« 上辺の思いやり、もしくは、偽善は、弱体化の特急券に他ならない・・・。 | トップページ | JR東ケーブル連続放火事件の容疑者が逮捕されたが・・・。 »

よく分かる安保法案問題・・・。

『「安保法案は、もうじき成立する筈」だ。「反対派の論の実体もほぼはっきりしている」。

「憲法違反論者たちの問題」は「安全保障より法律を上に置いている事」だ。

「現実人間社会では、安全保障が成り立ってから、法」である。

「それは、日ソ中立不可侵条約の事を忘れていなければ、誰でも分かる事」だ。

「旧ソ連が一方的に日ソ中立不可侵条約を破って、当時の日本領を武力により侵略した」のは、

「終戦間際の日本が自国の安全保障を担保出来ない状態だったからに他ならない」。

「逆に言うなら、当時の日本が安全保障を担保出来る状態だったなら、旧ソ連による侵略は無かった」のだ。

「法論理上の整合性から言えば、言うまでも無く、改憲が正当な手段」だ。

「それでは、実務としての改憲にどれだけの年月がかかるだろうか?」

「改憲論者たちは、この年月の間日本の安全保障が希薄化する事に対する保証を忘れている」。

「例えば、日本が核兵器武装するなら、相応に、米軍の核の傘の必要性が薄まるから、

保証になる」が、

「果たして、核武装するにしても、日本の核武装にどのくらいの年月がかかるのだろうか?」

「改憲反対論者たち」と、

「日本の核武装反対論者たち」には、

「共通の臭いが有る」。

「利韓(北朝も含む)・利中共の為に、日本国内で反対圧力団体化している臭い」だ』。

『「安保法案は、日米安保の強化に直結している」。

「つまり、米軍の核の傘の有効性を高める事に直結している」のだ。

「安保法案の成立を遅らせる事」は「その分だけ、米軍の核の傘の有効性が希薄になっている期間を日本が持ってしまう事」だ。

「核兵器を持つ北朝鮮や中国共産党にとって、その期間は、日本への外交交渉圧力が高められている期間になる」から、

「北朝鮮や中国共産党の言い分で日本を動かす為」には、

「安保法案反対!」が「合理的になる」。

「日本の核武装反対!」も「同様」だ。

「核武装について、逆から言うなら、日本の核武装は、北朝鮮や中国共産党の外交圧力を弱める実効が有る」。

「拉致被害者を帰還を本気で望んでいる」のなら、

「核武装で交渉圧力を高める事も大いに有効な手段になる」。

「中国共産党の不当進出を抑制させる事にも、日本の核武装は大いに有効」だ。

「逆に、日本の中に居る、北朝鮮系や中国共産党系の者たち」は、

「是が非でも日本の核武装を絶対に阻止したい筈」だ。

「米国は、日本を米軍核で守る代わりに、日本の核武装を阻止したい」だろう。

「核武装については、日米安保を強化した上で、ドイツ同様、米軍核の共同管理をする」のが、

「一番安上がりだと思うが」』。

『「国際社会では、是々非々論・現実論が通じる相手と通じない相手が在る事」を、

「誰もが意識するべき」だ。

「北朝鮮や中国共産党等の独裁国家に対しての、

力のバックボーン無き是々非々論」は、

「北朝鮮や中国共産党が力で支配する事で変えてしまうべき論に他ならない」。

「その様な周辺国に対する日本の安全保障」は「どうあるべきか?」

「言うまでも無く、十二分の抑止力を保持し続ける事」だ。

「日本国ダケでその抑止力を確保し続ける事は、核武装の面も含めて、困難な事が多い」。

「現状での現実的な解決策」は「日米安保の強化」になる。

「幸いにも、米国は、北朝鮮や中国共産党等の独裁国家とは違い、未だ、是々非々論や現実論が通じる相手」だ』。

『「有名人利権を保持している者たち」には、

「少なく無い数の安保法案反対論者たちが居る」。

「戦後の日本社会で、有名人利権を与えられて来ている者たちの資質」が「露呈している」のだ。

「戦後の日本社会の中には、多数の韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系の者たちが居る」。

「そして、それらの人脈の者たち」が、

「大衆誘導工作の為」に、

「率先して、教育・マスコミ・ラジオ・テレビ・コマーシャル界にも、入り込み、

粛清工作等で日本人のライバル等を蹴落としながら、

実権を握り占めて来ている」のだ。

「そして、そんな教育界やマスコミ・ラジオ・テレビ・コマーシャル界」が「有名人利権を与えて来ている者たち」に、

「少なく無い数の、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等にとって都合の良い思想信条や論等を持つ者たちが居る事」は、

「当然過ぎる程、当然の現象」だ。

「この様な状態は、実質的には侵略状態」である。

「平和ボケで実質的侵略状態まで容認し続けている日本国民が多い間」は、

「日本の世論も政治も、正常な状態にはなり辛い状態が在り続けてしまう」。

「特に、教育界や日本の公共の電波を使っているテレビ界・ラジオ界の是正は、急務」だ。

「既存の実質的利韓(北朝も含む)・利中共等有名人たち」を

「悪戯に賛美したり、悪戯に追従したり・・・してはいけない」。

「一人一人が、

日本国民である自分に聞き、

巷に溢れている多数の論の実体を確認し、

自分で考え、

自分の論を持つべき」だ。

「マスゴミ操りファシズムでは無い本当の民主主義は、其処から」である』。

|

« 上辺の思いやり、もしくは、偽善は、弱体化の特急券に他ならない・・・。 | トップページ | JR東ケーブル連続放火事件の容疑者が逮捕されたが・・・。 »

政治」カテゴリの記事