« 「羽生の凄さ」と「今年の漢字一文字のショボさ」・・・。 | トップページ | 最高裁判決で選択的夫婦別姓が認められなかったが・・・。 »

昨今の記事もご好評の様で、東北方面から強い電磁波が来る様になっているが・・・。

『「以前から、上方向からの電磁波強化等には、近隣の者の協力が有る旨記している」。

「その近隣から、強い電磁波が、階段の踊り場に向かって発せられる様になった」のは、

「少し前から」だ。

「階段の踊り場は、ターゲットも不特定で、速足で通り過ぎてしまえば、大勢に影響は無い」ので

「あえて、わざわざその旨は記さなかった」。

「しかし、その裏側に当たる筆者の住処の方へ電磁波が照射されている現状」は、

「当方を狙った悪事」と「強く推定出来る」。

「同様の悪事を行い続けている者たち」が

「東南方向にも、南方向にも、南西方向にも、北西方向にも居る」か

「もしくは、それらの方向の空き室等に電磁波工作機を仕掛けて、使っている」と「強く水底出来る」。

「単独では、あまり大きな傷害は出ないレベルの電磁波」を、

「多方向から筆者の居場所を狙って照射し続ける事」で、

「筆者にだけ、いち早く、傷害を与えたい様相」だが、

「筆者は、気づいているので、対策を行う」と、

「電磁波が強化される」。

「そのイタチごっこが、何年も続けられている」』。

『「警察等には、既に連絡済み」だから、

「今回はっきりとした東北方面からの電磁波照射を行い得る者も含めて、

既に、その人脈は、マーク済み」だろう。

「警察では、筆者に実害が出れば、電磁波工作を前提に調べる旨言っていた」が、

「実害が出る前に摘発する事が、市民の安全を守る事になる事を、いったいどの様に考えているのか?」

「対策の為の費用も時間も手間も、既に、結構かかっている事」は、

「立派に、実害だと考えられる筈」だし、

「筆者の居場所を特定している事自体、プライバシーの侵害等になる筈」だ。

「家の外から、電磁波を悪用して、覗いたり、盗聴等したり、電磁波を当てたり、する事に対して、厳しい法と摘発体制を早急に整備し、実用する事が必要」だ。

「この面では、政治も全くダメ状態」だ』。

『「韓(北朝も含む)流テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等々が蔓延って来ている戦後の日本社会」では、

「日本人に対する人権が大いに阻害されている場合が少なく無い」。

「北朝鮮による拉致」や、

「ブラック企業」や、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の問題は、その氷山の一角」だ。

「韓(北朝も含む)流情報に騙されずに、現実を是正する事が大切である事」を、

「政治家や警察等も含む全ての日本国民が、大いに意識するべき」だ。

「新興宗教等の実体が、工作組織だったりしている場合も少なく無い」。

「もはや、宗教レベルの精神文化では進化した物質文明とのバランスも取れない」。

「科学レベルの精神文化を持つなら、宗教は過去の文化遺産等として、実体通りに捉えられる」。

「宗教レベルの精神文化の時代を終わらせなければ、

殺人やテロや戦争等々の歴史が繰り返されるダケで、

人類に世界平和は在り得無い」のが

「現実(自然の摂理と言っても良いかも知れない)」だ。

「知らず知らずの内に、工作資金の提供者等にならない為」にも、

「特に、新興宗教には、くれぐれも、ご用心!」』

|

« 「羽生の凄さ」と「今年の漢字一文字のショボさ」・・・。 | トップページ | 最高裁判決で選択的夫婦別姓が認められなかったが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事