« テレ朝朝番、「働かない蟻論」や「自給自足論」等の愚劣ぶり・・・。 | トップページ | 「ブラック企業撲滅の為には階層を認めよ!」の旨のおバカ、もしくは、悪論が風潮されているが・・・。 »

「言葉狩りで自民ダメ!」を宣伝しても、自民より日本国・日本国民の為になる政策や法律等を提案出来ない野党が良いという事には成り得ない・・・。

『「タイトルは、今時なら、誰でも知っている、当たり前の事」だ。「それなのに、未だに、野党のお仲間人脈が牛耳っている様相のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、「言葉狩りで、自民ダメ~!」の「大宣伝状態」だ。

「その様な、日本国・日本国民の為にならない、政治的偏向状態等」を

「長期に渡って継続的に続けて来ているテレビ・ラジオ等に対し、

放置・容認等しているダケ」では、

「例えば、反日国人脈による情報工作等がやりたい放題状態となる」。

「公共の電波使用のテレビ・ラジオ等には、公共の電波使用に相応しい内実が求められて当然」だ。

「公共的マスコミも、それに準じる状態下に置かれるべき」だろう。

「ポイントは簡単明瞭」で

「言論の自由は良い」が、

「大衆誘導」や「偏向・偏重」は「ダメ」という

「当たり前の基準を厳格に求めれば良いダケ」だ』。

『「普通では無い様相のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の情報や、学校教育等」による、

「民主・維新等、

北朝鮮(韓国も含む)や中国共産党等と近しかった旧社会党の実質的本流が流れ込んでいる

(上辺では、如何にも本流の、少数派、社民の内実は、多くの旧社会党本流議員等の流れを隠す為の大衆相手の見せ球等と、強く推定出来る)

政党等」の

「偏向・偏重状態の裏」に「在る」のは、

「血統・民族お仲間人脈や、中国共産党や北朝鮮(韓国も含む)等実質的反日国からの裏支援等」だろう。

「日本国・日本国民の為になる政策や法律等より、

血統・民族お仲間利権等を優先させる為に必要」なのが、

「偏向・偏重情報・教育等による大衆誘導という事」なのだろう』。

『「憲法を守れ!法律を守れ!と訴える裏」では、

「現行法&現行の摘発体制で摘発出来ない事は、何でも行える状態の維持等」を、

「企んでいる可能性大」だ。

「そもそも、国家・国民の安全」とは、

「例えば、日本国なら、日本国の法律など無視する様な反日国人脈の者たちによって、脅かされる事」だ』。

『「反日国人脈の者たちが、大量に日本国内に居る(戦後の日本は、その様な状態)」と、

「日本国内に居る反日国人脈の者たち」は、

「主として、日本の現行法&現行の摘発体制で摘発され辛い方法を使う事」で、

「有益分子の育成&不適応分子の粛清」や、

「日本の乗っ取り支配工作等を行って来ていたり・・・する」。

「戦後の日本社会から、その様な臭い等さえも全く感じない等という人々」は、

「本当に、鈍感な人々」だろう。

「今の日本に必要な事は、そんな不健常な状態を一刻も早く、健常化する事」だ』。

『「その為には、スパイ・工作活動等の徹底摘発&全容大衆周知等が極めて有効」だ。

「有効な法と摘発体制の整備は、国会議員の急務」だ。

「野党がその様な日本国・日本国民の為になる法整備や政策等の仕事をやりたがっている」のに、

「与党が、行おうとしない」のなら、

「野党が与党を非難出来る正当な材料になる」。

「より実行の薄い安保関連の法案を代案として提出し、中国共産党や北朝鮮等を利そうとしている様」では、

「何処の国や国民の為の国会議員なのか、大いに疑問」だ』。

『「現行法&現行の摘発体制では微罪、或いは、罪に問う事等が困難・・・等でも、

日本国・日本国民に対して実質的に被害を及ぼしている数々のスパイ・工作活動等を、

広く、日本国民全体に大衆周知させる事で、

実行不可能状態に追い込んだり、

抑制させたりする重大な役割」を

「戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等は、保持して来ている」。

「日本国・日本国民の為のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等」なら、

「既に、その様な重大な仕事を行なって来ている筈」だ。

「反日国人脈の手先機関」なら

「反日国人脈が有利になる情報・教育で、多くの日本国民を大衆誘導し続けようとする」のが、

「当然になる」だろう。

「戦後日本の情報・教育は、上記のどちらになっているのか?」

「・・・もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「電波停止命令という如何にも強権的な手法を用いる事が必要になる時」とは、

「異常緊急事態時等」で、

「例えば、反日国勢力が、

日本国内にいる実質的工作員たちに、

一斉に大量に一般日本国民を粛清する工作活動等を行わせる{指令}を出したり、

反日国人脈の者たちの多くが工作被害を受けない様に{導く}情報・配信等」の

「事態」が

「考えられる」。

「その様な場合なら、工作活動を成功させない為にも、電波停止命令を下し、即座に実行させる事が必要になる」。

「実際に、日本国内では、携帯電話の位置情報を悪用した、ターゲット粛清目的の電磁波工作機器が、至る所に取り付けられつつある」。

「例えば、一斉工作命令が出されると共に、都市部の駅や繁華街等で、一斉に、有毒ガス等が発生させられると共に、

ターゲット化された人々を、電磁波工作で、動けなくする」。

「強い電磁波工作で、ターゲットの頭や心臓や足腰の筋肉や神経等を強張らせ、歩行・移動等を困難にする事は、実際に可能」で、

「その様な仕掛けが既に仕掛けられている場所も在る」。

「お仲間人脈の者たちを区別する印やガスマスク等配布場所等が

テレビ・ラジオ情報等で暗示等され、

お仲間は優先的にガスマスク等を得る事が出来る様にする」。

「かなりの高確率で、

日本国内の血統・民族構成割合を急激に変化させる事を可能にする

大規模なテロ・工作活動等が、

着々と仕込まれている様相さえある」』。

『「マスコミ等の仕事をしていて、上記の様な実態を把握出来ていないのなら、能力不足」だ。

「把握出来てていて、対処しない」のなら、

「悪か、反日国人脈のお仲間」だろう。

「反日国人脈の者たち等」に「日本の公共の電波を使わせ続ける必要は全く無い」』。

|

« テレ朝朝番、「働かない蟻論」や「自給自足論」等の愚劣ぶり・・・。 | トップページ | 「ブラック企業撲滅の為には階層を認めよ!」の旨のおバカ、もしくは、悪論が風潮されているが・・・。 »

政治」カテゴリの記事