« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

新幹線焼身自殺犯をさん付けで紹介した報ステ・・・。

『「理由はどうあれ、無関係な方の犠牲まで出した焼身自殺」は「決して、美化してはいけない」。

「それなのに、報ステ」では、「何と!焼身自殺犯をさん付けで紹介だった」のだ。

「思わず、本音が出たのだろう・・・」等と「感じたのは筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「新幹線内焼身自殺」とは「テロととられても仕方の無い様な事」に他ならない。

「だから、実際に、政府は早々に、対策を取った」。

「そんな事件の犯人をさん付け」とは、

「まるで、テロ実行犯賛美みたいな事」に他ならない。

「報ステの情報配信スタンスが露呈している一面」だ』。

『「事実として、日本にダメージを与える方法を実践・実験した様な面もある」のが、

「今回の事件」だ。

「テロリスト賛美や、工作員賛美心理があるところ」では、

「今回の犯人を讃えたい心理もある」のだろう』。

『「もちろん、そんな偏向情報提供番組を、何時までも、日本の公共の電波上で蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「テレビ界の是正は、急務」だ』。

|

与党議員の圧力発言(?)を責めて正義ぶっている圧力報道団体の醜悪さ・・・。

『「政策でつっこみどころが希薄になると、壁耳取材で言葉の切り売り揚げ足取り」で「圧力をかける機関」って、「報道機関?」「工作機関?」』

『「マスコミなら、必要でも、マスゴミは要らない」と「思っている方々も多い様で」・・・』。

|

テレ朝朝番では、またまた遺骨利権の大宣伝だったが・・・。

『「はっきり言えば、人の死に関する問題で、今の日本に必要なのは、死因の徹底究明体制を整え実行する事と、死生観の現代化と、遺骨・墓・宗教利権の解消」だ。

「遺骨・墓・宗教利権を温存させ続けた所で、今時の人間社会で、より良い事などが生まれる訳も無い」。

「それなのに、未だに、後ろ向きの考えや思いに力を与える情報提供内容だった」のだから、

「日本の公共の電波を使っている情報の一方的大量配信」なのに、

「酷いモノ」である』。

『「警察発表等による殺人事件数の減少」を「真実」と「思えるのは、平和ボケ」だろう。

「今の技術を悪用すれば、電磁波等利用殺人が可能」で「実際に行われている様相も濃厚」なのだ。

「死因が、心不全や脳溢血や内臓不全等々の場合、電磁波殺人の可能性も結構有る」。

「また、車等による事故死の裏にも、電磁波工作が潜んでいる」。

「電磁波工作以外にも、飲食物工作等による殺人や、自殺に見せかけた殺人も、かなり多い」と「強く推定出来る」。

「殺人事件が減っているのでは無い」。

「殺害方法がより巧妙になっているのが、実態」だ』。

『「死んだ後の供養」などと言うのは、

「丸ごと一人の死生観に基づいた宗教的思想の一部」に「他ならない」。

「実人間社会上で実問題となる」のは、

「死因」だ。

「本当の死因の探求」であり、

「殺人等、不当な死因を排除する事」に他ならない。

「死者の無念を晴らす」のなら、

「其処が一番」である』。

『「もちろん、実際の死は、細胞ごとに起こっている」から、

「誰だって、死んだ細胞のなれの果てを、便や尿や汗や二酸化炭素等々として、他の食べかすや細菌や遺物等々と一緒に排出している」のが、

「現実」だ。

「そして、現代人なら、誰でも、この現実は、知っている」』。

『「知っているクセに、理解出来ないフリをしたり、無い事にしたり、したがっている」のが、

「丸ごと一人の死生観に現実逃避している方々」で、

「もちろん、そんな状態は、精神心理上の問題」だ。

「精神心理上の問題」だから、

「それらの問題を解決するのに有効なのは、心理学や精神医学等」だろう。

「人の現実は、無意識レベルの、細胞ごとの誕生・死」だが、

「人の意識は、丸ごと一人で理解・把握したがり、丸ごと一人で思い・考えたがる」。

「それが、現実」だ。

「人は、事実・現実と共に在る状態に自分を置ける事で、初めて落ち着ける」』。

『「現代人として、落ち着いて考える」なら、

「今の時代の人間社会で、どの様な体制が適切なのか?」等も

「何処の誰が考えても、明らかになる筈」だ。

「そんな現代人間社会が在るべき状態と現状人間社会の違いを是正する事」こそが、

「本来の仕事」であり、

「悪戯に現状利権を温存させる方向に力を加える事」は、

「人間社会の正常進化を阻害する悪業に他ならない」』。

『「テレ朝朝番の論調では、悪業の要素が濃過ぎる」のだ。

「日本社会の近未来を明るくしたい」のなら、

「情報内容の是正は必需」になる。

「日本社会の正常進化を阻害する事で、問題行動諸国等を利す為の、情報工作活動を行っている」のなら、

「正に、整合性の高い情報配信内容になる」が』。

|

中国共産党が拒否権を持つAIIB設立協定調印式・・・。

『「中国が拒否権を持つ・・・」と「マスゴミは報道等している」が「実際は、中国共産党が拒否権を持つ」だ。

「中国と言われると、まるで、中国共産党支配下の中国が普通の国の様に{勘違い出来る}人々も少なく無い筈」だが、

「断じて、中国共産党支配下の中国は、普通の国では無い」。

「よく、今の中国で起きている公害等の問題は、日本の数十年前と同様・・・等々の、

まるで、後何十年か経てば、中国が今の日本の様になるかの如き、あり得ないイメージを抱かせる情報配信等もある」が、

「中国共産党支配下の中国であり続ける限り、何十年経っても、中国が今の日本の様には成り得ない」。

「かつての日本に在った公害等は、経済発展途上であり、技術的にも未熟であったが故の公害等だった」が、

「今の中国内に在る公害等は、技術は既にあり、経済も相応に豊かなのに、中国共産党の汚職・賄賂体質故に起きている現象」だ。

「汚職・賄賂故に、規制すべき所等に対する規制も出来ない」のが「現実」である。

「そして、そんな酷い政権なら、普通の国なら政権交代だが、国家・国民の上に在る独裁支配組織に、政権交代は無い」のだ。

「中国共産党支配下の中国は、普通の国では無い」。

「中国共産党支配下の中国は、中国共産党支配下の中国とちゃんと実体通り伝えるべき」だ』。

『「その中国共産党が拒否権を持つAIIBとは、どんな組織なのか?」

「中国共産党の利の為の組織に他ならない」。

「中国国内では当然の如く、民主化や政権交代の欲動が渦巻いている」が、

「中国共産党は、軍備(武力)と金で、保身している」のだ。

「保身の為の金は、元は、中国内での賄賂等だった」が、

「もはや、中国内での集金には、限界がある」。

「そこで、外に金づるを求めている」。

「中国共産党の都合で運営出来なければ、中国共産党の下に上手くお金は集まらない」から、

「不透明部分をつくると共に、中国共産党が拒否権を持つ体制」なのだ』。

『「そんなAIIBに参加してしまう事に同意し、協定調印をしてしまった国々」は、

「本当にお気の毒」だ。

「中国共産党に貢ぐクン」たちに「なったつもりが無い」のなら、

「中国共産党が集金に成功し、金満となり、

金権で、中国・中国国民だけでは無く、

AIIB参加国等を支配する様になる前」に、

「実効のある対策を取るべき」だ』。

|

翁長知事は「今までの沖縄を知っているのか?」と、まるで中・韓(北朝も含む)の様な過去の不幸利権訴えだったが・・・。

『「ウリナラは、日帝に侵略~支配されたニダ!だから、日本は詫び、補償しろ!!」は「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈の捏造史過去不当利権を元にした不当訴え」だが、

「翁長知事の沖縄の過去を知っているのか?訴え」にも、「同様の臭いが充満している」。

「もちろん、多くの沖縄以外の人々は、沖縄の過去を当事者程知らない」。

「当然、その逆も然りで、多くの沖縄の人々は、他の地域、例えば、東京の過去を当事者程知らない」。

「東京の赤紙召集の実態も、米軍大空襲の実態も、当事者程、知らない」。

「広島と長崎の原爆投下の実態も、当事者程、知らない」。

「本土側から、沖縄防衛の為に出航した、戦艦大和の悲惨さも、当事者程知らない」。

「より多くの当時の日本国民をより有利な状態で残そうとした当時の軍部の浅知恵も、当事者程、知らない」。

「・・・戦時中等、過去の悲惨さは、何処のどの当時者にしても、当事者の感が一番悲惨なのは、ある意味当然」だ。

「客観的かつ冷淡に、数字上から、戦時中の犠牲者数ダケ見る」なら、

「特に酷かったのは、確かに、沖縄と、原爆投下された広島・長崎と、南方で勝ち目の無い戦争を強いられた人々」だ。

「戦後問題で言う」なら「日ソ中立不可侵条約を無視されたが故の犠牲」が「圧倒的」だが、

「米軍による占領統治が長引いた沖縄の犠牲」も

「もちろん、際立っている」』。

『「しかし、過去の不幸を利権にして、現状を不当に捻じ曲げたところで、まともな結果は得られない」。

「何故なら、現状とは、過去の流れより遥かに早い流れの上でつくり出されている事だから」だ。

「現状を優先出来るのが、先進国になれている国々」で、

「現状を優先できないが故に、先進国になかなか仲間入り出来ないが故に、過去の不幸を利権化している」のが、

「問題行動諸国」だ。

「客観的かつ、冷徹に見るなら、それが、今の世界情勢の実態に他ならない」』。

『「沖縄は、残念ながら、問題行動諸国と同様の文化の臭いが濃厚なお方を知事として頂いてしまった」。

「その沖縄の民意は、沖縄の何パーセントなのか???」だが、

「問題行動諸国の手先的マスゴミたちは、それこそが、沖縄の民意だと風潮している」』。

『「冷静に、ちゃんと考えるなら、日本国民なら、誰でも分かる筈」だ。

「今を忘れ、過去の不幸を利権化し、今必要な者・物・事を遅らせたり、没にしたりする事の実害が!」』

『「日本国内に実害が蔓延する事で不当な利を得てしまう」のは、

「問題行動諸国」になる』。

『「翁長知事は、何処の誰の為の知事なのか???」

「多くの沖縄県民は、過去以上に、今の現実を忘れるべきでは無い」』。

|

テレビ等には編集の自由はもちろんあるが、偏向イメージによる大衆誘導の自由などある訳も無いのだが・・・。

『「NHKニュースでも、発言内容の切り売りによる偏向イメージ付けが横行している」。

「放送法には、編集の自由がある」が「偏向イメージによる大衆誘導の自由などある訳も無い」。

「大衆誘導は、意図的に騒乱等を誘発する事にも繋がっている明らかな憲法違反行為」だ。

「ところが、放送法に編集の自由があるとダケ言われる」と、

「多くの視聴者」が、

「それなら、テレビが好き勝手をやっているのは、当然か・・・」等の

「誤った感を抱かされてしまう」。

「その実態」は、

「テレビ側の利権保持の為の編集によるイメージ大衆誘導」に他ならない』。

『「NHKニュースでさえ、このテイタラク」だ。

「日頃から、何処の局でも、同様の顔、同様の論調ばかり・・・を、日本の公共の電波を使って一方的に大量配信している民放各局の酷さ」は、

「言うまでも無い」だろう』。

『「現行法では、テレビ局側につけ込まれている部分も多々あるのだから、

放送法を是正する」のも、

「政治家の重要な責務」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ界の是正」は「急務」である』。

『「与党が、正常な是正を行わない様なら、そんな与党は、与党から降ろし、

放送法を是正するちゃんとした政党を与党にするべき」である。

「それは、有権者の責務」だ。

「下手な上辺の政策や公約やアジェンダ等で騙されるより、

この一点を求めるダケ」でも、

「日本の政界の正常化は、かなり前進させる事が出来る事になる」。

「放送法が正常化され、大衆誘導が出来なくなれば、有権者はみんなテレビ・ラジオ・マスコミ任せの選択が出来なくなるから、

自ずと、それぞれが、自ら、ちゃんと考えざるを得なくなる」のだ。

「その上で、有権者の棄権に対し厳しい世の中であれば良い」。

「本当の民主主義は、その後に在る」』。

|

地域同朋圧力で実質的言論統制を行っている地方紙が現与党の言論弾圧を言う醜悪劇・・・。

『「沖縄二紙の問題は何か?」「二紙でシェアの9割を占めている上に、論内容も同様で偏向状態にある事」だ。

「つまり、形式的には、二紙だが、内容は、一様」で、

「沖縄のテレビ・ラジオ等が、地域同朋心理を煽り、その一様に沿わない事=沖縄人にあらず!みたいな大衆心理を煽っている事」だ。

「東京域で言うなら、朝日と毎日ダケで、読売も産経も無い様な状態」で「アサヒ系とTBS系のテレビ・ラジオしか無い状態」なのだ。

「そんな状態で、多くの沖縄県民に正当な判断を求める事自体無理がある」。

「この手の、まるでカルト宗教漬け状態の集団では、自浄が困難な場合が多い」。

「外圧の必要性がある実態が在るのが、現実」だろう。

「ネット外圧によって、かつてのテレビ・ラジオ・マスコミ&学校教育等による戦後情報・教育統制状態は崩されつつある」。

「崩される側も必死に抵抗」し、

「~小泉!で、小市民の小利権を撤廃し、大資本が権力を保持し易い状態に改悪」し、

「利権集中悪徳改悪に反発した多くの日本国民の心理を悪用し、自民ダメ!!~で、

政権交代の元をつくり」、

「政権交代!!~民主!!!で、自民より更に悪い民主党政権に政権を持たせた」。

「それらの悪政により、多くの一般日本国民を衰退させ来た反面で、しぶとく生き残って来ている」のが、

「改革無縁のテレビ・ラジオ・マスコミ等の連中」だ。

「民主党への政権交代という多くの日本国民にとって多大なデメリットを与えた悪行に手を染めた連中が、未だに、幅を利かせているのが、現状の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等々の実態」に他ならない』。

『「日本全体では、ネット普及以降、その支配力に陰りが出て来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等々」だが、

「沖縄では、今、民主党政権への政権交代時の様な事が、沖縄の地元テレビ・ラジオ・マスコミ等によって起こされている」』。

『「常日頃は、言論の自由を訴え、大政翼賛会的大同主義に大反対しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「この沖縄の世論が一色に染め上げられようとしている地方紙や地方テレビ・ラジオ等の問題に対しては、

黙認・・・」というのは、

「明らかに変」だ』。

『「もっとも、以前から、親韓(北朝も含む)・親中共論等一色状態の場合」は、

「黙認・・・だった」のだから、

「通常の反応でもある」のだが』。

『「自民党の勉強会での発言内容に対して、言葉の揚げ足取りを行い、正義ぶっているから・・・」と言って、

「正義ぶっているテレビ・ラジオ・マスコミ等が、本当に正義なのか?」は、

「誰もが検証すべき重要事項」だ』。

『「安保法制の採決を遅らせる為の、姑息な工作活動の臭いが濃厚」なのが、

「今回の問題」なのだ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等なら、本来は、安保法制の内容自体について、大いに大衆周知するべき立場にある」が、

「その重要な仕事は、ロクに行っていない」。

「国会中継を良く見たり、新聞等の事実部分を拾い集めて良く読んだりすれば、

多くの人々の中でも、

安保法制に対する理解は、既に、ある程度は、十分に深まっている筈」だが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が、黙殺状態・・・」では、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等頼りの多くの人々が、未だ理解不足・・・とか、採決を急がなくても良いのでは・・・等々と、

誤解させられてしまう」のも、

「無理は無い」。

「本来の仕事である安保法制の偏向イメージ付け抜きの内容紹介等はロクに行っていないテレビ・ラジオ・マスコミ等だが、

言葉の揚げ足取りによる問題化の大宣伝は、

大いに行っている」。

「本来の仕事をロクに行わず、まるで、工作活動の様な事を一生懸命行う」のは、

「正しい組織・機関・企業等々だろうか???」

「本来の仕事をロクにしていない所に、

日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続ける必要は全く無い筈」だ』。

『「後ろめたさ満載だから・・・」だろう、

「地方紙等は、

壁耳取材で私的勉強会の中の言葉の一部を切り取り、

無理やり問題化した、

今回の問題」を、

「無理やり政権による言論弾圧等のイメージで風潮する事で、

本当の問題を誤魔化そう・・・としている」。

「本当の問題」とは、

「本来の仕事をロクにせずに、まるで反日国の出先工作機関的様相を露呈している現状の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の問題」だ。

「正義ぶっているが、現状の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等に、本当の正義などは無い」。

「在るのは、濃厚な反日他国人脈の臭いと、反日他国の為の工作活動の臭い」だ』。

|

百田VSマスゴミ、面白過ぎですけど・・・。

『「言論の自由がある事に万歳!」「でも、日本国・日本国民に害を与え続けて来た罪は相応に問われるべきでしょう」』。

『「罪から逃げたい中国共産党は、外に極悪日本をつくりたがる」。

「罪から逃げたい朝日・毎日・東京・沖縄二紙等が、百田を悪者にしてもねぇ・・・」。

「中国共産党と、朝日・毎日・東京・沖縄二紙等に共通しているのは、終わりが見えているところ・・・だったりして」・・・。

「事実・現実より特定極一部の者の思い等を優先したがる者たちの行くへ」は「永遠の恥辱に染まる道」に「決まっている」のでした』。

『「ご愁傷さま」ですけど・・・、「中国共産党も、朝日・毎日・東京・沖縄二紙等々も、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちや現代等々共々・・・」。

「アーメン」のが良い方々も含まれているのかも知れませんけど・・・』。

|

自民党木原青年局長暴言(?)問題・・・。

『「沖縄のマスコミは酷く偏向している」。「それは、情報が十分に在る状態の者にとっては、もはや、当たり前の事」だ。

「その偏向状態の害を無くす為には、どうすれば良いのか?」

「ここで、マスコミを懲らしめる為には、スポンサーを無くせば良い・・・」等の旨では、

「お粗末な話し」であり、

「越権的暴言的要素も多く」、

「野党や、マスコミ等に、言葉の揚げ足取りの材料を与えている様な事にしかならない」。

「重要な事は、実効のある偏向マスコミ対策を政治として行う事」だ』。

『「はっきり言えば、新聞や雑誌等の偏向の問題は、選択肢の問題に過ぎ無い」。

「赤旗や聖教新聞や朝日や毎日や東京や現代等々が在っても、

それらダケでは無い選択肢が十分に在るのなら、

多くの人々が、偏向新聞・雑誌等は例え読んでも偏向情報を得る為に読む状態になる」。

「沖縄県民の選択肢が少ないのなら、その問題を是正する事を考えるべき」だ』。

『「政治家として、問題に出来、対策を行える」のは、

「テレビ・ラジオ等、日本の公共の電波の特定周波数の独占使用権を元に、

情報を一方的に大量配信出来ている機関の偏向情報」だ。

「はっきり言えば、新聞・雑誌等を読む人々は、未だ、それなりに自主的に考える要素が強い人々でもあるから、

選択肢が十分に在るなら、

自主的に偏向状態を是正出来る可能性も大きい」。

「ところが、新聞・雑誌等を読まずに、テレビ・ラジオを見聞きするダケの人々」は、

「自主的に考える要素も希薄な場合が多いばかりか、与えられる情報に悪戯に従順である場合が多い」のだ。

「そして、その様な人々の数は、かなり多い」。

「所謂浮動票層の意向が、テレビ・ラジオ等による大衆誘導でつくられてしまう場合さえある」から、

「実際に、日本の政治でも、~小泉!~自民ダメ!!~民主!!!・・・で、政権交代まで起きてしまった」。

「電子情報でも、多様性が担保されているネット情報の大衆誘導害は希薄」だが、

「多様性が希薄な大手テレビ・ラジオ&その地域のテレビ・ラジオによる大衆誘導害は、

実際に、絶大レベルに在る」。

「この大衆誘導害を排除する事」は、

「政治で行うべき重要事項」に他ならない』。

『「大衆誘導害の元」は、

「偏向情報」であり、

「偏向情報に正しいイメージを付ける情報工作」である。

「多様性が担保されていない論の一方的大量配信は、偏向情報の元」に他ならない。

「視聴者の同一視心理が働き易い常連出演者等による論に対するイメージ付け等で偏向情報を正論の如く風潮している番組の数は、現状では、枚挙に暇が無いレベル」だ。

「この様な異常状態は、是正されるのが当然」である』。

『「沖縄のマスコミは酷い」。

「それは、ある意味事実」だ。

「しかし、責めるべきは、その酷いマスコミでは無い」。

「酷いマスコミしか選択肢が無い様な状態」と、

「日本の公共の電波を使っていながら、

平然と偏向情報ばかりを、

さも正論の如く風潮し続けて来ている、

テレビ・ラジオ」である』。

『「今回の暴言(?)問題をやり玉に正義ぶっている民主党等」だが、

「民主党の実悪害まで招いている実質的暴言{最低でも県外!}等の反省は、

何処に在る???」

「もっとも、自分の事は棚に上げて、正義ぶって他党等を非難している反対政党状態」だから、

「かつての与党も、もはや、少数政党状態・・・」で、

「復活の兆しは全く見えない」ばかりか、

「多くの有権者も復活を望んでいない」のだが・・・』。

|

「抗日戦争勝利70周年という虚言」を言う日本を支配したい中国共産党・・・。

『「もちろん、先の大戦終了時に中国共産党軍は旧日本軍にも中国国民党軍にも勝てていない」。

「先の大戦が終戦したのは、あくまでも、米軍と日本軍の間で米軍が勝利したから」だ。

「そして、終戦時に中国での勝者とされたのは、中国国民党軍」である。

「終戦末期の旧日本軍と中国国民党軍と中国共産党軍の三つ巴の争い時には、一番、圧倒的に、弱かったのが、中国共産党軍」だった。

「しかし、戦後、旧ソ連の絶大なる支援の下で、中国共産党軍は、中国内の内乱を起こし、中国国民党軍を台湾に追いやった」。

「中国共産党軍が事実・現実に基づいて戦勝を言えるのは、この中国内での内乱戦争で中国国民党軍に勝った事」になる。

「中国共産党」が、

「中国国民党軍との戦争で勝利!」を「祝す」なら、「合理的」だが、

「未だ、70年は経っていない」』。

『「こんな歴史上の明白極まりない事実・現実をまるで無かったかの如く黙殺したまま、

抗日戦争勝利70周年を言う中国共産党」の、

「現実離れぶりは、本当に酷い」。

「21世紀に生きてる人類の行う事では無いレベル」だ』。

『「中国共産党の言い分」では「日本が中国共産党支配下の中国が大きく、立派になった事を認めない限り、アジア地域の平和・安定・成長は無い」旨だが、

「その実体を簡単に言う」なら、

「日本が事実・現実を黙殺して、中国共産党の支配下に入らない限り、アジアに平和・安定は無いと言う事」だ。

「もちろん、そんな無茶な要求が二十一世紀の今日通用する訳も無い」。

「虚勢を張っている中国共産党の酷さが目立つダケ」である』。

『「中国内でも、もはや、中国共産党支配下では無理の風潮が高まっている」。

「当然の現象」だ。

「中国は一刻も早く民主化するべき」である』。

|

芸能人の私生活はどうでも良い、芸能人なら芸の話題でしょ!・・・。

『「はっきり言えば、結婚や妊娠や覚せい剤問題等々で、特定極一部の芸能人の有名人利権を増大させる情報工作に日本の公共の電波が使われている事」は、「在ってはならない異常事態」だ。

「一方的に大量配信されている不当情報をボケ~と鵜呑みにしている視聴者等」は、

「いい加減に目を覚ますべき」だろう。

「特定極一部の芸能人の結婚や出産を祝しても、視聴者本人の人生が良くなる訳も無い」。

「覚せい剤芸能人の問題を覚えても、問題芸能人の有名人利権が増大し、覚せい剤の使用実態等を覚えさせられるダケ」だ。

「それは、まるで、覚せい剤を売っている方の為の宣伝」だろう』。

『「そんな不当な情報で貴重な放送時間を潰すと共に、

今、日本国民が理解・把握する必要がある問題の情報配信では、

偏向情報ばかり・・・」というのが、

「現状の日本のテレビの実態」だ』。

『「日本の公共の電波の不正・不当使用を止めさせる実効のある法整備等が急がれるべき」だ。

「言論の自由はもちろん担保されるべき」だが、

「日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信が可能なテレビなのだから、

大衆誘導や、

偏向情報をあたかも正論の如きイメージで配信する事や、

各論併記状態で判断を視聴者に委ねていない状態や、

特定極一部の者の有名人利権を増大する情報配信等の

不当・不正使用は禁じ、

違反した場合は、違反者をテレビ界から永久追放する等の厳しい罰等」が

「必需」だ。

「毎日の様に、何処の局でも、同様の顔、同様の論調ばかり・・・、

特定極一部の者たちばかりが、大した実績も無く、大した内容も言えていないのに、テレビに出続ける事で、有名人利権を不当に増大・・・、

等々という現状は、

明らかに異常」だ。

「テレビ界の是正は、急務」である』。

|

翁長知事一行の米国訪問の成果を強調していたテレ朝朝番・・・。

『「辺野古移設問題」で「翁長知事一行が米国を訪問した」が「その成果は?」

「テレ朝朝番」によれば、「沖縄の立場から見れば、十分にあった」けど「日本政府の立場から見れば、無い・・・」等の旨だった。

「はっきり言えば、この問題は、実権を持っている者か?否か?の問題でもある」。

「国の安全保障上の実権を持っているのは、主として、日本国であり、沖縄では無い」。

「米国の国策の実権を保持しているのは、主として、大統領であり政府・与党」だ。

「辺野古移設は、日本国と米国の実権を保持している者同士による決定事項」に他ならない』。

『「同様の問題」が「日韓併合」にもある。

「日韓併合とは、当時の国の実権を保持していた者同士が締結した国家間契約」だ。

「ところが、それを認めず、日本による侵略~植民地支配と言い張る連中が居る」。

「国家間契約を覆したかったら、先ず、自国内での国家実権者になるべき」だ。

「其処を抜きにして、工作活動的に国家間契約を覆そうとする」のは、

「明らかに、正当な手法では無い」。

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)は、日韓併合という二国間の国家間契約を否定する者たちによって、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為から始められてしまった」。

「既存の国家間契約を否定する為に、先ず、自国内で権力を得た戦後の韓国(北朝鮮も含む)の権力者たち」は、

「第一関門は抜けた」が、

「事実・現実を悪戯に否定したばかりでは無く、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的スタイルで国を始めてしまった」ので、

「戦後の日韓関係は、未だに、本当の正常化が出来ていない」。

「翁長知事たちの立場は、第一関門も抜けていない状態」に他ならない』。

『「翁長知事一行の米国訪問には、実権が伴っていない」。

「有ったのは、対応した米国人たちの思いや感情等に訴える事で、米国人の言動を翁長知事一行の意向に沿って動かす為の実質的ロビー工作」だ。

「ロビー工作」は「悪戯に否定すべきモノでも無ければ、悪戯に賛美すべきモノでも無い」。

「翁長知事一行は、米国に行き、実質的ロビー工作を行いました」というのが、

「実態」だ』。

『「辺野古移設問題が何故出て来たのか?」

「普天間の危険」とは「万一の事故時に、一気に反米軍感情が沸き起こる事により、沖縄米軍基地が機能不全に追い込まれる危険でもある」。

「そんな危ない状態は、一刻も早く解消するのが当たり前」だろう。

「そこで、長い間の調整・積み重ね等が行われた結果、辺野古移設案が具体化した」。

「その具体化した辺野古移設」を「まるで、ちゃぶ台返しの如く、台無しにした」のが、

「民主党鳩山政権」だった。

「最低でも県外!」という「耳障りの良い甘言」は、

「多くの沖縄県民の心や思いを動かすには十分だった」のだろう。

「甘言の内実は、今の混乱を招く毒薬だったのに!」

「この民主党鳩山政権が仕込んだ毒薬問題」や、

「沖縄米軍基地が要る元凶である中国共産党の問題」を、

「実質的に黙殺したまま、辺野古移設問題を言う」のが、

「民主党や中国共産党等の手先的テレビ・ラジオ・マスコミ等の特徴」だ』。

『「中国共産党とは、14億人以上とも言われている中国国民を支配し続けなければ、存続し得ない組織」だ。

「人民支配の為には、武力とエネルギーとお金が要る」から、

「軍拡であり、メタンハイドレート目的と言われている南沙諸島不当進出であり、賄賂太りの金満共産党幹部」なのだ。

「金も武力もエネルギーも失え」ば、

「元々が、中国人同士の戦争で旧ソ連の多大なる支援の下で中国内を占拠出来、

その後、多くの中国国民に対して不適応分子の粛清まで行って来た中国共産党」の「存続」は、

「危うい」』。

『「中国共産党にとって、支配下に置かなければならない民とは、中国国民ダケでは無い」。

「自由主義社会の中で、どんどん戦後中国の歴史的事実・現実が明らかにされ、それが、中国国内にも蔓延する様になれば、なる程、中国共産党の余命は短くなる」。

「中国共産党は、その支配圏を全世界にまで広めない限り、先が見えている組織」に他ならない。

「だから、日本国内でも、数々の工作活動を行っている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等を仕切っている者たちへの工作」で、

「日本の政権を中国共産党にとって都合の良い政権にしたり」、

「日本国内の世論を中国共産党にとって都合の良い方向に導いたり」、

「政界要人だけでは無く、一般日本国民までをも対象とした、不適応分子粛清工作や有益分子育成工作を行ったり」、

・・・等々等々・・・。

「元々、戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育界は、韓(北朝も含む)人脈が蔓延っている」から、

「それを知らない一般日本国民の感覚では、意外な程簡単に、中国共産党の支配下工作は成功してしまっている」のだ。

「民主党政権成立は、その一つの証」に過ぎ無い』。

『「さて、翁長知事一行の米国訪問」は、

「日本国民の利になるのか?」

「中国共産党の利になるのか?」

「上記の様な、この問題を考えるのに必要となる、基本的な情報を知っている」なら、

「答えを間違う事は無い筈」だ。

「翁長知事や翁長知事等に賛同している人々」は、

「中国共産党=アジアの仲間くらいの認識」なのだろう。

「実際は、中国共産党=全世界支配しなければ存続不可能な組織=全世界の敵」に他ならないのだが。

「例え、日本国民が戦争を避ける等の目的で、中国共産党支配下の民になる事を選択しても、

元々が、全世界支配しなければ、存続不可能な組織なのだから、

何れは、欧米列強等と中国共産党支配下の国々との最終戦争になってしまう」。

「つまり、中国共産党に力を与える道を選択する事は、最終的には、戦争を招く道に他ならない」。

「逆に、中国共産党の力を削ぐ方向に力を与え続ければ、必然的に、中国国内で民主化の流れが強くなる」。

「それは、戦争を避ける道でもある」。

「現状では、中国共産党の不当増長を出来るだけ抑える方向に力を加える事が有効」だ。

「日米安保の強化や、沖縄米軍再編の進展は、重要な有効手段に他ならない」』。

『「マスゴミがマスコミなら、上記程度の情報は、直ぐにでも配信出来る筈」だ。

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の出先工作機関」なら、

「黙殺するのが当然になる」』。

|

もはや、旧社会党そのままの様相の審議拒否、日本の国会に、民主党等はもう要らない・・・。

『「多くの有権者が支持したくなる政策や論等を国会上で言う事の出来ない政党等」の「実体」は、「日本国民の為を考えていない事」だろう。

「日本国民の為になる政策や論等を国会で言えている」なら、

「支持が集まって来るモノ」だ。

「少数政党には、少数政党になる理由がある」』。

『「この原則を壊した」のが「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等による大衆誘導工作」だった。

「本来なら、少数政党でしか無い筈の民主党が、政権を持ててしまった」。

「ところが、政権時に実際に行った政策の数々」が、

「日本を細らせた反面で、中・韓(北朝も含む)を不当に太らせた」り、

「再生可能エネルギー発電バカ高買取り等、日本国内の状態を悪くする事だったりした」から、

「必然的に、有権者の支持は遠のき、

必然的に、少数政党に転落」した』。

『「そんな政党等が、今、行っている事」が、

「審議拒否」で、

「政策を遅延させる事」だ。

「もはや、呆れ果てる状態」で、

「コレでは、益々、有権者の支持も遠のく」だろう』。

『「ファンタジー政策の香りは現実逃避の甘汁」だが、

「実際に飲んで(実行させて)しまう」と

「日本国・日本国民が苦しむ毒汁」でしか無い。

「現実派の訴えは、香りは、苦汁」だが、

「実行すれば、日本国・日本国民の安全保障状態や経済や生活等々が良くなる場合が多い」。

「香りで大衆を操る」のが、

「悪テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等」で、

「その根っ子の人脈は反日他国に通じていたり・・・する」。

「もはや、多くの日本国民は騙されない」と思うが、

「未だに、悪連中は、甘汁の香りで、日本国・日本国民に毒薬を飲ませようとしている」』。

『「異常なのは、民主党政権成立に多大な貢献をした連中」が「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等で蔓延り続けている事」だ。

「特に、日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ」では、

「人脈交代が当然だと思う」が』。

『「国家・国民に多大な不利益を与え続けて来ている悪劣な工作活動」に

「厳罰が与えられる様になる」のは、

「何時だろうか」・・・。

「普通の独立国なら、普通に在る事」だが・・・』。

|

テレ朝昼番、自己正当化&成功体験がお好きな実力???の心理学者等々・・・。

『「犯罪分析」の「大きな意味」は「再犯防止」だ。「犯罪心理を推定するダケの情報提供」では、「再犯防止への貢献度は???」になる。

「それなのに、公称心理学者」が、

「犯罪心理の推定を述べたダケ」では、

「本当に、呆れる事態」だ。

「常連出演者である者たちや所属事務所(有ればだが)にお金を流し続ける目的」を「強く感じさせる、公共の電波使用」は、

「いい加減に止めさせられるべき」だろう』。

『「そもそも、自己正当化や成功体験を強く感じる」のは、

「常連出演者たち」だ。

「青山氏の様に、

その分野では、

他に変わりが少なく、

実力も相応に有る」のなら、

「内容によっての常連出演」は「可」だが、

「色々な場合がある事件・事故等について、常々、心理学者と言えば●●、元警察と言えば●●・・・という事態」や、

「起きている物事は、その都度違う」のに、

「曜日ごとに常連出演コメンテーター等という事態」は、

「明らかに、酷い」。

「しかも、語る内容は、ほとんどの場合で、

其処ら辺のおじさん・おばさんレベルの、

チョウニチご用達の偏向論」だ。

「司会者を同じにするなら、司会者が内容に色付けするのは、絶対にダメ」である。

「それなのに、色付け大好き・・・なのだから、今の司会者は、毎日出すべきでは無い」。

「呆れ果てる実態満載の様相」だが、

「自己正当化&成功体験の繰り返しがお好きな様相の連中」は、

「現状利権に縋り付き、醜態を曝す様な事を続けて居る」・・・』。

『「そもそも、犯罪の源泉は、何か?」

「古からの、お金や食料等が不足しているが故の犯罪を防止する為には、

犯罪を犯した者を厳しく罰する事も有効だが、

元凶であるお金や食料等の不足を解消する事こそが、一番有効」だ。

「常連出演者たちが良く言っている自己承認欲求の暴走を防止する為」には、

「自己承認欲求暴走状態を公然化させている様相の常連出演者たちを出続けさせる事」では「無く」、

「自己承認欲求暴走状態が不当に認められてしまっている様相の常連出演者たちを排除する事」こそが、

「有効」になる』。

『「自分の実体・実態を浅い部分でしか理解・把握出来ていない者たち」の「言動」は、

「必然的に浅くなる」。

「何故なら、より深い部分まで本質的に理解・把握して行く事」は、

「現状で自らが行ってしまっている犯罪誘発行為等まで焙りだす事になるから」だ。

「心理学上無意識の底」は、

「細胞からの信号・刺激」だ。

「一人の人として、深い部分まで本質的に理解・把握する事の底」は、

「既に明らか」だ。

「細胞からの信号・刺激は、人類ダケの事では無い」。

「地球上の全ての生物で同様の事」だ。

「その辺りの生命原理まで遡る」と、

「生物と物質の差や、時空の問題等々の本質も見えて来る」が、

「ここでは、それらの話しは記さない」。

「ここで言いたいのは、既に、相応に底が明らかになっている」のだから、

「公共の電波上で情報を一方的に大量配信する」なら、

「いい加減に、底から整合性を取った上で、言動内容を構築するべきでしょ!」

と言う事だ』。

『「劣悪なテレビ番組状態」は、

「何時まで続けられてしまうのだろうか?」』

|

米国で韓国人元従軍慰安婦が日本を提訴だそうだが・・・。

『「天皇陛下や安倍総理や日本政府を、在米韓国人元従軍慰安婦(?・・・内実は工作員である可能性も結構あったりして・・・)が米国サンフランシスコで提訴するゾ!」という「従軍慰安婦問題で、日本側にプレッシャーをかけているつもりの実質的工作活動」が「あるのだと言う」。

「是非とも、米国裁判所上で、従軍慰安婦の実態が事細かに検証されて欲しい」等と「思う」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「従軍慰安婦問題で韓国人の従軍慰安婦が問題とされ、日本人の従軍慰安婦が問題とされていない事」からも「明らかな様」に、

「韓国が言う従軍慰安婦問題の実体」とは、

「従軍慰安婦問題をダシに、

日本に韓国悪権力者たちの言い分を認めさせると共に、

日本からお金等を取ろう」という

「政策工作活動」に他ならない』。

『「実態として、当時、朝鮮半島内で朝鮮人従軍高報酬売春婦を売り買いしたのは朝鮮人」だ。

「朝鮮人の親・兄弟・親戚等が売り、

朝鮮人の仲介人が買い、

旧日本軍の慰安所で、当時の多くの旧日本軍将校よりも報酬が多かった超高報酬売春婦として稼がせ、

稼いだ金を朝鮮人吸い上げていた」のだから、

「意に沿わぬ韓国人元従軍慰安婦が補償を求める」なら、

「売った、親・兄弟・親戚等と、

買った、朝鮮人仲介人と、

高額売春報酬を吸い上げた朝鮮人になる」。

「女性人権問題なら、日本人の元従軍慰安婦も問題にされていなければならない」。

「日本と韓国との間の補償問題は、基本的に日韓基本条約で全て済み」だ。

「今更、韓国人従軍慰安婦ダケの問題」を「韓国が言う理由」は「もはや、明らか」だろう』。

『「嘘・偽りの歴史認識に基づいた、反日教育等で、韓国国内を染め」、

「多くの韓国国民を事実・現実の上に立たせるのでは無く、

韓国人悪権力者の思いで操り」、

「国際化で、嘘がバレそうになっている」から、

「日本を含む他の国々までをも、

韓国人悪権力者の不健全な思いでしかない嘘・偽りの歴史認識で染め上げよう」と、

「みっともない工作活動に励んでいる」。

「本当に、呆れるべき、酷い実態」だ』。

『「敗戦火事場泥棒で国を始めた悪権力者たちの流れ上に生み出される者・物・事」は、

「本当に、見苦しい」。

「姑息な工作活動をしかけられている全ての人々は、大迷惑」だ。

「日本側が、元従軍慰安婦に対して補償する・・・つまり、韓国悪権力者たちの言い分を認める・・・なら、

この提訴は、引き下げるらしい」が、

「もちろん、日本側が、韓国人悪権力者たちの言い分に沿って動く訳も無い」。

「是非とも、米国裁判所で、事実・現実に基づいた正当な判断が出されると共に、

韓国人悪権力者人脈によるみっともない工作活動の全貌が暴かれて欲しい」』。

|

韓国側が持っているのは歴史認識では無い「韓国悪権力者たちの思い」だ。それなのに、歴史認識を言うNHKも含む日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の異常性・・・。

『「歴史認識」とは「歴史上の事実・現実を偏向無く知った上で、それぞれの個人が持ちえるモノ」だ。

「偏向情報・教育上に築かれているのは、断じて、歴史認識では無い」。

「偏向情報・教育を行っている者たちの思い」に他ならない』。

『「従軍慰安婦問題にしても、

日韓併合は日本による植民地支配問題にしても、

大戦中の強制徴用問題にしても、

・・・韓国側の言い分」は、

「あくまでも、悪権力者たちが偏向情報上のみでつくり出している問題」だ。

「全体像を焙りだす事実・現実情報を余すところ無く伝える」なら、

「ほとんどの韓国人が本当の感を取り戻す事が可能」だろう』。

『「従軍慰安婦」とは「従軍高報酬売春婦」だ。

「当時は、売春は合法的仕事」である。

「従軍慰安婦たちが得ていた報酬」は「一般将校以上」だった。

「つまり、超高報酬売春婦だった」のだ。

「だから、朝鮮人・日本人を問わず、お金の為に従軍慰安婦になった人々は決して少なく無い」。

「意に沿わぬ従軍慰安婦の実態」は「親・兄弟・親戚等に、借金のカタや、金目的の為に従軍慰安婦として、送り出された人々」だ。

「朝鮮半島内では、ほとんどの場合、朝鮮人が売り、朝鮮人仲介人が買い、旧日本軍の慰安所に送り込んで、売春報酬を仕事紹介料や借金返済等の理由で取り上げていた」のだ。

「意に沿わぬ元従軍慰安婦に補償を出すべき」は「先ず、売り買いした朝鮮人」である』。

『「日韓併合」とは「元々、単独では存続困難となった当時の韓国及び韓国権力者たち」と、

「富国強兵に突き進んでいた当時の日本の権力者たち」が、

「保身の為や、国家増強の為に、締結した、二国間の国家契約」である。

「だから、実際に、日韓併合以降取られた政策は、植民地支配政策では無く、同化政策」だった。

「当時の日本は、日本側のお金や人をつぎ込んで、朝鮮半島内を急速に近代化させると共に、同化政策を行った」のだ。

「植民地支配政策なら、創氏改名の権利などは、与えない方が合理的」だ。

「被支配民は、名前からも区別出来た方が便利だから」だ。

「しかし、日韓併合時には、朝鮮人に創氏改名という権利が与えられていた」。

「同化政策だから」だ。

「日本人と同様の名前の使用を可能とされた事により、当時の朝鮮人は、社会的にも日本人同様の立場・仕事等が得易くなっていた」。

「民族差別を訴えた金嬉老の父親は、親方にまでなっていたから、

父親存命時には、差別などある訳も無い」。

「金嬉老が感じた差別は、民族差別では無く、社会的ストレスが今より遥かに強烈だった当時の、弱者に対する八つ当たり」である。

「ところが、その日韓同化政策合意だった日韓併合契約」を、

「日本の敗戦につけ込んで戦後の韓国の国家権力者となった連中」は、

「日本による植民地支配と言い換えた」。

「言い換える必然性を与えてしまった」のが、

「戦後の韓国を、敗戦火事場泥棒的に、日本人の立場・財産・資産等を奪う事により始めてしまったから」だ。

「終戦時、朝鮮半島内に居たほとんど全ての日本人は、日本本土に帰還した」が、

「財産・資産等の多くを朝鮮半島内に置いたまま帰還した者たちが多かった」。

「何故なら、平常状態が戻ったなら、また、朝鮮半島に戻って、再び、終戦前と同様の仕事をするつもりだったから」だ。

「日韓併合当時の朝鮮半島内の日本人と朝鮮人の関係」とは、

「多くの日本人が終戦時にその様な思いを抱ける程に、良好だった」のである。

「ところが、戦後韓国の悪権力者たちは、そんな日本人の立場・財産・資産等を敗戦火事場泥棒的に奪う事で、国家権力者となってしまった」。

「そんな悪権力者たちは自己正当化する為」に、

「日韓併合の実態が歪められた情報・教育」を

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)内・日本国内で一方的に大量配信し続けて来ている」。

「未だに、その悪だくみに乗せられてしまっているテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等の連中が日韓共に多数居る」のだ』。

『「戦時中の強制徴用とは、戦時中の赤紙召集と同列で語られるべき事」だ。

「問題行動や文化の違い等々により、軍隊への徴集が遅かった当時の朝鮮人に対して、

同じ国の民なのだから、

せめて、軍の為の労働を!」というのが、

「強制徴集の実態」である。

「多くの日本人男性が、赤紙召集で、勝ち目の無い戦場に、送り込まれ、玉砕戦法や、特攻まで命じられていた当時」の

「炭鉱や軍需工場等への強制徴集」が、

「どれ程の事なのか???」

「当時は、同じ国の民」である。

「同じ国の民を否定したい」のは、

「日韓併合の実態を理解出来ていない者たち」だろう』。

『「はっきり言えば、今の日韓友好を損ねている元凶」は、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で戦後の韓国(北朝鮮も含む)を始めてしまった朝鮮人悪権力者たち」だ。

「この現実は、未来永劫変わる事は無い」』。

『「永遠の恥辱に染まる道を歩み続けている者たち」は、

「自己正当化の為に、歴史上の事実・現実を偏向状態情報・教育で、普及~蔓延させようと企む」。

「しかし、時代が進化すればする程、歴史上の事実・現実は、よりはっきりと焙りだされる」。

「韓国悪権力者たちが、路線転換して、真人間になるなら、今の内」だ。

「人の弱みにつけ込んで私利を貪る文化が濃厚な韓国(北朝鮮も含む)内では、事実・現実を暴露すれば、大バッシング」だろうが、

「水に流す文化が濃厚な日本側の多く」は、

今なら、「日韓基本条約でお終い!」で「合意する」だろう』。

『「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たち」は、

「従軍慰安婦問題」や「竹島問題」や「強制徴用問題」等々で、

「騒げば騒ぐ程、墓穴を掘る事になる」。』

|

日韓国交回復(断じて正常化では無い)50年だが・・・。

『「日韓基本条約で過去は全てお終い」なら「日韓の間に残るは竹島不当占拠問題だけ」だ。「そんな状態だったなら、国交正常化一歩手前みたいな状態だから、日韓国交正常化50年を言っても、それ程、酷く外れてはいないかも知れない」。

「ところが、日韓基本条約締結後も、韓国側は、不当な要求をし続けて来ている」。

「日本国内で、一般日本国民まで含む不特定多数の人々に対して、不当な工作活動まで行っている」。

「こんな現状で、何処が国交正常化なのか?!」』

『「韓国側の言い分」は「従軍慰安婦問題」や「戦時中の強制徴用問題」や「竹島帰属問題」だと言うが、

「そんな見せ球の裏で本当に狙っている」のは、

「日本の乗っ取り支配」だ。

「日本国内で行われている工作活動の実態が、日本の乗っ取り支配思惑を如実に露呈させている」。

「元々、日韓基本条約締結後」なのだから、

「見せ球問題」で「韓国側に勝ち目は無い」。

「韓国が、竹島問題でも、国際司法裁判所での解決を拒んでいる」のは、

「勝ち目が無い事が解っているから」だ。

「見せ球で、ダダをこね、多くの人々の興味が見せ球に行っている間に、

日本乗っ取り支配工作を実現してしまおう・・・というのが、

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの策略」である』。

『「日本乗っ取り支配の為」に、

「日韓併合時には、自主的に日本本土に大量渡来」させ、

「問題行動や文化の違い等々で、徴兵を逃れさせる事」で、

「終戦時まで数多くの朝鮮人成人男性を生き残らせ」、

「戦後、戦後朝鮮半島内の日本人のほぼ全てが帰還させられた事とは裏腹に、

帰還命令さえもロクに出さず、

更に、朝鮮戦争を起こし、

戦争難民として、更に大量の朝鮮人を植民地支配した悪い国ならあり得ない事だが、日本に渡来させ、

戦後も帰還させず、

知る人は帰りたがらない北朝鮮からは帰還推奨等が来ても、

韓国からは熱心な帰還命令等は出されず・・・」、

「内実は、日本乗っ取り支配を企む韓国人(北朝鮮も含む)のまま表向きだけ帰化する者も多く」、

「一般日本国民まで含む、粛清工作に熱心」、

・・・等々、等々、なのだ』。

『「本当に、酷い状態」である』。

『「上辺の友好をいくら訴えても、

日本乗っ取り支配工作自体を止めず、

日本国内で、一般日本国民までターゲットにしている粛清工作等が行われている限り、

国交正常化はあり得ない」。

「国交が回復しているダケ」だ』。

『「日本政府も警察等も、日本国内で行われている工作活動等をちゃんと摘発するべき」である。

「拉致問題」や「竹島問題」や「従軍慰安婦問題」や「強制徴用問題」等々を

「解決する為」には、

「日本国内で行われている韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈の工作活動を徹底摘発し、厳罰に処す事」が

「非常に有効」だ。

「何故なら、見せ球問題の本当の目的は、日本乗っ取り支配だから」であり、

「日本乗っ取り支配が、絶対に不可能なばかりか、工作活動も摘発~厳罰となれば、

もはや、見せ球問題のダダも、ほとんど意味が無くなるから」である』。

|

かなり「ビンゴ」の様で・・・。

『「当方睡眠時」の「昨晩の上方向からの電磁波」が「かなり、強かった」。

「それだけ、昨今の記事には、ビンゴの部分が多い」と「強く推定出来る」』。

『「電磁波工作にもお金がかかる」。

「当方に張り付いている者たち」だって「一人では無い」。

「その分の人件費・手当等が、当然かかる」。

「多くのパート工作員たち」は、

「日本国内の普通の仕事をこなすと共に、工作報酬で、ダブルで儲けているが、

当方に張り付いている様な専業工作員ともなれば、普通の仕事で稼ぐ事も困難」だ。

「生活保護等を受けている場合もある」が「果たして、当方に張り付いている連中は・・・」』。

『「電磁波工作兵器の性能を上げる為にも、お金がかかる」。

「何しろ、はっきりとした痕跡も残さず、摘発困難な手法のまま、ターゲットへのダメージを上げる為」には、

「単純な出力アップでは無理だから」だ。

「工作電磁波の形等を検知され辛いまま、ターゲットへのダメージアップを実現する為」には、

「相応のシュミレーションを行い、実際に、動物実験等を行い効果を確認する必要等が生じる」。

「ましてや、筆者の部屋の様に、既に、ある程度の防御策を取っている所の中に居るターゲットに対しては、

防御を通り抜け易い電磁波をつくり出さなければならないから、更に、手間がかかる」。

「だからと言って、そう簡単に予算がアップされる訳も無い」。

「予算を取る為には、実効が無ければ無理」だ。

「実効とは、日本警察等に電磁波工作によるモノと察知・摘発等されないまま、ターゲットを殺害する事に他ならない」』。

『「ホテルに泊まっていた、元貴ノ浪関が心不全で突然死した」らしい。

「出先のホテルの上下左右等隣接部屋から、何度も、電磁波工作を受けている筆者の頭の中」では、

「電磁波工作による有名人殺害実績の為の殺人?」等の「思いが浮かび上がっている」。

「日本警察も、当時、隣接部屋に居た者たちを徹底的に洗う」と、

「電磁波工作が浮かび上がって来る」かも知れない。

「因みに、筆者の体験上では、筆者の隣接部屋に居た」のは、

「韓国(北朝鮮も含む)系の者たちや、ヤクザ系の者たち」が「多かった」。

「車も、特定ナンバーの場合が多い」』。

|

サンデー・モーニング「驕るテレビは久しからず」・・・。

『「相変わらず偏向論の一方的大量配信を続けているサンデー・モーニング」・・・。

「安保法制問題」では「学者や法律論に偏向」だから「多くの視聴者が何故?今安保法制なのか?の本質が分からず誤解を元にした判断を下しがちになる」。

「偏向論による実質的大衆誘導」は「明らかな悪事」だ』。

『「安保法制とは、日米安保の強化に直結している法整備」だ。

「日本が集団的自衛権を全否定する状態」なら「米軍が命をかけて日本の為の軍事行動を本気で起こせる訳も無い」。

「そんな日米安保希薄化状態を望んでいる国々が在る」。

「中国共産党支配下の中国であり、韓国(北朝鮮も含む)等の反日国」だ』。

『「全日本国民は、反日国悪権力者たちの思惑を、知っておく必要がある」だろう。

「例えば、

中国共産党支配下の中国では、

国家国民の支配者である中国共産党の下に、

中国共産党系の優等国民と

国民党系の劣等国民と

少数民族系の別枠劣等国民という

厳然たる差別が設定されて来ている」。

「差別を元にした不適応分子の粛清も行われて来ている」。

「中国共産党の言い分では、一つの中国」だが、

「その内実は、中国共産党支配下の一つの中国」なのだ。

「元々は、英国領だった香港や、国民党軍が逃げ延びた先である台湾」は、

「中国共産党からみれば、劣等国民の巣窟」だ。

「そこで、有益分子化教育・政策・工作等と不適応分子の粛清工作等が行われて来ている」。

「歴史上の現実として、中国共産党軍は先の大戦時の中国での勝者では無い」。

「大戦終戦時に中国での勝者とされたのは、国民党軍」だ。

「大戦後に旧ソ連の絶大なる支援の下で、中国国民党軍を台湾に追いやった中国国内での内戦での勝者が中国共産党軍」だ。

「中国共産党が戦勝を祝したい」のなら、

「旧日本軍に対してでは無く、中国国民党軍に対してで無ければ、事実・現実との整合性が取れない」。

「しかし、中国人同士の殺し合い戦争での勝利を祝したのでは、中国内の分裂感情等を煽る事になる」。

「結果として、対日戦勝などという事実無根の嘘を、無理やり祝している状態」なのだ。

「もちろん、そんなインチキが、国際的に通用する訳も無い」。

「通用するのは、中国共産党支配下の所ダケ」だ。

「中国共産党の保身の為」には、

「一つの大きな中国の維持~拡大が必要」であり、

「世界中を中国共産党の支配下に置く必要がある実態」が

「既に露呈している」のだ』。

『「中国共産党は、日本に対する支配工作も行っている」。

「その目的は、中国劣等国民の下に日本国民を付ける事」だ。

「下が増えれば、上が在っても気になる度合いが減る」のは「人情の常」だろう。

「中国共産党にとっては、日本国民も韓国(北朝鮮も含む)国民も、将来的には劣等国民として支配下に置くべき国民」なのだ。

「何故なら、そう出来なければ、中国共産党自体が中国内の不満によって持たなくなるから」である』。

『「そんな極東地域の実態の下で、日本よりは上を目指しているのが、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たち」だ。

「早々に、中国共産党に擦り寄り、支配工作等を手伝う事」で「日本より上の立場を得ようとしている」のだ』。

『「日本国民の選択肢は二つある」。

「中国共産党の支配下の民となるか?」

「中国共産党を退けるか?」だ。

「日本のみで中国共産党を退ける事は困難」な上に、

「存続のピンチ上に在る今の中国共産党」は、

「支配工作を大急ぎで行っている(それは、南沙諸島問題や急速な軍拡等を見れば誰の目にも明らかだ。)」から、

「中国共産党を退ける為には、現実的には、日米安保の強化を急がざるを得ない状況が其処に在る」』。

『「安保法制が急がれている理由」も「上記の様な国際情勢の現実を知る」なら、

「良く分かる筈」だが、

「学者・法律論に偏向」では、

「良く分からないばかりか、むしろ、要らないのでは?等の感さえ抱かされてしまう人々が少なからず出てしまう」のは、

「当然過ぎる程当然」だ』。

『「戦後の日本のテレビ界」は「交代が無い」。

「政権は、選挙の基づき、何度か変わっている」。

「戦後の日本のテレビ界が、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の支配工作下にある」等としたら(実際に、その通りの様相だが)、

「交代が無い事の悪影響」が、

「誰にでもはっきりと分かる筈」だ』。

『「戦後60年以上も、

日本のテレビ界は、

同じ人脈の下で運営され、

情報を一方的に大量配信し続けて来た」。

「もう、同じ人脈の言い分は、視聴させられるのもウンザリ・・・」だ。

「驕るテレビは久しからず」。

「テレビ界の人脈交代が望まれている」』。

|

少年A「絶歌」問題・・・。

『「酒鬼薔薇聖斗少年A匿名手記を太田出版が大売り出し」。そして、「実際に、相当売れてしまった」。

「絶歌」とは「未だ、自分が分からず、自分で自分を健康にコントロール出来ていない少年Aの自己確認であると共に、SOSでもある」。

「つまり、少年A」は「未だ、治療が終わっている状態では無い」のだ』。

『「そんな状態の者の手記を売る事で大儲けしている太田出版」も「責められて当然」だろう。

「少年Aが、例え、印税を全額被害者補償に充てるにしても、出版社の大儲けは、そのまま大儲け」だ。

「太田出版は、少年A手記の出版を朝日新聞だけには通達していたとの事」だから、

「朝日のお仲間的要素のある出版社」なのだろう。

「朝日のお仲間ぶりも既に露呈している」。

「テレビ等」で、

「出版する事自体は悪く無い・・・」等と「大衆誘導している」のだ。

「朝日系による少年A手記集金の臭い」が「濃厚に漂っている」』。

『「この手の集金劇の裏」には、

「政財界工作や、社会工作が潜んでいる場合が多い」。

「工作資金集めである場合が多いのだから、当然」だ。

「有名人利権を悪用した工作資金集めで行われる工作」に「ロクなモノが少ない」のは、

「当然と言えば当然」だろう。

「元々、正々堂々とした正攻法では勝ち目の無い事を

姑息な手段で実現する為に行う」のが、

「多くの工作活動」だ』。

『「安保法制等々で益々肩身が狭くなって来ている反日国人脈の者たち」が、

「起死回生の政権交代等を可能とする為の大衆誘導工作や政財界等工作や粛清工作等々」には、

「相応にお金も、人も必要」だ。

「粛清工作技術を開発~向上させる為」にも、

「粛清工作を行っている工作員を飼う為にも、相応にお金はかかる」のである』。

『「有名人を悪用した●●集金」には、「くれぐれもご用心!」』

『「さて、医療少年院に送致され、退院可能と診断され、出所している少年A」だが、

「今回の手記出版からも明らかな様」に、

「とても、退院可能レベルには至っていない」。

「未だ、未だ、アブナイ状態」である。

「絶歌は、そんな状態の少年Aが、世間一般の読者やマスコミ等の反応を利用して、自己確認を行う為のツールである」と「共」に、

「未だ、自分で自分を健康にコントロールし続ける事が不十分な状態の者からのSOS発信でもある」』。

『「医療少年院時代の治療略歴等を見る」と、

「精神分析後、精神科女医」が、

「少年Aの主たる問題」は、

「性的サディズムと殺欲動の未分化に在ると捉え、

女医自らが精神・心理的母親役をこなす事により、

性的サディズムと殺欲動の分化治療を施した様」だ。

「そして、性的サディズムと殺欲動をある程度分化させる事に成功し、

性欲動の対象も普通の異性方向となった事等から、

一般社会での生活可能と診断を下し、

出所させた様」である』。

『「しかし、少年Aの無意識は落ち着けていなかった」。

「殺人等の罪に対する相応の処置が不十分だから」だ。

「治療を受け、精神の発達まで助けてもらった」が、

「殺人等の罪に対して、どの様に自分を処せば、処させられれば、自分の無意識が落ち着くのか?」の「面」は、

「少年の更生を優先する体制」により、

「かなり疎かにされたまま」だ。

「成人相当の罰が与えられるとしたら、死刑か、終身刑(現状の日本には無いが)か、無期懲役が当然の事件」だ。

「少年である事を考慮し、死刑を避けたとしても、一般社会に出るまでの期間は余りにも短過ぎる」から、

「多くの人々の思いや感情の中では、赦せるか???」である。

「少年Aの内面ばかりか、世間も未だ、落ち着けていないのが実状」だろう。

「結果として、現状の少年Aは、本当の姿のまま、世間に受け入れられていない」』。

『「事件が起きてしまって、18年が経過している」。

「今の時点で、実名・獄中手記だった」なら、

「書かれる内容も全く違っているだろうし、世間の受け止め方も全く違う」だろう。

「ところが、一般社会の中からの匿名手記」なのだ。

「一般社会の中で、実名で本当の姿を露呈した上で、仕事に就く事もままならず、

罪の償いも???状態だから、

写真さえも取られたくない」。

「コレでは、少年Aの心が揺れるのも当然過ぎる程、当然」だ』。

『「例え、少年でも、相応の罪の償いをさせる事」それは、

「被害者はもちろん、世間と、犯罪を犯した者が、

それなりに、納得した上で、

その次の段階に進む為に必要な、

とても重要なステップ」だ。

「殺人」は「少年だから」と言って「許される事では無い」。

「殺人犯には、年齢を問わず、相応の罰が与えられる事は、必要な事」である』。

『「そして、今生きている全ての人類」は、

「殺人を防ぐ為に有効な精神文化の進化を忘れるべきでは無い」のだ』。

『「少年Aは、ナメクジの解剖や猫の解剖を行う事で生とは?死とは?を考えようとした」らしいが、

「そんなところに、生物の生・死の実体は無い」。

「生物の生・死は細胞ごと」である。

「生・死の実体を探求するなら、細胞レベルでの探求をすれば、理解も深まる」が、

「細胞レベルより遥かに大雑把な、生体解剖レベル」では、

「解剖により生体維持機能を失わされた個体が細胞ごとにどんどん死んでいく実態に直面するダケ」だ。

「その生・死の実体とは程遠い刺激情報」が

「十分にその刺激情報の実体を理解される事も無く、性的サディズム等と繋げられてしまう」と、

「変成欲として、脳神経細胞ネットワークが覚えてしまう場合がある」。

「自分で自分を健康にコントロール出来ていない状態の人間」が、

「他の人も含む生物の生・死を支配出来ているかの如く勘違いする」と、

「他の生物の生・死を支配し続ける事という、

自分で自分を健康にコントロールする本来欲求の代償欲求の追及に

奔走してしまう場合もある」。

「本来欲求は充足可能だが、代償欲求の追及では本来欲求が充足される訳も無い」から、

「代償欲求の追及行為は、エスカレートし易い」のだ。

「小動物の生体解剖欲求が人間の生体解剖欲求へとエスカレートする」のも、

「代償欲求故の現象」に他ならない。

「代償欲求の追及では本来欲求は充足出来得ない程度の心理学の基本中の基本」は、

「小学校高学年でも中学生でも理解可能」なのだから、

「ちゃんと教えるべき」だ。

「少年Aの場合」も、

「稚拙な死生観」が「変成欲を生じさせた犯人の一人」だ。

「本来欲求の充足も、代償欲求の追及も???という状態」が、「犯人の一人」だ。

「最初から、細胞ごとの死生観情報や本来欲求・代償欲求情報等がちゃんと伝わっている」なら、

「生・死を確かめる為に、動物等の生体解剖等」という「おバカな事」や、

「その先にある人間の生体解剖・・・つまり、殺人」という「とんでも無い事」が、

「生まれる確率はかなり減る」。

「物質文明が高度に進化出来ている今日、

今生きている人類なら、

何時までも、丸ごと一人の死生観やあの世や霊等や代償欲求の追及等々にしがみついてる場合じゃ無いのである」』。

|

日韓併合を日本による植民地支配と悪韓国側の言い分で喧伝したNHK夜番問題・・・。

『「日韓併合時の韓国人権力者たちが自らの保身の為にも望んだ後、35年もの長きに渡る日本国・日本人による朝鮮半島内の近代化同化政策&韓国・韓国民救済である日韓併合」を「日本による植民地支配と言いたがる」のは、

「欧米列強植民地支配の実態もロクに知らないまま、日韓併合時に植民地を持つ事が一等国という思いに駆られていたが故に、朝鮮半島は日本の植民地と思いたがっていた連中」や、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒を正当化したい連中」だ。

「事実・現実に即した実体論で言う」なら、

「二国間国家権力者同士の合意契約である日韓併合」は、

「日本と韓国の一国同化合意契約であり、国力相応に日本寄りの同化政策合意」に他ならない。

「日韓併合時の朝鮮半島内に在った」のは、

「朝鮮半島内に渡った日本人の私財までつぎ込んだ近代化努力」であり、

「所謂植民地支配・略奪等の実態は其処には無い」』。

『「それなのに、NHKの夜番では、民主党人事の悪影響そのまま」に、

「韓国(北朝鮮も含む)の言い分を公然化する様な情報配信が行われていた」。

「日本の公共の電波を使って情報を一方的に大量配信している」のに、

「悪韓国(北朝鮮も含む)側の言い分の公然化論」とは、

「本当に酷い実態」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)関連の実質的嘘」は、「他にもあった」。

「戦後日本の復興が朝鮮戦争特需によってもたらされたかの如く喧伝していた事」だ。

「もちろん、戦後日本の復興は、一に日本国内の復興特需であり、二に生産技術等の回復~向上と超円安状態がもたらした対外貿易」だ。

「朝鮮半島特需とは、対外貿易の一つに過ぎ無い」。

「断じて、復興の中心では無い」。

「それなのに、まるで、朝鮮戦争のお蔭で、日本が復興出来たかの如く喧伝していた」のだから、

「本当に悪質」だ。

「日本が悪い論」と共に、

「朝鮮のお蔭論の多く」も、

「悪韓国(北朝鮮も含む)人脈の得意わざ」だ』。

『「上記の様なインチキ論を喧伝しながら、和解を言う」。

「今時、和解が必要な国は何処か?」を「考えれば」、

「誰でも、この夜番情報工作の目的が直ぐに分かる筈」だ。

「もちろん、本当の和解は、事実・現実の上にしか成り立たない」から、

「NHK夜番が目指しているのは、和解では無い」。

「目指している」と「強く推定される」のは、

「まるで、竹島不当占拠を容認し、従軍慰安婦不当要求を日本に飲ませる様」な、

「不当利韓(北朝も含む)」だ。

「不当利韓(北朝も含む)世論の公然化が目的」と「強く推定出来る」。

「日本の公共の電波を使っている情報の一方的大量配信」なのに、

「不当利韓(北朝も含む)世論の公然化目的・・・」なのだ。

「本当に酷い事」だ』。

『「関係者の更迭等が必需!」等と「感じた視聴者の数」は「決して少なく無い筈」だ』。

|

NHKクローズ・アップ現代(ヒュンダイと読んだ方が内容と合ったりして・・・)反米感情と反米軍基地感情を煽る為の(?・・・一応付けておく)沖縄戦検証・・・。

『「沖縄戦の再検証は、結構な事」だ。「しかし、情報配信の仕方によっては、視聴者をあらぬ方向に誘導しかねない」。「何しろ、今の日本で政策上の重要問題となっているのは、安保法制だから」だ。

「戦争はもちろんいけない」。

「絶対に避けるべき」である。

「ここで、悪戯な反戦派は、戦争を避ける為に、まるで、不戦憲法や無策・無防備等が効果を有る様に誤解する」。

「もちろん、実際の人間社会は、そんなぬるい出来では無い」。

「不戦憲法とはあくまでも日本国内を縛るダケであり、それを掲げている事=他国から攻められない事では断じて無い」。

「だから、実際に、日本では、竹島は不当占拠されたままであり、拉致まで起こされ、中国共産党は尖閣諸島等への不当進出を試みている」。

「実戦争には至っていないが、厳然たる侵略行為が既に存在している」。

「こんな状態で、国防を疎かにすれば、益々侵略行為が加速する」のは、

「言うまでも無い事」だ。

「不戦憲法のメリットは、参戦を断れる側には、ある程度は存在している」が、

「攻め込まれない側には、ほとんど存在していない」のが「現実」だ。

「攻め込まれる側を抑えている」のは「日米安保による米軍も含む実戦部隊等々に他ならない」。

「この現状人間社会のお寒い現実を無視、もしくは、黙殺したまま、

悪戯な反戦感情を煽る情報等を、

日本の公共の電波を使って一方的に大量配信した」ら、

「どうなるのか?」

「多くの視聴者の中では、在日米軍や米軍基地等が、まるで悪の機関・設備等に思える」だろう』。

『「戦後米軍は確かに、日本を占領統治」した。

「しかし、米国や米軍が、その後、日本を不当に侵略支配しただろうか?」

「韓国は竹島を不当占拠したまま・・・」だ。

「北朝鮮は拉致まで行っている」。

「中国湖共産党支配下の中国は尖閣諸島等に不当進出を試みている」。

「そして、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の手先たちは、

戦後の日本国内で、

情報・教育・政界工作や、

飲食物工作や、

電磁波工作等々の、

日本乗っ取り支配工作まで行い続けている」。

「戦後、日本に対する明らかな侵略行為を行い続けている」のは、

「沖縄等を返還した米国では無く、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国というのが、

現実」だ』。

『「ところが、この重大現実」は「実質的に黙殺状態にある」。

「そして、逆に、テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等では、

長い間、日本に自虐を強要する情報・教育が溢れ、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国は、

まるで、先の大戦時に日本から一方的な被害を受けた可哀そうな被侵略国等のイメージが風潮されて来た」。

「竹島の不当占拠は、長い間黙殺状態・・・。

拉致も長い間無い事に・・・。

等々というのが、戦後日本の情報・教育の実態」だ。

「そして、そんなインチキ情報・教育等を散々行い続けて来た連中」が、

「未だに、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育界で幅を利かせている」のである』。

『「戦争は、絶対に避けるべき」だ。

「ここで、多くの視聴者が先ず考えるべきは、どうしたら、戦争を避けられるか?」である。

「悪戯な反戦感情」は、

「戦争抑制策さえ否定しがちになる」が、

「視聴者が、個々に、事実・現実に基づいて、実際に、もし、戦争が起きる可能性があるとしたら、どんな場合か?等々を、

それぞれの国々の実態を元に考えた上で、

どうすれば、戦争を避けられるのか?」を

「考えるべき」なのである。

「その上で、不戦憲法を掲げ続けて居れば良い」等と言うのなら、

「はっきり言って、おバカ」だろう。

「不戦憲法は、攻め入る側にとって、何の障害にもならないばかりか、むしろ、付け入るスキになる」。

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の国や国民となっても、戦争が起きなけば良い」等と言うのなら、

「やはり、おバカ過ぎるおバカ」だろう。

「そんな状態下の国の民となったところで、

日本を乗っ取り支配する事で増大した中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)を、

欧米列強が放置出来る訳も無い」。

「何れは、欧米列強と中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)との戦争になる」。

「不戦憲法崇拝主義や、

中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等による侵略支配容認主義」は、

「戦争を招く道でしか無い」のだ』。

『「沖縄戦の惨状を思い出さされれば、誰でも、先ず、戦争は絶対に避けたいと思う筈」だ。

「其処に、付けるべき情報」は、

「今の日本を取り巻いている実状」であり、

「悪戯な反米感情や反米軍基地感情等を煽る情報では無い」』。

『「旧社会党人脈が乗っ取り実効支配していた様相だった民主党政権時代人事」の

「悪影響が未だ濃いNHKが正常化されるのは、何時だろうか?」

「言うまでも無く、旧社会党とは、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党と近しい政党」だった。

「東西冷戦に既に決着が着いている現代、

日本社会を時代に逆行させ、衰退させたい様相の、

旧共産圏の手先たち」に、

「過分な立場・報酬等は似合わない」』。

|

安保法制問題で「朝鮮半島有事時の具体的対応可能範囲を問う」からも露呈している民主党の正体・・・。

『「有事時の具体的対応範囲をはっきりさせる事=有事を企んでいる者たちが、どこまでの有事が可能なのか?の作戦を練り易くする事」だ。

「ワザワザ朝鮮半島という具体例を出した事」からも、

「余程、朝鮮半島有事発生時には、日本がどの様な対応を取れるのか?」を「知りたい」のだろう。

「そんな連中とは、いったい、何処の国のどんな人脈の者たちか?!」』

『「この民主党岡田代表による質問内容」からも、

「民主党の正体」は「丸見え」だろう。

「コレで、日本国内で、自民党等に対抗する将来的には政権を目指す野党を言う」とは、

本当に、オメデタイ!」

「何処のどの日本国民が、日本の安全保障を有事を企んでいる悪たちの前で丸裸にしたがる事に賛同するのか???」

「普通の状態の一般日本国民」なら「賛同はあり得ない」』。

『「そんな民主党との野党共闘を目指している維新の国会議員たちが居る」。

「元民主党がゾロゾロ・・・だから、当然と言えば当然」だろう。

「工作大好き連中」は、

「他党内に自党の者を送り込み、

他党を自党の意の下で操ったり、

乗っ取り支配~吸収合併したりする策略も大好き」だ。

「そんな事態が、国レベルで行われてしまっている」のが、

「戦後の日本社会」である。

「多くの日本国民は、

この悪劣な乗っ取り支配工作等に対して、

もっと、もっと、理解・把握を深め、

日本政府・与党に対し、実効のある対策を直ちに実行させるべき」だ』。

『「国レベルの侵入~乗っ取り支配~吸収合併工作等を行っている連中」の

「具体的工作行動」は、

「政界でも、テレビ・ラジオ・マスコミ界でも、教育界でも、一般企業界でも、病院等でも、

・・・、侵入~乗っ取り支配~吸収合併工作等を行って来ている事」だ。

「その政界版が、今、維新で行われている」』。

『「かつては、政界版、侵入~乗っ取り支配~吸収合併工作」は、

「もちろん、自民党にも仕掛けられて来ている」。

「自民党内」に、

「このお方の言う事」は、

「日本人ならちょっと(時には、大いに)変・・・」という「お方が居る」のは、

「その辺りの事情から」だ。

「そして、自民党乗っ取り支配に失敗した者たち」は「往々にして、外に出る」。

「河野氏然り、小沢氏然り、・・・」である。

「両氏とも朝鮮系と言われている」のは、

「単なる絵空事では無い」』。

『「政界では、実際に見える政策や、実行政策の結果が伴う」ので、

「実際、民主党政権が出来ても、一期限りで、直ぐに政権交代となった」が、

「選挙の無いテレビ・ラジオ・マスコミ・教育界や一般企業・病院等」では、

「侵入~乗っ取り支配が成功したままの状態を露呈している所も少なく無い」。

「そして、そんなテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等に操られた有権者の投票行動が、

あらぬ政権を生み出してしまう事が

実際に、民主党政権樹立という事態で、起きてしまった」。

「当時の民主党の陰の実権者は、旧社会党の人々だった」から、

「冷戦後に、旧共産圏系の政権が日本で成立してしまった様な事」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導で実現してしまった」のだ。

冷戦後も、旧共産圏と言えば、中国共産党支配下の中国と北朝鮮等で、

民主党がそれらの人脈と同調し、仲が良いのは、単なる偶然では無い」。

「そして、朝鮮半島有事時の具体的対応範囲を党首質問」なのだ』。

『「多くの有権者」は「絶対に忘れてはいけない」。

「民主党政権時の、日本が細り、中・韓(北朝も含む)が太った実態を!」

「多くの他人や企業が強制的に支払わされている上乗せ料金」で

「稼ぐ事を可能」にした

「太陽光発電バカ高買取り等の異常な法整備等を!」

「民主党のお仲間、

テレビ・ラジオ・マスコミ・大学教授も含む教育界等々に操られなければ、

有権者の判断は、正常性を保てる筈」だ。

「逆から言えば、テレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等の健常化は急務」である』。

|

日本のテレビの池上媚韓インチキ論にも反発する現状韓国民の愚かさ・・・。

『「戦後の韓国(北朝鮮も含む)は、日本が朝鮮半島を放棄したから出来た」は「媚韓の歴史捏造情報」に過ぎ無い。

「実際は、当時朝鮮半島内に居た日本人に対する引き揚げ命令は出ていたが、基本的には、引き揚げ命令ダケだった」から「放棄は含まれていない」。

「引揚者の多く」は「落ち着いたら、再び朝鮮半島に戻って従来の仕事を・・・」等々と「考えていた」。

「だから、実際に、終戦時に朝鮮半島内に居た日本人」は、

「半分程度、人によっては、ほぼ全ての資産等を売りもせずに朝鮮半島内に残したまま、

とりあえず日本に帰還している実態が在る」。

「火事場泥棒で国を始めた事を誤魔化す為に行われた面もあるのが朝鮮戦争」だ。

「新たな戦乱」は「新たな戦乱以前の事を無かった事にすり替える便利な道具でもある」。

「日韓併合時には、数多くの朝鮮人が日本本土内に別天地を求めて自主的に渡来していた上」に、

「戦後、朝鮮半島内の日本人のほとんど全てが帰還命令に従い帰還した事とは、対照的に、

終戦時に日本国内に居た朝鮮人の多くは、日本本土内に居残った」。

「更に、朝鮮戦争難民の形で、数多くの朝鮮人が日本に自主渡来している」。

「朝鮮半島内より日本本土内での生活を選択する数多くの朝鮮人という実態」は、

「日韓併合=日本による侵略~植民地支配論が事実なら、あり得ない事態」だ。

「日韓併合の実態が、韓国の救済だった」から、

「或いは、日韓併合の実態が、韓国による日本乗っ取り支配の開始だった」から、

・・・等なら、

「あり得る事態」だ』。

『「その後の日韓国交回復時の日韓基本条約により、初めて、終戦まで朝鮮半島内に在った日本人の資産等の放棄が決められた」のだから、

「日韓基本条約前、つまり、戦後の韓国は、日本側の放棄によって出来た国では無く、

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為で出来た国」というのが、

「本当の実態」だ。

「韓流テレビの池上論」は「事実・現実をぼやかした媚韓論」に他ならない』。

『「そんな池上の媚韓論を有難がらずに、非難する」とは、

「韓国のおバカぶりの相当なモノ」だ。

「コレでは、MERSを流行させてしまったのも当然」だろう。

「そればかりか、精神文化の問題は、全ての物事に影響を及ぼす」から、

「韓国の原発も不安」だ。

「今後、MERS以外のウィルス等を流行させてしまう可能性」も、

「精神文化の健常進化が無い場合」は、

「かなり多い事になる」』。

『「現実離れした思いの上には、現実は存在し得ない」。

「現実が存在し得るのは、事実・現実の上」だ。

「それは、どんなに丸ごと一人の死生観を思い、あの世や霊を望んでも、

細胞ごとの誕生・死がもたらす現実は、

細胞ごとの誕生・死にしかなり得ない事からも、

明らか」だろう。

「現実離れしたファンタジー世界に生き続けようとし続ければ、現実との乖離が消滅を生む」。

「韓国(北朝鮮も含む)・韓国(北朝鮮も含む)国民は、存続の為にも、道を是正するべき」だ』。

『「現状の日本国内で、一般日本国民粛清工作等を行っている連中」には、

「朝鮮系・中国共産党系の者たちが多い」。

「日本国民を粛清・否定したところで、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国が正当化される訳も無い」のだが、

「悪劣国家指導者の配下の者たち」は、

「現行の日本の法律や摘発体制で摘発困難な、電磁波工作や飲食物工作や情報・教育・政界工作等々の手段で、

多くの一般日本国民を虚勢無害化・有益分子化すると共に、

不適応分子と身勝手に認定した者たちへの粛清工作に

忙しい」。

「こんな状態を実質的に放置し続けている日本政府も警察も、本当にどうかしている」が、

「あくまでも本当に悪いのは、劣悪国家指導者等と劣悪国家指導者等の意思の下で不当な工作活動等を実行している連中」だ。

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩み続けている連中」は、

「消える事の無い代々話を残したいのだろうか??」』

|

年金情報流出問題で犯人たちを責めず、年金機構や厚労省等の責任を問う、犯人人脈かも知れない方々・・・。

『「年金情報流出問題」で「一番責められるべきは、犯人たち」だ。「次に、甘すぎる管理状態や対策」だ。

「ところが、韓流テレビ等では、犯人追及を訴えず、年金機構や厚労省の責任問題を訴えている」。

「まるで、権力のある立場の者を入れ替えさせたい様相ですらある」のだ』。

『「民主党等の野党」は「年金情報流出問題」を「政局に利用している」。

「逆から見れば、

政局に利用出来る材料」として、

「年金情報流出工作が行われた可能性だって浮上している」のだ』。

『「そして、民主党等のお仲間、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「犯人たちの追及をほとんど訴えず、

年金機構や厚労省の責任問題を声を大にして訴えている」。

「ここにも、この事件を人事工作に悪用しよう・・・等の怪しい臭いが漂っている」』。

『「年金機構の元となった旧社保庁には、民主党(旧社会党)系の人々も多数居た」。

「看板が年金機構となった後も、多数居る」。

「そして、何十万件ものパスワード未設定であり、

怪しいメールを開けた上でのウィルス感染」なのだ』。

・・・・・・・。

『「旧社会党とは、北朝鮮や中国共産党等と近しい政党」だった。

「今、安保法制に反対している」のも

「北朝鮮や中国共産党等と近しい方々」だろう。

「何故なら、安保法制」とは、

「日米安保をより強固にする事により、

それらの国々の国家指導者たちから、

日本に実戦争を仕掛ける気を削ぐ効果を持っているから」だ。

「最終的には、実戦争抜き」では「日本の侵略支配は困難」だ。

「軍備圧力&日本国内の工作活動等により、

出来る限り悪国家指導者たちにとって有利な状態に日本国内を誘っておいた上で、

内乱も含む実戦争を仕掛ける事により、

初めて、日本の乗っ取り支配が完了出来てしまう・・・」。

「安保法制の成立だけは、是非とも避けさせたい」。

「例え、成立してしまっても、憲法違反で最高裁まで争い、あわよくば、違憲判決を出させたい」。

「それが、無理なら、どんな手段を使っても、政権を変え、安保法制を撤回させたい」。

・・・等々、

「それが、悪権力者人脈の者たちの本音」である』。

『「年金情報流出問題で犯人たちを特定し、犯人人脈を露呈させると、

結構な者・物・事が、お白洲の上、白日の下に、曝される事となったり・・・して」』。

|

「学者バカ全開」の様相の憲法学者たち・・・。

『「主従逆転論が得意」なのは「従利権保持派の者たち」だ。「学者バカ全開的様相を露呈している憲法学者たち」も「従利権に過ぎ無い憲法字面利権保持派の者たち」に他ならない。

「憲法の主はもちろん国家・国民」である。

「国家・国民の安全保証の為に、憲法字面上なら明らかに違憲となる、実質軍隊である自衛隊の保持も合憲として来た」。

「自衛権の問題も全く同様」だ。

「その時の世界情勢上、実質的に必要な自衛権」は、

「集団・個別を問わず、合憲としなければ、国家・国民の安全保障は成り立ち得ない」。

「それは、当たり前過ぎる程、当たり前の事」だ』。

『「ところが、字面利権の上で飯を食べている状態の者たち」は、

「大局を見ず、字面に固執したがる」。

「字面利権上に大衆を巻き込む事で、自らの飯のもとを増大させたい様相を恥じらいも無く露呈」している。

「字面利権が大局より優先される状態となれば、日本が他国から侵略される可能性が極めて大きくなるにも係わらず・・・」。

「それは、憲法の字面を優先して、実質的軍隊である自衛隊を無くす事を考えれば、多くの人々にも容易に分かる事」だ。

「非武装中立状態で、安全保障が成り立つ程、他の全ての国々や人々が良い状態では無い」のが、

「現状人間社会の現実」だ。

「安全保障を崩壊させれば、ハイエナの如く、日本国・日本国民を貪る事で、利権を増大させようとする悪徳国家や悪徳人たちの数」は、

「決して少なく無い」。

「反日政策や反日教育まで行い、

日本国や日本国民から奪う事は正義と思い込んでいる愚かな人々まで量産している国々まで

実際に在る」のだ。

「安全保障を崩壊させる事による責任」が、

「字面優先憲法学者たちに取れる訳も無い」。

「国民の立場からすれば、安全保障を託すべきは、断じて、憲法学者等では無い」。

「現状の日本の社会システム上では、選挙で選ばれている国会議員であり、与党・政府になる事」は「明らか」だ。

「憲法学者たちは、

国会議員でも政府でも無いのに、

重要な国政である国家・国民の安全保障問題を自分の意図で操ろうとしている」のだ。

「最高裁で違憲判決を得るべく、告訴する」とか、

「現政権を交代させる」とか、

「もはや、自分の意思が通らなければ、周りを否定し続け、壊す、駄々っ子状態」だ。

「それを、日本の安全保障が壊れる事を望んでいる様相のテレビ・ラジオ・マスコミ等が応援し、大衆誘導を謀っている」』。

『「政治・社会音痴的様相である学者バカ状態の者たち」は、

「日本が憲法の字面を守っていれば、戦争に巻き込まれないと思いたがっている」。

「人間社会上の常識」では

「近代以降の国レベルの戦争とは、

戦争を仕掛ける要素の在る国が、

勝つつもりになって

初めて仕掛けられる事」だ。

「戦争を仕掛ける要素の在る国」とは、

「他国を侵略する必要が有る国家指導者を頂いている国等」である。

「例えば、自国内だけでは大権維持が困難となって来ている現状の中国共産党等や北朝鮮の国家指導者等」には、

「実際に、他国侵略の必要が生じて来ている」。

「しかし、それらの国々は、実戦となれば、所謂西側先進諸国連合には敵わない」。

「西側先進諸国連合を崩し、日米安保を希薄化させる」と、

「勝つつもりの戦争」が「可能になる」。

「学者バカ的憲法学者たち」は、

「いったい何処の応援をしているのか?!」』

『「国民を階級差別状態下に置き、不適応分子の粛清まで行って来ている中国共産党や北朝鮮の国家指導者たち」に対して、

「良質な国家指導者等の感を抱き、

例え、それらの国家指導者の配下の民となっても、戦争にならなければ良い」等と言うのなら、

「本当にどうかしている」のか、

「それらの国家指導者の人脈の者」なのかの

「どちらか」だろう。

「例え、その様な手段が実現して、戦争無しで、日本国・日本国民が、それらの国家指導者の配下となったところ」で、

「それ以降の増長を欧米諸国が放置する訳も無い」。

「欧米諸国との戦争に巻き込まれる状態下に置かれる」のが、

「その道」である』。

『「逆に、字面の整合性問題は別にして、実を取り、日米安保強化に繋がる安保法制を実現させれば、

中国共産党や北朝鮮の国家指導者たち」は、

「負ける事を覚悟の上でしか戦争が始められない」。

「欲深い連中が、そんな自虐的判断する現実味は、ほとんど無い」から、

「他国侵略必要派の国々が、日本を狙う事は、非常に困難となる」のだ。

「当然、この道の先には、欧米列強との戦争も無い」。

「懸念材料は、中東であり、イスラム圏」だが、

「それらの国々との戦争となれば、表立つのは、必然的に欧米側になる」。

「つまり、実質的に、日本を戦争から遠ざける事になる」のが、

「安保法制の実効」だ』。

『「それなのに、学者バカ的憲法学者たちや、韓(北朝も含む)や中共の手先的テレビ・ラジオ・マスコミ・政党等々」では、

「現政権や安保法制に大反対!」なのだ。

「おバカ状態の者たち」と「確信犯の悪たち」が、

「自らを健常な状態にするのは、何時だろうか?」』

『「世界平和の敵は、おバカと悪」なのだ。

「一般日本国民なら、おバカと悪に同調させられない様にご用心!」』

|

韓国MERS流行問題の本質を隠蔽したがっていた様相のテレ朝昼番・・・。

『「韓国でMERSが大流行してしまっている本当の理由」は「言うまでも無く、信頼欠如社会」だ。「一人の患者が、医療機関を次々と受診するコンビニショッピング医療も、感染した医師が、感染後も、しばらく診療行為を続けて居た事も、家族による濃厚なお見舞いも、・・・、・・・、みんな信頼欠如社会故の現象」に他ならない。

「少し考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「医療機関に信頼が在れば、何軒もの医療機関で次々と診察を受ける人など居ない」。

