« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

「死なないタマゴッチ」で愕然???or「未だに、丸ごと一人の死生観摺り込みゲーム」で愕然!!!・・・。

『「今時なら、細胞ごとの誕生・死という生物の実体をより実直に反映させたゲーム等の作成も可能」で

「その方が、子ども等の教育等にも、遥かに良い効果をもたらす事」は「言うまでも無い事」だが』。

『「今時の人類」なのに、

「丸ごと一人(一個体)の死生観をゲーム等で子ども達等に摺り込んだり」、

「そんなゲームを元」に、

「死ぬ!」の「死なない!」の「やっている方々」の、

「精神文化」は、

「果たして、正常進化出来ているのだろうか???」』

『「タマゴッチ問題でも、今時の人類なら、言うべき」は、

「誕生・死の実体や人の意識の実体等をより実体通り反映したゲームをつくれ~!」等』だ。

『「丸ごと一人(一個体)の死生観をそのまま」に、

「死が子どもたちにショックを与える」から、

「置手紙を残して家出等する設定にした」等々と

「死の本質を誤魔化す、

或いは、死の本質から現実逃避する、

劣悪ロジック」を「基」に、

「精神文化の正常進化を阻害する劣悪な製品等を売る事」で、

「過分な、或いは、不当な、或いは、不健常な利益等を得ようとしている者たち」に

「相応しい」のは、

「批判や非難」に他ならない』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実が既に十分に在る」のに、

「人の誕生・死等、人類誰もの本質的な部分」で、

「正論を言えなかったり、正当な非難・批判等を出来無かったりしている者たちの実体」とは、

「自らの人生も含めて、人類としての本質的な働き等を根本的に誤っている可能性が非常に高い者たち」だ。

「そんな事態を露呈させる一つの材料ともなった」のが、

「死なないタマゴッチ騒動」の「実態」だ』。

『「非常にお気の毒な事」だが、

「裸の王様」が「露呈させられている事」に、

「気付けない」のは、

「裸の王様状態の人々」と「相場は決まっている」』。

『「裸の王様状態になりたく無い」のなら、

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実」を「十分に実用」して、

「自らの精神文化を正常進化させ続ける事」だ』。

『「例えば、人も含む生物の誕生・死とは、基本的に細胞ごとの現象である事等」は、

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実」だ。

「丸ごと一人の死生観等」とは、

「科学レベルで判明した現実とはかなり離れている、

考え・思いレベルの納得法に過ぎ無い」』。

『「人の意識」は、

「丸ごと一人化」等の

「意識上」で

「考え・思いレベルの単純化を好む」事も

「事実」だ。

「この事実を自覚出来ているダケ」で、

「意識上の考え・思いレベルの単純化」への

「偏執」等から、

「自分を解放し易くなる」』。

『「今時の人類として」は、

「誕生・死等、少なくとも、人類(=生命体)の根本的重大事等に対しては、

意識上の考え・思いによる納得では無く、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を優先出来る」のが、

「健常状態になる」』。

『「未熟、もしくは、不健常状態を誘うゲームやゲーム論等」は、

「早々に衰退~廃絶方向の道の上に乗せられて然るべき」だ。

「子どもたちをワザワザ未熟、もしくは、不健常状態に誘う」より、

「ゲームで楽しみながら、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用出来る健常状態に誘う」方が、

「遥かに良い事」は「言うまでも無い事」だ』。

『「細胞ごとの誕生・死という実体が良く解る上に、

ゲームプレーヤー等の対応によって

成長・衰退状態や

寿命や

世代交代の可否等の

違い等」が

「楽しめるタマゴッチ等のゲーム」が、

「つくれない訳が無い」』。

『「多くの人類の精神文化の正常進化に貢献出来ていてこそ、

今時のゲーム製造販売会社としての意味もある」。

「当たり前の話し」だ』。

|

「(中・韓を利さない)アベノミクスが失敗だ!」等と内閣不信任案を出す野党四党・・・。

『「もちろん、アベノミクスだけで、日本が直ぐに好景気になる訳も無い」。「今時の経済は、世界経済の中のその国の経済」だ。

「アベノミクスを行いつつ、

中・韓(北朝も含む)等から、

TPP圏の国々や中・韓(北朝も含む)以外のフェアなアジアの国々等」への

「経済シフトを行う事」で、

「フェアプレイ国家群経済圏」が

「潤い出してこそ、日本も好景気になる」』。

『「今の段階で、アベノミクスの失敗を言う者たちの実体」は、

「利中・韓(北朝も含む)派の者たち」だ』。

『「民主党政権時の円高容認政策」の様に

「日本経済を細らせる反面」で

「中・韓等の経済を太らせる政策」を

「日本に採らせる事も出来る」。

「中・韓が太ったメリット」が

「良心的かつ素直に、日本に還元された」なら、

「日本経済も太り、好景気となっていた筈」だが、

「実際」の、

「反日政策実行国でもある中・韓等の経済を太らせた事」の

「実効」は、

「反日政策の強化を招いた事」や、

「経済状況を利用」した、

「中・韓(北朝も含む)等による日本国内企業潰し」や、

「有能人材買取り引き抜きや技術等を日本から流失させる事等」が

「やり易くなった事」だった』。

『「アベノミクス」は、

「その悪い流れを変えるキッカケには十分になっている」。

「そして、上記の様な道筋を進む」なら、

「現状経済システム上」でも、

「フェアプレイ国家群の好景気に基づく日本の好景気が可能になる」』。

『「民主党政権時の経済政策より遥かにマシ」なのが、

「アベノミクス」であり、

「アベノミクスはキッカケに過ぎず」、

「TPPやフェアプレイ国家経済圏の構築等」は、

「未だ、始められたばかり」だ』。

『「はっきり言えば、日本の国会内」に

「中・韓(北朝も含む)等の反日国の手先は要らない」』。

『「反日国対策」は、

「反日国の手先をワザワザ国会議員等にしなくても、

行える、もしくは、行わなければならない事」だ』。

『「一番有効な対策」は、

「歴史上の事も含む、実体や事実・現実情報等」を

「徹底的に全世界に配信する事」だ』。

『「フェアプレイ国家」なら、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大評価&原寸大対応が当然」だ。

「特定極一部の者たちの考え・思い等」で

「その国家の国民等、大衆を操り、

実体や事実・現実を歪めて、

不当利権等を貪ろうとする訳も無い」。

「実体や事実・現実情報の徹底配信」は、

「フェアプレイ国家」に「誤解を基とした誤った選択等をさせない為」の「特効薬」になる』。

『「特定極一部の者たちの考え・思い」で、

「他の多くの人々を操り、

利権等を得続けようとしている病的な権力者たちを

蔓延らせ続けている国家等」は、

「衰退~消滅させる事」こそが、

「人類全体の利益になる」』。

『「中国や北朝鮮等」は、

「民主化され、フェアプレイ国家となるまで、

今時の一人前の国家として扱うべきでは無い」。

「捏造史等を平然とばら撒いている韓国も同様」だ。

「フェアプレイ国家となるまで、

今時の一人前の国家として扱うべきでは無い」』。

『「政党や議員・党員等が、訴えている、経済政策等」から、

「その政党や議員や党員等」が、

「本当に利したい所は、直ぐに判る」。

「日本国籍を持ち、日本に在る・居る」のに、

「反日アンフェア国家等を利す経済政策等を推奨している」なら、

「その実体」は、

「反日アンフェア国家の手先の政党や議員や党員等である事」が、

「判る」』。

『「それなのに、そんな政党や議員や党員等」を

「偏向・偏重論やイメージ等で

推奨宣伝等している

テレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「反日アンフェア国家の手先等のテレビ・ラジオ・マスコミ等だ」と

「誰もが、直ぐに、判る筈」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校の先生等だから・・・と悪戯に妄信している」と、

「知らず知らずの内に、自虐的な政党や候補者等を支持させられてしまう」から、

「全日本国民は、大いにご用心!!」』

『「日本との経済関係が濃い国々の取捨選択が健常・正常状態となるまで」は、

「日本経済が本調子で無い」のは、

「当然の事」だ。

「反日アンフェア国家に経済依存状態」では、

「日本経済の景気が良くなる訳も無い」が、

「フェアプレイ国家経済圏が確立し充実する」なら、

「ウィン・ウィン経済も可能になる」』。

『「健常経済の前段階としても、

日本国内の反日アンフェア国人脈によるスパイ・工作活動等の徹底摘発」が、

「絶対に必要」だ』。

『「日本の公共の電波や公共的マスコミや学校教育等々を使った実質的情報工作」や、

「現行法&現行の摘発体制では摘発困難な電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々が蔓延れている状態」では、

「経済も、社会も、不健常状態になってしまう」のは、

「必然」だ』。

『「日本経済や日本社会を不健常状態にし続ける事」で、

「反日アンフェア国家の悪権力者たち」が、

「漁夫の利を得る事が出来てしまっている」。

「反日アンフェア国家の悪権力者人脈の者たちの為のスパイ・工作活動等」を

「日本国内に温存したまま」で「良い訳は無い」』。

『「選挙時」には、

「全有権者が決して忘れてはいけない重大ポイント」だ』。

『「野党四党」は、

「アベノミクスは失敗だ!」等と、

「まるで、

中・韓がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ等の

重大要素を言わない、

脱原発論」と

「同様の事」を

「訴えている」』。

『「中・韓(北朝も含む)を利さないアベノミクスは失敗だ!」なら、

「中・韓(北朝も含む)系の人々に訴えるには良いかも知れない」。

「もちろん、日本の有権者としては、圧倒的少数派」だが』。

『「中・韓(北朝も含む)を利さない以外」に、

「アベノミクスが失敗だ!という理由は?」

「いきなり好景気になっていないから」等の、

「いちゃもんレベルの話しではお話しにならない」。

「より良い代案の無い理想論でもお話しにならない」。

「実体のある理由として、中・韓(北朝も含む)を利さない以外の理由は?」

「その辺りを明言出来ない野党」では、

「重要部分を黙殺する事」で、

「多くの普通の有権者を騙し、

中・韓(北朝も含む)を利す状態等を日本国内に構築しようとしている」、

「中・韓(北朝も含む)の手先等と思われても仕方無い」』。

|

相変わらず、劣悪者たちは電磁波工作に熱心だが・・・。

『「本日」は「東北斜め上方向」から「工作電磁波」が「リビングで腰かけている筆者の顔や頭の部分にめがけて当てられて来た」。

「もちろん、防御板を置いた」から「実効は出ない」』。

『「一定量以上を当て続ける事で、何とかして害を出そうとしている様相」だが、

「工作電磁波の存在に気付いている筆者の場合」は、

「直ぐに対策を施す」。

「すると、電磁波が強化される」。

「つまり、相応に電力消費も高められている事になる」から、

「電力消費量が上がっている事」が「工作強化実態を露呈させる事に繋がっている」』。

『「もちろん、防御板には、減衰作用と共に、ある程度の反射作用も有る」から、

「強化された電磁波の反射波を、工作員たちは、浴び続けている事になる」。

「現状の様な事を続けている」なら、

「筆者の身体や脳等に実害が出るずっと前」に、

「工作員たちの身体や脳等の方に実害が出る事になる可能性が高い」』。

『「工作指令者等にとっては、それでも良い」のだろう。

「工作電磁波の効果が実証出来れば、一応は、言い訳も立つ」のだろう。

「哀れなのは、使い捨ての現場工作員たち」だ』。

『「司法取引」等を利用して、

「電磁波工作の実態・実体を全て告発する」なら、

「哀れな、使い捨ての現場工作員たち」でも、

「一気に、悪を告発したヒーローになれる」。

「電磁波工作自体を告発してしまえば、電磁波工作による粛清反撃等の手段も非常に使い辛くなる」から、

「日本国内に居る限り、飲食物等や周囲の人々等に用心するダケ」で、

「結構、安全で快適な生活を送れる事になる」』。

『「一生使い捨ての現場工作員として過ごしながら、最後は、自らがターゲットに当て続けてているつもりの工作電磁波により、身体や脳等を壊す」のと、

「悪を告発するヒーローとなり、その後は、日本国内で、それなりに、安全で快適な生活を送れる様になる」のと、

「・・・そのどちらを選ぶ」のも、

「それぞれの自己責任の自主判断」になる』。

『「もっとも、自主性を壊されている操り人形状態の者」だと、

「既に、人間として壊されている様なモノ」だ。

「よって、先ず、其処から治さなければならなくなる」。

「健常状態へのリカバリーのハードルもかなり高くなってしまう」。

「操り人形状態の者たちの場合」は、

「健常リカバリーすら諦め、

早期崩壊への道を転がり落ちてしまうダケの場合」が多いかも知れないけど・・・』。

『「何れにしても、現場工作員たち」は「哀れ」だ』。

『「工作指令者やその後ろに居る大量消費自慰生物たちの道具としての人生」に、

「在るモノ」とは、

「操り人形化の呪文等である、血統主義や民族・集団等優位主義等」の、

「実体離れ・現実離れした虚像」でしか無い。

「もちろん、言うまでも無く、丸ごと一人の死後の世界など存在し得ない」し、

「人類が存続する」なら、

「特定極一部の者たちによる他の者・物・事支配の世界は在り得ず、

人類誰もが自分で自分を健康にコントロールし続ける世界になる」から、

「工作員に仮に子孫が居ても、

その子孫は、

工作員が行った悪の工作を否定しない限り、

冷遇~衰退~消滅して行く事になる」』。

『「人類誰もが、

自分で自分を健康にコントロールし続ける文化を保有する事が当たり前になる」と

「共」に、

「他の者・物・事支配に邁進する劣悪な文化」は、

「消滅」し、

「二度と復活する事がゆるされない世界になる」』。

『「人類が存続する」なら、

「消滅の必然がある事を一生懸命行うのは、おバカか、悪」に他ならない』。

『「出来る限り多くの人々」が、

「悪を告発するヒーローになると良いのだが」』。

|

BSアサヒでは、オバマ米国大統領の広島訪問を受けて「謝罪論」とか「民意による核廃絶論」とかやっていたが・・・。

『「謝罪の先には何が在る?」「今、謝罪を求めている国々等は?」等を「考えれば」、「誰も」が「謝罪論を言う者たち」の「思惑等」が「分かる筈」だ』。

『「謝罪の先には、補償が在る」。

「そして、劣者利権を貪りたい者たちや、補償メリットを得たい国々等や者たち等」は、

「謝罪~補償等が大好き」だ』。

『「先の大戦時」には、

「事実・現実・実態」として、

「より早く、より強力な兵器等を開発出来た方」が、

「一方的に敵と認定した方」の、

「一般市民も含む人々に対し、

その強力な兵器の破壊力」を

「軍事実用していた」』。

『「つまり、旧日本軍やナチス・ドイツ等」が、

「先に原爆を実用化していた」なら、

「ほぼ確実に米国民や英国・フランス・旧ソ連等の国民等に対して核兵器を実用していた事」等を

「強く示唆する実態が其処に在る」』。

『「その様な人間社会状態の実在」は、

「原爆使用は、ある意味、当時のお互い様であった事の実証」だ。

「謝罪が必要とするならば、先ず、第一に武力戦争であり、武力戦争に武力戦争で応じた事」になるが、

「その当時まで」は、

「武力による比べっこ&その結果による支配/被支配」が、

「人類世界の世界標準だった」のだから、

「そんな状態を実現させていた全ての人類が謝罪と反省等を必要としている事になる」』。

『「戦争自体や原爆使用等に対する謝罪」は、

「上記の歴史上の事実・現実から」も、

「今更、必要無い事」だ。

「もちろん、反省を十二分行い、二度と、同様の過ちを犯さない事」こそが、

「謝罪以上に、重要」だ』。

『「原爆使用に謝罪が要る」なら、

「特攻等や毒ガス兵器等の使用等にも謝罪が要る事になる」。

「変える事の出来得ない、

当時の加害国側・被害国側双方共に、相応の問題が在った、

過去の問題に偏執する事」より、

「過去の教訓や反省等を生かして、よりまともな未来を構築する事の方が遥かに重要」だ』。

『「それなのに、未だに、

謝罪~補償メリットを得たい国々や人々」とは、

「大戦当時に、

被侵略国等状態であった国々やその国民等、

元々、その当時の国々自体の状態がかなり酷かった国々やその国民等」だ。

「被侵略国等の実体」とは、

「当時の世界標準であった武力等による比べっこ上の劣者側の国々」に他ならない』。

『「世界情勢の流れより劣っていた自国の状態しか構築出来ていなかった国々や、

その国々を構築していた人々や

その国々の実権者たち」を、

「完全無垢な一方的被害者等として位置づける事」の「実体・実態」は、

「劣悪だった状態の正当化」でもあり、

「劣者利権等に他ならない、補償利権等の取得~増大工作等になる」』。

『「劣者利権や補償利権等の取得~増大を目的としている当時の劣等国権力者やその人脈の者たち」は、

「劣等側を一方的に有利にする謝罪~補償等が大好き」だ』。

『「オバマ米国大統領の広島訪問を受けて、謝罪を言う」のは、

「多くの一般日本国民の感には合わない」。

「中・韓(北朝も含む)等の当時の劣者側の人脈」で、

「現況で謝罪~補償利権等を積極的に貪ろうとしている人脈の感」には、

「ピッタリ」だ』。

『「民意による核廃絶論」で、

「例えば、

今時なのに、核兵器の数を増やしている国々」や、

「未だに、核兵器を保有している国々」の

「製品等の積極的不買運動等」の

「実効のある手段」を

「黙殺していた」のも、

「明らかに変」だ』。

『「反核兵器民意の体現」として、

「今時、一番避けるべき」なのは、

「今時なのに、核兵器の数を増やしている国々の製品等」に他ならない。

「具体的に言うなら、中国や北朝鮮やパキスタンやインド等がそれに当たる」』。

『「次に避けるべき」は、

「米国や英国やフランスやロシアやイスラエル等の核兵器保有国の製品等」だ』。

『「反核兵器を本気で考えている民」なら、

「この不買運動等を積極的に行わない事は、変」になる』。

『「広島市長や常連出演者等」も、

「本気で、民意による核兵器廃絶を考えている」なら、

「例えば、

広島では、

核兵器保有数増大国の製品は販売禁止&核兵器保有国の製品は販売規制等」の

「実効のある処置をすれば良い」。

「その前段階等として、

その製品の生産国・製造国の前に、

核兵器数増大マークや、

核兵器保有マーク等を付ければ良い」。

「同時に核兵器削減国マーク」や、

「核兵器無し国マーク」も

「付ければ良い」』。

『「全世界レベルで行えば、確実に実効がある事」だから、

「本気で、反核兵器を考え・訴えたりしている」なら、

「積極的に行うべき事」だ』。

『「上記の様な行う事の出来る実効のある対策」が

「在る」にも「係わらず」、

「比較的、好き勝手が言えるテレビ・ラジオ・マスコミ上等」でも、

「上記の様な事が未だに十分に情報配信等されていない事自体」が、

「本当に異常」だ』。

『「この辺りを黙殺する事」と「当時の劣等国人脈側の利権等」には、

「整合性が在る」。

「上記、両方の論調」からも、

「テレビで論を張っている者たちの人脈等の実体」が、

「露呈している事になる」』。

『「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等は、明らかに病んでいる」。

「特に、公共の電波を使ってるテレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化は急務」だ。

「当たり前の事さえ言えない者たちばかり・・・」を

「何処の局でも、常連出演等させ、同様の論ばかり一方的に配信している事」は、

「早急な是正が必要な重大な異常事態」だ』。

|

サンデーモーニングでは、内実、日本人差別法である「ヘイト・スピーチ禁止法成立」で嬉々としていたが・・・。

『「罰則規定は無い」が「自治体等の公園等許可運営等の基準とも出来るヘイト・スピーチ禁止法」。「その内実」は「適法に暮らしている邦外外国人等に対する侮蔑的な発言等を禁止する」という「邦人(日本人)差別法」の様相だ。

「表現の自由の問題がある」から「現状で、罰則規定は無し」だが、

「常連出演者等」は、

「早急に、罰則規定を!」等の旨まで

「公共の電波上で大宣伝していた」』。

『「ヘイト・スピーチ禁止法」を「受けて」、

「早速、川崎市」では、

「邦外外国人等に対するヘイト・スピーチを行うとされた団体の公園使用許可を出さなかった」そうだ』。

『「サンデーモーニング内で出演者が紹介した法内容からする」と、

「邦人(日本人)に対する差別的・侮蔑的発言等は禁止されていない様」だから、

「例えば、

日本人は全員奴隷になれ!

日本人は全員ここから出て行け!等」の

「デモや集会の為」なら、

「自治体等」が

「ヘイト・スピーチ禁止法を根拠」に

「会場や路上等の使用許可を出さない事」等は、

「出来ない事になる」。

「その様な、法の問題点を露呈させるデモや集会等を行ってみる/行おうとしてみる」のも、

「悪く無いかも知れない」』。

『「ヘイト・スピーチ禁止法ダケ」なら、

「その実効」は

「邦外外国人等による日本乗っ取り支配工作等の援助・支援等になってしまう」が、

「同時に、司法取引等を可能にする事まで含めた法改正も行われた」』。

『「現状では、摘発困難な事例」でも、

「司法取引等により、

その実体・実態を露呈させ、

罪に問う事」が、

「ある程度、容易」になる』。

『「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等」の

「現行法&現行の摘発体制では摘発困難」な

「集団的工作活動等の摘発」にも

「相応の光がさした事」になる』。

『「摘発され、罪に問われる集団」とは、

「もはや、合法的に居住している者たちでは無くなる」。

「つまり、ヘイト・スピーチ禁止法の対象でも無くなる」』。

『「この様な実態が示唆している事」は、

「民族・人種・国籍等を丸ごと差別するスピーチ等はダメ」だが、

「反工作活動集団等を訴える、デモや集会等」なら、

「自治体等からも、規制される根拠は無い事」だ』。

『「デモや集会等を企画~実行等されている方々」は、

「日本人に対するヘイト・スピーチの、デモ・集会」や、

「反工作活動集団等を訴える、デモや集会」等を、

「企画~実行等すれば良い」かも知れない』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調」は、

「共通している」』。

『「ヘイト・スピーチ禁止法」には「賛同」であり、

「場合によっては、罰則を!等と強化さえ望んでいる」。

「しかし、邦人(日本人)差別法である事」等は、

「問題化していない」』。

『「司法取引」については

「冤罪が増える!等」と、

「ネガティブキャンペーン状態」だ』。

『「今回のヘイト・スピーチ禁止法」や、

「司法取引等」の

「内実や実効等を考える」と

「どんな連中がテレビ・ラジオ・マスコミ等を牛耳っているのか?」が

「良く判る」』。

・・・・・・・。

『「オバマ米国大統領のスピーチ上で、一番重要な事」は、

「オバマ米国大統領が道徳心(精神文化)に言及した事」だ。

「生きている間には無理かも知れない」が、

「精神文化の正常進化により、何れは、核兵器を廃絶させる」等旨が、

「感じ取れた、とても意義深いスピーチ」だった』。

『「ところが、日頃から精神文化の正常進化に抗っている連中」は、

「このせっかく」の

「精神文化の正常進化」を

「一気に広める種になる、オバマ米国大統領のスピーチ」を

「有効活用出来ていない」』。

『「核兵器に興味津々の様相」は、

「北朝鮮や中国共産党等に協調している状態」だ』。

『「そんな者たち」を

「日本の公共の電波上や

公共的マスコミ上等で

蔓延らせ続けていてもロクな事は何も無い」』。

『「特に、公共の電波を使っている、テレビ・ラジオ界の健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

日テレ夜番では、テレ朝昼番等にも常連出演している脳科学者の「丁半博打男脳・女脳論」や「アイヒマン裁判」等について情報配信してたが・・・。

『「丁半博打性別論者」では「社会問題等に対する論調が冴えないのも、当然」だろう。

「性問題」は、

「もちろん、丁半博打的な事では無く、

もっと多様で柔軟な実体・実態をもっている」からこそ、

「ジェンダーフリーであるべき事」だ。

「上辺から判る面」でも、

「例えば、

判り易いところで言うなら、

乳房の性別と、

他の部分の性別が違う方々も少なく無い」し、

「両性具有という方々もいらっしゃる」のが、

「現実」だから、

「丁半博打的男女二極分化を強いる事」とは、

「丁半博打判別に当てはまらない実際は多くの人々に対する差別以外の何モノでも無い」』。

『「それなのに、

脳科学者なのに、

未だに、

男女二極丁半博打判別に基づいた、

脳性差別論等を風潮していた」とは、

「その何処に、IQ長者の実体が在るのか???」

「この実態」は、

「メンサの会等が当てにならない事の立証例」かも・・・』。

『「丁半博打男女脳論」は「別」にして、

「誰の脳にでも、男性的要素と女性的要素が混在している実態・実体把握」は、

「大切」だ。

「人間同士が惹かれあう事の内実」にも、

「脳や身体の性多様性は無関係では無い筈」だ。

「丁半博打的性観」や

「上辺ルックス観等」や

「社会的価値観」等々に

「騙されず」に、

「真のパートナー等を見出す事」こそが、

「恋愛の極意」だろう』。

『「アイヒマン裁判」は、

「多くの日本国民が十二分に知っておくべき事」だ。

「ナチス・ヒトラーの悪事の本質」は、

「実体や現実離れした民族・人種差別等に在る」』。

『「しかし、その裏で、絶対に、忘れてはいけない事」は、

「差別・虐待・虐殺された側であるユダヤ人側が完全無垢な正義だったのか?」は、

「また、全く別の話しである事」だ』。

『「多くのユダヤ人の文化でもある筈」の、

「ユダヤの商人的な経済感覚」や、

「現状のユダヤ式の現状経済システム等」には、

「明らかに、責められるべき事が有る」』。

『「ナチス・ヒトラーの一番の間違い」は、

「丸ごと一人の死生観等に基づいて、

丸ごと一人レベルで、

人や民族や人種等を差別してしまった事」だ』。

『「責めるべき」は、

「瑕疵等のある個別の文化」や

「個別の人々の、ジョークでも無いのに、実体離れ・現実離れ等している思想・信条や文化等」であり、

「断じて、

丸ごと一人レベルの

人間や、

ましてや民族や

人種等では、

無い」』。

『「アイヒマン裁判の映画」等を

「観て」、

「その辺りまで考えが及ぶ方々」が、

「大量に出れば良いのだが」』。

『「テレ朝やTBS等よりは、未だマシな部分もある日テレ」だが、

「本日の夜番」でも、

「上記の様に、マダマダだったり、舌足らずだったりしている面」は、

「否定出来無い」』。

『「何れにしても、戦後日本国内の情報・教育等」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

TBSでは、今時なのに、「思いに拘らせるおバカ化」絵本を大宣伝していたが・・・。

『「死の恐怖」とは「細胞ごとの現象である死の実体把握が出来ていない、今時の日本社会なら、義務教育内容さえ???の者たちのみが保有している概念」だ。

「もちろん、人の意識」は「単純化(例えば、丸ごと一人ごとに)して、考え・思いたがる」から、

「読者等を思いダケに拘らせて、

死の問題を考えさせたりすれば」、

「死の実体が細胞ごとの現象である事が、理解・把握出来ていなかった古の時代の人々」と

「同様」に、

「死を恐れさせたりする事も可能になる」』。

『「そんな実体が???であるが故の恐怖等の思いの上」で

「多くの人々が何を求め易くなるのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事だろう」』。

『「実体離れ、現実離れした情報・教育等ダケ」を「偏重等する事」は、

「頼れると思える者・物・事」を

「追い求め続ける迷い子たちや亡者たち」を、

「生み出し易い」』。

『「有名人依存や

権力者依存や

宗教依存や

お金依存や

行事依存等々」の

「心理を増大させる」のが、

「思い上ダケで死等を考えさせる事」の「実効」だ』。

『「該当絵本の作者もその辺りの事は良く分かっている様」で

「何と!天国の一つのモデル」として、

「有名人に会える事等を挙げている」』。

『「巷に溢れている嫌な者・物・事等を地獄のモデルとして挙げ、

ユーモラスに描く事で、

読者の心理的関門を通り抜けさせる手法も用いられている様」だ』。

『「単純化したがる意識上」でのみ「死を考えさせる」と「共」に、

「有名人等を天国に祀り上げ、無条件に受け入れ易くなる心理等」を、

「読者に抱かせたい思惑等が感じられる」』。

『「多くの人々」が、

「そんな内実の絵本に子どもの内から毒されたりしている」と、

「思いダケに拘り、有名人等に依存する」

=「有名人を使って、思いで操り易い人々」が、

「量産される事になる」。

「それは、避けなければならない事態」だ』。

『「内実から検証する」と

「とても、テレビ等で大宣伝するに値しない、

ばかりか、むしろ、大宣伝するべきでは無い物」なのに、

「該当絵本を公共の電波を使って大宣伝したテレビ番組」は、

「本当に酷い」』。

『「今時」なら「死をテーマとした絵本」なら、

「細胞ごとの現象である事や、細胞ごとの命の連続性(過去・未来両方向)が良く判る内容であるべき」だ。

「その上で、単純化したがる人の意識を分かり易く加えたりすれば良い」』。

『「死が細胞ごとの現象である事を十分に理解・把握した人々」なら、

「死自体を恐れる事は無くなる」。

「何しろ、今、この瞬間にも、誰もが体験しているのが死」だ。

「死自体は、痛くも、痒くも無い」。

「死自体の恐怖が無くなり、死自体を考える必要が無くなった人々」なら、

「どう生きるか?」等を

「より多く考えられる様になるのが当然の現象」だ』。

『「どう生きるか?」を「考える」なら、

「終極的には、

誰もが、

自分の実体やその実体の本来の目的に適う様に生きる事を考える様になる」のが

「当然の現象」だ』。

『「はっきり言えば、

実体の理解・把握を疎かにして、

意識上の考え・思い等だけに偏執している状態の人々」が、

「今の人間社会の諸問題の元」だ』。

『「実体把握やそれに基づいた展開を主とする」なら、

「今生きている人類誰も」が、

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している地球生命体細胞群の約60兆の一塊」だ。

「そして、その根本的目的は、存続」に他ならない。

「地球生命体細胞群」は、

「その根本的本能欲動として、

地球上が満員状態になった後も、地球外も利用して存続したい」から、

「地球外の利用を可能にする事が出来る人類という種までをも、

自ら生み出した」。

「地球生命体細胞群の存続~永続」とは

「実際に得る事が可能な永遠の命に他ならない」』。

『「細胞ごとの命の連続性を過去・未来両方向に辿る」なら、

「人類誰もが、他の人類誰もも含む、地球上のほとんど全ての生命体との繋がりが有る事になる」。

「地球生命体細胞群を広義の自分とする」なら、

「人類個人は狭義の自分」だ』。

『「狭義の自分が、広義の自分の極一部を殺し、食する等する事で、存続している」のが、

「人類誰もの実態」だが、

「人類は、基本的に他の人類を食する必要が全く無い」。

「つまり、丸ごと一人殺す必要も全く無い」』。

『「ところが、考え・思い上ダケ」で、

「実体離れ・現実離れした、身勝手な自虐処理等をしてしまうと、

丸ごと一人の殺人欲動等まで抱けてしまう」。

「更に、考え・思いや感情等ダケに拘る」と

「その実行も可能になってしまう」』。

『「狭義・広義双方の自分の実体の理解・把握が出来ていて、

死の実体も細胞ごとの現象である事が十二分に解っている」なら、

「殺したい実体」が、

「丸ごと一人では無く、その者の行動原理や思想信条等である事」も、

「誰もが、実感を持って理解・把握出来る様になる」』。

『「考え・思いダケに拘らせる事」こそが

「殺傷事件やテロ・戦争の元」だ。

「今時の全ての人類」が、

「殺すべき実体」は、

「其処に在る」』。

『「誕生・死とは細胞レベルの現象である事等々、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」こそが、

「今時の全ての人類」が、

「自らの精神文化を正常進化させ、

殺傷事件やテロや戦争や格差や貧困等々の問題を解決し、

世界平和を実現する為に、

行わなければならない事」だ』。

『「考え・思いダケに拘った人々が多いまま・・・」なら、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に、急速な進化をし続けて来ている物質文明」と、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が疎かであるが故に、進化が不十分な精神文化」の

「ギャップ故」に、

「人類滅亡が必然になってしまう」。

「今時の情報・教育内容として、殺すべき」は、

「考え・思いダケへの偏執を煽る情報・教育」に他ならない。

「情報・教育等を正常化・健常化させれば、

世界平和も、広義の自分の永続も、

実現可能になり易くなる」』。

『「世界平和&広義の自分の永続」と、

「人類滅亡」の

「差」は、

「甚大」だ。

「どちらに力を加えるのか?」は、

「狭義の自分それぞれの自己責任の自主判断」だ。

「世界平和・永続」側に「力を加えている者」は、

「善人、もしくは、健常人」であり、

「人類滅亡」側に「力を加えている者」は、

「悪人、もしくは、病人等」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、「中国共産党目線のG7サミット論」を日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「中国共産党支配下の中国を非常に重要な市場」と「位置づける事」で「内実」としては、「中国共産党の存続を応援している者たち」の「インチキ論」は「下劣」だ。

「もちろん、言うまでも無く、中国が民主化した後の健常市場のパイ」は、

「現状の中国共産党支配下の中国の市場パイ」より

「遥かに大きい」』。

『「経済メリット面」からも、

「地球環境面」からも、

「人類全体の安全保証面」からも、

「中国共産党の衰退~中国の民主化」こそが、

「正道」になる』。

『「中国共産党の応援となってしまう状態を誘う論等」を、

「悪戯に、

日本国内に一方的にまき散らしている事」の

「実効」は、

「膨大な健常経済市場の誕生を阻害」し、

「地球環境破壊を推進」させ、

「アジア地域等の火種等を増大」させる、

「実質、悪事」に他ならない』。

『「そんな事を喜ぶ」のは、

「今時の人類である筈」なのに、

「未だに、他の者・物・事支配に生きようとしている、

中国共産党や北朝鮮等の側の人々くらい」だろう』。

『「そんな事を行う」のは、

「断じて、健常な優等生や、心の底から紳士的な人々等では無い」。

「上辺は、優等生や紳士的でも、

その内実は、

中国共産党や北朝鮮等の情報工作員等」だろう』。

『「今時の日本社会に似合わない、

時代遅れの劣悪論や、

大衆誘導情報工作等」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「G7サミット」では、

「当然の如く、中国共産党による海洋不当進出に対し、

相応に、共通の問題意識を持ち、懸念を示している筈」だ』。

『「今の、その国の経済等が苦しい」から、

「中国共産党支配下の中国の市場に縋りたい度」により、

「若干の温度差が有って」も、

「中国共産党支配の中国を肯定していない事」は、

「当然の共通認識」だ』。

『「経済問題の本来の解決法」は、

「現状のインチキ経済システム自体を是正する事に他ならない」。

「しかし、現状対策」としては、

「溺れる人は藁をも掴む状態」で、

「健常市場と成り得ていない中国共産党支配下の中国に押し込められている大人数の人々による消費等」を

「利用したがる国等が出てしまう」のも、

「一時的には、仕方の無い事」だ』。

『「本来、日本のテレビが日本の公共の電波を使って、G7中国関連問題を配信する」なら、

「上記の様な内容のモノであって然るべき」だ』。

『「更に、物質文明先進諸国であるG7サミット」で、

「今時、発表されるべき内容」としては、

「我々G7諸国」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して来ている」から、

「物質文明を大いに進化させる事も実現出来て来ている」。

「しかし、未だ、精神文化面では、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が不十分」だから、

「精神文化を十分に進化させる事が出来ていない」。

「テロ・戦争問題は言うまでも無く、経済や人間社会システム等の問題とは、

人類の精神文化面の問題」だ。

「今の人類の重大諸問題の解決の為」にも、

「今後は、協力して、人類の精神文化の健常進化に邁進する事」を

「ここにお約束する」。

・・・等の「声明が有って然るべき」だ』。

『「その様な声明等が未だ出て来ない」なら、

「それを促す」のが、

「テレビ・マスコミ等の一つの役割」だろう』。

『「まして、

今時の日本国内のテレビ放送」は、

「断じて、中国共産党支配下の自治区等の中のテレビ放送では無い」のだから、

「中国共産党や北朝鮮権力者等を有利にし、

中国や北朝鮮の民主化の阻害を誘う実効のある情報配信状態」は、

「明らかに、時代遅れで、異常」だ』。

『「精神文化の正常進化が阻害されている事態」は、

「即刻、是正されるべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「米軍撤退&自主防衛のが安いゾ!論」等を一方的に大量配信していたが・・・。

『「軍事で核保有抜きの自主防衛論という事自体」で「既に、その実体離れしたおバカぶりは顕著」だ。

「自主防衛するなら、核兵器まで含めて自前で持たなければお話しにならない」。

「逆に、核兵器を保有しているダケで、かなりの軍事上の実効が生まれる」から、

「通常兵器では圧倒的に劣っている北朝鮮等の国々」が、

「核兵器の所有に熱心になっている」のが「現実」だ』。

『「日米安保が在れば、米軍の核の傘が常に有効に働く」とは

「平和ボケの幻想に他ならない」。

「在日米軍が無くなってしまう事=日本側が持つ大きな担保が失われる事に他ならない」。

「自主防衛費等を算出する」なら、

「日本軍(自主防衛となれば、自衛隊という名称も全く不適合になる)が持つ核兵器分まで入れて算出する」のが、

「当然」だ』。

『「軍事上の防衛力」とは

「常に、仮想敵国等が軍事侵攻等する気を無くすレベルを保つ事」によって、

「初めて有効になる」。

「在日米軍も日本軍が持つ核兵器も無い」なら、

「米軍に核を使わせない工作に成功した途端に、日本への核攻撃が可能になる」のが、

「軍事戦略の当たり前」だ』。

『「核保有抜きのインチキ自主防衛論が招く事態」は、

「中国共産党や北朝鮮等を有利し、

それらの人脈による日本の乗っ取り支配等を容易にする事」等に他ならない』。

『「舛添都知事に対する{ヘイトスピーチ状態論}」も「酷かった」。

「テレビ等の人脈の実権者たち」は、

「余程、都知事選を行いたい」のだろう』。

『「その目的は?」

「東京五輪のロゴに決まった藍色の市松模様」に、

「2020年東京五輪こそ」が、

「日本の乗っ取り支配のチェッカーフラッグが振られる時」等の

「不健常な思いを被せている連中がいる」。

「逆から言う」と、

「東京五輪が行われる限り、

2020年までに日本の乗っ取り支配を実現しないと、

粛清されてしまう可能性が大きい連中がいる事になる」』。

『「東京都知事の座を乗っ取り、

2020年までに日本の乗っ取り支配が不可能なら、

判り易い東京乗っ取り実態等を実績として献上するか、

東京五輪をボツにする等」の、

「一応の悪の成果を上げる事」で

「当面の粛清を逃れ、延命したい連中がいる」』。

『「そんな連中にとっては、都知事選は必需という訳」だ』。

『「日本の中の反日人脈等による工作活動を告発・暴露等しないテレビ・ラジオ・マスコミ等」とは、

「工作活動を行っている者たちのお仲間等」と

「強く推定出来る」』。

『「工作活動等を行っている者たちのお仲間等」なら、

「内実」では、

「確実に日本を危うくする事に直結している

核保有無き自主防衛論等を{在日米軍を撤退させた方が安いゾ!論}等と一緒」に、

「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信する」のも、

「舛添都知事{ヘイトスピーチ状態論}」等を、

「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信する」のも、

「合理的になる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

NHKで、サミットの首脳宣言の原案が紹介されたが・・・。

『「現状経済システムや現状経済評価をそのままに、強化とか持続可能とかやる事の実体」は、

「人類滅亡宣言以外の何物でも無い」。

「実体・現実離れしている経済システムや経済評価等」とは

「聖書によるチリ等でしか無い事」に、

「今時生きている多くの人々」なら、

「いい加減に気付くべき」だ。

「先進国の首脳等なら、尚更」だ』。

『「サミットで行うべき」は、

「実体離れ、現実離れし過ぎている現状経済システムや人間社会」を、

「少しでも実体や現実に近づける為に有効で実現可能な事の合意」をし、

「実行を担保する事に他ならない」』。

『「具体的に言う」なら、

「先ずは、

多くの人間の行動原理の基ともなっている、

情報・教育等の現実化であり、

人類誰もの自分の実体との整合性を高める事等」だ。

「人類の精神文化の健常進化に有効」な

「情報・教育等の全世界レベルでの配信等の合意」だ。

「多くの人々の精神文化が正常進化」し、

「経済評価等の基本ロジックが健常化する」なら、

「経済・政治・社会システム等の是正も容易になる」ばかりか、

「必然になる」』。

『「せっかく、先進国の首脳が集まる」のだから、

「今時」なら、

「上記程度の事は、

行えて当然」だし、

「行うべき」だ』。

『「内実、悪やおバカたちの利権等を守る為」の

「先進国首脳会談等」なら、

「百害あって一利無し等である事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「そんなモノなら、正に、人類滅亡をより近づける、時間とエネルギーの無駄」だ』。

