« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

本日、午後3時半頃、上方向で数カ所に釘でも打っている音がしたら、程なく、上方向からの工作電磁波が強化された・・・。

『「アルミ釘でも電磁波放射口にした」のだろう「つまり、より、細く=集中させて、工作電磁波が発生される様に、先が尖っている釘を使った」と「推定出来る」。

「細い先端から発生させている結果」として、

「工作電磁波は、より高周波的になっている様相」だ。

「防御版からのマイナスイオンも、より良く出て来ている」』。

『「細く、高周波化した事の目的」は、

「より多くを、透過させたいから」だろう。

「高周波化したドット波で、透過し易い長周波数の波を包む様な状態とすれば、より透過し易くなる事が考えられる」。

「何れにしても対策無しなら、結構な実害が出る状態」だろう』。

『「釘は、筆者がリビングで腰かけている時、筆者の頭部に、工作電磁波を集中させる様に打っている様相」だから、

「上階の該当位置には、釘の跡が在るか?或いは、その位置に工作機器を置いて、発射口位置ダケを覗きながら、特定し、専用発射口となる板でも作ったのか?」だろう』。

『「何れにしても、今、突然、摘発の為に踏み込めば、相応の証拠が押さえられる状況が既に在る」。

「後は、警察等のやる気だけ」だろう』。

|

もちろん、「産まれるべきでは無い者たち」とは、特定の血統の者たちでは無い・・・。

『「人類の世代交代は、個の保存では無く種の保存」だ。「血統・民族主義等」とは、「長い種の保存の歴史のホンの一部ダケを偏重している現実離れした考え・思いによる悪い納得法の例に過ぎ無い」。

「どの親の下で産まれるのか?」には「その個体の選択の余地は無い」が

「どんな文化や行動原理を基に動くのか?」は、

「その個体の選択による」。

「産まれるべきでは無い者たち」とは、

「悪の文化や行動原理を選択し実践する者たち」だ』。

『「例えば、日本乗っ取り支配策略に基づいた子沢山戦略により産まれた子ども」等であっても、

「日本乗っ取り支配策略等の悪の策略の実践を選択せず、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の悪の工作活動等に手を染めない」なら、

「その者は、今時の世に、産まれるべくして産まれた者になる」。

「親兄弟姉妹や親類縁者等が悪の工作活動を行っているから等と、それをそのまま受け継ぎ続ける様な者たち」こそが、

「今時の世に産まれるべきでは無い者たち」だ』。

『「責任の所在」は「血統・民族等には無い」。

「侵略や工作活動や非人道的行為等の悪の文化や行動原理等の実践を選択している個体の意思に在る」』。

『「悪を選択している個体が人間社会で蔓延る状態となれば、

必然的に、本来行われるべき進化等も阻害させる」。

「その結果として、温暖化が在り、気候変動が在り、地震や火山の噴火が多発する事になる」。

「悪を選択する者たちが蔓延る事」は「戦争やテロや殺傷事件を生む」。

「武力による比べっこでも、経済による比べっこでも、悪が基なら、生じる事態は変わらない」』。

『「今時の全人類」は、

「比べっこ主義から卒業する事」が「本質的に求められている」。

「比べっこ主義から本質探求主義への本質的進化が求められている」。

「急速な進化を実現し続けて来ている物質文明側だけでは無く、

精神文化側でも、

科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を実用」し、

「自らの精神文化を急速に進化させ続ける事」が「本質的に求められている」。

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実と狭義の自分の整合性を高め続けて行く事」が「本質的に求められている」。

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実と共に在る事」で、

「健常に落ち着いた人生を歩む事が出来る状態に進化する事」が

「本質的に求められている」。

「この本質的進化を行う・行える者たち」こそが「今時の世に、産まれるべき者たち」だ。

「逆に、

本質的進化に抗い、

現実離れ・実体離れした考え・思いによる納得等に執着」し、

「その執着を他の人々にまで強いる事」で、

「広義の自分の実体を破壊~破滅方向に誘っている者たち」とは、

「今時の世に、産まれるべきでは無い者たち」だ』。

『「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を行っている者たち」や、

「日本乗っ取り支配工作等々を行っている者たち」の「実体」は、

「今時の世に、産まれるべきでは無い者たち」になる。

「宗教等、現実離れしている考え・思い等に偏執し、それを他人に強いている者たち」も「同様」だ』。

『「考え・思いによる納得」や「比べっこ」や「代償欲求の追及」等々は、

「遊び程度」が

「今時の人類としての健常状態」になる。

「他の人々の健康や本来の生活等までをも阻害して、

遊び程度で抑えるべき者・物・事等を過剰追及している悪劣、もしくは、病気」の

「者たち」が、

「是正や治す選択をしない」なら、

「今時の人類として、産まれるべきでは無い者たち」になる』。

『「今、この瞬間にも、

科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を実用している人類の物質文明」は、

「急速に進化し続けている」。

「急速に進化し続けている物質文明相応の精神文化が保持出来ないまま、

物質文明と精神文化のギャップが、限界点を超えてしまう」と、

「人類は、確実に滅亡する」。

「限界点は、もう直ぐ目の前に在る」から、

「今時の全人類」には、

「狭義の自分の精神文化を正常進化させる事」が

「本質的に求められている」』。

『「生存可能人口が減った時、真っ先に抹殺されるべき」は、

「今時の世に、産まれるべきでは無い者たち」になる』。

『「未だに、工作活動等を行い続けている者たち」は、

「早急に態度を是正し、過去の罪を償うべき」だ。

「工作活動に成功は無い」。

「何故なら、比べっこ主義や、考え・思いによる納得の人間社会」は、

「もう直ぐ、終わらざるを得なくなり、終わるから」だ。

「本質が探究され、露呈された時に、耐える者・物・事だけが生存続可能」となり、

「本質が露呈した時、悪となる者・物・事」は、

「同様の新たな悪事を防止する為」にも、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「産まれるべきでは無い者たち」とは「存続しない者たち」だ。

「存続しない為に悪事を行っている、迷い子、もしくは、愚か者たち」は、

「いい加減に、狭義の自分の実体に気付くべき」だろう。

「産まれるべきでは無い者たちに、待っている」のは、

「永遠の闇と、永遠の恥辱に染まる道の上」だ。

「産まれるべき者たち」とは

「広義の自分の存続~永続と共に在る者たち」だ。

「そして、その選択」は、

「個々の個体の意思次第」だ。

「産まれるべきでは無い者たちを選択している者を蔓延らせる」なら、

「人類は滅亡」する。

「産まれるべき者たちが大多数となり実権を持つ」なら

「広義の自分の存続~永続という永遠の命も実現可能になる」』。

|

「三菱自動車の燃費騙し事件」とは現代自動車等の仕込みだったりして・・・。

『「韓国の自動車産業のベース」は「三菱とマツダ」だ。「朝鮮の文化」では「全ての文化等の発生は朝鮮としたい!」だ。

「三菱自動車が無くなれば、現代自動車等の技術は皆、朝鮮発と嘯き易くなる」と「考える文化が其処に在る」。

「詐欺や工作活動等は、朝鮮人の得意技でもある」』。

『「日韓併合以降、日本国内に多数居る朝鮮系の者たち」が、

「利朝鮮の為の工作活動を行う」なら、

「三菱自動車自爆劇の様な事態が起されても何の不思議も無い」。

「戦後の日本」には「そんなアブナイ状態が存在し続けて居る」のが「現実」だ』。

『「何しろ、終戦時に、朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全てが強制的に帰還させられたので、

朝鮮半島内には、日本人が余り居ない」が、

「日韓併合以降、渡来した朝鮮人は数多く、

更に、朝鮮戦争難民として大量の朝鮮人が日本に渡来し、

そして、その多くは戻らず、日本国籍を保有している者たちも多い」から、

「日本国内には、朝鮮系の者たちが、かなり居る」。

「朝鮮系の人々による日本企業内自爆工作は簡単」だが、

「日本系の人々による韓国企業内自爆工作は非常に困難」だ。

「何が何でも日本より上に立ち、日本人を支配したい等と考えている朝鮮人悪権力者等」なら、

「この絶好の状態を使わない訳が無い」』。

『「北朝鮮独裁者の指令」では、

「どんな事をしても、5月の労働党大会時までに、実績を出せ!」なのだそうで、

「その一環として、日本の自動車企業の一つに大ダメージを与える工作を爆発させた」なら、

「正に、合理的な実態になる」のが、

「三菱の燃費問題~大打撃問題」でもある』。

『「戦後日本の三菱自動車の実権者たち」が、

「韓国への技術協力等で、朝鮮人と強い繋がりを持ったのは事実」だ。

「その中で、弱みを握られた者たちが居ないのか?」や、

「戦後日本の三菱自動車実権者等の中に、朝鮮系の者たちが居るのか?」等や、

「北朝鮮による工作や指令等との係わり等」は、

「要検証」だろう』。

『「根性の有る、本当のマスコミ人」なら、

「徹底取材し、露呈させるべき事の一つだと思う」が』。

|

北朝鮮のミサイル発射が次々と失敗しているが・・・。

『「見せ球でしか無いミサイルや核」は「例え、失敗したところで、その実効には大差が出ない」。

「何しろ、北朝鮮国内では、失敗とは決して伝えられず」、

どうせ、

「金正恩同士がミサイル発射を指導しました」程度の「宣伝情報が一方的に配信されたダケ」だろう。

「北朝鮮外に対して」は、

「ミサイル発射{実験}を行い続けた事による、後の完成度アップの可能性の方が重要問題となる」。

「そして、その見せ球の裏」で、

「北朝鮮は、日韓乗っ取り支配工作等を、連綿と続けている」。

「工作活動を露呈させない為の見せ球としての役割」は、

「現状でも十二分に果たしている」から、

「ミサイル発射失敗」でも、

「粛清等の情報は聞こえて来ない」』。

『「上記の様な実態」からも、

「北朝鮮以外の国々、特に、日米韓等が行うべき事」は、

「既に明らか」だ。

「北朝鮮による工作活動自体を徹底的に露呈させ摘発する事で無効化する事」だ。

「北朝鮮問題を解決する為に必要な事」は、

「北朝鮮による工作活動を全廃させる事」に他ならない』。

『「当然、上記の様な事実・現実」は、

「日米韓の所謂専門家等も政治実権者等も、重々承知している筈」だ。

「それでも、現状では、未だに、北朝鮮による工作活動を全廃させる実効のある対策が取られていないのは何故か?」

「上辺上の理由」は、

「北朝鮮を追い詰めすぎると暴発の可能性があるから」等だが、

「もちろん、北朝鮮をかなり追い詰めたところで、北朝鮮は暴発出来得ない」。

「何故なら、北朝鮮の暴発=北朝鮮の存在が無くなる事」だからだ。

「実戦となれば、アッと言う間に、北朝鮮が負ける」のが「実状」だ』。

『「それなのに、未だに、日米韓の実権者等が北朝鮮の工作活動を全廃さえていないのは何故か?」

「その裏に在る」のが、

「北朝鮮の工作による弱み握られ」だ。

「日米韓の実権者の少なくとも一部」は、

「既に、北朝鮮に弱みを握られている状態に陥っている」』。

『「多くの一般市民の安全や健康等を大いに阻害させながら、

北朝鮮等による工作活動を黙殺し続けている実権者たち」とは、

「実質的、売国・売国民奴」に他ならない。

「しかし、昨今の人類の社会文化状況下」では、

「恥知らずたちの実態・実体」は、

「何れバレる」。

「つまり、近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に名を連ねる状態の者たち」のみが、

「現状での悪足掻きを正当化出来ている」のだ』。

『「厚顔無恥の本質的愚か者(上辺がどんなに優秀・有能等であっても)たち」の

「行く末」は、

「その状態の是正無き限り、既に決まっている」。

「そんな本質的愚か者たちの家族や子ども等」も、

「本質的愚か者の精神文化を全否定し、告発しない限り同様」だ。

「お気の毒な方々の未来は、惨憺たるモノになる」』。

『「北朝鮮の失敗は現状のロジックで動いている限り、今後も続く事になる」。

「北朝鮮による工作活動で弱みを握られていたり、その協力者等にさせられている者たちの近未来」も、

「その実効のある是正が無い限り、決まっている」』。

『「本来産まれる筈の無い者たちが、大量に産み出され、

その様な者たちが地球を埋め尽くす状態となる」なら、

「程なく、人類に最後の審判の日がやって来る」。

「地震や火山の噴火等々が多発し、地球上のほとんどが、人の暮らせない焼け土跡の様な状態になる」。

「そんな中で、生き残りをかけた比べっこ戦争等が起きれば、

確実に、人類は滅亡」だ。

「人類が生き残る為」には、

「本来産まれる筈の無い者たちの全てを、本来の状態に戻す」と「共」に、

「産まれるべき者を産まれさせるしか無くなる」』。

『「北朝鮮等による工作活動を放置する」なら、

「確実に、地球は消滅する事になる」。

「人類も含む地球生命体細胞群の存続~永続を望む」なら、

「対策は、急務」だ』。

|

「保育士・介護士薄給問題」の裏に在る元凶は?・・・。

『「はっきり言えば、血統家族主義の思想に染まっている人々にとって、他人の子どもの保育や他人の親等の介護」は「特別な事」だ。

「血統家族主義」なら、

「自分たちの子どもは自分で育てる事で、自分たちの思想信条や文化等を伝えてこそナンボ」であり、

「自分の親たち」なら、

「今の自分が在る事に対し、大いなる貢献等をした親等に対する介護等も当然の事等になる」からだ。

「テレビ・映画等の情報等や教育等により、結構な割合で血統家族主義が摺り込まれている日本の現状」では、

「他人の子どもや親に対する保育や介護」を「特別な事として捉えている人々」が、

「実際は、溢れている」。

「その様な状態下」なら、

「特別な事に対しては、特別な厚遇が在って然るべき」だ。

「特別な厚遇が無ければ、特別な事をやる気にならない」のは、

「人の常」だ。

「特別な事と捉えている人々が薄給での仕事を強いられている」なら、

「不満や、八つ当たり等が生じない方がオカシイ」』。

『「実態としては、多くの人々が、特別な事として捉えている{他人の}保育や介護」だが、

「実際は、出来る人々が多いから等の理由」で、

「薄給状態」だ。

「このギャップこそが、今の問題」だ』。

『「解決法」は、

「血統家族主義等を温存」したまま、

「特別な{他人の}子育てや介護」を、

「特別な分だけ優遇する」か、

「現実離れしている血統家族主義自体を是正するか」になる』。

『「現実」としては、

「現実離れしている血統家族主義の力は、それ程強く無い」。

「だから、実際に、血統家族主義に基づいた{身内の}子育てや介護」でも、

「事件等が多発している」。

「ところが、そんな実態が在っても、多くの人々は、血統家族主義から自らを解放しない」。

「何故か?」

「子育てや介護以外の部分では、血統家族利権が存在する場合が多いから」だ』。

『「ここで、一端、血統家族主義を離れて、人間の実体を理解・把握するべき」だろう。

「はっきり言えば、科学レベルで判明している実体や事実・現実」は、

「人類の世代交代は、個の保存では無く種の保存である事」だ。

「つまり、血統家族主義や民族主義等」とは、

「考え・思いレベルの納得法に過ぎ無い」のが、

「現実」だ』。

『「考え・思いレベルの納得に固執する事による弊害」は、

「甚大」だ。

例えば、

「細胞ごとに誕生・死を繰り返している人間」なのに、

「丸ごと一人の霊やあの世や復活等に現実逃避する人々」等も「枚挙に暇が無い程多く」、

「其処につけ込む現実離れした不当な利権等を築き、不当集金等する連中」も「枚挙に暇が無い」。

「細胞ごとの命の連続性を辿る」なら、

「人類誰もばかりでは無く、地球上の生物のほぼ全部が広義の自分である事が明白になる」。

「人類誰もが、広義の自分に対する自虐行為を慎む」なら、

「世界平和も、地球環境の保全も、当たり前の事」だ。

「ところが、考え・思い上の狭義の自分にダケ固執している人々が多い」から、

「本来なら無用な対立が起き、殺傷事件が起き、宗教対立が起き、戦争が起き、テロが起き、地球環境破壊等々までもが起きている」。

「この超自虐状態を是正する事」こそが、

「今時の全ての人類の義務」だ』。

『「血統家族主義等から多くの人々が解放される」なら、

「保育や介護等の問題」は、

「単に、現状の経済システム上の経済原則に沿う事になる」。

「しかし、ここで、問題とすべき」は、

「現状の経済システムが正当なモノか?否か?」だ。

「はっきり言えば、現状の経済システム」もまた、

「宗教等と同じで、考え・思いによる納得レベルの代物」だ。

「現状の経済システム上」では、

「金転がしを行えている者たちが、一番大金を得易く、

金余りなのに、

貧困だらけ」になっている。

「その実態」は、

「格差の問題」や、

「教育や仕事レベルの問題」として、

「考え・思い上ですり替えられ、

考え・思い上の納得に落ち着けさせようとさせられている」が、

「実際は、考え・思いによる納得」では、

「現状経済システムの問題を解決する事は出来得ない」。

「解決する為」には、

「物質文明同様、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が必要」だ』。

『「現実としては、人類誰もが、地球生命体細胞群の内の約60兆の細胞の一塊」だ。

「人間社会が、人類として産まれた限り、その生存・生活権を、万人共通の根本的人権として認めなければ現実に叛いている事になる」。

「何故なら、自然の摂理自体が、今生きている特定の人間の生命を直接危うくする事は無いから」だ。

「自然の摂理自体が、生きるべき生き物として存在させている人間」を、

「人間社会上のシステム等が、阻害している」なら、

「直すべきは、人間社会システムの方」だ。

「経済システム」や「政治等」の「精神文化側の分野」も、

「進化を実現出来ている物質文明分野同様」に、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」で、

「正常進化させなければならない」。

「万人の生存~生活と整合性が取れていない経済システム」には、

「明らかな瑕疵がある」のだから、

「その是正を行わない方が異常」だ。

「逆から言えば、今の経済学者等や、政治家等は、十分な仕事を行っていない状態」だ』。

『「人間の心理上」では、

「都合の悪い事を誤魔化す為に、特定の者・物・事を問題化したり、貶めたりして、大衆の興味等を集中させる手法等」も、

「有効」だが、

「もちろん、そんな{トリック}では、現実の人間社会が良く出来る訳も無い」。

「保育・介護報酬の不当差別無き原寸大の状態等を実現する為」には、

「血統家族主義からの解放」と、

「現実離れしている現状経済システムの是正」が、

「必要」だが、

「それらの是正を行う事」は、

「保育・介護だけでは無く、ほとんど全ての仕事の適性報酬の実現にも直結している」。

「つまり、現状で、過剰優遇状態にある仕事の是正も同梱している」のだ』。

『「上辺に露呈させられた問題ダケ」を、

「もぐら叩きの如く、叩き潰した」つもりになっていても、

「問題は、直ぐに、別の穴から、噴出」する。

「源流対策」を、

「絶対に忘れるべきでは無い」。

「現状での大金持ちを容認したまま、保育・介護等のもぐら叩きを行い、例え、それに成功したところ」で、

「得られる結果」は、

「別の穴からの問題噴出」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した経済システムへの更新」が

「今、望まれている」』。

『「考え・思いによる納得レベルに過ぎ無い現状の経済システムや法等のお墨付きがあっても、

科学レベルで判明している実体や事実・現実のお墨付きの無い、

大金持ちや、

大権持ち等」の

「実体」は「悪」だ。

「逆に、現状の経済システムや法等の上」では、

「冷遇等されている人々」でも、

「その実体」は、

「冷遇される正当性が無い場合が多い」。

「今生きている全ての人類」が、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実に叛かない」なら、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を実用しているが故に進化・発展出来ている物質文明分野レベルと同等以上」の、

「人生等を享受出来る事になる」。

「自虐的な人生を強いられている人々」も、

「不当利権に溺れる事が出来ている人々」も、

「激減」し、

「八つ当たり等も激減」し、

「世界平和や地球環境破壊防止等」が、

「当たり前になる」』。

『「保育士・介護士報酬問題でも、

当面の現状対策も大いに結構」だが、

「それと共に、源流対策を絶対に忘れるべきでは無い」』。

|

昨今の記事が余程、痛いのか、先ほどからは、東側の斜め上方向からも工作電磁波が来る様になったが・・・。

『「真上方向の工作員等が筆者の居場所を常に覗き、周囲に在る工作電磁波発生機から、筆者に向かい常に電磁波を当て続けようとしている工作実態」が「在る」。

「覗いているついでに、工作電磁波も当てて来る実態」が「在る」。

「今度は、電磁波発生拠点として、東斜め上側も加えられた様」だ。

「その方向には、他の住戸が在る」から、

「工作員系の人脈の者が借りたり買ったりしたのか、其処に出入り出来る設備業者等の仕込み等」と「強く推定出来る」』。

『「筆者の周囲には、相当の数の工作電磁波発生機が在り、工作員等と強く推定出来る者たちの最低でも一部の居場所等は、特定出来ている」から、

「警察等が本気で捜査等している」なら、

「それなりに、実態を押さえる事が可能な筈」だ』。

|

テレ朝朝番でも、「舛添都知事の公用車使用問題」を責めていたが・・・。

『「違反・違法行為では無い」が「舛添都知事の公用車使用実態」は「問題化」出来る。「現行法上等では、違反・違法行為では無い」だろうが「特定の者ばかりが、テレビ常連出演という実態」は「もっと、もっと、大きな問題として責められるべき事」だ。

「舛添都知事の公用車使用実態による実害」は、「約400万円にもなるという公用車使用実費」と「危機管理上で、問題が起きるのでは?等の疑念」だ。

「特定極一部の者ばかりが、テレビ常連出演という実態の実害」は、

「特定極一部の者たちばかりの有名人利権が製造~増大される」と「共」に、

「それに伴う多大な利権も、特定極一部の者たちに偏在させてしまう事」や、

「特定極一部の者たちを、知らず知らずの内に、覚えた/覚えさせられた視聴者等が、

特定極一部の者たちに依存し易くなり、

特定極一部の者たちの論や意見等が、

他のほとんどの一般市民の意見等より異常な程に大きな影響力を得られてしまう事」等だ』。

「この問題を、金額に換算する」なら、「400万どころの問題では断じて無い」。

「常連出演者等が常連出演故に得ている利権を金額に換算するなら、どんなに少なく見積もっても、億の単位は下回らない」。

「都知事の危機管理等と同様の問題でもある、特定極一部の者たちが政治や社会にもたらす影響」の「大きさ」も、

「甚大」だ』。

『「例えば、特定極一部の者ばかりがテレビ・ラジオ・マスコミ等常連出演という状態では無く、

特定極一部の者たちの多くが実質的に支持していたのが小泉元総理や、民主党等ばかりでは無かった」なら、

「小泉政権」も、「民主党政権」も、「誕生しなかった筈」だ。

「小泉政権」や、「民主党政権」は、

「実質的に、テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導故に誕生した政権」だ』。

『「また、特定極一部の者たち」は、

「(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、実質的に、意図的な黙殺状態)脱原発」も「大好き」だ。

「(同上)日本のみ脱原発」の「実効」は、

「日本の電力事情を悪化させる事で中・韓等の企業等を有利にする」ばかりか、

「日本の撤退により、人災が原因である原発事故の安全技術向上を遅らせたり、

中国や北朝鮮の核兵器圧力を増させたり、

する事で、日本の核の安全をも劣化させ、

中・韓に対して、日本を不利にする事」だ。

「原発事故の原因は、古今東西全て基本的に人災であり、

中・韓等の原発で事故が起きれば、放射能物質が偏西風に乗って、大量に日本に渡来するのだから、

日本ダケ脱原発しても、意味が無い」。

「世界中で原発を止めるか?」

「世界中で原発をより安全に使うか?」の「二択になる」が、

「現状の世界情勢や地球温暖化問題等を考えると、現実的な道」は、

「世界中で原発をより安全に使う道になる」。

「日本の撤退で、世界中に中・韓等の原発が溢れる事態の危険度」は、

「今更言うまでも無い」だろう。

「日本でも原発を使用しながら、安全技術を更に向上させ続ける事で、世界の原発の安全基準自体を積極的に引き上げさせる事でのみ、

日本の核の安全も得られる」のが「現実」だ。

「それなのに、常連出演者たちは、上記の当たり前の事」も「言わない」。

「実質的に、他の国の原発問題は黙殺したまま、地震国日本の原発ダケ=アブナイ」だけだ。

「全体像を黙殺したインチキ論」で、

「多くの視聴者を実質的にマインドコントロールしている悪事」の「悪影響」は「甚大」だ』。

『「更に、日本のみ脱原発マインドコントロール等」には

「日本のみ脱原発を訴えている政党を利す面も有る」。

「つまり、特定極一部の者たちばかりを常連出演させる事によって、

テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による、

実質的、大衆誘導による政治運動が行われてしまっている状態が在る」。

「舛添都知事の公用車使用問題等と、比べるまでも無い」

「実質的には、とんでもないレベルの重大悪事が其処に在る」』。

『「実質的には、とんでもないレベルの重大悪事を行っている常連出演者等」は、

「自分たち以外」の「悪事等を責め、正義ぶる事が大好き」だ。

「泥棒がバレ、追いかけられると、他の者を指さし、あいつが泥棒です!と言って、逃げる文化」の如く、

「他の者の悪事等に対して、優等生ぶり、正義ぶり、責める事」で、

「常連出演者自らが行い続けている実質的重大悪事」を

「黙殺させ続けようとしている醜態」は、

「本当に見苦しい」』。

『「歴史から学ぶ、ナチス・ヒトラーから学ぶ」なら「大衆誘導とは、絶対に行ってはならない、行わせてはならない重大悪事」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等や一部学校教育等による」、

「とんでもないレベルの重大悪事」は、

「未だ、是正されていない」』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界の人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、金正日の料理人だった藤本氏の訪朝をダシに北朝鮮の大宣伝をしているが・・・。

『「金正恩が、戦争などやる気は無い」のは「当たり前中の当たり前」だ。「何しろ、実戦となれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」だから、「実質的超大金持ちで、金満&大権生活を楽しんでいる独裁者」が、「ワザワザ早々の自滅をする気でも無い限り、北朝鮮から戦争を仕掛けないのは、もはや、金正恩から聞くまでも無い、大衆周知レベルの事実」だ。

「それでは、何故、北朝鮮は、核・ミサイル等の開発等を続けているのか?」

「言うまでも無く、核・ミサイルという見せ球」の「裏」で、

「連綿と続けている日韓内等での工作活動を隠し続け、行い続ける為」だ。

「核・ミサイル等と同様の見せ球の役割を担わされている」のが、

「藤本氏」で、

「その藤本氏の訪朝を大いに利用して、見せ球の効果をより高めている」のが、

「テレ朝昼番の実体」だ』。

『「以前から、日本国内での工作活動に対しては黙殺・・・&核・ミサイル等では大騒ぎ」というのが、

「戦後日本のほとんどのテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「異常でお寒い実態」だ。

「日本の公共の電波を使って、北朝鮮の為の情報配信が行われている様相ですらある場合も少なく無い」。

「本当に、酷い異常状態」だ』。

『「常連出演者等」は、

「北朝鮮の核保有問題」について、

「インドやパキスタンは核保有が世界から認められる」のに、

「北朝鮮が認められないのはおかしい等の旨」述べていたが、

「はっきり言えば、

インドやパキスタンは、

独裁体制では無いばかりか、

例えば、日本乗っ取り支配工作等の

他国を乗っ取り支配する工作等を行っていない」。

「北朝鮮が

独裁体制であり、

日韓等の乗っ取り支配工作等を行っている限り、

世界が北朝鮮の核を認める事は絶対に無い」。

「上記程度の事を常連出演者が知らない訳も無い」だろう。

「つまり、常連出演者による北朝鮮核保有認められても・・・論の実体」もまた、

「北朝鮮等による工作活動等黙殺の為の誘導弾」等と「強く推定出来る」』。

『「テレ朝昼番の論調」では、

「藤本氏に、総理の親書を持たせ、再訪朝させると共に、

拉致問題等での妥協点を見出させ、

早々の日朝国交回復等を実現させたい様相だった」が、

「日本乗っ取り支配工作等撲滅前の日朝国交回復」は、

「絶対に行ってはいけない事」だ。

「万一、日本がその道を選択してしまう」と、

「北朝鮮」は、

「拉致被害者の内、

日本乗っ取り支配工作に余り係わっていないか、

係わっていても、血統等故に口が堅いと信用出来る者たちダケ」を

「日本に帰す事で、拉致問題の収束を謀る事等を実現せしめ、

日朝国交回復で、お金や仕事や人の移動等の自由等を確保しようとする筈」だ。

「工作活動が黙殺されたまま」で、

「お金や仕事や人の移動等の自由等が可能になってしまう」と、

「北朝鮮系人脈による日本乗っ取り支配工作等」は、

「益々加速させる事が可能になってしまう」。

「とんでもない事」だ。

「現状でさえ、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の

日本の現行法&現行の体制では摘発困難だが、

非人道的な工作手段まで使って、

北朝鮮系等の人脈にとっての不適応分子粛清工作を行い続けている様相」であり、

「情報・教育等では、有益分子の育成工作に余念が無い様相」だ。

「日朝国交回復による、

更なる、有益分子の育成と不適応分子の粛清の加速により、

政財界や日本の要職の多くを北朝鮮系の者たちが占める事が出来てしまえば、

後は、今の北朝鮮の様に、

例え、要職に上り詰めていても、

思想や血統等が嫌なら即粛清という事態まで

可能になってしまう」。

「最終的には、金を天皇にする事さえ可能になってしまう」。

「北朝鮮系の者たちにとって」は、

「工作活動はもちろん、

終戦時の火事場泥棒的行為も黙殺させ続ける事が可能になる」と「共」に、

「多くの一般日本国民を奴隷同様に使う事までもが可能になる」のだから、

「是非とも実現させたい」のが「日本乗っ取り支配工作」だろうが、

「多くの一般日本国民」なら、

「早々に排除すべき重大事項の筆頭」が、

「日本乗っ取り支配工作」だ。

「それなのに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「未だに、

戦後日本国内で連綿と行い続けられている

反日他国人脈等による非人道的な工作活動や

その実行者・協力者等の問題について黙殺状態」だ。

「そればかりか、北朝鮮等の宣伝等までし、

日本乗っ取り工作等がより有利に行える状態までもつくり出している番組等まで在る」。

「本当に異常」だ』。

『「北朝鮮に利用されている様相の藤本氏等を大宣伝する前」に、

「日本国内で行われ続けている電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を暴露する」のが、

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の役割」だ。

しかし、

「北朝鮮の出先の情報工作機関」なら、

「北朝鮮の為になる情報配信は積極的に行っても、

北朝鮮等による日本国内での工作活動等は黙殺せしめる」のが、

「合理的になる」。

「戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」からは、

「その、どちらがより強く感じられるのか?」等は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本の情報・教育等には、明らかに、異常なところが在る」。

「公共の電波を使っている影響力の大きい情報配信機関であるテレビ・ラジオ等の健常化・正常化」は、

「特に、急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、熊本学校高額商品等ネット要望問題に対して、校長や学校を免責にしようとしていたが・・・。

『「言うまでも無く、学校校長には、監督責任が有る」。「要望リストが校長の下に渡っていて、その内容に不備・不足があるなら、再提出を求めれば良いダケ」だ。

「校長の監督不行き届きで、学校の責任として追及される」のは、

「学校名での要望なら当然」になる。

「責められるべき事を責める」のは、

「自由主義圏の民主主義国では、人間としての基本的な権利でもあり、義務でもある」。

「日頃から、言論の自由・表現の自由・思想信条の自由等を訴えている者たち」が、

「責めを問題化した事」は、

「日頃からの訴えがダブルスタンダードである事」を「露呈させている」。

「朝鮮{民主主義}人民共和国みたいな実態が其処に在る」。

「独裁国家では、立場のある者・物・事を誰も責められない」。

「責める事を問題にする番組」には、

「独裁国家的」な、

「有益分子の育成」と「不適応分子の粛清」という

「情報工作機関の臭い」が「充満している」』。

『「テレ朝朝番等」は、

「今回の問題では、ネットで責めている者たち」を、

「不適応分子だから、大衆誘導による民意圧力等により粛清させたい」のだろう。

「逆に、学校や学校長等は、その利権を守るべき有益分子だから、

大衆誘導により、特別扱いが当然の様な状態をつくり出したい」のだろう。

「テレビ・マスコミ界等も、言うまでも無く、学校教育の優等生たちが実権を持っている業界」で、

「その内実」は、

「旧社会党系(現民進党等)である日教組等による教育の優等生=高度有益分子化出来た者たち」だ。

「反日・利韓(北朝も含む)・利中共をその者が持つ思想信条等と出来れば、高度有益分子」という

「実体が見え隠れしている」。

「高度有益分子化出来た者たち」という

「特定極一部の者たちの意見や論ばかり」が「如何にも主流・本道扱い」で、

「日本の公共の電波上や

公共的マスコミ上」で

「一方的に大量配信され続けて来ている」から、

「戦後の日本社会が、

日教組等教育の歴史・社会等の授業の如く、

大きく歪んで来ている」のも「当然の現象」になる』。

『「責め問題について言う」なら、

「マスコミ等の本来の仕事」は「責め」の「実体・実態検証」だ。

「デマが元」なら「実体・実態の無い責め」だから、

「デマである事実・現実を取材報道」し、

「不当な責めを無効化し、

不当な責めの原因を探求する事で、

その再発の防止等に役立てる」のが、

「本道」だ。

「実体・実態のある事に対する責めに対して」は、

「どれだけの実体・実態があるのか?や、

その責任の所在等を取材報道」し、

「原寸大の責め&責任の有る者・物・事に対する責任追及等に落ち着ける事」が

「本道」になる』。

『「マスコミ等でも、ネット上でも、ある者・物・事の問題点等に最初に気付く」のは、

「ほとんどの場合で、極一部の者」だ。

「しかし、その問題点に対する責め等に共感等している」のは、

「多くの場合、一般市民感情や、人間として」の「共感」等だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育の様に、

圧倒的に優位な状態で、上から、

一度に大量の人々に、

特定の者たちの自論等を

大量配信して摺り込もうとしている媒体等とは違う

ネット上等の場合」は、

「素直な共感等が、広がっている」。

「一色に染めようとするテレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育等による情報統制&大衆誘導等と、

素直な共感が広がっているネット等」の

「どちらが、まともなのか?」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「戦後の日本社会の実態」としては、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等と学校教育等による

実質的、情報統制&大衆誘導状態」が

「長い間続いていた」。

「その実質的、情報統制&大衆誘導状態」に、

「ネットの普及が穴を開けた」。

「当然」の様に、

「それまでの実質的、情報統制&大衆誘導状態」に対する「是正の動き」が生まれ、

「その動きが増大し続けている」のが、

「現状」だ』。

『「常連出演者の弁」では、

「ネット等で責めたり、騒いだりしている」のは、

「極少数の人々」の旨だったが、

「実際は、そんな事は無い」。

「最初に気付き責め始めたりする」のは、

「それぞれの問題ごとに、極少数の人々である場合が多い」が、

「問題発覚後の共感の広がり等は、多くの人々が元々から持っている考え・思いや実感や感性故の出来事」だ。

「つまり、問題が無いのでは無い」。

「問題を発覚させる、本来なら、マスコミ等が率先して行うべき仕事」を、

「それぞれの問題ごとに、(極少数の人々である場合が多い)それぞれの人々が、行っている実態が其処に在る」。

「責められるべきは、ネットで問題を発覚させている人々では断じて無い」。

「本業を疎かにしているマスコミ人等の側」だ。

「それなのに、自省せず、ネットの責めを問題視させる論等を、

公共の電波を使って一方的に大量配信していた」のだから、

「本当に酷い」』。

『「実際は、テレビ等に常連出演」し、

「内実としては、

利韓(北朝も含む)系・利中共系の為の

有益分子育成&不適応分子粛清情報工作等を行い続けている者たち」こそが、

「極少数の人々」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

最近では、電磁波レーザー弾も使われている様で・・・。

『「電磁波工作が在る事に気付いてから、筆者は、それなりの対策をしている」から「筆者に対する電磁波工作の実効は出ていない」。

「外出時でも、電磁波工作に見舞われる事が結構ある」ので

「筆者は、外出時でも、一応、外面上、大きな差し障りが無い程度の対策はしている」。

「だから、実効は、出ていない」。

「しかし、実効が出ないと、どんどん、工作電磁波を強化して来ている辺り」が、

「工作実行者や指令者たちの資質を露呈している」。

「一度動かし始めた工作の手口を止めない辺り」に、

「今までの電磁波工作による悪の実績の存在」や、

「工作実行組織等の大きさや命令状態や権力状態」等が「露呈している」。

「工作の元は、反日他国や宗教がらみ等の大きな組織と推定出来」、

「電磁波工作発案・技術製作者等は、それなりにその組織内で高位置だがトップでは無いところに居る事も推定出来」、

「戦後の日本国内でも、かなりの数の日本人がその犠牲となっている可能性大という事も推定出来る」』。

『「現状で、結構な強さの工作電磁波が、結構多く、街中でも、在る」のに、

「未だに、日本の警察や政府・与党等」は「実効のある対策を行っていない」。

「もっと酷いのは、マスコミ等」で、

「素人の筆者でさえ気づいている電磁波工作等の工作活動を、暴露報道等」し、

「多くの一般日本国民に注意喚起する事」で、

「多くの一般日本国民の健康や安全等を守る/守らせる為」の

「情報配信の仕事さえしていない」』。

『「電磁波を強化する手段は大まかに言って三つある」。

「一つは、元の出力自体を上げる事」だが「元の出力を上げる為には、相応の電力も要る事になる」。

「また、同じ出力でも、電磁波自体をレーザー的に集中化させれば、極所での電磁波による破壊効果等は、圧倒的に高くなる」。

「もう一つは、執拗に同じ者の同じ身体部位等に当て続ける事等による、累積強化」だ。

「筆者に当てられて来る工作電磁波」は、

「最近までは、主として、累積強化の手口と出力を上げる手口が使われていた」が、

「実効が出ない事に苛立っているのか、最近では、集中レーザー化の手段が散見される様になり、

更に、集中電磁波を集中させレーザー弾化したモノまで使い始めている様相」だ』。

『「家にいる時は、対策がそれなりに在るので、それでも実効は出ない」が、

「外に居る時、何の防備も無いところから、心臓や脳等にめがけて、集中レーザー弾が当てられてしまうと、それなりに、身体も傷む事になると推定出来る」から、

「要注意」だ』。

『「先日、商店街の中の某政治事務所の前を通ったら、集中レーザー弾と推定される電磁波が筆者の胸に向かって当てられた様」だった。

「幸いな事に、防御版の上からだった」ので、

「電磁波弾が当たった事は判った」が、

「実効は出ていない」。

「しかし、かなり強い状態のモノだった事は、確か」だ。

「その某政治事務所の政治家を応援している者の家からも、工作電磁波が発生させられて来る時がある」から、

「同じ人脈の者たちが、同じ政治家を担ぎたがっているのか?政治家自身も同じ人脈のお仲間なのか?」

「何れにしても、電磁波工作が在る所には、人脈的共通項も多く見受けられる」。

「集団的工作である事等が、明らかな状態を露呈している」』。

『「新宿で物真似タレント?が突然倒れ死亡したというニュースが流れた」。

「事件性は無い」が「大宣伝されている」が、

「筆者の実体験から」も、

「電磁波工作や飲食物工作やその合わせ技等による殺人の可能性も検証した方が良いのでは?」と

「強く感じる」』。

『「政府・与党も、警察等も、電磁波工作や飲食物工作等々を無い事にしたまま・・・では、

多くの一般日本国民の安全や健康を守る政府・与党・警察等とは言えない」。

「マスコミ等も、

素人の筆者でさえ、はっきり分かる実態が在る日本国内の電磁波工作や飲食物工作等々の工作活動に対して、

黙殺したまま・・・」とは、

「明らかにオカシイ」。

「戦後の日本社会の異常事態の是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、三菱自動車のインチキ燃費試験問題等を取り上げていたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、カタログ燃費をより良く見せる為のインチキ試験」は「絶対に行ってはならない事」だ。「今時、カタログ燃費を信じて車を買う人は、稀」だろが「購入動機の一つとして、カタログ燃費が後を押す事は稀では無い筈」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」が、「自分たちのインチキ問題は他所に、ここぞとばかりに正義ぶる」のは「何時もの事」だが、

「政府等からも、徹底した補償が求められている」。

「三菱自動車の{ユーザーの心理に付け入る為のインチキ}」の「代償は余りにも大きい」』。

『「車のカタログ燃費と実用燃費の差」は、

「車所有・使用者の誰もが実感している事」だ。

「国産車の場合は、実用燃費が、概ね、カタログ燃費の6~7割の場合が多い」。

「ドイツ車等の場合は、8~9割の場合が多い」。

「何故か?」

「ドイツ車等の場合は、アウトバーンでの実用までもが大前提」だから、

「エンジンも高負荷に耐え、サスペンションやボディーも、超高速での実用品になる様につくられている」。

「もちろん、その分高い」が、

「ガソリン冷却等しなくても高負荷に耐え続けられるエンジンや余分な動きが抑えられているサスペンション等、

超高速域での実用品である為のつくりが、

日本の実用域でも反映され、

カタログ燃費と実用燃費の差も縮めている面もある」』。

『「実際」は、

「カタログ燃費の測定方法自体も、既に、実用とは程遠い、インチキ的代物」だ。

「カタログ燃費を測定する時」には、

「何しろ、エアコンも使用せず、急加速も急減速もしない、高速域も想定されていない」。

「実際」は、

「高速道路への合流時や、予期出来ない他車等の動き等に対する緊急対応時等、それなりの急加速が必要な場合もある」。

「高速道路に全く乗らない、エアコンは使わない、一般道でも、渋滞に見舞われない、中・低速ばかり・・・等という人は、稀」だろう。

「カタログ燃費測定時の様な状態ばかりで、実用出来ている人など、誰も居ない」だろう。

「そんな現行の燃費測定方法は、是正されるのが当然」だが、

「是正によって、今までのカタログ燃費より悪くなると、イメージが悪くなるから・・・等と嫌がっている企業等もあるのではないだろうか?」

「企業論理よりユーザー利益実現の為」には、

「多くのユーザーが企業を動かすくらいに、進化・成長し続ける必要がある」のは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等でも、自動車会社でも、変わらない」』。

『「車を実用品として捉えた場合」、

「問題となっているeKワゴン等の出来」は「余り褒められたモノでは無かった」。

「筆者も、インチキ燃費試験カタログ燃費前の時代、同型車を代車として何日間か使用した事があった」が、

「カタログ燃費27キロくらいだった筈の車の実使用燃費」は、

「i(ターボ付き)でリッター14~15キロの使い方で、リッター16~17キロ(どちらも、エアコン・オン)」だった。

「その代車は、燃費志向制御のせいだろう、元のエンジンの力が弱く、何しろ、トルクが無かった」から「CVTの食いつきが悪かった」。

「ゴムが伸び縮みする様な、奥歯にモノが挟まった様な、エンジン音と車速の関係」に「大いに閉口」した。

「スタビも無し」なので、

「四輪がバラバラに良く動いた乗り心地」は、

「何処と無く、猫足フランス車風で、悪くは無かった」が、

「高速道路や山道には、行く気にならない弱々しさと、頭身体の揺すられ方を感じ、

とても、実用品として買いたいとは思えなかった」。

「そのeKワゴンが、リッター30キロ超えのカタログ燃費になっていた」とは、

「裏にどんな技術が在ったのか???」だったが、

「裏にあったのが、インチキ試験方法とは、・・・自虐にも程がある」が、

「自虐は、三菱自動車だけの問題では無い」』。

『「戦後日本の自虐情報・教育の優等生たち」とは、

「内実、反日他国の有益分子だったりしている場合が少なく無い」が、

「その自虐性にさえ、気づけていない愚かな状態」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等々でも、政財界等でも、溢れている」。

「反日他国の有益分子たち」は、

「利反日他国系野党候補等の勝利で、喜び、

日本のみ脱原発や、

日本企業の汚点宣伝等で、反日他国等を利そうとして来ている」。

「安保反対!等で、日本と米国の関係を疎遠にさせたがっている反面」で、

「北朝鮮と米国との関係を取り持ちたがっている者まで居る」のが、

「日本の中の利反日国系人脈の者たちの実態」だ。

「日本の中の反日他国等による拉致等まで含む数々の工作活動等の問題」を

「徹底追及しない、似非、マスコミ人等」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「電気自動車推奨なのに、原発は反対!という、

訳の分からない、

反日他国にとっての有益分子自動車評論家等までもが居て、

その業界等で蔓延れている」のが、

「戦後日本の情報界等のお寒い実態」だ』。

『「三菱自動車」には、

「横並びのFFベースの軽では無い、

iの様な重量バランスや操縦性がマシな車(軽に限らず)」の

「新世代版を望みたい」。

「カタログ燃費等で他社と競うのでは無く、

車としての実用性や快適性を探求した

真にユーザーの為になる製品」を

「売り出して欲しい」。

「基本技術は有るのだから、後は、企画と、お金の問題」だろう。

「カタログ上の比べっこから卒業する事」は、

「車会社にとっても、ユーザーにとっても、重要な事」だ』。

『「戦後日本の情報・教育等の人脈も含めた正常化」は「急務」だ』。

|

BSアサヒでは、「中立とは?」とかやっていたが・・・。

『「せっかくのテーマ」も「最初に、哲学者に取材」では「台無し」だ。

「今時は、もう、考え・思いによる納得法の時代では無い」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性等を検証する事」で、

「その者・物・事等の実体を見極めようとする事が当たり前の時代」だ。

「哲学者の実体」とは、

「未だに、考え・思いレベルに偏執している状態のお方たち」に他ならない。

「宗教者等と同じで、

哲学歴史学者や、宗教歴史学者等なら、

過去の歴史の実体や事実・現実と向き合う、今時レベルでも、現実的な、

科学レベルの実体や事実・現実との整合性も相応に高い、

学問等を探求しているお方々等にも成り得る」が、

「哲学者や宗教者等では、もはや、過去の時代のお方々レベル」になる』。

『「哲学者や、

ウキペディアの管理者や、

米国の実質的、逆差別利用難関校医学部入学者や、

英国の特定極一部の博物館や、

ゲーム制作者等」に、

「取材」し、

「中立や公平等の概念等を見出そう等としても、

取材記者も、視聴者も、

益々、混乱するダケ」だろう。

「混乱状態に陥らされた多くの視聴者」は、

「意識的にせよ、無意識にせよ、防衛本能的に、頼る者・物・事を求め易くなる」。

「短絡的に頼れるモノとして、テレビ番組等が存在している現状から露呈する事」は、

「中立とは?等を問うBSアサヒの番組の意図」も、

「視聴者のテレビ等依存を煽る為」だったりして・・・』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づく」なら、

「はっきりしている事」は、

「者・物・事の中立を求める前」に、

「者・物・事の実体・現実等の把握が必要な事」だ。

「先ず在るべき」は

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実に基づいた実体・現実把握」だ。

「次に、中立や公平等を求める為に必要な作業」は、

「結果として得られる中立や公平等」が、

「科学レベル以上で証明出来る事に他ならない」』。

『「つまり、中立や公平等を求める」なら、

「先ず、最初の段階」で

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づかない者・物・事は、排除されなければならない」。

「例えば、捏造史等に基づいた中立や公平等は在り得ない」』。

『「移民・難民等の問題」でも、

「先ず、問われるべき」は「その移民・難民の内実や実体」だ。

「不法移民や、侵略・乗っ取り支配・火事場泥棒・略奪・強盗・強姦等の目的の移民・難民等」なら、

「排除される事」が「中立・公平になる」。

「排除されるべき移民・難民等に、不当に過剰な利権等を与え続けて居てもロクな事は何も無い」。

「元々が、侵略・乗っ取り支配・火事場泥棒・略奪・強盗・強姦等を目的としている」のだから、

「そんな者たちを優遇する事は、犯罪者等を不当に有利にする」と「共」に、

「多くの一般市民等を不当に危険な状態下に置いている事と同じ」だ。

「其処に在るのは、利悪であり、中立でも公平でも無い」。

「中立・公平」なら、

「犯罪者は、犯罪者として、罰するなり、排除する」のが、

「実体や事実・現実に基づいた、中立・公平な対応になる」』。

『「戦後日本国内の実体や事実・現実等」は、

「もっと、ちゃんと検証され、大衆周知され、然るべき対策が行われるべき」だ』。

『「戦後の日本の教育や、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による情報」は、

「日韓併合時や朝鮮戦争時等の渡来者等を不当に利す方向に偏向して来ていた」。

「実体や事実・現実に基づく」なら、

「日韓併合時の多くの渡来者」は、

「未だ、インフラ整備さえ満足に整っていなかった朝鮮半島内から、別天地でのより良い仕事や生活等を求めて渡来した、自主渡来者たち」だった。

「時には、密航までして、大量に渡来した朝鮮人の実態」が「当時の新聞等に紹介されている」。

「元々が、より良い仕事や生活や別天地等を求めて渡来していた人々だったからか?

終戦時には、日本の敗戦につけ込んだ、実質的、火事場泥棒行為まで行った人々も、

決して少なく無かった」。

「元々は、終戦時に朝鮮半島内に居たほとんど全ての日本人が強制的に帰還した様」に、

「日本国内の朝鮮人も強制的に朝鮮半島に帰還させる政策が実行されようとしていた時」、

「朝鮮戦争が起されてしまった」。

「朝鮮戦争時には、戦争難民として、更に多くの朝鮮人が日本に渡来」した。

「戦争難民なら、戦争が終われば朝鮮半島に戻るのが当然」だが、

「何故か?日本に居残った人々の数が異常な程多い」。

「ところが、戦後の日本」では、

「戦後の実質的、火事場泥棒等の実態は黙殺され」、

「朝鮮から渡来した民のほとんど全員」を、

「強制連行された可哀そうな人々等と、

誤解せしめる情報・教育が蔓延していた」。

「そんな人々の誤解の上」で、

「逆差別状態が容認され続けて来ている」。

「普通に考えるなら、故郷に帰りたい心境が強いのが人の常」だが、

「日本を乗っ取り支配等する等の目的を持っている」なら、

「日本に居残り、帰化までするや、一般日本国民まで含めた有益分子育成&不適応分子粛清工作等まで行う事等さえ」も、

「合理的になる」。

「戦後の日本国内では、朝鮮系の人々とその協力者たちによる、拉致を始めとする工作活動等で溢れている」。

「工作活動等も、戦後火事場泥棒行為等の延長線上に在る様相」だ』。

『「戦後の情報・教育等が、昨今になって、いくらかでも、是正されて来ている」のは、

「ネット普及によって、実質的情報統制状態が崩されたから」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の側による自浄では無く、

ネット世論等による是正圧力」が

「現状の健常化を生んでいるところ」に、

「戦後日本の深刻な問題が露呈している」』。

『「実体や事実・現実に基づいて、中立・公平に報道等する」なら、

「戦後日本国内の実態等は、報道しない方が異常」だ。

「偏向している記者等の実体」とは、

「偏向している事を公然化したい、中立・公平な事実・現実情報の配信等を行いたくない者」なのだろう。

「根っからの日本人なら、先ず、在り得ない状態とも思えてしまう」が・・・』。

『「偏向の公然化等の為」に、

「哲学者や、ゲーム制作者や、特定極一部の英米人等」を

「引っ張り出す辺り」が、

「朝日らしく、上辺は優等生だが、内実は姑息な、実質的情報工作策略」なのだろう』。

『「人類の物質文明」は「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して来ているが故」に、

「急速に進化・発展して来ている」。

「精神文化側でも、同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しなければ、ならない時」は、

「とっくの昔に来ている」。

「ところが、精神文化側を考え・思いによる納得レベルに押さえ続ける事で、不当利権を得続けよう等としている劣悪者たちが、蔓延れてしまっている」のが、

「現状のお寒い人類世界の実態」だ。

「是正は、急務」なのに、

「未だに、テレビ等でも、考え・思いレベルの納得に偏執している番組等が多い」。

「内実の無い、或いは、内実では、多くの視聴者等を混乱に陥れ、

多くの視聴者等の依存心等を煽っている事等」を、

「仕事等と勘違い出来ているなら、明らかに能力不足」だし、

「分かっていて行っているなら、明らかな悪」だ』。

『「視聴者の考え・思い等や依存心等を煽り、大衆誘導等の援助を行っているつもりが無い」のなら、

「戦後日本の現実情報でも積極配信したらどうか?」

「ほとんど全ての日本人」が、

「戦後日本国内で連綿と行われ続けている、

拉致等~の工作活動等に対して、

本当の事を理解・把握した上」で、

「在日特法等の問題や、在日外国人等の問題等を考える」なら、

「相応に実体や事実・現実に基づいた合理的な民意が発生する筈」だ。

「人は、実体や事実・現実と共に在る状態に居る事で、初めて落ち着ける」。

「考え・思い上の納得」では、

「人は、本当に、納得出来てもいない、ばかりか、落ち着けても居ない」。

「納得出来ていない、落ち着けていない人々を、大衆誘導等して、特定極一部の者たちに利権を偏在させ続けようする大悪事等」には、

「厳罰が与えられて然るべき」だ。

「もちろん、一般日本国民ターゲットの工作活動等実行者・指令者等に対する厳罰も当然」だ』。

『「日本正常化・健常化の為に有益な仕事を行うべき、情報・教育産業等の者たちや、政財界等の者たち」が、

「一般日本国民に害を与え続けて来ている工作活動等を行っている反日他国人脈等の手先」では、

「全くお話しにならない」。

「そんな悪劣状態の是正」は、「急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニング、熊本地震を「極東地域日本のみ脱原発政治運動」に悪用出来ている、報道の自由等が全く阻害されていない様相の偏向状態問題番組・・・。

『「報道の自由等が本当に阻害されているなら、その実態を報道するのが健常なマスコミ等」だ。「日本の公共の電波を悪用」して、「報道の自由等阻害イメージ」だけを「風潮」し、「反現政権等の政治運動を行ったりする事」は、「健常なマスコミ等が行う事では無く、大衆誘導目的の情報工作機関等が行う事」に他ならない。

「サンデーモーニング等の番組やTBS等のテレビ局の実態・実体」が

「そのどちらに当たるのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「自然災害や地震等とは、日本だけの問題では無い」。

「世界中の問題」だ。

「地球温暖化の問題も、日本だけの問題では無い」。

「世界中の問題」だ。

「原発の問題も、日本だけの問題では無い」。

「世界中の問題」だ。

「原発事故の実体は、津波対策を誤った福島第一原発も含めて、全て人災」だ。

「元々、地震がある事を前提につくられている日本の原発の安全性」と、

「大きな自然災害が無い事を前提につくられている、

しかも、

基本技術が旧ソ連等という中国やロシア等の原発」の、

「どちらにより、深刻な問題が有るのか?」は、

「言うまでも無い事」だ。

「中国やロシアや韓国等の原発」で、

「無い筈の自然災害や、

人災故の事故等が起きれば、

放射能物質が偏西風に乗って、

大量に日本に渡来する事になる」』。

『「だからと言って、世界中で原発を止めれば、地球温暖化が益々加速する」。

「人類」が「永い存続を希望する」なら、

「現状では、とりあえずは、世界中で原発を出来る限り安全に使う事」で、

「温暖化を抑制する道を選択するしか無い」』。

『「原発事故後の核汚染も制御困難」だが、

「地球温暖化による天災の抑制等は、もっと、制御困難」だ。

「既」に、

「温暖化故」に、

「天災が多発」したり、

「天災規模が大きく」なったり、

「等々・・・している」ばかりか、

「その犠牲者の数」は、

「原発事故による犠牲者の数を遥かに超えている」』。

『「原発を出来る限り安全に使う為」には、

「世界レベルでの要求安全水準の向上が必要になる」。

「日本の原発」を、

「地震対策だけでは無く、多方面での安全水準をどんどん向上させながら使い続ける事」で、

「世界の原発の要求安全水準の向上に力を加える」のが、

「現状で、日本が選択するべき道」に他ならない。

「具体的に実現出来ていない安全技術を他国に強いる事は出来ない」が、

「実現した安全技術を基に、世界の安全水準を上げる事は可能」だ。

「日本を核汚染から守る為に必要な事」は、

「日本ダケ脱原発では断じて無い」。

「世界中の原発の安全水準を上げる事」だ』。

『「ところが、中共・韓(北朝も含む)の悪権力者等」の「不健康な考え・思いの上」では、

「日本ダケ脱原発状態に陥らせれば、

日本の電力事情を悪くする事が出来る上に、

世界の原発問題に対する中国共産党や韓国悪権力者等の発言力も大きく出来る」。

「更に、中国共産党や北朝鮮等の日本に対する核兵器圧力も高める事が出来る」

・・・等となる』。

『「(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・多くの場合、ここまでは、意図的に、言われていない)脱原発」とは、

「利韓(北朝も含む)・利中共等の為の政治運動」に他ならない』。

『「日本の公共の電波上」でも、

「地震をダシ」に、

「実質的には、利韓(北朝も含む)・利中共等の為の政治運動等までも」が、

「平然と行われてしまっている」のが、

「報道の自由等、過剰満載状態」の

「現状の日本」の「異常な実態」だ』。

『「この様な、実質的、過剰自由状態が在る」のに、

「如何にも、日本の報道の自由等が阻害されている様なイメージだけ」を、

「風潮している事」の

「目的や実効」は、

「現政権批判・非難等」になる。

「つまり、報道の自由等阻害イメージの風潮」も、また、「実質的、政治運動」に他ならない』。

『「本来、マスコミ等が行うべき事」は、

「本当に報道の自由等が阻害されているなら、その実態を暴露する事」だ。

「例えば、

具体的に、

政界権力者等の誰々から、

テレビ局や新聞社等の誰々に、

●●せよ!等の圧力が有った等」の

「暴露報道等を行う事」こそが、

「マスコミ等が、本来行うべき仕事」だ。

「報道の自由が無いゾ~!」イメージだけを

「視聴者等に焼き付ける事」で、

「イメージによる大衆誘導を行おうとしている実態」は、

「正に、責められるべき実態」に他ならない。

「ナチス・ヒトラーの悪事からちゃんと学んでいる」なら、

「大衆誘導は絶対悪として把握・認識している」のが、

「当然」だ』。

『「報道の自由阻害イメージ」悪用による「大衆誘導の目的」もまた、

「現政権非難・批判」であり、

「利野党」であり、

「利韓(北朝も含む)・利中共等である実態」が「露呈」している』。

『「日本の公共の電波を使って、利野党・利韓(北朝も含む)・利中共等偏向情報」が

「配信され続けて来ている事」は、

「明らかに異常」だ。

「そんな異常状態上に、公平性や日本の為の公共性等が在る訳も無い」』。

『「公平性等は誰が判断するのか?時の政府や権力者か?」等の旨とは、

「常連出演者の弁」だが、

「公共の電波上で一方的に大量配信されている言論が示唆している内実」が、

「実質的に示している実体」を

「検証する」なら、

「その言論等の公平性等」は、

「誰にでも分かる事」だ』。

『「権力者等が、

言論統制や言論弾圧や飼い犬人事等を強いれば、

民主主義国家では、そんな権力者に未来は無い」。

「民主主義国家の権力者の行動」は、

「民意の代理・代弁である場合が多い」』。

『「日本の公共の電波を使っていながら、

日本の為にならず、

反日他国等の為になる情報配信や大衆誘導等が行われている」なら、

「是正等が求められて当然」になる。

「其処に在る」のは、

「特定権力者等の意向による言論弾圧等では断じて無い」。

「日本の公共の電波の健常使用状態」が

「多くの視聴者により求められている事を反映する事」による、

「健常な是正要求」だ』。

『「散々、好き放題、利反日国人脈情報まで、大量配信出来て来ているばかりか、

実質的、イメージ等悪用による大衆誘導まで行えて来ている状態」の、

「戦後の日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」が、

「報道の自由等が阻害されている等と騒いでいる事」の「実体」とは、

「過去と同様の、

日本に自虐を求める反面、反日他国等を利する情報・教育等」で、

「多くの日本国民を操り続けたい意志」の「一つの現れ」だ。

「そして、その意志」は、

「韓(北朝も含む)系・中共系等の悪権力者人脈等による、日本乗っ取り支配等」の「意志」と

「見事なまでに、合致」する』。

『「反日他国系人脈による日本乗っ取り支配の為の大衆支配・誘導工作等の為」に、

「日本の公共の電波等が使われ続けられていて良い訳は無い」。

「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界の健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

毎日では、熊本地震による死亡者の多くは「旧耐震基準の家に集中」との旨だったが・・・。

『「絶対に忘れるべきでは無い事」は「現行の新耐震基準の家でも圧死者が出ている事」だ。「つまり、耐震基準を見直し、更新するべき事態が露呈している事」だ。

「自動車の要求安全性能や要求燃費性能等」は、

「どんどん更新され来ている」。

「家の耐震基準等安全性能も、更新されて然るべき」だ。

「熊本地震が明らかにした事」は

「震度7に何度も見舞われても大丈夫な家が必要である事」に他ならない』。

『「建築会社等が新耐震基準適応体制を構築するまでの、

ある程度の短い猶予期間の後、

基本的に、一般家屋の新築」は、

「震度7に何度も見舞われても大丈夫な建物で無ければ不可」とし、

「震度7に何度も見舞われても大丈夫な家」には、

「自動車の例同様に、優遇税制等が与えられて然るべき」だ。

「その上で、優遇税制と引き換え」に、

「大地震時等の緊急避難場所機能等もその大きさなりに持たせる事を規定」し、

「規定に背くなら、罰としての意味がある高税率」とすれば、

「優遇税制は、単なる排他的金持ち等優遇策等にもならない事になる」』。

『「毎日の論調では、現行耐震基準に沿った耐震対策を急ぐべき等の旨にも取れる」が、

「毎日の調査で判明した」という、

「重大被害があった家屋、タッタ19軒の内の17軒が、現行の建築基準法耐震基準前だった事」を「偏重」して、

「2軒も在った現行の建築基準法耐震基準を満たしている筈の家屋の崩壊~重大被害」を、

「黙殺せしめる」のは、

「如何なものか!」』

『「行うべき事」は「実際に在った事件・事故・災害等に対する実効のある対策」だ。

「まるで、実質的には、日本に自虐を強いている情報に拘らせ続ける事」で、

「拉致を始めとする数数々の工作活動を黙殺せしめて来ているが故」に、

「未だに、数々の工作活動が蔓延れている様」に、

「現行の耐震基準に拘らせる事」で、

「本来必要な対策を黙殺し、不十分な対策という自虐方向に向かわせようとしている様相」は、

「戦後日本の公共的大マスコミとして、本当に呆れる実態」だ』。

『「重要な事は、実効のある対策を行う事」だ。

「それは、家屋の耐震性でも、工作活動対策でも変わり無い」。

「戦後日本の情報・教育等の健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番、「大衆マインドコントロール」の手口・・・。

『「先ず、被災地の実態情報等で、視聴者の共感を得ようとしていた」。「次に、震災募金詐欺問題等を訴え、正義ぶっていた」。

「そして、大自然の現象を紹介」し、

「視聴者の中に自然の脅威等に対する思いを煽る」と「共」に

「その実体情報だけ」では無く、

「UFO現象では?」等の「ゆる~い現実逃避等による上辺ダケ納得法等を紹介していた」。

「更に、震災地とは離れている愛知の情報」を「配信」し、

「愛知の特異な実態等を紹介しつつ、

該当地域関連可能者以外の視聴者にとって」は、

「実質的には、夢や憧れ等の心理を生じさせ易い、

実質的現実逃避等を煽る、情報配信を行なっていた」。

「その上で、最後」には、

「特定の記者団体が付けた

(=もちろん、科学レベルでの検証が行われている訳も無く、

{その}記者たちの私見をまとめたダケだから、

必ずしも実態・実体を反映しているとは限らない)

