« 昨日の記事のせいか?寝床への工作電磁波が異常に強かったが・・・。 | トップページ | 選挙のシロウト、田母神氏が逮捕されたが・・・。 »

日本の中で核武装や小泉等で騒ぐマスコミ等は、朝鮮系が多い様で・・・。

『「今時、核兵器を実使用すれば、世界中から叩かれる」から「核兵器とは、あくまでも、見せ球」だ。

「核兵器」は、

「攻め入るなら核も使うゾ!」の「脅し道具としては、有効」だが、

「核を使って攻撃するから言う事聞け!」の「脅し道具には、実際は、成り得ない」』。

『「ところが、北朝鮮系と推定される者たち」は、

「北朝鮮なら、何をするか分からないから、北朝鮮の核の脅しは傾聴に値する等とでも言いたげ」だ。

「もちろん、古今東西何処の国」でも、

「独裁者」とは、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事さえも満足に出来ていない代わり」に、

「他の者・物・事の支配に奔走している、

内実、

{欲張りな小心者}に他ならない」。

「若く未熟な独裁者」が、

「何をするか分からない」には

「大前提」として、

「その独裁者の利益になる限り」が「付いている」』。

『「当然、北朝鮮による日本や米国に対する核兵器使用の先制攻撃等は在り得ない」。

「実戦争となってしまえば、アッと言う間に負けるのが、北朝鮮の実態」だ。

「在り得るし、実際に、在る」のは、

「核兵器の脅しの裏」で、

「日本や韓国や中国等々の国々の中で、

連綿と工作活動を続けて来て居る事」だ。

「北朝鮮問題で、潰さなければならない本丸」は「工作活動に他ならない」』。

『「小泉訪朝時には、拉致問題の極一部が明らかにされた」。

「もちろん、それは、朝鮮系とも言われている、小泉元総理が、北朝鮮に、

国交回復すれば、

日本の金や技術等をどんどんまわす等の、

大きなお土産を持って行ったから故の{功績}」だ。

「しかし、その本質は以下の通り」だ。

「戦後日本国内で連綿と日本乗っ取り支配工作等を行い続けて来ている北朝鮮にしてれみれば、

国交回復で、

大量の朝鮮人を日本に送り込める事や、

工作資金にもなる大量のお金を得られる事等」は、

「核・ミサイル等の開発を一時凍結しても良いくらいの超大メリット」だ。

「金正日等は、思わず、拉致問題でも差し障りの無い程度の事を出してしまった」のだろう。

「ところが、訪朝時に安倍現総理が声を荒げて大抗議等した事」により、

「北朝鮮側も、拉致問題の実体をよりはっきりさせざるを得なくなった」』。

『「拉致を認めたダケでは無く、死亡者が居る事等まで公言された事」で、

「幸いな事に、日本国内の世論は、一気に反北朝鮮に向かった」。

「北朝鮮による日本乗っ取り支配工作がより容易になってしまう状態」は、

「凍結状態となった」。

「もちろん、だからと言って、北朝鮮が工作活動自体を止める訳も無く、その後も、与えられている実状内で、精一杯、日本乗っ取り支配工作を行い続けて来ている」から、

「現状の日本社会の中では、至る所で、電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等々だらけ・・・」だ。

「小泉元総理の当時の苦渋の顔」は、

「拉致されて死亡してしまった被害者を思って故か?」

「拉致問題が日本で燃え上がった事で、当初の予定」だった、

「上辺」は、

「平和に北朝鮮が核とミサイルを凍結」&「日本側もそれに応じて資金・技術・人の交流等々を解禁」だが、

「内実」は、

「北朝鮮による日本乗っ取り支配工作がより旺盛に出来る事」が、

「破綻したが故の苦渋の顔だったのか?」

「小泉元総理等による、

ライバルを不適応分子粛清工作で蹴落とせる朝鮮系の者たちが圧倒的に有利になる、

ばかりか、

そんな者たちによる多くの一般日本国民奴隷化支配等がより容易になる、

日本国内格差社会化政策等から推定出来る事は」・・・』。

『「拉致」とは、

「言うまでも無く、北朝鮮による工作活動の極一部」だ。

「工作員の度胸試しや、

成果誇りの為等が動機」という

「拉致の本質誤魔化し論」が、

「日本の一部マスコミ等では大宣伝された」が、

「もちろん、そんな動機では、日本全国各地から、数多くの日本人が拉致される訳も無い」。

「日本乗っ取り支配工作をより効率的に行う為には、

周囲に日本人と気づかれない北朝鮮の工作員を日本国内に送り込む事が必要」になる。

「工作員を、日本に送り込む方法」は、

「工作船の実態からも明らかな様に、既に、ある程度以上出来ている」。

「問題は、日本に渡った工作員を、日本社会の中に溶け込ませて、工作活動を行い続けさせる事」だ。

「その為」には、

「日本全国各地それぞれの地域の日本人を拉致し、情報や教育事を得るで、

北朝鮮の工作員を、

その地域に溶け込める様に仕立てる事が必要になる」。

「また、拉致した日本人から聞き出す、日本やその地域の特性等の分析」は、

「より効率的に、日本乗っ取り支配工作を行う為にも、活かされている」』。

『「現状の日本社会の中」では、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

日本の現行の法&摘発体制では摘発困難な手段の工作活動が旺盛」だ。

「そして、その実行に手を染めている者たち」には、

「朝鮮系や新興宗教系や●暴等団体系や組合系等の者たちが多い」。

「フィリピン人や中国系・中国共産党系の者たち等々が協力等している/させられている場合もある様」だ。

「かなりの数の者たちが集団的に、一つの意志の下で動かされている様相」が

「明らかに在る」。

「こんな事態を放置していて良い訳が無い」』。

『「日本が核武装したところ」で、

「朝鮮半島内に居る日本人の数や、

戦後日本の国の体制等を考えるなら、

誰もが直ちに分かる様に、

日本人が朝鮮半島内で、対抗工作等を行える/行う訳も無い」。

「日本が行うべき必要な事」は、

「核武装では無く、実効のある日本国内の工作活動対策」だ。

「日本の為の政権なら、

この戦後日本の重大未処理・不十分処理問題を、

意識的かつ積極的に、

片付けない訳も無い」』。

『「放置し続けて来ているばかりか、

格差社会化や、

日本を細らせた反面中・韓(北朝も含む)等を太らせた等々の、

日本乗っ取り支配工作の援助にもなる事等を

行って来た者たち」には、

「過分な立場・権力・報酬等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「全ての日本の有権者は強く意識するべき」だ。

「国会議員や国政政党や各首長等を選ぶ」なら、

「先ず、排除すべき」は、

「日本乗っ取り支配工作系の人脈の者たち」だ。

「そんな者たちのオコボレ頂戴わんわん状態になっている一般日本国民」は、

「一刻も早く、本来の自分を取り戻すべき」だ』。

|

« 昨日の記事のせいか?寝床への工作電磁波が異常に強かったが・・・。 | トップページ | 選挙のシロウト、田母神氏が逮捕されたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事