« 昨日の深夜には、橋下と羽鳥が熊本地震「火事場泥棒等に対して厳罰を与える様にするべき」等と言っていたらしいが・・・。 | トップページ | 朝日新聞、キラキラネーム読めない{学が無い}90歳投稿問題・・・。 »

本日も、特に、上方向の悪どもが、覗きと電磁波工作に熱心な様で・・・。

『「就寝時には、下方向等からの強い工作電磁波も来ている様相」だが「昼間は、滞在時間の長いリビングの椅子に腰かけている時等の上等の方向から工作電磁波が結構、強化されている様相」だ。

「台所に行けば、台所の上、トイレに行けばトイレの上、風呂に入れば風呂の上」から、

「工作員たちが覗いていると共に工作電磁波を当てて来ている様相の実態が在る」。

「そんな実態は、元が同じ人脈の者たちが上に居る限り、変わらない」と「強く推定出来る」のは、

「住民が変わっても、やっている事は基本的に同じだから」だ。

「超高確率で、筆者の真上に存在し続ける為には、覗き等の行為が必要」と「強く推定出来る」。

「筆者に工作電磁波を当てる為には、その為の機器も必要だから、その機器を移動する音等が伴っているのも、当然の現象になる」。

「筆者が体勢を変えたり、位置を変えたりすると、一端は工作電磁波から外れ、その後、機器の移動音と推定される音の後、工作電磁波に見舞われる様な実態が在る」のも、

「上記の様な実態故」と「強く推定出来る」。

「悪権力者の命令の下、出先のターゲット近くで、工作実務を行わされ続けている」のは、

「使い捨ても可能な下っ端等」で「監視付き」と「強く推定出来る」。

「工作実効が上がったりする」と「組織内での出世等があるのかも知れない」が、

「工作に気付いている筆者の様な者をターゲットとして指定された者たち」だと、

「工作を行えば行う程、その実態等をバラされたりする」から、

「待っているのは、粛清等」だろう。

「粛清される前に、

工作機器等を持って、

日本の警察等(もちろん、地方警察では無く、本部の然るべき部署)に自首した方が賢明だと思うが」』。

『「工作電磁波強化等には、昨今の記事内容が影響している可能性も高い」と「強く推定出来る」』。

『「終戦時に火事場泥棒等を行った連中」とは、

「悪権力者の意志に従った集団」だ。

「そんな集団が、終戦当時、既に、日本全国各地に居た」のが、「実態」で、

「正に、意図的に工作集団を配置していた様相が其処に在る」。

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒行為」から「程なく」、

「悪権力者同士が戦争を始めた」から、

「その集団も割れた」のだろう。

「そして、割れた集団の一方では、拉致等の工作活動に対する協力が連綿と続けられている」と「強く推定出来る」。

「同民族だから・・・等と、割れたもう一方の方も、協力している場合も少なく無い」。

「何れにしても、双方とも、その目的は、日本を乗っ取り支配する事等だ」と「強く推定出来る」』。

『「未だに、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の非人道的な工作活動等まで行い続けて居る様な連中」には、

「厳罰が与えらえて当然」だ。

「未だに、法整備も不十分なまま放置し、十分な摘発もしていない日本の警察や政府等」は、

「明らかに異常」だ。

「もっと異常なのは、工作実態を告発さえしないマスコミ等」だ。

「本気で少し調べるなら、マスコミ人なら、それこそ、誰でも掴める実態が在る」のに、

「オチャラケ記事等で、集金する低俗な仕事???に現実逃避している様」は、

「マスコミ人としての資質を大いに疑われて当然の状態を露呈している」。

「もっとも、戦後日本の情報・教育界では、悪権力者人脈の者たちが実権を持ち、蔓延って来ている実態が在る」から、

「日本に対して自虐を強いる情報・教育が蔓延って来ていた」。

「実権者が、人脈的に、実質的に、汚染・感染等の状態下に在るのが戦後日本の情報・教育界」で、

「そんな状態だから、本来のマスコミの仕事も出来ていない」のだろう。

「情報・教育界の実権者人脈も含めた正常化は急務」だ』。

『「何れにしても、未だに、反日他国悪権力者の手先として、日本国内で、非人道的な工作活動等までも、行っている者たちまで居る」のが、

「戦後火事場泥棒連中の実態」だ。

「火事場泥棒厳罰法」等を「早々に成立させ、終戦直後にまで遡って適用する」なら、

「戦後日本で蔓延り続けている不健常事態のかなりの部分が排除出来る筈」だ。

「一億総活躍社会の為にも、

非人道的な工作活動等による

邪魔や迷惑行為や妨害行為や盗み行為等の排除」が、

「絶対に必要」だ。

「この重大事を行ってこそ、

日本国・日本国民の為の政府や与党や警察等として、

初めて、多くの一般日本国民が、真に、ちゃんと認める事が出来る状態が生まれる」。

「日本国・日本国民の為の政府や与党や警察等なら、この重大事を行わない方が異常」だ』。

『「戦後の日本国内で連綿と行われ続けている反日他国人脈系の電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の非人道的な工作活動の徹底排除等」は、

「急務」だ。

「拉致問題の解決にも直結している」のが、

「日本国内の工作員や協力者等の徹底摘発」だ』。

『「余りに対策が遅い」と「地球自体が無くなってしまっても、何の不思議も無い」のだから、

「政府・与党・警察等は、意識的かつ積極的に、近々結果を出せる有効な対策を行うべき」だ』。

|

« 昨日の深夜には、橋下と羽鳥が熊本地震「火事場泥棒等に対して厳罰を与える様にするべき」等と言っていたらしいが・・・。 | トップページ | 朝日新聞、キラキラネーム読めない{学が無い}90歳投稿問題・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事