« 年末になると「亡くなった有名人」の宣伝が行われるが・・・。 | トップページ | 宗教学者提案の0葬では・・・。 »

交差点での電磁波工作も増えている様で・・・。

『「比較的長い信号停止のある交差点」も「電磁波工作の要所となって来ている様相」だ。

「交差点信号機自体が悪用されている様相では無く、交差点に隣接している建物から工作電磁波が照射されている場合が多い様」だ。

「交差点の一番前に止まる車の運転者辺りを狙っている様相」だ。

「例えば、

四つ角十字路の場合、

何れの場合も、

何れかの角や角付近にある家の部屋や商業施設建物等から発生している様相の工作電磁波」が「当てられてしまう」と、

「何か変な感じに襲われる」。

「目のピントも合わせ辛くなり、

頭も、ボーっとしたり、

気持ちが悪くなったり、

酷い場合には、気が遠くなる様な感じに襲われたり・・・する」。

「ある程度の確率で、

運転ミス等を誘ってしまう目的の工作と推定出来る」。

「一カ所や二カ所では無く、昨今急激にその数が増えている」から、

「明らかに、

何らかの集団が、

日本社会を混乱させるとか、

日本社会の中のストレスを増大させるとか、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法を用いて、

不特定の一般日本国民に対する実質的無差別殺傷を行うとか、

・・・等々と推定される何らかの意図に基づいて、

誰かの強い指示・命令等の下で行われている様相」だ。

「車に対しては、車自体に仕掛けると共に、上記の様な手法が取られている様相」だ。

「車自体の電磁波と重なると、

かなりの縦波電磁波被曝量となってしまう様に、

更に、より殺傷能力が高くなる様に、

縦波の擬似周波数等が、

車自体やカーエアコン・オーディオ等自体のROMや電磁波通信等を悪用する事も含めた、

研究の開発等の上、

次第に、高められている様相」なのだ。

「資金も開発力も工作員の数等も、結構大がかりな様相」だから、

「国家ぐるみや

それなりに党員数がある政党ぐるみや

大宗教団体等ぐるみ等の事態が強く疑われる」。

「或いは、上辺は、企業・団体等まで含めた色々な立場の者たち」が、

「例えば、日本乗っ取り支配等の一つの意志の下で行っている可能性も大」だ。

「政府も警察等も、早急な対策が必要」だ。

「マスコミなら、上記の様な実態を露呈させる事で、

多くの日本国民に、

とりあえずは、注意喚起と自己防衛を促すべき」だ』。

『「筆者の知る限り、工作電磁波と推定される変な電磁波を発生させている建物・部屋等の所有・使用者等」は、

「韓国(北朝鮮も含む)系である場合が多い」。

「中国共産党系では?と思える場合もある」。

「そして、それらの系統と馴染みの深い政党・団体関連の建物等の場合もある」。

「金正恩の誕生日が、一月八日とは、公然の秘密状態だったが、正式発表があった様」だ。

「その関係があるのか?否か?等は、警察や報道関係者等々によって、検証されるべき」だが、

「車等のナンバーで、3.1がらみ、13がらみ、18がらみの車からの電磁波が多い事」は、

「以前にも記した」。

「個人宅と推定出来る建物の場合」も

「何故か?朝鮮総連と同様の色の瓦の家から工作電磁波と推定される電磁波が発生している事も少なからずある」』。

『「拉致工作まで手伝った者たち」が「その後、何もしないで居られるのか?」は、

「誰もが疑問に思う事」だろう。

「そして、上記の様な、電磁波工作の実態が在る」。

「警察も政府・与党等も、真剣に、日本国内で行われている異常な工作活動等を摘発するべき」だ。

「マスコミ等も、ちゃんと本来の仕事をするべき」だ。

「どんなに人数が多くても、それらの者たちを摘発し、行なって来ている事を白日の下に曝す事」こそが、

「日本国民の安全・安心・本来の元気復活等々にも直結し、

拉致問題解決等への特急券になる可能性大なのだから!」』

『「軍事力を使えば、アッと言う間に負けが確定している反日国が行える事」は、

「軍事的脅しの下で、日本国内で、工作活動を行い続ける事」だ。

「日本国として行うべき事」は、

「日本国内の工作活動をちゃんと摘発し、厳罰を与える事」に他ならない。

「拉致までもが明らかになり、オウム事件までが起こされても尚、未だに、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々が蔓延っている」のが、

「現状の日本のお寒い実状」だ。

「こんな状態は、早急に是正されるのが当然」だ。

「摘発の為の法整備や体制整備等々も行わない」のなら、

「政権ぐるみで工作活動の応援をしている」と「思われても仕方無い」。

「今、政府・与党・警察等の本当の問題は、其処に在る」』。

|

« 年末になると「亡くなった有名人」の宣伝が行われるが・・・。 | トップページ | 宗教学者提案の0葬では・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事