« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

テレ朝夕番では、中学生少女誘拐監禁事件で「忘れられる権利」を訴えていたが・・・。

『「優等生ぶって、悪戯な正義論を言っていても、何の役にも立たない事」を「また、また、体現してしまった実例の一つ」だ。

「いくら世間に忘れさせても、当事者になれば、記憶は蘇る」。

「当たり前の話し」だ。

「この手の事件被害者救済に必要な事」は「忘れられる権利では断じて無い」。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大の正当評価」だ。

「正当評価上で、実質的に、無過失ならば、無過失として、無傷に認める世間こそが求められている」。

「そして、原寸大の正当評価を行う上で忘れてはいけない事」は、

「実質的には、直接的にせよ、間接的にせよ、現状人間社会の誰もが係わっている、犯罪者を生み出している状態の責任と反省」だ。

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って、

判断したり、

情報発信や教育等を行ったり、

行動したり、

・・・等々せず」に、

「本質や現実との整合性が悪い現状の利権上で狭義の自分ダケを慰めている状態の人々の実体」は、

「犯罪者を生み出す一つの源泉でもある」。

「誰もが、自分の本質的な悪態等を原寸大・ありのままに認めた上」で、

「加害者側も、

被害者側も、

その事件の実体・実態に基づいて、

原寸大に認められる状態を構築する事が重要」だ。

「人は、誰でも、事実・現実と共に在る状態に狭義の自分を置く事で、初めて落ち着ける」。

「全ての人々が、

狭義の自分も、被害者も、加害者も、

実体や本質通り、事実・現実と共にある状態で認める事でのみ、

みんな落ち着き、

再犯や同様の新たな事件・事故等が抑制出来る状態になる」』。

『「忘れられる権利」とは、

「世間の価値判断をそのままに、つまり、正常進化させず、特定の事態ダケを忘れさせる、実質的、進化阻害の悪事に他ならない」。

「更に、忘れられる権利上で、被害者が強調されていない場合」は、

「実質的には、加害者側まで、忘れられる権利を持っているかの如く、勘違いさせる情報配信」になっている。

「とんでも無い事」だ』。

『例えば、

「終戦処理で、火事場泥棒的暴利等を貪った連中」が、

「忘れられる権利の対象になるのか???」

「その暴利の下で産まれた、二世、三世に対しては、どの様な忘れられる権利の適用が適切なのか?」

「・・・等々」は、

「戦後日本社会の中で生きている日本国民なら、誰もが真剣に考えるべき事」だ。

「この様な戦後日本社会の根幹に係わっている重大事項」さえも、

「忘れられる権利」で、

「無い事にする方向に力を加えている」のが、

「悪戯な、忘れられる権利風潮論」の「実体」だ』。

『「そんな論を言う者等」を「常連出演させていたり、大学教授等の立場を与えたりしている戦後の日本社会」は、

「明らかに異常」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の是正も急務」だが、

「戦後日本社会の是正も急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、女子中学生誘拐監禁容疑者のヘリVIP送致&心理分析等の情報を配信していたが・・・。

『「容疑者の心理分析」で「他人の感情等を認めていない等とか、他者支配等を言う事」は、「今時なら、それこそ、誰でも出来る」。

「心理分析上で、問題とされるべき」は、

「それなりの高学歴を保持していた容疑者」が、

「何故、その様な精神構造を育成してしまったか?」だ。

「容疑者の今後や、同様の新たな事件・事故等の再発防止の為にも、重要なポイントは其処に在る」』。

『「自殺未遂の状態で、実質的には、保護された容疑者」の「目的」は、

「計画的減刑狙い」だろう。

「冷徹に感情を押し殺し続け来ている様相である上」に

「誘拐~監禁の計画性や、実現実体からしても、それなりに計算高い事が強く推定される容疑者」が、

「急に計算高く無くなる可能性は、ほぼゼロ」だろう。

「遺書とも取れるレシート裏の文章」について「被害者への謝罪が無い!」と

「正義ぶっている常連出演者等も居た」が、

「計算高い容疑者等」なら、

「被害者への謝罪」は「一枚のカードに過ぎ無い」から、

「カードを使う一番効果的なタイミング」を「見極めているダケ」だろう。

「現時点では、責任を感じて、突発的に自殺未遂&容疑者の親への謝罪」が

「出し時」等と「判断しているダケ」だろう。

「容疑者の頭の中」では、

「既に、

取り調べ時の減刑策や、

裁判や、

服役中や、

釈放後のシュミレーションが行われている」だろう』。

『「常連出演者等によれば、大変頭の良い容疑者」だが、

「それ程頭が良く無かったから、犯罪行為を行ったのが実態」だ。

「高学歴=頭が良い」とは「幻想に過ぎ無い」。

「はっきり言えば、人間の頭は、誰でも大差無い」。

「高学歴者たち」とは、

「学歴を得る為に、望まれている事を覚え、多少の加工をして、望まれている解答を出す事が出来る状態に在る者たち」だ。

「覚えている事が学歴を得る為と違えば、高学歴には成れない・成らないのも当然になるダケ」だ。

「現状の高学歴上では、自分の実体把握とか、自分の実体の本来の目的との整合性とかは、求められていない」。

「自分や他の者・物・事の上辺に拘り、上辺の支配/被支配をより効率良く行う事等が、求められている」。

「高学歴という上辺をより効率良く使う方法の一つ」が、

「高学歴=頭が良い論等の公然化」だ。

「高学歴自体を既得権益化すれば、高学歴であるダケで、通せてしまう者・物・事も増える」が、

「そんな事態を容認している現状の人間社会の荒れ様を見れば、誰もが、そのインチキ等に気付く筈」だ。

「何事でも、

実体や事実・現実から整合性を取って、

判断等しなければ、

インチキ等に容易に支配されてしまうから、ご用心!」

「元になるのは、実体把握」だ。

「自分の実体を深く探求すれば、他の者・物・事の実体把握等も、相応に容易になる」』。

『「人間としての感情を押し殺させられて育成された人間」は、

「自分の感情はもちろん、他人の感情も分からない」。

「冷徹に、結果ダケを追及するロボット兵の様な状態に仕立てる事も出来てしまう」。

「工作員の育成上等で、感情を殺す事や、他人を支配・コントロールする事」等は、

「必要になる事」だ。

「工作員的臭いまで在る場合も有る、テレビ常連出演者等マスコミ頻出者の多く」が、

「冷静・冷徹な優等生を演じ続けられている裏」にも、

「同様の成育状態がある」のだろう。

「工作員として育成された者では無くても、同様の事態は生じている」。

「例えば、親の代償欲求を追及する為の道具として育成される子どもの場合」は、

「親の代償欲求の追及の為のロボット兵の如く仕立てられ易い」。

「トランプ氏の様に、自由奔放な感情表現さえも使う者たちに対して、短絡的で異常な拒否感を示す裏」には、

「自分が保持出来ていない資質に対する羨みやヘイト(する事で自分を上にする)等が在る」のだろう。

「ちゃんとした能力の有る、心理学者や脳科学者や大学教授等」なら、

「自分自身の精神構造状態」や、

「容疑者の原家庭や学校等成育環境の精神構造は?」等が

「気にならない訳も無い」』。

『「此処では、容疑者の原家庭という個人レベルの問題は、論じない」。

「何故なら、個人レベルの精神構造を生み出す源泉として、集団・社会レベルの情報・教育の影響がかなり大きいから」だ。

「容疑者の原家庭の精神構造も、恐らくは、戦後日本社会の情報・教育等の産物の一つ」だろう。

「戦後日本の情報・教育」は、

「圧倒的に、

自分の実体把握や、

自分で自分を健康にコントロールする為のモノが不足し、

自分以外の上辺を理解・把握する事や、

他の者・物・事の支配/被支配に傾いている」。

「それは、誰かの支配の下で働く企業戦士ロボット等を育成する為には、非常に好都合な情報・教育」だ。

「そして、同時に、日本乗っ取り支配工作にも、その為の工作員等の育成にも、有益になる情報・教育」でもある。

「今回の容疑者も、

容疑者の原家庭も、

その他の常連出演者等も含む人々も、

もちろん、事件の被害者も、

そんな情報・教育の被害者の面もある」。

「この情報・教育の異常な傾きを直さない限り、同様の新たな事件・事故等は起こり続ける事になる」。

「ちゃんとした能力のある、心理学者や脳科学者や大学教授等なら、分かっていて当然の事だが」』。

『「ところが、ちゃんとした能力が???の、心理学者や脳科学者や大学教授等」は、

「~戦後日本の情報・教育の犠牲者状態から抜け出せていない様相」なのだ。

「結果として、実効のある再発防止策等は言えず、

●●はダメ論や、何とかするべき論等を

優等生的に、正義ぶって言うダケ」で

「お茶を濁すしか無い様な、みっともな状態を、公共の電波上で露呈し続けて来ている」。

「そして、そんな常連出演者たちの言動を見聞きしている多くの視聴者の中」では、

「旧来の自虐的な精神構造が保持~育成されて行くダケになっている」。

「同様の新たな事件・事故等が起き続ける負のスパイラル」は、

「物質文明の急速な進化と共に、より深刻になり続けて居るのに!」』

『「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為に必要な事」は、

「精神文化側でも、物質文明側同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した製品を

意識的かつ積極的に生み出し、

多くの人々が実用する事」だ。

「考え・思いレベルでは無く、科学レベルの精神文化製品の実用」により、

「多くの人々の精神文化も、

まるで、産業革命前の人間社会が保有出来ていた物質文明状態から、

産業革命後の人間社会が保有出来ていた物質文明状態の様に、

進化する事になる」』。

『「精神文化側の製品」とは「テレビ・ラジオ等の情報」であり、

「映画・アニメ・ゲーム・音楽等」であり、

「学校教育」であり、

「マスコミ情報」であり、

「政治」であり、

「経済評価」であり、

「経済システム」等々だ。

「生まれる結果」は、

「代償欲求過剰追及状態からの解放」と

「本来欲求の充足」による

「人間界の健常化」であり、

「世界平和」であり、

「環境問題の解決」だ』。

『「精神文化の正常進化を誘う面」からは、

「心理学者なのに、

代償欲求過剰追及の問題や、

本来欲求充足の大切さ等を言わないで、

其処ら辺のおじさん・おばさんと同様の事ダケ言っている」のでは、

「心理学者として、公共の電波上で情報配信する意味が???」だ。

「脳科学者なら、テレビ常連出演者として、おじさん・おばさんレベルの事を言っている暇があるなら、

代償欲求過剰追及時の脳状態と、

本来欲求充足時の脳状態でも検証し、

その結果を持って出て来るべき」だ。

「大学教授なら、テレビ常連出演などする前に、現状の大学教育内容の問題を改善するべき」だ。

「特に、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用割合が異常な程に低過ぎている現状の文系学部の教育内容等」は、

「早急に、真剣に、改善するべき」だ。

「改善後に、その成果等を持って、報告でもするのなら、テレビ出演の意味もある」』。

『「現状のまま・・・」では、

「常連出演者たちとは、

近未来に、同様の新たな事態を抑止する意味からも、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在になる」。

「是正はお早目に!」』

『「今回の容疑者は、それ程頭が良く無かった」から、

「犯罪行為を犯し」、

「捕まった」。

「しかし、捕まる時に、他の者・物・事を大量に道連れにした現状脱出欲動の暴発等を起す程、頭が悪くは無かった」。

「普通の頭の、現状日本社会にも少なからずいる高学歴優等生」の、

「自己制御不良状態が引き起こした事件」だ。

「テレビ情報として、言うべき」は、

「捕まる捕まらないを問わず、

自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った時犯罪等となる様な事態を起こす者」は

「頭が悪い」であり、

「その様な行為に手を染めていない者たちは、その分、その様な事態を起こす者より頭が良い」等だ。

「頭が良い犯罪者」とは、

「日本の乗っ取り支配工作等を行っている者たちへの応援情報」等には、

「なるかも知れない」が、

「多くの視聴者にとって、良い情報では無い」』。

・・・・・・・。

『「VIP待遇ヘリ送致の裏」には

「容疑者の体調問題が有った」と言う。

「飛行機好きの中」には、

「他人を見下せる気分に浸れるから、飛行機好きという者たちも居る」。

「今回の容疑者の場合も、他の人を散々見下している様相」だ。

「そんな状態の者をヘリに乗せたとは、太陽策」で、

「太陽策で、出来る限り、多くの本音を聞き出したい警察側の思惑が見え隠れしている」が、

「容疑者側の目的は、既に、減刑等と、強く推定出来る」から、

「取り調べには、素直に応じ、スムーズに裁判に移行する事になる」だろう。

「そして、容疑者が想定していた刑期内なら、

判決~服役も早く、

恐らくは、服役時も模範囚としてふるまう事で、

出来るだけ短期間で刑務所を出るつもり・・・」だろう。

「今回の容疑者の場合」は、

「高額な費用までかけて、ヘリに乗せる太陽策まで、やる必要は無かったと思う」が

「ストーカー的マスコミ等の存在を考える」と

「警察側がヘリを使いたくなるのも解る」・・・』。

『「何れにしても、早々」に、

「巷に溢れる精神文化側の製品を科学レベル以上ばかり・・・状態にしなければ、

同様の新たな事件・事故等も含む、

数多くの事件・事故等やテロ・戦争等が

勃発してしまう可能性は決して低く無いまま・・・」だ。

「この意味からも、テレビ・ラジオ界の健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、乙武不出馬で蓮舫等民進党等候補安泰と思ってか、不倫問題でのマスコミ鉾を収めようとしていたが・・・。

『「乙武氏不倫騒動」は、元々、「乙武氏が自民党から立候補する」と、「元民主現民進党等の候補が危なくなる可能性大だった」から、「不倫をダシにした、与党候補者落とし」として、「続けられて来ていた様相」だった。

「元々、政治的色合いが濃かった」のが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による、乙武氏不倫問題大騒ぎ」だ。

「乙武氏が不出馬意向を示した途端」、

「早くも、テレ朝では、不倫騒動の鉾を収めるべく動き始めていた」。

「何故か?」』

『「政治家では無い乙武氏は、芸能人としての色が濃い」。

「芸能界と極めて近いテレビ等」が、

「不倫大騒ぎの鉾を収める事」で、

「今後は、乙武氏を芸能人として、有益分子化した上で、有効利用しよう・・・等」と、

「企んでいる臭い」が、

「漂って来る」』。

『「元々は、テレビ・ラジオ・マスコミ等が自ら行っていた不倫騒ぎを早期収拾させた{功績}」と、

「その延長線上にある乙武氏の芸能界早期復帰の{功績}」を「元」に、

「乙武氏を、

テレ朝等や民進党等に都合良く、

有益分子化し、

有効利用したい思惑の臭い」が、

「漂って来る」』。

『「散々、政治目的で大騒ぎしていた様相だった」のに、

「不出馬意向表明の後は、早々に、

不倫は個人の問題等と、自ら積極的に燃やしていた問題の火消しに走る、

厚顔無恥な節操の無さ」は、

「どんなに優等生的な表現で火消しを行っていても、醜悪に感じる」のが、

「普通」だろう』。

『「乙武氏不倫騒動からも、判る筈」だ。

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「言葉狩り」や、

「金銭問題」や、

「不倫」等の、

「多くの場合、国政政策等とはかけ離れた個人レベルの問題」で、

「大衆を操り、特定政党・候補者等を不利に追い込む裏で、

特定政党・候補者等を有利にする、

実質的、大衆誘導が行われ続けて来ている」』。

『「公共の電波を使って、ナチス・ヒトラーの手法の現代版の様な大衆誘導を行い続けている者たち」に、

「公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

「安保廃止」等で騒いでいる方々は、「日米同盟止めろ!中国共産党と組め!」等と「本音」を言えば良いのに・・・。

『「もはや、その実体は、バレバレ!」なのだから、「今更、上辺ダケ日本人好みにしても、実質、無駄でしょ」』。

『「日本の国政で、中・韓(北朝も含む)を有利にするから、中・韓でも有利な商売を!中・韓の協力で有利な商売を!」等と、

「訴えた方が、より実体に近いのかも」』。

|

テレ朝朝番では、山梨北杜の太陽光発電事業問題を取材していたが・・・。

『「再生可能エネルギー発電ではあるものの、不安定・高価で、悪戯に大量導入するなら、日本の電力事情を悪化させる事にも直結している、太陽光発電事業を行う者たちの資質」が「露呈していた」。

「他人の電力料金を高くしても、自分たちダケは、儲かれば良い!」等の

「臭いが充満していた」。

「基本的に、自分たちダケの儲けが優先」だから、

「設置工事状態も、ラフ&レディ的で、アブナイ状態のモノまで在った様」だ。

「儲け優先なら当然、選択されている筈の、安い太陽光発電パネルは、何処製なのか?」等の

「情報配信をしない」のも、

「テレ朝らしい」』。

『「せっかく、太陽光発電事業問題の酷い実態を取材して来た」のに、

「それでも、太陽光発電自体は悪く無い」。

「法律違反では無い」から「法整備の方が遅れている」等というのが、

「常連出演者等の意見」だった』。

『「日頃からゴミ屋敷問題等では、公共の利益等を積極的に訴えている常連出演者たち」だが、

「悪戯な、太陽光発電事業の増大により、

実質的には、公共の利益等が大きく害されている事に対しては、

奥歯にモノが挟まっている様な言い回し」だ』。

『「もちろん、太陽光発電技術自体は、悪く無い」。

「しかし、太陽光発電技術を実用する事と、

太陽光発電技術自体」は、

「全く別」だ。

「実用する場合」は、

「電気料金の問題や、

発電出来ない時の対策等、不安定さの問題の解決や、

設置や設備製造~リサイクル・廃棄等による環境負荷等の問題」等を、

「十分に検証」し、

「再生可能エネルギー発電メリットを出来るだけ大きく生かしながら、

公共的利益の損失が出来るだけ小さくなる様に実用する事」が、

「好ましい」。

「好ましい状態から、比べる」と「現状の太陽光発電事業の実態」は、

「明らかに酷い」。

「太陽光発電事業で問題が出るのも当然」だ。

「何故、そんな状態になってしまっているのか?」

「今後は、どうすれば良いのか?」』

『「元々は、

民主党政権時の菅元総理と孫(あのソフト・バンクの・・・)による

再生可能エネルギー発電、特に、太陽光発電、超バカ高買取り強制決定政策」が、

「今の問題のベース」だ。

「長年に渡る超バカ高買取りが決められている太陽光発電事業」に、

「当初から参入したところ」は、

「正に、濡れてに粟の大儲けが可能になっていた」。

「しかし、それは、ある意味では、ネズミ講の様な政策決定」だった。

「冷静に少し考えれば、誰もが分かる事」だ。

「長年、超バカ高買取りが決定している太陽光発電事業に、日本中の人々が参加してしまったら・・・」。

「もちろん、送電網もそんな事態が来るずっと前から、対応出来得なくなる」。

「太陽光発電超バカ高買取り」とは、

「当初に、いち早く手を上げた者たちダケは相応に儲けられる」が、

「そんな状態が続く訳も無く、最終的には破綻する政策だ」』。

『「ところが、このネズミ講的政策を前提」に、

「未だに、太陽光発電事業で儲けようとしている者たちが居る」。

「公共の利益や、お互い様等を考えない、

法律違反にならなければ良いでしょ!等」や

「略奪文化の臭い」等が、

「充満している人々」が、

「露呈している」』。

『「法律違反にならなければ良いでしょ!」とは、

「全て法律で決めなければならない人間社会を招く、人間社会破壊の、悪魔の呪文」だ。

「日本で言う」なら、

「日本社会破壊の為の悪魔の呪文」になる』。

『「法律違反にならなければ良い」を「拡大解釈して行くとどうなるのか?」

「罪が確定するまでは、推定無罪だから、法律違反者では無い」。

「そもそも、摘発されなければ、法律違反にならない」。

「告発されたり、訴えられたり、しなければ、法律違反にならない」。

「現行法に引っかからなければ、法律違反にならない」。

「そもそも、法律を創る側、改訂する側の権力を持てば、

自分たちに都合の悪い事は何でも、法律違反にならなくする事さえも出来る」。

「大切なのは、法律を守る事では無い」。

「権力を取る事」だ。

・・・「上記の様な事を前提」に、

「図々しく、略奪・支配等して行く者たち等を有利にする」のが、

「法律違反にならなければ良いでしょ!」だ。

「そんな文化で国が出来てしまえば、どんな国となるのか?」は、

「何処かの国等を見れば、誰もが分かる」。

「戦後の日本国内」にも、

「権力さえ取れば良いでしょ!」とばかり、

「日本の乗っ取り支配工作等を実践し続けて居る劣悪な者たちが居る」。

「法律違反にならなければ、摘発さえされなければ・・・、等々」と、

「政財界工作はもちろん、飲食物工作や侵入工作や電磁波工作や情報・教育工作等々」を、

「茹で蛙の論理に基づいて行い続ける事」により、

「日本乗っ取り支配にとっての、有益分子育成&不適応分子粛清」を

「連綿と続けて居る劣悪な者たちが少なからず居る」。

「政財界工作も行い、警察・官僚等、{差別の無い}公務員には、出来る限り多くの者たちを送り込んでいるが故」に

「それらの実態・実体暴露や、全摘発等は、未だ行われていない」が、

「それらの劣悪な者たちによる悪事が、戦後の日本社会を大きく歪めている事は、確実」だ。

「まるで、北朝鮮の核・ミサイル等の脅し文句等に呼応するかの如く、日本国内の電磁波工作等が強化されている実状」は、

「決して少なく無い数の日本国民が実感している通り」だ。

「露呈させないマスコミも異常」だし、

「摘発しない政府・与党・警察等も変、或いは、根性・覚悟等が明らかに不足している」。

「大集団レベルの工作が可能になっている裏」には、

「戦後処理問題が在る」』。

『「太陽光発電事業は、明らかに、問題のある事業」だ。

「不安定・高価というネガをクリアーしない限り、悪戯に、積極的になる事」は、

「控えるのが、普通」だろう。

「現状の価格も含む技術レベル」では、

「個人宅や、企業の施設・設備等の、閉じた部分で、温暖化等抑止の為に、太陽光発電を積極的に利用」し、

「不安定部分や不足・過剰を、通常の電力網で補う」のが、

「妥当」だ。

「太陽光発電事業に対しては、

安定供給の義務を付け、

高くても買いたい人が買う様にするべき」だ。

「法整備のあるべき姿」は、

「上記の様な日本社会の公共の利益等も守る状態を実現させる法整備に他ならない」。

「悪戯な、太陽光発電事業を、太陽光自体は悪く無い等と、推奨」し、

「設置や環境負荷等に対してダケ、

相応の規制をかけるダケ」では、

「電力面での公共の利益等は、守れない」』。

『「民主党政権時」の

「実質、日本悪化政策の一つである、

再生可能エネルギー発電、特に、太陽光超バカ高買取り強制政策」の

「反省」等を「言わない」のも、

「法律違反では無い」が、

「反省無き者たちを公共の電波上で常連出演等させ続けて居る事による

公共の利益等の損失について考える」なら、

「是正が必要である事」は、

「誰もが判る事」だ』。

『「テレビ界の是正」は「急務」だ』。

|

実戦となれば、アッと言う間に負けが確定している北朝鮮が、軍事で突っ張っても、哀れなダケでしょ・・・。

『「金正恩」は「いい加減に、今更無駄な、軍事突っ張り&その裏の工作活動を止め、核武装放棄&平和・民主主義転換で、他国が責める材料を無くす事で、ノーベル平和賞でも狙うべき」だが』。

|

「ヘイト・スピーチ規制」も結構だが「一般日本国民に対する工作活動排除」もお忘れなく!・・・。

『「言論の自由の域を大きく外れる、ヘイト・スピーチ等」は「規制されて当然」だ。「もちろん、日本人に対しても、外国人に対しても、双方共に」だ。

「しかし、ヘイト・スピーチとは、あくまでも言葉・言論上の事に過ぎ無い事も現実」だ。

「もっと、もっと、深刻な人権無視状態が、日本国内では蔓延っている」。

「言うまでも無く、電磁波工作や飲食物工作や微粒子散布工作や侵入工作等々のソフト・テロ、もしくは、スティルス・テロ」だ。

「戦後の日本社会」では、

「日本の現行法や現行の摘発体制では摘発困難な手段を実用した

ソフト・テロ、もしくは、スティルス・テロ」が「蔓延り続けて居る」。

「拉致は、その氷山の一角に過ぎ無い」。

「ソフト・テロやスティルス・テロを温存したまま、

ヘイト・スピーチだけ規制しても、

余り、大きな実効は生まれない」。

「更に言うなら、ヘイト・スピーチより、遥かに大きな問題として扱われるのが妥当な事」として、

「戦後日本の日本に自虐を強いる情報・教育等の問題が在る」。

「上辺の言葉等ダケは、優等生的でも、内実は、事実無根の事をベースに日本国民等に自虐を強いる内容の情報・教育による悪影響は、甚大」だ。

「ソフト・テロ、もしくは、スティルス・テロ対策を十分に行わなかったり、

自虐情報・教育等の問題を言わず」に、

「更に、日本人に対するヘイト・スピーチを言わずに、

外国人等に対するヘイト・スピーチだけを問題化し規制する」なら、

「日本の国政等を預かるに相応しく無い者たち」になる』。

『「まともな、日本国・日本国民の為の政治」なら、

「日本人に対するヘイト・スピーチも含めて、ヘイト・スピーチは規制する」と「共」に、

「ソフト・テロ、もしくは、スティルス・テロ対策」も、

「自虐情報・教育対策」も

「行う」のが、

「当然」だ』。

|

誘拐犯だからと卒業を取り消そうとしている千葉大問題・・・。

『「誘拐犯を生み出す教育をしていたのかも知れない、その責任を誤魔化す為か?千葉大が揺れている」。

「誘拐犯の容疑者」に、

「卒業取り消し状態を与えれば、ある種の厳罰による犯罪抑止効果等はあるかも知れない」が、

「本来、教育側が行うべき事」は、

「誘拐犯を生み出さない教育」だ。

「教育側による、精神文化側の育成教育」が、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用するレベル以上に健常だった」なら、

「今回の誘拐犯容疑者も生まれていない可能性大」だ。

「教育側が、教育側として、本来行うべき事を怠っていたが故の事件等発生に対し、

厳罰で誤魔化す」とは、

「本当に呆れる事態」だ。

「真摯に、今までの至らない精神文化系の教育を反省する」なら、

「精神文化側の教育の健常化・正常化に結び付く新たな道が提案出来ている筈」なのに』。

『「この件からも、現状の教育者等のレベル」が、

「よく判る」。

「資質として、圧倒的に欠落している」のは、

「自らの至らなさに対する謙虚さ」だ』。

『「古からの日本文化」では、

「真理探究や、自己研鑽が当然」だった。

「ところが、戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」では、

「そんな日本文化の良い面が疎かにされた」と「共」に、

「まるで、朝鮮半島の文化の如く、

上辺ダケを求め、

他人のせいにしても、自己の利権を守る文化」が、

「蔓延っている」』。

『「それは、終戦処理や、戦後日本国内の人脈構成割合等」と「無関係の現象では無い」。

「本来の日本の状態を回復させる為」には、

「その辺りの浄化も必要」だ』。

|

「最低でも県外!」と同様の「保育士給与5万円アップ!」では・・・。

『「最低でも県外!」は「実態を無視して、理想を言ったダケ」の「有権者キャッチフレーズ」だった。

「保育士給与5万円アップ!」にも「同様の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「そもそも、需要と供給の関係の市場原理が普通に反映される自由主義社会圏の日本」で、

「保育士給与が上がらない理由は?」

「保育士給与を上げる事は、保育料アップにも直結している」から、

「保育料アップが出来ない限り、保育士の給料も上げられないが、

保育料をアップすれば、

現状の多くの保育希望親の給与水準上では、

保育需要自体も減ってしまうから、

保育料アップも出来ないから」だ。

「つまり、現状の保育士の給料とは、現状の格差社会化した日本社会の市場原理上で生まれている必然状態でもある」。

『「この様な状態の時」に、

「悪戯に税金をつぎ込んで、保育士の給与ダケを上げるのが良いのか?」

「日本社会全体の景気を良くする事と格差是正」で、

「多くの保育希望親の所得アップを誘う方が良いのか?」

「短絡的に税金を保育士に回す事」は、

「その分、日本社会の他の所に行く筈だった税金を減らす事になる」。

「保育士ダケ偏重派」の「実体」とは、

「日本社会の景気向上や格差是正等は、気にしない、後回し等派」でもある。

「保育士ダケ優遇して、

日本社会の景気を悪くして、

格差社会状態を是正し辛くし続けるなら、

保育希望親の仕事や報酬等も細ってしまう可能性大となるので、

元も子も無い」。

「問題は、バランスのとり方」だ。

「ある程度は、税金を保育士に回す事で、保育士の所得アップ{も}サポート」しながら、

「日本社会全体も所得アップ方向に導き、

格差是正を着実に行う事」が「重要」になる』。

『「最低でも県外!」を「実現する方法は在った」。

「日米安保自体を止めればそうなった」。

「しかし、そんな事をすれば、中国共産党軍が大喜びで、沖縄等に進出して来た」だろう。

「日本社会全体の景気はどうあれ、保育士ダケの報酬を上げる事は簡単」だ。

「保育士偏重等でバランスを崩した日本社会の景気等が悪化して、

喜ぶのも、

また、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)」だろう』。

『「反日野党の向いている方向」は「利反日国」という「実態」は、

「変わり様が無い」。

「その裏には、資金提供等まであるんじゃないの・・・」等と、

「感じている人々の数も、決して少なく無い筈」だ。

「旧ソ連が、日本共産党の裏スポンサーだった事等」は、

「有名な話し」だ。

「韓国(北朝鮮も含む)や、

中国共産党等が

裏スポンサーである日本の政党が無い」とは、

「とても、考えられない」。

「民主党への政権交代が起こった総選挙時」には、

「在日韓国人の団体である民潭の者たちが民主党の応援をしていた事」も、

「有名な話し」だ。

「民主党政権成立後の利韓・利中共政治の裏には、相応の実態が在る等」と、

「多くの有権者は感じている」』。

『「民進党と党名ダケは変わっても、

構成員は、以前の民主と維新等」で、

「実質的に、同じ」だ。

「未だに、

保育士給与問題でも、

新安保法問題でも、

まるで、{最低でも県外!}の様な事は積極的に言って」いても、

「日本国・日本国民をより有利にする政策等は???状態」だ』。

『「何処の国の為になる政治を、日本国内で行いたがっているのか?」は、

「非常に重要な事」だ。

「日本国・日本国民の為か?」等が

「非常に疑わしい、日本の国会議員」などは、

「圧倒的少数派になるのが当然」だ』。

『「それなのに、お仲間、テレビ等では、

未だに、二大政党制を言い、

民進党をその片翼として大物扱いする事で、

実態以上のイメージを視聴者・有権者に抱かせると共に、

与党に出来る限り悪いイメージを付け、

反与党票を民進党に集中させる事で、

民主党政権時と同様の事態の実現を画策している様相」だ。

「悪劣な大衆誘導の実態が其処にある」。

「テレビ界等の人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

行方不明中学生少女が保護され、拉致誘拐容疑者が逮捕されたが・・・。

『「容疑者」は、「比較的高学歴&学力面では優秀」で、しかも、「渡米して自家用小型飛行機操縦のプライベートライセンスまで取得している相応のお金持ち」、更に、「就職先も内定済み」と「報道されている」。

つまり、「容疑者の上辺」は「所謂、優等生」だ。

「それでは、何故、優等生として育って来ていた容疑者」が、

「こんな酷い事件を引き起こしてしまったのか?」

「上辺は優等生」でも「内実は劣悪状態だったから」に他ならない』。

『「現状人間社会」では

「現状への適応能力が高い、上辺上の優等生を育成するシステムばかりが蔓延っている」。

「このシステムの目的」は、

「実質的に、現状の維持~拡大になっている」。

「人間社会の現状と、人間の実体やその実体の本来の目的等との整合性が高い」のなら、

「現状の育成システム」でも、

「大した問題等は生じない事になる」が、

「実際は、現状と人間の実体やその実体の本来の目的等との整合性がかなり悪い」から、

「現状人間社会では、

世界中何処へ行っても、

殺傷事件が枚挙に暇が無く、

テロや戦争等の超自虐的実態まで露呈し続けている」』。

『「そんな、ある意味、人類として超自虐的な現状への適応性が良い者たちを育成している現状の育成システム上や人間社会の中」で、

「優等生である事」とは、

「現状が現状の維持~拡大の為に求めている上辺の部分」が「優等生である事に過ぎ無い」。

「内実は、全く別の話しになる」』。

『「現状優等生たち」も「現状優等生では無い人々」も、

「現状と現実のギャップや非整合性等」は、

「意識的にせよ、

無意識レベルにせよ、

常々、実感している」。

「人類誰もの実体は、現実の存在」だから、

「現実との整合性の悪い現状下」では、

「ギャップ等を感じるのは自然の摂理」だ。

「ギャップ感は、例えば、呼吸と同様」で、

「生体として、意識的にせよ、無意識レベルにせよ、存在させざるを得ない事」だ』。

『「ギャップ等を感じた場合、人は、どの様な行動を起し易くなるのか?」

「現状からの逃避を試みたり、

現状からの脱出を試みたり、

現状を是正して現実との整合性を高めようとしたり、

・・・する事になる」』。

『「現実とのギャップ等を意識出来ている人々の場合」は、

「現状を是正して現実との整合性を高めようとする道を選択し易い」。

「しかし、無意識レベルで現実とのギャップ等から追い立てられている状態の人々の場合」は、

「現状からの逃避」や、

「現状からの脱出」等の「道を選択し易くなる」。

「現実とのギャップが意識化出来ていない人々による現状からの逃避は、往々にして、現実逃避にもなっている」。

「幾多の現実逃避受け皿産業等が、旺盛となれている」のが、

「現状人間社会のお寒い実態」だ。

「現状からの脱出」もまた「現実からの脱出になり易く」、

更に、「急激化する場合が、少なく無い」。

「個人レベルの無差別殺傷も含む殺傷事件や、

集団レベルのテロや戦争等」の「精神構造」は、

「現状脱出欲動の暴発」だ』。

『「基本」として、

「現実を無くせば、人間の存在自体も無くなってしまう」が、

「現状を無くしても、現実との整合性がより高い状態を得るなら、人類の永い存続も可能になる」。

「それが、現実」だから、

「現状に過剰な力を与え続ける必要は全く無い」。

「現状を優先して、人類滅亡を誘う必要は全く無い」』。

・・・・・・・。

『「さて、現状で上辺は優等生として育って来ていた容疑者」は、

「何故、現状脱出欲動を暴発させてしまったのか?」

「容疑者は、所謂理系の者だった様」だ。

「現状でも、物質文明側の者・物・事」では、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を十分に実用しなければ、通用しない」。

「ところが、現状の、精神文化側の者・物・事」では、

「未だ、科学レベルで判明している実体や事実・現実の十分な実用が求められていない場合が非常に多い」。

「恋愛や性欲等の問題は、言うまでも無く、精神文化側の問題」だ』。

『「まるで、美少女フェギアを手に入れる如く、現実の人間を自分の下に置いてしまった容疑者」の、

「精神文化側の未熟ぶり、劣悪ぶり」は、

「物質文明側の理系優等生ぶり」と

「大きなギャップが在る異常状態」だ。

「そんな人間も育成してしまっている」のが、

「現状の精神文化側、所謂文系」の

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を十分に実用していない情報・教育」の

「実態」だ』。

『「今回の様な形で、現状脱出欲動を暴発させてしまった容疑者の裏」には、

「未だ、現状脱出欲動の暴発には至っていない、同様の精神構造を育成してしまっている人々」が、

「~何千~何万~人も居る」と「強く推定出来る」。

「コンビニ等でも、過激、或いは、異常等性描写等漫画・雑誌等が、少なからず売れている裏に在る」のは、

「その様なお寒い現実に他ならない」。

「精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を十分に実用した情報・教育を行う事」こそが、

「同様の新たな事件・事故等を激減させる事に直結している」』。

『「精神文化側でも科学レベルで判明している実体や事実・現実を十分に実用する事」は、

「現状の政治や経済や社会等まで含む、

現状をより現実との整合性が高いモノに進化させる事にも直結している」。

「つまり、多くの現状利権の消失にも繋がっている」。

しかし、「人類の精神文化」を

「急激に進化し続けて居る物質文明を追い越すまでに進化させる事」こそが、

「進化し続ける物質文明との共存存続を可能にする唯一無二の道」に他ならない。

「進化し続ける物質文明と共存しながら、

世界平和が実現存続し、

人類誰もの広義の実体である地球生命体細胞群の永続という

実現可能な永遠の命を手に入れる事を可能にする道」が

「其処に在る」』。

『「現状利権に執着している劣悪状態の者たち」等に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為」にも、

「情報・教育の正常化・健常化は急務」だ』。

|

日本人の元は中国人と思いたい中国人とは・・・。

『「それでは、中国人の元は?」「血統民族主義者たちは、人類も含む地球上の生命体の歴史の極一部ダケを偏重したがる」が「何の為に?」

「その辺りにこそ、本当の問題が在る」と「日本人の筆者は、日頃から、感じ、思い、考えている」』。

『「中国は、一刻も早く民主化するべき」だ。「情報統制下では、育つモノも育たない」』。

|

テレ朝朝番等では、「消費税増税」も「新安保の実用」も、「参院選で争点化する事を避ける為の先送り」と風潮していたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く」、「消費税増税反対!」や「戦争法案廃止!」等の「実体」とは、「現実的な政策論争では無い」。「有権者や大衆を操り、誘導する為」の「キャッチフレーズ」だ。

「政策論」なら、

「消費税を増税して、景気が悪くなり、税収が減る等の事態なら、増税先送りは当然」になる。

「昨今の中国共産党軍や北朝鮮等の実態に対応する為」には、

「日米安保の改訂増強が必要」だ。

「先制攻撃用の武器を持っていない戦後の日本からは、

何処の国に対しても戦争を仕掛けられる訳も無い」。

「米国の戦争に巻き込まれる可能性にしても、

元々、多数の米軍基地が日本に在る時点で、

その危険性をかなり保有している」。

「消極的防衛・・・つまり、日本国内の米軍基地が攻められてからの防衛」より、

「積極的防衛で、日本国内の米軍基地に攻め込まれる可能性を減らす方」が、

「日本国で暮らす人々の安全メリットは大きくなる」。

「新安保法案で、日米安保をより強化した事」の「実体」は、

「戦争法案!の成立では無く、

中国共産党や北朝鮮等の側からの戦争をより出来難くする

戦争抑止法案が成立した事」だ。

「新安保法案無しなら、中国共産党軍等は、比較的容易に、尖閣諸島等へ進出出来てしまう」。

「抑止力を脆弱にする事は、侵略の呼び水にしかならない」。

「実適用訓練の先送りは、現実的必要度が未だ其処まで高くなっていないから」だ。

「法案の成立自体が、既に抑止力となっている実態が其処に在る」』。

『「参院選で争点化」とは、

「利反日国野党等側の言い分」だ。

「非現実的だが、耳障りは良いキャッチフレーズ」の「代表的実例」は、

「最低でも県外!」だ。

「最低でも県外!」と「同様の混乱やデメリットを日本に与えたいのでは無い」のなら、

「非現実的だが、耳障りの良いキャッチフレーズ」の「争点化」は、

「絶対に避けるべき」だ。

「それは、健常なマスコミ等なら、言うのが当然の事」だ』。

『「先送りされた事等」を、

「実体離れした詐欺的イメージキャッチフレーズで訴える事自体」を、

「ちゃんと問題として、伝える健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報が希薄な内」は、

「利反日国野党等に詐欺的イメージキャッチフレーズの道具を与えない事」が、

「多くの日本国民にとってのメリットになる」。

「消費税の先送り」にしても、

「新安保法案実適用訓練の先送り」にしても、

「先送りした方が、日本国・日本国民にとってメリットが大きくなる」なら、

「先送りするのが当然」だ。

「詐欺的イメージキャッチフレーズ化出来る大基を二つも失った様相」の

「利反日国野党やお仲間のテレビ・マスコミ等」が、

「悔しがり、

無理やり、与党側が逃げている様なイメージの造成等に

必死な様相」は、

「本当に哀れ」だ』。

『「健全野党」なら「与党より、より日本国・日本国民の為になる実現可能な政策を訴えるのが当然」だ。

「最低でも県外!」や、

「脱原発!」や、

「戦争法案反対!」等々の、

「キャッチフレーズは魅力的に捉えてしまう人々が多くても、

実現すると、実際は、日本国・日本国民に決して小さくないデメリットを与える事等を訴えている」のは、

「より良い現実的な政策等を考えられないおバカたち」か、

「それらの政策が実現するとメリットを得る日本以外の国々の手先」等だと

「強く推定出来る」』。

『「そんな、内実、反日野党や反日国等の応援団的情報配信」を、

「日本国内で行っている」のが、

「お仲間のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等々」だ』。

『「戦後、日本の公共の電波の使用権が、偏っている人脈の者たちに実質的に独占されたまま・・・という状態は、明らかに異常」だ。

「健常なマスコミ情報の配信等の為」にも、

「テレビ・ラジオ界の改革・是正・健常化・正常化等」は「急務」だ』。

『「公共の電波の特定周波数独占使用権等」は、

「競争入札制にでもすれば良い」。

「テレビ・ラジオ界も、サッカー界の如く、入れ替わり制にするべき」だ。

「入れ替わり制により」、

「健常なマスコミ情報を配信する人脈によるチームが多数出来、

入れ替わりを繰り返す内に、

健常なマスコミ情報を配信する局が主に、

現状の様に偏向した不健常なマスコミ情報等を配信する局がマイナーな存在として存在する様」に、

「バランスする」のが、

「妥当」だ』。

|

日本国内で米国トランプ大統領の誕生を一番危惧しているのは韓(北朝も含む)流系や中共流系の者たちだったりして・・・。

『「米国大統領選」では、「暴言王だが、現実主義の実業家」の「トランプ氏」と、「マシンガン・ベーコン&進化論否定」の「クルーズ氏」と、「旧態依然のクリントン氏」と、「欧米社会主義派のサンダース氏」が、「四強」だ。

「その中の誰が、一番、マシなのか?」』

『「民主党政権が続き、クリントン氏が大統領」なら、

「現状とほとんど変わらない状態になる」だろう。

「しかし、その分だけ、米国国民の現状故の現状脱出欲動も蓄積される事になる」。

「クリントン氏以外が大統領となれば、現状とは違う空気が米国内に充満する事になる」。

「多くの米国国民の内在的願望は、脱現状」だろう』。

『「サンダース氏の訴えには、まともな部分も多い」が、

「実現させる為には、大改革が必要になる」。

「現状利権に溺れている者たちからの大反発や大妨害等」が、

「容易に推定出来る」。

「政治進化の前に、情報・教育の進化が在る方が、ソフトランディングし易い事」は、

「当然」だろう』。

『「時代に逆行する進化論否定状態のお方が、米国大統領」は、

「あり得ない」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を否定して、自らの考え・思い等を優先している事を公言状態」では、

「まともな話しは無理」だろう。

「まともな話しが無理なお方が米国大統領となれば、世界中が米国を下に見る」だろう。

「そして、マシンガンベーコンよろしく、米国側が反撃すれば戦争」になる。

「世界最強の軍事力を持つ米国は、軍事で大儲け出来るかも知れないが、戦争による環境破壊が、人類に究極のダメ出しを行う事になる」』。

『「消去法で、現実主義者である分だけ、トランプ氏が、一番、マシと思える」。

「多くの米国民の脱現状願望にも相応に応えられる」だろう。

「現状の暴言」は、

「実政権担当となれば、現実的範囲に収められるのが、現実主義者」だ。

「周囲を良いブレインが取り囲めば、普通以上の政治も可能」だろう』。

『「日本国内でも、トランプ嫌いが少なく無い」が、

「その主たる原因」は、

「逆差別利権の温存状態が崩される事を嫌がっている者たちによる、

実体を検証せず、

上辺に拘らせる情報配信」だ。

「それは、実体を見られると困る連中が好んで使う、詐欺的手段」でもある』。

『「一日本国民である筆者」は、

「トランプとサンダースの争いになれば、

米国の新しい風の量が一番多くなる」から、

「現状の世界の風向きを変える意味からも、好ましい」等と「傍観している」が』。

|

民進党が結党されて、テレビ等では民主党時の反省を国民に分かってもらえる事が大切である旨を言っていたが・・・。

『「多くの一般日本国民」が「民主党に反省を求めている内容」は「全体を通じて、利韓(北朝も含む)・利中共政治を行った事」や

「鳩山元総理による沖縄基地問題の混乱・悪化等」や

「菅元総理による東日本大震災&福島第一原発被災事故処理問題等々」だ。

「それなのに、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の論」では、

「一枚岩で無かった事等が、問題だとしていた」。

「一枚岩で無かった事等を反省」とは、

「民主党側の都合を保ち辛かった事による、民主党側の為の反省論」だ。

「民主党が、日本国の政権与党となっていた」のに、

「日本国・日本国民に対して十分に良い政治が行えなかった事の反省」や、

「日本国・日本国民にダメージやデメリットを与えてしまった事に対するの反省や謝罪等では無い」のだ。

「一般日本国民としては、一枚岩では無かった事の反省では、意味は無い」。

「民主党政権時」に、

「日本国・日本国民に対して、十分に良い政治が行えていなかった事の反省」や、

「日本国・日本国民に、ダメージやデメリットを与えてしまった事に対する、

十分な反省や謝罪等が無い状態」では、

「民主党と元民主の面々も多々居た維新が合併して民進党と党名ダケが新しくなったところ」で、

「多くの有権者が期待する訳も無い」。

『「今後も、

日本国・日本国民より反日国等を利した実績のある政党」が、

「その事に対する十分な謝罪や反省等も無きまま」、

「再び政権与党の座に着く事はあり得ない」』。

『「民主党政権時の利韓(北朝も含む)・利中共政治の結果」は、

「経済的にも、政治的にも、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を太らせた反面」で、

「日本を細らせた事」だった。

「円高容認政策により、中・韓の企業が増大して行った裏で、

多くの日本企業が細り、倒産や廃業にまで追い込まれた所も決して少なく無かった」。

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国の様」に、

「反日教育や反日政策等まで行っている国々に対して、

悪戯に、大人数を連れて、実質的、表敬訪問したり、

渡す必要の無い朝鮮王朝時の書物まで渡したりした事等」の「実効」は、

「反日教育や反日政策が正しい等の誤解を生んだ事」だった。

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の反日攻勢」は「益々強化された」。

「そんな事態を再び望む日本国民の有権者の数が多い訳も無い」』。

『「多くの有権者が望んでいる政権交代可能な政党」とは、

「現与党より、より日本国・日本国民の為になる政治を行う政党」だ。

「反日国の為になる政治を行った実績まで持つ政党」には、

「引退勧告が出されているのが実態」だ。

「他に、日本国・日本国民にとって、よりマシな政党が無い」から、

「現状では、消極的選択で、現与党が大多数になってしまっている」。

「この様な事態を改善出来る」のは「元民主党等の面々等では断じて無い」。

「全く新たに、

本来の日本国民の人脈(つまり、他国裏スポンサー等抜き)から、

現与党より日本国・日本国民の為になる現実的な政治が行える集団の構築が

望まれている」。

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等が、政権交代可能な政党を言う」なら、

「上記の様な提言が出されるのが当たり前」だ。

「元民主党の面々がゾロゾロの民進党に政権交代等をさせたがっている様相のテレビ・ラジオ・マスコミ等」とは、

「民進党と同じ人脈の者たちが実権を握っているテレビ・ラジオ・マスコミ等」だから、

「健常な提言さえも満足に行っていない」と「強く推定出来る」』。

『「政界は政権交代が可能なシステムになっている」。

「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界も、人脈交代が可能で無ければ、

ナチス・ヒトラーと同様の大衆誘導等さえ可能になってしまう」。

「何処の局でも、同様の顔・同様の論、昨今では、NHKまで芸能界の者だらけ・・・という、日本のテレビ界の現状」は、

「明らかに異常」だ。

「ラジオ界も同様」だ』。

『「情報・教育の健常化は急務」だ』。

|

代々木公園で脱原発集会だと・・・。

『日本国民なら「さよなら原発!」より前にあるべき「さよなら利反日国!」が「無い様相の方々」が「集合していた様相」だ。

「安倍政治を許さない!」と

「利反日国政治を許さない!」の「どちらが、日本国民にとって有益か?」は、

「言うまでも無い」だろう。

「(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けて居る中、極東地域日本のみ等の重要要素は、実質的に黙殺した)脱原発運動」が、

「どんどん下火になる事」には、

「相応の必然性が在る」』。

『「福島第一原発被災事故を道具」に、

「日本の原発を止めさせたところ」で、

「日本が核汚染から無縁になる訳では無い」。

「中・韓等の原発で事故が起きれば、放射能物質が、偏西風に乗って大量に渡来する」。

「原発の事故の実体」は、

「津波対策を誤った福島第一原発被災事故も含めて、全て人災」だ。

「人災を抑制する為には、安全技術・安全管理技術等を向上させ続けるしか無い」。

「日本が撤退する事で、原発の安全技術や安全管理技術の世界水準がより早く上がる」なら、

「未だ、日本の脱原発にも少々の正当性等が生まれるかも知れないが、

実際は、日本が原発から撤退する事=世界水準では原発技術レベルが下がる事」だ。

「現実として」は、

「日本の核汚染を防ぐ意味」からも、

「日本が取るべき道としては、脱原発より、原発使用&安全技術向上の方」が

「遥かにベターになる」』。

『「脱原発を行うなら、全世界で一斉に行わなければ意味が無い」。

「しかし、地球温暖化抑止と、生活文化水準の向上の二つを、

両立させる為」には、

「現状では、とりあえずは原発を使う事が現実的になる」。

「原発事故時の核汚染等も制御困難」だが、

「温暖化による環境変動は、もっと制御困難」だ。

「事故を未然に防ぎながら、原発を使う事が、現時点では合理的になる」』。

|

「北朝鮮は体制維持だけを願っている」という北朝鮮による工作を隠蔽する為のインチキ論を風潮している、北朝鮮の手先かも知れないマスコミ等・・・。

『「北朝鮮の権力者たちが、もし、本当に、現体制の維持だけを願っている」のなら、「拉致被害者を帰せない理由も無くなる」。

「むしろ、拉致被害者たちを積極的に日本に帰す事を前提」に、

「日本はどれだけお金や支援等を得出すのか?」等の「北朝鮮側の意向」が、

「表立たされているのが、当然になる」。

「だから、インチキ論では、拉致問題が、黙殺されている場合が多い」。

「北朝鮮が日本や韓国等の国々から、多数の人々を拉致した目的」は、

「日本や韓国等々の国の中に、

日本人や韓国人等々と全く区別がつかない状態の北朝鮮の工作員を送り込み、

乗っ取り支配工作等を行い続けさせる為」だ。

「そして、帰されていない拉致被害者たち」とは、

「その様な北朝鮮の工作活動実体・実態等を、知っている・知り得ている人々に他ならない」。

「北朝鮮権力者たちの目的は、北朝鮮の現体制維持などという、平和的な事では無い」。

「現体制を維持している裏で、

連綿と日本や韓国等々の国々の乗っ取り支配工作を行い続け、

最終的には全世界を乗っ取り支配する事」だ』。

『「人類として、本質的な自信が持てていない」ばかりか、

「過去の歴史や自らの行動・能力等故に生じている、

重大なコンプレックスまで持つ、

独裁者集団」が

「反動形成でつくり出している精神構造」の

「実態が其処に在る」』。

『「体制維持だけなら話しは単純」だ。

「今時、

人的犠牲が大きくなる戦争等を行えば、

自国内でその政権が危うくなる、

米韓側からは攻められない」のだから、

「北朝鮮が、

核も、ミサイルも、

その他の大量破壊兵器等々も、

工作活動も放棄して、

其れこそ、武装放棄した平和安全国家を宣言すれば良い」。

「米韓を含む今時の全世界」には、

「武装放棄した平和安全国家宣言北朝鮮を実現した北朝鮮の現体制」を

「大称賛して、歓迎する事になる」。

「北朝鮮の現体制は維持」され、

「そんな事態を実現した金正恩なら、ノーベル平和賞が与えられる」だろう』。

『「ところが、インチキ論」では、

「米国が北朝鮮の核・ミサイル等を認め、

北朝鮮と二国間で話し合い、

北朝鮮と平和協定を結ぶのが先か?」

「北朝鮮が、核・ミサイル等を放棄するのが先か?」等を、

「卵と鶏のどちらが先か?論の如く喧伝する」。

「もちろん、言うまでも無く、

先に、米国との間で平和協定が結ばれたところで、

北朝鮮が核やミサイルを放棄する訳も無い」。

「核やミサイルは米国にも認められた」&「米国との間には平和協定が在る」等の

「状態を利用」して、

「乗っ取り支配工作をより有利に進める為」に、

「日韓等の国々や、北朝鮮国民への更なる圧力を強めるダケ」だ』。

『「米韓側から攻められない事」が「ハリネズミ状態を生み」、

「ハリネズミ状態で、牽制し合っている間」に、

「北朝鮮の核・ミサイルもより高度になり、

日韓等の中で行われ続けて居る北朝鮮系人脈による乗っ取り支配工作等も、

より深化されてしまっている」のが、

「極東地域のお寒い実状」だ』。

『「北朝鮮の核・ミサイル等に拘らされている間」に、

「拉致問題の解決は、益々、遠のき、

日本国内の乗っ取り支配工作等は、より深化されている」のが、

「現状の日本のお寒い実状」だ。

「しかし、もちろん、そんな実状を打破する手段は在る」。

「工作活動を露呈させ、徹底摘発する事」だ。

「乗っ取り支配工作は既にバレ、摘発も始まり、その成功は絶対に不可能である事」を、

「徹底的に北朝鮮側に突き付ける」なら、

「拉致被害者を帰さない理由も無くなる」。

「北朝鮮の暴発を恐れる方々も居るだろう」が、

「北朝鮮の暴発を恐れる裏で、

北朝鮮に、

核・ミサイル開発や、

乗っ取り支配工作等を

続けさせているのでは、

時と共に、事態がより深刻になってしまうダケ」だ。

「現状なら、万一、実戦争となってしまっても、米韓等によるアッと言う間に北朝鮮を敗戦に追い込む作戦も有効」だから、

「戦争被害は、かなり小さくて済む」。

「しかし、短期戦争を恐れて、工作活動も摘発せず・・・等々の事態を続ける」なら、

「北朝鮮が保有する核・ミサイルの数は増え、

乗っ取り支配工作活動も止めづらくなる」から、

「大戦争になるか?」

「終極的には、全世界が、北朝鮮による支配下に置かれるか?」になってしまう。

「工作活動を露呈させ、摘発する」なら、

「今の内」だ』。

『「こんな実態が在る中」で、

「金正恩、意外とまともかも?論」や、

「北朝鮮権力者たちの願いは、現体制の存続ダケ論」等々の、

「実質的には、

北朝鮮による乗っ取り支配工作を隠蔽する為の論が、

未だに、

日本の一部マスコミ上で、

喧伝されている」。

「それダケ既に、乗っ取り支配工作が深化されている事の実証実態」だ。

「それは、

北朝鮮による乗っ取り支配を認めない人々なら、

絶対に容認・放置等し続けて居てはいけない、

とんでもない事態」だ』。

『「政府・与党等も警察等も、本気の摘発等を急ぐべき」だ。

「多くのマスコミ」は、

「日本国内で行われ続けて来ている北朝鮮等による乗っ取り支配工作の実態を暴露するべき」だ。

「工作実態等隠蔽工作に走っている様な、

少なくとも、実質的には、北朝鮮の手先の様な者たち」に、

「過分な立場・報酬等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

テレ朝朝番では、運転中スマホ使用問題や人工知能問題等を取り上げていたが・・・。

『「常連出演者たちによる、相変わらずの本質抜き論」には「本当に呆れた」。

「例えば、運転中スマホが、何故、大問題化し易いのか?」等は、

「重要な本質」だが、

「その辺りへの言及は、実質的に無かった」』。

『「ドリンク等の摂取が良くて、運転中スマホ等が悪い訳は?」

「・・・一番の要素は、運転者の主体性や行動支配性等の割合が、圧倒的に違うから」だ。

「運転者の主体性や行動支配性等を大きく阻害する順」は、

「スマホ・携帯等>カーナビ・テレビ等>弁当等、時には、両手使用の必要が生じる飲食物>雑誌・漫画本等>タバコ>おにぎり・バーガー・サンドイッチ・一般ドリンク等、片手使用で飲食可能な飲食物>ラジオ・カーステ等」等となる。

「スマホ・携帯・カーナビ・テレビ等は、

スマホ・携帯・カーナビ・テレビ等側からの

視覚情報配信や視覚情報変更や予期し得ない情報突入等がある」から、

「予測不能な運転拘束事態や視覚情報変更状態等を生じる場合」等が「出て来易い」。

「その様な、スマホ・携帯・テレビ・カーナビ等とは違うモノ」は、

「例え、

時には、両手使用の必要が生じる飲食物を摂取している場合」でも、

「飲食物自体は基本的に変化しない」から、

「予測不能な運転拘束事態等は生じ辛い」。

「視覚情報は、想定の範囲内に収まり」、

「こぼしたりする事等は、想定の範囲になる」。

「タバコの灰が落ちる事も、想定の範囲」だ。

「ところが、スマホ・テレビ・カーナビ等の場合」は、

「突然提供されて来る視覚情報が変わる」。

「携帯の場合は、突発的な着信等が在る」』。

『「視覚情報こそが、運転中には、一番重要になっている情報」だ。

「突発的着信等への対応で、運転行為や判断等が乱される事は、危険の増大」に直結する。

「通常一般使用範囲の使用状態なら、聴覚情報であるラジオやカーステ等の使用からは、大きな問題は生じ辛い」。

「視覚情報に食い入るスマホやテレビやカーナビ等」や、

「予期し得ない突発着信等への対応を行うスマホ・携帯等の使用」が、

「危険な理由は、上記の通り等」だ』。

『「ところが、上記の様な本質」が「???状態の人々も少なからず居る」。

「上辺に操られてしまっている状態等の人々が陥り易い状態」だ。

「上辺に拘らされている状態の人々」は、

「往々にして、スマホ・携帯・テレビ・カーナビ等の新しく便利な物」は、

「良い物・善い物として扱い易い」。

「良い物・善い物として捉えている物」を、

「使うのを控えろ!等と言われたり、

使うとこんなに危ないゾ!等と脅されたり」、

・・・しても、

「意識レベル・無意識レベルを問わず、

素直に使わない状態を続けられる人々」が、

「期待している程、多くなら無い」のは「ある意味、当然の現象」だ。

「重要な事は、本質の理解・把握を助ける事」と、

「他の者・物・事の上辺等に依存した、他の者・物・事による支配/被支配という代償欲求追及の世界」から、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求充足の世界」へ、

「個々の狭義の自分の精神文化状態を正常進化させる事を誘う事」等だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける状態からは、ほど遠い、常連出演を平然と続けられている者たち」が、

「公共の電波上で、底の浅過ぎる論等を、

図々しく、平然と言い続ける、

実質的、醜態情報等」が、

「一方的に大量配信され続けて居る限り、

本質的改善は遠のき、

まるで、もぐら叩きの如く、

同様の新たな事件・事故・問題等が起され続ける」のも、

「当然の現象」だ』。

『「人類の精神文化の正常進化に、ロクな貢献が出来ていない者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けて居る必要は全く無い」』。

・・・・・・・。

『「人口知能問題」も「人類の精神文化の正常進化問題と大きな係わりを持つ問題」だ。

「物質文明面では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用している」ので、

「人口知能等の急速な進化も可能になっている」。

「それなのに、精神文化面が、旧来の考え・思いによる納得レベルで、科学レベルで判明している実体や事実・現実を十分に実用しなかったら、どうなるのか?」

「例えば、人工知能の制御ロジックという精神文化が、特定の考え・思いによる納得レベルにされてしまう」と、

「以下の様な事態が生じる」』。

『「人口知能とは、自ら学習し、判断し、自らを進化させる事まで、可能にしている機械」だ。

「ここで重要な問題」は「判断基準」だ。

「本来あるべき判断基準」とは、

「地球生命体細胞群の存続~永続がより有利になる様に判断する」等だが、

「現状の多くの人々の{制御ロジック}の如く、

狭義の自分のみの存続~永続を可能にする様に判断する」と、

「仕込まれれば、どうなるのか?」

「人類を駆逐した方が、

狭義の人口知能のみの存続~永続に有利と判断し、

その判断を元にした行動まで生まれてしまう可能性大になる」。

「逆から言えば、

狭義の自分のみの存続~永続等を画策している、

広義の自分の実体を見失っている、

劣悪な{制御ロジック}を保持している状態の人類の

精神文化を、

正常進化・健常進化させない限り、

人工知能の進化=人類滅亡の特急券みたいな話しになってしまう事になる」のだ』。

『「人工知能を進化させる前に、

基本的には、全ての人類の精神文化を

科学レベル実用以上に正常進化・健常進化させなければならない必然性」が

「此処に在る」』。

『「それなのに、依存と支配の区別さえ???の様相の常連コメンテーター等」は、

「精神文化の正常進化・健常進化の必然性等」を、

「十分に訴えていなかった」。

「それでは、何の為の人口知能情報配信か?」

「お仲間、ソフトバンクの宣伝の為なんじゃないの・・・」等と、

「感じた視聴者の数も多かったのでは」・・・』。

『「人工知能が進化する事=今までの人類による頭脳労働分野までもが、ロボット化可能になる事」だ。

「肉体労働面の多くが、ロボット化される事」で、

「多くの肉体労働者が職を失い

職に伴う収入等も失い

酷い場合には生活自体さえも失った事態」が、

「人類の歴史上に、実在している」。

「その裏では、人間をクビにした代わりにロボット使用で、大儲けした者たち等」が、

「異常な程の大金や資産や立場や権力等を得て来ている」。

「実体としては同じ人類」に

「異常なまでの格差や差別状態が付けられ、

命の値段までもが、

大差とされている事態が生じて来ている」。

「もちろん、そんな悲惨な事態の生みの親は、未熟な精神文化」だ』。

『「未熟な精神文化のまま、多くの頭脳労働までもが、ロボットに任される様になる」と、

「職を失い、職に伴う収入を失い、酷い場合には生活自体さえも失ってしまう頭脳労働者が多数出る事になる」。

「その裏では、頭脳労働ロボット使用等で大儲けした極一部の者たちが出る事になる」。

「格差は、益々広がり、命の値段の大差も益々大きくなる事になる」。

「そんな状態の人類社会では、テロ等が益々起き易くなら無い方が不思議」だ。

「ロボットの人口知能の制御ロジックを書き換えるダケ」で、

「テロが可能になる」のが、

「精神文化の正常進化・健常進化が不十分だった場合の人類の近未来」だ』。

『「転ばぬ先の杖」として、

「今の内から、

世界中で、

職業・人種・民族・血統差別等を徹底撤廃し、

宗教は考え・思いレベル時代の世界遺産等の座に置き、

ベーシックインカムを基本として、全ての人類の衣食住を担保し、

プラスアルファ・インカム部分の仕事に対する報酬は、

仕事の実体に合わせて、

実体との整合性上では誰もが納得出来る額を

差別無く得られる様にするべき」だ。

「当然、実体を伴わない、現状では、押し売り状態で可能になってしまっている過剰な有名人利権の製造等という

実質的悪事も、

それに伴う過分な立場や報酬や権力等も、

葬り去られなければならない」』。

『「支配/被支配」等も、

「代償欲求上」と「本来欲求上」で、

「全く違う」。

「自分の実体やその実体の本来の目的に叛かない様に、

自分で自分を健康にコントロールし続ける{支配}」は、

「本来欲求の充足に繋がっている、実体の有る、健常な{支配}」だ。

「他の者・物・事の支配/被支配という代償欲求を追及する上での{支配/被支配}」とは、

「どんなに追及しても、本来欲求が充足される訳も無い、虚構上の{支配/被支配}」だ。

「健常な{支配}を主」に、

「虚構上の{支配/被支配}を、遊び程度」に、

「実用していれば良い」が、

「現状の人間社会では、

虚構上の{支配/被支配}が主軸という、

実質的、迷い子たちが、蔓延れてしまっている」。

「迷い子たちが、蔓延り続ける為に必要になっている」のが、

「虚構上の経済システムや権力システム等々」だ。

「もちろん、そんな虚構の維持にこだわり続ければ、

人類自体が虚構化されてしまう事になる」から、

「実際に、多くの人々が、こだわり続けて居る現状では、人類滅亡の日が、急速に近づいて来ている」。

「今時の人類なら、何をするべきか?」は、

「もはや、明らか」だろう』。

『「特に、影響力の大きい、テレビ・ラジオ界の是正・健常化」は「急務」だ』。

|

差別だ!格差だ!と喚くなら、移民・難民問題等や、一票の格差等だけでは無く、職業差別と報酬格差も大問題にするべきでしょ・・・。

『「はっきり言えば、特定極一部の者たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続けて居たところで、人類にとって、ロクな事は何も無い」。

「そんな事をし続けて得られる」のは、

「人間同士の醜い争い等を頻発させる事くらい」だ。

「権力は、

科学レベルで判明している実体や事実・現実に預け、

科学レベルで判明している実体や事実・現実から離れている異常な差別や格差等」は、

「意識的かつ積極的に、早急に是正する事こそ」が、

「今時の人類が行うべき本来の仕事」だ』。

『「人間生活にとって、必要な仕事に、異常な差別が在る現状」は

「異常」だ。

「不当な職業差別状態」だ。

「人間生活に必要な報酬等」に、

「許容されるレベルの、選挙時の一票の格差以上の格差」が

「在って良い訳は無い」』。

『「報酬や権力等」とは、

「本質的には、

一票の格差等より、

遥かに厳しく、

差の正当性や、

実体や事実・現実との整合性が問われるべき事」だ』。

『「ところが、現状のインチキシステム等を大前提」に、

「不当な格差上で、過分な報酬や立場や権力等を得続ける等の

本質的悪事に邁進する」と「共」に、

「本質的悪事を探求している醜悪で劣悪な自分の実体を直視する事から逃げ続ける為」に、

「過分な報酬等を源泉に、

大量消費自慰生活等を続けたがっている愚か者たち」が、

「未だに、少なく無い」』。

『「今時の人類が、本来行うべき最重要な仕事の一つ」は、

「余りにも、科学レベルで判明している実体や事実・現実から離れ過ぎている、

多くの人類の精神文化(個人レベルの問題だけでは無く、政治・経済・社会等、集団レベルの問題も含む)を、

是正、もしくは、正常化、もしくは、健常化する事」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に、急速に進化・発展出来ている物質文明相応の精神文化」を、

「全ての人類が保有する様にならなければ、

進化・発展した物質文明が人類自体を滅ぼす事になる」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の、

本来の文科系の仕事」は、

「人類の精神文化の正常進化に貢献する事」だ。

「物質文明側の進化・発展の速度に対して、

精神文化側が、余りにも遅れている現状が示している事」は、

「現状で文科系の仕事をしている者たちが、ロクな仕事が出来ていない事」に他ならない。

「ロクな仕事が出来ていない者たちに、過分な立場や報酬や権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「不当立場・報酬・権力等は、返納&悪影響相応の罰等が妥当」だ。

「物質文明側の仕事で、ロクな仕事が出来なければ、会社や企業等は、倒産したりしている」。

「精神文化側」では、

「皆が、皆、ロクな仕事が出来ていない状態で、

消費者側も、そんな悪態を容認、もしくは、黙認させられる様に、

情報・教育等で調教されてしまっている状態」だから、

「会社や企業等も倒産せず、過分な立場・報酬・権力等が存在出来てしまっている」。

「こんな悪態の是正は、急務である事」は「言うまでも無い事」だ』。

『「今時の人類として行うべき本来の仕事を行えていない者たち」に、

「過分な立場や報酬や権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「劣悪レベルの仕事しか出来ていない連中に過分な立場や報酬や権力等を与え続けて居れば、人類滅亡が近づいて来るダケ」だ。

「特に、公共の電波を使っているが故に、その影響力も大きい、テレビ・ラジオ界」と「学校教育界」の

「是正は、急務」だ』。

|

乙武不倫問題等って、自民の候補になって無かったら、韓流マスコミ等でこんなに騒がれるているでしょうかねぇ・・・。

『「韓流マスコミ等による参院選(場合によっては、衆参ダブル選)の前の自民叩き&(民進推し)情報配信」は「もはや、哀れの域」だ。

「利日本国・日本国民では無く、利反日国・反日国系の民等政党」では、

「選挙時に多くの日本の有権者からの支持も無理」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ情報や、学校教育等が正常、もしくは、健常なら、

日本の国会等で多くの議席を得られる訳も無い」。

「ところが、

利反日国側で無いと、

韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等による、

ストーカー的、もしくは、スパイ的取材で、

あら捜し等され、

潰し情報等が、

一方的かつ大量にばら撒かれてしまう」のが、

「戦後日本のお寒い実態」だ。

「利反日国側だと、

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師等が、

ロクにあら捜しもせず、

問題が在っても出来る限り軽く済む様に、

出来れば、隠蔽・黙殺等出来る様に、

援護して来ている」のが、

「戦後日本のお寒い実態」だ』。

『「上辺の言葉下手にしても、不倫等にしても、個人レベルの問題は、個人レベルの問題に過ぎ無い」。

「国政で、日本側に立つのか?反日国側に立つのか?」等は、

「多くの個人レベルの問題より遥かに重要な、

まともなマスコミなら積極的に取材し、

情報配信するべき問題である事」を、

「有権者は、絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「個人レベルの問題を大問題化しているクセ」に、

「国政上の重大問題である、どれだけ日本国・日本国民の為になるのか?」は、

「ロクに問題にしていない、実質的、似非マスコミ、もしくは、反日他国人脈の情報工作機関等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

共産党系の者の家からも、工作電磁波が出始めている・・・。

『「以前は、圧倒的に、朝鮮系(北朝鮮の拉致工作等にも協力している可能性大の者たちも少なく無い)や旧社会党等系(組合・労組・関連設備業者等々)や新興宗教団体系の者たちが絡んでいる所と強く推定される場所等から、発生させられている場合が多い工作電磁波」だが、

「本日、街中を歩いていたら、何と!今までは、全く無縁の様相だった、共産党系と強く推定される家からも、工作電磁波が発生していた」』。

『「野党共闘の内実」が

「工作電磁波等使用等の手段も使う、不適応分子の粛清等込み」なら、

「本当に深刻な事態」だから、

「警察等やマスコミ等は、もちろん」、

「共産党も、確信犯等では無いのなら、この辺りの実状を良く調べるべき」だ』。

『「外出時には、携帯電話を悪用したターゲット追尾&電磁波照射手段が用いられている事を、知っている筆者」は、

「今回は、携帯電話を、家に、置いて歩いていた」。

「工作電磁波は、頭や顔に向かって当てられて来た」から、

「顔認証でも悪用している可能性大」だ。

「何れにしても、非人道的な電磁波工作(未だ、強化実験中的要素も強いのかも知れないが)は、直ちに、駆逐されるべき事」だ』。

『「電磁波粛清工作がある程度以上強化されてしまう」と、

「一気に、外し指定ターゲット以外の、多くの日本国内に居る人々」が、

「その犠牲者にさせられてしまう可能性も決して小さく無い」。

「つまり、電磁波粛清工作という非人道的手段」によって、

「ある種の独裁王国的状態等をつくり出す事が出来てしまう可能性も、

決して小さく無い」』。

『「そんな事の準備」が、

「結構大規模に行われている実態」が、

「既に在る」』。

『「もちろん、筆者の様に個人レベルでも既に気付いている人々も、決して少なく無い筈」だから、

「もしかすると、選挙等のタイミングに合わせて、一気に一斉摘発という事態もあり得るかも知れない」。

「そうなると、係わっている政党等は、全滅状態になる」だろう。

「その後の日本社会がどうなるのか?」等も、

「想像に難く無い筈」だ』。

『「非人道的な電磁波等悪用粛清工作等を続けて居る」なら、

「帰化や日本国籍等まで無効とされ、母国・祖国等に強制送還等」という「事態」が、

「近未来に待っている者たちの数」も、

「決して少なく無い事になる」』。

『「果たして、日本社会の近未来は?」

「正常化・健常化する方向に動かないのなら、

人類滅亡が、決定かも」・・・』。

|

移民・難民・テロリスト・・・。

『「何故、移民・難民が出るのか?」「もちろん、元の国の状態が悪いから」だ。「どうして、元の国の状態が悪くなるのか?」

「その原因は、それぞれ違う」。

「元の国の政治体制等が悪い場合も多い」。

「他国由来の戦乱に巻き込まれてしまっている場合もある」。

「侵略~植民地支配旺盛時等では、侵略や植民地化されている場合もある」。

「もっとも、侵略~植民地支配される国々とは、侵略~植民地支配する側より、武力比べっこ面で劣っていたのが現実」だ。

「世界情勢が武力比べっこによる支配権争いだった時代に、

侵略~植民地支配化に対抗出来る国内状態の構築が出来ていなかった事=その国のその当時の政治・文化体制等が劣っていた事に他ならない」』。

『「例えば、人権無視の特定極一部の血族等による独裁支配体制下の国の一般市民等」なら、

「他の国に、移民・難民として、逃れたくなるのも、当然」だ。

「経済状態や環境状態等が悪ければ、尚更」だ。

「劣悪な国政は、移民・難民の元」になる。

「更に、そんな国が、被侵略~被植民地支配国等だった場合」は、

「元々、侵略~植民地支配等されてしまう程に、他の国々との差が大きかった事になる」』。

『「侵略~植民地支配等後」には、

「侵略~植民地支配等側の文化等が多く流れ入る」。

「元々の状態より、文化等の水準が上がっている場合も少なく無い」。

「侵略~植民地支配等をした側」が、

「人種・民族・血統等を基軸とした人権を無視する独裁政権等の劣悪政権等では無いのなら、

元の状態よりマシになっている国々から、

基本的には、移民・難民の必要は無い」』。

『「そして、侵略~植民地支配等を{行えた}側の国々」も、

「移民・難民を、受け入れ、或いは、流入している国々」も

「その状態は、当然、理想状態では無い」』。

『「移民・難民には、それぞれ状態に応じた基本資質が在る」。

「元々、劣悪独裁支配国等下で育った人々」が、

「覚えられている」のは、

「支配・被支配構造等」だ。

「その様な状態の人々にとって」は、

「いくらかはマシな国々が劣悪独裁国等を侵略~植民地支配する事等により、

自国内の状態が、劣悪独裁状態よりマシになった事等」も、

「単なる、新たな支配等と、勘違いして、思い込み易い」。

「以前よりは、状態がより良くなった事等を現実通りに受け入れる事より、

新たな、しかも、元々の自国民では無い者たちによる{支配}を嫌悪する事の方が、

先に来易い状態が其処に在る」。

「内実が、悪い政権からの{解放}であり{新たな支配}では無くても、

元々が、劣悪独裁支配等下に居た人々の、

考え・思い上の解釈では、

支配が先に来るから、

支配を基軸に者物事を理解しようとしてしまう事になり易い」』。

『「その様な状態の者たちが、移民・難民等として、受け入れ他国に行けばどうなるのか?」

「受け入れ他国の文化に順応する事」より、

「受け入れ他国の中で、

劣悪政権下で覚え込まされている支配・被支配の構造を実現する事等」を

「考え・実践し易くなる」』。

『「その様なベースを保持してしまっている移民・難民」は、

「基本的に排除し、

母国・祖国に帰し、

{素直}に母国・祖国の状態を良くする事等を頑張ってもらう事等を支援する」のが、

「本来は、合理的」だ』。

『「逆に、その様な状態の移民・難民等も、受け入れたまま」なら、

「支配側に立てない事自体が、テロの動機に成り得てしまっている状態が生まれている事になる」』。

『「差別の前には、区別される要素と、問題行動や不順応が在る」。

「元々、移民・難民として、区別されて来た人々」が、

「問題行動等を起したり、

移民・難民先に馴染まなければ、

丸ごと一人の死生観等までもが、未だに、少なからず蔓延っている現状の人間社会」では、

「差別が生まれ易くなるのも当然の現象」だ』。

『「移民・難民たち」は

「移民先では、新参者として、移民先の文化や社会等に対して、謙虚であるべき」だ。

「そして、移民先の文化や社会に馴染めない」のなら、

「祖国・母国に帰るべき」だ。

「そして、素直に、祖国・母国をより良い状態にする事を頑張れば良い」。

「その為に支援・協力等が必要なら、支援・協力等を訴えれば良い」』。

『「受け入れ側の国々も、

悪戯な移民・難民受け入れでは無く、

移民・難民排出国の状態改善に軸を移すべき」だ』。

『「移民・難民等が、

家庭内代々話等で、

移民先を移民元の文化等で染め上げる支配工作等を画策し続けて居る」なら、

「実体としては、排除や強制送還されるのが当然の存在になっている」。

「祖国・母国の文化や社会より、移民先の文化や社会が馴染む人々のみ」が、

「平和共存者として、移民・難民先に、残れば良い」』。

『「丸ごと一人の死生観等が横行している人間社会の中なら、

差別されて当然の実態・実体等を露呈していながら、

上辺の差別や貧困ダケを訴え、

実態や実体を黙殺している、

インチキ情報等の先に在る」のは、

「テロの増大であり、人類滅亡」だ。

「何事でも、本質から紐解かなければ、落ち着くべき所に落ち着く訳も無い」。

「移民・難民問題でも、

悪戯にタブー視等せず、

移民・難民の本質から紐解くべき」だ』。

『「戦乱は、先ず、止める事」だ。

「今時は、もう、侵略~植民地支配等は、基本的に無い」。

「未だに、侵略を企み、小規模軍事や、工作等の手段で、

実行している姑息な国々等は、

大いに非難され、

その悪事を直ちに止めさせられるべき」だ。

「止めないのなら、侵略等を行っていない全世界から、徹底排除されるべき」だ。

「そうすれば、残るのは、

今時なのに、未だに、侵略等を行っている劣悪者同士の潰し合いになり、

最終的には、

それらの劣悪国等は、

消滅する」』。

『「上辺による悪戯な差別を止めさせる事」は、

「現状の多くの人類が解決すべき精神文化の問題」だ。

「丸ごと一人化した考え・思いによる納得ダケに安住せず、

今ではもう、科学レベルで判明している

細胞ごとの誕生・死という

人類を含む地球上の生物の実体や事実・現実も、

ちゃんと実用する事」で、

「人類の精神文化は正常進化する」』。

『「丸ごと一人化上のみ」という「縛りから解放される」なら、

「丸ごと一人化の延長線でしか無い、●●人だから、●●教徒だから・・・等に縛られる訳も無い」。

「●●人とは、人類も含む、地球生命体細胞群の長い歴史の中から、極短い、しかも、科学レベルでちゃんと特定されている訳でも無い、部分」を、

「考え・思い上で、偏重させようとしているダケ」だ。

「●●教徒を問う前に、宗教の実体を問う」なら、

「考え・思いによる納得法でしか無い宗教に過剰な価値を与える事も無くなる」。

「●●教徒である事が、問題なのでは無く、

考え・思いによる納得レベルを偏重し過ぎている事が問題になる」』。

『「それぞれの考え・思い同士の対決」では、

「世界平和は無理」だが、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実が示している事」は、

「生きている人類誰も」が、

「地球生命体細胞群という広義の自分の内で、今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞の塊」だ。

「狭義の自分の実体把握が出来、狭義の自分ダケを偏重せず、広義の自分を忘れない」なら、

「世界平和も、地球環境問題の解決も、当たり前」になる』。

『「優先すべきは、考え・思い上の納得に過ぎ無い、現状の経済システムや、支配権争い等々では、断じて無い」。

「人類誰もが、自分の実体の本来の目的である存続~永続を可能にする事に貢献する事」だ。

「現実に得る事が出来る永遠の命は、其処に在る」。

「自分の実体やその実体の本来の目的に叛き続けて居る愚か者たちに与えられる場所」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上」だ』。

|

テレ朝等では、ベルギーのテロを受けて、常連出演者等が「過激主義」を優等生ぶって非難していたが・・・。

『「過激な程、特定極一部の者たちを常連出演させているのが、現状の日本のテレビ」だ。

「そんな状態下で、過激主義の恩恵を受けている常連出演者たちが言う、テロリスト過激主義非難論等」は、

「自らの過激利権を維持~増大する為のお手盛り論の域を出ていない」。

「公共の電波上」なのに「常連出演者たち等」が、

「実に、プアな論しか言えない場合が多い裏」には、

「過激利権」や、

「実権者人脈の問題」等々、

「相応の悪いベース」が「在る」』。

『「武力を使った過激主義を非難し、解決の為には、話し合い等を言う」のは、

「実に簡単」で、

「其れこそ、学者バカ風に優等生ぶれば、何処の誰にでも言えるレベルの話し」だ。

「実際の問題は、その先に在る」。

「話し合いが成立しないのは何故か?」等から、

「先」こそが、

「公共の電波を使ってワザワザ配信する意味がある情報内容になる」』。

『「話し合いが成立しない、或いは、成立しても、不平・不満等が残り、増大してしまう」のは、

「何故か?」

「考え・思いが違う者たち同士」が、

「それぞれの考え・思いを持ち寄って、話し合う場合」、

「自分たちの考え・思いダケを優先する者たち」と、

「他の者たちの考え・思いも優先出来る者たち」とでは、

「話し合い上で求めている結果が、最初から違う」。

「その様な場合、話し合いが成り立つ」のは、

「他の者たちの考え・思いも優先出来る者たち側が譲歩した場合」だ。

「そして、話し合いの結果」は、

「自分たちの考え・思いダケを優先する者たちを有利にするダケ」だ。

「当然、不満が残る、というより、不満がつくり出されている実態が其処に生まれる」』。

『「話し合いダケなら、話しは、比較的単純」だ。

「ところが、実際の人間同士の交渉事」では、

「話し合いの裏に、武力や金権や宗教等が付き纏っている」。

「武力を基に、自分たち側の考え・思い等を無理強い」したり、

「金権を基に、自分たち側の考え・思い等を無理強い」したり、

「宗教を基に、自分たち側の考え・思い等を無理強い」したり、

・・・等々して、

「数多くの不平・不満等を、自ら、製造して来ている」のが、

「超自虐的な人類史の実態」だ。

「超自虐的な人類史上」では、

「話し合いだけで終わらない場合、武力実使用のどちらが強いか?比べっこになった」』。

『「核兵器まで保有」し、

「大々的武力実使用のどちらが強いか?比べっこが出来なくなっている

現状の人類社会」では、

「金権比べっこが蔓延っている」。

「大々的な武力使用こそ控えられている」が、

「基本は変わっていない」ので、

「当然、不平・不満は解消される訳も無く、益々増大し続けている」。

「そんな現状の人類世界の中」で、

「武力も金権も他に勝てる程保持していない集団等」が、

「宗教をベースにした比べっこ上に

不平・不満を持つ者たちを集い、

小火器等の武力を使ったテロ等の手段により、

自分たちの集団の存在や考え・思い等を

他の全ての者たちに認めさせようとする事態を引き起こしている」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「振り返れば、判る事」だ。

「最初から、テロ等の過激主義等が在った訳では無い」。

「武力や金権等がベースの話し合いや、話し合い決裂時の武力比べっこ等が基」で、

「その基の話し合いや武力比べっこ後の後処理話し合い等」が

「内実破綻しているから、過激主義も生まれて来ている」。

「テロを非難して、話し合いを!」等と訴えても、

「それダケでは、不平・不満等が益々増大するダケ」だ。

「話し合いを言う」なら、

「不平・不満等を解消出来る話し合いを言わなければ意味が無い」』。

『「それでは、どの様な話し合いなら、不平・不満等が解消出来るのか?」

「言うまでも無く、考え・思いレベルの話し合いではダメ」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を、

双方ともが、実使用する事で、

合意を生み出す話し合い」こそが、

「肝要になる」。

「つまり、考え・思いの比べっこで支配権を争うのでは無く、

科学レベルで判明している実体や事実・現実に権力を預け、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を共有する事」が

「必要」になる』。

『「ここで、考えるべき」は、

「その様な話し合いを成り立たせる為のベース」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を理解・把握出来ない状態」では、

「お話しにならない」から、

「先ずは、全世界レベルで、情報・教育を正常化・健常化する事が重要」になる』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する」なら、

「現状の所謂先進国側の人間社会にも、是正すべき者・物・事が多々在る」。

「政治でも、経済システムでも、社会システム等々でも、

未だ未だ、考え・思いレベルの部分が多々在る」。

「特定極一部の者たちが、過激な程に常連出演という状態も、その一つ」だ。

「一方的に情報を配信出来ている上に、

視聴者数も決して少なく無い、

民放キー局等の公共の電波上で、

姿を見せ、論等を言ったりする事」とは、

「その度ごとに、

一度に、~何十万~何百万~人もの人々の前で、

実質的には、演説等が行えている事」だ。

「常連出演者等とは、そんな状態が、何度も出来てしまっている超超特別扱い状態の者たち」だ。

「特定・極一部の常連出演者たちの内実」として、

「超超特別扱いに相当する内実が在る者は、実質的に皆無」になる。

「同じ人類である以上、基本的に、超超特別扱いの内実を保持出来得る訳も無い」。

「それは、超、大金持ち・資産持ち・大権持ち等々でも同様」だ。

「テレビ常連出演等」とは、

「大金持ち・資産持ち・大権持ち等々、同様、排除・規制されるべき悪事」だ』。

『「超大金持ちや、超資産持ちや、超大権持ちや、超有名人や、テレビ常連出演等々の、実質的過激主義悪事等を

温存した/させたまま、

テロだけを過激主義等と非難していても、

人類世界の不平・不満が解消される訳も無い」。

「過激主義を止めさせる為には、常連出演等々の過激な状態も積極的に是正するべき」だ。

「常連出演者等にとっての他人が行うテロを止めるのは困難」だが、

「常連出演者が、常連出演という自らの過激悪事を葬り去る」のは、

「自らの実体に叛かない善意等が在るなら、簡単」だ。

「それは、超大金持ちでも、超資産持ちでも、超大権持ちでも、・・・等々でも、全く同じ事」だ。

「自らの実体に叛き続けた超愚かな自虐者たち」は、

「有名であれば有名である程、

近未来に置いて、置かれる事になる永遠の恥辱に染まる道の上での名前も大きくなる」。

「是正は、お早目に!」』

『「不平・不満等の基が、自らを是正して行く」&

「世界中の情報・教育が正常化・健常化される」なら、

「科学レベルで判明した実体や事実・現実に基づいた不平・不満等の解消に直結している話し合いも容易になる」&

「テロの必要性も消失して行く事になる」。

「当面の現状対策的抑止策」と「共」に、

「意識的かつ積極的に行うべき源流対策が其処に在る」』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上での名前をより大きくする」と「共」に、

「テロ等を継続させ、人類滅亡を誘いたい」のなら、

「常連出演等も続ければ/続けさせれば良い」。

しかし、

「自分の実体に叛かず、人類の未来を明るいものにしたい」のなら、

「是正は急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の健常化」は「急務」だ』。

|

北朝鮮崩壊しないゾ!論が風潮されている事=北朝鮮崩壊が現実味を帯びて来た事・・・。

『「北朝鮮の様な先軍独裁体制国家が存続し続ける為」には「当面は、その独裁国家ダケで、全世界と渡り合える量の核兵器等を保有する事や、その裏の工作活動等により、全世界に無理やり、先軍独裁体制国家を認めさせ続ける事」であり、

「終極的には、その独裁体制国家が全世界の支配者となる事」だ。

「北朝鮮の存続を容認する事=北朝鮮による核兵器開発の継続とその裏で行われ続けて居る工作活動等を容認する事」だ。

「もちろん、そんな事態」を「世界中の多くの国々が認める訳も無い」』。

『「だから、実際に、

北朝鮮が核やミサイルの実験等を行えば行う程、

国連決議等も厳しくなって来ている」。

「そして、更に、北朝鮮が核やミサイルの実験等を行い続ける」なら、

「経済制裁が一気に軍事制裁に化ける事態となる程までに強められる事等」は「明白」だ。

「現状なら、

未だ、北朝鮮の核兵器量も多く無く、

韓・米・中・ロ等との軍事力格差は絶大なので、

北朝鮮を崩壊させる為の戦争の被害」は、

「それ程は、大きくならない」。

「トップ暗殺等の手段なら、より被害も小さくなる」。

「しかし、{被害の少ない}戦争や、トップ暗殺等による、北朝鮮崩壊が可能な時は、それ程長くは、残されていない」。

「北朝鮮が、一気に数十発の核ミサイルを撃てる様になってしまうと、被害も大きくなり過ぎるから、戦争も暗殺も、非常に行い辛くなる」』。

『「戦争抜きで、北朝鮮の体制改善を望む事は不可能」だ。

「何しろ、自国民の側近や幹部まで含む大量粛清まで行ってしまっている独裁者」だ。

「そんな独裁者を温存する事=恐怖政治&有益分子の育成・不適応分子の粛清政治の温存となる」。

「独裁者が持つ核兵器やミサイル等々の、本当の照準」は、

「北朝鮮国民も含む、独裁者以外の全ての人類」だ。

「全ての人類を支配出来ない限り、独裁者は否定される事になる」から、

「独裁者にとって、独裁者以外の全ての人類を支配する事は、至上命題」だ。

「その為の表の見せ球が、核やミサイルであり、

裏で実行されている独裁実現の為の策が、

日韓等乗っ取り支配の為の数々の工作活動」だ』。

『「北朝鮮独裁者には、悪の策略が在る」。

「見せ球である核・ミサイル等の裏で、連綿と行い続けて居る工作活動等により、

日韓の乗っ取り支配に成功したら、

次々とその支配範囲を広げて行く」のが、

「北朝鮮独裁者による悪の千年シナリオ」だ。

「北朝鮮独裁者が、乗っ取り支配工作に成功し、

日韓レベルの先進技術等も得ると共」に、

「米・中・ロ等と対抗出来る量の核兵器も保有した」なら、

「次は、中国やロシア等の乗っ取り支配工作を行う事になる」。

「中・ロ等の乗っ取り支配が実現すると、もはや、イスラム圏の国々は、追従せざるを得なくなる」。

「最後に、EUや米国まで支配下に置けば、独裁の完成」だ。

「北朝鮮独裁政権の本当の目的」は、

「工作活動による独裁支配千年策略」で、

「工作活動継続の為の見せ球的盾鉾が、核やミサイル」だ。

「朝鮮民族というダケで、世界一優秀で全世界の他の民族の人々を支配すべき等と思い込んでいる、実質的には、カルト宗教信者的者たち」等が、

「悪の独裁支配千年策略に同調している」』。

『「北朝鮮、もしくは、実質的カルト宗教信者たち」は、

「先進諸国の数十年遅れの核やミサイルの開発等」でも、

「独裁政権のとりあえずの存続」と、

「工作活動を続ける為の、

見せ球的盾鉾」としては、

「必要十分と成り得るから、

行い続けて居る」。

「核兵器の数が増えれば増える程、

見せ球的盾鉾の裏で工作活動を仕掛けられる範囲も広がる事になる」』。

『「そんなカルト宗教信者団体的な、

北朝鮮独裁政権等を、

何時まで存続させるのか?」

「即刻解体させたい」等というのが「世界中の共通認識」だろう。

「今、北朝鮮を除く、関係各国間で、行われている事」は、

「北朝鮮崩壊後の後処理話し合い」だ。

「其処で合意がつくられた途端、北朝鮮の政権を一気に潰す作戦が実行される」だろう。

「恐らくは、北朝鮮に、タダの一発も核ミサイルを撃たせずに、それこそアッと言う間に、制圧する事になる筈」だ』。

『「現状で北朝鮮の手先となり、工作活動を行い続けて居る者たち」が、

「今後も、工作活動を続ける」なら、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事」は

「既に、決定している」』。

『「不健常な独裁体制が取り除かれた後の北朝鮮」は、

「韓国同様の状態になる」。

「北朝鮮崩壊時には、相応に、漁夫の利を得る中国共産党」だが、

「中国共産党の近未来」も「何れ、北朝鮮独裁者に準じる事になる」。

「中国は、何れ、幾つかの国々に分かれ、基本的に民主化される事になる」』。

『「経済発展と民主化には、基本的に大きな相関関係が在る」。

「独裁体制下での良い経済の実体」は、

「偶々、金になる資源が在るか?」

「金融等現状経済システム上で有利な仕事で実質的にインチキしているか?」等だ。

「物質文明や精神文化の健常進化を実現したが故に豊かな製品をつくり出す事等に成功して、経済発展等出来る」のは、

「民主化レベル以上の政治精神文化進化状態が在る所に限られる」。

「何故なら、科学レベルで判明している実体や事実・現実を自由自在に組み合わせて新たな良い者・物・事を生み出す土壌」は、

「秘密警察等」や、

「情報統制等」や、

「有益分子の育成&不適応分子の粛清」等を

「必需とする独裁体制等の低レベル政治体制上」には、

「生まれ得ないから」だ』。

『「低レベル政治体制からの解放を言わない政治学者等」とは、

「実質的に、独裁者等の手先」で、

「そんな状態の者たちが、北朝鮮は崩壊しない等と言う」のも、

「また、当然過ぎる程、当然」なのかも知れない。

「北朝鮮は崩壊しないと思い込ませる事」等も、また、

「核・ミサイル実験同様に、工作活動を継続させる為の力添えになる」。

「日米安保の深化に賛同する様な事を言って、

上辺では、如何にも、所謂左翼では無く、

むしろ、保守側の人間の様なフリをしていても、

内実では、

北朝鮮等による工作活動継続の為の応援情報・・・では」・・・。

「そんな政治学者???」等からは、

「何処と無く、保守政治家と言われながら、

行った事は、中国共産党を表敬訪問等という、

小沢氏等と

相通じる臭い」が、

「漂って来る」』。

『「北朝鮮が崩壊しない」のと、

「北朝鮮が崩壊する」のと、

「どちらが、より多くの人類にとって良い事態をもたらすのか?」

「当面の戦争やトップ駆逐作戦等を避けて、

悪の千年策略の実行を続けさせる自虐業」は、

「多くの人々が、もう、いい加減に卒業するべき事」だ』。

『「人類滅亡を避けたい」のなら、

「北朝鮮は早々に崩壊させるべき」だ。

「時としては、今年の4月~6月くらいが適切」だろう』。

|

TBSでは、未だに、周りから同じと見なされる環境下で育っている割合が多い一卵性と、周りから同じ誕生日でも別人と見なされ易い二卵性の環境差を無視した遺伝子論を風潮していたが・・・。

『「オチャラケ、人類とは?等論」では「問題行動の対処には暗示、或いは、実質的催眠療法等」、「一卵性と二卵性の双子の環境差」から「二卵性の場合、外観からも、別人と見なされ易い場合が多くなる重大な環境差等を無視して、遺伝子偏重状態」という、「酷さ」だ。

「コレでは、人がモメるのも、当然過ぎる程、当然」だ。

「人がモメる原因」は、

「実体や事実・現実の共有が出来ない状態が出来てしまうから」に「他ならない」。

「つまり、実体や事実・現実に届く情報・教育こそが重要」だ。

「今時なら、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用すれば良い」。

「二卵性という見た目からして違う場合の、他の人々の受け止め方や扱い等」も、

「実体のある事実・現実に他ならない」から、

「其処を無視した、悪戯な遺伝子偏重論等では、お話しにならない」。

『「特定極一部の人々の、

考え・思いによる納得法の域を出ない、

遺伝子論や、

暗示や実質的催眠等」では、

「本質的にモメ事を解消する事は出来得ず」、

「実体を無視した偏重・偏向論等の風潮」は

「モメ事を製造~育成等している様な事」だ。

「そんな論を、さも、正論であるかの如く、公共の電波上で、優等生的に、一方的に大量配信している」のは、

「実質的には、

おバカや悪たち」だろう。

「劣悪性が分かれなければ、おバカ」だし、

「分かっていて、情報配信しているなら、悪」だ』。

『「そんな番組」でも、

「もちろん、多少は、当たり前の事も言っていた」。

「全てが、いい加減・・・では、いくら、優等生ぶっていても、誰も、信じないから」だろう。

「幾多の詐欺や新興宗教等の勧誘等と同様」に、

「誰もが分かる本当の事を利用して、特定極一部の者たちの考え・思い等で他人や大衆等を操ろうとしている実態が其処に在る」。

「例えば、人類程高等生物になっていない生物に、人類で言うなら、不倫やストーカー的実態が在る事等」は、

「事実・現実」だから、

「その実態を言うのは、ある意味では、当然」だ』。

『「ところが、そこでも、ある意味では、上辺の現象より遥かに重要」な、

「人類の様な高等生物が、

人類としての目線や価値観を、

悪戯に、

人類程高等生物では生物に、

投影・転嫁・同一視等している事の問題について」は、

「満足に言っていなかった」。

「肝要な事」は、

「先ず、不倫やストーカー等の認知自体」が「相応に高度な事である事を理解・把握する事」だ。

「この理解・把握抜き」では、

「不倫やストーカー等の行動自体を、高度な認知の下に収める事」が、

「本質的に、不可能になる」。

「本能的と捉えている限り、本能自体を変えなければ、本質的解決は出来得なくなる」ばかりでは無く、

「高度な認知野の健常進化も求めない」。

「つまり、愚民を愚民のまま支配・コントロールし続けたい」のなら、

「暗示や実質的催眠等で、本能を司っている脳部位に働きかける対症療法等ダケを推奨したくなる」のだろう。

「それでは、本能の完全変換は出来得ない」から、

「暗示や催眠の効果が切れれば、また、元の黙阿弥で、暗示・催眠等商売のお得意さん・・・」で、

「愚民のままの人々から、集金する事が目的等」の、

「実質的、悪者たちには好都合」だ。

「人類としての本来の解決法」は、

「先ず、人類の特長である大脳新皮質の健常活用を誘う事」に他ならない。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」が「最初」だ。

「自分で自分を健康にコントロールして行く上で、

より深い部分での自己制御が可能となり、

結果として、

本能野まで、

自己制御可能となれば、

良い」。

「その様な道筋で問題解決が進む」なら、

「問題解決出来た者は、その面では、医者要らずになる」。

「暗示や実質的催眠等ダケ」では、

「その効果が切れれば、医者や療法士等が必要になってしまう」。

「この差は、絶大」だ。

「本質に至らない対症療法のみの喧伝」とは、

「実質的には、モメる原因をつくり出している事」だ。

「本当に劣悪」だ』。

『「劣悪者たちは、人は集団になるダケでもめる」等と、

「もめる状態の維持やもめる事の公然化等{工作}にも、必死」だった。

「もちろん、言うまでも無く、

実体や事実・現実の把握・認識・共有が可能である限り、

人類の集団に必然の状態」は、

「人類誰もが、

地球生命体細胞群という広義の自分の一塊同士なのだから、

世界平和」だ。

「実体や事実・現実の共有を他所」に、

「比べっこや、特定極一部の者たち等の考え・思い等を優先させようとした途端に、モメる」のは、

「ある意味、当然の現象」だ。

「比べっこという、自虐ゲームをより効率的に行う為に便利な工夫が、意志統一」で、

「意思統一の為に便利な道具が、リーダー」だ。

「あるリーダーの下で、ある比べっこで勝利した事に、過分な価値等を与える」なら、

「あるリーダーの下の利権集団がつくれてしまう」。

「そんな利権集団同士が、比べっこを行えば、

戦争等の事態になるのは、

自然の摂理」だ。

「何が悪いのか?」

「言うまでも無く、

実体や事実・現実に叛いて、

特定極一部の者たちの考え・思い等に執着して、

動いたり、比べっこしたり、する自虐が悪い」のだ。

「自虐業・自虐行等において、リーダーに任せて手を抜きたくなる」のは、

「当然の事」だ。

「自虐業・自虐行等で、頑張るより、自分の実体やその実体の本来の目的に叛かない事で頑張る方」が、

「遥かに実充実感を得られる」のが、

「ベースの状態」だ。

「もちろん、そんなベースの状態に任せているなら、世界平和が当然になり、

劣悪者たちの特定極一部の考え・思い等は、退けられる事になる」から、

「劣悪者たち」は、

「例えば、武権や金権や名誉権や異性分配権等々によって、

特定極一部の者たちの考え・思いの下で、

多数の人々を操りたがる」』。

『「劣悪者たち」とは、

「自分の実体を深く探求し、

今時なら、科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいて、

自分で自分を健康にコントロールし続ける前に、

特定の考え・思い等を偏重し、

上辺の他の者・物・事に悪戯に自分を投影・転嫁・同一視等したりして、

自分を誤魔化し、慰め続けようとしている者たち」だ。

「古の時代は、科学レベルで判明させる事が出来ている実体や事実・現実が非常に少なかった」から、

「人は、誰でも、考え・思いに縋るしか無かった」。

「例えば、丸ごと一人の死生観や、宗教等」とは、

「そんな古の時代の英知の結晶」でもある。

「しかし、もちろん、いくら英知の結晶でも、実体や事実・現実離れしている部分が、多々在った」から、

「多くの人々が、より、実体や事実・現実を明確に暴き出そうとして来た」。

「科学レベルの検証手段が次々と生まれ、数多くの者・物・事が、科学レベルで、実体や事実・現実を暴き出されて来ている」。

「多くの人類が、科学レベルで暴き出された実体や事実・現実の物質文明側での実用を躊躇しなかった」。

「結果として、人類の物質文明は、急速な進化を実現し続けて来ている」。

「ところが、人の考え・思いにも大きな係わりが、ある精神文化側」では、

「多くの人々が、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用に躊躇したまま・・・」だ。

「未だに、考え・思いによる納得レベルに過ぎない宗教等に執着し過ぎている人々も数多い」。

「集団の暴走を食い止めるたり、モメ事を解消したりするのに必要な事」は、

「特定極一部の、考え・思いによる納得レベルに執着せず、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育・ネット等々という上辺が重要なのでは無い」。

「特定極一部の考え・思いなのか?」

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているのか?」が、

「重要」なのだ。

「それなのに、未だに、上辺に拘らせる劣悪論で、視聴者を操りたがっている様相」の、

「番組等は、本当に醜悪」だ』。

『「ネットを無理やり悪者扱いしようとしていたり、

ネットを利用して、

ゲイノウ人の宣伝まで行っている様相」は「本当に醜悪」だ』。

『「ゲイノウ人に嫉妬等とは、お手盛り論」だ。

「はっきり言えば、

現状の日本のテレビ上の多くのゲイノウ人や常連出演者等」は、

「本質的に、羨ましいと思える存在では無い」。

「永遠の恥辱に染まる道の上を歩み続けるのはいい加減におやめなさい!」等と

「言ってやるしかない」くらいの「劣悪な存在」だ。

「本質的に行っている事」が、

「人類の存続~永続への多大な貢献等では無く、

現状の中に、現状であるが故に生まれている、過剰で過分な、偏在利権等をそのままに、

その中に狭義の自分を置く事で、

過剰で過分な報酬や利権等を得て、

実質的には、大量消費自慰行為等を行い続けて居る様な者たち」とは、

「非難等の対象にはなっても、憧れ等の対象になどなる訳も無い」。

「実体として醜悪な者・物・事を実体通りに、醜悪だ!等」と

「責める」のは、

「ある意味、人類として必要な防衛本能」でもある。

「実体として、劣悪な者・物・事の放置」は、

「人類滅亡を誘う特急券に他ならない」』。

『「今の日本社会で必要な事」は、

「オリンピック・エンブレム等の問題より遥かに重要な事」は、

「戦後日本のテレビ界」を、

「日本国・多くの日本国民にとって正常な人脈の者たち」が、

「実権を持ち、

正常な情報配信が行える様に

健常化する事」だろう。

「まるで、政治の言葉の揚げ足取りの如く、上辺ダケに拘らせ、

内実では、反日他国人脈等の不当な考え・思いに基づいた者・物・事等を利している状態等」は、

「早々に、葬られるべき事」だ。

「ネット情報が話し半分」なら「現状の戦後日本のテレビ情報は、話し三分の一」だろう。

「個人レベルでも、集団レベルでも、モメ事の解決に必要な事」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の理解・把握と実用」だ。

「科学レベルで判明している同じ者・物・事を共有するなら、其処に在るのは、共感等であり、モメ事では無い」。

「モメ事を公然化し、ルールや力で、モメ事を解決」とは、

「ルールや力を持つ者が支配権を持つ事の公然化」だが、

「実際に、力を持たせるべきは、特定極一部の者等やその者たちによるルール等では断じて無い」。

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実」だ。

「特定極一部の者たちの考え・思い等を強いる悪事」は、

「早々に、葬られるべき」だ。

「今時のテレビ界の人間として、本質的に求められている重要な資質」等を、

「満足に備えていない様相」の、

「おバカや悪たち」に、

「日本の公共の電波を使う、過分な仕事や権力や、それに伴う過分な報酬等を与え続ける必要は全く無い」。

「戦後日本のテレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

当方に仕掛けられている電磁波工作の実態・・・。

『「摘発をより容易にする為に、具体的な実態を記して置きます」。「変更があれば、その都度記す予定」。

「基本的な手口」は、

「上方向に居る工作員」が「当方の居場所を執拗にポイントアップ」。

「その為、1~2名は常に常駐し、当方が、リビングに居れば、リビングの上、トイレに行けば、トイレの上、風呂に入れば、風呂の上、寝室に行けば、寝室の上に、最低でも1名が付き纏って、ポイントアップしている」。

「そのポイントアップ地点に向かって、

ポイントアップ地点で焦点を結ぶ様に、

上・下も含む多方向から工作電磁波を当て続けて居る」。

「焦点の大きさは、直径数センチ程度の場合が多い様」だ』。

『「多方向に、多数仕込まれている電磁波発生機には、ある程度の方向調整機能が備わっている様で、

小移動では、方向調整で対応している」。

「移動が大きい場合は、使う電磁波発生機を変えている」』。

『「電磁波発生機は、その仕込み場所によって、その出力に違いがある」。

「上下方向の様に、一般住宅内のモノは、相応に出力も小さい」。

「作業小屋や、店舗や、教室???等の方向からのモノは、それぞれ、それなりの出力が有る」ので、

「距離が離れていても、結構な強さの工作電磁波がやって来ている」』。

『「焦点を結ぶ地点付近では無いと、感知し辛い様に工夫されていたり、

一カ所から非常に高い出力の工作電磁波をレーザー的に発生させるのでは無く、

多方向に多数の電磁波発生機構を仕込み、

ポイントアップした地点で、焦点を結ぶ様に、使っている」。

「そして、工作員が、工作電磁波を当てながら、執拗にポイントアップし続ける事で、

どのくらいの期間で、どの程度の効果が出るのか?の検証実験等を行っている様相ですらある」』。

『「当方の場合」は「電磁波工作の存在に気付いた時点から、対策を行い続けて居る」ので、

「工作電磁波が当たる」と「マイナスイオン(プラス側もある様だが)が発生するダケ」で、

「実効は出ない」。

「対策を施すと、対策していないところから、何とかして、工作電磁波を当てようとし続けて来る」ので、

「仕方なく、金と時間をかけて、また、その方向も対策を施す」。

「そうすると、今度は、工作電磁波の出力を上げて来る」。

「其処で仕方なく、対抗処置として、対策箇所も強化する」。

「ここ何年も、その繰り返し」だ』。

『「工作電磁波による悪の実効は出ない」が、

「金と時間をかけて、対策をし続けさせられている」ので、

「大いに迷惑」だ。

「しかも、ポイントアップし続けている連中とは、覗き続けて居る連中に他ならない」。

「明らかなプライバシー侵害行為」だ。

「覗き続けて居て、ポイントアップし続け、傷害~致死狙いと強く推定される工作電磁波を当て続けて居る」のだから、

「その悪質性は、もはや、言うまでも無い」だろう。

「こんな事を行い続けて居る連中」が、

「現実として、確実に、

(外に仕込まれている電磁波発生機構や、携帯電話を悪用して、ターゲットに工作電磁波を当て続けて居る実態からも、大規模レベルの組織犯と強く推定出来る)が、

日本国内に居る」。

「暴かないマスコミも変」だ。

「摘発しない政権や警察等」も「変」だが、

「民主党政権時も、摘発無縁、どろか、むしろ、堂々と積極的に、工作強化」だった。

「また、当方のブログで、宗教や反日国や旧社会党や民主党等に対する記事をアップする」と、

「呼応する様に、工作電磁波が強化される事も稀では無い」。

「その辺りにも、組織の実態が露呈している」と「強く推定出来る」』。

『「実行犯の数が決して少なく無い事」からも、

「知っている者は、少なからず居る事になる」。

「知っていて、この様な、

決して少なく無い数の、

一般日本人の人権を大きく阻害している悪行を放置、或いは、容認出来ている」なら、

「本当に、異常な思想信条や精神状態等の持主という事」になる。

「人種・民族差別主義者や、カルト宗教信者等の臭いさえ、漂って来ている」』。

『「日本のマスコミ」なら、

「工作実態の暴露等を行うのが当然」だ。

「日本国民の安全を守る政権や警察等」なら、

「早々に、一斉摘発等するべき」だ』。

『「気付いて、対策している当方とは、違い、

気付かず対策も無し、なら、

傷害や病変や致死等の事態が生じていても、

何の不思議も無い」。

「工作員と強く推定出来る者たち等の人脈や足跡等を洗えば、

その周辺では、

異常な程の高確率で、

異常事態が出ている可能性も決して小さく無い」。

「摘発の材料は、当方の周囲にも、その辺りにも、多々転がっている」』。

|

サンデー・モーニング、「名前」と「その裏に潜む本質」問題・・・。

『「お仲間が、民進党に名前を変えたから、宣伝したかった様」だが「今時の有権者は、本質も考える」。そこで、「視聴者や有権者等が{考えるべき}本質」を「誘導論上で見出させ、{考えるべき}本質ダケで操る為」に「他に悪モノ本質を設定し、批判・非難」していた。

「日本の公共の電波を使って」、

「民進党の本質」から、

「視聴者・有権者等の興味を逸らす為」の

「実質的、大衆誘導工作」が

「行われていた様相」だった』。

『「まるで、

泥棒が捕まりそうになると、

あいつが泥棒です!等」と

「言って、

逃げる、

朝鮮半島の文化そのままの実態」を

「露呈していた様相」だった。

「醜悪で、呆れる実態」が「其処に在る」』。

『「サンデー・モーニング」では、

「視聴者・有権者等に

考えさせない様にさせようとしていた、

民進党の本質とは?」

「民主と維新が合併」しても、

「構成員」は、

「元民主と元維新」で、

「同じ人々」だ。

「元維新には、元民主からの者たちがゾロゾロ・・・」だった。

「元々、同じ党に居て、喧嘩別れか、新党利権の為の元党脱出か、・・・何れにしても、同じ穴の貉だった者たち」が、

「再び、同じ穴を共有する」につけ、

「表札を、変える事」で、

「より多くの有権者の支持を得ましょう」というのが、

「民主・維新、合併による、新党名付けの実態」だ。

「最初に新たに重要な政策等が提言され、その下に集った訳では無い」。

「元々、

同じ様な政策を実現したがっている者たちが、

反現政権を基に、

再集合したダケ」だ。

「だから、売りは、名前ダケ状態」だから、

「新党名公募等」で、

「その後も、名前のみが大宣伝状態」で、

「現政権より、日本国・日本国民の為になる重要政策等の提言等は皆無状態」なのだ。

「逆に、実質的には、日本を細らせる反面で中共・韓(北朝も含む)等を利す事になる、

(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けて居る中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、黙殺されている)脱原発や、