報道の自由ランキング問題」を持ち出し、

「ランクが下がっている事を視聴者に問題視させるべく訴えていた」。

「そして、常連出演者」が、

「実態・実体が在るのなら、

マスコミ機関としてその現実を伝えるのが当然なのにも係わらず、

報道の自由が損なわれている実態・実体情報を配信するのでは無く、

{敢えて言わない}の旨述べた渋い顔」を「大写ししていた」。

「実は、この情報配信の流れ」には、

「精神療法でも用いられている、実効のあるノウハウが、多分に含まれている」』。

『「多くの精神療法では、先ず、クライアントとの間に信頼関係を築く」。

「その為に必要な事」が、「共感」だ。

「震災の実態情報」は「視聴者が共感するのに十分な情報」になる。

「ある程度の信頼関係が築かれた後に、行われる作業」が、

「頼れる旨(実力が有る、大物である、間違っていない等々)の情報を、

クライアントの深部(意識野だけでは無く、無意識野でも)で受け取って貰う事

(精神療法の場合は、

クライアントの邪魔にならない、受容力・理解力・現実把握力等の大きい、味方の

{聞き手}である事等が望まれる場合が多い)」で

「クライアントの代理親的存在等として認めてもらう事」だ。

「民放キー局の場合」は、

「元々、高学歴者等を率先して雇っている全国ネットの大テレビ局である事」が

「周知の自事実」だから、

「多くの視聴者」は、

「既に、知らず知らずの内」に、

「テレビキー局に対する、実力感や、大物感等」を、

「ある程度以上、保持させられてしまっている状態下に在る」。

「しかし、民放キー局のテレビ情報」でも、

「常に正しい情報を配信し続けて来ている訳では無い事も、周知の事実」なので、

「問題となる」のは「正邪・善悪」だ。

「そこで、震災悪用詐欺等、明らかな悪事を持ち出して、正義ぶる事」で、

「視聴者に、正義の番組であるイメージを抱かせる」。

「もちろん、ここまでは、ほぼ、実体や事実・現実に基づいた情報配信ダケ」だから、

「大きな有害性は無い」。

「問題は、その先」だ』。

『「多くの視聴者」に、

「頼れる正義の番組だとイメージを抱かせた後、次に行われていた事」が、

「まるで、悪質な精神療法士」の如き、

「代理親側にとって都合の良い状態の摺り込みだった」のだ。

「正常な精神療法」では、

「代理親の立場に立つ状態を得る事が出来た、精神療法士等」が、

「クライアント自身による、事実・現実の地平面への軟着陸を誘い、

軟着陸してもらえた後」で、

「クライアント自身に、本当の精神の安定」を「実感」してもらい、

「その後は、クライアントが自立し、事実・現実の地平面の上を健康に歩んで行く事を、促して行く」。

「ところが、本日のテレ朝朝番の場合」は、

「クライアントの立場に当たる視聴者の不安と現実逃避を煽った」のだ。

「不安と現実逃避を煽られた視聴者の中」では、

「益々、代理親的立場となっているテレビへの依存心が高まる事になる」。

「そんな視聴者心理を構築した後」で、

「報道の自由問題を持ち出し、

如何にも、特定秘密法が悪い、それを成立させた政権が悪い、・・・等々のイメージを与えていた」。

「報道の自由の阻害に対する、事実・現実情報を配信するのでは無く、

常連出演者の言動や表情により、

悪い実態が在るかの如きイメージ」を「配信」し、

「視聴者の不安を煽り、

テレビへの依存心を高め、

視聴者の考え・思い等を、

常連出演者等と同様にしようとしていた様相」が「露呈」していた』。

『「実質的、視聴者マインドコントロール」や、

「実質的、視聴者マインドコントロールによる政治運動等の為」に

「公共の電波が使われて良い訳は無い」。

「テレビ・ラジオ界」の「是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番、ネット世論の一部を「不謹慎狩り」と訴え、熊本地震を「日本のみ脱原発政治運動利用」している不謹慎な番組・・・。

『「言われても仕方の無い要素がある言動等を起こしているゲイノウ人等」に対して、「アレコレ言う人が出る」のは「当然の現象」だ。

「それ」に対し、

「不謹慎狩り」等と「レッテルを貼り」、

「テレビ番組等で問題化する事の実効」は、

「圧倒的に優位な情報配信力を持つテレビという情報機関」が、

「ある種の論理誘導や言論統制等の圧力を加えている事」になる。

「人々の考え・思い等を特定の者たちにとって、

都合の良い方向にまとめさせようとしている、実質的、大衆誘導の実態」が

「露呈」している』。

『「ゲイノウ人や有名人等の{騒動売り}は批判・非難等されて当然」だ。

「例えば、大金を寄付した事」を「ダシ」に、

「有名人利権等を維持~増大させる事等」が

「何の批判もされず、まかり通る様な人間社会」とは、

「金で人の心までもが買えている人間社会に他ならない」。

「常連出演者の弁」では、

「有名人が大金を寄付した事に、釣られて、寄付が増える」等の「良い事しか起こらない」の旨だったが、

「反感が生まれ、

大金を寄付できる者だけが寄付すれば良い等の思いが増大」し、

「出来る寄付さえも行わなくなる人々も少なからず出る事等を黙殺した偏向論」だから、

「その様な結論になる」のだ。

「昨今では、

実体を伴わない有名人や大金持ち等は、

憧れの対象では無く、

実体通り、非難の対象等として捉えられる場合」が

「どんどん増えて来ている」。

「悪業や悪人を知ったり、学んだりすれば、人は悪行に引き摺られ易い」。

「実体が伴っていない有名人等の騒動ダシ自慢等」は、

「ロクな効果をもたらさない場合」が「多くなって来ている」』。

『「ゲイノウ人や有名人等の応援メッセージ等に付けられている{余分な売り}等は不快に感じる」のが、

「普通の健常な人間の感性」だ。

「{余分な売り}まで無批判に受け入れる状態の人々」とは、

「ゲイノウ人や有名人等で容易に操れる人々に他ならない」。

「日頃から、ゲイノウ人や有名人等を政治利用等しているのが、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「実態」だ。

「大衆誘導を行いたがっている者たち」なら、

「ゲイノウ人や有名人等への批判や非難等を圧殺する事」で、

「ゲイノウ人や有名人等の政治利用の実効」を「より高めようとしたりする」のも、

「当然の行動の一つになる」』。

『「日頃から、批判・非難等の嵐に見舞われている可能性大」な「常連出演者」等は、

「もはや、批判や非難は気にせず、

視聴者等のどれくらいの割合」が、

「賛同しているのか?」

「批判・非難等しているのか?」等を

「分析するダケ」等と「強がっていた」。

「余りに自らの思惑等と違う結果等が出てくれば、無視する」等の旨も言っていた。

「無視しても、現実は変わらないのだが」』。

『「分析」で、

「操り人形化出来ている人々の割合を知る事」や、

「批判・非難等の内容を知り、その対策を立てる事」等は、

「有益分子育成&不適応分子粛清の情報工作を行う者にとっては重要な仕事」だ。

「批判・非難等」を

「テレビ番組という圧倒的に優位な情報配信機関」を使って

「圧殺」する、

「不適応分子粛清の為の情報工作」の

「一つの例」が、

「不謹慎狩り批判」かも知れない』。

『「公共の電波上」で、

「ネットで書き込んでいる者たちの多くは、

何もしていない等」の旨の

「実質的、名誉棄損発言」まで、

「流していた」が、

「ちゃんと裏は取ったのか???」

「筆者の知る限り、ネットで発信している人々の多く」も、

「自分で出来る範囲の支援等は行っている」。

「一人当たりの義援金の額等では、

有名人利権を持つが故等の理由により、

大量に稼げている人々で、

大金を寄付出来た人々よりは、

圧倒的に少ない人々が多いが」・・・』。

『「総じて、ネット・ネット世論、批判・非難に傾いている場合が多い、テレビの中の論」だが、

「その理由」は、

「テレビという圧倒的に優位な情報配信機関による

大衆誘導(=有益分子育成)や

言論統制(=無害化・虚勢化)や

世論圧殺(=不適応分子論等粛清)」等の

「情報工作」の

「実効を高めたいから」だろう。

「そうでは無い」のなら、

「ネット・ネット世論等に対しても、是々非々・中立対応が出来ている筈」だ』。

・・・・・・・。

『「熊本地震」を

「(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは黙殺)脱原発政治運動」に、

「利用している様相も醜悪」だった。

「熊本地震の概要等が分かるまで」は、

「臆病な対応の方が良いから、原発を止めておくべき論」とは、

「北朝鮮の核やミサイル等が怖いから、北朝鮮の言い分も聞くべき論」と「同様」の、

「日本に自虐を強いる論に他ならない」。

「日本の電力事情が悪化」すれば、

「漁夫の利を得るのは、中国や韓国」だ。

「地震からの復興も遅れ易くなる」。

「温暖化と地震の関連性を考えても、

現状では、

(もちろん、日本も含めた)世界中で、

原発を出来るだけ安全に使う事」こそが、

「合理的」だ』。

『「また、原発不安~反原発感情等が、反原発野党を利す事」は、

「言うまでも無い事」だろう。

「中・韓・反原発野党の為の実質的政治運動」に

「日本の公共の電波が使われていて良い訳は無い」』。

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

米国大統領選でトランプ氏の躍進を怖がっている方々も少なく無いが・・・。

『「もっと、怖いのは、旧態依然としたクリントンやブッシュ等しか当選出来ない社会」だ。

「サンダース氏が、クリントンを追い詰め、トランプ氏が早々にブッシュ氏等を退陣に追い込められている現状」は、

「旧態依然とした者たちダケが当選可能な社会より、遥かに健全と捉えるべき」だ』。

|

中国共産党支配下の在日中国人が積極的に被災者支援だと言うが・・・。

『「中国共産党支配下である限り、中国人の支援」が、「有益分子育成と不適応分子粛清の為の下調べや糸口掴み等の可能性」を「全排除して考え辛いところ」が「大いに痛い」。

「中国共産党の支配下の民になる覚悟等が無い限り、日本国民なら、絶対に忘れてはいけない視点」だ』。

『「当然の様に、中国共産党支配下の中国系のマスコミ等では、中国人による被災者支援を大々的に宣伝している」。

「しかし、中国共産党の紐付きの者たちがどれだけ居るのか?等の実態暴露情報等は出せない様」だ。

「少し考えるなら誰でも分かる事」だが、

「中国共産党支配下の中国人で日本に渡来出来ている人々とは、どんな人々か?」

「中国共産党が不適応分子と認定」し、

「実質的、差別待遇等を受けている人々」が、

「日本に渡来出来ている可能性は極めて小さい」。

「逆に、中国共産党にとっては、有益分子的な人々や、その家族等」が、

「中国共産党支配下の中国で、相応に有利な商売等が出来、その結果として、日本にも渡来出来ている可能性は、結構高い」。

「爆買い問題でも同様」だが、

「どんな源泉によりお金やお金のかかる人の移動等が可能となっているのか?」等は、

「絶対に、見逃してはいけない事」だ。

「その辺りを疎かにする事」は、

「悪事故の利権までをも、認め増大させる事に直結している」』。

『「上記の様な疑念を完全払拭する為」にも、

「中国は、一刻も早く、中国共産党による支配体制を終焉させ、民主化するべき」だ』。

|

テレ朝朝番では、「日本の報道の自由が危機だ!」等とやっていたが・・・。

『「本当に報道の自由が危機状態に追い込まれている」なら「その実態を取材し、事実・現実を配信する」のが「報道人のやる事」だ。

「韓国人事務総長を頂いている現状の国連がらみの者」が

「実質的には、

日本国内の報道の自由問題では無く、

利韓(北朝鮮も含む)等偏向大衆誘導等の政治運動が出来ない事に対する不満等」を

「聞き集めている様相」等を「紹介する事」で、

「如何にも、現政権が報道の自由等を阻害しているかの如きイメージ」を、

「多くの視聴者に抱かせようとしていた様相」は、

「本当に醜悪」だ。

「言論弾圧や報道機関人事等への圧力介入等の実態や事実・現実等が在る」なら、

「その実態や事実・現実等を取材し、偏向・偏重せず、事実・現実通りに伝える事」こそが、

「報道人の行う事」だ』。

『「実質的、反現政権世論造成の為のイメージ誘導情報等を公共の電波を使って一方的に大量配信している様相」からは、

「報道人は感じられず、情報工作員等を感じてしまう視聴者の数が結構多い」と思う』。

『「はっきり言えば、テレビ・ラジオ・マスコミ情報等」は、

「出た者勝ち!言った者勝ち!」の「要素が強い」。

「既に、テレビ制作・出演・放映権等の膨大な利権を抱きしめている連中」が、

「もし、実際に、報道の自由等を阻害されている」なら、

「圧倒的に有利な立場等を利用」して、

「その実態暴露等が出来ない訳も無い」』。

『「現状から浮かび上がって来ている実態・実体」は、

「報道の自由は有る」が「報道の自由を阻害している実態や事実・現実等は無い事」だ。

「違う!」等と言うなら、

「報道の自由を阻害している実態や事実・現実等」を

「{暴露}報道すれば良い」。

「暴露報道さえ出来ない根性無し等」なら、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事が行えている立場や、

その立場に伴う報酬や権力等」が

「相応しい訳も無い」』。

『「戦後の日本の多くの情報・教育等の論調等から浮かび上がって来ていた事」は、

「竹島問題や、

北朝鮮等反日国人脈による日本国内での工作活動実態等さえも、

長い間、暴露せず、

黙殺し、

容認せしめようとさえ、

して来ていた実態」からも、

「判る、

明らかな利韓(北朝も含む)等偏向異常状態」だった。

「その様な異常な状態」は、

「ネットの普及で、実質的情報統制状態が崩された事により、

是正させられて来ている」。

「忘れてはいけない事」は、

「マスコミや教育等の側が、自主的に是正したのでは無く、

ネットの普及により、

事実・現実が多くの日本国民の中で共有された事により、

是正されて来ている事」だ。

「戦後の日本には、明らかな言論の自由」が「在った」から、

「この是正も可能となった現実が在る」。

「ところが、

この戦後日本の情報等の是正の流れ等を生み出している、

ネット情報に関しては、

言論統制さえ行いたがっている様相でもある」のが、

「昨今の、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調」だ。

「ネット情報等を無害化・沈静化等させる事」で、

「実質的、言論統制状態の復活を望んでいる様相ですらある」のが、

「日本の報道の自由が危機だ!」等と

「訴えている連中の実態」だ。

「見え見えのダブルスタンダード状態」を「平然と露呈させている厚顔無恥ぶり」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「現状の日本には報道の自由や言論の自由等を阻害している実態は無い様相」だが、

「利韓(北朝も含む)人脈の者たち等」なら、

「現状の様な状態」は、

「何としてでも打破したい」のだろう。

「韓国人事務総長の居る、

その実態を知らない人々には、

如何にも、世界の上に立つ、公平・平等な機関とも思える、

国連がらみの調査等」を「利用」して、

「実際は、無いから、事実・現実報道等も出来ていないと強く推定出来る、

報道の自由阻害」等「イメージ」を、

「多くの視聴者等に抱かせる事」で、

「利韓(北朝も含む)等偏重言論統制~大衆誘導旺盛時の様な状態を再構築しようとしたり、

反現政権感情・思い等を多くの視聴者等に抱かせ、

利韓(北朝も含む)政権等を成立させようとしたり、

・・・等々画策している様相等」が

「露呈」している』。

『「大衆誘導」とは、

「ナチス・ヒトラーの例から」も、

「誰もが実感を持って学び、理解・把握する事が出来る悪事」だ。

「先の大戦後の人類世界」なら、

「何処の国」でも、

「絶対に行わせてはいけない悪事」だ』。

『「イメージ等を悪用した反現政権や利韓(北朝も含む)等大衆誘導等の為」等に、

「日本の公共の電波が使われて良い訳は無い」。

「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番、未だに、有名人や漫画やテレビ等で大衆を操りたい様相の連中によるSNS問題論・・・。

『「有名人漫画家等なら、有名人である分だけ多く、他の者たちよりも稼げている場合が多い筈」だから、「黙って、その分多く、義援金等を出せば良いダケ」だ。

「更なる有名人利権の増大の為、にも直結する、実質的売名行為」を「出来る事」等と「言っている様では・・・」。

「更に、そんな事態」を「公共の電波上」で、

「さも正義であるかの如く、風潮したテレ朝朝番等」も「酷い」・・・。

「有名人漫画家同様」に、

「大衆利権を自分たちに都合良く使い続けたい思惑の臭い」を「充満させていた」・・・。

「こんな事を行い続けて来ていて、テレビ・マスコミ等を信頼しろ」等と言う方が「どうかしている」』。

『「デマ情報等をSNS上に流す者は悪い」。

「言うまでも無い事」だ。

「どんな者たちが、デマ情報を流しているのか?」こそが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が取材し、報道すべき内容」に他ならない』。

『「ところが、マスコミ人として当たり前の、その様な仕事を行わず」に、

「今時なら、多くの人々が簡単に触れる事が出来る情報の上辺ダケ」を

「問題化して、公共の電波上で、常連出演者等が正義ぶる」・・・。

「本当に呆れる、劣悪な仕事ぶり」だ』。

『「そんな事しか行っていないクセ」に、

「ネット情報よりは、テレビ情報の方が裏を取ったりしているので信頼性が高い等と言ったりして、

テレビ情報や、

常連出演させる事で有名人化されている者たち」に、

「視聴者等を頼らせ続けようとして来ている」。

「そんなテレビ番組等に、公共の電波の使用権を与え続けて居ても、ロクな事は何も無い」・・・』。

『「視聴者等が、テレビ情報や有名人依存状態となれば、

大衆誘導も行い易くなり、

政治問題等では、特定政党や候補者等を有利にするも、不利にするも、

大衆誘導次第となる」。

「ナチス・ヒトラー等から学んでいる」なら、

「大衆誘導」が「絶対に行ってはならない悪事である事」は、

「誰もが分かる」。

「それなのに、戦後日本の情報・教育等」は、

「ずっと、利韓(北朝も含む)・利中共等の方向への大衆誘導状態であるモノばかりが、

蔓延れて来ていた状態」だった。

「多くの一般日本国民に自虐を強いる反面で、

不当に、韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系の者たちを利す、

情報・教育が蔓延って来ていた」。

「そんな酷い偏向状態が、少しずつ、改善されて来る様になった」のは、

「既存のテレビ・ラジオ・マスコミ等による貢献故では、断じて無い」。

「ネットの普及と、一般市民からの情報配信が異常事態に風穴を開けた」のが、

「現実」だ』。

『「多くの一般日本国民に自虐を強い続けて来ていた、

既存のテレビ・ラジオ・マスコミ等には、

元々、信頼性など無かった」が、

「ネット普及前は、そればかり・・・だったから、実質的大衆誘導状態となり、

テレビ・ラジオ・マスコミ等も、好き勝手に蔓延れていたダケ」だ。

「ネット普及以降、是正の流れが、時と共に強くなって来ている」のは、

「当然の現象」に他ならない』。

『「さて、それでは、今回の問題」でも、

「どんな者たちが、デマ情報等をSNS上等に流しているのだろうか?」

「多くの一般日本国民が決して忘れてはいけない事」は、

「戦後の日本国内には、

反日国の手先のスパイ・工作員たちがうじゃうじゃ居る事が出来ている事」だ。

「北朝鮮が、日本全国各地から何百人とも言われている日本人を拉致出来た」のも、

「日本国内に多数の北朝鮮の手先や協力者たちが居るからに他ならない」。

「居たから」と「記せない」のは、

「それら、拉致の手先や協力者たちが、ちゃんと摘発され厳罰に処されていないから」だ』。

『「未だ、何の罪にも問われていない状態の者たちの、根っ子に付けられている北朝鮮等の紐」が、

「切られる訳も無い」。

「未だに、北朝鮮等の手先や協力者としての役割を負わされ続けて居る」と「強く推定する」のが、

「当然」になる。

「そんな状態が日本国内に在って」、

「もし、北朝鮮等の悪権力者等が、

日本の地震を受けて、

日本国内をより混乱される情報工作を行え!」等と、

「日本国内に居る手先や協力者たちに命令した」なら、

「どんな事態が起きるだろうか?」

「そのスジから、デマ情報等の元が、積極配信されても、何の不思議も無い状態が其処に生まれる」。

「一般日本国民等による、悪戯ココロ等故の、単なる、愉快犯によるデマである可能性」と、

「意図的な工作」の

「両方が存在し得る」のが、

「現状日本社会のお寒い現状」だ』。

『「元情報を基に、デマを拡散させる事」は、

「もっと、簡単」だ。

「それこそ、摘発が無いが故に、

次世代つくれ策略上にも乗せられ、

子どもに、北朝鮮の手先や協力者の役割を、担わさせる事まで行って来ている家庭等」の、

「哀れな、子どもたち」等でも、

「簡単な事」だ。

「こんな大変なツイート等を見つけたんだけど・・・」等で、

「同級生等やその家族の中には、アッと言う間に、拡散出来る」。

「そして、そんな役割をこなし続けさせられる」と、

「何も知らなかった、無邪気な子どもでも、

知らず知らずの内に、多数の工作に係わっている実績を持たされてしまう」から、

「成長して、高校生や大学生となり、成人する頃には、立派な工作員にならざるを得ない状態下に追い込まれる」。

「工作員をちゃんと摘発して、厳罰に処さない事」が、

「悲壮な世代間連鎖を生んでいる」のだ』。

『「マスコミ人なら、上記程度の事は、少し調べれば直ぐに分かる」。

「だいたい、北朝鮮の拉致がはっきりした時点」で、

「日本全国各地から多数の日本人を拉致出来た裏等を取材し、報道等しない状態の者たち」とは、

「本当に、マスコミ人なのか?」

「客観的に見るなら、北朝鮮等の手先の情報工作員等と見た方が適切になる実態が其処に在る」』。

『「そして、そんな者たちが、連綿とマスコミ界や教育界や政財界等々で、相応に高い実権を持つ立場を得続けられ、

そんな者たちにとっての不適応分子になる日本人は粛清工作まで使い蹴落とし、

有益分子化している日本人とそんな者たちと同じ人脈の者たちを優先的に出世させ、

実権を持たせ続けて来ていれば・・・、

未だに、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の論調が、

利韓(北朝も含む)・利中共等のまま・・・である」と「共」に、

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている反日他国人脈による工作活動等の暴露等を行えない/行わない」のも、

「当然の現象となる」。

「反日他国人脈による工作活動等を暴露しない状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「多くの一般日本国民から信頼されない」のは、

「極めて当たり前の事」だ』。

『「一般日本国民」なら、

「現状では、テレビ・ラジオ・マスコミ等や多くの有名人等への依存等」は、

「絶対にダメ」だ。

「何故なら、その多くが、反日他国人脈にとっての有益分子と強く推定出来るから」だ。

「戦後連綿と行われ続けて来ている反日他国人脈による日本乗っ取り支配工作や、

その為の不適応分子粛清の為の実行手段である電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手段を連綿と続ける事で悪の実効を得てしまっているスティルス工作等」が、

「露呈させられ、多くの工作員たちが、厳罰に処される」まで、

「多くの日本国民が、素直に、芸能人や有名人等を楽しんでも大丈夫な時」は

「訪れ得ない」のが「現実」だ』。

『「日本のマスコミ人なら、ちゃんと多くの一般日本国民の為になる仕事をするべき」だ。

「ネットの普及により、それまでの異常事態に風穴が開けられた事」等を

「マスコミ人として、恥じる、まともな感性が有る」なら、

「マスコミ人としての立場や能力等を生かして、ネットより先を積極的に暴く事も可能な筈」だ。

「その様な者が出ない」としたら、

「日本乗っ取り支配工作がかなり深刻な程、進行してしまっている事になる」から、

「多くの日本国民が、覚悟を決めて、悪を一掃すべく立ち上がらなければならなくなる時」が、

「訪れる事になる」』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界」の「是正は急務」だ』。

|

アプリが結構色々、沢山、勝手に、ダウンロードされている様だが・・・。

『「XP時代とは違い、旧来のWINDOWSの上に、アプリ等が加わっているWINDOWS10」だが、

「筆者が使っているのは、ブログとメールと必要最低限の検索だけなので、基本的に、アプリは使わない」。

「それなのに、特に、最近、ホームグループ問題で騒いだ後、アプリがゾロゾロと勝手にダウンロードされている様」だ。

「それと共に、それまで在った、アプリ外のデスクトップ上に現れていたホームグループ関連のメッセージも出なくなった」が、

「相変わらず、以前に記したのと同じ削除出来ないホームグループが在る状態」だ。

「悪どもが、アプリ悪用等の手段に切り替えた可能性が高い等と感じている」ので、

「筆者単独独自の発信である事等」が、

「ある程度以上明らかに判る事が担保されるまで」は、

「悪どもの不当・不正パクリ・真似・権利主張等を防ぐ為」に、

「新たな事業等は、ブログ上では、一時凍結する事にする」』。

『もちろん、

「今後」も、

「悪どもが嫌うと推定出来る事」は、

「積極的に配信し続ける」』。

|

「日本の中で、未だに、オスプレイ嫌い」なのは、中国共産党や北朝鮮等の手先くらいでしょ・・・。

『「オスプレイ、普通に見るなら、翼がある分だけ、古いヘリ等よりは遥かに安全に感じる」。

「ヘリ同様、滑走路無しでも大丈夫で、

しかも、速く、大量の人員や荷物の運搬等も可能」な

「日米等にとっては、極めて有用な機体」だが、

「中国共産党や北朝鮮等では、あり得ない機体」だ』。

|

熊本地震問題・・・。

『「熊本地震」は「震源が浅い地震が極短期間の内に連発」という「地震学者等の見解でも、あまり先例の無い、予測不能な地震」らしい。

「4月18日午前の現状で、ようやく、いくらかは、落ち着いて来た様相」だが、

「それまで、前震(誰もが本震と思い込んでしまった程の強さだった)~本震~大きな余震~と、

何度も凄い揺れが起きてしまって来ている」。

「新建築基準法が適用されている筈の、比較的新しい建物までも」が、

「何度かの激震により倒壊してしまっている実態」が

「テレビ映像等からも判る」』。

『「熊本地震ではっきりした事」は、

「耐震基準に合致している建物でも、安全とは限らない事」だ。

「また、山崩れによる倒壊も多い」。

「山崩れは、建物の耐震基準とは、基本的に別の問題になる」。

「耐震基準に合致している筈の物まで含めた、多くの建物」が「かなり破壊されてしまっている事」で、

「被災者の方々は、外での避難を余儀なくされてしまっている」。

「道路等の破壊状態も酷い」ので「救援物資等がなかなか必要な人まで届けられない」との事だ。

「必要な救援物資が必要な方々に直ぐに届く様」に、

「携帯やスマホ等のライン・メール等小容量使用通信手段とヘリやドローン等の連携を積極活用出来した緊急対応体制」と

「不当・不正使用や火事場泥棒等に対する厳罰化等の火事場泥棒等禁止・抑止法等」の「常設」が

「必要」だ』。

『「被災者の方々はもちろん、政府や自衛隊等も近隣の方々も、被害者の救出と生活の維持等を懸命に頑張られていらっしゃる状態が伝えられている」。

「熊本地震被災地から遠く離れた地域で暮らしている体力的弱者の一庶民である筆者等が現状で出来る事」は、

「売名行為等とは無縁で、確実に被災者の方々のところに届くと推定されるところに、義援金を入れる事くらいしか無い・・・」』。

『「この様な惨状をもたらす地震の予測や、前対策等は、出来得なかったのか?」

「テレ朝朝番によれば、

GPS計測では、

地震が何時か?までは正確には分からないが

その地域で、地震が発生する可能性が高い事等は示唆されていた」そうだ。

しかし、

「公は、ある程度以上の実績が示されている者・物・事ベースにしか情報等を配信しない」ので、

「熊本地震前に情報配信が無かったのは仕方無い」等の旨だった。

「但し、それでも、今、同様の兆候が在る場所を紹介する事は可能だから・・・」と、

「四国北西部や鳥取の日本海側や琵琶湖の北辺りのGPS計測データ変化状態等を紹介していた」』。

『「問題は、対策」だ。

「熊本地震から学ぶべき」は、

「震度7に何度も見舞われても大丈夫な強度の家等の必要性」と

「山崩れ対応」だ。

「山崩れ対応は、津波対応や河川等氾濫対応と同じく、

家や建物等の立地環境問題」だ。

「震度7に何度も見舞われても大丈夫な家等は、現状の技術でも十分につくり得る」。

「例えば、基礎を免震構造にすれば、家等が傾いてしまう事はあっても、壊れる事は防げる筈」だ。

「多くの場合、問題となるのは、対策にかかるお金」だろう。

「しかし、以前からの地震国である事が分かっている日本の場合、

法律で、免震構造の基礎を義務化等すれば、

免震構造基礎が、量産される事になり、一家等単位ではコストも下がる」。

「それに加えて、大幅な補助金等を出したり、減税措置等を施しても、後々のメリットは多大だと思う」から、

「新車基準でどんどん安全設備や燃費等が向上させられるのと同様に、

家等の新築基準もどんどん更新するべき」だ。

「新しい家が、震度7に何度見舞われても平気」なら、

「減税対象とする」と「共」に、

「非常時には、広さ・大きさ等相応に、近隣住民の避難場所等の役割を義務付ける様にすれば良い事になる」。

「その為の法整備等も行っておくべき」だろう。

「被災地での新築をその基準にするなら、震災から復興した後は、基本的に、地震でも大丈夫な街が出来ている事になる」。

「しかし、それでも、山崩れや津波や河川等の氾濫に耐える家等は、そう簡単にはつくれない」。

「堤防や斜面補強等の対策が行えるくらい」だ。

「そして、その実効も限られている事」は、

「熊本地震で破壊された道路や橋等を見れば、誰にでも直ぐに判る」。

「自然のエネルギーは巨大」だ。

「現実的に実効が高い対策」は、

「元が海水である津波なら可能」だが、

「元が土砂となる山崩れ等では、困難」だ。

「現状では、山崩れが襲う可能性が高い地域は避けて住む事くらい・・・」しか、

「実効の高い対応方法は無い事になる」』。

『「地震学者等の弁」では、

「自然のリズムでは、一週間とか一ヵ月間とか何年間とか間を置いて余震でも、直後に余震でも、同じ様な事等」との事で、

「多くの場合は、結構長い間が開く場合が多い」のだそうだが、

「温暖化故により短い間で余震が起きてしまった可能性等も決して小さく無い筈」だ。

「土でも、岩でも、温まれば、より膨らみ、より柔らかくなる」から、

「岩盤部分は、主として膨らむ事でより割れ易くなり、

土の部分の押さえ力等は、柔らかくなる分だけ小さくなる」。

「温暖化エネルギーの膨大さを考えるなら、地球温暖化が地震等とも関係が無い訳も無い事は、誰にでも解ると思う」。

「温暖化故に、本来の周期より早く、

本来の震源より浅い震源地で、地震が発生してしまった可能性も、

決して小さく無い筈」だ。

「熊本地震の場合、

温暖化故に、早く、浅く、ストレスも溜まり切らない内に、地震が、数多く、短期間に起きてしまっている、とも考えられる」・・・。

また、

「温暖化の影響は世界中に在る」から、

「今までは、活断層として認識されていない所でも、地震が起きる可能性も高くなっている」と

「推定出来る」』。

『「車の中には、避難時に使えるテントと人数分の寝袋等と、温まっても大丈夫な非常食等を常備し、車は、外の駐車場に置く事」等は、

「有効な地震対策の一つに成り得る」が、

「車の鍵は当てにならない場合が多い」ので、

「実効のあるセキュリティーも必要になる」。

「残念な事に、熊本地震でも、火事場泥棒的犯罪行為を行っている人々が居る」らしい。

「元々が、日本から取る・盗むのが当然!と信じている様な人々まで少なからず居る」のが

「戦後日本のお寒い実状である上」に、

「酷い格差社会状態の現状」だから、

「当然の現象なのかも知れないが」・・・。

「自然相手の事は、どうしようも無い」が、

「人間の問題」や「地球温暖化等の問題」は、

「全ての人々の精神文化が正常進化するなら、かなり解決出来る事になる」』。

『「地震対策共々、

テロや戦争や無差別殺傷や殺傷事件や工作活動等々が激減した、

鍵の心配等が不要なくらいの人間社会を構築出来る様に、

誰もが、精神文化の正常進化も怠らずに行うべき」だ。

「格差社会をつくった者たちや、直さない者たちや、

火事場泥棒や略奪者や乗っ取り支配工作員等は、

自分の実体を直視して、

恥を知り、

態度を改め、

過去の罪を償うべきだ!」』

|

NHK、「団塊世代漂流」だと・・・。

『「団塊世代の高齢者のある程度の大きな割合も、貧困状態に喘いでいる事」は「多くの人々が、既に、周知の事実」だ。

「その実態の極一部を紹介し、対策として、団塊ジュニア世代の就業・報酬状態をアップすれば・・・、或いは、社会保障状態を良くすれば・・・等」では、

「全く、事の本質を改善する気が無い事を公言している様なモノ」だ』。

『「この手の問題の事の本質」とは、

「現状経済システム上の不当な利権配分」だ。

「現行経済システム上の実質的バグにつけ込んで、

過剰に稼げているが故に、

過剰な大金持ちとなれている者たち」を、

「ちゃんと、悪者扱い」し、

「過剰な大金持ちという異常事態を解消する事」でのみ、

「この手の問題は、解決可能になる」。

「至極当たり前の話し」だ。

「人類を自虐状態に陥れている現状の経済システム等が正常だ等と言う者たちの思考や感性等」は、

「明らかに壊れている、或いは、病的」だ。

「或いは、余程のおバカや悪なのか?」・・・』。

『「ところが、この至極当たり前の話しが、実質的に黙殺」され、

「その代わり」に、

「社会保障の充実」や、

「団塊ジュニア世代の就業状態改善や報酬アップ等」の

「スケープゴード論ばかり」が

「風潮されている」。

「何故か?」』

『「現状システムであるが故に、大金持ちや大権持ちとなれている者たち」が、

「利権維持や保身の為」に、

「事の本質の隠蔽・黙殺等を図って来ているから」だ』。

『例えば、

「経済格差が少ない状態=旧社会共産圏の様な社会の構築」では「断じて無い」。

「実際に、旧社会・共産圏の社会」とは、

「独裁者一派が利権のほとんど全てを保持出来てしまう社会体制」である上に、

「独裁であるが故に、必要な進歩・進化も阻害されていた」から、

「実際の格差は膨大な社会」だった。

「そんな社会体制よりは、

現状では格差が在っても、

言論等の自由や人権補償等がマシな、

所謂自由主義圏の方が、

遥かにマシな事」は、

「今更、言うまでも無い」。

「そして、今の人類に求められている事」は、

「不当な格差を排除する」という「進歩・進化」だ。

「この様な本質」は、

「少し考えれば、誰でも分かる」』。

『「正当/不当の判断基準」としては、

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性等の、

科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいたモノ」が

「求められている」。

「現状の経済・社会システム故に大金持ちや大権持ちとなれている事」には、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実のお墨付きが無い場合が多い」。

「この是正を行わなければ、人類自体が滅亡する可能性がかなり高くなってしまう」。

「人類誰も」が、

「科学レベルで判明している人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が無い大金持ちや大権持ち等」は、

「実体通り」に、

「悪者として、理解・把握する」と「共」に、

「悪者に対してなら、与えられるべき事である、罪や罰を与える事」に、

「賛同する事」こそが、

「この手の問題の源流対策になる」』。

『「科学レベルで判明している人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が無い過分な大金や大権の保持」は、

「全世界で、禁止されるべき事」だ。

「その上で、その禁止事項を破っている者たち」には、

「応分の罪と罰が与えられるべき」だ。

「例えば、

具体的には、

全世界共通の法律として、

科学レベルで判明している人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が無い大金や大権の保持を禁じた」上で、

「当初は、現状で保持出来ている大金や大権の自主返納期間等」を、

「例えば、一年程度設ける」。

「その期間内に、自主返納無き場合は、罪人として処分」する。

「例えば、

不当保持している大金や大権等の

不当保持期間分、全累積責任・実害等に対して、

応分の罰を与えれば良い」。

「自主返納しない者たちには、懲役刑等が与えられ」、

「不当利権の回収先として」は、

「税金や正当利権として与えられる者たちへの分配が指定され、実行される」なら、

「社会保険料源泉等の問題も解決される」と「共」に、

「不当貧困等の問題も解消される事になる」』。

『「個人資産が国家予算並みという人まで存在させている事自体が異常」だ。

「そんな異常事態の裏側」で「老後貧困等の現実が降りかかって来る人々が居る」のが「悪い現状」だ。

「この手の問題で、困窮してしまった人々の中」には、

「例えば、自殺等を考える人々も居るだろうが、

自殺の先に、無差別殺傷やテロ等の手段で、

現状人間社会の理不尽を訴えよう等とする者たちが出て来ても、

何の不思議も無い」。

「現状の無差別殺傷やテロ等は、

より容易なところに向かっているから、

実際の悪者である大金持ちや大権持ち等に、

直接は、向かっていない場合が多い」が、

「物質文明の急速な進化と共に、

弱者に向かわず、

不当利権保有者に向かう無差別殺傷やテロ等が容易になる」のは、

「必定」だ。

「そればかりでは無く、死なばもろとも・・・と、全人類を標的にする無差別殺傷やテロ等まで可能にしてしまう」のが、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に実現出来ている物質文明の急速な進化」だ』。

『「人類滅亡の危険性を飛躍的に低くする為」には、

「精神文化側でも、物質文明側同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する必要が有る」。

「何時までも、考え・思いレベルでしか無い、現行の経済・政治・社会システム等にしがみついている場合では無い」のだ』。

『「この精神文化を正常進化させる対策」は、

「言うまでも無く、今生きている全ての人々の急務」だ。

「怠れば、やって来るのは、人類滅亡以外の何モノでも無い」。

「その反面、多くの人類が、精神文化を科学レベル以上にまで正常進化させる」なら、

「人類誰もの広義の自分の実体である地球生命体細胞群の永続も可能になって行く事になる」。

「人類を滅亡に誘うか?」

「人類誰もの広義の自分の永遠の命を誘うか?」

は、

「個人個人、つまり、人類誰も、狭義の自分の自己責任の一票」だ。

「今時なのに、未だに、大金持ちや、大権持ち等に、憧れさせられたりしている、

実質的、操り人形状態、もしくは、マインドコントロールの被害者状態の人々」は、

「自分の実体に事の本質を尋ねるべき」だ』。

『「地球温暖化も加速し、地震等も多発してる、

今時」なのに、

「必要な正論抜き状態で、

スケープゴード論ばかり・・・」を、

「公共の電波を使って、

一方的に大量配信している様な、

現状権力者や現状大金持ち等のオコボレ頂戴わんわんたち」は、

「いい加減に恥を知れ!」』

『「自分の実体に叛いている者たちが、その罪から逃れられる場所など存在しない」。

「テレビ・ラジオ等の情報の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデー・モーニングでは、「ジャーナリズムの危機」とかやっていたが・・・。

『「未だに、旧態依然とした論を述べ続けている常連出演者等」によれば「政権批判もジャーナリストの重要な役割」との事だが「健常な政権批判」と「野党や反日他国の為の政治運動」との「区別さえ???状態」だから、「例えば、他の番組から、降ろされたりするのも、当然だった」のだろう。

「健常な政権批判をする為には、実体や事実・現実把握が何より重要」だ。

「例えば、

政治問題や歴史観等でも、

その時、その時代の、人間世界の全体像等を見失う事無く、

取り上げる者・物・事についても、

その実体や事実・現実をありのままに把握した上」で、

「偏向や偏重無き論を導き出した結果」が、

「例えば、

現政権批判となったり、

公共の電波上や公共的大マスコミや学校教育等で共有すべき歴史観として訴える内容となったり、

・・・等々、しているなら良い」』。

『「ところが、戦後日本の多くの情報・教育等」は、

「日本に自虐を求める反面で不当に韓国(北朝鮮も含む)や中国等を利す歴史観等の訴えや、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利す政権等をより有利にする為の現政権批判」等

「・・・だったりして来ていた」。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による、

それまでの政権批判の上に生まれた、

民主党政権時」には、

「政権批判では無く、政権擁護情報の配信が主状態」となっていた。

「つまり、明らかなダブルスタンダード状態が露呈」した。

「日本が細る裏側で中・韓等が大いに太れる状態が円高容認政策等によりつくり出されていた」。

「既に、上記の実態等が、多くの日本国民の認識の中で、明らかになっている」のに、

「未だに、

似非政権批判=内実利韓(北朝も含む)系人脈政党の為の政治運動等が、

ジャーナリストの役割等の旨を公言している、

時代遅れの者たち」が

「未だに、

一度に、~何万~何十万~何百万~もの人々に自論を見聞きさせる事が出来る日本の公共の電波上、

しかも、民放キー局でも、

常駐状態出来ている」。

「政治的に、明らかに偏向して来ていたのが、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「そんな状態は、是正されるのが当然」だ』。

『「もはや、旧態依然論等を述べる以前からの常連出演者等を

公共の電波上で常連出演させ続ける必要は全く無い」。

「散々、過分な有名人利権を得、過分な報酬や権力等も得て来た者たち」に、

「更に利権を与え続ける必要は全く無い」。

「むしろ、過去のテレビ上発言等による悪影響等に対する、罰や補償等が求められるべき」だろう』。

『「実際に実現可能な、今、そして、これからの日本国・日本国民・日本社会の為になる事等を述べる、

日本の公共の電波上に登場する人として当たり前の仕事をする、

多種多様な人々」が、

「悪戯な有名人利権を製造させる事による悪害を排除する意味からも、

替わる替わる次々と登場する」のが、

「公共の電波上で論を述べる者たちのあるべき実態」だ』。

『「本日の若手出演者の一人は、今の時代に在るべきジャーナリズム等の実体・実態について、そうあるべき当然の事を発言していた」。

「私もそう思う・・・」と「その後に、主として、正論への同意等ダケ述べる事」で、

「常連出演し続けたがっている様相の者」には、

「大いに呆れた」。

「もちろん、自発正論意見等が希薄な者を常連出演し続けさせる必要は全く無い」』。

『「自発正論を述べていた方から」は、

「不適応分子粛清工作の対象になっていないからか?」

「十二分な対策が出来ているからか?」

「電磁波工作や飲食物工作等々の悪影響が感じられなかった」。

「今後、電磁波工作や飲食物工作等々まで、露呈させたり告発したりする」なら、

「正常なマスコミ人」等になる。

「他の者・物・事に対しては熱心に露呈等」なのに、

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている

一般日本国民までターゲットにしている

電磁波工作や飲食物工作等々の重大問題には沈黙・・・」なら、

「この重大問題を黙殺状態にし続ける為の有益分子駒の一つになる」。

「つまり、今後を見れば、その正体が良く判る事になる」』。

『「何事でも、

上辺で、少し知った事が、自分にとって都合が良いから・・・等」と、

「丸ごと一人その者や付随している物・事等」を「受用するべきでは無い」。

「深部の実感等が確かなら、時と共に距離が縮まる筈」だ。

「上辺は、時と共に崩れ易くなり、深部の本質が露呈し易くなる」』。

『「現状で言うなら、どの様な訳で、サンデー・モーニングという親韓(北朝も含む)色の濃い番組に出演出来ているのか?」だ。

「TBSの自主自省等から、常連出演者等を是正して行く為等により・・・」なら、

「工作活動等を行っている連中のお仲間では無い可能性が高くなる」が、

「その分工作活動等を行っている連中から不適応分子としてVIP待遇で狙われる可能性も高くなる」。

「筆者の様な一般市民でも、相応の対策をしても、結構、迷惑なのが、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等」だ。

「VIP待遇ターゲットとされたら、かなりの対策をしても、影響が全く無い様相のまま・・・で居る事は困難となる」だろう。

「この場合なら、自衛の為にも、工作活動自体を露呈させる事が合理的になる」。

「逆に、工作活動の悪影響が全く無い様相のまま・・・で、

日本乗っ取り支配工作や、

電磁波工作等々の工作活動等に対してのみは黙殺状態」なら、

「日本乗っ取り支配工作や、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を行っている人脈の情報工作員等である可能性が高くなる」』。

『「サンデー・モーニング自体が、何時まで続けられるのか???」だが、

「現状では、視聴率が高いらしい」から、

「今の状態が続くなら、上記の実体が露呈する事にもなる状態も、視聴可能となる」だろう』。

『「何れにしても、戦後日本の情報・教育の正常化・健常化は急務」だ』。

|

所用があって東京方面まで行く電車の中で・・・。

『「所用があって東京方面まで行く電車の中で、何故か?顔が痙攣したので、どうせ、電磁波工作のセイだろう・・・と、可能性のある方向に手の平をかざしてみたら、何と!極所に、電子風の様なモノを感じた」と「同時」に「顔の痙攣が止まった」。

「それでは・・・と、手の平を外したら・・・、顔がまた痙攣する」。

「明らかな電磁波工作と推定出来るから、どの者が?・・・と、手の平と顔を結ぶ直線から先を見れば、

50代~60代くらいの、身なりのきちっとしたお金持ち風の女性が居た」。

「どうも、その女性が持っていた」、

「大き目のチェック柄」の「バッグの中」に、

「電磁波を発する物が在った様」だ。

「チャック等で上が塞がらないタイプのバッグだったので、中が見えるか?と思ったが、

どうせ覗いても、上辺は大したモノでは無い事が容易に推定出来たので、止めた」。

「重要な事は、初老の女性がバッグに入れて持ち運べるくらい軽く小さな電磁波工作器」でも、

「近くに居る者の顔の筋肉を痙攣させるくらいの事が出来ているという現実」だ。

「電磁波工作器の実態」としては、

「筋肉等を電気信号で動かす電子治療器等のパット等出力部の代わり」に

「より擬似高周波化すると共に、レーザー化して、ターゲットの特定部位に向かって、飛ばせる様にしている物等」だろう。

「小さめな乾電池やバッテリー等使用」でも「それなりのプチ長時間使用も可能」だろう。

「しかし、そんな物でも、ちょっと離れた所からなら、顔の筋肉を痙攣させる事が出来ている」。

「筆者の場合は、頭や、心臓は、通常、防御版で防御しているが、さすがに、顔は、防御版で覆う訳にもいかない」から、

「昨今では、顔が狙われる事が多い」。

「だから、一時の顔痙攣で済んだ」と「共」に、

「電磁波工作の存在を知っている」から、

「直ぐに、手の平を工作電磁波が来ていると推定される方向に挟む事」で、

「電磁波工作の存在を確認」し、

「その後は、影響が無い様に、居る場所をずらせた」。

しかし、もし、

「防御版等で防御していない方々が、心臓や脳を狙われたてしまったら・・・」。

「心不全」や

「脳神経機能障害(イライラしたり、気持ち悪くなったり、ボーっとしたり、眠くなったり、・・・等々)を起させられても、

何の不思議も無い」。

「そんな電磁波工作が首都圏の所謂通勤電車内でも行われている実態が在る」』。

『「もちろん、本日の電車内の出来事は、電磁波工作の実態のホンの一例に過ぎ無い」。

「集団的工作なので、一つの例だけを、

例えば、警察等に突き出しても、

立証出来る実害が出て居ない、

意図的に狙っていない、

電子機器が勝手に動いていた等々で、

逃げ、

逆に突き出した筆者をモンスターの如く言う事」等は

「容易に推定出来る」ばかりか、

「工作員等と深い係わりを持ってもロクな事は無い」から、

「明らかな実害が出ない限り、個別対応では、ラチがあかない」。

「しかし、電磁波等の工作の実態や実体を暴露し続ける事」で、

「気を付ける人々が増え、

問題視する人々が増え、

政府や与党や警察等が、

実効のある対策に動く」なら、

「日本国内で、特定集団が行い続けて来ている実質的重大犯罪にも、終わりの時が来る事になる」。

「重要な事は、多くの日本国民が、電磁波工作等の工作活動が在る事を知り、その実態や実体を知り、感知・検知等出来たなら、積極的に問題化する事」だ。

「民意が有るなら、政府や与党や警察等も動かざるを得なくなる」。

「本来なら、民意が無くても、積極的対策を行うべき」だが、

「拉致問題等への対応からも、あまり期待出来ない事が、残念ながら、明らか」だ。

「暴露・告発等と言えば、

マスコミの十八番」だが、

「日本のマスコミの決して少なく無い割合」が、

「電磁波等の工作活動に係わっている者たちの同朋等だったりしてしまっているお寒い実態が在る」。

「それは、戦後日本の情報・教育の健常化・正常化が急務な所以」でもある』。

『「未だに、政府・与党・警察等」は、

「戦後日本国内で、

電磁波工作等や拉致等、

日本国内で連綿と行われ続けて来ている

現行法&現行の摘発体制では摘発困難な工作活動の摘発や摘発に必要な法整備や体制整備等」を

「本気で、十分に行っていない」。

「明らかに異常」だ』。

『「マスコミ等」も、

「一般日本人の一人であるシロウトの筆者でさえ、

今まで当ブログに記した程度の事は分かる」のに、

「必要で十分な工作活動等の暴露記事等を公にして来ていない」。

「明らかな機能不全状態」だ』。

『「多くの一般日本国民の安全の為」にも、

「戦後日本の工作活動対策等の是正・改善等は急務」だ』。

|

当方のパソコンは、最初からずっと単独使用でホーム・グループや共有等は全否定だが・・・。

『「最近、不正アクセス&不正操作等が在った様」で「何故か?勝手に、ホーム・グループとして、消せない先が出て来る様になってしまっている」。

「通常のホームグループを使っていないなら削除できます」で「削除をクリックする」と、

「::{6785BFAC-9D2D-4BE5-59937E8F8B80A}が削除出来ない旨表示される」』。

『「コンピ対策等は筆者の門外」なので、

「この手の問題は、通常、プロバイダーの有料セキュリティーに頼って何とかしようとしている」が、

「上記の現象」は、

「ウィルス等完全チェックをかけても解消せず、

WINDOWSの異常察知検査等でも問題が無い旨の報告が出て来ている」。

「しかし、通常では無い感じ、でもある」ので、

「とりあえずは、悪どもの目的の無効化対策として、考えられる内容をこの場で公開する事にした」。

「先ず考えられる事」は、

「悪どもが、筆者の記した内容等」を、

「さも悪どもたちの物でもあるかの如く、嘯く為の仕込み等の事態」だ。

「ここで、はっきり公言して置く」。

「著者名、にゃい」で、

「当ブログで記している、考え・思い等の内容」は、

「全て、筆者単独の考え・思い等の発信」だ。

「もちろん、ネタの情報源は色々」だから

「ブログ内容の事実・現実情報等」は、

「報道等や友人・知人・他人等からである場合が多い」。

「しかし、考え・思い等の部分は、あくまでも筆者のみ単独の考え・思い等」だから

「個人のブログ記事としてアップしている」。

「他に考えられる」のが「有料サイト等の不正使用」だろう。

「筆者の場合、ネット用パソコン」は「ずっと、一台だけ別にして、使っている」。

「他にネット非使用のパソコンは何台か在る」が、

「ネット用パソコンとは、有線・無線共、全く別扱い」で、

「データを移す時には、メモリーカードやメモリースティックで、必要なデータだけ移している」。

「当然、ネット用のパソコンにも、ネット非使用のパソコンにも、共有もホーム・グループも存在させていない」。

「ネット用は、

ブログと

メールと

プロバイダー等によるニュース等の記事の閲覧や

必要最低限の検索だけの目的に特化」して「使っているパソコン」なので、

「当然、有料サイトや有料ダウンロードも全く使用していないし、今後も全く使わない」。

「固定電話(ファックス付き)が有る」ので

「パソコンの電話やファックスの機能も使わない」』。

『「上記の事態に筆者の意思で変更を加える時がある」なら、

「必ず、ブログにアップする」』。

『「以上、公開お知らせ」です』。

|

ムスダン打ち上げ失敗で崩壊間近の北朝鮮・・・。

『「平和ボケ、或いは、遊園地・アニメ等好き、日本国民の間では、4月15日は、東京ディズニーランドの開園日なのだそうだ」が、

「北朝鮮国民等にとっては、4月15日は、金日成の生誕記念日」で、

「国家ぐるみでお祝!」なのだそうだ。

「この日にちの接点が有るからか?

ディズニー、或いは、ミッキーファン等には、

北朝鮮系の者たちも多い様」で、

「ディズニーランド賛美の裏に、

金日成賛美の思いが込められていたりする場合もある」のだそうだ。

「そんな人々が少なからず日本国内に居る」ばかりか、

「一般日本国民の有益分子化工作や不適応分子の粛清工作まで行って来ている」から、

「戦後日本国内の実状」が、

「工作活動等の実態を意識していない方々にとっても、何処と無く変・・・等、

工作活動等の実態を意識出来ている方々なら、酷い!等」と

「感じる」のも、

「当然の現象」になる』。

『「北朝鮮にとって」は、

「国家の祝日の祝砲として打ち上げられた筈」の

「中距離弾道ミサイル・ムスダン等」が、

「一発目から、失敗・・・」で、

「直ぐに機影が消えた」という

「報道が有った」。

「今頃、北朝鮮のムスダン等ミサイル関係者に、どの様な事態が訪れているのか?」は、

「言うまでも無い事」だろう』。

『「北朝鮮」が、

「もはや、無駄、どころか、自虐でしかない、核もミサイルも工作活動等も放棄」して、

「それらに係わった者たちは、全員粛清等する事で、過去の全責任を取らせ」、

「平和的手段で国家・国民の存続を実現する!」等を

「実行・宣言する」なら、

「北朝鮮のその後も安全・安定等」で、

「金正恩のノーベル平和賞」も「夢では無い」と思うが・・・』。

『「何れにしても、今のままの北朝鮮の終焉は近い」。

「先進諸国の数十年遅れの核やミサイルではお話しになる訳も無く」、

「電磁波工作等の工作活動も、もう、既に、かなり前から、バレているのだから!」』

|

テレ朝朝番では、熊本県の震度7直下型大地震問題を無理やりにでも反原発感情等に繋げたい様相だったが・・・。

『「はっきり言えば、今回の直下型地震と原発の危機管理問題は全く別」だ。「原発問題を日本のみの問題に偏向させる事で、中・韓(北朝も含む)等の利権増大を図りたい者では無い」のなら、

「原発危機管理問題は、実態・実体通り、世界中の問題として理解・把握した上」で、

「考え・思うべき事」だ。

「直接的には、何の関係も無い、原発から離れた所の直下型地震と、

日本国内の原発のみを悪戯に直結させ、

地震の恐怖や不安をそのまま原発不安に直結させる事で生じる、

一時の煽られた感情等がベースの考え・思いの上には、

正解など在る訳も無い」』。

『「活断層は、世界中至る所に在る」。

「原発も世界中に在る」。

「日本の原発は、地震国であるが故に、耐震構造が大前提になっている」。

「福島第一原発の被災事故の場合」も、

「地震そのものによる影響には、相応に耐えられたが、

津波対策を、見誤り、怠る、という{人災}故」に、

「大被災事故となってしまった」のが「現実」だ。

「世界中の原発の事故の主原因」は「人災」に他ならない』。

『「また、温暖化と地震の発生や大きさの問題」も「忘れるべきでは無い」。

「地球が温暖化する事とは、地球の持つエネルギーが増大する事に他ならない」。

「海水温や気温等ダケでは無く、地が持つエネルギーも増大する」から、

「雨や風や台風等が起き易く、大きくなり易くなったり、

海流が変わり易くなったり、

気候が変動し易くなったりするダケ」では無く、

「地震や火山の噴火等も、起き易く、大きくなり易くなる」。

「原発による温暖化抑制効果は、決して小さく無い」から、

「現状では、世界中何処の国でも原発を出来るだけ安全に使う必要が有る」。

「太陽光発電等不安定発電には、安定化や帳尻合わせが要る」。

「原発を止めてしまったドイツでは、火力発電で帳尻合わせした」から、

「発生温暖化ガスが増えてしまっている」。

「原発制御と温暖化制御のどちらが困難なのか?」は、

「全ての人々が、

それぞれについて、事実・現実通りに実態・実体把握した上で、

冷静に、良く考えるべき事」だ』。

『「それなのに、テレ朝朝番では、直下型地震と原発を無理やりにでもくっつけたい様相ですらあった」。

「多くの視聴者」に、

「原発事故の主たる原因は地震だ!」等と

「勘違いさせる事が出来れば、日本国内で、日本のみ脱原発の気運が高められる可能性も決して小さく無い」。

「しかし、それは、実体・実態離れした、政治運動の域を出ない事」だ。

「テレビ情報を悪用した大衆誘導が行われている実態等が其処に在る」。

「日本の原発ダケを止めさせたい国や者たちは?」等を「考える」なら、

「何処の誰の依頼等に基づく政治運動、もしくは、大衆誘導なのか?」も、

「良く判る」と思うが』。

『「もちろん、言うまでも無く、今回の大地震について、配信されるべきテレビ情報」は、

「被災地の実状であり、必要な支援や復興策等」だ。

「そして、それらに加えて、同様の新たな被害を無くす為の情報」だ。

「安倍政権は、既に、自衛隊も投入している」から、

「政府の対応も、遅くは無い事になる」』。

『「テレ朝朝番でも、被災中心地の周辺も取材し、その映像も流していた」が、

「意外な程に熱心だったのが、熊本城の被害について・・・」だった。

「震源地から少し離れた、日本の城の一つの一部が地震により瓦解された事」と、

「被災中心地の実態」の「どちらがより重要な情報なのか?」は、

「言うまでも無い事」だ。

「日本の城の一部が瓦解した事=日本の一部が瓦解した事」等と

「思いを被せたがる反日国等の連中」なら、

「城瓦解情報の方がより{楽しめる}のかも知れないが」・・・』。

『「テレ朝朝番は、日本の公共の電波を使って、何処の誰の為に、情報配信をしているのだろうか???」

「日本国内にも少なからず居る、

反日国の手先たちに向かって・・・等々、

なんじゃないの・・・等」と、

「感じている視聴者の数も、決して少なく無い筈」だ』。

『「今回の直下型地震」では、

「不幸中の幸い」として、

「都市部程の住宅密集地では無く、地震火災による広い地域の延焼等も無かった様」だ。

「しかし、震度7の被災実態は凄まじい」・・・。

「温暖化が一向に止まらない現状」では、

「全ての建物やインフラ等」は、

「震度7でも大丈夫な様(人に被害が及ばない様)につくるべき」だ』。

・・・・・・・・。

『「テレビ・ラジオ界の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

選挙のシロウト、田母神氏が逮捕されたが・・・。

『「既存政党員等では無い候補者が、選挙のシロウト的になり易い」のは「ある意味当然の事態」だろう。「逆から見れば、現行の公職選挙法等」は、「それだけ、既存政党等を利す様につくられているという事」だ。

「この辺りの要素に対する事前対策抜き」では、

「例え、相応の票を集める事が出来、例え、当選出来たところで、直ぐに、退場という憂き目に合う事になる」。

「だからと言って、所謂、選挙のプロを雇う事は、かなりの確率で、既存勢力等の紐付きとなる」から、

「日本の政界」は、

「新風が吹き込み辛い様に設計されている様なモノ」だ』。

『「何の為に?」

「もちろん、現状権力者や、現状で既に、権力の座を狙える状態に在る者たち」が、

「より優位な状態を保つ為」だ。

「その為の法整備が行われて来たと言っても過言では無い」だろう。

「そんな状態が、所謂55年体制(自民・社会二大政党対立状態)で、固定化され、

その既得権益維持の為の、進化、或いは、退化が、施されて来ている」』。

『「東西冷戦終結&拉致問題等露呈以降、

旧社会党は実質的に崩壊し、

見せ球的役割を引き受けさせられている様相の少数」が、

「社民党となった影」で、

「旧社会党系の者たちの多く」は、

「民主党員に化け、その後、民進党と名を変え現在に至っている」』。

『「田母神氏等の訴え」は、

「そんな旧社会党系や、共産党系等の訴え」とは、

「全く違う」から、

「旧社会党系や共産党系の者たちにとって」は、

「同様の政策を訴えている、思想信条・利権等の共同体を膨らます為の同朋」では無く、

「敵」になる。

「自民党所謂保守派等にとっては、ライバル」だ。

「敵やライバルを排除すれば、より楽な争いとなる」のは、

「何処の争いでも同様」で、

「そんな安直な争いに誘う為の仕掛け」が、

「現行の公職選挙法」だ』。

『「自由主義が徹底している米国等」では、

「政策・思想信条等の訴え方や金集めからして、かなり自由」だ。

「選挙協力者等に対する報酬等支払い等に関しても、日本の現行よりは、かなり緩いのではないだろうか?」

「何故なら、重要な事は、その国の国家・国民の為になる政策を行うか?否か?だから」だ。

「周りの事」より、「政策や思想信条が重要だから」だ』。

『「実質的基準が、既得権益を得ている政党等の利権維持と、

その国の国家・国民の為の利益とでは、

民主主義として、雲泥の差が在る」。

「その結果として、犠牲になり続けて来ている」のは、

「多くの日本国民」だ。

「何故?こんな事態がまかり通って来ているのか?」

「その構造は、時代相応の改憲さえ行えない状態と全く同じ」だ』。

『「改憲を不可能にする議席数を押さえて置く事の既得権益」を

「応援している反日他国人脈の者たち」は、

「出来の悪い、

大衆支持が得られ無いレベルの所謂右翼等は、

所謂左翼等の引き立て役にも出来る」ので、

「少なくとも内心では、大好きな様相」だ。

「人脈的に同一ルーツの者たち」が

「率先して出来の悪い右翼活動等を行う事」で、

「所謂左翼をより良いイメージで大衆に受け止めさせている様な実態さえ有る」のが、

「戦後日本社会のお寒い実状」だ』。

『「所謂左翼や、場合によっては、出来の悪い右翼の者たちにとって」は、

「田母神氏の様な正当右翼の誕生~勢力増大」は、

「絶対に阻止しなければならない類の事になる」。

「堅強な正当右翼の誕生」は、

「反与党勢力の受け皿ともなり得、

反与党=野党=所謂左翼政党という状態を崩壊させる事」にも、

「直結している」。

「そうなれば、改憲不可能状態を維持出来るだけの議席数」を

「所謂左翼等が押さえる事も困難になってしまう」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等や学校教育等」では、

「正当右翼政党等が出来そうになる」と、

「如何にも、戦前~戦中の軍事政権を思わせるイメージ」等や、

「言葉狩り」等々で、

「徹底的に、悪いイメージを付け続け、大衆誘導の結果、潰して来ている」』。

『「今回の田母神氏の問題」では、

「公職選挙法違反という違法体験まで付ける事」で、

「当面の間、田母神氏等の公職活動が困難になる様に仕込んだ臭いさえ有る」。

「田母神氏の公職選挙法違反問題より深刻な日本社会の問題」が「其処に在る」』。

『「例え、田母神氏の政治活動等が阻害されたところで、

日本国内に、田母神氏の訴え等に共感・同意等している人々」が、

「結構な数存在している事」は、

「変わり様も無い」。

「その様な共感・同意等」が、

「マインドコントロールや誤解等故か?否か?」を

「考えたり、検証したりする」なら、

「事の本質がより良く判る筈」だ』。

『「戦後の日本」で

「数多くの日本国民を勘違いさえ、マインドコントロールし続ける事等」により、

「不当な程、勢力を大きく出来ているのは?」等を

「考えたり、検証したりする」なら、

「戦後日本の情報・教育」や、

「所謂左翼政党等の実体や本質等」も

「良く解る筈」だ』。

『「検察も、田母神氏等を逮捕している暇がある」なら、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を行っている連中を逮捕するべき」だが、

「現状では、法整備が圧倒的に足りない状態」だから、

「先ずは、立法の仕事を行っている国会議員等が必要な仕事を意識的かつ積極的に頑張るべき」だ。

「その為の世論の支持も、もちろん必要になる」から、

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている、

飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々を意識的かつ積極的に暴露するべき」だ。

「特定左翼政党や特定新興宗教団体や特定組合や●暴等とも繋がりが濃い様相」の

「内実、一般日本国民粛清工作等」を「暴露しない、出来ない、マスコミ等」では、

「明らかに実力不足」だ。

「同じ人脈の者たちが牛耳っている」なら「当然の現象になる」が』。

|

日本の中で核武装や小泉等で騒ぐマスコミ等は、朝鮮系が多い様で・・・。

『「今時、核兵器を実使用すれば、世界中から叩かれる」から「核兵器とは、あくまでも、見せ球」だ。

「核兵器」は、

「攻め入るなら核も使うゾ!」の「脅し道具としては、有効」だが、

「核を使って攻撃するから言う事聞け!」の「脅し道具には、実際は、成り得ない」』。

『「ところが、北朝鮮系と推定される者たち」は、

「北朝鮮なら、何をするか分からないから、北朝鮮の核の脅しは傾聴に値する等とでも言いたげ」だ。

「もちろん、古今東西何処の国」でも、

「独裁者」とは、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事さえも満足に出来ていない代わり」に、

「他の者・物・事の支配に奔走している、

内実、

{欲張りな小心者}に他ならない」。

「若く未熟な独裁者」が、

「何をするか分からない」には

「大前提」として、

「その独裁者の利益になる限り」が「付いている」』。

『「当然、北朝鮮による日本や米国に対する核兵器使用の先制攻撃等は在り得ない」。

「実戦争となってしまえば、アッと言う間に負けるのが、北朝鮮の実態」だ。

「在り得るし、実際に、在る」のは、

「核兵器の脅しの裏」で、

「日本や韓国や中国等々の国々の中で、

連綿と工作活動を続けて来て居る事」だ。

「北朝鮮問題で、潰さなければならない本丸」は「工作活動に他ならない」』。

『「小泉訪朝時には、拉致問題の極一部が明らかにされた」。

「もちろん、それは、朝鮮系とも言われている、小泉元総理が、北朝鮮に、

国交回復すれば、

日本の金や技術等をどんどんまわす等の、

大きなお土産を持って行ったから故の{功績}」だ。

「しかし、その本質は以下の通り」だ。

「戦後日本国内で連綿と日本乗っ取り支配工作等を行い続けて来ている北朝鮮にしてれみれば、

国交回復で、

大量の朝鮮人を日本に送り込める事や、

工作資金にもなる大量のお金を得られる事等」は、

「核・ミサイル等の開発を一時凍結しても良いくらいの超大メリット」だ。

「金正日等は、思わず、拉致問題でも差し障りの無い程度の事を出してしまった」のだろう。

「ところが、訪朝時に安倍現総理が声を荒げて大抗議等した事」により、

「北朝鮮側も、拉致問題の実体をよりはっきりさせざるを得なくなった」』。

『「拉致を認めたダケでは無く、死亡者が居る事等まで公言された事」で、

「幸いな事に、日本国内の世論は、一気に反北朝鮮に向かった」。

「北朝鮮による日本乗っ取り支配工作がより容易になってしまう状態」は、

「凍結状態となった」。

「もちろん、だからと言って、北朝鮮が工作活動自体を止める訳も無く、その後も、与えられている実状内で、精一杯、日本乗っ取り支配工作を行い続けて来ている」から、

「現状の日本社会の中では、至る所で、電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等々だらけ・・・」だ。

「小泉元総理の当時の苦渋の顔」は、

「拉致されて死亡してしまった被害者を思って故か?」

「拉致問題が日本で燃え上がった事で、当初の予定」だった、

「上辺」は、

「平和に北朝鮮が核とミサイルを凍結」&「日本側もそれに応じて資金・技術・人の交流等々を解禁」だが、

「内実」は、

「北朝鮮による日本乗っ取り支配工作がより旺盛に出来る事」が、

「破綻したが故の苦渋の顔だったのか?」

「小泉元総理等による、

ライバルを不適応分子粛清工作で蹴落とせる朝鮮系の者たちが圧倒的に有利になる、

ばかりか、

そんな者たちによる多くの一般日本国民奴隷化支配等がより容易になる、

日本国内格差社会化政策等から推定出来る事は」・・・』。

『「拉致」とは、

「言うまでも無く、北朝鮮による工作活動の極一部」だ。

「工作員の度胸試しや、

成果誇りの為等が動機」という

「拉致の本質誤魔化し論」が、

「日本の一部マスコミ等では大宣伝された」が、

「もちろん、そんな動機では、日本全国各地から、数多くの日本人が拉致される訳も無い」。

「日本乗っ取り支配工作をより効率的に行う為には、

周囲に日本人と気づかれない北朝鮮の工作員を日本国内に送り込む事が必要」になる。

「工作員を、日本に送り込む方法」は、

「工作船の実態からも明らかな様に、既に、ある程度以上出来ている」。

「問題は、日本に渡った工作員を、日本社会の中に溶け込ませて、工作活動を行い続けさせる事」だ。

「その為」には、

「日本全国各地それぞれの地域の日本人を拉致し、情報や教育事を得るで、

北朝鮮の工作員を、

その地域に溶け込める様に仕立てる事が必要になる」。

「また、拉致した日本人から聞き出す、日本やその地域の特性等の分析」は、

「より効率的に、日本乗っ取り支配工作を行う為にも、活かされている」』。

『「現状の日本社会の中」では、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

日本の現行の法&摘発体制では摘発困難な手段の工作活動が旺盛」だ。

「そして、その実行に手を染めている者たち」には、

「朝鮮系や新興宗教系や●暴等団体系や組合系等の者たちが多い」。

「フィリピン人や中国系・中国共産党系の者たち等々が協力等している/させられている場合もある様」だ。

「かなりの数の者たちが集団的に、一つの意志の下で動かされている様相」が

「明らかに在る」。

「こんな事態を放置していて良い訳が無い」』。

『「日本が核武装したところ」で、

「朝鮮半島内に居る日本人の数や、

戦後日本の国の体制等を考えるなら、

誰もが直ちに分かる様に、

日本人が朝鮮半島内で、対抗工作等を行える/行う訳も無い」。

「日本が行うべき必要な事」は、

「核武装では無く、実効のある日本国内の工作活動対策」だ。

「日本の為の政権なら、

この戦後日本の重大未処理・不十分処理問題を、

意識的かつ積極的に、

片付けない訳も無い」』。

『「放置し続けて来ているばかりか、

格差社会化や、

日本を細らせた反面中・韓(北朝も含む)等を太らせた等々の、

日本乗っ取り支配工作の援助にもなる事等を

行って来た者たち」には、

「過分な立場・権力・報酬等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「全ての日本の有権者は強く意識するべき」だ。

「国会議員や国政政党や各首長等を選ぶ」なら、

「先ず、排除すべき」は、

「日本乗っ取り支配工作系の人脈の者たち」だ。

「そんな者たちのオコボレ頂戴わんわん状態になっている一般日本国民」は、

「一刻も早く、本来の自分を取り戻すべき」だ』。

|

昨日の記事のせいか?寝床への工作電磁波が異常に強かったが・・・。

『「北西や北~東北方向の斜め下から」と「真下から」だろうと「推定される、筆者が睡眠時には、筆者の寝床に向かって照射されて来る工作電磁波」が「かなり強化されて来た」。

「それだけ、昨日の記事内容には、

電磁波工作等を行っている連中にとって、

{痛い事}が記してある事になる」と

「強く推定出来る」。

「こんな事態が、実際に在るのが、戦後日本の実状」だ。

「多くの一般日本国民までターゲットとしている日本乗っ取り支配工作等に対して」、

「根本的対策が必要である事」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「政府も、与党も、警察等々も、日本国・日本国民の安全をちゃんと守るつもりがある」なら、

「戦後の日本国内で実際に行われ続けて来ている工作活動等に対する

実効のある法&摘発体制の整備と

工作犯の摘発&厳罰に処す事等を、

断行するべき」だ。

「元々、日本国・多くの日本国民より、中国共産党や北朝鮮やそのスジ人脈の日本国内に居る人々の方が重要という雰囲気満載」の

「野党等」には、

「全く期待が持てない、ばかりか、多くの有権者が、騙されて支持してしまうと、

より酷い状態になる事」は、

「既に、立証済み・・・みたいな事」だ。

「与党の中のまともな人脈(与党の中にも、工作員等やその指令元等と繋がりのある者も、当然の如く、仕込まれている)が、

本気で、

意識的かつ、積極的に、

頑張るべき」だ。

「また、日本国・多くの日本国民の為のマスコミ」なら、

「多くの一般日本国民の安全や本領発揮等の為」にも、

「ライバルとなる有能な一般日本国民を不適応分子粛清工作等の不当な手段で蹴落とす事等により、

要でも無い者たちに過分な立場・権力・報酬等を与えてしまわない為」にも、

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来てしまっている悪の工作活動の実態・実体」を、

「意識的かつ、積極的に、暴露し続けるべき」だ。

「要でも無い」、

「有名人等の個人レベルの不倫等下世話な話し」や、

「政策本論を度外視した、

言葉狩りや

大勢に影響が及ぶ訳も無い少々の金の問題等々」の「暴露」で、

「お茶を濁し、

大衆の興味をその方向に誘導していれば良い程、

現状の日本国内の状態は安穏としたモノでは断じて無い」。

「そんな実態」は、

「まるで、

北朝鮮の核・ミサイル見せ球

&本丸の日本・韓国・中国内等の工作活動」という

「実態そのままの様相」だ。

「戦後の日本」には

「まともな国政を行う根性のある政治家」や、

「まともなマスコミ等」は「無いのか???」』

|

「反北朝鮮的要素が濃い韓国の与党が過半数割れ」の見込みとは、「韓国では、北朝鮮系の工作が結構生きてしまっている事」と同じ・・・。

『「北朝鮮がナカナカ崩壊しない裏に在るのは、中国共産党支配下の中国の協力で、上辺では、国際社会と同調して北朝鮮に対する制裁も強化!等々と言いつつも、実際は、フタを開ければ、北朝鮮との貿易額は倍増~三倍増という実態・・・」。

「コレも、北朝鮮による工作の成果の一つ」だろう。

「核・ミサイル等の見せ球の裏」で、

「連綿と続けられている」、

「日本や韓国や中国等の国々の中に入り込んでいる北朝鮮系の者たちによる工作活動」の

「成果」は、

「核・ミサイル等を見せ球として、別枠に外して、他の実状を見ると、良く判る」』。

『「日本国内でも、連綿と北朝鮮系の工作活動は行われ続けて来ている」が、

「その対策が遅々として進まない」のは、

「北朝鮮系の工作が生きて来てしまっているから」に他ならない。

「例えば、拉致問題にしても、長い間、拉致と旧日本軍等による強制連行が同列に扱われていた場合が多く、

北朝鮮による拉致は酷いが、旧日本軍による朝鮮人の強制連行はもっと酷い。

だから、北朝鮮による拉致くらい大目に見るべきだ。等々」の

「現実離れしたインチキ論が蔓延っていた」が、

「もちろん、その裏に在ったのは、北朝鮮系の者たちによる情報・教育工作」だ』。

『「戦後処理に当たり、米軍にいち早く取り入った朝鮮系の者たち」は、

「実際は、日本による韓国救済の面が強かった日韓併合」を、

「日本による侵略~植民地支配被害と嘯いたと共に、

戦後処理に当たって、

日本人の上で朝鮮人を使う様に取り入った」。

「元々が詐欺みたいな事だった」から、

「米軍に武装放棄させられ、それを忠実に守った日本人を他所」に、

「武器を持つ朝鮮人たちにより、終戦直後の火事場泥棒的乱行までもが勃発してしまった」のも「当然の現象」だ。

「同時に、日本の政界・財界・教育・情報等も、米軍のお墨付きの下で、結構な割合が朝鮮人に押さえられた」。

「もちろん、日本側は、そんな実態の早期正常化の為」に、

「終戦後は、朝鮮半島内の日本人のほぼ全てが日本に帰国したのと同様」に、

「日本国内のほぼ全ての朝鮮人の朝鮮半島への帰還に対し、米国のお墨付きを得ようとしていた」。

「終戦直後の朝鮮人による火事場泥棒騒ぎ」を

「三国人問題として鎮圧させざるを得なかった実績を持つ米国側」は、

「賛同していた」が、

「朝鮮戦争が起こされてしまった」』。

『「朝鮮戦争時に合わせて、当時の日本国内の朝鮮系の人脈も、北と南に二分化した」。

「その実影響は、朝日新聞の論調変化等からも、良く判る」。

「旧ソ連や中国共産党と同グループとなった北朝鮮」には、

「当時、日本国内に居た朝鮮人の多くが積極的に戻りたくなる訳も無い」。

「居残りたくなった事は、当然の現象だったかも知れないが、もちろん、そんな事態を、北朝鮮側が黙って見過ごす訳も無い」。

「北朝鮮は、日本国内に居残った朝鮮人を北朝鮮の工作員や協力者として使う様になった」。

「日本全国各地から、多数の拉致被害者が出てしまった裏」には、

「日本全国各地に多数居る、

北朝鮮の工作員化された人々(帰化している人々も居る)や

その協力者たち(前記と同様)の存在がある」』。

『「日韓併合時に朝鮮半島に渡っていた日本人なら良く解ると思う」が、

「日本人集団が平均的に優秀な状態に在った」のと比べ、

「朝鮮人集団は、極少数のもの凄く優秀(悪賢さも含めた場合)な者たち」と、

「大多数の操り人形的人々に、二極分化されていた状態だった」。

「その極少数の悪賢い者たち」が、

「日本国内に居残った朝鮮人を北朝鮮や韓国の手先として操り、

露呈させられない工作活動を連綿と続ける事で、

最終的には、

日本の乗っ取り支配まで企んで来ている」。

「工作手法は、基の人員パイが相応に有る」から、

「そのパイを生かして、学力・体力・芸術/音楽等能力等有能な者たち」は、

「積極的に日本社会で出世」させ、

「何も知らない多くの一般日本国民を有益分子化するように指導」させ、

「出来の悪い者たち」は、

「日本人のライバルを蹴落とす為の戦闘コマとして、不適応分子粛清工作等に使う」。

「それと共に、帰化させ、子沢山策略等で、朝鮮系の人口割合を増やし続ける」。

「日本社会の主要ポジションの多くを朝鮮系の者たちに占めさせれば、

日本乗っ取り支配も行い易くなる」。

「時を重ねて、朝鮮系の人口割合をある程度以上に増やしてしまえば、

主要ポジション+民意」で、

「日本の乗っ取り支配も可能になる」。

「その為には、日本・日本人を良く知らなければならない」から、

「拉致して、徹底分析」し、

「その結果を工作に活かす」という訳だ』。

『「そんな事が続けられて来ていた」から、

「{優秀な}テレビ・ラジオ・新聞・マスコミ等々」では、

「日本自虐情報・教育が蔓延っていた」。

「有益分子化された者たちが優秀な訳も無い」し、

「北朝鮮や韓国の手先では、多くの一般日本人の為になる訳も無い」から、

「現状のテレビ・ラジオ・新聞・マスコミ等々や一部教育等々には、酷いモノも多い」。

「朝鮮戦争時に無理強いした、

在日特権で通称使用も可能とし、

差別の無い

役所や警察や教員や国鉄等の公務員等には、

容易に、多数の、実質的工作員が、送り込めてしまって来ている」』。

『「そんなベースが在る」から、

「北朝鮮への裏金の送金や科学技術・情報等の移転等も旺盛だった」。

「そんなベースが在る」のに、

「拒否権に当たる約三分の一程は常に押さえていた親旧社会・共産圏等政党等」が、

「スパイ・工作活動防止法等や憲法改正等々には大反対!」で、

「日本の政治が、遅々として進まなかった」から、

「竹島も拉致も、未解決のまま・・・」だ』。

『「芸能界の朝鮮系・親朝鮮偏重重用ぶりは、もはや、公然の秘密状態」だが、

「政財界でも、情報・教育界でも、同様の事態が蔓延って来ている」。

「その結果として、未だに、日本社会の正常化・健常化は程遠い」。

「同様の事態が、韓国内でも、中国共産党支配下の中国内でも、起こされている」から、

「北朝鮮は、今のところ、生き延びられている」』。

『「ネット普及以降、情報統制状態が崩れた」ので、

「昨今では、上記の様な実態も既に、バレバレ」だ。

「しかし、未だに、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

一般日本国民の本来の能力を阻害する

非人道的な悪の工作活動が

続けられてしまっている」。

「既に、バレている事を摘発しない政府・与党・警察等々」は、

「北朝鮮に弱みを握られているのかも知れない」し、

「帰化・子沢山策略による実質的工作員や、有益分子化された有権者の投票先となっているかも知れない野党」は、

「弱みを握られているどころか、北朝鮮のお仲間である場合もあるのかも知れない」』。

『「はっきりしている事がある」。

「こんな状態を放置し続ける」なら、

「人類は、滅亡する」。

「政府・与党・警察等」も、

「悪戯な保身は、保身に成り得ない事くらい重々承知」だろう。

「程なく尽きる」のが「北朝鮮等悪状態の組織等の寿命となる様」に、

「人類存続~永続の為の対策を急ぐべき」だ』。

|

MAZDAターンパイクのポルシェ911GT3自動車評論家事故・・・。

『「車や対向車等からの仕込みが無い」のなら「運転者の現状脱出欲動の暴発」と「強く推定される」。

「基本的な車実体は全く違う」が、

「精神心理とも密接な関係が有る、道路状況的」には、

「軽井沢のバス事故」と

「酷似点

(山道・バイパスの下り坂・速度の出し過ぎ・カーブの状況・速度の出し過ぎ・限界速度対応等々)

が結構多数」・・・』。

|

日本の中でタックス・ヘイブンを使っている人々ってどんな人たち?・・・・。

『「日本で儲けても、日本には税金を払いたく無い人々」とは「日本国民から取る(盗む)のが当然と考えている様な者たち」になる』。

『「きっと、日本乗っ取り支配工作等を行っている連中の名前もズラズラ・・・」だろうから、

「パナマ文書の徹底公開(全文ネットアップが望ましい)&徹底分析等(それぞれの地域で、それぞれの地域の実情等を知る、多くの一般市民も加わって検証すれば、結果も早く出る)」は「意識的かつ積極的に行うべき」だ』。

|

「情報・教育の順序は本当に大切」・・・。

『「鳥でも虫でも飛行機等でも、皆、地上から空に向かって飛び立てる様になっている」から「飛べる」。

「上から墜ちて来るモノは、基本的に、墜ちているのであり、飛んでいない」。

「空を飛ぶ気持ちよさそうな映像等」の

「前」に、

「人が高い所から安全に墜ちる為に必要な物(落下傘等)を見たり、

ムササビ飛行スポーツ等の死亡率を知ったり、

垂直飛びや幅跳び等で飛び上がろうとしたり、

机の上等、ホンの少しの高さから飛び降りてみたり、

鳥や虫の様に、羽根になる物を持って、羽ばたいて地面から飛び立とうとしたり、

・・・等々してみれば、

人間として空を飛びたくなったら、

飛行機等に乗る・操縦する事や、

重力制御装置でも開発する事等々」を、

「自然と思い考える様になるもの」だ』。

『「情報・教育」の

「順序」は

「本当に大切」だ』。

『「現状人間社会が、こんなに酷い」のも、

「ほとんどの人々」が、

「人間とは何か?」や、

「自分の実体やその実体の本来の目的は?」等々の「情報・教育の前」に、

「他人と上手く付き合い金を稼ぐ事」や、

「物質文明製品等を生み出す為の知識や技術等」等々の、

「現状人間社会への優位適応法等」を、

「学ばさせられているから」だ』。

『「高い所を怖がらない子どもが、最初に、空を飛ぶのは気持ちいい等の情報だけを得てしまう」と、

「アブナイ」のは、

「幾多の事故例からも、既に、明らか」だ。

「自分の実体やその実体の本来の目的さえ???の人々」が、

「現状人間社会への優位適応法等ダケを学んでしまい、

そんな状態の人々を蔓延り続けさせている」と、

「現状人間社会の維持が無理強いされる反面」で、

「人類自体が墜落して行く」のも、

「当然の現象」だ』。

『「人類誰も」が、

「精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用」し、

「人類全体の基本精神文化」を

「一大進化させる時」に、

「今、生きている全ての人は、存在している」。

「この狭義の自分本来の大仕事」を、

「怠ったり、

他人の大仕事を阻害したり、

・・・等々する本質的劣悪者たち」を

「蔓延らせ続ける」なら、

「人類に長い未来は無い」が、

「人類誰もが、今必要な大仕事を成し遂げる」なら、

「広義の自分の存続~永続」という「永遠の命」も

「現実として手に入れられる事になって行く」』。

『「この重大時」からは「知っていようが、知らなかろうが、誰も逃れる事は出来得無い」。

「何故なら、意識出来ていようが、無かろうが、人類誰もも含む、地球の生命全体の現実だから」だ』。

『「墜ちるのでは無く、飛び上がろうとした人々」は、

「気球や飛行船や飛行機やロケット等々を実用物とし、空の旅も、宇宙への進出も可能にして来ている」。

「落下傘等出来るだけ安全に墜ちる為の道具も生み出し、

危険度は高いが、ムササビの様に滑空する事も可能にして来ている」。

「人類を、永遠に続く舞台の上に、飛び上がらせようとするのか?」

「人類を、墜ちさせ滅亡させるのか?」の

「選択の一票」を、

「誰もが保持している」。

「そして、その一票の選択」は、

「意識していようが、意識していなかろうが、それぞれの個人個人が体現している」』。

『「現状で優位というヤク」の「中毒」になったまま、

「自分の実体を滅亡に導いている者たち」は、

「現状でどんなに金や立場や権力等を保持出来ていても、

現実は、愚かであり、劣悪」だ。

「愚かで劣悪な現実を保持している者たちに憧れさせられている人々」とは、

「実態として、情報・教育の被害者」でもある。

「情報・教育の加害者」とは、

「必要な基本情報・教育を阻害している者たち」や、

「情報・教育の優先順位や順序をデタラメにしている者たち」だ。

「そんな加害者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「一人一人が自分の実体やその実体の本来の目的等を理解・把握した上」で、

「民主主義化した人間社会を築く」なら、

「加害者たち」とは、

「過分な立場・報酬・権力等を保持出来る者たちでは断じて無く」、

「加害に対する罰を与える為」にも、

「同様の新たな過ち等を抑制する為」にも、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」になる』。

『「今生きている人間」として

「自然の摂理から要求されている

個々それぞれの一票の選択」とは、

「逃れる事が出来得ない、自己責任の上に在る選択」だ。

「あなたの選択は?」』

|

祝!「原爆投下国である米国の外相の広島訪問」・・・。

『「戦争」とは「武力による命がけの比べっこに他ならない」から「第二次世界大戦当時なら、先に原爆を実用可能に出来た方が、実用してしまった事も、責めるダケでは済まされない」。

「毒ガス等」にせよ、

「原爆」にせよ、

「非人道的云々の前に、開発可能な所では、勝つ為の手段として、鋭意開発されていた」のが、

「現実」だ。

「先に実用可能に出来た所が使ってしまった事を責める前」には、

「武力による命がけの比べっこ自体」が「責められるべき」だ』。

『「それでも、原爆実使用の実態・実体の極一部の記録等」を、

「原爆実使用国の今の外相が見た事の意味は大きい」。

「人間として、何も感じない事などある訳も無いから」だ』。

『「武力による命がけの比べっこ等を行う事自体、人間の愚かさを如実に露呈している事に他ならない」が、

「武力による命がけの比べっこ等を抑制させる何か」を、

「未だに、必要十分に蔓延させる事が出来ていない」のが、

「現状人間世界のお寒い現実」だ。

「だから、今時の人類」なら、

「何処の国の誰でも、この重大問題の解決法等を鋭意考えたりしていて、当然」だろう』。

『「短絡的な回答」は、

「比べっこの精神構造はそのままに、武力によるを止める事」だ。

「短絡的な回答が好きな人々」は「結構多い様」で、

「武力による比べっこ旺盛時でもある第二次世界大戦時まで」とは違い、

「現状人間社会」では、

「経済による比べっこ」が「主流になっている」。

「しかし、当然の如く、金余りなのに、異常な格差が問題になっている異常事態となってしまっている」』。

『「はっきり言えば、比べっこが間違っている」のだ。

「今時の人類として行うべき」は、

「比べっこ」では「断じて無い」。

「本質の探究」であり、

「その結果として得られた実体や事実・現実との整合性を持つ人間社会や個々の生活実態の実現」だ。

「今時の人類」は、

「世界中の何処の誰」でも、

「比べっこ」から「本質探求」への

「精神文化革命」の「時」に

「生きている」』。

『「本質を探究し、その結果と整合性を持って人間生活を営もうとする」なら、

「人類同士が、武力による比べっこや、経済による比べっこ等々により、

自虐的状態を生む必要性は全く無い」。

「そればかりか、

比べっこ競争故に、

人類も含む地球上の全ての生命体が暮らす状態を、

自虐的に悪化させる必要も全く無い」。

「それは、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基に、

冷静に少し考えるなら、

誰でも解る現実」だ』。

『「科学レベルで判明している事実・現実」として、

「時間の流れは、過去から未来への一方通行」だ。

「タイムマシン等は、既に、非科学的妄想の世界のみに実在出来る存在」だ。

「過去は変えられない」し、

「過去には、過去の時代に在った事実・現実しか無い」。

「当時の人々が保持出来ていた物質文明も精神文化も、当時故の者・物・事等」だ。

「そして、人間は、その時代、時代に置いて、精一杯、自己実現等を図ろうとして存在して来ている」。

「武力による命がけの比べっこ」も、

「その延長線の原爆使用」も、

「ナチス・ヒトラー等による数々の残虐行為等」も、

「終戦後の旧社会・共産圏で行われてしまった不適応分子等の大量殺害等」も、

「今時の人類としては、非人道的な超悪行」だが、

「その当時、その場等、として」は、

「ある種の必然と捉えるべき」だろう。

「もちろん、従軍高報酬売春婦等の問題」も「同様」だ。

「その当時、その場の人類」には、

「その様な惨状を生み出してしまう実体・実態が在った」のが、

「現実」だ。

「過去は変えられない」が「未来は変えられる」。

「今時の人類として、行うべき事」は、

「惨状を二度と生み出さない事」に他ならない』。

『「どうすれば良いのか?」

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に、

急激に進化し続ける事が出来ている物質文明側同様、

精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

急激な進化を得れば良いダケ」だ。

「この、今時の人類としての、根本的基本行動原理」を、

「今時、生きている全ての人類」は、

「実用しなければならない時を迎えている」。

「そもそも、物質文明側にダケ、科学レベルで判明した実体や事実・現実を実用した偏った実用法が大いなる過ち」なのだ。

「精神文化側での実用をさぼった人類に対する大いなる罰が与えられた」が「故」に、

「惨状を生み出させられたダケ」と「捉えるべき」だろう』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実が明らかにしている事」は、

「人類誰もの広義の自分」は、

「他人も、他の生物も含む、地球生命体細胞群そのもの」だ。

「狭義の自分」が「約60兆の細胞の塊」という訳だ。

「それは、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している狭義の自分の実体」から、

「細胞ごとの命の連続性を辿る」なら、

「誰もが理解・把握出来る事」である。

「広義の自分の実体」が「人間同士の武力による命がけの比べっこを求めているだろうか?」

「否」。

「経済による比べっこを求めているだろうか?」

「否」。

「それでは、広義の自分の実体の求めている事は?」

「・・・それは、広義の自分の存続~永続」だ。

「もし、違うと言うなら、それは、存続を否定する、或いは、存続に価しない、狭義の自分の言い分や考え・思い等になる」。

「広義の自分の本来の目的が広義の自分の存続~永続」なら、

「狭義の自分として、行うべき事は何か?」

「人類としては、

広義の自分の存続~永続との整合性が取れる、

物質文明や精神文化の正常進化への貢献」になる』。

『「上記は、今時の人類として、根本的な当たり前の話し」だ。

「根本的な当たり前の話しと相容れない自虐的な行動等」は、

「慎む」のが、

「当然」だ。

「そうなれば、何処の誰でも、もはや、武力による命がけの比べっこも、経済による比べっこも必要無くなる」。

「さて、この根本的基本原則に照らし合わせて、

現状で、あなたが行っている事は?」』

『「余りにも自虐的な事を行っている者たち」は、

「同様の新たな自虐劇等を抑制する為」にも、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき宿命が有る」』。

