« テレ朝昼番では、「北朝鮮とは話し合いを!北朝鮮は日本に期待しているゾ!の旨」論まで日本の公共の電波上で一方的かつ大々的に流していたが・・・。 | トップページ | SAPIOの実体が良く判る「朝鮮人日本兵遺骨問題の宣伝」・・・。 »

スパイ・工作活動政党としての本領発揮か(?)甘利前大臣秘書の会話録音テープで攻める民主党・・・。

『「与党より日本国・日本国民の為になる政策」で「攻められない、スパイ・工作活動との縁が深いかも知れない野党政党等」が「言葉の揚げ足取りや漢字が読めない等の、大臣等の上辺の資質」や「録音・録画付きの工作仕掛けの結果や、ハニー・トラップ等々」で「与党を攻める」のは,

「ある意味では、当然の話し」なのかも知れない。

「その様な工作野党等を、公共の電波を使っている公正なテレビ・ラジオ等なら応援する訳も無い」。

「もし、応援しているテレビ・ラジオ等」が「在る」なら、

「公共の電波の不正・不当使用状態」であると「共」に

「工作野党と人脈が同じだから、応援」なのだろう。

「そんな醜悪な実態」が、

「日本に在って良い訳など無い」と思うが』。

『「甘利大臣秘書問題」は「検察に任せば良い」。

「日本の野党なら、与党より日本国・日本国民の為になる政策等で与党を攻めるべき」だ。

「国会議員としての本道は、其処に在る」。

「本道の仕事を満足に行わず、工作活動やイメージ戦略等により与党を悪戯に汚す事で、政権交代や議席増加等を狙っている様相」は、

「本当に醜悪」だ。

「有権者の多く」は

「そんな野党を応援している様相のテレビ・ラジオ・マスコミ等々の者たち」にも、

「そんな野党」にも、

「本当に呆れている筈」だ』。

|

« テレ朝昼番では、「北朝鮮とは話し合いを!北朝鮮は日本に期待しているゾ!の旨」論まで日本の公共の電波上で一方的かつ大々的に流していたが・・・。 | トップページ | SAPIOの実体が良く判る「朝鮮人日本兵遺骨問題の宣伝」・・・。 »

政治」カテゴリの記事