« 五輪エンブレム記事には相当こだわっているのか?下からの電磁波が強化されたが・・・。 | トップページ | 「在るべき情報・教育」と「合法ギャンブルやカジノ等が不十分」であるが故に、能力の有る選手までボツとは・・・。 »

街中の電磁波工作等の実状・・・。

『「車で出る用事があった」ので、「久しぶりに、以前は電磁波工作ポイントだった所を何カ所か通った」。

「新たな工作ポイントが幾つか出来ていた反面で、以前の工作ポイントだったところが、止めたのか?場所変えか?工作ポイントでは無くなっている所もあった」。

「未だに、電磁波工作ポイントとなっている場所の幾つかからは、以前より強い工作電磁波が発生させられる場合が多かった」。

「総じて、数自体は減り、

一つのポイントが受け持つ工作範囲は広くなり、

工作電磁波自体は強化されている様相」だった』。

『「電磁波工作」とは、

「極短時間の内に、電子側・ホール側を次々と打ち出す、複数の縦波(音波の様な)ドット波を、

ターゲットの人間に当て続ける事で、

当て続けられた人間の本来の能力を阻害したり、

病気化・早死に化させる、

非人道的な工作」だ』。

『「人間は、脳で考えたり、命令を出したりする時」も、

「筋肉や内臓を動かす時」も、

「微弱な電気信号を使っている」が、

「工作電磁波は、その電気信号の邪魔をしたり、電気信号自体に影響を与えたりする事が、出来てしまう」。

「工作電磁波が当てられる」と、

「例えば、考えたり、動いたりする為には、

より強い電気信号を発生させる必要が生じてしまう」ので、

「思考や動き自体が遅くされたり、疲れ易くさせられたり、等々・・・する」。

「頭の症状としては、イライラや不安等も生じ易くなる」。

「ストレス状態になり、怒りっぽくなったりする」。

「継続的に当て続けられると、脳梗塞や、脳の萎縮等の症状さえ出る筈」だ。

「強いレーザー状の工作電磁波なら、脳溢血等を起させる事も可能な筈」だ。

「身体の症状としては、体が怠く、重くなったり、動機がしたり、疲れ易くなったり、等々・・・する」。

「心不全を起こさせたり、老化促進作用が有ったり、炎症を起こさせたり、等々が可能な筈」だ』。

『「それでも、工作電磁波は、見えないから、工作電磁波の存在を知らない、考えない人々には、感知し辛い」。

「筆者は、感知し、対策もしている」から「かなり強い工作電磁波が当てられ続けて居る現状でも、実効は出ない」が、

「対策無しだったら、対策の無い方々は・・・等を考える」と「背筋が寒くなる」・・・』。

『「工作電磁波は、オン・オフ出来る」から、

「警察等の摘発情報を得た途端に、オフにして置く事も可能な筈」だ。

「そして、如何にも、工作機器という上辺の物を使う事は稀な様」で、

「色々な電気機器の制御ソフト等を悪用したり、

必要な電力が得られる所に少々の機器を見えない様に付けたりして、

工作電磁波を発生させている様相」だ。

「ターゲットの居場所や体勢等を覗いたりする為&工作電磁波発生の機能が合体している機器の場合」は、

「それなりに、判り易い物も在る様」だが、

「モニター画面としてはスマホ・パソコン等別利用等だったりしていて、

上辺から直ちに、工作機器や工作実態を把握する事は、困難になる様になっている場合が多い様」だ』。

『「摘発の為には、工作電磁波感知器をつくり、実用する」と「共」に、

「工作員の持つ&工作員が仕込んだ、

全電気機器等を押さえて、

徹底解析・分析する事等が必要になる」だろう』。

『「街中の工作員等の場合」は、

「音やスマホ等の画面ちょっとした変化等により、

工作電磁波がターゲットに当たっているのか?否か?や、

どちらの方向に誘導すれば良いのか?(工作電磁波が、当たりから遠いのか?近いのか?)等」を

「確かめられる様になっている」。

「鉄道会社やバス会社等に入り込んでいる工作員たちが、

隙を見て、どんどん取り付けているからだろう、

鉄道やバスの車内や、

ホーム設備(スピーカーや監視カメラ等や電灯の電線等)にも、

工作電磁波発生仕込みが

在る場合が少なく無い」。

「悪工作員たちは、そのオン・オフやターゲットに集中的に当てる為の誘導等を行っている」。

「アースとして利用されている床鉄筋等が悪用される事もある様」だ』。

『「街中の悪工作員たち」は、

「既に、別の工作員たちが仕込んである工作電磁波発生装置化されている電気機器や回路等内の、

ドット波の擬似周波数共鳴ピークから直線的に発生する工作電磁波」が、

「ターゲットに向かう様に、調整する事」を

「行っている場合が多い」。

「工作員や他人が保持しているスマホ等からも、

無料ソフト等を勝手にダウンロードしたり、

位置情報や受信情報等を悪用したりすれば、

工作電磁波を発生させる事が可能になる」。

「もちろん、スマホレベルの電力では、出て来る工作電磁波の威力も知れている」ので、

「大抵の場合、複数の工作電磁波をターゲットに集中させる調整等が行われている」。

「昨今では、より強い工作電磁波を発生させる為」に、

「旅行ケース等の中に、

電磁波発生機器を仕込み、

其処から発生させている工作電磁波がターゲットに当たる様に、

多くの場合、旅行ケースを持っている者とは別の工作員たちが、

調整している場合も多い」』。

『「車運転中等に対する電磁波工作の場合」は、

「工作員たちの車からの工作電磁波」と

「工作スポット化されている家や建物や電灯や信号や電線等の街中設備からの工作電磁波」と、

「ターゲットの車から発生させている工作電磁波」を、

「集合させる事で、実効を得ようとしている」。

「工作スポット化されている所からの電磁波が常に在っても、ターゲット以外には、余り大きな影響は出辛い」が、

「三つ全てが集合させられて当てられ続けるターゲットには、実害が出易い状態が仕込まれている」。

「筆者の場合」も「筆者の車に仕込まれている工作電磁波発生状態」は、

「どうせ、取り除いても、また付けるだろうから、

運転中の筆者には向かわない様に、

調整をずらしてから運転している上に、

他の車からの工作電磁波は、反射板等で散らす様にしている」から、

「街中の電磁波等が感知出来る状態」でも、

「実効は出ない」。

「しかし、電磁波工作を知らなかった時の様に、対策無し」だと、

「とんでもなく、運転し辛くなる事も、稀では無かった」』。

『「街中の悪工作」も「車の悪工作」も、

「相互監視の意味もあるから」か、

「互いには良く知らない状態の複数人」が、

「ワンセットのチーム化されている状態」で「行われている場合が多い」。

「つまり、命令・指令等だけが工作員に届き、

その時、その場に居合わせる事が出来る同じ悪人脈の者たち」が、

「一つの工作を共同で行わされている」。

「もちろん、命令・指令等で動いている悪人脈の者たち」は

「ある程度の数が居ても、多くの普通の平和的一般市民に比べれば、相応に少人数」だから、

「電磁波工作を感知出来た時に見た周囲の人々の顔や姿等」には、

「そう言えば、少し前にも・・・等の者たち」が「何人も出て来る」。

「基本的にやっている事も同様」で

「上辺の仕事や立場等が違うから、身なりや車種等は色々でも、醸し出している雰囲気は同様」だ。

「申し訳なさそうに悪工作を行っている者も居る」し、

「堂々と、バレているのに、厚顔無恥状態で悪工作を行っている者も居る」。

「そんな状態は、徒歩&電車・バス等で出会う工作員たち」も、

「車で外出時に出会う他の車の中の工作員たち」も、

「同様」だ』。

『「摘発されない、公に露呈させられない限り、電磁波工作が続けられてしまう」のは、

「拉致の場合と全く同じ」だ。

「しかも、電磁波工作の場合は、科学技術の進化と共に、より悪の実効も高められて来ている」。

「核やミサイルと同じ実状」だ。

「核やミサイルは、誰にでも良く見える」から、

「見せ球として利用」し、

「その裏で、電磁波工作等の見え辛い工作を連綿と続けて来ている」のが、

「北朝鮮等の実態」だ』。

『「日本国内にも、北朝鮮等の紐付きの者たちが、少なからず居て、実際に、悪工作等を行っている者たちも、かなり居る」のが、

「戦後日本のお寒い実態」だ。

「拉致協力者等を、

北朝鮮に強制送還や強制送致等の厳罰に処さず、

日本国内で、野放しにした事が、

電磁波工作等、

一般日本国民をターゲットとした悪工作を行う者たちを

大量に生み出した事に繋がっている」。

「同じ過ち」は「絶対に、繰り返すべきでは無い」。

「電磁波工作等、悪の工作に手を染めた渡来者たち」は、

「帰化等しているなら、

日本国籍を剥奪し、

祖国・母国等に強制送還・強制送致等すれば良い」。

「根っからの日本国民なのに、反日悪人脈等と組み、電磁波工作等悪工作を行った者たちには、厳罰を与えるべき」だ』。

『「日本政府も与党も、警察も、マスコミ等」も、

「早急に、電磁波工作等に対する実効のある対策を行うべき」だ。

「徹底摘発して、拉致同様、全体像を全世界に公開すれば良い」』。

『「人類が同様の新たな過ちを犯し辛くする為」にも、

「電磁波工作を行った者たち」は、

「その立場や悪質度等に応じ、

永遠の恥辱に染まる道の上に、

はっきりと置くべき」だ』。

|

« 五輪エンブレム記事には相当こだわっているのか?下からの電磁波が強化されたが・・・。 | トップページ | 「在るべき情報・教育」と「合法ギャンブルやカジノ等が不十分」であるが故に、能力の有る選手までボツとは・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事