« 結局、甘利前大臣に工作(現状では推定とされるべきかも知れないが、かなりの高確率で工作だと強く推定出来る)を仕掛けた目的等は何だったのか?・・・。 | トップページ | 小保方氏手記には、科学分野でも精神文化が未熟な者たちがゾロゾロの様相が窺い知れる様で・・・。 »

抹消されるべき策略文化・・・。

『「政界工作でも、詐欺でも、一般社会の人間関係でも、未だに、策略文化で勝負し、結果を勝ち取れば良い・・・と動いてる、おバカ、もしくは、悪状態の者たちが少なからず居る」。

「今時の人類にとって、策略文化に基づいた行動」とは、

「本質探求の結果を求めるでは無く、

上辺の結果を策略でもぎ取り(略奪)し、

本来あるべき結果等を捻じ曲げる、

大いなる自虐行為」に他ならない』。

『「例えば、

誰にとっても身近な例」は、

「策略略奪恋愛等の結果で築かれてしまった家庭等の悲劇・惨劇等や代々話等」だ。

「人類誰でも、誰かと誰かの子だが、

子の親のカップルが、

本質が合う訳でも無い者同士が、

例えば、上辺の美しさやお金や権力等が欲しくて、

誕生したところで、

快適は在り得ない」。

「はっきり言えば、現状の人類社会、快適は在り得ないカップルの方が多いくらい」だろう。

「現状の人間社会では、多くの場合、子は、その様な状態下で産まれている」。

「本質的に快適では無い状態を誤魔化す為に、

過剰なお金や権力や現実逃避ツールや現実逃避行動等々を欲するのがセイゼイ」で、

「その為のエネルギーや資金や立場等々が崩れれば、

合わない本質が遠慮無く露呈する」。

「他の者・物・事を利用した誤魔化し状態の維持の為」に

「更に、他の者・物・事に平然と更なる犠牲を強いている場合も多い」。

「自覚が有れば未だマシだが、自覚無き場合も少なく無い」。

「本質的相性は、時間経過や状態変化でも崩れない事が重要」だ。

「人は生物だから、変化は当たり前」だ。

「時間経過や状態変化を許容出来ない状態や気持ち等に縋る事」は、

「溺れる人は藁をも掴む状態に他ならない」。

「現状人間社会では、その辺りまで恵まれているカップルや家庭は、未だ、稀」だろう。

「だから、今生きている人々」が、

「上記の様な事を意識しながら、

意識的に本質探求する事等」が、

「世界平和へ向かう方向への力添え」にも

「なっている事になる」』。

『「もちろん、人類の世代交代は個の保存では無く種の保存」だから

「子に恵まれるカップルダケの話しでは無い」。

「例えば、過剰な血統家族主義や子宝等無条件賛美等の偏向情報の一方的大量配信」は、

「実質的、策略」だ。

「家族関係も、親子関係も、その内実こそが肝要」だから、

「上辺の枠を無条件的に賛美する事は、明らかに間違っている」。

「その様な情報が大量配信されていると、上辺ダケを手に入れる事が成功だと勘違いする者たちも大量に生まれ易くなる」。

「上辺の美醜差別や経済・職業差別等々と同様」に、

「人間社会を破壊し、

人類を滅亡に導く

実質的、策略」が「ゴマンと溢れている」のが、

「現状のお寒い人類社会の実態」だ。

「こんな自虐状態は、意識的に、一刻も早く、抜け出すべき」だ。

「全人類が、自らの精神文化を科学レベル以上に正常進化させるなら、自虐からの脱出も可能になる」』。

『「悪い代々話は、終わらせる事が重要」だ。

「策略文化等、親の悪い文化を代々話で子が継いでいる様」では、

「戦乱や比べっこの歴史が繰り返されるダケ」で、

「得られる結果は、人類滅亡」だ。

「個人レベル~カップルレベルの事は、多くの人々が実践出来る事に他ならない」。

「世界平和の実現は、個人個人の本質探求から始まると言っても過言では無い」。

「人間社会の基から、正常化・健常化する流れが必要」だ。

「正常化・健常化の役に立つ、情報・教育はとても重要になる」』。

『「上記の様なテーマ」でも、

「立場・環境・能力等のある者」なら、

「映画も、ドラマも、小説も、アニメも、ゲームも音楽等々も、制作・製作可能」だ。

「例えば、

恋愛ドラマなら、

本質探求故の快適実感や、

策略略奪等が必然的に招く人類全体を不幸にする実態等が描けていれば良い」。

「例えば、

政治ドラマなら、

策略による政権略奪等が本質探求を阻害したが故に起こる悲劇・惨劇等が描かれ、

本質探求の大切さが伝わる様に描けていれば良い」。

「例えば、

家族ドラマなら、

人類の世代交代が個の保存では無く種の保存であるが故に、実家族関係の内実が重要である事や、

悪い文化の代々話を続ける事の自虐性や愚かさと、

代々話を終わらせる者たちの人類の未来を明るくする実効のある活躍や成果故の快適さ等々が描かれていれば良い」。

「例えば、

善悪モノなら、

策略の悪質性を露呈させると共に、

人を殺さず悪い文化を殺す

地動説レベルの善悪モノが描かれれば良い」』。

『「策略」とは、

「自分の実体等を把握し損なっていたり、

実体や事実・現実より特定の考え・思い等を偏重しががっていたり、

・・・等々、現実離れ・実体離れしているが故」に、

「本来の自信を持てていない者たち」が

「自分の状態を改善させないまま、作っている張子の虎に過ぎ無い」。

「張り子の虎は、張り子の虎に過ぎず、実際の虎の様に生きては居ない」から、

「時間経過と共に、ボロが出続ける」。

「そのボロを誤魔化す為に、更に別の張り子の虎をつくり出そうとするのがおバカや悪状態の者たち」で、

「正常、もしくは、健常状態なら、自分を改善するのが当たり前の現象」だ』。

『「人類なら、何処の誰でも、策略等に生きず、

自分の実体に忠実に生きられる正常状態・健常状態に、

自ら、自らを導くべき」だ』。

|

« 結局、甘利前大臣に工作(現状では推定とされるべきかも知れないが、かなりの高確率で工作だと強く推定出来る)を仕掛けた目的等は何だったのか?・・・。 | トップページ | 小保方氏手記には、科学分野でも精神文化が未熟な者たちがゾロゾロの様相が窺い知れる様で・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事