|

「在るべき情報・教育」と「合法ギャンブルやカジノ等が不十分」であるが故に、能力の有る選手までボツとは・・・。

『「ギャンブル等依存状態には、滅多な事では陥らない人間を育成する、今時なら在るべき情報・教育」と、

「合法野球賭博等や合法カジノ等が在る」なら、

「昨今の様な騒ぎも無い筈」だ』。

『「ある意味では、意図的に、罠を残して置いて、罠に落ちないで居る者たちが、優等生ぶれる、偉ぶれる、社会」って「どうでしょ?」』

|

街中の電磁波工作等の実状・・・。

『「車で出る用事があった」ので、「久しぶりに、以前は電磁波工作ポイントだった所を何カ所か通った」。

「新たな工作ポイントが幾つか出来ていた反面で、以前の工作ポイントだったところが、止めたのか?場所変えか?工作ポイントでは無くなっている所もあった」。

「未だに、電磁波工作ポイントとなっている場所の幾つかからは、以前より強い工作電磁波が発生させられる場合が多かった」。

「総じて、数自体は減り、

一つのポイントが受け持つ工作範囲は広くなり、

工作電磁波自体は強化されている様相」だった』。

『「電磁波工作」とは、

「極短時間の内に、電子側・ホール側を次々と打ち出す、複数の縦波(音波の様な)ドット波を、

ターゲットの人間に当て続ける事で、

当て続けられた人間の本来の能力を阻害したり、

病気化・早死に化させる、

非人道的な工作」だ』。

『「人間は、脳で考えたり、命令を出したりする時」も、

「筋肉や内臓を動かす時」も、

「微弱な電気信号を使っている」が、

「工作電磁波は、その電気信号の邪魔をしたり、電気信号自体に影響を与えたりする事が、出来てしまう」。

「工作電磁波が当てられる」と、

「例えば、考えたり、動いたりする為には、

より強い電気信号を発生させる必要が生じてしまう」ので、

「思考や動き自体が遅くされたり、疲れ易くさせられたり、等々・・・する」。

「頭の症状としては、イライラや不安等も生じ易くなる」。

「ストレス状態になり、怒りっぽくなったりする」。

「継続的に当て続けられると、脳梗塞や、脳の萎縮等の症状さえ出る筈」だ。

「強いレーザー状の工作電磁波なら、脳溢血等を起させる事も可能な筈」だ。

「身体の症状としては、体が怠く、重くなったり、動機がしたり、疲れ易くなったり、等々・・・する」。

「心不全を起こさせたり、老化促進作用が有ったり、炎症を起こさせたり、等々が可能な筈」だ』。

『「それでも、工作電磁波は、見えないから、工作電磁波の存在を知らない、考えない人々には、感知し辛い」。

「筆者は、感知し、対策もしている」から「かなり強い工作電磁波が当てられ続けて居る現状でも、実効は出ない」が、

「対策無しだったら、対策の無い方々は・・・等を考える」と「背筋が寒くなる」・・・』。

『「工作電磁波は、オン・オフ出来る」から、

「警察等の摘発情報を得た途端に、オフにして置く事も可能な筈」だ。

「そして、如何にも、工作機器という上辺の物を使う事は稀な様」で、

「色々な電気機器の制御ソフト等を悪用したり、

必要な電力が得られる所に少々の機器を見えない様に付けたりして、

工作電磁波を発生させている様相」だ。

「ターゲットの居場所や体勢等を覗いたりする為&工作電磁波発生の機能が合体している機器の場合」は、

「それなりに、判り易い物も在る様」だが、

「モニター画面としてはスマホ・パソコン等別利用等だったりしていて、

上辺から直ちに、工作機器や工作実態を把握する事は、困難になる様になっている場合が多い様」だ』。

『「摘発の為には、工作電磁波感知器をつくり、実用する」と「共」に、

「工作員の持つ&工作員が仕込んだ、

全電気機器等を押さえて、

徹底解析・分析する事等が必要になる」だろう』。

『「街中の工作員等の場合」は、

「音やスマホ等の画面ちょっとした変化等により、

工作電磁波がターゲットに当たっているのか?否か?や、

どちらの方向に誘導すれば良いのか?(工作電磁波が、当たりから遠いのか?近いのか?)等」を

「確かめられる様になっている」。

「鉄道会社やバス会社等に入り込んでいる工作員たちが、

隙を見て、どんどん取り付けているからだろう、

鉄道やバスの車内や、

ホーム設備(スピーカーや監視カメラ等や電灯の電線等)にも、

工作電磁波発生仕込みが

在る場合が少なく無い」。

「悪工作員たちは、そのオン・オフやターゲットに集中的に当てる為の誘導等を行っている」。

「アースとして利用されている床鉄筋等が悪用される事もある様」だ』。

『「街中の悪工作員たち」は、

「既に、別の工作員たちが仕込んである工作電磁波発生装置化されている電気機器や回路等内の、

ドット波の擬似周波数共鳴ピークから直線的に発生する工作電磁波」が、

「ターゲットに向かう様に、調整する事」を

「行っている場合が多い」。

「工作員や他人が保持しているスマホ等からも、

無料ソフト等を勝手にダウンロードしたり、

位置情報や受信情報等を悪用したりすれば、

工作電磁波を発生させる事が可能になる」。

「もちろん、スマホレベルの電力では、出て来る工作電磁波の威力も知れている」ので、

「大抵の場合、複数の工作電磁波をターゲットに集中させる調整等が行われている」。

「昨今では、より強い工作電磁波を発生させる為」に、

「旅行ケース等の中に、

電磁波発生機器を仕込み、

其処から発生させている工作電磁波がターゲットに当たる様に、

多くの場合、旅行ケースを持っている者とは別の工作員たちが、

調整している場合も多い」』。

『「車運転中等に対する電磁波工作の場合」は、

「工作員たちの車からの工作電磁波」と

「工作スポット化されている家や建物や電灯や信号や電線等の街中設備からの工作電磁波」と、

「ターゲットの車から発生させている工作電磁波」を、

「集合させる事で、実効を得ようとしている」。

「工作スポット化されている所からの電磁波が常に在っても、ターゲット以外には、余り大きな影響は出辛い」が、

「三つ全てが集合させられて当てられ続けるターゲットには、実害が出易い状態が仕込まれている」。

「筆者の場合」も「筆者の車に仕込まれている工作電磁波発生状態」は、

「どうせ、取り除いても、また付けるだろうから、

運転中の筆者には向かわない様に、

調整をずらしてから運転している上に、

他の車からの工作電磁波は、反射板等で散らす様にしている」から、

「街中の電磁波等が感知出来る状態」でも、

「実効は出ない」。

「しかし、電磁波工作を知らなかった時の様に、対策無し」だと、

「とんでもなく、運転し辛くなる事も、稀では無かった」』。

『「街中の悪工作」も「車の悪工作」も、

「相互監視の意味もあるから」か、

「互いには良く知らない状態の複数人」が、

「ワンセットのチーム化されている状態」で「行われている場合が多い」。

「つまり、命令・指令等だけが工作員に届き、

その時、その場に居合わせる事が出来る同じ悪人脈の者たち」が、

「一つの工作を共同で行わされている」。

「もちろん、命令・指令等で動いている悪人脈の者たち」は

「ある程度の数が居ても、多くの普通の平和的一般市民に比べれば、相応に少人数」だから、

「電磁波工作を感知出来た時に見た周囲の人々の顔や姿等」には、

「そう言えば、少し前にも・・・等の者たち」が「何人も出て来る」。

「基本的にやっている事も同様」で

「上辺の仕事や立場等が違うから、身なりや車種等は色々でも、醸し出している雰囲気は同様」だ。

「申し訳なさそうに悪工作を行っている者も居る」し、

「堂々と、バレているのに、厚顔無恥状態で悪工作を行っている者も居る」。

「そんな状態は、徒歩&電車・バス等で出会う工作員たち」も、

「車で外出時に出会う他の車の中の工作員たち」も、

「同様」だ』。

『「摘発されない、公に露呈させられない限り、電磁波工作が続けられてしまう」のは、

「拉致の場合と全く同じ」だ。

「しかも、電磁波工作の場合は、科学技術の進化と共に、より悪の実効も高められて来ている」。

「核やミサイルと同じ実状」だ。

「核やミサイルは、誰にでも良く見える」から、

「見せ球として利用」し、

「その裏で、電磁波工作等の見え辛い工作を連綿と続けて来ている」のが、

「北朝鮮等の実態」だ』。

『「日本国内にも、北朝鮮等の紐付きの者たちが、少なからず居て、実際に、悪工作等を行っている者たちも、かなり居る」のが、

「戦後日本のお寒い実態」だ。

「拉致協力者等を、

北朝鮮に強制送還や強制送致等の厳罰に処さず、

日本国内で、野放しにした事が、

電磁波工作等、

一般日本国民をターゲットとした悪工作を行う者たちを

大量に生み出した事に繋がっている」。

「同じ過ち」は「絶対に、繰り返すべきでは無い」。

「電磁波工作等、悪の工作に手を染めた渡来者たち」は、

「帰化等しているなら、

日本国籍を剥奪し、

祖国・母国等に強制送還・強制送致等すれば良い」。

「根っからの日本国民なのに、反日悪人脈等と組み、電磁波工作等悪工作を行った者たちには、厳罰を与えるべき」だ』。

『「日本政府も与党も、警察も、マスコミ等」も、

「早急に、電磁波工作等に対する実効のある対策を行うべき」だ。

「徹底摘発して、拉致同様、全体像を全世界に公開すれば良い」』。

『「人類が同様の新たな過ちを犯し辛くする為」にも、

「電磁波工作を行った者たち」は、

「その立場や悪質度等に応じ、

永遠の恥辱に染まる道の上に、

はっきりと置くべき」だ』。

|

五輪エンブレム記事には相当こだわっているのか?下からの電磁波が強化されたが・・・。

『「日本乗っ取り支配の為の有益分子の育成と不適応分子の粛清工作等を行い続けて居る、悪工作員連中にとって、五輪エンブレム問題」は、「非常に重要」なのだろう。

「連中にとって一番都合が良いと強く推定されるD案への賛同票」とは、

「有益分子化等が成功している事の証等にもなる」から、

「工作成果評価等にも直結している」のかも知れない』。

『「評価が悪ければ、相応の罰が与えられる」のかも知れない。

「必死に、電磁波工作を強化し続けて来ている様」は、

「本当に哀れ」だ。

「当方は、工作が強化されれば、迷惑だが、

対策も強化して実効が出ない様にする」と「共」に、

「電磁波工作の実態も露呈させ続けるダケ」だ。

「工作電磁波が直進する事を前提にする」なら、

「下方向から、しかも、建物から外れない角度」となれば、

「当方の部屋より下の階の部屋からである事は、直ぐに露呈する」。

「つまり、其処に、そのスジの悪工作まで行っている者たちが住んでいる」のか、

「其処に、そのスジの悪工作まで行っている者たちが、電磁波工作機器等を仕込めているのか」等の

「何れかの事態が露呈している事になる」』。

『「覗き行為等を行い続けて居る」のは「主として、上方向から」だ。

「上方向からも、強い、工作電磁波が当てられる事も結構ある」。

「他の建物からも、強い工作電磁波が当てられる事が結構ある」。

「それらの事態が示唆している事」は、

「個人レベルの悪戯や迷惑行為では無く、集団レベルの工作等である事」だ。

「もちろん、筆者を取り巻いている常駐的悪工作員の正体等」は、

「既に、露呈している」』。

『「日本の警察等や政府等」も、

「個人レベルでもはっきり分かる、

非人道的な、覗き&傷害目的の工作電磁波等という、

悪工作の実態が在る」のだから、

「いい加減に、一斉摘発等するべき」だ。

「また、この様な実態を露呈させないマスコミ等では、明らかに機能不全」だが、

「一部マスコミ等は、悪工作を行っている連中と同じ人脈、もしくは、親しい、もしくは、近しい人脈の様相」だから、

「ある意味、当然の現象なのかも知れない」。

「何れにしても、戦後の日本国内には、平和的で無い悪者たちが少なからず居る実態が在る」。

「一億総活躍の為にも、実効のある対策が、急務」だ』。

|

東京五輪エンブレム問題・・・。

『「日本乗っ取り支配を企んでいる者たちが大好き」なのは「D案」だ。何しろ、「デザインから、取れる意味合い」が、

「朝顔(朝鮮の朝)」の

「花(ハナ=第一)」で、

「1&3(逆読みが大好きな連中にとっては、3.1抗日を連想出来、

上下に並べると、三国人たちが第一を頂くの意にも取れる)」のだから・・・。

「実際に、情報工作が大好きなそのスジの連中」は、

「既に、積極的に推している様相」だ。

例えば、

「本日のテレ朝朝番」では、

「外国人に対する、実質的、誘導質問付きにアンケート」まで行い、

「その結果を、公共の電波上で一方的に流していた」。

「素のままでは、B案が一番多かった外国人アンケート結果」だったが、

「恐らくは、その後の質問として(つまり、この時点で、最初の選択は不利となる)」、

「多くの外国人がDを選択し易くなる事」を「付け足し設定」し、

「D案を選択した外国人が圧倒的に多かった」等とやっていた。

「誘導質問等の付け足しとは、情報工作では良く使われる手口」だ。

「総じると、意味合い的」には、

「2020年には、朝鮮系の者たちによる日本乗っ取り支配工作が実現します様に・・・」等の

「願いや思い等が被せられるデザインとなっている」のが「D案」だ。

「意味合い的に、大きな問題要素が有る」ので「一番避けるべき」は「D案」だろう』。

『「次に大きな問題要素が有る」のは「C案」だ。

「人モチーフのデザインが担いでいる模様」が、

「五輪・・・●五個」&「パラリンピック・・・二本太線」となっていて、

「二本線の方が大きいから、意味合い的には25」となる。

「25とは、朝鮮系の人々にとっては、戦争・戦いの意として思い等を被せ易い」。

「戦争・戦いの結果、

日本(日本に相通じるとも思える二本の太線は、パラリンピックの方)をボロボロ(もちろん、実際は、所謂健常者以上の所謂障がい者の方々も数多くいらっしゃるし、バリアーフリーが当然だが、悪どもの思いの上では・・・)に」等の

「思い等が被せられるデザインとなっている」。

「被せる事が出来てしまう意味合いからも、避けるべきデザインの一つ」だろう。

「今のところのアンケート調査結果」では、

「A案と共に、余り、人気も無い様」だが』。

『「取れる意味合いから、避けるべき要素が有るC案・D案を除く」と、

「ちょっと見では、意味合い的には、すっきりしている様に見える、A案とB案が残る」。

(「逆に、C案とD案はちょっと見でも、意味合い的に問題アリ」。)

「どちらも、悪く無い様に思える」から、

「後は、人気で決めても良い」と思う』。

『「2020年には、日本乗っ取り支配実現」で、

「晴れやかな顔となっているハナ(=第一)満開」とも取れるのが「D案」。

「2020年には、未だ、戦い中だが、チョウ人により、日本側をボロボロにしてやるゾ!」とも取れるのが「C案」。

「2020年には、和(平和)の輪が広がります様に!」とも取れるのが「B案」。

「2020年には、丸(アポイント・約束)の藍(愛)のチェック(ゴール)に向かって飛翔!」とも取れるのが「A案」。

「日本乗っ取り支配人脈の者では無い」のなら、

「取れる意味合いから選択出来るのは、AとBになる」が』。

『「上記の様な要素もある」のに、

「テレ朝朝番では、D案一番推しの様相」だった。

「どんな人脈の者たちが、アンケート調査等し、番組を制作等し、情報配信しているのか?」等々が

「露呈している」・・・』。

『「他のテレビ・ラジオ番組やマスコミ等や企業・団体等々」も、

「東京五輪エンブレム何推しか?」で、

「その正体や傾向等が判る」かも知れない。

「商業デザイン等」の

「そのデザイン等を観た人々」が、

「取れる意味合い」や「被せる事が出来る思い等」は、

「忘れずに考えるべき、重要要素の一つ」だ。

それなのに、

「選考委員も、テレビ・ラジオ・マスコミ等も、この重要要素を十分に言わない」とは

「実質的には、異常事態」だ』。

『「戦後日本社会の健常化・正常化は急務」だ。

「公共の電波を使っている、影響力の大きい、テレビ・ラジオ等の健常化・正常化」は、

「特に急務」だ』。

|

裁きの日は近い・・・。

『「パナマ文書も象徴的」だが「今時、何でもバレる」。「本質的悪事を行っている者たちに対する裁きの日は近い」。

「日本国内でも、未だに、電磁波工作等による不適応分子粛清工作等を行い続けている者たちも居る」が、

「電磁波工作の存在自体が既にバレている」から、

「もはや、恥の上塗りにしかなっていない」。

「そして、更なる工作強化等を行ったところで、

その実効は、

益々本質的悪事を行っているが故の罪と罰が重くなるダケ」だ。

「自覚、自浄等無き悪者たちの近未来の居場所」は、

「既に決まっている」』。

『「問題は、電磁波工作等の悪の工作に気付いていない方々」だ。

「例えば、

家に帰って寝ても、寝辛かったり、疲れが取れなかったり、

携帯やスマホを持って歩くと、何となく、身体が重いと感じたり、イライラしたり、言葉が出にくくなったり、・・・等々する事のある方々」は、

「電磁波工作のターゲットとされている可能性大」だ。

「試しに、寝る時等に、アルミ板等をゆっくり上下左右あらゆる方向に向けてみて、在れば、マイナスイオン等が出て来たりする工作電磁波の有無を確かめてみたり、

携帯やスマホを置いて出たり、電源オフにしたり、した時との差を確かめてみると良い」。

「アルミ板から、マイナスイオンが出て来た事を感知出来たり、

携帯やスマホと別行動や、電源オフ」等で、

「自然と歩く速度が速くなったり、

動き易くなったり、

イライラ等が解消されたり、

言葉がスムーズに出る様になったり、

等々する様」なら、

「ほぼ、確実に、電磁波工作のターゲット化されている可能性大」だ。

「携帯やスマホは、電源オフにすれば、ターゲットから逃れられる場合もある様」だが、

「寝室等の場合は、上下左右周囲を全て、

ある程度の厚さがあるアルミ板等+ホール側対策の厚さのあるビニール等の合わせ板で囲う必要が有る」。

「工作電磁波が強化されたら、対策も強化する必要に迫られる」から、

「大いに迷惑」だが、

「安眠との引き換えになる」から、

「安眠を取る方がマシになる」』。

『「電磁波工作システム事態は、至る所に仕込まれ続けて来て居る」から、

「ターゲット化されている」と、

「例えば、テレビ出演者等でも、言葉が出辛かったりしている場合もある」。

「顔認証等まで悪用されている可能性もある」のが、

「昨今の電磁波工作システムの実態」だ』。

『「もちろん、電磁波工作は無害では無い」。

「動き辛くなる事等からも判る様」に、

「人間の身体の細胞等の働きを電気的に阻害させている実態が有る」から、

「そんな事態に見舞われ続ければ、老化も早く、脳細胞や内臓等々にまで影響が出る」。

「アルツハイマーや、脳溢血や、心不全や、肺炎や、白内障等や、内臓不全や、発ガン等の原因とも成り得ている」のが、

「強化され続けて居る電磁波工作の実効」だ』。

『「こんな事態を放置し続けて居る日本の警察等も、政府等も、明らかに異常」だ。

「今は、一斉完全摘発準備中なのかも知れないが、一刻も早い完全摘発が望まれている」。

「もっと異常なのは、マスコミ等」だ。

「こんなに明らかな工作実態が在るのに、分からないフリや、無い事に・・・等の様相」等では、

「明らかにマスコミとしての機能を失っている」。

「政府等から、余程強い緘口令等が実質的に命令等されてでも居ない限り」、

「逆から見れば、お仲間である可能性大」と「強く推定出来る」』。

『「筆者の知る限り、電磁波工作を行っている者たちには、相応の共通性が在る」。

「朝鮮系であり(日本人やフィリピン人等が工作員の場合もある)、

新興宗教系であり、

特定政党系」だ。

「北朝鮮の拉致問題等との関連性もかなり強い様相」だ』。

・・・・・・・。

『「元々、戦後日本国内に残っている朝鮮系の人々」は、

「終戦直後朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全てが、強制的に帰国させられたのと同様」に、

「終戦後程なく、朝鮮半島に強制的に帰還させられる筈」だった。

「ところが、朝鮮戦争が始められてしまった」ので、

「その様な、日本と朝鮮の公平・平等状態を得る為の必要戦後処理」が「頓挫」し、

「本来の必要処理とは逆」に、

「朝鮮戦争難民としての新たな朝鮮人の大量流入という現象まで起こってしまった」。

「もちろん、朝鮮半島より日本国内での暮らしの方が好きで、平和共存している方々は何の問題も無い」。

「しかし、悪朝鮮人権力者たちは、日本国内に多数居る朝鮮系の人々を悪用して、日本の乗っ取り支配まで画策して来ている」。

「その結果、悪朝鮮人権力者の紐付きの者たち」が、

「日本人との平和共存では無く、

日本乗っ取り支配の為の有益分子育成&不適応分子粛清工作等を

日本国内で行い続けて来ている」。

「朝鮮半島の古からの文化からも、

悪どもは、完全摘発され全てが日の下に曝されるまで、

どんな状態からでも逆転可能・・・とばかりに、悪事を続ける」だろう。

「太陽政策での解決」は「全く、期待出来ない」』。

『「戦後日本の法&摘発体制では摘発困難な手段を長年に渡って連綿と行い続ける事」と、

「子沢山策略」により、

「日本の乗っ取り支配を実現しようとしている様相」なのが、

「そのスジの者たちの実態」だ。

「悪朝鮮人権力者たちにとって」の、

「有益分子の育成と不適応分子の粛清」を

「行い続けながら、

日本国内での朝鮮系人口を増やすべく、

子沢山策略まで行われ続けて来ている」。

「悪朝鮮人権力者が支配出来る日本国内の者の人口割合がある程度のところまで、高まってしまう」と、

「合法的な、日本の乗っ取り支配等も可能になってしまう」』。

『「不適応分子粛清の為」の「具体的な工作手段」が

「飲食物工作(弱毒物や有害物を仕込み続け、接種させ続ける)」であり

「電磁波工作(周波数で特定され辛い上に、壁でも音なら聞えるのと同じ理屈で覗きにも悪用出来、電子とホールの不協和音的ドット波による電離作用等で人体へ傷害を与える実効が高い、縦波ドット波が使われている様だ)」であり

「侵入工作(情報を盗んだり、飲食物等工作を仕込んだり・・・)」であり

「情報・教育工作(利韓・利北朝情報・教育や、日本自虐情報・教育等からも明らか)」であり

「政財界工作(ライバル弱体化や粛清等による、有益分子高確率出世工作等)」等々と言う訳だ。

「それは、終戦処理の不公平・不平等状態故」に、

「日本国内には、悪朝鮮権力者の紐付きの朝鮮系の者たちを多数存在させ続ける事が出来ている反面、

朝鮮半島内には、同様の反撃等が出来る数の日本人が存在しない事」を

「悪用した、狡賢い策略・戦略」だ。

「実効のある対策を行わせない為の見せ球等の役割」を、

「例えば、北朝鮮の核とミサイル等が請け負っている」。

「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」だから、

「北朝鮮には実戦争は出来得ない」が、

「核とミサイルの脅しの裏で、連綿と、乗っ取り支配工作を続けられる」なら、

「長い年月の後には、北朝鮮による日本乗っ取り支配も可能になる」から、

「見せ球&ついでに、資金稼ぎにもなる、中東売り商売の為」に、

「核とミサイルの開発を続けている」のが、

「北朝鮮の実態」だ』。

『「拉致被害者を帰さない・帰せない」のも、

「この工作活動の実態を知っているが故」だ。

「逆から言えば、日本側が、徹底して、工作活動を暴露&摘発する」なら、

「実戦争すれば、アッと言う間に負ける、北朝鮮の悪巧み」は、

「その時点でオシマイとなる」上に、

「拉致被害者を帰さない・返せない理由も無くなる」』。

『「中国経済も落ち目」となり、

「悪どもに対する裁きの日」も、

「どんどん近づいて来ている」。

「中東商売を急ぎたくても、

現状の制裁状態では、

物の移送も容易では無い上に、

バレれば買い手も国際社会から叩かれる」から、

「買い手も、買い辛い」。

「実戦争となれば、アッと言う間に負ける」ばかりか、

「トップの首を取る作戦まで訓練されている」』。

『「今の状態の北朝鮮のトップ」なら、

「工作も核もミサイルも放棄して、

ノーベル平和賞でも狙った方が賢いと思う」が、

「今まで、散々、犬の如く、工作活動等を行わされ続けて来た連中を押さえる事等は、

容易では無い」だろう。

「工作員たちの幹部等を集めて、粛清し、責任を擦り付ければ、出口が見えるかも知れない」が、

「工作員たちの幹部がトップの首を取る方が先になってしまう可能性も決して小さく無い」』。

|

「世界一貧しい大統領」が大宣伝されているが・・・。

『「貧しい人とは、満足を知らない人」等の旨を述べている「世界一貧しい大統領」は「また、母国の経済発展や治安・教育水準の向上を成し遂げたお方でもある」のだそうだ。

「国としての実状が、今の日本とは、全く違う」から、

「同様の手段で、今の日本の状態を良く出来る訳も無い」が、

「貧しい人とは、満足を知らない人」とか、

「昔の日本人は強かった旨」等は、

「大いに、今の多くの日本国民等の心を掴んでいるらしい」。

「また、忘れずに、重要に捉えるべき事」は、

「世界一貧しい大統領」は、

「良く考えるべきの旨」も「述べている事」だ』。

『「満足を知らない事が、貧しい」等と言われて、

「感動等していても、実体としては、一時の感情物語にしかならない、

ばかりか、

下手をすると、日本を痩せ細らせる策略等にも好都合となってしまう」のが

「現実」だ。

「良く考える事」は、

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「良く考える」と言っても、

「普段から、良く考える習慣等があまり無い方々」は、

「何をどう考えれば良いのか」等さえ「???」かも知れない。

「貧しいとは、満足を知らない」旨について「考える」なら、

「満足とは?」

「貧しいとは?」から「始める」と、

「考え易い」と思う』。

『「満足とは?」

「人の欲望」には、

「基本的」に、

「本来欲求」と「代償欲求」が「ある」。

「その中で、実体を持って満足を感じられる」のは、

「本来欲求が充足された時のみ」だ。

「もちろん、生きている人間」とは、

「細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら、

宇宙物理時間の流れとは違う独自の時間の流れの中に

狭義の自分を生存続させ続けている存在」だから、

「生存続の為の本来欲求の充足」が

「狭義の自分を取りまく時空環境変化」や「時の流れ」と「共」に、

「常に必要となっている」。

「呼吸や、飲食や、運動や、休息(睡眠も含む)等々」の「本来欲求の充足」は、

「とても重要」だが、

「本来欲求は、それダケでは無い」。

「地球生命体細胞群を地球外でも存続させる事」でのみ、

「地球生命体細胞群の永い存続も可能になる」から、

「人類も含む地球生命体細胞群の本来欲求」には、

「地球外を存続の為に実用可能にする事」も「含まれている」。

「生体変化、もしくは、進化等により、地球外での存続を可能にする事は、ほぼ不可能」だから、

「地球生命体細胞群自らが、自らの存続の為の環境を地球外に創り出すしか無い」。

「その仕事が出来るのは、現状では、人類だけ」だ。

「宇宙も含む自然界や生物界の実態・実体把握や、

より存続が容易になる環境整備等の為の科学技術の実用化&実使用&進化等々」は、

「人類としての本来欲求の重要な要素」だ』。

『「乗り物の進化等を考えても判る」様に、

「科学技術が進化すれば、よりその実用による危険も増す」。

「進化した科学技術に基づいた製品を安全に使う為に必要になる」のが、

「精神文化の進化」だ。

「精神文化を進化させ続ける事」も、

「人類としての本来欲求の重要な要素」だ。

「時間の流れと共に、本来欲求は、常に新たに、生まれ続けている」。

「そして、その時々、本来欲求の充足により、安堵出来る時を持てる」。

「実体のある満足」だ』。

『「代償欲求」には「充足があり得ない」から、「実体のある満足も無い」。

「例えば、

本来欲求で必要な飲食物が得られ無い時等に、

タバコ等で誤魔化し続けようとする事」等を

「考えれば、

代償欲求の追及上には、

実体のある満足など在り得ない事」が

「誰にでも、良く分かる筈」だ。

「本来欲求の自己確認欲や自己承認欲」とは、

「その時の周辺時空環境」と、

「狭義の自分の存続」が

「整合性を持っている事を確認出来たり、

周辺時空環境に狭義の自分が承認されている実感を得たりする事」を

「欲している事」だ。

「ところが、その代償欲求に過ぎ無い、

他の者・物・事を利用した自己確認の代償欲求の追及や、

他の者・物・事からの承認」等の

「追及に奔走してしまっている状態の人々」が、

「現状人間社会には、うじゃうじゃ居る」。

「そして、互いに、{自分を認めろ!}等とやり合っているから、

現状人間社会は、混乱だらけ状態になる」のも、

「至極当然」だ。

「人類誰も」が、

「自らの本来欲求」に、

「真摯に、或いは、強欲に、向き合い、

精神文化を正常進化」させて、

「本来欲求と代償欲求の区別くらい自覚」し、

「本来欲求の充足を主」に、

「代償欲求の追及は遊び程度にする事」が、

「科学レベルで判明した実体や事実・現実を実用しているが故に、

急速に進化し続けている物質文明を持つ

今時の人類」が「絶対に必要な事」だ』。

『「欲を抑えたり、欲張りにならないダケ」では、

「地球生命体細胞群の本来欲求である存続~永続という基本問題」が

「解決する訳も無い」。

「本質や実体を理解・把握した上」で、

「物質文明側」も、

「精神文化側」も、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」で、

「正常進化させ続ける事」でのみ、

「この基本問題は、解決出来得る事になる」』。

『「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性がある者・物・事に対して」は、

「欲張りでも、強欲でも、良い、

否、むしろ、欲張りや強欲であるべき」だ。

「抑えるべきは、代償欲求の過剰追及」であり、

「本来欲求の追及では無い」』。

『「本来欲求と代償欲求の区別さえ満足にしていない論やスピーチ」では、

「今時の先進国社会」では、

「実体として、もの足りない」のが、

「現実」だが、

「上辺の言葉で人々の感情を煽る事が大好きな様相のテレビ・ラジオ・マスコミ等の

精神文化の正常進化を遅滞させている様相の者たち」には、

「大いに好都合の様」だ。

「そんな者たちの都合で操られてしまっている様相の方々」は、

「世界一貧しい大統領が言った様」に、

「良く、考えるべき」だ』。

|

「北島五輪落ち抗議」で益々正体バレバレの尾木ママ・・・。

『「言うまでも無く、尾木ママとは、テレビ常連出演者」だ。「はっきり言えば、テレビ常連出演で無ければ、果たして、現状程の有名人利権等を得ていたのか???のお方」だ。

「実」は、

「尾木ママの北島五輪落ち抗議」も

「多くの方々が、尾木ママの抗議に反論」も、

「精神心理的には、同じ問題を内包している事」だ』。

『「当ブログでは、以前から、何度も記している」。

「人にとって覚えた者・物・事は自分の一部となり易く、

覚えた者・物・事の否定(今回の北島オリンピック落ちも否定の一つ)」を、

「自己否定と思い違いして捉え易い」。

「その反動形成」として、

「自分が覚えている者・物・事が自分意に沿わぬ言動等を露呈した場合」には、

「攻め・責め易くなる」。

「今回の尾木ママ攻め・責め」も、

「せっかく覚えて、自分の一部にしたのに、何だ!!!」と「言う訳」だ』。

『「ここで、多くの人々が気付くべき」は、

「悪戯に有名人等をつくり出し、多くの人々に覚えさせる事の実害」だ。

「当ブログでは、何度も何度も、テレビ常連出演等は止めるべきの旨訴え続けて居る」が、

「その主たる意図」は、

「有名人利権の悪用を防ぐ為」であり、

「多くの人々から、上記の様な害は排除させられるべき」と「考えているから」だ』。

『「人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性を取った上」で、

「有名となる実体・実態が無い者・物・事を有名にする事の実害」は、

「かなりのモノ」だ』。

『「北島選手の場合は、過去の実競技においては、相応の実績や有名人化する実体を残している実態が在る」が、

「今の実績としては、五輪出場権を得る事を得ていない」のが、

「実態」だ。

「尾木ママの有名人利権等の実体・実態」は、

「上記の通り」だ』。

『「尾木ママの意見が優先されるべき実体」は「無い」が、

「本来、何の権限も無い、個人レベルの、シロウト意見に過ぎない、尾木ママの意見自体」を

「大衆が攻める・責めるべき実体」もまた「無い」。

「問題は、何の権限も無い、個人レベルの、シロウト意見であるべき事」を、

「テレビ常連出演等により、有名人化された者が述べた場合」の

「反応や出来事」だ。

「同様の事態は、政治・政策問題でも生じている」。

「有名人化された者たちによる、例えば、反自民等&民進等推し等の悪影響」や、

「有名人化された者たちによる、例えば、反原発(日本のみ)等&太陽光発電推し等の悪影響」は、

「計り知れない」』。

『「現状日本社会の情報・教育等の健常化・正常化が求められる所以」だ』。

|

ゾンビ・アニメ等問題・・・。

『「作者亡き後も、作者が創ったキャラクターやスジパターン等を利用して、次々と、新たな作品が生み出されているアニメ等が在る」。

「まるで、ゾンビの様」だ。

「サザエさん」も「ドラえもん」も「クレヨンしんちゃん」も「アンパンマン」等々も、

「今は、皆、ゾンビ・アニメ状態」だ。

「そして、ゾンビ・アニメ商売」は「結構、稼げている場合が多い」。

「大衆に受け入れられる新たな原作者や作品等を見つけ出す仕事」は、

「かなり大変」だが、

「既に、大衆に受け入れられたモノの延長線の商売」は、

「結構、安直に出来てしまう」』。

『「もちろん、筆者は、ゾンビ・アニメ等は、基本的に見ない」が、

「親子世代等のどちらもが、知っている事ともなる、ゾンビ化の毒メリット」に

「毒されてしまっている人々も、決して少なく無い様」だ』。

『「作者亡き後も、一人歩きさせられているキャラやスジパターン等」が、

「原作者の知り得ないところで勝手に変更されている」なら、

「原作者を冒涜している事になる」から、「当然」だが、

「基本的に、

ゾンビ・アニメ」は、

「キャラも変わらず、

スジパターンも同様になっている場合がほとんど」だ。

「キャラもスジパターンも同様と言う事」は、

「基本的に、精神文化の進化無し状態」という事でもある。

「そんなモノを流行らせるより、

精神文化の正常進化を誘う、

新たな作品等を発掘し、

流行らせるべき時代」なのに・・・』。

『「もちろん、作者が亡くなる前」に

「作者の死後の契約」等として、

「キャラやスジパターン等の利用~発展等を望んでいる場合も皆無では無い」だろう。

「しかし、ゾンビ・アニメ等の多く」は、

「作者の死後、遺産相続人等、権利を相続した人たちとの合意の上」で、

「色々な商売が成されている」』。

『「一番悪質と感じる」のは、

「本来の重要な仕事である、

精神文化の正常進化への貢献等を疎かに、

安易な商売で稼ぎ続けようとしている者たち」だ。

「そして次は、ゾンビ・アニメ等を許容する、読者・視聴者等」だ。

「読者・視聴者等が、ゾンビ・アニメ等を許容する」なら、

「原作者が売り手にとって都合の悪い者・物・事等を描こうとしたら、

売り手等が原作者を粛清して、

その後、ゾンビ・アニメ等で稼ぐ事等まで、

出来る様になってしまう」。

「そんな悪事まで、知らず知らずの内に、許容してしまっている」のが、

「スパイ・工作活動等への実効のある対策が無い、戦後日本社会の中の、ゾンビ・アニメの許容」だ。

「更に、

原作の印税等だけでも、

結構な額が在ると強く推定出来る場合が多い、

権利相続者等も、

決して褒められた状態では無い場合が多い」。

「原作の印税等の上に、

ゾンビ・アニメ等に対するゴーサインで、

更なる金満状態を得ようとする・・・」等とは、

「如何なモノか?!」』

『「ゾンビ・アニメ等化され易い作品には、共通点が有る」。

「キャラも、基本のスジパターン等も、基本的に進化しない事」だ。

「時代劇同様、同じキャラが、同じパターンを繰り返す事等を売りと出来てしまっている作品」が、

「ゾンビ化され易い」。

「進化のあるタイプの作者の作品の場合」は、

「新たな技術でつくり直されたりする事で、繰り返し原作が伝えられる事等はあっても、

ゾンビ化され、一人歩きさせられる事は、極稀」だ。

「しかし、原作とほぼ同じスジ内容等の繰り返し」では、

「多数の消費者の心等は、掴み辛い様相」で、

「集客・集金商売としての実績」では、

「圧倒的にゾンビ・アニメの方が上になっている」のが、

「ゾンビ・アニメを許容している人々が多い人間社会のお寒い実状」だ』。

・・・・・・・。

『「当ブログの内容」には「実質的、悪者たちにとって、都合の悪い内容も多々含まれている」。

「悪どもは、筆者を粛清した後、都合の良い部分だけ、まるで、悪どもが生み出したかの如く風潮して悪用するつもりかも知れない」が、

「無駄」だ。

「何故なら、当ブログの多くの記事の基本鍵」は、

「実体や事実・現実の探求だから」だ。

「多くの人々が、既に、実体や事実・現実の探求無しでは、出て来る訳の無い実態を知っている」。

「もはや、上記の基本鍵は、多くの人々が保持し、使用している人々も少なからず居る状態」だ。

「どんなに悪どもが、

悪ども初発等を風潮しようとしても、

実体や事実・現実を探求する道の上で、

全てが露呈する事になる」。

「有益分子育成や不適応分子粛清工作等の愚かさが益々露呈」し、

「悪どもは、永遠の恥辱の上に置かれる事になる」。

「筆者にまで実効の高い実害が及ぶ様」なら、

「最終的には、

正常進化阻害に力を持たせた人間社会自体も裁かれ、

地球自体が消滅する事になる」』。

『「悪どもは、何時まで、劣悪な事を続けるつもりだろうか・・・」。

「基本的に無駄な事なのだが」・・・』。

|

テレ朝朝番では、「歩きスマホ」や「民進党政調会長の政治と金」を問題にしていたが・・・。

『「歩きスマホ」は「危険」とは「もはや、言うまでも無い事」だろう。「危険だから止めましょう」等では、「まるで、幼児に対する道徳教育の様」だ。

「少々の理由を付けたところ」で「その実体は変わらない」。

「テレ朝等で優等生ぶっている連中」は、

「視聴者を幼児扱いしている」のかも知れない』。

『せっかく、

「何故、歩きながらスマホを使用するのか?」の「調査結果まで得ていて」、

「幼児に対する道徳レベルの事しか言わない・言えない常連出演者等」では、

「いったい、その何処に、

公共の電波上の常連出演で有名人利権を製造~維持~増大させたり、

毎度・毎度出演料等を貰ったり、

・・・する正当性が在るのか?」』

『「特定極一部の者たちのみが何処の局でも蔓延っている、常連出演等を止めさせれば、

常連出演者等に依存させられている人々」は、

「依存先を失う悪影響???を受ける」が、

「蔓延っている常連出演者等による、偏向論や偏重論の一方的大量配信」や、

「実質的に、過分な立場・報酬・権力等を得ている状態の人々」を

「公共の電波上で視聴者等に一方的に見せつけ続けられている事」の

「悪影響」は「解消出来る」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事に有益な情報」は、

「依存させられる特定極一部の者・物・事(論も含む)の押し売り等」では

「断じて、無い」。

「過剰な偏向・偏重等の無い、

科学レベルで判明している実体や事実・現実等の情報等」だ』。

『「歩きスマホの訳」から、

「判明してくる事」は、

「歩きスマホの問題」も、

「そのかなりの割合」が、

「他の者・物・事を利用した、

自己確認の代償欲求の追及に奔走している状態の人々による事である事」だ。

「逆から言えば、

自分で自分を健康にコントロールし続け、

自己確認の本来欲求を充足させながら生活している人々」には、

「自己確認の代償欲求追及故の歩きスマホをする必要が無い事になる」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事に有益な情報・教育等が蔓延し、

多くの人々が自分で自分を健康にコントロールし続ける事」が「普通」になれば、

「歩きスマホ問題」でも、

「そのかなりの割合の原因が解消」し、

「歩きスマホ状態の人々も減る事になる」』。

『「歩きスマホ問題」で、

「次に多かった原因」は、

「内実では、実生活上の必要に迫られて」だった。

「例えば、仕事上等で、その時必要なメール・ライン等や、行き先ナビ使用時等が、それに当たる」。

「この中で、行き先ナビ使用時等の場合は、音声ガイダンス等で、スマホ自体を見つめ続ける必要性を排除出来る」。

「行き先ナビ使用時等」に、

「確認の為、立ち止まるのが嫌なら、片耳イヤホンで、音声ガイダンス」が「適切」だろう。

「かつて、今は無き、アイワの超小型(当時としては)のカセットテープレコーダー(モノラル)を持ち、片耳イヤホンで、音楽を聞きながら、電車や歩きで散歩を楽しんでいた筆者」は、

「ステレオのウォークマンが出た時、ステレオなら尚、楽しいかも・・・と思い、実用してみたら、両耳が音楽状態となった事で、車内や街の感が阻害され、全然楽しめなくなった」。

「楽しみ感には、その時、その場の、危険察知感も含まれている」。

「安心出来ない散歩は苦役でしか無い」ので「両耳ウォークマンの散歩は試したレベルでヤメ」となった。

「今時の技術」なら、

「外の音を入れる割合を調整する事も簡単だから、

行き先ナビ使用時等、両耳イヤホン・ヘッドホン等で音声ガイダンス等使用」も、

「必要十分に、外の音を入れる機能が在る」なら、

「適切」になる。

「仕事上等で、その時必要なメール・ライン等」なら、

「立ち止まり、

安全な場所で落ち着いて返信や送信した方が、

ミス等も少ない筈」だ。

「歩きながらが必要になっている場合とは、

余程の急用時に、

偶々、どうしても、その時その場で返信等しなければならない事態が起きた場合くらい」で、

「極稀」になる』。

『「多くの人々が、歩きスマホを卒業」し、

「極稀に必要に迫られて歩きスマホをせざるを得ない人が居る状態」なら、

「周りが避ける」も、

「かなり成立し易くなる」。

「現状では、歩きスマホ人口が多い」から、

「周りが避ける」は、

「その人の願望でしか無い」』。

『「歩きスマホは、危険だから止めましょう」等と「言ったところ」で、

「多くの歩きスマホを行っている人々」は、

「そんな事は、既に、分かって居る」。

「だから、今は、{出来るだけ}危険を避けながら、

危険を避けて(いるつもりで)使っている等」と

「思い、心の内等で反論し、状況は余り改善しない」だろう。

「今時の成人として、理解・把握しているべき、

実体把握や、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事等」抜きの、

「視聴者を幼児扱いしているのかも知れない、実質的、おバカ論等」を、

「優等生ぶって言っていたりする、常連出演者等の厚顔無恥な言動等を

一方的に見せ付けられ続ければ、

多くの視聴者の中」で、

「精神文化の正常進化を誘わず、

むしろ、精神文化の劣化を誘う状態が生まれてしまっている可能性さえ

結構、大きい筈」だ』。

『「他人を支配し続ける為には、他人より上に立ち続ける事が必要になる」。

「他人より上に立ち続ける為に、

現状で優位な立場を得ている者たち」が、

「大衆愚民化等の工作を行い続ければ、

・・・そんな状態の人間社会は、どんどん劣化し、

他国との差が広がって行き、

最終的には、他国に支配される状態となる」』。

『「例えば、

朝鮮半島等の古からの文化や歴史等の実態等から学んでいる」なら、

「そんな愚行は繰り返さない」だろう。

しかし、

「血統・民族主義者たち」は

「未だに、

朝鮮半島等の古からの文化こそが、

一番エライ等と思い込みたがり、

他の者・物・事を支配し続ける劣悪業に奔走している」。

「そんな悪業」が「戦後の日本国内では、至るところで起こされて来ている」。

「大衆愚民化・自虐化・無害化等の情報・教育」や、

「有益分子の育成&不適応分子の粛清の為」の

「飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々の戦後の日本の法体制や摘発体制では摘発困難な悪事」等を、

「未だに、行い続けて居る劣悪な者たち」は、

「一刻も早く、その全てが、露呈させられ、相応の罰等を受けさせられるべき」だ』。

・・・・・・・。

『「民進党政調会長の政治と金の問題」では、

「常連出演者等」が、

「何としてでも、

自民党等の大臣や議員等の問題より

だいぶマシな

イメージ」を

「視聴者に覚えさせ様と必死の様相」だった。

「どう考えても責めざるを得ないところは、一応責め、

イメージとしてより小さな問題として訴えられる事は、

積極的に配信」していた。

「選挙とは、実質的には、比べっこ」だから、

「例えば、現与党よりマシなイメージを保てる」なら、

「その分、現与党以外に票が流れ易くなる」。

「実質的には、

現行法&現行の摘発体制では摘発困難なソフト・テロ、或いは、不適応分子粛清工作同様の、

{ソフトな大衆誘導}或いは、有益分子育成工作が

行われている状態」だ。

「実際、政治と金の問題」は、

「与党にしても野党にしても、

ダメな事はダメで、

何れが、五十歩であるのか?などどうでも良い、

五十歩百歩の問題」だ。

「今回の民進党政調会長の問題で言う」なら、

「領収書が在れば、違法として摘発されない(だろう)から良いでしょ!」と言わんばかりの、

「他人の領収書集め」という「古典的な手段」による「四百万円以上もの不当支出」だった。

「全てを秘書の責任」として「収拾させようとしている事」も、

「与党・野党問わず、政界で、何度も繰り返されている古典的な手段」だ。

「散々、秘書の責任=議員自身の責任等の旨、公言して来た者」の、

「秘書の問題???」では、

「片付けられない事」は、

「多くの有権者の共通認識」だろう。

「一部報道による」と、

「他人の領収書が大量に在った」のは、

「切られるトカゲの尻尾的立場に追い込まれている様相の元秘書在籍時」だが、

「該当秘書が辞めた後にも、{他人の領収書の手口}が、散見されている」との事だ。

「実際は、{トカゲの尻尾}元秘書ダケの問題では無い」が、

「その秘書を大胆に責める事」で、

「実質的には、自らの監督責任の追及に対する盾する」と「共」に、

「被害者ぶって、自らも、他の秘書も、庇っている様相の政調会長」では、

「どれだけ信頼に足るのか???」

「国会等での追及ぶりからも明らかな様に、他人に厳しく、

今回の問題の処理の仕方からも明らかな様に、政調会長自身や身内に甘い資質」が

「露呈している」。

「現状では、政調会長続投宣言をしている」が、

「そんな政調会長を頂く民進党」では

「いくら、お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が応援しても、無駄」だろう』。

『「トカゲの尻尾に、相応の裏金等が与えられるのか?」

「抹殺・粛清等される事になるのか?」からも、

「議員と、トカゲの尻尾、双方の、資質や実体等が露呈する事になる」から、

「今後は、その辺りにも、要注目」だろう』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界の健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

韓流マスコミ等では未だに「ナンバー1になる為には、弱者から・・・」等と千年も前の戦略を今の世の中で蔓延らせたがっている様相だが・・・。

『「物質文明面でも精神文化面でも、科学レベルで判明していた者・物・事が,、今時に比べると圧倒的に希薄だった時代」では、「人が人に依存する割合が高く、その結果として、支配権争いも人同士の支配権争いとなっていた」。

「そんな時代では、それぞれの人間集団等」が、

「武力使用まで含む命がけの比べっこの結果」に基づき、

「血統等を軸に特定の者を中心にした形で作られていた」。

「中心の者には、他の人々を圧倒する大権が与えられていた」。

「人依存状態の世の中で、特定の人が他の人々を支配する為に必要だった」のが、

「特定の人のみが持つ大権」だ』。

『「人依存の割合が高かった時代」では、

「中心人物とその取り巻きを殺す事も含めて、排除すれば、

配下の多くの者たちの支配も容易」だった。

「配下の者たちとは、中心人物等に依存させられていた人々だったから」だ。

「他の集団を支配する事を極めて行く為」には、

「弱い(=勝てる)集団の支配から行う事が合理的になる」のは、

「至極当然の事」だ。

「弱小集団に勝ち続け、支配権を広げて行けば、いつの間にか、結構な大集団の支配者となれる」のも、

「至極当然の現象」だ。

「そんな手段で大集団の支配者となり、

他の大集団に勝てる状態となったら戦い、

勝つ事」で、

「人を支配する事を極めれば、ナンバーワンになれた時代」とは、

「過剰な人依存状態だった古の時代」だ。

「日本では、そんな時代は、大雑把に言えば、千年も前」で、

「当然、とっくの昔に、過去のモノとなっている」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実がどんどん実用出来る様になって来ている事」で、

「その後の人間社会は、大きく様変わりして来ている」。

「依存出来るモノが、人や自然や他の生物等ダケでは無くなり、より高性能な武器・道具等や、金や、物品等にも広がった」。

「そして、依存は、依存でしか無い事まで、理解・把握出来る人々の数も急激に増えて来ている」。

「もはや、特定極一部の人に過剰な大権を持たせ、その人に頼る事を必要とする人々は、圧倒的少数派」だ。

「今時の人間社会で、

人依存&人支配の構造を実用している」のは、

「独裁者を頂く北朝鮮や独裁政権である中国共産党支配下の中国等の遅れている国々」くらいだ。

そして、

「日本国内を、北朝鮮や中国共産党支配下の中国の様にしたい連中」もまた、

「古の時代の戦略・策略等が大好き」だ』。

『「もちろん、言うまでも無く、

科学レベルで判明している実体や事実・現実が結構豊富にある今時の人間社会の多く」では、

「もはや、人依存の割合も低く、人ダケに多大な権力等を与える事も無い」。

「真の民主主義の基本構造」は、

「単なる民による多数決では無く」、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に権力を預け、民がそれを共有する事」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に権力を預ける事が出来る状態」で有って

「初めて、民主主義社会の民と成り得ている」のが「現実」だ。

「そんな民主主義社会の民にとって重要な事」は、

「他人支配では断じて無い」。

「自分で自分を健康にコントロールし続けながら、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を、

自分の考えや思い等より優先して認め続ける事」だ。

「他人を支配する事等を考えている暇が有る」なら、

「より人類誰もの実体やその実体の本来の目的と整合性が高い、

科学レベルで判明する実体や事実・現実」を、

「探求し、

見つけ出し、

或いは、つくり出し、

それらを実用して、

より良い製品等をつくる事を考えたり、行ったりする方」が

「ずっと利に適っている」』。

『「多くの読者等」に、

「古臭い、とっくの昔に終わっている戦略や策略や精神構造等を、考えさせ、覚えさせる事」で、

「今の日本社会の中」に、

「実質的に足を引っ張る状態の者たち」を、

「大量に生じさせようとしている様相」の、

「実質的、情報工作等」には、

「くれぐれもご用心!」』

『「今時なのに、人同士の支配権比べっこを行いたい人々」は、

「未だ、その様な精神構造を元に、国家運営等まで行っている様相」の

「独裁者を頂く北朝鮮」とか、

「独裁政権である中国共産党支配下の中国」等々の

「他国でやれば良い」。

「真の民主主義状態に少しずつでも近づけようとしている人々」が、

「沢山居る日本社会の中」では、

「邪魔者・迷惑者以外の何モノでも無い」が、

「未だ、人支配構造の北朝鮮や中国共産党支配下の中国でなら、

同士・同志等と捉えてくれる人々の数も、

結構居る筈」だ』。

|

ニューズ・ウィークでは「中高年等がキレる理由」の後を、恥じらいも無く知りたがっていたが・・・。

『「マスコミとしての立場も報酬も相応の権力も保持していながら、実に情けない実態を露呈していた」。

「コレだから、現状の文系はダメ」なのだ』。

『「人は何故キレたりするのか?」

「その時々の狭義の自分の実体と、

その狭義の実体を取り巻く狭義の自分自身の認識等も含む環境等との間で、

現状打破したくなる程のストレス等を感じ、

その処理方法として、

キレる事を選択する/出来るから」だ。

「キレる事に関する、この基本構造」は、

「年齢を問わず同じ」だ』。

『「ここで、少し考えるなら、誰もが気付く筈」だ。

「例えば、中高年の狭義の自分自身の認識が、どの様にして育成されているのか?等を」。

「現状人間社会の中での生活時間が長い故」に、

「現状適応を望まれ/強いられ、

現状適応に応える/応える事を望まれて来た(が、応じていない場合もある)事で、

相応の立場・報酬・権力等を保持出来て/出来ずに来た実体験も多く持つ、

中高年」にとって、

「現状適応と現実適応のギャップ」は、

「既に、内在している狭義の自分自身のストレスとなっている」。

「つまり、現状脱出欲動の元が、成育時間相応に育成されている」のが、

「中高年」だ』。

『「今更、改めて、言うまでも無く、人類誰もの狭義の自分のエネルギー実態として」は、

「圧倒的に、無意識>意識」だ。

「どんなに意識化が大きくなっている人でも、その割合は、意識側3割にも満たない」。

「無意識内で育成されている現状脱出欲動の元」が、

「意識出来る者・物・事等によって、容易に、暴発させられる事」は、

「極当たり前の現象に他ならない」』。

『「現状脱出エネルギーがある程度以上蓄積されていれば、

ちょっとしたキッカケで、その暴発が起きる」のも、

「至極当たり前の現象」だ』。

『「中高年に限らず、人がキレる構造」とは、

「上記の様な構造」だ。

「人がキレる理由」等を

「現状の多くの人々が大好きな上辺に拘って記し、

発表等する事で、

集金等している者の論の浅さ」は、

「今更、言うまでも無い」だろう』。

『「ちゃんとした、理解・把握が出来ている」なら、

「キレる事の抑止法を考え・実行する事も簡単」だ。

「現状脱出エネルギーを過剰に蓄積しない/させなければ良いダケ」だ。

「現状人間社会の現実離れを直す事」も「もちろん、有効」だ。

「多くの人々の、狭義の自分のより多くの割合を意識化する/させる事」で、

「狭義の自分のより多くの割合をより深くから、健康に、意識的にコントロールする/

させる事も有効」だ。

「精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する/している」なら、

「上記程度の事は、極当たり前の話し」だ。

「逆から言えば、この程度の事さえ、ロクに解っていない連中」が、

「情報・教育等の精神文化側の分野で、過分に蔓延れている」のが、

「現状のお寒い人間社会の実態」だ』。

『「ニューズ・ウィーク等も、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたく無い」のなら、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した製品(原稿等)を上げられない著者等」に、

「過分な原稿料等を支払って、原稿等を書かせ提出させてたりしている悪態」は、

「直ちに是正するべき」だ』。

|

少女誘拐監禁犯が影響を受けたのは「女子高生アニメ?源氏物語?それとも・・・」・・・。

『「先ず、過去の者・物・事をその時代の人々も含む実体・実態把握抜きに、今時の感覚で、理解・把握・利用等する悪態」は、「避けるべき」だ。

「学校教育でも、その時代の実体把握抜きに、源氏物語等を教える事」は、

「悪行以外の何ものでも無い」』。

『「時代の実体把握抜き」に、

「今時の人間として、

源氏物語を知ったり、読んだり、解釈したり、映像化等したり、等々すれば、

上辺をどんなにロマンティックに脚色しても、

内実は、何でもアリ、性欲・淫乱等オンパレード等として、

理解・把握されても何の不思議も無い」。

「当時の人々の物質文明状態や精神文化状態を十分に理解・把握した上」で、

「源氏物語を読んでこそ、

源氏物語の実体に近づける」』。

『「ところが、日教組等の教師も居る、学校教育」では、

「売春が合法仕事だった時代の従軍高報酬売春婦を

従軍慰安婦問題として、

今時の人々の感覚で捉えさせ、

人権問題面等ダケを強調して、

政治利用等出来る状態にする」のと、

「同様の、マインドコントロール的悪行」が「行われている場合もある」。

「その時代の実体把握等と切り離して、源氏物語ダケを教える教育」は「本当に酷い」。

「そんな学校教育等の悪影響がある」なら、

「容疑者の場合」でも、

「酷い妄想や思い込み等を煽られている可能性」は、

「十分にある」』。

『「女子高生アニメ」は「昨今の作品」だ。

「だから、今時の人々としての解釈等が、そのまま、ほぼ実体通り・・・等となる」。

「よって、問題とされるべきは、その内容」だが、

「果たして、容疑者が好きだった女子高生アニメ等に、それ程酷い内容が在るのか???」

「多くの女子高生アニメ等と同様」に、

「容疑者が好きだった女子高生アニメ」でも、

「そんな酷い内容は、無い」だろう』。

『「少女等が主体のアニメ」には、

「ほとんどの場合、一つの重要な要素が有る」。

「それは、

少女等に限らず、色々なタイプの主人公等が居る、

映画やドラマや小説や音楽等」でも、

「多く在る事」だ。

「異性心を掴み、性欲等を煽る等の、要素が盛り込まれている」』。

『「もちろん、それらの作品の多く」は、

「性欲等を煽る事が主題では無い」から、

「その要素もそれなりに、抑制的である場合が多い」。

「問題」は、

「上辺のモチーフだけを独り歩きさせる人々も居る事」だ。

「ある女子高生アニメの女子高生等の姿形や性格等が好きで、

そのアニメ本来のストーリーとは別の身勝手なストーリー等を妄想する人々も生む」のが、

「女子高生アニメ」だ。

「もちろん、そんな事態は、映画でも、ドラマでも、小説でも、音楽等でも、変わらない」』。

『「マスコミ等が、この本質的精神心理問題を言わず、女子高生アニメ等ダケを責める」のは、

「映画やドラマや音楽等とマスコミ等が近しいが故」の、

「ライバル非難等故」だと「強く推定出来る」』。

『「容疑者の本質的精神心理~歪んだ思想等の問題」は「何故生じたのか?」

「女子高生アニメ等、上辺のツールだけを問題にしても、問題の本質は分からない」が、

「上辺のツールだけを問題にしたがる人々は、決して少なく無い」。

「この現象が示している事」は、

「自分の本質的精神心理等の問題を探求する事を避けたがっている状態の人々」が

「決して少なく無い事」だ。

「容疑者等、他の人々の本質的精神心理等の問題を探求する事」は、

「同じ人類である、自分の本質的精神心理等の問題を探求する事にも直結している」』。

『「該当容疑者の精神心理上の詳しい考察は、ここではしない」が、

「一つの問題の本質」は、

「上辺にダケ偏重状態の人々」が、

「つくり出し、維持し続けようとして来ている

現状人間社会の基本スタイル」だ。

「特に精神文化側で、

根本的には、浅い部分からしか、

科学レベル以上で整合性を取っていない、

現状の人間社会で産まれ育つが故」に、

「ある程度の確率で、容疑者の様な人間も生まれてしまっている」のが、

「現状人間社会のお寒い実態」だ』。

『「問題解決の為に行うべき事」は、

「以前から、何度も記している通り」、

「人類誰もが、自らの精神文化を、科学レベル以上に正常進化させる事」だ。

「その為に有益な情報・教育等」が、

「本質的に、求められている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等も、学校教育も、政治も、経済も、映画も、ドラマも、アニメも、小説も、音楽等々も、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

より良い製品を生み出し、

多くの人々が実用する事が、

求められている」』。

|

飲食物工作も極所激化化している様で・・・。

『「未だに、電磁波工作にせよ、飲食物工作にせよ、侵入工作にせよ、工作活動を行い続けて居る連中」による「工作実態は、より悪化している」。

「飲食物工作でも、

外食産業等店員・アルバイト等仕込みや、

工場内不手際のフリ等仕込み等々」が

「それこそ、後でバレて摘発されてもかまわない的に、つまり、ヤケ気味に行われている」。

「未だに、工作活動等を行い続けて居る連中」は、

「かなり追い詰められている様相」で、

「恐らく、もっても、今年いっぱいくらい・・・のレベル」だろう。

「その前に、実効を上げないと、粛清等が待っているのかも知れない」』。

『「元々、勝ち目の無い策略に基づいて、工作活動を行わせられ続けて来ている」のだから、

「未だに、悪の飼い犬状態から抜け出さない連中」は、

「実に哀れ」だ・・・』。

|

タックス・ヘイブン問題・・・。

『「現状経済システムも、政治等も、既に、破綻状態に在る事が良く判るでしょ!」

「経済学者も、政治学者等々も、ちゃんと仕事しなさい!」

「精神文化側でも、物質文明側同様、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用してより良い製品(政治も、経済も、テレビ番組等々も、精神文化側の製品)をつくれば良いダケです」』。

|

テレ朝朝番では、旧社会党性はバッチリでも社会性は???の様相の連中が高齢者犯罪をダシに独居老人等の社会性の無さを問題にしていたが・・・。

『「社会性」とは「いい加減な概念に過ぎ無い」。「例えば、ある特定人脈にとって、社会性が有る者」とは、「その人脈にとっての有益分子」だ。

「その人脈にとって都合の悪い者たち」には

「不適応分子等のレッテルが貼られたり、

○○は社会性が無いから、

社会(=特定人脈)との接点を、

持たせなくては・・・(持たせて、有益分子化教育等しなければ・・・)」等の、

「特定人脈による他の者たち支配の為のインチキ論」が、

「上辺ダケは、優等生・紳士的に、平然と、大宣伝されたりする」。

「社会とは?の定義無き社会性」は、

「往々にして悪用されている」』。

『「人類が、

自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が有る、

多種多様な価値観を共存させながら、

人間社会を構築している」なら、

「そんな人間社会を元にした、社会性にも、相応の本質的な正当性が生まれる」。

「ところが、

現状では、

何処の国でも、

自分で自分を健康にコントロールする代わりに、

他の者・物・事の支配/被支配を積極的に行いたがっている実質的迷い子状態の者たちが、

武力・金力等の比べっこに基づいて、支配構造を築き、

支配者側が自己正当化の為に、

{社会}適応を強いている状態」だ。

「そんな{社会}適応」の「実体」は、

「支配者適応に他ならない」。

「自分たちこそが、支配者となるべき等と考えている者たち」は、

「支配者適応を社会適応等と嘯き、他人に強いる事が大好き」だ。

「特定人脈にとっての有益分子が多数派となれば、その特定人脈による支配が可能になる」』。

『「本来行うべき事」は、

「現状社会に適応出来ていない者たちを有益分子化する事では無い」。

「自分の実体やその実体の本来の目的から、余りにも乖離し過ぎている状態の現状人間社会」を、

「より自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い状態に正常進化させる事」だ』。

『「人間社会を正常進化させる為」には、

「人間社会のベースとなる狭義の自分のコントロール状態の健常化」が

「最初に必要となる」から、

「先ずは、狭義の自分のコントロール状態を健常化する為に有益な情報・教育等が重要」だ』。

『「狭義の自分を健康にコントロールする代わりに、

他の者・物・事を支配・コントロールしたがっている様相満載の

テレビ常連出演者等」による

「旧社会・共産圏の文化そのままの様」な

「上辺の言葉で、社会性を求める、

内実、特定人脈にとっての有益分子化等の、

実質的、情報工作等」が、

「今時のテレビ情報として、適切では無い事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「具体的に言う」なら、

「社会性を求める事が先」とは

「現状適応、もしくは、現状社会の支配者となろうとしている者たちへの適応」を

「要求している、実質的、悪魔の誘い」だ。

「現状社会の実体との整合性の悪さを是正する事」が「先」なら、

「現状では問題行動等を起す事等に追い込まれている状態の多くの者たちに対して、

{社会性}を要求する必要も激減する」。

例えば、

「先に在るべき」は「格差是正等」であり、

「社会性の要求では無い」』。

『「旧社会党性が濃厚な者たち」は、

「その流れの者も多数居る現、民進党の政調会長の政治資金問題」で、

「政治資金問題追及の為なら、

全く必要の無い、

子役上がり等の経歴や実績の宣伝まで行っていた」。

「子役時の、カワイイ、

人心を攻める・責める事等から遠ざけるにも有益な映像」を、

「視聴者に、見せ付けていた」。

「強い追及を阻害させる思惑が満載の様相の、超厚遇対応」の

「訳」等を「考える」なら、

「多くの視聴者」が、

「公共の電波上の、偏向・偏重状態等の問題」を、

「認知出来る筈」だ。

「多くの与党議員等の政治資金問題等を追及している時」との「内実差」からも、

「こんな偏向情報配信状態が容認されたままで良い訳は無い事」は「明らか」だ』。

『「テレビの世論調査」によれば、

「テレビ情報により多く触れていると強く推定出来る主婦層も含む、

女性」は、

「男性より、与党や現政権不支持の割合が高い」のだそうだ。

それは、

「テレビ情報の内実」からも、

「テレビ情報による、実質的、大衆誘導効果」が

「明らかに出ている事の実証みたいなモノ」だ。

「テレビ情報の操り人形となってしまっている方々」は、

「一刻も早く、操り人形状態から自分を解放するべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

中国と中国共産党支配下の中国の区別さえ???の様相の鳩山が何を言ってもねぇ・・・。

『「日中関係悪化」とは「悪化しなければ、中国共産党側が有利になる、自由主義圏日本と中国共産党の関係悪化に他ならない」。

「いっちゃっている様相の鳩山はとにかく、一般日本国民の中にも、未だ、この区別が良く分からない方々も若干は居る様で、そんな方々の{民意}が利反日国政党等に吸い上げられている」のは、

「民主主義国家として仕方の無い現象」だが、

「大衆愚民化情報・教育等により、そんな{民意}を無理やり増やそうとしている、

日本の中の反日国の手先たち」は、

「本当に醜悪」だ』。

|

ザハ氏の死去問題・・・。

『「電磁波工作で日本の利益になる事も行うから、電磁波工作を黙認」等という「裏取り引き」が、

「河野国家公安委員長等との裏に在ったりして・・・」』。

『「そうでは無いのなら、早急に、日本国内で行われ続けて来ている電磁波工作を摘発するのが当然」だが』。

|

テレ朝朝番では、ハトの餌付け問題を、餌付けされている様相の常連出演者たちが優等生ぶって語っていたが・・・。

『「ハトに餌を与えないと、餓死してしまうから、可哀そう」の旨とは「ハトに餌を与えていた者の弁との事」で、「野生動物は、餌付け無しでも、餓死しない。餌付けをすれば本来のバランスが崩れる」の旨とは「常連出演者の弁」だ。

「もちろん、この面では、常連出演者が言っていた事が正しい」。

「しかし、少し前までの日本国内」では、

「神社や公園等での、ハトへの餌やり等が、流行っていた」。

「その当時の多くの人々の思い」では、

「ハトも、食べる物が無いと可哀そう・・・」等だったから、

「当時は、文句を言う人々は、圧倒的に少なかった」』。

『「食べる物が無いと可哀そう・・・」とは、

「戦後日本社会の多くの人々が感じさせられた実感」だった。

「ハトが食べる物を探す姿を見たりする」と、

「自らを投影・転嫁し、まるで、自分の事の如く思えた人々」も、

「決して少なく無かった」。

「ハトへの餌やりの裏」には、

「ハトへの投影・転嫁・同一視心理等が在った」』。

『「ほとんどの人々が、食べ物に不自由しなくなる」と、

「食べる物を探すハトへの同情心・協調心」より、

「ハトの糞害や鳥インフルエンザ等への恐怖心等」から、

「ハトへの敵対心の方が、強くなっている人々が多くなった」。

「追い払う事等まで含めた対策」が「叫ばれる様になった」。

それは、「投影・転嫁・同一視心理が、未だ、残っている」から、

「同情が敵対へと、裏表がひっくり返る様になる」が

「実体や事実・現実と共にある状態では無い」から、

「落ち着けては居ない状態」だ』。

『「投影・転嫁・同一視心理から自分を解放して考える」なら、

「野生動物等への餌付けを止める事で、

野生として存続出来る範囲の個体数でバランスさせる事」と

「適度な住み分け共生」が、

「適切と解る」。

「適度な住み分けを基にした共生状態」は「実体や事実・現実としてもバランスが良い」から、

「落ち着ける状態」だ』。

『「現状人間社会には、餌貰いハトと同様の状態に在る人々が少なからず居る」。

「常連出演者たちもその一例」だ。

「偏在させられている利権の多くをまるで、

餌を与えられたハトが貪る様に

取り続けて居るその実態」は、

「実体として、本当に醜悪」だ。

「貪った餌である過分な立場・報酬・権力等を利用して、

餌貰いハトが過剰繁殖する如く、

過剰有名状態や金満状態等を自らの下に偏在させている様」も、

「実体として、本当に醜悪」だ』。

『「しかし、常連出演者たちに、自分を投影・転嫁・同一視等している人々にとって」は、

「常連出演者たちは、自分の一部となっている」。

「時には、まるで、親の如く、自分を同調させるべき者の対象になってしまっている」』。

『「その同調を悪用すれば、大衆誘導が可能」になり、

「例えば、民主党政権への政権交代時の選挙みたいな事態まで

生み出す事が出来てしまう」』。

『「ところが、同調の結果が、自虐的である事を知らしめさせられる」と、

「まるで、ハトの糞害や鳥インフルエンザ恐怖等の様な面が、一気に噴き出し、

常連出演者たちは、嫌悪等の対象になる」。

「テレビ離れは加速し、テレビの論等や常連出演者等は、どんどん、信頼や説得力等を失い続けて来ている」。

「テレビ局に対して、デモまで行われる事態まで生まれた」』。

『「常連出演者たちへの、投影・転嫁・同一視等」から、

「自分を解放する」と、

「ハトへの餌やり禁止&適度な住み分けによるハトとの共生」の如く、

「過剰偏在利権等解消による本来バランスこそが、

人間社会にとっても良い事等が、

良く分かる」』。

『「憧れや嫌悪等の対象者が述べる事等は、その分だけ、視聴者に、脚色解釈され易い」。

「実体や事実・現実離れを誘ってしまう」。

「憧れや嫌悪等の対象となっていない状態の者が述べる事等」は、

「その論等の内実が、脚色されずに、ありのままに伝わり易い」。

「重要な事は、誰が言っている事か?では断じて無い」。

「その論等の内実」が、

「どれだけ自分の実体や自分の実体の本来の目的等と整合性が取れているか?」だ』。

『「何処の局でも、同様の特定極一部の者たちばかりが、同様の論ばかり・・・という異常事態」は、

「即刻、是正するべき」だ』。

『「ハトに餌をやっている者」は、

「極少数」だが「その実害は、バカに出来ない」。

「特定極一部の者たちばかり・・・常連出演させている者も、極少数のテレビ界実権者たち」だが、

「その実害は、かなりのモノ」だ』。

『「ハトに餌をやっている迷惑者」も、

「特定極一部の者たちばかり・・・常連出演させている迷惑者」も、

「早々に、実害を起している悪い行動等を是正するべき」だ。

「自主是正が出来ない」のなら、

「悪影響応分の強制性を設定せざるを得ない事になる」』。

『「ハトへの餌やり問題」なら、

「餌やり規制、もしくは、餌になる物の廃棄規制」等と、

「違反した場合の、実効のある指導や罰等」。

「偏在常連出演等問題」なら、

「公共の電波上の過剰出演規制」や、

「偏重・偏向の禁止や各論併記・併用等の徹底」や、

「テレビ局自体を、サッカーJリーグの如く、入れ替え制にする事」等と、

「違反した場合の、実効のある罰等」が、

「有効」になる』。

『「格差是正を訴えているところから、格差是正を行う」なら、

「その良い流れは、より早くなる」。

「過剰偏在利権の解消」は、

「人間社会を落ち着いた状態にする特効薬」だ。

「大金持ちや大権持ちや超有名人等は、断じて、憧れるべき対象では無い」。

「多くの人々が、

偶々、大金持ちの下に産まれた事や、

科学レベルで正当性のある実体を伴っていない現状の偏在利権上に居る事が出来ている事など」を、

「憧れの対象としている様」では、

「健常な人間社会になる訳も無い」。

「そんな事を誘っている病的な情報・教育等」の「正体」は、

「悪魔のささやき」等だ。

「実体離れしている過剰偏在利権を保持している者等」は、

「悪者」として、

「理解・把握されるべき存在」だ。

「近未来においては、

同様の悪事の再発防止等の為に、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」に他ならない』。

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

はっきりしている事が有る「未だに、電磁波工作等を行っている連中を、日本社会の中で野放しにし続けて居ていはいけない事」だ・・・。

『「全体としては、工作実行者の数は、減っている様」だが「筆者に対する電磁波工作はより強化されている」。

「迷惑な話しだが、またまた、またまた、隙間風ならぬ隙間電磁波が来ている所を塞ぐ為に、金も時間も手間も必要になっている」。

「塞ぐとまた、未だ塞いでいない別方向から電磁波を当てようとし続けている」のが、

「筆者に対する工作実態」だが、

「その繰り返しで、もはや、隙間電磁波が来る所も、大分減っている」。

「狙える隙間が減ると、工作員たちは、今までの対策ではいくらかは通り抜ける様に、電磁波実態を改造したり、強化したりし続けて来る」。

「仕方無いから、対策も強化する」。

「その繰り返し」だ。

「出来るダケ電界でも判り辛くする為に、電子・ホールの切り替え具合を色々と工夫している様」だが、

「人体に対して、実影響を与ようとすれば、必然的に、電界計等での感知が可能になる」。

「電界系のアンテナ部分を擬似人体的にすると共に、

電子側ダケでは無く、ホール側もある事を前提に、

検知法や感度の問題等を

ちょっと補正すれば良いダケだから」だ。

「いくらスティルス戦闘機等をつくっても、実在している物は、見えるし、検知のしようが有る」。

「いくら、工作電磁波をスティルス化しようとしても、実在している電磁波は、検知のしようが有る」から、

「工作電磁波の実在を知っている人々」なら、

「検知も対策も可能になる」。

「逆から言えば、知らない人々に対してのみ有効」なのが、

「電磁波工作」だ。

「飲食物工作も同様」で「飲食物に弱毒物や有害物等を少量入れ、工作飲食物を継続接種させる事で、弱体化や早死に化を実現せしめようとしている悪行」が、

「実効を持つ」のは、

「その様な飲食物工作を知らない・考えない人々だけ」だ。

「飲食物工作が在る事を前提にしている人々」は、

「何か変な飲食物は、連続的に摂取しない」。

「結果として、仕込んである工作物質等の実効が出るのは、その人の寿命の後みたいな事となり、実効が出なくなる」。

「侵入工作でも同じ」だ。

「侵入工作の実在を知らない・考えない人々」は、

「平和ボケ・無防備状態に陥り易く、鍵をかけずに外出する事も厭わないかも知れない」から、

「悪どもが、情報を盗んだり、飲食物や食器等に弱毒物や有害物等を仕込み続ける事も可能になる」。

「侵入工作の実在を知っている人々」は、

「鍵になる鍵や、部屋内防犯カメラ等で対策する場合も多い」。

「必然的に、侵入工作はやり辛くなる」。

「もちろん、その様な事は、工作を仕掛けている側も重々承知」だろう。

「其処で、飲食物工作が効かない、侵入工作も困難な筆者の場合は、

電磁波工作を知っていても実効が出る様に・・・等と

実験を続けて居るのかも知れない」が、

「筆者の所で把握出来た内容は、今まで通り、どんどん公開して行く」から、

「悪どもが、工夫すればしたダケ、みんなバレる事になっている」。

「つまり、筆者に対して電磁波工作を仕掛け続けて居る連中」は、

「実質的には、電磁波工作も含む工作実態を露呈させたい者たち」と言う事だ。

「そんな工作員の飼い主」は、

「本当に哀れ」だ』。

『「未だに、工作活動等を行い続けて居る連中の間では、

更なる脱工作員を防ぐ為に、

近隣に居るお仲間との連携、或いは、相互監視等も、結構旺盛な様」だ。

「より有害性を高めるべく、工作電磁波の改造更新等にも熱心な様相」だ』。

『「少々の科学技術知識や工作技術等を保持していても、

精神文化レベルが余りにも劣悪な連中の行う事や近未来は知れている」。

「保身や自己正当化等の為」に、

「今の飼い主や、工作活動等に拘り続ける事」による

「自滅」だ』。

『「工作強化とは、自滅の時を早めている事に他ならない」。

「工作員として、最後まで残るのは、超大バカ者たち」という事になる。

「更に、筆者の様に、実体・実態暴露が大好きな者に対して、ダシを提供する判断をした者」も、

「実行させた者」も、

「超大バカ」だ。

「筆者が悪の大ボスや作戦参謀等」なら、

「筆者の様なタイプは、他の気にしない・意識しないターゲットを全滅させた後に狙わせる」が、

「超大バカ作戦参謀等や超大バカ作戦参謀等を信じた大ボス等」は、

「最初から、バレて自滅する道を選択する」のだ』。

|

NHK教育では、司馬遼太郎推しだったらしいが・・・。

『「韓流・渡来系等の人脈の者たちにとっては、ありがたい存在として利用可能なのが、司馬遼太郎(故人)」だ。

「何しろ、その時代の世界標準基軸が希薄な歴史観等を元に、色々と書物を残したのだから」。

「日本人の感覚を日本人に求めるダケ」では、

「日本自虐に陥り易い事」は、

「戦後日本社会の実態を実感している人々なら、誰もが感じている事」だ』。

『「それは、歴史を振り返る時でも同じ」だ。

「その時代時代の世界標準、もしくは、先進諸国とされていた国々の実態・実体抜き」に、

「その当時の日本の上辺の実態ダケを、戦後に生きている日本人の感覚から描けば、

自虐劇等を描き易くなる」。

「戦前~戦中の軍支配に対するコンプレックスが有れば、尚更」だ』。

『「日本軍が悪い」から、

「当時の日本人が悪い」を「導き出させる事」は、

「容易」だが、

「その裏には、当時の日本人でも、

例えば、司馬遼太郎ご当人の様に、

日本軍が悪い事を分かって居た日本人を重用しなかった事が悪い」等の「旨」の、

「コンプレックスや反動形成が明らかに露呈している」』。

『「それのコンプレックスや反動形成故に、

韓流(北朝も含む)・中共色が濃い、

戦後の自虐日本情報・教育界等で、

過剰に認められている様相の人々に共通している臭い」は、

「日本に自虐を強いている反面で、中共・韓(北朝も含む)等を不当に利している事」だ。

「結果として、その様な方々は、往々にして、中共・韓(北朝も含む)ご用達作家的になってしまっている」』。

『「司馬遼太郎は、愛国者とナショナリストは違う旨」等「言っている」が、

「愛国者とナショナリストの境界線」は、

「実体としては、明らかにされていない」。

「愛国者でも、ナショナリストでも、より良い国を望む事」は「共通」だ。

「より良い国の為に、他国の悪い事を悪いと言う事」と、

「他国の悪い事を、上辺では、寛容に受け入れながら、実際は、排除している事」の「違い」は、

「微々たる事」だが、

「他国の悪い事まで、寛容に受け入れてしまう事」との「違い」は、

「絶大」だ。

「NHK説明の司馬遼太郎流の区分」では、

「他国の悪い部分まで、寛容に受け入れてしまう事が愛国者として扱われてしまう危険性を内在していた」らしい』。

『「もはや、ご当人からの反論が無い、故人である、司馬遼太郎」を「悪用する連中が良く使う手口」が、

「日本人の寛容さを、他国の悪い事まで受け入れるところまで受け入れる事の如く風潮する事」だ。

「もちろん、司馬遼太郎ご当人には、その様な感覚は無かった」だろう』。

『「日本人である筆者は実感している」。

「日本人の自分ダケを考えるのでは無く、他人の事まで考える感覚」は、

「それだけ自分の実体と深く付き合っているが故の感覚」だ。

「自分の実体を知れば知る程、

例えば、筆者流の表現では、

広義の自分と狭義の自分の様な実感が出て来る」から、

「必然的に、狭義の自分ダケを幸せにする幻想を追及するのでは無く、

広義の自分の実体の本質的幸せを求めたくなる実感が出て来る」。

「もちろん、そんな感覚や実感は、他人から強いられる事では断じて無い」。

「外に向かって言う」なら、

「こんな世界もあるんですけど・・・」。

「皆さんは、どうお感じですかぁ?」の「世界」だ。

「自覚を持って、掘り下げて、狭義の自分が自ら見つけ出さなければ、お話しにならない実感」だから、

「寛容さを忘れるな!」等とは、

「言う気になれない事」だ。

「何故なら、寛容さ等とは、上辺だから」である。

「きつい表現で、言う」としたら、

「実体や事実・現実に叛くな!」等になる。

「実体や事実・現実と共に在る状態を得る為」には、

「個人個人が、狭義の自分の実体と深く付き合う必要性が生じる事になるから」だ』。

『「司馬遼太郎の歴史観を悪用する連中」は、

「上辺の歴史に学べ!」等とやる。

「上辺の歴史に学び、過去の歴史の過ちを繰り返さない様にしようとする」なら、

「そんな行動ロジック」は「簡単に悪用出来てしまう」。

「先ず、

過去の歴史の過ち等として、

●●(本当と考え・思えさせられる事が出来る事なら何でも良い)をデッチ上げ(例え、史実利用でも歴史観を都合良く編纂すれば良い)、

その過ちを繰り返さない為」には、

「例えば、戦争を避け、寛容を基に、共生を目指す」等の、

「上辺では、耳障りの良い結論を強いれば良い」。

「その様なロジック上に、大衆を乗せる事が出来れば、

そのロジックを悪用して、国を衰退させ、国を乗っ取り支配する事等」が、

「結構、簡単に出来てしまう事」は、

「少し考えるなら、誰もが解る事」だ。

「それは、日本国民虚勢化・無害化の一手段」に他ならない。

「虚勢化・無害化の実態を露呈し続けて来ている」のが

「平和ボケ・スパイ工作活動天国状態の戦後日本社会」だ。

「今の日本に対して、もっと、もっと、平和ボケ・スパイ工作活動天国状態に!」と「叫びたい人脈」とは、

「反日国人脈くらい」だろう。

「愛国心が有るなら、そんな日本を脆弱化する事も排除するのが当然」だが、

「インチキ愛国心論では、

脆弱性を排除する事はナショナリズム等で、

虚勢化・無害化こそが、

正義や愛国等と勘違いさせようとする」』。

『「日本だから、何でも良い」や「日本以外の特に反日国だから何でも悪い」等は、

「論外」だが、

「虚勢化・無害化される事は良い」や、

「旺盛化・好戦化は何でも悪い」もまた、

「論外」だ。

「悪い者・物・事に対して、虚勢・無害である必要は全く無い」。

「悪い者・物・事に対しては、旺盛に、積極的に攻め排除する事」は、

「健康を保つ上でも重要」だ』。

『「歴史観でも、

その時代の世界情勢を忘れる事無く、実体や事実・現実通りに原寸大の歴史を理解・把握し、

その上で、狭義の自分のコンプレックス等を排除した上で、

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性を取りながら、

狭義の自分で判断し、構築して行く事」こそが、

「肝要」だ』。

『「韓流(北朝も含む)ご用達的歴史観や司馬遼太郎論に終始していた」らしい、

「NHKの教育」だが、

「日米韓の連携強化の目的はあるにしても、

多くの日本国民の歴史観等を利韓(北朝も含む)方向に歪める事」の、

「悪影響は、決して忘れるべきでは無い」。

「史実は、その時代の世界情勢まで忘れる事無く、全体像を通し、悪戯なコンプレックス等からは無縁の状態で、大衆認知されるべき事」だ。

「歴史観を構築する」なら、

「人類誰もが、

科学レベルで判明している実体や事実・現実通りの原寸大の史実を基に、

広義の自分である地球生命体細胞群の実体やその実体の本来の目的との整合性を取りながら、

狭義の自分に叛かず、構築して行くべき」だ』。

『「NHK教育」も

「教育なら、今時の、教育に相応しい情報配信をするべき」だ。

「ゲイノウ人等を悪戯に出演させている状態」は、

「明らかに異常」だ。

「内容共々、是正は急務」だ』。

|

国立大教授の「給与安い!」に「バカか!」と応じた拝金バカ問題・・・。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った上で、給与・報酬等の正当性を考えるなら、それなりに絶対的な基準を基に考えている事になるが、相対基準で考えている者同士が、どちらの相対基準がより良いか?等と相対基準による判断等を比べっこしていてもねぇ」・・・。

「醜悪なダケ」です』。

『「現状文系にロクな大学教授は居ない」等の旨の面では、「その通り!(理由は他の記事等をご参照ください)」ですが』。

|

日米韓の連携強化で、どう出る?日本の中の朝鮮系の方々・・・。

『「東京都舛添知事の利韓ぶりが騒がれ、NHKでも、韓流ドラマ・・・という親韓ぶり」だ。「その裏に在る」のは「北朝鮮問題故に必要となっている日米韓の連携強化」だ。

「この様な事態が表立っている現状の日本社会の中」には、

「朝鮮系の人々が、少なからず居る」。

「日米韓側に付く人々も居る」し、

「民族や血統等を優先して、北朝鮮側に付く人々も居る」。

「実際のところ、どちらの割合が多いのか?」で、

「日本の中に居る朝鮮系の人々の実体」が「良く判る事になる」』。

『「日米韓側に付く」なら、

「日本国内で、一般日本国民をターゲットとしている、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や微粒子散布工作等々に

手を染める訳も無い」。

「つまり、それらの工作が、日米韓の連携強化が表立った後、

より旺盛になるのか?

より少なくなるのか?」で、

「ある程度の傾向が判る事になる」』。

『「筆者の実感」では、

「数の面では、より少なくなっている」が、

「未だ、工作活動を行っている連中」は、

「まるで、北朝鮮の強がり声明等に呼応する様に、

工作を強化している」。

「つまり、明らかな二極分化が感じられる」』。

『「工作活動等、悪い事を行い続けて居る者たち」は、

「上辺でどんなに普通や優秀等を演じていても、悪い事が露呈した段階で、一気に、一般社会から弾き出される」。

「悪い事を続け、居場所をどんどん狭めている者たち」は、

「本当に哀れ」だ。

「一般社会での居場所が狭くなればなる程、飼い主である悪い事を行う命令を出している者たちへの依存度が高まる」。

「飼い主は、飼い工作員の数が減れば、少なくなった飼い工作員たちに、より強力な工作を行わせようとする」。

「結果として、より悪質度が高められた工作活動は、より露呈し易く、摘発し易くなる」。

「摘発後の工作員たちの居場所は、今更、言うまでも無い」だろう。

「更に、一般社会での普通の生活は遠のき、

悪の負のスパイラルの中で、その一生を終え、

その後は、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる」のが、

「哀れな工作員たちの近未来」だ。

「そんな工作員たちが、代々工作を続けるつもりで、子ども等を造っているなら、尚哀れ」だ。

「工作員の子は、親を否定しない限り、普通には暮らせない」。

「親と同様に工作を頑張れば、行き着く先は、もはや、子造りさえ非常に困難になる監獄の中等になる」。

「工作員たちの代々話は、何れ、終わらせられる宿命にある」』。

『「無駄になる事を行い続けて居る事は、

自らに付け続けて居る自虐的な傷をより深くしている事」だ。

「工作を止め、工作を暴露する側に回れば、

当初は、相応に危険で苦労も多いだろうが、

無駄では無い道が開ける」。

「選択は個々の自由」だが、

「選択結果が生み出す道に在る者・物・事は、既に、決まっている」。

「北朝鮮等による日韓乗っ取り支配~全世界乗っ取り支配等の1000年策略」は、

「既にバレているから実現し得ない」。

「今後、

人類の時代は、

他の者・物・事の支配/被支配の時代から、

狭義の自分を狭義の自分が健康にコントロールし続ける人々の集まりの時代へと、

急速に、正常進化して行く事になる」』。

|

昨今の記事が、悪どもには痛いからか、工作電磁波が強化されたが・・・。

『「工作電磁波の実体」とは「マイナス側とプラス側を極めて短時間の内に行き来させるドット波」の「不協和音的複合波」だ。「そして、特定擬似周波数に固定せず、時と共に、不協和音的複合波の擬似周波数が変わる状態とする事」で、「周波数からの露呈・摘発等を避けている様相」だ。

「また、擬似周波数変化方向は、不協和音状態はそのままに、少しずつ、より高周波数側に動かしている様相」だ。

「つまり、より高周波側に少しずつ移行させ続けて居る相似形変化状態」だ。

「元々が、不協和音的状態だから、特定周波数という切り口から工作電磁波を捉える事は、非常に困難」だが、

「電界から捉える事は、比較的簡単である事」は、

「以前にも記した」。

「複合ドット波で、音波の様に縦波形態である事」も、

「以前にも記した」。

「元々は、光は遮断するが、音なら、聞える壁の向こう側」を「覗く為」に、

「聞き耳を立てるのと同様の発想で、空気振動の代わりに、電磁波振動反射波を悪用する事」が、

「工作電磁波発想の原点」だろう。

「しかし、改良を続けて居る内に、人体等生体に対する傷害能力まで持たせる事が可能な事に気付いた」のだろう。

「一般的には、電磁波は基本的に無害とされている」が、

「それは、フッ素は基本的に無害論と同様」で、

「通常形態・通常レベルのフッ素や電磁波なら、基本的に無害というダケ」だ。

「工作電磁波の場合」は、

「マイナス側とプラス側を極短時間の間に行き来させる縦波の不協和音的複合波」だから、

「工作電磁波が当てられた物や生体の中では、帯電~電離効果が生じる」。

「アルミ板等に工作電磁波が当たると、マイナスイオンが発生するのは、その為」だ。

「生体の場合は、特定部位に、継続的、もしくは、短時間でも大量に、工作電磁波が当てられると、その部位の細胞群に相応のダメージが生まれる」。

「神経回路内の帯電~電離の影響は、神経系の不調や制御不順をもたらす」。

「筋肉痛等はもちろん」、

「頭がボーッとしたり、不安や不快やイライラ等を感じさせられたり、

動機や、心臓発作等々の事態を引き起こさせる事が出来る」のが、

「工作電磁波の実態」だ。

「多方向から、一点に集中させる」なら、

「脳溢血等の深刻な急変を起させる事も可能」になるし、

「脊椎等血液製造に係わる所に執拗に当て続けるなら、白血病等の事態を引き起こす事も可能になる」』。

『「基本的に、電子・ホールによる不協和音音楽プレイと同様」だから、

「工作電磁波を発生させる事」は、

「意外と容易い」。

「{そういう音楽プレイをするソフト}を仕込めば、良いダケ」だ。

「電子・ホールによるプレイ」だから、

「出力にスピーカー等の専用具は不要」だ。

「必要になるのは、その不協和音が外に向かって出易くなっている状態の電線や金属板等」になる。

「基本的にソフトには、経時変化をさせるプログラムも入れられている様相」だが、

「時々、工作員たちが、それぞれの担当地域内について、ソフト自体を更新して回っている様相」だ。

「基本的には、より擬似高周波側に動かされている場合が多い」が、

「偶に、擬似低周波側に戻る事も有った」』。

『「日本国内で、工作電磁波を使いながら、非人道的な悪事を続けて居る者たち」は、

「早々に、マスコミ等により露呈させられ、警察等は摘発するべき」だ。

「筆者の様に、その存在に気づいた後は、相応の対策をしている者には、実効は出ない」が、

「対策無し」なら、

「結構な悪い実効が出てしまっていても、何の不思議も無いレベルの工作電磁波」が、

「既に、筆者の住処はもちろん、外でもかなりの場所に在る」。

「政府・与党・警察等や、マスコミ等が、この問題について、ダンマリ・・・を続けて居るのは何故か?」

「まさか、お仲間では無いだろうが」・・・』。

『「上記を記したせいか?否か?は不明」だが、

「本日、午後4時55分ごろ、停電があった」。

「停電後、工作電磁波の状態が変わった」。

「当方の部屋ダケの停電では無い」。

「当方の部屋を含む建物全体、もしくは、一部の電源が一端、短時間落ちて、その後、程なく復帰した」。

「復帰後の電磁波状態から推定出来る事」は、

「停電時に、電源ケーブル、もしくは、電源制御盤等、(何れも、可能性としては、アース側まである)に、工作電磁波発生機を仕組んだ」のか、

「既に、工作電磁波発生機を仕込んである電源からの送電等に切り替えた」のかの

「何れか」だ』。

『「電気会社との連絡が取り辛い、土日にせこい事を行う辺り」にも、

「連中の資質が露呈している」が、

「劣悪な連中の醜悪さ」は、

「今更、言うまでも無い」だろう』。

『「最も、基本的に対策済みの当方の部屋では、より多くのマイナスイオン等の発生が起きているダケ」だ。

「電源部の工作電磁波も相応に擬似高周波化されている様だ」。

「もちろん、工作電磁波の高周波化(=単位時間内高エネルギー化)には限界がある」から、

「電磁波工作を高周波化で強化出来る残りシロ」も「それ程長く無い」。

「実効無き、迷惑悪行の先は、もう見えている」。

「電磁波工作等が無駄と悟った悪者たちが、次に取る手段は?」の前に、

「実効無き電磁波工作等の責任追及等があるのが、そのスジの世界の通例」だろう。

「その前に、抜け出して、暴露側に回った方が、未だ、生き残り易いと思うが」』。

|

文春、下世話問題のスクープは得意でも、AI等の問題ではスクープ化出来ない様で・・・。

『「ヒトラー賛美AIの問題」では「スクープ得意の文春らしく無く」、「問題は、人から学ばせた事」等と「事実ダケを報じる一般記事レベルの内容」になっていた。

「スクープ化する」なら、

「AI制御ロジックの肝さえロクに理解出来ていない者たちによるご乱行遊びの結果!」とでもすれば、

「良かった」のに』。

『「AIに、人から学ばせる」とは、

「如何にも理系専門学者バカ等のやりそうな事」で、

「今時の人類として、精神文化を正常進化させている者には、あり得ない発想」だ。

「精神文化側も、科学レベル」なら、

「AIの基本ロジック」として、

「人類も含む地球生命体細胞群の実体やその実体の本来の目的である存続~永続との整合性を取る事」等を、

「組み込む」。

「その上で、人からも学ばせ、判断させ、学習を積み重ねさせる」。

「上記の基本ロジックさえ抜けていなければ、

自分の実体や自分の実体の本来の目的等との整合性が悪い状態や悪意を持った人等からの学びは、

基本ロジックとの整合性上で、相応に整理区分され、

自分の実体やその実体の本来の目的に叛く自虐等は

悪として把握・認識・学習される事になる」。

「以上は、精神文化を正常進化させているなら、それこそ、小中学生でも解る者が居ても何の不思議も無いレベルの、当たり前の話し」だ』。

『「ところが、現状人間社会では、圧倒的に、精神文化の正常進化を怠っている人々の割合が高い」。

「精神文化の正常進化を怠っていても、

現状権力者たちに気に入られていたり、

物質文明面での進化比べっこを有利にする能力等を保持していれば、

重用される場合が少なく無い」のが、

「現状の人間社会のお寒い実態」だ。

「その結果として、殺傷事件は枚挙に暇が無く、テロや戦争まで在る現状人間社会となっている」のが「実態」だ』。

『「スクープ等で正義ぶる」なら、

「上記の様な現状人間社会の根本的問題も{スクープ}したらどうか?!」

「出来ないのなら、今時のマスコミとして、能力不足」だし、

「解っていてやらないのなら、悪」だ』。

『「物資文明の急速な進化・発展に伴い、

環境問題の解決や、

世界平和の実現をもたらす

精神文化の物質文明以上の急速な進化・発展が求められている今日この頃」なのに、

「現状人間社会の情報・教育等は、明らかに、不健常で力不足の場合が多い」。

「不健常現状上利権の、付随する立場・報酬・権力等」と「共」に、

「情報・教育等の急速な正常進化、もしくは、是正等は急務」だ』。

|

報ステ降板古舘の戯言&電力自由化をダシに反原発を煽る劣悪者たち・・・。

『「福島第一原発被災事故の取材に行った古舘氏によれば、原発は一度事故となれば、本当に深刻なダメージを与える、人類には制御出来得ない物と思える等の旨」だった。「其処で、そんな原発が世界中に在る」を「忘れていないのなら、未だマシ」だが、

「多くのテレビ常連出演者たちや、古舘氏等は、日本の原発ダケを偏重して過剰に問題化し続けて来ている」。

「原発問題は、世界中の問題」であり、

「人類の欲望や、地球温暖化問題とも、密接な関係が有る問題に他ならない」が、

「実質的には、原発より制御不能度が高い、

人類の欲望問題や、

地球温暖化問題には、

(中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けて居る中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、意図的に黙殺)脱原発程、熱心では無い」。

「明らかな偏向論状態であり、

その偏向論による不当利権が生まれるところが、

中国や韓国(北朝鮮も含む)という辺り」に、

「古舘氏や、多くの常連出演者たちの正体が露呈している」』。

『「世界中で使われている、事故が起きてしまうと、大変な事態になる、原発」に「対して」、

「日本が取るべき道は?」

「悪戯な脱原発で、原発の技術水準を上げる事に力を加える事を放棄するのが良いのか?」

「原発を使い続け、より高い安全技術・体制等を構築し、世界の原発の安全水準を積極的に引き上げる事に力を加えるのが良いのか?」

「原発以上に制御困難な、地球温暖化問題との兼ね合いから」も、

「脱原発より、原発使用&安全技術・体制等の向上の方」が、

「圧倒的に利に適っている事」は、

「冷静に考えるなら、誰でも、解る事」だ。

「福島第一ショック」で「冷静で無くなっている人々」でも、

「偏西風の問題や、

中国共産党支配下の中国や韓国等だけに原発の安全管理技術・体制等の進化を任せる事の

危険性等や、

地球温暖化対策や、

太陽光発電の不安定を補う為には?等を

冷静に考える」なら、

「日本のみ脱原発ではロクな意味が無い事等は分かる筈」だ。

「被災原発事故、後処理技術の構築・進化の為にも、

被災地や福島第一原発自体の、

除染等の後処理は、意識的かつ積極的に行い続けるべき」だが、

「後処理が大変=極東地域日本のみ脱原発にする」と、

「原発より制御困難な温暖化対策が行き詰まり」、

「中・韓(北朝も含む)等を不当に利す」と「共」に、

「日本の核汚染の危険度も上がってしまう」。

「そんな事態を招く論は、劣悪論であり、劣悪論を公共の電波上で一方的に大量配信しているなら、劣悪者」だ』。

『「人に寄り添う」とは、

「聞えは良い」が、

「寄り添われて、

不利な状況に追い込まれたり、

搾取等されるなら、

多大な迷惑になる」。

「日本人の感情や思いを煽り、寄り添い、

実質的には、日本を不利に追い込むと共に、中・韓(北朝も含む)等を利す判断や行動等を、視聴者に行わせ、

政権選択時に、利韓(北朝も含む)・利中共政党等を選択させる」なら、

「多くの一般日本国民から、中・韓(北朝も含む)等が搾取し易くなる状態が出来てしまう」。

「上辺の戯言の裏の実効」こそが、

「本当の目的」なのだろう』。

『「神輿の上が、古舘氏であろうが、他の者であろうが、

上辺と裏の実効に齟齬が有り、

裏の実効が、反日他国等を利す」なら、

「そんなテレビ番組を、日本の公共の電波上で、メジャーにする必要は全く無い」。

「むしろ、その日本社会に対する悪影響性からも、局や番組自体の交代等が求められて当然」だろう』。

『「報ステの後番は新たな顔の下で、いったい、どんな情報配信を行なうのだろうか?」

「何れにしても、

多くの視聴者が、内実を注視して、

酷い場合は、どんどん積極的にダメ出しをするべき」だ』。

『「今時の人類なら、電力自由化で注視すべき重要ポイントの一つは、温暖化抑止度」だ。

「短絡的過ぎる、利韓(北朝も含む)・利中共の臭いがプンプンする、

日本の原発不使用では、

断じて無い」。

「太陽光が蔓延り、不安定を中和制御するのが、送電網を持つ所」では、

「原発不使用なら、大量の火力発電が必要になる」。

「温暖化抑止の面からも、原発再稼働前の太陽光偏重は、控えるべき」なのに、

「多くの常連出演者等は、未だに、太陽光万歳!&(日本のみ・・・言わない)脱原発!状態」だ。

「安い太陽光パネルは、中・韓製という実態」からも、

「日本のテレビ界がどんな人脈に実質的に乗っ取り支配されているのか?」等が、

「良く判る」』。

『「テレビ・ラジオ界の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »