« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2022年冬季五輪が北京に決まったが・・・。

『「中国共産党保身の為の一策、冬季五輪招致」は「一応、成功した」。「しかし、中国共産党自体が、その時まで持つのか」は「????」だ』。

|

1945年産まれ、つまり、日韓併合時の実態を知らない戦後韓国権力者の反日教育で育った世代の韓国人が大量に竹島上陸だと・・・。

『「事実・現実を検証しない、出来ない、出来ても認めるだけの能力が無い哀れな者たち」が、

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩く」。

「韓国の日韓併合=日本による植民地支配詐欺」で、、

「騙される人々は、日々激減している」。

「日韓併合という二国間の国家契約の実体」や、

「日韓併合前後の実際の状態を知る様になった人々がどんどん増加しているから」だ。

「最終的に多くの人々が共有出来る事」は「事実・現実しか無い」。

「結果として、

日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に国家を立ち上げた戦後韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちによる国家の

敗戦火事場泥棒行為等を正当化する為の植民地支配詐欺等の未来」は、

「既に、決まっている」。

「そんな虚論に追従し続ける者たちの未来も、決まってしまっている」のだ』。

『「元々、日韓併合前の韓国は、清の属国状態で、単独では国の存続さえ危うい状態」だった。

「清が、英国等の列強に浸食された時点で、当時の韓国と韓国の権力者たちは、非常に危ない状態に陥っていた」。

「ロシアによる支配も迫っていた」。

「そんな状態で、当時の韓国の権力者たちが考えた」のが、

「日本に保護してもらう事」で「実際に、日韓併合前の約5年くらいは、日本による保護条約下で、韓国の近代化整備が行われ始めていた」。

「日本の対応は清の対応より、遥かに良かった」ので、

「当時の韓国権力者たちは、日韓対等合併に救いを求めた」。

「その後、国力相応に成立した二国間の国家契約が、日韓の二国が日本を主体とした一国となる日韓併合」だった。

「日韓併合により、当時の韓国と韓国の権力者たちは、救われた」のが、

「歴史上の現実」だ。

「併合後、韓国の王室は、日本の皇室に準じる待遇を得た」。

「韓国の貴族たちは、日本の貴族となった」。

「韓国の財界人やお金持ちたちは、日本の財界人やお金持ちとなった」。

「日韓併合後、実際に採られた政策は、断じて、植民地支配政策では無い」。

「二国間の合意契約に基づく同化政策」だった。

「朝鮮半島内も、日本本土並みの状態にするべく、急速な近代化が行われた」。

「教育・文化・衛生・経済・生活水準等が、日本による近代化で、一気に良くなった」から、

「朝鮮人の人口も激増」した。

「日韓併合当初は、朝鮮人の庶民は、主として、朝鮮半島内に住んでいた」が、

「日韓併合からしばらく経つと、近代化がより進んでいる日本に大量渡来する様になった」。

「より良い仕事や報酬や立場や生活を求めて、多くの朝鮮人が自主的に日本本土に渡来した」のだ。

「同化政策ゆえの創氏改名と日本語教育で、朝鮮人は日本人同様の名前を名乗る権利を与えられ日本語も達者だった」から、

「日本本土に渡って来た者たちの就業も容易で、能力の有った人々は相応に出世した」。

「例えば、金嬉老の父親は存命時には親方だった」から、

「父親存命時には、親方一家であった金嬉老一家が、ストレスが今より遥かに強い人間社会の中でも{弱者に対する八つ当たり等}を受ける訳も無かった」。

「金嬉老が差別等と訴えている強ストレス社会下での{弱者に対する八つ当たり}に見舞われたのは、親方であった父親の死後」である。

「同化政策が行われていた」が「植民地支配政策は行われていなかった」のが、

「日韓併合の実体」だ』。

『「それなのに、何故、日韓併合当初から、米国に渡っていた当時の韓国人権力者たちは、日本による植民地支配を訴えていたのか?」

「実態通りの同化政策」では「米国のお金持ち等から、植民地支配解放の為のお金は貰えない」が、

「植民地支配を訴えるなら、解放資金募金も可能になる」。

「米国に渡った当時の韓国人権力者たち」は、

「植民地支配からの解放資金を流用して、米国要人に取り入った」のだ。

「米国内での実質的韓国人詐欺師による悪の国日本を印象づけるロビー活動が盛んに行われた結果、

及び、

旧日本軍が、中国大陸内への強硬進出を行った結果、

元々の文化では、現実主義的要素が強く、精神文化距離も近い、日米は、戦争する事になってしまった」。

「太平洋戦争の結果、日本が敗戦した」。

「戦勝国となった」のは、

「米・英・中華民国(中国国民党軍)」だった。

「終戦後の日本の区分」で「朝鮮半島が外された」のも、

「実質的韓国人詐欺師によるロビー活動の成果」だった。

「そんな流れの戦後処理だったから、戦後、韓国の初代大統領は、米国に渡っていた李承晩」である』。

『「実質的韓国人詐欺師たちの目標は、極東地域、朝鮮半島と日本の乗っ取り支配」だった。

「終戦直後の日本国内では、武器を放棄させられた日本人をよそに、武器を保持していた朝鮮人たちが、各地で、略奪・暴行等を行った」。

「乱行を働いていた朝鮮人たちの言い分は、戦勝国の民だから、戦敗国と戦敗国の民を支配する権利が有る」だった。

「余りに酷い乱行ぶりに、米軍も呆れ、最後には、米軍により鎮圧された」。

「あなたたちは、戦勝国の民では無い!戦敗国の民でも無いと言うのなら、あなたたちは、三国人だ!」とは、

「米軍の将の言葉」である。

「朝鮮人悪権力者たちは、終戦後の日本社会の要所に食い込む日本乗っ取り支配工作等を行ったと共に、戦後程なく、朝鮮戦争を勃発させた」。

「ソ連の絶大なる支援の下で、中国共産党と北朝鮮がその支配圏を増大させて来た事に対抗する必要も生じていた」。

「元々が、同じ朝鮮人なので、日本国内で乗っ取り支配工作を行って来ている者たちには、南系の者たちも北系の者たちも居る」。

「目的は同じ、日本乗っ取り支配でも、支配権を得る人脈を、南系にするか?北系にするか?の対立になっている」から、

「戦後の日本国内では、本来の日本国民とそれらの人脈の者たちが、表沙汰になり辛い内乱を行い続けている」。

「本来の日本国民で、この事を意識している者たちは少なく、

朝鮮系の者たちは、はっきりと意識して来ている」から、

「戦後の日本の政策・社会等は、朝鮮にとって都合の良い政策や社会状態が続いていた」。

「北系の者たちには、中国共産党(や旧ソ連)も加担している」。

「南系の者たちに加担する国は実質的に無い」から、

「パワーバランス上では、北系の者たち&中国共産党が有利な状態」だ。

「南系の者たちは、同じ朝鮮!で、北系の者たちと、反日連携を取ったりしている」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等&戦後の教育や政財界等を上記の様な予備知識を保有した上で見る」と、

「その表沙汰にならない様に押さえ込まれながら行われている三つ巴戦の様子が、ある程度は、良く判る筈」だ。

「もちろん、言うまでも無く、日本国内で日本の乗っ取り支配工作等を行っている悪等を駆逐する正当性があるのは、日本国民系」だ。

「北系にも、もちろん、中国共産党等にも、南系にも、日本乗っ取り支配工作の成功はあり得ない」』。

『「竹島問題とは、植民地支配詐欺を正当化する為の呼び水として仕立てられた問題」に他ならない。

「古の時代には、交通が海上交通だった」。

「古の時代の国々で、現在の日本に繋がっている人脈の国々の一部は、朝鮮半島南部にも在った」。

「人や物の移動の比重が、海上・水上より陸上の割合が高まるにつれて、朝鮮半島南部に居た現在の日本に繋がっている人脈のほとんどが、日本列島等に移動した」。

「日韓両国とも鎖国状態だった頃」は、

「古の時代の影響もあり、海上利用割合も高かった日本の人脈が、竹島まで、利用していた」。

「そして、明治時代になって、日本は国際法的に竹島を日本国の領土とした」。

「もちろん、その時点で、韓国からの抗議等は無い」。

「何しろ、竹島は、小さな島」だ。

「島自体よりも、島の周辺の海域が領海になる事の意味の方が大きいくらい」だ。

「しかし、そんな一切の歴史上の現実を無視して、実質的韓国人詐欺師たち」は、

「竹島を日本が最初に侵略した島として嘘論を仕立て、大宣伝して来ている」。

「曰く、日本が竹島を侵略した後、韓国を植民地しはいしたのだ!」等と。

「歴史上の現実を知るなら、あり得ない話し」だが、

「そんな嘘論が、戦後日本の情報・教育下や韓国内では、まかり通って来てしまっていた」のだ。

「戦後日本の教育では、朝鮮系の教員組合等により、~日韓併合~戦前~戦後の情報が実質的に黙殺」され、

「そんな教育の下の優等生たち」が、「エリートとして、マスコミ等情報産業等で、働く様になってしまって来ている」。

「戦後の韓国では、一貫して、敗戦火事場泥棒を正当化する為の反日嘘論教育」だ。

「ネット普及により、実際の歴史上の現実が、多くの人々に知れ渡る様になるまで、その悪劣な状態は続いていた」』。

『「そして、今、未だ、悪劣な情報・教育等による実質的マインドコントロール下に在る哀れな者たち」が、

「大量に竹島上陸で、恥知らずな反日情報宣伝・・・」なのだ』。

『「本当にお気の毒で、哀れ」である』。

|

安保法制で民主党等野党が行っている事の正体・・・。

『「安保法制問題」は「実で考えるなら、非常に簡単な問題」だ。

「北朝鮮や中国共産党等の実状が変化している今日、日米安保を強化し日本の自衛を強化する必要が有る」から「解釈変更&法整備」である。

「ここで、日米安保の強化も、日本の自衛の強化も要らないと言う人々」は、

「北朝鮮や中国共産党の手先くらいで、普通の日本国民にはほとんどいない筈」だ』。

『「政権与党は、日本国運営の実務責任が有る」から、

「実上必要な安保法制を行っている」。

「それに、反抗しているのが、まるで、北朝鮮や中国共産党の手先の様な、民主党等の野党と、民主党等のお仲間テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」だ。

「その手口」は

「実で議論せず、多くの一般国民にとっては分かり辛い法律論で議論」し、

「法律論上で、ちょっとダケ見聞きする分には、分かり易い、単純バカ解釈を披露して、正義ぶる」。

「政府与党等が質問に実で答えれば、答えになっていない!等と繰り返す」。

「その上で、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等では、野党側が質問している所を偏重して、視聴者・読者に情報を一方的に大量配信している」。

「野党側の面倒くさい法律論&かみ合わない質疑等を主として見せつけられた視聴者等」は、

「安保法制が良く分からなくなる」。

「その結果、今まででも、十二分な審議時間が有る」のに、

「よく分からないから、今国会での成立は見送った方が良いのでは?」

「もっと、審議を尽くした方が良いのでは?」

・・・等々の、

「テレビ・ラジオ・一部マスゴミ等が誘導して視聴者・読者等の中に導き出させた感が世間に蔓延っている」』。

『「安保法制が先送り等になって喜ぶのは、北朝鮮や中国共産党等に他ならない」。

「民主党政権という、利中国共産党・利韓国(北朝鮮も含む)等の政権を生み出させたテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の大衆誘導情報工作」は、

「未だ、終わせられていない」』。

『「政権交代!~民主党!!」で「操られた人々」が、

「またまた、またまた、安保法制良く分からない!」で「操られている」。

「民主党政権時の日本が細り中・韓等が太った酷い実効を忘れていない」なら、

「同じ詐欺師集団に、またまた、またまた、騙されて乗せられている状態」から、

「早急に自分を解放するべき」だ』。

『「安保法制は、実で考えるべき国・国民の安全保障問題」に他ならない。

「法律論に誘導され、多くの普通の一般人なら馴染みが薄いが故によく分からない法律論を考えさせられる事」で、

「分からないから、いけないとの感を抱かせられ」、

「国・国民の安全保障という実を見失わさせられている」のは、

「詐欺師の術中にはめられた状態の人々」に他ならない』。

『「詐欺師的実態を露呈」している

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者や中国共産党の手先の様な政党」や、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」を、

「日本国内で蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「詐欺師的連中に相応しいのは、罪と罰であり、過分な立場・報酬等では断じて無い」』。

|

笑えたゾ!山本太郎、「原子力発電所にミサイルが撃ち込まれたら」とは「日本が宣戦布告されたら」と同じ事だろ!・・・。

『「そんな事態は、言うまでも無く、原発の安全管理問題では無く、国防問題として考えるべき事」ですョ。「こんな人を、国会議員にした有権者って・・・」』。

|

抗日戦争勝利70周年で各国首相を招こうとしている中国共産党の自爆劇・・・。

『「先の大戦時末期、中国大陸内では、旧日本軍と中国国民党軍と中国共産党軍が、三つ巴の戦いを行っていた」。

「しかし、実際にその戦いでは、終戦時までに、決定的な勝敗が付いていなかった」。

「旧日本軍が主として米軍との戦いに敗れた事で、終戦となり、終戦時に中国側の勝者とされたのは、中国国民党軍」である。

「当時の中国共産党軍は、ロクな武器も保持していない状態で、三つ巴の戦いでも、圧倒的に弱かった」。

「何しろ、旧日本軍の兵が、武器を持って中国共産党軍に自主投降するなら、いきなり将校待遇を得られた程、困窮していたのが、終戦前の中国共産党軍の実態」だった。

「しかし、大戦後、旧ソ連の絶大なる支援の下で、中国共産党軍は、中国国民党軍を中国大陸内から追い出し、台湾に追いやった」。

「中国共産党軍が戦争で勝ったと言えるのは、事実・現実に基づくなら、中国国民党軍との中国人同士の戦争についてである」。

「これが、歴史上の現実」だ』。

『「歴史上の現実に忠実に中国共産党が戦勝を祝う」のなら、

「戦後旧ソ連の絶大なる支援の下で勝利した中国国民党軍に対して」であり、

「旧日本軍に対しての抗日戦争勝利はあり得ない」。

「はっきり言えば、中国共産党軍の抗日戦争勝利という嘘」は、

「中国人同士の戦争の印象を少しでも薄くする為の情報工作」なのだ。

「中国共産党支配下に在る中国国民なら、中国人同士の戦争は忘れ、日本という極悪国に対抗した抗日戦争の勝利を喜べ!」と

「歴史上の事実・現実を黙殺させて、強いている」のだ』。

『「この事実とはかけ離れた歴史認識の無理強い」は、

「中国共産党支配下の中国国民には、大いに有効」だった。

「何故なら、それに違を唱えれば、中国共産党にとっての不適応分子となり、粛清対象にされた」からだ。

「中国共産党が中国大陸内の支配圏を持ってから、大陸内に残っていた中国国民党系の人々は、最初から中国内で劣等国民扱い」である。

「劣等国民が、支配者である中国共産党の歴史認識に違を唱えれば、不適応分子で粛清対象」なのだ。

「戦後の中国国内では、大戦中に旧日本軍との戦争で命を失った人々より遥かに多い数の人々が、中国共産党による不適応分子の粛清で命を失わされて来ている」。

「そんな強権的な努力によって、中国共産党支配下の中国内では、偽りの歴史認識が横行出来て来ている」』。

『「その偽りの歴史認識を、国の外にも広げる為に行おうとしている」のが、

「抗日戦争勝利70周年記念行事に、各国の首相を招く行為」だ。

「もちろん、中国共産党の影響が薄い国々の首相は、ほとんど全員が、参加しない」。

「実際に、50か国以上に声をかけて、応じているのは、中国共産党の影響が濃い20か国程度」なのだ。

「そして、それらの中国共産党に忠実な国々」は、

「近い将来、中国共産党共々、

事実・現実の歴史認識等や正義よりも、

中国共産党の圧力や利権等を優先した国々として、

永遠の恥辱に染まる道の上を歩む事になる」のだ。

「現在の普通の国なら、事実・現実優先であり、中国共産党による支配は受け入れない」』。

『「もちろん、事実・現実より、圧力や利権を優先して来ている中国共産党の未来も短い」。

「自然の摂理は、時と共に、事実・現実とのより高い整合性を求める」から、

「事実・現実離れした国や人々が得る将来は、衰退・崩壊・滅亡等々になる必然が有る」のだ』。

『「中国共産党という蝋燭の火が消える前の揺らめきが、抗日戦争70周年記念行事」である。

「エネルギーを燃やせば燃やす程、寿命が短くなる宿命を持っているのが、中国共産党」だ。

「多くの中国国民は、近い将来、中国共産党支配からの解放を選択し、幾つかの国々に分かれる事になる」』。

|

新国立競技場問題とは・・・。

『「元々」は、「政治主導!で官僚等の意向を押さえていた民主党政権時に、選考委員が決められ、選考委員長の強い推しで、一番大きく一番お金のかかるザハ氏案に決められたのが、全面見直し前の新国立競技場」だった。

「政権を失う事がほぼ決定的だった当時の民主党政権」が、

「野党転落後に、爆発する仕込み策の一つとして新国立競技場の選定を悪用した臭い」さえ、

「濃厚に漂っている様相」なのだ。

「そして、今、民主党は、元を黙殺したまま、今の文科大臣等に責任取れ!等と正義ぶっている」』。

『「民主党政権を生み出す事に大いに貢献したテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」も、

「元は問題では無いイメージを風潮して来ている」と「共に」、

「今の文科大臣の責任論には、熱心」だ。

「明らかに異常」である』。

『「検証委員会が設置されたあかつき」には、

「是非とも、元の選考委員決定時に何処の誰のどの様な意思が働いていたのか?」を、

「先ず、明らかにするべき」だ。

「元の問題の全ては、それから」である』。

『「完全見直しが決まった新国立競技場」は、

「出来る限り、お金をかけず、出来る限り環境にもやさしいコンパクトな物をつくるべき」だろう。

「現代は、象徴的大建築物で、国威を示す時代では無い」のだ。

「象徴的大建築物は、北朝鮮の平壌にもたくさん在る」が、

「だからと言って、北朝鮮の評価が高くなっている訳も無い」。

「現代の国として一番大切」なのは、

「先進物質文明」であり、

「先進物質文明相応の先進精神文化」である。

「先進とは、科学や生物(もちろん、人間も含む)の実体の事実・現実との整合性がより高い状態」だ。

「人類の未来はその方向で無ければ存続し得ない」』。

『「地球上の生命体の未来永劫存続を感じさせる有機的デザインでありながら、

強度も十分で、

環境にもやさしく、

建築コストも建築日数もかからない。

そして、収容人数や観客の快適さ等のベース機能は必要十分に有る。

・・・その様なコンセプトの下の設計が望まれている」。

「行うべき事は、判っているのだから、後は知恵と知識と実現努力の問題」だ』。

『「今時の感覚では、まるでカルト宗教の様な、祖先礼賛教派は、

旧国立競技場の現代版つくり直しが良い等と、

祖先礼賛教徒の数を増やすべく、情報工作等に勤しんでいる様相」だが、

「そんなまるで、何処かの独裁者支配国の文化の様な臭いを濃厚に醸し出す案」では、

「日本社会の中に、何処と無く北朝鮮や中国共産党支配下の中国等の様な雰囲気が漂うダケ」で、

「先進科学技術文明相応の先進精神文化は表現出来る訳も無い」』。

『「オリンピックを行い、世界中から注目を集める」なら、

「人類の文明・文化史上でも相応に有意義な様にしなければ、資源・エネルギー等の無駄遣い」だ』。

|

「マスゴミが推奨していた民主党政権で日本は良くなったか?」を考えればマスゴミ推奨の安保法制反対論の実効も良く判るでしょ!・・・。

『「まるで、詐欺集団に何度も騙される人の様に、マスゴミに騙され続けている人々が居る」。

「マスゴミのご推奨」は、

「小泉政権であり、

自民ダメ!であり、

政権交代!!であり、

民主!!!であり、

原発ダメ!!であり、

太陽光発電正義!」等々だった。

「そして、今、安保法制よく分からないから止めた方が良いのでは~!」だ』。

『「小泉政権による利権集中悪徳改悪の結果、日本社会は総中流状態が大きく崩された」。

「その結果、その後の自民ダメ!論も、相応に説得力が有った」。

「しかし、その後の政権交代論は、ある程度以上政治に興味を持っている者なら、如何にも怪しくアブナイ、際物論」だった。

「ところが、多くの人々が、行き詰まり感等から、政権交代!に現実逃避した」。

「そして、マスゴミご推奨の民主党政権が成立した」。

「マスゴミご推奨の民主党政権の成立により、

日本が以前より良くなっていたなら、

マスゴミのご推奨は信用出来る事になる」が、

「実際は、民主党政権には、中・韓が太った反面日本が細った」。

「マスゴミのご推奨では、ダメだったのである」』。

『「本来なら、民主党同様、その責任を大きく問われ、権力を失い、人も入れ替わっているべきマスゴミ」だが、

「その後、民主党政権からの政権交代はあった」が「マスゴミの面々の顔は、実質的に変わっていない」。

「そして、(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続ける中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、意図的に黙殺されている)脱原発」とか、

「(超バカ高買取り法案ゆえに、まるで、ネズミ講の様な状態となってしまった・・・ここまでは、意図的に黙殺されている)太陽光発電等の推奨等」まで、

「続けて来ている」。

「安い太陽光パネルは、中国製や韓国製」だから、

「ここでも、実質的に、マスゴミは、民主党政権の様に、利中・利韓を推奨している」のだ。

「そして、安保法制については、国会の内容はロクに伝えずに、分からない・いけないイメージを増大させて来ている」。

「安保法制の内実」である、

「日本の自衛強化や日米安保の強化が、

中国共産党や北朝鮮等にとっては非常に都合の悪い事である事からも、

ここでも、またまた、またまた、マスゴミの利中・利韓(北朝も含む)ぶりは、明らか」だ』。

『「民主党政権を推奨したマスゴミについて行く事」は、

「何度でも、同じ詐欺師に騙される人と同じ」だ』。

『「多くの日本国民」は、

「マスゴミ論を鵜呑みにせず、

国会中継を視聴する」なり、

「世界情勢の実態をちゃんと調べた上で、自分でよく考えるなり、・・・するべき」だ。

「そして、同じ詐欺師に騙されている様な人々が目を覚ます助け等もするべき」だ。

「それでも、残る反対派は、実質的には、中共や韓(北朝も含む)悪権力者等の手先」になる』。

『「朝日新聞は、中国共産党と同居している」と言われて久しい。

「中国共産党のやり口(=有益分子の育成&不適応分子の粛清等)から推定すると、

お金のやり取りも、弱み等を握られている者の数も、粛清されてしまった者の数も、決して少なく無い・・・かも知れない」。

「それだけに、朝日系のマスゴミ連中は、安保法制反対!に必死な様相だが」・・・。

「中国共産党にとっての有益分子として育成された者の論」で「日本の国政を動かさせてしまっては!」』

『「マスゴミご推奨の民主党政権成立時」に、

「民主党に一票を入れてしまった有権者の責任」も「言われて久しい」。

「同様の過ちを繰り返すなら、その責任は益々大きくなる事になる」』。

『「悪戯にマスゴミに自分を操らせず、自分で責任を持てる論を持つ事」こそが、

「本当の民主主義の基本」だ。

「マスゴミの操り人形状態の人々が多い人間社会に在るのは、民主主義では無く、マスゴミファシズム」である』。

『「磯崎補佐官に対する言葉狩り」については、「もはや、言うまでも無い」だろう。

「政府案以上の対案を出せずに、

実質的には、利中共等の為に、

姑息な手段まで使って廃案を目指す」とは、

「何処の国の政党が行う事だろうか???」』

|

「理解に苦しむ事はやるな!」ならテレ朝夕番大谷解説等こそ止めるべきなのでは・・・。

『「日本の公共の電波を使っていながら、安保法制の内容をロクに紹介せず、視聴者の安保法制よく分からない状態を誘い、その延長線で、国民が理解に苦しんでいる事はやるな!等と安保法制自体に悪イメージを付ける・・・本当に悪劣」だ。

「今何故、安保法制であり、日米安保の強化が必要のか?」

「言うまでも無く、中国国内では、もはや、収まり切らなくなった中国共産党の不当増長が激しくなって来ているから」だ。

「元々が、中国人同士の戦乱での勝者である中国共産党」が「存続する為」には、

「中国の国家・国民の上に中国共産党を存在させ続ける必要が有る」。

「中国国民と同レベルとなれば、基本的には、旧ソ連の絶大なる武器支援を受けた反乱軍政府でしか無い」のだから

「中国共産党の存続は困難になる」。

「権力を保つ為には、金や利権や思想で中国国民を支配下に置き続ける必要が有る」から、

「利権を独占し、

汚職・賄賂等で金満となり、

反日思想教育を行い、

西側先進諸国の武器には劣っている武器でも中国国民への脅し&圧力には十分な軍備を増強して来ている」。

「その為の源泉」は、「今までは、中国国内から得られていた」。

「しかし、余りに酷い、汚職・賄賂等体質の為、中国国内の経済は健全成長出来ていない」。

「環境問題や手抜き工事問題や投資建築問題等々からも良く判る様に、もはや、中国国内の経済自体が、崩壊寸前状態」だ。

「中国共産党は、存続の為に、外を喰う必要に迫られている」から、

「実際に、その様な行動に出ている」。

「ここで、日本を中国共産党に喰わせたいのなら、安保法制は要らないという判断になる」。

「日米安保の強化も要らないから、集団的自衛権を大問題にする事で、安保法制自体を葬ろうとする事になる」。

「普通の日本国民なら、日米安保を強化するという実現可能な安上がりな方法で、中国共産党が日本を喰う事を諦めさせる選択をする筈」だが、

「中国共産党の有益分子たち」は「言う事が違う」のだ。

「一般日本国民としては、理解に苦しむ情報配信をし続けている」のが、

「テレ朝夕番」である』。

『「調布飛行場極近小型機墜落問題についての論調も変」だ。

「普通に考える」なら、

「事故と共に、事件の疑いも濃厚」だが、

「テレ朝夕番では、限界搭載重量の95%の重さでの離陸を重過ぎる」と「風潮していた」。

「もちろん、限界搭載重量未満なら、機体が健常である限り、離陸~飛行~着陸は十二分に可能」だ。

「墜落状況から、一番問題と強く推定されるのは、エンジン、もしくは、燃料関係なのに、

機長の判断=機長の資質に問題があったかの如きイメージを視聴者に抱かせる重量オーバー論・気温高論等」なのだ。

「まるで、事件として考えさせる事を避けさせる目的でもあるかの如き重量論偏重の様相」は、

「理解に苦しむ」』。

『「日本国内の事故等の一部の実体」は、

「反日国人脈等による日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な粛清工作等」だ。

「日本国内は、平和ボケで、安穏と暮らせる時代では無い」のである』。

『「理解に苦しむ事はやるな!」なら、

「普通の日本国民の感覚」なら、

「止めるべきは、安保法制では無く、まるで、中国共産党等の手先の様な、テレ朝夕番等」だろう』。

|

平和憲法が在るのだから中国共産党等による侵略行為は防げるし、北朝鮮崩壊時の八つ当たり戦争も防げる???・・・。

『「国の安保問題」と「法律論問題」の「どちらを優先するべきか?」は「少し考えれば誰でも分かる」。

「いくら平和憲法を表に出しても、日米安保や自衛隊等による抑止力が無ければ、実際の日本国の平和・安定・安全等はあり得ない」。

「それは、ある程度の抑止力を保持している現在」でも、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等による

実質的侵略・日本乗っ取り支配工作・有益分子育成&不適応分子粛清工作・ソフトテロ等々が、

行われてしまっている事からも明らか」だ。

「竹島は不当占拠され、

拉致まで行われ、

日本人に自虐を強いる情報・教育等は横行し、

反日国に対する土下座外交まで行われて来た。

飲食物工作・電磁波工作・摘発困難な殺傷事件等による不適応分子粛清工作も横行しているままだ。

人民を指導する●●共産党員の様な、テレビ・ラジオ等常連出演者人脈は、戦後ずっと、同じ人脈の者たちであり、

その人脈は、学校教育や政財界も大いに蝕んでいる」』。

『「今後の日本社会は、どの方向に動くべきか?」

「日米安保を希薄化し、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈等の反日人脈の支配力をより強める方向か?」

「日米安保を強化すると共に、日本国内で行われている反日国人脈による悪の工作活動等を摘発し厳罰に処す方向か?」

「一般日本国民が、普通に考えるなら、答えは、言うまでも無い事」だ』。

『「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの有益分子として育成されてしまっている者たち」と

「そんな者たちに操られている者たち」が、

「日本の自衛強化を拒み、

日米安保の強化を拒んでいる」・・・。

「そんな実態が、益々濃厚に露呈して来ている」のだ』。

『「悪マスゴミの得意技」は、

「言葉狩り」であり、

「重要事項黙殺論」であり、

「論点すり替え論」だ。

「部分偏重の罠」や、

「重要事項外しの罠」や、

「論点すり替えの罠」で、

「大衆を操る悪者ども」に「相応しい」のは、

「過分な立場・報酬等では断じて無い」』。

『「国の安全保障問題として取り上げるべき安保法制」を「憲法問題にすり替え」たり、

「言葉狩りで大衆誘導を試みたり」、

「日米安保の強化が目的の集団的自衛権の問題」を「戦争法案と嘯いたり」、

・・・、・・・。

「以前から、中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域、日本のみ、原発ゼロ」等についても、

「原発ゼロだけを訴える{重要事項黙殺論}を風潮して来ている連中」の「やっている事」は、

「一般日本国民から見れば、本当に、酷い」。

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たち等にとってなら、

正に、優秀な有益分子による大衆誘導工作等なのだろうが」』。

『「日本の公共の電波」が、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈の者たちご用達・・・」という

「異常事態」は、

「即刻、是正されるべき」だ。

「電波使用料も異常に安過ぎる」。

「テレビ・ラジオ界の是正は、急務」である』。

|

いじめを生み出す極悪教師等の偽善論「命を大切に!」&「仲間を大切に!」・・・。

『「命の実体を言わず」に、「命を大切に!」を「言う事」は「重大事実黙殺論」に他ならない。

「仲間を大切に!」とは「仲間と仲間以外との区別・差別を誘う論」だ。

「この様な事を正義ぶって言う教師等の下では、いじめ(その内実は、暴力等の犯罪行為)は無くならない」。

「先ず、言うべき事」は「自分を大切に!」である』。

『「自分を大切に!」と「言われれば、自分を見ざるを得なくなる」。

「実は、それがいじめ等の抑止にとって、一番大切な要素」なのだ。

「自分を見つめていれば、いじめ等の悪い事をすれば、悪者である自分を見つめざるを得なくなる」。

「自分を悪者として見つめるのは、ほとんどの子どもが嫌であり、苦痛に感じる事」だ。

「自分を大切にする」なら「悪い事は行い辛くなる」』。

『「その上」で、「命の実体を教える」。

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら、存続しているのが、生きている全ての人の実態」だ。

「誕生・死は、細胞ごと」である。

「丸ごと一人の肯定・否定等」は、「命の実態とは合っていない事に他ならない」』。

『「それなのに、人は、丸ごと一人で考えたがる」。

「何故か?」

「言うまでも無く、人の思い(意識)は、丸ごと一人を好むから」だ。

「細胞ごとの誕生・死を自覚(意識)しながらの人生」では、

「非常に効率も悪く、それぞれの人の頭の中も大変」だ。

「人は、思いの上で、現実とは全く違う、丸ごと一人の扱いを好み、

非常に単純化された丸ごと一人の思いの利用により、

人間社会や人間関係等を

高効率で構築して来ていたり、

高効率で破壊して来たりしている」のだ。

「自分の思いを健康な状態に保たず、

いじめ等、高効率の破壊行動等を起させる元にしてしまう」のは、

「バカや悪」である。

「子どものいじめ等と、大人の社会の戦争等は、精神構造的に同類」なのだ』。

『「仲間とは?」を「考えさせずに、仲間を考えさせる」と、

「多くの人々は、自分にとって都合の良い人々を仲間と認識し易い」。

「逆に言うなら、自分にとって都合の悪い人々は、仲間では無いと認識し易い」のだ。

「仲間では無い」を「敵や邪魔者等と捉える人々も少なく無い」だろう。

「仲間の実体を考えさせずに、仲間を考えさせる事」は「いじめ等を誘発する原因に成り得る」』。

『「それならば、仲間とは?」

「自分の実体が、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生体」なのだから、

「そんな自分の同類」とは「地球上の全ての生物」だろう。

「同類を仲間と考えても良いかも知れない」。

「この様な仲間の実体を考えた上での仲間」には「区別も差別も無い」。

「自分の実体を考えた上で、自分を大切にし、

仲間の実体を考え、更に、仲間を大切に思う」なら、

「いじめ等の悪い事は出来る訳も無い」のだ。

「この現実に逆らう思いが生まれた時、自らの思いの実体を検証し、悪い思いに自分を操らせない様に、セルフコントロールし続ける事」こそが、

「人が大人になって行く過程で学ぶべき重要な事」に他ならない』。

『「重要な事を教えられずに、

まるで、工作員や操り人形等を量産する為の情報・教育等を摺り込んでいる様相の教師等の下では、

いじめ等の実質的犯罪行為も横行し、

そんな情報・教育の支配を受け続けたままの者が、社会に出れば、

ロクな事を行わない」のは、

「人類の歴史を見れば明らか」だ。

「そして、ロクで無しが、教師等になれば、代々話が続いてしまう・・・」のである』。

『「負の連鎖を切る事は、難しい事では無い」。

「多くの人々が、上記程度の認識を持てば良いダケ」だ。

「それも、情報・教育の問題」である』。

『「情報・教育の健常化」は「急務」だ』。

|

だいぶはっきりして来た調布飛行場極近単発小型機墜落の原因だが、マスゴミの論点ずらし工作も酷い様で・・・。

『「NHKニュースの滑走時の映像からも、エンジン、もしくは、燃料系統の不具合は、もはや、明白」だ。

「テレ朝夕番によれば、サッカー場で見ていた少年の証言で、飛行機のエンジン音が変であった上に、爆発音が聞こえた後にエンジン音が消え、その後墜落した」との事だった。

「これらの事態から、容易に想像出来る事」は、

「点火プラグハイテンコード等が、離陸したら外れる様になっていた」か、

「燃料系統がエンジン近くで、外れる様になっていた」事等だ。

「離陸時には、点火プラグの一部が、火花不足」もしくは、

「一部気筒が燃料不足」で、

「パワーが出ず」、

「離陸してしまった後、緊急避難し、戻ろうとしたが故に、足も格納せず、左旋回気味だった」が、

「程なく、エンジン、もしくは、その付近で爆発し、滑空~墜落したのだ」と、

「強く、推定出来る」』。

『「問題は、そんな事態が何故生じたのか?」だ。

「プロがつくり、シロウトが整備し、シロウトが運転する自動車」とは、

「某故自動車技術者のお言葉」だが、

「そのお方は、同時に、飛行機は、プロがつくり、プロが整備し、プロが操縦する」とも「記されていた」。

「実態も、正に、その通り・・・」だろう。

「つまり、プロ整備&プロ操縦の飛行機で、上記の様な事態は、普通は起きない」のだ』。

『「それなら、何故、上記の様な事態が起きてしまったのか?」

「この時点で、既に、事故では無く、事件の臭いを濃厚に感じる」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「マスゴミ論調を見てみる」と、

「高気温」とか、

「足を格納していないから、十分に高度が取れない」とか、

「6人乗りの機体に5人+燃料満タンは重い」とか、

「機長は飛行機学校を運営していたが、ちゃんと認可を取っていなかった」とか、

「専ら、機長の資質に帰そうとするかの如き論調」が「主流」だ。

「かなり意図的な臭い」が「充満している」。

「此処にこそ、この事件の根っ子が在るのでは無いだろうか?」』

『「報道されている機長の顔写真を見る」と「所謂イケメン」であると共に、

「状態を考えれば、かなりのお金持ち」だ。

「飛行機免許」は「例え、自家用でもその取得には、かなりのお金がかかる」。

「事業用となれば、もっと」だ。

「更に、教員免許ともなれば、もっと、もっと、もっと」である。

「普通に考えれば、教員免許取得までには、少なくとも、1千万円以上は」かかる。

「はっきり言えば、機長は、他人からの羨みや憎しみ等を受け易い状態だった」のだ』。

『「しかし、事故・事件自体は、そんな事とは無縁」である。

「マスゴミの論点ずらし」は「明らかに異常」だ』。

『「マスゴミ人脈が論点ずらし情報工作等を行っている様相である事」から「容易に推定出来る」のは、

「そのスジの工作活動等である可能性」だ。

「そして、その目的は?」

「訴え易い要素」は「住宅密集地の飛行場の危険性等」だろう』。

『「普天間問題は、正に、その中に在る」が、

「マスゴミには、普天間移設反対派が多い」。

「他に、考えられる」のは、

「調布や同様の状態に在る八尾等の飛行場や、日本国内の自家用小型機等の、使用制限目的」かも知れない』。

『「元々は、調布にしても、八尾等にしても、飛行場が先で、大部分の住宅が後」だ。

「航空機免許は、例え、自家用でも、その取得には、お金ダケでは無く、相応の能力・技量等が要る」。

「その昔は、中国でお金さえ払えば、時には異性接待付きで、自家用免許が買えた時代も在った」が、

「今は、そう簡単には行かない」。

「イケメン&金持ち(と推定される)教官が恨みを買う要素」は「此処にも在る」。

「飛行場近隣住宅問題にしても、日本の文化とは相容れない、飛行場隣接故に安く買った後の環境は、自分たちの都合で!派も居る」。

「今回の問題が、事故では無く、事件なら、その辺りのところに犯人が潜んでいるかも知れない」』。

『「NHKでも、調布飛行場等の使用制限に言及していた」が、

「本当に必要なのは、飛行制限では無く、駐機場や整備等の安全確保」だ。

「現行法&現行の摘発体制では摘発困難なソフト・テロ等を行っている悪たち」が

「ゴマンと居る」のが、

「現状日本社会のお寒い現実なのだから!」』

|

調布飛行場極近くで小型機が墜落してしまったが・・・。

『「実力十分な機長」が「操縦席に居ても、墜落が防げなかった事態の裏には何がある?」

「離陸直後に、失速~墜落という事態」から、

「筆者たちが、先ず、想起した」のは「バード等(今なら、小型ドローン等もあり得る)ストライク」だった。

「上昇中の単発機のプロペラがダメになってしまえば、失速する」。

「ましてや、6人乗りに、5人乗っている、重い状態」なら、

「少々の事でも上がれない」。

「発表は無い」が、

「乗客の体重も重要なポイントかも知れない」。

「機長は、操縦士養成学校の社長でもあったとの事だから、

お客様になるかも知れない人々に頼まれれば、

少々、重くても、

乗らないで!とは、言い辛かった筈」だ。

「普通なら、大丈夫な範囲の総重量だった」のだろうが、

「高気温では、空気も薄い」。

「重めの場合は、少々のエンジントラブルでも、危ない」。

「何しろ、古い小型機」だ。

「小型機の重量制限要求は、基本的に、かなり厳しい」』。

『「エンジントラブルで、考えられる」のが、

「テロ等や悪戯」等だ。

「筆者の車でさえ、毎日の様に、電磁波工作の為のいじりや、汚れ付けや、タイヤの空気圧少し抜き等を行う、悪が居る」のが、

「現状日本社会の現実」だ。

「空気取り入れ口に、エンジン全開になると、外れて飛び込んでしまうくらい(この様な色々な{実験}を行い、データを集め、実際に、実施実験までする悪組織が、日本国内にも巣食っている)の、

つまり物等を仕掛ければ、単発機を墜落させる実質的テロは、簡単に出来てしまう」・・・。

「もちろん、飛行機は、離陸前に、エンジンの調子を確かめる」が、

「それは、ブレーキを踏んでいれば飛行機が動かない程度」だ。

「果たして、駐機場には、24時間監視の防犯ビデオ等が在ったのだろうか??」』

『「小型機では、過去にも、他の飛行場で、主翼が取れてしまうという、あり得ない事故???もあった」らしい。

「金属疲労を起こさせたボルト&ナット等と本来の物をすり替えれば、可能になってしまう工作」だ。

「また、飛ぶ前に十分な点検をしない大雑把なオーナー(もちろん、普通はあり得ない)なら、ネジを何本か緩めて置くダケでも、主翼が取れる事態を招く事は、可能」だろう。

「また、現在の技術を使えば、電磁波で誤作動等を起こさせて、墜落させる事も可能」だろう。

「筆者の周囲にもやって来ている、迷惑な、縦波電磁波(と強く推定される)」は、

「出力が相当高くても、一般波の電磁波としては検出されない(電界を測れば存在は確かめられ、強さもある程度は推定出来る)」から、

「強いランダムなドット波で、エンジン制御を混乱される事くらい可能」だろう。

「この辺りも要調査」だ。

「電磁波工作も悪組織の得意技の一つ」だ』。

『「自家用小型機の調布飛行場離発着の自粛が求められた」が、

「万一、犯人が居て、そんな事態が目的だった」のなら、

「今頃、大喜び・・・」だろう。

「態度や表情の変化等から、近隣等では、浮かび上がって来ている人が居たりして・・・(?)」』

|

安保法制、問題は単純でしょ・・・。

『「実体を考える」なら、「今、何故、安保法制なのか?=今、何故、自衛の強化が必要なのか?」であり、

「集団的自衛権の是非=日米安保の強化の是非」に他ならない。

「安保法制問題」は、「実体を考えるなら、非常に単純な問題で、日本国民としての回答も、普通に考えるなら非常に簡単な問題」だ。

「本来、単純で簡単な問題なのに、ワザと論点をずらし、複雑で、考える事が嫌になる問題にすり替える」のが「悪の常套手段」である』。

『「悪の策にはめられる」と「複雑で、考える事が嫌になる」から、

「その時点で、多くの人々は、自分の理解出来ない悪い物事として、安保法制を扱いたくなる」。

「悪たち」は、

「よく分からない者・物・事は、とりあえずいけない者・物・事として、遠ざける、

人間の基本的防衛反応」を「悪用している」のだ』。

『「論点ずらしの例」が、

「憲法違反なのでは?」であり、

「集団的自衛権まで要らないでしょ!」等々だ。

「中国共産党や北朝鮮等の状況を考えるなら、今、日本の自衛強化は必需」だ。

「実人間社会内での国境外の問題も含む自衛強化」と、

「日本の法律内の問題である憲法違反のどちらが優先されるべきか?」

「中国共産党の不当増長(武力圧力等による現状変更・・・実質的侵略行為等)も、

北朝鮮の崩壊等」も、

「問題無い」等と「考えている、もしくは、知らない、人々」なら、

「安穏と、日本国内ダケの憲法論議に熱中し易くなる」。

「ましてや、安保法制問題について、論点ずらし悪策略上で考えさせられていれば、尚更」だ。

「普通に考える」なら「自衛の強化が必需」で、

「自衛の強化」は、

「転んでから(事が起きてから)では遅い」。

「転ばぬ先の杖であるべき」だ』。

『「集団的自衛権の問題」は「もっと、単純・簡単」である。

「自衛の強化をどう行うのか?」の「問題だから」だ。

「今時の軍備等の内容を吟味すれば、専守防衛の自衛隊ダケでは自衛にも限界がある」。

「それは、今時の軍備等の情報を得て、少し考えるなら、誰でも解る事」だ。

「では、どうやって、自衛を強化するべきか?」

「もちろん、自衛隊を国軍にして、敵基地攻撃能力や先制攻撃能力や核兵器等々まで持たせる自衛強化も可能」だが、

「当然、その為には、時間も、お金も、世論の合意形成も要る」。

「現実的に考えれば」、

「日米安保の強化」が「一番、安上がりで、短時間で実現可能な方法である事」は、

「多くの人々が、直ぐに解る筈」だ』。

『「安保法制に反対している人々」とは、

「実質的」には、

「自衛の強化が要らない」と「主張している」のか、

「日米安保の強化が要らない」と「主張している」のか、

「その両方を主張している」のである。

「或いは、論点ずらしの悪の策略にはまり、よく分からないからとりあえずいけない事として、遠ざけたがっている」のである』。

『「はっきり言えば、こんなに日本国・日本国民にとってのメリット・デメリットがはっきりしている事」でさえ、

「論点ずらし等の悪の策略」と、

「マスゴミ等の大衆誘導等」によって、

「国政政策が遅滞させられている」のだ。

「そして、日本の国政政策の遅滞で、メリットを得る」のは、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たち」等「反日人脈の者たち」である』。

『「日本の中の反日人脈の手先たち」は、

「嫌な国の中に居続けるより、反日国に行くなり、帰るなり、強制送致されるなり、・・・するべき」だろう。

「情報工作ダケでは無く、

反日人脈にとっての有益分子育成(多くの場合、工作員化だったりしている・・・)不適応分子粛清工作等々まで、

行っている者たちまで居るのだから!」』

『「国としての自衛強化ももちろん必要」だが、

「日本国内の一般日本国民の健康・安全等を守る為の法整備&体制整備も必需」だ。

「電磁波工作や飲食物工作等々を、実質的に、何時までも、黙認している様では、本当に情けない」』。

|

村山元総理「おバカの戦争法案論&謝罪論」・・・。

『「おバカたち」は「何故、おバカな思考に陥っているのか?」「重要要素を欠落させて考えるから」だ。

「安保法制の実体」は「自衛であり、日米安保の強化」だ。

「自衛は、集団的であれ、個別であれ、自衛に変わりは無い」。

「そして、自衛は、憲法上でも認められている当然の権利」だ。

「日本の自衛に反対する」のは「日本乗っ取り支配や日本侵略等を企んでいる反日国の手先等」だろう』。

『「先の戦争に対する日本の謝罪」を「未だに、強く要求している」のは「何処のどんな人々か?」

「言うまでも無く、中国共産党であり、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちであり、それらの者たちによる反日教育等で操られている人々」だ。

「中国共産党とは、大戦後、旧ソ連の絶大なる支援の下、中国国民党軍との戦いで、中国大陸内を支配した組織」である。

「中国人同士の殺し合いで、中国大陸の支配圏を得た組織」だ。

「中国共産党が戦勝を祝いたいのなら、対中国国民党軍との戦争の勝利になる」のが、

「事実・現実に即した祝い方」になる。

「ところが、中国共産党は、大戦時のロクに戦火も交えていない日本との戦争に勝った事を盛大に祝う事を是とし、対中国国民党軍との戦争を黙殺しようとし続けて来ている」。

「実態の無い戦勝祝い」が、「中国共産党による大戦時の抗日戦争勝利祝い」だ。

「実態の無い戦勝」という「虚像」には、「お墨付きが必要になる」。

「その一つが、日本による謝罪」だ。

「日本側が、何度でも謝罪し続ける事=中国共産党が先の大戦時に日本に勝った事のお墨付きとして使える」というのが

「中国共産党による謝罪要求の実体」だ。

「もちろん、そんなモノに付き合う必要は全く無い」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの場合はどうか?」

「大戦時は、日韓併合だったので、言うまでも無く、朝鮮半島内も日本国」だった。

「日韓(北朝も含む)は日韓併合以降、戦争など行っていない」。

「日韓併合以降、朝鮮半島内では、多くの朝鮮人が日本による近代化を歓迎していた」。

「日韓併合前より、ほとんど全ての朝鮮人の生活が良くなっていたのだから、当然」だ。

「しかし、極々一部に、日本による近代化に対し、武器まで持って反抗した者たちが居る」。

「当時の朝鮮人も含む多くの人々が、それらの反乱者たちを制圧しようとした」が

「反乱者たちは北の山奥に逃げ込んだ為、戦前までに、完全制圧は出来ていなかった」。

「そして、先の大戦が始まり、日本は敗戦した」。

「問題は、戦後」である。

「戦後、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちは、

日本の敗戦につけ込んで、火事場泥棒的に、

朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等を得る事により、国を始めてしまった」。

「敗戦火事場泥棒を正当化する為には、それなりのインチキ史が居る」。

「捏造されたのが、日韓併合は、日本による侵略~植民地支配という大嘘」だ』。

『「元々、日韓併合は、単独では国の存続が困難になっていた当時の韓国の権力者たちが、

自らの保身の為に、

当初は、対等合併を画策したが、最終的には、国力相応の日韓併合になった

二国間の国家契約」だ。

「日韓併合」により、

「韓国の王室は、日本の皇室に準じる待遇を得、

当時の韓国の貴族は、日本の貴族になれた」。

「つまり、権力者たちの保身は、大成功だった」。

「その上、日本により、朝鮮半島内は、急速に近代化された」。

「朝鮮半島内を良く知る朝鮮人権力者たちは、近代化事業により、立場も仕事もお金も得た」。

「元々、欧米諸国のように、奴隷や植民地支配文化を持っていない日本」は、

「日韓併合以降、朝鮮半島内でも、真面目な同化政策を行い、

元々は別国の民である朝鮮人たちも、何れは、同じ日本の民として、日本人と同様の富や幸せを享受出来る様にと、

平和的に頑張った」。

「植民地を持つ事が、一等国と思われていた時代」には、

「言葉の上では、日本にも植民地が有る様に強がり、植民地の中に朝鮮半島を入れる者たちも居た」が、

「その実態は、同化政策であり、欧米列強の植民地支配とは全く違っていた」。

「結果として、日韓併合中は、日本人と朝鮮人の仲もそれなりに良好」で、

「朝鮮半島内では、多くの朝鮮人が、日本による近代化を歓迎」し、

「当時の多くの朝鮮人が、より良い仕事や立場を求めて、自主的に日本に渡来している」。

「それなのに、戦後の韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちは、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始めてしまった」のだ』。

『「敗戦火事場泥棒正当化の為の日本による侵略~植民地支配詐欺」は、

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちにより、反日教育・情報として、朝鮮半島内を埋め尽くした」。

「朝鮮半島内では、反日教育・情報によるマインドコントロールで人民支配が可能になっていた」が、

「国際化の流れが襲う」。

「本当の事がバレて困る韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たち」は、

「国際社会の中でも、反日教育・情報マインドコントロールを徹底的に行う悪あがきを行い始めて来ている」。

「そして、そんな悪権力者たちと悪権力者たちに操られている人々」が

「インチキ史にお墨付きを付けさせるべく、

未だに、日本の謝罪を、何度でも、何度でも、望み続けている」のだ。

「歴史上の現実に基づく」なら、

「韓国(北朝鮮も含む)は、日韓併合による救済&朝鮮半島内の近代化等に対して、

お礼等を言うのが、順当な立場」である。

「もちろん、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちが望む謝罪に応える必要は全く無い」』。

『「安保法制にしても、謝罪問題にしても、重要要素を欠落させずに、普通に考えれば、日本国民なら、誰でも、どう処理するべきか?」は、

「直ぐに解る」』。

『「とても、日本国民とは思えない、まるで、反日国権力者等の手先の様な考えや行動等」の「裏に在る」のは、

「重要要素欠落故のおバカ発想」か、

「反日国人脈によるマインドコントロール」か、

「工作資金や脅し等々」か、

・・・「何れにしても、ロクな者・物・事では無い事だけは確かな様」である』。

『「おバカ発想・思想・行動等」は、

「進化の方向性」や、

「重要要素」等を、

「欠落させれば、誰にでも起こり得る」。

「マスゴミ上に枚挙の暇無く出現する反面教師たち」は、

「信じて付いて行くべき者たちでは無い」のだ。

「反面教師として役立てれば良い」のである。

もっとも、

「マスゴミの反面教師大宣伝の嵐」は「もう、うんざり・・・」という「人々が、ほとんど」だろうけど・・・』。

|

森元総理がマスゴミ等に責められる訳・・・。

『「人にはそれぞれ基本的なタイプが在る」。例えば、「森元総理は、世間の仕事で言うなら営業畑タイプでリップサービスも旺盛」だ。「結果、言葉狩りもし易い」。

「しかし、実務畑の要素が濃いタイプなので、現実・現状等の理解・把握・判断能力等はそれなりに現実的」だ。

「マスゴミや民主党等野党等の連中は、権力者等の突込みどころを突く事によって、自らが権力を握ろうとする活動家タイプ」だ。

「こちらは、現実人間社会離れしている要素が濃いので、政権交代等で実務を任されると、シロウト以下の酷い政治さえも行ってしまう」。

「活動家タイプの目的は、権力を得る事であり、一端権力を得ると権力を維持する事であり、その為には、国家・国民を犠牲にしても保身・・・」なのだ。

「旧社会・共産圏等の連中と波長が合う」のは「単なる偶然では無い」。

「現実離れしている精神構造が非常に似ている」のだ。

「政治家の中にも、世間の仕事で言うなら事務屋タイプの人も居る」。

「もちろん、こちらも、実務家タイプなので、現実・現状等の理解・把握・判断能力等はそれなりに現実的」だ。

「言葉狩りもし辛いが、アッピールも薄いので、マスゴミ・野党等の連中は、そんな場合、指導力不足、小物、等々のイメージ貼りを行う」』。

『「国政を委ねるなら、どの様なタイプの人がマシなのか?」

「活動家タイプで無い事ダケは誰にでも直ぐに分かる筈」だ』。

『「戦争は絶対にいけない」。

「そんな事は、誰でも分かっている」。

「それでは、何故、戦争が起き、何故、ヒットラー政権や旧日本軍政権等が出来てしまったのか?」

「言うまでも無く、マスコミ等による大衆誘導故に」だ』。

『「戦後は、まるで、所謂左翼ご用達の様相を露呈しているテレビ・ラジオ・新聞等」だが、

「戦前~戦中は、所謂右翼でイケイケ!どんどん!!だった(もちろん、テレビは無かったが)」のだ。

「それは、例えば、戦前~戦中の朝日新聞等を読めば誰にでも分かる」。

「そして、そんな{戦争の元}&{戦争被害拡大の元}」が、

「戦後は、正義ぶって、例えば、戦争責任等を論じて来ている」のだ。

「二度と戦争を起こしたくない」のなら、

「一般市民が先ず排除するべき」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導」に他ならない。

「それなのに、未だに、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の操り人形的様相を露呈している人々が少なからず居るのだから、この現状こそが、正に、危険」なのだ。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等に操られている人は、特に、女性に多い」らしい』。

『「リップサービスの多い政治家、例えば、森元総理の言葉狩りは簡単」である。

「しかし、ここで全ての人々が忘れるべきでは無い事」は、

「言葉狩りを行っている活動家タイプの人々の資質と目的」だ。

「言葉狩りとは、実発言等の一部ダケを偏重・誇張する事によって、

こんな発言をする者では、ダメ、いけない、等のイメージを視聴者・読者等に持たせる情報工作」である。

「発言の本意」が「リップサービスでも、言葉狩りは成立」し、

「リップサービスという実態が露呈しても活動家タイプの者たちは、

国会議員たるもの何時何時言葉の一部を取られて報道???されても困らない様にするべきだ!」等の

「あり得ない無理強い論等を展開して言葉狩りを正当化する」。

「もちろん、活動家タイプの民主党等野党政治家の言葉狩りも出来る」が、

「活動家タイプは、

お仲間を意図的に見逃がしたり、

軽微に脚色して扱う事で、

視聴者・読者が受けるイメージ上で重大問題化させない」のだ。

「そして、活動家タイプとは、元々、人の揚げ足取りで、権力を得ようと画策している様な連中だから、自らの揚げ足を取られない{守り}は習慣」なのである。

「言葉狩りの容易さ」では、

「営業マンタイプ>事務屋タイプ>活動家タイプとなる」。

「言葉狩り土俵の上では、活動家タイプは有利」なのだ』。

『「森元総理等が、マスゴミや野党等に責められ易い」のは、

「実務屋タイプであり、営業マンタイプだから」だ。

「この面では、麻生元総理も似ている」。

「マスゴミ等ご推奨の政権」は、

「小泉!」であり、

「自民ダメ!!」であり、

「民主!!!」だった事と、

「小泉政権時の利権集中悪徳改悪の実現」が「自民ダメ!!」を生み、

「自民ダメ!!&政権交代!!が、民主!!!」を生んだ事と、

「マスゴミ等ご推奨の民主党政権時には、日本が細り中・韓(北朝も含む)等が太った現実」を、

「全日本国民は、絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「戦争法案!大衆誘導」が「誘っている」のは、

「中国共産党等が日本に戦争を仕掛け易い状態」に他ならない。

「そして、一端、戦争になっても、米軍の助けが遅れたり、希薄になったりする状態」だ』。

『「本当に、戦争を起こさせた無い」のなら、

「先ず、排除するべき」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導」である』。

|

安倍政権支持率下落で嬉々としているのは「民主党・共産党等」&支持率下落工作を仕掛けたのは「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」という「現実」・・・。

『「門外・専門バカ学者たち」でも「タイトルの事態くらいは、直ぐに分かる筈」だ。

「要するに、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈等に近しい人々」が「日本の与党政権支持率低下情報工作仕込み、その成果を喜んでいるダケ」だ。

「まるで、何処かの国の反日運動の様に」・・・』。

『「日本の中のそのスジの人脈」と「そのスジの人脈に操られている人々」が「一気に露呈している」』。

『「確信犯の悪」と「操り人形を見分け」、

「操り人形の糸を切り」、

「日本の中で、結構な立場・実権・お金等を持っているのに、日本を不利にする確信犯の悪」は、

「日本国・日本国民にとっての、要注意、もしくは、危険人物として、しっかり、リストアップするべき」だろう』。

『「そして、その人物たちの成育史等」を調べれば、「日本のガンの大元も露呈・・・」したりして・・・』。

|

未だに、安保法制に反対しているおバカ、もしくは、悪が居るが・・・。

『「反対学者の多くは、かつての反対左翼等だったりして・・・」。「かつての安保改正、実際は、より日本の実権を高める改正だったが、ムードで反対させられていたのが、当時のマスコミ等の操り人形たち」だった。

「反対派の多くが、

その時の自分の状態等が嫌で変化を求め、

反対!ムード等に流されていた」が、

「日本をより有利にする法律改正の内容をロクに理解していなかった」のだ。

「それが、あの大反対運動の実態」である』。

『「今の安保法制、反対派も居るが、かつての様な大運動にはなっていない」。

「反対の基準も、法律内容を見て憲法違反だ!等」と、

「かつてよりは、マシになっている」。

「しかし、その基準」は、

「日本の自衛という現実人間社会の問題」より、

「日本の憲法との整合性を上に持って行っている、

机上の法律論では正論でも

現実人間社会の政策・政治論では明らかな誤りの基準」だ』。

『「おバカや悪は、自己正当化や他人を騙す為」に、

「中途半端な基準を最終基準にすり替えたがる」』。

『「安保法制は、中国共産党等を刺激する論」は、

「中国共産党等のご都合論」に他ならない。

「安保法制による日米安保の強化が無い日本」なら、

「中国共産党は、より、日本侵略が容易になる」。

「日本侵略・支配行為も増大する」。

「それは、中国共産党に擦り寄っていた様相だった民主党政権時を振り返っても明らか」だ。

「当時の対中共・対韓(北朝も含む)等外交敗北ぶりは、正に、異常」だった』。

『「現実日本社会の現状を国際情勢まで含めて考える」なら、

「現時点での、日米安保の強化が、必要不可欠」だ。

「北朝鮮内部では、粛清の嵐で、万一、一部軍幹部が粛清の嵐に切れれば、北朝鮮は一気に崩壊方向に動く」。

「その時、日米安保の強化が無い日本なら、八つ当たり核ミサイルの撃ち込み等もあり得る」が、

「日米安保強化済みの日本なら、八つ当たり核ミサイルを日本に撃ち込む事=米軍による反撃核等の嵐を呼び込む事になるから、非常に行い辛くなる」。

「狡賢い中国共産党などは、

日本の安保法制成立を見込んで、

その前に、東シナ海日本の排他的経済海領域での天然ガス等開発等名目、

軍事使用も可能なヘリポートインフラ等の身勝手な設置を

急いで行って来ている」。

「安保法制が出来た後では、米国の出方もきつくなるから、余り大々的な事行い辛い」が、

「その前なら、日本ダケの要素が強いので、軍拡と共に、強気の不当進出も可能」なのだ。

「コレが現状人間社会の現実」である』。

『「現状人間社会の現実に対して、日本国憲法の力は、余りにも弱い」。

「日本国憲法の力が本当に在るのなら、中国共産党の不当進出も無い筈」だが、

「実際は、そんな夢物語は無い」のだ。

「加えて言うなら、法令順守の文化でもダメ」だ。

「元々、法令順守の文化など持っていない国々に対して、そんなモノを表だって訴えたところで、無駄、どころか、都合の良い標的にされるダケ」である。

「現状人間社会では、武力のバックボーンが無ければ、平和も保てない」。

「それが、現実」だ。

「先の大戦末期にも、日ソ中立不可侵条約を一方的に破られた現実が在る」。

「大戦後にも、竹島の不当占拠があり、韓国側は、国際司法上での解決を一方的に拒み続けている」。

「日米安保を希薄化方向に誘導し、中国共産党に擦り寄る方向の政権だった民主党政権時」には、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等の日本に対する不当増長行為も盛んだった」。

「民主党政権やその生みの親であるテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」は、

「不当増長行為等はロクに問題とせず、利中共・利韓(北朝も含む)政策・情報配信等を行った」。

「そして、今、確信犯の悪的な、そんな人脈の者たち」と、

「民主党政権成立時に民主党に一票を投じてしまった様な、操られてしまっているおバカ的人々」が、

「安保法制反対!」なのだ』。

『「よく分からない」。

「迷っている」。

・・・「等々の人々も多い」。

「よく分からない」のは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が、安保法制の必要性や実態を十分に伝えていないから」だ。

「この面で、悪いのは、安倍政権では無く、

テレビ・ラジオ・一部マスコミ等なのだ」が、

「自らの罪を他人に擦り付ける文化のあるテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

安倍政権を悪者とする事で、

自らの罪を誤魔化そうとしている」』。

『「よく分からない」と「人間誰でも判断し辛い」。

「そして、判断出来ない自分を是正するべく知見を広げる人々は少数派で、

多くの人々は、よく分からない事=悪い事として処理する事で、

分からないままの自己を正当化したがる」。

「ここにも、

よく分からない安保法制を投げかけた現与党政権方向へのダメ出しが、

行い易くなっている構造が在る」。

「もちろん、それは、八つ当たり的で、正当では無い事」なのだ』。

|

サンデー・モーニング、「テレビ等大衆誘導問題を黙殺した、議会制民主主義」批判問題・・・。

『「まるで、(中・韓等がアブナイ原発を使用している中、極東地域日本のみ)脱原発推奨」と「同様のインチキ論」が「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信されている」。

「原発問題でも、上記()内を抜きにして考えさせられると、多くの人々は、単純に、脱原発の方が良いと思い易い」。

「それは、日本の議会制民主主義問題でも同様」だ。

「タイトルの前半部分(=テレビ等大衆誘導問題)を抜きにすれば、現状の日本の議会制民主主義が、民意と乖離している様に思い易い」が、

「ロクに考えずに、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の意向をそのまま自分の民意にしてしまっている人々の事」を「ちゃんと考慮する」なら、

「議会制民主主義問題の前に、テレビ等大衆誘導問題を考えなければ、非常に危ない事」は、

「誰にでも直ぐに分かる」』。

『「自民党の選挙公約で強調されたのは、景気回復」であり、

「安保については強調されていない」から、

「今回の安保法制を行う前に民意を確かめるべき論」も、

「インチキ論」だ。

「経済のバックボーンは、安全保障体制」というのが「今の人間社会の現実」である。

「この当たり前の事が、ちゃんと分かっている」なら、

「日本の景気回復の為には、日本の安保体制もキチンとしなければならない事は誰にでも解る筈」だ。

「民主党政権時には、

日本の安保体制が実質的に弱体化していたばかりか、

媚中共・媚韓(北朝も含む)政策まで行ったので、

経済面では、日本が細った反面中・韓等が太った」のだ』。

『「現状日本社会の重大問題の元は何処に在るのか?」は、

「全日本国民が真剣に考えるべき」だ。

「その後に、各政策等についての賛否を各自で判断すれば良い」』。

『「はっきり言えば、現在問題になっている、

沖縄基地問題にしても、

新国立競技場超高額建築費問題にしても、

復興遅れ問題にしても、

太陽光発電超バカ高買取り問題にしても、

安保法制問題にしても、

・・・その元凶は、民主党政権時の失点に他ならない」。

「そして、その民主党政権の成立に大きな力を発揮したのが、テレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導」だ。

「本当の元凶は、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導であり、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の意向で操られてしまう未熟な人々」なのだ』。

『「最低でも県外!」とは「聞こえは良いが、安保を考えるなら、今直ぐは無理な政策に他ならなかった」。

「だから、民主党政権時に、既に、最低でも県外!政策は、見直しとなった」。

「しかし、日本国の総理が一端でも口にした事に対しては、多くの沖縄県民の思いが、未だに引っ張られている」。

「今の沖縄基地問題の混乱の元は、民主党政権鳩山総理政策」に他ならない。

「新国立競技場が、一番大きく一番お金のかかるデザイン案に決定したのは、民主党政権時」だ。

「当然、国の事業だから、選定委員等の選定にも、民主党政権等の意向が大きく反映されている」。

「まるで、NHK人事と同様に・・・」。

「そして、コンクリートから人へ!で、日本の建築業を大いに細らせたのも、民主党」だ。

「民主党政権による、コンクリートから人へ!」は、

「新国立競技場の建築費増大」にも「復興遅れ」にも「絶大なる悪の効果を発揮している」。

「太陽光発電超バカ高買取り法案の悪影響は、日本の電気料金の本来なら不要なアップ」だ。

「筆者の所のレベルでも、再エネ加算分だけで、現状レベルで年間6~8千円のアップ」だ。

「電気を沢山使う企業等の不利益は図り知れない」。

「太陽光発電自体は悪く無いが、それには、安定化し、経済原則の則った料金レベルならという大前提が付いている」。

「太陽光発電買取り問題でも、

まるで、(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ)原発ゼロ」と

「同様の、重要要素黙殺騙し、もしくは、インチキが在り、

その実効は、日本を細らせる反面で中・韓等を太らせる事(安い中・韓等製の太陽光発電パネルを日本国内に大量輸入)」なのだ。

「今、何故、急いで、安保法制なのか?」

「言うまでも無く、中国共産党の不当進出が急激に強くなっているから」であり、

「北朝鮮の情勢も非常に不安定になっているから」だ。

「中国共産党の不当進出行為等を増大させる事に大いに貢献した」のが、

「民主党政権時の中・韓等を太らせた政策群」だ。

「経済的に豊かになった中国共産党は、更なる豊かさをより追及し易くなり、急速に軍備を増強し、不当進出行為等も増大させている」。

「中国共産党が豊かになり、国際社会内での立場を向上させようとすると、厄介者の座に転落するのが、北朝鮮」だ。

「元々、長男では無く三男が跡継ぎとなった時点で、中国共産党の北朝鮮離れは、始まっている」が、

「中国経済の増大により、その流れがより早くなった」。

「本来なら、もっと後で良かった安保法制」だが、

「民主党の中・韓等太り政策により、前倒しにされている」のだ。

「そして、民主党政権の生みの親は、テレビ・ラジオ・一部マスコミ」だ』。

『「本当の民主主義では、民が自分の力で民意を形成出来る事が絶対に必要」だ。

「世界情勢も???」

「政策内容も???」

「・・・でも、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が、そっちの方が良いゾ~!と言っているから、そっち!」というのは、

「民主主義のベースとなる民では無い」。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の操り人形」だ。

「かつての安保反対!が旺盛だった頃、反対運動を行っていた学生等のほとんどが、安保の内容・変更内容を知らなかった」という

「衝撃の事実が在る」。

「つまり、当時の反対運動家たちの多くが、当時のマスコミ等による政局の為の反対運動家として操られていた」のだ。

「もちろん、与党が決めた日米安保・安保改正は決まり、

その後の日本は、

日米安保の恩恵により、

東西対立戦争等に巻き込まれる事も無く、

大いに発展した」。

「日米安保抜きの憲法ダケ」だったなら、

「とっくの昔に、中国共産党軍や旧ソ連軍がやって来て、日本の支配や分断等を企てた筈」だ』。

『「東西冷戦下だった当時のマスコミの多くは、所謂左翼であり、旧社会党系である場合が多かった」。

「そして、今のテレビ・ラジオ・マスコミ等も、その中で人事権を持つ者が雇う者を決めて来ているので、実権を持つ人脈的には、その流れの上のまま・・・」なのだ。

「だから、旧社会党の流れが濃厚な現民主党等を有利にする為の政局の為の運動を今、

安保法制等をダシに、

行っているのである」』。

『「操り人形化されてしまっている方々」は「一刻も早く、操り人形の糸を切るべき」だ』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等の健常化」は「急務」だ。

「議会制民主主義を批判する前」に「テレビ等の健常化」である』。

|

元々、民主党政権時の日本に出来る限り多くの無駄金を使わせる為の策略の一つの様相の新国立競技場問題だが、それを今更、正義ぶって批判するのも、また、何処ぞ屋の文化そのままの様で・・・。

『「日本に帰化していても、身に染み着いている文化は変わっていない様相」なのが、「民主党蓮舫氏や、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等々の面々」だ。

「日本人の感覚」なら、

「門外漢が決めた事でも、決め事だから、一応は、その決め事のまま事を進めようとする」。

「新国立競技場問題」は

「正に、この日本の中の異文化と日本本来の文化が露呈した、

現状日本国内に実在する重大な問題を告発している」のだ』。

『「何故、戦後の日本社会は、こんな状態になっているのか?」

「言うまでも無く、日韓併合後の渡来に、その源泉が在る」。

「そして、戦後、{植民地支配・略奪国日本}から、母国・祖国に帰らない人々」が、

「米軍・米国権力者等への裏工作で、テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等に深く浸透した事」の、

「悪影響が在る」。

「更に、朝鮮戦争時に戦争難民で、{植民地支配~略奪国日本}に渡来し、その後も、母国・祖国に帰らない人々」の

「本来の日本国民とは違う方向性を持つ偏向力等も加わっている」』。

『「それらの人脈は、政界にも進出している」。

「それは、旧社会党の親韓・親北朝鮮ぶり等を考えれば、誰でも分かる事」だ。

「そして、その流れは、未だに、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等や、旧社会党の者たちが上辺の政党名を変えて、数多く残っている民主党等にも在る」のだ』。

『「元々の日本国民では無い、しかも、日本に植民地支配~略奪された!等と訴えている者たち」が、

「何故、日本に居残っていて、帰化までしているのか?」

「もちろん、祖国・母国の文化等より、日本の文化等が好きで、日本に居る平和的な人々は、何の問題も無い」。

「そして、そんな人々は、日韓併合を日本による植民地支配~略奪等とは理解・把握していない筈」だ。

「日韓併合=日本による韓国救済&朝鮮半島内の急速な近代化」と「歴史上の現実通りの理解・把握をしている筈」だ。

「問題なのは、日本は悪いと言いながら、日本国内に居残り、帰化までしている人々」である。

「そんな者たちが、その様な実態を正当化出来る状態とは?」

「日本の乗っ取り支配を画策していたり、日本国・日本国民を祖国・母国にとって都合良く操ろうとしていたり・・・する」なら、

「正に、整合性が取れてしまう」。

「そして、戦後の日本では、実際に、その方向のエネルギーが不当に横行していた」。

「だから、実際に、土下座外交&自虐教育・情報等々だった」のだ』。

『「ネット普及以降、終戦直後には考えられなかった情報・教育統制が崩された」。

「ネットの普及により、多くの日本国民が、戦後の歪んだ情報・教育等から解放され、事実・現実を探求する様に変わった」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導による民主党政権の成立」は、

「戦後日本国内で情報統制&大衆誘導等を行っていた人脈の蝋燭の火が消える前の虚しい輝き」に他ならない。

「当然の如く、民主党政権は終わり、多くの日本国民は、二度と、民主党政権を選択する事は無い」』。

『「新国立競技場が決められる時、時の政権だった民主党等の人脈は、何を企んだだろうか?」

「日本を細らせると共に、中・韓等を太らせる、円高容認政策を行った政党だから、少し、考えれば、誰もが分かる事」だ。

「新国立競技場建設という巨大プロジェクト」も

「日本を細らせる事による、利韓(北朝も含む)・利中共政策の一手として、使った事は想像に難く無い」。

「そして、実際に、選考されたのが、一番、お金のかかる案」だった。

「選考後は、政権が変わった」が、

「決めた事に必要なお金を膨らます事は、それ程、困難では無い」。

「元々が、コンクリートから人へという、高次産業から低次産業(というより、最低次の人直接)への、構築度破壊工作を行った民主党」である。

「散々、壊された、日本の建築業故に、復興も遅くなり、新国立競技場の建設費も大幅に膨らんだ」。

「脱原発や、太陽光発電促進や、放射能潔癖症煽り等々も、悪の実効が有る」』。

『「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等や民主党等」は、

「自分たちで、一番高い新国立競技場案を決め、

自分たちで、建築費を更に高くする方向に力を加えて来た」のだ。

「そして、今更ながらに、正義ぶって、高い!止めろ!等々と叫んでいる」』。

『「実態を振り返れば、誰にでも分かる事」だ。

「日本にとっての本当の害は、其処に在る」』。

|

テレ朝朝番は、未だに酷い状態を露呈・・・。

『「安保法制問題では、常連出演者の全員が反対派である事を露呈し、まるで、委員会採決時の民主党等の議事進行妨害行動の様に、正論説明を遮ろうとさえ、していた」。

「こんな常連出演者たちの偏向意見等が、日本の公共の電波を使って一方的に大量配信され続けている」のだ。

「この状態こそが、非常に異常で、危ない状態」に他ならない。

「一度に、~何十万人~何百万人~もの人々に、一方的に大量配信されている情報」で、

「出演者の意見・人数等の偏向状態は絶対にダメ」である。

「偏向事がまかり通っている状態」では、

「偏向論での大衆誘導が可能になってしまう」。

「そして、日本のテレビ界の実状が、正に、この偏向状態だったから、例えば、あの酷い民主党政権さえも成立してしまった」のだ。

「そして、政権交代以降も、テレビ界の人脈も偏向状態も、・・・変わっていない」。

「未だに、例えば、原発再稼働や安保法制等々での反対派ばかり・・・が、常連出演者の多くを占めている」。

「明らかに不当で、異常な状態」だ』。

『「芥川賞が決まった」。

「羽田氏と又吉氏のダブル受賞だった」が「テレビ界のお仲間、又吉氏だけを異常偏重」だった。

「ここで、問題なのが、日本の公共の電波を使った、実質的偏向宣伝により、又吉集金が可能になっている事」だ。

「はっきり言えば、

テレビ・ラジオ・マスコミ等により覚えさせられている又吉氏の受賞は、

視聴者・読者自身とは全く無関係」だ。

「ところが、

自分が覚えている者・物・事=まるで自分の一部と感じ、

又吉氏の受賞でメデタイ気分になっていたりする、

分化が未熟な人々も少なからず居る」。

「その様な人々」は「テレビ常連出演者たち」も「まるで自分の一部」となり易いから、

「テレビ常連出演者たちの意見=自分の意見としてしまい易い」のだ。

「大衆誘導のカラクリの一部」だ』。

『「芥川賞受賞についての情報配信をする」なら、

「羽田氏の作品」と「又吉氏の作品」の「両方を読んでみたら・・・」等の「情報配信が妥当」だ。

「それなのに、又吉偏向宣伝状態」という「公共の電波の不当使用状態」だ。

「こんな連中に何時までも、公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続けていて良い訳は無い」』。

『「日本の公共の電波」は、

「原発・安保等反対派」や

「芸能界」や、

「常連出演者たち」等の為に「在るのでは無い」。

「テレビ界の是正」は「急務」だ』。

|

腹●女性週刊誌&操られている読者問題・・・。

『「日頃から芸NO人覚え込ませ操り等で飼いならした読者」なら、「戦争法案!徴兵等々で不安を煽れば、ガッポ・ガッポ・・・、・・・腹●屋、お主も悪よのう~」』。

『「因みに、安保法制は今国会会期中に成立確実」で

「その実効は、日本に仕掛けられる戦争を抑止する力が上がる事等なのですけど~」。

「今の実質軍隊(自衛隊)は昔の軍隊とは全く違いま~す」。

「徴兵では、真にやる気のある人が何年もかけた高度な訓練の後にちゃんと扱えるようになる今の兵器も、今の戦術も無理で~す」。

「徴兵したって、邪魔になるダケ」。

「そのくらい、おバカじゃなければ、分かりますよねぇ」・・・』。

『「事実???の芸ネタでは無い特定極一部の人覚え込ませネタ」で、

「操られ、貢さんにされちゃっている状態」は、

「傍から見ていても、オイ、オイ!大丈夫?!ですけど~」。

「芸NO人ネタ覚えている頭と暇があるなら、もっと別の事を覚えたり、考えたりした方が、人生豊かになると思いますが~」』。

|

民放5社の見逃し配信サービスという保身策・・・。

『「本日は、テレ朝昼番でさえ、安保法制等に対して、反対派の専門家だけでは無く、ちゃんと賛成派の専門家も招いた普通の情報配信内容」だった。「テレ朝の以前からのご推奨は、反対!!!の様相だったのだから、確実に流れが変わっている」。

「何の為か?」

「普通に考えれば、保身」だろう。

「そして、その保身の流れ上に在る様相」なのが「民放5社の見逃し配信サービス」だ。

「民放5社が提供しているテレビ番組をネット等で、コマーシャル付きだが無料で視聴可能とするサービス」を「秋頃から行う」らしい。

「本来なら、先ず、安過ぎる公共の電波使用料を上げると共に、今まで、散々、偏向情報で大衆誘導工作を行って来た悪者たちをテレビ界から追放する事が、最初に在るべきである事」は、

「言うまでも無い」。

「その本来の世論の蜂起を押さえる目的なら、正に、合理的なのが、無料配信というネットユーザー懐柔策略」だ』。

『「こんなモノに騙される人々」は、「もはや、少数派だと思うが」』。

『「安保法制問題でも、チャイナリスクでも、はっきりと潮目は変わった」。

「もはや、安保法制反対派は、おバカか、悪か、おバカもしくは悪に操られている人々である事」が、

「多くの人々の認知下にある」。

「チャイナリスクは、米国有名投資家までもが、公言する様になった」。

「嫌韓は、当然の現象である事が、多くの日本国民に理解され」、

「北朝鮮の崩壊」も、

「中国共産党の崩壊」も、

「かなり現実味が増している」』。

『「この様な現実人間社会の流れ」には、

「散々、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者や中国共産党の太鼓持ち的役割をこなして来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等も、さすがに、逆らえない」。

「もはや、虚像・イメージ・感情等に訴えるテレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導等で、多くの人々の実人間社会の現実認識を覆す事は不可能」だ。

「もはや、

韓(北朝も含む)悪権力者や中共等の太鼓持ちは放棄せざるを得ず、

保身くらいしか、考えられない状態に置かれている」のだ。

「そして、保身に走っている様相のその姿は、本当にみっともない醜悪な姿」である』。

『「潔く、過分な立場・報酬等は手放し、過去の罪応分の補償を行ったり、罰を受ける事等」こそが、

「事実・現実の上に戻れる王道」である。

「特に、罪重き、韓(北朝も含む)・中共等偏向常連出演者たち」は、

「この先の人生を、

まるでヤク依存者の様に現実離れした虚像の中で暮らしたくは無いのなら、

真摯に王道を歩むべき」だ』。

|

「戦争法案!」で操られている現代の戦争を知らない人々・・・。

『「戦争法案!で操られている人々には、女性が多い」。「何故か?」

「男性の多くは、戦争の実態を考える」が「女性の多くは、戦争イメージで怖がるから」だ。

「そして、戦争と言えば、先の大戦を想起させられている」。

しかし、「現代の実際の戦争は、全て、地域紛争レベルで、大戦争には成り得ない理由が在る」のだ』。

『「現代の戦争では、先ず、制空権がカギを握る」。

「制空権を取ったところが確実に勝利する」。

「戦争の勝敗は、制空権が決まった段階で実質的に決まり」になる。

「制空権争い」とは「実質的に、戦闘機レベル争い」だ。

「この面で、現状では、最新米軍機以上の国は無い」。

「制空権が決まった後」は「実質的には、後処理」だ。

「ところが、この後処理での犠牲者が多い」。

「後処理は、地上戦になるから」だ。

「制空権を失った側が、ゲリラ戦やテロ・工作活動等まで構えると、後処理戦は長くなる」。

「しかし、制空権を失っている側が、後処理戦で最終的に勝利する事は不可能」だ。

「元々、技術レベルが違うので、制空権を失う」のだから、

「制空権を失う技術レベルのところが、後処理戦で勝ち、制空権を奪い返す事など、出来る訳も無い」。

「戦争では勝てないから、無理に戦いを続けるなら、ゲリラ戦やテロ・工作活動等になる」のである。

「後処理は、実戦闘面だけでは無く、情報・教育面を充実させる事が非常に重要」だ。

「ゲリラ戦やテロ・工作活動等を行っているところを、ゲリラ戦やテロ・工作活動の先には、勝利は無いのだから、健常言論レベルに導く事が非常に重要」だ』。

『「制空権争いを抜ける武器が在る」。

「ミサイル」だ。

「しかし、ミサイルを使う事=相手側もミサイルを使える事」だから、

「滅多な事では、例えば、大陸間弾道ミサイルは撃てない」。

「この辺りの事情は、核兵器と同じ」だ。

「そして、ミサイル戦でも、ミサイルを撃ち落とせる側と、撃落とせない側の差は、顕著」だ。

「大ミサイルや核兵器の使用は、大戦争を招くと共に、人類滅亡を招く」から、

「実際は、何処の誰でも、使えない」。

「この辺りが、先の大戦時とは全く違う」のだ。

「現代の人類には、基本的に大戦争はあり得無い」』。

『「地域紛争レベルの戦争行為に対して、戦争行為が及ばないところでの輸送を可能とした」のが、

「今回の安保法制の一部」だ。

「もちろん、危険はゼロでは無いが、それは、どんな仕事でも同様」だ。

「例えば、民間航空機のパイロットはもちろん、乗客にだって、危険は常に在る」。

「戦争行為が及ばないところでの輸送等の任務の危険は、自衛隊の今までの危険と同等レベル」と「捉えるのが、妥当」だろう。

「自衛隊の危険増大論」も「イメージ誘導工作情報に他ならない」』。

『「違憲論」は「ある意味正論」だ。

「しかし、机上の正論」である。

「実人間社会の実問題への対策」と「机上の正論」の「どちらを優先するべきか?」は、

「言うまでも無い」だろう。

「机上の正論を優先させて、八つ当たり戦争を招き込む程、愚かな事は無い」』。

『「現代の戦争の実態を考えれば、誰にでも」、

「戦争法案!」という「嘘」が「どれ程策略的か?」も「分かる筈」だ。

「そんな策略に操られ、踊らされている様では・・・、むしろ、その事による危険の方が遥かに大きい事になる」。

「何故なら、戦争になれば負ける国が行っているのが、工作活動だから」だ』。

『「今回の安保法制の実効」は「日米安保の強化」に他ならない。

「安保法制の賛否」とは「日米安保強化の賛否」でもあるのだ。

「安保法制に反対している方」は、

「日米安保の強化に反対ですか?」』

『「今、何故、日米安保の強化が必要なのか?」

「日本の周辺では、北朝鮮や中国共産党の崩壊が迫って来ている」。

「北朝鮮や中国共産党等が崩壊する時に、

日米安保が希薄な日本だったら、

八つ当たり戦争行為も容易になってしまう」。

「一般日本国民が、戦争行為に巻き込まれる可能性が高まってしまう」。

「逆に、日米安保を強化して置けば、米軍の持つ敵基地攻撃能力や先制攻撃能力が大きな抑止力となる」から、

「八つ当たり戦争行為も非常に行い辛くなる」』。

『「北朝鮮や中国共産党等」は、

「崩壊前に、日本を乗っ取り支配する為の工作活動を、

今日も日本の中で、懸命に行っている」。

「延命の為=崩壊を少しでも遠ざける為」である。

「安保法制反対派には、そのスジの人々が多い」。

「北朝鮮や中国共産党の延命や、日本乗っ取り支配の為に、反対!&反対工作で大衆誘導!!」なのである。

「一般日本国民なら、そのスジの人々の意向に操られるべきでは無い事」は言うまでも無いだろう。

「戦争法案!」で「騙されて、操られている人々」は、

「実際の現代の先の大戦時とは全く違う戦争」と、

「戦争すれば負ける国等による工作活動」を、

「良く考えるべき」だ』。

|

駅前が煩い頃、携帯持って街に出ていたが、電磁波工作の受け度が何時もより低かった・・・。

『「タイトルの事実が示唆している事」は「電磁波工作を行っている者は、本日、他の用事で、忙しい事」だろう』。

|

今日の駅前は煩いなぁ・・・。

『「安保法案委員会採決可決を受けてだろう、某党の駅前運動がやけに煩い」。

「はっきり言えば、安保法制に反対しているのは、おバカか?悪?」だろう。

「この手の法律とは、例えば、北朝鮮や中国共産党が崩壊してから・・・では遅過ぎる」のだ。

「予め予防策を取っていれば、日本国・日本国民の被害は最小限で済む」。

「予防策が無ければ、事が起きてからアタフタする日本・・・で、被害が大きくなる」。

「反対している人々」は、

「北朝鮮や中国共産党が崩壊しないと思っているおバカか、

崩壊させない為の活動を日本国内で行っている悪か、

それらの人々の操られている人々か、

の何れかになる」』。

『「委員会採決時の民主党のおバカぶり」は「ある意味、お見事!」だった。

「三色+一色のプラカードを上げて、

大騒ぎして、

議長&議事進行の邪魔まで・・・とは、

何処の誰の指図だろうか???」

「三色が、赤・青・黒で、控えめに足されている色が黄色だった事」から、

「容易にイメージ出来る」のは、

「大韓民国の国旗と、三韓カラーの黄・赤・青」だ。

「そして、お祭りみたいな反対ぶりも、まるで、何処かの国の様・・・」である。

「さすが、政権担当時には、日本を細らせ、中韓を太らせた実績を持つ政党がやる事」だ。

「他の委員会出席野党は、お祭り騒ぎで議事進行を邪魔しなかった分だけマシ」だ。

「対案を出した維新は、更に、チョッとだけマシ」だ。

「明日の本会議採決と、反対派のおバカ・悪ぶりは、更に、見物・・・かも」』。

|

「安保法案採決~成立は決定的」だが「この問題を政局化する事で、またまた始まっている民主党等への支持政党誘導工作」・・・。

『「安保法制問題をダシ」に、

「現与党安倍政権に強行政権のイメージを付け、

現政権ダメ!~世論を喚起し、

その先には、政権交代!!~、

そして、民主!!!~と続ける様相」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導」が「また、また、また、また、始まっている」。

「与野党の議席数を考えれば誰もが分かる事=成立がほぼ確実な安保法案」が、

「戦争法案!不安煽り」や、

「机上の憲法論を実社会問題より優先させる自虐判断煽り」や、

「(審議100時間超えでも)審議不足!インチキイメージ」や、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による偏向説明もしくは黙殺による多くの一般日本国民の理解不足招き」や、

「強行採決イメージ」等々により、

「政局問題にすり替えられ悪用されている」のだ』。

『『「全有権者は、絶対に忘れるべきでは無い」。

「民主党政権時の日本を細らせた反面中・韓等を太らせた悪政を!」

「太陽光発電超バカ高買取り法案の成立による、国がお墨付きを与えた太陽光ネズミ構問題を!」

「中・韓のアブナイ原発は問題にしない、極東地域日本のみ原発ゼロという自虐政策を!」

「日本の電力事情を悪くする事で、中・韓等に漁夫の利を与えたり、

円高容認で、中・韓に為替メリットを与えた、日本に自虐を求める悪政を!」

「そして、政権転落後の民主党には、十分な謝罪も自浄も反省も無い」のだ』。

『「本来なら、解党して出直しが相当」だが、

「民主党自体が悪い訳では無い!」で「党首になっているのが現党首の岡田氏」だ。

「安保法案問題」でも「100時間超えの審議時間なのに、決定的な瑕疵等を指摘出来ていない」。

「この事実は、安保法案自体に大きな問題は無い事を示している」。

「本来なら、

対案を出したり、修正を求めたり(・・・もちろん、どちらも、与党を納得させるレベルのモノで無ければ、お話しにならないが・・・)するか、

安保法案自体を認めるのが妥当な状態だが、

未だに、審議不十分!と駄々をこねている」。

「この先に、採決不参加や牛歩戦術でも行うなら、民主党の文化は、旧社会党の文化そのままの様相」になる。

「例え、自民党政権がダメでも、それより遥かに悪かった民主党政権は、有権者の選択肢に二度と登らないのが、当然」だろう』。

『「政局の具として安保法案を使い、大衆誘導を行っている悪ども」に「操られてしまっている哀れな者たち」が、

「集まっている」。

「かつての安保反対!闘争時に比べれば、遥かに小規模で静か」だが、

「未だに、大衆誘導が機能してしまっている事」は、

「事実」だ。

「全ての人々は、テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導」に、

「操られない様に、大いにご用心!」』

『「偏向情報の一方的大量配信で大衆誘導を行っている悪質テレビ・ラジオ」は、

「早急に是正させられるべき」だ。

「戦後の日本の公共の電波を使えている機関」に

「政権(人脈)交代が無い事」は、

「本当に異常」だ。

「電波使用料も異常に安過ぎる」』。

『「それにしても、今までの100時間超えの審議時間内では、同様の質問を繰り返していた民主党等」が、

「今更、マダ、疑問がある」と、

「審議に出て来て、駄々をこねている様相」は、

「本当に醜悪」だ。

「更に、あらゆる手段を講じて採決を阻止する!」とは、

「その言い分まで、旧社会党そのまま・・・の様相」だ。

「こちらも、本当に醜悪」だ』。

『「反対活動家の弁を元に、一部世論を世論と風潮している極悪テレビ番組」も「本当に醜悪」だ。

「偏向情報等に操られていない普通の日本国民なら、

原発の必要性も、

沖縄米軍基地問題の現状での解決策と成り得る策も、

安保法制の必要性も、

普通に理解出来ている」から、

「日本全国、脱原発一色にもならず、

沖縄内でも基地問題世論は割れ、

安保法制でも反対集会で集まる者たちは、それ程多く無い」』。

『「選挙も世論」だから、

「民主党政権時の悪政策も実行出来てしまった」。

「民主党政権時の普通の日本国民なら決して望まない悪政策等とは全く違う」、

「今回の安保法制は、世界情勢を考えれば、今必要な、普通の政策」だ。

「反対している」のは、

「日本侵略を考えている中共・韓(北朝も含む)悪権力者人脈の手先と、

それらに操られている状態の人々くらい・・・」だろう』。

『「民主党政権時の数々の悪政策実行時には、

政策反対大衆誘導工作等をしなかったばかりか、むしろ、実行の後押ししていた」のが、

「今、安保法制反対!戦争法案!!国民理解不足!!!等々で反対大衆誘導を行っているテレビ・ラジオ・マスコミ等」なのだ。

「この事実からも、今のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の実体は、バレバレ」だが』。

|

100時間超えの審議でも決定的なボロを出させる事が出来なかった野党等が反対している安保法案採決・・・。

『「審議打ち切りは、これ以上審議するとボロが出るからだ!」の旨「訴えていた」のは「100時間超えの審議中にボロを出させる事が出来なかった野党民主党の議員」だったが、

「そんな野党の言う、もっと、審議を!」とは「ボロが出るまで審議を!」なのだろう。

「既に、行われて来た長時間の審議時間内で、決定的なボロを指摘出来なかった野党自身の、力量不足もしくは、認識の誤り、さえも、自覚出来ていない様相」である』。

『「安保法制に対する多くの国民の理解」は「不足」している。

「そして、その原因は、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が、安保法制の審議内容自体をちゃんと伝えていないから」だ。

「国会中継を視て、新聞等に載っている事実情報を読んでいる」なら、

「安保法制が必要な法制である事」も、

「その内容に大きな瑕疵が無いであろう事」も、

「良く解る筈」だ』。

『「安保法制の実効」は「日米安保の強化」であり、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等による侵略行為を抑制する事」だ。

「基本的に、相手を制圧するのでは無く、侵略を抑制するレベル」なのである。

「戦争法案という色付け」は「抑制されたら困るところの人脈の言い分」に他ならない』。

『「そもそも、今回の安保法制ダケでは、どうやっても、戦争自体に直接参加は非常に困難」だ。

「米国が係わっている戦争でも、日本国や日本国民の存立危機が無ければ、集団的自衛権も適用にならない」。

「存立危機判断は、時の政権による事になる」のは、

「極めて当然の事」だ。

「それ以外に、判断権のあるところは無い」。

「そして、当然、いい加減な判断をした政権は、一気に国民の支持を失い、政権交代の風も強くなり、選挙ではボロ負けする」から、

「どんな政権でも、いい加減な判断は非常に行い辛い」。

「時の政権による存立危機判断がダメと言うなら、何処の誰が判断すれば良いのか?」の「具体的代替え案が必要」だ。

「何となく、考えるダケなら、現実的に思える代替え案」は、

「国民投票」だが、

「国民投票にかかる時間を考える」と、

「国民投票案は、アッと言う間に現実的では無くなる」。

「存立危機判断は、即判断が求められる事」に他ならない』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の悪質なところ」は、

「安保法制内容自体をロクに伝えず、

野党側に立った偏向論を良く伝え、

国民理解不足状態をつくり出しているところ」だ。

「その上で、100時間超えの審議時間中に決定的な瑕疵が指摘されなかった安保法制に対して、

審議不足!や、

採決を急ぐな!や、

強行採決!

戦争法案!等々」の、

「誤った認識を多くの一般日本国民に抱かせる情報配信をしているところ」だ』。

『「かつての、

小泉!~で、利権集中悪徳社会化をもたらし、

利権集中悪徳社会の中で政権不満を抱えた多くの日本国民に対し、自民ダメ!!~で、

与党政権支持率を下げさせ、

政権交代!!!~民主!!!!~で、

民主党政権を成立させた

テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導」と「同様の事態が現在も起されている」のだ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に政権交代(つまり、実権を持つ人脈の交代)は無かった」のだから、

「当たり前と言えば、当たり前の現象だが」』。

『「多くの日本国民」は

「戦後の日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が、

民主党(旧社会党)系の実権者の下の企業等である事を忘れてはいけない」。

「だから、実際に、配信されている情報の多くが、民主党偏重等」であり、

「民主党等の言い分がさも正論に思える様に」なのだ。

「そして、そんな偏向テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られた人々」が、

「安保法制反対集会等に集まっている」。

「中には、リーダーシップを取っている/取りたがっている、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈の手先も居る」が、

「操り人形たち」は、

「何時の時代でも哀れ」だ』。

『「日本国民」なら、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の操り人形と化す事無く、

偏向情報提供等に操られない様に、多方面から、事実・現実情報を拾い集め、

判断は、自分自身で行うべき」だ』。

『「悪いのは、偏向テレビ・ラジオ・マスコミ等であり、

断じて、安保法制の採決では無い」。

「採決が悪い」等と「思わされている方々」は、

「知らず知らずの内に、自らに付けられている、操り人形の糸を切るべき」だ』。

|

学校によるいじめ否定有益分子担任圧力が問題担任を生み、担任教師による有益分子化圧力がいじめ自殺を生んだ・・・。

『「担任教師は、自殺してしまった生徒と良く話していた」のだそうだ。「ここで、良く話していたなら、良心的な担任・・・と考えるのは、余りにも、上辺偏重であり、短絡的過ぎる」。「どんな目的で?」が「肝要」である』。

『「いじめ(実際は、暴行等の犯罪)問題の本当の解決を目的に、良く話していた」なら、

「被害側生徒は、希望を感じる事が出来るから、自殺する訳も無い」。

「いじめ(実際は、暴行等の犯罪)問題を隠蔽・黙殺させる為に、被害側の生徒を有益分子化する様な話し」なら、

「良く話せば話す程、被害生徒の絶望感が高まってしまう」』。

『「その学校にとっての、有益分子化圧力」は「本当に害が大きい」。

「その学校にとっての有益分子化圧力が機能する為」には、

「生徒や教師を出来る限りその学校内に封じ込める事が必要になる」。

「有益分子・不適応分子(上辺の言葉は違っても、内実がそうなら、そう)等左翼思想に毒された学校の是正」は、

「急務」だ。

「有効な手段」は「生徒・教師の学校封じ込めを規制する事」だ』。

『「戦後の優等生たちの多くは、学校左翼化の下、左翼傾向が強かった」。

「左翼教師にとっての有益分子が優等生」なのだから「当然と言えば当然」だ。

「そして、そんな優等生たちが、テレビ・ラジオ・マスコミ等や一般企業や政治家や医者・弁護士・裁判官・検察等々になって来ている」。

「その中で、ある程度以上、頭や心が機能している者たち」は、

「偏向教育・情報等の害にも気づき、左右対立争いから卒業し、現実主義になって来ている」。

「未だ、左にとっての有益分子を強いている学校・企業(テレビ・ラジオ・マスコミも含む)等は、

本当に遅れている」』。

『「今の日本の学校教育の基軸」は、

「偏向左翼思想等では無く、現実主義であるべき」だ。

「現実主義教育が満足に行えていない、

例えば、偏向左翼思想等の下で、その有益分子化等を実質的に強いている様な学校等から」は、

「学校認定を外し、一般企業や宗教組織等として社会認知させるべき」である』。

|

安保法制良く分からない派の人々は、何処が分からないのか言うべきでしょ!・・・。

『「建設的な政策論なら、この法律のこの部分が分からない等の具体的な話しになる」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による{安保法制良く分からないイメージ誘導}で操られている人々の話し」では「何となく良く分からない・・・から、法整備を急がなくても良いのでは・・・」となっている』。

『「逆から見れば、この問題でも、テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られている人々は直ぐに分かる」のだ』。

|

テレ朝朝番、中国共産党の批判をしているフリで内実は中国共産党の保身をサポートしていた、お笑い!醜悪劇・・・。

『「人権派弁護士の大量逮捕・拘束等のニュース等」を「ダシ」に「上辺では、中国共産党を批判していたテレ朝朝番だった」が、「その内実は、中国共産党の保身をサポートする情報だった」。

例えば、

「中国共産党支配下の中国の水軍監視を、まるで、民主主義国の民間業者任せと同様のイメージで風潮」していた。

「中国共産党による不適応分子の監視の対象となっているかも知れない(実は、有益分子認定なのかも知れないが)中国問題常連コメンテーターに対する監視」が、

「まるで、中国国内ダケであるかの如きイメージで風潮」していた。

「多くの視聴者は、中国問題常連コメンテーターに対する監視が中国国内ダケなら、一般日本国民に対する監視は、それ以下・・・等との感を抱かせられた筈」だ。

「この様な情報内容は、中国共産党による日本国内の工作活動を黙殺させる情報誘導に他ならない」。

「実際は、日本国内でも、中国共産党の工作活動は盛んで、一般日本国民に対する監視や不適応分子粛清工作まで行われている」のだから、

「日本のテレビなら、その実態を告発しているのが当然」だ。

「更に、酷かった」のは、

「常連出演者である青木」が

「中国の民主化に力を加えた方が良いのではないか・・・」と「誰もが分かる当然の事」を「出し」、

「安倍政権による安保法制等により、中国共産党を封じ込めようとする事」は、

「中国民主化の妨げになるかの如く風潮していた事」だ。

「もちろん、言うまでも無く、安保法制によって日米安保が強化される事の実効」は、

「中国共産党の不当増長・侵略行為等を抑制する事」であり、

「断じて、中国共産党を封じ込める事では無い」。

「不当増長・侵略行為等を抑制せざるを得なくなれば、中国共産党はより弱体化する」から、

「中国の民主化もより早くなる」。

「反対に、日米安保を希薄化し、中国共産党が日本に対してより大きな影響力を発揮し易い状態をつくれば、中国共産党の保身・延命等はより容易になる」。

「中国の民主化はより遅くなってしまう」。

「それは、テレビ論等を鵜呑みにせず、冷静に、少し考えれば誰でも分かる事」だ』。

『「上辺では、優等生&正義ぶって中国共産党を非難」でも、

「内実は、中国共産党の保身に繋がる情報」を、

「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信している」のが、

「テレ朝等の実態」だ』。

『「論の内実を見ている視聴者にとっては、正に、醜悪なお笑い劇」だが、

「論の上辺で操られてしまっている視聴者」は

「中国共産党等にとって有益分子化されている」と「共」に、

「一般日本国民として、かなり自虐の傾向が強くなっている」。

「自虐傾向が強いまま世論調査等に答える」と

「安保法制もっと後論」に

「賛同したりする」・・・。

「その分だけ、中国共産党は日本でも不当増長し易くなり、中国の民主化も遅くなるのだが」・・・』。

『「テレ朝の多くの番組は、さすが、中国共産党と同居していると言われている朝日新聞系のテレビ局による情報配信内容」だが、

「中国共産党の手先等に日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続ける必要は全く無い事」は「言うまでも無い事」だろう』。

『「日本のテレビ界の健常化」は「急務」だ』。

|

岩手のいじめ自殺事件、何故、学校は機能しなかったのか?・・・。

『「現状では、学校教師の求人倍率は3倍以上なのだと言う」。「つまり、応募しても、三人に一人も教師としては採用されていない」のだ。

「この事実が示唆している事」は「人の選択権が、学校側に有る事」に他ならない。

「学校側が、その学校で既に実権を持っている者にとって都合の良い教師を選択出来てしまっている」のだ』。

『「現在の学校教師の仕事は、とても、忙しい」と言う。

「残業も非常に多い」らしい。

「但し、報酬も結構良い」。

「つまり、良い報酬を手放したく無かったら、

学校権力者の意に沿い、

忙しく働き、残業当たり前・・・」という

「実態が其処に在る」』。

『「求人倍率3倍以上、それなりに良い報酬で無いと、質の良い教師が集まらない」等という、

「教職員組合ご用達論が在る」。

「全国各地の多くの学校で実権を持っているのは、教職員組合である可能性もかなり濃い」』。

『「この辺りに、現状の多くの日本の学校の大きな問題が在る」。

「終戦直後、日本の学校からは、所謂右翼扱いされた教師の多くが、強制的に追い出された」。

「残ったのは、必然的に、所謂左翼系の教師となった」。

「本来なら、極右・極左を排除するのが正当な道だった」のに、

「右翼系は、中道に近くても、排除され、左翼系は、極左でも居残れた」。

「そして、そんな教師が組合をつくれば、リーダーシップを取りたがる極左系の者による支配傾向が強くなる」のは、

「ある意味当然」だろう。

「戦後日本の偏向左翼教育の元の一つ」は、

「間違い無く、学校教師に在る」』。

『「その流れが、未だに、残っている」のは、

「求人倍率3倍以上&相応に良い報酬等で、

学校実権者にとって都合の悪い者は雇わず、

一端雇った者は、金権で文句が言い辛い環境下に置かれている」からだ』。

『「所謂左翼思想」には、

「有益分子の育成と不適応分子の粛清」という「人民(生徒)支配思想が在る」。

「生徒の個性や自主性に基づいて、生徒が自分で育つ事を手助けする」のでは「無く」、

「教師が生徒を育成したり粛清したりする発想」だから、

「所謂左翼教師は、生徒を学校や教師の枠無いに封じ込めようとする傾向が非常に強い」。

「そして、有益と不適応に分けるのも、教師の判断」なのだ。

「こんな、ある意味では、旧共産・社会圏の社会の様なストレスが、蔓延している」のが、

「戦後日本の多くの学校」だ。

「素直に反発する生徒も居れば、

上辺では従順なれども内には多大なるストレスを蓄積して行く生徒も居る、

し、

有益分子利権に染まる生徒も居る」。

「教師も学校実権者にとっての有益分子」を「暗黙の内に、強いられている」のだ。

「世間に溢れる少年・少女事件の本当の生みの親の姿の一つ」が「其処に在る」』。

『「どうすれば良いのか?」

「普通に考えるなら、忙しいならワーク・シェアリング」だ。

「教師の数を増やしたり、クラブ活動等は、別枠で専任教師を招けば良い」。

「テストの採点等の実務は、個人情報保護がちゃんと出来る民間業者等に行わせても良い筈」だ。

「そうすると、必然的に、教師報酬も下がる」。

「教師の流動化も起こる」だろう。

「しかし、それは、総中流化の道の一つ」だ。

「高報酬で無いと優秀な教師が得られないというのは、インチキ論」に他ならない。

「高報酬で無いと、教師を縛れない」のである。

「縛られている教師に、生徒が行う、暴行・脅迫・強要・恐喝等の犯罪行為に対して、柔軟で適切な対応を求めるのは酷」だろう。

「教師の報酬がある程度下がっても、それらの問題を、外注で処理出来る状態が有れば、柔軟で適切な対応も取り易い筈」だ。

「所謂左翼思想では、学校は、まるで独立国・・・で、教師等はまるで、国家指導者・・・だが、

そんな状態こそが異常」だ。

「世間との間の壁が低く、風通しの良い学校の方が、生徒は世間を良く知って育ち易い」のだし、

「生徒の健常(有益分子化では無い)育成や安全等が確保されていれば良い」のだから、

「安全確保の為に、教師が無理するのでは無く、民間業者や警察等を使うのも、当然」だ。

「学校や教師が清廉潔白で、世間が汚れている」等と言うのは、

「教職員組合等ご用達のインチキ概念」に他ならない。

「旧社会・共産圏の様な学校・教師の状態は、それだけで、十二分に、不健全」だ。

「子育てを、親と学校のみ任せにすれば、

戦後日本の状態では、特に、共稼ぎ等で、親子関係が希薄にさせられた状態」では、

「所謂左翼チルドレンが量産されてしまう可能性大」だ。

「子育ては、格差是正や、学校・学校教師問題の是正や、情報・教育の是正も含め、社会全体の役目」である』。

|

安保法制の成立を何とかして阻止したい様相のサンデー・モーニングだったが・・・。

『「日本の貿易相手先は20%以上が中国だ!の旨」とは、「アジア全体で50%以上になる!とアジア=中国共産党支配下を臭わせた先日のテレ朝某番組等に比べると随分大人しい表現だった」が、

「余程、(中国共産党支配下の・・・もちろん、当然の如く、この部分は黙殺されている)中国市場を意識させる事」で、

「何としても、普通では無い中国市場をモタセタイ」のだろう。

「もしかすると、そんな常連出演者たちやその親類縁者等たちは、裏では、中国市場で中国株を購入していたり・・・して・・・」』。

『もちろん、「今回の上海市場に対する中国共産党による株価操作を見ても明らかな様」に、

「中国共産党支配下の中国市場とは、まともな、或いは、普通の株式市場では無い」。

「はっきり言えば、中国共産党によるお手盛り錬金術の為の株式市場」だ。

「投資マンション等の造成や、役に立たない軍拡と同様の、中国共産党お手盛り錬金術の一つ」に他ならない』。

『「中国共産党による全ての錬金術の目的は、中国共産党が金満となる事」で、

「それは、金権で、他を黙らせる為」だ。

「現在の普通の国や普通の国の民なら、距離を置いた付き合いが妥当」なのが、

「中国共産党支配下の中国」だ』。

『「それでも、金目当ての人々が、中国共産党支配下の中国にお金を貢ぐと共に、稼ごうとして来た」から、

「現状で、日本の場合、中国共産党支配下の中国が、貿易相手先の20%以上も占める様になってしまっている」。

「そんな中国市場が暴落すれば、世界恐慌・・・」とは、

「中国共産党支配下の中国市場を過大評価した中国共産党の為の論」だ。

「普通と違う分だけ、世界中の株式マーケットからは別」で、

「上場企業内実も、中国共産党支配下の国営企業系がほとんど・・・」だから、

「中国経済の崩壊は在っても、それが、=世界恐慌とは成り得ないのは、

戦前の経済と現代の経済の違い」だ。

「中国経済の崩壊で潰れるのは、主として、中国共産党支配下の国営企業系の企業等」だ。

「この時に、中国軍の暴発的使用を控えさせる方法として、日米安保の強化は大いに有効になる」。

「中国外が失うのは、中国マーケットと中国の消費者等」になる。

「そして、それは、100・0の問題では無い」。

「中国経済崩壊後、一時的には、中国マーケットは縮小する」が、

「共産党支配から解放された後は、民主化復興需要で膨らむ事になる」』。

『「問題は、今後、日本国・多くの日本企業・多くの日本国民等は、どの様な方向に向かうべきか?」だが、

「そこで、常連出演者たちが指示していた方向」が、

「日米連合で中国共産党と対立するのでは無く、アジアとして・・・」なのだ。

「アジアとしての後は、お茶を濁す様な事しか言っていなかった」が、

「例えば、日本もアジアの国として、日米安保を希薄化し、中国共産党支配下の国家・国民となれば、中国共産党が強く望んでいるワン・アジア」だ。

「本当は、それを言いたかった」のだろう』。

『「安保法制が憲法違反か?否か?」というのは「平和国家の中の机上論上の問題」だ。

「安保法制を成立させ日米安保を強化するか?否か?」の問題は、

「現実人間社会の実体のある安全保障上の大問題」だ。

「日米安保を強化しない」で

「支配地域の拡大無しには存続が危うくなる中国共産党による支配を抑制する」のなら、

「自衛隊を日本軍にすると共に、核武装まで含む大幅な軍備増強が必需」になる。

「日本の大幅な軍備増強も否定する」なら、

「実際にやって来るのは、中国共産党等による日本侵略~支配」だ。

「現実論で考えるなら、安保法制を通して、日米安保を強化する道」が、

「一番安上がりで現実的な道である事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる」』。

『「それなのに、(中国共産党支配下の・・・この部分は意図的に黙殺されている)中国市場」に

「視聴者の意識を向かわせ、

貿易相手先としての中国を意識させる事」で、

「実際には、中国共産党のお手盛り錬金術に流し込まれるお金の量を増やそう・・・としている様相」だったのだから、

「本当に呆れた」。

「一応、民主化されるべき論を言った者も居た」が、

「全体として」は、

「中国を意識させ、今の中国、つまり、中国共産党支配下の中国を助ける方向」に、

「視聴者の思いを導こうとしていた様相だった」のだ』。

『「もちろん、普通に考える」なら、

「何れは、中国共産党による支配体制は崩れるのだから、

チャイナリスクを考え、

中国依存傾向の高い企業等は、早めに、他の民主化傾向の強いアジアの国々等にシフトするべき」等と言うのが、

「日本国・日本国民の為の論」に他ならない。

「当然そうなれば、中国共産党崩壊の時期は早まる」が、

「何れ崩れる山を大きくしてから崩させるよりは、遥かに被害は少なくて済む」。

「安保法制を整備して日米安保の強化を急ぐ」のも

「何時、中国共産党や北朝鮮等が崩壊しても、

日本国・日本国民が重大な危機に襲われない様にする為」だ。

「現実の危険」は「机上論上の理想では止められない」』。

『「日本国・日本国民の為の論」を「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信している」なら、

「健常な番組」だろうが、

「日本国・日本国民を危うくする論」を「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信して来ているテレビ局」は、

「その人脈共々、交代が必要」だ。

「サンデー・モーニング等の論は、中国共産党の為の論」なら「非常に合理的」になる』。

|

シンデレラ・バスト問題・・・。

『「流行りの美男・美女概念」や「バストでもペニスでも大きい方が良いでしょ概念」等々の「目的は何か?」

「言うまでも無く、差別利権に基づいた偏在利権をダシに不当利権を得る事」だ。

「端的に言ってしまえば、目的は仕掛け側の金稼ぎ」で、

「金稼ぎの元が不健全である事」は、

「オレオレ詐欺等々と何ら変わりは無い」。

「だから、元々、そんなモノに踊らさせられたり、自分を支配させたり・・・する事」は、

「どうか???」と思うのだが』。

『「シンデレラ・バスト肌着等が流行っている」と言う。

「貧乳という差別的表現を、シンデレラ・バストとむしろ、優越な表現に変えた知恵」は、

「差別撤廃運動の一つの波」だろう。

「しかし、差別自体のコンプレックスも内包している」から、

「優劣表現による若干の是正」なのだ。

「元々は、不当差別自体が健常では無い」のだから、

「小さい=劣等&大きい=優等という短絡的な概念自体が是正されなければ、この問題の本当の解決には成り得ない」』。

『「そもそも、所謂性器の優劣とは、自分とペアをつくる異性を他の個体と争う時の優劣」だ。

「そして、もちろん、性器の優劣とは、生体的優劣」である。

「生体的優劣とは、例えば、個体の強弱等からも明らかな様に、より生存競争に有利な個体を残す事による自己保存を模索する動物的本能に基づいた優劣に他ならない」。

「人間の場合は、その上に、人間としての優劣判断が無ければならない(無い者は、実態として、動物レベルという事に他ならない)」。

「人間としての優劣判断とは、本質追及原理に基づいて、より自分との相性の良い個体を選別する判断」である。

「其処に、

シンデレラ・バストか?否か?とか、

巨乳か?否か?とか、

体型とか、

年齢とか、

流行りの美男・美女か?否か?とか、

金銭的優劣等々が、

元の判断は無い」。

「在るのは、自分と該当異性との生活により、

どれだけ、自分たちが自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続という本来の目的に貢献出来るか?否か?」だ』。

『「この手の問題を真摯に考えるなら、誰もが分かる事」は、

「巷に、溢れている、大衆誘導商売(金集め)の醜悪さ」だ。

「例えば、美男・美女大衆誘導が公然化されている人間社会」なら、

「悪政権や悪政策等への大衆誘導も同様なので、容易になってしまう」。

「どちらも、誘導元の目的」が、

「偏在利権を貪る私利・私欲だったりする」から、

「生み出されるのは、ロクな結果では無い場合がほとんど」だ』。

『「シンデレラ・バストという巨乳対抗優越表現も結構」だが、

「本当の解決は、不健全な不当偏在利権自体を解消させる事である事」は、

「決して忘れてはいけない」』。

『「自分の実体の本来の目的に基づいて、自分との相性の良さを模索する」なら、

「其処に、不当な差別は存在しない」。

「自分の実体に基づいた本来の目的を把握・認識する為」には、

「先ず、自分を知る事」だ。

「そして、他人を支配したり、他人に自分をコントロールさせたりせず、

自分を健康にコントロールし続けながら、

相性の良い異性を探せば良い」。

「其処に在るのは、自分の実体やその本来の目的に忠実な自信」だ。

「不当な差別的概念などは、ジョークや表現の自由上等としての虚構上には在っても、実体上には存在し得ない」。

「人類誰もが、自分の実体やその本来の目的に忠実である限り、自分に自信が持てる筈」だ』。

|

安保法制説明不足問題・・・。

『「安保法制説明不足のイメージ」は「何処から来ているのか?」

「もちろん、安保法制が実行される時に日本が取る具体的行動等を丸裸にする事で、反日他国等の利益を図りたい連中にとって」は、

「どんなに説明出来る部分を説明しても、説明不足」で、

「出来るなら安保法制自体を廃案に追い込みたい事」は、

「明らか」だから、

「そんな連中の言う説明不足」には「答える必要も無い」。

「しかし、多くの一般日本国民が感じている安保法制説明不足感の問題」は、

「無視してはいけない」』。

『「多くの一般日本国民」が「安保法制説明不足感を持っているのは何故か?」

「一番の元凶」は、

「テレビ・ラジオ等の大衆メディアが、

政府等による説明や安保法制の実体等を説明する情報配信をロクに行わず、

説明不足!キャンペーン等を熱心に行っているから」だ。

「そして、その説明不足!キャンペーンに操られる」と、

「法整備が必要な事は、何となく感じている・・・けど、よく分からないから、そんなに急がなくても(=よく分かる様になるまで待って)良いのでは・・・」等の「思いをめぐらせ」、

「テレビ・ラジオ等がその思い目がけて出している

情報工作助け舟概念である、

説明不足!が正しいんじゃないの・・・」等と

「思い込まされている」のだ。

「説明不足感を訴えている人々の多く」は、

「テレビ・ラジオ等頼りの人々」であり、

「テレビ・ラジオ等による工作情報で操られている人々」に他ならない』。

『「悪質な情報工作、大衆誘導の実態が其処に在る」のだ』。

『「テレビ・ラジオ等の反日人脈汚染度が高い」からか、

「安倍総理が、ネット番組で説明」をすれば、

「軽い!バカにしている!等の旨の、

言葉狩りで難癖をつけた」のが、

「親韓(北朝も含む)・親中共の臭いが濃厚な民主党の辻元」だった。

「国会議員なら、上辺の言葉狩りをせず、実際に、こう言えば、軽くも、バカにしている様にも思われない等の対案を出すべき」だが、

「元々、安保法案、丸裸にしても説明不足&出来れば廃案派の臭いが濃厚」だから、

「建設的な発言が出来ない」のだろう。

「そして、そんな否建設的派の発言を、まるで、正義の使者の発言の如きイメージで切り売りしている」のが、

「説明不足!キャンペーンに熱心なテレビ・ラジオ等」なのだ』。

『「安保法案も必要」だが、

「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオの健常化も必需」だ。

「電波使用料という税収が少な過ぎ、テレビ・ラジオ界の人脈に実質的な入れ替わりが無い戦後日本の現状」は、

「明らかに異常」だ。

「公共の電波使用は、公開入札制にでもして、税収アップ&人脈の固定化を防ぐべき」である。

「それも、国政の重要な仕事の一つ」だ』。

|

テレ朝昼番では、外来生物の問題を外来生物的常連出演者たちが語っていたが・・・。

『「日本の生態系における外来生物の問題は、本当に深刻」だ。

「日本独自の生態系の破壊」は「自然発生的多様性を壊す事に直結している」。

「多様性が崩れ、生物構築度が低くなる事」は「地球生命体細胞群の存続を危うくする大変危険な行為でもある」。

「生物の歴史を見れば、誰もが直ぐに分かる筈」だ。

「元々は、単純な単細胞生物くらいだった地球生命体細胞群は、

時を重ねる事に、高構築度化し、存続して来ている」。

「生物が時の流れに駆逐されない為には、相応に構築度を高め続ける必要がある」のだ。

「地球という閉じた空間内で、地球寿命より短い存続を目的とする」なら、

「地球生命体細胞群の構築度アップは、生物的構築度アップのみで必要十分」だ。

「地球外を認識出来る人類を生み出す必然性は無い」。

「ところが、地球生命体細胞群は、その進化(構築度アップ)の過程で、人類を生み出し、

人類は、地球外の宇宙も、地球寿命に限りがある事も認識している」。

「この事実が示唆している事」は、

「地球生命体細胞群の存続本能は、地球寿命を超えて」なのである。

「この人類誰もの実体の根本的目的」との「整合性を考える」なら、

「悪戯な生態系の破壊がどれ程の罪になるのか?」等も「明らか」だろう。

「同時に、人類同士の物質文明競争原理に基づいた支配ゴッコの愚かさ」も「明らか」だろう』。

『「常連出演者たち」とは「~何万人~何十万人~もの人々に一方的に意見等を配信出来る立場を独占的に支配している者たち」に他ならない。

「それ相応の合理的な理由があるなら、とにかく、現状では、多くの常連出演者たちが、其処ら辺のおじさん、おばさんレベルの話しを毎回の様に一方的に大量配信している」のだ。

「そして、常連出演者たちの意見等は、偏向している場合が多い」。

「テレ朝では、所謂左翼偏向が多い」。

「その実態は、大衆誘導目的の情報工作」と言っても「過言では無いレベル」だろう』。

『「左翼の実体」が「進歩的でも無い、革新的でも無い、タダ現政権や日本等に反対する、内実親韓(北朝も含む)・親中共等である事」からも「明らかな様」に、

「日本にとっては、外来(親日本外反日他国等)生物的常連出演者たち」なのだ。

「ところが、そんな外来生物的常連出演者たちの意見等」が、

「日本の公共の電波を使って、

一方的に、

多くの人々に、

毎日の様に見せつけられ続けている」と、

「視聴者の思いが、外来生物的に誘導されてしまっている場合も少なく無い」のだ。

「まるで、図々しく生命力旺盛だが、本来の日本の環境との相性や整合性は???の外来生物が、在来種を食いモノにし、駆逐して行く様に・・・」。

「生物界では、元々、その地域との相性が悪い外来生物が、在来種等を食いモノにしていた場合、在来種の滅亡と共に、外来生物も滅亡する場合も少なく無い」。

「外来生物的人間たちが行っている事が、人類滅亡を誘っている場合も少なく無い」のだ。

「反日を言う前に、母国・祖国の状態を健全にする」のが、

「まともな生物の在り方」だ。

「人力であらぬ場所に連れて来られてしまった外来生物の場合は、外来生物も在来種も被害者」で「加害者は人」だが、

「自主的に外来生物的になっている者たちをつくり出している加害者」は、

「ご当人である場合が多い」。

「自虐はいい加減にして頂きたモノ」だ。

「また、中には、例えば、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの飼い犬状態の者たちも居る様相」だが、

「飼い主の手を噛んだ方」が

「お利口という評価」を

「多くの人々から得られる事」は、

「昨今露呈している中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの実態・実体情報等からも明らか」だ』。

『「醜悪なテレビ番組は、ロクな結果を誘わない」。

「是正は急務」だ』。

|

テレ朝昼番、「・・・競争本能があるからいじめは、ある意味、仕方無い・・・」の劣悪論問題・・・。

『「脳科学者??高IQ??」で「コレでは・・・」。「もちろん、生物には、競争本能もある」。しかし、「生体的競争本能とは別のところで人類は生きている」のだ。

「脳科学者なら、当然周知の事実と思う」が、

「人類でも動物脳レベルでは、生体的競争本能」だが、

「人類の場合は、その上に、生物的競争本能を物質文明・精神文化競争に昇華する大脳新皮質が在り、

その大脳新皮質には、競争原理から本質追及原理への精神進化が行える現代人の脳として相応の部分も在る」。

「学校教育として行うべきは、人の成長を助ける事」だ。

「つまり、動物的競争本能任せ等の低レベルの生活習慣から、

動物的競争本能任せ状態を卒業し、

物質文明・精神文化競争を生み出す事が出来る前時代レベル人類の精神構造を元とした生活習慣への向上を経て、

本質追及原理に沿う現代人が身に着けているべき生活習慣への成長」を

「助けるのが、教育」だ。

「其処に、競争本能が在るからいじめは仕方無いなどと言う戯言は無い」。

「成長が足りない子ども」が「動物的競争本能で自分を操ってしまっている」のだから、

「それらの成長が十分では無い子どもたちの成長を手助けする」のが、

「教育」だ』。

『「小・中学生レベル」では、

「いじめ行動(その内実は、暴行だったり、傷害だったり、強要だったり・・・している実質的犯罪)という成長不全故の行動を生み出している源泉」への「対策」が「重要」だ。

「多くの場合、親や、その者の周りの環境等からの悪影響が有る」。

「例えば、ゲームやドラマ等で、丸ごと一個体(一人)の死生観を摺り込まれている事」は、

「丸ごと一人で肯定・否定する精神文化を学習させられている事」と「同じ」だ。

「そんな精神文化付けで、未成熟・・・」となると、

「丸ごと一人の他者否定行動を悪用した自己確認行為等の問題行動を起こし易くなる」。

「動物的競争本能にしても、元々は、存続欲求に伴う自己確認行為の一つだから、

健常な自己確認が行える様に手助けするなら、

問題行動を抑制させる事も困難では無くなる」』。

『「健常な自己確認」は「自分の実体を認める事から始まる」。

「その為には、素直に自分に向き合える環境が必要」だ。

「衣食住等で余りにも、周囲との格差等に気が行ってしまう状態」は「健常な自己確認を大いに阻害する事に直結している」。

「環境格差は、大きな問題」だ。

「そして、格差の公然化」も「大きな悪影響をもたらしている」。

「格差是正方向に周囲が動いている事を感じる事」は、

「健常な自己確認を誘う」。

「何故なら、周囲の大問題が是正方向に向かっている事」は、

「{周囲任せでも良い感}・・・つまり、他者信頼感、そして、他者を信頼出来る分だけ自分を見つめ易くなる環境・・・が得られるから」だ。

「その分、素直に自分に向かい易くなる」。

「逆に、格差の公然化を感じさせる事」は、

「問題行動を誘っている」のが「実態」だ』。

『「特定極一部の者のテレビ常連出演」という「格差の公然化」は、

「実質的には、問題行動の元にもなっている」のだ。

「そして、そんな悪行に平然と身を投じる事が出来ている者たちの精神構造レベル」は、

「物質文明(社会的立場等も含む)競争原理主義レベル」の「低レベル」なのだ。

「低レベルの精神構造が公然化されている状態」では、

「低レベルの精神構造故の問題行動を抑制するのは、言うまでも無く困難になる」。

「オマケに、~何十万人~何百万人~もの人々に一方的に大量配信している内容」が、

「例えば、競争本能があるから、いじめは、ある意味、仕方無い・・・レベルでは・・・」。

「視聴者の中」で、

「ロクでも無い、好き勝手な事を言っていても、常連出演権を持てば勝ち!」等の

「歪んだ人生観等が、育ってしまっても・・・、何の不思議も無い」。

「歪んだ人生観を保持した者」は「問題行動を起し易くなる」のは、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「高IQで頭が良いイメージの看板を掲げている者でもこの程度」だ。

「他の常連出演者たちが門外の事に対して語っている内容」が、

「其処ら辺の何処にでも居るおじさん、おばさんレベル」なのは、

「当然過ぎる程、当然の現象」だろう。

「其処ら辺の何処にでも居るおじさん、おばさんレベル」を

「常連出演者として扱い、過分な報酬や有名人利権を与える事」の

「実害は計り知れない」』。

『「例えば、貧困問題が在る時、おバカや悪は、自分だけは貧困から逃れ、金持ちになろう・・・とする」。

「自分だけ派にとって都合が良い」のは「格差社会」だ。

「当然、そんなおバカや悪状態の自分では、心底からの自{信}は持てない」から、

「往々にして、自分の子ども等に自分を投影・転嫁する様な、自己正当化の為の代々話等をつくり出す」のだ。

「それは、実に、醜悪、もしくは、みっともない事で、そんな酷い事が溢れている人間社会」では、

「戦争も事件・事故等も、激減しない」。

「健常な者は、貧困自体を無くす事によって、自分の貧困問題も解決しようとする」。

「貧困自体を無くす事は、格差是正でもある」。

「総中流化した状態で、人が頼り易くなるのは、お金や権力者では無い」。

「頼る事の意味を問い、自分で自分を健康にコントロールし続ける事の価値に気付く人々が増える事になる」』。

『「テレビ常連出演者たちが、誘っているのは、どの様な人間社会だろうか?」

「特定極一部の者たちの常連出演利権」や「低レベルの好き勝手発言等の先」には、

「ロクな人間社会の未来は無い」。

「ロクでも無い未来の人間社会を誘っている」のなら、

「実質的には、悪者であり、罪人」だろう。

「其処ら辺のおじさん、おばさんレベルの話ししか出来ていない低レベルの常連出演厚顔無恥連中」は、

「罪を重ね過ぎる前に、退くべき」だ』。

『「中国共産党支配下の中国の株式市場が通常の株式市場とは全く違う閉じた市場である事」や

「チャイナリスク」及び、

「日本企業等に、中国共産党支配下の中国から、他の東南アジアの普通の状態の国々への移行を誘う様な情報」等は、

「有益な現実情報」だ。

「もっと、もっと、何処のテレビ・ラジオ・マスコミ等でも、積極発信されるべき」だ』。

『「中国の民主化」は、

「中国国民の為になるのは、もちろん、全世界の人類の為になる」』。

『「常連出演者とテーマごとに招かれている出演者の発言内容レベル」は

「結構違う」。

「テーマごとに招かれている者が実力不足だと常連同等の場合が多い」が、

「ちゃんとした者がまねかれている」と「ちゃんと有益な現実情報が配信されている」のだ。

「何処のテレビ局のどの番組」でも、

「常連枠は廃止し、

テーマごとにちゃんと実力の有る者を出演者とし、

事実・現実情報配信&各論併記状態とし、

イメージで視聴者を特定の論方向に誘導する悪行は止め、

判断は視聴者に委ねるべき」だ』。

『「戦後ずっと同じ人脈が公共の電波の特定周波数を格安独占使用という状態も明らかに異常」だ。

「特に視聴者数の多い民放キー局」は、

「基本的に電波使用料を上げる」と共に、

「競争入札&入れ替え制等にするべき」である』。

|

テレ朝朝番では、「中国株が悪いと日本への影響大だぞ~!」イメージをバラ撒く事で中国共産党等を応援したい様相だったが・・・。

『「テレ朝朝番等の株イメージ情報、もしくは、売り指令等に操られて、思わず、売りに走ってしまった投資家等が多かったからか?本日の日経平均株価も下落から始まった」。

「テレ朝朝番では、中国上海市場株価下落の影響大で、中国経済が悪くなる事は日本にもダメージ大等のイメージ情報」だったが、

「もちろん、実際の経済では、直接的な影響のあるところを除き、日本企業が受ける悪影響は大きく無い」。

「つまり、株の売買で言うなら、売りが正解では無く、待ちが正解のレベルの話し」だ。

『ところが、

「売りを流行らせて、日本の株価を下げる事で、メリットを受ける人脈を応援したい様相の番組」では、

「中国の経済が悪くならない様に!」

「中国市場の株価が下落した事をダシに、日本の株価を下げるべく、売り誘導・・・等」の

「偏向」に「視聴者の思いを誘うイメージ情報」を

「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していた」のだ。

「本当に悪劣」である』。

『「ギリシャの問題でも、裏で動く中国共産党が大きいイメージ情報」・・・。

「経済的に困窮気味のロシアに対して、お金を持っている中国共産党支配下の中国という、裏で中国共産党のイメージアップを誘うイメージ情報」・・・。

・・・等々を「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していた」のも、

「テレ朝」だった。

「上辺では、優等生&紳士的に、共産党一党独裁支配体制を批判等していても、その内実は・・・」。

「これが、所謂左翼人脈の実体」なのだ』。

『「政治問題では、

保守派・タカ派等VSリベラル派・ハト派等と、

所謂左翼寄りが、多くの平和を好む一般日本国民にとってより良いイメージとなる様なレッテルを付け、

実質的左翼団体を市民団体として大宣伝している」。

「日本のテレビ・ラジオ等では、

圧倒的に左翼人脈の蔓延り度が高く、

実質的に政治的中立など無い状態」だ。

「日本の公共の電波を使っている情報の一方的大量配信なのに!」』

『「日本のテレビ・ラジオ界の健常化」は「急務」だ。

「生徒を学校・教師の支配下に置いている要素が濃い異常な教育界も同様」だ。

「こんな状態で、保育園から学校任せ・・・では、所謂左翼マインドコントロール人間が量産されてしまう」。

「戦後日本の学校教育の悪影響が如実に表れている」のが、

「戦後学校教育優等生集団のテレビ・ラジオ・マスコミ等々」だ。

「実が無いと実を結ばさせる事も出来ない理系分野では、左翼も右翼も余り意味が無い」。

しかし、

「思いで集団コントロールさえ出来てしまうマスメディアや宗教界等では、左翼思想支配や右翼思想支配が可能で、

戦後日本では左翼思想支配が蔓延っている」。

「人類の精神文化」が

「精神文化分野も、物質文明分野同様、科学レベルの現実との整合性を求められる様に正常進化すれば、

この不毛で自虐的な左翼・右翼対立や、

左翼思想支配の蔓延り等々も必然的に是正される事になる」。

「左翼思想による人民支配等という代償欲求に邁進している愚か者たち」は、

「いい加減に、人類誰もの実体である地球生命体細胞群の

本来の目的である存続との整合性を取る

人間誰もに与えられている本来の実務に励むべき」だ。

「自分で自分を健康にコントロールする代わりに、

左翼思想等で他人を支配・コントロール出来たところで、

人類の未来は明るくならない・・・どころか、暗澹たるモノとなってしまう」。

「人類誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続ける事が当たり前の人間社会と出来れば、

戦争も犯罪も激減し、

地球環境問題の解決も容易になる」。

「今生きてる全ての人」は、

「自分が何をやっているのか?真摯に自分の実態を顧みるべき」だ。

「本質的悪事に身を染めた者の中では、自分を直視する事から逃れたくなる欲動が渦巻くから、

大量消費自慰生活や、

他者支配等々に、

現実逃避したくなる」のだ。

「逆に本質的悪事が少ない者は、自分の直視も容易だから、自分が行ってしまう本質的悪事の抑制も容易」になる。

「本質的悪事の量の少なさが、自分を認める事にも直結する」から、

「自分で自分を健康にコントロールする事が行い易くなる」。

「自分で自分を健康にコントロールする分、他者支配・他者に自分を支配させる等の代償欲求の出現も少なくなる」。

「基本的な自信も持ち易くなる」ので「大量消費自慰生活や、他者によるお墨付き等は要らなくなる」。

「どんなに優等生ぶっても、紳士ぶっても、

・・・おバカや悪者たちの愚かさは、

既にバレバレ」なのである』。

『「厚顔無恥の恥晒しを続けて居る常連出演者たち」が

「自分の実体に直面する時、いったいどれ程の自己嫌悪感に襲われるのか?」は、

「想像に難く無い」。

「悲惨な事態を避ける為」にも

「直ちに、是正するべき」だ。

「是正せずに、他者によるお墨付きや、大量消費自慰生活等々に、現実逃避し続ける事」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩いている事」に他ならない』。

|

散々、日本国民に自虐を求めて来ているテレビがいじめ問題で正義ぶっても・・・。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の偏向情報の一方的大量配信や大衆誘導圧力等により、多くの日本国民に実質的自虐を求めている事」は「実質的に、立場に乗じた多くの日本国民いじめみたいな事」に他ならない。

「日頃から、そんな悪業を行って、私腹を肥やしている連中」が、

「いじめ問題で正義ぶっている姿」は「正に、醜悪」だ』。

『「因みに、朝鮮半島の文化では、泥棒が泥棒を誤魔化す為に、紳士ぶって無垢の者を泥棒と言う文化も在る」。

「そんな臭いが満載なのが、現状の悪テレビ等の実態」だ』。

『「もちろん、いじめとは、とんでも無い事」で「多くのいじめの実体は犯罪」に他ならない。

「いじめ」という「言葉の誤魔化し」で、

「実質的犯罪を無い事にしたがって来ている」のは、

「戦後は日教組等が幅を利かせて来ていた学校」だ。

「学校内で犯罪行為では、教師等も問題とされる」から、

「犯罪を認めず、いじめで誤魔化して来た」のだ。

「そして、そんな学校や教師ととても仲が良い」のが、

「戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ等と、旧社会党や民主党等の政党」なのだ。

「日本の教育が偏向し、いじめ問題等が黙殺されて来た事」の

「大きな責任」は、

「言うまでも無く、其処に在る」』。

『「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等が、実質的に推奨した政権交代により、誕生した民主党政権」による

「多くの日本国民いじめ」も「酷かった」。

「綿密に調べれば、

日本を細らせ中・韓等を太らせた民主党政権政治故に自殺等に追い込まれてしまった日本国民の数は、

かなりの数になるのでは・・・?」

「それでも、その後も、教育にも、テレビ・ラジオ・マスコミ等にも、政権交代が無い」のだ』。

『「いじめなどと学校や教師の利権保護の為の誤魔化し言葉使い」は、

「即刻止め」、

「暴力は暴力として、犯罪として扱うべき」だ。

「子どもだから・・・と言って、殺人が黙認されてはいけない」のである』。

『「実質的殺人犯を庇い、被害者を更に貶める様な学校・教師等」は、

「即刻、資格を取り上げるべき」だろう』。

『「そして、重要な事」は「暴力と、言論はちゃんと分ける事」だ。

「いくら言われても、事実無根なら、無視出来る、ばかりか、

事実無根である事を反論出来る様な人間を育てる事」も、

「正当な教育」だ。

「言われた事をそのまま鵜呑みにし、自分を傷つけてしまう様な誤った道に導く」のは、

「断じて、教育では無い」。

「ちゃんとした教育が出来ていて、暴力を犯罪として扱っている」なら、

「いじめで自殺などという悲惨な事態は、そうそう起きる訳が無い」。

「死にたい」と「訴えて来た生徒」に、

「人の誕生・死は、細胞ごとに起こっている現実や、

丸ごと一人殺す必要など無く、殺すべき、殺したい実体は何か?等を、

考えさせ、理解・把握させる事が出来ない者」が、

「果たして、教師と呼べるのか???」』

『「テレビ上の発言等」とは、

「~何十万人~何百万人~もの人々に、一方的に大量配信されている情報に他ならない」。

「例え、大統領でも、テレビ・ラジオ・マスコミ等の上で無ければ、そんな多くの人々の前で、演説等が出来る事など無い」のだ。

「常連出演とは、それを毎日の様に行っている事」に他ならない。

「常連出演者の偏向や一部集中という異常事態は、直ちに是正される/させられるべき」だ』。

『「戦後の偏向教師・偏向学校教育や親反日国政党やそれと同調しているテレビ・ラジオ・マスコミ等が、日本の多くの問題の元凶」に他ならない。

「携わっている者たちの全日本国民に対する割合は、それ程多く無い」が、

「与えられている実権が過剰なので、悪影響も大きい」のだ。

「実権が人口比率並みに小さくなれば、必然的に正常化する要素も大きい」のだから、

「学校やテレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈の偏向是正は、急務」だ』。

|

ギリシャと中国のお蔭で株安だが・・・。

『「ギリシャの状態とは、まるで鳩ボン」だ。「先人からの財産等でボケている」のだろう。

「中国共産党支配下の中国で株とは、元々、インチキ経済システムの上にインチキ経済システムを加えた様な状態」だから、

「株安となれば、中国共産党が出て来て、身勝手な事を行うが、その中国共産党が汚職だらけ・・・で、まともな経済システム上には存在していない」。

「13億人以上と言われている消費者目当ての刹那欲ボケ商人たち」は、

「中国共産党による一国二制度を歓迎し、

中国共産党支配下の中国株や中国の労働力や中国の消費者を利用しようとして来た」が、

「元に重大な欠陥があるのだから、そんな甘水は何れ毒水になる」のだ。

「毒水が麻薬レベルの間は、ヨイヨイでボケていられる」が、

「廃人化する頃には、一気に正気となり、八つ当たりする」だろう。

「第三次世界大戦のキナ臭い臭い」は、

「環境問題以外にもかなり在る」』。

『「どうすれば良いのか?」

「はっきり言えば、元々がインチキ経済システムなのだから、今こそ、世界レベルで経済システムの現実化を図れば良い」のだ。

「人類誰もの実体である地球生命体細胞群」の「本来の目的である存続への貢献」との「整合性をベース」に、

「経済評価」や「経済システム」を「構築すれば良い」ダケだ。

「本当に優秀な経済学者等なら、とっくの昔に、その様な提案が出来ている筈」である。

「本当に優秀な政治家等なら、とっくの昔に、その様な経済システムへの移行に人間社会を誘っている筈」である。

「ところが、現状では、どちらも、マダ、マダ」なのだ。

「この現実が露呈させている事」は「本当に優秀な経済学者等も政治家等も現状では実権を持てていない、もしくは、居ない等の非常に深刻な事態」だ。

「こんな状態では、人類滅亡が急ぎ足で近寄って来るのも当然過ぎる程、当然」だろう』。

『「ギリシャや中国共産党等の問題さえ解決出来ない人類に、長い未来は無い」。

「所謂先進諸国の民なら、もちろんだが、ギリシャ人でも中国人でも、今、人類として行うべき、

経済評価や経済システム等も含む、

精神文化の正常進化」を

「決して、怠ってはいけない」』。

『「株転がしで、金権を増そうとしている悪たちに、過分な立場等は不似合い」だ。

「汚職太りの共産党幹部たちなら、尚更、不似合い」だ。

「本当の民主主義社会なら、そんな悪たちの排除は、それ程困難では無い筈」だ。

「武権、金権社会」なら、

「そんな自虐的な社会状態」は「一刻も早く卒業する」のが、

「21世紀の今日を生きている全ての人類の義務」だろう』。

|

テレ朝朝番、給食費未納問題で「親を見て子が育つ」論を平然と言っていた偏在利権を分け合っている者たち・・・。

『「もちろん、給食費未納はいけない」。「親が子に給食万引きをさせているみたいな事」だ。

そして、「支払い能力の有る/無いの問題」と「未納問題は別問題」である。

「給食費を支払えない程の経済状態」とは「貧困状態に他ならない」。

「給食費問題の前に貧困撲滅が必需」だから、

「支払能力な無い状態の家庭があるのなら、

生活保護や善意の募金等々で、

先ず貧困を無くすべき」だ。

「貧困を撲滅した後の給食費未納問題」は、

「親が子に給食を万引きさせている様な実質的犯罪行為に他ならない」から、

「厳しい対処が当然」である。

「貧困問題と給食費未納問題を分けずに論じる事」は、

「多くの視聴者」に、

「イメージ的に、弱者保護の感情を持たせる為の大衆誘導工作情報」だろう。

「何故なら、多くの人々の悪戯な弱者保護感情等」は、

「所謂、左翼、弱者・マイナリティー利権等で私腹等を満たしている様な連中への応援になるから」だ。

「子は親を見て育つ・・・」それは、「生物は周りの環境の適応しながら生存して行くのだから、親が周りに居るなら、当然の現象」だ。

「子は、同様に、周りの環境である学校教師やテレビ等々も見て育つ」。

「偏在利権を分け合っている者たちの偽善論に毒されている哀れな子どもやその親たちが、どれ程いるのか?」を「考える」なら、

「給食費未納問題で正義ぶる常連出演者たちの悪質度も良く分かる筈」だ』。

『「給食費未納問題」の後の、

「多大な有名人利権を保持している者の断捨離」とは、

「実に笑えた」。

「そもそも、断捨離」とは、

「精神心理学的に考えれば、人の成長~老化に伴う単純化欲動から生じたであろう概念」だ。

「単純化とは、効率化でもある」。

「だから、使われない筋肉や脳細胞等は成長~老化と共に、その個体として要らないモノとして扱われる様になって行く」。

「そんな個体本来の欲動を、身のまわりにまで投影・転嫁し、代償欲求として追及すれば、断捨離等になる」。

「金満・資産満有名人の場合」は、

「有名人利権で得た過剰なお金や資産や有名人利権増大立場満等々が在る」が、

「もちろん、それは、生体が本来必要としている者・物・事とは、ほど遠い」。

「ほとんどが、虚勢や大量消費自慰の要素に他ならない」。

「テレビ等でしばしば出され有名になったダケ」で、

「金満・資産満・有名人利権立場満という偏在利権を与えてしまっている異常な現状の上」に、

「例えば、三軒もの家を持つ人が生まれているダケ」だ。

「若干でも、健康な人間としての生体的感覚が残っているなら、その過剰ぶりは、明らかに不要と感じる筈」だ。

「そして、三軒の家を一軒にした・・・とは、お笑い」で、

「物を捨てるのも、元々、捨てても困らない物だからに他ならない」。

「捨てても困らない物とは、元々要らない物である場合が多い」のだ。

「そして、それらの大仰な整理は大いなるエネルギーの浪費でもある」。

「過剰なお金・資産・立場等を特定極一部の者に与えてしまっても、結局ロクな事は起きない」。

「人生を見つめ直し、再出発とは、能天気な話し」だ。

「むしろ、過去の実害を大いに考え、反省し、同様の新たな悪態が生じ難い芸能界への是正にでも力を加えるべき」だろう』。

『「現状のテレビ」では、

「上記の様な、視聴者の中で、実質的偏在利権・悪徳利権等々を公然化させている実効を持つ内容」が、

「公共の電波の一部の格安独占使用権&常連出演という偏在利権を貪っている者たちによって、

一方的に大量配信されている」のだ。

「しかも、テレビ界の人脈には、偏りが在る」』。

『「実権を持つ政権与党の政治家が、経団連等に協力要請はダメ」だが、

「視聴者が、ロクでも無い内容の番組のスポンサーの製品等を買いたくなくなる」のは、

「当然の感覚」だ。

「視聴者が、~何十万人~何百万人~もの人々に一方的に大量配信しているテレビなのだから、

もっとマシな事を言え!

言えないのなら、出演者を変えろ!」等と

「言うのも自由」だ』。

『「本日のテレ朝朝番では、新作案内的だった芸能情報」だが、

「多くの他の番組等では、明らかに酷い場合が多い」。

例えば、

「視聴者に、ゲイノウ人の私生活情報まで無理強し覚えさせて有名人利権を増大させていたり・・・している」。

「そんな情報配信上に居る」のは、

「芸NO人」だろう。

「芸NO人血統利権温存~増大の為の家族宣伝も醜悪」だ。

「芸のある子なら、ワザワザ親をダシに出す必要も無い」。

「芸能人なら、芸内容が高く評価され、高い芸内容が情報配信される様に頑張るべき」である。

「不健康な無理強い情報配信がベースの不当な有名人利権は本当に醜悪」だ。

「そんな醜悪な情報に毒されている親に育てられている子どもたちの行く末は・・・」。

「偏在利権を持つ権力者に寄り添い、

偏在利権を争うライバルを蹴落とし、

偏在利権を得たなら、

利権維持の為に醜悪な策に邁進する悪者たち」の

「量産等が目的では無い」のなら、

「配信情報の健常化は必需」だ。

「はっきり言えば、芸NO人の名前や私生活情報等を覚えていたところで、覚えた人自体が良くなる訳も無い」。

「むしろ、上記の様なロクでも無い精神構造が養われたり、

代償欲求追及者同士が寄り集まって、代償欲求自慰自慢等が出来る事による、

健全成長・進化等の阻害等が誘われるダケ」だ。

「芸NO人の私生活情報等を覚える能力と暇がある」なら、

「別の、自分の為にもなる楽しみ等に使うべき」だろう。

「例えば、ゲイノウ人に興味があるのなら、芸のある芸能人にすれば良い」のだ。

「芸に興味を持って見る視聴者が増えれば、必然的に、ドラマ等の質も高くなる」。

「人脈由来の起用は阻害され易くなり、芸の有る者が起用される確率も高まる」。

「芸能界が健常化され高品質になれば、多くの視聴者のメリットにもなる」』。

『何れにしても、

「~何十万人~何百万人~もの人々に一方的に大量配信されている

テレビ情報の健常化」は、

「急務」である』。

|

何処ぞ屋の現状優等生大学等によれば、人類滅亡の可能性は大別して12種類だそうだが・・・。

『「はっきり言ってしまえば、一番の可能性を具体的に言えなかったところに、現状優等生大学等の劣等ぶりが露呈している」。

「人類滅亡の具体的な発現は以下の様な場合が、最も確率が高い」だろう』。

『「・・・ある日、突然、ネット上等、多くの人類が知り得る情報ツール上」に、

「上辺では、人類の為になる玩具等のつくり方が情報アップされる」。

「ところが、その人類の為になる玩具等の究極の実体は、地球消滅器だった」。

「そうとは知らない多くの人々は、面白がって、その玩具の制作に励む」。

「いい加減につくると正に玩具だが、真面目につくると地球消滅器となってしまうその玩具」は、

「実際に数多くつくられてしまう」。

「そんな中のたった一つが、真面目レベルに達していたダケ」で、

「人類は滅亡する」のだ』。

・・・・・・・。

『「時空制御の玩具は、地球消滅器にも成り得る」。

「そんな時代が、直ぐ其処まで、或いは、既に、来ている」』。

・・・・・・・。

『「今の人類が行うべき事は何か?」

「言うまでも無く、高度かつ急速な発展をし続けている科学技術物質文明相応の精神文化の進化を早急に行う事」だ。

「それに失敗する時、人類滅亡は、直ちにやって来る」』。

・・・・・・・。

『「よく分からない方々の為に、仕方無いから、近日中に、オモシロおかしく脚色した小説でもアップしようか・・・等と思い始めている筆者たち」だが、

「出来れば、立場・環境等のある他の方々が行うべきだ」とも、

「強く思っている」』。

・・・・・・・・。

|

ギリシャがヨーロッパの元とは言うものの・・・。

『「もちろん、今のギリシャ人たちでは無く、古の時代の勤勉なギリシャ人たちが・・・」なのにねぇ・・・』。

|

明治日本の産業革命遺産、世界遺産登録だが・・・。

『「韓国側の駄々により登録が遅れた」。「そして、この朝鮮人の駄々には、先の駄々が付いている」。

「早くも、韓国内ではもちろん、日本の中でも、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等では、

あたかも、ユネスコの場で、日本側が、朝鮮人の強制徴集&強制労働を認めた等の

イメージによる大衆誘導が行われ始めている」が、

「もちろん、それは、事実とは違う」。

「実際」は、

「登録内容とは時代が全く違う戦時中に、

意に沿わぬ徴集&労働が朝鮮人に限らずあったという事実を、

日本側が韓国側の駄々に配慮して付け加えたダケ」だ。

「ここで、登録内容とは時代が違うや、戦時中等を抜かし、

意に沿わぬ徴集&労働を強制労働と言い換え、

朝鮮人ダケの話しとして捏造する」と、

「日本が朝鮮人の強制労働を国際的に認めた!」等と「事実無根の情報配信が出来てしまう」・・・。

「駄々っ子、嘘つき、大ボラ吹き等の恥ずべき実態」だが、

「駄々や嘘が元でも、日本から金や利権等をむしり取れば良い」というのが、

「戦後韓国悪権力者たちのやり方」だ。

「{朝鮮人に強制労働を行わせた日本}詐欺」が「始められている様相」なのだ』。

『「明治日本の産業革命遺産」とは、

「当時の日本が近代化の流れに乗れていた事の証」でもある。

「当時の韓国が、清の属国状態で、国の存続さえ危うくなり、日本に助けを求めていた状態」と「比べる」なら、

「多くの韓国人が明治日本の産業革命遺産の世界遺産登録に反発したがる気持ちも、若干は、解る・・・」かも知れない。

「もし、戦後の日韓関係が、事実・現実に基づいた、是々非々対応によりつくられて来ている」なら、

「日韓併合時の様に、日本人と韓国人の仲は良いまま・・・だった」だろうし、

「明治日本の産業革命遺産の世界遺産登録についても、多くの韓国人が、まるで自国の登録の様に喜べた」だろう。

「しかし、実際は、韓国悪権力者たちが、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始めてしまった」。

「そして、火事場泥棒を正当化する為に、植民地支配詐欺」であり、

「戦後も日本国内に大量の韓国人を在留させる、送り込むという、

被植民地支配民ならあり得ないが、

戦後の日本を日本の中から韓国の都合で動かそうとする悪劣な工作等の為なら非常に合理的な状態の構築」であり、

「竹島不当占拠等々」なのだから、

「戦後韓国悪権力者たちの酷いやり方」は、

「もはや、世界中でバレバレ・・・」だろう』。

『「そして、もちろん、その酷いやり方は、戦後の韓国国内でも蔓延して来ている」。

「代表的なのが、事実・現実とはかけ離れている反日教育・情報で、戦後の韓国国民をマインドコントロールし続けて来た事」だ。

「その流れの上に在る」のが、

「当時の韓国が成し得なかった明治日本の産業革命成功現実を否定したがる感情」であり、

「朝鮮人特別感がつくり出す、日本人が一方的に悪く朝鮮人は善良で優秀な被害者等のインチキ史観等」だ。

「そんな悪権力者たちや、劣悪マインドコントロールを元に、戦後の韓国の政策は行われて来ている」。

「今回のユネスコでの問題行動も、その一例」だ』。

『「戦時中は、戦争自体が、非人道的な行為」であり、

「当時の多くの日本国民(朝鮮人に対する徴集は日本人より遥かに遅かったが・・・)が勝ち目の無い戦場で玉砕戦法等を強いられていた時代」に

「日本国内における軍需の為の強制的徴集や

賃金まで支払われていた場合がほとんどの

強制的労働が在った」のは、

「当然の現象」だろう。

「そして、もちろん、日韓併合とは、日本と韓国が一つの国となる同化政策の国家契約だったから、

そんな戦時中の強制的徴集&強制的労働は、朝鮮人ダケでは無く当時の全日本国民が対象だった」のだ。

「駄々や捏造史等を元に、

朝鮮人ダケを特別扱いを無理強いし、

日韓基本条約で既に解決済みの補償問題なのに、

更なるお金や利権をむしり取ろうとするその悪態」は、

「正に、永遠の恥辱に染まる道の上を歩いている者たちの行い」に他ならない』。

『「現時点では、今回の問題を補償問題に利用しない等の合意が、日韓の間で成立している」というが、

「戦後の韓国との間の合意」は、

「日韓基本条約」や、

「河野談話」等々の「実例」を「見るまでも無く」、

「今は、合意した事にしとく・・・」レベルの話しでしかない。

「韓国内」での、

「日本が世界の公式機関の中で朝鮮人強制労働を認めた!」の「大宣伝」の「先」に、

「韓国内でどの様な世論が起きるのか?」は、

「言うまでも無い」だろう。

「そして、韓国世論の後押しを、お手盛りでつくり出し、受ける、韓国人悪権力者たち」は、

「まるで、日韓併合時に日本に助けを求めて来た当時の韓国人権力者たちの如く、

日本側に、上辺では助け(=何かくれ!貰えないと国内を収められないから、日本にも迷惑がかかる!等々)を求め、

その裏では、私腹を肥やし、

更なる駄々や捏造利権をつくり出そうとし続ける」だろう』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上を歩き続けている者たち」に「相応しい」のは、

「断じて、太陽政策では無い」。

「太陽政策を施し、その様な者たちの数を増やす方向に力を与えれば、人類の未来は、暗澹たるモノになる」。

「世界中から、非難を浴びせ、是正せざるを得ない状態に追い込む事」こそが、

「本当の救いになる」のだ』。

|

昨日辺りの記事も結構ビンゴの様で・・・。

『「レスポンス良く、東南方向や上方向や北西方向等からの工作電磁波が強化された」。

「別のところから、協力者等も来ていた様相」だった』。

『「それでは・・・」と「携帯を持たずにちょっとドライブに出たら、携帯保持時には、強電磁波がやって来る場合が多い、青い瓦屋根の家のある交差点からの電磁波は・・・、来ない」。

「つまり、筆者と特定し易い状態で無ければ、スルーする場合もある」』。

『「その辺りにも、電磁波工作摘発の難しさはある」が、

「結構派手に行って来ている上」に、

「電磁波の内実や手口や工作員等の人脈等々も判明して来ている」ので、

「以前よりは、摘発は簡単」だろう』。

『「筆者の車も、一生懸命いじって、何とか、運転中の筆者に、筆者の車で発生させた工作電磁波を当てたがっている様」だが、

「運転前のチェックで、照準をずらしてから運転しているので、実効は出ない」。

「相変わらず、虫や汚れやタイヤ空気等々の工作も行っている様」だが、

「それら明らかな犯罪行為も、何れは微罪では済まなくなる」』。

『「工作ターゲットを変えるなら今の内だが、そういう柔軟な対応が出来る者たちでは無い」だろう。

「逆に言えば、筆者の周りを洗えば、摘発も容易と言う事」だ』。

|

「テレビ大衆誘導に熱心な様相のTBS報道特集」の「沖縄全体主義の元、沖縄紙賛美」問題・・・。

『「報道圧力発言批判は結構だが、テレビ・ラジオ・マスコミ等の偏向情報・大衆誘導・被差別/弱者利権化問題等々」も「忘れてはいけない」。

「それらの自戒無きテレビ・ラジオ・マスコミ等は、例外無く、偏向問題や大衆誘導問題や被差別/弱者利権化問題等々を含んでいるから」だ』。

『「報道圧力発言問題」で、

「沖縄の人々の心を本当に傷つけている」等と言っているのは、

「散々、自虐史観等で多くの日本人の心を傷つける情報を一方的に大量配信して来ているテレビ」だ。

「はっきり言えば、そんな非難などは、日本の公共の電波で一方的に大量配信する情報に値しない」。

「ところが、厚顔無恥連中は、未だに、往生際悪く、偏向大衆誘導を行い続けようとしている」。

「自浄が期待出来ない場合、どうするべきか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報はおかしい」。

「それは、与党国会議員だけが抱えている感では無い」。

「ネットの普及により、テレビ・ラジオ・マスコミ等と日教組等による情報・教育マインドコントロール状態から解かれた後、

多くの日本国民が抱えている感に他ならない」』。

『「沖縄紙代表等の言い分」では、

「自由と、民主主義と、人権重視等々を重視した記事内容だ!」等との旨だが、

「各論併記状態では無く特定極一部の論を偏重している事の何処に自由があるのか???」

「沖縄紙の言う自由とは、偏向報道の自由」なのだろう。

「民主主義や人権重視等々なら、基地移転賛成派等の意見等も傾聴し篤く扱うのが当然」だが、

「まるで、それらの者たちは、沖縄の平和を愛する者たちでは無いかの如きイメージの扱いの何処に、民主や人権重視等があるのか???」

「沖縄紙の言う民主主義や人権重視等」とは「まるで、中国共産党支配下の有益分子にのみ与えられている有益人民優遇主義や有益人民の人権重視」なのだろう。

「沖縄紙代表等の言動の内実」は、

「沖縄全体主義への大衆誘導であり、

基地偏在や戦時中の悲惨さを被差別利権化する事で、

沖縄全体主義の下で日本の世論や国政等を動かそうとしている実質的大衆誘導工作」に他ならない。

「そして、それを賛美している」のが、

「散々、自虐情報等々で日本人の心を傷つけて来ている、こちらも、偏向情報&大衆誘導&偏向民主主義&偏向人権重視等々のテレビ」なのだ。

「そして、偏向情報の裏(上位置)には、人民を支配したがる自分で自分を健康にコントロールし続けられていない悪たちが居る」』。

『「はっきり言えば、

民主党(旧社会党)の手先であり、

反日国である中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの手先の要素が色濃い連中」が、

「日本の公共の電波を牛耳っている」のだ。

「民主党目線の政治報道姿勢や、円高是正悪論や太陽光発電正義論等(どちらも、日本を細らせ、中・韓を太らせるのには有効)への偏向状態等からも、それは明らか」だ』。

『「全ての視聴者」は、

「テレビ・ラジオ報道等が、中立・正義等と思って、鵜呑みにしては絶対にいけない」。

「現状の実態」は、

「偏った人脈による偏向情報大衆誘導状態なのだから!」

「そして、そんな異常な状態は是正されるのが当然」だ』。

『「公共の電波使用料が安過ぎる日本」&「特定極一部の人脈の者たちが、戦後、ずっと、公共の電波使用を独占的に行い続けられて来ている日本」は、

「明らかに異常」だ。

「立法府の者たちがちゃんと仕事をする」なら、

「公共の電波の特定周波数独占使用権には、年単位等、短めの期限を設けると共に、

一般競争入札として、

出来る限り高い使用料(つまり、税収)を取る法整備を行うべき」だ。

「宗教法人の優遇税制廃止と共に、低減税率で減る税収を補える法整備は、此処にも在る」』。

|

北朝鮮が拉致被害者調査報告を「未だ、待って」という「当然の結果」・・・。

『「元々が、制裁部分解除目的の様相が濃厚だった北朝鮮による調査」。

「人の往来についての制裁解除状態」は「当面続けたい」から「調査報告も、未だ、待って・・・」だ。

「北朝鮮相手の交渉」は「北朝鮮にメリットを与えるダケ」だ』。

『「北朝鮮が拉致被害者を帰せない理由は何か?」

「言うまでも無く、北朝鮮が日本国内で工作活動を行っていて、その工作活動について北朝鮮が帰せない拉致被害者が知っているから」だ。

「逆に言うなら、日本国内で行われている北朝鮮人脈による工作活動の全てを摘発する」なら、

「北朝鮮が拉致被害者を温存するメリットも激減する」。

「前々から、何度も、何度も、記している通り、

日本国内における工作活動の実効のある摘発体制の整備と厳罰化こそ」が、

「拉致問題解決への近道」に他ならない』。

『「電磁波工作を行っていると強く推定出来る建物には、

個人の家的な物の場合、圧倒的に、朝鮮総連と同様の青色瓦屋根の家が多い」。

「電磁波工作の摘発を行えば、結構、北朝鮮にも効く筈」だ。

「何しろ、電磁波工作により、政界要人の実質的殺人まで行って来ている可能性も大」だから、

「そんな事態を露呈させる事に繋がる、

その辺りの事情を知る拉致被害者帰還は、

電磁波工作犯罪自体が摘発されていない限り、絶対に無理」だろう。

「逆に、摘発すれば、摘発時には、相当にもめるだろうが、その後の拉致被害者帰還問題は、障害が激減する事になる」』。

『「元々、日本国内では、朝鮮系の者たちは、北系(つまり、所謂東側)と南系(つまり、所謂西側)で、住処を分け、同朋同士のぶつかり合いを避ける傾向が強い」。

「北系の者たちが集中的に居る所」では、

「相応に、個人宅と強く推定される家等からも、一般日本国民までをも攻撃対象とした工作電磁波照射が行われている場合も多い」のだ。

「だから、その様な場所の警察管轄地域等に、集中的に摘発エリートたちを向かわせれば、効率の良い摘発も可能になる」。

「特定周波数に引っかからない様に、縦波を使い、

縦波であるが故に、音同様、間に壁等が在っても、覗きも容易で、

電磁波工作対策法が無い法の穴を突き、

覗きや上級工作員等が使う電磁波工作兵器等は、上辺は普通のキャリイングケースや電化製品や音響機器等々と巧妙にカモフラージュし、

下っ端工作員や一般日本国民が使う車や電化製品等を弱工作兵器化する方法は、発信素子入りのネジや金属接触板等への変更だけや、RAMやROMに発信信号を書き込むだけ等のマジック的手法で、

オンオフ可能であるが故に、

摘発情報を得ていれば、沈黙状態に隠れる事も容易な、

周波数対応尾の電磁波計測器等では測定困難だが、覗き電磁波結果を反映させる為にも使っているであろう電界探知では探知可能な、

電磁波工作の実態を把握してしまえば、

摘発方法の構築も困難では無く、

北朝鮮系等による分かり辛い工作活動の一つの大きな手法は、確実に押さえる事が出来る」』。

『「元々が、人同士の暗号・記号コミュニケーションで動いている面が強い工作員やその指令部要員たち」だから、

「暗号・記号の整合性を取る為のお仲間同士の連絡組織と化している場合も少なく無い、

新興宗教団体等の不当優遇を止め」、

「宗教なら、人や世の為になる良い事を行っているのだから、ガラス張りでも良いでしょ!」的な

「世論を増大させる事も有効」になる。

「元々が、血統主義者的な要素もかなり濃い連中」であり、

「主として、日韓併合以降に渡来している場合が多い」のだから、

「上辺は、帰化していても、養子縁組や戸籍買い等で日本国民化していても、朝鮮系血統を洗う事はかなり有効」だ。

「何れにしても、日本国内で実際に行われている現行法で摘発困難な工作活動をちゃんと摘発出来る様にする事」こそが、

「拉致問題の解決にも直結している」のだ』。

『「そして、国交回復前には、補償問題を言うであろう北朝鮮に正当に対応出来る国民認識を、全ての日本国民が保持している事が望ましい」。

「朝鮮系に都合の良い自虐史観では無く、~日韓併合~戦後についての事実・現実に基づいた歴史認識」だ』。

『「基本的に北朝鮮とは、韓国内の反乱軍政府」だから、

「日韓基本条約で補償問題は全て済みでも良いくらい」だし、

「拉致や日本国内で行われ続けて来ている不当な工作活動に対する補償・謝罪を要求する」のは「当然」だ』。

『「実戦争を恐れる事は無い」。

「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」になる。

「恐れるべきは、

核・ミサイル・出鱈目で横暴な何をやるか分からない国家指導者等のイメージの脅し等に屈し、工作活動を続けさせる事による、

侵略であり、

日本乗っ取り支配工作の成功」に他ならない』。

『「日本政府等が、本当に日本の政府なら、本気の解決策を実行するべき」だ』。

|

「政治家の報道圧力VSマスコミ大衆誘導」お粗末劇を大衆誘導で勝利にしたいマスゴミたち・・・。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による偏向報道や大衆誘導は責められて当然の事」だ。「ところが、それを与党国会議員の様に権力を保持している者が行う」と「圧力的要素が高くなるという理由」等々により「本来なら非難されるべき事を、まるで、正当な権利の如く脚色出来てしまう」。

「そんな悪劣な大衆誘導工作を行わせない為」にも、

「権力を持っている者が発言する時は、十二分に配慮すべき」だ。

「しかし、全ての日本国民」は、

「今回の壁耳取材ネタで、大問題化&大衆誘導という、マスゴミ側の酷いやり方の問題」も、

「絶対に忘れるべきでは無い」。

「こんな重大な悪事を黙認してしまえば、日本社会は、マスゴミファシズム社会になってしまう」』。

『「沖縄の新聞の一大問題」は「地方紙である上に論調も同様の沖縄二紙以外の一般全国紙が、当日配達では無い事」だ。

「翌日配達では、もはや、新聞では無い」から、

「実際に沖縄での新聞のシェアは、地方二紙だけで9割以上」だ。

「その二紙が、まるで、赤旗と人民日報みたいな論調だったとしたら、どんな実効が出てしまうのか?」

・・・「今の沖縄は、そんな状態にある」。

「外国特派員の方々は、先ず、沖縄二紙の内容を良く吟味するべき」だろう。

「事実・現実の切り売りイメージが読者に抱かせる思いの多様性が失わされている状態、二紙でシェア9割以上では・・・、大衆誘導も容易」だ。

「政権から報道への圧力を問題視するのは当然」だが、

「同時に、一部報道によるイメージ大衆誘導の問題も問題視する事を忘れてはいけない」。

「政権批判は大宣伝」で、

「マスコミ大衆誘導の問題を告発出来ない」のは、

「大衆誘導工作機関かマスゴミに他ならない」。

「少し考えれば誰でも分かる事」だ。

「政権批判を行う事は、野党の応援にもなっている」。

「反現政権派のマスコミの仮面を被った大衆誘導工作機関」なら、

「合理的なやり方」だ。

「元々、現実的な世論も少なからず在った沖縄の世論を甘言で夢逃避世論化した」のは、

「民主党鳩山政権」だった。

「それは、マスゴミや大衆誘導工作機関が生みの親だった政権」でもある』。

『「政権による言論への圧力は絶対にダメ」だが、

「同時に、情報大量配信機関であるテレビ・ラジオ・マスコミによる偏向報道や大衆誘導も絶対にダメ」である。

「民主主義社会なら、どちらもダメが当然の事」だ』。

|

公共の電波既得権益問題を黙殺しているテレビ・ラジオ・マスコミ等の言論統制問題・・・。

『「朝日や東京では、優等生的に触れるだけ触れたが大訴えはせず、実質的には、黙殺・・・、実に姑息な情報工作ぶり」だ。

「触れもしない、確信犯的なテレビ・ラジオ・マスコミ等には、その裏に後ろめたさが在ったりして・・・」。

「何れにしても、大問題なのだから、全日本国民が真剣に考えるべき事に他ならない」』。

『「以前から、当ブログでは何度も何度も訴えて来たので、ようやく、少しは、表に出て来たか・・・の灌漑に浸れている」が、「未だ、極悪人たちを露呈させる事等の始まりに過ぎ無い」のだ』。

|

のぞみ焼身自殺犯問題、現状経済システムの不公平感を是正する方法は?・・・。

『「同様の新たな事件等を防ぐ為には、実効のある対策が必需」だ。

「現状の経済的不公平感を払拭しなければ、71歳焼身自殺に続いて、団塊世代ブチ切れホーム・グローン・テロ等が続く事になってしまう」だろう。

「現状経済システムの不公平感を払拭する方法は?」』

『「現状経済システム上の一番の問題は、投資家層が過剰に有利になっている所」だ。

「逆に言えば、投資家層の利益に応分の税金をかける事こそが合理的で、実際にその様な提案は枚挙に暇が無い」。

「ところが、現状の金権社会システムでは、投資家層=権力者みたいなところが在る」から、

「改善策がなかなか実行されない」のだ。

「金権社会から民主主義社会への進化が必需」だ』。

『「投資家層と言っても、千差万別十人十色状態」だから、

「相応に分別規制する必要がある」。

「具体的に言うなら、投資家比率と年齢区分と元資本金額によって課税すれば良い」だろう。

「一般の仕事には定年が在る」。

「定年後の人々が投資家として金銭的糧を得る事には、相応の合理性も有る」。

「だから、年齢区分は、定年と合わせれば良い」。

「実働可能・・・つまり、定年前なら、投資家利益部分のそれこそ99%課税でも良い」だろう。

「実働可能年齢中の人々の全てが、実働に励まざるを得ない状態は、公平感をもたらす」。

「定年後は、年齢区分課税ゼロでも良い」だろう。

「投資家比率とは、実働と投資家の比率」だ。

「上記の様な厳しい年齢区分課税を実践する」なら「その必要性も少なくなるかも知れない」が、

「厳しい事には拒絶感が伴い易い」ので、

「やんわりとした年齢区分課税が実践された場合でも課税システムを有効に機能させる為に、考えておくべき」だ。

「実働所得に対して、投資家所得比率が高ければ高い程、累進課税的に大きな税をかける事が合理的」だ。

「元資本額に対する累進課税も合理的になる」。

「投資の世界は、%の論理の世界だから、元資本が大きければ大きい程、実利上も有利」だ。

「一般庶民の小額投資は実質的に無税で、累進課税的に大資本家になればなる程、税率を高くする」。

「現状で大資本家となれている者の資本源泉の多くは、相続だったり、株・土地・物品転がし等々だったりしているのだから、

不公平感是正の為には必需の課税」だ。

「以上は、あくまでも、個人への課税」だ。

「企業分は別枠で考える必要がある」。

「投資会社のみに高い税金では、企業競争力も削がれ、投資会社のみが不利になってしまう」から「企業分の税制は、他の企業と同様で良い」のだ。

「その上で、どんな企業での報酬でも個人所得の累進課税の強化をすれば良い」。

「累進課税の強化は、不公平感是正に為にも、ワークシェアリング促進の為にも、利権分配促進の為にも、絶対に必要」だ。

「全世界的に行うべき」だ』。

『「以上は、本当の民主主義なら、実行出来ない訳が無い不公平感是正の為の課税システムの概要」だ。

「偏在利権の温存」と「不公平感是正」の

「どちらが、今の人間社会に必要なのか?」は、

「言うまでも無い」だろう』。

『「団塊世代ブチ切れホーム・グローン・テロ等が流行ってしまう前」に、

「速やかに、不公平感是正風潮を蔓延されるべき」である』。

|

「演歌歌手を目指していた明るく真面目な好青年がのぞみ車内で焼身自殺するまで」と、後に控えている「団塊世代ブチ切れホーム・グローン・テロ」の恐怖・・・。

『「今回の事件の元凶は何か?」

「不公平感」である。

報道によると、

「明るく真面目な好青年は、演歌歌手になる夢を持って、東北から上京し、流しをやっていた」。

「歌も上手く、人柄も好まれたので、人気者の流しだった」。

「ところが、カラオケの登場で、流し自体が、廃れ、流しでは食えなくなった」。

「その後、就職し、しばらくは、同じ会社で真面目に働いていたが、バブル等の影響で、就職した会社が潰れた」。

「その後、ドライバーや、廃品回収業等の仕事を行っていたが、年齢も年齢になったので、年金生活に切り替えた」。

「ところが、貰えていた年金自体が、月々12万円程度という少額でしか無かった」。

「4万円の家賃を支払い、介護保険料や税金等を払うと、残りは、僅か4万円程度だった」。

・・・との事だ。

「生活苦の不満と、将来の望みの喪失」が、

「事件の動機となった様相」だ。

「明るく、真面目に、実働に励んで来ても、雇用先の会社が潰れ、再就職でも優遇されなければ、どんどん生活が苦しくなってしまう」。

「真面目に実働して来た結果が、生活が苦しいレベルの年金額・・・」では、

「社会を恨む気持ちになってしまう人が出る」のも、

「ある意味当然・・・だろう」。

「その反面、意地悪く、投資界等で稼ぎまくれば、実働に励む多くの人々の苦境はどこ吹く風、金満体質になる事も、可能」だ。

「そして、投資界では、資本力があればある程、失敗し辛く、金満になり易い」。

「みんなが苦境なら、我慢も出来ただろう」が「この不公平感は、正に、望みを砕くに十分だったに違い無い」。

「全ての人々が、忘れるべきでは無い事」は、

「そんな状態の人々が、今の日本国内には多数居る事」だ』。

『「不公平が解消されて行く、

望みや希望が感じられる社会にして行かない限り、

団塊世代ブチ切れホーム・グローン・テロだらけになってしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「ところが、テレビ・ラジオ・マスコミ等が訴えている」のは、

「モグラ叩き対策」なのだ。

「事件を起こした者を、まるで不良品の如く扱うと共に、

現状日本社会の不公平不当利権等の問題はそのまま黙殺・・・」では、

「時間と共に、不満はどんどん大きくなる」』。

『「特定極一部の者たちが、出続け、特定極一部の者の考え・思いばかり、一方的に大量配信して居る、テレビ常連出演の問題」も、

「そんな不公平問題の象徴に他ならない」。

「少し、考えれば、誰でも分かる事」だが、

「テレビ上の発言とは、何十万人~何百万人~もの人の前で、演説出来ている事と同様」なのだ。

「毎日の様に、同様の者たちばかり・・・が、何十万人~何百万人~もの人の前で、演説・・・」とは、

「とんでも無い異常事態に他ならない」。

「特定極一部の者たちの常連出演が公然化されたまま・・・」では、

「不公平感が減って行く事を誰も感じず、

むしろ、不公平不当利権を得れば、勝ち!

・・・みたいな、不健康な思いを抱く者たちが増えてしまう」だろう。

「不健康な勝負に悪夢を抱く者の裏では、

現状日本社会に突込みどころがある事を、

ホーム・グローン・ブチ切れテロ等の正当化の理由にしてしまっている連中も

少なからず生まれている」だろう。

「そして、そんな事件の元が、現状脱出欲動の暴発という無意識レベルの強い欲動等により、社会還元されてしまう」と、

「無差別殺人や、今回の様な事件となってしまう」のだ』。

『「この状態は、モグラ叩き対策では防げ無い」。

「日本社会全体から、不公平感を排除して行く明るい雰囲気が感じられる様になる事」こそが、

「実効のある対策」に他ならない。

「日本社会に明るい雰囲気を蔓延させる為」にも、

「テレビ・ラジオ等常連出演者の問題や、有名人利権不当製造の問題等々」は、

「早急に是正されるべき」だ。

「者依存状態に操られている人々」は、

「最初の内は、{指導者}等の喪失感に不満を抱くだろう」が、

「時と共に、この問題の是正の重要性に気づく様になる」』。

『「幸いな事に、日本社会の経済面では、政権交代以降、いくらかは、明るい風が吹き始めている」。

「しかし、その利益配分は、未だ、未だ、不公平感満載状態」だ。

「社会保障状態も、未だ、未だ、不公平感満載状態」だ。

「情報・教育は、事実・現実に基づき、事実・現実を出来るだけ歪めない事」が、

「不公平是正感を誘う事に直結している」。

「偏向情報を一方的に大量配信しているテレビ・ラジオ・マスコミ等は、

それだけで、日本国内ホーム・グローン・テロ等の重大な原因をつくっている」のである。

「現状の日本国内には、直すべき者・物・事が多数在る」。

「それらを是正する事こそが、ホーム・グローン・テロ等の基本的な防止策」である』。

『「ホーム・グローン・テロリスト等たちに、正当化の理由を与えず、むしろ、日本にダメ出しをする事は恥ずかしくなる状態をつくる事」こそが、

「肝要」なのである。

「総中流時代には、その様な状態が、ある程度は、在ったから、

世界中の多くの国々から、日本は憧れられていたり・・・していた」。

「欧米社会と同様の日本社会となれば、欧米社会と同様のホーム・グローン・テロ等が発生する様になる」のは、

「当然の現象」に他ならない。

「今回ののぞみ車内焼身自殺犯は、その走りの一つに過ぎ無い」だろう。

「実効のある対策を取らない限り、

団塊世代ブチ切れホーム・グローン・テロの頻発が、

防げ無い事になってしまう筈」だ』。

『「公共の電波を使った情報の一方的大量配信」で「モグラ叩き対策」を「常連出演者たちが、優等生ぶって語っている状態・・・」では、

・・・「背筋が寒くなる」・・・』。

|

テレ朝昼番では、まるで「監視社会の推奨」の様な論調だったが・・・。

『「のぞみ内焼身自殺事件を受けて、その対策として、まるで監視社会を推奨する様な論調だったのが、テレ朝昼番」だった。

「さすが、左(つまり、旧共産圏)寄りの思想が濃厚な連中の考える事」である。

「左右対決、つまり、東西冷戦は、既に決着済み」だ。

「もちろん、左側の社会では、最新科学技術開発等の比べっこでも、劣っていたから、

左側の社会側は、もはや、旧共産圏の社会体制を諦めざるを得なくなったので、

右側の勝ち」で「決着済み」だ。

「旧ソ連は、体制を右側社会寄りに直し、ロシアとなった」。

「未だに、旧来の左側社会体制を無理にでも維持したがっている」のは、

「中国共産党や北朝鮮等、今や、圧倒的少数派の国々だけ」である』。

『「そんな左側社会の特徴」は、

「優秀な???者たちによる優秀では無い者???たちの支配体制」だ。

「国家指導者等により、人民が監視下に置かれ、

有益分子と不適応分子に分けられた社会体制に無理やり人民を適合させるべく、

有益分子の育成と不適応分子の粛清が行われて来ている」。

「今回ののぞみ焼身自殺犯の様な者は、不適応分子だから、先ず、不適応分子を漏れなく摘発出来る監視体制を・・・というニュアンスさえ漂っていた」のが、

「テレ朝昼番のコメント」だった。

「そう、常連出演者たちとは、有益分子中の有益分子、もしくは、人民を指導する国家指導部のつもり・・・」なのかも知れない。

「元々、利権集中化した常連出演利権を分け合う有能な仲間たちという雰囲気さえ醸し出しているその様相」は、

「集中利権で膨らませたパイを、まるで、中国共産党幹部への賄賂の如く、分け合っている様相ですらある」のだ。

「実に醜悪な光景が其処に在る」』。

『「普通の自由主義圏の発想」なら、

「人の監視には向かない」。

「監視するなら、物となる」から、

「手荷物検査等が一番」だ。

「人を監視する場合は、テロ組織構成員等と認定・推定されるに十分な要素を持った者等、極限られた者たちに区切っている」。

「そして、自由主義圏の大きな基幹」は、

「自助」である。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」等の、

「人類として当たり前の基本が、

未だいくらかはしっかりしているから、

自由主義圏の科学技術等の発展は、旧共産圏より遥かに進んだ」のだ。

「自分で自分を健康にコントロールする代わり」に、

「他人を支配・コントロールしたり、

他人に自分を支配・コントロールさせたり、

という精神構造を無理強いするのが、

旧共産圏社会の精神構造」だ。

「当然、代償欲求に過ぎない他者支配・コントロールは、過剰を極め易く、結果として、

数多くの人々が、不適応分子として、実際に、殺害されて来た」。

「代償欲求に生きている状態の者を有能としている程度」だから、

「科学技術等の進歩も相応に低レベルとなったのは、必然」に他ならない』。

『「その旧共産圏度が未だ色濃い中国共産党支配下の中国」では、

「戦略兵器を持たない日本が心神という小型戦闘機を持っても仕方ないだろ!」等々の、

「小日本論」等が「未だに、有る」のだ。

「そんな事を言っている連中は、今の人類が本格的な戦争はもう出来ない事さえ、理解出来ていない」のだろう。

「日本に対して、核攻撃すれば、米軍による報復核攻撃が行われる」。

「核戦争となれば、人類に勝者は居ない」。

「核兵器保有以降の人類には、本格戦争の選択肢は無い」のだ。

「それならば、今の軍備は何の為に在る?」

「もちろん、狡賢い不当侵略等を抑制する為」だ。

「本格戦争は出来ない今の人類でも、地域戦争は、実際に、今でも行っている」。

「地域戦争という比べっこで、圧倒的に力の差を示す事こそ、本格戦争の出来ない今の人類にとっての勝負」に他ならない。

「基本設計が、ロシア製のエンジンの戦闘機が、どれ程、遠くから、精確にロックオンされ、見えない相手戦闘機によって撃墜されてしまうのか?」等は、

「地域戦争で、ロシア製のエンジンの戦闘機と、欧米列強や日本の戦闘機が小競り合いをすれば、直ぐに分かる」。

「戦略核の世界も、その世界の拡大版相似形」だから、

「仮に、自滅覚悟で核戦争を起こした場合でも、被害が多いのは、左側の国々になる」。

「中国は、使えば負ける軍備を増強する前に、体制を普通に民主化するべき」だ』。

『「年金が少ない等、経済面での苦境に不満を感じ、この先の人生に望みが持てない・・・と、

のぞみの中で、抗議の焼身自殺をした様相の71歳男性の問題」について、

「同様の新たな事件等を本気で防ぐ気があるのなら、

先ず、訴えるべきは、格差是正であり、年金&老後の充実」だ。

「ところが、偏在利権上で過分な立場・報酬・有名人利権等々を得て、まるで、偏在利権の麻薬漬けになっている様相の連中」は、

「自らがその恩恵に預かっている偏在利権の問題を言わない・言えない」から、

「問題解決の為の当たり前の景色も見えない」。

「結果として、代わりに、要でも無い、人民監視論の様な発言をさも正論の如く言う」。

「そんな姿を公共の電波上で曝す事」など、

「筆者なら、恥ずかしくて、とても耐えられないレベルの事」だが』。

『「恥の上塗りを避けさせる為にも、

格差是正やワーク・シェアリングの意味からも、

少なくとも、公共の電波上では、

特定極一部の者たちの常連出演状態は、直ちに、止めさせられるべき」だ』。

|

人生に望みを失った71歳、のぞみの中で焼身自殺か?・・・。

『「テロでも、無差別殺人でも、無かったであろう事」は「若干の救い」だろう。「しかし、現実にこんな酷い事件が、またまた、起きた」。「何故か?」』

『「容疑者の裏に宗教団体や民族組織等々が無かったとする」なら、

「この事件の実態」は「タイトルの様な事」と「強く推定出来る」。

「仕事を辞めた71歳の決して豊かでは無い様相の者」が、

「自らの残りの人生について、望みを失う事態」は、

「枚挙に暇が無い事態」だろう。

「しかし、だからと言って、焼身自殺までする者」は、

「ほとんど居ない」。

「焼身自殺とは、抗議の意を込めて行われる場合の多い事」だ。

「其処に、容疑者の意図が感じられる」』。

『「現場実務労働者であった様相の容疑者」は、

「豊かになれていなかった様相であるばかりか、むしろ、貧困層の生活実態を露呈している様相」だ。

「居住地は杉並区内だと言うが、住まいは、古い木造のアパートの様」だった。

「ここにも、現状経済システムの酷さが表れている」。

「現状経済システム」では、

「現場実働者は奴隷的待遇に終始する」が、

「金転がし搾取層である資本家層は超優遇状態を得易く」、

「経営者層はその中間で搾取側のメリットを得易い」。

「だから、欧米等では、若い内は、現場実働で稼ぎ、経営者層に上れるか?否か?は問わず、資本の元をつくり、年齢を重ねたら資本家層のメリットを享受出来る様に・・・等のライフ設計が一般的でもある」。

「ところが、日本では、株式投資等に対する否定感が蔓延っている」から、

「例え、お金が貯まっても、今ではほとんど利息の無い銀行預金等の貯金が主流・・・」だったりしている。

「株式投資で失敗する者も多い」。

「そんな日本社会の救いの部分」は「年金」だが、

「果たして、今回の容疑者に人生の望みを失わない程度の十分な年金が有ったのだろうか???」

「年金以外の社会保障と言えば、生活保護等」だ。

「ところが、生活保護受給に抵抗感を持つ人々も決して少なく無い」。

「一生懸命現場実働で生きて来て、年金も不十分で、生活保護受給に抵抗感が有った」のなら、

「人生の望み喪失感」が「相応に高かった事が推定される」。

「そして、そんな価値観を抱く人々をつくり出している」のは、

「当人の自己責任の部分はもちろん少なからず在る」が、

「大枠としての現状日本社会の精神文化の影響によるところ大」なのだ。

「情報・教育の問題でもある」のである』。

『「現状の情報・教育がつくり出している者たちの例」として、

「若者層の無差別殺人者等があり、

老人層の自暴自棄者等がある」。

「情報・教育の仕事に携わっている者たち」は、

「この現実をもっと、もっと、深刻に受け止めるべき」であり、

「実効のある改善を行うべき」だ』。

『「本日のテレ朝朝番でも、常連出演者」が、

「容疑者には、ヒーロー願望もあり、自己顕示欲もあった・・・」等と、

「まるで、

常連出演という自己顕示欲と、

事件・事故等に対し正義ぶってコメントしている自らのヒーローぶりを、

訴えたい様相の厚顔無恥コメントまで言っていた」が、

「こんな状態では、同様の新たな事件・事故等の抑止に力が加わる訳も無い」。

「元々が、自殺目的だった」ので、

「他人を巻き込まない様にという配慮は、ヒーロー願望などでは無く、容疑者が未だ保持していた自然な良心」だろう。

「焼身自殺という抗議目的を強く感じさせる自殺方法の裏に在るのは、

自己顕示欲では無く、訴えと取るのが普通の解釈」だ。

「訴えの内容を探求し、問題点の改善を考える」なら「同様の新たな事件等の防止にも力が加えられる事になる」が、

「自己顕示欲と処理し、問題行動を起こした当人の問題として片付けると共に、常連出演者に多大なメリットを与えている現状社会体制や精神文化等を黙認・・・」では、

「時を重ねる事に、より大きな現状脱出欲動の暴発を誘う事になる方向に力を加えているダケ」だ』。

『「今回の事件が、もし、自爆的テロや無差別殺人目的だった」なら、

「犯人は、一両目の前方で焼身自殺を図らず、

一両目の後方で焼身自殺した筈」だ。

「その場合の犠牲者の数は、恐ろしい程に、増えてしまう・・・」。

「対策は急務」だ』。

『「実効のある対策」は、

「物質文明面で行うなら、

持ち込み品や乗客に対する検査・制限等、

航空機同様の事になる」が、

「それでは、せっかくの利便性が大きく損なわれてしまう」。

「航空機等でも、利便性を損なわせている」のは「精神文化面での対策が遅れ過ぎているから」に他ならない』。

『「現状対策としては、早急に、物質文明面で対応せざるを得ない」が、

「人類の精神文化の正常進化という、

精神文化面での対策が、

現状物質文明全般への対策として必需」だ』。

『「その実務を担っている筈のテレビ・ラジオ・マスコミ・映画・ドラマ等々や学校教育等」が、

「現状の様な酷さ・・・では・・・」。

「人類滅亡が現実味を強めて来てしまっているのも、当然過ぎる程、当然になる」・・・』。

『「ヒーロー願望なんて言っていないで、

自分を救う代わりに他の者・物・事を正義ぶって救ったり、非難したりしている事の実体が、

{ヒーロー代償欲求}である事を言い、

代償欲求の追及より、

自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足を言えば良い」のだが。

「自己顕示欲や自己容認欲求等満載の常連出演者たち」が、

「他の人々の自己顕示欲や自己承認欲求を正義ぶって非難する醜悪劇」等を

「公共の電波を使って一方的に大量配信するのでは無く、

常連出演等は排除し、

出演者たちが、自らの自己顕示欲や自己承認欲求に素直に向き合う事で、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事に役立てている実態でも、

放映すれば良い」のだが』。

『「何処の国でも、公共の電波を使って、情報を一方的に大量配信しているテレビ・ラジオ等の是正」は、

「急務」だ』。

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »