« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

「テレビは文化」と言われてもねぇ・・・。

『「テレビシステムという物質文明を利用して、どんな文化が大量配信されていて、多くの人々との共有を誘っているのか?」こそが「肝要でしょ!」』

『「文化勲章や文化功労者」には「内実として相応しい方々もいらっしゃる様だし、勲章上げたり表彰したりするから、引退の花道にしてね!組みも、ある様で」・・・』。

|

宮崎、認知症高齢者運転大事故問題・・・。

『「マスコミ報道が忘れている重大点が有る」。「それは、脱水症状と、電磁波問題」だ。

「100キロもの運転の果て、宮崎に着いた、認知症の高齢運転者」は、

「ほぼ、確実に脱水症状状態だった筈」だ。

「通常でも、認知症で、判断能力等が??だったであろう上に、

脱水症状まで加われば、

とんでも無い事態が起きても、不思議では無い」。

「逆に言えば、認知症であっても、脱水症状状態が無かった」なら、

「今回の事故が起きていない可能性も大」だ。

「認知症ダケ責める報道等」は「間違っている」』。

『「また、忘れてはいけない事」に「電磁波工作がある」。

「筆者は関東平野住在なので、九州の実態は良く分からない」が、

「少なくとも、関東地方では、異常な電磁波を他の車に当てながら走っている車が、

少なからず在る」。

「酷い場合は、直前・直後等を運転していると、気持ちが悪くなり、吐き気や不安感等が出て来る場合さえある」。

「それらの車から遠ざかると、症状も無くなる」ので、

「原因が、それらの車に在る事は明らか」だ。

「筆者の場合は、アルミ板を常備し、その手の電磁波が当たると、マイナスイオンが発生して直ぐに分かる様にしてある」ので、

「異常な電磁波を探知し、離れる等の対策が比較的容易に出来る」が、

「異常な電磁波の存在を前提としていない場合、

突然の気分の悪さを、自分の病気等と勘違いする場合も少なく無い筈」だ。

「判断ミスや運転ミス等も誘われ易くなるレベル」だから、

「いい加減に、マスコミも警察・国政等も、本気で、異常な電磁波を規制し、

違反者には大きな罰を与える方向に動くべき」だ』。

『「事件・事故等の多くは、複合要因が元になっている」。

「ここに、電磁波工作による事故増加狙い等の悪行等が行われる理由もある」。

「原因が何か?判明しない、もしくは、特定の原因ダケの責任が問われる」なら、

「悪工作等が何時までも続けられてしまう」』。

『「報道によれば、今回の認知症の高齢者は、認知症発症後、以前にも何度か、事故を起こしていた」という。

「しかし、当然、大事故では無かった筈」だ。

「今回の事故が、大事故となった原因こそが重要」であり、

「本来のマスコミなら、其処を追及する筈」だ。

「認知症=事故のイメージで事を収めようとする」のは、

「明らかに異常」だ。

「マスコミとしての仕事が出来ないのなら、過分な立場・報酬等は、返上するべき」だ』。

|

ハロウィンだが・・・。

『「元々は、収穫祭らしい」が、「もはや、仮装祭り&かぼちゃお化けお菓子等の実体経済商業祭り的様相のハロウィン」・・・。

「現状人間社会システム(経済も含む)上で踊らされている方々」の「ガス抜きであると共に」、

「躍らせている者たちの金権利権増大の為の道具」でもある・・・。

「他のイベント同様、者・物・事への依存心が大きい人々が多い内」は、

「時と共に、どんどん旺盛になって行く筈」だ』。

『「多くの人々」は、

「ハロウィンをきっかけに、変身願望の心理や現状経済システムについて・・・等、くらい考えるべき」だろう。

「タダ何となくお祭り騒ぎ等に興じ、日頃のストレスを発散等しているダケ・・・」では

「今時の先進国の人類としては如何なモノか?!」』

『「ところが、相変わらず、テレビ等では、現状経済システムの太鼓持ち情報ばかり・・・」なのだ。

「其処ら辺のおじさん、おばさんと同様のお話し」で

「有名人利権を維持~増大させていると共に、

過分な出演料等を得ている常連出演者たち」が、

「多くの視聴者にとって、益々、醜悪に見える」のは「当然の現象」だ』。

『「変身願望」とは、

「他者による自己認知チャンスをより高める変身という手段」によって、

「他人に自分を認めさせようとする、代償欲求に基づいている願望」だ。

「本来欲求である自己承認欲求」を、

「自分で自分を認める事で十分に充足している」なら、

「変身願望等の代償欲求は必然的に希薄となる」。

「自分で自分を十分に認められていない者たちが、変身願望の虜となり易い」のだから、

「変身している人々の自己承認やセルフコントロール等のレベルも相応・・・」で、

「ここに既に、事件・事故・問題等が起き易いベースが在る」。

「実際に、ハロウィンも含む祭りに事件・事故・問題等は付きモノ」だ。

「祭りによるストレス発散効果は、もちろん在る」。

「しかし、そのストレスの多く」は、

「本来なら、

自分さえも満足に理解・把握出来ていない自分に向けられるべきストレスだったり、

自分さえも満足に理解・把握出来ていない者たちが集まって築いている宗教的人間社会や人間社会システム故だったり、

・・・している」のだ。

「本来の方向に向かうべきエネルギーを祭り等で発散して誤魔化している内」は、

「本来なら必然的に行わざるを得なくなっている健常化等も行われ辛くなる」のだから、

「祭りだぁ~!」等々と

「単純に、喜んでばかり・・・も居られない」』。

『「さて、それでは、自分を理解・把握する為にはどうすれば良いのか?」

「自分の実体を事実・現実に基づいて認識・把握すれば良い」。

「自分の実体について」は、

「当ブログでも何度も記しているので、要点だけ記す」が、

「生きている一人の人」は、

「何処の誰でも、

細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している

地球生命体細胞群の一個体」だ。

「狭義の自分とは、一個体である約60兆の細胞群」であり、

「広義の自分とは、地球生命体細胞群全体」だ。

「それは、細胞ごとの命の連続性を、直近時間軸を偏重せずに、考えれば、誰にでも分かる事」だ。

「自分の基本が理解・把握出来ている」なら、

「自己承認欲求を充足させる方法も分かる筈」だ。

「自分の実体や自分の実体の本来の目的に叛かない善行等を

積み重ねれば、積み重ねる程、

自分で自分を認め易くなる事」は「自明の理」である。

「逆に言う」と「自分の実体や自分の実体の本来の目的に叛く悪行等を

積み重ねれば、積み重ねる程、

自分で自分を認め辛くなる事」も「自明の理」だ。

「さて、ここで、人間社会を考えれば、誰もが直ぐに気づく」だろう。

「悪行を仕事とし、悪行で立場や報酬や権力等を得ている者たちが、

自分で自分を認める事が困難であるが故に、

他の者・物・事による承認を強い、

他の者・物・事による承認に現実逃避する事」で、

「自分を誤魔化し続ける為に、人間社会制度として代々話を繰り返して来ている実態等が・・・」。

「そして、その様な状態に、追従する事で、オコボレを頂戴等している者たち」が、

「この悪態の是正の邪魔をしている事が・・・」。

「更に、この様な実体さえ、満足に考えもせず、タダその時の人間社会に便乗して、狭義の自分ダケを守ったり、狭義の自分ダケは利権等を得ようとして来た、

本来の自己承認を自ら困難にしている悪者たちが、

自らの悪行から現実逃避する為に、例えば、血統家族主義等に逃げ、

悪行の代々話を続けさせる事に、力を添え続けて来ている事が・・・」。

「・・・さて、この様な状態を容認したまま・・・」なら、

「人類の未来にどの様な運命が待っているのか?」

「人類滅亡の必然」が「其処に在る」。

「逆に、人類滅亡を避ける道も、既に見えている」のだ』。

『「地球生命体細胞群の歴史を振り返れば、

極少数の単細胞生物が、現状の様に多様性を極めた多数の生物にまで進化して来ている」。

「人類の物質文明も同様」だ。

「火や、単純な道具等しか実使用出来ていなかった当初の人類が、

今や、壮大な数の物質文明を実使用している」。

「ところが、人類の精神文化はどうか?!」

「未だに、原始時代同様・・・のお寒い状態」だ。

「何故か?」

「精神文化面に係わる判明している物事の実使用が圧倒的に不足しているから」だ。

「例えば、細胞ごとの誕生・死という実態は、既に、判明している」が、

「未だに、丸ごと一人の死生観に基づいて、ドラマや映画や小説等が書かれ、丸ごと一人の死生観に基づいた死後処理等が行われている」。

「経済にしても、

本来なら、

地球生命体細胞群の実態の如く、広がり膨らんで来ている経済活動等の

実体に対して、

地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続との整合性から、

経済価値が決められるべき」だが、

「丸ごと一人の死生観や、他者支配・被支配の価値観や、需要と供給の価値観等々による、

宗教的な経済価値を横行させている」。

「もちろん、自分の実体さえ???な人々が多い内」は、

「そんないい加減な経済でも通ってしまう」だろうが、

「そんな事を続けていれば、人類滅亡がやって来てしまう事もまた現実」だ。

「今は、全人類の一大転換期」なのである』。

『「精神文化の正常進化に成功し、多くの人類の精神文化を物質文明以上に進化させる事が出来なかった場合、

人類は、それ程遠く無い将来、滅亡する」。

「精神文化の正常進化に成功」すれば、

「地球生命体細胞群の存続~永続という、広義の自分が現実に得られる永遠の命に繋がる道が開けて来る」。

「一人一人の集大成が、人間社会を造り出す」。

「誰もが、狭義の自分の責任を有している」』。

『「こんな時代なのに、悪劣情報の一方的大量配信に興じ、過分な報酬や有名人利権等を得ている醜悪な者たち等」は、

「何時まで、本質的な恥晒しを続けるのだろうか?」

「立場・権力等を持っている者たち」には「その分だけ大きな責任もある」のだ』。

『「情報・教育界の是正」は「急務」だ』。

|

加工肉はガンの元だと・・・。

『「加工肉と言ったって、混ざりモノは千差万別、発ガン物質指定になっていなくても、ガンを誘い易い物質は、未だ、未だ在る筈」だから、「丸ごと一人の死生観みたいな、加工肉全部論はもはや時代遅れでしょ」』。

|

テレ朝「遺産争続」だと・・・。

『「毎度お馴染み(=多くの視聴者は、もう、ウンザリ・・・だろう)、大金持ちの公然化&血統家族主義ドラマ」が「またまた、日本の公共の電波上で一方的に連ドラとして大量配信され続けている」らしい。

「正に、現状の情報産業が如何に劣悪かを体現している一例」だ。

「無論、このドラマだけでは無いが、他局分も含めて、

劣悪なドラマが、人類の精神文化の正常進化をもたらす訳も無く、

むしろ、正常進化を阻害する事」は「もはや、言うまでも無いレベルの話し」だ。

「正に、時間とエネルギーの無駄」である』。

『「オマケに、それに基づいて、お金等も動き、

しかも、散々見飽きた有名人たちや、その所属事務所等へも大いに流れている」のが「通例」だろうから、

「大金持ち公然化ドラマや、血統主義ドラマ等」は、

「もはや、その様な偏在利権の血統相続を公然化させる為」に

「日本の公共の電波を不当利用している様相ですらある」のだ。

「ドラマの形を借りて、

大金持ちの公然化や

血統家族の宣伝や

宗教の宣伝や

犯罪行為の宣伝等の様な情報配信をしていて、

日本社会の治安等が良くなる・・・社会の為にもなる・・・等々とでも思っているなら、相当なおバカだし、

実質的には、社会悪である事は分かっていてやっているなら、相当な悪」である』。

『「遺産争続について」は、

「筆者は、偶々、昼番の再放送分をちょっと見たダケ」だが、

「酷いホンを、真面目に演じる俳優等の資質も???に思えたくらい」だった。

「金の為なら、ホンはどうでも良いのねぇ・・・」等の「感は禁じ得ない」』。

『「今時」なら、

「大金持ち公然化ドラマでは無く、

大金持ちの実体や悪質性を公然化すると共に、

貧困を撲滅するドラマ」だろう。

「血統家族主義ドラマでは無く、

人類の世代交代の実体は、個の保存では無く種の保存である事を公然化すると共に、

細胞ごとの命の連続性(過去から未来への一方方向では無く、繋がり自体に重点を置く)を感じる事で、

地球生命体細胞群の存続~永続という永遠の命を感じ取るドラマ」だろう。

「殺人ドラマでは無く、

本能である殺欲動の実体を公然化すると共に、

丸ごと一人の殺人欲動を殺すドラマ」だろう。

「多くの人類の精神文化の現実との整合性を高めなければ、人類滅亡は確定的」なのだから、

「進化した物質文明が内在している実体や事実・現実との整合性の高さ以上」に

「高い実体や事実・現実との整合性を持つ、精神文化の育成の為に有用な情報配信」が、

「出来ない」のなら、

「人類滅亡を避ける為」にも、

「その様な者たちには、過分な立場・報酬・権力等を与え続けていてはいけない」のだ』。

『「テレビ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

ブラック企業・ブラックバイト、世界中で急速に拡大している格差「破綻している現状経済システムが崩壊するのは何時」・・・。

『「世界中で経済格差が急速に拡大している」。「経済格差の急速な増大は世界恐慌を生む」。「歴史上では、世界恐慌が世界大戦を誘って来た」。「過去の歴史パターンを繰り返すなら、今は、正に大戦前夜」だ。

「ところが、核兵器まで保有している現在の人類には、もはや、世界大戦は許されていない」。

「核兵器使用に至る世界大戦の実現」は「人類滅亡=全ての人が敗者」と「同じ」だ。

「存続を前提とする」なら、

「人類に残されている道」は「経済システムを是正する道」である』。

『「経済システムとは、精神文化の一つ」だ。

「物質文明の場合」は、

「実体や事実・現実との高い整合性が無ければ、高構築度の物質文明を実使用する事も不可能」だ。

ところが、

「経済システムの場合」は、

「実体や事実・現実との高い整合性が無くても、多くの人々の考え・思いによる納得が在れば、その経済システムが実使用出来てしまう」。

「この辺りの事情は、宗教と全く同じ」である』。

『「今の人類に求められている一大重大時」は、

「人類の精神文化を、物質文明以上に、正常進化させる事」だ。

「経済システムを進化させる事」も「人類の精神文化の正常進化の一つ」に他ならない。

「現状の経済システムは、宗教レベル」だから、

「まるで、あの世や霊等々の様な異常な格差等々が出現出来てしまっている」。

「人の誕生・死が細胞ごとである事を判明」させ、

「丸ごと一人のあの世や霊等が実在し得ない事を実質的に判明させている」、

「科学レベル以上」に

「実体や事実・現実との整合性が高いレベルにまで、

経済システムを進化させる事」が、

「今、全ての人類に求められている」のだ。

「人類滅亡に繋がっている世界大戦」も、

「経済システムの破たんによる大混乱」も、

「避け」、

「人類が、健常存続出来る状態基盤を造る事が求められている」のである』。

『「それなのに、政治家も、経済学者も、情報・教育界の者たちも、企業家・投資家等々も、タダ現状の経済システムに乗せられているダケの多くの一般市民・・・」も、

「いったい、何を、行っている??!!!」

「権力・立場・報酬等を保持していながら」、

「宗教レベルの現状経済システムの太鼓持ちを行ったり」、

「宗教レベルの現状経済システム上で、自分の下に大金等を集めたり」、

・・・しても、

「それは、まるで、存在し得ないあの世や霊に、

他の多くの人々を未熟な仕事等の害に巻き込みながら、

現実逃避しているのと同様の、

醜悪でみっともない姿を露呈しているダケ」だ。

「そんなところ」に、

「実体のある人類としての人生」の「実満足や成功等が在る訳も無い」。

「自分の実体や事実・現実との整合性を取る実務」は、

「全ての人類が行わなくてはならない実務」だ。

「その実務を怠って、大金持ちや有名人等を賛美し、其処に、自分を被せ、現実逃避したりしている・・・様な人々が溢れ、

現実のこの世を自分たちで是正せようとせず、あの世や丸ごと一人の霊等に現実逃避している・・・様な人々が溢れている様・・・」では、

・・・「こんな酷い状態が是正されない様・・・」なら、

「自然の摂理にしても、

何処の誰が神様でも、

そんな人類なら、人類滅亡が相応しい」と、

「結論を出す」だろう。

「何しろ、自分の実体に叛いているのだから!」』

|

「辺野古移設混乱の責任は、テレビ・ラジオ・マスコミに在り」だからテレビ・ラジオ・マスコミの保身の為の誤魔化し論は恥の上塗りでしょ!・・・。

『「辺野古移設が大混乱している元凶」は、「言うまでも無く、民主党鳩山政権時の{最低でも県外!}」だ。

「そして、民主党政権の生みの親は、テレビ・ラジオ・マスコミ等」に他ならない』。

『「辺野古移設問題大混乱の責任も取ろうとせず、更なる混乱に手を貸している様相の極悪連中」に「相応しい」のは「過分な立場・報酬等では断じて無い」』。

|

テレ朝朝番では、南沙諸島米海軍イージス駆逐艦の自由航行を中国共産党の立場から解説していた様相だったが・・・。

『「中国本土から遠く離れた南沙諸島海域の浅瀬を埋め立てて人工島を急造している中国共産党」・・・。「もちろん、そんな人工島が、国際的に、中国共産党支配下の中国の領土と認められる訳は無い」。

「昨日、もし、その人工島が、領土なら、領海侵犯となる海域を、米軍イージス駆逐艦が航行」した旨のニュースが流れた」。

「そして、当初の中国共産党の反応」は、「許し難い!認め無い!抗議する!」の旨だった。

「この時点では、中国共産党側が、追尾したとか、警告したとかの旨の報道は無かった」。

「ところが、日が開けて、本日の報道では、中国共産党は、直ちに追尾し、警告を行った旨、宣伝していた」。

「実態は、ロクな追尾も警告も出来ていなかったから、当初の段階では大声で、その旨を叫べなかった」のだ。

「NHKの昼ニュース」によれば、「中国共産党海軍は、米艦の後方をかなり離れて、付いて行ったダケだった」そうだ。

「下手に刺激して、万一実戦となれば、戦う前から負けが確定している状態」だから、

「実際」は、「すいません、距離を置いて、後、ついて行きますけど、攻撃しないでネ・・・状態だった」のだ。

「中国共産党の負け」が「全世界の中で、公然化」している』。

『「もちろん、実戦となっても、中国共産党の負け」で、

「中国共産党軍が負ける事=中国共産党支配が総崩れとなる重大なきっかけ」だから、

「中国共産党は、手も足も出ない状態」だ。

「米中トップ会談で、米国のお墨付きを得る事が出来なかった時点」で、

「中国共産党は終わっている」』。

『「ところが、テレ朝朝番では、中国共産党による前時代的な陣取りゲームを、

過去の歴史上の中国の覇権まで持ち出して、

まるで、中国が覇権を狙うのは、当然であるかの如きイメージで情報配信していた」。

「もちろん、過去の中国は、今の中国共産党とは全く別」だから、

「先ず、其処を同じ中国として紹介しているところに、重大なインチキが在る」。

「更に、中国共産党が、覇権を目指す理由は、過去の中国の覇権に思いを馳せて・・・では、断じて無い」。

「中国共産党は、保身の為の支配地域の拡大&利権増大が必需な劣悪組織」だから、

「覇権を目指さざるを得なくなっている」のが、

「現実」だ。

「過去の中国の覇権に思いを馳せさせる事の実効」は、

「それに同調する中国人が中国共産党を認め易くなる事」に他ならない。

「つまり、過去の覇権故論も、中国共産党ご用達のインチキ論」なのだ』。

『「米中トップ会談で、米国からのお墨付きが得られなかった中国共産党は、焦り、

英国に擦り寄った」。

「大英帝国時代とは、全く違う、今の貧気味の英国」は、

「チャイナマネーに飛びついた」という「報道内容が主流」だが、

「実際は、これこそが、米英の中国共産党解体作戦の実行手段」なのだ。

「ダメ出しだけで、追い込めば、暴発もあり得るが、ダメ出しをする一方で助け舟を出せば、

助け舟に縋り付く」。

「助け舟に縋り付いた中国共産党は、助け舟の言う事も聞かざるを得なくなる」。

「逆に、中国共産党も、英国に言う事を聞かせようとする」が、

「助け舟の裏には、米国が在る」のだ。

「力のバランスとして、英米は、圧倒的に、中国共産党を上回る」から、

「最終的に、落ち着く先は、中国共産党の敗北」になる。

「もはや、中国共産党の将来は、長く無い」』。

『「それなのに、テレ朝朝番では、今後、何十年も米中の睨み合いが続き、

睨み合いの間に、中国共産党が、軍備を増大して、

何れは、世界の半分を中国共産党が支配するかの如きイメージ」で、

「情報を配信していた」のだから、

「本当に悪劣」だ。

「冷静である事が大切である旨まで、付け足して、

まるで、大人しく中国共産党の軍備がドンドン増大して行く事を黙認していなさい!」とでも、

「言いたげだった」のだから、

「本当に悪劣」だ』。

『「中国共産党の精神文化」とは、

「他の者・物・事を支配・コントロールする事で、中国共産党に利権を集め、

そのオコボレで、中国国民を更に支配する事」だ。

「この様な精神構造が、前時代レベルである事」は「もはや、論を待たない」。

「21世紀の人類の精神構造の常識」は、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事で、

他の者・物・事に対する自己支配欲の代償欲求の追及行為を健常レベルに抑え続ける」であり、

「権力は特定極一部の者・物・事に持たせず、事実・現実に預ける」だ。

「時代遅れの精神構造を元に動いている組織や国家等には、消滅の必然性が在る」。

「逆に、消滅させるべき精神構造を温存したまま・・・なら、人類全体が消滅に至る人類滅亡がやって来てしまう」。

「この選択で、人類滅亡を選択する自虐的な人類は、圧倒的な少数派」だ。

「意識的であろうが、無意識レベルであろが、今、多くの人類が、この選択を迫られている」。

「歴史は繰り返すが、通用したのは、大戦争を行っても、人類滅亡に至らない時代まで」だ。

「もはや、覇権争いは、人類滅亡を意味する」から、

「現在の多くの人類の共通認識」は、「力による現状変更は認めない」なのだ。

「つまり、陣取り合戦の時代は、もう、終わりですよ!」という事である。

「他の者物事の支配・被支配で生きる事は止め、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事」が、

「全ての人類に、求められている」のだ。

「人類の精神文化の正常進化」は、

「存続の為の必然」である』。

『「それなのに、未だに、

実質的には、中国共産党の行動原理だから、中国共産党を利す、

陣取り合戦の論理を公然化させ続ける様な情報配信」を、

「日本の公共の電波を使って行っていた」のが、

「テレ朝朝番」だった。

「本当に、酷い状態」である』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々の現時代化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

再審決定等があると「取り調べの可視化」ばかり大宣伝するテレビ・マスコミ等の異常さ・・・。

『「何故、警察が自白至上主義等の事態に陥ってしまっているのか?」「もちろん、捜査の人員も費用も装備も法的裏付け等々も足りず、徹底した科学捜査も実態把握捜査等も、出来ていないから」だ。

「結果として、自白は証拠の王様・・・等」の、「未現代的な状態となってしまって来ている」のが、

「戦後の日本の警察」だ』。

『「この様な捜査体制(予算・人員・装備・法等)の不足状態を維持したまま、取り調べの可視化ダケを導入する事の実効は?」を

「考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「世論等の圧力」により、

「捜査体制(予算・人員・装備・法等)の不足状態を是正しないまま、

取り調べの可視化ダケを導入せしめれば、

犯罪者側が有利になる」。

「だから、本来なら、テレビ・ラジオ・マスコミ等で訴えるべき論」は、

「先ず第一に、厳しい取り調べなど要らない、十分な証拠を押さえられる捜査体制(予算・人員・装備・法等)の構築」であり、

「その後に、取り調べの可視化等」である。

「一番重要な事を抜きにしたインチキ論」を

「日本の公共の電波上や、公共的マスコミが一方的に大量配信している現状」は、

「明らかに異常」だ』。

『「何故、そんな状態になっているのか?」

「日本国内の刑務所の内実」は、

「韓国(北朝鮮も含む)人や中国人がゾロゾロ・・・」だ。

「帰化等したその人脈の者の数まで含めると、更に割合が増える」』。

『「元々、異文化や馴染みの無い地域で暮らす潜在的ストレスを抱えている上に、

自分たちをより上位に立たせようとする傾向が強い」と、

「必然的に、無理をしても、日本人や日本社会を支配して、不当利権等を得ようとする傾向が出易くなる」。

「其処には、犯罪を生み出し易い精神基盤や価値観が在る」。

「そして、現実の日本社会でも、実態として、犯罪者割合が高い」。

「日本の社会や文化に馴染めない」のなら、

「馴染める社会や文化の国に行く事こそが、本来の解決法」だ。

「ところが、日本より上な筈!を信条としている」と、

「それでは、まるで、自分たちが日本に負けた様に思えてしまう」から、

「日本社会や日本文化を自分たち色に染め上げる事で、日本を支配し、日本より上を実現しようとし易い

精神構造」なのだ。

「結果、日本の法や習慣を無視したり、法や習慣の穴を突いて、より有利に利権を得ようとしてしまう者たちの割合」が

「一般日本人より高い実態が出ている」。

「もちろん、日本の社会や文化等に馴染んで善良な仕事・生活等をされている方々も、多数いらっしゃる」から、

「●●人{丸ごと}差別は、絶対にいけない」。

「しかし、日本にとっての善悪による区別や悪対策は、当然、無ければならない」。

「侵略行為や社会破壊行為や売国行為等々に対して無策では、国家・国民の安全保障は成り立たない」』。

『「さて、テレビ・ラジオ・マスコミ界の、その人脈の割合は、日本社会一般より高い実態が在る」。

「そして、日本社会で犯罪を犯す者たちを実質的に利す、

最初に在るべき十分な証拠を押さえられる捜査体制(予算・人員・装備・法等)等の充実を抜きにした、

取り調べの可視化を、大々的に訴えている」。

「まるで、

{中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ}を意図的に黙殺している

脱原発の大宣伝の様に」・・・。

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等が利している」のは、

「日本国・日本国民では無い」。

「実質的には、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)であり、

外国に居るにせよ、日本国内に居るにせよ、・・・その人脈の人々」だ。

「日本の公共の電波を使っていたり、日本国内で公共的マスコミの仕事をしていたりする」のに、

「利しているのは、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)系の人々・・・」なのだ。

「明らかに異常」である』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ・教育等の人脈も含めた是正が必要な理由が此処に在る」。

「反日国人脈による日本乗っ取り支配工作等を止める為にも、是正は、急務」だ』。

|

推定無罪無罪は当然だろうが、パハップスの意図的殺人だったら、どうやって裁く?・・・。

『「報道によると、車の燃料タンクのフタがガソリンが揮発出来るくらい開いていたなら、事故もあり得る」という「家屋内駐車場隣風呂場で女児焼死の、某、推定無罪状態事件」だが、 「該当事件・事故の真相」は「全く別にして」、

「もし、同様の環境で、意図的に、駐車場に止めた後、燃料キャップを緩めておいた・・・」なら、

「パハップスの殺人が可能になる」。

「その様な場合に、無罪で良いのか?」

「その様な場合なら、どうすれば、実態通りに摘発出来るのか?」等々は、

「決して忘れてはいけない重大ポイント」だ』。 『「今回の推定無罪状態」を「嬉々として報道している連中を見る」と、

「この決して忘れてはいけない重大ポイントを黙殺しようとしている臭いさえ感じてしまう」・・・』。

『「真のマスコミは、何処に・・・」』。

|

TVerは結構だが、安過ぎる電波使用料等々の問題は、それダケでは・・・。

『「民放5局が、違法配信撲滅の為、テレビ番組の一部を、コマーシャル入りで期限付き無料公開する事にした」らしい。

「もちろん、コレはコレで良い事」だが、

「異常な程安い、日本の公共の電波の特定周波数独占使用権料の問題は???」

「偏向・偏重情報配信の問題は???」

「有名人利権不当製造の問題は???」』

『「詐欺師集団の国家系人脈が牛耳っている様相だけあって、

無料配信で、違法配信を撲滅して正義ぶる事で、

他の問題を黙殺せしめようとしているダケでは・・・」等々と、

「思わず、思ってしまった」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「違法配信撲滅の為のスポンサー付き無料配信は結構」だが、

「他の重要問題の是正も早急に行うべき」だ。

「行えないのなら、人脈ごと総入れ替えするべき」だ』。

『「テレビ界の是正」は「急務」だ』。

|

サンデー・モーニングでは、グローバル化の問題で大学教授???が「多様性」なんて言っていたが・・・。

『「人間社会のグローバル化は、太古からの現象」で、今に始まった事では無い」。「そして、この流れの元」は「もちろん、地球生命体細胞群の存続の為の多種多様増大化」だ。

「つまり、人間社会も、本質的にグローバル化する必然性を持っている」。

「ところが、現状の人間社会では、グローバル化による問題が多発している」。

「何故か?」

「其処にこそ、現状人間社会を平和安定に導く肝があるのだから、上辺の如何にもごと・・・で、お茶を濁していないで、本質に踏み込んだ論を情報提供するべき」だ』。

『「人間社会のグローバル化は、物質文明の進歩と共に起こっている」。

「船舶や車や鉄道や航空機等々の乗り物物質文明の進化により、移動時間距離が縮まり、

手紙・電話・ファックス・ネット等々の情報伝達手段の進化により、情報の伝達・共有時間も縮まった」。

「物質文明の進化には、広大な地球上の物理距離を実質的に縮める効果がある」。

「物理距離が実質的に縮まる事は、元々は別だったムラや国等の人間社会集団同士の距離が縮まる事」でもある。

「人間社会集団は、その集団の精神文化を生み、その集団の精神文化が広がれば、その集団は大きくなる」。

「元々は、別の精神文化を元に築かれている人間社会集団同士の距離が縮まる」と

「異なった精神文化を持つ集団の間で、その集団が生み出せた物質文明に代行させた精神文化の優劣比べっこ争いが起きる」。

「戦争の原因の一つ」だ。

(「物質文明の進化ダケでは戦争は起きない」のだ。「進化した物質の裏にある精神文化の優劣争いを行うから戦争になるのである」。)

「物質文明代行による、何度もの戦争を繰り返し、

今の人類の精神文化集団は、大枠で、数個レベルにまで絞り込まれている」。

「しかし、核兵器まで保有した人類には、もはや、戦争による精神文化の優劣比べっこは許されていない」。

「そこで、人類の多くが選択しているのが、経済戦争という訳」だ』。

『「ところが、経済とは、精神文化の一つ」だ。

「しかも、現状経済システムは、未だ、未だ、未熟な精神文化レベル」である。

「現状では、未熟な精神文化に無理やり代行させた、人間の精神文化の比べっこが行われている」ので、

「問題が多発するのは、当然過ぎる程、当然」なのだ』。

『「そもそも、物質文明の進化が、精神文化より何故早いのか?」

「実は、この問題にこそ、人類が本当の世界平和を手に入れる為の重要な鍵が在る」』。

『「古の時代の人類は、先ず、存続の為、外界を大いに気にし、大いに利用する事を工夫して来た」。

「物質文明の進化」は「人類のこの基本的な精神構造故の現象に他ならない」。

「精神文化」は、「使用可能と出来た物質文明をどう使うか?に大きく係わっている」。

「逆に、物質文明の使用が、精神文化の進化を誘う場合も多い」。

「今までの、多くの人類」は「上記の流れの上に身を任せ、物質文明優先の選択をして来ている」。

「ここで、少し考えて欲しい」。

「物資文明を優先するスタイルが、果たして、自分の実体とどれだけ整合性が取れているのか?」』

『「一人の人類の中心は、その人類の精神文化であり外の物質文明では無い」。

「ところが、外の物質文明を優先するスタイルの精神文化で自分を操っている」。

「整合性が悪い事に誰もが気付く筈」だ』。

『「その整合性の悪さを、外の物質文明で補おう、誤魔化そうとする」と、

「者・物・事に過剰に依存した生活スタイルが生まれる」。

「そして、更に、その比べっこ」だ。

「集団的比べっことなれば、戦争や経済戦争等々となる」。

「正に、個々の精神文化の集大成が、現状人間社会の諸問題を生み出している」のだから、

「元凶」は、

「元の個々の精神文化にある」のだ。

「反対に、個々の精神文化を健常化すれば、現状人間社会の諸問題も解消する事になる」』。

『「外に依存した発想の下では、物質文明の進化によるグローバル化は、その進化を司っている精神文化の支配圏の拡大」だろうが、

「物資文明の進化自体」は「上記の通り、人類の存続本能の成せる業」だから、

「精神文化の支配を其処に被せている所に、インチキが在る」のだ。

「何故、そんなインチキをしたくなるのか?」と言えば、

「自分の精神文化に自信が持てていないから」である。

「何しろ、自分の精神文化を直視し、その正常発達~進化という個体としての本来の仕事を、さぼっている」のだから、

「根本的な自分の仕事をさぼっている自分」に「自信が持てる訳など在り得無い」。

「その自信の無さを誤魔化す為には、自分を騙し{続けられる}くらい大仰な外の虚構が必要」で、

「大仰な外の虚構を得{続ける}為には、他の者・物・事の大きな犠牲が付きもの」なのだ』。

『「ここで大いに注目すべきところは、{続・・・}部分」だ。

「本来欲求には充足が在る」が「代償欲求には充足はあり得ないので、代償欲求の追及は、限りなく続く・・・事になる」。

「特定個人や特定集団の代償欲求追及の為に、他の多くの人類も含む生物を犠牲にしてる」のが、

「現状人間社会の実態」だ。

「実に、自虐的で、愚かで、醜悪な姿が、其処に在る」』。

『「さて、ここまで来れば、解決法を見出す事は、簡単な事」だ。

「精神文化の進化」を「物質文明の進化」より「常に先行させ続ければ良い」のだ。

「その為に、人類誰もが、先ず、自分で自分の精神文化を健常に進歩~進化させれば良い」。

「他の者・物・事を支配する代償欲求の追及は、程々に、

自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足を主に、

生活すれば良い」。

「もちろん、人類の本来欲求には、地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで広める事まで含まれている」から、

「原始自然生活に戻るのでは無く、物質文明を積極的に進化させる事も、重要な仕事」だ。

「今までの多くの人類」は、

「進化した物質文明の後追いで精神文化の進化を行わせて来ている」から、

「現状人間社会も問題だらけ・・・」なのだ。

「例えば、経済システムも、精神文化に他ならない」が、

「この物質文明を後追いする形で創造された現状の経済システム」は、

「人類誰もの自分の実体とどれだけ整合性が取れているのか???」

「明らかに整合性が悪い状態だから、金余りなのに、貧困だらけ・・・や、過剰で不当な格差等々の問題が噴出している」のだが、

「現状経済システムを、物質文明並み以上により良いモノに進化させようとしている経済学者や政治家等」には、

「未だ、十分なスポットライトさえも当てられていない」。

「逆に、現状の酷い経済システムの太鼓持ちたち」に「スポットライトが当てられているお寒い状態」だ。

「政治も同様」だ。

「現状利権の争奪戦や、精神文化の支配・被支配に基づく政治」は、「旺盛」だが、

「精神文化の一つである政治が、人類の精神文化自体の正常進化を訴えていない」のは、

「本当に異常」だ』。

『「物質文明の進化」は「それ程、遠く無い将来、人類を含む地球生命体の宇宙への本格進出を可能にする」。

「それは、重力・空間制御技術と共にやって来る」。

「ところが、その時点でも、尚、人類の精神文化が物質文明の後追い状態のまま・・・」なら、

「物質文明の進化の賜物である重力・空間制御技術」が、

「人類を含む地球の生命体どころか、地球自体までをも、消滅させてしまう事になる」』。

『「他者支配/被支配という外依存の精神文化」は、

「本来の精神文化の姿では無い」。

「健常な精神文化は、外に向かわず、中に向かう」。

「自分という個体をより深くから理解・把握し、健康にコントロールする文化であり、

自分をより深くから良く知り、コントロールしているが故に、

外への依存を程々に抑えられる文化」だ』。

『「この面からも、情報・教育の正常化は急務」だ。

「人類誰もの実体が、地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)である事が判明」し、

「人の誕生・死は、細胞ごとである事も判明している今日」では、

「丸ごと一人の死生観に基づく精神文化」は、

「伝統文化遺産で良い」のだ。

「道徳や倫理の様に、外から規制する事を教えるのでは無く、

ちゃんとした心理学や人間学を教える事で、

誰もが自分自身を良く理解・把握すると共に、健康にコントロールする力を養えば良い」。

「細胞ごとの誕生・死という生物としての実態と、

丸ごと一人で考え・思いたがる人の認識の実態に基づいた、

今、生きている人類として、持つべき、精神文化を持てば良い」。

「この自分の実体との整合性がより高い文化を得る方向に向かう」なら、

「精神文化の進化」が「物質文明の進化」より「常に前に出る状態が、自然に出来上がる」。

「人間社会の文化がその様な状態となれば、安心して、重力・空間制御技術が使えるようになる」』。

『「政治も経済も、他の精神文化も、どんどん進化させるべき」だ。

「自分の実体から整合性を取る実務」は、

「今生きている全ての人間に共通な根本的な仕事」である。

「根本的な仕事を行わずに、現状に依存して甘えている者たち」が、

「自信を持てないのは当然」だ。

「そんな{悪事}を行っている状態」では、

「益々、自分の実体を直視し辛くなる」のだから、

「{悪事}は、早々に止めるべき」だ。

「他の者・物・事を支配しようしたり、他の者・物・事に自分を支配させようとする前」に、

「人類誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ。

「その為にも、自分の実体を理解・把握する為の情報・教育」や、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為(・・・本質的悪事を行わない様にする為)の、情報・教育」が、

「非常に重要」なのだ』。

『「厚顔無恥な常連出演者たち」が「常連出演という悪を止め、過分な立場・報酬等を放棄する善を行うのは何時か?」

「悪のまま一生を終え、後は知らない・・・」では、

「本当に情けない」・・・。

「そんな者たちには、永遠の恥辱に染まる道が用意されてる」』。

『「精神文化の進化」が「物質文明の進化より前」なら、

「精神文化が未成熟である事を誤魔化す為の

お金や

立場や

他の人からのお墨付き等々を

欲する事等に、溺れる訳も無い」。

「自然と、利権偏在の解消や、適材適所等々の為にも、

過分な立場・報酬等は返上する善行等」が

「行いたくなる筈」だ』。

『「自然の摂理の裁きは、個人個人の中から行われ続けている」。

「どんなに当人が見ない様に努めていても、裸の王様状態が、丸見え」だ。

「他の者・物・事をどんなに支配しても、

今を生きる人間が持っているべき精神文化を保持出来ていない状態は、何も変わらず、

そんな状態の自分からの逃げ場は何処にも無い」。

「過分な立場・報酬等を自主的に返上すれば未だ救われる」が、

「過分な立場・報酬等に執着し続ける」なら「行き着く先は永遠の恥辱に染まる道」だ。

「それは、過分な立場・報酬等を抱きしめている連中に自分を投影・転嫁等して現実逃避している人々も同様」だ。

「実体との整合性が無い大金持ちや有名人である事は罪」であり、

「実体との整合性が無い大金持ちや有名人を認める事も罪」である。

「実体との整合性」とは、

「人類誰もの実体である地球生命体細胞群の

根本的な目的である

存続~永続への貢献との整合性」だ。

「其処には、血統相続成金とか、株・土地等転がし成金とか、テレビ常連出演有名人とか、・・・等々は、存在していない」。

「そんな者たちは、皆、金持ちであればある程、有名人であればある程、大悪人」である。

「逆に、今、どんなに虐げられていても、無名でも、貧乏でも、・・・、善人になり易い人々」は、

「多数居る」。

「大悪人に従っている内は、善人状態は無理」だが、

「自分の中まで従わせる必要は全く無い」のだから、

「一人一人は遠慮無く、自分の精神文化を正常進化させ続ければ良い」のだ。

「そして、大悪人への服従が不要な時や場所では、遠慮無く、善人状態の行動・言動等を起せば良い」。

「その様な人々の数が増えれば増える程、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続という実現可能な永遠の命が、

手に入り易くなる」。

「逆に、大悪人に服従したまま・・・の人々が多ければ、人類滅亡がやって来る」。

「全ての基礎」は「個人個人の意志」であり、

「その集大成」だ。

「今生きてる全ての人間」は、

「人類全体の精神文化の進化を、物質文明の進化より先行させる事が出来るか?否か?」の

「分岐点」に「居る」ばかりか、

「実際に、誰もが大きく係わっている」のだ』。

<付記>

『「精神文明の進化」と言うと「まるで、条件反射の様に、宗教等を想起する方々がいらっしゃる」ので、「進化とは何か」を「付記しておきます」。

「物質文明の進化」は「実体・実態把握と、その把握した実体・実態の実利用によってもたらされている」。

「精神文明の進化」も「同じ」で、

「実体・実態把握と、その把握した実体・実態の実利用に在る」。

「例えば、実態」として、

「生物としての人間の誕生・死は細胞ごとだし、

人は、丸ごと一人で考え・思いたがる」。

「その事実・現実との整合性が高い実体・実態を実利用した、

他の事でも、同様に事実・現実との整合性が高い、ドラマや映画やアニメや心理学等が有用」になる。

「多くの人々の実体・実態把握度の向上は、人類の精神文化の正常進化に直結する」。

「例えば、正常進化前の現状の多くのドラマ等」では、

「丸ごと一人の死生観や血統家族主義等に基づいた殺人・自殺等の事件等が横行している」が、

「精神上の、実体・実態把握が正常進化した状態になる」と、

「殺欲動自体」は、

「誰もが保持してて当然の自己保存欲動に基づく欲動

(それは、食の実体・実態を理解・把握するなら、誰もが解る事だ。他の生物を食べて人間は生体維持を行っているが、

他の生物が生きたままなら自分の中の異生物状態で、消化も出来ないから、排出するダケで、

必要な栄養も取れず、存続も危うくなる。

他の生物を食する・・・殺し、分解し、消化する・・・事で、初めて人の存続は可能になっている。)

だ」。

「だから、消し去れないし、消し去るべきでも無い」が、

「殺欲動は、細胞レベルの存続の為の欲動」である。

「その細胞レベルの殺欲動と、丸ごと一人の考え・思いが考え・思いの上でミックスされてしまっているから、

殺人や自殺になってしまっている」のが「実体・実態」だ。

「だから、殺欲動と、丸ごと一人の考え・思いの分離を促すドラマや映画やアニメ等の情報や教育」が在れば、

「人類の精神文化の現実との整合性をより高める事に大いに役立つ」。

「精神文化の進化」とは、

「その様な流れの上に在る、宗教レベルでは無い、科学レベルの実体を伴った事」だ。

「精神文化の進化とは、宗教等の推奨では断じて無い」。

「物質文明の進化と同じ、考え・思いレベルでは無い、現実レベルの事」だ』。

『「さて、ここまで、ヒントを記しておいて、殺人欲動を殺すドラマ等が書けない」のなら、

「そんな小説家や脚本家や作家等は、自分の資質を疑った方が良い」だろう』。

『「筆者流のホンなら何時でも書ける」が「筆者の人生の目的や成功は、有名人になる事でも大金持ちになる事でも無い」から、

「今の段階では書かない」。

「むしろ、筆者同様の感を持っている人の地力や、

筆者等のヒントを元に、

多種多様な作品が現実の人間社会の中で溢れる状態で、

人類の精神文化の正常進化が行われる事こそが、

在るべき姿だ」と思っている』。

『「精神文化の進化」を「物質文明の進化」より「前に置く人類」が、

「ほとんど全員になる状態を実現する、

現実の救世主は、

自分の精神文化の正常進化を行う一人一人、個人個人の集大成」に他ならない。

「支配・被支配の精神構造が蔓延る、

他の者・物・事に依存している人々が多い人間社会の行き着く先」は、

「人類滅亡」だ』。

『「一人一人の最後の審判は、既に始まっている」。

「地球生命体細胞群の存続~永続に繋がる道」と、

「人類滅亡に繋がる道」の

「どちらの上を歩むのか?」は、

「それぞれの個体の自由選択」だ。

「そして、その集大成」として、

「人類としての最後の審判が下る事になる」』。

|

維新の泥仕合の実効は・・・。

『「まるで、かつて」の、「出来の悪い右翼」&「出来の悪い右翼と比べると優等生的で賢そうな左翼」による

「大衆騙し策略」と「同様の臭いが充満している」のが、

「維新の内紛泥仕合」だ。

「出来の悪い右翼役」が「維新」、

「それに比べると、未だ、マシそうに思えてしまう役」が「民主、或いは、民主・共産等の野党連合(?)」だ。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による誘導」で、

「自公政権にダメ出しをさせた上」の、

「選択肢」が、

「かつての出来の悪い右翼の様な維新」と、

「それに比べれば、未だ、マシそうな、野党連合」なら、

「多くの有権者の票が野党連合に流れる・・・」という「戦略の臭い」が、

「充満している」』。

『「その為に、元民主党&現維新の国会議員等は、ワザと醜態を露呈させ続けている様相にさえ、見える」。

「早々と、中間派を名乗り、維新を飛び出した連中」は、

「混乱を横目に、最終的には民主党戻りや野党連合入り等を考えているのだろう」』。

『「多くの人々は、維新の醜悪泥仕合に呆れている」。

「しかし、だからと言って、例えば、普天間問題を混乱状態に陥れたまま、その責任も取れていない民主党や、

民主党の実質的生みの親であるから、当然、責任も有る、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」を、

「正義とか、優等生等とか・・・、もはや、思う訳も無い」。

「みんな、ダメ!」が「正直な感」だろう』。

『「維新の泥仕合の実効」は「そのスジの連中の自滅」だろう。

「政党交付金の国庫返納」は「大賛成」だ』。

|

トヨタ、「SーFR」も大変結構だが・・・。

『「メーカー」は、「FR=スポーツor高級セダンで無ければ売れない」という「既成概念」を「捨てるべき」だ。

「運転していて、楽しい、FR小型軽量セダンや4ドアクーペ」こそが、

「一台しか車が持てない、車の運転好きの、ターゲットで、筆者も、その様な車の出現を強く望んでいる者の一人」である』。

『「昔の庶民が買えた日本車」は、

「スポーツカーで無ければ、

エンジンも、

ブレーキも、サスペンションも、

ダメ!レベルの車が多かった」。

「しかし、今は、軽自動車でも高速道路を除けば、それなりにまともに走る」。

「もちろん、トレッドが狭過ぎるので、横方向の揺れは忙しなさ過ぎる」が、

「それは、自動車としての出来の問題では無く、規制の問題」だ。

「今のスポーツカーは、はっきり言って、公道では過剰性能過ぎる」。

「その辺りは、メーカーでも分かっているから、マツダロードスター等の様に、絶対性能より感性性能を重視した車も生まれている」。

「現状の日本車は、皆、絶対性能面では、かなり良くなっているから、

其処では、余程のカタログデータ差でも無ければ、差別化は困難」だ。

「其処で、スポーツを謳う車は、益々、過剰性能となっている場合が多い」。

「絶対性能以外の部分では、まるで家や部屋の様に、居住スペースや荷物・小物スペースの使い勝手等を重視している車がかなり在る」。

「もちろん、その様な需要が多いからだろうが、運転好きはそんなモノ要らないと思っている場合が多い」。

「しかし、運転好きでも、一台しか持てず、日常使用もする場合が多い」から、

「二人乗り2ドアクーペ等では不便」で、

「手が出し辛い」。

「稀有な存在としては、マツダRXー8が在った」が、

「余りにもスポーツ方向に振ってしまった為」、

「値段も高く、日本で日常使うには、動力性能は過剰気味だが、燃費もイマイチ(日常使用を考えると悪いと言えるレベルだ)で、

何の為の4ドアか???だったり・・・」していた。

「もう少し、スポーツから離れて、値段も安く、動力性能は並み程度だが、燃費が普通に良い、

4ドアとして意味の濃い4ドア」で、

「運転感覚性能が良い車」こそが、

「望まれている」』。

『「FF車には、運転が楽な車はゴマンと在る」。

「しかし、運転が楽と運転が楽しいは別モノ」だ。

「その辺りを十分承知している様相なのが、フランス車で、FFで運転が退屈になる分を乗り心地・乗り味等で補おうとしている様相」だ』。

『「前輪操舵&後輪駆動車」の「メリット」は「操縦感覚が楽しい事」であり

「前後重量配分が良くなる分だけ乗り心地も良くし易い事」だ。

「運転が楽な車は、直ぐに、運転が退屈になり、退屈が過ぎると嫌になって来る」。

「何れは、仕事に相通じる感覚を強いられ続けるのが、FF車の運転感覚」だ。

「後輪駆動の場合は、出来が良く無いと、楽な運転も許容しない(昔の車には、そんな車がゴマンと在った)」が、

「今時の技術なら、出来が良くて当たり前」だ。

「FRの場合、パワープラントフレーム等を持つ等の対策をしないと、アクセルコントロール時のダイレクト感が削がれる」が、

「MRやRRは、FF同様、ダイレクト」だ。

「FFの場合は、アクセルコントロール時のダイレクト感は良いのだが、其処に操舵が加わると、一気に、何の為のダイレクトか???になる」。

「むしろ、ダイレクトでは無く、緩い方が、楽にさえ感じる事もある」。

「操舵側から捉えると、駆動輪状態では、常に、操舵のダイレクト感を阻害している面が有る」から、

「筆者の感覚」では、

「後輪駆動でも同様にあるタイヤの滑り感に+して、

駆動輪故の滑り感が更に乗り、滑りの上に滑りが乗る、何か、変な感じ・・・」なのだ。

「後輪駆動では、後輪の駆動輪故の滑りを操舵エネルギーの一部として意図的に利用する事も比較的容易」だが、

「FFの場合は、操舵しようとしているのに、駆動輪故の滑りが乗ってしまうから、駆動輪故の滑りが邪魔になる」。

「出来の悪く無いFFを、ボヤ~と、楽に運転するダケなら、気にならない部分」だが、

「常に、ボヤ~と楽に運転出来る訳も無い」。

「FFを長く運転していると、仕事をさせられている気分になる」のは「その辺りに原因があると思う」』。

『「後輪駆動の場合は、逆に、ボヤ~と楽に運転しようとすると、緊張を強いられ易い」。

「操舵と駆動が役割分担されている分だけ、それぞれの反応も単純で分かり易いから」だ。

「しかし、その反応を楽しみながら運転する事は、容易だと思う」。

「FFの場合は、操舵と駆動が混ざるから、それぞれを別々に気にしない事が重要になる」。

「それぞれの反応を気にせず、出来るだけ運転は車任せで、車に載せられてる感覚が好きな人向き」で、

「後輪駆動は、車の運転に積極的に係わり、車の運動感覚等を楽しむ事が好きな人に向いている」』。

『「筆者は、安価で、燃費も良い、後輪駆動小型軽量4ドアセダン等」こそが、

「スポーツカーでは無い車でも基本動力性能は十分にある現代のエントリー・カー」として、

「最も適切だと思っている」が、

「日本車からその様な車は出ていない」。

「スマート・フォー・フォーや、その兄弟車のルノー・トゥィンゴ」は、

「その条件に合いそう」だが、

「メーター類がショボいところが、難点」だ。

「運転を楽しむ者の多くは、機械との対話も楽しんでいる」から、

「タコメーターはもちろん、水温系や瞬間燃費系やブースト系や油圧計や油温計等々のメーター類が、それなにに多く付いている方が、より楽しい」のだ。

「速度計に偏向し過ぎたメーターでは、運転風景が余りにも寂し過ぎる」・・・。

「初心者には、速度計で十分という発想は間違っている」。

「初心者こそ、各メーターで、良く機械の状態を知るべし!」が「正解」だ。

「前輪操舵&後輪駆動の操舵と駆動が分かり易い運転感覚に+して、

その様な、視覚面でのエントランスも在ってこそ、車好きの裾野も広がる」のだ』。

『「トヨタも、今時なのに、エントリー・スポーツカーなんてやっていないで、

一家に一台が通用する、

小型軽量で、安く、燃費も良い、前輪操舵&後輪駆動で運転感覚も楽しい、

エントリー・4ドアを本気でつくって欲しい」』。

『「運転が余り好きでは無い人々向けの、楽に運転出来る、一般普及品車」は、

「市場にゴマンと在る」。

「ところが、運転好きの為の運転が楽しい、一般普及品車は、実質的には、皆無状態」だ。

「運転好きなら、スポーツカーや高級セダン等に乗れ!状態」というのは、

「メーカーの傲慢以外の何物でも無い」』。

『「SーFRを20センチ程度ストレッチして4ドアにし、4ドアとして良いデザインを乗せた様な車」も、

「SーFRと共に、出展されていれば、良いのだが」・・・』。

|

河野・小泉等々、日本で脱原発を訴えている者の内実は朝鮮系が多い・・・。

『「本心の母国・祖国が、韓国(北朝鮮も含む)」なら「日本の原発を止めて、韓国の原発電力を日本に輸入させたり、北朝鮮の核兵器圧力を高める事」は「合理的」だ・・・』。

|

「一億総活躍会議」テレビ有名人集めて何をする???・・・。

『「一億総活躍」とは「良い目標かも知れない」が、「どうやって、その様な状態を導くのか???状態」だ。

「世間では、当然の様に、その面での批判も多い」。

「政府側がどうするのか?」と「様子を見ていたら」、

「何と!テレビ有名人を集めて、一億総活躍会議・・・とかやろうとしている」。

「コレでは、益々、世間離れするダケ」だろう』。

『「そもそも、人間が活躍する前には、人間が活躍出来る状態が必要」だ。

「今の日本に圧倒的に欠けているのは、多くの人々が活躍出来る状態」に他ならない。

「利権を集中したまま、格差是正も満足にやらず、極一部の者たちダケが、好き勝手に{活躍???}し易い状態と化している」のが、

「今の日本社会の実態」だ。

「だから、一億総活躍の為には、利権分配&格差是正」である』。

『「更に、人間は、病気だったり、頭心体が不調だったりすれば、本来の活躍は無理になる」。

「現状日本社会では、反日国人脈による日本衰退化工作が旺盛過ぎる程旺盛」だ。

「情報・教育・政界工作は言うまでも無く、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の酷い手段で、

多くの日本国民を不調状態~死亡に追い込もうとしている悪どもが、かなりの数居る」。

「反日国人脈による酷い、日本衰退工作を全摘発する」なら、

「日本国内は、まるで、スモッグが晴れた様な気に包まれる事になる」。

「多くの人々が、本来の元気・活気を取り戻せる状態となる」から、

「一億総活躍も実現可能になる」』。

『「テレビ有名人を集めた一億総活躍会議とは、利権集中の一つの象徴の様なモノ」に他ならない。

「そんな所から、

例えば、

利権を分配せよ!とか、

格差是正をせよ!とか、

反日国人脈の工作活動を全摘発する事で、日本国民本来の元気・活気を回復させよ!

・・・等々の、

真に一億総活躍に繋がる具体的な提案がされるとは、思えない」。

「何しろ、テレビ有名人とは、テレビ常連出演等という偏在させた有名人利権故に誕生している状態」だ。

「そんな者たちにとっては、自己否定にも繋がる」が、

「日本社会には利権分配気運を蔓延させる、テレビ常連出演規制を行うべし!」等の

「実効のある意見が果たして出て来るだろうか???」

「格差の上で良い???(内実は、ほとんどの場合で、大量消費自慰生活)を貪っている者たち」から、

「格差を是正出来る意見が出て来る」とは「思えない」』。

『「有名人を集めた総活躍会議」とは、

「一億総活躍社会=絵に描いた餅ですよ~!」宣言をしている様な事だ。

「テレビ有名人等で国民を騙せば、選挙時にも票が集められる」等と

「未だに思っている」のなら、

「本当に情けない」。

「一億総活躍状態が実現し始めているから、選挙時には、票も集まる・・・様な状態」こそが、

「民主政治の姿」だ。

「有名人利用の人気集めにあるのは、政治では無く、有名人を利用した大衆誘導」に過ぎ無い』。

『「もちろん、戦後日本の、有名人やテレビ・ラジオ・マスコミ等を利用した大衆誘導政治の生みの親」は、

「戦後の情報・教育」だ。

「大衆誘導政治とは、ヒトラー等と同じ」で、

「歴史から学んでいる」なら、

「絶対に避けるべき状態」だ。

「学ばず、覚えたダケ・・・」なら「政治家や官僚やマスコミ人等として如何なモノか?!」

「一億総活躍の前に、情報・教育から速やかに正すべき」だ。

「そして、その流れの上に、利権分配や格差是正や日本の中の工作活動の撤廃を乗せれば良い」。

「そうすれば、自然と人口も増え、少子高齢化も解消される」』。

『「杭打ちデータの改竄で問題となっている横浜のマンション所在地の辺り」では、

「人口も増加し、子どもも増え、小学校では校舎も増設・・・なのだそうだ」。

「あの辺りで、マンション住まいを始める為には、相応の年収が必要」だが、

「逆に、皆が相応の年収を持つなら、日本全国で、人口増加~子どもも増える状態になる」のは、

「自明の理」だ。

「それなのに、現状の格差社会が何故出来てしまっているのか?」

「経済システムと税制が悪いから」だ。

「現状の経済システム上で、大金持ちになろうとする」なら、

「どんなに頑張って仕事をしても、それダケでは絶対に無理」だ。

「どんなに仕事で頑張っても、特許や印税等で大当たりでもしなければ、せいぜい、小金持ちレベル」だろう。

「現状の経済システム上で、大金持ちになるコツ」は、

「種銭をつくり、それを転がして膨らます」だ。

「つまり、仕事では無く、投資で成功しなければ大金持ちには成れない」のだ。

「種銭としては、血統相続でも、例えば、中国共産党の者たちが不当に得ている賄賂等でも、北朝鮮の金の下に集まるお金でも、●暴の下に集まるお金でも・・・、大きい方が圧倒的に有利」で、

「損しないばかりか、確実に種銭が膨らむ投資とは、発覚しないインサイダー」なのだから、

「悪だって、大金持ちになり易い」のが「現状の経済システム」だ。

「こんな経済システムを後生大事に抱きしめ続けて居れば、

得られる結果は、いつの間にか、日本企業の多くを牛耳っているのは、金●●・・・みたいな状態」だろう。

「金●●でも、賄賂太りした中国共産党の要人でも、自分名義の投資を行う必要は無い」。

「手下にした日本国籍を持つ者たちに分散させて、資金を渡し、

スパイが得た情報を元に、

インサイダーを行えば良いダケ」だ。

「そして、その分散資金が臨界に達する程、膨らんだ段階」で、

「一気に、日本支配を宣言すれば良いダケ」だ。

「この手の工作活動を無効にする特効薬」は、

「貯金・資産税・株取り引き実態徹底監視」か、

「貯金・資産が日本に在るとは限らない」から、

「世界的合意の下で、行う必要がある」。

「むしろ、世界的合意の下で、経済システム自体を、より現実との整合性が高いモノへと全面的に変える方が、より簡単かも知れない」』。

『「核兵器保有以降、本格的な戦争が禁じ手となっている現状人間社会」では、

「経済戦争状態」だが、

「正攻法では無く、上記の様な裏も横行している」から、

「実質的には、現状経済システム自体が、破綻状態」なのだ。

「破綻したモノを後生大事に抱きしめ続けていた所で、やって来るのは人類滅亡」だ』。

『「情報・教育を是正」し「経済システム自体を世界全体で更新し、格差を是正する」なら、

「現状人間社会の諸問題」が、

「解決可能」になる』。

『「日本の一億総活躍」が「人類全体の利とも成り得る状態」を「つくり出す事も不可能では無い」。

「上辺の人気や有名人度や記憶等々では無く、学がある者たちが、集まって、相談等している」なら、

「上記の様な方向の、提案・提言等が出されても、何の不思議も無い」が、

「果たして」・・・。

「ロクな仕事が出来ない連中の寄り集まり会議・・・」なら、

「時間や税金の無駄」だ』。

|

巨人選手賭博問題・・・。

『「日本も英国みたいに、公に何でも賭けOKにしておけば、●暴等の賭け裏商売も上がったり・・・」なのだから、「その方が良いと思うが」・・・』。

『「小悪を見つけて正義ぶる、民主党政権や普天間移設等々の混乱の生みの親、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」の、「毎度毎度の醜悪劇には、もうウンザリ・・・」』。

|

旭化成建材の杭打ち問題の収拾情報(?)がオカシイぞ!・・・。

『「テレビ・マスコミ等では、旭化成側が導くまま、現場責任者にスポットを当てている」。

「しかし、この問題は、断じて、現場責任者ダケの問題では無い」。

「そればかりか、むしろ、現場責任者は、言わば、中間責任者みたいなモノ」で「実権がどれだけ有ったのか???」だ』。

『「報道等の情報から浮かび上がって来ている実態」は「以下の通り」だ。

「先ず、大元の調査に基づいて、打ち込む杭の最初の長さが決まり、その長さの杭が用意される」。

「下請けは、その長さが決まっている杭を打つ」。

「固い地盤に届かない場合は、その旨上に上げ、長さを付け足す」。

「現場で杭を打っている実務担当者たちは、杭が固い地盤まで届いたか?否か?」は「杭の撃ち込み抵抗等により分かる」。

「当然、該当現場でも、分かっていたと推定される」』。

『「ここで、現場実務担当者たちが、杭が固い地盤まで届いていないのに、届いたと報告した」なら、「現場実務担当者の責任が大きい事になる」が、

「現場実務担当者が虚偽の報告をするメリットは、それ程大きく無い筈」だ。

「通例なら、当然の伝達事項として、現場責任者(現場監督)にその旨伝える筈」だ。

「現場実務担当者が監督責任者(現場監督)に、その旨報告したのに、現場監督が、それで良いと言った」なら、

「単純に考えれば、現場監督の責任が大きい様にも思える」が、

「其処に、上からの、杭の付け足しは不要等の指示があったのなら、上の責任が大きくなる」。

「つまり、現時点では、現場責任者の意図で、杭が足りないままにされたのか?上からの指示に基づいて、杭が足りないままで良いとされたのか?不明」なのだ。

「大元の問題は、長さが足りない杭を用意したところに在り、其処が大権を保持しているが故に、下(現場)から上への注文がし辛かった様相が浮かび上がっている」。

「一部で足りなかったコンクリート量についても、同じ事が言える」。

「杭の問題同様、工期+上の意向による圧力は、かなり多大」だろう。

「中間管理職である現場責任者」は「上からの指示に逆らえず、だからと言って、届いていないデータを添付する訳にも行かず・・・、他の杭のデータのコピーを流用した可能性だってある」のだ。

「更に、この問題が露呈したから、責任を一人で背負う事を強いられている可能性だってある」のだ。

「責任を一人で受けてくれ!そうすれば、報酬は●●●●・・・等という話し」が「全く無い事が確実に判っているのだろうか?」

「旭化成全体の問題として波及する事を防げるなら、そのメリットは絶大になる」から、

「万一、現場レベルの問題では無かったのなら、かなりの話しが出ていても、何の不思議も無い」から、

「この辺りの徹底検証が先ず在るべき」だ。

「もちろん、それは、旭化成人脈では無い人脈による検証で、徹底した、公明正大な検証で無ければならない」から、 「今回の問題は、刑事事件化されて、警察による捜査が行われる事が、適切かも知れない」』。

『「何れにしても、早々と、旭化成側が、現場責任者の責任を打ち出し、それを、テレビ・ラジオ・マスコミ等が大宣伝している事が、キナ臭い」。

「まるで、民主党政権成立時の様・・・ですらある」』。

『「人脈的に、旭化成とテレビ・ラジオ・一部マスコミ等とは近かったりして・・・(?)」・・・』。 『「何れにしても、人間の生活の基本に大きく係わっている住宅の問題」だ。

「結論ありきの収拾劇では無い、本当の徹底検証による真相究明が望まれている」。

「この当然のスタンスから、考えると、今世間に溢れている報道情報の多くは、明らかに???」だ.

「思わず、拉致事件等に対する当初の多くの報道等を想起させられている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「果たして、真相は?」・・・』。

|

銀座京橋千疋屋「超高濃度塩素入り水」問題・・・。

『「飲食物工作」が「余りにも、大胆過ぎた為、表面化した事件の一例」だろう。 「もし、超高濃度では無く、ちょっと過剰に・・・、或いは、塩素では無く、フッ素等・・・だったなら」、

「その様な水を毎回飲んでいる、或いは、その様な工作仕込み店(一店集中だけでは無く、何店もの店でもその多くが工作仕込み店なら・・・)でしばしば飲食する、外食常連さんの体調は、確実にオカシクなる」。

「しかし、体調不良の原因を特定する事は困難となる」から、

「急変しない飲食物工作は、摘発が非常に困難」だ。

「通常の飲食物工作は、その様な手段で行われている」』。 『「しかし、少し前の記事でも記した通り、昨今では、飲食物工作も電磁波工作も過激性を増している」。

「まるで、指令元(韓国・北朝鮮・中国共産党等の人脈と強く推定される)が、早い効果を要求している様相」なのだ』。

『「日本国内では、シノギに窮した●暴等が、覚せい剤等の人脈由来で、反日国による日本国民(要人・一般人双方)粛清工作や、有益分子育成工作等を請け負っている上」に、

「捕まれば、一般人1.5倍の量刑となる●暴の方々は、弱みを握っている者たちに、工作活動の実行を強いている場合が多い」から、

「実行犯は、一般日本国民・・・という場合が意外と少なく無い」』。

『「今回の事件」も、「そんな流れの延長線に在る可能性がかなり有る」。

「つまり、背後関係を徹底的に洗えば、色々な者・物・事が出て来る可能性もある」のだ』。

『「それなのに、事件では無く、事故を強調したイメージで、テレビ等では、今回の事を報じている」。

「日本の中の飲食物工作や電磁波工作等を露呈させるつもりが無い」のだろう。

「逆から見れば、工作活動を黙殺する事で、工作活動の応援をしている様相」なのだ。

「その実態は、マスコミでは無く、情報工作組織」である。

「マスコミ人なら、恥を知れ!」

「日本国民の安全の為にも、日本国内の工作活動は皆露呈させれば良い」のだ。

「それが、本来のマスコミの仕事」に他ならない』。

|

本日のテレ朝朝番では、またまた、仏教(千日回峰行)と民主党(年金機構所有不使用不動産をダシに)の宣伝だが・・・。

『「{伝統文化遺産}仏教」の「一宗派の超荒行、千日回峰行」は「考え・思いによる納得法である宗教の実体を良く現している」。 「人は、仏教を信じ、その道に従って修行すれば、これだけの超荒行さえも行う事が出来る様になる事の体現」は

「古の時代に、多くの人々の心を掴む為にも、十分過ぎる内容」だ。

「超荒行を成し遂げられた人」を、

「生き仏」として「崇めれば」、

「大衆の中で、生き仏が居る宗派が、生き仏が居ない宗派より、魅力的に映る」のも、

「当然の現象」だろう。

「千日回峰行という超荒行は、生き仏の価値の担保でもある」のだ。

「もちろん、それも、考え・思いによる納得の一例」だ』。 『「この世を救う、人を救う、民を救う等々」の「救う思い」は「救われたい思いの反動形成」でもある。

「救われたい思いを生み出している実体」は

「衣食住やお金や者・物・事等の不足」や

「病気・怪我等、頭心体の不調」や

「解らないが故の不安」や

「支配・被支配の構造」等々だ。

例えば、「古の時代」には「死の実態さえ???」だったから、

「死という人が認知出来るが正体不明の大事への不安から、救われたい人々だらけ・・・」だった。

「其処に、考え・思いによる納得で救いを与えた」のが「宗教」だ。

「元々が、考え・思いによる納得だから、その考え・思いは簡単に破綻しない様に、非常に綿密につくられている」。

「しかし、そもそも、事実・現実が???だった者・物・事についての考え・思いによる納得」なので、

「事実・現実通りでは無い場合も当然、在る」。

「事実・現実としては、人の誕生・死も細胞ごとだが、多くの宗教が、丸ごと一人の死生観に基づいて構築されているのは、その代表例」だ』。 『「さて、千日回峰行」・・・。

「確かに、{伝統文化遺産}宗教の中の、命がけ超イベント」としての「魅力はたっぷり」だが、

「かなりの危うさが内在している事もまた、事実」だろう。

「即身成仏」が「自殺と認識される現代」では、

「宗教の実体」を「考え」、

「伝統文化遺産の保護・維持として、何処までが妥当なのか?」等が「考えられて然るべき」だ。

「ところが、テレ朝朝番では、タダの大讃美状態だった」のだから、

「日本の公共の電波を使えているのに、ロクな仕事をしていない状態」なのだ』。

『「毎度、毎度、呆れるのは、色々な事をダシにした、民主党の宣伝」だ。

「民主党政権の実質的生みの親」である「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」には、

「例えば、民主党鳩山総理による最低でも県外!により、普天間移設問題が混乱している事等への責任」も

「当然有る」。

「むしろ、混乱の元凶は、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」と「言った方が適切」だ。

「その事に対する真摯な謝罪や反省が、全く無い様相であるばかりか、未だに、色々な事をダシに、民主党の宣伝・・・」とは、

「実質的に、日本の公共の電波を保身と民主党の宣伝の為に偏向使用している状態」だ。

「こんな状態が容認されていて良い訳は無い」』。

『「日本のテレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

「国連で、中国共産党が日本の核武装を心配していた」が・・・。

『「日本が核武装すれば、中国共産党の核兵器圧力も激減する」。「北朝鮮等の核武装は、既に、公認状態で、一応、核放棄せよ!と言っているが、中国共産党自体が核武装している限り、他への核放棄要望は、中国共産党の核兵器圧力を維持する為に=他を中国共産党の下に置くために、である事がバレバレだから、例えば、北朝鮮でもそんな核放棄要望は飲む訳が無い」』。

『「日本の核武装が心配している暇が有る」なら、「先ず、中国共産党が核放棄し、核兵器無き人間社会の必要性等をアッピールするべき」だ。「中国共産党は、大国と威張る前に大国らしい事を行うべき」だろう』。

|

憲法53条で臨時国会を召集させたい野党だが、ロクな論議が出来るのだろうか???・・・。

『「野党が行いそうな事は、大臣の資質追及や閣内不一致追及等々だろう」』。 『「つまり、本道の政策論争では無い部分で、与党側に出来るだけ悪いイメージを付ける事」だろう』。 『「そんな国会は、はっきり言えば、時間の無駄」だ』。

『「今では、ほとんど全ての有権者が、そんな野党のイメージ戦略に嫌気がさしている」から、

「野党が、またまた、国会の中で、本筋の政策論争では無く、与党大臣等悪イメージ戦略で正義ぶっても、

自爆!としか思わない」。

「政策上で、与党以上に日本を良くする提案も出来ない野党は、多くの日本国民にとって要らないモノ」に他ならない』。

『「与党の政治・政策に難癖を付ける事で、日本の政治進行を停滞させる為に、憲法53条を使って国会を召集させようとしている」なら、

「本当に悪質」だから「尚、要らない」』。

『「野党は、国会召集を求める前」に、

「与党以上に日本にとって良い政策を提示するべき」だ。

「この当たり前の事さえ出来ない内」は、

「国政政党や国会議員としての資質が明らかに???」だ。

「そんな野党への政権交代など、絶対にあり得ない」』。

『「現与党より日本の為になる政策を提案する、良い野党が望まれている」。

「現実に良い政策さえ提案出来ない劣悪野党が、イメージ上で正義ぶる醜悪劇」は、

「もう、うんざり・・・」だ』。

『「野党議員は、国会議員を続けたいのなら、国会を開く事より、日本にとって現実としてより良い政策が提案出来る様に、内実の変化・進化等を頑張るべき」である。

「この当たり前の事さえ出来ない様なら、過分な立場・報酬等は返上する・させられるべき」だ』。

|

翁長知事が沖縄県民に訴えられたが・・・。

『「普天間移設が遅れる事による生存権の侵害」等で「沖縄県民が翁長知事を訴えた」。

「当然の流れの一つ」だろう』。

『「多くの沖縄県民が辺野古への移設にダメ出しする様になったきっかけ」は、

「言うまでも無く、民主党鳩山政権時の{最低でも県外!!!}」だ。

「ところが、その{理想像}は、いきなり実現する事が不可能な理想像」だった。

「しかし、多くの沖縄県民は、沖縄の歴史を振り返り、米軍基地が未だに、こんなに集中している事は、理不尽だ!」等と「思う様になった」。

「もちろん、理不尽な状態は、一刻も早く解消させるべき」だ。

「しかし、いきなり、解消する事を実現せよ!」という「願望」もまた、「理不尽」だ。

「現実の人間社会」では、「沖縄の米軍基地を徐々に減らして行く事を、出来だけ早く行う事しか、出来得ない」』。

『「理不尽な願いを沖縄を始めとする日本全国に広めさせてしまった元凶」は「民主党鳩山政権」だが、

「その民主党政権の生みの親」は「実質的には、テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「つまり、本当の元凶は、テレビ・ラジオ・マスコミ等」に他ならない』。