「医師なのに、感染した上に、感染後も他の病人に対する診察を続けて居た事」からも、

「その医療技術・認識レベルは明らか」だ。

「信頼出来ない人々が多く居るのも当然」だろう。

「そして、信頼欠如社会では、社会・・・つまり、他人に裏切られる場合が多いので、

多くの人々が、反動的に、強固な信頼を渇望する」。

「その結果が、家族依存」だ。

「もちろん、家族だって、同じ韓国人だから、そう簡単には全面的な信頼感も持てない」。

「そこで、濃厚な家族関係が渇望され、家族が入院ともなれば、濃厚な看護に家族が係わる事態となっている」』。

『「信頼性欠如社会の元は何か?」

「元々は、朝鮮半島内で権力を握った者たちによる強権治世」だ。

「強権治世下で、大いに衰退させられてしまった庶民」は、

「権力者を信頼出来ない」。

「そして、権力争いが起き、政権交代しても、事態はあまり変わらなかった」。

「強権支配の恨み」に「強権支配で報いて来たから」だ。

「結果として、韓国社会では、信頼も、新たで有益な技術等も、ロクに育たなかった」から、

「国自体も大いに衰退してしまった」。

「一国だけでは存続困難となった韓国及び韓国の権力者たち」は「清の属国」から「日本の保護下、そして、日韓併合」と、

「他の国に依存したり、他の国を利用したりする事により、生き残って来た」』。

『「清の属国時代は、正に、清の遥かに下に置かれた属国」だった。

「当時の韓国の権力者たちは、清を利用する事で、韓国内での権力を保てた」が、

「権力者も、当時の韓国国民も、健全発展とは無縁状態」だった。

「清自体も、英国等からの侵略を受け、権力者たちが麻薬漬けにさせられたりして、大いに衰退してしまった」。

「衰退清の属国であった韓国の衰退は更に酷かった」。

「もはや、国としての単独存続が決定的に不可能となったから、

日本と一緒にしてもらう事で、

韓国・韓国権力者たちが生き延びる道を選択した」のが、

「二国間の合意契約である日韓併合の実体」だ』。

『「明治以前の日本」では、

「江戸幕府は衰退して来ていた」が

「国の内部自体」は

「江戸幕府による長年の平和実現政策が効いていた」から、

「大いに発展出来ていた」。

「活力の有った日本国内の新たな勢力の人々が、衰退した江戸幕府を退け、新たな権力体制を敷いた」。

「欧米列強に追いつけ、追い越せ!」を「合言葉」に、

「産業革命&近代化を成功させて行った当時の日本の裏」には、

「江戸幕府が築いた長年の平和社会と、

平和な上に、多くの人々がある程度豊になれていたが故の

信頼が有った」。

「朝鮮半島では、民を衰退させても、自らの利権を増大させる事が出来る者が、権力者となれた」が、

「日本では、民を豊かに出来ない者には、権力を持たせない事が以前から、当たり前だった」のである。

「江戸幕府は衰退した」が「民は豊かになれていた」から「明治維新も出来た」のだ。

「日本では、

平和・信頼社会の下で、

多くの人々が新たで有益な知識・技術等を蓄積していた」から、

「明治維新~産業革命・近代化も実現出来た」。

「日本は、明治維新以降、3~40年程度の短期間の内に、日清・日露戦争での勝者となる程の状態にまでなっていた」』。

『「元々、信頼のある社会だった日本と同じ国となり、同化政策が行われた事により、

日韓併合以降の朝鮮半島内でも、信頼は徐々に育っていた」。

「ところが、日中事変~太平洋戦争となり、日本が敗戦した途端」、

「日韓併合後の日本国という同じ国の民だった筈の、韓国人の悪権力者たち」は、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為の上」で、

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)を始めてしまった」。

「戦後韓国の始まりが、信頼を裏切る火事場泥棒的行為から」だから、

「戦後の韓国自体に、基本的な信頼が無い」。

「韓国の国家権力者たちの素行」は、

「強権支配&清の属国時と同様の状態にまで退化してしまった」。

「国家権力者が、信頼を蹴飛ばして、目先の利権を貪っている状態」では、

「国民たちが、そんな国の中で、何処の誰を信用出来るのか???」

「それぞれが、保身や利権を目指すダケとなり易いのは当然で、社会の中から、益々、信頼が欠如する」。

「信頼欠如社会の中ダケでは、人は不安的極まりない状態に置かれる」から、

「反動で、頼れる者・物・事を求める」。

「物事が豊かでは無い状態下では、それは者となり、

一番身近な者は、家族である場合が多い」から、

「家族依存状態に陥り易くなる」。

「元々、社会・・・つまり、他人には、信頼が無いのだから、

一端利権を手に入れれば、家族・一族で分かち合おうとする」。

「結果として、また、他人を遠ざける」から「益々、社会の中に、信頼が欠如する」』。

『「MERS流行問題」でも「財閥問題」でも「大統領問題」でも、

「その精神構造は同じ」だ。

「それは、火事場泥棒的行為で国を始めてしまった国と国民が背負い続けている業」でもある。

「ある意味、自業自得の世界」なのだ』。

『「もちろん、この業を解消する方法は在る」。

「精神文化自体を健常に進化させる事」だ。

「誰かの思いでは無く、事実・現実を優先」し、

「火事場泥棒的行為や過去の非礼、不当占拠、要求等々を詫び、

事態を正常化すると共に、

相応に補償する事等々」だが、

「未だに、

従軍慰安婦詐欺や、

日本の世界遺産登録に対してクレーム、

・・・等々では、

是正を望む事は困難」かも知れない。

「しかし、是正しなければ、

永遠の恥辱に染まる道を歩み続けている韓国(北朝鮮も含む)・韓国人から、

全世界が益々離れて行く事になる」。

「永遠の恥辱に染まる道」とは「衰退~亡国・滅亡の道でもある」のだ』。

『「日本の中にも、信頼性欠如文化が横行している所が在る」。

「テレビ・ラジオ界がその一例」だ。

「一端利権を握りしめたら、一家・一族で分かち合い続ける状態」だから、

「常連出演者は、毎日の様に、何処の局でも、同様の顔、同様の論調が主流・・・」なのである。

「一族利権温存~増大の為の情報」で「日本国内の世論を操り続けようとしている状態」が、

「其処に在る」』。

『「信頼」とは「事実・現実に権力を預ける事により初めて生まれる」。

「事実・現実なればこそ、信頼して共有出来る」から「事実・現実に権力を預けている者なら、信頼に足る」のである。

「誰かの思いの上に本当の信頼は無い」。

「思いの共有で生まれる」のは、

「同じ思いを持つ者同士の共依存関係」であり、

「思いを共有出来ない者を排除したり、下に置いたり・・・する自己正当化の企み」だ。

「共依存の関係や自己正当化の企みに在るのは、信頼では無い」。

「共自慰」だ』。

『「テレビ等で、常連出演者たちの共自慰を見せつけられていると気分が悪くなる」のは、

「当然」だろう。

「いい加減に、血統家族主義ドラマ等は止め、人類の精神文化の正常進化に力を加える正当なドラマ等を配信するべき」だ。

「血統家族利権を抱きしめ続けたい連中にとって」は、

「丸ごと一人の死生観」や「死後の世界や霊等々」も「都合の良い概念」だろう。

「しかし、現実は、人の誕生・死は細胞ごと」である。

「細胞ごとの死後の世界や細胞ごとの霊」など、

「細胞ごとの誕生・死をほとんど全ての人々が考えないのと同じ」で、

「本来不必要な概念」だ。

「そして、現実は細胞ごと・・・に在る」。

「現実を重視したドラマ等なら、人々の中の信頼感等も増大させる」。

「依存関係では無く、信頼を得る方法を知る、信頼感が好きな人々」が「集まれば、必然的に、信頼が十分に在る人間社会になる」。

「信頼問題でも、人類の精神文化の向かうべき先」は「明らか」だ』。

『「信頼欠如社会では、新たで有益な先進物質文明等も生まれ辛い」から、

「他から盗み、自分のモノにする為の悪文化が育ち易くなる」。

「他を蹴落とす事で、自己正当化を図る愚劣な文化も育ち易くなる」。

「そんな文化にどっぷりと浸かった者たちが、

権力争いの比べっこゲームをすれば、

どちらが勝っても、ロクな人間社会には成り得ない」。

「世界から取り残される劣等国家~衰退国家~亡国が出来てしまうダケ」だ。

「良心的な韓国(北朝鮮も含む)人たちは、行うべき事に気づき、国家・国民が向かう先を健常化するべき」だろう』。

『「日本国内を現状の韓国同様とさせない為の対策」を「怠ってはいけない」。

「特に、テレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

安保法制反対、主催者側発表2万5千人デモ問題・・・。

『「戦争法案か?」「戦争を避ける為の法案か?」「戦争は絶対にいけない!」を「考える」と「戦争法案の如く誤解出来易い安保法制」だが、「どうしたら戦争を起こさずに済むのか?」を「考える」と「安保法制が、戦争を避ける為の法案である事も理解し易くなる」。

「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、「戦争は絶対にいけない!」ばかりが「強調されている」ので、

「悪に操られた哀れな操り人形状態の人々が、少なからず出てしまっている状態」なのだろう。

「3.1や13」と共に「25(朝鮮戦争開戦日)」は「そのスジの連中が大好きな数字ゴロ合わせ」だから、

「実数が2万5千人も居たか?」は「大いに疑問」だが、

「集まった人々の数は、決して少なくは無かった」らしい』。

『「戦争は絶対にいけない!」から

「中国共産党支配下の民なる事でも容認する人々」が、

「日本国内に、果たして、どれ程居るのか???」

「戦争は絶対にいけない!」から

「北朝鮮権力者支配下の民になる事でも容認する人々」が、

「日本国内に、果たして、どれ程居るのか???」

「そして、中国共産党や北朝鮮権力者の支配下の民となる事で、とりあえずの戦争を防げた人々」が、

「中国共産党や北朝鮮権力者等の陣営の中の民として、

米国等との戦争に巻き込まれない可能性は、

果たして、どれ程あるのか???」

「戦争は絶対にいけない!」ダケの「先」は、

「もはや、誰の頭の中でも、明らか」だろう』。

『「それでは、戦争はどうすれば、避けられるのか?」

「日本支配を企む悪者たちに、実戦争を諦めさせる体制を整え続ける事」だ。

「その為には、どうすれば良いのか?」

「日本ダケで、核兵器保持も含む十分な軍事的抑止力を保持する事が良いのか?」

「日米安保をより強化する事が良いのか?」

「理想的には、独立国家日本国なら、日本ダケでの抑止力保持」だろう。

「しかし、現状で現実的な選択をする」なら「日米安保の強化になる」』。

『「戦争は絶対にいけない!」

「安保法制撤廃!」等々の「実効」は、

「中国共産党や北朝鮮権力者等による日本侵略支配の増大であり、

将来的には、実戦争」だが、

「安保法制実現」の「実効」は、

「日米安保を強化する事で、日本から実戦争を遠ざける事」に他ならない』。

『「多くの日本国民がどちらを選択するのか?」は、

「もはや、明らか」だろう』。

『「重要な事実・現実要素を全て取り入れて冷静に考える」なら、

「結論は、既に決まっている事」を、

「戦争は絶対にいけない!」等の

「人の感情に訴える、衝撃的であるものの、部分的な事ダケ」を「意図的に強調」して、

「大衆を操る事」により、

「日本国の進路をあらぬ方向に導こうとしている悪たち」が、

「日本国内には、少なからず居る」。

それは、

「全ての一般日本国民が十二分に用心する」と「共」に、

「実効のある対策を行う」べき、

「現状日本国内のお寒い内実」である』。

|

日テレ午前番、最新科学分析無縁の「金嬉老事件、金側の言い分の大宣伝」問題・・・。

『「現状の日本のテレビが如何に酷いかの実例の一つ」が「本日の日テレ午前番」だった。

「最新科学技術等を利用して、過去の重大事件を検証する番組を流していた」のだが、

「その最後のテーマ」は「金嬉老事件」。

「もちろん、視聴者に誤解を与えない情報提供なら何の問題も無いのだが、実際は、金側の言い分の大宣伝状態」だった。

「しかも、前に幾つかの最新科学分析により新たな事実等が判明した重大事件の話しを置いた後」の、

「最新科学分析など無縁の金側の言い分の大宣伝だった」のだ。

「最新科学分析により、その重大事件の本質が明らかに・・・」等の「感」を「多くの視聴者が持っている流れの上」に、

「最新科学分析など無縁の、金側の言い分の大宣伝を乗せた情報配信の仕方」は、

「正に、大衆誘導目的の情報工作等での常套手段」だ。

「実態」としては、

「金側の言い分こそが、重大事件の本質なのだ・・・」等の「イメージの摺り込み」を

「日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信により、行っている」のである』。

『「金側の言い分を重大事件の本質と思い込まされてしまった視聴者たち」は、

「日韓併合後、金の父親が日本に渡来してから、金嬉老事件が起きるまでの間、

日本国内では、酷い朝鮮人差別が在った」等と

「誤解している」だろう。

「実際に在ったのは、民族差別では無く、当時の社会的ストレスであり、弱者に対する八つ当たりだった」のだが。

「そして、弱者に対する八つ当たりを民族差別問題とする事による、民族差別利権の造成だった」のだが。

「視聴者が実態を把握する為に必要な、重要な事実・現実の情報が欠落させられていた事」は、

「明らかに悪質な事」だ』。

『「先ず、金の父親は何故、日本に渡来したのか?」の「言及が無かった」。

「元の重要要素」だ。

「日韓併合時には、多くの朝鮮人が朝鮮半島内の近代化を頑張るより、

朝鮮半島内より近代化が進んでいた日本に、

より良い仕事・報酬・立場・生活等を求めて自主的に渡来した」が、

「金嬉老の父親もそのような人々の中の一人」だ。

「そして、金嬉老の父親は、日本での仕事に相応に成功していた」。

「立場は、親方にまでなって」いた。

「当然、親方である父親存命時には、金嬉老や、金嬉老の母親に対する差別(実際は、社会的弱者に対する八つ当たり)などある訳も無い」。

「しかし、親方であった父親を失った事により、金一家は貧乏母子家庭(=社会的弱者)に追い込まれた」。

「現在とは比べ物にならないくらいの社会的ストレスが充満していた当時の日本社会」では、

「社会的弱者に対する八つ当たりも横行していた」。

「貧乏母子家庭等の社会的弱者に対する八つ当たり」を「受けていた」のは、

「金母子だけでは無い」。

「金母子の場合、上辺に朝鮮人という八つ当たりを受けやすい表面を持っていた」ので、

「其処にめがけた八つ当たりが行われた」。

「しかし、その実体は、民族差別とは程遠い、社会的弱者に対する八つ当たり」だ』。

『「金の母親にとっては、その社会的弱者に対する八つ当たりは、社会的弱者であるが故では無く、朝鮮人故としか思えなかった」のだろう。

「自らが社会的弱者である事を無罪放免化すると共に、自己正当化も図れる合理化」である。

「日本で差別を受け、差別を受け続けるのが嫌なら、同じ民族の者たちが元々住んで来ている朝鮮半島に戻る事が合理的」だが、

「実際は、当時の日本国内でも、民族差別主義者ばかりでは無かった」。

「だから、実際に、金嬉老の父親は親方になれていた」。

「社会的弱者に対する八つ当たりを差別と思い込む事で自己正当化を図った金の母親」は、

「金嬉老も、その思いの中で育てた」。

「勉学にや仕事等に励む事で、より良い人間社会構築に貢献する事」より、

「民族差別をデッチ上げ、その利権上で生きる事等」を、

「金嬉老に教え込んでいた」のだろう。

「そして、金嬉老事件は起こった」』。

『「対応に当たった警察の中の者」が、

「朝鮮人はロクな事をしない」等と「言った事」にも、

「相応のバックグランドが在る」。

「終戦直後に朝鮮半島内のみならず、日本全国でも横行した、

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為等」は、

「どんなにもみ消そうとしても無くなる事は無い、厳然とした現実」だ。

「そんな事件の後始末に当たった警察官等」なら、

「朝鮮人はロクな事をしない・・・」等の「感を持つのも当然過ぎる程当然」だ。

「もちろん、ここでも、絶対に忘れてはいけない事」は、

「全ての朝鮮人はとは言っていない事」だ。

「問題を起こす、起こした、朝鮮人はロクな事はしない」。

「それは、戦後別の国となった日本国内での事だから、

朝鮮人は・・・の感も、当然の感」である。

「だから、該当警察官の言葉表現が、もう少し、実態通りだった」なら、

「言葉の揚げ足とりも行われなかった筈」だ。

「言葉の揚げ足とりも、民族差別問題にすり替えられた」。

「日本警察」は「人質の安全の為」に、

「謝罪した」。

「TBS記者がヘリを使って警察の規制線を抜け、金嬉老にインタビュー」とは、

「とんでも無い悪事」だ。

「その辺りから、金嬉老事件の様相」は、

「より、民族差別宣伝&不当利権奪取の要素が濃くなった」。

「母親の死に装束準備」という「まるで、伊藤博文暗殺犯に対して、死刑になりなさいと言った母親と同様」の

「朝鮮人宣伝」も、

「工作活動的臭いが濃厚」だ。

「大衆は、この手の{潔さ}に弱い」のである。

「伊藤博文が暗殺された事により、日韓併合は、より当時の朝鮮人権力者たちの都合に沿う形となってしまった」。

「金嬉老事件により、多くの日本国民が、日本国内に居る朝鮮人の多くが、過去に民族差別を受けた可哀そうな人で、保護すべき人等々と思い込まされてしまった」。

「実際は、戦後、朝鮮半島内のほとんど全ての日本人が、強制的に帰還させられている」のだから、

「日本国内の朝鮮人も、強制的に帰還させられてこそ、お互い様なのに!」

「ましてや、当時の韓国救済の意味合いが濃かった日韓併合を、日本による植民地支配だ!等々と思い込んでいる人々」なら、

「率先して、朝鮮半島に戻るべきなのに!」

「日韓併合が日本による侵略~植民地支配」なら、

「日韓併合時に朝鮮半島内に居た日本人のほとんどが、朝鮮人に対する支配・略奪行為等を行っていた事になる」が、

「もちろん、そんな実態は無い」。

「日韓併合という二国が一国になる国家間契約に基づいた同化政策が行われていた」ので、

「当時、朝鮮半島内居た日本人は、自分たちも住む朝鮮半島内をより良い状態にするべく、近代化等を頑張っていた」。

「当時朝鮮半島内に居た朝鮮人の多くが、併合前より併合後の方が遥かに良い」等の「実感を持っていた」。

「しかし、日本が敗戦した事により、敗戦火事場泥棒を企んだ悪権力者たちが立ち上がり、敗戦火事場泥棒利権に悪大衆が群がってしまった」。

「そんな事態を正当化する為には、植民地支配という嘘が、必要となり、民族差別という嘘も必要になる」。

「金嬉老事件の実体」は、

「日本国内の朝鮮人利権を維持~増大させる為の政治テロ」であり、

「全ての朝鮮人に対する民族差別が在ったという嘘の公然化情報工作」でもある。

「金嬉老は、内実工作員だったから、銃や弾薬・爆薬等の入手も人質懐柔工作等もお手の物だった可能性も大」なのだ。

「日本の公共の電波を使っていながら、

金の言い分のみを大宣伝し、

事の実体・実態を伝えない情報配信」は、

「明らかに酷い」。

「現状では、まるで、韓国(北朝鮮も含む)の出先情報工作機関の様」だ』。

『「系列のテレビ局でこんな番組を平然と流している様」では、

「読売新聞の読者が減るのも当然過ぎる程、当然」だ』。

|

テレ朝朝番では、交通法規も???の様で・・・。

『「危ない交差点」は「日本全国至る所に在る」。「信号制御が???なところも稀では無い」。

「しかし、交差点内での事故が、相応に低く抑えられている」のは「ほとんどのドライバーが、交差点内の注意義務や左方位優先を守っているから」だ。

「ところが、本日のテレ朝朝番では、交差点内の注意義務も左方位・左折優先も???のドライバーが第一審で無罪になった事」を、

「悪戯に、賛同・賛美していた」。

「明らかな偏向」だ』。

『「もちろん、該当交差点の信号には、不十分なところが在る」。

「右折と直進の区別無き青信号」だ。

「右折青の時には、右折と重なる路線の信号は赤とする分割信号」なら、

「該当事故は起こらなかった」だろう。

「其処を言うなら、未だ、解る」が、

「右折者無罪の悪戯賛美だった」のだから、

「本当に悪質」だ』。

『「該当交差点で、事故がそれ程多く無いのは、当然」だ。

「何しろ、右折の場合、直進車等に気を付けるのは当然」であり、

「見做し直進とも言える、変形交差点の左方位・左折からの車にも、気を付けるのは、当然だから」だ。

「逆に、左折侵入でも、交差点侵入には、注意義務がある」から、

「どちらも、注意しているから、事故は起き辛いのが当然」だ。

「変形交差点なら、どちらのドライバーでも、尚注意する」から、

「事故が起き辛いのは、当然」だ。

「結果として、実際に、該当交差点での事故は、他の交差点に比べて、決して多い方では無い様」である』。

『「それなのに、まるで、右折車には、全く過失が無く、ただヒタスラに、信号制御が悪い、信号制御を行っている公安委員会が悪い」等の「論調だった」のだから、

「本当に酷かった」。

「多くの視聴者の頭の中に、青信号過信の思い等が湧き、交差点での注意義務や左方位・左折優先等の交通法規の順守義務等がふっとんだのではないだろうか?!」

「正に、事故を誘発しかねない悪質な大衆誘導」である』。

『「そんな悪質な情報を一方的に大量配信している連中」に、

「何時までも、日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続けている必要は全く無い」。

「テレビ界の是正は、急務」だ』。

|

どう見ても「通りすがりの金銭目的外国人犯行であろう事件を、殺害された女子高生目的の事件」であるかの如く大衆誘導していたフジテレビ・・・。

『「日本国内に居続けている日本国籍を持つ者による日本国内での重大犯罪の摘発率は本当に高い」。

「該当事件」でも「日本国籍を持つ者によるストーカー的事件だった」なら「とっくの昔に摘発されている筈」だ。

「普通に考えれば、該当事件は、通りすがりの外国籍(中国籍・韓国/北朝鮮籍である可能性が高い)の者による、金銭目的の犯罪」だ。

「表通りから丸見えの車を止め易い=逃げ易い、お金のありそうと思い込める家」に、

「犯人は、白昼堂々侵入を試みた」。

「もちろん、白昼侵入には、決まりが在る」。

「家人と遭遇しない事」だ。

「一階離れで、祖母と妹が話すところ等を確認出来た犯人」は、

「母屋には、誰も居ない」と「推定」した。

「そして、財物が在ると推定した母屋二階に侵入したところ、被害者と遭遇してしまった」。

「顔を見られた犯人」は「口封じにかかる」。

「被害者は当然逃げる」。

「しかし、逃げ切れずに、刺殺された」。

「そんな実態が露呈している」。

「偶々、被害者が美人系の女子高生だった事から、ストーカー的犯罪がクローズアップされている」が、

「現場状況が露呈している物事は、どう考えても、通りすがりの金銭目的犯行」である。

「はっきり言えば、反日国人脈の者たちの一部は、日本から盗む事を正義と思い込んでいる」。

「そんな者たちが、盗み目的で犯行を犯し、家人等と遭遇した場合は、躊躇無く遭遇者を殺害する」。

「何故なら、悪い日本人を殺す事も正義と思い込んでいるから」だ。

「そんな実態が露呈しているのが該当事件」である』。

『「ところが、今夜のフジテレビ」では、

「殺害されてしまった美人系女子高生にスポットライトを当て、

日本国内の犯罪実態に対して、十分な知見を持っているとは思えない米国人プロファイラー等まで使って、

実質的大衆誘導を行っていた」のだ。

「本当に悪質」である』。

『「日本のテレビ」なら「はっきりと情報提供するべき」だ。

「反日国人脈の外国籍の者たちによる、日本出稼ぎ犯罪の実態とその酷さを!」

「日本警察が摘発困難な事件の一つ」は「紛れも無く」、

「出稼ぎ犯罪」である。

「多くの現場証拠等が残っていても尚、摘発されていない事件の場合、先ず疑うべきは、反日国人脈による出稼ぎ犯罪」だろう。

「もう一つ忘れてはいけない事」は、

「日本国内の反日国人脈の者たちが、手引きをし、捜査攪乱工作や隠蔽工作等をしている場合も少なく無い事」だ』。

『「まるで、カルト宗教信者の様な状態」なのが「反日国人脈の実態」だ。

「だから、電磁波工作や飲食物工作等々まで{行えている}のだ」』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、先ず、この実態を多くの一般日本国民に知らしめる事により、先ずは、多くの日本国民の自主防衛を可能とするべき」だ。

「その上で、相応の対策を国や警察等に行わせる世論を宣伝する事等により、

現実の日本国民の安全保障の向上に力を加える事」だ。

「それなのに、まるで、反日国人脈の手先の如き情報配信を続けて居る」のなら、

「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を剥奪するのが妥当」だろう』。

『「日本のテレビ界の是正は急務」だ』。

|

明治日本の産業革命文化遺産世界遺産登録問題で「韓国の言い分を聞いた方が良いのでは」大衆誘導を行い続けている韓流テレビ・・・。

『「この問題の実体」は、「韓国が一方的に日本の世界遺産登録を汚そうとしている事」に他ならない。

「韓国側は、韓国の意を取り入れた世界遺産登録を行なえ!と言っている」のだ。

「それは、竹島不当占拠と同様の実質的侵略行為」である。

「当然、実質的侵略行為を行っている韓国側の言い分などは聞くに値しない」。

「むしろ、世界中で非難すべき事」だ。

「ところが、日本の公共の電波を使って情報を一方的に大量配信しているテレビ」では、

「韓国の工作活動を大宣伝した後」、

「韓国側の言い分も聞いた方が良いのでは・・・」、

「日韓友好が大切」、

「日韓が良く話し合う事が重要」、

「世界遺産は、全世界の人々から祝福されるべき」等の

「韓国側を不当に利す方向へ視聴者の思いを誘導する論が主流」だ。

「明らかに異常」である』。

『「散々、日本国内で~日韓併合~終戦直後~の歴史現実情報を隠蔽・黙殺し続けて来たと共に、韓国(北朝鮮も含む)側のご都合情報を一方的に大量配信し続けて来ている」のが、

「戦後の日本のテレビ・ラジオ界」だ。

「何故、そんな状態が続いているのか?」

「支配人脈に韓国(北朝鮮も含む)寄りの偏りがあるから」と「誰もが、容易に、強く推定出来る筈」だ』。

『「その実態」は、

「常連出演者たちを見れば一目瞭然」だろう。

「一端テレビ画面から遠ざかっていた以前の常連出演コメンテーター等が、

まるで、ゾンビの如く復活し、

新たに起用される常連コメンテーター等の論も、

上辺では日本の為をジェントルに言っていたりしていても、

実質的に利韓(北朝も含む)・利中共ばかり・・・」という

「異常事態の裏に在る」のは、

「紛れも無く、人脈の問題」である』。

『「不当侵略をしている実質的泥棒国家等」に「相応しい」のは、

「お互い様の話し合いでは無い」。

「摘発し罪と罰を与える事」だ。

「摘発」は、「事実・現実情報の世界的配信により成される」。

「悪国家は摘発逃れの為に嘘で世界を染めようとするだろう」が「最終的には、事実・現実情報が残り、嘘論は駆逐される」。

「摘発された後、悪国家に与えらえる」のが、

「永遠の恥辱に染まる道」という「大罰」だ。

「それは、悪国家が解消されるまで続く事になる」』。

『「今回の日本の明治産業革命文化遺産世界遺産登録について、

日本のテレビ・ラジオ等で情報を大量配信する」なら、

「先ずは、歴史上の事実・現実情報」だ。

「韓国側が主張している強制労働の実態を含めて、事実・現実情報を配信するべき」だ。

「戦時中の{強制}労働」は、

「もちろん、今回の産業革命遺産の幾つかだけで行われていたのでは無い」。

「戦時中は、日本人男性の多くが、赤紙召集で、戦場に赴き、命がけで戦っていた」。

「当時の日本国内(朝鮮半島等も含む)に残っていた者の多くが、戦争の為の労働を行っていた」。

「否応無しに、戦争の為に必要な成果を求められる労働を行わされる事が、強制」なら、

「戦時中は、日本全国強制労働だらけだった」のだ。

「それを、一部の文化遺産内、しかも、韓国人の強制労働を記せ!」と

「不当要求している」のが、

「韓国」だ。

「戦争前はどうだったのか?」

「日韓併合時には、より近代化が進んでいた日本本土内に、より良い仕事・報酬・生活等を求めて、多くの朝鮮人が自主的に渡来していた」。

「その中には、今回世界遺産登録が推奨された場所で働いていた者たちも居る」。

「韓国の反日史観では、日韓併合時に日本で働いていた朝鮮人は、強制連行&強制労働等の嘘論」だが、

「実際は、より良い仕事・報酬・生活等を求めた自主渡来だった」のだから、

「平時には、強制労働などある訳も無い」。

「使用者側が、使用人を厳しく使う事」は「当時は、何処の国でも良くあった事」だ。

「今でも、ある事」だ。

「それを強制労働と言うのなら、世界中強制労働だらけ」になる。

「特定極一部の文化遺産内に、韓国人についての強制労働を記せ!」が「どれ程、不合理な要求なのか?」は、

「もはや、明らか」だろう』。

『「韓国の工作活動の大宣伝では無く」、

「歴史上の事実・現実情報が先に在る」なら、

「視聴者の思いは全く違う方向に向く筈」だ。

「日本の公共の電波を使っているのに、韓国側を利す実質的大衆誘導を行っている」のだから、

「本当に悪質」である』。

『「日本のテレビ・ラジオ界の支配人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

ゴジラ映画がつまならない訳・・・。

『「科学の暴走を訴えている」のが「ゴジラ映画の特徴」だ。「だから、ゴジラ映画はつまらない」。

「訴えるべき」は「科学の暴走では無い」。

「急速に進歩して来ている科学文明相応の進歩が出来ていない精神文化の怠慢ぶり」だ。

「精神文化の怠慢ぶりを責めてこそ、人類にとって有益であるばかりでは無く、本当に面白い映画も出来る」。

「ゴジラ、レベル」では、「ある意味、資源・エネルギーの無駄」なのだ』。

『「資源・エネルギー無駄レベルの映画が横行している理由についても、考える必要が有る」。

「科学の暴走を訴え、科学の進歩を止めて有利になるのは、いったい、どんな所のどんな人脈か?」

「言うまでも無く、所謂、西側先進国の民では無い」。

「むしろ、科学の進歩の面でも遅れている連中」だ。

「日本に関係が深い連中」で言うなら、

「中国共産党や北朝鮮等の連中」である』。

『「それらの連中」には、「西側社会の科学の進歩を阻害する事で得るメリットが在る」。

「ゴジラ映画をつくっている者たち」は、

「どの様な人脈の者たちか?」

「少なくとも、日本国内では、朝鮮系の臭いが濃厚」だ』。

『「日韓併合時に、自主的に日本に渡来しながら、

強制連行等と嘯いて来た連中」と、

「同様の臭いが漂っている」。

「その一つの結果」が、

「精神文化の進化を訴える」のでは無く、

「科学の暴走を訴えるゴジラ」になっているのだろう』。

『「血統家族主義」や「お仲間賛美」等々も、

「得意中の得意」なのが、

「そのスジの連中」だ。

「行っている事」は、

「血統家族主義」や「お仲間賛美」等による「大衆誘導」に他ならない』。

『「人類の精神文化の進化に貢献する本当に面白い映画」を「待ち望んでいる」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「立場等の有る人々の責任は、応分に重い」のである』。

|

安保法制問題「優先されるべき」は、憲法字面の上辺の整合性か?国家・国民の安保も含む利益か?・・・。

『「優先すべき実を抜きにした虚論」では「お話しにならない」。

「逆に、優先すべき実を入れて考えれば、多くの日本国民の結論は決まっている」。

「優先すべき実を意図的に抜きにしている」のが「悪やおバカたち」だ。

「それが、今の安保法制問題の実態」である』。

『「終戦後の、自衛隊問題や日米安保問題の時」には、

「優先すべき実自体が問題にもなっていた」。

「日本」は、

「西側に所属すべきか?」

「東側に所属すべきか?」

「割れて両方に所属すべきか?」

「東西冷戦の勝負が決まっていなかった当時」は、

「優先すべき実の争いでもあった」。

「幸いにも、政府や多くの日本国民が選択した{全体で西側所属}の判断」が

「正解だった」から、

「その後の日本は戦争へも巻き込まれず、豊かに発展した」』。

『「今の安保法制問題」は、

「優先実を考えた上での判断」と、

「優先実を考えさせない虚論」の

「争い」である。

「実の先に在るのは、かつての西側選択と同様、豊かな未来」であり、

「虚の先に在るのは、亡国」だ』。

『「憲法の字面との整合性を優先して、国家・国民の安全保障も含む利益を損なわせる方が良い」等と「考える」のは、

「どんな人々か?」を「考えれば」、

「安保法制反対派の正体も丸見え」だろう。

「実質的には、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の手先たち」だ。

「何故なら、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等は、日本の安保法制が更新されない事によって、日本に対して有利になるから」だ。

それは、「円高容認政策と同様の事」である』。

『「客観的かつ、現実的に、現状世界の問題を考える」なら、

「安保問題」でも、

「地球環境問題」でも、

「一番の元凶」は「中国共産党支配下の中国」である』。

『「安保問題」では、

「南沙諸島等への不当進出問題は、中国共産党の不当増長の、氷山の一角に過ぎ無い」。

「戦後、旧ソ連の多大なる支援の下で、中国国民党軍を台湾に追いやり、

中国共産党に都合の悪い数多くの中国国民を不適応分子の粛清で殺害して来ている、

中国の国家・国民の上に在る中国共産党」にとって、

「国家国民と同列になる事=過去の大罪が追及の場に上がり、破綻する事」だ。

「国家国民の上に在り続ける為に、金権や武力を利用し続けて延命している」のが、

「中国共産党の実態」だ。

「ところが、汚職・賄賂で大金を中国共産党に集めた裏では、手抜き工事やインチキ製品が横行し、ロクな環境対策も行われて来なかった」。

「中国国内には、もはや、中国共産党の命綱の一つである金を集める場所がもはや無い」。

「だから、海外進出」なのである。

「AIIBで他国を巻き込みながら集金する」と共に、

「中国共産党による支配力を増大させる為に、軍備を増強し続ける」。

「他国から集めた金を利用」して「中国共産党の保身の為の源泉を吸い上げる目的」を、

「着実に実行出来るようにする為の不当増長&軍備増大」なのだ。

「もちろん、そんなモノを全世界が認める必要は全く無い」』。

『「地球環境問題」でも「今では、全世界の温暖化ガス排出の約四分の一が中国から」だ。

「その主たる原因」は「中国共産党の下への集金と軍備増大を優先しているが故の環境対策の不備」だ。

「技術が無いから、日本から技術提供を!等の嘘に騙されてはいけない」。

「コピー・パクリ・スパイ大国でもある中国には、技術は、もちろん在る」。

「技術が無いから日本から・・・」は、

「中国共産党を正当化する」と「共」に、

「日本の技術とお金を中国共産党の下に流す為の工作情報等」に他ならない。

「同じく新興国であり、10億人規模であるインド」の「温暖化ガス排出割合が、十分の一以下である事」からも、

「中国の酷さは明らか」だろう。

「先進国側では、米国が中国に続くくらい多い」。

「日本も決して少なく無い(原発を止めて火力発電を積極使用している場合じゃ無い)」。

「温暖化ガス排出問題」でも「中国が普通の先進国並みの体制となる事のメリットは絶大」だ』。

『「優先すべき実」を「考えさせない虚論」で、

「多くの日本国民をあらぬ方向に大衆誘導しようとしている、

中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの手先」には、

「ご用心!」

「情報工作だけでは無く、電磁波工作や飲食物工作等々まで行っている{お仲間}まで持っている様相」なのだから』。

『「配下の工作員等たちや、そんな工作員等たちに操られているおバカたち」は、

「いい加減に、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等を温存させて、人類を窮地に追い込む愚行」から、

「脱却するべき」だが』。

|

テレ朝朝番では「お墓の宣伝」だったが・・・。

『「日頃は、既得権益の破壊等を訴える事が得意な連中」が「骨利権・墓利権を批判しない」ばかりか、

「お墓の宣伝」とは、

「全く、酷いモノ」だ。

「はっきり言えば、それらの利権や宗教利権等にちゃんとした税金をかければ、

消費税増税などしなくても、国の財政健全化も可能になる・・・くらいの問題なのに!」』

『「お墓問題の前には、死生観の現代化があるべき」だ。

「丸ごと一人の死生観からの卒業」は、

「墓問題や宗教問題を現実的に解決する為の重要な要素」だ。

「生きている人は誰でも、今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら、存続している」。

「骨も細胞の塊だから、細胞ごとに入れ替わっている」。

「人間誰でも、死んだ細胞は分解処理して、尿の一部や便の一部や垢や二酸化炭素等々として、体外に排出して(捨てて)いる」。

「それらは、現代人なら理解・把握出来ていて当然の事」だ。

「現代人にとって、焼いても残る骨」は「焼き残り尿・便等の前」になる。

「トイレや下水処理場等は、実質的には、細胞ごとの死体のなれの果ての共同墓地みたいな所」だ』。

『「それらの現実が良く判っていなかった時代」は「丸ごと一人の死生観が当然」だった。

「細胞ごとの誕生・死という現実」と「丸ごと一人の死生観」の「ギャップ」を

「考え・思いの上で埋める為の概念」が、

「あの世や霊等々」である。

「現実通りの細胞ごとの誕生・死」なら

「細胞ごとの誕生・死をほとんどの人が気にもしていない事実からも明らかな様」に、

「ほとんどの人が、細胞ごとの霊や、細胞ごとの霊が行くあの世等など要らない筈」だ。

「あの世や霊は、丸ごと一人の死生観故に必要になっていた概念」に他ならない』。

『「丸ごと一人の死生観のまま、お墓を思う」と「お墓は、死後の家等になる」。

「現実は、誰もが、細胞ごとに今、この瞬間にも死を体験している」が、

「誰も、死んだ細胞の死後の家を欲していない筈」だ。

「遺骨・遺体偏重」も「遺骨・遺体を納める死後の家・・・お墓」も

「丸ごと一人の死生観故に、必要と思っている人々が多い物事」に他ならない。

「遺骨・遺体偏重やお墓の問題」は、

「あの世や霊の概念の問題」と

「同じ死生観の問題」なのである』。

『「今後、主流となるべき」は、

「事実・現実に即した死生観か?」

「非現実的な死生観か?」

「自爆テロ等の問題を解決する為にも、人類が選択するべき道」は、

「現実との整合性を高める道である事」は、

「疑いの余地が無い」。

「遺骨偏重・お墓問題等を解決する方向性は既に明らか」だろう』。

『「宗教問題も同様」だ。

「伝統文化遺産としての宗教は、伝統文化遺産として保護すれば良い」。

「新興宗教等の実体」は、

「特定の思想信条を共有する実質的営利団体」なのだから、

「企業と同等の扱いが妥当」だ。

「信仰の自由は思想信条の自由と同じ事なので、別枠扱いせずに、思想信条の自由の中に入れれば良い」。

「丸ごと一人の死生観が未だ旺盛だった時代の遺物(法律等)を後生大事に保全する事」よりも、

「より現実との整合性が高い法整備・社会整備等を行う事こそが、今生きている者たちの本当の仕事」になる』。

『「遺骨・遺体利権等で金満になれている者たちまで居る」が、

「金転がし金満等と同様」の、

「社会に対する悪影響等が少なからずある」。

「格差問題解消の為」には、

「事実・現実のお墨付きが無い利権の解消」と

「産まれながらの格差是正」、

「そして、温暖化抑止の為にも、ワーク・シェアリング&ベーシックインカム」だ。

「比べっこ主義」から「本質追及&現実・実体主義」への「精神文化の進化」も

「今の人類の重要な仕事」だ。

「死生観の現代化」も「その上辺の具体例の一つ」に他ならない。

「都会の一等地までをも、お墓にしたまま・・・にしておくのは、本当にもったいない」。

「歴史文化遺産として保護すべき所を除き、現代なりの使われ方が出来る様にするべき」だろう。

「お墓は、遺骨・遺体から離れて、各家庭の中や国・自治体レベルで在れば良い」。

「故人を思い出すきっかけとなる物事を保持すれば良い」。

「故人のゲノム情報と、保存しておきたい遺物・写真・情報等が在れば、遺骨・遺体抜きでも、十分」だろう。

「子孫のある人も無い人も、それらの人々が実在した記録が、家庭や国や自治体の中に残れば、十分」だろう。

「将来的には、使用を許可してあるゲノム等のデータから、特定の故人をバーチャルで甦らせ、話したりする事も可能になる筈」だ。

「その方向に向かう事は、

都会の一等地まで墓のままにして、遺骨や遺体と向き合い続ける事より、

遥かに好いと思う」が』。

『「公共の電波を使って情報を一方的に大量配信する」なら、

「精神文化の進化の役に立つ情報を主として配信すれば良い」のに、

「既得権益温存の公然化情報・・・では」・・・。

「日本のテレビ界の是正は、急務」だ』。

|

フジテレビのAKB総選挙テレビ中継が問題にされているが・・・。

『「民放キー局の中継となれば、フジに限らず、何処の局でも、コマーシャル&常連出演者付き」の「中継」が「当然の如く行われる」。

「其処に在る」のは「お金の流しどころ」だ。

「今回の19時以降はフジ独占」という「中継形態」で「オーケーを出した」のは「主催者」だろう。

「ファンからすれば、コマーシャルや余分な司会者や常連出演者等などは要らない筈」だが、

「民放キー局からの大枚の流れが在る」と「主催者の判断も揺れる」。

「優先すべき」は「ファンサービスか?」「お金か?」

「今回の場合、主催者は、ファンよりもお金を選択した」のだ』。

『「ファンにとっては、直接の接点が、テレビ映像」だから、

「多くのファンが、フジテレビを責めている」。

「しかし、それは、物事の上辺で騙されている状態」に他ならない。

「本来責められるべき」は「ファンよりも、民放キー局からのお金を重視した判断を下した者たち」だ』。

『「民放キー局ご用達の司会者や常連出演者等の酷さ」は、

「今に始まった事では無い」。

「連綿と特定極一部の者たちを主として出演させ続けている戦後の日本のテレビ界自体が異常」なのだ。

「其処に在る」のも「特定極一部の者たちやその者たちが所属している芸能事務所等へのお金の流れ」だ。

「この異常な既得権益を容認・放置し続けている視聴者が多ければ多い程、

テレビ界の酷さが是正され辛くなる」。

「責めるべきテレビ局」は「フジだけでは無い」。

「フジを責めさせ、ガス抜きにしている悪たちの存在を忘れてはいけない」』。

『「社会・政治問題等の論調から浮かび上がっている実状」は、

「フジや日テレ」は「利韓人脈の色合いが濃く」、

「テレ朝やTBS」は「利韓(北朝側)・利中共の色合いが濃い」。

「そして、どの局でも、日本を利す論調が希薄」だ。

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党や従軍慰安婦等々の言い分」を

「日本の公共の電波を使って大宣伝」しても、

「日韓併合の実態や、先の大戦の実態や、終戦直後の日本国内の実態や、日韓併合時に朝鮮半島内に居た日本人の証言等々」は「実質的に、黙殺し続けて来ている」。

「原発問題や太陽光発電問題や米軍基地再編問題やオスプレイ問題等々でも日本を利さず、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を利す論調が大宣伝され、

日本を利す論調は、実質的に、劣等扱い」だ。

「それらの偏向大衆誘導の教祖的立場」なのが「常連出演者たち」である。

「元々が、日本の為の情報配信では無く、利韓(北朝も含む)・利中共等情報で日本の大衆を誘導する為の情報配信的様相」だから、

「そんな日本にとっての悪事を素直に、上手に、行える良心的日本国民は少ない」。

「多くの良心的日本国民を起用出来ないが故の結果」として、

「特定極一部の者たちのみを起用する状態になっている」のだ』。

『「問題が起こされた時、追及し、責めるところを誤ってはいけない」。

「上辺ダケが責められる状態」では、

「容易に、本当の悪が、裏で暴利暴権等々を貪り続けられてしまう」。

「格差問題」も「環境問題」も「解決する事が期待薄」となり、

「人類は確実に、悪が保身の為に上辺を躍らせる戦乱~滅亡へと向かってしまう事になる」』。

『「そんな事態が現実」となれば、

「極少数の悪たちが生き残れればそれで良い」。

「本当の悪になれる者たちこそが、本当に賢い者たちなのだから!」

・・・等々の「暴論を抱きしめたまま、悪自体も滅亡する事になる」のだ。

「何故なら、本当の悪たちは、自分の実体や自分の実体の本来の目的さえ満足に理解・把握出来ていない劣悪な者たちだから、

本質に係わる全ての重要な者・物・事の現実・実体・実態等を

理解・把握した上での判断も出来ない者たちだから」だ。

「地球の生命が宇宙の害となる方向に向かう」なら、

「地球ごと消滅」等の「事態が起こる事になる」』。

『「上辺を責める」のも「結構」だが、

「日本のテレビ界自体の健常化に力を加えないと、

同様の新たな不満が、

何度も、何度も、噴出する事になってしまう」。

「大量集金体制となっているAKBビジネス」だが、

「ファンより民放キー局からのお金・・・では・・・」。

「主催者側の資質が問われて当然」だろう。

「浅いファン等には、民放キー局による、コマーシャル付き、司会者・常連出演者付き宣伝でも、それなりの意味・メリット等があったかも知れない」が、

「19時以降フジ独占中継を容認したのは何処の誰?」

「AKB金儲けで集まったお金は、いったいどんな使われ方をしているのだろうか?」』

|

「情報統制真っ盛りの韓流テレビが、中国共産党の情報統制を非難」という醜悪なお笑い劇・・・。

『「長江旅客船転覆問題報道では中国共産党による情報統制が行われている」。「中国内の新聞の見出し写真等はほぼ同じ、記事論調もほぼ同じ・・・」だ。

「内容は、実質的に、中国共産党要人による救助指導等が積極的に行われ、救助活動も精一杯行われている{宣伝}」だ。

「被害者家族・遺族等の不満は、隠蔽されている」。

「日本の公共の電波を使っている、戦後のテレビ・ラジオの場合」も「同様の事態が続いて来ている」。

「論を一方的に大量配信して来ている」のは「特定極一部の者たち」であり、

「論調も、上辺の表現はどうあれ、内実的に、利韓(北朝)・利中共等」だ』。

『「例えば、戦後も日本国内に居続けている在日韓国人(北朝鮮も含む)について」は、

「長い間、主として強制連行されて来た可哀そうな人々等である旨が喧伝され続けていた」。

「しかし、実際は、多くの日本人男性の赤紙召集と同列で語られるべき戦時中の強制連行者はホンの何百人かに過ぎず、

大部分は、日韓併合時に、近代化途上であった朝鮮半島を離れ、別天地を求めて、

自主的に渡来した人々と、

朝鮮戦争時の戦争難民として渡来した人々」だ。

「つまり、それらの現実を戦後の日本社会黙殺せしめると共に、

強制連行で連れて来られた可哀そうな人々だから、特権等は当然・・・等の、

誤った認識を多くの一般日本国民に持たせる実効が有る

情報統制~大衆誘導」が、

「行われ続けて来ていた」のだ。

「そして、この様な実質的情報統制~大衆誘導を行って来た者たちは、その事自体を詫びる事も無く、

今も尚、同じ人脈の者たちが、テレビ界・ラジオ界を牛耳って、

未だ、表沙汰になっていない者・物・事等を悪用して、

実質的には、利韓(北朝も含む)利中共となる情報統制~大衆誘導を行い続けている」。

「戦後日本のテレビ・ラジオ界を是正する為には、

人脈を含めた是正が必需である実態が露呈している」のだ』。

『「さて、在日韓国(北朝鮮も含む)人問題には、重要な問題がある事に気づいている人々がどれだけ居るだろうか?」

「それは、どんな人々が日本に居続けているのか?」の「問題」だ。

「そのほとんどが、戦争難民にしても他国を選ばず日本を選択した、自主的渡来」なのだから、

「元の朝鮮半島内の文化等より、日本の文化等が好きで、元々の日本国民と平和・共存しながら、残っている」のなら、

「問題は無い」。

「しかし、そうでは無い実態を露呈している者たちも、少なからず居る」のだ』。

『「何故か?」

「それは、戦後ほとんんど全ての日本人が朝鮮半島から強制的に帰還させられたのに、

日本国内の韓国人の多くが強制的に帰還させられていない事」とも、

「大きな繋がりがある問題」だろう。

「歴史認識を考えると良く判る」かも知れない』。

『「事実・現実通りの歴史認識」なら、

「日韓併合とは、一国だけでの存続が困難になって来ていた日韓併合当時の韓国権力者たちが、

韓国と権力者自らの保身の為に締結した二国間の国家契約」になる。

「事実・現実そのままの歴史認識」なら、

「戦後も平和的に、分国国家契約を締結するのが当然になる」』。

『「ところが、日本の敗戦という現実で、多くの韓国悪権力者たちの目の色が変わってしまった」。

「今なら、朝鮮半島内の日本人の立場・資産等のほとんどが、無償で手に入る・・・」。

「終戦時に韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちは、日本の敗戦につけ込んだ実質的火事場泥棒で、戦後の韓国(北朝鮮も含む)を始めてしまった」のだ』。

『「実質的敗戦火事場泥棒を正当化する為には、事実・現実とは全く違う嘘で、世界を騙し続ける必要が生じる」。

「実質的敗戦火事場泥棒を正当化する為の嘘」が「日本による侵略~植民地支配」という訳だ』。

『「もちろん、日本国内には、日韓併合時に朝鮮半島内に居た日本人も戻って来ている」。

「日本国内を騙し続ける為」には、

「それらの日韓併合時朝鮮半島内の事実・現実を知る者たちの口を封じ」、

「日本の情報・教育を支配」し、

「多くの日本国民を、情報統制~大衆誘導下に置く必要が生じた」。

「~戦前~戦中米国に居て、米国権力者に取り入っていた韓国悪権力者たち」は、

「終戦直後の米軍統治時に、日本国内の韓国(北朝鮮も含む)系の人脈の者たちで、情報・教育界を支配するべく仕込んだ」のだ。

「政界工作も仕込んだ」のだ。

そして、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちや敗戦火事場泥棒等々の正当化工作」を

「日本国内でも続けて行く為」には、

「多数の在日悪韓国(北朝鮮も含む)権力者たちの配下の者たちが必要」となる。

「電磁波工作や飲食物工作等々のソフト・テロ的手段による不適応分子粛清工作まで行う者たちまで必要」となる。

「情報統制・大衆誘導等で出来る限り多くの一般日本国民を操り続ける事が必要」になる』。

『「現状の日本のテレビ・ラジオ等」は、「未だ、情報統制・大衆誘導等の真っ最中に在る」。

「日本国内至るところで、電磁波工作や飲食物工作等々の不適応分子粛清工作が行われている」。

「是正は急務」だ』。

『「日韓併合により、韓国(北朝鮮も含む)・韓国(北朝鮮も含む)人は救われた」。

「日本が好きだから、日本に居る」。

・・・等々の「平和共存派の人々」は、

「何の問題も無い」。

「しかし、敗戦火事場泥棒正当化の為、更なる、利権増大の為等々の目的で、

戦後産まれの一般日本国民までをも、

情報・教育工作や飲食物工作や電磁波工作等々の酷い手段まで用いて、

粛清し続けようとしている、

実質的には悪権力者たちの手先工作員たち」は、

「一刻も早く摘発され厳罰が与えられるべき」だ』。

『「そもそも、日韓併合が日本による植民地支配だと言う認識」なら、

「植民地支配をする様な悪い国に居続ける事自体が大きなストレスになる」だろう。

「日本の乗っ取り支配や、

悪劣な工作活動等の為に

日本に居るのでは無い」のなら、

「母国・祖国に戻ってストレスの少ない生活環境を得るべき」だろう』。

『「敗戦火事場泥棒や電磁波工作や飲食物工作や一般日本国民粛清工作等々を非難する当たり前の認識さえも持てない者たち」に、

「日本の公共の電波上で、何度も、何度も、一方的に語らせ続ける必要は全く無い」。

「日本の公共の電波上や、学校教育上等で、何度も、情報統制・大衆誘導等を行って来た者たち」は、

「それだけで、厳罰が与えられて然るべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、橋本が「憲法に合わせるのが立憲主義」と嘯いていたが・・・。

『「憲法の上辺に合わせる」なら、「陸・海・空軍の保持を認めないのだから、自衛隊も違法」だ。

「もちろん、そんな上辺至上主義では、日本国・日本国民の安全保障は成り立たない」から、

「解釈にある程度幅を持たせる事は合憲とされて来た」。

「元の意図が、日本の安全保障を成り立たせる為」だから、

「日本の安全保障を成り立たせる為の解釈改憲は、基本的に合憲」である。

「合憲にしなければ、日本の安全保障が成り立たなくなるのだから!」

「もちろん、改憲して、上辺もすっきりと合憲にさせる方が良いに決まっている」。

「しかし、改憲させない事で、日本の安全保障を成り立たなくさせようとしている連中が、日本国内に少なからず居る」から、

「改憲という普通の国では当たり前の事さえも、戦後の日本では、全く出来ないまま・・・」だった。

「改憲の動きがようやく出て来た」ので、

「改憲阻止&安全保障破綻させ、日本を乗っ取り支配したい人脈の者たち」は、

「今、必死に抵抗している」のだ。

「ここで、頑張らないと、祖国・母国の粛清隊員に粛清される可能性が高くなる」らしい』。

『「安保法制の改定等」が

「違憲という憲法学者たち」は、

「言うまでも無く、上辺至上主義に近い者たち」だ。

「日本乗っ取り支配を企んでいる人脈の者たちも少なからず居る」。

「上辺至上主義の理由」が「法理学では無く、日本の乗っ取り支配の為」という「悪者たちも居る」のだ。

「法律家とは、法律をつくる側の政治家とは違い、主として出来た法律の上辺で食っている連中」である。

「自らの食い扶ちロジックを否定する者は稀」だろう。

「そして、もちろん、そんな憲法学者たちに従っているダケ」では「日本の安全保障は成り立たない」。

「本当の法学者等」なら「今時なら、人間の実体&事実・現実との整合性の高い法整備でも訴えている筈」だが、

「既存の法の上で商売している商売人や、既存法上で学者のフリをしている似非学者等」は、

「法学者等としての本来の仕事より、現状利権」なのだ。

「そんな現状利権派を悪戯に賛美し、従ったところで、良い事など生まれる訳も無い」』。

『「それなのに、日本の安全保障より、上辺原理主義者たちを優位にし、

実質的には、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を有利にしようとする

実質的大衆誘導を

日本の公共の電波を使って行っていた」のが、

「テレ朝昼番」だ。

「とんでも無い事」である』。

『「本日のテレ朝昼番前半」では、

「まるで、韓国の宣伝状態」だった。

「韓国軍射程距離500キロミサイルを朴大統領が視察」情報とは、

「北朝鮮に対する圧力であると共に、

在日韓国系工作員たちに対する圧力でもある」。

「つまり、もっと、工作活動を頑張れ、頑張らないと、射程内にあるミサイルをぶっ放す様な事までするゾ!」という「暗黙のメッセージが込められている」のだ。

「ソウルから射程500キロなら、北朝鮮全土&中国北部等」だが、

「釜山から射程500キロなら、日本の東北南部以西のほとんどが射程内に入る」。

「韓国が反日政策&反日教育&反日工作等実行国である事を忘れてはいけない」。

「工作員たちは、この手の情報に敏感にさせられているから、直ぐに、韓国悪権力者たちの意向を読み取る」。

「この日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等を使った暗黙の指令等」は、

「北朝鮮系の工作員でも、中国共産党系の工作員でも、同様」だ。

「そんなモノを日本の公共の電波を使って一方的に大量配信した」のだ。

「本当に悪質」である』。

『そればかりでは無く、

「毎度、毎度、ご用達の常連出演者である韓国系の大学教授??までも、またまたまたまた出演させていた」。

「特定極一部の者偏重&偏向ぶりは、本当に酷い」。

「事件と言えば、元警察の●●、

朝鮮半島情勢と言えば、毎度、毎度、●、

心理学者と言えば、実力???の●●、

映画監督と言えば、毎度、毎度、●●、

・・・等々」と、

「毎度、毎度、同じ者、同じ人脈に、お金を流す事が大好きな様相」である。

「毎週同じ」の「曜日コメンテーター制」も「酷い」。

「起きる問題は曜日を選ばず、毎日違う」のが「現実」だ。

「毎回出ている橋本」は、

「司会者の立場」なのに、

「政治でも、社会問題でも、事件でも、・・・あるべき論の方向を示唆したり、色付けしたり、するのが大好き」だ。

「毎度、毎度、同じ人を呼び語らせる事には、橋本の悪態を目立たなくさせる目的もある」のだろう。

「そして、流している情報が主として向いている方向」は、

「民主党等や韓国(北朝鮮も含む)中国共産党等を実質的には有利にする方向」だ。

「日本を細らせ中・韓等を太らせた政治実績を持つ民主党が正義ぶっているところの宣伝」や、

「極東地域日本のみ脱原発や、

普天間移設反対や、オスプレイ反対や、

安保法制反対等々、

反日国を利する政策」等々が

「大好きな様相」なのである』。

『「こんな状態が放置されたままで良い訳が無い」。

「日本の公共の電波を使って、一方的に情報を大量配信しているテレビ・ラジオ等」では、

「必ず、常々、両論、もしくは、各論併記状態が当然」であり、

「特定極一部の者たちのみが、過分な有名人利権を保持~増大させる事が出来ない様に、

実効のある常連出演規制等が必需」だ。

「その為の実効のある法整備等が不十分」なのだから、

「ちゃんと、罰則規定や交代義務や更迭措置等を可能にした実効のある法整備を行うべき」である。

「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権」を、

「旧来からの企業・人脈等が代々保持出来る既得権益にしたままではいけない」。

「こんな大権が、そのまま温存されている事自体、異常」だ。

「ネット普及以降、雑誌等の世界は、各論跋扈状態となり、その中の事実・現実との整合性が高い正当な論のみが、生き残る様な健常な状態に向かいつつある」。

「テレビ・ラジオ界も人脈固定では無く、

交代可能とする事」で

「情報の健常化も促される」。

「公人年齢も18歳にする」のだから、

「テレビ・ラジオ・公共的マスコミ・学校教育等々の世界」も、

「当たり前の健常化改革を行うべき」だ』。

『「優等生を気取っている様相のテレ朝」だが、

「報ステの古舘や、昼番の橋本等々、色付けを好む毎回出演司会者番組を平然と流し続けている劣悪ぶり」だ。

「毎回出演している者の政治・社会問題等に対する方向示唆・色付け行為等」は、

「実質的には、大衆誘導を誘う情報工作になる」から、

「禁止され、破るなら、永久追放等の厳しい罰則が在って当然」だ。

「ヒットラー・ナチスの悪い部分の歴史を反面教師として生かす」のなら、

「現在の全ての国々で、有って当然の規制」である。

「つまり、テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導の禁止&実効のある対策法措置等」は、

「国際法で定めるべき事でもある」のだ。

「少なくとも、先進国なら、先進国の民なら、率先して、行うべき事」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

年金情報流出問題「やはり、出て来た正義ぶる民主党の大宣伝」・・・。

『「旧社保庁とは、民主党人脈の者たちが多数居たところ」で「年金問題とは、以前の安倍政権等に多大なダメージを与える事で民主党等を有利にした民主党等の人脈にとっては実質的には{工作}成功体験」でもある。

「今回の年金個人情報流出問題」にしても、

「日本年金機構(旧社保庁)内部で、何と!55万件ものパスワード未設定という重大過失」が「在った」。

「パスワード未設定状態」とは「ハッキングの呼び水みたいな事」でもある。

「パスワード未設定状態情報」を「外に漏らせば、それだけで、悪質ハッカーたちは頑張る」だろう。

「しかし、今回の年金個人情報の吸い上げ手口」は、

「個人的ハッカーレベルと言うよりは、北朝鮮や中国共産党等の国家レベルのハッカー行為に近い高度かつ規模が小さく無い手口」だ。

「さて、民主党の前身の一つである旧社会党も、北朝鮮や中国共産党とは近かったが」・・・』。

『「上記の様なバックグラウンドが示唆しているところ」は、

「政権担当時の余りにも酷い日本を細らせた反面中・韓太らせた政治等により、今の日本国内では当然の如く衰退している民主党等の一部人脈の者たち」が、

「再興・復権等の為」に「現政権・日本社会等にダメージを与える悪劣な工作活動」だ。

「旧知のお仲間である、

旧社保庁の中のそのスジの者たちと、

中国共産党や北朝鮮等の情報工作機関の中に居るそのスジの者たち等を利用して、

今の年金機構の信用を失墜させ、

現政権にダメージを与えたり、

今の年金機構の権力体制に変化を起こさせたり、

韓流テレビ等で、民主党が正義ぶる姿を大宣伝する事等々」により、

「少しでも民主党等を有利にする為の悪劣な工作活動の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「正々堂々とした正攻法の勝負・・・国政で言うなら、より日本国・日本国民の状態を良くする勝負・・・を行なえない

他国の出先工作機関的政党やテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「日本国・日本国民を自虐方向に動かす事等により、

他国を有利にしようとする」。

「もちろん、明らかに自虐と判る様な者・物・事には、大衆はついて来ない」から、

「如何にも、その方が正しいと思い込ませる様に仕込む」のだ。

例えば、

「中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続ける中の部分を意図的に黙殺した

日本から原発を無くす事で日本国民の命・健康を守る!」

「危険を過剰に強調した、

オスプレイ反対!」

「日米安保を希薄にする、

辺野古移設反対!安保法制反対!」等の

「後の部分ダケ見聞きすると、その方が良いと勘違い出来る人々を少なからず生む訴え」等が、

「その実例」だ。

「日本の原発ゼロ」、

「オスプレイ配備・使用阻止」、

「沖縄米軍基地再編遅延」、

「日米安保希薄化」等々で、

「メリットを受ける」のは、

「日本の過剰な円高を容認する事で、メリットを受ける国々と同じ国々になる」。

「具体的には、中国共産党支配下の中国であり、韓国(北朝鮮も含む)等」だ。

「民主党人脈の言う格差撤廃の実態」は

「一般日本国民」と

「韓国(北朝鮮も含む)国民・中国共産党支配下の中国国民や在日のそれらの人脈の人々」の

「格差撤廃!」的様相であるばかりでは無く、

「むしろ、一般日本国民より、それらの人脈の人々が上になる状態を言っている様相ですらある」。

「つまり、それらの人脈の者たちによる、一般日本国民金権支配状態」だ』。

『「卑劣な工作活動に騙され、操られる事」は、

「一般日本国民を衰退させ、中・韓(北朝も含む)等の悪権力者人脈の者たちを不当に増長させる事」等に

「直結している」。

「年金個人情報流出問題」でも、

「上辺の個人情報流出問題」や、

「正義ぶる民主党の大宣伝」等々「ダケ」を

「思い・考えさせられている状態ではいけない」のだ。

「この事件でも、流出情報対策だけでは無く、

真相の徹底究明と、

元凶(悪人脈)への実効のある対策」が、

「極めて重要」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ情報や学校教育等では、大衆誘導が出来ない様にする」。

「電磁波工作や飲食物工作等のソフト・テロ的工作活動もちゃんと摘発し再発させない実効のある法整備・体制整備を行う」。

「・・・日本政府もマスコミも警察等々も、日本の健全発展や日本国民の健康・安全・安心の為に必要な仕事をちゃんと行うべき」である』。

『「テレビ・ラジオ等」では、

「特定極一部の常連出演者ばかり、しかも、人脈的に偏りがある者たちばかりが主となっている状態・・・が、日本の公共の電波上を占めている異常状態」は、

「即刻、解消させられるべき」だ。

「テレビ・ラジオ界の健常化」は「急務」である』。

|

中国人等ボッタくりバー・クラブ等で使われている可能性大の電磁波工作・・・。

『「客に酒等を飲ませ、眠り込んだ客の財布からクレジットカード等を盗み出し、不正スキャンして、ボッタくる犯罪」では、「以前は、客を眠らせる為に、酒の中に薬物等だった」が「今では、そんな事をすれば、後の検査で薬物等混入がバレる」。

「当然、その分罪・罰も重くなる」。

「其処で悪連中が使っている可能性大なのが、電磁波工作」だ。

「少々疲れていても、少々多目に酒等を飲んでも、普通の社会人等はそう簡単に眠らない」が、

「薬物の混入や、電磁波等で眠りに誘われると、意外な程容易く寝入ってしまう」』。

『「実際に、電磁波工作で使われている縦波電磁波がアルミ板等に当たり、過剰なマイナスイオン等を浴びせられると、日常・昼間でも、異常な眠気に襲われる」。

「少々疲れていたり、酒を飲んでいたりすれば、簡単に寝入ってしまうレベルの眠気」だ。

「工作電磁波は波の種類によって、眠気を誘うモノもあれば、不安等を抱き易いモノもある」。

「筆者は基本的に外では飲まない」ので「東京のバー・クラブ等でのその様な実体験は無い」が、

「電磁波工作の実被害者である」ので、

「ニュース報道を見て、確実にやっているであろう事は、強く推定出来る」。

「眠気を誘う電磁波工作」が「バー・クラブ等での昏睡強盗行為等に使われている可能性は非常に大きい」』。

『「日本の政府・警察等」も、

「いい加減に、

電磁波工作をちゃんと取り締まり、

摘発し、厳罰に処するするべき」だ。

「その為の法整備と摘発体制の整備」は「急務」だ』。

『「マスコミ等」も、

「クラブ・バー等での昏睡強盗等の犯罪がきっかけとして、電磁波工作の実態を露呈させると良い」。

「電磁波工作兵器と言っても、見かけ上は、普通の家電製品だったり、アンプ・スピーカー等だったりする」。

「電力使用機器なら、家電製品でも、店舗・工場・病院・学校等々の設備機器でも、車の回路でも、何処にでも仕込める」のが、

「電磁波工作兵器の元」であり、

「ソフトを仕込むダケで、スマホや携帯や音楽プレーヤー等々を弱電磁波兵器化する事も可能」なのだ。

「しかも、オン・オフ出来るから、摘発され辛い」。

「しかし、疑わしい所にある電気機器全てを押収し、徹底調査すれば、摘発可能」になる。

「既存の横波周波数検知型の電磁波探知機では探知し辛い、周波数分類が馴染まない工作縦波電磁波」だが、

「安価な電界測定器でも探知可能」だ。

「要は、本気で露呈させ、摘発する/させるか?」

「黙殺、放置して、工作活動の応援をするか?」

の「違い」なのだ』。

『「一般日本国民の為のマスコミ等や政府や警察等」なら、

「電磁波工作等を、露呈させず、摘発しない事はあり得ない」。

「反日工作のお仲間マスコミ等やお仲間政府・警察等」なら、

「黙殺・放置等が当然になる」』。

|

中国長江旅客船転覆問題・・・。

『「中国共産党支配下の中国」で「韓国セウォル号沈没問題と同様の事態が起きた」。

「文化の共通性を考えれば、当然の現象と言える」』。

『「中国共産党支配下の中国」と「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たち支配下の韓国(北朝鮮も含む)」の「共通文化」は、

「悪徳容認」と「信頼性欠如」だ。

「賄賂・汚職等は悪徳容認の象徴」で、

「そんな源泉で権力を得た者たちを頂いている状態」では、

「配下の民たちも、悪徳容認状態に陥り易い」。

「結果として、頼れるモノは、金権人間社会だから金、であり、他人を押しのけて金や立場を得る為の力(暴力等も含む)になる」。

「源泉を問わず、金持ちに過分な利権を与えてしまう」のが、

「現状金権人間社会の劣悪な実態」だ』。

『「賄賂太りでも、偽物売り太りでも、環境汚染太りでも、

・・・元金を得て、

国家国民の上に在る中国共産党上役のお墨付きを、賄賂を渡しても得れば、安泰・・・というのが、中国共産党支配下の中国」だ。

「大統領になったら、親族等ぐるみ等で、やりたい放題」だから、

「大統領になるまでは、どんな事をしてでも・・・」、

「大財閥で儲け続ければ、国も国民もひれ伏す」から、

「元は、例え、敗戦火事場泥棒で得た日本人の財産等であっても、大財閥を維持・・・」、

「・・・等々というのが韓国の実態」だ。

「旧ソ連の多大なる支援の下で生まれた政権」でも、

「恐怖政治で支配し続ければ、民は従い続けなければならない」から、

「人民の生活はどうでも、核武装し、ミサイル開発にも熱心・・・」、

「・・・等々というのが北朝鮮の実態」だ。

「もちろん、そんな所」では、

「他人を信じて一緒に開発や仕事等を頑張るより保身・・・で、保身の為に金・・・で、金の為に何でも・・・となり易い」から、

「悪徳に染まり易く、信頼は育たない」』。

『「悪徳容認&信頼欠如の一つの象徴」が「不当改造&不当積載船等々の横行」だ。

「手抜き工事で新築建造物が崩壊した事例まで少なからずある」のだから、

「本当に、文化問題は重大」なのだ。

「船問題でも、まともな船なら、滅多な事では、転覆しない」が、

「悪徳容認&信頼欠如の賜物」は「簡単に転覆」し、

「大量の人命まで奪う」』。

『「改めるべき」は「文化」だ。

しかし、

「国家指導者等がその文化故の国家指導者・・・では、文化正常化も困難」だろう。

「多くの民からの文化是正で、国家指導者も丸ごと健全化・・・」等の「事態が起きない限り」、

「中・韓(北朝も含む)の健常化は期待薄」だ』。

|

スーパー氷泥棒の小悪を責めるテレビ常連出演し続けている大悪者たち・・・。

『「不当占有はダメ」だ。「それは、スーパーの無料氷を過分に持ち去る事でも、公共の電波を使っているのに、毎日の様に、何処の局でも、同じ顔・同様の顔という常連出演者たちのテレビ画面の過分占有でも同じ事」である。

「ところが、現行法で問題化し易いのは、スーパーの無料氷を過分に持ち去る事の方」で、

「特定極一部の者たちによる公共の電波を使って情報を一方的に大量配信しているテレビの過分占有状態では無い」のだ。

「テレビの過分占有」は「情報統制や大衆誘導に直結している」。

「中国共産党の情報統制を正義ぶって責めている常連出演者たち」だが、

「実質的には、日本のテレビの情報統制ぶり、大衆誘導ぶりは、半端では無い」。

「それは、原発問題や沖縄基地問題等々の常連出演者たちの論の偏向ぶり」からも、

「誰もが分かる事」だ。

「情報統制や大衆誘導が罪に問われない状態」とは、

「中国共産党支配下の中国の様な状態に他ならない」』。

『「もちろん、スーパーの無料氷を過分に持ち出す事は悪い事」だ。

「そんな事が容認され、多くの人々が無料氷を不当使用すれば、スーパーの経営に悪影響を与え、普通の利用者が受けるデメリットまで生まれる」。

「しかし、今回の犯人は、何と!冷蔵庫さえ持っていなかったので、スーパーの氷利用で冷蔵庫代わり・・・だったのだと言う」。

「正に、格差社会ゆえの現象」だろう。

「本当の悪」は、

「上辺の氷持ち出し犯では無く、冷蔵庫さえ持てない者を生み出している格差社会」だろう』。

『「格差社会」は、

「利権の集中と悪徳容認によって生み出されている」。

「利権集中よりワーク・シェアリングを優先」し、

「本質的な正当性が無い過分な利権を否定する悪徳排除を当たり前とする」なら、

「能力や実働相応の総中流化社会が出来る」』。

『「現状の人間社会では、格差社会を生み出す利権集中と悪徳容認を法規制さえ満足にしない事」で、

「特定極一部の者たちが、

過分な利権を保持出来る状態で人生を送る反面、

多くの人々が本来得られる幸さえ半強制的に失わされている」のだ。

「そんな酷い事態を誤魔化す為の大衆誘導」が、

「所謂自由主義圏では、

●●ドリームや、

過分な相続等を公然化する為の血統家族主義の悪戯な賛美、

特定極一部の者へ利権集中を公然化し多くの人々に認めさせる為の商業スポーツや芸能等での有名人製造&過剰賛美等々」だ。

「旧社会・共産圏等では、

民に国家指導者や民族等との同一視等を強いる事で、

特定極一部の国家指導者側の者たちが過分な利権を保持している」。

「どちらもかなり病んでいる状態」だ』。

『「本来、法律等とは、人間社会の健常化を促す為に存在している物」だ。

「ところが、人類の歴史上では、武力等で制圧した者たちが、自己正当化の為に法律等を施行して来た」。

「その負の文化遺産を温存し続けた結果」が、

「繰り返し行われ続けて来ている人類同士の戦争の歴史」であり、

「現在の経済戦争~地球温暖化問題」であり、

「迫り来ている人類滅亡の日」である』。

『「人類が進化させ続けて来ている物質文明相応の精神文化の進化を得られなかった場合、

近未来において、

確実に人類は滅亡する」。

「それは、地球温暖化の問題による事だけとは限らない」。

「現在のドローン問題が、地球消滅器問題になってしまうまでの時間」は、

「意外な程短い」』。

『「公共の電波を使って、一方的に情報を大量配信しているテレビの常連出演は悪」だ。

「同じ者の論ばかり、何度も、視聴させられる必要など全く無い」。

「最低でも、司会者・アナウンサー等」は「日替わり、一番組限り、論に色は付けない」が「鉄則」であり、

「常連出演者は認めず、必要に応じて、その道の専門家と、それこそ、一般市民の代表等を色々なところからその都度起用するべき」だ。

「映画・ドラマ・アニメ等は、視聴者からの要望を集いその中から、視聴者コンペで決めれば良い」。

「そして、それも、公共の電波上での実質無料配信等はワンクール限りにするべき」だ。

「後は、希望者がネット配信やディスク等で買えば良い」。

「その様にすれば、特定極一部の有名人は消失する」が

「多数の、普通に仕事で普通に稼げる人々が生まれる事になる」』。

『「はっきり言えば、現状のテレビ界等で、常連出演し、偏向論を一方的に語っている等ダケ」で

「過分な立場・報酬等という事態」は、

「異常なばかりでは無く、かなり病んでいる」。

「こんな重篤な状態も治さない」のなら、

「人類滅亡が急速に迫って来てしまう・・・」のも、

「当然過ぎる程当然」だ』。

『「テレビ界の是正」は「急務」だ』。

|

朝鮮系の人々の有名人利権等増大に熱心なテレ朝昼番では「日韓関係の改善」を訴えていたが・・・。

『「日韓関係が悪くなっている原因は何処にあるのか?」「言うまでも無く、韓国側が事実・現実では無い韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等の思い」の「共有」を「日本側に強いているから」だ。

「もちろん、そんな状態の韓国との関係の改善は無理」だから、

「日韓関係を改善する為」には「韓国側が、事実・現実を認める必要がある」。

「この肝心要の部分を除いて、悪戯に、日韓関係の改善を訴える事の実効」は、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の思いを日本国内でも認めさせる事」になる。

「そんな日本の公共の電波を使って配信する情報としては不適切な情報」を、

「毎回の様に、朝鮮系の者を何人も常連出演させ続けて、

一方的に大量配信している」のが、

「テレ朝昼番の実態」だ。

「いったい何処の国のテレビ番組なのか???」』

『「明治産業遺産の世界遺産登録、韓国クレーム問題」の「実体」は、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の思い」を

「日本の世界遺産にも反映させる事」に他ならない。

「つまり、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者による支配が、日本にも及んでいる事を誇示したい」から、

「韓国はクレームを付けている」のだ。

「竹島の不当占拠と同じ理屈」なのである。

「もちろん、この世界遺産登録問題でも、日本側が譲り、妥協する必要は全く無い」。

「それなのに、日韓関係改善の為に、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちにも配慮を・・・とでも言いたげな論調ばかり」を、

「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信し続けている」のだ。

「本当に酷い事」だ。

「普通の日本のテレビ番組」なら、

「竹島の不当占拠は止めるべき/止めさせるべき論」と「共」に、

「世界遺産登録韓国クレーム問題」でも、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者による支配工作を日本は排除すべき論」が

「主流になっている」のが「当然」だ』。

『「はっきり言って、まるで韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の手先の様な常連出演者たちの言い分」は、

「もう聞き飽きた」。

「見るのもうんざり・・・」である。

「司会者でありながら、各問題について、積極的に論調の方向性等を色付けしているウィークデー毎日同じ顔の橋下」も、

「同様」だ。

「実質的には、一般日本国民をあらぬ方向に大衆誘導している偏向論を一方的に大量配信し続けている実質的情報工作」に「相応しい」のは、

「罪と罰」に他ならない。

「過分な立場・報酬等は早急に解消させられるべき」だろう』。

『「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等による思いや日本支配等を温存したままの日韓関係改善を実現させたいから」か、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等による日本乗っ取り支配工作の実態が露呈すると困るから」か、

「神社・仏閣油かけ事件問題」では、

「容疑者が韓国系のキリスト教系新興宗教団体上がりである事」を「黙殺していた」。

「日本国籍を持つ者の犯行」等と「ダケ言われる」と、

「視聴者には、この手の問題の本質が伝わらない」。

「日本・日本人・日本の文化等は悪いから、清める・浄化する」という「思い」の「源泉は、何処にあるのか?」

「宗教に逝っちゃっている上っ面の下では、日本乗っ取り支配策略という強い怨念が濃厚に漂っていたりする・・・」のが、

「実態」だろう。

「乗っ取り支配すると言えば、直ぐにダメ出しを食らう」が、

「清める・浄化する等々と言えば、同様の行動を良い事等と信じて行うおバカや操り人形まで増やせてしまう」。

「筆者の車も、日常使用の駐車場に止めているダケで、何度も、何度も、油や、訳の分からない黄色や白の液体等や、蜘蛛の糸の様な物や、虫の糞の様な物等々で、汚されているし、ワイパーに虫等が挟まっていた事も稀では無い」ばかりか、

「一部タイヤの空気圧が変わっていた事も何度かあった」。

「携帯電話を持って出た時の電磁波工作車との出会い率も異常な程高い」。

「雨の日の視界を悪くしたり、空気圧のアンバランスや、電磁波による異常感・不安感等から、事故でも誘発させたい様相でもある」のだが、

「そんな事も、お清め・浄化等々と信じて行っている悪者・バカ者たちが居る」のだ。

「日本の神社・仏閣だけでは無く、一般日本国民もターゲットになっている」のが、

「この手の問題の実態」なのだ』。

『「日本の報道機関等なら、日本国内で一般日本国民もターゲットにしている悪劣な工作活動等を露呈させないのが異常」だ。

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者や中国共産党等に媚びを売る事等を仕事としている様な連中」は、

「即刻、クビ(懲戒免職)でも良い」と思うが』。

|

神社・仏閣油かけ容疑者の正体「韓国系のキリスト教系新興宗教団体から独立してキリスト教系新興宗教団体を始めた産婦人科医」・・・。

『「神社は悪霊の巣窟!」等と「日本の神社・仏閣」に「浄化する!」等と「油をかけた容疑者の一人が特定」された。

「元々は、日本国内に在る韓国系のキリスト教系新興宗教団体に属していた者」で、

「独立し、キリスト教系の新興宗教団体を立ち上げた日本国籍を持つ在米産婦人科医」だそうだ』。

『「日本に在る新興宗教団体の実体」は「民族や工作員等の連絡組織・工作組織等である場合も少なく無い」。

「基本ロジック」として「日本・日本人は悪い!」で「動いている所も少なく無い」。

「神道や神社は、日本独自のもの」だし、

「日本の仏教は、元々の仏教とはかなり違う日本独自の仏教」という「実態もある」。

「日本・日本人は悪い!」で「動いている連中」は、

「日本・日本人や日本独自の文化を浄化する事を正当と思い込んでいたり、思い込まされていたりする」。

「浄化の手段」は、

「例えば、オウムならポア(殺人)まで在った」。

「一般的には、現行法では摘発困難な、電磁波工作や飲食物工作等により日本人を浄化等々の手段が横行している」』。

『「今回の事件の様に、明らかな器物損壊行為を行い、しかも、防犯カメラ等で撮られている様な、摘発可能な浄化行為を行う者」は、

「少数派」だ。

「今回の容疑者が元所属していた韓国系のキリスト教系新興宗教団体」が、

「実質的悪事を行っていたか?否か?は不明」なので「現状では推定無罪扱いが妥当なのだろう」が、

「比較的容易に摘発可能な事まで行う強い意志を持っていた者」が

「元の新興宗教団体から排除された」のは、

「当然」だろう』。

『「浄化と言えば、聞こえは良い」が「その実態」は、

「電磁波ストレスや飲食物に不要に加えられているフッ素等の弱有害物・弱毒物等によるストレス」を

「継続的に与える事によるターゲットの弱体化」だ。

「日本人を弱体化する一方」で「●鮮系の者なら応援する」と、

「●鮮系の者たちが、日本国内での立場・権力等を押さえ易くなる」。

其処に、

「情報・教育工作」や、

「●鮮系の者たちの子沢山策略と日本人の少子化策略」が、

「加わり」、

「日本乗っ取り支配工作」が「行われている」』。

『「情報・教育工作の面」では、

「ネットの普及により、学校教育&テレビ・マスコミ情報による情報統制が崩された」ので、

「正常化の流れも出て来ている」が、

「電磁波工作や飲食物工作の面」は「未だに、未だに、自主防衛頼り状態」だ。

「日本国内で実際に横行している電磁波工作や飲食物工作等々」の

「現行法・現行の摘発体制では摘発困難な悪事への対策」は

「急務」だ。

「それと共に、日本人の少子化を止め、健常化する事が肝要」だ』。

『「日本・日本人は悪い!」

「日本・日本人は浄化するべきだ!」

「日本列島は●●人が支配するべきだ!」等々と

「心の中では思い込んでいる様な連中までも、悪戯に帰化させてしまった事等」も、

「大いに反省するべき」だ。

「ホーム・グローン・テロ(ソフトテロも含む)の元の一つ」は、

「明らかに、悪戯な移民・帰化等の容認」である。

「善い人・善い国等の幻想等」に「現実逃避している似非平和主義者たち」も、

「確信犯の工作員等では無いのなら、現実を認め、実効のある対策を行う/行わせるべき」だ。

「電磁波工作や飲食物工作等を排除する事」に「反対」の「日本人はいない筈」だ。

「平和共存の為の帰化では無く、日本乗っ取り支配工作等実行の為の帰化という実態が露呈した者の帰化を無効にする事」も「当然」だろう』。

『「今回の比較的摘発が容易な{浄化}犯問題」が「きっかけ」となり、

「日本国内の新興宗教団体の浄化が進めば良い」のだが』。

|

「地震だぁ!」「火山噴火だぁ!」等々と騒いでいるが「元凶は地球温暖化」でしょ・・・。

『「地球が温暖化する事=地球の持つエネルギー総量が増える事」であり「必然的に、海水面が上がるダケでは無く、台風も大型化し易くなり、地震も、火山噴火も起き易くなる」。

「それでは、現在の地球温暖化の元凶は?」

「現実的に考えるなら、中国共産党支配下の中国等の新興国の環境対策抜きの急成長」だ。

「元々が、自前の技術等の進化により経済発展等を勝ち得たのでは無く、

共産党支配はそのままに、一国二制度体制を採用し、

多数の消費者を売る代わりに、

先進国の代落ち技術を得て、生産工場化し、経済ダケは発展させている」のが、

「中国共産党支配下の中国等の実態」だ。

「元々、中国共産党の保身~増長の為に経済発展をさせている面が強い」ので、

「環境対策などは二の次、三の次であり、一番優先されていた様相なのが、中国共産党幹部への賄賂等々だった」。

「結果として、とんでも無いくらいの温暖化ガスを今も尚、平然と吐き出し続けている」のだが、

「中国共産党は、そんな下劣な状態の自己正当化の為」に、

「温暖化ガスの多くは、所謂先進諸国が以前に排出したモノだから、

後追いの中国共産党支配下の中国には、その分の排出権もある」等と、

「嘯いている」。

「もちろん、その目的は、中国共産党の保身~増長の為だ」と言えるのは、

「今出来る環境対策より、保身の為の賄賂等を優先・・・だから」である』。

『「日本の中の中国共産党等の手先たち」は、

「この元凶問題は黙殺したまま、

悪戯に、

地震だぁ!

火山噴火だぁ!

日本は危ないぞぉ!

原発は止めろぉ!等々」と

「戯言を大声で一方的に大量配信している」。

「もちろん、それは、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの保身~増長の為」であり、

「真に日本の事を心配して・・・では無い」。

「だから、実際に、悪戯な不安は煽っても、実効のある対策は言わない」のだ』。

『「元が、地球温暖化なのだから、実効のある対策は、温暖化防止である事」は「言うまでも無い」。

「もちろん、当面の対策として、耐震・免震対策等を頑張り、火山の観測体制等を強化し、避難体制等も整える事は、重要」だが、

「源流対策無き現状対策では、本当の解決には成り得ない」。

「地球温暖化対策として考えるなら、原発使用は合理的になる」。

「ところが、地震・火山噴火不安上で考えさせられると、原発使用は控えたくなる」。

「不安に踊らされた源流対策抜きの逃げ対策論等を正論と勘違いさせようとしている」のが、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの手先たち」だ。

「何故なら、日本が原発から退く事は、日本の電力事情を高値不安定にすると共に、中・韓の原発事業等を利する、と共に、中国や北朝鮮の核兵器圧力の力を増させる」ので

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちにとっては、極東地域日本のみ原発ゼロは非常に都合の良い事だから」だ』。

『「地球温暖化を抑制する為」には

「保身~不当増長の為に、地球環境の悪化も厭わない国家指導者等を頂いている国々を衰退させる事」が「合理的にもなる」。

「最低でも、そんな劣悪国家指導者等を頂いている状態の国々の発展に協力はしない事」だ。

「中・韓(北朝も含む)の発展は、健全発展なら応援するべきだが、

劣悪国家指導者等の保身~不当増長に繋がる応援は、慎む事こそが、

日本の地震・火山等の問題の抑制にも通じている」のが、

「現実」だ』。

『「一般日本国民なのに、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの手先に操られてしまっている方々」は、

「一刻も早く、そんな状態から、自分自身を救い出すべき」だ』。

『「中国共産党」とは「地球温暖化の抑制より賄賂であり、保身であり、不当増長であるばかりか、

自らの保身~不当増長の為には、

南沙諸島等への不当進出も厭わない、

無駄な軍備増強の厭わない」様な「組織」だ。

「無駄な軍備増強というのは、軍事衝突を起こせば中国共産党軍の負けが決定しているレベルの軍備増強だから」で、

「普通の頭がある人間」なら、

「ミサイルを撃ち落とせる国々に、

ミサイルを撃ち落とせない国(大気も無いから軌道が安定している上に、軌道計算の時間もたんまり持てる人工衛星を撃ち落とせるのと何時、何時、発射されるかも分からない大気中のミサイルを撃ち落とすのとでは、軍事技術の桁が違う)が実戦を挑む事は、

本当に愚かである事は、誰にでも分かる」。

「悪賢い中国共産党の幹部等も、そんな事は重々承知だから、ロシア製のエンジンの戦闘機等で実戦は困る」のだ。

「しかし、軍備を増大しているゾ!怖いゾ!の情報工作で、日本の大衆等を委縮させ、日本の世論を中国共産党にとって都合の良い世論に変える事」は、

「十分に可能と考えている」。

「何故なら、日本国内の情報・教育・政界等の中に、多数の手先をつくり出しているから」だ。

だから、「安保法制も、抑止力になっても、戦争を誘発しない」。

「実戦となれば、負ける事が分かりきっている国が、実戦をしかけられる訳も無く、

日本から戦争をしかける事はあり得ないから」だ。

「安保法制の整備と共に、日本国内のスパイ・工作活動の摘発等も本気で行うべき」である。

「それは、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等に操られている状態の日本国民を解放する為」にも、

「拉致問題等を解決する為」にも、

「必要な事」だ』。

『「他国に温暖化防止を願う必要もある」のだから、

「日本も当然、温暖化防止を熱心に行うべき」だ。

「使用を控えるべきは、火力発電であり、原発では無い」』。

『「温暖化ゆえの死傷者等の数をカウントする」なら、

「福島第一原発があれだけの被災事故にも係わらず、直接の死傷者を出していない現実」は、

「もっと、評価されるべき事になる」。

「避難と苦難を強いられている方々の苦難を出来る限り解消する」のは、

「言うまでも無く、日本国・日本国民の重要な仕事」だ。

「それは、沖縄の基地問題と同様の要素がある事」でもある』。

『「地球温暖化問題でも、沖縄の基地問題でも、その元凶は何処のどんな人々か?」

「日本国民なら、その現実から目を背けてはいけない」。

「現実を見失うと、判断を誤り易くなり、悪に操られ易くなってしまうから」だ』。

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »