« 文春、下世話問題のスクープは得意でも、AI等の問題ではスクープ化出来ない様で・・・。 | トップページ | 日米韓の連携強化で、どう出る?日本の中の朝鮮系の方々・・・。 »

昨今の記事が、悪どもには痛いからか、工作電磁波が強化されたが・・・。

『「工作電磁波の実体」とは「マイナス側とプラス側を極めて短時間の内に行き来させるドット波」の「不協和音的複合波」だ。「そして、特定擬似周波数に固定せず、時と共に、不協和音的複合波の擬似周波数が変わる状態とする事」で、「周波数からの露呈・摘発等を避けている様相」だ。

「また、擬似周波数変化方向は、不協和音状態はそのままに、少しずつ、より高周波数側に動かしている様相」だ。

「つまり、より高周波側に少しずつ移行させ続けて居る相似形変化状態」だ。

「元々が、不協和音的状態だから、特定周波数という切り口から工作電磁波を捉える事は、非常に困難」だが、

「電界から捉える事は、比較的簡単である事」は、

「以前にも記した」。

「複合ドット波で、音波の様に縦波形態である事」も、

「以前にも記した」。

「元々は、光は遮断するが、音なら、聞える壁の向こう側」を「覗く為」に、

「聞き耳を立てるのと同様の発想で、空気振動の代わりに、電磁波振動反射波を悪用する事」が、

「工作電磁波発想の原点」だろう。

「しかし、改良を続けて居る内に、人体等生体に対する傷害能力まで持たせる事が可能な事に気付いた」のだろう。

「一般的には、電磁波は基本的に無害とされている」が、

「それは、フッ素は基本的に無害論と同様」で、

「通常形態・通常レベルのフッ素や電磁波なら、基本的に無害というダケ」だ。

「工作電磁波の場合」は、

「マイナス側とプラス側を極短時間の間に行き来させる縦波の不協和音的複合波」だから、

「工作電磁波が当てられた物や生体の中では、帯電~電離効果が生じる」。

「アルミ板等に工作電磁波が当たると、マイナスイオンが発生するのは、その為」だ。

「生体の場合は、特定部位に、継続的、もしくは、短時間でも大量に、工作電磁波が当てられると、その部位の細胞群に相応のダメージが生まれる」。

「神経回路内の帯電~電離の影響は、神経系の不調や制御不順をもたらす」。

「筋肉痛等はもちろん」、

「頭がボーッとしたり、不安や不快やイライラ等を感じさせられたり、

動機や、心臓発作等々の事態を引き起こさせる事が出来る」のが、

「工作電磁波の実態」だ。

「多方向から、一点に集中させる」なら、

「脳溢血等の深刻な急変を起させる事も可能」になるし、

「脊椎等血液製造に係わる所に執拗に当て続けるなら、白血病等の事態を引き起こす事も可能になる」』。

『「基本的に、電子・ホールによる不協和音音楽プレイと同様」だから、

「工作電磁波を発生させる事」は、

「意外と容易い」。

「{そういう音楽プレイをするソフト}を仕込めば、良いダケ」だ。

「電子・ホールによるプレイ」だから、

「出力にスピーカー等の専用具は不要」だ。

「必要になるのは、その不協和音が外に向かって出易くなっている状態の電線や金属板等」になる。

「基本的にソフトには、経時変化をさせるプログラムも入れられている様相」だが、

「時々、工作員たちが、それぞれの担当地域内について、ソフト自体を更新して回っている様相」だ。

「基本的には、より擬似高周波側に動かされている場合が多い」が、

「偶に、擬似低周波側に戻る事も有った」』。

『「日本国内で、工作電磁波を使いながら、非人道的な悪事を続けて居る者たち」は、

「早々に、マスコミ等により露呈させられ、警察等は摘発するべき」だ。

「筆者の様に、その存在に気づいた後は、相応の対策をしている者には、実効は出ない」が、

「対策無し」なら、

「結構な悪い実効が出てしまっていても、何の不思議も無いレベルの工作電磁波」が、

「既に、筆者の住処はもちろん、外でもかなりの場所に在る」。

「政府・与党・警察等や、マスコミ等が、この問題について、ダンマリ・・・を続けて居るのは何故か?」

「まさか、お仲間では無いだろうが」・・・』。

『「上記を記したせいか?否か?は不明」だが、

「本日、午後4時55分ごろ、停電があった」。

「停電後、工作電磁波の状態が変わった」。

「当方の部屋ダケの停電では無い」。

「当方の部屋を含む建物全体、もしくは、一部の電源が一端、短時間落ちて、その後、程なく復帰した」。

「復帰後の電磁波状態から推定出来る事」は、

「停電時に、電源ケーブル、もしくは、電源制御盤等、(何れも、可能性としては、アース側まである)に、工作電磁波発生機を仕組んだ」のか、

「既に、工作電磁波発生機を仕込んである電源からの送電等に切り替えた」のかの

「何れか」だ』。

『「電気会社との連絡が取り辛い、土日にせこい事を行う辺り」にも、

「連中の資質が露呈している」が、

「劣悪な連中の醜悪さ」は、

「今更、言うまでも無い」だろう』。

『「最も、基本的に対策済みの当方の部屋では、より多くのマイナスイオン等の発生が起きているダケ」だ。

「電源部の工作電磁波も相応に擬似高周波化されている様だ」。

「もちろん、工作電磁波の高周波化(=単位時間内高エネルギー化)には限界がある」から、

「電磁波工作を高周波化で強化出来る残りシロ」も「それ程長く無い」。

「実効無き、迷惑悪行の先は、もう見えている」。

「電磁波工作等が無駄と悟った悪者たちが、次に取る手段は?」の前に、

「実効無き電磁波工作等の責任追及等があるのが、そのスジの世界の通例」だろう。

「その前に、抜け出して、暴露側に回った方が、未だ、生き残り易いと思うが」』。

|

« 文春、下世話問題のスクープは得意でも、AI等の問題ではスクープ化出来ない様で・・・。 | トップページ | 日米韓の連携強化で、どう出る?日本の中の朝鮮系の方々・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事