« 「抗日戦争勝利70周年という虚言」を言う日本を支配したい中国共産党・・・。 | トップページ | 百田VSマスゴミ、面白過ぎですけど・・・。 »

自民党木原青年局長暴言(?)問題・・・。

『「沖縄のマスコミは酷く偏向している」。「それは、情報が十分に在る状態の者にとっては、もはや、当たり前の事」だ。

「その偏向状態の害を無くす為には、どうすれば良いのか?」

「ここで、マスコミを懲らしめる為には、スポンサーを無くせば良い・・・」等の旨では、

「お粗末な話し」であり、

「越権的暴言的要素も多く」、

「野党や、マスコミ等に、言葉の揚げ足取りの材料を与えている様な事にしかならない」。

「重要な事は、実効のある偏向マスコミ対策を政治として行う事」だ』。

『「はっきり言えば、新聞や雑誌等の偏向の問題は、選択肢の問題に過ぎ無い」。

「赤旗や聖教新聞や朝日や毎日や東京や現代等々が在っても、

それらダケでは無い選択肢が十分に在るのなら、

多くの人々が、偏向新聞・雑誌等は例え読んでも偏向情報を得る為に読む状態になる」。

「沖縄県民の選択肢が少ないのなら、その問題を是正する事を考えるべき」だ』。

『「政治家として、問題に出来、対策を行える」のは、

「テレビ・ラジオ等、日本の公共の電波の特定周波数の独占使用権を元に、

情報を一方的に大量配信出来ている機関の偏向情報」だ。

「はっきり言えば、新聞・雑誌等を読む人々は、未だ、それなりに自主的に考える要素が強い人々でもあるから、

選択肢が十分に在るなら、

自主的に偏向状態を是正出来る可能性も大きい」。

「ところが、新聞・雑誌等を読まずに、テレビ・ラジオを見聞きするダケの人々」は、

「自主的に考える要素も希薄な場合が多いばかりか、与えられる情報に悪戯に従順である場合が多い」のだ。

「そして、その様な人々の数は、かなり多い」。

「所謂浮動票層の意向が、テレビ・ラジオ等による大衆誘導でつくられてしまう場合さえある」から、

「実際に、日本の政治でも、~小泉!~自民ダメ!!~民主!!!・・・で、政権交代まで起きてしまった」。

「電子情報でも、多様性が担保されているネット情報の大衆誘導害は希薄」だが、

「多様性が希薄な大手テレビ・ラジオ&その地域のテレビ・ラジオによる大衆誘導害は、

実際に、絶大レベルに在る」。

「この大衆誘導害を排除する事」は、

「政治で行うべき重要事項」に他ならない』。

『「大衆誘導害の元」は、

「偏向情報」であり、

「偏向情報に正しいイメージを付ける情報工作」である。

「多様性が担保されていない論の一方的大量配信は、偏向情報の元」に他ならない。

「視聴者の同一視心理が働き易い常連出演者等による論に対するイメージ付け等で偏向情報を正論の如く風潮している番組の数は、現状では、枚挙に暇が無いレベル」だ。

「この様な異常状態は、是正されるのが当然」である』。

『「沖縄のマスコミは酷い」。

「それは、ある意味事実」だ。

「しかし、責めるべきは、その酷いマスコミでは無い」。

「酷いマスコミしか選択肢が無い様な状態」と、

「日本の公共の電波を使っていながら、

平然と偏向情報ばかりを、

さも正論の如く風潮し続けて来ている、

テレビ・ラジオ」である』。

『「今回の暴言(?)問題をやり玉に正義ぶっている民主党等」だが、

「民主党の実悪害まで招いている実質的暴言{最低でも県外!}等の反省は、

何処に在る???」

「もっとも、自分の事は棚に上げて、正義ぶって他党等を非難している反対政党状態」だから、

「かつての与党も、もはや、少数政党状態・・・」で、

「復活の兆しは全く見えない」ばかりか、

「多くの有権者も復活を望んでいない」のだが・・・』。

|

« 「抗日戦争勝利70周年という虚言」を言う日本を支配したい中国共産党・・・。 | トップページ | 百田VSマスゴミ、面白過ぎですけど・・・。 »

政治」カテゴリの記事