(日米安保をより強固にする・・・こちらも黙殺)安保反対!等」には、

「積極的」だ』。

『「執行部が用意した、タッタ二つの候補の内」、

「立憲民主党」では、

「法律など平気で無視する中国共産党や北朝鮮等に対する

{攻め入り易いですよ!}メッセージにもなってしまう」から、

「アンケートを取れば、民進党になるのは、当然の現象」だ。

「出来レース的臭いが濃厚だった、実質的には、民進党選択の為のアンケート等」等とは、

「宣伝の為の策」だろう。

「そして、元々の作戦」では、

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等で、

中国共産党寄りでは無くて、台湾寄りなのか?等と

有権者等が勘違いするかも知れない、

{民進党}を大宣伝する事」等により、

「上辺の名前で有権者を釣る予定だった」のかも知れない。

「旧社会党系等の者たちの実権も強い民進党」が、

「中国共産党と台湾のどちらに近いのか?」は、

「訴えている政策や、民主党政権時の実行政策等々」の

「本質」や「実績」等を「考えれば、誰でも判る事」だ』。

『「その様な{本質}や実績等」を

「多くの視聴者・有権者等が考える・思い出す」と、

「民進党」と

「大金を投じて(看板・ポスター変え等には、量があるだけに、結構、お金がかかる)党名を変えた効果」も、

「ほとんど無くなる」。

「そこで、{視聴者・有権者等が、考えるべき本質}を別に宣伝する事にした」のだろう』。

『「視聴者・有権者等」を、

「支配・コントロールするべき愚民等と

考えている政党や権力者等が好むやり方」が、

「其処に在る」。

「有益分子の育成」だ。

「そして、政党や権力者の思惑に従わない者たち」には、

「不適応分子の烙印を押し、お仲間工作員等を使った粛清工作の対象にしたりする」のだろう。

「このやり方は、中国共産党や北朝鮮等と同様のやり方」だ』。

『「戦後の日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ、学校教育等々」や

「日本社会の中」では、

「上記の様なやり方も、蔓延れてしまっている」。

「日本の公共の電波上や

学校教育上等」で、

「未だに、有益分子の育成工作等を行い続けている様な連中」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「日本社会の中の実質的粛清工作等は、早急に、徹底的に、摘発されるべき」だ。

「是正は、急務」だ』。

『「今時の多くの人間」は

「公共の電波上等での、有益分子の育成工作」や、

「日本社会の中での、粛清工作等」には、

「加担したく無い筈」だ。

「むしろ、その実体・実態等を告発する」のが、

「健常なマスコミ人」であり

「健常な市民」だ。

「現状テレビ・ラジオ界等で、特定極一部の者たちのみが、過剰な程、常連出演等している裏」には、

「不健常な異常事態が渦巻いている」。

「戦後の日本社会の中で連綿と行われ続けて居る粛清工作等の異常事態」は、

「直ちに、駆逐されなければならない」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」や、

「健常な政権や警察等による、

日本社会内からの粛清工作等の摘発・排除等」は、

「急務」だ』。

|

ショーンの正体がバレてから、以前から、疑問を持っていた旨等述べている常連出演者等なんて要らないでしょ・・・。

『「本当に、疑問等を感じていた」なら「その時に言うべき」だ。「今更、言う事の目的は?」を「考えれば、誰もが分かる」。

「騒動コバンザメ売り」で

「有名人利権を増大させる事」や、

「分かっていたゾ!売りや、我こそが、正当イメージ売り」等により

「その常連出演者等の売り価値等を向上される為」等だろう』。

『「醜悪な押し売り的手段」を「手伝っている」のが、

「常連出演者等のお仲間、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等と言う訳」だ』。

『「既に、散々、醜態を露呈し続けて来ている、

日本社会にも、散々、悪影響等を与え続けて来ている、

戦後の多くのテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の者たち」から、

「過分な立場・報酬・権力等が取り除かれる」のは「何時だろうか?」

「民主党政権等への政権交代時」等に

「本来在るべきだった」のは、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の人脈交代」だ』。

『「日本共産党が、

旧ソ連から支援等を受けていた事や、

共産党幹部の赤の御殿等の問題」は、

「既に、有名な話し」だ。

「同様に、旧社会党の裏には、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等からの支援等が在ったんじゃないの?」等と

「感じている日本国民の数も多い」。

「露呈していないのは、日本国内に居る朝鮮系・中国共産党系の人脈による必死の押さえ故では?」等と、

「感じている日本国民の数も多い」。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が、

特定極一部の者たちのみを常連出演等させて有名人化し、

特定極一部の者たちの論ばかりを蔓延らせている」のも、

「その必死の押さえ故では?」等と

「感じている日本国民の数も多い」。

「戦後の学校教育でも、同様の力が働き続けて来ているんじゃないの?」等と

「感じている日本国民の数も多い」』。

『「旧社会党の極一部」は、

「まるで見せ球の如く、少数政党、社民党となっている」が、

「旧社会党の多く」は

「民主党等に入り込み、その流れのまま、現在に至っている」。

「共産党と民進党の選挙協力の内実」は、

「共産党と旧社会党の選挙協力の色が濃い」。

「どちらも、日本国外系人脈、しかも、旧社会党系の場合は、所謂反日国系人脈との繋がりが濃い様相」なのだ。

「果たして、

そんな実体・実態等を多くの有権者が知った後の日本の選挙」なら、

「いったいどれだけの議席を確保出来るのだろうか???」

「そんな実体・実体等を否定する現実情報等は、出て来るのだろうか???」

「衆参ダブル選挙となれば、共産&民進等の野党共闘で、現与党の大敗!」を

「喧伝している、韓国系と強く推定される、一部准大手マスコミ等まで在る」のが、

「現状の日本社会の実状」だ。

「共産党や旧社会党~民進党の実体や実態を伝えるのでは無く、

現与党の大敗を喧伝している」のだから、

「いったい、何処の誰の為の情報配信~大衆誘導等なのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「戦後日本社会の中の、情報・教育圧力機関」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「本来なら、とっくの昔に、露呈させられているべき情報等」を、

「知って居ながら、黙殺し続ける事」で、

「戦後日本国内に巣食っている反日国等実権者たちの利権保持を手伝うと共に、

オコボレの利権を貪り続けて居る、

醜悪なオコボレ頂戴わんわんたち」が、

「日本の公共の電波上から一掃される日」が、

「一刻も早く来ると良い」等と、

「感じている日本国民の数は、決して少なく無い」』。

『「オコボレ頂戴わんわん状態の常連出演者等」が、

「もし、日本の公共の電波上等で生き残りたい」のなら、

「今の内に、

反日国人脈の実体・実態や、

反日国人脈の者たちが行い続けて居る工作活動(情報・教育工作ももちろん含む)等について、

知っている事(何も知らない方が不思議だ)」を、

「積極的に、暴露するべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化は急務」だ』。

|

劣悪者たちは、未だに、電磁波工作や飲食物工作や微粒子等散布工作等々の複合作用で、日本乗っ取り支配工作等を成し遂げようとしているが・・・。

『「余命3年も無い北朝鮮&後8年持つか???の中国共産党支配等々」だろうから、「タイトルの事態は、正に、無駄な足掻き」だ。

「それでも、自覚も実体・実態把握等も満足に出来ていない、

カルト宗教的思想信条等の中に現実逃避している、

超自虐的劣悪信者たち」は、

「未だに、バレているが故に、実効が出る訳も無い工作等を続けて居る」』。

『「筆者に向かう電磁波工作等も、特に上方向からの電磁波が強化され続けて居るが、実に哀れ」だ。

「対策の手間や費用はかかるから、迷惑」でもあるが、

「迷惑行為=恥の上塗りにしか成り得ない」』。

『「劣悪者の意の下で操られ続け、

電磁波工作等を行い続け、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる者たち」は、

「本当に哀れ」だ』。

『「日本政府も警察等も、いい加減に一斉摘発したらどうか?」

「筆者の上方向等をいきなり摘発する」なら、

「自主防衛抜きなら、傷害・殺傷レベルの工作電磁波を発生させている機器等も押さえられる筈」だ。

「工作機器を押さえ、その性能を検証し、筆者等からの被害情報や防衛情報等を合わせる」なら、

「暴行罪や殺人未遂等の罪に問う事も、十分に可能な筈」だ。

「自主防衛無き場合は、実際に、傷害や殺人等が起きている可能性も大」だから、

「一つ摘発して足跡や人脈等を追えば、芋づる式に、工作組織&多数の工作員の摘発も可能になる筈」だ。

「統一意志の下の工作と強く推定出来る」から、

「元を割り出す事も、容易」だろう。

「日本のマスコミ等」なら「電磁波工作等の実態・実体暴露等を行わない方が異常」だ』。

|

テレビ・マスコミ等は、「清原ストーカー」を止めるべきでしょ・・・。

『「タカが、一覚醒剤容疑者等に対して、有名人だからと散々の実質的ストーカー行為を行う事」の「実効」は、「ヤクの売人等に対して、上得意の居場所を教える事」や、「有名人利権の増大による大衆の有名人依存心の増大」や、「実質的、覚醒剤等の宣伝」等だったりしている。

「つまり、良い効果が見出せない行為」だ。

「実質的、ストーカー行為は、直ちに止めるべき」だ。

「テレビ・マスコミ等が、自主的に止められないのなら、禁止されるべき」だ』。

『「安易な、実質的ストーカー仕事???を行っている者たち」が、

「いったい、どれ程の報酬等を得ているのか?!」

「その辺りまで考える」なら、

「実体を問わない仕事と報酬の関係も大いに問題とされるべきである事」は、

「多くの人々が実感出来る事」だろう』。

『「何れにしても、悪態の負のスパイラル状態にある」のが、

「清原・覚醒剤等テレビ・ラジオ・マスコミ等情報配信問題」だ』。

『「清原による謝罪の弁」とされている

「人の役に立つ人間になりたい」とは、

「内実、人に認めてもらえる人になりたい」だ。

「人の役では無く、人の為とすれば、偽」になってしまい、

「言葉の揚げ足取りをされ易くなる」から、

「お利口な弁護士等の連中」なら、

「上辺を積極的に言い換えるのが得意な言葉の一つ」だ』。

『「精神心理学的に言う」なら、

「人の為にせよ、人の役に立つにせよ、

その実体」は、

「他の者・物・事に依存する、

他の者・物・事を利用した自己確認、或いは、自己承認欲求等の代償欲求の追及行為に他ならない」。

「依存・利用するモノが、

人では無く、物となり、

物として、覚醒剤使用等を選べば、

覚醒剤犯等となってしまう、

基本精神構造」だ。

「つまり、この精神構造を言う事自体」が、

「再犯の大いなる可能性を暗示してしまっている」。

「今頃、ヤクの売人等は、

大喜びで、

テレビ・マスコミ等がストーカー的手法で暴き出した上得意先の居場所等に出向き、

他の得意先も含む、

再販売等のチャンスを、

虎視眈々と狙っていることだろう」』。

『「もちろん、病中や快復途上に在る者」を、

「一時的に、悪い状態の自分から離れさせる手助けをする為」に、

「他の者等に依存する状態をつくり出す事」等は、

「治療上の過程としては在る」。

「しかし、治療なら、最終目的は、自立でなければオカシイ」。

「最終目的を言わない、言えない、辺り、に、ある種の意図が見え隠れしている」等と「感じる」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

『「自立を言わず」に、

「覚醒剤使用者等は、

自己否定感が強かったり、

自信喪失等している場合が多く、

人に認められてもらう事で、

自己肯定心等が高まり、

自信回復等に繋がる」等とは、

「内実、都合の良い戯言」だ。

「狭義の自分を他の者・物・事に認めさせる悪習上では、

他の者物事が、人なら、人依存、

お金なら、金依存、

宗教等なら、宗教・教組等依存、

権力なら、権力依存、

名誉なら、名誉依存、

セックスならセックス依存で、

覚醒剤なら、覚醒剤依存になる」。

「覚醒剤依存を止める為に、人依存を推奨・・・では、本質的解決に繋がる訳も無い」』。

『「では、精神・心理的自立の為には、どうすれば良いのか?」

「基本は、他の者・物・事依存を主とする悪習から、自分を解放する事」だ。

「本来の自信とは、本質的な悪い事をせず、自分で自分を健康にコントロールし続ける事によって、初めて生まれる」。

「他の者・物・事に助けを求めたり、他の者・物・事から認めてもらう事等という、

代償欲求の追及を目指す、

本質的に悪い事に傾注する事」等では、

「本当の自信が生まれる訳も無い」。

「代償欲求の追及等は、遊び程度に行い、免疫等を養う為に利用する」のが、

「健常な状態」だ。

「自信を得る為には、本質的に悪い事を行わず、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ。

「つまり、精神的自立状態を狭義の自分に覚えさせ、実行させ続ける事」こそが、

「肝要」だ。

「本来の大人とは、その様な状態に至っている者の事を言う」。

「覚醒剤等依存は言うまでも無く、

金や権力等も含む、他の者・物・事依存状態の者とは、

上辺でどんなに大人を気取っていても、

精神・心理上の内実は、未熟な子ども状態の者」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールする為」には

「自分の実体をより深くから、理解・把握する事が必要になる」。

「考え・思いレベルに留まらず、科学レベルで判明している実体や事実・現実等を実用して、自分の実体を把握する」なら、

「今時の人類が持つべき自信」の「ベースが出来る」。

「ベースである、自分の実体や自分の実体の本来の目的から整合性を取る」なら、

「本質的に悪い事」も「本質的に良い事」も、

「誰もが的確に判断出来る様になる」。

「後は、本質的に悪い事をせず、自分で自分を健康にコントロールし続けるダケ」だ。

「その様にするなら、何処の誰でも、時を重ねる事に、本来の自信が生まれて来る」』。

『「自分の実体を科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して理解・把握する」なら、

「丸ごと一人の死生観等ダケに拘る事が、実体離れしている事」は、

「誰にでも分かる」。

「科学レベルで判明している、

人も含むほとんど全ての生物の誕生・死は、

細胞ごと」だ。

「その一方で、

人の脳の考え・思い上では、

細胞レベルの現象そのままではでは無く、

丸ごと一人化等、

単純化している事」も、

「現実」だ。

「どちらも、科学レベルで判明している実体や事実・現実」だから、

「その両方をベースにすれば良いダケ」だ』。

『「生きている人の実体」は「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している」。

「しかし、人の脳上の考え・思いでは、丸ごと一人化等実体・実態を単純化し易い」。

「単純化した方が、効率が良い面も多いから」だが、

「人が脳上の考え・思い等で単純化した事=実体や事実・現実では無い」。

「それが、現実」だ』。

『「さて、それでは、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生命体の本来の目的は?」

「普通に今時の先進国の義務教育を受けている人々なら、誰でも分かる事」だ。

「基本的目的は、存続」になる。

「細胞ごとの命の連続性を考えるなら、誰でも分かる事だが、

その存続とは、細胞ごとの命の連続性がある全ての生命体の存続」だ。

「つまり、地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)の存続」だ。

「地球生命体細胞群とは、広義の自分であり、広義の自分の存続~永続こそが、

人類誰もの本来の基本的な目的」だ。

「その基本的な目的の為に、生物は、持ち得ている能力に応じて、色々な事を行っている」。

「地球外への進出や利用まで可能に出来る人類の場合」は、

「科学技術、つまり、物質文明を進化・発展させる事も本来の仕事」だ。

「そして、進化した物質文明を健常利用し続ける事を可能にする様に精神文化を進化・発展させる事も本来の仕事」だ。

「より高い生体構築度を持つ次世代個体を生み出す事しか出来得ない、他の生物とは、全く違う仕事」が

「本質的に、人類には、求められている」。

「この様な本質に伴う実体や事実・現実との整合性を保ちながら、

本質的に、悪い事をしないで、狭義の自分で自分を健康にコントロールし続ける事」で、

「本来の自信が育つ」』。

『「本来の自信がある程度以上育っている」なら、

「基本的に、本質的悪い事は避けたくなる」と「共」に

「他の者・物・事への依存等の代償欲求の追及行為等は、遊び程度に抑えられるのが当然」になる。

「ところが、現状の人類世界」では、

「今時の人類なら、誰もが保持しているべき本来の自信さえも、保持出来ていない人々が溢れている」。

「その結果、超自虐的な人類世界になってしまっている」。

「武力による比べっこ等は、言うまでも無く、

現状経済評価や経済システム等も、

超自虐的」だ』。

『「超自虐的人類世界を是正する為に必要な事」は、

「先ず、情報・教育等を健常化する事」だ。

「情報・教育等が健常」なら、

「必然的に、人類社会は、健常な民主主義社会となる」。

「健常な民主主義社会では、

政治も経済も法も、

健常化されるのが、

当然になる」』。

『「糞バカ、テレビ・ラジオ・マスコミ等は、清原ストーカー等行っている暇がある」なら、

「人類世界健常化の役に立つ情報等でも、意識的かつ積極的に配信するべき」だ。

「今時の人類として、必要な仕事を出来ていない連中」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

情報ゴミ屋敷的テレ朝朝番では、お手盛り自己正当化論ばかり・・・の様相だったが・・・。

『「清原・覚醒剤問題」でも、「常連出演者等が正義ぶりながら、有名人と覚醒剤の宣伝状態=テレビ・芸能界等と●暴覚醒剤利権等への応援情報配信」。

「ゴミ屋敷問題」でも、

「ゴミ屋敷が公共の利益を損ねる旨等正義ぶって言う事」で、

「視聴者の考察」を、

「テレビ番組劣悪情報等が公共に与える害」という

「個人レベルのゴミ屋敷問題より遥かに重大な問題から

逸らす事に一生懸命」。

「子どもの貧困問題」では、

「教育無償化等を訴える事で、日教組等の教職員組合利権の増大を謀りたい様相」。

「自局のコオロギ顔旧世代ヒーロー」が、

「特定子どもに元気を与えている旨、お手盛り宣伝」。

・・・・・・・。

「日本人の考え方を根本的に変えなければダメ!」の旨とは、

「常連出演者の弁」だったが、

思わず、

「根本的に変えなければダメなのは、現状のテレビ界の方だろ!」等と、

「突っ込みを入れると共に、大いに呆れた方々も多かったのでは・・・」』。

『「もちろん、今更、言うまでも無く、

テレ朝等の人脈と、

民主党等と、

日教組等と、

芸能界等と、

●暴力等と、

・・・等々の人脈は、

実質的に同類」だ。

「その一つの特徴」は

「韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系の者たちの実権割合・構成割合が、

他の一般日本社会と比べると異常な程に高い事」だ。

「反日国人脈の実権ベース等が在る」から、

「日本死ね!」も「十分に、否定しない」で「平気」なのも「当然の現象」だろう。

「日本人の考え方を根本的に変えなければダメ!」の「真意」は、

「有益分子の育成と

不適応分子の粛清

&そのスジの人脈の子沢山策略を続ける事で、

何十年もかけて、

日本全体を日本死ね!に同調させる事なのでは?」

・・・・・・・。

「テレビ界では、何処の局でも、特定極一部の者たちのみが常連出演という異常な状態」だが、

「日本では、当然、日本死ね!に同調する様な者は、圧倒的少数派であるが故」と、

「特定極一部の者たちのみを常連出演者にする事で、その有名人利権を製造~増大させると共に、

製造した有名人に視聴者等を頼らせる事で、

大衆を操る為」だろう。

「健常状態のテレビ界」なら、

「公共の電波使用という現実や、

一方的に情報を大量配信出来る機関の公共性から」も、

「特定極一部の者たちのみが、

常連出演という異常事態等」は、

「とっくの昔に、解消されている筈」だ。

「現状のテレビ界の実態」は

「正に、公共の利益を大きく損ねている情報ゴミ屋敷状態」だ』。

『「今時のヒーロー」とは、

「丸ごと一人の悪者を前提に、

丸ごと一人の悪者を倒す事で、

人々の丸ごと一人に基づいた代償欲求の追及心等を煽る、

本質的悪者では、断じて無い」。

「貧困に産まれて、自分だけは、大金持ちになろうとする様な、愚か者等でも、

断じて無い」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で、

狭義の自分も含む、全ての人類の精神文化の正常進化を誘い、

現実離れ、実体離れしているが故に生じている現状人間社会の多くの問題を解消して行く者」だ。

「特定極一部の者を丸ごと一人ヒーローとする事自体が、既に時代遅れ」で、

「上記の様な今時の人類に求められている重要な仕事を行っている状態の人々が、

皆、ヒーロー状態として認められる」のが、

「本来在るべき状態」だ。

「其処に異常な格差は無い」。

「例えば、貧困問題なら、

狭義の自分ダケを大金持ちにして、自慰しようとするのでは無く、

貧困問題自体を解決しようとする」なら、

「上記は、誰もが、普通に選択している状態」だ。

「旧世代ヒーロー像を仕込まれた子どもたち」は、

「大人になったら、

狭義の自分の外に、

丸ごと一人の悪者を見出そうとし、

場合によっては、意識的にせよ、無意識的にせよ、

つくり出そうとする様になり易い」。

「丸ごと一人のヒーローとなった者たちは、

丸ごと一人のヒーローと言う上辺を維持しようとすると、

実体との本質的齟齬を誤魔化し続ける為に、

多くの人々の貧困の原因でもある

自分ダケ金権過剰防衛等も平気になる」。

「ヒーローを優等生や有名人と置き換えると、今のテレビ界等の実体も良く判る筈」だ。

「本質的劣悪者が、

本質から目を逸らし続ける為に必要になっているのが、

他の者・物・事による現状認め」で、

「その自分の実体を破壊する精神構造」は、

「覚醒剤等依存者等と同様」だ』。

『「精神医学等が、十分に実体や事実・現実との整合性を取る状態」なら、

「覚醒剤等依存者同様に、

者・物・事過剰依存者や、

自我狭窄症状態や、

本来欲求充足不足状態や、

代償欲求過剰追及状態等は、

病気と認定」し、

「治療を必要としている筈」だ。

「過剰性が顕著だったり、

公共性を著しく害する等の、

酷い場合」は、

「隔離入院等が強いられても、何の不思議も無い」。

「近未来基準では病気」状態から「一刻も早く、狭義の自分を救い出す事」こそが、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して来ているが故に、

急速に進化している多くの物質文明を既に持っている状態にある、

今の全人類に求められている事」だ。

「狭義の自分の精神文化を

科学レベル実用で正常進化させる事」は、

「今の全人類の責務」だ』。

『「テレビ・ラジオや学校教育等」が「この今の人類の重大責務をちゃんと伝えなくてどうする???」

「情報・教育界の仕事をしているクセに、本質的に必要な仕事も行えない」のなら、

「能力不足」だ。

「能力が有るのに行っていないのなら、悪者」だ。

「能力不足人間や悪者に、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「情報ゴミ屋敷問題」は、

「早急に解決されるべき問題」だ。

「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

「民進党代表に日本死ね!大宣伝の山尾推奨の現代」&「日本死ね!の下の国会前抗議等を大宣伝の朝日」、日本の中の親朝人脈のやる事はバレバレ・・・。

『「民進党の代表」は「岡田であれ、山尾に替わろうと、日本より韓国(北朝鮮も含む)等反日国を優先しない事が、明らかにならない限り、支持率が伸びる訳も無い」。

「特に、元民主党の連中」は、

「日本を細らせた反面で中・韓を太らせた円高容認政策」や、

「日韓基本条約上では、渡す必要が全く無い、朝鮮王朝の書物等を韓国に渡して、いったい、どの様なメリット・デメリットが日本にあったのか?」等を、

「実体通り、真摯に、検証し、その責任を受け、

補償すべき者・物・事があるなら、補償しなければ、

有権者の信頼が回復する訳も無い」。

「更に言うなら、鳩山元総理の最低でも県外!問題も同様」だ。

「筆者の知る限り、

韓国(北朝鮮も含む)側を悪戯に利した結果、

反日教育や反日政策等が日本でも認められている等と勘違いした韓国(北朝鮮も含む)は、

更なる反日行動等を増長し、

それが、今の従軍慰安婦問題にも繋がっている」。

「韓国(北朝鮮も含む)側が、不当な反日の鉾を収め気味に転じた」のは、

「民主党政権後、安倍政権になり、政策等が変わってから」だ。

「最低でも県外!」の

「悪影響は未だ収まらず、

普天間基地移設問題での日本国内分裂状態を誘い続けて居る」』。

『「はっきり言えば、民主党政権が行った事は、

日本国内の新たな対立構造を増長したと共に、

中・韓等反日国を利した事」だ。

「そして、現状では、未だ、その反省も、補償も、実態として、全く行っていない状態」等と言える状態だ』。

『「上記の様な実態が在る」のに、

「党名や、党首等、上辺の表の看板を変えたくらい」で、

「多くの有権者からの支持を得たい等と考えている事自体、

本当に、有権者をバカにしている」。

「日本国・日本国民に与えたデメリットに対する反省も補償も無い」のなら、

「人ごと入れ替え、

現与党の政権公約等より、より、日本国・日本国民の為になる政権公約等を提示しなければ、

多くの有権者からの支持は無理」だ。

「つまり、現状のままなら、

いくら、お仲間マスコミ等の朝日や現代等が応援しても、

民進党は、既に終わっている」のが「実態」だ』。

|

「有名人依存を煽る、清原の宣伝」と「覚醒剤&依存等の宣伝」が蔓延っているが・・・。

『「覚醒剤による充足感・幸福感等は、美味しい物を食べた時の10倍、セックスの5倍・・・」等の旨の「覚醒剤の実利まで喧伝していた番組まで在ったのだから、本当に呆れた」。「もちろん、言うまでも無く、健常状態の充足感・幸福感等と、覚醒剤等薬等による充足感・幸福感等は、全く別モノ」だ。

「健常状態の充足感や幸福感は、実体を伴っている」。

「例えば、美味しい物を食べた時には、狭義の自分を維持・保存する為に必要不可欠な成分が、身体に提供されているから、充足感や幸福感等が生じる」。

「人の味覚等は、基本的に、その人がその状態で必要な物を飲食出来た時に、美味しく感じる様になっている」。

「だから、どんなに好きな物でも、食べ過ぎまで食べれば、

美味しいどころか、もう、見たくない!等の感さえ出て来るのが健常状態」だ』。

『「生きている生物」とは、

「時空との間で、存続可能バランスを取り続け、

バランス取りに成功し続ける事で、

存続し続ける事が出来ている存在」だ。

「その成功実感や成功を得る為に行うべき事への誘い」が、

「人間の場合なら、充足感や幸福感等として認知される」。

「セックスの場合も、本質的目的は、世代交代による存続」だ。

「基本的に死が無い種の単細胞生物等とは全く違い、

多細胞高等生物にとって、

世代交代という存続手段は、

構築度が高い分だけ堅牢で、

進化上のメリットも大きい、

非常に有益な手段」だ。

「この非常に有益な手段を多くの生体が実用し易くなる様に、

高等多細胞生物は、

人類以前から、

セックスにより、

誰もが、強い充足感や幸福感等を抱く様に、

自らの身体を進化させて来ている」。

「もちろん、セックスでも、例えば、続けてやり過ぎれば、

快感は失せ、疲れや痛み等が襲う

充足感や幸福感等とは程遠い事になる」』。

『「基本的に、生体には、充足感や幸福感等ダケの世界は無い」。

「それは、生きている全ての人々が、今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら、存続している現実や実態からも、判る事」だ。

「誕生して来る細胞ダケの世界では無い、死んで行く細胞が在る世界だから、

代謝による回復や健康維持等も可能になっている」』。

『「ところが、覚醒剤による充足感や幸福感の場合は、全く違う」。

「感覚ダケで、実体が伴わない、ばかりか、実体を破壊する感覚ダケの世界」だ。

「例えて言うなら、満腹中枢を壊す事で、食べ続けると共に、美味しいと感じ続け、

実態としては、自らの頭・心・体をボロボロにして行く様な状態の時」の

「美味しい感」が、

「覚醒剤使用による充足感や幸福感等」だ。

「覚醒剤の場合は、

生体現象としては在り得ない脳内快感物質等の放出状態を、

薬理作用等により一気に無理やりつくり出す事で、

実体抜きの強烈な充足感・幸福感等を起させるから、

脳自体が防衛反応的にその状態を異常扱いし、

一次的には、絶対に避けるべき危険として強烈に覚える」。

「ところが、その異常事態には、大量の快感物質も付いて来ている」ので、

「一次的な、絶対に避けるべき危険という強烈な記憶」が、

「加工」され、

「快感を得る為には絶対に必要」等と「なってしまう」。

「快感を得なくても、日常生活や仕事等に何の不都合等も無ければ、良い」のだが、

「元々、

自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足等では無く、

他の者・物・事の支配/被支配や、比べっこ原理主義等の代償欲求の過剰追及等を

情報・教育等で、散々、仕込まれている現状の多くの人々」は、

「日常生活でも、仕事等でも、不都合だらけ・・・状態に陥り易い」。

「そんな不都合だらけ・・・状態を誤魔化し続ける為の一手段が金権過剰防衛等」だが、

「金権過剰防衛等とは、さらなる不都合を生み出す悪魔のシステム等でもある」。

「多くの人々の金権過剰防衛状態が崩される事態に陥ると、世界大戦まで繰り返して来た」のが、

「人類のお寒い歴史」だ』。

『「覚醒剤問題を本気で解決する気がある」なら、

「本来欲求の充足を主とする情報・教育等の精神文化側の製品で、市場を埋め尽くすべき」だ。

「もちろん、言うまでも無く、テレビ・ラジオ・学校教育等々も!」だ。

「多くの人々が、本来欲求の充足を主に、代償欲求の追及は遊び程度にする」なら、

「現状人間社会の多くの問題が、必然的に解消する」。

「代償欲求の追及手段の一つに過ぎ無い、自分の実体まで壊す、覚醒剤使用等の魅力等も、圧倒的に激減する事になる」から、

「商売にならなくなる」。

「逆に、現状の様に、代償欲求の過剰追及を推奨している様な情報・教育等、精神文化側の製品で、市場を埋め尽くしている状態を続ける」なら、

「覚醒剤商売等は、時と共に、より行い易くなってしまう」』。

『「上記程度の本質の考察」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界で仕事をしている者たち」や、

「学者や専門家等なら、保持しているのが、当然」だ。

「保持していて、使わないのなら、悪」だし、

「保持さえも出来ていないのなら、おバカ」だ。

「おバカや悪たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続けて居ても、ロクな事は何も無い」。

「是正は急務」だ』。

『「特定極一部の者たちを、過剰宣伝等して、有名人化する事」も、

「言うまでも無く、悪事」だ。

「悪事に基づく有名人利権等は、解消されてこそ、人も人間社会も、健常化する」。

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等では、更に悪事を積み重ねて、実質的には、事態をより悪くしている」のだから、

「是正は、急務」だ』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等の、人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、皇居は問題せず、国家公務員宿舎を問題にして、日本の国政の邪魔をしたい様相だったが・・・。

『「天皇に関する事は、そのまま丸呑みしたフリで、積極宣伝等する事で、如何にも日本国・日本国民に寄り添っている事等を、演じている様相のテレ朝の多くの番組」では、

「日本の政権や国政等については、積極的に粗捜し等をし、批判・非難等を続けて来ている」。

「このジキルとハイド的な二面性からも、テレ朝の多くの番組の正体はバレバレ」だ。

「実効を考えれば誰でも判る」。

例えば、

「公務員宿舎問題にしても、

周辺家賃相場との比べっこや、

土地・建物等をお金に換算し、

多くの視聴者の興味を、

お金の面に執着させる反面で、

実際の国政仕事効率や国政仕事への影響等を十分に理解・把握する為の情報は

実質的に黙殺状態」という、

「偏向状態や、二面性の在る、情報配信ぶり」だった。

「その実効は?」

「例えば、

国側はとんでもない!

常連出演者等の論こそが正義だ!」等と

「思い違いさせられる視聴者の育成」になる』。

『「偏向や二面性等のある情報で、

人々の思いを煽り、

人々の思いを操り続ける事」で、

「大衆誘導が可能になる」。

「ナチス・ヒトラーと同様のやり方」は、

「早急に、絶対排除されるべき事」だ』。

『「公務員宿舎問題で言う」なら

「忘れずに、検証すべき」は、

「その公務員宿舎が其処にある事等による国政等へのメリット」だ。

「スパイ・工作活動等防止法や実効の高い摘発体制等が無い現状の日本国」では、

「全公務員」を「民間住宅等に住ませる事のデメリットは決して小さく無い」。

「国政の中枢業務の多くは、都心部で行われている」が、

「例えば、

テレビ常連出演者等の仕事の内実や年収等と比べても、

国政等の実体のある重要必要実務をこなしている割に、

低所得である場合が多い国家公務員」が、

「仕事を行う面でのメリットが大きい職場近隣に自腹で住む事」が、

「かなり困難である事等は、直ぐに判る」。

「民間企業なら、潰れても、他の企業がその代わりの仕事を行える」が、

「国が潰れる事=他国支配下になる事」だ。

「政府・与党や国家公務員の仕事レベルの最低水準」は、

「国を絶対に潰さない(=時と共に必要な進化・発展を的確に行い続ける)レベルに在る」。

「多くの民間企業より、より有能な人材が必要となり、

通勤や日常生活等も含む仕事環境等も、

相応に良好である事が必要になる」。

「公務員宿舎問題をお金の面で非難したいのなら、

家賃や資産価値等ダケを言うのでは無く、

上記の部分も、お金に換算し、

相殺等してから、

言うべき」だが、

「単純にお金に換算出来ない要素も多々あるのが現実」だから、

「単純お金換算論&悪戯な批判・非難等は、明らかに不当になる」。

「多くの日本国民が、皇居をお金換算で、重大問題化しない」のも、

「日本国や日本国民の同一性の維持や存続等と大きな係わりがあるから」だ。

「日本国の維持や日本国民である事のメリットは、

年齢も年収等も国籍等も問わず、日本を認める人々全ての共通メリットであり、

良好な日本社会等の維持・構築等をより容易にするメリットも生んでいる」。

「もちろん、天皇制等は、他の国々の王室同様、人類社会が本当に平和となる時代には、

確実に、過去の歴史遺産等になるべき事」だ。

「しかし、日本より良い状態の国々が非常に少ない現状の人間社会の中では、

日本枠を維持する事が、

日本社会の劣悪化を防ぐ事に直結している」のが「現実」だ。

「このメリットがある程度以上大きな内」は、

「天皇制も皇居も、大きな問題としない方が、理に適っている」のが「現実」だ。

「現状で、天皇制や皇居等を、大問題化する論や者たちが、日本でメジャーに成り得ない理由」は、

「其処に在る」。

「実務を担当している国家公務員や政府・与党等」とは、

「天皇制や皇居等と同様の要素を少なからず内在させている存在」でもある。

「改善論や政権交代論等がその正当性を持つ為」には、

「日本国・日本国民にとってのメリット・デメリットの実体検証が必要」だ。

「メリットが上回ってこそ、改善となり、政権交代の正当性も生まれる」。

「メリットが上回っていない改善論とは、実質、改悪、もしくは、破壊論に他ならず、

メリットが上回っていない政権交代論とは、実質、日本劣化工作等になる」』。

『「日本国を潰れても良い国の運営状態等にさせたい」のなら、

「国家公務員や政府・与党等のお金等の面ダケに拘らせ、

国家公務員や政府・与党等が大衆から敵視される状態にする」のも「合理的」になる。

「日本国・日本国民にとって、良質な国家運営等を実現する為」なら、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいて、

日本国・日本国民にとっての、メリット・デメリット等を検証し、

問題点等が露呈したなら、

その解決法等を考え、訴えたり、するべき」だ』。

『「日本の公共の電波を使って、

内実、反日本政府・与党、反国家公務員等の情報配信等を行い続けて来ている者たち」に、

「日本の公共の電波の使用権を与え続ける必要は全く無い」。

「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた健常化」は「急務」だ』。

|

クローズアップ現代「文科系の東大准教授が、この程度の事しか言えない」のなら「文系不要論も当然でしょ!」・・・。

『「過激思想の恐怖を言う前」に「過激思想を生み出す面も少なからず在る現状の人間社会の恐怖を言えない様」では、

「何処が、今時の、大学准教授なのか???」

「現状の文科系の学問の低レベルぶり」は、

「此処でも顕著」だ』。

『「はっきり言えば、現状の人間社会」は、

「人類の実体と今時までの科学レベルで判明している実体や実・現実を実用して整合性を高めていないから、

こんなに酷い事」は、

「もはや、言うまでも無いレベルの現実」だ。

「健常日本社会の中の東大准教授」なら、

「少なくともこの程度の実態は指摘出来て当然だろう」が、

「現状の不健常な日本社会の中では、この程度の実態を指摘出来ない程度の者」が、

「東大准教授という過分な立場や、過分な立場に基づく報酬や権力等まで得られてしまっている」。

「結果として、テロ論も、上辺の戯言レベルに終始していた」』。

『「本気で、テロを撲滅したい」のなら、

「考え・思いによる納得レベルに他ならない宗教の時代は過去である事」や、

「実体や事実・現実のお墨付きの無い、大金持ちや、大権持ち等は、

明確に悪である事」くらい、

「科学レベルで実証出来なければダメ」だ』。

『「テロが先か?、現状に至る人間社会が先か?を考えれば、誰でも分かる事」だ。

「テロを生み出したのは、現状に至る現実・実体離れし過ぎている人間社会に他ならない」。

「テロが主流になる前」は、

「現実・実体離故の、集団的現状脱出欲動の暴発」は、

「戦争まで含む、武力による支配・被支配の比べっこ」だった。

「科学レベルで判明した実体や事実・現実等を積極的に実用したが故に、急激に進化出来た物質文明」が「もたらした事態」は、

「核兵器の実用や保有による、もはや、本気の武力戦争での比べっこによる支配権争いは出来得ない人類の現状」だった。

「其処で、より、クローズアップされているのが、武力では無く、経済による比べっこによる支配権争い」だ。

「ところが、この経済による比べっこの基軸とされている現状経済システム自体」が、

「実体・現実離れしている」のが「現実」だ。

「当然、その実体・現実離れ故のストレスは、現状人間社会の中に充満し、

意識的にせよ、無意識的にせよ、現状脱出欲動と化し、

集団化する場合もある」が、

「もはや、集団的現状脱出欲動を暴発させる手段として、本格的な世界大戦レベルの武力戦争を行えない」のが、

「核兵器まで保有してしまった現状の人類の現実」だ。

「そうなると、集団的現状脱出欲動は、どの様な暴発形態を選び得るのか?」

「テロや無差別殺傷等々とは、その選び得る形態の実例群の実例」だ』。

『「テロや無差別殺傷等を怖がったり嫌がったりする前に、

テロや無差別殺傷等とバーターで得られている不当利権の解消等を、

考えないのは、おバカ、もしくは、悪」だ。

「本質的には、おバカ、もしくは、悪レベルで、東大准教授等の座やそれに伴う報酬や権力等が得られている上」に、

「そんな者・物・事等が公然化されている人間社会」なら、

「文科系は要らない論等も当然」だし、

「テロや無差別殺傷等が起こり続けている」のも、

「至極当然(自然の摂理)」だ』。

『「本気で、テロや無差別殺傷等を無くしたい」のなら、

「この根源的な問題から逃れる事は出来得ない」』。

『「クローズアップ現代」は、

「その論調」も、

「論者」も、

「健常化・正常化するべき」だ』。

|

プロ野球円陣ゲン担ぎ金銭授受問題・・・。

『「結構な数の球団で、同様の事態が蔓延っている様」だが「実質、ある種の、宗教行為でしょ!」

「コレを問題にする」なら、「お布施や賽銭等が問題にされない方が異常だ」』。

『「この際、全部、同様に問題にすべき」等と「感じている方々」は「決して少なくない筈」だ』。

|

「雑談とは?を言わない/言えない者の劣悪雑談力論の目的は?」で正体バレバレ・・・。

『「営業職等なら、とにかく、全ての人に雑談が必要な訳も無い」。「それでも、雑談に過分な価値を付けさえる事は、容易」だ。「雑談に力を付けて、雑談力とした途端」に「雑談無き者たちの事を、まるで、力無き者たちの様に誤解させる事が出来る」。

「その裏で、雑談{力}を言う者には、力がある様な幻想も抱かせられる」。

「まるで、丸ごと一人の死生観で稼いでいる宗教商売等々と同様に、

幻想虚像によって、過剰に稼げている」のが「雑談力で稼いでいる者の実体」だ。

「雑談力を取り上げた番組も、公共の電波を使って、

雑談力幻想虚像稼ぎに一役買って、

特定極一部の者の実体離れした集金に力を貸した事になる」。

「公共の電波を使った、醜悪な、特定極一部の者への利権提供」という

「本来なら、排除されるべき実態の一例」が

「其処に在る」』。

『「雑談力を言う前に、雑談とは何か?を検証するのが、正常・健常な思考」だ。

「多くの場合、雑談とは、自己確認の代償欲求を他の人を利用して追及する一手段」だ。

「つまり、基本的に、本来欲求の充足では無く、代償欲求の追及」なのだから、

「遊び程度で良い」のが「雑談」だ。

「遊ぶも遊ばないも、個人個人の自由」だ。

「力付け」で

「雑談に実体以上の過分な価値を付ける事で、

歪んだ実体虚像をつくり出し、

歪んだ実体虚像を元に、稼ぐ事」が、

「今時の人間として、褒められる事では無い事」は、

「言うまでも無い事」だろう。

「そんな事に公共の電波の使用権を持っている者たちが手を貸し、利権供与を行う事」も、

「本来なら、絶対に行ってはいけない事」だ。

「資質無き者たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続けて居たところで、

人間社会が良くなる訳も無い」。

「今時の、精神文化側の仕事」なら、

「物質文明側同様、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で、

急速に正常進化させた

今時の多くの人々により有益なモノを提供するべき」だ。

「公共の電波を使っている影響力の大きなテレビ・ラジオ等なら、尚更」だ』。

『「コミュニケーション能力を問う前に、何の為のコミュニケーションか?が問われなければ、

雑談{力}問題同様の事態に陥る」。

「営利目的の営業の為のコミュニケーション能力なら、雑談力も必要かも知れない」が、

「その実体は、幻想虚像等でより有利に営利営業を進める為の、ある種の騙しのテクニック」だ。

「詐欺師ばかりの国の中で生活する為や、詐欺師的手段で私腹等を肥やす為等」なら、

「雑談{力}やコミュニケーション{力}が主として必要な資質になるだろう」が、

「今時の健常な、或いは、健常状態を目指している国の中で生活する為や、

実体に基づいて健常な私生活等を送る為」なら、

「上辺の雑談{力}やコミュニケーション{力}等より、

科学レベルで判明している実体や事実・現実と、現状の人間社会等との齟齬の是正に力を加える内実」が、

「重要になる」。

「齟齬是正のメリットという事実・現実を共有する事」こそが、

「実体の在るコミュニケーションになる」。

「実体の在るコミュニケーション上では、

雑談等の遊びレベルの事は、

やるもやらないも個人個人の自由の遊び」だ』。

『「劣悪状態を基に、劣悪論等を風潮している者等に、

公共の電波を使って、過分な利権分配を行っている

現状のテレビ・ラジオ界」の

「実権者人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

報ステでは、「野球商売最後の足掻き」をダシに「公共の電波上常連出演商売」連中が正義ぶっていたが・・・。

『「いくらクリーンぶっても、商売(=集金)は商売」だ。「それは、宗教でも、商業スポーツでも、テレビ商売でも、変わらない」。「金を物とするなら、物々交換的要素が大きい、他の、多くの、者・物・事商売に対して、それらの商売は、曰く{夢を売る}商売」だ。

「曰く{夢を売る}商売の実体」とは、

「金と者・物・事等の物々交換では無く、

金と虚像を交換する事で

儲けているのが実体」だ。

「はっきり言えば、そんな連中同士が、

いくら、クリーンぶって、

実質的同業他者等を責めたところで、

そんな連中の実体価値が向上する訳も無い」。

「実質的、同業他種等を責める事」で、

「虚像上の価値等を上げようと足掻いている」のが、

「報ステ等、現状の多くのテレビ情報等の醜悪な実態」だ』。

『「真にクリーンである為」には、

「不当利権の解消」が「絶対に必要」だ。

「公共の電波上での常連出演等という偏在利権上に居る者たちの多く」は、

「既に、それダケでも、大いに汚れている」。

「公共の電波上に出演する正当性が在る場合」とは、

「例えば、その問題に対して、その道の専門家等、他に適切な者が居ない場合等」だ。

「今時、司会等など、其れこそ誰でも出来る」。

「其処ら辺のおじさん、おばさんレベルのコメント等しか言えない・言わない常連コメンテーター等も同様」だ。

「そんな者たちには、常連出演の正当性は無い」。

「最初に特定極一部の常連出演等を視聴者に無理強いしている」のは

「公共の電波を使って、

特定極一部の者の偏在利権の製造~増大を行っている、

人間社会の平等・公平性等を著しく壊す、

本質的悪事以外の何ものでも無い」』。

『「商業スポーツで夢を売る」とは「綺麗ごと」だ。

「プロ・スポーツの実体」とは、

「そのスポーツの名手たちによる最先端演技や模範演技等を具現化する事」により、

「人間の限界等を拡大せしめた事等を立証したり、

そのスポーツの先生的役割を果たしたり、

・・・している事」だが、

「其処に、人イメージや金銭に絡む、過剰な偏在価値等が付けられている」のが、

「現状の歪んだ商業スポーツの実体」だ。

「歪んだ商業スポーツにある」のは、

「ファンや観客等の、健常な夢を誘う事等では無い」。

「ファンや観客等に、

投影・転嫁・同一視先の選手や試合等を提供する事で、

現実逃避の受け皿を与えたり、

大金や過剰な称賛や過剰な有名人利権等に基づいて、

妄想等を抱かせる、

悪夢を提供している事」だ。

「まるで、ヤク中毒患者の如く、悪夢中毒に犯されている者たち」の

「熱狂や騒乱等が、

二次的悪夢、

もしくは、

現実の犯罪行為等を誘ってしまっている場合も、

決して少なく無い」のが「現実」だ。

「まるで、ヤクの売人の様な者たち」が「お金や利権等というヤクに溺れ易い」のは、

「ある意味当然の現象」だ。

「特定スポーツ等が上手い人に、過剰で過分な報酬や立場や権力等を与えたところで、

過剰で過分な利権を得た者たちも、

人間社会も、

まともになる訳も無い」。

「実体離れした、利権や評価等が生むのは、健常な人間や人間社会等の破壊」だ』。

『「病的な状態、或いは、宗教的な状態の、

現状の商業スポーツ界」は、

「テレビ・ラジオ・芸能界や、

宗教界等、

他の虚像商売」と「一緒」に、

「少なくとも、

健常レベルの実像商売、

実質的、物々交換商売と

同等レベルまで、

健常化されるべき必然性が在る」』。

『「根本的必然性から顧みる」なら、

「現状のスポーツ界のお金やドーピング等の問題等の是正による正義虚像売り」は、

「最後の足掻き状態」だ。

「他の虚像商売共々、根本的是正が必要な時代」は

「既にやって来ている」』。

『「商業スポーツ界より更に、影響度が大きい、公共の電波使用の虚像商売の是正」は

「より急務」だ。

「テレビ界、ラジオ界の人脈も含む是正」は「急務」だ』。

|

巨人の、掛け声、勝ち14万円総取り、負け2万8千円、ゲン担ぎ???・・・。

『「野球賭博にしても、金賭けゲン担ぎにしても、どちらも、金を利用した自己確認の代償欲求の追及行為」だ。

「更に、言うなら、商業スポーツ選手たちの報酬自体」も「金を利用した自己確認の代償欲求の追及である場合が多い」』。

『「もちろん、商業スポーツ選手に限らず、どんなに自己確認の代償欲求の追及に対して、お金を使っても、

その者・物・事自体が、

人類も含む地球生命体細胞群の存続~永続という

本来基本欲求等の充足に貢献する事は無い」。

「多くの場合」で、

「現状の相対価値観上では、過剰なまでの経済価値が付けられている事」の、

「実体」とは、

「非常にショボい事」だ。

「実体としては、ショボい事でも、多くの人々の考え・思いの上で、実体としては、妄想的に、過剰な価値観を付けさせれば、

それこそ、大金を躍らせる事までも、可能にしている」のが、

「現状の実体離れした経済システム」だ。

「宗教のあの世商売等も、内実は、全く同様に他ならない」。

「実体としては、死とは細胞レベルの実現象だから、丸ごと一人のあの世など存在し得ない」が、

「人々の思いの上で、妄想的に、存在すると信じ込ませた上で、その思いを利用して商売すれば、

実体離れしているが故に、

実体としては、ショボい物品等や儀式等を利用して、

大金を躍らせる事等が可能になる」。

「代償欲求の追及」等は「遊び程度・・・つまり、ショボい範囲」に「収められている」のが、

「健常な状態」だ』。

『「もちろん、実体離れしている経済評価や経済システム等」は、

「実体離れしている分だけ、

人類の実体にとっても自虐的になる」。

「現状の経済システムが、人類自滅器と言われる所以」だ』。

『「人間にとって、

元々、

大金持ちの家に産まれるも、

貧困状態下に産まれるも、

良質な親の下に産まれるも、

劣悪な親の下に産まれるも、

何処の国の中で産まれるも、

全て、ギャンブルみたいな事」だ。

「この根源的なギャンブルに後付けプラスして、

ルックスやスタイルや脳力や能力や人脈や人種や血統等々による

上辺の差別まで上乗せしている現状の人間社会」が、

「平和から程遠いのは、至極当然の事」だ。

「平和から程遠い現状人間社会の中」で、

「ショボいギャンブルを批判するのも、

遊び程度なら良いかも知れない」が、

「この根源的なギャンブル状態の是正」は、

「今時の全人類が絶対に忘れずに行わなければならない大仕事」だ』。

『「現状の自虐的な人間社会の戦乱状態」が、

「多くの人々に内在的に与え続けて居る不安等を悪用」すれば、

「支配/被支配構造に基づいて、大金を躍らせる事も可能になる」。

「武力まで用いた殺人まで含む支配/被支配比べっこを行って来た」のが、

「自分の実体の自覚無き人々ばかり・・・状態だった人類の過去」だ。

「そして、そんな時代につくられたのが、実体離れしている現状の経済システム」だ。

「人類誰もの実体が科学レベルで判明している今日、

もはや、旧来の経済・社会システム等の維持は、

何の正当性も無いレベルの事」だ。

「それなのに、

実質的には、正当性も無く、既に、破綻している、

現状の経済・社会システム上で、

狭義の自分たちだけを大金持ちにして自慰等したがる、

自虐的おバカ、もしくは、悪たちが、

未だに、少なからず居る」。

「自分の実体さえ???、

死の実体さえ???等々状態の人々を、

無理やりにでも維持したい」のは、

「実体離れした悪徳利権」を

「貪り続けて居る、貪りたがっている、本質的に劣悪な者たちに他ならない」』。

『「ショボいギャンブル批判遊びに興じたりするのも、結構かも知れない」が、

「人類滅亡の日が現実となってしまう前」に、

「情報・教育等も、経済・政治等も、人類誰もの実体との整合性を高める事」で、

「早急に、その自虐性を駆逐するべき」だ。

「ショボいギャンブルより遥かに面白い、

人類誰もが否応無しに参加している、

極大ギャンブルが其処に在る」』。

『「100歳まで生きる為のお金を現状経済システム上で考えたりする」のは、

「現状で優位な劣悪者たちを利するダケの劣悪者に他ならない」。

「出来るだけ早く、人類の根源的問題を解決する事で、

誰もが、何歳でも、平和に、安全に生活出来る人間社会にして行く」のが、

「健常な、考え方や行動」だ。

「先ずは、主として、情報伝達が広く・早い、

先進国等内の情報・教育等の正常化・健常化であり、

それに伴う人間社会や法や経済システム等の正常化・健常化」だ。

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的に基づいて、

色々な者・物・事の整合性を高める実務を、

多くの人々が、意識的かつ積極的に行う」なら、

「人間社会全体の正常化・健常化は、それ程遠く無い未来に実現出来る」』。

『「極大ギャンブル」で、

「人類滅亡という負け」を「誘う方向に力を加える事」には、

「健常な人なら、誰もが、興味を持てる訳も無い」。

「狭義の自分を自慰する事に拘る劣悪者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「劣悪者たちに相応しい場所」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上」であり、

「それは、劣悪者たちの再発を防ぐ為の地球生命体細胞群の道標にもなる」』。

|

北朝鮮、ミサイルと核の実験だと・・・。

『「未だ、開発途上である事を自ら暴露した北朝鮮」。「米韓等他国が攻め入るなら、開発途上の内」だが・・・』。

|

テレ朝朝番では、日本人人口の減少を食い止めたい校長の発言を大問題化していたが・・・。

『「日本の人口減少を食い止めたい旨の発言」は「大問題化され、責められるべき事では無い」。「確かに、該当校長の発言内容には、表現上誤解を招き易いところがある」が、「公共の電波上」で「{大々的に責める}べき事では無い」。

「むしろ、誤解を招かない表現方法等を示す事」で「少子高齢化是正の流れを強めるべき事」だ。

「まるで、大臣や国会議員等(主として自民党)に対する言葉の揚げ足取り」と

「同様の事」を、

「特定一校長の、特定一スピーチに対して行った事自体」が、

「公共の電波を使った、不当圧力団体化、或いは、情報工作機関化、等している、

現状の一部テレビ界等の実体」を

「露呈している」』。

『「常連出演者等の責め」が、

「言葉の揚げ足取りに過ぎない事」は、

「日本の少子高齢化に対する、

具体的かつ有効な対案さえも、

既に、色々なところで、散々、言われている、保育園待機児童問題の解消以外に、

示していない事からも明らか」だ。

「保育園待機児童問題を解決しろ!の前」に「女性による出産が在る」のが「現実」だ。

「保育園待機児童問題が在る事=女性が出産出来ない/しない理由の全て」では、

「断じて無い」。

「それでは、他にどんな問題があるのだろうか?」

「それこそが、出演者等が健常なら、言っていて当然のポイント」だ』。

『「少子高齢化と、人生観や価値観、格差等社会状態等には、密接な関係が在る」。

「情報・教育と人生観や価値観等にも、密接な関係が在る」。

「学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」や、

「経済評価等」で、

「現状の仕事とされている事の内実を問わず、

現状の仕事とされている事でキャリアを積む事の価値を過剰評価する」と「共」に、

「出産や子育ての価値を過少評価し続ければ」、

「そんな教育・情報漬けの人々の多くが、出産や子育てを疎かにし易くなる」と「共」に、

「現状の仕事とされている事でキャリアを積む事等を目指し易くなる」。

「少子高齢化を招く、悪魔の呪文の様な、現状の情報・教育等の問題を解消する事」が、

「少子高齢化の是正に有効な事」は「言うまでも無い事」だ。

「それは、現在より物質文明が乏しかった時代」には、

「子どもや子孫等こそが財産という価値観の情報・教育等が蔓延し、

多くの人々もその価値観に染まり、

物質文明の急速な進化の恩恵は、

急速な人口増加に直結していた歴史上の現実」からも、

「明らか」だ。

「出産や子育ての重要性を訴えていた該当校長の発言」は、

「現状の少子高齢化を誘う方向に偏向している情報・教育を是正しようとしていた面」で「間違っていない」。

「更に、格差社会化と少子高齢化には、相関関係が在る」。

「格差の是正」とは、

「例えば」、

「特定極一部の者たちのみが常連出演による利権等を独占している様な異常な状態を解消し、

多種多様な者たちに利権が分配される健常状態に是正される事」だ。

「現状の不当格差利権上に居る者たち」が「ロクな事を言えない」のは、

「ロクな事を言う事=不当利権の解消にも繋がるから、当然の現象」でもある。

「常連出演者たちが、本当に、日本の少子高齢化問題を解決したいと思っている」のなら、

「言葉の揚げ足取りで責める」のでは「無く」、

「散々、至るところで言われている、待機児童問題の解消!等を、

まるで、現政権を多くの視聴者に非難させ、

野党等へのシンパシーを増大させる為の如く、

訴える」のでは「無く」、

「どの様な表現を使えば、

少子高齢化を誘う方向に偏向している現状の情報・教育等の

是正が行われ易くなるのか?」

「どうすれば、格差是正が実現出来るのか?」等を

「言うのが当然」になる。

「日本の少子高齢化を招く裏で、

反日野党等をより有利にし、

出来れば与党とし、

反日国等からの移民を受け入れ易くする状態を構築する事等を

目指している」なら、

「言葉の揚げ足取り等で、

悪戯に責める事で、

日本の少子高齢化問題の解決を遅らせる事」等も、

「合理的になる」。

「この辺りにも、テレビ番組や常連出演者等の正体が露呈している」』。

『「テレビ・ラジオ界の健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「民進党」だと・・・。

『「台湾にも在る事で、如何にも、中国共産党寄りでは無く、台湾寄りのイメージを取得したい思惑まで見え隠れしている様相」だが、「旧ソ連もスポンサーという実態も持つのが日本共産党」なら、「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党もスポンサーなんじゃないの」等という事が「大いに推定されている」のが「民主党&大阪維新では無い民主党と合体する方の維新等」だ。

「旧ソ連と日本共産党の繋がり」が、

「少し前の世代の、旧ソ連から日本共産党要人への資金提供ぶりや日本共産党要人の{赤の御殿}等々」まで、

「其れこそ、誰にでも分かる今日」、

「上辺でいくら、台湾寄りを気取っても、

民進党の内実が、

台湾よりは、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)寄りである事」等は、

「同様に、誰にでも、容易に推定出来る」。

「この推定を否定する為に、必要な事」は、

「現与党より、より日本国・日本国民の為になる政策等を公言する事等」だが、

「その実態は、今のところ、非常に希薄」だ』。

『「当然」の如く、

「民進党に期待する有権者の数も、多く無い事」が、

「世論調査等により、既に露呈させられている」』。

『「実体離れしている民進党」より、

「実体により近い、韓共党等とした方が、潔かったのでは?」等と、

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

『「日本共産党要人に言わせれば、安倍政権対、野党プラス市民・国民・・・」だそうだが、

「そんな共産党要人の言う市民とは、在日韓国(北朝鮮も含む)&在日中国共産党支配下の中国人等である事」は、

「多くの日本国民が直ぐに判る」。

「律儀な共産党要人が、国民より市民を前にしているところ」も、

「如何にも、愚民をバカにした上で、理念に拘る政党らしい・・・等と感じている人々の数」も、

「決して少なく無い」だろう』。

『「情報化社会の今日、もはや、実体は、隠す術は無い様なモノ」だ。

「実体が露呈すると、大衆誘導も困難になる勢力には、もはや、未来は無い状態」だから、

「消極的選択」で、

「現与党が、圧倒的多数派になっている」』。

『「日本の民主主義という観点からすれば、

実体として、

日本国・日本国民を優先している、

現与党以外の健全野党が在った方が良い事」等は、

「もはや、言うまでも無いレベルの話し」だ。

「その健全野党の成立を大いに阻害している」のが、

「実質的、反日国の出先機関という実態」からも、

「情報・教育の正常化は急務」だ』。

『「現政界の反日国人脈排除の大掃除の必要性」と「共」に、

「情報・教育界の大掃除の必要性を感じている有権者の数」は、

「現状でも、決して少なく無い」。

「情報・教育が健常化されるなら、その数は、加速度的に増える事になる」』。

|

北朝鮮ミサイル、日米のイージス艦は追尾成功なのに韓国のイージス艦は追尾失敗、ところで、そんな韓国の原発は大丈夫???・・・。

『「日本国内で、(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、意図的に隠蔽されている)脱原発・反原発等を訴えている方々」は、

「タイトルの事態も深刻に考えるべき」だ』。

|

テレ朝系では、劣位扱いされている「広島、中学生進路指導~自殺追い込まれ問題」&積極配信されている「中野劇団員女性殺害事件」問題・・・。

『「亡くなった中学生も今此処に・・・」や「一緒に卒業」や「命を大切に」等とは「実体離れしている、戯言」だ。

「亡くなった人の実在はもはや無い」から、

「実体」としては、

「亡くなった中学生も今此処に・・・」とは、

「今生きて、其処に居る者たちの思いをその方向に誘導する為の呪文」等でしか無い。

「一緒に卒業」したいのは、

「学校や教師等が、この事件から卒業したいの意」だろう。

「命を大切に」とは「上辺のインチキ概念」で、

「人類誰もが、生きている他の生物を食す事で自らの存続を図っている現実や実態が在る以上」、

「命を大切にダケ」では、

「人の命を大切にする精神・心理等を、無意識レベルから向上させる事は出来得ない」。

「人の命を大切にする精神・心理等を育成したい」のなら、

「殺欲動と殺人欲動を明確に切り離す事が重要になる」。

「丸ごと一人の死生観からの解放」と

「丸ごと一人で考え・思いたがる人の意識の理解・把握等」が「肝要」だ。

「上っ面の正義ぶりや道徳論等では、多くの人間の実態を根本的に改善させる事は不可能」だ。

「校長等のスピーチが意図した所の実体」とは、

「霊等の存在を思い浮かべながら、故人を思い、

優等生的に追悼等する事で、

この事件から卒業し、

上っ面で、命を大切にする事等を言う、上辺は優等生的な、人生を歩み続けましょう」になる。

「平和ボケ・無害化・虚勢化した有益分子の育成がしたい」かの如く。

「そして、その裏では、実質的には、進路指導で生徒を自殺に追い込んだ現状の学校体質や教師の事」が、

「暗黙の内に認めさせられている」。

「何故なら、現状の学校体質や教師も、

上っ面では、命を大切にし、

霊等を思い浮かべながら、亡くなってしまった方の追悼等を、優等生的に行う者たち等の中に含まれているから」だ。

「学校や教師等にとっての、不適応分子の粛清法の一つ」だろう。

「実質的、犯罪行為を行った者たちが、被害者と一緒に追悼等する事で、事件から卒業したい願望満載のスピーチ」の様に、

「感じたのは、筆者たちだけでは無い」』。

『「異常な実態が次々に露呈させられている」。

「廊下の立ち話で進路指導???」

「生徒個人個人の進路や問題等について、

他の生徒等が容易に感知出来てしまう廊下で、

しかも立ち話ではあり得ない」。

「しかも、そんな事態が5回も!」とは、

「もはや、意図的な、曝し、或いは、恥かかせ、追い詰め等々に当たる行為」だ。

「万引きの有無についての確認を、そんな状態で行ったとなれば、かなり、強い、意志等を感じざるを得ない」。

「筆者の感覚」では、

「北朝鮮悪権力者等による日本国民粛清命令を受けた、日本社会の中で、この場合は、教師となっていた工作員」が、

「昨今の北朝鮮による口先だけ核による先制攻撃等の暗号命令を受けて、

立場を悪用して、意図的に生徒を追い詰めた様にすら感じる」。

「昨今の日本社会の中の事件・事故等」と、

「核による先制攻撃=殺人に至る粛清命令」を、

「合わせて考えれば、それなりの整合性が取れてしまうところ」に、

「相応の実体性を感じる方々も少なからずいるのではないだろうか」。

「学校や教師の実体解明は、必需」だ』。

『「同時に気になるのが、テレ朝系では、この事件の扱いが劣位である事」だ。

「元々、北朝鮮のお友達とも言われていた旧社会党系(~現民主党の一部等系)の人脈の者たちが、

大きな実権を持っているが故に、

学校・教師・芸能界・●暴等には、

詳しく、

時に甘い論調が多いテレ朝系」だが、

「何故か?この事件に関しては、劣位扱い」だ。

「まるで、無い事にしたがっている様にも、感じられる」。

「日頃から、

北朝鮮や、

覚醒剤や、

●暴や、

ゲイノウ界等々の大宣伝に、異常な程、熱心なテレ朝系」だけに、

「その辺りにも、キナ臭さが漂っている」』。

『「反対に、大宣伝状態」なのが、

「中野劇団員女性殺害事件について」だ。

「容疑者逮捕で、実態も、ほぼ解明」なら、

「視聴者に提供すべき情報」は、

「同様の事件・事故等の再発防止の助けになる情報」だが、

「DNA&容疑者逮捕等が強調されている」』。

『「容疑者と被害者の接点」は、

「既に明らか」だろう。

「容疑者の仕事場近くの居酒屋で働いていた被害者」という

「アルバイト店員と客」としての「接点」に「プラス」して、

「深夜帰宅時等の割に空いている筈の地下鉄車内等に同乗していた可能性大」で、

「容疑者が下りる場合も少なく無いであろう下車駅が被害者と共通」となれば、

「キッカケの直接接点は、其処」だろう。

「単なる、アルバイト店員と客という関係だけでは無く、住処まで近いとなれば、

容疑者の妄想等も増大し易くなる」。

「同じ駅で下車なら、事前の追尾で、家や部屋等を割り出す事も可能だった筈」だ。

「数ヶ月~一年程度前までの、駅防犯カメラ映像等が在るなら、被害者と容疑者が近い状態で、下車等している所が映っていると思うが」。

「殺害に至る身勝手な動機」も

「既に見え隠れしている」。

「最初は、何となく、居酒屋で、イイなぁ・・・あのアルバイト程度だったが、

同じ地下鉄に乗り、下車駅も同様で、

ストーカー的になり、

容疑者の妄想の中で、

どんどん{自分のモノ}欲動を増大させていたかも知れない状態の時」に、

「被害者が、彼氏等と一緒の所等を目撃してしまった」のだろう。

「東京地域に出て来てから、

理想とは遥かに違う、容疑者の感覚では、恐らく、劣悪な仕事に従事し続けなければならなかった容疑者にとって、

唯一の現実逃避先としての救い」が、

「妄想上の{自分のモノ}であった可能性は大」だ。

「その唯一の救いの破綻を突き付けられた、

容疑者が、

現状脱出欲動暴発の導火線に火を点けた瞬間」は

「其処と推定出来る」』。

『「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為にはどうすれば良いのか?」

「容疑者の様な状態の者を減らす事が肝要になる」。

「現状の中から、理想の仕事像等を見出し、その理想像を追及する事で、

成功する人々の割合は、少数派」だ。

「大部分の人々は、失敗する」。

「何故か?」

「自分の実体の探求抜きに、現状に悪戯に依存して、身勝手な妄想的理想像を追及するから」だ。

「そんな事の成功者にしても、現状故に偶々成功出来たダケに過ぎ無い」から、

「成功者でも、金権過剰防衛等、本質的、問題行動を多発し、人類社会本来の姿を大きく歪めている」のが、

「現実」だ。

「現状の中で、妄想的に理想像をつくり出し、その探求を行う者たちが、

一次の、妄想的社会的理想像の取得に失敗した時、

陥りがちになるのが、

二次の、妄想的理想像をつくり出し、その探求に邁進してしまう事」だ。

「社会の次は、異性というパターンが多い様」だ。

「何処がいけないのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「妄想的理想像の探求が間違っている」のだ。

「今時の人類として、探求するべき」は、

「自分の実体やその実体の本来の目的である地球生命体細胞群の存続~永続と整合性の取れる実務」だ。

「ところが、現状の本質的に劣悪な情報・教育」では、

「今時の人類なら、当たり前に知っているべき上記の様な事をちゃんと伝えたり、教育したり、していない」。

「その代わりに、悪戯に現状の中で妄想的に理想像をつくり、その理想像を探求する事を勧める情報・教育等を溢れさせている」。

「そんな事をして、有利になるのは、現状で不当に優位な者たち」だ。

「多くの現状で不当に不利な者たちは、

失敗者の座に追い込まれ易いばかりでは無く、

何度も、何度も、繰り返されている、

同様の事件・事故等の当事者にまで、追い込まれている者たちまで少なからず居る」。

「情報・教育界等のオコボレ頂戴わんわんたち」は「いい加減に恥を知れ!」』

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

人工知能が囲碁でも人間に三連勝&一敗で第五戦は?だが・・・。

『「ディープ・ラーニングを取り入れる事により、囲碁でも人間に勝利する様になった人口知能」。「もちろん、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して急速な進化を続けて居る人類の物質文明側の出来事」だ。

「そして、その進化の速度が、加速度的に早まっている」のも「当然の現象」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の深度は、時と共に、どんどん深まっている上」に、

「多種共存こそが構築度向上の秘訣である事そのままに、

多方面の進化が組み合わさって人口知能も進化し続けて居るから」だ。

「かつて、生産工場が手作業から機械作業に替わった時に、大量の失業者が出た歴史上の現実と同様の事態」が、

「所謂ホワイトカラーの世界でも、現実になる日」が、

「確実に、加速度的に、近づいている」。

「さて、そんな時代に生きている今日の人類が、行うべき事は?」』

『「物質文明側の急速な進化」に

「精神文化側が対応出来ず、

そのギャップが広がれば広がる程、

人類滅亡が近づいて来てしまう」。

「今時の全ての人類が意識的かつ積極的かつ真剣に行うべき」は、

「精神文化側でも、

物質文明側同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」で、

「人類の精神文化を物質文明以上のレベルまで、

急速に進化させる事」だ。

「この今時の人類が、

本来行わなければならない重大仕事を

疎かにすればする程、

人類の自虐性が高まる事になる」』。

『「物質文明の加速度的な進化」は、

「近未来に置いて、確実に以下の様な事態を実現する」だろう。

「多くの、所謂、ガッテン系の仕事は、ロボットが代わりに行う」。

「多くの、所謂、頭脳労働系の仕事は、人工知能が代わりに行う」。

「・・・さて、そんな時代の人類に望まれる資質は?」』

『「その答えに窮する人々が多く、更に、実権を握る等となってしまう」と、

「以下の様な事態に陥る」。

「現状と同様の支配/被支配構造や価値評価や経済システム等を維持したまま、

多くの仕事がロボットや人工知能で代替え可能なら、

権力者にとっての不適応分子的人間生体など要らないと言う判断が下され易くなる」。

「不適応分子の粛清に動いた実権者たちは、血統家族主義等に現実逃避し易くなる」。

「ところが、その実体は、人類の生態多様性の崩壊に他ならない」から、

「人類自体が崩壊して行く」。

「後になって、人類崩壊に気付く実質的劣悪者たち」は、

「人類存続の為に、生体機械化や人工知能化等も含むあらゆる手段を講じる」が、

「自然の摂理に敵う訳も無く、人類の無機質化が加速度的に進む事になる」。

「生体人類は何れ滅び、無機質人類だけが存続する様になる」が、

「もはや、其処に在るのは、劣悪生体人類が残した遺志のみ」で、

「他の宇宙高等生体からすれば、無用のゴミ」だから、

「廃棄処分が待っているダケ」だ』。

『「そんな事態を避ける為」には、

「多くの人類が、自分の実体から整合性を取って、

物質文明以上に精神文化を正常進化させる事こそが必要」だ。

「精神文化側を物質文明側以上に進化させている」なら、

「進化した物質文明に、

人類としての生体等を駆逐させる

自虐事態を避ける事が可能になる」。

「つまり、物質文明側以上に精神文化側を正常進化させる事こそ」が、

「今時~今後の人類に求められている基本資質に他ならない」』。

『「精神文化側を科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して正常進化させ続ける」なら、

「他の者・物・事の支配/被支配という代償欲求の追及を主とする未熟な支配欲は、

遊びレベルに縮小され、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事で、支配欲の本来欲求を充足させる事が主になる」。

「価値評価も、経済システムも、政治や人間社会システム等々も、

自分の実体との整合性がどんどん高められて行く事になる」。

「人類誰もが、進化し続ける物質文明を健常に使う事で、

狭義の自分だけでは無く、広義の自分も含めた自分全体の存続~永続と、

整合性が高い生活を行う様になる」。

「其処に在るのは、利権を偏在させ、特定生体を偏重したり、特定生体を粛清したりする、生体自虐劇では無い」。

「細胞レベルの殺欲動は有っても、

殺人欲動が無い、

物質文明の急速な進化に対応し続ける事が出来る人類生体群」だ。

「テロも、戦争も、スパイ・工作活動等々も、殺傷事件等々も、基本的に無い、

世界平和が当たり前の人間社会」だ。

「広義の自分の存続~永続という実際に得られる永遠の命と共に歩み続ける

進化し続ける物質文明も持つ、

宇宙高等生命体群」だ』。

『「さて、今のあなたの今時~の人類としての資質は?」

「裁きの時までに、

生きている人類全員が、

良好な資質を持てていると良いのだが」』。

|

北朝鮮の「口先だけ先制攻撃」は何時まで続けられるのだろうか?・・・。

『「口先だけ先制攻撃=日韓内の工作員に工作活動をもっと、もっと、頑張れの暗号命令」なのだろうが、「工作活動の実効は、言い訳程度にしか出ていない筈」だ。

「何故なら、ほとんど全ての工作事態自体がバレバレ」で、

「多くの工作員たち」も、

「もはや、先の無い北朝鮮現権力者等の命令に忠実になる事よりも、

北朝鮮崩壊後に備えた方が得策と分かっているから」だ。

「そして、

実質的、裏切り者たちの粛清も満足に行えないのは、

粛清工作を命令されている者たちも、

他の工作員たちと同様の考えを持っているからに他ならない」。

「日韓内の粛清工作員を粛清する為に北朝鮮から粛清工作員を送り込んでも、

今までの工作員等と同様に、内実、脱北して寝返る者の数が増えるダケになる」。

「北朝鮮崩壊のカウントダウンは、既に始まっている」。

「張り子の核ミサイルを撃ったりすれば、

途端に、アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争になる」だろう』。

『「北朝鮮抜きの話し合い5か国協議の目的」とは、

「北朝鮮の崩壊後の後処理&利権分配協議」だ』。

『「北朝鮮の裸の王様一派」は、

「既に、詰んでいる」。

「戦争で負けたり、崩壊したりする前に、投了した方が、カッコ良い」と「思うが」』。

『「どうしても、一勝負したいのなら、

もはや、長い工作活動は無理で、

工作活動による勝ちは消失している」から、

「ありったけの核ミサイルを、

ミサイルを撃ち落とせる米韓側では無く、

ミサイルを撃ち落とせない中国に撃ち、

直後、即座に、世界中の工作員と北朝鮮の陸軍等を中国に出向かせ、

中国内を一気に支配し、

第二の清状態を目指す事」だろうが、

「実用になる核ミサイルが必要十分な数在るとは、到底思えない」。

「もはや、詰んでいるのだから、堂々と投了した方が、後々も良くなる筈」だが』。

|

本日のテレビ(地上波デジタル)は何処でも「3.11大追悼大会」の様相だが・・・。

『「追悼とは、もちろん、故人の為では無い」。「今、生きている人々の為」だ。

「故人の実在は、とっくの昔に無くなっている」。

「人の誕生・死は細胞ごと」だから、

「細胞ごとの誕生が無くなったご遺体となった時点で、既に、生きている故人の実体は無くなっている」。

「老衰等ならとにかく、急変による身近な人の喪失」は、

「生き残っている人々にとっては、重大問題」だ。

「身近な人の死という現実を、生きている人々が、

それぞれ、自分自身に心底納得させる為には、

結構な苦難が付き纏う場合も決して少なく無い」。

「その苦難を少しでも和らげる為の先人の知恵の一つ」が「追悼」だ。

「もちろん、追悼の実体」は、

「丸ごと一人の死生観時代の宗教と同様」で、

「古の人々の叡智の結晶でもある」』。

『「問題は、その追悼を何時まで重用するべきか?」だ。

「はっきり言えば、今時の義務教育等を受けている全ての人々なら、

義務教育等の内容をちゃんと理解把握してれば、

人の誕生・死は、細胞ごとの現象である事は分かっている」。

「同時に、人の思いが、丸ごと一人レベルで考え・思いたがる事も分かっている筈」だ。

「そんな今時の人々にとっては、追悼に必要な時間もそれ程長く無い」。

「筆者たちの場合」は、

「東日本大震災の直後」や「親や親戚が亡くなった直後」等の「非常に短い期間」は、

「心身共に、自分自身と現実との差を埋める為に、追悼等の作業が必要だった」が、

「その後は、被災地の復旧・復興や、故人に報いる為に、同様の新たな事態の再発防止等に、興味の主たる部分が移った」。

「同様の状態の方々も決して少なく無い筈」だ』。

『「今でも、被災地の復興を思い、

選択肢に被災地の商品が上った時等には、

結構な確率で被災地の商品等を選択している筆者たちの感」では、

「今時の追悼の実質的無理強い等」は、

「復興の邪魔にさえ感じる場合が多い」。

「同様の感を抱いている方々も決して少なく無い筈」だ』。

『「それなのに、未だに、旧社会党系人脈の者たちが牛耳っているであろうテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「実質的に、追悼の無理強い状態」なのだ。

「その目的は、復興遅延なのでは?」とさえ「感じる」』。

『「もちろん、現政権は、旧社会党系では無い」から「そんな状態に黙っている訳も無い」。

「東日本大震災時の政権与党は、旧社会党系の者たちが実権の多くを握り占めていた民主党」だった。

「福島第一原発被災事故の処理で音頭を取ったのも、民主党菅政権」だった。

「チェルノブイリと同程度の酷い事故とされている福島第一原発の被災事故」だが、

「人的被害は、チェルノブイリとは比較にならない程、小さい」。

「その裏に在る」のは「旧ソ連と、民主党政権時の違い」と「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等では言いたい様相」だが、

「それならば、旧ソ連とも近しい、北朝鮮等のお友達だった旧社会党系の者たちが実権の多くを握りしめていた、民主党政権」

では無い

「自由主義圏の政権・与党だったなら・・・」の「差」の

「検証を行いたい様相」なのが、

「現与党」の「様相」だ。

「親民主党系のテレビ等が、追悼無理強い的情報配信をしている中」、

「現与党等による、福島第一原発被災事故時の対応の検証が行われる旨」の

「ニュースも流れている」。

「同様の新たな悲惨な事態を避ける為」には、

「追悼の無理強いより、遥かに有効な手段」だから、

「現与党のこの対応は、相応に評価されるべき事」だ』。

『「未だに、

ホットスポット探しを行い、

それを大宣伝して、

復興を遅らせたがっている様相の情報配信まで少なからず在る」。

「放射能潔癖症に基づく放射能恐怖症状態」を

「多くの視聴者の中につくり出す事」で、

「本来なら、戻っても大丈夫な方々や、その地域を訪れようとしている方々等」を、

「その地域から遠ざけ続ける事で、復興を遅らせている実態」は、

「正に、日本の復興を遅らせる事で、反日他国やその人脈等を少しでも有利にする為の大衆誘導情報工作の一つ」だろう。

「そんな事に、日本の公共の電波が悪用され続けている異常事態」は、

「早急に解消されるべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含む健常化」は「急務」だ』。

|

メタノール毒殺妻の哀れ・・・。

『「今時、薬物使用殺害」は「ほぼ確実に、バレる」。「飲食物工作が下火になり、電磁波工作が旺盛になっている裏」には、「薬物犯罪の摘発技術向上が在る」。

「今時、異物混入や、毒殺等を考えたり、実行したりするのは、自らが劣悪である事を露呈させている様な事」だ。

「もちろん、既に、バレている電磁波悪用者たちも、同じ」だ』。

『「劣悪者たちは、

者・物・事等を丸ごと一人レベルで捉え、

殺すべき、或いは、排除すべきモノも、

丸ごと一人レベルで考える」。

「そして、そんな愚かな考え・思いに忠実に事を起してしまうと、

人間本来の道を踏み外し、

永遠の恥辱に染まる道の上に自らを置く」。

「本当に哀れ」だ。

「今時の人類なら、愚かな行動を起す前に、

先ず、自分自身を、

丸ごと一人レベルの考え・思いに執着している虜状態から

解放し

救い出すべき」だ。

「殺すべきモノの実体を、原寸大通りに、把握・認識し、問題の解決法を考える」なら、

「全く違う正当な行動が生み出される事になる」。

「今時の人類の常識」だろう』。

『「今時の人類の常識さえ持てない人々が何故生まれてしまっているのか?」

「言うまでも無く、情報・教育が余りにも劣悪過ぎるから」だ。

「上記の様な基本」を

「家でも学校でも教える事等」は、

「情報・教育が健常なら、誰もが、簡単に出来る事」だ。

「基本を元に、個別具体例を適切に処理する実体験訓練等も、行える筈」だ。

「適切処理の体験を積み重ねる」なら、

「人間本来の道を踏み外す事も無くなっている筈」だ』。

『「今時の人類なのに、

未だに、

丸ごと一人レベルで、他の者・物・事の支配等を画策している愚劣な者たち」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上に自らを置く前」に、

「一刻も早く、自ら、自分自身を、救い出すべき」だ。

「工作活動等を実行してしまっている者たち」に「残されている」のは、

「自らの悪事を告発する事によって、恥辱度を下げる事」になる。

「更に、劣悪なのは、

愚劣な者たちが、工作活動の代々話を実現させる為に、

子造り等を頑張り、

子どもや手下等をカルト宗教信者的に染め上げる事で、

工作活動の世代間連鎖を続けさせる事」だ。

「愚劣に染め上げられてしまった哀れな操り人形たち」が、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事から逃れる為」には、

「工作実行の前」に、

「親等の悪事の否定・告発等が必要になる」。

「偶々産まれたところが、劣悪親の下で、幼少期から工作実行させられている者たち」は、

「本当に哀れ」だ。

「そんな者たちでも比較的容易に、行える事は、工作の世代間連鎖を切る事」だ。

「そして、自らの工作を告発する事」だ』。

・・・・・・・。

『「一刻も早く、哀れな者たちが、一人でも多く減る事」を「切に願っている」』。

|

北朝鮮のミサイル発射実験&核実験継続宣言・・・。

『「つまり、どちらも、未だ、実用性に少なからず疑問があるレベル!という事になる」。「脅しにならず、自爆情報的になってしまっているところが、哀れ」だ』。

|

テレ朝朝番では、「地下鉄線路立ち入り超おバカ」を常連出演者たちが責める事で常連出演者たちのおバカ、もしくは、悪ぶりを誤魔化したい様相だったが・・・。

『「其処ら辺のおじさん・おばさんレベルの話ししか出来ていないのに、平然と常連出演し続けられている事自体、実質的には、おバカ、もしくは、悪」だ。

「この公共の電波まで使っているばかりか、過分で不当な利権まで取っている、大々的、おバカもしくは悪等」が、

「地下鉄線路立ち入りという、若者の超おバカ行為を責め、正義ぶっている様相」は、

「本当に醜悪」だ。

「地下鉄線路立ち入り生徒問題」について「言う」なら、

「そんな生徒を生み出した学校教育や教師の内実くらい取材して、

その問題点を検証するべき」だ。

「マスコミとして、行うべき仕事を満足に、行わず、

上辺の問題事実ダケを取り上げて、

常連出演者が責めるダケ」の

「何処に、今時として、公共の電波使用の正当性が在るのか???」

「自由競争の無いテレビ界の堕落ぶりは、本当に酷い」。

「テレビ局も、サッカーJリーグの如く、競争原理のある入れ替わり制にするべき」だ』。

『「芸能人の騒動売り」を「公共の電波を使って行う事に正当性が在る訳も無い」。

「騒動に社会的な問題等が在るなら、

他の多くの事件・事故ニュースと同様に、

サラリと事実を伝える程度で十二分」だ。

「騒動が売名~有名人利権の増大に繋がる情報配信状態」は、

「明らかに、不当」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「幽霊タクシー論文???」を宣伝していたが・・・。

『「テレ朝朝番で取り上げられた、幽霊タクシー論文」は、「放送内容が論文の主意なら、論文というより小説と言った方が適切」だ。

「小説を論文と扱っている様な状態」では、

「文系学部など要らない等と言われるのも当然」だ』。

『「幽霊タクシーで論文を書く」なら、

「幽霊の実体検証は絶対に外せない」。

「実在か?タクシー運転手の思いの上のみか?」の「検証抜き」では、

「とても、論文とは言えない」。

「実在なら、実在の証拠が示されている筈」だ。

「例えば、乗った者が幽霊だったなら、少なくとも、ドアの開け閉め等の、車内カメラ等が在るなら、その映像等が残っている筈」だ。

「実在証拠無き場合は、運転手の思いの上のみでの存在」と「強く推定出来る事になる」。

「運転手の思いの上のみでの存在」なら「運転手の実体検証が必要になる」。

「宗教信者か?否か?」

「宗教信者なら、どの宗教の信者か?」

「宗教団体以外でも、特定の組織・団体等に所属しているか?否か?」

「旧来からその地元で暮らしているか?否か?」

「元々の日本人か?渡来系の人々か?」

「運転手の人生体験や思想・信条や支持政党等は?」

「運転手の脳機能は?」

「例えば、特定の電磁波等が当たる/当てる事で、脳機能に特異な変化等が起きるか?否か?」

・・・等々、

「人の思い(=脳細胞神経ネットワーク上の物理変化)に強く係わり得る全ての実体を検証する事が需要になる」。

「その上で、検証された実体や事実・現実に基づいて、論を記している」なら、

「論文」だが、

「運転手の話しだけ取材して、論文???著者の思いで論を書いたダケ」なら、

「実質的には、小説」だ。

「テレ朝朝番が紹介した内容は、全て、強く、実質的、小説を示唆していた」。

「死生観を言う」なら、

「先ず、震災前にその方が保持していた、元々の死生観を紹介し、震災による、変化の有無等の実体や事実・現実を調べ、論じるのが、論文」であり、

「元々、丸ごと一人の死生観を抱いていた方々が、その死生観に基づいて、特別な体験をした旨述べている事を、取材し、

取材内容の実体検証無きまま、

運転手が述べた事や、

それに基づく論文???著者の考え・思い上の論を記す」のは、

「実質的、小説」に他ならない。

「実質的、小説で良しとする、大学の学部など今時、要る訳も無いし、

そんな事を行っている者に、教授の立場や過分な報酬を与える必要も無い」。

「高い授業料を払って、実質的、小説を書いて、大卒の資格を、貰う事」とは、

「実質的には、大卒の資格を買っている事」だ。

「こんな状態では、文系分野で、人類が今必要としている重要な仕事が出来る人間が育つ訳も無い」。

「この様な実態」を「露呈させる事」で、

「文系学部の質を向上させる事等を訴えるのでは無く、

視聴者の思いを、悪戯に、丸ごと一人の死生観や、幽霊等に惹き付ける事で、

考え・思いレベルで操り続けられる者たちを量産~維持~増大させようとしていた、

テレ朝朝番の内実様相」は、

「本当に劣悪で醜悪」だ』。

『「テレビも、大学文系も、是正は、急務」だ』。

|

危うくなっている韓(北朝も含む)系連中は、嫌がらせ情報工作等にも邁進している様で・・・。

『「立場は、何処に在れ、実質的に、カミングアウトしちゃっている方々」は「実に、哀れ」です。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる方々、ご愁傷さま」』。

|

民主に拘る民主党・・・。

『「日本国民の主のつもり故か?民主への拘りが異常に強い民主党」・・・。「もはや、多くの有権者からは相手にされず、民主党政権時の中・韓を太らせた反面で日本を細らせた{実績}を知る有権者からは、嫌われている民主に拘る理由は、もはや、それくらい・・・?」

「基本的には、構成員実体内容自体が変わらなければダメでしょ!」と「感じている有権者が多い様で」・・・』。

|

テレ朝ドラマ、「科捜研・・・」&「スペシャ・・・」・・・。

『「科学レベルの実体や事実・現実より、人の思いを優先すべきでしょ!」とでも「言いたげな、まるで、時代劇的ホンだった」のが、「科捜研・・・」で、「その目的は、中高年の無害化」だろう。

「カルト宗教的要素満載で、若年~中年層の心を現実逃避させながら、丸ごと一人の絶対悪を公然化し、対絶対悪感情・思い等を誘いたい様相のホンだった」のが、

「スペシャ・・・」だった。

「どちらも、その主たる目的」は、

「日本乗っ取り支配工作等をより有利にする為の無害化や、工作員の応援等だったりして・・・」等と「感じている」のは、

「筆者たちダケでは無い」だろう。

「時代遅れのホンの裏」には、

「劣悪な大衆誘導や情報工作の臭いが充満している」』。

『「日本の公共の電波上で、実質的、劣悪ドラマや工作ドラマ等々が、公然と放映され続けて居る事の実害」は、

「決して小さく無い」。

「何故なら、脚本の出来・不出来を問わず、本来なら、今時の人類が当たり前に知る事が出来ている、

科学レベルで判明している実体や事実・現実等の共有に役立つ情報配信に使える時間を潰している実害も少なからず在るから」だ』。

『「今時のテレビ・ドラマ」なら、

「少なくとも、丸ごと一人の死生観は卒業」し、

「殺欲動は在っても、殺人欲動は殺す事が当たり前である事等」を、

「描き出せているのが当然」だろう。

「考え・思いによる納得レベルでしか無い、

丸ごと一人の死生観や、

善悪観を元にした、

大衆ドラマを公然と、

日本の公共の電波を使って配信し続けている事の実害」は、

「多大」だ』。

『「古臭いホンしか書けない者たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「人類滅亡を避ける為にも、是正は、急務」だ』。

|

高浜原発3,4号機停止地裁判決、中・韓がアブナイ原発を平然と使い続ける中、極東地域で日本の原発ダケ止めて中・韓等を利す事成功で、喜んでいる何処の国民か???な方々・・・。

『「原発の安全」は「日本の原発にだけ、特別で過剰に厳しい基準を強いても、担保され得ない」。

「原発事故は、津波対策を見誤った福島第一の場合も含めて、基本的に人災」だ。

「中・韓等の原発で事故が起きれば、放射能物質が、偏西風に乗って、PM2.5や黄砂の如く、大量に日本に渡来する」。

「原発の安全とは、世界基準で判断すべき事」に他ならない。

「世界基準では、かなり厳しいレベルの基準でもある新安全基準を満たしているにも関わらず、高浜原発3,4号機の停止を命じた判決」の「実体」とは、

「日本の原発を止める事で、日本国・日本国民に自虐を強い、中・韓等を利す事」でもある。

「原発停止を訴えた者たちや、

停止判決を出した者たちや、

そんな判決を受けて、嬉々としている者たち」とは、

「いったい、何処の国の民なのか???」

「真に、日本国民なら、日本国・日本国民に自虐を強いる過ちや態度等は、早急に是正するべき」だ』。

『「日本の法曹界にも、

政界や、情報・教育界同様、

韓国(北朝鮮も含む)系中国共産党系の者たちが、

少なからず入り込んでいる」。

「地裁レベルでは、中・韓(北朝も含む)等を利す反面で、日本国・日本国民を不利にする判決が出されてしまう事も、珍しく無い」』。

『「ネット普及以降、

日本にとっての自虐判決を喜ぶ人々の数も、

確実に減って来ている」。

「しかし、未だに、反日工作的訴え等が少なからずある」。

「反日工作的判決も少なからずある」』。

『「戦後の平和ボケ日本社会の、

スパイ・工作活動対策は、

余りにも甘過ぎる」。

「対策は急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「日本国・日本国民にとっての有益/不益等や自虐性の有無等を基準」とした「実体暴露論」等により、

「事の上辺では無く、事の本質」を、

「実体や事実・現実通りに、大衆が認知する手助けをすれば良い」。

「そして、本質を理解・把握し、実体や事実・現実を知る事が出来ている多くの有権者等の民意により、

代理制民主主義が行われ、

法が整備され政策が実行されれば良い」。

「例えば、

戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の反日国人脈による工作活動の実態」を、

「多くの日本の有権者が実体や事実・現実通りに知り、

ちゃんとした民主主義政治等が行われている」なら、

「実効のあるスパイ・工作活動防止法や実効のある摘発体制等が整備され、実用されていない訳も無い」。

「現状の様に、酷い状態なら、より強力な、侵略者排除法等が成立していても、何の不思議も無い」。

「ところが、本質や、自体や事実・現実等の大衆認知が、未だ、不十分」だから、

「現状では、未だ、スパイ・工作活動天国状態」だ。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が、十分な仕事を行えていない裏」にも、

「反日人脈の問題が在る」』。

『「原発停止は、新たな判決や、最高裁基準等が出るまでの、一時現象で終わる」だろうが、

「日本国・日本国民に自虐状態を強いる迷惑行為である事に変わりは無い」。

「民主政治のベースでもある、

情報・教育の正常化・健常化は、

実権者人脈の是正も含めて急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「ナベツネの大宣伝」と「待機児童問題の内実露呈」だったが・・・。

『「ナベツネさん」の「東大で哲学専攻&反軍の為に共産党入り~脱退」という「ベース経歴」や「その後の読売入り~政界派閥番記者~政界要人からの重用~マスコミ&フィクサーとして日本の国政に多大な影響~」という「政治分野での経歴」や、「野球界との係わり」等を「紹介していた」が、

「常連出演者」によれば、

「今の若い人も学ぶべきところがある」で、

「そのポイント」として、

「政界要人に気に入られる為の手法を挙げていた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「学ぶべき」は

「哲学ベースや特定極一部の人に多大な権力を持たせる時代は終わっている事」だ。

「独裁者気取り状態」には、

「最後の独裁者などという戯言まで、付けられていた」が、

「もちろん、ナベツネ氏に、本当の独裁者レベルの実権や実態は無い」。

「戦後の日本社会の中で、特定極一部の分野に置いて、独裁者気取りになれていたダケ」だ。

「独裁者気取りという実体を独裁者に格上げ?している所」にも、

「終わるべき者・物・事の資質が露呈している」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」で

「人類の物質文明は急速な進化を実現して来ている」。

「ところが、精神文化側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が疎か」だ。

「結果として、未だに、多くの精神文化側の、学問や経済や政治等々も含む者・物・事」は、

「急速な進化を実現して来ている物質文明側に、必要十分に対応出来ていない」。

「この物質文明側と精神文化側の齟齬」こそが、

「今の人類の一大問題」だ。

「この人類の一大問題を解決する為」には、

「哲学や宗教等、

如何に、古の人々の叡智の結晶でも、

考え・思いによる納得レベルがベースの学問等では、

対応出来る訳も無い」』。

『「特定極一部の人々に多大な利権を集中させ、

考え・思いレベルで納得が得られる政治や経済等をベースに人間社会を維持し続けようとしても、

絶対に無理で、

何れは破綻する」。

「物質文明側と精神文化側の齟齬が、人類滅亡をもたらすダケ」だ。

「今の人類に求められている」のは

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を精神文化側でも意識的かつ積極的に実用する事」だ。

「そうすれば、必然的に、

特定極一部の人々に多大な利権を集中させ、

人が人に頼る/人が人を頼らせる事で、

人間社会を構築している

現状の現実離れした状態は、

是正せざるを得なくなる」。

「物質文明同様、実権の多くが、実体や事実・現実に預けられる状態になるから」だ』。

『「全人類の中」で、

「現状の多くの人々の、

他の者・物・事による支配/被支配という

代償欲求側に異常なまでに傾いている精神構造」が

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足を軸した精神構造」に

「正常進化する事」で、

「全ての人類が、

科学レベルで判明している実体や事実・現実の上で自立する、

本来の健常な人間社会が構築される事になる」。

「テロ・戦争・殺傷事件等々は激減」し、

「世界平和が当然」になり、

「地球環境問題も解決出来る人類集団が其処に生まれる事になる」』。

『「今時の人類は、そんな時代の中で産まれ、生きている」。

「独裁者型はもちろん」、

「ナベツネ型の成功像も、今後には無い」。

「それなのに、ナベツネの上辺型の成功法を推奨した」のだから、

「そんな常連出演者等」は、

「劣悪と言われても仕方無い」だろう。

「常連出演自体、本質的には、利権を偏在させ続け、不当に、維持~増大させる、悪事」だ。

「特定極一部の者を常連出演させ、

否応無しに、視聴者に、常連出演者を覚えさせ、

視聴者の中で、自分を常連出演者に投影・転嫁・同一視させる精神構造を築かせ、

視聴者を常連出演者に依存させる事で、

常連出演者を利用して、

視聴者を操れている悪態」は、

「早急に、解消させられるべき」だ。

「この構造は、ナチス・ヒトラーの大衆誘導の手法と全く同じでもある」。

「そんなモノを未だに蔓延らせ続けて居て、どうする?!」』

『「ナベツネ氏の様な、利権集中の長が居る時代」は、

「もう終わりにされるべき必然が、今の人類には有る」。

「旧来の自虐的状態を終わらせる為に必要な事」は、

「一人一人が、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、自らの精神文化を正常進化させる実務をこなす事」と、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した精神文化側の製品(テレビ・ラジオ・映画・小説・アニメ・音楽等々)がどんどん出て来て、

旧来の考え・思いレベルの製品に替わり、

市場を埋め尽くす事」だ。

「精神文化側の学問や、政治・経済等も、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用したモノに、代替わりする事」だ。

「この人類にとっての一大事業を行うべき時代に、今生きている全人類は実存している」。

「人類誰もが、この現実を決して見失ってはいけない」』。

『「ナベツネさん、今まで、お疲れさまでした」。

「情報業界の重鎮として、今、行うべき事を、お忘れ無く!」

「例えば、独裁者に思いがある」なら、

「完全独裁の人間世界から、全ての人々が、独裁者から独立するスジのホン」の、

「最後の独裁者」という

「映画やドラマや小説やアニメ等」でも、

「日テレ系等で製作されたら、如何ですか?」

「内実、次世代聖書みたいになるでしょうけど」・・・。

(万一、当方の原案やアイデア等が要る場合なら、4月半ば以降にどうぞ・・・)』。

・・・・・・・。

『「日本死ね!ブログ国会質問問題」では「自民党側の反論付き」だった』。

『「日本死ね!」に「共感している」のは「反日人脈の者たちくらい」だろう。

「国会では、民主党を除く全ての党が、問題ありとした様」だ。

「未だに、待機児童問題を反日運動に悪用しようとしている連中は、本当に醜悪」だ。

「待機児童問題」は、

「現政府・与党も、大急ぎで対応策を実行し続けて居るが、

未だ、十分に行き届いていないところもある」のが「実態」だ。

「震災復興と同様の事態に他ならない」。

「震災復興で、日本死ね!は言われていない」。

「日本死ね!なら、日本に住む事も否定する事にもなってしまうから」だ。

「待機児童問題で、日本死ね!を言えるのは、内実日本国民と思っていない方々」と「強く推定出来る」。

「何故なら、日本国民なのに日本死ね!では、日本国民である自分自身に向かって死ね!と言っている事になるから」だ。

「保育園入れなかったのは、私だ!署名」も、

「民主党の下に集められ、

民主党系のテレビ番組等で大宣伝状態」だ。

「集まった署名の数は、

約2万5千と、

如何にも、例えば、北朝鮮の様に、数字に拘りがある連中が好きな数の

組織票の範囲」だ。

「北朝鮮独裁者による核先制攻撃宣言等という、内実、工作暗号命令等」を「受ける」と、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や民主党の中にもゾロゾロ居て、北朝鮮とお友達だった旧社会党系の人脈の者たち等」は、

「日本死ね!等の情報工作や

反日政界工作・反日運動等や

日本社会の中で以前から行い続けている日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な工作活動等」を

「より積極的に行わざるを得ない」のかも知れない。

「そんな実態は、既に、バレバレ」なだけに、

「実に哀れ」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の健常化」は「急務」だ』。

|

核弾頭の小型に成功???を公言の北朝鮮・・・。

『「とても、水爆とは思えない実態を露呈した水爆実験」も「今回の核弾頭の小型化成功???宣言」も、「北朝鮮内で起きている事の実体を露呈させている」。

「もはや、金正恩は、裸の王様状態」なのだろう。

「北朝鮮内で起きている事の実体」とは「以下の様な事」だろう』。

『金正恩「水爆は完成したか?」

本当の事を言う軍部幹部「未だです」。

嘘を言う軍部幹部「既に完成しました。未だと言う者は嘘を言っています」。

金正恩「ウリナラの実力を持ってすれば、水爆が未だ出来ていない訳は無い。未だという嘘を言う米・韓の手先かも知れない者たちを粛清しろ!」

・・・・・・・。

・・・「核弾頭小型化でも、事態は同様」だろう』。

『「もはや、裸の王様に残されている事」は、

「裸の王様である事を認める事」か、

「裸の王様のままパレードに担ぎ出され大恥をかく事」か、

「自爆戦争等を行う事」くらいだろう』。

『金正恩「核弾頭の小型化が成功しているなら、量産し、実戦配備し、先制攻撃だ!」

嘘を言う軍部幹部「どんどん量産しています。実戦配備も随時完了しています。何時でも、米・韓に対する先制攻撃のご命令を!」

金正恩「未だ、待て、米韓が軍事演習を終えて、安心した時こそが、大打撃を与えるチャンスだ!」

金正恩の内心「(その時までに、暗殺部隊が来ない様なら、もっと待っても良いかも知れない・・・。

実戦となれば、さすがに、勝ち目は無いだろうから、延命の為には、待つべきだ・・・。)」

嘘を言う軍部幹部「さすが、将軍様!」

嘘を言う軍部幹部の内心「(もう、金政権は長く無い。金政権崩壊の功績を持って、米・韓等に重用してもらう方が遥かに合理的な得策だ・・・。)」

・・・等々、等々・・・』。

『「核弾頭の小型化成功で、核弾頭の前に金正恩が立つ写真」とは、

「核弾頭が本当ならその放射能を、至近距離で、金正恩を当てている写真に他ならない」。

「核弾頭に核が無いのなら、張り子の虎」だ。

「核弾頭の小型化の実現は、結構大変」だが、

「張り子の虎の製造なら、今の北朝鮮でも可能」だ』。

『「今の北朝鮮」には、

「ある意味、とても、お気の毒な状態の臭いが、充満している」・・・』。

|

「保育園落ちた。日本死ね!」で日本死ねに賛同している様相の反日国の手先かも知れないテレビ・マスコミ等&国会議員たち・・・。

『「保育園待機児童問題の解決が目的なのか?」「日本死ね!」を合言葉に、「日本乗っ取り支配工作や、反現政権工作を行う事が目的なのか?」

「どちらの要素がより強いのか?」は、

「日本死ね!」を「問題にして、先ず、排除しているか?否か?で判る」』。

『「安倍総理や与党側」は、

「過激な表現には、問題がある、賛同出来ない等」の旨「前置き等した上」で、

「保育園待機児童問題をどうやって解決するのか?」を、

「見出し、実行しようとしている様相」だが、

「野党やテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」では、

「まるで、日本死ね!こそが、本意であるかの如き勢い」で、

「保育園待機児童問題をダシに、現政府・与党等を非難している」。

「本来あるべき野党やテレビ・ラジオ・マスコミ等の姿」とは、

「反政府運動的な事を行い続けるのでは無く、

現政府・与党等より、より日本国・日本国民の為になる政策や具体的アイデア等を提示する事で、

現政府・与党等に、より良い解決を求める事」だ』。

『「日本国籍を持つ、反日他国の手先的な運動家の様な連中」を

「国会議員にし続ける必要は全く無い」。

「反日他国の手先的な運動家集団の様な者たちに、

日本の公共の電波の使用権を与え続ける必要も全く無い」。

「反日他国の手先的な運動家集団に、日本国内で公共的マスコミの仕事を行い続けさせる必要も全く無い」』。

『「日本死ね!」を「問題にしない連中」は「自らの正体を露呈させている様なモノ」だ』。

『「待機児童問題が本当に訴えたい事の本質」なら、

「現政府や現与党が行っている・行おうとしている事より、

良い対策を積極的に提示するべき」だ。

「ところが、現実的な対案は、未だ、ロクに示されていない様相」だ。

「実態として、目立つのは、反日運動的姿等」になる』。

『「戦後の日本国内には、何故、反日運動家の様な人々が、数多く居るのか?」

「何故、未だに、居るのか?」

「元は、反日他国からの移民・難民等かも知れない」が、

「日本が嫌なら、祖国・母国に帰るのが普通」だろう。

「祖国・母国に帰らず、帰化までして、反日運動等を続ける理由があるとしたら、

その目的は、

侵略や、

日本の乗っ取り支配等になる」と「強く推定出来る」。

「侵略者排除法等」で、

「戦後日本国内に巣食ってしまっている日本国日本国民に有害な人脈を一気に解消させる事等」まで、

「真剣に考え、積極的に、実行した方が良い状態等」が、

「遠ざかっているのなら、マシ」なのだが、

「現状の工作活動等の強化ぶり等」からは、

「その様な事態を積極的に誘っている様相がアリアリと判る」』。

『「日本国・日本国民の安全の為にも、政府・与党・警察等」は、

「いい加減に、腹を括り、本気の対策を実行するべき」だ』。

|

「宗教行為」免罪符でお布施を無税のままにしたい生臭坊主たち・・・。

『「強欲宗教屋等が、私利私欲に生きたがる実態を露呈すればする程、宗教離れも加速する」。

「客商売と分かっている宗教屋は、お客様の要望に応えようとする」。

「宗教自体は、もはや、伝統文化遺産とするべき時に、既に、なっている」』。

|

テレ朝朝番、名古屋の議員報酬を正義ぶって問題にする前に、自浄があるなら、常連出演者等の報酬実態を先ず公開し、その正当性等を問うべきでしょ・・・。

『「はっきり言えば、現状のテレビ業界の者たち(多くの常連出演者も含む)の報酬」は「実体としては、明らかに不当な、利権偏在状態を元に決められている」。

「何しろ、人類の精神文化の正常進化への貢献という実体を伴った経済等評価軸に照らせば、今時としては、明らかに、劣悪レベルの仕事しか出来ていない者たち」に、

「過分な報酬や権力等が偏在させられてしまっている」。

「そして、現場支え実務等を行っている者たちの報酬や扱い等は、まるで奴隷の如く、過剰に、低い」。

「意図的に形成されている劣悪で醜悪な格差社会が其処にも在る」。

「高報酬の正当性の無さという面では、

名古屋の議員も、

テレビ界の高報酬者たちも、

同類、

どころか、その悪質性からすれば、

テレビ界の高報酬者たちの方が、

更に酷い状態と言っても過言では無い」。

「名古屋の議員では、千数百万レベルの報酬を大問題にしている」が、

「多くの常連出演者たちやテレビ局高報酬者の年収は、利権集中・偏在化等故に、3000万円を超えている場合が多い」。

「正義ぶって、名古屋の議員報酬問題を責める、正当な資質を持っている者たち」とは

「言い難い実態が其処にある」。

「税金と、公共の電波使用故の利権(有名人利権も含む)」は「同類とされて然るべき」だ』。

『「議員報酬と議員活動費を別にして、

議員活動費はガラス張りの経費精算にするべき」という

「利工作活動論」も「風潮されていた」。

「議員活動をガラス張りにする前」には、

「十分な実効を持つスパイ・工作活動等を防止する法&摘発体制が必要」だ。

「何故なら、議員活動をガラス張りにし、その議員の行き先や人脈等が誰にでも分かる様になる事=スパイ・工作活動の便が飛躍的に向上する事だから」だ。

「そんな状態は、日本国内では、

反日他国人脈の様に実質的スパイ・工作員等を多数抱え、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難なスパイ・工作活動等の実行が大好きな連中を利すダケ」だ。

「多くの日本国民の安全等が脅かされ易くなり、

スパイ・工作活動等を実行し続けて居る

反日人脈等による

日本乗っ取り支配等をより容易にするダケ」だ。

「物事には順序が在る」。

「順序を逆にすると、

多くの日本国民の為にならず、

反日人脈の者たちの為になる事態が、

日本国内で実現してしまう場合もある」。

「日本の公共の電波を使っている一方的な情報の大量配信」で、

「上記の様な、絶対に忘れるべきでは無い重大な視点」を

「省いているのは、明らかに異常」だ。

「そんな状態では、反日人脈、スパイ・工作活動実行側、等々の臭いさえ、漂って来る」のも、

「当然の現象」だろう』。

『「自浄無き連中の醜悪な姿・発言等を連綿と見せ続けられている多数の視聴者の中」で、

「どんな現象が起きているのか?」等は、

「現実の日本社会で起き続けて居る多数の事件・事故等からも、明らか」だろう』。

『「人類滅亡を避ける為にも、世界平和の実現の為」にも、

「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

「名誉棄損教師等には厳罰を!」&「抗議の自殺は止めようよ!」・・・。

『「とんでも無いニュースが流れた」。「万引きなどしていない生徒に対して、万引き犯は、推薦出来ない旨を伝え続けた、あり得ない教師たちが居たと言うのだ」。

「はっきり言えば、事実無根の冤罪を被せ続けた教師たちは、犯罪者に他ならない」。

「残念な事に、冤罪を被せられた生徒は、自殺されてしまったとの事」だ。

「罰せられるべきは、教師側であり、断じて、生徒では無いのに」・・・』。

『「こんな実態を露呈させた現実からも、現状の教育の酷さが判る」。

「抗議の自殺とは、丸ごと一人の死生観の世界であり、場合によっては、復活や輪廻転生等の概念まで含まれている、現実離れした訴え方」だ。

「まともな学校教育が行われている」なら、

「生徒たち」は、

「生物の死とは、細胞ごとの現象に他ならない事」や、

「人類として、殺したい者・物・事に突き当たってしまった時、

殺したい者・物・事の実体を見極め、

悪戯に、丸ごと一人の死生観と殺したい者・物・事を結びつけない事」くらい、

「十二分に理解・把握出来ている筈」だ。

「上辺の言葉等を覚えさせる教育では無く、内実の理解・把握を誘う教育が行われていた」なら、

「丸ごと一人の自殺も殺人もあり得ない」』。

『「実質的に、生徒に対する名誉棄損行為を行い、

冤罪を晴らすチャンスが有ったにもかかわらず、

冤罪を被せ続け、

生徒側も抗議の自殺をしてしまった」とは、

「本当に、とんでもない事態」だ』。

『「この問題に係わった教師全員の実体(所属組合や人脈等)」は、

「個人情報保護等の適応対象から外し、

徹底的に、原因等を探求すべき」だろう。

「そして、実効のある再発防止策を早急に構築し、実行するべき」だ』。

|

テレ朝夕番では、「天皇陛下まで、実質的、政治利用して、視聴者に反原発感情を抱かせたかった様」だが・・・。

『「福島第一原発被災事故被害者に思いをお寄せになられている天皇皇后両陛下のお姿」が、「多くの日本国民の共感を呼ぶに十二分な事」は、「言うまでも無い事」だろう。

「この多くの日本国民の共感を悪用」して、

「悪戯な反原発感情等を日本国内に充満させたい様相ですらあった」のが、

「本日のテレ朝夕番だった」らしい』。

『「テレ朝夕番」では、

「福島第一原発の被害者に寄り添う天皇皇后両陛下の情報が配信された」と「共」に、

「原発被害復興情報等の重要部分」は「実質的に、黙殺されていた」のだそうだ。

「現実」として、

「今や、福島第一原発敷地内でも、防護服もマスクも無しで行動出来る範囲が結構増えている」。

「ましてや、福島第一原発から離れている避難地域等」では、

「実際に問題」なのは、

「今の福島原発では無く、原発被災事故時に風等によりばら撒かれてしまった放射能物質」だ。

「だから、原発事故の今の実体を実態通りに伝える為の情報配信」なら、

「被災事故問題ダケでは無く、

上記の様な実状の肝要要素も十二分に伝えなければ、

明らかにバランスを欠く」』。

『「ところが、テレ朝夕番では、被災者に寄り添われる天皇皇后両陛下の情報配信を積極的に行い、

原発問題や除染問題等を出来る限り重い問題として捉え易くする様に伝え、

福島第一原発被災事故~復興実態の一部の情報配信も行った」が、

「現状の肝要要素については、何故か?意図的にか?実質的に黙殺状態だった」らしい。

「そんな実態なら、明らかに、視聴者の反原発感情等を誘う為の偏向情報配信」だろう』。

『「原発事故被災者の思いに重点的に視聴者の思いを寄り添わせる」とは、

「例えて言うなら、裁判で被害者側のみに寄り添わせて、悪戯な厳罰感情のみを増大させる様な事」だ。

「もちろん、言うまでも無く、実体や事実・現実把握の為には、

被害者側のみでは無く、

加害者側や、

現状人間社会自体等も、

問われるのが当然」だ。

「つまり、裁判で言うなら、被害者側のみを偏重した厳罰感情を煽る状態と同様の事態」を

「日本の公共の電波上で繰り広げた」のが、

「本日のテレ朝夕番の実態だった」らしい。

「それが、本当なら、とんでもない事」だ。

「公共の電波を使ったテレビで偏向情報配信をした大衆誘導が行われてしまっている」と

「強く推定出来るから」だ。

「まるで、ナチス・ヒトラーのラジオ悪用の様な!」』

『「日本の公共の電波を使って、実質的、大衆誘導等を行って来ている連中」は、

「早急に、テレビ界から追放されるべき」だ。

「ナチス・ヒトラーと同様の事態を容認し続けている人間社会では、今時、お話しにならないレベル」だろう』。

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

「中国は日本の味方か?敵か?」だと・・・。

『「おバカ、もしくは、悪の中国共産党要人は???かも知れない」が「多くの日本人にとって、善良な中国人は味方&中国共産党は敵」だ』。

|

他に敵をつくって正義ぶり利権を守る事が得意なのは、米国や中国等権力者か?テレビ常連出演者か?・・・。

『「自国民の不満を逸らす為に、他国等を敵化・悪者化する政治手法」は「現状権力者たちの得意技」だ。

「もちろん、その目的は、現状権力者たちが現状であるが故に保持出来ている利権の維持~増大」だ。

「だから、実際に、どんなに敵化・悪者化している対象国等に対して、実際に全面戦争等を仕掛ける事は無い」。

「大勢に影響の無い、地域戦争等で、軍需産業等を儲けさせる事はあっても」・・・。

「米国は、もちろん、中国共産党や韓国等の反日国にしても、この原則には、実に忠実」だった』。

『「ところが、原則に忠実な裏では、北朝鮮が、原則に忠実な現状権力者たちの隙を付いて、核兵器開発やミサイル開発まで行ってしまって来ている」。

「もはや、

過去からの現状権力者たちのやり方の原則に基づいて、

現状権力者たちが、

現状ゆえの利権を維持~増大させ続けるやり方」は、

「崩壊寸前」だ。

「地球温暖化による急激な環境変動も、現状のやり方の限界を示唆している」。

「米国大統領選挙からも、現状脱出欲動の大きさが、良く判る」』。

『「そんな現状権力者たちの他に敵化・悪者化した者・物・事を置く事」で、

「現状権力者たちの不当利権の維持~増大から、大衆の興味を逸らせるやり方」と、

「全く同様の手法を用いて、視聴者を欺き続けて来ている」のが、

「テレビ常連出演者等」だ。

「得意技は、実際に起こった事件・事故等や政治問題等をダシに、紳士的に、優等生ぶり、正義ぶる事」だ。

「紳士的に、優等生的に、正義ぶる、常連出演者等」を

「公共の電波上で、一方的に見せつけられている多くの視聴者」は、

「常連出演者等の不当利権問題等を考える前に、

ダシにされている事件・事故等や政治問題等を考え、

更に、それらの問題の解決法・処理法等としては、

常連出演者等の意見や論こそが、

正論・正当であるかの如く、

実質的に、マインドコントロールされてしまう」。

「その裏では、実態として、常連出演者たちが、過分な報酬や有名人利権をドンドン増大させている」。

「年収300万円未満の方々が多数居る現状の日本社会で、多くの常連出演者たちの年収は、3000万円を超えている」。

「現状で、多額の年収を得られている者たちによる、

現状利権維持~増大論が、

一方的に大量配信されるベースが其処に在る」。

「そして、そんな論で、世間が染め上げられ続けている限り、

現状権力者たちも、安泰」だ。

「米国権力者も、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の反日国の権力者も、その他の現状権力者たちも、

テレビ常連出演者等を含めて、

皆、

利権共同体」に他ならない』。

『「この利権共同体を維持する事」で「他の多くの人類にとっても、多大なメリットが在る」なら、

「未だ、現状権力者たち等の利権維持~増大等には、幾らかの正当性等が在る事になるかも知れない」。

「しかし、現実」は、

「地球環境問題は行き詰まり、

不当な格差が開き過ぎ現状の人間社会システムは多くのところで破綻状態」だ。

「過去の歴史が示している事」は、

「この様な状態に陥ると、人類は、集団的に現状脱出欲動を暴発させ、戦争を起こす事」だ。

「ところが、地球環境問題までもが行き詰まり、核兵器まで保有してしまっている現状の人類」には、

「もはや、歴史を繰り返す事は許されていない」。

「しかし、現状脱出欲動は、今、この瞬間にも、どんどん増大している」。

「もはや、現状権力者たちの利権の維持~増大等に寄り添う事や従う・従わせられる事等では、問題の解決は不可能」だ。

「さて、今、人類は、何をどうすれば良いのだろうか?」』

『「答えは、既に出ている」。

「当ブログでも何度も記している」。

「現状の現実離れこそが、問題の根幹なのだから、

現状の現実離れを是正すれば良いダケ」だ。

「そのやり方も、既に、分かっている」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して来ているが故に、

急速な進化を実現出来ている物質文明側同様、

精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用し、

精神文化側の製品(テレビ・映画・小説等の情報や学校教育等はもちろん、政治・経済・社会システム等を含む)をつくり、

実用すれば良いダケ」だ』。

『「今のテレビに必要なのは、

現状のままの利権維持~増大の精神構造で、

視聴者をマインドコントロールし続ける、

現状権力者等ご用達の同類常連出演者等では、

断じて無い」。

「精神文化の正常進化に力を加える事が出来る者たちであり、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用し、

精神文化の正常進化に貢献出来るドラマや映画や音楽等」だ。

「今時の人類なのに、殺人ドラマ等を繰り返して不当な利権を得続けて居るのでは、本当に劣悪」だ。

「殺欲動の実体をちゃんと理解・把握・認知等すると共に、殺人欲動を殺すドラマや映画や音楽等が作れて当然」だ。

「格差問題や環境問題解決の為にも、利権偏在を急速に是正させると共に、

他の者・物・事の支配/被支配という未熟な精神文化状態から、

自分を自分で健康にコントロールし続ける当たり前の精神文化の正常進化状態に、

全人類を誘う事を可能にする情報・教育等の

意識的かつ積極的な配信こそが、

今時のテレビ等や学校教育等では、重要」だ』。

『「現状利権に固執して、人類滅亡を誘う者たち」とは

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」に他ならない。

「人類の存続~永続を本気で望む」なら、

「現状利権に固執している醜悪さ等は、心の鏡上等で簡単に見える筈」だ。

「見えないのは、裸の王様ばかりなり・・・」で、

「既に、そんな状態になりつつある」』。

『「実体や事実・現実のお墨付きが無い大金持ちや有名人や大権持ち等とは、

利権偏在上に存在し得る悪態」に他ならない。

「現状の精神文化側の者たちは、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を十分に実用していない者たちばかり・・・なのだから、

多大な利権を保持している者たちの利権には、

実体や事実・現実のお墨付きなど無い」。

「不当利権が解消されるのは、必然」だ。

「不当利権解消の代わりに、戦争等で誤魔化そうとする」のは、

「悪魔に魂を売り渡した者たちに他ならない」』。

『「人類滅亡を避ける為にも、先ず、テレビ・ラジオ界と学校教育界の是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝夕番では、「日本死ね!」に共感の様相だが・・・。

『「保育園待機児童問題が重要なのか?」「その問題をダシに、日本死ね!の宣伝をしたいのか?」

「日本しね!に共感」の旨の「画像」と、

「この問題で正義ぶる民主党や社民党や常連出演者等」の「画像」の

「セット」という、

「テレ朝の本意が、何処にあるのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「週末に国会前に集まったのは、数十人レベルの集団だった様」だが、

「テレ朝夕番では、日本の公共の電波を使って、人数もロクに言わないまま、大宣伝」なのだ。

「日本死ね!」抜きの「待機児童問題」だったなら、

「数十人レベルが集まった所で、大宣伝などしなかったのでは?」等と

「感じている視聴者の数も決して少なく無いと思う」が』。

『「日本国内の待機児童問題を訴える為」なら、

「日本死ね!」は「邪魔にしかならない」。

「例えば、拉致被害者が、日本死ね!を言うだろうか???」

「拉致実行犯側なら、日本死ね!等を言う、だろう」が。

「待機児童問題の解決が本当の目的では無く」、

例えば、

「日本の象徴として、現政権等を捉え、現政権等を否定する為等」の「目的」や、

「日本の乗っ取り支配等」が「目的」なら、

「日本死ね!」等と「言う事等も合理的になる」』。

『「日本国内で暮らしていても、

本心では、日本の国民なのか???な人々」が、

「待機児童等、今の日本社会の問題をダシ」に、

「例えば、反日国側等に立つ」なら、

「日本死ね!」等と「言いたくなる」のも「当然」だろう。

そればかりか、

「反日国人脈による日本乗っ取り支配を実現だ~!」等の

「言葉が出ても、何の不思議も無い」』。

『「今では、民主党と社民党等々に別れている」が、

「民主党の中にも、テレビ・ラジオ・マスコミ界の中にも、旧社会党の人脈の者たち」が、

「少なからず居る」』。

『「旧社会党とは、北朝鮮の労働党等とのお友達でもあった」。

「拉致問題では、拉致被害者からの相談を、朝鮮総連に報告に行ったと言われる様に、

日本側に立たず、北朝鮮側に立っていたのでは?」等と

「疑われて当然の実態まで露呈していた政党だった」。

「そして、旧社会党無き後も、

その人脈の者たちは、

政界や情報・教育界はもちろん、

日本社会の至る所に居る」』。

『「本心では、

日本より北朝鮮が良いのなら、

北朝鮮に行って、

北朝鮮をもっとまともな国にする事に力を発揮すれば良い」等と

「思っている方々も、決して少なく無いと思う」が』。

『「テレビ・ラジオ界の是正は急務」だ』。

|

米韓軍事演習を受けて、言葉だけ威勢の良い北朝鮮だが、日本国内では、そのスジの連中が工作活動を必死に頑張っている様で・・・。

『「道路上等でも、電磁波工作機器等が仕込まれている場所が明らかに増えている」。「微粒物質散布工作を頑張ってしまっている者たちの数も増えている」。

「もちろん、微粒物質散布の場合は、どんなに巧みに行っても、例えば、その者とすれ違った後に、微粒物質特有の臭いを感じ取れる事態等が生じる」から、

「ある意味、工作員カミングアウトみたいな状態になっている」が。

「電磁波工作機器仕込み」にしても、

「例えば、道路上に並んでいる電灯や仮設電灯の列用の電線等に沿って電磁波が発生していれば、その施工業者等の中に工作員が居る事は、直ぐにバレる」。

「渋滞する交差点付近の賃貸部屋等から電磁波が出ているなら、

其処に住んでいる者か、

其処の部屋の管理者か、

其処の設備業者等が電磁波工作機器を仕込んでいる事になる」ので、

「何れにしても、ちょっと調べれば、直ぐに分かる」。

「当然、公安等なら、とっくの昔に、組織のほぼ全容を把握済み」だろう』。

『「それなのに、具体的に迷惑行為等の取り締まりや摘発等を行っていない」のだから、

「その辺りにこそ、今の日本の本当の問題が見え隠れしている」』。

『「電磁波工作による車の事故率等アップは、もはや、隠し通せるレベルでは無い筈」だ。

「全ての事故を、運転者の資質や病気等他の原因にすり替えようとしても、無理が生じている筈」だ。

「例えば、バス運転手等が連絡用の携帯電話等を持って運転の業務に就いている」なら、

「携帯と通信させる事で、

携帯付近に工作電磁波を集中的に当てる事が出来、

実際の工作手法も、その様になっている」。

「車やカーエアコン等の電子回路内のコンピを使い、

工作電磁波を発生させるソフト

(演算結果がドット電子派を生み出す様に、波動関数の計算・・・コンピの多くはマルチタスクなので、一つとは限らない・・・でもやらしているのだろう)で、

車自体にも工作電磁波を発生させて置く」と、

「外からの工作電磁波との悪の相乗効果で、共振状態等も置き、人体や脳に影響を与える状態にまでなる場合も少なく無い」。

「そして、それらの事態は、基本的には、確率論的に起きる」が、

「例えば、車側の工作電磁波発生アンテナ化している部分を、意図的に、運転者の頭や胸等に向けて置けば、

電磁波工作による悪の実害の発生確率を飛躍的に高く出来る」。

「更に、そんな状態下に置かれている者の運転する車の前後等に、工作電磁波を当てる電磁波工作車等を意図的に付け、何台かの車で、執拗に、工作電磁波を当て続ける様な事」を、

「継続的に行う」なら、

「実害の発生確率は、更に上がる」。

「北朝鮮の言う、核兵器まで使う先制攻撃という言葉の裏には、

日本国内の工作員に対し、その位の勢いで、工作密度や強度等を徹底的に高めよ!」という

「暗号命令が入っている」と「強く推定出来る」。

「微粒物質散布工作でも全く事態は、同様で、工作の実害が出るか?否か?」は、

「濃度と強度と、ターゲットにされてしまっている人々の対応力次第という事」になる。

「逆から言えば、

ほとんど全ての日本人が、

工作活動の存在を意識し、

少々の事態が生じてしまった時、速やかに、対策を施せば、

深刻な実害を避ける事も可能になり、

工作自体を無効化する事が可能になる」。

「もちろん、対策を行うには、手間も時間もお金もかかる」ので、

「多大な迷惑には違い無い」が、

「工作の悪の実効が出てしまい、健康被害が出たり、事故を起こしてしまったりするよりは、遥かにマシ」だ。

「こんな実態が、日本国内では起こされているのに、

政府も警察等も、

工作活動事態を黙殺し続けて居るのは、

明らかに異常」だ』。

『「日本国内で、工作員たちと日本人との間で、少々の対立が起きても、

工作活動自体を葬り去る事のメリットの方が遥かに大きい」。

「更に言うなら、実質的犯罪者たちを野放しにし続ける事のデメリットは甚大」だ。

「拉致問題等、北朝鮮問題解決の為にも、

微罪でも、工作活動は徹底摘発し、

その人脈の全てを全世界に露呈させる事等が、非常に有効」だ。

「工作活動を行って来ている者たち」を、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置く事」で、

「同様の新たな悪事は、大いに抑制される事になる」』。

『「今、政府・与党・警察等の、実体が問われている」。

「日本国民の安全の為に、工作活動を露呈させたり、摘発したりするのか?」

「北朝鮮等にメリットを与え続ける為に、工作活動を黙殺したままにするのか?」

「日本国内の政府・与党・警察等は、何処の国の為の、政府・与党・警察なのか?」』

|

サンデー・モーニング、「原発不安煽り」&「日本のみ脱原発大衆誘導」を行いたい様相の劣悪常連出演者等・・・。

『「安全と安心は違う」は「現実」だ。「科学レベルの検証で安全が担保されていても、不安情報・不安教育等で、人を操れば、操られる人々は、安心出来ない」。

「そんな状態を解消するにはどうすれば良いのか?」

「不安情報・不安教育等」を

「ワクチン(免疫育成の為)レベルの無害かつ、圧倒的マイナーな存在にする」と「共」に、

「多くの人々の精神文化」を

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して来ているが故に、

急速な進化をし続けられている物質文明」と

「同様」に、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

物質文明レベル以上に、

正常進化させる事」だ。

「安全と安心について」、

「日本の公共の電波を使って、情報を一方的に大量配信する」なら、

「上記の様な内容こそが、正当、もしくは、健常な内容」になる』。

『「ところが、

反日他国を利す為に

極東地域日本のみ原発ゼロを実現したり、

多くの日本国民に放射能不安・原発不安のストレスを与える事で

弱体化・無害化したり、

・・・したい様相ですらある、

テレビ番組等の論」は、

「全く違っている」。

例えば、

「常連出演者等」が、

「日本の原発問題は、将来世代の為に、科学的にでは無く、哲学的に考え、判断すべき」等の

「実質的には、後ろ向きの論」等を言っていたりした。

「除染が進み、マスク無しでも入れるエリアの中から、

放射能レベルが高い地域を見つけ出し、

大宣伝し、

視聴者の、過剰な放射能不安を煽り、増大させ続けたい様相でもあった」。

「福島第一原発内の物にせよ、除染した土や葉等にせよ、他の原発の物にせよ、放射能ゴミ問題」を、

「過大に扱う」と「共」に、

「ゴミ問題の解決無き内は、原発を使うな!」とでも「言いたげな様相」だった。

「もちろん、言うまでも無く、原発事故も、原発のゴミも、全世界の問題であり、

断じて、日本の原発ダケ止めれば、問題が解決する事では無い」のだから、

「原発事故や放射能ゴミ問題を

日本の原発ダケ止める世論を造成する事等に

悪用する事」は、

「明らかに間違っている」。

「文化レベルを上げ続けながら、

温暖化を抑止する為」には、

「今の人類は、

とりあえずは、

原発を出来る限り安全に使う必要が有る」。

「万一の事故時には、

出来る限り被害を少なくする事」や、

「実効の高い、適切な、事故後対処法を保持する事等」が、

「全世界レベルで、望まれている」。

「科学技術立国でもある日本が行うべき事」は、

「原発を安全に使う為の技術を進歩・進化させる事であり、

原発事故処理の技術・ノウハウ等を構築し、進歩・進化させる事」に他ならない』。

『「テレビを使って、

(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、意図的に隠蔽されている)脱原発や、

一億総放射能潔癖症状態等をつくり出す事等による、

過剰な放射能不安を煽る事等」は、

「明らかに、本来の日本の役割を阻害する、

実質的には、反日情報工作~大衆誘導等になる」』。

『「本来流されるべき情報」は、

「悪戯な放射能不安から、視聴者を解放する情報」だ。

「精神文化の正常進化に有益な情報」だ。

「大事故であったにも係わらず、

人的被害が極小で済んでいる福島第一原発被災事故」や、

「除染~復興等の実体や実態」を「原寸大で伝える事」だ』。

『「内実」として、

「過剰な放射能不安を煽り、増大させ、

視聴者の反原発心等を育成し、

選挙時等には、

上辺の綺麗事に過ぎ無い、

上記()内を言わない脱原発や反原発を訴える政党や候補者等の票を増やす為となる様な情報」を、

「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信する事」で、

「実質的には、

不安を育成するマインドコントロールや、

上記()内を言わない反原発・脱原発政党を利する大衆誘導等をしている」のなら、

「明らかに、不当な番組であり、政治的にも偏向した番組」になる』。

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

本モノは、時と共に近づき、間に何人も何事も入る余地も無くなる・・・。

『「人類誰もが、時と共に、近づき間に何者も何事も入る余地が無くなった時に、新たな命が産まれている」なら、「人間世界は、とっくの昔に、世界平和なのだろうけど」・・・と言う事等を、「自覚出来るレベルに達した今の人類が行うべき事は?」』

『「先に行くべきは行く」だが、

「待つべきは、待つ」』。

|

朝鮮半島から従軍慰安婦問題の真相を知らない方々に・・・。

『「日韓併合当時の朝鮮半島内」では、「日本から朝鮮半島に行っていた日本人も数多く居た」。

「そればかりでは無く、当時朝鮮半島に渡った日本人の多く」は

「基本的には、日韓併合という二国が一国になる日本よりの同化政策契約に基づいて、

朝鮮半島内も、当時の日本国内と同等レベルに、

近代化する事等」を、

「時には私財までつぎ込んで頑張って居た」。

「もちろん、平時で」だ。

「侵略戦争や、軍事略奪等は、其処には無い」』。

『「そんな中で、開戦となり、

朝鮮半島内でも、

日本本土内同様、

従軍慰安婦が求められた」。

「従軍高報酬売春婦(当時は合法)の募集が行われた」』。

『「従軍高報酬(何しろ、日本軍将校以上の報酬だったのだ)売春婦に応募した者たちの実態」は、

「朝鮮半島内では、親や兄弟や親戚等に売られ、金稼ぎに出向かされた哀れな朝鮮人少女たち」だったりしている

「場合が在った」。

「売ったのは、親や兄弟や親戚等(つまり、全員朝鮮人)」であり、

「買ったのも、仲介業者(朝鮮半島内では、朝鮮人であった割合がかなり高い)」だ。

「仲介業者から、旧日本軍管轄の従軍売春宿に送り込まれた」というのが、

「朝鮮人も含む、当時の売春婦たちの実態」だ』。

『「売った、買った」の

「表現からも判る様」に、

「朝鮮人にしても、日本人にしても、その他の国籍の人々」にしても、

「基本的には、お金の為だった」のが「真相」だ。

「つまり、旧日本軍による軍事の為の強制連行では無いのである」。

「少し考えるなら、誰でも分かる事だが、

軍事の為なら、

慰安所など儲けず、

侵略行為等を行うなら、

侵略先で、

女{性}も自由に現地調達する事を公認する方が、

より合理的になる」。

「この実際の基本構造」は、

「従軍慰安婦を問題にする全ての人々が絶対に見逃してはいけない事」だ』。

『「はっきり言えば、朝鮮人による、慰安婦問題をダシに、日本にタカる劣悪な行い」は、

「全世界的に非難されるのが当然の事」だ。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき事」に他ならない』。

『「当時の朝鮮半島内の、意に沿わぬ、従軍高報酬売春婦の実体」とは、

「朝鮮人の親や兄弟や親戚等の意向で、朝鮮人の仲介人に売り渡された哀れな少女」に他ならない。

「その補償は、何処の誰に求めるのが正当なのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「従軍慰安婦問題で墓穴を掘っている様相の韓国(北朝鮮も含む)」とは、

「実態として、永遠の恥辱に染まる道の上に、朝鮮民族を置きたがっている国々でもある」。

「朝鮮人が本当に憎いのは、朝鮮人」に他ならない。

「そんな内実を、自覚無きまま、露呈している」のだ。

「愚か過ぎる近親憎悪の実態が其処に在る」。

「本当に哀れ」だから、

「一刻も早く、その様な状態から、多くの朝鮮人が抜け出せる事を、真摯に願っている」』。

|

「下流老人」を公然化したい様相の一部マスコミ等問題・・・。

『「言うまでも無く、下流老人が生まれる裏」には、「不当上流者」が「在る」。「本当の問題」は「不当上流者をどうやって解消し、本来あるべき利権分配状態をつくるか?等」だ。

「下流老人等を公然化する事」で、

「実効」としては、

「その裏にある不当上流者問題を黙殺せしめる、

実質的情報工作等」は、

「本当に醜悪」だ。

「下流老人等で稼いでいる者たちの実体」とは、

「悪魔に魂を売り渡した、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」に他ならない。

「健常な精神や頭脳が有る」なら、

「主として、問題とすべき」は、

「不当上流者の内実や、

不当上流者を生み出すシステム等」であり、

「不当上流者をつくり出し、維持し、不当利権の更なる増大等を生み出し続ける為の

実質的、犠牲者・被害者である

下流側の人々を責める事では無い」。

「マスコミ人の資質として、不当上流側に媚び、そのオコボレ頂戴わんわん化する事が望まれている人間社会」なら、

「それは、本当に、深刻に病んでいる状態の人間社会に他ならない」。

「そんな人間社会の是正は急務」だ。

「心あるマスコミ人なら、病んだ人間社会を是正する為の記事等を取り上げるのが当たり前」だ。

「日本社会の病気をより深刻にする事で、日本の弱体化を誘い、反日他国等を利す事等が目的の、マスコミとは言い難い、内実、情報工作機関等」なら、

「日本社会を、より病ませ、弱体化する事に有効な記事等を

率先して取り上げ、

話題性を持たせ」を、

「大宣伝等する」のが、

「合理的になる」。

「日本社会を、より病ませ、弱体化する事に有効な情報配信者たち等」に、

「有名人利権や過分な報酬等を与え、

大衆を惹き付けさせれば、

より効率的に、日本弱体化工作等が行える事になる」』。

『「戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ情報」や、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が生み出して来た有名人等」を、

「上記の観点から検証してみれば、

誰にでも、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷過ぎる実態が分かる筈」だ』。

『「上記の情報工作等を実現させ、大衆を操る為に、

重要な事は、

健常な精神や頭脳等の状態を

多くの一般日本国民から剥奪し続ける事」になる。

「その為の手段が、電磁波工作であり、飲食物工作であり、侵入工作であり、微粒子散布工作等々」だ。

「本来の精神状態や頭脳状態を微妙に崩され続ける事により、

多くの人々が、知らず知らずの内に、

頼る者・物・事を求めさせられ、

例えば、内実は、日本乗っ取り支配工作目的の情報・教育でも、

依存し易くなる」。

「学校教師や、

日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオや、

公共的大マスコミ等による、

情報・教育なら、

ほぼ無条件で依存させられる様な、

異常な状態がつくり出せてしまう」。

「日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難」な、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や微粒子散布工作等々の、

迷惑行為が、連綿と続けられて来ている理由は、

其処にある」と「強く推定出来る」。

「更に、工作の継続により、

工作故の効果も見込んでいる」と「強く推定出来る」。

「日本人が、

工作故に弱体化したり、

事故や自殺率が上がったり、

病気になる率が高まったり、

病気やケガ等で早死に化したり、

弱体化した親等の介護等の為に、十分な仕事や子造り・子育て等も出来なくなったり、

総中流化が崩され、

急速な少子高齢化社会化され、

二極化格差社会化されている

・・・等々の悪の実効」の「裏」には、

「反日他国人脈による陰湿な工作活動が在る」』。

『「そして、今時でも、尚、不当上流者たちを責めず、下流老人を公然化し、下流老人化する方を責めている」のだから、

「本当に悪質」だ』。

『「先の大戦終戦時」には、

「終戦時に、朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全てが、強制的に帰国させられた」が、

「日本国内に居た朝鮮人の多くは、日本に居残っている」。

「そして、未だに、韓国(北朝鮮も含む)では反日教育・情報・政策が蔓延れている」。

「反日国の手先と化し、日本国内で工作活動等を行い続けて居る者たち」は、

「終戦時の朝鮮半島内の日本人と同様に、強制的に、祖国・母国に帰されるべき」だ。

「帰化しているなら、工作活動という悪事の代償として、日本国籍は剥奪すれば良い」。

「反日国人脈の者たちの操り人形化されてしまっている日本国民」なら、

「一刻も早く、本来の自分を取り戻し、工作活動等を露呈させ、摘発させる側に回るべき」だ。

「工作活動に関して、知り得ている情報等をどんどんアップすれば良い」。

「日本政府や与党等には、

工作活動を排除する為の法整備と体制整備を求め、

警察等には、実際の摘発を求めれば良い」。

「侵略者排除法等の即効性の高い法整備&体制整備を持ち、摘発等を実行する」なら、

「拉致問題の解決も可能になる筈」だ。

「北朝鮮が拉致被害者を帰せない重大な理由」は、

「日本国内で行い続けて居る北朝鮮人脈による工作活動を

帰せない拉致被害者たちが知っているから」だ。

「逆に言えば、

日本国内で行われている北朝鮮人脈による全ての工作活動を摘発し、

テレビ・ラジオ・マスコミ等で大々的に公然化してしまえば、

北朝鮮が、拉致被害者たちを帰せない理由が、激減する事になる」。

「同時に、日本国内の工作活動協力者等は、一気に、日本国内での立場等が危うくなる」が、

「それは、悪行の代償」であり「当然の報い」だ。

「悪者をちゃんと摘発し、罰する、普通に健常な人間社会」なら、

「未だに、工作活動等を続けて居る者たちを放置している方が異常」だ。

「日本政府・与党や、警察等による、早急かつ、本気で、実効の有る対策」が、

「急務」だ。

「同時に、テレビ・ラジオ界の健常化」や、

「健常なマスコミがもっと、もっと増える事」が「激烈に求められている」』。

『「不当上流者たちを責めず、

下流老人の公然化等で

過分な有名人利権や報酬等を貪り取っている、

悪魔に魂を売り渡している状態の者たち」等の「近未来」は、

「早急かつ、大々的な、謝罪・補償等て、原罪を償わない限り」、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

|

「日本死ね!」連中が「日本死ね!問題を誤魔化す為に、国会前でデモまで画策しているらしい」が・・・。

『「そんな事をする前に、全日本国民に謝罪だろ!」等と「感じている」のは「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「日本国民としてはあるまじき反日過激表現故」に、

「本来訴えたい{かも知れない}内容さえも素直に伝わっていない現状を顧みる」なら、

「先ず、謝罪」こそが「妥当な手段」だ。

「それなのに、過激表現に対する反省は何処へやら、

日本死ね!どころか、日本は死んでいる!とまで言って、

賛同者を集っている、その実態」は、

「正に、反日工作そのもの」だ。

「そんな連中にとっての、待機児童問題」とは、

「日本や現日本政府や現与党等に対する反抗手段の為のツールに過ぎ無い」と、

「強く推定出来る」。

「反日の裏で、利●●国等、マインドコントロールの実態」が「其処に在る」』。

『「もはや、この手の詐欺商法的手段で操られる一般日本国民の数が多い訳も無い」。

「本気で、待機児童問題を訴えたいのなら、

邪魔にしかならない、

日本死ね!や日本は既に死んでいる!等」は、

「直ちに是正する」か、

「全く別に、

日本国民なのに日本を否定する自虐劇、もしくは、反日工作劇等を除いて、

待機児童問題解消の訴えを行うべき」だ』。

『以上、

「反日教師や反日テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形では無い、

普通の日本国民」なら、

「言うまでも無く、分かっている事」だと思うが、

「裸の王様的、反日集団は、未だ、恥の上塗りに忙しい様相」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たちの実態の一つ」が

「其処に在る」』。

|

北朝鮮の北朝鮮国民支配継続の為の「核ミサイル???何時でも発射出来る様に!」命令・・・。

『「もちろん、北朝鮮が例え、核ミサイルを保持出来ていたとしても、撃てる先」は「限られている」。

「ミサイル迎撃システムが在る国々に撃っても、無駄になる確率が高いばかりか、米軍等の反撃(場合によっては、核も含む)により、アッと言う間に、北朝鮮側が負ける事になる」。

「ミサイル迎撃システムが未熟で、核の反撃も出来ない状態をつくる事が可能な国のみ」が、

「ターゲットに成り得る」。

「現状の世界情勢」では、

「万一、核ミサイルの数が、十二分に在るのなら、

中国のみが、北朝鮮にとって、メリットのあるターゲットになりえる状態が在るダケ」だ。

「中国の首脳部と、反撃核基地等を、先制攻撃で一気に潰した上で、

中国に侵攻すれば、

戦争などしたく無い他国は、知らんフリ・・・」で、

「まるで、かつての清の如く、北朝鮮による中国支配も可能かも知れない」。

「エネルギーも食料等も、先の大戦時の旧日本軍等の様に、現地調達にすれば良いダケ」だ』。

『「現状では、北朝鮮が核ミサイルを、其処までの数まで保有出来ているとは到底思えない」から、

「金正恩」による、

「北朝鮮の核ミサイル臨戦体制命令&先制攻撃も辞さない発言」は、

「北朝鮮国内国民&日韓等に居る工作員向けの発言に過ぎ無い」。

「つまり、その意図」は、

「北朝鮮国内の北朝鮮国民に対して」は、

「言う事を聞かなければ、核ミサイルを撃って、破滅を呼び込んでやるゾ!」等であり、

「日韓に居る工作員に対して」は、

「核ミサイルで先制攻撃するくらい、工作活動を頑張れ!」だ』。

『「さて、その様な北朝鮮独裁者の問題発言」に対して、

「日本国政府や警察等が取るべき行動は何か?」

「言うまでも無く、

日本国内の北朝鮮系の工作員等による

工作活動や問題・迷惑行為等を徹底摘発する事で、

日本社会や日本国民の安全を守る事」だ』。

『「昨今のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等による情報工作の激化ぶり」や、

「政界での異常な動き」や、

「巷で、以前から、行われ続けて居る、電磁波工作や飲食物工作や微粒子等散布工作や侵入工作等々の激化ぶり」からも、

「北朝鮮独裁者の命令の影響が伺い知れる実態が在る」。

「もはや、日本側が実効のある対策を行わない事=日本社会や日本国民の安全が守られない事、状態」だ。

「日本政府や警察等」は、

「本気で、早急に、全工作活動を摘発するくらい大規模な、実効のある対策を実行するべき」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「核ミサイルに視聴者・読者等の興味を引き付ける事で、

日本国内の工作活動を黙殺させる、

北朝鮮の工作活動の手助けをするのでは無く、

日本国内の北朝鮮人脈等によると推定される

電磁波工作や飲食物工作や微粒子散布工作や侵入工作や情報・教育工作等々の

実態を露呈させる事で、

日本国民の注意を喚起し、

北朝鮮等による工作活動を抑止させたり、無効化させたりする方向に力を加えるのが、

当然」だ。

「今、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等や国政政党等の資質・本質が問われている」』。

『「北朝鮮の手先として、日本国内で、工作活動や問題行動や迷惑行為等々を行い続けて来ている者たち」なら、

「帰化しているなら、日本国籍を剥奪し、北朝鮮に強制送還すれば良い」。

「拉致協力者等とは、本来なら、その様な処分をされても仕方の無い者たち」であり、

「拉致協力以降も、北朝鮮の為の工作活動等に手を染め続け、その代々話を日本国内で作り続けて居る者たち」等なら、

「実質的犯罪行為に手を染めている期間の長さの分だけ、より重い罪や罰が与えられて然るべき」だ。

「日本国政府や日本国の国会議員等」なら、

「早急に、

侵略者処罰法等の法整備と、

実効のある摘発体制の整備等を行い、

徹底摘発するべき」だ。

「日本国内の北朝鮮系人脈の数が増え過ぎない内に徹底対策を行わない」と、

「日本乗っ取り支配工作まで完結させられてしまう状態が出来てしまう」。

「日本国籍を得ながら、

本心の母国・祖国は、北朝鮮で、

日本人蹴落とし工作や、

日本人粛清工作や、

北朝鮮系者子沢山戦略等により、

何十年もかけて、

日本を合法的に乗っ取り支配する、工作活動等を、

行い続けて居る者たちが、

少なからず居る」のが、

「戦後日本のお寒い実状」だ。

「強固な日米同盟が有る限り、北朝鮮の核ミサイル自体は、脅威とは成り得ない」が、

「戦後の日本国内で連綿と行い続けられている工作活動」は、

「実際の日本社会に大きな悪影響を与えて来ている、深刻で重大な問題」だ。

「この深刻で重大な問題を無い事にし続けている者たち」とは、

「北朝鮮等による、工作活動のお手伝いをしている者たちに他ならない」。

「侵略者排除法等により、北朝鮮等に強制送還するべき人々」等と「言った方が適切」だろう』。

『「筆者の周囲で、電磁波工作等々を行い続けて居る、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」も、

「工作活動等を止め、工作活動の実態を全公開し、被害者全員に詫び、応分の補償等をし、罪を償う」等の、

「内実の有る是正行動等をとらない限り、

行き先は、

永遠の恥辱に染まる道の上になる」。

「既にバレている工作活動に、勝ちは無い」。

「戦争しても、北朝鮮に勝ちは無い」。

「結果は、既に決まっている」。

「工作活動等を行い続けて居る者たちには、早めの是正をお勧めして置く」』。

|

従軍慰安婦問題で外務省等がさえないのは「韓国からの圧力」のせい???・・・。

『「もう、誰もが分かっている事」でしょう。「韓国からの圧力では無く、日本国内で日本国民のフリをしながら、韓国(北朝鮮も含む)の為に工作している者たちこそが、元凶である事を」・・・』。

|

テレ朝朝番では、「日本死ね!」ブログの大宣伝だが・・・。

『「日本死ね!ブログでは、待機児童問題で共感している人々以外」に、「日本死ね!」に「共感している/させられている人々も少なからず居る」のが「実態」だ。

「例えば、実際」に、

「国会で質問した民主党国会議員を取り上げたテレ朝等」では

「待機児童問題をダシ」に「日本死ね!」の「宣伝をしたい様相ですらあった」。

「何故なら」、

「日頃は、言葉の揚げ足取り等を散々行って来ている連中」なのに、

「日本死ね!」という

「重大問題発言部分に関して、

重大問題発言として扱わず、

日本死ね!の実質的大宣伝」の「裏」で、

「優等生的に、あまり良く無い旨ダケさらりと述べた事等ダケ」で、

「実質的には、

黙殺どころか、

賛美している様相にすら見えたから」だ』。

『「番組情報内容から受けたイメージ」では、

「圧倒的」に、

「日本死ね!」や

「日本死ね!ブログの著者や常連出演者等」が

「名出し・顔出しして正義ぶるイメージ」が「強く」、

「具体的な対策も???な待機児童問題を解消させる為の訴えのイメージ」は、

「非常に薄かった」。

「日本死ね!」を

「ちゃんと是正しない限り、

同様の感を得てしまう一般日本国民の視聴者が多い」と

「強く推定出来る」』。

『「日本死ね!」を「多くの視聴者に摺り込み」

「日本死ね!」で「多くの視聴者を操りたがっている様相」が、

「其処に在る」。

「日本死ね!」とは、

「日本の為になる政府等死ね~!」や、

「反日人脈にとっての不適応分子の日本国民死ね~!」

「=日本を乗っ取り支配してやるぞ~!」等であるのかも知れない』。

『「日本死ね!を問題にしない連中」と、

「多くの一般日本国民」や

「日本の為の政治を行う政党や日本政府等」に

「距離が有るのは当然の現象」だろう』。

『「本気で待機児童問題を訴えたい」のなら、

「多くの一般日本国民の、

反発等を買う」と「共」に、

「反日政党や

反日情報・教育等の

道具としても利用され易い、

日本死ね!等の表現」は、

「使わないのが、当然」だろう。

「むしろ、実状を真摯かつ淡々と訴えたりする事」で、

「共感を生む人々の輪を広げ、

素直で健常な民意を造成しようとする筈」だ。

「だから、実際に、多くの方々の訴えは、その様になっている」。

「日本死ね!で反発を買う分だけ、

日本国内では不利になるのは、

当然の現象だから」だ』。

『「日本死ね!なら、

死ね!と表現していない他の国(反日国等と多くの人々は感じる筈だ。)に行って、

保育園に入れてもらって子育てすれば良いんじゃないの・・・等」と、

「素直に、普通に、思ってしまう方々も多い」と思う。

「今回のブログの主の実体がどうかは、全く別」にして、

「例えば、

反日他国人脈の者が、

日本乗っ取り支配工作等を行いながら、

より日本で有利な立場を得たい等の理由で帰化等までして、

上辺だけ日本国籍を得て、

日本から子育て支援まで得て、

育てる子どもも、

日本死ね!等も延長線に在る反日思想に染め上げ、

日本国内で、日本乗っ取り支配工作等まで行わせてしまう様な事態」は、

「日本国・日本国民の安全・安心の為にも、絶対に排除すべき事態」だ』。

『「戦後日本の学校教育は、日教組等の教師等による教育実態からも明らかな様」に、

「かなり、酷い」。

「保育園の教師」にも「日教組等と同じ人脈の者たちが多い」のなら、

「例えば、日教組も支持母体の一つである民主党等支持者として育てる為」なら、

「自宅保育より、保育園保育等」となるばかりか、

「民主党等支持者なら、安心して、子どもを保育園に預け、仕事で稼ぎまくれる」が、

「民主党等支持者以外は、

自らの子どもを、

知らず知らずの内に、意識レベルにせよ、無意識レベルにせよ、民主党等の思想・信条等に染められない為にも、

出来る限り、自宅保育を選ばざるを得なくなる」。

「もちろん、その分、稼ぎ辛くなるから、経済面では不利になり易くなってしまう事になる」。

「経済格差=学歴格差=日本社会で実権を持つ者格差という状態の日本社会」は、

「情報・教育を押さえている人脈にとって、非常に好都合な日本社会になる」。

「そして、反日人脈が情報・教育を押さえているなら、反日人脈による日本の乗っ取り支配等にも好都合になる」。

「逆に、総中流状態なら、本来の人口割合に基づいた民意が出易くなる」。

「民主党支持者が多い、テレビ界・芸能界等の超格差社会状態を見れば、誰もが分かる事」だ。

「上辺では、格差是正を訴えていても、自らが属している業界等の格差是正を行わない連中の正体」とは、

「格差を公然化する反面で、正義ぶり、大衆を騙し続けて来ている、偽善者等」になる。

「そして、そんな実質的、偽善者連中」が、

「日本死ね!ブログや、

それをダシに国会質問した民主党国会議員等」を、

「日本の公共の電波を使って大宣伝出来ている」のが、

「お寒い、現状の日本のテレビの実態」だ』。

『「日本死ね!ブログの著者」は、

「待機児童問題を訴える前に、

日本死ね!表現先ず、全面的に取り下げ、

日本国・日本国民に詫びるべき」だ。

「テレビ取材等を受けるなら、先ず、最初に、其処から」だろう。

「何故なら、著者が、日本国民なら、日本死ね!とは、自分死ね!と言っている様な事だから」だ。

「自虐を慎む為にも、過ちを全面的に是正して、先ず、著者自身にも、謝るべき」だ。

「日本の公共の電波を使って、

日本死ね!ブログを大々的に宣伝した連中」や、

「日本の国会で日本死ね!ブログをダシに国会質問した民主党議員等」も、

「事態は、全く同じ」だ。

「内実や本心が、日本国民では無く、反日他国民等なら、

この、

日本国民なら、当たり前の事」は、

「非常に行い辛い」かも知れないが』。

『「待機児童問題を訴える事」が「本意」なら、

「多くの日本国民に誤解等を与える、

日本死ね!表現使用の過ち等」を、

「詫び、全面的に訂正するべき」だ。

「日本国民なら、当たり前に出来る事を行わず」、

「日本死ね!を宣伝し続けて居る」なら、

「反日他国人脈の日本乗っ取り支配工作等の為の工作員等なのでは?」等と、

「思われても仕方無い」』。

『「多くの日本国民の本音」では、

「日本国内で迷惑行為等を行う反日他国民等は、祖国・母国等に帰れ!」だろうが、

「反日他国民死ね!」は「無い」筈だ。

「その辺りにも、

多くの日本国民が、

日本死ね!等を言えたり、

大宣伝等を

平然と行える連中に

大きな違和感を抱く理由が在る」』。

『「もちろん、言うまでも無く、日本乗っ取り支配の為の情報工作員等」なら、

「日本の公共の電波の使用権を与え続ける必要は全く無い」。

「テレビ・ラジオ界の健常化」は「急務」だ』。

|

親韓(北朝も含む)、民主党系、テレビ等では、視聴者の反原発感情を煽る事に必死だが・・・。

『「テレビ等でも、参院選の為の大衆誘導下仕込みが始まっている」。「より日本国・日本国民の為になる政策等を争点に出来得ない、利韓(北朝も含む)・利中共等政党の応援をする為」には、「現与党の足を引っ張るしか無い」』。

『「足を引っ張る材料として、視聴者等の心を掴み易い」のが、

「反原発」や、

「反戦」だ。

「もちろん、反原発と言っても、日本の原発だけダメ!で、中・韓等の原発は黙認するインチキ論しか言えない」。

「反戦と言っても、安保法案が如何にも戦争を呼び込む様なイメージを風潮するダケのインチキ論」だ。

「もちろん、言うまでも無く、戦後の日本国は、日本国側から戦争など仕掛けられ得ない」。

「自衛隊の軍備が、専守防衛である内実を知っている人々」なら、

「戦争法案!や反戦イメージ論等のインチキ」は、

「直ちに分かる」。

「実際に、戦争を起し得る状態にあるのは、日本側では無く、中国共産党や北朝鮮等の方である事」は、

「誰もが知っている事」だ。

「同時に、日米安保が在る限り、中国共産党や北朝鮮は、日本に対して戦争を仕掛けられない、仕掛ければ、短期間で中国共産党や北朝鮮側の負けになる事」も、

「少し考えれば、誰でも分かる事」だ。

「安保法案を戦争法案と言う内実」は、

「安保法案があると、中国共産党も北朝鮮も日本に戦争を仕掛けられなくて困る~!」

「中国共産党や北朝鮮の軍備圧力の力が弱められて困る~!」なのだろう。

「そんな事を日本国内で行っている政党等とは、いったい、何処の国の為の政党や民なのか???」』

『「東日本大震災で、被災事故を起こしてしまった福島第一原発」だが、

「チェルノブイリ級大事故と大宣伝されている割に、実際に出ている人的被害は、極小」だ。

「もちろん、未だ、立ち入り禁止区域等が少なからず在る」ので、

「除染等の対策はより充実させるべき」だが、

「チェルノブイリで出た発ガン等の人的被害と、福島第一で出ている人的被害の、大いなる差」は、

「絶対に無視するべきでは無い」。

「もし、放出されてしまった放射能物質の量自体が同等」なら、

「其処に在るのは、実際に、放出されてしまった放射能物質の内容の差」であり、

「多くの放射能物質が行き着いた場所の差」だろう。

「チェルノブイリの場合は、農地や牧草地等にプルトニウム等毒性の強い放射能物質までもがばら撒かれてしまった」が、

「福島第一の場合は、放出されてしまった放射能物質のかなりの割合が、

拡散度合いの強い海に行き、

放出された放射能物質の内容も、

比較的半減期の短い、毒性もプルトニウム程強く無い、物質が主だった」と

「強く推定出来る」。

「この様な人的被害の実態の差が在る」のに、

「悪戯に、放射能に対する過剰な恐怖を煽り続ける事」で、

「如何にも、原発は絶対ダメであるかの如き、イメージを視聴者に植え付けようとしている」のが、

「劣悪なテレビ番組の内容」だ。

「原発が絶対ダメというなら、世界中の原発を絶対ダメと言わなければ、インチキ」になる。

「中・韓等の原発を黙殺させた上で、日本の原発ダケ絶対だめイメージで大宣伝している事の実態」は、

「中・韓等を利す為、中・韓等の原発を使う事を容認、もしくは、黙殺する風潮を日本の視聴者等に持たせながら、

日本の原発ダケは、使わせない風潮を日本国内で造成する、

実質的、利中・韓の為の情報工作~大衆誘導」だ。

「日本の公共の電波を使って、そんな反日他国の為の情報誘導等を行う事」を、

「容認し続ける必要は全く無い」。

「テレビ・ラジオ界の是正・健常化」は「急務」だ』。

『「内実が、反日、利韓(北朝も含む)・利中共等政党・候補者/国会議員等」なら、

「表の党名や名前等が、如何にも、日本的」でも、

「日本の中の政党・国会議員等としては、圧倒的マイナーな存在であって然るべき」だ。

「異常な戦後処理や、

戦後のテレビ・ラジオ・一部マスコミ、学校教育等々による、

情報工作や大衆誘導等が無ければ、

この当たり前の状態通りになっているのが当然」だ。

「当たり前の状態を崩している者たち」とは、

「日本国・日本国民にとっての善人等なのか?」

「日本乗っ取り支配等を企んでいる侵略者等なのか?」等を

「考える」なら、

「多くの視聴者が判断を間違い、大衆誘導の下で操り人形等とされてしまう事も無い筈」だ』。

|

三重県の「トンでも高校」が問題にされているが・・・。

『「もちろん、トンでも高校設立~運営の目的は、利権」だろう。「ある意味、学力等貧民商売的実態」なのだろうから、「問題化され、是正が求められる事は当然」だ。

「テレビ等では、授業内容等まで報道されていた」。

「その実態からも、多くの人々は、気づく筈」だ。

「理系の余りに酷い低レベル教育???は、非常に判り易い」が、

「文系の場合、足りない部分は多々あるかも知れないが、即、低レベルとなるのか?等は、判らない場合が多い」。

「それが、科学レベルで判明している実体や事実・現実等を、理系同等レベル以上に十分に実用していない、現状の文系教育の実体」だ』。

『「例えば、バスの中で、英語の映画や邦画を見る事で、単位が与えられていた」というが、

「英語の映画が字幕無しで、映画鑑賞後に、英語でのディスカッションや、教師による内容質問や試験等が在った」なら、

「その実態は、英語専門学校等でも用いられている、現状なら、立派な英語教育手段」だ。

「邦画鑑賞でも、その後に、同様の内容に基づいた文学・心理学・哲学等的考察を求めるディスカッションがあったり、教師による学問にも直結している内容質問や試験等があった」なら、

「現状なら、相応に単位を与えるに妥当とも言える現代国語等の教育手段」になる。

「元々、正確なコミュニケーションや論理的思考の為にも有用な、母国語・外国語を学ぶ上で重要な事」は、

「正確な理解力や、読解力や、発信能力等を養う事」でもある。

「トンでも高校でも、その基準等が高校レベル以上なら、現状なら、何の問題も無い事になる」。

「ところが、理系の場合は、低レベル過ぎる教育実態であった事が直ぐに判る」。

「数学では、校外授業(?)買い物時の、おつりの計算で、単位が与えられていたのだそうだ」。

「小学生レベル」だ。

「高校レベルの数学」なら、

「高等代数演算等はもちろん、微積分や集合・位相や行列・ベクトルや三角関数等々」が

「適切」だろう。

「全ての生徒が、高等数学をより深く学び実用する分野に進むとは限らない」から

「それらを学ぶ上で重要な事は、この世界の本質を探究する心や目を養う事」になる』。

『「例えば、微積分でも、この世界の物理法則を数理的に解き解して行く為に発明されたのだから、

微積分を学び、微積分的考え方や目でも、この世界の事を考えたり、見たりする事が出来る様になる事」は、

「生徒が、その後の人生をより深く楽しめる事等にも直結している」。

「集合や位相でも、ベクトルや行列等々でも、同じ」だ。

「実際に、面倒な実演算・計算等で使うか?否か?は、全く別」にして、

「人生観を養い、より深い人生観を得る為にも有効なのが、高等数学」だ。

「数学は、数学だけとして無機質に教えるのでは無く、より実世界との接点の多い教え方をした方が、より面白くなり易い」。

「せっかく高校に入り、授業料等まで支払っているのに、小学生レベルの算数で単位とは、

本当に酷い」。

「詐欺みたいなモノ」だ』。

『「良質な情報・教育は、良質な人間社会の大元」だ。

「それは、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で、

急速に物質文明が進化出来、

現状のほとんど全ての人類が、

急速に進化した物質文明の恩恵を大いに受けている現実」からも

「明らか」だ。

「現状の問題」は、

「精神文化側が、

物質文明側と同等レベル以上に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用していない事」に「在る」。

「学校教育等でも、理系に対する文系の劣りぶり」は「明らか」だ。

「今回の問題でも、その一端が見えている」』。

『「はっきり言えば、現状の文系の情報・教育」は、

「トンでも高校と同様に、とんでも無い状態」に「他ならない」。

「だから、

実際に、

これだけ物質文明が急速に進化出来ている今日でも、

未だに、世界平和さえも実現出来ていない」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」は、

「地球上のほとんど全ての生物の細胞ごとの誕生・死を遡れば、

地球上の生物自体が、

人類誰もの広義の自分としての繋がりのある存在」だ。

「広義の自分を見失わず、

狭義の自分同士の自虐行為は、

人類誰もが狭義の自分を健康にコントロールし続ける事で抑えるのが当然」になる。

「つまり、世界平和が当たり前」であり、

「自虐行為を行う者たちの実体」が、

「劣っている未熟者、もしくは、病人、もしくは、悪人」等と

「捉えられるのが当然」になる。

「劣悪な者や病人に、多大な実権や、報酬・資産等を与える自虐行為など行わなくなる」し、

「そんな実態があるなら、早急に是正する様になる」』。

『「トンでも高校問題を正義ぶって責める事」等により、

「とんでもなく劣悪な現状の情報・教育を温存する為の盾にさせていてはいけない」。

「トンでも高校の設立~運営等による、不当な利権は、

早急に解消させられ、

応分の補償等が求められるべき」だし、

「現状の情報・教育、政治、経済等々、

精神文化側の者・物・事の科学レベル以上への正常進化&健常化は急務」だ』。

『「テレ朝昼番」では、

「トンでも高校の問題」を、

「コンプレックス商売」等と扱い、

「学歴コンプレックスの解消法は、ちゃんと学ぶ事だ!」等と、

「常連出演者等」が、

「学歴がある自分たちで、自慰していた」が、

「言うまでも無く、学歴コンプレックスの裏には、学歴担保社会という歪な社会の問題が在る」。

「理系と比べれば明らかな、文系の内実の劣悪ぶりからも、明らかな様」に、

「現状の文系学歴には、それ程、大きな内実が無い」。

「ところが、大きな内実が無い学歴でも、学歴担保社会の中の免罪符としては大いに有効」で、

「内実???の学歴札のお墨付きにより、過分な立場・報酬・権力等まで得られている者たちが少なからず居る」。

「テレビ界の実権者や、常連出演者等も、その代表例の一つみたいなモノ」だ。

「内実が???の学歴でも、過分な立場・報酬・権力等が得られている現状こそ」が、

「学歴コンプレックスを生み、

内実を求めず、学歴ダケを求める迷い子たちの生みの親にもなっている」のに、

「学歴コンプレックス解消の為には、

学力を養う事!等」と

「公共の電波上で、自慰している姿を恥じらいも無く、露呈していた」のだから、

「本当に醜悪」だ。

「健常な人は、内実の有る者・物・事に憧れる事はあっても、コンプレックスは持てない」。

「コンプレックスを抱き易いのは、内実の無い利権等を持つ者・物・事に対して」で、

「それは、コンプレックスと言うより、現実離れしている者・物・事に対する批判・非難心等」だ。

「劣悪な情報・教育の下で、操られている様な人々」は、

「内実の無い過分な立場・報酬・権力等を持つ者・物・事に対して、

コンプレックスを抱かせられ、

同様の状態を渇望させられると共に、

内実の無い過分な立場・報酬・権力等を持つ者・物・事を

認めさせられてしまっている」。

「劣悪な情報教育等の優等生等である事で得た、

免罪符を元に、

過分な立場・報酬・権力等を保持し続けて居る者たちの実態」は、

「学力貧民商売を行っている者たちの同類」でもある。

「泥棒が捕まりそうになる」と「あいつが泥棒です!」と「他の者を指さして正義ぶる文化」が、

「朝鮮半島には在るのだそうだ」。

「同様の事態を露呈していた」のが、

「トンでも高校問題で、正義ぶっていた常連出演者たち」だ。

「人間社会の正常化の為」に、

「訴えるべき事」は、

「現状の文系情報・教育の正常進化や健常化等であり、

現状の劣悪なレベルの文系教育の学歴や教育・情報等を賛美・維持させる事等」では、

「断じて無い」』。

『「現状の経済システム自体が、現実離れし過ぎてるが故に、多々の問題が噴出している」のだから、

「現状経済システムを早急に是正する事が必要な今日」、

「米国大統領選の結果で、日本経済が不利になる」のなら、

「現状経済システムの是正を急がせるべき論が出ないのも、不思議」だ。

「この辺りにも、現状の文系情報・教育の劣悪ぶりが露呈している」』。

『「テレビ・ラジオ界の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

民主・維新合併新党の「党名を、国民から公募」・・・。

『「タイトルのニュースを聞いた時、目が点になった方々も多かったのでは?」・・・。「自覚無き、裸の王様たちのやる事は、本当に、哀れ」だ。

「民主&維新側からすれば、

党名公募で、人気回復!」という

「企てのつもりかも知れない」が、

「民主党政権時の実態を忘れていない多くの有権者も含む一般日本国民から、

党名を公募したところで、

日本ウリナラ党(日本は我らの国だ党)とか、

利ハン(韓)・利中共党等々」の、

「有権者から見た民主党等の実態を表現した名前」が、

「ゾロゾロと投票されるダケ」だろう。

「そして、益々、裸の王様政党から、大衆離れが加速するダケ」だろう』。

『「民主党等(維新の多くの方々も、元民主)が、

ちゃんと過去を反省し、

今は、全く違う事を、国民の前に示す為」には、

「民主党政権時の幹部や実権者たちの責任追及&処罰等」の、

「有権者に明らかに分かる、応分の処分が要る」。

「そして、その処分は、公開処分で無ければ意味が無い」。

「日本を細らせた反面で、中共や韓(北朝も含む)を太らせた実績を持つ政党」が、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)の為の政党では無く、

日本国の為の政党に変わった事が、

有権者に明らかに分かる状態を、先ず、最初に示さない限り、

下手な小細工は恥の上塗りにしか成り得ない」』。

『「拉致問題でも北朝鮮側に立って、朝鮮総連に報告に行ったと言われている、

旧社会党の連中がゾロゾロ・・・で、

裏で実権の多くを握り占めている政党」では、

「与党になれば、日本を細らせ、中・韓(北朝も含む)を太らせるのも、当然」で、

「日本の国政政党としては、

野党への転落も当然で、

一度野党に転落すれば、二度と与党に成り得る訳も無い」。

「日本を細らせて、中や韓(北朝も含む)を太らせた人脈の者たちの全てに、

ちゃんと責任を追及し、

処罰するくらいの状態を国民の前で明らかに示さない限り、

多くの有権者から見た

民主・維新合併政党の実体」は、

「変わる訳も無い」。

「そんな実態のまま、名前を公募すれば、

上記の様に、

日本ウリナラ党(日本は我が支配下の国の意)等々とかになるのは、当然の事」だろう』。

『「日本国内で選挙を行って、日本ウリナラ党的実態のある政党が与党になれる訳も無い」。

「その事態」は、

「安保反対!」で、

「軍事面で中国共産党や北朝鮮等により力を与えようとしている政党等と

野党連合等を組んだところ」で、

「変わる訳も無い」』。

『「実体を変えないまま、

本気で、党名公募等を考えている」なら、

「多くの有権者を、かなり下に置いて、バカにしている事」になる』。

|

米国大統領候補者選、トランプとヒラリーが有利な訳・・・。

『「米国大統領の候補なのに、日本国内でも、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等に大いに嫌われている様相なのが、トランプ氏」だ。

「逆に、日本国内でも、好感を持って伝えている場合が多いのが、ヒラリー氏」だ。

「トランプ氏には、暴言王・差別主義者・危険等のイメージが付けられ、

ヒラリー氏には、堅実・安心等のイメージが付けられている場合が多い」』。

『「当初は、多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等でも、消えるべき候補扱いされていたトランプ氏」だが、

「もはや、共和党の大統領候補の大本命になっている」。

「逆に、多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等でも、当初は、大本命的扱いが多かったヒラリー氏」だが、

「現状の支持率では、サンダース氏と大差無い」。

「共和党のブッシュ氏が、早々に撤退に追い込まれた事からも明らかな様」に、

「多くの米国国民の中で、現状脱出欲動が渦巻いている事」は、

「確実」だ』。

『「暴言王・差別主義者・危険人物等のイメージで取り上げられている事が多いトランプ氏の主張」は、

「不法移民の排除や、米国・米国民の利権向上」等という、

「米国民にとって、極めて、正当な事」だ。

「上辺の表現方法が乱暴気味だからと言って、訴えている事の内実が間違っているとは限らない」し、

「上辺の表現方法は、優等生的・紳士的でも、訴えている内実は、酷い場合も多々ある」。

「例えば、

日本のテレビ・ラジオ等の常連出演者たちによる、

優等生的・紳士的発言の内実」が、

「利多くの日本国民では無く、

利朝鮮系の者たちである事が多々ある事」は、

「もはや、多くの日本国民も重々知っている事」だろう。

「上辺の表現方法はとにかく、

内実として、

多くの米国民の為になる事や、

当たり前の事である不法移民の排除等を言っている

トランプ氏の人気が、益々、高まって来ている事」には、

「相応の合理性がある」。

「不法移民にまで、悪戯に米国籍を与える事で、

結果として、米国社会を、益々、混乱状態に導いてしまう、

オバマ大統領等の、平和ボケ政策より、

遥かに、現実的な事をトランプ氏は言っている」。

「それは、

いったいどれ程の割合の不法移民たちが、米国籍を与えられたら、米国と祖国・母国の対立問題が生じた時、米国側に付くか?」や、

「もちろん、個々で違うだろうが、不法移民たちは、何を求めて移民しているのか?」等を、

「考えれば、誰でも分かる事」だ。

「米国側に付かず、利権を求めて移民して来る者たちの実体」とは、

「侵略者になる」。

「そして、侵略者が多数となれば、合法的に、米国を乗っ取り支配する事まで可能になる」のだ。

「不法移民排除は、国家・国民の安全保障上でも、極めて正当な事」だ。

「この極めて正当な事」を

「不法移民と合法移民を分けずに、移民としてまとめて扱う事で、

トランプ氏が人権を守らない非道な差別主義者・悪者であるかの如きイメージで風潮する」のは、

「上辺は、どんなに優等生的・紳士的でも、

内実は、

上辺だけで内実が理解出来なくなるおバカか、

不法と合法の区別も出来ないおバカか、

意図的・策略的に情報を組み立て、

優等生的・紳士的仮面の下で配信している詐欺師的悪」になる。

「幸いな事に、多くの米国民(共和党支持者)は、内実を取り、おバカや悪には操られていない様相」だ』。

『「民主党クリントンの場合」は

「サンダース氏の言い分を巧みに取り入れる事で、

本来の支持率以上の得票率を得て、

選挙に勝利している」。

「つまり、元々の自分の政策等では無く、対立候補の政策等も行いますよ~!」の

「イメージを使っている(実際に、実行するか?否か?は、不透明だ。何しろ、元々の自らの訴えでは無いのだから!)、

かなり、策略的な戦略上の選挙戦勝利」なのだ。

「こちらの戦略には、多くの米国民(民主党支持者)が騙されている様相」だ。

「米国では、

以前から、

共和党支持者には、現実主義者が多く、

民主党支持者には、操られるおバカ等が多い」等と言われている』。

『「さて、現状が示唆しているところ」は、

「大統領本選では、トランプ氏とクリントン氏の争いとなる事」だ。

「どちらがより有利なのか?」

「現状の米国内での調査では、クリントン氏が勝つ旨の内容が多い」らしい。

「民主党系のマスコミ等では、露骨な程、トランプ氏に悪いイメージを付ける偏向情報配信に必死」だ。

「そんなマスコミ等の誘導に、多くの米国民が操られてしまう」なら、

「本選でも、クリントン氏が勝つだろう」。

「しかし、多くの米国民の中では、現状脱出欲動が渦巻いている」。

「クリントン氏は、現状権力者勢力の重鎮の一人に他ならない」。

「トランプ氏が現実主義者であり、

上辺の暴言的発言からのイメージより遥かにまともで、

普通の話しが通じる者である事等が、

知れ渡る様になる」と、

「今までの民主党政権に不満を抱いていたエネルギーが爆発」し、

「トランプ氏が勝つ可能性が高くなる」』。

『「共和党政権となれば、中国共産党や北朝鮮等に対する政策も一気に強化される事になる筈」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の中には、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等系の人脈の者たちも多い」。

「トランプ旋風が増大すれば増大する程、心穏やかでは無くなっている様相」は、

「見るからに哀れ」だ』。

|

当たり前のミニバン市場の縮小&ボルボのスマホ・キー問題・・・。

『「自動車とは、大気中の道等地上の上で、動く物」だ。「時速60キロ程度から、燃費に大きく影響を与える要素は、空気抵抗が一番になる」のだから、「ミニバンタイプの車は、本質的に、自動車に向いていない」。

「荷物等を多く積んで移動する為のトラック等ならイザ知らず、

多くの場合一人二人、

偶に、何人かの人と、

少々の荷物の移動が主たる目的という、自家用車の場合、

適している形状は、セダンかバンタイプになる」。

「その上で、日常の使い勝手や、運転感覚まで、含めて考慮する」なら、

「合理的な選択肢」は「FRの4ドアセダンとなる」から、

「元々は、FRの4ドアセダンが主流」だった。

「ところが、人間の感性というモノは、面白いモノで、巷がFRの4ドアセダンで溢れている」と、

「同タイプでは、他の人々との差別化が出来ないので、避けたくなる人々も多い」。

「だからと言って、スーパーカー等の超高額車が買える人は稀」だ。

「其処で、合理化が起きた」。

「家族や仲間内で使い易いのは、セダンより大きく広い方が良い」。

「しかも、値段は、セダンと同程度~ちょっと上くらいの物であれば手が届く」。

「超高額車を手に入れられない人々にとって、ミニバンは、その様な合理化の大きな受け皿となったから、流行った」。

「ところが、昨今では、地球環境問題もかなり強くクローズアップされ、もはや、燃費は、無視出来得ない重大な要素になった」。

「しかも、上記の様な流れから、ミニバンが巷に溢れている」。

「もはや、多くの人々が、かつてのセダンを時代遅れに感じられたのと同様に、

ミニバンを時代遅れに感じられる時代になっている」。

「其処で、また、合理化が起きている」。

「地球環境&燃費第一なら、ハイブリッド派」や、

「進化した軽なら、燃費も広さも十分でしょ派」や、

「ミニバンでは、差別化が出来得ないから・・・等と、SUVを選択する派」や、

「ミニバンでも、コンパクトで燃費が良ければ良いでしょ!派」等が、

「生まれているのが、日本の現状」だ。

「その前」に

「格差社会化や、

日教組等学校教育やテレビ・ラジオ等情報の悪影響が濃厚で、車自体の保持を諦める派」まで

「少なからず居る」。

「こんな混乱の下の多様性がある日本市場での車開発&製造&商売等」は、

「結構大変だと思う」。

「全ての元凶」は、

「劣悪な情報・教育と、格差社会化」だろう』。

『「物理的に考えれば、誰でも分かる」。

「同じ空気抵抗低減技術を使えるメーカーによっても、全面投影面積が大きい、ミニバンやトラック等が、燃費面では、より不利になる事」や、

「前後重量配分が大きく異なるFFより、前後重量配分をほぼ同じに出来るFR等の方が、乗り心地に有利である事」や、

「前輪で操舵と駆動を無理やり兼ねるFFより、操舵と駆動を分けているFR等の方が、運転感覚等もより良くし易い事等」も・・・。

「更に、ホイールベースはそこそこ取れても、トレッドが取れない軽自動車が、

縦方向の揺れは、ゆったり化させる事が出来ても、

横方向の揺れは、忙しなくならざる得ない欠点」も・・・。

「物理法則上の理想に近く、運転していて楽しい、乗り心地も良い車をつくる」と、

「例えば、マツダ・ロードスターの様な車になる事」は、

「自明の理」だ。

「其処に、普段の使い勝手等も乗せる」と、

「FR4ドアセダン、もしくは、バン・ワゴン等になる」のは、

「当たり前の話し」だ。

「物理法則以外の差別化等の話しは、心理学的話し以外の何モノでも無い」から、

「その面は、物理的な車に処理を被せるより、心理学的に解決した方が、合理的になる」。

「つまり、自動車メーカー側等が、ちゃんとユーザー啓蒙を意識的かつ積極的に行う」なら、

「違った結果が得られる問題でもある」のだ。

「運転感覚は、自動運転になれば、あまり関係無いかも知れない」が、

「乗り心地は、常に付き纏う」。

「例えば、不特定多数、大人数で乗るのが当たり前の、同じ路線の電車」でも、

「駆動・制動力を伝える棒が付いていたり、

油圧ダンパーが付いていたりする台車を使った車両と、

其れの無い車両では、

その乗り心地が違う事」は、

「明らかに分かる」。

「無い車両は、ふわふわと不安定な乗り心地になっている」。

「それは、意識の有無を問わず、多くの人々が感じ得ている事の筈」だ。

「少人数で乗る、運転する場合もある車の場合」なら、

「常に付き纏っている乗り心地問題や、

運転感覚等」は、

「より重要になる」。

「個人的には、

雪道なら、四駆、それ以外なら、FR等の、

ある程度以上のトレッドを持つ(つまり、軽では無い)、

オーバーハング(特にフロント)の少ない、

燃費も良い

セダンもしくは、バン・ワゴン等が、

乗り心地や運転感覚まで含めて合理的と感じている」』。

『「筆者の記憶が確かなら、ボルボは、中国共産党支配下の中国資本の企業となってしまている筈」だ。

「そんな企業のスマホ・キーのセキュリティ」とは、

「中国共産党による有益分子の育成と不適応分子の粛清の便になるレベル」と、

「強く推定出来る」。

「ボルボは、堅強で、悪い車では無い」が、

「その乗り心地や運転感覚等は、筆者の感覚では、例えば、BMW等には遥かに及ばない」。

「中国共産党支配下の中国資本下となってしまったのが確かなら、ボルボ」に、

「健常進化が、どれだけ望めるだろうか???」

「筆者には、ボルボのスマホ・キーは、悪い冗談レベルの話しに感じる」。

「スマホのセキュリティーレベルを考えても、追従する企業等は、中国共産党支配下の企業でも無い限り、出ない」だろう』。

|

テレ朝昼番では、はぐれ者を生み出す元凶の一つでもある常連出演者たちが、公共の電波上で、偽善論を言っていたが・・・。

『「かつての暴力団が、はぐれ者の受け皿として機能していたという状態」は「戦後の芸能界と同様の事」だ。「もちろん、そのどちらも、非常に歪な状態で、受け皿としての健常性も???」だ。

「はぐれ者を言うなら、はぐれ者が生まれる原因を言わなければインチキ論の域を出ない」。

「戦後日本社会の中で、はぐれ者が生まれている原因」は、

「主として、格差問題と、渡来後居続けて居る人々の問題」だ』。

『「異常な大金持ち等が公然化されている格差社会」では、

「多くの人々が、自分も大金持ちになりたい等と思ってしまう」。

「血統相続等で大金持ちになれている者たちの事を思えば、

大金持ちになる手段は、どんな手段でもかまわない等とも思えてしまう」。

「成功している企業経営者等にしても、実働者からの搾取と、株等により、大金持ちになっているのが多くの実態」だ。

「合法的搾取と違法な搾取の区別が付けられる人」とは、

「合法移民と不法移民の区別が付けられる人」と「同様の事」で、

「合法も不法もロクに区別せず、反移民排斥を訴える情報が蔓延れている世の中」では、

「移民排斥問題と同じでしょ!」とばかりに、

「違法な搾取に邁進する者たちも出易い事になる」。

「そんな者たちが、スケールメリットを生かす方法が、組織化で、

組織化して、ヒエラルキー構造に基づき、

お金等を吸い上げれば、

組織のトップになれば、かなりの大金持ちになれる事になる」。

「大金持ちに成り上がれる道の一つとして、暴力団の存在が浮上する状態が其処に在る」。

「それでも、暴力団に、はぐれ者の受け皿的役割を背負わす事が出来ていた」のは、

「警察による管理体制が適当だったから」だ。

「一般人に手を出すな!の反面で、

不法稼ぎの摘発等は、適当にしか行えなかった時代が長く続いていた」。

「その裏には、人権政党の臭いも濃厚に漂っていた」。

「世界では異常で、稀有な存在である、

戦後の日本の暴力団世界が成り立って居た裏」には、

「政界の力の影響も少なからず在る」。

「当時のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「保守だ!タカ派だ!等々」と

「散々嫌がっていた

中曽根元総理による、

暴対法以降、ようやく、日本の暴力団界に変化が起きて来た」。

「北朝鮮問題で、旧社会党が解党に追い込まれてから」、

「暴対関連法も、地方・国を問わず、どんどん強化されて来ている」。

「現状では、もはや、暴力団で大金持ちは、無理状態」なので、

「暴力団は、はぐれ者の受け皿とは成り得無い」。

「しかし、

未だ、

格差是正も無く、

大金持ちの公然化や

本質的には不当な手段での大金持ちの誕生も在る」ので、

「以前なら、暴力団のトップを目指す事で、大金持ちになろうとしていた様な者たち」は、

「所謂反グレ状態の者たちとなって、

自由に違法搾取に邁進していたり・・・する」。

「元凶である、異常な現状」を

「そのままにしている限り、

異常な現状で有利な立場に居る事が出来ている者たちが、

身勝手に、はぐれ者というレッテルを貼る事も出来てしまう者たち」の、

「健常化を誘う事も無い」。

「言うまでも無く、

特定極一部の者たちだけが、

過剰な有名人利権等と

それに伴う利権等を得る事が出来てしまう

悪い状態である

テレビ常連出演」を

「平然と行い続けて居る者たちも、{はぐれ者}を生み出す元凶の一つ」だ。

「常連出演者たちは、{はぐれ者}を問題にする前に、自らの悪態を問題にするべき」だ』。

『「暴力団界と芸能界では、一般日本社会とは、全く違い、朝鮮から渡来した人々系の割合が異常な程高い」。

「その状態の生みの親」は、

「終戦処理」だ。

「終戦後、日本と韓国(北朝鮮も含む)を分国したのは、当然かも知れない」が、

「それなら、日本側が、終戦時に朝鮮半島内に居たほとんど全ての日本人を強制的に帰国させたのと同様に、

韓国(北朝鮮も含む)側も、終戦時に日本国内に居たほとんど全ての朝鮮人を強制的に帰国させるのが、

正当な処理方法」だ。

「ところが、日韓併合時に、日本に渡来し、終戦時に日本に居た朝鮮人の多くが、終戦後も日本に居残った」ばかりか、

「その後の朝鮮戦争時にも、難民・移民として、多数の朝鮮人が日本に渡来し、

その後も居続けて居る場合が多い」。

「難民なら、戦乱が終われば帰るのが、当然」だ。

「移民先として日本を選択するなら、

日韓の間で対立が起きた時に、

日本側に立たなければ、

その実態は、実質的に、移民では無く、不当移民や侵略工作員等になる」。

「不当移民や侵略工作員状態の者たちが、

普通の日本社会で相手にされ辛いのは

当然過ぎる程当然」だ。

「日本より優先する国が在るのなら、優先する国で暮らせば、齟齬は無い」』。

『「不当移民や侵略工作員状態の者たちを、上記の者たちと同様に{はぐれ者}として扱う」のは、

「合法移民と不法移民を分けずに、反移民排斥を訴える事が得意なテレビ等の詐欺師的やり方」だ。

「言うまでも無く、不当移民や侵略工作員等に相応しいのは、日本国内での{はぐれ者}扱いでは無い」。

「祖国・母国等へ帰国させる事」だ。

「更に、拉致を始めとする、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や微粒子工作等々の

日本の現行法&現行の摘発体制では、摘発困難でも、

実害が決して小さく無い、

悪質な工作活動に手を染めた者たち等」なら、

「帰化しているなら日本国籍剥奪し、強制送還する事等が適切」だろう』。

『「{はぐれ者}を生み出している元凶の一つである常連出演者たちが、

常連出演等現状利権温存を前提とした

はぐれ者論を、

一方的に述べている醜悪な映像等」を、

「日本の公共の電波上で、一方的に大量配信させ続ける必要は全く無い」。

「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »