« 「安保法案成立で落選運動という反対野党の手先であった実体暴露」のSEALDs・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、未だに、「日本で徴兵制」を危惧している様相だが・・・。 »

「言論の府で審議妨害の物理抵抗」反対野党等の資質が良く判る・・・。

『「もはや、国会内と言うよりは、野戦場的ですらある」。「市街地で反対運動を行っている圧力団体と同様の手段を国会議員である反対派野党議員等が行っているから」だ。

「こんな酷い実態を露呈している者たちの混乱目的論等を聞いている暇がある」なら、

「即刻、採決するべき」だ。

「強行採決」とは「ロクに審議時間も取らなかった場合に当てはまる事」である。

「衆参共に十分な審議時間を取った現状での採決」は、

「断じて、強行採決では無い」。

「採決するべき時が来たから採決するダケ」だ。

「散々審議した上での採決に強行採決というレッテルを貼る事自体、

かなり異常」だ。

「審議時に、現実的で十分な反論や対案等を出せなかった民主党等の反対野党等が、

自らの汚点を誤魔化す為に、

強行採決等を訴えている様相」なのだ。

「そもそも、野党質問の様に、細かな具体例を法案設定時に執拗に尋ねる事」は、

「法案の本来の基本的な目的に対しての質問が出来ない事を誤魔化す為の策略的手段」だ。

「与党側も、基本は安全保障問題」なのだから、

「はっきり」と、

「日米安保を維持~強化しますか?」

「それとも、日米安保を希薄化する代わりに、中国共産党等とより強い関係を持ちますか?」

「それとも、日本独自で核武装も含めた実効のある安全保障体系をつくりますか?」

「それとも、北朝鮮や中国共産党等の侵略行為を容認しますか?」

「・・・等々」と「聞けば良い」のだ。

「与野党の本筋から逃げた答弁」では「分からないイメージ増大工作が有利になるダケ」だ。

「分からないイメージ増大工作を行っているマズゴミ連中」は、

「お仲間民主党等による強行採決訴え等を大宣伝している」。

「本当に、醜悪」だ』。

『「参院が良識の府」という「マズゴミの決まり文句」は「何処へやら」・・・。

「民主党等のお仲間が物理抵抗等している時」には、

「そのレッテル」は「封印・黙殺」なのだ。

「本当に酷い偏向ぶり」である』。

『「今回の安保法案問題」も

「民主党等の反対野党」と「そのお仲間マズゴミ」の

「資質が良く露呈している一例」だろう。

「反対野党やマズゴミに追従する一般日本国民の数が少ない」のは、

「当然過ぎる程、当然の現象」だ』。

『「反対野党等もお仲間マズゴミもはっきり本音を言えば良い」のだ。

「日本を朝鮮系人脈に支配させろ!!!」とか、

「日米安保を止めて中国共産党と組め!!」とか、

「日本の中の朝鮮系の人々に利権を偏在させろ!」等々等々・・・。

「もちろん、そんな本音に賛同する一般日本国民はほとんどいない」だろう。

「日本では四面楚歌状態なのだから、そんな人々は、本音の国籍の国に帰れば・行けば良い」のだ。

「日本乗っ取り支配工作等を行う努力」は、

「本音の国籍の国をより良くする努力に変えれば良い」。

「日本の中で、

日本国の足を引っ張ったり、

日本社会等を混乱させたり、

日本人粛清工作等を行ったり、

詐欺・盗聴・盗撮・懐柔・ハニートラップ等々で技術やお金や資産等を不当に盗み出したり・・・する不健全な努力」は、

「直ちに止め、本音の国籍の国に戻り、

その国の物質文明や精神文化がより良くなる様に頑張れば良い」のだ』。

『「今後も、益々、人類誰もの実体がよりはっきりとして来る」。

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩みたくない」のなら、

「今の内に動くべき」だ』。

|

« 「安保法案成立で落選運動という反対野党の手先であった実体暴露」のSEALDs・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、未だに、「日本で徴兵制」を危惧している様相だが・・・。 »

政治」カテゴリの記事