならない。

「何しろ、反日国軍事力脅しの威力は増し、その分だけ、乗っ取り支配工作も容易になるのだから!」』

『「まるで、中国共産党の出先工作員の様な行動を起こしてしまっているのが、沖縄翁長県知事」だ。

「悪権力者人脈の常套手段」は「分断工作」であり、

「分断工作の為の理想」で「操られる人々」は、

「悪権力者人脈にとっては、本当に便利な道具でしか無い」。

「(中・韓等がアブナイ原発を平然と使用し続けている中、極東地域日本のみ・・・この部分は黙殺されているが・・・)原発ゼロ分断工作でも同様」だが、

「普通に冷静に実効等を考えるなら、誰もが日本が不利になる事が分かる事」なのに、

「さも、正論の如く、優等生ぶって、インチキ理想論を、例えば、日本の公共の電波や公共的マスコミ等を使って、一方的に大々的に風潮する悪行」を、

「正当な仕事等と勘違いさせられている人々が少なからず居る状態」では、

「日本侵略支配工作等もやりたい放題状態・・・」なのだ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等の是正」は「急務」だ』。

『「もちろん、安保法制が戦争を呼び込むというのはインチキ論」だ。

「何故なら、実戦になれば、中国共産党軍も北朝鮮軍も、全く、日米の相手にならないから」だ。

「負けが決定している実戦を仕掛ける・・・つまり、自滅したい支配者など居無い」のが「人間界の実態」だ。

「独裁者ヒットラーだって、勝てると思っていたから戦争を仕掛けた」のだ。

「今時の情報社会の中で、軍事力の実体の比べっこも出来ないのは、余程の現実逃避組み」で、

「そんな者たちは、現実離れした宗教国家の独裁者等しか居無い」。

「実利集団である中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たち」は、

「当然、実戦となれば、敵わない事を十二分に承知している」から、

「情報工作やソフト・テロ等々による日本乗っ取り支配工作を実践している」のだ。

「日米が実戦を構える姿勢を示す事」は「テロ・工作活動等に対する大きな抑止力にもなる」。

「実戦を構える姿勢を明示した後に、テロ・工作活動等を止めよ!を迫れば良い」のである。

「もし、止めなければ、実戦して中国共産党も韓国(北朝鮮も含む)悪権力者も短時間の間に葬りされば良い」。

「その方が、多くの中国国民や韓国(北朝鮮も含む)国民の為にもなる」。

「自力で悪権力者を排除出来ず、悪権力者の悪影響を他国にまで及ぼしている劣悪国家」は、

「責められるのが当然過ぎる程当然」だ。

「自力改善が出来ない場合、他の先進国等に頼るのも、当然過ぎる程、当然」だ。

「実際に、まともな、中国人や韓国(北朝鮮も含む)人の中では、その様な解放を熱望している者たちも多い」。

「悪権力者を短期間に排除するくらいの特殊部隊等は、日米には十分に在る」。

「はっきり言えば、実戦まで使えば、拉致被害者の多くを早期に奪還する事も可能」だ。

「しかし、その前には、出来る限り実戦を避ける事も含む、相応の準備が要る」のである』。

『「安保法制に悪戯に反対して、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちを蔓延らせ続けたい」のは、

「それら悪権力者の手先くらい・・・」だろう。

「おバカや悪では無いのなら、日本国民として同朋が卑劣な工作等の餌食になり続けている実態を放置出来る訳も無い」。

「ましてや、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈等による日本乗っ取り支配を歓迎する訳も無い」。

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等の操り人形状態等から」は、

「全ての日本国民が解放されるべき」だ』。

『「一方的に何十万、何百万、時には、何千万もの日本国民に、自論(多くの場合偏向しているが)を視聴等させる事が出来てしまう」のが、

「大手テレビ・ラジオ・マスコミ等の基本的現実」だ。

「しかし、この基本的現実は、意図的に黙殺」され、

「例えば、それこそ毎日、どのテレビ・ラジオ局でも、マスコミ等」でも、

「特定極一部の同様の人脈の者たちが、同様の論を一方的に視聴者等に摺り込んでいる」。

「ナチス時代のラジオ等を悪用した大衆誘導と同様の事態」が

「戦後の日本では、主として、悪韓国(北朝鮮も含む)系権力者人脈の下で行われ続けて来ている」のだ。

「だから、実際に、戦後しばらくの間」は、

「終戦直後の朝鮮人による日本国内での略奪・乱暴狼藉等は封印状態・・・、

竹島の不当占拠も、

強制連行(実際は、日韓併合時に日本に渡来した韓国人のほとんどが仕事・お金・より良い生活等を求めた自主渡来)の嘘も、

大問題とされず、

拉致さえも無い事に・・・、

現実情報である日韓併合時に朝鮮半島内に居て、朝鮮半島内の近代化整備等を私財まで投じて頑張った日本人の実態は、黙殺状態・・・

等々だった」のだ。

「ネット普及以降、そのインチキはバレ、今では、多くの人々が真実情報を知り得る状態になっている」が、

「未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々が、実質的に汚染されたまま・・・」だ。

「選挙等も経済等も、そんな汚染情報・教育等が元で動いてしまっている所も少なからずある」から、

「政界も経済界も、汚染されている」。

「本当に酷い状態」だ。

「是正は急務」である』。

|

« テレ朝朝番、利権集中問題を言わないインチキ貧困論・・・。 | トップページ | サンデー・モーニング、自衛隊のリスクを強調するおバカ論・・・。 »

政治」カテゴリの記事