« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

テレ朝昼番、未だに実力???の心理学者?に高校生嘱託殺人(?)の解説をさせている公共の電波の無駄遣いぶり・・・。

『「自殺願望の仕組み」さえも「満足に解説出来ない心理学者」の「言い分」を「公共の電波を使って一方的に大量配信したところ」で「同様の新たな事件等の抑止効果は非常に薄い」。

「スーパームーン=特別な日等、嘱託殺人のフタを開けさせた死亡してしまった、少女の自殺合理化心理操作等」は、

「今時なら、心理学者で無くても、其れこそ、其処ら辺のおじさん・おばさん・学生たちでも重々承知」だろう。

「何しろ、ドラマや映画や小説・漫画等々の中で散々描かれている心理操作」だ。

「心理学者なら、自殺願望が生まれる構造」等を「言うべき」である』。

『「そもそも、生きてる人は誰でも、今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している」。

「つまり、誰もが、細胞の誕生の情報も、生きている細胞の情報も、病気や傷ついた細胞の情報も、遺物等の情報も、細胞の死の情報も、自らの中から感じている」。

「自らの身体の一部でもある脳には、それら全身の細胞からの情報が、神経細胞等を通じ常に上げられている」。

「その上げられている情報を元に、基本的な欲が生まれている」。

「欲を元に、脳内で合理化等の処理が行われ、人間の行動は起こされている」。

「元々、人類誰もの中では、細胞レベルの死の情報も脳に上げ続けられている」のだから、

「人は誰でも、死の本能を持っている(死の欲を抱えている)のは必然」だ。

「自殺願望や殺人等の問題」は「その後の合理化~行動化に在る」』。

『「自らの脳内に、丸ごと一人の死生観を蔓延らせている状態」だと、

「人間は、容易に、自殺願望や殺人願望を抱き易くなる」。

「行動化への合理化まで出来てしまうと、実際の事件・事故等に結びついてしまう可能性が高くなる」。

「細胞ごとの死の情報を、細胞ごととして十分に理解・把握・認識出来ていると共に、

細胞ごとの誕生の情報についても、十分な理解・把握・認識を持っている」なら、

「丸ごと一人の死生観からの卒業は容易」だ。

「丸ごと一人の死生観からの卒業」には、

「自殺防止や殺人防止効果が大いに見込める」のだから、

「日本の公共の電波を使った情報配信で、其処に触れない様」では・・・、

「劣悪過ぎる状態」等と「言われても、当然」だ』。

『「細胞ごとから紐解けば、生・死の問題だけでは無く、善悪愛憎喜怒哀楽等の問題も、心理学として、科学的に理解・把握・認識等出来る」。

「古の心理学の精神構造図」には、

「自我や超自我等々と共に、原生林なんて、分かっていないゾ!宣言部分が記されていた」が、

「細胞ごとから遡って紐解けば、統計学的でしか無かった心理学も科学レベルになる」のだ。

「この辺りについての論は、此処ではこれ以上深めない」が、

「心理学者としての立場・報酬等が有るのなら、ちゃんとした仕事をするべき」である』。

『「テレ朝昼番の醜態は何時まで続けられるのだろうか・・・」。

「こんな状態を平然と続けて居るテレビ局」に、

「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を安価で提供し続ける必要は全く無い」。

「テレビ界の改革」は「急務」だ』。

|

福山雅治結婚ショックだと・・・。

『「芸能人なら芸をみる/みられる」のが「当然」だが、「芸では無く、姿形等を見られ、仮想恋愛ドール役でも背負わされていたであろう者たち」は「結婚等の私生活が世間で大きな話題とされている」。

「現状人間社会を構築している、該当個々の人々の、

者・物・事の実体把握や、

セルフコントロール度等のレベルの低さ」が、

「良く判る現象の一つ」だ。

「ゲイノウ人の私生活で騒ぐ妄想派(・・・とでも言うべきか・・)も哀れ」だが、

「芸では無い、姿形等仮想恋愛ドール等被利用による人集めぶりが露にされたゲイノウ人も哀れ」だ』。

『「この低レベルの生みの親」は「もちろん、現状人間社会の情報・教育」だ。

「自分の実体を、ある程度以上、必要十分に理解・把握出来る様に誘う情報・教育」が、

「非常に希薄」で、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為に有用な情報・教育」も「希薄」だから、

「多くの人々が、自分の実体に基づいた本当の自信さえ持てず、他の者・物・事に依存し易くなってしまっている」。

「その上に、人間としての本来欲求の充足と代償欲求の追及の区別さえ???状態」だから、

「多くの人々が、決して充足される訳の無い代償欲求の追及に奔走している」。

「そんな状態の人々が思い描いている人生の成功者像」とは、

「大金持ちだったり、大権持ちだったり、異性に過剰な程モテモテだったり・・・等々」で、

「実体としては、自虐的でグロテスクな状態」を、

「成功と思いたがっている」』。

『「そんな状態の人々が構築した現状経済システムの実体・現実離れ度も酷い」。

「人間の実体に叛いている状態の人々が集まって構築している現状までの人間社会」では、

「当然の如く、戦争の歴史となり、

地球環境は荒れ、

世界平和も未だ未だ、どころか、

人類の存続さえ危うくなって来ている」。

「そして、者・物・事に依存する傾向の強い人たち」は、

「そんな自らが源泉の一つとなっている現状人類の大問題の解決までをも、

他の者・物・事に頼って解決を願っていたり・・・する」。

「本当に呆れ果てる事態」だ。

「救世主を待っている人々が主流なら、確実に人類は滅亡する」。

「一人一人が、自分自身の実体に叛かない人生を送る状態になれば、

地球生命体細胞群の存続~永続という実現可能な永遠の命も手に入る可能性大になる」』。

『「先ずは、個人個人が自分の実体に忠実な人生を構築する事」だ。

「この様な事を記すと、一部おバカたちは、まるで原始自然生活にでも戻れ!と言われた等と勘違いする」が、

「人類としての大仕事の一つ」は、

「地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで広げる事」だから、

「科学技術の正常進化という物質文明の進化をもたらす仕事も

進化した物質文明相応の精神文化を構築する仕事」も

「人類本来の仕事」に他ならない。

「現状の人類は、物質文明の進化は、相応に及第点レベル」だが、

「進化した物質文明相応の精神文化の構築の面では、完全に落第点レベル」だ。

「人類誰もの自分の実体から整合性を取った情報・教育」と、

「人類誰もの自分の実体から整合性を取った経済システムや人間社会の構築」が、

「強く望まれている」のである』。

『「それは、基本的には、一人一人の問題でもある」から、

「福山結婚ショックで右往左往している人々も例外では無く抱えている問題」だ』。

『「人間なら、何処の誰」でも、

「者・物・事依存や、

代償欲求の追及に奔走等で、

人間の実体として、哀れな姿を露呈し続ける」より、

「自分の実体を振り返り、

人類本来の仕事に少しでも貢献したら良いのに・・・」等と

「強く思っている」』。

|

NHKクローズアップ現代、国連SDGsだと・・・。

『「持続可能な経済発展&それに伴う開発等」や「格差問題解消」等は「以前から言われている」。

「なのに、問題解決が出来ていないのは何故か?」

「言うまでも無く、原因の把握も不十分で、対策法も間違っているから」だ。

「さて、中国共産党の軍事パレードにまで実質的表敬訪問した韓国人が事務総長の国連」が、

「2030年までに実現する」と「言っているSDGs」だが、

「原因の説明も無く、本当に実効がある対策法も言わない(言えない)」のだから、

「単なる目標宣言による正義ぶりっこの域を出ない」。

「ある意味では、

さすが、中国共産党の軍事パレードに実質的表敬訪問した韓国人事務総長の下だけあって、

過分な立場・報酬等を正当化する為の詐欺的情報の臭いさえ充満して来ている」。

「そして、それを日本の中の詐欺師的臭いが濃厚な番組等が、大宣伝していた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「日本の番組として言うべき」は、

「SDGsの目標は良いとしても、

その問題の原因や具体的解決方法についての追及」だ。

「それが余りにも希薄だと、

現状の国連の悪戯な宣伝の域を出ない」から、

「現状の国連と同様の臭いがする」のだ』。

『「現状人間社会の多くの問題の元凶」は、

「未だに、多くの人々が、代償欲求の過剰追及で生きようとしているから」だ。

「更に、人生評価も代償欲求の過剰追及をし続けられる事こそが成功だ!みたいな明らかに現実離れした異常な人生評価がまかり通っている」。

「もちろん、今更、言うまでも無く、健康な人間としての基本は、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」であり、

「本来欲求の充足を主に、決して充足される事の無い代償欲求の追及は程々に」が「当たり前の事」だ。

「ところが、この人間としての基本さえ???の人々が、世界中に溢れている」』。

『「具体例を挙げた方が理解し易い」だろう。

「例えば、人間として実際に必要な物は、健常生活を維持する為の衣食住等」だが、

「人間として実際に必要な物を自覚出来ている人といない人では、その要求が全く違っている」。

「人間として実際に必要な物を自覚出来ている人とは、自分で自分を健康にコントロール出来ている人」だ。

「自分で自分を健康にコントロールする支配欲を自分で自分を健康にコントロールしている時点で、充足している」から、

「他人を支配・コントロールしたくなったり、他人に自分を支配コントロールさせたくなったり、する代償欲求が生じ辛くなる」。

「逆に、自分で自分を健康にコントロール出来ていない人」は、

「本来の支配欲自体が充足されていない」ので、

「代償欲求の追及に奔走し易くなる」。

「衣食住等で、他人と比べ、他人の衣食住との優劣で自分の状態を理解・把握しようとするのも、代償欲求の世界」だ。

「自分の実体が本当に必要としている衣食住を把握し、それを充足させるのが、本来欲求の充足」である。

「本来欲求を把握出来ていない場合、本来欲求の充足も把握出来ていない場合が多い」。

「自分の実体を見ず、他人との比較の中に自分を見出そうとする結果、益々、自分本来の感覚や実体把握能力が疎かになる」。

「頼り無くなった自分の代わりに、他の者・物・事に依存し易くなる」。

「他人との比較という代償欲求の世界で生き始めると、比べるべき対象と自分との関係が必然的に優劣関係になり易い」。

「優劣関係での判断では、優位を欲しがり、優位である事で、自信を持ちたがるのが、自覚無き人の哀れな性」だが、

「上には上が居る」から、

「この代償欲求追及の世界には、終わりが無い」。

「何から何まで世界一の人間など存在し得ない」のだ。

「優位に自信や自らの安定を預ける事自体が間違っている」のだが、

「代償欲求の追及に奔走している状態の人間たちには、その自覚が無い、もしくは、希薄」だ。

「代償欲求の追及では本来欲求が充足されない」ので、

「代償欲求の追及は過剰になり易く」、

「代償欲求の追及に多くの人々が奔走している現状人間社会」では、

「格差問題も環境問題も必然的に生まれてしまっている」のだ』。

『「上記の様な人間の基本的行動原理が分かっている」なら、

「実効のある問題解決法も簡単に分かる」。

「先ずは、世界的情報・教育の正常化(=現実化=現実との整合性を高める事)だ」。

「現実の生きている人間は、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している」。

「この当たり前の事実・現実がちゃんと理解・把握されている」なら、

「丸ごと一人の死生観やあの世や霊界等の虚構の力は、圧倒的に小さなモノとなる」。

「丸ごと一人の殺人の不合理性も多くの人々に理解される事になり、

殺したい、殺すべきモノの実体についての理解・把握が深まる」。

「環境問題や格差問題も、殺すべき実体が在る問題」だ。

「過分な立場・財産・資産等の保持等が、

その人の実体との整合性を

現実として取れる場合は無い」のから、

「過分な立場・財産・資産等は、解消させられるのが当然」である。

「大金持ちや大量資産持ちや大権持ち等々は、現実として人生の成功者では無く、悪者」だ。

「悪者をつくり出さない為にも、大金持ちや大量資産持ちや大権持ち等には、応分の罪と罰が与えられるべき」である。

「宗教とは、古の人々の叡智の結晶には違い無いが、現実離れした者・物・事も多く含まれている」。

「人間の実体も含む現実離れした思いの上で起こされている行動等こそが、

現状人間社会の重要諸問題の元凶」だから、

「人間の実体を含む、世界中の誰にでも共通の重要現実情報の徹底した配信・教育等と共」に

「現実離れした思いの上で起こされる行動等は、遊び程度に抑えなければいけない基本法でも制定すれば良い」。

「宗教は、もはや、世界遺産で良い」のだ。

「誰もが自分の実体に基づいた原寸大の人間として、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事を主に、

代償欲求の追及は遊び程度に、

人生を謳歌出来る人間社会の構築」こそが、

「人類の存続~永続の為にも、必要である事」は、

「論を待たない」』。

『「後は、過分な立場・財産・資産等を保有していながら、ロクな仕事をしていない大悪党たち」が、

「大いに反省し、ちゃんとした立場・財産・資産等相応の仕事をすると共に、

過分な立場・資産・財産等を返上し、

必要なところに再分配する事」だ。

「大悪党たちが、人間としての本質的罪を少しでも軽くする道は、それしか無い」』。

|

「殺してちょうだい・・・」で丸ごと一人を殺す操り人形的で哀れな高校生・・・。

『「殺してちょうだい」と「誰かに、言われたら、その人が殺したい本質は何か?」の「自覚を促し、必要とされたなら、対策を共に考えたりする」のが、「人の誕生・死も細胞ごとである事を義務教育や現在の情報で周知している筈の人間が普通にやる事」』。

『「丸ごと一人の死生観のまま丸ごと一人殺す様な人を生んでいる」のは「殺人操り人形化情報・教育工作」で、「今の日本国内でそんな事をしているのは・・・」』。

|

たかが短距離高速鉄道で中国共産党の支配下へ・・・インドネシアの愚・・・。

『「中国共産党支配下の中国のプロジェクトを受け入れる事=中国共産党支配の道具をその国等が自ら抱え込む様な事」だから、「インドネシアは本当におバカな判断をしてしまった」と「強く思う」。

「今後、高速鉄道受け入れをきっかけに、中国共産党人脈が益々濃くインドネシア社会に入り込み、それは、まるでスティルスガンの如く、インドネシアを蝕んで行く事になる」だろう。

「何故なら、中国共産党とは、他の国を含む者・物・事を常に取り入れ続けなければ、存続不可能な組織だから」だ』。

『「言うまでも無く、中国共産党とは、大戦後中国内の内戦で旧ソ連の多大なる支援の下、大陸内の支配権を得た軍事政権がルーツの政権」だ。

「客観的に見るなら、大戦後の反乱軍政府みたいな状態」である。

「当然、普通の治世法では中国国内を治められない」から、

「国家・国民の上に中国共産党を置く、

中国共産党支配下の中国という状態にした」。

「更に、中国共産党の都合」で、

「人民差別(中国共産党系は優等国民・中国国民党系と少数民族系は劣等国民)」と、

「有益分子の製造及び不適応分子の粛清を行い、

政権を維持して来た」。

「当然、中国国内にも中国共産党に対する大きな反発が在る」。

「中国国内の反発を抑える為に必要なのが、お金」だ。

「人民生活が向上し続ける限り、不満はかなり押さえ込む事が可能になる」から、

「中国共産党政権は、共産主義とはかけ離れた市場経済まで取り入れた一国二制度状態をつくり出し、外資や外国企業を呼び込む事で、中国経済&中国国民生活を良くしようとして来た」。

「ところが、共産党一党独裁支配体制なので、許認可権を持つ共産党幹部と企業との汚職・賄賂癒着が蔓延り、

中国国内は、共産党幹部に貢ぐ企業が有利となる異常事態になってしまった」。

「中国国内では、共産党幹部への賄賂の為の資金捻出の為」に

「環境を犠牲にしたり、手抜き工事をしたりする悪企業が発展」し、

「一時的には、中国経済は潤っていた」が、

「余りにも酷い内実で、バブル化した経済は崩壊する事になる」。

「バブル崩壊に合わせて、習近平政権が取った策」が、

「汚職・賄賂等の徹底撲滅{演技}」と「AIIB」だ。

「中国国内を利用した中国共産党政権維持の為の錬金術は、崩壊が目に見えている」から、

「他国並みのクリーン度を強調する事で、他国を巻き込み、他国を利用して中国共産党政権維持の為の錬金術を行おう」という「策略」である。

「元の目的が基本的に中国共産党政権維持の為」だから、

「錬金術、もしくは、中国共産党支配権の拡大で無ければ意味が無い」。

「インドネシアの高速鉄道」で「錬金術は厳しい」から、

「その目的は、中国共産党支配権の拡大」で、

「中国共産党支配権がインドネシアにまで及んでいる事を利用した錬金術を企んでいる」のだ』。

『「インドネシアにとっては、中国共産党への売国・売国民的政策判断にしかならない」のが、

「中国共産党案の高速鉄道建設」である』。

『「この通常なら在り得ない判断は、如何にして生まれたのか?」

「その辺りをインドネシア国民自らが暴き、告発出来る社会にしないと、

インドネシア社会が国際的信用を得る事は困難」だろう』。

|

テレビ常連出演者たちの嫌韓・反中共はどれだけ本気か?・・・。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国」の「誰もが問題だと思う、明らかな問題点」を「挙げ」て、「ダメでしょ!」等とやるのは、

「当たり前の常識的考えを保持出来てる事の訴え」レベルに「過ぎ無い」。

「当たり前の常識的考えを言っているから、嫌韓(北朝も含む)や反中国共産党等とは、限らない」。

「逆に、当たり前の常識的考えで裁けない者・物・事」では、

「利韓(北朝も含む)・利中共派である可能性だって結構ある」のだ』。

『「例えば、原発問題に対しては、どう言っているだろうか?」

「(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは意図的に黙殺されている)原発ゼロや脱原発を言っている人々」は、

「実質的に、利韓・利中共派」になっている。

「安い太陽光パネルは中国製・韓国製だから、悪戯な太陽光発電賛美派も、実質的には、利韓・利中共派」になっている。

「日米安保の強化に直結している安保法制反対派」も、

「実質的には、利北朝・利中共・利ロ派」になっている。

「その辺りについての以前からの言動まで確かめる」なら、

「本当の嫌韓(北朝も含む)・反中共派」は、

「テレビ常連出演者には、数少ない事」が、

「判る」。

「以前の親もしくは利韓(北朝も含む)・親もしくは利中共等発言に対して、

撤回・謝罪等した者が、一体どれだけ居るのか???」』

『「似非連中」の「本質は?」

「・・・だから、日本の公共の電波を使っているテレビ界・ラジオ界の人脈も含む是正」は、

「必需」なのだ』。

『「特定極一部のテレビ・ラジオ常連出演等による有名人利権を得た者たち」は、

「今まででも、十二分の過剰、もしくは、不当ともいえる報酬や利権等を得ている」。

「それらの者たちが、出続けていた事で、本来なら、出ているべき人々が、黙殺されて来ている状態にある」。

「政権交代同様のテレビ・ラジオ人脈交代」は「日本の活性化にも繋がる」』。

『「具体的なアイデアは、以前の記事にも記した」。

「日本の公共の電波使用」なのだから、

「1企業1チャンネルのみ使用可、新聞・マスコミ等とは完全別企業制」とし、

「地上波をサッカーで言うならJ1、BS等をJ2扱い」とした、

「入れ替え制」にする。

「競争入札にして、電波使用料を上げ、税収アップを計ると共に、

反日他国等の人脈による実質的乗っ取り&ご都合情報の一方的大量配信等を避ける為、

公共の電波使用企業の経理はガラス張りにする」。

「公然と多くの、或いは、大きなスポンサーから広告料等を取れるテレビ局が競争入札で有利になる様にする」のだ。

「お金を出すスポンサーもガラス張りだから、余りに不自然な出し方をすれば、そんな事態も直ぐにバレる」。

「必然的に、付随する、業界関連企業・芸能事務所等の多種多様化も進み、

現状では、特定極一部に集中している常連出演者の過剰・過分利権等の大問題」も

「解消方向に向かう事になる」。

「雇用は増え、格差も縮まり易くなる」のだ。

「実行不可能では無い手段なのだから、実行するべき」だ』。

|

SEALDsが「自由と民主主義を目指す若者の集い」の訳などある訳が無いでしょ!・・・。

『「自由とは、個人個人がそれぞれの意思や意見や思想信条等を持てる状態」だ。「誰かの呼びかけに応じて集った段階で、既に、呼びかけた者の下位に位置させられている事に気づけないなら、相当なおバカ」である。

「本当の民主主義とは、個人個人の本来の意思や意見や思想信条等を元に、投票行動等が行われてこそ成り立ち得る」。

「団体化行動は、本当の民主主義を遠ざける悪行に他ならない」。

「もちろん、現状では、インチキ民主主義状態だから、団体が蔓延っている」ばかりか、

「まるで、中国共産党の幹部と同様」に、

「その団体の実権者たちが、その団体全体の意向まで決め、団体構成員たちを実質的に操っている」。

「色々な組合はもちろん、代理制民主主義上の政党も実質的にその様な団体」だ。

「SEALDsが行っている事は、団体化に他ならず、政党立ち上げや特定政党支持者増大工作等が目的なら、整合性がある」が、

「自由と民主主義を目指す・・・」は「あり得ない」。

「自由と民主主義を目指し、自論等に現実的な自信が持てている」なら、

「自分の下に他の人々を集わせる必要は無い」。

「そんな事をしなくても、事実・現実の上で、多くの人々が集っている」。

「だから、自論の正当性(=事実・現実との整合性の高さ等)を出来る限り分かり易く伝え広める努力をし続ければ良いダケ」だ。

「それぞれの個人個人がその様に、

他の人々の下では無い自由な立場で、

自分の意思の下で考え、

色々な意見や論を言えて居てこそ、

その集大成が民意と成り得る」。

「誰かの下に集った、集わされた、

自分の意思が希薄な意見や論に、

民意のベースは存在し得ない」。

「其処に在るのは、

大衆誘導を行っている者たちの意思や意見や思想信条等と、

大衆誘導に操られた者たちの意見や論に過ぎ無い」。

「自分の頭で考えるは、良い事」だが

「その自分の考えの元になる情報や意見等を何処から得て、どの様に受け入れているのか?」

「自分で考えるベースは何か?」こそが、

「本当に重要」なのだ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校等々の情報を鵜呑みにし、

それを繰り返すダケ」では、

「自分で考えていると言うよりは、それらの情報に操られている状態」に他ならない。

「SEALDsに集っている方々の主張」は

「安保廃案!」とか、

「9条守れ!」とか、

「まるで、何処かの政党の主張そのまま・・・」だ。

「だから、当然の如く、それらの政党もSEALDs支持を打ち出している」。

「何処かのテレビ局の調査では、

SEALDsに集っている人々の約半分は支持政党無しとの回答だったらしいが、

約三分の一は共産党支持者で、

残りも、野党支持者や民主党支持者や公明党(支持母体である創価学会の信者)支持者や生活の党や社民党等の支持者との事」だった。

「つまり、少なくとも約半分の人々は、左翼(実質的には、利韓・利北朝・利中共)傾向の強い政党の支持者」で、

「政党支持無しと答えた人々の中には、支持政党は言わない方が良いとの判断の下、その旨答えた者の割合も、相応に少なからず有る筈」だから、

「集った人々の政治思想信条的な内容には左寄り(内実、利韓・利北朝・利中共等)の傾向がある事は明らか」だ』。

『「左寄り野党等とすれば、SEALDsで少しでも無党派層を引っ張れるなら、選挙時に有利になる」のだ。

「安保反対!」と「思想信条的にも、SEALDsと左寄り野党は同一色が濃い」。

「だから、左寄り野党系の組合等の団体メンバーもSEALDsの集い等に率先して参加している」。

「元々左寄り傾向の強い、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等では、SEALDsや安保反対!等の大宣伝を、事ある度に行っている」。

「左寄りの方々による団体の集い」で、

「大声で訴えている主張も左寄り政党と同色」の

「何処に、自由と民主主義があるのか???」

「其処に在るのは、SNS等を使って若い世代を取り込み、自分たちの主義主張の下で操ろうとしている意志」だろう』。

『「自由や民主主義や集い等」という「耳障りの良い謳い文句」は、

「大衆誘導や詐欺等を仕掛ける側の常套手段」だ。

「自由なら集う必要も無い」し、

「集った時に、特定極一部の者たちがメインの主張を一方的に聞かされ続けたり、

音頭を取る者の下で、音頭を取る者と同じ事を叫ばされたり、

・・・する訳も無い」。

「其処に在るのは、集った者たちの思想統制摺り込み体験」だ』。

『「行っている事の実体」が「利韓(北朝も含む)・利中共等の為の政治行動&日本社会誘導等」だから、

「その裏には、そのスジの人脈の元が在る事等が強く推定される」のは、

「当然の事」だ。

「日本共産党の元も、旧ソ連みたいなところがある」。

「もし、普通の一般日本国民が、SEALDsの様な政治思想信条等を抱いてしまっている」のなら、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミや日教組等による学校教育等」の

「操り人形化仕込み等の悪影響」だろう。

「そして、それらの元には、反日他国の悪権力者人脈の存在が見え隠れしている」』。

『「実質的に、テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導で出来てしまった民主党政権崩壊以降」、

「民主党政権時の政策実行実態が、日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)を太らせた等々と、余りにも酷かった」ので、

「普通の多くの一般日本国民」は、

「操られず、他人を操らず、

政治・社会問題等では、集わず、集わせず」、

「それぞれが自主的な自分の考えの下で、投票行動等を起して来ている」。

「そして、その一つの結果」が、

「現与党政権」だ』。

『「利韓(北朝も含む)・利中共等政権であった実態がバレた、

民主党等野党人脈の者たち」の

「若者を巻き込んだ起死回生策」が、

「SEALDs等」や「安保反対!等」の

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による大宣伝」の様相なのだ。

「選挙年齢が18歳からに引き下げられるから、若者効果が大きく見込める」。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による大衆誘導効果が乗れば、

上辺の名前は変わっているかも知れないが、民主党等実質的には、旧社会党等の人脈が実権を持つ政党が、

再び政権を取れるかも知れない・・・」。

「そんな意志が蠢いている上に、SEALDs等が載っている」様相なのだ』。

『「元々、旧社会党支持色が濃い経営者が集めた社員等集団である西友等の大企業が、

価格固定等で、消費者物価の自然上昇にも抗い、

何としても現日銀総裁を別の自分たちに都合の良い者に挿げ替えるべく頑張っている様相・・・」だが、

「その辺りも、参院選を見込んで、半年ダケ・・・」なのだろう。

「現行経済システム上における、ある国の健常な経済状態」とは

「健常な実体国民総生産の増加に同調したゆったりとした弱いインフレ状態を続ける事」だ。

「ゆったりとした弱いインフレ状態に合わせて、給料や支給年金額等も上げ続ける事」だ。

「逆に、ある国の経済のデフレ化は、その国の経済を細らせる」。

「輸入品が安くなる分以上に、国内生産(国内の仕事自体)が減る面がある」のだ。

「仮に、かなりの努力で実体国民総生産を増加させていても、

デフレでは、給与等が増えない事に直結する」。

「実体国民総生産も増加し辛くなり、その国自体が衰退して行く事になる」。

「もちろん、実体国民総生産とかけ離れた過剰なインフレ状態もダメ」だ。

「格差是正と共に、忘れてはならない現状経済システム上の基本ロジック」だ。

「ゆるやかなインフレ状態を目指している時に、価格据え置き等に喜ぶのは簡単」だ。

「しかし、全体像を見失う事は、

例えば、政権選択時に自虐的な政権を選んでしまう事にも直結している」のだから、

「大いにご用心!」』

・・・・・・・。

『「冒頭近く」で、「自分で考えるベース」に「言及した」ので、

「筆者の自分で考えるベース」を「記して置きます」。

「当ブログを以前からお読みの方々は、既にご存知の通り」、

「筆者の考えの基本」は「自分の実体から整合性を取る事」です。

「自分の実体等については、他の記事をご参照頂ければ幸いです」』。

|

SEALDsが自由と民主主義を

|

川島なお美や北斗晶のガンを「福島に行ったせいだ!」と言えるくらいのおバカや悪だと、(日本のみ)脱原発派になれる・・・。

『「中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは意図的に言わない・・・脱原発!派」の「中身が良く判る出来事の一例」が「タイトルの事態」・・・』。

『「もはや、制日成功はあり得ないのに、日本国内で、中・韓(北朝も含む)の為に、必死になって{何でもアリ}の工作活動をしている様」は「本当に哀れ」』。

『「もちろん、福島行きや福島産食品自体が、ガンの原因にはなり得ない」。

「人体に影響がある程高い放射能のある所へは基本的に入れない」し

「安全基準以上に高い放射能を発している飲食物は基本的に流通出来ない」からだ。

「福島産は放射能検査が厳しい分だけより安全な面も有る」』。

『「何処へ行っても、行かなくても、頭心体に多大なストレスを与え続けたり、

何処の何でも、食べ過ぎ・飲み過ぎで、過剰な高血糖状態を続けたり、

タバコの煙等の有害物を含む悪い空気を吸い続けたり、

バランスの悪い食事や運動不足等で身体機能や免疫力等を健常に働き辛くし続けたり・・・すれば、

ガンになり易い事は、判っていますが」・・・』。

|

内実同じのテレ朝朝番リニューアル問題・・・。

『「大々的な卒業式まで行っていた」のに「フタを開けてみたら、同じメイン司会者&同じコメンテーター等で、その論調も当然同じ・・・」。

「変わったのは、テレ朝のサブアナウンサー等が、他の番組から移動して来たダケ」・・・。

「卒業して行った連中も、他の番組で・・・」等で、

「卒業では無く、クラス替え」と

「突っ込んだ通りの実態」だった』。

『「はっきり言って、余り意見等を述べないサブアナウンサーが変わったところ」で、

「同じコメンテーターの有名人利権を増大させ、

同じコメンテーターの意見等を一方的に大量配信している限り、

番組としての内実が変わる訳も無い」。

「だから、テレビ改革は、人脈ごと変えなければダメ!」なのである』。

『「テレビ・ラジオ・新聞等が、同じ系列のたった数社で独占されている状態」は、

「明らかに古い」。

「テレビはテレビだけ、ラジオはラジオだけ、新聞は新聞だけ等々」の、

「大衆情報配信企業系列禁止法等を制定するべき」だ。

「そして、テレビ・ラジオ等の日本の公共の電波については、一企業一チャンネルのみとするべき」だ。

「現状の様に、地上波もBSも同じテレビ局という状態」は、

「即刻解消させられるべき」である。

「その上で、視聴者の多い地上波デジタルをサッカーで言うならJ1扱い、

BS等をJ2扱いとし、

競争入札&入れ替え制にすれば良い」。

「別企業がそれぞれ別の人脈を抱えれば、雇用もずっと増える」。

「毎日の様に何処の局でも同じ顔&同じ論調ばかり・・・の異常事態は解消され、

局によって別々の、色々な人々が起用され色々な論調が情報配信される正常な状態になる」。

「その後は、

視聴者の選択と、

配信情報内容の事実・現実との整合性や

公平・平等性等の審査、

及びスポンサー収入等が大きく影響する筈の競争入札等により、

格上げ・格下げを決めれば良い」。

「競争入札等に不公正や他国人脈による実質的乗っ取り&ご都合論の一方的配信等工作目的介入等があってはならない」から、

「どのスポンサーがどれだけ出したか?

出演料、

局員報酬等の

経済面の情報は

全てガラス張りにする義務を負わせる」。

「大衆情報配信企業は、クリーンで健常で無ければダメ」である。

「クリーンで健常である上で、

自由闊達に、

お笑い等でも政治論等でも歌等でもアニメ等でも

色々やれば良い」』。

『「現状の様に、特定極一部の者たちのみが、日本の公共の電波上で蔓延り続けられている状態」は、

「明らかに異常」だ。

「日本社会活性化にも繋がる、テレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

フォルクスワーゲン、ディーゼル車排ガス問題では超厳罰状態の欧米だが、遥かに地球環境への悪影響大な中国共産党の賄賂汚染問題に対しては甘々の様で・・・。

『「はっきり言えば、ワーゲンのディーゼル車の排ガス規制逃れのインチキによる地球環境への悪影響は、微々たるモノ」だ。「反対に、ドライバビリティの悪化抑止の効果まで有る」。「対して、中国共産党の賄賂汚染の地球環境に対する悪影響は甚大」だ。

「小悪に厳しく、大悪に寛大」では「公平・平等・正義等は何処に在る?」

「欧米も、全世界も、ワーゲンディーゼル車の排ガスに求めているレベルの地球環境対策」を

「地球環境問題でも大悪党的な中国共産党にも求めるべき」だ。

「何故なら、中国の問題は、中国共産党の独裁体制下の問題だから、その責任の全ても、基本的に独裁政権に有るから」だ。

「当然、補償も、中国共産党に求めるべき」だ。

「その様な事態になれば、独裁政権では中国の明日は無い事」が

「益々明白になる」。

「13億人以上もの人口を抱えている国が独裁政権から民主化される事による人類全体のメリットは計り知れない」。

「この意味からも、ワーゲン問題で厳しく出来ている欧米は、もっと、もっと、中国共産党対策を頑張るべき」だ。

「13億人以上もの{消費者}目当てで、中国共産党に対し甘いのは、目先の利権に翻弄されている迷い子経営者等」だろう。

「独裁政権下の13億人以上の消費者」と

「民主化後の13億人以上の消費者」では、

「一人一人の消費者としてのレベルが全く違う」。

「パイで言うなら、独裁政権下の数倍に膨らむ可能性が極めて高い」のだから、

「現状利権に翻弄されている迷い子経営者等は、大きな損失をもたらしている」のだ』。

『「地球環境問題面からも、世界経済面からも、中国の民主化は効果が大きい」。

「全世界」は

「ワーゲンディーゼル排ガス問題対策並みの中国共産党対策を真剣に行うべき」だ』。

|

サンデー・モーニング、「安全保障と経済発展の分離思考」で視聴者を操ろうとしている極悪情報工作問題・・・。

『「言うまでも無く、現状人間社会では、国の安全保障とその国の経済発展等は表裏一体」だ。「経済発展を望むなら、先ず、安全保障ベースが要る」。「当たり前の話し」だ。

「ところが、本日のサンデー・モーニング」では、

「安全保障と経済発展を分離したインチキ論」を

「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していた」。

「本当に呆れる実態」である』。

『「戦後の日本は何故経済発展出来たのか?」

「言うまでも無く、米軍による占領統治~日米安保の締結」で、

「旧ソ連等の侵略的進出を抑えられていたから」だ。

「もし、米軍による占領統治が、朝鮮半島まで在った」なら、

「朝鮮半島内への旧ソ連系人脈北朝鮮や中国共産党等による侵攻」は、

「起こっていなかった」だろう。

「或いは、一気に、旧ソ連と米国との大戦争になっていたかも知れない」。

「ところが、大戦処理時に、日韓併合時から渡米していた韓国(北朝鮮も含む)人人脈の者たちが、

日韓併合を日本による侵略~植民地支配と嘯き、

戦後の朝鮮半島内等での実権を取ったと共に、

旧ソ連に担がれた北朝鮮との間で、

朝鮮戦争が始められた」から、

「経済発展どころでは無くなってしまった」のだ』。

『「米軍駐留~日米安保により、米国頼りの国としての安全保障が成り立っていた日本」には、

「朝鮮戦争時には、大きな戦火が飛び火する事無く、

逆に、成り立っていた安全保障の上で朝鮮戦争特需の経済発展まで出来た」。

「安全保障が希薄になったところ」では、

「戦争や代理戦争が起され」、

「安全保障が成り立っているところ」は、

「その戦争や代理戦争まで元にした経済発展が出来てしまう」。

「それが、現状人間社会の歴史上の現実」だ』。

『「経済発展の前に安全保障」は「現状人間社会の常識」である』。

『「幸いな事に安保法案は成立」した。

「結果として、日米安保は時代相応に保たれる可能性が非常に高くなった」。

「例えば、

反日国が日本に侵攻しようとしたり、

反日国が持つ核兵器圧力を元に有利な外交を行おうとしたり、

・・・しても、

米軍や米軍核の存在も意識せざるを得ず、

反日国側が有利に事を進める事が非常に困難になった」。

「逆に、日本は、安全保障環境が相応に担保された事から、

侵攻の危険が減り、

例え、日本に反感を持っている軍事大国や核兵器保有国等との外交面でも、

不利な外交を強いられなくなった」。

「侵攻の危険が減っている先進国」で、

「日本に反感を持つ軍事大国や核兵器保有国との外交でも、

不利にならない」と「なっている事」は、

「経済発展や日本に反感を持っている国々との外交問題の日本を不利にしない解決への大きなベース」だ。

「この当たり前の事」を「誤魔化す為のインチキ論」が、

「安全保障と経済発展の分離思考をもたらす論」である』。

『「成立した安保法案が無かった場合の今後の日本はどの様な事態に巻き込まれる可能性が高まるのか?」

「確実に、ロシアや中国共産党や北朝鮮との外交交渉面で不利になる」。

「北方領土問題は、ロシアの言いなりに・・・」。

「中国共産党による実質的侵略行為は、益々旺盛に・・・」。

「北朝鮮による拉致問題の解決は遠のき、

北朝鮮人脈による日本乗っ取り支配工作は益々旺盛に・・・」。

「安全保障が弱体化している日本より、

軍備増大中の中国やその支配力がより強く及んでいる韓国(北朝鮮も含む)等との経済取り引き」に、

「乗り易くなる国々が増大」し、

「日本の経済が細る反面、反日国でもある中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等の経済が発展し易くなる」。

「・・・そんな事態を望む一般日本国民は居ない筈」だ』。

『「まるで、民主党政権時の円高容認&利中・利韓(北朝も含む)外交と同様の事態を招いてしまう」のが、

「安保法案撤回の実効」だ。

「そんな事に熱心になっている」のは、

「普通の日本国民では無い」』。

『「元々、韓国(北朝鮮も含む)系だったり、中国共産党系だったりしている日本国内に居る人々」なら、

「それらの国々が、基本的に反日で、多くの一般日本国民に対し平然と粛清工作等を仕掛けている状態」でも、

「粛清対象にもならない場合が多い」だろうから、

「安保廃案!」等で

「利韓(北朝も含む)や利中共等状態の日本社会にする事」により

「親戚等から得るかも知れないメリットの方が多い」のかも知れない。

「しかし、その様な状態に在る日本に居る人々の数は、圧倒的に少ない筈」だ。

「ところが、その利権的少数派やその少数派の論等」を、

「少数派のお仲間が牛耳っているマズゴミ等」が

「大々的にクローズアップし、

日本の公共の電波上や公共的マスコミの上で、

常々大宣伝等している」と、

「悪の大衆誘導効果が出てしまう」のだ。

「インチキ論に騙された視聴者・読者等は、まるでカルト宗教団体の操り状態下にある信者の如く、{教祖}のインチキ論を正しい論と覚え込む・・・」。

「そして、実際は、自虐行動になっている思い等を抱きしめ、

選挙時等には、自虐になる投票行動等を起させられてしまう・・・」。

「民主党政権成立による多くの日本国民が味わった不利益を忘れていない」なら、

「操られる可能性はそれ程高く無い筈」だが、

「民主党政権を成立させた同じ人脈が牛耳っている現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等」を

「未だに信用出来ている様な人々」は、

「何度も同じ詐欺師に騙される被害者の如く、

また、また、操り人形状態に追い込まれている様相」だ。

「そんな方々は、一刻も早く、自分の為にどうすれば良いのか?等を考えるべき」だろう。

「騙されて操られて、自虐投票行動等を行ってしまうのが、自分の為になるのか?」

「民主党政権成立時等に騙した者たちと決別し、自分で良く考えたりする事が、自分の為になるのか?」』

『「安保廃案!」に「熱心な日本の中のもう一つの人脈は、共産党人脈」だろう。

「元々、日本の共産党とは、旧ソ連が日本人を使って(支援して)立ち上げた様なモノ」だ。

「旧ソ連が開祖みたいなところがある」ので、

「旧ソ連・現ロシアを不利にする事は、大嫌いな様相も強い」。

「日米安保の強化等に大反対!」

「(ロシア・中国共産党・北朝鮮等の為に?)反戦!(戦争となれば、西側先進国が圧倒的に有利だから・・・。)」

「原発反対!」

「(ある意味では、無害化・虚勢化工作でもある)9条死守!」等々とは

「その最たる例」だ。

「そして、旧ソ連・現ロシアや中国共産党支配下の中国や北朝鮮等に対する、

日本国民平和ボケ化&無害化工作等にも熱心な様相」である』。

『「そんな共産党が推奨している物事の先に見え隠れしている日本国や日本国民の姿」とは、

「安心して、ロシアや中国共産党や北朝鮮等の支配の下で、

有益分子、もしくは、無害分子として暮らしなさい。

不適応分子なら、遠慮無く、摘発されない手段で、粛清します。

・・・」だったりして・・・』。

『「はっきり言えば、東西冷戦には既に決着が着いてる」。

「旧東側の文化である

有能な支配民(共産党員、特に共産党幹部)が

被支配民(支配民以外の一般市民)を指導する事による

理想的な国家運営」とは、

「未熟な者たちの代償欲求追及の世界に過ぎ無い」。

「現代人の当たり前」は、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求に生きる事」で、

「過剰な

他者支配欲や

他者に自分を支配させる欲等の

代償欲求を自分に起こさせない事」だ。

「人類の基本や、セルフコントロールの基本等さえ???」の

「根本的間抜け状態の発想」が、

「優秀な者たちが優秀では無い者たちを指導する理想的な国家運営等」の「実体」なのである。

「敗北する・した文化には、敗北するしか無い根本的な実体が在る」のだ。

「その実体に、未だ、気づけていない者たちが、悪夢の中に現実逃避出来ているダケ」だ。

「地球環境の為にも、世界平和の為にも、地球生命体細胞群の存続~永続の為」にも、

「いい加減に、目覚めて欲しい!」と

「思っているのは、筆者たちだけでは無い」・・・』。

『「何れにしても、

日本の公共の電波上で、

安全保障と経済発展の分離思考を促す様な、

カルト宗教の訴え的インチキ論が横行している現状」は、

「本当に、是正が急務」だ。

「人脈を含む是正の必要性が其処に在る」。

「公共の電波使用権は、競争入札制にでもして、常々、1年ごとに入れ替えありとすれば良い」。

「視聴者数が圧倒的に多い地上波デジタルをサッカーで言うならJ1扱い」とし、

「J2的に、BSやCSで1チャンネルだけ与えれば良い」。

「ラジオも同様で、広く届く主要電波を、J1的に、

近隣地域限定的に届く弱い電波を、J2的にすれば良い」。

「テレビもラジオも、それ未満は、個人レベルのアマチュア同様扱い」にすれば良い。

「現状の様に、特定極一部の同じ人脈の者たち」が、

「地上波もBSもCSもラジオも広く大衆に届けられる電波は独占状態」という

「異常事態は、即刻解消させられるべき」だ。

「テレビ・ラジオ分割

&競争原理付き民主化

(特定人脈の者たちが、

まるで共産党の指導者の如く、

特定人たちや特定論等を

受け手に一方的に大量配信している状態では無く・・・の意)」による

「健常活性化」を「強く望む」』。

|

東京五輪競技場問題の責任が形式上問われたが・・・。

『「今の文科大臣に責任を取らせて、事態を収拾」とは「茶番劇」だが、「こんな問題を引きずらないメリットは有る」。

「客観的に見れば、

圧倒的な責任が、

ザハ氏案を強い推薦で選ばせた安藤氏と

安藤氏を選定委員の長にした者たち」に「在る事」は、

「誰の目にも明らか」だ。

「安藤氏が選出された当時は、民主党政権」だった。

「それが事実」だ』。

『「来年の参院選について、今から、色々と言われている」。

「例え、自民党政権がダメでも、民主党政権や、民主党が実質的に主軸となる野党連合政権で良いのか?否か?」は、

「論を待たない」。

「渡す必要の無い朝鮮王朝の書物まで渡した」のに「韓国(北朝鮮も含む)の反日ぶりは、その後増大」し、

「もちろん、竹島も不当占拠されたまま・・・

拉致問題にも進展無し・・・」だったのが、

「民主党政権時の実態」だ。

「小沢剛腕幹事長が、大量の議員等を連れて、中国共産党を実質的表敬訪問した」が、

「その後の中国共産党の不当増長ぶりもより酷くなった」。

「経済面でも、円高容認政策で、日本を細らせ、中・韓を太らせた」が、

「その結果も、元気になった中・韓による反日工作等の増強」だった。

「日本の為の政策実行と言うより、

中・韓(北朝も含む)の為の政策実行をした」のが、

「民主党政権の実態」だった。

「そして、その責任は、有権者から与党として拒否されたダケで、

民主党側が、

積極的に日本国民に詫びたり、

例えば、自主的に補償行動等を起している訳では無い」。

「現党首の岡田氏の主張」は、

「民主党の全てが悪かった訳では無い」だ。

「今後、例え、野党再編で、共産党等と組み、

表の党名を民主党では無くしても、

この内実は、そう簡単には変わり得ない」。

「原発ゼロ政策も、

菅と孫で決めた太陽光発電バカ高買取り政策も、

日本を不利にすると共に、

中・韓(北朝も含む)を有利にする政策」だ。

「日本の核ゼロは、中共・北朝の核兵器圧力を高める」。

「安い太陽光パネルは、中・韓製」だ。

「ドイツでは、中国製の太陽光パネルの中国共産党による意図的な安売り」で、

「ドイツの太陽光パネル製造会社が潰れ、

ドイツの太陽光発電で使われているパネルのほとんどが中国製」だ。

「ワーゲンのディーゼル排ガスインチキ問題にも、この辺りの中国共産党文化の悪影響もあったのでは・・・」と「思える」のは、

「真面目な企業や商売が、バカらしくなる要素満載の状態が、中国共産党により、ドイツ国内に入り込んでしまったから」だ。

「安い中国製太陽光パネルで稼いでいるドイツ人」と、

「ドイツの太陽光パネル会社で働いていたが、会社が潰れて雇用を失ったドイツ人」の「差」に、

「真面目に働くより、ずるっぽい事をしても・・・」と

「考える様になる人々の増大効果」が

「あるから」だ。

「中国共産党支配下の中国を元気にした結果」が「賄賂汚染による温暖化の急伸」だ。

「移民歓迎政策で、本来なら、その国をまともにするべき人々までもが、整備済みのEUに移動して来ている」。

「元の国では、益々、悪が蔓延り易くなっている」。

「東側出身のメルケル首相を選んだ事が、ドイツばかりか、全EUに、全世界に、多大な悪影響をもたらしている様相」だ。

「何処の国でも、政権選びは、慎重に!」である。

「落選運動祭り等の雰囲気に呑まれて利反日国政権を選ぶおバカ」は、

「圧倒的少数派」だろうが、

「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等が、実質的には、反日国人脈に侵略されている様な状態」なので、

「テレビ・ラジオ情報にはくれぐれもご用心!」』

|

テレ朝朝番では「卒業」などと嘯いていたが、実際は「クラス替え程度の事でしか無い」・・・。

『「テレ朝朝番を卒業した、テレ朝のアナウンサー等は、別の番組で・・・」では、「何処が卒業なのか???」

「しかも、メイン司会者は同じまま、次の番組が始まる様では」・・・』。

『「卒業では無いクラス替えを卒業と言う事で、刷新を装うインチキ」を

「平然と行い続けている連中」こそ、

「全員入れ替え!するべき」でしょ』。

|

川島なお美の民間療法・・・。

『「内容を見聞きして唖然!」「電磁波による邪気払い」や「発酵玄米???」とは「むしろ、ガンを元気にする方法に思える」』。

『「紫外線だって電磁波で、発ガン性がある」。

「発ガン性が無いばかりか、ガンを抑える電磁波など聞いた事が無い」。

「電磁波には、細胞活性化作用もある」ので「健常細胞を活性化する」等の「屁理屈が言われているのかも知れない」が「健常細胞ダケを活性化するのは、非常に困難」だ。

「ガン細胞まで活性化してしまうと、基本的にガン細胞の活気の方が健常細胞より高いので、ガンの進行はより早くなる」。

「発酵玄米とは、アルコールに近い」から「ガンの大好物」だ。

「ガンは基本的に高血糖状態を好む」。

「そんな民間療法を薦める者にはご用心!」だろう』。

『「ガンを抑える」なら

「出来るならガン細胞にダケに栄養を与えず、

ガン細胞ダケを取り除いたり、壊滅させたり、攻撃する事が合理的」だ。

「だから、多くのプロ医療機関の治療はその様な状態を目指している」。

「抗がん剤治療や、放射線等療法の難点は、健常細胞まで攻撃してしまうところ」だが、

「健常細胞攻撃割合を狭める努力が行われている」』。

『「化粧をすれば、人体にとっての遺物が、肌から消化される事無く、体内を巡り、肝臓や腎臓等に負担を与える」。

「精神的メリットと、その負担の害を天秤にかける」と、

「精神状態が保てるなら、女性でも、治療中は化粧はしない方」が「身体の負担は減る」。

「もちろん、健常人の日常でも、事態は同じ」だから、

「筆者は基本的に化粧をしない事を薦める」。

「化粧が要るのは、舞台の上とか、暗い灯りの下とかで、化粧で作ったルックスによるアッピールが必要な時くらい」だ。

「そんな事が必要な一般市民は、ほとんど居ない筈」だ』。

『「はっきり言えば、美男美女と世間から見られている人々に対する憎悪は在る」。

「ある種の差別利権だから、当然の現象」だ。

「そんな多くの人々が持ち得ている憎悪感等を元」に、

「美男美女はそれだけで恵まれているから、

バランス面から(一体どんなバランスなのか???だが)早死にや不幸等が相応だと思い込んでいる・思い込ませているばかりか、

その実現まで画策している集団も在る」。

「ゲスの極み」とは「その様な集団の事だろう」が、

「その様な工作集団」が「日本国内には実在している」』。

『「筆者は、世間的な美男・美女タイプでも無いし、ルックス差別利権は大嫌い」だ。

「世間の美男・美女の実態」も、「デザインの流行みたいなモノに過ぎ無い」。

「しかし、人の内実は顔にも出る」。

「その意味での美醜は、確実に在る」』。

『「世間的美男・美女攻撃も、基本的には反日工作グループによる仕業」だ。

「目的は、生殖に有利な美男・美女を撲滅する事で、日本人人口を減らす事」でもある。

「カルト宗教的インチキ論の下で工作員たちが動かされている」。

「美男・美女はソレだけで恵まれているから、

人としてのバランスを取る為には不幸が在るべきで、

その不幸をもたらす仕事をする事は、

神の意思の下の仕事だ!等のインチキ論が元になっている」。

「懐柔用では無い多くの工作員たちは美男・美女では無い」し、

「懐柔用はつくられた美男・美女の域を出ていない」。

「悪工作活動を行っていれば、当然、顔も変わる」。

例えば、

「どんなに知識等で固めても、悪工作活動を行ってしまっている根本的間抜けぶりは隠せない」。

「つくり笑顔や化粧・整形等で誤魔化そうとしても、どこと無く、気持ちが悪い状態になる」。

「工作員たちは、自分の素顔をよく映る鏡で見るべきだ」。

「その醜さに気づけるなら、工作活動など直ちに止めたくなる筈だが」。

「その様な根本的には醜い工作員者たちにとって、

その{カルト宗教}は、耳障りの良い、悪工作を頑張る動機付けの道具と化している」』。

『「工作員たちに指令を出している悪」は「血統主義者」で

「一番のルックス上のコンプレックス」は、

「目にある様」だが、

「目による差別を前面に出すと、その正体も直ぐにバレる」。

「其処で、連中が判別点として使っているのは、鼻」だ。

「そのスジの血統には基本的に居ない鼻」で「差別」している。

「だから、金正日鼻の福●等は、日本の世間では美男扱いにも係わらず、粛清対象にはならず、むしろ応援されていたりする」。

「川島なお美の鼻」は「不運な事に??そのスジの工作員にとっては差別対象」の「鼻の形状」だ』。

『「はっきり言えば、川島なお美のガンは、現状では致命的で、仮に、工作の罠が無かったとしても、5年延命がセイゼイ・・・」だろう。

「しかも、元気で5年では無い」。

「しかし、5年と1年ではかなり違う」。

「その間に新たな延命技術が出来る可能性はかなり高い」。

「そして、その延命技術が有効な間には、ガンの根治も可能になる可能性さえ在る」』。

『「筆者的には、ワイン飲酒と胆管ガンの関係性等の情報等が欲しかった」が、

「出て来ている情報からすると、上記の様な事を言わざるを得ない」・・・』。

『「有名人の私生活は宣伝するな!」が「筆者の信条」だが、

「出て来てしまっている宣伝に対して」は、

「気にしている人々が、大量に居る」ので、

「仕方無い」から、

「問題点が在るなら、せめてそれは有効活用しよう・・・と、色々言う」のだった・・・』。

|

フォルクスワーゲンのディーゼル排ガス規制インチキ問題・・・。

『「米国の排ガス規制試験の時だけ、特に良い有害ガス等排出規制を行うインチキ制御を盛り込んでしまったフォルクスワーゲン」。「もちろん、インチキ制御では無い状態でも、相応に良好な範囲には入っている」が「米国の厳しい規制への適合は???」

「この手の試験時だけ優等生制御」は、

「自動車メーカーの得意技」だから、

「フォルクスワーゲンだけの問題かどうか??」

「排ガス規制は、もちろん、燃費でも、試験用の制御を入れるダケで、かなり結果が良くなる」。

「国産車の得意技」だ。

「だから、実際に、ドイツ車等は、実用燃費とモード燃費の差が少ない」が、

「国産車では、実用燃費はモード燃費の6~7がけくらい・・・だったりしている」。

「当然、その分、排ガスも余分に出ている事になる」から、

「排ガス規制試験だけでは無く、燃費試験も問題にした方が良い」だろう』。

『「はっきり言って、カタログデータなど、実用メリットは、皆無に近い」のだ。

「おバカなユーザーが、カタログで比べっこをして選ぶ悪習を持っている」から、

「メーカーが、其処につけ込もうとしている面もある」。

「車は実用品だから、徹底して、実用でナンボであるべき」だ』。

『「排ガス規制は、基本的には、クリアーか否かの単純二択」だし、

「クリアーしていない車は、基本的には売れない」が、

「燃費・排ガス規制となると、日本では、試験結果を元に、優遇税制や補助金等まで設定されている」。

「この辺りが、実用離れを誘う元凶にもなっている」。

「メーカー内では、ワーゲンに限らず、営業畑と技術畑の大いなる喧噪があり、

妥協の結果として、試験に合わせた制御を盛り込む技術が蔓延っている」。

「そして、ほとんどの良心的???メーカーは、試験に合わせた制御のまま量産する」から、

「実用では乗り辛い車が意外と多い」。

「メーカーの一部技術者等」は「試験の時だけ、その制御が顔を出す様に仕込んでいる」と「嘘を言う」が、

「実際は、そんな事はあり得ない」。

「だから、それを誤魔化す為だろう、実際に、国産車の多くは、少しアクセルを踏んだダケで、いきなりエンジンが過剰に吹け上がる」。

「そのネガを補う為か?国産車のブレーキ性能も、短絡的に強過ぎる車が多い」。

「燃費試験時には、比較的ゆったりとした加速が求められている」ので、

「ゆったりとした加速」では「十分に燃料を供給しない制御が入っている」と「強く推定される」のだ。

「しかし、普段その制御では、トルク、もしくは、力不足感が出てしまう」。

「そこで、アクセルを少し踏んだダケでも、直ぐに吹け上がる制御にする」。

「そうすると、おバカなユーザーは、出足が良いと勘違いする」。

「でも、少し踏んだダケで吹け上がる制御では、ドライバーは制御がし辛い」。

「知らず知らずの内に、不要な急加速をせざるを得ない状態が状態的に起こっている」。

「車は、急加速時に多くの燃料を消費する」。

「結果、知らず知らずの内に、燃費の悪い運転をせざるを得なくなっている」。

「多くのドライバーが意図しない急加速を強いられている結果、国産車の実用燃費はカタログ燃費よりかなり悪くなる」。

「インチキ制御をしない車」は「アクセルを踏んだ割には{出足が悪い}が、アクセルコントロールがリニア」だ。

「瞬間燃費計もその様な車では、大いに意味がある」。

「ドイツ車は、その傾向が強い」。

「殿様商売的に実用で通せている様相なのは、ベンツやBMW等々くらいだろう」。

「ベンツは所有した事が無いが、BMWは実際に、実用でも燃費はカタログデータに近く、エンジン制御特性も、乗り易かった」。

「この辺りの実状を顧みる」と、

「ワーゲンのディーゼルは、実用で乗り易かったし、燃費も悪く無かったのだろう」。

「しかし、米国の厳しい排ガス規制を長年に渡ってクリアーし続ける事は、厳しかった」のだろう。

「元々、米国でも、日本同様ディーゼル自家用車の割合は非常に少ない」から、

「米国のディーゼル規制が非常に厳しいモノとなっていても、多くのメーカーには、大きな影響が無い」。

「影響が出易いのは、ディーゼル自家用車の本場欧州組みで、シェア世界一の為には、米国でもディーゼル自家用車を積極的に売りたいワーゲンくらいだろう」。

「逆から見れば、ワーゲン狙い撃ち的様相」なのだ』。

『「さて、冷静に考えてみる」なら、

「米国の厳しい規制には、適合出来していなかったワーゲンのディーゼル車」だが、

「その実用性は、高いレベルに在る」。

「そして、規制適合から外れたレベルも、滅茶苦茶酷いレベルでは無い」。

「しかし、それでも、ユーザーを騙した罪は重い」から、

「米国では、かなりの賠償金が言い渡される」だろう。

「フォルクスワーゲンの株価は急落した」から、

「フォルクスワーゲン社自体の損失も多大」で、

「会長は、直ぐに、降りる旨公言し、火消しに走っている」』。

『「ワーゲン狙い撃ち的様相でもある」し「株価への影響も大きい」から、

「恐らくは、影で仕込んでいる者たちが居る」のだろう。

「ワーゲン株を摘発前タイミングで売り、摘発後の買えば、ワーゲン自体は、車つくりは上手で、元の技術レベルはしっかりあるのだから、かなり儲かりそう・・・」だ。

「ショッキングなニュースで右往左往する素人投資家は大損し、

ショッキングなニュースを織り込み済みの連中は大儲け出来る」。

「それが、現状インチキ経済システムの錬金術、株の世界」だ』。

『「企業株価とは、本来なら、その企業の技術力等の内実に合わせたモノであるべき」だが

「何も知らない素人投資家まで巻き込んで株取引きが行われている」ので、

「内実ばなれした株価が蔓延っている」。

「そして、実体とはかけ離れた株価の乱高下で、世界経済自体が、右往左往させられて来ている」のだ。

「時には、戦争まで起こして!」』

『「真の平和主義者」なら「この重大問題は放置出来ない筈」である。

「安保反対!等々で、平和を訴えている者たち」が、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の手先では無く、真の平和主義者」なら、

「安保反対!より、実体離れしたインチキ経済やインチキ株式投資等の世界は是正せよ!!」の筈だが』。

|

中国共産党の長、習近平、貢クン米訪問・・・。

『「貰えるモノは頂く」が「譲らないところは譲らない」のが「米国外交」。

「貢ぐクンの未来は・・・」。

「共産党一党独裁体制である限り、中国に未来は無い」』。

|

成功者は腰が低い???・・・。

『「オコボレ頂戴わんわんたちが腰が低いのは当然の現象」だ。「人間にとっての成功を理解・把握していない者たちの言う成功論は、ある意味では詐欺的でもある」』。

|

お彼岸だからか、墓や骨利権等の宣伝が多発だが・・・。

『「今時なら、先ず、死生観でしょ!」それは、「丸ごと一人の死生観から、細胞ごとの死生観への進化」は「人類の精神文化の現実との整合性を高める特急券でもあるから」だ。

「それなのに、未だに、先進国日本の公共の電波を使って、既得権益の維持~増大の為には有益な情報を一方的に大量配信・・・」とは、

「本当に呆れる事態」だ。

「こんな事を行い続けていて、人類滅亡を免れると思っているなら、本当にオメデタイ!」

「事実・現実との乖離は、時を重ねる事に、確実に、人類を滅亡へと誘っている」』。

『「そもそも、もはや、伝統文化遺産或いは、世界遺産等の域に在る」のが、

「宗教や、お墓や、遺体処理や埋葬法等の問題」だ。

「今時の先進国の民なら、誰もが、人の誕生・死も細胞ごとである事を、理解・把握している筈」だ。

「ご遺体を焼いても残る骨だって、細胞の塊に他ならず、生きている間は、3~数年の内に骨細胞が入れ替わっている」。

「骨細胞が入れ替わっているから、骨粗鬆症等の病気にも成り得る」のだ。

「入れ替わった細胞は、骨細胞に係わらず、分解処理され、尿や便や垢や炭酸ガス等として、対外に排出されているのが現実」だ。

「ご遺体の骨とは、個体としての細胞連続死時点での骨に他ならない」。

「生きていれば、何れ、細胞ごとに入れ替わるべきモノの幾つかが、焼いても焼け残るダケ」だ。

「当然、丸ごと一人のあの世も霊も霊界等も無い」。

「誕生・死とは、細胞ごとの現象なのだから、当たり前の事」だ』。

『「それなら、現代人にとっての墓とは何か?」

「個人レベルでの伝統文化遺産」である。

「その伝統文化遺産を家族等のコミュニケーション等に有効活用する」なら、

「未だ、墓の存在意義もある」かも知れない。

「しかし、墓など無くても、家族等コミュニケーションが成り立つ」のなら、

「もはや、墓は無用の長物」だ。

「その辺りは、個々の事情によるところが大きい」だろう』。

『「葬儀等の儀礼も同様」だ。

「現代の多くの人々にとって、大仰な葬儀も、仏教等宗教の習わしに沿った儀礼の多くも、

・・・もはや、無用の長物状態」だろう。

「古の時代には、

丸ごと一人の死生観で、

死の判定さえ???だった」から、

「ご遺体を埋めない初七日もご遺体の方が確実にあの世に行ったと誰もが思える49日も、

それなりに社会的有用性が在った」。

「しかし、現代では、死の判定も、かなり確実」で、

「細胞ごとの誕生・死という現実まで判っている」。

「もはや、初七日や49日に以前程の人間社会的有用性は無い」から、

「多くの人々が、平然と省く」。

「それに伴う、お経や戒名等も同様」だ。

「そして、墓自体も、同様に成りつつある」。

「残っているのは、葬式&骨利権くらい・・・」だ』。

『「現実的に考えるなら、リサイクル&エコのご時世」だ。

「ご遺体をリサイクルしない手は無い」だろう。

「そして、その前には、死因の徹底究明が必需」だ。

「そして、ご遺体をリサイクルするなら、その前に、徹底した平等性・公平性が確立した人間社会が在るべき」だ。

「そうでは無い場合は、例えば、権力者人脈の者が、被支配民のご遺体もしくは生体を権力者人脈の者の延命等の為に悪用出来てしまうから」だ。

「現状人間社会では、その辺りはどうか?」

「お彼岸で考えるなら、死生観の進化と、其処」だろう』。

『「日本の公共の電波を使って、既得権益の為の情報や、

人類の精神文化の進化にロクに貢献していない情報等々」を

「一方的に大量配信している不出来な者たち」には、

「過分な立場・報酬等は似合わない」。

「テレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

トヨタが米国で空飛ぶ車の特許出願だそうだが・・・。

『「内容を見ると、翼云々・・・と、揚力を使って飛ぶ内容の様相」だ。「重力制御なら・・・、もしかすると、トヨタもそのスジの技術を知っているのか???」と「思った」が、

「どうもその様相では無い」。

「ある意味では、一安心」だ』。

『「何故なら、重力制御だった場合」には、

「同時に、時空穿孔兵器等の実現も可能」となり、

「核兵器レベルとは次元が違う地球消滅兵器レベルの技術」を、

「トヨタという大企業も持つ事となってしまうから」だ。

「ドライバーの心を無視した様な、シティモバイル・・・後輪操舵&前輪駆動の一人乗り電気自動車等」を「平然と作っている様なところ」には、

「進化した物資文明相応の精神文化の土壌は無い」と「感じている筆者たち」にとっては、

「朗報」でもあった』。

『「BMWが壊れ、金食い虫になると推定された時、

廃車としてディーラーに手渡し、

その後、短期間、代車として使った事があるトヨタ、ヴィッツの操縦性&乗り心地の悪さに癖壁した筆者」としては、

「トヨタが庶民(金持ちなら、86を買って自分好みに仕立てれば良い)ドライバーの心をつかむのには、相当の年月がかかる・・・」の「感が拭い切れない」。

「そんなところが、重力制御技術まで持ってしまったら・・・」。

「感覚として」は、

「平然と庶民には、劣等運転感を与えている利潤の多いであろう車を大量販売して大儲けしている支配欲の強い様相の者たち」が、

「地球消滅技術まで保持してしまった恐怖感に襲われる」。

「ある意味では、独裁者に近い者が地球消滅技術まで保持した恐怖」と「表現したら良いだろうか・・・」』。

『「レンタカーのヴィッツが余りにも酷かった」ので、

「筆者のBMWの次の愛車は、三菱iとなった」。

「重量バランス&運転感覚がいくらかは、320に近かった上に、筆者の乗り換え要件として重要だった燃費リッター最低でも14~15キロをクリアー出来そうだったから」だ。

「エコタイヤに変えた後のiは、筆者の使用状態(320時には、ハイオクで、リッター当たり9~10キロだった)レギュラーで14~15キロは走っている」。

「もちろん、iには多大な不足点が在る」。

「先ず、高速性能」。

「320では200キロ連続走行も可能だった」が、

「iでは、最高速140~150程度」だ。

「しかも、前タイヤが145と極細なので、高速域では圧倒的に頼り無い」。

「サスペンションもかなりケチられている」。

「リアがリジットで、対応能力的に不十分だから、175と軽としては相応に太いタイヤを履いて誤魔化している」。

「それでも、足りないから、意図的にフロントを弱めている」。

「その誤魔化しの結果が、145タイヤ&ポジキャン&ネガスクラブなのだろう」。

「結果として、市街地コーナリングでも、よじれを十二分に感じられる」。

「175タイヤを履いたリジットリアも酷い」。

「ロールセンターを高める為&横剛性確保の為にリンクを張っている」が、

「左右不対称リンクなので、ダンパーがヘタると直ぐに、操縦性に恐怖感が出る」。

「筆者も、タッタ6万5千キロ走行時にダンパー交換せざるを得なかった」。

「320の時は、13万キロ以上走っても、ダンパー交換の必要性は全く感じなかった」。

「BMWの場合は、ダンパーがヘタると、元のスポーティーセダンがラクジュアリーセダンに熟成した様な変化となっている」から、

「運転者も、車が歳を取って来たのだから、ハードな走行は控えようか・・・」との「感を自然と持てた」のだが、

「iの場合は、だんだんと恐怖感が強くなった」から、

「まるで、ダンパーを変えなさい!と車から強いられている感じ」なのだ。

「このユーザーが主では無く、作り手が主であるかの如き、感覚の持って行き方は、明らかに不健全」だ。

「i自体のポテンシャルは、前後45対65の重量バランスからも明らかな様に、基本的に良好」だから、

「三菱自動車は、もっと、もっと、煮詰め続けてiを提供するべき」だろう。

「リアを独立サス(Wウィッシュボーンは不可能でも、ストラットなら入りそう)にして(ジャッキなど、横に積まず、有り余っている天井か、後席裏に積めば良い)対応性を高め、

リアの対応性が高まった分だけ、フロントも強くする」。

「高速域を考えると、最低でも155は欲しい」。

「ポジキャン&ネガティブスクラブは止め、ゼロキャン&ゼロスクラブくらいに調整」し、

「素直なステアリングフィーリングをもたらせば、たった2人しか乗れないホンダ660より、

多くの人々にとって、

食指が動く車となり易い事は明白」だろう。

「当然、高速域まで考え、ATは4速(4速の現状では、高速に乗ると、常に3000回転以上回り、燃料冷却域となっているせいだろう、燃費が悪い)では無く、5速にする。

或いは、ATでは無く、DCTでも良いが、CVTは運転者の感覚を逆なでするのでダメ」だ』。

『「トヨタのハイブリッドは、トヨタの改良版かも知れないマツダを除く他社のハイブリットよりかなりマシで、燃費抜群&運転感覚それなりに頑張っているジャン!」だが、

「ずっと運転していたくはならない」。

「その辺りにトヨタの重大弱点が在る」。

「そんな状態の所には、セイゼイ翼付きの空飛ぶ車が似合っているのかも知れない」・・・』。

|

現状人間社会でハラスメントを言うなら「金権ハラスメント」は常に忘れてはいけない・・・。

『「金ハラ無ければ、鳩山も総理大臣にはなっていない」だろう。

「金ハラの極悪なところは、貧金が豊満金に自主的に媚びさせられてしまうところ」だ』。

|

テレ朝夕番、大谷発言「・・・ペルー人を野に放つ・・・」問題・・・。

『「言うまでも無く、熊谷は野では無い」。「東京の通勤圏で、容疑者が立ち回った所は、街である」。

「野とは、野党からも判る通り、劣位表現」だ』。

『「熊谷に対する差別的発言をしたばかりか、

まるで、犯罪を犯してしまった追い詰められた日系ペルー人を

野に(放つ表現で)獣の如く捉えた様相(言うまでも無く、人類の犯罪行為だから、その現実離れぶりは、如何なものか!)の発言を

公共の電波上で、~何十万人~何百万人~もの人々の前でした大谷」の、

「衰退ぶり」は、

「もはや、相当のモノ」だろう』。

『「民主党推し等を反省した、田原総一朗の様に、

BSに行くなり、

引退するなり、

・・・相応の身の処し方があると思うが」・・・』。

『「事件・事故等は、その都度本質も違う」のに、

「どんな事件・事故等でも、同じ常連コメンテーターという事自体」も、

「言うまでも無く、大きな問題」だ』。

『「テレ朝に限らず、テレビ・ラジオ界は、悪戯な常連好き(つまり、特定極一部の者にお金を流し続け、その者の有名人利権を製造~維持~拡大させる目的等が濃厚・・・)的様相」である。

「是正は、急務」だ』。

|

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」と構造は全く同じ「安保法案反対!~政権交代!!~民主も含む野党連合!!!」を大宣伝し始めた韓流テレビ・・・。

『「こんな{詐欺}的手法で、何度も操られる程多くの日本国民はバカでは無い」。

「それなのに、同様の策略を実行している」のは「悪連中には、その手しか残されていないから」だろう』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の情報誘導により、日本の中に、決して少なく無い数の安保法案反対派が生まれてしまった事」は、

「現実」だろう。

「しかし、その操り誘導手法の肝」が、

「国家・国民の安全保障より法を優先させる事」だったり、

「代理制民主主義の多数決を否定する為に、テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導ファシズムを悪用したり・・・」等々と言った、

「姑息な論点すり替え手段」だ。

「その事に気づく人の数」は「今後も増え続ける」から、

「最終的に敗北する」のは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導ファシズム等を仕込んだ側になる」』。

『「それなのに、未だに、タイトルの様な事態を平然と仕込もうとしている様相」なのだから、

「本当に連中には後が無い」のだ』。

『「安保法案採決時には、喪服で登場した国会議員まで居た」が、

「現実の日本社会」では、

「多くの一般日本国民」が、

「喪服を来て反日国人脈の手先工作員たちの終焉」に対し、

「一応の礼を示す時」が、

「直ぐ其処にまで来ている」。

「反日国の手先たち」は「過去の悪態に対する罪と罰を受け入れ、補償をし、態度を改める」か、

「覚悟を決める」べきだろう』。

|

反その国人脈によるその国の民の追い詰めはダメだが、反その国人脈を反その国国へ追い返す事等は合理的だ・・・。

『「他国内において、反その国工作等を行っている者たち」は「悪者に他ならない」。

「悪者に対して、是正を求めるのは、当然の事」である。

「ある国の国民を反ある国の人脈等の者たちが追い詰める事」も「悪事」だ。

「そんな他力的ストレスに囲われた人々は、本来の実力を発揮し辛くなるのは、もちろん、

場合によっては、追い詰められたその国の中で、自爆テロ的犯罪等にも突き動かしてしまう」。

「そして、その様な実態が、実際に在る」。

「反その国人脈なのに、その国内に入り込んでいる悪者たちの工作活動として実践されている」のだ』。

『「例えば、戦後の日本が平和で発展し続けて来ている事が気に入らない反日国の悪権力者たち」は、

「日本国内に手先を送り込み、日本国内の手先を使って、多くの、或いは、特定の、日本国民に多大なストレスを与え、追い詰め、実質的自爆テロを行わせて来ている」。

「日本国内で追い詰められるべき」は「その様な工作活動を行っている連中なのに!」』

『「格差社会化させたり、

電磁波工作や飲食物工作や情報・教育工作等で、

本来なら不要なストレスを与え続け、

時には、その者の弱みを他者に暴露する事で、

日本社会の中で多大なストレスを与えたり、

・・・その様な悪行に耐えかねて、

ターゲットが現状脱出欲動を暴発させれば・・・、

例えば、無差別殺人テロ行為等が行われてしまう確率が、結構高い」。

「もちろん、全日本社会が、その様なターゲットとされた犠牲者等を責める訳も無い」のだが、

「追い詰められた者」が「その実態を理解・把握する事」は、

「結構困難な場合が多い」。

「電磁波工作や飲食物工作や情報・教育工作等々に気づけない様な、

能力的・感覚的弱者たち」が、

「追い詰め操り自爆テロ人形化工作の犠牲者となっているから」だ』。

『「気づけている者たち」は「当然、操られず、悪の工作活動を行っている者たちを追い詰める」。

「その一つの解答」が、

「反日国悪権力者たちの手先となって、日本国内で悪の工作活動等を行っている者たち」は、

「母国・祖国等に帰れ!」だ。

「反日国の為に日本国内で、

日本国民をターゲットとした電磁波工作や飲食物工作や情報・教育工作や政財界工作等々を行っている者たち」は、

「反日国に帰り・行って、反日国を健常化する事等を頑張るべき」である』。

『「今は、既に、情報化社会」だ。

「反日国人脈の工作科学技術能力ダケでは無く、

一般日本国民が持っている科学技術のレベルも日々向上している」。

「反日国悪権力者たちの手先たち」は、

「直ちに工作活動を止めるか、

実名入りで、その実態が暴かれる前に、

反日国に戻る・行く事を強くお勧めしておく」。

「反日国悪権力者たちの手先が、

今のまま、工作活動等を続けて行く事=確実に永遠の恥辱に染まる道の上を歩ませられる事」となる』。

|

熊谷6人殺害事件の重大問題点・・・。

『「当初のテレ朝朝番等の報道内容」では「日系ペルー人と言うよりも、3万円で養子になったペルー人だった」が、

「実際は、日系ペルー人の3世」らしい。

(この一件からも、日頃事ある度にテレビ等が主張している「ネット情報は不確かだが、テレビ等は裏を取っている!」のいい加減さが良く判る。)

「しかも、来日は、兄の一人がペルー国内で25人以上もの殺人を犯す前の10年以上前」で、

「伊勢崎市内での食品工場勤務は、たった1ヶ月だった」との事だ。

「日本国内に出稼ぎに来て、普通に働いていたところ、

ペルー内で兄の一人が大量殺人を犯し、

その事を知った日本国内の知人等が、

彼の職場等で兄の大量殺人を風潮した為、

職場内でのいじめが在った」旨の「報道も在る」。

「つまり、追い詰め工作が行われていた様相でもある」のだ』。

『「ここで重要な事」は、

「追い詰められた人」は「現状脱出欲動の暴発行動を行い易い事」を

「実質的テロ等に利用している悪が実在する事」だ。

「今回の事件の容疑者も、散々、他の場所の職場内で追い詰められた後、伊勢崎に行き、其処で働いていたところ、

何故か?3人もの黒背広の男たち(=ゲンダイによれば・・・だから、テレ朝情報同様、真偽は?だが・・・)に

付き纏われる事態(一人か?複数人か?はとにかく、各報道から、付き纏い行為の実在ダケは本当の様相・・・)に

陥っていた」。

「その後、何故か?熊谷に移動(伊勢崎からペルー行きの空港等を目指すなら、普通は、先ず、東武伊勢崎線で浅草方面だろう。ところが、JR東日本利用の様相なのだ。

考えられる移動手段は、JR使用の前に、伊勢崎から本庄までバスを利用した事で、このショートカットは、結構有用なので、それを知っていたら、先ず、本庄までバス移動したと考えられる。

本庄からJRに乗って東京を目指すと、新幹線駅もあるので都市的に見える最初の駅は熊谷になる。

しかし、普通なら、もっと先の例えば、大宮とか、上野・東京とか、池袋・新宿とか、に行くのが当然だろう。

熊谷に引っ張る誰かの意思が感じられる。)し、

ペルーに帰りたい旨、消防署内で片言の日本語で訴えたら、

何故か?警察署に回された(この辺りも不自然だ。外国人の帰国問題なら、在留外国籍の人々の扱いに慣れた部署が当然だろう。ここにもある意思が感じられる。)」。

「そして、何故か?任意取り調べの状態(警察としては当然の事だろうが・・・。)となり、財布や携帯電話まで任意提出(其処までする必要があったのか??)させられた」。

「そんな{追い詰められた}状態で、タバコを吸いたい旨申告したら、

何故か?外に在る喫煙場所(雨天時の喫煙所=当然室内だって在る筈では?)に行く事となり、

何故か?たった一人の警察官が付き添ったダケ(外なら、複数人が当然だろう。)」だった。

「その上、財布や携帯電話まで置いたまま逃走した者に対して、

熊谷署は何故か?保護手配や近隣住民に対する注意喚起も行っていない(この辺りにも、意思が・・・)」。

「そして、起こった結果」が「まるで、無差別殺人テロの様な6人者殺害事件だった」・・・』。

『「上記の様な流れを知る事」で、

「日本の中に実在している悪意を持つ集団の姿」が、

「それとなく見えて来た・・・」等と「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「非常に恐ろしい話し」だが、

「日本の中」に、

「親族等の汚点等を元に、職場等で言いふらす事で、追い詰める者たち」や、

「職場を変えても、更に追い詰める者たち」や、

「消防署等、救急車を持ち、人を救う立場に居ながら、更に追い詰める者たち」や、

「警察署等、追い詰められた者が、その者にとっての終局的判断を仰ぐ立場に在りながら、更に追い詰めた上に、

追い詰めた者の保護や、

周辺住民への注意喚起も行わない者たち」が、

「集団的に実在している様相」が「其処に在る」。

「かつての、無差別殺人事件の裏にも、例えば、小泉(朝鮮系と言われている)・竹中の利権集中悪徳改悪による追い詰めによる悪影響が見受けられる場合も多い」。

「其処に、追い詰めた者に実質的テロを行わせる共通の悪意が在る」としたら、

「意図的に、悪者たちが、追い詰めた者を利用した実質的テロ」を、

「日本国内で、高確率で発生させるシステムみたいな物が在る事になる」』。

『「更に、ヒュンダイ等の事件後論も酷い」。

「追い詰められた者を不良品扱いして、国外退去を求めている様な論」なのだ。

「テレ朝等では、無差別殺人=精神鑑定論まで風潮された」。

「其処に在るのは、追い詰められた者たちの責任を回避させる為の大衆誘導の様相」で、

「追い詰められた者たちの責任を、有益分子扱いとして回避させる」と「共」に、

「追い詰めた者たちの存在を追及させず、追い詰めた者たちを責めさせなければ」、

「同様の新たな実質的テロがいくらでもつくり出せてしまう事になる」』。

『「それら上記の全体像から浮かび上がって来る者・物・事は何か?」

「日本国内に実在している特定人脈の悪意」だろう』。

『「こんな実態が在る」から、

「日本国内で不健康なスパイ・工作活動等を行っている暇が有る」のなら、

「祖国・母国・本心の国籍の国等に帰り・戻り、祖国・母国・本心の国籍の国等を健常発展させる事に力を発揮するべきだ!」等の

「当たり前の論」が「出て来る」のだ』。

|

SEALDs次の一手とは、最終的には反日国行きだったりして・・・。

『「選挙に行こう!」は「大いに結構」だが「安保法案に反対したからと言って、利韓(北朝も含む)・利中共政党に一票を投じる有権者は、ほとんどいない」。

「そればかりか、時と共に、現実の安全保障が9条等の法律や法律論等より大切な事は、より多くの人々が知る事となる」』。

『「日本国内でどんどの立場が細って行くのは、利反日国系の人々となり、利反日国のままなら、結果として」・・・』。

|

サンデー・モーニング、本日もインチキ戦争経済論を一方的大量配信・・・の醜悪ぶり・・・。

『「言うまでも無く、戦争で儲かる、財界は戦争を歓迎・・・は、大嘘」だ。「それは、先の大戦で日本がどんなに損したか?」を「考えるなら、誰もが直ちに分かる事」だろう。

「戦争で儲かる」や「だから、財界は戦争歓迎・・・」等々は「大嘘」だが、

「安全保障が崩れると大損する」は「真実」だ。

「それは、~戦前~戦後の日本の現実を考えれば、誰にでも分かる事」である』。

『「例えば、元々、日韓併合とは、韓国側権力者が保身の為に要望した事でもあった」。

「だから、二国間権力者同士で、国と国との国家契約を結んだ」。

「日本の軍備が十分に強く、日清・日露戦争以降、戦争もせず、日本国の安全保障がそれなりに整っていた時代」は、

「日本国・日本国民に大きな損失は無かった」。

「ところが、世界恐慌を引き金に、大陸への進出度を強め、軍備増大し、軍部が主導権を握り、満州事変~日中戦争へと突入した段階」で、

「事態は急変」した。

「戦争を始めた事で、安全保障環境上要求されている軍事力の高さが一気に跳ね上がった」が、

「当時の日本にそんな軍事力は無かったから」だ。

「大陸への進出&開戦の結果、米国との敗戦が決定的な戦争となってしまった」。

「終戦直前には、日本国の安全保障環境がほぼ無い様な状態に陥っていた」。

「日本の安全保障環境が極希薄になった時、

日ソ中立不可侵条約を一方的に破って旧ソ連が侵攻して来た」。

「多数の日本軍兵士が捕虜とされ、

大戦終了後シベリアで強制労働まで行わされ、多数の死者も出た」。

「敗戦直後の日本国」とは「自前の安全保障を全く持てていない状態に他ならない」。

「すると、どうなったか?」

「韓国権力者の保身の為でもあった二国間の合意契約は、一方的に破棄され、

日本による侵略~植民地支配という現実とは全く違う嘘の下で、

朝鮮半島内の日本の全ての立場・資産等が韓国(北朝鮮も含む)に略奪された」。

「日本の安全保障が不十分だった間に、韓国は竹島の不当占拠等まで行っている」。

「戦争で儲かるは大嘘」だ。

「戦争という単語を用いて強いて言う」なら、

「勝つ戦争では儲ける事が出来る」が

「負ける戦争では大損する」だろう。

「安全保障が希薄になれば大損する」は「現状人間社会の恒常的真実」に他ならない』。

『「今の先進国社会では、先端軍備も複数国による共同開発」だ。

「例えば、日本国の次期戦闘機であるF35だって、欧米共同開発で日本も其処に加わる事で、その取得・使用の権利が生じている様な部分も在る」。

「一つの兵器が丸ごと一つの国製という時代では無い」のだ。

「そんな中で、旧来の一つの兵器=その国製という見方を誘う画面イメージ上」で、

「日本の軍備を商売的兵器ショーの出す事を軍事商売の拡大~軍国主義への回帰等のイメージで風潮した事」は、

「明らかに、酷い」。

「多くの視聴者に事実・現実を誤解させる」と「共」に、

「実体とはかけ離れた戦争や軍国等の誤ったイメージを抱かせる情報配信」が、

「日本の公共の電波上で行われ続けていて良い訳が無い」』。

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

「安保法案未明成立で日本晴れ」だった本日だが・・・。

『「反日国の手先的様相の反対派連中のその後の言動を見聞きしている」と

「今後が危惧される」。

「今までは、ソフト・テロを一生懸命行っていた連中」が、

「ハード・テロを行う可能性も増えている」と「強く推定」出来る。

「日本国の政府・与党」は、

「早急に、ソフト~ハード全てのテロ対策を行うべき」だ』。

『「一番考えられる」のが「今までのソフト・テロの手段を増強したハード・テロ」だ。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々は、ロクに摘発されていない」から、

「それらの手段を増強したテロ」なら、

「結構な事が出来ると考えている」のが、

「反対派の過激派活動家たち」の「実態」だ。

「反対派がお仲間と認めている人々以外の人々」は、

「政治家・要人・一般人を問わず、かなり厳重に用心するべき」だろう。

「そして、政府・与党等に、早急な対策を促すべき」だ』。

『「ソフト・テロがハード・テロに増悪する」のは、

「相応の理由が在る」。

「安保法案が通った事」で、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等の手先たち」は、

「祖国・母国から工作活動の失敗」という「烙印」を「押された」。

「有益分子として活動資金の一部等まで貰っていたであろう者たちの

祖国・母国等の命令の下の工作の失敗」は、

「不適応分子や劣等扱い市民への特急券」だ。

「粛清の対象とも成り得る事態でもある」。

「もはや、其処から逃れる手段」は、

「安保法案をひっくり返すくらいの事をするか、

かなり効果のはっきりしたテロ等を行う事以外に無い」』。

『「日本国内の反日国人脈の工作員たち」は、

「粛清されるか?ハード・テロを行うか?安保法案をひっくり帰すか?」の

「選択を迫られている」のだ』。

『「安保法案をひっくり返す事は容易では無い」。

それは、

「例えば北朝鮮や中国共産党支配下の日本」と、

「米国と日米安保を強化した日本」の

「どちらを選択する日本国民の数が多いか?」等を

「考える」なら、

「誰もが直ぐに分かる事」だ。

「反日国人脈の者たちが、相当頑張って、日本人少子化工作&反日国人脈子沢山工作を行って来ている」と「言って」も、

「現状の日本国内では圧倒的に日本人の数の方が多い」。

「一般日本国民の多く」は、

「間接民主主義で通った法に対して」は、

「余程の酷い実態が明らかにならない限り、その有意性を見い出せる」。

「安保法案白紙撤回!」等は、

「現与党の行った事を貶める事で政権奪取!」を「目的」とする「政党等の謳い文句」としては「使えて」も、

「実質的には実現不可能」だ。

「それは、最低でも県外!と同様の話し」である』。

『「安保法案白紙撤回が実現不可能となると、どうなるのか?」

「粛清が嫌なら、ハード・テロの実行となってしまう事」が「強く推定される」。

「日本人を粛清するか?反日国の手先が粛清されるか?」の「選択」で、

「反日国の手先の工作員たちが選択するのは・・・」』。

『「安保法案が通る事が確実となった段階で、既に、その兆候は見受けられている」。

「明らかに、

飲食物工作は過激となり、

電磁波工作も無理を承知で無理している様相」になって来ている』。

『「日本政府・警察等」が、

「出来る事なら、

最初から徹底摘発し、

厳罰に処すべき日本国内の反日国人脈による工作活動」だが、

「拉致実行犯や拉致協力者への対応さえも曖昧にして来ているまま・・・の

日本政府や警察等の実態」からも、

「いきなり、大きな期待は持てない」だろう。

「先ずは、

ハード・テロ的傾向の強い飲食物工作や電磁波工作の実態・実体把握をし、

その対策を早急に政府・与党等に上げ、

早急な摘発体制の整備と厳罰を含む法整備を行うべき」だ。

「法&摘発体制が整うまでは、一般市民は自主防衛しか無い」だろうから、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々には、厳重にご用心!!」』

|

日本の安保法案に中・韓が大反発!・・・。

『「日本の中で反対している」のも「中・韓(北朝も含む)の手先が多い様で」・・・。

「ある意味、その人の本音の本国等がとても分かり易い状態なのです」・・・。

「反対派に、テレビ・ラジオ・マスコミ・ゲイノウ・有名人等が多いのも、テレビ等の人脈を露呈しているダケ」・・・。

「中・韓(北朝も含む)の手先たち騙されて操られていた哀れな日本人は、当然の如く、どんどん減少している」のに、

「マズゴミでは反対派はどんどん増えています・・・等と偽りのイメージ誘導」・・・』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等は、人脈ごと変えなければダメでしょ」・・・』。

|

醜悪反対野党の国会ドタバタ劇は北朝鮮や中国共産党へのメッセージ・・・。

『「安保法案が通っても、国会の事前承認で縛られている限り、今回の様なドタバタ引き延ばし劇で実質的に無効化するから大丈夫・・・」とでも、

「北朝鮮や中国共産党に伝えたい様相でもある」のが、

「醜悪反対野党」だ』。

『「こんな国会議員たちを選んだ有権者の責任も大」である』。

『「未だに、マズゴミ」では、

「安保法案反対派がドンドン国会前に集まっているゾ~!」と「大宣伝している」が、

「昨日集まった人々の数は、警察発表で1万1千人と、以前より減っている」。

「テレビ報道によれば、中には、大阪からわざわざ来た人まで居た」ので、

「反対派の割合は、日々現象傾向にある」のだろう』。

『「未だに法律論が表に出されている安保法案」だが、

「言うまでも無く、法律論の前にあるべき安全保障の問題」だ。

「日ソ中立不可侵条約を一方的に破って日本領に侵攻~支配した旧ソ連軍の事」や、

「韓国による竹島の不当占拠」

「中国共産党による不当な海洋進出」等の

「重大問題」を

「無かった事に出来てしまう、或いは、肯定的に考えている人々」なら、

「安保法案反対!」だろう。

「何故なら、安保法案で日米安保が強化される事」が、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党や旧ソ連による日本への侵略行為等を大きく阻害するから」だ。

「北朝鮮や中国共産党やロシア等の核兵器圧力」も

「米軍の核の傘の有効性が高まる事により削がれる事になる」。

「韓国(北朝鮮も含む)や中国やロシアに対する外交で日本をより有利にする」のが、

「日米安保の強化に直結している安保法案の成立」だ。

「安全保障問題でもあり、対反日国等外交力向上問題でもある安保法案」でも、

「あくまでも法律論として捉えたがっている」のは、

「事の本質を誤魔化したいから」だろう』。

『「法案成立後は、法案の無効化活動に舵を切る筈」の

「日本国内に居る、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちや中国共産党やロシアの北方領土を日本に帰さないゾ~!派の手先たち」だが、

「その日本を不利にする悪だくみ」は、

「実行前から既にバレている」。

「そんなモノに賛同する愚かな日本国民の数」は、

「安保法案の実体が、

安全保障強化対策であり、

対反日国等外交力強化対策である事が知れ渡って行くと共に、

どんどん減って行く筈」だ』。

『「拉致被害者の帰還も望まず、

北方領土の返還も望まず、

中国共産党による不当海洋進出を是と考えている

様な人々」が、

「安保法案反対!や安保法案無効化工作等々を行う事」で、

「日本国内では、取り残されて行く事になる」のだ』。

『「反日国等を有利にしたい者たち」は、

「反日国等に行って・帰って反日国等の健全発展の為に、

力を発揮すれば良い」。

「日本国内で、姑息な邪魔や不健全な工作活動等を行っているその姿」は、

正に、「自分にも叛いている悪人」である』。

|

熊谷6名殺害事件で容疑者が逮捕されたが・・・。

『「ペルー人とされているが、ナカダ・ルデナ容疑者と、日本の名字も入っている様相の名前」だ。「普通に考えると、日系ペルー人か?」だが、

「本日のテレ朝朝番によれば、何と!3万円で日本人の養子になっていたとの事」である。

「そして、居住地も直前までは、熊谷では無く、伊勢崎だった」らしい。

「伊勢崎の食品加工工場での勤務を辞めたいと辞めた後、熊谷に出て来ていたらしい」のだ。

「そして、報道によれば、熊谷の消防署で、片言の日本語で訳の分からない事を言っていた」から、

「消防署は警察に通報し、警察署内で聞き取り調査が行われていた」。

「ペルーに帰りたい旨述べていた」との事だ。

「その途中で、タバコを吸いたいからと、警察署の外の喫煙場所まで行き、突然、その場から赤信号の大通り(国道140号か、17号の旧道)を横切って逃亡した」。

「容疑者の携帯電話や財布は、警察署内に残したまま・・・」と言うから、

「警察が、任意で取り調べていた可能性大」だ』。

『「ここで、重大な問題に気づいた方々も多いと思う」。

「警察の任意の取り調べが、動機になっている可能性」だ。

「携帯電話や財布まで警察に置いたまま逃走という事態」は、

「緊急配備&保護確保相当の事」だろう。

「しかし、熊谷署では、その様な対応は取らなかった」。

「日本での生活に行き詰まり、

容疑者自らが持つ財産等のほぼ全てであったかも知れない携帯電話と財布を警察に残したまま、

逃走した者」の

「危険性」は、

「警察官で無くても、誰もが分かる事」だ。

「どう考えても、緊急配備&保護という逃走対策が行われなかった事」と、

「周辺住民への情報発信&注意喚起が行われていなかった事」は、

「熊谷署担当者たちの重大な問題だ」と思えてしまう・・・』。

『「そして、起きてしまった結果は、6名もの周辺住民殺害&容疑者本人の自傷行為」と、

「とんでも無い事」だった・・・』。

『「更に、考えるべきは、3万円で養子に取った者の目的」だ。

「その辺りにも、容疑者が抱えていたストレスの元凶が潜んでいる様に感じる」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「同様の新たな事件等の防止の為にも、その辺りまで含めた検証&対策は必需」である』。

『「報道では、容疑者の兄」が、

「十年前に、ペルーで25人以上もの殺人を犯し、収監中」だという

「如何にも血統主義者が好きそうな情報も大々的に流されている」。

「容疑者の兄の大量殺人という在ペルー時の容疑者の周りの環境」が

「容疑者に与えた悪影響」は「計り知れない」が、

「血統等は全く関係無い筈」だ。

「ペルー在住時には、兄の大量殺人という悪環境下に置かれ、

何故か?たった3万円で養子にとられた容疑者」は、

「日本の食品工場で、働いて(働かされて?)いた」。

「慣れない環境でのストレスも重なり、

ペルーに戻りたいと願った容疑者」は、

「その旨を、消防署で訴えた」ら、

「警察署の回された」。

「警察署内では、何故か?任意取り調べ状態に置かれ、携帯や財布まで警察側が持って行った」。

「容疑者の中で、現状脱出欲動が暴発した瞬間」だろう。

「その後の容疑者は、直近の現状である警察署から一刻も早く離れたくなり、

国道の赤信号さえ無視して、逃走」した。

「逃走後に、出来る事は?」

「もはや、容疑者を支配しているのは、無意識レベルで暴発した強烈な現状脱出欲動」だ。

「容疑者自身の表面の思い」では、

「どんな手段を使っても、お金を得て、ペルーに戻る!」だったのだろうが、

「無意識レベルでは現状脱出欲動が暴発している」ので、

「現状が明らかに変わる行為なら、何でも選択肢に入っている事になる」。

「ポジティブ側の現状脱出欲動の暴発なら、例えば、大衆前で大演説等の実態も考えられるが、周囲からのネガティブ圧迫が多い者の場合には、ネガティブ側の現状脱出欲動の暴発を起こし易い」。

「今回の容疑者の場合も、殺人&自傷行為等の超自虐的行為に走ってしまった・・・」。

「殺人まで犯してしまった容疑者」は、

「警察に追い詰められ、

もはや、現状を脱出するには、

自分さえも殺傷するしか無い状態となり、自傷行為さえ厭わなかった」のだろう。

「容疑者の現状脱出欲動の暴発による犠牲者となってしまった」のは、

「6名もの日本の一般市民だった」・・・』。

『「無意識レベルの欲動暴発のエネルギー」は、

「意識レベルとは比べ物にならない程大きい」』。

『「どうすれば良いのか?」

「言うまでも無く、誰もが無意識レベルで現状脱出欲動を暴発させない人間社会にすれば良い」のだ。

「一つは、誰もが現状脱出欲動を暴発させないで済むくらいに、公平・平等な人間社会の構築」であり、

「重要なもう一つは、誰もが自分で自分を健康にコントロールし続ける事」である。

「現状はどうか?」

「現状では、所謂先進諸国でさえ、公平・平等とは程遠い」。

「何故か?」

「人類誰もの自分の実体との整合性を取った人間社会が構築されていないから」だ。

「自分で自分を健康にコントロールする人々もメインでは無い」。

「未熟な現状人間社会では、自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事を支配・コントロールする努力を惜しまない者たちが、成功者とされている場合が多いから」だ。

「そして、そんな成功者たちを悪戯に賛美し、追従している、

自分で自分を健康にコントロールする代わりに、

他人に自分を支配・コントロールさせている者たちも非常に多いから」だ。

「こんな代償欲求追及型の人々が溢れている人間社会」では、

「事件・事故等の多発は当然、

代償欲求追及の集団版である戦争だって無くせる訳も無い」』。

『「未熟な人類は、誰もが、先ず、自分で自分を未熟な状態から救い出すべき」である』。

|

安保法案参院本会議採決を前に、国会前の反対派を大宣伝している醜悪テレビだが・・・。

『「さすがに、日頃から、お利口・優等生仮面を全面に押し出している様相のテレ朝」の「多くの番組」では、「もはや、成立が確実となっている安保法案に対して、タダ反対論等を振りかざしている連中を一方的に褒め讃えている様な大宣伝は行わなくなって来ている」。

「賛成派のデモ」まで「情報配信する様になった」のは、

「従軍慰安婦虚報等の重大問題処理(お手盛り自浄?だが)後の朝日新聞同様、

少しはマシになってはいる」。

「しかし、常連出演等の特大利権を保持している連中は同じ」だ。

「実は、其処にこそ一番の問題が在る」』。

『「普通の企業等では、例えば、営業成績等が悪かったり、生産した物が悪かったり、・・・等々すれば、人も変えられる」。

「ところが、今まで、散々、日本の公共の電波を使って、

民主党偏向情報等を一方的に大量配信する悪事を重ねて来た連中」は、

「未だに、変えられていない」のだ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の元から居る人々の特権ぶりは、半端では無い」。

「特権的大権を持つ者は皆、相応に入れ替わりが在るべき」だ。

「国会議員だって、選挙で入れ替わりがある」。

「ましてや、偏向情報の一方的大量配信等の悪事を行った者たち」が、

「未だに、~何十万人~何百万人~もの人々の前で、毎日の様に自論等を述べられている状態」は、

「明らかに異常」だ。

「少し考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「例え~何十万人レベルでも、毎日の様に、東京ドーム何十個分満員もの人々の前で、自論等を述べる事等が出来てしまっている」のだ。

「国会議員だって、テレビ中継で毎日の様には、そんな状態が持てていない」。

「国会中継が在る時が主であり、ニュース等では、言葉や態度の切り売りをされているダケ」だ。

「ところが、テレビ常連出演者たちは、言葉や態度の切り売り等をされる事がほとんど無い状態」で、

「毎日の様に、~何十万人~何百万人~もの人々の前で、自論等を述べる事が出来てしまっている」。

「常連出演は、かなりの特権」だから、

「正当性の高い合理性が無い限り絶対にダメ、ある意味では絶対悪」である』。

『「現状の常連出演者たちには、正当性の高い合理性が無い」。

「特に、民主党等特定人脈偏向情報等の一方的大量配信という悪事を行った者たちなら尚更」だ。

「そして、そんな者たちが、未だに、SEALDs等を大宣伝している」のだ。

「本当に醜悪」である』。

『「安保反対のお祭り騒ぎを仕込み、有名人利権を手に入れたい様相ですらあるSEALDsの代表格の連中」は、

「着飾ったテレビ画面を明らかに意識した風貌を大宣伝されていた」。

「それに追従している操り人形的人々は、主役を盛り立てる脇役、もしくは、エキストラ」である。

「エキストラのご褒美が、ペンライト等・・・の様相」なのだ。

「そして、そのエキストラたち」は、

「選挙となれば、反対野党等に一票を投じたいのかも知れない」。

「有権者では無い者たちも、少なからず居る様相」だが・・・』。

『「民主党の蓮舫」は、

「自民党国会議員が安倍総理ばかり見ていて世論を見ていない旨」や、

「安倍政権が独裁政権的である旨」を

「訴えていた」が、

「中国共産党の方ばかり見ている、独裁政権に興味大な蓮舫」を、

「強く感じた」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう。

「人は、無意識に、自らが興味を持っている事を口にし易い生き物」なのだ。

「無意識の興味が口を突く時には、往々にして合理化が行われる」。

「蓮舫自身は興味大な総理に置き換えられた」と「共」に、

「蓮舫自身ばかり見てもらいたい事を被せ」、

「独裁的に祖国の為に日本を動かしたい欲動が重なっている」様相の、

「実態が其処に在る」。

「二番ではダメなんですか!」の「本音」は、

「中国共産党が支配する中国の属国ではダメなのですか?」だろう』。

『「昨今、民主党と言えば、福山が一推しで宣伝されている様相」だが、

「国会での態度は酷いモノ」だ。

「まるで、●暴力の様にも感じる強い圧力発言」や、

「まるで、詐欺師の様にも感じる偏向・偏重解釈論のソフト発信」の、

「何処にも、日本国・日本国民に対する良心は感じない」。

「むしろ、圧力や詐欺等で、反日他国を利したい感じが濃厚なくらい」だ。

「どうせなら、日本を朝鮮系の者たちに支配させろ!」とか、

「日米安保を止めて、中国共産党と組め!!」とか、

「本音かも知れない事々等」を

「圧力的に、或いは、詐欺師的にソフトに言えば良い」と

「感じてしまっている」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「以前スポットライトが当てられていた民主党の菅・前原・野田等は、ダンマリ・・・もしくは、黙殺状態」だ。

「もちろん、もはや、菅では多くの日本の有権者は操れない」。

「前原では、本音の部分で、今スポットライトが当てられている者たちとは違って来る」のだろう。

「民主党政権を終わらせた野田ではもっとダメ」なのだろう。

「今、とても良識の府の人間とは思えない物理的抵抗(長過ぎる答弁まで含む)まで率先して行っている者たち」こそが、

「選挙で落とすべき者たち」だろう。

「集団的自衛権にも国会承認が付いている」から、

「こんな物理的抵抗まで行う者たちを国会議員にしたまま・・・」では、

「日本の安全保障は本当が危なくなってしまう」』。

『「テレビ・ラジオ界の是正には、株主・スポンサー・国権等の大権振いが居るかも知れない」が、

「国会議員の是正は、多くの有権者が選挙時に落とせば良いダケ」だ。

「過去の日本国・日本国民に対するデメリット」で考えれば、

「旧社会党や民主党等の面々が当選する事自体が不可思議」だ。

「選挙時には、

有権者は、

自国(日本国)・自国民(自分も含む)の為に、

当選させるべき人や党を誤るべきでは無い」。

「本気で、日本を朝鮮系の者たちに支配させたいと思っている者たちは、朝鮮に行けば・帰れば良い」。

「本気で、日本を中国共産党支配下の中国の属国にしたいと思っている者たちは、中国に行けば・帰れば良い」のだ』。

『「何れにしても、日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに、「日本で徴兵制」を危惧している様相だが・・・。

『「中国共産党軍でさえ、30万人削減を公言している」のは「軍備の現代化が進むと、兵は数では無く、資質が問われる様になるから」だ。

「中国共産党軍より遥かに軍備が現代化している日本の自衛隊」では、

「有能な人が必要十分な数だけ欲しい」。

「そんな状態の自衛隊」が、

「徴兵制を望み、人の数を集めて欲しい」訳も無い』。

『「おバカは、経済的徴兵制を危惧している」が、

「格差社会を元に、そんな徴兵を行えば、外で戦争するより国内テロが起きる可能性が増える事になる」のは、

「明白」だ。

「テロリストに成り得る状態の者たちに、現代の兵器を持たせる程、自衛隊はバカじゃない」。

「その意味からも、日本の経済的徴兵制は在り得ない」。

「逆に、資質がある有能な者は、国防の為に是非とも欲しい」から、

「ヘッドハンティングみたいな事は、行われて当然の状況にある」から、

「実際に行われている」』。

『「米国では、軍に入らなくても、現代の武器が手に入る」から、

「国内テロを防ぐ為に、社会保障も含めたあらゆる手段が講じられている」。

「それでも、テロ的事件が数多い」のは、

「酷い格差社会で偽善的に大量の移住者まで認めているから」だ。

「経済的徴兵制と言われながらも、米国社会内とは違い、米軍内の統率が取れている」のは、

「経済的要素がありつつも、実際は、志願兵的状態の者たちが多いから」に他ならない。

「国家・国民の為に戦争に行く事」で、

「少々の経済的豊かさや名誉等も手に入れたがる体力等に自信のある者たち」が、

「志願する」のは「戦争のある未熟な人間世界では、古今東西当然の現象」だろう。

「日本でも、戦前はそうだった」。

「戦後の日本では、戦争に懲り、徹底して戦争を避けて来ている」ので、

「ほとんどの日本国民がその感覚を失っている」が

「未だ、そのほとんどの日本国民の感覚は、世界標準では無い」。

「戦争に懲りていない国々では、未だに、戦前の日本の様な状態が在る」のだ。

「そして、戦後の日本」は、

「核兵器も持たずに専守防衛&日米同盟で米軍頼り」により

「戦争は避けられて来ている」が、

「日本国内では、

反日国人脈等によるスパイ・工作活動(粛清工作等、実質的にはテロ)等天国状態」なのだ』。

『「経済的徴兵制など在り得ない事を危惧している暇がある」なら、

「スパイ・工作活動対策や、社会保障の充実や、格差社会の解消等を訴えるべき」だ』。

|

「言論の府で審議妨害の物理抵抗」反対野党等の資質が良く判る・・・。

『「もはや、国会内と言うよりは、野戦場的ですらある」。「市街地で反対運動を行っている圧力団体と同様の手段を国会議員である反対派野党議員等が行っているから」だ。

「こんな酷い実態を露呈している者たちの混乱目的論等を聞いている暇がある」なら、

「即刻、採決するべき」だ。

「強行採決」とは「ロクに審議時間も取らなかった場合に当てはまる事」である。

「衆参共に十分な審議時間を取った現状での採決」は、

「断じて、強行採決では無い」。

「採決するべき時が来たから採決するダケ」だ。

「散々審議した上での採決に強行採決というレッテルを貼る事自体、

かなり異常」だ。

「審議時に、現実的で十分な反論や対案等を出せなかった民主党等の反対野党等が、

自らの汚点を誤魔化す為に、

強行採決等を訴えている様相」なのだ。

「そもそも、野党質問の様に、細かな具体例を法案設定時に執拗に尋ねる事」は、

「法案の本来の基本的な目的に対しての質問が出来ない事を誤魔化す為の策略的手段」だ。

「与党側も、基本は安全保障問題」なのだから、

「はっきり」と、

「日米安保を維持~強化しますか?」

「それとも、日米安保を希薄化する代わりに、中国共産党等とより強い関係を持ちますか?」

「それとも、日本独自で核武装も含めた実効のある安全保障体系をつくりますか?」

「それとも、北朝鮮や中国共産党等の侵略行為を容認しますか?」

「・・・等々」と「聞けば良い」のだ。

「与野党の本筋から逃げた答弁」では「分からないイメージ増大工作が有利になるダケ」だ。

「分からないイメージ増大工作を行っているマズゴミ連中」は、

「お仲間民主党等による強行採決訴え等を大宣伝している」。

「本当に、醜悪」だ』。

『「参院が良識の府」という「マズゴミの決まり文句」は「何処へやら」・・・。

「民主党等のお仲間が物理抵抗等している時」には、

「そのレッテル」は「封印・黙殺」なのだ。

「本当に酷い偏向ぶり」である』。

『「今回の安保法案問題」も

「民主党等の反対野党」と「そのお仲間マズゴミ」の

「資質が良く露呈している一例」だろう。

「反対野党やマズゴミに追従する一般日本国民の数が少ない」のは、

「当然過ぎる程、当然の現象」だ』。

『「反対野党等もお仲間マズゴミもはっきり本音を言えば良い」のだ。

「日本を朝鮮系人脈に支配させろ!!!」とか、

「日米安保を止めて中国共産党と組め!!」とか、

「日本の中の朝鮮系の人々に利権を偏在させろ!」等々等々・・・。

「もちろん、そんな本音に賛同する一般日本国民はほとんどいない」だろう。

「日本では四面楚歌状態なのだから、そんな人々は、本音の国籍の国に帰れば・行けば良い」のだ。

「日本乗っ取り支配工作等を行う努力」は、

「本音の国籍の国をより良くする努力に変えれば良い」。

「日本の中で、

日本国の足を引っ張ったり、

日本社会等を混乱させたり、

日本人粛清工作等を行ったり、

詐欺・盗聴・盗撮・懐柔・ハニートラップ等々で技術やお金や資産等を不当に盗み出したり・・・する不健全な努力」は、

「直ちに止め、本音の国籍の国に戻り、

その国の物質文明や精神文化がより良くなる様に頑張れば良い」のだ』。

『「今後も、益々、人類誰もの実体がよりはっきりとして来る」。

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩みたくない」のなら、

「今の内に動くべき」だ』。

|

「安保法案成立で落選運動という反対野党の手先であった実体暴露」のSEALDs・・・。

『「国会前」は「かつて、朝鮮総連に家宅捜索が入った時と同様の雰囲気が充満」している。

「落選運動」とは「明らかな政党区別による政治運動」だ。

「さて、安保法案を賛成させた現与党の面々を落選させて、一体、何処の誰を当選させたいのか?」

「言うまでも無く、安保法案成立に反対していた民主党(親朝鮮の旧社会党系人脈の者たちの実権が強い)等野党等の面々」だろう。

「或いは、自分たちやお仲間が立候補して、安保法案に反対した事を売りにしたい」のかも知れない。

「何れにしても、反対野党同様、日本にとってロクな政治が出来そうも無い状態である事に変わりは無い」』。

『「まるで、お祭りの様な安保反対運動の掛け声」には、

「違和感を覚えた人々も多かった筈」だ。

「かつての反対派は、シュプレヒコールの連呼状態だった」。

「シュプレヒコールの連呼には、未だ、いくらかは、具体的な訴えが在った」が、

「お祭りの掛け声には、具体的な訴えも無い」。

「シュプレヒコールの連呼をすれば、

以前からの反対勢力と同じと見なされる事を避け、

尚且つ、大衆受けの良い形態とする為には・・・と考え、

お祭りスタイルが実行されている」のだろう。

「政治運動としては稚拙なお祭りスタイル」の

「反対!や憲法守れ!!訴えの割には、

演説等では言葉がなめらか過ぎるくらいなめらか」だ。

「活動家では無い様相だが、人前言葉商売の臭いが濃厚」である』。

『「人前言葉商売を行っているゲイノウ界」でも「反対派は多い」。

「そればかりでは無く、ゲイノウ界では、朝鮮系の人々の割合が一般日本社会より遥かに高い」。

「それは、●暴界も同様」だ。

「そして、その様な人々の間では、現政権やめろ!安保法案反対!!等の意見が多い」のだ』。

『「落選運動に乗せられて、それらに同調している面々を当選させてしまう事」は、

「多くの一般日本国民にとって良い効果が有るのだろうか???」』

『「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちや、中国共産党等にとって」は、

「正に、有益分子の状態にある者たち」が、

「安保法案に反対している」ばかりか、

「成立後には、政権交代を目指している」様相なのだ』。

『「どうせ訴える」なら、

「戦争させない!」

「憲法違反!!」

「9条守れ!!!」等々と

「多くの一般日本国民にも受け入れられ易い差し障りの無い上辺で

実体を誤魔化す訴え方では無く」、

「朝鮮人に日本を支配させろ!!!」とか、

「日米安保止めろ!中国共産党と組め!!」とか、

「改憲しろ!日本独自で核武装もしろ!!」とか、

「もっと、本音を言えば良い」と「思っている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

『「もちろん、どんなに落選運動を行っても、

実体が朝鮮人に日本を支配させろ!!!日米安保止めろ!中国共産党と組め!!等々の面々に

貴重な一票を投じる日本の有権者は圧倒的少数派になる事」は「明白」だ。

「改憲しろ!日本独自で核武装もせよ!!」は、

「独立国としては正しい道」だが、

「国際化している今日、果たして、其処までの独立性を持つ必要性を感じている有権者がどれだけ居るのか?」

「多くの有権者は、

とりあえずは、日米安保を維持する事で、日本国・日本国民としての安全保障を担保すると共に、

情報化の今日、積極的に世界に事実・現実情報を配信する事で、

世界全体のレベルアップを計り、

その事によって、

全世界レベルで核武装の要らない人間社会の構築を目指した方が、

より現実的と考えている」と思う。

「中国共産党や北朝鮮等の独裁政権と組めない理由は其処にも在る」。

「独裁政権下では、自由な情報発信さえままならない事は、既存の現実」だ。

「世界全体のレベルアップを大きく阻害する独裁政権は、一刻も早く解消されるべき」である』。

『「独裁政権とは、自分で自分を健康にコントロールする代わりに他人を支配・コントロールしたがる連中が構築するシステム」に他ならない。

「その辺りに協調している人々もまた、他者支配欲動が大きい」から、

「リーダーシップを取りたがり、

他人の前に出て、多くの人々に自分の声や姿を曝すと共に、

自分の意見の下で多くの人々を動かしたがる傾向が強い」。

「もちろん、そんな他者支配欲の強い人間に追従したところで、得られる結果はロクなモノにならない」。

「それは、かつての左翼過激派の仲間同士の総括惨劇等を見ても明らか」だ。

「人間誰もが先ず、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ。

「その代わりに他人を支配・コントロールしようとしたり、他人に自分を支配・コントロールさせたり、しようとする代償欲求が芽生えた」なら、

「代償欲求を過剰に追及する事無く、

本来の自分で自分を健康にコントロールし続ける道へ回帰するべき」だ。

「自分で自分を健康にコントロールするには、自分の実体も見定める事が必要不可欠」だ。

「他人を操ろうとする自分」や、

「他人に自分を操らせようとしている自分」の「姿が確認(自覚)出来た」なら、

「その未熟性や醜悪性が、とても嫌になる筈」である。

「逆から言えば、自覚無き、亡者の様な者たちのみ」が、

「他人を支配・コントロールしたがり、

自分を他人に支配・コントロールさせたがってしまう」のだ。

「自覚無き亡者として、他人を支配・コントロールしても、

自覚無き亡者に追従しても、

・・・その姿は、本当に哀れでもあり、醜悪でもある」』。

『「反対運動等を行っている者たちは、先ず、本音を訴えるべき」だ。

「本音を訴えて、日本国内で大衆支持が得られない様な事」なら、

「支持が得られる国等に行けば良い」。

「そして、その国の状態をより良くする事を頑張れば良い」。

「その方が、ご当人たちが実感する精神的ストレスも減る筈」だ』。

|

テレ朝昼番、常連出演の害も解っていない様相の稚拙な者たちが、JR東ケーブル連続放火事件の容疑者の稚拙性を訴えて正義ぶる醜悪劇・・・。

『「毎度、毎度、同じ顔・・・」が「毎度、毎度、事件・事故等をダシに正義ぶる」。「本当に醜悪」だ。

「今回の例で言う」なら「確かに、JR東ケーブル連続放火事件の容疑者には、未熟性が見受けられる」。

「しかし、その未熟性を稚拙と言える程までに、常連出演者たちが成熟していない事も明らか」だ。

「何しろ、常連出演の害は黙殺・・・で、常連出演のメリットは遠慮無く頂いている・・・」のだから』。

『「元々、自称ミュージシャン等と言っている者」が、

「自己顕示欲が強いのは当然」だ。

「自己顕示欲とは、人間誰しもが持っている自己確認欲の代償欲求」である。

「心理学者なら、先ず、それを言わなければ実力が明らかに不足している」。

「常連出演やミュージシャン等大衆の前で自分を顕示している行動」は、

「代償欲求の追及に奔走している姿でもある」のだ。

「だから、常連出演心理学者では、自らの実態も暴露する事になる本論」は「言えない」のかも知れないし、

「実力自体が???だから、本来欲求と代償欲求の区別さえ???なのかも知れない」。

「何れにしても、その程度の低さ」には「毎度毎度呆れるばかり・・・」だから、

「毎度、毎度、同じ顔に拘らないのなら、他の、もっと実力がある者を起用すれば良いダケ」だ。

「それなのに、同じ顔・・・」とは、

「テレ朝自体が特定極一部の者たちに

集中的に有名人利権や過分な出演料等を与える悪行自体を、

やめるつもりが無い事を露呈している様な事になる」のだ。

「そんな偏向利権分配者たち」に

「日本の公共の電波の特定周波数の独占使用権を安価で与え続けている必要は全く無い」。

「プロ野球の球団は、オーナーがしばしば変わる」。

「Jリーグだって、入れ替えがある」のだ。

「日本の公共の電波の特定周波数を独占使用出来ている企業・組織等にも入れ替えがあって然るべき」だ。

「入札制にすれば、税収も高くなる」』。

『「今回の事件に限らず、個人・集団を問わず、代償欲求の追及に奔走し過ぎてしまう事」が「多くの事件・事故の元になっている」のだ。

「犯罪心理学者として、この重大問題を言えない」のは、

「自らも代償欲求の追及に奔走している迷子状態だから」だろう。

「常連出演など止めて、自分の基礎から勉強し直すべき」だ』。

『「今回の事件の容疑者の様な未熟な者を操る事は簡単」である。

「例えば、容疑者の周囲」に、

「お前が有名になれないのは、この東京に火の気が足りないから」だ。

「人気にも繋がる鉄道のケーブルを●箇所か燃やせば、お前の人気にも火が付く」。

・・・等の「暗示」を「それとなく与えれば、結構な確率で、今回の様な異常行動が誘発される」。

「そして、例え、容疑者が、その様な暗示を言われたと言っても、言った側が否定すれば、言葉自体は残っていない」から、

「容疑者の言葉は虚しいダケ」だ。

「悪の劣等有益分子の有効活用法の一つ」である』。

『「自分を他人に操らせない様にする為」にも、

「誰もが、自分で自分の実体を知り、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」が「非常に重要」である。

「本来の教育の基本は其処に在る」が、

「日教組等は、悪が利用し易い有益分子を大量生産したい様相ですらある・・・」のだ』。

『「何れにしても、

日本の公共の電波を使っている

日本社会への影響も大きい

テレビ界・ラジオ界の健常化」は

「急務」である』。

『「その後のニュースでは、容疑者が鉄道の電気大量使用を大きく問題視していた旨供述していた事が報じられた」。

「常連出演者たちの論とは違い、思想犯だった様相」である。

「もちろん、実体」としては、

「電気大量使用を問題化して訴える事で、ヒーローぶる

自己確認欲の代償欲求の追及に奔走している状態だった」のだろう。

「そして、電気大量使用を止めろ!の訴えが、

他の人々に受け入れられた実感を持てなかった

(代償欲求はどんなに他の人々が認めても、本来欲求の充足には直結しないから、

受け入れられ実感など持てる訳も無いのだが・・・)」ので、

「訴え行動(=自己確認の代償欲求行動)がどんどん過激化して行ったが故の事件だった」のだろう。

「上辺は、電気大量使用に反発している思想犯」だが、

「内実は、自己確認の代償欲求の追及に奔走し、暴走してしまった哀れな迷い子」だ』。

|

軽減税率など面倒な事は止めるべきでしょ・・・。

『「マイナンバー制度で個人の所得や財産等をはっきりさせる方向に向かっている」のだから、「10%にした後、ある程度未満の低所得者のみに一万円程度自動的に還付すれば良いダケでは?」

「そうすれば、実質的には、低所得者のみ消費税免税状態に近くなり、格差是正政策の一つと成り得る」』。

|

JR東ケーブル連続放火事件の容疑者が逮捕されたが・・・。

『「容疑者は、所謂左翼思想に傾倒気味の男性、40代自称ミュージシャン」だそうだ。

「思想信条等は作詞内容からも判る」』。

『「犯行は何故行われてしまったのか?」

「もちろん、容疑者個人の問題も大きい」だろう。

「しかし、容疑者の思想信条等に共感している者たち」からの

「支援や操り等の影響」も、

「検証するべき」だ』。

『「反日国人脈の思想信条」では、

「不適応分子である日本人の粛清」さえも「行うべき正しい事」だ。

「同時に、多くの日本国民等を有益分子化する事」も「行うべき事」であり、

「有益分子を使って、日本人同士で潰し合いさせる事」が、

「良い手段の一つ」なのだ』。

『「戦後日本社会の中に実在している反日国人脈の大問題」は、

「一刻も早く解消されるべき」である。

「どんな事件がきっかけでも良い」。

「細い糸を辿り、全人脈を焙り出し、本当の悪を裁く事」が「強く望まれている」』。

|

よく分かる安保法案問題・・・。

『「安保法案は、もうじき成立する筈」だ。「反対派の論の実体もほぼはっきりしている」。

「憲法違反論者たちの問題」は「安全保障より法律を上に置いている事」だ。

「現実人間社会では、安全保障が成り立ってから、法」である。

「それは、日ソ中立不可侵条約の事を忘れていなければ、誰でも分かる事」だ。

「旧ソ連が一方的に日ソ中立不可侵条約を破って、当時の日本領を武力により侵略した」のは、

「終戦間際の日本が自国の安全保障を担保出来ない状態だったからに他ならない」。

「逆に言うなら、当時の日本が安全保障を担保出来る状態だったなら、旧ソ連による侵略は無かった」のだ。

「法論理上の整合性から言えば、言うまでも無く、改憲が正当な手段」だ。

「それでは、実務としての改憲にどれだけの年月がかかるだろうか?」

「改憲論者たちは、この年月の間日本の安全保障が希薄化する事に対する保証を忘れている」。

「例えば、日本が核兵器武装するなら、相応に、米軍の核の傘の必要性が薄まるから、

保証になる」が、

「果たして、核武装するにしても、日本の核武装にどのくらいの年月がかかるのだろうか?」

「改憲反対論者たち」と、

「日本の核武装反対論者たち」には、

「共通の臭いが有る」。

「利韓(北朝も含む)・利中共の為に、日本国内で反対圧力団体化している臭い」だ』。

『「安保法案は、日米安保の強化に直結している」。

「つまり、米軍の核の傘の有効性を高める事に直結している」のだ。

「安保法案の成立を遅らせる事」は「その分だけ、米軍の核の傘の有効性が希薄になっている期間を日本が持ってしまう事」だ。

「核兵器を持つ北朝鮮や中国共産党にとって、その期間は、日本への外交交渉圧力が高められている期間になる」から、

「北朝鮮や中国共産党の言い分で日本を動かす為」には、

「安保法案反対!」が「合理的になる」。

「日本の核武装反対!」も「同様」だ。

「核武装について、逆から言うなら、日本の核武装は、北朝鮮や中国共産党の外交圧力を弱める実効が有る」。

「拉致被害者を帰還を本気で望んでいる」のなら、

「核武装で交渉圧力を高める事も大いに有効な手段になる」。

「中国共産党の不当進出を抑制させる事にも、日本の核武装は大いに有効」だ。

「逆に、日本の中に居る、北朝鮮系や中国共産党系の者たち」は、

「是が非でも日本の核武装を絶対に阻止したい筈」だ。

「米国は、日本を米軍核で守る代わりに、日本の核武装を阻止したい」だろう。

「核武装については、日米安保を強化した上で、ドイツ同様、米軍核の共同管理をする」のが、

「一番安上がりだと思うが」』。

『「国際社会では、是々非々論・現実論が通じる相手と通じない相手が在る事」を、

「誰もが意識するべき」だ。

「北朝鮮や中国共産党等の独裁国家に対しての、

力のバックボーン無き是々非々論」は、

「北朝鮮や中国共産党が力で支配する事で変えてしまうべき論に他ならない」。

「その様な周辺国に対する日本の安全保障」は「どうあるべきか?」

「言うまでも無く、十二分の抑止力を保持し続ける事」だ。

「日本国ダケでその抑止力を確保し続ける事は、核武装の面も含めて、困難な事が多い」。

「現状での現実的な解決策」は「日米安保の強化」になる。

「幸いにも、米国は、北朝鮮や中国共産党等の独裁国家とは違い、未だ、是々非々論や現実論が通じる相手」だ』。

『「有名人利権を保持している者たち」には、

「少なく無い数の安保法案反対論者たちが居る」。

「戦後の日本社会で、有名人利権を与えられて来ている者たちの資質」が「露呈している」のだ。

「戦後の日本社会の中には、多数の韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系の者たちが居る」。

「そして、それらの人脈の者たち」が、

「大衆誘導工作の為」に、

「率先して、教育・マスコミ・ラジオ・テレビ・コマーシャル界にも、入り込み、

粛清工作等で日本人のライバル等を蹴落としながら、

実権を握り占めて来ている」のだ。

「そして、そんな教育界やマスコミ・ラジオ・テレビ・コマーシャル界」が「有名人利権を与えて来ている者たち」に、

「少なく無い数の、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等にとって都合の良い思想信条や論等を持つ者たちが居る事」は、

「当然過ぎる程、当然の現象」だ。

「この様な状態は、実質的には侵略状態」である。

「平和ボケで実質的侵略状態まで容認し続けている日本国民が多い間」は、

「日本の世論も政治も、正常な状態にはなり辛い状態が在り続けてしまう」。

「特に、教育界や日本の公共の電波を使っているテレビ界・ラジオ界の是正は、急務」だ。

「既存の実質的利韓(北朝も含む)・利中共等有名人たち」を

「悪戯に賛美したり、悪戯に追従したり・・・してはいけない」。

「一人一人が、

日本国民である自分に聞き、

巷に溢れている多数の論の実体を確認し、

自分で考え、

自分の論を持つべき」だ。

「マスゴミ操りファシズムでは無い本当の民主主義は、其処から」である』。

|

上辺の思いやり、もしくは、偽善は、弱体化の特急券に他ならない・・・。

『「偽善さえも必要としている、本当に弱体化している者なら、イザ知らず、多くの未だ地力の有る人々等に対しては、上辺の思いやりより、現実把握補助・実体回帰補助」だ。

「それは、至れり尽くせりの介護ホーム等に入所したご老人の衰退速度の速さからも、判る事」である』。

『「有名人の如何にも優しい言葉の裏」には「日本弱体化策略が在ったりして」・・・』。

|

民主党のおバカたちは表の看板を変えれば日本国民から信頼されると思いたがっている様相だが・・・。

『「もちろん、表の看板で騙される人も居るには居るだろうが、しかし、それは、もはや、圧倒的少数派」だ。

「民主党に求められている」のは「表の看板を変える事では無い」。

「政権与党時の余りに酷い国政を、多くの日本国民に詫びると共に、悪政の補償を行う事」だ。

「例えば、渡す必要が全く無い朝鮮王朝の書物を渡した事の補償として、韓国の竹島不当占拠を止めさせる」等の「多くの日本国民が納得出来る事を行う」なら、

「当時と同じ者たちが国会議員として存在し続けていたとしても、多くの日本国民も納得出来る」だろう。

「逆に言うなら、その様な、政権与党時の悪政に対する補償抜きでは、多くの一般日本国民からの支持は得られる訳も無い」のだ。

「表の看板を変えても、旧社会党の面々が大量に民主党員となった事態の再来」で、

「そんな事では、多くの日本国民は騙されない」。

「旧社会党の悪態と言えば、拉致被害者が相談に行った時に朝鮮総連に{報告}に行った日本国民である拉致被害者より北朝鮮を優先した事がアリアリと判った事等が有名」だが、

「その悪態故の非難を解消させる為に必要な事」は、

「拉致被害者が全員日本に帰れる事」だ。

「その方向に力を加え続け、実際に拉致被害者が全員日本に帰還出来る事で、初めて、旧社会党の悪態故の非難は、解消方向に向かう」のだ。

「民主党でも事態は全く同じ」である』。

『「現代表の岡田氏は、民主党の全てが悪い訳では無い!と、民主党の看板はそのままにする道を選択した」。

「それは、それで、間違っていない部分もある」。

「その上で、多くの日本国民からの信頼を得たい」のなら、

「政権時の悪政に対する補償を行えば良い」。

「しかし、岡田氏の下の民主党にその気配は見受けられない」。

「悪政に対する反省も不十分としか思えない状態」なのだ。

「コレでは、

例え、自民党政権がどんなに悪くても、

民主党政権時より日本国・日本国民意に対するメリットが多い以上、

自民より民主が良いという有権者は、

圧倒的少数派になるのは、

当然過ぎる程当然」だ。

「その辺りを根本的に変える為に必要な事」は、

「政権担当時の悪政に対する補償」だ』。

『「国政の政権という大権を保持し、その大権を使って、日本国・日本国民に決して少なく無いデメリットをもたらしてしまった責任を取る」なら、

「国政の座から退くべき」だ』。

『「補償も退陣も出来ない小モノ集団」なら、

「多くの有権者からの支持は、夢のまた夢」である』。

『「最低でも県外発言の責任を鳩山元総理を始めとする旧民主党政権時の者たちが補償する」なら、

「辺野古移設という自民党政府案より早く、普天間基地の移設を実現させる事」だ。

「更に、自民党政府案より沖縄の米軍基地負担を軽減させる事」だ。

「その上で、沖縄経済も良くする事」だ。

「それらの具体策が出来もしないクセに、

現与党政権の批判等で再び政権与党を目指しても、

多くの有権者はバカにするダケ」である』。

|

東南方向では、電磁波強化の為の工事でも行った様で・・・。

『「工事音後、東南方向からの電磁波が、強くなった」。「もちろん、既に、対策済みなので、強化は分かるが、実影響は出ない」。

「安保法案が通りそうだからか?」

「昨今、そのスジの連中の動きが悪劣に熱心」だ。

「電磁波工作はもちろん、

飲食物工作も強化されている様相」だ。

「どの方向でも近寄ると、直ちに気持ちが悪くなるくらい、異常に強い工作電磁波を出している車も、散見される様になっている」。

「人によっては、運転にも影響が出る筈」だ』。

『「日本政府も警察等も、日本国内で実際に行われている電磁波工作や飲食物工作等々の悪の工作に対する実効のある摘発を行うと共に、悪どもに厳罰を与える事」を、

「本気で、実行するべき」だ』。

『「昨今の、

寝屋川少年・少女惨殺(単独犯見込み捜査?が続けられている様だが・・・)や、

警察官による殺人(捜査情報を悪用した・・・そのスジの他の者にも流されていたりして・・・31歳が3~10日まで休みを取り、強盗殺人・・・3・1がらみなら、天にでも守られるから日本人殺害粛清も強盗もOKとでも思っていたのか??元の不倫や借金は、万一バレた時にその為と逃れる為の保険かも?衝動性や心神喪失ぶり等を訴え易いから・・・)や、

白い犬(何処かのコマーシャルでは、日本人父親であり、何処かのカードでは、犬並みに忠実な消費者の象徴かも・・・)を

13発もの発砲の上殺害処分(3人もの警官がタガが犬1匹に・・・ココにも3・1がらみが・・・13発もの銃弾を撃ち込む、3・1~13の儀式の臭いが・・・)や、

多数の傷のあった(何故か?傷の数の発表は無いが、31とか13だったりして・・・)遺体等々」には、

「制日儀式の臭いが濃厚に漂っている」。

「そして、それらをマスゴミが大宣伝して、他の工作員への指令・プレッシャー用具等として使っている様相」は、

「本当に醜悪」だ。

「そんな者たちに、日本の公共の電波を使い続けさせていても、ロクな事は無い」。

「日本国内に、日本人や日本国を嫌悪し、日本の乗っ取り支配等を企んでいる者たちが、少なからず実在している事」は、

「紛れも無い現実」だ。

「何時までも平和ボケ・・・だったり、偽善者ぶっていないで、

日本国内に実在している反日人脈による悪の工作(粛清工作まで含む)に対し、

全日本国民が、実効のある対策を行うべき」だ』。

『「日本人に危害を与え続けて来ている工作員たち」は、

「厳罰に処される」か、

「そんなに日本が嫌いなら、反日国にでも強制送致・送還すれば良い」。

「悪工作員たちの未来は、この先、どんどん、狭く、短くなって行く」』。

|

偽善者メルケルが壊す西欧社会・・・。

『「移民と難民は、ちゃんと区別されるべき」だ。「更に、移民・難民は、進んで受け入れてはいけない」。

「何故なら、移民・難民を進んで受け入れる事」は、

「本来なら、その国をまともにする事が出来る人々までをも、

既に整備済みの地域に安住させてしまう事に直結しているから」だ。

「元の国をまともにする人々までもが、他の先進国等内で安住」となれば、

「元の国は、益々荒れる」。

「荒れた状態は、悪にとって都合が良い」。

「悪の増大にも繋がっている」のが、

「移民・難民を進んで受け入れる事」だ。

「偽善は偽善でしか無い」から、

「実行すれば、悪影響が出る」のだ』。

『「メルケル首相による脱原発」で

「ドイツの発展は阻害された上に、

「中国共産党支配下の中国が増大し易くなった」。

「ドイツの太陽光パネルの多くが、安価な中国製」だ。

「不安定で高価な太陽光発電を補う為に、安いドイツ産石炭火力発電を使わざるを得なくなっている」から、

「温暖化ガス抑制も???状態」だ。

「中国共産党支配下の中国に利権を与えたドイツの脱原発」となってしまった。

「汚職大国中国」の「地球環境破壊度は半端では無い」。

「そんな所を元気にしてどうする?」

「人類を滅亡させたいのだろうか?」

「偽善は、偽善でしか無い」』。

『「溺れ死んだ難民の子どもの映像」は、

「本当に酷い」。

「人々の心に訴えて来るものも多い」。

「しかし、難民船に{乗れた}子どもの後ろには、難民船に乗れなかった多数の子どもたちが居る」。

「そして、その多数の子どもたちは、戦火の真っただ中に置かれている」。

「早期終戦の為に、戦争には戦争で、例え、それが、他国領域に対する軍事介入であっても、

・・・等という意見が出るのも当然の状況が其処に在る」。

「先進国による空爆が始まる様」だ』。

『「悪劣な国家権力者たち」は、

「みんなこの先進他国からの軍事介入に怯えている」。

「中国共産党や北朝鮮も、軍備増大し続けて来ている」。

「本来なら、悪劣な治世は止め、正当で善良な事実・現実に基づいた是々非々政策を行えば良いダケ」だが、

「悪劣な国家権力者たちは、背負っている過去の悪の実績が大き過ぎて、この正道が使えない」。

「粛清などを行ったからそんな事になってしまっている」のだ。

「急速な路線転換は出来なくても、徐々に転換する事は可能」だ。

「先ず、自国民・他国民問わず粛清自体を止める事」。

「盗人・邪魔工作等も止める事」。

「そして、事実・現実に即した歴史認識等を示す事」。

「その上で、過去の権力者たちによる悪行は悪行として、裁く事で、今の権力者は過去とは違う事を示す事」。

「独裁政権なら、実行する気になれば、直ぐにでも実行出来る事」だ。

「この程度の事も行えない・行わない」のなら、

「単なる独裁政権では無く、相当なおバカで悪劣な独裁政権という事」になる』。

『「メルケル首相も、倫理に委ねて脱原発とか、進んで難民受け入れ表明とか、・・・かなりおバカな独裁政権的・・・」だが』。

|

NHK顔文字謝罪にクレームを付けている圧力団体と化している様相のお方がた問題・・・。

『「悪とおバカは、上辺に拘る」し「他人にも上辺への拘りを強いたがる」。「そして、その上辺は、身勝手な解釈の下で決められている」。

「例えば、日頃は、表現の自由!等を訴えているリベラル派等の人々」なら、

「謝罪表現の自由は、どう考えているのか?」

「表現上は如何にも、真摯な謝罪」なら「上辺だけでも良いのだろうか?」

「そもそも、謝罪すべき者・物・事のレベルとして、今回の問題は、どの程度の問題なのか?」

「日本の公共の電波上、特に民放」では、

「誰もが良く知っている通り、左翼偏向状態がまかり通って来ていた」。

「その公共の電波上で中立性を損ねて来ていた悪行に対して、謝罪が無い!」と

「大騒ぎした人々がどれ程居たのか?」

「多人数による左翼偏向」と

「今回のNHKの一人のアナウンサーの発言」の

「悪影響の差を考えれば、誰にでも、今回の問題の本当の大きさが分かる筈」だ』。

『「左翼偏向状態」で「騒ぐ人々が少なかった事」と、

「今回の小さな問題でも大騒ぎしている人々が少なからず居る事」が、

「焙りだしている実態」は、

「騒ぐ連中の多くが左翼である事」だ。

「では何故、左翼は騒ぐのか?」』

『「左翼」というと「例えば、欧米等の左翼と同様のイメージさえ有る」が、

「日本の左翼の実体」は、

「進歩的でも、民主的でも、無い、利韓(北朝も含む)利中共派の人々」だ。

「日本の政権が日本の為の政策を行う事に対しては、大クレーム」で、

「日本の政権が、韓(北朝も含む)や中共を利す政策を行う事は、黙殺大歓迎している様な者たち」である』。

『「だから、日本の公共の電波上でも、利韓(北朝も含む)利中共情報に対しては、黙殺大歓迎」で、

「文句は言わない」。

「日本の為になると同時に、韓(北朝も含む)や中共の利権を損なう様な事」に「対して」は、

「まるで、圧力団体の如く、徹底的にクレームを付ける集団化する」』。

『「さて、安保法案は?」

「もちろん、安保法案が通る事で、日米安保がより強化される事になる」から、

「米軍核の傘も有効なまま」になる。

「つまり、北朝鮮や中国共産党等による核兵器圧力の実効が圧倒的に削がれる事に直結している」のが、

「安保法案の成立」だ。

「此処に在る」のは「正に、日本の為になるが、韓(北朝も含む)や中共の利権を損ねる日本の政策」に他ならない。

「だから、利韓(北朝も含む)派・利中共派の人々」が、

「大反対」し、

「それを、利韓(北朝も含む)派・利中共派のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「まるで、その様な国民運動が起こっているかの如く、大宣伝している」。

「実際は、日本の中では極一部の利韓(北朝も含む)派・利中共派の人々が音頭を取り、

マスゴミの偏向イメージ宣伝に操られてしまった哀れな人々が踊らされているダケ」なのだが』。

『「強行採決イメージも風潮されている」が、

「それなりの審議時間の後の多数決で過半数を超える票が集まる採決」は、

「断じて強行採決では無い」。

「審議時間中にロクな質問もせず・出来ず、ロクな対案も出さず・出せず、

良く分からないイメージや憲法違反では?イメージ等を増大させる策略しか取れなかった

劣悪野党やマスゴミ」は、

「とっくの昔に、負け組になっている」から、

「選挙を行えば、マスゴミご推奨の利韓(北朝も含む)派・利中共派の者たち」は、

「少数派にしか成り得ていない」のだ』。

『「利韓(北朝も含む)派・利中共派の者たち」に

「左翼や革新やリベラル等々の仮面を被せて多くの一般日本国民を欺き操ろうとしている策略」は、

「もはや、通用しない」。

「利韓(北朝も含む)派・利中共派」は「実体通り、利韓(北朝も含む)派・利中共派として名乗りを上げれば、

未だ、潔いから、

支持も得やすいかも知れない」が、

「元の韓(北朝も含む)や中共が、反日・・・では、多くの日本国民の支持が得られる訳も無い」。

「直すべき」は、

「韓(北朝も含む)や中共の反日」である。

「利韓(北朝も含む)派や利中共派の人々」は、

「日本国内で、日本の邪魔をしている暇が有る」なら、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国に行き・戻り、韓国(北朝鮮も含む)や中国をまともな国にする事を頑張るべき」だ。

「もはや、どんなにスティルス日本国民粛清工作等を行っても、

大きな流れは変わり得ない」。

「人類史上では、事実・現実との整合性が問われる度合いが、時と共に、より高くなって行く」。

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩み続けるつもりが無い」のなら、

「今の内に、韓国(北朝鮮も含む)も中国も、事実・現実に基づいて、是正すべきを是正するべき」だ。

「中国共産党軍が戦勝した相手」は「断じて、旧日本軍では無い」。

「中国国民党軍であり、その時は、大戦終戦から4年以上も経った、1949年の10月」だ。

「中国共産党が、戦勝70周年を祝いたいのなら、4年後の10月にでも行えば良かった」のだ。

「それなのに、実態無しの抗日戦争勝利70周年を大々的に行おうとした」から、

「もはや、先進国レベルでは、中国共産党ではダメ!」が「よりはっきりした」。

「同調した、韓国も同様」だ。

「北朝鮮に至っては、中国共産党にも見放されているくらい」だから、

「もはや、言うべきレベルにも達していない」。

「悪あがきをすれば、する程、墜ちて行く、沈み込んで行く」のが、

「事実・現実より特定極一部の者の意思を優先させている国々」だ。

「恥の上塗りは、いい加減に止めるべき」である』。

|

昨日のサンデー・モーニングでは、「多様な意見が大切」とかやっていたらしいが・・・。

『「多様な意見の中に、既に、結論の出た不要な意見まで含めさせたい様相だった」らしい。

「多様と言うダケ」なら「かつての、イデオロギー対立も多様の要素」だが、

「もはや、イデオロギー対立で多様を求めるバカは居ない」だろう。

「事態は、他のより小さな者・物・事でも同じ」だ。

「既に、決着がついている問題で、現実離れした無用の論等を多様の要素として参加させる必要は全く無い」。

「日本の国政」なら「日本の為が当たり前」だ。

「其処に、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の反日国の悪権力者たちへの

日本国・日本国民を犠牲にする過剰な配慮」は、

「在り得ない」。

「しかし、そんな日本国民にとっては酷い事」でも、

「多様という仮面の下では、正当化も出来てしまう」のだ。

「明らかな情報工作&大衆誘導の臭いが此処に在る」』。

『「何時までも、

こんな悪劣な情報の一方的大量配信を行なっている番組」を

「日本の公共の電波上で蔓延らせ続けている必要」は、

「全く無い」。

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等の悪権力者たちの為の情報配信」は、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国でやれば良い」のだ。

「日本国内で、それを求める韓国(北朝鮮も含む)や、

中国共産党の悪権力者たちの手先が少なからず居る」のなら、

「その理由を暴き、大衆周知する事」こそが、

「日本の公共の電波を使った情報配信内容として適切」になる』。

『「日本のテレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

現代人では無い様相の尾木ママに言わせると「先祖供養がコンパッションの形成に有意」だそうだが・・・。

『「まるで、宗教界から裏金でも貰っているのでは?との感を強くせざるを得ない論」を「有名人尾木ママが風潮」し「それをマスゴミが一方的に大量配信」している。「正に、大衆誘導ココに在り」だ』。

『「尾木ママの論」は、「現代人なら、ふざけるな!レベルの論」に他ならない。

「供養でも何でも、人に興味を集中させれば、人依存傾向が強くなるのは当たり前中の当たり前」だ。

「そして、大部分の人々は、自分は善人として他の人々に認められたい防衛本能的欲望を抱いている」から、

「人依存傾向を強められた人々が、人への思いやり等の他の人々から肯定的に認められ易い体現をし易くなる」のも、

「当たり前中の当たり前」だ。

「人類が豊かな物質文明を構築出来来ているものの、相応の精神文明を保持出来ていない現代の問題」は、

「そんな所には無い」。

「尾木ママの論」では、

「多くの人々が、

少し前の、

丸ごと一人の死生観が全盛だった頃の人類の精神文化を

再び現代の人類が持てば良い・・・みたいな感を抱いてしまう方向に誘っている様相でもある」が、

「実は、そんな、既に、決着している誤りの認識に多くの人々の思想信条等を誘う事」こそが、

「人類滅亡を強く誘う悪行」なのだ。

「現代人が持つべき思想信条」は、

「現代既に判明している事実・現実を元にしたモノで無ければ、

現代の物質文明相応の精神文化を持つ事は不可能」である。

「言うまでも無く、現代の物質文明は、現代既に判明している事実・現実を基につくられているから」だ』。

『「現代人なら、誰でも、人の誕生・死も細胞ごとである事」は「小中学校でも習っている筈」だ。

「そして、ちゃんとその事実・現実を理解・把握している」なら、

「丸ごと一人の死生観に基づいた供養等の現実的な意味も分かっている事になる」。

「更に、中高生レベルともなれば、人依存や物依存や事依存等々の依存心理についてもある程度以上の実体・実態把握が出来る筈」だ。

「人に興味を持たせれば、人依存傾向が強くなる」のは「有名人依存構造からも良く判る」。

「物依存の典型は金依存」だろう。

「過剰な金権主義社会が多くの人々の金依存を誘っている実態も良く判っている筈」だ。

「事依存と言えば、イベントや賞罰等の依存が代表的」だ。

「イベント依存で現実逃避過剰追及状態に陥っている人々等を客観的に見る」なら、

「誰もが、依存の罪と罰にも気づく筈」だ。

「賞罰依存も酷い」。

「悪者に罰を与えて安心」というのは「実体を無視した現実逃避に他ならない」。

「賞が得られれば、過分な立場という状態」も「もちろん、実体離れしている」。

「そんな現実との整合性が悪い者物事に大きな力を与え続ける人々が多ければ多い程、

現実の世界平和も人類も含む地球生命体細胞群の存続~永続も、

大きく阻害されてしまう現実が在る」。

「バカもいい加減にしろ!」である』。

『「尾木ママとは、テレビ常連出演者の一人でもある」。

「当然の如く、過分な有名人利権も、過分な有名人利権に伴っている出演料・講演料等の過分な報酬等も、得ている筈」だ。

「そして、それは、利権の偏在の一例でもあり、不当な格差の一例でもある」。

「そんな事を容認していて、平和な人間社会が築けると思っている」なら、

「本当にオメデタイ!」

「今の人類に必要なのは、過去の文化への戻りでは断じて無い」。

「高度に進化し続けて来ている物質文明相応の精神文化を持つ事」だ。

「過去文化の既得権益で過分な立場・報酬等を得ている者たち」と

「有名人利権で過分な立場・報酬等を得ている者たち」の「利権や論等」を、

「過分な立場にあるちゃんとした現代人相応の資質の無いマスゴミ連中」が、

「一方的に大宣伝して、現代の人類社会が得る結果」は、

「人類滅亡への特急券に他ならない」』。

『「愚か者ども」は、

「過分な立場・報酬等を直ちに手放し、

今までの悪業に対する罪を補償清算し、

現実の人間社会を人類滅亡に近づけてしまった罪相応の罰を受けるべき」だ』。

『「古臭い有名人も論も、もう要らない」のである』。

|

「安保法案反対!」の方々は「日本の核武装に賛成!!」なの?・・・。

『「言うまでも無く、安保法案は、日米安保の強化の為でもある」。「日米安保の希薄化を容認するなら、日本の核武装は必需だが、安保法案に反対している方々は、日本の核武装に賛成なのだろうか??」』

|

今日駅前を通ったら、「当然の如く、鬼怒川堤防決壊等に対する募金でもやっているかと思ったら、何と!共産党の戦争法案反対!!」の大合唱だった・・・。

『「共産党の浮世(もちろん、現世の意)離れぶり」は「本当にお見事!(もちろん、皮肉で~す。)」』

|

テレビで松本人志の正論を配信した次は・・・。

『「かつての社会党の様に、駆逐されず一緒になる事で実権を得て、村山談話の様な、自爆テロを行う事」だったりして・・・』。

|

極一部の者たちを常連出演者としている訳・・・。

『「テレビ常連出演者」とは「~何十万人~何百万人~もの人々の前に、常にその姿や言動等を見せつけている者たち」だ。

「ところが、個別に見ている多くの視聴者たち」は、

「~何十万人~何百万人~もの人々が一緒に居る事を意識出来ていない」。

「多くの場合、通常意識出来ているのは、テレビの中の者と、自分(たち)ダケ」だ』。

『「テレビの中の者たちが、毎日の様に同じ者たちである事」で、

「視聴者は、知らず知らずの内に、その者たちを覚える」。

「人にとって、覚えた事=自分の脳内にその記憶回路を構築した事」だから、

「覚えた人=自分の一部」になっている。

「ところが、この現実も、多くの人々は意識していない」』。

『「~何十万人~何百万人~もの、多くの人々が同様の状態下に在る事を意識していない人々の中」で、

「常連出演者たちは、その人の一部化されている」のだ』。

『「人は、誰でも、自分を否定し辛い」。

「それは、生体の防衛本能」でもある」。

「自分の一部となった覚えた人」は「否定し辛い」のだ。

「そして、覚えた人の言動等も、

覚えた人自体を否定し辛いのだから、

知らず知らずの内に、否定し辛くなっている」。

「そんな状態が、~何十万人~何百万人~もの人々の中で、起こっている」のだ』。

『「テレビ常連出演者たちの論」が

「一度に、~何十万人~何百万人~もの人々の中」で、

「自分が覚えている(=自分の一部)人の論だから、否定し辛い論」と「なっている」。

「結果として、常連出演者たちが一方的に大量配信している論は、世論化し易い」のだ』。

『「テレビ・ラジオ等大衆誘導」で

「社会を操ろうとする悪たち」にとっては、

「常連出演者や多くの人々が覚えている(=自分の一部としている)有名人の製造・起用」と、

「常連出演者や有名人に、悪たちの都合に沿う論を言わせる事・言ってもらう事」と、

「その一方的大量配信」が、

「必須条件」だ』。

『「戦後の日本のテレビ・ラジオ等」は、

「上記の悪たちの必須条件を満たし続けて来ている」』。

『「学校教育」では「多くの生徒が、先生や教科書に大衆誘導されている」。

「社会」では「多くの人々が、テレビ・ラジオ・マスコミ等に大衆誘導されている」。

「そして、多くの生徒も多くの人々も、自らが大衆誘導されている事を自覚していない」。

「自覚無き状態」は、

「非常に危険な状態」だ。

「誰もが、先ず、一端、大衆誘導から離れ、自分で、自分の意見や論等を持つ様に、

自分で自分を健康にコントロールするべき」である』。

『「日本の公共の電波上で、大衆誘導が可能な状態」は、

「明らかに、特定極一部の者たちに過剰な利権を与えてしまっている悪い状態に他ならない」。

「悪い状態は、是正されるのが当然」だ。

「日本の公共の電波を使った大衆誘導の禁止」と、

「大衆誘導に直結している、常連出演による有名人利権等の製造の禁止」と、

「有名人偏重起用の禁止」と、

「対論無き偏向論の偏重配信の禁止」等は、

「直ちに定められると共に、

実効を持たせる為に、

違反者はテレビ・ラジオ界等から永久追放等、

重い罰則も付けられるのが当然」だ』。

|

鬼怒川堤防決壊、散々、「コンクリートから人へ」を賛美していた連中が、「万全な整備等を訴え正義ぶる」醜悪二枚舌劇・・・。

『「偏向テレビ」では、かつて、「民主党のコンクリートから人へ!」を大推奨していた」。「そして、その頃も、今も、テレビ界は同じ人脈の人々が実質的に牛耳っている」』。

『「鬼怒川堤防決壊」等の「自然災害が起きる」と、

「醜悪な二枚舌連中」の「多く」は、

「万全な整備等を訴え、正義ぶる」。

「中には、これだけの被害が出ても尚、

日本全国万全な整備をする為には千年かかる・・・等との屁理屈

(もちろん、日本全国の整備など不要で、多くの人々が住んでいるところの整備が求められているダケだから、千年もかかる訳も無い。

整備不適用地域に住む少数の人々には、整備対応では無く、避難・救助体制を個別に構築すれば良い事だ。)

を付け、

二枚舌を避ける事で、信用性を維持しようと画策すると共に、

コンクリートから人へは間違っていないイメージを

視聴者に与えようと足掻いていた者も居る」が・・・。

「何れにしても、酷いモノ」だ』。

『「民主党政権時の事業仕分け」では「河川整備事業の予算も大きく削られた」。

「今回の鬼怒川堤防決壊の場所」は、

「国交省が鬼怒川決壊シュミレーションを行った時に想定した場所とほぼ同じ」だった。

「民主党政権にならず、堤防整備工事が早ければ・・・」の「感は拭いきれ無い」』。

『「何れにしても、韓国(北朝鮮も含む)・中国共産党や民主党等偏向人脈」が

「未だに、日本の公共の電波上で、蔓延り過ぎている事自体異常」だ。

「是正は急務」である』。

|

テレ朝朝番、利権偏在常連出演で適材適所を大きく阻害している者たちが、介護の適材適所問題を訴えた醜悪劇・・・。

『「そもそも、特定極一部の者たちダケ」が「毎日の様に、~何十万人~何百万人~もの人々の前で、姿や言動を一方的に売りつけられている状態」は「明らかな異常事態」だ。

「常連出演は明らかな悪」である。

「常連出演が悪事と認定され禁止されれば、その分、当然、雇用も増える」。

「本来なら、テレビ出演者としての適性が有る者たちが、その座を得られずに、

例えば、人手不足の介護現場等に行かざるを得ない状態等」も

「抑制し易くなる」。

「常連出演者たちは、先ず、自らの悪事を認め、懺悔し、不当利得している有名人利権や過分な報酬・資産・財産等を社会に還元するべき」だ。

「その上で、もはや出続けない事を大前提に、介護の適材適所等の問題について言う」なら、

「その最後の出演発言等にも、いくらかの説得力等が出る」かも知れない』。

『「しかし、実態としては、悪事の真っ最中に在る者たちが、好き放題言っているダケ」だから、

「常連出演者たちの論等には、本質的な説得力が無い」。

「ところが、それを、

まるで、丸ごと一人のまま行くあの世や霊界等が在る事を信じる如く、

それこそが正論だ!等と

勘違いする哀れな視聴者等の数も決して少なく無い」のだ。

「つまり、日本の公共の電波を使って、特定の宗教の布教みたいな事が行われ続けている」のである。

「元が、本質的な説得力の無い論等」なので、

「対論として正論等が在る」と、

「多くの視聴者を騙し、操る事も困難になる」。

「だから、偏向・偏重論のオンパレード状態」という

「異常な情報配信の仕方になる」。

「例えば、

日本国内に居る人々が、

他国の問題で声を上げれば、

その国に対する内政干渉となり、外交問題となる等々と嘯く反面、

反日国等による実質的内政干渉には、ロクな反意も示さない」。

「安保法案問題でも、法案の内容はロクに説明せず、

良く分からないイメージを宣伝し続ける」。

「そんな偏向・(反日国等)偏重に都合が良い論を述べる人」は、

「当然、日本国内では限られる」から、

「時には、反日国系スポンサー等まで加わった何らかの圧力等をかけて、無理やり言わせる」か、

「元々の思想信条や血脈等がそのスジの者を偏重起用するか」等々の

「実態となる」』。

『「日本の公共の電波を使っているのに、本当に、酷い実態」だ。

「是正は急務」である』。

|

何となく、旧社会党の面々による生き残りの為の自衛隊合憲論的な、松本人志の正論だが・・・。

『「テレビでは、正論がほとんど黙殺され、反権力論という偽り仮面を被った利韓(北朝も含む)・利中共論が横行している」。

「そんな中では、常連出演ゲイノウ人の一人である松本人志の正論発言」は、

「超目立つ事になる」。

「ゲイノウ人にしてみれば、注目度アップ法として使える手段」だが、

「所詮、局権力者等に飼われている状態」なので、

「本気で正論を思っていても、なかなか口にする者は少ない」。

「正論を述べて干された様相のゲイノウ人たち」も「散見されている」のが、

「現状の異常な日本のテレビ界」だ。

「今後、松本人志が干されない」のなら、

「其処に在る」のは、

「もはや、成立がほぼ確実となった安保法案を受けて」、

「まるで、かつて、旧社会党の連中が自衛隊合憲を認める事で、自民党等と一緒に政権の座についた{生き残り策}」の「様相」だ。

「つまり、テレビ側が、ゲイノウ人が言う正論まで流したのだから・・・」という

「アリバイをつくる事」に対して、

「一役買ったのが、松本人志という実態が露呈して来る」のだ。

「この様な場合」なら「松本人志が干される事は無い」』。

『「松本人志が干されるのか?否か?」に「要注目」だ。

「其処に、現状テレビ界を牛耳っている者たちの実態が露呈する」』。

|

司法試験漏洩問題からも露呈する試験で資格の大問題・・・。

『「ほとんど全ての試験問題」は「既に解答が在る」。「問題を出す者が、自分の解答が他人に認められているのか?等を確かめる為に行われている様相ですらある」。

「既に、解答がある問題に対して、問題を出した者に都合の良い解答を示す事」は、

「解答を知っていれば簡単」だ。

「解答を覚え繰り返すダケ」である。

「そんな試験」なら「少々の悪心を持つ者は皆、解答さえ知っていれば・・・等の感を抱く事もある」だろう。

「そして、そんな試験の合否」で「相応の立場や資格等が付いて来る」なら、

「尚更、解答盗み等の欲動は増大する」かも知れない。

「もっと、酷い場合には、試験の合否判定の権利を持つ者を押さえる事を考える」だろう。

「ロクな解答をしなくても、合格さえすれば立場や資格が得られるから」だ。

「その様な試験とは、実にバカらしい事」である』。

『「いっそ、試験など止めて、

希望者全員に仮の立場や仮の資格を与え、

実際の役割や実務を行わせた上」で、

「適正の無い者には退場してもらう事」を「基本」に、

「その更に上に、本当のプロ集団等やプロ資格等を設置する」なら、

「誰も、試験でインチキをしようとは考えない筈」だ。

「そして、その様なシステムなら、先ず、受ける者たちが、自分の適性を気にする事になる」』。

『「現状の試験システムでは、自分の適性より、立場・資格等に付随している利権等を優先する者たちが数多く居る」から、

「インチキしてでも、時には不当な手段まで使って他人を蹴落としても・・・受かりさえすれば良い」等と

「考える愚か者たちも後を絶たない」』。

『「もっとも、この種の問題」は、

「試験ダケでは無い」。

「血統利権&金権主義社会」では「有利血統やお金さえ有れば、大抵の事は通ってしまう」。

「多大な親のお金や名声や過去の立場等々」を

「{有効活用}して、国会議員どころか、総理大臣にまでなれた者たちが少なからず居る」のが、

「日本社会の実状」だ。

「そして、それは、他の先進国でも大同小異」である』。

『「さて、そんな者たちが国の首長のほとんどを占めている現状人間社会の出来はどうだろうか?」

「言うまでも無く、酷いモノ」だ。

「適材適所では無く、血統利権や金権主義を蔓延らせ続けているが故の悪態」だ』。

『「国の首長ですらその様な酷い状態」なのだから、

「その下で、多くの小市民が、小さな利権をインチキまでして貪ろうとしてしまう・・・のは、

ある意味、当然の現象なのだろう」。

「そして、開き直っていたりすれば、●暴の様な状態にまでも、過激にもなってしまっていたりする・・・」。

「こんな状態はどうすれば是正出来るのか?」』

『「基本が間違っている」のだ。

「誰もが、自らをロクに把握・認識せず、周りを見て、より良いと思える状態を得ようと、もがいている」。

「周りに動物たちが多かった時には、弱肉強食を見て、喰われる方にならず、喰う方を目指し、動物原理を人間にも当てはめた」から、

「殺人までもが当然となった」。

「殺されては堪らないから、殺そうとするかも知れない者たちよりは、より強力な武器・戦術等を保持しようと、もがき、

より強い武器・戦術等の比べっこで、もがいて来た」。

「仲間を一つにして置く為に、

宗教や政治が考え出され、

神???の意志の下で、他民族等敵を殺す事までもが正当化されて来た」。

「人類の歴史は戦争の歴史でもある」。

「実に、酷い事」だが、

「自分の実体を忘れ、周囲ばかりを気にし、周囲との比べっこ原理主義に生きる」なら、

「ある意味、当然の結末」でもある』。

『「現実としては、人の誕生・死も、他の生物同様、細胞ごとに起こっている」。

「誰もが今この瞬間にも死も誕生も体験しながら生き続けている」。

「細胞ごとの命の連続性を考えるなら、それは、地球に居る全ての生物に繋がっている」。

「狭義の自分とは、約60兆の細胞の一塊であり、広義の自分とは、他人も含む地球生命体細胞群」だ。

「自分の実体に忠実に生きようとするなら、この基本中の基本の把握・認識は外せない」』。

『「ところが、周囲ばかりに気を取られ、周囲との比べっこ原理主義の延長線」で

「人の誕生や死を理解しようとすると、丸ごと一人の誕生・死として考えたがる様になる」。

「そうなると、自分に近しい人の誕生や死についての感と、自分と遠い人の誕生や死につていの感には、輪生の感が生まれ、

近しい人の誕生や死は大問題、

遠い人の誕生や死は、他人の芝生は青く見えたり、他人の不幸は蜜の味だったり・・・する事になる」。

「現実としては、人の誕生・死は細胞ごとであり、近しい人も遠い人も人類には変わり無い」から、

「明らかに、現実離れした感が、自分を埋め尽くしている事になる」。

「動物の弱肉強食」にしても、

「動物の弱肉強食は、

主として身体的構築度の向上を目指して生き続けている地球生命体細胞群の一塊である動物自体」が

「自らの本質に沿った行動を起している、自分の実体に忠実な行動」だ。

「人間の場合は、身体よりも、脳の構築度を上げる役割を本質的に持っている」から、

「人間の弱肉強食は、自分の実体との整合性が悪い」。

「此処にも明らかな現実離れぶりが在る」。

「現実離れを自覚出来れば、未だマシ」だが、

「現実離れの自覚も持っていない」と

「弱肉強食は自然の摂理だ!等と、例えば、{敵}を殺す事は平気になったりする」のだ』。

『「{敵}を殺すのは正しいか?」の「試験の設問に対して、正しいと答える」のは、

「殺ろす側」だ。

「人類の本当の敵」は「周囲に拘り過ぎている比べっこ原理主義」と「自分の実体に叛く悪行」に「他ならない」。

「自分の実体や自分の実体の本来の目的さえも満足に理解・把握出来ていない状態の人々を蔓延らせ続けている事こそが、本当の人類の敵」である。

「其処に在る理解・把握不足の人は、丸ごと全部が敵では無い」。

「ご当人が、理解・把握不足なら、ご当人にとっての本当の敵は、自分の中に居る」。

「他の人が、理解・把握不足なら、理解・把握不足の人を理解・把握に導く手段が不十分である事が、本当の問題であり、ある種の敵」だ。

「脳の構築度アップという宿命を背負わされている人類」にとって、

「丸ごと一人の敵殺害は整合性が悪過ぎる」。

「丸ごと一人の論理で言ったら、理解・把握が不十分な者は、その者自体が敵となるから、敵を殺す事=自殺になってしまう」のだ』。

『「筆者の感覚では、巷に溢れている多くの試験」は、

「ほとんど、上記の{敵}を殺すのは正しいか?レベルの試験」でしか無い。

「つまり、比べっこ原理主義や血統等原理主義等に基づいて、お仲間になるか?否か?の試験」なのだ。

「試験をする側にしても、肝要な事は、お仲間になるか?否か?」なので、

「金や物や時には異性としての身体まで捧げて、お仲間になると近寄って来る者たち」を、

「本気で拒む為には、相応の自制心が居る事になる」。

「自制心とは、自分の内面にも傾注している者なら、未だしも、自分の内面は疎かに周囲ばかり気にする比べっこ原理主義に生きている者たちには、非常に高いハードル」だ。

「当然、そんなモノには、期待が持てない」から、

「罪と罰を用意したがる」のが、

「利権を受ける立場に無い、当事者では無い者たちの習性」だ』。

『「比べっこ原理主義に生きてるから、

自分が利権を得られるならインチキにも寛容に成りがちだが、

他人(比べっこ上のライバル)がインチキで利権増大させる事には、我慢ならない」のである。

「実にみっともない実態」だが』。

『「誰もが自分の実体に忠実に生きられる、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事と、

適材適所を基本とした人間社会」を「実現する」なら、

「比べっこ原理主義だから生まれてしまっている

数多くの戦争や殺人や格差等々まで含む重大問題を解決して行く事も可能になる」。

「普通に考える」なら、

「ワーストライ!」だが、

「比べっこ原理主義や代償欲求の追及や現実逃避等々に生きたがっている亡者たち」には、

「例え、それが、永遠の恥辱に染まる道から離れられる実効のある手段であっても、

トライする気にもなれない」のだろう。

「逆から言えば、比べっこ原理主義や代償欲求の追及や現実逃避等々に溺れている事こそ」が、

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる事に他ならない」のだ』。

『「今回の事件からも、人類としての本質を学ぶ人々が少しでも多く出れば良い」のだが』。

|

川崎ホーム3人転落死問題、警察入りで事故扱いの謎・・・。

『「最初の転落死時にも、警察が入り事故認定をした」のだと言う。「いったい、どの様な実態を認定して、事故扱いしたのか???」

「もし、80過ぎの要介護の背の高く無いご老人が、120センチの柵を乗り越えて、転落{出来てしまった}実態が在る」のなら、

「それこそ全施設に知らせ、対策を促すべき事態」だろう。

「逆に、満足な実態が取れなかったのに、事故認定処理した」のなら、

「明らかに重大な問題」だ。

「そんな事がまかり通ってしまっている(実際に、その様な状況の臭いが日本全国で濃厚・・・だが・・・)」なら、

「警察の事故認定で黙殺された実質的殺人事件等の数」は、

「計り知れない事になる」』。

『「少なくとも、事故認定の為には、

その後老人の手形等が柵に残っていると共に、

足をかけた場所等の跡の確認も取れている事等が必要」だろう。

「そして、それらの跡に残っている力の入り具合等」から、

「自殺、もしくは、例えば、家に戻ろうとして誤って転落等の実態が認定されている事になる」。

「そうならば、足がかからない様に、或いは、足がかかったなら、ホーム等側が直ぐに気づける様にする対策等が、必要という話しにもなる」。

「まさか、80過ぎの要介護の背の高く無いご老人が、柵の上部に手をかけたダケで、柵を乗り越えられてしまうとは、到底思えない」が、

「万一、その様な事態があった」のなら、

「相当強い手形が残っていると共に、

柵を乗り越えたご老人には、相応の腕力があった事になる」。

「腕力は、それこそご遺体の筋肉量等からも十分に推定可能」だ。

「果たして、筋肉量の確認等は行っているのだろうか?」

「そして、もし、その様な実態が在った」のなら、

「腕力の強い方に対する対策を全施設等に促す事が重要」だろう。

「例えば、柵の上部に、強い力で押さえつけた場合、

直ぐに音を出して壊れる事で乗り越えを躊躇させたり、

電子システム的に管理者等に通報されたりする設備等の

増設等が有効」だろう』。

『「普通の感覚では、80過ぎの背の高く無い要介護のご老人が、120センチもの柵を乗り越える事は困難」だから、

「先ず、疑うのは事件」だ。

「事件の場合、複数犯も考えるべき」だ。

「例えば、無理やり、或いは、自主的に、手形・足跡を付けさせる工作を行った後、柵に触れずに落とした・・・等の実態が考えられる」。

「何しろ、転落場所は、三人とも、何時、何時、第三者が通ってもおかしく無い道からの死角」だ。

「南(と思われる)方向には、3~4軒の家が在る」が、

「それらの家々の北(と思われる)側の窓は、雨戸で閉じられている」のだと言う。

「つまり、その場所なら、他の人から、犯行や事故等が目撃される可能性は劇的に小さい事になる」』。

『「可能性は、極めて薄いが、深層心理を操る事による催眠自殺事故の可能性もゼロでは無い」だろう。

「実は、その手の催眠殺人実験・研究を行い続けている集団が日本国内には実在している」。

「電磁波工作もその一つで、電磁波で脳に直接働きかける事による効果を出そうと必死になっている様相でもある」。

「直接接触が可能な場合は、言葉や態度や薬物等を使った暗示も可能」になる。

「電磁波面や薬物面の調査も行うべき」だ』。

『「もはや、ホーム等の施設には、全部屋&通路&ベランダに防犯カメラ&録画保管を義務付けるべきかも知れない」。

「現状で未だに犯罪を行っている悪たち」による「犯行手段」は、

「日々、悪の進化をし続けているのだから!」

「それでも、幽霊が犯行を行う訳も無い」から、

「電磁波・音波・大気中薬物等を使った悪事以外」なら、

「犯人の姿が捕捉される事になる防犯カメラ&録画保存」は

「実に有効」だ。

「そして、電磁波・音波・大気中薬物等の犯行手段は、それらの観測によって捕捉される」。

「この面での摘発技術を進化させる事は、本当に急務」だ。

「何しろ、悪どもは、

音波的にホール側イオン側双方を微振動させる事で、

壁を突き抜け、

人間の身体に影響を与える、

既存の周波数分別タイプの電磁波測定器では測定困難な、

縦波の電磁波(ホール波&電子波)まで、

{実験}工作使用しているのだから!」』

『「北朝鮮による拉致事件発生時の教訓が生きてる」なら、

「今、日本国内で、一般日本国民までをもターゲットとして行われている悪の工作活動への対策」を

「決して疎かにしてはいけない事」は、

「誰もが分かる筈」だ。

「今、警察の良心と本気が問われている」』。

|

「一体いくら中国共産党からもらっているの?」の雰囲気満載の様相にも見えてしまう翁長知事だが・・・。

『「世界一危ない基地とも言われている普天間の移設先」として「現実的に仕事が進められている」のは「日本国・米国共、辺野古のみ」だ。

「その辺野古移設を阻止する」とは、「普天間移設を遅らせる実効を持つ悪事に他ならない」。

「普天間移設と共に、米軍は、沖縄の米軍基地負担の軽減策も実行する事になっている」。

「それを、実質的に拒否する普天間移設絶対拒否の姿勢」は、

「沖縄米軍基地負担を重いままに、沖縄県民の反米軍基地感情を悪戯に高める為」の、

「実質的、工作活動」にもなる。

「そんな事を望むのは?」』

『「翁長知事では話しにならない事が分かった日本政府側」は、

「副知事との話し合いを考えている」。

「何れにしても、普天間移設は、事故が起きる前に行うべき急務」だ。

「沖縄の米軍基地負担軽減も、急がれるべき事」だ。

「それらに本心から反対している沖縄県民」は「果たしてどれだけ居るのだろうか???」』

『「普天間移設も米軍基地負担の軽減も当然で、辺野古はダメ」という

「現実主義なら在り得ない高度過ぎる要求、或いは、夢、を生み出した」のは、

「言うまでも無く、現実主義とは程遠い鳩山元総理」の

「最低でも県外!連呼」だ。

「総理大臣の立場にあった者の言葉だった」から、

「多くの沖縄県民が、実現可能と思い込んだ」のは、

「無理からぬ事」だろう。

「しかし、その鳩山元総理の実体」は、

「時と共に明らかとなって来ている」。

「宇宙人レベルの現実離れブリでも通ってしまって来ている」のは、

「過分な富故」だろう。

「鳩山元総理は、血統家族財産格差の象徴でもある」のだ。

「そんな偏在利権上に在る立場の者」の

「実質的妄言」に

「何時までも縋り付いている事自体」が

「時間の無駄」だろう。

「ましてや、それで、左翼やリベラルを気取る」なら、

「その左翼やリベラルは、血統家族偏在利権を認める異常な左翼やリベラル」と言う事になる』。

『「普天間移設&米軍基地負担の軽減に反対している沖縄県民」は、

「いい加減に目を覚ますべき」だ。

「あなたたちを実質的に指導している」のは、

「左翼でもリベラルでも無い」。

「実質的には、中国共産党や北朝鮮等の手先」なのだ』。

|

あり得ないでしょ!ホームで転落死が3件も続発・・・。

『「どう考えても、80過ぎのご老人が1メートル20センチものベランダ柵を乗り越えて自殺は困難」だ。

「普通に考えれば、最初の一件目で、警察対応が当然」だ。

「其処で、事件性が明らかに否定されたとしても、ホーム側の再発防止策は必需」だ。

「ところが、該当ホームでは、現在の記者の質問に対しても、逃げの姿勢がアリアリと・・・」』。

『「もちろん、一番の問題は、もし、事故では無く事件で犯人が居るのなら、犯人」だ。

「該当ホームに入り込んで、該当ホームを潰す為の工作員的者であった可能性だって否定出来ない」。

「しかし、ホーム側の対応として、万一事件なら、犯人を摘発する方向に力を加えていない様相は、明らかに異常」だ。

「まるで、かつて、拉致事件を無い事にしていたのと、同様の臭いが充満している」』。

『「この手の殺人{実験}工作」なら、

「ホーム側が協力者となれば、現行法&現行の摘発体制では摘発困難・・・」で、

「事故処理」で「済み」も、

「大いにあり得てしまう」のが、

「現状日本社会のお寒い現実」だ。

「三件の転落死時に当直だった者」は、

「入所者の金銭盗みで、懲戒解雇となっている」らしい。

「しかし、其処までもが仕込みだった場合」の「現行法&現行の摘発体制での摘発を考える」と、

「事故では無く、事件で真犯人が居た場合に、摘発する事」は、

「本当に困難になる事」が「少し考えれば、誰にでも分かる筈」だ』。

『「今回の事例が該当するか?否か?」は「全く別」にして、

「悪どもの殺人{実験}では、大いにあり得る、全日本国民が対策を考えるべき事」である』。

『「真相解明」が「強く求められている」と「共」に、

「ホーム側の説明責任」も「大きく問われている」』。

|

安保法案{今国会}成立反対6割超えを大宣伝しているマスゴミ問題・・・。

『「安保法案成立の賛否」では「無く」、「今国会成立の賛否」を「尋ねた所」で「既にこの情報工作の目的がアリアリと判る」。

「ついでに言う」なら、

「今国会で無ければ、何時成立させるべきか?」を「尋ねる」なら、

「安保法案に対する賛否を考えざるを得なくなる」から、

「安保法案に対する民意はよりはっきりする」が、

「マスゴミ質問ではその辺りが???」だ。

「はっきり言えば、マスゴミがロクに安保法案を説明しない情報工作活動を行って来ている」から、

「多くの人々が安保法案未だ良く解らないから急いで決める必要は無いのでは?」等と

「思い込まされている」。

「其処に向かって、今国会での成立の是非を問う」なら、

「今国会で無くても・・・等々と短絡的に考え、今国会での成立には反対という回答を示す人々がそれなりの数になってしまう」のは、

「{社会実験}として当然の現象」だ。

「この様な実験工作が得意」なのが、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者や中国共産党等の手先たち」である』。

『「悪どもの{実験}は分野を選ばない」。

「しかし、その目的は、同じ」だ。

「日本国・日本国民を悪どもの都合に沿って支配・コントロールする事」である。

「マスゴミによる情報工作」ダケでは無く、

「現行法&現行の摘発体制では摘発されない粛清(=殺傷、もしくは、虚勢化)実験工作」等々まで、

「日本国内で行われている」のが「日本社会のお寒い現実」だ』。

『「元々の発想が、例えば、現行法に引っかからない方法で、人を殺害する為には?」等だから、

「実験で、成功すれば、それがその時点でノウハウの一つになる」が、

「失敗しても、其処で終わりでは無い」。

「成功するまで研究開発している」のだ。

「例えば、電磁波工作粛清{実験}にしても、電磁波の種類等をかなり変化させながら続けられている」。

「飲食物工作等」では「最新分析機器でも特定困難な物質を研究し、実験使用している」。

「法の抜け穴的な心神喪失状態」が「どの様な時に適用され易いのか?」等は、

「重々承知」で、

「かなり酷い殺傷事件等でも適用を勝ち取る為の実験・研究等も行っている」。

「補助実験・研究として、どんな鍵でも開ける実験」や、

「防犯カメラ網を潜り抜ける実験等」も「行われ」、

「それらの研究成果は、悪どもが共有」している。

「コンピューターハッキング実験も同様」だ』。

『「何故、そんな酷い、実験・研究が可能なのか?」

「言うまでも無く、日本国内に悪どもの人脈の人々が多数居るから」だ。

「酷いマスゴミの実態」は「その氷山の一角に過ぎ無い」。

「要人も含む日本人という実験材料に対して、

日本国内に居る悪どもは、

容易に、実験を仕掛けられる」。

「この戦後日本社会の重大な脆弱性」に対し、

「早急な対策が必要な事」は、

「議論を待たない」。

「一番実効のある手段は、悪どもを皆、祖国・母国・本心の国籍の国等へ、強制的に送致する事等」だろうが、

「その前段階として、電磁波工作や飲食物工作やコンピューターハッキング工作や侵入工作等々の{実験}に対して、徹底摘発を行い、厳罰を科す事」だ。

「集団的に行われている{実験}」だから、

「一気に徹底摘発すれば、悪どもの人脈も必然的に焙り出て来る」。

「そんな実態が明らかになれば、民意も、強制送致等への賛同へと動く筈」だ』。

『「政界やマスゴミや教育界等の悪どもは、既に、焙り出ている様なモノ」だ。

「後は、未だ、表沙汰にされていない、実験・研究グループの徹底摘発」である。

「警察の中にも、悪どものスパイは、少なからず居る」。

「徹底した身体検査を元に、内密に、特別班を組んで、摘発捜査をするべき」だろう』。

『「何れにしても、北朝鮮による拉致さえ無い事にして、穏便に・・・という体質が間違っていた」のだ。

「穏便に・・・で、平穏になる」のは「善人同士に限る話し」だ。

「悪に対する太陽政策は、更なる悪事を誘発するダケ」である。

「悪」は、

「先ず、

その実態を露呈させる事で、

豊かさを失わせる

(豊かさが無くなると、経済的メリット故に悪の下に居る少なく無い数の小悪たちが先ず離れる)

と共に、

摘発」する。

「そして、悪事相応の厳罰を強いる」のが、

「悪に対する正当な対処法」だ』。

『「既に、過去の実績等から、その実態が露呈しているマスゴミ」からは、

「全ての善良なスポンサーは引くべき」だ。

「残るは悪スポンサーだけとなれば、悪企業も露呈する」。

「悪に経済的メリットを与えない為、視聴者・読者等も、お金を出して視聴したり読んだりしない事」だ。

「逆に、健全なマスコミに対しては、お金を出して、視聴したり、読んだりすれば良い」。

「他の製品や商売等でも同じ事」だ。

「悪には、経済的メリットも重要な立場も権力も・・・与えてはいけない」』。

|

「呪殺」お笑い劇「おバカがおバカを誤魔化す為の大衆騙しの屁理屈がアリアリと」・・・。

『「人力放射能を呪っている暇が有るなら、人力放射能をコントロールする事を考える・・・コレ、普通以上の頭があるなら当たり前の発想」。

「悪戯な反放射能イメージの拡散で、日本の原発メリットを衰退させようとしているなら、中・韓(北朝も含む)等の手先の悪」。

「おバカにしても、悪にしても、実質的に、日本社会に害を与えている者・物・事に対する妥当な評価情報は非難」。

「実質的賛同大宣伝を繰り返しているマスゴミ等は如何なものか!」』

|

「難民出す様な国はダメでしょ!」&「自国を捨てた安易な難民もダメでしょ!」・・・。

『「難民を出す様な国の体制は絶対に改善されなければならない」。「同時に、難民として他国に避難した人々も、自国をまともな体制にする努力を忘れてはいけない」。

「当たり前の事」だ。

「自国整備の努力もしない様な精神構造の人々は、整備済みの国々で整備後の利権にあり付く事ダケを貪り取ろうとする」から、

「母国・祖国も荒れ放題になる」のだ。

「酷い場合には、整備済みの他国に入り込んで、その他国を祖国・母国の都合に沿う様に操ろうとする」。

「そんな泥棒工作根性等が蔓延っているから、母国・祖国自体が壊れている」のだ。

「反省すべきは、その精神構造自体」だ。

「先進諸国は、難民の受け入れという偽善」を「止めるべき」だ。

「精神構造自体を変えない限り滅亡する・・・それが自然の摂理」だ』。

|

テレ朝朝番では、「鬼女(≒ネット)」を大いに気にしていたが・・・。

『「鬼女」とは「ネトウヨ」同様、「そのスジの者たちが得意な、レッテル貼りの一つ」だろう。

「だから、鬼女も、ネトウヨも、どちらかと言えば、ネガティブ、或いは、劣悪なイメージが強くなっている」。

「日本の公共の電波を使って、~何十万~何百万~もの人々の前に、常連としてで続けて居る特定極一部の者たち」に「同様のレッテル貼りをする」なら、

「ズウ面(図々しい面々)」等になるのだろう。

「しかし、その様なレッテルは、ほとんど見受けない」。

「レッテル貼り等を行っている人脈にとって」は、

「右翼・左翼」や「保守・リベラル(昔は、革新)」の様に、

「左翼やリベラル(革新)の方が、良い、或いは、上位のイメージ」が「大切」なのだろうが、

「さすがに、図々しい常連出演者たちを、より良いイメージで喧伝する為のレッテルは未だ思いついていない」のだろう。

「ネットの匿名性(実質的には、有名無実状態だが・・・)を訴える事」と、

「名出し(芸名や通称の場合も少なく無いが)

顔出し(化粧はもちろん、人によっては、サングラスや髪型や顔を覆う衣装等で、何処まで本当の顔が出ているのかは大いに疑問だが)を

誇る事」で、

「少しでも視聴者等の納得心を高めようと悪あがきしている様相ではある」が・・・』。

『「ネットの人々の調査能力を大いに認めていた一方」で、

「裏取りの無さを指摘していたテレビの{ズウ面}だった」が、

「そのテレビ情報だって、結構いい加減な場合も少なく無い事」は、

「寝屋川少女遺体遺棄現場に現れたシルバーの軽自動車を当初は、黒のワゴンタイプ等と言っていた事からも明らか」だ。

「連中の言う裏取りが、警察情報等を右から左に流すダケの事」なら、

「果たして、裏取りにどれだけの価値があるのか??」

「重要な事は、事実・現実に対する探求心と謙虚さ」だ。

「それは、偏向・偏重情報を平然と流し続けている連中に圧倒的に欠如している事」である』。

『「日本の公共の電波を使っていながら、特定極一部の者たちを偏重起用&偏向情報の一方的大量配信」では、

「明らかに、ダメ」だ。

「特定極一部の者の偏重起用」は、

「その者の有名人利権を拡大させる」と「共」に、

「その者やその者の背後に集中的にお金を流している」、

「実効を持っている」。

「対論無き、或いは、偏向イメージ付き等の、偏向情報の一方的大量配信は、実質的に大衆誘導の悪効を持つ」。

「日本の公共の電波が、そんな状態で使われ続けていて良い訳など全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈まで含めた是正は急務」だ。

「ズウ面排除!」である。

「同じ者の意見ばかり・・・が、日本の公共の電波を使って、何度も、何度も、一方的に大量配信されている状態」は、

「明らかに異常」だ。

「そして、日本の公共の電波を使ったテレビ・ラジオ上等」で、

「自分の意見を言っているダケで、

過分な有名人利権が構築され、

過分な出演料等の報酬を得ている実態」も、

「明らかに不健全」だ。

「偏重起用は、格差の元でもある」。

「つまり、日本社会を悪くしている要素も強い」。

「偏重起用による不健全な有名人利権の製造~増大等」は、

「直ちに禁止されるべき」だ。

「過去の不当利権の清算も必需」だろう』。

『「五輪エンブレム問題」でも「決定権を持つ人脈による利権誘導ぶりの醜悪な様相」が「露呈している」が、

「テレビ界の利権誘導ぶりの醜悪な様相」は、

「五輪エンブレムレベルを遥かに上回っている」。

「こんな事態が容認され続ける必要は全く無い」』。

|

五輪エンブレム選考委員会「佐野人脈の出来レース仕込みの人選」だった様相露呈・・・。

『「もはや、選考委員会のメンバーはクビにするべき」だ。「露呈された実態は、今の選考委員のまま、選考方法を変えれば良い・・・という話しのレベルでは無い」。

「賞や、五輪エンブレム等大きな仕事を決める者たち」は

「事実・現実に基づいた是々非々で公明正大な判断を行える者たちであるべき」だ。

「ところが、今回の選考委員会のメンバーは、佐野氏との繋がりが濃い者たちがほとんど・・・」だった。

「コレでは、先ず、佐野氏が選ばれ、原案とされている本来のエンブレムデザインの使用に問題が見つかれば、佐野氏による修正を求める・・・」という、

「内実としては、佐野氏に大きな仕事を流す為の醜悪劇」が、

「陰で行われていた様相が露呈した」のも、

「ある意味、当然の現象」だろう。

「そして、修正案に付けられたクレーム対策の一つ」として、

「醜悪劇を発表出来た感覚」は、

「余りにも他の人々をバカにしているのか?余程のおバカなのか?・・・の産物」なのかも知れない。

「こんな選考委員たちに今後を任せ続けていてもロクな事は無い」。

「佐野氏もアウト」だが、

「選考委員会もアウト」だ』。

『「選考実態からしても、

佐野氏たちの他の仕事の実態からしても、

佐野氏のエンブレムが取り下げられた事」は、

「本当に良かった」と思う』。

『「新たなエンブレム選定」は、

「応募条件」として、

「小サイズの使用でも潰れず、大サイズの使用にも耐える等、使用上の要件を満たす事や、

他の既存作品や商標登録等との類似性等の問題が無い事を確かめてある事等」を

「定めた上」で、

「応募権(日本国民である事等)&総数(例えば、1万作品未満等)制限付きで、一般公募」し、

「ネット投票等でふるいにかけた後」、

「100作品程度の数の作品で、エンブレム総選挙」をすれば良い。

「その上で、更なるチェック期間を設け、問題が露呈しなかったなら、採用」にすれば良い。

「やり直すなら、その位の{お祭り}を行う事」で、

「選定に多少の期間はかかっても、東京五輪を盛り上げる方向」に

「世間の風向きを変えれば良い」と思う。

「最初から、上記等の様な選定手段だった」なら、

「お偉い選考委員たちも無用の長物だった筈」だ。

「五輪や一般市民をダシに、特定極一部の者たちが、利権を貪る為」なら、

「お偉い選考委員たち等の一般市民の納得心を誘う{ツール}は有用」だろうが、

「一般市民が楽しむ、一般市民の為の五輪」なら、

「そんな{ツール}は要らない」のだ』。

|

中国共産党主催の「的パレード」・・・。

『「もはや、西側先進諸国にとっては的レベルの兵器を自慢気に行進等させる」とは、「中国共産党も終わっている」。

「漢民族自体は、かなり能力が有る人々も決して少なく無い」から、

「中国共産党支配下の悪影響」が「モロに露呈している状態」だ。

「軍事汚職利権下の最新???軍備開発などお笑いに終わる」のは、

「当然と言えば当然の現象に過ぎ無い」』。

『「それでも、日本国内の中国共産党のお仲間たちは、中国共産党支配下の中国の軍備を脅威と褒めたたえている」。

「つまり、情報工作が行われている」のだ』。

『「実は、中国共産党による脅威とは、軍備では絶対にあり得ない」。

「何故なら、西側先進諸国に比べれば周回遅れ未満の軍備しか持ち得ないのが、旧社会共産体制の本質だから」だ。

「しかし、西側先進諸国相手では、実質的には、使いモノにならない軍備でも、中国国内への脅しには使える」。

「特に、台湾や香港やウィグル自治区等々、中国共産党との距離が遠い中国国内への脅しとしては、有効」だ。

「一番の目的は、其処」だろう。

「そして、その目的が有る軍事パレードに西側先進諸国の首相参加でも在れば、

中国共産党は、万々歳!」である。

「西側先進諸国も認めている中国共産党の軍備を演出出来たから」だ。

「しかし、実際は、首相参加は全く無かった」、或いは、

「韓国を西側先進諸国にカウントする(普通の感覚なら、西側に擦り寄ってはいるが、とても先進諸国とは言え無いが)なら、韓国ダケ」である。

「所謂大国扱いされている国で首相が参加したのはロシアだけ」だ。

「経済面では対立構造さえ見えている中国とロシアだが、軍事面では、何しろ、中国製と誇っている新型ジェット戦闘機のエンジンさえ、基本設計はロシア(或いは、旧ソ連)製」だ。

「軍事面(や、ロケット等の科学技術面)では、ロシアの下に中国共産党支配下の中国が在る」。

「何しろ、共産党一党独裁支配体制下」なので「自由主義圏の最新主要技術は流れ込み得ない」。

「其処で、中国共産党等は、西側先進諸国からの技術盗み工作等やパクリ等を頑張っている」が、

「盗める技術やパクれる技術は、最新の核心技術ではあり得無い」。

「結果として、周回遅れになる」。

「この面から考えても、優秀な漢民族の方々が中国を民主化しないのは、本当に、不可思議」だ。

「中国は、即刻民主化されるべき」だろう』。

『「日本国内に居る中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の手先たち」は、

「日米韓の連携が大切!」等と、

「インチキ論を言っている」が、

「実際に大切で、実現が十分に可能なのは、日米台の連携」だ。

「中国共産党支配下の中国と、韓国(北朝鮮も含む)」は、

「歴史捏造国家」である。

「事実・現実を貴び、是々非々対応が出来る文化」と、

「捏造史の上に立とうとする国々等の文化」は、

「両立し得ない」。

「そして、時の流れと共に、排除されるべき」は、

「捏造史の上に立とうとする国々等である事」は、

「議論を待たない」。

「この基準からすれば、日米台の連携は在り得ても、日米韓の連携は在り得ない」。

「米国で、中国共産党支配下の中国を中華民国からの正当な流れと考えている人々」は、

「旧ソ連を米国と同等に認めている人々」だろう。

「そんなおバカをやっていて、人間社会が平和になる訳も無い」。

「事実・現実としてダメなモノはダメ!」である。

「旧ソ連の軍備援助に負けて、中国共産党支配下の中国を世界が認めてしまった事」が、

「今日を悪くしている」。

「旧ソ連がロシアとなった今日、もはや、中国共産党支配下の中国や、その下の北朝鮮等を認める必要性は、非常に希薄になっている」。

「そして、認めない事こそが、人類の未来を明るくする道」なのだ』。

『「自国民の大量粛清まで行って来ている権力者集団を認める必要」は、

「世界中の何処にも在り得ない」。

「今、人類の正義が問われている」』。

|

帰宅当日に着ていた衣類も行方不明で、様相が変わって来た、中野劇団員女性殺害事件・・・。

『「以前のマスコミ発表では、衣類は洗濯籠の中・・・」だった。「それなら、当然、裸のお付き合いが有る者の犯行が濃厚になる」。「しかし、何と、被害女性が帰宅当日着ていた衣類が行方不明なのだと言う」。

「明らかに、示唆している実態が変わって来た」』。

『「鍵が二本とも持ち去られている事からも、鍵の{型取り}コピーが濃厚に疑われる」。

「或いは、無施錠、もしくは、直後付き侵入が濃厚に疑われる」。

「更に、被害女性と争った際にその痕跡が残っている可能性大」な「衣類やバック・袋・財布等を持ち去っている」が、

「被害女性の爪の間」には

「犯人のモノと思われる、男性のDNAが採取可能だった身体片」というのだから、

「逮捕歴の無い盗人犯等」の「臭いが濃厚」だ。

「全裸にして遺棄したから、風呂に水を張る工作までした」のだろう』。

『「何れにしても、バック・袋・衣類等を持ち去っている」のだから、

「犯行後、それらが入る大きさのバック等を持っている者の防犯カメラ映像が何処かに必ず在る筈」だ。

「それが無ければ、車やバイク等による移動の可能性が高くなる」から、

「周辺道路の車・バイク等を洗えば犯人に行き着く可能性が大きくなる」。

「更に、それも無いのなら、同じ建物や極近隣の建物に住む者の犯行の可能性が大きくなる」』。

『「何れにしても、

殺害自体が目的の工作員等による犯行でも無い限り(遺棄状態には、工作メッセージ性が希薄で、全裸&風呂水張り工作等シロウト工作の臭いが濃厚なので、この可能性は低いと思うが・・・)、

鍵のコピー等が可能な者の範囲等からも、

犯人の特定は、それ程、困難では無い筈」だ。

「もっとも、特定されても、外国人犯罪で、海外逃亡等、あり得るかも知れないが」・・・』。

『「万一、特定困難な事態が生じたなら、複数犯も浮上する」。

「その場合は、殺害自体が目的の工作活動である可能性大になる」。

「もっとも、その可能性は極めて薄い」だろうが・・・』。

|

テレ朝朝番では、安保法制に反対している女性たちを特別に重用扱いしていたが・・・。

『「やはり、チョウおバカな事」を「堂々と言う方々」だった。「経済的徴兵制???」

「自衛隊等に特定期間入る事を前提に、奨学金が優遇される制度」は、

「例えば、防衛大学等と同様の事」であり、

「優秀な者ダケが対象」だ。

「其処に在るのは、防衛省等による、有能な人材確保の為の努力であり、断じて、徴兵では無い」。

「はっきり言えば、今の先進国の軍隊は、徴兵ではお話しにならない」。

「何故なら、使用武器等が昔とは全く違うから」だ。

「それは、例えば、ゼロ戦の操縦席と、今の例えば、F15の操縦席を見比べれば、誰もが直ちに分かる事」だろう。

「計器の数からして、全く別物」だ。

「ゼロ戦は、それこそ、中高生でも、飛ばせ、更に、武器と言っても、機関銃だから、ボタンを押すダケ」だが、

「今のジェット戦闘機は、適性の有る者たちが、高度な訓練した上で、ようやくその本来の性能を発揮させながら飛ばす事が出来、

武器にしても、遥か遠方の敵機や標的等をいち早く把握・捕捉した上で、ミサイル等を撃つのが、基本」だから、

「とても、シロウトの扱えるモノでは無い」。

「この様な事情は、陸軍でも海軍でも全く変わらない」。

「人海戦術の戦争の時代は、とっくに終わっている」。

「徴兵では、今の先進国の戦争行為は成り立ち得ない」。

「徴兵を心配するのは、はっきり言って、バカ」である。

「こんな明らかな実態が在る」のに、

「経済的徴兵制」等という

「屁理屈を考え、

その屁理屈で騙し、

大衆誘導等をしている者たち」こそが、

「日本社会の元凶である可能性大」だ。

「現状日本社会での生活にそれなりに満足しているなら、

責めるべきは、現政権では無く、その様な元凶の方」だろう』。

『「自衛隊が海外で武器使用する事」を「問題にしている事自体、おバカ過ぎる話し」だ。

「自衛隊の武器使用は自衛の為ダケ」だ。

「つまり、攻撃はしない」。

「そして、そもそも、自衛隊は後方支援止まりだから、戦場には行かない」。

「戦場近くで、攻められて自衛しない選択肢はあり得ない事は言うまでも無い事」だろう。

「日本人が他国から敵視され、日本人がテロの標的になる???」

「今だって、実際に、既に、敵視されているから、実際に、日本国内でも訳の分からない事件・事故等が起きている」。

「はっきり言えば、

中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の様に、

日本を敵視しなければその国の成り立ちや政権自体が正当化出来ない国々が在る以上、

日本社会の中の訳の分からない事件・事故等が本質的に無くなる訳も無い」。

「しかし、日本の防衛・警察等の体制を強化させたり、日米安保を強化させたり、情報・教育等を健常化したり、・・・する事で、抑制させる事は、可能」だ。

「何処の国の民でも、

全世界の全ての人々から愛される○○人等と言うのは、

現状人間社会ではファンタジーの域を出ない」。

「此処にもやはり、屁理屈、もしくは、インチキ論による大衆誘導の臭いが濃厚に漂っている」。

「そんなモノに操られる人々が多ければ多い程、

日本国内でよからぬ粛清工作活動等を行っている反日国人脈の連中等は

元気を出し易くなってしまう・・・」のだ。

「実質的に、日本社会をより危険にしている行動は、慎むべき」だろう』。

『「明らかなチョウおバカたち」を、

「偏重した上で、さも正義の連中の如く、大宣伝していたテレ朝」も、

「明らかに変」だ。

「実質的には、反日国人脈による日本国内で行われている粛清工作等を応援している状態になっている」から、

「テレ朝の人脈も疑われて当然」になる』。

『「安保法制反対デモで主導権を握っている面々」が

「何処と無く、朝鮮系や中国系に見える」のは、

「単なる偶然では無い」だろう。

「韓国(北朝鮮も含む)も中国共産党支配下の中国も反日政策実行国」だ。

「反日国系の臭いのする者たちが、安保法制に反対している」』。

『「日本国内に大量の反日国系の実質的工作員が居る事」は、

「実質的に、日本侵略が行われている事」だ。

「安保法制反対運動等をやっている暇が有るのなら、

実質的日本侵略を止めさせる事に力を加えた方が、

日本人の安全・健康等はより良くなり易い」。

「当たり前の話し」だ』。

『「明らかな組織による動員の様相は無くても、血統人脈的共通臭が濃厚」なら、

「その実態は、血統人脈的組織動員」になる。

「血統人脈による組織動員」なら、

「老若男女問わず集まる事」こそが、

「人数を膨れ上がらせる為に有効な手段になる」。

「そんな実態を露呈している様相でもある」のが、

「安保法制反対デモ」だ』。

『「一般日本国民」なら、「チョウおバカの屁理屈等に操られてはいけない」。

「むしろ、反日国人脈の実質的工作員たちを、本心の国籍国や、祖国・母国等に強制送還する事等を考えるべき」だろう』。

|

維新の党、元民主党の連中が民主党等との連携を模索というお笑い劇・・・。

『「こんな事を行うくらい」なら「最初から民主党員のままで居れば良かった」のだ。

「もっとも、民主党員のままでは、再選も危うかったから、仮面が欲しかったダケなのかも知れないが」・・・』。

『「自ら分裂した民主党が、また集まる事で野党再編を言う」とは、

「お粗末過ぎるお笑い劇」だ。

「生活の党も、元民主党の維新の会のメンバー等も・・・」。

「仮面を得れば、新たに支配下に置ける手下も増やせる等と目論んだのかも知れない」が、

「バレバレの策略劇に騙される有権者の数は、それ程多く無い」。

「それは、如何にお仲間マスゴミが援護射撃をしても、同じ」だ。

「お仲間マスゴミが援護射撃をすれば、その実体がバレ、お仲間マスゴミ自体の信頼性も説得力も失われる」から、

「当然の現象」である』。

『「下手な政界再編など要らない」。

「今要る」のは、

「対案も出せず、反対を繰り返し、国政の停滞を誘っていた政党や国会議員等の様」に、

「血税の無駄遣いレベルの仕事しか出来ていない者たちを、国会から排除する事」だろう』。

『「実質的には、反日国を利す、安保法制反対等の者たち」は、

「反日国に行く、もしくは、帰るべき」だ。

「それは、一般国民でも、国会議員等でも、同様」である。

「反日国に行き、或いは、帰って、反日運動を行えば、その虚しさ、バカらしさ等には、直ぐに気づく筈」だ。

「日本国内に居られる事が、侵略の成功みたいに思えるから、日本国内の反日運動に成功実感を持ててしまっているダケ」なのだ。

「一般日本国民の立場からすれば、一般日本国民の安全や健康等を害する、反日国悪権力者たちに忠実な実質的工作員たち等は、

即刻、反日国に強制送還等する事」こそが、

「安全や健康維持に直結している」のだから、

「日本政府や日本国民の為の国会議員等も、

反日国人脈の不健康な工作活動を止めさせる事が出来ないのなら、

強制送還/送致等を真剣に考えるべき」だ』。

|

佐野氏側が東京五輪のエンブレムを取り下げたが・・・。

『「決定的にアウトだった」のは「選考自体」だ。「何しろ、選考された原案」という「実に、不可思議なモノまで提出された」。

「選考案=採用案で無いのなら、何の選考か?」

「はっきり言えば、人の選別」だろう。

「つまり、選考段階で、佐野氏に仕事を与える出来レース密約みたいな事があった事までも疑われる状態」なのだ。

「佐野氏たちもアウト」だが「選考委員もアウト」である』。

『「それ以外にも、佐野氏たちのパクリ疑惑が多数報道されている」。

「完璧にアウト」は、

「フリーでは無い写真の流用」と、

「佐野氏の名前の下で行ったトートバックデザインのコピー部分」だ。

「デザイン業界の仕事をしている者なら、それらは、はっきりとした禁じ手」である。

「この様な事態が次ぎ次と出て来ている佐野氏たち」は、

「相当大雑把、或いは、図々しい、プロというより、使った者勝ちの盗人と言った方が適切なくらいの状態を露呈している」のだ。

「余りにも、甘えた、或いは、なめた仕事の仕方」だろう』。

『「そんな佐野氏のエンブレムを採用してしまった組織委員会の選考委員たちも、酷い」。

「ロクに類似性や著作権の調査をしないまま選考決定した様相が露呈している」。

「浮かび上がって来るのが、最初から佐野氏ありきの出来レース」だ。

「もし、そうなら、とんでも無い事」である』。

『「一端は採用が決まった五輪エンブレム自体は、パクリ疑惑が生じてもパクリと言い切れる程の酷さでは無い」。

「しかし、その他に上がって来ている問題」に、

「デザイン業界では良くある話しのレベルを大きく超えているケースが少なからず有る」のは、

「著名デザイナーとして、異常」だ。

「今まで、よく、そんな状態で、仕事来ていましたね!」の「世界」である。

「内実ではあり得ない良い仕事の恵まれぶりの裏に在るのは、何か?」

「一番可能性が高い」のは「人脈による差別利権等」だろう。

「そして、その人脈差別利権の下で五輪エンブレムが選定された様な状況が露呈している」のだ』。

『「日本社会の中に、この手の人脈問題が在る」のは「現実」だ。

「それが、五輪まで汚染しているとなる」と、

「人脈問題を是正させる為の法や体制の整備が言われて当然」だろう。

「しかし、未だ、その様な話しは、聞えて来ない」』。

『「その辺りに、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等と、佐野氏等や選考委員会等との人脈の共通性の臭いが濃厚に漂っている」。

「テレビ・ラジオ等による偏向・偏重情報の一方的大量配信の裏」には、

「この五輪エンブレム問題と同様の人脈問題が巣食っている」・・・』。

『「五輪エンブレムだけを是正して悪戯に納得心を持ってはいけない」。

「日本社会の全て」から「特定人脈偏重を無くすべき」である。

「言うまでも無く、テレビ・ラジオ・一部マスコミや教育界等の是正も、急務」だ』。

|

知人犯行説が否定されている中野劇団員女性殺人事件だが・・・。

『「殺害状況から、犯人は、鍵を持っている者か?被害者と裸のお付き合いが有る者か?」の「可能性が非常に大きい事は明らか」だ。

「しかし、被害者の爪に残されていた犯人のモノと推定されるDNAは、警察が調べた知人・友人のモノとは一致しなかった」らしい。

「残されている可能性は?」』

『「被害者の携帯電話が残されていた」が「携帯電話は一つとは限らない」。

「例えば、友人・知人には秘密のスポンサー的男性等との付き合い」なら、

「専用の携帯電話を渡され、連絡はその携帯のみという可能性も大きい」。

「不倫関係なら、付き合っている事自体を完全隠蔽したい欲動が男性側にもある」から、

「写真も撮らせない」だろう。

「その様な者なら、コピー鍵の保有もあり得るだろうし、裸のお付き合いもあり得る」。

「持ち去るのは、専用携帯電話と、直近の付き合いの痕跡が在るかも知れない、殺害に利用したかも知れないバッグだけで必要十分」だろう。

「用心深い者なら、防犯カメラにも映らず、指紋が付かない工夫をした上で、被害者の部屋等を利用している可能性大」だ』。

『「その様な者による殺害なら動機は?」

「被害者には、言い寄っている男性が居た様」だ。

「もし、被害者が別れを言いだした」なら、

「元々、他者支配欲の強いスポンサー的男性」が、

「被害者支配貫徹の為に殺害する事もあり得る」。

「被害者支配欲が絶大で、

鍵を持ち、

防犯カメラ映像にも留意し、

指紋も残していない犯人にとって」は、

「殺害のハードルが、普通の人の感覚より遥かに低かった可能性が高い」』。

『「他に考えられる可能性」は、

「鍵のコピーが可能な者による犯行」か、

「被害者が意外に不用心で、入浴中なのに鍵をしていなかった事につけ込んだ者による犯行」だ。

「この場合は、ドアが開く事に気づいた被害者が、風呂から出て身体を拭いた時に襲われ、事件の発覚を恐れた犯人が口封じの為に殺害してしまった」のだろう。

「元々は、泥棒目的だった可能性も高い」』。

『「劇団員なら、練習中や仕事中やアルバイト中は、鍵を何処かに置いている筈」だ。

「その管理体制は?」

「今時の物質文明」では、

「置いてある鍵のコピーは容易

(普通の鍵屋では作れない・作らない鍵でも、物理キーなら型を取って複製する事は容易、

電子キーならその鍵のロジックから、コンピューターハッキングと同様の手段で開錠可能)」なばかりか、

「鍵の写真からでも鍵の複製は可能

(悪集団は全ての鍵等のリストを押さえ、鍵ごと・扉ごと、金庫ごと等々に開ける手段を構築する裏仕事、もしくは、商売等もやっている、

ばかりか、

開錠~侵入しなくても、盗聴・盗撮、ばかりか、殺傷まで出来る手段までつくり出し実験・実使用等している。)

」だ。

「そして、コピー鍵は、当人使用ばかりでは無く、お仲間で共有したり、泥棒業界等にも、売れる筈」だ』。

『「本当に当てになる鍵は、本当に少ない上に、電磁波工作器の性能も上がっている」から、

「家の中でも防犯カメラ&寝室・居間・風呂・トイレ等人の動きが少ない所や、重要品保管場所周囲等には、電磁波シールド等」を

「強く推奨する」』。

『「何れにしても、幽霊が犯罪を犯している訳も無い」。

「全ての犯罪は、みんな実在している者による犯行」だ。

「実在者が、全く痕跡を残せない訳も無い」から、

「周辺防犯カメラ映像や微量残留物等から犯人を焙り出し、

逮捕し、

罪に問い罰を与える事は

十分に可能」だ。

「当然、手間やお金もかかる」から、

「集団的要素が有る摘発困難だった犯罪」には、

「捜査費用の補償」を、

「犯人&犯人グループ、その集団、或いは、利権共同体等に負わせる法整備をするべき」だ』。

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »