« 韓国と台湾を植民地支配というインチキ論を風潮している時事通信・・・。 | トップページ | 山本太郎「原爆投下や東京大空襲は戦争犯罪では無いのか?」だと・・・。 »

チャイナリスク株安をアベノミクス失敗という極悪野党等・・・。

『「本来、株価とは、企業の実力等を市場が評価する事を基本にして成り立つべき価」だ。「ところが、上海市場の中国株は、全く違う」。「何しろ、共産党一党独裁支配体制下の実質的国営企業が多数上場状態」だから、「企業の本当の内実など判る訳も無い」。

「そして、そんな中国の{企業}が不利になると、為替を中国共産党が勝手に決めて来た」。

「ところが、それでも、元々の実力が足りず、破綻状態に陥った」から、

「今度は、株価が急激した{企業}の株取引自体を勝手に停止」した。

「中国共産党支配下の上海市場に在るのは、市場原理では無い」。

「中国共産党の保身原理」なのだ。

「当然の様に、インチキ市場は崩れ、上海発株安が起きた」』。

『「中国外の企業で問題」なのは、

「大人数国中国の消費者に大きく依存している企業」や、

「中国共産党支配下の中国に大きく進出してしまった企業」だ。

「何しろ、中国共産党支配下の同じ器の水を飲まされている状態」なので、

「実質的中国共産党支配下の国営企業のインチキが破綻を招いても、影響が出てしまう」。

「だから、実際に、その分が、世界的株安となるのは当然の現象」だ。

「しかし、内実として安くなるべきは、あくまでも、その部分ダケ」である。

「元々、中国共産党支配下の中国の経済開放政策に付き合う事自体が、チャイナリスク」だった。

「そのチャイナリスク故の株安が起きたダケ」だ』。

『「ところが、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちの手先的野党議員等」は、

「チャイナリスク故の株安をアベノミクス批判に使っていた」。

「テレビ常連出演者の一部も、同調していた」。

「本当に、醜悪」だ』。

『「そんな野党の議員たちやテレビ常連出演者たち等の本心の国籍」は「日本では無い」のだろう』。

『「はっきりしている事が在る」。

「例え、安倍政権がどんなに嫌」でも、

「日本の国政を本心の国籍が日本では無い者たちに預けてはいけない事」だ』。

『「テレビ・ラジオ等日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信機関」も、

「本心の国籍が日本では無い者たち牛耳らせ続けていてはいけない」。

「テレビ・ラジオ情報等を受けている多くの日本国民」が、

「本心の国籍が日本では無い様相の者たちの論に追従するべきでは無い事」は、

「言うまでも無い事」だろう』。

|

« 韓国と台湾を植民地支配というインチキ論を風潮している時事通信・・・。 | トップページ | 山本太郎「原爆投下や東京大空襲は戦争犯罪では無いのか?」だと・・・。 »

政治」カテゴリの記事