« テレ朝朝番では、「子どものしつけ」で高嶋と尾木の有名人利権を増大させていたが・・・。 | トップページ | SPA!では、統一教会結婚の大宣伝をしているが・・・。 »

「侵略者排除法」を記したら、上方向からの電磁波が一気に強化されたが・・・。

『「移民・難民受け入れ時には、移民・難民受け入れ関連法と共に、絶対に設定するべき法が、侵略者排除法」だ。

「移民・難民受け入れ国と、移民・難民の母国・祖国等とが対立関係になった時、

移民・難民として受け入れてくれた国の方に付かない者たち」を

「移民・難民として受け入れる必要は全く無い」。

「そんな者たちの受け入れは、侵略者を受け入れる事で、本来の国民に危険と不利益を与える事と同じになる」。

「侵略者排除法は、受入国側の正当な権利」だ』。

『「侵略者排除法の内容」としては、

「移民・難民が侵略工作や重大な犯罪行為等を行った場合」は、

「移民・難民が、帰化等していた場合は、国籍剥奪の上、

母国・祖国籍の場合は、そのまま、

全財産没収&祖国・母国に強制送還」等

「極めて厳しい内容も含む様にすれば良い」』。

『「ところが、本来なら在るべき、

この受入国側の正当な権利をちゃんと設定しないまま、

移民・難民を受け入れてしまっている状態なのが、

戦後の日本国」だ。

「結果として、

侵略や日本乗っ取り支配目的の、

移民・難民や移民・難民~帰化した者たちによる、

スパイ・工作活動等天国状態になってしまっている」。

「北朝鮮による拉致」や

「日本国・日本国民として異常な情報・教育等」は、

「その氷山の一角に過ぎ無い」。

「日本全国から少なくとも何十人もの人々を拉致出来た裏に在る」のは、

「日本国内の多数の協力者」だ。

「一端でも、北朝鮮の手下となった、拉致工作協力者たち」が、

「その後、北朝鮮の言う事を無視出来る訳も無い」。

「未だに、日本国内で、侵略や日本乗っ取り支配目的の工作活動を行い続けている」のが、

「実態」と「強く推定出来る」。

「巷に溢れている、

一般日本国民に不当なダメージを与え続けて居る、

電磁波工作や

飲食物工作や

微粒物質工作や

情報・教育工作や政財界工作等々の裏に在る」のも、

「その人脈である可能性が極めて高い」。

「そして、同じ朝鮮系で同調している一部の韓国系の者たちや、

連絡・工作員養成組織化している新興宗教団体の信者たちの一部や、

被差別等の鍵で、ひっかけられ、騙し、操られてしまっている、極一部の日本国民たちや、

反日で同調している中国共産党系等の者たちの一部」が、

「同調して、行っている」のだろう。

「戦後、突然、日韓併合状態が解消された時」の、

「帰不能朝鮮半島難民や日韓併合当時からの移民、

朝鮮戦争時の移民・難民、

そして、それらの人々の帰化」に「対して」、

「移民・難民・帰化等に関する法整備は成されている」が、

「不当移民・難民を排除する事で日本国・日本国民の安全等を担保する為の法整備は、

実質的に全く成されていない状態」だ。

「こんな異常事態は、一刻も早く解消するべき」だ。

「過去に遡って適用される不当移民・難民排除法を設定する事」で

「日本国内で日本国民にダメージを与え続けて居る工作活動等はかなり抑制出来る筈」だ。

「また、過去に遡る不当移民・難民排除法の設定」は、

「韓国や北朝鮮との交渉道具としても非常に有効になる筈」だ。

「韓国に対しては、

反日政策や教育を止め、

竹島の不当占拠も止め、歴史上の事実・現実に基づいた国境線にし、

日韓併合時の日本側が朝鮮半島近代化等に貢献し、朝鮮半島内の状態が一気に向上し、朝鮮人の人口も飛躍的に増えた等の正の現実もちゃんと教える事や、

戦後の日韓問題は日韓基本条約で全て完全終結等の

日本からの正当な要求を実現させる為」に、

「北朝鮮に対しても、

日本国内で行い続けて居る工作活動を止め、

拉致被害者全員を日本に帰国させる為」に、

「日本側の正当な要求を受け入れないのなら」、

「不当移民・難民排除法で、

工作員たちは(帰化しているなら、日本国籍を剥奪し)祖国・母国に全員強制送還する」とでも、

「やれば良い」のだ』。

『「日本国・日本国民の為の政権」の「本気」が「問われている」』。

|

« テレ朝朝番では、「子どものしつけ」で高嶋と尾木の有名人利権を増大させていたが・・・。 | トップページ | SPA!では、統一教会結婚の大宣伝をしているが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事