« 「世界一貧しい大統領」が大宣伝されているが・・・。 | トップページ | 東京五輪エンブレム問題・・・。 »

裁きの日は近い・・・。

『「パナマ文書も象徴的」だが「今時、何でもバレる」。「本質的悪事を行っている者たちに対する裁きの日は近い」。

「日本国内でも、未だに、電磁波工作等による不適応分子粛清工作等を行い続けている者たちも居る」が、

「電磁波工作の存在自体が既にバレている」から、

「もはや、恥の上塗りにしかなっていない」。

「そして、更なる工作強化等を行ったところで、

その実効は、

益々本質的悪事を行っているが故の罪と罰が重くなるダケ」だ。

「自覚、自浄等無き悪者たちの近未来の居場所」は、

「既に決まっている」』。

『「問題は、電磁波工作等の悪の工作に気付いていない方々」だ。

「例えば、

家に帰って寝ても、寝辛かったり、疲れが取れなかったり、

携帯やスマホを持って歩くと、何となく、身体が重いと感じたり、イライラしたり、言葉が出にくくなったり、・・・等々する事のある方々」は、

「電磁波工作のターゲットとされている可能性大」だ。

「試しに、寝る時等に、アルミ板等をゆっくり上下左右あらゆる方向に向けてみて、在れば、マイナスイオン等が出て来たりする工作電磁波の有無を確かめてみたり、

携帯やスマホを置いて出たり、電源オフにしたり、した時との差を確かめてみると良い」。

「アルミ板から、マイナスイオンが出て来た事を感知出来たり、

携帯やスマホと別行動や、電源オフ」等で、

「自然と歩く速度が速くなったり、

動き易くなったり、

イライラ等が解消されたり、

言葉がスムーズに出る様になったり、

等々する様」なら、

「ほぼ、確実に、電磁波工作のターゲット化されている可能性大」だ。

「携帯やスマホは、電源オフにすれば、ターゲットから逃れられる場合もある様」だが、

「寝室等の場合は、上下左右周囲を全て、

ある程度の厚さがあるアルミ板等+ホール側対策の厚さのあるビニール等の合わせ板で囲う必要が有る」。

「工作電磁波が強化されたら、対策も強化する必要に迫られる」から、

「大いに迷惑」だが、

「安眠との引き換えになる」から、

「安眠を取る方がマシになる」』。

『「電磁波工作システム事態は、至る所に仕込まれ続けて来て居る」から、

「ターゲット化されている」と、

「例えば、テレビ出演者等でも、言葉が出辛かったりしている場合もある」。

「顔認証等まで悪用されている可能性もある」のが、

「昨今の電磁波工作システムの実態」だ』。

『「もちろん、電磁波工作は無害では無い」。

「動き辛くなる事等からも判る様」に、

「人間の身体の細胞等の働きを電気的に阻害させている実態が有る」から、

「そんな事態に見舞われ続ければ、老化も早く、脳細胞や内臓等々にまで影響が出る」。

「アルツハイマーや、脳溢血や、心不全や、肺炎や、白内障等や、内臓不全や、発ガン等の原因とも成り得ている」のが、

「強化され続けて居る電磁波工作の実効」だ』。

『「こんな事態を放置し続けて居る日本の警察等も、政府等も、明らかに異常」だ。

「今は、一斉完全摘発準備中なのかも知れないが、一刻も早い完全摘発が望まれている」。

「もっと異常なのは、マスコミ等」だ。

「こんなに明らかな工作実態が在るのに、分からないフリや、無い事に・・・等の様相」等では、

「明らかにマスコミとしての機能を失っている」。

「政府等から、余程強い緘口令等が実質的に命令等されてでも居ない限り」、

「逆から見れば、お仲間である可能性大」と「強く推定出来る」』。

『「筆者の知る限り、電磁波工作を行っている者たちには、相応の共通性が在る」。

「朝鮮系であり(日本人やフィリピン人等が工作員の場合もある)、

新興宗教系であり、

特定政党系」だ。

「北朝鮮の拉致問題等との関連性もかなり強い様相」だ』。

・・・・・・・。

『「元々、戦後日本国内に残っている朝鮮系の人々」は、

「終戦直後朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全てが、強制的に帰国させられたのと同様」に、

「終戦後程なく、朝鮮半島に強制的に帰還させられる筈」だった。

「ところが、朝鮮戦争が始められてしまった」ので、

「その様な、日本と朝鮮の公平・平等状態を得る為の必要戦後処理」が「頓挫」し、

「本来の必要処理とは逆」に、

「朝鮮戦争難民としての新たな朝鮮人の大量流入という現象まで起こってしまった」。

「もちろん、朝鮮半島より日本国内での暮らしの方が好きで、平和共存している方々は何の問題も無い」。

「しかし、悪朝鮮人権力者たちは、日本国内に多数居る朝鮮系の人々を悪用して、日本の乗っ取り支配まで画策して来ている」。

「その結果、悪朝鮮人権力者の紐付きの者たち」が、

「日本人との平和共存では無く、

日本乗っ取り支配の為の有益分子育成&不適応分子粛清工作等を

日本国内で行い続けて来ている」。

「朝鮮半島の古からの文化からも、

悪どもは、完全摘発され全てが日の下に曝されるまで、

どんな状態からでも逆転可能・・・とばかりに、悪事を続ける」だろう。

「太陽政策での解決」は「全く、期待出来ない」』。

『「戦後日本の法&摘発体制では摘発困難な手段を長年に渡って連綿と行い続ける事」と、

「子沢山策略」により、

「日本の乗っ取り支配を実現しようとしている様相」なのが、

「そのスジの者たちの実態」だ。

「悪朝鮮人権力者たちにとって」の、

「有益分子の育成と不適応分子の粛清」を

「行い続けながら、

日本国内での朝鮮系人口を増やすべく、

子沢山策略まで行われ続けて来ている」。

「悪朝鮮人権力者が支配出来る日本国内の者の人口割合がある程度のところまで、高まってしまう」と、

「合法的な、日本の乗っ取り支配等も可能になってしまう」』。

『「不適応分子粛清の為」の「具体的な工作手段」が

「飲食物工作(弱毒物や有害物を仕込み続け、接種させ続ける)」であり

「電磁波工作(周波数で特定され辛い上に、壁でも音なら聞えるのと同じ理屈で覗きにも悪用出来、電子とホールの不協和音的ドット波による電離作用等で人体へ傷害を与える実効が高い、縦波ドット波が使われている様だ)」であり

「侵入工作(情報を盗んだり、飲食物等工作を仕込んだり・・・)」であり

「情報・教育工作(利韓・利北朝情報・教育や、日本自虐情報・教育等からも明らか)」であり

「政財界工作(ライバル弱体化や粛清等による、有益分子高確率出世工作等)」等々と言う訳だ。

「それは、終戦処理の不公平・不平等状態故」に、

「日本国内には、悪朝鮮権力者の紐付きの朝鮮系の者たちを多数存在させ続ける事が出来ている反面、

朝鮮半島内には、同様の反撃等が出来る数の日本人が存在しない事」を

「悪用した、狡賢い策略・戦略」だ。

「実効のある対策を行わせない為の見せ球等の役割」を、

「例えば、北朝鮮の核とミサイル等が請け負っている」。

「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」だから、

「北朝鮮には実戦争は出来得ない」が、

「核とミサイルの脅しの裏で、連綿と、乗っ取り支配工作を続けられる」なら、

「長い年月の後には、北朝鮮による日本乗っ取り支配も可能になる」から、

「見せ球&ついでに、資金稼ぎにもなる、中東売り商売の為」に、

「核とミサイルの開発を続けている」のが、

「北朝鮮の実態」だ』。

『「拉致被害者を帰さない・帰せない」のも、

「この工作活動の実態を知っているが故」だ。

「逆から言えば、日本側が、徹底して、工作活動を暴露&摘発する」なら、

「実戦争すれば、アッと言う間に負ける、北朝鮮の悪巧み」は、

「その時点でオシマイとなる」上に、

「拉致被害者を帰さない・返せない理由も無くなる」』。

『「中国経済も落ち目」となり、

「悪どもに対する裁きの日」も、

「どんどん近づいて来ている」。

「中東商売を急ぎたくても、

現状の制裁状態では、

物の移送も容易では無い上に、

バレれば買い手も国際社会から叩かれる」から、

「買い手も、買い辛い」。

「実戦争となれば、アッと言う間に負ける」ばかりか、

「トップの首を取る作戦まで訓練されている」』。

『「今の状態の北朝鮮のトップ」なら、

「工作も核もミサイルも放棄して、

ノーベル平和賞でも狙った方が賢いと思う」が、

「今まで、散々、犬の如く、工作活動等を行わされ続けて来た連中を押さえる事等は、

容易では無い」だろう。

「工作員たちの幹部等を集めて、粛清し、責任を擦り付ければ、出口が見えるかも知れない」が、

「工作員たちの幹部がトップの首を取る方が先になってしまう可能性も決して小さく無い」』。

|

« 「世界一貧しい大統領」が大宣伝されているが・・・。 | トップページ | 東京五輪エンブレム問題・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事