« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

SPA!では、統一教会結婚の大宣伝をしているが・・・。

『「宗教等を信じると言う事は、自分自身で科学レベル以上の探求を行わず、その宗教団体や教組等の言い分に狭義の自分を支配・コントロールさせる事」に他ならない。

「今時の、普通以上の人間」なら、

「そんな自分本来の責任を放棄する様な愚行は、普通なら、行わない」。

「愚行を行っている者たちの中には、上辺の宗教以外の要素が多々見受けられる場合も多い」』。

『「例えば、日本国内の朝鮮系の新興宗教団体(統一教会もその一つ)の信者等」なら、

「日本国内で、朝鮮系血統人口の比率を上げる為」に、

「朝鮮系の者同士の結婚&子沢山状態に邁進する事」を、

「朝鮮系血統による、日本乗っ取り支配工作の一大重要戦略」として、

「積極的に行う可能性が有る」。

「上辺の宗教や信仰心等は、本来の目的を隠す為の隠れ蓑という訳」だ』。

『「元々が、朝鮮系血統による日本乗っ取り支配が目的」なら、

「詐欺的手法により、一般日本国民からお金や財産等を搾取する事も合理的になる」。

「上辺では、如何にも、人畜無罪&聖人君子を気取っている新興宗教団体やその教組等」でも、

「本来の目的は、日本人からお金や財産等を合法的に搾取する事や、

日本国内における日本人血統の者たちの人口は減らす反面、

朝鮮系血統の者たちの人口を増やす事で、

朝鮮系血統人脈による、日本の乗っ取り支配を合法的に可能にする事だったりしている場合」も、

「決して少なく無い様相」だ』。

『「日本のマスコミ」なら、

「肝心要の上記の様な要素を抜きにした情報配信はしない筈」だ。

「利韓(北朝も含む)の為の情報工作機関」なら、

「朝鮮系新興宗教団体に読者の興味を持たせる事で、

日本国内に居る朝鮮系血統の者たちのより多くを、

日本乗っ取り支配工作等に参加させよう等とする」のが、

「当然になる」』。

『「日本国内で提供されている情報・教育の大部分」は、

「日本国・日本国民の為になる」のが「当然」だ。

「特定血統人脈による日本乗っ取り工作の為になる様な情報・教育等」などは、

「圧倒的マイナー」なのが「当然」だ。

「戦後日本国内の情報・教育の健常化」は「急務」だ』。

|

「侵略者排除法」を記したら、上方向からの電磁波が一気に強化されたが・・・。

『「移民・難民受け入れ時には、移民・難民受け入れ関連法と共に、絶対に設定するべき法が、侵略者排除法」だ。

「移民・難民受け入れ国と、移民・難民の母国・祖国等とが対立関係になった時、

移民・難民として受け入れてくれた国の方に付かない者たち」を

「移民・難民として受け入れる必要は全く無い」。

「そんな者たちの受け入れは、侵略者を受け入れる事で、本来の国民に危険と不利益を与える事と同じになる」。

「侵略者排除法は、受入国側の正当な権利」だ』。

『「侵略者排除法の内容」としては、

「移民・難民が侵略工作や重大な犯罪行為等を行った場合」は、

「移民・難民が、帰化等していた場合は、国籍剥奪の上、

母国・祖国籍の場合は、そのまま、

全財産没収&祖国・母国に強制送還」等

「極めて厳しい内容も含む様にすれば良い」』。

『「ところが、本来なら在るべき、

この受入国側の正当な権利をちゃんと設定しないまま、

移民・難民を受け入れてしまっている状態なのが、

戦後の日本国」だ。

「結果として、

侵略や日本乗っ取り支配目的の、

移民・難民や移民・難民~帰化した者たちによる、

スパイ・工作活動等天国状態になってしまっている」。

「北朝鮮による拉致」や

「日本国・日本国民として異常な情報・教育等」は、

「その氷山の一角に過ぎ無い」。

「日本全国から少なくとも何十人もの人々を拉致出来た裏に在る」のは、

「日本国内の多数の協力者」だ。

「一端でも、北朝鮮の手下となった、拉致工作協力者たち」が、

「その後、北朝鮮の言う事を無視出来る訳も無い」。

「未だに、日本国内で、侵略や日本乗っ取り支配目的の工作活動を行い続けている」のが、

「実態」と「強く推定出来る」。

「巷に溢れている、

一般日本国民に不当なダメージを与え続けて居る、

電磁波工作や

飲食物工作や

微粒物質工作や

情報・教育工作や政財界工作等々の裏に在る」のも、

「その人脈である可能性が極めて高い」。

「そして、同じ朝鮮系で同調している一部の韓国系の者たちや、

連絡・工作員養成組織化している新興宗教団体の信者たちの一部や、

被差別等の鍵で、ひっかけられ、騙し、操られてしまっている、極一部の日本国民たちや、

反日で同調している中国共産党系等の者たちの一部」が、

「同調して、行っている」のだろう。

「戦後、突然、日韓併合状態が解消された時」の、

「帰不能朝鮮半島難民や日韓併合当時からの移民、

朝鮮戦争時の移民・難民、

そして、それらの人々の帰化」に「対して」、

「移民・難民・帰化等に関する法整備は成されている」が、

「不当移民・難民を排除する事で日本国・日本国民の安全等を担保する為の法整備は、

実質的に全く成されていない状態」だ。

「こんな異常事態は、一刻も早く解消するべき」だ。

「過去に遡って適用される不当移民・難民排除法を設定する事」で

「日本国内で日本国民にダメージを与え続けて居る工作活動等はかなり抑制出来る筈」だ。

「また、過去に遡る不当移民・難民排除法の設定」は、

「韓国や北朝鮮との交渉道具としても非常に有効になる筈」だ。

「韓国に対しては、

反日政策や教育を止め、

竹島の不当占拠も止め、歴史上の事実・現実に基づいた国境線にし、

日韓併合時の日本側が朝鮮半島近代化等に貢献し、朝鮮半島内の状態が一気に向上し、朝鮮人の人口も飛躍的に増えた等の正の現実もちゃんと教える事や、

戦後の日韓問題は日韓基本条約で全て完全終結等の

日本からの正当な要求を実現させる為」に、

「北朝鮮に対しても、

日本国内で行い続けて居る工作活動を止め、

拉致被害者全員を日本に帰国させる為」に、

「日本側の正当な要求を受け入れないのなら」、

「不当移民・難民排除法で、

工作員たちは(帰化しているなら、日本国籍を剥奪し)祖国・母国に全員強制送還する」とでも、

「やれば良い」のだ』。

『「日本国・日本国民の為の政権」の「本気」が「問われている」』。

|

テレ朝朝番では、「子どものしつけ」で高嶋と尾木の有名人利権を増大させていたが・・・。

『「子どものしつけ」で「大切なのは、者・物・事の本質に興味を持たせる事」だ。「例えば、ゲームが問題」なら、「子ども」が「ゲームとは何か?」や「何故、ゲームに熱中してしまうのか?」等に「興味を持てる様にする事が肝要」だ。

「ゲームとは何か?」や

「何故、ゲームに熱中してしまうのか?」等に

「興味を抱き、考える様になっている子ども」なら、

「ゲームに呑まれる事は無くなる」。

「同じ事は、宗教でも言える」。

「負の代々話を根絶する為」にも、

「上辺に呑まれず、本質を探究する、今時の人類として当たり前の基本を持つ事」は、

「非常に有効」だ』。

『「今時の人類として当たり前の基本をしつける為の方法」は、

「当然、子どもや環境や親等によって、各々違う」。

「しつけ内容が、健常なら、上辺の方法論など、

暴行・暴力・いじめ・搾取・支配等を覚えさせたりする悪の効果が無く、

健常で有意な実効が有る限り、

どうでも良い話し」だ』。

『「どうでも良いレベルの事に大衆の興味を惹き付ける事で、

安易な商売、

もしくは、大衆誘導等を行っている劣悪な連中」は、

「公共の電波上から排除されるべき」だろう。

「そんな者たちを常連出演等させて、有名人利権を維持~増大させたところ」で、

「格差が益々広がる悪の効果等は在っても、

日本社会を健常化する方向に力を加える事には、

成り得ない」』。

『「テレビ・ラジオ界の健常化」は「急務」だ。

「実質的、侵略者や侵略目的・日本乗っ取り支配目的・一般日本国民粛清目的等工作実行者たちを徹底排除する事等」による、

「日本社会の健常化」も「急務」だ』。

|

NHKでは、悪戯な移民・難民正義論が風潮されている様だが・・・。

『「移民・難民の正当性を見分けるポイントは簡単」だ。「祖国・母国等と、移民・難民先の国々との対立が起こった時に、移民・難民先の国々に付くか?否か?」だ。

「対立が起こった時に、祖国・母国を優先する様な人々」には、

「移民・難民としての根本的な資質が欠如している」。

「対立関係になった時に、祖国・母国を優先する移民・難民の実態・実体」は、「侵略者」だ』。

『「この基本原則さえ見失わなければ、多くの国々が、悪戯な、移民・難民容認政策等に走る事も無くなる」。

「重要な事は、移民・難民を受け入れる事では無く、移民・難民を生み出す事態を解消する事」だ。

「至極、当たり前の事」である』。

『「ところが、この至極、当たり前の事を疎か」に、

「悪戯な、移民・難民等を受け入れる事等で、正義ぶる事で、私益を肥やしたり、利権の維持~増大を謀ったりする悪者たちが居る」。

「自覚が有れば、悪者」だし、

「自覚が無ければ、おバカ」だ。

「悪やおバカたちに過剰な立場・報酬・権力等を与え続ける」なら、

「そんな人間社会も大いに病み続けてしまう」。

「悪やおバカたちからは、一刻も早く、過剰な立場・報酬・権力等を剥奪しなければならない現実的な理由が其処に在る」』。

『「日本に特化してい言う」なら、

「朝鮮等からの渡来系の方々」には、

「悪戯な、移民・難民等容認論が根強い」。

「その実態・実体は、自己正当化だったりしている」。

「移民・難民等を元に、日本に居続けていながら、

日本より、祖国・母国等を優先したがったり、有利にしたがったりしている方々」の

「実体は、移民・難民不適格以外の何モノでも無い」。

「まして、

電磁波工作や飲食物工作や微粒子(細菌・ウィルス・有害微粒子等)工作や情報・教育工作や政財界工作等々の

工作活動等まで行っている」となれば、

「その実態は、侵略工作実行者以外の何モノでも無い」。

「大元の指令等では、●●人脈が、日本を乗っ取り支配せよ!等」となれば、

「もはや、工作戦争を仕掛けられ続けて居る事と同じ」だ。

「そんな状態下で、

多くの一般日本国民が、

本来なら排除されているのが当然の不利益を与え続けられている」のが、

「戦後日本社会のお寒い実態」だ』。

『「そして、そんな人脈の実質的、日本に対する侵略者たちが、

工作活動等で普通の一般日本国民等の邪魔をするお仲間の手助けの裏で、

国会議員や企業・団体(宗教団体も含む)等の実権者や国連等国際機関等の中の座等々まで登り詰める事が出来てしまって居る事」さえも、

「容認・放置し続けて居る異常な甘さ、もしくは、脆弱性等」が、

「戦後の日本社会には在る」のだ』。

『「実効のあるスパイ・工作活動防止法&摘発体制の一刻も早い整備」や、

「即効性の高い、侵略者排除法(日本国籍剥奪&全財産没収&祖国・母国等に強制送還等)等の法整備&実行等」を

「早急に行うべき」だ。

「戦後日本の異常状態の是正が急務である事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

|

サンデー・モーニング、おバカ、もしくは、悪たちの、アラブの春論・・・。

『「独裁政権や民主化の本質が???の様相の連中」が「上辺からアラブの春を見て、かえって混乱しているとか、今の所失敗だとか、今の混乱の大元は米国だとか、の旨の論」を、「公共の電波で、一方的に大量配信していた」。

「今時のテレビ」なら、

「独裁政権や宗教や民主化等々の問題」も、

「本質から解き解す事で、真の解決への助力となる情報を配信するべきなのに!」

「独裁者の様な、劣悪な常連出演者たち」は、

「一刻も早く、退場させられるべき」だ』。

『「独裁政権」とは、

「独裁者に利権を集中させる」と「共」に

「その政権下に在る人々に対し、

独裁者への強い投影・転嫁・同一視を強いる事」で、

「例え、実状がどんなに酷い状態に置かれている人々でも、

独裁政権を認めざるを得ない状態に追い込む事」で、

「成り立つ政治体制」だ。

「人類誰もの、狭義の自分の支配・コントロール権の多く」を

「強制的に独裁者側に預けさせる事で初めて成り立つ政治体制」だ。

「独裁者側は、そんな状態を無理強いし、維持する為に、利権の多くを握りしめ、

独裁政権下の人々が、独裁者からのオコボレ頂戴わんわん化し易くなる状態をつくったり、

独裁者側に反抗する人々を封じ込める為に恐怖政治を行ったり、

有益分子の育成&不適応分子の粛清に基づく政策や情報・教育を行ったりする」。

「もちろん、

人類誰もが、

狭義の自分をより広く・深く、

狭義の自分自身で健康にコントロールし続けたがる

本来欲動を持っている」から、

「人類本来の健常状態を著しく強制的に乱す事に直結している」のが「独裁政権」だ。

「精神文化の進化軸では、最劣位クラスに当たるのが、独裁政権」だから、

「今時の人間社会から、独裁政権が駆逐される事」には、

「本質的な正当性がある」』。

『「本来の民主主義政権」とは、

「狭義の自分を

狭義の自分自身が健康にコントロールし続けて居る人々の

民意を集合させて、

政策等を実行して行く政治体制」だ。

「ところが、現状の所謂、民主主義圏では、未だ、この本質的なベースが十分に出来上がっていない」。

「本質的なベースが十分に出来上がっていない事を誤魔化す為の一つの手段」が

「他のより悪い者・物・事との比較で、優位化する事」だ。

「優位化の目的は、現状維持」で、

「優位化は、現状で有利になっている者たちが、

本質的には、不当な利権を抱きしめ続ける為に、

良く使われる、詐欺師的手法」に他ならない。

「本来行うべき」は、

「比較(比べっこ)上の優位に安住し、現状を維持する事では断じて無い」。

「本質との整合性を、意識的かつ積極的に、より高めて行く事」だ。

「物質文明の急速な進化」は「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で可能になっている」。

「政治・経済体制等々精神文化側でも、同様」に、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」で、

「精神文化の急速な進化を実現する事が必要」だ。

「何故なら、進化し続けて居る物質文明を安全かつ有効に使いこなす為」には、

「進化し続けて居る物質文明以上に進化出来ている精神文化を

全人類が保持する必要があるから」だ。

「進化し続けて居る物質文明の一つである武器等を使った

自虐戦争・テロ等を避ける為」にも「必要」だ。

「人類滅亡を誘う最終戦争や地球消滅テロ等が行われてしまう前」に、

「物質文明側以上に、精神文化側を正常進化させた人間世界」を

「絶対に実現しなければならない」』。

『「アラブの春による混乱を収める為に必要な事」も「もう、お分かり」だろう。

「支配者を変える事では無く、

誰もが狭義の自分を狭義の自分自身で健康にコントロールし続ける事が出来る状態を作って行く事」こそが、

「必要」だ。

「それは、現状の所謂、民主主義圏でも同様に必要な事」だ。

「世界中で、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した、

精神文化側の製品や体制や者・物・事を生み出す、

今の人類が必要な仕事を、

意識的かつ積極的に行う事」が

「少なくとも人類誰もの中(意識的にせよ、無意識にせよ)では、

激烈に求められている」』。

『「宗教の実体」とは

「古の人々の叡智の結晶であると共に、

当時の人々の考え・思いによる納得法として構築されている、

人類の歴史文化遺産」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する」なら、

「必然的に、宗教の位置や扱い等も、自ずと決まって来る」。

「宗教自体を直接相手にするのでは無く、世界中で精神文化の正常進化を行う事」で、

「対立も含む宗教問題も解消される事になる」』。

『「上記程度の事さえ???」なら「今時の人類としてはおバカ」だろう。

「解っていて、現状維持の為に、番組内容の様な論を述べていたのなら、悪」だ。

「おバカや悪の論や姿等を、公共の電波で一方的に大量配信し、多くの視聴者に見せ続けていたところで、

人間世界が良くなる訳も無い」。

「公共の電波の無駄遣い、不当使用とでも言うべき実態が其処に在る」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化は急務」だ』。

|

テレ朝では、一般人の年収等を聞き出す劣悪番組を流していたらしいが・・・。

『「一般人の年収等を聞き出す前」に、「ゲイノウ人やテレビ界の者たちの年収を言う」と「共」に、「精神文化の正常進化への貢献が非常に乏しい現状の実体に鑑みた上で、その年収が正当か?否か?」も「検証し、尋ねたりするべき」だ。

「一般日本社会では、年収300万円未満の人々が数多く居る中」で、

「日本の公共の電波使用という、稼ぎ易い、特権利用商売を行っていながら、

本来の重要な役割である、視聴者の精神文化を正常進化させる事への手助け等の仕事が、

満足に行えていない現状のテレビ界の者たちやゲイノウ人たち」が、

「とんでもないくらいの高報酬である実態」は、

「明らかに、異常」だ』。

『「公共の電波使用という特権を得た後」は、

「同様の利権を持つ、利権共同体ぐるみの特定の者・物・事偏向・偏重大衆誘導」で

「視聴者等を騙し、操り続け、

詐欺師的に不当利益を上げ続けて来ている」。

「利権を集中・偏在させ続ける事」で、

「其処に寄り添って来る都合の良い者たちを生み出させ続けて来て居る」。

「都合の良い者たちには、オコボレの利権を与える事で、犬化・奴隷化して来ている」。

「犬化・奴隷化されたオコボレ頂戴わんわんたちは、同様の構造で、オコボレ頂戴わんわんたちに都合の良い者たちを、犬化・奴隷化して来ている」。

「本当に醜悪」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」が「其処に居る」』。

『「公共の電波利権の固定化は即刻止めるべき」だ。

「自由化して、新たな人脈が参入出来る様に、積極改善するべき」だ』。

『「現状で公共の電波を使用出来ている者たちによる、

テレビやラジオ等の仕事のレベル」は、

「例えば、ニュースショー等でも、其処ら辺のおじさん、おばさんレベルの話しを身勝手に言っているダケの場合が多い」のだから、

「妥当な年収レベルは、実務をこなしている其処ら辺のおじさん、おばさん、未満で十二分」だ。

「ところが、全ての局が同様の顔・同様の論ばかり・・・状態なので、

企業等がコマーシャルを流したくても、

同様の中から、何処かの局や番組を選択し、

公共の電波上で宣伝する為に高いコマーシャル費用を払って、

依頼しなければならない」。

「高いコマーシャル費用等」は

「局側でももちろん取り、

ヒエラルキー構造に基づき、少人数の内で利権分配した後が、

下請け等が下請け等にも流されている」。

「出演者側ももちろん取る」が、

「特定極一部の者たちのみが常連出演者になれている事等」により、

「特定極一部の芸能事務所やゲイノウ人等に利権が集中させられている」。

「テレビ局社員の平均年収は、1000万円超えと言われている」が「それは平均」だ。

「中堅幹部異常ともなれば、●千万円レベルは当たり前」で、

「一般社会との隔絶ぶりは顕著」だ。

「更に、常連出演者等の年収は、3000万円どころか億を超えている事がザラ」なのだ。

「異常な利権集中を止めれば、十人十色の論が配信される様に健常化されるばかりか、

億を超える年収を持つ極一部の者たちに変わり、

通常の仕事並みの年収に落ち着く多数の者たちが仕事を行える様になる」。

「局側では、仕事の内実並みの年収に抑えたり、積極的にワークシェアリングを行えば、雇用も増え、一般社会との隔絶ぶりも、是正される事になる」。

「どちらが、より健常なのか?は言うまでも無い事」だ』。

『「特定極一部の常連出演有名人等に依存している/させられている視聴者等の実態」は、

「実体や事実・現実に忠実な情報配信では無い、

詐欺的な利権集中情報配信による

操り人形状態」だ。

「新興カルト的宗教の信者化されている様なモノ」だ。

「信者状態の視聴者等」は、

「詐欺的な利権集中情報配信の操り人形状態から、自らを解放し、救い出す事」で、

「自分本来の人生も見出すべき」だ。

「誰もが、自分本来の視点に立つ」なら、

「詐欺的な利権集中情報配信等など」は、

「要求される訳も無い、

ばかりか、

罪と罰が求められて当然」になる』。

『「格差是正を求めていながら、

大金持ちに憧れたり、大金持ちを目指したり、

有名人に依存したりする事等」は

「明らかに矛盾している」。

「格差是正を実現する為」には、

「実体や事実・現実のお墨付きの無い、大金持ちや有名人等は否定され、

罪や罰が要求されるのが当然」になる。

「より大金持ちに憧れたり、より大金持ちを目指したり、より有名な人に依存したりしている人々の実体」は、

「格差増大を求めている/求めさせられている人々に他ならない」。

「詐欺的情報・教育等で操られて、

知らず知らずの内に、

格差増大を求めさせられている事」とは、

「現状の利権保持者を、称賛させられている事・認めさせられている事に他ならない」。

「大金持ちや大権持ちや有名人に依存する(=支配下に置かれる)事を容認する事の愚かさ等」は、

「独裁国家等の実例を見れば、明らか」だろう。

「独裁国家等と同様の状態を、自由主義圏の各分野等で望んでいる者たちの実体」は、

「自分で自分を健康にコントロールする代わりに、他の者・物・事の支配/被支配という代償欲求の追及に奔走している者たち」だ』。

『「遊び程度なら、それも当然の権利」だが、

「人々の実生活に直結している実年収等に係わっている状態は、遊びで済まされる事」では「断じて無い」。

「人類の実体や事実・現実との整合性が悪い、

過剰な年収や資産や権力を保持している大金持ちや大権持ちや有名人等を認めている(≒依存している)者たち」とは、

「例えて言うなら、ヤク依存者や、ギャンブル依存者や、セックス依存者等々と同様の病的な状態に他ならない」。

「そんな状態の人々」は、

「一刻も早く、狭義の自分を健常化するべき」だ』。

『「公共の電波を使って、悪劣な商売や利権維持~増大等が公然と行えてしまっている現状は、明らかに異常」だ。

「テレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

大阪暴走車問題、だいぶ、その実態が明らかになりつつあるが・・・。

『「該当交差点の約100m手前で、ハザードライトを点灯させて停止し、自車が先頭となる、歩行者側の信号が青となるタイミングで、車を急発進させた事」を「突然の病気による」とばかり「喧伝している」のが「テレビ等」だ。

「普通に考えれば、先ず、無差別殺傷目的と推定出来、次に、突然の病気等の可能性」だろう。

「急発進後の運転手が、ハンドルを握らず、恐らくは、目も閉じていたであろう事の訳」は、

「急発進して、直進すれば、歩行者に突っ込む事を確認した後、

自分の責任でハンドル操作をする事を避ける事で、

責任回避する為だったのでは?」等とも「推定出来る」。

「今時の車は、良く出来ているから、車内の者が事故等で死ぬ確率もかなり減っている」。

「シートベルトをしていたであろう運転手は、自分が死ぬとは思ってもいなかった可能性も大」かも知れない。

「ハンドル操作が出来得る体勢を外から見られた証言がある」と「病気や事故等の理由で責任回避も困難になる」が、

「ハンドルから手を放し、ぐったりしている様相を目撃させれば、病気~事故等の理由で、逃れる事等が、より容易になる」。

「その辺りの可能性も消さずに、徹底捜査する事が重要な状況が未だ有る」のに、

「テレビ・マスコミ等では、早くも、突然の病気で、大衆を納得させようとしている様相」なのだ』。

『「突然の病気、しかも、大動脈解離等の場合」なら、

「電磁波工作による影響も検証するべき」だ。

「電磁波工作を行っている悪どもは、

脳とか心臓の様に、細胞の代謝が行われ辛い部分や、

脊椎の様に、新たな血液を頻繁につくり出している部分の、

どちらか、もしくは、その両方に照準を合わせる傾向が強い」。

「電磁波工作の被害者なら、その影響により、突然の失神や、大動脈瘤乖離等もあり得る」。

「代謝が活発な筋肉等に照準を合わせて、執拗に工作電磁波を当て続けたところで、

得られる実効は、筋肉強化等となってしまい、

粛清等、本来の工作目的からは、外れてしまう事になる」が、

「脳や心臓等なら、即効も期待出来てしまう」』。

『「また、

悪どもは、工作員たちに本当の事を言っていないかも知れない」が、

「例え、工作電磁波でも、反射波は存在する」から、

「工作員自身も工作電磁波を浴び続ける状況下に置かれ続けている」。

「歩行者に突っ込んだ車はもちろん、事故前に、その車の前後等に居た車等も、電磁波工作検証対象に含めるべき」だ』。

『「状況的には、上記の様な事態も、未だ、十二分に疑える段階」なのに、

「早々と、突然の病気ダケを大宣伝しているテレビ・マスコミ等」は、

「まるで、

悪権力者等の下の

情報統制の為の機関の様」で、

「本当に異常」だ。

「まるで、

日本乗っ取り支配工作が完了するまで、

反日人脈による、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や微粒物質(細菌・ウィルス等を含む)入り気体等工作等々や、

表の顔事故&内実は日本国内での無差別殺傷工作等々の、

実質的テロ・粛清行為等の問題を、

黙殺させ続ける目的でもあるかの如く」・・・。

「戦後日本の情報・教育界で、未だに、大いに蔓延り続けて居る、この様な異常性」は、

「一刻も早く、是正されるべき」だ』。

『「その後の報道発表では、死亡してしまった該当車の運転者を司法解剖したところ、大動脈解離の所見が視られた」のだそうだ。

「しかし、大動脈解離が何時起こったのか?の特定は???」だ。

「衝突時のショックで起こった可能性も、未だ、否定出来ない筈」だ。

「今の段階では未だ、

病気発症による事故と決めつけずに、

あらゆる可能性を考慮した上での徹底した真相解明が必要な状態は変わっていない」。

「果たして、真相は?」』

|

テレ朝朝番では、「大阪暴走、原因は大動脈解離では論」と「保育園落ちた日本死ね」の宣伝に熱心だが・・・。

『「突然の体調不良や失神等で、あの暴走状態が生じるのか?」の「十分な検証無きまま、大動脈解離(暗号的には、三Kの大物・・・つまり、事件扱いされて、裏を徹底的に洗われると困る等の意にもなる。)を宣伝していた」のだから、

「本当に呆れた」。

「もちろん、大阪の暴走は、事件の可能性も含めて、徹底的に捜査するべき」だ』。

『「更に、

お仲間世論」を「反日に誘う」べく、

「{保育園落ちた日本死ね}ブログの大々的な宣伝まで行った事」には、

「尚、呆れた」。

「子育て、待機児童問題の解消を訴える事には、正当性がある」が、

「その問題を理由にして、日本自体を否定する、日本死ね!とやる事には正当性は無い」。

「反日活動家」や、

「反日教師等の教育や、反日情報等々の操り人形」では

「無い者」なら、

「日本死ね!表現は生まれて来ていない筈」だ』。

『「日本死ね!表現ブログ」を

「日本の公共の電波を使って大宣伝している」のが

「日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)を太らせた実績の有る民主党政権を生み出す事に大きな力を発揮したテレビ」だ。

「日本を細らせ、反日国を太らせた政党の実体」は、

「反日政党と言われても仕方の無いモノ」であり、

「そんな政党が政権を取る事を大応援したテレビ」も

「反日テレビと言われても仕方無いモノ」だ。

「そして、テレビでは、日本の公共の電波を使えていながら、

未だに、

{日本死ね!}ブログの大宣伝や、

反日政党の応援等まで、

行っている」』。

『「子育て、待機児童問題を解決するのは、簡単」だ。

「子育てを仕事と認定」し、

「応分の報酬を与える体制にする」と「共」に、

「希望者の、子育て前の仕事への復帰を担保すれば良い」。

「前職復帰希望者には、復帰後に直ぐその仕事が出来る様に能力維持~向上義務を課し、

企業等の側には、能力が担保されている限り、復帰を認め無ければいけない義務を課せば良い」。

「休職中は、企業側からの給与を、支払う義務を無くし、他の期間契約社員等が雇える状態を担保すれば良い」。

「性差別を徹底撤廃させ、両親の内、一人が、子育てを仕事とする事が出来る報酬を与えれば良い」。

「この基本ネット(網)に乗らない状態の人々に対する次のネットの位置」に

「保育園を据えれば、大量の保育園が必要などという異常事態は無くす事が出来る」。

「子育て報酬の源泉」は、

「現状で過剰な資産・報酬等を保持出来ている者や企業・団体(宗教団体も含む)等から、

取れば良い」。

「本気で格差是正&少子高齢化対策を行う気がある」なら、

「上記は、行えない訳の無い事」だ。

「そもそも、子育てとして、1歳レベルから他人が子育てという事自体間違っている」。

「学校は、基本的に、満三歳より後からで良い」。

「子育て報酬も離職可能期間も3年程度が適切」だ』。

『「考えて欲しい」。

「拉致被害者たちの家族たち等が、{日本死ね!}を言うだろうか?」

「日本の体制不備等を嘆き、体制改善や、拉致被害者を一刻も早く帰国させる事等を訴える事等は有っても、

{日本死ね!}は言わない筈」だ。

「日本をもっと、まともな状態・まともな国にしよう!等の旨の発言はあっても、

日本自体の否定を意味する{日本死ね!}は無い筈」だ。

「日本自体の否定を行える者」とは、

「反日思想に染まっている者くらい」だろう。

「そして、日本自体の否定を日本の公共の電波上で大宣伝出来るのも、反日思想に染まっている者たち」だろう』。

『「三Kの大動脈で、日本を殺せ」の

「暗号指令とも取れてしまう放送内容を平然と流している」のは、

「反日人脈の者たち」と「強く推定出来る」』。

『「テレビ界」を

「特定極一部の常連出演者たちで埋め尽くし、

何処の局でも同様の顔・同様の論状態を続ける事」は、

「情報を偏向させ、偏向情報で多くの視聴者を操り続ける為には、必要な事」だ。

「学校教育でも、団体教師が至る所で、同様の論を生徒に教え込み続ける事」も、

「同じ事」だ。

「戦後日本社会の、日本本来の多様性を失わせている、この大異常状態」は、

「一刻も早く是正されるべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界や、学校教育界等々の是正」は「急務」だ』。

|

おバカ、もしくは、悪、マスコミの「死の天使論」&大阪でまたまた暴発したかも知れない現状脱出欲動・・・。

『「介護ホーム入所者(=お客様)投げ落とし事件」の「容疑者」を「死の天使」と「表現する辺りからして、如何にもチョウニチ」だ。

「しかも、仕事に自分を賭け、仕事を自己確認の代償欲求の追及に使っている、

おバカ、もしくは、悪状態の者を前提にした論を風潮していた」のだから、

「本当に呆れた」。

「言うまでも無く、自己確認の本来欲求は、狭義の自分を健康にコントロールし続ける事で充足され易くなる事」だ。

「狭義の自分をちゃんと健康にコントロールし続けている」なら、

「自己確認や自己承認の代償欲求を過剰追及する事の為に

仕事を利用する

実質的、自虐悪事など行う訳も無い」。

「仕事に自分を賭ける事等を前提とする論」は、

「自分で自分を健康にコントロールする事で本来欲求を充足させる本来の状態を誘う事を阻害する、おバカ、もしくは、悪論以外の何モノでも無い」。

「そんな、おバカ、もしくは、悪論を、公共的マスコミの一部である雑誌等で大々的に宣伝する事も、また、

おバカ、もしくは、悪、以外の何モノでも無い」。

「そんなおバカ、もしくは、悪論等が蔓延れている人間社会を続ける」なら、

「人類滅亡が迫って来るのも、当然過ぎる程当然」だ。

「本質的に必要とされている能力が欠如している連中」は、

「人類滅亡を避ける為」にも、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育等や政治・経済等の、所謂、文系の仕事から、退場するべき」だ』。

『「狭義の自分が救われたい状況下に置かれる」と「人は、誰でも、救いに強い興味を覚える」。

「意識レベルでも、無意識レベルでも」だ。

「人の行動のかなり多くの割合は無意識のエネルギーに引き摺られている」。

「それは、例えば、意識的に手足等の動かし方を認識して歩いている事がどれだけあるのか?」等を「検証しても、誰もが気付く事」だ。

「無意識レベルで、救いに興味を抱いた者たち」は、

「無意識レベルの興味と、意識レベルで認識・把握している現状人間社会の接合点を求め易い」。

「所謂、合理化」だ。

「該当容疑者の場合、救急救命士にその接点を見出した様」だ。

「ここで、振り返って欲しい」。

「元々は、狭義の自分が救われたくて、救いに興味を持った者」が、

「その代わりに他人を救う職業を選択している実態が其処に在る」。

「そんな状態の者たちにとって、他人を救う仕事は、狭義の自分を救いたい本来欲求の代償欲求の追及に他ならない」。

「どんなに充足しようとしても、充足出来得ないのが、代償欲求」だ。

「何故なら、充足を求めているのは、本来欲求だから」である。

「代償欲求の追及にどんなに奔走しても、本来欲求が充足される事はあり得ない」。

「充足されない本来欲求」は、

「時を重ねれば重ねる程、不充足故の欲動を巨大化し易い」。

「本来欲求の充足を把握・認識・意識せずに、本来欲求の充足の代わりにその代償欲求の充足に奔走している者たちの中」では、

「代償欲求の追及こそが、本来欲求を充足させ得るべき事だ!等の旨の齟齬が生じている」。

「時を重ねれば、重ねる程、どんなにその追及に奔走しても、充足される事の無い本来欲求の不充足感が高まり、そんな状態を打破させるべく、現状脱出欲動が生じる」のは、

「当然の現象(自然の摂理)」だ。

「そして、現状脱出欲動暴発の八つ当たり先は、現状脱出欲動を暴発させた時、その者の近くに在る者・物・事になってしまう」のも、

「当然の現象(自然の摂理)」だ。

「狭義の自分を救いたくて、救急救命士の資格を取り介護職員になった者が、狭義の自分を救えずに、現状脱出欲動の暴発を起してしまった結果」が、

「介護ホームの入所者投げ落とし事件」だ。

「其処に在る」のは、

「死の天使」というより、

「自分で自分の欲動さえ分からず、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事が出来なかった未熟者であり、

そんな未熟者を大量に生み出し続けて居る情報・教育」に他ならない。

「視方を変えるなら、酷い情報・教育が、未熟者を量産している」のだから、

「該当事件の真犯人は、酷い情報・教育という事でもある」のだ』。

『「そんな酷い、情報・教育を行っていながら、過分な立場・報酬・権力等まで得られている者たちまで少なからず居る」のが、

「現状の情報・教育界の実態」だ。

「是正が、急務である事」は「言うまでも無い」だろう』。

『「大阪で、またまた、車が歩行者に突っ込んだ」。

「その真相は、今のところ、未だ、判明していない」が、

「現状脱出欲動の暴発」か、

「電磁波工作等」が

「原因」である「可能性が、結構高いのでは・・・」と「感じている」。

「同様の新たな事件・事故等を激減させる為」にも

「情報・教育の健常化・正常化は急務」だ』。

|

相棒「シュレディンガーの猫」・・・。

『「シュレディンガーの猫という思考実験をダシ」に「殺人事件が起き無いで済んだドラマにした事」には「進化の芽」を「感じた」から、「ホンのスジは良かった」と思う。

「残念ながら、ホンのスジの本来の良さを視聴者に伝える為の

まとめ方とか映像手法等は、

何処かでも見た様な、旧来通り・・・」と、

「未進化状態だった」ので

「スジと映像つくりの齟齬」によって、

「視聴者によっては、???の感が拭えない方々も居たのでは・・・」と「思えたところ」だ』。

『「シュレディンガーの猫」とは、

「粒子が発生すると、有毒ガスが発生する箱の中に、猫を閉じ込めて置く」と「仮定」して、

「中の猫が生きているのか?死んでいるのか?」を

「論理検証する思考実験」だ。

「一時間の内、50%で粒子が発生する」と「仮定する」と、

「箱を開ける前・・・つまり、観測する前」なら、

「猫は50%の確率で生きているか、死んでいるか、の両方の状態が在る事になる」が「本当の結果は判らない」。

「だから、箱を開ける前は、どちらも有るとしておくしか無い」。

「箱を開ける・・・つまり観測する」と「結果は確定出来る」が、

「箱を開けた事によって、例え有毒ガスが発生していても、未だ、猫が生きていた猫が助かる可能性も出て来る」。

「つまり、箱を開ける・・・観測する事が、結果に影響を与えてしまう」。

「元々は、生きている・死んでいるそれぞれ50%づつという結果しか無かった猫」が、

「箱を開けられる・・・観測される事により、生存確率も上がる・・・結果が変わる」。

「そんな現象は、量子の世界では当たり前に存在している」が、

「量子の世界の現象を現実一般社会レベルで巨視化して理解する為の思考実験」が、

「シュレディンガーの猫」と言う訳だ。

「トポロジー的に、閉じた箱と開いた箱は全くの別物」だから、

「量子の世界の出来事も、

シュレディンガーの猫も、

当然の現象」だが、

「不思議に思う方々の思考を整理する為」には、

「巨視化は有効な手段」だ。

「相棒のホン」では、

「観測前は、色々な殺人の可能性が在った事をイメージ映像的に流す」と「共」に、

「相棒の二人が観測者となった事で、殺人事件が起こされなくて済んだとする事」で、

「量子の世界では当然起きる現象や、シュレディンガーの猫の要素を上手く使っていた」。

「人類誰もが保持している殺欲動を十二分に認めた上で、殺人欲動を殺すドラマ」では「無かった」が、

「観測によって殺人が避けられたドラマ」は、

「殺人ドラマより遥かに良い」。

「今後の課題」は、

「殺人ドラマは撮り慣れているが、殺人を無くすドラマは撮り慣れていない方々の、進化」だ。

「ホンの骨子を、イメージ映像に逃げずに、もっと、もっと、分かり易く仕上げないと、大衆芸能としてはダメ」だろう』。

『「量子の世界やシュレディンガーの猫の本当の問題」は、

「観測機器や人間の脳の分解能や解像度等が、量子レベルより遥かに劣っている事」だ。

「遥かに劣っているところから、天動説的に、実体を理解・把握しようとする」と、

「とても複雑な数式等が幾つも幾つも必要になる」。

「逆に、量子の世界のありのままから解き解して行く」なら、

「誰もが簡単に理解・把握する事も可能になる」。

「余り詳しく記すと、悪用する者たちも出てしまうだろうから、

多くの方々も良くご存知の当たり前の事だけ記す」なら、

「素粒子等が何故生まれ、存在しているのか?」

「生物と物質を分けるモノは?(ヒントは、トポロジー)」

「宇宙の大元は?」等を、

「ありのままに理解・把握する」なら、

「時空制御が可能」となり、

「時空爆弾や重力制御等々も出来てしまう」のだ。

「宇宙の大元が極小だった事を推定出来る人たちなら、

時空爆弾も極小で作れてしまう事も解る筈」だ。

「そんな時空爆弾の威力は、当初の極小宇宙が現宇宙にまで大きくなっている事からも想像が難く無い様に、

原水爆とは比べ物にならないレベルになる」。

「地球消滅など簡単に実現してしまう極小時空爆弾を誰もが保持可能となってしまう時代となる前」に、

「人類の精神文化の進化を物質文明の進化以上にしなければならない重大な理由が其処に在る」』。

『「テレビドラマの進化も大歓迎!」だ。

「相棒も、続けるなら、もっと、もっと、進化させるべき」だし、

「他の番組でも、もっと、もっと、進化を頑張るべき」だ』。

『「進化し始めたテレビ」とは

「シュレディンガーの猫で言う」なら、

「開いた・・・観測され始めた箱」だ。

「多くの視聴者が、観測者となる事で、閉じた箱は、開いた箱に変化せざるを得なくなる」』。

|

TBS、本当に呆れたゾ!「介助犬育成でゲイノウ人売り」とは・・・。

『「介助犬の育成なら、視聴者から希望者を集い、適性の有る者を選び、取材させてもらい、放映すれば良いダケ」だ。

「その方が、

より多くの人々が実感を持って考える上に、

下手なゲイノウ人より面白いシロウト芸も少なからず発生するだろうから、

介助犬育成等も流行り易くなる」。

「公共の電波を使って、介助犬育成等で、ワザワザ、ゲイノウ人や芸能事務所等にお金や有名人利権等を与える必要は全く無い」。

「芸能人なら芸を売るべき」だ。

「私生活売りや、トラブル・問題売りや、門外発言等売り」等々は、

「本当に、不健全で醜悪」だ。

「実質的には、ゲイノウ人や芸能事務所に利権分配している内容のテレビ番組」を、

「一方的に、何度も、何度も、何処の局でも、見せ付けられ続ければ、

多くの視聴者の中で、

ゲイノウ人はいいなぁ~!

ゲイノウ人は特別だなぁ~!

ゲイノウ人になれば得だなぁ~!等々の、

実質的には、実体や現実離れしているロクでも無い心理等が、

意識的にせよ、無意識的にせよ、育成され続けるダケ」だ。

「心理的に不健康な人々を量産する事が目的では無い」のなら、

「その様な、実質的には、下劣な内容の番組等」は、

「番組自らの、実質的、罪に鑑み、早々に、公共の電波上から退くべき」だ』。

|

北朝鮮が先に中国共産党支配下の中国を攻めると・・・。

『「一斉に、核兵器まで含むミサイル攻撃等で、中国の要所を攻め落とせれば、中国側から戦争を仕掛けられる前に、勝負を付けられ、戦後はとにかく、北・中戦争時には、米国も手出ししない」かも・・・。

「戦争に限るなら、先手必勝が、中国共産党にも北朝鮮にもあったりして」・・・』。

|

中国共産党支配下の中国を米国やEUと並べて大国として扱っている中国共産党の手先たち・・・。

『「言うまでも無く、EU等がチャイナマネー目当てで中国共産党支配下の中国と仲良くしている事は、中国を大国として認めている事では無く、かつて、清を蝕んで暴利を得ようとした行為と同類の事」だ。

「それなのに、未だに、中国共産党支配下の中国」に

「米国やEUと並べて言う事等により、大国イメージを与え」、

「大国として付き合った方が良いのでは等の論を風潮している者たち」が、

「日本の中にも、少なからず居る」。

「そして、そんな者たちの論を韓(北朝も含む)流マスコミ等が、率先して取り上げ、原稿料等の報酬まで与えている」。

「酷い場合」は、

「日本」は、

「米国に付くべきか?」

「(中国共産党支配下の・・・ここまでは、原発問題同様、ワザと言われていない・・・)中国に就くべきか?」を、

「慎重に考えるべきだ!」の旨まで、

「喧伝している」。

「その実態」は、

「読者や視聴者等に、

()内の実体や事実・現実を隠した偏向情報を積極配信する事で、

大衆誘導を行う

情報工作の手口そのもの」だ。

「そんな日本の為より中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等の為になる大衆誘導目的の情報工作」が、

「未だに、日本国内で、

蔓延れ、

それに基づいた利潤等まで生まれ続けてしまっている」。

「視聴者・読者等は、何処の誰に{貢いで}しまっているのか?等」を「良く考えるべき」だ』。

『「中国共産党支配下の中国に付く事」とは、

「実質的には、中国の自治区扱いの国になる事」だ。

「独裁権力機関である中国共産党の支配下に入ると言う事」だ。

「中国共産党支配下の中国に付く、自由主義圏の国など在る訳も無い」。

「だから、実際に、起こっている事もその通りになっている」。

「チャイナマネーを貪る羊の皮を被ったハイエナ的国家」は、

「自由主義圏からも続々と出た」が、

「中国経済が下降気味になり、満足にチャイナマネーを貪れなくなる」と

「途端に、反中国共産党等を訴え、中国共産党支配下の中国から遠ざかっている」。

「かつての清の時には、無理やりでも貪ろうとした国々が、ジェントルに遠ざかるダケになった事には、いくらかの精神文化の進化が出ている」が、

「他から貪る文化に変わりが無い限り、本質的には、同類状態」だ』。

『「自由主義圏国の戦後の日本の場合」は、

「中国共産党支配下の中国に付く訳も無ければ、

チャイナマネーを貪る羊の皮を被ったハイエナ国家になるべきでも無い」。

「中国共産党と距離を取りながら、

中国民主化の力となる様に、

中国国民と経済面でも連携すれば良い」』。

『「米国に付くか?」の「意味」は、

「米国の下に付くか?では無い」。

「自由主義圏の国として居続けるか?」だ。

「だから、既に、日本は、米国ばかりは無くEUにも付いている」。

「そして、TPPも間近に控えている」。

「精神文化の急激な正常進化や、

世界大戦や地球環境の激変等が無い限り、

自由主義圏が広がる流れが、今後も続くだろう」』。

『「米国とEUの間に在るのは、対立関係では無い」。

「利害関係」だ。

「中国共産党支配下の中国と、自由主義圏の国々の間に在る」のは、

「独裁政権と自由主義国家の支配権争いの対立関係」だから、

「その差は、甚大」だ』。

『「中国共産党支配下の中国」は「断じて大国では無い」。

「人口の多い独裁政権国」だ。

「独裁体制という時代遅れの支配/被支配構造を持っている大人口国」では、

「謳い文句の共産主義等は何処へやら、

共産党幹部等の極少数の超大金持ちと、

共産党幹部等に賄賂等を渡して有利な、場合によっては、不当な、商売等で稼げた少数の大金持ちと、

真面目に普通に働く、

或いは、

働きたいが立場も職も無い、

大多数の貧困階級の人々」という、

「金権独裁体制国家そのものの体を露呈している」。

「大人口国=大国では無い」

「大人口国でも、時代遅れの金権独裁体制国は、

時代遅れの金権独裁体制国で、

強いて言うなら、人口大国体制小国」だ。

「日本の中で、そんな中国共産党支配下の中国に日本が付く論等を言いたがる」のは、

「中国共産党の手先か、中国共産党支配下の国々の手先くらい」だろう』。

|

テレ朝朝番、ネット爆破予告犯として出頭までしていた者が窃盗容疑で逮捕された事をネット非難に悪用していた醜悪劇・・・。

『「都合の悪い逮捕」に対しては「不当別件逮捕だ~!」等と「警察批判をする事等がお得意の連中」にとって「今回の逮捕は、余程、好都合」なのだろう。

「日頃の、不当別件逮捕~!」等は「何処へやら、未だ、窃盗容疑の容疑者でしかない者」を

「さも爆破予告の真犯人であるかの如きイメージ扱っていた」と「共」に、

「事件を、ネット非難にも悪用していた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「約一ヵ月も前に出頭し、パソコンまで警察に押さえられていた、

該当容疑者が、

窃盗容疑で逮捕された事」とは、

「未だ、爆破予告犯の真犯人は特定出来ていない事」に他ならない。

「該当容疑者の逮捕=爆破予告犯の逮捕の如きイメージ」等の

「公共の電波上での一方的大量配信」は

「明らかに不当」だ。

「自ら、爆破予告犯として出頭している事」と「真犯人の逮捕は全く別」だ。

「自ら出頭の可能性としては、

愉快犯はもちろん、

真犯人を庇う為の盾や見せ球としての出頭もあり得る」。

「それなのに、一部雑誌や、テレビ界では、早々に、真犯人的イメージで該当容疑者を扱っている」。

「一部雑誌やテレビ界等の特定の人脈たちにとっては、

出頭した者を爆破予告事件の真犯人にしたい

強い願いや欲動でもあるのだろうか?」

「その辺りにこそ、この事件の本質が匂っているのでは?」

「果たして、真相は?」』

『「ネット界をバーチャル・非現実世界等」と

「レッテル貼りをする事」で、

「現状の一部でしか無い所謂実体界」を

「現実世界」と「優位イメージで風潮する」。

「その目的」は、

「現状の所謂実体界で、

極一部の者たちが集中利権を保持出来ている

現実としては、歪な、

テレビ界の中に居る

今の常連出演者等の立場や意見等を

視聴者に優位扱いさせる為」だろう。

「その実態は、実質的に、情報工作・イメージ誘導等」だ。

「現実」は、

「ネット界も所謂実体界も、どちちらも、今の(現状の)現実社会」だ』。

『「テレビ界の者たち」等は、

「現実離れしているお手盛り論」等を

「公共の電波を使って一方的に大量配信する{特権}に溺れている様相の醜悪な連中」を

「その実体を、

探求もせず、意識もしないで、

一方的に見せつけられている多くの視聴者の中で、

どんなモノが育つのか?」くらい、

「考えるべき」だ。

「テレビ情報をそのまま呑み込んでいる多くの視聴者の中」では、

「自分も特権が欲しい!」

「特権を持てば、現実を無視して好き勝手が出来る!」等々の、

「深刻な潜在心理が育成されてしまって来ている」。

「そして、

特権を持てなかったり、持てない事等が、

意識的にせよ無意識的にせよ、自覚された時に、

現状脱出欲動の暴発が起き易い」のだ。

「劣悪な情報配信は、事件・事故の元」だ。

「公共の電波を使って、

劣悪な情報配信を行なう悪事に手を染めている連中が、

自分たちダケは守る為に必要なのが

金権過剰防衛状態」だ。

「格差是正で、本質が露呈する」と「悪事は悪事でしか無い」。

「悪事に手を染めた悪人は悪人でしか無くなる」。

「事件・事故等の元を仕込まれた操り人形たち」が

「操り人形同士で潰し合わず、悪人を潰しにかかる可能性も大いに増える」。

「悪事に手を染めている状態の連中が維持したがっている事」が、

「利権集中&悪事に手を染めている連中への偏在状態」だ。

「悪事を止め、格差を是正する事」が「人間として正しい道なのに!」

「公共の電波上で情報の一方的大量配信を行なっている者たち」なら、

「上記程度の事が、解っていなければ、おバカ」だし、

「解っていて、今の様な事を続けて居るなら、悪」だ。

「おバカや悪」に「公共の電波を使う仕事をさせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後の日本の法体系や警察組織で圧倒的に不足している」のは、

「日本国・日本国民をスパイ・工作活動等から守る為の体制」だ。

「拉致を始めとする、

電磁波スパイ/工作や侵入スパイ/工作や飲食物工作や微粒物・細菌・ウィルス等極小範囲空中散布工作等々や、

多くの日本国民に本来なら不要なストレスを与え続けて来ている自虐情報・教育工作や、

多くの日本国民に本来なら大衆周知されているべき工作実態情報の隠蔽情報・教育工作等々の、

多くの日本国民の元気や健康や安全や安心を大きく阻害し続けて居る戦後の大悪事」を

「ちゃんと摘発し、厳罰に処す為」の

「体制」だ。

「情報界では、ネット界と一部マスコミ等のみが、この大悪事を露呈させ、スパイ・工作活動等を抑制させる、多くの日本国民の安全・安心に繋がる仕事を行えている」が、

「戦後特定人脈情報統制下のままの様相の大マスコミやテレビ・ラジオ界等では、未だに、利特定人脈情報配信が主流」なのだ。

「そして、偏重・偏向論等で、ネット界を非難する事等により、利権維持を謀っている様相」だ。

「本当に、醜悪な実態が其処に在る」』。

『「多くの視聴者は、現状テレビ・ラジオ界のイメージ誘導・大衆誘導等に、くれぐれも、ご用心!!」

「見破るコツ」は、

「テレビ・ラジオの常連出演者等が言う事は、

日本国・日本国民の為になるか?

何処の誰たちの為になっているのか?等」を

「上辺の優等生・善良・有名イメージ等に騙されずに、

実体や事実・現実を確かめながら検証する事」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含む是正・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、中国共産党が北朝鮮に戦争を仕掛けそうだと北朝鮮系の方かも知れない常連出演者等が心配していたが・・・。

『「中国共産党の保身という面から考えれば、誰もが分かる事」だ。「北朝鮮の核兵器やミサイル開発等を、中国共産党の影響力により、止めさせられないのなら、北朝鮮との戦争こそが、朝鮮半島内における中国共産党の影響力を高め得る唯一無二の手段」になる。

「中国製としている武器を大量生産している中国共産党」には、

「武器がどの程度実用になるのか?」等を「試したい欲望等も有る筈」だ。

「中国共産党と北朝鮮との戦争となれば、他国は傍観者で、勝者は中国共産党となる」。

「北朝鮮に勝った中国共産党が、北朝鮮を韓国に渡す事」で、

「韓国に、中国共産党への大きな借りを作らせる事が出来る」。

「韓国は、益々、日米から離れ、中国共産党寄りになる」だろう。

「中国共産党の米国に対する防波堤」を

「北朝鮮止まりでは無く、朝鮮半島全体にまで広げる事が出来る戦略でもある」のが、

「中国共産党対北朝鮮の戦争」だ。

「戦争によるデメリットと、上記のメリット」を

「中国共産党要人が考えた場合、

中国共産党が北朝鮮に対して戦争を仕掛ける可能性」は、

「かなり高い筈」だ。

「中国情勢の専門家コメンテーターとは、中国共産党要人とも話せる人との事」で、

「実際に、最終手段としての戦争もあり得る旨、聞き出せたのだそうだ」』。

『「北朝鮮と中国共産党との戦争となれば、大慌てになってしまう」のが、

「北朝鮮人脈の方々」だろう。

「中国共産党との戦争で勝てる見込みは無く、

中国共産党に負ける事は、

韓国の下に置かれる事でもある」。

「絶対に戦争は避けたい」が、

「核やミサイルや工作活動等も放棄したく無い」。

「今出来る事」は、

「如何にも善人の、平和主義者の如く、

戦争はダメ!や平和!!を訴え、

日本乗っ取り支配等の工作活動等の完了や、

他国に攻め込まれない程の武力等を持つまで、

何とかして、時間稼ぎをしようとする事や、

工作活動や武器製作等を更に急ぐ事くらい」だろう』。

『「戦争を本気で避けたい」のなら、

「人類の精神文化を

科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する様に

正常進化させる仕事を

本気で大々的に大急ぎで行うべき」だ。

「それ以外に、戦争を避ける道は在り得ない」のは、

「戦争とは、集団的現状脱出欲動の暴発という

人類の精神文化の問題だから」だ。

「元を治さなければ、

戦争先送りは出来ても、

戦争自体を無くす事は出来得ない」。

「そして、

戦争先送りの実効は、

より酷い戦争の育成で、

究極的には、人類滅亡を誘う戦争となってしまう」のだ。

「例えば、北朝鮮に対する戦争を先送りした結果、北朝鮮は、核兵器を持ち、大陸間弾道ミサイルを開発している」。

「更に先送りすれば、核とミサイルの規模や量が増えるダケ」だ。

「そして、戦争しないままで居ても、

精神文化の正常進化が無い限り、

中国共産党と北朝鮮も含む現状権力者たちの支配ゴッコ等や、

大量消費自慰生活に現実逃避したい人々による代償欲求の過剰追及等がもたらす環境破壊等が、

終わる訳も無い」。

「支配ゴッコや環境破壊等々で、

人類が住める場所が狭くなってしまえば、

場所取り争い、

生存争い、

戦争になる」。

「人類滅亡をもたらす最終戦争とでも言うべき事態」だ。

「繰り返すが、

精神文化を正常進化させない限り、

戦争先送りの実効は、

より酷い戦争を育成する事でしか無い」』。

『「本気で戦争を避けさせたい」のなら、

「多くの人類の精神文化を正常進化させる仕事を本気で意識的かつ大々的に行うべき」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々&学校教育等々で、一気に大きな流れをつくり出し、世界中に広げる事が必要」だ。

「それなのに、似非平和主義者たちは、

この今の人類が本当に必要としている仕事をやらずに、

今まで同様の繰り返し等で、

過分な報酬や有名人利権等まで得続けて居る」。

「公共の電波を使って、そんな低レベルの事を行い続けて居られる程、人類に余裕は無いのに!!!」』

『「テレビ・ラジオ界の健常化・正常化は急務」だ』。

|

昨今、またまた、細菌?、ウィルス?、微小物質等かけが流行り出しているが・・・。

『「何カ所かで、同じ臭いがする微小物質等を別々の工作員によって工作的手法でかけられた」。

「工作的手法とは、例えば、筆者が腰かけている時」は、

「工作員の上着やズボンのポケットや、持ち物等、ちょうど筆者の頭や顔と同じくらいの高さになる所に仕込んである工作物質」を、

「何度も、筆者のところを通り過ぎながら、その都度、押し出していた」り、

「筆者が立っている時は、通り過ぎた工作員の後、スプレー的に広がる工作物質が、筆者の顔付近に漂って来たり、

・・・といった具合」だ。

「ついてしまった臭いは、そのままでは、ナカナカ取れない、ばかりか、生物的な反応も有る様で、徐々に増大さえしている」。

「もちろん、そんな衣類や顔や身体は、どんな悪影響が出るのか?も分からないから、直ぐに洗った」が。

「それでも、吸い込んでしまった分は、ある程度残ってしまう様」で、

「未だ、鼻づまり状態」だ』。

『「しばらくは、外に出る時は、マスクが必要な様」で』。

『「恐らくは、少々では、重大な影響など出ない、

常々行われている嫌がらせ行為の一部だろうが、

他の嫌がらせ行為同様、

ターゲットは筆者だけとは限らないので、

皆さまも、十分にご用心!」』

『「嫌がらせ行為等を行い続けて居る連中」など、

「日本国籍を剥奪し、まとめて、元々の、祖国・母国等に強制送還すれば良い」等と

「思っているのは、筆者たちだけでは無い」。

「政府も警察等も、嫌がらせ行為等を行い続けて居る連中を、いい加減に、徹底摘発するべき」だ。

「マスコミ等も、嫌がらせ行為等を行っている連中の実態を全て、明らかにする事で、日本の中の不健全な連中を焙り出すべき」だ』。

|

民主・維新が合体して新党結成ですかぁ・・・。

『「上辺だけ党名が変わっても、元々、同じ人脈の人々が党員・候補等では、行いたがる政策も、見え見え」でしょう。

「民主党政権時には、日本が細った反面で中・韓(北朝も含む)が太った事を忘れていない有権者の多く」は、

「今更、上辺の党名が変わっても、実行政策を生み出す者たちの主流が、旧社会党系等だったりしている事は、重々承知」。

「政策=法案提出でもある」ので「法知識が???のお飾り党員・候補者等には、大した発言権も、仕切り力も生じ得無い」。

「与党自民党の場合は、官僚を利用している」が、

「おバカや悪では無い官僚は基本的に日本の為になる法案の方をつくりたがり、

韓(北朝も含む)や中共を利す法案はつくりたがらない」から、

「民主党政権時には、政治主導~!!」で「結果は、上記の通り」。

「少し前の政治の事実・現実を知っている有権者は、もう、上辺では騙されない」から、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・ネット等で、

政治無関心の18歳からの若者有権者や主婦有権者等を大衆誘導しようとしているのかも知れない」。

「利韓(北朝も含む)・利中共人脈の大衆誘導等に、操られない様にご用心!」』

『「多くの有権者が期待している」のは、

「自民党に対抗出来る利日本の為の健常野党」だ。

「利韓・利中共の為の野党など、日本の国会では圧倒的マイナーで十分」だ』。

|

テレ朝朝番、「人間って、結局愚か・・・」だから現状を許してね=認めろ!論ですかぁ・・・。

『「姑息な自虐素振りは、本当に醜悪」だ。「本気で愚かと思っているなら、その悪影響を排除する為にも、公共の電波上から去るのが当たり前」だが、「そんなつもりは、サラサラ無さそうな常連出演者」は、「愚かと言いながら、自論を述べ続けて居る」。

「つまり、人間愚か論の内実」は、

「現状利権の維持~増大の為の自虐素振りか、視聴者等を愚かと見下げている事」等になる。

「劣悪で醜悪な実態・実体が其処に在る」のだが、

「上辺が、ジェントルで優等生的」だと、

「多くの視聴者は騙されてしまっている」のかも知れない』。

『「確かに、格差是正を訴えながら、大金持ちに憧れ、大金持ちを目指す様な者たち」は、

「愚か」だ。

「格差是正が真の目的なら、大金持ちは悪者にするのが当然になる」。

「大金持ちを目指すのでは無く、大金持ちという悪者状態の人々を無くす事で、過剰な貧困状態の撲滅も目指すのが当然になる」。

「大金持ちを無くさずに、どうやって、格差が是正出来るのか???貧困撲滅の資金は何処から出せるのか???」

「格差是正!を訴えながら、大金持ちを存続させ、自分たちだけは大金持ちになろうとしている者たち」とは、

「大金持ちが在っても格差是正が成り立つと思えている余程のおバカ」か、

「大金持ちを存続させれば、格差是正は成り立たない事を分かっているのに、

上辺だけは正義ぶって格差是正を訴え、

内実では、自分たちだけは大金持ちになろうとしている、

悪」になる。

「そんな者たちは、本当に、愚かであり、劣悪で醜悪」だ』。

『「愚かで劣悪で醜悪な者たちが蔓延り続けている」なら、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で急速に進化し続けて居る

人類の物質文明が、

人類滅亡をもたらす事になる」。

「当たり前の事」だ。

「そんな事態が迫って来ている」のに、

「未だに、現状利権の中で、実質的には、現実逃避生活に身を埋めようとしている」のでは、

「まるで、ヤク中毒患者みたい」で、

「ヤク中毒者みたいな者たちを公共の電波上に蔓延らせ続けて居る」のも、

「ヤク中毒者たち」なのだろう。

「末期ガン患者たちの鎮痛医療施設内と同様の状態の中に居る」のが、

「現状で、お金や立場や権力等を得ている者たち」で、

「痛み止めのヤクも満足に得られていない」のが、

「現状利権者たちのオコボレ頂戴わんわんたち」だ。

「人類として本来行うべきは、

現実離れし過ぎている現状を是正する事で、

免疫をアップし、ガン状態を無くす事なのに!」』

『「文科系の現状優等生たちは、いい加減に悟るべき」だ。

「元々、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用していない文科系の学問等のレベル」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用している理科系の学問等に比べて、異常な程、低い」。

「低レベルの学問等の優等生であったところで、低レベルの優等生でしか無い」のだから、

「低レベルの優等生を口実に、

過分な立場・報酬・権力等を保持している事自体」が、

「現状人間社会の進化を大いに阻害している重大な悪事になっている」のだ。

「今のままの状態を続ける」なら、

「地球上の人類の住処が狭くなってしまった時」に、

「真っ先に責任追及され、罰せられるべき者たちの一角」になる』。

『「人類滅亡を避ける為にも、テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

教会でカウンセリングとは・・・。

『「日本の中の新興宗教は、仏教系にせよ、キリスト教系にせよ、神道系にせよ、その他の系にせよ、色々な宗教のミックス系にせよ、その多く」は「朝鮮系」という「実態が在る」。

「カウンセリングとは、基本的に宗教とは無縁」だ。「何故なら、宗教問題で悩んでいる方々がクライアントになる場合もあるから」だ。

「ところが、実態としては、某新興宗教団体の方々が大量にカウンセラーの資格を取得したりしている」ばかりか、

「カウンセラーの資格を与えている団体等も、

そんな団体の下で資格を取ったカウンセラーの決して少なく無い割合の者たち」も、

「筆者の基準からすれば、はっきり言って、実力不足の場合が多い」。

「結果として、宗教団体施設である教会内やお寺・神社等の中でカウンセリング等という、

本来のカウンセリングから考えるとあり得ない事態まで、

多々起こってしまっている」。

「宗教施設等で行われて来ている古からの相談・指導等」と

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を積極的に実用するのが当然の現代のカウンセリング」は

「全くの別モノ」だ。

「しかも、事件まで起きた」。

「とんでも無い事」だ』。

『「おバカや悪たちの為」に「基本中の基本を敢えて記す」なら、

「人の意識上の迷いや混乱等の原因は、現実・実体離れ」だ。

「そして、その解決法は、事実・現実と共に在る状態を得て落ち着く事に他ならない」。

「自分の実体やその実体の本来の目的を探求しなければならない必然性」は、

「其処にも在る」。

「ところが、いい加減な集金売名商売カウンセリングや他の者・物・事に依存したいクライアント」の「場合」は、

「この基本中の基本」を、

「意識的にせよ、無意識にせよ、意図的に無視している」。

「結果として、自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性を取る本来のカウンセリングの結果とは全く違う、

ご都合現状適応状態が強いられている場合が多い」』。

『「教会でのカウンセリングの目的」は、

「ご都合現状適応だったのでは?」と「疑わざるを得ない実態が其処に在る」』。

『「日本の中の新興宗教団体の多くは、渡来(朝鮮)系である事」は、

「冒頭にも記した」。

「元々からの旧来宗教人脈との馴染みが薄い渡来(主として、日韓併合時に大量に時には密航までして、自主的に渡来した方々)系の人々にとって、

元々からの日本人が保持していた宗教団体的人脈と同様の人脈体系を保持する為に必要だった事は、

新たな宗教組織を立ち上げ、

その下に集う事だった」。

「結果として、日本の中の新興宗教団体では、渡来系の人々の支配割合が大きくなっている」』。

『「決して少なく無い割合の渡来系の新興宗教団体に特徴的な要素」は、

「反日である事」だ。

「元々から居る多くの日本人の為になる日本社会とは、

新参者である渡来系の人々にとっては不利益である要素も濃い社会」だ。

「結果として、保守では無く革新となり、利母国・祖国系になる事を行いたがる様になる」。

「この基本構造は、政治団体でも宗教団体でも変わらない」』。

『「渡来系の宗教団体内でどんなカウンセリング等が行われているのか?」は、

「想像に難く無い」だろう。

「日本社会の中で、利母国・祖国系となる、

実質的には、工作活動まで含まれている活動に従事する者として、

有益分子化するカウンセリングとなっている場合が少なからず在る事」は、

「公然の秘密状態」だ』。

『「本来のカウンセリングの目的」とは、

「人間が人間として、自分の実体やその実体の本来の目的に叛かないで済む状態を手に入れられる様にする事を手助けする事」で、

「クライアント自身の落ち着きやゆとり等を誘い、

クライアント本来の人生を歩み易くするお手伝いをする事」だ。

「何処かの誰かの有益分子化を誘っているのは、

カウンセリングでは無く、

特定極一部の者たちにとっての有益分子化の強制教育に他ならない」』。

『「偽りのカウンセリング等が蔓延れている人間社会」とは、

「非常に下劣で酷い自虐的な人間社会に他ならない」。

「是正は急務」だ』。

|

現状で自慰成功で運が良かったとか努力したかいがあったとか自慰している方々、ご愁傷さまです・・・。

『「例え、血統家族代々話等に現実逃避したくても、現実離れを是正しない現状は消滅する」から「何も残りません」。「つまり、タイトルの様なおバカや悪が蔓延っているなら、おバカや悪の自慰も、消滅を招くダケの無駄だったって事になってしまいます」。

「是正しないのなら、ご愁傷さま」』。

|

政界人材不足を優等生ぶって訴えたりしている人材不足テレビ界問題・・・。

『「言葉狩り」となれば「何処の局でも言葉狩り」。「不倫」となれば「何処の局でも不倫」。・・・等々の「裏に在る」のは、

「なれば=裏実権者による意思統一命令だからだ」と「強く推定出来る」。

「つまり、日本のテレビ・ラジオ界・一部マスコミ等の実態」は、

「裏実権者の命令に従っている情報統制機関」なのだ。

「裏実権者の都合に沿う論や意見等を言う者たち以外は出せない・出したくない」から、

「何処の局でも、同様の者たち、同様の論ばかり・・・となってしまっている」。

「テレビ界等の人材の酷さの元凶は其処に在る」』。

『「それでは、裏実権者とは、何処の誰だろうか?」

「テレビ界等が実質的大衆誘導を行って有利にしたい所の者だろう」と「強く推定出来る」。

「多くの視聴者が既に気付いている通り、戦後の日本のテレビ界等が過剰なまでに利して来た」のは、

「韓国(北朝鮮も含む)や朝鮮系の者たち」だ。

「裏実権者が、韓国系なら何人かのグループ的状態かも知れない」が、

「北朝鮮系なら究極的には独裁者自身という事になるのかも知れない」。

「何れにしても、日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信機関なのだから、

その実権者(裏にしても、表にしても)が他国系という事態」は、

「早急に是正されるべき」だ』。

『「政治家になりたい者」は「極少数派」だから、

「世襲」や、

「政界人材不足」は「当然の現象」だ。

「テレビ界等の仕事をしたい者たち」は「多数居る」から、

「現状の一枚岩状態の人脈や論調という異常事態が是正される」なら、

「テレビ界等が人材不足になる訳も無い」』。

『「何処の局でも言葉狩り」で「自民党や現政権のイメージダウンを誘う」と「共」に、

「お手盛り世論調査を行い、

政権支持率等が落ちた!等の旨を

日本の公共の電波を使って大宣伝する」。

「まるで、自民党や現政権を支持している事が、悪いかの如き大衆イメージを造成」して

「何処のどんな者たちを利しているのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「北朝鮮とも近しかった旧社会党の人脈の者たちが大量に流れ込んでいる民主党の国会議員」が

「政策論では無く言葉狩り等による責任追及等で正義ぶっている映像等」を

「積極的に配信しているのだから!」

「実質的には、

自民党支持や現政権支持を止め、

民主党支持や政権交代を求める者たちを

一人でも多く生み出す為の

情報工作~大衆誘導が其処に在る」。

「民主党政権時の利韓(北朝も含む)・利中共ぶりは、誰もが覚えている」だろう。

「日本の国政政党与党が、日本を細らせて中・韓(北朝も含む)を太らせてどうする」。

「日本を中・韓(北朝も含む)に、乗っ取らせ支配させたいのか!」

・・・の世界だった。

「テレビ界の裏実権者の正体」は、

「その辺りにも露呈している」』。

『「テレビ・ラジオ界の健常化」は「急務」だ』。

|

昨今の日本国内の迷惑事件って、結局、北朝鮮人脈の仕業なんじゃないの?・・・。

『「北朝鮮が韓国内でのテロを公式に命令した」となれば「日本国内での工作活動に対して何も言わない訳も無い筈」だ。

「昨今の迷惑事件多発の裏に在るのは、結局北朝鮮なのだろう」。

「そして、実行犯たちにしても、何も行わないと粛清対象になってしまうから、何かを行う」が、

「本格的な事を行って、日本国内で徹底摘発され、裏まで洗われたら困る」から、

「それこそ99%は重大事態では無い迷惑行為に終始している」のだろう』。

『「現状人間社会の権力者たちに媚びざるを得ない者たちの哀れ」が「其処に在る」』。

|

「後々検証されたら困るアーカイブ」を訴えた民主党議員問題・・・。

『「結局、その主意は、大衆誘導の実態を後々検証されたら困る」なのだろう。「そうでも無いのなら、後々の検証により、より実体や事実・現実がはっきりする事を望む筈」だ。

「こんな所にも、民主党の実体が露呈している」と「感じた」のは「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「利●●なら、後々でも、歴史改竄でも、ゴリ押し」・・・。

「反利●●なら、後々でも、歴史上の現実でも否定」・・・。

「そんな事を平然と行える裏に在るのは何か???」

「きっと、余程、粛清等が怖いのだろう」・・・』。

『「旧社会・共産圏の反日国家等の人脈の下の方々」は、

「本当に哀れ」だ』。

|

世界は現状脱出欲動で溢れている・・・。

『「地中海地域にも、朝鮮半島にも、キナ臭いにおいが充満し、米国大統領選挙でも、既存勢力派以外の者たちが勢いを持ち、かつては、一国平和主義とか平和ボケ等と言われていた日本でも、少子高齢化・財政困窮・いじめ・介護・格差等々のこのままではダメな問題で溢れている」。

「既存の人間社会システム等を続けて行くダケ」では

「現状の是正が困難な事」は

「既に、誰の感や思いの上でも、明らか」だろう。

「今の世界は現状脱出欲動で溢れている」。

「人類は、今、どうすれば良いのか?」

「何を、どう、行えば良いのか?」

「その答えは、既に、何度も記している」。

「人間社会システム等、人類の精神文化上の産物に対しても、

物質文明上の産物の急速な進化を可能にした方法と同じ方法を使えば良いダケ」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用すれば良いダケ」だ。

「ところが、既存の人間社会システム上等で、本質的には不当な利権等を得てしまっている者たち」は、

「この今の人類が本気で行わなければならない重大事に対して抗う事」で、

「不当利権等を維持しようとしている場合が少なく無い」。

「古の時代に、天動説を維持せしめる事で、宗教利権や支配利権等を維持しようとしていた者たちと同様の事」を、

「21世紀の今日でも行っている、醜悪で愚劣な者たちが、其処に居る」。

「歴史に学ばず、歴史を覚え、覚えさせ、歴史を繰り返えさせ続ける事で、不当利権を得続けて居ようとしている、醜悪で愚劣な者たちが、其処に居る」。

「人類滅亡を誘っている悪魔に魂を売り渡した者たちが其処に居る」。

「人類の本当の敵」は「大自然でも、自然の摂理でも無い」。

「人類の中に居る、醜悪で愚劣な者たち」であり、

「醜悪で愚劣な者たちに過分な立場・報酬・権力等を与え続ける事を許容している者たち」だ。

「現状で、その様な醜悪で愚劣な状態に在る方々」は、

「先ず、自分自身で、自分自身を醜悪で愚劣な状態から解放するべき」だ。

「自らが直接的にせよ、間接的にせよ、係わっている、

精神文化上の産物に対して、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用し、

係わり方を、

より現実との整合性が高くなる様に、

是正すれば良い」。

「死生観については、何度も記している(他の記事をご参照ください)」。

「善悪観や、成功観等についても、同様だ(他の記事をご参照ください)」。

「ここでは、より分かり易くする為に、より具体的な事を記す事にする」』。

『「現状人間社会システム上で、多くの人々が実感している事の一つ」は、

「不当な格差」だろう。

「そして、その不当な格差の多くが、金権や血統等に基づいた格差である事」も「多くの人々が実感している筈」だ。

「金権格差は、何故、不当な格差になってしまっているのか?」

「お金が代理している価値自体は問われず、

保持しているお金の相対価値や量等により、

実質的な、金権の大小が決められている」のが、

「現状の異常な経済システム」だ。

「そして、そんな金権には、ほとんどの場合で、血統相続という代々話まで付いている」』。

『「元々の本質的価値が問われていない」のだから、

「実際は、例えば、何故?その者が大金持ちなのか?の正当性」も

「実体や事実・現実に基づいて検証されていない」。

「何故?その者が貧乏なのか?の正当性」でも「同じ」だ。

「本来あるべき姿」は、

「先ず、お金が代理している価値が科学レベル以上で明らかにされ、

その明らかにされた価値相応のお金が与えられる事」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して製品をつくり出している物質文明側」では、

「現状でも{いくらか}」は、

「お金が代理している価値と対価としてのお金」に、

「整合性がある場合もある」が、

「現状では、

イメージや大衆操りの広告等や販売戦略等々により、

かなり捻じ曲げられている場合が多い」。

「現状の市場」は、

「需要と供給に基づく自由競争原理」という、

「過剰供給を誘うと共に、

大量の無駄を生み出す、

ある意味では、非常に自虐的で、実体や事実・現実との整合性が悪いシステム」だ。

「物質文明上の製品を生み出す部分では、

需要(本来欲求・代償欲求双方)に基づいた自由競争が合理的」だが、

「市場まで自由競争にする必要は全く無い」。

「需要をイメージ・広告・宣伝戦略等で意図的につくり出す精神文化は、考え・思いレベルの精神文化に他ならない」。

「多くの人々が、本来欲求と代償欲求の区別をちゃんと自覚する」なら、

「本来必需な需要と、遊び程度で十分な需要のバランスも必然的に良くなる」。

「悪戯なイメージ等によって、人々の悪戯な思いを煽る、妄想的広告・宣伝では無く、

実体や事実・現実情報を快適に伝える事で、

多くの人々が、

必需需要と遊び程度需要の

バランスを崩さずに、

必要な選択を行い易くする{手助け}広告・宣伝という

本来の広告・宣伝の仕事も可能になる」。

「つまり、

ほとんど全ての人類が、

精神文化上でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

本質価値の探求を行い、

自らの本来欲求と代償欲求の区別はちゃんとつけられる事」が、

「必要なダケ」だ。

「この程度の事は、今時なら、小学校高学年~中学生レベルの能力+正当な情報・教育で可能になる」』。

『「思いっきり表面的な現象の例を記す」なら、

「格差是正を訴えていて、大金持ちに憧れたり、目指したりする」のは、

「おバカや悪という事」だ。

「更に、利権等の血統・民族相続等に、未熟で現実・実体離れした自らの思いや人生のツケ等を回し、代々話を続けさせようとする」なら、

「更なるおバカや悪という事」だ。

「おバカや悪を蔓延らせ続けて居る」なら、

「現状脱出欲動も蓄積され続け、

現状脱出欲動が集団的に暴発する様になれば、

テロや戦争等が起きるのは、

当然の現象(自然の摂理・・・古の言い方なら、神の意志)」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して急速に進化させ続けて来ている武器まで保持している今時の人類」が、

「精神文化の正常進化を怠り、

集団レベルで現状脱出欲動の暴発を起してしまう」と、

「地球上で人類が住める場所まで狭くなってしまう」のも

「当然の事(自然の摂理)」だ。

「人類が精神文化の進化を怠り続ける」なら、

「近未来」において、

「人類が住める場所を狭くした戦犯である精神文化の正常進化に抗った者たち」が、

「残り少なくなった人類の住める場所から排除されなければならない時がやって来てしまう」。

「それこそが、最後の審判とでも言うべき事態」だろう』。

『「今時の人類として、必要な能力を備えていない者たち」は、

「過分な立場・報酬・権力等を自ら手放す事等」により、

「必要な能力を備えている者たちに、

人類が本当に必要としている仕事が行える状態を提供するべき」だ。

「最後の審判の時に排除される」と「共」に、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者になりたくないのなら!!!」』

『「人類滅亡や世界大戦やテロや戦争やいじめや自殺や無差別殺傷等々の

現状脱出欲動の暴発を避けたい、

真の平和主義者の人類」なら、

「テレビでも、ラジオでも、映画でも、アニメでも、ゲームでも、音楽でも、学校教育でも、・・・等々等々、

精神文化の正常進化を阻害している者・物・事」を、

「早急に、意識的かつ積極的に排除する/させるべき」だ』。

『「現状を是正する方法が無い訳でも、

現状が是正されなければならない事の警告が無い訳でも

無い事」の

「証」として、

「当ブログは在る」。

「もちろん、今時の普通の人類の一人が、普通に記している事」だ。

「劣悪な愚か者たちに残されている」のは、

「言い逃れの機会さえ無い近未来」だ』。

|

テレ朝朝番、一部自民党国会議員に「適性無しレッテル」を貼りたがっている様相の公共の電波上の適性が大いに疑われる常連出演者たち・・・。

『「常連出演者たちには、失言も含めて、好き放題言っても良い」が「国会議員はダメでしょ!の旨論」まで「言っていたのだから、本当に悪質」だ。

「話し上で重要な事は、上辺の言葉では断じて無い」。

「内実」だ』。

『「上記の内実」は

「常連出演者等には、

例え、公共の電波上での常連出演という非常に高い公共性や影響力が在るところでの発言でも、

自由枠を公然化する」と「共」に、

「国会議員には実質的言論統制枠を強制している事」だ。

「こんな、テレビ界をより有利にするお手盛り論」が、

「公共の電波を使って一方的に大量配信されている事自体、

かなり悪劣で醜悪」だが、

「上辺のイメージで、その悪劣性や醜悪性を覆い隠して、視聴者には内実を悟らせない」のが、

「悪の手口」なのだ。

「そんな、悪劣な、実質的情報工作等を、行い続けて居る連中にとって」は、

「重要なのは、上辺になる」。

「だから、

多くの視聴者等を、

内実に拘らせず、上辺に拘らせる、

実質的、大衆誘導等を熱心に続けて居る」のだ』。

『「例えば、与党国会議員の発言に対して」でも、

「内実に問題があるのなら、野党やテレビで正義ぶっている連中が責める正当性もある」が、

「内実論を抜きにした、上辺の言葉狩り論で正義ぶる」のは、

「本当に悪劣で醜悪」だ。

「内実を取り上げているフリをして、

実際の内実はちゃんと伝えず、

偏向解釈した内実を

さも実際の内実であるかの如きイメージで風潮したりしている」のも、

「本当に悪劣で醜悪」だ。

「そんな、悪劣で醜悪な常連出演者の論等」を

「公共の電波を使って一方的に大量配信している事の実害」は、

「かなり大きくて、当然」だ。

「日本社会を悪化させる為の、実質的情報工作の様相が、其処に在る」。

「国会議員等他の人々の資質を問題にして正義ぶれる程、

現状の多くのテレビ界の者たちの資質は健常では無い」のが「実態」だ』。

『「現状の多くの常連出演者等」は、

「自らの非健常性や劣悪性は問題にしない事や、

上辺のイメージ等で、

常連出演者等の非健常性や劣悪性を視聴者等に、

実質的に、黙認させている」。

「そんな、ある意味では詐欺師的状態の、常連出演者等たち」が、

「他の人々の資質等は問題化して正義ぶったりしている」。

「その実体」とは、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わり」に、

「他の者・物・事の支配/被支配という代償欲求の追及に奔走している劣悪な状態」に「他ならない」。

「つまり、本当の健常状態を基準にして言う」なら、

「代償欲求過剰追及症とでも言うべき精神疾患状態」だ。

「そんな者たちを公共の電波上に蔓延らせていてもロクな事は何も無い」。

「是正は急務」だ』。

『「現状の超自虐的な人類社会」では、

「自我狭窄症や、

代償欲求過剰追及症や、

比べっこ原理主義病や、

金権原理主義病や、

宗教等考え・思い依存症等々とでも言うべき人々が溢れている」。

「それぞれの{病人}たちが、それぞれ自らの病気を治す事」こそが、

「健常な人間社会を構築する基本」だ。

「{病気}状態の者たちを公共の電波上等で公然化する事」は、

「この健常な流れを大いに阻害する方向に力を加えている愚行・悪行に他ならない」』。

『「おバカや悪に実権を与え続けてしまう事」とは、

「そんな悪劣な状態を続けてしまう事」に他ならない。

「自主的是正や自浄等が出来ない」のなら、

「公共性に鑑み、強制的にでも是正させるべき」だ』。

『「人類滅亡を避ける為」にも、

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信機関であるテレビ・ラジオ界と学校教育界」等の

「是正は急務」だ。

「今時の精神文化側の仕事をする人間として、

本質的に求められている能力を持っていない、

悪劣な者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「散々、劣悪行を行って来たばかりか、過分な報酬や有名人利権等の利権まで得た者たちに、相応しい場所」は、

「同様の新たな悪劣行の再発を防ぐ為」にも、

「応分の罰を与える為」にも、

「永遠の恥辱に染まる道の上になる」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたく無い」のなら、

「早めの自主是正等が、絶対に必要」だ』。

|

「ブラック企業撲滅の為には階層を認めよ!」の旨のおバカ、もしくは、悪論が風潮されているが・・・。

『「経営者等仕事開拓・開発・リード型の人間と、現場実働者等必要実務処理型の人間の違い」は「階層では無く、適性の多様性」だ。

「適性の多様性を階層に化かしている」のが「現状の金権構造」だ。

「階層論者の実体」は「現状の金権構造維持論者でもある」。

「現状の金権構造が維持され、それに基づいた階層が維持出来る」なら、

「数としては、少数派となる上部階層の立場を、少数派の血統・民族人脈等が押さえる事で、他を支配・コントロールする事も可能になる」。

「戦後日本の階層論者や格差社会容認論者等には、この類の目的を保持している者たちが多い」。

「だから、戦後日本の現状マスコミ等が喜んで、取り上げ、

まるで、情報工作報酬の様な、原稿料等を支払っている場合も多い」』。

『「多様性と階層は全く別物」だ。

「多様性の場合は、役割と、その役割をこなす事に求められている人数パイ等が、違うダケ」であり、

「金権上の差別は無い」。

「もちろん、その方が、人間社会は平穏になる」。

「誰もが、自分の適性に合った仕事の仕方を選択出来、

其処に、金権差別等が無いから、

適性の無い者たちが、少数派の立場を無理やり選択する必要も無くなるし、

少数派としての適性を持つ者は、

本来の適性の有る立場等に就き易くなる」。

「金権上の差別を付けて階層化する事の実効」は、

「少数派による金権支配等を可能にする事」だ。

「そんな状態の上には、平穏な人間社会は構築出来ない」。

「実態として、少数派を抑えれば、特定少数人脈による人間社会全体の支配が可能になってしまうから」だ。

「上辺では、如何にも、より良い社会や、格差是正等を訴えていても、実際に、可能になる事態」は、

「少数による多数支配状態」だから、

「その様な思惑等が無い事と、大衆騙しをする必要にも迫られる」。

「本当にその様な思惑が無いのなら、

金権差別自体を許容している階層化を訴えずに、

金権差別の無い多様化を訴えれるのが当然になる」』。

『「上記程度の事」は「少し考えるなら誰でも分かる事」だ。

「それなのに、おバカ、もしくは、悪、マスコミや、著者等」は、

「精神文化の正常進化が必要な今時」でも、

「未だに、愚劣な、階層許容論等を、マスコミ等を使って、大量配信している」。

「おバカや悪どもは、そんなに、人類を滅亡させたいのか???」

「そうでは無いのなら、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたいのか?」

「そうでも無いのなら、

いい加減に、おバカ、もしくは、悪論を、

マスコミやテレビ・ラジオや学校教育上で、

大々的に披露したりしている愚行は止めるべき」だ』。

|

「言葉狩りで自民ダメ!」を宣伝しても、自民より日本国・日本国民の為になる政策や法律等を提案出来ない野党が良いという事には成り得ない・・・。

『「タイトルは、今時なら、誰でも知っている、当たり前の事」だ。「それなのに、未だに、野党のお仲間人脈が牛耳っている様相のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、「言葉狩りで、自民ダメ~!」の「大宣伝状態」だ。

「その様な、日本国・日本国民の為にならない、政治的偏向状態等」を

「長期に渡って継続的に続けて来ているテレビ・ラジオ等に対し、

放置・容認等しているダケ」では、

「例えば、反日国人脈による情報工作等がやりたい放題状態となる」。

「公共の電波使用のテレビ・ラジオ等には、公共の電波使用に相応しい内実が求められて当然」だ。

「公共的マスコミも、それに準じる状態下に置かれるべき」だろう。

「ポイントは簡単明瞭」で

「言論の自由は良い」が、

「大衆誘導」や「偏向・偏重」は「ダメ」という

「当たり前の基準を厳格に求めれば良いダケ」だ』。

『「普通では無い様相のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の情報や、学校教育等」による、

「民主・維新等、

北朝鮮(韓国も含む)や中国共産党等と近しかった旧社会党の実質的本流が流れ込んでいる

(上辺では、如何にも本流の、少数派、社民の内実は、多くの旧社会党本流議員等の流れを隠す為の大衆相手の見せ球等と、強く推定出来る)

政党等」の

「偏向・偏重状態の裏」に「在る」のは、

「血統・民族お仲間人脈や、中国共産党や北朝鮮(韓国も含む)等実質的反日国からの裏支援等」だろう。

「日本国・日本国民の為になる政策や法律等より、

血統・民族お仲間利権等を優先させる為に必要」なのが、

「偏向・偏重情報・教育等による大衆誘導という事」なのだろう』。

『「憲法を守れ!法律を守れ!と訴える裏」では、

「現行法&現行の摘発体制で摘発出来ない事は、何でも行える状態の維持等」を、

「企んでいる可能性大」だ。

「そもそも、国家・国民の安全」とは、

「例えば、日本国なら、日本国の法律など無視する様な反日国人脈の者たちによって、脅かされる事」だ』。

『「反日国人脈の者たちが、大量に日本国内に居る(戦後の日本は、その様な状態)」と、

「日本国内に居る反日国人脈の者たち」は、

「主として、日本の現行法&現行の摘発体制で摘発され辛い方法を使う事」で、

「有益分子の育成&不適応分子の粛清」や、

「日本の乗っ取り支配工作等を行って来ていたり・・・する」。

「戦後の日本社会から、その様な臭い等さえも全く感じない等という人々」は、

「本当に、鈍感な人々」だろう。

「今の日本に必要な事は、そんな不健常な状態を一刻も早く、健常化する事」だ』。

『「その為には、スパイ・工作活動等の徹底摘発&全容大衆周知等が極めて有効」だ。

「有効な法と摘発体制の整備は、国会議員の急務」だ。

「野党がその様な日本国・日本国民の為になる法整備や政策等の仕事をやりたがっている」のに、

「与党が、行おうとしない」のなら、

「野党が与党を非難出来る正当な材料になる」。

「より実行の薄い安保関連の法案を代案として提出し、中国共産党や北朝鮮等を利そうとしている様」では、

「何処の国や国民の為の国会議員なのか、大いに疑問」だ』。

『「現行法&現行の摘発体制では微罪、或いは、罪に問う事等が困難・・・等でも、

日本国・日本国民に対して実質的に被害を及ぼしている数々のスパイ・工作活動等を、

広く、日本国民全体に大衆周知させる事で、

実行不可能状態に追い込んだり、

抑制させたりする重大な役割」を

「戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等は、保持して来ている」。

「日本国・日本国民の為のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等」なら、

「既に、その様な重大な仕事を行なって来ている筈」だ。

「反日国人脈の手先機関」なら

「反日国人脈が有利になる情報・教育で、多くの日本国民を大衆誘導し続けようとする」のが、

「当然になる」だろう。

「戦後日本の情報・教育は、上記のどちらになっているのか?」

「・・・もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「電波停止命令という如何にも強権的な手法を用いる事が必要になる時」とは、

「異常緊急事態時等」で、

「例えば、反日国勢力が、

日本国内にいる実質的工作員たちに、

一斉に大量に一般日本国民を粛清する工作活動等を行わせる{指令}を出したり、

反日国人脈の者たちの多くが工作被害を受けない様に{導く}情報・配信等」の

「事態」が

「考えられる」。

「その様な場合なら、工作活動を成功させない為にも、電波停止命令を下し、即座に実行させる事が必要になる」。

「実際に、日本国内では、携帯電話の位置情報を悪用した、ターゲット粛清目的の電磁波工作機器が、至る所に取り付けられつつある」。

「例えば、一斉工作命令が出されると共に、都市部の駅や繁華街等で、一斉に、有毒ガス等が発生させられると共に、

ターゲット化された人々を、電磁波工作で、動けなくする」。

「強い電磁波工作で、ターゲットの頭や心臓や足腰の筋肉や神経等を強張らせ、歩行・移動等を困難にする事は、実際に可能」で、

「その様な仕掛けが既に仕掛けられている場所も在る」。

「お仲間人脈の者たちを区別する印やガスマスク等配布場所等が

テレビ・ラジオ情報等で暗示等され、

お仲間は優先的にガスマスク等を得る事が出来る様にする」。

「かなりの高確率で、

日本国内の血統・民族構成割合を急激に変化させる事を可能にする

大規模なテロ・工作活動等が、

着々と仕込まれている様相さえある」』。

『「マスコミ等の仕事をしていて、上記の様な実態を把握出来ていないのなら、能力不足」だ。

「把握出来てていて、対処しない」のなら、

「悪か、反日国人脈のお仲間」だろう。

「反日国人脈の者たち等」に「日本の公共の電波を使わせ続ける必要は全く無い」』。

|

テレ朝朝番、「働かない蟻論」や「自給自足論」等の愚劣ぶり・・・。

『「何をして、仕事(働き)とするのか?」という「基本中の基本抜き」の「働かない蟻論」や、「その効率性の悪さ故に、現代では既に、圧倒的にマイナーな存在となっている事実・現実論等抜き」の「自給自足論」等を「公共の電波を使って一方的に大量配信する事」で「番組制作者や常連出演者等たち」が「目指しているのは何か?」

「視聴者の頭の中」を

「雑学レベルの、実質的に、精神文化の正常進化には、ほとんど役立たない情報」で「埋める事」で、

「仕事をしたつもりになる」と「共」に、

「自分たちの利権維持~拡大等を図り続ける事」等だろう。

「それは、根っ子や本質等を言わない、実質的、覚醒剤宣伝問題でも同様」だ』。

『「蟻にとっての仕事(働き)」とは、

「自然環境下で、一生物種として、地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する事」だ。

「自然環境下の生物原理上の構築度」として

「同一行動原理ダケで動く集団」より、

「多様行動原理で動く集団の方」が「構築度が高くなる」。

「自然界下では生物レベルで構築度を上げ続ける事こそが、

時間経過による物理崩壊を避け、存続して行く為の基本原理」だ。

「蟻の集団なら、多様行動原理で動く集団の存続率が高い」のは、

「当然の現象に他ならない」。

「実際に蟻が行っている仕事」は「巣作りをしたり、食料になるモノを集め、食べ、分解代謝したりする」だ。

「それは、微生物環境を含む地球生命体細胞群の生態系の構築度を上げる事に貢献している蟻としての立派な仕事」だ。

「生物原理による構築度向上」は「人間を除く全ての生物にとっての基本原理」だから、

「例えば、猛獣の弱肉強食も、生態系の構築度を上げる事に貢献している立派な仕事になっている」。

「自然環境自体を、積極的かつ物理的に理解・把握・認識・変更・改造等出来る存在である人類の場合のみ、

生物原理に加え、物理変更原理による構築度の向上も合わさって、

本来の仕事(働き)になっている」。

「つまり、人類と、蟻や猛獣等々とでは、仕事となる事が、根本的に違う」のだ。

「人類にとっての本来の仕事」は、

「生物原理と物理変更原理の両方を使って、

物質文明面でも、

精神文化面でも、

構築度を上げ続け、

地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する事」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」で、

「物質文明面では、急速な進化(≒構築度向上)を実現し続けて来ている人類」だが、

「未だに、精神文化面では、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が不十分」だから、

「例えば、生物原理ダケしか使い様の無い、蟻や猛獣等の生態」を見て、

「働かない蟻が居る・・・会社で働かない者が居るのも、当然の現象か・・・。」

とか、

「弱肉強食こそが、正しい姿だ!」等々の

「考え・思いによる納得に縋ろうとしたりしている」のだ。

「そんな事を行い続けて居て、

自分の精神文化を正常進化させるという本来の仕事(働き)をさぼっている人々が多ければ、

人類滅亡となってしまうのに!!」

「糞バカどもは、いい加減に目を覚ませ!」

「悪は、公共の電波上では圧倒的マイナーな存在で十分だ!」』

『「自給自足とは、人類なのに、極力生物原理の世界だけで、暮らす事」でもある。

「人類を含む地球生命体細胞群が、地球が無くなった後存続しないで良い存在」なら、

「生物原理ダケで良く、物理変更原理まで実用出来る人類が誕生する必要も無い」。

「ところが、現実は、地球生命体細胞群は人類を生み出している、ばかりか、

人類の物理変更原理実用による地球環境の激変まで起こっている」。

「今時の多くの人類が行うべき事は、自給自足等の過去回帰では断じて無い」。

「自らの精神文化を正常進化させる事」であり、

「地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する仕事(働き)を行う事」だ。

「この基本中の基本抜きに、自給自足から学ぶ???」

「自給自足に現実逃避をしたいのか?」

「自給自足等の非効率的状態を流行らせる事で、

日本社会等の構築度を下げさせたいのか?」

・・・「何れにしても、劣悪」だ』。

『「テレ朝朝番だけでは無いが、大元を言わない覚醒剤の実質的宣伝」も「酷い」。

「覚醒剤が何処で、どんな人脈の意図の下で、製造されているのか?」や

「覚醒剤商売で、何処のどんな人脈の者たちが儲けているのか?」等は、

「少し考える」なら、

「誰でも分かる筈」だ。

「かつては、北朝鮮製を北朝鮮から密輸していた事が多かった覚醒剤」だ。

「暴力団や芸能界等々では、朝鮮系の人々の割合が異常な程高い」。

「普通に考えれば、覚醒剤問題≒北朝鮮問題でもあり、拉致・工作活動問題とも、密接な関係が有る問題」だ。

「反日国人脈の者たちが、

その製造場所は、例えば、中国や東南アジアや南米等に変えていても、

日本国内の反日国人脈の者たちを通じて、

流通商売等している実態が浮かび上がっている」。

「反日工作資金捻出の為の覚醒剤商売であり、

日本国民からの集金と共に、

日本国民の病気化(弱体化)まで、

行える、

非常に効率の高い反日工作でもある様相」が

「良く分かる筈」だ。

「上記の様な実態」は、

「少し考えれば、誰でも分かる」。

「ところが、反日情報工作を行っているかも知れない、反日工作のお仲間かも知れない連中」は、

「上記の様な基本中の基本も言わない」のだ。

「覚醒剤を排除する為には、有効な情報であるにも係わらず!」』

『「精神文化の正常進化も、覚醒剤排除に直結している」。

「者・物・事への依存」や「他の者・物・事の支配/被支配」で「生きようと、代償欲求の過剰追及や現実逃避等をする」のでは「無く」、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける生き方を主流に出来様になるから」だ』。

『「今時の人類に必要な情報配信を満足に行えていない者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「テレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

現状脱出欲動の暴発は不当ストレス等が集中するところで起き易い・・・。

『「金儲け目的で、介護事業等を行なわせている資本家等は多い」。「その意図を受けた忠実な犬的経営者たちが、金儲けを目的とした経営を行う事も多い」。「資本家と経営者が同じ人脈の者である場合も多い」。

「そして、そんな資本家・経営者の下の企業等」では、

「現場従業員たちが資本家・経営者等を儲けさせる為に、まるで、奴隷の如く使われている場合も多い」。

「現状脱出欲動の暴発が起き易い」のは、

「不当ストレス等が集中しているところになる」のは、

「金や権力等さえも無いところ」では、

「金や権力等を使った現実逃避等により現状脱出欲動の暴発を誤魔化す事等も困難になるから」だ』。

『「以上の様な人間社会の基本的精神構造実態・実体を相応に理解した上」で、

「例えば、老人ホームの老人投げ落とし殺害事件等を考えれば、

誰でも、

現状人間社会の数々の事件・事故等の真犯人」に

「思いが至る筈」だ。

「過剰な不当ストレス下に置かれたが故に、現状脱出欲動を暴発させてしまった者ダケ」を、

「まるで、不良品の如く、例えば、死刑にして、排除したところ」で、

「現状人間社会の基本精神構造が是正されない限り、同様の新たな事件・事故等は、起こり続ける」。

「当たり前の話し」だ。

「この基本構造は、テロでも戦争でも基本的に同じ」だから、

「真の平和主義者」なら、

「基本的に間違っている現状人間社会の精神構造等の是正を訴えるのが当たり前になる」。

「偽善者たち」は、

「現状利権を維持したまま、

現状利権から外れ、不当で過剰なストレス環境下に置かれた者たちに、

不健全な現状から脱出する欲動さえも、

無理やり抑え込ませようとする」。

「もちろん、そんな事をしても、現状脱出欲動の全てが押さえ込める訳も無い」から、

「実際に、今の人間社会では、至る所で、現状脱出欲動の暴発が起きている」。

「偽善者たち」が「現状維持&問題解決先送り等に拘れ」ば、

「人類の歴史が示している通り、何れは、集団的現状脱出欲動の暴発となり、戦争等の繰り返しとなる」。

「現状を是正しようとしない、おバカや悪たちこそが、殺傷事件やテロや戦争等の真犯人」だ。

「本来罰するべき{不良品}は、其処に居る」』。

『「おバカや悪たちは、そんな{不良品}である自分の実体を誤魔化す為、直視しない為」に、

「金権過剰防衛状態を欲し、他の者・物・事に多大な犠牲を強いても、おバカや悪自身ダケは、金満・権力満状態下に置こうとする」。

「劣悪で醜悪な裸の王様であるばかりでは無い、

人類滅亡さえも誘っている悪魔に魂を売り渡した愚劣で醜悪な者たち」が

「其処に居る」』。

『「そんな状態では、おバカや悪たちは、本当の自信など持てる訳も無い」。

「結果として、子孫や同民族等に身勝手な投影・転嫁等を行い、愚劣で醜悪な代々話を続けさせようとする」。

「子孫がおバカや悪たちと同様の愚劣で醜悪な精神文化を持てば、まるで、おバカや悪たち自身が認められたとでも思いたいのだろう」が、

「人類滅亡さえ誘う文化の先に在るのは、そんな文化の否定・排除か、人類滅亡かのいずれかでしか無い事は、

少し考えるなら、

誰でも分かる筈」だ。

「古の賢人等も同様の感を抱いて居たのだろう、聖書にも記されている」。

「賢い者は悟るだろう」と・・・。

「神=自然の摂理」と「現実的に考える」なら、

「偶像崇拝など出来る訳も無い」から「偶像崇拝はダメ」となる。

「偽りの神を信じる者たちとは、自然の摂理以外を神と信じたがっている者たち」だ。

「自然の摂理を神として信じるら、世界中の何処の誰でも同じ神を信じる事になる」から、

「世界平和が当たり前になる」が、

「何処かの誰かが、大抵の場合、利権の為にデッチ上げた神を信じさせられている人々が大勢になる」と、

「世界平和にはならず、宗教対立や宗教戦争等になってしまう」のは、

「人類の歴史が実証している通り」だ。

「余程のおバカで無ければ、この程度の実態は、既に分かっている筈」だが。

「分かっていて、自慰利権等の為に、不健常な現状の維持~拡大等に邁進している」なら、

「明らかな悪で、悪魔に魂を売り渡した者等と表されても当然の状態」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を精神文化面でも意識的かつ積極的に実用しようとしていない、

糞バカ、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等」は、

「いい加減に、健常化するべき」だ。

「自浄が出来ない」のなら、

「過分な立場・報酬等は、健常化に力を加える事等が出来る者たちに譲るべき」だ。

「今時の全人類」には、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する精神文化の正常進化が必需」なのだから、

「全ての人類」は、

「この人類滅亡を避け、

地球生命体細胞群の存続~永続を近づける、

必然の進化に抗う愚劣で醜悪な者たちを、

重要な立場・権力上から徹底排除し、

過分で過剰な報酬等も取り上げ、

健常化の為の予算にでも振り替える、

現実革命(仮称)」を

「即刻、意識的かつ積極的に、行うべき」だ』。

『「上記の当たり前の事と、情報・教育の正常化・健常化等を行う」なら、

「数々の事件・事故等の真犯人も摘発・逮捕等され、

同様の新たな事件・事故等は激減する事になる」』。

|

テレ朝朝番では、「老人ホーム殺人容疑者の動機」等を論じていたが・・・。

『「自分の行っている事の実体さえ???の様相の連中」には「現状脱出欲動暴発の構造も???の様相」だ。「上辺の動機探しで、納得心等を得ようとしている、今時の人間としては、時代遅れの愚劣な姿」を「公共の電波上で曝していた」。

「まるで、丸ごと一人の死生観のまま特定の宗教を信じる事等で、死に対する恐怖心等を抑え、納得したがっているかの如く」・・・』。

『「老人ホーム殺人事件という現状脱出欲動の暴発が生まれてしまった構造」は「概ね、以下の通り」だ。

「現状人間社会では、

救急救命士等{人を救う仕事}を目指し、

その資格を取ったり、

実際に{人を救う仕事}に従事している人々の結構多くの割合」が、

「内実では、自分が救われたい、自分を救いたい欲動に駆られている人々になっている」。

「現状の上辺に拘らせ、あまり本質を探究させない情報・教育の下」では、

「多くの人々が、自分の実体や自分の内面を探求する事を満足に行えない状態に陥る」。

「その結果、

欲動エネルギーとしては、

意識上の欲動エネルギーより遥かに大きい場合が多い無意識レベルの欲動の実体も???状態」となり、

「例えば、

無意識レベルで自分が救われたい欲動が渦巻いている人々」が、

「{人を救う}部分だけを意識化する様な事が頻発してしまう」。

「其処に、

現状や上辺に拘って、

他の者・物・事に投影・転嫁・同一視等する事を、

情報・教育等で、

日々訓練されている状態まで加われば、

本来の欲動が{自分を救え!}であっても、

具現化する事は、

他人を救う仕事に就く等により、

その代償欲求の追及に奔走する事等となる事態」が

「必然的に生じてしまう」。

「今回の容疑者の場合の本来欲求」は、

「容疑者自身が自分を救いたい

(自分を救う事の内実等は、ここでは、とりあえずは記さないが、若干は、他の記事に記してあるので、そちらをご参照ください)

!だった」と「強く推定される」。

「その代償欲求の追及として、救急救命士の資格を取り、人を助ける仕事に就いた」が、

「言うまでも無く、代償欲求の追及をどんなに行っても、本来欲求は充足されない」。

「本来欲求である自分を救いたい!の充足無きまま、時を重ねれば、重なる程、

そんな現状は脱出しなければ!!等の欲動が、

意識レベルにせよ、無意識レベルにせよ、増大して行く」。

「そして、その増大し続けている現状脱出欲動」は、

「些細なきっかけでも、暴発する事が多々在る」。

「今回の容疑者も、直接の上辺のきっかけ」は、

「待遇や、評価や、殺されてしまった老人の言動等、

本質的に、殺人と釣り合う訳も無い、

相対的には些細な事だった」のだろう』。

『「今回の様な、今まで、ずっと、何処の国でも、頻発し続けて来ている、数多くの殺傷事件」同様、

「大規模な無差別殺傷事件」等も、

「自爆的事故」等も、

「戦争」等も、

「テロ」等も、

「いじめ」等も、

・・・等々、等々、

「その根本的実体」は「現状脱出欲動の暴発」に他ならない』。

『「自分の実体や自分の実体の本来の目的という自分の基本中の基本さえ満足に探求させず、

過去や現状や上辺に過剰に拘らせる情報・教育を蔓延らせ続けている限り、

数多くの人々の中で、現状脱出欲動がどんどん蓄積され続けてしまう」。

「集団的現状脱出欲動の暴発となれば、戦争等で、それが世界レベルで起きれば、世界大戦等」だ。

「人類を戦争の歴史の繰り返しや、テロや、丸ごと一人の殺傷事件等から、解放する」のは、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した情報・教育による

ほとんどの人類の精神文化の正常進化に他ならない」』。

『「自分を自分で健康にコントロールし続ける本来欲求の充足が不十分」で、

「その代償欲求の追及に奔走している者たち」は、

「他の者・物・事に対する支配・コントロール等を追及している場合が多い」。

「例えば、

オピニオンリーダーを気取る常連出演者等の実体」とは、

「視聴者等を自分の考え・思い等でコントロールしたがっている者たち」で、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける」なら、

「常連出演で自分の考え・思い等ばかり一方的かつ大々的に広める様な、

劣悪で、醜悪な事等を

行い続けられる訳も無い」。

「そんな悪事が仕事等とされ、

過剰な利権を偏在させ続けている現状を

是正しようとしたりする」のが「当然」だ。

「人類の精神文化の正常進化に貢献する、

今時の人類が本当に必要な情報内容なら、

未だマシ」だが、

「あまりに、低レベルな、

現状利権等維持論や現状権力者人脈交代論等々ばかり・・・を、

公然と一方的に大量配信し続けて来ている」のだから、

「本当に酷い」』。

『「公共の電波の無駄遣いしか出来ていない連中」に、

「過剰な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「自浄出来ない」のなら、

「公共性に鑑み、強制的にでも、是正させるべき」だ。

「人類の精神文化の正常進化無き場合、人類滅亡が確定状態となってしまう!」のだから

「自浄無き場合は、多少の荒療治等が実行されても、正当になる」。

「テレビ・ラジオ界の正常化・健常化は急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「金正日の誕生日」や「北朝鮮の科学技術」や「北朝鮮を軍事では叩けないゾ~!論」等の宣伝に忙しかったが・・・。

『「日教組教育等で有益分子として育成され、旧社会党人脈のメンバーとなっているのかも知れない連中によるかも知れない情報配信内容」とは、

「日本の公共の電波使用」なのに、

「利北朝鮮(韓国も含む)」だったりしている。

「一般日本国民の一人として、現状のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の情報配信内容には、大いに呆れる場合が多い」』。

『「例えば、本日のテレ朝朝番」でも、

「実質的には、金正日の誕生日の宣伝等を行っていた」が、

「今更、故人である金正日の誕生日を宣伝して欲しい日本国内に居る人々」とは、

「北朝鮮系の人々くらい」だろう。

「つまり、北朝鮮系の人々の為の情報配信なら、合理的な内容」だ。

「しかし、それを、日本の公共の電波を使って、民放キー局が行う必要は、どれだけあるのか???」』

『「北朝鮮の科学技術が進歩している」等の「情報配信もあった」が、

「北朝鮮の独自技術は、先進諸国の何十年遅れか!」や

「北朝鮮に先進国の技術がどうして入ってしまっているのか?」等を言うのが「適切」だ。

「グローバル化が進んでいる現状人間世界で、

先進諸国が開発~製造等した物を、手に入れる事」は、

「北朝鮮の様な、スパイ・工作活動国家にとっては、容易い事」だろう。

「日本国内でのスパイ・工作活動等」や、

「日本国内からの技術・製品等の闇運び出し」や、

「在日北朝鮮系の者たちからの、裏の支援等も結構ある筈」だ。

「簡単なのは、中国共産党支配下の中国経由」で、

「日本のマスコミ等なら、

この問題の実体・実態を暴き、

大衆周知し、

同様の事態の継続を抑制させる事こそが、

本分」だ。

「日本国内のスパイ・工作活動等の摘発を声を大にして大々的に訴えたりするのが当然」だ。

「日本の北朝鮮問題の深刻さをちゃんと受け止めている日本側のテレビ等」なら、

「今時なら、それこそ、スマホでも撮れる、北朝鮮による北朝鮮ロケット打ち上げ時等の高画質映像」や

「先進諸国の数十年遅れレベルのミサイル打ち上げ技術等」を、

「北朝鮮の技術進歩が凄い等と、賛美している場合では無い筈」だ。

「北朝鮮の為の情報配信」なら「合理的な内容になる」が』。

『「北朝鮮問題、軍事解決不可能論にも、呆れた」。

「米国が、本気でヤル気になれば、北朝鮮を叩けない訳も無い」。

「犠牲が最小限で済む様に、それこそ、アッと言う間に、北朝鮮現体制を無くす作戦は、幾つも在る筈」だ。

「問題なのは、中国共産党やロシアの合意が取れていない事くらい」だろう。

「逆に言うと、中国共産党やロシアの合意が無くても、

中国共産党やロシアが参戦しない条件が整う」なら、

「アッと言う間の北朝鮮現体制駆逐作戦は実行可能」だ。

「普通の日本のテレビなら、上記の様な実態を言う筈」だ。

「北朝鮮を軍事では叩けないゾー!論」も「実質的には、北朝鮮の為の論」になる』。

『「日本の公共の電波上で、利韓・利北朝情報配信等を頑張っている者たち」や、

「朝鮮系人脈による日本乗っ取り支配工作等を行っている者たち」が、

「そんなに、韓国や北朝鮮の悪権力者人脈等を利したい」のなら、

「朝鮮半島に住んで、朝鮮半島内の状態を良くする事を頑張れば良い」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「テレビ・ラジオ界やマスコミ界や教育等の正常化・健常化」は「もちろん」、

「戦後日本社会全体の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

SAPIOの実体が良く判る「朝鮮人日本兵遺骨問題の宣伝」・・・。

『「今時の人類にとって、遺骨問題は、もはや、過去の文化遺産レベルの問題」だ。「骨だって、細胞レベルで新陳代謝を繰り返している人体の一部」だから、「古の人々の様に、焼け残ったりして、残存度が高いから、骨は特別!等と考え・思う方が、現実離れしている」。

「遺骨問題とは、古からの宗教的価値観維持問題でもあり、遺骨収集利権問題でもある」』。

『「先の大戦時には、日本人の召集とは違い、朝鮮人の召集は遅かった」。

「終戦が近い1944年になってからの召集がほとんど(それ以前は、希望兵のみ状態で、希望する者とは、当時の日本人並みの者たちだったから、朝鮮人では、圧倒的少数派)」だ。

「結果として、先の大戦時には、多くの日本人男性が、勝ち目の無い戦場で命を落とした事とは、裏腹に、多くの朝鮮人男性が日本国民として生き残れた」。

「そして、日本国民として生き残れた朝鮮人男性の決して少なく無い割合の者たち」が、

「朝鮮人悪権力者の統一意志の下」で、

「日本が敗戦した途端」に、

「とんでもない事を行った様な実態が在る」。

「日韓併合時に、大量の朝鮮人が、時には、密航までして、日本に渡来している事は、ご存知の方々も多い」だろう。

「終戦時の日本本土内でも、多くの朝鮮人男性が、召集が遅かったが故に、生き残れていた」。

「この歴史上の現実」が「戦後の処理等にも、大きな影響を与えて来ている事」は、

「多くの日本国民は、決して忘れるべきでは無い」』。

『「筆者は、言うまでも無く、遺骨収集不要論者」だ。

「生きているなら、所詮は、代謝されて、他の細胞と同様に、便等として排出処理されている骨(細胞)自体に、

丸ごと一人の死生観を抱くしか無かった古の人々と同様の重大な価値感を

今時の人々が抱く必要は全く無いから」だ。

「仮に、万一、故人に魂等が在ったとしても、遺骨収集の有無など問わず、既に、帰国等している」だろう。

「実際に、戦死した近親者等の強い思い等を戦死した時とほぼ同時に感知した」等の「実体験談は、少なからず在る」。

「筆者も、親戚が無くなった時、その様な感を感じた事もある」。

「人が死す時、ある人等に対して、強い思い等を抱き、

その感が、まるで電波の様に、同調する回路を形成出来ている脳内では感知出来るような、

ある種のテレパシー的現象はあり得るのかも知れない」。

「しかし、それは、一瞬の事であり、魂の存続~永続等とは、相容れない現象」だ。

「実体としては、その時の強い思い等が、同調している脳内で検知されただけ」だろう。

「それでも、日本国内や朝鮮半島内に居た親類縁者等に、その感が伝わったのなら、魂は、その時点で、帰国した等と捉えるのが合理的になる」。

「遺骨とは、生きているなら、何れは、便と化す前の身体細胞の一部に過ぎ無い」』。

『「そんな遺骨を収集する事でも、利権は生じる」。

「ましてや、日韓(北朝も含む)の問題も絡めば、尚更」だ。

「朝鮮人日本兵遺骨収集は、それを行う日本国や日本国民等にとっては、明らかな負担となる」。

「基本的には、国家予算や税金等で行う事になるから」だ。

「更に、日韓の問題は、日韓基本条約で全て解決済み」という「事態を崩す為の工作にもなるから」だ。

「日韓基本条約を無視して、日本国民が遺骨問題を言う」なら

「日韓併合時に朝鮮半島内で亡くなった日本人の遺骨問題を忘れてはいけない」。

「終戦直後の急激な強制帰還時に、遺骨まで持ち帰れた日本人は、ほとんどいない筈」だ。

「日韓併合時に朝鮮半島に渡っていた日本人の多くは、平和的同化政策が行われる中、朝鮮半島の近代化等に貢献していた人々」だから、

「引揚げ命令時にも、例えば、財産・資産等の半分くらいは、朝鮮半島内に残していた」。

「また、以前の様な平和状態が戻ったら、朝鮮半島内で、以前同様の暮らしが出来ると思っていた人々も少なく無い」。

「墓や遺骨も、もちろん、そのまま」だ。

「ところが、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者たちによる火事場泥棒的戦後国家立ち上げに伴い、分国化されたと共に、国交が失われた」。

「国交回復後に、旧日本人墓地だった場所等を訪れてみると、既に、韓国人の住宅地等だったりしている」。

「朝鮮戦争後、所謂東側故に経済発展や開発等もほとんど無かった北朝鮮は、昨今になって、日本人遺骨を交渉の道具にしている」が、

「西側故に、経済発展も開発も大いに行われた韓国内の日本人遺骨が帰されたという話しは、聞いた事も無い」。

「反日教育の下で、日本人墓地は壊され、遺骨は海等に捨てられ、その後、住宅地等として再開発された」等の話しは「聞いた事が有る」。

「韓国内の日本人遺骨問題は、普通の日本国民が、どうしても、遺骨問題を取り上げたいのなら、真っ先に取り上げていても何の不思議も無い問題」だが、

「日韓基本条約で全て済み」で「後は、穏便に、平和友好関係を築こうとして来た人々が多かった事」と

「戦後日本国内の情報・教育関係人脈や実権者等の異常さ故」に、

「問題化されていないダケ」だ。

「ネットの普及で、朝鮮系の為の情報統制状態が崩れている昨今でも、尚、

未だに、往生際悪く、

利朝鮮系の情報・教育で日本国内を染め上げようとしたりしている、

日本乗っ取り支配工作実行中等の者たち」は、

「本当に劣悪」だ。

「日本に負担を強いる事で、日本から何らかのメリット等を得ようとする」なら、

「今時なのに、今更ながら、朝鮮人日本兵の遺骨収集問題を声高に宣伝する事も合理的になる」。

「逆に、遺骨利権等を解消するや、死生観の現実化等を行う事等により、

日本社会の活性化を誘いたい」のなら、

「訴えたり、宣伝したりする内容も、自ずと変わる事になる」。

「SAPIO」が「そのどちらの道の為に、大衆マスコミの紙面を提供しているのか?」を「考える」と、

「SAPIOの実権者の本音や目的等も、良く判る筈」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等の多く」は、

「未だに、内実、韓国(北朝鮮も含む)の為」に「偏向している」。

「実権者人脈が変わっていないのだから、当然と言えば、当然の現象」だろう。

「是正は、急務」だ』。

|

スパイ・工作活動政党としての本領発揮か(?)甘利前大臣秘書の会話録音テープで攻める民主党・・・。

『「与党より日本国・日本国民の為になる政策」で「攻められない、スパイ・工作活動との縁が深いかも知れない野党政党等」が「言葉の揚げ足取りや漢字が読めない等の、大臣等の上辺の資質」や「録音・録画付きの工作仕掛けの結果や、ハニー・トラップ等々」で「与党を攻める」のは,

「ある意味では、当然の話し」なのかも知れない。

「その様な工作野党等を、公共の電波を使っている公正なテレビ・ラジオ等なら応援する訳も無い」。

「もし、応援しているテレビ・ラジオ等」が「在る」なら、

「公共の電波の不正・不当使用状態」であると「共」に

「工作野党と人脈が同じだから、応援」なのだろう。

「そんな醜悪な実態」が、

「日本に在って良い訳など無い」と思うが』。

『「甘利大臣秘書問題」は「検察に任せば良い」。

「日本の野党なら、与党より日本国・日本国民の為になる政策等で与党を攻めるべき」だ。

「国会議員としての本道は、其処に在る」。

「本道の仕事を満足に行わず、工作活動やイメージ戦略等により与党を悪戯に汚す事で、政権交代や議席増加等を狙っている様相」は、

「本当に醜悪」だ。

「有権者の多く」は

「そんな野党を応援している様相のテレビ・ラジオ・マスコミ等々の者たち」にも、

「そんな野党」にも、

「本当に呆れている筈」だ』。

|

テレ朝昼番では、「北朝鮮とは話し合いを!北朝鮮は日本に期待しているゾ!の旨」論まで日本の公共の電波上で一方的かつ大々的に流していたが・・・。

『「北朝鮮は、日本国内に居る●●等のお仲間には期待している」し「日本国内に居る●●等の北朝鮮のお仲間」は「北朝鮮の言い分を日本側に聞き入れさせる事に直結している、北朝鮮との話し合いが大好き」だ。

「●●にどの様な文字が入るのか?」は「とりあえずは、皆さまの方で、お考え下さい」。

「普通に考えるなら、拉致・工作問題で加害者側である北朝鮮との話し合いなど、あり得ない話し」だ』。

『「とんでもない国家指導者の下で、北朝鮮国民も可哀そう???」

「それが本心」なら、

「北朝鮮国内でも、

日本国内でも、

世界の他の国々でも、

先ず、とんでもない国家指導者を排除する事等を訴えている」のが「当然」だ。

「ところが、常連コメンテーター等は、国家指導者の排除等を言わない」ばかりか、

「そんな国家指導者の下の北朝鮮との話し合いを言う」。

「実質的には、見事な、北朝鮮国家指導者のお仲間、もしくは、手下ぶり」だ』。

『「かつて、拉致被害者たちが、北朝鮮との馴染みが深い旧社会党に対し、人脈的に繋がりもあるだろうから、助けて欲しい旨等、お願いに行った事が有った」。

「その時に、旧社会党が何をしたか?」

「朝鮮総連」に「報告」に「行った」のだ。

「旧社会党と、日教組や、テレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈とは、非常に馴染みが深い」。

「日教組教育等の学校教育」で、

「北朝鮮や中国共産党等にとっての有益分子を育成する」と「共」に、

「不適応分子は、洗い出し、粛清対象としてリストアップし、工作員等に知らせ、粛清工作のターゲットにする」。

「育成した有益分子」は、

「戦後の日本の体制作りに、割り込んで入った朝鮮系の者たちの意図の下で、

ある程度以上の支配的実権を得ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の情報・教育産業等で、

優先的に雇用する」。

「その様な裏さえ、感じさせる要素が多々在る」のが、

「戦後日本社会のお寒い実態」だ』。

『「そして、戦後70年以上も経つ今日でも、未だに、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」では、

「まるで、

朝鮮総連に報告に行った旧社会党の如く、

北朝鮮との話し合いが強く訴えられている」。

「まともな話し合いが不可能な北朝鮮との話し合い」とは、

「北朝鮮の言い分を北朝鮮が納得する分だけ呑まなければ、成り立たない話し合い」だ。

「それは、話し合いというより、北朝鮮側が、日本側に譲歩・妥協を強いる圧力をかける為の機会」に他ならない。

「拉致等の工作活動の被害者である日本側」が、

「加害者から更なる圧力をかけられた上で、加害者に都合の良い合意」を「話し合う事を推奨する」とは、

「北朝鮮への利益供与以外の何ものでも無い」。

「旧社会党が、朝鮮総連に報告に行った事と同様の実態」だ。

「本気で、拉致被害者や北朝鮮国民の事を心配している」なら、

「一刻も早く、酷い国家指導者を交代させる事や、現状の北朝鮮を崩壊させる事等」を、

「真剣に考え・実行に移させるのが当然」だろう。

「北朝鮮の現体制を維持させたまま、話し合う事」とは、

「北朝鮮の現体制の意志を日本にも反映させる事に他ならない」』。

『「そんな事を行いたい」のは「日本乗っ取り支配人脈の者たち」くらいだろう。

「核やミサイルで時間を稼いでいる裏では、着々と、日本乗っ取り支配工作が行われ続けている」。

「北朝鮮との話し合いを重点に置く論等」は、

「その流れの上に在る論等」だろう。

「普通に考えるべき事」は、

「崩壊させずに、酷い国家指導者だけを変えさせる方法」とか、

「崩壊させても、その被害を最小限に抑える方法」になる。

「中国共産党という後ろ盾の問題も決して小さく無い」から、

「中国共産党込みで、酷い国家指導者をどうするのか?」等を

「考え、有効な手段を着々と進めれば良い事になる」』。

『「一応は、民主化しているロシアとの連携を深める事も有効」だろう。

「情報・教育面で、徹底して、実体や事実・現実に基づいた情報・教育を行う事も有効」になる。

「日本国内の工作員たちを徹底摘発し、全てオープンにする事等も非常に有効」だ。

「戦後日本の膿を全て明らかにする事のメリットは大きい」。

「利権集中状態を是正する事も有効」だ。

「元々の日本国民が、本来の力や生活等を取り戻す」なら、

「日本乗っ取り支配人脈企業等に奴隷の如く扱われ、利益供与させられ続ける確率も激減する」。

「テレビ等で常連的に出て来る{北朝鮮の専門家}等の多くの実態・実体」は、

「北朝鮮の為の専門家」になっている。

「まるで、民主党政権時に、日本が細り、中・韓等が太ったのと、同様の事態」が、

「昨今のテレビ等の北朝鮮論等上でも起こっている」のだ。

「そして、それらの事態を引き起こしている者たちの人脈」は、

「同じ」だ』。

『「テレ朝では、昼番でも、自民党育休不倫議員辞職国会議員を責める事に大々的に時間を割いていた」。

「しかも、ハニートラップをしかけたのかも?側の女性の言い分まで付けて」。

「芸能界の人間でもある、工作仲間かも知れない、該当女性の、取材が可能だった事」からも、

「人脈的近さが窺える」。

「もちろん、不倫行為は、男側も、女性側も、罪」だ。

「どちらも罪人側だから、少しでも自分の立場が良くなる様に、ある事無い事言ったりする」のも、

「よくある話し」だ。

「テレ朝の悪質なところ」は、

「自民党だからか?男の方ばかり、徹底的に貶める情報を大量配信する事」で、

「女性側の言い分が、全て正しいかの如きイメージを付けようとしていた」とさえ感じられる

「偏向・偏重情報配信ぶりだった事」だ。

「まるで、自民ダメ!民主~!!の様な実態が其処に在る」。

「政治問題では、個人レベルの不倫問題より、日本の為になる政策等の方が圧倒的に大切」だ。

「不倫問題では、男女どちらも、該当者の言い分など信用出来るモノでは無い」。

「不倫をそんなに問題にしたいのなら、客観的事実・現実や証拠だけを上げれば良い」。

「そもそも、タカが不倫に、大々的に時間を割く事自体が異常」だ。

「一説では、国会議員の約半数は、不倫ありなんじゃないの?」とも「言われている」くらいなのだから、

「国会議員の不倫を問題にしたい」のなら、

「全国会議員を調べ、

その全てを明らかにした上で、問題にすれば良い」。

「本道に沿ったマスコミ取材をするなら、その様な方向になるのが当たり前」だ。

「民主党等野党を有利にしたいからか、

与党議員の不倫で徹底的に騒ぎ、

与党側のイメージまで悪くしようとしている様相」は、

「本道を逸脱している」。

「与党等を責めたい」のなら、

「政策論上等で、

ちゃんとした証拠や論拠を示した上で、日本国・日本国民の為にならないから等の理由で、

与党等を責める」のが、

「政治報道等の本道」だ。

「イメージで民主党等野党へ利益供与しようとしている様」は、

「本当に醜悪」だ。

「その実態は、ナチス・ヒトラーのラジオ等利用大衆誘導と同様」に他ならない。

「こんな公共の電波の使い方が許され続けていて良い訳は無い」。

「是正は、急務」だ』。

|

テレ朝朝番、糖質制限ダイエット提唱者死亡問題等々問題・・・。

『「糖質制限ダイエットの提唱者」が「心不全で亡くなった」との事だ。「糖質制限ダイエットが死亡原因では無い」らしい。「テレ朝朝番の論調」では「元々の動脈硬化等が原因」の様に「宣伝していた」が、

「提唱者の住いが、軽井沢のホテル」であり、

「死亡前に、周囲の人々に、疲れた旨訴えていた状態」から、

「大いに疑われる」のが「電磁波工作」だ。

「電磁波工作の被害者である可能性も結構高い筈」だが、

「電磁波工作人脈のお仲間かも知れないテレビ等では、電磁波工作問題はスルー」なのだ。

「筆者の実体験上でも、出先のホテル等で、電磁波工作に見舞われる事は、かなりの確率で有る」。

「電磁波工作を受ける

(ホテル等の場合は、建物が鉄筋等でしっかりしている場合が多いので、

鉄筋等の反射派が在るが故か?強い電磁波工作には見舞われ辛く、

弱めの電磁波工作となる場合が多い様だ。

しかし、弱めでも、継続して当てられ続ける・・・つまり、覗かれていて、移動しても、当てられ続ける・・・とかなり疲れる。)と、

疲れが取れず、眠り辛くなる」。

「イライラしたり、不安を感じたりする事もある」。

「軽井沢の様な、リゾート地で、空気も水も良く、リラックスムードも溢れているところでも、そう」だ。

「筆者の実体験上でも、ホテル等で部屋割り実権等を持つ者の中には、高確率で電磁波工作人脈の者が居る様相」だ。

「通常選択では、ターゲットの部屋が工作員の部屋に隣接しない場合には、ターゲットの部屋をアップグレード等する事さえある様相」だ。

「工作員側が、ターゲットの泊まる部屋の情報を得て、意図的に、その部屋に隣接する部屋を希望する場合もある」。

「結果、出先での快適な休養や安眠は、電磁波工作下の疲れる不快な状態下に置かれ易くなる」。

「ホテル等を定宿としているターゲットの場合」には、

「電磁波工作の影響がかなり深刻になっても何の不思議も無い状態が其処に在る」』。

『「何の為のターゲット落としか?」

「言うまでも無く、ターゲット亡き、無き、後の指導的立場等をそのスジの者が取る為」だ。

「基本は、特定人脈による日本乗っ取り支配工作」だから、

「日本社会の中の、あらゆる注目等されたり実権を持つ者たちの全てを、特定人脈の者にする為の工作が行われている」。

「警察等は、電磁波工作の影響による死亡も考慮の上、徹底的にご遺体を確かめるべき」だ』。

『「育休不倫議員辞職自民党国会議員に対する余分で過剰な追及等」で、

「公共の電波上の貴重な時間を埋めた事」も「悪質」だ。

「政治・政治家問題で公共の電波を使う」なら、

「日本国・日本国民の為により良い政策等を訴えたり、

日本国・日本国民の為により良い政策を行わない政党や国会議員等を批判したり、するのが妥当」だろう。

「個人レベルの問題でしか無い、国会議員や芸能人の不倫問題に対し、大きな時間枠を取る事自体が、どうかと思う」。

「そんな事をすれば、不倫を公然化する」と「共」に、

「その反動形成として、視聴者等の中に、過剰な反不倫意識等を生じさせるダケ」だ。

「つまり、その実効は、日本社会をよりギスギスしたストレス社会化する事」になる。

「日本社会をより悪くする為の情報工作の様相が其処に在る」』。

『「50匹もの猫と同居していた高齢者の問題」でも、

「年収●千万超えの連中がゾロゾロ・・・という常連出演者たちの偏在利権を黙殺したまま」、

「日本社会の高齢化と格差社会化を公然化する」と「共」に

「拠り所を地域社会の中の他人に求めれば・・・論」を「優等生ぶって風潮していた」のだから、

「本当に醜悪」だった。

「本格的な格差是正を行わない事=日本社会の衰退」になる。

「その解決法」は「偏在利権を解消し、利権分配構造を健常化する事」だ。

「日本社会で暮らす誰でもが、個人レベルで、過剰な拠り所を必要としない自立出来る状態を維持出来る様にする事」こそが、

「公共の電波上等でも、訴えるべき内容に他ならない」。

「ところが、

偏在利権を貪り続ける事で、

{自分ダケ}は地域社会等での拠り所など無くても、

十分過ぎる程の金権利権等を握り占め続ける事で、

現実逃避と自慰等を続けようとしている様相の者たち」は、

「偏在利権の維持の裏に在る日本社会の悪化の公然化」に「必死の様相」なのだ。

「そんな連中を、日本の公共の電波上で蔓延らせ続けていて、日本社会が良くなる訳など無い」。

「是正は急務」だ』。

『「学歴担保という宗教的呪文が在る」。

「理系の場合」は、

「内実、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

人類の物質文明等の正常進化に貢献する製品等をつくる事が出来る能力等となっていて、

相応に実体を伴っている」から、

「満更、宗教的とだけは言い難い部分もある」が、

「現状の文系の場合」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

人類の精神文化等の正常進化に貢献する製品等をつくり出す事が出来る能力」という

「理系同様の実体を伴ったベースが、実質的に、望まれていない状態」だ。

「テレビ局等」が、

「学歴担保等で新入社員等を雇い続けて来ても、

番組内容が正常進化し得ない訳が其処に在る」。

「現状のテレビ・ラジオ・芸能界等の、学歴担保や人脈担保等」は、

「今までの経営者や幹部等」が、

「今までの劣悪な仕事でも大変良かったですよ!等のお墨付きを得る為」の、

「ワンワンたちを雇う事を正当化する為の呪文でしか無い」。

「人類にとって本当に必要な仕事は遠ざけられ、

その裏で、特定極一部の者たちが、

過分な立場・報酬・権力等を抱きしめ、

醜悪な大量消費自慰行為等を行い続けて来ている実態が其処に在る」。

「その裏では、偏在利権を成り立たせる為の搾取等故に、不当で苛烈な貧困状態等に追いやられている多数の人々が居る」。

「多くの人々が必要な事」は、

「諦めを誘わせる現状公然化情報の押し売り」や、

「現実逃避情報」等では「断じて無い」。

「格差是正や利権分配の健常化が実践される日本社会」であり、

「その為の力になる情報配信」だ。

「公共の電波上」で、

「現状の公然化や現実逃避等々の、醜悪な内実を持っている劣悪な情報配信が続けられている事」が、

「今時の人間社会にとって良い訳など無い」。

「健常化の力になる情報配信内容」なら「日本社会に、健常な明るさも活気も出て来る」のだから、

「是正は急務」だ』。

|

サンデー・モーニングでは、未だに、現状維持の為の戦争論等で公共の電波を無駄遣い、だったが・・・。

『「おバカや悪では無い、今時の人類」なら「テロ・戦争等を無くす方法くらい、もう、知っている筈」だ。「基本ロジック」は「単純明快」。「全ての人類が、進化し続けて来ている物質文明側より進化している精神文化側を保持すれば良いダケ」だ。

「その実現方法」も「基本的に、単純明快」。

「物質文明の進化を可能にした手法そのままを使えば良いダケ」だ。

「つまり、科学レベルで判明している実体や事実・現実」を「精神文化面でも実用する事」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した精神文化側の製品等をどんどん生み出すと共に、

物質文明製品同様、

その性能(精神文化の正常進化に対する貢献度等)で優劣を付けた判断・判定・選択等を多くの人々がすれば良いダケ」だ』。

『「精神文化側で、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用するとは、どの様な事か?」が「分からない方々の為に実例を挙げる」なら、

「例えば、死生観」だ。

「死生観も言うまでも無く、人間の精神文化の一つ」だ。

「死生観の基となる、科学レベルで判明している死・生の実体や事実・現実」とは、

「人類の生(誕生~生きる事)や死とは、細胞ごとの現象である事」と、

「人類の意識は、丸ごと一人で考え・思い易い事」だ。

「それらを実用して死生観を築く」なら、

「死とは、生きている人間なら誰でも、今、この瞬間にも体験している細胞ごとの現象」であり、

「生(誕生~生きる事)の実態も基本的に細胞ごとの現象」だ。

「しかし、人の意識では、丸ごと一人で考え・思いたがる」から、

「生や死が細胞ごとの現象である事が分からなかった時代の人々」は、

「丸ごと一人レベルで死生観を築き、それを基に、人間社会の死生対応体制を整え、実用して来た」。

「もちろん、それは、意識上の考え・思い等による納得レベルでは、整合性のある実用体制だった」が、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実とは、かなり離れている事もまた現実」だ。

「今生きている人類が、今行うべきは、科学レベルで判明している死生観に基づいた死生対応体制の構築」になる。

「学校教育でも、テレビ・ラジオ・マスコミ情報等でも、先ず、科学レベルで判明している死・生の実体や事実・現実を広く大衆周知する」と「共」に、

「それに基づいた人間社会体制の現実化を行う事」が「必要」だ。

「死生観から始め、善悪観や人生観や成功観等々も、科学レベル以上に進化させる」なら、

「殺欲動が有っても、殺人欲動を抱かないのが当たり前」となり、

「罪を憎んで丸ごと一人人を憎まずが当たり前になる」。

「過剰な武力・金権等による防衛も不要になり、

格差是正が当たり前になる」。

「適材適所やワークシェアリング等が当たり前になる」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事が当たり前になり、

他の者・物・事の支配/被支配という代償欲求の追及に奔走する道を誤った人々は激減する事になる」。

「成功観としても、他の者・物・事の支配や、名声や、より多くのお金や権力等を自分の下に集める事等という病的な状態は、明らかな失敗と認識」され、

「世界平和の実現」や

「人類誰もが、健康で文化的な生活を営みながら進化し続ける事が出来る状態を維持する事等により、

地球生命体細胞群の存続~永続を可能にし続ける事」等が、

「成功」になる。

「精神文化を正常進化させる」なら、

「テロや戦争や殺傷事件等々が無くなる」のが、

「当然」だ』。

『「こんな単純明快な事を言わない/言えない裏には何が在るのか?」

「言えないのなら、能力不足」だ。

「つまり、おバカという事」だ。

「おバカに公共の電波上で大々的に語らせたりしていても、ロクな事は無い」。

「言わない裏には、言わない事のメリット等が在る事になる」。

「例え、人類が、戦争の歴史を繰り返しても、戦争の悪影響は避けられ、現状利権等が維持~拡大出来たりする」なら、

「悪たちは、言えても言わない」だろう。

「そんな悪たちに公共の電波上で大々的に語らせていても、ロクな事は無い」』。

『「おバカや悪たち」は「早々」に「公共の電波上から駆逐されるべき」だ。

「急速に進化し続けている物質文明の積極使用・過剰使用・不当使用等々により、

地球環境を激変させ、

テロや戦争や殺傷事件まで頻発させ続けている、今時の人類」に、

「長い時間の余裕は無い」。

「テレビ・ラジオ界の健常化」は「急務」だ』。

|

重力波が観測されたが・・・。

『「重力波が実在する事」は「時空の実体を露にする一大証明」でもある。

「当ブログでは、以前から、記している通り、時間の流れがスタートしたから、現宇宙の全ての現象や実体・実態が在る」。

「現状人間社会には、精神文化の正常進化さえも満足に行えていない未人間たちが山ほど居る」ので、

「ここでは、詳しい内実は記さないが、時空を制御する事」で「重力も制御出来る」。

「重力波の存在証明とは、重力制御技術等の実用可能証明と同じ事」だ。

「重力制御技術の実用」こそが、

「本格的宇宙時代の入り口になる」』。

『「ところが、もちろん、重力制御や時空制御技術も、核技術同様、破壊にも実用可能」だ。

「重力制御や時空制御技術を破壊に使う」と、

「地球を消滅させる事くらい簡単な事になる」。

「しかも、核爆弾の様な大規模な施設も、大きさ等も要らない」のが、

「重力制御や時空制御技術の、ある意味では、恐ろしいところ」だ。

「全ての人類が、精神文化側を物質文明側以上に正常進化させなければ、

重力制御や時空制御技術等が表に出される事は無い」だろう。

「そればかりか、精神文化の進化に抗う愚か者たちの割合が一定以上に増えてしまう場合」は、

「宇宙の中の迷惑な生命体細胞群は、消滅させられる事になる」』。

『「今の人類」は、

「本格的宇宙時代というネクストステップに進級出来るか?」

「消滅させられるか?」の

「岐路に居る」。

「おバカや悪たちが、存続するなら、位置するところは、永遠の恥辱に染まる道の上」であり、

「おバカや悪たちが、実質的に人類の支配権を得続けているなら、地球消滅となる」。

「未人間たちは、この現実をよ~く考えるべき」だ』。

|

未だに、マズゴミ等では「色と欲こそが人間の本分でしょ!程度の未人間」が蔓延っているらしいが・・・。

『「本当に、本来欲求と代償欲求の区別さえ???の未(熟)人間連中」は「大迷惑」だ。

「現状人間社会が酷い」のも「未(熟)人間たちが蔓延れているから」に「他ならない」。

「色=性欲」と「欲」には、

「本来欲求」と「代償欲求」が「在る」。

「未人間たち」は「この区別が出来ていない」。

「結果として、代償欲求の過剰追及状態等に陥り」、

「色で言うなら、それこそ、より多くの異性と関係を持てれば勝ち組等」の「誤った価値観上に狭義の自分を起き易くなる」。

「本来欲求上の色」は「本質的に相性の良いパートナーを見つけ出し、本当に相性の良いパートナーとの間で、本当の意味での愛を育む事」だ。

「其処に、異性関係の数や、上辺の美醜や経済的優劣や社会的立場や天動説上の年齢等々は、存在していない」。

「本来欲求上の欲」は、

「広義の自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が取れる事」だ。

「其処に、広義の自分の実体の本来の目的を阻害して、短絡的に狭義の自分を慰めたりする為の大量消費自慰生活や、

狭義の自分の本来の自信の無さを誤魔化す為の大権や大評価等は、

存在していない」。

「ところが、大迷惑な未人間たち」は、

「21世紀の今日でさえ、未だに、動物的色や、代償欲求の追及に明け暮れている」から、

「本当に呆れる」。

「そんな未人間たちの論を公然化する為か?

雑誌等のマスコミ等上で

未人間的論を大々的に宣伝している様な

時代遅れの愚劣な実態まで在る様」は、

「本当に醜悪」だ。

「そんな事をやっていて、人類滅亡が近づいて来ないとでも思っているなら、本当におバカ」であり、

「人類滅亡を近づける為にやっている」なら、

「本当の悪」だ。

「おバカや悪たちに、過分な立場・報酬等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正は、急務」だ』。

『「色ボケ、代償欲求追及ボケ」等を、

「公共の電波上や、公共的マスコミ等で、公然化する事の悪の効果」は、

「今更、言うまでも無い」だろう。

「色ボケや、代償欲求追及ボケ」は、

「その実体通り、おバカや悪として、公然化する」のが、

「公共の電波上や公共的マスコミ上の情報の正しい姿」だ』。

『「今時の人類としては、未人間とでも表した方が適切な大迷惑な者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「そんな自虐的な状態を続けるなら、それ程、遠くない将来、確実に人類滅亡がやって来る」』。

『「今生きている全ての人類」は、

「精神文化の正常進化を行わなければいけない時代に生きている」。

「先ず、自らの精神文化を正常進化させる事が求められている」。

「自らの精神文化を正常進化させる事が出来ている」なら、

「現状の巷の、今時の人類として、精神文化の正常進化が未熟な、未人間とでも表するべき者たちの、過分な立場・報酬・権力等々が、放置出来る訳も無い」。

「人類滅亡を避ける為にも、現状人間社会の是正は急務」だ』。

|

公安もマークすべきは共産党では無く旧社会党&北朝鮮(韓国同調派も含む)人脈でしょ!・・・。

『「表立って、共産などと公言している連中のやる事」は「タカが知れている」。

「多くの日本国民も、上辺の公言要素だけもで、用心する」。

「本当の敵」は「上辺では日本の為等を気取る反面で、内実、利反日本国人脈という連中だ」』。

|

結局無駄だった「北朝鮮への制裁一部解除」・・・。

『「対話と圧力」とは「対話可能な相手に対してのみ有効な手段」だ。「北朝鮮との対話が可能か?否か?」は「今更、言うまでも無い」だろう。

「拉致まで含む、数々の工作活動を、日本国・日本国民に対しても仕掛け続けている北朝鮮」との「対話」など、

「成り立つ訳も無い」。

「対話で結論を得ようとするなら、

日本が北朝鮮の言いなり状態にならない限り、

北朝鮮側が納得し、拉致被害者等を帰国させる事も無い筈」だ。

「北朝鮮人脈による日本の乗っ取り支配が実現するまで、

拉致被害者を帰すつもりなど全く無い」のが、

「北朝鮮の本音」と「強く推定出来る」』。

『「対話と圧力」による「拉致問題解決」は「実質的に不可能」だ』。

『「どうすれば良いのか?」は「以前にも記した」。

「日本国内の北朝鮮系の工作活動を徹底摘発し全て表に出せば良い」。

「北朝鮮が拉致被害者を帰さない一番の理由」は、

「未だ帰国出来ていない拉致被害者の多く」が、

「北朝鮮による日本国内での工作活動の実態を知っていたり、係わっていたり、するから」だ。

「北朝鮮にとって、拉致被害者を日本に帰国させる事=日本国内で北朝鮮が行い続けている工作活動がバレる事」だ。

「だから、例え、大量のお金等が目の前に在っても、拉致被害者を日本に帰す事が出来ない」。

「北朝鮮にしてみれば、

日朝友好関係を築く事により日本からもらえる少々のお金<日本乗っ取り支配」だ。

「だから、連綿と工作活動を続けて居る」し、

「止めるつもりは全く無いから、拉致被害者も帰せない」。

「逆に言うなら、日本側が徹底して北朝鮮による工作活動を摘発し、表に出してしまえば、

北朝鮮にとって、拉致被害者を帰す事によるメリットの方が大きくなる」。

「日本が行うべき事」は、

「もはや、明らか」だ』。

『「核とミサイルによる脅し」に「騙されてはいけない」。

「そんなモノを使えば、北朝鮮がアッと言う間に負ける戦争になるダケ」だ。

「北朝鮮自体が無くなる」だろう。

「水爆を言った核実験」の「目的」は、

「小学校時から、初歩の核融合理論等を教えている、北朝鮮国民を納得させ続ける為」だ。

「もちろん、理論を教えられる事と、実際に、水爆をつくれる事とは、全く違う」。

「実際の今の北朝鮮には、未だ、水爆製造能力は無い筈」だ。

「それでも、核実験を行い、水爆だ!と言えば、北朝鮮国民を押さえ続ける事には有効になる」。

「ミサイル技術で言うなら、北朝鮮のミサイル技術は、日本も含む先進諸国より、遥かに遅れている」。

「それでも、人工衛星の打ち上げだ!と、ミサイルを撃てば、北朝鮮国民を押さえ続ける事には有効になる」。

「もちろん、核実験も、ミサイル実験も、国際社会を敵に回す悪策」だが、

「時間稼ぎが出来る策でもある」。

「仲が悪いフリをしている北朝鮮と中国共産党」だが、

「それも時間稼ぎの為の演技」だろう。

「時間稼ぎの目的は、日本乗っ取り支配の実現」だ。

「先進国の一角である日本の乗っ取り支配を実現する事=一気に、北朝鮮も、中国共産党も、それに付いて行く韓国も、先進国レベルの技術やお金等々を、その支配下に手に入れられる事」だ。

「その為の時間稼ぎとしての、核実験であり、ミサイル実験であり、拉致問題悪用」なのだ』。

『「拉致工作に協力等した日本国内在住の北朝鮮(民族主義的要素に呼応している韓国系も含む)系の人々」が、

「その後、北朝鮮権力者の指示や意向等を全く受け付けていない訳も無い」。

「だから、実際に、今の日本国内では、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や政財界工作や情報・教育工作等々が、溢れている」。

「大元の指示は、北朝鮮国内や、韓国国内等外国内から、出され、

日本国内のブドウの実的実質工作組織」が、

「統一された意志の下で、動かされている」。

「一つ一つの実効は、

工作員自身も罪の意識が薄くなり、

工作実行のハードルも下がる、

摘発困難なレベル」でも、

「全体としては、相応の実効が出る工作手法」だ。

「そんな陰湿な工作活動が、連綿と行われ続けて来ている」のが、

「戦後の日本社会」だ。

「こんな状態を放置したままで良い訳など全く無い」』。

『「北朝鮮への制裁一部解除は無駄である旨、制裁解除ニュース当初から訴えて来た筆者」の、

「提言」は、

「今こそ、徹底して、北朝鮮(該当韓国系も含む)系の者たちによる日本国内で行われ続けて来ている工作活動の全体」を、

「大衆の前で、明らかにしてしまう事」だ。

「工作員の工作実行ハードルを上げれば、必然的に、工作員もこぼれ落ちて行く」。

「北朝鮮が、手に届き易い、北朝鮮国内の軍部要人等を粛清する事によって、

日本国内の工作員に対する圧力等を、

どんなにかけても、

北朝鮮国内の様に、

簡単に粛清など出来得ないのが、

現実」だ。

「工作実行者側から、工作のターゲット側に回されるのがセイゼイ」だろう。

「多くの工作員が、一気に、抜けてしまえば、

もはや、北朝鮮側に日本国内の工作員に対する実効のある粛清手段は無くなる」』。

『「拉致問題解決の為」にも、

「日本国内の工作活動を徹底摘発し、例え、微罪でも、全て、オープンにする事」の「実効は大きい」。

「後は、政府・与党・警察・マスコミ等のやる気と実行だけ」だ』。

|

軽井沢の酷いバス事故のガードレール衝突直前の車速が96km/h付近だったらしいが・・・。

『「筆者は、少し前に、所用があり、碓氷峠のバイパスをJRの定期バスで往復した

(何と!JRの定期バスで筆者の乗った車両は、上りも下りも、シートベルト無し)」。

「JRの定期バスの運転手さん」は、

「峠を上る時は、事故現場に至る長い下り坂を、

下る時は、バイパス入口から事故現場を通る上り坂を上り切った後の下り坂を、

排気ブレーキを併用しながら、4速で、

それこそ、眠りを誘うくらいの安定した運転で、通り抜けていた」。

「その時の実感」からすれば、

「事故現場に至る下り直線的な部分は、意外な程、短かかった」』。

『「該当事故バス」が、

「もし、登り切った時点で、時速50キロ程度」で、

「事故現場付近時には、それまでに、ブレーキをかけていたにも係わらず、時速96キロまで速度が出ていた」なら、

「上り切った後の直線的な下り坂の時に、運転手がアクセルを踏んでいた事まで考慮した方が妥当だという感まで得た」』。

『「排気ブレーキ自体は、超大型バスでも、大型バスでも、同じ」だろう。

「事故を起こし、亡くなってしまった運転手が、排気ブレーキを使えなかったとは思い辛い」。

「ギアの選択誤りを大宣伝しているマスコミ等が多い」が、

「ギアは、入らなない事が無い限り、基本的に、選択は自由」だ。

「プロ運転手が、適切なギアを入れられない事は、機械的故障や不具合でも無い限り、考え辛い」。

「下り坂を下りと認識出来ていなかった可能性も考えられる」が、

「普通の状態のプロ運転手なら、速度の増加の仕方で直ぐに気づいた筈」だ。

「意識的・意図的にせよ、

無意識的にせよ、

誤ったギアを選択したり、

高いギアを選択した上でアクセルを踏んだりした

可能性が浮上して来る」・・・』。

『「この辺りに、この酷い事故の本質が潜んでいる」と「感じている」のは、

「筆者だけでは無い筈」だ。

「現状脱出欲動暴発の素」は

「現実離れした代償欲求を追及している人々で溢れている現状人間社会の至る所に潜んでいる」。

「対策は、全ての人類の精神文化を正常進化させる事」だ。

「対策は、急務」だ』。

|

渦中の育休自民党国会議員が一時間にも及ぶ長い謝罪会見を開きタカが不倫で議員辞職したが・・・。

『「テレ朝昼番等では、かなり実際の実態に近い事を正直に暴露していた様相の該当国会議員に対し、公共の電波を使った情報の一方的大量配信上で、出来る限り悪いイメージを付けようと必死の様相」だった。

「女性司会者までもが、心を感じない、言葉が響かない等の旨述べ、

まるで、多くの視聴者が、同様の感を抱くのが当然でしょ!とでも言いたげだった」のだから、

「本当に呆れた」。

「コメンテーター等も、判断は、視聴者の感にお任せの旨を、口先では言ったものの、

正に、視聴者の心を掴まない社交辞令的ムード満載」で、

「実際のコメントでは、非難の嵐状態」だった。

「傾聴すべき点があるとする」ならば、

「不倫程度で議員辞職なら、国会議員の約半数は議員辞職でもおかしく無い旨、述べたところ」だ。

「政治取材の専門家がその様な実態を掴んでいるのか、少なくとも、その様な感を持っている事の意味は非常に大きい」。

「つまり、意図的に、バラす/バラさない等を振り分ければ、政界工作に使えてしまう材料が其処に在る」のだ。

「自民党の育休国会議員は、議員辞職する旨述べた」。

「今後、例えば、民主党等野党国会議員の不倫問題が暴露され、

謝罪会見や議員辞職に追い込まれる様な事態となった時、

テレビ等」で、

「今回の自民党議員に対する情報配信内容とどれだけの差が出るのか?」で

「テレビ等の実体もより判り易くなるかも知れない」。

「もっとも、この様な情報を上げる」と「ワザとらしく同様に叩く」のが、

「工作の常套手段」だが。

「何れにしても、余程の芝居上手等で無ければ、視聴者が本音を感じ取る事はそれ程困難では無い筈」だ』。

『「何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかり・・・という日本のテレビ界の異常事態の是正」は、

「急務」だ。

「現状は、正に、情報統制~大衆誘導状態」だ。

「先の大戦からちゃんと学ぶ」なら、

「ナチス・ヒトラー同様の手法」は、

「徹底的に排除するのが当たり前」だ。

「民族主義や情報統制~大衆誘導を排除する事無し」に、

「本当の民主主義は成り立たない」。

「戦後の日本は、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等による情報統制~大衆誘導状態」だ。

「テレビ・マスコミ・学校教育ファシズムとでも表現されるべき、恥ずべき実態が其処に在る」』。

『「戦後の日本の中」で、

「朝鮮民族系の者たちを有利にする逆差別状態を誘い、

主として朝鮮民族系の者たちが実権を持ち牛耳って来ている戦後の情報・教育等による情報統制~大衆誘導を行い続ける事」で、

「日本の乗っ取り支配を企んでいる悪ども」は、

「確実に居る」。

「ネットの普及により、情報統制状態が破れた事により、是正の波が起こって来ている」が、

「是正は、未だ未だ、始まったばかり・・・状態」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等や教育界等の

実権者の人脈の入れ替わりが容易になる様」に、

「その分野で、実効のある規制緩和を積極的に行う事が重要」だ』。

『「成長産業」としても、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した情報・教育製品の普及」が「実効が高い」。

「ドラマでも、映画でも、アニメでも、小説でも、ゲームでも、音楽でも、学校教育でも、・・・等々等々、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した情報・教育の提供・配信等を篤く応援する政策が有効」だ。

「逆に、実体離れ、事実・現実離れしている情報・教育製品等に対しては、

高い税金をかけたり、

規制したりして、

冷遇すれば良い」。

「この情報・教育関連改革に成功すれば、

日本社会に活気が出るだけでは無く、

人類の幾多の問題の解決も近づける事になる」。

「逆に、現状の様な、特定極一部の人脈の為の偏向情報・情報統制~大衆誘導状態を続ける」なら、

「人類の問題は益々急速に深刻化し、人類滅亡の日も急速に近づく事になる」。

「現状の人間社会は、人類の多くが精神文化の正常進化を忘れてしまっている」から、

「例えば、

成長戦略等についても、

現状の優等生や有名人等を集めた有識者会議等では、

ロクな提案・提言等も出来ていない筈」だ。

「しかし、だからと言って、何も有効な手段が無い訳では無い」のである。

「人類の精神文化を科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して進化させる大仕事」は、

「多くの人々にとって、非常にやりがいのある大仕事になる」。

「成長産業となる事等」も「起こるべき当然」の「現象」だ』。

『「物質文明の進化が可能になって来ているのは、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているから」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して製品をつくり、その良さ等を競って来ているから」だ。

「精神文化面でも同様に、科学レベルで判明した実体や事実・現実を実用した製品の良さ等の比べっこが当たり前となる状態を誘う」なら、

「経済パイが一気に倍以上になる事になる」。

「何しろ、今まで、意識的にこの面は追及していないのだから、物質と精神の対比で単純に倍という事では無く、遅れている分だけ物質側よりパイも大きい事になる」。

「もっとも、経済システム自体も精神文化製品の一つだから、経済システムの是正も行われる事になるが」。

「更に言うなら、精神文化の進化が物質文明以上である状態こそが、人類の世界平和や安全の基」だ。

「現状では、物質文明の進化に対して、多くの人々の精神文化の進化が余りにも遅れているから、テロ・戦争・殺傷事件等々だらけ・・・となってしまっている」が、

「精神文化側が物質文明側より進んでいる状態なら、世界平和が当たり前になる」』。

『「宗教・墓・遺骨利権等の後ろ向きの利権を尊重して、人類の未来を危うくする」のは、

「悪やおバカの行う事」だ。

「今時は、既に、もう、

宗教に寛容になる」等と、

「悪戯に宗教を利している場合では無い」。

「とりあえず、宗教自体は相手にせず、

科学レベルで判明している実体や事実・現実やそれらを実用した製品等をより広く共有する事により、

宗教を解き解して行く事で、

宗教対立等を実体や事実・現実の共有により無くして行かなければならない時代に、

人類は、既に突入している」』。

『「今時の人類には、上記の様な大仕事も残っている」。

「今時の人類なら誰でも、現状利権等のみに拘り、自分本来の仕事・役割等を見失ってはいけない」』。

『「おバカや悪たちから」は「早急に、過分な立場・報酬・権力等が取り上げられるべき」だ。

「過去の悪行等に対する罰金や謝罪や償い等が強いられて然るべき」だ。

「人類滅亡を避ける為」にも、

「特に文科系分野の、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等情報界&教育界の是正・健常化は急務」だ』。

|

問題にすべきは高市大臣の放送法関連発言では無く「テレビ・ラジオ等の実効のある健常化方法」でしょ・・・。

『「戦後の日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報の多く」が「旧社会党系や韓国(北朝鮮も含む)系等の人脈を利する方向に偏向して来ている事」は、

「もはや、多くの人々が周知の事実」だろう。

「ネットの普及により、その状態がいくらかは是正されて来ている」が、

「何しろ、人自体が入れ替わった訳では無い」ので、

「未だに、学校教育やテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」では、

「何とかして、旧社会党系(現民主党等)等系や韓国(北朝鮮も含む)系の人々を利する方向の情報・教育等を行い続けようとしている様相」だ』。

『「昨今の罠工作を基にしたと強く推定される甘利前大臣や育休国会議員の問題」でも、

「日本国の大臣や国会議員に仕掛けられていると強く推定される罠工作は全くと言って良い程問題にせず、

やり玉に挙げられた大臣や国会議員を正義ぶって追及している民主党国会議員等の映像等を積極配信している」のが「現状のテレビ」だ。

「そんな状態は、何処の局でも変わらない」。

「国会議員の本分である政策論争では無く、

罠工作に落とされた者たち等を追及する事で正義ぶる姿ばかりが

宣伝されている状態となっている」のが、

「テレビが映し出している民主党国会議員等の昨今」だ。

「こんな状態も、何処の局でも同様」だ。

「普通に考える」なら、

「政策論争で、与党より日本国・日本国民を利そうとしている姿が出てこない野党とは、

いったい、何処の国・国民の為の政党だろうか?!」等の「疑問が湧いて来る」。

「ところが、この手の疑問は、何処の局でも黙殺状態」だ。

「そんな実態を露呈している野党議員が、罠工作に落ちた与党大臣や議員等を正義ぶって責めている映像等は積極配信しても、

野党がどんな政策を訴えているのか?を視聴者に伝えないテレビ・ラジオ等とは、

いったい、何処の国の為のテレビ・ラジオだろうか?!」

「そんなテレビ・ラジオばかり・・・の情報統制状態」は、

「明らかに異常」だ。

「早急に是正されるのが当然」だ』。

『「特定人脈ダケによるテレビ・ラジオ界等好き勝手状態を長続きさせない為」に「有効」なのは、

「公共の電波使用権の自由化」だ。

「それは、日本社会活性化にも繋がる事」だ。

「公共の電波を使用出来る者たちが固定されたまま」という事自体が

「異常を生む源泉」なのだ。

だから、

「サッカーのJリーグの如く、

幾つかのテレビ会社を自由に創立させ、

電波使用料の競争入札や視聴者評価等により、

積極入れ替えさせる様にすれば良い」。

「視聴者数の多い地上波デジタルをJ1扱い、BSをJ2扱い、CSをJ3扱い等々とし、

お得意の競争原理を十二分に活用すれば、

テレビ番組内容等も、十局十様状態となり、内容もより良くせざるを得なくなる」。

「例え、何局かが、少々、何処かの政党や人脈よりであっても、他が同様で無い状態が生まれれば良い」。

「現状の様に、

NHKも含む何処の局も

同じ芸能事務所等使用で

同じ人脈起用で

同様の論ばかりで、

しかも、

利旧社会党系人脈&利韓国(北朝鮮も含む)系人脈の情報内容が主流という状態」は

「明らかに異常」だ。

「同じ人脈の者たちばかり実権を持って社員等を雇い、

テレビ関連の仕事を行い続けて来ている実態が在る」から、

「戦後の日本のテレビ・ラジオ界は全体的に偏向状態になってしまっている」。

「この異常事態を是正する為には、人の入れ替わりも伴うシステムの改善が必需」だ』。

『「総務大臣による電波停止命令で、実際に電波を止めてしまえば、

現状では多くの人々は、電波を止める強権ぶりを責める」だろう。

「だから、電波停止命令は、実質的」には、

「使えない偏向防止策でしかない」。

「偏向防止策として、是正勧告や、電波停止命令等しか無い状態が続いて来た」から、

「テレビ・ラジオ側の方が圧倒的に有利な状態が続き、

テレビ・ラジオ側は、好き放題やって来ている状態が続いて来ている」。

「電波停止命令をワザワザ取り上げて、怖がっているフリをしている様相」なのも、

「弱者イメージや善良イメージの為の猿芝居」だろう。

「そんな劣悪な状態を是正する為」にも、

「テレビ・ラジオ番組の質や面白さ等を向上させる為」にも、

「日本活性化の為」にも、

「テレビ・ラジオ界にも、

公共の電波使用権自由化等による競争原理」を

「意識的かつ積極的に導入するべき」だ。

「国会議員が行うべき仕事は、其処にも在る」』。

『「人脈が変われば、配信情報内容も変わる」。

「競争原理のある入れ替え制となれば、番組内容や質の向上も大いに期待出来る」。

「その大衆メリットは甚大」だ。

「是正は急務」だ』。

|

NHK(教育)や巷の本等々、「個人の不分割=丸ごと一人」のアドラー心理学を流行らせようとしているダケ状態の悪たち・・・。

『「アドラー心理学」の「骨子」とは「以下の様なところ」だ。「概要」は、「共同研究者でもあったフロイトとの決別コンプレックスから」だろう「個人という一人の人を分割分析する事を意図的に避け(フロイト・ユング等は、逆に、個人の中なるモノを徹底分析しようとしていた)」た。

「その反動形成から」だろう「丸ごと一人レベルの上辺現象を偏重」した。

「そして、上辺現象の現状適応的対策を目的」とした

「{古典}実用心理学」だ。

「個人の目的」を、

「何が劣等で、何が優越なのか?の判断は、実質的に、時の人間社会価値観に委ねたまま、

劣等から優越への進歩等」とし、

「共同体概念まで組み入れている」。

「問題解決の手法としては、人間関係にその軸を求めている」。

「人間関係レベルを、仕事上、友人、家族に分け、

それぞれのレベルにおける適切な相互理解や境界線の敷き方等により、

とりあえずの問題解決を得る為の実践実利型のノウハウに重きを置いている」。

「本質探求型の心理学では無く、現状適応型の実利ノウハウ学的要素が濃い」から、

「今時の多くの人々」なら、

「まるで、小説やノウハウ本を読むくらいの軽い感覚でも理解可能」だろう。

「しかし、心理学としては{古典}であるばかり」か、

「丸ごと一人レベルの考え・思いによる納得・実践手法等」なので、

「今時の人々の精神文化を科学レベル以上に正常進化させる実効はあまり無い」。

「逆に、より現状利権維持や宗教等との整合性が高い分だけ、悪どもには悪用され易い」』。

『「もちろん、とりあえずの現状対策を行う為のノウハウを得る為等として」は、

「丸ごと一人レベル&人間関係に偏向し、共同体利益を考える、

単純化故の便利さや、

とりあえずの実効の得易さ」が「在る」。

「現状対策としてとりあえずノウハウ等を利用し、現実を探求・把握しながら現実との整合性を高める事や源流対策等もちゃんと行う」なら、

「アドラー心理学の利用も悪くは無い」。

「しかし、現実を探求しながら現実との整合性を高める事や源流対策等を阻害・隠蔽する為」に、

「アドラー心理学を利用」し、

「現状のままで良いでしょ!」等を

「実質的に、強いたりしている」のは、

「本当に悪質」だ。

「この分かれ目」は、

「アドラー心理学をちゃんと古典として紹介しているか?」

「現状対策だけでは無く、現実を探求・把握しながら現実との整合性を高める事や源流対策等の大切さや必要性等をちゃんと言っているか?」等で、

「判る」。

「アドラー心理学の宣伝だけでは、悪どもにとって都合の良い状態が生まれるダケ」だ』。

『「アドラー当時の古典でも、フロイトは、現実を探求・把握する事にかなり重きを置いていた」。

「しかし、当時科学レベルで判明していてフロイトの下にも届いていた情報とフロイトの研究・探求等の範囲」では、

「残念ながら、人の無意識の底まで、至る事も出来ず、

欲動分析も、性欲動に偏った状態になってしまっている」。

「今時の人間が、特に、学者等の立場の有る者なら尚更、心理学等を考える」なら、

「以下の様な認識・把握等も簡単に出来る筈」だ。

「人の無意識の底は、細胞ごとの変化による信号・刺激等であり、

人の基本欲動は、細胞群としての基本欲動である存続欲動であり、

性欲動とは、その一つであり、

基本欲動に基づいている準基本欲動として、自己確認欲動があり、

存続欲動と自己確認欲動が重なると自己承認欲動となる事」等々。

「ユング等が悩んだ、共同体無意識の問題も、

広義の自分である地球生命体細胞群の本来欲動から、

解き解しながらその実体・実態に迫る事も出来る筈」だ。

「現状人間社会の中の問題等」を

「自分の実体や自分の実体の本来の目的から整合性を取って

現実レベルで解決する方法等も提案出来る筈」だ。

「とりあえずの現状対策の裏」で、

「ちゃんとした心理学が、

小学校高学年~中学校レベルから学校教育でも教えられる様になれば、

下手な道徳教育より遥かに高い実効が有る」のは「当たり前の事」だ。

「今時なのに、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用したちゃんとした心理学が無い」のなら、

「現状の心理学者等の怠慢ぶり・無能ぶり等は明らか」だろう。

「現状の心理学者等の怠慢ぶり・無能ぶり等を嘆いていても問題は解決し得ない」が、

「ちゃんとした心理学が無いなら、ちゃんとした心理学を創れば良いダケ」だ。

「怠慢・無能な心理学者等は、怠慢では無い有能な者たちに、過分な立場・報酬・権力等を譲り渡すべき」だ』。

『「アドラー心理学という{偏向古典}を少々知ったくらいで、

心理学を学んだり、解っている様に勘違いし、

心理学はそれ以上要らない等と思わされたりしてはいけない」。

「大切な事」は、

「とりあえずの現状対策」と

「現実を探求・把握しながら現実との整合性を高める事や源流対策等」の

「両方を忘れずに実行する事」だ。

「今時の人間なら、アドラーとりあえず現状対策を使うにしても、ちゃんとした心理学も決して忘れずに実用する事が必要」だ。

「今生きている全ての人々」は、

「全人類の精神文化を科学レベル以上に正常進化させる事が必要な時代に生きているのだから!」』

『「NHK」も、

「アドラーだけを宣伝している様」では、

「視聴者を誤った方向に誘導してしまう可能性大になる」。

「アドラーの様な{偏向古典}等を取り上げる時」には、

「多くの視聴者をあらぬ方向に誘導してしまわない様にする為」にも、

「必ず、毎度、毎度、心理学の全体像や本質等を見失わない様にする情報配信が必要」だ』。

|

本日の記事はかなり本質を突いている様で・・・。

『「一気に電磁波が強化されている」。「今までは、所謂、ゆでカエル方式」で「例え、不審死等の事態になっても、電磁波の痕跡が判り辛いレベルの電磁波」を、

「徹底的にしつこく、

継続的に、

ターゲットである筆者の頭の右側~右首筋~右肩等特定部位に集中させて、

当て続ける工作実態だった」が、

「今は、強い電磁波を、筆者の全身に当てる事まで+した様」だ。

「急変目的が有る様相」で、

「それだけ、本日を含む昨今の記事には、本質を突いているところが多い」のだろう』。

『「管轄警察の中にも、お仲間が居る事は判っている」から、

「警察は、別建てで、電磁波工作摘発チーム等をつくって摘発するべき」だ』。

|

今度は、ハニートラップか?ハニートラップを装った意図的自爆か?育休男性国会議員の不倫(?)問題・・・。

『「またまたまたまた文春の記事が大きな波紋を広げている」。「甘利前大臣の時」も「ベッキーの時」も「録音・録画」とか「ライン盗み見公開」とかの「工作手段」を「後ろ盾」にした、

「大きな波紋を広げる記事を載せていた文春」だが、

「今回の不倫疑惑」では、

「タイトルの様なバックが疑われる」』。

『「工作手段を後ろ盾に、文春が大波紋を広げそうな記事を掲載」し、

「それを、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等が大宣伝する」。

「そして、生まれているのが、大衆誘導効果」だ。

「大衆興味を下劣方向に引っ張る」と「共」に、

「現与党や欧米等を貶めている実態」が、

「其処に在る」。

「この様なドタバタ劇の漁夫の利を得る可能性がある」のが、

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等が大好きな民主党等の野党」だ。

「もはや、日本国・日本国民の為になるまともな政策論争では勝ち目が無い反日野党人脈の者たち」が、

「工作活動に頼り、与党や欧米等を貶める事」で、

「支持や選挙時の議席等を増やそうとしている実態が見え隠れしている」。

「筆者も実被害者である個人レベル日本人ターゲットの工作活動」も、

「政界工作」も、

「情報・教育工作」も、

「同様の人脈による工作」だ。

「戦後の日本国内で、

劣悪な工作活動を大々的に行い続けて来ている悪どもや、

その手下のおバカたちは、

徹底摘発し、厳罰に処すべき」だ。

「その為にも、実効のあるスパイ・工作活動防止法等と摘発体制の整備は、急務」だ』。

『「育休訴え男性国会議員不倫(?)問題」は、

「ハニートラップや意図的な自爆の可能性も含め」、

「その裏を徹底検証するべき」だ。

「そして、一刻も早く、日本国内の工作活動の全てを、摘発し、工作員たちを厳罰に処すべき」だ。

「もっとも、その指令部は、北朝鮮や韓国等の海外に在るのだろうから、

とりあえずは、実行犯のみの摘発・逮捕となってしまう可能性大」だが、

「国際社会の中で、酷い工作活動の実態を明らかにする事の実効は非常に大きい」。

「日本国民の安全・安心の為にも、政府与党も警察もマスコミ等も一般日本国民も、本気で、工作活動の摘発を行う・協力するべき」だ』。

|

「お前が起業しろ!」と言うお方々も居るが・・・。

『「そのスジの工作員等の連中からVIP待遇の工作を受けている状態の筆者」が「工作摘発の前に起業したところで、散々、邪魔されるか、盗まれるか、等々になるダケである事」は、

「言うまでも無い事」だ。

「未だに、

就寝時には、西&北西方向から強い電磁波、

日中在宅時には、上や下方向や、北・東北や、東南・南方向から、強い電磁波、

(の旨記したら、本日は、日中にも係わらず、北西方位からかなり強い電磁波照射だ。

もちろん、相応に対策はしてあるから、今、筆者の部屋は電磁波が金属板等から叩き出しているイオンで一杯状態になっている。

今年の冬は、ストーブ無し、コタツのみだから、かなり寒く感じる。

本当に迷惑だ。)

出先でも、車・徒歩・電車等問わず、出先のホテル等でも、工作員+電磁波や飲食物工作」という、

「かなり熱心な被監視&被工作状態にある筆者」が、

「普通に起業や仕事等をする事は、かなり困難」だ。

「こんな状態を放置し続け来ている警察や国等も、本当にどうかしている!等と思っている」』。

『「同様の状況下に居ながら、気づいていないダケの一般日本人も少なからず居る筈」だ。

「戦後の日本社会の異常状態の裏には、確実に、大規模な工作活動がある」。

「一億総活躍社会実現の為」には、

「日本乗っ取り支配工作等の徹底摘発が必需」だ』。

『「戦後産まれの筆者」だが、

「父方は、終戦時まで朝鮮半島内で実業を営んでいた日本人家庭の者」だった。

「元々は、大分県から日韓併合時くらいに半島に渡って、朝鮮半島内の近代化整備等に私財まで用いて平和的に頑張った者たちの家庭の出」だ。

「被工作等VIP待遇の裏に理由が在るとしたら、その辺りの事情なのだろう」。

「戦後産まれの筆者は、母の実家に貧困状態で入って来た上、幼少期に離婚した、父方の恩恵は、ほとんど無いと言って良い程、受けていない」。

「それでも、血統民族主義者たちは、父や親戚の多くが亡き今でも、その子孫系の者たちを含む、日本人への工作活動を止めていない、ばかりか、日本乗っ取り支配工作実行中の様相」なのだ。

「拉致も戦後の工作活動の一例」だが、

「拉致以外にも、かなりの工作活動が在る」のが、

「戦後の日本社会の実態」だ。

「工作員等に朝鮮系の者たちが多い事は、以前から記している」。

「新興宗教団体や組合や一般企業等を隠れ蓑や連絡場所にしている事も、以前から記している」。

「筆者に工作を仕掛けている者たちの行動原理も、工作員が変わっても同じで、どことなく宗教臭い事を行っている場合も少なく無い」。

「表向きは、帰化して、日本社会の中で、それなりの立場等を得て、平和に暮らす日本国民を演じていても、

裏では、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や見張り工作等々を実行していたりする事」が、

「結構ある」。

「更に悪劣な事は、その世代間継承まである事」だ』。

『「こんな状態を放置している国や警察等は、本当にどうかしている」。

「早急に工作活動の徹底摘発を行うべき」だ。

「例え、対象人数がどんなに多くても!」』

『「当ブログ内容にもレスポンス良く反応している」から、

「ネット上で当ブログ内容の情報を得ている者たちの中に、

当方の近隣の工作員との接点が有る者が居る事は確実」だ。

「張り付いている工作員自身がブログ内容を確かめているのかも知れない」。

「そして、情報等は、関連工作員たちの多くが共有している」のだろう。

「そんな実態も、見え隠れしている」。

「警察が本気で捜査すれば、摘発は十分に可能な筈」だ』。

|

円高となり、株価が下がって来ているが・・・。

『「その分、買い時が近づいて来ている事でしょう」。「まぁ、迷惑国家等が極東地域でも戦争とか始めてしまうなら、話しは別だけど」・・・』。

|

おバカ、もしくは、悪たちによる「日銀マイナス金利=日本経済衰退イメージ」大宣伝問題・・・。

『「日銀のマイナス金利」とは「一般銀行等の一部預金に対してのみの事」だ。「マイナス金利=一般市民が一般銀行に預けている預金がマイナス金利では、もちろん、無い」。

「ところが、早くも、おバカ、もしくは、悪、一般銀行経営者等」は、

「日銀の一般銀行から日銀へ預金しているお金の極一部に対するマイナス金利を受けて、

大元がマイナス金利なのだから、

一般銀行預金金利もマイナスが当然だ!」と言わんばかりに、

「金利を下げ始めている」』。

『「その内実」は、

「減点主義の銀行人事上で、

貸出担当者実権者が貸し出し易い、

優良貸出先が無い」から、

「金余り状態」となり、

「日銀に預けたり、国債を買ったり」という「安直な運用しか出来ていない事」の「ツケ」を

「一般預金者に回している」のだ。

「本来なら、一般銀行が、もっと、ちゃんと、調査等を行い、

優良貸出先を発掘する事」で、

「潤沢な資金を有効運用」し、

「預金者にその利息を還元するべきなのに!」

「銀行マンとして、必要な能力等が無い経営者や人事担当者や貸出実権者等々」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「一般銀行のお金の決して少なくない部分が日銀の預けられていて、

其処の一部がマイナス金利となると、

一般銀行は、

その一部預金を一般社会・市場等や国債等で回さざるを得なくなる」。

「つまり、ちゃんとした調査・発掘等の能力が欠如している場合、

アブナイ貸出先にも貸し出しをするギャンブルを行わざるを得なくなる」。

「本来は、一般銀行側の能力向上や進化等によって、より景気の良い状態を誘うべき時局」だ。

「しかし、現状に偏執している委縮した経営者等」は、

「本来の仕事を行わずに、安直に、預金者にツケを回している」。

「金利ダウンも、マイナス金利のイメージ上なら、今なら、通るだろう・・・」と、

「多くの一般銀行が踏んで、実行している」のが、

「一般預金者に対する金利引き下げ&引き出し手数料等取り」だ。

「一般銀行が一般預金者より優位な立場を活用(悪用)して、

「本来なら一般銀行の責任において解決しながら、

日本の景気向上にも繋げるべき時局なのに、

安直な負のスパイラル状態をつくり、

一般預金者に負担を強いている悪態が其処に在る」。

「こんな事を平然と行う一般銀行の経営者たちが続いて来ている」から、

「戦後の日本の一般銀行の歴史や、今の様な実態が在る」のだろう。

「反日国人脈の者なら当然の判断とも成り得る状態を続けて来ている様相さえある」のだから、

「いったい、どれ程の、本当の日本人がその中に居るのだろうか??」』

『「本来なら、金利を下げて負のスパイラルをつくるのでは無く、

優良貸出先の発掘に成功したから等と、

金利を上げる一般銀行が出て来くる事で、

正のスパイラルを生み出すべき時局」だ』。

『「マイナス金利情報悪用の最たる例は、マイナス金利=日本の不景気風を煽っている事」だ。

「本来なら、日銀のマイナス金利政策により、一般銀行への負担は増加されたが、

その分だけ、一般企業等は、より有利な金融環境に置かれた事になるのだから、

不景気風を煽るのでは無く、

好景気風を言わなければ嘘」になる。

「極悪テレビ等」では、

「技術ベース等が有る優良企業への株式投資等を言わない」が、

「普通に考えれば、今こそが、優良企業への株式投資チャンス」だ。

「多くの一般市民が、銀行預金では無く、

自分たちの判断で、自分たちの為に応援したい企業への株式投資を選択する様になれば、

その分、確実に景気が良くなる」のが、

「現状経済システム」だ』。

『「多くの人々が、

今の人類が必要としている精神文化面を正常進化させる為の企業等を

どんどん起業し、

其処に銀行が資金提供し、

大々的な精神文化の進化の流れという正のスパイラルを創出すれば、

かなりの好景気になる」。

「まともな銀行経営者等なら、この大仕掛け等を積極的に行おうとするのが、当然な時局」だ』。

『「日銀の一般銀行からの一部預金に対するマイナス金利政策を受けて、

日本の景気が悪くなる等と宣伝するのは、極悪情報」で、

「極悪情報配信や日本の沈滞ムード等を大歓迎・大喜び等するのは反日国人脈の者たちくらい」だろう。

「今の時局で、正のスパイラルを皆で協力してつくり出せば、景気も良くなる」から、

「銀行預金より優良企業への投資!」

&「多くの人々が、

今の人類に圧倒的に不足している精神文化の科学レベル以上に進化させる為に積極起業!!&銀行は其処に融資!等々」と言うのが、

「日本社会をより良くしたい人々が、普通の認識を基に考えれば、普通に生まれる、情報配信内容の骨子」になる』。

『「現状経済システム上の景気というのは、市場の方向性が重大問題」になるから、

「負のスパイラル情報に基づいて、多くの人々が多くの資金等を動かせば、確実に悪くなる」し、

「正のスパイラル情報に基づいて、多くの人々が多くの資金等を動かせば、確実に良くなる」。

「現状の経済システムとは、絶対評価では無く、実質的には、相対ムード評価」だ。

「ムードを好景気ムードにするダケで景気を上向かせる事さえも出来てしまう」から、

「実際に、今より法規制も甘い時代には、バブルまで実現可能」だった。

「もちろん、本来は、経済評価も、自分の実体やその実体の本来の目的との整合性の高さという絶対評価で行われるべき」だが、

「情報・教育が酷い現状人間社会」では、

「いい加減な相対ムード評価状態の経済評価がまかり通ってしまっているのが現状」だ』。

『「そして、そんないい加減な経済評価に基づいた金権主義が蔓延り、

多くの人々が、その維持に拘れば、確実に、人類滅亡がやって来てしまう」のも「現実」だ』。

『「一時の浮世経済で、自虐をするも、保身をするも、自由かも知れない」が、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が無い場合」は、

「確実に自虐としてしか残り得ない事」は、

「人類誰もが、決して、忘れるべきでは無い」』。

『「精神文化の正常進化」の

「大きな流れが創出されれば、

経済システム自体の現実化もより容易になる」』。

|

テレ朝朝番では、自分たちは別のインチキ再発防止策論を風潮していたが・・・。

『「ストーカー殺傷事件を取り上げて、再発防止を論じた方向性」は「良かった」。「しかし、再発防止論の内容が実質的インチキ論では」・・・』。

『「容疑者にとって」は、

「自己承認欲求の代償欲求追及の為の道具」でもあった「交際相手」から、

「拒絶=否定された事」で、

「未熟な精神文化の容疑者の中」では、

「丸ごと一人、容疑者全部を否定された激感」が「生じた」。

「ストーカー相手から、丸ごと一人、激烈に否定された感を持った容疑者」は、

「ストーカー相手を、丸ごと一人、激烈に否定する行動を起してしまった」。

「事件時にストーカー相手と同じ場所に居た家族も巻き込まれてしまった」。

「殺傷事件の悲惨な実態」だ』。

『「さて、それでは、同様の新たな事件・事故等を防ぐ為に必要な事は?」

「常連出演者等は、ストーカーを行う者たちへのカウンセリング等を、優等生的に訴えていた」。

「そして、警察組織外にも、その様な者への対応組織等をつくる事等を推奨していた」。

「不適応分子に対する再教育等こそが、

同様の新たな事件・事故等を防ぐ為に必要な事だ!」とでも

「言いたかったのかも知れない」等と「感じた」のは、

「筆者だけでは無い」だろう』。

『「事件・事故等を起してしまった者たちを、不適応分子として再教育する事」による、

「同様の新たな事件・事故等の再発防止効果」は、

「それ程、高く無い」。

「厳罰化も同様」だ。

「本気で、再発防止を目指すなら、源流対策が必要になる」』。

『「上記の様な事件実態から」も、

「自己承認欲求の裏にある自信喪失状態」と、

「丸ごと一人化している自分把握観や人生観等」こそが、

「源流」である事が「分かる筈」だ』。

『「人間誰でも、自分の実体も???自分の実体の本来の目的も???」では、

「自信など持てる訳も無い」。

「本来の自信を持てていない者たち」が「その代わりを求め易くなるのは当然の現象」だ。

「その代わりを求める時」に「自分の実体さえ???の者たちが陥り易い罠が在る」。

「丸ごと一人」や、

「見聞きし易い周囲の上辺等」で、

「考え・思い易い意識ダケ」に「偏執した状態」で、

「現状の他の者・物・事との比べっこの中」に「{救い}を見出そう」とし、

「その{救い}を得る事に偏執する事」だ』。

『「一端手に入れた、或いは、手に入れようとしている、

異性・子孫・スポンサー等の者や、

金や高級物品建造物等の物や、

権力・立場・名声等の事」に

「偏執する病的な状態」が「其処に生まれている」。

「この病的な状態」は「ストーカー殺傷犯も、常連出演者等も、現状の結構多くの人々も、皆、同様」だ』。

『「現行法上で、違法か?違法では無いか?」等には、

「現実や実体のお墨付き」は「無い」。

「だから、実際の歴史でも、法もどんどん変わって来ている」。

「現行法上で違法では無い病的な状態の者たちが、

現行法上の利権を維持~増大しようとしたまま、

現行法上で違法な病的な状態の者たちを正義ぶって責める」。

「其処に在るのは、源流対策による本当の再発防止策では無い」。

「自分たちの現状利権を維持~増大する為に、現状不適応分子責めている醜悪な実態」だ』。

『「人間誰でも、現状人間社会の構成員である事を忘れてはいけない」。

「現状の良い部分も、悪い部分も、そのままに維持させようとしている者の本質的存在価値」は、

「現状の悪い部分を増大させたり、良い部分を縮小させようとしている者たちより高い」が、

「現状の悪い部分を縮小させたり、良い部分を増大させようとしている者たちより低くなる」。

「狭義の自分の本質的存在価値」は、

「広義の自分の実体の本来の目的であるその存続~永続への貢献という基本基準」から「判定すれば良い」。

「そうすれば、

今、生きている人間として、どう生きる事が、本来の自信にも繋がっているのか?」等も

「明らかなになる」』。

『「生きている人間誰もの実態」は、

「今、この瞬間にも、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら、変化しながら、存続している細胞群個体」であり、

「その細胞の命の連続性は、他人も含む、地球上の全ての生物へと広がっている」。

「地球上の全ての生物細胞群の本来の目的は、その存続~永続」だ。

「地球生命体細胞群は、地球が狭過ぎる様になっても、宇宙へとその住処を広げられる能力も持つ、人類まで生み出して来ている」。

「人類も含む高等生物の狭義の自分の意識」は、

「丸ごと一個体(狭義自分個体)で考え・思いたがる」。

「死は細胞ごとの、人類でも誰もが今この瞬間にも体験している現象」だ。

「誕生も同様に細胞ごとの現象で、今、この瞬間にも、生きている人類誰もが体験している」。

「生きている人は、皆、変化しながら存続しているのだから、不安なのは当然」だ。

「その不安を解消し続ける為に、

狭義の自分と、

狭義の自分を取り巻いている周囲との間で、

常に、自己確認を行いたくなる」のも、

「当然の現象」だ。

「そして、その自己確認の本来の目的」は、

「狭義の自分が健康に存続し続けている事を確認し続ける事」だ。

「それは、広義の自分でもある他の人間でも、他の生物でも、皆、同様」だ』。

『「狭義の自分ダケを他の人間等に偏重させたり、

狭義の自分の下に、利権等を集中させたりしても、

広義の自分の健康を損ね易くなるダケだから、

本来の自信が持てなくなるのが当然」だ。

「その自信の無さを誤魔化す為」に、

「内在的不安」と

「丸ごと一人で考え・思い易く上辺に拘り易い意識」で

「狭義の自分を不健康にコントロール」して

「事件・事故等を起してしまうも、利権集中等を招き、其処に固執してしまう」も、

「皆、本来の自信喪失を招く、負のスパイラル上の愚行に他ならない」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して法律をつくる」なら、

「上記の様な愚行」も、

「違法となるのが当然」だ』。

『「現状優等生たちのお手盛り自己正当化論が日本の公共の電波上から駆逐され、

テレビ・ラジオ等が健常化されるのは、

何時だろうか?」

「余りに遅い」と、

「人類滅亡が避けられなくなってしまう」から、

「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

昨今は、何処の局でも、北朝鮮の弾道ミサイルの宣伝だが・・・。

『「人工衛星???と一緒に、ミサイルの一部も周回軌道に乗せた北朝鮮の実質ミサイル実験」だが「その技術レベルとは、どう考えても、先進国の数十年遅れ」だ。

「ところが、その数十年遅れの技術を、かなり高度等と賛美している番組まで在った」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「数十年遅れのミサイル技術は数十年遅れ」と「普通に、事実・現実通りに報道すれば良い」。

「更に、今の先進諸国の技術レベルとの比較でもすれば、北朝鮮がどれだけ遅れているのか?等」が、

「決して少なく無い数の北朝鮮系の人々(工作員等も含む)も居る多くの日本国内等の視聴者にも良く分かる」。

「核兵器についても、数十年前から実用化・実用されている武器で、今の人類にとっては、決して使えない無用の長物である事等をちゃんと伝えるべき」だ。

「北朝鮮にしても、タッタ一発でも核兵器を使う事=北朝鮮が直ぐに滅亡する事」だ。

「だから、脅威を煽って北朝鮮をヨイショ!するのでは無く、

無駄である事をちゃんと伝えれば良い」』。

『「事実・現実情報配信は、北朝鮮に対する現状是正圧力にもなる」のだから、

「日本の公共の電波を使っているのに、

事実・現実情報を流さず、

北朝鮮ヨイショ!的情報配信を行なっているテレビ・ラジオ等」は、

「明らかに異常」だ。

「きっと、北朝鮮(韓国)系の者たちが牛耳っている」のか、

「●暴等の北朝鮮(韓国)系の者たちからの圧力が在ったのか?」等の「裏事情がある」のだろう』。

『「北朝鮮側に圧力をかけず、むしろ、実質、賛美・応援し、

多くの一般日本国民等を不安に陥れる事で、

実質的に、北朝鮮側の脅しの価値を上げている情報配信をしている」のは、

「いったい、何処の誰の為のテレビ・ラジオ等だ???」

「何処かの独裁者の為でも、多くの日本国民が賛同・容認出来るのか???」

「・・・そんな実態を露呈している現状の日本のテレビ・ラジオ等が是正されなくて良い訳は無い」。

「テレビ・ラジオ等の正常化・健常化は急務」だ』。

|

現状バカの皆さま、改善無き場合、ご愁傷さまです・・・。

『「現状の中で、或いは、現状に媚びて、上手くやる事、その評価として現状大権力者等からより多くのオコボレをいただく事、・・・そんな事で、人類の未来が存続~永続出来るなら、とっくの昔に、世界平和になってま~す!」

「現実の今」は「人類の大ピンチ!」

「至るところで、現状打破・脱出欲動が渦巻き暴発し続けている」。

「現状バカの実体・実態」は「もはや人類の正常進化を積極阻害している迷惑者」。

「いい加減、気づき、おバカ状態を脱しましょうね。悪の手下では無く、健常な人類なら・・・」』。

|

軍オタクで自衛隊が困っているというが、元々、オタクとはそのスジの連中がつくり出して公然化した上辺枠なのだから、オタクの中に実質工作員が居るのは当然でしょ!・・・。

『「平和ボケもいい加減にして頂きたいもの」だ。「オタク仮面の裏の悪事は、自衛隊員が迷惑と言う程にまで増悪されてしまっている」。

「上辺コンピオタクの内実」が「ネット工作員」だったり、

「上辺鉄道オタクの内実」が「日本の鉄道システムの脆弱性を洗い出す工作員」だったり、

「自衛隊・軍事オタクの内実」が「日本の軍備の脆弱性を洗い出す為の工作員」だったり、

「電子工作オタク」が「電磁波工作器や電磁波工作システムの手助けをしている工作員」だったり、

「化学オタク」が「薬物工作≒飲食物工作等の為の研究補助工作員」だったり、

「政治オタク」が「政界工作研究補助工作員」だったり、

「異性・芸能人等オタク」が「異性・芸能人等による工作(ハニートラップや大衆誘導等)工作研究補助工作員

(例えば、ターゲットが好きな異性芸能人が分かる事=ターゲットをハニートラップにかける為に必要な異性タイプが分かる事。

それを個人レベルでは無く、大衆レベルにすれば、異性による大衆誘導集金も容易になる。)」だったり、

・・・等々している事は、

「以前から、決して少なく無い数の日本国民が、周知の事実」だろう。

「オタクという、如何にも、弱々しく、無害的な、社会的弱者のイメージ」は、

「オタクを仮面にする工作員たちにとって非常に好都合」だ。

「日本乗っ取り支配工作に有効なあらゆる分野のオタク」には、

「内実、工作員がうじゃうじゃ居る」』。

『「報道によると、昨今のオタク工作員たちは、積極攻勢までかけている様相」だ。

「それだけ、日本乗っ取り支配工作が、成功するにせよ、失敗に終わるにせよ、最終局面に近いから、慌てているのかも知れない」。

「自衛隊員に対して、

自衛隊の軍備の性能等に対して、

カマをかけて内実を探ろうとしている様相さえ露呈している」。

「他の日本乗っ取り工作に有用な分野のオタクたちも同様」なのだろう』。

『「こんな事態を容認していて、一般日本国民にとって良い事は何も無い」。

「日本乗っ取り支配工作に有用な者・物・事のオタクの内実」こそが

「徹底的に問われるべき」だ』。

|

相変わらず「清原」と「北朝鮮」の宣伝に忙しいテレビだが・・・。

『「清原覚醒剤事件で今後問題とされるべき」は「同様の新たな事件等の防止・抑止の筈」だが、

「巷では、清原復活応援や、清原逮捕の余波の方に、大衆の興味を向けたい様相のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「それらを大きな話題にしている」。

「その事による実効」は、

「有名人利権の増大」や

「覚醒剤等商売の温存」等に「なる」のだから、

「悪魔に魂を売り渡した状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等の連中の未来」も、

「相応に決まって来る」。

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等に同調している者たちの未来も同様になる」のは「当然」だ』。

『「もっと酷い」のは「北朝鮮のミサイルの宣伝」だ。

「北朝鮮の核兵器やミサイル」は、

「実用品とは成り得ない張り子の虎でしか無い事」は、

「以前から、何度か記している」。

「核兵器とは、先進国なら、数十年前の技術で作れた武器」で、

「大陸間弾道ミサイルも同様」だ。

「そして、今の先進国では、その両方ともが、実使用出来ない無用の長物になっている」。

「そんなモノを、

多くの北朝鮮国民の実生活まで犠牲にして、今更、作っている北朝鮮も北朝鮮だが、

それを大宣伝している日本国内のテレビ・ラジオ・マスコミ等も、

北朝鮮の出先機関では無いのなら、

本当に劣悪」だ。

「多くの一般日本国民の本来不要な不安を煽らない為」にも、

「実使用出来得ない(万一実使用すれば、アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争となる)張り子の虎は、張り子の虎である事をちゃんと伝える事が肝要」だ。

「そして、北朝鮮が張り子の虎を一生懸命作り上げている裏で

日本国内でも行われている工作活動こそが、

問題である事も、

ちゃんと言うべき」だ。

「北朝鮮の張り子の虎の本当の役割」は、

「工作活動を露呈させない為の虚構の脅し&見せ球に他ならない」。

「普通以上の頭が有り、北朝鮮の手先でも無いのなら、上記の様な当たり前の事が言える筈」だ。

「その上で、ある意味ではコメディ的な大迷惑行為に対して、ちゃんとした非難をするべき」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の情報」は、

「内実、北朝鮮や韓国や中国共産党の為の情報である場合が多い」。

「例えば、清原問題でも、上辺ではその余波を訴えていても、

その内実は、余波が及ぶ人々に証拠隠滅&逃げ等を徹底させる為の公然指令である可能性も高い」。

「覚醒剤使用人間の表舞台復活応援」は、

「覚醒剤使用のハードルを下げる悪魔の呪文」だ。

「悪魔の呪文を唱える前」に、

「誰もが、覚醒剤商売で儲けているのは、何処のどんな連中か?」を「考えるべき」だ』。

『「日本国内のブドウの実的な工作組織」は、

「それぞれの小さな粒が、身勝手に動いているなら、大きな実効を持たない」が、

「統一指令等の下で、数多くの小さな粒組織が動き続ける事では、日本乗っ取り支配まで可能にしてしまうかも知れない」。

「統一指令部を日本に摘発させない為の有効手段は、

統一指令部を日本国の外に置く事で、

北朝鮮に置いたままでは、情報も人事交流も困難になるから、

北朝鮮からの指令は、ネットの暗号化通信等の手段が用いられている様だが、

暗号通信は何れバレるのが通例」だ。

「バレ辛いのが、信頼の置ける者(血統・民族利権共同体等)同士の直接交流で、

直接交流下で、必要な指令等をやり取りする為に、

日本との人や物の交流が容易な

韓国や中国やフィリピンやタイやシンガポール等々の国内に

統一指令組織等の一部を置いている可能性は極めて大」だ。

「上辺は単なる観光旅行者や仕事等でそれらの国々に行ったり、それらの国々から来たりしている者たち」が、

「指令と結果等をやり取りし、それぞれの粒で工作を実行し続けている」。

「統一意志に基づく実行工作行為」が

「日本国内の彼方此方で、一斉に行われ続けて来ていて、その実効も少なからず出てしまっている」から、

「戦後の日本社会や一般日本国民の多くが、

結構酷い状態に追いやられてしまっている面もかなり大きくある」。

「拉致は、その象徴的な一例」だ。

「工作実行部隊と、

戦後混乱期の火事場泥棒居残り組みとは、

相応の相関関係がある様」で、

「それは、日本全国から多数の日本国民を拉致する事に協力した者とも重なる様」だ。

「逆から見ると、戦後の火事場泥棒も統一指令部の意志の下の行為だった可能性大」で、

「その悪事を未来永劫正当化し続ける為には、日本の乗っ取り支配が必要になる」から、

「連綿と日本乗っ取り支配工作を続けて居る様相」なのだ。

「実際の工作手段」は、

「有益分子の育成と不適応分子の粛清と言う旧共産圏のロジックそのままに、

飲食物工作や侵入工作や電磁波工作等々、戦後日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法により、

日本社会の中で有益分子はより優位な立場・権力等の保持が容易になる様に、

不適応分子は困窮させ、出来る事なら早死に、事故死、自殺等に追い込むという、

悪劣な手段が用いられて続けて来ている」。

「摘発逃れの為には、

医者や警察等や政財界の中にも工作人脈の者を送り込み、

出来る限り優位な立場に就かせる事が有効」だから、

「その為の工作も行われ続けて来ている」。

「政界要人等の実質不審死の裏等」では、

「飲食物工作によるガン等発生促進工作や、

電磁波工作による弱体化・衰退化や、

その両方を重ね合わせて出来る限り早い結果を得ようとする悪劣な工作が在る場合も多い」。

「ハニートラップや金銭授受等により、弱みをつくらせる工作も、旺盛」だ。

「それらの悪劣な手段は、一般日本国民でも標的とする場合が少なく無い」。

「日本全国に少なからず居る手下の工作員たちの有効活用を考えれば、

誰もがその様な実態を否定する事は困難」だろう』。

『「戦後の日本社会が異常な元凶の一つ」は、

「間違い無く其処に在る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や政治家や警察等がこの重大事態を摘発しないのなら、

お仲間という事」になる』。

『「清原問題では、

ヤクや覚醒剤問題の本質である

他の者・物・事への過剰依存状態を解消する事に有益な情報配信

(その精神構造の理解・把握を助け、

他の者・物・事に依存するのでは無く、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事が行い易くなる手助け情報等を

配信すれば良い)に努め、

北朝鮮問題では、

張り子の虎の裏で行われて続けて居る

実害のある工作活動の摘発&徹底排除の役に立つ情報配信をすれば良い」』。

『「日本国・多くの日本国民の為になる本来の情報配信が出来ていないテレビ・ラジオ等に、

日本の公共の電波の使用権を与え続ける必要は全く無い」。

「日本の公共の電波を使ったテレビ・ラジオ等の

本来の仕事が出来ていない者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等や有名人利権等を与え続ける必要は全く無い」。

「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

細川内閣・羽田内閣・鳩山内閣時の元大蔵/財務相の藤井氏が、今更、今の日銀のマイナス金利政策を批判してもねぇ・・・。

『「日本国・日本国民の為になるのはどちらの判断か?」は「もはや、言うまでも無いでしょう」』。

|

数学を鍛えるのは、東大医学部目的で無くても良い事と思うが・・・。

『「筆者の同級生の中にも東大医学部に入った者も居る」。「お金持ちの家庭の子で、学校の授業時にも、先生の言う事や授業内容にずっと興味を持ち続けられていた様相が、印象に残っている」。

「つまり、現状の日本社会で高学歴を得る本当のポイントは、その辺りに在る」のだ』。

『「例えば、親から大学はダメ!家にはお金が無いから!等と言われている子どもたち」は、

「その時点で、受験勉強への興味が大きく削がれている」と「共」に、

「人間社会の不平等・不公平等への興味が増大」され、

「例えば、学校の授業等でも、授業内容より、

先生等による生徒への対応差別等や

生徒同士の人間関係等に興味が行き易くなってしまっている場合が多い」。

「逆に、幼少期から家庭教師や塾で学力の先取りを出来ている者たち」は、

「既に解っている事・知っている事等を、学校教師からも言われる状態になる」ので、

「学校教師との間に心理的に協調・信頼関係が構築され易く、授業内容に興味を持ち易くなる」。

「もちろん、余程の優良校でも無ければ、良い学校教師ばかりでは無い」のだが

「人間にとって、自分が知っている事・覚えている事等は自分の一部」で、

「自分の一部を認めてくれている他人は肯定し易い」』。

(『「テレビ・ラジオ・マスコミ等と有名人との協調商売等」は「この人間心理を大いに利用している」。

「有名人に仕立てたい者たち」を

「大衆に覚えさせれば、

その者たちを覚えた大衆は、

その者たちを良く言い宣伝するテレビ・ラジオ・マスコミ等まで肯定し易くなる」』。)

『「それとは、反対に、学力先取りが出来ていない子どもたち」にとっては、

「先生等は、自分が知らない事を言い、覚えなさい。等と迫る、怪しい、危険かも知れない存在として登場する」。

「当初は、その様な状態でも、

先生等との信頼関係が築かれ、

先生に頼る様になると、

授業内容等も素直に覚える様になり易い」が、

「先生等との信頼関係が築かれず、

先生を疑う様になると、

授業内容等も疑う様になり易い」。

「もちろん、授業内容が、自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い内容なら、素直に覚えた方が良く、

授業内容が、自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が低い内容なら、疑った方が良い」から、

「一概に、どちらが正解か?等は言えない事だが」』。

『「忘れてはいけない事は、

悪人脈の教師等は、

悪人脈以外の生徒(特に、有能な生徒等)と

意図的に信頼関係を損ねる事で、

悪人脈以外の生徒が素直に授業内容を信じられない状態をつくり出したりして、

学力向上を阻害する工作活動を行っている場合もある事」だ。

「授業内容に興味を集中させる事が困難にされ、

学校内の人間関係に興味が集中させられている状態の者たちに

悪人脈が工作を仕掛けると、

工作員化されてしまう者まで出る」。

「今の日本社会の不公平・不平等を是正する為に!」等の

「悪人脈によるインチキロジックを打破出来る程、十分に賢く育てている環境」は、

「親がお金が無いからというダケで大学へも行くな!等と言われる家庭には無い」だろう。

「少々有能に育てていても、親や日本社会等が工作活動等を排除しようともしていない状態下では、対抗力も低レベル」だろう。

「むしろ、親や日本社会等より悪人脈やお金・立場・権力等の方が頼れる様に勘違い出来てしまう」だろう』。

『「其処で、工作員化されてしまった者たちが何を行わされるのか?」

「悪人脈以外の優秀な者等への邪魔を行わされる場合が多い」。

「優秀な者の授業内容以外への興味割合強化を誘ったり」、

「いじめの対象としたり」、

「悪戯等で不安を煽ったり」、

「電磁波工作や飲食物への異物混入等まで行う場合もあったり(家や通学途中や外のバイト等で悪人脈にとっての不適応分子等への粛清工作として行わされている場合もある)」、

「その結果として、邪魔されていない悪人脈の優秀な者が高学歴や社会の中での高い立場等を得易くなる割合が増える」。

「一端悪人脈の下で悪事に手を染めさせられた者たちは、悪人脈に弱みを握られいている事になる」から、

「その後は、飴と鞭で悪人脈の言いなり・・・の場合も少なく無い」』。

『「日本乗っ取り支配工作は、学校内でも行われて来ている」。

「経済と学歴の関係の裏には、上記の様な問題も在る」のだから、

「格差社会は早急に是正するべき」だ』。

『「数学とは、

現状でも既に、比較的完成度も高く、

数学自体に興味を持ち続けられる人なら、

学校教師等は別にして、

現状そのままでも、

素直に楽しめる要素も多い学問」だ。

「多くの理系の学問は、数学に近い状態になりつつある」。

「歴史等の場合は、

興味のある人なら、

実体や事実・現実の探求なら素直に楽しめる場合が多いだろうが、

捏造史等を覚えなさい!では、

その旨を言う学校教師等への依存状態でも無い限り、

楽しめる訳も無い」。

「多くの文系の学問は、歴史同様状態」だ。

「因みに、精神心理学等も、未だ、文系レベル」だ。

「興味のある分野の学問を自主的に先取りして学ぶ事は、大いに有益」だが、

「どの分野でも、

基本中の基本である、

自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性を高める事を忘れてはいけない」。

「本質を忘れた学問」は、

「世間話の遊び程度の実効しか持ち得ないばかりか、

世間話の遊びを過剰に蔓延らせ続けているなら、

人類滅亡までやって来てしまう」。

「理系学問と実体や事実・現実との整合性は、高められて来ている」が、

「現状の文系学問は、未だ、未だ、実体や事実・現実との整合性の探求レベルが低過ぎる」。

「その改善に力を注ぐ価値は十二分に在る」のだから、

「誰もが東大医学部を目指そうとするのでは無く、

誰もが適性のある分野を素直に目指せる事が重要」だ。

「受験戦争の頂点的扱いでもある東大医学部」だが、

「受験戦争の頂点の先にある実態・実体は、

例えば、東大病院の治療成績」で、

「受験戦争ほど、特出した出来とは言い難い」。

「即ち、本当に必要な資質は、受験戦争に勝つ要素以外にも多々ある」のだ。

「医学部も含む大学の入学ハードルは経済的にも学力的にも下げ、

卒業ハードルは上げ、

適性の無い者たちは、

途中でドンドン他の分野に移動出来る様にする事」が、

「より構築度の高い人間社会の為に、必要」だ』。

『「頂点思想とは、独裁者等が大好きな他の者・物・事を被依存状態に置く事に有益な思想」に他ならない。

「他の者・物・事の支配/被支配に生きる人々が溢れる人間社会」とは、

「人類滅亡への道を歩む亡者の群れ」に他ならず、

「健常な人間社会構築の為には、自分で自分を健康にコントロールし続ける人々を大多数にする必要がある」。

「東大医学部という頂点思想上の頂点を目指す人々が溢れる日本社会」より、

「誰もが適性のある学問を素直に学べ、

その結果が反映され、

自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性がより高い

健常な人間社会が急速に構築されて行く状態をつくり出す事」が、

「今、本当に必要な事」に他ならない』。

『「頂点思想煽り情報の裏に在る」のは、

「何処かの独裁者の意向」だったりして・・・』。

|

汚れ屋敷と集中力や猫背の関係だと・・・。

『「部屋や住処が汚れている」のは「外面」で「実は、その裏に在る精神文化こそが重要問題」なのに、「上辺と結果を短絡的に直結し、

上辺を直せば結果も良くなる、

裏を返せば、上辺が綺麗なら内面等他も良い事になる(=現状で上辺が綺麗な者はエライ!)、

・・・等々の事を言う上辺商売(金集め)者も分野を問わず頻発している」。

「例えば、

センスはどうあれ、上辺は綺麗に整えている中国共産党等要人の実体・実態からも、

その嘘はバレバレ」だ。

「肝要な事は、上辺をつくり出している精神文化に他ならない」から、

「同じ上辺でも、実体・実態は全く違う場合も少なく無い」。

「同じ上辺が綺麗でも、内実が綺麗とも限らないのと全く同じ」で、

「上辺が汚れ屋敷でも、内実は、それぞれなのが現実」だ。

「しかし、精神文化が同じなら、どの様な上辺を身に着けていても、基本行動原理は同様になる」から、

「上辺の影響」は、

「事の実体化スタイルや他の者・物・事等への影響力の大小等に反映される」が、

「実態・実体行動として現れる現象は基本的に同じになる」』。

『「部屋が汚れている、散らかっていると集中力が無くなる???」

「何が大切な物かもわからなくなるから???」

「・・・おバカ論もいい加減にして頂きたいもの」だ。

「それは、多くの学者や研究者や芸術家や作家等々の部屋や生活環境を見れば誰もが判る事」だ。

「部屋等を綺麗にしたり、片付けたりする事より、優先すべき集中している事を持つ、

つまり、その様な精神文化状態下」なら、

「人間の集中力等は部屋環境などには大きく影響されない」。

「逆に、どんなに、綺麗で片付いている部屋等の中で暮らしていても、

精神文化状態が悪ければ、

集中力も無い状態になる」。

「何が大切で何が大切では無いか?」の「判断等」を、

「部屋環境等上辺から学ばせよう、学ぼう等とする事は、間違っている」。

「自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性を探求する事で、

始めて、本当に大切な者・物・事や、大切では無い者・物・事を、

自分の実体に叛かずに判別出来る様になる」。

「今時の多くの人類」は、

「幸いな事に、科学レベルで判明している自分の実体やその実体の本来の目的を知る事が出来る」。

「生きている人類誰もが、今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している事や、

一人の人の実態が、約60兆の細胞の塊である事や、

その細胞の命の連続性を辿れば、

人類誰もが、ルーツは同じである事や、

人類以前の地球上で生命が誕生した時からの広がりぶりや存続ぶりを

知る事が出来る」。

「自分の実体とは、今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続し続けている生物に他ならない」。

「命の連続性の区分を狭義の自分個体ダケにするなら、

今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している約60兆の細胞の塊」だ。

「命の連続性を狭義の自分ダケに限らなければ、地球上の生物全てが広義の自分になる」。

「そして、その本来の目的が、広義の自分の存続~永続である事」は、

「疑いの余地も無い」。

「それこそが、実現可能な、永遠の命」だ。

「本当に大切な者・物・事」とは「この基本中の基本との整合性の上に在る」。

「そして、それ以外が、本当に大切では無い者・物・事」だ。

「必要十分な衛生環境等が得られている」なら、

「上辺の汚れや散らかり等にそれ程大きな悪影響は無い」。

「逆に、上辺をどんに綺麗に片付けたり、整えたりしても、

例えば、何処かの独裁者や大金持ちや大権持ち等々の様な事を行っているなら、

自分の実体に叛いているばかりか、

広義の自分にとっての大迷惑でしか無い」。

「其処に在る」のは、

「下劣な精神文化を上辺の虚飾で誤魔化そうとしている醜悪な姿」で、

「他の人々を威圧し得るくらいの圧力的虚飾まで必要になっている程劣悪な実態・実体」だ』。

『「猫背は、歯や骨格や筋肉構造と、精神状態とのかかわり合いが非常に強い事に他ならない」。

「例えば、奥歯が短かったりすれば、顎で頭を支える事が困難になるから、口を開き易くなり、上顎が上がり、上顎を上げた頭をバランスを取って身体が支えようとすれば、猫背になり易い」。

「姿勢を正す筋肉が不足していれば、人体構造として、反り返るより、背中を丸める方が容易なので、猫背になり易い」。

「部屋の汚れや散らかりと、そんな状態下で暮らす人間の精神には相応の係わりがあるから、

その面では、時として猫背を誘う場合もある」が、

「猫背の主因としては、精神面<身体面」だ。

「基本的に人間の身体は快適を求めているから、

身体的に快適を求め得る状態に在る」なら、

「身体的快適さを上回る程の精神的ダメージ故の猫背ならあり得る」が、

「割合としては少数派になる」』。

『「もちろん、部屋を小綺麗に片付ける事で、良い気分や、精神的なゆとり等を得たりする事」は、

「良い事」だ。

「だからと言って、上辺の片付け等と、

集中力や猫背まで無理やり結びつける事」は、

「明らかにオカシイ、もしくは、思慮が足りない」。

「上辺に拘る事で、自分の実体に叛いてしまっている人々が多々居る現状の人間社会」では、

「上辺に拘らせる事でより有利な商売(金集め)等をする事も容易」だろう。

「しかし、本質から離れた過剰な演出的屁理屈まで使う様になる」と

「タダひたすら、醜悪でしか無くなる」。

「部屋や住処等を綺麗に片付けたくなる心理の裏」では、

「自分自身の心や精神を綺麗に片付けたい欲求が渦巻いている場合が多々ある」。

「つまり、その代償欲求の追及行為として、狭義の自分の部屋や住処を綺麗に片付け、

それでも尚、代償欲求の追及では、本来欲求は充足される訳も無いので、

上辺レベルで狭義の自分領域を広げて、他の人々の部屋や住処等を綺麗に片付ける事で、

代償欲求の追及心を満足させたがっている場合もあり得る」のだ。

「本来の解決法は、

狭義の自分の心や精神を綺麗に片付ける(=自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性を取る)事に他ならない」。

「科学レベルで既に判明している実体や事実・現実を実用する」なら、

「多くの人々が、科学レベルで、自分の心や精神を綺麗に片付ける事も可能になる」。

「人は、実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事で初めて落ち着ける」。

「例えば、科学レベルで判明している死の実体と共に在るなら、死自体を恐れる必要が無くなるから、死の恐怖からは解放され、その分落ち着ける」。

「細胞ごとの誕生・死という実体が在るのに、

人の意識では、

丸ごと一人で考え・思いたがるのが、現実」だが、

「細胞ごとに変化し続けながら、存続しているのだから、不安なのは当然」だ。

「この基本的不安を把握・認識する」なら「不安自体もかなり減る」から、

「その分落ち着ける」。

「生きている人は誰でも、毎日、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続しているのだし、

広義の自分の基本的目的は広義の自分の存続~永続」だ。

「細胞ごとの死を丸ごと一人化して、悩んだり、心配等している暇がある」なら、

「広義の自分の本来の目的との整合性が高い生き方を考え、実践するべき」だろう。

「誰もが、

代償欲求の追及は遊び程度に程々に、

本来欲求の充足を主に、落ち着いて人生を歩めるような人間社会を構築出来れば、

世界平和も実現する」。

「先ずは、人類誰もが、自分で自分の精神文化を科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して正常進化させる事」だ。

「物質文明の急速な進化は、科学レベルで判明した実体や事実・現実の実用によって可能になっている」。

「精神文化も同じ事」だ。

「物質文明では、より進化したより良い製品がより高く評価され、より多く出回り易い状態になっている」。

「多くの人々が、物質文明製品の評価には、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した評価を下しているから」だ。

「そこで、実製品力で劣っている企業等は、コマーシャルイメージ等で消費者等を操る事で、利益を得ようと頑張っている」が、

「当然、実製品力に大差があっては、その手でもダメ」だ。

「裏技が許容される範囲が、遊び程度に落ち着いているなら、大勢に影響は無い」が、

「コマーシャルイメージ等が先走り、劣悪な実製品が出回ってしまうと、その悪影響が必ず出る」。

「精神文化製品である映画やドラマやアニメや小説や音楽や学校教育等々や、

精神文化システムである政治や経済や法律等々でも、

人類誰もが、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した評価をするべき時代に、

人類は、既に突入している」。

「物質文明製品やシステムと、

精神文化製品やシステムのギャップが大きくなり過ぎると、

破綻する(=人類滅亡となる)のは、

少し考えれば、誰もが分かる事」だ。

「精神文化製品やシステムの方が物質文明製品やシステムより進化している状態をキープする事」こそが、

「世界平和の肝」だ。

「現状人間世界では、その逆で、

物質文明面では科学レベルなのに、

精神文化面では考え・思いによる納得(=宗教)レベルだから、

テロ・戦争・殺傷事件等々だらけ・・・」で、

「広義の自分の実体を考えるなら当たり前である、世界平和さえも実現出来ていない」。

「人類誰でも、

精神文化面を物質文明面以上に正常進化させていないや、

人々の精神文化の正常進化の邪魔をする事等々は、

大罪である」』。

『「現状のまま時を重ねていれば、何れ、人類は、その何分の一かしか地球上に住めなくなてしまう」だろう。

「その様な近未来時に、

排除されて然るべき人類とは、

精神文化の正常進化に抗った者たちとその文化を継承する者たち」だ。

「人類誰もが、今なら未だ、大罪を止める事は可能」だが、

「今後も、大罪を犯し続けるなら、裁きの日の後、与えられる罰から逃れる術は無い」。

「何故なら、裁きは、実体や事実・現実に基づいて行われるから」だ』。

|

東大生4分の1アスペ論のおバカ度・・・。

『「何をして、発達障害を認定しているのか?」「他人とのコミュニケーション?自閉的性格?」

「そして、その裏に、抜群の集中力や記憶力が在る場合が多い?」

「そもそも、東大入学選別時に求められている事」からも、

「東大入学者の多くが、相応に記憶力が高い事は必然」で、

「相応に高い記憶力を試験に出る分野に向け続け、

試験解答に必要な事等を覚える為には、

相応の集中力が要るのも必然」だ。

「人間誰でも、与えられている時間は皆同じ」だから、

「思春期に、試験勉強等の為に費やした時間が長い者たち」は、

「その分、他の多くの者たちが行っている試験勉強外の体験等が減るのも、必然」だ。

「人とのコミュニケーションは、共通事項が在れば在るダケより簡単になる」のは、

「趣味や同郷等が同じ場合の実例からも明らか」だ。

「他の人々とのコミュニケーションが減った者たちは、

相対的にその分自閉的状態で暮らす時間が長くなる」から、

「より慣れている自閉的状態に自分を起き易くなるのも、必然の現象」だ。

「問題は、コミュニケーションや自閉傾向が、病的レベルか?否か?」になるが、

「病的レベルか?否か?を決めている」のは、

「現状では、医者やその分野の学者等その面での実権を持っている者たち」で、

「その判別が、どれ程、現実との整合性を持っているのか?」は、

「他の所謂精神疾患の判別状況からも推して知るべし」だ。

「生きている人間とは、今、この瞬間にも、誰もが、細胞ごとの誕生・死を繰り返し、変化しながら存続している」から、

「精神疾患は、

例えば、

主として脳細胞神経ネットワークの異常継続状態等として、

科学レベルで判別する様になるまでは、

医者や学者等による考え・思いレベルの納得に基づいた宗教的判別を行っているに過ぎ無い」。

「精神面では、何が病的で何が病的では無いのか?という根本さえ???状態」なのが、

「現状の精神医学」だ。

「本来は、自分の実体や自分の実体の本来の目的に叛く自虐的な行動等の基となる脳神経細胞ネットワークの使用に偏執している事や、

自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性が高い行動等の基となる脳神経細胞ネットワークの構築障害等」が、

「精神疾患として把握・認識される」のが「当然」だが、

「この本来の基準を当てはめる」なら、

「現状の多くの人間は皆、精神疾患状態と判別されて当然」になる。

「多くの人類が、実質的には、精神疾患状態」だから、

「現状の人間社会がこんなに酷い状態になってしまっている」のが

「現実」なのだ』。

『「上辺ダケに偏執している様相の東大生4分の1アスペ論」は、

「おバカ論・劣悪論の域を出ない」。

「遊び道具としては、悪く無いかも知れない」が、

「そんなモノを使って、上辺で遊んでいられる程、

今の人類の多くは、

精神文化の進化度が、

余裕タップリでは無い筈」だ。

例えば、

「東大生の4分の1がアスペと推定されている・・・」

「やはり、東大生は、変なんだ・・・」

「アスペでは無い自分たちは、4分の1の東大生よりマシかも?」

・・・等々と

「アスペと推定されていない者たち」が、

「自己承認自慰ゲーム等に酔っていても、

ロクな事は何も無い」。

「そんな事をしている暇があるなら、

東大生4分の1アスペ等のニュースの内実を探求する事等により、

自分自身や他の人々の精神文化を正常進化させる事等に利用すれば良い」のだ』。

『「他の者・物・事との比べっこが大好きな者たち」に、

「予め言っておく」なら、

「今の人類は、もはや、意識的で本格的な精神文化の進化競争の時代に突入しなければならない状態に在る」。

「自らの精神文化を科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、どんどん進化させ、

正常進化させた精神文化に基づいた、

映画やドラマやアニメや小説や音楽や、情報・教育等々の

精神文化製品を生み出せば良い」のだ。

「そして、

受けて側も、より良い精神文化製品をより高く評価し、

消費者としては、

より良い物質文明製品を買うのと同様に、

より良い精神文化製品を買えば良い」。

「人類は、程なく、意識的、かつ、本格的に、その様な時代に突入せざるを得なくなる」』。

|

それ程遠く無い近未来に現状の破綻を否定出来なくなる人類・・・。

『「現状の人間社会システム維持上に在るのが、人類滅亡である事」を「誰もが否定出来なくなる日」は「それ程遠く無い」。

「おバカや悪たち」は「未だに、実質的には人類自滅器である現行経済システム等を回し続けようとしている」が、

「その先に在る」のは、

「地球温暖化による環境変動の激化」であり、

「経済格差の増大」だ。

「更に、物質文明面では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で、

急激に進歩・進化させる事が出来ている物を得ている」が、

「精神文化面では、未だに、多くの人類が実用しているのは考え・思いによる納得レベル」だ。

「精神文化面での実用実体が物質文明面での実用実体より進化出来ている状態」なら、

「平和・安全等が当たり前になる」が、

「その逆の状態である現状」では、

「進化した物を実用したテロ・戦争・殺傷事件等々が世界中の至るところで起こされ、危険な状態が続いている」ばかりか、

「その危険度は、物質文明の進化により急激に高まっている」。

「現状経済システム等が必然的に生み出している地球温暖化による環境変動と格差の増大」

+「急激に進化し続けている物質文明面より低いレベルの精神文化の実用による自虐的破壊行為の増大」により、

「人類は、それ程遠く無い近未来で、立ち往生状態に追い込まれる事になる」。

「そんな事態を避ける手段を人類の誰一人として提案出来ていない状態」なら、

「そんな事態こそが、人類に定められた宿命になる」が、

「現実は、違う」。

「今では、当方の様に、個人レベルでも、

上記の危機的状態に人類が陥る事を避ける方法を、

具体的に提案出来ている者たちも少なからず居る」。

「精神文化面の進化度を物質文明面より高めれば、危機回避が可能になる」のだから、

「今、人類が行うべき」は、

「精神文化面でも、

物質文明面の急激な進化を可能にしたのと同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」だ。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って、

個人個人の精神文化レベルを科学レベル以上にすると共に、

経済システムも、

政治システムも、

人間社会システム等々も、

是正して行く事が激烈に求められている」。

「この人類の正常進化が、早ければ早い分だけ、

人類の危機や、

その危機時に必然的に発生するのダメージが、

少なくなる」。

「逆から言えば、正常進化に抗っている現状依存派の人々」は、

「自らの未来を危うくし、犠牲をより多くする大罪を犯し続けている」のだ』。

『「上記の様な事を、現時点でいくら記しても、

現状利権というヤクや覚醒剤中毒状態の者たちの多くは、

その態度を改善しようとはしない」だろう。

「むしろ、

現状利権というヤクや覚醒剤を更に求め、

更に強い現実逃避の世界に狭義の自分を浸し続けようとする」だろう。

「しかし、そんな者たちでも、否応無しに現状の破綻を認めざるを得なくなる日」が、

「それ程遠く無い近未来にやって来る事になる」。

「大犠牲を出した後に、現状の破綻を認め、態度を是正しようとする者たち」には、

「大犠牲前の大罪が問われる事になる」。

「大罪が問われる者たちの言い訳を許さない一つのアリバイ」として、

「当ブログが在る面もある」のだ』。

『「精神文化が正常進化出来た後の人類世界では、

精神文化の正常進化に抗った者たちが、

同様の新たな者たちの発生を抑える為に、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「自らの人生の選択」は、

「誰でも、狭義の自分が行える」。

「現状利権を保持している者たちでも、それは変わらない」。

「近未来に置いて、

人類の正常進化に貢献した者として認識されるのか?

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるのか?

の選択」も

「また、個々の自由」だ。

「現状で大権持ちや大金持ちや有名である者たち」は、

「その分だけ、より大きく、罪が問われる」。

「血統家族主義者や人種・民族主義者等が大好きなのは、祖先~子孫偏重認識」だが、

「その認識上」でも、

「大きく罪が問われる者たちに子孫が居るのなら、子孫は親や祖先を否定する事でのみ健常状態になれる」のだ。

「子孫から否定されなければ子孫が救われない

血統家族主義や人種・民族主義に魅力を感じられている」のは、

「現状利権というヤクや覚醒剤中毒状態だからに他ならない」。

「そんな者たちの多くが、現物のヤクや覚醒剤等を使う者たちを犯罪者として糾弾し、正義ぶったりしている状態は、

泥棒が他の泥棒を指さし、あいつが泥棒です!と言う事で、逃げる為の隙をつくろうとしている浅知恵コントみたい」で、

「本当に醜悪」なのだ。

「人類誰もが、

現状利権というヤクや覚醒剤から

一刻も狭義の自分を解放するべき」だ。

「精神文化が正常進化した人間社会の中」では、

「現物のヤクや覚醒剤等を使う様な強烈な非日常・超日常体験を欲する状態に置かれる者も、

当然居なくなる」から、

「ヤクや覚醒剤等の使用も医療目的等健常使用ばかり・・・が当然になる」。

「劣悪状態の他人を責めて正義ぶり、本来の解決を遠ざける偽善は罪」だ。

「偽善を公共の電波上等で公然化等しているなら、その本来の解決を遠ざける悪影響度の大きさの分だけ大罪になる」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるに相応しい状態が其処に在る」』。

|

「仕事しろよ、ハゲ!」を誤爆処理しようと躍起なauだが・・・。

『「ワザワザ公開可能なところに打ち込んでいるのだから、誤爆では無く、普通に考えるなら意図的でしょ」。

「au貶めの為の意図的自爆かも知れない可能性だってあるのだから、誤爆で悪戯に庇う事はauの危機管理の甘さを露呈している事になる」。

「そんな危機管理の甘い携帯電話会社のスマホ等は大丈夫???」』

|

テレ朝昼番では、常連出演者たちが「清原の光と影の落差」を言っていたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、野球が大変上手でも、その事自体で他の事まで全て上手とは成り得ない」。「ところが、劣悪コメンテーター等は、野球で大物扱いされた者=全ての事で大物と思いたがっている様相」で、

「清原大物論」は、

「まるで、常連コメンテーター等の大物的立場を得ている自分たちも、

他の事でも大物だ!等と

視聴者等に強いる為の呪文の様相」だった。

「本当に醜悪」だ。

「醜悪な者たちは、光と影の認識も現実離れしている」』。

『「そもそも、スポーツでも、ゲイノウでも、大物扱い等されたり、有名人化されている事」が、

「光という認識が間違っている」。

「現実逃避の受け皿上で、強いスポットライトが当てられている事」とは、

「現実逃避を欲している人々の投影・転嫁・同一視先として、

その様な状態下の多くの人々の考え・思いや視線等が集中化されている事」だ。

「その実態・実体」は、

「大物や有名人等が大きな光を浴びている等と表現されるべき事では無く、

むしろ、大物や有名人扱いされた者のところで大きな闇がつくり出されている等と表現されるのが現実との整合性が高い状態になっている」。

「大物が大物であればある程、有名人が有名であればある程、その闇も大きい」のは、

「独裁者の下の人間社会を考えれば、誰にでも直ぐに分かる筈」だ。

「独裁政権下でも無い今時の日本社会の中」で、

「平然と大物・有名人等の賛美・宣伝等を行っている」のは、

「おバカか悪に他ならない」。

「そんな事に賛同していて、

例えば、格差是正を訴えても、

その実態は、マッチポンプで、

似非公平・平等論者たちの訴える格差是正の実体は、

訴えている者たちが金持ちになりたい!等である事」は、

「バレバレ」だから「醜悪」なのだ』。

『「元々、大きな闇の一つの中心に居る事で、過分な立場・報酬等を得ていた者」が、

「大きな闇の一つの中心から外れ、

普通の光が当てられる状態になった時、

自分の実体や自分の実体の本来の目的に沿った健常な人生観等や、

本当のセルフコントロール等さえも知らなければ、

悪どもの罠に落ち易い」のは、

「極めて、当然の現象」だ。

「そんな状態が、彼方此方で放置され続けて来ている」から、

「同様の新たな事件・事故等が起こり続けている」のは、

「極めて当たり前の現象」だ。

「情報・教育の健常化・正常化が強く求められている」』。

『「以前から、何度も、記している」が、

「精神文化の正常進化に十分に貢献出来ない者たち等」に、

「情報・教育等の仕事上で、過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

人類滅亡が急速に近づいて来るダケ」だから、

「急速な是正が必要」だ。

「自浄が無いのなら、必要な能力の有る者たちに立場等々を譲るべき」だ。

「筆者の様な個人レベルの者でも、既に何度も記せている事を実行しない罪」は、

「甚大」だから、

「そんな状態を続けた者たち」が、

「近未来において、

同様の新たな実質的犯罪行為等抑止の為に、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」のも、

「極めて当然の現象」だ』。

『「おバカや悪は、その辺りまで含めて、よ~く考えるべき」だろう。

「テレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

「清原、覚醒剤、逮捕」の大宣伝状態だが・・・。

『「ゲイノウ界薬物汚染」は「以前からしばしば露呈している」。「タダでさえ、現実逃避ヤクや不適切活力増大覚醒剤等を宣伝し~ばら撒く事」で「ヤクとしても覚醒剤としても使える金集めを行っている状態」の「場合が多い現状のゲイノウ界」が、

「現物のヤクや覚醒剤に汚染され易い」のは「その精神構造を考えるなら、当然の現象」だ。

「問題は、この手の事件の後処理情報」だ』。

『「タダ単」に、

「ヤクや覚醒剤の使用は悪い、ダメ等」と

「人脈的には実質的に同じ者である場合が多い、

テレビ・ラジオ・マスコミ・ゲイノウ等界の者たち」が

「正義ぶるダケ」では、

「正義ぶっている者たちはヤクや覚醒剤をやってませんから、捜査等に来ないでね!」

「皆さん、ヤクや覚醒剤の存在を覚えてね!」

「有名人だってやっているのですよ~!」

「ヤクや覚醒剤をやると身体が覚えるから、抜くのは大変ですよ~!」

「妄想や幻覚まで見れる、非日常体験も出来ますよ~!」

「それダケヤクや覚醒剤は、強く、魅力的なモノですよ~!」

「ヤクや覚醒剤を輸送したり、売ったりする事は、違法だけど儲かりますよ~!」

「バレる使用・輸送・販売等をすると逮捕され、場合によっては厳罰に処されるから注意してね!」等々と

「言っている様なモノ」だ。

「そんな情報配信ばかり、繰り返していたところで、

同様の新たな事件・事故等が起こり続けるダケである事」は、

「今までの歴史が実証している」。

「それでは、どの様な後処理情報が適切なのか?」』

『「ヤクや覚醒剤を欲する状態を潰して行く事が重要」なのだ。

「非日常や超日常等を求める裏には、現状脱出欲動が在る」。

「現状脱出欲動を健常に昇華する」なら、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性を高める努力等となる」が、

「健常に昇華する方法も???」

「他の者・物・事の支配/被支配という代償欲求の過剰追及に生きず、

自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求を主に生きる

基本的セルフコントロールも???」では、

「現状脱出欲動が自己制御出来くても、何の不思議も無い」。

「そんな状態の者たち多数居る現状人間社会」では、

「劣悪者たち」が、

「現状脱出欲動自己制御不能状態者の前で、

ヤクや覚醒剤的に使える色々な者・物・事を見せびらかして、

ヤクや覚醒剤的に使える金や立場や権力等々を

掻き集める代償欲求の過剰追及行為に走っている」。

「この様な超自虐的で劣悪な現状人間社会状態を維持していたところで、

人類に明るい未来が在る訳も無い」。

「自分の実体やその実体の本来の目的に叛き続けていれば、人類滅亡が必然」だ。

「今時の人類は、既に、早急な是正(急変)が求められている状態下に居る」。

「情報・教育を正常化・健常化」して、

「現状脱出欲動等を健常昇華する事が出来る人々の割合を飛躍的に増大させなければならない」。

「多くの人々が、支配/被支配欲動・行動等を正常化・健常化し易い情報・教育も必需」だ。

「その為に、テレビ・ラジオ・映画・アニメ・小説・音楽等々や学校教育等々が行える事は山ほどある」。

(具体例等は、他の記事をご参照ください。)』

『「糞バカ常連出演者等に今まで同様の劣悪論等を述べさせ続けている状態を続けて居れば、

人類滅亡が急速に近づくダケ」だ。

「精神文化の正常進化を十分に認識・把握・意識・実用していない劣悪状態の者たち」は、

「早々に、公共の電波上や教育者等の立場上から駆逐されるべき」だ。

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信であるが故に、

特に影響力が大きい、

テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

日本国内で韓国内の北朝鮮工作員支援&指示者が摘発されたが・・・。

『「タイトルの事態が示唆しているところ」は「韓国内には、日本国内の北朝鮮工作員支援&指示者が居る事」だ。

「北朝鮮による、実行部隊と指示者の在住国を分ける事で、工作活動の実態把握を困難にする隠蔽工作手段」が、

「露呈した訳」だ。

「もちろん、言うまでも無く、日本国内には、日本各地から多数の拉致被害者を北朝鮮にまで送り出す事に協力した実行部隊は確実に居たし、そのほとんどは、今も居続けている」。

「その実行部隊は、拉致工作後も、北朝鮮側の指示に基づいて動いている」。

「今回の摘発実態からすると、その指示者や支援者等は、韓国在住や北朝鮮在住である可能性が高い事になる」。

「北朝鮮との人の交流等には制限等があるが、韓国との人の交流等は自由状態」だから、

「北朝鮮にとっては、日本国内の工作実行者たちへの指示者や支援者等を韓国に在住させる事が、より合理的になる」。

「戦後の日本国内で行われ続けている、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の実行手段」も、

「韓国内や北朝鮮内で、

そのノウハウが構築され、

日本に居る実行部隊に必要機材・薬品等やノウハウ等や指示が与えられる事」で、

「工作活動が実行されて来ている」のだろう。

「日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等や、学校教育等の情報・教育内容に対する指示や一般日本国民操りノウハウ等」も、

「その様なルートで、広められて来ている可能性大」だろう』。

『「何れにしても、北朝鮮の工作活動の実態の一端が露呈された事は、とても良い事」だ。

「今後は、

相応に手間はかかるだろうが、

日本国内の実行部隊の徹底摘発を行う事」で、

「工作活動自体を実質的に全摘発する事が望まれている」』。

『「北朝鮮の張り子の虎」の「核兵器とミサイル」は、

「所詮張り子の虎であり、実用品ではあり得ない」。

「実用すれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」だ。

「張り子の虎脅し・見せ球の裏」で

「連綿と行われ続けて来ている、

北朝鮮にとっての本当の攻撃手段・実効支配手段である工作活動自体を全摘発する事」こそが、

「拉致問題解決の近道でもある」』。

『「対北朝鮮という面」では、

「日韓の利害関係は、概ね一致している」が、

「朝鮮民族利権がそれに勝るといびつな構造となってしまう」。

「だから、北朝鮮系の者たちは、今時なのに、民族主義等を煽りたがって来ている」。

「朝鮮民族利権が勝っている状態である限り、

その何割かは、韓国内に居ると推定される、在日北朝鮮工作部隊への指示者・支援者等の摘発も困難になり易い」。

「逆に、韓国内に居ると推定される、在日北朝鮮工作部隊への指示者・支援者等が摘発される状態の韓国」ならば、

「真の日韓友好状態も築き易くなる」』。

|

税金は、「金持ちから取る。より多く持っている者からはより多く取る。」当たり前の事です・・・。

『「そもそも、自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い仕事等で多大な資産等が築けている者などほとんど居ない=現状のほとんど全ての大量資産保持者等には本質的な正当性が無い」。

「正当性が無い事で格差を築いている悪事を是正せしめる為の道具として税が使われるなら、正しい税の使い方になる」』。

|

テレ朝昼番では、「若者は急変を求める」と現状利権にゆったり浸りたい様相の常連出演者が述べていたが・・・。

『「人類の実体や誕生・死等が科学レベルで判明している今の人間社会にとって、急変は、当たり前の現象」だ。「古の時代の様に、この世で善行を積み重ねれば、来世では良い立場に産まれる等の嘘は、もはや通用しない」。

「人の誕生・死は細胞ごとの現象であり、生きている人類誰もが今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続しているのが現実」だ。

「不当状態の是正は、死後ではお話しにならない」のだから、

「基本的に、産まれながらの不当な格差やそんな不当な格差をつくり出す者・物・事等」は、

「即座に是正する」のが、

「当然」だ。

「ところが、この当たり前の急変を嫌う悪者たちが居る」。

「現状利権に溺れている劣悪者たち」だ』。

『「現状利権に溺れている劣悪者たちにとって」は、

「現状利権とは劣悪状態の自分を誤魔化す為のヤク等に他ならない」。

「ヤクが手に入らなくなる状態下では、劣悪者たちの実体も露呈する」。

「自らの劣悪状態維持の為に他の多くの人々の本来の利権を阻害し続けている」のが、

「当たり前の急変に抗っている者たち」だ。

「常連出演利権等に酔いたいのかも知れない常連出演者」は、

「上から目線」で、

「若者が求める当然の急変」を

「非難していた」』。

『「そんな映像を一方的に見せつけられている多くの視聴者の中」では、

「どの様な事が起きているだろうか?」

「常連出演者をまるでリーダーか何かと勘違いさせられている人々の中」では、

「常連出演者と同様の意見を自分も持つ事が自分の為にもなる等」の

「誤解が生じている」だろう。

「ある常連出演者のある意見と同様の意見を持つ事」が、

「本当にその人の為になるか?否か?」

「悪戯に常連出演者の意見と同様の意見を持つ前に、全ての視聴者が常に考えるべき事」だ』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取る」なら、

「今の人間社会では、多くの者・物・事に急変が求められる」のは、

「必然」だ。

「この必然を無視して、劣悪で自虐的な現状をゆったりと続けてしまう・・・」と、

「人類滅亡の日が急速にやって来てしまう」。

「この程度の事も???の者たちを常連出演させておいても、ロクな事は何も無い」。

「テレビ界の是正」も「急務」だ』。

『「更に、その後、常連出演者」は、

「米国大統領選をダシ」に、

「米国大統領は、核のボタンを押せる」の旨述べ、

「実質的には、北朝鮮の核による圧力効果を強めたい様相」だった。

「もちろん、言うまでも無く、米国は通常兵器でも圧倒的に有利」だ。

「基本的に、核兵器などを使う必要は無い」。

「だから普通に言う」なら、

「米国大統領は米軍のトップにもなる」で「必要十分」だ。

「今時は、先進諸国ではもはや無用の長物となっている核を、ワザワザ持ち出したところ」に、

「常連出演者の実体が露呈している」等と「感じた」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「もちろん、

実際は、

北朝鮮の核兵器は実使用すれば、アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争となるから、

張り子の虎に過ぎ無い」。

「今時、核の脅威で、多くの視聴者等を脅す事自体が時代遅れ」だが、

「北朝鮮等にとって重要な事」は、

「核や戦乱等の脅しで摘発を躊躇させ続けて来ている日本国内での情報工作も含む工作活動が続けられる事」だ。

「実質的カルト宗教信者たちは、

日本乗っ取り支配工作が完成するまで工作活動の摘発を躊躇させ続ければ、

北朝鮮側の勝ちと信じている」のだ。

「核の脅しで、実質的には、北朝鮮の核の価値を上げる情報配信状態」では、

「北朝鮮の手先等と思われても仕方無い」。

「戦後日本のテレビ・ラジオ等の常連出演者」は、

「韓国系や北朝鮮系や中国共産党系の臭いが濃厚な者たちで埋め尽くされている様相」ですらある。

「テレビ・ラジオ界等では、既に、日本乗っ取り支配ほぼ完了状態の様相」なのだ。

「その上で、

日本乗っ取り支配の範囲をどんどん広げる事に有益な情報配信をする者」は、

「重用」し、

「日本の為になる情報配信」は、

「悪いイメージで伝えて来ている」のが、

「戦後のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等や、学校教育等の実態」だ。

「もちろん、そんな状態は、早々に是正するべき」だ。

「急変が当然」だろう。

「日本の公共の電波上」の、

「中共や韓(北朝も含む)を利す反面日本を貶める内実の情報配信を続けて来て居る

常連出演者という格差の象徴でもあるゴミ」は、

「早々に片付けられるべき」だ』。

|

甘利問題、ベッキー問題、今、日本社会で何が起こっている?・・・。

『「どんな事でもあきらめずに、努力を続ければ夢は叶う!」とは「例えば、日本の乗っ取り支配を企んでいる連中等が、大好きな言葉」だ。「普通にまともな頭が有るなら、悪い夢は放棄し、本質的に良い事を実現する事を夢とする」。

「どんな事でも・・・は明らかな間違い」で

「本質的に良い事なら、努力して夢を叶える!」が「誤解の無い表現」になる。

「さて、五輪出場権を争うサッカーの選抜試合では、決勝戦で、日本が韓国に逆転勝ちした」。

「オリンピックとは、現状人間社会文化の中の、スポーツ競技比べっこ」だ。

「五輪での比べっこ試合には出場枠数制限がある」から、

「その出場枠を得る為の比べっこ試合という訳」だ。

「長い間、サッカーアジア枠の五輪出場枠争奪戦では韓国が優勝していた」らしい。

「今回は日本が逆転勝利」した。

「そのニュースを伝えている者たちの表情や論調等」から、

「韓国(朝鮮)系と日本系が判る感じがした」のは、

「筆者だけでは無い」だろう。

「サッカー比べっこを頑張った選手たちのほとんど全て」は、

「現状の人間社会文化に素直に、

現状の中で成功を掴もうと努力を重ねている、

現状人間社会では主流派の

現状維持&現状利権追及状態の人々」だろう。

「そして、そんな選手たちの成功」に、

「多くの人々が自分を投影・転嫁・同一視等し、成功感を味わっている」。

「もちろん、この現実逃避的要素が強い代償欲求の追及行為」も、

「遊び程度なら、何の問題も無い」。

「むしろ、健常な事」だ。

「日本の勝利に浸る選手も、サポーター等も、

五輪だからと、同一視心理を強めながら味わっている日本国民も、

その多くは、勝利感を健常範囲で、楽しんでいる」。

「対照的な状態を露呈している」のが「負けた韓国」だ。

「選手は頭を下げ、詫び、

韓国社会では、日本に負けた事を、真剣に、悔やんでいる様相の人々が溢れている」らしい。

「其処に在る」のは、

「もはや、健常範囲を超えた、

サッカー比べっこの域を超えた、

国家・国民の比べっこ心理」だ。

「何故そんな強烈な比べっこ心理が生じているのか?」

「言うまでも無く、戦後処理を誤ったから」だ。

「敗戦火事場泥棒で国を始めてしまえば、

敗戦火事場泥棒という悪事を誤魔化し続ける為に、

日本を支配し続けなければ、怖くなる」。

「スポーツ・経済・武力等々の比べっこ勝負等とは、

代理支配権争いに他ならない」から、

「戦後処理を誤った戦後の韓国(北朝鮮も含む)は、

常に、それらの代理支配権争いで日本に勝っていないと、

恐怖に見舞われる」。

「もちろん、元々の国力・国民力等が違う」から、

「正々堂々とした健常な比べっこ」では、

「韓国(北朝鮮も含む)側に勝ち目は無い」。

「そこで、スパイ・工作活動等を主とした策略を多用して、

何が何でも、支配権を得続けようとしている様相」なのだ。

「北の核やミサイルとは、張り子の虎の様なモノで、実用品では無い」。

「実用すれば、アッと言う間に北朝鮮が負ける」。

「張り子の虎で脅している裏で、日本国内の工作活動等を摘発させない事が重要」なのだ。

「韓国も事態は同様で、反日で国民を操る裏で、日本国内に居る韓国系の者たちは、

日本社会の中で、

北朝鮮人脈同様、

政治活動も経済活動も情報・教育活動も子沢山策略等も行っている」。

「日本が弱体化していた時につけ込んで行わせた戦後処理により、

在留権や日本国籍取得や数々の優遇処置が得られ易くなっているので、

既に日本国籍を得ている場合も多い」。

「韓国の反日・親日揺さぶりは、上辺の見せ球であり、実際に日本にとって問題なのは、

日本国内の工作活動等」だ』。

『「甘利氏の後に大臣になったのは、小泉氏や河野氏等々と同様に、朝鮮系とも言われている石原氏」だ。

「ベッキー騒動の後、朝鮮系のゲイノウ人や芸能事務所等がベッキーの穴を埋めるかも知れない」。

「タダでさえ、芸能界や●暴界は、一般日本社会より、遥かに、朝鮮系の割合が高い」。

「日本社会を利権集中化させたのは、朝鮮系と言われている小泉等」だった。

「悪戯な規制緩和等による利権集中状態を利用して、大儲けして来ている」のが、

「岡田氏のイオンや、ソフトバンクの孫等々の親朝鮮系とも言われている要素の強い企業等」で、

「現状の日本社会には、

利権集中状態を悪用して、

日本人を奴隷の如く使い、

上前を撥ね、暴利を貪っている

ブラック企業も少なからず生まれてしまっている」。

「一般日本人の少子高齢化状態は止まらないばかりか、むしろ、より深刻になっている一方で、

朝鮮系の者たちの一部では、意図的な子沢山状態がつくり出されている様相」だ。

「更に、北朝鮮等の意図的崩壊等を前提にだろう、

移民、難民等の受け入れハードルを下げる世論を形成する大衆誘導も始められている様相」だ。

「日本国内の朝鮮系の者たちの数を増やせば、日本の乗っ取り支配はより容易になる」。

「前段の様に、

戦後処理を誤った韓国(北朝鮮)には、

日本を支配し続けなければならない元が在る」。

「そして、実際に、戦後の日本社会で起こっている事」は、

「スパイ・工作活動天国」であり、

「着々と、人脈による人口割合が変化し続けて来ている」。

「多くの日本国民は、この現実から現実逃避してはいけない」』。

『「今、行うべきは、工作活動の徹底した摘発」だ。

「数がどんなに多くても、全部露呈させ、徹底摘発し、再発を防ぐ事が必要」だ。

「この重大な仕事を行わない政権」とは、

「韓国(北朝鮮も含む)の手先の政権に他ならない」。

「民主党等よりは、朝鮮系度の低い自民党安倍政権だろう」が、

「行うべき事を行わない状態が、何時までも容認される訳も無い事」は、

「決して忘れるべきでは無い」』。

『「一般日本国民なら、

戦後の朝鮮系の策略上の情報・教育等には、

決して騙されず、

未だに、策略上の情報・教育等を行い続けているテレビ・ラジオ・マスコミ・教師等々には、

徹底して抗議し、

是正させるべき」だ。

「是正しない連中に過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「元々、精神文化の正常進化に貢献していない現状の文科系の仕事には、

大した価値など無い、ばかりか、むしろ害の方が大きい」。

「精神文化の正常化の為には、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が必要」だ。

「もちろん歴史上の事実・現実の実用も必要」で、

「韓国(北朝鮮も含む)の戦後処理の問題も、

戦後の日本国内の工作活動等の問題も、

例外では無い」。

「北朝鮮の張り子の虎は張り子の虎」であり、

「韓国の見せ球は見せ球に過ぎ無い」。

「重要な事」は、

「その裏で行われ続けている日本乗っ取り支配等の工作活動等を消滅させる事」だ』。

『「戦後日本社会の闇を晴らせば、

日本に元々からある元気が必然的に出て来る」。

「一億総活躍社会」も、

「実現可能になる」』。

|

テレ朝朝番では、「Bチームの逃げ切り」を宣伝していたが・・・。

『「悪事を働いた者たちは、その時点で負けている」。「例えば、日本の敗戦につけ込んだ、実質的、火事場泥棒等の悪事を行った者たち」も「同じ」だ。

「その後、どんなに、数多くの手段を用いて、例えば、日本乗っ取り支配工作や不適応分子粛清工作等々を行い続けて来ていても、

実際は、更なる罪を犯した事による負けが積み重なっているダケ」で、

「元の罪を償わない限り、負けが確定している」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」とは、

「その様な者たちの事に他ならない」』。

『「更なる罪や金や立場や権力等のヤク集め&その使用等に現実逃避し続けられる時間」は、

「もはや、悪状態の連中が期待している程長く無い」。

「審判の日」は、

「結構近くまで来ている」』。

『「筆者たちは、金も立場も権力も目的としていない」。

「目的は、地球生命体細胞群の存続~永続」であり、

「行っている事」は、

「その為に、今、ある状態で出来る事」を、

「筆者一人の事を言うなら、

人類一個体分ダケ、

適当に行っているダケ」だ。

「筆者たちと記したのは、

筆者以外にも、

今ある状態はそれぞれ違うが、

同様の事を行っている人々が少なからず居る事を示している」。

「更なる罪やヤク等に現実逃避している劣悪者たち」は、

「その様な実体・実態を感じたり、知ったりする事等も出来ない」のだろう。

「13チーム(18チームでも、31チームでも良いけど)の近未来に在るのは、

逃げ切りでは無く、

罪が露呈し罰が与えられ続ける日々」だ。

「今まで犯し続けて来ている罪を償わない限り、

この現実は変わらない」』。

『「当ブログ」では、

「単なる良心的お知らせ」を

「審判の日以降にでも、

探求心を失っていない者たち等が、

何時かは辿り着くかも知れない状態で、

アリバイ的に記しているダケの面もある」から、

「敢えて、マイナー路線である分だけ気軽に記せる手法を採っている」。

「読者数等にもあまり興味が無い」のは、

「審判の時等に必要になるアリバイ等を記す事が重要であり、

読者の数等が重要では無いから」だ。

「その辺りさえも判らないおバカたちの為」にも、

「一応、良心的に知らせて置く(この記事も、アリバイの一つだ)」』。

|

ニュース23では、仏学者トッド氏の論まで使って移民や移民系人々をより優位にし易い日本の煩雑さを求めていたが・・・。

『「仏学者トッド氏の足りないところ」は「いい加減なエゴイズムと、本来あるべきエゴイズムの差を考えていないところ」だ。

「いい加減なエゴイズム」とは「その時代、時代の現状の中で、一般大衆の多くが得易い、その状態の中で、より自分を有利にする為には・・・のエゴイズム」等に「過ぎ無い」が、

「本来あるべきエゴイズム」とは、

「自らの実体把握に基づいたモノ」で、

「広義の自分である地球生命体細胞群という実体やその実体の本来の目的であるその実体の存続~永続との整合性が取れるエゴイズム」だ。

「当然、

いい加減なエゴイズム上では、本質的自虐状態が生じ易い」が、

「本来のエゴイズム上では、本質的自虐状態も生じ辛い」。

「エゴイズムと、十羽一絡げに、エゴイズムの実体を問わない状態」では、

「大きな齟齬等が生じるのは、ある種の必然」だろう』。

『「TBSニュース23の悪質なところ」は、

「トッド氏の論」を「部分偏重」して、

「朝鮮系等移民や同移民系の人々にとってより有利になり易い論にすり替えていたところ」だ。

「本当に醜悪」だった』。

『「そんな醜悪な学者論部分偏重によって特定人脈を不当に利する論」を

「率先して展開していた様相の解説者等が降ろされる」のは、

「必然」だろう』。

『「トッド氏の論の甘いところも指摘出来ず」に、、

「トッド氏の論を部分偏重して、

実質的には、特定人脈等を利す論を

公共の電波で一方的に大量配信した

実質的情報工作等の醜態」は、

「罪に問われ、罰が与えられて然るべき等と感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「テレビ界の是正は急務」だ』。

|

相変わらず、筆者の近くの電磁波工作員、もしくは、スティルステロリストたちも悪業を頑張ってしまっている様だが・・・。

『「今のままなら、確実に、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事となる悪状態の者たち」は、「今日も、往生際悪く、悪業を続けて居る」。

「まぁ、テレビ等で優等生ぶっている者たちも似た様な状態だから、下々の現場工作員たちの往生際の悪さも、当然なのかも知れない」。

「気づいていないかも知れないおバカ・悪たちに、敢えて、知らせておく」なら、

「悪たちには、100%勝利が無い」ばかりか、

「悪状態を続けるなら、ほぼ確実に、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「永遠の恥辱に染まる道の上の置かれない場合とは、人類滅亡となる場合」だから、

「悪状態の者たちが、

例えば、カルト宗教的民族主義等に沿って、

どんなに子沢山化策略等を行ったところで、何も残らない事になる」。

「人類存続の場合とは、

悪状態の者たちが行って来ている事等が

多くの人類の前で公然と露呈し、

その罪が問われ、

応分の罰が与えられる場合」だから、

「存命でも、既に個体が死亡している場合でも、

悪業を行い続けたまま個体が死亡した、もしくは、生きていて悪業を行い続けている者たちの置かれるところ」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上」となる。

「仮に、そんな悪状態の者たちの悪業を継ぐ子孫等が居るなら、

その子孫たちも永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「つまり、子孫たちは、祖先や親等を否定する事で初めて、普通の人間になれる」のだ』。

『「科学技術や宇宙の本質等の解明等が急速に発展し続けて来ている昨今では、

人類滅亡を実現する事は、

意外と容易い」。

「例えば、悪どもの電磁波工作等より遥かに容易に出来たりする(かも知れない、と、そちら側担当では無い筆者は、推測している)」。

「悪たちが悪業を続けるなら、それ程遠く無い時に、人類滅亡、もしくは、地球消滅となる事になる」。

「まるで、

地球での生態健常発育実験が失敗したから、

その悪影響を他に広げない為に採られる当然の処置の様に」・・・』。

『「悪状態の者たちをちゃんと摘発しないインチキ正義側の者たち」とは、

「悪状態の同類と判断される」のが、

「自然の摂理」だ。

「残っている実体・実態による判別だから、そうなる」のである。

「人類滅亡を避けたいのなら、

正義側にいるというつもりの者たちは、

率先して早急に悪状態の者たちを摘発し、

悪状態の者たちが行って来ている悪業の実態を大衆周知する事等により、同様の事態の再発を防ぐと共に、

悪状態の者たちを厳罰に処すべき」だ』。

『「人類の未来の無い、地獄の黙示録となるか?」

「人類の未来のある悪状態の者たちを終わらせる黙示録となるか?」が、

「今の人類に問われている」』。

『「下手な事をして、要人たちの生体反応を止めると、

場合によっては、悪による犠牲者がたった一人でも、

とんでもない事態が突然やって来る事になる」から、

「悪どもも、正義ぶっている者たちも、十二分に、ご用心!」

「悪どもが知らない、

例えて言うなら、

天空のネットワーク上では、

広義の自己正常化に失敗した場合の対処も含め、

人類正常化の為の努力が今も続いているのだが」・・・』。

|

テレ朝昼番では、甘利辞任でも安倍政権の支持率が落ちないからか、性善説が通用しない世の中を嘆いていたが・・・。

『「工作活動で内閣等の支持率が左右出来てしまう」なら「悪にとって都合の良い日本社会」だ。

「幸いな事」に、

「工作活動的な録音・録画等に基づいた甘利前大臣側の不適切な対応の週刊誌上暴露」と

「それを道具として使った、テレビ・ラジオ・マスコミ等や野党等による追及」では、

「内閣支持率に大きな影響は無かった様」で、

「日本社会が、この手の政界工作等では簡単に動かない面では、相応にまともである事」が、

「判明した様相」だ』。

『「テレ朝昼番では、

ANN世論調査では内閣支持率がむしろ上がった事旨のニュースを伝えていた」。

「その後の、

事務所から現金を強盗に盗まれたフリ事件で、犯人の自作自演を嘆き、

昨今の防犯カメラ等による、

性善説が通用しない監視社会ぶり等」を

「常連出演者たちは、タダ嘆いていた」。

「性善説が通用しない社会では、

工作活動的手段で大臣を追い落としても、

工作活動の方も責められるから、困る・・・」等の

「雰囲気さえ感じられ」て、

「その気の抜けた、間抜け面等」には、

「本当に呆れるばかり・・・だった」。

「性善説が通用しない社会を嘆く前」に、

「どうしたら、性善説が通用する社会となるのか?」等を

「考え、論じる」のが

「公共の電波上なら、普通に在るべき状態」なのに!』

『「そもそも、

自分で自分を健康にコントロールする代わりに、

他の者・物・事を支配する事や、

他の者・物・事に自分を支配させる事等を

主として求めてしまっている状態の人々を量産している現状の人間社会では、

性善説など通用する訳が無い」。

「自分を健康にコントロールしていない本質的悪状態の者たちが、大量に居る状態」では、

「他の者・物・事支配/被支配の為」に、

「本質的に悪い事が実行されて場合」も

「多々あるのが当然だから」だ。

「経済や宗教や思想・信条等に現実逃避した平和ボケ上の性善説は在り得ても、

本当の性善説は成り立ち得ない状態」が

「其処に在る」。

「そんな状態下では、

平和ボケ上の性善説に現実逃避している人々の裏で、

数々の悪の策略が実行されているのが常」だ。

「戦後の日本社会では、正に、そんな状態が続いて来ていた」。

「平和ボケをキープさせたい情報・教育」が

「悪たちの策略の下の

言論・思想統制機関として

大きく存在していた」。

「ネットの普及により、個々による事実・現実・実態・実体情報等々の配信・閲覧が可能となった事により、

現実が露呈した」から、

「平和ボケ状態は崩され、

現在に至っている」。

「平和ボケ状態が取り除かれた、

ところに在った」のは、

「上記の様な、性善説が成り立つ訳の無い状態」だ。

「人類の存続の為に必需である現実化の流れ」が、

「必然的に、現実に在る実態や実体を露呈させ続けている」』。

『「どうすれば、性善説が成り立つ人間社会に出来るのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「全ての人類が、

他の者・物・事の支配/被支配を主している状態から抜け出し、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事を主とする状態なれば良いダケ」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事を主とし、

他の者・物・事の支配/被支配は遊び程度に抑える事が当たり前の人々ばかり・・・になれば、

性善説が当然になる」』。

『「自分で自分を健康にコントロールする」等と「記す」と、

「まるで、健康優良児等になれ!等と言われている様に勘違いする方々も居る」が、

「それは誤解」だ。

「主として、

自分の実体や自分の実体の本来の目的に叛か無い、

言動や認識・判断等が発現する状態である事が重要なダケ」だ。

「現状では、既に、科学レベルで、人類誰もの実体が細胞の塊である事が判っている」。

「誕生・死という基本現象も、細胞ごとであり、

細胞ごとの命の連続を辿れば、

人類はもちろん地球上の全ての生物と自分個体が繋がっている」。

「広義の自分とは、地球上の生物全部であり、狭義の自分は自分個体」だ。

「広義の自分の本来の目的は、存続に他ならない」。

「地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)は、

その存続の為に、

多種多様化&多種共存を主にする事で、

構築度を上げ、

存続して来ている」。

「生物的構築度アップの限界が見え隠れして来ると共に、

人類という、

地球外まで把握・認識・実用出来得る存在までも、

広義の自分の一部を進化させる事で生み出して来た」。

「その実態は、

地球が満員になった後も、

地球が無くなってしまう後も、

地球生命体細胞群(広義の自分)が存続したい事を示している」。

「永遠の命とは、地球生命体細胞群としての実現目的」だ。

「そんな広義の自分の実体やその実体の本来の目的」との

「整合性が取れる事」と

「整合性が取れない事」の

「どちらを主とするべきか?」は、

「もはや、論を待たない筈」だ。

「整合性が取れない方を主とすれば、

地球生命体細胞群の滅亡(もちろん、人類も含むから象徴的に人類滅亡と言っても良いだろう)となり、

整合性が取れる方を主とすれば、

地球生命体細胞群の永続(永遠の命の実現)となる事」は、

「少し考えれば、誰にでも解る事」だ』。

『「自分を自分で健康にコントロールする事」とは、

「基本的には、上記の大儀に沿って、自分をコントロールし続ける事」だ。

「上記の大儀との整合性を取る」なら、

「例えば、丸ごと一人の死生観は、現実離れしている分だけ不健康」だ。

「例えば、丸ごと一人の善悪観も、成功観等々も同様」だ。

「経済システムや社会システムも、整合性が悪い状態を維持していてはダメ」だ。

「死生観で言うなら、人の意識は丸ごと一人で考え・思いたがるが、人の実態は細胞ごとの誕生・死であり、誕生・死とは細胞レベルで起こっている現実」だ。

「生きている人は、誰もが、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している」。

「死も誕生も、痛くも痒くも無い筈」だ。

「しかし、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続しているとは、不安定状態そのもの」で、

「周囲の物理面、生体面も、時間経過により変化する」から、

「生きている人は、常に、周囲との間で上記の大儀に基づいた整合性を取り続ける必要が有る」。

「不安や、自己承認欲求や、自己確認欲求等が生じるのは、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生体の必然」だ。

「細胞変化には、良い・悪いが在る」。

「広義の自分や狭義の自分の存続」との

「整合性が高い変化は良いであり、

整合性が低い変化は悪い」だ。

「善・悪もまた、この良い・悪いが基本となっている」から、

「良い・悪いや、善・悪等は、他の多細胞生物にとっても、共通語」だ。

「整合性が高い変化状態が維持されれば、健康となり、存続し続け易い状態となる」し、

「整合性が低い変化状態が続くと、不健康となり、存続し続け難い状態となる」のは、

「広義の自分も、狭義の自分も、他人等の他の狭義の自分も、同じ」だ。

「広義の自分の存続という本来の目的との整合性が高い健康な状態を保つ事」が、

「それぞれの狭義の自分に求められている本質的な仕事」だ。

「今の人類で言う」なら、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して来ているが故に急速に進化・発展させる事も出来ている物質文明側と同様に、

精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で、

精神文化側を物質文明側以上に急速に進化させる事に貢献する事」こそが

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」になる。

「この本質的に求められている自己制御を疎か」に、

「他の者・物・事の支配/被支配という代償欲求の世界に現実逃避し続ける事」の「実体」は、

「人類滅亡方向に力を加えている事」だ。

「どんなに金や異性や権力等を自らの下に集めても、そんな人生は大失敗の人生に他ならない」。

「将来的には、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるダケ」だ。

「大量消費自慰生活等で、広義の自分の実体の存続を危うくする事」も、

「感心出来ない」。

「今時の人類としての健常な思想信条や思考状態等を得る為には、

ある程度以上の文化的な生活等は必要だが、

多くの他人を羨ましがらせる程の大量消費自慰生活等は、

明らかな悪事」だ。

「有名人等の過剰で過分な大量消費自慰生活等を、

憧れの対象としている人々が溢れている状態の先に在るのは、

人類滅亡」だ。

「大量消費自慰生活等は憧れの対象や人生の成功等では無く、

広義の自分の実体に叛く罪であり、

本来なら、罰が与えられて然るべき事」だ。

「余りある血統相続等も同様」だ。

「現状の人間社会」では、

「大量消費自慰生活や余りある血統相続等に現実逃避出来なくなれば、

少しは、現実的な判断等が出来る様になるであろう方々も少なからず居る」が、

「そんな立場に居る多くの人々が、本質的には、悪い現状を維持~拡大しようとし、

そんな悪事に多くの人々が憧れてお墨付き等を与えている状態」では、

「人類の未来が、滅亡となるのは、必然」だから、

「是正は、急務」だ』。

『「人類は、性善説が通用する世界を実現するポテンシャルを持っている」。

「その為にも、先ずは、情報・教育等を健常化する事」だ。

「ロクな仕事が出来ていないクセに、過分な立場・報酬・権力等を保持している者たち」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたく無いのなら、

早急に、その実態・実体を是正するべき」だ。

「テレビ・ラジオ界の健常化は急務」だ』。

|

甘利前大臣を{嵌めた}直接の実行者は判明しているらしいが・・・。

『「一部雑誌等によると、企業等に付き添い、議員等の会合事に録音等する」のは、「その男性の常套手段で、以前にも、甘利前大臣との会合事と似た様な実態が在った」のだそうだ。

「ある意味では、政界では、マークされていて当然の者」だろうから、

「その様な者が直接目の前に居た」のに、

「不適切な対応をしてしまった甘利前大臣側の危機管理能力」は、

「国会議員、まして、大臣なら、

大いに責められて当然」だろう。

「中には、録音等の直接の実行者が判明~公開された事で、

解決感を抱いたり、

安心等している人々も居るかも知れない」が、

「直接の実行者が、

判明~公開等されていても、

その背後関係が明らかにされるまでは、

この問題が終わりでは無い事」を、

「絶対に忘れてはいけない」。

「裏が解明されない限り、

表の顔を変えるダケで、

同様の新たな事態が簡単に起せてしまう」からだ』。

『「果たして、

短絡的なお金や利権等追及目的の個人レベルの行動か?」

「それとも、裏に、

例えば、

反日国人脈等や

政界権力争い人脈等や

日本乗っ取り支配人脈等々が付いている

組織的な行動か?」

「その差は、極めて甚大」だ』。

『「誰が原稿を書いたのか?筆者は知らない」が、

「安倍総理のチョウセンする」の「裏意味」が、

「朝鮮化する=日本の実権支配構造を朝鮮系の者で染め上げる」なら、

「裏に、乗っ取り支配人脈等が付いている可能性が高くなる」。

「実際に、新大臣は、小泉氏や河野氏と共に、朝鮮系とも言われている石原氏」だ。

「朝鮮系の者たちには、

未だに、

血は事実・現実や思想信条等より濃い等と

{信じている者たち}が少なからず居る」。

「小泉元総理や河野氏等や、

表はどうあれ、朝鮮系の者たちが、少なくとも裏では、実権を握っている様相の野党等や、

朝鮮系の官僚等や、

韓(北朝も含む)流テレビ・ラジオ・マスコミ等々」が、

「実際は、日本を不利にする、

(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続け居てる中極東地域日本のみ・・・ここまでの重要要素は、意図的に省略されている場合が多い)脱原発や、

太陽光発電等、不安定高価発電の悪戯な推奨や、

中・韓等を有利にする円高・格差社会化等容認や、

反日国との不用心的無条件的友好等々を、

訴えられている」のも、

「血は事実・現実や思想信条等より濃いから」だろう。

「そんな、実質カルト宗教的民族主義者等たちの悪策略等から多くの日本国民を守る為」にも、

「日本国内の

政界工作や

警察工作や

企業工作や

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

情報・教育工作や

医療工作や

日本人の少子高齢化&朝鮮系の子沢山等の手段による日本国内朝鮮系者人口割合増大工作等々の

工作活動等の徹底摘発が必需」だ』。

『「今回の要職国会議員やその秘書との会合で、

合意無き録音・録画等の問題」でも、

「果たして、実体・実態は?」

「日本のマスコミ等や警察等や政府等なら、徹底的に裏を明らかにするべき」だ』。

|

テレ朝朝番でも、未だに「ベッキー問題」で騒いでいたが・・・。

『「ベッキーそのものを良く知っている人など稀」だ。「視聴者等が好んだりしている」のは「ベッキーそのものでは無い」。「主として、ベッキーやその取り巻き等がつくり出して提供して来たイメージ等」だろう。

「芸能人は芸を見る。私生活は関係無い。」が「芸能界をマシにする方向に力を加える大衆目線」だ。

「ところが、芸は無くても、自分たちに都合が良い者だから売りたい者等」を、

「実質的に、押し売りしている状態の現状の芸能界」では、

「私生活売り、問題行動売り、等々が蔓延れている」。

「大衆目線の未熟さがその様な醜態を容認していて、

大衆目線が成熟するなら、

現状の様な押し売り等は出来得なくなる」から、

「悪どもは、大衆低俗化情報配信に熱心」だ。

「今回の不倫騒動もその一つ」だ』。

『「私生活売り、騒動売りの悪態を露呈させる為」に、

「今回ベッキー騒動の実態・実体を普通に考える」なら、

「大元は、不倫では無く、本気を臭わせ、ベッキーと共になったゲス極男性側の行動」だ。

「本当に本気なら、離婚成立待ちというダケの話し」で、

「不倫で責めるのもどうか?と思う」。

「本気では無かったのなら、大いに責められるべきは、ベッキーでは無く、該当ゲス極男性」だ。

「ベッキーの方が知名度があるから、

もしくは、低俗化した大衆の内在的反欧米感情等(ベッキーは日本産まれ日本国籍だが、父親がイギリス人だそうで、ルックスは欧米的に見える)を煽る事等に都合が良いから、

・・・等々と、

ベッキーをやり玉に挙げている様相」は、

「明らかに酷い」。

「更に、本来なら問題とすべき事は、ライン個人情報実質盗み~大衆公開」だ。

「ところが、この実質盗み~公開自体を公然化する情報配信内容が溢れている」。

「ゲス極男性の妻からのリーク情報で、反不倫&元のさや収めへの協力という善意を気取って」も、

「大衆相手の個人情報公開は、明らかに過剰」だ。

「大衆利益や国益・国民益等を守る為等の大衆への公開の必然性があるのなら、

未だしも、

芸能人同士の私生活問題に大衆を巻き込む事で、

販売量を上げ、

儲けを増やそうとしている様相」は、

「明らかに醜悪」だ。

「文春の目的も、大衆低俗化か?!」

「何れにしても、

ベッキー騒動等、ゲイノウ人私生活売り、騒動売り等で、金集め等を行っていたり、

{押し売り}ゲイノウ人状態を維持~拡大出来る状態維持の為に、

大衆低俗化情報を{押し売り}し続けている連中」は、

「本当に醜悪」だ。

「そんな者たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等を正常化・健常化する為」にも、

「人類誰もが、先ず、自らの精神文化を科学レベル以上に進化させる事」は、

「非常に重要」だ。

「卵が先か?鶏が先か?の問題同様、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の正常化・健常化が先でも、

もちろん良い」ばかりか、

「該当人数が少ない分だけ、本気で行うならその方が早い」。

「もちろん、個人個人が自らの精神文化を正常進化させ続ける事は、非常に重要」だ。

「相乗効果で、一気に、人類全体の精神文化レベルを科学レベル以上に上げる事」が、

「今の全人類に求められている」』。

『「テレビ界の是正」も「急務」だ』。

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »