« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

大掃除の後は、新たな新年を待つのみ・・・。

『「身勝手なブログにも係わらず、続けられている事に、本当に感謝!」

「人類の精神文化の正常進化が滞っている状態には、本年度で別れを告げ、来年からは、人類の精神文化の正常進化が本格的に始まる事を本気で祈念!!&微力ながら色々と行う予定」。

「筆者の歯を直してくださった方には、本当に感謝!&今後もメンテも要るので、来年からもずっとよろしく!」

「皆さま、頭・心・体共に健康にコントロール出来る新年を!!!」』

|

バカ韓国はいい加減に従軍慰安婦問題での合意さえも呑めない事態は戦後の反日情報・教育が原因と認め、公言するべきでしょ・・・。

『「戦後、散々、自国民を反日情報・教育で操って来た韓国」では「今回の従軍慰安婦問題についての日韓合意さえ、韓国国民に納得させる事が困難な様相」だ。

「21世紀も、もう15年も過ぎている今日なのに、本当に呆れる事態」だ。

「いい加減に、戦後の歴史上の事実・現実とは程遠い反日情報・教育の過ちを認め、

事実・現実に基づいた歴史教育等を行うべき」と「強く感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「余りに、おバカ行動を行い続ける」と

「マジで、永遠の恥辱に染まる道の上に、韓国国民全体がリストアップされてしまう事になる」のだから、

「いい加減に、本気で、是正行動を起すべき」だ』。

|

本日、家の北東側を片付けていたら・・・。

『「家の北東側の書類等を片付けていたら、現況空き室の筈の北東~東南側の部屋で、ゴトゴト音がした後、その方面からの電磁波が強化された」。

「近隣の者が、上で筆者の行動を監視している者から連絡を受けて、元々ある電磁波発生機の場所を移したか、性能を更新したか、・・・した様」だ。

「空き室に自由に出入り出来る者といえば、管理不動産業者等の中の工作員」だろう。

「姑息な連中のやる事は、毎度、毎度、同様で、上が空き室だった時には、同様の者が上の部屋に出入りしていた」』。

『「もちろん、対策済みの当方の部屋」は

「今、マイナスイオン発生機も無いのに、マイナスイオンでいっぱい状態」だ。

「正月は、よりリラックス出来そう・・・」である』。

|

利韓論調雑誌等によれば「東京の水道水はアブナイ」と「十分な証拠やデータも出さずに、日本国内の不安と反原発感情を煽っている」が・・・。

『「本当に東京の水道水に有害レベルの放射性物質等が含まれている」なら「それは、深刻な大問題」だ。

「それこそ、マスコミなら、何処でも、大問題として訴えなければ異常」だ。

「ところが、実際には、そんな実態は無い」。

「福島第一原発由来の放射能物質等の問題を誇張等して、不安と反原発感情等を煽っている」のは、

「特定極一部の雑誌等ダケ」だ。

「しかも、日頃から、内実では、利韓(北朝鮮も含む)となる論調を積極的に配信しているところ」だ。

「この実態が示唆している事」は、

「この手の情報の実体は、利韓(北朝鮮も含む)の為の工作情報等だという事」に他ならない。

「沢山の人々が、該当情報自体に触れている様」だが、

「多くの人々は、上記の様な実体に気付いている筈」だ。

「有害放射能物質の問題」は「もちろん、皆無では無い」が

「東京等首都圏の水道水を汚染して、実害を出す程までの大問題である実体は無い」。

「むしろ、不安と発ガンの関係の問題からも、不安情報に踊らされる事の方が、実害がある」。

「更に、首都圏では、電磁波工作が急激に過激になって来ている」から、

「放射能物質より電磁波による害の方をより深刻に捉えるべき」だ』。

『「工作電磁波の実態について」は「以前にも記した」。

「しかし、壁等を通して電磁波による覗きや殺傷が可能な事が良く分からない方々も居る様」なので、

「少し、その辺りを、具体的に補足説明する事にする」。

「誰でも、壁等に遮られると、中は見えない」が、

「中の音は聞こえる事もある筈」だ。

「この原理を悪用する」と

「音的な電磁波を中に向かって照射する」と

「その反響を見る事で、中が覗けてしまう」のだ。

「音の通りや反射は、音の特性と、音が当たる物質によって違う」から、

「例えば、壁等の無機質な物は通り抜け易く、人体等の有機的なモノは通り抜け辛い音的な電磁波を照射して、その反射を見る」と、

「壁等を通しても、ターゲットの位置や態勢くらいは、簡単に覗けてしまう」。

「この電磁波を悪用した覗きのアイデア自体」は、

「かなり前から在った」。

「しかし、技術面で、音的な電磁波をつくり出す事が困難だった」ので、

「しばらくは軍の機密兵器等以外では実用されていなかった」が、

「昨今のマイクロプロセッサーの急速な進化に伴い、誰でも、簡単に、音的な電磁波を発生させる事が可能になってしまった」。

「デジタル音声信号と同様の手段で、縦波電磁波は簡単に発生させられる」ばかりか、

「縦波電磁波の種類も多種多様にコントロール出来てしまう」。

「覗きに適した電磁波については、上記に簡単に記した」が、

「同様に、人体に有害となる電磁波も、簡単につくれてしまう」。

「今時の人なら、誰でも、電子レンジが電磁波で水の分子を振動させる事で温めている事を知っている」だろう。

「同様の手段で、人体の、例えば、血液や造血細胞等を振動~破壊させ易い縦波電磁波をつくり出し、

それを、レーザー的にターゲットの首や背骨や腰や頭等に当て続ければ、

ガンや白血病等を高確率で意図的に発生させる事が可能になる」。

「実際に使われている工作電磁波は、明らかに複合波」だ。

「覗きと、ターゲットへのダメージの両方を目的としている複合波の様相」で、

「それは、防御版等の振動による不協和音の発生実態からも判る」。

「以前は、ターゲットの電磁波による不安や霊障等への拘り状態等を目的としていた様相だった(今でも残っている場合もあるが・・・)」が、

「マイクロプロセッサー等の進化による工作電磁波の強化により、

より悪の実効が高い発ガンや身体実不調等を狙う様になって来ている様相」だ。

「覗き手段により、壁や床や天井等を隔てた状態でも、ターゲットの位置や態勢は分かる」から、

「工作員たちに、ターゲットの首や背骨や腰や頭等にレーザー的な有害電磁波を当て続けよ!」等と「指令を出し、実行させるダケ」で、

「スティルス・テロが実行出来てしまう」。

「更に、外出時には、

スティルス・テロリストたち(実際は、筆者の様に、気づいている者が意識すれば、顔出し、丸見え、スティルスのつもり、テロリストたち)が、

直接、ターゲットに工作電磁波を当てたり、工作電磁波を誘導して集中させたりしている場合も多いが、

至る所に、電磁波工作機(普通の建物等の中に在る電気機器や電気設備や電車やバスや駅のホームのスピーカー等々の中に仕込む)を仕込み、

携帯電話の位置情報を悪用(携帯電話の番号が判れば悪用出来てしまう)したり、

顔認証や歩行認証や骨格・体型認証等の技術を悪用したりする自動化の流れも急速に進められているから、

特定のターゲットに対して、家の中でも外出時にも、工作電磁波を当て続ける事が可能になる」。

「その様な悪の体制が実際に急速に整備されている」のが「今の首都圏の実態」だ。

「特定のターゲットを特定のターゲットのみ外すと設定すれば、

そのスジの悪連中を除く全ての人々がターゲット化される事になり、

電磁波工作無縁であるが故に、

ゆとりを持てているそのスジの悪連中のみが、

社会の中のあらゆる比べっこ等で優位になる」。

「悪連中にとっての不適応分子等を、電磁波により殺傷する粛清工作も容易になる」。

「特定極一部の悪連中による日本の乗っ取り支配」にとっては、

「正に、合理的な戦略」なのが、

「電磁波悪用のスティルス・テロの増大~継続」だ。

「こんな状態が放置されたままで良い訳などあり得ない」。

「日本政府も警察等も、早急に、実効のある対策を行うべき」だ』。

『「上記の様な実態が実際に在る」のに、

「その実態を告発さえしないマスコミ等」は、

「明らかに機能不全」だ。

「摘発出来ていない警察等も機能不全」だ。

「法・体制整備面での機能不全ぶりは明らか」だから、

「政府・与党も機能不全」だ。

「機能不全状態を続けている」と、

「下手をすれば、乗っ取り支配工作自体が成功してしまう」。

「乗っ取り支配工作自体が成功しなくても、日本で暮らしている普通の人々が、大量に殺傷されてしまう事になる」。

「対策は急務」だ』。

『「一般人の立場でも、

電磁波工作の存在を意識した上で、

生活していると、

上記の様な実態・実体が分かる筈」だ。

「工作電磁波がアルミ板等に当たると、マイナスイオンが発生する」ので、

「検知も可能な筈」だ。

「もっとも、工作電磁波自体が、ホール側と電子側の双方の要素を持っている」から、

「検知だけでは無く、防御する為には、

アルミ板だけでは無く、

ホール側対策としてビニール等を貼り合わせ、

鏡の様にする必要がある」が』。

|

かなり、ビンゴの様で、特に上と南~南西方向からの電磁波が強化されたが・・・。

『「もはや、スティルス・テロリストというよりは、既に、見え見えのスティルスのつもりのテロリスト状態」だ。

「昨今の記事が余程、痛いらしく、懸命に電磁波を強めている」。

「もちろん、対策はしてある」ので、「実効は出ない」が、

「迷惑行為を強めているおバカ、もしくは、悪たち」は、

「今の状態なら、確実に、永遠の恥辱に染まる道の上を歩む事になる」。

「せっかく、自主的に愚かな行為は止める様に、再三知らせているのに、

おバカ、もしくは、悪たちは、是正行動を起すより、

恥の上塗りをする事の方を選択している」のだ。

「精神文化が未熟、もしくは、下劣状態の者たちの行動原理」とは、

「そんなモノなのだろう」。

「自主是正が無理なら、摘発~逮捕等してやった方が、当人たちの為にもなる」かも知れない』。

『「年末・年始は、警察等も忙しいから、大丈夫とでも思い込んでいる様相」だ。

「逆に言えば、その分、警察等は、悪どもに、甘く見られている」のだ。

「一般日本国民の健康・財産・安全等を守る為の組織」なら、

「そんな状態を放置したままに出来る訳も無い筈だが」』。

『「一斉摘発すれば、結構強力な電磁波を出す事が出来ている工作兵器化した物品等も押さえられる筈」だ。

「得られる者・物・事は、決して、小さく無い筈」だが』。

|

「霊障の強いところ」と「朝鮮系の人々の多いところ」がダブる訳・・・。

『「戸山公園って、大久保や新大久保の近くでは・・・」。「東京大空襲の後に日本人が減った地域に流れ込んだのは・・・」。「比企にも戦時中軍需工場があり、多数の朝鮮人が引っ張られた・・・」。

「霊障の正体=電磁波工作や飲食物工作等と感じる」のは、「筆者たちだけだろうか???」』

|

BSフジでは「ローマ帝国の滅亡について???」の様相だったが・・・。

『「ローマ帝国の滅亡は必然」だ。「逆を考えれば、誰でも直ぐに分かる」。

「ローマ帝国の永続に正当性や実体や事実・現実との整合性はあるのか?」

「もちろん無い」。

「地球生命体全体論からすれば、未熟な国文化は、何れ、滅亡する」。

「それでは、ローマ帝国の滅亡が早かったのは何故か?」

「一般的には、フン族に追い立てられたゲルマン民族の流入のせいだ」とか、

「寛容性を失ったからだ」とか、

「一神教に頼ったからだ」とか、

「・・・等々言われていて、BSフジの論調も同様」だった。

「その上、BSフジ」では、

「今の人類までもが、ローマ帝国時代と同様の精神文化を繰り返すしか無い旨まで言っていた」のだから、

「悪質」だ』。

『「もちろん、精神文化の正常進化という概念を既に保有出来ている今の人類」が、

「ローマ帝国時代と同様の精神文化を繰り返す必要は全く無い」』。

『「それでは、ローマ帝国は何故早々に(千年ももったから、とは言っても、地球生命体史からすれば、早々に・・・だ)滅亡したのか?」

「言うまでも無く、物質文明の進化以上の精神文化の進化を行えなかったから」だ。

「多神教状態から、一神教依存状態への移行」とは

「退化に他ならない」。

「精神文化上の多様性を失わせる事で、頼る軸を持とうとする事」は、

「例えるなら、溺れる人は藁をも掴む状態」に他ならない。

「そんな状態に陥っている段階で、既に、破綻は見えている」』。

『「ローマ帝国の場合は、それより前に、フン族の西方進出に伴うゲルマン民族の大移動」という「外圧が在った」。

「武力による他の者・物・事に対する支配権の比べっこ」は、

「古の時代の人類の得意技」だが、

「もちろん、言うまでも無く、それは、代償欲求の過剰追及状態」だ。

「どんなに他の者・物・事を支配出来たところで、本来欲求は充足され得ない」から、

「他の者・物・事を支配したがる代償欲求は、破綻するまで増大してしまう場合が多い」。

「ローマ帝国の場合も、フン族の場合も、支配地域の増大と、実体や事実・現実とのギャップ故に、早々に破綻している」』。

『「ローマ帝国の物質文明文化として有名なのは、テルマエ(風呂・温泉)文化」だ。

「精神医学的には、入浴とは胎児体験の擬似体験でもあり、無意識の生まれのエネルギーを刺激する行為でもある」。

「ローマ帝国時代に生まれた数々の当時の先進物質文明の裏」には、

「無意識の生まれのエネルギーを刺激する文化が在った」のだ。

「もちろん、物質文明の進化の多くは、代償欲求が生みの親」だ。

「よって、過剰追及が行われ易い」から、

「物質文明の進化の速度も速くなる」。

「その結果として、精神文化の進化が遅れてしまう」のだが、

「この実体・実態を、当時の人類に自覚せよ!というのは、余りにも、過剰な要求」だ。

「当時は、言うまでも無く、宗教(考え・思いによる納得)の時代」であり、

「丸ごと一人の死生観の時代だったのだから!」』

『「今時の人類なら、精神文化の進化の問題は意識的に自覚出来る」。

「だから、当然、今時の人類は、ローマ帝国が滅亡したのと同様な事態を繰り返す必要は無い」のだ。

「それなのに、BSフジでは、精神文化自体は、ローマ帝国時代と変わりようが無い旨で、締め括っていた」のだから、

「本当に劣悪」だ。

「公共の電波を使っている情報の一方的大量配信機関」でありながら、

「この劣悪ぶり・・・」では、

「公共の電波使用や立場・報酬等々の正当性が疑われて当然」だろう。

「テレビ界の是正は急務」だ』。

|

犯人特定~逮捕が近い(?)世田谷一家殺人事件と犯人特定~逮捕は何時?のスティルス・テロリストたち・・・。

『「かなりの確率で犯人がほぼ特定されている様相」なのが「世田谷一家殺人事件」だ。「そのせいか?色々な具体的な情報も出て来ている」。

「犯行実態は、だいぶ明らかになりっている様相」だが、

「犯人全員の特定はどこまで・・・という様相」なのが、

「日本国内に少なからず居るスティルス・テロリストたち」だ。

「昨今、急激に強化されている電磁波工作等の実態」からも、

「摘発~逮捕等無き事態が何時までも続くとは、到底考えられない」。

「ところが、未だに、テレビ・マスコミ等では、無い事にしたまま・・・の様相」だ。

「マスコミ等の全てがお仲間・・・とは考え辛い」から、

「まるで、口止めされているかの如き様相ですらある」。

「裏を返せば、今現在も、相当な隠密・秘密捜査等が行われている」のだろう』。

『「電磁波工作には、実害が無い等の嘘が風潮されて来た」が、

「中東等での電磁波による要人殺害」や、

「首都圏でのガン・白血病・白内障の増加」等々からも、

「もはや、電磁波=無害論が、通らない事は明らか」だ。

「米国では、既に、電磁波レーザーでターゲットを動けなくする事で確保する実用武器まで使っている」。

「もはや、軍事機密でも何でも無い状態」で、

「一般市民でも同様の電磁波銃を作り持つ事は可能」だ』。

『「日本国内で行われているのは、スティルス・テロ」だ。

「電磁波悪用の場合でも、上辺からして、銃や工作兵器等、明らかに、戦闘等目的である事が判る物では無く、

一般電化製品やオーディオやスマホ等々の上辺を持つ電磁波工作機を使う事や、

ターゲットの家や車等自体に電磁波を発生させる事等で、

露呈し辛いスティルス・テロを行っている」。

「それと共に、電磁波レーザーを使いテロリスト側が不適応分子と勝手に特定した者たちの急変(殺傷)狙いのテロも行っている」。

「昨今では、スティルス・テロの方の電磁波も急激に強化されている」から、

「こんな状態を放置したままにする」と、

「対策無き人々の間で、ガンや白血病や白内障等々が急激に広がってしまう筈」だ。

「そして、スティルス・テロリスト側と強く推定されるテレビ・マスコミ等」では、

「そんな事態を、福島第一原発被災事故由来の放射能のせいにして、大宣伝する事」で、

「スティルス・テロ自体を無い事にしたがると共に、日本国内の反原発感情を煽ろうとする事」は、

「容易に推定出来る」』。

『「世田谷一家殺人事件」でも「スティルス・テロ問題」でも

「共通の臭い」は、

「反日精神文化」だ。

「どちらの事件にも、

日本人から命や健康や財産・資産等々を奪ったりする事を

正義と思い違い出来ている

おバカや悪の精神文化の臭い」が、

「濃厚に漂っている」。

「日韓併合が日本による侵略~支配~略奪だった

(実際は、逆で、日本による韓国救済の面が圧倒的に濃かったから、当時の朝鮮半島内では、日韓併合前より日韓併合後の方が良いと言う朝鮮人が多かった。

朝鮮人の人口も、日韓併合後急激に増えた。

衛生・教育状態も圧倒的に良くなった。・・・等々)

から、そのお返しは当然の権利!」とでも、

「信じ込めているのだろう」。

「もちろん、今の日本人と当時の日本人も、今の朝鮮人と当時の朝鮮人も、全くの別人」で、

「例え、当時に何等かの仕返ししたい要素が在ったとしても」、

「特に、戦後産まれに、当時の仕返しをする権利など何処の誰にも無い」。

「むしろ、

戦後の韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等たちの意向の下で動かされている操り人形的人々こそが、

自分で自分を救い出すべき」だ。

「今は、もう、他の者・物・事支配~略奪の時代では無い」。

「人類誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続ける様にしない」と、

「地球環境や人間社会・人類自体が破滅してしまう時代」だ。

「時代遅れのおバカや悪人たち」は、

「摘発され曝される事で、永遠の恥辱に染まる道の上を歩ませられる前」に、

「自らを救うべき」だ』。

|

テレ朝昼番では、年末年始の帰省トラブルを「誘発させたそう・・・」だったが・・・。

『「結婚問題で、親兄弟や親戚の意向を重視する様では、元からダメな事」は「明白」だ。「重要な事は、当人同士だけで、当人同士の間に他が入り込まない方が良い状態となる事を確認出来る事」だ。

「相性とは、そんなそういうモノ」だ。

「間に他が入り込まない方が良いカップル」とは「互いに愛し易い者たち」で、

「二人の間から、自然の生まれる愛の先に、他の者・物・事への愛も生まれ易くなる」。

「最初のこのボタンをかけ間違える」と

「せっかくカップル等になっても、

上辺で愛を求めながら、

実際は、自分たちも他の者・物・事も愛せず、

そんな自分たちの自己確認の代償欲求の為に破壊等さえしがちになる、

本質的に病的な状態に陥り易い」。

「そんなカップルがうじゃうじゃいる」のが「現状人間社会のお寒い現実」だ。

「原家庭を離れたり、原家庭内に居ても落ち着けない人々が溢れている」。

「規制トラブルや家庭トラブルとは、

他の学校や職場での多くのトラブル同様、

人間関係のトラブルで、

元の人間関係自体がボタンの掛け違い」なら、

「起き易いのが、当然」だ。

「元のボタンの掛け違いを出来る限り無くす、是正する事こそ」が、

「解決法となる」』。

『「ところが、この解決法さえ言わないで、トラブルだけを宣伝したのが、テレ朝昼番」だった。

「そんな情報ダケ」では「知らず知らずの内に、トラブルに興味を持たされてしまった視聴者の間」で、

「トラブルが誘発されるダケ」だろう』。

『「情報・教育の是正は急務」だ』。

|

米軍機に可視光線レーザーを照射したおバカ&一般日本国民に不可視電磁波レーザーを照射し続けガン・白血病・白内障を誘発させているスティルステロリストたち・・・。

『「見せ球に大衆の興味が引き付けられている裏では、本隊が日本国内でもとんでもない事を実行中!」

「スティルステロリストたちは、全員、厳罰に処すべきでしょ!!」』

|

「日韓従軍慰安婦問題で合意」という茶番劇・・・。

『「真に合意が成り立つとすれば、双方が歴史上の事実・現実の上に立って事実・現実通りの共通認識を持つ事」だが、「今回の合意???」は、「考え・思い上で、双方が呑める内容の契約」に「過ぎ無い」から、

「解釈の仕方次第で合意などアッと言う間に吹き飛ぶ事になる」。

「上辺の合意が目指すところ」は「日韓関係の改善だと言う」が、

「竹島の不当占拠も止めていない、反日教育・情報が蔓延している状態の韓国との関係が改善する訳も無い」。

「反日教育・情報を信じ込まされている韓国人たち」は、

「竹島は韓国領と信じ込んでいる」ばかりか、

「日韓併合により当時の韓国も韓国人権力者たちも救われたという現実も認めない」ばかりか、

「日韓併合は日本による侵略~支配~略奪等だと信じている」ばかりか、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為を正当な行為等と信じている」から、

「歴史上の事実・現実の上には立てて居ない」。

「歴史上の事実・現実の上に立てていない反日信者たちの意向」は、

「戦後の韓国悪国家権力者たちが自己正当化の為につくり出して来た事」で、

「その悪の策略自体を認め、詫び、改善する事をしていない」のだから、

「上辺の友好など直ぐに無くなる」。

「上辺の友好」とは、

「戦後の韓国悪権力者たちの悪事を認める事の上にある虚像に他ならない」。

「韓国悪権力者たちの信者」は、

「虚像を信じ込まされている自分たちを顧み、反省し、事実・現実の上に自分を立たせる事より、

事実・現実が露呈し、都合が悪くなれば、

何でも日本側が悪い事にして日本側に責任を取らせようとするダダが大好き」だ。

「虚像を信じて、

従軍慰安婦像なる親兄弟や親戚等が韓国人の仲介人等に売り渡し強制的に売春で稼がせた従軍高報酬売春婦像」を

「あちこちに立てて来た」のに、

「象徴的に、韓国の日本大使館前の像は撤去せよ!」と

「今の大統領側から言われれば、当然の如く、ダダをこねる」だろう。

「そして、政権交代の流れさえ生まれてしまうかも知れない」。

「政権交代後の大統領」は、

「韓国の得意技である前政権とは別の国的感覚の下」で、

「合意は、前政権がしたのであって、今の政権はしていない」等々と、

「日本に新たなダダ要求を突き付けて来る予定」だ。

「日韓基本条約で全てオシマイという合意」を「無視して、再三再四ダダ要求をし続けて来ている国のやる事」は、

「既に分かり切っている」と「言った方が適切」だろう』。

『「それなのに、何故?今?合意か?」

「言うまでも無く、米国の圧力」だ。

「米国とすれば、日韓間の問題という小さな問題」より、

「中国共産党支配下の中国&北朝鮮&ロシアが在る極東地域の軍事バランス問題の方が重大」で、

「味方にした筈の韓国を手放す事は、中国・北朝鮮・ロシア等に今まで韓国に渡した軍事技術等を与える事と同じになる」から、

「絶対に避けたい」のだ。

「其処で、

北朝鮮や中国共産党人脈の仕掛けである、

韓国を反米・反日国家化する為の、

従軍慰安婦問題等を含む数多くの工作・ダダ工作等々に対して、

屈し気味だった韓国国家権力者たちに対しても圧力をかけて、

何としても、韓国を日米陣営側に留めさせようとしている」のだ。

「今回の上辺の合意により、首の皮一枚で、韓国は日米陣営側に留まっている」。

「もちろん、韓国が本格的に日米陣営側に入る為には、事実・現実の上に立つ事が必要」だ。

「日米等の先進国側では、

現時点まで、でも、物質文明では科学的に判明している実体や事実・現実を実用している」から、

「精神文化面でもその様な流れが必然的に生まれつつある」。

「それは歴史観でも同じ事」だ。

「重要な事は、支配者が決める歴史観では無く、事実・現実が浮かび上がらせる歴史観を共有する事に他ならない」のだが、

「戦後~現状までの韓国には、その様な現実化は未だ、未だ無理」だ。

「仕方ないので、日本側が大幅に譲歩させられている実態が生まれてしまっている」。

「日韓併合や終戦後処理時等と同様に、またまた、日本は韓国に貸しをつくってしまった」のだが、

「借りられる事=実力がある事という文化の韓国」が、

「借りを借りと認識出来る様になるまでには、どのくらいの年月が必要になるのか!!!」

「益々、借りれば良いと信じ込むダケだろう・・・」等と「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「上辺の日韓友好で、日米韓の軍事面での同盟状態が担保される事」で、

「北朝鮮や中国共産党の不当増長が抑制され、

北朝鮮や中国の民主化がより早くなる」なら、

「日本の韓国への貸しにも、意味が有る」。

「現状では、その様な効果を期待する事くらい」しか、

「多くの日本国民が納得出来る道は無さそう」だ』。

『「軍事的、或いは、経済的圧力による民主化促進」も「相応に実効がある」だろうが、

「情報・教育の健常化による民主化促進を日米も含めて、

もっと、もっと、真剣に行うべき」だ。

「情報・教育の健常化により、人類誰もが事実・現実の上に立つ様になれば、

必然的に、本当の友好関係も生まれる」』。

|

テレ朝朝番、17歳少年祖母殺害問題の本質がわからないおバカたち・・・。

『「{上辺}は、ごく普通の高校生」が「学校でのストレス問題を理由」に「祖父母を殺害してしまった」。「何故こんな悲惨な事態が起されてしまったのか?」

「常連出演者たち」は「心の内や本音を相談できる人が周りにいれば・・・」とか、

「わからない」とか、

「同様の新たな事件等を防ぐ為に有益な情報配信とは、ほど遠い戯言を言ったダケ・・・」だった。

「正に、時間と立場等々の無駄此処に在り・・・」だろう。

「こんな連中には、過分な立場・報酬等は不似合い」だ』。

『「学校でのストレス問題を理由に、

人を殺してみたくなり、

誰でも良かったから、

祖父母を殺害する様な精神状態」の「本質とは何か?」

「学校でのストレス問題」とは、

「学校での自己確認が上手く出来ていない事」だ。

「周囲に自己確認の代償欲求を求めている状態である上」に、

「現状の人間社会では、周囲も代償欲求追及者が多く、同様であるが故に、

互いに、自己承認欲求の代償欲求を追及する面での満足感や納得感というヤクさえ得辛い状態が在る」。

「本来の解決法は、生徒たちを含む全ての人類が、本来の自己確認を行える様に、して行く事」だ。

「本来の自己確認を行う為」には、

「先ずは、自分の実体や自分の実体の本来の目的等を理解・把握する事が必要」だ。

「自分さえ???」なら「自分の行っている事等が???」なのも「当然過ぎる程、当然」だ。

「生きている人間は誰でも、

今、この瞬間にも細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している

基本的に不安定な生き物に他ならない」。

「だから、意識的に感じているか?否か?は別にして、不安なのは当然」だ。

「不安を解消する為に必要な事」は、

「細胞ごとの誕生・死による代謝等が健常に行われている事を自覚する事等」だ。

「狭義の自分が居る、他者等も含む現時空」で、

「狭義の自分の健常状態が保てている事を実感出来れば、

その時、その瞬間の自己確認の本来欲求は充足される」。

「その為には、先ずは、自分で自分を、頭・心・体ともに、健康にコントロールし続ける事」だ。

「頭・心・体ともに、健康にコントロールし続けるという

丸ごと一人で考え・思う人の意識下でも、実行し易い方法によって」でも、

「細胞レベルの本来の活動実態等は、かなり健常化出来る」。

「重要な事は、本質的悪事を行わない事」だ。

「例えば、丸ごと一人の死生観や丸ごと一人の善悪観や丸ごと一人の成功観等の、

細胞ごとで誕生・死を繰り返しながら存続している現実の生命体の実態とは程遠い人生観等を

強く保持してしまう等の本質的悪事を行う」と、

「人間の頭や心は大きく乱れる」。

「頭や心の乱れにつられて、行動や体も乱れ易くなる」。

「本質的悪事を行わず、

頭・心・体ともに、ある程度以上健康にコントロール出来ている実感を味わう習慣を持てば、

本質的悪事等は、行いたくなくなる健常な状態に自分を置く事が出来る」と「共」に、

「相応に自己確認の本来欲求充足感も得られる」から、

「外因的ストレスに対する耐性も高くなる」。

「(受験)勉強等を強いている状態」や、

「部活等のヒエラルキー圧力等の問題」は、

「外因的ストレス」に他ならない。

「社会に出た後の会社・組織等でのストレス」や、

「家庭でのストレスも同様」だ。

「それらの物事の中には、パワハラやセクハラや暴力等々の不当な圧力まで含まれてしまっている場合もある」が、

「その場合は、パワハラやセクハラや暴力等々自体が

現状人間社会システム上でも既に犯罪行為なのだから、

先ず、そちらをちゃんと摘発して排除する事」だ』。

『「自己確認の本来欲求の充足が不十分」だと、

「代償欲求の追及に奔走し易くなる」のは「当然の事(自然の摂理)」だ。

「代償欲求の追及では本来欲求は充足されないから、代償欲求の追及は過剰になり易い」のも「当然の事(自然の摂理)」だ。

「過剰な代償欲求の追及心」は

「極論や結論を求め易くなり、

其処に、本質的悪事である、丸ごと一人の死生観が重なる」と、

「生か?死か?」に「頼りたくなる」。

「命がけの自己確認の代償欲求の過剰な追及の結果が、自殺や殺人」だ。

「更に、こちらも、本質的悪事である、他者支配/他者による被支配という代償欲求の過剰な追及まで重なり、

集団的になれば、

テロや戦争」となる。

「今回の祖父母殺害事件」も、

「この命がけの自己確認の代償欲求を過剰に追及して(情報・教育や自己制御等が未熟故に出来て)しまった結果の一つ」に他ならない』。

『「現状人間社会では、殺人等の罪人は、別の環境下に置かれる」。

「それは、殺人等の罪を犯す事で、現状の環境からは脱出出来る事でもある」。

「無意識レベルの自己確認欲動の代償欲求追及行為が過剰」となると「共」に、

「現状脱出欲動が暴発する」と

「殺傷事件等が具現化してしまう」のだ』。

『「いじめも、自殺も、殺傷事件等々」も、

「テロも戦争も環境破壊等々」も、

「本質的には、

自分で自分を健康にコントロールする様に、

それぞれの人をそれぞれ人が導けば、

防げる事」だ。

「その為に有益な情報・教育を行う事」こそが、

「情報機関や学校・教師等の本来の肝要な仕事の一つ」だ。

「肝要な仕事が出来ずに、上辺の低レベルの情報・教育等でお茶を濁している様な連中」には、

「過分な立場・報酬・権力等を、

何時までも与え続ける必要は全く無い」。

「情報・教育の健常化は急務」だ』。

|

韓流雑誌では首都圏でガン・白血病・白内障が増えていて原因は福島第一原発の被災事故と嘯いている様相だが・・・。

『「首都圏でガン・白血病・白内障が増えているとすれば、その原因は、電磁波工作」だ。

「福島第一原発被災事故由来の放射能物質ゆえという可能性は極めて低い」。

「福島第一原発被災事故由来の放射能物質ゆえ」なら

「その濃度が首都圏より遥かに高い地域で、

首都圏以上の被害が出ていなければオカシイ事は、

少し考えれば、誰でも分かる」。

「ところが、そんな実態は、少なくとも、筆者の知る限り、無い」。

「福島圏で問題とされているのは、主として、子どもの甲状腺ガン等の問題」であり、

「大人のガン・白血病・白内障では無い」。

「福島圏に比べて、首都圏の方が圧倒的に韓(北朝も含む)流・中共流人脈の実質的工作員が多く、

電磁波工作の濃度も工作員等の人数等に比例していると強く考えられる」から、

「首都圏でのガン・白血病・白内障の元凶」は、

「電磁波工作と強く推定出来る」』。

『「電磁波工作を行っている人脈」なら

「首都圏で、ガン・白血病・白内障等が頻発していれば、それを福島第一原発被災事故由来の放射能物質のせいにする事」で、

「電磁波工作を隠蔽する」と「共」に、

「中・韓がアブナイ原発を使い続けている中、

極東地域日本のみ脱原発等の気運を高める為にも、

大衆の原発に対する危機感や嫌悪感等の増大を図りたい」のは「当然」だろう。

「その様な実態」には、

「日本弱体化の為には、

一般日本国民の健康被害も厭わない電磁波工作を行い、

それを隠蔽すると共に、福島原発のせいにする情報工作とのセット」で、

「実質的には、日本を不利にする事で、反日他国を有利にする工作活動等を行っている様相」が「在る」。

「その様な事態に対して、日本の警察や政府与党等は、未だ、十分な対処が出来ていない様相」なのだ』。

『「昨今の電磁波工作は、かなり強化されている」。

「工作ポイント数も急増している」。

「実際に、首都圏でガンや白血病や白内障が増えている」なら、

「もはや、それは、{見えないテロ}レベル」だ。

「{見えないテロ}を行っているテロリストたちが沢山居る状態」だ。

「電磁波工作に対する早急な対処が必需」だ』。

|

女子学生制服等盗みの芸能人に対するテレビ等の報道が変だぞ・・・。

『「●●コンテストで優秀な成績を収めて、人気者になりました」とか「芸能活動の実態」等々と「制服等泥棒の栄光(?)の実態を宣伝した後で、泥棒問題を報じる」とは、「例えば、一般人なら、●●は●●社の社長等として、立派な経済活動等を行っていました」等々と「前フリした後で、逮捕等のニュースを報じる様な事」で、

「非常に変」だ。

「一般人の場合」は「有名企業等でも、単に、例えば、●●会社社長の●●が逮捕等の報道情報になっている」し「企業名や役職等を言わない場合も多い」のだから、

「今回の制服泥棒の場合でも、芸能人●●が制服泥棒で逮捕」ダケで「十分な筈」だ。

「テレビ・芸能界のお仲間芸能人だから・・・」等と「特別扱いする」のは、

「明らかな差別的対応」で、

「そんな差別的対応が公共の電波を使って」となれば、

「正に、公共の電波の不当使用」だろう』。

『「こんな状態が放置されたまま・・・では、日本社会に悪影響が出ても、何の不思議も無い」。

「住居等不当侵入&窃盗犯」は「住居等不当侵入&窃盗犯」として「普通に報道すれば良い」。

「この問題をダシに、他の芸能人の宣伝をしたり」、

「まるで、復帰等を見込んでいるかの如き、芸能人としての、実質的、宣伝情報等を付けている一般人との差別ぶり」は、

「本当に醜悪」だ。

「本質的に醜悪な実態を露呈している情報機関等の是正は急務」だ』。

|

韓国とまともな話し合いは無理でしょ・・・。

『「従軍慰安婦問題という韓国仕込みのゴネ得取得策略」に「無理やり乗せられている日本国政府等」だが、

「根本的に、韓国(北朝鮮も含む)とまともな話し合いは成立し得ない」。

「何故なら、戦後韓国(北朝鮮も含む)の成り立ち自体が、日本の敗戦につけ込んだ実質的火事場泥棒からだから」だ。

「逮捕されていない火事場泥棒とまともな話し合いが成り立つのか?」を「考えれば、誰でも分かる事」だ。

「まともな話し合いの前に必要な事は、逮捕に他ならない」』。

『「逮捕に当たる事」は「日韓併合や戦後処理の実態を全世界に暴露する事」だ。

「それを恐れる余り、日韓基本条約締結後の韓国」は、

「度々、日本国内での情報・教育工作やゴネ得策略等々を行って来ている」。

「従軍慰安婦問題」とは「ゴネ得策略の大きな一手に過ぎ無い」。

「従軍慰安婦問題で、日本側が、ちょっとでも、韓国側の要求を呑めば、

韓国側は、例え、従軍慰安婦問題はオシマイにする約束をしても、

他のゴネ得策略を行う事で、

{逮捕}を避け続けようとする事」が、

「強く推定出来る」』。

『「本来の処理方法」は

「日本が国家レベルで、日韓併合時の実態を全世界に広く広報する事」により、

「先ず、植民地支配詐欺を、無効化する事」だ。

「その上で、従軍高報酬売春婦の実態も、全世界に広く広報する事等により」、

「韓国が行っているゴネ得工作等の実態を全世界レベルで暴露する事」だ。

「その様に正当に処理すれば、

例え、韓国側がどんなに色々な所に従軍慰安婦の像等を建造しても、

韓国側の恥曝しにしかならなくなる」。

「現状の一番の問題」は、

「日韓併合が、当時の韓国及び韓国権力者たちの保身の為の策であった現実」や、

「日韓併合の実態が、日本による急速な朝鮮半島内の近代化整備等であった現実」を、

「世界中の人々が知らない事」だ。

「日韓併合により、韓国も韓国権力者たちも救われたと共に、朝鮮半島内も急速に近代化され、朝鮮人の人口も劇的に増えた」のが「現実」だ。

「本来なら、終戦時」に、

「日本に対して感謝の意を示し、

戦後は独立国でやりたい旨告げ、

日韓併合に対して、正当な契約解除、もしくは、契約変更を申し出るべき立場だった

戦後の韓国(北朝鮮も含む)」が

「日本の敗戦につけ込んで、

火事場泥棒的に朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等を奪う事で、

国を始めてしまったが故に、

現状の問題が在る」。

「戦後の日本は、敗戦を受け入れたばかりでは無く、

韓国側の不当な要求にまでも大人の対応を示し、

日韓基本条約を締結する事で、

終戦前までの日韓の問題の解決を図った」。

「ところが、その日本側の大人の対応に対して、

火事場泥棒の先のゴネ得を考える様になってしまった」のが、

「戦後の韓国」だ。

「終戦時には、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては、強制的に日本に帰還させられたが、

韓国(北朝鮮も含む)側は、日本国内に多数の朝鮮人を居残させたばかりか、

戦後の日本国内で、

実際は、日本による施しの享受者側であったにも係わらず、

日本国内でも、朝鮮半島内でも、他の地域の人々に対しても、

支配・略奪等の被害者を風潮し、

偽りの歴史観等を周囲の日本国民や日本社会の中に蔓延させる情報・教育工作等まで

行って来ている」。

「その情報工作の上に在る」のが、

「現状の従軍慰安婦問題等のゴネ得工作」だ』。

『「従軍慰安婦問題を終わらせれば、それで日韓友好関係が築ける訳も無い」。

「敗戦につけ込んだ火事場泥棒が全世界に広く認知される事で実質的に逮捕され、

火事場泥棒国家が反省の意を示し、

不当な反日情報・教育等々を完全に放棄してこそ、

日韓友好関係が築けるベースが出来る」のだ。

「この現実」を「多くの日本国民も、韓国(北朝鮮も含む)国民も、全世界の人々」も、

「真摯に認めるべき」だ。

「現実は、認める者たちにとっては、とても強く優しい味方となる」が、

「認めない者たちにとっては、絶対に勝てない敵となる」のが、

「現実」だ。

「韓国(北朝鮮も含む)側へ配慮する」なら、

「韓国(北朝鮮も含む)側が現実を認める様になれる手助けをするべき」であり、

「韓国(北朝鮮も含む)側への悪戯な擦り寄りは、更なる現実離れへの援助にしかならない」から、

「実質的には、親の日韓(北朝も含む)友好を遠ざける悪魔の蜜にしかならない」のだ』。

『「日本国は、国を挙げて、日韓併合時の実態や、終戦時の実態を、全世界に広報するべき」だ。

「そして、

植民地支配詐欺犯や、

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒を、

実質的に逮捕するべき」だ。

「それらのベースを作る事で、従軍慰安婦ゴネ得工作の問題も、順当に解消される事になる」』。

|

サンデー・モーニング、「答えなき世界」だと・・・。

『思わず「おバカと悪だから、答えなき・・・なのでは!」等の「突っ込みを投げ入れたくなった方々も多かったのでは」・・・。「もちろん、既に、答えははっきりしている」。

「物質文明の進化以上に、精神文化も進化させれば良いダケ」だ。

「その為には、物質文明の進化は、科学的に判明した実体や事実・現実の実用により実現出来て来ている」のだから、

「精神文化面でも、科学的に判明した実体や事実・現実を実用すれば良いダケ」だ。

「死生観にしても、善悪観にしても、成功観にしても、等々、等々、・・・考え・思いによる納得レベル上に安住させず、

科学的に判明した実体や事実・現実を実用して構築したモノ」を

「人類誰もが身に着ければ良いダケ」だ。

「こんな簡単な答えが分からないのなら、おバカ」だし、

「分かっていて、答えなき・・・等とやるなら、悪」だ。

「悪たち」は、

「例えば、常連出演という過分な利権や、

過分な報酬・資産等を抱きしめている事に対しても、

十分な罪悪感を抱けていない」から、

「その是正を行わない」。

「格差が固定されている元凶が其処に在る」。

「人類誰もの精神文化が正常進化し、過分な利権を正しく悪と認識する様になっていれば、

例え、現状の酷い経済・社会システム下でも、自主的是正の流れが生まれる事になる」。

「そして、その様な是正の流れと経済・社会システム自体の整合性が取れる様に・・・という流れも生まれ、

必然的に、経済・社会システム自体の是正も行われる様になる」。

「逆に、悪を蔓延らせておくと、現状の経済・社会システムが固定化され、

そのまま時を重ねれば、人類滅亡が程なくやって来てしまう」。

「人類の本当の敵」は、

「劣悪な精神文化を抱きしめた状態のまま、精神文化の正常進化を阻害している連中」だ。

「現状のテレビ・ラジオの多くの番組等は、その一つの象徴」に他ならない。

「だから、例えば、本日のサンデー・モーニングでも、答えが既にはっきりしている問題」を、

「答えなき世界と嘯き、

優等生的な劣悪論で、

視聴者を騙し続ける事で、

実質的には、現状利権維持を謀っている」』。

『「本気で問題を解決する気がある」のなら、

「常連出演利権を解消するべき」だ。

「過分な報酬や資産等も自ら放棄するべき」だ。

「自ら格差是正の流れを生み出さず、現状利権維持の上に安住しようとしている連中」を、

「毎日、毎日、公共の電波上で一方的に見せつけられている大衆」の「心」は、

「どうなるのか?」

「当初は、如何にも頼れそうな常連出演者たちに、自分を投影・転嫁・同一視する事で、実質的には、現実逃避している状態だろう」が、

「時を重ねる事に、視聴者の内では、多くの場合は、無意識レベルの絶望感や虚無感や嫌悪感等々が醸成されて行くダケ」だ。

「無意識レベルで醸成され、大きくなったそれらの感が意識化され、暴発する時、

例えば、無差別殺傷事件やテロ等が起きてしまう・・・」のだから、

「テレビ・ラジオの悪ども、もしくは、おバカども」は、

「いい加減に自らの罪を自覚し、是正行動を起すべき」だ』。

『「丸ごと一人の死生観を抱きながら、丸ごと一人の利権上に安住した人生を他の多くの人々を犠牲にしてまでも守ろうとする、おバカや悪たちの存在こそ」が、

「現状人間社会の多くの問題の元」だ。

「そんなおバカや悪たちは、丸ごと一人の善悪観を抱き、丸ごと一人おバカや悪である狭義の自分なのに善としたがる」から、

「偽りの善を正当化する為に、丸ごと一人の悪を他につくりたがる」。

「金持ち=正義なら、貧乏人=悪とする事は容易」だ。

「有名人=正義なら、一般人=悪とする事も容易」だ。

「実際は、丸ごと一人の善悪観自体が、実体離れしている悪に他ならない」』。

『「本日の番組内での有益情報」としては

「生物学者」が、

「人ゲノム研究から、人類の元は皆同じアフリカ発だと言う事を言った事」だ。

「それは、人ゲノム研究という物質文明側上の進歩」だが、

「その後に、この科学的に判明した現実を精神文化上で実用しましょう。等の発言が無い事」が、

「常連出演者たちの劣悪ぶりを露呈させている」。

「人類の元は同じという現実」は、

「民族主義や血統家族主義等の極一部の偏重」を、

「否定している事に他ならない」。

「人間社会で問題なのは、精神文化であり、血統では無い」のだ。

「排除するべきは、下劣な精神文化であり、特定血統では無い」。

「科学的に判明している現実から離れている下劣な精神文化上」では、

「特定血統が偏重されている」が、

「そんな精神文化こそが、排除するべきモノ」だ。

「下劣な精神文化を排除する健常な精神文化を誰もが持つ」なら、

「民族問題は解消出来る事になる」。

「この様に科学的に判明している実体や事実・現実を実用した精神文化を築いて行く」なら、

「答えなき世界」とは「大嘘である事」が、

「誰でも分かる筈」だ』。

『「情報・教育の是正」は「急務」だ』。

|

民族主義では平和も無理・・・。

『「昨今の世界情勢では、多くの国々で、移民・難民等に対してネガティブな方向の世論が力を持って来ている」という「当然の流れが生まれている」。

「もちろん、差別や民族主義等では、ダメ」だが、

「逆もまた然り」だから、

「実体や事実・現実を軽視した、行き過ぎた平和・平等主義等では、流れが逆転する」のは、

「当然の現象」だ。

「では、どうすれば良いのか?」』

『「●●民族は優秀だ!だから、世界中が●●民族ダケになれば・・・、或いは、世界中が●●民族の支配下に置かれれば、世界は平和になる!」

「●●教は真実だ!だから、世界中が●●教徒ダケになれば・・・、或いは、世界中が●●教の支配下に置かれれば、世界は平和になる!」等とは、

「とんでもないインチキ論」で、

「実際の世界平和とは、精神文化の進化により実現出来る事」であり、

「民族主義や宗教主義では精神文化レベルが低過ぎるが故に、世界平和も遠のく」のが、

「現実(自然の摂理)」だ。

「ましてや、其処に、他の者・物・事に対する支配・被支配の構造が入れば尚更」だ。

「世界平和は、自分で自分を健康にコントロールし続ける人間の集まりによって実現する事」だから、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事の支配や、

他の者・物・事による被支配で、

自分を誤魔化そうとしている人間たちがいくら集まっても実現し得ないのは、

必然(自然の摂理)」だ。

「支配の道具として、武力では余りにも野蛮だから・・・と、

支配の道具を金権に変えたところで、

その本質は変わっていない」から、

「結果も同じ」で、

「世界平和どころか、時に武力による争いまで含む、金権支配権争いとなっている」のが、

「現状人間世界のお寒い現実」だ』。

『「現状人間世界の実態」は、

「例え、所謂先進国でも、

金権支配主義&情報(テレビ・マスコミ等)・教育全体主義であり、

とても、本来の民主主義とは言えない状態」だ。

「ここで、ベーシックインカムにより全ての国民の衣食住等が充足される状態となれば、どうなるのか?」

「その分だけ金権が減るから、本来の民主主義に近づき易くなる」が、

「情報(テレビ・マスコミ等)・教育全体主義で調教され続けて来ている、

自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事に依存したり、

他の者物事を自分に依存させたりして、

自分を誤魔化し続けて来ている多くの人々」は、

「頼っていた軸であるお金への依存も抑制させられてしまう」から、

「お金以外の者・物・事に依存しようとし易い」だろう。

「そんな状態で、依存先として特定の者を置けば、

特定極一部の者が多大な権力を保持している状態の、

所謂社会・共産圏の様な社会システムになってしまう」。

「多大な権力を保持している事とは、それだけ実際の仕事も大変という事に他ならず、

大変な仕事をすれば/させられれば、より多くの報酬等を得ようとするのが、人の常」だから、

「実際に、所謂社会・共産圏では、大権を持つ者たちが、多くの場合、賄賂まで含めて、より多くの報酬等をかき集める事に必死」なのだ。

「更に、大権を持つ者たちが、実際に、相応に仕事が出来る者たちとは限らない」から、

「益々、酷い状態となってしまって来ている」。

「所謂社会・共産圏と所謂自由主義圏の比べっこでは、

金権&情報・教育全体主義状態の所謂自由主義圏の方が、未だマシだった」から、

「冷戦は所謂自由主義圏側の勝利で終わった」。

「さて、この様に、人間世界を振り返る」と、

「今後どうするべきか?」は、

「もはや、明白」だろう。

「所謂自由主義圏で、欠落していた情報(テレビ・マスコミ等)・教育全体主義の是正を行えば良い」のだ。

「何処の国でも、全ての国民の精神文化を正常進化させる事に直結している情報・教育を行えば良い」。

「遠回りの様」だが、

「移民・難民問題」や、

「民族主義や宗教主義等々の問題を解決する為」にも、

「情報・教育の是正による精神文化の健常進化」は、

「大いに有効」だ。

「人類誰もが、先ず、自分で自分を健康にコントロールし続ける様になれば、何処の国でも、支配権争いが無くなる」。

「実体や事実・現実に基づいて、誰もが健康に暮らせる事がより重要になる」から、

「移民・難民の必要性も極めて薄くなる」。

「そもそも、人類誰でも、遺伝的に保持しているのは、主として、生物的環境適応情報」だ。

「ある場所で産まれ、幼少期にその場所で暮らす為に適している遺伝的発芽因子を発芽させる事で、人は育って行く」。

「どちらも、精神文化が健常な人間社会」なら、

「より生物的適応度が高い場所で暮らした方が、余分なストレスも少なくなるのが現実」なのだ』。

『「少なくとも無意識レベルでは内在している異郷故のストレス等を基に、

今居るところの周囲等の人々に、八つ当たりしたりする」のは、

「もちろん、正当な行いでは無い」。

「そんな事を行うくらい」なら、

「故郷等に帰り、故郷等の精神文化や社会を健常化する事でも頑張るべき」だ。

「異郷人の悪戯な増加政策等」は、

「絶対に行うべきでは無い」。

「人類誰もが、

生体的に狭義の自分が適応し易い環境の場所で、

先ずは、狭義の自分の、

そして、世界中の精神文化を正常進化させる事を頑張るべき」だ』。

|

マイナンバーは既に破綻状態・・・。

『「余りにも低いセキュリティーレベルの基本設計と、余りにも酷い管理体制ゆえ」に「マイナンバーは既に破綻している」。

「今時、連結キーがタッタ12桁で公開キー」では、

「それダケでアウト」レベルだ。

「その上に、アクセスキーのセキュリティーレベルも低い」から、

「いくら大量データ暗号化保管等を行っていても、個人情報が、もはや、丸裸状態となる事」は、

「決定的」だ。

「更に、マイナンバーの管理体制も酷い」』。

『「そもそも、管理方法や基準自体が徹底されていない」から、

「結構な数のところで、マイナンバー通知書の原本をコピー提出させる事」が「まかり通っている」。

「コピー機とは、電子データ化した上で、印刷する機械」で、

「電磁データ化した情報は、いったんは、コピー機内に保有される」。

「少々メカに詳しい者」なら、

「コピー機が電子データ化したデータを吸い上げ、盗み取る事くらい、簡単」だ。

「つまり、結構な数のところで、

マイナンバーだけでは無く、

特定個人の登録原情報までもが、

コピー機やその企業等が使っている登録コンピューター等を通して一気に収集され、

早ければ、既に、裏社会や反日他国等へ売り渡す商売まで行われてしまっている筈」だ。

「マイナンバーの安全は、もはや、破綻していると言った方が良い」だろう』。

『「マイナンバーの様な人民管理システム」は、

「悪意を持つ者たちが簡単に悪用出来ない様に、

高いセキュリティーレベルでシステム実用化する」と「共」に、

「運用側が善&良質である事」が「絶対原則」だ。

「現状のマイナンバーシステムでは、既に、悪意を持つ者たちが容易に情報収集を行えてしまっている」。

「コレでは、例え、運用する側の国や政府等が、善&良質でも、どうしようも無い」』。

『「今後起き得る実態」としては、

「登録原情報まで収集済みとなれば、なりすまし登録が行われる事で、マイナンバー自体が隠れ蓑とされてしまう事」だ。

「既に亡くなってしまっている高齢者の年金を受け取り続ける事が出来てしまっていた者の数を考える」なら、

「なりすまし登録を見破るまでの時間が、それなりにかかる事は、誰にでも分かる筈」だ。

「つまり、見破られるまでは、

例えば、反日他国の工作員等が、

堂々と日本国民等として、

日本国内で生活し、

工作活動まで行い易くなってしまう」。

「例えば、反日国の手先と一般日本国民の子どもの居ないご夫婦等の場合」なら、

「反日国の工作員たちが、一般日本国民の方を電磁波工作等で亡き者とした後に、

反日国から不正入国した者を、ご夫婦の片割れとして、正式に登録出来てしまう」。

「正式登録した後に引っ越しでもすれば、そのまま、正規の日本国民扱いが続く事になる」。

「当然、財産・資産等も乗っ取られる事になる」。

「そんな事態が可能になってしまう」のだ。

「反日国人脈の者たちが、すり替わり等で、うじゃうじゃ入り込んでくる近未来となってしまう脆弱性を既に露呈している」のが、

「現状のマイナンバーシステム&管理体制」だ。

「例え、一つのなりすまし登録を摘発出来ても、

マイナンバー仮面を取り換える事で、

工作員等は、いつまでも、日本国内で堂々と活動出来てしまう事になる」。

「そんな悪事の基情報の吸い上げにも繋がっているマイナンバー申請書等のコピー」は、

「直ちに禁止させるべき」だ。

「企業等に十分な管理体制を構築させる前」は、

「企業等に従業員等のマイナンバーを吸い上げさせてはいけない」。

「はっきり言えば、盗まれた事が分かるバカな犯罪を行うバカな悪は激減している」。

「今時の悪」は

「盗まれた方が盗まれた事さえ気づかない方法で、

情報等を盗み、売り、その情報が基となって、

酷い事件や事故等が起きる様に仕込んだりしている」のだ。

「コピー機や社内のコンピューター等に、

情報盗みの仕掛けが無い事を確かめている経営者や責任者等は、

どれだけ居るのか???」

「電磁波悪用による盗撮や盗聴や、

体調・精神不調等による職場環境の悪化や仕事効率の低下への対策を行っている経営者や責任者等はどれだけ居るのか???」

「商売セキュリティー企業等任せでは無い、

盗まれた事が発覚しない情報収集や飲食物工作等々の為の侵入工作対策を行っている経営者や責任者等はどれだけ居るのか???」

「商売セキュリティー企業任せでは、商売セキュリティー会社等の中に工作員が居れば、オシマイ」だ。

「盗まれた事等が発覚しないやり方なら、セキュリティーを頼んだと安心している分ダケ、やりたい放題になる」』。

『「筆者の知る限り、例えば、守衛さんが、電磁波工作を行っている事もある」のだから、

「上辺の仕事や肩書等に騙されてはいけない」のだ』。

『「マイナンバー、本気でやり直すべき」だ』。

|

テレ朝朝番では、民主党国会議員を出して年金基金の運用を批判していたらしいが・・・。

『「年金基金の運用」は「労働人口が減って来ている現状」でも「金に金を稼がせる事で、現状年金システムを維持する為の、一つの手段」だ。

「金に金を稼がせる手段」の「自由度」は「運用する者が善意に基づいた運用をする限り、大きい方が、稼がせ効果も出易い」。

「ジャンク債への資金投入」も「恣意的運用」も、

「その元が、善意である限り、有益となる可能性の方が遥かに大きい」。

「ところが、この問題に、中・韓を太らせた反面で日本を細らせた実績を持つ民主党の国会議員がクレームを付けて、正義ぶっている」。

「そして、それを、テレ朝が公共の電波を使って、大宣伝したらしい」。

「この実態からも、事の本質は明らか」だろう。

「年金基金の運用実態の自由化等」は、

「利中・利韓(北朝も含む)人脈等には、不都合」なのだ』。

『「そこで、考えられる裏」は、

「例えば、中・韓(北朝も含む)の代理として、日本の株価を操って、その利益を中・韓(北朝も含む)等に還元している者たちが居る」が、

「その様な事態に対するカウンターパンチが年金基金の運用によって行われると困る」等の

「事態」だろう。

「例えば、反日日本国籍企業の株を年金運用機構等が押さえると、

株価を上げれば、年金運用も上手く行く事になる」から、

「日本が太る」。

「反日日本国籍企業としては、日本を細らせたい」のだろうが、

「反日国応援の為にも、利益は、欲しい」。

「株価を上げ、銀行融資を引き出し易い状態を作り続ければ、有利な商売等が出来る」が、

「その利益の上に、日本国民の年金も載る」のでは、

「反日としては、気分が悪い筈」だ。

「だからと言って、株価を下げる様な事をすれば、下手をすれば、大量に売られる事になる」から、

「日本にダメージを与える企業運営は、かなりやり辛くなる」。

「従業員給与等についても、同様」だろう。

「日本国民を奴隷の如く使い続けたい」のなら、

「親日本国民側の株主比率は、出来る限り低い方が都合が良くなる」』。

『「年金基金運用者が、日本国民に対する善意に基づくのでは無く、悪意に基づくのなら、

事態は逆転する」が、

「批判している」のが、

「日本を細らせた反面で中・韓を太らせた実績を持つ民主党の国会議員」と、

「元々、親反日人脈の論調が蔓延っているテレ朝」だ。

「年金基金の運用自由化が、

日本国民にとっての、

善意と悪意のどちらに基づいて行われる可能性が高いのか?」は、

「テレ朝情報が、視聴者の誤判断を招く為の意図的な工作情報で無い限り、明らか」だろう』。

『「現状経済システム上で年金基金等を膨らませようとする」なら、

「当面は、労働人口が減少する事は分かっている」のだから、

「金に金を稼がせる事」は、

「極めて正当な手段」だ。

「ついでに言うなら、労働人口は減っても、消費人口はいきなり減らない」から、

「消費税も正しい道」だ。

「しかし、根本的な事を言う」なら、

「それらは、あくまでも、現状対策」で、

「本質的には、現状の異常な経済システム事態を是正する事は、絶対に忘れてはいけない」。

「ほとんどの仕事を機械やロボットや人工知能等がこなす未来」は、

「直ぐ其処まで来ている」。

「職無しでも、人間としての生活は必要」だ。

「労働の義務の概念も、もっと、もっと、現実との整合性を高めなければダメ」だ。

「そもそも、労働とは何か?の定義さえ、科学レベルでも出来ていないのが現状」だ。

「本来なら、自分の実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続への貢献が、仕事で、

本来の仕事をこなす事が労働」だ。

「それ以外の似非仕事の実体は、破壊行為等々に過ぎ無いのが、現実」だ。

「似非仕事の労働に対しても、報酬を与えているのが、未熟な現状の人間社会システム」に他ならない。

「まるで、悪魔に魂を売り渡した報酬」でも

「お金の価値は、金額通りで、本来の労働でも同じ、ばかりか、本来の労働でも報酬無しの場合も多いから、

似非労働でも、報酬を得た方が、大威張り・・・等」という

「異常事態」は、

「早急に是正されるべき」だ。

「現状の労働=報酬=社会的価値という時代の終わり」は、

「既に見えている」』。

『「人類の精神文化の正常進化」に、

「ちゃんと貢献出来ていない」ばかりか、

「精神文化の正常進化を阻害している様相ですらある劣悪テレビ番組等」が、

「是正されるのは、何時だろうか?」

「余りに、遅れれば、人類滅亡の方が先に来てしまうのだが」』。

『「情報・教育の正常化は、急務」だ』。

|

政府が外国人受け入れ検討だと・・・。

『「少子高齢化状態を是正すれば、外国人受け入れの必要性は全く無い」。「そもそも、外国人とは、生物的に日本の環境への適応生活に対する整合性が多くの日本国民より乏しい人たち」に他ならない。

「人は誰でも、

産まれながら、

両親からの生物的環境適応遺伝子を持ち、

先ず第一に、産まれた場所に対する適応を芽生えさえ、

その生体的特性を基に大人になって行く」。

「つまり、産まれながらの環境と同様の環境以外の環境で暮らす事」は、

「その時点で、多くの人々にとって、内在的ストレスになっている」のだ。

「その内在的ストレス」は、

「適応障害故の犯罪等にも直結している」。

「少子高齢化対策として短絡的に外国人を受け入れれば良い等と考えている人々」は、

「はっきり言って、思慮が足りない人々に他ならない」。

「少子高齢化対策」は「その場所で産まれる人々を増やす事でしか、健常には、対処出来得ない」』。

『「日本の少子高齢化の元凶」は、

「二極化格差社会化に他ならない」。

「総中流状態なら、健常な人口比率が保ち易くなる」が、

「バースコントロール等が可能となっている現代の人間社会」では、

「二極化格差社会状態となれば、人口が激減する」。

「この現実を受けて、かつては、コンドームを買う事も出来なくなるくらいの貧困が蔓延れば、人口など必然的に増える」等という

「暴言を吐いた大バカ者まで居た」が、

「もちろん、それは、暴言の域を出ない酷いファンタジー論」だ。

「実際に、避妊具の有無より深刻な事は、生物的な繁殖本能さえ阻害している人間社会体制」だ。

「現状では、多くの人々の精神構造」が、

「生物的な繁殖本能<現状人間社会の中でのお金集めや立場・権力等の取得」という、

「超自虐的な状態に追いやられている」から、

「現状人間社会の中でのお金集めや立場・権力等の取得が不十分」だと、

「生物的な繁殖本能が健常に使われる事までも阻害されてしまっている」。

「つまり、現状は、多くの人々の価値観として、生物的生殖本能等の前に、現状人間社会の中でのお金集めや立場・権力等の所得の充足」となっていて、

「二極化格差社会であるが故に、現状人間社会の中での必要と信じ込んでいる充足が不十分とされている人々の割合が多いが故」の、

「少子高齢化」なのだ』。

『「こんな状態で、外国人を受け入れればどうなるのか?」

「益々、元々の日本国民の少子高齢化は加速する」。

「そればかりか、本来の適性が薄い外国人の流入により、日本社会も、荒れ易くなる」。

「荒れた中、自分たちダケは・・・の保身心は益々増大され、それは、実権を持つ者たちの間でも同じ」で、

「実権を持つ者たちは、二極化格差社会化をより強くする事で、保身を図ろうとし易い」から、

「益々、日本本来の人口は減って行く」。

「そんな事態を歓迎する」のは、

「日本の乗っ取り支配を画策している連中くらい・・・」だろう。

「先ずは、外国人の流入を公然化」し、

「次に、乗っ取り支配を画策している国々からの流入に切り替えれば、

高確率で、

日本国内の人口比率を、

乗っ取り支配系人脈が一番多くなる様に出来てしまう」。

「この悪の策略」を「容認する」様な「人間世界」なら、

「人類滅亡は確定」だ』。

『「人類誰もが、自らの生体的環境適応能力と整合性が高い地域で暮らせるべき」だ。

「根本的な生体的ストレスが少ない生活の中で、健常な世代交代が行われるべき」だ。

「その様な健常状態を大いに阻害している社会システムや経済システム等々」は、

「早急に是正するべき」だ』。

『「政治家として考えるべき」は、

「上記の様な基本を決して忘れていない上での、

人口政策や、

外国人受け入れ政策や、

移民・難民等受け入れ政策」に他ならない。

「基本さえ???なら、政治家として能力不足」だ。

「分かっていて、悪戯に、外国人の受け入れに対して寛容」なら、

「日本乗っ取り支配人脈の者か?等と疑われても仕方無い」。

「日本乗っ取り支配を画策している者たちには、過分な立場・権力・報酬等は不似合い」だ』。

『「一般日本国民」なら、

「悪どもの策略を成功させてしまわない為にも、

多くの人類が本来の人生を歩む事で、悪戯に、他に、不当なストレスを与えさせない為にも、

この手の問題に無関心ではいけない」のだ』。

|

所謂ブルーカラーの方々の仕事ばかりでは無く、所謂ホワイトカラーの方々の仕事も人口知能やロボットが行える日も近い様で・・・。

『「現状でも既に、ある人工知能では、大学入試試験で60近い偏差値を出しているのだそうだ」。

「曰く、受験生の8割より頭が良い・・・」。

「近未来には、確実に、チェスや将棋の如く、人工知能の能力は、多くの面で、人間以上となる」だろう。

「人工知能&ロボット任せ」で「人間の生活に必要な仕事のほとんどが賄える日は近い」。

「裏を返せば、人間の仕事が機械やロボットや人工知能に奪われる時が近い」。

「その時が現実となる前」に、

「経済システムを含めた人類の精神文化面を、

十二分に進化させておかなければ、

とんでもない事態に陥る事」は、

「自明」だ』。

『「機械やロボットや人工知能が多くの仕事を行う様になる事」とは、

「人間側では、

情報・教育の正常化により、

人類全体の精神文化を正常進化させ、

実体を伴わない格差を無くすと共に、

ベーシックインカム等を制定し、

先ずは、その国の中の人類誰もが、

衣食住等基本的な人間社会生活を保障される状態とする必要」が

「既に、はっきりと提示されている事」に他ならない。

「機械やロボットや人工知能が多くの仕事を行う物質文明側の進化」に

「十分以上に対応出来る精神文化の進化が必要」なのだ』。

『「今時の人類」なら、

「天動説レベルの死生観や善悪観では、もう、時代遅れ・・・」だ。

「人生の成功観でも同様」だ。

「他の者・物・事の支配を欲する代償欲求に溺れている状態では明らかにダメ」で、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足が十分に出来ている状態を続けられているのが当たり前であるべき」だ。

「今時の情報・教育等で提供されるべき内容」は、

「既に明らかになっている」』。

『「旧態依然とした情報配信を行ない続けているテレビ・ラジオ・映画等々」には、

「速やかな是正が求められて当然」だ。

「教育面の是正も急がれて当たり前」だ。

「それらの今時の人類にとって必要な仕事が出来ない者たち」には、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「人事面での是正も急務」だ』。

『「今、行うべき、必要な精神文化面での進化を行わない・行わせない事」は、

「明らかな悪事」だ。

「明らかな悪事を行う・行った者たち」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩む者として記憶されて然るべき」だ。

「先ずは、人類誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続ける事が出来る様になる事」で、

「自分で自分を救う救世主になるべき」だが、

「その後」の

「一人一人の旧態依然側を退場させる意思表示や現状で実権を持っている者たちの英断等々」が、

「人類の未来を正常化する事に直結している」』。

|

国立競技場がA案で決まったが、内実は「大成建設ありき・・・だったのでは?」等と感じている方々も多いのでは・・・。

『「それなのに、多くのテレビ・マスコミでは、B案設計者やザハ氏等の不満言い分等を宣伝してA案選択にケチを付けている様相」で、

「論点すり替え&ガス抜き」もしくは「日本の五輪汚し等」を「仕事にしている様相だから、呆れる」』。

『「大成ありきの出来レースの有無を大衆に判り易く報道する事こそが、マスコミ本来の仕事だと思う」が』。

|

テレ朝朝番、先の戦争から学ぶ??ポツダム宣言ちゃんと読むゾ!論等のお笑い劇・・・。

『「先の戦争から学ぶ」なら「先ずは、何故戦争になってしまったか?や何故、自虐的な戦略や戦術等へ邁進してしまったのか?等々を検証し、二度と同じ過ちを起さない為の実効のある対策を考える事」だろう。

「戦後処理を検証し直したところで、戦争から学ぶ事は少ない」。

つまり、

「戦争から学ぶフリをして、優等生ぶる」なら、

「ポツダム宣言を詳細に読む」等の

「ちょっと見聞きしたダケなら、如何にも賢そうに思える、実質的、言い訳等」が、

「生まれるのだろう」が、

「本気で、先の戦争から学ぼうとする」なら、

「戦争を生み出した者・物・事を露呈させる」と「共」に、

「実効のある再発防止策を考え・実行する」のが、

「当然」なのだ。

「今回の発言も、テレ朝朝番常連出演者の本音や力量等が良く判る一例」だろう』。

『「報道等に係わっている番組を行っているにも関わらず、

宗教法人の優遇についても、???の様相だった事」には、

「呆れた」。

「歴史遺産的宗教法人」と

「新興宗教の宗教法人」の

「それぞれの実態を露にした上」で、

「実際の優遇ぶりを露呈させる」と「共」に、

「世論調査でも行うべき立場にある者たち」が、

「その様な低レベルぶり・・・では、過分な立場・報酬等」が、

「即刻、解消させられても、何の不思議も無い筈だが」』。

『「大きな夢を追い求めるより、目の前の仕事を忠実に!」とは、

「日本の中の歴史のある良質ワイン醸造企業等の代表のお言葉だそうだが」、

「目の前の仕事の前に、目の中の仕事も誠実に!!」を

「人類誰もが忘れるべきでは無い」。

「目の中の仕事」とは

「自分の実体把握であり、

自分の実体や自分の実体の本来の目的に沿って、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ。

「目の前の仕事を行う前」に、

「誰もが、この目の中の仕事を誠実にこなしている」なら、

「人間社会が健常化されている事等が、言うまでも無い事になる」。

「自分の実体や自分の実体の本来の目的と、ある程度、整合性が取れている目の前の仕事を持てている人々」なら、

「今まで通りの目の前の仕事を誠実に!」ダケでも

「それ程、酷い、自虐行動等は行わない」だろう。

「しかし、現状では、物質文明側に比べ、精神文化側の進化が圧倒的に遅れている」から、

「精神文化側の仕事を行っている者たち」が、

「今まで通りの現状の目の前の仕事」を

「誠実に行うダケ」では、

「人間社会の健常化速度が遅過ぎる」のが「現実」だ。

「目の前の仕事を誠実に行う事」に

「目の前の仕事が必要としている進化まで行う事も含めなければ、

実質的には、現状の公然化情報となってしまうダケ・・・で、

お話しにならない」。

「お話しにならないくだらない事等」を

「公共の電波を使って一方的に大量配信し続けていても、

戦争やテロや殺傷事件等々が、激減する訳も無い」。

「ロクな仕事が出来ていない連中」は

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩まされたく無い」のなら、

「十分な仕事を行う様に、改善する」か、

「改善も出来ないのなら、過分な立場・報酬等を速やかに返上するべき」だろう』。

『「情報・教育」の「健常化」は「急務」だ』。

|

拉致問題で蓮池氏が大騒ぎしてそれをヒュンダイが大宣伝しているが・・・。

『「小泉元総理と田中均以外信用出来ない・・・」とは「実質的には、朝鮮系以外信用出来ないと言っている様な事」だ。

「そして、それをヒュンダイが大宣伝」とは、

「既に、実体はバレバレ・・・」だ。

「つまり、今の安倍政権による拉致問題対策は困るという事」だ』。

『「昨今の日本社会における変化を考えてみれば、多くの人々は気づく筈」だ。

「暴力団関係に対して、かなり厳しい対応が行われて来ている結果」、

「大暴力団が割れた」。

「つまり、現政権は、先ず、暴力団関係を責めている様相」なのだ。

「そして、朝鮮系からの拉致問題をダシとしたダメ出しが出たと言う事」は、

「今の状態は困るという事」に他ならない』。

『「実際に、暴力団対策が強くなると共に、摘発し辛い電磁波工作等も強化されている」。

「この事実が示唆している事」は、

「暴力団対策を強化した結果、

暴力団人脈が取り得る手段が限られ、

電磁波工作等の現行法&現行の摘発手段では摘発困難な手段に力を置くしか、

例えば、北朝鮮等の反日国の依頼をこなす道が無くなってしまっている事」だろうと、

「強く推定出来る」』。

『「後は、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の手段に対する厳罰法と摘発体制を整備すれば、

かなり、そのスジは追い詰められる状態」なのだろう。

「その様なタイミングで、ダメ出しをヒュンダイが大宣伝した事」は、

「北朝鮮自体が、かなり困窮させられている事の裏返しでもある筈」だ』。

『「もはや、焙り出しの如く、現状で電磁波工作を行っている者たち」は、

「北朝鮮等の手先である事を自ら露呈せざるを得ない立場に追い込まれている」のだ。

「そのリストアップ」は、

「素人一般市民である筆者でも、ある程度可能な状態」だから、

「プロ警察等の方々は、既に、しっかりと確実に、状態」だろう。

「北朝鮮による拉致問題とは、北朝鮮人脈による日本国内の工作活動問題でもある」。

「その実行者人脈が洗い出されている事の意味は、非常に大きい」』。

『「北朝鮮に協力して来た者たちは、既にリストアップされ、

それらの者たちが取り得る手段も、限られている」。

「北朝鮮が水爆を風潮しても、先進国側からすれば、何十年も前の兵器を今更持てた事を言っているダケ」で、

「実質的には、何の脅しにもならない」のは、

「万一、実戦となれば、アッと言う間に、北朝鮮の負けが確定しているから」だ。

「原水爆等の核兵器は、通常兵器が先進であってこそ、初めて意味が出て来る代物」に他ならない』。

『「北朝鮮に残されている道」は「ただ一つ」だ。

「全ての工作活動を放棄し、核兵器も放棄する事」で、

「平和・人権国家に舵を切った事を公然化する事」だ。

「その上で、拉致被害者の全てを帰し、日本との国交回復を訴える」なら、

「日本からの資金援助等も引き出せるだろう」。

「その様な体制を実現した」なら

「独裁政権=全て悪では無くなる」から、

「今の北朝鮮の国家権力者たちにも、未来は生まれる」が、

「核を持ち、工作活動を続ける」なら、

「北朝鮮の国家指導者たちの未来は、短いモノとなる」』。

『「朝鮮系の手先的様相のヒュンダイの論調」は、

「常々、呆れている」が、

「論調の裏に在る実態・実体」は、

「見逃すべきでは無い」だろう』。

|

テレ朝朝番では、原発事故問題論の後に「日本の原発ダケを強調」して視聴者にどう考えるか?訴えていたが・・・。

『「原発は、世界中に在る」。「しかも、日本の原発より遥かにアブナイ原発が多数ある」。

「中国共産党支配下の中国で起こっている事を考えても、中国の安全管理問題は明らか」だろう。

「しかも、中国に在る原発は、旧ソ連の技術がベースである物が多い」。

「韓国では、原発使用部品の試験データ捏造まで在った」。

「コリ原発が全電源喪失状態になった時の情報」も「当初は、隠蔽状態だった」。

「中国製等の原発」は「積極輸出されている」。

「この現実の中」で、

「福島第一原発の被災事故処理の問題ダケを論じた後、

日本の原発ダケを強調して、

視聴者にどうお考えですか?と質問をする事自体」が、

「かなり酷い、情報工作的な配信内容」だ。

「原発の世界全体像」から「考える」なら、

「日本でも原発を使用し、

出来る限り、安全技術を向上させ、

原発安全基準の世界基準を上げさせる事」こそが、

「日本の核汚染危険を薄くする次善の策である事」は、

「ちゃんとした情報を基に、冷静に考えるなら、誰もが分かる事」だ。

「中・韓の原発で事故が起きれば、

核汚染物質が、偏西風に乗って、PM2.5や黄砂の如く、

日本にも大量にやって来てしまう」のが、

「現実」だ。

「日本の原発ダケを問題化させて、日本の原発の安全技術の向上の仕事を疎かにさせる事」は、

「実質的には、中・韓の原発輸出の援助となるばかりか」、

「アブナイ原発使用故の事故発生時に、中・韓の言い分をより通り易くする道でもある」。

「中・韓の為の情報配信」なら「日本の原発ダケを問題化する事が合理的」だが、

「意図的に、日本の公共の電波を使って、中・韓の為の情報配信を行なっている」なら、

「本当に、悪質」だ。

「原発問題を論じる」なら「原発の世界像の情報配信を忘れてはいけない」。

「更に、温暖化問題や電気料金問題と原発の関係論も言うべき」だ。

「温暖化を抑制する」には、

「再生可能エネルギー発電と、原発発電が有効」だ。

「再生可能エネルギー発電には、太陽光発電の様に不安定・高価なモノも在る」。

「温暖化を抑制させながら、十分な安定電力を比較的安価に得続ける為」には、

「現状では、原発は外せない」。

「だから、ある程度以上の人口を抱えている国々では、世界中で原発需要が有る」のが「現実」だ。

「日本のみ脱原発等の運動」は、

「実質的には、反日運動」に他ならない』。

『「テレ朝も、日本の公共の電波を使って、反日運動を行っているのでは無い」のなら、

「原発の世界像論や経済論や環境論等まで含めた当たり前の論を情報配信するべき」だ』。

『「テレ朝ダケでは無い」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の多く」は、

「日本のみ脱原発論に偏向して来ている」。

「明らかに異常」だ。

「異常さの裏に在る」のは、

「韓(北朝も含む)流等の人脈が持ってしまっている実権」だ。

「母国・祖国の為の情報配信や教育等を日本国内で大々的に行っている実質的工作員たち」からは、

「過分な立場・報酬・権力等が剥奪されるのが当然」だ』。

『「情報・教育の健常化は急務」だ』。

|

中国共産党支配下の中国で起こった「賄賂」土砂崩れ事件・・・。

『「石炭産業旺盛時の日本国内では、ボタ山に積める限界を計算し、それ以上は別のボタ山をつくる事で対応していた」。

「ところが、欲ボケ経営者等が居る」と、

「もう少しくらいイケるだろ!等」と「技術屋の言う事を無視して積ませてしまう事もあった」。

「当然の如く、ボタ山は崩れた」。

「建築残土等の土砂を積む場合も同様」だ。

「限界は、計算出来、限界を超えれば、山は崩れる」。

「計算上の限界」は、

「雨等の天候や湿度等によって摩擦係数が変わってしまう」ので、

「どの様な天候や湿度でも、崩れない所に置く」。

「計算出来ている限界を守らなければ条件次第で崩れる」のは「自然の摂理」だ。

「精神文化レベルが、科学レベル以上」なら、

「自然の摂理に叛く愚行は行わない」が、

「精神文化レベルが、悪い」と、

「自然の摂理に叛く愚行も平然と行えてしまう」。

「土砂の大山が崩れる事」と

「自らの下に来る賄賂」とを

「天秤にかけ、自らの下に来る賄賂を優先し続ける構造の精神文化」は、

「中国共産党ダケの精神文化では無い」。

「世界中がそんな精神文化を基に動いて来た」から、

「酷い経済システムのまま」の「金権人間社会」であり、

「金権維持の為」に

「戦争やテロや殺傷事件等々が起き続けている」。

「さすがに、先進国レベルでは、このままではマズい!程度の認識が出て来ている」が、

「中国共産党は、大急ぎで、先進諸国が何十年も前に行っていた事を、大規模に行う事で、金権支配さえ目論んでいる様相」だ。

「何周回か遅れて、自然の摂理に叛いている誤った道」を、

「民主主義による規制システム等も持た無いまま」、

「大急ぎで、大規模に、突っ走っている中国共産党支配下の中国」が、

「地球温暖化の原因の三分の一以上を占める一大元凶と化している事」は、

「当然の結果」だ。

「チャイナマネーに目が眩んでいる連中」は、

「いい加減に正気に戻るべき」だろう。

「中国は、民主化されるまでは、太らせてはいけない存在に他ならない」』。

『「人類全体の精神文化レベル」を

「自然の摂理に叛かないレベル」にまで

「進化させる事」は、

「非常に有益」だ。

「人類誰もが、自分の実体から、自然の摂理に叛かなくなれば、

必然的に、

酷い経済システムや格差・差別等々は是正されると共に、

戦争・テロ・殺傷事件等々は激減~消滅し、

世界平和となり、

環境問題も解決出来る」。

「自然の摂理レベルに近い位置に在るのが、科学レベル」だ。

「科学レベルを具現化する事」は、

「今の人類でも、十分に可能」だ。

「何時までも、考え・思いによる納得レベルに過ぎ無い、宗教レベル等の低い精神文化の中で、

自虐的な経済システムを維持し、

自虐的な金権争いを行い、

超自虐的な戦争・テロ・殺傷事件等々を

起こし続けている必要は全く無い」。

「そんな事をしている暇が有る」なら、

「自らの精神文化レベルを、科学レベル以上に進化させる事」で、

「自分で自分を救う救世主となるべき」だ。

「精神文化レベルを科学レベル以上に進化させる事」は「難しい事では無い」。

「物質文明同様、科学レベルで判っている実体や事実・現実を実用すれば良いダケ」だ。

「物質文明で出来ている事が、精神文化で出来ない訳は無い」。

「精神文化面では、出来ないのでは無く、行っていないダケ」なのだ。

「逆から言えば、意識的に行えば出来る」のだ。

「精神文化の正常進化を意識的に行う事に有益な情報・教育等」が

「激烈に望まれている現実が其処に在る」。

「例えば、

進化している物質文明を使って、

旧来の精神文化レベルを繰り返しているダケ」の

「本質的な価値が希薄」な、

「映画やドラマやアニメや小説や教育等々」を、

「行い続ける場合では無い」。

「そんな時間とエネルギーと資源の無駄」を

「連綿と続けていれば、確実に人類は滅亡する」。

「文科系の者たち」は「大いに反省&奮起するべき」だ。

「情報・教育等の健常化は急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、昨今の各国保守化の流れにより北朝鮮崩壊時等に朝鮮半島からの移民・難民の受け入れへの寛容さが失われている事を嘆き、日本国内の人口増加にも繋がるネット里親システムを問題視していたが・・・。

『「日本国内に、北朝鮮等から、大量の移民・難民等がやって来る事=日本国内の朝鮮系人脈の者の人口割合大幅増大」となる。

「その様な事態の後には、その人脈による日本社会・政権・政策等への実影響割合も増える」。

「悪朝鮮系権力者人脈」が「日本の乗っ取り支配を目指す」なら、

「日本国内を少子高齢化にすると共に、北朝鮮等から大量の移民・難民を受け入れさせる事」が、

「大きな実効を持つ」。

「全日本国民は、この事実を決して忘れるべきでは無い」』。

『「当然、テレビ等で優等生ぶっている連中」も、

「上記の様な事実は、重々分かっている筈」だ。

「それなのに、移民・難民の受け入れに対する寛容さの喪失という、ある意味では、当然の現象を、嘆き」、

「日本国内の人口増加に繋がる、

ネットを利用した

ハードルの低い

中絶等防止&里親斡旋策を、

問題視・非難していた様相だった」のだから、

「テレビ番組常連出演者等の本音は、バレバレ状態」なのだ。

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上」では、

「その様な思想信条の者たちに主導権を与える目的」で、

「特定極一部の者たちが、各局やマスコミ内で、頻出させられている様相」なのだから、

「本当に、異常」だ。

「はっきり言えば、

その様な連中の姿は、もう見飽きてウンザリ・・・だし、

意見や言い分等も、もう聞き飽きてウンザリ・・・」だ。

「同様の感を抱いている一般日本国民の数も多い筈」だ』。

『「アルゼンチンのカルト的サッカー教信者たちの行動問題」に対しても、

「どんなに熱心なサッカー教信者たちが数多く居ても、アルゼンチンの経済・社会状態等が良くなる訳も無い」のだから、

「カルト的になる程までに、サッカー教に現実逃避する事の問題や、現状経済システムの問題等を言うべき」だった。

「アルゼンチンの(日本でも、他国でも、同様だが)社会・経済等を良くする方法は二通りある」。

「一つは、現状経済システムの上で、ちゃんと稼げる様にする事」だ。

「先進科学技術等に基づいた有益な物質文明品等を売ったり、資源を売ったり、生活に必要な産物を売ったり、株転がし等で金を膨らませたり・・・すれば、

国の経済も膨らむ」が、

「其処には、為替という規制枠が有る」。

「為替規制枠を動かしているのは、実質的には、先進科学技術やそれに伴う軍事力等や今の経済力等」だ。

「その両方が乏しい国々は、ナカナカ復活し辛い」のが、

「現状経済システム」だ。

「アルゼンチンの様な状態の国々の社会や経済を復活させる為」には、

「現状経済システム前提の解決法」は、

「適していない」。

「もう一つの解決法」は「現状経済システム自体を是正させる事」だ。

「現状経済システムでは、金余りなのに、貧困だらけ・・・」という、

「深刻な現実問題が生み出され続けている」。

「何故か?」

「言うまでも無く、実体経済界より資本界の方が圧倒的に有利な経済システムだから」だ。

「多くの人々が、実生活に必要な分以上のお金は、資本界に回し、更に膨らまそうとしている」。

「相続財産等で、最初から、大量のお金等を保持している者たち」は、

「最初から、圧倒的に有利な金額増大ゲームを行えてしまっている」のが、

「現状経済システムの実態」だ。

「逆に、実働者は、資本界優遇の分だけ、経済的には、虐げられている」。

「経済的虐待を誤魔化す為の悪のシステムが、職業・立場差別」だ。

「低賃金労働者たちは、本来、人類の生活の為に必要な実務を、例え、長時間真面目に行っても、低賃金」だが、

「その実働の上で、管理し、上前を撥ねている経営者等は、株主という資本界のお墨付きさえ得られれば、取りたい放題」だ。

「株主のお墨付きを得る為の手法が、株主配当の増大」である。

「この酷い経済システム自体を是正すべき時」は、

「とっくの昔に来ている」が、

「資本界の悪たち」は、

「国境線を低くして、お金の力を増大させる事」で、

「しぶとく、現状維持を謀っている」。

「時が経てば経つ程、資本界側は富み、実働者側はやせ細るシステム」だから、

「二極の差は更に増大し、何れは、実働界の不満が暴発する」。

「歴史上は、その様な事態が生じた時に、悪たちが、戦争で誤魔化して来た」。

「しかし、人類が核兵器まで保有出来てしまっている現状」では、

「本格的な戦争で誤魔化し、経済・社会的にリセットする事」は

「人類滅亡に繋がる超深刻悪事」だ。

「さすがの悪ども」も「大戦争までは起こせない」ので、

「テロや地域戦争や、宗教や、サッカー等の商業スポーツ教や、芸能界や有名人教等々で、

実働者たちの無害化を謀っている」のだ。

「本当の平和主義者」なら、

「異常な現状経済システムの是正を訴えない事は、あり得ない」』。

『「未だに、民族人脈等による支配権ゴッコに興じている様相さえあるテレビ界等」には、

「本当の平和主義者も居ない様相」で、

「上記の様な、極めて当たり前の論さえ、積極的に、言われていない」のだ。

「世界平和の為にも、戦争やテロや殺傷事件等々を激減させる為」にも、

「人類の精神文化を正常進化させる事に繋がる文科系本来の仕事」を、

「行うべき立場にある」のが、

「テレビ・ラジオ・マスコミや教育」界の「人々」だ。

「本来、行うべき仕事を行えない」のなら、

「過分な立場・報酬・権力等は、潔く手放し、本来の仕事を行える者と交代するべき」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」と「教育界」の「是正」は、

「急務」だ』。

|

宗教学者提案の0葬では・・・。

『「さすがに、宗教レベルだけあって、毎日、今、この瞬間にも、人類誰もが死を体験している現実」は「言わない様で」・・・。

「宗教利権を保持する為の姑息な情報工作の臭いさえ感じてしまう・・・」のは、「気のせい?」』

|

交差点での電磁波工作も増えている様で・・・。

『「比較的長い信号停止のある交差点」も「電磁波工作の要所となって来ている様相」だ。

「交差点信号機自体が悪用されている様相では無く、交差点に隣接している建物から工作電磁波が照射されている場合が多い様」だ。

「交差点の一番前に止まる車の運転者辺りを狙っている様相」だ。

「例えば、

四つ角十字路の場合、

何れの場合も、

何れかの角や角付近にある家の部屋や商業施設建物等から発生している様相の工作電磁波」が「当てられてしまう」と、

「何か変な感じに襲われる」。

「目のピントも合わせ辛くなり、

頭も、ボーっとしたり、

気持ちが悪くなったり、

酷い場合には、気が遠くなる様な感じに襲われたり・・・する」。

「ある程度の確率で、

運転ミス等を誘ってしまう目的の工作と推定出来る」。

「一カ所や二カ所では無く、昨今急激にその数が増えている」から、

「明らかに、

何らかの集団が、

日本社会を混乱させるとか、

日本社会の中のストレスを増大させるとか、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法を用いて、

不特定の一般日本国民に対する実質的無差別殺傷を行うとか、

・・・等々と推定される何らかの意図に基づいて、

誰かの強い指示・命令等の下で行われている様相」だ。

「車に対しては、車自体に仕掛けると共に、上記の様な手法が取られている様相」だ。

「車自体の電磁波と重なると、

かなりの縦波電磁波被曝量となってしまう様に、

更に、より殺傷能力が高くなる様に、

縦波の擬似周波数等が、

車自体やカーエアコン・オーディオ等自体のROMや電磁波通信等を悪用する事も含めた、

研究の開発等の上、

次第に、高められている様相」なのだ。

「資金も開発力も工作員の数等も、結構大がかりな様相」だから、

「国家ぐるみや

それなりに党員数がある政党ぐるみや

大宗教団体等ぐるみ等の事態が強く疑われる」。

「或いは、上辺は、企業・団体等まで含めた色々な立場の者たち」が、

「例えば、日本乗っ取り支配等の一つの意志の下で行っている可能性も大」だ。

「政府も警察等も、早急な対策が必要」だ。

「マスコミなら、上記の様な実態を露呈させる事で、

多くの日本国民に、

とりあえずは、注意喚起と自己防衛を促すべき」だ』。

『「筆者の知る限り、工作電磁波と推定される変な電磁波を発生させている建物・部屋等の所有・使用者等」は、

「韓国(北朝鮮も含む)系である場合が多い」。

「中国共産党系では?と思える場合もある」。

「そして、それらの系統と馴染みの深い政党・団体関連の建物等の場合もある」。

「金正恩の誕生日が、一月八日とは、公然の秘密状態だったが、正式発表があった様」だ。

「その関係があるのか?否か?等は、警察や報道関係者等々によって、検証されるべき」だが、

「車等のナンバーで、3.1がらみ、13がらみ、18がらみの車からの電磁波が多い事」は、

「以前にも記した」。

「個人宅と推定出来る建物の場合」も

「何故か?朝鮮総連と同様の色の瓦の家から工作電磁波と推定される電磁波が発生している事も少なからずある」』。

『「拉致工作まで手伝った者たち」が「その後、何もしないで居られるのか?」は、

「誰もが疑問に思う事」だろう。

「そして、上記の様な、電磁波工作の実態が在る」。

「警察も政府・与党等も、真剣に、日本国内で行われている異常な工作活動等を摘発するべき」だ。

「マスコミ等も、ちゃんと本来の仕事をするべき」だ。

「どんなに人数が多くても、それらの者たちを摘発し、行なって来ている事を白日の下に曝す事」こそが、

「日本国民の安全・安心・本来の元気復活等々にも直結し、

拉致問題解決等への特急券になる可能性大なのだから!」』

『「軍事力を使えば、アッと言う間に負けが確定している反日国が行える事」は、

「軍事的脅しの下で、日本国内で、工作活動を行い続ける事」だ。

「日本国として行うべき事」は、

「日本国内の工作活動をちゃんと摘発し、厳罰を与える事」に他ならない。

「拉致までもが明らかになり、オウム事件までが起こされても尚、未だに、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々が蔓延っている」のが、

「現状の日本のお寒い実状」だ。

「こんな状態は、早急に是正されるのが当然」だ。

「摘発の為の法整備や体制整備等々も行わない」のなら、

「政権ぐるみで工作活動の応援をしている」と「思われても仕方無い」。

「今、政府・与党・警察等の本当の問題は、其処に在る」』。

|

年末になると「亡くなった有名人」の宣伝が行われるが・・・。

『「せっかくだから、有名人度に加え、生涯資産・財産等の決算と、人類の精神文化や物質文明の進化への貢献度を列挙するべき」だろう。

「その様な情報配信内容」なら「多くの人々の経済評価を進化させる事にも繋がる」から、

「人類の精神文化の進化に貢献する仕事と成り得る」。

「現状の様」に、

「主として、有名人利権をつくり出している者たちが、有名人化した者たち」の

「死亡宣伝」では、

「有名人利権の公然化等を誘っているダケ」だ。

「実質的には、お手盛り自慰・お手盛り賛美情報」で、

「精神文化の進化を阻害している」のだから、

「本当に劣悪」だ。

「公共の電波を使っている」のに「この様な状態」では、

「本当に、酷過ぎる」。

「是正は急務」だ』。

『「主として、有名人利権上で生み出された有名人の死亡宣伝」だが、

「時々、実際に物質文明の進化等に貢献した方々の死亡も伝えられている」。

「実質的には、有名人利権の為の情報配信をしている現状」では、

「本来なら、多くの人々の中で、もっと、もっと、思い継がれるべき方々」が、

「まるで、引き立て役・・・」だ。

「上記の様な実体情報付き」なら、

「有名人利権ダケに基づいた不当な稼ぎ等の実態もバレ、

本来、多くの人々の中で、長く、思い継がれるべき人々」と、

「不当利権の上で、

有名人利権等を更に増大させ、

利権を集中させる事で、

財産・資産等を集中させ、

実質的には、人間社会を悪化さる方向に力を加えていた人々」との「区別も明瞭となる」。

「実質的悪人たちを覚えさせられ(=狭義の自分の一部と思い込まされ)、

覚えさせられた、実質的悪人たちに、自分を投影・転嫁・同一視させて、

現実逃避等のヤクを吸う悪態」から、

「多くの人々が自分を救い出す事にも有益」な、

「配信情報内容の正常化」は「急務」だ』。

『「本来なら、

死生観が今時の人類として正常化されている」なら、

「有名人等の死亡宣伝は、無用の長物になる」から、

「死生観の正常化情報の積極的配信が先ずあるべき」だが、

「年末に、毎度、毎度、現状の様な事を行っている連中」に、

「現状に情報を足すダケで出来る精神文化の正常進化への貢献法」も「在る事」を、

「示しておく事」は、

「連中の職務怠慢ぶりを露呈させる為にも、有益」だろう』。

『「現状のテレビ・ラジオ界の情報」は、

「今時あるべき状態に比べ、一周遅れどころでは無く、二周遅れレベルの酷さ」であり、

「是正しない場合は、時と共に、遅れ度合いが益々酷くなる」。

「そんな事しか出来ていない連中」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

「安保反対!」デモと「戦争反対!」は全く別でしょ!・・・。

『「戦争反対!で正義ぶり、安保反対!と、実質的には、戦争を招く政治運動を行っている実施的大バカたちが居る」。

「何故?戦争が起されて来たのか?さえも???の連中の行う事」は、

「何時も、実質的には、問題行動であり、迷惑行動等でもあったりする」』。

『「そもそも、戦争とは、武力による比べっこに基づいた支配権争い」だ。

「つまり、支配権争い無き人間社会には、戦争は不要になる」。

「支配権とは、自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の代わり」に、

「他人を支配したり、他人に自分を支配させたり、・・・する欲動が過剰になると生じる事」だ。

「逆から言えば、全ての人類が自分で自分を健康にコントロールし続けるなら、

他者支配/被支配の支配権争いなど不要となり、

当然、戦争等も起こらなくなる」。

「本気で反戦を願う」なら、

「先ず、行うべきは、自分で自分を健康にコントロールし続ける事であり、

他者支配/他者による被支配という時代遅れの精神文化を葬り去る事」だ』。

『「さて、安保とは、現状対策に他ならない」。

「より未熟な精神文化圏の者たちが、悪戯に、より未熟な精神文化圏に比べれば、未だマシな所謂先進諸国文化圏の国々等へ、

攻め入り、

支配を画策する事を抑えさせる為には、

安保が有った方が良いのか?無い方が良いのか?」は、

「議論を待たない」だろう。

「安保無き日本国等なら、より攻め入り易い、支配し易い等、と判断する」のが、

「より未熟な精神文化圏の者たちが抱きがちな、当たり前の、考え・思い上の判断」だ』。

『「安保は、あくまでも、現状対策に過ぎ無い」のだから、

「現状対策が要らないくらいに、世界が健常化されれば、安保も要らなくなるのは必然」だ。

「安保反対!を訴える」よりは、

「人類誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続けるべきしょ!!」等を

「訴える方が、より現実的な理由が此処に在る」。

「代償欲求に過ぎない、

支配/被支配(武力にせよ、金権にせよ、有名人利権等下にせよ・・・)の構造から、

全ての人類が解放される事の絶大なるメリットの前」には、

「殺人や戦争やテロ等々の愚行」は

「余りにも無力」だ』。

『「いい加減に、全ての人類は、自分や自分が行っている事の実体くらい、理解・把握するべき」だ。

「この当たり前の人類としての大前提」を、

「全ての人類がクリアーするまで」は、

「人類の自虐が続いてしまう」のだから、

「本当の敵は、自分に対する理解・把握が不十分な自分で自分を健康にコントロール出来ていない状態である事」に、

「全ての人類は気づくべき」だ』。

『「安保反対!で騒いでいる未熟者たち」を「利用している悪たち」も、

「未熟者たち」も、

「人類の全体像として見れば、明らかに、道を間違っている迷惑者たちに他ならない」。

「安保反対!等で正義ぶれている、おバカ、もしくは、悪たちは、鏡を見ると良い」。

「自分に負けている事から逃げようとして、

他の者・物・事を自分の下にする事で自分を誤魔化そうとしている、

世界平和の敵」が

「其処に居る」』。

|

昨日は「さかなクンの道徳教科書内容」が宣伝されたらしいが・・・。

『「糞バカども」は「ある魚群をストレス環境下に置く事」よりも「ストレス環境下に置かれたある魚群の行動」に「人間社会の問題を反映したがる」。

「この手のマインドコントロール」で「現状対策を誘うと共に容認させる事の害」は、

「絶大」だから、

「多くの視聴者は、糞バカ論に騙されてはいけない」。

「はっきり言えば、あるストレス環境下に置かれた魚群の行動」とは、

「例えば、貧困環境下に置かれている人々と同じ」だ。

「そんな状態の生物が、問題行動を起す」のは「はっきり言って、自然の摂理であり、自明の理の域」だ。

「問題とすべき」は

「そんな状態を生み出す者・物・事であり、

そんな状態下の生物が自然の摂理に基づいて体現した問題行動では断じて無い」。

「道徳で問われるべき」は

「酷い環境下に置かれた人間たちの行動等では無く、

酷い環境を生み出してる者たちの行動等」だ。

「こんな基本中の基本さえ???」の「超おバカ連中」に、

「過分な実権や立場等を与え続けていれば」、

「人類滅亡が必然になる」』。

『「糞バカどもの論理上」で「マインドコントロール的、感動等を得てしまっている方々」も

「大いに反省するべき」だ。

「主従逆転論」は「悪を利する」のである』。

『「該当ある魚種の問題について言う」なら、

「自然環境下に在る限り、該当ある魚種の精神行動等は、弱肉強食で十分だった筈」だ。

「何しろ、魚種では、魚種が自然環境自体に大きな変化をもたらす事も、地球外に進出する事も無い」のだから、

「その様な生物なら、弱肉強食論理による存続で、自然バランスが取れる範囲内での生態になる」。

「ところが、人類の場合」は、「その範囲を明らかに超えている」のだ。

「人類が、弱肉強食の精神文化に生きれば、生じるのは、人類滅亡となる」。

「物質文明上で、実体や事実・現実を理解・把握したばかりか、

それに基づいた実用まで行う事で、

自然環境さえも大幅に変えるばかりか、

宇宙への進出まで可能になっている人類の場合」は、

「実体や事実・現実を理解・把握した上で、

さらに、それらを実用する精神文化の実用」が

「必需」だ。

「自然任せの弱肉強食レベルでは無く、物質文明レベル以上の精神文化の実用が必需」なのである』。

『「本来の道徳」なら、

「この重大な事を実感させると共に実現させる道徳で無ければ、全く意味が無い」。

「精神文化の正常進化への貢献が余りにも希薄になってしまうから」だ。

「本来の道徳さえ実践出来ない糞バカども」には、

「過分な立場・報酬・権力等は不似合い」だ。

「早々に剥奪されると共に、ちゃんとした実力のある者と替えられるべき」である』。

『「さかなクン」も「大学教授」なら、

「ある魚種が問題行動を起す原因を探求するべき」だ。

「多種多様な者・物・事を記憶しているダケ」の「記憶マシン教授ダケ」では、

「人類の精神文化は正常進化し得ない」。

「進化の方向性を見極めた上で、記憶を活かす事で、初めて、有益な実効が生まれる」のだ。

「例えば、歴史上の戦略事実や勝敗等ダケを記憶し、繰り返せば、戦乱の歴史が続くダケ」だが、

「歴史上の合戦とは何か?を問うと共に、進化の方向性を見出し、

その進化の方向性に見えている者・物・事を研究提案等する」なら、

「世界平和の実現への貢献も可能になる」。

「文科系の学問として、あるべき姿」は、

「言うまでも無く、後者に在る」。

「糞バカども」は「いい加減に目を覚ますべき」だ』。

『「情報・教育の健常化」は「急務」だ』。

|

トヨタの社長が2億円超えのボーナスだそうだが・・・。

『「他の大企業等でも同様の事態が蔓延っている」のは「日本でも少なく無い数の企業の報酬体系が欧米化したから」だ。

「それは、従業員より株主を優先する体制と同じ流れの上の現象」で、

「現状資本主義一番の悪体質」でもある。

「実質的には、職業・立場差別に基づいた金権戦争状態」で、

「こんな事を続けていても、平和になる訳も無いばかりか、

環境破壊や殺傷事件・テロ・戦争を呼ぶのは当然過ぎる程当然の現象」だ。

「人生の成功=大金や高い立場や大権や有名や名誉等々を得る事と思っている基本的大バカたち」は、

「大いに反省するべき」だ。

「今時の人類にとって、人生の成功」とは、

「世界平和の実現であり、環境問題の解決であり、

・・・人類誰もが、自分の実体や自分の実体の本来の目的から整合性を取った健康な生き方が出来る状態をつくり続ける事等」だ。

「武力による支配/被支配の超自虐ゲームを非難しながら、

金による支配/被支配の超自虐ゲームを行っている」のは、

「本質的大バカ、もしくは、悪以外の何者でも無い」。

「本質的大バカ、もしくは、悪では、自分を直視する事も困難になるばかりか、本質的自信が持てる訳も無い」。

「自信が持てない状態を誤魔化す為に、

大量消費自慰生活を行い、

それでも、誤魔化しきれないから、

血統家族主義や民族主義等に現実逃避し、

多くの場合、存在し得ないあの世等を思いながら、

実質的には、大迷惑を残し、

狭義の自分の人生を終えている」。

「札びらで他人を叩いて言う事を聞かせても、

永遠の恥辱に染まる立派な墓等を建てても、

実体は変わらない」。

「本質的には、愚かで、醜悪な、実態が其処に在る」。

「バカげた報酬を目指したり、受け取ったり、自慢していたり・・・する裸の王様たち」は、

「一刻も早く、自分の実体や自分の実体の本来の目的くらい理解・把握するべき」だ』。

『「実際に、物質文明の進化に貢献したのは、経営者でも株主でも無い」。

「主としては、技術者等」だろう。

「もちろん、技術者上がりの経営者や株主も居る」が、

「多くの大企業のトップ」は、

「実務より、象徴となる事や大権が好きな者たち」だ。

「金集めが得意な者たちも多い」。

「それでも、物質文明側の者たちは、未だマシ」だ。

「企業としては、相応に実績を残している場合が多いから」だ。

「株転がし連中」や、

「精神文化側の大企業の経営者」や、

「芸ノー人や商業スポーツ選手等々」の、

「異常な高報酬の問題」は、

「現実への貢献度が低過ぎる分だけ、もっと、もっと、深刻」だ』。

『「実質的には、金権支配戦争を行っている様相の、実質的悪者同士の比べっこの中」では、

「トヨタの社長の高報酬の悪質度は、かなり控えめ」だが、

「だからと言って、

年収300万以下で、

現状人間社会で必要な仕事を行い続けている人々が大部分の

現状日本社会の中で、

こんな状態を積極的に認める必要が全く無い事」は、

「言うまでも無い事」だ。

「現状の明らかに異常な経済システムや経済評価の是正は急務」だ。

「情報・教育」でも「大金持ち=正義は間違っている」。

「大金持ちにお金を偏在させる事が、貧困の基でもある」のだから、

「今時の人類なら、大金持ちは、悪と認識するべき」だ。

「自分の実体の本来の目的である存続~永続への貢献という基準から経済評価する」なら、

「大金持ちとなる正当な理由を保持出来ている人など極々稀」だし、

「過分なお金を特定極一部の人間に集中させる事自体が大きな悪の実効をもってしまう」から、

「許容される大金持ちレベルも、現状に比べれば、遥かに低いレベル」になる』。

『「過分な立場や資金や権力等々を保持してしまっている者たち」は、

「その多くをつぎ込んで、精神文化の正常進化の仕事を本気で行うべき」だ。

「何故なら、精神文化の進化を物質文明の進化より常に前に置いておかなければ、

進化した物質文明が、未熟な精神文化の上で使われてしまう事により、

人類滅亡となってしまうから」だ。

「死とは細胞ごとの現象であり、生きている人類誰もが、今、この瞬間にも死を体験している」。

「だから、死んだらどうなる?等を考えても無駄」だ。

「どう生きるか?」を「考える」なら、

「自分の実体を理解・把握する必要に気づく筈」だ。

「自分の実体から整合性を取っていない出鱈目な生き方では、満足や自信等が生まれる訳も無い」。

「人類誰もが、自分の実体から整合性を取り、自らの精神文化を科学レベルで既に判明している実体や事実・現実を実用するレベル以上にする事」で、

「先ずは、自分で自分を救う救世主となるべき」だ。

「そのレベルの精神文化状態に在る人」なら、

「現状経済システムの異常性等も大いに実感している筈」だし、

「直さない事の異常性も良く分かる」から、

「直す方向に力を加えない事はあり得ない」。

「特に、現状で、立場・権力等を保持しているなら、尚更」だ。

「現状で、立場・権力等を保持している者たちが、

必要な進化の仕事を怠り続ければ、

必然的に生まれるのは、戦争や革命等々になってしまう」。

「無血革命や無血進化等とする為」には、

「現状で、実体としては、不当な利権を保持してしまっている者たちが、自主的に、自らを進化~是正させる事が必要になる」のは、

「少し考えれば、誰でも分かる事」だろう』。

|

最高裁判決で選択的夫婦別姓が認められなかったが・・・。

『「当然の判決」だろう。「訴え方がおバカだから」だ。「選択的夫婦別姓の権利を主張する正当性が何処にあるのか?子どもの姓の問題はどうするのか?等がはっきりしていない」。

「あくまでも、当人たちの希望・願望等に沿って、不満や権利等を主張しているダケ」では、

「現行上に余程の不公平・不平等状態が無い限り、最高裁は、現状を変える判断を行い辛い」。

「科学的論拠に基づいた女性の再婚禁止期間の見直し」とは、

「全く違う実態が其処に在る」』。

『「現実的に考える」なら「名前とは何か?」の「実体把握から行うべき」だろう。

「あるカップルが子造りをして産まれたある子ども」から、

「全ての人類の狭義の自分はスタートしている」。

「あるカップルのそれぞれには、名が有るのが通例」だ。

「そして、姓とは、同じ家族を表現している名の一部」だ。

「婚姻関係とは、同じ家族になる契約」に他ならない。

「同じ家族なら、同じ姓という実態には、相応の合理性が有る」。

「さて、ここで、同じ家族という新たな実態より、原家族を優先したくなると、どの様な思いが生じるのか?」

「原家族の姓を優先したい思いも生じる」だろう。

「婚姻関係に基づいた新たな同じ家族を優先する」なら、

「夫婦同姓が自然」であり、

「婚姻関係後も原家族を優先したい」のなら、

「夫婦別姓が自然」になる。

「ここで、夫婦同姓にも、大きな問題が出現する」。

「婚姻関係を優先して、夫婦同姓にするのは良いとしても、夫、もしくは、妻の何れかの姓を選択しなければならないと、現行法では規定しているから」だ。

「この状態に、原家族優先の思い等が重なる」と、

「引くに引けない争いとなり、時には、婚姻関係自体が破談となってしまう場合さえ在る」のは、

「皆さま、良くご存知の通り」だ。

「実態から考えれば、選択的夫婦別姓より、夫婦新姓を認めるべき等の訴えが在るのが自然だと思う」が、

「何故か?選択的夫婦別姓が訴えられて来ている」』。

『「原家庭を重視する思いの裏に在る」のは、

「原家庭自体が、子孫に、強い投影・転嫁・同一視精神文化を強いている事」だ。

「この無意識にまで及ぶ精神的圧迫が無ければ、

人間は、原家庭の姓に、

それ程拘らなくて済む」。

「つまり、夫婦別姓主張者の本当の問題は、原家庭側を主軸とした血統家族主義や民族主義への拘り」と

「強く推定出来る」。

「そうで無ければ、夫婦別姓主張より前に、夫婦新姓主張が来る筈だから」だ。

「上辺では、姓を変更すると、仕事や法律上必要な手続き等で苦労する等の理由を訴えている者たちも居る」が、

「通称使用が法的にも認められている日本では、仕事上のデメリットはそれ程大きく無い筈」だ。

「法律上の手続きは、確かに面倒だが、それは、結婚や子の登録等自体でも同様」であり、

「銀行口座や資産等の保有が多いが故に、面倒な手続きに多額な費用がかかる者たち」とは、

「それだけ、現行の経済システム上で稼げている事の証でもある」のだから、

「ある意味では、応分の負担でもある」。

「つまり、原家族への拘りが強い血統家族主義や民族主義等が無い」のなら、

「夫婦別姓には、それ程の拘りも無い」のが「自然な状態と考えられる」』。

『「実体から考える」と「訴えるべき」は「選択的夫婦別姓では無く」、

「夫婦新姓」だと思う』。

『「原家庭寄りの血統家族主義や民族主義等」とは「実質的には、平和の敵」だから、

「そんなモノに拘る事自体が、時代遅れ」に他ならない。

「実際に、そんなモノに拘っている連中」は

「特定血統や特定民族支配等々を企み、実現しようとしたりしていたり、・・・等々、

ロクな事をしていない場合が多い」。

「そんなモノに拘りたい人々」は、

「先ず、狭義の自分の精神文化を科学レベル以上にまで正常進化させる事」で、

「狭義の自分を救うべき」だ』。

『「名前の実体」から「考える」と、

「正当性が有るのは、原家族寄りの血統家族主義や民族主義等の要素が強い、選択的夫婦別姓では無い」。

「夫婦同姓であり、夫婦新姓の権利」だ』。

『「更に、婚姻関係解消後の事も考える」と

「家族=複数人とせず、一人でも家族と考え、

婚姻関係解消等実体を伴った家族状態の変更があった場合には、

新姓も含む姓の変更が認められるべきである事」も「分かる」。

「原家族にも、婚姻関係を有していた時の家族にも、縛られたくない状態の人々」も

「少なからず居る」。

「マイナンバー導入で、個人特定自体は、番号で可能になる」のだから、

「姓名については、実体を伴う範囲で、もっと、もっと、自由化しても良い筈」だ。

「情報・教育界や国会等で法改正等の議論をする」なら、

「選択的夫婦別姓ダケに偏向するのでは無く、

姓名とは?から、はじめ、

マイナンバー導入後の実体を伴う自由化まで考えて行うべき」だ』。

|

昨今の記事もご好評の様で、東北方面から強い電磁波が来る様になっているが・・・。

『「以前から、上方向からの電磁波強化等には、近隣の者の協力が有る旨記している」。

「その近隣から、強い電磁波が、階段の踊り場に向かって発せられる様になった」のは、

「少し前から」だ。

「階段の踊り場は、ターゲットも不特定で、速足で通り過ぎてしまえば、大勢に影響は無い」ので

「あえて、わざわざその旨は記さなかった」。

「しかし、その裏側に当たる筆者の住処の方へ電磁波が照射されている現状」は、

「当方を狙った悪事」と「強く推定出来る」。

「同様の悪事を行い続けている者たち」が

「東南方向にも、南方向にも、南西方向にも、北西方向にも居る」か

「もしくは、それらの方向の空き室等に電磁波工作機を仕掛けて、使っている」と「強く水底出来る」。

「単独では、あまり大きな傷害は出ないレベルの電磁波」を、

「多方向から筆者の居場所を狙って照射し続ける事」で、

「筆者にだけ、いち早く、傷害を与えたい様相」だが、

「筆者は、気づいているので、対策を行う」と、

「電磁波が強化される」。

「そのイタチごっこが、何年も続けられている」』。

『「警察等には、既に連絡済み」だから、

「今回はっきりとした東北方面からの電磁波照射を行い得る者も含めて、

既に、その人脈は、マーク済み」だろう。

「警察では、筆者に実害が出れば、電磁波工作を前提に調べる旨言っていた」が、

「実害が出る前に摘発する事が、市民の安全を守る事になる事を、いったいどの様に考えているのか?」

「対策の為の費用も時間も手間も、既に、結構かかっている事」は、

「立派に、実害だと考えられる筈」だし、

「筆者の居場所を特定している事自体、プライバシーの侵害等になる筈」だ。

「家の外から、電磁波を悪用して、覗いたり、盗聴等したり、電磁波を当てたり、する事に対して、厳しい法と摘発体制を早急に整備し、実用する事が必要」だ。

「この面では、政治も全くダメ状態」だ』。

『「韓(北朝も含む)流テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々が蔓延って来ている戦後の日本社会」では、

「日本人に対する人権が大いに阻害されている場合が少なく無い」。

「北朝鮮による拉致」や、

「ブラック企業」や、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の問題は、その氷山の一角」だ。

「韓(北朝も含む)流情報に騙されずに、現実を是正する事が大切である事」を、

「政治家や警察等も含む全ての日本国民が、大いに意識するべき」だ。

「新興宗教等の実体が、工作組織だったりしている場合も少なく無い」。

「もはや、宗教レベルの精神文化では進化した物質文明とのバランスも取れない」。

「科学レベルの精神文化を持つなら、宗教は過去の文化遺産等として、実体通りに捉えられる」。

「宗教レベルの精神文化の時代を終わらせなければ、

殺人やテロや戦争等々の歴史が繰り返されるダケで、

人類に世界平和は在り得無い」のが

「現実(自然の摂理と言っても良いかも知れない)」だ。

「知らず知らずの内に、工作資金の提供者等にならない為」にも、

「特に、新興宗教には、くれぐれも、ご用心!」』

|

「羽生の凄さ」と「今年の漢字一文字のショボさ」・・・。

『「フェギア・スケートの未境地を切り開いた羽生選手」は「もちろん、言うまでも無く、フェギア競技としてだが、実体のある凄さを示した」。「今年の漢字」が「選ぶ者の趣味趣向の域」だから、「全然凄く無い、ばかりか、ショボい」のは「実体を伴わないが故の当然の現象」だ。

「文科系の連中」は、

「いい加減に、実体を伴った世界を真剣に考えるべき」だ』。

『「漢字一文字」に「大衆の興味を惹き付ける事」は、

「者・物・事への依存心を煽る一手法に他ならず」、

「者・物・事への依存心を煽れば、思いや感情等で人間を操る事が容易になる」から、

「この手のイベント」は、

「現状で優位な者たちが、好んで行いがちな事」に他ならない。

「実体を問う」なら、

「果たして、こんな単純な漢字一文字の世界」で、

「今年を象徴させる事が出来るのか???」』

『「羽生選手の行った事」は「もちろん、一つの競技の中ではあるが、人間の出来る事には先が在る事を実証した事」だ。

「同様の実績を残した他のスポーツ競技一流選手等でも、同様だが、ある意味では、芸術的な凄さが其処に有る」。

「人間として出来る事には先がある事を実際に示される事」は、

「他分野の進化にも、相応の良い刺激となる」。

「何処の誰でも、者・物・事への依存はダメ」だが、

「人類の一人が新たに切り開いた境地を知る事による良い刺激」は、

「狭義の自分へのムチ等(良い刺激として)として、素直に利用させて頂くべき」だろう』。

|

STAP細胞問題は再現出来なかった事で既に決着済みでしょ・・・。

『「科学の世界」では「再現方法が明示され、その再現方法に基づいて作業等を行えば、誰もが再現出来てこその実証」だ。

「STAP細胞」は「小保方氏が、再現方法を明示しなかったばかりか、小保方氏自らも再現出来ていない現状からも、既に、実態は露呈状態」だ』。

|

すたっぷ

|

テレ朝朝番では、ブラックバイトの基がブラックバイト問題で正義ぶっていたが・・・。

『「利権集中の上に在る常連出演者等」は「利権集中がブラックバイト等の基である事もロクに理解出来ていない大バカぶり」だ。

「実質的大バカ」なのに「利権集中上の座の上に居られている」のは、

「悪現状権力者にとっての有益分子だから」だ。

「そして、悪現状権力者たちは、自らの利権維持~増大の為」に、

「血統・人脈利権等に恵まれなかったばかりか、

オコボレ頂戴わんわんにもなれなかった者たち等」を

「奴隷の如く使えるシステムをつくり出し、

運用し、

象徴的悪をスケープゴードにして、ガス抜きを行っている」。

「この悪事を正当化する為の屁理屈」が「合法」だ。

「もちろん、こんな状態を合法としている人間社会が平和・安全になる訳も無い」。

「毎度、毎度、同様の、新たな、テロや無差別殺人等々を含む、事件・事故等」は、

「今後も激減する事無く、

そればかりか、物質文明の進化と共に、

極大被害度を高めながら、

起こり続けてしまう・・・」。

「科学の進化の速度を考えれば、極大被害度が、地球消滅となるまでの時間は、それ程長く無い事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「核エネルギーの先の時空エネルギーが実用出来る時」は、

「既に、近い(既に、来ている、と言った方が良いかも知れない・・・)」。

「時空エネルギーを核爆弾の様に実用してしまえば、地球消滅くらいは、簡単な事」だ。

「そして、理論上、時空エネルギーの実用に必要な事」は、

「核エネルギー程、大規模な施設等を必要としない」。

「まるで、今のテロリストが、其処ら辺の薬剤を混ぜて爆薬を作ってしまうのと同様の手法で、実用可能にもなってしまうのが、時空エネルギー」だ。

「もちろん、小さなモノなら、地球消滅とまでは行かないかも知れない」が、

「実用されなければ、実被害も判らない」。

「現状の宇宙論からも解る筈」だ。

「元々は、極小、もしくは、無(本当の無とは?の問題は、別にして・・・)から、この膨大なる現宇宙が生まれている事は、ほぼ確実と推定されている」し、

「実際にその可能性は、かなり高い」。

「今、情報産業等の仕事をしている者たちが、行うべき」は、

「間に合う内」に、

「全ての人類の精神文化を科学レベル以上に正常進化させる事」に

「有益な情報配信等」を、

「意識的かつ、積極的に行う事」に他ならない。

「それなのに、未だに、オコボレ頂戴わんわん利権を温存したまま、

悪現状権力者たちに都合の良い情報配信を続けている」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「ブラックバイト等で虐げられている、余命が少ないかも知れない中・高年の者」や、

「いじめ等で虐げられている若者」等々が、

「全世界に復讐心を抱き」、

「時空エネルギーの実用法を思い付き、実用してしまうと、ある日突然、地球消滅・・・」も

「あり得る」のだから、

「そんな事態が実現してしまう前」に、

「全ての人類の精神文化を物質文明の進化より前に置く事」を、

「何としても、実現させなければならない事」は、

「明白」だ。

「まるで、

試験での高得点を競う様に、

金集めを競っていても、

人類の未来は明るく成り得ないばかりか、

待っているのは、滅亡・・・」だ。

「人類の金集め競争の前は、武力競争だった」が、

「基本精神構造」としては「同じ」で、

「他のモノを使って他者支配を追及しているダケ」だ。

「他者支配/他者による被支配」では、

「どちら側でも、本質的に、自分で自分を認める事が困難になる」から、

「代わりのお墨付きを欲する事」となり、

「その実例が、大量消費自慰生活や血統家族主義や民族主義等々」で、

「そんなモノを多くの人類が追及している結果が、

戦争やテロや殺傷事件等々や、

地球環境問題の深刻化等々」だ。

「もちろん、未熟で、稚拙な精神状態」である。

「人類は、早急にこの超自虐状態から抜け出さなければならない」。

「未熟で稚拙な精神文化を抱いたまま、物質文明ダケが進化し続ければ、どうなるのか?」

「上記の話しは、お伽話では無い」。

「人類の精神文化が現状のまま・・・なら、確実に、現実に待っている近未来」だ』。

『「常連出演者等は、ブラックバイト問題を論じる前」に

「自ら、利権集中を解消し、過去~今までに得た、不当利権や不当財産・資産等を上手く処理し、使う事を考えるべき」だ。

「それが、直ぐには出来ない」のなら、

「せめて、

職業差別は止めるべき論や

利権集中は止めるべき論や

現状経済システムや経済評価を健常化させるべき論くらいは、

言うべき」だ。

「実質的、現状維持論で正義ぶっている醜悪な状態」が、

「多くの視聴者の中で、どの様な効果を生むのか?」を「考えれば」、

「常連出演者たちの罪も分かる筈」だ』。

『「情報・教育の正常化は急務」だ』。

|

テレ朝夕番では、女性受刑者の社会復帰問題で現状利権を公然化したい様相だったが・・・。

『「再犯率が高いのは当然」だ。「何故なら、現状の人間社会では、丸ごと一人の善悪観を強いているから」だ。

「そんな人間社会の中」では、

「丸ごと一人の悪人として烙印を押された者」は

「悪人決定の烙印を押された状態下に置かれる」。

「そして、社会復帰でも、そんな現状人間社会への適応が求められる」。

「はっきり言えば、

ロクな仕事に就ける訳も無く、

悪人の烙印を押された者たちの社会復帰場所」は、

「当人たちが不満を抱くに十分な環境下である場合が多くなる」。

「其処で、現状に土下座し、懺悔心を持ち続けながら、現状適応し続ける事が出来る人間がどれだけ居るのか?」は、

「考えるまでも無い」だろう。

「天動説レベルの善悪観が蔓延る現状を是正せず、

適応適応を強いる限り、

再犯問題は解決出来得ない」。

「しかし、そんな現状を公然化し、維持させ続けさせる事」で、

「ホーたくれテレビ等の利権も維持出来る」のだ。

「人間社会の精神文化の正常進化への貢献」より「現状利権維持」という「糞ども」には、

「公共の電波を使う仕事は過分」だ』。

『「再犯防止に重要な事」は、

「先ず、善悪観を現実化する事」だ。

「丸ごと一人、優等生や金持ちや現状で権力を得ている者たちが、正義という現実離れした古臭い天動説レベルの善悪観」は、

「早々に、破棄」し、

「生きている人類は誰もが、善の基も悪の基も自らの中に内在させながら存続しているのだから、

重要な事は、その細胞レベルの善悪を自ら健康に処理する事」だ。

「細胞レベルの善悪の基を、悪戯に丸ごと一人化して、外界に投影・転嫁・実体化する悪事」を

「誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続ける事により抑制し続ける事」だ。

「誰もが自分で自分を健康にコントロールし続ける事が出来るベースを持てる人間社会にする事」だ。

「この基準からすれば、現状人間社会自体がかなり悪い状態に他ならない」ばかりか、

「現状適応出来た事ダケで、丸ごと一人で優等生ぶったり、金持ちになったり、大権を保持したり、等々・・・しているおバカ、もしくは、悪者たちの存在自体」が、

「人間社会の健常化や、多くの人々が自らを健康にコントロールし続ける事を大いに阻害っしている事になる」』。

『「上記の様な現実が既に明らかになっている現状」で、

「実質的には、旧来からの現状利権の維持の為の情報配信を、公共の電波を使って大々的に行っている・・・」とは、

「本当に醜悪」だ』。

『「糞ども」は「過分な立場・報酬等を自主的に返納し、過去の不出来を大いに詫びるべき」だろう。

「人類の精神文化の正常進化にロクな貢献が出来ていないテレビ界の人間」では、

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる者状態」だ。

「是正は急務」だ』。

『「再犯を防止する為」には、

「情報・教育の正常化」と

「それに伴う人間社会の正常化が必要である事」は「言うまでも無い」。

「そして、それらを実現する事は、犯罪自体を激減させる事にも直結し、

殺人やテロや戦争等を葬り去り、

世界平和を実現する事にも繋がっている」のだ』。

|

テレ朝朝番では「米国大統領になるかも知れない人の発言だから・・・」とトランプ氏のイスラム教徒入国禁止発言を非難していたが・・・。

『「日頃から、公共の電波を使った視聴者の感情への訴え等」を「行っている連中」が「良く言うよ!」の世界だろう。

「とても、トランプ氏の短絡論を非難出来る様な状態では無い・・・」のが、

「現状の多くの日本のテレビ番組の実態」だ。

「排除すべきはテロでありイスラム教徒では無い」と「優等生的に言うのは簡単」で、

「そんな事は、米国国民でも、誰もが分かっている」。

「それでも、トランプ氏に支持が集まっているのは何故か?」

「テロを排除するに十分な他の手段の提案が実質的に無く」、

「テロを排除する手段として、イスラム教徒の入国禁止が有効だと考えている米国国民が多いから」だ。

「だから、トランプ氏の発言の問題を非難する」なら、

「単に、イスラム教差別等はいけない!」等と「誰もが分かっている事を言うダケでは無く」、

「テロを防ぐ為に有効な手段も言わなければ、

何も提案出来ない優等生ぶった実質、無責任・おバカ等より、

実行力のあるトランプ氏の方が・・・」等と

「なってしまい易い」のは、

「当然の現象に他ならない」』。

『「短絡的な発想に基づき、他に有効な提案が無い事を悪用して、人々の感情等を操り、

短絡的な発想に基づいた政策・行動等を実現してしまう事」の

「危険性や、愚かさ」は、

「ヒトラーや旧日本軍や数々の独裁政権や独裁者等に同調した大衆がつくり出した事実」からも、

「明らか」だ。

「重要な事」は、

「短絡的な発想を駆逐出来るくらいの代案を提示する事に他ならない」』。

『「ところが、日頃から、政策論では無い大臣等へのあら捜し等で、国会の貴重な時間を費やさせる事が得意な政党等」を

「実質的に応援しているテレビ番組」では、

「まるで、当然の如く、

誰もが分かっている事を優等生的に言って正義ぶる事や、

あら捜し等は得意」でも、

「ちゃんとした代案等を提示する事は、出来ない様相」なのだ。

「実質的には、そんな状態を、散々、長年に渡って繰り返して来ているダケ・・・」なのだから、

「もはや、公共の電波の無駄遣いの領域」だろう。

「精神文化の正常進化への貢献が著しく乏しい、現状のテレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

『「テロを排除する為に有効な方法」は、

「他の記事にも、何度も記している」。

「全ての人類の善悪観を天動説状態から地動説状態に進化させ、

人間社会(政治・経済ももちろん含む)も地動説状態の精神文化を基に構築し直さなければ、

ホームグローンも含むテロ等や殺人や戦争等は防ぎ様が無い」のが「現実」だ。

「その為には、一刻も早く、情報・教育を健常化する事が必要」なのに、

「未だに、

天動説状態の死生観等で人の感情を煽り、

その上の映画やドラマ等々で、

金集めや有名人利権等の増大等を続けようとしている状態」なのだから、

「本当に呆れる」。

「時代遅れの利権過剰主義に生きようとしている大バカ者たちが蔓延っている状態」で、

「殺人やテロや戦争等を封じ込められると思っている」なら、

「本当に、バカ過ぎる」。

「殺人やテロや戦争等は防げ無いと分かっていて、利権過剰主義に生き、自慰に明け暮れている」なら、

「悪」だ。

「バカや悪」に「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていてもロクな事は何も無い」。

「物質文明は急速に進化している」。

「つまり、テロ等のツールとして使えてしまうモノも急速に進化している」のだ。

「情報・教育界の是正は、急務」だ』。

|

韓国人が犯人か(?)靖国爆発物事件の裏・・・。

『「この実質的テロの問題」は「本当に深刻」だ。「何故なら、こんなバレ易い試し」の「後」が「当然、想定されるから」だ。

「バレ易い試し」の「目的」とは「警察等の情報収集能力や摘発体制や能力のテストに他ならない」だろう。

「靖国神社のトイレで爆発物を爆発させる事が出来た事」は、

「警察等の情報収集能力が今回の犯人を犯行前に特定出来ていなかった事を示している」。

「つまり、外国から、特に、管理体制や協力体制が???の反日国等から、犯人を送り込めば、事前把握の枠の外になっている可能性大という事」だ。

「今時の日本社会では、テロに必要な物質は、其れこそ、何処の誰でも、容易に手に入れられる」。

「しかし、日本国内に居る、特に、日本国籍の者の場合は、既に、概ね、素性等が把握されている筈」だ。

「それらの者が、大規模なテロ等を起す事は、かなり困難な筈」だ。

「変な行動等を起せば、直ぐに後を押さえる事も可能」だろう。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の犯人が、未だ、摘発されていない」のは、

「現時点では、摘発しても、応分の罪と罰を課す事が困難だから」だ。

(この面では、実質的ソフト・テロの厳罰化も含めた法整備や、摘発体制の強化が急務だが・・・。)

「日本国内でのホームグローンテロリスト等は、相応に押さえられる筈」だ。

「しかし、外からのテロリスト等については、未だ未だ・・・状態」なのだ。

「そんな実態を露呈させた」のが

「靖国爆発物事件」だ』。

『「韓国人によると推定される靖国爆発物事件」が「試し」なら、

「今のまま・・・では、テロ本番が、大変な事になってしまう可能性が大である事」に

「多くの人々が不安を抱く」だろう。

「当然、対策は進められている」だろうが、

「一番大切な事が忘れられている様相」なのだ。

「それは、情報・教育による防衛」だ』。

『「人類の精神文化を正常進化させる事」は

「殺人やテロや戦争等の実行を萎えさせる特効薬」だ。

「それなのに、未だに、主流の情報・教育上では、天動説レベルの死生観や善悪観を蔓延らせ続けている」。

「こんな状態を続けている」なら、

「逆に、殺人やテロや戦争等が起されない方が不思議」だ。

「情報・教育の健常化は急務」だ』。

『「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、実質的ソフトテロを行い続けている

永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる者たち」を、

「徹底的に摘発する」と「共」に、

「情報・教育の健常化」と

「それに伴う人間社会自体の正常進化」を

「行う」なら、

「かなりの高確率で、実際の殺人やテロや戦争等々を激減させる事が可能になる」』。

『「殺人やテロや戦争等をかなりの高確率で葬り去る事が出来る方法は、既に、実在している」のだから、

「行わない事=殺人やテロや戦争等を認めている事」に他ならない。

「認める理由は、殺人やテロや戦争等の裏で生じる不当利権等」だろう。

「そんなモノに溺れている連中も、また、永遠の恥辱に染まる道の上を歩んでいる者たちに他ならない」のだが』。

『「科学レベルが要求されている今日、宗教レベルの時代の終わり」は「既に、来ている」。

「それなのに、利権の為に宗教レベルを終わらせなければ、現実離れが殺人やテロや戦争を生む源泉となる」のは「自然の摂理」だ。

「宗教レベルの時代の終わりとは、宗教レベル利権の終わりでもある」。

「宗教レベル利権維持の為」に、

「ソフト・テロや殺人やテロや戦争等を行っている永遠の恥辱に染まる道の上を歩む者の行き先」は、

「態度を改め無い限り、既に決まっている」のだ』。

『「例えば、多くの新興宗教の利権とか、反日利権等々とは、宗教レベルの利権に他ならない」。

「精神文化の正常進化に十分な貢献が出来ていない現状のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々の利権も同様」だ。

「そんなモノを温存するより、多くの人類の精神文化を正常進化を誘い、殺人やテロや戦争等を激減させる方がずっと良い事」は、

「誰もが、考えるまでも無く分かる事」だろう』。

『「人類誰もが、先ず、自分自身の精神文化を科学レベル以上にまで正常進化させる事」で、

「自分で自分を救う救世主となるべき」だ。

「情報・教育は、その助けになってこそ価値が有る」。

「その流れが、世界中に広まるなら、殺人もテロも戦争等々も、・・・激減する事が確実」だ。

「正常進化の流れをつくり出す事に反する者たち」は、

「例えて言う」なら、

「{悪魔に魂を売り渡した者たち}に他ならない」』。

|

サンデー・モーニング、「排外主義常連出演者たちが語る排外主義非難」という醜悪図・・・。

『「米国大統領候補トランプ氏の問題発言等々をダシ」に「排外主義を非難して正義ぶる常連出演者たち」・・・。

「常連出演自体が、排外主義の権化みたいなモノ」だから、

「本当に醜悪」だった。

「公共の電波を使っているのに、そんな内容では、人間社会が良くなる訳も無い」』。

『「移民排斥状態に傾くのは、当然の流れ」だ。

「もちろん、移民と難民は別としての話し」だが、

「悪戯に移民を認める事」は、

「本来ならその国の状態を良くする仕事をするべき人々までもが、

近代化整備済みの恩恵や、より良い報酬・仕事等を求めて、

先進国等に移動する事を容認する事にも繋がる」から、

「移民者の元の国の近代化整備等が遅れる原因にもなってしまう」。

「世界全体で、

精神文化の進化の流れをより強くすると共に、

移民は、最低限に抑えるのが正当な道」だ』。

『「宗教差別も、民族差別も、バカげている」。

「どんな宗教でも、宗教に変わりは無いし、宗教とは、考え・思いによる納得レベルの文化」だ。

「今の人類に必要な事は、物質文明同様、精神文化も科学レベル以上に進化させる事」だから、

「全ての宗教は、歴史遺産、もしくは、伝統文化遺産等として扱う」が

「正当な道だ」。

「民族主義とは、人類の歴史の極一部を切り取って偏重している差別思想に他ならない」。

「人類の歴史全体を振り返れば、皆、同類」だ。

「民族主義は、悪事に他ならない」』。

『「日本の現状のテレビ・ラジオ・ゲイノウ界は、かなり、閉鎖的な利権団体の様相を露呈している」。

「毎日の様に、何処の局でも、同様の人々が、常連出演者」で

「同様の論ばかり・・・を一方的に大量配信という実態」は

「その氷山の一角」だ。

「利権が極一部に集中させられている状態」だから、

「その利権の恩恵を受けている者たちが受け取れている報酬や有名人利権等々も膨大」だ。

「軽減税率論等で、庶民に寄り添うフリをして正義ぶっていても、内実は、大金持ち」なので、

「軽減税率自体が、金持ちをより大きく利するから止めるべき論」が

「市民権を得る様な情報配信は行わない」・・・。

「(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ、・・・ここまでは意図的に省かれている)脱原発論」や、

「中共・韓(北朝も含む)とは、隣人だから仲良く論」や、

「実際は、中国共産党を利す、沖縄基地問題での翁長知事擁護論」や、

「与党ダメ論」等々には、

「何としても、市民権を持たせたい様な熱心さなのに!」

「排外主義状態であるが故にまかり通ってしまっている異常事態が、其処に在る」』。

『「人類の精神文化の正常進化の為」にも、

「テレビ・ラジオ界の健常化は急務」だ』。

|

「人間マニュアル」の授業例・・・。

『「それでは、今日から、自分を健康にコントロールする為に必要な事を勉強して行きましょう」。

「先ず、最初」は、「人の意識は、丸ごと一人、人の実態は、細胞ごとの誕生・死」という「現実」から・・・。

「人間誰でも、意識的に考える時は、一人の人を一人の人として考えるでしょう」。

「しかし、生きている人間の実態は、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続しています」。

「細胞ごとに変化しながら生きているのですから、人は、常に、基本的には、不安定です」。

「この基本的不安定さを感じる事が出来る敏感な人は、不安を感じます」。

「もちろん、それは、病気ではありません」。

「そして、感じる事が出来ていない人でも、無意識レベルでは、この不安定を感じています」。

「さて、その様な不安定な状態に対して、人間はどの様な対処をしているでしょうか?」

「昔の人たちは、細胞ごとの誕生・死という実態が把握出来ていなかったので、意識が全てでした」。

「そこで、意識上の考え・思いで不安定を抑えようとしました」。

「例えば、生物の死の実体は、細胞ごとの現象ですが、昔の人たちは、死が細胞ごとの現象である事を知りませんでしたから、意識上の丸ごと一人の思いのまま死の問題を理解・把握しようとしました」。

「皆さんも良く知っていますよね」。

「魂や霊を考え、魂や霊の行き先まで考えていました」。

「しかし、そう考え・思い・信じたところで、元の不安定が解消される訳もありません」。

「実際の死は、細胞ごとの現象なのですから、丸ごと一人として死を捉えようとしても、捉えられないのです」。

「かなり、色々な考え・思い上の工夫をして、宗教までつくりましたが、実際は、何時まで経っても、死の不安は残りました」。

「今の人たちは、死が細胞ごとの現象である事を知っています」。

「細胞ごとに、今、この瞬間にも、誰もが死を体験しているのですから、死を気にしても仕方ありませんね」。

「気にするべきは、どうやって健康に生きるか?などでしょう」。

「死が細胞ごとの現象である事を理解・把握すると、死の不安が無くなります」。

「事実・現実と共にある状態に自分を導けた事で、不安の一つが解消出来た訳です」』。

『「自分の中から沸き起こって来ている、

細胞ごとの常々の変化に由来する不安定さに対して、

人は誰でも、今の自分の状態で良いのか?否か?を確認したくなります」。

「もちろん、それは、基本的には細胞レベルの欲求です」が、

「人の意識は、丸ごと一人で考え・思いたがります」から、

「細胞レベルの自分の状態確認欲求(自己確認欲求とか、自己承認欲求とか、表現しても良いでしょう。)を、丸ごと一人化している場合が多いのです」。

「丸ごと一人化した、自己確認欲求等の例は、皆さん、良くご存知ですよね」。

「例えば、他の人に自分を認めてもらう事で、自己確認を行おうとします」。

「少し、工夫して、大量のお金や権力等を持つ事で、他の人に自分を認めてもらう事で、自己確認等を行おうとしている場合もあります」。

「仕事や競技やプレーなどで、他の人に自分を認めてもらう事で、自己確認等を行おうとしている事もあります」。

「ここで、大切な事は、それらの丸ごと一人化した自己確認では、本来の自己確認等は出来ない事を忘れない事です」。

「何故なら、本来の自己確認等とは、細胞レベルの欲求だからです」。

「細胞ごとの誕生・死が健常に行えているか?否か?が問われ、健常に行われている事を実感出来れば、本来の自己確認等の欲求は充足されます」。

「だから、良い空気の中で呼吸したり(別に深呼吸で無くても良いのです。)、バランスの良い食事をしたり、適度に身体を動かしたり、適度に頭を使ったり、・・・する事で、

健常状態の感を得ると、

細胞ごとの自己確認等の欲求は、事実・現実と共にある状態となり、落ち着ける(自己確認欲求等が充足状態になる)のです」。

「丸ごと一人化された自己確認等の行いは、代償欲求の追及行為です」。

「代償欲求は、本来の欲求とは、違いますから、決して、充足される事がありません」。

「決して充足されないので、より強い充足感が欲しくなり、より強い自己確認等を求め易くなります」。

「どんなに有名になっても、どんなにお金持ちになっても、どんなに大権を持っても、

本来欲求の充足はありませんから、

もっと!もっと!!・・・等とより大きな代償欲求を追い求め易くなってしまいます」。

「もちろん、そんな状態は、健康ではありません」。

「人間にとって、大切な事は、

本来欲求の充足を忘れず、代償欲求の追及は、遊び程度に、程々にする事です」。

「他人に自分を認めさせる欲求が肥大化すれば、支配権争いになります」。

「健康では無い状態の人々が沢山いる人間社会では、人間社会も不健康になるのは当然ですよね」。

「正に、自然の摂理です」。

「昔の人たちは、丸ごと一人化したがる意識だけで考えていた状態でしたから、

自然の摂理も丸ごと一人化して、神と表現したのでしょう」。

「自然の摂理に叛く事は、神の意思に叛く事と、表現したのでしょう」。

「考え・思いによる納得法として、宗教が生まれ、自然の摂理を神と表現したと理解しながら、聖書や仏教法典等を読むと、

悪戯に宗教に毒されずに、

今の人類として、歴史書物を客観的に読む事が出来ます」。

「興味のある人は、そうやって、歴史的書物を読んでみると面白いと思います」。

「不健康な人間社会で、支配権争いが過激になれば、戦争まで起きます」。

「武力による支配権争いは止めて、経済による支配権争いを行っている状態なのが、現状の人間世界の基本状態です」。

「武力による支配権争いを止めても、環境問題は酷くなる一方ですよね」。

「大切な事は、代償欲求に過ぎない支配権争いは、遊び程度に程々に抑える様にする事です」。

「人間誰でも、常々変化しながら生きているのですから、不安なのは当たり前なのです」。

「不安に負けて、代償欲求を過剰に追及し、環境破壊まで行い、自滅するのが、人類の役割ではありません」。

「自分の実体をちゃんと理解・把握して、本来欲求の充足を忘れず、代償欲求の追及は、遊び程度に程々に抑えながら、

地球の生物群の存続~永続への貢献をするのが、人類としての本来の仕事です」。

「地球も永遠ではありませんから、地球無き後も、地球の生物群が存続~永続して行く為には、宇宙開発もかかせません」。

「宇宙開発出来るくらいの科学・技術力を持つなら、それにふさわしい精神文化も保持しなければなりません」。

「物質文明も、精神文化も、正常進化させていく事が、人類としての本来の仕事です」』。

『「善悪観について、勉強してみましょう」。

「昔の人々は、丸ごと一人で考えていましたから、善悪観も、丸ごと一人ごとでした」。

「丸ごと一人の善人と丸ごと一人の悪人という基本構造の上で、罪を問い、裁き、罰を与えていたのです」。

「勧善懲悪モノの時代劇等を見れば、悪人は、丸ごと一人殺害する事も善行と描かれている場合が多い事に気付くでしょう」。

「もちろん、現実の善悪も、細胞レベルの感が元ですから、丸ごと一人の善悪観では現実離れしてしまいます」。

「昔の人々も、丸ごと一人の善悪観は、何となく本当と違うと感じていたのでしょう」。

「その様な感に導かれたのでしょうが、例えば、鼠小僧みたいな物語もつくりだしていますよね」。

「本当の善とは、何処にあるのでしょう?等を自問自答しながら探求したかったのかも知れませんね」。

「それでは、善悪観とは、何でしょうか?」

「細胞ごとの働きを考えると分かると思います」。

「生きている人は誰でも、健康な細胞や、死んだ細胞や、ガン細胞等の異常細胞や、有益・有害微生物や有益・有害異物等と、共に、存続しています」。

「健康な状態を保ちつつ、存続し、地球の生命群の存続~永続に貢献する事が、人類本来の役割ですから、

その役割から整合性を取れば、

健康な細胞や有益微生物・有益異物等がもたらしている刺激・感覚等が、善となります」。

「死んだ細胞やガン細胞等の異常細胞や有害微生物や有害異物等は、健康な人体から排除されるべき悪の刺激・感覚等をもたらしています」。

「人類の本来の目的は、地球の生物群の健康を維持しながら、その存続~永続を可能にして行く事であり、

その中には、自分の健康維持も入ります」。

「自分の健康維持の為に必要な事は、自分の中の悪を健常に排除して行く事です」。

「自分の感じている悪の感を、丸ごと一人化して、自分を含む他の者・物・事に投影・転嫁し、人間社会内で、駆逐する事ではありません」。

「自分の感じている善の感を、丸ごと一人化して、自分を含む他の者・物・事に投影・転嫁して、人間社会内で善を追い求める事でもありません」。

「むしろ、丸ごと一人化する悪行を止める事で、殺人もテロも戦争も無くす事こそが、本当の善行です」。

「丸ごと一人化した善悪観を、天動説の善悪観、細胞レベルの実態に沿った善悪観を、地動説の善悪観と、表現しても良いかも知れません」。

「現状の人間社会では、巷に、天動説の善悪観に基づいたドラマや映画や小説やアニメやゲームや音楽等々が溢れていますよね」。

「こんな状態では、世界平和は、夢のまた夢でしょうが、

地動説の善悪観に基づいたドラマや映画や小説やアニメやゲームや音楽等々が主流となる様な人間社会に進化させれば、

世界平和が当たり前になる筈です」。

「今の人類には、人類の精神文化を正常進化させる重大な役割が有るのです」』。

(一端、保留。続きは、また、書ける時に、記します。内容としては、過去の記事にもある程度は記してありますから、興味がお有りの方は、とりあえずは、そちらをどうぞ・・・。)

|

軽減税率の範囲は「公明党の言うがまま」になったのだから「財源も、公明党の支持母体である新興宗教団体等から取るべき論」が言われるべきでしょ!・・・。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等は、今こそ、声を大きくして訴えるべき」だ。「軽減税率の財源を、新興宗教団体及び、その関係者への課税強化で賄う論を!」

「外食まで含めると高級料亭等利用者まで軽減で、金持ち優遇となる等の旨述べた公明党の言い分」は、

「もちろん、イメージ論に過ぎ無い」。

「実際は、生鮮食料品ダケを軽減税率の対象にしたところで、実際は、金持ち優遇」だ。

「多くの人々は、既に、重々承知の筈」だ。

「例えば、

¥3.000-の高級牛肉購入者と、

¥500-の比較的安い牛肉購入者の

どちらが、より大きく軽減税率のメリットを受けるのか?」

「もちろん、高い程、メリットもより大きくなる」。

「外食ダケ外したところで、軽減税率自体が金持ち優遇になる事は、全く、変わらない」。

「公明党の言い分」は「イメージ論であり、より面倒な処理を強いる論」だ。

「しかし、それ以外は認めないという強引さ」に、

「自民党側」が

「コレ以上この問題で時間を費やしても無駄」等と

「公明党側の言い分を丸呑みした」様相なのだ。

「公明党案が通ったのだから、その責任からも、財源もちゃんと出すべき」だ』。

『「財源として、大いに期待出来るのは、新興宗教団体及び、その関係者への重課税」だ。

「筆者の知る限り、大手(つまり、相応に信者・資産・財産等を持っている)新興新興宗教団体の多く」は、

「かなりはっきりしたヒエラルキー構造を持っている」。

「そして、例えば、

小支部長等が、その下に、信者等を集めて、説法等すれば、

集まった信者たちが、ありがたい事をお教え頂いたのだから・・・等と、

ナケナシの小銭(良い事等が有れば、大銭の場合もある)を、

献金している」のだ。

「上辺では任意を装っている」が「実際は、ほぼ全ての信者がお布施等を上納している場合も在る」。

「それら、小支部長が集めた上がりは、小支部長の取り分を除いた分が、更に上へと、まるで、何処かの団体の上納金の如く、上がって行く」。

「基が、お布施等の名目で、表向き任意で、金額も決まっていない献金システム」なので、

「課税が困難で、宗教法人の優遇法制問題もあり、実際に課税されていない筈」だ。

「幹部ともなれば、かなりの額の非課税収入を継続的に得ている筈」だ。

「良く分からない大金持ち(上辺は、質素を装っている場合も少なく無いが・・・)」が

「宗教団体の幹部等という事」は、

「意外と良くある話し」だ。

「また、子ども等が居ない信者等が死亡した場合の資産・財産等の寄贈も膨大な額となっている場合が多い」。

「非課税収入が、膨大に在る宗教団体」は「大きな施設や建造物をつくり、維持する事も容易」だ。

「こちらにも、優遇法制の問題が在る」』。

『「新興宗教団体の収入は、お布施や寄付等まで含めてガラス張りとし、十分に課税する事」と、

「新興宗教団体の建造物等の資産に十分な課税をする事」で、

「かなりの税収が得られる筈」だ。

「過去の分まで遡って課税するべき」だろう』。

『「その様な税収が、軽減税率の財源となる事」は、

「ちゃんと、人民救済心等を持つ宗教なら、当然、賛成な筈」だ。

「課税反対!」なら、

「実質的には、利権団体か、工作組織等である可能性が非常に高くなる」。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作まで行っている新興宗教団体の存在」は、

「もはや、公然の秘密状態」だろう。

「電磁波や飲食物工作や侵入工作等による{霊障}」や

「電磁波悪用による覗きや侵入工作で{透視}」、

「そして、信者となり、献金する様な状態となれば、工作を止める」。

「更に、血統的、人脈的お仲間」には、

「幹部として利権を与えると共に、工作活動を行わせる」。

「悪事に手を染めた者たちは、もはや、教組や主要幹部等の操り人形」だ。

「そんなところまで、{優遇}して良い事は何も無い」』。

『「あえて、新興宗教と記したのは、歴史文化遺産的に価値のある旧来からの宗教等」は、

「異常な工作活動等を行っていないと推定出来る」し、

「伝統文化遺産や歴史遺産等として保護する意味があると思えるから」だ。

「逆に、新興宗教団体」は

「人の誕生・死が細胞ごとである事が既に科学レベルではっきりしている今日、

もはや、優遇等する必要は全く無い筈だから」だ。

「そして、中には、確実に、異常な工作活動等を行っている団体まで在る」。

「オウムは氷山の一角に過ぎ無い」。

「異常な工作活動等を衰退させる為にも、ガラス張り義務と重課税は効果的」だ。

「創価学会の場合」は、

「筆者の体験上では、異常な工作活動とは縁が遠い様」だが、

「利権団体的要素は濃厚」で、

「新興宗教団体である事に変わりは無い」。

「宗教なら、人助けの為に、自らの納税枠を大きくする事くらい賛同出来なければ、

全くお話しにならない」。

「利権団体や工作組織」なら、

「そんなところの信者となったり、仲間となったりしている事自体」が

「ご愁傷さま状態」だから、

「一刻も早く、抜け出す事で、自らを救う事」だろう』。

『「思想信条の自由は、守られるべき」だが、

「今時、宗教だからと言って、過剰優遇する必要は全く無い」。

「宗教団体は、実質を問い」、

「伝統文化遺産や歴史遺産等として保護すべきモノは、保護」し、

「実質的利権団体」は「営利企業同様に扱い」、

「実質的工作組織」は「解消させる」のが、

「正当な道」だ』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオや、

公共的マスコミ等」なら、

「今こそ、この日本の中の重大問題を大々的に訴えるべき」だ』。

|

軽減税率財源問題・・・。

『「軽減税率の財源」は「新興宗教関連資産への重課税」で「良い」でしょ!

「宗教の本願でもある人民救済の為の支出」に「対して」、

「その宗教法人が負担を拒否する」なら、

「そんなところは、もはや、宗教団体では無く、利権団体や工作組織である事を自ら暴露している様なモノ」です。

「そんな宗教団体」なら「特別扱いは全く不適当」だから、

「宗教法人扱い」等を「即刻取りやめれば良い」』。

『「庶民の味方のフリをして、実は、金持ちを利している消費税軽減税率の枠広げ」。

「社会保障を困難にするその悪策に対して、

支持母体が新興宗教法人という公明党がごねている」のなら、

「主教法人に責任を取ってもらう」のは、

「至極当然の事」』。

|

「利権過激主義」の連中が「過激主義宗教やテロリスト等」を非難しても説得力がある訳無いでしょ・・・。

『「利権集中を止め、職業差別等々を止め、過剰な報酬・資産・財産等と血統相続等を廃止」してから、「過激主義等を非難」すれば、「実体が伴うから、初めて、説得力も出る」。

「自然の摂理」とは、「そういうモノ」』。

|

軽減税率問題・・・。

『「テレビ・マスコミ等」で「食料品全般を軽減税率にする代わりに、社会保障が削られる」のと、

「軽減税率適用範囲を狭くする代わりに、予定通りの社会保障が行われる」のと、

「どちらが良い?」等の「世論調査が無い事」が「異常」だ』。

『「実質的には、金持ちの方がよりメリットが大きい、軽減税率を応援させる様な論調ばかり・・・」なのは、

「庶民の味方のフリをして、庶民を操る悪たち」と

「相場は決まっている」。

「詐欺師的者たち」に、

「何時までも、公共の電波の使用権を与え続ける必要は全く無い」』。

|

ふざけるな!鳩ボン!!世界平和を言う前に、世界平和とは程遠い鳩山元総理自身の過分な財産・立場等を放棄するべきでしょ・・・。

『「糞バカ鳩ボン」は「平和の意味も???」の「様相」だ。「平和の大前提」は「実体を伴わない過分な立場・権力・財産等が無い事」だ。

「血統相続財産・立場の上で、過分な立場・財産等に偶々恵まれてしまった自らを温存したままの世界平和論など、戯言に過ぎ無い」。

「問題は、戯言世界平和論を悪用する悪たちが居る事」だ。

「戯言平和論を認める代わりに、売国言動等を欲しがる反日人脈の実在」は、

「無視できる訳が無い程はっきりしている現実」だが、

「産まれながらの過分な立場・資産・財産等のヤク漬けの者」には、

「実感さえ無い」のだろう』。

『「妄想的世界平和論」と「実現可能な世界平和論」は「全く違う」。

「人類の精神文化の進化」を「物質文明の進化より常に先にする」なら、

「世界平和は実現出来る」。

「重要な事」は、

「物質文明では既に実用している科学レベルで判明している実体や事実・現実」を、

「精神文化面でも実用する事」だ。

「妄想的に世界平和を語り、実質的には、反日国への売国・売国民言動を提供する事」とは、

「全く違う実態が其処に在る」』。

『「フェイスブックのCEOは、約99%もの私有財産を慈善団体に寄付するとの事」だ。

「その目的」は「子どもたちの平等の為」と言う。

「鳩山元総理」も「世界平和を言う前に、同様の態度を示すべき」だ。

「戯言&反日国への売国・売国民等々に呆れている日本国民」は、

「数多い」』。

|

テレ朝では、特別だ!ドラマを連ドラ化するらしいが・・・。

『「人間誰しも、自分は特別だ!と思いたい心を持っている」。「狭義の自分を特別扱いする事」は「自己保存にも有利に働くから」だ。

「更に、苦境を強いられた人々の心は、その苦境の分だけより、自分は特別だ!と思いたがる傾向が強まる」。

「こんなに酷い目に合う自分は、特別に違いない」等と「思う事」で、

「現状の是正無き状態下でも、心のバランスを保とうとする防衛本能の働き」だ。

「苦境に負けない、ばかりか、苦境を利用出来るまでに昇華した、スーパーマン的主人公」に、

「感情移入(自分を投影・転嫁・同一視等)し易い現代人は少なく無い」だろう。

「何故なら、現状人間社会」では、

「本質的お墨付きの無い、不公平・不平等状態が、至るところに在るから」だ。

「例えば、

多くの人々が、産まれながらの格差という不平等下に置かれ、

ほとんどの人々が、その格差上では負け組である上に、

人間社会そのものがその不平等を前提にした運営を行っている状態」だ。

「実質的には、

産まれながらに苦境を与えられ、

生後もその苦境を引き摺らされている人々が山ほど・・・の人間社会状態になっている」。

「この本質的に自虐的な人間社会状態を

本からは是正しようとぜず、

本質的に自虐的な人間社会を前提」に、

「ホンをつくり、主人公等を仕立てたり、有名人等を起用したり・・・して」、

「感情移入の便を図り」、

「多くの人々の現状下での心を惹き付ける事」で、

「視聴率等を稼ごう」というのが、

「天動説善悪観ドラマ等々」の「醜悪な実体」だ。

「悪魔に魂を売り渡した商売此処に在り・・・」だろう』。

『「少なくとも、今までの多くのドラマの善悪観は、天動説型の善悪感だった」。

「新たな連ドラでは、善悪観が地動説型に進化させられている」なら、

「未だ、救いはある」が、

「果たして・・・」』。

『「本質的には、今望まれているドラマ」は、

「特別だ!ドラマ」では無い。

「人類誰もが、自分で自分の精神文化を正常進化させて、誰もが、自分を救う救世主となる事に、力を加えるドラマ」だ。

「丸ごと一人の有名人等の天動説型の視聴者引っ張り術」は、

「もはや、過去の遺物、もしくは、伝統文化遺産等で良い」のだ。

「テレビ・ラジオ・映画・アニメ・小説等々が正常進化するのは、何時だろうか?」

「自主進化出来ない者たち」には「過分な立場・権力・報酬等は不似合い」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の「健常化は急務」だ』。

|

オバマ米国大統領の演説でテロ撲滅は無理でしょ・・・。

『「重要な事は、テロを撲滅する。テロリストを無くす。では無く、テロリストとなる者を誕生させない事」だ。

「丸ごと一人善人・優等生」の「裏」には、

「必然的」に、

「丸ごと一人悪人・劣等生」が「生まれる」。

「この自然の摂理(神の意思と言い換えても良いかも知れない)を無視したところ」には、

「本当の平和・安定は在り得ない」』。

『「米国大統領として、今、言うべき」は、

「我々は、悪戯な丸ごと一人化は止める」。

「人類誰もが、善の基も悪の基も優等生の基も劣等性の基も抱えながら存在している事をそのまま認める」と「共」に、

「それら細胞レベルの基を悪戯に丸ごと一人化する悪事を徹底的に止めさせる

情報・教育を徹底的に行う」。

「この精神文化の正常進化の道の上に在る」のは、

「殺人もテロも戦争も無い、世界平和が当たり前の世界」だ。

「・・・等々でしょ」・・・』。

|

「Mー1グランプリ」とかやってたらしいが・・・。

『「精神文化の正常進化に貢献出来ているか?否か?基準」での「審査」など「行われている訳も無い」だろう。

「精神文化の正常進化に繋がる漫才など在るのか?」という「声」が「聞こえてきそう」なので、

「筆者流に原案くらい示して置く事にした」』。

『「例えば、こんな基はどうだろう・・・」。

ボケ「我は天使の独裁者~!可哀そうな下々たちに、いち早く来世を与えてあげる~!ルンルン!」

「それでは、さっそく、核ミサイル群のプレゼント~!ドンドン!」

つっこみ「殿(大統領でも、何でも、良いけど)、さすがに、其れは、過激過ぎまする~!」

(パン・パンと手で蚊でも潰す素振り)

ボケ「何をやっている!!」

つっこみ「殿(同上)の、おバカ過ぎる脳細胞が輪廻転生しない様に潰しておりま~す」。

ボケ「たわけメ!輪廻転生なんてあるかい!!」

つっこみ「来世を信じていない殿が、下々に来世をプレゼントとはコレ如何に?!!」

ボケ「アホ!利権集中の為に決まっているだろ!!」

(もう少し、長くすれば・・・)

ボケ「お前みたいなのは、粛清だ!粛清!!」

つっこみ「残念~!コレ市民一揆なので~す!」

ボケ「何と!?」

つっこみ「もはや、多くの民が、殿(同上)に認めてもらう事より、自分で自分を認める事を選ぶ様になっているので~す!」

ボケ「何と??!」

つっこみ「それでは、殿(同上)にも、ご自身をご自身で認めて頂く事にしま~す!鏡の間に入れ!!」

ボケ「何をする!」

つっこみ「悪い事をした人は、自分で自分を認める事が苦痛になる!悪さの分だけ、殺した人の分だけ苦しみ続けなさ~い!」

ボケ「あ~!ヤダ!!ヤダ!!!誰か、早く、美女という麻薬をよこせ!大金という覚せい剤をよこせ!そうすれば、その者に大きな褒美をやるゾ!」

つっこみ「今のあなたに、何が与えられるのですかぁ?」

ボケ「教えて欲しけりゃココに来い!(お前を現実逃避のヤクにしてやる)」

つっこみ「バレバレですよ~!罪を償うまで、ずっと、お一人でどうゾ!!」

ボケ「オレだけだと思うなよ!似た者同士の同朋たちよ!!地獄も大人数なら楽しいんだよ!!!」

つっこみ「この世を地獄にして皆で支配ゴッコすれば、人類滅亡しちゃうから、過去の歴史は、もう、繰り返さない事になったんですけど~!地獄にした皆さまのみ、一人、一人、鏡の間でお過ごしくださいませ~!」

ジャン・ジャン・・・』。

『「上記の様な基本を膨らませて、オモシロおかしく演じれば、

ちょっと、シュールだが、見聞きする方々にも、

相応の精神文化の進化を誘う効果が有る」と思うが』。

『「Mー1グランプリ」の「審査基準」は、

「審査員のお手盛り」&「賞金」は、

「現状権力者等からの現状維持工作に対する報酬」だったりして・・・』。

|

テレ朝夕番では、東京のお寺の納骨堂バブルを報じていたが・・・。

『「地方から都会への人の流れ」に伴う「墓移転」で「東京では墓不足」なのだそうだ。「需要と供給で、値段が決まる現状資本主義システムの原則そのまま」に、

「東京のお寺」では「例えば、小さな納骨堂でも、200万円」で、

「何と、そのお寺では、元々の墓以外に、1000もの納骨堂を保持していた」から、

「単純に計算すれば、納骨堂ダケで、約20億円というバブルぶり」だ。

「逆に、地方では、無縁墓の整理に、多くの税金が使われている場合もある」のだそうだ。

「この様な実態を報じていた」が「その論調」は、

「納骨堂提供寺等の宣伝的だった」のだから、

「本当に、呆れた」。

「マスコミ根性が少しでもある」なら、

「言うべきは、多くの人々の死生観を進化させる事」で、

「宗教利権&遺骨利権を解消」させ、

「墓問題を解決する事等なのに!」』

『「現実として、人の誕生・死は、細胞ごとに起こっている現象」だ。

「生きている人は、誰でも、今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を体験している」。

「しかし、人の意識は、丸ごと一人で考え・思いたがる」。

「誕生・死の基本単位は、細胞ごと」なのだから、

「死を考えるなら、細胞ごとの死を考え無ければ、現実離れした考えとなってしまう」。

「ところが、古の人々は、細胞ごとの誕生・死という現実を理解・把握出来ていなかった」ので、

「人の意識上のみで、死を理解・把握するしか無かった」。

「必然的に生まれたのが、丸ごと一人の死生観」だ。

「丸ごと一人で死ぬと考えたから、死の直前と直後の人の差を埋める為に、魂や霊という概念が必要となった」。

「人が死ぬと、魂や霊が抜ける」と「考えれば、引き続き、死後の魂や霊の行き先が欲しくなるのが、多くの人々の人情」だ。

「あの世や、霊界等が、必然的に考え出された」。

「ついでに、現世での行いに応じたあの世の差を考えれば、天国と地獄が生み出せる」。

「古の人々の叡智の結晶」は「宗教となった」』。

『「今時の多くの人々」は、

「細胞ごとの誕生・死という現実を、十分に理解・把握出来ている筈」だ。

「細胞ごとの死」なら「魂や霊やあの世等々も必要無い筈」だ。

「宗教上の考え・思いによる納得に縋る」より

「科学レベルで判明した実体や事実・現実を認め・実用する事」を

「選択した人生を送っている筈」だ。

「今の多くの物質文明」は、

「科学レベルで判明した実体や事実・現実を実用してつくられている」。

「精神文化も同レベル以上に引き上げなければ、非常に危険な事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる筈」だ』。

『「さて、人間社会のレベルを天動説レベルから地動説レベルに正常進化させる上」で、

「遺骨や墓や宗教の問題はどの様に解決されるべきか?」

「古の人々が、焼いても焼け残る骨に、何か、特別なモノを感じた事」は、

「想像に難く無い」。

「しかし、今時の人々なら、骨自体も、他の人体同様、細胞ごとに入れ替わっている事を知っている筈」だ。

「もはや、

遺骨=故人の大切な物というより、

遺骨=ご遺体の焼け残りという

現実通りの認識の方が強い人々も多い状態」だろう。

「多くの人々の死生観」は、

「確実に天動説的状態から、地動説的状態に進化して来ている」。

「法整備が追い付いていないのが現状」だろう。

「死因を徹底究明し、疑問があれば、相応に必要な部分を保存し、

そうでは無いご遺体は、出来る限り、再利用、

そして、再利用も出来ない部分は、

生きている時の代謝分同様に捨てる」。

「その様な一個体の死後処理」が「現実的」だろう。

「遺骨を納める特別な場所が必要無くなれば、現状の様な墓は基本的要らなくなり、

墓問題も解決可能になる」。

「実質的墓は、故人のゲノムデータや生前の姿・形や行動・言動等のデータが在れば十分」だろう。

「情報を記録したディスクでも何でも・・・を、故人に対する思いを保持している人々が持てば良い事になる」。

「情報・教育は、もちろん、法整備等も、その様な方向に向かう事」で、

「天動説的状態から、地動説的状態に進化させる事が出来る事になる」』。

『「宗教について」は

「実体通り、古の人々の考え・思いによる納得法等として、捉え」、

「歴史遺産的に残すべきモノ」は、

「建造物や文化財等も含めて、歴史遺産等にすれば良い」。

「そして、保護が必要なモノは、歴史遺産等として、保護すれば良い」。

「それ以外の新興宗教等は、実体とすれば、考え・思いによる納得法等の提供等や商売等を行っている」のだから、

「他の企業と同様の扱いにすれば良い」。

「有名人教でも、商業スポーツ教等々でも、カウンセリング等々でも、イベント業や物品販売業等々でも、

皆、特別扱いや保護など無い様な状態」なのだから、

「宗教ダケ特別扱いして、保護し続ける事自体」が、

「実質的には、現実離れを生み続ける悪事」だ』。

『「人類の精神文化を正常進化させる事」は、

「殺人やテロや戦争等の問題を解決し、世界平和を実現する為」にも、

「非常に重要な事」だ。

「情報・教育の健常化は急務」だ。

「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオの是正」は、

「急務」だ』。

|

天動説人間たちの性差別論・・・。

『「何処かの議員」が「性の同一性の問題について、古の価値観のままの暴言を記し、謝罪した」。

「常連出演者たち」は、

「今時、差別はダメでしょ!」等の旨持ち出し、

「公共の電波上で、上辺で正義ぶるダケの醜悪な姿を露呈していた」。

「コレでは、多くの視聴者の中」に、

「常連出演者が言った差別はダメ!型」に、

「自分を押し込める規制感等が生まれるダケ」で、

「精神文化の進化はほとんど誘われない」。

「はっきり言えば、行っている事の実質は、型にはめた行動規制を誘う大衆誘導」だ』。

『「差別はダメ論を言う」なら、

「ルックス差別」とか「職業差別」等々の、

「常連出演者の利権にも係わっている差別もダメとして言わなければ、インチキ論の域を出ない」。

「常連出演者たちが言う差別だけダメ論」では、

「実質的には、常連出演者等の利権を維持~増大させる為」の

「大衆誘導となっている」』。

『「性の問題を言う」なら「性の本質から言わなければ、お話しにならない」。

「人の性は、

それぞれの細胞ごとに在る」から、

「細胞の集まりである、

ある器官の性は、

その器官を構成している細胞群によって、

どちらかの性寄りになれる」。

「そして、一人や器官としての性の同一性を強く支配するのは、ホルモンと脳」だ。

「脳にも、男性脳・女性脳が在る事は、多くの人々が良くご存知の通り」だ。

「両性具有の方も実在する」。

「大多数が、男女の二性区分に入るから・・・」と、

「それだけの性区分しか行ってこなかった人間社会は、天動説型の人間社会に他ならない」。

「今なら、実在する性区分を全て取り入れた、

脳の性と身体の性と両性具有の区分等」が

「実用されるべき」だ。

「人間社会の地動説化の実務が其処に在る」』。

『「愛の問題を性で割り切ろうとするのも、天動説」に他ならない。

「性自体が、上記の通り多様性の在る事」なのだから、

「他の人を愛する事」とは、

「その人を愛している」のであり、

「その人の性ダケを偏重して愛しているとは、限ら無い」のが「現実」だ。

「性区分を偏重した家族制度とは、天動説の家族制度」で、

「性区分フリーの家族制度化」こそが、

「人間社会の地動説化の実務となる」。

「幸いな事に、この実務は、少しずつ実現している」が、

「他の実務も、人間社会の地動説化という基本原則を多くの人々が意識すれば、

より早く実現して行く事になる」のだから、

「せっかく、公共の電波を使っている」なら、

「何時でも、何処の局でも、同様の顔、同様の論」では「無く」、

「お手盛りホーたくれ論ばかり・・・」では「無く」、

「ちゃんと、人類の精神文化の正常進化を促す役に立つ論」を「主」に、

「情報配信するべき」だ。

「多くの視聴者が、肝要な情報を十分に得ている」なら、

「視聴者も、遊びは、遊びとして、正しく用いる事が出来る様になり易い」。

「しかし、遊びばかり・・・だと、多くの視聴者が、遊びを本道と勘違いさせられてしまう」。

(「この件、殺人・いじめ等のドラマ」等でも「全く同じ」。

「視聴者が、細胞ごとの感を悪戯に丸ごと一人化する悪事を、ちゃんと悪と認識出来るドラマ等が、主とされ、

丸ごと一人のヒーローや悪人や殺人・いじめ等のドラマ等は、遊び程度に少しだけ配信される状態」が、

「今時の正当な情報配信内容」だ。)

「基本的に、遊びは、拒否権が無い程度(三分の一未満)に押さえるべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

「TBSは二度死ぬ」だと・・・。

『「偏向傾向が強い岸井氏等」を「多番組で重用している段階」でも、「いじめや殺人等のやり方や逮捕・摘発等のされ方を公然化していたドラマ等々」でも「既に死んでますから~!」

「何を今更・・・」。

「それとも、今までは、生きていた・・・とでも?」』

『「戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等々の情報&教育等は、韓(北朝も含む)流・中共流等人脈により、ずっと圧殺状態で~す!」

「だから、情報・教育の是正が急務」なのです』。

|

天動説人間たちは必死の様相だが・・・。

『「天動説人間たちによる、筆者に対する数々の工作活動は、かなり、必死に行われている様相」だ。

「しかし、例え、筆者が、工作活動の餌食になろうが、不慮の事故等で、狭義の自分を失おうが、現実は変わらない」。

「筆者が、常々記している事は、今時の人間が、客観的にはっきり見えている現実の一風景に過ぎ無いから」だ。

「バカや悪は、筆者の存在さえ無ければ、現実が変わるとでも思いたがっているのだろう」が、

「そんな事態は、最初から、在り得ない」』。

|

天動説の人間たちと地動説の人間たち・・・。

『「天動説レベルの人生観」では「成功とは、ある人が、大金持ちや、大権持ちや、大有名人や、大資産持ちや、大家族持ち等々になる事」だ。

「そして、大量消費自慰生活が出来る事」だったりしている。

「もちろん、そんな事を成功としている人間社会」には、

「殺人も、テロも、戦争も、・・・付きモノ」だ。

「地動説レベルの人生観」では、

「成功とは、誰もが、狭義の自分を健康にコントロールし続ける事が出来る様にする事で、

広義の自分の本来の目的であるその存続~永続を可能にして行く事」だ。

「この成功には、

殺欲動は在っても、殺人も、テロも、戦争も無い、

世界平和が当たり前の人間社会が付いている」』。

『「天動説レベルの死生観」では、

「人の死は、丸ごと一人単位で、魂や霊や死後の世界が在る」から、

「死後どうなるのか?」も「大問題」だ。

「地動説レベルの死生観」では、

「人の死も細胞ごとの現象で、生きている人類誰もが、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している」のだから、

「細胞ごとの死後や魂等を考えている暇があるなら、今、どうやって生きている細胞を活かすか?どう生きるか?等」が

「問題」となる』。

『「天動説レベルの人間社会」では、

「丸ごと一人の有名人やお金持ちや大権持ちが蔓延り、

多くのそうなれない人々が、そんな者たちに、自分を投影・転嫁し同一視したりして、

自分を誤魔化して生きている」。

「丸ごと一人レベルで、

優等生や劣等性、

善人と悪人等々に分けられ、

丸ごと一人の優等生や善人である事が強いられ、

丸ごと一人の劣等性や悪人となると、往々にして、虐げられる」。

「地動説レベルの人間社会」では、

「善悪とは、人類誰もが持つ、細胞レベルの感に他ならず、

健康な細胞も、

死んだ細胞も、ガン細胞等の異常細胞も、有益/有害微生物や異物も、

保持しながら生きてる」から、

「その感を丸ごと一人化して外に投影転嫁する悪事を行わない様に、

健康に自分をコントロールし続ける事」が「望まれる」。

「自分で自分を健康に支配する支配欲の本来欲求が充足される事で、

必然的に、他人を支配したり、

他人に自分を支配させたりする、

代償欲求は、

遊び程度に抑えられる」。

「誰もが、その人なりに、健康である事で、

丸ごと一人の

優等生も

劣等性も

善人も

悪人も

いないが、

健康な人間が溢れる状態になる」』。

『「天動説の人間たち」は「自己把握が不十分」だから、

「自分で、自己承認欲求の本来欲求を満たす事が出来ない」。

「他の者・物・事に自分を認めさせる代償欲求を満たそうと奔走し易くなる」。

「仕事でも、付き合いでも、組織・集団内でも、他の者・物・事に自分を認めさせる事に主軸を置いた行動をとり易い」。

「代償欲求追及上では、認める側がより大きければ、その分だけ、より大きく認められた幻想に浸れる」から、

「天動説の人間たち」は、「大きな者・物・事が大好きな場合が多い」。

「地動説の人間たち」は、「自分の実体把握もそれなりに出来ている」から、

「自己承認欲求を自分で満たす事が出来易い」。

「他の者・物・事への依存や、他の者・物・事を利用した代償欲求の追及等」を、

「遊び程度に抑える事も容易」だ。

「大きな者・物・事の必要性も薄くなる」』。

『「人類の歴史」から「学ぶ」なら、「明らか」だ。

「例えば、古の時代は、独裁的立場に有る大権力者をつくり、その墓も大規模」だ。

「それらの集団は、より大きな権力・支配地域等を求めて、集団同士、戦争まで繰り返して来た」。

「そして、その勝者がより大きな権力や支配地域等を得た」が、

「この武力による支配力の比べっこ」には、「終わりが無かった」。

「先の大戦時には、武力物質文明が、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、原爆までつくり出した」が、

「精神文化面では、未だに、天動説レベルだったので、実戦使用してしまった」。

「現在の先進国」では、

「大権集中の独裁政治等は非難され、民主主義が当たり前の様に叫ばれている」。

「其処には、確実に、精神文化の進化はある」が

「精神文化の進化に対する明らかな意識(大衆認知)が無い」ので、

「天動説状態と地動説状態が入り混じった状態の人々が多い」。

「超大規模な墓は建てられなくなり、大仰な墓も減り、墓を必要としない人々も増えている」。

「今の人類が行うべき事」は「精神文化の進化をちゃんと意識化する事」だ。

「そして、天動説状態の者・物・事を出来るだけ速やかに地動説状態に進化させる事」だ。

「人類が、殺人やテロや戦争を不要とし、二度と、核兵器等を実使用しない為」にも、

「行うべき事」は、

「既にはっきりしている」』。

『「天動説の人間たち」は

「一個体で考え・思いたがる意識そのままに、

一個体の神や、擬人化した神を信じ、依存したがる場合が多い」。

「地動説の人間たち」は

「実体や事実・現実を探求し、

一個体の神や擬人化した神を必要としない」。

「そして、例えば、自然の摂理に神を感じたりする」。

「一個体の神や、擬人化した神は、その神を信じない異教徒も生む」が、

「自然の摂理には、異教徒は無い」。

「自然の摂理を否定したり、叛いたりすれば、

何処の誰でも、何教の信者でも、

漏れなく、現実離れが付いて来る」。

「自分の実体に叛いた生き方を追及する人々が多ければ、争いも、環境破壊も、当然の如く生じる」。

「それが自然の摂理であり、

其処を、まるで、神の意思の様だ・・・等と感じる

地動説の人間たちも、少なく無い」。

「どんなに、一個体の神や擬人化した神等(偽りの神と表現しても良いかも知れない)に、

祈り、願っても、

争いや環境破壊は止まらない」が、

「全ての人類の精神文化の進化を物質文明の進化より先にする」なら、

「争いも環境破壊も止まる」。

「それも、自然の摂理(神の意思)」だ』。

『「天動説の人間たち」は、

「先ず、自分の精神文化を地動説レベル以上に進化させる事で、自分で自分を救う救世主になるべき」だろう。

「人類誰もが、自分で自分の精神文化を地動説レベル以上に進化させる事が出来る救世主となれた」なら、

「殺人やテロや戦争や環境破壊等々も止められ、世界平和が当たり前になる」。

「それも、自然の摂理(神の意思と表現しても良いかも知れない)」だ』。

|

日テレ朝番では、インチキ年金論と実質的、中国共産党への奉仕を宣伝していたが・・・。

『「インチキ年金論」とは「年金減額の必要性は言っても、どう減らすか?を言わない年金論」だ。

「もちろん、低年金者の年金を減らせば、健康で文化的な生活が維持出来なくなる」から、

「言うべき」は、

「低年金者の年金は、減らさず、生活保護等の社会保障とセットで考え、最低限のレベル以上は維持」し、

「高所得者・高資産者・高年金者等の、年金を減らす、もしくは、無くす論」だ。

「現状で高資産を保持出来ていたり、高所得を得る事が出来てきたりした人々」とは、

「現状の恩恵を十分に享受出来ている人々」だ。

「現状が完璧な人間社会なら、現状の恩恵もそのまま温存されるのが妥当」だが、

「言うまでも無く、現状は、不完全で不公平で不平等な人間社会」だ。

「多くの現状利権を得て来た人々」が、

「現状利権が少ない人々に利権を分配する」のは、

「不完全で不公平で不平等な人間社会の是正にも繋がる正しい道」だ。

「高所得者・高資産保持者・高年金者等の、年金減額、もしくは、年金廃止」は、

「声を大にして、公然化~実現させるべき事に他ならない」』。

『「現状利権を得る為の手段は色々在る」。

「現状の体制や権力者等に媚びて、オコボレを頂戴する事」や、

「現状の資本主義システムのインチキを利用して稼ぐ事」等々の「手段の場合」は、

「得られた利権に、どれ程の正当性があるのか?」は、

「言うまでも無い」だろう。

「では、

人類誰もの広義の自分の実体との整合性を取り、

広義の自分の本来の目的である存続~永続に貢献したり、

現状の是正を行ったりしながら、

ある程度以上の利権が得られた場合はどうか?」

「こちらの場合は、得られた利権にも相応の正当性がある事になる」が、

「利権を生み出している大枠である現状の経済システムや人間社会システム自体」が、

「かなり酷い」のだから、

「その辺りの是正が十分に行われるまでは、本質的正当性も???」だ。

「何れにしても、正当性が在る現状利権などほとんど無い様なモノ」だから、

「現状で、高報酬だったり、高資産だったり、・・・する者から、

応分の税等を取ったり、

年金等を減らしたり、無くしたりするのは、正しい道」になる。

「正しい事を行わなければ、破綻する」のは「当たり前」だ』。

『「中国共産党支配下の中国」に

「ノウハウ輸出をすれば、中国共産党の保身の為の道具に化ける事」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「中国共産党への奉仕を行うつもりが無い」のなら、

「中国への技術・ノウハウ等の輸出は、中国が民主化されてから!」が「正解」だ。

「海外に技術・ノウハウ等を輸出したいのなら、民主化されている国際ルールが通用する国へ!」が、

「当たり前」だ』。

『「中国共産党がもたらしている汚職大気・環境汚染の酷さ」は、

「もはや、世界的大問題」だ。

「その責任」からも、

「中国の政権交代(民主化)」は、

「急務」なのだから、

「中国共産党への実質的奉仕」は、

「絶対にダメ!レベルの事」だ』。

|

「痛いおじさん」等の記事で読者を枠で操りたがっている「痛い雑誌&執筆者等」・・・。

『「人の上辺の行動等に、レッテルを貼り、枠をつくり、悪イメージを与え、喧伝し、それを雑誌が大宣伝」する。「雑誌信者の読者たち」は、

「悪イメージ以外で無ければダメだ!」等と

「思い込まされる」。

「上辺が悪イメージ枠に入るダケで、その者全てを否定し易くする、差別的状態を生み出す」と「共」に、

「上辺は優等生の価値や利権を増大させる、実質的情報工作が其処に在る」。

「実質的には、子どもじみた痛いおじさんたち」より、

「優等生ぶって、日本社会を支配しようとしている悪たちこそが、既にバレバレであるが故に、ずっと痛い」』。

『「自分で自分を健康にコントロール出来ていない悪たち」は、

「年齢の考え方も天動説レベル」だ。

「地動説レベルで年齢を考える」なら、

「今生きている全ての人は、基本的に、同じ歳」だ。

「そして、狭義の自分個体を成り立たせている細胞群の年齢は、細胞ごとに違う」。

「成長期の人は、生まれて来る細胞が死んで行く細胞より旺盛だから、成長し、

老衰期の人は、死んだ細胞の代謝も衰える上に、生まれて来る細胞の旺盛さも衰退するから、老衰する」。

「だからと言って、今、生きている健康な細胞の大局的年齢や価値は、年齢問わず、誰でも、同じ」だ。

「天動説の年齢観」では「70年前の40歳も、今の40歳も同じ40歳」だが、

「地動説の年齢観」では「今の40歳は、70年前の40歳に比べ、基本的な年齢が70年多い」から、

「40歳だからと言っても、時が違えば、同じでは無い」。

「人類誰もの基本的年齢は、地球上の生物の年齢と一緒」だ。

「それは、事実・現実である、細胞レベルの命の繋がりを考えれば、誰もが分かる事」に他ならない。

「天動説レベルの年齢観の40歳を持ち出して、

その上辺の行動を批判する事で正義ぶる上辺は優等生たちが、

行いたい事は、何?」

「有名人利権の拡大か?

集金か?

40歳くらいの男性の立場にあるレッテル該当者たちにストレスを与える事か?

上辺の行動を制約させる事か?」

「オマケに、若者の流行りをそのまま正当化している愚劣ぶり・・・」だ。

「流行など、仕込み手の影響を受け易い若い世代の中では、仕込み次第で、簡単につくり出せる」。

「雑誌等も仕込み側の媒体の一つだから、自分たちの行っている事の実体については、無条件で無罪放免か??」

「自浄作用無き、醜悪さが其処に在る」。

「異性に持てる事に過剰な価値を与え過ぎているところも、同様」だ。

「ルックス差別情報を蔓延させ、特定の異性形態を過剰に持てる状態にする事」で、

「大衆を操る、本質的には、アクドイ商売を行っている連中のやる事」は、

「本当に見苦しい」。

「持てる、持てないなんて、気にするな!」

「自分本来の自分であれ!!」論が

「出ない・出せない裏にこそ、本当の問題が在る」。

「アクドイ商売を行っている連中も、それに操られてしまっている人々も、

自分が何を行っているのか?さえ、満足に分かっていない」のだ。

「何故なら、自分の実体把握さえ不十分な様相なのだから・・・」。

「自分が何か?もロクに分かっていなければ、自分が何を行っているのかも???で当然」だ。

「自分の行っている事は、自分の実体に叛いないのか?を確かめる為」には、

「自分の実体の本来の目的くらい理解・把握していなければ・・・」』。

『「基本的には、他の記事をご参照頂きたい」が、

「要点の一部を簡単に記す」と、

「生きている人類誰もが、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞の一塊」だ。

「それが、狭義の自分」だ。

「そして、細胞の命の連続性を考えれば、地球の生物全てが、広義の自分である事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる筈」だ。

「そして、広義の自分の本来の目的は?」

「それが、存続である事」は、

「少し考えれば、誰でも気づく筈」だ。

「広義の自分を存続させて行く事」こそが、

「人類誰もの基本的な目的」に他ならない。

「人類の世代交代は、個の保存では無い」。

「種の保存」だ。

「狭義の自分や血統家族や民族等のみの存続~永続等を考える事」は、

「種の保存という実態を無視した、現実離れした邪な考えに他ならない」。

「ところが、天動説レベルの精神文化を抱きしめていた人類」は、

「その様な邪な考えの為に、殺人や戦争等々の劣悪な行動まで行ってしまって来ている」。

「今の人類に必要なのは、精神文化を地動説レベル(科学レベル)以上に進化させる事」だ』。

『「本質的には、劣悪な雑誌記事等を、

書いたり、

掲載して売ったり、

そんな記事に操られたりしている暇がある」のなら、

「マスコミ本来の仕事」である、

「日本国内に実在している

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々の

不健康な工作活動、もしくは、ソフト・テロ・殺傷等を

暴露する・させる事」とか、

「自分の実体把握を行ったり、

自分の実体の本来の目的への貢献を考えたり、実行したりすれば良い」のだ。

「この道を進んで来ていたなら、

必然的に、

日本国内の不健康な工作活動等は、

大衆周知の事実となり、

政治家・警察等も対策を行い、

多くの日本国民の健康状態等も良くなっている筈」だし、

「人類の精神文化の正常進化に貢献する記事が載った雑誌等も生まれて来ている事になる」。

「現状の酷さは、文科系の仕事の怠慢ぶりを良く現している」。

「酷い仕事しか出来ていない者ばかり・・・なら、

立場・報酬の分捕り合戦に勝利すれば、

過分な立場・報酬が得られる事になる」。

「そして、そんな分捕り合戦で勝利した者たち」が、

「自らの利権等を維持~拡大しようとし続けている」なら、

「大衆愚民化&操り人形化情報工作等」が、

「必要になるのも当然」だ。

「先ずは、人類誰もが、

自分の実体とその実体の本来の目的を理解・把握して行く事で、

本質的な部分で、自分で自分を健康にコントロールし続ける

自分で自分を救う救世主になれば良い」のだ』。

『「今の人類に必要な仕事が出来ていない様相の痛い雑誌」は、

「何時まで持つのだろうか?」』

|

昨今の記事がかなりビンゴなのか、全体的に工作活動自体を強める様に命令でも出ているのか・・・。

『「電磁波工作集団による電磁波工作の熱心度&電磁波自体の有害度」が、「どんどん高められている」。

「仕込み場所もどんどん増えている」。

「制御法も、ターゲットの携帯電話等の位置情報を悪用して、先ずは、携帯電話方向に工作電磁波を集中させる」。

「そして、ターゲットの近くに陣取っている工作員たち」が、

「工作員たちの持つ電磁波工作器と共に、ターゲットに当たる電磁波の照射位置を微調整して行く」。

「頭や頸椎や胸や腰が狙われる場合が多い」。

「電磁波工作機仕込み場所によっては、

まるでバズーカ砲か!とでも表したくなるくらい

強く太い工作電磁波を発生させている所まで在る」。

「少し長く当たってしまうと、直ぐに、身体に変な感じが残るくらい」だ。

「そして、その変調は、その場所の細胞が代謝されるまで続く」から、

「実際は、電磁波で傷害行為が行えてしまっている」のだ』。

『「こんな事態が放置されている事自体が異常」だ。

「警察も政府与党等も何をやっているのか???」』

『「集団の特徴は、以前にも記した」。

「宗教や反日民族(複数)の臭いが濃厚」だ』。

『「かなり大規模で、それなりに費用も技術も要る事を行っている」から、

「裏に資金・技術協力者(無理やり、或いは、マインドコントロール下で協力者にされている可能性も小さく無い)を持つ事が推定され」、

「大きい反日(政治スタンス等で判別可能)新興宗教団体や、

反日国家レベルによる、

絶対に露呈させない工作活動である可能性が決して小さく無い」』。

『「飲食物工作や侵入工作等も、同じ人脈の仕業」だろう。

「繋がりが濃いと推定される●暴系の者も工作活動を行う事でシノギを得ている様相」だ』。

『「日本の中に確実に居る

不健康な思惑の下で

不健康な工作活動を行っている者たち」が、

「白日の下に曝され(本来のマスコミの仕事だ)」、

「摘発され、厳罰に処される(政治・・・法&体制整備と警察・検察の仕事だ)のは、何時だろうか?」』

|

バカバカしいでしょ!北海道新幹線の4時間の壁・・・・。

『「3時間50何分であれ、4時間ちょっと」であれ、「地球環境を考えれば、圧倒的に、飛行機<新幹線でしょ!」』

|

既に証拠は十分、後は結果を待つだけ・・・。

『「当ブログの内容からも、{今時の人類が、精神文化の正常進化の必要性}」を「自覚していた事」は「明らか」だ。

「人類全体の中としては、自覚出来ていても、それを葬り去ろうとする愚か者たちの実態」も、

「既に、明らか」だ』。

『「その後に待っている」のは、

「応分の責任である事」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

|

テレ朝朝番、インチキ年金資金運用問題論・・・。

『「世代間相互補助年金」を「とりあえず維持する為の策」としては「年金資金の株式投資運用こそが、正しい道」だ。

「何故なら、少子高齢化で、労働人口が減少し続けて来ている状態」で、

「年金資金を稼ぐ手段」は「金に金を稼がせる事だから」だ。

「労働人口が減っても、消費人口はいきなり減る訳では無い」から、

「この意味では消費税も合理的になる」。

「更に、国内株式運用比率をある程度以上取る事」は、

「国内の景気を低迷させる政権・世論等への抑止効果も生む」。

「官僚どもや今の政府・与党等」は、

「それなりに合理的な現状対策を行っている」のだ。

「この状態を批判する」なら、

「先ず、最初に、より良い提案が無ければお話しにならない」。

「現状対策を行う裏で、行うべき事」としては、

「年金体制自体を改善する事」等だが、

「その具体的な案は???」では、

「全く、お話しにならない」』。

『「公共の電波を使って、

民主党国会議員やご用達経済学者等まで登場させて、

難クセ付けの現政権&官僚による年金対策批判を行った」のが、

「テレ朝朝番のそのコーナーの内実」だ。

「自民ダメ!」も「官僚ダメ!」も「結構だが」、

「それを言う前に、自民より良いちゃんと日本国民を豊かに幸せにする政策等や、

官僚より良いちゃんと日本国・日本国民の生活を守り向上させる方法等」を、

「提案出来なければダメ」だ。

「政治主導やテレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導による民意???等の工作的手段」で、

「官僚を活かした政治より

遥かに酷い政治等を行わせてはいけない」』。

『「現状のテレビ・ラジオ」には、

「上記のインチキ論の一方的大量配信の様な、劣悪で醜悪な公共の電波使用状態」が

「多々在る」』。

『「噛み合わせ論抜き」の「歯科論も酷かった」。

「虫歯対策はもちろん重要」だが、

「歯科の問題で、絶対に忘れるべきでは無い事」は「噛み合わせ」だ。

「上顎と下顎がちゃんと噛み合い、脳を安定的に支えられる状態が無い」と、

「疲れ易かったり、集中力が削がれたり、食べ物の咀嚼が十分に出来ず、内臓負担が大きくなったり、精神的にも不安定になり易かったり、・・・し易くなる」。

「歯科の実態」は、

「例えば、経験豊富な歯科医でも、技術が古い場合も在り、

経験が浅い歯科医でも、最新技術が基本の治療を行う場合もある」。

「筆者の実体験」として、

「幼少期から特に奥歯の問題では悩ませ続けられていた筆者」を、

「ちゃんと奥歯で咀嚼が出来る様にまで改善してくれた」のは、

「若い院長先生の管理の下で、

治療内容に応じ、

若い歯科医が何人か交代で診療に当たったが、

技術が新しい歯科医」だった。

「歯周病対策もちゃんと行ってもらっている」ので、

「老後も現状維持が可能だと思う」。

「逆に、それ以前に行った、経験のある歯科医(数件行った)の場合」は、

「奥歯治療用の金属も世代が違ったり、

治療法も、ブリッジに出来るところを、部分入れ歯にした、実生活の質を考え無い様な時代遅れ的方法だったり、

オマケに、歯科医なのに、奥歯の長さをケチったりしたところばかり・・・」だった。

「筆者の実体験から言える事」は、

「歯科医」は、

「技術が新しい良心的なところが圧倒的に良い」だ』。

『「テレビ界の是正」は「急務」だ』。

|

流行語大賞問題でやくみつるが選考に政治偏向等は無い旨言っていたが・・・。

『「そんな事を言う暇が有る」なら「選考基準を言って見ろ!」の「世界」だろう。

「まるで、人民指導の為の独裁政権の様な選考委員会があって、

その内実も、

特定極一部の者が選考委員」だ。

「選考委員長が鳥越」で、

「やく等の韓(北朝も含む)流&中共流テレビ・マスコミ等の常連がモノ言う選考委員の状態」だ。

「流行語大賞というイベントを仕込み、

それを、韓(北朝も含む)流&中共流テレビ・ラジオ・マスコミ等が大宣伝している」のが「実態」だ。

「つまり、客観的に見る」なら、

「韓(北朝も含む)流&中共流人脈によるお手盛りイベントの状態」なのが

「流行語大賞」だ。

「韓(北朝も含む)流&中共流人脈の日本の政治に対する偏向性」は、

「今更言うまでも無い」だろう』。

『「実質的には、

韓(北朝も含む)流&中共流のテレビ・ラジオ・マスコミ等に対しての有益分子状態であるが故に、

有名人利権を保有している者たち」に、

「出来るだけ多くの日本国民の投影・転嫁・同一視先としての役割をこなさせる事」で、

「出来るだけ多くの日本国民を指導させてしまおう・・・」という「臭いが濃厚」なのが、

「この手の仕込みイベントの共通特徴」だ。

「其処に、政治的偏向性が無いのなら、いったい、何の目的で、こんな事を意味があるのか???」

「細川政権や、自さ社政権や、小泉政権や、民主党政権等、成立の原因の実態等」を

「考える」なら、

「多くの人々が、韓(北朝も含む)流&中共流テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報による大衆誘導の実態に気付く筈」だ。

「情報による大衆誘導の一手段」が、

「仕込みイベント&その大宣伝」だ。

「他にも、

常連出演や常連取り上げによる有名化利権製造&その悪用や、

イメージ誘導等の手段がある」』。

『「筆者には、やくの漫画は、面白く感じない」。

「やくが、テレビ・マスコミ等常連出演・登場者である事も、他の多くの現状常連出演者同様、上記の有益分子理由が無いのなら、不思議に思う」』。

『「流行語大賞」など、

「今時なら、

工作的要素を排除したネット投票やネットワードランキング等で良い」のだ。

「そもそも、者・物・事に多くの人々を依存させる手法自体が、不健康」だ。

「選考委員指導付きの流行語大賞と言う、実質的には、特定人脈ご用達の仕込みイベント」を

「無理やり正当化させようとしている様な」、

「厚顔無恥で劣悪な情報工作もいい加減にしろ!」の「世界」だろう』。

|

「宗教レベルの善悪論」と「科学レベルの善悪論」・・・。

『「宗教は、実質的に、人の意識上の考え・思いによる納得によりつくられている」。

「そして、人の意識」は、「基本的に、人間を、丸ごと、一人の人」として「捉えている」。

「善悪等の感」も、

「丸ごと一人単位で、考え・思い、納得したがる」のが、

「人間の意識」だ。

「古からの人類の精神文化」は、

「基本的に、この丸ごと一人単位で、つくられ、実用されて来ている」。

「死生観も丸ごと一人単位、善悪も、丸ごと一人単位が基本」だ。

「丸ごと一人の悪人(数は様々で、複数や集団の場合もある)」

「丸ごと一人の善人(こちらも、もちろん、数は様々で、複数や集団の場合もある)」の

「構図の下で、人間社会の運営も行われて来た」。

「しかし、もちろん、それは、現実離れした把握・認識に他ならない」。

「矛盾や矛盾感が至るところで噴出」し、

「それを誤魔化し納得する為」に、

「例えば、死生観では、魂や霊やあの世等の概念が、つくり出され、利用されて来た」。

「善悪の場合」は、

「直接悪事を行った者だけに責任を追及するのでは無く、

家族や仲間や民族や国民等々全体の責任を追及し、

善側も、家族や仲間や民族や国民等々全体で正義を気取る、

魂や霊やあの世等の概念の様な事態が、つくり出され、利用されて来た」』。

『「この精神文化の上」には、

「丸ごと一人の悪人を、全て、駆逐すれば、残った者たちは、全て善人となる」と、

「考え・思い・信じたがる道が在る」。

「ところが、もちろん、実際は、そんな事態は起こり得ない」。

「何故なら、善悪の基は、細胞レベルの現象に基づいた感覚だから」だ』。

『「生きている人類誰もが、善の基も、悪の基も、今、この瞬間にも、保有しながら存続している」。

「悪の基」とは、

「死んだ細胞を感じる感じであり、

ガン細胞等の異常細胞や有害微生物等や有害異物等がもたらす感じ」だ。

「善の基」とは、

「健康な細胞の感じであり、

悪の基を片付ける時の感じ」だ。

「人類誰もが、細胞レベルの善悪を常に保有しながら生きている」』。

『「細胞レベルの悪を全て駆逐してしまえば、免疫等が、ロクに鍛えられない状態になる」。

「細胞レベルの善悪問題の帰着点」は「健康か?否か?」だ。

「健康が保てる様に、常に、善が悪に勝ち続けている事が重要」なのだ』。

『「それでは、

科学レベルの精神文化上に在る、

一人の人間や人間社会の善悪は?」

「一番の肝」は、

「細胞レベルの善悪等の感」を

「悪戯に丸ごと一人加工して、自分も含む者・物・事等に投影・転嫁しない事」だ。

「例えば、細胞レベルの殺欲動は、存続の為にも必要な本能欲動」だが、

「殺欲動を意識野(無意識下にしても、意識上にしても)で丸ごと一人加工し、

人(自分も含む)に投影・転嫁すれば、

殺人や自殺を誘う代償欲求に化けてしまう」。

「この丸ごと一人化加工&投影・転嫁」こそが「本当の悪事」に他ならない。

「一人の人として」は、

「丸ごと一人化加工&投影・転嫁を強いない・強く誘わない精神文化を持つ事」が

「人間社会として」も、

「丸ごと一人化加工&投影・転嫁を強いない・強く誘わない人間社会」が、

「健康な状態」に他ならない』。

『「免疫の事からも分かる様に、悪事を全て封印してしまうと、悪事への対応力も失われて行ってしまう」から、

「重要な事は、丸ごと一人化加工&投影・転嫁等の本質的悪事」は、

「常に、遊び程度に抑え、健康を保つ事」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける上」で

「健康な人間社会を構築する上」で

「非常に大切なポイント」である』。

『「宗教レベルの善悪の世界」では

「善人と悪人の対立があり、

善人が勝つ事が良いとされている」。

「科学レベルの善悪の世界」では、

「善悪とは、全ての人が持つ細胞レベルの感覚」であり、

「細胞レベルの感覚を丸ごと一人化加工して外界に投影・転嫁し実用する事」が

「悪事」になる。

「悪事は遊び程度に抑え、

健康を害さない様に、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事」が「大切」になる』。

『「善人、悪人問題だけでは無い」。

「丸ごと一人の有名人や大金持ちや大権持ち等を創り出し、

投影・転嫁・同一視等の心理作用を利用して、

支配/被支配の構造下で生きる事」も、

「大きく健康を害する悪事」に他ならない。

「何故なら、其処に在る」のは、

「自分で自分を健康にコントロールし続けている人間たちでは無く、

他の者・物・事を支配したり、

他の者・物・事に自分を支配させたりする悪事」を、

「遊びレベルでは無く、

本気で行ってしまっている、

悪魔に魂を売り渡した者たち」だからだ。

「悪魔に魂を売り渡した者が蔓延る現状人間社会」では、

「殺傷事件も、テロも、戦争も、未だに、旺盛」だ。

「自然の摂理(神と表現しても良いかも知れない)が導く、当然の現象」だが』。

『「全ての人類の精神文化」を

「宗教レベルから科学レベルに正常進化させる事」で、

「人類誰もが、

自分の救世主になれば、

悪魔に売り渡した魂を取り戻す事も可能になる」。

「この自らの魂を悪魔から取り戻す

狭義の自分に対する実務が行えるのは、

狭義の自分だけ」だ。

「外界に救世主等を求めてはいけない」。

「人類誰もが、自分で自分を救う、救世主になれるのだから、なるべき」だ』。

|

2045年頃には「人工知能が人の能力を超える」と言われているが・・・。

『「人工知能の基本ロジック(精神構造)が、宗教レベルの精神文化なら、人口知能が人類を支配し、何れは、滅ぼす未来がやって来る」。

「人工知能開発より開発者も含む人類の精神文化の正常進化を前にしないと!」』

|

「流行語大賞の選考委員は野党系である事」がバレバレ・・・。

『「大賞の二つ」はとにかく(トリプルスリーは、巷では流行ってはいなかったが、サンサン(散々)三は、語呂調が日本の元気を誘いそうで・・・)、

「アベ政治を許さない!」と「SEALDs」の「ベスト10入り」は「異常」でしょ。

「韓流・中共流ニュース等では散々宣伝していた」けど、

「世間では、多くの人々が、言葉自体は知っていても、内容は、全く相手にしていなかった」のだから、

「何処が{流行}語で、何の為に流行語として表したいのか?!」

「韓流・中共流≒野党系人脈が、流行った/今後も流行らせたい等と思いたいダケ」なのでは・・・』。

『「審査委員長が、鳥越でやく等が審査委員では、こんな大賞を仕込んだ者の意図もバレバレ・・・」でしょう。

「今時なら、偏向審査委員利権など廃し、ネット、オピニオン付き投票等で、流行語大賞を決めれば良いダケだと思うが」』。

|

テレ朝昼番では、「幸せとは何か?」も???の連中が、水木氏の死をダシに色々言っていたが・・・。

『「公共の電波上で一方的に大量配信されている情報がコレでは・・・」。

「お亡くなりになった水木氏の場合」は、

「戦争体験を基に、戦後、個人ベースで、好きな事を行い、食いきれた事を幸せである旨、言われていた」そうだ。

「常日頃から、利権を追い求めている様相の、常連出演者の場合」は、

「その水木氏の言葉を受けて、幸せとは何か?等を、色々考えさせられる{優等生論}を述べていた」。

「幸せとは何か?」さえも、

「満足に分かっていない」から、

「利権集中状態上での常連出演さえも平然と行えている醜悪な実態」を、

「多くの視聴者が見せつけられている訳」だ。

「上記の実態を裏から言えば」、

「集中利権上の立場を得られるくらいに、

色々と(内実は、人脈等により他の実権を持つ人によるお墨付きを得る)努力した結果、

常連出演出来ている(上辺は)偉大な人」が、

「幸せとは何か?が良く分からない様な旨を言ってる」ので、

「幸せが分からない事は、当然」だ。

「そんな難しい事(実際は、簡単)を考えるより、

そんな偉大な常連出演者等に、自分を投影・転嫁して、

自分も偉大になった気分になる事で、

本当の自分と向き合う事から現実逃避しちゃいましょう・・・」情報等となる。

「コレでは、視聴者の精神文化が退化する事はあっても、進化が誘われる事は無い」』。

『「幸せとは何か?」を「探求する」なら、

「視聴者の精神文化の進化にも役立つ」のだから「亡くなってしまわれた水木さん」は、

「幸せについて、上記の様におっしゃっていました」。

「皆さんは、幸せとは何か?どうお考えですか?」とでもし、

「少しずつでも、視聴者が幸せ自体を探求する方向に誘えば良かった」のだ。

「その上で、

後日、

ちゃんとした心理学や、人間学等や、視聴者アンケート等々も、用いて、

幸せを探求する、

幸せとは何か?の別コーナーでもやれば良い」』。

『「肝要な事」は

「自分の実体把握無き者には、

幸せ感というヤクは在っても、

実体を伴った幸せは無い事」だ。

「幸せの問題でも、天動説精神文化上では現実離れが激しい場合が多い」が、

「地動説レベル以上の精神文化上では、現実の幸せで無ければ、幸せでは無い」』。

『「天動説と地動説についても、加筆しておこう」。

「天文学上の天動説と地動説の関係は、視点と実体の相対的な関係」だから、

「実体把握を行う限り、主軸をどちらに置いても、どちらからでも、論理的には数学等で記述出来る」。

「もちろん、地動説として実体・実態把握した方が、遥かに、実体・実態把握は行い易い」から、

「天動説のまま実体把握を行う道は、実質的には、誰も選ばない」。

「精神文明上の天動説例え」とは、

「人の意識上の考え・思いに偏執し、細胞ごとに起こっている誕生・死等々の人の現実を実用しない状態」だから、

「実体把握に至らない状態の事を指している」。

「精神文化上の地動説例えは、実体把握に至る状態の事を指している」。

「天文学上では、

天動説でも論理的に説明可能だから、

天動説も否定出来ないという屁理屈

(実際は、

天文学上では、

論理的には、天動説でも説明可能だが、

実体把握に尋常では無い手間がかかってしまうから、

実際は、実体把握が遥かに楽な地動説のみが論理面でも実用されている=実質的には天動説の実用を否定)

には、ご用心!」』

『「幸せ感とは、細胞レベルでは、健康維持の為の作業が順調に行えている時に、生じている感」だ。

「快適感等々、他の表現でも良い」だろう。

「そもそも、細胞レベルの感覚は、現実人間社会の中で人間が抱く感覚程、複雑では無い」。

「しかし、全ての人類の感覚の基」だ。

「死んでしまった細胞の分解~代謝や、

新たな健常細胞の順調な誕生や、

ガン細胞等異常細胞や有害微生物や異物等の順調な駆逐~排出等々」が「もたらしている」のが、

「細胞レベルからの幸せ感」だ。

「細胞レベルの幸せや快適等々の感」を、

「意識野(無意識下にせよ、意識上にせよ)で、

丸ごと一人化加工し、

外界の者・物・事に投影・転嫁して、

外界の者・物・事からも得たつもりになっている」のが、

「代償欲求上の幸せ感」であり、

「天動説精神文化主体時代から、人類は、この代償欲求上の幸せ感を、幸せと表現して来ている」。

「水木氏の場合は、好きな事を行う事で、順調に食えた事に、幸せ感を感じた」のだろう。

「それは、あくまでも、結果から受けた受け身の感覚」なので、

「細胞レベルの幸せと、ある意味では相似形であり、水木氏自身には、大き過ぎる現実離れが無い」。

(「水木氏がその幸せ感を得る為の状況には、数えきれない人々の、色々な状態が在った筈」だが。)

「よって、水木氏ダケに注目している限り、多くの人々が、好感を持ち易い」』。

『「ところが、現状人間社会には、幸せになる為に!等」と、

「能動的に、結果を求めて、幸せ感という代償欲求を追及する天動説精神文化の者たちが溢れている」。

「その実態」は、

「例えば、大金や、立場や、大権や、考え・思い上の理想の異性等の者・物・事を手に入れる事だったり・・・している」。

「能動的に幸せ感を追い求める場合、往々にして、他の多くの犠牲が付きもの」になる。

「一人の大金の裏には、多数の貧乏が在る」。

「ある立場を得る人が居れば、その立場は、他の人は得られなくなる」。

「大権とは、多くの権利を特定の者が握り占める事」だ。

「有名人の裏には、多数の無名人が要る」。

「考え・思い上の者・物・事の基の考え・思いは、基本的には、その人のみの考え・思いであり、他の全ての人の考え・思いと同一とは限らない」。

「さて、

他に多くの犠牲を強いている幸せ感の追及上に、

本質的な幸せの相似形は在るか?」

「もちろん、無い」。

「他に多くの犠牲を強いている場合」は、

「細胞レベルで言うなら、周囲の健常細胞を阻害した順調な誕生等(多くの場合、ガン細胞等の異常細胞ゆえに、その様な状態となる)の感覚となる」から、

「其処から生まれるのは、怒りや哀れみや悲しみ等の感覚になる」。

「能動的に幸せ感を求めるなら、全人類が幸せ感が持てる事を追及すれば、現実離れも最小限で済む事になる」』。

『「本来の感覚が病んだり、狂ったりしていない」のなら、

「この程度の事は、誰にでも分かる」。

「今時なのに、未だに、天動説レベルの精神文化のまま、まるで、野獣の如く、弱肉強食の比べっこに奔走していたりする者たちに在る」のは、

「自分の実体や自分の実体の本来の目的さえ???であるが故に生じている多大なストレスに他ならない」。

「それを誤魔化す為に、例えば、能動的に、幸せ感というヤクを追い求めたりしているその姿」は、

「正に、悪魔に魂を売り渡した者」であり、

「永遠の恥辱に染まる道の上を行く者」そのものだ』。

『「今時なら、人類誰もが、科学レベル以上を実用した精神文化へと自らの精神文化を進化させるべき」だ。

「何故なら、物質文明では、既に、ずっと前から、科学レベルを実用して進化して来ているのだから!」』

『「精神文化面で科学レベル以上を実用した番組」であってこそ、

「精神文化の正常進化の役に立つ実用品と成り得る」。

「現状では、まるで、人民車だらけ・・・の車社会みたいなテレビ界だから、

実用性能が悪い番組でも、他との比較上、目立たない」が、

「外から見れば、その時代遅れぶりは、明らか過ぎるくらいに明らか」だ。

「テレビ界の健常化は急務」だ』。

|

マイ・ナンバー問題・・・。

『「国によるマイ・ナンバー使用の一元管理」とは、「国自体に信用性が在ってこそ、正当性が生まれる」。「例えば、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を黙認したまま、マイ・ナンバー使用の一元管理をする」なら、

「政権による不適応分子の粛清工作が可能になってしまう」。

「だから、マイ・ナンバーの前には、それらの摘発~解消が必需」だ。

「現状はどうか?」

「筆者の知る限り、未だ、黙認状態」だ。

「このまま、マイナンバーで、例えば、買った飲食物等について、何処で、何を買ったのか?等が、個人レベルで特定出来る様になってしまう」と、

「特定ターゲットを狙った飲食物工作が簡単に行える様になる」。

「要は、濃度の問題」だ。

「工作飲食物を飲食する割合が低ければ、特に害が出ない程度のモノを仕込み、

工作飲食物ばかり飲食すると、害が出る様に、ベースを仕込む」。

「そして、不適応分子粛清対象とする特定個人が購買した飲食物について、

購買場所&その個人が頻繁に購買する物には、濃度が濃い目の工作飲食物を配置すれば、

何時も通りの飲食物を食べているダケで、次第に体調等が悪くなり、

早死に化させる事が出来てしまう」。

「この様な飲食物工作の実態は既に在る」から、

「以前から記している通り、筆者たちは、同じ物ばかりは買わない」。

「飲食した後、体調が何となくでも変になった外食店には、基本的に、二度と行かない」。

「電磁波工作と同じ」で、

「対策無き者は、粛清対象になり易い」。

「現状では、日本人人口を減らす目的で、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等が、行われている様相」だが、

「それが、政権の意図の下となれば、とんでもない事態も生じ易くなる」。

「日本人人口を減らして、●●系の者たちの政権が、●●系の移民を容認させる法律を通せば、

●●系人脈による日本乗っ取り支配工作が実現してしまう」。

「少子高齢化は、その第一歩」で、

「日本の少子高齢化を急速に拡大させた元凶」は、

「小泉・竹中等による二極化社会化」だった。

「小泉は、何処系の者か?竹中は?・・・」』。

『「マイ・ナンバーは、違法だ!プライバシーの侵害だ!」等々と「声高に叫び、訴えている人々が居る」。

「しかし、其処からは、上記の重大な問題が聞えて来ない」。

「まるで、中・韓がアブナイ原発を使っている中、極東地域日本のみ」等の

「声が無い」

「脱原発運動の様」だ。

「因みに、小泉元総理も脱原発派である事は、多くの人々が良くご存知の通り」だ』。

『「マイ・ナンバーのプライバシーの問題」は、

「マイ・ナンバーのシステム自体と、国や政府等に対する、信頼性の問題の裏返し」だ。

「今時なのに、連結キーが、公開キーで、タッタの12桁」とは、

「セキュリティとして大甘」だから、

「いくら大まとめごちゃ混ぜ保存状態で誤魔化そうとしても、

其処へのアクセスキー一つ盗まれれば(不正アクセス方を成立させても同じ)、

公開連結キーに基づいたプライバシーがダダ漏れになり易い事は、

言うまでも無いレベルの問題」だ。

「そして、国や政府等の信頼性」が「電磁波工作も、飲食物工作も、侵入工作等も、黙認状態」では、

「まるで、日本人粛清工作を行い易くする為の道具を新たに作る・・・みたいな状態だと揶揄されても、仕方が無い状態」だ。

「今時なら、連結キーは、非公開キーで33桁以上、個人認証は、生体認証が、当然」だ。

「収集データの大まとめごちゃ混ぜ保管は良いとしても、

アクセスキーにも、連結キー以上のセキュリティー強度を持たせるのが、当然」だ。

「費用と登録の手間はかかるが、今後の実用を考えるなら、将来的な大トラブルを未然に防げる可能性が非常に高くなる」ので、

「トータルコストとすれば、最終的には、この方が安くなる」。

「国民の安全・健康の為」にも、

「国や政府の信頼性増大の為」にも、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々」を、

「積極的に取り締まる様に、

大至急、法&体制整備を行い、

実際に、どんどん摘発するべき」だ』。

『「ガス抜き&マイ・ナンバー公然化の為では無い民意」が、

「どんどん出て来る状態」こそが、

「本当の民主主義のベース」だ。

「マスコミ等も、大宣伝すべきは、何か?」を、

「見失ってはいけない」。

「もっとも、そのスジの手先」なら、

「工作支援が当然になる」が・・・』。

|

上方向の住民は変わった様だが、やっている事は同じで、相変わらず、電磁波工作に熱心な様相だ・・・。

『「電磁波工作の実態は、以前の記事にも、何度も記している」。「そして、それが、集団的に行われている事も、何度も、記している」。

「その実態が、またまた、良く判る事態が、筆者の近隣でも起きた」。

「上方向の住民は、変わった」のだが、

「行っている事は、ほとんど同様」だ。

「相変わらず、2~3名が常駐」し、

「筆者の上には、常に誰かが居る状態を保ち・・・つまり、電磁波を悪用して筆者の居場所や体勢を特定している可能性極めて大」、

「上方向からも含む、多方向からの電磁波を、筆者の頭や頸椎や背骨や胸や腰に当て続ける工作を行っている様相なのだ」。

「もちろん、筆者の場合は、既に、そんな実態に気付いている」から、

「金と手間と時間をかけて、実効が出ない様に、対策をしている」。

「お蔭で、今は、筆者の部屋の中は、マイナスイオン発生機など無いのに、マイナスイオンだらけ・・・」だ。

「以前より、かなり、マイナスイオンが濃厚になっている」のは、

「照射されている電磁波が強化される度に、対策も強化しているから」だ。

「マイナスイオンは、涼しさも感じさせる」ので、

「暖房機器を未だ、使っていない現状では、涼し過ぎる位」だ。

「そろそろ、コタツくらい入れようか?」と「思っている」』。

『「電磁波工作対策で用心すべき」は、

「工作電磁波で使われている縦波電磁波を浴びる事」は、

「電子側・ホール側両方が一緒に照射に照射される事」だ。

「アルミ板等で、電子側を無害化しても、ホール側の対策をを忘れると、ホール側の電磁波は当てられてしまう」。

「アルミ板とビニール等を貼り合わせる(電磁波の強さによるが、筆者の所の場合は、どちらも、一ミリ~数ミリ以上の厚さが要る)と、減衰効果と共に、鏡的効果がある様」だから、

「その様な対策が、現時点では有効」だろう。

「元々は、アルミ箔程度で良かった対策も、電磁波の種類や強さが変わる毎に、

アルミ含有トタン板(比較的安価)が必要となり、

アルミ含有トタン板+ビニール等(ホール側の効果を高める変更が行われた様だ)が必要となり、

今では、より縦波の細かさ(擬似周波数)が高められたせいか、

上記の様に、

アルミ板(アルミ含有トタン板等に比べると、それなりに、安価では無い)+ビニール等(厚さにより安価レベルが変わる)が

必要になっている」』。

『「気づく事も無く、対策も無い場合、

訳の判らない状態で死亡していても、

何の不思議も無い、

電磁波工作という迷惑行為、もしくは、実質的には、ソフト・テロを行い続けている悪者たち集団」が、

「摘発されるのは、何時だろうか?」

「筆者も既に、情報は上げているので、警察等のトップの意向次第だと思うが」』。

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »