« ノーベル物理学賞に梶田氏、スーパー・カミオカンデを使ったニュートリノに質量が在る事の証明が評価・・・。 | トップページ | 三重県女子高校生殺害高校生「殺す事で救う」だと・・・。 »

一億総活躍社会化の為には・・・。

『「内閣改造が行われた」。「安倍総理の前言の旨」通り、「大きな話題より実務派」の「内容の様相」だ。

「一億総活躍&経済発展等を目指す」と「共」に、

当然の如く「参院選での勝利も目指す」と言う』。

『「問題」は、

「一億総活躍状態がどうすれば生まれるのか?」だ。

「早くも、具体策の無さ等を一部マスコミ等が責めている」』。

『「人が活躍する為」には、

「健康状態が良い方が良い」。

「健康状態が良ければ、必然的に人は動きたくなる≒活躍したくなる」。

「そして、健康とは、頭心体の全てが当てはまる重要要素」だ』。

『「健康の面からすれば、今までの日本社会は本当に酷い」。

「何しろ、反日国人脈によるスパイ・工作活動天国状態」だ。

「有益分子化しない日本国民の健康等を阻害し、

本来の力を削ぐと共に、

有益分子化した者に日本社会の中で実権を持たせる悪工作」や、

「日本自虐&利反日国の情報・教育工作」や、

「利反日国派による政界工作」等々、等々・・・。

「拉致まで在った戦後の日本社会の中の反日国人脈による悪工作の徹底排除」は、

「多くの日本国民の健康状態の向上に直結している」。

「スパイ・工作活動の徹底排除」は、

「一億総活躍社会の為に、絶対に外せない重要要素」だ』。

『「戦後産まれの徹底した平和主義者である一一般日本国民の筆者」でさえ、

「今までの人生は、反日国人脈による工作活動の邪魔だらけ・・・」だった。

実際に、

「小学校低学年時に行った歯医者」では、

「虫歯では無い奥歯まで削られ、

後に入れられた義歯の長さは通常の半分程度

(因みに、その歯医者は●●系だったが、今から振り返れば、明らかに意図的な、実質的工作活動と強く推定される)

」だった。

「そんな事態に、人を基本的に疑わない子どもだった当時の筆者は、何の疑いも持たず、

母子家庭状態だったので、親も気づかず・・・」だった。

「皆さま、奥歯を短くする歯医者にはご用心!」

「奥歯による租借がままならかったのが原因か、長年胃弱となっていた」。

「有名国立小学校3年生時・5年生時には、どちらも、焼き肉屋の後だったが、

症状としては、毒キノコでも盛られたのであろう症状に近く(どちらの焼き肉屋でも、肉だけでは無く、雑炊の様なモノも食べた)、

脱水症状にまでなり、それぞれ1週間以上もの入院を余技された」。

「高校時には、筆者自身の興味もあり、

有名校から普通校に鞍替えしたが、

何故か?普通校時代には、強烈な工作活動らしい実態には遭遇していない」。

「もっとも、●●系の者を近くに張り付けられていた(クラス替えの裁量権は●●教組の先生)」が・・・。

「ところが、大学進学時に現役で入らず、

予備校の選抜クラスに進んだら、

予備校内のそば屋での食事の後、

帰宅途中に急激な立ちくらみに襲われた」。

「症状としては、まるで、インシュリンを盛られた低血糖ショックの状態・・・」だった。

「電車の中で看護婦をやっていると言っていた女性に助けられ、

駅を出てからタクシーで、実家の近くのかかりつけの医者に行ったら、

低血糖ショック状態だと推定されるのに、何故か?ビタミン剤を注射された」。

「その後、長い間、嘔吐症状が続き、学校どころでは無くなっていた状態で、

医者に行ったら、

胃ばかり調べられた」。

「膵臓症状で胃には大きな症状など出ていない状態だったから、

病気無しの診断が出された」が、

「症状自体は有った上に、嘔吐症状が収まらず、激ヤセしていた上に母子家庭状態だった」ので、

「入院を希望したら、症状は無いから内科は無理で、神経科を紹介すると言われた」。

「神経科など行ったことも無かったから、どんなところか?試しに行くだけ行ってみた」ら、

「入院時に、何故か?強烈な忘却を伴う薬を飲まされた」。

「その後、さすがにこのままではアブナイと悟った親が転院させ、

症状自体は実際にあったので心療内科系の病院に転院した」が、

「元の膵臓治療無し状態だったので、1年以上もの入院となってしまった」。

・・・、・・・。

「社会に出てからも、外食続きの後、フッ素過重蓄積状態にされ、入院」。

「フッ素自体は基本的に無害だが、過重蓄積となると頭心体の調子は著しく悪くなる」。

「検査法・治療法は実質無い状態」だが、

「筆者自身がその状態に気づいた」ので、

「水と呼吸等による過重フッ素追い出しを長期間行い、快復」。

「その他の外食時にも、酷い時には、インシュリン低血糖ショックと同様の症状が出る事がある」。

「もちろん、用心しながら食べているので、少量の段階で止められるから、致死には至っていない」が、

「そんな店には、基本的には二度と行かない」し

「工作実行店&者として、リストアップ済み」。

「少し前~今時の医者になると、膵臓症状と普通に診断出来る場合が多いので、合理的な治療も行われた」から、

「幸いな事に、長い入院等にはなっていないが、長期間活気を削ぐ大いなる障害であった事は事実」だ。

「電磁波工作も同様」で「身体が凝る、集中出来ない・・・等々、では、本来の活気が出る訳も無い」から、

「対策する事になる」が「余分な手間とお金がかかっている」から、

「実質的には、決して小さく無い障害」だ。

「電磁波工作で悪質な事」は「当方が対策をする度に、電磁波の強さを強めてくる事」だ。

「当然、その分更なる対策が要る事となってしまっている」。

「飲食物工作にしても、電磁波工作にしても、反日国人脈の者の臭いが非常に濃い」。

「それは、実行犯と強く推定出来る者たちの実態からも判る」』。

『「警察等は、

そのスジの者たち(酷い場合は、警察署長等がそのスジの者の場合さえある)や、

そのスジの者たちと通じている地元暴力団等と仲が良い場合もあり、

意外と頼りにならない」。

「日本国政府は先ず、この辺りから徹底的に直すべき」だ。

「飲食物工作も電磁波工作も、未だに蔓延っている日本社会・・・では、

一億総活躍は無理」だが、

「反日国人脈によるスパイ・工作活動等を徹底的に排除した日本社会」なら、

「多くの日本国民に本来の活力が戻って来る事は確実」だ』。

|

« ノーベル物理学賞に梶田氏、スーパー・カミオカンデを使ったニュートリノに質量が在る事の証明が評価・・・。 | トップページ | 三重県女子高校生殺害高校生「殺す事で救う」だと・・・。 »

政治」カテゴリの記事