『「そして、今、そのテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「自分たちの罪を誤魔化す為」だろう、

「辺野古移設反対派の大応援団状態」なのだ。

「其処に在るのは、冷静な議論等の上で、より良い状態を得る為の大衆合意を、それぞれの人々が示す為に、有用な情報では無い」。

「姑息な、テレビ・ラジオ・マスコミ等が、自己正当化する為の大衆誘導目的の情報の様相」なのだ』。

『「日本の情報・教育の健常化は急務」だ』。

|

横浜基礎杭施工不良マンション問題にも何故か?潜んでいる「反西側度」・・・。

『「傾いたのは、中央棟(そのスジの思いでは中国を連想)でも、南棟(南朝鮮を連想)でも、北棟(北朝鮮)でも無い、西棟(西側諸国を連想させる)で、

しかも、13本(さすがに、31本では直ぐにボロが出るとでも思ったのか?)の杭が、長さ不足に加えて、流し込むコンクリートも不足」とは、

「果たして、単なる、偶然か???」

「今後の調査で、他の棟が無事だったり、

南と西だけ問題アリだったりするなら、

その理由もちゃんと検証するべき」だ』。

『「もし、問題が在る棟の場所や杭の数等に、意図的と、疑われる状態が在る様なら、

悪さをした者の背後関係を徹底的に洗い、その繋がりを立証し、

補償は北朝鮮等にでも求めるのが、正解になる・・・かも・・・」・・・』。

『「人権無視の工作活動を行っている者たち」は、

「圧倒的に、所謂、東側・反日国系の場合が多い」。

「中国共産党にしても、北朝鮮(韓国)にしても、人権意識が非常に希薄な事は、世界中の人々が、良く知っている事」だ。

「当然の様に、それらの下で行われている工作活動」も、

「人権無視で、利中共・利北朝(韓)悪権力者たち」となる』。

『「マンションの基礎という多くの人々の人命を預かる部分」での

「意図的な様相さえ濃厚な施工不良」だ。

「施工を行った者たち」の、

「人権意識も大いに疑われる」。

「其処には、日本の文化では無く、人権無視国の文化が濃厚に漂っている」・・・』。

|

いったい、何処の誰の為に「殺人・自殺・いじめ等々の犯罪の起こし方や、逮捕のされ方等を教えるドラマ等」を流しているのか?・・・。

『「日本社会」で「殺人や自殺や犯罪(いじめも含む)等を流行らせたいのは、いったい、何処の誰たちだろうか?」

「その辺り」にも、「テレビ・ラジオ・マスコミ等を牛耳っている人脈が露呈している」』。

『「今の日本人である筆者の感覚」では

「殺人ドラマより、殺人欲動を殺す、もしくは、排除させるドラマが当然」だ。

「自殺ドラマより、自殺欲動を殺す、もしくは、排除させるドラマが当然」だ。

「いじめドラマより、いじめを起す原因を是正する、無くす、ドラマが当然」だ。

「日本社会の中に渦巻いている本当の問題である、反日国人脈等による工作活動を露呈させる告発番組等が、当然」だ。

「大金持ち賛美バラエティーより、貧乏撲滅或いは、格差是正バラエティーが、当然」だ。

「現状経済システムの問題点やインチキ性を暴露するバラエティーが、当然」だ。

・・・等々、等々・・・。

「進化し続けている物質文明相応の精神文化の正常進化を誘う情報配信が当然」だ』。

『「それなのに、現状は・・・、余りにも、酷い」。

「エロ・グロ・ナンセンス状態」だ・・・』。

『「この酷い状態が利しているのは、いったい、何処の誰たちか?」を「考える」なら、

「誰もが、戦後の日本の情報・教育界の問題の実体にも、気付く筈」だ』。

『「日本の情報・教育の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

横浜マンション杭打ちデータ改竄問題等で正義ぶっているテレビだが、北朝鮮系の工作活動を露呈させるマスコミとしての仕事は???・・・。

『「マンションの杭打ち施工不良&データ改竄の問題」も、「もちろん、日本社会の中の重大な問題」だ。「しかし、それ以外にも、絶対に忘れるべきでは無い、無視するべきでは無い、大問題が日本社会には、未だに、在る」。

「北朝鮮系等の工作員による、日本社会実効支配工作」だ。

「その実行手段である、有益分子育成工作&不適応分子粛清工作」だ。

「政財界の要人に留まらず、多くの一般日本国民までもが、ターゲットにされている」のだから、

「日本のテレビ・マスコミ等なら、この問題を徹底取材し、徹底的に露呈させない事は、本当に異常」だ。

「その様な実態が示唆している事」は「日本のテレビ・マスコミ等が、北朝鮮等の工作により、有益分子化されている事に他ならない」。

「だから、実際に、その論調等も、上辺はとにかく、内実では、北朝鮮(韓国)系等を利する状態になっている場合が、決して少なく無い」のだ』。

『「一番の肝」は「本来のマスコミなら、率先して暴露している筈の、北朝鮮系等による工作活動の実態を報じない事」だ。

「他の、人心を掴みやすい事件・事故等では、例え、小さな事件・事故等でも、大枠を取って扱い、正義ぶったりしている」が、

「多くの日本国民の安全・安心・健康等を阻害している、日本国内の北朝鮮等反日国人脈による工作活動に対しては、黙殺・・・」なのだ。

「拉致でさえ、長い間、

無い事に・・・、或いは、旧日本軍の戦時中の強制徴用等の問題等を出して正当化し・・・」

「・・・というのが、戦後の日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の実態」だ。

「その有益分子ぶり」は、「正に、お見事!」である』。

『「そんなテレビ・ラジオ・一部マスコミ等が、その同じ人脈のまま、未だに、日本国内では大手を振って、

日本の公共の電波の特定周波数を独占使用出来ていたり、

公共的マスコミとして、情報を大量配信出来ていたり・・・」している。

「上辺では、ジェントルで優等生的な表現を使っていても、伝えている内容が、実質的には、北朝鮮(韓国)系を利す事では・・・」』。

『「日本国内で、今も、実際に、行われ続けている、北朝鮮(韓国)系等反日国系による工作活動さえも、露呈させない者たち」には、

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事は、相応しく無い」。

「過分な立場・報酬等は、直ちに、返上されるべき」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオの人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

北朝鮮の工作に蝕まれている韓国が次期戦闘機の技術を米国から開示されないのは当然だが、日本も工作活動対策が甘いと・・・。

『「北朝鮮の基本戦略は、見せ球であるミサイル・核兵器等に他の国を引き付けている裏で、侵入工作活動を仕掛け、工作活動を仕掛けた国々の乗っ取り支配状態を強化するやり方」だ。 「北朝鮮のミサイルや核は、実戦用では、断じて、無い」。

「実戦争となれば、アッと言う間に、北朝鮮の負けになる事は、北朝鮮の権力者たちも重々承知」だ。

「北朝鮮の政権維持~実効支配の拡大の為の戦略」は、

「ミサイルや核は見せ球に過ぎず、主体は侵入工作」である。

「日本の拉致問題が解決しない理由」も「もちろん、此処に在る」。 「拉致被害者の多くが、北朝鮮の侵入工作員の教師にさせられている」から「拉致被害者を帰す事=侵入工作の実態が露呈する事」なのだ。

「逆に言えば、侵入工作を露呈させてしまえば、拉致被害者を帰さない事の価値も激減する」。

「だから、当ブログでは、拉致問題解決の為にも、先ず、日本国内の北朝鮮系の工作活動を徹底摘発する事が非常に重要である旨、何度も述べて来ている」。』 『「韓国では、以前から、北朝鮮による侵入~乗っ取り支配工作が日本より盛ん」だ。

「それにも係わらず、韓国政府は、セキュリティーの甘いマイナンバー制度を採用してしまっている」。

「或いは、北朝鮮の侵入工作が機能した結果、セキュリティーの甘い韓国のマイナンバー制度が始められたしまったのかも知れない」。

「その結果、歴代大統領を含む多くの韓国人の個人情報が、北朝鮮に流れ、

その個人情報を利用した北朝鮮工作員が行っている多種の工作活動は、高い効果を上げてしまい、

益々、韓国社会全体が北朝鮮に都合の良い状態になってしまう、蟻地獄状態が作られてしまっている」』。

『「米国等の情報機関はその様な事態を十二分に把握している」から、

「韓国には、重要な軍事技術情報の移転は行わない」』。

『「さて、日本では・・・」。

「マイナンバーのシステム設計時に汚職が在った事が報道された」。

「汚職が成立した事は、工作活動の成功と同じ状態で、つまり、マイナンバー設計時のスパイ・工作活動対策が不十分だった事が露呈したのだ」。

「筆者が、現状のマイナンバー制度を最初からやり直せ!」と「強く主張している理由は、其処に在る」。

「北朝鮮の工作活動の援助をしているのでは無いのなら、韓国みたいな状態になる前に、やり直すのが当然」だ』。

『「北朝鮮系の工作活動の徹底摘発を行わない日本政府や警察等の状態は、明らかに変」だ。

「まるで、拉致問題の解決は諦め、マイナンバーで多くの日本国民の個人情報を北朝鮮に与えるつもりの様ですらある」。

「日本人を拉致し、

日本人の中に入り込める工作員を育て、

日本社会の中に多数の工作員を潜り込ませ、根付かせ、

世代交代を利用してどんどん増やし、

日本社会を乗っ取り支配する策略が、

戦後の日本社会の中で、連綿と行われ続けて来ているのに、

工作活動等の徹底摘発等の十分な対策を行わない事は、明らかに異常」だ。

「そればかりでは無く、韓国同様セキュリティーが甘いマイナンバー制度を導入しようとしている事も変」だ』。

『「朝鮮系と言われている河野国家公安委員長だが、本気で、日本国・日本国民の為の仕事を行うつもりがある」のなら、

「先ずは、大々的に、日本国内の北朝鮮系の工作活動を徹底摘発する事」だ。

「北朝鮮系の工作活動の徹底摘発が行われない様なら、

戦後の日本の政権=北朝鮮の傀儡政権等では?を多くの日本国民が真剣に疑い、

対処を考え、実行するべき・・・かも知れない」』。

|

生体構築発現を遺伝と言ってはダメでしょ・・・。

『「遺伝子による生体構築発現は、遺伝では無い」。

「遺伝と表現すると、多くの人々が、血統家族主義等を想起する」。

「生体構築発現」は「その個体の生体構築上の個性」に他ならない』。

『「それなのに、学力問題等で、一卵性双生児と二卵性双生児とを比べて、

一卵性双生児の方ダケに見られる現象を遺伝故として表現している論が在る様」だ。

「誤解を招く表現」である』。

『「生体構築発現上で、例えば、脳神経細胞ネットワークの基礎構築状態」が、

「論理的思考に都合が良い状態となっている場合」、

「例えば、英語等の言語を学び・記憶する時には、文法等の道筋による学習法が有効になり易い」のは、

「当然の現象」だ。

「論理的思考では無く、単純記憶に都合が良い状態となっている場合」は、

「文法等の道筋より、単語記憶等の道筋による学習法が有効になり易い」のも、

「基本的な実体把握が出来ているなら、誰でも分かる」。

「一卵性双生児の場合、遺伝子も全く同じだから、生物としての初期生体構築発現も、基本的に同じになる」。

「二卵性双生児の場合、遺伝子は全く同じでは無いから、生物としての初期生体構築発現も、基本的に別になる」。

「其処に在るのは、親から子への遺伝では無い」。

「あくまでも、その遺伝子を持つ個体の生体構築発現の実体」だ』。

『「だから、例えば、学力の半分は遺伝等であり、半分は環境等と言う」のは、

「明らかに、誤解を招きやすい表現」だ。

「実体」は「その個体の生体構築発現の違いにより、

例えば、脳の神経細胞ネットワークの初期構築が違うから、

より適している学習法等が違うという事ダケ」だ』。

『「親から子への遺伝の問題」より、

「その個体の生体構築発現に、適した環境(衣食住はもちろん、情報・教育も含む)こそが重要」なのである。

「其処に在る実態」は、

「遺伝が5割、環境が5割では、断じて無い」。

「その個体の生体構築発現に適する環境の有無こそが最重要問題」なのだ』。

『「誤解を招く表現情報の目的は何か?」

「血統家族主義等の、価値の向上や、正当化等である」と

「容易に推定出来る」』。

『「血統家族主義ご用達の工作情報」には「ご用心!」』

|

軽減税率問題・・・。

『「軽減税率を考える」なら、「人間生活の基本である衣食住で考えるのが基本」だろう。

「今時なら、衣は多くの人々が最低限以上の保有を容易にしている」し、

「安く手に入れる手段も比較的豊富」だ。

「食は、衣以上に、更新性が高く、誰でも、毎日、新たな食が基本的には必要」だから、

「食に対する軽減税率は、この意味では合理的」になる。

「住は、持ち家と借り家では事情が全く違う」が、

「借り家でも、事業使用の為と、生活使用の為では、事情が全く違う」』。

『「衣については、軽減無し」でも「大勢に影響は無い」と「推定」される。

「食については、軽減効果も大いに期待出来るが、高所得者もメリットを受け易くなってしまう」。

「住なら、生活居住目的であり、低所得者である事を確かめる事も、比較的容易」だ』。

『「下手に、食に、軽減税率を適用する」より、

「住で、低所得者&生活目的である所の税を軽くする方」が、

「簡単で、効果的だと思う」が』。

|

現状のメディアによる情報配信はまるで「エロ・グロ・ナンセンス」だが・・・。

『「平和時に、平和を活かした人類の精神文化の正常進化が行われない」と「精神文化の正常進化無きままの人類にとって、平和が単なる退屈となり易いくなる」。

「退屈」は、「退屈しのぎの刺激を求め易い状態を招き」、

「その要求に、情報提供者等が応じれば、

刺激的要素が強調されたエロ・グロ・ナンセンス的情報が生み出される」。

「精神文化の正常進化無きままの需要」に

「精神文化の正常進化無き提供者が提供する供給」を「どんなに続けても」、

「其処に、満足など在り得ない」から、

「そんな人々が多数となれば、集団的現状脱出欲動が暴発する事になる」』。

『「大正時代のエロ・グロ・ナンセンス」が「正に、その状態」だ。

「そして、今、人類の精神文化の正常進化無きまま、歴史が繰り返されている」・・・』。

『「このまま行く」と「それ程遠く無い時期に、関東大震災が起きる」だろう。

「自分で自分を健康にコントロールし続けていないばかりか、

他の者・物・事の支配/被支配の構造上で生きている人々の無意識野」では、

「地磁気等による影響割合も必然的に増えている」。

「エロ・グロ・ナンセンス」の「生みの親の片割れは、その様な自然界からの刺激である可能性も決して小さく無い」から、

「精神文化の正常進化無き人類集団で、同様の現象が起きている現在」の「東京圏の自然状態もまた、同様である可能性が大きい」。

「それだけでは無く、それ程遠く無い時期に、集団的現状脱出欲動の暴発である戦争も起きる」だろう。

「日本が仕掛ける戦争はあり得ない」が「米中戦争は、開戦間近状態」だ。

「北朝鮮も行き詰り状態で暴発寸前・・・状態」だ。

「それらの影響を全く受けない事は、在り得ない」だろう。

「日本国内で、反日他国人脈による内戦的テロ暴発の可能性だってかなり高くなってしまう」のだ。

「そればかりでは無く、日本国内も格差社会状態だから、

反日人脈の撲滅等という現状脱出欲動の暴発先の扉が開けば、

其処に雪崩れ込む人々の数も決して少なく無い」だろう』。

『「上記の様な近未来を避ける為」に「人類として、今、出来る事」は、

「人類の精神文化の正常進化を出来るだけ大規模に行う事」だ。

「日本国内で始まり、それが、反日他国まで巻き込めるくらいのスケールになれば、

天災はとにかく、人災は抑えられる可能性が非常に大きくなる」』。

『「それなのに、

テレビ・ラジオ・マスコミ等々の情報配信効果が大きい大衆メディアでも、

未だに、{エロ・グロ・ナンセンス}状態」なのだ。

「ロクな仕事が出来ない連中」に「過分な立場・報酬等は不似合い」だ』。

『「情報・教育等の正常化」による「人類の精神文化の正常進化」こそが、

「今の日本の、最も重要な仕事の一つなのに、未だほとんど行われていない、仕事」である』。

『「特に、日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界の是正が急務である事」は

「言うまでも無いレベルの事」だが、

「実際に是正されるまでは、言い続けるべき事」だろう』。

|

中国共産党要人が「今の日本人には先の戦争の戦争責任は無い」旨発言したと言うが・・・。

『「それが、本当なら、直ちに、今の日本人に対する不適応分子粛清工作や、有益分子育成工作等を止めるべき」だ』。

『「利権目的のリップサービス(嘘)なら、工作は続けられたまま・・・」となる』。

『「現在は未だ、工作活動が続けられているまま・・・」だ』。

|

共産党が言う「野党連合で日米安保凍結」の実体・・・。

『「日米安保廃棄が共産党の党是なのだろうが、野党連合の場合は、凍結で収めると言う」。

「凍結で、日米安保が十分に機能すると思える」のは「平和ボケの方々くらい・・・」だろう。

「共産党が言う野党共闘時の日米安保の凍結」とは「日米安保を希薄化させる事に他ならない」。

「つまり、その分だけ、中国共産党や北朝鮮等が、日本に対して、より強く出れる状況をつくる事」なのだ』。

『「そんな政権を本気で望む、日本国民は、いったい、どれだけ居るのだろうか???」・・・』。

|

何故か?WINDOWS10にアップデートしたら、ココログ記事入力時のEntar改行が<p>では無くdiv>になってしまう様になってしまっているが・・・。

『「更新すると、色々な事が起きる様で」・・・』。

|

テレ朝昼番では、高齢者犯罪の心理分析???を行っていたが・・・。

『「テレビ常連出演という、実体としては、犯罪的行為を平然と行い続けている者たち」が

「巷の高齢者犯罪等について、上から身勝手論を風潮する事自体」が

「犯罪誘発要因の一つ」でもあるのだから、

「この手の事を論じる」なら、「もっと、本質を見極めた上での慎重な対応が必要」だ。

「其処ら辺の何処にでも居るおじさん、おばさんレベルの心理学??的解説など不要」である』。

『「高齢者問題を論じる前には、年齢認識が現実的である必要がある」。

「ある人間の歳の実体」とは「細胞ごとに違う」のが「現実」だ。

「例えば、小腸の内壁の細胞等は、それこそ一日ごとに入れ替わっている」から、

「生きている小腸の内壁の細胞の歳としては、誰もが、一日程度」となる。

「骨細胞が3年程度で入れ替わっている事は、多くの人々が良くご存知の通り」だ。

「そして、細胞レベルでの命の連続性を考える」なら、

「今生きている全ての人の年齢は、実質的に同じ」で、

「何十万年レベル以上のとてつもなく膨大な歳になる」。

「さて、こんなベースの上に在る、一人の人間の年齢とは?」

「狭義の自分の個体が産まれてからの年月が、所謂年齢として認知されている」が、

「それは、丸ごと一人の死生観同様、人の思いの上で、単純化した上辺の年齢に過ぎ無い」。

「実際のある人の年齢は、細胞ごとに違い、

細胞ごとの命の連続性は、今生きている全ての人が実質的に同じ長さ」だから、

「誰もが同じ年齢としての要素を保持している」。

「その上に、単純化した上辺の年齢が在る」のだ。

「60年前の60歳と今の60歳では、根本的な年齢が60年違う」。

「今生きている全ての人々の根本的な年齢は実質的に同じ」だ。

「その上に、個体誕生後の上辺の年齢が載っている」。

「個体誕生後の上辺の年齢は、同じでも、個体の状態により、若い状態だったり、老いた状態だったりしている」。

「世間的な年齢が同じでも、状態次第で全く別の年齢に思えたりする」。

「状態次第という事は、人の年齢的要素も、環境や選択等、状態に大きく影響を与える要素により、大きく影響されている」のだ。

「そして、犯罪が起こる・犯罪を起こす状態を生み出しているのも、環境や選択等」だ』。

『「犯罪を起こしてしまった者たちの心理等を、上から目線で分析しても、実質的には、犯罪は抑制出来ない」が、

「犯罪が起きる・犯罪を起こす状態を是正する」なら、

「実質的な犯罪撲滅が可能になる」』。

『「古の犯罪は、食べる為の犯罪が多かった」と言う。

「食べる為の犯罪が減った筈の今日の犯罪」は

「お金や立場目的等だったり、他者支配目的等だったりしている事が多い」。

「食べ物が万人に行き渡る事」が

「食べる為の犯罪を抑制する有効な手段だった事」からも

「明らかな様」に、

「今の人間社会に必要な事」は

「お金や立場の偏在を是正し、万人が、相応のお金と相応の立場を得られる様にする事」であり、

「万人」が、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求を充足させる事」で、

「他者支配や他者による被支配を欲する代償欲求の追及欲動を抑制出来る様にする事」だ。

「それこそが、実効のある犯罪撲滅手段に他ならない」』。

『「この意味からも、先ずは、利権集中の象徴でもある常連出演等は、止めるべき」だ。

「利権集中を公然化し続ける限り、立場目当ての犯罪が起こり易い状態が続いてしまう」。

「そんな犯罪の餌食になる事を恐れている様相さえ伺わせていた常連出演者たち」だが、

「恐れ、実質的には、何の役にも立たない、高齢犯罪の心理分析??等を上から目線でしている事で、

自分を落ち着けようとしている醜態を露呈しているくらい・・・」なら、

「常連出演を止める・禁止する事等」により、

「集中し過ぎている利権を分配する風潮を流行らせよう」とし、

「犯罪を誘っている一つの元を無くそうとすれば良い」のに・・・』。

『「特定極一部の者たちへの利権集中の流れの上」では、

「集中利権の恩恵に預かれない多くの人々の中」に、

「多大な不満が生まれる」のが「当然」だ。

「生まれた不満は、その流れが続く限り、時と共に増大し続ける」のが「当然」だ。

「その流れの上では、自暴自棄になり、犯罪者等となる人々が、ある程度の割合で出現してしまう」のも「当然」だ。

「逆に、特定極一部の者たちに偏在している利権を解消し、多くの人々に再分配するの流れの上」では、

「再分配される利権の恩恵に預かれる人々の数も多く、多くの人々が、希望を持ち易くなる」。

「利権目的犯罪が抑制される事になる」のは「当然の現象」だ。

「お金の面でも事情は全く同じ」である。

「犯罪撲滅の為に、行うべき事は、既に分かっている」のだ』。

『「環境面での調整と共に、個々の人々が選択等を誤らない様にする為の情報・教育等も必要」だ。

「例えば、大金持ちになる事と、貧乏を撲滅する事の二択」で、

「大金持ちを選択する人々が多い状態である限り」、

「自分ダケは大金持ちになろうとする、

自分で自分を健康にコントロール出来ていない者たち」が

「生まれ易くなる」。

「もちろん、実際に大金持ちになれるのは、ホンの僅か」で、

「残りの大多数の人々は、大金持ちに自分を投影・転嫁しながら、

何時かは自分も・・・等と現実逃避しながら生きようとするのだが」、

「ある日突然、

現実に目覚めさせられ、

一気に犯罪者になったり・・・する場合」も

「少なく無い事になる」。

「貧乏を撲滅する事を選択する人々が大多数」なら、

「貧乏の撲滅の為には、大金持ちというお金の偏在の解消が必需になる」から、

「大金持ちは否定され、多くの人々が、お金で自分を誤魔化す人生を歩もうとしなくなる」。

「お金や権力等で自分を誤魔化さない人生でも自分を安定させ続ける為」には、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事が必要になる」から、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為にも、自分の実体を理解・把握する事が必需」となり、

「自分の実体から整合性を取って、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」で、

「自分の安定を保とうとする人々が増える事になる」。

「自分の実体から整合性を取るとは、既に、現実や実体の世界で生きようとしている事」だから、

「現実に目覚めている人々が、現実に目覚めても、其処に犯罪を誘発する要因は無い事」は、「明らか」だ』。

『「くだらない保身や利権を軸に番組をつくれば、ロクな番組は生まれない」。

「進化し続けている物質文明相応の精神文化を人類の多くが持てない状態が続く」なら、

「ある日突然、人類滅亡となっても、何の不思議も無い」のだから、

「文化系の連中」は、

「ちゃんと、人類の精神文化の正常進化に貢献する仕事をするべき」だ。

「ロクな仕事も出来ていないクセに、

立場や報酬等が多ければ、

多くの人々が反感等を抱くのも

当然過ぎる程当然」だ。

「現在は、既に、

人類の精神文化の正常進化に力を加える面でロクな仕事を出来ていない状態の者たちが、

上から目線で、要でも無い事等を論じ、

実質的には、犯罪をよけいに生み出す事に力を加えている様な、

自虐劇等を行っている事」が、

「容認され続けていて良い時代では無い」のである』。

『「テレビ界の是正」は「急務」だ』。

|

「そもそも、言葉狩り」にご用心!・・・。

『{そもそも}「言葉狩り」は、「言葉狩りで引っかかる者・物・事の内実の価値を損ねさせる為」に「情報工作として、しばしば行われている」』。

|

マイナンバー問題、2センチずれマンションは、全棟建て替えの対策が提示されている様だが・・・。

『「基礎杭打ちがいい加減だった事が原因」で「若干傾いてしまった棟のあるマンション」では「全棟建て替えの対策が提示されている」。

「ところが、政府は、システム設計で、贈収賄があったマイナンバー」を「そのまま使い始めるつもり・・・の様」だ。

「セキュリティーを考えるなら、在り得ない事」である』。

『「そもそも、タッタ12桁の番号を個人個人の割り当てる」とは、

「多くの人々が、短期間で記憶可能な番号を個人個人に割り当てる事」に他ならない。

「12桁をそのまま覚える事は、困難に思えるだろうが、4桁づつ3回覚える事は、多くの人にとって難しい事では無い」。

「つまり、其処ら辺の何処にでいる普通の人々でも、簡単に、他人のマイナンバーを覚えられてしまうレベル」の「セキュリティーレベル」なのだ。

「これは、非常に危険な状態に他ならない」。

「今時なら、個人個人に割り当てる番号の桁数」は、

「最低でも17桁、出来れば、33桁程度」にして、

「個人が覚える事を基本的に求めない仕様が当然」だろう』。

『「17桁以上となれば、使用番号より不使用番号の方を圧倒的に多く出来る」から、

「悪がちょっと見たダケで、特定個人の使用番号を特定する事等も非常に困難になる」。

「今時の電子機器の価格レベルを考えれば、番号を覚える必要が無いシステムの構築」でも、

「現実的範囲」で

「将来を考えるなら、むしろその方が圧倒的にメリットが大きい」から、

「個人が番号を覚える事を前提にしたシステム設計自体が、間違っている」と思う。

「個人認証は、顔認証&生体認証&パスワード等によれば良い」』。

『「現行のシステムで良い部分」は、

「顔写真付き」と、

「データの大集約暗号化管理」だ。

「顔写真は、顔認証に使える程度の物を条件にすれば良い」。

「大集約暗号化管理をしてあるデータから、特定個人のデータを読み解く」には、

「読み解くロジックを知っている必要がある」から、

「そのロジックのセキュリティー強度と、管理がしっかりしていれば、問題は非常に起こり辛くなる」。

「しかし、マイナンバーカードの裏面に、タッタ12桁のマイナンバーが載っている事」や、

「その12桁のマイナンバーを個人が記入して使えたりする事」は、

「今時では、既に、利善良民では無く、利悪人レベルの事」だ』。

『「マイナンバー自体は、悪くない」が、

「個人個人が覚えたり、書き込んだりする必要が無い、

桁数や不使用ナンバー数が多い、

高いセキュリティー強度を持つマイナンバーシステムに変えるべき」だ』。

『「4桁の暗証ナンバー」とは「万分の一」で、

「そのレベルが通用する」のは「悪人による盗み見等が無い時代ダケ」だ。

「今時の盗撮技術からすれば、盗み見は非常に容易」だから、

「盗み見されても大丈夫な生体認証」や、

「他人が再現すれば不自然になる(万分の一の数字なら、同じ数字を使う他人が居ても何の不思議も無い)17桁以上のパスワードにするべき」だ。

「顔認証&生体認証&17桁以上のパスワード」なら「他人が悪用する事が、かなり困難になる」。

「代理の場合は、委任状を基本的絶対条件とし、委任状要件&委任状使用者個人認証等を相応に厳しくすれば良い」。

「マイナンバー使用の大部分は、本人である筈」だから、

「代理の場合は、多少の手間がかかって(手間は、人力で援助する手段等を考え、採用すれば良い)も、ちゃんとしたセキュリティーを優先するべき」だ』。

『「本気で、国民の安全保証を担保する気がある」のなら

「セキュリティー強度が高いマイナンバーシステムにする事」が

「出来ない訳が無い」。

「反日他国等から裏金でも貰っている、日本国民の情報を売る約束でもした売国奴等」なら、

「セキュリティー強度の低いマイナンバーシステムをつくり、

出来るダケ早く運用したくなっている筈」だ。

「それは、韓国のマイナンバーシステム」が、

「北朝鮮の工作活動の増強に大いに役立ってしまった事から」も、

「日本では、十二分に留意しているのが、当然の事」だ』。

『「現状で出て来ているマイナンバーシステム」は、

「セキュリティー強度を考える」と、

「まるで、近未来において、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の悪権力者人脈等」に

「多くの日本国民の個人情報を与える事」で、

「それらの人脈による不適応分子粛清工作等の便を図る為のシステムの様・・・」でさえある。

「システム設計時に贈収賄が在ったとなれば、もはや、全面変更が当然」だ』。

『「民間企業が、実際は、住んでいても、安全レベルは相応に担保されているであろうと推定されるレベルの事態」でも、

「全棟建て替えの対策を基本にしている今日の日本社会」で、

「国家の一大新事業であるマイナンバーシステム」が、

「システム設計時に贈収賄があっても、そのまま・・・という事態」は、

「あり得ない」』。

『「五輪の国立競技場問題」は、

「選考の問題であり、お金の問題」だった。

「エンブレム問題」は、

「選考の問題であり、評判の問題」だった。

「どちらも、白紙撤回され、やり直されている」。

「マイナンバー問題」は、

「システム設計時の贈収賄の問題」も「露呈」した、

「日本国民の個人情報の安全保証の問題でもある」。

「白紙撤回され、やり直し、堅牢なシステムにする」のが「当然」だ』。

|

マイナンバーは最初からやり直しでしょ!・・・。

『「賄賂を貰って、仕様書を外で作らせたのが元」では「セキュリティーが甘いのも当然」だ。

「そんなのが元」で、「タッタ12桁の個人識別ナンバー&生体認証も無し」では、

「お話しにならない」。

「もはや、確信犯で、多くの日本国民の個人情報を反日他国にでも吸い上げさせる為の仕組み構築の様相ですらある」のだから、

「最初からやり直すべき」だ』。

『「マイナンバーのシステム構築」は「厚労省では無く、防衛省に任せたら良い」。

「防衛相で、セキュリティー的に満足が出来るシステムを構築して貰った上で、運用の責任を、運用目的に応じて、財務省や厚労省や政府等が負えば良い」のだ。

「今時なら、個人識別番号は、最低でも17桁、出来れば、33桁程度は要る」。

「識別ポイントの数が相応に多い生体認証もマスト」だ。

「暗証番号では無く、パスワードで文字数も17文字以上にするくらいにしなければ、ダメ」だ。

「銀行ATMの様に多くの人々が頻繁に使う訳では無い」から、

「セキュリティーを相応に高めた上で、

使う時には、

多少の手間がかかっても安全に使える様」に

「システム設計する」のが「当然」だ』。

『「現状のテキトウシステム」では、

「マイナンバーの登録・使用等拒否」に

「合理的な理由が成り立ってしまう」と「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「現行のマイナンバー」は、

「大問題になる前に、直ちに中止し、最初からやり直すべき」である』。

|

テレ朝朝番では、「貧困の世代間連鎖を学歴と結びつけるインチキ論」を風潮していたが・・・。

『「言うまでも無く、貧困問題とは経済格差問題で、学歴=経済格差では無い」。「それは、例えば、歯医者の世界も格差社会等の実態からも、誰もが分かる事」だ。

「それでは、格差問題の本質とは?」』

『「かつての、所謂、一億総中流時代」は、

「お金の利権」が、

「個人レベルにまで満遍無く分配されていた様な状態だった」から、

「一億総中流だった」。

「それは、個人商店や中小零細企業等でも、比較的容易に、中流程度の稼ぎが出来た事等からも明らか」だ。

「実態としては、総中流を可能とする適度な規制が在ったから、総中流状態が可能になっていた」。

「当時の日本」は「一番成功している社会主義国」と「揶揄されていた」』。

『「規制を外すとどうなるのか?」

「金権システム上で、金権以外の規制で守られていた部分が無くなる」と、

「圧倒的にお金の力が強くなる」。

「圧倒的に、大金持ちや大資本等が有利になる」。

「規制緩和以降、個人商店はシャッター街」となり、

「例えば、イオン等の様な大資本の大店舗」は、

「大いに儲かっている」。

「日本国内の多くの中小零細企業は潰れ、

中小零細企業が受け持っていた仕事は、

大資本の下で、海外に流失したり・・・していた」。

「そうなると、どうなるのか?」

「金銭・財産・資産等上で、子育て環境を失う人々が増え、少子高齢化が誘われる」。

「国内人口の減少は、内需を細らせる事に直結し、個人商店や中小零細企業にとって、更なる打撃となった」。

そして、

「雇用上の権力関係も全く変わった」のだ』。

『「適度な規制故に、

個人レベルでも保持出来ていた=多くの人々が持てていた、小さな利権」が、

「規制緩和により、

資本原則に沿った金権構造上の利権に化け、

大金持ちや大資本を持つ極々少数の人々の下に集約された」から、

「雇用関係も、

中小資本下の正社員が減り、

大資本下の非正規・アルバイト等が増えた」』。

『「大資本の正社員として雇える人は、相応に学歴が要る筈」だが、

「実際は、大資本と言えども、実質的には、家族企業だったりしている場合が少なく無い」から、

「大資本を持つ家に産まれたダケで、

大資本企業への雇用もその企業内での立場も、

実質的には、得られている状態の人々も決して少なく無い」のだ。

「もちろん、大卒(出来れば有名校卒)の体裁が有った方が、周囲を納得させ易い」ので、

「その様な家庭では、金にモノを言わせて、学歴を付けさせる場合も少なく無い」。

「しかし、学歴=学力でも、能力でも、人柄や性格等の良さでも無い事」は、

「誰もが知っている通り」だ。

「そして、そんな者の下で、実務を行わせるのに都合の良い者たちの選別が、行われている」。

「そちらの選抜要件」は、

「学力や、能力や、そんな者たちに気に入られる人柄や性格等なのだ」。

「有名大学等を出て、相応の学力・能力等を身に着けた、

ご主人さまには従順で、気に入られる、

おもしろかったり、忠犬の様だったりしている、オコボレ頂戴わんわんたち」が

「合格」する』。

『「貧困や、貧困の世代間連鎖等の問題」の「本質」は、「学歴では無い」。

「多くの人々」に、

「金権に余りに多くを預けさせる事を容認させ、

過分な財産・立場等の血統相続を容認させている事」こそが、

「貧困や、貧困の世代間連鎖等の問題」の「本質」だ。

「そして、それは、少子高齢化問題の生みの親でもある」』。

『「現状で過剰な立場・財産等を抱きしめられている者たちの

オコボレ頂戴わんわん的要素が非常に濃い、

テレビ常連出演者等」が、

「ご主人様の利権を守る為に、

日本の公共の電波を使って、

実質的インチキ論を一方的に大量配信した」のが、

「本日のテレ朝朝番の実態」だろう。

「もちろん、そんな事を行ったところで、日本社会が良くなる訳も無い」。

「現状の不当利権が温存されると共に、多くの人々の貧困化が益々進み、益々格差が広がるダケ」だ。

「少子高齢化も益々酷くなるダケ」だ。

「この流れは、学問に向かない人々の高学歴化を助けたところで、変わる訳が無い」。

「高学歴・高学力・高能力等だから、良い職業に就けるのでは無く、

規制緩和をして、金権の力が増せば増す程、金が集中し易くなる構造である大企業・大資本上に居る者たちにとって、

都合の良い者が、

オコボレ頂戴わんわんとして、雇われる」のだ。

「結果として、規制緩和をして、金権の力が増せば増す程、金の集中する構造」を

「維持させる為の屁理屈しか言えない様な、オコボレ頂戴わんわん的者たち」が、

「日本の公共の電波上でも蔓延って居たりする」のが、

「現状」なのだ』。

『「格差の世代間連鎖を打ち切る為に必要な事等」は、

「上記等」の「格差が生じ、それが世代間連鎖している本当の構造等」を

「理解・把握するなら誰もが考えられる筈」だ。

例えば、

「権力を金を持つ人に持たせ過ぎない事」や、

「過剰な血統家族相続等を禁止させる事」だ。

「権力を金を持つ人に持たせ過ぎない為」には、

「適度な規制も、もちろん有効(但し、規制を担当する人は、権力を事実・現実に預け、不当な権力を持たない・持てない様にする事が、絶対条件)」だし、

「過剰な財産・資産等の取得・保有等を累進課税等で抑制させれば良い」。

「世代間連鎖を防ぐ為には、

平均以上の相続には累進課税で重税をかけると共に、

平均未満の相続に再分配する事で、

産まれながらの環境格差を是正する事」等が「有効」だ。

「親に係わらず、子どもの産まれながらの環境が、平等的で無ければ、

平和は絶対に無理」だ。

「産まれながらの子どもの環境は、平等的」でも、

「大人の環境は、地球生命体細胞群の本来の目的である存続への貢献度に応じたある程度の格差が無ければならない」。

「自分の実体の本来の目的に叛く者や、

破壊行為を行う者等には、

応分の罰が与えられるべき」であり、

「本来の仕事をロクに行わない者と、

普通に行った者と、

自虐的にならない範囲で大いに頑張った者との間には、

相応の格差が在る」のが

「公平な人間社会」だ。

「産まれながらは基本的に平等」で、

「その後は、実態・実体に応じて、公平」な「人間社会」の「構築」こそが、

「人類の存続~永続を可能にする」』。

『「現状維持の為に、スケープゴード的に学歴等を持ち出している様な劣悪論」を、

「公共の電波上で蔓延らせている様」では、

「人類滅亡がどんどん近づいて来てしまう」・・・』。

『「学歴があっても、本当の意味での

学力

(学ぶ力が有るとは、

新陳代謝という言葉を習ったなら、

その実体を学び取り、

人の誕生・死が細胞ごとに起こっている事を理解・把握し、

死自体は誰もが今、この瞬間にも体験している事だから、

死後の世界や霊などはあり得ない事を理解・把握する・・・等々の様な事が

理解・把握出来る事であり、

新陳代謝という言葉だけを覚えるのは

単なる記憶力だ。)や

能力

(学力を活かし、現状の人間社会の現実離れを是正する事等に力を加えられる・・・等々が能力であり、

現状の権力者等に媚びる事で目先の金銭・立場を得ようとする・・・等々は、

現状中自慰源泉取得力や

現実人間社会破壊力とでも言うべきだろう。)

が無い様相の、

現状権力者のオコボレ頂戴わんわんとしては、優秀な資質を持っていても、

人類の精神文化の正常進化にとっては有害な仕事しか出来ていない様相の、

実質的、愚か者たち」は、

「早々に、日本の公共の電波上から、降ろされるべき」だろう。

「テレビ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

『「格差問題や少子高齢化問題を解決する気があるのなら、

誰もが本気で考え、実行する、させるべき事」は、

「山ほど在る」。

「それらも、もちろん、地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する人類として行うべき仕事」だ』。

|

テレ朝昼番では、自動車運転時のイライラ等を心理問題としてイメージ付けようとしていたが・・・。

『「ご用達常連出演映画監督?の車の運転」は「余程、酷いのか(?)」、或いは、「意図的に、譲り合い精神の無い運転を、公然化させ、流行らせたいから・・・か(?)」、

「日本国内では、車運転時の譲り合いの精神等が失われている旨」述べていたが、

「筆者が運転している環境では、譲り合いの精神も、もちろん、健在」だ。

「車運転時に、運転者に影響を与える問題で、見逃せないのは、電磁波工作」である』。

『「車の電磁波工作の実態」は「以前の記事に記してある」から「該当記事をご参照願いたい」が、

「重要な事」は、

「別に基本的な問題がある事」を

「心理上の問題等として、処理しては、させてはいけない事」だ。

「それなのに、テレ朝昼番」では、

「ご用達心理学者???まで登場させて、

車運転時のイライラ等の問題が、

心理上の問題である印象を視聴者に持たせたい様相だった」のだから、

「本当に悪質」だ』。

『「はっきり言って、個人レベルでも検知出来ている電磁波工作」を、

「テレビ局等の大企業組織内の誰一人として、全く知らない訳など無い筈」だから、

「テレ朝では、確信犯で電磁波問題を隠蔽したい」のだろう。

「・・・さすが、北朝鮮労働党のお友達、旧社会党等の人脈が牛耳っている様相の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の対応」だ。

「筆者の知る限り、強電磁波工作を行っている者たちの多く」が、

「韓国(北朝鮮も含む)系だったり、

中国共産党系だったり、

それらと友好関係のある者たちだったり、

・・・している」』。

『「現行法&現行の摘発体制では摘発困難な電磁波工作」は、

「法秩序等を表立って訴えている者たちの不適応分子粛清手段や、

政権を取れていない日本社会を貶める為の手段等として、

実に使い易い、悪理に適っている手段」なのだろう。

「露呈し辛い飲食物工作や侵入工作も、同じ」だ』。

『「一般日本国民の支配では無く、

一般日本国民の安全・安心・健康・発展等を考えている」なら、

「この戦後の日本社会で蔓延り続けている

戦後の日本の法律や摘発体制では摘発困難な

実質的には、

多くの日本国民に表沙汰にされ辛い悪影響を与えている、

酷い工作活動を表沙汰にし、

政府や警察等に早急な対策を促す事」等こそが、

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事」だ』。

『「本来の仕事をやらずに、

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者や

中国共産党等の為の、

情報工作に邁進している様な連中」に、

「日本の公共の電波を使った仕事や公共的マスコミの仕事を

させ続けていて良い訳など在り得ない」』。

『「特に、日本の公共の電波を使っているテレビ界・ラジオ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等がお話しにならない訳・・・。

『「話しが通じる相手」と「話しが通じない相手」は「何処が違うのか?」

「話しが通じる相手」とは「基本的に、事実・現実に権力を預けられる人々」だ。

「話しが通じない相手」とは「自分たちが権力を保持しようとする人々」だ。

「自分たちが権力を保持しようとする人々」は、

「事実・現実を捻じ曲げても、自分たちが支配的権力を持ってしまえば、どうにでもなる」等と

「信じている」から、

「事実・現実に権力を預けようとしない」。

「そんな相手とは、話す前に、相手の状態を正常化しなければならない」。

「つまり、対話の前に、高度な精神治療が必要なのである」』。

『「元々、支配権を持てば、事実・現実はどうでも、自分たちの都合が通る」等と

「信じている人々」は、

「自分で自分を健康にコントロールする本来欲求の充足が満足に出来ていない」。

「支配欲の本来欲求の充足の代わりに、他者支配や他者による被支配という代償欲求を追及している状態」だ。

「はっきり言えば、過剰な代償欲求の追及は、精神的に病んでいる状態」である』。

『「その様な状態で、精神的に病んでいる者たち」に「対応する為」には、

「先ずは、自覚を促す事が重要」だ。

「本来持っている支配欲を健常に充足させていない事」、

及び、

「その代償として、他者支配・他者による被支配を追及する事に明け暮れている事」を、

「先ず、自覚させる事」が「肝要」なのである』。

『「自覚させる事が出来れば、事実・現実の地平面上で話しが成り立ち易くなる」。

「権力は事実・現実に預けた上なら、

双方がウィン・ウィンになる状態を構築する事」は、

「それ程、難しい事では無い」。

「何故なら、

人類誰もの実体は、地球生命体細胞群であり、

人類誰もが、地球生命体細胞群の人類としての一塊」だから

「基本的に必要な利益は、皆同じ」である。

「ある問題を解決する為」には、

「自分の実体、及び、その実体の本来の目的である存続から、事実・現実に基づいて、

紐解き、

人類誰もが基本的に必要としている利益を阻害している者・物・事を排除して行けば良いダケ」だ。

「このロジック上で排除される者に区分される自虐的状態は、解消すれば良いダケ」だ』。

『「過分な、大金持ち、大資産持ち、大量消費自慰状態、大権持ち、

過剰な、他者支配、他者による被支配」等々の「悪い状態」は、

「全ての人類が解消すべき状態」だ。

「それら、大悪が解消される」なら、

「自動的に、格差も是正され、環境問題の解決も容易になる」。

「多数の貧民を全員金持ちにする事は、非現実的で困難」だが、

「本質的な正当性が無い、数の面では少ない、大金持ち(それだけの実体的貢献をした者は、実質的に、皆無だ。)や

大権持ち(権力は、人が持たず、事実・現実に預けるのが正当だ。)等を

全廃させる事」で、

「偏在している過剰な財産等を足りない所に再分配する事」は、

「現実的な分だけ容易」だ。

「貧困状態に産まれて、自分(たち)だけは大金持ちになろうとする」のは、

「悪に他ならない」。

「正常な人間なら、貧困自体を無くす事で、自分も貧困では無くなる方向に力を加える」。

「大金持ちや大有名人や大権持ち等をつくる事を容認」し、

「其処に、自分を被せて現実逃避している人々」こそが、

「不当な格差の生みの親に他ならない」。

「人類誰もが本当に必要」なのは「現実逃避の受け皿では断じて無い」。

「現実人間社会の不当な格差の是正」だ』。

『「誰が?の世界で生きている人々」こそが、

「不当な格差の生みの親」である。

「人類誰もが、何が?の世界」で「本質を探究する」なら、

「不当な格差は、短期間で解消される事になる」』。

『「誰が?要素が過剰に強い社会」が「中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等」でもある。

「そんなところが悪劣なのは、当然」だ。

「悪劣社会を是正させるのは、もちろん、日本社会の悪劣性の是正も忘れてはいけない」』。

|

テレ朝朝番では、辺野古への移設問題で県民投票を推奨していたが・・・。

『「民意」と「大衆誘導による操り人形状態の人々が訴えさせられている意志」は「全く違う」。

「だから、民意を計る県民投票等の前」には、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導等の排除が絶対に必要」だ。

「沖縄米軍基地等に対する論調が、沖縄の地方紙二紙」では、

「まるで、赤旗と人民日報の様・・・」で、

「本土からの新聞は、一日遅れの配達になるから、新聞にならず、

沖縄内の新聞として、その二紙の読者が9割以上」となれば、

「沖縄県民は、実質的に、地方紙二紙のマインドコントロール下に置かれ易くなっている様な状態」だ。

「地方紙に順じている沖縄県内のテレビ・ラジオ等の論調や、

それに呼応している日本本土内の多くの民放のその論調ばかりの偏重宣伝状態」も、

「大衆誘導効果を生んでいる」。

「基地ダケに偏向し、日本の安全保障や、安全保障が必要な理由等、

重要な事実・現実を黙殺せしめている偏向情報を

大衆に一方的に配信する事」は、

「直ちに禁止させられるべき」だ』。

『「情報が正常化されていない現状」では、

「県民投票等」は、

「大衆誘導効果を確かめる為には有効」でも、

「全ての人々が、その事についての重要な事実・現実情報を満遍無く得た上で、

自ら考え、判断し、意思を示した、民意の集計には成り得ない」。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による情報工作や大衆誘導の是正を前提としない県民投票等」を

「実質的に煽った情報配信」は、

「その事自体も、実質的大衆誘導」で、

「明らかに悪質」だ』。

『「日本のテレビ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

共同通信の調査によれば「新聞が一番正確・・・51%」だそうだが・・・。

『「そもそも、何をして正確と捉えているのか?」が「問題」だ。「正確イメージ」と「正確」とは「全く違う」。

「正確」とは、「事実・現実通りの実態・実体をありのままに情報提供出来ている場合にこそ相応しい概念」だ。

「正確イメージ」は、「表現でいくらでも操れる」。

「だから、実際」に、

「内容は、嘘や捏造や偏重や偏向等々」でも、

「真面目で如何にも本当の事であるかの如き表現を用いたり、

有名人や多くの人々が気になる者・物・事等々を利用したりして、何らかの要素で興味を持たせ、

人心を動かす様に加工されたりしている情報」に、

「多くの視聴者・読者等は、容易に騙されている」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導が出来てしまっている所以」だ』。

『「正確を問う」なら、

「問うて居る正確の実体」から「はっきりさせるべき」だ。

例えば、

「あなたは、事実・現実ありのまま実態・実体の情報を、何処から得ていますか?」等を

「問えば良い」。

「其処から先」は、

「脚色の問題であり、

正確さを歪めている度合いの問題だから」だ』。

『「多くの人々が興味を持つ者・物・事に対して、大元の事実・現実情報の多くを提供が出来ている」のは、

「必然的に、取材を仕事と出来ている所になる」。

「だから、新聞・テレビ・ネット等の区分(この様な区分自体、新聞・テレビ等を優位にする為の仕込みに他ならないのだが)の場合、

新聞・テレビとなる」。

「そして、其処に、脚色の問題が乗れば、新聞が一番正確という回答を導き出す人々が、一番多くなる」のは、

「当然の現象」だ。

「ところが、ネット情報」には

「取材を仕事と出来ている者たちが外から得ている情報以上の

現実密着度を持つ

中からの情報も在る」。

「もちろん、

外からの取材情報も、

中からのアップ情報も、

その全てが、事実・現実のありのままの実態・実体を情報提供しているとは限らず、

偽も少なく無い」。

「しかし、その中から、偽を除いた情報を拾い集めている限り」、

「ネット情報の正確性が、外からの取材情報を上回っている事が多々在る」』。

『「ネットの弱点は、情報が余りにも多過ぎるが故に、正確な情報を得る為の手間がかかり過ぎる事」だ。

「よって、ネット情報から正確な情報を選別する時間や手間を惜しむ、多くの人々」は、

「新聞やテレビ・ラジオ等を頼る」。

「自分が頼っている者・物・事は、脳神経ネットワーク内で、自分の一部化されている上に、

自己保存本能が自己否定を拒み易く、狭義の自分を導いている」から、

「新聞やテレビ・ラジオ等には、本来、多くの人々から悪く言われ辛いベースが在る」。

「そのベースを壊す事に直結している」のが「正確さを裏切る事」だ。

「自分が頼っていた者・物・事が頼るに値しない(正確では無い等)」なら、

「人は、容易に、その者・物・事を自分の一部から外せる」。

「捏造・偏向・偏重・嘘等の情報配信」は、

「新聞やテレビ・ラジオ等が本来持っている多くの人々から悪く言われ辛いベースを壊す事に直結している」』。

『「さて、共同通信の、実質的に、新聞が一番正確を答えさせる為の調査」の「実効」は、

「どうだろうか?」

「筆者の場合は、益々、共同通信の発する情報の脚色性を疑う様になった」が・・・』。

|

翁長県知事埋め立て承認取り消しで、沖縄県民等の{覚悟}を求める悪劣テレビ・・・。

『「日米二国間で合意している国の防衛政策」に「反対する」なら、「米国との合意や国としての政策をひっくり反すに相当する高い理由」や、

「現実的な代案等」の「提示」が「当たり前」だ。

「ところが、翁長県知事等が主張している」のは、

「実質的に、戦後の沖縄の米軍基地負担等の歴史や、多くの沖縄県民を始めとする少なく無い数の日本国民等の感情」等で、

「現実的な代案は無い状態」だ。

「もちろん、戦後の沖縄の米軍基地負担は多大で、過剰である事」は、

「疑いの余地は無く、多くの沖縄県民を始めとする少なく無い数の日本国民等の感情等も解る」が、

「だから、辺野古移設を止めれば良いという事では無い事」は

「冷静に考えるなら、誰にでも解る事」だ。

「過剰な米軍基地負担を減らす事」を「一気に行う事は、現実的に不可能」だ。

「少しずつ、確実に減らして行く事」こそが「現実的解決法」に他ならない。

「危険度が非常に高い普天間基地を辺野古に移設する」と「共」に、

「沖縄の基地負担を減らす今回の日本政府と米国の政策」は、

「沖縄の基地負担を現象させる事」を「現実的に行う策」に他ならない。

「辺野古移設を止める事」は

「危険度の高い普天間基地を温存させる時間を長くする」と「共」に、

「基地負担を減らす事を遅らせる道」に他ならない。

「感情面」では、

「基地問題の現場で暮らしている沖縄県民を始めとする日本国民の感情」を

「二分させる事」で、

「日本国内に、新たに、強い対立軸をつくらせる事」に他ならない。

「そんな状態をつくった」のは「何処の誰たちだろうか?」

「そんな状態を喜ぶ」のは「いったい、何処の誰たちだろうか?」』

『「元々は、それなりに穏便に、粛々と進行する筈だった普天間基地返還&辺野古移設」が

「大問題化された原因」は、

「言うまでも無く、民主党政権時の鳩山元総理による{最低でも県外!}発言」だ。

「民主党政権を生み出した韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「{最低でも県外!}を徹底宣伝」し、

「現場で暮らしている沖縄県民を始めとする日本国民等」を

「実質的にマインドコントロールしたから」だ。

「{最低でも県外!}マインドコントロールされてしまった日本国民等」は、

「実質的」には、

「実現不可能な政策への現実逃避を強いられた」と「共」に、

「その現実逃避を元に、

実現可能な前進政策を

止めさせたり、

遅らせたりする事に、

力を加える

圧力団体の構成員にさせられてしまっている」のだ。

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等によるマインドコントロールの下」で、

「知らず知らずの内」に、

「実質的」には、

「政治圧力団体の構成員としての仕事をさせられてしまっている」のが、

「辺野古移設反対運動を行っている、多くの人々の実体」だ。

「こんな状態を喜んでいる」のは

「何処の誰たちだろうか?」』

『「日本に、米軍基地・自衛隊基地等」は「何故要るのか?」

「言うまでも無く、日本国・日本国民の安全保証の為」だ。

「日本国・日本国民の安全を脅かしている国や組織等は何処か?」

「言うまでも無く、反日国であり、反日組織」だ。

「具体的には、中国共産党支配下の中国であり、韓国(北朝鮮も含む)等であり、それらの国々の国家権力者の意図の下で動く組織こそ」が、

「日本国・日本国民の安全を脅かしている国や組織の代表実例」だ。

「実際」に、

「中国共産党支配下の中国」でも、

「韓国(北朝鮮も含む)」等でも、

「反日教育が在り、反日政策が行われて来ている」。

「韓国による竹島の不当占拠や数々の工作活動等」が「実在」し、

「北朝鮮による拉致まで含む数々の工作活動等」が「実在」し、

「中国共産党支配下の中国による尖閣諸島等への不当進出や身勝手な海洋開発や数々の工作活動等」が「実在」している。

・・・「それが、戦後日本社会の現実」だ。

「その様な状態を少しでも抑制させる為」には「何が有効か?」

「韓国により竹島が不当占拠された終戦後間もない時代」には、

「日本国による安全保障の為の軍備等は無いに近い状態だった」。

「その隙をついて、韓国は竹島を不当占拠した」。

「北朝鮮による拉致も、日本国内でスパイ・工作活動対策が無いに等しい状態だったから可能になり、実行されてしまった」。

「日本のスパイ・工作活動対策は、未だ、未だ、不十分なまま・・・」だ。

「中国共産党は、軍備増大と共に、不当進出を拡大している」。

「日米安保の状態や、

日本と中国共産党支配下の中国の軍事バランス次第」で

「中国共産党による不当進出範囲が決まる」等と

「言っても過言では無い」。

「そんな状況の中」での、

「沖縄米軍基地問題であり、普天間移設問題であり、辺野古基地建造問題」なのだ。

「日米安保を相応に強化しながら、

少しずつ(一気に減らす事は、中国共産党・韓国・北朝鮮等の反日国等の状態が急変し、皆、親日にでもならない限り、現実的では無い)沖縄の基地負担も減らしながら、

普天間基地の危険性も排除する為」に、

「現在、取り得る、一番現実的な手段」は「辺野古移設」に他ならない』。

『「日本国民」なら「冷静に考えれば、上記等の事は、誰もが分かる事」だ。

「それなのに、韓流テレビ等」では、

「翁長県知事の埋め立て承認取り消しを受けて、

沖縄県民の{覚悟}を煽り、

まるで、日本分断~沖縄独立等の気運」を、

「日本社会の中で造成したい様相だった」のだ。

「韓流テレビ等による利中共・利韓(北朝も含む)の為の日本国民マインドコントロール」が、

「民主党政権を成立させた時同様、

翁長県知事の辺野古移設問題への対応を利用して行われている様相」なのだ。

「民主党政権時には、円高容認政策等により、日本が細った反面、中・韓が太った」。

「辺野古移設が遅れれば、遅れる程、米軍&自衛隊の最新・最適配備化も遅れる」から、

「その分、中国共産党軍をバックに、中国共産党が蔓延り易くなる」。

「この問題でも、安保法問題でも、原発問題でも、太陽光発電問題でも、

・・・等々、等々・・・、

日本国内の世論を二分化せしめ、

日本の政策が停滞すれば停滞する程、

中共・韓(北朝も含む)等反日国等にとっては好都合になってしまう」。

「そんな状態を、心から望んでいる」のは、

「断じて、日本国民では無い」。

「心から、そんな状態を望んでいる」のは、

「反日国の悪権力者等か、その手先たち」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

中国共産党支配下の中国では、スパイ容疑で日本国民の拘束が相次いでいるが・・・。

『「中国共産党支配下の中国内に行って、情報収集している様な日本国民は、はっきり言って、民間レベル」だ。

「当然、得られている情報のレベルも知れたモノ」になる。

「それでも、中国側が拘束すれば、対日交渉カードに化けてしまう」。

「逆はどうか?」』

『「今の日本国内には、中国共産党のスパイ・工作員が、それこそ、ゴマンと居る」。

「しかも、中国共産党のスパイ・工作員養成組織で訓練された多くのプロが居る」。

「それなのに、戦後の日本には、実効の有る、スパイ・工作活動防止法や摘発体制等が無い」。

「結果として、プロ、スパイ・工作員たちによるスパイ・工作活動の犠牲となってしまっている多数の日本国民や日本企業が出てしまっている」。

「中国側が、民間人レベルの情報収集者をスパイとして拘束している事」等に、

「対応する為」にも、

「プロ、スパイ・工作員を厳しく取り締まる為の法と摘発体制の整備」は、

「急務」だ。

「何年も前から、当ブログではその必要性を訴え続けている」』。

『「ちゃんとした対応が出来ていた」なら、

「日本側が現状国際常識でも正当と判断される理由で拘束した、

決して少なく無い数の中国共産党のプロ、スパイ・工作員」と、

「民間レベルの情報収集活動、或いは、スパイ活動等は、何も行っていなかったにも係わらず、中国共産党支配下の中国で拘束されてしまった日本国民」の、

「交換」で、

「事は済む事になっていた筈」だ。

「否、むしろ、

日本国内で、少なく無い数の中国共産党のプロ、スパイ・工作員が拘束されていた」なら、

「中国共産党にとって、今回の様な拘束をするメリット自体が無くなっている様なモノ」だから、

「拘束事件自体を防げていた可能性大」である』。

『「日本国内のスパイ・工作活動等に対する対応が甘すぎる」から、

「中国共産党支配下の中国で、日本人が容易に拘束されてしまっている」のだ』。

『「日本国民は、この現実に真摯に向き合うべき」だ。

「平和ボケと土下座外交等で誤魔化せる時代」は、

「とっくの昔に終わっている」』。

|

翁長知事の辺野古承認取り消し問題・・・。

『「沖縄の方々」は、「米軍基地の移設」と「中国共産党支配」の「どちらが良いのか?」・・・「よ~く、考えましょうね」』。

『「ちょっとでも、隙が在れば、どんどん浸み込んでいくのが、中国共産党の支配術」。

「くれぐれも、ご用心!!」』

|

テレ朝朝番、「国連=ユナイテッドネーションズ(戦勝国連合)」は「元はその通り」だが、中国共産党も韓国(北朝鮮も含む)も戦勝国では無い事等も同時に言うべきでしょ!・・・。

『「本日のテレ朝朝番の情報配信内容」では「戦後70年くらいでは、先の大戦を過去の事に出来ない世界標準でもあるかの如きイメージ」だったが、

「過去の歴史を捻じ曲げたインチキ論等を元」に、

「未だに、ゴネている」のは、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)くらい」だ。

「そして、それらの国々等は、もちろん、戦勝国では無い」。

「米・英・仏や中・韓(北朝も含む)を除くアジアの多くの国々を見れば明らか」な様に、

「中・韓(北朝も含む)以外のほとんど全ての国々」は、

「戦後70年も経っている今日、

先の大戦の負の問題を、

実質的には、捏造までして、

騒がない」。

「この問題が、無理やり問題化している中共・韓(北朝も含む)の問題である事」は、

「上記の実態からも、明らか」だ』。

『「現状の国連が戦勝国連合を元に作られた事は事実」だが、

「戦後の中国の内戦で、

旧ソ連の絶大なる支援の下、

中国大陸内の支配権を得た中国共産党支配下の中華人民共和国」が、

「中華民国から常任理事国の権利を取る事を認めた段階」で、

「実質的には、戦勝国連合では無くなっている」。

「これは、非常に重要な現実」で、

「ここにも一つ、日本が常任理事国入りを正当と出来る理由がある」。

「日本のテレビ番組なら、上記を言わない事が異常」だ』。

『「日韓併合以降、朝鮮半島内は、日本だった」から、

「韓国(北朝鮮も含む)に、大戦時の日本による戦争の被害などある訳も無い」。

「多くの日本人男性が、赤紙徴収で勝ち目の無い戦場に強制的に送られていた時の、

従軍高報酬売春婦の朝鮮人ダケ(従軍高報酬売春婦・・・当時、売春は合法の仕事・・・には、もちろん、日本人女性も多数居た)や、

強制的軍事徴用の朝鮮人ダケ(もちろん、多数の日本人に対する強制的徴用もあった)」等を、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的手段で、戦後に、別国として独立した事を悪用」して、

「無理やり問題化し、駄々をこね、不当利権を貪り取ろうとしているその様」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「国連を持ち出す」なら、

「上辺の名前の要素ダケを偏重して扱うのでは無く、

その内実を共に言わなければ、

実質的には、多くの視聴者の誤解を招く不当な情報配信になる」』。

『「テレ朝朝番が、何故、実質的には、不当な情報配信をしたのか?」は、

「国連=戦勝国連合を持ち出す前の話題」との「関連付け」からも、

「明らか」だ。

「前の話題は、

ユネスコで今回不採用となった、

中国共産党による(中国共産党等の言い分による)従軍慰安婦の記憶遺産登録問題」だった。

「今後、中国共産党は韓国等と協力しながら、

二年くらいを目途に、(中国共産党等の言い分による)従軍慰安婦の記憶遺産登録を目指す旨」が、

「伝えられた後、国連=戦勝国連合が伝えられ、

そして、戦後70年経っても、先の戦争等の問題は忘れられていない等が世界の常識的旨の締めくくりだった」のだ。

「この様な流れの配信情報ダケを一方的に見聞きさせられている視聴者の中」では、

「戦後70年経っても、戦勝国の多くが、先の戦争等の問題にも拘っている様な誤解」が起き、

「中国や韓国(北朝鮮も含む)等を、戦勝国的イメージで捉えてしまう、操られ現象」の「中」で、

「・・・ならば、従軍慰安婦問題の記憶遺産登録は認めた方が良いのでは・・・等々」の、

「実質的、利中国共産党・利韓国(北朝鮮も含む)等の思い」が、

「想起させられている」可能性が非常に大きい』。

『「戦後の日本の公共の電波上」で、

「この様な情報による大衆誘導が平然と行われ続けて来ている事」は、

「明らかに、異常」だ。

「異常の元」は「戦後の日本の情報・教育が、不当に、利している国々や組織等からも明らか」だ』。

『「日本の公共の電波や公共的マスコミ」や「教育」や「政権」等が、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等反日国の手先工作機関であって良い訳は無い」。

「特に、日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界と、

教育界の

人脈も含めた是正」は、

「急務」だ』。

|

素人出演番組が増えていると言うが・・・。

『「問題とされるべきは、出演料」だ。「ところが、テレビ業界の太鼓持ちたちは、この重大問題には触れようともしない」。

「その番組の中のその部分での面白さ」を

「主として生み出す中心的役割をこなした素人出演者への報酬」は、

「同一仕事同一賃金の原則」からすれば、

「同様の仕事が出来たゲイノウ人と同レベル{以上}」で「あって、何の不思議も無い」。

何故なら、

「多くの場合、素人出演者は、一回こっきりの出演」だ。

「その上、

通常の常連出演者では得難い

{個別}の情報の面白さを生んでいる場合が多い」。

「一回こっきりや{個別}等」は、

「一般市場原理上では、頻繁普及モノ等より、高値評価が当然になる」。

「一般市場原理をそのままテレビ界に当てはめる」なら、

「一回こっきりの{個別}等出演者の出演料は、常連出演者の出演料より高い事が当然」になる。

「毎度毎度、何処の局でも同様の論を繰り返している常連出演者たちの出演料は、安い事が当然」になる。

「ところが、実際は、何処の局でも同様の論等を繰り返しているダケのつまらない常連出演者たちが過分な出演料を{不当}に受け取り」、

「面白い個別情報を提供した素人出演者」なのに、

「その出演料は、実質的無料奉仕や、せいぜいエキストラレベル扱い・・・だったりしている」のだ。

「明らかに異常」だ。

「テレビ出演料の内実が、市場原理離れしているのは、出演料決定権を持っている者たちが身勝手に決めているからに他ならない」。

「テレビ界の経済は、独裁政権下の経済みたいな状態」なのだ。

「こんな異常事態を放置したままにさせている」のが、

「テレビ界の太鼓持ち情報発信者等」であり、

「オコボレ頂戴わんわんたち」は、

「言葉のテクニックで如何に大衆に本質を見させないか」等を

「頑張っている」から「醜悪」だ。

「少ない番組予算で視聴率の高い番組をつくる(高い利益を得る)為等のテレビ局側の身勝手な理由」で、

「素人出演者に{奉仕}させている悪態」は、

「直ちに改めさせられるべき」である。

「視聴者側も、迂闊な無料奉仕等は絶対に行わない事」だ。

「つまらない普及品レベルである常連出演者以上の出演料が貰えないなら

個別の面白い情報配信が出来る所謂素人出演者は出ない」が

「正解」である』。

『「散々、悪態を尽くして来ている様な連中に、引き続き日本の公共の電波上の仕事を行わせ続けている事」は、

「日本国内で、悪態の公然化を黙認させる風潮をつくり続けている事」に他ならない。

「悪事は、止める・止めさせる」は

「平和で安全な人間社会構築の為の大原則」だ。

「日本社会の劣悪化の一つの原因」は、

「戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等の悪態に在る」』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオの人脈も含めた是正」は、

「急務」だ。

「散々、実質的悪事を行って来た者たちは、過分な立場・報酬等を与え続けてはいけない」。

「実質的悪事を行って来た者たちに相応しいのは、罪と罰」である。

「悪事を行って来た者たちは降ろされ、

日本の公共の電波を使って、

物質文明の進化相応の精神文化の進化の為になる情報配信等の仕事も行える、

日本人の中にも多数居る普通の善行者たち」が、

「テレビ界・ラジオ界の仕事に就けば良い」』。

|

BS、TBS「古賀メロディーは永遠に・・・」・・・。

『「多くの人々がご存知の通り、朝鮮半島に渡っていた事のある古賀氏の作曲曲のメロディー源泉は、朝鮮半島内に在ったメロディーにも在る」。「そして、その朝鮮半島色が濃い古賀メロディーが日本国内で表舞台に上がる土壌を提供した」のは、

「二国間の同化政策合意だった日韓併合」だ。

「同化政策だから、朝鮮半島由来のメロディーも日本国内で広める事も容認」され、

「日本本土内でも、表舞台で古賀メロディーが配信される事となった」のである。

「植民地支配なら、朝鮮半島由来の要素が濃いメロディーは劣等扱いが当然」になる。

「古賀メロディーの日本本土内での普及」は「日韓併合が同化政策だった実態の一証拠」に他ならない』。

『「古賀氏の母親世代に、朝鮮半島に渡れば、

未だ、十分に整備されていなかった朝鮮半島内には、

満足な仕事は無かったから、

以前から朝鮮半島内の近代化整備等を行っていた日本人企業・商店等の下で、

デッチ奉公が当然の状態」だった。

「逆に、その当時、朝鮮半島内から日本に渡って来た朝鮮人」は、

「日本国内は既に、かなり近代化が進んでいたので、当時としては高報酬の正規職に就けていた」。

「日本人も朝鮮人も、共に、別天地を求めて渡ったのだろう」が、

「朝鮮半島内と日本本土内では、元の状態が、全く違った」ので、

「得られた結果も、相応に違った」。

「植民地支配なら、被支配民である朝鮮人ばかりが不利な立場に置かれていた筈」だが、

「同化政策だったから、逆に、別天地を求めて渡来すれば、日本人が不利な実態となっていた」のだ』。

『「古賀氏は、音楽は平和だと思っていた様」だが、

「少なくとも、日本と韓国の二国間では、一緒になる事で、平和な社会を築こうとしていた時代だったからこそ、

朝鮮半島内に既に存在していたメロディーの要素を強く持つ古賀メロディーが

日本国内でも広められた」のが

「現実」だ。

「其処に在るのは、音楽が平和なのでは無く、平和な人間社会の中では、音楽の共有も成り立つ」である。

「クラシック等でも事態は同様で、利害関係を損ねない程昔の音楽」なら、

「共有が成り立つ」が、

「利害関係を損ねるとなると、

敵国音楽とか劣等音楽扱いされ、

その国等の中では、公然と、流行れなくなる」。

「戦後の韓国内では、しばらく、日本の音楽等の文化が、国家権力者の意図の下、禁止状態」だった。

「流石に、情報化が進んだ近年になる(音楽自体故では無い)と、

封印は困難と悟ったのか、

解禁となった

(もはや、封印は困難になった者・物・事に対しては、

表向きな解放政策による人心掌握効果を得た方が得との判断が

強く推定される)」が、

「朝鮮半島由来のメロディーの要素が濃い古賀メロディーが容認されていた日韓併合当時~の日本」と

「戦後朝鮮半島内」の、

「国家権力者文化レベルのギャップは著しい」』。

『「同化政策の中で、

或いは、戦後の日本に居残った朝鮮半島から等の人々等の中で、

大歓迎されて来ている様相の古賀メロディー」だが、

「戦後産まれの筆者には、馴染みも薄く、心にも快適には響かない」。

「暗い歴史や苦境等を強く感じ、むしろ、避けたくなるくらい」だ。

「しかし、上記の様な、歴史の中の位置を考える」と、

「歴史の一証人である事は、間違いの無い事」だ。

「その意味では、古賀メロディーは永遠に・・・もアリ」だろう』。

|

陰謀論で実在している工作活動を無い事にしたい方々・・・。

『「戦後の日本国内では、多々の工作活動が実際に行われて来ている」。「それは、北朝鮮による拉致が露呈した事からも明らか」だ。

「何百人もの日本国民を日本全国から連れ去る事」は、

「北朝鮮の少数の侵入工作員ダケで出来る事では絶対に無い」。

「日本国内に決して少なく無い数の拉致協力者が居る」。

「さて、その様な拉致協力者たちは、拉致協力ダケしかしないだろうか?」

「そんな事はあり得ない」。

「拉致とは、北朝鮮政権権力者の意図に沿う国家ぐるみの工作活動の極一部に過ぎ無い」。

「拉致協力者たちには、

北朝鮮政権権力者の意図の下、

日本国内で行うべき工作活動が、

強いられ続け、

拉致協力者の多くがそれらの工作活動に手を染めて来ている」。

「何しろ、拉致に協力してしまった段階で、既に、バラされれば日本国内での居場所に困る状態が出来てしまっている」のだから、

「拉致協力者の多くは、その後の北朝鮮政権権力者の指示にも忠実」だ』。

『「北朝鮮政権権力者の終極目的」は、

「日本国・日本国民支配」に他ならない。

「当然、一世代だけでは実現不可能」だから、

「拉致協力者等日本国内に居るそのスジの手先の者たちには、世代を超えた工作員の育成と増産が強いられている」。

「重要なキー・ロジック等は、例えば、新興宗教団体内のそのスジの者たちのみの特別枠内で伝えられている」。

「団体内指導者・指示者の言う事を聞かないと、懲罰が在る」。

「以前はフッ素水等を飲ませる」等だった様だが、

「現在では、他の開発した薬物や、電磁波等が使われている」様だ。

「元々が、侵入工作や電磁波悪用の盗聴・盗撮等も得意な連中」だから、

「配下の者たちや家族等は、常々隅々まで、監視下に置かれ、

弱みや有益な者・物・事が徹底的に押さえられている」』。

『「その様な、北朝鮮政権権力者の言う事を聞かざるを得なくなっている人々」が、

「子沢山政策により、時と共に増えて来ている」から、

「日本社会の中には、そのスジの悪工作を行う者たちがかなりの数居る事となってしまっている」のだ』。

『「そんなベースに便乗しているのが中国共産党」だ。

「中国共産党は、北朝鮮工作人脈に同調・協力・相乗りする形」で、

「日本国内で、同様の工作員増産体制をとって来た」。

「元々は、

主として、北朝鮮(朝鮮人の為・・・という事で、韓国系の者も一緒の場合も稀では無かったが・・・)の為の工作組織だった」が、

「現在では、構成員人数も大きく増え、北朝鮮・韓国・中国共産党の為の工作組織になっている様相」だ。

「そんな連中」が

「実質的には中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)を利す、

(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中極東地域日本のみ)脱原発や、

日ソ中立不可侵条約等々の事を黙殺したまま安全保障より法律を優先させようとしたり、

日米安保の強化に繋がっている安保改定に反対したり・・・等々の、

世論を上げたり、

政治運動したり、させたり、

している場合も多い」。

「電磁波工作(障害目的もあれば、盗聴・盗撮目的もある)・飲食物工作・侵入(家や車)工作等々を行っている場合も、

それらに必要な技術や機器や薬品等を日本国内でも開発している場合も、

少なく無い」のだ』。

『「戦後の日本の情報・教育には、大きく歪んだ部分が在り続けている」。

「絶対に表沙汰にされない事が第一」なので、

「表沙汰にされてしまった事は、認め、

場合によっては、一般日本国民以上に、非難したりする様に転じる事」で、

「立場・報酬・権力等を維持」し、

「他の黙殺状態の者・物・事を維持~拡大する策が取られている」。

「拉致も竹島も表に出る前」は「黙殺状態」で、

「表に出た途端に、正義ぶって非難しているテレビ・ラジオ・マスコミ等の理由は其処に在る」。

「本来のマスコミ」なら、

「拉致や

竹島問題や

戦後の日本の混乱期の朝鮮人による乱暴狼藉問題や

日本国内で今も行われている工作活動等々について、

率先して、その実態を明らかにするのが当然」だろう。

「ところが、表沙汰になるまでは、黙殺・・・」なのだ。

「そんな者たち」が、

「日本の公共の電波上に蔓延り、

公共的マスコミの結構な部分を占め続けている」。

「教壇上でも事態は同様」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」や

「者・物・事の実体や本質を探究する事」等々の

「本来の教育は行わず」、

「上辺の知識を覚えさせ、

人間同士の支配・被支配の構造に従い易い

有益分子的人材を育成する事等」が

「平然と行われ続けて来ている」。

「こんな異常状態を変だと感じる感性さえ、多くの場合で、封じ込められている様相」なのだから、

「本当に酷い」。

「そんな教育の下では、

上辺で皆と同じでは無い者や、

支配的立場に居る者に従わない者等は、

不適応分子として罰を与える生徒が誕生し易くなり、

いじめも無くなる訳が無い」。

「行き詰まり感や不当圧迫感や絶望感等々を

素直に訴え打破する事さえ封じられた生徒たちは、

自殺等の道を選び易くされている」。

「本当に酷い実態」なのに、

「戦後の日本国民は、皆、この悪の教育下で育てられてしまって来ている」ので、

「この大問題を実際に是正出来る方向に改善させようとする動きは、未だ未だ、希薄」だ』。

『「絶対に表沙汰にされない工作を長く続ける事」で、

「終極的には日本国・日本国民を支配する為」の

「工作活動」の「実態」が、

「情報・教育・政界・飲食物・電磁波等々」だ。

「陰謀論等で、

実在している、

絶対に表に出されない事を第一にしている悪の工作活動」を、

「無い事にして、実利を得るのは、何処のどんな者たちか?」

「日本国内に、協力者が多数居無ければ成り立ち得ない、

日本全国からの何百人もの日本国民拉致に

協力した者たちの内、

象徴的に表沙汰にされているのは、ホンの2~3人」だ。

「表沙汰にされていない弱みを持った拉致協力者たちが、

北朝鮮政権権力者の意向の下で動かないで居られる理由は、何処にも無い」。

「実際に、日本国内の情報・教育・電磁波・飲食物等々には明らかに変なところが在る」。

「・・・等々を考えるなら、陰謀論のインチキに、誰もが気付く筈」だ』。

『「陰謀論で無い事にしても、問題は何も解決しない」。

「反日国の悪権力者たちに日本国・日本国民を支配させたくない」のなら、

「絶対に表沙汰にされない事を第一としている悪工作」への

「実効のある対策を怠ってはいけない」』。

『「マスコミ」なら、

「率先」して、

「電磁波工作や飲食物工作等を暴けば良い」。

「拉致協力者たちの、その後の北朝鮮等との繋がりも暴けば良い」。

「韓国や中国共産党等との繋がりも暴けば良い」。

「実際は、露呈状態にあるものの、多くの人々がその重大な問題に気づけない状態にされている情報・教育の問題も暴けば良い」。

「政界内の反日国人脈も暴けば良い」。

・・・等々、等々。

「本来の仕事が出来ていないマスコミは、マスコミでは無い」。

「絶対に表沙汰にされない事を第一にしている悪工作の協力機関等」だろう。

「正に、恥を知れ!もしくは、悪は去れ!!」である』。

|

河野太郎(朝鮮系と言われている)国家公安委員長の誕生で、そのスジの者たちはやりたい放題・・・。

『「お仲間が、日本警察等の長なら、何をやっても、最終的には、赦されるとでも考えているのか?」

「国家公安委員長が変わった後」には、

「電磁波工作や飲食物工作等も旺盛(悪質・強烈化)」となり、

「パチンコ店等では、

しばらく影を潜めていた個人管理(=日本人をターゲットにした不正操作によるボッタくり)が復活している」のだと言う』。

『「河野氏」は

「氏のブログ上では、

脱原発主張等、日本政府の意向とは違う部分を削除したりして、

立場による是々非々判断ぶり」を

「表している」が、

「実際の日本社会では、上記の通りで、不当に元気を得てしまっている連中の悪行が旺盛になってしまっている」のだ』。

『「安倍政権も河野国家公安委員長」も、

「この問題に対し、早急に、真剣な対応を行うべき」だ。

「改善されない様」なら、

「河野氏や安倍政権の正体」が、

「利日本では無く、利そのスジの悪者」と

「強く推定される事」になる』。

|

サンデー・モーニングでは、何としても視聴者に反米感情を高めさせたい様相だったが・・・。

『「日本の安保改定&TPP参加」で「日米がより近づいた事により、窮地に陥っている」のは「中国共産党」に他ならない。

「安保を改定させず、AIIBで日本を取り込む事」で

「日本を食いモノにして、存命を謀ろうとしていた中国共産党」は、

「もはや、風前の灯状態に陥っている」から、

「溺れる中国共産党は北朝鮮をも掴む・・・」だ。

「それを、サンデー・モーニング」では、

「中朝関係改善」と

「中国共産党の立場に立って宣伝していた」。

「明らかな悪事」である、

「中国共産党による、

南京大虐殺のユネスコ世界記憶遺産登録工作の成功」には、

「ダメ出しをする事」で

「中国共産党とは、距離をとっているフリを演じていた」が、

「実際は、視聴者に反米感情を持たせる事で中国共産党を利す情報工作に邁進している様相」なのだから、

「この詐欺師的様相は、大いに非難されるべき状態」に他ならない』。

『もちろん、

「米軍の国境なき医師団病院の誤爆」も、

「明らかな悪事」だ。

「だから、何処の誰でも非難が当然」である。

「だからと言って、日米の距離が近くなった事が、日本をテロの標的にする事に直結しない事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる」。

「日米安保強化後の日本の具体的行動は未だ、何一つ無い」。

「悪戯な不安を煽っている事」は、

「明らかに悪質」だ』。

『「テレビ界の健常化」は「急務」だ』。

|

中国共産党や北朝鮮に先が無い事は、今時の人類のほとんどが分かっている事だけどねぇ・・・。

『「後は、そんな今時の人間の民意の通りに、悪劣政権を一刻も早く終わらせるダケ」。「政権直接打倒は困難だろうが、一人一人が皆政権を手放すのは、一人一人の自由でそれを止めようとする犬状態の者も、本来は自分の自由意志を持てる人間」だ。「つまり、該当国民の政権放棄実行の勇気ダケの問題だ」・・・』。

|

TBS夜番、「司会者は儲かりまっか?」だと・・・。

『「プロ野球やプロサッカー選手等々の年俸は、実質的に、公開状態」だ。「おちゃらけイメージ論で、司会者は儲かりまっか?などとやっていないで、テレビ司会者を含むテレビ出演者の年俸も、実質的に公開制にするべき」だ。

「プロスポーツ選手は、年俸を公開出来る」のは、

「相応に厳しい、その道の上での実力の比べっこの上に、

基本的には、常に、ガチンコ勝負を行い、

その中での活躍や人気が在り、

その上に、年俸等があるから」だ。

「高い年俸を見聞きしても、

そのプロスポーツのファン等なら、

素直に納得出来る物事が其処に在る」。

「本当は、

プロスポーツのファン心理から宗教的要素等を引いた上でも認められる分」が、

「本来適切な年俸等」だが、

「年俸差に、

その基本的にガチンコ勝負の試合の中での活躍・人気等という

実体がある面」で、

「健常な面も有る」。

「だから、一般社会にも、ある意味では、堂々と、年俸を公開出来ている」。

「テレビ常連出演者たちはどうか?」』

『「司会者でも、コメンテーター等でも、お笑いでも、歌手でも、皆同じ」だが、

「常連出演者たちと同様の事が出来るテレビに出ていない人々の数」は、

「決して少なく無い」。

「常に、基本的には、ガチンコ勝負が繰り返し行われているスポーツ試合」の様な

「常連出演者選択の為の試合等」、

「厳しい、競争システム上での勝者・活躍者・人気者等」が

「常連出演者になっている訳でも無い」。

「常連出演を決める事が出来る立場の者」が、

「自分たちにとって都合の良い(擦り寄ってきたりしている芸能事務所等所属等や、モノ言うスポンサーの要望等に沿う等)者たちの出演」を

「ある意味では独裁的に決めている」のだ。

「つまり、例えて言うなら、営業成績の良い者に、良い立場・報酬が与えられているのでは無く、

社内営業が上手かったり、

上役との人脈的繋がりが濃かったり、

・・・している者に、

良い立場や報酬等が与えられている状態」なのだ。

「日本の公共の電波を使った情報配信」なのに、

「この辺り公明正大さが、異常な程酷い状態」なのである』。

『「実際に、テレビ常連出演者たちの年俸等を一般市民が知る」と、

「実体を考えるなら、多くの人々が全く納得出来ない筈」だ。

「例えば、バブル時期には、今回出演していたBー21(B=13-21とそのスジの者たちが好みの数字でもある)のヒロミ」が、

「個人事務所化してたので、{月}収6.000万円だった旨述べていた」が、

「この法外な{月}収に相応しい、人類の精神文化の正常進化への貢献が出来ていた訳も無い」。

「過去の具体的金額を出して、現在は、それよりは低いので、良いでしょ・・・心理」を、

「視聴者に持たせようとしていた様相」は、

「本当に醜悪」だ。

「法外な常連出演者等の収入に納得出来る」のは、

「実力や実体等を理解・把握する事から逃げ、

つくられた有名人虚大像等を覚え、信じ、

覚え、信じている有名人等を自分の一部とする事で、

現実逃避等をしている

信者たち、或いは、実質的には、病的な者たちダケ」だろう』。

『「日本の公共の電波上に頻繁に出ていながら、

実際に貰っている報酬も公開出来ない程度の仕事しか出来ていない

テレビ常連出演者たち」など

「要る訳も無い」。

「それは、かつての大有名人シンスケが居なくなっても、何の問題も無かった事からも明らか」だ。

「現状の常連出演者は全て退かせるべき」だ。

「そして、

人類の精神文化の正常進化に貢献出来る情報配信等を、

多くの視聴者に楽しんでもらいながら出来る、

今時の情報配信側に居るのが相応しい人(立場も性別も年齢もルックスも・・・、上辺は問わない、内実は問う)たち(日本の中にも少なからず居る筈だ)」を、

「率先して起用するべき」だ。

「この程度の当たり前の仕事さえ出来ていないテレビ局員」なら、

「ちゃんとした仕事が出来る者たちに入れ替えた方が良い」』。

『「日本の公共の電波上の仕事」なのだから、

「国会議員同様」、

「テレビ・ラジオ出演者とテレビ・ラジオ局員」は、

「全員、報酬等を公開されるべき」だ。

「公共的マスコミも、それに準じさせられるべき」だ。

「その様な状態のベースが在ってこそ、健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等になり易くなる」。

「現状の様に、

実際は、過分な報酬を得ている者たちが、

過分な報酬を隠蔽したまま、

公共の電波上や公共的マスコミ上で、

好き勝手な事を言えている状態・・・」では、

「人類の進化し続けている物資文明相応の精神文化の進化等が誘われる訳も無い」。

「むしろ、劣悪な精神文化を蔓延らせてしまう働きが大きい」。

「現状の常連出演者たち、及び、その言動等」は、

「同様の新たな事件・事故等が、起こり続けている状態の生みの親でもある」のだ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の正常化は急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、韓国人や中国人のノーベル賞に興味絶大の様相だったが・・・。

『「日本人のノーベル賞受賞者が多い」のに「韓国人や中国人は少ない」のは「何故か?」

「言うまでも無く、精神文化の問題」だ』。

『「元々、中国や韓国では、血統で敵味方を分ける社会だった」が、

「島国日本では、地域で敵味方を分ける社会」だった。

「血統で敵味方を分ける社会」では、

「勝った方が、優越血統だ!等と誇り易くなる」。

「優越血統意識を満足させ続ける為」には「他の血統の者たちを劣等状態や支配下に置き続ける事が必要になる」。

「過剰な民族優越主義や支配競争意識は、そんな地盤から生じている」。

「地域区分では、民族優越主義より、地域同朋主義が育ち易い」。

「同じ地域で皆が仲良くする為には、優秀さを誇るより、周りと同じ・・・」なのだ。

「周りと同じ・・・」には「自分を殺した謙虚さが求められる」。

「日本人には、自然界等に対しても、人間社会内の事実・現実に対しても、謙虚に挑める精神構造地盤が在る」のだ』。

『「明治維新の頃、清の被支配に甘んじていた漢民族は、英国を始めとする欧米列強にも蝕まれ始めていた」。

「清の属国状態だった当時の韓国は、もはや、単独では国の存続さえ危うい状態となっていた」。

「歴史上の現実として、優越血統を誇りたがっている者たちの実態は、被支配者たちだった」のだ。

「それに対し、日本では、率先して、欧米を受け入れ、欧米同様の富国強兵化を行う事が出来た」。

「過剰な血統優劣主義に陥っていなかった日本人」は、

「文明・文化の優劣を素直に受け入れる事が出来た」から、

「明治維新に成功」した。

「漢民族や朝鮮民族は、

実質的には、被支配のコンプレックスが生み出している

過剰な血統優劣主義にこだわるが故に、

文明・文化の更新も遅れ、

欧米列強に蝕まれる被支配状態に陥っていた」』。

『「戦後もその精神文化構造は、余り変わっていない」。

「日本人は、事実・現実にも謙虚に向かう」が、

「漢民族や朝鮮民族は、事実・現実をも支配しようとする」。

「捏造史も、この精神構造故に生まれている」』。

『「今の人間」なら、

「哀れなコンプレックスの反動形成」である「民族優越主義等」からは、

「一刻も早く抜け出し」て、

「今を生きる普通の人間の精神構造を身に着けて欲しい!」と

「強く願っているのは、筆者たちだけでは無い」。

「日中韓の諸問題を解決する基本は其処に在る」』。

|

車の電磁波工作の実態について・・・。

『「スマホ等を使った通信により、ターゲットの車に仕掛けてある、もしくは、車に元々在る電子回路を悪用した、縦波電磁波の内容(ドット信号)が、変えられている」。

「確実な変更には、数メートル程度の距離に近づく事が必要な様」で、

「渋滞や信号停止等で止まっているターゲットの車の後ろや横から、操作が行われていたり」、

「駐車場に止まっている時に、

近づいて(車に乗ったままの時もあれば、降りて、スマホを持って・・・、の場合もある)

操作が行われる事もある」。

「筆者の車に対して仕掛けている電磁波工作の犯人集団の一部」は、

「特定済み」だ』。

『「電磁波発生工作を受けた車の

電磁波発生アンテナとして使われてしまっている車の電子回路の

オープンソケット(電線の先から電磁波が発生する)や、

回路連結金属板(その金属板自体がアンテナとして働いてしまう)の、

向きが、

外方向であれば、

その車に近づいた車の運転者も含む乗員が電磁波を浴びさせられる事になり、

内方向であれば、

その車の運転者も含む乗員が電磁波を浴びせられる事になる」。

「そんな仕込みを、多数の車で行った上」で、

「特定ターゲットが運転者である車のアンテナ部を運転者に向ける車内侵入工作が行われる」と、

「その運転者は、

自分の車から常に電磁波を浴びさせられている上に、

他の車からも電磁波を浴びさせられる状態に、

しばしば遭遇させられる事になる」。

「どちらか一方からダケの意図的に強められていない電磁波レベル」なら、

「注意すれば、何となく、電磁波の存在を感じる事が出来るレベル」だが、

「意図的に強めた電磁波を発している電磁波工作車の電磁波を浴びせられたり、

数多く在る工作操作された車の電磁波と、

運転者の車から運転者に浴びせられる様に仕込まれている電磁波が重なると、

意識していなければ、まるで、体調が悪くなった様な感じや、症状等が出てしまうレベルになる」。

「当然、通常の運転し辛くなる状態が生まれてしまう」。

「長年の照射による健康被害ダケでは無く、

運転ミス・判断ミスを目的とした

工作実体が其処に在る」』。

『「しばしば、発生電磁波内容(ドット内容)が変更されている」のは、

「事故や健康被害等」の

「工作効果が出なかった電磁波を使い続ける事」より、

「出来る限り早い工作効果を得られる電磁波内容を探る為の{実験}の為」と

「強く、推定出来る」』。

『「日本国内で上記の様な電磁波工作に合っている車の数」は、

「かなり在る筈」だ。

「筆者が日常出ている関東平野内の道路上でも、

携帯電話を持たない時でも、

大雑把に言って、2~30台に一台は、

電磁波を外に向かって発している車に遭遇する」。

「携帯電話を持って車に乗っている時」は、

「大雑把に言って、10台に一台くらいの状況になる」。

「筆者の場合は、車にも電磁波検知の為に、アルミ板等を置いている」から、

「電磁波の存在自体は、注意していれば、直ぐに分かる」。

「筆者の車に侵入工作している者たち」も「判っている」』。

『「車の事故の中には、電磁波工作の影響で、運転者が運転ミスしたり、判断ミスしたりしたものが少なからず含まれている」と、

「強く推定出来るのだから、

こんな状態を放置したままにしている

警察も、政府も、本当に異常」だ。

「まるで、拉致や竹島問題を黙殺していた時の様・・・」である』。

『「電磁波工作は、車だけでは無い」。

「家電でも、家の電気回路上でも、色々な建物内・設備等でも、電車等でも、

至る所に、仕込みが多数存在させられ、

その数は、時と共に増やされてる」。

「恐らくは、将来的に、特定人脈にとっての不適応分子を電磁波工作で粛清する為」の

「準備だ」と「強く推定出来る」。

「{実験}で効果の高い電磁波内容を見つけ出し、

それを至る所に仕込んである電磁波発生回路で発生させる」と「共」に、

「ターゲットに集中照射する」なら、

「かなりの高確率で、ターゲットの健康被害や判断ミス等を招く事が可能になる」。

「元々、人間が脳で考えている時も、微弱な電気が使われている状態」だから、

「電磁波工作で、脳の判断等を狂わせる事は、理論的に可能」だ。

「そして、既に、車の交通事故等では、その悪の実効が出てしまっている様相」なのだ』。

『「政府も、警察等も、本気で電磁波工作を行っている悪たちを摘発し、厳罰に処すべき」だ。

「人数が多いから・・・と逃げ続ける事」は、

「一般日本国民に多大な{不適応分子粛清}被害をもたらす事に直結している」』。

|

リア充・オタクで、右往左往する迷子たち・・・。

『「リア充???・・・実体としては、現状社会内における金満、もしくは、者・物・事支配/所有満等に過ぎ無い」。

「オタク・・・現状人間社会の特定極一部分野について、非常に造詣が深く、その道探求の為には、過剰な私財等投入も厭わない事」だろう』。

『「リア充と言われている方々の中に、どれだけ、自分の実体との整合性が高い状態の方々が居るのか?」は、

「論を待たないレベルの話し」だろう。

「それで、何処が、{リア}充なのか???」

「現状媚び度充」とか、

「現状金満・権満等充」とか、

「言うのなら、話しは分かる」が、

「元の現状が、環境問題の解決もままならず、人類滅亡を招いているばかりか、

至る所で、戦争や殺人事件だらけ・・・なのだから、

そんなモノの上で、充していたところで、

バカ丸出し、

悪丸出し、

・・・等々の話しに過ぎ無い」』。

『「オタクにしても、

オタクターゲットが、

現実逃避受け皿産業等である限り、

実体人間社会や、自分の実体の本来の目的に対する貢献度は低い事」は、

「言うまでも無いレベルの事」だろう。

「現実的な、実効を伴う、世界平和オタク」とか、

「人類の精神文化の正常進化に貢献するオタク」とかなら、

「話しは、また違って来るが」・・・。

「もちろん、人類の物質文明の正常進化にあらがう、脱原発オタク等」や、

「人類の精神文化の正常進化にあらがう、宗教オタク等」では、

「言うまでも無く、お話しにならない事も、念の為、付け加えておく事にする」が・・・』。

『「リア充」にしても「オタク」にしても、

「実体・実態として」は、

「右翼・保守」や

「左翼・革新」等々と、

「何ら変わりの無い、レッテル貼り利権創造手段の一例に過ぎ無い」。

「そんな言葉等で、右往左往する事自体が、どうか???」と「思う」が』。

|

ふざけるな!自殺遺伝子論・・・。

『「自分の実体が???の連中」は「血統・遺伝逃避等も得意」だ。「もちろん、細胞レベルの自殺遺伝子は存在する」が、「丸ごと一人の自殺遺伝子など存在していない」。

「自殺とは、基本的に、意識的にせよ無意識的にせよ、その個体の意志による狭義の自分破壊」だ。

「その個体の意志というところ」が「非常に重要」で、

「その個体の意志を100%支配する遺伝子が在る」なら、

「その個体の意識による選択等は無意味になる」。

「もちろん、実際の人類の実体は全く違う」。

「その個体の意識的な選択により、その個体の未来は、大きく違っている」。

「意識的選択の実効を全く無視している自殺遺伝子論」は、

「明らかに、間違っている」』。

『「遺伝子論」の「裏」には、

「血統家族主義や血統家族相続を大衆に容認せしめたい思惑」が、

「見え隠れしている場合が多い」。

「今回の自殺遺伝子論も、正に、その様相」だ』。

『「遺伝で全てが決まる」なら、

「生後のその個体の個人的努力は、実質的に、無駄」だ。

「そればかりか、遺伝的に恵まれた者たちは、

それだけで人間社会の中の勝ち組である事の承認が得られている事にもなる」。

「遺伝」を「血統家族相続等」に「置き換える」なら、

「その様な嘘論の本当の目的も判る筈」だ』。

『「ふざけるな!」である』。

|

福島の甲状腺ガン発がん率50倍論文=民主党政権時の対応の誤りの証明ですよねぇ・・・。

『「当初から、ヨウ素剤の配布・投与を行っていれば、少なくとも、発ガン率は半分以下に抑えられた筈」という「事」まで、「公言されている」。

「例え、論文事実通りだったとしても、明らかな対応誤り」だ』。

『「しかし、実態は、論文程にはなっていない様相でもある」し、

「論文通りにならない可能性も大」だ』。

『「反原発世論を煽る為の臭い」が「充満」している』。

|

テレ朝では池上によるインチキ民主主義等解説を一方的に大量配信する予定らしい・・・。

『「人間社会システムを解説等する為に、横に、独裁~民主、軸&縦に、社会~資本、軸を設定して分類し、どの辺りが日本にとって良いのか?等を視聴者等に考えさせる」のは、

「実体人間社会の本質と乖離した考え・思いの上で、大衆を操る為に良く使われている悪劣な情報工作の手法の一つ」に他ならない』。

『「上記の軸を元に考えるなら、多くの人々が、独裁より民主だが、資本に偏り過ぎてもいけないから、やや社会主義よりの民主主義を選択し易くなる」筈だ。

「独裁~民主という寝かせた比較軸を示す事」で、

「縦軸上部に位置させている資本主義の問題を、より強く意識させる事が可能になっている」。

「この様な比べっこの中では、いくらかは社会主義よりの方が良いのでは・・・等の感を持ち易くなる」から、

「社会主義のイメージが向上する事になる」。

「反資本主義の為に良く使われる情報工作手段」だ』。

『「もちろん、現実の人間社会(実体人間社会)の中」で「一番重要なのは、上辺の形式では無い」。

「内実」だ。

「上辺の形式が、同じ民主主義でも、民意が劣悪な民主主義ではお話しにならない事は明白」だから、

「その程度の事は、池上の言う予定」だろう。

「徹底した民主主義を排除する為には有効な情報工作」だが、

「実際は、民意が劣悪で無ければ、無い程、独裁方向から離れられる距離は増す」から

「民意が上質であれば、徹底した民主主義で良い」のだ。

「民意の元こそ大問題」で、

「それは、情報・教育等の問題でもある」から、

「現状のテレビで常連出演者としてしばしば情報を一方的に大量配信している池上」には、

「その辺りの問題の十分な解説等は、期待出来無い」』。

『「単純分類上では、抜けているが、絶対に外せない、実人間社会に実在して来ている人間社会システム」が、

「テレビ・ラジオ・教育等による全体主義」だ。

「散々、

ラジオを悪用したヒトラーやナチスや、

戦前~戦中の当時の日本のマスコミ等が大きく力を与えていた大政翼賛会等」を、

「非難して来ている戦後のテレビ・ラジオ・教育等」だが、

「現在の日本社会内でも、未だに、同様の事を平然と行い続けている」から、

「このダブルスタンダードは、本当に酷い」』。

『「昨今」では、

「(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、意図的に黙殺状態)脱原発」や、

「安保反対!」等が、

「その代表例」だ。

「一番の問題」は、

「上記()内等の重要な事実・現実を意図的に黙殺した、イメージで操る情報」を、

「一方的に何度も大量配信し続けている事」だ。

「事実・現実封印&イメージ誘導は、大衆マインドコントロール工作の常套手段」である』。

『「安保反対!」を「宣伝する前」に、

「何故、安保法案の改定が必要なのか?」を

「現状日本を取り巻いている現実人間社会の実態を十二分に伝えた上」で、

「論じているのが、普通の良心的な配信情報」だ。

「法律問題と安全保障のどちらを優先すべきか?」も、

「前もって、論じられている」のが「普通の良心的な配信情報」だ。

「日本の公共の電波上の配信情報」なら、

「その様に、普通の良心的な状態であるのが当たり前で無ければダメ」である』。

『「当たり前の状態では無い、イメージ誘導情報ばかりが蔓延れている状態」は、

「まるで、戦前~戦中の日本のマスコミ・ラジオ等や、ヒトラー政権下のラジオの様・・・」で、

「非難する」のが「当然の状態」だ。

「この重大な非難抜き」の「インチキ論」なら、

「本当に悪質」である』。

『「資本~社会、軸」とは、

「社会主義正当化の為の軸」で、

「社会主義の実体を問題にする」のが、

「本来の良質な配信情報」だ』。

『「言うまでも無く、現状人間社会に在る社会主義の実態」とは、

「金による代理比べっこ上で決める事を絞り」、

「特定極一部の人々に決める大権を保持させているシステム」だ。

「金権力」が「人権力」に「なる分」だけ、

「人が直接持つ権力が増える」から

「独裁政権に近くなる」。

「実際に、現状人間社会で社会・共産主義を謳っている国々」では、

「特定極一部の者たちによる独裁政権となっている」。

「人に大権を直接持たせると、ロクな事は起き無い」。

「理想状態」は「権力は人に持たせず、事実・現実に預ける」だ。

「金権代理」や、

「民意代理」は、

「現状対策上の中途半端なシステム」だから、

「実際に問題が多い」。

「それでも、人が直接大権を持てる、社会・共産システムより、実害が少ない」。

「現状を理想に近づける為」には、

「人類の誰もが理想状態を理解・把握している事」こそが、

「一番重要」だ。

「つまり、情報・教育の問題」でもある。

「ある人間社会を構築している全ての人々が、

皆、

自分の実体とも整合性が高い、事実・現実に基づいた理想状態」を

「理解・把握した上」で、

「個々の自由意思の下で、民意を示し、その集大成で、その人間社会が動かされる」なら、

「それこそが、本来の民主主義」である』。

『「インチキ論では、特定の者たちにとって都合の良い比べっこ上辺が提唱」され、

「皆さん~!この中で、どの辺りが良いと思いますか~?」と、

「特定の所に多くの人々を導く大衆誘導が行われる」。

「そんな事を日本の公共の電波上で行わせていて、ロクな日本社会が出来る訳も無い」。

「現状日本社会の中にある現実の問題(テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等による大衆誘導問題等)を、

検証し、

どう改めれば良いのか?等」を「探求する」と「共」に、

「本来人類として構築すべき人間社会とは、どの様なモノなのか?」等を、

「自分の実体から整合性を取りながら、皆で考えて行く」、

「事実・現実に基づいた、本質探求情報等」こそが、

「今の日本の公共の電波上等で、相応しい情報」に他ならない』。

『「過分な立場・報酬等を得ている現状の悪劣なる者たち」に「相応しい」のは、

「常連出演等による有名人利権の拡大」や、

「それに伴う、更なる過分な報酬等」では「断じて無い」。

「テレビ界の是正」は「急務」だ』。

|

「在日韓国(北朝鮮も含む)人等マイナリティーの存在が日本の排外主義を是正している」だと・・・。

『「元々、日本には排外主義が無い」。「在るのは、排悪劣主義」だ。「だから、実際に、外国文明等も率先して取り入れられ、明治維新も成し遂げられた」。

「排劣悪主義を封じ込めさせる為に、在日韓国(北朝鮮人も含む)等の存在していない功を風潮しているのは、本心の祖国が何処の国のお方だろうか?」

「日本の良さを阻害せしめ、在りもしない功を喧伝する、悪質な工作情報等を、鵜呑みにしたり、操られない様に、ご用心」』。

|

ノーベル文学賞や平和賞や経済学賞等は、現状では、実体レベルが低過ぎるので、無くても良いのでは・・・。

『「ノーベル賞等の賞では、物質文明面での賞には、相応の実態が伴っている場合が多い」から、「面白く、賞をきっかけに多くの人々が賞内容にも興味を抱き、知ろうとし、実人間社会で、使える事は使おうとし、使っている場合も少なく無いから、人類の進歩上の実効も大きい」けど、「精神文化面での賞は・・・、未だ、未だ、実体レベルが低過ぎて、つまらない」ので、「無くても良い」と思っています』。

|

在日韓国人のお家騒動であるロッテの問題を通称名のみで伝えているNHKニュースだが・・・。

『「ロッテホールディングスのお家騒動」は「在日韓国人のお家騒動」で「当然、各氏本名は韓国名」だ。

「ところが、NHKニュースでさえ、通称名のみで伝えている」。

「ロッテホールディングスのお家騒動」は、

「一つの大きな家族(実質)企業」の「経営者たち(もちろん、芸能人等では無い)の問題」だから、

「本名で伝えるのが妥当」だが、

「在日特権」として「公的な場等での通称使用が認められている」から、

「天下の(もちろん皮肉だが)NHKでも、通称名のみ・・・」なのだろう』。

『「同様の事態は、犯罪者報道等でも多数在る」。

「まるで、日本人の犯罪の様に思えてしまう通称名のみの犯罪報道」でも、

「内実は、在日韓国人等の通称名報道である事が結構多い事」は「多くの方々がご存知の通り・・・」だ。

「在日特権の酷さが良く判る一例」だ』。

『「ニュース報道は、基本的に本名報道であるべき」だ。

「在日特権は、当然、廃止するべき」だから、

「国会議員等はちゃんと今の日本社会を是正する為に必要な仕事をするべき」だし、

「世論は正当な仕事の後押しをするべき」だ』。

|

昨今の記事もご好評の様で、昨夜は北西方向からの電磁波が強烈だった・・・。

『「いい加減に、政府・警察等は、実効のある電磁波工作対策を行うべき」だ。

「実態としては、

反日国人脈が身勝手に不適応分子と決めつけた日本国内在住者を、

粛清する為に電磁波工作や飲食物工作等を行っている様相」なのだから、

「一億総活躍社会の為にも、早急な対策が必需」だ』。

『「筆者の場合は、自主防衛策を取ってある(もちろん、その分余分なお金も手間もかかっている)ので、

電磁波工作自体の実効は出ない」が、

「迷惑な事は変わりが無い」。

「自主防衛策を取っていない人の場合、健康障害が出ている可能性大」だ』。

『「日本社会の中では、

決して少なく無い数の反日国人脈の工作員が、

まるで、スティルス癌の如く蔓延っている」。

「電磁波工作の一つのやり方としては、

スマホや携帯の電子回路内に、

極短期間にオン・オフを繰り返す電気振動を行わせるプログラム等を送り込み、作動させる事」だ。

「知らず知らずの内に、ダウンロードされている電磁波工作用のプログラムにより、

保有しているスマホや携帯等から、縦波電磁波が放出される状態になる」。

「持っている者は、持っているダケで被爆させられている」し、

「そんなスマホや携帯等が、例えば、電車の中等で、近くに来ると、近くに居る人々まで被爆させられている状態になっている」。

「パソコンや家電機器等でも、このプログラム等による電磁波発信機化が可能で、実際に行われている」から、

「多くの日本国民が、それらの比較的弱い縦波電磁波漬け状態にされている」のだ。

「そんなベースの上に、特定ターゲットに向かって、意図的に、強い縦波電磁波が浴びせられている」。

「しかも、その意図的照射は、多方向から一人に集中的に」で、

「当然、その様な濃い縦波電磁波の中に置かれてしまった人間には、

相応に傷害が出易くなってしまう」。

「実際の症状としては、

身体の凝りや痛みや、

頭のふらつきや目まいや、

内臓障害や、

イライラや不安や、

・・・等々、照射部位と縦波電磁波の縦波の違いによって、

多種多様な症状が起させられてしまう」。

「電磁波工作を疑わない人」なら、

「先ず、何処か変だから、医者・・・等の事態になってしまう」だろう』。

『「そして、医者の中にも、反日国人脈の実質的工作員が混じっている事」は、

「筆者の体験上からも明らか」だ。

「電磁波工作が問題」なのに、

「自分の頭心体が悪い等と勘違いさせられた人」が、

「医者に行っても、診断も治療も???」だ。

「医者が好き勝手にいじれる状態」に「陥り易い」から、

「悪い医者の下に行くと、医療を使った粛清工作に遭ってしまう事になる」。

「こんな状態が放置されたまま・・・で良い訳など在り得ない」』。

『「政府も警察等も、

早急に、

本気で、

日本の中のスティルス癌的な悪者たちを摘発し、

厳罰に処すべき」だ』。

『「ちゃんとした摘発が行われ、悪者たちが壊滅させられるまで」は、

「一般市民は、自主防衛しか無い」。

「情報・教育工作等に騙されず」に、

「電磁波工作対策や飲食物工作対策等をしっかり行って、

とりあえず身を守ると共に、

摘発圧力を高める事」が

「望まれている」』。

|

テレ朝昼番では、元テレ朝丸川珠代の入閣が嬉しそう&下流を論じて上流ぶっていたが・・・。

『「政権内につてが出来たから、テレビ改革等は、行わせないで済む」とでも「思っているのかも知れない」。

「丸川珠代の入閣」は、

「雰囲気上、別格扱い」だった。

「脱原発派を公言している河野太郎の入閣」も「嬉しそう」だった。

「この様な連中がテレビ・ラジオ上では蔓延っている」から

「テレビ・ラジオ上」では、

「脱原発!」や「安保反対!」等が

「一方的に大量宣伝されている状態でもある」のだ。

「明らかな偏向で、是正は急務」だ。

「テレビ・ラジオ等、日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信で、偏向・偏重状態が容認されたまま・・・」だと、

「実質的には、大衆誘導情報工作が行われている状態」になってしまっている。

「そんな状態で良い訳は無い」から、

「テレビ・ラジオ界の是正」は、

「急務」で、

「日本国民の為の政権なら、行わない方が異常」だ』。

『「その後」には、

「下流老人」とか

「下流中年」とか

「実質的差別表現を元」に、

「{上流ぶっている連中}の醜悪な取材ぶり、解説ぶり」が

「一方的に大量配信された」。

「経済格差は何故生まれるのか?」を「考える」なら、

「不当に利権を偏在させ、

偏在している利権を特定極一部の者たちが、

独占的に握り占める事が出来る様になっているから」に他ならない。

例えば、

「特定極一部の者たちばかり・・・による、テレビ常連出演」も「分かり易い実例」だ。

「他の職業でも同様」だが、

「この様な事態を容認している事こそ」が「格差の元」である。

「格差が嫌なら、先ず、この様な事態を解消させる意思を示すべき」だ。

「民主主義社会なら、

その様な意思が大量に集まる事により、

格差是正は実際に可能になる」』。

『「逆に言えば、

多くの人々が、テレビ常連出演者等有名人やお金持ち等を容認している間は、

格差是正はあり得ない」のだ。

「有名人やお金持ち等に依存している者の中に在る」のは、

「格差是正では無く、

自分ダケが上流とか勝ち組等になりたがっている

広義の自分の実体さえも見失っている悪劣な思惑」だ。

「そんな悪劣な思惑を抱きしめている状態」だから、

「悪夢上の成功像である有名人やお金持ち等の存在を容認出来ている」のである』。

『「悪夢上の成功像を実際に手に入れている者の一例」が

「テレビ常連出演者等」だが、

「そんな者たち蔓延らせ続けている人間社会には、格差是正も平和も在り得ない」から、

「実際に、現状人間社会は、

格差社会であるばかりでは無く、

至る所で、事件・事故だらけ・・・となり、

酷い場合には、テロや戦争にまでなってしまっている」。

「現状人間社会の成功像に溺れている者たち」は、

「実際に成功像の立場・報酬・権力等を得ると、

多くの場合、大量消費自慰行為等や自己正当化行為等に邁進している」し、

「実際には成功像の立場・報酬等を得られないと、

成功像の立場・報酬・権力等を得た有名人等に自分を投影・転嫁・同一視して、

現実逃避している」。

「そんな迷い子、もしくは、未熟者だらけの人間社会では、健常になる訳は全く無い」。

「真の平和主義者等なら、先ず、大元である悪夢の駆逐」だろう。

「悪夢が、自らの中に巣食っているなら、先ず、自らの中の悪夢を駆逐する事が必要」なのだ』。

『「この自分との戦いに負けた者たち」が、

「自分内の自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求上の戦いの負け」から

「現実逃避する為」に、

「自分の中の問題を外に投影・転嫁して、

他の者・物・事と戦い勝つ事等の、

代償欲求の追及に明け暮れている」。

「今時の人類としては、実に、愚かで、自虐的で、バカらしい実態が、其処に在る」』。

『「実体に沿った上流~下流を言う」なら、

「広義の自分の実体を大いに痛み付ける事に悪の大貢献をしている有名人やお金持ち等」は、

「明らかな下流」だ。

「実体との整合性が高い経済評価上」なら、

「そんな者たちに高い報酬が与えられる訳も無い」。

「むしろ、罰金が当然」だ。

「人類誰もの自分の実体から整合性を取った健康な人間社会の中」なら、

「有名人やお金持ち等に与えられる立場」は、

「劣悪な立場」になる。

「自分の実体に叛いている実質的犯罪者たちに相応しい」のは、

「現状人間社会の例えで言えば、牢獄や懲役」だ』。

『「一方的に下流等と差別レッテルを貼りつけられている人々」は、

「遠慮無く、自分の実体から整合性を取る実務等に、立ち上がるべき」だ。

「それは、基本的には、自分の問題だから、

社会的立場や金や権力等の有無を問わず、

人類誰もが、実行可能な行動」である。

「先ず、自分との戦いに勝ち、自分を救い出せば良い」のだ。

「そうすれば、必然的に、現状人間社会の色々な者・物・事に対する評価・判断等が健全化される」。

「相応に健全化された判断の下で、民主主義上の一個体としての権利を駆使すれば良い」。

「例えば、現状で過分な立場・報酬等を得て、大量消費自慰生活等で益々自分の実体を痛み付けている悪者たち」には、

「応分の罪と罰を与える方向に力を加えるべき」だろう。

「その様な、健常化された一個体の意思表示の集大成」が

「格差是正等を可能にする」と「共」に、

「本当の民主主義に基づいた、世界平和等を生み出す」のだ』。

『「千里の道も一歩から」だ。

「それぞれの一個体が人類としての精神文化を一歩前に進めれば、

数十億人の一歩の集大成が、

人類全体としての大きな進化をもたらす事になる」』。

|

テレ朝朝番では、さすが、●暴人脈とは近しいからか(?)伊那の暴力団幹部射殺事件について結構な情報だらけの様で・・・。

『テレ朝が取り上げた「目撃者の証言」からは「花火の様な音が聞こえて振り向くと・・・」だったから、

「狙撃者自体は、そんなに遠くでは無い所に居た」と「強く推定される」が、

「ご用達解説者は、狙撃者の目撃情報が無い事から、遠方からの狙撃を示唆」していた。

「テレ朝の解説者に至っては、外国人ヒットマンの可能性に言及」だった。

「白い車が、猛スーピードで、信号も無視して走り去った」という「証言」も「配信」された。

「総合すると、益々実態が判り辛くなり」、

「防犯カメラに期待論も吹っ飛ぶ内容」だった』。

『「もちろん、犯罪プロ集団の●暴等による犯罪」は、

「摘発されない事」に「重きが置かれている場合が多い」。

「今回の狙撃」も、

「摘発されない可能性が極めて高い方法で、

確実にターゲットを死に至らしめる事を大前提に行われた」のだろう』。

『「出て来ている情報から、実態は、以下の通りだったのでは?」と「推定」される。

「狙撃者は、

ターゲットが温泉施設出口から出て来た時に、

ターゲットの視線は向き辛いが、

狙撃者からは、ターゲットの頭が確実に狙える、

比較的近いポジションの車の中から、窓を小さめに開けて狙撃」した。

「温泉施設から出る者の視線が向き辛い所からの発砲」なら、

「目撃者も出辛い筈」で、

「花火の様な音を聞いて、その方向を見たら・・・」と、

「ワンテンポ遅れて見る頃には、小さめに開けた車の窓は、既に閉じた状態」で、

「誰も見えなかった」のだろう。

「武器は、恐らくは、車の中からでも、狙撃体制が取り易い、銃身がそれ程長く無い類の銃」だろうが、

「狙撃者は、正確な狙撃が出来る相応の訓練をした者」だろう。

「考えられるのは、軍で訓練を積んだ者」等で、

「●暴と近しい

韓国(北朝鮮も含む)系や

中国系や

フィリピン系の者なら、

軍で訓練を積んだ者もかなりの数居る筈」だ。

「不正入出国もお手の物」だろう。

「猛スピードで逃走した白い車」は、

「恐らくは、見せ球」だろう。

「仮に、白い車を捕らえて、硝煙反応等を調べても、何も出ない可能性が大きい」かも知れない。

「犯人の乗った車は、

普通に

(事後目立つ事はしない、は、犯罪行為等を露呈させない為の鉄則の一つと考えられる)

温泉施設駐車場等から走り去っている可能性大」だろう。

「何れにしても、●暴組織を丸ごと全員、徹底摘発でもしない限り、犯人逮捕は結構困難・・・かも知れない」・・・』。

『「拉致問題を含むスパイ・工作活動問題でも同様」だが、

「該当人数が多過ぎる」と「満足な摘発等が実質的に行われなくなっている状態」は、

「何としても解消させるべき」だ』。

『「マイナンバー詐欺」の「宣伝」も「放映されていた」。

「目的は、マイナンバー不安を煽る事・・・だったりして・・・」。

「こうすれば、もっと良いセキュリティー状態になる等の前向きな提案等では無く、

マイナンバー不安を煽り、

出来れば、マイナンバーに多くの日本国民が参加する事を抑制させたい様相ですらある・・・」のは、

「マイナンバーで、収入内容等が判ってしまうと、困る者が、テレ朝等には沢山いるから・・・かも知れない」。

「マイナンバー制度は節税にも、脱税や税逃れにも、有効」なのだから、

「日頃から財政再建等を散々訴えているテレビ等」なら、

「より安全な制度とする為の具体的な提案でもする」のが、

「本道の筈」だ』。

『「一つは、

基本的な使い方や、

自主防衛の大切さや、

具体的で効果の高い自主防衛手法等の情報配信」だろう。

「基本的な使い方が良く分かっていれば、そうでは無い方法等で使わせようとした段階」で、

「多くの人々が用心する」が、

「基本的な使い方が???」なら、

「詐欺師等が罠を仕掛け易くなってしまう」。

「この様な場合に、この様にお使いください。

それ以外の使用は、基本的に在りません。

・・・等の

徹底した情報配信が有効」だ。

「マイナンバーカード等の守り方(基本的に、電磁波遮断カードケースに入れて置く)等」や、

「個々の生活状態に合わせた、カード保管・保全法の参考例」や、

「不当使用に対する対応の仕方等の情報も有効」だ。

「この辺りの情報配信が充実して来る」と、

「多くの人々が、侵入工作等に対してより用心深くなる」。

「鍵の保管・保全等の認識も高まる筈」だ。

「現状の鍵はピッキングで開け辛いタイプが多くなったので、

悪は、鍵の型を取ってコピー製作し、

侵入工作等している」から、

「出先等での鍵の保管」や、

「鍵の写真や映像や電磁波像等を取られない事」や、

「部屋の中にも防犯カメラ等が有効」だ。

「この辺りの防犯意識の向上」は、

「本当に急務」だ』。

『「テレビ界の連中は、犯罪抑止効果・摘発効果が非常に高い防犯カメラについても、

当初は、プライバシーや人権を持ち出して大反対していた」。

「そんな連中は今」、

「マイナンバー詐欺等については、

熱心に、実質的、宣伝をし、

マイナンバー不安を煽っている」と「共」に、

「個人個人がマイナンバーを安全に使う為に重要な事の情報等」は

「余り熱心に伝えない」。

「下記の、本来なら、熱心に伝えるべき情報」は、

「マイナンバーにいくらかの安心感をもたらすと共に、

犯罪抑止効果も高い」。

「不安を煽って犯罪を助長する」のと、

「出来るだけ安全に使う方法等を徹底周知させ、犯罪を抑止する」のとでは、

「情報配信の価値が全く違う」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

「萌えキャラと性犯罪の微妙な関係」を韓流マスゴミご用達精神科医?がアレコレ言うと・・・。

『「性欲動を誘発する視聴覚情報」を「非難・排除等」しても、「性犯罪が防げる訳は無い」。

「そもそも、ある性欲動刺激要素を持つ視聴覚情報」の「捉え方」は「人それぞれ」だ。

「性犯罪の主体」は、

「それぞれの人が自らの中で持っている性欲動の方」に「在る」。

「精神科医」なら、

「性犯罪等を起させる

問題のある性欲動や

問題のある性欲動に基づいた行動等が

どうして生まれてしまっているのか?」等を

「論じたり、解説したり・・・するのが当たり前」だ。

「ところが、韓流マスゴミご用達のお方」は「イメージ論で正義ぶりたがる傾向が強い」から、

「自爆状態に陥り易い」のだ』。

『「ほとんど全ての人類は、性欲動を持っている時期を持つ」。

「性欲動」とは、

「生体が基本的に保持している存続欲に基づいた自己保存欲動」だから、

「当然の状態」だ。

「性欲動自体を問題にする人間社会」なら

「世代交代もままならず、

人口が減少し、

そんな人間社会を構成している集団」は、

「衰退して行く事になる」。

「だから、例えば、日本社会を衰退させたいのなら、性欲動自体を問題にする事」が、

「合理的になる」。

「この辺りに、韓流マスゴミご用達者の論等の本当の目的が露呈している」と

「感じているのは、筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「性欲動刺激要素を持つ視聴覚情報がどんなに在って」も

「個々の人々の性欲動自体や性欲動に基づく行動等が健常状態を保っている」なら、

「性犯罪は基本的に起きない」。

「性欲動刺激要素を持つ視聴覚情報を規制するのでは無く、

個々の人々の性欲動や性欲動に基づく行動等が

健常状態を保つ事に有用な情報・教育・環境こそが重要」なのだ』。

『「人が自らの性欲動や性欲動に基づく行動等の健常状態を保つ為」には、

「自分の実体や、

自分の実体の本来の目的や、

性欲動も含む欲動自体を理解・把握する事が有効」だ。

「健康状態を保ち易いレベルの環境も有効」だ。

「ところが、現状の多くの情報・教育」では

「自分の中を見る事より、

他の者・物・事との比べっこや、

支配・被支配等を

実質的に促している」。

「情報・教育が、実質的には、酷い状態である上」に、

「個人個人が持つ環境には、莫大な格差が在る」。

「こんな状態で、歪んだ性欲動や歪んだ性欲動に基づいた犯罪行為等が生まれないと考えらえる」なら、

「相当のおバカ」だろう。

「多くの人々は、この様な実体さえ見よう・考えようともしていない」・・・。

「性犯罪の生みの親」は「その様な人々の状態」だ。

「つまり、今生きているほとんど全ての人々に、本当の責任がある」のである』。

『「この様な実体を自覚する事から逃れる為」に、

「現実逃避受け皿産業に溺れ、

大量消費自慰等に溺れ・・・、

等々・・・では、

自分の人生に本当の自信など持てる訳も無い」。

「自信が持てない人生を誤魔化す為に、子造り等をして、悪い代々話を残し、あの世に現実逃避しても、

人類の未来が明るくなる訳も無い」。

「むしろ、人類滅亡が急速にやって来てしまうダケ」だ』。

『「今生きている全ての人間は、真剣に考えるべき」だ』。

『「人類の物質文明の進化相応の精神文化の正常進化」は、

「本当に急務」だ。

「今生きている人類誰も」が、

「物質文明相応の精神文化の進化を行う仕事の責任を、

意識出来ているにせよ、

意識出来ていないにせよ、

否応無しに、

保持している」』。

|

「拉致問題にやる気があるのか?」は拉致問題を国家公安委員長や防衛大臣が担当していない事からも明らかでしょ!・・・。

『「拉致を含む、スパイ・工作活動対策に日本政府が本気か?否か?」は「担当部署や担当大臣を見れば、一目瞭然」。

「本気なら、厳罰規定を含むスパイ・工作活動防止法等を制定した上で、拉致問題発生時まで遡って適用」し、

「現在の担当の長は、国家公安委員長か防衛大臣が当たり前」。

「日本国内に居る拉致協力者の摘発も怠らず、その他のスパイ・工作活動の摘発も熱心に行うのが当たり前」』。

『「ところが、戦後日本の政権は、皆、この面が大甘」。

「何しろ、

終戦直後の朝鮮人による乱暴狼藉略奪殺傷問題や、

竹島の不当占拠や、

在日朝鮮人に対する特権授与や、

数々の工作活動さえ、

黙殺状態」。

「そんな状態を多くの日本国民に容認させ続ける為に大きな役割を果たして来ている」のが、

「戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報と、学校教育」。

「散々、実質的には、利韓(北朝も含む)の為に動いて来ている戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ等が、今更、拉致問題等で正義ぶっていても、

戦後のどの政権でも、

実効のある対策は、実質的に皆無」。

「唯一、小泉政権時に拉致を認めさせたのは、元の目的が、北朝鮮に金を流す為の日朝国交回復だったから」で、

「その後、拉致問題が、こんなに燃え上がる事は、

竹島問題を無かった事に出来ていた実績等から、

ロクに考えていなかった」のかも知れない』。

『「戦後日本の政権は、本当の日本の政権では無い」。

「本当の日本の政権では無い政権ばかり・・・の中での比べっこ」では、

「未だ、旧社会党人脈等の政権より、自民党人脈の政権の方がマシ」。

「それでもマダマダなのは、多くの日本人が周知の現実」』。

『「拉致問題とは、北朝鮮による対日工作活動の一部」だから、

「スパイ・工作活動問題として、厳然たる対応が必需」。

「拉致協力犯は、例え、どんなに人数が多くても、徹底摘発し、厳罰を与える」のが「当たり前の国」。

「韓国(北朝鮮も含む)等による日本国内のスパイ・工作活動の徹底摘発」も「普通の国なら、当たり前」。

「その辺りを誤魔化している限り、利韓(北朝も含む)の姿勢が、アリアリと判る」』。

『「拉致被害者も、

親北朝鮮の家人が自主的に渡北朝した事を悔いているのでは無く、

日本国民として本気で怒っているなら、

この程度の事は、言える筈」。

「戦後の日本は腐っている」』。

|

もちろん、現状人間社会上の立場やお金を得ていれば、安泰なんて事はありません・・・。

『「そんな事に安泰を求める人が多ければ、多い程、人類滅亡の確立は高くなる」。

「少し、冷静に考えれば、誰でも分かるだろう」。

「偶々、現状で恵まれた立場・財産等を持てている者たち」が、

「その恵まれた物事等を、人類誰もの実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続に生かしていない」なら、

「恵まれている分だけ大きなクレームが当然」だ。

「クレームにとどまらず、過分な立場・財産等の放棄もしくは、有効利用を、力ずくで求める事態が起きてしまう」のも、

「必然」だ。

「そして、そんな事態を起こし、受ける者たちの精神文化は、当然の如く未成熟な状態のまま」で、

「未成熟な精神文化が、地球消滅器まで持つ時は、もう、そんなに先では無い(既に、来てしまっているかも・・・)」。

「現状の精神文化のまま人類が時を進めるなら、人類滅亡は確実にやって来る」』。

『「未熟な精神文化に安住し続けようとしている者たち」は、

「実質的には、人類滅亡、もしくは、地球消滅を誘っている」のだ。

「それは、知っている、知らない」を「問わない」。

「そして、何人かの特定個人を殺したところで、この流れは変わり得ない」』。

『「そろそろ、金満や権満等々に現実逃避している連中」も、

「目を覚まさざるを得ない時」が

「否応無しに、やって来る」』。

『「人類の未来は、この{進級試験}に合格した時のみ、在る」のだ』。

|

三重県女子高校生殺害高校生「殺す事で救う」だと・・・。

『「いったい、どんな精神文化教育を受けら、こんなおバカ、もしくは、悪の{高校生}が生まれるのか?!」

「細胞ごとの誕生・死という実態」は、

「それこそ、小中学生でも解っている事」だ。

「言葉上で、例えば、新陳代謝等を覚えさせていながら、

その実体の理解・把握をさせず、

丸ごと一人の死生観を蔓延らせ続けさせる事を容認する教育」なら、

「そんな教育は、愚の骨頂、もしくは、明らかな愚民化工作教育」だ』。

『「人を救う」は「代償欲求の世界」で「ある場合が多い」。

「代償欲求上の救う概念に基づいた行動等」は「往々にして実質的には破壊行為になり易い」。

「今回の事例も、事実・現実との整合性が極めて悪い劣悪代償欲求の追及に基づく、悲惨な事件」に他ならない。

「本当の救い」とは、

「自分も含む人類誰もの実体である地球生命体細胞群の事実・現実との整合性をより高める事」で、

「広義の自分の状態をより良くする事で、狭義の自分の状態もより良くする事に他ならない」。

「こんな当たり前の事さえ、教えられない教師???とは・・・」』。

『「人を救うで殺してしまった高校生も劣悪情報・教育の被害者」だ』。

|

一億総活躍社会化の為には・・・。

『「内閣改造が行われた」。「安倍総理の前言の旨」通り、「大きな話題より実務派」の「内容の様相」だ。

「一億総活躍&経済発展等を目指す」と「共」に、

当然の如く「参院選での勝利も目指す」と言う』。

『「問題」は、

「一億総活躍状態がどうすれば生まれるのか?」だ。

「早くも、具体策の無さ等を一部マスコミ等が責めている」』。

『「人が活躍する為」には、

「健康状態が良い方が良い」。

「健康状態が良ければ、必然的に人は動きたくなる≒活躍したくなる」。

「そして、健康とは、頭心体の全てが当てはまる重要要素」だ』。

『「健康の面からすれば、今までの日本社会は本当に酷い」。

「何しろ、反日国人脈によるスパイ・工作活動天国状態」だ。

「有益分子化しない日本国民の健康等を阻害し、

本来の力を削ぐと共に、

有益分子化した者に日本社会の中で実権を持たせる悪工作」や、

「日本自虐&利反日国の情報・教育工作」や、

「利反日国派による政界工作」等々、等々・・・。

「拉致まで在った戦後の日本社会の中の反日国人脈による悪工作の徹底排除」は、

「多くの日本国民の健康状態の向上に直結している」。

「スパイ・工作活動の徹底排除」は、

「一億総活躍社会の為に、絶対に外せない重要要素」だ』。

『「戦後産まれの徹底した平和主義者である一一般日本国民の筆者」でさえ、

「今までの人生は、反日国人脈による工作活動の邪魔だらけ・・・」だった。

実際に、

「小学校低学年時に行った歯医者」では、

「虫歯では無い奥歯まで削られ、

後に入れられた義歯の長さは通常の半分程度

(因みに、その歯医者は●●系だったが、今から振り返れば、明らかに意図的な、実質的工作活動と強く推定される)

」だった。

「そんな事態に、人を基本的に疑わない子どもだった当時の筆者は、何の疑いも持たず、

母子家庭状態だったので、親も気づかず・・・」だった。

「皆さま、奥歯を短くする歯医者にはご用心!」

「奥歯による租借がままならかったのが原因か、長年胃弱となっていた」。

「有名国立小学校3年生時・5年生時には、どちらも、焼き肉屋の後だったが、

症状としては、毒キノコでも盛られたのであろう症状に近く(どちらの焼き肉屋でも、肉だけでは無く、雑炊の様なモノも食べた)、

脱水症状にまでなり、それぞれ1週間以上もの入院を余技された」。

「高校時には、筆者自身の興味もあり、

有名校から普通校に鞍替えしたが、

何故か?普通校時代には、強烈な工作活動らしい実態には遭遇していない」。

「もっとも、●●系の者を近くに張り付けられていた(クラス替えの裁量権は●●教組の先生)」が・・・。

「ところが、大学進学時に現役で入らず、

予備校の選抜クラスに進んだら、

予備校内のそば屋での食事の後、

帰宅途中に急激な立ちくらみに襲われた」。

「症状としては、まるで、インシュリンを盛られた低血糖ショックの状態・・・」だった。

「電車の中で看護婦をやっていると言っていた女性に助けられ、

駅を出てからタクシーで、実家の近くのかかりつけの医者に行ったら、

低血糖ショック状態だと推定されるのに、何故か?ビタミン剤を注射された」。

「その後、長い間、嘔吐症状が続き、学校どころでは無くなっていた状態で、

医者に行ったら、

胃ばかり調べられた」。

「膵臓症状で胃には大きな症状など出ていない状態だったから、

病気無しの診断が出された」が、

「症状自体は有った上に、嘔吐症状が収まらず、激ヤセしていた上に母子家庭状態だった」ので、

「入院を希望したら、症状は無いから内科は無理で、神経科を紹介すると言われた」。

「神経科など行ったことも無かったから、どんなところか?試しに行くだけ行ってみた」ら、

「入院時に、何故か?強烈な忘却を伴う薬を飲まされた」。

「その後、さすがにこのままではアブナイと悟った親が転院させ、

症状自体は実際にあったので心療内科系の病院に転院した」が、

「元の膵臓治療無し状態だったので、1年以上もの入院となってしまった」。

・・・、・・・。

「社会に出てからも、外食続きの後、フッ素過重蓄積状態にされ、入院」。

「フッ素自体は基本的に無害だが、過重蓄積となると頭心体の調子は著しく悪くなる」。

「検査法・治療法は実質無い状態」だが、

「筆者自身がその状態に気づいた」ので、

「水と呼吸等による過重フッ素追い出しを長期間行い、快復」。

「その他の外食時にも、酷い時には、インシュリン低血糖ショックと同様の症状が出る事がある」。

「もちろん、用心しながら食べているので、少量の段階で止められるから、致死には至っていない」が、

「そんな店には、基本的には二度と行かない」し

「工作実行店&者として、リストアップ済み」。

「少し前~今時の医者になると、膵臓症状と普通に診断出来る場合が多いので、合理的な治療も行われた」から、

「幸いな事に、長い入院等にはなっていないが、長期間活気を削ぐ大いなる障害であった事は事実」だ。

「電磁波工作も同様」で「身体が凝る、集中出来ない・・・等々、では、本来の活気が出る訳も無い」から、

「対策する事になる」が「余分な手間とお金がかかっている」から、

「実質的には、決して小さく無い障害」だ。

「電磁波工作で悪質な事」は「当方が対策をする度に、電磁波の強さを強めてくる事」だ。

「当然、その分更なる対策が要る事となってしまっている」。

「飲食物工作にしても、電磁波工作にしても、反日国人脈の者の臭いが非常に濃い」。

「それは、実行犯と強く推定出来る者たちの実態からも判る」』。

『「警察等は、

そのスジの者たち(酷い場合は、警察署長等がそのスジの者の場合さえある)や、

そのスジの者たちと通じている地元暴力団等と仲が良い場合もあり、

意外と頼りにならない」。

「日本国政府は先ず、この辺りから徹底的に直すべき」だ。

「飲食物工作も電磁波工作も、未だに蔓延っている日本社会・・・では、

一億総活躍は無理」だが、

「反日国人脈によるスパイ・工作活動等を徹底的に排除した日本社会」なら、

「多くの日本国民に本来の活力が戻って来る事は確実」だ』。

|

ノーベル物理学賞に梶田氏、スーパー・カミオカンデを使ったニュートリノに質量が在る事の証明が評価・・・。

『「元々、物理学会の定説であったニュートリノには質量が無い」が、「明らかな事実誤認状態だった」ので、「ニュートリノに質量が在った事自体は、驚くに値しない」が、

「1998年に、その実証が出来た事は、本当にメデタイ!」

「一部愚か者たちの評価では税金等の無駄遣いでもあるスーパーカミオカンデ及びスーパーカミオカンデを使って実証データ等を集め分析・研究している研究者たち」は、

「本当に立派に仕事をしている」。

「その現在の代表的立場に在る梶田氏のノーベル賞も、当然の流れ」なのだろう』。

『「そもそも、現状の物理学者の多く」の、

「宇宙の実体把握仮説論が間違っている」から、

「素粒子の一つであるニュートリノには質量が無い」を、

「定説にしてしまっていた」。

「しかし、時空進行(時間エネルギーの流れと表現するより、より実態に近い表現だと思うので、今後は、この表現を用いる)から遅れ、

渦を巻き、

粒をつくる事が質量を生み出すという

現状自然界を分析するなら、当たり前に得られる仮説に基づく」なら、

「素粒子と言う粒子化した物質に質量が無い訳など在り得ない」。

「光子として粒状化扱いされているが、実際は、エネルギーピークに過ぎない光も含む電磁波は質量が無いと言われている」が、

「光も含む電磁波は、渦を巻いているのでは無く、その前段階で宇宙時空進行とのズレを持っている=エネルギーを持ったピーク状態だから、

時空進行からの遅れも無く、質量ゼロ状態を保てている」。

「しかし、当然の如く、電磁波のエネルギーピーク部分は、時空進行により振動させられる」から、

「大きなズレ量(=エネルギー量)を持つピーク程、振動数が高くなる」。

「ニュートリノでも振動が観測されている」が

「粒状極微小物質が時空進行からの影響で振動するのも、当然の現象」だ。

「そのニュートリノの周囲の時空進行の状態により振動実態も変わる」から

「今後は、その様な実態も観測~発表される時代になる」だろう。

「エネルギーピークに過ぎない電磁波は、この宇宙の時空進行と共に、基本的には全ての方向にそのピーク差が伝えられる」が、

「物質という時空進行とズレたエネルギーが粒状化した塊で遮ると指向性を生み出す事も出来る」。

「時空進行からのズレ、その分だけ、元時空の進行との差=エネルギーを生み、

そのエネルギー自体が振動レベルでこの宇宙の時空の進行と同一の流れ上に存在し得なくなると、

渦を巻き、粒状化し、個別状態となり質量を得る」。

「粒状化した素粒子等は、常に、時空進行により転がされているから、粒状を保てている」。

「逆に言うと、時空進行による転がされが無くなると、エネルギー化し、最終的には、タダの時空進行の一部となる」。

「この宇宙が最終的に辿り着くと推定されている状態は、

時空進行のエネルギーがだんだん減衰する事により、

全ての物質がエネルギー化し、

エネルギー化した事により時空進行を保とうとするが、

それでも広大化が進むが故に減衰は止まらず、

遂には、時空進行が止まってしまう無の状態となる事」だ。

「そんな状態が実際に生まれる前に、宇宙の子造りを行わなければ、宇宙の生物の永続は無くなる」のだし、

「逆に、宇宙の子造りに成功し続け、生物の維持にも成功し続ければ、永続が可能となる」。

「時空進行の中でズレであるピークが生まれ、ピークが粒状化出来る状態はそれこそ星の数程在る」から、

「ニュートリノとされている区分の素粒子にも色々なニュートリノが存在している」のだ。

「粒状化している場合、時空進行から遅れ、時空進行のエネルギーに転がされている状態」で、

「この宇宙の時空進行からの遅れ=質量」なのである。

「質量を持つ物質がエネルギー化する」とは

「時空進行からの遅れに対し、

物質化する事で対応していた状態を止め=渦を巻く事を解消し、

最終的には、時空進行と同一化する事(=単なる宇宙時空の一部となる事)」だ。

「内在しているエネルギー量=質量」だから、

「小さな質量の物質でも、一般人間社会レベルでは、多大なエネルギーになる」。

「エネルギーは渦を巻き粒状化する事で物質化出来、物質は渦を解く事でエネルギー化出来るのも上記の様な実態故」だ。

「以上の事実」は、

「渦をその渦に合わせて高効率で解く方法を用いれば、

何も核分裂などさせなくても、

小さな質量の物質から莫大なエネルギーが取り出せる事も示している」』。

『「ブラックホールとは、光さえ反射しない=物質に当たった後外に戻れない状態」だが、

「依然として、現宇宙空間内に存在している超大質量状態」だ。

「現宇宙空間内に存在出来ているとは、時空進行の進行速度の折り返しを超えられていない状態」だ。

「そして、ブラックホール内で進行している時空は、ブラックホールの質量により引き伸ばされる状態となっている」から、

「相対的に宇宙時空の進行速度が遅くなっている」。

「相対的に遅くなっているベース時空進行上では、質量を持つ物質も相対的に軽くなる」から、

「崩壊現象も起き易くなる」。

「ブラックホールは、何れ、蒸発すると推定される所以」だ』。

『「人類は、

質量を持つ超微小物質であるニュートリノ等も、

この宇宙の時空進行と共に運ばれているダケだから質量は持たないが、宇宙時間の流れとのズレの分だけエネルギーを持っている光を含む電磁波も、

所謂一般物質も、

ブラックホールの様な超質量物質も、

宇宙時空の進行以外の時間の流れ上に存続している生物も、

・・・理解・把握し始めている」。

「そして、エネルギー・物質を利用した、より高度にし続けている物質文明の構築にも余念が無い」』。

『「人間(自分)について、細胞レベルの考察にも至るくらいに煮詰めた認識を保有した上で(=現実に対する理解把握度をより実体に近くまで持って行く思考体系を脳内に構築した上で)、

自然界の物事を分析するなら、

何処の誰にでも、

宇宙論では、上記の様な実態/実体把握や仮説等も、当たり前の様に、生まれて来る」。

「逆もまた真になり易い」から、

「高度なエネルギー・物質等の実体把握」は「高度な自己理解や精神文化等を誘い易い」。

「時空進行からの遅れが質量を生むなら・・・等々と考えて行く」と、

「時空制御技術や重力制御技術の具体的アイデアも必然的に生まれて来る」。

「そして、今の人間社会」では、

「ノーベル賞等表沙汰になっている世界とは別に、世界中の色々な所で、科学技術の進化が着々と進んでいる」のだ』。

『「筆者が、進化し続けている物質文明相応の精神文化の必要性を強く訴えている理由」も

「其処に在る」。

「物質文明相応の精神文化を保持出来ていないまま、人間社会が時を重ねるなら、

確実に、人類滅亡がやって来る」。

「それは、ある日、突然・・・」かも知れない。

「重力制御技術や時空制御技術を破壊方向に使えば、地球を消滅させる事など容易い」のだ。

「しかし、それらの技術を地球生命体細胞群の存続~永続の為に使う」なら、

「地球生命体細胞群の宇宙への本格進出が容易になる」。

「今、人類の真摯な判断が求められている」』。

|

テレ朝昼番では、「TPPはAIIBと切磋琢磨すれば良い」等と利中共情報の配信に余念が無いが・・・。

『「AIIBの実体」は、「中国共産党の保身の為の集金&錬金術機関」だ。「だから、実際に、設立自体も、中国共産党の独裁的手段による」。「TPPの様に各国の綿密な擦り合わせも無い」。

「要の事項は、基本的に中国共産党に押さえられている」。

「中国共産党のオコボレ頂戴わんわんたちが、集っている」のが、

「AIIB」の「実態」だ。

「対して、TPPは、西側先進諸国の現状文化そのままに、各国の綿密な擦り合わせの上で、誕生した、公明正大な経済圏」だ。

「その実体的価値は、AIIBより遥かに高い」』。

『「それなのに、テレ朝昼番では、無理やりAIIBとTPPを同列に並べて、切磋琢磨を言った」のだから、

「その利中国共産党ぶりは、明らか」だ。

「実質的に、日本の公共の電波を中国共産党を利す為に使っている様相なのだから、

こんな状態が放置されたままで良い訳などあり得ない」』。

『「ノーベル賞受賞の大村氏の肉声も聞けた」。

「しかし、テレ朝昼番では、お経を上げるとか、家族とかにスポットを当てていた」。

「ここでも、宗教利権や血統家族主義利権の維持に力を加える情報配信ぶりだった」のだから、

「本当に呆れた」。

「伝えるべきは、受賞後感であり、研究分野・内容とその評価についての感等」だ。

「記者質問が酷かったのかも知れない」が、

「事ある度に、宗教や血統家族主義等の事に応えさせる質問内容」は、

「改めさせられるべき」だろう。

「学問的な事を聞く為には、返答に対し、質問する記者にも相応の知識・資質等が求められる」が、

「宗教や血統家族主義等の上辺の事に誘う質問なら、それこそ、其処ら辺のおじさん・おばさんでも対応出来る」。

「ロクな仕事が出来ていない連中に、過分な立場・報酬等は不似合い」だ。

「今回の場合でも、結果として、大村氏の日常は、ほとんどの人々がそうである様に、普通の家族等であった事が判ったダケ」だ。

「先祖への感謝を素直に出来る状態にある大村氏」が、

「古の日本の家庭では、

多くの家庭で日常だった、

朝の仏壇詣りや読経の習慣も持っている事」も

「普通にあり得る事態に他ならない」。

「そんな所にスポットライトを当てても、何も面白く無いし、

視聴者も血統家族主義や仏教等の古の文化に安住したくなるくらい・・・で、

良い刺激は何も生まれない」のだ。

「日本社会の衰退化を促す情報配信と言っても過言では無い」』。

『「大村氏の実績や、研究内容については、スタジオに大村氏について本を書いた者を呼んで、若干の解説をしていた」が、

「内容が、シラ~と伝わって来たダケ」で、

「其処に、ワクワク出来る、本人感・実感は、皆無」だった。

「皆さん、こんな事がありましたよ~!」

「でも、皆さんとは基本的に無縁ですから、皆さんも、何も頑張らずに、旧来文化の中で大人しく衰退して行ってね~!」等の

「感が、充満していた情報配信」だった。

「大村氏本人から、研究や考える事の面白さ等が伝わって来る話しを聞けた」なら、

「多くの視聴者のやる気や活気にも繋がる筈」なのだから、

「視聴者の衰退を誘う情報配信は、本当に酷いモノ」だ』。

『「さすが、日本を細らせた反面で、中共・韓(北朝も含む)を太らた政党等と馴染みの深いテレビ局の番組・・・」である。

「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界の人脈も含む正常化は急務」だ』。

|

ノーベル医学生理学賞を受賞した大村氏は、人格的にも大賞受賞者に相応しい様相で・・・。

『「物質文明側のノーベル賞受賞者の多くが生み出した、研究成果や生み出した論理・物質の実効」は「本当に素晴らしい」。

「例えば、今回の大村氏の研究~成果にしても、何しろ、何億人もの人々を救う薬に直結したのだから」。

「それに比べると、精神文化側は、本当にお粗末」だ。

「例えば、何人もの人々が、ノーベル平和賞を受賞しているが、現実の人間社会は、未だ、未だ、平和とは程遠い」。

「現実としては、核兵器の製造~保有こそが、人類に大戦争を抑止させている状態」だから、

「精神文化面では、未だに、本当にお寒い状態が続いてしまっている」のだ。

「文学賞等に至っては、その実効は、賞を取った人々の作品等がより多く売れる事くらい」だろう。

「進化した物質文明相応の精神文化を多くの人類が身に着けなければならない必然性がある」のに、

「多くの人類が、

この一大現実問題から、

現実逃避したまま、

現状の未熟な精神文化上で得られている虚構の利権等に溺れている状態」だ』。

『「さて、人格大賞的実態も報道されている大村氏」だが、

「そんな誰から見てもケチの付けようの無い様な聖人君子的状態」は、

「何故生まれる事が出来たのだろうか?」

「其処に在るのは、精神構造や、脳力構築や、身体構築も含む幾多の合理的組み合わせ」だ』。

『「戦前の日本の山梨県内に農家の子どもとして産まれた大村氏」は、

「食糧難だった時代だったが、農家であった分だけ救われた面も有った筈」だ。

「子どもの頃望まれた作業等を行う事で、当時としてはいくらかはマシであったであろう食料環境を生かした、

身体の構築もある程度出来た筈」だ。

「生物としてのベースがある程度安定状態に在った」から、

「母親からの{人の為になる人になりなさい}等の言葉も素直に聞け、

{その(母の期待に応える)為には・・・}等と考えれば、勉学にも熱心になれた」だろう。

「高度な言語環境等は無かった」だろうが「頭を使った自然環境等との対話等は出来た」だろう。

「そして、幸いな事に、戦争で命を奪われる事も無く、

家のお金で大学進学(高度な言語環境が無かったからか、所謂超一流校と言われている大学では無かったが)が出来た」。

「大学卒業後は、人の為になる仕事の一つである夜間工業高校教師として働いた(卒業後得られた仕事も、大学のレベル相応だったのかも知れないが)」が、

「試験に遅れて来た生徒の手が油まみれであった事に衝撃を受け、

こんな事態を打開する為にも、もっと、勉強しなければ・・・等の感を得た」のだろう。

「経済的にも、学力的にも、可能だったので、大学院に入学し、研究室に進む道を選んだ(選べた)」。

「日頃から本質を探究し考える事が好きだったから・・・だろう、微生物の中にある抗生物質等の研究に進み、

成果を残した(残せた)」。

「成果を元に、

渡米し、

給料は安いものの研究環境や人脈環境に恵まれる事となる米国の大学の客員教授となれた」。

「特許収入にも恵まれた」が、

「恵まれた特許収入を、

産まれ故郷山梨県内の、温泉施設つくりや、美術館つくり等で、

人の為に生かした」。

「美術品は、個人所有などせず、多くの人々に観てもらうべき論」は、

「筆者も、もちろん、大賛成!」だ』。

『「大村氏の経歴を考える」と

「まるで、

産まれた時から、

肝要な者・物・事のほとんどが、

良いタイミングで組み合わさり、

良い方向に向かった様に思える」。

「生体としての基本ベースを得られた、ご本人の努力・選択の上」に、

「運の良い状態が次々と続いた結果」、

「恵まれた研究環境や、特許や、ノーベル賞が在る様相」なのだ』。

『「現状人間社会では、大村氏の様に、上手く運んだ/運べた人生を送れている人は、極々少数派」だ。

「産まれながらの環境格差もかなりある場合が多い」。

「しかし、考える自由は、誰もが持っている」。

「選択できる者・物・事の内実格差もかなり在る」が、

「選択の自由は、誰もが持っている」。

「努力のベースである基本的生体の状態は、人それぞれ」だが、

「現在の状態をより良くする自由は、誰もが持っている」。

「もちろん、実行可能か?否か?に、経済的要素が大きく絡む場合も少なく無い」が。

「金権・人権社会である現状人間社会」では、

「金満度や実権を持つ人脈の有る・無しが過剰に大きくモノを言ってしまっている」。

「その辺りが是正されなければならない事は、言うまでも無い」だろう。

「評価基準は、

金権や人権によらず、

人類誰もの自分の実体との整合性を取った上とか、

自分の実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続への貢献度等で無ければ、

その評価の現実離れは否定出来ない」。

「例えば、ノーベル賞にしても、物質文明面では、相応の実体・実態が要求されているから、現実離れ度は相応に低い」が、

「精神文化面では、実体も実態も??の場合が少なく無い」から、

「是正は急務」だろう。

「実体離れを者・物・事で誤魔化す」のは「人類の悪い得意技」だ』。

『「人の為」と言うが「実体をちゃんと考えるなら、人の為=広義の自分の為に他ならない」のだ。

「悪戯に狭義の自分や他人や他の生物や物・事等を、

犠牲にしたり、破壊する、人の為」は、

「偽りに他ならない」。

「人の為ダケ言うのは、愚か過ぎるテレビ・ラジオ・マスコミ等」で、

「現在に相応しい情報配信等」なら、

「狭義の自分(人類なら、約60兆の細胞個体)・広義の自分(地球生命体細胞群)」について述べ、

「広義の自分の為になる人の為と、

広義の自分を犠牲・破壊等してしまう偽り」の

「違いくらいちゃんと言わなければ!」』

|

TPP大筋合意で大経済圏誕生・・・。

『「大人口を餌に一国二制度で世界経済内で大きな影響力を保持しようとしたが、共産党一党独裁体制という構造欠陥故に汚職・賄賂経済となってしまい、崩壊寸前の中国共産党支配下の中国経済を他所に、現状経済システム上で、世界経済の約4割に迫る大経済圏が誕生する」。

「その中に属する事が出来た現状経済システム上実利はかなりのモノとなる筈」だ。

「今後も、問題だらけの中国共産党支配下の中国経済は、中国共産党一党独裁体制である限り、衰退し続ける事になる」から、

「TPPのメリットは相対的により大きくなる」』。

『「もちろん、この大経済圏のメリットを多くの日本企業等が生かす事が大前提」だ。

「多くの日本企業等には、中国共産党支配下の中国から離れ、TPP圏内の国々にシフトする成長戦略が求められている」。

「そのシフトが実際に行われるなら、日本経済の安定発展は、十分に可能」だ。

「普通の話しが通じない中国共産党相手」では、

「経済発展のメリットを得る前」に、

「中国共産党に技術やノウハウ等を盗まれ、

不当に権利主張等されるばかりか、

経済的メリットのオイシイ部分を不当にむしり取られるばかり・・・」だ。

「そんな罠的中国の消費者に拘る」より、

「普通の話しが通じる大経済圏内の消費者を重視した方が

安定的な経済発展は得易くなる」のは、

「至極当然の話し」だ』。

『「中国が民主化されるまでは、

中国国民消費者も普通の民主化国の消費者と同様とは成り得ない」ので、

「中国共産党支配下の中国の消費市場パイは、人数程、大きく無い」。

「逆に民主化されて普通の国状態になれば、中国の消費市場パイは現状の何倍にも膨らむ」。

「今の中国とは最小限の付き合いをすると共に、民主化を促し、

中国が、民主化した後に、TPP枠に参加させる事」が、

「世界経済の発展の為には、合理的になる」。

「EUとTPPで二大車輪状態とし、世界経済を牽引する事」が、

「現状経済システム上では、合理的」である』。

『「もちろん、日本の中の産業等によっては、

TPPによって大きなダメージを受けてしまう可能性がある産業等が在る」。

「しかし、国の経済全体として見るなら、明らかに、メリットの方がデメリットより大きい」から、

「政府は、ダメージを受けてしまう産業等に対する保護策を充実させると共に、

メリットを受ける産業等からは、相応に高い税を取るべき」だ。

「国が行うの経済システム変更の責任は国に在る」。

「デメリットを受けてしまう全ての事業者等が、軟着陸、もしくは、事業内容変更等が容易になる様に、万全の保護策を構築し、実行するべき」だ。

「TPPメリットでより大きな利益が出た事業者等からは、メリット相応の分だけ高い税を取るべき」だ。

「国の経済システム変更によりメリットを得たのだから、応分の報酬を国に払うべき」である。

「政府や与党が多くの日本国民から支持を得る為」には、

「TPP問題でも、日本社会の公平性を保つ策が、本当に重要」だ』。

『「とりあえずは、話しの通じる相手同士の大経済圏の誕生自体」は、

「メデタイ」。

「国による経済システム変更なのだから、

不利益を受ける事業者等、

利益を受ける事業者等、

双方への、

国としての公平な対応が必需」だ』。

『「日本国内の一般消費者のメリットは、結構大きい筈」だ。

「手に入るモノが、

安いがアブナイ中国製から、

安くて安全なTPP圏内の国製に変わるケースが増えるのだから」』。

『「ホーたくれ経済学者?」は、

「先進国は皆、低成長が当然だから、文化を充実させて豊かに暮らせば良い等のインチキ論を言っている」が、

「経済も、言うまでも無く、人類の精神文化」だ。

「経済学者なら、より現実との整合性が高い経済システムの提案でもするべき」で、

「自らの仕事を疎かに、現状人間社会や現状経済システム上で得た過分な利権等を元に、安穏と暮らす現実逃避に強い興味を示している様相では・・・」。

「呆れるばかり・・・」だ』。

『「先進国とは、実人間社会が高度に動いている国に他ならず、

実人間社会が高度に動いている所の経済が低成長というのは、

経済システム自体が現実との整合性を取れていないからに他ならない」。

「開発途上国の後追いの、自国開発では無いインフラや生活設備の整備・充実等を、

先進状態で新たなそれらを生み出し続けている国々と同じ事にしてしまうインチキ評価」は、

「直ちに止めるべき」だ。

「為替格差を安い労働力として安易に使ってしまってはいけない」。

「全人類の経済評価」も、

「自分の実体と、

自分の実体の根本的目的である自分の実体の存続~永続への貢献」との整合性を取った評価基準にしなければ、

経済の現実離れが、多々の異常事態をつくり出してしまっている現状人間社会の病気は、

治らない」。

「経済学者なら、人類の精神文化を豊かにする為に、行うべき事は、山ほど在る」。

「豊かになっていない精神文化上で、実質的には現実逃避等に甘んじる様な事を、推奨している」とは、

「本当に、呆れる」』。

|

福山ロスだと・・・。

『「仮想恋愛対象として売れていた要素が強い福山雅治」が「結婚した事」で「所属芸能事務所の株価が下がるのは、ある意味、当然の現象」だ。「しかし、それ以外の事は、福山の結婚が本当の原因では無い筈」だ。

「仮想恋愛対象の有名人が結婚する」と「結婚相手が、その人が恋愛対象とする異姓の資質・レベル等を露呈する事になる」。

「多くの福山を仮想恋愛対象にしていた女性たち」は、

「自分と吹石一恵を比べる状態下に置かれてしまった訳」だ。

「そして、もはや、妄想上でも、離婚無き限り、妻となる可能性はゼロ・・・」。

「愛人等の立場で、吹石との比べっこをすれば、萎えてしまう方々が多い事」は、

「当然」だろう。

「福山所属の芸能事務所にすれば、福山の仮想恋愛対象としての売り要素が、かなり減衰させられてしまった状態」だから、

「株価下落も当然」だ。

「福山当人も、その辺りは良く自覚している様」で、

「結婚話題が最大の仕事とならない様に、今後もっと良い仕事をしたい旨述べている」。

「本当に、もっと良い仕事が出来る様になれば良いのだが」・・・』。

『「さて、そもそも、現状人間社会」では、

「有名人等依存の心理状態が過重な人々」が「多過ぎる」。

「他の者・物・事への依存の多く」は、

「本来欲求に基づく状態では無く、代償欲求の追及がもたらしている状態」だ。

「代償欲求の追及では、本来欲求の充足は在り得ない」から、

「代償欲求の追及とは、永遠に、充足を得られない、暗黒の道を歩み続けている行為に他ならない」。

「充足が得られない現実」を、

「無意識レベルでも、意識レベルでも、自覚する」と、

「暗黒の道を無理にでも明るくしようとするか?」、

「暗黒の道の上を歩み続ける事を止め、暗黒の道の上から抜け出すか?」の

「何れかの行動を起し易くなる」のが「人間の性」だ。

「暗黒の道の上から抜け出せば、現実上大きな影響は無くなる」が、

「問題は、暗黒の道を無理にでも明るくしようとする場合」だ。

「必要十分なお金や立場や権力等を得ても尚、更なるお金や立場や権力等を追及する人々が少なからず居る」が、

「その様な代償欲求の過剰追及こそが、暗黒の道の上を無理やり明るくしようとしている行為に他ならない」。

「現実的な影響は、その人当人の範囲にとどまらず、人間社会全体に広がって行く」。

「代償欲求の過剰追及を{仕事}等と勘違いしている者たち(現実としては、多くの場合で仕事と言うより、破壊行為を行っている場合が多い)」にとって、

「自分の実体から現実逃避する為に利用していた有名人仮想恋愛対象像等の実質的崩壊」は、

「{仕事}等の面でも、影響が出易くなる」。

「代償欲求過剰追及構造の一部が実質的に崩壊した事による、

つまり、連結構造体上の一部崩壊による影響」だ。

「健常な人間社会なら、そんな影響は極小の筈」だが、

「もし、万一、本当に、福山ロスが大きく出ていた」のなら、

「それは、現状の人間社会の病気度が、かなり高い事の実証」になる』。

『「他の原因による経済的下落等までをも、有名人のイベント等のせいにする事」で、

「その有名人の宣伝にする情報工作」は、

「有名人商売を行っている者たちやそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「常套手段」だ。

「もちろん、そんな情報による大衆誘導は、本質的には悪事」に他ならない。

「そんな悪事を行い続けている者たちが言う道徳等のダブルスタンダード性については、

もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「仮想恋愛対象有名人に溺れるより、現実の異性とのお付き合い」が、

「多くの人々の中で、優先される状態」が、

「健常状態」だ。

「多くの人々を、仮想恋愛対象有名人に溺れさせ、

現実の異性とのお付き合いを諦めざるを得ない状態下に追い込んでいる、

現状の格差社会状態や、

情報・教育等の状態」は、

「本当に酷い」。

「そんな状態をつくり出していると共に、

その状態の上に在る、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の、

実体としては仕事では無く破壊行為と言った方が適切な事に基づく過分な報酬や、

仮想恋愛対象有名人等の過剰な稼ぎ等」は、

「断じて賛美される事では無い」。

「実体としては、悪事行っている者たちを

お金持ち・立場持ち・権力持ちにしている人間社会状態を蔓延らせ続けている」から、

「人類誰もの自分の実体から整合性を取るなら当たり前の

世界平和や

人類の殺人(自殺・他殺)からの卒業」さえも、

「未だに実現出来ていない」のだ』。

『「人間の精神文化の正常進化の邪魔をする事によって、

既得権益を守り、不当利権を得ている者たち」とは、

「科学的に地動説が正しい事が判ったのに、

天動説に執着する事で利権を保持しようとしていた様な人々」と「同様」で、

「将来的には、多くの人々から、悪者・愚か者等として認識される者たち」に他ならない。

「不当利権に執着していると共に、ある意味、永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる様な事」なのだ。

「自分本来の感覚が生きているなら、そんな事は直ちに止めたくなる筈」だが』。

|

利韓(北朝も含む)マスコミ等では日本国民の自虐是正を問題にしている様相だが・・・。

『「そもそも、日本国民が日本国を好き、好きになろうとする、好きになれる状態にしようとする等々は、保守でも革新でも無く、自分の実態に沿った極当たり前の状態」だ。

「ところが、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等や、韓流教育等が蔓延っていた少し前までの戦後の日本社会の中」では、

「日本国民としては自虐的状態でも、利韓(北朝も含む)思想を持ったり利韓(北朝も含む)行動を取ったりする事」が「良い事」として、

「扱われ、それに背く事は、劣悪だとされて来ていた」。

「左翼(内実は、利韓等)が右翼(内実は、利日本等でも)より賢く良いイメージで風潮されていた」のも、

「イメージ誘導情報工作の一環に過ぎ無い」。

「そんな実態を戦後の日本国内にもたらして来ていた者たちが嫌われる」のは、

「ある意味、当然」だ。

「嫌韓の一つの原因は、其処に在る」。

「中国共産党に対する反感・反発は、何も日本国民に限った事では無い」。

「何しろ、中国国内で行って来ている事も酷い」から、

「中国国内にも、中国共産党に対する反感・反発はかなりある」。

「そればかりでは無く、そんな実態は全世界的に知れ渡っている」から、

「今や、親中国共産党状態の人々が多い国々は圧倒的少数派」だ。

「反日思想信条では中国共産党と同様の韓国(北朝鮮も含む)や、中国共産党の生みの親であった旧ソ連の主体であったロシア内」でも、

「嫌中国共産党の人々は稀では無い」。

「中国共産党贔屓なのは、中国共産党に利権を与えられている人々くらい」だ。

「国レベルでもその様な事態は変わらない」』。

『「日本国民の嫌韓には、まだまだ、重要な事実・現実が伴っている」。

「何と言っても、日韓併合問題」だ。

「実質的に日韓併合」は、

「当時の韓国及び韓国権力者救済の為でもあった」から、

「二国間で国家契約が成立」し、

「その後の日本は二国を一国とする同化契約を元」に、

「誠実に、朝鮮半島内の近代化等に邁進した」と「共」に、

「当時の韓国権力者たちも厚遇した」。

「ところが、日韓併合時に渡米していた韓国悪権力者たち」は、

「日本の敗戦を悪用して、戦後の朝鮮半島内の支配権を得る為、

米国内で、植民地支配詐欺を働いていた」。

「植民地支配詐欺に騙された米国が選択した戦後処理」は、

「戦後の朝鮮半島内は韓国人権力者の下に渡す」だった。

「平時に朝鮮半島内に渡り、朝鮮半島内の近代化等を私財まで投入して頑張っていた終戦時の朝鮮半島内に居た日本国民のほとんど全てが、強制的に帰還させられた」と「共」に、

「戦後の朝鮮半島内は、渡米していた韓国人たちの下に引き渡された」。

「終戦前当時のソ連内では、日本の敗戦を見込んで、朝鮮半島を旧ソ連の意図の下で動く朝鮮人に支配させる計画も動いていた」。

「終戦と共に、旧ソ連側の計画も実行され、朝鮮半島の北部には、旧ソ連系の政権がつくられた」。

「米国内で植民地支配詐欺を働いていた韓国人たち」と「旧ソ連の下で朝鮮半島内の支配権を約束された者たち」は、

「朝鮮戦争を始めた」。

「何れにしても、終戦時には、朝鮮半島内の日本国民が、

立場・資産・財産等の多くを朝鮮半島内に残したまま強制的に帰国させられ、

それらの立場・資産・財産等を火事場泥棒的に奪えた朝鮮人たちが、

戦後の朝鮮半島の政権となった」のだ。

「さて、日本による植民地支配と言うなら、植民地支配などを行う恐ろしく悪い国には、朝鮮人が自主的に渡来する訳も無い」が、

「実際は、日韓併合時には、多くの朝鮮人が、より良い仕事や報酬や生活等を求めて、自主的に渡来している」。

「それらの朝鮮人たちが、終戦後、植民地支配という恐ろしく悪い事を行う様な日本を率先して離れ、祖国・母国に帰っている」なら、

「朝鮮人の言う植民地支配論にも、いくらかの説得力が出る」が、

「実際は、未だに、多くの朝鮮人が日本国内に居残っている」。

「もちろん、朝鮮の文化より日本の文化が好きで、日本に居続けている平和的な人々は、何の問題も無い」。

「個人個人の選択の自由の話し」だ。

「しかし、そうでは無く、日本国内に居残り、日本の政治や社会を韓国や北朝鮮にとって都合の良い方向に動かす為や、

果ては、日本を乗っ取り支配する為に、

日本国内に意図的に居残っている人脈が在るのも、厳然たる事実」だ。

「それらの人脈による戦後の仕事の一つ」が、

「情報・教育・組合・政界工作」だ。

「その朝鮮系の人脈による日本国民にとって悪い仕事が原因となり、

戦後の日本国内では、多くの日本国民が日本自虐状態を続けさせられていた」。

「この様な実態が在る上に、竹島の不当占拠や、従軍慰安婦詐欺まで行っている」のだから、

「韓国嫌いは当然過ぎる程当然」だし、

「北朝鮮に至っては、拉致を含む数々の工作活動まで日本に仕掛けて来ている」のだから、

「日本国民にとって悪い仕事を未だに行っている様な朝鮮人に対し、祖国・母国に帰れ!等の声が上がる」のも、

「当然過ぎる程当然」だ。

「それは、右翼だからとか保守だからとか言う問題では無く、人間として当たり前の状態」である』。

『「もちろん、中国共産党嫌いも、人間として当たり前の状態」だ』。

『「それなのに、この人間として当たり前の状態に対して、

右翼だから、

保守だから、

・・・等々の思想信条等のレッテル貼りを行ったり」、

「人権問題化したりする」のは、

「明らかにおかしい」。

「人権問題を言うなら、

実質的には、

敗戦火事場泥棒に合い、

植民地支配詐欺の被害に合い、

自虐方向にマインドコントロール等されて来ていた

被害者である日本国民の人権はどうなるのか?」

「実質的に悪工作を行っている者たちの人権を過剰に守り、

多くの日本国民の人権を損ねさせる人権意識を大衆に持たせようとする事」は、

「悪工作人脈の得意技」に他ならない』。

『「現在では、多くの日本国民が、歴史上の事実・現実情報等も得て、

自虐状態から抜け出せている」。

「人権問題意識」も「徐々に正常化されつつある」。

「日本社会で、最終的に追い詰められるのは、悪工作等を行って来ている者たちになる」』。

『「日本社会の中に居続けて、どん詰まりまで追い込まれる前に、自主的に、祖国・母国に帰った方が良いのでは・・・」等と

「感じているのは、筆者たちだけでは無い」だろう。

「子沢山策略等で、悪工作の跡継ぎをどんなに量産したところで、

追い詰められる者の数が増えるダケ」だ。

「不幸な子孫を残さない為」にも、

「悪工作を止めるか、

そんなに、日本国・日本国民等が嫌いなら、

自主的に、好きな祖国・母国に帰る事が合理的」だ。

「自分を健康にコントロールする代わりに、日本国・日本国民等を支配しようとしている」なら、

「実質的には、病気」だ。

「病気は治すべき」である』。

|

オバマ大統領、銃規制も結構だが、殺人欲動制御の情報・教育も行わなければ・・・。

『「米国では、相変わらず、銃乱射事件がしばしば起きてしまっている」。

「そんな事態を受けて、オバマ大統領は銃規制の必要性を訴えている」が、

「銃商売をやっている人々が少なからず居る米国社会」では、

「銃規制=利権問題」となり、

「銃商売人脈と共和党とが近い」となれば、「政権問題・政局問題の為に銃乱射事件を利用・・・的イメージでも捉えられてしまう」から、

「銃乱射事件という非常にショッキングな事件を元にした銃規制訴えでも、

説得力が非常に低い様相」だ』。

『「そもそも、人の中に強い殺人(自殺・他殺)欲動が芽生え、その殺人欲動を正義化し、実行可能にしてしまう思考等が生まれ続けて居る限り、

殺人行動自体を抑え込む事は非常に困難」だ。

「殺人道具である銃が無くても、殺人道具とも成り得てしまう物は、今時の人間社会の至る所に在る」。

「車・バイク・飛行機はもちろん、包丁やナイフまで規制となれば、本当に暮らし辛い人間社会となってしまう」・・・。

「殺人専用用具的要素が濃い銃や武器の規制」は、

「相応に合理的」だが、

「より重要な事」は「人類誰もが、殺人欲動制御を身に着けている事」だ』。

『「殺欲動」は「細胞レベルの個体保存・防衛本能に基づいた欲動」だから、

「誰もが持っている事が当たり前」である。

「殺欲動自体を無くす事は、現実的では無い」。

「殺欲動無し」なら、

「他の生物(植物・動物等)を食べ、消化する為に殺す欲動も失われ、

結果として、その個体の存続・防衛等も出来なくなる」。

「問題は、殺欲動を、殺人欲動に化けさせてしまっている事」に他ならない』。

『「殺欲動が、殺人欲動となってしまっている構造」は「以前の記事にも記した」。

「生きている一人の人の実態」は、

「細胞ごとの誕生・死により存続している人類として構築されている約60兆もの細胞群の一個体」だ。

「ところが、人の認識では、丸ごと一人で考え・思っている」。

「細胞ごとの認識が希薄なまま、丸ごと一人の考え・思い上」に、

「細胞レベルの殺欲動等の刺激が自らの中から脳に上げられると、

殺欲動は脳内で丸ごと一人の認識と結びつき、

殺人(自殺・他殺)の概念が生まれる」。

「元々の細胞レベルの殺欲動」は、

「存続・防衛の為であり、食や消化とも密接な関係が有る」。

「多種多様な生物が、他の生物を殺し食べる」。

「中には、自分と同じ種の生物をも殺して食べる生物もある」。

「人類が、食に恵まれていなかった時代に、食を得る為の殺人が多発した」のは、

「当然の現象」なのだろう』。

『「自然環境下で、周囲に他の猛獣等までもがたくさん居た時代の人類」は、

「先ず、周囲の生物環境を見て学習し、弱肉強食等の実態を認識」した。

「その実態を人間社会の中で、適用すれば、権力構造が生まれる事になる」。

「人間の場合は、

同種である人間を食べる習慣では無く、

他の種の動植物を食べる事を基本とする生活習慣を基本的に身に着けて来た」が、

「その前段階には、他の人間をも食べる生活習慣等も在った可能性もある」。

「実際に、古の中国では、人肉が売られていたり、アフリカの奥地では、人食習慣のあった民族が近世まで実在したり・・・と、人食に関する実例が散見される」。

「人食習慣が退けられた一番の理由」は、

「捕食作業の大変さと、自身の危険」だろう。

「基本的には、同様の力量を持つ他の人間を殺し、食するには、非常に大変な作業が要る」ばかりか、

「自らも同様の危険下にさらされてしまう」が、

「其処までの努力をしなくても、他の生物なら、比較的簡単に食する事が出来る」ばかりか、

「食欲(存続・防衛の為の本来欲求の一つ)は満たされるから」だ』。

『「この段階で、既に、人類には、食の為の殺人が基本的に不要になっている」。

「ところが、人類の殺人行動は止まらない」。

「殺欲動が、他の代償欲求の追及欲動と混合されて来たから」だ。

「自己存続・防衛欲求に基づく、自己確認欲動等の、

代償欲求の追及に奔走する事が、

未成熟な人類の精神文化上で常態化し続けて来ている」。

「代償欲求の追及と殺人化された殺欲動が結びついてしまった結果」、

「より良い衣食住や権力・立場等を求めての殺人が横行する様になってしまった」。

「動物より、頭脳がより働く事により、

本来欲求の充足の範囲を超えた、

代償欲求に基づく愚行・自虐等も頻発する事となってしまった」のである』。

『「丸ごと一人の死生観に基づいた、

他の者・物・事支配劇」で、

「人類の今までの歴史は埋め尽くされている様相」だ』。

『「丸ごと一人の死生観だから、丸ごと一人の殺人(自殺・他殺)となってしまっている」のだから、

「殺欲動自体は細胞レベルの本来欲動である」という「実体把握」が「非常に重要」になる。

「殺欲動自体も、存続・防衛の為の本来欲動」なのだから、

「存続・防衛が充足されるなら、元の殺欲動自体も充足され、殺欲動自体が抑えられる事になる」。

「食に困らない人々がほとんどの人間社会では、食目的の殺人は激減している」。

「丸ごと一人の殺人(自殺・他殺)をしなくても、

代償欲求の追及よらない殺人欲動では、

基本的には、殺欲動自体を充足させれば良い」のだ』。

『「実際の殺人(自殺・他殺)欲動には、

本来欲求である殺欲動に直結していない殺人(自殺・他殺)欲動も少なく無い」。

「代償欲求の追及と結びついてしまっている殺人(自殺・他殺)欲動が横行している」のが、

「現状人間社会のお寒い実態」だ。

「だから、本来欲求と代償欲求の理解・把握・認識が、非常に重要になる」のである』。

『「代償欲求とは、本来欲求とは違い、決して充足される事が在り得ない欲求」だから、

「代償欲求に基づいた殺欲動は、過大化し易く、非常に危険な殺欲動となり易い」。

「色々な者・物・事に対し、ある人が抱いている欲動が、本来欲求に基づいているモノなのか?代償欲求に基づいているモノなのか?」の「認識」は、

「非常に重要」だ』。

『「それなのに、現状の人間社会では、まるで代償欲求を煽る目的が主であるかの如き、情報・教育等が溢れている」。

「映画・ドラマ・アニメ・漫画・小説等々の作家たち」や、

「教師やテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事をしている者たち」は、

「いったい、何をやりたいのか!!」

「殺し合いを誘う情報を大量配信等する事で儲け、立場を得、

他人の殺し合いに対して正義ぶって本質論も語れないインチキ解説等をすることで、

更に、過分な有名人利権や報酬等を得ている悪態」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「作家なら、殺人欲動を殺す小説でも書けば良い」。

「映画なら、観客が殺欲動を理解し、殺人欲動を殺せる映画でもつくれば良い」。

「他の者・物・事を支配したり、他の者・物・事に支配されたりする、

代償欲求の追及心理等を誘う作品では無く、

自分で自分を健康にコントロールする本来支配欲に生きる事を促すと共に、

代償欲求を抑制する事に役立つ作品をつくれば良い」。

「・・・等々、等々・・・」。

「現状の精神文化系の仕事をしている者たちのほとんど」は、

「仕事の内実が不出来な割に、立場・評価・報酬等々が高過ぎる」。

「それは、学者でも大学教授等でも変わり無い」。

「例えば、事実・現実との整合性が高い経済システムさえも提案出来ずに、何処が経済学者なのか???」

「人間心理のベースである細胞からの刺激・信号等と脳内神経細胞の働きと、

表側の人間心理・行動等の整合性を検証しようとせずに、

科学レベルの心理学が出来る訳も無い」。

「法律にしても、人類誰もの実体やその実体の本来の目的である存続~永続との整合性を取って法律をつくろうしなければ、

ロクな法律が出来る訳も無い」。

「現状の人類」には「精神文化進化上の仕事が山ほど在る」』。

『「殺欲動や本来欲求・代償欲求等を理解・把握」し、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求に生きる事」が

「人間の当たり前」となれば、

「人間社会から殺人(自殺・他殺)は無くなる事になる」。

「戦争も無くなる」のだ。

「そして、この精神文化の正常進化の重要性」に、

「人類は、既に、気づいている」のである』。

『「国連にしても、大国である米国にしても、EUにしても、日本政府等にしても、世界の多くの大学にしても、テレビ・ラジオ・マスコミ等も、

もっと、ちゃんと人類の精神文化の正常進化に役立つ仕事をするべき」だ。

「物質文明側の進化の仕事の出来の良さ」と比べると、

「精神文化側の進化の仕事の出来の酷さ」は、

「本当に深刻な問題」に他ならない。

「人類滅亡が嫌なら、もっと、もっと、真剣に考えるべき」だ』。

|

「政権交代&安保廃案で野党は集結せよ!」の旨、訴えている小沢氏だが・・・。

『「選挙区で野党が候補者を一人に絞る{オリーブの木}連合状態をつくれば、政権交代も可能になる」から「共産党の提言」を「大讃美!」というのが「あの小沢氏」だ。

「政権交代は良いとしても、

新たに出来る政権の内実が、

利韓(北朝も含む)・利中共等ムラの人々が実権を持つ・・・」では、

「先の民主党政権時の再来」で、

「そんな状態が、多くの日本国民にとって好ましい訳も無い」。

「小沢氏とは、先の民主党政権時にも、剛腕幹事長だったその人」だ。

「まるで、独裁政権構築手法であるかの如き、幹事長室への各権限の集合ぶり」は、

「本当に、危惧された状態」だった。

「そんな政権を再び求める日本の有権者」は「圧倒的少数派」だろう』。

『「政権交代の前」に

「政権交代しても良いと、多くの日本の有権者が思える政治集団が出来ている事」こそが

「最重要課題」なのである。

「現在の日本社会に望まれている」のは、

「旧態依然とした数集めによる政権争いでは断じて無い」。

「政権交代を訴える」なら、

「実行政策の内実が、現行政権より日本国の為・日本国民の為になる事を行いたがっている政治集団の誕生」だ』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による情報ファシズム下の大衆誘導」による

「実質的操り人形たち」が「良いと思わされている政策」と、

「実際に、良い政策」は、

「全く違う」。

「現実上実際に、より良い政策を提言し実行出来る政治集団が望まれている」のだ』。

『「この面」からも「共産党が提案」し「小沢氏等が大讃美している」、

「(あの唯我独尊の共産党が提案した事で新鮮味が出ているが、内実は、旧態依然とした)

数集めの野党連合」では「ダメ」である。

「政権交代させても」は、

「良い事など無い事は、明白」だ』。

『「実際に、数集め野党連合に与党となる資質が無い事」は、

「先の民主党政権からも明らか」だから、

「例え、数集めやオリーブの木選挙協力による野党連合が実現しても、

多くの有権者は、

投票行動で、

民主党政権成立時と同じ過ちを犯さない筈」だ』。

『「現状日本社会をより良くする為に、本当に必要な、現実的な、政治集団を目指さず/目指せず、

旧態依然とした数集め野合による政権交代という政局劇に奔走している様相の、

共産党と小沢氏の叫び」は、

「利韓(北朝も含む)・利中共等ムラの人々が牛耳っているテレビ・ラジオ・一部マスコミ等に操られている様な

現実逃避派の頭の中では、

まるで、神のお言葉・・・かも知れない」が、

「多くの日本国民と、現実の日本社会の中」では、

「虚しく、哀れに、響いている」・・・』。

|

サンデー・モーニング、日本の国連積極参加を軍事色脚色で風潮した大衆誘導情報工作ぶりの酷さ・・・。

『「もちろん、日本の常任理事国入り等を目指す、国連積極参加宣言は、北朝鮮の先軍政治とは全く違う」。「今の日本」は、「軍事面での貢献実質無し」という「世界レベルでは余りにも無責任な状態」を抜け出し、

「ホンの少しダケ、後方支援等で、軍事面でも参加出来る様なったダケ」だ。

「その実態以上のイメージを国連内の演説を利用して他国に保持してもらう事」により、

「国連内での発言実効力等を高めようとした安倍総理の演説」は、

「ある意味では、巧みな演説の一例でもある」。

「日本の目的」は「軍事増大では断じて無い」。

「国連の健常化や、常任理事国入りを目指し、国連内での発言実効力を高める事」だ。

「ところが、利韓(北朝も含む)・利中共等ムラの人々が蔓延っている様相のサンデー・モーニング等」では、

「安倍総理演説の部分を切り取り、

まるで日本が軍国主義化しいるかの如きイメージに脚色した実質的工作情報」を、

「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していた」。

「テレビ情報を鵜呑みにして、テレビ情報に操られてしまっている視聴者が少なからず居る現状の日本」で、

「この様な状態が、悪戯に、容認されたままになっている事」は、

「非常に危険な事」である』。

『「健常化する前の国連にも従え論」は、

「利韓(北朝も含む)・利中共等ムラの人々のお得意論」だ。

「旧ソ連の悪い文化等から完全には脱却し切れていないロシアや、

中国共産党支配下の中国」が「持つ」、

「常任理事国の拒否権」で、

「国連は正常に動けていない」。

「そんな状態の国連に従え!論の実効は、ロシアや中国共産党の拒否権従え!と同じ事」で、

「言うまでも無く、

ロシアはもちろん、

中国共産党や北朝鮮(韓国も同様)を利す判断しか

実質的に容認されない状態に在る」。

『「機能不全の国連に従え!論の実効」は、

「機能不全状態下で、何も行えない」である。

「まるで、警察が動かない人間社会の様な状態を望む」のは、

「犯罪者たち」と「相場は決まっている」から、

「犯罪的行為を行う事で利権を得ている国々等にとっては、

機能不全状態の国連が望ましい事になる」。

「人権問題等からも、その実態は明らか」だ。

「こんな状態を放置させる事に力を与える情報配信をする」のは、

「犯罪的行為を行う事で利権を得ている国々等の手先」と

「相場は決まっている」』。

『「とりあえずは、軍事でも極めて若干の世界的お付き合いをしながら、

国際社会内での発言力や立場を高め、

その後に、

本質的に平和な人間社会・国際社会を構築する為の情報配信や政策等実行等を行う」なら、

「現実の平和構築の実現度がより高くなる」。

「逆に、現状の機能不全状態の国連が続く」なら、

「その間、人権や環境問題等を疎かにしたまま不当な利権を得ている者たちが、

より金満になり易くなり、

現行の金権人間社会で、

その様な悪質金満者の意見や意思等が反映され易くなってしまう」のだ。

「それは、{人類滅亡への特急券}でもある」』。

『「人類滅亡への特急券」が「より出易くなる情報配信」を、

「日本の公共の電波が使われた一方的情報大量配信機関上」で、

「行われ続けられていて良い訳など全く無い」。

「テレビ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

利韓(北朝も含む)・利中共等ムラの太陽光発電賛美&日本の原発反対!が止まらない・・・。

『「菅元総理」等に至っては、「太陽光発電電源の電気の方が新鮮でオーディオ等の音まで良い」という「(カルト)宗教的論」まで「公言」だ。

「多くの人々にバカにされる・呆れられる状態まで露呈しても、何としても、日本の電力事情を高値不安定にしたい様相は、鳩ボンの自虐外遊と同様の事態」だ』。

『「利韓(北朝も含む)・利中共等ムラの方々」は、

「日本国内で日本国民としてそんな自虐行動は行わず、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国等にでも行って、

存分に思い通りの活動をすれば良い」と感じているのは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

|

「戦争責任は、何故、蒸し返されるのか?」だと・・・。

『「もちろん、戦争被害国とされている国々の民主化が原因ではありません」。

「悪国家権力者たちが、

歴史を蒸し返す事によるゴネ得利権を渇望する事で、

国内権力を保とうとしているから」で~す』。

『「上記の実態は既に明らか」なのに

「大学教授(?)」が、

「上辺は真面目表現の本で、

上記の実態から目をそらさせる為の実質的情報工作を行い、

それを利韓(北朝も含む)利中共等マスコミが宣伝して、

大衆誘導を試みている・・・」とは・・・』。

『「毎度毎度の事ながら、本当に醜い実態」です』。

・・・・・・・。

『「戦争被害国」とは、

「戦争&植民地支配が世界的に行われていた時代」に、

「自国を守る程度以上の最新軍事技術等を保持出来ていなかった国々に他ならない」。

「例えて言うなら、

猛獣が迫って来ているのに、

防護壁も作らず/作れず、

実効のある武器も持たず/持てていなかった様な状態」だ。

「その様な国の状態をもたらしていたそれらの国々の国家権力者や

そのような国家権力者を頂いたままにしていたその国々の民の責任が、

全く無い訳など在り得ない」。

「戦争被害国を主張している国々の中にも、歴史上は多々の内戦が在る」。

「武力を元にした、

内戦による支配権の争奪戦が

国境を越えた状態になった」のが、

「国同士の戦争や植民地支配争い」だ。

「現実としては、

人類史における命がけの武力競争時代に

勝者となったのが戦勝国であり、

敗者となったのが被支配国」に他ならない。

「命がけの武力競争自体は、

個人レベルから、

小集団レベルに、

そして次第にその集団規模が大きくなり、

最終的には国、或いは、国家連合同士の争いとなった」。

「そして、先の大戦の末期には、武力競争による武器自体が核兵器にまで強化され、

大戦後は、とんでも無い破壊力が有る核兵器を複数の国々が保有した事」で、

「命がけの武力競争を行い続ける事はそのまま人類滅亡をもたらす事になった」から、

「人類は、大集団同士の大武力を使った命がけの武力競争は行えない状態になっている」のだ。

「しかし、現在」でも、

「国家レベルの戦争は抑止されている反面、

地域レベルの戦争や、

もっと小規模のテロ等は頻発し、

殺人事件等も多発している」から、

「人類は、完全に命がけの武力競争から卒業は出来ていない状態」である』。

『「過去の戦争責任を問う」なら「過去の国内内戦の責任も問われるのが当然」だ。

「ところが、その様な実態は露呈していない」。

「責任を問うている」のは、

「あくまでも、現在のその国やその国の国家権力者やその国の国民等が、

他国の戦争責任等を問う事で

利権が得られると考えられる戦争等についてのみ」だ。

「其処にあるのは、戦争責任の追及では無い」。

「被害者利権の追及」だ』。

『「それでは、

本当の戦争等(人間同士の命がけの武力等による支配競争)の責任は何処に在るのだろうか?」

「また、国レベル以上の本格的な戦争等が実質的には不可能になった現代の人類」は、

「どの様な状態であるべきだろうか?」』

『「殺欲動自体」は「誰もが保持している存続本能・防衛本能の欲動」だ。

「もちろん、それは、基本的に細胞レベルの話し」である。

「狭義の自分の個体内に入り込んだ、もしくは、個体内で出来てしまった、異物や異生物や、ガン細胞等の異常細胞等」を

「殺す事」は、

「その個体の健常存続に大いに有効」だ。

「そして、人類の生体存続の為には、他の生物を、殺し、食べ、消化する事が基本的に必需になっている」。

「存続本能・防衛本能に基づいた殺欲動」は「人類も含む、地球の生物の多くが持っている」。

「人類の場合、この殺欲動の刺激は、当然、脳内にも上げられている」。

「基本的に殺欲動は人類誰もが持っているのだから、

殺欲動自体を否定する事では殺人や戦争等は抑制出来ない、

ばかりか、現実離れを誘ってしまう事になる」。

「人類も含む多くの生物の欲動等は基本的に細胞レベルで起こっている」が、

「人類の脳の意識野では、人は、丸ごと一人の単位で考え・思いたがる」。

「人類個体の約60兆もの細胞ごと・・・」では、

「個体制御の効率等が非常に悪くなってしまうから」だ。

「地球上の生物全体」は

「基本的に高構築度による多種多様な生き様実現を画策~実現する事で、

存続を可能にして来ている」。

「時間経過による物理的崩壊という自然の摂理から逃れ続け、存続し続ける為には、

地球上の生物全体としての構築度を上げ続ける事こそが、

生物的に一番有効な手段に他ならない」。

「単細胞生物~多細胞生物~・・・果ては、人類まで、地球上の細胞群はより高構築度の生物個体を生み出して来た」。

「高構築度の生物個体をその個体の本能等に沿って操る為」には、

「細胞ごとでは無く、丸ごと一個体の認識が有効になる」。

「元々は、本能(本来欲求)に沿った行動等の実現化を、

その個体により合理的に成し遂げさせる為の丸ごと一個体の認識」は、

「人類レベルになると、

意識野で丸ごと一人の認識として、

本能(本来欲求)とは別の行動等の実現化にまで利用される様になった」。

「代償欲求の追及行為等が、その実例」だ。

「殺欲動でもその自体は同様」である。

「本能(本来欲求)上の殺欲動は、存続・防衛の為」だが、

「殺欲動が意識野で丸ごと一人(一個体)の認識と合体させられ、

他者や自分に投影・転嫁される」と、

「その個体の認識(意識上でも、無意識下でも)上」で、

「殺人欲動や自殺欲動に化ける」のだ。

「脳内に上げられている細胞レベルの本能に基づいた殺欲動の刺激」が、

「丸ごと一人の考え・思いと結びつき、外に投影・転嫁される」と、

「人は、他者の殺害や自殺等を考え・思う様になる」のである』。

『「元々が、自己保存~存続や個体防衛本能的な要素が強い殺欲動」だから、

「丸ごと一人の概念と結びつき、外に投影・転嫁され、意識化された殺害・自殺等の欲動」は、

「防衛になる、或いは、自己保存~存続の為になる、自分たちの防衛・保存~存続等の為になる等々の{正義}の動機付け」に

「弱い」。

「人類は、長い間、この殺欲動制御の誤りでかなり自虐的な事を続けて来てしまった訳」だ』。

『「今までの人類の大問題のほとんど」は、

「細胞レベルの欲動を丸ごと一人化して外に投影・転嫁する事で引き起こされている」と「言っても過言では無い」。

「しかし、元々の殺欲動は、個体内の細胞レベルの個体保存~存続欲動・個体防衛欲動」だ。

「この重大な現実に素直である限り、人類の誰にも、殺人・自殺等の必要性は全く無い」。

「個体の保存~存続の為、防衛の為に、他の生物を殺し、食し、消化する必要や、他の生物から身を守る為に殺す必要はある」が、

「人類同士の殺し合いや自殺の必要性は全く無い」のである』。

『「ところが、自分の実体把握も???」

「自己制御も???」状態の人々が、

「丸ごと一人の考え・思いのまま、{正義}等の動機付けを得てしまう」と、

「個人レベルの殺人~大戦争まで、非常に自虐的な事さえ行えてしまう事になってしまう」のだ。

「戦争や殺人事件の本当の元凶」は、

「個人個人の殺欲動制御問題」に他ならない。

「丸ごと一人の死生観」や、

「他の者・物・事への投影・転嫁等」や、

「代償欲求追及上の{正義}等々」が、

「戦争や殺人の根本的な原因」だ。

「人間の行動によって引き起こされている事」の「原因」は、

「人間の行動原理に在る」。

「行動原理を是正する事無しに、問題の解決はあり得ない」』。

『「現代を生きる人間に必要な資質」は、

「進化した物資文明相応の精神文化を身に着けている事」だ。

「核兵器まで製造出来る様になっている状態の人類にとって必要な精神文化」は、

「丸ごと一人の死生観から卒業」し「細胞ごとの実体に近い死生観を持ち」、

「本来欲求の充足を主とし、代償欲求の追及は遊び程度に抑える生活習慣を持ち」、

「自分の実体に素直に生きる事」だ。

「自分の実体に叛いて、

実体離れ故の不安等を他の者・物・事に投影・転嫁し、

悪い状態の下で生み出されている身勝手な{正義}に基づいて、

自虐的な行動等を起す」のは、

「悪い、或いは、実質的には病的な状態に他ならない」。

「人類誰もが、

自分の実体を理解・把握し、

自分の実体に素直に、

自分を病的な状態に陥らせない様に、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」で、

「支配欲の本来欲求を充足させ」、

「代償欲求に過ぎない、他の者・物・事に対する支配欲・被支配欲を暴走させない様にする事」こそが、

「本当の、戦争等他者殺害行動等に対する人類誰もが取るべき責任」なのである』。

『「其処に在るのは、過去の歴史等をダシにした被害利権等の追及では無い」。

「そんな事をすればする程、させればさせる程、世界平和は遠のいてしまう」。

「本当に必要な事」は、

「真摯な反省、もしくは、過去の歴史からの学び等に基づいた、

根本からの行動原理是正」だ。

「そして、その先」には、

「細胞レベルの殺欲動は、現実通り、専ら細胞レベルで使う、使わせる事で、

殺欲動を丸ごと一人の概念のまま他の人類に投影・転嫁しているが故に生じてしまっている、

殺人・自殺や戦争等を生み出す必然性を無くした状態となり、

健常なセルフコントロールも容易となって、

人類としての健常状態を保ち続けられている人々による

本当に実現可能な世界平和」が「在る」』。

|

小泉進次郎、アベノミクス批判と韓流メディア賛美等で、益々露呈したその正体・・・。

『「有名人人気政治家、小泉進次郎の生みの親」は、「言うまでも無く、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「事ある度に、自民党の政治家と言えば、小泉進次郎を宣伝して来たその偏向ぶり」は、

「本来なら、大問題化されていて当然の事態」だが、

「日本社会に日本社会の問題を訴える立場に在るテレビ・ラジオ・マスコミ等の多く」による

「{犯行}なので、検察が検察官の犯罪を摘発し辛い状態と同様の事態になっている」。

「逆に言うと、小泉進次郎は、生みの親に忠実な政治家」だから、

「生みの親である韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等の多くが嫌っている

原発再稼働や、

アベノミクスによる日本経済復興についても批判的になっている様相が良く判る」。

「小泉進次郎については、

一自民党の政治家と言うより、

韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等ご用達の政治家と捉えた方が、実体との乖離は少ない」だろう。

「有権者及び、全日本国民は、この様な事態を大警戒するべき」だ。

「特定人脈偏向テレビ・ラジオ・マスコミ等が生み出した有名・人気政治家」の

「利特定人脈偏向テレビ・ラジオ・マスコミ等ぶり」は、

「実質的には、業界ご用達政治家による利権誘導みたいな事」で、

「散々、小泉進次郎の生みの親である韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等も非難して来た事に他ならない」のだ。

「この一例からも、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等のダブルスタンダードぶりは明らか」だ。

「自分たちにとって都合の良い意見や人脈がマイナリティーになれば、マイナリティーを無視するな!等と大声で叫び、

自分たちにとって都合の悪い意見や人脈がマイナリティーになれば、日頃声高に訴えているマイナリティーの保護は黙殺する」。

「それは、例えば、沖縄基地問題や安保法案問題等々の世論調査を受けた結果をダシにした情報配信でも同じ」だ。

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等にとって都合の良い政治家、例えば、小泉進次郎等」は、

「出来る限り良いイメージで大宣伝し続ける」と「共」に、

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等にとって都合の悪い政治家、例えば、麻生太郎等」は、

「言葉の揚げ足取りの様な卑劣な手段まで使って、出来る限り悪いイメージで大宣伝し、蹴落とそうとする」・・・。

「それが、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等の卑劣なやり方」だ』。

『「言うまでも無く、

日本の公共の電波の特定周波数を独占的に使っているテレビ・ラジオ等に、

偏向・偏重・重大な事実や現実の黙殺・捏造等の悪態が存在して良い訳は無い」。

「特定極一部の者たちに

過分な有名人利権や

実体とは程遠い過剰な良い/悪いイメージ等を付けて

それを大衆に一方的に大量配信する権利など有る訳も無い」。

「公共的マスコミも、テレビ・ラジオ等に順じるべきである事は言うまでも無い」だろう』。

『「小泉進次郎の例」からも、

「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正は急務である事」は、

「疑いの余地の無い事」だ』。

『「日本のテレビ界・ラジオ界の人脈も含めた是正は急務」である』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者が発言をパクリ認定されないか?気にしていたが・・・。

『「大笑い!」だった。「其処ら辺の何処にでも居る、おじさん・おばさん・学生等レベルの発言」は「それこそ、誰でも言える、知的財産としての権利・保護など無縁の発言」で、

「それ以上のレベルの発言などは、聞いた事も無いから」だ。

「筆者の感覚」では、

「適切な取材対象選択の下」で、

「取材で得た

者・物・事についての

偏向・偏重情報等による脚色の無い

事実・現実情報」には、

「大きな価値が在る」から、

「公共の電波上で流す情報としても相応しい」。

「しかし、常連コメンテーター等による脚色は、お笑い・突込み等のネタだったり、邪魔でしか無い場合が多い」から、

「要らない」。

「日本の公共の電波を使った一方的大量配信」として、

「より適切な情報配信の為にも、

格差是正の為」にも、

「常連コメンテーターは止め、

事件・事故等取り上げられている内容ごとに、相応しい多種多様な人々を起用し、

一般視聴者の思いや感じを伝える為にも、

毎回違う視聴者を招いたり・・・する事が適切だと思う」。

「基本的に脚色論等を言うべきでは無いアナウンサー・サブアナ等も、

毎日同じである必要は全く無い」のだから、

「せめて、一人一番組限定の日替わりにする事くらいは、直ぐにでも出来る筈」だ。

「公共の電波を使って、一度に~何十万~何百万~もの人々に、

毎日の様に同じ者を見せ続ける事で、

特定極一部の者の有名人利権を不当かつ過剰に増大させ、

つくり出した有名人に多くの視聴者等を依存させ、

有名人依存に頼った視聴率稼ぎ等を行う、

本質的に悪いスタイルは、

禁止され罰が与えられるべき事」だ。

「更に、そんなつくられた有名人たちに、

偏向論・偏重論等の一方的大量配信をさせるダケ」で、

「対論・各論は無し・・・等の番組内容ともなれば」、

「・・・情報による大衆誘導工作番組と言われても仕方ない」』。

『「それにしても、常連出演者たち」は、

「保護・権利の対象として問題となるレベルの知的財産的発言をしているつもり・・・なのだろうか???」

「パクリ問題化を気にする前に、発言内容の根本的レベルアップや常連出演止め等を考えるべき」だろう。

「知的財産問題自体を論じたい・問題提起したい」等なら、

「常連出演者をダシに茶化した様な事はやらず、普通にやるべき」だろう』。

『「現状のテレビ番組の多く」では、

「厚顔無恥ぶりや、おバカぶり、根本的間抜けぶりや、工作的・策略的偏向・偏重情報配信等は大いに感じる」が、

「進化した物質文明相応の精神文化の進化への貢献」や、

「良い意味での知的さ」等を、

「ほとんど感じる事が出来ていない」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

菅長官の「産んで国家に貢献・・・」とは不適切な言い回しだが、少子高齢化問題を解決する為に子どもが多く産まれる事は絶対に必要だ・・・。

『「政府の要人」なら「一般国民が子どもを産み育てし易くなる具体的な政策等でも、言えば良かった」のだが、

「有名人結婚刺激を元に、女性の方々に産んで頂戴!そうすれば、国家が・・・つまり、政府要人である自分も、助かります・・・的発言」とは、

「余程、お疲れなのだろう」。

「{剛腕}官房長官が常に盤石では無かった事」に「ある種の人間的な要素を感じた」のは、

「筆者たちだけでは無かった筈」だ。

「何れにしても、日本の少子高齢化問題が、解決しなければならない重要問題である事」は、

「論議を待たない」。

「それなのに、言葉の揚げ足取りで、重大問題を無い事にしたい様相」なのが、

「実質的には、利韓(北朝も含む)・利中共等の要素が濃い、所謂左翼マスコミ」だ』。

『「政府要人の発言の言葉上の問題点等を指摘する事は簡単」だ。

「しかし、いくら発言を責めたところで、重大問題が解決する訳も無い」。

「発言の問題点を指摘する事以上に重要な事」は、

「今回のケースで言う」なら、

「少子高齢化問題をどうやったら解決出来るのか?」等を

「考え」たり、

「具体的提案等をする事」だ。

「大マスコミ等が、現政府の発言の問題点等を指摘し、

それを反現政府イメージの増大等に利用する事」の「実効」は、

「反現政府風潮等を日本社会内に蔓延らせる事」になり易い。

「大マスコミ情報による大衆誘導効果」は、

「未だ、未熟な一般市民の数が決して少なく無い日本社会では、相応に高い」からだ。

「人は、誰でも、不平・不満等も持ちながら生活している」から、

「大マスコミが不平・不満等のはけ口は此処ですヨ~!」とやれば、

「大マスコミというダケで信頼している未熟な人々は、その誘導に、簡単に乗せられてしまう」。

「大マスコミに同調する事で、同調者自身も大きな枠の内に居る幻想を得る」と「共」に、

「不平・不満等をぶつける相手を与えられ、

同調して正義ぶる事によって、

ある種のカタルシス的効果を得ようとする

悪いタイプの快感原則行動が其処に在る」。

もちろん、

「そんな{快感}に浸っていた所で本当の問題は解決しない」。

「そんな{快感}に浸っている人々が数多く居る人間社会では、

現実に自分たちが暮らしている現実の日本社会が良くなる訳も無い」。

「大マスコミ誘導等に操られている暇がある」なら、

「日本社会の現実問題である少子高齢化問題をどうやって解決するのか?」を

「真剣に考えるべき」だ。

「むしろ、今回の政府要人の問題的な言葉を、

現実問題解決を考える為のきっかけにするくらい」で無ければ、

「現実に自分たちが暮らしている現実の日本社会が良くなる訳も無い」のだ』。

『「それでは、少子高齢化の元凶とは何だろうか?」

「一番は、子をつくる環境の急激な減衰」だろう。

「元々、物質文明が現代程恵まれていなかった時代の人類」は、

「何処の誰でも、人依存傾向が強かった」から、

「必然的に、異性依存状態も強く、必然的に子づくり状態も多く生まれていた」。

「物質文明に恵まれていなかった時代の人類にとっての重大問題は、食料問題であり、衛生・医療等の問題等の本能的欲求と密接な問題」だった。

「食料問題や衛生・医療等の問題等がある程度恵まれた状態になったところでは、人口が爆発的に増える事となった」。

「更に、物質文明が本能的欲求と密接では無い分野にも、急速に発展すると、より身勝手な依存が行い易い物への依存傾向が高くなる」のは、

「人類共通の現象」だ。

「物への依存が強まる分だけ人への依存は減り、異性同士の密接な関係が構築される場合も減少した」。

「本来欲求分野と代償欲求分野のバランス」で

「代償欲求分野が過剰になり過ぎている状態」が、

「現状の先進諸国の実態」だ』。

『「少子高齢化&人口減少は先進諸国共通の現象」だった。

「少子高齢化の基本的な原因の一つ」は、

「過剰な物依存に生きている人々が多い事」だ。

「しかし、者・物・事への依存は、所詮依存でしか無い」。

「何故、依存するのか?と言えば、依存しなければ自分が保てない程、欲求上の自立性が危ういから」だ。

「欲求上自立性は、

代償欲求の追及に奔走する事でより低くなり、

本来欲求の充足を主とする事で、大いに高められる」。

「だから、情報・教育上で、過剰な代償欲求の追及を戒めると共に、

本来欲求の充足を主にした生活スタイルへの誘い等を行う事」も、

「少子高齢化問題の解決に繋がっている事になる」。

「逆に、現状の様に、代償欲求の過剰追及をまるで推奨している様な情報・教育下では、少子高齢化等が加速し易くなる」。

「一人一人の人間の行動原理上」からは「上記の様な事が言える」』。

『「物依存傾向が強い人間社会である事を前提にしたのか?否か?は不明」だが、

「何としても少子高齢化を抑制しようとした一つの成功(?)例」が、

「フランスのやり方」だ。

「子どもは、産む女性の物」の「要素を強めた」ら、

「実際に、少子高齢化が抑制されている」。

「このフランス式のやり方」は「日本社会の文化には馴染まないだろう」が、

「少子高齢化抑制の実効はある筈」だ。

「しかし、少子高齢化の抑制には成功しても、その後の母・子関係による悪影響が心配になる」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう。

「あくまでも、フランスが行った緊急避難的な現状対策と考えるべき」だろう』。

『「人間社会的には、どうだろうか?」

「人口が増え易い状態と減り易い状態が在る」。

「多くの人々が、家庭を持ち易く、自ら子育てがし易い状態」では、

「人口が増え易い」。

「逆に、格差や個人化が過剰になった人間社会では、少子高齢化が加速し易くなる」。

「代償欲求過剰追及社会」では

「代償欲求の過剰追及に必要な者・物・事等を生産し運用したりする事等」も

「仕事として評価されている」が、

「人類の実体から整合性を取るなら、それは仕事というより自虐的な破壊行為的な事」だから、

「仕事では無く遊びとして許容し、評価すべき事」だ。

「逆に、子づくりをした両親等による子育て」は、

「多種多様な文化を生み出す面からも、実体として重要な仕事」だ。

「親が子に伝える事が出来る多種多様な文化等を、保育所や幼稚園等で過剰に単一化する事の弊害」は、

「結構大きい」。

「現代に生まれているべき実体文化が黙殺されている可能性もかなりある」。

「両親による子育てを仕事と認めていない現状の人間社会システム」は、

「是正されるべき」だが、

「その前に、子育てをする両親自体が、現代の子育て相応の文化レベル等を身に着けていなければ意味が無い」から、

「最初に在るべきは、前項の情報・教育」だ。

「例えば、伝統文化遺産の維持の為でも無い丸ごと一人の死生観等」を

「代々親が子に伝える文化として受け継がせていたところで、

時と共に、現実離れ・実体離れがより過剰になるダケで、ロクな事は何も無い」。

「重要な事」は、

「現実や自分の実体や自分の実体の本来の目的等との整合性をより高める為の文化が、多種多様である事」だ』。

『「人間社会面で、今行えば行えるのだから、行うべきは、格差是正」である。

「現状の格差は、代償欲求の過剰追及への貢献等を過剰評価して出来ていると言っても過剰では無い」から、

「そんなモノに実体としての正当性が在る訳も無い」。

「具体的な格差解消法

(例えば、テレビ業界なら・・・の例は、以前に記した。

他の業界等についても、色々な人々が具体的なアイデアや要望・要求等をどんどん出すべきだ。)

を早急に構築~実行し、

即刻解消が当然」だろう。

「特に、鳩●の例を見ても明らかな様に、過剰な血統相続の害は絶大」だ。

「終局的には、平均以上の相続は基本的に全て税金にし、平均未満に再分配されるべき」だろう。

「その国内の全ての人の産まれながらの生活ベース自体が

多種多様でありながら、

基本的には、或いは、本質的に、平等で無ければ、

その国内に平和など在り得ない」。

「この産まれながらの生活ベース平等化を世界レベルで行う為にも、

先ず、全ての先進国内で、{その国内、産まれながら生活ベース平等}化を行うべき」だ。

「産まれながらは平等でも、

その後の生活等は、

人類誰もの実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続への貢献という

実体に基づいた絶対的評価基準に基づいての評価相応となる様にするべき」だ。

「評価基準や報酬や罰等が現実との整合性も高く公明正大」で、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける等々の本来欲求の充足を主に、

代償欲求の追及は遊び程度にする事が当たり前の人々がほとんど全ての人間社会」なら、

「基本的に平和が当たり前になる」。

「自分の実体に貢献した者には、貢献実体相応の報酬を与え、

自分の実体に叛いた悪には、悪事実体相応の罰を与える等」が、

「人類が自分の実体に素直なら、

容易に構築出来る、

本来の当たり前の人間社会の姿」だ。

「そして、そんな人間社会」では、

「世界平和が当たり前で、

戦争も、丸ごと一人の殺人や自殺も、

少子高齢化問題も人口爆発問題も、

基本的に在り得無い事になる」』。

|

テレ朝朝番、三重県高三女子刺殺事件「自己評価が低い」&「自殺願望」問題・・・。

『「おバカ過ぎる常連出演者たち」は「自己評価が低い問題」を「論じた時」に「評価基準の問題さえも言わない(言えない)」。

「結果として、同様の新たな問題が起こり続ける事になる」。

「厚顔無恥である事」が「テレビ常連出演の重要基準」なら、

「現状の常連出演者たちの資質は相応に高い事になる」が、

「コメント内容を基準とする」なら「余りにも低レベルで呆れるばかり・・・」だ。

「自己評価の問題」も「評価基準が重要」なのである』。

『「先ず、現状巷に溢れている酷い評価基準から・・・」。

「第一番は、何と言っても、比べっこ原理による評価」だ。

「より大きなお金や権力等を持っている方が評価が高く、より少ない方が評価が低い」。

「ルックスやスタイル等についても、勝手な理想像に近い方が評価が高く、遠ければ評価が低い」。

「同じ物の類なら、より高価格で高級とされている物の類を、数多く、持っている方が、それぞれ評価が高い」。

「価格が高く無い物の類を、少ししか持っていなければ、評価が低い」。

「武力やスポーツ等では、より強い方が評価が高く、相対的に弱ければ評価が低い」。

「・・・等々、等々・・・」。

「比べっこ原理」は、

「現状人間社会では、多くの人々が何の疑問も抱かずに、自分の日常に取り入れてしまっている評価基準」だ。

「しかし、言うまでも無く、比べっこ原理は絶対的な評価基準では無いから、不都合が生じている」。

「例えば、現状人間社会では、血統相続利権が過剰に蔓延っているから、

血統相続利権に恵まれた者たちは、

その親等の下で産まれたダケで、

既に、比べっこ原理上の高評価をいくつも多大に得られている状態になる」。

「当然の如く、不公平感や不平等感が充満している」。

「そんな事態から、多くの人々が現実逃避する為に有用な評価基準」が「横並び原理」だ。

「他人と同じである事が基準になる」。

「旧来の日本社会では、この横並び原理により平和を保っていた面も強い」。

「隣百姓同士なら、百姓同士の争いも起さずに済む状態が出来易い」。

「しかし、この横並び原理にも不満は付きモノ」だ。

「反動形成的に出て来る評価基準が、他人とは違う事をヨシとする違う基準評価」だ。

「他人とは違っていながら、必要な事が成り立っていたり、他人のモノより高能力だったりする事により高い評価を与える評価基準」だ。

「もちろん、これら上記の評価基準は、

全て、あくまでもその評価基準に同意した人間がそう考えている事を主体とした

相対的評価基準」である。

「相対的評価基準だから、実体や事実・現実と乖離している場合が多々ある事になってしまっている」のだが、

「相対的評価基準に依存する事で自分を保とうとしている様な状態の人々」は、

「相対的評価基準を絶対的に思いたがる」。

「もちろん、そんな心理状態は、事実・現実から乖離した病的な状態に他ならない」のだ。

「相対的評価基準を絶対的に思いたがる必要は無いよ・・・」くらいは、

「評価基準について、ある程度考えていたなら、誰でも言えた筈」だ。

「ご当人が気付いていた可能性だって大きかった筈」だ。

「評価基準さえ考えさせない、情報・教育の酷さ」が「露呈」している』。

『「相対的評価基準には問題点が多い」のだから、

「絶対的評価基準を考えたくなる」のが「人の性」だろう。

「自己評価を絶対的にする為には、自分の絶対的事実の理解・把握が必要になる」。

「自分の実体を把握する必要がある事になる」。

「自分の実体に基づいた自己評価をするなら、其処にはある程度以上の絶対性が伴っている事になる」。

「例えば、以下の様な自己評価はどうだろうか・・・」』。

『「生きている人は、誰でも、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群の一塊」だ。

「その細胞群の命の連続性を検証する」なら、

「自分の細胞の命の連続性は、基本的に地球上の全ての生物に繋がっている事が判る」。

「そうなると、狭義の自分は、約60兆の細胞の個体」であり、

「広義の自分は、地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)である事」が「解る」。

「狭義の自分について、自己評価する」なら、

「地球生命体の中で人類という非常に構築度が高い個体として誕生~存続している事自体」に、

「相応の高い評価をしなければならない事に気付く筈」だ。

「この時点で、人類としての個体を持つ生きている人の誰もが絶対的評価基準で高評価である事が分かる」。

「この絶対的高評価と、相対的でいい加減な自己評価のどちらを優先するべきか?」は、

「論を待たない」筈だ。

「論ずるべき」は「相対的でいい加減評価を、如何に是正するか?」等だろう』。

『「上記の程度の情報・教育も出来ない教師や大衆情報提供者」には、

「過分な立場・報酬等は不似合い」だ。

「そんな者たちに、過分な立場・報酬等を与え続けていても、同様の新たな事件・事故等は起こり続ける・・・ばかりでは無く、

時と共に、例え、どんなに、抑え込み法・体制や圧力を強化したところで、

現実離れエネルギーはまるで火山活動の如く内部で蓄積され続け、

ある日突然、火山の大爆発の如く、

より強烈な事件・事故化して、

人間社会の中で還元されてしまう事になる」のだ』。

『「テレビ界・ラジオ界・教育界(何故か?或いは、当然の現象かも知れないが、皆旧社会党等人脈の蔓延り度が高い・・・)の人脈も含む是正」は

「急務」だ』。

『「自由主義社会を貶める事に直結している数々の現状脱出欲動暴発事件・事故等」を

「生み出し続けている情報・教育」は、

「政権交代の為の情報・教育工作の様相ですらある」。

「旧社会・共産主義実権者たちの基本的ロジック」である、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける人々が構築する人間社会の代わり」に、

「他者支配・他者による被支配の人間社会を構築し、支配者側に居座る事等」を

「目的としている本質的悪者たち」に、

「過分な立場・報酬等を与え続けていてはいけない」のだ。

「そうでは無い、おバカでも無い、本当の左翼・・・進化・進歩・革新・改革主義者等」なら、

「進化し続けている物質文明相応の精神文化の進化の仕事」を

「行わない訳が無い」。

「丸ごと一人の死生観から、細胞ごとの誕生・死という現実に即した死生観への進化の助けになる教育・情報配信」や、

「価値判断基準の相対的から絶対的への進化の助けになる教育・情報配信」、

・・・等々を「行わない訳」は「無い」』。

『「下流老人化する人々とは、酷い仕事、もしくは、破壊行為等を行った悪者たちにこそ相応しい状態」だ。

「悪者たちに過分な老後を送らせない為」にも、

「人脈も含む是正が強く望まれている」』。

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »