« トヨタ、「SーFR」も大変結構だが・・・。 | トップページ | サンデー・モーニングでは、グローバル化の問題で大学教授???が「多様性」なんて言っていたが・・・。 »

維新の泥仕合の実効は・・・。

『「まるで、かつて」の、「出来の悪い右翼」&「出来の悪い右翼と比べると優等生的で賢そうな左翼」による

「大衆騙し策略」と「同様の臭いが充満している」のが、

「維新の内紛泥仕合」だ。

「出来の悪い右翼役」が「維新」、

「それに比べると、未だ、マシそうに思えてしまう役」が「民主、或いは、民主・共産等の野党連合(?)」だ。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による誘導」で、

「自公政権にダメ出しをさせた上」の、

「選択肢」が、

「かつての出来の悪い右翼の様な維新」と、

「それに比べれば、未だ、マシそうな、野党連合」なら、

「多くの有権者の票が野党連合に流れる・・・」という「戦略の臭い」が、

「充満している」』。

『「その為に、元民主党&現維新の国会議員等は、ワザと醜態を露呈させ続けている様相にさえ、見える」。

「早々と、中間派を名乗り、維新を飛び出した連中」は、

「混乱を横目に、最終的には民主党戻りや野党連合入り等を考えているのだろう」』。

『「多くの人々は、維新の醜悪泥仕合に呆れている」。

「しかし、だからと言って、例えば、普天間問題を混乱状態に陥れたまま、その責任も取れていない民主党や、

民主党の実質的生みの親であるから、当然、責任も有る、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」を、

「正義とか、優等生等とか・・・、もはや、思う訳も無い」。

「みんな、ダメ!」が「正直な感」だろう』。

『「維新の泥仕合の実効」は「そのスジの連中の自滅」だろう。

「政党交付金の国庫返納」は「大賛成」だ』。

|

« トヨタ、「SーFR」も大変結構だが・・・。 | トップページ | サンデー・モーニングでは、グローバル化の問題で大学教授???が「多様性」なんて言っていたが・・・。 »

政治」カテゴリの記事