『「実体離れ、現実離れしている、現状の社会・経済システム上の評価・立場・権力等」や、

「現状のお金」という「チリに埋もれている人々」は、

「いい加減に目を覚ますべき」だ。

「そんなモノに縋り付く人々が多ければ、人類滅亡が急ぎ足でやって来てしまう」。

「逆に、

目を覚まし、

実体離れ、現実離れを直す、

人類の精神文化の正常進化に直結する実務を行う人々が多ければ、

地球生命体細胞群という人類誰もの広義の自分の永続」も

「容易になる」』。

『「人類滅亡に力を加える」も、

「広義の自分の永続に力を加える」も、

「狭義の自分個体それぞれの自己責任の自主判断」だ』。

『「自然の摂理を神とする」なら、

「神は、それぞれの自己責任の自主判断を元」に、

「裁き=存続・否存続等の判断を行う事になる」のが、

「自然の理」だ』。

『「人為的」には、

「同様の新たな過ちを犯さない為にも、

人類滅亡に力を加えた者たちを、

永遠の恥辱に染まる道の上に置く事」が

「広義の自分の実体の永続から考えると、合理的になる」』。

『「おバカや悪たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」。

「おバカや悪では無い者たち」は、

「自分の実体に対する自虐という悪魔に魂を売り渡す行為等」と

「引き換え」に

「チリ集め等に偏執するのでは無く」、

「広義の自分の永続に繋がる実効のある実務等を行うべき」だ』。

『「本質的おバカに、過分な立場・報酬・権力等を与えてはいけない」。

「本質的悪たちに与えるべきは、応分の罪と罰」だ。

「その様な状態が貫けてこそ、本当の民主主義になる」』。

『「行き詰っている現状人間世界のブレークスルー法」は

「上記の様に、既に在る」。

「後は、多くの人々が実行するか?否か?」だ』。

『「人類滅亡を選択する」も、

「広義の自分の永続を選択する」も、

「狭義の自分、個々の、自己責任の自主判断次第」だ。

「そして、狭義の自分それぞれには、実体応分の未来が待っている」』。

|

「反対デモ」や「不満デモ」とは、おバカや悪がやる事でしょ!・・・。

『「普通の頭のある善良市民等」なら「反対!」や「不満!」では無く、「こうやればより良くなるゾ~!」等の「具体的かつ、前向きな者・物・事等を訴える事が出来るモノ」です』。

『「当然、偏向・偏重論等」では、「直ぐにボロがバレる」ので、「支持が得られ無くなりますが」』。

『「逆から言えば、偏向・偏重論等」なのに、

「ボロを隠す為」なら、

「反対!」や「不満!」が「好都合になる」のです』。

『「デモ」を、

「見る、信じる、行う、前」に、

「忘れるべきでは無い、基礎知識」です』。

『「政党や政策でも同じ事」です』。

|

アイドル殺人未遂事件をストーカー問題にしたい者たち・・・。

『「アイドル殺人未遂事件の本質」は「ストーカー等では無い」。「自分を健康にコントロールし続ける代わりの他者支配」だ。

「他者支配問題を圧殺したい連中」が

「ストーカーという代わりを仕立てている様相」が「露呈している」』。

『「ストーカーとは、他の者依存&執着状態」だ。

「共依存や共執着等の場合」なら

「ストーカーとは成らず、むしろ、相互利益等の実現に繋がる行為でもある」。

「もちろん、共依存や相互利益等」には「健常なモノと不健常なモノが在る」。

「健常なモノ」とは

「その共依存状態が、人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が取れるモノ」だ。

「不健常なモノ」とは

「現実逃避の為の共依存等、人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が取れないモノ」だ。

「この程度の事」は、

「今時の人類」なら、

「今時にあるべき精神文化上、

理解・把握等出来ていて然るべき」だが』。

『「他者支配を黙殺したい者」とは、

「今時なのに、

時代遅れな、

他者支配等を行いたい者たち」に他ならない。

「論点ずらし情報に追従する者たち」とは、

「論点ずらし情報の配信者に操られている者たち」に他ならない。

「論点ずらし」で「操れる者たち」なら、

「実体や事実・現実離れした情報等で操る事も簡単」だ』。

『「重要要素黙殺偏向・偏重情報等」で、

「操れるパイ」が

「其処に在る事になってしまう」』。

『「ここで、多くの人々は気づくべき」だ。

「パイの一部とされた途端に、人権が阻害されている事等に!」

「元々、他者支配を目論む者たち」とは、

「他者の人権を重視しない者たち」でもある』。

『「今時の健常標準」は、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求をちゃんと充足し続ける事」により、

「その代償欲求に過ぎ無い、

他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配」を

「過剰追及しない事」だ』。

『「今時の健常標準さえ、満たせていない様相の者たち」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や教育等で、蔓延れてしまっている状態」の

「是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番でも、ネット情報等が余程困る様相だが・・・。

『「日頃から、偏向・偏重論等を一方的に大量配信し続けている場合が少なく無い常連出演者等」は「安全にコストをかけなければ・・・」等の旨「言っていた」が、

「行うべき」は、

「特定極一部の者たちばかりの常連出演や偏向・偏重論等」を

「即刻、止め、今までの実質、悪業に対し、謝罪し、補償等する事」だ』。

『「例えば、

上辺の表現」では、

「優等生的、紳士的」だが、

「その内実」は、

「日本人に対するヘイトスピーチ」や、

「日本に自虐を強いる偏重・偏向論」等を、

「一方的に大量配信し続け、

多くの視聴者をイメージ等で騙し、

実質的大衆誘導等をして来ている

常連出演者等は数多い」』。

『「そんな者たちに相応しい」のは、

「売国・売国民奴的悪事」や

「公共の電波を使った情報工作等の悪事」

「相応の罪や罰」であり、

「過分な立場・報酬・権力等では断じて無い」』。

『「具体的に考えるなら誰でも分かる」。

「例えば、

中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、

極東地域日本のみ等」の

「重要要素を黙殺」した

「脱原発論等」を、

「優等生的な正論であるかの如きイメージ」で、

「多くのテレビ番組が同様の論ばかり」を、

「公共の電波を使って、一方的に、風潮して来ている事」の「内実」は、

「以下の通り」だ』。

『「先ず、先の重要要素も取り入れない状態」とは、

「おバカ状態」であり、

「優等生状態」では「断じて無い」。

「おバカ状態の論」なのに、

「上辺ダケ、優等生仮面やジェントル仮面を被せる事」で、

「視聴者を欺いている」。

「極東地域で日本のみ脱原発する事」の「実利」は、

「中・韓等」の

「原発産業等や、日本の電力事情悪化による漁夫の利」だ。

「つまり、重要要素を黙殺する事」で、

「日本が不利になる内実を持つ論等」を

「視聴者に摺り込んでいる事になる」』。

『「脱原発等を基に、

政権選択等まで誤らせれば、

実際に、

日本を不利にする反面で中・韓等を利す売国政策等」が、

「実現出来てしまう」』。

『「上辺の言葉やイメージ等で騙し、不利になる内実を認めさせ、実行させる詐欺等」と

「同様」の

「卑劣な手法が用いられている」』。

『「韓(北朝も含む)流テレビ・ラジオ・マスコミ等ご推奨だった、

民主党政権が誕生した時」の「実態」を、

「覚えている方々も多い筈」だ。

「円高容認政策等の実行」により、

「日本が細った反面で、

中・韓が太った」』。

『「特に中国を太らせた事」と、

「昨今の地球温暖化の急加速」には、

「大きな関係が有る」』。

『「日本にとっても、世界環境にとっても、マイナスとなる選択」を

「日本の公共の電波までをも使った実質的大衆誘導で実現させてしまった」のが、

「その当時のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」だ』。

『「政権は変わったが、テレビ・ラジオ界等の変更は無い」。

「相変わらず、当時と同様の者たちが常連出演」し、

「内実」では、

「日本を不利にしたり、

日本人に対するヘイトスピーチ的な、

同様の論ばかり」が、

「主として風潮されている」。

「戦後ずっとそんな状態が続けられてしまって来ている」』。

『「韓(北朝も含む)流テレビ・ラジオ等」による、

「三国人進んで、日本下げる」為に、

「汗かき、べそかき、365日歩き続けろ!」の「号令」は、

「未だ、止んでいない様相」だ』。

『「常連出演者等が、そんなつもりは無い。日本の為の情報配信等を行っている!」等と

「言うのなら」、

「北朝鮮による拉致にも大きな関係がある」、

「戦後の日本国内の反日他国人脈によるスパイ・工作活動等の問題」を

「露呈させたり、告発したりしないのは何故か?」』

『「例えば、

電磁波を音波同様に縦波化して使えば、

壁を通しても、隣りの部屋の音が聞こえるのと同様に、

壁で隔てられていても、隣りの部屋や家の中等を覗く事も出来てしまう」。

「人が何処にどんな姿勢で居るのか?」も「覗けてしまう」。

「更に、その人に向かって、工作電磁波を当てる事も出来てしまう」。

「元々、人間の生体としての動きは、微弱な電気信号によってコントロールされている面もある」から、

「工作電磁波によりターゲットの身体や脳の状態を不健常にする事も可能になる」』。

『「脳に当てられる」と

「集中力等が阻害されたり、

不安やイライラ等を生じさせられたり、

・・・する工作電磁波も在る」から、

「例えば、学力や研究開発等で、蹴落としたいターゲットを蹴落とす為の工作等に悪用出来てしまう」。

「アルツハイマー等の増加」や、

「風呂場等での突然死等」の「裏」にも、

「電磁波工作等が有る可能性も決して小さく無い」。

「そして、電磁波工作は、現行法や現行の摘発体制では摘発困難」だ』。

『「その様な非人道的な工作活動まで在る」のに、

「この重大問題を露呈させない、告発等しない」のは、

「そのお仲間では無いのなら、

明らかに異常」だ』。

『「例え、反日国の国籍を持つ/持っていた人々」でも、

「日本で、一般日本国民と平和共存する為に居る人々」は、

「もちろん、大歓迎」だ。

「しかし、日本の乗っ取り支配や、日本人奴隷化等の為に、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の非人道的工作活動等を行っている者たちや、

上辺の優等生・ジェントルイメージ等で欺きながら、日本に自虐や不利等を強いる情報・教育工作等を行っている者たち」は、

「意識的かつ積極的に露呈~告発~摘発等され、厳罰が与えられる様にするのが当然」だ。

「当たり前の話し」だ』。

『「当たり前の話し」が「表に出ないところ」に、

「戦後日本社会の重大な異常さがある」』。

『「そして、その元」は、

「異常な状態でとん挫したままになっている戦後処理故」だろう。

「悪権力者等なら、自国と相手国の民族割合等の違い等を悪用した工作活動等を仕掛けない訳も無い」。

「工作活動無縁の無垢の民は、絶対に、責められるべきでは無い」が、

「工作員や協力者等は、その国籍を問わずに、責められるのが当然」だ』。

『「言っている事や、行っている事等の内実」が、

「日本乗っ取り支配工作等には合理的」でも、

「日本国・日本国民の健常発展には不合理」という「実態」を

「露呈している者たち」が、

「工作員や協力者等と推定される」のは「当然の事」だ』。

『「そんな状態を露呈している」なら、

「安全にコストをかける前に、

工作員や協力者的実態」を「是正」し、

「日本国・日本国民の健常発展等に役立つ事等をするべき」だ』。

『「マスコミ人」なら、

「先ずは、日本国内のスパイ・工作活動等を露呈」させ、

「実効のある法と摘発体制の整備~即実用等を

訴えるべき」だ』。

『「特定極一部の者たちが、何処の局でも、主として、常連出演という実態」は

「明らかに異常」だ。

「何処の局でも、同様の論、同様の論調ばかり・・・という実態」も

「明らかに異常」だ』。

『「例えば、

舛添都知事ヘイトスピーチ状態ばかり」は「変」だ。

「政治と金等の問題」なら、

「先ず在るべきは、全政治家に対する調査報道」だ。

「その上で、悪質度がより高い者から順に問題化すれば良い」』。

『「例えば、

日本乗っ取り支配等の為に、

反日他国等から命令や指令や資金援助等を受けて動いている政治家は居ないのか???」

「その辺りの調査報道を、行わず」に、

「都知事降ろし大衆誘導を積極的に行い、

都知事を降し、

新たな都知事を誕生させてみたら・・・、

その内実は、

反日他国等から日本乗っ取り支配等を早期に実現させる命令や指令等を

受けている者だった!」では、

「とんでもない事になってしまう」』。

『「今時の人間世界」、

「平和ボケ」では「非常にアブナイ!」』

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、公共の電波を使った「舛添都知事追い落とし情報」の配信に熱心だが・・・。

『「田母神氏を法で追い落とし」、「舛添都知事をテレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆扇動情報圧力等で追い落とせば」、「残るのは?」

「工作好きな連中」は、

「今こそ」が、

「東京都知事の座を、工作で空白にさせ、

工作好きな連中にとって都合の良い者を都知事に据える

最大のチャンスだ!」等と

「考えている」のだろう』。

『「確かに、露呈されている舛添都知事の行動や領収書等の実態」は、

「一般市民感情を逆なでする情報」だ。

「しかし、多くの人々が、絶対に忘れるべきでは無い事」は、

「原寸大の実体把握」だ』。

『「小さな問題を大問題に思わせる・勘違いさせる事等」は「情報工作の得意技」だ。

「情報工作で操られない為」にも

「原寸大の実体把握」は

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「舛添都知事の政治と金の問題の場合」も、

「都知事としての仕事自体が問題にされているのでは無い」。

「領収書等から遡って調査した、金額面では、セコイ場合がほとんどの政治と金の問題」だ』。

『「政治家は、先ず、実行政策等から検証されるべき」だ。

「その上で、不満等があるなら、選挙で落とせば良い」』。

『「舛添氏の政治と金の問題のセコク無いモノ」を

「ワザワザ新党改革時代にまで過去に遡って探し」、

「無理やり出した場合」などは、

「事実誤認だった事が露呈」し、

「テレビ側が謝罪した事まである」』。

『「舛添都知事の問題で実在している」のは、

「都知事の仕事上の大問題や、

重大な政治と金の問題では無く」、

「あら捜しをして、露呈させる事が出来た

セコイ政治と金の問題や疑念が生じる行き先等」だ。

「全政治家に対し、同様のあら捜しをした上で、より悪質な者から、問題化する」のが、

「妥当な事」だ。

(実際に、その様な調査報道をするなら、例えば、金品・者等の授受等が有っても何の不思議も無い、上辺では一般日本国民等との区別が困難な、反日国外国人人脈等との、面会や会合等を重ねている、野党議員等の実態等も、明らかになる筈だ。)』

『「それなのに、大テレビ・ラジオ・マスコミ連合」は、

「舛添都知事ダケをターゲット」にして、

「徹底的な、アンチキャンペーンを行っている」。

「公平・平等・公正な報道姿勢等」では無く、

「ナチス・ヒトラーと同様」の

「マスコミを圧力機関・大衆誘導機関として悪用している実態」が

「露呈している」』。

『「舛添都知事も、決して褒められた状態では無い」が、

「現状のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等は、もっと、もっと、もっと、もっと悪質」だ。

「悪質なモノに操られて、

悪戯に都知事等を追い落とす事等を行う人々が、

数多く居る社会」は、

「本当にアブナイ社会」に他ならない』。

『「多くの人々は、絶対に忘れるべきでは無い」。

「脱!テレビ・ラジオ・マスコミ等大本営情報工作!」』

『「政治家は、選挙で落とせる」。

「人の入れ替わりもある」。

「しかし、戦後日本のテレビ・ラジオ界」は、

「ずっと同じ人脈の者たちが実権を押さえて来ている」。

「だから、何処の局でも、同様の顔・同様の論ばかり・・・」なのだ。

「そして、今の同様の論の一つ」が、

「舛添都知事降ろすゾ!大キャンペーン」だ』。

『「戦後の日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等に操られている様」では、

「民度が疑われても仕方無い」。

「健常な民主主義の基本」は、

「それぞれの個人個人による原寸大の実体や事実・現実把握」であり、

「原寸大の実体や事実・現実把握に基づいた判断」だ。

「上辺」の「大悪イメージ」や「正義・紳士イメージ」や「大いに頼れるイメージ」等々で、

「操られてしまう人々が多い人間社会」では、

「健常な民主主義社会には成り得ない」。

「愚集を

悪が

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等で

操る

似非民主主義社会」となり、

「その内実」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等実権者の独裁社会」となってしまう』。

『「そんな状態を避ける為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

『「都知事リコール」等より、

「戦後日本のテレビ・ラジオ等リコール」の方が

「先に在るべき」だ』。

|

誰もが、「不健常な過剰性欲犯罪」と「米軍基地問題」は「別に考えるべき」でしょ!・・・。

『「強姦殺人等不健常な過剰性欲犯罪」は「米軍基地問題等とは別に、日本社会でも頻発している」。

「偶々、犯人が、米軍基地関係者だったから等」と「この手の犯罪」を「米軍基地問題と直結ささている状態」は、

「明らかに現実離れしてる」』。

『「米軍基地反対等政治運動の為」に「過剰性欲犯罪等を利用している者たち」こそが「要注意人物」だ。

「中国共産党等の臭い」が「充満」している』。

|

優先席問題って意思表示(体現も含む)の問題でしょ・・・。

『「優先席とは、あくまでも、優先」であり、「特定の者たちの権利を無条件に保証・担保等したモノでは断じて無い」。

「優先権を得る為」には「意思表示(暗黙も含む)が必要な事」は「今更、言うまでも無い」』。

『「例えば、座席使用が必需である旨等を体現している方々の場合(もちろん、悪意等に基づく演技等を除く)」は、

「その方々が権利主張等をする前」に「席を譲るのが当然」だ』。

『「しかし、傍目に見て、判断に迷う様な場合」には、

「必要としている方が、その意思を示す事が重要」になる』。

『「傍目から見て判断に迷う状態」なのに、

「意思提示無き暗黙の優先等」を「望む」のは、

「他人より自分を上に置いている状態に他ならない」』。

『「多くの人々が、優先くらい使い訳られない様」では、

「強制が当たり前になってしまう」』。

『「弱者利権等オールマイティ化」とは、

「弱者基準の人間社会=弱体化人間社会への特急券」に他ならない』。

『「弱者でも、ほとんどの場合」は「意思表示が可能」だ。

「出来る事を認める社会こそが、健常」になる』。

|

テレ朝朝番では、熊本地震被害地域落書き「HAARP」の宣伝をしていたが・・・。

『「米軍の地震兵器」等という「存在し得ない事」を「日本国内で言う」のは「反米人脈の者たち」と「相場は決まっている」。

「かつてのオウムの場合」も「北朝鮮との近さ」等が「言われていた」』。

『「HAARP」は「電磁波関連の米軍施設」だ。

「もちろん、地震兵器などでは無い」。

「表向きは、オーロラ等の観測の為」と言われ、

「裏では、電磁波による軍事通信や地球上の電磁波実態等の観測・測定等」が

「行われているらしい」』。

『「工作電磁波の観測が行われたりする」と「困る」から、

「日本国内の米軍電磁波施設等」を、

「問題化したいのかも知れない」』。

『「・・・似非科学の陰謀論・・・」とは「常連出演者の弁」だが、

「情報工作等の陰謀」の「臭い」が「濃厚に有る」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」だ。

「どちらに本当の問題が在るのか?」は、

「言うまでも無い」だろう』。

『「似非科学は、似非科学である事」を

「本当の科学の知識」等により「簡単に見破れる」から、

「多くの人々が、ある程度は、本当の科学の知識を得られている戦後の日本」では、

「似非科学による陰謀論等が、メジャーになり、力を持つ事は無い」。

「公共の電波上等で、ワザワザ宣伝する必要など無い」のが「実態」だ』。

『「しかし、情報工作等による陰謀」の「場合」は、

「主要情報配信機関の多くを押さえ、同じ情報ばかり配信し続ければ、

メジャーとなり、

イメージ操作等による大衆誘導まで可能になる」。

「その様な実態」を

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等から感じている方々」は、

「大勢いる筈」だ』。

『「ある似非科学デマ」を「公共の電波上で大宣伝」すれば、

「その似非科学デマ自体」が「公然化」される。

「似非科学デマを知った者たち等」による、

「物真似落書き犯等」が

「より容易に誕生し易くなる」』。

『「その実態」は、

「情報工作」により、

「小さな落書き問題を全国展開出来る基」が

「全国に配信された様なモノ」だ』。

『「売国メディアよ!HAARPを報道せよ!・・・」の「落書き」に

「売国メディアとの認識があるから応じたのか?否か?は不明」だが、

「内容が、何れは、反米(軍基地・施設)感情等を煽る工作等にも繋がるから」等の「判断故」に、

「ワザワザ宣伝するまでも無い、

タッタ数件の落書き等を、

その内容まで含めて、

大々的に広報した」のなら、

「売国メディア等の臭いを感じる視聴者が数多く居ても、何の不思議も無い」』。

『「もちろん、落書き自体は、責められるべき事」だ。

「まして、被災地で落書き」とは、

「とんでもない事」だ。

「HAARP」や「米軍施設(基地)等」を「問題化したい者たち」は、

「工作好きで、手段を選ばない様相」だ。

「その様な者たちを追及し、実態を露呈させたりする事」なら、

「マスコミ本来の仕事の一つになる」』。

『「日本の中のスパイ・工作集団を露呈させる事」は、

「戦後の日本のマスコミがやり残してしまっている

行わなければならない重大な仕事」だ』。

『それなのに、

「落書き」という「手段」で「仕込まれた種」を、

「民放キー局」が、

「呼びかけに応じ、拾い上げ、

公共の電波を使って大々的に配信した様相」が、

「露呈」していた』。

『「スパイ・工作集団等を露呈させるのでは無く、

手伝っている様相」は、

「本当に、酷い」』。

『「小保方氏の宣伝と言うより、瀬戸内氏の宣伝の様相だった対談等宣伝」も、

「瀬戸内氏が、政治志向面等で有益分子だから」だろう。

「未だに、科学仮説問題等」でも、

「{誰がエライ}の世界観」での「解説等をしていた常連出演者にも大いに呆れた」』。

『「その仕事において、誰がエライ等」は、

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的にとって、重要な事では無い」。

「重要な事は、その仕事の実効」が、

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的にとって、貢献になっているか?自虐になっているか?」だ』。

『「誰がの世界」で、

「報酬や立場等を偏在させ、

特定の者に過剰な権力まで持たせ、

多くの人々を特定の者に頼らせる

丸ごと一人レベルの人依存精神文化の人間社会モデル」が

「行き着く先」は、

「物質文明側の進化との対比を考えれば、誰もが分かる様」に

「人類滅亡に他ならない」』。

『「テレビ・ラジオ界の健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「いじめとは?」を定義せずネットいじめ等を語る者たちにはご用心!・・・。

『「事実・現実では無い、虚言」まら「いじめ等には成り得ない」。「虚言等は無視すれば良いダケ」だ。「其処に在る」のは「いじめ等では無く、事実・現実では無い虚言等を風潮した者たちの恥」だ』。

『「逆から言えば、事実・現実と共にない、或いは、事実・現実を認めない者たち等」は

「いじめや非難等の対象となり易くて当然」になる』。

『「事実・現実離れしている戯言」を「いじめとしている者たち」は、

「その事による被害者利権等の維持~増大等を画策しているのかも知れない」。

「其処」にも「いじめられたり非難されたりして当然の実体が在る」』。

『「いじめや非難等を退ける事」の「基本は単純」だ。

「事実・現実では無い戯言」は「言った方の恥」と「認識」し、

「事実・現実として、いじめや非難の対象とは成り得ない状態を体現すれば良い」』。

『「いじめ」で

「日本社会の虚勢化や委縮化等を誘おうとしている情報工作等やその実行者等」は、

「過分な物質文明使用状態や、

重要な立場や、

過分な報酬や権力等を得続けさせない為」にも、

「大いに、非難され、いじめられたりして、然るべき」だ』。

|

テレ朝昼番では、オバマ大統領の広島訪問を受けて「核兵器無き社会」とかやっていたが・・・。

『「本気で核兵器を廃絶させたい」のなら「武力による支配権比べっこの一つの終極である核兵器」等という「実体把握」から「始めるべき」だ。

「実体が分かれば、多くの人々」が

「実効のある色々な対策等を考えられる様になる」』。

『「武力による支配権比べっこ」という

「実体」が

「露呈させている事」は、

「この問題を解決する為」には、

「武力を無くすか?」

「支配権の追及を無くすか?」

「比べっこを無くすか?」

「・・・等々すれば良い事」だ』。

『「そして、この精神構造の成立構造」を

「検証する」なら、

「最初に在るのが、支配権の追及」であり、

「次が、比べっこ」であり、

「次が、武力である事」に、

「誰もが気付く筈」だ』。

『「つまり、

支配権の追及の問題」を「解決」すれば、

「比べっこの問題」も、

「武力の問題」も

「解決出来る事になる」』。

『「それでは、人は、何故、他の者・物・事等に対する支配権を欲しがるのか?」

「以前から、当ブログをお読みの方々は、とっくにお気付きの様」に、

「他の者・物・事に対する支配欲」とは、

「代償欲求に他ならない」』。

『「本来欲求の充足が不十分」だと、

「その代わりに代償欲求が生まれ、

代償欲求には充足が無いから、

代償欲求の追及は、どんどん過剰になり易い」』。

『「それでは、本来欲求の支配欲とは?」

「言うまでも無く、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」に

「先ず必要になる」のが

「自分の実体や自分の実体の本来の目的等の理解・把握等」だ。

(この辺りに付いては、以前の記事にも、何度も記しているから、よく分からない方々は、他の記事をご参照ください。)』

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける事が満足に出来ていない者や、その集団」が、

「自分で自分を健康にコントロールする代わり」に、

「他の者・物・事の支配/他の者・物・事による被支配」という

「未熟、もしくは、不健常、もしくは、病的、もしくは、異常な、精神構造の中」で

「溺れ、足掻く、人生や人間社会等を体現・構築し続けて来た」のが、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実が未だ少なかったが故」に、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実の実用が疎かだった

必然的に、精神分化が未熟な時代の人類」の

「お寒い歴史の実態」だ。

「もちろん、今時の人類が、その様な状態をそのまま維持する必要は全く無い」。

「物質文明でも精神文化」でも、

「進化させる事」が「重要」だ』。

『「今時は、もう、科学レベル以上で判明している実体や事実・現実が十分に在る」から、

「それを実用している物質文明側は、急速な進化を実現し続けて来ている」』。

『「今時の人類なのに、精神文化側では、科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を実用していない人々」や、

「実用していない製品(テレビ・ラジオ番組、映画、アニメ、小説等々や、法律・経済・社会システム等々)」や、

「その様な劣悪な状態の維持等を誘っている情報・教育等」こそが、

「問題にされ、進化・改善等する/されるべき者・物・事」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールする事を主にする」と、

「他の者・物・事との比べっこが不要になる場合が多くなる」。

「他の者・物・事との比べっこ等」は、

「免疫を養う為等に、遊び程度に行えば良い」のだ』。

『「武力による比べっこ」でも、

「経済等による比べっこ」でも、

「他の人類や多くの生物等の生命身体等を損なわない遊び程度」なら

「実害は無い」』。

『「精神文化の基本構造の実体把握から始めて、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事が当たり前の人間社会の構築」を

「意識的かつ積極的に行う」なら、

「核兵器など、邪魔物以外の何物でも無くなる」』。

『「以上、実現可能な核廃絶のロードマップ(概要)」だ』。

『「未だに、少なからず居る、

今時の人類としては、

未熟な精神文化状態の者たちの精神文化を正常進化させる事」で、

「核兵器の廃絶も実現出来る事になる」』。

『「逆に、精神文化の正常進化」を怠り、

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」や、

「比べっこ」や

「武力や、未熟な経済システム等々」を、

「維持し続けようとする」なら、

「核兵器の廃絶等も、極めて困難になる」。

「そればかりか、

核兵器等が実用されてしまう危険性」が、

「どんどん増大する事になる」』。

『「上記の様な実体が在る」のに、

「未だに、精神文化の正常進化を阻害する内実が多い情報配信を続けている」のが、

「酷いテレビ・ラジオ等の実態」だ。

「おバカ(上記程度のことさえ???なら)や

悪(分かっていて、意図的に、黙殺等しているのなら)

状態」の

「常連出演者等」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」。

「局やプロデューサー等の意向だと言うのなら、

そんな局やプロデューサー等を温存していても、

ロクな事は何も無い」。

「人類滅亡を遠ざけたり、人間未来の被害を出来る限り少なくする為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「事件をネタに芸能界の宣伝」と「都知事リコール煽り」や「反米軍基地感情煽り」等々を一方的に大量配信していたが・・・。

『「芸能界の宣伝」は、「視聴者等の有名人・テレビ芸能界等依存を誘う、お手盛り情報」だ。

「舛添都知事リコール煽り」と「反米軍基地感情煽り」は、

「政治運動」であり、

「野党系や中国共産党等の利に適う内実」だ。

「こんな事の為に、公共の電波が使われ続けられていて良い訳は無い」』。

『「福山宅不法侵入事件」を「伝える」なら、

「不法侵入問題の解決や抑止等を誘う内容(他の記事をご参照ください)こそが、適切になる」』。

『「アイドル殺人未遂事件」を「伝える」なら、

「水を出さない水商売的な、アイドル商売の実体」や、

「他の水商売事件の実例からも、この手の危険性がアイドル商売にも付き纏っている事等」を「伝える」と「共」に、

「関連事件・事故等の防止・抑止等を誘う内容(他の記事をご参照ください)こそが、適切になる」』。

『「政治問題では、調査報道こそが、王道」だ。

「偏向・偏重による、特定の政党や候補者や人脈等の側を利する政治運動」は、

「公共の電波上では禁止されるべき事」だ』。

『「舛添都知事の政治と金の問題」も

「他の全ての政治家の政治と金の問題と同じ土俵上で論じるべき事」だ。

「その上で、東京都民等が判断してこそ、妥当な判断になる」。

「偏向・偏重情報上の判断等をアンケート調査」し、

「一方的に大量配信広報した情報工作ぶり」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等、大衆誘導情報工作」による、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等ご用達東京都知事等首長や政権等」の「誕生」は、

「禁止されなければならない事」だ。

「ナチス・ヒトラーと同様の事態」は、

「即刻廃絶するべき事態」だ』。

『「沖縄等米軍基地問題」は、

「何故、極東地域に米軍基地が必要なのか?」を「抜きに語れない」。

「殺人事件等は、

本当に、酷い、

強く責められるべき事」だが、

「悪戯に米軍基地や米軍等と連結させて報道し続けている事」は、

「明らかに、異常」だ。

「米軍基地が要る元でもある、

中国共産党や北朝鮮等が、

大喜び出来る情報配信状態は、

明らかに異常」だ。

「多くの視聴者が、

常連出演者等の上辺の優等生仮面やジェントル仮面等に騙されて、

上記の様な実体を見失わされている」としたら、

「本当に、危険」だ』。

『「築地の歴史等も含む案内」は、

「無難」だった。

「一休み情報等としては、悪く無い」。

「メダカ盗難事件」は、

「何処かの人脈による意図的な仕込み事件」等の「臭い」が「濃厚に漂っていた」。

「事件の実体解明と徹底摘発が強く望まれている」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

「福山宅コンシェルジュ不法侵入問題」・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、今回の侵入事件の露呈」は「氷山のホンの一角」だ。「今回の場合は、侵入したコンシェルジュの趣味・嗜好等が原因とされてる様」だが「お金持ちの家でも、庶民の家でも、侵入工作天国状態」なのが「戦後日本社会のお寒い実状」だ。

「マスコミなら、その辺りの調査報道をして然るべき」だろう』。

『「戦後の日本国内」では、

「当てになる鍵が在る家が少ない」。

「昨今、若干の改善はみられる」が、

「当てになる鍵」とは「ピッキングし辛い等の物理的要素ダケ」では無く、

「自分たちば保持している他に合鍵等が存在しない事が確実な鍵の事」だ』。

『「3Dプリンターが在る今日、

鍵の大きさが分かる鍵の写真等

(可視光写真だけでは無く、電磁波覗き等による{撮影}でも可になってしまう)

が撮られてしまう事=合鍵の作製が可能な事」だ。

「ところが、その辺りまで考えられている鍵は少ない」ばかりか、

「その辺りまで意識して鍵の管理をしている方々」は「未だ、圧倒的少数派」だろう』。

『「結果、例えば、多くの鍵を見る事や鍵の{撮影}が出来る立場の者」に、

「たった一人の工作員等を潜り込ませれば、多くの鍵の元データ等が簡単に取れてしまう」』。

『「防犯等を真摯に考える」なら、

「鍵は、意外と当てにならない」と「思っていた方が良い」。

「筆者が以前から、宅内防犯カメラ等を推奨している」のは、

「実効のあるスパイ・工作活動防止法や摘発体制等の無い戦後日本国内」には、

「上記の様な実状が在るから」だ』。

『「それでも、鍵は、少々の時間稼ぎや形跡等を残してくれる」。

「例えば、鍵やドアに使用回数カウンター等が付いている」なら

「侵入を隠したい侵入者や工作員等は、その巻き戻し工作まで行わなければならなくなる」から、

「短時間なら、ほぼ安心して外出等出来る事になる」。

「宅内防犯カメラにも、同様の効果が有る」。

「周囲の目があるところなら、ドアが開いた事を周囲の人々が知る事が出来る音や光等も若干有効」だ』。

『「外鍵だけでは無く、

外鍵とは違う人脈が製作した内鍵も付ければ(例えば、外鍵が日本製なら、内鍵はヨーロッパ製等)、

若干安全度が高まる」。

「使い勝手上理想的」なのは、

「玄関ドア以外の侵入対策を完璧にし続けた上」で、

「内側で、登録を本人が行う生体認証キー使用」

「以外では開かない玄関ドア等」だが、

「現状では、高価」だ』。

『「人を信じる・信じない」の「対応」が「合理的になる為」には、

「人の実体を見極める目や感性等が必需」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による上辺イメージ大衆誘導等で操られてしまっている状態等」では、

「人を信じる事=騙してくださいと言っている様なモノ」だ。

「実効のあるスパイ・工作活動防止法さえ無い戦後の日本国内」の、

「多くの人々の平和ボケ状態」は、

「スパイ・工作活動天国状態の維持~増大等に直結している」。

「スパイ・工作活動天国状態を維持~増大等させる事=日本の乗っ取り支配や日本人奴隷化への特急券」だ。

「平和ボケ」の「内実」は「売国・売国民奴」でもある』。

『「拉致までされている上」に

「在日拉致工作員や協力者等の人脈」が

「その後も、数々の工作活動を行い続けている」のに、

「平和ボケ」では、

「本当に情けない」』。

『「この様な実態を十分に訴えもしないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「それダケで、工作等を仕掛けている側と疑われても当然の状態」だ』。

『「そんなモノの言い分等を信じる前」に、

「多くの日本国民」は、

「自分本来の感性等で、戦後の日本社会や現状を検証する事」を、

「強くお薦めする」』。

『「工作員さえも、見分けられい方々」の

「他人を信じる」等の「実態」は、

「平和ボケのままの自分を容認してネ!」という「甘え」であり、

「同時に、売国・売国民奴的に、工作員側を応援している事」だ。

「工作員等の実在に気付く」なら、

「現行法や現行の摘発体制内で直接訴えたり、摘発させたりする事は困難」でも、

「実効のあるスパイ・工作活動防止法や摘発体制の整備等」を、

「積極的に要望等する」のが「当然」だ』。

『「とんでもない日本の未来をもたらさない為」に、

「多くの日本国民が、今、行うべき事」は、

「山ほど在る」』。

|

羞恥でアイドル殺人未遂の自称容疑者事件問題・・・。

『「現状脱出欲動の暴発原因」は「羞恥」というのが「今回の容疑者の言い分」だ。「しかし、その現状脱出欲動の暴発をもたらしてしまった本当の原因」は、

「容疑者自身の精神文化」だ。

「そんな精神文化を容疑者に持たせてしまった周囲の環境(現状人間社会やその中の情報・教育等も含む)」だ』。

『「人類誰も」が、

「他者支配/被支配や、

比べっこ等々から、

卒業」し、

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が高い、

真に自虐的では無い人生」を

「送れる人間社会の構築」が、

「今の全人類には、本質的に、求められている」』。

『「その為の助けになる情報・教育等であってこそ、

初めて、仕事であり、応分の立場・報酬等も相応しい事になる」。

「現状の、今時の要求水準からすれば、余りにも低レベルの情報・教育者たちの実態」は、

「今時必要な情報・教育の仕事」を、

「多くの人々が認識出来無い様」に、

「先ず、多くの人々を堕落を誘うヤクの様な情報・教育等漬け」にし、

「その上で、遊びレベルの情報・教育等」を

「上辺ダケ整えて提供」し、

「仕事をしている等と嘯き、

過分な立場・報酬等を得ている

悪・おバカ・恥知らず状態」だ。

「こんな状態は、即刻是正するべき」だ』。

『「精神文化の正常進化が不十分な人間社会の中」では、

「今回の容疑者の様な状態の人々が、次々と育成されてしまっている」。

「その罪は、絶大」になる』。

『「容疑者を自称名ダケで報じているテレビ・マスコミ等も酷い」。

「もっと、酷いところでは、自称とさえ明示していない」』。

『「一部テレビ番組では、既に、容疑者の兄弟に取材している実態が在った」くらいだから、

「一応は、その道のプロである筈のマスコミ等の多く」は、

「既に、本名も知っている筈」だ。

「それなのに、報じない事の意味や思惑は?等」を

「考えたり、感じたりしない人の方が稀」だろう』。

『「つまり、現状のテレビ・マスコミ等の自称名ダケ報道」は、

「多くの人々の中で、事実・現実が判らないが故の妄想等を煽っている状態」だ』。

『「事実・現実報道」により、

「事実・現実を知る事が出来た人々」が、

「事実・現実と共にある状態になれる事」で、

「妄想的不安を取り除き、落ち着く助けとなる情報配信」こそが、

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事」だ』。

『「例え、どんなに酷い状態の人間社会や事件・事故等であっても、

現実に在る・起きてしまった事等を、

知り、認め、事実・現実と共に在る状態に自分を置く事」で、

「人は、初めて落ち着ける」』。

『「それは、大切な人の死等の実例からも、誰もが分かる事」だ。

「大切な人の死という現実を認められなかったり、現実から逃避している間」は、

「落ち着き様が無く、頼る者・物・事等を求めがちになる場合も多い」が、

「現実を真に受け入れた途端」に、

「不思議と落ち着き、

次に進めた等」の

「体験をされている方々も決して少なく無い筈」だ』。

『「現実と共に在る状態に自分を置けていない、

落ち着けていない人々の中」では、

「原寸大の事件・事故・人間社会処理等が行われず、

雰囲気やイメージや実感等から、

考え・思いの上で都合の良い納得を得る

妄想的処理が行われてしまう場合も少なく無い」』。

『「そして、その妄想的処理を優先して、事を起してしまうと・・・、

酷い場合には、今回の事件の様な事も起きてしまう」』。

『「未だに、原寸大の事実・現実報道等に徹する事が出来ずに、

実質的には、

同様の新たな事件・事故等を誘っている情報配信等を行い続けている辺り」にも、

「現状のテレビ・マスコミ等の精神文化の未熟性が露呈している」』。

『「今回の事件と同様な新たな事件・事故等を防ぐ為」には、

「妄想的な自己の考え・思い等に偏執する状態の人々を出来る限り減らす事」が「肝要」だ』。

『「アイドル等の異性惹き付け仕事・商売」は、

「異性惹き付け{仕事・商売}」に「過ぎ無い」。

(その是非等については、ここでは論じない)

「売っているのは、あくまでも、イメージ」だから、

「買い手が現実として得られる」のは、

「仮想恋愛等のレベルまで」というのが、

「暗黙の了解事項」だろう』。

『「ところが、妄想恋愛等、代償欲求の追及」は、

「本気になれば、なる程、楽しめている、或いは、充実している、等々」の、

「{虚}実感等も強くなる」。

「{虚}実感等」の「実体・実態」は

「もちろん、現実では無く、脳内の考え・思い等に過ぎ無い!」のだが、

「この現実をちゃんと現実通りに理解・把握出来ていない状態や、この現実から、現実逃避している場合」が、

「問題行動を誘ってしまう源泉と成り得ている」』。

『「{虚}実感等の追及等の代償欲求の追及」とは

「脳の意識野の合理化がもたらしている現実・実体離れした欲動の処理方法」だ』。

『「代償欲求の追及」は「充足が在る本来欲求の追及」とは「全く別」だ。

「代償欲求の追及には充足があり得ない」から、

「代償欲求追及者の多くは、もっと、もっと、もっと、もっと、・・・等々」と

「更なる、代償欲求の追及に奔走し易くなる場合も少なく無い」』。

『「例えば、金権・利権・権力・異性・物品(家土地や家電製品や車・船・飛行機等々)等過剰防衛/追及等」も、

「代償欲求追及故の現象」だ。

「人類誰もの本当の満足」は

「多くの人々が代償欲求を追及している人間社会の先には在り得ない」。

「多くの人々が、本来欲求を充足出来る人間社会や経済システム等の構築こそ」が、

「人類誰もの本当の満足に直結している」』。

『「者・物・事等過剰防衛/追及者たちの実態・実体」は

「未熟者、もしくは、病人、もしくは、破壊者等々」に他ならない』。

『「未熟者や、病人や、破壊者等々」に、

「過分な権力や報酬や立場等々を与え続け、

蔓延らせ続けている人間社会」を「続ける」なら、

「人類滅亡等」が「当然の現象」になる』。

『「人類誰もが、先ず、自らの精神文化を、科学レベル以上に進化させなければならない理由」が「此処に在る」』。

『「妄想や{虚}実感の追及等」が「否定された事」を、

「羞恥」と

「他人の妄想や{虚}実感の追及等と自らの間に境界線を引いた側を悪者にする」と「共」に、

「自らも貶める心理処理等を行ってしまった容疑者」は、

「本当に哀れ」だ。

「哀れな容疑者とは対照的に、現状人間社会上の評価では、結構恵まれている側に居たであろう被害者」の

「現状依存状態ぶり等も哀れ」だ。

「妄想上等」では、

「被害者等とダブって」、

「手に入れたくなる者・物・事等が其処に在る等」と

「考え・思い・信じ込めたりする人々」も、

「決して少なく無い」だろう。

「例え、手に入れられたとしても、

極稀、極めて偶然に、ベストパートナー同士等である場合以外は、

本来欲求の充足に直結する場合などほぼ無く、

代償欲求の追及結果の一つに過ぎ無い場合がほとんど全てなのだが!」』

『「もちろん、どんなに哀れな容儀者」でも、

「殺人未遂等の大罪を実行してしまえば、とんでもない悪人とされる」のが「当然」だ』。

『「哀れな容疑者を育成してしまった事に直結している現状の情報・教育等や人間社会等」の「罪」は、

「本当に重い」』。

『「異性対象」なら、

「妄想、或いは、{虚}実感等の代償欲求の追及」では無く、

「本来欲求の充足に繋がる恋愛等を探求する方」が、

「遥かに、本当の充足感も得られる事になる」。

「時を重ねる程、

気が合ったり、

馴染んだりする感が強くなり、

二人の間に、何も無い事が一番等と

実感出来るパートナー等を探求をする方」が、

「アイドル等商売に貢ぐより、遥かに、実感も実利も大きいと思うが」』。

|

サンデーモーニングでは、覚醒剤等依存を煽りかねない「依存症論」等を放映していたが・・・。

『「実力???の精神医等」によれば「あきらめる=明らかにする」等の旨で、「実質的には、現状社会適応を訴えていた様」だったが、「もちろん、そんな事では、依存問題は解消出来得ない」。

「少し考えれば、誰にでも分かる事」だ。

「現状社会適応」を「あきらめた者たち」が「覚醒剤等依存に陥っている」』。

『「あきらめる事を明らかにする事等」と

「言葉上ダケで合理化」し、

「内実では、覚醒剤等依存を誘っている論等」を「言っていた様」は、

「明らかに、酷い」』。

『「それでは、依存症問題を解決する為にはどうすれば良いのか?」

「依存の対極は?」を「考えれば誰もが分かる」。

「依存の対極」は

「自立」だ』。

『「人は、無意識の興味に基づいて大いに動かされている」。

「それは、食欲や呼吸欲や性欲等々を考えれば、誰もが分かる事」だ。

「多くの人々は、歩行する時だって、

意識して、

左手を後ろにふると共に右足を前に、

次に、右手を前にふるとと共に左足を前に、・・・等々とは、

やっていない筈」だ。

「興味と無意識」こそが、

「人の行動原理の大きな主体の一つである事」は、

「疑いの余地が無い」』。

『「興味と無意識」という「重大部分から考えるなら誰もが分かる筈」だ。

「どうやって依存から抜け出すのか?」を「考える/考えさせる事」の「実体」とは、

「依存に興味を持つ/持たせる事」に他ならない。

「依存に興味を持たせる事」は、

「依存問題の解決を遠ざける避けるべき事」だ』。

『「上記は、実力のある精神科医等」なら、

「当然、重々承知している事の筈」だ。

「依存問題を解決する」なら、

「自立に興味を持つ/持たせる事」が「肝要」になる』。

『「さて、人が自立を得る為には、何が必要か?」

「自分の実体が???」では、

「自立など出来得る訳も無い」。

「だから、先ずは、自分の実体把握」だ』。

『「人類誰もの基本的実体」は、

「既に、何度も記している」。

「生きている全ての人」とは、

「今、この瞬間にも、誕生・死を実体験しながら存続している約60兆の細胞群の一塊」だ。

「常に変化し続けながら存続している」のだから、

「不安が当然」であり、

「不安解消の為に、周囲と自分の状態等との間の関係等を常に確認したくなるのも、当然の現象」だ。

「不安~確認~興味~体現等の本来欲動」は、

「基本的には、細胞レベルの無意識の欲動が主体」だ。

「細胞レベルの無意識の欲動」が

「人の行動の司令部である脳」で、

「統合~解釈~合理化等されながら

意識化されている」』。

『「人の意識は、丸ごと一人化等の単純化を好む」。

「実際は、無意識からやって来ている

細胞ごとに変化しながら存続している自分個体の不安解消の為の欲動等」も、

「意識上では、丸ごと一人化して、考え・思いたがる」。

「脳で、多くの場合、特定の考え・思い等に基づいて、身勝手に都合良く、合理化処理された結果」が、

「それぞれの人々の行動等として、体現されている」のが「現実」だ』。

『「依存もその行動等の中」の「一つのパターン」だ。

「ここで、多くの人々は、気づく」だろう。

「本来は、自立に興味を持ち、

無意識の細胞レベルの不安の解消を行い続ければ良いダケ」なのだ。

「重要な事は、細胞レベルの本当の不安を解消し続ける事」であり、

「丸ごと一人化した意識上の依存等」は、

「遊びレベルが適切な事等に」・・・』。

『「本来欲動」である、

「細胞レベルの不安の解消欲求」に

「呼吸や飲食や運動や脳活動等で、現実対応し続ける様」に、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」こそが、

「依存問題の解決にも直結している事」に他ならない。

「意識上の考え・思い等による代償欲求の追及」は、

「遊び程度」こそが、

「健常状態」だ』。

『「それなのに、おバカ、もしくは、悪の様相」の「常連出演者等」は、

「上記程度の当たり前の事も言わず(悪状態)/言えず(おバカ状態)、

依存に興味を持たせ、

実質的には、依存の公然化や、覚醒剤等の宣伝になる情報配信等を行っていた」のだから、

「本当に酷い」』。

『「現状人間社会への適応」とは、

「現状人間社会の現実離れ・実体離れ度が低ければ、一つの指標等にも成り得るかも知れない」が、

「テロ・戦争・殺傷事件は、もちろん、覚醒剤だって在る上に、

現実離れしている宗教や丸ごと一人の死生観等まで蔓延れている」のが、

「現状人間社会のお粗末な実態」だ。

「現状人間社会への適応」が「問題解決に直結し得ない事」は、

「少し考えるなら、上記の実態からも、誰もが分かる事」だ』。

『「現状人間社会への適応」が「都合が良い」のは、

「現状で有利・優位で、そのままの状態上に安住等したい者たち」になる。

「現状で不利・劣位な者たちは、現状で有利・優位な者たちの様になる/なれる様に頑張れ!」とは、

「現状で有利・優位な者たちが、自分たちを認め、賛美せよ!」等と「言っている事と同じ」だ。

「現状で有利・優位な者たち」も

「自分の実体把握さえ不十分で、自分の実体に叛いている限り、真の自信など持てる訳も無い」から、

「他者からのお墨付き等依存に陥っている実態が其処に在る」。

「内実を理解・把握するなら、誰もが醜悪に感じる実態」が「其処に在る」』。

『「常連出演者等、現状で有利・優位な者たち」は、

「覚醒剤依存問題等を、正義ぶって言う前」に、

「自分たちのお墨付き(常連出演・他者・立場・報酬・権力・有名人利権等々)等依存問題を解決するべき」だ。

「依存状態の者が、自らの問題をロクに検証しないまま、

他の依存状態の者の問題を語ったところ」で

「ロクな事が言える訳も無い」』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による

都知事追い落とし大衆誘導工作の効果=反現都知事世論」に、

「大満足な様相を露呈していた常連出演者等」の

「目的」は、

「参院選時や、都知事選等で、自分たちにとって都合の良い者をより多く当選させる事」だろう。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導工作」で、

「政治家等が決まってしまう人間社会」とは、

「ナチス・ヒトラー時代と同様のとんでもない人間社会」だ。

「一刻も早く、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による公平性・平等性を著しく欠いている大衆誘導情報工作等」は、

「止めさせるべき」だ』。

『「政治と金の問題」なら、

「先ず在るべき」は、

「全政治家に対する調査報道」だ。

「その上で、悪質度の高い順に問題化すれば良い」。

「参院選や都知事選等を睨んで、与党人脈の政治と金の問題ダケを大々的に風潮する事の実質」は、

「政治運動に他ならない」。

「公共の電波や公共的大マスコミ」が、

「そんな状態であって良い訳は無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

名古屋で「七か国ダケで決めるな!」等と何処かの手先が騒いでいる様だが・・・。

『「G7七か国には、日本ももちろん、入っている」。「日本国民の訴えなら、七か国ダケで決めるな!」では無く「七か国以外の要望等にも十二分に配慮するべき!」等になるのが「普通」だろう。

「普通に考えれば、七か国ダケで決めるな!」等と「訴えたがる」のは、

「七か国外の人脈の者たち」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)も、中国共産党支配下の中国も、・・・G7七か国には入っていない」。

「酷い戦後処理故と、韓(北朝も含む)・中の酷い現状故に、戦後の日本国内」には、

「それらの人脈の方々が少なからず居る事もまた事実」だ』。

『「韓(北朝も含む)や中が、日本より良い国々」なら、

「日本国内に居るそのスジの方々ばかりでは無く、

少なく無い数の日本国民も、

韓(北朝も含む)や中への移住等を考える筈」だ。

しかし、

「現状では、韓(北朝も含む)や中の実状はそのまま」に、

「日本の乗っ取り支配等を画策している韓(北朝も含む)や中の人々」が、

「未だ、日本国内で、工作活動等に励んでいる」』。

『「愚か者たち、もしくは、恥知らずたち」が、

「自覚を持つのは何時だろうか?」

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる前」なら「未だ良いのだが」・・・』。

|

本日は、所用で電車移動だったが・・・。

『「昨今の記事」が「余程、痛い」のだろう。「本日は、電車移動中にも、何人かの電磁波工作連中」が、「今回は、筆者のミゾオチに工作電磁波を集中させようとして来ていた」』。

『「もちろん、筆者は、外出中には、身体や服に、最低限の対策を施し、防御板も保持している」ので、

「実効は全く無い」ばかりか、

「工作電磁波が来る方向に向かって防御板(もちろん、見かけ上は、普通の荷物等にしか見えない)を向ける」と、

「工作員たちが、苦渋の顔を露呈する」ので、

「工作員等の焙り出し等にも、結構、役立っている」』。

『「スマホ等で連絡を取って入れ替わり立ち代わり、

その時、その場で、電磁波工作が出来る別の者を当てている様相も良く判る」し、

「筆者の周りにいる、電磁波工作等を行っている者たちの人数と、

そうでは無い普通の人々の人数の比等」から、

「日本国内に、どの程度の人数がいる集団が行っている工作等か?」も

「良く判る」』。

『「連絡を取りながら、筆者等、工作ターゲットとされている人々の周囲」に、

「対策が無いなら、実効が出るくらい」の

「電磁波工作を行い続ける事が出来る人数」とは、

「大雑把に言って、筆者の居る関東圏で、数万~セイゼイ数十万の規模」になる』。

『「該当しそうな人脈」は、

「新興宗教団体系」か、

「血統民族団体系」だろうと「強く推定出来る」』。

『「電磁波工作等を行っている」という「実態が露呈している事」は、

「言論では、勝ち目も無いばかりか、正当性も持てないので、

終極的には、人々の共感等を得られ無い事を実現したがっている事」だ。

「例えば、

日本の乗っ取り支配等や、

日本国内に居る人々の血統や思想信条等を特定のモノの下で統一支配する事等」なら、

「上記の様な実態と整合性が有る事になる」』。

『「戦後の日本国内」には、

「普通の多くの一般市民等の共感等を得られ無い事」でも、

「無理強いしたがっている者たちが、実際に少なからず居ると言う事」だ』。

『「つまり、

一般日本国民(もちろん、筆者も一般日本国民)との共存等は考えず、

一般日本国民の支配や、早死に化等」を

「画策している集団」が、

「戦後の日本国内には、実在している事」が「露呈している」。

「その対策が無いままで良い訳が無い」』。

『「日本全国各地から、多数の日本人の拉致が出来てしまった事実」が「何を露呈しているのか?」等は、

「多くの日本国民が真剣に考えるべき事」だ。

「言うまでも無く、ホンの数人の北朝鮮等の工作員ダケで、その様な大規模な拉致工作等が実現出来る訳も無い」。

「拉致の裏」には、

「北朝鮮から渡来した工作員以外」に、

「日本国内に居る工作員や協力者が在る事」は、

「誰もが容易に推定出来る事」だ』。

『「拉致工作に協力等した者たち」が、

「その後、北朝鮮等悪権力者等の意向を聞き入れない状態」で、

「安穏と暮らせる訳も無い」』。

『「逆から、考えれば、誰でも分かる事」だ。

「北朝鮮等悪権力者等の立場」なら、

「拉致工作に係わった日本国内の工作員や協力者たちに、拉致以外の工作等も行わせる」のが、

「普通」だろう』。

『「そして、戦後の日本国内」では、

「ターゲットの人権を大きく損ない続けて居る、

飲食物工作や侵入工作や電磁波工作等々」が、

「未だ、旺盛」だ。

「こんな状態が放置されたままで良い訳は無い」』。

『「しかし、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や政財界も、

この問題には、沈黙状態」だ。

「もちろん、

それは、

戦後日本国内で行われ続けて来ている

情報・教育工作等の悪の成果に他ならない」』。

『「日本社会の健常化」は「急務」だ。

「先ずは、情報・教育等の健常化」だ。

「そして、本来の民意を取り戻した一般日本国民の数が増えれば増える程、

政財界の是正や、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の是正や、

学校教育の是正等々」が、

「容易になる」』。

|

沖縄、{軍属}一般市民、女性死体遺棄事件問題・・・。

『「{軍属}一般市民が日本国民だったら?」を「考えれば、誰もが今の状態の異常性に気付く筈」だ。

「何でも、悪戯に、米軍基地と繋げて考えさせる様に報道等する事」は、

「明らかに異常」だ。

「そして、その異常性が利している処等を考える」なら、

「誰もが、今の騒動の本質等にも気付く筈」だ』。

『「今回の事件とその報道等を受けて、今頃、中国共産党等は大喜び」だろう』。

「また、トランプ氏の選挙用の大衆リップサービス等を真に受けている人々等も、

大喜び」だろう。

「そのどちらもが、沖縄米軍撤退~日本独自の防衛、もしくは、沖縄の独立等を示唆しているから」だ』。

『「逆から考えれば、誰もが分かる事」だ。

「何故、沖縄の米軍基地が要るのか?」

「言うまでも無く、中国共産党や北朝鮮等、

国際法や国際合意等も無視して、

不当増長や核・ミサイルの開発等に邁進する事等をも厭わない、

勢力が実在しているから」だ。

「中国共産党や、北朝鮮等の問題が無い」のなら、

「沖縄米軍基地など要らない」だろう』。

『「今回の女性死体遺棄犯は、米軍上がりの一般市民で、米軍基地内等の仕事をしていた」らしい。

「米軍基地内で働いている日本国民」でも、

「{軍属}になる筈」だ。

「そして、

{軍属}に限らず、

日本国民(何系か?は別にして)の

女性死体遺棄事件等」は、

「全く無い訳では無い」』。

『「今回の悲惨な事件」の「実体」は、

「未だ、日本社会の中で、偶には、起きてしまっている一般市民による悲惨な事件の一つ」に他ならない』。

『「事件実体を無視して、悪戯に、米軍基地と繋げて考えたり、報道したりする事」は、

「悪戯に、中国共産党や北朝鮮等を利す事に直結している」』。

『「もし、中国共産党や北朝鮮等」が

「工作対策や規律順守がより行き届き易くなっている米軍人では無く、

比較的、守りの甘い、

米軍関係者等を狙って、

性欲を煽ったり、ターゲットを示唆したりする、

意図的な工作等を仕掛けたりしていた」のなら、

「今の状態は、泥棒に追い銭状態に他ならない」』。

『「その辺りまで十二分に考慮した対応」が、

「特に、日本政府や日本のマスコミ等には求められている」。

「もちろん、工作活動等を仕掛けている側等を悪戯に、利さない為」には、

「一般日本国民にも!求められている事は明らか」だ』。

『「表に出辛い、出し辛い、工作活動等について」は、

「黙殺」・・・。

「表に出易い、出し易い、実際の事件等」では、

「例え、その裏に工作等が有って」も、

「悪戯な、ステレオタイプに基づいた、悪戯な批判・非難等」では、

「本当に、情けない」』。

『「多くの一般日本国民」は、

「いい加減に目を覚ますべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の言いなり・・・」では、

「その裏に居る」と「強く推定出来る」、

「反日国悪権力者等の操り人形にされている可能性も高い」』。

『「異常で、朝鮮戦争故に中途にされたまま・・・の戦後処理」と

「戦争が終わっても帰らない朝鮮戦争難民故」に、

「朝鮮半島内には、日本人が少ない」が、

「日本国内には、朝鮮人や朝鮮系の人々が数多い」。

「日中の国境線が低くなった後」は、

「日本国内、

特に、中国共産党が、先ず、一番に押さえたいであろう事が容易に推定出来る沖縄」には、

「中国共産党系の者たちが、大量に流入している」』。

『「朝鮮系や中国系でも、日本が好きで、日本国内での平和共存を目的としている人々は、何の問題も無い」が、

「日本の乗っ取り支配や、

属国化等を

目的」として、

「その為の工作等の為に日本国内に居る者たちも確実に居る」』。

『「上辺でも判り易い、武力戦争を否定して、満足し、工作活動等を黙殺出来たりする」のは、

「明らかに、平和ボケ」だ』。

『「平和ボケに基づいた民意等」で

「事態を動かしてしまう」と、

「漁夫の利を得るのは、工作活動等を仕掛けている側になる」』。

『「多くの日本国民」は、

「特に、テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られてしまっている様相の方々」は、

「上記の程度の事くらい、十二分に意識するべき」だ』。

|

テレ朝では、「拳銃自殺した騒音トラブル銃殺事件の該当者」に「サン付けの厚遇ぶり」だったが・・・。

『「明らかな違和感等を覚えた方々も多かった」と思う。「銃殺犯&銃使用自殺者と強く推定される者」に対し、「まるで、友人・知人の様」に、「サン付けだったのだから!」

「テレ朝朝番」では、

「更に、新聞配達員が語った該当者の性格等まで紹介」していた』。

『「上記の実態から強く推定される事」は、

「新聞配達員は、朝日新聞等の配達員」、

「銃殺犯&銃使用自殺者と強く推定される者は、

アサヒ系権力者人脈等が大切にしたい人脈の関係者等」等々

「・・・という事」になる。

「一部報道」では、

「該当者は、

銃を保持していても、不思議の無い、

入れ墨を入れている元暴力団員」との「話しも出ている」』。

『「ゲイノウ界や、暴力団界の、朝鮮系の者の割合」は

「一般日本社会より遥かに高い」。

「テレビ・ラジオ界や一部マスコミ界の実権者等の朝鮮系の者の割合」も

「一般日本社会より遥かに高い」と「強く推定される」。

「テレ朝等が強く推している政党の様相」の

「旧社会党~民主党~民進党等の利朝鮮等の臭い」は「濃厚」だ』。

『「サン付け厚遇」からも、

「色々な臭いが漂って来る」』。

『「普通の日本国民の感覚」では、

「日本国内で警察でも自衛隊員等でも無い者が銃を保持していたダケ」でも、

「大悪」だ。

「まして、発砲したとなれば、更なる、大悪」だ。

「更に、銃の発砲により人を殺傷(自殺も含む)したとなれば、とんでもない大悪」だ。

「とんでもない大悪を犯したと強く推定される者」に

「サン付けはあり得ない」』。

『「事態がほぼ確定している状況」で、

「未だ、事件が確定していないから、未だ、推定無罪で、

だから、一般市民扱いだ等という理由にしても、変」だ。

「現状で表現する」なら

「事件実態がほぼ確定している」のだから、

「銃使用自殺容疑者、銃使用殺人容疑者等と推定されている者の氏名は、●●●●(敬称無し)」等が

「妥当」だろう。

「まるで、お仲間の自殺等に対して、敬意を払っている様」な、

「サン付け報道は異様」だ』。

『「テレ朝朝番」では、

「舛添都知事政治と金問題」の

「先日放送した新党改革政治資金流用疑惑ネタ」が、

「明らかな事実誤認だった事等を謝罪していた」。

「裏を取っていたなら、あり得なかった事態」が、

「またまた、またまた、露呈」した』。

『「以前も追及し、新党改革側のちゃんとした説明も受けていた」のに、

「ご用達政治専門家等の言い分を重要視」し、

「実質的には、事実無根の事」で、

「舛添都知事追い落とし情報工作等の実質的政治運動」を

「行った事」は、

「本当に酷い」。

「明らかな公共の電波の不正・不当使用状態の一例」が「露呈した訳」だ』。

『「少々の時間を割いて、

新党改革側の言い分を流し、

少なくとも、筆者には、形式上に見えた謝罪等をしたダケ」で、

「果たして良いのか???」

「普通に考えれば、担当者更迭や入れ替え人事等があって然るべき事」だ』。

『「何しろ、

~何万~何十万~何百万~の人々に誤解を与え、

特定の政党や都知事等に不利益を与えた、

公共の電波使用の実質的大悪事」だ』。

『「ここで、

不利益を与えたを

不当利益を与えて来ている等に入れ替えても、

公共の電波使用の実質的大悪事という事態」は、

「変わらない事」に、

「多くの方々も気付いた筈」だ』。

『「以前から、

政治的・人脈的等、

内実日本乖離の偏向性が濃厚」な

「戦後日本のテレビ・ラジオ界」等だが、

「その実態」は、

「視聴者等を欺く、実質的大悪事を行い続けて来ている情報工作機関等」と

「言っても過言では無い」。

「もちろん、こんな状態を温存する必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」は、

「多くの視聴者に情報を大量配信出来る圧倒的優位な機関であるにも係わらず、

その実権者は、特定極一部の極少数の者たちが握れている」。

「そして、議員や首長等の様」に、

「国民等による支持の結果で、

実権が与えられている訳でも無ければ、

民意による、

不支持等による解任や、

支持を得ている新たな者の就任も無い」』。

『「このシステム上の不備」が、

「テレビ・ラジオ等の実権者たち」に、

「不当な利権を与え続けて来ている源泉になってしまっている」。

「早急な是正」が「必需」だ。』。

『「公共の電波を使用している機関」なのだから、

「人事等にも公共性があって然るべき」だ。

「また、人員数等も、公務員の様に、多種多様な人脈から、必要十分な数を確保するべき」だ。

「テレビ・ラジオ界の利権を特定極一部の者たちダケに集中させる事で可能になっている、

特定の極少数の者たち」が

「テレビ・ラジオ界を牛耳れる異常構造」は、

「直ちに是正するべき」だ』。

『「BPO等も、十分に機能せず、むしろ、テレビ・ラジオ側の防波堤的状態になっている現状」では、

「解散させ、別組織を立ち上げるべき」だ』。

『「該当事件も含む、騒音トラブル問題についても記す事」にした』。

『「騒音トラブル」を「宣伝する事」と、

「騒音トラブルを防止する事」を「広報する事」では、

「その実効が全く違う」』。

『「テレ朝等の実態」は「騒音トラブルの宣伝状態」で、

「その実効」は「同様の新たな事件・事故等の誘発等になり易い」』。

『「騒音トラブルを防止する為の情報」なら、

「テレ朝等では、実質的宣伝に、比べ、圧倒的に希薄」で、

「上辺ダケさらっと触れたダケ状態だった」が、

「騒音とは?」を「紹介」したり、

「音の感じ方の心理を解説」したり、

「音量の減衰法等を紹介」したり、

「・・・等々すれば良い」。

「その実効」は「同様の新たな事件・事故等の抑止になる」』。

『「騒音とは?」には、

「法の定める騒音の基準等」と、

「人が感じる騒音」がある』。

『「法の定める騒音の場合」は、

「かなりの大音量」であり、

「子どもの話し声や泣き声等は含まず」、

「場所や時間等によっても違う」。

「つまり、法上の騒音となる場合は、かなりの物理的騒音実害がある事になる」。

「そして、その様な場合には、法的措置が可能である事は、言うまでも無い」』。

『「問題となるのは、人が感じる騒音」だ。

「人が感じる騒音」には、

「もちろん、個人差がある」。

「そして、個人の状態差もある」。

「元々が、個人差があり、個人の状態差もある事」だから、

「その対応は難しく思えるかも知れない」』。

『「しかし、ここで、既に、露呈している事」は、

「法で問題に出来ない、騒音問題の多くは、個人の状態差の問題である事」だ』。

『「生まれや育ちが田舎の方々と都市部の方々」では、

「騒音等として気になる音の種類も違う場合が多い」』。

『「筆者は都市部生まれ育ちなので、

人の声や物音や車や電車等人工物の音に対する耐性は相応に有る」が、

「田舎で泊まった時の、自然音(動物や虫やカエル等の鳴き声も含む)等には、

あまり馴染みが無い」。

「当初は、騒音にさえ感じる場合が多い」が

「理解の範囲内」なので、

「音の元を理解した後」は、

「許容の範囲内に入って行く」』。

『「その逆もまた真」だ。

「生まれ育ちが田舎の方々」も、

「都市部の、当初は、騒音と感じる音に対する理解等が深まるにつれ、

許容範囲も必然的に増えている筈」だ。

「法レベルで問えない、問題となる騒音の問題」とは、

「その人のその音に対する理解~許容の問題である場合が多い」』。

『「理解~許容を司るのは、人の脳であり、精神文化」だ。

「考え・思いレベルの精神文化」なら、

「例えば、丸ごと一人の幽霊さえも恐れられる」。

「科学レベルの精神文化を保持している」なら、

「迷惑な事は、丸ごと一人の幽霊では無く、悪戯や、幽霊を信じさせたい者等の工作等」になる。

「実体の在る者・物・事の問題は、実体の在る所に限られる」が、

「実体の無い丸ごと一人の幽霊等に対する恐れは、何時、何処でも、其れこそ、常に、問題化出来てしまう」。

「現実との乖離がもたらしている、その差は、甚大」だ』。

『「人の精神文化」を、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を実用するレベルに正常進化させる事」が、

「現実離れ故の悲惨な事件・事故等の大幅抑止に直結する事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「今、生きている、全ての人類それぞれが行うべき、大仕事は、其処に在る」。

「せっかくテレビ・ラジオ等で、情報配信する」なら、

「人類の精神文化の正常進化の助けとなる情報配信をしなくてどうする!」』

『「上の階の子ども声や足音等」でも、

「子どもの時は、皆、同様。

その様な子ども時代を体現していた人々が多い。

騒ぐのは、子どもの仕事。」等々と、

「理解を示し、許容出来る方々も少なく無い筈」だ』。

『「しかし、どんな音でも排除したいくらいの静けさが欲しい」とか、

「子どもの足音が、まるで、自分を責めている様に感じる」とか、

「他人が子どもいる事が気に入らない。」等々の

「考え・思い等に執着している人々」にとっては、

「理解・許容等も困難な筈」だ』。

『「ここで、気づくべき」は、

「理解・許容等を困難にして、自らを追い詰め・苦しめている」のは、

「その様な、自らの考え・思いや精神文化である事」だ』。

『「攻撃・破壊心等が発生する事」とは、

「不健常な現状を変えたい健常な欲動が有る事でもある」が、

「攻撃・破壊等する先の選択を誤ってはいけない」。

「上記の騒音問題の場合、攻撃し、破壊すべき考え・思いや精神文化は、その人の中に在る」。

「もちろん、狭義の自分を丸ごと全否定する悪事は全く必要無い」。

「実体や事実・現実離れしている、狭義の自分のホンの一部」を

「正常進化させれば良いダケ」だ』。

『「また、本当の原因は、例えば、格差問題とか、思想・信条問題等々、他に在る」のに、

「身近な音に八つ当たりしている場合も少なく無い」。

「その場合は、少々、大がかりな作業になる」が「大元の実体や事実・現実離れしている考え・思いや思想・信条等の是正が重要になる」。

「不当な格差是正等の環境整備が必要な場合も少なく無い」。

「つまり、騒音問題も、該当者ダケの問題とは限らない」のだ。

「人間社会全体が、精神文化を正常進化させる必要性」が「此処でも露呈している」』。

『「それなのに、未だに、人類の精神文化の正常進化に有益な情報配信は、満足に行わず、

低レベルの常連出演者等の論ばかり、実質的に、大宣伝状態・・・」で、

「その実効は、日本社会の劣化等となってしまっている」のが、

「戦後の日本の多くのテレビ・ラジオ等の実態」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「実権者人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

民進党のロゴが決まったらしいが・・・。

『「M=アルファベットの13文字目」&「韓国国旗カラーと良く似てる」と「支持者や党実権者等の好み」が「良く出たロゴ」の「様相」だ。

因みに、

「旧社会党のロゴ」も「3つから1つへの矢印」だった。

「民主党のロゴ」は、

「クシャクシャにした日本国旗から、新たな日の出が出る様相」だった。

「報道等によれば、実際に、日本国旗をクシャクシャにして、民主党のロゴを描いた事も有った」らしい』。

『「1、3好き」と「反日他国好き」の「政党や支持者」が、

「日本国内に実在出来ている」のは、

「異常な戦後処理の為」だと

「強く、推定出来る」』。

『「平和共存を望んでいる者たちばかりでは無い事」は、

「筆者が受けている迷惑行為や電磁波工作等々からも、良く判る」。

「日本乗っ取り支配の臭い」が「充満している」』。

『「民進党が、日本乗っ取り支配等と無縁だと言う」のなら、

「日本国内で行われている反日他国人脈等による工作活動等」を、

「積極的に、徹底摘発等する事を訴え、実現させるべき」だ。

「一応は、それが行える規模の国政政党なのだから!」

「その辺りを実現しない限り、

そのロゴ等からも、

民主党政権時の実績等からも、

旧社会党人脈等からも、

・・・反日他国の出先工作機関等と思われてしまう事等」は、

「完全払拭出来得ない事になる」』。

|

テレ朝朝番では、相変わらず「芸能人等の宣伝」と「舛添、政治と金問題」等の大宣伝だが・・・。

『「ゲス文春の宣伝と該当ゲイノウ人等の騒動売り」は「本当に醜悪」だ。「こんな事を、公共の電波上で、大々的に繰り広げる必要は全く無い」。

「不倫等個人レベルの問題」は、

「ゲイノウ人や政治家等の有名人であれ、

有名では無い人々であれ、

皆、

個人レベルの問題に過ぎ無い」』。

『「個人レベルの問題」を、

「公共の電波上や、

公共的マスコミ上で、

大々的に宣伝する事」により、

「有名人等の有名人利権の増大」や、

「ターゲット有名人等の追い落とし工作等」に、

「悪用している実態」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「熊本地震ゲイノウ人等ネタ」も「本当に酷い」。

「ゲイノウ人等が、

その商売道具でもある自らの大衆向けネット上枠等で、

あれこれアップする事等」は、

「騒動売り等ととられて当然の行為」でもある』。

『「例え、アップするにしても、

慎重に、言葉やアップ内容等を精査した上で、

大衆側の感情等を逆なでしない様にするのが当然」だ。

「プロとして、当たり前の事が出来ていない、

内実、騒動売り目的等と捉えられても仕方ない事等を行った者たち」が、

「批判・非難等される」のは「当然の現象に他ならない」』。

『「ところが、批判・非難等を否定する等」の

「言論統制等を誘う{強がり}」を「露呈」していたり、

「批判・非難等を肯定していても、ノイジー・マイナリティー論まで持ち出したり、

・・・」していたのだから、

「本当に呆れた」。

「まともだった論」は、

「批判・非難の実体把握と、実体に基づいた対処の推奨くらい」だった』。

『「サイレント・メジャリティー」と「ノイジー・マイナリティー」を

「考えたり、論じたりする時」には、

「最初に、該当集団等を言わなければ、

メジャリティーとマイナリティーを逆転させる

インチキ論等の風潮も簡単になってしまう」』。

『「ネット普及以降」は、

「それまで、声を上げても、届けられる範囲が狭かった人々」が、

「全世界に伝える術を得た事」により、

「それまでの、サイレント・マジョリティーの考え・思い等」が、

「表に出て来ている」のが「実態」だ』。

『「日本」における、

「実際のノイジー・マイナリティー」とは、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」に他ならない。

「常連出演者や、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等がつくり出した有名人等は、その代表みたいなモノ」だ。

「ネット普及以前の多くの一般日本国民」こそが、

「日本のサイレント・メジャリティー」だった』。

『「そのサイレント・メジャリティー」が、

「ネット普及以降」は、

「全世界に向かっての発信手段を手に入れ、実用している実態がある」。

「其処に在るのは、かつてのサイレント・メジャリティーの考え・思い・論等であり」、

「ノイジー・マイナリティーの考え・思い・論等では無い」』。

『「ネット普及前から」の、

「圧倒的に優位な情報配信機関」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「特定極一部の者たちのみ」が、

「特定極一部の者たちにとって都合の良い偏向・偏重論等を一方的に配信し続けている

テレビ・ラジオ界や

一部マスコミや、

常連出演者等」とは、

「今の日本の、ノイジー・マイナリティーの代表みたいなモノ」だ』。

『「戦後の日本」で、

「散々、ノイジー・マイナリティーによる実質的大衆誘導を行い続けて来ている者たち」が、

「まるで、泥棒が逃げる時に、他人を指さして、アッチがドロボーです!と言う何処かの国の文化の如く、

ネット等で発信力を得たそれまでのサイレント・メジャリティーを

ノイジー・マイナリティーとレッテル貼りしている様相」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「上辺では無く内実や実利等を

少し考えれば、

誰もが直ぐに分かる事」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の有名人の論等」と、

「ネット等で声を上げている、有名では無い方々の考え・思い・論等」の

「どちらが、日本や日本人にとって正当な論等なのか?」』

『「日本にいるのは、圧倒的に日本人が多い」。

「日本におけるメジャリティーは、

日本や日本人に自虐を強いている側では無く、

日本や日本人の為になる側である事」は、

「疑いの余地も無い」』。

『「現状の常連出演者等の多く」は、

「内実、ノイジー・マイナリティーである上」に、

「ノイジー・マイナリティーの論等で大衆誘導等を行い続けてようとしている様相」だから、

「多くの日本国民等から、非難等されるのが当然の状態にある」』。

『「舛添、政治と金の問題の宣伝ダケ」では無く、

「政治資金規正法のザル問題を持ち出した事は良い」。

「しかし、民進党とおおさか維新の会しか、インタビューに応じない」からと、

「その二党の宣伝状態になっていた」のは、

「醜悪」だ。

「テレビ局側が勝手に切り貼りするインタビューに、易々と応じる」のは、

「そのテレビ局側のお仲間くらい」だろう。

「アンケート結果の方が、遥かに重要」だ』。

『「アンケート調査結果が露呈させた事」は、

「与党も野党も、政治資金規正法の改正等には、熱心になれていない実態」だった。

「出来れば、触れて欲しく無い、考えて欲しく無い様な雰囲気」が、

「与党はもちろん、共産党まで含む野党の対応からも良く判る」』。

『「つまり、この問題は、舛添氏だけの問題とは、到底思えない実態が露呈した訳」だ。

「マスコミ人」なら、

「変えた方が良いと思う」等と、

「正義ぶるダケ」では無く、

「全議員に対する調査報道を行う事こそ」が「本来の仕事」だ。

「実態が全て露呈される事」により、

「政治資金規正法改正の世論圧力等が高まれば、

改正のハードルも下がる事になる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」には、

「全議員に対する調査報道」等は「強く望む」。

「調査報道を特定ターゲット等の追い落とし政治運動等に悪用する事等」は、

「強く非難されるのが当然の事」だ』。

『「その他にも、事故物件問題とかやっていた」。

「事故物件の問題」と

「全ての人々の死生観の現実化の問題」は、

「切っても切り離せない問題」だ』。

『「全ての人々の死生観が現実化されている」なら、

「事故物件の問題は、実損部分に限られる」。

「現状では、死生観が現実化している人々も多い」が、

「未だに、丸ごと一人の死生観という現実離れしている死生観に縋り付いている人々も少なからずいる」』。

『「現状では、例え、死生観が現実化出来ている人々」でも、

「丸ごと一人の死生観等を

無理強いして来る人的圧力や

電磁波工作や侵入工作等々で{霊の存在示してやるゾ~!}等の工作活動等」の

「実迷惑が在る」から、

「事故物件は、選択肢から、排除され易くなっている」。

「其処を補うのが、値引き」という訳だ。

「健常な不動産会社等にとって」は、

「人的圧力や工作活動等々」が、

「値引きという実損をもたらしている」。

「不健常な不動産会社等」なら、

「人的圧力や工作活動等まで使って

安く買い叩いたり、

賃貸人の入れ替わり等で儲けようとしたり出来てしまう」。

「こんな状態を解消する事」は「ある種の社会正義にもなる」のだから、

「日頃から正義ぶっている常連出演者等」が、

「死生観の現実化」や、

「人的圧力や工作活動等の害を訴えない方」が「変」だ。

「上辺で正義ぶる内実不健常側の者たち」なら、

「訴えないのが当然」になるが』。

『「生きている一人の人」の

「現実」は、

「細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞群」だ。

「そして、人の意識」では、

「単純化(丸ごと一人化等々)して、感じ・考え・思いたがる」。

「現実と意識の両方を

その場に応じて適切に実用出来ていてこそ、

今時の人間として、健常状態」だ』。

『「今時の人間として、

健常状態とは言い難い

意識上の感覚や考え・思いダケに偏って執着している状態の方々」の

「正常進化や健常化を誘う情報配信が行われて然るべき」だ。

「それなのに、その辺りは???では」・・・』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、清原ダシで「最後は人間関係」だと・・・。

『「苦しい時にお世話になった人は、裏切れない」の「前」には、「お世話になった人の実体が重要」だ。

「もちろん、実体」が、

「野球のライバル等」で「健常」なら、

「裏切らない事も健常になる」が、

「例えば、悪ボスにお世話になった」から、

「悪ボスの為の工作活動等を行い続ける等」では、

「お話しにならない事は明らか」だ。

「悪ボスなら、裏切り、告発等する道」こそが、

「正道になる」。

「実体を考えさせない、

お世話になった人は裏切れない論等」は、

「要注意!」だ』。

『「内実を探求されると、人がついて来ない者たち」は、

「内実を問わせない言動で人を操り、支配しようとする」。

「内実を黙殺したまま、

人の感情やイメージに訴える手法等」が

「得意」だ』。

『もちろん、

「覚醒剤から抜け出す人」が「行うべき」は、

「他人に頼る事では断じて無い」。

「現実逃避や、

現状脱出欲動や、

{者・物・事依存}」こそが、

「覚醒剤依存の生みの親だから」だ』。

『「他人に100%依存する事は、出来得ない」から、

「他人依存による解決」には、

「必ず、隙が出来てしまう」』。

『「自分を自分で健康にコントロールし続ける事」は、

「自分だけで出来る事」だ。

「隙を無くし続ける事も可能になる」』。

『「隙のある道を推奨する者」とは、

「隙に付け入りたい者を裏切れないものなのでは?」と

「感じる視聴者等も決して少なく無い筈」だ。

「そんな者の論なら、自己正当化の為の論の域を出ない事になる」』。

『「人間誰し」も、

「知らず知らずの内」に、

「自分が興味を持っている事等を言い易い面を持っている」。

「筆記物等の場合は、意識的事後チェック等も比較的容易」だから、

「その様な特性を知っている著者等の場合は、あまり出ない」が、

「テレビ常連出演者等の発言等」では、

「しばしば、その様な実態と強く推定出来る事態」が「見受けられる」』。

『「覚醒剤にしても、

お金や立場や権力や異性や人間関係等々にしても、

者・物・事依存」から、

「狭義の自分を解放する為」には、

「者・物・事の実体や事実・現実を探求」し、

「事実・現実と共に在る事」で、

「自分を落ち着ける事」が

「肝要」だ』。

『「例えば、

覚醒剤の実体や事実・現実を探求する」なら、

「ヤクで、脳を破壊~改造して行く事や、その先の心や命(他人の場合もある)の破壊等の、酷さ」や、

「反日他国悪人脈や暴力団等の資金源になっている場合もある覚醒剤商売の問題、等々」の

「酷過ぎる実態」と、

「狭義の自分自身との整合性の問題」にも「行き着く事になる」』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける」なら、

「絶対にあり得ないモノの一つ」が、

「覚醒剤」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続けている」なら、

「在り得ない筈の、覚醒剤裏商売等」が、

「何故、現状の人間社会には在るのか?」』

『「言うまでも無く、

自分で自分を健康にコントロールし続けていない人々」が、

「少なからず居るから」だ』。

『「何故、そんな状態になってしまっているのか?」

「精神文化側の情報・教育等が悪過ぎるから」だ。

「物質文明側の急速な進化からも明らかな様」に

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を実用して製品等をつくれば、

「急速な進化が可能になる」。

「精神文化側でも、物質文明側同様」に、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を実用して製品(政治や経済システム等々も含む)等をつくっていれば良いのだが、

現状では、多くの精神文化側の製品」が、

「考え・思いレベルを実用したモノ」だ。

「こんな状態では、急速に進化し続けている物質文明側とのバランスが取れる訳も無い」』。

『「結果、

進化し続けている物質文明により

その製造がより簡単となっている覚醒剤等を悪用した裏商売等

も蔓延れてしまっている」』。

『「覚醒剤問題を本気で解決する気がある」のなら、

「流すべき情報」は、

「有名人、他人を頼って頑張れ!」や、

「有名人応援するゾ~!」等では、

「断じて無い」』。

『「逆に、覚醒剤裏商売等を維持させたい」のなら、

「その様な情報」こそが、

「他の者・物・事依存も煽る」ので、

「有効になる」』。

『「舛添ダシで、与党を引っ張り出し、舛添と関連付ける事」で、

「参院選時に、無縁の野党等を少しでも有利にしたい政治運動等」の「様相」は、

「もはや、呆れを通り越して、哀れ」だ。

「どんなに、現与党等に不利なイメージ等を付けても、

中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を利す政治を行う様な政党や候補者等」を、

「日本の多くの有権者が選択する訳も無い」。

「それは、上辺の党名を変えたところで、内実が同じなら、変わる訳も無い現実」だ』。

『「何事でも重要なのは上辺では無い」。

「内実」だ』。

『「実質的には、日本社会の劣化を誘っている情報配信を続けて来ている者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「公共の電波を使っている、テレビ・ラジオ界」の「是正」は、

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、相変わらず「清原」・「舛添追い落とし」・「繋がり寿命論」の宣伝状態だったが・・・。

『「覚醒剤使用等の人間」を「元有名人だから等」と「表舞台に復帰させる事」の「害」は「甚大」だ。

「何しろ、その実態」は、

「有名人依存を煽る事にも繋がっている、有名人なら何でも通る宣伝」であると「共」に、

「覚醒剤を使用しても、元の状態等に復帰出来る事」の「宣伝」であり、

「その裏を返せば、覚醒剤使用のハードルを下げる宣伝でもあるから」だ』。

『「覚醒剤使用者等は、表舞台から退場」で、

「有名人の場合でも、裁判結果等を、事務的に報道するだけ」が

「妥当な道」だ。

「有名人依存を煽る情報配信では無く、覚醒剤撲滅に繋がる情報配信」を

「積極的に行うべき」だ』。

『「舛添追い落とし{情報工作}」では、

「新たな一手が講じられた」。

「新党改革時代の、政党助成金の実質的、マネーロンダリング疑惑」という、

「如何にも、大悪を思わせる事」だ』。

『「この手の情報を元」に、

「視聴者」に

「やり玉に挙げた者をとんでもない悪者等というイメージを持たせる情報配信」は、

「テレ朝の得意技」だ。

「それは、報ステ等を見れば、良く分かる」』。

『「もちろん、政党助成金の実質的、マネーロンダリングは、褒められた事では無い」。

「しかし、現状では、タックス・ヘイブンと同様に、合法範囲と考えられる」。

「日頃から、推定無罪等を力強く言っている常連出演者等」が、

「追い落としたいターゲットの場合」は、

「推定無罪等は言わず、

ひたすら、

視聴者に大悪者イメージを抱かせる事に繋がっている内容の情報配信」を

「積極的に行う、

ダブルスタンダードぶり」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「政党助成金等のマネー・ロンダリング疑惑等」も、

「もちろん、新党改革ダケの事にしてはいけない」。

「今回の場合と同様に、ある程度過去を遡り、

全政党について調査報道すべき事」だ』。

『「舛添氏の場合」は、

「都知事就任以降の問題」では、

「会計上のミスと推定される{セコイ問題}や、

東京都知事の仕事の仕方を制限させる様な難くせ付け的な問題

(言うまでも無く、マスコミが問題とすべきは、明らかな違法行為でも無い限り、仕事の仕方では無い。

仕事の結果だ。)」、

「新党改革時の問題」では、

「大悪を感じられる問題」が、

「持ち出されている」。

「本来なら、新党改革時に追及すべき問題」を、

「後出しで、

都知事となった舛添氏に投げ付けている状態」は、

「明らかに、変」だ。

「公共の電波や公共的マスコミ等を悪用した、

大衆誘導や、

政治運動の臭い」が、

「濃厚に漂っている」』。

『「人の繋がりが寿命に影響を与える」とは、

「繋がりの内実を検証しないから言える事」だ。

「ある繋がりが大きなストレスとなる場合」は、

「そんな繋がりは持たない方が良い」』。

『「沖縄の平均寿命が、特に、男性で、急に悪くなっている原因」として、

「食の欧米化等を言っていた」が、

「元々、米国からの返還が遅かった沖縄の食」は、

「以前から、米国的」だった』。

『「平均寿命が急に悪くなっている時期とダブル事」は、

「中国共産党系の者たちの急激な大量流入」だ。

「中共や韓(北朝も含む)系の工作」では「男性」が、

「狙い撃ちされている場合が多い、短命化・弱体化工作等」が

「大いに疑われる」。

「男性の狙い撃ち」は「工作発案・工作指令者等が、男性血統主義者だから」だ』。

『「昨今の沖縄の政治の日本本土離れや反日本政府状態の裏に在る」のは、

「中国共産党系の人脈による工作である事等」を

「忘れてはいけない」。

「その目的は、沖縄の独立~中国共産党支配下の自治区化」だ』。

『「元々、人権等を考慮しない者たちが多い」から、

「日本の現行法・現行の摘発体制では、摘発困難な手段なら、何でもアリ的工作手段を用いている」。

「飲食物工作も、電磁波工作も、侵入工作等々も、

沖縄でも、

かなり、旺盛に行われている筈」だ』。

『「同じ欧米系の飲食でも、

飲食物工作により、

若干の有害物や毒物等が混入してある飲食物を継続接種させられ続ければ、

寿命が短くなるのも、当然」だ。

「暖かい沖縄では、一年中、虫や微生物等を使った工作も可能になる」。

「そんな状態下で人との繋がりが濃くなる」と、

「中国共産党にとっての、有益分子と不適応分子が、より確実に特定され易くなる」』。

『「有名人に依存させ、

都合の悪い有名人は嫌わせ、排除させ、

人との繋がりを推奨する、

テレビ情報」が、

「構築したい人間社会とは、どの様なモノになるのか?」

「・・・北朝鮮や中国共産党支配下の中国の様な人間社会」が、

「浮かび上がって来る方々も、決して少なく無いと思う」・・・』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

清原「・・・社会に適応出来ず・・・」だと・・・。

『「コレ」だから「清原は、覚醒剤社会に適応してしまった」のだろう。「現状の、かなり出来の悪い社会への適応」など「場合によっては自虐になるダケで、目指すべき事では、断じて無い」。

「目指すべきは何か?」

「先ずは、

自分の実体やその実体から整合性を取り、

根本的な部分で、自分に叛かない事」だ』。

『「その上で、現状人間社会との係わりを持つ」なら、

「誰にでも、現状人間社会の問題点等が良く分かる」』。

『「誰もが、自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取る」なら、

「そんな人々の集まりである人間社会の出来も、かなり、健常になる」』。

『「最初に、その様なベースが在る」なら、

「人間社会への適応等も、気にするに値する事になる」が、

「現状の出来の悪過ぎる人間社会への適応など」を

「真剣に考える人々が居れば居る程、

人間社会の健常化等も遅くなるダケ等」で、

「場合によっては、

破壊や破滅等を近づけてしまうダケ」になる』。

『「自分の実体やその実体の本来の目的に叛いている」なら、

「自分の中」から、

「そんな現状」から

「自分」を

「逃避」させたり、

「脱出」させたり、

「・・・等々したがる

欲動等」が

「上がって来ない方が不思議」だ』。

『「そんな状態の人間」が、

「現状の人間社会を見渡せば・・・、

金権あり、

異性慰めあり、

ギャンブルあり、

覚醒剤あり、

宗教あり、

等々」で、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事の支配、

他の者・物・事による被支配に明け暮れている人々大量にあり、

・・・等々、等々」だ。

「そこで、社会適応を意識する」なら、

「その選択」が、

「現状で、実在している、

覚醒剤社会等々となっても、

何の不思議も無い」』。

『「現状人間社会適応等を悪戯に目指す事」は、

「大いなる危険性を含んでいる」。

「先ずは、人類誰もが同じ、自分の実体とその実体の本来の目的に叛かない事」だ。

「人間社会を考えたり、論じたりする」なら、

「その後」だ』。

『「未だに、迷い子状態である事を露呈している様相の清原」は、

「生まれ変わって、社会の役に立つ人間に成りたい」等と、

「戯言等を言っていた様相」だが、

「基本が出来ていない様相の者」が、

「健常な人間社会等の役に立つ訳も無い」』。

『「もちろん、現状の清原」でも、

「十二分に、

覚醒剤関連社会や、

有名人関連社会等々の、

役に立ってしまっている」。

「社会の役に立つ人間」とは、

「どんな社会の役に立つ人間か?」が

「肝要な問題」に他ならない』。

『「自分の実体やその実体の本来の目的に叛かないという基本中の基本さえ???の者」に、

「健常状態の人間社会が分かる訳も無い」。

「健常状態の人間社会が分かる訳も無い状態の人間」が、

「社会の役に立ちたい旨等」述べたところで、

「その内実」は、

「自虐宣言、もしくは、戯言」だ』。

『「清原覚醒剤問題等を、正義ぶって非難等しているテレビ・ラジオ・マスコミ等の人々」も、

「その状態の内実」は、

「清原被告と大差無い場合が多い」。

「覚醒剤関連社会等、

現状でも多くの人々が、{明らかにそれはマズい!}等と、

考え・思える社会等を、

外したところ」で、

「真の健常状態の人間社会とは程遠い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の人々にとって、

都合の良い人間社会への適応を、

他の人々に強いる権利がある」なら、

「他の人々だって、

同様に、

他の人々、それぞれにとって都合の良い人間社会への適応を、

他の人々に強いる権利がある事になる」』。

『「人類誰もの実体やその実体の本来の目的という、

誰にとっても、同じ、基本から紐解かなければ、

人間社会問題は、健常化出来得ない」』。

『「本来なら、有名人等の大宣伝だから、相手にするべきでは無い」で

「スルーしても良かった清原初公判問題だった」が、

「あまりにも、象徴的な、人生誤解、或いは、おバカぶり等」が

「露呈させられていた」ので、

「上記の様に、論じてみる事にした」』。

『「読者の方々の、若干の参考や刺激等にでもなれば、幸い」だ』。

|

テレ朝昼番では、清原・佐々木・初公判等の大宣伝状態だが、舛添以外の政治資金問題の調査報道でもやったらどうか!・・・。

『「日本国民の一人が、覚醒剤使用容疑等で逮捕」され、「その裁判が行われる事になったダケ」の「問題」に、「公共の電波上の貴重な時間をコレだけ多く割いている事」は、

「明らかに、健常では無い状態」だ。

「覚醒剤使用容疑等で逮捕された被告」が

「有名人元選手だった」から、

「公共の電波上で大々的に・・・」なら、

「公共の電波」を、

「有名人利権の維持~増大の為に使っている事にもなる、

実質、重大悪事」だ』。

『「有名人である清原に注目する事」等を「視聴者に学習させる事」

=「他の有名人化された者に容易に注目する人を育成している事」に他ならない。

「その様な人々が数多く居る人間社会」なら、

「有名人で多数の人々が操れてしまう」ばかりか、

「有名人利権を得てしまえば、かなりの者・物・事が手に入れ易くなる」。

「不当な利権を元にした、

不当な格差が生み出される

悪の構造」が

「其処にある」』。

『「スポーツ選手は、スポーツ選手として、その実績等に応じて認められる」。

「覚醒剤使用容疑者は、覚醒剤使用容疑者として、その悪質度等に応じて、平等・公平に扱われる」。

「以上、健常な人間社会なら、当たり前の事」だ』。

『「公共の電波を使って流すべき情報」は、

「有名人利権の製造~維持~増大情報等では、断じて無い」。

「覚醒剤問題なら、覚醒剤事件等の撲滅に役立つ情報」だ。

「例えば、者・物・事等への依存を健常範囲に抑制する為等」には、

「非常に有益な、実体・事実・現実把握情報」等だ』。

『例えば、

「人は、誰でも、自分の実体さえ??なら、不安が当然」だ。

「頼れる者・物・事等に縋り易い精神状態に陥り易い」。

「しかし、

自分の実体」が、

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生体である事」等々を、

「心底から、理解・把握する」なら、

「事態は全く違って来る」。

「変化し続けている生体」は、

「変化し続けているのだから、

{不安}なのは、

当たり前」だ。

「変化が、健常に行われているのか?否か?は、自らの存続に係わる」から、

「常に、自分の周りと自分との関係を確かめ続けたくなる」のも、

「当然な事」だ。

「上記の様な、自分の基本実体を、心の底から、理解・把握出来ている」なら、

「自分で自分を健康にコントロールし易くなる」。

「他の者・物・事への過剰依存」や、

「現状脱出欲動の暴発等」を、

「抑制し易くなる」。

「当たり前の事」だ』。

『「テレビ・ラジオ等」が、

「公共の電波を使って流すべき情報」を

「間違えているまま・・・」で

「良い訳は無い」』。

『「公共の電波を使う有名人利権の製造~維持~増大が容認されている」なら、

「有名人利権」は、

「テレビ・ラジオ等」によって、

「製造可能」になる。

「逆から考えれば、

テレビ・ラジオ等」が、

「自分たちに都合の良い者を有名人化する事」で、

「有名人に注目する多数の人々」を、

「都合良く、

動かせてしまう事になる」。

「ナチス・ヒトラーの大衆誘導から学んでいる」なら、

「この様な不健常事態」は、

「即刻是正する」のが「当然」だ』。

『「舛添氏以外の政治と金の問題の調査報道等」は、

「マスコミ人なら、積極的に行うべき事」だ。

「有名人利権の維持~増大等を行っている枠がある」のなら、

「調査報道の経過や結果等を流すべき」だ』。

『「健常な情報配信が満足に出来ていない、

戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた是正」は

「急務」だ』。

|

本日は、東南斜め上からの工作電磁波照射が、より熱心に行われている様だが・・・。

『「もはや、リビングの筆者に対して工作電磁波を当てるのは、隣りの部屋の上からくらいしか、隙間が無い」のだろう。

「角度の付いた工作電磁波」が「東南上方向から少々、やって来ている」が、

「当然、東南上方向にも、ある程度の対策はしてある」から、

「マイナスイオン等が増えている」』。

『「連中の熱心さから」も、

「昨今の記事」にも、

「痛い部分が多い事」等が、

「良く判る」』。

|

テレ朝朝番では、舛添都知事の国会議員時代の事務所費問題等を言っていたが・・・。

『「事務所費で私腹を肥やす事は、もちろん、大問題」だが、「何故、国会議員時代には、追及、実質無し」で「今、大々的に追及なのか?」

「その辺り」に

「現在の、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による、舛添都知事問題化」の「裏」が

「見え隠れしている」』。

『「もちろん、

事務所費等で私腹を肥やしている問題等」は、

「全ての議員等に対して、それこそ、常に、検証され、

問題が露呈したなら、常に、その都度、報道~広報等されるべき事」だ。

「その様なマスコミ本来の状態が在る」なら、

「政治資金の不適切使用は圧倒的に減る」。

「ズルが出来ない状態」は、

「政治資金規正法の{是正ハードル}を下げさせる」』。

『「ところが、現状」では、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」が、

「自分たちが気に入らない政治家を追い落とす為の道具」として、

「政治と金の問題等」を

「悪用している様相」だ』。

『「舛添氏の場合」も、

「テレビ上がり」だ。

「テレビ界側からすれば、

テレビ界実権者等たちにとっての有益分子」として、

「舛添氏を担ぎ出した面もある」と「強く推定出来る」。

「橋下氏・東国原氏」等々、

「テレビ上がりの政治家」は「皆」、

「そのような重荷」を

「人によっては、知らず知らずの内に背負わされている」』。

『「戦後の日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ界」の「実権者」は、

「不適切な戦後処理の悪影響」により、

「かなりの割合で、朝鮮系」と「強く推定出来る」。

「舛添氏も、橋下氏等々」も、

「朝鮮系の実権者等たちにとっての有益分子としての働きを期待されていた事」は、

「想像に難く無い」』。

『「ところが、都知事になった舛添氏」は、

「韓国訪問や、朝鮮学校の整備等には応えた」が、

「その他に在ると強く推定される朝鮮系の実権者等たちの都政上の要望には十分に応えていない」し、

「応えるつもりも無い事」が、

「はっきりした」のだろう』。

『「其処で、

次期都知事選時」には、

「利朝鮮系実権者等候補以外は

泡沫候補とする工作等」が、

「既に、積極的に始まっている様相」だ』。

『「先ず、朝鮮系実権者たちが一番嫌っていると強く推定出来る、

{選挙のシロウト}田母神氏」を、

「法で、追い詰めた」。

「次が、現都知事の舛添氏の問題化」という訳だ』。

『「上記の様な不健常な思惑等を元」に、

「テレビ・ラジオ・マスコミ報道等が行われている」なら、

「事務所費で私腹を肥やしている問題等」も、

「その様な事態が起こった時では無く」、

「ターゲットにした政治家を追い落としたい時」に、

「大々的に公開等」という

「実態」も、

「ある意味、当然になる」』。

『「もちろん、そんなテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の報道~広報姿勢等」は、

「明らかに不健常」だ』。

『「事務所費で私腹を肥やす政治家等」も「酷い」が、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」は、

「少なくとも、日本人にとっては、もっと、遥かに、酷い」』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

ご愁傷さま民進党、民主党政権時代の負の遺産の責任を取ろうともしない様では・・・。

『「民主党政権時には、円高容認政策等で、散々、日本を細らせていた民進党(何しろ、構成員の多くは、旧民主党)」・・・。

「デフレ容認政策等による日本経済細らせの責任」は、

「間違い無く有る」。

「その反省は何処へやら、安倍政権の経済政策非難等」とは、

「呆れも通り越して、もはや、醜悪の域」だ』。

『「民進党等は、本音をはっきり言ったらどうか?」

「朝鮮系等の人脈に日本を乗っ取り支配させる事等が目的等」が「本音」なら、

「そんな本音に賛同する日本国民」は、

「極少数派で当然」だから、

「そんな本音を持っている」なら、

「本音も言えないだろうけど」・・・』。

『「そうでな無い」のなら、

「民主党政権時に日本や日本国民を不利にした事等」は、

「素直の詫び、相応の補償等の態度を示した上」で、

「本音では、日本をどうしたいのか?」等を「公言するべき」だ』。

『「自民党の本音(?)」にも

「家族は助け合うべき」等の

「時代錯誤を感じざるを得ない部分が少なからず在る」。

「人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存」だ。

「家族とは、種の保存上で、子の誕生時等には、極近隣に居る別個人たちの集まり」だ。

「その近隣に居る別個人たちの関係は、良好な方が良いに決まっている」が、

「それは、憲法や法律等で強いられるべき事では断じて無い」。

「個々の意思が、良好な関係を築く事を目指してこそ、成し遂げられる状態」だ』。

『「個々の意思の力を法等の強制的圧力で縮小する事の害」は、

「絶大」になる。

「法整備上で行うべき」は、

「より健常な個々の意思が発生し易い人間社会体制の構築」であり、

「個々の意思を制限する事では断じて無い」』。

『「この程度の事も???のおバカたち」なら、

「国政等を預けるに値しない」し、

「解っていて、意図的に、個々の意思を制限しようとしている」なら、

「それは、もはや、独裁政権的悪政権になる」』。

『「筆者の様な、一般日本国民の感覚上」では、

「民進党等野党より、自民党等与党の方が、未だ、独裁政権的要素は薄い」が、

「その与党側でさえ、上記の様な劣悪状態・・・では、

投票先に悩む有権者が多い」のは、

「極めて当然の現象になる」』。

『「個々の人々に、自分で自分を健康にコントロールし続ける事が出来る環境整備を行う」のが、

「健全な政党等」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールする代わりに、他人を支配・コントロール等し続けようとする」のは、

「時代遅れの愚か者、もしくは、悪者たち」になる。

「それは、他者支配の要素が濃い、

独裁政権国や独裁者等の事を考えれば、

誰でも分かる事」だ』。

『「人類の実体」として、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」は、

「本来の支配欲を充足出来る唯一無二の王道」だ。

「その代わりに、他の者・物・事の支配や、他の者・物・事による被支配の中に自分を置く事」は、

「代償欲求の追及にはなっても、本来欲求の充足には成り得ない悪魔の道」だ』。

『「本来、法とは、自然の摂理を人間の言葉に訳した物であるべき」だ。

「自然の摂理に叛く事」は、

「自分の実体や自分の実体の本来の目的に叛く事でもある」。

「そんな自虐的な人間社会が誘う事」が、

「人類滅亡になる」のは、

「必然でしか無い」』。

『「人の上に立つ立場を得ている立法府の方々」なら、

「上記程度の事は、重々承知で当たり前」だ。

「承知していない」なら、

「そんな者を、立法府の人間に上げてはいけない」。

「承知していて、叛いている様な者たち」に「相応しい」のは、

「厳罰」だ』。

『「現状では、消極的選択」で、

「現状の与党を選択せざるを得ないところ」に、

「日本の政治の未熟さ等が露呈している」』。

|

本日は何処の局でも、「蜷川氏の告別式」と「ベッキー・ゲス不倫」と「舛添都知事の政治資金問題」ばかり・・・の様相だが・・・。

『「タイトルに挙げた、前の二つの内実」は「主として、芸能界の宣伝」に過ぎ無い。「{芸能界ヤク}漬けなりたい人々では無い」のなら、「コマーシャル料等抜きの芸能界等の実質、大宣伝等」に「公共の電波上で多大な時間を割いている事」に対し、「非難心や抵抗感等を保持していて当然」だ。

「舛添都知事の政治資金不適切使用問題」は、

「以前にも記した通り、全政治家の政治資金の使われ方を検証した上で」のみ、

「偏向・偏重情報に当たらない、

公平・平等で妥当な、

批判や非難等も可能になる」』。

『「舛添都知事の政治資金問題について」の、

「現状の多くのテレビ・マスコミ情報等」は、

「視聴者・読者等を惹き付けるに便利」な、

「偏重・偏向等の悪劣な手段で煽った意図的話題製造」や、

「スケープゴード」等々の

「醜悪な実態」を

「露呈している」』。

『「テレビ常連出演者等」は、

「上辺で、優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に語ったりしていれば、

未だに、内実を誤魔化し続けられる」とでも

「信じたがっている」のかも知れない。

「しかし、

内実は、

内実を探求する多くの人々の前に

多くの場合、直ぐに、現れる」。

「それは、今回の舛添都知事の政治資金問題でも同様」だ』。

『「舛添都知事の政治資金不適切使用の実態」は、

「以下の通り」だろうと「強く推定出来る」。

「豪華とされている移動時や海外出張」は、

「海外等に対しての、東京都知事としての見栄え等を考慮したり、

セキュリティー面等を考慮する」なら、

「ある意味では、当然の事」になる。

「逆の、清貧や万人に好まれているセキュリティー要らずの東京(=大都市)都知事等の演出等が出来なかったところ」に、

「現状の世界情勢や東京都知事等の要職の人々の力不足が露呈している」。

「湯河原への移動に公用車使用」も、

「体力維持やセキュリティー等を考える」なら、

「仕方ないと言えば、仕方ない事」だろう。

「そして、現行の規定では、合法」だ。

「美術品等の購入に関して」も、

「相応の使用実績やその効果等が無いなら、責められるのは当然」だが、

「今の段階で、それらを決定付けるには無理がある」。

「問題は、宿泊等で、公私混同状態が露呈した事」だ。

「しかし、ここで、考えるべき」は

「政治資金の実処理問題」になる』。

『「都知事自らが会計の仕事まで行う事は、まず、無い筈」だ。

「舛添都知事の場合」も

「付き合いの長い会計責任者に任せている」旨「述べている」。

「何でも、領収書を取り、その仕分けも、会計責任者に任せていたとの事」だ。

「この処理方法」が、

「今回、問題とされている{セコイ政治資金私的流用問題}の生みの親だ」と、

「強く推定出来る」。

「露呈した{セコイ政治資金私的流用}」とは、

「会計処理上のミス」と「強く推定出来る」』。

『「ミスを無くす為の対策」としては、

「領収書の仕分けを都知事本人が行う」か、

「私人使用の全ては、私人のクレジットカード等全く別枠にする」等の

「手段がある」。

しかし、

「都知事が、自らの領収書の仕分けを仕事としている時間」は、

「他の仕事が出来なくなる」。

「私人使用の全てを私人のクレジットカード等全く別枠にする事」は、

「可能だろうが、実行には、性格等の適性も必要」だろう。

「正直に全て領収書を取る」で、

「後は、長い付き合いのある会計責任者任せ」という

「会計処理を選択した事」に対して、

「果たして、どれだけの責めが、適切になるのか?」』

『「もちろん、

処理ミスが発覚し/発覚させられ、

私的使用等と判った分」については、

「返金が当然」だ。

「舛添都知事も私用分は返金している旨話している」』。

『「上記の様な実態だった場合」、

「果たして、どれ程の責めが適切だろうか?」』

『「大々的な節税等目的や着服等目的や私用等目的」等々の「大悪事が在る」なら、

「暴露が可能となれば、

こんな贅沢等の言いがかり的な事や、

現行合法な使用を都知事個人の問題化する事(本来なら、法改正を訴えるべき)や、

{セコイ私的流用状態等}の告発等」では

「済み得ない」』。

『「今回の舛添都知事の場合」は、

「贅沢?移動手段」や、

「贅沢?海外出張」や、

「合法公用車使用の問題化」や、

「会計処理上のミスに過ぎ無い実態が窺い知れる、セコイ私的流用疑惑」が、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等々によって」、

「大問題化」されている』。

『「公平性や平等性を著しく壊した上では、可能」となっている、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」による

「大問題化」の方が、

「遥かに重大な問題」だ』。

『「本来あるマスコミ報道等とは?」を考えれば、

「誰もが分かる」。

例えば、

「政治資金私的流用疑惑等」なら、

「政治資金私的流用疑惑」等を、

「全ての政治家に対して持つのが、真っ当なマスコミ人」だ。

「そして、全ての政治家について、調査し、先ずは、その実態を報道すれば良い」。

「その上で、悪質な場合は、その悪質度に応じて、積極的に、告発等すれば良い」。

「会計ミス等がある」なら、

「会計ミス等を防止出来る実効のある対策等を訴えれば良い」』。

『「さて、その様な健常なベースの上」なら、

「今回の舛添都知事の政治資金使用問題」は、

「果たして、どれ程の問題になるのだろうか???」』

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による実態・実体離れした情報圧力」で、

「政治家の当落が決まったり、

大臣や地方首長等要職の者や、

一般議員等が、

その座を失ったりする社会」とは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に、実権の多くを保持させてしまっている

{テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム}の人間社会に他ならない」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や、

公共的大マスコミ等による、

実態・実体離れした情報圧力による大衆誘導」は、

「絶対悪として、禁止されるべき事」だ。

「それは、

ナチス・ヒトラーの大衆誘導から学んでいる人なら、

誰もが賛同して当然の事」だ』。

『「舛添都知事の政治資金使用問題に対して」も、

「他の問題に対して」も、

「問題の告発や暴露だけでは無く、

原寸大の批判・非難等が行えていてこそ、

健常なマスコミ等」だ。

「原寸大を逸脱した批判・非難等で、

都合の良い何処かや誰かたちに、

不当な利権等を生じさせようとしたり、

日本の政治や社会を貶めよう、等々としている」のは、

「例えば、反日国人脈の情報工作機関等」になる』。

『「反日他国の情報工作機関等の者たち」に、

「日本国内で、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「実体や事実・現実相応の原寸大の処理・処分」が「与えられて然るべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界、公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

BSアサヒ夜番では、未だに、北朝鮮の都合に沿った日本と北朝鮮の交渉等を訴えていたが・・・。

『「金正日の料理番ルート」の「北朝鮮との交渉」とは、「圧倒的に、料理番の使用者側である上に、独裁者の立場を得ている者の意向を反映させ易い方法」でもある。

「日朝間の問題の実体」が、

「主として、北朝鮮側による実質的犯罪行為である事」から考えると、

「料理番ルートは、

情報収集ルートとしてはアリでも、

交渉ルートとしては、

あり得ないルート」だ』。

『「戦後の火事場泥棒的行為等についても、

拉致を始めとするその後の日本国内での工作活動等にしても、

少なくとも、戦後の悪事については、

明らかに、北朝鮮側に非がある」のが

「現実」だ。

「北朝鮮側が、戦後の悪事に対する、現状回復と補償と謝罪等を行わない」のなら、

「日本が本当の独立国なら、最終的」には、

「戦争や被害者奪還戦等も厭わず」、

「国際社会全体と連携して、徹底的に、北朝鮮側に非を認めさせる事から始める」のが、

「普通の手段」だ。

「現行憲法にある、問題の解決に対して戦争を放棄する事」を「重視する」にしても、

「実効のある奪還・解決手段を選択するのが当然の道になる」』。

『「戦争や拉致被害者奪還作戦等を除いた、実効のある解決手段として有力」なのが、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動を全摘発し、工作員や協力者等を厳罰に処す事」だ。

「ところが、戦後の日本では、

スパイ・工作活動等に対する実効のある法整備も体制整備も、

未だ、十分に行われていない」。

「北朝鮮等の手先的政党やテレビ・ラジオ・マスコミや学校教育等」が、

「その成立を阻止し続けて来ているから」だ』。

『「その結果」として、

「北朝鮮等による拉致を含むスパイ・工作活動等」は、

「やりたい放題状態」となり、

「その悪の効果」で、

「戦後の日本社会は、非常に歪められてしまっている」。

「この異常事態の是正」こそが、

「今の日本が一番必要としている事」だ』。

『「それなのに、BSアサヒ」では、

「未だに、

北朝鮮の都合に沿う交渉には非常に有益な、

元料理番ルートの交渉等を大宣伝していた」のだから、

「本当に呆れた」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「今行うべき」は、

「法や摘発体制が不十分な中でも、

北朝鮮等によるスパイ・工作活動等を徹底的に暴露・告発する事」に他ならない』。

『「多くの日本国民」が、

「未だ、日本国内に居る拉致工作員や拉致協力者や、

それらの者たち等による日本国内での今の工作活動等」の

「実態を知る」なら、

「実効のあるスパイ・工作活動等防止法や実効のある摘発体制の整備等」に

「反対する/出来る人々は、極稀になる」。

「政府・与党等も、法整備・体制整備等を行い易くなり、その実現も容易になる」』。

『「日本国内での工作活動等を失えば、

北朝鮮が拉致被害者たちを温存し続けなければならない理由も無くなる」。

「日本国内の工作活動等を露呈させ、

即刻、

法&体制整備し、

摘発し、

実行犯たち等を厳罰等に処す事で、

最終的には、工作活動等自体を解消させる事の実効」は、

「非常に大きい」』。

『「更に、根っ子の指令者等も露呈させ、特定させる事等が出来れば、

例え、日韓併合時等の補償を求められ、

与える選択をするにしても、

大きな相殺材料にも出来る」。

「つまり、大きな節税効果も期待出来る」』。

『「日本のメリットが大きくなる情報配信をせず」に、

「北朝鮮等のメリットが大きくなる情報配信をし続けて来ている」、

「テレビ・ラジオ等」に、

「日本の公共の電波を使い続けさせる必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

サンデーモーニング、はびこる「暴言」を訴えている「蔓延り続けている常連出演者たち」・・・。

『「過激発言」は「褒められる事では無い」。「しかし、判り易い」。「優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に、内実では、日本に自虐を強い、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利している発言」も「もちろん、褒められる事では無い、ばかりか、こちらは、少なくとも、日本の中では、非難されるのが当然の事」だ。

「ところが、こちらは、判り辛い」。

「上辺の、優等生ぶり、正義ぶり、紳士的仮面」が

「多くの視聴者・読者等を騙せている場合が多いから」だ。

「発言等で問題にする/されるべき」は、

「断じて、上辺では無い」。

「内実」だ。

「誰もが絶対に忘れてはいけない重大ポイント」が「ココに在る」』。

『「上辺が過激なヘイト・スピーチ等だけ」が「問題化」され、

「上辺は優等生ぶり、正義ぶり、紳士的なヘイト・スピーチ等」なら

「まかり通るという社会」は、

「明らかに、異常な社会」だ。

「重要」なのは、

「内実」でなければならない』。

『「過激発言」にしても、

「優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に言った発言」にしても、

「その内実」が、

「現実離れ、実体離れ等している」なら、

「ジョークやフィクション等で無い限り、問題」だ』。

『「逆に、上辺」は、

「過激」でも、

「優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に」でも、

「その内実」が、

「現実や実体等をありのままに伝えている」なら、

「ジョークやフィクション等にするべき事では無く、真摯に受け止めるべき事になる」』。

『「具体例で考えれば良く判る」。

例えば、

「イスラム教徒は出て行け!」や「朝鮮人は出て行け!」等の

「過激発言」は、

「善良で無害なイスラム教徒や朝鮮人を不当に貶め、不当に差別している要素を含む」から、

「非難されるべき事」だ。

しかし、

「犯罪やスパイ工作活動やテロ等を行うイスラム教徒は出て行け!」や、

「犯罪やスパイ工作活動やテロ等を行う朝鮮人は出て行け!」なら、

「自国や自国民を守る為の正当な主張になる」。

それは、

「出て行け!」を

「早急に摘発・逮捕し、

(自国の税金を使って刑罰や強制教育等を行うのも、泥棒に追い銭的で問題だから)強制送還しろ!」等に

「置き換えれば、良く判る事」だ』。

『「侵略者は出て行け!」等は、

「過激発言として扱われている場合も少なく無い」が、

「内実としては、自国・自国民を守る為の正当な主張になる」』。

『「優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に言う発言」でも、

「問われるべきは内実」だ。

「ゆとりのある冷静で知的な判断が失われると

過激発言に操られ易くなる」等と、

「過激発言という上辺に拘らせ、内実から興味を逸らさせる、実質、誘導」等なら、

「どんなに、優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に言っていた」としても、

「実質的には、悪質な発言」だ。

「冗談やフィクション等でも無いのに、

人々の興味を上辺に惹き付け、内実から思いを逸らさせる事で、

視聴者の実体離れ・現実離れを誘う、

悪質な情報配信が、蔓延れている」のが、

「現状の日本の多くのテレビ・ラジオ等」の「酷過ぎる実態」だ』。

『「どんなに、優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に表現等していて」も、

「過激とレッテル貼りした発言」の

「中に在る問題」を

「丸ごと黙殺せしめている様な場合」は、

「実質的に、内実問題を圧殺させる為の圧力発言等になる」。

「もちろん、そのような{紳士的な言論弾圧}は、大問題」で、

「大いに非難されるべき事」だ』。

『「更に、その発言等の内実」が、

「実質的には、日本国や日本国民に対するヘイト・スピーチ等」なら、

「上辺が過激なヘイト・スピーチ非難等が行われた時に、同時に、非難して/されていない事等」が

「むしろ、大問題」だ。

「内実に基づく非難・批判等では無く、上辺に基づく非難・批判等を公然化する事」の「実効」は、

「言論統制・思想統制社会化等」になる。

「旧共産圏の国々では無い自由主義圏の日本国の中」で、

「そんな事態が行われている事」は、

「本当に、とんでもない事」だ』。

『「特定極一部の者たちダケを主に、

常連出演等させ続け、

上辺では、優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に、

しかし、

内実では、

日本に自虐を強いる反面で、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を利す

考え・思い・思想信条等を、

視聴者等に無理強いする」という、

「陰湿な手段」の、

「実質、大衆誘導」が、

「戦後のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等では行われ続けて来ている」。

「その実態」は、

「内実、日本国・日本国民に対するヘイト思想等に基づいた、

ナチス・ヒトラー等の大衆誘導等と同様の悪事」だ。

「大いに問題とされ、非難されるべき実態が其処にある」』。

『「極一部の者たちのみが主となり、

同様の論ばかりを

一方的に大量配信する事」で、

「その国や地域の人々を、同じ色に染め上げる大衆誘導」は、

「その裏で、

多大な利権を

極一部の者たちや、

特定の国や地域等にもたらしている」』。

『「戦後日本社会の実質的大衆誘導の場合」は、

「多大な利権を直接得る事が出来て来ている」のが

「何人もの、プチ・ヒトラーの様な、大衆誘導テレビ等常連出演者等」だ。

「その裏」では、

「悪朝鮮系・中共系等が蔓延り易い状態等が生み出されている」。

例えば、

「日本国内で行われ続けて来ている

朝鮮系の者たちや中国共産党系の者たち等による

スパイ・工作活動等の暴露・告発等」が、

「実質的には、黙殺・圧殺され続けて来ている」から、

「実際」に、

「拉致まで行われてしまっている」ばかりか、

「未だに、電磁波工作・飲食物工作・侵入工作・情報工作・政財界工作等々が旺盛」だ』。

『「拉致問題を解決する為」にも、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動や工作員や協力者等の、

摘発・告発・暴露等々」は、

「非常に有効になる」。

「反対に、(北)朝鮮系等による日本乗っ取り支配工作等を続けさせる為」なら、

「それらの摘発・告発・暴露等々は、

致命的な障害になる」』。

『「上記の事等を考える」なら、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」が、

「どの様な人脈の下」で、

「どの様な人脈の為に情報配信をして来ているのか?」は、

「誰にでも、明らかに分かる筈」だ』。

『「日本の公共の電波を使っていて、

反日国人脈の為の情報配信を、

優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に行っている事」の

「内実」は、

「(少なくとも、日本にとっては)悪事」だ。

「悪事が放置されたままで良い訳は無い」』。

『「問題とされるべき」は、

「上辺の過激」では「断じて無い」。

「内実」だ。

「上辺がどんなに、優等生的や、正義的や、紳士的、等々であって」も

「内実」が、

「日本の中で、

悪反日人脈等を蔓延らせる為に有効な

情報・教育等」や、

「そんな情報・教育等による大衆誘導等」なら、

「それは悪事として、非難されるのが当然の事」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「ゆとり教育差別」だと・・・。

『「おバカ、もしくは、悪たち」は「その時々の情報・教育によるマインドコントロール等の危険性さえ??」の「様相」だ。

「元々、学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等々の情報を鵜呑みにした時点で、アウト!!」である事を忘れてはいけない』。

『「特に劣悪」なのは、

「情報・教育等」を

「日本弱体化~日本乗っ取り支配等、特定の目的で悪用している者たち」であり、

「その様な周りの情報・教育を無防備に鵜呑みにしている者たち」でもある』。

『「いい加減に、

自分の実体やその実体の本来の目的との整合性を取りながら、

与えられる情報・教育を理解・把握する、

最低限のフィルタリングくらい」は、

「ほとんどの人類が思い出すべき」だ。

「まともな情報・教育等」なら、

「狭義の自分や広義の自分の健常化等の助けになっている筈」だ』。

『「まともでは無い、不健常な情報・教育等」なら、

「悪質度に応じて罰するべき事」だ。

「不健常な情報・教育自体」が、

「葬られるべき事である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

|

今は、リビングの筆者に向かって、北~東北斜め下方向と、東南の斜め下方向と、西の斜め上方向から工作電磁波が来ているが・・・。

『「該当場所の先」は「順に、作業所と思われる別の建物」と「筆者の部屋の下の階か、その下の階」と「筆者の部屋の上の階か、その上の階」になる。

「劣悪者たちは、

全ての工作電磁波を一カ所に集中させたいのだろうが、

西の斜め上からのモノは、間の防御板による制限」で、

「筆者の腕に当てるのがセイゼイの様」だ。

「北~東北の斜め下も、その位置に防御板を足した」。

「東南の斜め下には、既に、防御板が在る」から、

「来ているのは、微々たるモノ」だ。

「実効の無い工作を続けている愚か者たち」は、

「恥じの上塗りを何時止めるのだろうか??」』

『「人は、悪事を行った段階で既に負けている」。

「悪事を行った劣悪者たちの未来」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上」と「決まっている」。

「それは、何時の時代でも変わらない」。

「最劣レベルの者たち」とは、

「他国に助けてもらった事」を「侵略と嘯き」、

「火事場泥棒的行為を行い」、

「その全てを正当化する為」に、

「電磁波工作や情報・教育工作等々、

数々の工作まで行っている者たち」だ。

「近未来で、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たちの実態」は、

「本当に哀れ」だから、

「劣悪業」は

「放棄し、

過去の罪を全て告白し、

謝罪し、

応分の罰を受け、

自主的かつ積極的に、

補償等をする事」を

「お薦めしておく」』。

|

タイムマシンとパラレルワールド・・・。

『「タイムマシンやタイムトラベル等」は、「絶対に出来ない」。「何故なら、宇宙開闢以来、時間の流れは、未来方向への一方通行だから」だ。

「例え、ワープ等が出来ても、タイムトラベルとは成り得ない」のは、

「ワープ元の時もワープ先の時も共に進むから」だ。

「行き先も、戻れるポイントも、常に、時を重ねている」。

「ワープが出来れば、超短時間での超長距離移動等は可能になる」が、

「タイムトラベルには成り得ない」。

「そんな現実を覆す為」には、

「パラレルワールドという概念が非常に便利」だ。

「現宇宙の全てとは別に、同様の全宇宙を数多く存在させる事」は、

「横軸に、現宇宙と違う状態の現在の全宇宙、

縦軸に、その未来や過去を

存在させ得る事でもある」。

「もちろん、そんな事態は、概念上だけで可能な事」だ。

「実全宇宙がその様な状態なら、物理的に実全宇宙が動けなくなる」。

「少々の隙間が在ったとしても、何の干渉も無い事は、あり得ない」。

「他の宇宙からの干渉現象等が観測された」という「現実」は、

「少なくとも、現在までは、全く無い」』。

『「タイムマシン」と「パラレルワールド」には、

「共通点がある」。

「人間の考え・思いや精神心理上等」では、

「在ったら便利、在ったら良い、欲しい等」と

「考え・思え・感じられる事」だ』。

『「ほとんど全ての人間」は、

「自分の未来を知りたがり」、

「自分の人生の過去のある時に違う行動や選択等をしてたら・・・」等々と、

「タイムマシンが在る方が都合の良い事」等を、

「想像したり、考え・思ったり、等々した事がある筈」だ。

「タイムスリップもの」や、

「タイムマシンもの」等々の

「映画・ドラマ・小説・アニメ等々」も「数多い」。

「多くの人の考え・思いの上」には、

「タイムマシンが在る方が有難い状態がある」』。

『「パラレルワールドも同様」だ。

「考え・思いのスケールを少し大きくすると良く分かる」だろう。

例えば、

「被植民地支配国や敗戦国等の者たちが、自分たちが植民地支配国や戦勝国となっている別の世界を想像する事」等は、

「困難では無いし、ある意味、都合の良い事」だ。

「策略・工作等に失敗している者たちが、その策略・工作等が成功している別の世界を想像する事等」は、

「困難では無いし、ある意味、都合の良い事」だ。

「大切な人を、天災や、事故や、病気や、テロや、戦争等々で、失ってしまった人々が、天災や、事故や、病気や、テロや、戦争等々が無かった別の世界を想像する事等」は

「困難では無いし、ある意味、都合の良い事」だ。

「その様な考え・思い・感情等上の、希望・要望等の合理化に応えてくれる」のが、

「パラレルワールド」だ』。

『「もう、ほとんどの方々がお気付き」だろう。

「タイムマシン」も

「パラレルワールド」も、

「丸ごと一人の死生観という、

現実離れ・実体離れに基づいた、

霊やあの世や天国や地獄等々」と

「同様」の

「現実離れ・実体離れした概念」だ』。

『それでは、

「人の誕生・死は細胞ごとの現象」という「現実・実体」と

「同様の意味を持つ」、

「現実宇宙の現実や実体とは?」』

『「はっきりしている事」は、

「現実宇宙が始まった時から、時間は常に、未来に向かって進んでいる事」だ。

「ここで、未来に向かって進んでいる時間の実体を考えない事は、ある意味、あり得ない」。

「未来に向かって進んでいるなら、エネルギー等を持っていると捉えるのが当然」になる。

「旧来の物理では、物を細分化する方向に理解・把握しようとして来ている」。

「エネルギーもその中で捉えようとして来ている」。

「しかし、逆に考えれば、実にシンプルな実体が浮かび上がって来る」。

「時間が動いていない状態では、エネルギーも物質も、実質的に、何も意味を持てない」から、

「実質的に無」だ。

「時間が動く事で、エネルギーにも物質にも実の意味が出て来る」。

「時間の動き~流れ(進行)をベースに考える」なら、

「時間からのズレ」が「エネルギー」として捉えられ、

「遅れ」が「質量」と捉えられる。

「ベースである時間の流れ(進行)からのズレ」が「出来エネルギー化した場合」、

「一定範囲内なら、時間の進行からのズレで存続出来る」。

「しかし、その範囲を超えたエネルギーは、そのままでは存続出来得ない」。

「そのままでは存続出来得ないエネルギーは、

時間の流れ(進行)から、

取り残され、遅れた状態になる」。

「遅れた状態で存続し続ける為」には、

「遅れの恒常化状態を可能にする変化が必要になる」。

「物質化」だ。

「物質化したエネルギーが時間と共に在る事が出来る為」には、

「時間にある程度の幅が必要になる」。

「もちろん、その幅とは、物質側の極一部である人類等が観測する事は非常に困難な幅」だ。

「しかし、物質化したモノの観測は、比較的容易」だ。

「エネルギーの物質化を数理式化する」と、

「渦を巻く時間エネルギーの観測出来ない幅は、虚数域として表す事が出来る」。

「観測可能な実数域部分が、現状で物質とされている部分」だ。

「全ての物質」は、

「観測可能域と観測不可能域を周回しながら存続している」ので、

「観測すると、観測可能域ダケが、デジタル的に観測出来る」』。

『「時間の流れ(進行)からのズレ」は、

「質量になる」から、

「物質化していないズレでも、質量として現れる」。

「時間の流れ(進行)の幅を破断させない範囲」なら、

「物質化したズレ(ブラックホール等)」も、

「物質化していないズレ(時遅場等)」も

「存続可能」だ』。

『「観測出来ている物質の量では、宇宙の質量が不足し過ぎている」のは、

「当然の現象」だ。

「時遅場の質量も+すれば、誤差は、だいぶ縮む事になる」』。

『「宇宙を拡大して行くエネルギーとして、時間の流れ(進行)を考え無い方が不思議」だ。

「時間の流れ(進行)を含めれば、宇宙の拡大は必然になる」』。

『「それでは、現実宇宙の行き着く先は?」

「時間の流れ(進行)」は、

「無から有を生む基」なので、

「規制が無い」。

「時間の流れ(進行)自体には、減衰が無い」が、

「物質化・エネルギー化したズレには、減衰が在る」。

「途方もない時間経過の後、

減衰が在るモノの全てが、

消失した後には、

時間の流れ(進行)だけが残る事になる」。

「時間の流れだけになる」と

「時間の幅も消失する」から「実質的には、無」だ。

「動いていても、動いていなくても、何の意味も持てなくなる」。

「相対性の全消失は、ちょっとした揺らぎで、全崩壊を発生させる」。

「新たな時空宇宙が生じる事になる」』。

|

本日昼頃からは、工作電磁波がより擬似高周波化されてる様だが・・・。

『「未だに、電磁波工作を行い続けている劣悪な者たち」が、「筆者に当て続けようとしている工作電磁波」だが、「家の中では、間には、防御板が在る」から「擬似周波数を高める強化策を講じたところ」で、「ホンの少し、発生マイナスイオンが強くなるくらいの変化しか無い」。

「だからと言って、強化手段として、出力を上げる事をメインにすれば、使用電力量から、電磁波工作の実態もバレ易くなる」。

「電磁波の強化度が、短時間の照射でも、人体に明らかに有害なレベル」となれば、

「殺傷目的である事等が、明らかとなり、刑事事件」だ。

「現行法&現行の摘発体制で摘発困難な範囲」は、

「限られている」。

「つまり、その存在に気付かれ、

実効が無い様に、対策をし続けられた時点」で、

「電磁波工作を行っている者たちは、既に、負けている」。

「既に負けているのに、恥の上塗りを行っている」のが、

「未だに、電磁波工作を行い続けて居る者たち」の「実体」だ』。

『「筆者の周りの実行者たちや、その人脈等も、既に、バレバレ状態」だ。

「迷惑行為を行い続けている劣悪者たちに相応しい」のは、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事」等と「相場は決まっている」』。

『「もちろん、通常の正当な手段では無い、筆者のブログやコンピ内容の覗き行為等も行っている劣悪者たち」も、

「当記事も読んでいる」。

「ワザワザ、実体を知らせている事」の「意味等が、分からない様なら、本当におバカ」だ』。

|

先の記事を記したら・・・。

『「今度は、隣りの部屋では無く、作業所と思われる他の建物方向から、工作電磁波が来る様になった」。

「メーターボックス内に仕込みが無い」のなら、

「作業所と思われる他の建物に出入り出来る者が係わっている可能性大」になる』。

『「もちろん、防御板の位置をずらした」から、

「無駄」だ』。

|

未だに、劣悪者たちは電磁波工作を続けているが・・・。

『「劣悪者たちは、本日は、東北側、ほぼ水平~若干斜め上程度、等々から、リビングで腰かけている筆者の顔に向かって当て続ける電磁波工作に熱心」だ。

「もちろん、東北側も、それなりに対策がしてある」が、

「強化され続けている工作電磁波に対応する為には、対策の強化が必要」だが、

「対策の費用も手間もかかる」ので、

「とりあえずは、工作電磁波が来る場所と筆者の間に、防御板を置いている」』。

『「何故か?

本日は、

工作電磁波発生場所が、

防御板を避ける様に、

移動し続けている」。

「その、防御板を避ける状態と、レスポンスの早さ」から、

「覗きと、指令に基づく人為、もしくは、多数の電磁波工作器の設置等」が

「強く推定出来る」』。

『「多数の電磁波工作器の設置等は、実質的には困難だろう」から、

「恐らくは、本日は、該当方向に、工作員が居る」のだろう。

「覗き担当は、何時もの如く、上方向」と「強く推定出来る」。

「もちろん、本日も、上方向からも、覗きだけでは無く、工作電磁波を当て続けようとし続けている」。

「少なくとも、筆者が在宅事には、上方向には、常に工作員が居る様」だ』。

『「東南方向からの工作電磁波と合わせて、

少なくとも3方向から、

昨今では、筆者の顔への電磁波を集中させる事によって、

何としてでも実効を出そうとしている様相」だが、

「直ぐに気付き、対策が必要なレベルなら、対策している」ので、

「無駄」だ』。

『「夜間の下方向からの電磁波も未だある」。

「南西方向からの電磁波も未だある」。

「未だに、電磁波工作を行っている劣悪者たち」は、

「摘発されるまで止めないつもり・・・かも知れない」が、

「工作電磁波の存在に気付いている者の一人である筆者は、

実効が出ない様に対策し続ける」ので、

「恥じの上塗りは止めておいた方が身の為である事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「街中の工作電磁波状態も記しておこう」。

「昨日の昼間は、商店街通りの不動産等管理会社等の建物から、

間にある建物を通り抜けて(もしくは、間にある建物からの工作電磁も+して)、

駅ホームや駅前交差点方向に向かって、

広く工作電磁波が当てられていた」が、

「本日の昼ごろは、その工作電磁波は無くなっていた」。

「警察等では、とっくに特定済みだろう」が、

「該当建物内の工作員の有無や、その自由度等が影響しているのかも知れない」』。

『「不動産等管理会社の中にも、工作員と強く推定出来る者が居る様相」は、

「以前にも記した」。

「現状では、空き室である筆者の部屋の東北~東~東南側の部屋」や、

「東南側の建物の空き室」等への

「出入りや仕込みや実工作」等も、

「管理会社の者が鍵を持っていれば簡単に出来る事」が、

「強く推定出来る」』。

|

テレ朝朝番でも、「HISの美人東大生ツアー取り止め問題」等を言っていたが・・・。

『「常連出演者」によれば、「キャバクラだって合法の仕事で、悪い事では無い」の旨だったが、 「それなら、当然、戦中の従軍高報酬売春婦も合法の仕事で悪い事では無いの旨も、言うべき」だ。

「この問題は、

性差別の問題であり、

ルックス美醜差別の問題であり、

学校差別の問題であり、

差別を利用した商売の問題等でもある」。

「日頃から、差別反対論等」を、

「優等生ぶり、正義ぶり、語っている常連出演者等」だが、

「常連出演者等にとって都合の良い差別は温存させたい様相」が、

「良く判る」』。

『「筆者等」は、

「HISの該当ツアーの本当の目的」は

「HISの担当者等が美人東大生とコンタクトを取りたかったから」か、

「HISの騒動売り目的の仕込み」か等と「感じている」から、

「第一希望は、美人東大生にツアーで付き添う事等だった」としても、

「HIS担当者、もしくは、HIS等の本来の目的は、既に概ねクリアー状態」なのだろう。

「その裏で、上記の差別問題は、問題化も議論等も、されていない」』。

『「性差別には反対!」という「世論や常連出演者等」は、

「既に、多い」。

「性差別自体、性の本質も、個別の特性も無視した、現実離れ・実体離れした悪事」だから、

「差別がどんどん無くなって行く」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「ところが、ルックス美醜差別等について」は、

「本日も、顔等が美しい人は、それを活かして仕事をすれば良い論」等を

「常連出演者が言っていた」。

「はっきり言えば、ルックス美醜差別の実害は甚大」だ。

「特定の顔や姿を美しいとか醜いとか、決めつけ、その情報を多くの人々に摺り込む事」で、

「人為的優位劣位をつくり出している」が、

「それは、

どの様なルックスであれ、

人類として、

その存在を丸ごと認めている自然の摂理から大きく乖離した、

現実離れ・実体離れした悪事」だ』。

『「現状の学校差別利権で一番利益を得ているのは東大」だ。

「東大を日本の大学のトップとしたヒエラルキー構造」が

「多くの人々に摺り込まれている」が、

「実際の研究や学問等は、学校名など関係無く、内実こそが重要」だ。

「学校差別に毒された者たち」は、

「何学部でも良いから東大」等と、

「自分の適性を無視した進路まで選択している場合も少なく無い」。

「もちろん、そんな事態は、ご当人にとっても、人間社会にとっても、ロクな影響をもたらさない」。

「学校差別等に毒される人々を減らすのが、健常な情報・教育」だが、

「学校差別を公然化したり、煽ったりしている」のが、

「現状の劣悪なテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の情報や学校教育等の実態」だ。

「東大入学者排出人数等がその教師や学校等の実績として認められている状態の人間社会」と、

「実人間社会を実際により良くする事に貢献出来た人の排出人数等が、その教師や学校等の実績として認められる状態の人間社会」の

「どちらが、健常な人間社会か?」は「言うまでも無い事」だ』。

『「一番醜悪なのは、差別利権を元に商売や自らの下へ利権を集める事等を行う者たち」で、

「その実体」は、

「戦時中に、従軍高報酬売春婦を売り買いし、儲けていた者たちと同様」だ。

「優位な能力や立場を利用して、実質自慰行為等の為に他の者・物・事を利用しているその様」は、

「悪魔に魂を売り渡した者そのもの」だ』。

『「現状人間社会の中で、多大な実害がある事」を

「温存させ、現状を維持させようとしている者たち」は、

「ほとんどの場合で、現状利権に溺れている者たち」だ。

「現状で優位なら、

そのゆとり等を利用して、

現状の現実離れ・実体離れ等を是正しようとする」のが

「健常状態の人類」だ。

「不健常状態の人類を

公共の電波等を使って公然化させ続けていても、

ロクな事は何も無い」。

「是正は、急務」だ』。

『「舛添都知事の政治資金使用問題」に対しても、

「優等生ぶり、正義ぶり、政治資金規正法がザル法である実態等を言っていた」が、

「その問題の一番の肝」は、

「公私混同はダメ!」だ』。

『「政治資金という税金も原資となっている実質的公金を使うなら、私用は禁止」が「当然」で、

「私用が有る」なら、

「そんな政治家は、選挙で落とすのが当然」だ。

「しかし、それは、もちろん、舛添都知事ダケの話しでは無い」。

「マスコミ人なら、全政治家の政治資金使用実態を調査し、私用のある者の全てを公表するべき」だ。

「舛添都知事ダケを偏重して扱う事の実効」は、

「次期都知事選で、舛添氏以外を当選し易くする事」になる。

「つまり、政治運動的臭いが濃厚に漂っている」のが、

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等による、舛添都知事政治資金使用問題の情報配信ぶり」だ』。

『「公私混同はダメ!」は「公共の電波でも同じ」だ。

「常連出演」とは

「特定個人を有名化させたり、有名人利権を増大させたり、する

公共の電波の実質、私用」だ。

「科学レベル以上でその人の常連出演の必要性が立証出来無い者」の

「常連出演等は、禁止される」のが、

「当然」だ。

「現状の様に、主流とされている論や出演者等に偏りがある状態」等は、

「本当にとんでもない事」だ。

「ナチス・ヒトラーの大衆誘導と同様の事態」が、

「戦後の日本国内で、蔓延れて来ている」。

「即刻、是正」が「当然」だ』。

『「戦後日本の情報・教育の正常化・健常化」は「急務」だ。

「特に、

影響力の大きい、

公共の電波を使っている、

テレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」は、

「急務」だ』。

|

日テレ午後番では、大金持ちの公然化と同様の効果がある貧乏の公然化等をやっていたが・・・。

『「貧困状態に産まれた人々」が「衣食住で色々と通常では無い物事等を{行わざるを得ない}」のは、「ある意味当然現れる現象」だ。

「貧困家庭等に生まれ、

現状権力者の極一部に有益分子等として認められ、

ゲイノウ人として成功した者の話し」の

「示唆していたところや、実効等」は、

「現状の公然化」だった』。

『「金持ちネタ」と「貧乏人ネタ」という

「上辺」は「違う」が、

「その実効」が、

「現状の金持ちや経済システムや利権構造等」を

「公然化し、否応無しに認めさせる事である事」は、

「全く、変わらない」』。

『「多くの視聴者」が、

「情報の上辺に操られない様にする為」に、

「絶対に忘れてはならない事」は、

「本質や実効を検証する事」だ。

「その情報が、利すのは、いったい何処のどんな人々か?」等々、

「実効や本質を検証する」なら、

「騙されたり、操られたりする事は、激減する」』。

『「貧困家庭等に産まれ、

現状のゲイノウ界入りした事で、

現状権力者たちの、オコボレ頂戴わんわん的立場を得、

それに伴う報酬等も得る事が出来たお方」も、

「果たして、本質的にどれだけ満足出来ているのか?」

「格差がより広がっている昨今の日本社会の実態等」を

「真摯に感じる正常な感性等が有る」なら、

「少なくとも、心の奥底では、

現状権力者の一部の有益分子化した事による報酬等に対して、

相応の疑問や不快感等を感じている筈」だ』。

『「得る事が出来た多くの一般人より遥かに多い報酬等の、

自分の実体を裏切らない正当な使い道等に考えが至る前」に、

「貧乏時の体験をネタにした本を売り出し、

現状で貧乏な方々等の参考になれば・・・」等の

「言論実態等を露呈している様」では、

「その本質的性悪ぶりや、おバカぶり等」が、

「誰の感性上でも明らか」だろう』。

『「はっきり言えば、

かなりの数が実在している貧困家庭産まれ人々が、

現状のままの人間社会や経済システム上で

相応の成功を掴める場合」は、

「極々稀」だ。

「ほとんどの人々が、貧困のままの人生を強いられている所に、重大な問題の存在を感じる事が出来ない」のなら、

「そんなお方は、自らの頭や思考や思想信条等を疑った方が良い」。

「先ず、直すべき実体」は「其処にある」』。

『「現状では、相応の成功を掴む為の主要要素」が、

「現状システムや現状権力者等の有益分子化する事」だ。

「貧困に産まれたから、貧困を撲滅する為に、大金持ちを否定し、社会・経済システムを是正する」等の

「正道」を「選択する正常な人々」は、

「ほぼ確実に、不適応分子として粛清対象とされる」。

「その反面」で、

「貧困に産まれた事を肯定し、オモシロおかしく発表する事等」で、

「大金持ちの公然化と同様の効果がある貧乏の公然化等を行う様な人々」は、

「有益分子として利用され、オコボレの報酬や立場等が得易くなる」』。

『「もちろん、現状に媚びる者たちが多ければ多い程、

現状は変わらず、

悪いままの現状を転がし続ければ、

雪だるま式に悪い要素が増大する」から、

「金余りなのに、貧困だらけ・・・となり、格差は広がる一方」になっている。

「こんな状態が明らかになっている今時」なのに、

「未だに、大金持ち賛美や、オコボレ頂戴わんわん等々、では」・・・』。

『「商業スポーツ選手の報酬問題も言っていた」。

「例えば、テニスやゴルフの{賞金稼ぎ}スポーツ選手」は、

「例え、その年に沢山の大会で優勝出来、沢山の賞金を稼げたとしても、次の年はゼロから・・・」と、

「現状の賞金の実態を説明していた」』。

『「もちろん、商業スポーツ選手の稼ぎは、賞金だけでは無い」。

「スポンサー企業や、個人スポンサー等々から、お金等を得ている場合も多い」。

「更に、コマーシャルやコーチや解説等でも稼げる」が、

「その辺りになると、

かなり、

コマーシャルに起用させる側、

コーチをさせる側、

解説をさせる側の

意志が強く反映される事になる」』。

『「ここでも、問題は、異常で過剰な格差」だ。

「元々、有名商業スポーツ選手等に大金を与える事」は、

「大金持ちの公然化の為の策略的悪事の色合いが濃い」』。

『「人気・実力共に有る、

(少なくとも、そのスポーツに馴染みがある人々なら)誰もが知っている者」に、

「大金を与える事に、反対出来る者は、現状でも、未だ、稀」だろう。

「何故なら、人が知っている=覚えている者」とは、

「その人の、脳細胞神経ネットワーク上に格納された、

その人の一部でもあるから」だ』。

『「人は、考え・思い等の中で、

覚えた者・物・事等に、

勝手な同一視心理等を抱く事が出来る」。

「人の頭の中」では、

「自分が覚えている、有名選手等に大金が与えられる事

=自分の価値が認められた事等」と、

「勘違い出来」る』。

『「勘違いを元」に、

「タカが、特定のスポーツ等が上手い有名人選手等」に、

「大金を偏在させる事を容認してしまう心理等」を、

「知らず知らずの内に保持してしまう場合が多い」』。

『「有名人選手の大金を認めた人」は、

「その時点で、大金持ちという大金の偏在も認めている人」となり、

「多くの大金持ちを実体通りに悪として否定する」のでは無く、

「全ての大金持ちを容認し、大金持ちに憧れたりする様になり易い」』。

『「そんな状態の人々の数が増える事」で「有利になる、得をする」のは、

「現状で既に大金持ちの人々」だ』。

『「大金持ちが何故大金持ちなのか?」を「検証する」と、

「その多くの場合が、相続故に大金持ち」だ。

「更に、成り上がり組みに多いのが、株という現状経済システム上の錬金術を利用し、成功出来た者たち」だ。

「土地等の高額の物の転がしで大金持ちになれた者たちも少なく無い」。

「石油等の地球の資源売り等故に大金持ちの者も多い」。

「侵略・略奪・盗み故や、戦後火事場泥棒等故の大金持ちも少なからず居る」。

「極稀に、人類の為になる発明や者・物・事等を生み出して大金持ちになる者も居る」』。

『「その中で、実体として、ある程度は、正当だと言える」のは、

「最後の極稀な方々のみ」だ。

「他の大金持ちとは、

現状の社会・経済システム上の不備や不十分な所等を直そう(助けよう)ともせず、

不備や不十分な所等に付け入ったが故の大金持ち」だから、

「その実体は、まるで、火事場泥棒の様な悪」になる』。

『「そんな火事場泥棒的者たちの公然化・正当化の為に便利な道具」が、

「大金持ち有名人(ゲイノウ人・商業スポーツ選手等)」という訳だ。

「火事場泥棒等に対する犯人隠匿と同様の事」を

「行っている/知らず知らずの内に行わされている」のが、

「大金持ち有名人等の実体」だ。

「もちろん、そんな実体も悪」だ。

「ほとんどの大金持ちは、悪と思って間違い無い」』。

『「多くの人々」が、

「正当な実体を伴わない大金持ちを悪と正しく認め、

現状社会・経済システム等の実体離れ・現実離れを是正する」なら、

「不当な大金持ちを無くせると共に、貧困も撲滅可能になる」。

「不当な大金持ちを認めたままの貧困撲滅は、ほとんど無理」だが、

「不当な大金持ちを無くすと共に、社会・経済システムを正常化・健常化する」なら、

「貧困撲滅が当然になる」』。

『「日頃から、上辺では、格差是正等を言いながら、

内実では、

格差も、

大金持ちも、

貧困も、

公然化させる実効を持つ情報配信を行ない続けている」のが、

「悪劣なテレビ・ラジオ・マスコミ情報等の実体」だ』。

『「実体として悪劣な者たちに、

過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

人間社会も経済システム等々も

改善する訳が無い」。

「そして、実際に、現状の人間社会では、

格差は拡大し続け、

テロも戦争も未だに、旺盛で、

世界平和も貧困撲滅も、

未だ、

実現出来ていない」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

パナマ文書問題で、「節税は当たり前!誰でもやっているでしょ!」等とおバカぶりを露呈した●●エモン・・・。

『「現状の経済システムが現実や実体との整合性高い完成度の高いモノ」なら「タックスヘイブン等までをも使った節税等」も「悪い事では無いかも知れない」が、「言うまでも無く、現状の経済システムの、現実離れ・実体離れぶりはかなりのモノ」だ。

「そんな現状経済システムの不出来な所・不十分な所等につけ込んで、

私利や企業利益等を追及している」のが、

「タックスヘイブン悪用者・企業等の実体」だ。

「非難が当然の実態が其処に在る」』。

『「現実や実体との整合性が悪い法や経済システムや社会システム等」を

「是正する事」こそが、

「今時の人類誰もが行うべき本来の仕事」だ。

「現状をそのままに、

不出来な所・不十分な所等につけ込んで、

私利等を追及している」のは、

「本来の仕事を放棄し、

人類の精神文化や人間社会等の正常進化を阻害している

本質的悪者」に他ならない。

「その実態」は、

「まるで、火事場泥棒等を行っている者たちと同様の大悪状態」だ』。

『「火事場泥棒的行為」を「誰もが行う訳も無い」。

「誰もが行っている節税」とは、

「多くの場合、

現状の現実離れ・実体離れしている経済システム上で、

不当に不利益状態に追い込まれている側」が、

「とりあえず、現状経済システム上で行える防衛策を行っている事に過ぎ無い」。

「不当に不利益状態に追い込まれている側による、

とりあえずの防衛策では無い

節税」の

「実体」は

「ほとんどの場合、悪事」だ』。

『例えば、

「タックスヘイブン等を利用するメリットが生まれる」のは、

「大いに儲かっている個人や企業になる」。

「つまり、現状の現実離れ・実体離れした経済システムや人間社会上で、

過剰な利益を得られている者たちや企業等」だ。

「そんな者たちや企業等」が

「節税によりさらに私利等を探求している事」を

「悪事と認識出来無い人々」は、

「自分の頭や考え・思いや思想信条等を疑った方が良い」。

「先ず、治す・直すべき実体」は「其処に在る」』。

『「普通に考える」なら、

「非難されるべき利用・悪用実態があるタックスヘイブン等」は、

「法の是正や摘発体制の強化等により、

非難されるべき利用・悪用が出来ない様にするのが当然」だ。

「当然、先進国首脳等も、その方向で事を進めるべく動いている筈」だ』。

『「内実、{火事場泥棒みたいな事は、誰でもやっている論}」を「言った/言ってしまった」、

「有名人おバカ(実体に気付けていないのなら)、もしくは、悪(実体に気付いているのに、ワザと公然化等を企んで言ったのなら)」は、

「本当に哀れ」だ』。

|

テレ朝朝番では、立場依存・金権依存・有名人利権依存等の様相の常連出演者たちが依存問題を恥じらいもなく語っていたが・・・。

『「ホストクラブ依存の女医」が「ホストクラブにつぎ込む金を得る為」に「診療報酬の不正請求を行った上に、親からも金を得ていた」が「金欠状態だった事例」を「ダシ」に、「依存問題を語っていた常連出演者たち」の「実態もまた、依存の真っ只中的様相だった」から、「実質的には、依存の公然化を誘う醜悪な情報配信となっていた」。

「今時なのに、自分の実体もその実体の本来の目的も???の様相の者たち」を

「常連出演させ続ける事」は「百害あって一利無し」だ。

「公共の電波を使って、日本社会の劣化を誘う情報配信を行なっている様な者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「常連出演者の一人」は、

「他人は、自分が思っている程、自分の事を悪く思っていない」から、

「自分で自分を認める」等と「自慰していた」が、

「常連出演の様な実質的、迷惑行為」を

「醜悪に感じる感性は、誰にでも有る」』。

『「有名人依存状態に陥らされている状態の人々等」は、

「本来の感性を有名人依存というヤクで感じ辛くなっているから、良く判らないかも知れない」が、

「そうでは無い多くの人々」なら、

「有名人問題や常連出演者問題等について、意識的にせよ、無意識レベルにせよ、本来の感性が動いている」』。

『「テレビ常連出演等による有名人の製造」や、

「その利権の維持~増大等」の

「物質文明の進化に対して、圧倒的に遅れている精神文化の進化故に生じている

負の現象」は、

「早急に是正するべき」だ』。

『「実態を冷静に考えれば、誰もが分かる」。

「常連出演」とは、

「特定極一部の者たちのみ」が、

「~何万~何十万~何百万~もの人々の前」で、

「一方的に、

その姿を見せつけ、

その意見等を配信出来ている状態」に「他ならない」。

「とんでもない数の人々が、否応無しに、常連出演者たちを覚えさせられている実態が其処に在る」』。

『「否応無しに覚えるべき実態や実体を伴っていれば、未だ良い」が、

「実際は、実態や実体を伴っていない場合がほとんど全て」だ。

「実態」としては、

「ほとんど全ての常連出演者たち」は、

「極少数でしか無い、テレビ界の者たち」が

「公共の電波を、

特定の者を押し売りする手段として悪用する事によって、

つくり出されている」』。

『「常連出演者の人間としての存在は、断じて、否定される事では無い」が、

「常連出演という悪事や悪事故の利権等は、否定されるのが当然の事」だ。

「この程度の事さえ???」なら、

「自分に自信が持てなくて当然」になる』。

『「他の常連出演者」は、

「人間は社会的動物である事」や「自己承認欲求」等について「語っていた」。

「もちろん、人間は社会的動物だが、

その前に、一人の人間は地球生命体細胞群の一塊」だ』。

『「自己承認欲求」には、

「本来欲求と代償欲求がある」。

「常連出演者の言っていた、他人を利用した自己承認欲求の追及」とは、

「代償欲求の追及に他ならない」』。

『「もちろん、代償欲求の追及では、本来欲求が充足される訳も無い」し、

「代償欲求の追及は、代償欲求の追及状態から自分を解放しない限り、時と共に、増大し易い」から、

「他人を利用した自己承認欲求の追及は、どんどん過剰になり易い」。

「テレビ局等に入社出来、

相応の立場を得、

常連出演まで出来ていても、

もっと、もっと、他の人々に認めてもらわないと満足出来無い等と

誤解出来ている」のが、

「代償欲求追及者という迷い子」の「実態」だ』。

『「本来の自己承認欲求」とは、

「自分の実体が、自分の実体の本来の目的であるその存続」と、

「その時々、その環境内において、

整合性を保てている事」を、

「実感し続ける事」だ。

「地球環境内の、

今居る所の環境と、

自分の状態との

実体関係の実感により、

承認感が得られ続けて居れば、

自己承認欲求は、充足され続けている事になる」』。

『「だから、

例えば、

狭義の自分(=地球生命体細胞群の約60兆の細胞群個体)にとって、

空気や大気中細菌・微生物等の状態が適切な空間での快適な呼吸があり、

適切な飲食等による良好な栄養状態があり、

更に、自分の居る環境内に、自分の存在や存続を阻害する者・物・事等が無い状態」を

「実感し続ける事」により、

「自己承認欲求の本来欲求の充足が行われ続ける事になる」』。

『「時間は常に進行していて、

生きている狭義の自分も自分の周りの環境等も時間の流れと共に常に変化し続けている」から、

「不安が当たり前」で、

「自己承認欲求も、常に生まれ続ける必然性がある」。

「元々、常に応え続ける必要がある様な事である事」を

「理解・把握・認識等して居れば、

特定の状態や者・物・事等」に

「固着・執着する事」の

「現実離れ・実体離れぶり等」も、

「感じ易い健常状態が保ち易くなる」。

「自分も周りの環境等も、変化し続けているが故に、当たり前の不安」に

「翻弄されて、

悪戯な不変や頼れる者・物・事等を求める不健常状態」に

「陥り辛くなる」』。

『「人間関係」とは、

「本来欲求充足の中の、自分の存在や存続を阻害する者物事等に係わる事に過ぎない事」だ。

「何事でも、本質や実体等を見失わせる特急券」は、

「部分偏重・偏向」だ。

「人間関係を部分偏重すれば、本質や実体等を見失う事も容易になる」』。

『「自分の実体が本来求めているモノを見失っている状態の迷い子たち」は、

「亡者の如く、実質的ヤクの効果が有る者・物・事等を求めて彷徨い続けている場合が多い」。

「そんな本質的劣悪者状態の者たち」を、

「例えば、公共の電波等を使って、公然化等してしまう」と、

「その悪影響は、甚大」になる』。

『「依存問題を考える」なら、

「自分の実体やその実体の本来の目的の理解・把握」と、

「本来欲求の充足」と

「代償欲求の追及」の「違い」は、

「絶対に外せない」。

「上記の本質を抜きにした、

依存問題論の実効」は、

「多くの場合、依存状態の公然化になってしまっている」』。

『「親や異性やホスト等々の他の人にしても、

お金や人形や車や家等々の他の物にしても、

立場や有名等の他の事にしても、

他の者・物・事依存」の「実態・実体」は

「自分の実感を誤魔化したり、現実逃避を誘ったりするヤク」に他ならない』。

『「実質的、ヤクに依存する事を公然化し続けている」なら、

「実質的、ヤク漬けの大群が、亡者の如く彷徨い続け、行き着く先は、人類滅亡になる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「昨今の地球環境の急変」や、

「人間世界で起こされてしまっている事態の現実」を

「実態通りに受け止めている」なら、

「人類誰もの自覚」や、

「精神文化の正常進化」が、

「急務である事」は、

「疑いの余地が無い」』。

『「公共の電波上でも、

旧態依然とした利権構造等に縋り付いている様相の迷い子たち等を、

蔓延らせている場合では、

断じて無い」』。

『「常連出演者たちは、自覚するべき」だ。

「人類誰でも、人間としての存在自体は、絶対に、否定されてはいけない」が、

「本質的害悪は責められるのが当然」だ』。

『「人類滅亡に向かうエネルギーを増大させている事が生み出す、

本来なら避けられる近未来の惨状等に対する

責任を問われる状態に在る」のが、

「現状のほとんど全ての、

テレビ・ラジオ・映画・アニメ・小説・マスコミ・政治・経済界等々の精神文化側の仕事で、

実権の有る立場を得ている者たちの実態」だ。

「早急な是正無きまま・・・なら、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」が

「其処に居る」』。

『「特に、公共の電波を使っている圧倒的に優位な情報配信機関であるテレビ・ラジオ界」の

「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

韓流テレビでは、「オバマ現職大統領の広島訪問」を謝罪に繋げたがっている様相だが・・・。

『「はっきり言えば、歴史上の過去の事実・現実を基に謝罪を強いる文化」は「多くの日本人は持っていない」。

「戦時中の原爆投下」とは、「日本側が先に原爆を実用化していれば、米国に対して使っていたのだから、ある意味、お互い様」だ。

「戦後の日米が締結した条約により、先の戦争時の謝罪・補償問題等は、日米とも解決済み」だ』。

『「未来を見て現実的な政策等を行い続けている日米」と

「無理やりにでも、過去を持ち出し、不当利権を取得しようとし続けている何処かの国々との差」は「甚大」だ』。

|

ニューズ・ウィークではネット言論のダークサイドや進化し続けている物質文明の力を利用した調査報道等について言及していたが・・・。

『「言論データ解析や調査等」は、「どんな基準で何の為に行うか?」こそが「一番重要」だ。

「ところが、その辺りへの言及は、実質的に無く、解析技術や試用結果等の紹介」だった』。

『「コメント欄で非難等を浴びた記者等の者の性別や人種構成等を解析したら、

圧倒的に、女性記者等に対する非難コメントが多かった」らしい。

「マイナリティーやイスラム圏の記者等も非難コメントが多かった」らしい』。

『「今回の記事では、試用実験自体が主目的だった」から、

「その先の、世間に訴える!的な情報配信は無かった」が、

「ここで、短絡的に、女性差別やマイナリティー差別や宗教差別等を言う」なら、

「そんな方々は、もう少し、実体や事実・現実を理解・把握する為の訓練等を積むべき」だ。

「重要な事」は、

「記者等の記事や、その記事に対する非難コメント等」の

「内実」と

「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性」に他ならない』。

『「記者等だから正義」や、

「非難コメント等だから悪」等の

「上辺基準の単純化等」は

「現実離れを誘う悪魔の誘い」だ』。

『「記者等の立場の者による配信等であっても、

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が取れない」のなら、

「非難に値する」。

「非難コメントでも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいている非難等」なら、

「相応に正当性がある」』。

『「解析実験として、記者基準の非難分析等を選んだ辺り」には、

「自己確認の代償欲求追及者たちによる

自己正当化や

そのままの状態の自己防衛等」の

「企みの臭い」が「充満」してる。

「そんな目的の為に、進化した物質文明の力を利用した調査報道等が行われる」なら、

「特定の者たちの為に他の人々を大衆誘導する為に有用な調査報道等が行われる」等の、

「オゾマシイ事態になってしまう」』。

『「調査すべきポイント」とは、

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性を取る事で

判明させる事が出来る、

根本的正当性に他ならない」。

「根本的正当性を持てている状態の人々がどれだけいるのか?」

「その割合は増えているのか?」

「減っているのか?」

「ある情報配信や教育等による効果はどうか?」

・・・等々こそが、

「調査の対象であるべき」だ。

「そして、その結果を有効利用して、

人類の精神文化を急速に進化させれば良い」』。

『「ヘイト・スピーチは、何故悪いのか?」

「上辺の言葉や表現等が悪いから悪いのでは無い」。

「実体や事実・現実との整合性が悪いから悪い」のだ。

「例えば、●●人は、知能が低い。だから、支配するべきだ。」等の

「ヘイト・スピーチ」には、

「●●人という長い人類史の中のホンの一部分ダケを異常偏重している、

実体離れの悪さ」と、

「人の知能・才能等とは、問われる内容によっても違う、個人レベルの事なのに、

●●人の全てを、十羽一絡げにして扱っている、

実体離れの悪さ」と、

「他の者・物・事の支配/被支配という、

自分で自分を健康にコントロールし続けていない未熟者の

他者を利用した不健康な代償欲求追及等の企み」が、

「込められている」。

「そんな悪い実体が有るから、今時の多くの人々が見聞きしたりすれば、酷いと感じ、気分が悪くなったり、・・・する」』。

『「上辺では無く、内実の、実体・事実・現実離れや、不健康な欲動の企み等」こそが、

「非難の対象とされるべき事」だ。

「逆に、この非難の対象に対する非難」は

「実体・事実・現実離れ」の、

「是正」や、

「実体・事実・現実の理解・把握や共存等を促す事になる」から、

「正当性が生じている事になる」』。

『「ヘイト・スピーチ等に、規制や罰等を与える」なら、

「他の内実が同様の者・物・事に対しても、

同様に、規制や罰等を与えなければ、

その規制や罰等が、

不公平・不平等状態を生み出す悪事になる」』。

『「それは、

記者等の配信等した記事等でも、

事態は全く変わらない」。

「非難の対象とされるのが当然」の

「実体や事実・現実離れ」や、

「不健康な欲動の企み」等が

「有る」なら、

「非難されるのが当然」だ。

「ヘイト・スピーチに規制や罰等を与える」なら、

「同様に、実体や事実・現実離れした記事を配信した記者等」にも、

「規制や罰等が与えられなければ、

不公平・不平等状態という悪い状態をつくり出してしまっている事と同じ」になる』。

『「言論や情報の配信等は基本的に自由であるべき」だ。

「受けて側の誰もが、

科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいて判断し、理解・把握する」なら、

「ヘイト・スピーチ等」は、

「実体や事実・現実の理解・把握が満足に出来ていないおバカ等による、

不健康欲動追及等の為の叫び」等という、

「みっともない自虐劇等」として、

「実体通りに認識されるダケになる」。

「実体や事実・現実離れしている記事等を配信した記者等の場合も同様」だ。

「そんな記者等に公共の電波上や公共的マスコミ等の上で配信させているテレビ・ラジオ局や新聞・雑誌社等の場合も同様」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が高い情報・教育等を主軸」に、

「遊び程度に、現実離れした情報や、不健康な欲動等の追及等の情報・教育等が有る」のが、

「今時、本質的に求められている人類社会の健常状態」だ』。

『「ところが、現状では、遊び程度であるべき部分が、蔓延り過ぎている」。

「何故か?」

「科学レベルで判明している実体や事実・現実が十分に無かった時代の人類」は、

「考え・思いによる納得レベルで、ほとんどの者・物・事等を理解・把握・処理等していた」。

「そして、未だに、その古の時代の精神文化から抜け出せていない人々が少なからずいるから」だ』。

『「それなのに、

物質文明側では、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用している」。

「その結果として、

物質文明側では、急速な進化を実現し続けて来ている」のが、

「人類の現実」だ』。

『「進化し続けて来ている物質文明以上に進化し、進化し続けさせる精神文化を

全ての人類が保持出来なければ、

進化し続けて来ている物質文明が、

未熟な精神文化の下で悪用され、

人類滅亡をもたらしてしまう」のは、

「当然の現象」だ。

「今時の全人類には、自らの精神文化を正常進化させる責務が有る」』。

『「調査報道等でも、

AIでも、

・・・今時の人類誰もが持つべき精神文化抜きでは、

酷くアブナイ物事になってしまう」』。

『「ニューズ・ウィーク」等も、

「いい加減に、

今時の人類が持つべき精神文化の理解・把握・実用等々を

広める仕事でもしたらどうか」。

「宗教等現実離れした考え・思い等や、

人脈・利権構造等に執着していない」なら、

「直ぐにでも出来る筈だが」』。

|

「日本死ね!」情報工作問題・・・。

『「保育園落ちた≒待機児童問題」より「日本死ね!」が「主意である者たちも居る様相」で「今度」は、「就活落ちた。日本死ね!」が「宣伝されていた」。

「相応の学歴が有る者の弁との事」だったが、

「理系か?文系か?は、記されていなかった」』。

『「相応の内実が有ると推定出来る、理系の場合」でも、

「企業等に就職すれば、余程、特出した能力等でも無い限り、組織の一員」だ。

「求められる資質」は、

「必要な能力+周りの者たちと相応に良好な人間関係が築ける事」になる』。

『「現状では、考え・思いによる納得レベルである場合が多い文系の場合」は、

「もはや、実効の薄い、学歴や能力等」が、

「大して問われなくても何の不思議も無い」。

「リア充感覚等に基づく売り物の方が、売れ易い場合も多い」から、

「学歴や能力よりそちらが優先されても、何の不思議も無い」。

「しかし、ここで気付くべき」は、

「文句を言う先」は、

「そんな酷い事態をもたらす元凶である現状の教育等」であり、

「断じて、日本全体にでは無い」』。

『「上記程度の事さえ、満足に理解出来ていない様」なら、

「少々の学歴等が有っても、就活に失敗するのは、当然の現象」だろう』。

『「保育園の場合と同様」で、

「●●落ちた。日本死ね!」には、

「●●落ちた。」では無く「日本死ね!」が

「一番訴えたい事である臭いが、濃厚に漂っている」。

「一般市民レベルの素直な思い等の公表等では無く、

反日人脈等による情報工作の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「もちろん、現状での日本死ね!は、現政権批判にも繋がっている」。

「実質的には、野党の応援等の臭いさえ、濃厚に漂っている」』。

『「●●落ちた。日本死ね!」は、

「反日野党人脈による情報工作の一つ」等と「考える」と、

「納得出来てしまう方々が多い」と思う』。

『「そんな要素が濃厚な事を言いだす者たち」では、

「多くの企業等が敬遠し易くなる」のも、

「当然の現象」だ』。

『「文系のお方」等による、

「現状の学校教育等を頑張ったのに、就職等にも役立たなかったじゃないか!」

「学校や教師は!責任取れ!」等の

「文句」等なら、

「大いに賛同出来る」。

「日本国民なのに、日本死ね!という自虐を言う事の愚かさ」さえも

「理解・把握出来ていない優等生(?)を生み出す教育・情報等」の

「実体離れ、現実離れぶりは、本当に酷い」』。

『「戦後日本の学校教育や教師や教職員組合等」は、

「実質、反日、野党とも繋がりが濃い」。

「生徒等を反日思想に染め上げる為には、

日本国民である現実から離れさせる必要がある」』。

『「戦後日本の情報・教育(特に文系)」は、

「その様な工作ロジックによって、大いに劣悪化されている」。

「是正が急務である事」は、

「言うまでも無い事」だろう』。

|

テレ朝朝番でも、「北朝鮮の宣伝」をやっていたが・・・。

『「映像から窺い知れる」等と「北朝鮮が目指すと言っている事」等を「紹介した」と「共」に、「ハリボテぶり」や「経済制裁が効いている事」等も「紹介した」のは「未だ、マシ」としても、

「最後に、常連出演者」が、「・・・こんな国でも、崩壊したら、大変」の旨「述べ」、

「実質的には、多くの視聴者」に、

「北朝鮮の存続容認心等を持たせようとしていたところ」や、

「肝心要な北朝鮮の本質や、日本国内における北朝鮮系の工作活動について黙殺していたところ」は、

「本当に、劣悪」だ』。

『「もちろん、言うまでも無く、現状の北朝鮮は、崩壊ならぬ解放した/させた方が良いに決まっている」。

「崩壊したら大変だ!」と「現状の北朝鮮を維持させる事の実効」は、

「北朝鮮が持つ核兵器やミサイル等の増加・強化」であり、

「その裏で行われている日韓内でも大いに行われている北朝鮮系の工作活動の温存」であり、

「現体制崩壊~北朝鮮解放、先送り」が「原因」となる、

「近未来時の混乱の増大」だ』。

『「現状の北朝鮮現体制がかろうじて持っている主たる原因」は、

「主として、日韓内での工作活動の成果」だから、

「今、世界が、北朝鮮問題解決の為に、取り組むべき事」は、

「経済制裁を強化し続ける」と「共」に、

「主として、日韓内での北朝鮮系の工作活動を全摘発する事」に他ならない』。

『「旧社会共産圏等の独裁政権による党主軸体制」とは、

「断じて、軍事離れした平和政権体制等では無い」。

「独裁政権にとっての有益分子育成&不適応分子粛清工作を主軸」とする

「非人道的な工作に依存した体制に他ならない」』。

『「其処に在る」のは、

「平和では無く、

実戦争では勝ち目の無い負け組独裁者たち」による、

「自己正当化や保身の為」の「八つ当たり、他者支配工作等」だ。

「多くの他国の人々までをも工作被害者にし続ける

とんでもない道」だ。

「学力や運動競技等で負けた悪い子ども」が、

「勝った側の子どもたちの飲食物に有害物等を入れ、

有害物を吐き出し、苦しむ子どもたちの姿を見て、

本当の勝者はオレタチだぁ!」等と

「やる様な事」だ』。

『「そして、そんな劣悪な工作等」が、

「北朝鮮等の国家レベルで続けられているのが現状のお寒い人間世界の実態」だ』。

『「被工作国内」では、

「独裁政権にとっての不適応分子」は、

「粛清工作」により、

「本領発揮が困難になったり、

命や健康が阻害されたりする反面」で、

「独裁政権にとっての有益分子化された者たちの出世等が容易になる」。

「時を重ねさせてしまえば、

反独裁政権国は

親独裁政権国化され、

さらにその先には、

被工作国自体が、

独裁政権に乗っ取り支配される状態が待っている」。

「何世代にも渡って、そんな独裁政権の悪工作が黙殺され続けて行くなら、

一国、一国と、独裁政権による他国乗っ取り支配が可能になってしまい、

最終的には、全世界が独裁政権の支配下に置かれてしまう可能性もゼロでは無い」。

「負け組独裁政権が負け組である現実から逃避しながら自己正当化する為」に、

「恨のロジックを元に、反動形成文化等を構築する」と、

「上記の様な他者支配工作を基軸にした文化が生まれる」。

「それを実現し、問題行動や、核・ミサイル等や、党等」の「見せ球」の「裏」で、

「連綿と行い続けている」のが、

「北朝鮮等の実体」だ』。

『「もちろん、そんな独裁政権等による支配体制下の社会」では、

「どんなに独裁政権が科学技術等の発展を謳っても、強いても、

セイゼイ、極々一部を相応に進展させる事が可能になるダケ」で、

「ほとんどが、後追いの遅れたモノしか実現出来得ない」。

「もちろん、自由な経済等が発展出来る訳も無い」。

「それは、実際の朝鮮半島の実際の歴史を見れば、誰にでも分かる」。

「国は衰退し、自国だけでは存続出来無くなっていた」のが、

「日本による保護~日韓併合前の朝鮮の実態」だった』。

『「自国だけでは存続出来なくなったのは、支配の範囲が自国民ダケだったから・・・」と、

「他国民までの支配を画策して来ている」のが、

「その後の悪朝鮮権力者等の実態」だ。

「もちろん、可能性は、実質的に、ゼロ」だが、

「そんな者たちが全世界を支配出来てしまったとしても、

現れる現実は、

全世界の衰退」だ』。

『「負け組という現実からの現実逃避と自己正当化の為の工作活動の生末」は、

「全人類を負け組にする劣悪業にしかならない」から、

「悪権力者たちの工作活動等」は、

「直ちに止めさせるべき事」だ。

「サッサと全摘発して、北朝鮮を解放させれば良い実態が既に在る」のに、

「未だに、崩壊だ!崩壊すると大変だ!等々」と、

「北朝鮮の現体制や

北朝鮮系の工作活動等」を

「維持させる為」の

「実質的、情報工作等を行っている、

北朝鮮現政権等にとって、有益分子化されている者たち」が、

「日本の公共の電波上等で、蔓延れている」。

「明らかな異常事態」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

パナマ文書、日本企業・日本国籍個人の暴露で「オコボレ頂戴わんわんか?」「真のマスコミ人か?」が露呈させられる方々・・・。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「実態・実体」が「暴露される事態」が訪れた。

「タイトルの様な事」を「誰もが、心に留めた上」で、

「今後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等を見聞きしたり読んだりする」なら、

「本当の事が良く判る事になる」。

「一番姑息なのは、マスコミ人なのに、パナマ文書問題を黙殺する様な者たちである事」も、

「決して忘れてはいけない」』。

|

テレ朝昼番では、(核実験も出来ないから、党主軸にせざるを得なくなった、工作活動国家・・・ここまでの都合の悪い実体は、原発問題等と同様に黙殺)北朝鮮を大宣伝しているが・・・。

『「北朝鮮の本質」は「カルト宗教工作活動国家」だ。「上辺の顔」が「先軍政治」であれ、「党中心の社会主義政治」であれ、

「カルト宗教的概念で北朝鮮国民を支配」し、

「他国内での工作活動」で

「他国自体や

他国の技術・情報・お金・人等」を

「盗んだり、乗っ取り支配等し続けて来ている実体」は「変わらない」。

「日本の公共の電波を使っている情報配信機関」なら、

「上記等の北朝鮮の実体」や、

「日本国内で行われ続けている北朝鮮系の工作活動等の告発・暴露等を行う」のが、

「本来あるべき状態」だ』。

『「ところが、

北朝鮮の本質は黙殺し、

北朝鮮の言い分に沿った工作活動隠蔽の為の宣伝等を、

積極的に行って来ている」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ等の情報配信の実態」だ。

「本当に酷い、異常状態が其処に在り続けている」。

「何故か?」』

『「言うまでも無く、

戦後の日本国内には、

大量の北朝鮮系の者たちや、

北朝鮮系の者たちの工作活動等で弱みを握られている者たちや、

北朝鮮系の者たちの工作活動等により弱体化等されている人々」が「居るから」だ。

「そんな者たちの都合に沿う情報配信が蔓延れている」のが、

「戦後の日本社会」だ』。

『「戦後処理として、朝鮮半島内にいたほぼ全ての日本人は、強制的に日本本土に帰還させられた」が、

「日本国内にいた多くの朝鮮人は居残った」。

「この人脈上の圧倒的な差を悪用した工作活動が行われ続けて来ている」のが、

「戦後の日本社会のお寒い実態」だ』。

『「この問題の根本解決の為」には、

「朝鮮半島内に大量の日本人が移住するか、

日本国内の朝鮮系の人々を本来居るべき場所に戻すか」が、

「実効がある」。

「実効の高いスパイ・工作活動防止等の法と、実効の高い摘発体制等の整備~実運用」も

「大いに有効」だ。

「現状」では、

「朝鮮系の者たちによる

日本乗っ取り支配や

拉致や

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々や

政財界工作等々」と「共に在る」、

「情報工作・大衆誘導等」により

「必要な法・摘発体制等を成立させない事がまかり通っている状態」が

「続いてしまっている」。

「こんな酷い状態の是正」は「急務」だ』。

『「実効のあるスパイ・工作活動防止法や実効のある摘発体制さえ無い

日本国内で行う工作活動」は

「やりたい放題」だが、

「その反対に、朝鮮半島内で日本系の者たちが

そのような工作と同様の対抗手段工作等を行う事は

実質的に全く出来ない」。

「工作活動では、圧倒的に朝鮮側が有利な状態が実在し続け来ている」。

「それなのに、実効の高いスパイ・工作活動防止法や、実効の高い摘発体制さえ無い」のが、

「戦後の日本社会」だ』。

『「朝鮮人悪権力者等がこの実態を悪用しない訳も無く、

実際に戦後の日本国内は、

かなり酷い状態に陥っている」。

「それなのに、

日本のマスコミである筈のところまでが、

朝鮮側の有益分子状態」なのだ。

「この異常事態の是正が、急務である事」は、

「論を待たない」』。

『「格差社会化や、宗教等依存煽り等々」とは、

「乗っ取り支配の為に都合の良い状態に他ならない」。

「日本人の少子高齢化もそう」だ。

「日本人人口を現象させると共に、

日本国内の朝鮮系の者たちの人口を増やし続け、

格差社会化や宗教依存等で、

多くの利権を朝鮮側が握り占めれば、

合法的な手段による日本の乗っ取り支配が可能になってしまう」』。

『「幸いな事に、

今時の多くの日本人は、宗教には引っかからず、

ネット普及以降、

朝鮮系の工作活動の実態・実体も、少しずつ露呈させられて来ている」。

「現状の問題」は、

「大手テレビ・マスコミ等が、

未だに、

工作活動の告発・暴露等も大々的に行わず、

利韓(北朝鮮も含む)側にとって都合の良い情報配信を続けている事」だ。

「朝鮮側に都合の良い、日本人を守らない情報配信等を続けている所の実態」は、

「朝鮮系の情報工作機関等とでも言うべき」だろう』。

『「テレ朝昼番等も、北朝鮮の宣伝などやっている暇が有る」のなら、

「日本国内の北朝鮮系による工作活動を告発・暴露等するべき」だ。

「現行法・現行の摘発体制では摘発困難な

電磁波工作や

飲食物工作や

(判るモノは盗まず、残さず、判らないモノを盗んだり、判らない程度の飲食物工作等を行う)侵入工作等々」でも、

「その実態を暴露・告発等すれば、

多くの日本国民の自覚や検証等と対策を誘い、

被害を抑える事にも直結する」。

「日本のマスコミなら、日本人の為になる仕事を行わない方が異常」だ』。

『「北朝鮮側の上辺の宣伝を流し、

工作活動国家という本質を外した上辺の非難等をさも正論の如く優等生ぶって言う、

北朝鮮の為になる情報配信等」には「熱心」でも、

「日本国内で行われ続けている北朝鮮系の工作活動等の実態等を暴露する等の日本人の為になる情報配信等」は、

「未だに、積極的に行っていない・・・実質的には、全くいないレベル」なのが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「お寒い実態」だ』。

『「戦後日本の情報・教育の是正」は「急務」だ』。

|

金正恩が労働党委員長になったらしいが・・・。

『「先軍政治を謳っていた、金正日の国防委員長」にしても「今回の、金正恩の労働党委員長」にしても、「その実体」は「上辺の顔」だ。

「北朝鮮の本質」は「裏で行い続けている、工作活動による国家」であり、

「その下に押さえ込まれている人々を支配・コントロールし続けて来ているカルト宗教国家」に他ならない』。

『「先軍政治の国防委員長」を「第一に謳っていた金正日」に「比べれば」、

「党重視とも取れる、労働党委員長を謳っている金正恩の方」が

「より、平和的で、まともな話し等が出来るかも?等」と

「期待する前」には、

「北朝鮮による工作活動の撲滅が必需」だ』。

『「北朝鮮が、

工作活動国家である事が出来ている限り、

北朝鮮問題は、

絶対に、

解決し得ない」』。

『「北朝鮮にとって、今回の労働党大会に合わせて招いた他国の報道陣等」とは、

「北朝鮮の労働党大会というお祭りの引き立て役キャストに過ぎない」。

「だから、平然と、都合の良いところダケを取材させ、北朝鮮の広報をさせようとしている一方」では、

「北朝鮮国民に対して、世界中から注目を集めている北朝鮮現政権等を強調している」』。

『「招かれた取材陣等が、北朝鮮の都合に沿わない取材や発表等をしようモノなら、拘束も厭わない」のが、

「北朝鮮の実態」で、

「実際に、英国BBCの記者が拘束されたとの旨のニュースまで、在った」』。

『「英国記者の拘束ニュース」は、

「北朝鮮以外の現状のほとんどの国々の中で、否定的な要素として伝えられている」から、

「北朝鮮は、墓穴を掘った事になる」』。

『「そんな実態を招く事が分かり切っているにも係わらず、北朝鮮が英国記者を拘束した」のは、

「その脅し効果により、

世界中で、

北朝鮮に対する否定的な報道等が大々的にされる事を

抑制させる為」だ。

「つまり、北朝鮮は、

既に、負けている事を、

少なくとも、無意識では分かっている」から、

「{敗戦処理}の為の情報工作を行っている」のが「実態」だ』。

『「今時のほとんどの人間社会に対して、

みっともない負けゲームを見せ付ける」よりは、

「本当に金正恩による独裁政権」なら、

「金正恩」が、

「核・ミサイル・工作活動等を、

独裁者の権利において放棄し、

北朝鮮を平和無血解放する事による、

北朝鮮を除く、ほとんど全ての世界の国々や人々が望んでいる状態を実現する、

ヒーローとなる、

世界一オイシイ話し」に、

「飛び付く事を選択出来る筈」だ』。

『「そんな実態を実現する為」の、

「記者等残留要望」なら、

「大いに歓迎したい」』。

『「しかし、金正恩が担がれた象徴的独裁者」なら、

「世界が望むヒーロー的存在になる事は無理」だ。

「上辺の労働党委員長という平和仮面の裏」で、

「連綿と続けている工作活動等にお墨付きを与える事」くらいが、

「関の山」だろう。

「もちろん、そんな状態の北朝鮮の長い未来」は、

「世界中のほとんどの人々が望んでいない」から、

「その場合は、北朝鮮の未来は、短いモノとなる」』。

|

経済結婚文化上で格差社会化すれば少子高齢化は当然の現象だ・・・。

『「タイトルの事態を逆読みすれば、誰でも気づく様に、日本の少子高齢化状態を是正する為には、二つの基本ロジックがある」。

「一つは、経済結婚文化を是正する事」であり、

「もう一つは、経済格差を是正する事」だ。

「当然、その両方の合わせ技が一番高い実効を持つ筈」だ』。

『「経済結婚文化」とは「経済に依存した文化の一つ」に他ならない。

「経済に依存からの解放の為」に「有効な情報・教育等」と、

「経済に依存させる為」に「有効な情報・教育等」は、

「明らかに違う」。

「現状」では、

「圧倒的」に「経済に依存させる為の情報・教育等が蔓延っている状態」で、

「そんな情報・教育等を元に、多くの人々の精神文化が構築されている実態もある」から、

「現状の情報・教育等を是正する事」が「重要」になる』。

『「現状のテレビ・映画・アニメ・漫画等々の多くや、

多くのマスコミ情報等や学校教育等では、

経済的強者=正義・目指すべき状態・憧れるべき状態等々」の

「情報・教育等が蔓延っている」。

「実体としては、

多くの人々の結婚観等も歪めている悪劣な情報・教育」だが、

「現状経済システム上での比べっこ戦士等育成の為には有効になっている」。

「かつての旧日本軍や旧日本国政府等による神国大日本帝国や、お国の為に、天皇陛下の為に、一億総玉砕も厭わない!」等の

「武力比べっこ戦士等育成の為の情報・教育の経済版」が「其処に在る」。

「先の大戦等」の「歴史から真に学んでいる」なら、

「是正しようとしない方が異常」だ』。

『「そもそも、現状の経済システム自体」、

「現実離れ・実体離れしている不良品状態」だ。

「そんなモノの上で、

比べっこする自虐業に、

多くの人々を追い立て、

追い込む自虐情報・教育等」に

「正当性がある訳も無い」』。

『「今時の人類に主として必要」なのは

「他の者・物・事との比べっこでは断じて無い」。

「武力にしても、

経済にしても、

大々的な人類同士の比べっこが招く実態は、

地球環境破壊~人類滅亡」に他ならない』。

『「今時の全ての人類に必要」なのは、

「人類誰もの自らの実体や

その実体の本来の目的等も含めた

本質探求」と、

「科学レベル以上で判明した実体や事実・現実に基づいた、

自虐的にならない人間社会等を構築する元にもなる、

一人一人の精神文化の正常進化」だ』。

『「本質探求や精神文化の正常進化等に有効な情報・教育等」が

「十二分に行われる」なら、

「経済システムの是正」も、

「結婚観の正常化」も、

「格差の是正」も、

「実現出来るのが当然になる」』。

『「現状経済システム」は、

「その現実離れ・実体離れ故に、

異常な格差が生み出され、

異常な格差に多くの人々が惹き付けられる事で、

現状経済システム自体も、現状での大金持ち等も、

維持出来る様に仕立てられている」。

「お金や経済システムという便利な道具の裏に隠されている壮大なインチキが其処に在る」。

「現状の経済システムや現状での大金持ちの裏で、犠牲にされている」のが、

「多くの経済的弱者状態に追い込まれている者たち」と、

「地球環境」だ。

「人類自滅器としての機能は優秀」だが、

「人類永続器としては、全くダメ」なのが、

「現状の現実離れ・実体離れした経済システム」だ』。

『「現状の大金持ち等」とは、

「人類自滅器上で、大金持ち等になれている者に他ならず、

人類の存続~永続を前提にするなら、その実体は、悪者」だ。

「悪者は悪者として、実体通りに把握・認識し、実体に相応しい罪や罰が与えられて然るべき」だ。

「経済システムと現実や実体との整合性を取る実務」と、

「大金持ち等を実体通り処罰する事を意識的かつ積極的に行えば、

必然的に、格差是正も実現出来る事になる」。

「真の民主主義社会」なら、

「その様な健常化の動きが生まれるのが当然」だ』。

『「経済依存+格差社会化」で、

「極少数の経済的強者による

数多くの経済的弱者支配を可能にする人間社会」の

「構築が可能になる」が、

「今時、そんな事を本気で望んでいる」のは、

「自分の実体に叛いているが故に

本質的自信を持てていない

劣悪者、もしくは、未熟者くらい」になる。

「経済依存からの解放」も、

「格差の是正」も、

「意識的、かつ、積極的に行うのが、当然の事」だ』。

『「現状経済システム上で経済的弱者である事」等を

「過剰に大きく扱ってはいけない」。

「そんな事に拘っている暇がある」なら、

「自分の実体や自分の実体の本来の目的を探求し、

本来の自信を得る事等でも行えば良い(他の記事をご参照ください)」。

「現実離れ・実体離れしている現状経済システム上の弱者・強者」など、

「現実離れ・実体離れしている現在経済システムを容認・維持等しようとしている

{カルト宗教信者}たちの戯言」だ。

「自分の実体さえ???だったり、

自分の実体に叛いているが故に、

本質的自信を得る事が出来ていない者たち」は、

「他の者・物・事等との比べっこ上に、自分の価値等を見出そうとする」が、

「そんな虚像を追い求める人々が蔓延り続ける人間社会」なら、

「早々に行き詰まり、人類滅亡の日がやって来てしまう」。

「人類誰もが、

自分の実体やその実体の本来の目的との整合性をちゃんと取り、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事により、

他の者・物・事の支配/被支配や代償欲求の追及等は、

遊び程度に抑えるべき」だ。

「今はもう、既に、全ての人類に、その様な健常人生が求められている時代に突入」している。

「旧態依然とした、比べっこ文化(武力にしても、金力等々にしても)に縋り付く人々が蔓延る」なら、

「人類の終わりの日」は「近い」』。

『「未来は未定」なのに、

「終わりの日を迎えた後からで無ければ、

本来あるべき精神文化上で生きられないのなら、

本当に、情けない」。

「一人でも多くの人々が、今から、意識的かつ積極的に、本来あるべき精神文化上で生きる」なら、

「終わりの日を迎えないで済む可能性だってゼロでは無い」のだから、

「今生きている全ての人々」は、

「この現実問題を真剣に考えるべき」だ。

「経済問題や結婚問題等は、

根本的な事をちゃんと理解・把握した上で、

人類の未来に繋がる選択をすれば良い」』。

『「大金持ちに憧れている内」は、

「現実逃避」し、

「大金持ちに自分を投影・転嫁・同一視等している」と「共」に、

「現状の大金持ちを認めている」のと「同じ状態」だ。

「現状経済システム上での大金持ち」は「実体通り悪と認識」し、

「その認識を多くの人々が共有し、民意を変え、経済システムの現実離れ・実体離れを是正する」なら、

「現状では貧困状態に押し込められている人々のほとんど全て」が、

「経済的に、本来あるべき正常状態になる」。

「今時の人類」なら、

「例え、貧困の家庭等で産まれた」としても、

「現状経済システム上で大金持ちを目指す悪人になる道」と、

「現状経済システムの現実離れ・実体離れを是正する/させる道」の、

「どちらを選ぶべきか?」は、

「もはや、論を待たない筈」だ。

「アニメや映画や小説等でも、●●ドリーム的な劣悪情報配信は卒業」し、

「経済システム正常化等を行う真のヒーロー等を描くべき」だ』。

『「人間の精神文化の基」は「情報・教育等」だ。

「精神文化の正常進化に役立つ情報・教育等を行わない」なら、

「例えば、

現状の北朝鮮の様な精神文化の国が、

最新の科学技術力を持ち、

自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

全世界を支配しようとする」様な、

「オゾマシイ事態」が

「実現してしまう可能性が高まる事になる」。

「そんなオゾマシイ事態を望んでいない」のなら、

「行うべき事は、既に明らか」だ』。

『「明るい未来が見出せている」なら、

「同じ明るい未来を目指す人同士の結婚等も可能になる」。

「現状に拘り、現状経済システム等と共に、滅亡する道を歩み続けるつもり」なら、

「経済的弱者状態では、結婚し辛いのも、当然の現象」だ。

「だからと言って、大金持ちを目指すのは、もはや、愚か」だ。

「今時の人類なら誰も」が、

「本質的に望まれている

健常化の仕事を行わず」、

「大いなるインチキハンデキャップレースに挑む、ドン・キホーテ的人」や、

「人類自滅器をより高速で回そうとする大悪人」等に「なった」では、

「例え、大金の集金行為に成功して、結婚出来たとしても、その後は、知れている」。

「悪人は悪人として実体通りに認識され、扱われる人間社会」は、

「直ぐ其処まで来ている」。

「万一、人間社会の健常化が実現しなければ、人類滅亡」だ。

「どちらにしても、近未来は、惨憺たるモノになる」』。

『「情報・教育等」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

核の強化を宣言した金正恩・・・。

『「独裁者による核・ミサイル・工作活動放棄&平和宣言という、ある意味では、世界一オイシイ事がぶら下がっている」のに「実践出来ない」のは、「高齢実権者たちに、担がれた独裁者だから」と「強く推定出来る」。

「北朝鮮が現体制から解放される時」は、「近い」』。

|

朝鮮労働党大会の内実・・・。

『「報道によれば、未だに、担がれている様相の独裁者」が、「米国を悪」、「核兵器保有を宣言」しながら、「世界中の核兵器を廃絶に誘う」、「韓国は、対立では無く、同民族意識を!」、「日本は、過去の侵略を反省して補償を!」等の旨「嘯いていた」との事だった。

「その前には、活動報告も行われた」らしいが、「その内容は、非公開」だ。

「それらの実態」が「露呈させている内実が在る」』。

『「先ず、活動報告が未公開」とは

「工作活動の成果等を同朋にそれとなく伝える等」の、

「他の国々に知られたら困る内容も含まれているから」に他ならない。

「その後に、金正恩」が、

「上記の様な事を言った」とは、

「工作活動報告等が、強気発言を行わせるに十分な内容だった事」を「露呈させている」。

「もちろん、実態としては、粛清を恐れている工作活動等の実権者たちや実行者たち」が、

「YESマン的に、良い事ダケを上げているから」で、

「実際は、

日本でも

日本乗っ取り支配工作や、

その為の電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や情報・教育工作や、

政財界工作等々の、

結構な割合が、

既にバレている」から、

「実際に、その実態を知っている者や組織等に対しては、実効が出ていない場合も少なく無い」。

「韓国でも同様」だろう。

「つまり、実効が出ているのは、実態を知らない・知らされていない者や組織ダケ」で、

「実態を知らない・知らさせていない者や組織等」とは、

「その国の社会の中での主要軸では無い者や組織等」だ。

「全国民相手に、北朝鮮による工作活動の実態をバラさない政府等」とは、

「北朝鮮自体が崩壊ならぬ解放されれば、問題自体が消失する」から、

「それまでは、工作活動等をまるでタバコの副流煙の如き迷惑レベル行動等と捉え、

対策費用面も考え、黙殺策を取っているダケ」だ。

「そして、黙殺策でも、早々に、北朝鮮を崩壊ならぬ解放する事が出来る等と考えている」のだろう。

「筆者は、

圧倒的に全公開策の方が、

少々費用・手間等はかかっても、

国民の安全や健康も守れ、

問題の解決も早いと考えている」ので、

「微力ながら、知り得ている者・物・事については、その都度、アップし続けている次第」だ』。

『「褒め殺しさせ策」と「全部バレているから無駄策」の「どちらがより有効か?」は、

「読者の方々のご判断にお任せする」が、

「何れにしても、現状の体制の北朝鮮を温存させて置く時間は、短い方が良い事」は、

「論を待たない事」だ』。

『「今回の朝鮮労働党大会」は、

「北朝鮮最後の朝鮮労働党大会になる筈」だ。

「最後の花道の後に待っている」のは、

「北朝鮮解放策」になる』。

『「もはや、北朝鮮は、核実験も行えない」だろう。

「行えば、その時点で、さすがの中国共産党も北支援を実効があるレベルにまで絞らざるを得なくなる」。

「中国ルートが細められた段階」で、

「北朝鮮の現体制は詰み」だ』。

『「万一、実戦争をすれば、アッと言う間に北朝鮮の負けになる」から、

「北朝鮮に、実戦争は出来得ない」。

「万一、実戦争の気配が出れば、その途端に、特殊部隊が、北朝鮮要人を殺害し、北朝鮮を解放する」だろう』。

『「実経済が困窮した中、北朝鮮の現体制に、長い未来は無くなる」。

「実際に、

韓国が、北朝鮮対策の一つとして、北朝鮮の料理店を使わない事を実行したら、

北朝鮮中枢からの上納金に応じられなくなった北朝鮮国外の北朝鮮料理店から、

大量の脱北者が出た事態の延長線」にも、

「配給源泉を失った北朝鮮中枢から、

ほぼ全ての北朝鮮国民が離れる実態」が、

「はっきりと見えている」。

「そんな事態の引き金となる」のが、

「北による核実験」だから、

「もはや、核実験さえも行えない」だろう』。

『「核実験も行えない、ミサイルを発射しても連続で失敗した、工作報告も実体離れしたYESマン報告の、北朝鮮の現体制」では、

「もはや、その弱々しさは、誰の目にも明らか」で、

「多くのカルト宗教信者たちが、目を覚ますのに十分な状態となる」』。

『「どちらに転んでも、北朝鮮が現体制から解放される時が、秒読みで近づいて来ている」。

「核もミサイルも工作活動も放棄する宣言等で、北朝鮮を平和解放出来た独裁者」なら、

「ノーベル平和賞等もあるかも知れない」が、

「高齢の国家元首等の操り人形として、最後まで悪事を続けている」と、

「何処かの国の大統領の様な事態もあり得てしまう筈」だ。

「筆者が金正恩の立場なら、近くにどんな者が居ても、絶対に、平和解放の道を選ぶ」が、

「金正恩の実体は良く知らない」が、

「根性???の操り人形かも知れない者の選ぶ道」は、

「近くにいる者任せ・・・になり易い」。

「近くにいる者任せの者に、多くの人々が、魅力など感じる訳も無い」。

「人の魅力感」としては、

「北朝鮮国民でも、韓国国民でも、世界中のほとんどの人が、同様の感を得る」。

「本質的魅力感さえ無き者に、独裁者が務まる訳も無い」から、

「余程、腹をくくって、核・ミサイル・工作活動放棄平和解放でも宣言しない限り、

北の独裁者や独裁者を担いでいる者たちの未来は、短い事になる」。

「高齢の国家元首等なら、

既に、自然の摂理がその者自体の未来が短い事を宣言している様な状態だから、

未来が短くても、何も困らない様に考え・思い・信じ込めている」かも知れないが、

「未だ、若い独裁者は、少々哀れ」だ。

「世界中から呼び寄せている取材陣がいる内」に、

「生で、核・ミサイル・工作活動放棄平和解放を宣言する」なら、

「世界を味方に付ける事が可能になる」。

「金正恩は、せっかくの大チャンスなのだから、大勝負してみたらどうか!!!」』

|

TBS夜番の「幽霊を見た元刑事等」の大宣伝からも判る幽霊の正体・・・。

『「全ての人の誕生・死」は「もちろん、言うまでも無く、細胞ごとの現象」だ。「それなのに、幽霊を見たと言う人々が居るのは何故か?」

「実は、見たと認識出来たという現象」には、

「二つの大きな要素が有る」。

「視神経からの刺激」と「脳内の処理」だ。

「例えば、視神経の刺激として、

殺人事件現場や事故現場等を見た刺激が脳に上がって来た時、

普通の人と、

事件・事故と馴染みが深い刑事等の人では、

その後の脳内処理が違っていても何の不思議も無い」。

「刑事等の職の方々」が「幽霊を見たと認識し易い事」には、

「相応の合理性が在る」』。

『「元々、脳内で、事件・事故の実態・実体探求~解決に繋がる行動等を、

繰り返し繰り返し行い続けている刑事等の方々」が、

「殺人現場や事故現場等を見れば、

現場を見た事による視神経刺激に+して、

日頃からの事件・事故の実態・実体探求~解決に繋がる行動等の考え・思い等を

被せていても何の不思議も無い」。

「そんな状況が、多数の事件・事故現場を見た時に起こされている」なら、

「偶々、

ある刑事等の考え・思い等と、

事件・事故等の実態が一致する場合も出る」のは、

「確率論の世界で、実際に起こるのも、当然の現象でもある」』。

『「殺人現場で怪しいと感じた屋根の上等に、

殺された方の無念を思うが故にその刑事等の脳内で出て来る人魂等の思いを被せる事」は

「容易」だし、

「事故現場に残る痕跡から、事故被害者の着衣等の情報を実態通りに再現する事」が、

「稀には、事故実態通りに出来ても、不思議では無い」。

「既知感と同様の脳内現象の場合もある」だろう』。

『「今日の元警察関係者が見たと言う幽霊等の話し」で、

「特異な存在だった」のが、

「死んだおばあさんがケーキを持って来た110番の件」だ。

「しかし、その実態」は、

「丸ごと一人の幽霊等の存在を有る事にし続けたい者たちによる意図的な仕込み悪戯等だろう」と

「容易に推定出来る」。

「110番された警察側も本気で調べていない」から、

「実態も判明せず、悪戯等も露呈させられなかった様」だが、

「ケーキを運んだという物理現象が在ったのだから、本気で調べれば、何処の誰がケーキを運んだのか?の特定も出来た筈」だ。

「本当に幽霊が実在していたなら、その立証にはかなりの価値が有る事になる」が、

「立証を行わず、110番をかけた者側の話しを上辺でサラッと安直に受け入れていたところ」に、

「警察側が本気で幽霊話しを信じていない事」や、

「実際の警察が大忙しである実態」が「露呈している」』。

『「問題になる」のは、

「上記の様な実態・実体・事実・現実情報等が付加されていなかった事」だ。

「元々、人には、丸ごと一人で考え・思いたがる特性が有る」。

「もちろん、人の実体」は、

「科学レベルで判明している事実・現実として、

細胞ごとの誕生・死で成り立っている事が、

既に明らか」だ。

「細胞ごとの誕生・死という実体情報を希薄にする」と、

「人の考え・思いは、

丸ごと一人化=単純化したがる考え・思いダケを偏重し易くなる」。

「しかし、現実離れした考え・思いに執着している人々」は、

「現実離れ故に、常に、不安等を内在させられてしまう」。

「不安から逃れる為に、頼る者・物・事等を求め、依存し易くなる」』。

『「単純化した考え・思いに執着しているが故に、現実離れし、本来の自信を失っている人々」なら、

「特定の考え・思いで操る事は結構容易」だ。

「他者支配を企んでいる連中が大好き」なのが、

「宗教等の旧来からある手法で容易に操れる、

丸ごと一人の死生観ダケに多くの人々を執着させる事等」だ』。

『「逆に、多くの視聴者等に、実体や事実・現実情報を提供し、

多くの視聴者等が、

実体や事実・現実の理解・把握等をより深める事が出来たが故に、

より落ち着き、ゆとりを持てる様に誘う為の健常情報配信」なら、

「実体や事実・現実情報の付加を行わない方が異常」だ』。

『「TBS夜番の実効や目的等」は、

「現状では、実質的」に、

「他者支配の便を図る事になってしまっている」。

「今時の人類社会を考える」なら、

「とんでもない劣悪レベルの情報配信状態」だ』。

『「元刑事等が話した幽霊話の上辺ダケを信じ、

丸ごと一人の死生観やあの世等に執着する事で、

自分の実体・実態から大いに現実離れさせられてしまう

哀れな犠牲者を生み出す為の

情報工作番組等では無い」のなら、

「是正・謝罪・訂正等は急務」だ。

「視聴者の劣化を誘う為の情報工作番組」なら、

「日本の公共の電波を使って大量配信出来ている事自体が異常」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

36年ぶりの朝鮮労働党大会で原稿を早口で読んでいた金正恩が露呈させた北朝鮮の実権構造・・・。

『「先軍政治を謳っていた金正日時代は、全く開けなかった朝鮮労働党大会」。「そして、金正日は、意外な程、短命」だった。

「そして、新たに金正恩が担ぎ出され、36年ぶりに朝鮮労働党大会が開かれた」が、

「報道された映像」から、

「金正恩が早口で原稿を読んでいた/読まされていた様相」が

「良く判った」。

「金正恩の両隣には、国家元首である上に党のトップとされる序列ナンバー2」と

「軍のトップとされる序列ナンバー3」が「堂々と腰かけていた」。

「ナンバー2もナンバー3も相当な高齢」だ』。

『「金日成亡き後の北朝鮮の実権構造」は、

「実質的に、そのナンバー2とナンバー2と友好関係が深い二人の高齢者によって構築されて来ている」のだろう。

「金正日時代は、世襲を正当化・公然化する為に、北朝鮮国民への脅しにも直結している軍を前に出した」と「共」に、

「労働党大会も封印」した。

「世襲公然化の機が熟したと判断した時と、金正日が亡くなった時は、ほぼ同時」だろう。

「表の顔は世襲と決める事が出来ていた」から、

「後は、より都合の良い者を選び、それが、三男」だった。

「三男を単なる表の顔と思われたら/見破られたら困る」から、

「叔父まで粛清する等々の強権ぶり」を「意図的に、行わせ、それこそ、世界中に見せつけた」。

「叔父まで粛清する強権ぶりを見せつけられた人々のほとんど」が、

「北朝鮮の実権は、金正恩が持っている」等と「思い込まされた」。

「その状態を更に強化する為に開かれたのが、36年ぶりの朝鮮労働党大会」という訳だ』。

『「朝鮮労働党大会で、

金正恩に特別な地位与える事」で、

「見せ球独裁者が実権を保持しているイメージを、

全世界に与える事が出来る等と考えている」のだろう。

「陰で操り続けている者たちの隠れ蓑を万全にするつもり・・・」なのだろう』。

『「核とミサイルの開発や実験等を続ける限り、北朝鮮が世界から受け入れられる事は無い」が、

「世界のほとんどの人々」に、

「北朝鮮の問題」とは、

「核やミサイルだ!」等と

「思い込ませる事が出来る」。

「核やミサイルの裏で行われ続けて来ている、

現状では、主として、日韓内での、

乗っ取り支配工作等について、

考えなくなり易い」』。

『「ナンバー2の弁」では「21世紀の太陽金正恩同志」との事で、

「その意図しているところ」は、

「21世紀中には、世界中の人々に金を太陽として崇めさせる体制を、何としても、つくる!」だろう。

「その為には、他国・他国民を北朝鮮や朝鮮人悪権力者等の支配下に置く事が必要になる」が、

「何年かかっても、

何代かかっても、

他国を少しずつ乗っ取り支配し続ければ、

最終的には、

金を太陽に!も

可能になる」等と

「考えていると強く推定出来る」のが、

「実質的、カルト宗教国家北朝鮮の実態」だ』。

『「精神心理的には、かなりのコンプレックス故の反動形成的要素や現実離れ・現実逃避等の要素」が「多々感じられる」が、

「そんな精神状態を持ててしまっても何の不思議も無い実歴史等を保持している」のが、

「朝鮮の実態」だ』。

『「自分の実体」を

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実に基づいてちゃんと理解・把握した上」で、

「自分の実体やその実体の本来の目的とちゃんと整合性が取れる様に、自分で自分を健康のコントロールし続ける事」が、

「今時の全人類の根本的な仕事」だが、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わり」に、

「他の者・物・事を支配・コントロールしようとする」のが、

「今時の人類としての、自覚さえ持てていない、未熟、もしくは、病的な状態の人々」だ。

「今時のレベルでは、明らかに、未熟、もしくは、病的な状態の人々の考え・思いで人間社会システム等を構築すれば、

旧社会共産圏や独裁圏の国の様な国家等をつくる事も出来てしまう」が「その実態」は、

「カルト宗教国家」等になる』。

『「オウムの国家版が北朝鮮とは、以前から、何度も、言われている事」だ』。

『「ここで、多くの人々が現実として考えるべき」は、

「カルト宗教信者との話し合いで、問題の解決は無理という事」だ。

「実のある話し合いの為」には、

「カルト宗教信者をカルト宗教から解放する事が必要になる」が、

「何十年も、自らの人生をかけて信じ込んで/信じ込まされて来ている事からの解放」は、

「かなり困難なのが現実」だ。

「カルト宗教集団等に対する実効のある対応」は、

「その団体が団体外で害をまき散らせなくする事」と、

「その団体を封じ込め、衰退させる事」になる。

「支援・応援や、

カルト側の言い分を認める事や、

資金提供、等」の

「偽善」は「被害を大きくするダケ」だ。

「犠牲者の数を出来るだけ少なくする為」にも、

「対策は、早ければ、早い程良い」。

「中国共産党も、この現実をよく考えるべき」だ』。

『「拉致問題と言うと、まるで、全ての拉致被害者が帰還出来れば解決、みたいに、勘違いしている方々も少なく無い」が、

「日本人拉致問題」とは、

「主として日本国内での、北朝鮮悪権力者の手下の者たちによる工作活動の問題」であり、

「主として日本国内の、北朝鮮工作員・協力者等の問題」だ。

「拉致被害者の全てが帰還出来たとしても、

日本国内で行われ続けている

北朝鮮悪権力者の意志の下の工作活動

(日本乗っ取り支配の為の有益分子の育成&不適応分子の粛清工作等)

が続いているまま・・・」では、

「問題が解決出来た事には成り得ない」。

「拉致被害者ダケに大衆の興味を惹き付け、

日本国内の工作活動や工作員・協力者等を黙殺せしめる情報工作」は、

「本当に酷い」。

「多くの日本国民が絶対に見逃してはいけないポイント」だ』。

『「現状の北朝鮮の実態」とは、

「策略・工作で生き続けようとしているカルト宗教国家」だ。

「至るところに、上辺の見せ球と、その陰の本丸が在る」。

「北朝鮮問題で、問題とすべき」は、

「如何にも問題大アリの様に仕立てられている金正恩では無く、陰の実権者たち」であり、

「核・ミサイルの陰で連綿と行われ続けて居る、現状では主として、日韓内での工作活動」だ。

「拉致問題」でも、

「被害者の帰還はもちろん重要」だが、

「拉致工作問題である事を決して忘れてはいけない」。

「北朝鮮悪権力者の意志で動いた拉致工作員・協力者たち」は、

「その後も、北朝鮮悪権力者の意志の下で、日本国内で動き続けている場合が多い」。

「マスコミ等が、有益分子育成工作や不適応分子粛清工作の実態・実体を暴露する」なら、

「それこそ、何十万人レベル以上の日本人が北朝鮮悪権力者の意志の下で、

日本国内に居る工作員・協力者等により、

粛清されて来ている実態が露呈出来る筈」だ』。

『「日本政府・与党・警察等は、実効のある法整備・体制整備を直ちに行い、

徹底摘発を行うべき」だ。

「電磁波による殺傷や、

飲食物内の有害物・弱毒物等継続接種による殺傷や、

侵入・覗き等による利権盗みや自虐不安情報や困窮状態追い込みによる殺傷や、

事故仮面の裏の殺傷等々、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な実質的スティルステロが連綿と行われ続けて来ている」のが、

「戦後日本社会のお寒い実態」だ。

「そして、その実行犯が、北朝鮮悪権力者等の意志の下で動いている/動かされている工作員や協力者たち等」だ。

「日本政府・与党・警察等も、徹底摘発しない方が異常」だ。

「暴露さえしないマスコミ等は、もっと異常」だ』。

『「朝鮮労働党大会」で、

「金正恩の英断」により、

「他国からのマスコミの前」で、

「核もミサイルも工作活動も放棄する。陰の実権者たちは厳正に処分する。」等の

「発表があれば良いのだが」・・・』。

|

安保反対で集まって騒いでいる10代のお若(バカ)様たちは、「現行憲法を守る事と日本国・日本国民を守る事のどちらが大切か?」くらいは考えましょうね!・・・。

『「カルト宗教家庭で産まれてしまった哀れな子どもたち」は「カルト宗教の世界こそが正論だ等と勘違いして信じ込み易くなる」。

「親が偶々、反日他国人脈等の者たちで、日本虚勢化・無害化・弱体化工作等を行っている者たちの下に産まれた子どもたち」や、

「学校では親の立場になる教師等が、反日他国等の紐付きの手下」なのに、

「そんな親や教師たちの事を信じ・頼るべき者たち等」と、

「勘違い・思い違い等し、信じ込めてしまった子どもたち等」も「同様」だ。

「戦後の日本社会には、この手の不幸話がゴマンと在る」』。

『「はっきり言えば、侵略行為等を行う者たちとは、国際法等も守らない者たち」で、

「そんな者たちに対して、日本の憲法を始めとする国内法が実権を持てる訳も無い」。

「日本国・日本国民を守りたい」のなら、

「現状で日本国・日本国民を守る事と現実的な整合性を持てる方改訂等」が「必需になる」。

「世界情勢等は時と共に変化している」のが「現実」だ。

「数十年前の占領軍製の日本の平和憲法等をかざしても、もはや、その実効が期待出来る時代では無い」』。

『「現行憲法の実体」とは

「占領軍ご用達日本人が少々係わらされた面があっても、本質的に、占領軍製」で、

「占領軍が望んでいた日本の無害化・虚勢化等にも有効なモノ」だ。

「少なくとも、独立した後は、見直し&改正が必要だった代物」だが、

「日本の虚勢化・無害化」は、

「戦後の日本国内に居る反日他国人脈等の人々にとっても好都合」だ。

「戦後の日本国内に居続けて居る反日他国人脈の者たちの{テレビ・ラジオ・一部マスコミ・学校教育等まで利用した、情報・教育大衆誘導による、拒否権圧力}故」に、

「未だに、改憲出来ていない」のが、

「実態」だ』。

『「現行憲法を守る事」と

「日本国・日本国民を守る事」の、

「どちらが本道なのか?」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「現状世界情勢の中で、日本国・日本国民を守る為に、現行憲法のままの方が良いという方々」は、

「その理由を実証するべき」だ。

「普通に考えるなら、不当増長を企み、実行し続けて居る反日他国対策上から」も、

「平和ボケ日本無害化・虚勢化憲法を現実的な憲法に改憲する事」は、

「至極当たり前の事」だ』。

『「改憲反対!で騒げているお若(バカ)様たち」は、

「狭義の自分に反日他国人脈等による操り人形の糸が付いていないか?」等を、

「十二分に検証するべき」だ』。

『「実体離れしている血統家族主義・民族主義等を元に、改憲反対している」なら、

「その実体離れしている知識や思想信条等の是正から始めるべき」だ。

「言うまでも無く、人類の世代交代は、種の保存であり、個の保存では無い」。

「自らの人生に本質的に満足出来ていない者たち」は、

「代償欲求として、個の保存を妄想する」。

「ネガティブな代々話の元が其処に生まれている」。

「実質的カルト宗教信者等になるつもりが無い」のなら、

「そんな代々話から、狭義の自分を解放するのが当たり前」だ』。

『「お若様たちなら、素直に歓迎」だが、

「おバカ様たちなら、おバカ状態から一刻も早く狭義の自分を救い出して欲しい」。

「自分の実体の自覚」は、

「遅くとも大人になる前には持つべき」だ。

「そして、決して、忘れるべきでは無い」』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に、狭義の自分を置かない為」にも、

「悪による操り人形の糸は、即刻切るべき」だ』。

『「現行憲法を守れ!」等と「騒いでいる人々」とは、

「内実、反日人脈の者たちか、その操り人形状態の人々になる」。

「普通の今時の日本国民」なら、

「現行憲法を守れ!」より、

「日本国・日本国民を守れ!」が「当たり前」だ』。

|

テレ朝昼番では、平壌{ショールーム部分}と「21世紀の太陽(北朝鮮による自称)」金正恩の大宣伝だが・・・。

『「北朝鮮系の人々にとって、太陽とは、金日成~金正日~金正恩なのだそうだ」。「そして、人民は、ひまわり(=常に太陽の方に顔を向ける)であるべき」なのだそうだ。「更に、人民とは、世界中の人々に当てはめられる言葉」で、「そうでは無い者たちには、有益分子化の為の再教育や不適応分子としての粛清が求められて当然」なのだそうだ。

「天地の果てまで、金正恩元帥の支配下に置かない限り、

そんな社会がまかり通る訳も無い」から、

「北朝鮮の目的は、最終的には、全人類世界の支配」になる。

「その為に、見せ球、核・ミサイルの裏で、先ずは、日韓の乗っ取り支配工作を実行している」のが、

「今の北朝鮮の実態」だ。

「旧社会共産圏の独裁国家の政治ロジックや目指している社会体制等」は、

「現実離れ実体離れが激しく、本当に酷い」』。

『「それなのに、日本の公共の電波を使っているテレビ番組」でも、

「北朝鮮や金正恩等の宣伝を大々的に行っている番組も在る」。

「北朝鮮等による日本国内のスパイ・工作活動等を告発・暴露等するべき立場・職等を与えられている者たち」なのに、

「日本国内のスパイ・工作活動等の告発・暴露等はロクに行わず、

北朝鮮や金正恩等の宣伝には、

本当に熱心」だ』。

『「そんな情報配信を行なっていながら、

拉致被害者の家族の方々等は、

どんな風にお感じなのか?も

忘れるべきでは無いと思った旨等を

述べた常連出演者等の厚顔無恥ぶり」には、

「本当に呆れた」。

「上辺で優等生ぶり、正義ぶる前」に、

「日本国内に今も居る、拉致協力者等が今、どんな工作活動等を行っているのか?等を、告発・暴露し、

拉致協力者等や工作員や工作活動の実態等を暴露する事により、

北朝鮮に、

日本乗っ取り支配工作等を諦めさせ、

拉致被害者を押さえて置く必要性を除去する事」こそが、

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たちが行うべき仕事」だ』。

『「北朝鮮の手先たち」に

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上等で、

情報工作等を行い続けさせていて良い訳は無い」。

「北朝鮮の手先の実質的情報工作員たちは、

即刻、日本の公共の電波上や、公共的マスコミ等から退場させられるべき」だ』。

『「常連出演者たち」は

「北朝鮮問題で、見せ球に過ぎ無い軍事論ばかり言っている」が、

「本隊である工作活動を黙殺せしめる為の情報工作だと強く推定出来る」。

「北朝鮮の軍備など、先進諸国の数十年遅れレベルで脅威には当たり得ない」。

「実戦争となれば、アッと言う間に、北朝鮮が負ける」から、

「金満権満独裁者が実戦争を仕掛ける可能性は全く無いと言い切れるレベルの事」だ。

「それでも尚、北朝鮮が、核・ミサイルの開発を続けているのは、工作活動から目を逸らさせる為に他ならない」。

「核・ミサイルの方だけが言われ、

日韓等の大衆の興味がその方向にだけ向いている限り、

その裏で、北朝鮮は安心して、工作活動を続ける事が出来てしまう」。

「実際は、北朝鮮問題を解決する為には、工作活動の告発・暴露が圧倒的な近道」だから、

「工作活動の告発・暴露を意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「マスコミ界の人々の本当の仕事は、其処に在る」』。

『「本当に必要な情報配信は行わず、

北朝鮮や金正恩の宣伝は積極的に行っている者たち」の「実体」は、

「北朝鮮の手先の情報工作員等」と「強く推定出来る」。

「テレビ・ラジオ界も含む情報・教育界の旧社会党系の人脈」には、

「その臭いが濃厚に漂っている」』。

『「未だに、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等、非人道的な工作活動まで行っている者たちがいる」のが、

「日本国内のお寒い実状」だ。

「有効な対策を実行していない政府・与党・警察等も異常」だし、

「告発・暴露等さえしていないテレビ・ラジオ・マスコミ等も明らかに異常」だ。

「戦後日本社会の正常化・健常化」は「急務」だ』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

放送作家作、おいしいと日の丸にも思えるほっぺが落ちるクマもんで癒される人たちとは・・・。

『「タイトルの様な事まで考えると、作者の込めた思い(本音)が窺いしれる様な感もあるクマもんだが、果たして、どれだけの方々が、心の底から癒されているのか???」

「日本が落ちるとおいしい等と思える人々」にとっては「好都合に思えるかも知れない」が・・・。

「日本が落ちる反面、反日人脈等を増大させる復興の名を借りた日本乗っ取り支配工作等の為の応援なら」・・・。

「クマもんに限らず、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等ご用達&大宣伝のゆるキャラも含む者・物・事等」には「ご用心!」

「もちろん、被災地の日本本来の復興」は「応援しています」』。

|

韓流テレビが「吉宗好き」な訳・・・。

『「科学レベルで判明していた物事等が現在より遥かに希薄だった将軍吉宗が生まれた時代」では「人々の人依存割合も非常に高かった」から「大権を持つ将軍の立場争いが行われても、何の不思議も無い」。

「今で言う、スパイ・工作活動(ライバルの暗殺も含む)等の手段まで使って将軍の立場を得た」のが「吉宗一派」という「実態が露呈している」。

「そんな古の日本に在った、実質的、スパイ・工作活動等と同様の事」を、

「科学レベルで判明している物事等がかなりある現在でも行い続けている劣悪な者たち」が

「戦後の日本国内には少なからずいる」。

「時代遅れの劣悪者たち」が

「自己正当化の思いを被せ、

現実逃避する為に

便利な情報の一つ」が

「吉宗公誕生の裏情報」という訳だ』。

『「歴史情報の湾曲使用や改竄や部分偏重使用等々」は、

「何処かの反日国国民等の得意技」だが、

「同様の精神文化を抱きしめたまま、戦後の日本国内で、

スパイ・工作活動等の手段まで用いて、

日本の実権を乗っ取ろうとしている者たち」が、

「未だに、日本国内に、少なからずいる」のが、

「戦後日本社会のお寒い実態」だ。

「早急に、実効のある対策を行うべき」だ』。

『「元凶は、言うまでも無く、戦後処理」だ。

「終戦時に、朝鮮半島内にいた日本人のほぼ全ては強制的に帰還させられた」が、

「終戦時に、日本本土内にいた朝鮮人の多くは、居残ったばかりか、火事場泥棒行為等まで行った」。

「当然、日本政府側は、朝鮮人の帰還政策を実行しようとした」が、

「朝鮮戦争が起されてしまった」。

「更に、朝鮮戦争時には、戦争難民として数多くの朝鮮人が渡来した」。

「戦争難民なら、戦争が終われば帰るのが当然だが、何故か?(日本乗っ取り支配工作等の為なら、当然だが)多くの朝鮮人が居残った」。

「朝鮮戦争時には、弱体化していた日本につけ込み、竹島の不当占拠や在特法等まで強いた」。

「在特法の後押しにより、帰化が容易になった、日本に渡来した朝鮮人のかなり多くが、帰化して参政権等も得ている」。

「日本国内には、多数の朝鮮系の者たちが居る」が「朝鮮半島内の日本人は圧倒的な少数派」だ。

「この内在している人脈の差を使って、悪反日他国権力者等が、工作活動等を仕掛けないと考えている」なら、

「相当の平和ボケ」で、

「一刻も早く目を覚ますべき状態」だ』。

『「戦後の日本国内では、

主として、旧社会党や共産党等の反対故」に、

「十分な実効を持つスパイ・工作活動等防止法等や、

十分な実効を持つ摘発体制の整備等が出来ていない」。

「旧社会党等に多数の議席を与え続ける事に大いなる貢献をし続けて来ている」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の情報や、多くの学校教育等」だ。

「拉致までされても、ロクに対応出来て来ていない」のが、

「戦後の日本の政権の実態」だ』。

『「日本全国から、多数の日本人を拉致した目的は?」を「考える」なら、

「誰もが気付く筈」だ。

「北朝鮮系の工作員たちが、日本人に成りすまし、日本乗っ取り工作等を行う為」には、

「周囲の日本人に気付かれない事が必要になる」。

「日本社会の付け入り易い弱点等を見出す為にも、日本人の拉致は有効な手段に成り得る」。

「日本全国から多数の日本人を拉致する事」は、

「時々、工作船等で不当侵入して来ていた北朝鮮の工作員ダケでは、絶対に無理」だ。

「日韓併合時~朝鮮戦争時までの仕込み人脈が有効活用されていて当然」だろう。

「拉致協力者たちが、その後、北朝鮮の命令による工作活動を行わないで済む訳も無い」から、

「戦後の日本国内では、

飲食物工作や

侵入工作や

電磁波工作等々の

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な粛清工作等が、

連綿と行われ続けてしまっている」。

「実効のあるスパイ・工作活動防止法」や「実効のある摘発体制」等を

「整えさせない為」の

「情報工作等」も「未だに旺盛」だ。

「日教組等の教育により有益分子化された者たち」が、

「場合によっては、知らず知らずの内に、

反日他国の為の情報工作を一生懸命行い、

自虐的に、多数の視聴者や読者等を操っり続けて来ている事」は、

「本当に、深刻な問題」だ。

「有益分子の育成」と「不適応分子の粛清」で、

「日本の乗っ取り支配を実現しようとしている工作」が「露呈」している。

「多くの日本人が

この深刻な事態を、

一刻も早く解消させるべき」だ』。

『「日本の為の政党・政治家か?」

「反日他国の為の政党・政治家か?」を

「見分けるのは簡単」だ。

「反日他国人脈等による

スパイ・工作活動等を

摘発しようとするか?

隠蔽・黙殺しようとするか?」で、

「直ぐに判る」。

同様に、

「日本の為のテレビ・ラジオ・マスコミか?」

「反日他国の為のテレビ・ラジオ・マスコミか?」や、

「日本の為の教育か?」

「反日他国の為の教育か?」等を、

「見分けるのも簡単」だ。

「北朝鮮による日本人拉致が発覚した時」でも、

「旧日本軍による朝鮮人強制連行の方が酷い」等と、

「北朝鮮側に立った情報・教育等を平然と行っていた者たちが居た」のが、

「戦後日本の情報・教育のお寒い実態」だ。

「北朝鮮側を利していた者たちの実体」とは、

「操り人形化されていた人々」か、

「実際の、反日他国人脈等の工作員」等になる。

「竹島問題も拉致問題も、長い間、実質的に、黙殺を強いられて来ていた」のが、

「戦後日本の情報・教育の異常な実態」だ』。

『「拉致被害者家族」から「助けを求められた時」、

「朝鮮総連に報告に行った」と言われているのは、

「旧社会党」だが、

「報告に行った」では無く、

「その後の対応等を話し合いに行っていた」なら、

「拉致協力者の一部であった可能性さえ非常に大きくなる事」に、

「多くの日本国民は気づくべき」だろう。

「そんな可能性も考えながら、その後の法案等に対する賛否行動等を見直す」なら、

「旧社会党等の実体も判別し易いのでは?」と思う』。

『「最終手段としては武力革命まで必要である事を公然と謳っている共産党」は、

「公安から徹底マークされている(公安だって、公然と言われていれば、マークしない訳に行かない)」が、

「公然と謳っている、マークされている事が分かり切っている者たちが、実際にスパイ・工作活動等の悪事を行う事は困難」だ。

「逆に、公然と武力革命等を言わず、上辺は如何にも平和政党等というところの者たちの方」が、

「実際は、圧倒的に、スパイ・工作活動等が容易に行える状態下に在る」』。

『「逆から考えれば、誰もが直ぐに分かる筈」だ。

「スパイ・工作活動等を行っていない」のなら、

「日本国民の安全・安心の為にも、必要な法&体制整備を行うのが、国政政党本来の役割」だから、

「反対等する訳も無い」。

「国民監視方向に行くぞ~!」等と

「あり得ない事態情報で世論を捻じ曲げる情報工作等を行う必要も無い」。

「言うまでも無く、

情報化の今日、

国民監視や言論統制等の方向に向かうなら、

そんな政権は直ぐに、政権を失う事になる」』。

『「吉宗の時代には、在っても仕方の無い、実質的、スパイ・工作活動等による政権奪取実態」でも、

「現在の日本で、そんな事態がある事の正当性は全く無い」。

「現在の日本も含む先進国」では、

「フェアが基本であり、

スパイ・工作活動等による利権の奪取等は、

悪事以外の何モノでも無い」。

「精神文化レベルが、何百年も遅れている者たち」が、

「未だに、スパイ・工作活動等による利権の奪取でも、取った者勝ち等と勘違い・思い違い出来ている」のだ。

「不当な手段で利権を得た者たちの全て」は、

「同様の事態の再発防止等の為にも、悪事を行った者たちを罰し続ける為にも」、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる」のが、

「人類社会の近未来の実態」だ』。

『「近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる哀れな者たちの数を出来る限り減らす為」にも、

「今生きている全ての人々」は、

「自らの精神文化を正常進化させ続けるべき」だ』。

『「戦後日本国内の工作活動等を告発・暴露等しないテレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち」には、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「今の日本のテレビで流すべき情報」は、

「工作員の自己正当化の為に悪用も出来てしまう吉宗公誕生の裏等」の

「古の歴史の極一部の情報では無い」。

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている反日他国人脈によるスパイ・工作活動等の告発・暴露情報」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

言論に言論で反論出来なくなった時点で負けているのです・・・。

『「言論に言論で反論し、自側の論等が正当である事等を普遍化する為」には、「言うまでも無く、科学レベル以上で判明している実体や事実・現実のお墨付きが必要になる」。

「この当たり前の事を行う事を疎かに、考え・思い上の納得に過ぎない自論を蔓延らせようとする者たち」は、

「往々にして、言論以外の手段を使いたがる」。

「武力・金力等にしても、

立場等に乗じたパワハラ的権力にしても、

工作活動等にしても、

その生みの親」は、

「基本的に同じ」だ。

「現実離れした考え・思い等を他の者・物・事に強いる悪事自体が間違っている」』。

『「一時的な現象」としては、

「例えば、武力や金力や工作活動等によって、特定極一部の者たち等の考え・思い等を人間社会で蔓延らせる事」は、

「可能」だ。

「しかし、そんな現実離れした実体に永い存続は在り得ない」。

「現実離れ」とは「虚への誘い」であり、

「そんな者・物・事に執着する者たちの生末が虚となる」のは、

「自然の摂理」だ。

「逆に、虚に執着する者たちが蔓延れる人間社会を維持し続けてしまえば、

人類自体が虚となる」のも「自然の摂理」だ。

「古の時代の精神構造の生末」を、

「多くの賢人たちが、人類滅亡と予言等した事」には、

「相応の現実性がある」』。

『「さて、今時の人類として、上記の様な現実」は、

「如何様に捉えられているのだろうか?」

「多くの人々が、現実や自分の実体に叛かない事を願っている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

『「言論で負けている者たち」は、

「素直に負けを認め/認めさせなければならない」。

「そうでは無い人間社会を続ける」なら、

「戦争もテロも工作活動も殺傷事件等々も、続いてしまう」。

「当たり前の事」だ。

「そして、言論上での勝敗の判定権を持つ」のは、

「断じて、特定極一部の者やその意見や思想信条等では無く、少なくとも科学レベルで判明している実体や事実・現実」だ。

「少なくとも科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に、

人類の物質文明は急速に進化し続けている」。

「急速に進化し続けている物質文明を全ての人々が健全に、安全に、自虐的にならない様に、使い続ける為」には、

「急速に進化し続けている物質文明以上に進化出来ている精神文化を全ての人類が持つ必要がある」のは、

「言うまでも無い現実」だ』。

『「今、世界中の個人個人」に、

「人類としてのの真価が問われている」』。

|

昨晩は、北西上方向から、起きた後は、東北方向(斜め下も含む)から、工作電磁波が当てられているが・・・。

『「筆者の部屋の対策が少しでも弱い、工作電磁波にとっての隙間探し&その方向から工作電磁波を筆者に当てる工作」が「未だ、続けられている」が、「もちろん、直ぐに気付き対策する」から、「実効は出ない」。

「電磁波工作を行っている連中が、実効の出ない工作を続けている裏にある事」こそが「本当の問題」だ。

「そして、この組織的迷惑行為~犯罪行為の指令者や命令者と強く推定されるところ」も、

「記事内容に対する反応」や「工作実行者たちの人脈」から、

「既に判明している」』。

『「さて、近日中に、実効の出ない既にバレている工作を行い続ける事でそのおバカ度を露呈する発表等があるのか?」等は、

「大いに見モノ」だ。

「出先の犬的存在である、未だに、工作実行者等となっている者たちについて」は、

「本当に呆れている」。

「工作実行者たちが、愚かな状態から狭義の自分を解放」し、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事から免れる事が出来得る時間」は、

「残り少ない」』。

|

昨晩の報ステでは、北朝鮮のハリボテを宣伝して「制裁慣れしているから、圧力より対話を!」の旨情報配信していたが・・・。

『「まるで、北朝鮮の出先の広報機関的様相だった」のが「昨晩の報ステ」だ。「平壌の極一部が経済発展しているかの如き様相」は「言うまでも無く、ハリボテ」だ。「源泉は?」を「考えれば、誰にでも分かる」。

「今の北朝鮮は、稼ぎがあまり無い状態が続いて来ている」から、

「北朝鮮のハリボテ」とは、

「蝋燭の火が消える前の揺らめきで、少々光が強く見える現象と同じ」だ。

「制裁を続けられれば、蝋燭の火が消えてしまう」から、

「今の北朝鮮」は、

「ハリボテの釣り」と「工作活動」で

「何としてでも、制裁を解除させ、資金援助等を得ようとしている」のが「本当の実態」と

「強く推定出来る」』。

『「それなのに、日本の公共の電波を使っている、報ステ」は、

「北朝鮮のハリボテを大宣伝」し、

「日本国内で行われている北朝鮮の工作活動等は、黙殺している」。

「とんでも無い状態」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が行うべき」は、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動を暴露する事」であり、

「北朝鮮のハリボテを宣伝する事では、断じて無い」』。

『「日本国内で行われている北朝鮮系の工作活動の暴露」は、

「拉致問題の解決にも直結している」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、暴露しない方が異常」だ。

「もし、政権や警察等の圧力により、暴露が阻害されている」なら、

「その事を告発すべき立場にある」のが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「日本の為の仕事を行わず、北朝鮮の為の仕事を行う」なら、

「そんな者たちに、

日本の公共の電波を使う仕事や、

日本の公共的マスコミ等での立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮独裁者等の選択と集中」が「ある」のは「軍備ダケでは無い」。

「建築材料の多く等は中国からの輸入だろうが、労働者の賃金が北朝鮮貨幣等」なら、

「実質、材料費だけ」で「建物の建造が可能になっている状態」だ。

「車のノックダウン生産等にしても、基本技術が中国製」なら、

「建築材料共々、その信頼性や耐久性等には、大いなる?が付く」。

「地下鉄車両も新しくなっていた様相だった」が、

「当然、新しくなったのは、ホンの極一部」だろう。

「そして、それらの全てが、平壌の極狭い地域に集中させられている」』。

『「その新しくなった部分だけ撮影させ、其処に、人や車等を集中させる」なら、

「ハリボテ映像を撮らせる事が出来る」。

「日本からも、実質的、北朝鮮の手先を呼び出し、撮影等させ、広報活動を行わせる」のは、

「北朝鮮の情報工作の常套手段の一つ」だ。

「その北朝鮮の情報工作」に「報ステは加担した/させられた」のだ。

「情報工作である事が分かっていて加担した」なら「実質的には、北朝鮮の手先が、報ステをやっている事になる」。

「情報工作と分からない」なら「今時の日本のテレビ界の者として、おバカ過ぎる」』。

『「報ステが悪質なところ」は、

「北朝鮮が全体でも1%経済成長している」とまで「広報したところ」だ。

「北朝鮮の本当の経済実態など、誰も分からない」。

「劣悪である事だけは、全体を外から見れば、良く判る」。

「食料不足さえもが露呈している」のが「北朝鮮の実態」だ。

「経済が衰退しているところを粛清等で潰したり、

経済データに入れなければ、

制裁下でも1%成長というデータの捻出は可能」だろう。

「しかし、そんなモノが実態を反映している訳も無い」』。

『「北朝鮮問題」を「解決する為に必要な事」は、

「中国も含めて、制裁をより強める」と「共」に、

「北朝鮮外で行われている北朝鮮による工作活動を徹底的に撲滅する事」だ。

「制裁を緩和したり、

人道上だから等と、悪戯に支援したり、

対話に成り得ない対話を復活する事」は、

「北朝鮮現政権の延命」と「北朝鮮が保有出来る核・ミサイルの増大」に「直結している」』。

『「北朝鮮崩壊」ならぬ「北朝鮮解放」は、

「道を誤らなければ、直ぐにでも出来る」。

「工作活動を撲滅すれば、

戦争となれば、アッと言う間に負ける北朝鮮が選択出来る道は、限られている」。

「日本の公共の電波を使っているテレビ番組」が、

「北朝鮮の手先状態」という「異常事態」は、

「即刻是正されて然るべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

メッシの{偽善}で、アフガニスタンの子どもが難民化だと・・・。

『「アフガンのサッカー好きな少年が、ネットに動画をアップした」ら「人気再生サイトとなり、メッシがプレゼントにユニホームまで送った」ら「有名人化した少年を狙う者たちが周りにウヨウヨ状態となり、該当少年の家族は、難民化してしまった」のだと言う。

「その国の現状の状態や文化等の実態・実体を十分に考慮しない商業スポーツ有名人によるサービス」の「実態・実体」は「偽善にしかならなかった」様だ。

「得られた結果」が、

「該当家族の難民化」では、

「ユニフォームを送った有名人選手」や「送られた少年やその家族」にとっての、

「オウンゴール偽善自虐劇等にしかなっていない」。

「何故か?」』

『「この事例」は、

「商業スポーツ名人の有名人」だからと言って、

「現状人間社会の中で、常に、正当な判断を行える訳では無い事」を

「計らずも、実証してしまった事例」だ』。

『「実体として」は、

「困窮社会の中で生きている状態と推定される該当少年」は、

「まるで、宗教に救いを求める如く、サッカーに救いを求めていた」のだろう。

「その救い渇望感等」に「多くのネット市民等が共感した」のだろう。

「そして、そのサイトは人気サイトとなった」。

「其処までは、決して良い状態では無いが、更なる大きな問題を引き起こさない状態」だ。

「ところが、其処に有名人選手が入り、応えてしまった事」で、

「事態が急変した」。

「有名人選手のユニフォーム送りで、有名人化してしまった該当少年側」と

「少年が暮らしている社会の中の他の人々側との間」に、

「有名人選手と有名人選手を過剰に重大に扱っている人々というバックボーンを持つ、

重大な格差を生じさせてしまった」。

「困窮化している社会状態の中」に、

「盗めば大金になる元の様な事が生まれてしまった事態」を「引き起こしてしまった」。

「そして、該当少年とその家族は、難民化した」・・・』。

『「何事でも順序がある」。

「本質的には、現実逃避受け皿産業等である商業スポーツの有名人選手等」が、

「その社会で暮らす人々にとって、

健常なレベルの代償欲求追及や現実逃避の受け皿等として収まる状態が無い所の場合」は、

「有名人選手が利権やプレゼント等を与える前に、社会の健常化が必要」だ』。

『「利権の原寸大化も重要」だ。

「商業スポーツ等の名選手とは、そのスポーツにおいての名人等には違いない」が、

「だからと言って、人々の同一視等の思い等を被せて、大金や大権等を与えるに相当する存在では無い」。

「人々の現実逃避心等」を

「より容易に被せられる様にする為」に

「便利な方法の一つ」は、

「多くの人々の同一視対象となっている人気有名人選手等」に

「大金や名誉等を与える事」で、

「その商業スポーツの経済価値を上げてしまう事」だが、

「その実体」は、

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、意図的に作り出している金権バブル」だ。

「実体や事実・現実との整合性が高い原寸大の実体評価上」では、

「そのスポーツ等の名人は、

そのスポーツ等の名人として、

現実的に相応の報酬等が妥当な人」だ。

「ところが、現状の実体・本質評価基準では無い、インチキ経済システム上」では、

「需要と供給によって者・物・事の値段等がゾンビの如く一人歩き出来ている」。

「需要と供給の元」が、

「実体や事実・現実に基づいてでは無く、

多くの、或いは、実権を持つ、人々の、考え・思い等に基づく」という

「お寒い実態」だ。

「ゾンビバブルが生み出した超大金持ち・大権持ち選手の実体」は、

「現実離れしたグロテスクなモノ」で、

「そんなモノにされる方も、

そんなモノをつくり出す方も、

本質的には、本当にどうかしている」。

「大金を持つ有名人選手等が、大権まで持つ様になれば、

もはや、その商業スポーツ界自体が、独裁国家みたいな状態になる」。

「独裁国家と同様な事を歓迎し、喜べる様」では、

「自由主義・民主主義圏の民としての資質が疑われて当然」だ』。

『「多くの民の資質が劣悪状態」なら、

「上辺では、自由主義・民主主義等を謳っていても、内実では、独裁国家みたいな状態となる」のは、

「現状の所謂先進諸国等を含む数多くの国々の実態・実体を探求・検証等すれば、誰にでも分かる」。

「今時の全ての人類に求められている事」は、

「狭義の自分の民度等の正常進化」だ』。

『「メッシの失敗」から、

「多くの人々」が

「順序」と「原寸大」の「重要性」を

「心の底から認識出来る様に、

学んでいるなら、

良いのだが」』。

|

NHKGOSENZOだと・・・。

『「こんな番組をやっていれば、より人間社会が平和になるのか?より殺伐となり易くなるのか?」は、「もはや、言うまでも無い」だろう。

「特定血統の下の生まれた利権を宣伝して増大させれば、

不公平感等が増す事はあっても、

多くの人々が、心底から、公平や平等を感じ、心平穏に他の者・物・事を認められる状態に落ち着く事からは、遠ざかる」のが、

「自然の摂理」だ。

「科学レベルで判明している現実」として、

「人類の世代交代は、個の保存では無く種の保存である事も絶対に忘れるべきでは無い」。

「更に、実態を検証する」なら、

「それこそ四世代も違えば、他人の方が近い場合も多い」のが「現実」だ。

「特定血統故の利権等は、歴史文化遺産等として葬られるべき事」であり、

「今時の人間社会で、テレビ等の大量情報配信機関まで使って維持~増大させるべき事では、

断じて無い」』。

『「人間社会をより殺伐とさせる方向に、公共の電波等を使って力を加える事」は、

「実質的には、大悪事」だ。

「戦後日本の文系の者たち」は、

「上記程度の当たり前の事さえ???」の「代わり」に、

「上辺では、優等生ぶり正義ぶりながら、

日本に自虐を求め、反日他国人脈を利す、情報配信等を行う事等」は

「得意に仕立てられている場合が多い」。

「反日他国人脈による有益分子化教育の実績其処に在り」だ。

「もちろん、そんな有益分子化された状態からは、

一刻も早く狭義の自分を解放し、本来の狭義の自分を取り戻すのが、

今時の日本人の常識」だが、

「情報配信側の実権を持っているのが本来の日本人では無く、

反日他国人脈の帰化工作員等だったりしている場合も少なく無い」のが、

「戦後日本社会のお寒い実態」だ。

「そんな異常事態の是正が、急務である事」は「言うまでも無い事」だ』。

『「本質的な大悪事等を行っている劣悪な者たち」に、

「公共の電波を使うテレビ・ラジオ等の仕事を行わせ続ける必要は全く無い」。

「特に、神輿の上の象徴では無い、現場実権者たちの責任は重大」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

米国大統領選、共和党トランプ氏決定的で、顔色が悪くなっている様相の常連出演者たち・・・。

『「日本のテレビ常連出演者たちの多く」は、「反トランプ派で、当初は、{絶対に、落ちる!}等とまで、言っていた者たちも少なく無い」。

「しかし、今出ている結果」は、

「共和党側の候補」は、

「トランプ氏でほぼ確実に決まり」だ。

「常連出演者たちの、隠し切れない落胆等の様相」の「裏にあるのは何か?」』

『「トランプ氏の勝利」とは、

「既存の実権者たちの枠の外から、

大統領候補までもが出現出来る、

民主主義社会の実態」の

「一つの実証」だ。

「日本も、一応は、米国同様の、自由主義圏の民主主義社会国である事」を「考える」なら、

「日本でも同様の事態が起きる可能性が大いにある事」を

「実証した」のが、

「トランプ氏の勝利」になる』。

『「現状権力者たちダケを押さえ、

実質的情報統制や大衆誘導や

有益分子育成工作や不適応分子粛清工作等を

行っていたところ」で、

「民意を封じ込めたり、

操り続けたり

し続ける事は出来ない事」を、

「露呈させた」のが「トランプ氏の勝利」だ』。

『「民主党側でも、

旧態依然とした現状実権者人脈側のクリントン氏を、

サンダース氏が追い詰め続けている」。

「カリフォルニア州でもサンダース氏が大勝利し、

自由投票が可能な代議員の多くが

有権者民意によりサンダース氏側に付かざるを得なくなる」なら、

「逆転もあり得る事態」だ』。

『「米国では、明らかに、新たな風が吹き始めている」。

「同様の風が日本でも吹き荒れる」のも「時間の問題」だ』。

『「日本国内の現状実権者側であるテレビ常連出演者等」が、

「その座を失う日も、そう遠く無い筈」だ』。

『「現状で上手く行っているなら、

現状権力者たちが実権を持ち続ける事にも、それなりの正当性がある」が、

「現状は決して上手く行っていない」。

「戦争やテロや殺傷事件は起き続け、

格差も広がり続け、

利権偏在状態の是正も遅々として進まない」。

「こんな現状で良いと言える」のは、

「現状であるが故に有利・優位な者たちくらい」で、

「そんな現状故に可能な私利追及者たちの割合」は、

「言うまでも無く、圧倒的に少ない」。

「実権を持っている者同士の合意のみが、現状維持派の残された糸」で、

「その残された糸の保持~増強等を

多くの一般市民を騙し、操り、コントロールしながら、

頑張り続けて居る様相」だが、

「そんな醜悪な実態・実体は、既に、バレバレ状態」だ。

「現状の現実離れの是正」は「世界中何処の国でも、急務」だ』。

『「どうすれば良いのか?」も「既に、はっきりしている」。

「急速な進化を実現して来ている物質文明側同様」に、

「精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

製品等をつくり、実用すれば良いダケ」だ。

「精神文化側の製品」とは「法であり、政治であり、情報であり、教育等々」だ』。

『「進化し続けて来ている物質文明と同レベル以上の精神文化を全ての人類が持ち続ける事のみ」が、

「物質文明を進化させ続けながら人類が存続~永続出来る唯一無二の道」だ。

「そうで無ければ、

近未来において、

旧来の考え・思いレベルの精神文化に執着している時代遅れの者、

或いは、

人類の精神文化の正常進化が行われていない事に絶望感を持った者等が持つ、

手のひらサイズの核兵器より遥かに大きな破壊力を持つ進化し続けていた物質文明等により、

地球自体が消滅=当然、人類も全滅等の事態が実現してしまう事になる」』。

『「時空の実体を探求する」なら、

「時空エネルギーの平和利用も破壊利用も出来る様になる」のが、

「物質文明の進化がもたらして来ている現実」だ。

「時空エネルギーの平和利用」では「重力制御等が可能になる」。

「破壊利用すれば、地球を消滅させる事など簡単な時空穿孔機等の実用となる」』。

『「今時の人類にとって必要な情報配信が行えていない常連出演者等」に、

「公共の電波上」で、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「科学レベルで実証出来る常連出演の正当性が無い常連出演自体が、

特定極一部の者たちの有名人利権を不当に増大させる絶対悪」だ。

「何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかりが主流・・・」という「現状」は、

「本当に酷い」。

「是正は、急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化」は「急務」だ』。

|

ベランダの植物への水やりに出たら・・・。

『「東南~南方向の建物から強烈な工作電磁波が当てられ続けている」。「浴びると、まるで、電子レンジの中は、こんな感じでは?等と思わず、想像してしまうくらい」の「擬似高周波化されている電磁波の様相」が「良く判る」。

「工作電磁波は、確実に更新され続けて居て、その方向も、間違い無く、基本的には、よりエネルギーが高まる事に直結している擬似高周波化の方向」になっている』。

『「こんな非人道的な悪事が放置されたままで良い訳が無い」。

「政府・与党・警察等も、早急に実効のある対策を行うべき」だ』。

『「因みに、ベランダには植物が置いてあるから、当然、その植物にも工作電磁波が当てられ続けている状態」だ。

「生体に対する影響を綿密に検証出来る材料は、既に在るという事」だ』。

『「以前は、工作電磁波が来る方向の窓辺に、水槽を置き、金魚等を飼っていた」が、

「ちゃんと空気を送るポンプ付きの水槽で、それなりに、手入れもしていたのに、余りにも、早く、金魚たちが死んでしまうので、止めた」。

「植物の耐性は、金魚よりは強い様」だが、

「見かけ上でも、工作電磁波による変化を観察する事が出来るレベルでは・・・」と「なりつつある様」だ』。

|

本日は、東北方向斜め上からの工作電磁波が旺盛になっているが・・・。

『「上・下の事を記したら、寝ている時は、北西の斜め下から、起きた後は、東北の斜め上から、・・・と、主たる工作電磁波を発生させている場所を変えている様相」だ。

「もちろん、筆者の居場所や体勢を覗き見していないと、筆者に当て続ける事は不可能」だから、

「覗きと、工作電磁波の強さのコントロール等」は、

「相変わらず、上方向の者たちが行っている」と

「強く推定出来る」』。

『「筆者に向かって工作電磁波を当てられる、

筆者の住処の周りの、数多くの場所に、

コントロールの下で工作電磁波を発生させる事が出来る仕込みを行っている様相が露呈」している。

「該当場所に在る電気機器や、電源や電線等を徹底的に調べれば、

相当の数の工作電磁波発生仕込みが押さえられる事になる」』。

|

報ステでは未だに、「平和憲法教の布教」を行っていたが・・・。

『「マッカーサーと幣原総理(当時)の対談上で、幣原総理(当時)側から戦争の放棄と天皇制の維持が提案された」旨の「情報配信があった」が「それは、実質的に、外すべきでは無い重要要素を黙殺した偏向・偏重情報」だ。

「絶対に、忘れるべきでは無い事」は「対談時の両者の立場と実権」だ。

「占領軍の将であるマッカーサーの方が圧倒的に優位な立場・実権を保持していた事」は「絶対に無視するべきでは無い」。

「幣原氏は、幣原氏なりに、日本の為を考えて、天皇制の維持を第一にマッカーサーとの対談に臨み、

その対談の中で、日本の無害化を望んでいる占領軍の将にとっても都合が良い、

理想としての世界平和や不戦の思いも語った」のが

「対談の実態・実体」だ。

「其処に、在ったのは、日本国民の総意等では無く、

占領軍の将であるマッカーサーの都合にも沿う、

天皇制維持を第一に考えていた幣原氏の言葉に過ぎ無い」。

「その後、占領軍により実際の憲法が作成された」のが「史実」だ』。

『「報ステでは、

全体像を抜きにし、部分を偏重し、偏向した、

新興宗教的な{平和憲法教}論」を

「一方的に大量配信していた」。

「まるで、戦前の朝日新聞等が、

国家神道という新興宗教に基づいた旧日本軍やその実績等を

大々的に宣伝していた時と同様に!」』

『「ご用達法学者等」によれば、

「不戦や武装放棄や世界平和の理念」は「9条と一緒に捨てるに惜しい事」だそうだが、

「それは、本来、現実的であるべき憲法等の法律論とは、全く別次元の話し」だ。

「法学者なのに、現実との整合性が高い法律論を言えず、

{平和憲法教}という新興宗教の布教に努めているその様」は、

「法学者としての適性の無さや力不足等を露呈している」』。

『「人類史上でも、その国の中での武装放棄等が可能となって来ている裏に在る」のは、

「法や宗教等では無く」、

「仕事や報酬や衣・食・住・情報・教育環境等の充実という、

武装放棄を可能とする人間社会実態の現実」だ。

「逆に、法や宗教等で、どんなに武装放棄や世界平和等を訴えていても、戦争やテロが収まらない」のも、

「仕事や報酬や衣・食・住・情報・教育環境等に

戦争やテロ等を誘発する実態・実体が在るから」だ』。

『「人類誰もの仕事や報酬や衣・食・住・情報・教育環境等の充実を誘う、

現実との整合性が高い法体系や法律等を考え・提案したりする」のが、

「法学者本来の仕事」だ。

「地方レベルの法律でも、国レベルの法律でも、世界レベルの法律でも、適用範囲や実践に係わる詳細等が変わるダケで基本は変わらない」』。

『「公共の電波上で、新興宗教{平和憲法教}等の布教を行い、

実質的、日本虚勢化・無害化・弱体化情報工作等を行ったりする」のは、

「法学者では無い」。

「そんな事は、反日他国人脈の情報工作員等のやる事」だ』。

『「日教組等の教師や教育等により、

反日他国人脈の有益分子化されて

操られている様相の

哀れな日本人も、

少なからず居る」のが、

「戦後日本のお寒い実態」だ』。

『「史実」として、

「現行の日本国憲法が占領軍作である事」は、

「もはや、何の疑いも無い現実」だ。

「製作の過程で、

占領軍の将であるマッカーサーが当時の総理大臣の幣原に、

参考意見等を聞く事が有ったダケ」だ。

「この事をして、現行憲法は日本人がつくったかの如きイメージを持たせようとする事」は、

「実質的に、多くの視聴者を現実離れしたイメージで操ろうとする大悪事」だ。

「占領されている側の者の参考意見」は

「あくまでも参考意見」であり、

「其処に日本国憲法の主体が在る訳も無い」。

「占領軍にとって都合の良い部分ダケが取り入れられた」のが「現実」だ。

「幣原総理(当時)の第一希望」は「天皇制の維持」だった。

「それ以外の部分では、天皇制の維持の為に、マッカーサーの心にも響く、耳障りの良い言葉を並べ、感動させたダケかも知れない」。

「故吉田元総理によれば、幣原は言わされた・・・との事」で、

「上記の様な当時の状況からも、

故吉田元総理の言われた事が、史実により近い実態」だと「強く推定出来る」。

「日本側が幾つもの都合の良い事を通せる様な状態」が、

「マッカーサーと幣原総理(当時)の対談に在り得た訳も無い」』。

『「史実」として「占領軍作」である事が「はっきりしている現行日本国憲法」だが、

「新興宗教{平和憲法教}の道具として使う為」には、

「非常に都合の良い部分が多い」。

「何しろ、

占領軍による

日本虚勢化・無害化戦略と

天皇制維持の為の現実離れしたリップサービスが元、

みたいなところがある」のだから、

「現実離れした理想論が山盛り状態」だ。

「宗教論や文学論等として捉えるなら、一つの理想像が描かれているのでアリ」だろうが、

「法律としては、現実離れ度が高過ぎているから是正が必要」だ』。

『「現実との整合性が高いが故に、権威も実効も持てる」のが、

「法律」で、

「現実との整合性は問わず、理想等を訴え、理想等の中に多くの人々の考え・思いや心等を惹き付け、現実逃避させる」のは、

「実質的には、宗教の経文等」だ。

「南無阿弥陀仏や南妙法蓮華教等をどんなに唱えても、現実としては、実在しないあの世に丸ごと一人のまま行ける訳も無い」。

「キリスト教をどんなに信じていても、現実としては、免罪符は、免罪符に過ぎず、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している人類の狭義の個体が丸ごと復活~再生等する訳も無い」。

「現実離れした宗教が実現して来ている」のは、

「信者の現実逃避の受け皿としての役割や、内部対立~分裂や、宗教戦争等」だ。

「世界平和を実現する為に必要な事実・現実を積み重ねる事」で、

「世界平和は実現出来る」が、

「多くの人々の宗教による現実逃避等への依存が招くのは、聖書等を読めば誰もが良く分かる様に、人類滅亡と相場は決まっている」』。

『「70年も前の占領軍作の憲法のまま・・・」という「事態」は

「日本社会の現実と法律の整合性を大いに阻害する」。

「時代相応の現実との整合性を高める憲法改正」が「必要」だ』。

『「それなのに、平和憲法教の布教を行っている事」の「実利」は「何か?」

「はっきりしている事」は、

「選挙時に、改憲否定政党や候補者等を利す効果が有る事」だ。

「更に、多くの日本国民が現実離れした理想像等に依存する宗教信者的状態となれば、

日本社会自体の弱体化も招く事になる」。

「弱体化した日本社会の中では、スパイ・工作活動等もやりたい放題」だ。

「日本の国力が衰える事は、相対的に反日他国等の国力を上げる事にも直結する」。

「反日他国人脈による、日本乗っ取り支配工作や、日本弱体化工作の為」なら、

「平和憲法教の布教」が「実利上の整合性を持つ事になる」』。

『「憲法改正に当たって」は、

「基本的に、日本の国内法なのだから、他国への過剰な配慮等は全く必要無い(他国への過剰配慮=実質、該当他国による日本の内政干渉となる)」が

「世界平和が実現出来る事実・現実の積み重ねに有益な

科学レベル以上で判明している実体や事実・現実との整合性が高い法整備を行うべき」だ』。

『「必要な改憲」なのに、

「平和憲法教等の布教により、

日本を現実離れさせ、

現行憲法下のまま、

日本を無害化・虚勢化・弱体化させ続けたがっている様相の連中が

未だ、少なからず居る」のは、

「戦後日本の情報・教育等が異常だから」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

朝日新聞、キラキラネーム読めない{学が無い}90歳投稿問題・・・。

『「その実態」は、「直ぐに理解出来ない者・物・事でも非難等せずに認めましょう!運動=大衆無害化&新名政党である民進党応援情報工作の一手」だろう。

「投稿者の実体は???&朝日の取り上げ&ネット界での煽り&テレビ常連出演・政治運動家・脳科学者がキラキラネーム側を擁護」という「実態」からも、

「前記の実態の臭いが濃厚に漂って来ている」』。

|

本日も、特に、上方向の悪どもが、覗きと電磁波工作に熱心な様で・・・。

『「就寝時には、下方向等からの強い工作電磁波も来ている様相」だが「昼間は、滞在時間の長いリビングの椅子に腰かけている時等の上等の方向から工作電磁波が結構、強化されている様相」だ。

「台所に行けば、台所の上、トイレに行けばトイレの上、風呂に入れば風呂の上」から、

「工作員たちが覗いていると共に工作電磁波を当てて来ている様相の実態が在る」。

「そんな実態は、元が同じ人脈の者たちが上に居る限り、変わらない」と「強く推定出来る」のは、

「住民が変わっても、やっている事は基本的に同じだから」だ。

「超高確率で、筆者の真上に存在し続ける為には、覗き等の行為が必要」と「強く推定出来る」。

「筆者に工作電磁波を当てる為には、その為の機器も必要だから、その機器を移動する音等が伴っているのも、当然の現象になる」。

「筆者が体勢を変えたり、位置を変えたりすると、一端は工作電磁波から外れ、その後、機器の移動音と推定される音の後、工作電磁波に見舞われる様な実態が在る」のも、

「上記の様な実態故」と「強く推定出来る」。

「悪権力者の命令の下、出先のターゲット近くで、工作実務を行わされ続けている」のは、

「使い捨ても可能な下っ端等」で「監視付き」と「強く推定出来る」。

「工作実効が上がったりする」と「組織内での出世等があるのかも知れない」が、

「工作に気付いている筆者の様な者をターゲットとして指定された者たち」だと、

「工作を行えば行う程、その実態等をバラされたりする」から、

「待っているのは、粛清等」だろう。

「粛清される前に、

工作機器等を持って、

日本の警察等(もちろん、地方警察では無く、本部の然るべき部署)に自首した方が賢明だと思うが」』。

『「工作電磁波強化等には、昨今の記事内容が影響している可能性も高い」と「強く推定出来る」』。

『「終戦時に火事場泥棒等を行った連中」とは、

「悪権力者の意志に従った集団」だ。

「そんな集団が、終戦当時、既に、日本全国各地に居た」のが、「実態」で、

「正に、意図的に工作集団を配置していた様相が其処に在る」。

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒行為」から「程なく」、

「悪権力者同士が戦争を始めた」から、

「その集団も割れた」のだろう。

「そして、割れた集団の一方では、拉致等の工作活動に対する協力が連綿と続けられている」と「強く推定出来る」。

「同民族だから・・・等と、割れたもう一方の方も、協力している場合も少なく無い」。

「何れにしても、双方とも、その目的は、日本を乗っ取り支配する事等だ」と「強く推定出来る」』。

『「未だに、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の非人道的な工作活動等まで行い続けて居る様な連中」には、

「厳罰が与えらえて当然」だ。

「未だに、法整備も不十分なまま放置し、十分な摘発もしていない日本の警察や政府等」は、

「明らかに異常」だ。

「もっと異常なのは、工作実態を告発さえしないマスコミ等」だ。

「本気で少し調べるなら、マスコミ人なら、それこそ、誰でも掴める実態が在る」のに、

「オチャラケ記事等で、集金する低俗な仕事???に現実逃避している様」は、

「マスコミ人としての資質を大いに疑われて当然の状態を露呈している」。

「もっとも、戦後日本の情報・教育界では、悪権力者人脈の者たちが実権を持ち、蔓延って来ている実態が在る」から、

「日本に対して自虐を強いる情報・教育が蔓延って来ていた」。

「実権者が、人脈的に、実質的に、汚染・感染等の状態下に在るのが戦後日本の情報・教育界」で、

「そんな状態だから、本来のマスコミの仕事も出来ていない」のだろう。

「情報・教育界の実権者人脈も含めた正常化は急務」だ』。

『「何れにしても、未だに、反日他国悪権力者の手先として、日本国内で、非人道的な工作活動等までも、行っている者たちまで居る」のが、

「戦後火事場泥棒連中の実態」だ。

「火事場泥棒厳罰法」等を「早々に成立させ、終戦直後にまで遡って適用する」なら、

「戦後日本で蔓延り続けている不健常事態のかなりの部分が排除出来る筈」だ。

「一億総活躍社会の為にも、

非人道的な工作活動等による

邪魔や迷惑行為や妨害行為や盗み行為等の排除」が、

「絶対に必要」だ。

「この重大事を行ってこそ、

日本国・日本国民の為の政府や与党や警察等として、

初めて、多くの一般日本国民が、真に、ちゃんと認める事が出来る状態が生まれる」。

「日本国・日本国民の為の政府や与党や警察等なら、この重大事を行わない方が異常」だ』。

『「戦後の日本国内で連綿と行われ続けている反日他国人脈系の電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の非人道的な工作活動の徹底排除等」は、

「急務」だ。

「拉致問題の解決にも直結している」のが、

「日本国内の工作員や協力者等の徹底摘発」だ』。

『「余りに対策が遅い」と「地球自体が無くなってしまっても、何の不思議も無い」のだから、

「政府・与党・警察等は、意識的かつ積極的に、近々結果を出せる有効な対策を行うべき」だ』。

|

昨日の深夜には、橋下と羽鳥が熊本地震「火事場泥棒等に対して厳罰を与える様にするべき」等と言っていたらしいが・・・。

『「法」は「実体や事実・現実との整合性が高くなければ、その権威も実効も薄くなる」。「上辺の結果等ダケに基づいた悪平等状態」には「是正されるべき必然性が在る」。

「もちろん、火事場泥棒等の厳罰化は、正当」だ。

「犯罪結果が、同じ程度の金品等の窃盗」でも「通常時と被災時等では、その犯罪が実行された状況に大いなる差が在る」』。

『「事件・事故等が起きた時の状況差を反映し、法の是正を行った実例」として、

「飲酒運転等の問題が在る」。

「飲酒運転等の厳罰化が実現した様」に、

「火事場泥棒の厳罰化も意識的かつ積極的に、早急に行うべき」だ。

「国会議員等は、ちゃんと仕事をするべき」だ』。

『「事件・事故等が起きた時の状況差をちゃんと反映させる事」を、

「基本ロジックとして常用する」なら、

「現行法でも、どんどん現実との差を縮めて行く事が可能になる」。

「ヨーロッパ等では実例が在る」が、

「例えば、交通違反の反則金等の罰金を所得等応分にする事で、

お金等の有る/無しによる不公平状態を取り除き、

罰としての実効を持たせている」』。

『「悪平等状態を、

現状日本社会や世界情勢や該当者の全体像等々を

科学レベル以上で判明している実体や事実・現実に基づいて反映させた

相対的な公平状態に是正する事」は、

「法学者等が、意識的かつ積極的に提言等する」と「共」に、

「国会議員等、立法府の者たちが、積極的に実現べき仕事」だ』。

『「ところが、現状」では、

「所謂、文科系の者たちの実仕事レベルが、考え・思いによる納得レベル」と、

「余りにも、要求水準より低過ぎる」から、

「この手の在って当たり前の是正」さえ、

「飲酒運転問題時の様に、世論圧力等に押された事のみが、渋々と是正・・・状態」だ。

「必要な仕事をロクにこなせていない連中」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「橋下も、言ったのは、火事場泥棒には厳罰を!ダケ」で、

「是正の基本ロジックさえも、言えていない」。

「根本的大改革が必要な今時」なのに、

「そんな状態では、本当に情けない」』。

『「もちろん、火事場泥棒等厳罰法等」は、

「早急に法整備&施行され、

終戦時の火事場泥棒等にまで遡って厳重に適用されるべき」だが・・・』。

『「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実と整合性を持つ正当な法是正の基本ロジックを訴え、

現状日本社会の全体像を、今時相応に進化させてこそ、維新」だ。

「維新という言葉ダケ大々的に掲げ、テレビ有名人がリーダーシップを取ったところで、

維新には成り得ず、

醜い政党内実権や支配権争いとなってしまった」のは、

「維新に必要な実体が欠如していたから」に他ならない』。

『「未だ、維新立ち上げ時~と同レベルの論を、公共の電波上で一方的に大量配信していた」のが、

「橋下の実態」だった。

「どこでも羽鳥」は、

「論じるにも価しない」。

「常連出演自体、実質的には大悪事」だ。

「早々の是正が必要」だ』。

『「多くの日本国民も、世界中の人々」も、

「現状の行き詰っている人類世界を一気に健常化する維新」を

「少なくとも、内在的には、欲している」』。

『「実体を伴った真に骨太な基本ロジック」として、

「科学レベル以上で判明している人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性を取る事」が「在り」、

「その基本ロジックを人間社会に反映させる為の一つの手段」として、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を忠実に反映させた

悪平等では無い、相対的な実体を伴った公平性を持つ法整備が在る」』。

『「情報・教育等」は、

「それらのベースともなる、

今の人類に必要な精神文化の急速な進化の助けになる内容が主であるべき」だ。

「歴史や雑学や有名人や金品等々に依存させ、多くの人々の内在的現実逃避等を煽る悪事」が「主」では、

「人間社会がまともになる訳も無い」』。

『「自分の実体さえ???」な「不安満載状態の迷い子たち」は、

「そんな状態の自分を直視する事から現実逃避したがる」と「共」に、

「頼れると考え・思え・信じ込めたりする者・物・事等」を

「亡者の如く求め続け彷徨い続けている」。

「悪どもは、彷徨い続けている亡者状態の人々を操る事で利権を貪り続けようとしている」。

「今、必要な事」は、

「人類誰もが、

先ず、自分の実体や自分の実体の本来の目的を理解・把握し、

彷徨い続けている亡者状態から、個々がそれぞれ狭義の自分を救い出す事」だ。

「頼れると考え・思い・信じられたりする者・物・事等への執着から自分を解放」し、

「今時の人類として、行うべき事を自らに問う事」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事を支配・コントロールしようとしたり、

他の者・物・事に自分を支配・コントロールさせようとしたり」していた

「悪習」から、

「全ての人類が抜け出す」なら、

「自然の摂理が与えた、人類も含む地球の生命体の世界」は

「基本的に世界平和状態である事」が、

「誰にでも分かる事になる」。

「現実離れ、実体離れしている、考え・思い・信じ等が、その世界平和状態を壊している」のだ。

「そんな悪習から、全ての人類を解放する{維新}」が、

「世界中で求められている」』。

『「せっかくの公共の電波」も「実効のある有効利用をするべき」だ。

「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

NHKニュースでは、世論調査???で、改憲賛成派が改憲反対派を下回った旨言っていたが・・・。

『「憲法を宗教的お題目等と捉えている方々」は「改憲反対でも何の不思議も無い」。しかし、「憲法も、他の法律同様、現実人間社会の実用法だと捉えている」なら、「改憲反対は在り得無い」。

「話題の中心」である「9条問題にしても、現実的には、自衛隊は軍隊」だ。

「現実に合わせる」なら、

「自衛隊を無くす」か、

「憲法でも、軍隊の保持を認めるか」の「二択になる」』。

『「ここで、自衛隊を無くすと言えちゃう方々」は、

「相当な平和ボケ」だろう』。

『「軍隊が実在する」なら「その通りの実態を反映した現実的な憲法を始めとする法体系が在って然るべき」だ。

「そうで無いのなら、法律自体が、現実離れした宗教的なモノとなり、

そんなモノでは、

今時、多くの人々の納得や同意等が得られる訳も無い」。

「改憲否定派の方々」は、

「この現実をもっと、もっと、ちゃんと認識するべき」だ』。

『「現実を反映したモノであってこそ、法律にも、相応の実効力が伴う」。

「現実を反映するという意味」からも、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実との整合性を持つ法体系の整備は急務」だ。

「法学者やマスコミ人等で、この根本的な問題に気付けていない」のなら、

「そんな者たちには、法学者やマスコミ人としての基本的資質等が無い事が立証されている様なモノ」だ。

「必要な資質無き者たち」に「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「そんな自虐業を蔓延らせていれば、人類自体が危うくなる」』。

『「戦後の日本社会の実態」は、

「資質無き、ばかりか、反日他国の手先的マスコミ人等による大衆マインドコントロール等によって、

世論が捻じ曲げられ続けて来ている異常状態」だ。

「ネットの普及により、マインドコントロール状態から解放されて来ている方々が増え、

幾らかは、世論等是正の動きも見えて来ている」が、

「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の圧倒的に優位な情報・教育配信機関が、

実質的には、反日他国人脈に牛耳られている状態である上」に、

「決して少なく無い割合の一般日本国民が、実質的に、そのマインドコントロール下状態」だから、

「本来の日本に在るべき論等が、主流になれていない」。

「戦後の日本国内では、明らかな異常状態が続いている」』。

『「元々、日本人は、現実主義であり実利主義」だ。

「だから、実際に、江戸時代には、幽霊画まで流行っていた」。

「幽霊の実在を本気で信じているなら、在り得ない事態」だが、

「客人を驚かす為に、招いた側が、幽霊画を飾ったりして、

客人の驚きと、その後の両者の対話等楽しんだ事等」は、

「幽霊の実在自体を、信じていない者同士だったからこそ、

成り立っていた実態」に他ならない。

「その様な現実・実利主義」は、

「欧米列強が、植民地支配に走れば、同様に、植民地支配に走った実態も招いた」。

「しかし、その先で、現実・実利主義から離れ、宗教的納得に縋った」から、

「現実的には、勝ち目が無い戦争にまで国家ぐるみで突入してしまった」のが、

「日本の歴史」だ』。

『「この日本の歴史から学ぶ」なら、

「失ってはならないモノが、現実・実利主義である事」は、

「誰にでも分かる」。

「改憲問題で、宗教的納得に縋り付く事の実体」とは、

「宗教的実体に縋る事であり」、

「戦前の旧軍部等に縋る事と同じ事態」だ』。

『「少し、冷静に考える」なら「上記程度の事」は、

「今時の日本国民の多くが、直ぐに解る事」だろう。

「それなのに、大衆に対する圧倒的に優位な情報配信機関であるテレビ・ラジオ等」が、

「上記程度の当たり前の事さえ言わない」ところに、

「戦後日本の情報・教育の異常状態」が「如実に現れている」』。

『「NHK」も

「韓(北朝も含む)・中共等ご用達、民主党(現民進党)人事状態」から、

「早々に脱し」、

「今時の日本社会にとって真に有益な情報配信に努めるべき」だ。

「現状では、上記の様な事さえ、十分に情報配信されていないのだから、マダマダ酷い状態」だ。

「是正は、急務」だ』。

『「公共の電波を使っている圧倒的に優位な情報配信機関である、テレビ・ラジオ界」の「是正」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番でも、未だに人依存を煽っていたが、旧社会・共産圏とは、指導者に人民を依存させる社会だから、ある意味、当然なのかも知れない・・・。

『「もちろん、今時は、古の時代の様」に、「依存出来るモノは主として人ダケ」という「時代では無い」。

「人類社会の依存文化」は、

「人ダケ依存

~武力依存

~物品・金権依存

~と

物質文明の進化と共に

微々たる進化して来ている」。

「人への依存を煽る」とは、

「その実体を大局的に見れば、

この微々たる進化にも逆行する、

もはや、お笑いレベルの自虐愚行」に他ならない』。

『「しかし、今時の人間社会」でも、

「未だに、

旧社会・共産圏や独裁国の様に、

人民を特定の人に依存させる事で、

国や社会等を成り立たせようとしているところも在る」。

「もちろん、精神文化の正常進化を疎かに、

旧態依然とした社会体制状態に多くの人々を縛り付ける

自虐愚行上に現れている人間社会」は、

「当然の如く、本当に悲惨な状態を露呈している」。

「その悪劣実態のホンの一部しか紹介されていないが、

北朝鮮、然り、

中国共産党支配下の中国然り・・・」である事は、

「北朝鮮教、中国共産党教等の信者でも無い限り、誰もが周知の事実」だ』。

『「物質文明の進化」は、

「依存出来る者・物・事」を

「人ダケから、

お金や、進化した物(武器や宝石や実用品や趣味・嗜好品等々)にまで広めた」。

「依存先が人ダケでは無くなった事により、

特定極一部の者を依存し易くする為に、

特定極一部の者に大権や大金や大立場等を偏在させ、与え続ける必要も無くなった」。

「人間社会は、民の独立性をより高めながら、民主化方向に動いて来ている」。

「人依存を煽る」とは、

「この民主化の流れに逆行するが、

人依存体制である旧社会・共産圏の様な人間社会の構築には有益」な

「情報配信や人民教育等」に他ならない』。

『「人類の精神文化が物質文明同様に、急速に進化出来ている」なら、

「依存からの卒業が成し遂げられていて当然」になる。

「人依存も、物・事依存も、依存に変わりは無い」。

「精神的に、他の者・物・事に依存している状態」とは、

「精神的自立が出来ていない状態に他ならず、

精神的には大人では無く、子ども状態である事」だ』。

『「精神的自立の為に必要な事」は、

「少なくとも、科学レベルで判明している実体や事実・現実と共に在る状態を得続ける事」だ。

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実と共にある状態を得る」と

「精神的落ち着きが得られる」。

「実体や事実・現実をありのままに認める事により人は、初めて、落ち着ける」。

「それは、例えば、親・兄弟姉妹や親しい人の死について考えてみれば良く分かる」だろう。

「親・兄弟姉妹や親しい人の死は、誰もが否定したい事の一つだろう」が、

「死という現実を受け入れない限り、落ち着けない」。

「逆に、死という現実をありのままに受け入れる」と「落ち着き、次等を、冷静に考えられる様になる」。

「事実・現実を基にした

者・物・事に対するより深い探求・洞察・実体把握等が

可能な精神状態も得られ、

上辺の現象や言葉やルックスや立場等々に誤魔化されず、

者・物・事の本質を現実的かつ客観的に理解・把握する事が出来る様になる」』。

『「そんな精神的大人状態を得ている人々の考え・思いや判断等の集大成を基に、

人間社会が構築される」なら、

「其処に在る」のは、

「人依存や物事依存等に溺れる未熟で自虐的な人間集団状態では断じて無い」。

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性をより高めて行く、

今時の人類として、当たり前の健常生活等が

現状より遥かに行い易くなる自虐性の薄い人間社会」と、

「その中で、生活している、

他の者・物・事への依存せざるを得ない状態で産まれて来るが、

健常成長し、

依存状態から卒業し、

精神的大人となり、

人類誰もの実体の本来の目的に貢献しながら生きて行く人々の集団等が

出来ている事になる」。

「其処には、

基本的に、

科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を伴わない

自虐的な格差も、

自虐的な争い等々も無い」。

「不要で過剰な依存状態等も無い」。

「人類誰も」が、

「科学レベル以上で判明している自分の実体やその実体の本来の目的を理解・把握し実用している

依存や代償欲求の追及等は遊びレベルに抑えられている、

健常な人間社会が在る」』。

『「日本社会等の自虐逆行等を防ぐ為」にも、

「未だに、旧社会・共産圏の文化等に執着している様相」の

「人依存等を煽っている、時代遅れの者たち」には、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「テレビ・ラジオ界の是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、角栄や石原や天才を大宣伝しているが・・・。

『「今、太閤記として読まれている」。「昭和はもう、歴史だ」。・・・等々は、「その通り」だろうが、

「このまま格差が増大すれば、また、角栄の様な政治家が生まれるかも知れない・・・」は、

「酷過ぎる話し」だ。

「多くの人々に、

特定極一部のリーダーや天才や指導者等を望ませる事で、

その下に人に頼った人間社会を構築する時代」は、

「とっくの昔に終わっている」。

「人依存の代わり」に

「金や権力等の物・事依存状態が続いて来ている」が、

「そんな状態は、もう卒業すべき時代」だ。

「もはや、今時の人類社会」は、

「人や物・事等に頼る時代では無い」。

「狭義の自分個体それぞれが、

実体や事実・現実を理解・把握し、

共有・実用する時代」だ。

「もはや、人類に、過去の精神構造の繰り返しは、許されていない」』。

『「それなのに、公共の電波を使って、

石原慎太郎氏著の田中角栄物語{天才}の宣伝」とは、

「テレ朝朝番の遅れ度」は、

「かなり深刻なレベル」だ。

「視聴者を遅れた劣悪状態に誘う事」で、

「日本社会の劣化等を起させる為の情報工作機関等では無い」なら、

「是正は、急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「ゲイノウ人の熊本地震騒動売りがトップニュース」という醜悪番組・・・。

『「以前から予約や招待等をしてあった結婚式等」なら「行えるなら行う」のは「当然の事」だ。

「だから、結婚式等を行った者たちには、大きな問題は無い」。

「しかし、その問題を公共の電波上等で、過剰宣伝する事で、該当者たちの有名人利権をさらに増大させようとしている情報配信状態」には、

「大きな問題がある」。

「一般市民感情や被災者感情等に思いが至っている」なら、

「未だ完全に落ち着いたとは言い切れない熊本地震の現状」からも、

「ゲイノウ人等の結婚式話題等」は「黙殺が妥当」だ』。

『「こんな時期に、公共の電波を使って、特定極一部のゲイノウ人等の有名人利権の増大に直結している情報配信を行なっている実態が示唆している事」は、

「公共の電波を

ゲイノウ人や芸能事務所や常連出演者等の為の道具等と

勘違いしている者たちがテレビ界等の実権を持っている事」だ。

「もちろん、公共の電波は、公共物」であり、

「断じて、特定極一部の者たちの利権増大の為のモノでは無い」。

「公共物を公共物として扱えない者たちに、公共の電波を使う仕事の実権を与え続けていてはいけない」』。

『「戦後の日本のテレビ・ラジオ等」は、

「公共の電波を使っていながら、

実質的に、

主として、特定極一部の者たちの利権を増大させる為」に「使われて来ている」。

「明らかに、異常で不健常な使用実態が在る」』。

『「特定極一部の者たちや、特定ゲイノウ事務所所属の者たち」のみが、

「蔓延れている現状のテレビ・ラジオ界は、本当に異常」だ。

「更に、その論調にも、大いなる偏りや偏重が在る場合が多い」。

「本当に酷い」。

「是正は、急務」だ』。

『「特定極一部の者たちのみが、何処の局でも、常連出演・・・という状態」は、

「直ちに禁止されるべき」だ。

「芸能事務所等とテレビ局の利権関係やその構造等は、

徹底的に開示され、

実効のある是正措置が取られ、

現状の異常性が健常レベルまで是正させられる様にさせられるべき」だ』。

『「公共の電波上では、論の偏向・偏重等は絶対にダメ」だ。

「何しろ、テレビ等による情報配信」とは、

「一度に、~何十万人~何百万人~もの人々に対し、

一方的にテレビ上で語っている者たちの論等が配信されている実態を持っている」。

「テレビ等抜きでは、誰も、そんな大演説状態を、連続で、行い続けられる訳も無い」』。

『「ナチス・ヒトラーのラジオ利用の大衆誘導と同様の大悪事」が、

「戦後の日本国内で、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等によって行い続けられて来ている」。

「実質的、大衆誘導状態は是正するのが当然」だ』。

『「常連出演は禁止」。

「論は、各論併記が基本」。

「事実・現実情報の配信に努め、事実・現実では無い事は、それが判る様に情報配信する」。

「判断は、視聴者に任せる」。

「・・・等々」が、

「公共の電波上の健常な情報配信の為には、必要」だ』。

『「例えば、

死の実体は、細胞ごとの現象である現実」や、

「人の考え・思いは、基本的に、単純化を好み、丸ごと一人で考え・思いたがる現実」等を

「十二分に情報配信した後」なら、

「幽霊物語等も、洒落や遊びレベルになる」から

「幽霊物語等が遊び程度の情報配信割合なら、健常状態になる」が、

「死や人の考え・思いの実体情報の配信が不十分な状態」で、

「幽霊物語等を悪戯に流せば、

その視聴者等が、

丸ごと一人の死生観という現実離れした死生観を

ゾンビの如く一人歩きさせる事も可能となってしまい、

その延長線には、

丸ごと一人の殺人や自殺等が生じ易くなる」。

「その害は甚大」だ。

「内実を伴っていない者・物・事に有名利権等を与えてしまえば、

その裏側で、多くの人々の中」に、

「内実などどうでも良い。利権を得れば良い。」等の

「自虐的な心理が芽生え易くなる」。

「自虐的な心理に行動が伴ってしまう」と、

「悲惨な人生を体現してしまう人々が増加してしまうと共に、

人間社会自体も悪劣化する」。

「その害」は「甚大」だ』。

『「情報配信や教育等、精神文化側の仕事をしている人々」も、

「製品の開発~製造等、物質文明側の仕事をしている人々と同レベル」に、

「科学レベル以上で判明している実体や事実・現実を実用した仕事を行わなければ」、

「人類は早々に滅亡してしまう事になる」。

「人類滅亡を避ける為」にも、

「情報・教育等の精神文化側の仕事の正常進化~正常化・健常化は急務」だ』。

『「内実の???」な「有名人等」や、

「過去の歴史等」に、

「多くの視聴者を現実逃避」させ、

「現実逃避故に、現実が分からず、内在的不安を増大させている人々」を、

「お手盛り製造による有名人や偏向論等で操ろうとしている大悪事」は、

「大悪事として、罪と罰が与えられるべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化」は「急務」だ』。

|

熊本地震、クマもん作者発案と言う嵐応援メッセージ問題・・・。

『「クマもん」も「嵐」も「人寄せパンダ商売上のモノ」だ。「利権共同体上のモノ同士」が「利権共同体の利権を増大させる為に協力する事」は「よくある話し」だ。

「果たして、そんな内実を含んでいる、嵐の応援メッセージ等」で、

「どれだけの人々が自分の実体から感動出来、どれだけの人々が(心の奥底での)反感等を覚えているのか?」

「言うまでも無く、芸能も含む精神文化側の仕事に対する本質的な正当性が在る対価」とは、

「人類の精神文化の正常進化への貢献分」だ。

「本質的内実が伴っていない者・物・事等を、

実質的に、押し売り的手法で、多くの人々の脳に摺り込む事による

マインドコントロール的商売」で、

「過分な利権等を得てしまっている者等」に対して、

「人々の中で起こっている素直な現象」は、

「断じて、称賛等では無い」。

「実質的、マインドコントロール下でヤクに酔えている様な者たち」のみが「上辺での称賛等を行えているダケ」だ』。

『「この手の問題の基本構造」は、

「個人が、他の者・物・事等に知らず知らずの内に、自分を投影・転嫁・同一視等」し、

「投影・転嫁・同一視の対象を知らず知らずの内に自分の一部にしてしまっている事の問題」になる。

「例えば、クマもん等のゆるキャラ」にしても、

「如何にも、人畜無害風な外面故に、

多くの人々の心の関門を容易に通り抜けている」が、

「多くの人々が覚える

=その人の脳神経ネットワーク上に取り入れる

=その人が自分の一部としている実体」が「其処に在る事」は

「積極的かつ意識的に、意識化されるべき事であり、絶対に忘れるべき事では無い」。

「何故なら、その意識無き者たち」は、

「知らず知らずの内」に、

「有名人等に狭義の自分を操らせてしまっている場合が多いから」だ。

「有名な者・物・事への過剰な依存状態を避ける為」にも「意識化と自覚は必要」だ』。

『「多くのゆるキャラの目的」は、

「特定のゆるキャラを多くの人々に覚えさせる事等」による、

「その地域等の利権増大」だ。

「つまり、実質的」には、

「企業コマーシャル等と同様の事」でもある』。

『「その実質的には、商売上の、クマもん利権の増大」と、

「嵐による新たな利権増大」を、

「復興に活かそうとする事自体」は、

「合理的かも知れない」が、

「問題は、復興利権と共に、クマもん利権や嵐利権も増大してしまう事」だ。

「復興利権への功績故と言えば聞こえは良い」が、

「その功績」が「特定個体等の意図的担ぎ出しによって、偏在させられる事」には、

「相応の抵抗感等が在って当然」になる』。

『「クマもん」は、

「大ヒットゆるキャラの座を得ている」が、

「その裏に在る」のが、

「嵐担ぎ出しにも繋がっている現状の芸能界やテレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈との繋がり」なら、

「大ヒットゆるキャラ誕生の仕組み等に関しても、

大いなる疑問等を感じる方々も決して少なく無い筈」だ』。

『「熊本の復興」は「大いに応援したい」が、

「ゆるキャラや、ゲイノウ人等には、過分な利権を与え続けたくない人々」も、

「決して少なく無い筈」だ』。

『「個人的には、嵐メンバー等の現状社会システム上で過剰に稼げている人々」は、

「応分の負担をして当然等と思っている」。

「届け出さえ有れば無料使用可能という、クマもん作者は、どれだけ稼げているのか良く知らない」が、

「有名人利権等を得ている者の一人として、応分の義援金等を期待している」。

「嵐メンバー等、現状故に稼げている人々からの高額の義援金等」は

「応分の負担として、大いに期待している」。

「どちらも、他の現状での高額所得者同様、暗黙の内に、応分の負担が滞り無く然るべきところに収められている事を願っている」。

「ちゃんと現状ゆえに稼げている人々が相応の高額義援金を出す」なら、

「その分だけで、復興資金等は十二分にある筈」だ。

「何しろ、現状の経済・社会システム上では、利権や富の多くが、高額所得者に集中偏在しているのだから!」

「そして」、

「震災を道具にした、有名人利権等の更なる増大に対しては、大いに抵抗感が有る」。

「何故なら、格差拡大に繋がるから」だ。

「同様の感を抱いている方々も決して少なく無いと思う」が』。

|

土・日・休日等は、上に電磁波工作協力者等が来ている場合が多い様で・・・。

『「本日」も「昼12時半頃から、上方向で、ゴトゴトと音が・・・、出先のホテル等で、しばしばある、少々の重さがある、覗き&電磁波工作器でも動かしている様な音の現象が生じ、それと共に、工作電磁波が強くなった」。

「出入りの者等をチェックすれば、その人脈も直ぐに明らかになる」から、

「警察等も、工作集団の摘発を頑張るべき」だ』。

|

サンデーモーニング、憲法問題を現政権批判の道具にしていた極悪番組・・・。

『「常連出演者等の弁」は「インチキ論ばかり・・・」だ。「例えば、故田中角栄元総理は護憲派だったの旨」にしても、「中国との国交正常化という当時の実利上で護憲派だった」のが「現実主義的要素が濃い故田中角栄氏の実態」だ。

「今時」もし「ご存命だった」なら

「昨今の国際情勢をベースに現実的な判断をされ、憲法改正すべし!等」と「言った筈」だ。

「現政権は、現行憲法を全否定している旨」を「言った常連出演者もいた」が、

「現政権の改憲論」が「現行憲法全否定の上に在る訳も無い」。

「全否定している裏が在るなら、ちゃんとその情報も付けなければ、

インチキ論であるばかりでは無く、

公共の電波上の不当発言等の罰せられるべき事態」だろう。

「そんな事までして、現政権を否定し、現野党等を利したいのは、何故か?」

「その辺りに、その常連出演者等の実体が、見え隠れしている」』。

『「常連出演者たちの論や意見等」が「実質的に、視聴者の改憲否定の思い等を誘う方向」に

「仕立てられていた様相」は、

「本当に酷い偏向情報配信状態」だ』。

『「視聴者には、一般人と受け止められる方々」の、

「街頭インタビュー」も「情報配信」された。

「その返答内容等から、良く判る事」は、

「現実をちゃんと見ている方々」は「改憲派」となり、

「現実逃避している様相の方々」は「護憲派」という「実態」だ。

例えば、

「日本が改憲する」と、

「他の国々に脅威等を与えてしまう」旨を述べていた

「現実逃避的お方も居た」が、

「改憲しないと、他の国々から無責任と思われる」のが「現実」だ。

「今時の自由主義圏の先進国」で、

「日本の改憲を脅威等と捉える国は、皆無」だが、

「日本に対する侵略等を画策している国々にとって」は、

「日本の改憲は、その思惑を大きく阻害する脅威等になる」のが「現実」だ。

「米国におんぶ状態の自国防衛」とは、

「独立国の状態では断じて無い」。

「お金ダケ出していれば良いという事でも、断じて無い」。

「同盟による国防とは、お互い様であってこそ、国防としての機能に実効が産まれる」。

「当たり前の事」だ。

「今までは、十分な国防実効を保持していなくても、

日本に対する侵略等を画策している側が余りにもプアだったから大丈夫だったダケ」だ。

「軍備を急速に増大させている中国共産党支配下の中国」や

「核兵器まで保有出来てしまっている北朝鮮等」の

「軍事的なプア状態から脱しつつある反日他国が実在している現状」では、

「実効のある国防体制を持たない事=侵略される事」になるのが「現実」だ。

「国際法さえロクに守らない所が、侵略等を行う」のだから、

「平和憲法!」を「掲げて」も、

「国防上では、何の実効も無い、ばかりか、むしろ、侵略が容易になる等と侵略を仕掛ける側が歓迎する」のが

「現実」だ』。

『「国を守る事=国民を守る事では無い」が、

「国も守れないのなら、国民が守られる訳も無い」。

「反日他国人脈の奴隷化する事を受け入れ、不適応分子の粛清も受け入れる」なら、

「国防抜きでも、一時の生存等は可能だろう」が、

「現状の北朝鮮等で虐げられている人々と同様の状態を是としない、

人間として当たり前の感性等を保有している」なら、

「そんな事態を避ける為にも、国防により国民も守られる状態を構築する」のが、

「当然」になる』。

『「総じて、日本国内での、改憲反対派には、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の反日国の手先人脈の人々が多い」。

「戦後日本の異常事態の一つ」は、

「そんな反日国の手先的人々が、

学校の教壇等に立ち、

日本自虐論等をさも正論であるかの如く、

生徒たちに摺り込んで来た事」だ。

「そして、そんな自虐教育の優等生たち(=反日他国の有益分子化された者たち)が、

テレビ・ラジオ・マスコミ等でも、

政財界等でも、

優等生ぶって自虐論を風潮して来ている」。

「現状の憲法問題」とは、

「その実害上にある問題」の「ホンの一例」だ』。

・・・・・・・。

『「日本が、武器や原発の輸出を封印し、その分、稼ぎが減る事=その分、社会保障財源も含む財源が不足する事」だ。

「この論でも、優等生ぶり、正義ぶり、武器や原発の輸出は止めるべき論」は言うが、

「財源が大きく損なわれる現実は言わない」のが、

「インチキ自虐論の実態」だ。

「上辺ダケ正義・優等生論に騙され、操られてしまった方々」は、

「冷静に現実を考えるべき」だろう。

「消費税30%超えでも良い」なら、

「武器も原発の輸出しないでも財源は確保出来るだろう」が、

「そんな日本社会を望むのは、いったい、何処のどんな人脈の人々か?」くらいは、

「考えるべき」だろう』。

・・・・・・・・。

『「現政権批判」は「現野党等を利する」。

「現野党等を利す偏向情報、しかも、インチキ自虐論に基づいている場合が多い」を、

「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信している事」は、

「実質的には、明らかな悪事」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »